2021/10/21 更新

写真a

ウエダ ヒロタカ
植田 紘貴
UEDA Hirotaka
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 歯科矯正学

  • 神経生理学

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経生理学

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学  / 歯科矯正学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経生理学

経歴

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科   歯科矯正学分野   助教

    2017年7月 - 現在

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • 下顎枝垂直骨切り術後に顎関節症状の改善と偏位側への側方滑走運動の改善を認めた顔面非対称症例 査読

    植田 紘貴, 岡 直毅, 上岡 寛

    中・四国矯正歯科学会雑誌 32巻 1号 (頁 51 ~ 64)   32 ( 1 )   51 - 64   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切り術後に偏位側顎関節の非復位性関節円板前方転位の改善を認めた顔面非対称症例の一治験例 査読

    植田 紘貴, 国富 陽介, 岡 直毅, 村上 隆, 佐々木 朗, 山城 隆, 上岡 寛

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   251 - 251   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 舌突出癖とオトガイの偏位を伴う前歯部開咬に対して歯科矯正用アンカースクリューにより下顎臼歯部圧下と遠心移動を行った一治験例 査読

    菅真有, 植田紘貴, 山西沙祐里, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   14 ( 1 )   25 - 31   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学大学院歯科矯正学分野研究室における過去15年間および2013年から2016年の4年間の岡山大学の学生および職員に対する矯正相談の実態調査 査読

    田中智代, 村上隆, 片岡伴記, 石原嘉人, 植田紘貴, 早野暁, 星島光博, 中村政裕, 川邉紀章, 上岡寛

    岡山歯学会雑誌   36 ( 2 )   45 - 51   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effects of cevimeline on excitability of parasympathetic preganglionic neurons in the superior salivatory nucleus of rats 査読

    Yoshihiro Mitoh, Hirotaka Ueda, Hiroyuki Ichikawa, Masako Fujita, Motoi Kobashi, Ryuji Matsuo

    AUTONOMIC NEUROSCIENCE-BASIC & CLINICAL   206   1 - 7   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The superior salivatory nucleus (SSN) contains parasympathetic preganglionic neurons innervating the sub mandibular and sublingual salivary glands. Cevimeline, a muscarinic acetylcholine receptor (mAChR) agonist, is a sialogogue that possibly stimulates SSN neurons in addition to the salivary glands themselves because it can cross the blood-brain barrier (BBB). In the present study, we examined immunoreactivities for mAChR subtypes in SSN neurons retrogradely labeled with a fluorescent tracer in neonatal rats. Additionally, we examined the effects of cevimeline in labeled SSN neurons of brainstem slices using a whole-cell patch-clamp technique. Mainly M1 and M3 receptors were detected by immunohistochemical staining, with low-level detection of M4 and M5 receptors and absence of M2 receptors. Most (110 of 129) SSN neurons exhibited excitatory responses to application of cevimeline. In responding neurons, voltage-clamp recordings showed that 84% (101/120) of the neurons exhibited inward currents. In the neurons displaying inward currents, the effects of the mAChR antagonists were examined. A mixture of M1 and M3 receptor antagonists most effectively reduced the peak amplitude of inward currents, suggesting that the excitatory effects of cevimeline on SSN neurons were mainly mediated by M1 and M3 receptors. Current-clamp recordings showed that application of cevimeline induced membrane depolarization (9/9 neurons). These results suggest that most SSN neurons are excited by cevimeline via M1 and M3 muscarinic receptors.

    DOI: 10.1016/j.autneu.2017.05.010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 内臓感覚と唾液分泌および嚥下反射の関係 査読

    菅真有, 植田紘貴, 八木孝和, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   12 ( 1 )   77 - 77   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 査読

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇正一

    日本生理学雑誌(Web)   79 ( 1 )   26 - 26   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 再生医療のこれまでとこれから 内臓感覚が唾液分泌と嚥下機能に果たす役割 査読

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一

    日本再生歯科医学会誌   14 ( 1 )   40 - 40   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    researchmap

  • Vagal afferent activation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rats. 査読 国際誌

    Hirotaka Ueda, Mayu Suga, Takakazu Yagi, Ikue Kusumoto-Yoshida, Hideki Kashiwadani, Tomoyuki Kuwaki, Shouichi Miyawaki

    American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   311 ( 5 )   R964-R970 - R970   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to clarify the effect of vagal afferent activation on salivation and swallowing-like events. Salivation is part of a reflex induced by stimulation of the oral area during feeding or chewing. Recently, we reported that nausea induced by gastroesophageal reflux (GER) activation produced salivation and swallowing in humans. Here, we investigated the ability of visceral sensation to enhance salivation and swallowing in rodents in order to inform the mechanism of GER-mediated stomatognathic activation. First, we administered LiCl to anesthetized male rats to induce nausea. LiCl significantly increased salivation and increased the activity of the vagal afferent nerve. Next, we simultaneously recorded salivation and swallowing using an electrode attached to the mylohyoid muscle during vagal afferent stimulation in a physiological range of frequencies. Vagal afferent stimulation significantly increased salivation and swallowing-like events in a frequency-dependent manner. A muscle relaxant, vecuronium bromide, diminished the swallowing-like response but did not affect salivation. These results indicate that visceral sensation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rodents through vagal afferent activation.

