2024/06/20 更新

写真a

サイガ ケンタ
雜賀 建多
SAIGA Kenta
所属
医歯薬学域 講師(特任)
職名
講師(特任)
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2011年3月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

所属学協会

  • 日本スポーツ整形外科学会

    2023年6月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • Comparison of screw versus locking plate fixation via sinus tarsi approach for displaced intra-articular calcaneal fractures. 国際誌

    Kohei Sato, Masanori Yorimitsu, Takenori Uehara, Shiro Fukuoka, Toshiaki Hata, Kenta Saiga, Tomoyuki Noda, Toshifumi Ozaki

    Foot and ankle surgery : official journal of the European Society of Foot and Ankle Surgeons   29 ( 1 )   97 - 102   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The optimal treatment of displaced intra-articular calcaneal fractures (DIACF) is controversial. This study compared the fixation stability of screws and locking plates in DIACF treated via the sinus tarsi approach (STA). METHODS: We retrospectively evaluated 118 DIACF cases treated via STA and extracted data that could affect treatment outcomes. Loss of Böhler's angle after surgery was measured to compare fixation stability. RESULTS: The loss of Böhler's angles was significantly smaller in the locking plate group than in the screw group (2.6 ± 2.7º vs. 5.6 ± 5.3º, P < 0.01). There was no difference in the clinical outcomes between the groups. On multivariate logistic regression analysis, screw fixation was significantly associated with loss of Böhler's angle by> 10º (odds ratio, 8.63; 95% confidence interval, 1.16-64.4; P < 0.05). CONCLUSIONS: Locking plate fixation is more reliable than screw fixation for preventing correction loss in DIACF treated via STA. LEVEL OF EVIDENCE: III.

    DOI: 10.1016/j.fas.2022.11.002

    PubMed

    researchmap

  • Elevated Expression of CCN3 in Articular Cartilage Induces Osteoarthritis in Hip Joints Irrespective of Age and Weight Bearing. 国際誌

    Kazuki Hirose, Miho Kuwahara, Eiji Nakata, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Kenta Saiga, Masaharu Takigawa, Toshifumi Ozaki, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    International journal of molecular sciences   23 ( 23 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoarthritis (OA) occurs not only in the knee but also in peripheral joints throughout the whole body. Previously, we have shown that the expression of cellular communication network factor 3 (CCN3), a matricellular protein, increases with age in knee articular cartilage, and the misexpression of CCN3 in cartilage induces senescence-associated secretory phenotype (SASP) factors, indicating that CCN3 promotes cartilage senescence. Here, we investigated the correlation between CCN3 expression and OA degenerative changes, principally in human femoral head cartilage. Human femoral heads obtained from patients who received total hip arthroplasty were categorized into OA and femoral neck fracture (normal) groups without significant age differences. Gene expression analysis of RNA obtained from femoral head cartilage revealed that CCN3 and MMP-13 expression in the non-weight-bearing part was significantly higher in the OA group than in the normal group, whereas the weight-bearing OA parts and normal cartilage showed no significant differences in the expression of these genes. The expression of COL10A1, however, was significantly higher in weight-bearing OA parts compared with normal weight-bearing parts, and was also higher in weight-bearing parts compared with non-weight-bearing parts in the OA group. In contrast, OA primary chondrocytes from weight-bearing parts showed higher expression of CCN3, p16, ADAMTS4, and IL-1β than chondrocytes from the corresponding normal group, and higher ADAMTS4 and IL-1β in the non-weight-bearing part compared with the corresponding normal group. Acan expression was significantly lower in the non-weight-bearing group in OA primary chondrocytes than in the corresponding normal chondrocytes. The expression level of CCN3 did not show significant differences between the weight-bearing part and non-weight-bearing part in both OA and normal primary chondrocytes. Immunohistochemical analysis showed accumulated CCN3 and aggrecan neoepitope staining in both the weight-bearing part and non-weight-bearing part in the OA group compared with the normal group. The CCN3 expression level in cartilage had a positive correlation with the Mankin score. X-ray analysis of cartilage-specific CCN3 overexpression mice (Tg) revealed deformation of the femoral and humeral head in the early stage, and immunohistochemical analysis showed accumulated aggrecan neoepitope staining as well as CCN3 staining and the roughening of the joint surface in Tg femoral and humeral heads. Primary chondrocytes from the Tg femoral head showed enhanced expression of Ccn3, Adamts5, p16, Il-6, and Tnfα, and decreased expression of Col2a1 and -an. These findings indicate a correlation between OA degenerative changes and the expression of CCN3, irrespective of age and mechanical loading. Furthermore, the Mankin score indicates that the expression level of Ccn3 correlates with the progression of OA.

    DOI: 10.3390/ijms232315311

    PubMed

    researchmap

  • Larger sagittal inter-screw distance/tibial width ratio reduces delayed union or non-union after arthroscopic ankle arthrodesis. 国際誌

    Suguru Yokoo, Kenta Saiga, Koji Demiya, Hideki Ohashi, Masahiro Horita, Toshifumi Ozaki

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Arthroscopic ankle arthrodesis (AAA) has risks of complications, such as delayed union and non-union. The number and direction of the inserted screws have been reported as important factors affecting the time to union of AAA. However, the ratio of inter-screw distance (ISD) to tibial width (TW) in different planes has not been investigated. Therefore, we aimed to explore the effect of this ratio on bone union following AAA. METHODS: We retrospectively enrolled 63 patients (64 ankles) undergoing AAA from 2013 to 2019. Then, their age, body mass index (BMI), sex, diabetes mellitus (DM) status, Takakura-Tanaka classification, number of screws and radiographic parameters were analysed. RESULTS: The patients had a mean age of 70.3 (range, 45-91) years. Bone fusion was achieved in 57 ankles (89%) in a mean period of 3.3 (range, 2-6) postoperative months. There were four cases of delayed union and three of non-union. No significant differences in age, BMI, sex, DM, Takakura-Tanaka classification, and number of screws could be detected between the groups. However, the sagittal ISD/TW ratio was significantly larger in the union group than in the delayed/non-union group with a cut-off value of 57.0%. CONCLUSION: Larger sagittal ISD/TW ratios result in reduced post-AAA delayed union or non-union. The surgeon should be aware that the anterior and posterior screw widths should be approximately 60% or more of the anteroposterior width of the tibia.

    DOI: 10.1007/s00590-022-03307-x

    PubMed

    researchmap

  • 寛骨臼骨折における術後臨床成績評価方法の比較 Matta scoreとJHEQの比較検討

    近藤 宏也, 上原 健敬, 福岡 史朗, 佐藤 浩平, 畑 利彰, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 依光 正則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 3 )   S874 - S874   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Outcome after resection arthroplasty or shortening oblique osteotomy of the lesser metatarsals combined with arthrodesis of the first metatarsophalangeal joint for severe rheumatoid forefoot deformities

    Masahiro Horita, Keiichiro Nishida, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Kenta Saiga, Masanori Hamada, Toshifumi Ozaki

    Journal of Orthopaedic Surgery   30 ( 2 )   102255362211179 - 102255362211179   2022年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    Purpose

    We investigated objective and patient-reported outcomes after resection arthroplasty or shortening oblique osteotomy (SOO) of the lesser metatarsals combined with arthrodesis of the first metatarsophalangeal (MTP) joint for severe rheumatoid forefoot deformities.

    Methods

    17 feet from 14 women (mean age, 67.8 years) underwent resection arthroplasty of the lesser metatarsal heads (MTH resection group), while 13 feet from nine women and two men (mean age, 68.7 years) underwent SOO of the lesser metatarsals (MTH preservation group). Arthrodesis of the first MTP joint was performed in all cases. Mean follow-up in the MTH resection and preservation groups was 25.0 and 21.3 months, respectively. Preoperative and postoperative clinical evaluation included Japanese Society for Surgery of the Foot (JSSF) scale and self-administered foot evaluation questionnaire (SAFE-Q) scores.

    Results

    Mean total JSSF scale significantly improved from 53.4 to 76.4 in the MTH resection group ( p &lt; .001) and from 50.1 to 74.2 in the MTH preservation group ( p = .002). Pain and pain-related and shoe-related SAFE-Q subscale scores significantly improved after surgery in both groups. In the MTH resection group, recurrence of painful callosities and claw toe deformity was observed in four and three feet, respectively. In the MTH preservation group, one patient experienced recurrence of painful callosities and one underwent revision surgery for IP joint dislocation.

    Conclusion

    Resection arthroplasty or SOO of the lesser metatarsals combined with arthrodesis of the first MTP joint achieved significant improvement with respect to pain relief, deformity correction, and footwear comfort.

    DOI: 10.1177/10225536221117903

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/10225536221117903

  • A Novel Radiographic Measurement Method for the Evaluation of Metatarsophalangeal Joint Dislocation of the Lesser Toe in Patients with Rheumatoid Arthritis 査読 国際誌

    Hideki Ohashi, Keiichiro Nishida, Yoshihisa Nasu, Kenta Saiga, Ryuichi Nakahara, Masahiro Horita, Shunji Okita, Toshifumi Ozaki

    International Journal of Environmental Research and Public Health   18 ( 14 )   7520 - 7520   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Dorsal dislocation of metatarsophalangeal (MTP) joints of the lesser toe frequently occurs in patients with rheumatoid arthritis (RA), and may cause painful and uncomfortable plantar callosities and ulceration. The current study examined the reliability and clinical relevance of a novel radiographic parameter (the MTP overlap distance [MOD]) in evaluating the severity of MTP joint dislocation. The subjects of the current study were 147 RA patients (276 feet; 1104 toes). MOD, defined as the overlap distance of the metatarsal head and the proximal end of the phalanx, was measured on plain radiographs. The relationship between the MOD and clinical complaints (forefoot pain and/or callosity formation) was analyzed to create a severity grading system. As a result, toes with callosities had a significantly larger MOD. ROC analysis revealed that the MOD had a high AUC for predicting an asymptomatic foot (?0.70) and callosities (0.89). MOD grades were defined as follows: grade 1, 0 ? MOD &lt; 5 mm; grade 2, 5 ? MOD &lt; 10 mm; and grade 3, MOD ? 10 mm. The intra- and inter-observer reliability of the MOD grade had high reproducibility. Furthermore, the MOD and MOD grade improved significantly after joint-preserving surgeries for lesser toe deformities. Our results suggest that MOD and MOD grade might be useful tools for the evaluation of deformities of the lesser toe and the effect of surgical intervention for MTP joints in patients with RA.

