2021/12/01 更新

写真a

ナルセ ケイジ
成瀬 恵治
NARUSE Keiji
所属
医歯薬学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 名古屋大学 )

研究キーワード

  • 生理学

  • 生体医工学

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学

学歴

  • 名古屋大学    

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

  • 名古屋大学   School of Medicine  

    - 1988年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   副医学部長

    2021年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences   教授

    2005年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 名古屋大学(医学部)   助教授

    1999年4月 - 2005年9月

      詳細を見る

  • 名古屋大学(医学部)   講師

    1994年4月

      詳細を見る

  • 名古屋大学(医学部)   助手

    1993年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

  • 長寿科学振興財団   リサーチレジデント

    1992年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

  • ノースカロライナ大学チャペルヒル校   Research Fellow

    1989年5月 - 1990年6月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山医学会   幹事  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団    調査研究助成選考委員  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • JST戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)   パネルメンバー  

    2021年4月 - 2022年3月   

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構   創発的研究支援事業アドバイザー  

    2020年9月 - 2023年3月   

  • 公益社団法人日本生体医工学会   副理事長  

    2020年6月 - 現在   

      詳細を見る

  • 一般社団法人日本生理学会   副理事長  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 公益社団法人日本生体医工学会   理事  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 岡山県医用工学研究会   会長  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Meta-Analysis-Assisted Detection of Gravity-Sensitive Genes in Human Vascular Endothelial Cells

    Yin Liang, Mengxue Wang, Yun Liu, Chen Wang, Ken Takahashi, Keiji Naruse

    Frontiers in Cell and Developmental Biology   9   2021年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    Gravity affects the function and maintenance of organs, such as bones, muscles, and the heart. Several studies have used DNA microarrays to identify genes with altered expressions in response to gravity. However, it is technically challenging to combine the results from various microarray datasets because of their different data structures. We hypothesized that it is possible to identify common changes in gene expression from the DNA microarray datasets obtained under various conditions and methods. In this study, we grouped homologous genes to perform a meta-analysis of multiple vascular endothelial cell and skeletal muscle datasets. According to the t-distributed stochastic neighbor embedding (t-SNE) analysis, the changes in the gene expression pattern in vascular endothelial cells formed specific clusters. We also identified candidate genes in endothelial cells that responded to gravity. Further, we exposed human umbilical vein endothelial cells (HUVEC) to simulated microgravity (SMG) using a clinostat and measured the expression levels of the candidate genes. Gene expression analysis using qRT-PCR revealed that the expression level of the prostaglandin (PG) transporter gene <italic>SLCO2A1</italic> decreased in response to microgravity, consistent with the meta-analysis of microarray datasets. Furthermore, the direction of gravity affected the expression level of <italic>SLCO2A1</italic>, buttressing the finding that its expression was affected by gravity. These results suggest that a meta-analysis of DNA microarray datasets may help identify new target genes previously overlooked in individual microarray analyses.

    DOI: 10.3389/fcell.2021.689662

    researchmap

  • Involvement of Transient Receptor Potential Vanilloid Channel 2 in the Induction of Lubricin and Suppression of Ectopic Endochondral Ossification in Mouse Articular Cartilage. 国際誌

    Hideki Nakamoto, Yuki Katanosaka, Ryota Chijimatsu, Daisuke Mori, Fengjun Xuan, Fumiko Yano, Yasunori Omata, Yuji Maenohara, Yasutaka Murahashi, Kohei Kawaguchi, Ryota Yamagami, Hiroshi Inui, Shuji Taketomi, Yuki Taniguchi, Motoi Kanagawa, Keiji Naruse, Sakae Tanaka, Taku Saito

    Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   73 ( 8 )   1441 - 1450   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Transient receptor potential vanilloid channel 2 (TRPV2) is a Ca2+ -permeable channel and plays a role in mediating intracellular Ca2+ current via mechanical stimuli. This study was undertaken to examine the expression and role of TRPV2 in adult articular cartilage and the development of osteoarthritis (OA). METHODS: We examined TRPV2 expression in mouse and human articular cartilage. We analyzed the development of OA in Col2a1-CreERt2 ;Trpv2fl/fl mice and Trpv2fl/fl littermates in the resection of the medial meniscus and medial collateral ligament model (n = 5 each), the destabilization of the medial meniscus model (n = 5 each), and the aging mouse model (n = 8-9 each). We examined marker protein expression in these joints, Ca2+ influx by mechanical stimuli, and downstream pathways in vitro. RESULTS: TRPV2 was expressed in mouse and human articular cartilage and ectopic ossification lesions. In all mouse models of OA examined, Col2a1-CreERt2 ;Trpv2fl/fl mice were observed to have enhanced degradation of articular cartilage accompanied by decreased expression of lubricin/Prg4, and marked formation of periarticular ectopic ossification. Mechanical stress-induced Ca2+ influx was decreased by Trpv2 knockout (KO). Prg4 induction by fluid-flow shear stress was diminished in Trpv2-KO mouse chondrocytes, and this was mediated by the Ca2+ /calmodulin-dependent protein kinase kinase-cyclic AMP response element binding protein axis. Hypertrophic differentiation was enhanced in Trpv2-KO mouse chondrocytes. Increased activity of calcineurin and nuclear translocation of nuclear factor in activated T cells 1 induced by fluid-flow shear stress or TRP agonist treatment was reversed by Trpv2 knockout. CONCLUSION: Our findings demonstrate regulation of articular cartilage by TRPV2 through Prg4 induction and suppression of ectopic ossification.

    DOI: 10.1002/art.41684

    PubMed

    researchmap

  • Role of the TRPM4 channel in mitochondrial function, calcium release, and ROS generation in oxidative stress

    Chen Wang, Jian Chen, Mengxue Wang, Keiji Naruse, Ken Takahashi

    Biochemical and Biophysical Research Communications   566   190 - 196   2021年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.03.077

    researchmap

  • The Mechanisms of the Development of Atherosclerosis in Prediabetes

    Yin Liang, Mengxue Wang, Chen Wang, Yun Liu, Keiji Naruse, Ken Takahashi

    International Journal of Molecular Sciences   22 ( 8 )   4108 - 4108   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Lifestyle changes, such as overeating and underexercising, can increase the risk of prediabetes. Diabetes is one of the leading causes of atherosclerosis, and recently it became clear that the pathophysiology of atherosclerosis progresses even before the onset of diabetic symptoms. In addition to changes in platelets and leukocytes in the hyperglycemic state and damage to vascular endothelial cells, extracellular vesicles and microRNAs were found to be involved in the progression of prediabetes atherosclerosis. This review discusses the cellular and molecular mechanisms of these processes, with an intention to enable a comprehensive understanding of the pathophysiology of prediabetes and atherosclerosis.

    DOI: 10.3390/ijms22084108

    researchmap

  • Systematic Understanding of Pathophysiological Mechanisms of Oxidative Stress-Related Conditions—Diabetes Mellitus, Cardiovascular Diseases, and Ischemia–Reperfusion Injury

    Mengxue Wang, Yun Liu, Yin Liang, Keiji Naruse, Ken Takahashi

    Frontiers in Cardiovascular Medicine   8   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    Reactive oxygen species (ROS) plays a role in intracellular signal transduction under physiological conditions while also playing an essential role in diseases such as hypertension, ischemic heart disease, and diabetes, as well as in the process of aging. The influence of ROS has some influence on the frequent occurrence of cardiovascular diseases (CVD) in diabetic patients. In this review, we considered the pathophysiological relationship between diabetes and CVD from the perspective of ROS. In addition, considering organ damage due to ROS elevation during ischemia–reperfusion, we discussed heart and lung injuries. Furthermore, we have focused on the transient receptor potential (TRP) channels and L-type calcium channels as molecular targets for ROS in ROS-induced tissue damages and have discussed about the pathophysiological mechanism of the injury.

    DOI: 10.3389/fcvm.2021.649785

    researchmap

  • Treatment of Oxidative Stress with Exosomes in Myocardial Ischemia

    Yun Liu, Mengxue Wang, Yin Liang, Chen Wang, Keiji Naruse, Ken Takahashi

    International Journal of Molecular Sciences   22 ( 4 )   1729 - 1729   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    A thrombus in a coronary artery causes ischemia, which eventually leads to myocardial infarction (MI) if not removed. However, removal generates reactive oxygen species (ROS), which causes ischemia–reperfusion (I/R) injury that damages the tissue and exacerbates the resulting MI. The mechanism of I/R injury is currently extensively understood. However, supplementation of exogenous antioxidants is ineffective against oxidative stress (OS). Enhancing the ability of endogenous antioxidants may be a more effective way to treat OS, and exosomes may play a role as targeted carriers. Exosomes are nanosized vesicles wrapped in biofilms which contain various complex RNAs and proteins. They are important intermediate carriers of intercellular communication and material exchange. In recent years, diagnosis and treatment with exosomes in cardiovascular diseases have gained considerable attention. Herein, we review the new findings of exosomes in the regulation of OS in coronary heart disease, discuss the possibility of exosomes as carriers for the targeted regulation of endogenous ROS generation, and compare the advantages of exosome therapy with those of stem-cell therapy. Finally, we explore several miRNAs found in exosomes against OS.

    DOI: 10.3390/ijms22041729

    researchmap

  • Production of TRPM4 knockout cell line using rat cardiomyocyte H9c2

    Chen Wang, Masakazu Maeda, Jian Chen, Mengxue Wang, Keiji Naruse, Ken Takahashi

    MethodsX   8   101404 - 101404   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mex.2021.101404

    researchmap

  • The inhibitory role of rab11b in osteoclastogenesis through triggering lysosome-induced degradation of c-Fms and RANK surface receptors. 査読

    Tran MT, Okusha Y, Feng Y, Morimatsu M, Wei P, Sogawa C, Eguchi T, Kadowaki T, Sakai E, Okamura H, Naruse K, Tsukuba T, Okamoto K

    Int J Mol Sci   21 ( 24 )   9352 - 9352   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21249352

    researchmap

  • In vitro Neo-Genesis of Tendon/Ligament-Like Tissue by Combination of Mohawk and a Three-Dimensional Cyclic Mechanical Stretch Culture System. 査読

    Kataoka K, Kurimoto R, Tsutsumi H, Chiba T, ato T, Shishido K, Kato M, Ito Y, Cho Y, Hoshi O, Mimata A, Sakamaki Y, Nakamichi R, Lotz MK, Naruse K, Asahara H

    Front Cell Dev Biol   8   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcell.2020.00307

    Web of Science

    researchmap

  • Model of Ischemic Heart Disease and Video-Based Comparison of Cardiomyocyte Contraction Using hiPSC-Derived Cardiomyocytes. 査読

    Liu Y, Liang Y, Wang M, Wang C, Wei H, Naruse K, Takahashi K

    J Vis Exp   159 ( 159 )   e61104   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3791/61104

    researchmap

  • Molecular chaperone αB-crystallin regulates the dynamic stability of focal adhesion under mechanical stress conditions. 査読

    Hayasaki S, Sasai Y, Imayasu M, Shimizu M, Fujiki S, Naruse K, Watanabe T, Atomi Y

    Jpn J Appl Phys   59 ( SD )   SDDE03 - SDDE03   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/1347-4065/ab65aa

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.7567/1347-4065/ab65aa/pdf

  • Increased hydrostatic pressure induces nuclear translocation of DAF-16/FOXO in C. Elegans 査読 国際誌

    Watanabe N, Morimatsu M, Fujita A, Teranishi M, Sudevan S, Watanabe M, Iwasa H, Hata Y, Kagi H , Nishiyama M, Naruse K, Higashitani A

    Biochem Biophys Res Commun   523 ( 4 )   853 - 858   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.01.047

    PubMed

    researchmap

  • Elimination of fukutin reveals cellular and molecular pathomechanisms in muscular dystrophy-associated heart failure. 査読 国際誌

    Ujihara Y, Kanagawa M, Mohri S, Takatsu S, Kobayashi K, Toda T, Naruse K, Katanosaka Y

    Nat Commun   10 ( 1 )   5754 - 5754   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-13623-2

    PubMed

    researchmap

  • Mechanical strain attenuates cytokine-induced ADAMTS9 expression via transient receptor potential vanilloid type 1. 査読 国際誌

    Exp Cell Res   383 ( 2 )   111556 - 111556   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yexcr.2019.111556

    PubMed

    researchmap

  • Development of a model of ischemic heart disease using cardiomyocytes differentiated from human induced pluripotent stem cells. 査読

    Wei H, Wang C, Guo R, Takahashi K, Naruse K

    Biochemical and biophysical research communications   520 ( 3 )   600 - 605   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.09.119

    PubMed

    researchmap

  • Spiral Trajectory Modulation of Rheotaxic Motile Human Sperm in Cylindrical Microfluidic Channels of Different Inner Diameters. 査読

    Nishina S, Matsuura K, Naruse K

    Acta medica Okayama   73 ( 3 )   213 - 221   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/56863

    PubMed

    researchmap

  • L-type calcium channel modulates mechanosensitivity of the cardiomyocyte cell line H9c2. 査読 国際誌

    Takahashi K, Hayashi S, Miyajima M, Omori M, Wang J, Kaihara K, Morimatsu M, Wang C, Chen J, Iribe G, Naruse K, Sokabe M

    Cell Calcium   79   68 - 74   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ceca.2019.02.008

    PubMed

    researchmap

  • Cyclic stretch enhances reorientation and differentiation of 3-D culture model of human airway smooth muscle. 査読

    Asano S, Ito S, Morosawa M, Furuya K, Naruse K, Sokabe M, Yamaguchi E, Hasegawa Y

    Biochemistry and biophysics reports   16   32 - 38   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2018.09.003

    PubMed

    researchmap

  • TRPV2 is required for mechanical nociception and the stretch-evoked response of primary sensory neurons. 査読

    Katanosaka K, Takatsu S, Mizumura K, Naruse K, Katanosaka Y

    Scientific reports   8 ( 1 )   16782 - 16782   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-35049-4

    PubMed

    researchmap

  • Stretching of single DNA molecules caused by accelerating flow on a microchip. 査読

    Hirano K, Iwaki T, Ishido T, Yoshikawa Y, Naruse K, Yoshikawa K

    The Journal of chemical physics   149 ( 16 )   165101 - 165101   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5040564

    PubMed

    researchmap

  • 歯根膜細胞における機械刺激による恒常性への影響

    藤田 彩乃, 森松 賢順, 西山 雅祥, 成瀬 恵治, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 秋季特別 )   117 - 117   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • Human gingival fibroblast feeder cells promote maturation of induced pluripotent stem cells into cardiomyocytes. 査読

    Matsuda Y, Takahashi K, Kamioka H, Naruse K

    Biochemical and biophysical research communications   503 ( 3 )   1798 - 1804   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.07.116

    PubMed

    researchmap

  • Role of the TRPM4 Channel in Cardiovascular Physiology and Pathophysiology. 査読

    Wang C, Naruse K, Takahashi K

    Cells   7 ( 6 )   E62 - E62   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cells7060062

    PubMed

    researchmap

  • TRPC3 participates in angiotensin II type 1 receptor-dependent stress-induced slow increase in intracellular Ca2+ concentration in mouse cardiomyocytes. 査読

    Yamaguchi Y, Iribe G, Kaneko T, Takahashi K, Numaga-Tomita T, Nishida M, Birnbaumer L, Naruse K

    The Journal of Physiological Sciences   68 ( 2 )   153 - 164   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-016-0519-3

    Scopus

    researchmap

  • Effects of Mechanical Stress on Periodontal Ligament 査読

    Fujita Ayano, Morimatsu Masatoshi, Nishiyama Masayoshi, Takashiba Shogo, Naruse Keiji

    BIOPHYSICAL JOURNAL   114 ( 3 )   143A   2018年2月

  • The effects of load on transmural differences in contraction of isolated mouse ventricular cardiomyocytes. 査読

    Khokhlova A, Iribe G, Katsnelson L, Naruse K, Solovyova O

    J Mol Cell Cardiol   114   276 - 287   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2017.12.001

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mechano-sensitivity of mitochondrial function in mouse cardiac myocytes 査読

    Iribe G, Kaihara K, Yamaguchi Y, Nakaya M, Inoue R and Naruse K

    Progress in Biophysics and Molecular Biology, Progress in biophysics and biophysical chemistry   130 ( Pt B )   315 - 322   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbiomolbio.2017.05.015

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Role of TRPC3 and TRPC6 channels in the myocardial response to stretch: Linking physiology and pathophysiology. 査読

    Yamaguchi Y, Iribe G, Nishida M and Naruse K

    Progress in Biophysics & Molecular Biology   130 ( Pt B )   264 - 272   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbiomolbio.2017.06.010

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effects of simulated ischemia on the transmural differences in the Frank-Starling relationship in isolated mouse ventricular cardiomyocytes 査読

    Khokhlova A, Iribe G, Yamaguchi Y, Naruse K and Solovyova O

    Progress in Biophysics and Molecular Biology, Progress in biophysics and biophysical chemistry   130 ( Pt B )   323 - 332   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbiomolbio.2017.05.011

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Simultaneous mapping of multiple proteins in heart using matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry 査読

    Takahashi K, Naruse K

    European Heart Journal   38 ( Suppl 1 )   ehx501.45   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1093/eurheartj/ehx501.45

    researchmap

  • Effect of Oxidative Stress on Cardiovascular System in Response to Gravity 査読

    Ken Takahashi, Hiroki Okumura, Rui Guo, Keiji Naruse

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   18 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MDPI AG  

    Long-term habitation in space leads to physiological alterations such as bone loss, muscle atrophy, and cardiovascular deconditioning. Two predominant factors-namely space radiation and microgravity-have a crucial impact on oxidative stress in living organisms. Oxidative stress is also involved in the aging process, and plays important roles in the development of cardiovascular diseases including hypertension, left ventricular hypertrophy, and myocardial infarction. Here, we discuss the effects of space radiation, microgravity, and a combination of these two factors on oxidative stress. Future research may facilitate safer living in space by reducing the adverse effects of oxidative stress.

    DOI: 10.3390/ijms18071426

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Imaging of Cell Mechanics under High Gravity by Rotational Microscope

    Masatoshi Morimatsu, Ken Takahashi, Ayano Fujita, Keiji Naruse

    BIOPHYSICAL JOURNAL   112 ( 3 )   271A - 272A   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    DOI: 10.1016/j.bpj.2016.11.1471

    Web of Science

    researchmap

  • メカノストレスによる歯周組織リモデリング機構の解明

    藤田 彩乃, 森松 賢順, 高橋 賢, 高柴 正悟, 成瀬 恵治

    日本生理学雑誌   79 ( 1 )   44 - 44   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    researchmap

  • Effects of bepridil on stretch-activated BKca channels and stretch-induced extrasystoles in isolated chick hearts. 査読

    Jin H, Iribe G and Naruse K

    Physiological Research   66 ( 3 )   459 - 465   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Dynamic Remodeling of the Heart and Blood Vessels: Implications of Health and Disease 査読

    Ken Takahashi, Hulin Piao, Keiji Naruse

    Mechanobiology: Exploitation for Medical Benefit   175 - 189   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:wiley  

    Long-term exposure to pressure/volume overload of the heart due to hypertension or aortic stenosis induces pathological hypertrophy and remodeling, and eventually causes heart failure. This process accompanies pathological phenomena such as inflammation, apoptosis, and arrhythmia. On the other hand, physical exercise promotes physiological hypertrophy and remodeling of the heart, thereby enhancing cardiac performance. Interestingly, recent research has suggested that enhancement of heart function is a result not only of physiological hypertrophy of pre-existing cardiomyocytes, but also of cardiac stem cell activation and myocyte formation. Furthermore, exercise improves exacerbated cardiac function in heart diseases, including dilated cardiomyopathy (DCM) and myocardial infarction (MI). The suggested mechanisms of action of exercise remedies for these diseases include angiogenesis, cardiac resynchronization, and inhibition of inflammatory cytokines. However, excessive exercise can cause arrhythmogenic remodeling and sudden death. In this chapter, we elaborate the mechanisms of hypertrophy and remodeling under physiological and pathological conditions and discuss future directions for coping with pathological hypertrophy and remodeling.

    DOI: 10.1002/9781118966174.ch11

    Scopus

    researchmap

  • Induced NCX1 overexpression attenuates pressure overload-induced pathological cardiac remodelling 査読

    Yoshihiro Ujihara,Keiichiro Iwasaki,Satomi Takatsu,Ken Hashimoto,Keiji Naruse*,Satoshi Mohri,Yuki Katanosaka*

    Cardiovascular Research, Cardioscience   111 ( 4 )   348 - 361   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvw113

    Web of Science

    researchmap

  • Transplantation of dental pulp stem cells suppressed inflammation in sciatic nerves by promoting macrophage polarization towards anti-inflammation phenotypes and ameliorated diabetic polyneuropathy. 査読

    Omi M, Hata M, Nakamura N, Miyabe M, Kobayashi Y, Kamiya H, Nakamura J, Ozawa S, Tanaka Y, Takebe J, Matsubara T, Naruse K

    Journal of diabetes investigation   7 ( 4 )   485 - 496   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12452

    PubMed

    researchmap

  • Innovation of vascular engineering by mechanomedicine 査読

    Ken Takahashi, Keiji Naruse

    Vascular Engineering: New Prospects of Vascular Medicine and Biology with a Multidiscipline Approach   283 - 296   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Japan  

    This article describes how physical forces contribute to development, physiology, and pathology of vascular cells, focusing on endothelial cells and vascular smooth muscle cells. Based on these basic understandings of the mechanobiology, we discuss mechanomedicine, an application of the mechanobiology to medicine. Basic knowledge about cellular responses, such as cellular signal transduction pathway, gene expression, and cytoskeletal remodeling, to mechanical stimuli is important for understanding the pathology of vascular diseases including atherosclerosis. Introducing the knowledge of the vascular mechanobiology will not only contribute to the development of regenerative medicine using pluripotent stem cells but also provide a way to prevent diseases caused by thromboembolisms, such as myocardial and cerebral infarctions.

    DOI: 10.1007/978-4-431-54801-0_15

    Scopus

    researchmap

  • [Response to mechanical stimulus and cardiovascular homeostasis.]

    Takahashi K, Naruse K

    Clin Calcium   26 ( 12 )   1671 - 1676   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Mechanical Stretch on Human Skin Equivalents Increases the Epidermal Thickness and Develops the Basement Membrane 査読

    Tokuyama E, Nagai Y, Takahashi K, Naruse K

    PLoS One   10 ( 1 )   e0141989 - e0141989   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0141989

    researchmap

  • A simple method for decreasing the liquid junction potential in a flow-through-type differential pH sensor probe consisting of pH-FETs by exerting spatiotemporal control of the liquid junction. 査読

    Yamada A, Mohri S, Nakamura M, Naruse K

    Sensors (Basel)   15 ( 4 )   7898 - 7912   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s150407898

    Web of Science

    researchmap

  • Transient receptor potential melastatin-4 is involved in hypoxia-reoxygenation injury in the cardiomyocytes. 査読

    Piao H, Takahashi K, Yamaguchi Y, Wang C, Liu K, Naruse K

    PLoS One   10 ( 4 )   e0121703 - e0121703   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0121703

    Web of Science

    researchmap

  • Planar Patch Clamp System Capable of Recording Mechanosensitive Activity of Ion Channels

    Takahashi K, Naruse K

    Biophys J   108 ( 2, Supplement 1 )   584a   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of a Fluidic Gripper for Isolated Cardiomyocytes 査読

    Yohei Yamaguchi, Yasuyo Yamaguchi, Shuichi Wakimoto, Gentaro Iribe, Keiji Naruse

    Proc. of The 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   110 - 110   2015年

     詳細を見る

  • Real-time imaging of ATP release induced by mechanical stretch in human airway smooth muscle cells. 査読

    Takahara N, Ito S, Furuya K, Naruse K, Aso H, Kondo M, Sokabe M and Hasegawa Y

    Am J Respir Cell Mol Biol   51 ( 6 )   772 - 782   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2014-0008OC

    Web of Science

    researchmap

  • Ca2+ influx and ATP release mediated by mechanical stretch in human lung fibroblasts. 査読

    Murata N, Ito S, Furuya K, Takahara N, Naruse K, Aso H, Kondo M, Sokabe M and Hasegawa Y

    Biochem Biophys Res Commun   453 ( 1 )   101 - 105   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.09.063

    Web of Science

    researchmap

  • The significant role of Na&lt;sup&gt;+&lt;/sup&gt;/Ca&lt;sup&gt;2+&lt;/sup&gt; exchanger 1 on local Ca&lt;sup&gt;2+&lt;/sup&gt; control beneath T-tubule membrane 査読

    Yoshihiro Ujihara, Keiichiro Iwasaki, Satomi Takatsu, Ken Hashimoto, Keiji Naruse, Satoshi Mohri, Yuki Katanosaka

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52   212 - O-213   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering  

    Na+/Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    exchanger (NCX1) is essential Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    regulator of myocyte Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    homeostasis and specially localized at transverse tubules (T-tubules) membrane. T-tubules are invaginations of the sarcolemma and critical for myocyte contraction, especially as the main site of excitation-contraction coupling. Therefore, T-tubule disorganization is linked to decreased contractility in heart failure, but the molecular mechanism is not clear. We analyzed the alteration of T-tubule structure and Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    handling during the progression of heart failure after transverse aortic constriction (TAC)-surgery, using cardiac-specific and inducible NCX1 transgenic mice. In progression of cardiac dysfunction, sarcoplasmic reticulum Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    ATPase and NCX1 activity were down-regulated before T-tubule disorganization. The inducing NCX1 overexpression after TAC-surgery prevented T-tubule disorganization and contractile dysfunction under prolonged pressure-overload, with improvement of myocyte Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    handling. These results suggest that local Ca&lt
    inf&gt
    2+&lt
    /inf&gt
    control beneath the T-tubule membrane is crucial for the maintenance of myocyte structure and function, in which NCX1 has a pivotal role.