    DOI: 10.1152/ajpregu.00292.2016

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 唾液分泌および嚥下反射の誘発に内臓感覚の賦活化が及ぼす影響 査読

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   171 - 171   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • A Class II patient with bimaxillary protrusion and mandibular inclined third molars treated with orthodontic anchoring screws: A case report

    Mayu Suga, Hirotaka Ueda, Fumiaki Kitashima, Shouich Miyawaki

    Orthodontic Waves   74 ( 4 )   112 - 119   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    This article reports successful use of orthodontic anchoring screws to treat bimaxillary protrusion and mandibular inclined third molars in a 25-year-old woman with complaints of crowded anterior teeth and polishing difficulties of third molars. She was diagnosed with skeletal Class II malocclusion with bimaxillary protrusion and mesial inclination of mandibular bilateral third molars. The maxillary first and mandibular second premolars were extracted, and two orthodontic anchoring screws were implanted in the buccal area of the maxillary molars. The total active treatment period was 24 months. After treatment, the facial profile and occlusion, including third molars, successfully improved, and stomatognathic functions were maintained after orthodontic treatment. Over a 24-month retention period, the satisfactory facial profile and adequate occlusion were maintained.

    DOI: 10.1016/j.odw.2015.04.001

    Scopus

    researchmap

  • 胃酸分泌抑制と唾液分泌促進の二相性効果について H2受容体拮抗薬による自律神経活動の促進 査読 国際誌

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   179 - 179   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 胃酸分泌抑制剤ニザチジンの唾液分泌促進剤としての可能性 中枢への作用と内臓感覚との関連 査読 国際誌

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   157 - 157   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 胃酸分泌抑制剤ニザチジンの唾液分泌促進作用について 査読

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   153 - 153   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • The role of ghrelin in patients with functional dyspepsia and its potential clinical relevance (Review). 査読 国際誌

    Takakazu Yagi, Akihiro Asakawa, Hirotaka Ueda, Shouichi Miyawaki, Akio Inui

    International journal of molecular medicine   32 ( 3 )   523 - 31   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Functional dyspepsia (FD) is a functional gastrointestinal disorder (FGID). According to the Rome III consensus, FD is divided into 2 subgroups: epigastric pain syndrome (EPS) and postprandial distress syndrome (PDS). Although multiple mechanisms of FD pathogenesis have been suggested, its underlying etiology and pharmacological therapy remain unclear. Ghrelin is a gut-derived peptide found in the stomach. It plays a role in the regulation of gastric motility and appetite. The ghrelin gene encodes 3 molecular forms, acyl ghrelin, des-acyl ghrelin and obestatin. Acyl ghrelin acts as an endogenous ligand for growth hormone secretagogue receptor; furthermore, it is orexigenic, with effects on food intake, energy homeostasis and gastrointestinal motility. Des-acyl ghrelin exerts an opposite effect to acyl ghrelin. Obestatin exerts an inhibitory effect on the motor activity of the antrum and duodenum in fed animals. These peptides exert differential effects on gut motility and food intake. The therapeutic potential of ghrelin has attracted attention due to its varied bioactivities. Certain studies have shown that total ghrelin levels are significantly lower in patients with FD compared with healthy volunteers and that the acyl ghrelin levels of patients with FD are higher compared with healthy volunteers. However, a recent study demonstrated that acyl ghrelin levels in patients with PDS were lower compared with healthy volunteers; the association between FD and other ghrelin family gene products also remains unclear. Although certain studies have demonstrated the beneficial effects of acyl ghrelin administration and its agonist in patients with FD, only a few clinical reports exist. Further studies are required in order to examine the effects of ghrelin on FD.

    DOI: 10.3892/ijmm.2013.1418

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The roles of salivary secretion, brain-gut peptides, and oral hygiene in obesity 査読

    Hirotaka Ueda, Takakazu Yagi, Haruka Amitani, Akihiro Asakawa, Satoshi Ikeda, Shouichi Miyawaki, Akio Inui

    OBESITY RESEARCH & CLINICAL PRACTICE   7 ( 5 )   E321 - E329   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Obesity has a prevalence of 15-30% among European and American populations. It is an incurable chronic disease associated with considerable mortality and co-morbidity. The co-morbidity risk can be reduced substantially by a moderate weight loss of 5-15%. Notably, additional weight gain exacerbates the morbidity of any concurrent disease. Obesity is also recognized as the basis for metabolic syndrome. Recent research has shown that adipocytes secrete various hormones and cytokines that contribute to obesity. Leptin is an adipostatic hormone that acts on receptors in the hypothalamus to suppress food intake and increase energy consumption. Reduced sensitivity to this molecule can trigger the onset of obesity. Neuropeptides such as leptin also affect salivary secretion. Various neuropeptides have been identified in saliva; the associated receptors are located in the salivary glands or in the nerves innervating the salivary glands. Obesity is associated with hyposalivation and thereby related to several aspects of oral health, such as caries and periodontitis. Hyposalivation is a severe morbidity that can lead to a precipitous decline in oral hygiene, which further leads to multifocal dental caries and periodontitis, or even cardiac disorders. In this article, we review the relationship between salivary secretion and neuropeptides known to play a role in obesity. (C) 2013 Asian Oceanian Association for the Study of Obesity. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.orcp.2013.05.001

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The role of zinc in the treatment of taste disorders. 査読 国際誌