    DOI: 10.3390/ijerph18147520

    PubMed

    researchmap

  • 関節面の整復に術中3D撮影およびナビゲーションが有用であった寛骨臼骨折の2例

    畑 利彰, 野田 知之, 島村 安則, 上原 健敬, 福岡 史朗, 佐藤 浩平, 近藤 宏也, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 尾崎 敏文

    骨折   43 ( Suppl. )   S367 - S367   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 多発外傷患者における筋断面積の推移の比較

    近藤 宏也, 上原 健敬, 福岡 史朗, 佐藤 浩平, 畑 利彰, 斎藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   43 ( Suppl. )   S371 - S371   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折に対する術後臨床成績評価方法の比較 Matta scoreとJHEQの比較検討

    近藤 宏也, 上原 健敬, 福岡 史朗, 佐藤 浩平, 畑 利彰, 斎藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   43 ( Suppl. )   S283 - S283   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 踵骨骨折における3DCTを用いた後距踵関節面の評価

    上原 健敬, 野田 知之, 福岡 史朗, 佐藤 浩平, 畑 利彰, 近藤 宏也, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   43 ( Suppl. )   S248 - S248   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • Subjective and Objective Outcomes of Surgery for Rheumatoid Forefoot Deformities Under the Current Treatment Paradigm. 国際誌

    Masahiro Horita, Keiichiro Nishida, Daisuke Kaneda, Kenzo Hashizume, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Kenta Saiga, Hideki Ohashi, Masahito Watanabe, Toshifumi Ozaki

    The Journal of foot and ankle surgery : official publication of the American College of Foot and Ankle Surgeons   61 ( 1 )   53 - 59   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the clinical outcomes of surgical procedures for the treatment of forefoot deformities in patients with rheumatoid arthritis. Twenty feet in 16 women (mean age 62.1 years) underwent corrective osteotomy of the first metatarsal bone with shortening oblique osteotomy of the lesser metatarsophalangeal joints (joint-preservation group), while 13 feet in 12 women (mean age 67.4 years) underwent arthrodesis of the first metatarsophalangeal joint with resection arthroplasty of the lesser metatarsophalangeal joints (joint-sacrifice group); mean follow-up for each group was 25.8 and 23.8 months, respectively. The mean total Japanese Society for Surgery of the Foot (JSSF) scale improved significantly from 64.2 to 89.2 in the joint-preservation group (p < .001), and from 54.2 to 74.2 in the joint-sacrifice group (p = .003). In the joint-preservation group, the postoperative range of motion (ROM) of the joint, walking ability, and activities of daily living scores of the JSSF scale were significantly higher than those in the joint-sacrifice group (p = .001, p = .001, and p = .019, respectively). There were no differences in the subscale scores of the self-administered foot evaluation questionnaire between 2 groups either pre- or postoperatively. No differences in the postoperative complications were found between 2 groups. Although the joint-sacrificing procedure resulted in lower objective outcomes than the joint-preserving procedure regarding the ROM of the joint, the walking ability, and the level of activities of daily living, both procedures resulted in similar treatment outcomes when evaluated by the subjective measures.

    DOI: 10.1053/j.jfas.2021.06.008

    PubMed

    researchmap

  • Ilizarov創外固定とMasquelet法が有効であった下腿遠位部開放骨折の1例

    近藤 宏也, 上原 健敬, 根津 智史, 松橋 美波, 出宮 光二, 横尾 賢, 斎藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   32   226 - 226   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 大腿骨頸部前捻角に左右差はあるか 3D計測による検討

    佐藤 浩平, 野田 知之, 近藤 宏也, 畑 利彰, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S1125 - S1125   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 大腿骨頸部前捻角に左右差はあるか 3D計測による検討

    佐藤 浩平, 野田 知之, 近藤 宏也, 畑 利彰, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S1125 - S1125   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Steep posterior slope and shallow concave shape of the medial tibial plateau are risk factors for medial meniscus posterior root tears 査読 国際誌

    Yuki Okazaki, Takayuki Furumatsu, Yuya Kodama, Yusuke Kamatsuki, Yoshiki Okazaki, Takaaki Hiranaka, Shota Takihira, Tomonori Tetsunaga, Kenta Saiga, Toshifumi Ozaki

    Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy   29 ( 1 )   44 - 50   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05590-4

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s00167-019-05590-4.pdf

  • 整形外科医の家事・育児の役割分担,現状と課題 夫婦へのアンケート調査および主婦業体験を踏まえて 査読

    雑賀 建多

    中・四整会誌   32 ( 2 )   223 - 230   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of lateral gutter osteophyte resection on correction of varus deformity in arthroscopic ankle arthrodesis. 査読 国際誌

    Saiga K, Yokoo S, Ohashi H, Horita M, Furumatsu T, Ozaki T

    Foot Ankle Int   41 ( 6 )   683 - 688   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1071100720910388

    PubMed

    researchmap

  • 人工関節周囲骨折に対するプレート骨接合術 Locking plate を中心に. 査読

    野田 知之, 山川 泰明, 横尾 賢, 出宮 光二, 清野 正普, 望月 雄介, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 遠藤 裕介, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   31   196 - 196   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 遊離組織移植と創外固定にて患肢温存し10年後に変形矯正を行った重度下腿開放骨折の1例. 査読

    望月 雄介, 横尾 賢, 出宮 光二, 大橋 秀基, 清野 正普, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 尾崎 敏文, 野田 知之

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   31   133 - 137   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    創外固定と遊離組織移植などマイクロサージャリー技術の発達により、重度下腿開放骨折に対して切断を回避し患肢温存が可能な症例が増えてきている。重度軟部組織損傷を合併した下腿骨幹部開放骨折に対し患肢温存するも変形癒合となり、その後10年で変形矯正骨切り、さらには偽関節手術に対してリング型創外固定器を用い骨癒合を得た、難渋症例を経験した。症例は24歳男性、2階から転落受傷した。両下腿骨幹部開放骨折を認め、緊急で洗浄デブリドマンと創外固定を施行した。左下腿骨髄炎も発症し最終的に血管柄付き肩甲骨移植とhybrid創外固定器を用いて骨癒合を得るも変形治癒となった。10年後、左下腿の内反変形に対してTaylor Spatial Frameを用いて変形矯正術を施行した。しかし骨癒合が得られず、Ilizarov創外固定器に変更し骨移植を施行した。術後10ヵ月で骨癒合し創外固定器を抜去した。術後15ヵ月で仕事復帰した。Taylor Spatial Frameによる変形矯正後の偽関節発生などの課題が残ったが、重度軟部組織損傷を合併した下腿骨幹部開放骨折に対するマイクロサージャリー再建、偽関節に対するリング型創外固定を用いた治療は有用であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 腸骨稜の CT 計測による high route 創外固定ピン至適位置検討. 査読

    横尾 賢, 島村 安則, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 清野 正普, 望月 雄介, 出宮 光二, 尾崎 敏文, 野田 知之

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   31   51 - 55   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    創外固定法は骨盤輪骨折に汎用されているが、創外固定ピンが骨外に逸脱する症例も散見され、固定力低下や神経血管損傷の原因となり得る。High route創外固定ピンの至適挿入経路について検討した。AZE社製VirtualPlaceを用いて、骨盤CT撮影を行った患者のDICOM画像データを解析した。対象症例は10例18ヶ所、平均年齢は46.6歳であった。3D-CT上で上前腸骨棘から2、4、6cm後方の腸骨稜に対する接線をひき、それぞれに垂直な断面を作成した。腸骨稜の幅、最狭部の髄腔内距離、腸骨稜から最狭部までの距離等を計測した。腸骨稜の最大幅の平均は後方に向かうにつれて広くなる傾向が、最狭部の髄腔内距離の平均値は後方に向かうにつれて狭くなる傾向がみられた。各断面において、腸骨稜上面から深さ2cmと4cmの中点を結ぶ直線は腸骨稜のやや内側を通過したのに対し、腸骨稜上面から深さ3cmと5cmの中点を結んだ直線は、腸骨稜のやや外側を通過した。ピンの刺入点を腸骨稜の中央よりもやや外側に置くことで、腸骨内へのピンをより長くかつ確実に捉えることができ、ピン逸脱を減少させる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 第4中足骨短縮症に対して創外固定器を用いて仮骨延長法を行った2例. 査読

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 野田 知之, 清野 正普, 望月 雄介, 出宮 光二, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   31   354 - 354   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 変形性足関節症 stage IIIb に対して Distal Tibial Oblique Osteotomy(DTOO)を行い術後良好な社会復帰を果たした一例. 査読

    近藤 宏也, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   31   312 - 312   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 耕運機外傷による下腿感染性偽関節、骨欠損に対してイリザロフ型創外固定を用いて治療した1例. 査読

    清野 正普, 野田 知之, 山川 泰明, 雑賀 建多, 出宮 光二, 望月 雄介, 大橋 秀基, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   31   334 - 334   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • Clinical outcomes of treatment with locking compression plates for distal femoral fractures in a retrospective cohort 査読 国際誌

    Kiyono M, Noda T, Nagano H, Maehara T, Yamakawa Y, Mochizuki Y, Uchino T, Yokoo S, Demiya K, Saiga K, Shimamura Y, Ozaki T

    Journal of Orthopaedic Surgery and Research   14 ( 1 )   384 - 384   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-019-1401-9

    PubMed

    researchmap

  • 工夫! 遊離前外側大腿皮弁を用いたアキレス腱再建 強度確保とトラブル回避のための工夫 査読

    木下 雅人, 渡邊 敏之, 櫻井 透, 小野田 聡, 木股 敬裕, 雑賀 建多

    形成外科   62 ( 8 )   916 - 921   2019年8月

  • Time-dependent increase in medial meniscus extrusion after medial meniscus posterior root tear analyzed by using magnetic resonance imaging 査読 国際誌

    Okazaki Y, Furumatsu T, Shimamura Y, Saiga K, Ohashi H, Uchino T, Kamatsuki Y, Okazaki Y, Ozaki T

    Knee Surgery & Related Research   31 ( 2 )   120 - 125   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5792/ksrr.18.059

    PubMed

    researchmap

  • Nonunion fragility fracture of the pelvis with complication from bladder rupture: A case report. 査読 国際誌

    Yasuaki Yamakawa, Tomoyuki Noda, Taichi Saito, Kenta Saiga, Ryuichi Nakahara, Yasunori Shimamura, Toshifumi Ozaki

    Trauma case reports   20   100169 - 100169   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The incidence rate of bladder rupture associated with pelvic ring fractures is reported to be about 5-10%, mostly occurring at the time of injury. Fragility pelvic ring fractures are reported to increase fracture displacement or become nonunion if they are treated inadequately. Few case reports on bladder rupture associated with fragility pelvic ring fracture have been published. We report a rare case of delayed bladder rupture associated with a fragility fracture of the pelvis. A 65-year-old female felt right hip pain without sustaining any trauma. She was diagnosed with a right pubic rami fracture. However, her pain deteriorated, and a sacral fracture was identified one month later. She was prescribed teriparatide, but her pain worsened and she was referred to our hospital. She was diagnosed with fragility fracture of the pelvis (Rommens classification type IVb) and was treated operatively. During the surgery, her thin bladder wall, which was compressed by a displaced pubic fragment, was torn and repaired. This is the first report describing a fragility fracture of the pelvis associated with a bladder rupture. Our treatment led to a successful result.

    DOI: 10.1016/j.tcr.2019.100169

    PubMed

    researchmap

  • Histological alterations to the hamstring tendon caused by cleaning during autograft preparation 査読 国際誌

    Okazaki Y, Furumatsu T, Maehara A, Saiga K, Miyazawa S, Kamatsuki Y, Hino T, Ozaki T

    Muscles Ligaments Tendons Journal   9 ( 2 )   217 - 224   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎の1例 査読

    出宮 光二, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 清野 正普, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   41 ( 2 )   658 - 662   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    症例は46歳、男性。祭りで左下腿遠位部骨折を受傷した。前医での内固定術後、深部感染症を発症し、抜釘+抗菌薬含有セメントビーズ留置+遊離筋皮弁術が行われ感染の沈静化を得た。しかし、約6年後骨髄炎の再燃を認め、前医処置で感染沈静化せず、当院紹介受診となった。下腿遠位部切除+イリザロフ創外固定を行い、術後1ヵ月で足関節固定+脛骨近位骨切り、その後約5cm骨延長を行い、術後4ヵ月で最終固定とした。術後8ヵ月でイリザロフ創外固定器を除去し、術後24ヵ月現在、骨髄炎の再燃はなく独歩可能となった。左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎に対し、十分な病巣掻爬と近位健常部での骨延長により感染を沈静化し、機能再建し得た。骨髄炎の治療においては十分なデブリドマン、病巣切除による感染巣の摘出が重要である。慢性骨髄炎治療においては長期間の沈静化後の再発も起こりうるため、今後も注意深い経過観察が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 指節骨用創外固定器を用いて治療した化膿性DIP関節炎・骨髄炎の2例 査読

    齋藤 太一, 島村 安則, 出宮 光二, 望月 雄介, 清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   30   212 - 212   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 血管柄付き腸骨移植とイリザロフ創外固定を併用し足関節固定術を行った足関節骨折後真菌感染の1例 査読

