2024/05/01 更新

写真a

ヤマグチ ユウジ
山口 雄治
YAMAGUCHI Yuuji
所属
文明動態学研究所 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 学士(文学) ( 東海大学 )

  • 修士(文化科学) ( 岡山大学 )

  • 博士(文学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • Archaeology

  • 考古学

研究分野

  • 人文・社会 / 考古学

学歴

  • 岡山大学    

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学    

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東海大学   School of Letters   Department of History Course of Archaeology

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   文明動態学研究所   助教

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 金沢大学   古代文明・文化資源学研究所   客員研究員

    2022年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 金沢大学   古代文明・文化資源学研究センター   客員研究員

    2021年9月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 国立歴史民俗博物館   共同研究員

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • ノートルダム清心女子大学   文学部   非常勤講師

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   埋蔵文化財調査研究センター   助教

    2013年8月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 徳島大学   埋蔵文化財調査室   特任助教

    2012年4月 - 2013年7月

      詳細を見る

  • 同志社大学   文化遺産情報科学研究センター   研究員

    2010年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 同志社大学   文化情報学部   実習助手

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 考古学研究会   第61回総会・研究集会実行委員会(委員長)  

    2014年6月 - 2015年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 考古学研究会   常任委員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山県遺跡保護調査団   事務局  

    2013年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 「吉備路郷土館の未来を考える」連絡協議会   事務局  

    2008年5月 - 2009年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 考古学研究会   常任委員  

    2004年4月 - 2010年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて─キュルテペ遺跡中央トレンチ発掘調査 2023年─

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第31回 西アジア発掘調査報告会報告集   26 - 29   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 岡山の縄文時代:環境・文化・人口 招待

    山口雄治

    岡山の自然と文化   43   53 - 102   2024年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Unicorns and seals: New multivariate approaches to exploring patterned stylistic variation in the Indus Civilization 査読

    Gregg Jamison, Akinori Uesugi, Yuji Yamaguchi

    Archaeological Research in Asia   36   100486 - 100486   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ara.2023.100486

    researchmap

  • アナトリアにおける後期銅石器~前期青銅器時代集落の研究2

    山口雄治

    髙梨学術奨励基金年報-令和4年度研究成果報告-   136 - 141   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Understanding Cultural Similarities of Archaeological Sites from Excavation Reports Using Natural Language Processing Technique 査読

    Fumihiro Sakahira, Yuji Yamaguchi, Takao Terano

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   27 ( 3 )   394 - 403   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press Ltd.  

    In this study, we applied natural language processing (NLP) techniques to texts of excavation reports on buried cultural properties to calculate the degree of similarity between the reports for determining archaeological sites that have a high degree of similarity. Specifically, we validated whether the similarity of sentence embeddings in the excavation reports of these sites is consistent with the existing classification. Four archaeological sites classified in existing archaeological research papers were used. For validation, 128 excavation reports from the four sites were used; sentence embeddings were obtained using Doc2Vec. We obtained the following results: 1) In applying NLP to excavation reports for determining the similarities of archaeological sites, merging the texts for each site into a single document and then processing it was more preferable than processing it in separate volumes of the excavation report. 2) The similarity based on sentence embedding of excavation reports using Doc2Vec was more consistent with the classification of the characteristics of archaeological sites than term frequency–inverse document frequency (TF-IDF). 3) When targeting a specific period, the sentence embedding exclusively for the text of the relevant period is consistent with the classification of the characteristics of the archaeological site from the artifacts and structural remains of that specific period. 4) When a specific period is targeted, the exclusive sentence embeddings of that period, obtained through the additive compositionality of sentence embeddings, can be used to classify the characteristics of archaeological sites based on the artifacts and structural remains on that period. Consequently, the similarities of texts based on NLP can reflect the similarities of archaeological sites. This holds true even for excavation reports that include spelling inconsistencies, optical character reader misrecognition, and garbled words.

    DOI: 10.20965/jaciii.2023.p0394

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて─キュルテペ遺跡中央トレンチ発掘調査 2022年─

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第30回西アジア発掘調査報告会報告集   22 - 25   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 山陽地方-突帯文期の諸様相- 招待

    山口雄治

    季刊考古学・別冊40 縄文時代の終焉   47 - 50   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 赤磐市鳥取上高塚古墳の測量調査

    金田善敬, 光本順, 山口雄治, ライアン ジョセフ

    史跡こうもり塚古墳   151 - 165   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バハレーン島における前期ディルムン時代の墳墓群の測量調査─ディルムンマッピング・プロジェクト─

    上杉彰紀, 山口雄治, 渡部展也, 杉田暁

    第30回西アジア発掘調査報告会報告集   47 - 52   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 岡山県津山市佐良山古墳群内におけるUAV-LiDAR測量

    光本 順, ライアン・ジョセフ, 山口 雄治

    日本情報考古学会講演論文集(第46回大会)   26   22 - 27   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • LiDAR survey of the fifth-century Tsukuriyama mounded tomb group in Japan 査読

    Jun Mitsumoto, Joseph Ryan, Yuji Yamaguchi, Akira Seike

    Antiquity   97 ( 391 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antiquity Publications  

    The authors present the results of a drone-based airborne LiDAR survey of the fifth century AD Tsukuriyama mounded tomb group in Okayama Prefecture, Japan, revealing the relationship between tomb building and the surrounding landscape during Japan's period of ancient state formation.

    DOI: 10.15184/aqy.2022.167

    researchmap

  • アナトリアにおける後期銅石器~前期青銅器時代集落の研究

    山口雄治

    髙梨学術奨励基金年報-令和3年度研究成果報告-   96 - 101   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Evaluating Cultural Similarities Extracted from Excavation Reports of Archaeological Sites with Natural Language Processing 査読

    Fumihiro Sakahira, Yuji Yamaguchi, Takao Terano

    2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 岡山県域における縄文時代14C年代測定データの検討

    山口雄治

    古代吉備   33   1 - 13   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて―キュルテペ遺跡中央トレンチ発掘調査2021年-

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ クラックオウル

    第 29 回西アジア発掘調査報告会報告集   97 - 99   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • キュルテペ遺跡の赤黒土器-紀元前4-3千年紀の地域間交流- 査読

    山口雄治

    西アジア考古学   ( 23 )   101 - 110   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • LiDAR測量による岡山県赤磐市鳥取上高塚古墳の墳丘の検討 査読

    光本順, 山口雄治, ライアン ジョセフ

    文明動態学   1   67 - 81   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/63028

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける都市成立期の地域間交流

    山口雄治

    髙梨学術奨励基金年報-令和2年度研究成果報告-   41 - 47   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Population pressure and prehistoric violence in the Yayoi period of Japan 査読

    Nakagawa, T., Tamura, K., Yamaguchi, Y., Matsumoto, N., Matsugi, T., Nakao, H.

