2022/02/05 更新

写真a

ミムラ ユカリ
三村 由香里
MIMURA Yukari
所属
教育学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 学校保健医科学

  • School health care

研究分野

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

所属学協会

委員歴

  • 中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会  

    2019年2月 - 2021年2月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

 

書籍等出版物

  • 衛藤 隆,岡田加奈子,三村由香里,崎山 弘,近藤 卓,小枝達也,渡邉正樹他(共著)

    南山堂  2010年 

     詳細を見る

  • 養護教諭のための保健・医療・福祉系実習ハンドブック

    東山書房  2005年 

     詳細を見る

  • 最新看護学-学校で役立つ看護技術-

    東山書房  2001年 

     詳細を見る

MISC

  • 養護教諭への模擬事例を用いたフィジカルアセスメント教育プログラムの実践および評価

    日本健康相談活動学会誌   9 ( 1 )   31 - 46   2014年

     詳細を見る

  • 養護実践のための四肢外傷チェックリストの提案ー試用により明らかになった現状と課題ー

    三村由香里, 松枝睦美, 上村弘子, 津島愛子, 高橋香代

    日本養護教諭教育学会誌   15 ( 2 )   13 - 22   2012年

     詳細を見る

  • 抗甲状腺薬により劇症肝炎をきたし肝移植にて救命しえた一例

    塚本尚子, 大塚文男, 鈴木二郎, 武田昌也, 稲垣兼一, 小倉可奈子, 中村絵里, 三好智子, 三村由香里, 小倉俊郎, 元木崇之, 槇野博史

    日本内分泌学会雑誌   87   35 - 37   2011年

     詳細を見る

  • 学部教育における総合的教員実践力の保証をめざすケースメソッド教育モデル教材の開発とその評価

    岡田加奈子, 竹鼻ゆかり, 三村由香里, 松枝睦美

    日本教育大学協会研究年報   29   249 - 262   2011年

     詳細を見る

  • 養護教諭養成教育における「教職実践ポートフォリオ」の開発ー岡山大学の取り組みー

    上村弘子, 住野好久, 松枝睦美, 三村由香里, 田嶋八千代, 伊藤武彦, 門田新一郎, 太田泰子, 本田浩江, 番場和恵, 村田亜矢子, 高橋香代

    日本教育大学協会研究年報   29   73 - 90   2011年

     詳細を見る

  • 養護教諭の行う救急処置ー実践における「判断」と「対応」の実際ー

    岡 美穂子, 松枝睦美, 三村由香里, 上村弘子, 高橋香代

    学校保健研究   53 ( 5 )   399 - 410   2011年

     詳細を見る

  • Enhancement of aldosterone-induced catecholamine production by bone morphogenetic protein-4 through activating Rho and SAPK/JNK pathway in adrenomedullar cells

    Junko Goto, Fumio Otsuka, Misuzu Yamashita, Jiro Suzuki, Hiroyuki Otani, Hiroko Takahashi, Tomoko Miyoshi, Yukari Mimura, Toshio Ogura, Hirofumi Makino

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM   296 ( 4 )   E904 - E916   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    Goto J, Otsuka F, Yamashita M, Suzuki J, Otani H, Takahashi H, Miyoshi T, Mimura Y, Ogura T, Makino H. Enhancement of aldosterone-induced catecholamine production by bone morphogenetic protein-4 through activating Rho and SAPK/JNK pathway in adrenomedullar cells. Am J Physiol Endocrinol Metab 296: E904-E916, 2009. First published February 9, 2009; doi:10.1152/ajpendo.90840.2008.-Here we investigated the effects of mineralocorticoid in the regulation of catecholamine biosynthesis using rat pheochromocytoma PC12 cells. Expression of mineralocorticoid receptor (MR) was confirmed in undifferentiated PC12 cells. Aldosterone stimulated dopamine production by PC12 cells without any increase in cAMP activity. Aldosterone-induced dopamine accumulation was enhanced in accordance with the increase in the rate-limiting enzyme tyrosine hydroxylase (TH). Blocking MR with eplerenone suppressed aldosterone-induced increases of TH mRNA and dopamine production. A glucocorticoid receptor (GR) antagonist, RU-486, attenuated dexamethasone-but not aldosterone-induced TH expression. Cycloheximide reduced both aldosterone-and dexamethasone-induced TH mRNA. A SAPK/JNK inhibitor, SP600125, suppressed aldosterone-induced TH mRNA expression; however, the aldosterone-induced TH expression was not affected by inhibition of ERK1/2, p38-MAPK, Rho-kinase, PI 3-kinase, and PKC. It was of note that cotreatment with eplerenone and SP600125 restored aldosterone-induced TH mRNA expression to basal levels. To investigate the involvement of bone morphogenetic protein (BMP) actions in aldosterone-induced catecholamine production, we examined the effects of BMP-4 and BMP-7, which are expressed in the adrenal medulla, on catecholamine biosynthesis. BMP-4 preferentially enhanced aldosterone-induced TH mRNA and dopamine production, although BMP-4 alone did not affect TH expression. The BMP-4 enhancement of aldosterone-induced TH expression was not observed in cells treated with eplerenone. BMP-4 did not affect MR expression of PC12 cells; however, it did enhance aldosterone-induced SAPK/JNK phosphorylation. Inhibition of SAPK/JNK or Rho suppressed BMP-4 enhancement of aldosterone-induced TH expression. Collectively, our findings demonstrate that aldosterone stimulates catecholamine biosynthesis in adrenomedullar cells via MR through genomic action and partly through nongenomic action by Rho-SAPK/JNK signaling, the latter of which is facilitated by BMP-4. A functional link between MR actions and endogenous BMP may be involved in the catecholamine production.

    DOI: 10.1152/ajpendo.90840.2008

    Web of Science

    researchmap

  • Usefulness and future problems of moist wound healing in school

    Mimura Y, Kamimura H, Kuroki K, Kinumi Y, Matsueda M, Ogura T, Takahashi K

    Journal of Japanese Association of Yogo Teacher Education   12 ( 1 )   105 - 111   2009年

     詳細を見る

  • 熱中症予防対策のための湿球黒球温度の簡便な自動測定記録装置

    伊藤武彦, 三村由香里, 鈴木久雄

    岡山大学大学院教育学研究科研究集録   ( 140 )   7 - 11   2009年

     詳細を見る

  • 学校における湿潤療法による創傷処置の有用性と課題

    三村由香里, 上村弘子, 黒木清美, 絹見佳子, 松枝睦美, 小倉俊郎, 高橋香代

    日本養護教諭教育学会誌   12 ( 1 )   105 - 111   2009年

     詳細を見る

  • A simple device to measure and record wet bulb globe temperature for prevention of heat disorders.

    Ito T, Mimura Y, Suzuki H

    Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University   ( 140 )   7 - 11   2009年

     詳細を見る

  • A rare tumor in the adrenal region: neuron-specific enolase(NSE)-producing leiomyosarcoma in an elderly hypertensive patients.

