2021/10/15 更新

写真a

オオタ マナブ
太田 学
OHTA Manabu
所属
自然科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 東京大学 )

研究キーワード

  • 情報検索

  • データ工学

  • 電子図書館

研究分野

  • 情報通信 / データベース

  • 情報通信 / ウェブ情報学、サービス情報学

学歴

  • 東京大学大学院   工学系研究科   電気工学専攻

    - 1999年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京大学   工学部   電気工学科

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科/学術研究院自然科学学域   教授

    2013年 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   准教授

    2005年 - 2013年

      詳細を見る

  • 東京都立大学   大学院工学研究科   助手

    2000年 - 2005年

      詳細を見る

  • 学術情報センター/国立情報学研究所   リサーチ・アソシエイト

    1999年 - 2000年

      詳細を見る

所属学協会

  • 電子情報通信学会

      詳細を見る

  • 情報処理学会

      詳細を見る

  • 日本データベース学会

      詳細を見る

  • Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

      詳細を見る

  • Association for Computing Machinery (ACM)

      詳細を見る

 

論文

  • Table-structure recognition method using neural networks for implicit ruled line estimation and cell estimation 査読

    Manabu Ohta, Ryoya Yamada, Teruhito Kanazawa, Atsuhiro Takasu

    Proceedings of the 21st ACM Symposium on Document Engineering   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3469096.3469870

    researchmap

  • A Cell-detection-based Table-structure Recognition Method 査読

    Manabu Ohta, Ryoya Yamada, Teruhito Kanazawa, Atsuhiro Takasu

    Proceedings of the ACM Symposium on Document Engineering 2019   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3342558.3345412

    researchmap

  • アテンションを利用した観点付き感情分析 査読

    朝倉遼, 新妻弘崇, 太田学

    電子情報通信学会論文誌D   J102-D ( 4 )   245 - 256   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An approach to estimating cited sentences in academic papers using Doc2vec 査読

    Shunsuke Tanabe, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Proceedings of the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems   118 - 125   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3281375.3281391

    researchmap

  • An automatic graph generation method for scholarly papers based on table structure analysis 査読

    Ryoya Yamada, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu

    Proceedings of the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems   132 - 140   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3281375.3281389

    researchmap

  • Japanese sentiment analysis using simple alignment sentence classification 査読

    Hirotaka Niitsuma, Daiki Kubota, Manabu Ohta

    Proceedings of the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3281375.3281388

    researchmap

  • Simple Alignment Sentence Classification for Aspect-Based Sentiment Analysis 査読

    Hirotaka Niitsuma, Ryo Asakura, Manabu Ohta

    Proc. of 19th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLing 2018)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • CRF-based bibliography extraction from reference strings using a small amount of training data 査読

    Daiki Namikoshi, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    2017 Twelfth International Conference on Digital Information Management (ICDIM)   54 - 59   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/icdim.2017.8244665

    researchmap

  • Recurrent Neural Networks on Convoluted Word Vectors for Aspect-Based Sentiment Analysis 査読

    Ryo Asakura, Hirotaka Niitsuma, Manabu Ohta

    Proc. of 18th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLing 2017)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Important Word Organization for Support of Browsing Scholarly Papers Using Author Keywords 査読

    Junki Tanijiri, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Proc. of 2016 ACM Symposium on Document Engineering   135 - 138   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/2960811.2967163

    Scopus

    researchmap

  • Examination of effective features for CRF-based bibliography extraction from reference strings 査読

    Daiki Matsuoka, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    2016 Eleventh International Conference on Digital Information Management (ICDIM)   259 - 264   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/icdim.2016.7829774

    Web of Science

    researchmap

  • 観光ルート推薦のための効率的な制約条件 査読

    新妻弘崇, 新井晃平, 太田学

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   9 ( 2 )   34 - 45   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 著者キーワードを利用した学術論文閲覧支援の一手法

    谷尻淳喜, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016) 論文集,F3-3   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 学術論文からの参考文献文字列抽出の一手法

    内田裕太, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016) 論文集,C2-5   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • CRFによる参考文献書誌情報抽出のための有効な素性の検討と拡充