    Journal of Archaological Science   132   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jas.2021.1

  • 遺跡の三次元測量の経過と成果

    山口雄治

    磯間岩陰遺跡の研究-考古報告編-   17 - 19   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • 岡山県域における縄文時代の放射性炭素年代測定値集成

    山口雄治・山本悦世

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   106 - 113   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • 山陽地域の遺跡動態と環境-岡山県南部地域を取り上げて-

    山本悦世・山口雄治

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   59 - 78   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山陽地域の海岸線復元と遺跡分布-岡山県南部地域を中心に-

    山本悦世・山口雄治

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   44 - 51   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岡山平野における沖積層基底面と遺跡立地

    山口雄治

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   36 - 43   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • ボーリング調査結果と海水準変動

    鈴木茂之・山口雄治・山本悦世

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   5 - 13   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • ボーリング調査結果と海水準変動

    鈴木茂之, 山口雄治, 山本悦世

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   5 - 13   2021年3月

     詳細を見る

  • 山陽地域の海岸線復元と遺跡分布-岡山県南部地域を中心に-

    山本悦世, 山口雄治

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   44 - 51   2021年3月

     詳細を見る

  • 岡山平野における沖積層基底面と遺跡立地

    山口雄治

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   36 - 43   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 岡山県域における縄文時代の放射性炭素年代測定値集成

    山口雄治, 山本悦世

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   106 - 113   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 山陽地域の遺跡動態と環境-岡山県南部地域を取り上げて-

    山本悦世, 山口雄治

    中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究   59 - 78   2021年3月

     詳細を見る

  • 遺跡の三次元測量の経過と成果

    山口雄治

    磯間岩陰遺跡の研究-考古報告編-   17 - 19   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ、西トレンチ発掘調査(2020年)-

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第28回西アジア発掘調査報告会報告集   59 - 61   2021年3月

     詳細を見る

  • Population pressure and prehistoric violence in the Yayoi period of Japan. 査読

    Nakagawa, T, Tamura, K, Yamaguchi, Y, Matsumoto, N, Matsugi, T, Nakao, H

    Journal of Archaological Science   132   2021年3月

     詳細を見る

  • Generating Hypotheses on Prehistoric Cultural Transformation with Agent-Based Evolutionary Simulation 査読

    Fumihiro Sakahira, Yuji Yamaguchi, Ryoya Osawa, Toshifumi Kishimoto, Taka'aki Okubo, Takao Terano, Hiro'omi Tsumura

    2020 Winter Simulation Conference (WSC)   194 - 205   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/wsc48552.2020.9383855

    researchmap

  • Generating hypotheses on prehistoric cultural transformation with agent-based evolutionary simulation 査読

    Sakahira, F., Yamaguchi, Y., Osawa, Ryo., Kishimoto, T., Okubo, T., Terano, T., Tsumura, H.

    Proceedings of the 2020 Winter Simulation Conference   194 - 205   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/WSC48552.202

  • Violence and climate change in the Jomon period

    Nakao, H, Nakagawa, T, Tamura, K, Yamaguchi, Y, Matsumoto, N, Matsugi, T

    The Routledge Handbook of the Bioarchaeology of Environmental Change   364 - 375   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • Mapping of Archaeological Sites using UAV Aerial Survey and PPK GNSS Ground Survey Techniques in Central Asia 査読

    Suab, A.S, Hayakawa, Y.S, Kume, S, Yamaguchi, Y, Amanbaeva B, Kadyrov, A, Avtar, R, Ogura, T

    IOP Conf. Series: Earth and Environmental Science   540 ( 1 )   1 - 10   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Geospatial technologies such as Unmanned Aerial Vehicle (UAV) and Global Navigation Satellite Systems (GNSS) are becoming popular in various applications also for archaeological purposes. This is due to the abilities also the usefulness of UAV and GNSS technologies for digitally documenting and recording archaeological sites in great detail. Such information is crucial for the efforts of preserving and protecting historical sites. This paper demonstrates the workflows and results of mapping techniques using consumer-grade UAV for aerial survey and low-cost Post-Processing Kinematics (PPK) GNSS ground survey for documentation of two archaeological sites in Batken State, Kyrgyzstan in Central Asia. Both UAV and PPK GNSS data were acquired simultaneously during the fieldworks in early winter while processing were explicitly done using currently available commercial and open-source software. Results of the UAV and PPK GNSS was combined and qualitatively evaluated. Despite advantages and disadvantages identified in both UAV and PPK GNSS results, it was learned that the combination of both techniques found to be very beneficial for mapping of archaeological sites.

    DOI: 10.1088/1755-1315/540/1/012014

    Scopus

    researchmap

  • Preliminary Report of Excavations in the northern sector of Kültepe 2015 - 2017 査読

    Kulakoğlu, F, Kontani, R, Uesugi, A, Yamaguchi, Y, Shimogama, K, Semmoto, M

    Subartu   45   9 - 88   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ発掘調査2019年-

    紺谷亮一, 山口雄治, 下釜和也, フィクリ・クラックオウル

    第27回西アジア発掘調査報告会報告集   49 - 51   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • ボーリングコアを用いた古地形の発達過程とその評価-岡山市鹿田遺跡を例として-

    山口雄治

    日々の考古学3   201 - 210   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 津島岡大遺跡から出土した植物種子の再検討

    那須浩郞, 山本悦世, 岩﨑志保, 山口雄治, 富岡直人, 米田穣

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要2018   12 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 中央アジア初期農耕牧畜民の交流から東西交流の始まりを考える-キルギス、モル・ブラク1遺跡(第3次)、ウズベキスタン、ダルヴェルジン遺跡(第2次)の発掘調査(2019年)

    久米正吾, 新井才二, 覚張隆史, 辰巳祐樹, 早川裕弌, 藤澤明, 宮田佳樹, 山口雄治, イングリダ・チチウルカイテ, ゲーストゥティス・ペセカス, ゲドレ・モツザイテ・マツゼビチウテ, ヒクマトゥッラ・ホシモフ, アイダ・アブディカノワ, ボキジョン・マトババエフ

    第27回西アジア発掘調査報告会報告集   56 - 61   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器~前期青銅器時代の年代学的研究2

    山口雄治

    髙梨学術奨励基金年報-平成30年度研究成果報告-   60 - 67   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 岡山平野における土器組成と農耕の展開

    山口雄治

    農耕文化複合形成の考古学   71 - 80   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 弥生時代中期における戦争-人骨と人口動態の関係から- 査読

    中川朋美, 中尾央, 田村光平, 山口雄治, 松本直子, 松木武彦

    情報考古学   24 ( 1・2 )   10 - 29   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 岡山平野における水稲農耕導入前後の諸様相

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要2017   66 - 70   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ発掘調査2018年-

    紺谷亮一, 山口雄治, 下釜和也, フィクリ・クラックオウル

    第26回西アジア発掘調査報告会報告集   16 - 18   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 中央アジア初期農耕牧畜民の交流から東西交流の始まりを考える-キルギス、モル・ブラク1遺跡(第2次)、ウズベキスタン、ダルヴェルジン遺跡(第1次)の発掘調査(2018年)

    久米正吾, 早川裕弌, 覚張隆史, 藤澤明, 新井才二, 金田明美, 山口雄治, 宮田佳樹, バフティヨル・アブドゥッラエフ, ヒクマトゥッラ・ホシモフ, アイダ・アブディカノワ, ボキジョン・マトババエフ

    第26回西アジア発掘調査報告会報告集   41 - 45   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 岡山平野における環境復元へのアプローチ-岡山大学構内遺跡を中心としたボーリング調査から-

    山本悦世, 鈴木茂之, 山口雄治, 岩﨑志保

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要2017   17 - 29   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器~前期青銅器時代の年代学的研究

    山口雄治

    髙梨学術奨励基金年報-平成29年度研究成果報告-   79 - 83   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 岡山県の外来系土器集成