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.O-212

    Scopus

    researchmap

  • Effects of axial stretch on mitochondrial reactive oxygen species in cardiac myocytes 査読

    Gentaro Iribe, Keiko Kaihara, Keiji Naruse

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52   44   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering  

    Myocardium contracts against ventricular wall stretch that comes along with ventricular filling. Mitochondria generate required ATP for myocardial contraction. It is well known that mitochondrial ATP production process is one of the sources of reactive oxygen species (ROS). ROS are known as toxic molecules, but also important physiological regulators of intracellular signaling pathways. In the present study, we investigate the relation between myocardial stretch and mitochondrial ROS production, and discuss the role of mitochondria on myocardial response to stretch. Isolated mouse ventricular myocytes were exposed to 10% axial stretch using carbon fiber technique. ROS production was studied using DCF-loaded cells. Axial stretch significantly increased ROS production. Applying 5 μM mitochondrial metabolic uncoupler FCCP blunted the response, indicating mitochondrial ROS production is stretch-sensitive. The present results suggest that stretch enhances electron transport chain to prepare for the more ATP production for the more preloaded, namely, the more energy-consuming contraction.

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.SY-44

    Scopus

    researchmap

  • Paper-based diagnostic devices for estimating human sperm motility 査読

    Koji Matsuura, Wenqian Li, Kuan-Hung Chen, Yuka Asano, Keiji Naruse, Chao-Min Cheng

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52   551 - O-552   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering  

    Low-cost paper-based diagnostic device for human sperm motility has developed to know sperm motility without consulting fertility clinics. We compared the signal pattern of the paper-based sperm motility assay using 4-channel pattern (cross) and 2-channel pattern (line) papers, and investigated difference in signal patterns using some tetrazorium salts for the assay. Using these two paper patterns, we can examine whether human sperm motility in semen is more than 50% or 0%. XTT and WST-8 reagents treated paper-based device can be used. We concluded that MTT treated line pattern paper is suitable for the purpose to reduce the cost of the device.

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.O-551

    Scopus

    researchmap

  • Load dependency in force-length relations in isolated single cardiomyocytes. 査読

    Iribe G, Kaneko T, Yamaguchi Y, Naruse K

    Prog Biophys Mol Biol.   115 ( 2-3 )   103 - 114   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbiomolbio.2014.06.005

    Web of Science

    researchmap

  • The neutral self-assembling peptide hydrogel SPG-178 as a topical hemostatic agent. 査読

    Komatsua S, Nagai Y, Naruse K and Kimata Y

    PLoS One   9 ( 7 )   e102778 - e102778   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0102778

    Web of Science

    researchmap

  • Directed differentiation of patient-specific induced pluripotent stem cells identifies the transcriptional repression and epigenetic modification of NKX2-5, HAND1, and NOTCH1 in hypoplastic left heart syndrome. 査読

    Kobayashi J, Yoshida M, Tarui S, Hirata M, Nagai Y, Kasahara S, Naruse K, Ito H, Sano S and Oh H

    PLoS One   9 ( 7 )   e102796 - e102796   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0102796

    Web of Science

    researchmap

  • TRPV2 is critical for the maintenance of cardiac structure and function in mice. 査読

    Katanosaka Y, Iwasaki K, Ujihara Y, Takatsu S, Nishitsuji K, Kanagawa M, Sudo A, Toda T, Katanosaka K, Satoshi M and Naruse K

    Nat Commun   5 ( 5 )   3932 - 3932   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms4932

    Web of Science

    researchmap

  • Paper-based diagnostic devices for evaluating the quality of human sperm. 査読

    Matsuura, K, Chen KH, Tsai CH, Li W, Asano Y, Naruse K and Cheng CM

    Microfluid Nanofluidics   16 ( 5 )   857 - 867   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10404-014-1378-y

    Web of Science

    researchmap

  • 蛍光ライブイメージングを用いた骨組織中における細胞内カルシウムオシレーションの計測

    石原 嘉人, 菅原 康代, 上岡 寛, 川邉 紀章, 成瀬 恵治, 山城 隆

    日本骨形態計測学会雑誌   24 ( 1 )   15 - 22   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    細胞内カルシウム(Ca2+)は多様な細胞機能を仲介する重要な情報伝達物質であり、Ca2+オシレーションと呼ばれる周期的なCa2+濃度の上昇様式は、骨代謝調節を含む広範な生理機構に関与すると考えられている。しかし、3次元的な骨芽細胞-骨細胞ネットワークから成り立つ骨組織中でのCa2+オシレーションの動態は、周囲の骨基質が障壁となるためこれまで不明であった。近年我々は、骨組織をまるごと生きた状態のままCa2+イメージングする事に成功し、骨芽細胞と骨細胞の自律性細胞内Ca2+オシレーションの存在と、それらの現象に対するメカニカルストレスの影響およびギャップ結合の関与について報告した。本論文では、蛍光ライブイメージングを用いた骨組織中のCa2+オシレーションについて最新の研究成果を交えて解説する。(著者抄録)

    researchmap

  • Oscillatory intracellular Ca<sup>2+</sup>responses in living bone 査読

    Ishihara Y, Sugawara Y, Kamioka H, Kawanabe N, Naruse K, Yamashiro T

    Journal of Oral Biosciences   56 ( 2 )   49 - 53   2014年

  • Involvement of S1P1 receptor pathway in angiogenic effects of a novel adenosine-like nucleic acid analog COA-Cl in cultured human vascular endothelial cells. 査読

    Igarashi J, Hashimoto T, Kubota Y, Shoji K, Maruyama T, Sakakibara N, Takuwa Y, Ujihara Y, Katanosaka Y, Mohri S, Naruse K, Yamashita T, Okamoto R, Hirano K, Kosaka H, Takata M, Konishi R, Tsukamoto I

    Pharmacology Research & Perspectives   2 ( 5 )   e00068 - e00068   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Coarse-grained molecular dynamics simulations of biomolecules 査読

    Ken Takahashi, Takayuki Oda, Keiji Naruse

    AIMS Biophysics   1 ( 1 )   1 - 15   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:American Institute of Mathematical Sciences  

    Coarse-grained molecular dynamics (CGMD) simulations are increasingly being used to analyze the behaviors of biological systems. When appropriately used, CGMD can simulate the behaviors of molecular systems several hundred times faster than elaborate all-atom molecular dynamics simulations with similar accuracy. CGMD parameters for lipids, proteins, nucleic acids, and some artificial substances such as carbon nanotubes have been suggested. Here we briefly discuss a method for CGMD system configuration and the types of analysis and perturbations that can be performed with CGMD simulations. We also describe specific examples to show how CGMD simulations have been applied to various situations, and then describe experimental results that were used to validate the simulation results. CGMD simulations are applicable to resolving problems for various biological systems.

    DOI: 10.3934/biophy.2014.1.1

    Scopus

    researchmap

  • 9-Phenanthrol, a TRPM4 Inhibitor, protects rat hearts from ischemia-reperfusion injury

    Takahashi K, Piao H, Wang J, Naruse K

    J Physiol Sci   64 ( Suppl 1 )   S55   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF03405834

    researchmap

  • Paper-based Diagnostic Devices for Evaluating the Quality of Sperms

    Matsuura Koji, Chen Kuan-hung, Tsai Cheng-han, Li Wenqian, Asano Yuka, Keiji Naruse, Cheng Chao-min

    生体医工学   52   O - 551-O-552   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Society for Medical and Biological Engineering  

    We have demonstrated an inexpensive but robust and easy-to-handle device for monitoring the health status of human sperm made by patterning a piece of paper and measuring the activity of a specific enzyme. After applying semen to the hydrophilic center circle of our patterned paper, the thizain assay could suggest sperm concentration in semen, and MTT assay data could contribute to estimating the percentage of motile human sperm in semen. Using this paper-based device, we can evaluate fertility levels without consulting doctors, and use our assay to compare results with WHO reference values for sperm concentration (10-20M) and motility (more than 50%).We believe that this paper-based assay system would be useful for fertility checks based on WHO references, without need of a microscope, and at home. Using this assay method, males in developed or developing countries who are reluctant or unable to consult ART clinics can self-analyze their sperm characteristics.

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.O-551

    CiNii Article

    researchmap

  • The significant role of Na<SUP>+</SUP>/Ca<SUP>2+</SUP> exchanger 1 on local Ca<SUP>2+</SUP> control beneath T-tubule membrane

    Ujihara Yoshihiro, Iwasaki Keiichiro, Takatsu Satomi, Hashimoto Ken, Naruse Keiji, Mohri Satoshi, Katanosaka Yuki

    生体医工学   52   O - 212-O-213   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Society for Medical and Biological Engineering  

    Na<SUP>+</SUP>/Ca<SUP>2+</SUP> exchanger (NCX1) is essential Ca<SUP>2+</SUP> regulator of myocyte Ca<SUP>2+</SUP> homeostasis and specially localized at transverse tubules (T-tubules) membrane. T-tubules are invaginations of the sarcolemma and critical for myocyte contraction, especially as the main site of excitation-contraction coupling. Therefore, T-tubule disorganization is linked to decreased contractility in heart failure, but the molecular mechanism is not clear. We analyzed the alteration of T-tubule structure and Ca2+ handling during the progression of heart failure after transverse aortic constriction (TAC)-surgery, using cardiac-specific and inducible NCX1 transgenic mice. In progression of cardiac dysfunction, sarcoplasmic reticulum Ca<SUP>2+</SUP> ATPase and NCX1 activity were down-regulated before T-tubule disorganization. The inducing NCX1 overexpression after TAC-surgery prevented T-tubule disorganization and contractile dysfunction under prolonged pressure-overload, with improvement of myocyte Ca<SUP>2+</SUP> handling. These results suggest that local Ca<SUP>2+</SUP> control beneath the T-tubule membrane is crucial for the maintenance of myocyte structure and function, in which NCX1 has a pivotal role.

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.O-212

    CiNii Article

    researchmap

  • Effect of azelnidipine and amlodipine on single cell mechanics in mouse cardiomyocytes. 査読

    Iribe G, Kaihara K, Ito H, Naruse K

    Eur J Pharmacol   715 ( 1-3 )   142 - 146   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2013.05.030

    Web of Science

    researchmap

  • Impaired viability of muscle precursor cells in muscular dystrophy with glycosylation defects and amelioration of its severe phenotype by limited gene expression. 査読

    Kanagawa M, Yu CC, Ito C, Fukada S, Hozoji-Inada M, Chiyo T, Kuga A, Matsuo M, Sato K, Yamaguchi M, Ito T, Ohtsuka Y, Katanosaka Y, Miyagoe-Suzuki Y, Naruse K, Kobayashi K, Okada T, Takeda S, Toda T

    Hum Mol Genet   22 ( 15 )   3003 - 3015   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddt157

    Web of Science

    researchmap

  • 9-phenanthrol, a TRPM4 inhibitor, protects isolated rat hearts from ischemia-reperfusion injury 査読

    Wang J, Takahashi K, Piao H, Qu P, Naruse K

    PLOS ONE   8 ( 7 )   e70587 - e70587   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0070587

    Web of Science

    researchmap

  • 先進光イメージングと骨形態研究の新展開 生きた骨組織中で起こる細胞応答のイメージング

    石原 嘉人, 菅原 康代, 上岡 寛, 成瀬 恵治, 山城 隆

    日本骨形態計測学会雑誌   23 ( 1 )   S49 - S49   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    researchmap

  • Rac1 recruitment to the archipelago structure of the focal adhesion through the fluid membrane as revealed by single-molecule analysis. 査読

    Shibata AC, Chen LH, Nagai R, Ishidate F, Chadda R, Miwa Y, Naruse K, Shirai YM, Fujiwara TK, Kusumi A

    Cytoskeleton   70 ( 3 )   161 - 177   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cm.21097

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Ex vivo real-time observation of Ca(2+) signaling in living bone in response to shear stress applied on the bone surface. 査読

    Ishihara Y, Sugawara Y, Kamioka H, Kawanabe N, Hayano S, Balam TA, Naruse K, Yamashiro T

    Bone   53 ( 1 )   204 - 215   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2012.12.002

    Web of Science

    researchmap

  • A tilting embryo culture system increases the number of high-grade human blastocysts with high-implantation competence. 査読

    Hara T, Matsuura K, Kodama T, Sato K, Kikkawa Y, Muneto T, Tanaka J, Naruse K

    Reprod Biomed Online   26 ( 3 )   260 - 268   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rbmo.2012.11.014

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanical stretch increases the proliferation while inhibiting the osteogenic differentiation in dental pulp stem cells. 査読

    Hata M, Naruse K, Ozawa S, Kobayashi Y, Nakamura N, Kojima N, Omi M, Katanosaka Y, Nishikawa T, Naruse K, Tanaka Y, Matsubara T

    Tissue Eng Part A   19 ( 5-6 )   625 - 633   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ten.tea.2012.0099

    Web of Science

    researchmap

  • Detection of Micrococcus luteus biofilm formation in microfluidic environments by pH measurement using an ion-sensitive field-effect transistor. 査読

    Matsuura K, Asano Y, Yamada A, Naruse K

    Sensors   13 ( 2 )   2484 - 2493   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s130202484

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanobiology in cardiac physiology and diseases. 査読

    Takahashi K, Kakimoto Y, Toda K, Naruse K

    J Cell Mol Med   17 ( 2 )   225 - 232   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcmm.12027

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis and slow-release characteristics of a self-assembling peptide gel containing phenylalanine azide. 査読

    Matsuura K, Kitamatsu M, Nagai Y, Naruse K

    Recent Patents on Nanomedicine   3 ( 2 )   140 - 145   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Developing a small, inexpensive planar patch-clamp device. 査読

    Kuniyasu K, Fukasawa T, Takahashi K, Naruse K

    Trans JSMBE   51 ( suppl )   R-14   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Fabrication of a simple and compact patch clamp system for high-throughput recording. 査読

    Takahashi K, Fukasawa T, Kuniyasu K, Naruse K

    Trans JSMBE   51 ( suppl )   R-149   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of planar patch clamp system with stretchable resin

    Fukasawa T, Takahashi K, Naruse K

    J Physiol Sci   63 ( Suppl 1 )   S193   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Stretch-activated BK channel and heart function. 査読

    Takahashi K and Naruse K

    Prog Biophys Mol Biol   110 ( 2-3 )   239 - 244   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbiomolbio.2012.08.001

    Web of Science

    researchmap

  • Archipelago architecture of the focal adhesion: membrane molecules freely enter and exit from the focal adhesion zone. 査読

    Shibata AC, Fujiwara TK, Chen L, Suzuki KG, Ishikawa Y, Nemoto YL, Miwa Y, Kalay Z, Chadda R, Naruse K and Kusumi A

    Cytoskeleton   69 ( 6 )   380 - 392   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cm.21032

    Web of Science

    researchmap

  • 蛍光ライブイメージングを用いた骨組織中における自律性細胞内カルシウムオシレーションの計測

    石原 嘉人, 菅原 康代, 上岡 寛, 川邉 紀章, 成瀬 恵治, 山城 隆

    日本骨形態計測学会雑誌   22 ( 1 )   S79 - S79   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    researchmap

  • In situ imaging of the autonomous intracellular Ca(2+) oscillations of osteoblasts and osteocytes in bone. 査読

    Ishihara Y, Sugawara Y, Kamioka H, Kawanabe N, Kurosaka H, Naruse K and Yamashiro T

    Bone   50 ( 4 )   842 - 852   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2012.01.021

    Web of Science

    researchmap

  • The mechanical stimulation of cells in 3D culture within a self-assembling peptide hydrogel. 査読

    Nagai Y, Yokoi H, Kaihara K and Naruse K

    Biomaterials   33 ( 4 )   1044 - 1051   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2011.10.049

    Web of Science

    researchmap

  • Screening of sperm velocity by fluid mechanical characteristics of a cyclo-olefin polymer microfluidic sperm-sorting device. 査読

    Matsuura K, Takenami M, Kuroda Y, Hyakutake T, Yanase S and Naruse K

    Reprod Biomed Online   24 ( 1 )   109 - 115   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rbmo.2011.09.005

    Web of Science

    researchmap

  • Development of observation system to investigate both intracellular calcium concentration and mechanical stimuli to mammalian embryos 査読

    Koji Matsuura, Koyo Watanabe, Mieko Kodama, Yuka Kuroda, Keiji Naruse

    2011 Int. Symp. on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Symp. on "COE for Education and Research of Micro-Nano Mechatronics", Symposium on "Hyper Bio Assembler for 3D Cellular System Innovation"   99 - 104   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Using an air-actuating device, we investigated the cellular response to mechanical stimuli (MS) in mouse blastocysts. Both MS and intracellular calcium concentration ([Ca 2+] i) were quantified based on time-resolved confocal microscopy images in the polydimethylsiloxane (PDMS) microfluidic channels by deforming a 0.1-mm membrane. [Ca 2+] i was measured in a stained mouse embryo with Fluo-4 AM using confocal fluorescence microscopy. We captured a z-series stack of sections encompassing the entire embryo. When translocation velocities of the embryo and shear stress were 40 μm/s and 0.01 dyne/cm 2, respectively, a 10% increase in the sum of fluorescent intensities (FI) was observed. When blastocysts were compressed, FI also increased in response to the applied MS. Compressive force estimated from the shape of the blastocysts was approximately 0.5-2.0 μN according to a force deformation curve for the mouse embryo. The average FI and sum of FIs increased by a factor of 1.1-1.2 times compared with those observed before MS. The increase in the sum of FI indicated that enhancement of [Ca 2+] i would be induced by these MS. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/MHS.2011.6102167

    Scopus

    researchmap

  • L-type voltage gated calcium channel is involved with the mechanosensitivity of the rat heart. The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan

    Takahashi K, Fujii S, Hattori M, Omori M, Naruse K, Sokabe M

    J Physiol Sci   62 ( Suppl 1 )   S50   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Role of sarcolemmal BK(Ca) channels in stretch-induced extrasystoles in isolated chick hearts. 査読

    Iribe G, Jin H, Naruse K

    Circulation Journal   75 ( 11 )   2552 - 2558   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-11-0486

    Web of Science

    researchmap

  • Microtubule dynamics regulate cyclic stretch-induced cell alignment in human airway smooth muscle cells. 査読

    Morioka M, Parameswaran H, Naruse K, Kondo M, Sokabe M, Hasegawa Y, Suki B, Ito S

    PLoS ONE   6 ( 10 )   e26384   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0026384

    Web of Science

    researchmap

  • Comparison between loose fragment chondrocytes and condyle fibrochondrocytes in cellular proliferation and redifferentiation. 査読

    Takata N, Furumatsu T, Abe N, Naruse K, Ozaki T

    J Orthop Sci   16 ( 5 )   589 - 597   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-011-0128-1

    Web of Science

    researchmap

  • Regulation of mechanical stress-induced MMP-13 and ADAMTS-5 expression by RUNX-2 transcriptional factor in SW1353 chondrocyte-like cells. 査読

    Tetsunaga T, Nishida K, Furumatsu T, Naruse K, Hirohata S, Yoshida A, Saito T, Ozaki T

    Osteoarthritis Cartilage   19 ( 2 )   222 - 232   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joca.2010.11.004

    Web of Science

    researchmap

  • Glucose dependency of the metabolic pathway of HEK 293 cells measured by a flow-through type pH/CO2 sensor system using ISFETs. 査読

    Yamada A, Mohri S, Nakamura M and Naruse K

    IEEJ Transactions on Electronics, Informaiton and Systems   131 ( 9 )   1535 - 1539   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.131.1535

    Scopus

    researchmap

  • Ischemia-induced angiogenesis is impaired in aminopeptidase A deficient mice via down-regulation of HIF-1α. 査読

    Kubota R, Numaguchi Y, Ishii M, Niwa M, Okumura K, Naruse K, Murohara T

    Biochem Biophys Res Commun   402 ( 2 )   396 - 401   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.10.043

    Web of Science

    researchmap

  • In-vitro culture with a tilting device in chemically defined media during meiotic maturation and early development improves the quality of blastocysts derived from In-vitro matured and fertilized porcine oocytes. 査読

    Koike T, Matsuura K, Naruse K, Funahashi H

    J Reprod Dev   56 ( 5 )   552 - 557   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.10-041H

    Web of Science

    researchmap

  • Application of a microfluidic sperm sorter to the in-vitro fertilization of porcine oocytes reduced the incidence of polyspermic penetration 査読

    Sano H, Matsuura K, Naruse K, Funahashi H

    Theriogenology   74 ( 5 )   863 - 870   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.theriogenology.2010.04.011

    Web of Science

    researchmap

  • 骨組織内ライブイメージングを用いた機械的刺激に対する細胞内カルシウム応答の検討

    石原 嘉人, 菅原 康代, 上岡 寛, 川邉 紀章, 成瀬 恵治, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   69回   172 - 172   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • Blastocyst quality scoring based on morphologic grading correlates with cell number. 査読

    Matsuura K, Hayashi N, Takiue C, Hirata R, Habara T, Naruse K

    Fertil Steril   94 ( 3 )   1135 - 1137   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fertnstert.2009.11.003

    Web of Science

    researchmap

  • Actin cytoskeleton regulates stretch-activated Ca<sup>2+</sup> influx in human pulmonary microvascular endothelial cells 査読

    Ito S, Suki B, Kume H, Numaguchi Y, Ishii M, Iwaki M, Kondo M, Naruse K, Hasegawa Y, Sokabe M

    Am J Respir Cell Mol Biol   43 ( 1 )   26 - 34   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2009-0073OC

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of axial stretch on sarcolemmal BKCa channels in post-hatch chick ventricular myocytes. 査読

    Iribe G, Jin H, Kaihara K, Naruse K

    Exp Physiol   95 ( 6 )   699 - 711   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/expphysiol.2009.051896

    Web of Science

    researchmap

  • Improved development of mouse and human embryos using a tilting embryo culture system. 査読

    Matsuura K, Hayashi N, Kuroda Y, Takiue C, Hirata R, Takenami M, Aoi Y, Yoshioka N, Habara T, Mukaida T, Naruse K

    Reprod Biomed Online   20 ( 3 )   358 - 364   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rbmo.2009.12.002

    Web of Science

    researchmap

  • A fully automated pH measurement system for 96- well microplates using a semiconductor-based pH sensor 査読

    Yamada A, Mohri S, Nakamura M, Naruse K

    Sensors & Actuators: B. Chemical   143 ( 2 )   464 - 469   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2009.09.045

    Web of Science

    researchmap

  • Automatic measurement system for biological applications based on pH using ISFET sensor probe 査読

    Akira Yamada, Satoshi Mohri, Michihiro Nakamura, Keiji Naruse

    2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science: From Micro and Nano Scale Systems to Robotics and Mechatronics Systems, MHS 2010, Micro-Nano GCOE 2010, Bio-Manipulation 2010   19 - 24   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Throughput in the cell response analysis is expected to progress in medicine and biology. In this paper, we construct a method for the measurement of cell activity that is measured by the pH fluctuation of the solution around the cell. To improve throughput of the measurements, first we constructed an automatic pH measurement system using ion-sensitive field-effect transistor (ISFET), and the system composed of 96-well microplate, pump, XYZ stage, and PC. The basic data of the cell activity was taken from human embryonic kidney 293 (HEK 293) cells by the use of flow-through type measuring chamber. ©2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/MHS.2010.5669583

    Scopus

    researchmap

  • Application of mechanical stimuli using a microfluidic air actuating system to cultured mammalian embryos 査読

    Jing-Chun Li, Koji Matsuura, Yuka Kuroda, Hiroaki Funahashi, Keiji Naruse

    2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science: From Micro and Nano Scale Systems to Robotics and Mechatronics Systems, MHS 2010, Micro-Nano GCOE 2010, Bio-Manipulation 2010   29 - 34   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Mammalian embryos experience not only hormonal but also mechanical stimuli, such as shear stress, compression, and friction force, in the fallopian tube before nidation. We aim to develop a novel and simple system to apply mechanical stimuli (MS) similar to those generated inside the oviduct to cultured mammalian embryos. Possible MS include shear stress (SS) caused by fluid dynamics and compression of embryos due to interactions with the wall of the oviduct. A new culture system was developed to increase SS and to apply MS during in vitro embryo cultures. We developed an air actuating system with microfluidic channels to apply MS by deforming a 0.1-mm-thick poly(dimethylsiloxiane) membrane and evaluated MS applied to ICR mouse embryos inside the microfluidic channel. Using this air actuating system, we applied compression to mouse embryos inside the medium channel and estimated SS on the basis of the velocity of the embryos' motion. By changing the syringe velocity, we applied different types of MS to the em bryos. These results suggested that multiple MS such as SS and compression can be applied at the same time. MS applied using this system was similar to those generated in the physiological environment of the oviduct. ©2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/MHS.2010.5669581

    Scopus

    researchmap

  • Optimizing the conditions for pH measurement with an automated pH measurement system using a flow-through-type differential sensor probe consisting of pH-FETs. 査読

    Yamada A, Mohri S, Nakamura M, Naruse K

    Journal of Robotics and Mechatronics   22 ( 2 )   197 - 203   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20965/jrm.2010.p0197

    researchmap

  • A rapid microfluidic perfusion system for analysis at the single cellular level 査読

    Yamada A, Katanosaka Y, Mohri S, Naruse K

    IEEE TRANS NanoBioscience   8 ( 4 )   306 - 311   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TNB.2009.2035253

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanical stretch enhances IL-8 production in pulmonary microvascular endothelial cells 査読

    Iwaki M, Ito S, Morioka M, Iwata S, Numaguchi Y, Ishii M, Kondo M, Kume H, Naruse K, Sokabe M, Hasegawa Y

    Biochem Biophys Res Commun   389 ( 3 )   531 - 536   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.09.020