    松岡大樹, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会研究報告   2015-DBS-162 ( 3 )   1 - 8   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 少量学習データによる参考文献書誌情報抽出精度の向上 査読

    川上尚慶, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   8 ( 2 )   18 - 29   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Utilization of Multiple Sequence Analyzers for Bibliographic Information Extraction 査読

    Atsuhiro Takasu, Manabu Ohta

    PATTERN RECOGNITION APPLICATIONS AND METHODS, ICPRAM 2014   9443   222 - 236   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER INT PUBLISHING AG  

    This paper discusses the problems of analyzing title page layouts and extracting bibliographic information from academic papers. Information extraction is an important function for digital libraries to offer, providing versatile and effective access paths to library content. Sequence analyzers, such as those based on a conditional random field, are often used to extract information from object pages. Recently, digital libraries have grown and can now handle a large number and wide variety of papers. Because of the variety of page layouts, it is necessary to prepare multiple analyzers, one for each type of layout, to achieve high extraction accuracy. This makes rule management important. For example, at what stage should we invest in a new analyzer, and how can we acquire it efficiently, when receiving papers with a new layout? This paper focuses on the detection of layout changes and how we learn to use a new sequence analyzer efficiently. We evaluate the confidence metrics for sequence analyzers to judge whether they would be suited to title page analysis by testing three academic journals. The results show that they are effective for measuring suitability. We also examine the sampling of training data when learning how to use a new analyzer.

    DOI: 10.1007/978-3-319-25530-9_15

    Web of Science

    researchmap

  • Cost Evaluation of CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings 査読

    Naomichi Kawakami, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    The Emergence of Digital Libraries – Research and Practices   268 - 278   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    DOI: 10.1007/978-3-319-12823-8_28

    Web of Science

    researchmap

  • Prototype System for Visualizing Review Text Using Evaluative Expression Dictionaries 査読

    Yuki Tanimoto, Hirotaka Niitsuma, Manabu Ohta

    Web Technologies and Applications   8709   662 - 665   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    DOI: 10.1007/978-3-319-11116-2_65

    Web of Science

    researchmap

  • Empirical Evaluation of CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings 査読

    Manabu Ohta, Daiki Arauchi, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    2014 11th IAPR International Workshop on Document Analysis Systems   287 - 292   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/das.2014.64

    Web of Science

    researchmap

  • Rule Management for Information Extraction from Title Pages of Academic Papers 査読

    Atsuhiro Takasu, Manabu Ohta

    Proc. of Third International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2014)   438 - 444   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.5220/0004827204380444

    researchmap

  • Error Detection of CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings 査読

    Manabu Ohta, Daiki Arauchi, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    The Outreach of Digital Libraries: A Globalized Resource Network, ICADL 2012, LNCS 7634.   229 - 238   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    DOI: 10.1007/978-3-642-34752-8_29

    Scopus

    researchmap

  • CRFによる学術論文タイトルページからの書誌情報抽出における誤り検出 査読

    太田学, 井上諒平, 高須淳宏

    日本データベース学会論文誌   11 ( 2 )   37 - 42   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A Document Analysis System for Linking Cross-document Entities 査読

    Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu

    Proc. of Fourth International Conference on Creative Content Technologies (CONTENT 2012)   14 - 20   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Empirical Evaluation of CRF-Based Bibliography Extraction from Research Papers 査読

    Manabu Ohta, Ryohei Inoue, Atsuhiro Takasu

    Proc. of IADIS International Conference Information Systems 2012 (IS 2012)   18 - 26   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • CRF-based Bibliography Extraction from Reference Strings Focusing on Various Token Granularities 査読

    Manabu Ohta, Daiki Arauchi, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    2012 10th IAPR International Workshop on Document Analysis Systems   276 - 281   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/das.2012.28

    Scopus

    researchmap

  • Related paper recommendation to support online-browsing of research papers 査読

    Manabu Ohta, Toshihiro Hachiki, Atsuhiro Takasu

    Fourth International Conference on the Applications of Digital Information and Web Technologies (ICADIWT 2011)   130 - 136   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/icadiwt.2011.6041413