    Takakazu Yagi, Akihiro Asakawa, Hirotaka Ueda, Satoshi Ikeda, Shouichi Miyawaki, Akio Inui

    Recent patents on food, nutrition & agriculture   5 ( 1 )   44 - 51   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the 1990s the number of patients diagnosed with taste disorders in the USA and Japan was over one million people each year, and the number is increasing annually. Taste disorders are caused by several factors such as genetic disease, head trauma, structural changes, glossodynia, cancer, change of lifestyle, and more. The role of zinc in the treatment of taste disorders has been studied since the oral administration of zinc by patients was reported to improve their taste disorders. Carbonic anhydrase (CA), a zinc metalloenzyme, has also been studied in association with taste disorders, since the regulation of serum CA levels was shown to influence the effect of orally administrated zinc in the treatment of taste disorders. Zinc is an essential trace element that contributes to the active center of approximately 300 enzymes. Studies have revealed that zinc is involved in various physiological functions. Moreover, some medications have been shown to induce a zinc deficiency, which has been associated with a variety of clinical conditions. Hence, since the relationship between taste disorder and serum zinc concentration has been discussed for long time, taste disorder may be useful in diagnosing zinc deficiency. Moreover, it appears that medicines of the zinc-containing supplement type contribute to the treatment of taste disorders caused by zinc deficiency. Orally administered zinc has been shown to directly stimulate food intake via neuropeptide in the hypothalamus. Therefore, zinc administration may potentially be used to treat taste disorders, as well as several other diseases by stimulating feeding. The article presents some promising patents on the role of zinc in the treatment of taste disorders.

    PubMed

    researchmap

  • 内臓感覚は唾液分泌および顎舌骨筋のリズミカルな筋活動を誘発する 査読 国際誌

    植田 紘貴, 八木 孝和, 菅 真有, 宮脇 正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   148 - 148   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • The role of ghrelin, salivary secretions, and dental care in eating disorders. 査読 国際誌

    Takakazu Yagi, Hirotaka Ueda, Haruka Amitani, Akihiro Asakawa, Shouichi Miyawaki, Akio Inui

    Nutrients   4 ( 8 )   967 - 89   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Eating disorders, including anorexia and bulimia nervosa, are potentially life-threatening syndromes characterized by severe disturbances in eating behavior. An effective treatment strategy for these conditions remains to be established, as patients with eating disorders tend to suffer from multiple relapses. Because ghrelin was originally discovered in the stomach mucosa, it has been widely studied over the past decade in an effort to uncover its potential roles; these studies have shed light on the mechanism by which ghrelin regulates food intake. Thus, studying ghrelin in the context of eating disorders could improve our understanding of the pathogenesis of eating disorders, possibly resulting in a promising new pharmacological treatment strategy for these patients. In addition, early detection and treatment of eating disorders are critical for ensuring recovery of young patients. Oral symptoms, including mucosal, dental, and saliva abnormalities, are typically observed in the early stages of eating disorders. Although oral care is not directly related to the treatment of eating disorders, knowledge of the oral manifestations of eating disorder patients may aid in early detection, resulting in earlier treatment; thus, oral care might contribute to overall patient management and prognosis. Moreover, ghrelin has also been found in saliva, which may be responsible for oral hygiene and digestion-related functions. This review discusses the pharmacological potential of ghrelin in regulating food-intake and the role of saliva and oral care in young patients with eating disorders.

    DOI: 10.3390/nu4080967

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • ミニスクリューを用いて重度の前歯部開咬を改善した症例 査読

    冨田奈緒, 上岡寛, 植田紘貴, 加野小奈美, 山城隆

    中・四矯正歯誌   24 ( 1 )   63 - 71   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Regulative roles of ghrelin in ingestive behavior, upper gastrointestinal motility, and secretion

    Hirotaka Ueda, Takakazu Yagi, Haruka Amitani, Akihiro Asakawa, Shouichi Miyawaki, Akio Inui

    Current Nutrition and Food Science   8 ( 3 )   188 - 195   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ghrelin was recently identified as the first endogenous ligand for growth hormone secretagogue receptors (previously known as orphan receptors). Two major molecular forms of ghrelin are found in the stomach and plasma: acyl ghrelin with O-n-octanoylated serine at position 3 and des-acyl ghrelin. Interestingly, these distinct molecular forms play contrasting roles in ingestive behavior, upper gastrointestinal motility, and gastric acid secretion. Acyl ghrelin stimulates food intake both in fed and fasted rodents and induces adiposity, alleviates ingestive behavior, stimulates gastrointestinal motor activity and gastric acid secretion, and accelerates gastric emptying in several species. In contrast, des-acyl ghrelin has been demonstrated to disrupt gastric motility in rats and delay gastric emptying in mice and rats. Thus, acyl ghrelin is a potent stimulator of ingestive behavior, gastrointestinal motility, and gastric acid secretion, whereas des-acyl ghrelin exerts opposing effects on ingestive behavior and gastrointestinal motility but does not affect gastric acid secretion. Ghrelin is expected to be used in various applications such as therapeutic strategies for obesity, anorexia, cachexia, and cardiovascular disease in the clinical setting. In this article, we review the evidence on the roles of acyl ghrelin and des-acyl ghrelin in the regulation of ingestive behavior, upper gastrointestinal motility, and gastric acid secretion in mammals
    moreover, we mention the effects of ghrelin on oral functions. © 2012 Bentham Science Publishers.