    田嶋正憲, 山口雄治, 杉山一雄

    中国地方の外来系土器   73 - 104   2018年

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡第9・11次調査出土種子と種子圧痕

    山口雄治, 沖陽子

    鹿田遺跡10   2017年

     詳細を見る

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて

    紺谷亮一, 上杉彰紀, 山口雄治, フィクリ=クラックオウル

    第24回西アジア発掘調査報告会報告集   2017年

     詳細を見る

  • 中央アナトリア前期青銅器時代における「非在地系土器」

    下釜和也, 山口雄治, 紺谷亮一, 上杉彰紀, 山口莉歩

    西アジア考古学会第22回総会・大会要旨集   2017年

     詳細を見る

  • 遠賀川式土器の楕円フーリエ解析 査読

    田村光平, 有松唯, 山口雄治, 松本直子

    文化進化の考古学   35 - 62   2017年

     詳細を見る

  • An Archaeological Assessment of the Kayseri Province during the Chalcolithic Period: New Evidence from the Archaeological Survey Project in Kayseri, Turkey (KAYAP) 査読

    Subartu   39   227 - 242   2017年

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡における古代貝塚の貝類構成

    山口雄治, 福田宏

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要2015   2017年

     詳細を見る

  • 住居形態からみた縄文時代中四国地方の地域間交流

    山口雄治

    中四国地方における縄文時代の地域間交流   2016年

     詳細を見る

  • 津島岡大遺跡出土打製石斧の基礎的検討

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要2014   5 - 9   2016年

     詳細を見る

  • 銅石器時代~前期青銅器時代・アナトリア中央部における土器の様相

    上杉彰紀, 紺谷亮一, 須藤寛史, 山口雄治, フィクリ=クラックオウル

    西アジア考古学会第21回総会・大会要旨集   2016年

     詳細を見る

  • 中四国地方における縄文時代の農耕問題の現状と課題

    山口雄治

    九州縄文晩期の農耕問題を考える   2015年

     詳細を見る

  • 庄・蔵本遺跡第27次調査(立体駐車場)の成果

    端野晋平, 三阪一徳, 脇山佳奈, 山口雄治

    国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室 紀要   1   43 - 98   2015年

     詳細を見る

  • 岡山県域の縄文時代貝塚

    山口雄治, 山本悦世, 岩﨑志保

    中四国の縄文貝塚   81 - 122   2015年

     詳細を見る

  • 考古学におけるGISの有効性 招待

    山口雄治

    考古学研究60の論点   135 - 136   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • An archaeological survey in the vicinity of Kültepe, Kayseri Province, Turkey.(共著) 査読

    Kontani, R, Sudo, H, Yamaguchi, Y, Hayakawa, Y.S, Odaka, T

    Current Research at Kültepe-Kanesh: An interdisciplinary and integrative approach to trade networks, internationalism, and identity. Journal of Cuneiform Studies Supplemental Series, 4   95 - 106   2014年

     詳細を見る

  • 中部瀬戸内北岸地域における縄文時代晩期後葉

    山口雄治

    中四国地域における縄文時代晩期後葉の歴史像   37 - 52   2014年

     詳細を見る

  • トルコ共和国カイセリ県遺跡調査プロジェクト(KAYAP)第5次調査(2012年)概報

    紺谷亮一, 小髙敬寬, 須藤寛史, 早川裕弌, 山口雄治, クラックオウル、K・エムレ, S・エゼル, G・オズテュルク

    岡山市立オリエント美術館研究紀要   27   15 - 42   2013年

     詳細を見る

  • トルコ共和国カイセリ県遺跡調査プロジェクト(KAYAP)第4次調査(2011年)概報

    紺谷亮一, 須藤寛史, 山口雄治, 早川裕弌, クラックオウル、K・エムレ, S・エゼル, G・オズテュルク

    岡山市立オリエント美術館研究紀要   26   2012年

     詳細を見る

  • 西日本縄文・弥生時代集落のGISデータベース化と時空間動態評価

    山口雄治

    第17回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」論文集   55 - 62   2012年

     詳細を見る

  • トルコ共和国カイセリ県一般調査(KAYAP)概報―第3次調査(2010年)と過去3シーズンのまとめ―

    紺谷亮一, クトゥル・エムレ, フィクリ・クラックオウル, 須藤寛史, 山口雄治, 早川裕弌

    岡山市立オリエント美術館研究紀要   ( 25 )   15 - 29   2011年

     詳細を見る

  • 山陽地方における縄文時代後・晩期の集落

    山口雄治

    シンポジウム記録7   7 - 23   2010年

     詳細を見る

  • エイリキョイ遺跡における考古地理学的調査-トルコ共和国カイセリ県における一般調査の一成果-

    紺谷亮一, クトゥル・エムレ, フィクリ・クラックオウル, 須藤寛史, 山口雄治, 津村宏臣, 岸田徹, 早川裕弌

    岡山市立オリエント美術館研究紀要   24   91 - 108   2010年

     詳細を見る

  • 遺構から見た岡山県の縄文集落

    山口雄治

    遺構から見た中四国地方の縄文集落像 第21回中四国縄文研究会   55 - 85   2010年

     詳細を見る

  • Experimental practice using 3D scanning for understanding the structure of a stone chamber from the Kofun period, Japan 査読

    International Journal Virtual Archaeology Review (VAR)   1 ( 2 )   37 - 40   2010年

     詳細を見る

  • 竪穴式石室の3次元測量調査

    山口雄治, 中島直樹

    勝負砂古墳調査概報 学生社   59 - 60   2009年

     詳細を見る

  • 中部瀬戸内における縄文時代後期の生業と集団関係に関する一考察

    山口雄治

    日々の考古学2 六一書房   95 - 110   2009年

     詳細を見る

  • 岡山県における縄文時代後期の地域社会

    山口雄治

    中国地方における縄文時代後期の地域社会の展開 第19回中四国縄文研究会   65 - 84   2008年

     詳細を見る

  • 中国地方縄文時代中・後期の居住形態

    山口雄治

    考古学研究   54 ( 4 )   20 - 40   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:考古学研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人吉市瓜生田遺跡第3次発掘調査概報

    松本直子, 山口雄治ほか

    ひとよし歴史研究   9   1 - 29   2006年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • Research on Indus Civilization in the Wake of Hundred Years of Excavation at Harappa

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Diversity, Complexity and Standardization: The Significance of Seals in the Indus Archaeology)

    2023年11月  ( ISBN:9789356028869

     詳細を見る

  • バハレーン:西南アジア文明世界を結んだアラビア湾の小島

    上杉彰紀

    鶴見大学文学部文化財学科上杉研究室  2023年9月  ( ISBN:9784990915056

     詳細を見る

  • 大学的岡山ガイド : こだわりの歩き方

    岡山大学文明動態学研究所( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 縄文~弥生時代の岡山)

    昭和堂  2023年3月  ( ISBN:9784812222065

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 337, 4p, 図版4p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 紀要2021

    山口雄治( 担当: 編集)

    岡山大学文明動態学研究所文化遺産マネジメント部門  2022年11月 

     詳細を見る

  • 紀要2018

    ( 担当: 編集)

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2020年3月 

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡13

    山口雄治( 担当: 編集)

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2019年3月 

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡12

    山口雄治( 担当: 編集)

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2018年 

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡10

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2017年 

     詳細を見る

  • 紀要2014

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2016年 

     詳細を見る

  • トルコ共和国カイセリ県キュルテペ遺跡の調査およびカイセリ県内における考古学的一般調査

    同志社大学文化遺産情報科学研究センター  2010年 

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡6

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2010年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 岡山県 招待

