Updated on 2024/04/06

写真a

 
HORIGUCHI Goro
 
Organization
Faculty of Humanities and Social Sciences Professor
Position
Professor
External link

Degree

  • 法務博士(専門職) ( 2011.3   慶應義塾大学 )

Research Interests

  • 教育データ利活用

  • 教育法学

  • 学問の自由

  • 憲法学

  • 大学の自治

  • EdTech

  • 子どもの権利

  • 内心の自由

  • 教育の自由

  • インクルーシブ教育

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Public law  / 憲法学

  • Humanities & Social Sciences / New fields of law  / 教育法学

Education

  • Keio University   大学院法学研究科後期博士課程  

    2013.4 - 2016.3

      More details

  • Keio University   大学院法務研究科  

    2009.4 - 2011.3

      More details

  • Waseda University   法学部(早期卒業)  

    2006.4 - 2009.3

      More details

  • 早稲田大学高等学院    

    2003.4 - 2006.3

      More details

Research History

  • Okayama University   学術研究院社会文化科学学域(法学系)   Professor

    2024.4

      More details

    Country:Japan

    researchmap

  • Okayama University   学術研究院社会文化科学学域(法学系)   Associate Professor

    2021.4 - 2024.3

      More details

  • 慶應義塾大学グローバル・リサーチ・インスティテュート(KGRI)   客員所員

    2020.4

      More details

  • Okayama University   Graduate School of Humanities and Social Sciences   Associate Professor

    2019.10 - 2021.3

      More details

  • Kyushu Sangyo University   地域共創学部地域づくり学科   Associate Professor

    2018.4 - 2019.9

      More details

  • Seinan Gakuin University

    2016.4 - 2019.3

      More details

  • Kyushu Sangyo University   Faculty of Economics, Department of Economics

    2015.4 - 2018.3

      More details

  • Keio University   大学院法務研究科   Assistant Professor

    2013.4 - 2015.3

      More details

  • 最高裁判所   司法修習生(第65期)

    2011.11 - 2012.12

      More details

▼display all

Professional Memberships

  • THE JAPANESE ASSOCIATION OF COMPARATIVE CONSTITUTIONAL LAW

    2017.10

      More details

  • JAPAN PUBLIC LAW ASSOCIATION

    2014.10

      More details

  • ASSOCIATION FOR STUDIES OF CONSTITUTIONAL THEORY

    2013.5

      More details

  • JAPAN ASSOCIATION FOR STUDIES OF CONSTITUTIONAL LAW

    2013.5

      More details

  • 児童福祉法研究会

    2013.4

      More details

  • JAPAN EDUCATION LAW ASSOCIATION

    2012.5

      More details

▼display all

Committee Memberships

  • 岡山弁護士会綱紀委員会   委員  

    2024.4   

      More details

    Committee type:Other

    researchmap

  • 岡山市行政不服・情報公開・個人情報保護審査会   委員  

    2022.6   

      More details

    Committee type:Municipal

    researchmap

  • 日本教育法学会事務局   書記  

    2021.5   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  • 岡山弁護士会懲戒委員会   予備委員  

    2020.4 - 2024.3   

      More details

    Committee type:Other

    researchmap

  • 日本教育法学会年報編集幹事会   幹事  

    2014.5 - 2020.5   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

 

Papers

  • 教員多忙化問題の現状と課題

    堀口悟郎

    臨床法務研究   ( 25 )   19 - 36   2024.3

     More details

  • 地方議会代表者会と司法権

    堀口悟郎

    法学教室   ( 521 )   59 - 67   2024.2

     More details

  • ラブホテル規制条例と地方自治

    堀口悟郎

    法学教室   ( 518 )   50 - 57   2023.11

     More details

  • Need for a paradigm shift in supporting children with medical care needs in Japan: Legal conflicts between scope and limits of reasonable accommodation in schools Reviewed

    Munehisa Yoshitoshi, Goro Horiguchi, Kiriko Takahashi

    International Journal of Discrimination and the Law   23 ( 3 )   283 - 294   2023.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1177/13582291231187060

    researchmap

  • 教授言語と学問の自由

    堀口悟郎

    法学教室   ( 515 )   58 - 65   2023.8

     More details

  • 学習指導要領と教育の自由

    堀口悟郎

    法学教室   ( 512 )   46 - 53   2023.5

     More details

  • EdTechと憲法

    堀口悟郎

    日本教育法学会年報   ( 52 )   90 - 98   2023.3

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 教員の多忙化という差別問題

    堀口悟郎

    法学セミナー   ( 818 )   12 - 17   2023.3

     More details

  • 憲法学からみた教員多忙化問題――埼玉教員超勤訴訟を中心に

    堀口悟郎

    岡山大学法学会雑誌   72 ( 3・4 )   65 - 110   2023.3

     More details

  • DNA型記録とプライバシー権

    堀口悟郎

    法学教室   ( 509 )   74 - 81   2023.2

     More details

  • データ駆動型教育と教育の自由 Invited

    堀口悟郎

    教育   ( 925 )   68 - 75   2023.2

     More details

  • Judicial barriers to inclusive education as a human right: An analysis of relevant legal cases in Japan Reviewed International coauthorship International journal

    Munehisa Yoshitoshi, Goro Horiguchi, Kiriko Takahashi

    Disability & Society   1 - 20   2022.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1080/09687599.2022.2157705

    researchmap

  • 静穏保持法と表現の自由

    堀口悟郎

    法学教室   ( 505 )   80 - 87   2022.10

     More details

  • 「不起立教員」と思想・良心の自由

    堀口悟郎

    法学教室   ( 501 )   65 - 72   2022.6

     More details

  • 日本学術会議問題と学問の自由――研究者の独立という視点から

    堀口悟郎

    日本教育法学会年報   ( 51 )   60 - 69   2022.3

     More details

  • 学問の自由論の金字塔ーー卓越した理論家・高柳信一が遺したもの

    堀口悟郎

    季刊教育法   ( 212 )   84 - 88   2022.3

     More details

  • 就学義務の功罪――石塚報告へのコメント Invited

    堀口悟郎

    法律時報   93 ( 9 )   114 - 117   2021.8

     More details

  • 間接的制約論の現状と課題

    堀口悟郎

    憲法研究   ( 7 )   141 - 159   2020.11

     More details

  • コロナ禍と学校教育 Invited

    堀口悟郎

    法学セミナー   ( 790 )   62 - 67   2020.11

     More details

  • 中央集権国家の地方自治――フランスにおける地方自治体の将来像 Invited Reviewed

    堀口悟郎

    比較憲法学研究   ( 32 )   1 - 25   2020.10

     More details

  • 自己紹介からはじめる憲法学 Invited

    堀口悟郎

    法学セミナー   ( 783 )   12 - 17   2020.4

     More details

  • 「君が代判例」が継承した憲法理論 Invited

    堀口 悟郎

    法律時報   91 ( 5 )   70 - 75   2019.5

     More details

  • 教育におけるAIの活用と憲法 Invited

    堀口 悟郎

    ヒューマンライツ・バイ・デザインの社会実装に関するチェックポイントリストの検討 最終報告書   41 - 48   2019.3

     More details

  • 高等教育の無償化と大学の自治――フランスとの比較から Invited

    堀口 悟郎

    日本教育法学会年報   ( 48 )   72 - 81   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 学生の参加と教授の独立 Invited Reviewed