    Web of Science

    researchmap

  • Mesenchymal stem cell-based gene therapy with prostacyclin synthase enhanced neovascularization in hindlimb ischemia. 査読

    Ishii M, Numaguchi Y, Okumura K, Kubota R, Ma X, Murakami R, Naruse K, Murohara T

    Atherosclerosis   206 ( 1 )   109 - 118   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2009.02.023

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanical stretch stimulates integrin alphaVbeta3-mediated collagen expression in human anterior cruciate ligament cells. 査読

    Tetsunaga T, Furumatsu T, Abe N, Nishida K, Naruse K, Ozaki T

    J Biomech   42 ( 13 )   2097 - 2103   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiomech.2009.06.016

    Web of Science

    researchmap

  • Stress-Axis Regulated Exon (STREX) in the C terminus of BK(Ca) channels is responsible for the stretch sensitivity. 査読

    Naruse K, Tang QY, Sokabe M

    Biochem Biophys Res Commun   385 ( 4 )   634 - 639   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.05.105

    Web of Science

    researchmap

  • The TRPV4 cation channel mediates stretch-evoked Ca2+ influx and ATP release in primary urothelial cell cultures. 査読

    Mochizuki T, Sokabe T, Araki I, Fujishita K, Shibasaki K, Uchida K, Naruse K, Koizumi S, Takeda M, Tominaga M

    J Biol Chem   284 ( 32 )   21257 - 21264   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.020206

    Web of Science

    researchmap

  • Application of a numerical simulation to improve the separation efficiency of a sperm sorter 査読

    Hyakutake T, Hashimoto Y, Yanase S, Matsuura K, Naruse K

    Biomed Microdevices   11 ( 1 )   25 - 33   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10544-008-9207-2

    Web of Science

    researchmap

  • Uniaxial cyclic stretch increases glucose uptake into C2C12 myotubes through a signaling pathway independent of insulin-like growth factor I. 査読

    Iwata M, Suzuki S, Hayakawa K, Inoue T and Naruse K

    Horm Metab Res   41 ( 1 )   16 - 22   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0028-1087170

    Web of Science

    researchmap

  • Fabricating small-scale, curved, polymeric structures with convex and concave menisci through interfacial free energy equilibrium 査読

    Cheng CM, Matsuura K, Wang IJ, Kuroda Y, Leduc PR, Naruse K

    Lab Chip   9 ( 22 )   3306 - 3309   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b910826b

    Web of Science

    researchmap

  • Impairment of leukocyte deformability in patients undergoing esophagectomy 査読

    Suemori T, Morimatsu H, Mizobuchi S, Morita K, Katanosaka Y, Mohri S, Naruse K

    Clin Hemorheol Microcirc   41 ( 2 )   127 - 136   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/CH-2009-1164

    Web of Science

    researchmap

  • Application of a flow-through type pH/CO2 sensor system based on ISFET for evaluation of the glucose dependency of the metabolic pathways in cultured cells 査読

    Satoshi Mohri, Akira Yamada, Noriko Goda, Michihiro Nakamura, Keiji Naruse, Fumihiko Kajiya

    SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL   134 ( 2 )   447 - 450   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    We have previously reported that a flow-through type pH/CO2 sensor system using two ion sensitive field effect transistors (ISFETs) could be utilized to evaluate the production rate of total carbonate (secreted CO2 + secreted bicarbonate ion) and free lactic acid (secreted lactic acid -secreted bicarbonate ion). To validate the usefulness of this system, we applied it to the quantitative analysis of metabolic switching by the change Of glucose concentrations in cultured bovine arterial endothelium cell, human umbilical vein endothelium cell and rat cardiac muscle cell. In all of these cell species, a decrease of glucose concentration increased total carbonate that represents the cellular respiration activity and decreased free lactic acid that represents glycolysis activity. We firstly analyzed a switching of metabolic pathways from glycolysis to respiration with a decrease of glucose quantitatively. This ISFET system can be applicable to many biological investigations by analyzing metabolic activity and give dynamic cellular information. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.snb.2008.05.021

    Web of Science

    researchmap

  • Examination of signalling pathways involved in muscarinic responses in bovine ciliary muscle using YM-254890, an inhibitor of the Gq/11 protein. 査読

    Yasui F, Miyazu M, Yoshida A, *Naruse K and Takai A

    Br J Pharmacol   154 ( 4 )   890 - 900   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjp.2008.140

    Web of Science

    researchmap

  • A novel Ca2+ influx pathway activated by mechanical stretch in human airway smooth muscle cells. 査読

    Ito S, Kume H, *Naruse K, Kondo M, Takeda N, Iwata S, Hasegawa Y and Sokabe M

    Am J Respir Cell Mol Biol   38 ( 4 )   407 - 413   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2007-0259OC

    Web of Science

    researchmap

  • Cyclic strain induces mouse embryonic stem cell differentiation into vascular smooth muscle cells by activating PDGF receptor β 査読

    Shimizu N, Yamamoto K, Obi S, Kumagaya S, Masumura T, Shimano Y, Naruse K, Yamashita JK, Igarashi T, Ando J

    J Appl Physiol   104 ( 3 )   766 - 772   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/japplphysiol.00870.2007

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of tensile and compressive strains on response of a chondrocytic cell line embedded in type I collagen gel. 査読

    Hirano Y, Ishiguro N, Sokabe M, Takigawa M and *Naruse K

    J Biotechnol   133 ( 2 )   245 - 252   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiotee.2007.07.955

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of cyclic-stretching responses using cell-adhesion-patterned cells. 査読

    Katanosaka Y, Bao JH,Komatsu T, Suemori T, Yamada A, Mohri S and *Naruse K

    J Biotechnol   133 ( 1 )   82 - 89   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2007.09.017

    Web of Science

    researchmap

  • 研究室・研究施設紹介.

    毛利 聡、片野坂友紀、入部玄太郎、*成瀬恵治

    生体医工学   45 ( 3 )   227 - 228   2007年7月

     詳細を見る

  • Impaired NO-mediated vasodilation with increased superoxide but robust EDHF function in right ventricular arterial microvessels of pulmonary hypertensive rats. 査読

    Kajiya M, Hirota M, Inai Y, Kiyooka T, Morimoto T, Iwasaki T, Endo K, Mohri S, Shimizu J, Yada T, Ogasawara Y, *Naruse K, Ohe T and Kajiya F

    Am J Physiol   292 ( 6 )   H2737 - H2744   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00548.2006

    Web of Science

    researchmap

  • Automation of pH measurement using a flow-through type differential pH sensor system based on pH-FET 査読

    Mohri S, Nakamura M, Naruse K

    IEEJ Trans SM   127 ( 8 )   367 - 370   2007年

  • Uniaxial cyclic stretch-stimulated glucose transport is mediated by a ca-dependent mechanism in cultured skeletal muscle cells. 査読

    Iwata M, Hayakawa K, Murakami T, *Naruse K, Kawakami K, Inoue-Miyazu M, Yuge L and Suzuki S

    Pathobiology   74 ( 3 )   159 - 168   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000103375

    Web of Science

    researchmap

  • Roles of stretch-activated cation channel and Rho-kinase in the spontaneous contraction of airway smooth muscle. 査読

    Ito S, Kume H, Oguma T, Ito Y, Kondo M, Shimokata K, Suki B and *Naruse K

    Eur J Pharmacol   552 ( 1-3 )   135 - 142   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2006.08.067

    Web of Science

    researchmap

  • Viscoelastic and dynamic nonlinear properties of airway smooth muscle tissue--roles of mechanical force and the cytoskeleton--. 査読

    Ito S, Majumdar A, Kume H, Shimokata K, Naruse K, Lutchen KR, Stamenovic D and Suki B*

    Am J Physiol   290 ( 6 )   L1227 - L1237   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajplung.00299.2005

    Web of Science

    researchmap

  • Bi-phasic activation of eNOS in response to uni-axial cyclic stretch is mediated by differential mechanisms in BAECs. 査読

    Takeda H, Komori K, Nishikimi N, Nimura Y, Sokabe M and *Naruse K

    Life Sci   79 ( 3 )   233 - 239   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2005.12.051

    Web of Science

    researchmap

  • ヒト生殖補助医療技術(ART)のための新しいストレッチ共培養システム--共培養システムへの機械的ストレスの有効性の検証--.

    水野仁二、中村寛子、*成瀬恵治、石田敬雄、村山嘉延、尾股定夫、赤石一幸、渡辺奈津美、平山和宏、栗城瑛子、渡辺昭彦、乾 裕昭

    Journal of Mammalian Ova Research   2006年6月

     詳細を見る

  • Spatial and temporal application of microfluidics to cells. 査読

    Yamada A, katanosaka Y, Mohri S and *Naruse K

    Proc. of 2006 International Symposium on Micro-Nanomechatronics and Human Science   220 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Activation of a mechanosensitive BK channel by membrane stress created with amphipaths. 査読

    Qi Z, Chi S, Su X, *Naruse K and Sokabe M

    Mol Membr Biol   22 ( 6 )   519 - 527   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09687860500370703

    Web of Science

    researchmap

  • Involvement of reactive oxygen species in cyclic stretch-induced NF-jB activation in human fibroblast cells. 査読

    Amma H, *Naruse K,Ishiguro N and Sokabe M

    Brit J Pharmacol   145 ( 3 )   364 - 373   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjp.0706182

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanotransduction by integrin is essential for IL-6 secretion from endothelial cells in response to uniaxial continuous stretch. 査読

    Sasamoto A, Nagino M, Kobayashi S, *Naruse K, Nimura Y and Sokabe M

    Am J Physiol   288 ( 5 )   C1012 - C1022   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpcell.00314.2004

    Web of Science

    researchmap

  • Fabrication of reconfigurable protein matrices by cracking. 査読

    Zhu X, Mills KL, Peters PR, Bahng JH, Liu EH, Shim J, *Naruse K, Csete ME, Thouless MD and Takayama S

    Nature Materials   4 ( 5 )   403 - 406   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmat1365

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch-induced cell proliferation is mediated by FAK-MAPK pathway. 査読

    Wang JG, Miyazu M, Sokabe M and *Naruse K

    Life Sci   76 ( 24 )   2817 - 2825   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2004.10.050

    Web of Science

    researchmap

  • Reconfigurable protein matrices for prolonged neuroblasts patterning and retraction 査読

    XY Zhu, KL Mills, PR Peters, K Naruse, ME Csete, MD Thouless, S Takayama

    2005 3rd IEEE/EMBS Special Topic Conference on Microtechnology in Medicine and Biology   393 - 395   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Here we present long-term patterning and response studies of neuroblasts on arrays of extracellular matrix (ECM) protein lines fabricated by cracking a polymer-supported thin film and selectively depositing proteins inside the cracks. Neuroblasts cultured for five days on the protein matrix switched between spreading and retraction upon changing the protein line width. This technique provides a novel tool to pursue further understanding of the basic mechanisms of neuroblast pathfinding on adhesion and morphology. Biomedical device design will also benefit from materials engineered with the reconfigurable protein patterns.

    Web of Science

    researchmap

  • Catheter-based prostacyclin synthase gene transfer prevents in-stent restenosis in rabbit atheromatous arteries. 査読

    Numaguchi, S., Okumura, K., Harada, M., *Naruse, K., Yamada, M., Osanai, H., Matsui, H., Ito, M., Murohara, T.

    Cardiovasc. Res.   61 ( 1 )   177 - 185   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cardiores.2003.10.016

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization of a Functionally Expressed Stretch-Activated BKca channel cloned from Chick Ventricular Myocytes. 査読

    Tang, Q.Y., Qi, Z., *Naruse, K., Sokabe, M.

    J. Membr. Biology   196 ( 3 )   185 - 200   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00232-003-0637-8

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch-induced IL-6 secretion from endothelial cells requires NF-kappaB activation. 査読

    Kobayashi, S., Nagino, M., Komatsu, S., *Naruse, K., Nimura, Y., Nakanishi, M., Sokabe, M.

    Biochem. Biophys. Res. Com.   308 ( 2 )   306 - 312   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0006-291X(03)01362-7

    Web of Science

    researchmap

  • Selective Chemical Treatment of Cellular Microdomains Using Multiple Laminar Streams. 査読

    Takayama, S., Ostuni, E., LeDuc, P., *Naruse, K., Ingber, D.E., Whitesides, G.M.

    Chemistry and Biology   10 ( 2 )   123 - 130   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1074-5521(03)00019-X

    Web of Science

    researchmap

  • The role of calcium in regulating the response of osteoblasts to mechanical stretch 査読

    Danceu T, Adam R, Naruse K, Freeman M, Hauschka P

    FEBS letter   536   193 - 197   2003年

     詳細を見る

  • Mechanical stress-dependent secretion of interleukin 6 by endothelial cells after portal vein embolization: clinical and experimental studies. 査読

    Kawai, M., *Naruse, K., Komatsu, S., Kobayashi, S., Nagino, M., Nimura, Y., Sokabe, M.

    J. Hepatol.   37 ( 2 )   240 - 246   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0168-8278(02)00171-X

    Web of Science

    researchmap

  • Prostacyclin synthase gene transfer modulates cyclooxygenase-2-derived prostanoid synthesis and inhibits neointimal formation in rat balloon-injured arteries. 査読

    Yamada, M., Numaguchi, Y., Okumura, K., Harada, M., *Naruse, K., Matsui, H., Ito, T., Hayakawa, T.

    Arterioscler Thromb. Vasc. Biol.   22 ( 2 )   256 - 262   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/hq0202.104123

    Web of Science

    researchmap

  • Uni-axial cyclic stretch induces the activation of transcription factor nuclear factor kappaB in human fibroblast cells. 査読

    Inoh, H., Ishiguro, N., Sawazaki, S., Amma, H., Miyazu, M., Iwata, H., Sokabe, M., *Naruse, K.

    FASEB J.   16 ( 1 )   405 - +   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.01-0354fje

    Web of Science

    researchmap

  • Protamine augments stretch induced calcium increase in vascular endothelium 査読

    K Murase, K Naruse, A Kimura, K Okumura, T Hayakawa, M Sokabe

    BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY   134 ( 7 )   1403 - 1410   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    1 Human umbilical vein endothelial cells cultured on a transparent silicone chamber were subjected to a short stretch pulse (ca. 1 s, 5-25% stretch) of their substrate and following increases in intracellular Ca2+ concentration ([Ca2+](i)) were measured by fluorescence intensity ratiometry using fura-2.
    2 In response to mechanical stretch, the cells in HEPES buffered saline exhibited a Ca2+ transient in a dose dependent way. The response was completely dependent on external Ca2+ and inhibited by gadolinium (Gd3+), suggesting that it was mediated by the activation of a stretch activated cation channel (SACatC).
    3 Interestingly, the stretch induced Ca2+ transient was significantly augmented in the presence of basic polypeptide, protamine. This augmented Ca2+ response was inhibited neither by Gd3+ nor by the deprivation of external Ca2+, indicating that the SACatC is not responsible for this phenomenon.
    4 In contrast, this augmentation was inhibited by depletion of intracellular Ca2+ stores with thapsigargin or by the pretreatment with phospholipase inhibitors such as U73122 and manoalide.
    5 These results suggest the presence of a metabotropic mechanoreceptor distinct from the SACatC in vascular endothelium. This augmented [Ca2+](i) increase may contribute to the vasodilating response induced by protamine during heparin neutralization in cardiac surgery.

    DOI: 10.1038/sj.bjp.0704386

    Web of Science

    researchmap

  • Uniaxial cyclic stretch induces focal adhesion kinase (FAK) tyrosine phosphorylation followed by mitogen-activated protein kinase (MAPK) activation 査読

    JG Wang, M Miyazu, E Matsushita, M Sokabe, K Naruse

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   288 ( 2 )   356 - 361   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    We investigated the role of tyrosine phosphorylation of FAK in the stretch-induced MAPKs (extracellular signal-regulated kinase (ERK), p38MAPK) activation in mutant FAK-transfected fibroblasts. In response to uniaxial cyclic stretch (1 Hz, 120% in length), the levels of tyrosine phosphorylation of the Tyr-397 and Tyr-925 of FAK in control cells increased and peaked at 5 min (2.75 +/- 0.51, n = 3), and 20 min (2.98 +/- 0.58, n = 3), respectively, and the activities of MAPKs increased and peaked at approximately 10 min. On the other hand, in the mutant FAK-transfected cells, the stretch-induced MAPKs activation was significantly inhibited. The stretch-induced activation of MAPKs was also significantly abolished by either treatment with Gd3+ or extracellular Ca2+ removal which may inhibit intracellular Ca2+ increase caused by the activation of cation selective (Ca2+-permeable) stretch activated (SACatC) channels. These results suggest that the stretch-induced tyrosine-phosphorylation of FAK via SACatC activation is critical for the stretch-induced MAPKs activation. (C) 2001 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.2001.5775

    Web of Science

    researchmap

  • SA channel mediates superoxide production in HUVECs 査読

    K Aikawa, N Nishikimi, T Sakurai, Y Nimura, M Sokabe, K Naruse

    LIFE SCIENCES   69 ( 15 )   1717 - 1724   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Superoxide production in response to cyclic stretch (1 Hz, 20 % in length) was investigated in human umbilical vein endothelial cells (HUVECs). The basal production of superoxide without stretch increased gradually, while the production of superoxide with stretch increased significantly as compared to that without stretch and it became significant 80 min after the onset of cyclic stretch (P&lt;0.05, n=8-14). The superoxide production increased in a stretch-dependent manner and became significant when stretch was more than 10 % (p&lt;0.05, n= 11-16). To investigate the involvement of SA channel, we added Gd3+ or EGTA in the reaction solution and examined the stretch-induced superoxide production. In cells stretched in the presence of 20 muM Gd3+, the stretch-induced superoxide production was significantly inhibited (at 120 min, p&lt;0.05, n=8-18). The cyclic stretch-induced superoxide production was also significantly inhibited by the removal of extracellular Ca2+ with 5 mM EGTA (at 120 min, p&lt;0.05, n = 8-18). Neither the application of Gd3+ nor the removal of extracellular Ca2+ significantly changed the basal production of superoxide. These data suggest that the stretch-induced superoxide production increases in time- and stretch-dependent manner and that the stretch-induced superoxide production in HUVECs is regulated by Ca2+ influx through SA channels. (C) 2001 Elsevier Science Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0024-3205(01)01256-5

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanical behavior in living cells consistent with the tensegrity model 査読

    N Wang, K Naruse, D Stamenovic, JJ Fredberg, SM Mijailovich, IM Toric-Norrelykke, T Polte, R Mannix, DE Ingber

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   98 ( 14 )   7765 - 7770   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL ACAD SCIENCES  

    Alternative models of cell mechanics depict the living cell as a simple mechanical continuum, porous filament gel, tensed cortical membrane, or tensegrity network that maintains a stabilizing prestress through incorporation of discrete structural elements that bear compression. Real-time microscopic analysis of cells containing GFP-labeled microtubules and associated mitochondria revealed that living cells behave like discrete structures composed of an interconnected network of actin microfilaments and microtubules when mechanical stresses are applied to cell surface integrin receptors, Quantitation of cell tractional forces and cellular prestress by using traction force microscopy confirmed that microtubules bear compression and are responsible for a significant portion of the cytoskeletal prestress that determines cell shape stability under conditions in which myosin light chain phosphorylation and intracellular calcium remained unchanged. Quantitative measurements of both static and dynamic mechanical behaviors in cells also were consistent with specific a priori predictions of the tensegrity model. These findings suggest that tensegrity represents a unified model of cell mechanics that may help to explain how mechanical behaviors emerge through collective interactions among different cytoskeletal filaments and extracellular adhesions in living cells.

    DOI: 10.1073/pnas.141199598

    Web of Science

    researchmap

  • Subcellular positioning of small molecules 査読

    Takayama S, Ostuni E, LeDuc P, Naruse K, Ingber DE, Whitesides GM

    Nature   411 ( 6841 )   1016 - 1016   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/35082637

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch-induced morphological changes of human endothelial cells depend on the intracellular level of Ca2+ rather than of cAMP 査読

    T Yamada, K Naruse, M Sokabe

    LIFE SCIENCES   67 ( 21 )   2605 - 2613   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    When exposed to a uni-axial cyclic stretch, cultured human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) align and elongate perpendicular to the stretch axis. Previous studies showed that forskolin inhibited stretch-induced orientation of endothelial cells, suggesting that adenosine3:5-cyclic monophosphate (cAMP) plays an important role in the shape change. However, we have recently shown that stretch-induced shape changes in cultured HUVECs are due to increased [Ca2+],. In the present study, we examined the possible role of cAMP in stretch-induced shape changes in cultured HUVECs, Application of uni-axial cyclic stretch induced a gradual rise in cAMP reaching a peak level at 60 min after the onset of stretch. The adenylate cyclase activator, forskolin, increased the basal level of cAMP but inhibited the rise in [Ca2+](i) resulting in no cell shape changes. In contrast, N 6,2-dibutyryladenosine3:5-cyclic monophosphate (dbcAMP) enhanced the stretch-induced increase in cAMP and [Ca2+] and resulted in cell shape changes. On the other hand, 2'5'-dideoxyadenosine (DDA), an adenylate cyclase inhibitor, inhibited stretch-induced increases in cAMP and [Ca2+]i resulting in no cell shape changes. In summary, our data showed that cell shape changes were consistently dependent on [Ca2+](i) rather than cAMP levels. We conclude that the primary second messenger in the stretch-induced shape changes in HUVECs is intracellular Ca2+ rather than cAMP. (C) 2000 Elsevier Science Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0024-3205(00)00844-4

    Web of Science

    researchmap

  • Aldose reductase inhibition prevents glucose-induced apoptosis in cultured bovine retinal microvascular pericytes 査読

    K Naruse, J Nakamura, Y Hamada, M Nakayama, S Chaya, T Komori, K Kato, Y Kasuya, K Miwa, K Naruse, N Hotta

    EXPERIMENTAL EYE RESEARCH   71 ( 3 )   309 - 315   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD  

    The pathogenesis of pericyte loss, an initial deficit in the early stage of diabetic retinopathy, remains unclear. Polyol pathway hyperactivity has been implicated in the pathogenesis of diabetic retinopathy, and recent studies have suggested that apoptosis may be involved in pericyte loss. The present study was conducted to investigate whether high glucose induces apoptosis in cultured bovine retinal pericytes. The effect of an aldose reductase inhibitor. SNK-860, was also examined. After a 5 day incubation with various concentrations of glucose (5.5-40 mM) in the presence or absence of SNK-860, the cell viability and the percentages of dead cells were measured. and staining with the TUNEL method and Hoechst 33342, and DNA electrophoresis were performed. High glucose reduced the viability and increased the percentages of dead cells. TUNEL-positive cells were observed in pericytes under high glucose, but not in those under 5.5 mM glucose. In the staining of nuclei with Hoechst 33342, the percentage of apoptotic cells in total cells counted under high glucose was higher than that under 5.5 mM glucose. DNA electrophoresis of pericytes cultured with high glucose demonstrated a 'ladder pattern'. Hyperosmolarity also induced apoptosis in pericytes, but less than that by high glucose. SNK-860 inhibited the glucose-induced apoptosis in pericytes. These observations suggest that the pericyte loss in diabetic retinopathy involves an apoptotic process, and that the polyol pathway hyperactivity plays an important role in inducing apoptosis in pericytes by high glucose. (C) 2000 Academic Press.

    DOI: 10.1006/exer.2000.0882

    Web of Science

    researchmap

  • Erratum: 'Molecular identification of a eukaryotic, stretch-activated nonselective cation channel' (Science (Aug. 6, 1999) (882)) 査読

    M. Kanzaki, M. Nagasawa, I. Kojima, C. Sato, K. Naruse, M. Sokabe, H. Iida

    Science   288 ( 5470 )   1347   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.288.5470.1347

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • An aldose reductase inhibitor prevents the glucose-induced increase in PDGF-beta receptor in cultured rat aortic smooth muscle cells 査読

    Y Kasuya, J Nakamura, Y Hamada, M Nakayama, H Sasaki, T Komori, S Chaya, G Watanabe, K Naruse, E Nakashima, K Kato, N Hotta

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   261 ( 3 )   853 - 858   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    To examine the role of platelet-derived growth factor (PDGF) and the polyol pathway in the growth activity of smooth muscle cells (SMCs), [H-3]-thymidine incorporation, [I-125]-PDGF-BB binding and expression of PDGF-beta receptor protein were measured in rat aortic SMCs cultured with 5.5 or 20 mM glucose with or without anti-PDGF antibody or an aldose reductase inhibitor, epalrestat. SMCs cultured with 20 mM glucose demonstrated an accelerated thymidine incorporation compared with SMCs cultured with 5.5 mM glucose, which was prevented by anti-PDGF antibody. This acceleration of growth activity by 20 mM: glucose was accompanied by an increase in PDGF-BB binding, which was due to the increased number of PDGF-beta receptors and the overexpression of PDGF-beta receptor protein. Epalrestat prevented all these abnormalities. These observations suggest that polyol pathway hyperactivity plays an important role in the proliferation of SMCs which may be mediated through the accelerated expression of PDGF-beta receptor protein. (C) 1999 Academic Press.

    Web of Science

    researchmap

  • Molecular identification of a eukaryotic, stretch-activated nonselective cation channel 査読

    M Kanzaki, M Nagasawa, Kojima, I, C Sato, K Naruse, M Sokabe, H Iida

    SCIENCE   285 ( 5429 )   882 - 886   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE  

    Calcium-permeable, stretch-activated nonselective cation (SA Cat) channels mediate cellular responses to mechanical stimuli. However, genes encoding such channels have not been identified in eukaryotes. The yeast MID1 gene product (Mid1) is required for calcium influx in the yeast Saccharomyces cerevisiae. Functional expression of Midi in Chinese hamster ovary cells conferred sensitivity to mechanical stress that resulted in increases in both calcium conductance and the concentration of cytosolic free calcium. These increases were dependent on the presence of extracellular calcium and were reduced by gadolinium, a blocker of SA Cat channels. Single-channel analyses with cell-attached patches revealed that Midi acts as a calcium-permeable, cation-selective stretch-activated channel with a conductance of 32 picosiemens at 150 millimolar cesium chloride in the pipette. Thus, Midi appears to be a eukaryotic, SA Cat channel.