    Scopus

    researchmap

  • 検索質問と検索結果の変化を利用した先読み検索 査読

    藤田遼治, 太田学

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   3 ( 3 )   78 - 87   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Empirical evaluation of active sampling for CRF-based analysis of pages 査読

    Manabu Ohta, Ryohei Inoue, Atsuhiro Takasu

    2010 IEEE International Conference on Information Reuse and Integration, IRI 2010   13 - 18   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We propose an automatic method of extracting bibliographies for academic articles scanned with OCR markup. The method uses conditional random fields (CRF) for labeling serially OCR-ed text lines on an article's title page as appropriate names for bibliographic elements. Although we achieved excellent extraction accuracies for some Japanese academic journals, we needed a substantial amount of training data that had to be obtained through costly manual extraction of bibliographies from printed documents. Therefore, this paper reports an empirical evaluation of active sampling applied to the CRF-based extraction of bibliographies to reduce the amount of training data. We applied active sampling techniques to three academic journals published in Japan. The experiments revealed that the sampling strategy using the proposed criteria for selecting samples could reduce the amount of training data to less than half or even a third of those for two academic journals. This paper also reports the effect of pseudo-training data that were added to training. © 2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/IRI.2010.5558973

    Scopus

    researchmap

  • 検索エンジンによる英文前置詞誤り修正支援 査読

    有冨隼, 太田学

    日本データベース学会論文誌   9 ( 1 )   70 - 75   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A prediction search based on changes of queries and search results 査読

    Manabu Ohta, Ryoji Fujita

    Proceedings of the 4th International Conference on Uniquitous Information Management and Communication - ICUIMC '10   176 - 182   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM Press  

    DOI: 10.1145/2108616.2108648

    Scopus

    researchmap

  • A proposal of visualizing reputation using evaluative expression dictionaries 査読

    Yuki Tanimoto, Manabu Ohta

    Proceedings of the 4th International Conference on Uniquitous Information Management and Communication - ICUIMC '10   339 - 346   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM Press  

    DOI: 10.1145/2108616.2108676

    researchmap

  • Using web resources for support of online-browsing of research papers 査読

    Manabu Ohta, Toshihiro Hachiki, Atsuhiro Takasu

    2009 IEEE International Conference on Information Reuse & Integration   348 - 353   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    With more appropriate linkage of digital libraries to Web resources, online-browsing of research papers would be much comfortable since many digital libraries of research papers are online and accessible from the Web. This paper proposes a browsing support system for reading research papers online with the use of OCRed text of scanned academic articles. Our digital library stores scanned document images of research papers; hence, their OCRed texts can be cheaply obtained. The proposed system extracts technical terms from the OCRed text, searches the Web for the best explanatory descriptions of the terms, and gives the terms the links to the retrieved Web pages. This paper also describes an experimental exploration of several aspects of the proposed system, including the extraction accuracy of technical terms and the precision of retrieved Web pages.

    DOI: 10.1109/iri.2009.5211577

    Web of Science

    researchmap

  • CRFを用いた学術論文OCRテキストからの自動書誌要素抽出 査読

    薬師貴之, 太田学, 高須淳宏

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   2 ( 2 )   126 - 136   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Bibliographic element extraction from scanned documents using conditional random fields 査読

    Manabu Ohta, Takayuki Yakushi, Atsuhiro Takasu

    2008 Third International Conference on Digital Information Management   99 - 104   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/icdim.2008.4746745

    Web of Science

    researchmap

  • Crf-based authors' name tagging for scanned documents 査読

    Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu

    Proceedings of the 8th ACM/IEEE-CS joint conference on Digital libraries - JCDL '08   272 - 275   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM Press  

    DOI: 10.1145/1378889.1378935

    Scopus

    researchmap

  • Authors' names extraction from scanned documents 査読

    Manabu Ohta, Shun Yamasaki, Takayuki Yakushi, Atsuhiro Takasu

    2007 2nd International Conference on Digital Information Management   67 - 72   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/icdim.2007.4444202