    DOI: 10.2174/157340112802651112

    Scopus

    researchmap

  • Muscarinic receptor immunoreactivity in the superior salivatory nucleus neurons innervating the salivary glands of the rat 査読

    Hirotaka Ueda, Yoshihiro Mitoh, Masako Fujita, Motoi Kobashi, Takashi Yamashiro, Tomosada Sugimoto, Hiroyuki Ichikawa, Ryuji Matsuo

    NEUROSCIENCE LETTERS   499 ( 1 )   42 - 46   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    The superior salivatory nucleus (SSN) contains preganglionic parasympathetic neurons to the submandibular and sublingual salivary glands. Cevimeline, a muscarinic acetylcholine receptor agonist, stimulates the salivary glands and is presently used as sialogogue in the treatment of dry mouth. Since cevimeline passes through the blood-brain barrier, it is also able to act on muscarinic acetylcholine receptors in the central nervous system. Our preliminary experiment using the whole-cell patch-clamp technique has shown that cevimeline excites SSN neurons in rat brain slices, suggesting that SSN neurons have muscarinic acetylcholine receptors; however, it is unclear which subtypes of muscarinic acetylcholine receptors exist in SSN neurons. In the present study, we investigated immunohistochemically muscarinic acetylcholine receptor subtypes, M1 receptor (M1R), M2R, M3R, M4R, and M5R in SSN neurons. SSN neurons innervating the salivary glands, retrogradely labeled with a fluorescent tracer from the chorda-lingual nerve, mostly expressed M3R immunoreactivity (-ir) (92.3%) but not M1R-ir. About half of such SSN neurons also showed M2R- (40.1%), M4R- (54.0%) and M5R-ir (46.0%); therefore, it is probable that SSN neurons co-express M3R-ir with at least two of the other muscarinic receptor subtypes. This is the first report to show that SSN neurons contain muscarinic acetylcholine receptors. (C) 2011 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2011.05.029

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 歯周病原性因子存在下の培養ヒト歯根膜線維芽細胞への物理的刺激による細胞内シグナル伝達系の動態検討 査読

    八木孝和, 前田綾, 植田紘貴, 菅真有, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   70th   248 - 248   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液分泌動態は迷走神経の一過性の刺激により促進される 査読

    植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   70th   214 - 214   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児における問題行動と睡眠障害、睡眠時ブラキシズムおよび胃食道逆流との関連について 査読

    坂口勝義, 八木孝和, 永山邦宏, 植田紘貴, 宮脇正一

    鹿児島県歯科医師会会報   93 ( 672 )   8 - 10   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院矯正歯科における来院患者の実態調査 査読

    白賀のり子, 上岡寛, 片岡伴記, 植田紘貴, 安藤涼子, 石原嘉人, 柳田剛志, 村上隆, 黒坂寛, 菅原康代, 本城正, 川邊紀章, 山城隆

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   107 - 114   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラット上唾液核ニューロンに対するセビメリンの興奮性作用に関する電気生理学的および免疫組織化学的解析

    植田 紘貴, 美藤 純弘, 市川 博之, 小橋 基, 山城 隆, 松尾 龍二

    Journal of Oral Biosciences   51 ( Suppl. )   151 - 151   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • ラット上唾液核ニューロンにおけるセビメリンの興奮性作用に関する電気生理学的解析

    植田 紘貴

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   1 - 16   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    ラットを使用し、顎下腺・舌下腺の唾液分泌の副交感神経の起始核である上唾液核ニューロンに対するセビメリンの影響を電気生理学的に検討した。さらに、免疫組織化学的実験により上唾液核ニューロンに存在するムスカリン様アセチルコリン受容体のサブタイプを検討した。セビメリンは上唾液核ニューロンの興奮性を促進した。全ての上唾液核ニューロンのシナプス後膜にムスカリン様アセチルコリン受容体が存在し、約60%のニューロンにおいては、シナプス前膜においてもムスカリン様アセチルコリン受容体が存在した。上唾液核ニューロンに存在するムスカリン様アセチルコリン受容体はM1およびM3受容体で、M1受容体を介した反応が大きかった。顎下腺・舌下腺の唾液分泌の中枢である上唾液核ニューロンにはM1受容体およびM3受容体が存在し、そのうち、セビメリンは主にM1受容体を介して上唾液核ニューロンの興奮性を促進する可能性が示唆された。

    researchmap

  • 植田紘貴、上岡 寛、川邉紀章、山城 隆, 外傷性咬合ならびに歯周疾患を伴う成人下顎前突症例 査読

    植田紘貴, 上岡 寛, 川邉紀章, 山城 隆

    中・四矯正歯誌   21   47 - 53   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cevimeline enhances the excitability of rat superior salivatory neurons 査読

    Hirotaka Ueda, Yoshihiro Mitoh, Hiroyuki Ichikawa, Motoi Kobashi, Takashi Yamashiro, Ryuji Matsuo

    Journal of Medical Investigation   56 ( 1 )   267 - 269   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Cevimeline, a therapeutic drug for xerostomia, is an agonist of muscarinic acetylcholine receptors (mAChRs), and directly stimulates the peripheral mAChRs of the salivary glands. Since cevimeline is distributed in the brain after its oral administration, it is possible that it affects the central nervous system. However, it is unknown how cevimeline affects the superior salivatory (SS) neurons, which control submandibular salivation. In the present study, we examined the effects of cevimeline on the SS neurons using the whole-cell patch-clamp technique in brain slices. In Wistar rats (6-10 days), the SS neurons were retrogradely labeled by Texas Red applied to the chorda-lingual nerve. Two days after injection, whole-cell recordings were obtained from the labeled cells, and miniature excitatory postsynaptic currents (mEPSCs) were examined. Cevimeline induced the inward currents dose-dependently and increased the frequency of mEPSCs. Therefore, it is suggested that cevimeline enhances the excitability via post- and presynaptic muscarinic receptors in the rat SS neurons. In conclusion, cevimeline may enhance the excitability of the SS neurons.