    堀口 悟郎

    比較憲法学研究   ( 30 )   111 - 137   2018.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 思想による差別――君が代再雇用拒否訴訟における未解決の論点

    堀口 悟郎

    地域共創学会誌   ( 1 )   77 - 99   2018.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 行政裁量と人権――君が代懲戒処分事件判決における人権論の領分 Invited

    堀口 悟郎

    法学研究   91 ( 1 )   479 - 506   2018.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 高等教育の無償化に向けての憲法改正の是非 Reviewed

    斎藤 一久, 安原, 陽平, 堀口 悟郎

    季刊教育法   ( 195 )   70 - 75   2017.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 教育の政治的中立性と政治教育の自由 Invited

    堀口 悟郎

    日本教育法学会年報   ( 46 )   117 - 125   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 水銀に関する水俣条約の法および経済的観点からの評価と展望

    澤田 英司, 堀口 悟郎

    産業経営研究所報   ( 49 )   67 - 69   2017.3

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 義務としての政治教育の自由 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 744 )   37 - 41   2017.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • "Kyojukai jichi" to "kyoju no dokuritsu" Reviewed

    ( 103 )   35 - 67   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN10086101-20141215-0035

  • Personality and Social Image

    ( 30 )   37 - 69   2014.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AA1203413X-20141006-0037

  • 教育権論再考――「公共性」論から「秩序」論へ―― Reviewed

    HORIGUCHI Goro

    KEIO LAW JOURNAL   ( 21 )   157 - 224   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:慶應義塾大学法科大学院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AA1203413X-20111226-0157

▼display all

Books

  • 図録 法学入門

    堀口悟郎, 斎藤一久編( Role: Joint editor ,  第26章「教育法」116-119頁)

    弘文堂  2024.1 

     More details

  • Voyages et rencontres en droit public: Mélanges en l’honneur de Ken Hasegawa

    Pierre Brune, Hajimé Yamamoto dir.( Role: Joint author ,  「Liberté académique au Japon」179-190頁)

    Mare & Martin  2023.10 

     More details

  • 多様化する社会と憲法学

    憲法理論研究会編( Role: Joint author ,  「18歳成人と『子どもの人権』」251-263頁)

    敬文堂  2023.10 

     More details

  • 教育学年報14号 公教育を問い直す

    佐久間亜紀ほか編( Role: Joint author ,  「学問の自由と民主主義に関する一考察――学問の自由は大学評価制度を統制しうるか」247-265頁)

    世織書房  2023.8 

     More details

  • ミクロ憲法学の可能性――「法律」の解釈に飛び込む憲法学

    片桐直人, 上田健介編( Role: Joint author ,  第6-2章「就学義務の功罪――石塚論文へのコメント」169-177頁)

    日本評論社  2023.5 

     More details

  • スタディ憲法〔第2版〕

    曽我部真裕, 横山真紀編( Role: Joint author ,  第7章「地方自治」83-94頁、第13章「刑事手続上の権利・国務請求権」173-186頁、第14章「社会権」187-200頁)

    法律文化社  2023.3 

     More details

  • トピックから考える日本国憲法

    山元一編( Role: Joint author ,  第11講「学問の自由」84-91頁、第12講「職業選択の自由」92-99頁)

    北大路書房  2023.3 

     More details

  • 講座 立憲主義と憲法学 第3巻 人権Ⅱ

    毛利透編( Role: Joint author ,  第2章「教師の良心――憲法学と教育法学の距離」37-75頁)

    信山社  2022.8 

     More details

  • 子ども虐待の克服をめざして――吉田恒雄先生古稀記念論文集

    鈴木博人, 横田光平編( Role: Joint author ,  「朝鮮高校の無償化と『不当な支配』」100-122頁)

    尚学社  2022.3 

     More details

  • 学問の自由の国際比較ーー歴史・制度・課題

    羽田貴史, 松田浩, 宮田由紀夫編( Role: Joint author ,  第2章「フランスにおける大学の自由」65-94頁)

    岩波書店  2022.3 

     More details

  • 図録 日本国憲法〔第2版〕

    斎藤一久, 堀口悟郎編( Role: Joint editor ,  第14章「教育を受ける権利」58-61頁、第17章「刑事手続上の権利」70-73頁)

    弘文堂  2021.12 

     More details

  • グローバル化のなかで考える憲法

    横大道聡, 新井誠, 菅原真, 堀口悟郎編( Role: Joint editor ,  Ⅲ-6「国境を越える地方公共団体」361-376頁)

    弘文堂  2021.12 

     More details

  • コンメンタール教育基本法

    日本教育法学会編( Role: Joint author ,  「第7条第2項(大学の自主性・自律性)」233-244頁)

    学陽書房  2021.10 

     More details

  • 憲法演習サブノート210問

    宍戸常寿, 曽我部真裕編( Role: Joint author ,  97「強制加入制と結社の自由」193-194頁、98「破防法による解散指定処分」195-196頁、99「政党法と結社の自由」197-198頁、100「クローン技術規制と学問の自由」199-200頁、101「学長の権限強化と大学の自治」201-202頁、102「警察官の立ち入りと大学の自治」203-204頁)

    弘文堂  2021.7 

     More details

  • 判例から学ぶ憲法・行政法〔第5版〕

    小山剛, 川﨑政司, 渡井理佳子編( Role: Joint author ,  第33事件「広島県教組教研集会事件」258-265頁、第46事件「水俣病認定訴訟」362-369頁)

    法学書院  2021.6 

     More details

  • 精読憲法判例[統治編]

    木下昌彦編集代表( Role: Joint author ,  第13章「地方自治」393-415頁)