    Scopus

    researchmap

  • Multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and oblique basis 査読

    Yasuo Yamane, Tadashi Hoshiai, Hiroshi Tsuda, Manabu Ohta, Kaoru Katayama, Hiroshi Ishikawa

    MULTIMEDIA TOOLS AND APPLICATIONS   31 ( 3 )   287 - 308   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The Earth Mover's Distance (EMD) and the quadratic-form distance (QFD) are representative distances used in similarity searches of images. Although the QFD greatly outperforms the EMD in speed, the EMD outperform the QFD in performance. The EMD, however, has almost no theoretical justification and requires high computation costs. We propose a feature space model we call a "multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and an oblique basis (MVPO)." In MVPO, an object such as an image is represented by a vector set ( roughly speaking, a solid) and the EMD is reinterpreted as the distance between vector sets while the QFD is reinterpreted as the distance between the centroids of vector sets. Therefore MVPO gives a common geometrical view to these distances. We hypothesized that in MVPO the entity of an image is represented by a vector set ( solid) and geometrical reasoning is applicable to MVPO. Our hypothesis explains well that the EMD outperforms the QFD in performance because the centroid of a solid is the simplest approximation of it. Our hypothesis implies that the performance of the QFD should be good when solids are far apart but bad when they are close together. We conjectured that discriminability would decline - that is, dissimilar images would be judged to be similar - when the centroids of solids are very close. Our experiment supported this conjecture. And from our hypothesis we conjectured that by making an original solid simpler, we can make an approximation method that has better performance than the QFD and faster than the EMD. The results of our experiment with this method supported our conjecture and consequently our hypothesis.

    DOI: 10.1007/s11042-006-0045-z

    Web of Science

    researchmap

  • Max Flowアルゴリズムを用いたWebページのクラスタリング方法とその評価 査読

    大野成義, 渡辺匡, 片山薫, 石川博, 太田学

    情報処理学会論文誌データベース   47 ( SIG4 (TOD29) )   65 - 75   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Semantic Image Retrieval Based On Ontology and Relevance Model: A Preliminary Study 査読

    Ernest Weke Maina, Manabu Ohta, Kaoru Katayama, Hiroshi Ishikawa

    Journal of Digital Information Management   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 関係データベースを利用したXMLリポジトリのためのアクセス管理手法 査読

    横山昌平, 太田学, 片山薫, 石川博

    情報処理学会論文誌データベース   46 ( SIG18 (TOD28) )   86 - 102   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Max Flowアルゴリズムを用いたWebページのクラスタリング方法の提案 査読

    大野成義, 渡辺匡, 片山薫, 石川博, 太田学

    日本データベース学会Letters   4 ( 2 )   13 - 16   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • On Mining XML Structures Based on Statistics 査読

    Hiroshi Ishikawa, Shohei Yokoyama, Manabu Ohta, Kaoru Katayama

    Lecture Notes in Computer Science   379 - 390   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    DOI: 10.1007/11552413_55

    researchmap

  • グラフの連結性に基づくMessmerらの部分グラフ同型判定手法の改良 査読

    西村将太郎, 片山薫, 太田学, 石川博

    日本データベース学会Letters   4 ( 1 )   129 - 132   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Building a Navigation Structure from a Fuzzy Relationship for Image Retrieval 査読

    E. Loisant, J. Martinez, H. Ishikawa, M. Ohta, K. Katayama

    21st International Conference on Data Engineering Workshops (ICDEW'05)   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/icde.2005.201

    Scopus

    researchmap

  • 斜交基底を用いたメタ検索におけるランクリストの統合方法の提案 査読

    大野成義, 太田学, 片山薫, 石川博

    電子情報通信学会論文誌   J88-D-II ( 3 )   657 - 667   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An Access Control Method Based on the Prefix Labeling Scheme for XML Repositories 査読

    Shohei Yokoyama, Manabu Ohta, Kaoru Katayama, Hiroshi Ishikawa

    Proc. of 16th Australasian Database Conference (ADC2005)   105 - 113   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 関係データベース上の階層関係をもつ妥当なXMLビューの設計法 査読