    Goto J, Otsuka F, Kodera R, Miyoshi T, Kinomura M, Otani H, Mimura Y, Ogura T, Yanai H, Nasu Y, Makino H

    Endocr J   55 ( 1 )   175 - 181   2008年

  • 甲状腺機能低下症により顕在化したApparent Mineralocorticoid Excwss(AME)病態の一例

    稲垣兼一, 大塚文男, 鈴木二郎, 三好智子, 大谷寛之, 三村由香里, 小倉俊郎, 槇野博史

    ホルモンと臨床   56   119 - 123   2008年

     詳細を見る

  • 学校救急処置における養護教諭の役割-判例にみる職務の分布から-

    河本妙子, 松枝睦美, 上村弘子, 三村由香里, 高橋香代

    学校保健研究   50 ( 4 )   221 - 233   2008年

     詳細を見る

  • 養護実践のための頭部外傷チェックリストの提案

    三村由香里, 松枝睦美, 藤尾由美, 中吉千施子, 上村弘子, 藤原さとこ, 田代桂子, 武田和子, 河本妙子, 高橋香代

    日本養護教諭教育学会誌   11 ( 1 )   16 - 25   2008年

     詳細を見る

  • 養護教諭の救急処置における困難と今後の課題-記録と研修に着目して-

    武田和子, 三村由香里, 松枝睦美, 河本妙子, 上村弘子, 高橋香代

    日本養護教諭教育学会誌   11 ( 1 )   33 - 43   2008年

     詳細を見る

  • Effects of peroxisome proliferator-activated receptor activation on gonadotropin transcription and cell mitosis induced by bone morphogenetic proteins in mouse gonadotrope LβT2 cells.

    Takeda M, Otsuka F, Otani H, Inagaki K, Miyoshi T, Suzuki J, Mimura Y, Ogura T, Makino H

    J of Endocrionlogy   194 ( 1 )   87 - 99   2007年7月

     詳細を見る

  • MDSを合併した先端巨大症に対するオクトレオチドによる1治療例

    三好智子, 大塚文男, 稲垣兼一, 鈴木二郎, 大谷寛之, 後藤順子, 三村由香里, 小倉俊郎, 景山甚郷, 前田嘉信, 槇野博史

    日本内分泌学会雑誌   83suppl   79 - 81   2007年

     詳細を見る

  • リンパ球性漏斗神経葉炎と肺癌脳転移を伴った中枢性尿崩症の一例

    大谷寛之, 大塚文男, 廣田大昌, 三好智子, 稲垣兼一, 鈴木二郎, 後藤順子, 三村由香里, 小倉俊郎, 田端雅弘, 槇野博史

    日本内分泌学会雑誌   83suppl   208 - 210   2007年

     詳細を見る

  • 養護診断『心理的な要因が存在する可能性のある状態』の診断名と診断指標の開発

    岡田加奈子, 葛西敦子, 三村由香里, 徳山美智子, 竹鼻ゆかり, 荒木田美香子, 荒川雅子, 井上智恵子, 齋藤理砂子, 西 能代, 冨塚都仁子, 高田しずか, 外間朝子, 岩田美保, 山本 雅

    日本養護教諭教育学会誌   10   1 - 18   2007年

     詳細を見る

  • Mutual regulation of follicle-stimulating hormone signaling and bone morphogenetic protein system in human granulosa cells

    T Miyoshi, F Otsuka, Suzuki, I, M Takeda, K Inagaki, Y Kano, H Otani, Y Mimura, T Ogura, H Makino

    BIOLOGY OF REPRODUCTION   74 ( 6 )   1073 - 1082   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SOC STUDY REPRODUCTION  

    Bone morphogenetic proteins (BMPs) play critical roles in folliculogenesis by modulating the actions of follicle-stimulating hormone (FSH) in the ovary. However, the effects of FSH on the BMP system remain unknown. Here, we have investigated the effects of FSH on BMP signaling using the human granulosa-like tumor cell line KGN. KGN cells express BMP type 1 and type II receptors and the BMP signaling molecules SMADs. FSH administration upregulated BMP type IA (BMPR1A) and IB (BMPR1B) receptors, activin type II receptor (ACVR2), and BMP type II receptor (BMPR2). FSH also augmented SMAD1 and SMAD5 expression, and conversely, FSH suppressed the expression of the inhibitory SMADs, SMAD6 and SMAD7. Bioassays revealed that FSH enhances BMP-induced SMAD1/5/8 phosphorylation and cellular DNA synthesis induced by BMP6 and BMP7. Since overexpression of BMPR1A and BMPR1B, but not SMADs, significantly enhanced the BMP responses, these type I receptors were revealed to be limiting factors for BMP signaling in KGN cells. BMPs significantly suppressed progesterone synthesis induced by forskolin and dibutyryl-cAMP (BtcAMP) but had no effect on estradiol induced by the same factors. KGN cAMP levels induced by forskolin were not altered by BMPs, suggesting that BMPs regulate steroidogenesis at a level downstream of cAMP synthesis in KGN cells. In this regard, BMPs specifically reduced the STAR transcription, whereas the levels of CYP11A, HSD3B2, and CYP19 stimulated by forskolin as well as BtcAMP were not altered. Collectively, the two major factors, FSH-cAMP pathway and BMP system, are reciprocally and functionally linked. Given that BMPs downregulate FSH receptors in KGN cells, this interaction may contribute to finetuning of the mutual sensitivity toward BMP ligands and FSH.

    DOI: 10.1095/biolreprod.105.047969

    Web of Science

    researchmap

  • Involvement of bone morphogenetic protein-6 in differential regulation of aldosterone production by angiotensin II and potassium in human adrenocortical cells

    Kenichi Inagaki, Fumio Otsuka, Jiro Suzuki, Yoshihiro Kano, Masaya Takeda, Tomoko Miyoshi, Hiroyuki Otani, Yukari Mimura, Toshio Ogura, Hirofumi Makino

    ENDOCRINOLOGY   147 ( 6 )   2681 - 2689   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ENDOCRINE SOC  

    Aldosterone production is modified by several growth factors that reside in the adrenal. We have recently reported the existence of a bone morphogenetic protein (BMP) system in human adrenocortical cells, in which BMP-6 augments aldosterone synthesis. Here, we investigated functional roles of BMP-\6, focusing on the differential regulation of aldosterone synthesis induced by angiotensin (Ang) II and potassium (K). In human adrenocortical H295R cells, BMP-6 augmented Ang II-induced CYP11B2 transcription and mRNA and aldosterone roduction but had no effect on K-induced aldosterone production. Inhibition of endogenous BMP-6 action by neutralizing antibodies impaired aldosterone production induced by Ang II but not that induced by K. Blockage of ligand-receptor binding using extracellular domain (ECD) of BMP type I receptors revealed that ECDs to activin receptor-like kinase (ALK)-2 and ALK-3 significantly reduced the aldosterone production induced by Ang II. None of the type I-receptor ECDs tested had any effect on K-induced aldosterone levels. Overexpression of a dominant negative-activin type II receptor construct selectively decreased Ang II-induced aldosterone production without having any effect on K-induced aldosterone production. BMP type II receptor-dominant negative had no effect on aldosterone induced by either Ang II or K. These results infer that BMP-6 acts through ALK-2, ALK-3, and activin type II receptor receptors in adrenocortical cells. BMP-6 pretreatment extends the induction of ERK1/2 phosphorylation by Ang II and treatment with ECDs to ALK-2 and ALK-3 impaired Ang II-induced ERK phosphorylation. The specific inhibitor of ERK activation, U0126, suppressed the activation of CYP11B2 transcription induced by BMP-6 without affecting Smad phosphorylation and Tlx2-Luc activity. Collectively, the endogenous BMP-6 system plays critical roles in aldosterone production between Ang II and K through ERK signaling pathway.