    山口雄治

    日本考古学年報   75   184 - 187   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 最新技術を用いた測量の取り組み-津島岡大遺跡第37次調査-

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター報   64   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 地形の成り立ちを探る

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター報   63   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 中世の植物圧痕

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター報   58   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要2015

    南 健太郎, 山口 雄治, 福田 宏, 野崎 貴博

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要   2015 ( 2015 )   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 運ばれてきた土器-縄文時代の遠隔地交流-

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター報   54   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 岡山県岡山市鹿田遺跡(岡山大学構地内)の発掘調査

    山口雄治

    考古学研究   61 ( 4 )   110 - 112   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:考古学研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • トルコ共和国カイセリ県 セニル・スルトゥ、テクネカヤ・ホユック遺跡

    山口雄治

    考古学研究   62 ( 3 )   121 - 123   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:考古学研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 津島岡大遺跡・百間川遺跡群の水田等の遺構について

    山口雄治

    令和3年度第2回歴博基幹研究「水をめぐる認知と技術と社会の連環からみた日本列島の歴史過程と文化の形成」研究会  2022年1月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月22日 - 2022年1月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Spatial analysis on Early Dilmun burial mounds in Bahrain using high-resolution terrain models 国際共著 国際会議

    Uesugi, A., Yamaguchi, Y., Watanabe, S., Abe, M., Miki, T., Jamison, G.

    The 54th Seminar for Arabian Studies  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online  

  • 岡山市造山古墳群のLidar測量

    光本順、ジョセフ・ライアン、山口雄治

    考古学研究会第67回研究集会  2021年4月  考古学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • Diversity, Complexity and Standardization: The Significance of Seals in the Indus Archaeology 国際共著 国際会議

    Uesugi, A., Jamison, G., Yamaguchi, Y.

    International Webinar on Indus Civilization.  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Department of Archaeology, University of Kerala, India. Online.   国名:インド  

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ、西トレンチ発掘調査2020年- 国際共著

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第28回西アジア発掘調査報告会  2021年3月  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 巨大古墳のUAV-LiDAR測量とその展望

    光本順、ジョセフ・ライアン、山口雄治、清家章

    出ユーラシアの統合的人類史学 第4回全体会議  2021年1月  文部科学省科学研究費助成事業新学術領域研究「出ユーラシアの統合的人類史学:文明創出メカニズムの解明」

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  • 観覧者は展示をどのように見るか?-考古資料展示におけるアイトラッキングを用いた分析-

    岩﨑志保, 山口雄治

    考古学研究会第70回研究集会  2024年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて─キュルテペ遺跡中央トレンチ発掘調査 2023年─

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第31回 西アジア発掘調査報告会  2024年3月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • UAVデータ解析による巨大前方後円墳の周濠探査

    光本順, ライアン・ジョセフ, 清家章, 山口雄治, 久世宏明, 本郷千春

    第26回CEReS環境リモートセンシングシンポジウム  2024年2月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 狩猟採集社会から農耕社会へー縄文/弥生移行期の岡山ー 招待

    山口雄治

    倉敷埋蔵文化財センター令和5年度秋の考古学講座「考古学からみた時代の画期」  2023年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 貯蔵穴群の形成過程-岡山県南方前池遺跡の年代測定結果から-

    山口雄治

    第89回日本考古学協会総会・大会  2023年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて─キュルテペ遺跡中央トレンチ発掘調査 2022年─

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第30回 西アジア発掘調査報告会  2023年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • バハレーン島における前期ディルムン時代の墳墓群の測量調査─ディルムンマッピング・プロジェクト─

    上杉彰紀, 山口雄治, 渡部展也, 杉田暁

    第30回 西アジア発掘調査報告会  2023年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山の縄文時代:環境・文化・人口 招待

    山口雄治

    公益財団法人岡山郷土文化財団郷土文化講座  2023年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 津島岡大遺跡の縄文・弥生時代-古代マヤとの比較を見据えて- 招待

    山口雄治

    文明動態学研究所第1回特別展 第1回公開講座「津島とマヤ―グローカルな研究最前線―」  2023年2月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Evaluating Cultural Similarities Extracted from Excavation Reports of Archaeological Sites with Natural Language Processing

    Fumihiro Sakahira, Yuji Yamaguchi, Takao Terano

    the Fourteen Japan-China International Workshop on Information Technology and Control Applications  2022年11月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 天山山脈中央部における青銅器時代の人の居住-山岳地帯はいかに西または東からの移動経路となり得たか?- 招待

    久米正吾, 早川裕弌, 山口雄治

    《中国文明起源》第4回領域全体会議  2022年10月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発掘調査報告書の自然言語処理による文化的に類似した遺跡の抽出の試み

    坂平文博, 山口雄治

    第76回日本人類学会大会・第38回日本霊長類学会大会連合大会  2022年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山県の古墳を対象とするドローンを用いたLiDAR測量

    光本順, 山口雄治, ライアン・ジョセフ

    第40回レーザセンシングシンポジウム  2022年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Material Culture of Late Chalcolithic Age at Kültepe: Excavations at Central Trench, Kültepe 2021

    Ryoichi Kontani, Fikri Kulakoğlu, Yuji Yamaguchi

    5th Kültepe International Meeting(KIM5)  2022年7月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 天山山脈での移牧の始まりー初期牧畜民による高山草原地帯の開発をめぐってー

    久米正吾, 早川裕弌, 山口雄治, アイダ・アブディカノワ

    日本西アジア考古学会第27回大会  2022年7月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Examining early nomadic herders' migrations to high pastures in the Central Tien Shan in the Bronze Age. 招待

    Shogo Kume, Yuji Yamaguchi, Yuichi S Hayakawa

    Mathematical geographical modelling for environmental humanities  2022年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山県津山市佐良山古墳群内におけるUAV-LiDAR測量

    光本順, ライアン・ジョセフ, 山口雄治

    日本情報考古学会第46回大会  2022年3月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて―キュルテペ遺跡中央トレンチ発掘調査2021年-

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第29回西アジア発掘調査報告会  2022年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山県内の古墳のUAV-LiDAR測量に関する成果と展望

    光本順, ライアン・ジョセフ, 山口雄治, 清家章

    出ユーラシアの統合的人類史学 第6回全体会議  2022年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中国地方における縄文時代集落の人口

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター第14回公開講座  2021年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • LiDARデータによるDEM作成とその精度

    山口雄治

    出ユーラシアの統合的人類史学A01班研究会発表会  2021年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Spatial analysis on Early Dilmun burial mounds in Bahrain using high-resolution terrain models.

    Uesugi, A, Yamaguchi, Y, Watanabe, S, Abe, M, Miki, T, Jamison, G

    The 54th Seminar for Arabian Studies  2021年7月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山市造山古墳群のLidar測量

    光本順, ライアン・ジョセフ, 山口雄治

    考古学研究会第67回研究集会  2021年4月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Diversity, Complexity and Standardization: The Significance of Seals in the Indus Archaeology.