    武川肇, 太田学, 片山薫, 石川博

    情報処理学会論文誌データベース   45 ( SIG14(TOD24) )   64 - 81   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 格文法を用いた複数文書融合手法 査読

    渡邊拓也, 太田学, 片山薫, 石川博

    日本データベース学会Letters   3 ( 2 )   97 - 100   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • User-Adaptative Navigation Structure for Image Retrieval 査読

    Erwan Loisant, Hiroshi Ishikawa, Jose Martinez, Manabu Ohta, Kaoru Katayama

    Database Society of Japan Letters   3 ( 1 )   133 - 136   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • XML文書管理におけるブランチを有するバージョン系列のための関係データベース構成法 査読

    横山昌平, 太田学, 片山薫, 石川博

    電子情報通信学会論文誌D   J87-D1 ( 2 )   97 - 112   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and oblique basis for similarity searches of images 査読

    Yasuo Yamane, Tadashi Hoshiai, Hiroshi Tsuda, Kaoru Katayama, Manabu Ohta, Hiroshi Ishikawa

    ACM International Conference Proceeding Series   66   27 - 34   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Investigators have tried to increase the precision of similarity searches of images by using distance functions that reflect the similarity of features. When the quadratic-form distance is used, however, dissimilar images can be judged to be similar. We therefore propose that the similarity of images be evaluated using a measure of distance in a multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and an oblique basis (MVPO). In this space an image is represented by a set of vectors each of which represents each feature. And we propose a distance (called D-distance) between two sets of vectors. Roughly speaking, it is the distance between solids.Another representative distance used in similarity searches is the Earth Mover's Distance (EMD). It can be formalized using MVPO, and that explains well why EMD outperforms quad-ratic-form distance. The main difference between EMD and D-distance is that EMD is based on partial matching and D-distance is based on total matching.We also discuss performance issues of MPVO and D-distance to address practical use of them. Copyright 2004 ACM.

    DOI: 10.1145/1039470.1039479

    Scopus

    researchmap

  • Overlapping Clustering Method Using Local and Global Importance of Feature Terms at NTCIR-4 WEB Task.

    Manabu Ohta, Hirokazu Narita, Shigeyoshi Ohno

    2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/ntcir/2004

  • Overlapping Clustering Methods for a Japanese Meta Search Engine. 査読

    Manabu Ohta, Hirokazu Narita, Kaoru Katayama, Hiroshi Ishikawa

    Databases and Applications 2004   100 - 106   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/dba/dba2004.html#OhtaNKI04

  • A Peer-to-Peer Approach to Parallel Association Rule Mining. 査読

    Hiroshi Ishikawa, Yasuo Shioya, Takeshi Omi, Manabu Ohta, Kaoru Katayama

    Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, LNCS   3213   178 - 188   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-540-30132-5_29

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/kes/kes2004-1.html#IshikawaSOOK04

  • Probabilistic automaton-based fuzzy english-text retrieval 査読

    M Ohta, A Takasu, J Adachi

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E86-D ( 9 )   1835 - 1844   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Optical Character Reader (OCR) incorrect recognition is a serious problem when searching for OCR-scanned documents in databases such as digital libraries. In order to reduce costs, this paper proposes fuzzy retrieval methods for English text containing errors in the recognized text without correcting the errors manually. The proposed methods generate multiple search terms for each input query term based on probabilistic automata which reflect both error-occurrence probabilities and character-connection probabilities. Experimental results of test-set retrieval indicate that one of the proposed methods improves the recall rate from 95.96% to 98.15% at the cost of a decrease in precision from 100.00% to 96.01% with 20 expanded search terms.

