所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

生体機能分析学

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

放射線科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

生体分子イメージング、放射性医薬品

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ニコチン性アセチルコリン受容体機能の分子イメージング解析

    研究課題概要:

  • 研究課題名:がんの早期診断・質的診断のための生体分子イメージングプローブの開発

 

写真

氏名

上田 真史 (ウエダ マサシ)

UEDA Masashi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中1-1-1

(英)1-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama 700-8530

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)生体分子イメージング、放射性医薬品

(英)In vivo molecular imaging, Radiopharmaceuticals

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:薬学科

    卒業年月:2000年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:薬学研究科

    専攻名:医療薬科学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2004年01月

    修了区分:中退

    所在国:日本国

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:薬学研究科

    専攻名:医療薬科学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:2002年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(薬学)

    学位の分野名:放射線科学 (Radiation science)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:2010年01月

  • 学位名:修士(薬学)

    学位の分野名:放射線科学 (Radiation science)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2012年10月 ~ 2017年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:京都大学医学部附属病院 RI実験施設 (Radioisotopes Research Laboratory, Kyoto University Hospital)

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    経歴期間:2007年04月 ~ 2012年09月

  • 所属(勤務)先:京都大学医学部附属病院 RI実験施設 (Radioisotopes Research Laboratory, Kyoto University Hospital)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:2006年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:京都府立医科大学 中央研究室 同位元素部門 放射性同位元素室

    経歴名:助手

    経歴期間:2004年02月 ~ 2006年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会 /  日本国 ( 2017年04月 ~ 継続中 )

  • 日本分子イメージング学会 /  日本国 ( 2008年04月 ~ 継続中 )

  • 日本薬理学会 /  日本国 ( 2007年10月 ~ 継続中 )

  • 米国核医学会(Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging) /  アメリカ合衆国 ( 2006年06月 ~ 継続中 )

  • 日本核医学会 /  日本国 ( 2002年11月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学 (Radiation science)

  • 物理系薬学 (Physical pharmaceutical science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射性医薬品

  • 放射線化学

  • 放射性物質の代謝と蓄積

  • 診断用薬

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • エックス線作業主任者

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ニコチン性アセチルコリン受容体機能の分子イメージング解析 (Functional analysis of nicotinic acetylcholine receptors by using molecular imaging technique)

    キーワード:生体分子イメージング、ニコチン性アセチルコリン受容体、認知、鎮痛 (In vivo molecular imaging, Nicotinic acetylcholine receptor, Recognition, Antinociception)

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2005年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):放射線科学 、薬理学一般

    専門分野(researchmap分類):放射性医薬品 、神経系の疾患

  • 研究課題名:がんの早期診断・質的診断のための生体分子イメージングプローブの開発 (Development of molecular imaging probes for early and qualitative diagnoses of tumors)

    キーワード:生体分子イメージング、がん、質的診断 (In vivo molecular imaging, Tumor, Qualitative diagnosis)

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2005年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射性医薬品

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    授業科目:分析科学4

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:分析科学II

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:放射医薬品学2

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:分析科学4

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:大学生なら知っておきたい生物学

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Improvement of biodistribution profile of a radiogallium-labeled, αvβ6 integrin-targeting peptide probe by incorporation of negatively charged amino acids. "jointly worked"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Annals of Nuclear Medicine34巻 8号 (頁 575 ~ 582)

    発行年月:2020年08月

    著者氏名(共著者含):Nakamura S, Matsuno A, Ueda M.

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s12149-020-01483-6

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/59979

  • 論文題目名:Development and characterization of a 68Ga-labeled A20FMDV2 peptide probe for the PET imaging of αvβ6 integrin-positive pancreatic ductal adenocarcinoma. "jointly worked"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioorganic & Medicinal Chemistry28巻 1号 (頁 115189 ~ )

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):Ui T, Ueda M, Higaki Y, Kamino S, Sano K, Kimura H, Saji H, Enomoto S

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bmc.2019.115189

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/58584

  • 論文題目名:Synthesis and acid-stimulus responsiveness of aminobenzopyranoxanthene spiroethers. "jointly worked"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Heterocycles99巻 2号 (頁 820 ~ 824)

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):Hosoda R, Kamino S, Ueda M, Sawada D

    共著区分:共著

    DOI:10.3987/COM-18-S(F)66

  • 論文題目名:Evaluation of the Relationship Between Cognitive Impairment, Glycometabolism, and Nicotinic Acetylcholine Receptor Deficits in a Mouse Model of Alzheimer's Disease. "jointly worked"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Molecular Imaging and Biology21巻 3号 (頁 519 ~ 528)

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):Matsuura Y, Ueda M, Higaki Y, Sano K, Saji H, Enomoto S

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s11307-018-1253-4

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/57809

  • 論文題目名:Synthesis and biological evaluation of Tc-99m-cyclopentadienyltricarbonyl-technetium-labeled A-85380: An imaging probe for single-photon emission computed tomography investigation of nicotinic acetylcholine receptors in the brain. "jointly worked"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioorganic & Medicinal Chemistry27巻 11号 (頁 2245 ~ 2252)

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):Kimura H, Ueda M, Kawashima H, Arimitsu K, Yagi Y, Saji H