    Uesugi, A, Jamison, G, Yamaguchi, Y

    International Webinar on Indus Civilization.  2021年3月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ、西トレンチ発掘調査(2020年)-

    紺谷亮一, 山口雄治, フィクリ・クラックオウル

    第28回西アジア発掘調査報告会  2021年3月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 巨大古墳のUAV-LiDAR測量とその展望

    光本順, ライアン・ジョセフ, 山口雄治, 清家章

    出ユーラシアの統合的人類史学 第4回全体会  2021年1月 

     詳細を見る

  • Generating Hypotheses on Prehistoric Cultural Transformation with Agent-based Evolutionary Simulation

    Sakashita, F, Yamaguchi, Y, Osawa, Ryo, Kishimoto, T, Okubo, T, Terano, T, Tsumura, H

    2020 Winter Simulation Conference  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キュルテペ遺跡における前期青銅器時代の土偶と石偶

    山口雄治, 紺谷亮一, フィクリ・クラックオウル

    日本オリエント学会第62回大会  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キュルテペ遺跡出土のいわゆる赤黒土器の動態とその評価

    山口雄治

    日本西アジア考古学会第25回大会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 岡山平野における縄文時代後期~弥生時代前期の環境と生業

    山口雄治

    令和2年度第2回歴博基幹研究「水をめぐる認知と技術と社会の連環からみた日本列島の歴史過程と文化の形成」研究会  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ発掘調査2019年-

    紺谷亮一, 山口雄治, 下釜和也, フィクリ・クラックオウル

    第27回西アジア発掘調査報告会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中央アジア初期農耕牧畜民の交流から東西交流の始まりを考える-キルギス、モル・ブラク1遺跡(第3次)、ウズベキスタン、ダルヴェルジン遺跡(第2次)の発掘調査(2019年)

    久米正吾, 新井才二, 覚張隆史, 辰巳祐樹, 早川裕弌, 藤澤明, 宮田佳樹, 山口雄治, イングリダ・チチウルカイテ, ゲーストゥティス・ペセカス, ゲドレ・モツザイテ・マツゼビチウテ, ヒクマトゥッラ・ホシモフ, アイダ・アブディカノワ, ボキジョン・マトババエフ

    第27回西アジア発掘調査報告会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ウズベキスタンフェルガナ盆地遺跡データベース分析結果(予備)

    山口雄治

    科学研究費「中央ユーラシア高地民・低地民の相互交流と騎馬遊牧社会の成立基盤に関する考古学研究」(2017〜2020年度)第6回全体会議  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山市造山古墳群の三次元計測に関する学史と展望

    光本順, 清家章, 山口雄治

    出ユーラシアの統合的人類史学 第2回全体会議  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • QGIS: Basic Use for Archaeology 招待

    Yamaguchi, Y

    The 2nd Workshop for International Contribution to Cultural Heritage Protection Project in Central Asian Countries funded by the Agency for Cultural Affairs, Japan (October 2019-March 2020)  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 趣旨説明:環境変化と生業からみた社会変動 招待

    富岡直人, 山口雄治

    日本考古学協会2019年度岡山大会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 進化シミュレーションで解く縄文・弥生時代の文化変容

    坂平文博, 大澤僚也, 岸本幹史, 大久保孝晃, 山口雄治, 津村宏臣

    第73回日本人類学会大会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける前期青銅器時代土器の変遷とその年代-キュルテペ遺跡出土資料を中心に-

    山口雄治, 紺谷亮一, 上杉彰紀, 下釜和也, 千本真生, Fikri Kulakoğlu

    日本オリエント学会第61回大会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学構内ボーリング調査から得られた完新世海水準変動

    鈴木茂之, 山本悦世, 山口雄治, 岩﨑志保, 野口真利江, 辻康男

    日本地質学会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Elliptic Fourier Analysis of the Ongagawa Pottery in Prehistoric Japan

    The 4th Conference on the Archaeological and Anthropological Application of Morphometrics  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 弥生時代中期北部九州における戦争

    中尾央, 中川朋美, 田村光平, 山口雄治

    進化学会第21回大会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Deep Sounding in Search of the Earliest Levels at Kültepe: New Results and the Early Bronze Age Ceramic Seqeunce in the North of Kültepe

    Kültepe International Meeting 4 (KIM4)  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害遺構の保存について -倉敷市真備町を例に-

    松多信尚, 山口雄治, 森脇敏, 川上賢太

    2019年度地域地理学会  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 西日本における縄文・弥生時代遺跡の時空間動態

    山口雄治

    第3回SIMAS研究会  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 考古学のためのSfM-MVSを利用した三次元計測 招待

    山口雄治

    岡山県古代吉備文化財センター調査課職員研修  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 日本考古学における人口・文化動態シミュレーション研究の現状と課題

    山口雄治

    第2回SIMAS研究会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山県南部における縄文時代の海域変遷と遺跡動態

    山本悦世, 山口雄治, 鈴木茂之, 岩﨑志保

    第65回考古学研究会総会・研究集会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて-キュルテペ遺跡北トレンチ発掘調査2018年-

    紺谷亮一, 山口雄治, 下釜和也, フィクリ・クラックオウル

    第26回西アジア発掘調査報告会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中央アジア初期農耕牧畜民の交流から東西交流の始まりを考える-キルギス、モル・ブラク1遺跡(第2次)、ウズベキスタン、ダルヴェルジン遺跡(第1次)の発掘調査(2018年)

    久米正吾, 早川裕弌, 覚張隆史, 藤澤明, 新井才二, 金田明美, 山口雄治, 宮田佳樹, バフティヨル・アブドゥッラエフ, ヒクマトゥッラ・ホシモフ, アイダ・アブディカノワ, ボキジョン・マトババエフ

    第26回西アジア発掘調査報告会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 天山・フェルガナの初期農耕牧畜民の考古学-キルギス、モル・ブラク遺跡およびウズベキスタン、ダルヴェルジン遺跡の発掘調査-

    久米正吾, 早川裕弌, 覚張隆史, 藤澤明, 新井才二, ゲードレ・モツザイテ=マツゼビチウテ, 金田明美, 山口雄治, 宮田佳樹, バフティヨル・アブドゥッラエフ, ヒクマトゥッラ・ホシモフ, アイダ・アブディカノワ, ボキジョン・マトババエフ

    文化庁「東アジア芸術家・文化人等交流・協力事業」国際シンポジウム・国際研究会「シルクロードを掘る」  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • GIS & Database Software :QGIS basic use 招待

    Yamaguchi, Y

    International Contribution to Cultural Heritage Protection Project (2018-19) of Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, "Protection of Cultural Heritage in Uzbekistan and Other Central Asian Countries "Workshop (Jan. 23-31, 2019)  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Early pastoralism and farming in the Tien Shan and Fergana in the Bronze Age: recent excavations

    S. Kume, Y. Hayakawa, T. Gakuhari, A. Fujisawa, S. Arai, G. Motuzaite-Matuzeviciute, A. Kaneda, Y. Yamaguchi, Y. Miyata, B. Abuddulaev, H. Hoshimov, A. Abdykanova, B. Matbabaev

    International Seminar on Archaeology of Central Asia  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Database Project in Fergana Basin 招待

    Yamaguchi, Y

    First meeting and associated activities for International Contribution to Cultural Heritage Protection Project in Central Asian Countries funded by the Agency for Cultural Affairs, Japan.  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 岡山県の縄文貝塚

    山口雄治

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター第7回公開講座  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Prehistoric violence in Japan

    Nakao, H, Nakagawa, T, Tamura, K, Yamaguchi, Y, Matsumoto, N, Matsugi, T

    SEAA conference  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 岡山平野における水稲農耕導入前後の諸様相

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター第1回国際シンポジウム「水稲農耕は社会をどう変えたか」  2018年 