    DOI: 10.1210/en.2005-1250

    Web of Science

    researchmap

  • Functional roles of the bone morphogenetic protein system in thyrotropin signaling in porcine thyroid cells

    J Suziki, F Otsuka, M Takeda, K Inagaki, T Miyoshi, Y Mimura, T Ogura, H Doihara, H Makino

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   327 ( 4 )   1124 - 1130   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    We uncovered a new regulation of thyrocyte function by bone morphogenetic protein (BMP) under the influence of thyrotropin (TSH) using primary culture of porcine thyrocytes. The BMP type I receptors, ALK-2 (ActRIA), -3 (BMPRIA), and -6 (BMPRIB), were expressed in porcine thyrocytes, while ALK-6 was not detected in human thyroid. Treatment with BMP-2,-4,-6,-7, and TGF-beta1 exhibited a dose-dependent suppression of DNA synthesis by porcine thyrocytes. BMP-2, -4, -6, -7, and TGF-beta1 suppressed TSH receptor mRNA expression on thyrocytes, which was consistent with their suppressive effect on TSH-induced cAMP synthesis and TSH-induced insulin-like growth factor-1 expression. Activin exhibited minimal suppression of thyrocyte DNA synthesis and did not exhibit suppressive effects on TSH receptor mRNA expression. Phosphorylated Smad1/5/8 was detected in the lysates of porcine thyrocytes treated with BMP-2, -4,-6, and -7. However, in the presence of TSH, BMP-6 and -7 failed to activate Smad1/5/8 phosphorylation and 3TP-reporter activity, whereas BMP-2 and -4 maintained clear activation of the BMP signaling regardless of the presence of TSH. This diverged regulation of thyroid BMP system by TSH is most likely due to the reduction of ALK-6 expression caused by TSH. Thus, the thyroid BMP system is functionally linked to TSH actions through modulating TSH receptor expression and TSH, in turn, selectively inhibits BMP signaling. Given that BMP system is present in human thyroid and the expression pattern of ALK-2 and BMPRII is different between follicular adenomas and normal thyroid tissues, the endogenous BMP system may be involved in regulating thyrocyte growth and TSH sensitivity of human thyroid adenomas. (C) 2004 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2004.12.122

    Web of Science

    researchmap

  • 副腎偶発腫の経過観察中に両側副腎の腫大を生じ,PETにより原発巣を検出した転移性副腎腫瘍の一例

    大塚文男, 三好智子, 鈴木二郎, 稲垣謙一, 武田昌也, 加納義浩, 岸田雅之, 三村由香里, 小倉俊郎, 景山甚郷, 橋本浩三, 槇野博史

    ACTH RELATED PEPRIDES   2005年

     詳細を見る

  • 小学生における調節誤差に関する検討-近視進行と読書距離に着目して-

    宝諸昌世, 三村由香里, 大角博子, 長谷部 聡, 高橋香代

    学校保健研究   2005年

     詳細を見る

  • Aldosterone regulation for 18 years in a case of primary aldosteronism

    T Miyoshi, F Otsuka, T Ogura, J Suzuki, K Inagaki, M Takeda, M Kishida, Y Mimura, A Nagai, H Makino

    AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION   17 ( 6 )   546 - 548   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.amjhyper.2004.03.672

    Web of Science

    researchmap

  • 論文で用いられている養護教諭の行う判断・診断に関する「ことば」と「その対象」

    岡田加奈子, 斎藤理砂子, 山本 雅, 酒井都仁子, 徳山美智子, 葛西敦子, 三村由香里, 高田しずか, 藤澤雅子, 井上智恵子, 岩田美保, 西 能代

    日本教育保健研究会年報   2004年

     詳細を見る

  • 養護教諭のための養護診断開発に向けての課題-看護診断からの考察-

    葛西敦子, 岡田加奈子, 三村由香里, 徳山美智子

    弘前大学教育学部紀要   2004年

     詳細を見る

  • 養護教諭の行う養護診断の確立に向けて 医学領域における「診断」から考える

    三村由香里, 岡田加奈子, 葛西敦子, 徳山美智子

    日本保健医療行動科学学会年報   2004年

     詳細を見る

  • 蝶形骨洞内に発生した異所性ACTH産生下垂体腺腫の1例

    鈴木二郎, 大塚文男, 武田昌也, 三好智子, 稲垣謙一, 岸田雅之, 三村由香里, 小倉俊郎, 橋本浩三, 槇野博史

    ホルモンと臨床   2004年

     詳細を見る

  • 妊娠中に顕在化した周期性クッシング病の一例

    大塚文男, 三好智子, 鈴木二郎, 稲垣謙一, 武田昌也, 岸田雅之, 三村由香里, 小倉俊郎, 景山甚郷, 橋本浩三, 槇野博史

    ACTH RELATED PEPRIDES   2004年

     詳細を見る

  • Recent trends of hyperuricemia and obesity in Japanese male adolescents, 1991 through 2002.

    Ogura T, Matsuura K, Matsumoto Y, Mimura Y, Kishida M, Otsuka F, Tobe K

    Metabolism   2004年

  • Relationship between adrenomedullin and vasopressin-aquaporin system under general anesthesia

    T Ogura, K Morita, M Takeuchi, F Otsuka, T Iwasaki, K Oe, K Matsuura, K Tobe, Y Mimura, M Kishida, H Makino, M Hirakawa

    HORMONE RESEARCH   59 ( 1 )   30 - 34   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:KARGER  

    Aim:The roles of adrenomedullin (AM) in body fluid balance under general anesthesia were investigated. Methods: Time course changes in plasma osmolality, AM, arginine vasopressin (AVP), and urinary aquaporin 2 (AQP2) in 17 patients undergoing abdominal surgery under general anesthesia were examined. Results: Increases in plasma AM levels were observed in parallel with increases in the levels of urinary AQP2/creatinine (Cr) before induction and 90 and 180 min after initiation of anesthesia. Significant correlations between plasma AM and urinary AQP2/Cr (r = 0.62, p < 0.0001) as well as urinary AVP/Cr and AQP2/Cr (r = 0.60, p < 0.0001) were uncovered. Multivariate stepwise analysis identified plasma AM as the critical independent factor affecting urinary AQP2/Cr level. Conclusion: A novel correlation of AM and AQP2 which overlays an AVP-AQP2 system may play a key role in fluid homeostasis during general anesthesia. Copyright (C) 2003 S. Karger AG, Basel.

    DOI: 10.1159/000067933

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山大学における養護教諭養成カリキュラムの開発

    高橋香代, 伊藤武彦, 三村由香里, 河内信子, 小出彌生, 門田新一郎

    教科教育学研究   2003年

     詳細を見る

  • 学校保健の現場における看護的支援を要する児童・生徒の実態とこれからの支援のあり方

    岡田加奈子, 三村由香里

    リハビリテーション看護研究   2003年

     詳細を見る

  • Role of bradykinin in renoprotective effects by angiotensin II type 1 receptor antagonist in salt-sensitive hypertension.

    Yokota K, Kishida M, Ogura T, Suzuki J, Otsuka F, Mimura Y, Takeda M, Nakamura Y, Makino H

    Hypertens Res   2003年

     詳細を見る

  • Issue and challenge in Yogo diagnosis.