    DOI: 10.2152/jmi.56.267

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • セビメリンはラット上唾液核ニューロンの興奮性を促進する

    植田 紘貴, 藤井 昭仁, 美藤 純弘, 兒玉 直紀, 小橋 基, 山城 隆, 松尾 龍二

    Journal of Oral Biosciences   50 ( Suppl. )   144 - 144   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Hormonal, pH, and calcium regulation of Connexin 43-mediated dye transfer in osteocytes in chick calvaria 査読

    Yoshihito Ishihara, Hiroshi Kamioka, Tadashi Honjo, Hirotaka Ueda, Teruko Takano-Yamamoto, Takashi Yamashiro

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   23 ( 3 )   350 - 360   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Gap junctional intercellular communication among osteocytes in chick calvaria, their natural 3D environment, was examined using FRAP analysis. Cell-cell communication among osteocytes in chick calvaria was mediated by Cx43 and was regulated by extracellular pH(o) extracellular calcium ion concentration, and PTH.
    Introduction: The intercellular network of communication among osteocytes is mediated by gap junctions. Gap junctional intercellular communication (GJIC) is thought to play an important role in integration and synchronization of bone remodeling. We hypothesized that extracellular pH (pH.) and extracellular calcium ion concentration ([Ca2+](e)), both of which are dynamically altered by osteoclasts during bone remodeling, affect GJIC among osteocytes. Using fluorescence replacement after photobleaching (FRAP) analysis, we examined the effect of changes in pH(o) and [Ca2+](e) and addition of PTH on GJIC in osteocytes in chick calvaria. Additionally, we examined the role of intracellular calcium on the regulation of GJIC among osteocytes.
    Materials and Methods: Anti-Connexin43 (Cx43) immunolabeling was used to localize gap junctions in chick calvaria. GJIC among osteocytes in chick calvariae was assessed using FRAP.
    Results: Cx43 immunoreactivity was detected in most of the osteocyte processes. FRAP analysis showed dye-coupling among osteocytes in chick calvariae. In untreated osteocytes, fluorescence intensity recovered 43.7 +/- 2.2% within 5 min after photobleaching. Pretreatment of osteocytes with 18 alpha-GA, a reversible inhibitor of GJIC, significantly decreased fluorescence recovery to 10.7 +/- 2.2%. When pH(o) was decreased from 7.4 to 6.9, fluorescence recovery significantly decreased from 43.3 +/- 2.9% to 19.7 +/- 2.3%. Conversely, when pH(o) was increased from 7.4 to 8.0, fluorescence recovery was significantly increased to 61.9 +/- 4.5%. When [Ca2+](e) was increased from 1 to 25 mM, fluorescence recovery was significantly decreased from 47.0 +/- 6.1% to 16.1 +/- 2.1%. In bone fragments exposed to 1.0-10 nM rPTH for 3 h, replacement of fluorescence was significantly increased to 60.7 +/- 7.2%. Chelating intracellular calcium ions affected GJIC regulation by [Ca2+](e) and PTH.
    Conclusions: Our study of cell-cell communication between osteocytes in chick calvaria showed for the first time that GJIC among osteocytes is regulated by the extracellular environment and by hormonal stimulation during bone remodeling. This method may be more biologically relevant to living bone than current methods.

    DOI: 10.1359/JBMR.071102

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 眼性斜頸を伴う上顎咬合平面の傾斜及び顔面非対称を呈した成長期患者の一治験例

    植田 紘貴, 難波 裕生, 山城 隆, 上岡 寛

    第31回日本顎変形症学会総会・学術大会   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院口唇裂・口蓋裂総合治療センター矯正歯科にて咬合管理を開始した患者動態について 査読

    植田 紘貴, 岡 直毅, 中村 政裕, 有村 友紀, 徳山 英二郎, 妹尾 貴矢, 松村 達志, 木股 敬裕, 飯田 征二, 上岡 寛

    第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成人期に顎裂部に再骨移植術を行い咬合の長期安定性を認めた左側唇顎口蓋裂を伴う下顎前突症の一治験例 査読

    植田 紘貴, 谷崎 沙織, 岡 直毅, 飯田 征二, 木股 敬裕, 山城 隆, 上岡 寛

    第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ホッツ床の即日装着の試みについて

    植田紘貴, 国富陽介, 中西泰之, 村上隆, 徳山英二郎, 上岡寛

    日本口蓋裂学会雑誌   45 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り術後に下顎頭の前方・側方滑走運動量の増加と関節雑音の消退を認めた骨格性下顎前突症例