    DOI: 10.1126/science.285.5429.882

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization of a newly found stretch-activated K-Ca,K-ATP channel in cultured chick ventricular myocytes 査読

    T Kawakubo, K Naruse, T Matsubara, N Hotta, M Sokabe

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   276 ( 6 )   H1827 - H1838   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    With the use of the patch-clamp technique, five kinds of stretch-activated (SA) ion channels were identified on the basis of their single-channel conductances and ion selectivities in cultured chick ventricular myocytes. Because a high-conductance K+-selective channel predominated among these channels, we concentrated on characterizing its properties mostly using excised inside-out patches. With 145 mM KCl solution in the pipette and the bath, the channel had a conductance of 199.8 +/- 8.2 pS (n = 22). The ion selectivities among K+, Na+, Ca2+, and Cl- as estimated from their permeability ratios were P-Na/P-K = 0.03, P-Ca/P-K = 0.025, and P-Cl/P-K = 0.026. The probability of the channel being open (P-0) increased with the Ca2+ concentration in the bath ([Ca2+](b); dissociation constant Kd = 0.51 mu M at +30 mV) and membrane potential (voltage at half-maximal P-o, = 39.4 mV at 0.35 FIM [Ca2+](b)). The channel was blocked by gadolinium, tetraethylammonium, and charybdotoxin from the extracellular surface and, consequently, was identified as a Ca2+-activated K+ (K-Ca) channel type. The channel was also reversibly activated by ATP applied to the intracellular surface (K-d = 0.74 mM at 0.10 mu M [Ca2+](b) at + 30 mV). From these data taken together, we concluded that the channel is a new type of K-Ca channel that could be designated as an "SA K-Ca,K-ATP channel. "To our knowledge, this is the first report of K-Ca channel in heart cells.

    Web of Science

    researchmap

  • Activation of pp60(src) is critical for stretch-induced orienting response in fibroblasts 査読

    XR Sai, K Naruse, M Sokabe

    JOURNAL OF CELL SCIENCE   112 ( 9 )   1365 - 1373   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:COMPANY OF BIOLOGISTS LTD  

    When subjected to uni-axial cyclic stretch (120% in length, 1 Hz), fibroblasts (3Y1) aligned perpendicular to the stretch axis in a couple of hours. Concomitantly with this orienting response, protein tyrosine phosphorylation of cellular proteins (molecular masses of approximately 70 kDa and 120-130 kDa) increased and peaked at 30 minutes, Immuno-precipitation experiments revealed that paxillin, pp125(FAK), and pp130(CAS) were included in the 70 kDa, and 120-130 kDa bands, respectively. Treatment of the cells with herbimycin A, a tyrosine kinase inhibitor, suppressed the stretch induced tyrosine phosphorylation and the orienting response suggesting that certain tyrosine kinases are activated by stretch. We focused on pp60(src), the most abundant tyrosine kinase in fibroblasts. The kinase activity of pp60(src) increased and peaked at 20 minutes after the onset of cyclic stretch. Treatment of the cells with an antisense S-oligodeoxynucleotide (S-ODN) against pp60(src), but not the sense S-ODN, inhibited the stretch induced tyrosine phosphorylation and the orienting response. To further confirm the involvement of pp60(src), we performed the same sets of experiments using c-src-transformed 3Y1 (c-src-3Y1) fibroblasts. Cyclic stretch induced a similar orienting response in c-src-3Y1 to that in wild-type 3Y1, but with a significantly faster rate. The time course of the stretch-induced tyrosine phosphorylation was also much faster in c-src-3Y1. than in 3Y1 fibroblasts, These results strongly suggest that cyclic stretch induces the activation of pp60(src) and that pp60(src) is indispensable for the tyrosine phosphorylation of pp130(CAS), pp125(FAK) and paxillin followed by the orienting response in 3Y1 fibroblasts.

    Web of Science

    researchmap

  • Appropriately spaced nuclear localizing signals are necessary for efficient nuclear import of nonnuclear proteins 査読

    HJW Borgeld, K Naruse, S Nishikawa, J Zhang, A Kikuchi, K Furukawa, K Yagi, M Tanaka

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   256 ( 2 )   278 - 283   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    To deliver nonnuclear proteins into the nucleus, we have examined the locations and number of nuclear localizing signals by use of simian virus 40 large T-antigen (SV40Ta) and yeast enhanced green fluorescent protein (yEGFP) in Saccharomyces cerevisiae as a model system. When only one SV40Ta was added to either the N- or C-terminus of yEGFP, the fluorescence of yEGFP was detected in both the nucleus and the cytoplasm. When two SV40Ta signals were added, one to the N-terminus and one to the C-terminus of yEGFP (SV40Ta-yEGFP-SV40Ta), the fluorescence of yEGFP was localized in only the nucleus. When the presequence of cytochrome oxidase subunit IV (pCOXIV) was inserted between the SV40Ta and the N-terminus of yEGFP (SV40Ta-pCOXIV-yEGFP-SV40Ta) in this construct, the fluorescence was located in both the nucleus and the cytoplasm, suggesting that the increased distance between the two SV40Ta signals decreased the efficiency of transport into the nucleus. When an additional SV40Ta signal was inserted between pCOXIV and yEGFP (SV40Ta-pCOXIV-SV49Ta-yEGFP), the fluorescence was localized only in the nucleus, indicating that two SV40Ta signals spaced by pCOXIV of 28 amino acid residues forming an alpha-helix are potent in transporting yEGFP into the nucleus. These results indicate that two SV40Ta signals spaced appropriately are essential for the efficient transport of the nonnuclear protein into the nucleus. (C) 1999 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.1999.0269

    Web of Science

    researchmap

  • Prostacyclin synthase gene transfer accelerates reendothelialization and inhibits neointimal formation in rat carotid arteries after balloon injury 査読

    Y Numaguchi, K Naruse, M Harada, H Osanai, S Mokuno, K Murase, H Matsui, Y Toki, T Ito, K Okumura, T Hayakawa

    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY   19 ( 3 )   727 - 733   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Prostacyclin (PGI(2)), a metabolite of arachidonic acid, has the vasoprotective effects of vasodilation, anti-platelet aggregation, and inhibition of smooth muscle cell proliferation. We hypothesized that an overexpression of endogenous PGI(2) may accelerate the recovery from endothelial damage and inhibit neointimal formation in the injured artery. To test this hypothesis, we investigated in vivo transfer of the PGI(2) synthase (PCS) gene into balloon-injured rat carotid arteries by a nonviral lipotransfection method. Seven days after transfection, a significant regeneration of endothelium was observed in the arteries transfected with a plasmid carrying the rat PCS gene (pCMV-PCS), but little regeneration was seen in those with the control plasmid carrying the lacZ gene (pCMV-lacZ) (percent luminal circumference lined by newly regenerated endothelium: 87.1+/-6.9% in pCMV-PCS-transfected vessels and 6.9+/-0.2% in pCMV-lacZ vessels, P&lt;0.001). BrdU staining of arterial segments demonstrated a significantly lower incorporation in pCMV-PCS-transfected vessels (7.5+/-0.3% positive nuclei in vessel cells) than in pCMV-lacZ (50.7+/-9.6%, P&lt;0.01). Moreover, 2 weeks after transfection, the PCS gene transfer resulted in a significant inhibition of neointimal formation (88% reduction in ratio of intima/media areas), whereas medial area was similar among the groups. Arterial segments transfected with pCMV-PCS produced significantly higher levels of 6-keto-PGF(1 alpha), the main metabolite of PGI(2), compared with the segments transfected with pCMV-lacZ (10.2+/-0.55 and 2.1+/-0.32 ng/mg tissue for pCMV-PCS and pCMV-placZ, P&lt;0.001). In conclusion, this study demonstrated that an in vivo PCS gene transfer increased the production of PGI(2) and markedly inhibited neointimal formation with accelerated reendothelialization in rat carotid arteries after balloon injury.

    Web of Science

    researchmap

  • Orientation change of cardiocytes induced by cyclic stretch stimulation: Time dependency and involvement of protein kinases 査読

    K Kada, K Yasui, K Naruse, K Kamiya, Kodama, I, J Toyama

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   31 ( 1 )   247 - 259   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Mechanical stress has been implicated as one of the growth regulators in the heart. We investigated the effect of cyclic stretch stimulation on morphology and orientation of cultured cardiocytes. Embryonic rat (17 days postcoital) cardiomyocytes cultured on silicone dishes were cyclically stretched to 120% in length at a frequency of 30 cycles/min. After 12 h, in the initial stage of cultivation, cardiocytes and intracellular myofibrils oriented parallel to the stretch direction. When the stretch stimulus was prolonged to 24-48 h, myofibrils that oriented perpendicular to the stretch direction emerged. Furthermore. when the cells were stretched only in the later stage (after 24 h of cultivation). both cells and myofibrils tended to orient perpendicular to the stretch direction. Next we examined the effects of chemical compounds on these phase related changes in myofibril orientation None of the drugs tested (H-7, HA-1004, staurosporine, herbimycin A, genistein, GdCl3, and EGTA) blocked the parallel orientation of myofibrils induced by the initial-stage stretch. By contrast, H-7, staurosporine, herbimycin A, and genistein did inhibit almost completely the perpendicular orientation of the myofibrils induced by the late-stage stretch, but HA-1004, GdCl3, or EGTA did not, Immunoblotting study using anti-phsophotyrosine antibody indicated that tyrosine phosphorylation of a protein of about 125 kDa was enhanced in a time-dependent manner by the late-stage stretch, but not by the initial-stage stretch. In conclusion: the alignment change induced by cyclic stretch depends on the stage of cultivation: with stretch in the initial stage (within 12 h), cells and myofibrils orient parallel to the stretch; with stretch in the later stage (after 24 h), they orient perpendicular to the stretch. The effect of stretch in the later stage is likely mediated by protein kinase C and tyrosine kinase pathways. (C) 1999 Academic Press.

    DOI: 10.1006/jmcc.1998.0865

    Web of Science

    researchmap

  • Uni-axial cyclic stretch induces c-src activation and translocation in human endothelial cells via SA channel activation 査読

    K Naruse, Sai, X, N Yokoyama, M Sokabe

    FEBS LETTERS   441 ( 1 )   111 - 115   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The kinase activity of c-src increased and peaked at 15 min after an application of uni-axial cyclic stretch in HUVECs followed by a translocation of c-src to Triton-insoluble fraction. Suppression of c-src by an antisense S-oligodeoxynucleotide inhibited the stretch-induced tyrosine phosphorylation and morphological changes. The stretch-induced increase in c-src activity was inhibited by FK506, a specific inhibitor for calcineurin, by Gd3+, a blocker for stretch activated channels, and by the extracellular Ca2+ depletion suggesting the involvement of SA channels. These results strongly suggest c-src plays an important role in the downstream of SA channel activation followed by the morphological changes. (C) 1998 Federation of European Biochemical Societies.

    DOI: 10.1016/S0014-5793(98)01528-2

    Web of Science

    researchmap

  • Peroxide production and apoptosis in cultured cells carrying mtDNA mutation causing encephalomyopathy 査読

    J Zhang, M Yoneda, K Naruse, HJW Borgeld, JS Gong, S Obata, M Tanaka, K Yagi

    BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY INTERNATIONAL   46 ( 1 )   71 - 79   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS AUST  

    When cybrids with a point mutation, which locates in the tRNA(Leu(UUR)) gene of mtDNA and causes a mitochondrial encephalomyopathy (MELAS syndrome), were exposed to a high concentration of oxygen (95%), the peroxide production markedly increased by 6 h of oxygen exposure, whereas the peroxide production was similar among the cybrids under a normal concentration of oxygen. The peroxide production by oxygen exposure was enhanced particularly in cybrids with high proportions of the mutant mtDNA and low respiratory capacities. The appearance of apoptotic cells by oxygen exposure was high in cybrids with the impaired respiratory function due to the mutation. An antioxidant NAC successfully suppressed both the peroxide production and apoptosis. These results imply that the peroxide production plays an important role in inducing apoptosis in :ells carrying; the mtDNA mutation causing encephalomyopathy.

    Web of Science

    researchmap

  • Pp125(FAK) is required for stretch dependent morphological response of endothelial cells 査読

    K Naruse, T Yamada, XR Sai, M Hamaguchi, M Sokabe

    ONCOGENE   17 ( 4 )   455 - 463   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    In this study, critical signaling pathway required for the stretch induced morphological changes of human umbilical endothelial cells (HUVECs) was investigated. Uniaxial cyclic stretch (1 Hz, 20% in length) of the cells cultured on an elastic silicon membrane induced a gradual morphological change in the cells from a polygonal shape to an elongated spindle-like shape whose long axis was aligned perpendicular to the stretch axis, We found that protein tyrosine phosphorylation of cellular proteins increased and peaked at 20 min in response to cyclic stretch. Either treatment of cells with gadolinium (Gd3+), a potent blocker for stretch-activated channels, or removal of extracellular Ca2+ blocked the tyrosine phosphorylation of the proteins, suggesting that stretch-activated (SA) ion channels regulated stretch specific tyrosine phosphorylation, The major phosphorylated proteins had molecular masses of approximately 120-135 kDa, and 70 kDa, Immunoprecipitation experiments revealed that paxillin, focal adhesion kinase (pp125(FAK)) and pp130(CAS) were included in the 70 kDa and 120-135 kDa bands, respectively, The morphological change was inhibited by herbimycin A and genistein, inhibitors of tyrosine kinases, suggesting that tyrosine phosphorylation was required for the morphological change, In addition, the kinase activation of pp125(FAK) was observed in response to cyclic stretch, Moreover, suppression of pp125(FAK) expression by the antisense phosphorothioate oligodeoxynucleotides (S-ODN) in HUVECs resulted in inhibition of tyrosine phosphorylation of paxillin and the stretch-dependent morphological changes. These results suggest that an activation of tyrosine kinase(s) by an increase in intracellular Ca2+ and pp125(FAK) play a critical role in the unique morphological change specifically observed in endothelial cells subjected to uni-axial cyclic stretch.

    DOI: 10.1038/sj.onc.1201950

    Web of Science

    researchmap

  • Involvement of SA channels in orienting response of cultured endothelial cells to cyclic stretch 査読

    K Naruse, T Yamada, M Sokabe

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   274 ( 5 )   H1532 - H1538   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    The present work was designed to elucidate the involvement of Ca2+-permeable stretch-activated (SA) channels in the orienting response of endothelial cells to uniaxial cyclic stretch. Endothelial cells from human umbilical vein were cultured on an elastic silicons membrane and subjected to uniaxial cyclic stretch (120% in length, 1 Hz). The cells started to change their morphology 15 min after the onset of stretch, and &gt;90% of the cells oriented perpendicularly to the stretch axis after 2 h. Associated with the orienting response, cell elongation proceeded with a slower rate. Both of the orientating and elongating responses were largely inhibited by the removal of external Ca2+ or by Gd3+, a potent blocker for the SA channel, but not by nifedipine. Intracellular Ca2+ concentration ([Ca2+](i)) transiently increased in response to uniaxial stretch, and the basal [Ca2+](i) gradually increased during cyclic stretch. This Ca2+ response was inhibited by the removal of extracellular Ca2+ or by the addition of Gd3+. These results suggest that stretch-dependent Ca2+ influx through SA channels is essential in the stretch-dependent cell orientation and elongation.

    Web of Science

    researchmap

  • Involvement of SA channels of cultured endothelial cells 査読

    Keiji Naruse, Takako Yamada, Masahiro Sokabe

    American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology   274 ( 5 )   H1532 - H1538   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present work was designed to elucidate the involvement of Ca2+permeable stretch-activated (SA) channels in the orienting response of endothelial cells to uniaxial cyclic stretch. Endothelial cells from human umbilical vein were cultured on an elastic silicone membrane and subjected to uniaxial cyclic stretch (120% in length, 1 Hz). The cells started to change their morphology 15 min after the onset of stretch, and &gt
    90% of the cells oriented perpendicularly to the stretch axis after 2 h. Associated with the orienting response, cell elongation proceeded with a slower rate. Both of the orientating and elongating responses were largely inhibited by the removal of external Ca2+ or by Gd3+, a potent blocker for the SA channel, but not by nifedipine. Intracellular Ca2+ concentration ([Ca2+](i)) transiently increased in response to uniaxial stretch, and the basal [Ca2+](i) gradually increased during cyclic stretch. This Ca2+ response was inhibited by the removal of extracellular Ca2+ or by the addition of Gd3+. These results suggest that stretch-dependent Ca2+ influx through SA channels is essential in the stretch-dependent cell orientation and elongation.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Up-regulation of COX2 expression by uni-axial cyclic stretch in human lung fibroblast cells 査読

    T Kato, N Ishiguro, H Iwata, T Kojima, T Ito, K Naruse

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   244 ( 3 )   615 - 619   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    The effect of uni-axial cyclic mechanical stretch on the expression of cyclooxygenases (COX) was investigated in a human lung fibroblast cell line (TIG-1). In response to uni-axial cyclic stretch, the level of COX2 mRNA significantly increased and peaked at 3 h (9.09 +/- 3.82-fold, mean +/- standard error, n = 6, compared with that at 1 h). The level of the expression of COX2 protein peaked at 6 h, whereas the level of COX1 protein was not significantly changed. The involvement of stretch-activated (SA) channel was investigated in the stretch-induced COX2 production. The application of Gd3+, a blocker for SA channel, or the removal of extracellular Ca2+ inhibited the production of COX2 mRNA without any effect on the production of COX1 or GAPDH mRNA. These data strongly suggest that COX2 expression is up-regulated by uni-axial cyclic stretch via the activation of SA channel in human lung fibroblasts. (C) 1998 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.8335

    Web of Science

    researchmap

  • Both focal adhesion kinase and c-ras are required for the enhanced matrix metalloproteinase 9 secretion by fibronectin in ovarian cancer cells 査読

    K Shibata, F Kikkawa, A Nawa, AA Thant, K Naruse, S Mizutani, M Hamaguchi

    CANCER RESEARCH   58 ( 5 )   900 - 903   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Cell adhesion to the extracellular matrix appears to trigger a cascade of intracellular signalings. We have shown previously that treatment of ovarian cancer cells with peritoneal conditioned medium or purified fibronectin (FN) activated matrix metalloproteinase 9 secretion and, thereby, cancer cell invasion, By use of antisense oligonucleotides to focal adhesion kinase (FAK) and a dominant-negative mutant of ras (S17Nras), we found that both FAK and c-Ras were required for the activation of matrix metalloproteinase 9 secretion by FN. In addition, both antisense oligonucleotides to FAR and S17Nras inhibited mitogen-activated protein kinase activation hy FN treatment, suggesting the involvement of mitogen-activated protein kinase in the FN-dependent signaling.

    Web of Science

    researchmap

  • Bystander tumoricidal effect and gap junctional communication in lung cancer cell lines 査読

    K Imaizumi, Y Hasegawa, T Kawabe, N Emi, H Saito, K Naruse, K Shimokata

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY CELL AND MOLECULAR BIOLOGY   18 ( 2 )   205 - 212   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER LUNG ASSOC  

    Tumor cells expressing the herpes simplex virus-thymidine kinase (HSV-tk) gene become sensitive to ganciclovir (GCV), and the phenomenon by which tumor cells surrounding the HSV-tk expressing cells also become sensitive to CCV is known as the "bystander effect." The purpose of this study was to investigate the bystander effect in human lung-cancer cell lines, and the role of gap-junctional intercellular communication as the mechanism responsible for it. Gap-junctional intercellular communication was measured both with a dye-transfer assay involving single-cell microinjection of Lucifer Yellow and with a PKH26/calcein-AM double-dye-transfer assay. Significant bystander tumoricidal effect was observed in lung-cancer cell lines when cultured cells contained only 10% HSV-tk expressing cells. This was also observed to occur with cell lines of different origin or from different species. Although gap-junctional intercellular communication characterized by rapid transfer of Lucifer Yellow was not observed, we did detect gap-junctional communication marked by the slow transfer of calcein-AM in lung-cancer cell lines. However, neither an inhibitor (I-octanol) nor an enhancer (all trans-retinoic acid [ATRA]) of gap-junctional communication affected the extent of the bystander effect. These findings suggest that low levels of gap-junctional communication may be efficient for producing the bystander effect in lung-cancer cells, or chat other mechanisms may underlie this effect. Although gap-junctional communication may play an important role in generating the bystander effect in tumor cells expressing the HSV-tk gene, further knowledge of the mechanism of this effect may help improve the treatment of lung cancer with an HSV-tk system.

    Web of Science

    researchmap

  • Up-regulation of integrin beta(3) expression by cyclic stretch in human umbilical endothelial cells 査読

    N Suzuki, K Naruse, Y Asano, T Okamoto, N Nishikimi, T Sakurai, Y Nimura, M Sokabe

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   239 ( 2 )   372 - 376   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    The effect of uni-axial cyclic mechanical stretch on the expression of the adhesion protein integrin was investigated. Human umbilical endothelial cells (HUVECs) cultured an fibronectin coated silicon membranes were subjected to uni-axial cyclic stretch, The level of expression of integrin beta(3) mRNA was found to be increased and peaked at 4 hours in response to cyclic stretch using a semiquantitative RT-PCR method. The increased level of the integrin mRNA from stretched HUVECs remained higher than that ii om non-stretched controls. The amount of integrin beta(3) also increased and peaked at 12 hr, Immuno-fluorescent microscopy revealed that the amount of integrin beta(3) adhesions increased in stretched HUVECs compared with that in non-stretched HUVECs. These results suggest that uni-axial cyclic stretch up-regulates the expression of integrin beta(3). This increase in integrin beta(3), may enhance the adhesiveness to the substratum and contribute to the protection of HUVECs against being peeled off from the vessel wall. (C) 1997 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.1997.7364

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanotransduction and intracellular signaling mechanisms of stretch-induced remodeling in endothelial cells 査読

    M Sokabe, K Naruse, S Sai, T Yamada, K Kawakami, M Inoue, K Murase, M Miyazu

    HEART AND VESSELS   ( Suppl 12 )   191 - 193   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    We investigated the signaling mechanism of stretch-induced cell remodeling in human umbilical vein endothelial cells (HUVECs). Freshly dissociated HUVECs were cultured on an elastic silicon membrane and subjected to uniaxial cyclic stretch (20% in length, 1Hz). The cells started to change their morphology as early as 15 min after stretch onset, and most cells eventually aligned perpendicularly to the stretch axis within Ih. This remodeling was dependent on the increase in intracellular calcium concentration ([Ca2+](i)) via a Ca2+-permeable stretch-activated (SA) channel. During the process of remodeling, extensive rearrangement of stress fibers and focal adhesions was observed, which may be close to the final step in the intracellular signaling cascade. This event was [Ca2+](i)-dependent, suggesting the existence of a Ca2+-dependent intermediate cascade that links [Ca2+](i) to the rearrangement of cytoskeletons and focal adhesions. We found that some proteins, including pp125(FAK) (focal adhesion kinase) and paxillin, were tyrosine phosphorylated during cyclic stretch in a Ca2+-dependent manner. Inhibition of this tyrosine phosphorylation prohibited the stretch-dependent rearrangement of cytoskeletons and focal adhesions as well as the remodeling. Finally the tyrosine kinase src, which could phosphorylate pp125(FAK), was found to be activated in a [Ca2+](i)-dependent way during stretch. All of the above molecular events were consistently Ca2+-dependent, which led us to propose the signaling cascade: SA channel activation --&gt; [Ca2+](i) increase --&gt; src activation --&gt; protein tyrosine phosphorylation --&gt; rearrangement of cytoskeletons and focal adhesions --&gt; cell remodeling.

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanosensitive ion channels: single channel vs. whole cell activities 査読

    Sokabe M, Naruse K, Nunogaki K

    Prog Cell Res   6   139 - 149   1997年

     詳細を見る

  • Effects of repetitive stretch stimulation on neonatal rat cardiocytes in vitro 査読

    Kada K, Yasui K, Naruse K, Toyama J

    Environmental Medicine   40   69 - 72   1996年

     詳細を見る

  • Inhibitory action of repeated stretch stimulation on apoptosis in neonatal rat cardiocytes 査読

    Yasui K, Shimano H, Kada K, Naruse K, Toyama J

    Environmental Medicine   40   175 - 177   1996年

     詳細を見る

  • PLATEAU PATTERN OF AFFERENT DISCHARGE RATE FROM FROG-MUSCLE SPINDLES 査読

    M SOKABE, K NUNOGAKI, K NARUSE, H SOGA, N FUJITSUKA, A YOSHIMURA, F ITO

    JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY   70 ( 1 )   275 - 283   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    1. A characteristic plateau pattern was observed in the rate of afferent discharges during ramp-and-hold stretch of spindles isolated from semitendinosus muscles of frogs. The plateau pattern was more frequent in summer frogs (84%) than winter frogs (11%).
    2. The plateau pattern consisted of a discharge rate around 120 imp/s at the end of dynamic stretch, followed by second and third steps of plateau rates around 60 and 40 imp/s, respectively. The intervals of impulses in lower steps were approximately n times those of the top step.
    3. The plateau pattern was not sensitive to cutting extracapsular myelinated branches or lowering temperature from 23 to 12-degrees-C. However, the number of the plateau was reduced in both cases.
    4. Application of depolarizing current to the sensory terminal abolished the plateau pattern. In contrast, in spindles that did not show a plateau pattern, hyperpolarizing current induced such a pattern.
    5. Calcium channel blockers and protein kinase C inhibitors abolished the plateau pattern. The plateau pattern could be established in quiescent spindles by drugs eliciting Ca2+ entry, raising cytosolic-free Ca2+, and activating protein kinase C.
    6. The most striking aspect of the present study is the stability in the discharge rate at each step of the plateau, irrespective of different experimental conditions. This suggests that the spindle sensory terminal possesses a stable intrinsic rhythm generator in excitation, of which maximum frequency is 120 imp/s. The generator seems to be triggered by stretch stimulus and to be regulated by cytoplasmic Ca2+ and protein kinase C.