    弘文堂  2021.5 

     More details

  • ケースで学ぶ憲法ナビ〔第2版〕

    大林啓吾, 小林祐紀編( Role: Joint author ,  第1章2「学生が教員を選んじゃダメ?――学問の自由」11-15頁、第1章3「国歌を口パクしてもいいですか?――思想・良心の自由」16-20頁)

    みらい  2021.4 

     More details

  • コロナの憲法学

    大林啓吾編( Role: Joint author ,  第3部第5章「教育を受ける権利への影響ーー憲法は『学校に通う権利』と『学校に通わずに教育を受ける権利』を保障しているか」189-199頁)

    弘文堂  2021.3 

     More details

  • 憲法学の現在地――判例・学説から探究する現代的論点

    山本龍彦, 横大道聡編( Role: Joint author ,  第18章「教育の自由・教育権」231-244頁)

    日本評論社  2020.12 

     More details

  • フォーカス憲法――事例から学ぶ憲法基盤

    加藤一彦, 阪口正二郎, 只野雅人編( Role: Joint author ,  事例4「法人の人権」43-49頁、事例38「憲法判断の手法」280-286頁)

    北樹出版  2020.10 

     More details

  • 憲法判例の射程〔第2版〕

    横大道聡編( Role: Joint author ,  第3章「子どもの人権」41-51頁、第21章「教育権の所在」238-248頁)

    弘文堂  2020.8  ( ISBN:9784335358340

     More details

    Total pages:ix, 417p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

  • 図録 日本国憲法

    斎藤一久, 堀口悟郎編( Role: Joint editor ,  「教育を受ける権利」56-59頁、「刑事手続上の権利」68-71頁)

    弘文堂  2018.12 

     More details

  • AIと憲法

    山本龍彦編( Role: Joint author ,  「AIと教育制度」253-283頁)

    日本経済新聞出版社  2018.8 

     More details

  • スタディ憲法

    曽我部真裕, 横山真紀編( Role: Joint author ,  「地方自治」83-94頁、「刑事手続上の権利」175-188頁、「社会権」189-202頁)

    法律文化社  2018.4 

     More details

  • 精読憲法判例[人権編]

    木下昌彦編集代表( Role: Joint author ,  「学問の自由・教育の自由」207-231頁、「岐阜県青少年保護育成条例事件」380-387頁)

    弘文堂  2018.2 

     More details

  • 変容するテロリズムと法――各国における<自由と安全>法制の動向

    大沢秀介, 新井誠, 横大道聡編( Role: Joint author ,  「テロ行為を理由とする国籍剥奪」111-126頁)

    弘文堂  2017.10 

     More details

  • 憲法のこれから

    片桐直人, 岡田順太, 松尾陽編( Role: Joint author ,  「学問と統治」126-133頁)

    日本評論社  2017.7 

     More details

  • 高校生のための憲法入門

    斎藤一久編( Role: Joint author ,  「国会議員の仕事は法律をつくるだけか」94-97頁、「総理大臣の選挙って、あった?」98-102頁)

    三省堂  2017.5 

     More details

  • 憲法判例の射程

    横大道聡編( Role: Joint author ,  「教育権の所在」186-196頁)

    弘文堂  2017.4 

     More details

  • ケースで学ぶ憲法ナビ

    大林啓吾, 小林祐紀編( Role: Joint author ,  「学生が教員を選んじゃダメ?――学問の自由」11-15頁、「国歌を口パクしてもいいですか?――思想・良心の自由」16-20頁)

    みらい  2017.3 

     More details

  • Les libertés universitaires en France et au Japon

    OTSU Hiroshi( Role: Joint author ,  (翻訳)フローリアン・リンディッチ「大学教授の独立原則――神話と現実」95-102頁)

    Press Universitaires d'Aix-Marseille  2016.9 

     More details

  • 憲法判例からみる日本――法×政治×歴史×文化

    山本龍彦, 清水唯一朗, 出口雄一( Role: Joint author ,  「思想・良心に反する行為を拒めるか?――君が代起立斉唱事件」(奥中康人との共著)92-113頁)

    日本評論社  2016.9 

     More details

  • 判例アシスト憲法

    大沢秀介, 大林啓吾編( Role: Joint author ,  「ポポロ事件」176-177頁、「愛知大学事件」178-179頁)

    成文堂  2016.3 

     More details

  • 対話と憲法理論

    憲法理論研究会編( Role: Joint author ,  「学問の自由と『中央集権』」61-74頁)

    敬文堂  2015.10 

     More details

  • 憲法基本判例――最新の判決から読み解く

    辻󠄀村みよ子, 山元一, 佐々木弘通編( Role: Joint author ,  「教育権の所在」290-302頁)

    尚学社  2015.9 

     More details

▼display all

MISC

  • 戦後道徳教育の「反動化」 Invited

    堀口悟郎

    まなぶ   ( 811 )   55 - 58   2024.1

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 短答式試験[憲法]〔第1問~第10問〕 Invited

    堀口悟郎

    司法試験の問題と解説2023(別冊法学セミナー272号)   17 - 22   2023.12

     More details

  • 学界回顧2023(憲法) Invited

    木下昌彦, 片桐直人, 高田倫子, 堀口悟郎, 吉川智志

    法律時報   95 ( 13 )   7 - 28   2023.12

     More details

  • 旧警備業法事件一審判決 Invited

    堀口悟郎

    判例時報   ( 2563 )   137 - 141   2023.10

     More details

  • EdTech や AI in Education のELSIでは何が,どのように論じられるべきか

    神崎 宣次, 堀口 悟郎, 後藤 崇志, 岸本 充生

    人工知能学会全国大会論文集   2023   1RS-OS-15-03, 1 - 3   2023.7

  • 教育データ利活用EdTechの倫理的・法的・社会的課題101

    加納 圭, 神崎 宣次, 岸本 充生, 後藤 崇志, 佐藤 仁, 塩瀬 隆之, 高橋 哲, 藤村 祐子, 堀口 悟郎, 水町 衣里, 村上正行

    人工知能学会全国大会論文集   2023   1R3-OS-15-01, 1 - 2   2023.7

  • 教育データ利活用とプライバシー権 Invited

    堀口悟郎

    情報処理   64 ( 7 )   337 - 340   2023.6

     More details

  • 学界回顧2022(憲法) Invited

    木下昌彦, 片桐直人, 高田倫子, 堀口悟郎, 吉川智志

    法律時報   94 ( 13 )   4 - 25   2022.12

     More details

    Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 旧優生保護法訴訟大阪高裁判決 Invited

    堀口悟郎

    新・判例解説Watch   ( 31 )   31 - 34   2022.10

     More details

  • 短答式試験[憲法]〔第1問~第10問〕 Invited

    堀口悟郎

    司法試験の問題と解説2022(別冊法学セミナー268号)   16 - 21   2022.9

     More details

  • 学習データ利活用EdTech(エドテック)のELSI論点

    加納 圭, 神崎 宣次, 岸本 充生, 後藤 崇志, 佐藤 仁, 塩瀬 隆之, 高橋 哲, 藤村 祐子, 堀口 悟郎, 水町 衣里, 村上 正行

    日本科学教育学会年会論文集   46   127 - 128   2022.9

     More details

    Language:Japanese  

    DOI: 10.14935/jssep.46.0_127

    researchmap

  • EdTechと子どもの権利 Invited

    堀口悟郎

    法学館憲法研究所ウェブサイト 連載『デジタル社会と憲法』   2022.6

     More details

  • 旧優生保護法訴訟大阪高裁判決 Invited

    堀口悟郎

    新・判例解説Watch憲法(Web)   ( 202 )   1 - 4   2022.5

     More details

  • 学界回顧2021(憲法) Invited

    木下昌彦, 片桐直人, 高田倫子, 堀口悟郎, 吉川智志

    法律時報   93 ( 13 )   4 - 24   2021.12

     More details

  • 短答式試験[憲法]〔第1問~第10問〕 Invited

    堀口悟郎

    司法試験の問題と解説2021(別冊法学セミナー267号)   16 - 22   2021.10

     More details

  • コロナ禍のなかで考える「教育を受ける権利」 Invited

    堀口悟郎

    弘文堂スクエアWebリレー連載「〈コロナ〉と憲法――COVID-19感染拡大への各国対応と緊急事態宣言から考える」   2020.11

     More details

  • 大学教員の雇用契約上の権利 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 780 )   110 - 110   2020.1

     More details

  • 高等教育進学制度改革――学生の進路指導及び成功に関する2018年3月8日の法律第2018-166号 Invited

    堀口 悟郎

    日仏法学   ( 30 )   103 - 107   2019.10

     More details

  • 在外国民の国民審査権 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 777 )   120 - 120   2019.10

     More details

  • (座談会)千葉勝美・元最高裁判事との対話 Invited

    千葉勝美, 上田健介, 片桐直人, 木下昌彦, 堀口 悟郎

    法律時報   91 ( 9 )   96 - 115   2019.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 島部選挙区の存置と1票の較差 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 774 )   104 - 104   2019.7

     More details

  • (座談会)教職員の多忙化問題――法学と教育学から考える Invited

    石井拓児, 内田良, 髙橋哲, 堀口悟郎

    法学セミナー   ( 773 )   25 - 52   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • タトゥー医師法事件控訴審判決 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 771 )   128 - 128   2019.4

     More details

  • 裁判官のツイートの自由 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 768 )   124 - 124   2019.1

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 君が代再雇用等不合格事件上告審判決 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 765 )   120 - 120   2018.10

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 市議会代表者会への不招集と「法律上の争訟」 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 762 )   116 - 116   2018.7

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 医療観察法合憲決定 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 759 )   118 - 118   2018.4

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 平成28年参議院議員通常選挙における1票の較差 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 756 )   96 - 96   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • ろくでなし子事件控訴審判決 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 753 )   116 - 116   2017.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • GPS捜査とプライバシー Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 750 )   104 - 104   2017.7

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 通称として婚姻前の氏を使用する利益 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 747 )   120 - 120   2017.4

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 教育判例(2016年1月~2016年12月判例集登載分) Invited

    堀口悟郎

    日本教育法学会年報   ( 46 )   203 - 205   2017.3

     More details

  • 大阪君が代減給処分事件 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 744 )   108 - 108   2017.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 実名犯罪報道とプライバシー Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 741 )   110 - 110   2016.10

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 平成26年衆議院議員総選挙における1票の較差 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 738 )   120 - 120   2016.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 再婚禁止期間違憲判決 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 734 )   108 - 108   2016.3

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 教育判例(2015年1月~2015年12月判例集登載分) Invited

    堀口悟郎

    日本教育法学会年報   ( 45 )   191 - 194   2016.3

     More details

  • 君が代再雇用等不合格事件 Invited

    堀口 悟郎

    法学セミナー   ( 730 )   124 - 124   2015.11

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 大学制度改革――高等教育及び研究に関する2013年7月22日の法律第660号 Invited

    堀口 悟郎

    日仏法学   ( 28 )   141 - 144   2015.7

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 教育判例(2014年1月~2014年12月判例集登載分) Invited

    堀口悟郎

    日本教育法学会年報   ( 44 )   195 - 198   2015.3

     More details

  • (座談会)泉徳治・元最高裁判所判事に聞く――グローバル化社会における憲法と司法の役割 Invited

    泉徳治, 山元一, 堀口悟郎ほか

    法学セミナー   ( 714 )   42 - 55   2014.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼display all

Presentations

  • 学問の自由と大学評価制度

    堀口悟郎

    「統治構造における独立機関の存在意義と機能条件」研究会(京都大学)  2023.12.12 

     More details

  • 教育・AI・憲法 Invited

    堀口悟郎

    KGRI MUFG寄附講座「持続可能社会に向けた『信頼』の再創造―『2040年』を超えて2」  2023.12.8 

     More details

  • 教育プラットフォームと憲法

    堀口悟郎

    第1回「先端技術導入による教育法秩序の構造変容の解明」研究会(明治大学)  2023.11.12 

     More details

  • 自律的規範論ーー学問共同体の自律を中心に Invited

    堀口悟郎

    日本公法学会第87回総会(個別報告セッション1)(神戸大学)  2023.10.7 

     More details

  • 埼玉教員超勤訴訟を振り返るーー給特法、労基法、そして憲法 Invited

    堀口悟郎

    第17回公務員法研究会(石川四高記念文化交流館&オンライン)  2023.9.2 

     More details

  • 教員多忙化問題と憲法 Invited

    堀口悟郎

    第36回岡山行政法実務研究会(岡山大学法科大学院)  2023.6.10 

     More details

  • EdTech や AI in Education のELSIでは何が,どのように論じられるべきか

    神崎宣次, 堀口悟郎, 後藤崇志, 岸本充生

    第37回人工知能学会全国大会(オーガナイズドセッション)(熊本城ホール&オンライン)  2023.6.6 

     More details

  • 「あるべき比較法」はあるのか?――比較法研究の類型論・序説

    堀口悟郎

    第1回憲法学方法論研究会(九州大学法科大学院)  2023.5.27 

     More details

  • 憲法学からみた日本学術会議問題 Invited

    堀口悟郎

    第32回近畿弁護士会連合会人権擁護大会シンポジウム(第1分科会)(琵琶湖ホテル)  2022.11.25 

     More details

  • EUにおける顔認識技術を用いた捜査の法規制

    堀口悟郎

    「市民生活の自由と安全」研究会(慶應義塾大学)  2022.10.1 

     More details

  • 憲法学からみた教育データ利活用 Invited

    堀口悟郎

    サイエンティフィック・システム研究会(教育環境フォーラム2022)(オンライン)  2022.9.29 

     More details

  • 憲法学からのコメント(課題研究「理科等の学習データを利活用するEdTechの倫理的・法的・社会的課題(ELSI)」) Invited

    堀口悟郎

    日本科学教育学会第46回年会(課題研究)(オンライン)  2022.9.17 

     More details

  • 教育データ利活用と憲法 Invited

    堀口悟郎

    日本教育工学会2022年秋季全国大会(シンポジウム1)(カルッツかわさき)  2022.9.10 

     More details

  • 授業アンケートと教授の自由

    堀口悟郎

    「統治構造における独立機関の存在意義と機能条件」研究会(岡山大学)  2022.9.4 

     More details

  • 憲法学からのコメント(テーマ:横浜市の国際業務と「都市外交」) Invited

    堀口悟郎

    自治体国際行政研究会(オンライン)  2022.7.24 

     More details

  • 18歳成人と「子どもの人権」 Invited

    堀口悟郎

    憲法理論研究会ミニシンポジウム(オンライン)  2022.7.16 

     More details

  • AIEDと憲法

    堀口悟郎

    KGRI「プラットフォームと『2040年問題』」社会保障グループ第1回研究会(オンライン)  2022.7.4 

     More details

  • EdTechと憲法 Invited

    堀口悟郎

    第52回日本教育法学会(公開シンポジウム)(龍谷大学)  2022.6.5 

     More details

  • 憲法学からみたEdTechのELSI論点 Invited

    堀口悟郎

    滋賀大学・大阪大学ELSIセンターシンポジウム「学習データ利活用EdTechのELSI」(オンライン)  2022.2.1 

     More details

  • EdTechと憲法 Invited

    堀口悟郎

    EdTechのELSI論点研究会(オンライン)  2021.10.26 

     More details

  • 日本学術会議問題と学問の自由 Invited

    堀口悟郎

    第51回日本教育法学会(第二分科会)(オンライン)  2021.6.6 

     More details

  • EUにおける顔認識技術のガバナンス Invited

    堀口悟郎

    KGRIシンポジウム「ヒューマンライツと調和したAI利活用を考える」(慶應義塾大学)  2021.3.24 

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 「中央集権国家」の地方自治――フランスにおける地方自治体の将来像 Invited

    堀口 悟郎

    第31回比較憲法学会(総会報告)(広島大学)  2019.10.26 

     More details

  • フランスにおける大学の自由 Invited

    堀口 悟郎

    九州公法判例研究会(九州大学)  2019.7.13 

     More details

  • 教育における公共性・再訪

    堀口 悟郎

    第1回教育法研究会(東京大学)  2019.3.25 

     More details

  • フランスの大学における専門職能自治とその揺らぎ

    堀口 悟郎

    第32回慶應義塾大学フランス公法研究会(慶應義塾大学)  2019.3.2 

     More details

  • 教育基本法7条2項

    堀口 悟郎

    新教育基本法法制研究特別委員会(桜美林大学)  2019.1.12 

     More details

  • プロファイリングと憲法――教育に関するケースを中心に

    堀口 悟郎

    NEC-AIと法研究会(慶應義塾大学)  2018.7.20 

     More details

  • 高等教育の無償化と大学の自治――フランスとの比較から Invited

    堀口 悟郎

    第48回日本教育法学会(第一分科会)(東北学院大学)  2018.6.3 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • テロリズムと国籍剥奪

    堀口 悟郎

    第29回慶應義塾大学フランス公法研究会(慶應義塾大学)  2018.2.18 

     More details

  • 憲法23条の学問研究の自由と個情法の適用除外規定 Invited

    堀口 悟郎

    研究倫理研究会(国立がん研究センター)(東京大学)  2018.1.19 

     More details

  • 憲法起案の基礎 Invited

    堀口 悟郎

    慶應義塾大学大学院法務研究科 特別授業(慶應義塾大学)  2018.1.19 

     More details

  • フランスにおける高等教育の無償性

    堀口 悟郎

    新教育基本法法制研究特別委員会(明治大学)  2017.12.10 

     More details

  • 主権者教育と憲法

    堀口 悟郎

    九州産業大学公開講座2017(九州産業大学)  2017.12.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 学生の参加と教授の独立 Invited

    堀口 悟郎

    第29回比較憲法学会(個別報告)(同志社大学)  2017.10.28 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 教育の政治的中立性と政治教育の自由 Invited

    堀口 悟郎

    第46回日本教育法学会(公開シンポジウム)(龍谷大学)  2016.5.29 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • テロ行為を理由とする国籍剥奪の合憲性

    堀口 悟郎

    「市民生活の自由と安全」研究会(慶應義塾大学)  2015.11.28 

     More details

  • 懲戒処分と思想・良心の自由――君が代懲戒処分事件判決における裁量論と人権論

    堀口 悟郎

    九州公法判例研究会(九州大学)  2015.7.4 

     More details

  • リンディッチ報告の要約 Invited

    堀口 悟郎

    成城大学日仏公法シンポジウム(成城大学)  2015.5.2 

     More details

  • フランスにおける「大学の自治」

    堀口 悟郎

    憲法理論研究会(月例会)(成城大学)  2015.3.28 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • フランスにおける「教授の独立」原則

    堀口 悟郎

    第18回慶應義塾大学フランス公法研究会(慶應義塾大学)  2014.11.16 

     More details

▼display all

Works

  • EdTechのELSI論点101

    加納圭, 神崎宣次, 岸本充生, 後藤崇志, 佐藤仁, 塩瀬隆之, 髙橋哲, 堀口悟郎, 水町衣里, 村上正行

    2022.2.1

     More details

  • EdTech's ELSI 101

    加納圭, 神崎宣次, 岸本充生, 後藤崇志, 佐藤仁, 塩瀬隆之, 髙橋哲, 堀口悟郎, 水町衣里, 村上正行

    2022.2.1

     More details

Awards

  • 中村奨励金

    2018.11   財団法人中村治四郎育英会  

    堀口 悟郎

     More details

  • 授業料全額免除特待生

    2009.4   慶應義塾大学大学院法務研究科  

    堀口悟郎

     More details

  • 成績優秀者表彰

    2009.3   早稲田大学法学会  

    堀口 悟郎

     More details

Research Projects

  • Building a platform that realizes learning and working styles in the post-COVID era

    Grant number:23814782  2023.10 - 2028.03

    Japan Cabinet Office  Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program 

    緒方広明, 堀越泉, 古池謙人, Liang Changhao Brendan Flanagan, 戴憶菱, 稲垣忠, 高橋 雄介, 庭井 史絵, 登本 洋子, 宮 和樹, 住谷 徹, 村上 正行, 加納 圭, 岸本 充生, 堀口 悟郎, 稲葉 利江子, 今井 亜湖, 豊浦 正広, 毛利 考佑, 松原 行宏, 岡本 勝, 丸子 圭哉, 村上 拓真, LIN SHENGKAI, 永井 勇真, 平野 智紀, 重久 修平

      More details

  • Structural changes in education law by introducing advanced technology

    Grant number:23H00752  2023.04 - 2027.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    斎藤一久, 堀口悟郎, 實原隆志, 高橋雅人, 小川有希子, 神内聡, 中川律, 安原陽平, 城野一憲, 森口千弘, 棟久敬, 塚林美弥子, 松村好恵

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount:\17940000 ( Direct expense: \13800000 、 Indirect expense:\4140000 )

    researchmap

  • 教育データ利活用EdTech(エドテック)のELSI対応方策の確立とRRI実践

    2022.10 - 2026.03

    JST・RISTEX  戦略的創造研究推進事業  研究開発プロジェクト

    加納圭, 神崎宣次, 岸本充生, 後藤崇志, 佐藤仁, 塩瀬隆之, 髙橋哲, 堀口悟郎, 水町衣里, 村上正行

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    教育データを利活用するEdTech (Educational Technology、エドテック) は、社会実装が進んでいる米国などとともに、日本においても教育データ利活用ロードマップが策定され、 EdTechの推進基盤が構築されつつある。しかし、EdTechに内包される科学技術は、能力測定や評価のデジタル化、個別最適学習のための分析、顔認識や感情・集中力・悩みの内部測定など、成熟したものから萌芽的なものまで広範にわたる。また、各国・地域の社会や文化における教育・学びの在り方の多様性や、教育が憲法・法的な基盤を持つことも特徴的である。本プロジェクトでは、法規範原理、法規範準則、文化的背景の3つのカテゴリーの分析枠組みを主軸として、EdTech先進国のケーススタディや、学術的・根源的問いの探究を行い、ELSI対応方策の提言を行う。これからの日本社会における教育データ利活用EdTechのELSIを予見的に探索しながら、多様なステークホルダーと協働し、RRIの実践的検討にも取り組む。

    researchmap

  • no

    Grant number:22K01158  2022.04 - 2027.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    堀口 悟郎

      More details

    Grant amount:\3120000 ( Direct expense: \2400000 、 Indirect expense:\720000 )

    researchmap

  • no

    Grant number:20H01421  2020.04 - 2025.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    曽我部 真裕, 中山 茂樹, 田近 肇, 井上 武史, 片桐 直人, 堀口 悟郎, 深澤 龍一郎, 奥 忠憲, 上田 健介, 見平 典, 沼本祐太

      More details

    Grant amount:\17290000 ( Direct expense: \13300000 、 Indirect expense:\3990000 )

    「国内外の各種の独立機関について、その法令上の地位や実態や憲法原理との関係等を調査・考察し、その成果を研究会において共有することを通じ、より一般的な知見を得ること を目指す」という本研究の目的を踏まえ、研究会を開催し、研究分担者及び外部研究者による報告に基づき議論を行った。
    研究機関の前半では、個別の独立機関に焦点を当てて議論を行うこととしている。2021年度は、4回の研究会を開催し、研究分担者又は外部研究者を報告者又はコメンテーターとして、憲法裁判所(「政党間対立と司法部門の行動:イタリア憲法裁判所を手掛かりに」)、人事院(「独立人事行政機関の存続条件―制度の他に何が必要か」)、公正取引委員会(「独立行政委員会制度の検討-特に公正取引委員会に焦点を当てた考察-」)、中央銀行(「中央銀行の独立性と租税国家の危機」)を取り上げて議論を行った。
    その結果、当然ながら、機関ごとに任務や権限、憲法的な位置づけといった法的地位の違いがあり、政府・議会との関係もさまざまである中で、独立機関の側では、その正統性に異論のない役割(人事院における代償機能)に集中する戦略や、アカウンタビリティを重視する戦略(日銀)などの存在が明らかになった。
    また、政治学的又は比較法的な観点からの報告がなされた回もあり、それによって、司法行動論的な示唆や、ドイツ憲法理論においては、長期的公益の確保の観点から独立行政委員会の正統化論が有力化しており、日本の一部学説との共通性があることなどもインプットされた。

    researchmap

  • no

    Grant number:19K13510  2019.04 - 2022.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists  Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

    堀口 悟郎

      More details

    Grant amount:\2340000 ( Direct expense: \1800000 、 Indirect expense:\540000 )

    本研究課題は、「学生参加」と「大学教員の専門職能自治」との両立が実現しているフランスにおける議論を参照することで、学問の自由論における学生参加の再定位を試みることを目的としている。2021年度も、この目的に沿って、学問の自由および学生参加に関する日仏比較研究を進めた。
    フランスにおける学問の自由論に関しては、同国において「大学の自由」と総称されている、大学教員の学問活動に関する法規範、すなわち、①学問の自由、②大学の自治、③大学教員の独立について、それぞれの意義および三者間の関係を考察した。特に、近年の大学制度改革が、フランスにおける「大学の自由」にいかなる影響をもたらしているのか、という点を重点的に検討した。
    日本における学問の自由論に関しては、従来学説が十分に注目してこなかった教育基本法7条1項の意義について考察した。また、今日においても最も有力な学説といってよい、高柳信一の学問の自由論について、その今日的意義や限界等を考察した。さらに、近年で最も重大な学問の自由問題といえる、日本学術会議会員の任命拒否事件について、学問の自由および研究者の独立の観点から考察を加えた。これらの研究により、フランスにおいて生成された「大学教員の独立」という法規範が、日本における学問の自由保障にも接続可能なものであること。さらには、「大学教員の独立」よりも広範な射程をもつ「研究者の独立」という法規範まで認めうることを、ある程度明らかにすることができた。

    researchmap

  • no

    Grant number:19H01624  2019.04 - 2022.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    世取山 洋介, 大島 佳代子, 丹羽 徹, 光本 滋, 安達 和志, 高橋 哲, 小泉 広子, 谷口 聡, 堀口 悟郎, 山岸 利次, 安原 陽平, 石井 拓児, 中川 律, 今野 健一, 市川 須美子

      More details

    Grant amount:\14820000 ( Direct expense: \11400000 、 Indirect expense:\3420000 )

    本年度は、新教基法の各条項の担当となった研究分担者などによる報告を内容とする研究会を重ねて、本研究の目的の一つである新教基法のコンメンタール作成に向けての基礎的な作業を行ってきた。
    これまでの新教基法に関する研究では、新教基法制定の背後に座っていた政治原理である新自由主義とし国家主義に基づいて、これらの政治原理がどのように各条項の文言に反映してきたのかが検討されてきた。これに対して、本年度においては、日本国憲法およびいわゆる社会権規約、自由権規約や子どもの権利条約などの国際人権法のもとにおいて確立している法原理に基づき、新教基法の各条項がいかに読まれるべきか、という観点からの検討を各条項毎に進めてきた。
    その結果、新教基法を全体として各種法令を解釈の指導原理を提供するものとして位置付けること、すなわちその原理法的性格を認めることは、新教基法の全体としての憲法との順接性が失われている以上できず、各条号ごとに、憲法および国際人権との順接性の有無を確認したうえで、各条項毎に法原理性を有しているのか否かを確認すべきであるとの見解が有力視されるに至っている。そして、各条項毎に見れば、例えば、新教基法の1条にも継承されている人格の全面的発達という教育目的に基づいて、新教基法の各条項の本来的な意味を明らかにすすることができ、その結果、新自由主義などの政治原理に基づく各条項の運用を排除することができるという解釈もなしうることが明らかになってきている。

    researchmap

  • Cross Natinal Research on Dynamics and Reconstruaction of Academic Freedom

    Grant number:18H00973  2018.04 - 2021.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    羽田 貴史, 宮田 由紀夫, 松田 浩, 杉本 和弘, 堀口 悟郎, 船勢 肇, 長谷部 圭彦, 藤井 基貴, 栗島 智明

      More details

    Grant amount:\16510000 ( Direct expense: \12700000 、 Indirect expense:\3810000 )

    1.第4回研究会を10月16日に開催し、「アメリカにおける学問の自由の受容と制度化」(松田)、「アメリカの大学における国家安全保障と学問の自由」(宮田)、」「フランスの大学における全構成員自治と教員の独立」(堀口)、「戦前日本における学問の自由の受容と制度化」(羽田・船津)、「学問の自由の生成と制度化」(栗島・藤井)、「大学の企業的経営と学問の自由」(栗島)の報告をもとに検討を行った。第5回研究会を1月13日に開催し、「現代社会における学問の自由の生成と動態」(羽田)、「戦後日本における学問の自由解釈の変遷」(栗島)、「国境を越えた学問の自由規範の生成」(栗島)の報告を行い、検討した。
    2.また、Terence Karranらによるヨーロッパの大学における学問の自由調査Survey on Academic Freedomの翻訳、Terence Karran & Lucy Mallinson, 2017, Report for the University and College Union; Academic Freedom in the U.K.: Legal and Normative Protection in a Comparative Context, Revised 7thの翻訳を行い、ヨーロッパにおける学問の自由動態についての状況を把握した。香港の学生運動としてブルース・マクファーレンに寄稿いただき、翻訳した。
    3.研究資料として、大学自治・学問の自由に関する日本語図書・文献59冊、英語文献73冊、合計132冊を購入し、研究グループの利用に供した。特に従来知られていなかったパレスチナ、フィリピン、エチオピアにおける学問の自由に関する文献を入手した。
    4.堀口「学生の参加と教授の独立」『比較憲法学研究』30号の発表をおこなった。

    researchmap

  • General Study on Freedom of Expression for Students in High Schools

    Grant number:17K03349  2017.04 - 2020.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    SAITO Kazuhisa

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct expense: \3300000 、 Indirect expense:\990000 )

    In 2016, the age of voting rights was lowered to 18 years ols. At the same time, the campaign was also lowered to 18. The election campaign and the political neutrality of the school were considered from a constitutional point of view, and various problems in the high school education stage were clarified, and recommendations were made to high school sites. We also conducted research by expanding the scope of research on “public”, which is a new subject in high school civic education, and on access to politics for foreign students.

    researchmap

  • Constitutional order between the state and civil society

    Grant number:16K03289  2016.04 - 2019.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    sogabe masahiro

      More details

    Grant amount:\4030000 ( Direct expense: \3100000 、 Indirect expense:\930000 )

    The purpose of this study is to conduct a multilateral study using France as a material, in order to investigate theoretically what principles and disciplines should be defined by the Constitution regarding the relationship between the state and civil society.
    With regard to the state of provision of expertise that links the state and civil society, in particular, new systems such as a statement of opinion submission system for unconstitutional examination in the French Constitution House, professional autonomy such as independence of professors in university systems, student participation and freeness About the way of harmony with the request, we were able to clarify the structure based on the actual situation.

    researchmap

  • Exploration of a new constitutional theory that replaces the "autonomy of faculty " theory

    Grant number:15H06791  2015.08 - 2017.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity Start-up  Grant-in-Aid for Research Activity Start-up

    HORIGUCHI Goro

      More details

    Grant amount:\2210000 ( Direct expense: \1700000 、 Indirect expense:\510000 )

    This research aims to explore a new constitutional theory that replaces the "autonomy of faculty" theory.
    In order to achieve this objective, this study focuses on discussion in France as the main consideration subjects, such as (1) examination of representative theories, (2) analysis of Conseil d'Etat precedents, (3) comparison between "independence of professor" and "independence of justice" .
    As a result, we could mainly clarify the following points. (1) It is autonomy in the whole group of researchers, not autonomy of each university, that French judicial precedents and theories focus on. (2) Especially for faculty personnel affairs, evaluation and judgment by academic experts is strictly required.

    researchmap

▼display all

 

Class subject in charge

  • Constitutional Law 2 (2023academic year) 1st and 2nd semester  - 水9

  • Constitutional Theory 2 (2023academic year) Prophase  - 木5

  • Seminar on Constitutional Theory 2 (2023academic year) Late  - 木4

  • Constitutional Law (Bill of Rights) ab (2023academic year) 1st and 2nd semester  - 木7~8

  • Constitutional Law (Bill of Rights) c (2023academic year) Third semester  - 水3~4

  • Comparative Constituional Law (2023academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 1 (2023academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 2 (2023academic year) special  - その他

  • First-year Seminar on Law and Politics (2023academic year) 1st and 2nd semester  - 水4

  • Seminar 2 (2023academic year) 1st-4th semester  - 木3~4

  • Modern Society and Constitutional Law 2 (2023academic year) Prophase  - 木5

  • Challenge Seminar 1(Division of Legal and Political Theory) (2023academic year) Prophase  - その他

  • Challenge Seminar 2(Division of Legal and Political Theory) (2023academic year) Late  - その他

  • Introduction to the study of the Constitutional Law (2022academic year) 1st semester  - 火5~6

  • Seminar on Constitutional Theory 1 (2022academic year) Late  - 水5

  • Constitutional Theory 1 (2022academic year) Prophase  - 火5

  • Constitutional Law (Constitutionalism, Government) ab (2022academic year) 3rd and 4th semester  - 火7~8

  • Constitutional Law 1 (2022academic year) 3rd and 4th semester  - 火10

  • Comparative Constituional Law (2022academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 1 (2022academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 2 (2022academic year) special  - その他

  • First-year Seminar on Law and Politics (2022academic year) 1st and 2nd semester  - 水3

  • Seminar 2 (2022academic year) 1st-4th semester  - 火3~4

  • Modern Society and Constitutional Law 1 (2022academic year) Prophase  - 火5

  • Challenge Seminar 1(Division of Legal and Political Theory) (2022academic year) Prophase  - その他

  • Challenge Seminar 2(Division of Legal and Political Theory) (2022academic year) Late  - その他

  • Challenge Seminar3(Division of Legal and Political Theory) (2022academic year) Late  - その他

  • Constitutional Law 2 (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 水9

  • Constitutional Law 2 (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 水9

  • Policies on Constitutional Low (2021academic year) Prophase  - 木4

  • Seminar on Policies on Constitutional Low (2021academic year) Late  - 木4

  • Constitutional Theory 2 (2021academic year) Prophase  - 木4

  • Seminar on Constitutional Theory 2 (2021academic year) Late  - 木4

  • Constitutional Law (Bill of Rights) ab (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 木5~6

  • Constitutional Law (Bill of Rights) c (2021academic year) Third semester  - 木5~6

  • Comparative Constituional Law (2021academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 1 (2021academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 2 (2021academic year) special  - その他

  • First-year Seminar on Law and Politics (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 水4

  • Seminar 2 (2021academic year) 1st-4th semester  - 木3~4

  • Seminar 2 (2021academic year) 1st-4th semester  - 木3~4

  • Seminar 2 (2021academic year) 1st-4th semester  - 木3~4

  • Modern Society and Constitutional Law 2 (2021academic year) Prophase  - 木4

  • Policies on Constitutional Low (2020academic year) Prophase  - 火3

  • Seminar on Policies on Constitutional Low (2020academic year) Late  - 火3

  • 憲法理論演習1 (2020academic year) 後期  - 火3

  • 憲法理論1 (2020academic year) 前期  - 火3

  • Constitutional Law (Bill of Rights) a (2020academic year) 1st semester  - 木7,木8

  • Constitutional Law (Bill of Rights) b (2020academic year) Second semester  - 木5,木6

  • Constitutional Law (Bill of Rights) c (2020academic year) Third semester  - 木5,木6

  • Constitutional Law 2A (2020academic year) 1st and 2nd semester  - 火9

  • Constitutional Law 2B (2020academic year) 3rd and 4th semester  - 火9

  • Comparative Constituional Law  (2020academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 1 (2020academic year) special  - その他

  • Seminar on Comparative Constituional Law 2 (2020academic year) special  - その他

  • Seminar 1 (2020academic year) 1st and 2nd semester  - 木2

  • Seminar 2 (2020academic year) 1st-4th semester  - 火3,火4

  • 現代社会と憲法1 (2020academic year) 前期  - 火3

▼display all

 

Media Coverage

  • 心「見える化」子ども救えるか Newspaper, magazine

    朝日新聞  朝刊2面  2023.11.5

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 支援が必要な子はどこに? 生活、学力、非認知能力…データ活用模索 Newspaper, magazine

    朝日新聞デジタル  2023.9.5

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 子どものSOSはAIが救う? 心の天気、検索履歴…見える化の先は Newspaper, magazine

    朝日新聞デジタル  2023.9.3

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 「AI教師」にリスク、「個別最適」は最適か 広がる教育データ活用 Newspaper, magazine

    朝日新聞デジタル  2023.9.3

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 学習端末でのデータ活用、新たな見守りツールか過剰な監視か…プライバシーや人権を考える Newspaper, magazine

    読売新聞オンライン  2023.3.28

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 子供の教育データ 利用どこまで Newspaper, magazine

    読売新聞  朝刊11面  2023.3.11

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 目的告げず操作履歴保存 Newspaper, magazine

    中国新聞  朝刊24面  2021.9.27

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 学問の自由ゆがめる Newspaper, magazine

    山陽新聞、京都新聞、佐賀新聞等(共同通信社配信記事)  2020.10.8

     More details

    Author:Other 

    researchmap

  • 進む教育内容の個別化――将来を決め付けるリスク Newspaper, magazine

    東洋経済新報社  週刊東洋経済2018年12月1日号  1  2018.12.1

     More details

▼display all

Academic Activities

  • データ保護法制の体系――アメリカ、EU、日本の比較研究

    Role(s):Planning/Implementing academic research

    慶應義塾大学大学院法務研究科(研究代表者:山本龍彦)  2022.7

     More details

    Type:Academic research 

    researchmap

  • プラットフォームと「2040年問題」:ネットワーク空間の新秩序形成

    Role(s):Planning/Implementing academic research

    KGRI(研究代表者:山本龍彦)  2021.4.1

     More details

  • ヒューマンライツ・バイ・デザインの社会実装に関するチェックポイントリストの検討――法学的、技術的観点から

    Role(s):Planning/Implementing academic research

    KGRI(研究代表者:山本龍彦)  2018.6 - 2021.3.31

     More details

    Type:Academic research 

    researchmap