    植田紘貴, 岡直毅, 森谷徳文, 松村達志, 飯田征二, 上岡寛

    日本顎変形症学会雑誌   30 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 上顎骨前方部骨延長術(MASDO)を施行した口唇口蓋裂患者に関する臨床的検討

    岡本成美, 松村達志, 藤田佑貴, 有村友紀, 薬師寺翔太, 植田紘貴, 上岡寛, 飯田征二

    日本口蓋裂学会雑誌   45 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り術後に偏位側顎関節の非復位性関節円板前方転位の改善を認めた顔面非対称症例の一治験例 査読

    植田紘貴, 国富陽介, 岡直毅, 村上隆, 佐々木朗, 山城隆, 上岡寛

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78th   251 - 251   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スプリントによる下顎位確認後に下顎枝垂直骨切り術を行い偏位側への側方滑走運動が改善した顔面非対称症例

    植田紘貴, 岡直毅, 上岡寛

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口唇裂・口蓋裂総合治療センター開設後の受診患者の実態調査

    植田紘貴, 国富陽介, 中西泰之, 片岡伴記, 村上隆, 木股敬裕, 飯田征二, 上岡寛

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 重度の歯のフッ素症に対し歯面処理効果を確認した上顎前突症例

    田畑香織, 植田紘貴, 石本和也, 村上隆, 上岡寛

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   77th   2018年

     詳細を見る

  • 重度の歯肉退縮および叢生を伴う骨格性III級症例の長期保定

    植田紘貴, 岡直毅, 村上隆, 上岡寛

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   77th   2018年

     詳細を見る

  • 唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 査読

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇正一

    日本生理学雑誌(Web)   79 ( 1 )   26 - 26   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内臓感覚と唾液分泌および嚥下反射の関係 査読

    菅真有, 植田紘貴, 八木孝和, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   12 ( 1 )   77 - 77   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重度の叢生を伴うMarfan症候群の一治験例

    菅真有, 植田紘貴, 大石章仁, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   289 - 289   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科矯正用アンカースクリューを併用して非抜歯治療を行った骨格性II級ハイアングル症例の一治験例

    植田紘貴, 迫口陽子, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   11 ( 1 )   10‐16 - 16   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    患者は初診時年齢21歳2ヵ月の女性で、前歯部が噛み合わないことを主訴に来院した。初診時に両側下顎頭の吸収が疑われたため、1年間の経過観察を行い、22歳2ヵ月時に下顎の位置が初診時と変化していないことを確認し、上顎前突を伴うアングルI級、骨格II級ハイアングル症例と診断した。クワドヘリックス装置による上顎の拡大と、バイヘリックスによる下顎の拡大後、歯科矯正用アンカースクリューによる上下顎大臼歯の圧下と上顎大臼歯の遠心移動を併用してマルチブラケット装置により前歯部被蓋を改善した。動的治療期間は4年10ヵ月であった。上顎臼歯部の遠心移動によって口唇の突出感が緩和され、側貌の改善が認められた。保定開始後5年1ヵ月が経過し、安定した咬合と下顎位が維持されている。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた骨格性III級前歯部反対咬合症例の1治験例

    植田紘貴, 菅真有, 宮脇正一

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

  • 内臓感覚が唾液分泌と嚥下機能に果たす役割 査読

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇正一

    日本再生歯科医学会シンポジウム要旨集   8th ( 1 )   40 - 40   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液分泌および嚥下反射の誘発に内臓感覚の賦活化が及ぼす影響 査読

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   171 - 171   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態と関心事

    福重雅美, 前田綾, 上原沢子, 植田紘貴, 帆北友紀, 中村典史, 宮脇正一

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 1 )   13 - 22   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    本研究の目的は、矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態や関心事を明らかにすることである。鹿児島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科を受診した口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う未成年患者の保護者86名を対象とし、歯科衛生士による質問紙調査を行った。VAS法を用いた質問では、保護者を患者の発達段階により5群(幼児期、学童期・小学校低学年、学童期・小学校高学年、青年前期・中学生、青年中期以降)に分類し、VAS値の差を統計学的に検討した。質問紙調査の結果、矯正治療の必要性を知った時は、「悲しみと怒りおよび不安」の心理状態を示した保護者が最も多く、そのほとんどが「矯正治療が長期に及ぶ」ことによる「不安」であった。また、保護者は「顔貌」などの審美的項目に対して特に高い関心を示し、「社会生活の不安」についても関心が高かった。一方、「矯正治療の期間」や「矯正歯科での1回の診療時間」において、青年中期以降群の保護者は、幼児期や学童期群の保護者と比較して、VAS値が有意に高く、保護者は長期間の矯正治療と長い診療時間に関して負担に感じていた。「矯正装置のトラブル」においては、学童期・小学校高学年群の保護者は、小学校低学年群と比較して、有意にVAS値が高く、トラブルが多いと回答した。使用中の矯正装置の種類は、ほぼ同じであることから、治療が長期化することで、保護者はトラブルの負担を感じやすいことが示唆された。以上から口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者は、特に審美的な問題について関心が高く、矯正治療の期間や診療時間が長いことに対する不安や負担の程度は、患者の発育段階によって異なることが明らかとなった。(著者抄録)