    清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 山川 泰明, 出宮 光二, 横尾 賢, 望月 雄介, 大橋 秀基, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   30   213 - 213   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎の1例 査読

    出宮 光二, 雑賀 建多, 横尾 賢, 望月 雄介, 清野 正普, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   30   249 - 249   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 下腿遠位部開放骨折に対し MATILDA 法(Multidirectional Ankle Traction using Ilizarov external fixator with Long rod and Distraction Arthroplasty)を用いて治療した1例 査読

    望月 雄介, 雑賀 建多, 出宮 光二, 大橋 秀基, 清野 正普, 齋藤 太一, 尾崎 敏文, 野田 知之

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   30   79 - 83   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    Ilizarov創外固定に代表されるリング型創外固定器は、脆弱性骨折でも強固な固定を行うことができ、軟部組織に対する侵襲を最小限にできる利点がある。Ilizarov創外固定にdistraction arthroplastyを併用するMATILDA法は、早期荷重を可能とする強固な固定と関節温存を目的とする治療法である。症例は70歳男性、1.5mの高さから転落し受傷した。右下腿遠位部開放骨折を認めたが、軟部組織損傷が強くMATILDA法を選択した。術後は荷重を許可したがフットリングの前足部ワイヤー刺入部の痛みのために十分な荷重はできなかった。術後6ヵ月で骨癒合し、7ヵ月で創外固定器を抜去、術後9ヵ月でゆっくりと独歩可能となった。MATILDA法は軟部組織侵襲が最小限であり、今回の軟部組織損傷を合併した下腿遠位部骨折に対して有用であった。今後、前足部ワイヤー刺入部痛を和らげ、創外固定装着中の全荷重歩行を可能にする補装具を工夫する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • Nonunion fragility fracture of the pelvis with complication from bladder rupture: A case report 査読 国際誌

    Yamakawa Y, Noda T, Saito T, Saiga K, Nakahara R, Shimamura Y, Ozaki T

    Trauma Case Reports   20   100169 - 100169   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 関節リウマチ外側趾MTP関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S370 - S370   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 踵骨開放骨折術後創部感染症によるアキレス腱欠損に対し ALT flap を用いたアキレス腱再建術を行った1例. 査読

    出宮 光二, 雑賀 建多, 清野 正普, 大橋 秀基, 吉村 将秀, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    日足外会誌   39 ( 1 )   330 - 333   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 当院における外脛骨障害の治療成績. 査読

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 清野 正普, 木曽 洋平, 横尾 賢, 出宮 光二, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    日足外会誌   39 ( 1 )   176 - 179   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • スポーツに起因する外脛骨障害の治療 査読

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文

    別冊整形外科 No.73 スポーツ傷害の予防・診断・治療   ( 73 )   231 - 234   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 足関節脱臼骨折後遺残変形に対し腓骨延長を行った2例

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 出宮 光二, 横尾 賢, 内野 崇彦, 清野 正普, 望月 雄介, 小松原 将, 吉村 将秀, 中道 亮, 山川 泰明, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 1 )   163 - 163   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Outcomes of resection and joint-preserving arthroplasty for forefoot deformities for rheumatoid arthritis. 査読 国際誌

    Horita M, Nishida K, Hashizume K, Nasu Y, Saiga K, Nakahara R, Machida T, Ohashi H, Ozaki T

    Foot & Ankle Int   39 ( 3 )   292 - 299   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1071100717743996

    PubMed

    researchmap

  • リトルリーグショルダーに対する新しい診断法 抵抗下外旋テストおよび抵抗下内旋テストの有用性

    内野 崇彦, 島村 安則, 志渡澤 央和, 中道 亮, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 好信, 古松 毅之, 名越 充, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1175 - S1175   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 母趾 MTP 関節固定術用プレートの各社比較. 査読

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    関節外科   37 ( 1 )   35 - 42   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重度外反母趾に対する母趾 MTP 関節固定術の手術成績 査読

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 清野 正普, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    日足外会誌   38 ( 1 )   180 - 184   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 青年期の肘関節弛緩性に対して年齢が与える影響についての検討

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 名越 充, 中道 亮, 井上 博登, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   37 ( 4 )   561 - 561   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本整形外科スポーツ医学会  

    researchmap

  • 距骨下関節開放脱臼骨折に対し観血的内固定および靭帯修復を行った1例 査読

    伊達 宏和, 小西池 泰三, 雑賀 建多

    JOSKAS   42 ( 2 )   400 - 401   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存手術の治療成績の比較

    堀田 昌宏, 雑賀 建多, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一

    中国・四国整形外科学会雑誌   29 ( 1 )   157 - 157   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 踵骨骨折術後骨髄炎の治療経験 査読

    清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 山川 泰明, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    中部整災誌   60 ( 2 )   315 - 316   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2017.315

    CiNii Article

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における足部障害の評価

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S845 - S845   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存手術の治療成績

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S860 - S860   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • SAFE-Qを用いた関節リウマチ足部手術成績の評価

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S863 - S863   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の発生部位は内側支持機構のゆるみに影響される

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 中道 亮, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S1106 - S1106   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 肘関節内側側副靱帯損傷に対する関節造影ストレス撮影の有用性

    島村 安則, 内野 崇彦, 島村 好信, 中道 亮, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S1109 - S1109   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する内側支持機構のゆるみの影響

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 中道 亮, 井上 博登, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本肘関節学会雑誌   24 ( 1 )   S18 - S18   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

    researchmap

  • 肘関節投球障害に対する関節造影ストレス撮影の有用性

    島村 安則, 内野 崇彦, 島村 好信, 中道 亮, 井上 博登, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本肘関節学会雑誌   24 ( 1 )   S106 - S106   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

    researchmap

  • 小児上腕骨顆上骨折後にVolkmann拘縮を来した1例

    柏原 尚子, 島村 安則, 原田 遼三, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   183 - 187   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    小児上腕骨顆上骨折は、小児肘関節周囲骨折の中で最も高頻度に発生し、合併症が多い疾患である。上腕骨顆上骨折後にVolkmann拘縮を来した1例を経験したので報告する。7歳男児、ジャングルジムより墜落して受傷。前医で上腕骨顆上骨折と診断され、当日創外固定術を施行された。術後徐々に手指の屈曲傾向が進行し、当科紹介となった。Volkmann拘縮と診断し、装具加療や徹底したリハビリの後、屈筋腱解離術を施行した。手術所見としては、屈筋群深層筋線維に変性像を認め、正中・尺骨神経剥離術、屈筋群剥離・前進術を施行した。術後6ヵ月時、DIP関節の屈曲拘縮が残存するも全指伸展位保持可能となり、術後7年時生活に支障のない状態まで回復した。小児上腕骨顆上骨折の合併症であるVolkmann拘縮は、重篤な後遺症を残す。本骨折に対していかなる治療方法を選択しても、阻血性障害への注意が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Shortening Oblique Osteotomy with Screw Fixation for Correction of the Lesser Metatarsophalangeal Joints of Rheumatoid Forefoot.

    Keiichiro Nishida, Takahiro Machida, Masahiro Horita, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Yoshihisa Nasu, Hideki Ohashi, Kenta Saiga, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   70 ( 6 )   477 - 483   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The metatarsophalangeal (MTP) joints are often and predominantly affected in rheumatoid arthritis. The aim of the current study was to describe surgical techniques of shortening oblique osteotomy for lesser metatarsal bone with screw fixation at the osteotomy site, and to investigate the short-term clinical outcomes of our procedure. Twenty-seven feet (78 toes) of 24 RA patients underwent the shortening oblique osteotomy for the correction of deformity at the lesser MTP joints. The average Japanese Society of Surgery of the Foot (JSSF) standard rating system for the RA foot and ankle scale improved significantly from 59.6 points preoperatively to 88.3 points postoperatively (p<0.001). Twenty-four feet (89% ) were free from metatarsalgia and symptomatic callosities at the lesser MTP joint after surgery. Our present findings showed satisfactory early clinical outcomes of the shortening oblique osteotomy of the metatarsal bone with screw fixation for RA forefoot.

    PubMed

    researchmap

  • 足関節OAの治療選択 脛骨骨切り術 VS 足関節固定術 脛骨骨切り術の立場から 査読

    雑賀 建多

    Loco Cure   2 ( 2 )   160 - 163   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • プロサッカー選手に発生した肉離れの検討-過去6年間の調査- 査読

    大森 敏規, 雑賀 建多, 武田 健, 宮澤 慎一, 島村 安則, 千田 益生, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛

    JOSKAS   41 ( 2 )   558 - 559   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 患肢を温存し得た踵骨骨折術後骨髄炎の1例 査読

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 野田 知之, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    日足外会誌   37 ( 1 )   352 - 355   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Shortening Oblique Osteotomy with Screw Fixation for Correction of the Lesser Metatarsophalangeal Joints of Rheumatoid Forefoot 査読 国際誌

    Nishida K, Machida T, Horita M, Hashizume K, Nakahara R, Nasu Y, Ohashi H, Saiga K, Ozaki T

    Acta Med Okayama   70 ( 6 )   477 - 483   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 外傷後の著明な尖足に対して Taylor Spatial Frame を用いて変形矯正を施行した1例 査読

    望月 雄介, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    中・四整学誌   28 ( 2 )   313 - 316   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • claw toe に対して後足部鏡視下長母趾屈筋腱切離術を施行した2例 査読

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    日足外会誌   37 ( 1 )   288 - 291   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 整形外科外傷治療における3Dモデル・3Dプリンターの応用 査読

    杉生 和久, 中原 龍一, 吉村 将秀, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    関節外科   35 ( 2 )   76 - 85   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 【3Dモデル・3Dプリンターを利用した整形外科手術】整形外科分野への応用 整形外科外傷治療における3Dモデル・3Dプリンターの応用

    杉生 和久, 中原 龍一, 吉村 将秀, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    関節外科   35 ( 2 )   180 - 189   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 外反母趾に対する遠位骨切り術 査読

    雑賀 建多

    関節外科   35 ( 1 )   68 - 73   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Postoperative change in the length and extrusion of the medial meniscus after anterior cruciate ligament reconstruction 査読

    Shinji Narazaki, Takayuki Furumatsu, Takaaki Tanaka, Masataka Fujii, Shinichi Miyazawa, Hiroto Inoue, Yasunori Shimamura, Kenta Saiga, Toshifumi Ozaki

    INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS   39 ( 12 )   2481 - 2487   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Purpose The medial meniscus is a secondary stabilizer of anterior tibial translation in anterior cruciate ligament (ACL)-deficient knees. ACL reconstruction effectively restores an increased anterior tibial translation in the ACL-deficient knee. However, knee osteoarthritis sometimes develops in ACL-reconstructed patients during a long-term follow-up period. We hypothesized that the medial meniscal position would be different between the ACL-deficient and reconstructed knees. The aim of this study was to investigate pre-operative and postoperative location of the medial meniscus in patients who underwent ACL reconstruction.
    Methods ACL-reconstructed knees (28 knees) and normal knees (27 knees) were investigated. Medial tibial plateau length (MTPL) and medial tibial plateau width (MTPW) were determined using radiographic images. Magnetic resonance imaging (MRI)-based medial meniscal length (MML), medial meniscal width (MMW), and medial meniscal extrusion (MME) were measured. Postoperative change in the MML, MMW, and MME were evaluated and compared with those in normal knees.
    Results No significant differences between the ACL-deficient (pre-operative) and normal groups were noted. The ACL-reconstructed (postoperative) group showed an increase in the MML, in the percentage of the MML (%MML = 100 MML/MTPL), and in the MME. Significant differences between postoperative and normal groups were observed in the MML, %MML, and MME. MMW and MMW percentage (100 MMW/MTPW) were similar in all groups.
    Conclusions The anteroposterior length and radial extrusion of the medial meniscus increased after ACL reconstruction. Transposition of the medial meniscus may be a possible cause of developing further degenerative knee joint disorders after ACL reconstruction.