    Web of Science

    researchmap

  • ブランチ機能付き版管理に適した木構造のラベリング手法 査読

    横山 昌平, 太田 学, 片山 薫

    日本データベース学会letters   2 ( 1 )   91 - 94   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本データベース学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Active Knowledge Mining for Intelligent Web Page Management. 査読

    Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta, Shohei Yokoyama, Takuya Watanabe, Kaoru Katayama

    975 - 983   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-540-45224-9_130

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/kes/kes2003-1.html#IshikawaOYWK03

  • 負荷低減型P2Pネットワークの提案:安否情報検索への応用 査読

    中山淳也, 太田学, 片山薫, 石川博

    日本データベース学会Letters   1 ( 1 )   51 - 54   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Web usage mining approaches to page recommendation and restructuring 査読

    Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta, Shohei Yokoyama, Junya Nakayama, Kaoru Katayama

    International Journal of Intelligent Systems in Accounting, Finance & Management   11 ( 3 )   137 - 148   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/isaf.218

    researchmap

  • An Intelligent Web Recommendation System: A Web Usage Mining Approach. 査読

    Hiroshi Ishikawa, Toshiyuki Nakajima, Tokuyo Mizuhara, Shohei Yokoyama, Junya Nakayama, Manabu Ohta, Kaoru Katayama

    International Symposium on Methodologies for Intelligent Systems, LNAI   2366   342 - 350   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/3-540-48050-1_38

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ismis/ismis2002.html#IshikawaNMYNOK02

  • On the Effectiveness of Web Usage Mining for Page Recommendation and Restructuring. 査読

    Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta, Shohei Yokoyama, Junya Nakayama, Kaoru Katayama

    Web, Web-Services, and Database Systems, LNCS   2593   253 - 267   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/3-540-36560-5_19

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/jit/webdb2002.html#IshikawaOYNK02

  • A Decentralized XML Database Approach to Electronic Commerce 査読

    Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta

    IEICE Trans. Information and Systems   E84-D ( 10 )   1302 - 1312   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Document warehousing: a document-intensive application of a multimedia database 査読

    H. Ishikawa, M. Ohta, K. Kato

    Proceedings Eleventh International Workshop on Research Issues in Data Engineering. Document Management for Data Intensive Business and Scientific Applications. RIDE 2001   25 - 31   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Comput. Soc  

    DOI: 10.1109/ride.2001.916488

    researchmap

  • A decentralized XML database approach to electronic commerce 査読

    H. Ishikawa, M. Ohta

    Proceedings 5th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems   153 - 160   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Comput. Soc  

    DOI: 10.1109/isads.2001.917409

    researchmap

  • Querying web distributed databases for XML-based E-businesses: requirement analysis, design, and implementation. 査読

    Hiroshi Ishikawa 0004, Manabu Ohta

    60 - 67   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ADC.2001.904465

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/adc/2001

  • Xanadu: XML- and Active-Database-Unified Approach to Distributed E-Commerce. 査読

    Hiroshi Ishikawa 0004, Shohei Yokoyama, Seiji Isshiki, Manabu Ohta

    833 - 837   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/DEXA.2001.953159

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/dexaw/dexaw2001.html#IshikawaYIO01

  • On Business Modeling, Distributed Processing, and Data Compression for E-Commerce. 査読

    Hiroshi Ishikawa 0004, Shohei Yokoyama, Seiji Isshiki, Manabu Ohta

    193 - 198   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/imsa/imsa2001.html#IshikawaYIO01

  • An Active Web-based Distributed Database System for E-Commerce. 査読

    Hiroshi Ishikawa 0004, Manabu Ohta

    27 - 36   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/icdt/2001webdyn

  • Probabilistic Automaton Model for Fuzzy English-Text Retrieval. 査読

    Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    4th European Conference on Digital Libraries (ECDL 2000), LNCS   1923   35 - 44   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/3-540-45268-0_4

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ercimdl/ecdl2000.html#OhtaTA00