     詳細を見る

  • キュルテペ遺跡北部区域における文化変遷とアナトリアにおける社会変容

    日本西アジア考古学会第23回大会  2018年 

     詳細を見る

  • 中央アナトリア前期青銅器時代における「非在地系土器」-キュルテペ遺跡出土土器の評価をめぐって-

    第22回西アジア考古学会総会・大会  2017年 

     詳細を見る

  • 野壺とリサイクル

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター公開講座  2017年 

     詳細を見る

  • 中央アナトリアにおける銅石器時代解明へ向けて

    第24回西アジア発掘調査報告会  2017年 

     詳細を見る

  • SfM/MVSを用いた発掘調査-トルコ共和国キュルテペ遺跡を例に-

    考古学研究会岡山例会  2016年 

     詳細を見る

  • 銅石器時代~前期青銅器時代・アナトリア中央部における土器の様相

    西アジア考古学会第21回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 住居形態からみた縄文時代中四国地方の地域間交流

    第27回中四国縄文研究会  2016年 

     詳細を見る

  • 鹿田遺跡

    大地からの便り2015-県内の発掘調査報告会  2015年 

     詳細を見る

  • Spatial analysis of prehistoric archaeological sites and landforms in Kayseri, central Turkey using multiscale topographic data

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年 

     詳細を見る

  • 前期青銅器時代 中央アナトリアの葬制

    西アジア考古学会2012年度ワークショップA  2013年 

     詳細を見る

  • 中央アナトリア、青銅器時代の地域構造

    西アジア考古学会第18会大会  2013年 

     詳細を見る

  • トルコ共和国カイセリ県南東部の移牧・遊牧と夏営地跡

    西アジア考古学会第18会大会  2013年 

     詳細を見る

  • 徳島市庄・蔵本遺跡の調査成果

    考古学研究会岡山例会 6月例会  2013年 

     詳細を見る

  • 西日本縄文・弥生時代集落のGISデータベース化と時空間動態評価

    第17回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」  2012年 

     詳細を見る

  • ナイル・デルタ中・西部における グランドトゥルースデータの取得 -その方法と課題-

    2012年度第1回ナイル・デルタ研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 土器形状のデータ化による土器製作技術系統の解析とその評価-縄文時代後期、津島岡大遺跡を例として

    第78回日本考古学協会  2012年 

     詳細を見る

  • 楕円フーリエ記述子を用いた土器口縁断面形状の細密評価-形状特性に内包される時代の時系列変化属性と製作者の個別動作属性の定量的判別-

    第29回日本文化財科学会  2012年 

     詳細を見る

  • 異なるデータソースから作成されたDEMを用いた遺跡および周辺域の地形解析:トルコ、カイセリ県の例

    地理情報システム学会第20回研究発表大会  2011年 

     詳細を見る

  • トルコ共和国カイセリ県一般調査(KAYAP)

    日本オリエント学会第53回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 西日本縄文時代遺跡の時空間動態解析とその評価

    第12回関西縄文研究会  2011年 

     詳細を見る

  • ヒッタイト文化の起源を探る-トルコ共和国カイセリ県一般調査(KAYAP)、第3次調査(2010年)

    第18回西アジア発掘調査報告会  2011年 

     詳細を見る

  • 西日本における縄文時代遺跡の時空間動態解析

    第77回日本考古学協会  2011年 

     詳細を見る

  • Geospatial analysis on topography and archaeological sites in Kayseri, Turkey: A preliminary result

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年 

     詳細を見る

  • ヒッタイト文化の起源を探る―トルコ共和国カイセリ県遺跡調査プロジェクト(KAYAP)―

    西アジア考古学会第16会大会  2011年 

     詳細を見る

  • 遺構から見た岡山県の縄文集落

    第21回中四国縄文研究会  2010年 

     詳細を見る

  • Experimental practice using 3D scanning for understanding the structure of a stone chamber from the Kofun period, Japan

    I Congreso Internacional de Arqueología e Informática Gráfica, Patrimonio e Innovación  2009年 

     詳細を見る

  • 山陽地方における縄文時代後・晩期の集落

    考古学研究会岡山例会第12回シンポジウム  2008年 

     詳細を見る

  • 岡山県における縄文時代後期の地域社会

    第19回中四国縄文研究会  2008年 

     詳細を見る

  • Transformation of settlement system from Late-Final Jomon to Early Yayoi in Western Japan

    Fourth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology 2008 (SEAA2008)  2008年 

     詳細を見る

  • 中国地方縄文時代中後期の居住形態

    考古学研究会5月例会  2007年 

     詳細を見る

  • 居住形態・生業研究への基礎的作業-縄文時代中後期の中国地方-

    近江貝塚研究会  2007年 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • UAV データ解析による巨大前方後円墳の周濠探査

    研究課題/領域番号:CJ23-28  2023年07月 - 2024年03月

    千葉大学環境リモートセンシング研究センター  令和5年度共同利用研究  SP2023-6 プログラム研究

    光本 順, 本郷千春, ライアン・ジョセフ, 清家 章, 山口雄治, 久世宏明

      詳細を見る

  • 紀元前4~3千年紀中央アナトリアにおける気候変動とレジリエンス

    2023年06月 - 2024年03月

    岡山大学文明動態学研究所  2023年度 文明動態学研究所共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • ICT技術による文化資源の社会化と活用に関する実践的研究

    2023年06月 - 2024年03月

    岡山大学文明動態学研究所  2023年度 文明動態学研究所共同研究 

    岩﨑 志保, 山口 雄治, 津村 宏臣, 笹倉 万里子, 大澤 晋

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 先史人類の人口動態に関する研究

    研究課題/領域番号:23H04844  2023年04月 - 2028年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  学術変革領域研究(A)

    中村 大, 河合 洋介, 高瀬 克範, 山口 雄治, NOXON Corey・Tyler

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:34190000円 ( 直接経費:26300000円 、 間接経費:7890000円 )

    researchmap

  • 旧日本陸軍第十七師団駐屯地の基礎的研究

    研究課題/領域番号:23K00916  2023年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    野崎 貴博, 松岡 弘之, パク ミンジョン, 山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける都市社会の動態と気候変動

    2022年06月 - 2023年03月

    岡山大学文明動態学研究所  2022年度共同研究 

    山口雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • インダス文明社会のダイナミズム:工芸品に関する学際的研究を手がかりとして

    研究課題/領域番号:22H00711  2022年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    上杉 彰紀, 山口 雄治, 三木 健裕, 長柄 毅一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    researchmap

  • 日本列島におけるネオ-パレオデモグラフィー(新-古人口学)の創成研究

    研究課題/領域番号:22H00021  2022年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    津村 宏臣, 石岡 学, 山口 雄治, 原 尚幸, 松木 武彦, 大田 靖, 坂平 文博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:28080000円 ( 直接経費:21600000円 、 間接経費:6480000円 )

    researchmap

  • アナトリアにおける後期銅石器~前期青銅器時代集落の研究2

    2022年04月 - 2023年03月

    公益財団法人 髙梨学術奨励基金  令和4年度 若手研究助成 

    山口雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 原シルクロードの形成-中央アジア山岳地帯の初期開発史に関する総合研究-

    研究課題/領域番号:21H04357  2021年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    久米 正吾, 久保田 慎二, 藤澤 明, 宮田 佳樹, 竹内 望, 瀬川 高弘, 覚張 隆史, 佐藤 丈寛, 新井 才二, 早川 裕弌, 山口 雄治, 辰巳 祐樹, 青木 高明, 藤原 直哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:41600000円 ( 直接経費:32000000円 、 間接経費:9600000円 )

    researchmap

  • アナトリアにおける後期銅石器~前期青銅器時代集落の研究

    2021年04月 - 2022年03月

    公益財団法人 髙梨学術奨励基金  若手研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • アナトリアにおける後期銅石器~前期青銅器時代集落の研究