    DOI: 10.1007/s00264-015-2704-z

    Web of Science

    researchmap

  • 寛骨臼骨折におけるposterior column screwの安全域 3DCTによる検討

    吉村 将秀, 上原 健敬, 野田 知之, 小松原 将, 杉生 和久, 山川 泰明, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 8 )   S1424 - S1424   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 足関節開放脱臼骨折に対してVAF flapを用いて治療した2例

    堀田 昌宏, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾崎 敏文, 木浪 陽, 斎藤 太一

    骨折   37 ( 3 )   829 - 832   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    足関節開放脱臼骨折2例に対してvenoaccompanying artery fasciocutaneous(以下、VAF)flapを用いて治療した。症例1は49歳男性で、右足関節開放脱臼骨折(Gustilo type IIIB、AO44-B3)に対して、受傷から4時間半後に緊急で洗浄デブリドマンおよび創外固定施行、受傷後11日目に内固定し、受傷後17日目にVAF flapを施行。症例2は60歳男性で、右足関節開放脱臼骨折(Gustilo type IIIB、AO44-B3)に対して、受傷から6時間半後に緊急で洗浄デブリドマンおよび創外固定施行。受傷後11日目に内固定とVAF flapを施行。2例とも元の生活活動に復帰し経過良好であった。足関節開放骨折に対して当科では、まず洗浄・デブリドマン・創外固定を施行し、次に二期的に徹底したデブリドマンを行い、可能な限り同時に骨軟部組織再建を施行するという治療方針を立てている。今回2例とも骨接合に併用してVAF flapを用いて治療し、良好な足関節の機能を獲得することができた。足関節開放骨折Gustilo type IIIBに対し、皮弁挙上部の軟部組織損傷を認めなければVAF flapは有用であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 大腿骨ステム周囲骨折に対するロッキングプレートの治療経験

    児玉 有弥, 野田 知之, 島村 安則, 木浪 陽, 中原 龍一, 雑賀 建多, 山川 泰明, 上原 健敬, 杉生 和久, 尾崎 敏文

    骨折   37 ( Suppl. )   S191 - S191   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折におけるPosterior Column ScrewおよびInfra Acetabular Screwの安全域 3DCTによる検討

    上原 健敬, 野田 知之, 吉村 将秀, 杉生 和久, 山川 泰明, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 木浪 陽, 尾崎 敏文

    骨折   37 ( Suppl. )   S188 - S188   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • Iliosacral screw挿入における仙骨安全域の検討

    上原 健敬, 野田 知之, 山川 泰明, 雑賀 建多, 中原 龍一, 木浪 陽, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 3 )   S805 - S805   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 足関節開放脱臼骨折に対してVAF flapを用いて治療した2例

    堀田 昌宏, 雑賀 建多, 野田 知之, 井上 円加, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 木浪 陽, 斎藤 太一

    骨折   36 ( Suppl. )   S432 - S432   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 下肢長管骨関節近傍骨折に対する一時的創外固定の有用性

    野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 建多, 斉藤 太一, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   23   207 - 207   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 三次元実体石膏模型を用いて、術前プレートベンディングを行った寛骨臼骨折の2例

    西山 武, 野田 知之, 島村 安則, 雑賀 建多, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( 3 )   643 - 647   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    CT画像を基に作成した三次元実体石膏模型を用いて、寛骨臼骨折の術前計画を行った。使用するプレートの設定位置を決定し、術前にベンディングした。2例の寛骨臼骨折(37歳男性、左寛骨臼骨折AO分類:62-A3。53歳男性、左骨盤輪骨折および右寛骨臼骨折AO分類:61-C1+62-B2)に対し、術前にベンディングしたプレートを使用し、良好な結果を得た。三次元実体石膏模型は、術前計画において画像からの把握(視覚的情報)のみならず、立体像の把握(触覚的情報)を得ることができる。手術に有用な情報が得られ術者を助けるばかりでなく、術前にチーム間で骨盤立体構造をディスカッションすることで、立体解剖の認識が高まり、教育の面でも有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • Roof impactionを伴う寛骨臼骨折の治療経験

    藤原 智洋, 野田 知之, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( 3 )   637 - 642   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Roof impactionを伴う寛骨臼骨折3例の手術治療について検討した。本所見に伴う骨折型は前壁骨折1例、前柱骨折2例であった。前壁骨折に伴う1例に対してはilioinguinal approachの2nd windowから前壁骨片を翻転し陥没骨片を直視下に整復した。前柱骨折に伴う2例に対してはmodified Stoppa approachにlateral windowを併用し、1例は陥没骨片直上の骨折部から整復を、1例は骨片直上を開窓し整復した。いずれも内固定および人工骨充填によるsubchondral supportを行った。全例整復位・臨床評価ともに概ね良好な成績を得たが、うち1例はアプローチ選択に課題が残った。Roof impactionの存在は成績不良因子とされるが、個々の症例における術前の詳細な評価、アプローチ選択および整復固定法の工夫により治療成績の改善が期待できる。(著者抄録)

    researchmap

  • 3D-CADシステムを用いた鎖骨の三次元形状比較

    中原 龍一, 野田 知之, 金澤 智子, 斉藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S286 - S286   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • A Case of Surgery for Kyphosis of the Thoracolumbar Spine in an Elderly Patient with Dysphagia 査読

    Kazuo Nakanishi, Kentarou Yamane, Masato Tanaka, Haruo Misawa, Kenta Saiga, Toshifumi Ozaki

    ACTA MEDICA OKAYAMA   65 ( 3 )   211 - 214   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Here we report a case of surgery for kyphosis of the thoracolumbar spine in an elderly patient, in whom surgery was performed because the patient had developed intractable digestive symptoms. The case was that of a 76-year-old female with complaints of back pain and dysphagia. When videofluoroscopic examination (VF) of swallowing was performed in the cardia of the stomach, images that indicated stagnation and the reflux of food were observed. It was easier for the patient to swallow food in the extension position. We performed corrective fusion of the posterior spine. After the surgery, the kyphosis angle was improved to 27 degrees, the patient's back pain was alleviated, and it became easier for the patient to swallow food. VF also showed that the patient's difficulties with the passage of food had improved. We believe that surgery is a good treatment option for cases of kyphosis with digestive symptoms and deteriorating activities of daily living (ADL), even in the absence of pain and paralysis. VF is also useful for performing evaluations before and after surgery.

    Web of Science

    researchmap

  • 掌側プレート固定を行った橈骨遠位端骨折における抜釘術の重要性

    島村 安則, 井上 円加, 小澤 正嗣, 斎藤 太一, 金澤 智子, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 1 )   258 - 258   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • ハンドル外傷による舟状骨骨折の1例

    金澤 智子, 島村 安則, 西田 圭一郎, 斎藤 太一, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 1 )   253 - 253   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 原発性肺癌患者における周術期管理について

    岩井 賢司, 築山 尚司, 太田 晴之, 大塚 貴久, 堅山 佳美, 雑賀 建多, 福田 智美, 萩山 明和, 石岡 裕也, 千田 益生

    理学療法学   38 ( Suppl.2 )   PI2 - 359   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本理学療法士協会  

    researchmap

  • 骨髄炎に対する抗菌薬含有セメント髄内釘による治療成績の検討

    金澤 智子, 野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 雑賀 建多, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本骨・関節感染症学会雑誌   24   43 - 46   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨・関節感染症学会  

    骨折治療後に生じた長管骨骨髄炎に対して抗菌薬含有セメント髄内釘または抗菌薬含有セメントロッドによる治療を行った7例の成績を報告した。男性6例、女性1例、年齢16〜81歳、罹患部位は大腿骨5例、脛骨2例、起因菌はMRSAが6例、不明1例であった。治療成績は6例(86%)で感染の沈静化が得られ、治療開始時に骨癒合していなかった5例中3例(60%)で骨癒合が得られた。代表例1例を提示した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J04867&link_issn=&doc_id=20110214090009&doc_link_id=%2Fey4kotsu%2F2010%2F002400%2F009%2F0043-0046%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fey4kotsu%2F2010%2F002400%2F009%2F0043-0046%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 人工膝関節全置換術術後早期投与におけるフォンダパリヌクスとエノキサパリンの比較検討

    岡田 幸正, 古松 毅之, 井谷 智, 雑賀 建多, 高田 直樹, 横山 裕介, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 2 )   399 - 403   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Chugoku-Shikoku Orthopaedic Association  

    Background: The validity of fondaparinux and enoxaparin has been reported in the prevention of deep vein thronbosis and pulmonary embolism (DVT/PE) after total knee arthroplasty (TKA). We compared the effectiveness of early administration of these two drugs after TKA.<br>Methods: We studied 32 patients who underwent TKA in the period between May 2009 and May 2010. The operations were performed under general anesthesia and femoral nerve block, using an air tourniquet, and using cements for implant fixation. The patients were divided in two groups, use of 2.5mg fondaparinux once daily (Fa group), and use of 2000IU of enoxaparin twice daily (Ex group). The initial dose was administered between 12 and 21 hours after surgery and continued for 14 days. We compared the incidence of DVT/PE, bleeding complications, D dimer level, and hemoglobin (Hb) loss.<br>Results: DVT/PE occurred in 6 patients (38%) in the Fa group, and 3 (19%) in the Ex group. Bleeding complications occurred in none of the Fa group and 4 (25%) in the Ex group. There were no significant differences in D dimer level and Hb loss.<br>Conclusion: Our results indicate that enoxaparin decreases the incidence of DVT/PE compared with fondaparinux, but increases the bleeding complications.

    DOI: 10.11360/jcsoa.23.399

    CiNii Article

    researchmap

  • Combined use of bFGF and GDF-5 enhances the healing of medial collateral ligament injury 査読

    Kenta Saiga, Takayuki Furumatsu, Aki Yoshida, Shin Masuda, Shota Takihira, Nobuhiro Abe, Toshifumi Ozaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   402 ( 2 )   329 - 334   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Basic fibroblast growth factor (bFGF) and growth and differentiation factor (GDF)-5 stimulate the healing of medial collateral ligament (MCL) injury. However, the effect of isolated and combined use of bFGF/GDF-5 remains still unclear. We investigated cellular proliferation and migration responding to bFGF/GDF-5 using rabbit MCL fibroblasts. Rabbit MCL injury was treated by bFGF and/or GDF-5 with peptide hydrogels. Gene expression and deposition of collagens in healing tissues were evaluated. bFGF/GDF-5 treatment additively enhanced cell proliferation and migration. bFGF/GDF-5 hydrogels stimulated Col1a1 expression without increasing Col3a1 expression. Combined use of bFGF/GDF-5 stimulated type I collagen deposition and the reorganization of fiber alignment, and induced better morphology of fibroblasts in healing MCLs. Our study indicates that combined use of bFGF/GDF-5 might enhance MCL healing by increasing proliferation and migration of MCL fibroblasts, and by regulating collagen synthesis and connective fiber alignment. (C) 2010 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.10.026

    Web of Science

    researchmap

  • 【肩関節・肩甲帯部疾患 病態・診断・治療の現状】治療 保存的治療と手術的治療の現状 骨折と脱臼 鎖骨骨折 鎖骨骨幹部骨折に対するプレート固定法 前下方プレート法、minimally invasive plate osteosynthesis法