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bmc.2019.04.030

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:生体機能のインビボ解析のための放射性分子イメージングプローブの開発研究 ( Development of radiolabeled molecular imaging probes for in vivo analysis of biological function)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:薬学雑誌136巻 4号 (頁 659 ~ 668)

    出版機関名:

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):上田真史 ( Ueda Masashi)

    共著区分:単著

    DOI:10.1248/yakushi.15-00279

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Plasma Medical Science. "jointly worked"

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Elsevier

    発行日:2018年07月

    著者名:Ueda M, Yamagami D, Temma T, Koshino K, Goto O, Ikeda JI, Sakakita H, Ishikawa K, Hori M, Shimizu N, Ikehara Y

    著書形態:共著

    担当部分:Evaluating the invasiveness of non-thermal plasma treatment using molecular imaging technique.

  • 著書名:Plasma Medical Science. "jointly worked"

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Elsevier

    発行日:2018年07月

    著者名:Miyamoto K, Ikehara Y, Ikehara S, Akimoto Y, Sakakita H, Ishikawa K, Ueda M, Ikeda JI, Nakanishi H, Shimizu N, Shimizu T, Hori M

    著書形態:共著

    担当部分:Cutting-edge technologies of bleeding control using nonthermal plasma—Mechanism of blood coagulation and wound healing.

  • 著書名:Nicotinic Acetylcholine Receptor Signaling in Neuroprotection. "jointly worked"

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2018年04月

    著者名:Ueda M, Matsuura Y, Hosoda R, Saji H

    著書形態:共著

    担当部分:In Vivo Imaging of Nicotinic Acetylcholine Receptors in the Central Nervous System.

  • 著書名:Horizons in Neuroscience Research. Volume 26. "jointly worked"

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Nova Science Publishers, Inc.

    発行日:2017年01月

    著者名:Ueda M, Saji H

    著書形態:共著

    担当部分:Development of nicotinic acetylcholine receptor imaging probes and their use for the functional analysis of nicotinic acetylcholine receptors in neuropathic pain.

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:Analytical Sciences

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:第56回分析化学講習会

    開催場所:岡山

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:SPECTを用いた核医学分子イメージングの基礎・応用・管理

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:7th International Conference on Plasma Medicine (ICPM7)

    開催場所:Philadelphia, USA

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Evaluation of severity of inflammation after hemostasis with non-thermal plasma using an in vivo molecular imaging technique.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:日本薬学会第138年会

    開催場所:金沢

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:金属イオン動態の重要性と制御機能を有する医薬

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:日本薬学会第138年会

    開催場所:金沢

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:物理系薬学部会シンポジウム ~物理系薬学研究の若い芽に期待する~

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第27回 金属の関与する生体関連反応シンポジウム

    開催場所:東京

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:Evaluation of cardiac function and mitochondrial protein expression in a mouse model of hypomagnesemia

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本核医学会

    役職・役割名:第3回日本核医学会分科会放射性薬品科学研究会 大会長

    活動期間:2019年11月

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本薬学会奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年03月25日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本薬学会

    受賞者・受賞グループ名:上田真史

    題目名:生体機能のインビボ解析のための放射性分子イメージングプローブの開発研究

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:治療・診断統合による次世代ドラッグデリバリー可視化システムの実証

    研究期間:2020年04月 ~ 2023年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:治療・診断統合による次世代ドラッグデリバリー可視化システムの実証

  • 研究種目名:挑戦的研究(開拓)

    研究題目:細胞治療を指向した機能性エクソソーム分泌細胞内包ゲルの開発

    研究期間:2019年06月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:細胞治療を指向した機能性エクソソーム分泌細胞内包ゲルの開発

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ペプチド輸送体による腫瘍選択的能動取込を企図したBNCT用治療・診断プローブ開発

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ペプチド輸送体による腫瘍選択的能動取込を企図したBNCT用治療・診断プローブ開発

  • 研究種目名:挑戦的研究(開拓)

    研究題目:細胞治療を指向した機能性エクソソーム分泌細胞内包ゲルの開発

    研究期間:2019年06月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:細胞治療を指向した機能性エクソソーム分泌細胞内包ゲルの開発

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ペプチド輸送体による腫瘍選択的能動取込を企図したBNCT用治療・診断プローブ開発

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ペプチド輸送体による腫瘍選択的能動取込を企図したBNCT用治療・診断プローブ開発

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:120人

    開催日:2018年08月

    講座等名:オープンキャンパス研究教育講演

    講義題名:病気の診断・治療のための薬の開発

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生およびその父兄

    開催地,会場:岡山大学薬学部中講義室

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:120人

    開催日:2017年08月

    講座等名:オープンキャンパス研究教育講演

    講義題名:病気を診る(見つける)ための薬の開発

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生およびその父兄

    開催地,会場:岡山大学薬学部中講義室

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:50人

    開催日:2016年07月

    講座等名:「科学先取りグロ-バルキャンパス岡山」体験講座Ⅱ

    講義題名:薬学の紹介

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生

    開催地,会場:岡山大学自然科学研究科棟2階大講義室

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:FD専門委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 継続中

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:FD委員会

    役職:委員長

    任期:2017年04月 ~ 継続中