    Atsuko K, Okada K, Mimura Y, Tokuyama M

    Japanease Journal of School Health   2003年

     詳細を見る

  • A lethal complication, acute necrotizing pancreatitis, of Turnerユs syndrome with primary hyperparathyroidism

    Kishida M, Otsuka F, Mimura Y, Ogura T, Makino H

    Endocrine J   2003年

     詳細を見る

  • 教育学部養護教諭養成の看護系科目に対する卒業生の学習ニーズ

    福田博美, 天野敦子, 岡田加奈子, 本田優子, 松嶋紀子, 芝木美沙子, 津村直子, 小出やよい, 三村由香里, 中村朋子, 西沢義子

    学校保健研究   2003年

     詳細を見る

  • Hypothyroidism associated with anti-human chorionic gonadotropin antibodies secondarily produced by gonadotropin therapy in a case of idiopathichypothalamic hypogonadism.

    Ogura T, Mimura Y, Otsuka F, Kishida M, Yokota K, Suzuki J, Nagai A, Hirakawa S, Makino H, Tobe K

    J Endocrine Invest   2003年

     詳細を見る

  • 教育学部養護教諭養成の臨床実習に対する卒業生の学習ニーズ

    本田優子, 岡田加奈子, 天野敦子, 福田博美, 松嶋紀子, 芝木美沙子, 津村直子, 小出やよい, 三村由香里, 中村朋子, 西沢義子

    学校保健研究   2003年

     詳細を見る

  • Relationship between reduced serum IGF-I levels and accumulation of visceral fat in Japanese men

    M Kunitomi, J Wada, K Takahashi, Y Tsuchiyama, Y Mimura, K Hida, N Miyatake, M Fujii, S Kira, K Shikata, H Makino

    INTERNATIONAL JOURNAL OF OBESITY   26 ( 3 )   361 - 369   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    OBJECTIVE: To investigate whether the changes in IGF-1 concentrations after weight reduction in Japanese overweight men are associated with changes in visceral and subcutaneous fat.
    DESIGN: Cross-sectional and longitudinal clinical intervention study with exercise education.
    SUBJECTS: One-hundred and twelve Japanese overweight men aged 30-59y (body mass index (BMI) 28.4+/-2.5 kg/m(2)) and 33 normal-weight men aged 30-39y (BMI 22.1+/-1.5 kg/m(2)) at baseline. From the participants, 56 randomly selected overweight men (BMI 28.8+/-2.8) were further enrolled into a 1 y exercise program.
    MEASUREMENTS: Fat distribution was evaluated by visceral fat M and subcutaneous fat (S) areas measured with computed tomography scanning at umbilical levels, metabolic parameters and hormones including insulin, leptin and IGF-1 at baseline and after 1 y.
    RESULTS: In 112 overweight subjects at baseline, insulin (10.5+/-5.0 muUl/ml) and leptin (6.4+/-3.7 ng/ml) significantly correlated with both V (r=0.260, P=0.0073; r=0.410, P<0.0001) and S areas (r=0.377, P<0.0001; r=0.613, P<0.0001), respectively. IGF-1 (156.8+/-48.7 muU/ml) significantly and negatively correlated with V area (r= -0.242, P=0.0125)and age (r= - 0.192, P=0.0480). In normal-weight men aged 30-39y (n=33) and age-matched subjects (n=30) selected from the 112 overweight men, the serum IGF-1 further tightly correlated with V area (r= - 0.467, P<0.0001). Visceral fat area and age were independently related to serum IGF-1 levels by multiple regression analysis. By intervention with exercise education, 56 overweight subjects showed an increase in daily steps (6224+/-2781 to 7898+/-4141 steps/day) and reduction of BMI (28.8+/-2.8 to 27.7+/-2.9). DeltaIGF-1 significantly correlated with DeltaV area (r= - 0.432, P = 0.0009) but not with DeltaS area or DeltaBMI.
    CONCLUSION: The present study indicated a negative correlation between IGF-1 levels and visceral fat at baseline as well as an association between the reduction in visceral fat and increase in IGF-1 levels after an exercise intervention.

    DOI: 10.1038/sj/ijo/0801899

    Web of Science

    researchmap

  • The role of nitric oxide and the renin-angiotensin system in salt-restricted Dahl rats.

    Kataoka H, Otsuka F, Ogura T, Yamauchi T, Kishida M, Takahashi M, Mimura Y, Makino H

    American Journal of Hypertension   2001年

  • Choronic treatment with amlodipine modulates adrenocortical angiotensin II receptors in spontaneously hypertensive rats.

    Kishida M, Otsuka F, Ogura T, Kataoka H, Nakamura Y, Yamauchi T, Takahashi M, Yokota K, Mimura Y, Makino H

    Life Science   2001年

  • Coexistence of Graves' disease and struma ovarii: case report and literature review.

    Mimura Y, Kishida M, Masuyama H, Suwaki N, Kodama J, Otsuka F, Kataoka H, Yamauchi T, Ogura T, Kudo T, Makino H

    Endocrine Journal   2001年

     詳細を見る

  • Japanease family with glucocorticoid-remediable aldosteronism diagnosed by long-polymerase chain reaction.

    Yokota K, Ogura T, Kishida M, Suzuki J, Otsuka F, Mimura Y, Oishi T, Hirata M, Tobe K, Makino H

    Hypertension Research   2001年

     詳細を見る

  • 教育学部養護教諭養成の看護学系授業・臨床実習に対する卒業生のニーズ-フォーカス・グループ法による養護教諭対象調査より-

    松島紀子, 岡田加奈子, 本田優子, 天野敦子, 福田博美, 津村直子, 芝木美沙子, 小出弥生, 三村由香里, 中村朋子, 西沢義子

    日本養護教諭教育学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • Effects of angiotensin-converting enzyme inhibitor and α1-adrenoceptor antagonisit on hypertension induced in rats by long-term inhibition of nitoric oxide production.

    Takahashi M, Otsuka F, Ogura T, Yamauchi T, Kataoka H, Kishida M, Mimura Y, Makino H

    Clinical Experimental Nephrology   2000年

     詳細を見る

  • Differential effect of chronic inhibition of calcium channel and angiotensin II type 1-receptor on aldosterone synthesis in spontaneously hypertensive rats.

    Otsuka F, Ogura T, Kataoka H, Kishida M, Takahashi M, Mimura Y, Yamauchi T, Makino H

    Journal of Steroid Biochemistry & Molecular Biology   2000年

  • Hyperthyroidism in a patient with TSH-producing pituitary adenoma coexisting with thyroid papillary adenocarcinoma.

    Kishida M, Otsuka F, Kataoka H, Yokota K, Oishi T, Yamauchi T, Doihara H, Tamiya T, Mimura Y, Ogura T, Makino H

    Endocrine Journal   2000年

     詳細を見る

  • Serum leptin correlates with serum uric acid but not serumtestosterone in non-obese male adolescents.

    Ogura T, Matsuura K, Otsuka F, Imai A, Tsukamoto C, Mimura Y, Iwasaki Y, Tobe K

    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology   2000年

     詳細を見る

  • Pseudomalabsorption of levothyroxine: a case report.

    Ogawa D, Otsuka F, Mimura Y, Ueno A, Hashimoto H, Kishida M, Ogura T, Makino H

    Endocrine Journal   2000年

     詳細を見る

  • Testosterone modulates serum leption concentrations in a male patient with hypothalamic hypogonadism.