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西山 武, 尾崎 敏文

    別冊整形外科   ( 58 )   71 - 75   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    2007年より鎖骨骨幹部骨折に対してプレート固定による手術的治療を行った症例は42例であった。そのうち、初期の32例に対してはanteroinferior plating法(AP法)を、2009年からの10例は、AP法を応用したminimally invasive plate osteosynthesis法(MIPO法)を施行した。AP法、MIPO法ともに全例において骨癒合が得られ、JOAスコア、DASHスコアともに良好な改善が得られた。MIPO法はAP法に比較して、早期に疼痛の軽減が得られている印象であった。AP法は従来の手術法に比べて早期に社会復帰が可能となる有用な方法であるが、さらにMIPO法はAP法のメリットに加えて整容面や骨折部の血流温存といった面でも有利であり、手術・保存的治療双方のメリットを併せ持つ優れた治療法であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J04037&link_issn=&doc_id=20101104480015&doc_link_id=10.15106%2FJ04037.2011097692&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2FJ04037.2011097692&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 肩鎖関節脱臼に合併した外傷性肩関節前方不安定症の1例

    島村 安則, 阿部 信寛, 野田 知之, 雑賀 建多, 斎藤 太一, 金澤 智子, 井上 円加, 小澤 正嗣, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    肩関節   35 ( 1 )   189 - 189   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    researchmap

  • ロッキングプレートによる下肢長管骨非感染性偽関節の治療成績

    藤原 智洋, 野田 知之, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文, 加原 尚明, 宮澤 慎一, 高城 康師

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 2 )   355 - 361   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    2005〜2008年に当科と関連施設で下肢長管骨非感染性偽関節に対してロッキングプレートによる治療を行った15例の成績を報告した。男性7例、女性8例、手術時年齢21〜82歳、手術部位は大腿骨骨幹部2例、大腿骨遠位部3例、脛骨近位部7例、脛骨骨幹部2例、脛骨遠位部1例であった。偽関節の種類はhypertrophic non-unionが9例、atrophic non-unionが6例であった。手術では14例に自家骨移植を併施した。治療成績は全例で骨癒合が得られた。術直後から最終観察時までのアライメント変化の度合いは、単純X線正面像で平均1.13°(0〜10°)、側面像で平均0.35°(0〜5°)であり、ほとんどの症例で良好なアライメントが維持されていた。術後合併症として遷延治癒を5例(33%)、矯正損失を1例(7%)に認め、感染や皮膚壊死などの軟部組織合併症は認めなかった。合併症を認めた6例中4例がatrophic non-unionであった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20101006220017&doc_link_id=10.11360%2Fjcsoa.22.355&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11360%2Fjcsoa.22.355&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 鎖骨骨幹部粉砕骨折に対するMIPOによる治療経験

    島村 安則, 野田 知之, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 建多, 斉藤 太一, 門田 康孝, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 2 )   494 - 495   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対する前下方プレート法による治療成績

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 金澤 智子, 井上 円加, 斎藤 太一, 小澤 正嗣, 雑賀 建多, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    肩関節   35 ( 1 )   75 - 75   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対するMIPOによる治療経験

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 雑賀 建多, 井上 円加, 尾崎 敏文

    骨折   32 ( Suppl. )   S82 - S82   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • "Gull Sign"を示す寛骨臼骨折の治療経験

    藤原 智洋, 野田 知之, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西山 武, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   32 ( Suppl. )   S87 - S87   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 掌側ロッキングプレートを用いて加療した橈骨遠位部骨折における抜釘術の検討

    島村 安則, 斎藤 太一, 金澤 智子, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 1 )   199 - 199   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Anterior cruciate ligament-derived cells have high chondrogenic potential 査読

    Takayuki Furumatsu, Motomi Hachioji, Kenta Saiga, Naoki Takata, Yusuke Yokoyama, Toshifumi Ozaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   391 ( 1 )   1142 - 1147   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Anterior cruciate ligament (ACL)-derived cells have a character different from medial collateral ligament (MCL)-derived cells. However, the critical difference between ACL and MCL is still unclear in their healing Potential and cellular response. The objective of this study was to investigate the mesenchymal differentiation property of each ligament-derived cell. Both ligament-derived cells differentiated into adipogenic, osteogenic, and chondrogenic lineages. In chondrogenesis, ACL-derived cells had the higher chondrogenic property than MCL-derived cells. The chondrogenic marker genes, Sox9 and alpha 1(II) collagen (Col2a1), were induced faster in ACL-derived pellets than in MCL-derived pellets. Sox9 expression preceded the increase of Col2a1 in both pellet-cultured cells. However, the expression level of Sox9 and a ligament/tendon transcription factor Scleraxis did not parallel the increase of Col2a1 expression along with chondrogenic induction. The present Study demonstrates that the balance between Sox9 and Scleraxis have an important role in the chondrogenic differentiation of ligament-derived cells. (C) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.12.044

    Web of Science

    researchmap

  • 【関節周辺骨折 最近の診断・治療】膝関節 ダブルプレートによる脛骨近位部骨折の治療戦略

    野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 建多, 門田 康孝, 尾崎 敏文

    別冊整形外科   ( 56 )   179 - 183   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    ダブルプレートで治療した脛骨近位部骨折19例(平均61歳)の成績を報告した。骨折型はAO分類41-A3が1例、C2が3例、C3が15例で、開放骨折は2例であった。初期治療として10例に膝関節架橋創外固定を施行し、ダブルプレート時の皮切は前外側と後内側に分離して作成した。術後観察期間3〜30ヵ月で、骨癒合期間は平均14.2週であった。平均膝関節可動域は伸展-2.4°、屈曲133.9°で、Holh & Luckの解剖学的評価はexcellent 12例、good 6例、fair 1例、機能的評価はexcellent 15例、good 4例であった。X線学的評価でtibial angleは術直後平均91.9°から最終時92.1°に、tibial plateau angleは7.4°から7.2°となり、5°以上のアライメント変化を起こした症例はなかった。術直後の整復位不良は2例、関節面step off残存は4例、関節面再陥没は2例に認めたが、感染・創離開・創壊死などはなかった。追加手術は1例でスクリュー入れ替えを行った。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J04037&link_issn=&doc_id=20091015480030&doc_link_id=10.15106%2FJ04037.2010044658&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2FJ04037.2010044658&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • ロッキングプレートによる下肢長幹骨非感染性偽関節の治療成績

    藤原 智洋, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 建多, 門田 康孝, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   21 ( 3 )   479 - 479   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • THA術前に発症した成人化膿性股関節炎の一例

    雑賀 建多, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 三谷 茂, 尾崎 敏文, 藤原 一夫

    中国・四国整形外科学会雑誌   20 ( 2 )   285 - 290   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    74歳女。関節リウマチによる右股関節変形に対しTHAを予定していたが、手術予定日の5日前に誘因なく右股関節痛が増悪し、発熱とCRPの上昇を認め入院となった。右股関節の可動域は制限され、単純X線で右股関節の関節裂間の消失と骨破壊を認めた。また、CTおよびMRIで右腸骨筋の腫脹と右股関節液の貯留を認めた。関節穿刺を行い、培養でα-Streptococcusを検出した。化膿性股関節炎と診断し、手術を施行した。後側方アプローチで関節包を切開すると、大量の関節液を認めた。関節内には中等度の滑膜増生を認め、デブリドマンを行った。骨頭軟骨は変性が高度であり、感染の波及も疑われたため、頸部で骨切りしGirdlestoneとした。入院後、抗菌薬は関節穿刺後にイミペネムを開始し、術後はクリンダマイシンを併用した。術後5ヵ月の画像所見および血液所見で異常を認めなかったためTHAを施行し、術後半年の現在、杖なしで歩行可能である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20081001070020&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2008%2F002002%2F020%2F0285-0290%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2008%2F002002%2F020%2F0285-0290%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ScleraxisとSox9による軟骨細胞分化調節

    古松 毅之, 迫間 巧将, 吉田 晶, 伊達 宏和, 鉄永 智紀, 雑賀 建多, 阿部 信寛, 宿南 知佐, 雨宮 三千代, 島野 仁, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   82 ( 8 )   S1098 - S1098   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 今日の整形外科治療指針 第8版

    雑賀 建多( 範囲: Sever病, Kohler病, Freiberg病)

    医学書院  2021年10月  ( ISBN:9784260042604

     詳細を見る

    総ページ数:xxvii, 964p   担当ページ:839-840   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 整形外科最小侵襲手術ジャーナル No. 100 特集「後足部疾患に対する最小侵襲治療の実際」

    雑賀 建多( 範囲: 踵骨骨折に対する外側小切開内固定術)

    全日本病院出版会  2021年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:63-70  

    researchmap

  • 足関節鏡視下手術の最前線 (整形外科最小侵襲手術ジャーナル No.83)

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 鏡視下足関節固定術 - 基本手技と成績 -)

    全日本病院出版会  2017年5月  ( ISBN:4881177761

     詳細を見る

    総ページ数:94   担当ページ:51-59   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    ASIN

    researchmap

  • 脳神経外科学(第12版)

    雑賀 建多, 今谷 潤也( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 腓骨神経障害)

    金芳堂  2016年3月  ( ISBN:9784765316675

     詳細を見る

    担当ページ:2604-2608   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • Ilizarov創外固定とMasquelet法が有効であった下腿遠位部開放骨折の1例

    近藤 宏也, 上原 健敬, 根津 智史, 松橋 美波, 出宮 光二, 横尾 賢, 斎藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   32   226 - 226   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 距踵骨癒合症に対する手術治療成績

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   S204 - S204   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 満足度を高める外反母趾治療 外反母趾に対する水平骨切り術の患者満足度 術前重症度の影響

    雑賀 建多, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   S109 - S109   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 寛骨臼骨折に対する骨接合術の治療成績

    出宮 光二, 野田 知之, 近藤 宏也, 松橋 美波, 横尾 賢, 上原 健敬, 齊藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   42 ( Suppl. )   S371 - S371   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【整形外科の外傷治療-現状と課題-】外傷教育の現状と課題 岡山大学の取り組み

    野田 知之, 尾崎 敏文, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 上原 健敬, 島村 安則

    関節外科   39 ( 4月増刊 )   24 - 29   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <文献概要>・整形外科全体にとって整形外傷教育は非常に重要なテーマであり,骨折・外傷に対する知識や手術手技のアップデートは,専攻医だけではなく指導医を含めた多くの整形外科医に求められるところである。しかし,外傷センターにおいて一貫した治療が展開される欧米と比べて,内因性疾患も含めた救命救急センターの整備・充実に重きを置いたわが国では,このようなシステム構築はなされておらず,未だ模索中といえる。・外傷治療のシステム構築や教育には各地の大学医局にその役割が期待されるところであるが,変性疾患の治療に重きが置かれたり,整形外傷が軽視される傾向は否定できない。外傷教育における施設間差,地域差はいまだ存在する。・若手整形外科医への教育のみならず,中堅医師の技術習得や継続学習,指導医の再学習,さらにはセンター化へ向けてのシステム構築とその普及など,解決すべき問題は多い。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00282&link_issn=&doc_id=20200414180007&doc_link_id=10.18885%2FJJS.0000000264&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18885%2FJJS.0000000264&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 関節鏡視下足関節固定術における遷延癒合発生のリスク因子についての検討

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 上原 健敬, 出宮 光二, 近藤 宏也, 佐藤 浩平, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S1188 - S1188   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 大腿骨骨形態の左右差について CTデータによる三次元的解析

    出宮 光二, 野田 知之, 近藤 宏也, 松橋 美波, 横尾 賢, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S946 - S946   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折に対する骨接合術の治療成績について

    出宮 光二, 野田 知之, 近藤 宏也, 横尾 賢, 松橋 美波, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S687 - S687   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂後AO/OTA分類の検者間および検者内信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 上原 健敬, 岡崎 勇樹, 松橋 美波, 出宮 光二, 横尾 賢, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S201 - S201   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 距骨外側突起骨折の治療経験

    吉村 将秀, 内藤 健太, 門田 康孝, 皆川 寛, 橋本 敏行, 多胡 典郎, 高城 康師, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   364 - 364   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 後脛骨筋が整復阻害因子となった右足関節開放脱臼骨折の1例