    Web of Science

    researchmap

  • INVOLVEMENT OF STRETCH-ACTIVATED ION CHANNELS IN CA-2+ MOBILIZATION TO MECHANICAL STRETCH IN ENDOTHELIAL-CELLS 査読

    K NARUSE, M SOKABE

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY   264 ( 4 )   C1037 - C1044   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    Endothelial cells are subjected to shear stresses by blood flow, normal stresses by blood pressure, and stretch by vessel expansion. These forces are known to induce secretions of several vasoactive substances probably via internal calcium mobilization (R. F. Furchgott. Circ. Res. 53: 557-573, 1983; M. J. Peach, A. L. Loeb, H. A. Singer, and J. Saye. Hypertension Dallas 7, Suppl. I: I-94-1-100, 1985.). Here we report that stretching cellular membranes increased intracellular Ca2+ concentration ([Ca2+]i) in human umbilical endothelial cells cultured on silicon membranes. Upon application of a stretch pulse (3-s duration), [Ca2+]i increased rapidly and decayed slowly. The following results suggest that this increase arises from Ca2+ entry through stretch-activated (SA) channels: 1) the Ca2+ response disappeared when extracellular Ca2+ was removed; 2) gadolinium (Gd3+), a blocker for cation-selective SA channels, blocked the response but nifedipine did not; and 3) externally applied Mn2+, which is known to permeate mechanosensitive channels but not Ca2+ channels, entered the intracellular space immediately after an application of mechanical stretch. The increase in [Ca2+]i was found to consist of at least two components: an initial fast component and a delayed slower component. Ryanodine inhibited the slow component. It is suggested that stretching the membrane primarily induced extracellular Ca2+ entry through SA channels followed by Ca2+ releases from intracellular Ca2+ stores.

    Web of Science

    researchmap

  • MECHANICS OF PATCH CLAMPED AND INTACT CELL-MEMBRANES IN RELATION TO SA CHANNEL ACTIVATION 査読

    M SOKABE, K NUNOGAKI, K NARUSE, H SOGA

    JAPANESE JOURNAL OF PHYSIOLOGY   43 ( Suppl 1 )   S197 - S204   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CENTER ACADEMIC PUBL JAPAN  

    Stretch activated (SA) channels are believed to be activated by tension in the membrane generated by membrane stretch. However, very few studies have been made on the quantitative estimation of the tension during membrane stretch. Here we present a method to evaluate the tension both in patch clamped and intact cell-membranes. The tension in patch clamped membranes was calculated from Laplace's law by knowing transmembrane pressure and the radius of patch-curvature. We also provide a simpler version for calculating the tension from the pressure and pipette radius. The tension in intact cell membranes was calculated from Hook's law based on the measurement of changes in cell surface area. The estimated tension required for activating SA channels in both types of membranes was found to be comparable suggesting that,the SA channel acts as a physiological mechanotransducer in intact cells.

    Web of Science

    researchmap

  • DIFFERENTIAL RESPONSES OF CA-ACTIVATED K-CHANNELS TO BRADYKININ IN SENSORY NEURONS AND F-11 CELLS 査読

    K NARUSE, DS MCGEHEE, GS OXFORD

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY   262 ( 2 )   C453 - C460   1992年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    The nonapeptide bradykinin (BK) excites a subset of dorsal root ganglion (DRG) neurons with putative nociceptive functions by stimulating an inward cation current. In addition, BK stimulates various intracellular signaling pathways including an elevation of intra-cellular Ca2+. In a DRG neuron x neuroblastoma hybrid cell (F-11), BK stimulates similar increases in intracellular [Ca2+] and inward current but also elicits a large transient outward current through Ca2+-activated K channels. We have investigated the mechanisms underlying differential expression of outward current responses in the two cell types at the single channel level. Although K(Ca) channel activity appears in inside-out patches from both cells exposed to Ca2+, BK applied to the extrapatch membrane of cell-attached patches activates K(Ca) channels in F-11 but not DRG neurons. Whereas single K(Ca) channels are quantitatively similar in terms of conductance, voltage-dependence, and sensitivity to tetraethylammonium, they differ in sensitivity to intracellular Ca2+. Channel activation in both cells requires at least four Ca2+ ions, but half-maximal activation occurs at slightly higher [Ca2+] for DRG neurons. The shift in the Ca2+ dose-response curve combined with the steep [Ca2+] dependence of channel open probability makes it less likely that a BK-induced rise in internal [Ca2+] induced will trigger a transient outward current and resultant hyperpolarization in a DRG neuron.

    Web of Science

    researchmap

  • ELECTROPHYSIOLOGICAL ANALYSIS OF STRUCTURAL ASPECTS OF VOLTAGE-DEPENDENT SR K+ CHANNEL 査読

    M SOKABE, M KASAI, K NOMURA, K NARUSE

    COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY C-PHARMACOLOGY TOXICOLOGY & ENDOCRINOLOGY   98 ( 1 )   23 - 30   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This article presents a brief review on the electrophysiological analysis of the structural aspects of the voltage-dependent SR (sarcoplasmic reticulum) K+ channel. In the first half, early attempts to determine the physical dimensions of the ion conducting mechanism such as the mouth, narrow tunnel, or ion selective filter of the channel, are reviewed. The depicted cartoon of the SR K+ channel, as an extremely short, busy district with a big mouth on each side, is quite similar to the recently-obtained reconstructed structural image of the acetylcholine receptor channel. In the latter half, we introduce our recent attempts to draw a physical image of the gating mechanism of the SR K+ channel. We examined, for example, the location of the gate and the voltage sensor, and the relationship between them. It is suggested that the gate and the sensor are connected tightly and that the sensor would be exposed to the surface of the lumen side of SR when the gate opens. Finally, the issue of substates in SR K+ channel is discussed. It is implied that the substate-conductances reflect a partial occlusion of the pore by an intermediate-open gate.

    Web of Science

    researchmap

  • CLASSIFICATION OF THE INTRAFUSAL MUSCLE-FIBERS IN THE FROG-MUSCLE SPINDLE - HISTOCHEMICAL AND IMMUNOFLUORESCENT STUDIES 査読

    A YOSHIMURA, N FUJITSUKA, M SOKABE, K NARUSE, K NOMURA, FH DIWAN, F ITO

    JOURNAL OF ANATOMY   172   89 - 101   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • AMINOGLYCOSIDE BLOCKADE OF CA2+-ACTIVATED K+ CHANNEL FROM RAT-BRAIN SYNAPTOSOMAL MEMBRANES INCORPORATED INTO PLANAR BILAYERS 査読

    K NOMURA, K NARUSE, K WATANABE, M SOKABE

    JOURNAL OF MEMBRANE BIOLOGY   115 ( 3 )   241 - 251   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    DOI: 10.1007/BF01868639

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of ions and drugs on the responses of sensory axon terminals of decapsulated frog muscle spindles 査読

    Fumio Ito, Masahiro Sokabe, Kazushi Nomura, Keiji Naruse, Noriaki Fujitsuka, Atsushi Yoshimura

    Neuroscience Research Supplements   12 ( C )   S15 - S26   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0921-8696(90)90005-N

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Dynamic remodeling of the heart and blood vessels: implications of health and disease.

    Takahashi K, Piao H, Naruse K( 担当: 共著)

    Blackwell Publishing  2017年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp175-189   記述言語:英語

    researchmap

  • Innovation of vascular engineering by mechanomedicine.

    Takahashi K, Naruse K( 担当: 共著)

    Springer  2016年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp283-296   記述言語:英語

    researchmap

  • 第20章 生殖工学のバイオメカニクス:生理学/メカニクス/治療

    成瀬恵治, 松浦宏治, 原 鐵晃( 担当: 共著)

    (株)化学同人  2015年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp251-261   記述言語:日本語

    researchmap

  • メカノバイオロジーを駆使した新システムで、再生医療・不妊治療に福音を.

    成瀬恵治( 担当: 単著)

    アドスリー出版  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • Recent Advances in Mechanobiology

    Matsuura K, Asano Y and Naruse K( 担当: 共著 ,  範囲: Chemotaxis, themotaxis, and mechanotaxis of mammalian sperms.)

    Shanghai scientific and technological literature publishing house  2012年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp161-166   記述言語:英語

    researchmap

  • Advanced Elastomers: Technology, properties and applications

    ( 担当: 共著 ,  範囲: Use of silicone elastomer-based microfluidic devices and systems in reproductive technologies.)

    InTech  2012年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp243-262   記述言語:英語

    researchmap

  • Use of Silicone Elastomer-Based Microfluidic Devices and Systems in Reproductive Technologies

    Matsuura K, Naruse K

    2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp243-262  

    researchmap

  • 第5章アクチュエータが切り拓く医療、福祉--5.1医学、バイオ研究での利用--.

    成瀬恵治( 担当: 単著)

    2011年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp177-186   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第7章生体組織への近似化、分化制御 3.伸展培養法

    片野坂友紀, 竹内 崇, 貝原恵子, 成瀬恵治

    (株)羊土社  2008年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp247-251  

    researchmap

  • 改訂 培養細胞実験ハンドブック

    片野坂友紀、竹内 崇、貝原恵子、*成瀬恵治( 範囲: 第7章生体組織への近似化、分化制御 3.伸展培養法.)

    (株)羊土社  2008年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp247-251  

    researchmap

  • 第3章 細胞機能解析技術. メカニカルストレスに対する細胞応答の解析技術

    片野坂友紀, 竹内 崇, 成瀬恵治

    (株)シーエムシー  2008年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp158-167  

    researchmap

  • 次世代医療のための高分子材料工学

    片野坂友紀、竹内 崇、*成瀬恵治( 範囲: 第3章 細胞機能解析技術. メカニカルストレスに対する細胞応答の解析技術.)

    (株)シーエムシー  2008年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp158-167  

    researchmap

  • 第5章 心血管系細胞への機械刺激負荷技術

    片野坂友紀, 入部玄太郎, 山田 章, 成瀬恵治

    (株)シーエムシー  2008年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp265-275  

    researchmap

  • バイオテクノロジーシリーズ 細胞分離・操作技術の最前線

    片野坂友紀、入部玄太郎、山田 章、*成瀬恵治( 範囲: 第5章 心血管系細胞への機械刺激負荷技術.)

    (株)シーエムシー  2008年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp265-275  

    researchmap

  • ナノテク・バイオMEMS時代の分離・計測技術

    *成瀬恵治( 範囲: 細胞研究用および医療診断用チップ.)

    (株)シーエムシー出版  2006年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp284-297  

    researchmap

  • 「蛋白質 核酸 酵素」増刊号:細胞骨格と接着

    *成瀬恵治( 範囲: ソフトリソグラフィーを駆使したメカノトランスダクションの研究.)

    共立出版  2006年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp705-714  

    researchmap

  • 細胞研究用および医療診断用チップ

    成瀬恵治

    (株)シーエムシー  2006年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp284-297  

    researchmap

  • 細胞骨格と情報伝達?細胞テンセグリティー・モデルを中心にー

    成瀬恵治

    (株)エヌ・ティー・エス  2005年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp282-293  

    researchmap

  • Biomechanics at micro- and nanoscale levels

    Hiroshi Wada( 範囲: Effects of mechanical stresses on the migrating behavior of endothelial cells.)

    World Scientific  2004年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp75-87  

    researchmap

  • Effects of mechanical stresses on the migrating behavior of endothelial cells

    Tanaka T, Naruse K, Sokabe M

    World Scientific  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp75-87  

    researchmap

  • 細胞膜の変形と細胞応答−細胞の形が機能を決める?

    曾我部正博, 成瀬恵治

    共立出版  2000年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp173-192  

    researchmap

  • Cell Shape Control and Mechanical Signalling through the Cytoskeleton

    Goldmann, W, Alonso, J, K. Bojanowki, C.. Brangwynne, C. S. Chen, M. E. Chicurel, L. Dike, S. Huang, K. Lee, A. Maniotis, R. Mannix, H. McNamee, C. J. Meyer, Naruse K, K. Parker, G. Plopper, T. Polte, N. Wang, L. Yan, D. E. Ingber

    Oxford University Press  1999年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp245-276  

    researchmap

  • Mechanosensitive ion channels: single channel vs. whole cell responses

    Sokabe M, Nunogaki K, Naruse K

    Elsevier Science  1997年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp139-152  

    researchmap

  • 細胞膜の機能

    成瀬恵治

    名古屋大学出版会  1997年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp87-95  

    researchmap

  • 血管活性化ー張力(分担)

    成瀬恵治, 曾我部正博

    1996年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp90-94  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Gravity sensing in plant and animal cells

    Ken Takahashi, Hideyuki Takahashi, Takuya Furuichi, Masatsugu Toyota, Makoto Furutani-Seiki, Takeshi Kobayashi, Haruko Watanabe-Takano, Masahiro Shinohara, Takuro Numaga-Tomita, Asako Sakaue-Sawano, Atsushi Miyawaki, Keiji Naruse

    npj Microgravity   7 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>Gravity determines shape of body tissue and affects the functions of life, both in plants and animals. The cellular response to gravity is an active process of mechanotransduction. Although plants and animals share some common mechanisms of gravity sensing in spite of their distant phylogenetic origin, each species has its own mechanism to sense and respond to gravity. In this review, we discuss current understanding regarding the mechanisms of cellular gravity sensing in plants and animals. Understanding gravisensing also contributes to life on Earth, e.g., understanding osteoporosis and muscle atrophy. Furthermore, in the current age of Mars exploration, understanding cellular responses to gravity will form the foundation of living in space.

    DOI: 10.1038/s41526-020-00130-8

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41526-020-00130-8

  • 11th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering

    Shiraishi Y, Sakuma I, Naruse K, Ueno A

    IFMBE Proceedings   82   2021年

     詳細を見る

  • 第59回日本生体医工学会大会開催報告

    成瀬恵治

    岡山医学会雑誌   132   110 - 111   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Mechanomedicine.

    Naruse K

    Biophysical reviews   2018年9月

  • 特集:宇宙の極限環境から生命体の可塑性をさぐる--1.重力変動の生理機能への影響 細胞の重力応答機構--

    高橋 賢, 佐々並三紗, 長田 仁, 成瀬恵治

    生体の科学   69 ( 2 )   106 - 109   2018年4月

     詳細を見る

  • MECHANOMEDICINE: applications of mechanobiology to medical sciences and next-generation medical technologies.

    Naruse K

    Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   54   83 - 90   2018年

  • 特集 新しい医療を拓くメカノバイオロジー--11.メカノ生殖補助医療の展開--

    成瀬恵治

    医薬ジャーナル   53 ( 6 )   1489 - 1494   2017年6月

     詳細を見る

  • メカノ医工学を駆使した再生医療・生殖医療への展開 招待

    高橋 賢, 王 英正, 入部 玄太郎, 松浦 宏治, 成瀬 恵治

    生体医工学   55 ( 4PM-Abstract )   340   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 【メカノバイオサイエンス〜力の科学と医療の最前線〜】 力学刺激に応答する循環器系の恒常性

    高橋 賢, 成瀬恵治

    Clinical Calcium   26 ( 12 )   1671 - 1676   2016年11月

     詳細を見る

  • メカノメディスン:メカノ生殖補助医療

    成瀬恵治

    医学のあゆみ   257 ( 10 )   1058 - 1062   2016年6月

     詳細を見る

  • メカノメディスン

    成瀬恵治

    呼吸と循環   64 ( 2 )   177 - 185   2016年2月

     詳細を見る

  • 力学刺激に応答する循環器系の恒常性 招待

    高橋賢, 成瀬恵治

    Clinical Calcium   26 ( 12 )   21 - 26   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Mechanosensitive ion channels

    Ken Takahashi, Yusuke Matsuda, Keiji Naruse

    AIMS Biophysics   3 ( 1 )   63 - 74   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:American Institute of Mathematical Sciences  

    Cell surface receptors are involved in numerous important biological processes including embryogenesis, tissue differentiation, and cellular homeostasis. Among them, mechanosensitive ion channels play an essential role in cellular functions of every cell including neurons, cardiomyocytes, and osteocytes. Here, we discuss types, roles, structures, and biophysical factors that affect the functions of mechanosensitive ion channels.

    DOI: 10.3934/biophy.2016.1.63

    Scopus

    researchmap

  • iPS治療とメカニカルストレス

    高橋 賢, 成瀬 恵治

    ファルマシア   51 ( 11 )   1038 - 1041   2015年11月

     詳細を見る

  • メカノメディスン:メカノ医工学を用いた医学研究・次世代医療技術への展開

    成瀬恵治

    日本機械学会誌   118 ( 1161 )   91 - 93   2015年8月

     詳細を見る

  • 健康・医療における基盤工学研究の産業化(第1回)メカノメディスン : メカノ医工学を用いた医学研究・次世代医療技術への展開

    成瀬 恵治

    日本機械学会誌   118 ( 1161 )   533 - 535   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 心臓・血管の組織工学と再生医療.

    高橋 賢, 成瀬恵治

    人工臓器   43 ( 3 )   206 - 208   2014年12月

     詳細を見る

  • Disease-Specific Induced Pluripotent Stem Cells Identify the Transcriptional Repression and Epigenetic Modification of NKX2-5, HAND1, and NOTCH1 During Cardiac Development of Hypoplastic Left Heart Syndrome

    Junko Kobayashi, Masashi Yoshida, Suguru Tarui, Shuta Ishigami, Michihiro Okuyama, Yusuke Nagai, Shingo Kasahara, Keiji Naruse, Hiroshi Ito, Shunji Sano, Hidemasa Oh

    CIRCULATION   130   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 生殖医療・育種デバイス

    松浦宏治, 成瀬恵治

    生物工学会誌   92 ( 4 )   30 - 33   2014年3月

     詳細を見る

  • Involvement of TRPC in the Slow Force Response Observed in Mouse Ventricular Myocytes

    Yohei Yamaguchi, Toshiyuki Kaneko, Keiji Naruse, Gentaro Iribe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   106 ( 2 )   772A - 772A   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • 生殖医療・育種デバイス(<特集>マイクロバイオ技術の潮流と展望~動物細胞の培養・計測・評価技術への応用~)

    松浦 宏治, 成瀬 恵治

    生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi   92 ( 4 )   180 - 183   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生物工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10518796

  • Patient-specific Induced Pluripotent Stem Cells For Modeling Hypoplastic Left Heart Syndrome

    Junko Kobayashi, Masashi Yoshida, Suguru Tarui, Masataka Hirata, Ken Takahashi, Shingo Kasahara, Keiji Naruse, Hiroshi Ito, Shunji Sano, Hidemasa Oh

    CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Factors-based Human Cardiomyocytes Differentiation Exhibits Defective Maturation and Excitation Through Aberrant Calcium Handling Proteins

    Suguru Tarui, Junko Kobayashi, Masataka Hirata, Ken Takahashi, Gentaro Iribe, Keiji Naruse, Shingo Kasahara, Shunji Sano, Hidemasa Oh

    CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 医学領域におけるアクチュエーター(基調講演1)

    成瀬 恵治

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2012 ( 12 )   3 - 5   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 生体ライブイメージングを用いた骨組織中における自律性細胞内カルシウムオシレーションの検討

    石原 嘉人, 菅原 康代, 上岡 寛, 川邉 紀章, 黒坂 寛, 成瀬 恵治, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   70回   225 - 225   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 細胞伸展培養

    高橋 賢, 成瀬恵治

    Surgery Frontier   18 ( 2 )   59 - 63   2011年6月

     詳細を見る

  • 703 流動流体中における運動精子の挙動に関する実験的研究(バイオエンジニアリングI)

    橘 度羽, 瀧 啓志, 大西 貴也, 百武 徹, 柳瀬 眞一郎, 松浦 宏治, 成瀬 恵治

    講演論文集   2011 ( 49 )   171 - 172   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Dynamic Culture Systemによる受精卵発育促進とその機構解明

    松浦宏治, 成瀬恵治

    JOURNAL OF MAMMALIAN OVA RESEARCH   28 ( 4 )   174 - 179   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1274/jmor.28.174

    Scopus

    researchmap

  • Essential Role For Microtubule Dynamics In Cyclic Stretch-Induced Cell Alignment In Human Airway Smooth Muscle Cells

    S. Ito, H. Parameswaran, M. Morioka, K. Naruse, M. Kondo, M. Sokabe, B. Suki, Y. Hasegawa

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   183   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER THORACIC SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 新しい伸展刺激負荷方法を用いたメカノトランスダクション研究

    片野坂友紀, 成瀬恵治

    血管医学   11 ( 4 )   301 - 306   2010年12月

     詳細を見る

  • Musculoskeletal rehabilitation and bone. A novel approach to mechanotransduction using cell-adhesion-patterned cells

    Katanosaka Y, Naruse K

    Clin Calcium   20 ( 4 )   514 - 519   2010年4月

     詳細を見る

  • The Generation of a Novel Animal Model of Inducible Hypertrophy: Overexpression of NCX1 in the Murine Heart Using the Doxycycline-Dependent Promoter

    Yuki Katanosaka, Keiichiro Iwasaki, Satoshi Mohri, Keiji Naruse

    BIOPHYSICAL JOURNAL   98 ( 3 )   551A - 551A   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch-Sensitivity of Stretch-Activated BKCa Channels in Post-Hatch Chick Ventricular Myocytes

    Gentaro Iribe, Keiji Naruse

    BIOPHYSICAL JOURNAL   98 ( 3 )   335A - 335A   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanobiology and Medicine

    Naruse K

    Nano bio-Interfaces in Relation to Molecular Mobility   79 - 88   2010年

     詳細を見る

  • Ischemia-induced Angiogenesis is Impaired in Aminopeptidase-A deficient Mice with Decreased Stability of HIF-1 alpha

    Ryuji Kubota, Yasushi Numaguchi, Masakazu Ishii, Keiji Naruse, Kenji Okumura, Toyoaki Murohara

    CIRCULATION   120 ( 18 )   S1151 - S1152   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • ROLE OF STRETCH-ACTIVATED BKCA CHANNELS ON STRETCH-INDUCED ARRHYTHMIAS IN ISOLATED CHICK VENTRICLE

    G. Iribe, H. Jin, K. Naruse

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY   20   S64 - S64   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of bepridil on stretch-induced arrhythmia in isolated chick ventricles

    G. Iribe, H. Jin, K. Naruse

    EUROPEAN HEART JOURNAL   30   32 - 32   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • MECHANICAL STRETCH STIMULATES GLUCOSE UPTAKE THROUGH A MECHANISM DISTINCT FROM THAT OF INSULIN-LIKE GROWTH FACTOR 1 IN SKELETAL MUSCLE CELLS

    Masahiro Iwata, Shigeyuki Suzuki, Kimihide Hayakawa, Takayuki Inoue, Keiji Naruse

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59   206 - 206   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

    researchmap

  • MOTILITY AND [Ca2+](i) DISTRIBUTION OF SPERMS IN FLOW CONDITION

    Koji Matsuura, Keiji Naruse

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59   365 - 365   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

    researchmap

  • STRETCH-INDUCED UP-REGULATION OF SOC ACTIVITIES IN HUVEC

    Yuki Katanosaka, Keiji Naruse

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59   500 - 500   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

    researchmap

  • Tilting Embryo Culture System によるヒト体外受精余剰胚の培養成績

    滝上 知里, 松浦 宏治, 平田 麗, 青井 陽子, 吉岡 奈々子, 羽原 俊宏, 林 伸旨, 成瀬 恵治

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   25 ( 2 )   S60   2008年4月

     詳細を見る

  • メカニカルストレスに対する細胞応答の解析技術 招待

    片野坂 友紀, 竹内崇, 成瀬恵治

    次世代医療のための高分子材料工学   158 - 167   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Hydrogen peroxide plays a crucial role in coronary microvascular vasodilation with increased oxidative stress in right ventricles of pulmonary hypertensive rats

    Masahito Kajiya, Yousulke Inai, Taro Morimoto, Tatsuo Iwasaki, Kousuke Endo, Satoshi Mohri, Toyotaka Yada, Keiji Naruse, Tohru Ohe, Fumihiko Kajiya

    CIRCULATION   116 ( 16 )   228 - 229   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • The role of TRP channels in mechanotransduction of HUVEC

    Yuki Katanosaka, Tomohiko Suemori, Keiji Naruse

    BIOPHYSICAL JOURNAL   291A - 291A   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BIOPHYSICAL SOCIETY  

    Web of Science

    researchmap

  • ヒト臍帯血血管内皮細胞(HUVEC)のストレッチ刺激に対する細胞応答

    片野坂友紀, 成瀬恵治

    医学のあゆみ   223 ( 6 )   469 - 473   2007年

     詳細を見る

  • 細胞力覚とロボティクス

    成瀬恵治

    日本ロボット学会誌   25 ( 2 )   25 - 31   2007年

     詳細を見る

  • ソフトリソグラフィーを用いた細胞研究・医療用チップの開発

    成瀬恵治

    表面科学   28 ( 4 )   204 - 210   2007年

     詳細を見る

  • 細胞研究・医療チップ

    成瀬恵治

    バイオインダストリー   24 ( 2 )   25 - 36   2007年

     詳細を見る

  • Coronary microvascular endothelial dysfunction with decreased glycocalyx thickness and increased reactive oxygen species in spontaneously hypertensive rats possible compensatory role of EDHF

    Masanori Hirota, Yousuke Inai, Masahito Kajiya, Taro Morimoto, Kae Hashiba, Satoshi Mohri, Juichiro Shimizu, Aiji Ohtsuka, Katsuhiko Tsujioka, Keiji Naruse, Takeo Tedoriya, Shunji Sano, Fumihiko Kajiya

    CIRCULATION   114 ( 18 )   77 - 78   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 気道平滑筋細胞に対するメカニカルストレッチの影響:ストレッチ活性型Ca2+チャネルの役割

    伊藤 理, 久米裕昭, 伊藤 康, 近藤征史, 武田直也, 岩田 晋, 長谷川好規, 下方 薫, 成瀬恵治

    呼吸   25 ( 2 )   S18 - S19   2006年

     詳細を見る

  • ソフトリソグラフィーを駆使したメカノトランスダクションの研究

    成瀬恵治

    蛋白質 核酸 酵素   51 ( 6 )   705 - 714   2006年

     詳細を見る

  • ISFETセンシングシステムによる迅速細胞機能評価法の開発

    毛利 聡, 中村通宏, 成瀬恵治

    医学のあゆみ   218 ( 2 )   145 - 148   2006年

     詳細を見る

  • 微小流体技術による体外受精

    二井信行, 成瀬恵治, Gary D. Smith, 高山秀一

    医学のあゆみ   218 ( 2 )   159 - 163   2006年

     詳細を見る

  • メカノバイオロジー-基礎から臨床まで-

    成瀬恵治

    岡山医学会雑誌   118   23 - 31   2006年

  • Stretch-sensitive mechanism of SAKCA channel

    K Naruse, QY Tang, M Sokabe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   88 ( 1 )   292A - 292A   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BIOPHYSICAL SOCIETY  

    Web of Science

    researchmap

  • STREX Exon makes Ca2+-activated big K channels mechanosensitive

    K Naruse, QY Tang, M Sokabe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   86 ( 1 )   545A - 545A   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BIOPHYSICAL SOCIETY  

    Web of Science

    researchmap

  • A new mechanosensitive channel SAKCA and a new MS channel blocker GsTMx-4

    Masahiro Sokabe, Keiji Naruse, Qiong-Yao Tang

    Folia Pharmacologica Japonica   124 ( 5 )   301 - 310   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    Cells can respond to a variety of mechanical stimuli such as tension, pressure, and shear stress. However, the mechanisms of mechanotransduction are largely unknown. The major reason for this lies in the ambiguity of the molecular entity of cell mechanosensors. Currently only MS (mechanosensitive) channels conform to an established class of mechanosensors due to the firm and detailed analyses by electrophysiolgy. Although molecular structures of MS channels are known for limited members, higher order structures of bacterial MS channels have been resolved and their detailed structure-function studies are in progress. In contrast, molecular and biophysical analyses of eukaryote MS channels, which may attract much attention, are yet not well-studied. Although many candidate molecules have been proposed as the cell mechanosensor, currently only 2-pore-domain K channels (TREK/TRAAK) and SAKCA, a new class of MS channel introduced here, may be the subjects eligible for rigorous electrophysiological analyses. On the other hand, lack of specific blockers to MS channels is another reason why the progress in this field is slow. Gadolinium (Gd 3+) has been extensively used as a potent blocker of MS channels, but its nonspecific actions have limited its usefulness. Very recently, a promising 35 mer peptide, which can be more specific for MS channels, named GsMTx-4 has been isolated from spider venom. This peptide is interesting because it inhibits stretch-induced atrial fibrillation, which may involve MS channel activation and thus can be used as a basis for developing a new class of drugs to cure heart failure. This short review deals with recent progresses in MS channel studies and the structure-function of SAKCA, a recently cloned MS channel from heart, as well as its interaction with the new MS channel blocker GsMTx-4.