    DOI: 10.11224/cleftpalate.40.13

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鹿児島大学歯学部学生のKolbの学習スタイルについて

    植田紘貴, 宮脇正一, 菅真有, 池森宇泰, 田口則宏

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th   2015年

     詳細を見る

  • 上下顎前突と下顎第三大臼歯の近心傾斜を伴う骨格性II級症例の一治験例

    植田紘貴, 菅真有, 北嶋文哲, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   2015年

     詳細を見る

  • 【酸蝕症を考える(1)総論編】 酸蝕症とブラキシズム

    宮脇 正一, 植田 紘貴, 前田 綾

    小児歯科臨床   19 ( 5 )   38 - 42   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京臨床出版(株)  

    researchmap

  • 鹿児島大学歯学部とエアランガ大学歯学部との国際交流①

    宮脇 正一, 植田 紘貴, 八木 孝和, 山本 芳丈, 友成 博, 前田 綾, 上村 裕希, 永山 邦宏, 國則 貴玄, 高田 寛子, 上原 沢子, 吉田 礼子, 島田 和幸, ミヤワキ ショウイチ, ウエダ ヒロタカ, ヤギ タカカズ, ヤマモト ヨシタケ, トモナリ ヒロシ, マエダ アヤ, カミムラ ヒロキ, ナガヤマ クニヒロ, クニノリ タカハル, タカダ ヒロコ, ウエハラ サワコ, ヨシダ レイコ, シマダ カズユキ, MIYAWAKI Shouichi, UEDA Hirotaka, YAGI Takakazu, YAMAMOTO Yoshitake, TOMONARI Hiroshi, MAEDA Aya, KAMIMURA Hiroki, NAGAYAMA Kunihiro, KUNINORI Takaharu, TAKADA Hiroko, UEHARA Sawako, YOSHIDA Reiko, SHIMADA Kazuyuki

    鹿児島大学歯学部紀要   34   79 - 82   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 臨床教育部会報告 鹿児島大学歯学部における臨床教育-現状と今後の方向性について-

    田口則宏, 中村典史, 西村正宏, 嶺崎良人, 岩崎智憲, 糀谷淳, 山口泰平, 作田哲也, 武内博信, 門川明彦, 丸山浩美, 今村晴幸, 大河内孝子, 深水篤, 植田紘貴, 末永重明, 諏訪素子

    鹿児島大学歯学部紀要   34   103 - 106   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 従来の大臼歯遠心移動装置とスケレタルアンカレッジ装置の治療効果の検討-系統的レビュー-

    八木孝和, 菅真有, 植田紘貴, 友成博, 大牟禮治人, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   235 - 235   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液分泌はいかに制御されるか?-内臓感覚と胃酸分泌抑制剤ニザチジンの新たな関係-

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 大賀泰彦, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   10 ( 1 )   36 - 36   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯学医療教育・研究のグローバル化に関するシンポジウム報告

    植田 紘貴, ウエダ ヒロタカ, UEDA Hirotaka

    鹿児島大学歯学部紀要   34   133 - 135   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 鹿児島大学歯学部カリキュラム改善ワーキンググループ活動報告

    宮脇正一, 植田紘貴, 松山孝司, 佐藤強志, 徳田雅行, 山中淳之, 峰和治, 大西智和, 松尾美樹, 山口泰平, 岩崎智憲, 迫口賢二, 鎌下祐次, 新田哲也, 比地岡浩志, 糀谷淳, 西村正宏, 菊地聖史, 田口則宏, 佐藤友昭

    鹿児島大学歯学部紀要   34   107 - 111   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎変形症患者の心理と行動変容プロセスについて

    植田紘貴

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • 胃酸分泌抑制と唾液分泌促進の二相性効果について-H2受容体拮抗薬による自律神経活動の促進- 査読

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   179 - 179   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃酸分泌抑制剤ニザチジンの唾液分泌促進作用について 査読

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 宮脇 正一

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   153 - 153   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 研究活動報告―歯科矯正学分野―

    宮脇 正一, 大牟禮 治人, 八木 孝和, 坂口 勝義, 山本 芳丈, 友成 博, 前田 綾, 上村 裕希, 永山 邦宏, 植田 紘貴, ミヤワキ ショウイチ, オオムレ ハルヒト, ヤギ タカカズ, サカグチ カツヨシ, ヤマモト ヨシタケ, トモナリ ヒロシ, マエダ アヤ, カミムラ ヒロキ, ナガヤマ クニヒロ, ウエダ ヒロタカ, Miyawaki Shouichi, Ohmure Haruhito, Yagi Takakazu, Sakaguchi Katsuyoshi, Yamamoto Yoshitake, Tomonari Hiroshi, Maeda Aya, Kamimura Hiroki, Nagayama Kunihiro, Ueda Hirotaka

    鹿児島大学歯学部紀要   33   71 - 73   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 増える逆流性食道炎 ご存知ですか?口腔内疾患との密接な関係 PART3 逆流性食道炎と歯科とのかかわり

    宮脇正一, 植田紘貴, 前田綾

    歯科衛生士   37 ( 6 )   80 - 83   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:クインテッセンス出版(株)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃酸分泌抑制剤ニザチジンの唾液分泌促進作用について

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   ROMBUNNO.P1‐65 (WEB ONLY) - 153   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唇顎口蓋裂を伴う矯正患者の保護者における心理状態と関心事