    Ogura T, Tobe K, Mimura Y, Otsuka F, Yamauchi T, Imai A, Tsukamoto C, Iwasaki T, Matsuura K

    Journal of Endocrinological Investigation   2000年

     詳細を見る

  • Long-term administration of adrenocorticotropin modulates the expression of IGF-I and TGF-β1 mRNAs in the rat adrenal cortex.

    Otsuka F, Ogura T, Yamauchi T, Kataoka H, Kishida M, Miyatake N, Mimura Y, Kageyama J, Makino H

    Growth Hormone & IGF Research   1999年

     詳細を見る

  • Giant insulinoma in a patient with multiple endocrine neoplasia-type I: a case report.

    Kataoka H, Otsuka F, Yamauchi T, Kishida M, Takahashi M, Tamiya T, Mimura Y, Ogura T, Makino H

    Endocrine Journal   1999年

     詳細を見る

  • 病院基盤の訪問看護ステーションの問題点-患者67名からの検討-

    三村由香里, 槇野博史, 岡 庸子, 渡辺君子, 金見一二三, 森脇和彦, 片山江里子, 藤原弘道, 定金卓爾, 佐藤能之, 林 逸平, 佐藤亀弘, 小倉俊郎

    岡山医学会雑誌   1999年

     詳細を見る

  • Treatment with a Ca2+ channel blocker, Barnidipine, reduces platelet -derived growth factor B-chain mRNA in glomeruli of spontaneously hypertensive rats.

    Hashimoto M, Yamauchi T, Ogura T, Oishi T, Mimura Y, Otsuka F, Kashihara N, Makino H

    American Journal of Nephrology   1999年

     詳細を見る

  • In vitro Macro-and Microautoradiographic Localization of V1 and V2 Receptors in the Rat Kidney Using OPC-21268 and OPC-31260

    Yukari Mimura, Toshio Ogura, Nobuhiko Hayakawa, Fumio Otsuka, Masami Hashimoto, Takayoshi Yamauchi, Hirofumi Makino, Norio Ogawa

    Nephron   76 ( 3 )   331 - 336   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    To elucidate the precise localization of vasopressin(VP) Vj and V2 receptors in the kidney, we utilized in vitro macroautoradiography (macro-ARG) and microautoradiography (micro-ARG) of these receptors in Wistar rat kidneys.This was done by using OPC-21268 and OPC-31260, two newly developed selective Vi (OPC-21268) and V2 (OPC-31260)receptor antagonists. For macro-ARG, 10-μm kidney sections were incubated with Tris-HCl buffer containing [3H]-VP with or without unlabeled ligand (VP, OPC-21268, orOPC-31260) at 20°C for 40 min. These sections were then loaded intoX-ray cassettes with Hyperfilm-[3H] and exposed inthe dark for 2 months. The autoradiograms were quantitativelyanalyzed by using the research analysis system RAS 1,000
    the V1 and V2 receptors were quantitated by inftracting the nonspecific binding (incubatedwith OPC-21268 and OPC-31260, respectively) from the total binding. To assess a more precise localization of the V1and V2 receptors, we also investigated the micro-ARG of the renal V1 and V2 receptorsby dipping the kidney section slides used for macro-ARG into a photographic emulsion and observing the receptors under light microscopy. [3H]-VP binding to the rat kidney was completely displaced by unlabeled excess VP, but not by unlabeled angiotensin II, indicating that [3H]-VP binding was specific for VP receptors. Computerized quantification showed that V2 receptors, visualized by OPC-31260, were the predominant type of VP receptor in the kidney. Conversely, V1receptors, visualized by OPC-21268, werefewer in number. V) receptors were partly localized to the glomerulus, cortical vessels, interstitial cells, and the medullary vessels. The V2receptors localized to the collecting ducts and medullary tubules. Our findings indicated that renal V1 and V2 receptors can be detected by in vitro macro- and micro-ARG by using OPC-21268 and OPC-31260. © 1997 S.Karger AG, Basel.

    DOI: 10.1159/000190200

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • In vitro macro- and micro-autoradiographic localization of V1 and V2 receptors in the rat kidney using OPC-21268 and OPC-31260. (共著)

    Nephron   76 ( 3 )   331 - 336   1997年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 生体部分肝移植により救命しえたpropylthyouracilによる劇症肝炎の一例

    第53回日本甲状腺学会  2010年 

     詳細を見る

  • 急速に下垂体機能低下を来たし,蝶形骨洞内に副鼻腔炎を伴った下垂体腫瘍の1例

    第70回岡山内分泌同好会  2010年 

     詳細を見る

  • 養護診断開発の課題と展望

    第57回日本学校保健学会  2010年 

     詳細を見る

  • 肋骨骨折より明らかになったトルコ鞍内発生形質細胞腫の1例

    第83回日本内分泌学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • 破骨細胞活性化に対するBMP−2,RANKLの影響とsimvastatinによるその抑制機序

    第83回日本内分泌学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • Cushing病に多嚢胞性卵巣症候群の合併が認められた2例

    第83回日本内分泌学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • 流産による大量出血から長期を経て発症したACTH分泌不全の1例

    第83回日本内分泌学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • 妊娠初期に低ナトリウム血症と意識障害を来した反復性不育症の1例

    第10回日本内分泌学会中国支部学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 甲状腺癌の脳転移

    第69回岡山内分泌同好会  2010年 

     詳細を見る

  • 妊娠初期にSIADHを呈した不育症の1例

    第69回岡山内分泌同好会  2010年 

     詳細を見る

  • どのように見立てるか,どのように繋げるか,そして…

    第5回日本健康相談活動学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 診断・治療に苦慮したインスリノーマの1例

    第67回岡山内分泌同好会  2009年 

     詳細を見る

  • 「頭が痛い」子どものフィジカルアセスメント−健康相談活動に活かすー

    第5回日本健康相談活動学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • Review of the Assessment Framework used by School Teachers as Health Promotion Education Leaders.

    第1回アジア太平洋ヘルスプロモーション・健康教育学会  2009年 

     詳細を見る

  • エンドセリンによる副腎皮質細胞でのアルドステロン分泌への影響

    第82回日本内分泌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • スーテント(sunitinib)投与中に甲状腺機能異常が認められた3症例

    第52回日本甲状腺学会  2009年 

     詳細を見る

  • 小脳血管芽腫手術時に再発褐色細胞腫の取り扱いに苦慮したVon Hippel Lindau病の1例

    第68回岡山内分泌同好会  2009年 

     詳細を見る

  • 頭蓋咽頭腫による汎下垂体機能低下症にBudd-Chiari症候群を合併した1例

    第82回日本内分泌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • アルドステロンと食塩負荷による腎組織障害と腎BMP発言の変化

    第82回日本内分泌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • BMP-6,-7による乳癌細胞の増殖抑制作用とその機序の検討

    第82回日本内分泌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • 多発性嚢胞腎による長期血液透析中に著明な高血圧を認めた褐色細胞腫の1例

    第82回日本内分泌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • コルチコトロープ細胞でのBMP-4によるACTH分泌の抑制とソマトスタチンアナログ作用への関与

    第82回日本内分泌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • 底Na血症を景気に発見された結核性リンパ節炎の1例