    梶木 遼太郎, 野田 知之, 近藤 宏也, 出宮 光二, 横尾 賢, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   355 - 355   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 外脛骨障害の手術治療成績

    雑賀 建多, 出宮 光二, 横尾 賢, 渡辺 雅仁, 久禮 美穂, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   381 - 381   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 距踵骨癒合症に対する手術治療成績

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 大橋 秀基, 出宮 光二, 近藤 宏也, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   381 - 381   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 体外衝撃波治療により早期復帰し得た膝蓋骨疲労骨折の2例

    藤井 政孝, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 釜付 祐輔, 雑賀 建多, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   367 - 367   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 思春期・若年成人の外反母趾手術 術後HVAに関与する因子の検討

    雑賀 建多, 横尾 賢, 出宮 光二, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 秋季学会 )   161 - 161   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 第4中足骨短縮症に対して創外固定器を用いて仮骨延長法を行った2例

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 横尾 賢, 出宮 光二, 近藤 宏也, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   40 ( Suppl. )   S422 - S422   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 鏡視下足関節固定術の遷延癒合発生因子についての検討

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 大橋 秀基, 出宮 光二, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   40 ( Suppl. )   S340 - S340   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 内反尖足に対する軟部組織解離術の成績

    井上 智博, 雑賀 建多, 出宮 光二, 横尾 賢, 堀田 昌宏, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   40 ( Suppl. )   S288 - S288   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 思春期・若年成人の外反母趾手術 術後HVAに関与する因子の検討

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 横尾 賢, 出宮 光二, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   40 ( Suppl. )   S282 - S282   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 多発外傷患者における筋断面積の推移の比較

    近藤 宏也, 上原 健敬, 出宮 光二, 横尾 賢, 斉藤 太一, 雑賀 建多, 堅山 佳美, 大塚 貴久, 島村 安則, 野田 知之, 千田 益生, 尾崎 敏文

    運動器リハビリテーション   30 ( 2 )   209 - 209   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本運動器科学会  

    researchmap

  • ポリオ後遺症による内反尖足に対する矯正手術

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 横尾 賢, 出宮 光三, 尾崎 敏文

    運動器リハビリテーション   30 ( 2 )   197 - 197   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本運動器科学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂前後AO/OTA分類の検者間信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 山川 泰明, 望月 雄介, 清野 正普, 斉藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   41 ( Suppl. )   S200 - S200   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 下腿遠位部開放骨折に対しMATILDA法(Multidirectional Ankle Traction using Ilizarov external fixator with Long rod and Distraction Arthroplasty)を用いた治療経験

    望月 雄介, 雑賀 建多, 出宮 光二, 大橋 秀基, 清野 正普, 齋藤 太一, 尾崎 敏文, 野田 知之

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 1 )   164 - 164   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 後脛骨筋腱の介在により整復不能であったピロン骨折の一例

    木浪 陽, 大塚 亮介, 上原 健敬, 楢崎 慎二, 杉本 佳久, 藤原 一夫, 臼井 正明, 雑賀 建多

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 1 )   164 - 164   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎による上腕骨滑車への影響

    内野 崇彦, 島村 安則, 山脇 正, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 好信, 古松 毅之, 名越 充, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S1041 - S1041   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 下腿骨幹部骨折の治療成績 腓骨骨折高位との関連について

    奥田 龍一郎, 山川 泰明, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S971 - S971   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 鏡視下足関節固定術における冠状面変形の変化

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S726 - S726   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 内反型変形性足関節症に対する鏡視下足関節固定術 外側関節溝の骨棘切除による効果に着目して

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 春季学会 )   74 - 74   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • Hip to calcaneus viewにおける脛骨天蓋荷重点についての検討

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   S152 - S152   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂前後AO/OTA分類の検者間信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 山川 泰明, 金丸 明博, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 土井 武, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   S139 - S139   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ手術後のPRO(ボディイメージ・抑うつ・機能)の改善は術前の疾患活動性に影響される

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   659 - 659   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 血管柄付き前外側大腿筋膜皮弁でアキレス腱再建を施行した2例の経験

    木下 雅人, 渡邊 敏之, 木股 敬裕, 雑賀 建多

    日本形成外科学会会誌   39 ( 2 )   87 - 87   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 変形性足関節症 鏡視下足関節固定術における冠状面変形の変化

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 渡辺 雅仁, 出宮 光二, 横尾 賢, 清野 正普, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S318 - S318   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • リウマチ足の治療成績を左右する因子 関節リウマチ患者の前足部変形に対する手術における術式選択と治療成績の検討

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 林 充, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S286 - S286   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 足関節脱臼骨折後遺残変形に対し腓骨延長を行った2例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 横尾 賢, 大橋 秀基, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S522 - S522   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 踵骨骨折に対する外側小切開内固定術の術後疼痛因子についての検討

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 清野 正普, 大橋 秀基, 依光 正則, 佐藤 徹, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S457 - S457   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • リトルリーグショルダーに対する新しい診断法 抵抗下外旋テストおよび抵抗下内旋テストの有用性

    内野 崇彦, 島村 安則, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   38 ( 4 )   681 - 681   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本整形外科スポーツ医学会  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の修復過程に与える因子についての検討

    内野 崇彦, 島村 安則, 山脇 正, 井上 博登, 島村 好信, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    JOSKAS   43 ( 4 )   496 - 496   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨骨幹部骨折に対するMIPOによる治療成績

    島村 安則, 山川 泰明, 吉村 将秀, 原田 遼三, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 上原 健敬, 雑賀 建多, 中原 龍一, 木浪 陽, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   28 ( 1 )   164 - 164   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大腿骨遠位骨幹部骨折偽関節に対する骨移植併用exchange nailingの治療経験

    小松原 将, 野田 知之, 杉生 和久, 堀田 昌宏, 上原 健敬, 山川 泰明, 雑賀 建多, 中原 龍一, 木浪 陽, 尾崎 敏文

    骨折   37 ( Suppl. )   S89 - S89   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ICU管理における小児四肢骨幹部骨折に対するelastic nailingの有用性

    木浪 陽, 野田 知之, 杉生 和久, 山川 泰明, 上原 健敬, 井上 円加, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   36 ( Suppl. )   S467 - S467   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半月板水平断裂に対する積極的縫合術の試み ; 症例報告

    伊達 宏和, 阿部 信寛, 古松 毅之, 雑賀 建多, 高田 直樹, 横山 裕介, 尾崎 敏文

    JOSKAS   35 ( 1 )   128 - 129   2010年3月

     詳細を見る

  • 創外固定を用いて加療した手関節非定型抗酸菌症の1例

    島村 安則, 野田 知之, 雑賀 建多, 門田 康孝, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌 = The journal of the Japanese Association of External Fixation and Limb Lengthening   21   186 - 186   2010年1月

     詳細を見る

  • 外側小切開による踵骨関節内骨折の治療成績

    雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 門田 康孝, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   31 ( 2 )   359 - 362   2009年5月

     詳細を見る

  • ロッキングプレートによる長管骨骨折治療 : その有用性と問題点

    雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 尾崎 敏文, 今谷 潤也, 寺田 忠司

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 ( 3 )   663 - 664   2009年5月

     詳細を見る

  • 半月板バケツ柄断裂に対する縫合術の適応と限界

    伊達 宏和, 阿部 信寛, 古松 毅之, 雑賀 建多, 迫間 巧将, 尾崎 敏文

    膝 = The knee   33 ( 2 )   247 - 250   2009年4月

     詳細を見る

  • 膝外側部腫脹を伴った外側半月板中後節フラップ断裂に対する縫合術の検討

    古松 毅之, 阿部 信寛, 伊達 宏和, 雑賀 建多, 横山 裕介, 高田 直樹, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌 = The journal of the Chugoku-Shikoku Orthopaedic Association   21 ( 1 )   23 - 28   2009年4月

     詳細を見る

  • LCPにてMIPOを施行した下腿遠位部骨折の治療成績

    門田 康孝, 野田 知之, 島村 安則, 雑賀 建多, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   31 ( 1 )   59 - 62   2009年2月

     詳細を見る

  • 5.生体肺移植におけるリハビリテーション(第22回日本リハビリテーション医学会中国・四国地方会)

    堅山 佳美, 千田 益生, 雑賀 建多, 尾崎 敏文

    リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌   46 ( 2 )   132 - 132   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本リハビリテーション医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 股関節滑膜性軟骨腫症の1例

    雑賀 建多, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    Hip joint   34   796 - 800   2008年11月

     詳細を見る

  • Sirus nail による大腿骨骨幹部骨折の治療経験

    佐々木 剛, 野田 知之, 島村 安則, 門田 康孝, 雑賀 建多, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 6 )   1087 - 1088   2008年11月

     詳細を見る

  • 脛骨遠位部骨折の治療戦略

    雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 門田 康孝, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 4 )   683 - 684   2008年7月

     詳細を見る

  • 大腿に発生した desmoplastic fibroblastoma の 2 例の経験.

    森本 裕樹, 雑賀 建多, 米田 泰史, 大畑 範英, 国定 俊之, 尾﨑 敏文

    中部整災誌   51 ( 5 )   851 - 852   2008年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 距踵骨癒合症に対する手術治療成績

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾﨑 敏文, 大橋 秀基

    第45回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月26日 - 2020年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外反母趾に対する水平骨切り術の患者満足度 - 術前重症度の影響 -

    雑賀 建多, 尾﨑 敏文

    第45回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月26日 - 2020年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 診療に役立つ足の整形外科基礎知識 招待

    雑賀 建多

    第8回整形外科医のためのナレッジセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折に対する骨接合術の治療成績

    出宮 光二, 野田 知之, 近藤 宏也, 松橋 美波, 横尾 賢, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第46回日本骨折治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月19日 - 2020年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3DCT 計測による大腿骨骨幹部骨折術後の回旋変形の解析

    佐藤 浩平, 野田 知之, 上原 健敬, 島村 安則, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 近藤 宏也, 尾﨑 敏文

    第46回日本骨折治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月19日 - 2020年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ilizarov 創外固定と Masquelet 法が有効であった下腿遠位部開放骨折の1例

    近藤 宏也, 上原 健敬, 根津 智史, 松橋 美波, 出宮 光二, 横尾 賢, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第33回日本創外固定・骨延長学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月3日 - 2020年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腿骨骨形態の左右差について - CT データによる三次元的解析 -

    出宮 光二, 野田 知之, 近藤 宏也, 松橋 美波, 横尾 賢, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外反母趾に対する水平骨切り術の成績 - SAFE-Q を用いた検討 -

    雑賀 建多

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折に対する骨接合術の治療成績について

    出宮 光二, 野田 知之, 近藤 宏也, 横尾 賢, 松橋 美波, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改定後 AO/OTA 分類の検者間および検者内信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 上原 健敬, 岡﨑 勇樹, 松橋 美波, 出宮 光二, 横尾 賢, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節鏡視下足関節固定術における遷延癒合発生のリスク因子についての検討

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 上原 健敬, 出宮 光二, 近藤 宏也, 佐藤 浩平, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 整形外科医の家事・育児の役割分担、現状と課題 - 夫婦へのアンケート調査および主婦業体験を踏まえて -

    雑賀 建多

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 体外衝撃波治療により早期復帰し得た膝蓋骨疲労骨折の2例

    藤井 政孝, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 釜付 祐輔, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外脛骨障害の手術治療成績

    雑賀 建多, 出宮 光二, 横尾 賢, 渡辺 雅仁, 久禮 美穂, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 距骨外側突起骨折の治療経験

    吉村 将秀, 内藤 健太, 門田 康孝, 皆川 寛, 橋本 敏行, 多胡 典郎, 高城 康師, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 後脛骨筋が整復阻害因子となった右足関節開放脱臼骨折の1例

    梶木 遼太郎, 野田 知之, 近藤 宏也, 出宮 光二, 横尾 賢, 上原 健敬, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 距踵骨癒合症に対する手術治療成績