    福重雅美, 帆北友紀, 前田綾, 植田紘貴, 上原沢子, 下田平貴子, 宮脇正一

    日本歯科衛生学会雑誌   8 ( 1 )   129 - 129   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 従来の固定式大臼歯遠心移動装置とスケレタルアンカレッジ装置の臼歯部と前歯部への治療効果に関する系統的レビュー

    八木孝和, 菅真有, 植田紘貴, 友成博, 大牟禮治人, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   9 ( 1 )   1 - 16   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    従来の固定式大臼歯遠心移動装置とスケレタルアンカレッジ装置の臼歯部と前歯部への治療効果について検討した。日英4つの電子的データベースを用いて、包含条件を含む文献を検索し、セファロメトリックな方法で調査された治療前後のデータを含む各排除項目を満たす文献に選別し、さらに9項目に及ぶ質的な条件を満たしたものをメタ・アナリシスに供した。スクリーニングで45件の文献を抽出し、さらに質的解析によって8文献を抽出した。大臼歯の遠心移動に対して、歯科矯正期アンカースクリューを用いたスケレタルアンカレッジ装置は、従来の固定式大臼歯遠心移動装置と比較して、前歯部への影響がなく効果的にかつ効率的に歯を動かしたが、ペンデュラム装置は、大臼歯の遠心傾斜を誘発した。約1年間の大臼歯遠心移動で、従来の固定式大臼歯遠心移動装置では3〜4mm、スケレタルアンカレッジ装置で4〜5mm程度の遠心移動が期待できた。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃食道逆流モデルラットを用いた胃酸分泌抑制剤の唾液分泌促進作用の解明

    菅真有, 植田紘貴, 八木孝和, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   9 ( 1 )   61 - 61   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃酸分泌抑制剤ニザチジンの唾液分泌促進剤としての可能性-中枢への作用と内臓感覚との関連- 査読

    植田紘貴, 菅真有, 八木孝和, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   157 - 157   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液分泌と迷走神経の関連性

    植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一

    九州矯正歯科学会雑誌   8 ( 1 )   89 - 89   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内臓感覚は唾液分泌および顎舌骨筋のリズミカルな筋活動を誘発する 査読

    植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71st   148 - 148   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯周病原性因子存在下の培養ヒト歯根膜線維芽細胞への物理的刺激による細胞内シグナル伝達系の動態検討 査読

    八木孝和, 前田綾, 植田紘貴, 菅真有, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   70th   248 - 248   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液分泌動態は迷走神経の一過性の刺激により促進される 査読

    植田紘貴, 八木孝和, 菅真有, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   70th   214 - 214   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【子どもの歯ぎしり】 睡眠時ブラキシズムに対する考え方

    宮脇 正一, 永山 邦宏, 植田 紘貴, 大牟禮 治人, 坂口 勝義

    小児歯科臨床   15 ( 8 )   12 - 26   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京臨床出版(株)  

    researchmap

  • 小・中学生の問題行動と睡眠・胃食道逆流症状に関する因子の検討

    坂口勝義, 兼松恭子, 齋藤陽子, 永山邦宏, 植田紘貴, 大牟禮治人, 宮脇正一

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   69th   2010年

     詳細を見る

  • CEVIMELINE ENHANCES THE EXCITABILITY IN THE RAT SUPERIOR SALIVATORY NUCLEUS NEURONS 査読

    Hirotaka Ueda, Yoshihiro Mitoh, Hiroyuki Ichikawa, Motoi Kobashi, Takashi Yamashiro, Ryuji Matsuo

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59   142 - 142   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

    researchmap

  • 口腔乾燥症治療薬セビメリンはラット上唾液核ニューロンの興奮性を促進する

    植田紘貴, 植田紘貴, 美藤純弘, 市川博之, 小橋基, 山城隆, 松尾龍二

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   68th   2009年

     詳細を見る

  • 骨芽細胞株MC3T3-E1細胞において流体剪断応力はMAPKを介してCTGFの発現を増大させる

    本城正, 植田紘貴, 上岡寛, 山城隆, 山本照子

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   66th   2007年

     詳細を見る

  • 術前矯正にチタンスクリューを用いて下顎右側第二,第三大臼歯を近心移動した骨格性下顎前突症例

    福永智広, 黒田晋吾, 植田紘貴, 山本照子

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   65th   2006年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

受賞

  • ベストリサーチャー賞

    2017年9月   鹿児島大学歯学部  

    植田 紘貴

     詳細を見る

  • 若手研究者優秀賞

    2016年12月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター  

    植田 紘貴

     詳細を見る

  • 優秀ポスター発表賞

    2013年10月   日本矯正歯科学会  

    植田 紘貴

     詳細を見る

  • 生理学部門優秀ポスター発表賞

    2008年9月   歯科基礎医学会  

    植田 紘貴

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 生体マルチモーダル解析を用いた骨形成・認知機能の複合的促進機構の解明

    2019年04月 - 2022年03月

    科研費  基盤C 

    植田 紘貴

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 認知機能の賦活化による唾液分泌促進機序の解明:脳腸モデルとオプトジェネティクス法

    2015年04月 - 2018年03月

    科研費  若手B 

    植田 紘貴

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 内臓感覚賦活化による口腔生理機能の再生ー脳腸相関モデルとPETイメージング解析ー

    2012年04月 - 2015年03月

    科研費  若手B 

    植田 紘貴

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 小児矯正学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 小児矯正学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 小児矯正学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 小児矯正学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示