    2021年04月 - 2022年03月

    公益財団法人髙梨学術奨励基金  令和3年度 若手研究助成 

    山口雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 王陵級巨大古墳の構造分析に関する文理融合型総合研究

    研究課題/領域番号:20H05634  2020年08月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    清家 章, 鈴木 茂之, 山口 雄治, 居島 薫, 白木 一郎, 光本 順, 野崎 貴博, 永嶺 謙忠, 福永 伸哉, 吉村 浩司, 南 健太郎, 三宅 康博, 野坂 俊夫, 鳥養 映子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:195650000円 ( 直接経費:150500000円 、 間接経費:45150000円 )

    研究開始時点では想定できなかった長期にわたる新型コロナウィルスのパンデミックの影響を受けて、フィールド調査のいくつかは計画の順番変更を余儀なくされたが、困難を乗り越えておおむね順調、一部計画を先行して進めることができた。本研究はミュオン班・墳丘班・埴輪班の3つの班によって実施されている。それぞれの班ごとに研究経過を報告する。
    ミュオン班:2020 年度は、古墳研究に適用するミュオン検出器の設計を検討し、検出器製作の基本方針を定め、製作を開始した。
    墳丘班:墳丘班による三次元計測は、岡山市造山古墳周辺、総社市作山古墳で実施している。総社市鳶尾塚古墳の三次元計測も完了している。赤磐市両宮山古墳については、赤磐市教育委員会から三次元データを提供していただき、当初予定していた吉備三大古墳の墳丘三次元データを初年度で入手したことになる。次いでそれぞれのデータ整理を開始している。また、鳶尾塚古墳では墳丘の発掘調査を実施し、直径23mの円墳であることが推定されるに至っている。
    埴輪班:造山古墳、両宮山周辺古墳(赤磐市森山古墳、同・宮山 4 号墳、同・岩田 3 号墳)と倉敷市二万大塚古墳出土埴輪の資料を所蔵機関から入手し、光学・電子顕微鏡による微細組織観察、X 線回折装置による鉱物同定、および電子線マイクロアナライザ・蛍光 X 線分析装置による化学分析を実施した。その結果、胎土には主に風化花崗岩起源の鉱物粒子と広域テフラ起源のガラス粒子が含まれており、それらの組成から生産地を特定できる可能性が示された。また、鉱物の熱変成と融解の程度により、野焼きと窖窯における焼成温度が見積もられた。埴輪の考古学的観察も並行して進め、造山古墳と畿内王陵系埴輪の比較研究を実施している。

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける都市成立期の地域間交流

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 髙梨学術奨励基金  若手研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 令和元年度ウズベキスタン共和国等中央アジア諸国における 文化遺産保護国際貢献事業

    2019年07月 - 2020年03月

    文化庁  文化遺産保護 国際貢献事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 中央ユーラシア高地民・低地民の相互交流と騎馬遊牧社会の成立基盤に関する考古学研究

    研究課題/領域番号:17H04533  2019年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    久米 正吾, 宮田 佳樹, 早川 裕弌, 藤澤 明, 覚張 隆史, 新井 才二, 山口 雄治, 辰巳 祐樹, 久保田 慎二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    本研究は、中央アジア東部地域における農耕牧畜社会の成立過程について、地理的環境の異なるキルギス、天山山中及びウズベキスタン、フェルガナ盆地にそれぞれ所在する考古遺跡の比較調査を実施することによって明らかにすることを目的とする。平成30年度は以下の調査を実施した。
    (1)フィールド調査:5月~6月にかけてウズベキスタン、ダルヴェルジン遺跡において基本層序を確立するための発掘調査を実施し、前2千年紀後半の約500年間の連続的な文化層を詳細に記録した。同時に、土器、磨製石器、青銅器、動植物遺存体等の出土標本や建築遺構を層位的に収集、記録し、同遺跡における農耕牧畜の成立過程を長期的な観点から多面的に調べるための基礎資料を整備した。また、9月にキルギス、モル・ブラク1遺跡の発掘調査を実施し、前回の発掘終了面であった前2千年紀初頭より更に下層から居住痕跡を検出した。この結果、農耕牧畜を伴った天山山中の高地環境開発が前3千年紀まで遡る可能性の検証が今後の新たな課題となった。
    (2)出土標本の理化学分析:昨年度、キルギスでの標本調査を重点的に実施したため、今年度は新たに標本が得られたウズベキスタンでの標本調査に移行した。特に重要な成果は、動物骨の炭素・窒素安定同位体分析を実施し、家畜の食性を解析して同遺跡での家畜への給餌特性を明らかにしたことである。もう1点重要な成果は、ダルヴェルジン遺跡出土青銅器のほかウズベキスタン国立歴史博物館所蔵の青銅器の蛍光X線分析を実施し、合金成分に関する情報が得られた。これらの成果を踏まえ、来年度からウズベキスタンとキルギス双方を対象とした各種標本の理化学分析結果の比較研究を推進し、地理的環境の異なる2地域での農耕牧畜社会の発展過程について議論するための基盤が整った。

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器~前期青銅器時代の年代学的研究2

    2018年06月 - 2019年03月

    公益財団法人髙梨学術奨励基金  平成30年度若手研究助成 

    山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 西日本における縄文時代の人口動態に関する研究

    研究課題/領域番号:18K01064  2018年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は、西日本地域における人口動態について、①縄文時代の遺跡空間データベースの作成、②居住形態と居住集団の規模の推定、③縄文時代の環境収容力の推定の3点を統合することで明らかにすることを目的としている。平成30年度は中国地方の遺跡空間データベース作成を予定していた。
    本年度は予定通り、①地理情報システム(GIS)と連動した遺跡空間データベースの作成を行った。対象地域は中国地方とし、データ化の項目は位置情報、立地、時期(縄文時代草創期~晩期の型式別および14C年代データ)、遺構の構成・数、土器出土量、文献などである。概ねすべての遺跡をデータ化することができ、早期と後期初頭に遺跡数のピークのあることを改めて確認した。また住居址数や集落の状況から、②居住形態と居住集団の規模の推定に関して、ある程度の見通しをつけることができた。遺跡規模が東日本とは相対的に小規模である点や住居址の切り合いがほとんど見られない点などは、一時期の居住集団の規模の推定について少ないバイアスで復元できものと考えられる。また、岡山・鳥取両県の遺跡については資料調査を行い、資料の状況把握および時期の確認などを行った。
    ③縄文時代の環境収容力推定のために、岡山平野を対象とした古環境復元を行った。岡山平野沿岸部では海進および海退による土地利用可能面積の拡大と縮小が想定される。そのため、貝塚遺跡の立地と分布、出土貝類の変遷およびKuniJiban等で公開されているボーリング柱状図のデータ化も進めた。その結果、縄文時代の各時期において土地利用可能面積に変動のあることが明らかとなった。

    researchmap

  • 中部瀬戸内地域における縄文時代の環境変動と人間活動に関する考古学的研究

    研究課題/領域番号:18K01063  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 悦世, 鈴木 茂之, 山口 雄治, 岩崎 志保