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 大橋 秀基, 出宮 光二, 近藤 宏也, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工足関節置換術、理想のアライメントを目指して

    雑賀 建多

    Orthopedics seminar 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足の外科診療の実際 - 外反母趾と変形性足関節症を中心に - 招待

    雑賀 建多

    第8回岡山関節骨疾患懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 鏡視下足関節固定術の遷延癒合発生因子についての検討

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 大橋 秀基, 出宮 光二, 尾﨑 敏文

    第44回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月26日 - 2019年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内反尖足に対する軟部組織解離術の成績

    井上 智博, 雑賀 建多, 出宮 光二, 横尾 賢, 堀田 昌宏, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第44回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月26日 - 2019年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 思春期・若年成人の外反母趾手術 - 術後 HVA に関与する因子の検討 -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 横尾 賢, 出宮 光二, 尾﨑 敏文

    第44回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月26日 - 2019年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 第4中足骨短縮症に対して創外固定器を用いて仮骨延長法を行った2例

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 横尾 賢, 出宮 光二, 近藤 宏也, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第44回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月26日 - 2019年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 思春期・若年成人の外反母趾手術 - 術後 HVA に関与する因子の検討 -

    雑賀 建多, 横尾 賢, 出宮 光二, 尾﨑 敏文

    第133回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日 - 2019年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外脛骨障害の手術治療成績

    雑賀 建多, 出宮 光二, 横尾 賢, 渡辺 雅仁, 久禮 美穂, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第7回四国足の外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多発外傷患者における筋断面積の推移の比較

    近藤 宏也, 上原 健敬, 出宮 光二, 横尾 賢, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 堅山 佳美, 大塚 貴久, 島村 安則, 野田 知之, 千田 益生, 尾﨑 敏文

    第31回日本運動器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリオ後遺症による内反尖足に対する矯正手術

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 横尾 賢, 出宮 光二, 尾﨑 敏文

    第31回日本運動器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂前後 AO/OTA 分類の検者間信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 山川 泰明, 望月 雄介, 清野 正普, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第45回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎による上腕骨滑車への影響

    内野 崇彦, 島村 安則, 山脇 正, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 好信, 古松 毅之, 名越 充, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鏡視下足関節固定術における冠状面変形の変化

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂前後 AO/OTA 分類の検者間信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 山川 泰明, 金丸 明博, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 土井 武, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下腿骨幹部骨折の治療成績 - 腓骨骨折高位との関連について -

    奥田 龍一郎, 山川 泰明, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hip to calcaneus view における脛骨天蓋荷重点についての検討

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Postoperative pain factors of calcaneal fractures treated by sinus tarsi approach

    Yokoo S, Noda T, Yorimitsu M, Sato T, Ogawa K, Shimamura Y, Saiga K, Saito T, Demiya K, Matsuhashi M, Ozaki T

    ECTES 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月5日 - 2019年5月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Clinical outcomes of osteosynthesis for fractures of the acetabulum

    Demiya K, Noda T, Yokoo S, Matsuhashi M, Yamakawa Y, Saito T, Saiga K, Shimamura Y, Ozaki T

    ECTES 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月5日 - 2019年5月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ手術後の PRO (ボディイメージ・抑うつ・機能)の改善は術前の疾患活動性に影響される

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 内反型変形性足関節症に対する鏡視下足関節固定術 - 外側関節溝の骨棘切除による効果に着目して -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第132回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月5日 - 2019年4月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリオ後遺症による内反尖足に対する矯正手術

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文, 堀田 昌宏

    第1回中国・四国足の外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肛門周囲軟部損傷を合併し治療に難渋した Morel-Lavallee lesion の1例

    横尾 賢, 野田 知之, 島村 安則, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 山川 泰明, 清野 正普, 松橋 美波, 岡﨑 勇樹, 近藤 宏也, 尾﨑 敏文

    第24回救急整形外傷シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月22日 - 2019年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腸骨稜計測による high route 創外固定ピン至適位置検討

    横尾 賢, 野田 知之, 出宮 光二, 望月 雄介, 清野 正普, 齋藤 太一, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第32回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日 - 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロサージャリーと創外固定にて患肢温存し10年後に変形矯正をおこなった重度下腿開放骨折の一例

    望月 雄介, 雑賀 建多, 出宮 光二, 大橋 秀基, 清野 正普, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第32回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日 - 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工関節周囲骨折に対するプレート骨接合術 - Locking plate を中心に -

    野田 知之, 山川 泰明, 横尾 賢, 出宮 光二, 清野 正普, 望月 雄介, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 遠藤 裕介, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第32回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日 - 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変形性足関節症 stage IIIb に対して Distal Tibial Oblique Osteotomy(DTOO)を行い術後良好な社会復帰を果たした一例

    近藤 宏也, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第32回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日 - 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 耕運機外傷による下腿感染性偽関節、骨欠損に対してイリザロフ型創外固定を用いて治療した1例

    清野 正普, 野田 知之, 山川 泰明, 雑賀 建多, 出宮 光二, 望月 雄介, 大橋 秀基, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第32回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日 - 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 第4中足骨短縮症に対して創外固定器を用いて仮骨延長法を行った2例

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 野田 知之, 清野 正普, 望月 雄介, 出宮 光二, 尾﨑 敏文

    第32回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日 - 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Clinical outcomes of treatment with locking compression plates for distal femoral fractures in a retrospective cohort

    Kiyono M, Noda T, Nagano H, Maehara T, Yamakawa Y, Mochizuki Y, Uchino T, Yokoo S, Demiya K, Saiga K, Shimamura Y, Ozaki T

    ORS ISFR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月27日 - 2018年11月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Chronic osteomyelitis of the left lower leg 6 years after the first operation: a case report

    Demiya K, Noda T, Mochizuki Y, Kiyono M, Yamakawa Y, Saiga K, Shimamura Y, Ozaki T

    ORS ISFR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月27日 - 2018年11月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内反尖足に対する後内側解離術の治療成績

    井上 智博, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第51回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月24日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鏡視下足関節固定術における冠状面変形の変化

    雑賀 建多, 井上 智博, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第51回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月24日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外反母趾に対する水平骨切り術の成績 - 成績不良例の検討 -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足関節脱臼骨折後遺残変形に対し腓骨延長を行った2例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 横尾 賢, 大橋 秀基, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する手術における術式選択と治療成績の検討

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 林 充, 尾﨑 敏文

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 鏡視下足関節固定術における冠状面変形の変化

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 渡辺 雅仁, 出宮 光二, 横尾 賢, 清野 正普, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ外側趾 MTP 関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 踵骨骨折に対する外側小切開内固定術の術後疼痛因子についての検討

    横尾 賢, 雑賀 建多, 野田 知之, 清野 正普, 大橋 秀基, 依光 正則, 佐藤 徹, 尾﨑 敏文

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 後脛骨筋腱の介在により整復不能であったピロン骨折の1例

    木浪 陽, 大塚 亮介, 上原 健敬, 楢崎 慎二, 杉本 佳久, 藤原 一夫, 臼井 正明, 雑賀 建多

    第59回岡山骨折研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下腿遠位部開放骨折に対する MATILDA 法を用いた治療経験

    望月 雄介, 雑賀 建多, 出宮 光二, 大橋 秀基, 清野 正普, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第59回岡山骨折研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リトルリーグショルダーに対する新しい診断法 - 抵抗下外旋テストおよび抵抗下内旋テストの有用性 -

    内野 崇彦, 島村 安則, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月7日 - 2018年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチの重度前足部変形に対して両足趾形成術を施行した1例

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 川上 和秀, 雑賀 建多, 林 充

    第6回四国足の外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スポーツ障害としての外脛骨障害

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第6回四国足の外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外反母趾に対する水平骨切り術の治療成績

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第6回四国足の外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 血管柄付き腸骨移植とイリザロフ創外固定を併用し足関節固定術を行った足関節骨折後真菌感染の1例

    清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 山川 泰明, 出宮 光二, 横尾 賢, 望月 雄介, 大橋 秀基, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第31回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月3日 - 2018年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 指節骨用創外固定器を用いて治療した化膿性 DIP 関節炎・骨髄炎の2例

    齋藤 太一, 島村 安則, 出宮 光二, 望月 雄介, 清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第31回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月3日 - 2018年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎の1例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 横尾 賢, 望月 雄介, 清野 正普, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第31回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月3日 - 2018年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下腿遠位部開放骨折に対し MATILDA 法を用いて治療した一例

    望月 雄介, 雑賀 建多, 齋藤 太一, 清野 正普, 大橋 秀基, 出宮 光二, 尾﨑 敏文, 野田 知之

    第31回日本創外固定・骨延長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月3日 - 2018年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足の外科診療の実際 - 保存療法から手術まで -

    雑賀 建多

    第47回備後整形外科フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 思春期に発生した足関節脱臼骨折に伴う距骨滑車部骨軟骨骨折の一例

    浅野 哲弘, 長谷川 康裕, 中村 圭, 雑賀 建多

    第44回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎の1例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 横尾 賢, 望月 雄介, 清野 正普, 小松原 将, 吉村 将秀, 山川 泰明, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第44回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児大腿骨骨幹部骨折の治療成績 elastic nail と保存加療の比較検討

    望月 雄介, 清野 正普, 内野 崇彦, 島村 安則, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾﨑 敏文, 山川 泰明, 木浪 陽

    第44回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の修復過程に与える因子についての検討

    内野 崇彦, 島村 安則, 山脇 正, 井上 博登, 島村 好信, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Achilles tendon rupture in professional football players: a report of two cases

    Kamatsuki Y, Miyazawa S, Saiga K, Takeda K, Abe N, Shimamura Y, Senda M, Ozaki T

    XXVII Isokinetic Medical Group Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月2日 - 2018年6月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • リトルリーグショルダーに対する新しい診断法 - 抵抗下外旋テストおよび抵抗下内旋テストの有用性 -

    内野 崇彦, 島村 安則, 志渡澤 央和, 中道 亮, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 島村 好信, 古松 毅之, 名越 充, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外反母趾に対する水平骨切り術の治療成績 - 術後再発例と非再発例の SAFE-Q による比較検討 -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 出宮 光二, 清野 正普, 吉村 将秀, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アスリートにおける外脛骨障害の治療経験

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 木曽 洋平, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リスフラン関節損傷(subtle injury)の手術適応はどのように決めるべきか - 4症例を振り返って -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第1回四国足の外科セミナーin道後 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 診断遅延し治療に難渋した足関節・距骨複合損傷の一例

    出宮 光二, 野田 知之, 横尾 賢, 内野 崇彦, 望月 雄介, 清野 正普, 小松原 将, 吉村 将秀, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第23回救急整形外傷シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月23日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における足長変化に関する検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における外脛骨障害の治療成績

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 堀田 昌宏

    第42回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外反母趾に対する水平骨切り術の治療成績 - 術後再発例と非再発例のSAFE-Qによる比較検討 -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 出宮 光二, 横尾 賢, 清野 正普, 吉村 将秀, 尾﨑 敏文

    第42回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Charcot 関節に生じた足関節骨折に対して、イリザロフ創外固定器による関節固定術を施行した2例

    清野 正普, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 野田 知之, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第42回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 距骨外側突起骨折の治療経験

    吉村 将秀, 野田 知之, 出宮 光二, 横尾 賢, 大橋 秀基, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文

    第42回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 踵骨開放骨折術後創部感染症によるアキレス腱欠損に対し ALT flap を用いたアキレス腱再建術を行った1例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 清野 正普, 大橋 秀基, 吉村 将秀, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第42回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CRPS 罹患肢に生じた脛腓骨遠位端骨折の治療経験

    横尾 賢, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 清野 正普, 吉村 将秀, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第42回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 足関節脱臼骨折後遺残変形に対し腓骨延長を行った2例

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 出宮 光二, 横尾 賢, 内野 崇彦, 清野 正普, 望月 雄介, 小松原 将, 吉村 将秀, 中道 亮, 山川 泰明, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第58回岡山骨折研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎の1例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 横尾 賢, 内野 崇彦, 望月 雄介, 小松原 将, 吉村 将秀, 大橋 秀基, 山川 泰明, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第58回岡山骨折研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足関節脱臼骨折後遺残変形に対し腓骨延長を行った2例

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 出宮 光二, 清野 正普, 吉村 将秀, 山川 泰明, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第58回岡山骨折研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リスフラン関節損傷(subtle injury)の手術適応はどのように決めるべきか-4症例を振り返って-

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 出宮 光二, 横尾 賢, 内野 崇彦, 清野 正普, 望月 雄介, 小松原 将, 吉村 将秀, 中道 亮, 山川 泰明, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第7回岡山外傷カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 青年期の肘関節弛緩性に対して年齢が与える影響についての検討

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 名越 充, 中道 亮, 井上 博登, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月8日 - 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における足長変化

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 竹下 歩, 兼田 大輔, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第46回日本リウマチ外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月25日 - 2017年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 足関節脱臼骨折遺残変形に対し腓骨延長を行った2例

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 出宮 光二, 横尾 賢, 内野 崇彦, 清野 正普, 望月 雄介, 小松原 将, 吉村 将秀, 中道 亮, 山川 泰明, 齋藤 太一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第5回四国足の外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 踵骨開放骨折術後創部感染症によるアキレス腱欠損に対し ALT flap を用いたアキレス腱再建術を行った1例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 清野 正普, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 吉村 将秀, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第43回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Transiliac-transsacral screw 挿入における安全域の CT 計測

    吉村 将秀, 野田 知之, 内野 崇彦, 望月 雄介, 清野 正普, 小松原 将, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第43回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する肘関節外反弛緩性の影響-健側との比較-

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 井上 博登, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左下腿遠位部骨折術後6年で再燃を認めた難治性骨髄炎の1例

    出宮 光二, 雑賀 建多, 内野 崇彦, 日野 知仁, 宇川 諒, 吉村 将秀, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文, 野田 知之

    第40回日本骨・関節感染症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月16日 - 2017年6月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of UCL insufficiency on the process for restration of capitellar OCD in baseball players

    Uchino T, Shimamura Y, Shimamura Y, Nakamichi R, Nagoshi M, Inoue H, Saiga K, Furumatsu T, Noda T, Ozaki T

    The27th Korean-Japanese Combined Orthopaedic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月25日 - 2017年5月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Safe Zone of Transiliac - transsacral screws by CT measurement

    Yoshimura M, Noda T, Uchino T, Mochizuki Y, Kiyono M, Komatsubara T, Yamakawa Y, Saiga K, Shimamura Y, Ozaki T

    The27th Korean-Japanese Combined Orthopaedic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月25日 - 2017年5月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腿骨遠位部骨折に対して LCP-DF による相対的固定を行う際の至適スクリュー挿入位置に関する検討

    清野 正普, 野田 知之, 山川 泰明, 吉村 将秀, 杉生 和久, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肘関節内側側副靭帯損傷に対する関節造影ストレス撮影の有用性

    島村 安則, 内野 崇彦, 島村 好信, 中道 亮, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cedell's fracture の治療経験

    出宮 光二, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 建多, 山川 泰明, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の発生部位は内側支持機構のゆるみに影響される

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 中道 亮, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 重度外反母趾に対する手術成績 - 母趾 MTP 関節固定術と骨切り術の比較 -

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨盤輪損傷に対する術中 CT/3D ナビゲーション併用した経皮スクリュー固定の有用性

    望月 雄介, 杉本 和久, 吉村 将秀, 清野 正普, 島村 安則, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文, 野田 知之, 中原 龍一, 山川 泰明

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における足部障害の評価

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存水術の治療成績

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SAFE-Q を用いた関節リウマチ足部手術成績の評価

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • High route 創外固定ピン至適挿入のための腸骨稜の形態学的検討

    吉村 将秀, 野田 知之, 内野 崇彦, 望月 雄介, 清野 正普, 小松原 将, 山川 泰明, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 陳旧性足関節周囲骨折に対してイリザロフ創外固定器を用いて関節固定術を施行した2例

    清野 正普, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第128回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月7日 - 2017年4月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腿骨近位骨幹端部の難治性骨折に対する double platig の治療経験

    吉村 将秀, 野田 知之, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第128回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月7日 - 2017年4月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Resection versus joint-preserving arthroplasty for forefoot deformities in patients with rheumatoid arthritis

    Horita M, Machida T, Nakahara R, Nasu Y, Nishida K, Ohashi H, Ozaki T, Saiga K

    AAOS 2017 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月14日 - 2017年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 陳旧性足関節周囲骨折に対してイリザロフ創外固定器を用いて関節固定を施行した2例

    清野 正普, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第30回創外固定・骨延長学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月3日 - 2017年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肘関節投球障害に対する関節造影ストレス撮影の有用性

    島村 安則, 内野 崇彦, 島村 好信, 中道 亮, 井上 博登, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第29回日本肘関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月3日 - 2017年2月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する内側支持機構のゆるみの影響

    内野 崇彦, 島村 安則, 島村 好信, 中道 亮, 井上 博登, 名越 充, 雑賀 建多, 古松 毅之, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第29回日本肘関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月3日 - 2017年2月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 患者立脚型評価SAFE-Qの用いた関節リウマチ前足部手術における治療成績評価

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日 - 2016年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足部・足関節のスポーツ傷害-小児期の疾患を中心に- 招待

    雑賀 建多

    第25回 兵庫県整形外科スポーツ医学教育研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における足部障害の評価

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 堀田 昌宏, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第41回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足部疾患に対する足底装具の有効性

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第41回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 踵骨骨折術後骨髄炎の治療経験

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 野田 知之, 堀田 昌宏, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第41回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 重度外反母趾に対する手術成績-母趾 MTP 関節固定術と骨切り術の比較-

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 清野 正普, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第41回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存手術の治療成績の比較

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第41回日本足の外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足部疾患に対する足底装具の有効性

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第44回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日 - 2016年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 重度外反母趾に対する手術成績-母趾 MTP 関節固定術と骨切り術の比較-

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 清野 正普, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT analysis for the safe zone of screw placement in posterior acetabular column

    吉村 将秀, 野田 知之, 内野 崇彦, 山川 泰明, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 小児下肢骨折に対する flexibie nailing の治療経験

    望月 雄介, 杉生 和久, 吉村 将秀, 清野 正普, 岡崎 良紀, 横尾 賢, 島村 安則, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文, 野田 知之, 中原 龍一, 山川 泰明

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 踵骨骨折術後骨髄炎の治療経験

    清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 山川 泰明, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月30日 - 2016年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 重度外反母趾に対する手術成績-母趾 MTP 関節固定術と骨切り術の比較-

    雑賀 建多, 大橋 秀基, 清野 正普, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月30日 - 2016年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スポーツ指導者に必要な医学的知識

    雑賀 建多

    平成28年度 スポーツリーダー養成講習会兼スポーツ少年団認定員養成講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児から成長期の足部・足関節疾患について 招待

    雑賀 建多

    平成28年度 岡山大学整形外科夏期セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月21日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 距骨下関節開放脱臼骨折に対し観血的内固定及び靭帯修復を行った1例

    伊達 宏和, 雑賀 建多, 小西池 泰三, 高木 徹

    JOSKAS 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月28日 - 2016年7月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足部・足関節疾患の診断と治療 招待

    雑賀 建多

    第2回岡山県理学療法士会主催卒後研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月13日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 踵骨骨折術後骨隨炎の治療経験

    清野 正普, 雑賀 建多, 野田 知之, 内野 崇彦, 小松原 将, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 大橋 秀基, 望月 雄介, 杉生 和久, 山川 泰明, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第39回日本骨・関節感染症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月8日 - 2016年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT 計測による足関節内果の形態学的特徴

    吉村 将秀, 野田 知之, 小松原 将, 杉生 和久, 堀田 昌宏, 山川 泰明, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第42回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月1日 - 2016年7月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 経皮人工心肺により発生したコンパートメント症候群

    山川 泰明, 日野 知仁, 吉村 将秀, 小松原 将, 雑賀 建多, 野田 知之, 木浪 陽

    第22回救急整形外傷シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月17日 - 2016年6月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 過去6年間でプロサッカー選手に発生した肉離れの検討

    大森 敏規, 雑賀 建多, 武田 健, 宮澤 慎一, 島村 安則, 千田 益生, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛

    第89回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山県における野球肘検診の現状と未来

    島村 安則, 名越 充, 島村 好信, 乍 智之, 雑賀 建多, 内野 崇彦, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第89回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ct analysis of the safe zone of posterior column screws in acetabular fractures surgery

    Yoshimura M, Uehara T, Noda T, Komatsubara T, Sugiu K, Yamakawa Y, Nakahara R, Saiga K, Shimamura Y, Ozaki T

    17th ECTES Congress 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月24日 - 2016年4月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 経皮的心肺補助装置使用後の下腿コンパートメント症候群に対する治療経験

    日野 知仁, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第126回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月8日 - 2016年4月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 診断に難渋した足部発症の末梢関節性脊椎関節炎の1例

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文

    第126回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月8日 - 2016年4月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • claw toe に対して後足部鏡視下 FHL 腱切離術を施行した2例

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 吉村 将秀, 堀田 昌宏, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第126回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月8日 - 2016年4月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下肢長管骨骨幹部骨折に対し髄内釘治療を試行し回旋変形を生じた2例

    望月 雄介, 野田 知之, 島村 安則, 雑賀 建多, 中原 龍一, 上原 健敬, 吉村 将秀, 尾﨑 敏文

    第10回日本CAOS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月24日 - 2016年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 変形性足関節症におけるCCN3を介した新たな軟骨細胞老化制御機構の解明

    研究課題/領域番号:21K09280  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    雑賀 建多, 服部 高子, 中田 英二, 二川 摩周, 尾崎 敏文, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    変形性足関節症 (osteoarthritis of the ankle; OA of the ankle)の患者では痛みや歩行障害により日常生活動作が著しく低下する。我々はOA関連遺伝子の探索を行い、軟骨組織の発生・分化・再生過程において多様な生理機能を持つCellular Communication Network Factor (CCN)フ ァミリー遺伝子のうち、CCN3がヒトから得られた関節軟骨細胞で加齢とともに有意に増加していることを認めた。また、酸化ストレス刺激により老化を誘導した軟骨細胞でCCN3 発現の上昇を認めた。そこで、これらの結果をもとに足関節においてCCN3が軟骨細胞の老化によるOAを促進するか検討し、足関節の軟骨細胞において、CCN3を介した加齢性変性に対する分子メカニズムを解明することを目的としている。
    <BR>
    研究実施計画に基づき、足関節固定術や人工足関節置換術時に軟骨組織を採取し解析を行なっている。令和3年度は、まず並行して行なっている股関節軟骨研究を進めた。すなわち、Normal群とOA群を荷重部と非荷重部で分け、それぞれの組織をサフラニンOで染色した。肉眼的にOA群荷重部で明らかな軟骨層の菲薄化が確認できた。また、培養した軟骨細胞のmRNAをReal-time PCRを使用しCCN2, 3とADAMTS5で評価した。CCN3, ADAMTS5で荷重、非荷重関係なしにOA群で有意に上昇を認めた。また、両群において年齢との相関はなかった。さらに、組織より直接抽出した軟骨細胞のmRANを評価した。荷重、非荷重に関与することなくそれぞれの因子でOA群において有意に上昇を認めた。また、両群において年齢との相関はなかった。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 整形外科学(基本臨床実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 運動器系(臓器・系別統合講義) (2020年度) 特別  - その他