    DOI: 10.1254/fpj.124.301

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ソフトリソグラフィーとメカノバイオロジー

    成瀬恵治

    血管医学   5 ( 4 )   405 - 413   2004年

     詳細を見る

  • Structure-Function of a cloned Stretch-Activated 13K Channel (SAKCaC) from hearts and hunting its blockers

    M Sokabe, K Naruse, QY Tang

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94   68P - 68P   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Ionic amphipaths affect the gating of a stretch activated BK channel (SAK(Ca)) cloned from chick heart

    Z Qi, K Naruse, M Sokabe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   84 ( 2 )   234A - 234A   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BIOPHYSICAL SOCIETY  

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch-induced morphological response in endothelial cells.

    M Sokabe, K Kawakami, K Naruse

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   91   66P - 66P   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 内皮細胞の伸展依存性リモデリング ー分子から形へのインターフェースを見るー

    曽我部正博, 河上敬介, 早川公英, 成瀬恵治, 辰巳仁史

    血管医学   4   237 - 244   2003年

     詳細を見る

  • Mechanism of hypertrophy in the nonembolized lobe after portal vein embolization.

    M Kawai, K Naruse, S Komatsu, M Nagtno, Y Nimura, M Sokabe

    HEPATOLOGY   32 ( 4 )   475A - 475A   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO  

    Web of Science

    researchmap

  • Report clarification

    M Kanzaki, M Nagasawa, Kojima, I, C Sato, K Naruse, M Sokabe, H Iida

    SCIENCE   288 ( 5470 )   1347 - 1347   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE  

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch-induced intracellular calcium releases in endothelial cells.

    K Murase, K Okumura, K Naruse, M Sokabe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   78 ( 1 )   472A - 472A   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BIOPHYSICAL SOCIETY  

    Web of Science

    researchmap

  • 内皮細胞における形態知覚と形態形成の分子機構

    曾我部正博, 成瀬恵治, 宮津, 井上真澄美

    医学のあゆみ   192   1201 - 1205   2000年

     詳細を見る

  • 機械刺激による細胞のリモデリング:SAチャネルと接着斑蛋白質チロシンリン酸化

    曽我部正博, 成瀬恵治, 河上敬介, 辰巳仁史

    生体の科学   51   549 - 555   2000年

     詳細を見る

  • 細胞を引っ張る

    成瀬恵治

    日本血栓止血学会誌   10   79 - 83   1999年

     詳細を見る

  • 真核生物のCa<sup>2+</sup>透過性機械受容チャネル その発見,性質,機能

    飯田秀利, 神崎展, 長沢雅裕, 小島至, 佐藤主税, 成瀬恵治, 曽我部正博

    日本細胞生物学会大会講演要旨集   52nd   17   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Prostacyclin synthase gene transfer inhibits neointimal formation after balloon injury with acceleration of re-endothelialization

    Y Numaguchi, K Naruse, M Harada, H Osanai, Y Toki, K Okumura, T Ito

    CIRCULATION   98 ( 17 )   670 - 670   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Prolonged reduction of systemic blood pressure by prostacyclin synthase gene transfer in spontaneously hypertensive rats

    Y Numaguchi, K Naruse, M Harada, H Osanai, K Murase, Y Toki, K Okumura, T Ito

    CIRCULATION   98 ( 17 )   670 - 670   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of glucose and aldose reductase inhibition on PDGF-induced proliferation of cultured aortic smooth muscle cells

    Y Kasuya, J Nakamura, N Koh, Y Hamada, K Naruse, K Kato, N Hotta

    DIABETES   47   A366 - A366   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • The mechanism of cell alignment change elicited by cyclic stretch.

    K Kada, K Yasui, K Naruse, J Toyama

    BIOPHYSICAL JOURNAL   74 ( 2 )   A361 - A361   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BIOPHYSICAL SOCIETY  

    Web of Science

    researchmap

  • 伸展刺激と血管内皮細胞−伸展刺激の方法と細胞応答の解析法−

    成瀬恵治, 蔡暁蕊, 山田恭子, 村瀬吉郎

    医用電子と生体工学   36   287 - 292   1998年

  • 伸展刺激に対する血管内皮細胞の反応とカルシウムイオン

    曽我部正博, 成瀬恵治, 河上敬介, 小畑秀一

    Clinical Calcium   8   1316 - 1322   1998年

     詳細を見る

  • 心・血管系のメカノトランスダクション

    成瀬恵治

    現代医学   45   529 - 535   1998年

     詳細を見る

  • ストレッチ刺激に対する内皮応答

    成瀬恵治, 宮津真寿美, 村瀬吉郎, 曽我部正博

    血管と内皮   8   271 - 278   1998年

     詳細を見る

  • Involvement of protein tyrosine kinase src in orienting reaction of fibroblasts in response to uni-axial cyclic stretch

    Sai, X, K Naruse, M Sokabe

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   8   770 - 770   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CELL BIOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Suppression of PP120FAK inhibits morphological changes of human endothelial cells in response to cyclic stretch.

    K Naruse, M Sokabe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   72 ( 2 )   TU296 - TU296   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • 伸展刺激による血管内皮細胞リモデリングの分子機構

    曽我部正博, 成瀬恵治

    医学のあゆみ   182   309 - 313   1997年

     詳細を見る

  • pp60src is responsible for stretch-dependent tyrosine phosphorylation of focal proteins in human endothelial cells

    K Naruse, M Sokabe

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   7   1999 - 1999   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CELL BIOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Stretch dependent nitric oxide (NO) production in human umbilical endothelial cells

    Y Asano, K Naruse, M Sokabe

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   7   3866 - 3866   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CELL BIOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Cyclic stretch induced morphological change involves protein tyrosine phosphorylation in human umbilical endothelial cells.

    K Naruse, M Sokabe

    BIOPHYSICAL JOURNAL   70 ( 2 )   TU495 - TU495   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • SAチャネルは細胞の機械センサーか?

    曽我部正博, 成瀬恵治, 嶽本和久

    蛋白・核酸・酵素   41   2 - 13   1996年

     詳細を見る

  • 機械刺激

    成瀬恵治, 曽我部正博

    組織培養   22   22 - 29   1996年

     詳細を見る

  • PROTEIN-TYROSINE PHOSPHORYLATION IN ENDOTHELIAL-CELLS SUBJECTED TO CYCLIC MECHANICAL STRETCH

    K NARUSE, M SOKABE

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   6   2205 - 2205   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CELL BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • 血管内皮細胞の機械受容チャネルと細胞応答

    曽我部正博, 成瀬恵治, 山田恭子, 嶽本和久

    血管と内皮   4 ( 1 )   29 - 38   1994年

     詳細を見る

  • 機械刺激に対する内皮細胞のCa2+応答と形態応答

    曽我部正博, 成瀬恵治, 山田恭子, 井上真寿美, 浅野久木

    脈管学   34   989 - 994   1994年

     詳細を見る

  • 心・血管系の機械応答とSAチャネル

    成瀬恵治, 曽我部正博

    日本臨床   51 ( 7 )   193 - 200   1993年

     詳細を見る

  • 心血管系における伸展活性化チャネル

    曽我部正博, 成瀬恵治, 曽我浩之, 長谷川昇, 山守君子

    心臓   25 ( 2 )   211 - 214   1993年

  • GD3+ SENSITIVE [CA2+]I INCREASE BY STRETCH IN HUMAN ENDOTHELIAL-CELLS

    K NARUSE, M SOKABE

    FASEB JOURNAL   6 ( 1 )   A513 - A513   1992年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • 膜伸展によって活性化されるイオンチャネル

    曽我部正博, 成瀬恵治, 曽我浩之

    心臓   24 ( 3 )   333 - 343   1992年

  • 機械変形に応ずる膜チャネル

    曽我部正博, 野村一史, 成瀬恵治, 加藤隆司, 伊藤文雄

    動物生理   5   168 - 176   1988年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーと宇宙医学 招待

    成瀬恵治

    第67回日本宇宙航空環境医学会大会  2021年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月20日 - 2021年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Development of a human heart-on-a-chip model using induced pluripotent stem cells, fibroblasts and endothelial cells.

    Liu Y, Wang M, Liang Y, Naruse K, Takahashi K

    ESC Congress 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月27日 - 2021年8月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Roles of the TRPM4 channel in mitochondrial function, ROS generation, and calcium releasein myocardial ischemia–reperfusion injury

    Wang C, Chen J, Naruse K, Takahashi K

    第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月15日 - 2021年6月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of a model of human heart using organ-on-a-chip

    Takahashi K, Liu Y, Wang M, Liang Y, Naruse K

    第60回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月15日 - 2021年6月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Establishing an artificial heart model on a chip by using cardiomyocytes differentiated from human induced pluripotent stem cells

    王 夢雪, 劉 云, 成瀬 恵治, 高橋 賢

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回日本生理学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月28日 - 2021年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Kidney-on-a-chip model using human renal proximal tubular epithelial cells and human umbilical vein endothelial cells

    梁 茵, 王 夢雪, 成濑 惠治, 高橋 賢

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回日本生理学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月28日 - 2021年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Optimization of caidiac differentiation of human pluripotent stem cells

    劉 云, 王 夢雪, 成瀬 恵治, 高橋 賢

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回日本生理学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月28日 - 2021年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of NOX4-induced ROS on single cell mechanics in mouse ventricular cardiomyocytes

    貝原恵子, 成瀬恵治, 入部玄太郎

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回日本生理学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月28日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカノメディスン 基礎医学研究から不妊治療・再生医療への展開 招待

    成瀬恵治

    第20回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月11日 - 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • メカノメディスンで切り開く新医療技術 招待

    成瀬恵治

    第44回東京電機大学ME講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノメディスン

    成瀬恵治

    第59回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語  

    開催地:WEB開催および誌上発表  

    researchmap

  • 過重力及び微小重力実験用細胞培養チャンバーの開発

    多田千香、成瀬恵治、森松賢順

    第59回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催および誌上発表  

    researchmap

  • Development of microfluidic cell culture system in preparation for human organ on a chip

    Takahashi K,Wang M,Liu Y,Liang Y,Wang C,Naruse K

    第59回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催および誌上発表  

    researchmap

  • Involvement of myocardial acute stretch-induced ROS production in development of heart failure

    Kaihara K, Naruse K, Iribe G

    第59回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催および誌上発表  

    researchmap

  • High Hydrostatic Pressure induces Cardiomyocyte Contraction

    Yamaguchi Y, Nishiyama M, Kai H, Iribe G, Naruse K, Morimatsu M

    第59回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催および誌上発表  

    researchmap

  • Roles of the TRPM4 channel in mitochondrial function, ROS generation, and calcium releasein myocardial ischemia?reperfusion injury

    Wang C,Chen J,Naruse K,Takahashi K

    第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Role of TRPC channels on single cell mechanics in mouse cardiomyocyte

    Yamaguchi Y,Iribe G,Naruse K,Takai A

    第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of NADPH oxidase (NOX) 4 on single cell mechanics in mouse ventricular cardiomyocytes

    Kaihara K,Naruse K,Iribe G

    第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Chondrocyte dynamics under high hydrostatic pressure.

    Morimatsu M, Teramachi K, Nishiyama M, Naruse K

    64th Annual Meeting of the Biophysical Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月15日 - 2020年2月19日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego Convention Center  

    researchmap

  • Role of the TRPM4 channel in mitochondrial function, ROS generation, and calcium release in myocardial ischemia-reperfusion injury.

    Wang C, Chen J, Naruse K, Takahashi K

    2019 International Conference for Leading and Young Medical Scientists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月20日 - 2019年12月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Roles of the TRPM4 channel in mitochondrial function, ROS generation, and calcium release in myocardial ischemia?reperfusion injury.

    Wang C, Chen J, Naruse K, Takahashi K

    2019 International Conference for Leading and Young Medical Scientists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月20日 - 2019年12月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Direct observation of cell mechanics under the physiological high hydrostatic pressure condition

    Morimatsu M, Nishiyama M, Naruse K

    第42回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月3日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • マウス心筋の伸展誘発性活性酸素産生およびミトコンドリア過分極におけるパネキシンヘミチャネルの役割

    桂 大輔、入部玄太郎、貝原恵子、赤嶺透子、成瀬恵治

    第71回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーを駆使した医学研究・臨床応用

    成瀬恵治

    第38回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日 - 2019年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 心筋バイオメカニクス制御におけるプリン作動性シグナリングの役割

    赤嶺透子、入部玄太郎、貝原恵子、桂 大輔、成瀬恵治

    第42回日本生体医工学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーを駆使した医学研究・臨床応用

    成瀬恵治

    2019年次世代メディカルトーク 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Direct observation of cell mechanics under high hydrostatic pressure.

    Morimatsu M, Naruse K

    第57回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月24日 - 2019年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Direct observation of cell mechanics under high hydrostatic pressure.

    Morimatsu M, Naruse K

    第57回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月24日 - 2019年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高静水圧負荷による軟骨細胞の圧力受容応答メカニズムの解明

    寺町一希、森松賢順、藤田彩乃、西山雅洋、成瀬恵治

    生体医工学シンポジウム2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日 - 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Role of nucleotide signalling in mechano-sensitive responses of organelle and cellular mechanics. 招待

    Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    the 8th International Workshop on Cardiac Mechano-Electric Coupling and Arrhythmias 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月4日 - 2019年9月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 重力変化を含む力学的ストレスに対するメカノセンシング機構

    成瀬恵治

    新領域学術研究「宇宙に生きる」2019年度 第1回全体会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月22日 - 2019年8月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーを駆使した医学・医療への新展開

    成瀬恵治

    ものづくりライフイノベーションシンポジウム2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 生理的圧力下での細胞動態計測

    森松賢順、藤田彩乃、綾 晃記、寺町一希、西山雅祥、成瀬恵治

    第58回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月6日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 周期的伸展刺激と静水圧刺激に対するヒト歯根膜細胞の形態と配向の変化

    藤田彩乃、森松賢順、西山雅祥、高柴 正悟、 成瀬恵治

    第58回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月6日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノ医工学研究から医療応用へ

    成瀬恵治

    第58回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月6日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Mechanomedicine.

    Naruse K

    9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月28日 - 2019年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Role of pannexin hemichannel on stretch-induced mitochondrial hyperpolarization in cardiomyocytes.

    Katsura D, Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月28日 - 2019年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 重力変化を含む力学的ストレスに対するメカノセンシング機構

    成瀬恵治

    新領域学術研究「宇宙に生きる」2018年度 第2回全体会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月16日 - 2019年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cell Mechanosensing.

    Naruse K

    International Symposiumu on LIVING iIN SPACE 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • TRPV2 is crucial for the development of intercalated disks in mouse hearts.

    katanosaka Y, Shibuya M, Ujihara Y, Mohri S, Naruse K

    63rd Annual Meeting of the Biophysical Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月2日 - 2019年3月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 臨床ペプチドゲル研究会について

    成瀬恵治

    第8回臨床ペプチドゲル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月13日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノメディスン:基礎医学研究から不妊治療・再生医療への展開のアップデート

    成瀬恵治

    日本生物物理学会北海道支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーを駆使した医学研究・臨床応用

    成瀬恵治

    第24期 第7回 日本学術会議総合工学委員会・機械工学委員会合同計算科学シミュレーションと工学設計分科会心と脳など新しい領域検討小委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月18日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Direct observation of chondrocytes under high hydrostatic pressure.

    Morimatsu M, Fujita A, Nishiyama M, Naruse K

    ASCB 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日 - 2018年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • Mechanical stress modulates the homeostasis of periodontal ligament.

    Fujita A, Morimatsu M, Nishiyama M, Takashiba S, Naruse K

    ASCB 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日 - 2018年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • シェアストレスによる血管内皮細胞の負荷応答の解析

    稲葉晃帆、成瀬恵治、森松賢順、藤田彩乃、西山雅祥

    第59回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月26日 - 2018年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 生理的高圧下でのリアルタイム細胞動態計測

    森松賢順、藤田彩乃、綾 晃記、寺町一希、稲葉晃帆、成瀬恵治、西山雅祥

    第59回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月26日 - 2018年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 歯根膜細胞における機械刺激による恒常性への影響

    藤田彩乃、森松賢順、西山雅祥、高柴正悟、成瀬恵治

    第59回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月26日 - 2018年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 静水圧負荷による軟骨細胞のシグナル伝達機構の解明

    寺町一希、成瀬恵治、森松賢順、藤田彩乃、西山雅祥

    第59回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月26日 - 2018年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 静水圧負荷による軟骨細胞の圧力受容応答メカニズムの解明

    寺町一希、森松賢順、藤田彩乃、西山雅祥、成瀬恵治

    第41回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松江市  

    researchmap

  • Mechanical stress modulates the homeostasis of periodontal ligament.

    Fujita A, Morimatsu M, Nishiyama M, Takashiba S, Naruse K

    第70回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛  

    researchmap

  • 伸展誘発性活性酸素が心筋カルシウムハンドリングに及ぼす影響

    甲斐 寛彬、入部玄太郎、貝原恵子、山口陽平、成瀬恵治

    第41回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松江市  

    researchmap

  • 基礎研究の事業化戦略

    成瀬恵治

    第115回岡山県医用工学研究会 平成30年度第2回セミナー・交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • Mechanomedicine.

    Naruse K

    Mechanobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kotor Montenegro  

    researchmap

  • 生細胞の細胞膜上での機械刺激受容チャンネルTRPV4の動態の解析

    堀池由朗、田中瑞奈、加藤信靖、成瀬恵治、曽我部正博、小林 剛

    日本宇宙生物科学会第32回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月22日 - 2018年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • Mechanomedicine and Piezobiology.

    Naruse K

    The 10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月18日 - 2018年9月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Shizuoka  

    researchmap

  • 高静水圧下におけるマウス心筋細胞への影響

    Yamaguchi Y, Nishiyama M, Kai H, Iribe G, Naruse K

    第56回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月15日 - 2018年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • iPS 細胞の心筋分化誘導における血管内皮細胞の影響

    Tada C, Takahashi K, Morimatsu M, Naruse K

    第56回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月15日 - 2018年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 心筋細胞メカニクスにNADPH オキシダーゼ4 が及ぼす影響

    Kaihara K, Iribe G, Kai H, Naruse K

    第56回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月15日 - 2018年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Self assembling pepited gel as a scaffold and a hemostatic agent. 招待

    Naruse K

    2nd World Congress on Pharmaceutics and Chemical Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月23日 - 2018年7月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Italy  

    researchmap

  • 高圧下での細胞動態イメージング

    森松賢順、藤田彩乃、綾 晃記、西山雅祥、成瀬恵治

    第57回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 歯根膜細胞における機械刺激による恒常性への影響

    藤田彩乃、森松賢順、西山雅祥、高柴正悟、成瀬恵治

    第57回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 重力変化を含む力学的ストレスに対するメカノセンシング機構

    成瀬恵治

    新領域学術研究「宇宙に生きる」2018年度 第1回全体会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月21日 - 2018年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • メカノメディスン

    成瀬恵治

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 高静水圧下におけるマウス心筋細胞への影響

    山口陽平、西山雅祥、甲斐寛彬、入部玄太郎、成瀬恵治、森松賢順

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松  

    researchmap

  • 伸展誘発性活性酸素が心筋カルシウムハンドリングに及ぼす影響

    甲斐寛彬、入部玄太郎、貝原恵子、山口陽平、成瀬恵治

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松  

    researchmap

  • ヒトiPS細胞 を用いた虚血性心疾患モデルの構築

    魏 恒、王 晨、高橋 賢、成瀬恵治

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松  

    researchmap

  • 伸展誘発性活酸素が心筋細胞メカニクスに及ぼす影響

    貝原恵子、入部玄太郎、早間洋平、甲斐寛彬、成瀬恵治

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松  

    researchmap

  • RPM4 channel is involved in cellular damage caused by simulated ischemia-reperfusion injury: study of human iPSC-derived cardiomyocytes

    王 晨、魏 恒、成瀬惠治、高橋 賢

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松  

    researchmap

  • 歯根膜細胞における機械刺激よ恒常性への影響

    藤田彩乃、森松賢順、西山雅祥、高柴正悟、成瀬恵治

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松  

    researchmap

  • 心筋分化誘導に対する細胞培養の次元の影響

    多田千香、高橋 賢、成瀬恵治

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノ医工学を駆使した再生医療・生殖医療への展開

    成瀬恵治

    第17回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月21日 - 2018年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • TRPV2 is crucial for the development of excitation-contaraction coupling in neonatal structural cardiomyocytes.

    Katanosaka Y, Ujihara Y, Chiba Y, Mohri S, Naruse K

    Biophysical Society 62st Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月17日 - 2018年2月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • The role of NCX1 on the maintenance of T-tubule arcitecture in pressure-overloaded hearts.

    Ujihara Y, Takatsu S, Naruse K, Mohri S, Katanosaka Y

    Biophysical Society 62st Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月17日 - 2018年2月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • Eeffects of mechanical stress on periodontal ligament.

    Fujita A, Morimatsu M, Nishiyama M, Takashiba S, Naruse K

    Biophysical Society 62st Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月17日 - 2018年2月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • Rotational microscope visualizes cell mechanics under high gravity condition.

    Morimatsu M, Naruse K

    Biophysical Society 62st Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月17日 - 2018年2月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • 臨床ペプチドゲル研究会について

    成瀬恵治

    第7回臨床ペプチドゲル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • TRPV2 promotes the structural and functional maturation of cardiomyocytes.

    Katanosaka Y, Ujihara Y, Chiba Y, Mohri S, Naruse K

    The 3rd International Symposium on Mechanobiology (ISMB 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月11日 - 2017年12月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

    researchmap

  • 重力変化を含む力学的ストレスに対するメカノセンシング機構

    成瀬恵治

    2017年度 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月6日 - 2017年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • Direct observation of cell mechanics under high hydrostatic pressure.

    Morimatsu M, Aya K, Fujita A, Nishiyama M, Naruse K

    ASCB2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月2日 - 2017年12月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Philadelphia, USA  

    researchmap

  • Effects of Mechanical Stress on Remodeling of Periodontal Ligament.