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    1.ボーリングコアの分析完了:仮説の補強と新知見につながるデータを得た。
    岡山大学構内において2018年度に実施したボーリング調査について、同コア試料の珪藻分析と年代測定を実施した。分析は外部業者(パレオ・ラボ)に依頼し、1回目の分析結果を確認した後、追加の分析を行った。その結果、前年度実施した電気伝導率との相関関係との検討からも、既往の研究成果とは異なる環境下の状況を確認すると同時に、海水準変動に関する従来の仮説を補強するデータを合わせて得ることとなった。また、既往の土木工事に伴うボーリング成果を本調査成果に関連付けることで、更新世の古地形復元作業を実施した。
    2.遺跡データベースの作成:貝塚遺跡を中心とした作業においてが新知見が得られた。
    貝塚遺跡では、貝塚形成時期に関する見直しを積極的に実施し、縄文前期~後期における貝塚形成遺跡数に大きな変動が生じていない、という仮説を立てた。また、それに伴って、従来の認識以上に、貝塚形成集中域の抽出が可能となり、人口密集域の状態を鮮明化する手がかりとなった。一方、貝塚以外の遺跡データベース作成作業では、本研究対象域全体の完了には至っていないが、貝塚形成遺跡における集落形成の可能性や、中期末以降において、新たな環境に進出した遺跡と土地形成過程との関係を、一部の地域で具体的に描ける資料を蓄積することができた。
    3.研究成果の学会発表:学会発表は口頭発表が5本(内1件はポスターセッション)、雑誌論文3本を数える。その多くは考古学関係学会での発表であるが、その内の1本は研究分担者による日本地質学会での発表である。

    researchmap

  • 中央アナトリアにおける銅石器~前期青銅器時代の年代学的研究

    2017年06月 - 2018年03月

    公益財団法人髙梨学術奨励基金  平成29年度若手研究助成 

    山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 岡山県南部地域における縄文~弥生時代の古地形復元と遺跡動態に関する考古学的研究

    研究課題/領域番号:15K02980  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 悦世, 山口 雄治, 岩崎 志保, 鈴木 茂之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    岡山県南部地域に位置する岡山平野でボーリング調査を実施し古地形復元を試みた。同調査では主に年代測定や珪藻分析などを実施し、縄文時代早期~弥生時代前期における相対的な海水準変動の様相を復元するデータを得た。それを基に、同地域における発掘調査成果や遺跡分布状況の検討を踏まえて、縄文時代早期~弥生時代前期における各時期の海岸線復元図を作成し、環境変動の影響を可視化することができた。
    その結果、縄文中期の小海退と同後期における再海進が、本地域の遺跡動態に大きな影響を与えた可能性が浮かび上がり、従来の定説に一石を投じる仮説を立てるに至った。

    researchmap

  • 環瀬戸内海沿岸文化景観の基層の体験学習型交流-歴史と食を通じた環境多様性と文化多様性の理解-

    2014年04月 - 2015年03月

    公益財団法人福武財団  第9回 瀬戸内海文化研究・活動助成 

    山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • C14年代測定を利用した中央アナトリア前期青銅器時代における 土器編年の構築と地域間交流に関する年代学的研究

    2012年09月 - 2013年08月

    株式会社パレオ・ラボ  若手研究者を支援する研究助成(第8期) 

    山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • アナトリアにおける都市化過程の実態解明‐メソポタミア都市国家の相対化に向けて‐

    研究課題/領域番号:24401034  2012年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    紺谷 亮一, 松本 健, 岡田 保良, 小口 裕通, 鹿島 薫, 早川 祐弌, 山口 雄治

      詳細を見る

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    トルコ共和国においてキュルテペ遺跡の発掘調査を行い、前期青銅器時代後半の大規模建築址の状況を明らかにした。また、これまで空白地帯であったキュルテペ周辺(カイセリ県域)において124遺跡を踏査した。その中でスズ鉱山と加工遺跡(セニル・スルトゥ、テクネカヤ)を発見できたことは、従来の古代青銅生産システムに再考を促すことになった。さらに、アッシリア・コロニー時代の新たなる交易都市(イキテペ)を発見した。また詳細な地形データを基にしたキュルテペからの歩行コストモデルを作成し、メソポタミアとの交易ルートについて、新たに地中海ルートを提唱した。

    researchmap

  • 中央アナトリア都市国家成立期(前期青銅器時代)における土器の編年的研究

    2012年04月 - 2013年03月

    日本科学協会  笹川科学研究助成 

    山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 縄文・弥生社会の人口シミュレーションと文化変化モデルの構築

    研究課題/領域番号:20320123  2008年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    松本 直子, 笹倉 万里子, 松木 武彦, 安藤 広道, 津村 宏臣, 山口 雄治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:24615176円 ( 直接経費:18934751円 、 間接経費:5680425円 )

    遺跡のデータベース化を行い、それに基づく分析から、西日本の縄文~弥生時代の居住様式変化の実態、岡山県の弥生~古墳時代における人口推移のプロセスと社会の複雑化との関係、関東・中部地方の弥生時代についての人口推定方法の問題点等を明らかにした。生活様式に関する情報の少ない中国地方については、発掘調査によって新たな資料を得た。
    縄文土器片の形状を定量的記述方法を用いて分析し、年代差を表す変異とそうでない変異があること、後期前葉と中葉の間で土器の構造に大きな差異があることを示した。
    人口動態と文化変化に関するシミュレーション・プログラムを開発し、両者の関係を検討した。シミュレーションはWebで公開した。

    researchmap

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 狩猟採集社会から農耕社会へー縄文/弥生移行期の岡山ー

    役割:講師

    倉敷埋蔵文化財センター  令和5年度秋の考古学講座「考古学からみた時代の画期」  2023年11月24日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 岡山の縄文時代:環境・文化・人口

    役割:講師

    公益財団法人岡山郷土文化財団  公益財団法人岡山郷土文化財団郷土文化講座  2023年3月7日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 津島岡大遺跡の縄文・弥生時代-古代マヤとの比較を見据えて-

    役割:講師

    岡山大学文明動態学研究所  文明動態学研究所第1回特別展 第1回公開講座「津島とマヤ―グローカルな研究最前線―」  2023年2月12日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 中国地方における縄文時代集落の人口

    役割:講師, 企画

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  岡山大学埋蔵文化財調査研究センター第14回公開講座  2021年11月20日

     詳細を見る

    種別:対話型集会・市民会議

    researchmap

  • 考古学のためのSfM-MVSを利用した三次元計測

    役割:講師, 助言・指導, 実演

    岡山県古代吉備文化財センター  2019年5月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 岡山県の縄文貝塚

    役割:講師

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  2018年11月

     詳細を見る

  • 遺跡調査における3次元計測(SfM/MVS)について

    役割:講師, 助言・指導

    鳥取大学地域学部  2017年7月25日

     詳細を見る

    種別:研究指導

    researchmap

  • 野壺とリサイクル

    役割:講師

    岡山大学埋蔵文化財調査研究センター  岡山大学埋蔵文化財調査研究センター第3回公開講座  2017年3月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 聖書考古学と日本考古学

    役割:講師

    ノートルダム清心女子大学  聖書の考古学  2014年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

▼全件表示

メディア報道

  • メソポタミアと思われてきた都市の起源説を覆す可能性 テレビ・ラジオ番組

    RSK山陽放送  RSK山陽放送  2023年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • トルコ・キュルテペ 都市の起源か 新聞・雑誌

    山陽新聞  山陽新聞  2023年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap