2024/02/02 更新

写真a

リ エイ
LI YING
LI YING
所属
社会文化科学学域 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士 ( 2020年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • ADR、交渉促進型調停、会話分析

研究分野

  • 人文・社会 / 民事法学  / 民事紛争処理

  • 人文・社会 / 基礎法学  / 法社会学

学歴

  • 大阪大学   Graduate School of Law and Politics  

    2015年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 中国政法大学   研究生院人文学院  

    2011年9月 - 2014年6月

      詳細を見る

  • 中国政法大学   民商経済法学院  

    2007年9月 - 2011年6月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院社会文化科学研究科   講師

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 大阪大学法学研究科   特任助教

    2020年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学法学研究科   助教

    2019年4月 - 2019年9月

      詳細を見る

所属学協会

  • 仲裁ADR法学会

    2022年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本エスノメソドロジー・会話分析研究会

    2018年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本法社会学会

    2015年 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • 調停実務家の役割認識と実際の役割 招待

    次世代民事司法の理論と実務, 池田辰夫先生古稀祝賀論文

    23 - 39   2023年10月

     詳細を見る

  • 海外論文紹介Robert A. Baruch Bush and Joseph P. Folger, The promise of mediation: the transformative approach to conflict (Jossey-Bass, 2005), xiii+287pp. 招待

    李英

    仲裁とADR   ( 16 )   59 - 63   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 調停の冒頭説明の会話分析—調停人の専門性と当事者の主体性

    阪大法学   69 ( 2 )   219 - 253   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 調停人の解決案提示 査読

    阪大法学   68 ( 6 )   149 - 178   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 「対席調停の会話分析〜当事者の『関心』をどうやってつかむか〜」

    李英

    2022年度大阪大学総合学術博物館サイエンスカフェ  2022年1月 

     詳細を見る

  • 「日本における北米型メディエーションの受容過程―対話型ADRの発展へむけて」

    2021年度特定非営利活動法人シヴィル・プロネット関西  2021年5月 

     詳細を見る

  • 「対話型調停の会話分析」

    李英

    2021年度一般社団法人ピアメディエーション学会  2021年4月 

     詳細を見る

  • 「対話型調停の会話分析―紛争解決の営みを解きほぐす―」 招待

    李英

    2021年度大阪大学総合学術博物館サイエンスカフェ  2021年3月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

受賞

  • 仲裁ADR法学会奨励賞

    2023年7月  

     詳細を見る

  • 第21回法社会学学会奨励賞(論文部門)

    2020年5月  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • コンタクト・ゾーンの紛争処理

    研究課題/領域番号:22H00777  2022年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    仁木 恒夫, 吉田 直起, 和田 仁孝, 李 英

      詳細を見る

    配分額:13780000円 ( 直接経費:10600000円 、 間接経費:3180000円 )

    researchmap

  • 民間型ADRにおける調停者介入の会話的秩序の解明:自律的紛争処理の実効化に向けて

    研究課題/領域番号:22K13277  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    李 英

      詳細を見る

    配分額:2080000円 ( 直接経費:1600000円 、 間接経費:480000円 )

    researchmap

 

担当授業科目

  • 法社会学 (2023年度) 前期  - 木4

  • 法社会学 (2023年度) 第4学期  - 木5~6

  • 法社会学 (2023年度) 特別  - その他

  • 法社会学概論 (2023年度) 3・4学期  - 金10

  • 法社会学概論a (2023年度) 第1学期  - 火1~2

  • 法社会学概論b (2023年度) 第2学期  - 火1~2

  • 法社会学演習1 (2023年度) 特別  - その他

  • 法社会学演習2 (2023年度) 特別  - その他

  • 演習I (2023年度) 1・2学期  - 水3~4

  • 演習II (2023年度) 1~4学期  - 木3~4

  • 現代法社会理論演習2 (2023年度) 後期  - 木4

  • 現代法社会理論2 (2023年度) 前期  - 木4

  • 課題演習1(法政理論専攻) (2023年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(法政理論専攻) (2023年度) 後期  - その他

  • 法と社会科学 (2022年度) 3・4学期  - 火10

  • 法社会学概論a (2022年度) 第3学期  - 火1~2

  • 法社会学概論b (2022年度) 第4学期  - 火1~2

  • 現代法社会理論演習1 (2022年度) 後期  - 木2

  • 現代法社会理論1 (2022年度) 前期  - 木2

▼全件表示