    第19回臨床内分泌Update  2009年 

     詳細を見る

  • 頭蓋型骨Paget病の経過中に認めた難治性てんかんの一例

    第19回臨床内分泌Update  2009年 

     詳細を見る

  • 若年発症のCushing症候群により多発する骨盤骨折を認めた1例

    第19回臨床内分泌Update  2009年 

     詳細を見る

  • SLEの経過中に腎・肝・副腎腫瘍で発見されたCushing症候群の1例

    第19回臨床内分泌Update  2009年 

     詳細を見る

  • 乳癌の治療経過中に下垂体腫大・下垂体機能低下症を来した一例

    第19回臨床内分泌Update  2009年 

     詳細を見る

  • Octreotide-scで腸閉塞を呈したGH/TSH腺腫にLARを導入しえた一例

    第19回臨床内分泌Update  2009年 

     詳細を見る

  • ネフローゼ症候群を呈した腎血管性高血圧に対するアルドステロン拮抗薬の効果

    第9回日本内分泌学会中国支部学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 脊椎多発圧迫骨折により発見されたCushing症候群の1例

    第9回日本内分泌学会中国支部学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 腎不全の加療中に判明したアルドステロン症・甲状腺癌を伴う原発性副甲状腺機能亢進症の一例

    第9回日本内分泌学会中国支部学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 血液透析中の高血圧を契機に発見された褐色細胞腫の1例

    第9回日本内分泌学会中国支部学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • Marine-Lenhart Syndromeの1例

    第65回岡山内分泌同好会  2008年 

     詳細を見る

  • 頭蓋内結核病変に合併した視床下部・下垂体機能低下症の1例

    第65回岡山内分泌同好会  2008年 

     詳細を見る

  • TNF-αによる骨芽細胞の分化抑制に対するsimvastatinの拮抗作用とその機序

    第81回日本内分泌学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 治療に難渋しているGH/TSH産生下垂体腺腫の一例

    第81回日本内分泌学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 養護教諭の行う救急判断のためのエビデンス構築に向けての研究-頭部外傷時の救急判断において-

    第16回日本養護教諭教育学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 国体代表候補選手に対するアンチ・ドーピング活動

    第55回日本学校保健学会  2008年 

     詳細を見る

  • 卵巣顆粒膜細胞でのステロイド合成調節におけるp38-MAPKの役割とBMP-2,-4作用の関与

    第81回日本内分泌学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • オクトレオチドLARにて治療中に悪性リンパ腫を合併した先端巨大症の一例

    第81回日本内分泌学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • アルドステロンによるカテコラミン分泌調節への影響とその分子機序の検討

    第81回日本内分泌学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 偽性アルドステロン症と副腎PCSによる高血圧・低K血症の一例

    第18回臨床内分泌Update  2008年 

     詳細を見る

  • 視床下部下垂体障害の2年後に顕在化したサルコイドーシスの一例

    第18回臨床内分泌Update  2008年 

     詳細を見る

  • 視床下部GT1細胞におけるEstrogen・BMPによるGnRH発現制御の検討

    第81回日本内分泌学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • カテコラミン分泌を伴う副腎神経節神経腫による高血圧の一例

    第18回臨床内分泌Update  2008年 

     詳細を見る

  • Meigs症候群の術後に難治性の多尿と高Na血症を来した一例

    第18回 臨床内分泌Update  2008年 

     詳細を見る

  • 4年の経過でレニン抑制が顕著となり,腺腫の摘出に至った原発性アルドステロン症の一例

    第8回日本内分泌学会中国支部学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 甲状腺腺腫と甲状腺乳頭癌を合併したTSH産生下垂体腺腫の一例

    第18回臨床内分泌Update  2008年 

     詳細を見る

  • 重症不整脈を伴う先端巨大症に対しオクトレオチドが奏功した一例

    第18回臨床内分泌Update  2008年 

     詳細を見る

  • 嚢胞性甲状腺腫の形態を呈した原発性副甲状腺機能亢進症の一例

    第8回日本内分泌学会中国支部学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 甲状腺濾胞癌による多発骨転移を合併した先端巨大症の一例

    第8回日本内分泌学会中国支部学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 原発性アルドステロン症術後に高k血症を来した2症例

    第63回岡山内分泌同好会  2007年 

     詳細を見る

  • 養護教諭のためのフィジカルアセスメントの実際

    第54回日本学校保健学会  2007年 

     詳細を見る

  • 下垂体GH3細胞を用いたオクトレオチドとドパミン作動薬併用によるGH抑制効果の検討

    第80回日本内分泌学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 甲状腺乳頭癌術後のSITSHにて発見されたTSH産生性下垂体腺腫の1例

    第64回岡山内分泌同好会  2007年 

     詳細を見る

  • 高アルドステロン血症の精査中に多嚢胞性卵巣症候群の存在が明らかとなった4例

    第80回日本内分泌学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 原発性副甲状腺機能亢進症21例における病型と臨床パラメーターの比較検討

    第80回日本内分泌学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • バセドウ病眼症に対する少量ステロイドパルス療法の効果:続報

    第80回日本内分泌学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 骨形成蛋白(BMP)により誘導される骨芽細胞分化に対する炎症性サイトカインTNF-αの抑制作用

    第80回日本内分泌学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 副腎皮質細胞でのアルドステロンブレイクスルー現象とBMP-6の関与

    第80回日本内分泌学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • Ebstein奇形と肝障害を合併した原発性副甲状腺機能亢進症の1例

    第66回岡山内分泌同好会  2007年 

     詳細を見る

  • 高血圧の精査にて発見されたNSE産生性副腎平滑筋肉腫の1例

    第17回 臨床内分泌update  2007年 

     詳細を見る

  • 高Ca血症を契機に診断された筋限局サルコイドーシスの1例

    第17回臨床内分泌代謝Update  2007年 

     詳細を見る

  • MDSを合併した先端巨大症に対するオクトレオチドによる1治療例

    第17回臨床内分泌代謝Update  2007年 

     詳細を見る

  • リンパ球性漏斗神経葉炎と肺癌脳転移を伴った中枢性尿崩症の1例

    第17回 臨床内分泌Update  2007年 

     詳細を見る

  • 多嚢胞性卵巣症候群を合併した先端巨大症の1例

    第17回 臨床内分泌Update  2007年 

     詳細を見る

  • 心奇形の治療経過において発見された異所性甲状腺による甲状腺機能低下症の1例

    第7回日本内分泌学会中国支部学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 「保健室を居場所にする子どもたち」-実践知を支援に生かす- 「居場所」の概念から見た保健室と,養護教諭養成教育の課題から見えてくるもの

    第3回日本健康相談活動学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • コルチゾールの自律分泌を伴う原発性アルドステロン症の1例:副腎腺腫における17α-hydroxylase](CYP17)発現レベルの検討から

    第7回日本内分泌学会中国支部学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • バセドウ病に1型糖尿病を合併し,抗甲状腺薬により顆粒球減少を来した1男性例

    第7回日本内分泌学会中国支部学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 甲状腺機能亢進症の治療経過において甲状腺不応症の診断に至った1例

    第49回 日本甲状腺学会  2006年 

     詳細を見る

  • ウイリス動脈輪閉鎖(モヤモヤ病)による脳梗塞を発症した1型糖尿病合併バセドウ病の1例

    第49回日本甲状腺学会  2006年 

     詳細を見る

  • PPARリガンドによる下垂体ゴナドトロピン転写の抑制とBMP・フォリスタチンの関与

    第79回日本内分泌学会学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 先端巨大症における難治性頭痛の2例とオクトレオチドLARの効果:続報

    第79回日本内分泌学会学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 高齢発症のACTH単独欠損症の一男性例

    第62回岡山内分泌同好会  2006年 

     詳細を見る

  • オクトレオチドとドパミン作動薬の併用による先端巨大症の治療効果

    第79回日本内分泌学会学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • バセドウ病を合併した甲状腺ホルモン不応症の1例

    第16回 臨床内分泌Update  2006年 

     詳細を見る

  • アルドステロンによる腎メサンギウム細胞増殖への影響とBMPによる拮抗作用

    第79回日本内分泌学会学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 甲状腺機能低下症により顕在化したApparent Mineralcorticoid Exsess病態の1例

    第79回日本内分泌学会学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • メルカゾール・プロパジールの両薬剤にて急速な顆粒球減少を来たしたバセドウ病の1例

    第16回臨床内分泌代謝Update  2006年 

     詳細を見る

  • コルチゾールの自律分泌を伴った原発性アルドステロン症の1例

    第16回 臨床内分泌Update  2006年 

     詳細を見る

  • 下垂体腺腫の術後に関節リウマチを発症した先端巨大症の1例

    第16回臨床内分泌代謝Update  2006年 

     詳細を見る

  • 副腎皮質細胞におけるBMP-6を介したアルドステロン分泌調節の検討

    第78回日本内分泌学会学術集会  2005年 

     詳細を見る

  • 中枢性尿崩症で発症し汎下垂体機能低下を来したgerminomaの1例

    第15回臨床内分泌代謝Update  2005年 

     詳細を見る

  • 異所性ACTH症候群を発症した腹部傍神経節腫の1例

    第60回岡山内分泌同好会  2005年 

     詳細を見る

  • 左腎下部に発生したparagangliomaによる異所性ACTH症候群の1例

    第15回臨床内分泌代謝Update  2005年 

     詳細を見る

  • 甲状腺機能低下症により顕在化した高齢発症の二次性Apparent Mineralcorticoid Excessの1例

    第5回日本内分泌学会中国支部学術集会  2005年 

     詳細を見る

  • 甲状腺ホルモン補充により低カリウム血症の改善を認めた高齢者AMEの1例

    第48回日本甲状腺学会  2005年 

     詳細を見る

  • ヒト卵巣顆粒膜細胞を用いたBMPとFSHの作用協調メカニズムの検討

    第10回日本生殖内分泌学会  2005年 

     詳細を見る

  • 小学生における近視進行に関する検討-調節誤差,近見視力測定を通して-

    第52回日本学校保健学会  2005年 

     詳細を見る

  • バセドウ眼症に対する少量ステロイドパルス療法の効果

    第48回日本甲状腺学会  2005年 

     詳細を見る

  • 副腎髄質カテコラミン産生におけるBMP・アクチビンの作用とその意義について:ラット褐色細胞腫PC12細胞を用いた検討

    第9回日本心血管内分泌代謝学会  2005年 

     詳細を見る

  • 中枢性尿崩症と汎下垂体機能低下症を生じた高齢発症サルコイドーシスの1例

    第61回岡山内分泌同好会  2005年 

     詳細を見る

  • 原発性肺高血圧症の肺血管平滑筋細胞の増殖におけるBMP1B型レセプター(ALK-6)の役割の検討

    第78回日本内分泌学会学術集会  2005年 

     詳細を見る

  • 甲状腺濾胞細胞における骨形成蛋白(BMP)の作用とその臨床的意義

    第47回日本甲状腺学会  2004年 

     詳細を見る

  • 副腎皮質のBMP・アクチビンによるアルドステロン分泌調節の検討

    第77回日本内分泌学会学術集会  2004年 

     詳細を見る

  • カベルゴリンが有効なマクロアデノーマによるクッシング病の一例

    第14回臨床内分泌代謝Update  2004年 

     詳細を見る

  • 両側副腎の急速な増大を呈し,PETにて原発巣を検出した転移性副腎腫瘍の1例

    第59回岡山内分泌同好会  2004年 

     詳細を見る

  • 下垂体FSH産生腺腫と非機能性腺腫におけるフォリスタチンの役割

    第77回日本内分泌学会学術集会  2004年 

     詳細を見る

  • 診断に苦慮した原発性アルドステロン症の2例

    第58回岡山内分泌同好会  2004年 

     詳細を見る

  • 妊娠末期より顕在化し,ACTHの周期性変動を呈したクッシング病の一例

    第4回日本内分泌学会中国支部学術集会  2004年 

     詳細を見る

  • 学校における視力検査の意義に関する研究(第1報)-視力検査と屈折異常の比較-

    第50回日本学校保健学会  2003年 

     詳細を見る

  • 蝶形骨洞内に発生した異所性ACTH産生下垂体腺腫の一例

    第76回日本内分泌学会学術総会  2003年 

     詳細を見る

  • 慢性甲状腺炎の経過中に発症した甲状腺原発T lymphomaの一例

    第13回臨床内分泌代謝Update  2003年 

     詳細を見る

  • 幼稚園の養護教諭に対する保護者の意識

    第50回日本学校保健学会  2003年 

     詳細を見る

  • 下垂体機能異常を呈したプレクリニカルクッシング症候群の1例

    第57回岡山内分泌同好会  2003年 

     詳細を見る

  • バセドウ病におけるTSHレセプター抗体のアッセイ法の有用性に関する検討

    第56回岡山内分泌同好会  2003年 

     詳細を見る

  • 眼窩内偽腫瘍を呈した甲状腺機能低下症の1例-Hypothyroid Graves' disease?-

    第55回 岡山内分泌同好会  2002年 

     詳細を見る

  • 蝶形骨洞内に認められた異所性ACTH産生下垂体腺腫の1例

    第54回 岡山内分泌同好会  2002年 

     詳細を見る

  • AT1受容体拮抗剤の腎保護作用におけるbradykininの関与について

    第75回 日本内分泌学会学術総会  2002年 

     詳細を見る

  • Basedow病で発症し中枢性甲状腺機能低下症に移行した1型糖尿病の一例

    第39回 日本糖尿病学会中国四国地方会  2002年 

     詳細を見る

  • 養護診断に関する問題点とその課題

    第49回日本学校保健学会  2002年 

     詳細を見る

  • 身長の伸びと生活習慣との関連についての一考察

    第48回日本学校保健学会  2001年 

     詳細を見る

  • ACE阻害薬およびAII受容体拮抗薬はOLETFラットの骨格筋でIRS-1のセリンリン酸化を抑制する

    第24回日本高血圧学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 養護実習のあり方に関する研究-カリキュラム改革と学制自己評価-

    日本養護教諭教育学会第9回学術集会  2001年 

     詳細を見る

  • Basedow病にslowly progressive insulin dependent diabetes mellitus(SPIDDM)を合併し、中枢性甲状腺機能低下症に移行した一例

    第44回日本甲状腺学会  2001年 

     詳細を見る

  • Gn療法の二次無効と潜在性甲状腺機能低下症を同時に呈した中枢性性腺機能低下症の一例

    第44回日本甲状腺学会  2001年 

     詳細を見る

  • ゴナドトロピン療法の二次無効と潜在性甲状腺機能低下症を呈した中枢性性腺機能低下症の一例

    第53回岡山内分泌同好会  2001年 

     詳細を見る

  • 高血圧自然発症ラットにおけるアムロジピンの慢性投与による副腎皮質のアンギオテンシンII受容体発現の調節

    第74回日本内分泌学会学術総会  2001年 

     詳細を見る

  • Long-PCR法にてキメラ遺伝子を証明しえたGlucocorticoid-Remediable Aldosteronism(GRA)の1家系

    第74回日本内分泌学会学術総会  2001年 

     詳細を見る

  • Basedow病から中枢性甲状腺機能低下症に移行したSPIDDMの一例

    第1回日本内分泌学会中国支部学術集会  2001年 

     詳細を見る

  • 非機能性下垂体腺腫手術例の臨床的検討-下垂体機能検査を中心に-

    第1回日本内分泌学会中国支部学術集会  2001年 

     詳細を見る

  • TSH産生性下垂体腺腫の1例

    第51回岡山内分泌同好会  2000年 

     詳細を見る

  • 健康教育に耳鼻咽喉科検診を生かすために

    第47回日本学校保健学会  2000年 

     詳細を見る

  • 遺伝子解析にてキメラ遺伝子を証明しえたGlucocorticoid-Remediable Aldosteronism(GRA)の1家系

    第52回岡山内分泌同好会  2000年 

     詳細を見る

  • 甲状腺乳頭癌を合併したTSH産生性下垂体腺腫の一例

    第73回日本内分泌学会学術総会  2000年 

     詳細を見る

  • 巨大インスリノーマを伴ったMEN 1型の1例

    第72回日本内分泌学会学術集会  1999年 

     詳細を見る

  • 高血圧ラットの腎におけるc-fos発現とAT1拮抗薬による抑制

    第72回日本内分泌学会学術集会  1999年 

     詳細を見る

  • 卵巣甲状腺腫を合併したバセドウ病の一例

    第72回日本内分泌学会学術集会  1999年 

     詳細を見る

  • 全身麻酔下手術での内因性バゾプレッシン上昇が尿中AQP2排泄および尿濃縮能へ与える影響

    第72回日本内分泌学会学術集会  1999年 

     詳細を見る

  • 慢性ACTH投与によるラット副腎皮質IGF-1とTGFβ1の発現の変化

    第72回日本内分泌学会学術集会  1999年 

     詳細を見る

  • 補充療法に困難を極めた術後甲状腺機能低下症の一例

    第49回岡山内分泌同好会  1999年 

     詳細を見る

  • 内因性バゾプレッシンによる水チャンネルおよび尿濃縮能への影響-全身麻酔下手術症例における検討-

    第49回岡山内分泌同好会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 砂田賞

    1998年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • インターナショナル・チャレンジ (2021年度) 特別  - その他

  • インターナショナル・チャレンジ (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 中等保健体育科内容論(予防医学) (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 予防医学 (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 予防医学(1) (2021年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 予防医学(2) (2021年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 地域学校協働アクティブスタディA (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働アクティブスタディA (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働アクティブスタディB (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働アクティブスタディB (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークA (2021年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークA (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークB (2021年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークB (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅰ (2021年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅰ (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅱ (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅱ (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅲ (2021年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅲ (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 学問の方法 (2021年度) 第1学期  - 火1~2

  • 学問の方法 (2021年度) 第1学期  - 火1~2

  • 学校保健Ⅱ(1) (2021年度) 第1学期  - 木7~8

  • 学校保健Ⅱ(2) (2021年度) 第2学期  - 木7~8

  • 学校保健のデザインと実践 (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 学校保健・学校安全とリスクマネジメントA (2021年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 学校保健・学校安全とリスクマネジメントB (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 学校保健演習A (2021年度) 第1学期  - 木7~8

  • 学校保健演習B (2021年度) 第2学期  - 木7~8

  • 小児保健(1) (2021年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 小児保健(2) (2021年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 小児保健A (2021年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 小児保健B (2021年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 授業の指導計画と学習開発A (2021年度) 第3学期  - 水1,水2,水3,水4

  • 教職入門B (2021年度) 第1学期  - 金1~2

  • 教職実践演習(中学校B) (2021年度) 特別  - その他

  • 教職実践演習(養護教諭) (2021年度) 特別  - その他

  • 教職論B (2021年度) 第2学期  - 金1~2

  • 教育実践特別研究(課題探究)養護教育 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践特別研究(課題検証)養護教育 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践研究Ⅰ(課題分析) (2021年度) 1・2学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅰ(課題発見) (2021年度) 1・2学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究Ⅱ(課題提案) (2021年度) 3・4学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅱ(課題解決) (2021年度) 3・4学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究の方法ⅡA(養護教育) (2021年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 教育実践研究の方法ⅡB(養護教育) (2021年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 発育発達論 (2021年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 発育発達論 (2021年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 発達支援研究特論Ⅰ(発達基礎科学B) (2021年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 看護学Ⅲ (2021年度) 1・2学期  - 金1,金2

  • 看護学(連携・協働) (2021年度) 1・2学期  - 金1~2

  • 臨床実習 (2021年度) 第2学期  - その他

  • 臨床実習 (2021年度) 第2学期  - その他

  • 課題分析実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 課題探究実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 課題検証実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 課題発見実習 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 課題解決実習 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 養護教育演習 (2021年度) 特別  - その他

  • 養護診断(1) (2021年度) 特別

  • 養護診断(2) (2021年度) 特別

  • 養護診断A (2021年度) 特別

  • 養護診断B (2021年度) 特別

  • インターナショナル・チャレンジ (2020年度) 特別  - その他

  • インターナショナル・チャレンジ (2020年度) 特別  - その他

  • 予防医学(1) (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 予防医学(2) (2020年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 地域学校協働アクティブスタディA (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働アクティブスタディA (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働アクティブスタディB (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働アクティブスタディB (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークA (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークA (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークB (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働フィールドワークB (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅰ (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅰ (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅱ (2020年度) 特別  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅱ (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 地域学校協働研究Ⅲ (2020年度) 特別  - その他

  • 学問の方法 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 学校保健のデザインと実践 (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 学校保健・学校安全とリスクマネジメントA (2020年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 小児保健(1) (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 小児保健(2) (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 小児保健A (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 小児保健B (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 授業の指導計画と学習開発A (2020年度) 第3学期  - 水1,水2,水3,水4

  • 教職入門A (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教職入門A (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教職入門B (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教職実践演習(中学校B) (2020年度) 特別  - その他

  • 教職実践演習(養護教諭) (2020年度) 1~4学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 教職論A(2) (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 教職論A(2) (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 教職論B(2) (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 教職論A (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 教職論B (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 教育実践特別研究(課題探究)養護教育 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践特別研究(課題検証)養護教育 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践研究Ⅰ(課題分析) (2020年度) 1・2学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅰ(課題発見) (2020年度) 1・2学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究Ⅱ(課題提案) (2020年度) 3・4学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅱ(課題解決) (2020年度) 3・4学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究の方法ⅡA(養護教育) (2020年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 教育実践研究の方法ⅡB(養護教育) (2020年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 発育発達論 (2020年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 発育発達論 (2020年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 発達支援研究特論Ⅰ(発達基礎科学B) (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 看護学Ⅲ (2020年度) 1・2学期  - 金1,金2

  • 美術理論・美術史Ⅰ (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 美術理論・美術史Ⅱ (2020年度) 第4学期  - 火5,火6

  • 臨床実習 (2020年度) 特別  - その他

  • 課題分析実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題探究実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題検証実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題発見実習 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 課題解決実習 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 養護教育演習 (2020年度) 特別  - その他

  • 養護診断(1) (2020年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 養護診断(2) (2020年度) 第1学期  - 木7,木8

▼全件表示