    Fujita A, Morimatsu M, Nishiyama M, Takashiba S, Naruse K

    ASCB2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月2日 - 2017年12月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Philadelphia, USA  

    researchmap

  • Mechanomedicine. 招待

    Naruse K

    2017 annual meeting of the Australian Society for Biophysics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月27日 - 2017年11月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sydney  

    researchmap

  • Mechanomedicine: Mechanobiology and Its Implications for the Field of Regenerative Rehabilitation. 招待

    Naruse K

    6th Annual International Symposium on Regenerative Rehabilitation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月1日 - 2017年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Pennsylvania, USA  

    researchmap

  • ヒトiPS細胞を用いた虚血性心疾患モデルの構築

    魏 恒、王 晨、高橋 賢、成瀬恵治

    第69回日本生理学中国・四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月28日 - 2017年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノ医?学を駆使した再?医療・?殖医療への展開 招待

    成瀬恵治

    第40回日本生体医工学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • メカノメディスンで切り拓く近未来医療 招待

    成瀬恵治

    AGCテクノグラス株式会社 学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • メカノメディスンで切り拓く近未来医療

    成瀬恵治

    第8回未来健康共生社会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Effects of Mechanical Stress on Remodeling of Periodontal Ligament

    藤田彩乃、森松賢順、西山雅祥、高柴正悟、成瀬 恵治

    第55回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月19日 - 2017年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノ医工学を駆使した再生医療・生殖医療への展開 招待

    成瀬恵治

    第59回日本平滑筋学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月23日 - 2017年8月25日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • メカノメディスンで切り拓く近未来医療 招待

    成瀬恵治

    人間医工学領域の講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月2日 - 2017年8月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • ヒト精子の螺旋運動軌跡と流路直径との関係

    仁科咲織、松浦宏治、成瀬恵治

    日本生物物理学会 第9回 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月20日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛  

    researchmap

  • マウス着床前胚の化学的および物理的刺激における網羅的遺伝子発現解析

    浅野友香、松浦宏治、成瀬恵治

    日本生物物理学会 第9回 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月20日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛  

    researchmap

  • メカノメディスン-メカノバイオロジーを機軸とした基礎研究・臨床応用・企業化への戦略- 招待

    成瀬恵治

    第56回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月3日 - 2017年5月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • メカノ医工学を駆使した再生医療・生殖医療への展開

    高橋 賢、王 英正、入部玄太郎、松浦宏治、成瀬恵治

    第56回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月3日 - 2017年5月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • Optimization of manufacturing method of planar patch clamp electrode.

    Masuda S, Takahashi K, Naruse K

    第94回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月28日 - 2017年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:浜松  

    researchmap

  • Stretch-induced increase in reactive oxygen species production in dilated cardiomyopathy.

    Kaihara K, Iribe G, Naruse K

    第94回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月28日 - 2017年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:浜松  

    researchmap

  • Effect of NCX1 on the mislocalization of junctophilin-2 in failing heart induced by pressure-overload.

    Ujihara Y, Hashimoto K, Naruse K, Mohri S, Katanosaka Y

    第94回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月28日 - 2017年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:浜松  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーを駆使した医学研究・臨床応用

    成瀬恵治

    第25回バイオフィジオロジー研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月17日 - 2017年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • メカノメディスンへの新展開

    森松賢順、成瀬恵治

    第2回メカノバイオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月14日 - 2017年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • TRPV2 is critical for the structural and functional maturation of cardiomyocytes.

    Katanosaka Y, Ujihara Y, Chiba Y, Mohri S, Naruse K

    Biophysical Society 61st Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月11日 - 2017年2月15日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • Imaging of cell mechanics under high gravity by rotational microscope.

    Morimatsu M, Takahashi K, Fujita A, Naruse K

    Biophysical Society 61st Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月11日 - 2017年2月15日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノ医工学を駆使した再生医療・生殖医療への展開 招待

    成瀬恵治

    再生増殖制御学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • High hydrostatic pressure induces cytoskeletal organization and sigmal transduction.

    Morimatsu M, Fujita A, Takahashi K, Naruse K

    ASCB2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月3日 - 2016年12月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:USA  

    researchmap

  • メカノ再生医療・生殖医療

    成瀬恵治

    第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月30日 - 2016年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜市  

    researchmap

  • 模擬微小重力環境においた間葉系幹細胞のYAP/TAZの活性化抑制

    小林 剛、橋爪藤子、田中瑞奈、丸山昭洋、東端 晃、矢野幸子、成瀬恵治、二川 健、曽我部正博

    第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月30日 - 2016年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノトランスダクション研究とその臨床応用 招待

    成瀬恵治

    自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンターセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県岡崎市  

    researchmap

  • 自己集合性ペプチドゲルの医学・医療応用

    成瀬恵治

    第25回ポリマー材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • 微小重力環境における間葉系幹細胞の YAP/TAZの活性化抑制機構

    小林 剛、橋爪藤子、田中瑞奈、丸山昭洋、東端 晃、矢野幸子、成瀬恵治、二川 建、曽我部正博

    第62回日本宇宙航空環境医学会大会・日本宇宙生物科学会第30回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知県  

    researchmap

  • High hydrostatic pressure induces signal transduction of MAPK pathway.

    Morimatsu M, Fujita A, Takahashi K, Naruse K

    Biophysical Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月27日 - 2016年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

    researchmap

  • TRPC3 participates in the angiotensin II type 1 receptor-dependent slow force response to stretch in mouse cardiomyocytes.

    Yamaguchi Y, Iribe G, Naruse K

    7th?International Workshop on?Cardiac Mechano-Electric Coupling and Arrhythmias 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日 - 2016年9月24日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:ドイツ  

    researchmap

  • 機械刺激による歯根膜線維芽細胞への影響

    藤田綾乃、森松賢順、高橋 賢、高柴正悟、成瀬恵治

    生体医工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月17日 - 2016年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:旭川市  

    researchmap

  • TRPC3 participates in the angiotensin II type 1 receptor-dependent slow force response to stretch in mouse cardiomyocytes.

    Yamaguchi Y, Iribe G, Kaneko T, Takahashi K, Numaga-Tomita T, Nishida M, Birnbaumer L, Naruse K

    45th European Muscle Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月2日 - 2016年9月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:France  

    researchmap

  • 心筋細胞におけるTRPC3チャネルを介した伸展誘発遅発性カルシウム応答の制 御機構

    山口陽平,入部玄太郎,成瀬恵治

    第 11 回 TRPs and SOCs 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月2日 - 2016年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Comprehensive analyses of gene expression patterns in early mouse early embryos experiencing chemical and mechanical stimuli.

    Asano Y, Matsuura K, Naruse N

    Mechanobiology of Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

    researchmap

  • 統合生理学的手法によるTRPC3の細胞内局在部位解析への新規アプローチ

    山口陽平、入部玄太郎、成瀬恵治

    第55回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月26日 - 2016年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカノメディスン

    成瀬恵治

    日本薬理学会第136年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月26日 - 2016年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • The role of NCX1 in T-tubule remodeling during progression of heart failure induced by pressure overload.

    Ujihara Y, Hashimoto K, Naruse K, Mohri S, Katanosaka Y

    The 93nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月22日 - 2016年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Role of respiratory chain complexes in myocardial stretch-induced increase in reactive oxygen species.

    Kaihara K, Naruse K, Iribe G

    The 93nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月22日 - 2016年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • TRPC3 contributes to a slow force response to stretch on mice cardiomyocytes.

    山口陽平、入部玄太郎、成瀬恵治

    The 93nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月22日 - 2016年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanomedicine.

    Naruse K

    The 93nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月22日 - 2016年3月24日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • TRPV2 is critical for the structural and functional maturation of cardiomyocytes.

    Katanosaka Y, Ujihara S, Naruse K

    2015 cell biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月12日 - 2015年12月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Role of TRPC3 in a slow force response to stretch on mice cardimyocytes.

    Yamaguchi Y, Iribe G, Naruse K

    8th FAOPS Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月22日 - 2015年11月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新生児培養心筋細胞の介在板形成と筋成熟化におけるTRPV2の役割

    氏原嘉洋、毛利 聡、成瀬恵治、片野坂友紀

    第67回 日本生理学会 中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月24日 - 2015年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 統合生理学的手法によるマウス心筋細胞T R P C 3 チャネルの局在部位推定

    山口陽平、入部玄太郎、成瀬恵治

    第67回 日本生理学会 中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月24日 - 2015年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Microfluidic device for recovering cells without centrifugation

    Matsuura K, Nishina S, Naruse K

    第53回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月13日 - 2015年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A search for scaffold condition suitable for inducing cardiac differentiation of induced pluripotent stem cells.

    Matsuda Y, Sakai N, Takahashi K, Naruse K

    37th annual international conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月25日 - 2015年8月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of a fluidic gripper for isolated cardiomyocytes.

    Yamaguchi Y, Wakimoto S, Iribe G, Naruse K

    37th annual international conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月25日 - 2015年8月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Influence of stretch on transmural gradient in mechanical properties of single ventricular cardiomyocytes.

    Khokhlova A, Iribe G, Solovyova O, Naruse K, Markhasin V

    Physiology 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月6日 - 2015年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Contractile function of reconstituted cardiac tissue is facilitated by mechanical stretch.

    Sakai N, Takahashi K, Naruse K

    The 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月21日 - 2015年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Role of TRPC3/TRPC6 activated by angiotensin II type 1 receptor in the slow force response to sustained stretch in mouse ventricular myocytes.

    Yamaguchi Y, Kaneko T, Naruse K, Iribe G

    The 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月21日 - 2015年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Planar patch clamp system capable of recording mechanosensitive responses of ion channels.

    Takahashi K, Naruse K

    Biophysical Society 59th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月7日 - 2015年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 成体一次感覚ニューロンに発現するTRPV2の機械痛覚における役割

    片野坂公明,高津理美,水村和枝, 成瀬恵治, 片野坂友紀

    生理学研究所 研究会「痛みと痛覚情動連関の神経機構」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月10日 - 2014年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Porcine and human sperm motility analyses using paper-based diagnostic devices.

    Matsuura K, Li WQ, Chen KH, Asano Y, Naruse K, Cheng CM

    IEEE-NANOMED 2014  2014年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月9日 - 2014年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Taiwan  

    researchmap

  • 心筋メカニクスとカルシウム動態の力学的負荷依存性のシミュレーション解析

    入部玄太郎、成瀬恵治

    第66回 日本生理学会 中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月1日 - 2014年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウス桑実胚および胚盤胞のせん断応力に対する細胞変化観察

    浅野友香、松浦宏治、成瀬恵治

    第66回 日本生理学会 中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月1日 - 2014年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cation influx via TRPC3 and TRPC6 plays a central role in the slowly increasing force during sustained stretch.

    Yamaguchi Y, Kaneko T, Naruse K, Iribe G

    43rd European Muscle Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月10日 - 2014年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stretch Sensitive Mechanotransduction in the Respiratory System.

    Naruse K

    7th World Congress of Biomechanics  2014年7月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月6日 - 2014年7月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Boston  

    researchmap

  • Conformational changes of ion channels in response to bilayer stretch ? A coarse grained molecular dynamics simulation study.

    Takahashi K, Naruse K, Sokabe M

    International Symposium on Mechanobiology  2014年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • The Neutral Self-Assembling Peptide Hydrogel SPG-178 as a Topical Hemostatic Agent: Comparison with RADA16.

    Komatsu S, Nagai Y, Naruse K, Kimata Y

    International Symposium on Mechanobiology  2014年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • Physiological implications of mechanosensitive response in cardiomyocyte organelles.

    Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    International Symposium on Mechanobiology  2014年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • L-type calcium channel modulates mechanosensitive response of rat cardiomyocytes.

    Takahashi K, Naruse K, Sokabe M

    International Symposium on Mechanobiology  2014年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • Dynamic Embryo Culture Systems for Assisted Reproductive Technologies.

    Matsuura K, Naruse K

    International Symposium on Mechanobiology  2014年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • Mechanical stress-induced Ca2+ signaling in live intact bone.

    Ishihara Y, Naruse K,他4名

    International Symposium on Mechanobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Activation of TRPC3 and TRPC6 initiated by AT1 receptor regulates the slow force response in mouse ventricular myocytes.

    Yamaguchi Y, Kaneko T, Naruse K, Iribe G

    International Symposium on Mechanobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Different responses of mouse blastocyst and morula to mechanical stimuli.

    Asano Y, Matsuura K, Naruse K

    International Symposium on Mechanobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月20日 - 2014年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Different responses of mouse blastocyst and morula to mechanical stimuli.

    浅野友香、松浦宏治、成瀬恵治

    第6回 日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月17日 - 2014年5月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 傾斜培養がマウス着床前体外受精胚の発育に及ぼす影響

    浅野友香、松浦宏治、成瀬恵治

    第6回 日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月17日 - 2014年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Serendipity in my life.

    Naruse K

    Medical English Speaking Society Conference  2014年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • Stretch-induced responses of human umbilical vein endothelial cells.

    Naruse K

    第91回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月16日 - 2014年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 9-Phenanthrol, a TRPM4 lnhibitor, protects rat hearts from ischemia-reperfusion injury.

    Takahashi K, Piao H, Wang J, Naruse K

    第91回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月16日 - 2014年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Involvement of TRPC in the slow force response observed in mouse ventricular myocytes.

    Yamaguchi Y, Kaneko T, Naruse K, Iribe G

    Biophysical Society 58th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月15日 - 2014年2月19日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 臨床ペプチドゲル研究会について

    成瀬恵治

    第3回臨床ペプチドゲル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Development of a three dimensional cell culture system under mechanical stimulation with a self-assembling peptide hydrogel.

    Nagai Y, Tokuyama E, Kaihara K, Naruse K

    52th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月14日 - 2013年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウス初期胚内細胞のメカニカルストレス応答解析のためのマイクロ流体システム

    浅野友香、松浦宏治、成瀬恵治

    化学とマイクロ・ナノシステム学会第28回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月5日 - 2013年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 止血分科会について 招待

    成瀬恵治

    臨床ペプチドゲル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ストレッチ刺激が3 次元全層培養皮膚に及ぼす影響の解析

    徳山英二郎、永井祐介、高橋 賢、成瀬恵治

    第22回日本形成外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月7日 - 2013年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 伸展刺激誘発生カルシウムスパーク増加におけるミトコンドリアの役割

    貝原恵子、成瀬恵治、入部玄太郎

    第65回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日 - 2013年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単離心筋細胞への高伸展刺激時における負荷依存性

    金子智之、成瀬恵治、入部玄太郎

    第65回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日 - 2013年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T管膜構造維持におけるNa+/Ca2+交換体の役割

    氏原嘉洋、岩崎慶一朗、高津理美、西辻光希、橋本 謙、成瀬恵治、毛利 聡、片野坂友紀

    第65回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日 - 2013年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心筋細胞のSlow force responseにおけるTRPCチャネル関与の可能性

    山口陽平、金子智之、成瀬恵治、入部玄太郎

    第65回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日 - 2013年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TRPM4チャネル阻害薬9-Phenanthrolはラット心臓を虚血再灌流障害から保護する

    朴 虎林、王 静、高橋 賢、成瀬恵治

    第65回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日 - 2013年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウス胚盤胞と桑実胚間での異なるメカニカルストレス応答

    Asano Y, Matsuura K, Naruse K

    第51回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月28日 - 2013年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mitochondrial reactive oxygen species (ROS) production causes stretch-induced increase in calcium spark rate.

    Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    Venice Arrhythmias 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月27日 - 2013年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 哺乳類の卵管蠕動観察とその運動を模倣したマイクロデバイスの開発

    松浦宏治、浅野友香、成瀬恵治

    第55回・日本平滑筋学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月6日 - 2013年8月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカノメディスン:基礎医学から不妊治療・再生医療への展開」 招待

    成瀬恵治

    理化学研究所 細胞システムコロキウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 生きた骨組織中で起こる細胞応答のイメージング

    石原嘉人、菅原康代、 上岡 寛、成瀬 恵治、山城 隆

    第33回日本骨形態計測学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月4日 - 2013年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Fabrication of a simple and compact patch clamp system for high-throughput recording

    Takahashi K, Fukasawa T, Kuniyasu K, Naruse K

    The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Developing a small, inexpensive planar patch-clamp device

    Kuniyasu K, Fukasawa T, Takahashi K, Naruse K

    The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Fabrication of a simple and compact patch clamp system for high-throughput recording

    Takahashi K, Fukasawa T, Kuniyasu K, Naruse K

    The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Improvement in carbon fibert technique for cardiomyocyte mechanics and mechano-electric coupling study

    Iribe G, Kaneko T, Yamaguchi Y, Kaihara K, Naruse K

    The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Developing a small, inexpensive planar patch-clamp device.

    Kuniyasu K, Fukasawa T, Takahashi K, Naruse K

    The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心疾患小委員会企画案(埋込型ユーロモデュレーションシステム開発) 招待

    成瀬恵治

    新たな視点を踏まえた医療機器・システム開発の方向性についてのワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • TRPM4阻害薬9-phenanthrolはラット摘出心臓の虚血再灌流障害を抑制する 招待

    高橋 賢、朴 虎林、成瀬恵治

    平成25年度生理学研究所 研究会「TRPチャネル研究を通じて見えてきた新たな生理学への光」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日 - 2013年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 小型・安価な平面パッチクランプ装置の開発

    國安 築、高橋 賢、成瀬恵治

    第5回日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日 - 2013年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イオン感応型電界効果トランジスタを用いたマイクロ流路内のバイオフィルム検出

    松浦宏治、浅野友香、山田 章、成瀬恵治

    第5回日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日 - 2013年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 伸展刺激誘発性カルシウムスパーク増加におけるミトコンドリアの役割

    入部玄太郎、貝原恵子、成瀬恵治

    第5回日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日 - 2013年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 持続伸展刺激による単離心筋細胞のカルシウム流入機構への機械感受性AT1受容体の関与

    山口陽平、金子智之、成瀬恵治、入部玄太郎

    第5回日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日 - 2013年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 膜タンパクはいかにして力に応じるか??粗視化分子動力学シミュレーション研究

    高橋 賢、猿渡和也、戸田憲作、成瀬恵治

    第5回日本生物物理学会 中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日 - 2013年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanomedicine: Applications of mechanobiology to regenerative and reproductive medicine. 招待

    Naruse K

    The 7th International Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月10日 - 2013年4月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノバイオロジーが生み出すメカノ再生医療の明日 招待

    成瀬恵治

    第12回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月21日 - 2013年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Role of mitochondria on stretch-induced increase in calcium spark rate.

    Kaihara K, Naruse K, Iribe G

    第91回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月16日 - 2013年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 9-Phenanthrol, a TRPM4 Inhibitor, protects rat hearts from ischemia-reperfusion injury.

    Takahashi K, Paio H, Wang J, Naruse K

    第91回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月16日 - 2013年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Possible role of mitochondria on stretch-induced increase in calcium spark rate

    Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    Gordon Research Conferences in 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月17日 - 2013年2月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 小型・安価な平面パッチクランプ装置の開発

    國安 築、深澤太郎、高橋 賢、成瀬恵治

    第35回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロナノテクノロジーを駆使したメカノメディスン:基礎医学研究・不妊治療・再生医療への応用 招待

    成瀬恵治

    法政大学マイクロ・ナノテクノロジー研究センター 開設10周年記念シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノバイオロジーの基礎研究から臨床応用・企業化へ 招待

    成瀬恵治

    レオロジー討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノバイオロジーの基礎研究から臨床応用・企業化へ

    成瀬恵治

    第60 回レオロジー討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月26日 - 2012年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Simultaneous investigation of intracellular calcium concentration and mechanical stimuli to mouse blastocysts

    Matsuura K, Asano Y, Sugimoto I, Kodama M, Naruse K

    50回日本生物物理学会第年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月22日 - 2012年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Rac1 recruitment to the archipelago structure of focal adhesion through the fluid membrane as revealed by single-molecule analysis

    Shibata A, Limin C, Nagai R, Ishidate F, Miwa Y, Naruse K, Fujiwara T, Kusumi A

    50回日本生物物理学会第年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月22日 - 2012年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of a Three Dimensional Cell Culture System under Mechanical Stimulation with a Self-Assembling Peptide Scaffold

    Nagai Y, Tokuyama E, Yokoi H, Naruse K

    The 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月28日 - 2012年9月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 心筋細胞の機械感受性におけるTRPCチャネル関与の可能性 招待

    高橋賢、藤井正吾、服部真理、大森莱令、王静、成瀬恵治、曽我部正博

    第8回TRPチャネル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月14日 - 2012年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • A novel cardiomyocyte stretch system for single cell mechanics study under physiological loading condition

    Kaneko T, Kaihara K, Naruse K, Iribe G

    World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月26日 - 2012年5月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーの医療応用メカノトランスダクション研究と臨床応用

    成瀬恵治

    社団法人日本補綴歯科学会 第121回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月25日 - 2012年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 伸展可能な樹脂製平面パッチクランプ電極の作製と評価

    深澤太郎、高橋賢、成瀬恵治

    第51回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月10日 - 2012年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • L-type voltage gated calcium channel is involved with the mechanosensitivity of the rat heart

    Takahashi K, Fujii S, Hattori M, Omori M, Naruse K, Sokabe M

    第89回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2013年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Reproductive mechanomedicine: Applications to infertility treatment.

    Naruse K

    第89回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Fabrication and characterization of planar patch clamp electrode of stretchable resin.

    Fukasawa T, Takahashi K, Naruse K

    第89回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of axial stretch on calcium handling in sarcoplasmic reticulum and mitochondria in isolated ventricular myocytes.

    Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    第89回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of combination of dihydropyridine L-type calcium channel blocker and angiotensin II receptor blocker on single cardiomyocyte contractility.

    Kaihara K, Iribe G, Naruse K

    第89回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Molecular basis for mechanosensitivity of ion channels — coarse grained molecular dynamics simulation study

    Takahashi K, Toda K, Saruwatari K, Yokoyama T, Naruse K, Sokabe M

    第89回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Conformational change of membrane proteins in response to membrane tension — a coarse grained molecular dynamics simulation study. 招待

    Takahashi K, Toda K, Saruwatari K, Yokoyama T, Naruse K, Sokabe M

    BIT's 5th Annual Protein and Peptide Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Effects of TRPM4 inhibitor 9-phenanthrol on stretch-induced increase in calcium spark rate in isolated mouse ventricular myocytes.

    Iribe G, Kaihara K, Naruse K

    The 1st HD Physiology International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月20日 - 2012年1月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Comparison between static and dynamic culture results using a novel air actuation system.

    Matsuura K, Li J, Kuroda Y, Watanabe K, Kodama M, Funahashi H, Naruse K

    38th Annual Conference of the IETS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月7日 - 2012年1月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカニカルストレス

    成瀬恵治

    2011医療系融合・発展に向けてのブレインストーミング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月19日 - 2011年11月20日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:直島  

    researchmap

  • Development of Observation System to Investigate both Intracellular Calcium Concentration and Mechanical Stimuli to Mammalian Embryos.

    Matsuura K, Watanabe K, Kodama M, Kuroda Y, Naruse K

    MHS2011&Micro-Nano Global COE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月6日 - 2011年11月9日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Nagoya  

    researchmap

  • Effects of axial stretch on calcium handling in sarcoplasmic reticulum and mitochondria in cardiac myocytes

    Iribe G, Naruse K

    International Symposium on Mechanobiology (The Fifth Shanghai International Conference on Biophysics and Molecular biology) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月4日 - 2011年11月8日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Shanghai-Hangzhou, China  

    researchmap

  • 心不全発症と重篤化へおけるNa+/Ca2+交換体の役割

    岩崎慶一朗、毛利 聡、高津理美、氏原嘉洋、橋本 謙、成瀬恵治、片野坂友紀

    第63回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月22日 - 2011年10月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 単離心筋細胞への高伸展刺激負荷のための新たな細胞保持系の確立

    金子智之、入部玄太郎、貝原恵子、成瀬恵治

    第34回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月22日 - 2011年10月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 卵管の蠕動を模したマイクロ流路とその流れ

    松浦宏治、渡辺向陽、杉本育代、兒玉美恵子、成瀬恵治

    第34回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月22日 - 2011年10月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 生殖メカノバイオロジー:不妊治療への応用

    成瀬恵治

    第49回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月16日 - 2011年9月18日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:兵庫  

    researchmap

  • Effects of azelnidipine on single cardiomyocyte mechanics.

    Iribe G, Kaihara K, Ito H, Naruse K

    ESC Congress 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月27日 - 2011年8月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:フランス  

    researchmap

  • メカノメディスン研究から医療機器開発へ 招待

    成瀬恵治

    第八回先端医療ヘルスケア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県  

    researchmap

  • Role of SAKCa channels in stretch-induced extrasystoles

    Iribe G, Naruse K

    8th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月31日 - 2011年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Nagoya  

    researchmap

  • マクロ流体システムを利用した生殖工学分野におけるメカノメディスン

    松浦宏治、成瀬恵治

    第50回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月29日 - 2011年5月1日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • シミュレーションを用いた心臓機械電気相互作用の統合生理学的研究

    入部玄太郎、成瀬恵治

    第88回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月28日 - 2011年3月30日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 軟骨前駆細胞における伸張負荷の影響(The effect of stretch on chondrogenic cells.)

    松原浩之、小嶋俊久、平野裕司、成瀬恵治、石黒直樹

    第24回日本軟骨代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月4日 - 2011年3月5日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • メカノメディスン:メカノバイオロジーの医療応用

    成瀬恵治

    第1回 グローバルCOEプログラム 若手研究者融合合宿 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月19日 - 2011年1月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神奈川県  

    researchmap

  • メカノバイオロジーのためのいろいろなマニュピレーション 招待

    成瀬恵治

    第5回NIBBバイオイメージングフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月11日 - 2011年1月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎  

    researchmap

  • Mechanosensitive ion channels in a rat cardiomyocyte cell line H9c2

    Takahashi K, Hattori M, Fujii S, Naruse K

    第62回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月20日 - 2010年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心室筋細胞の収縮性に対するアゼルニジピンの影響

    貝原恵子、入部玄太郎、成瀬恵治

    第62回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月20日 - 2010年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 米国Neurosky社の脳波検出チップと、その応用例の紹介 招待

    成瀬恵治

    医療・福祉RT研究会セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Automatic measurement system for biological applications based on pH using ISFET sensor probe 招待

    Yamada A, Mohri S, Nakamura M, Naruse K

    MHS2010&Micro-Nano Global COE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月7日 - 2010年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Application of Mechanical Stimuli using a Microfluidic Air Actuating System to Cultured Mammalian Embryos 招待

    Li JC, Matsuura K, Kuroda Y, Funahashi H, Naruse K

    MHS2010&Micro-Nano Global COE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月7日 - 2010年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノメディスン

    成瀬恵治

    第37回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月1日 - 2010年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 細胞の刺激応答解析:装置開発から測定まで

    山田 章、毛利 聡、中村通宏、成瀬恵治

    日本生体医工学会専門別研究会 バイオメカニクス研究会 第137回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メカノメディスン

    成瀬恵治

    新学術領域研究シンポジウム「ナノメディスン」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 統合生理現象から解析する機械受容チャネルの伸展感受性特性

    入部玄太郎、成瀬恵治

    第25回生体・生理工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月23日 - 2010年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 細胞の刺激応答解析手法の開発

    山田 章、片野坂友紀、毛利 聡、成瀬恵治

    第25回生体・生理工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月23日 - 2010年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Single-molecule recruitment tracking of a small G protein Rac1 to forming focal adhesion

    Akihiro C. E. Shibata, Rie Nagai, Tsuyako Tatematsu, Keiji Naruse, and Akihiro Kusumi

    第48回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月20日 - 2010年9月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Major developments in the past 3 years at 'JP3'

    Naruse K

    BBSRC Japan Partnering Programme 2007-2011 --Cardiac Electro-Mechanical Function: Cell-Oran Cross-Talk Revealed via Integration of Experiments and Models 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月6日 - 2010年9月7日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Cardiac stretch activated potassium channels

    Naruse K

    5th International Workshop --Cardiac Mechano-Electric Coupling and Arrhythmias 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月1日 - 2010年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Integrative study of stretch-activated channels in stretch-induced arrhythmia.

    Iribe G, Naruse K

    The Fourth Shanghai Internaitonal Conference on Biophysics and Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月8日 - 2010年8月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanically Active Cell Culture System

    Naruse K

    6th World Congress on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月1日 - 2010年8月6日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • メカニカルストレス負荷受精卵培養システム 招待

    成瀬恵治

    ART FORUM 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • A novel tilting embryo culture system (TECS) improves human blastocyst quality clinically.

    Hara T, Naruse K, Matsuura K, Kodama T, Sato K, Tateaki Y, Tanaka J

    European Society of Human Reproduction & Embryology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月27日 - 2010年7月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Integrative modeling study of stretch-induced arrhythmia

    入部玄太郎、成瀬恵治

    第49回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月25日 - 2010年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Automatic pH measurement system for biological applications using 96-well microplate

    山田 章、毛利 聡、中村通宏、成瀬恵治

    第49回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月25日 - 2010年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • TEM observation of human sperm vacuole and elemental analysis

    松浦宏治、橋本英樹、古谷満寿美、黒田ユカ、成瀬恵治、高田 潤

    第49回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月25日 - 2010年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 卵管環境再現を目標とした受精卵培養システムとその効果

    松浦宏治、黒田ユカ、李井春、舟橋弘晃、成瀬恵治

    第2回日本生物物理学会 中国四国支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月8日 - 2010年5月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベプリジルの機械受容チャネル(SAKCA)に対する作用と機械刺激誘発性不整脈に対する効果 招待

    成瀬恵治

    ベプリジル研究会2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Stretch-sensityivity of stretch-activated bkca channels in post-hatch chick ventricular myocytes.

    Iribe G, Naruse K

    Biophysical Society 54th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月20日 - 2010年2月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The generation of a novel animal model of inducible hypertrophy: Overexpression of NCX1 in the murine heart using the doxycycline-dependent promoter.

    Katanosaka Y, Iwasaki K, Mohri S, Naruse K

    Biophysical Society 54th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月20日 - 2010年2月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機械刺激下での3次元培養を目的としたペプチドスキャフォールドの開発

    永井祐介、成瀬恵治

    第22回バイオエンジニアリング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月9日 - 2010年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • マクロフルーディクスを用いた細胞の刺激応答解析

    山田 章、片野坂友紀、毛利 聡、成瀬恵治

    第22回バイオエンジニアリング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月9日 - 2010年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 機械刺激と不整脈

    入部玄太郎、成瀬恵治

    第22回バイオエンジニアリング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月9日 - 2010年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 生殖細胞のメカノバイオロジーとデバイス応用

    松浦宏治、成瀬恵治

    第22回バイオエンジニアリング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月9日 - 2010年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • The role of stretch-activated channel on myogenic differentiation of skeleta myoblast.

    Katanosaka Y, Naruse K

    The American Society for Cell Biology 48th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月5日 - 2009年12月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカニカルストレスの基礎と臨床応用

    成瀬恵治

    東北大学先進融合領域フロンティアプログラム 第7回異分野交流セミナー「メカノバイオロジー ー基礎とその医学的な応用ー」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 薬物誘導による心臓へのNCX1高発現モデルの開発

    岩崎慶一朗、片野坂友紀、毛利 聡、成瀬恵治

    第61回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月21日 - 2009年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanobiology 招待

    Naruse K

    International Symposium on Nanobio-Interfaces Related to Molecular Mobility 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月9日 - 2009年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo  

    researchmap

  • Mechanobiology

    Naruse K

    6th Annual Symposium on Japanese-German Frontiers of Science 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月30日 - 2009年11月1日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Tokyo  

    researchmap

  • Role of stretch-activated BKca channels on stretch-induced arrhythmias in isolated chick ventricle.

    Iribe G, Jin H, Naruse K

    11th International Workshop on Cardiac Arrhythmias 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月4日 - 2009年10月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 半導体センサISFETを用いた多検体自動pH測定システムの検討

    山田 章、毛利 聡、中村通宏、成瀬恵治

    第27回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月15日 - 2009年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorterを用いた運動良好精子選別

    成瀬恵治

    第12回日本IVF学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月12日 - 2009年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Effects of bepridil on stretch-induced arrhythmia in isolated chick ventricles

    Iribe G, Jin H, Naruse K

    ESC Congress 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月29日 - 2009年9月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 動的環境における胚培養成績上昇機構に関する考察

    松浦宏治、黒田ユカ、舟橋弘晃、成瀬恵治

    第46回日本生殖医学会中四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 体外受精の胚培養における揺動培養の影響について

    原鐵晃、兒玉尚志、佐藤景子、吉田亜矢子、井上祐美、成瀬恵治

    第46回日本生殖医学会中四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanotransduction in pysiology and disease

    成瀬恵治

    日独先端科学(JGFoS)シンポジウム 日本側事前検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月6日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Welcome lecture

    Naruse K

    The 36th International Congress of Physiological Science Satellite Symposium #8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月2日 - 2009年8月4日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Naoshima  

    researchmap

  • Overview of developments relevant to the BBSRC proposal

    Naruse K

    The 36th International Congress of Physiological Science Satellite Symposium #8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月2日 - 2009年8月4日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Naoshima  

    researchmap

  • ニーズ講演:医学・医療への応用

    成瀬恵治

    未踏・ナノデバイステクノロジー第151委員会研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Mechanical stretch stimulates glucose uptake through a mechanism distinct from that of insulin-like growth factor 1 in skeletal muscle cells.

    Iwata M, Suzuki S, Hayakawa K, Inoue T, Naruse K

    36th International Congrss of Physiological Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月27日 - 2009年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stretch-induced up-regulation of soc activities in huvec.

    Katanosa Y, Naruse K

    36th International Congrss of Physiological Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月27日 - 2009年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Motility and Ca2+i distribution of sperms in flow condition.

    Matsuura K, Naruse K

    36th International Congrss of Physiological Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月27日 - 2009年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカニカルストレス細胞培養システム

    成瀬恵治

    第27回日本骨代謝学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月23日 - 2009年7月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Self-assembling peptide scaffold for functional tissue regeneration under mechanical stimulation

    Nagai Y, Kaihara K, Yokoi H, Uesugi K, Naruse K

    First World Congress of the International Academy of Nanomedicine (IANM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月11日 - 2009年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanically Active Cell Culture System

    Naruse K

    First World Congress of the International Academy of Nanomedicine (IANM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月11日 - 2009年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Sanya, China  

    researchmap

  • メカノバイオロジーで切り拓く生殖医療

    成瀬恵治

    第20回東京生殖医療懇談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月28日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 半導体センサISFETを用いた多検体pH計測自動化の検討

    山田 章、毛利 聡、中村通宏、成瀬恵治

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月24日 - 2009年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ISFETを用いた細胞の代謝活性解析:HEK293細胞への適用

    山田 章、毛利 聡、中村通宏、成瀬恵治

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月23日 - 2009年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 運動良好精子分離装置の高効率化へ向けた数値シミュレーション

    百武 徹、橋本裕輝、島村 裕、鈴木祐介、柳瀬眞一郎、松浦宏治、成瀬恵治

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月23日 - 2009年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 孵化後のトリ心筋SAKCAチャネルの伸展感受性

    入部玄太郎、金 紅花、永井祐介、貝原恵子、成瀬恵治

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月23日 - 2009年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorter内流体中における精子運動の共焦点蛍光顕微観察

    松浦宏治、成瀬恵治

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月23日 - 2009年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 医学研究におけるアクチュエータ工学への期待

    成瀬恵治

    第2回「アクチュエータ」シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月21日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Self-assembling peptide nanofiber scaffold for 3-D cell culturing under mechanical stimulation

    Nagai Y, Kaihara K, Yokoi H, Uesugi K, Naruse K

    The 10th Cell Transplant Society Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月20日 - 2009年4月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanically active cell culture system

    Naruse K

    The 10th Cell Transplant Society Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月20日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Okayama  

    researchmap

  • ベプリジルの機械受容チャネル(SAKCA)に対する作用と機械刺激誘発性不整脈に対する効果

    成瀬恵治

    ベプリジル研究会2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メカノバイオロジーを駆使したナノメディシンへのアプローチ

    成瀬恵治

    学内COEシンポジウム 「ナノメディスン創成のための研究拠点形成」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • TRPV2 knockdown suppresses the stretch-induced Ca2+ increase and subsequent cellular responses in HUVEC. 招待

    Katanoasaka Y, Naruse K

    The 14th Meeting on Thrombosis & Rheology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo  

    researchmap

  • マウス軟骨前駆細胞株ATDC5におけるメカニカルストレスの影響

    松原浩之、平野裕司、小嶋俊久、成瀬恵治、石黒直樹

    第22回日本軟骨代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月6日 - 2009年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟骨細胞様細胞における力学的負荷誘導生のRunx2およびMMP-13、ADAMTS-5の発現

    鉄永智紀、西田圭一郎、古松毅之、米澤朋子、二宮善文、成瀬恵治、尾崎敏文

    第22回日本軟骨代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月6日 - 2009年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ソフトリソグラフィーを駆使したメカノバイオロジーの研究

    山田 章、毛利 聡、成瀬恵治

    文部科学省 科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学(バイオ操作) 第7回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stretch-induced up-regulation of caveolae formation and SOC activities in HUVEC

    Katanosaka Y, Naruse K

    Biophysical Society 53rd Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月28日 - 2009年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Direct observation of Ca2+i changes in motile sperms with 50 msec time resolution

    Matsuura K, Naruse K

    Biophysical Society 53rd Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月28日 - 2009年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanobiology and its Clinical Applications

    Naruse K

    Japan-Mexico Workshop on “Pharmacobiology” and “Nanobiology” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月26日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Mexico city, Mexico  

    researchmap

  • Mechanical Stretch Induces Collagen Expression and Integrin ?V?3-dependent Stress Fiber Formation in Ligament Cells

    Tetsunaga T, Furumatsu T, Abe N, Nishida K, Naruse K, Ozaki T

    55th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月22日 - 2009年2月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカノバイオロジーで切り拓く生殖医療

    *成瀬恵治

    第11回生殖内分泌学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月13日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

    researchmap

  • Stretch-induced up-regulation of caveolae formation and SOC activities in HUVEC

    Katanosaka Y, *Naruse K

    The American Society for Cell Biology 48th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月12日 - 2008年12月17日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ  

    researchmap

  • メカノバイオロジー:基礎から臨床まで

    *成瀬恵治

    セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月8日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • 心臓に発現する新規Ca2+トランスポーターの単離

    竹内 崇、片野坂友紀、山田 章、毛利 聡、*成瀬恵治

    第60回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山市  

    researchmap

  • Development and performances of plastic microfluidic sperm sorter

    Matsuura K, Takenami M, Kuroda Y, *Naruse K

    ASRM 64th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月8日 - 2008年11月12日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ  

    researchmap

  • Tilting embryo culture system improved mouse embryo development

    Kuroda Y, Matsuura K, Takenami M,Funahashi H, *Naruse K

    ASRM 64th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月8日 - 2008年11月12日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ  

    researchmap

  • 卵細胞傾斜培養によるマウス胚移動速度と培養成績

    *成瀬恵治、松浦宏治

    第53回日本生殖医学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月23日 - 2008年10月24日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorterを用いた運動良好精子分離の粘度による影響

    松浦宏治、黒田ユカ、*成瀬恵治

    第53回日本生殖医学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月23日 - 2008年10月24日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • シリコン樹脂性平面パッチクランプ測定系の開発役割

    額田健吾、山田 章、入部玄太郎、松浦宏治、金 紅花、永井祐介、毛利 聡、*成瀬恵治

    第31回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:倉敷市  

    researchmap

  • 心室伸展刺激誘発性不整脈におけるSAKCAチャネルの役割

    金 紅花、入部玄太郎、*成瀬恵治

    第31回日本生体医工学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:倉敷市  

    researchmap

  • メカノバイオロジーの新展開

    *成瀬恵治

    第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月23日 - 2008年9月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ソフトリソグラフィーを中核技術とした単一細胞の機械刺激受容機構の解明

    山田章、片野坂友紀、入部玄太郎、毛利 聡、*成瀬恵治

    第26回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月9日 - 2008年9月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorterで回収された精子の特性

    松浦宏治、武南麻微、黒田ユカ、*成瀬恵治

    第45回日本生殖医学会中国四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 傾斜培養装置を用いた凍結マウス胚培養成績の上昇

    黒田ユカ、松浦宏治、*成瀬恵治

    第45回日本生殖医学会中国四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 微小流体チップ技術による極微量精子液からのウシ運動精子の分離とICSIによる胚発生

    廣澤利和、堀内俊孝、松浦宏治、*成瀬恵治

    第26回日本受精着床学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月28日 - 2008年7月29日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:博多  

    researchmap

  • 卵細胞傾斜培養装置を用いた凍結マウス胚培養成績

    黒田ユカ、松浦宏治、*成瀬恵治

    第26回日本受精着床学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月28日 - 2008年7月29日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:博多  

    researchmap

  • 臨床に適したプラスチック製Microfluidic sperm sorterの機能特性

    松浦宏治、武南麻微、黒田ユカ、*成瀬恵治

    第26回日本受精着床学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月28日 - 2008年7月29日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:博多  

    researchmap

  • ヒト余剰胚の卵細胞傾斜培養とその胚盤胞品質評価

    滝上知里、松浦宏治、平田 麗、青井陽子、吉岡奈々子、羽原俊宏、林 伸旨、*成瀬恵治

    第26回日本受精着床学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月28日 - 2008年7月29日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:博多  

    researchmap

  • Mechanobiology

    *成瀬恵治

    第30回日本比較生理正化学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月19日 - 2008年7月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道  

    researchmap

  • 揺動培養によるマウス胚盤胞到達率の上昇

    黒田ユカ、松浦宏治、片野坂友紀、毛利 聡、舟橋弘晃、*成瀬恵治

    特定領域「バイオ操作」若手研究者第3回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月11日 - 2008年7月12日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

    researchmap

  • ソフトリソグラフィーを駆使したメカノバイオロジーの研究?高速AFMを中心とした細胞膜裏打ち構造の解析?

    山田 章、毛利 聡、*成瀬恵治

    文部科学省 科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学(バイオ操作) 全体会議・ポスター発表(非公開) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月13日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

    researchmap

  • Tilting embryo culture system によるヒト体外受精余剰胚の培養成績

    滝上知里、松浦宏治、平田 麗、青井陽子、吉岡奈々子、羽原俊宏、林 伸旨、*成瀬恵治

    第49回日本哺乳動物卵子学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月17日 - 2008年5月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • ECIS法を用いたエストロゲン負荷細胞の微細動態の定量的評価

    合田典子、中村隆夫、楠原俊昌、山本尚武、片岡則之、毛利 聡、*成瀬恵治

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 機械受容大コンダクタンスCa2+活性化K+(SAKCA)チャネルが興奮収縮連関に及ぼす影響 =シミュレーションによる検討=

    入部玄太郎、*成瀬恵治、岸尾正博

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 運動良好精子分離装置の高効率化へ向けた数値シミュレーション

    百武 徹、橋本裕輝、島村 裕、鈴木祐介、柳瀬眞一郎、松浦宏治、*成瀬恵治

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorterのデザイン、回収された精子数および運動速度分布

    松浦宏治、武南麻微、黒田ユカ、柴田大二郎、安藤寿夫、橋本裕輝、百武 徹、*成瀬恵治

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • イオン感応性電界効果トランジスタセンサによる細胞代謝のグルコース依存性評価

    毛利 聡、中村通宏、*成瀬恵治

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 大学発バイオベンチャー・ストレックス?産みの苦しみと・楽しみ?

    *成瀬恵治

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 動揺培養によるマウス胚盤胞到達率の上昇

    黒田ユカ、松浦宏治、片野坂友紀、毛利 聡、舟橋弘晃、*成瀬恵治

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日 - 2008年5月10日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • ヒト臍帯内皮細胞(HUVEC)の機械受容におけるTRPV2ノックダウンの効果

    片野坂友紀、*成瀬恵治

    第85回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月25日 - 2008年3月27日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • メカノバイオロジー

    *成瀬恵治

    BME研究会(仮) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • TRPV2 knockdown suppresses the stretch-induced Ca2+ increase and subsequent cellular responses in HUVEC

    Katanosaka Y, *Naruse K

    52nd Annual Meeting of the Biophysical Society & 16th IUPAB Intl Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月2日 - 2008年2月6日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ  

    researchmap

  • メカノバイオロジー

    *成瀬恵治

    先導研客員教授講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

    researchmap

  • ホヤによる重力感受遺伝子の機能解析

    津田基之、日下部岳広、*成瀬恵治、ウイリアム・スミス

    宇宙利用シンポジウム(第24回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月17日 - 2008年1月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ホヤの機械刺激受容システムに関わる遺伝子ファミリーの探索

    釜田佳織、日下部岳広、宮本由紀、片野坂友紀、*成瀬恵治、津田基之

    第45回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月21日 - 2007年12月23日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • アクチン線維を制御する低分子量Gタンパク質Raclの接着斑へのリクルート:1分子追跡による研究

    柴田明裕、永井理恵、立松律弥子、*成瀬恵治、楠見明弘

    第45回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月21日 - 2007年12月23日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 細胞接着部位へ停留する膜伸展依存性BKチャネルの1分子可視化解析

    小林 剛、武田美江、野村 健、田中瑞奈、*成瀬恵治、曽我部正博

    第45回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月21日 - 2007年12月23日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • ヒト臍帯内皮細胞におけるTRPV2ノックダウンによる伸展刺激依存的応答の抑制効果

    片野坂友紀、*成瀬恵治

    第45回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月21日 - 2007年12月23日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • TRPV2 knockdown suppresses the stretch-induced Ca2+ increase and subsequent cellular responses in HUVEC.

    Katanosaka Y, *Naruse K

    47th Annual Meeting The Americain Society for Cell Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月21日 - 2007年12月23日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington,DC  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorterで分離される精子の[Ca2+]i測定系構築

    松浦宏治、黒田ユカ、片野坂友紀、毛利 聡、*成瀬恵治

    第59回日本生理学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月10日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市  

    researchmap

  • Sperm Sorter分離精子を用いたICSIにて生児を得ることができた1症例

    柴田大二郎、安藤寿夫、岩瀬 明、原田統子、後藤真紀、鈴木 雅、吉川史隆、*成瀬恵治

    第52回日本生殖医学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月25日 - 2007年10月26日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田市  

    researchmap

  • Mechanophysiology: From HEART to HART.

    *Naruse K

    BBSRC Japan Partnering Programme 2007-2011 --Cardiac Electro-Mechanical Function: Cell-Oran Cross-Talk Revealed via Integration of Experiments and Models 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月3日 - 2007年9月4日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:イギリス  

    researchmap

  • Mechanophysiology: From HEART to HART.

    *Naruse K

    BBSRC Japan Partnering Programme 2007-2011 --Cardiac Electro-Mechanical Function: Cell-Oran Cross-Talk Revealed via Integration of Experiments and Models 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:イギリス  

    researchmap

  • Hemodynamic effects of replacement of RBC with small-size liposomal hemoglobin on pulmonary hypertensive rat

    Mohri S, Katanosaka Y, Yamada A, *Naruse K

    ESC Congress 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月1日 - 2007年9月5日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Austria  

    researchmap

  • Quantitative evaluation of nano-order micromotion of cultured cells using electric cell-substrate impedance sensing method

    Goda N, Yamamoto Y, Kataoka N, Nakamura T, Kusuhara T,Mohri S, *Naruse K, Kajiya F

    XIII International Conference on Electrical Bioimpedance & VIII Conference on Electrical Impedance Tomography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月29日 - 2007年9月2日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Austria  

    researchmap

  • メカノバイオロジーで切り拓く生殖補助医療

    *成瀬恵治

    第44回日本生殖医学会中国四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 揺動培養器を用いたブタ卵母細胞の体外成熟と単為発生後の初期発生

    舟橋弘晃、小池孝幸、*成瀬恵治

    第44回日本生殖医学会中国四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • Microfluidic sperm sorterによる遠心フリー運動性良好精子調整法

    松浦宏治、黒田ユカ、片野坂友紀、毛利 聡、*成瀬恵治

    第44回日本生殖医学会中国四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • メカノバイオロジーで切り拓く生殖補助医療

    *成瀬恵治

    第44回日本生殖医学会中国四国支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • ヒト臍帯内皮細胞(HUVEC)の伸展刺激感受性におけるTRPV2ノックダウンの効果

    片野坂友紀、*成瀬恵治

    第3回TRPチャネル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月19日 - 2007年7月20日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎市  

    researchmap

  • 発達期において血管ネットワークの選択的消退誘導を司る平滑筋:虹彩の新しい機能

    毛利 聡、森實祐基、*成瀬恵治

    第49回日本平滑筋学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月4日 - 2007年7月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良県橿原市  

    researchmap

  • 総論、スパームソーターとヒト生殖補助医療

    *成瀬恵治

    「メカノバイオロジーで切り拓く発生工学」第1回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月12日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • メカノバイオロジーで切り拓く医学・医療

    *成瀬恵治

    第21回大阪小児先進医療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月8日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • モノクロタリン肺高血圧ラットへの人工赤血球投与による血管抵抗低下療法の試み

    毛利 聡、*成瀬恵治

    第46回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月25日 - 2007年4月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • ソフトリソグラフィーを用いたメカノバイオロジーの研究

    *成瀬恵治、片野坂友紀、毛利 聡

    第46回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月25日 - 2007年4月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • メカノバイオロジー

    *成瀬恵治

    有機エレ材研第161回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Sperm motility analysis systemを用いたsperm sorter分離後の精子の評価について

    柴田大二郎、安藤寿夫、岩瀬 明、原田統子、後藤真紀、黒土升蔵、吉川史隆、*成瀬恵治

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月13日 - 2007年4月17日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

    researchmap

  • Targeting of stretch-activated BKca channels to focal contacts of cell membrane via two distinct mechanisms

    Kobayashi T, Takeda Y, Tanaka M, *Naruse K, Sokabe M

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Na/Ca exhanger isoforms in developing rat lens

    Ohbayashi K, Katanosaka Y, Mohri S, Morizane Y, Nakayama M. Ashida K, Ohtsuki H, *Naruse K

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Role of large conductance, stretch-activated, Ca2+-activated K+ (SAKca) channel in cultured chick ventricular myocytes

    Kishio M, *Naruse K

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Inhibitory effects of exercise preconditioning on muscle atrophy induced capillary regression in rat soleus muscle

    Fujino H, Kozuki H, Takeda I, Ishii Y, Miyasaka T, Kajiya M, Mohri S, *Naruse K, Kajiya F

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Direct Observation of cytoplasmic side of plasma membrane by high-speed atomic force microscopy

    Yamada A, Katanosaka Y, Mohri S, *Naruse K

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Microvascular remodeling and increased red blood cell velocity in soleus muscle in a rat model of obesity

    Kozuki H, Fujino H, Takeda I, *Naruse K, Kajiya F

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • TRP Channels in Mechanotransduction of HUVEC

    Katanosaka Y, Suemori T, *Naruse K

    第84回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月20日 - 2007年3月22日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • マイクロチャネル内運動精子の流動シミュレーション

    橋本裕輝、百武 徹、柳瀬眞一郎、*成瀬恵治

    中国四国支部 中国四国学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市  

    researchmap

  • The role of TRP channels in mechanotransduction of HUVEC

    Katanosaka Y, Suemori T, *Naruse K

    51st Biophysical Society Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月3日 - 2007年3月7日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:ボルチモア(アメリカ)  

    researchmap

  • メカノバイオロジー

    *成