  • Reduction of expanded search terms for fuzzy English-text retrieval 査読

    Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    International Journal on Digital Libraries   3 ( 2 )   140 - 151   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Optical character reader (OCR) misrecognition is a serious problem when OCR-recognized text is used for retrieval purposes in digital libraries. We have proposed fuzzy retrieval methods that, instead of correcting the errors manually, assume that errors remain in the recognized text. Costs are thereby reduced. The proposed methods generate multiple search terms for each input query term by referring to confusion matrices, which store all characters likely to be misrecognized and the respective probability of each misrecognition. The proposed methods can improve recall rates without decreasing precision rates. However, a few million search terms are occasionally generated in English-text fuzzy retrieval, giving an intolerable effect on retrieval speed. Therefore, this paper presents two remedies to reduce the number of generated search terms while maintaining retrieval effectiveness. One remedy is to restrict the number of errors included in each expanded search term, while the other is to introduce another validity value different to our conventional one. Experimental results indicate that the former remedy reduced the number of terms to about 50 and the latter to not more than 20. © 2000 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/s007999900014

    Scopus

    researchmap

  • Reduction of Expanded Search Terms for Fuzzy English-Text Retrieval. 査読

    Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Second European Conference on Digital Libraries (ECDL '98), LNCS   1513   619 - 633   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/3-540-49653-X_37

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ercimdl/ercimdl98.html#OhtaTA98

  • 英文認識誤り特性に基づいた曖昧検索手法

    太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会第 55 回全国大会講演論文集   ( 5N-1 )   123 - 124   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Retrieval methods for English-text with missrecognized OCR characters 査読

    M. Ohta, A. Takasu, J. Adachi

    Proceedings of the Fourth International Conference on Document Analysis and Recognition   950 - 956   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Comput. Soc  

    DOI: 10.1109/icdar.1997.620651

    researchmap

  • 認識誤りを含むテキストにおける検索手法

    太田学, 高須淳宏, 安達淳

    学術情報センター紀要   ( 9 )   161 - 172   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Pattern Recognition Applications and Methods

    Springer International Publishing  2015年 

     詳細を見る

MISC

  • Simple Alignment Sentence Classification for Aspect-Based Sentiment Analysis

    Hirotaka Niitsuma, Ryo Asakura, Manabu Ohta

    Proc. of 19th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLing 2018)   2018年

     詳細を見る

  • An Automatic Graph Generation Method for Scholarly Papers Based on Table Structure Analysis

    Ryoya Yamada, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu

    Proc. of 10th ACM International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES'18)   132 - 140   2018年

     詳細を見る

  • Japanese Sentiment Analysis Using Simple Alignment Sentence Classification

    Hirotaka Niitsuma, Daiki Kubota, Manabu Ohta

    Proc. of 10th ACM International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES'18)   126 - 131   2018年

     詳細を見る

  • An Approach to Estimating Cited Sentences in Academic Papers Using Doc2vec

    Shunsuke Tanabe, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Proc. of 10th ACM International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES'18)   118 - 125   2018年

     詳細を見る

  • CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings Using a Small Amount of Training Data

    Daiki Namikoshi, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Proc. of 12th International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2017)   54 - 59   2017年

  • Recurrent Neural Networks on Convoluted Word Vectors for Aspect-Based Sentiment Analysis

    Ryo Asakura, Hirotaka Niitsuma, Manabu Ohta

    Proc. of 18th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLing 2017)   2017年

     詳細を見る

  • Important word organization for support of browsing scholarly papers using author keywords

    Junki Tanijiri, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    DocEng 2016 - Proceedings of the 2016 ACM Symposium on Document Engineering   135 - 138   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Association for Computing Machinery, Inc  

    When new researchers read scholarly papers, they often encounter unfamiliar technical terms, which may require considerable time to investigate. We have been developing a user interface to support the browsing of scholarly papers, which can provide useful links to information about such technical terms. The interface displays "important terms" extracted from a paper on top of the image of the paper. In this study, we organize the important terms extracted from papers by using author keywords. We first identify the important terms and then associate them with author keywords by using a method based on the word2vec model. Experiments showed that our method improved the classification accuracy of important terms compared with a simple baseline method. It associated each author keyword with about 2.5 relevant important terms.

    DOI: 10.1145/2960811.2967163

    Scopus

    researchmap

  • 著者キーワードを利用した学術論文閲覧支援の一手法

    谷尻淳喜, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016) 論文集,F3-3   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 学術論文からの参考文献文字列抽出の一手法

    内田裕太, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016) 論文集,C2-5   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Examination of Effective Features for CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings

    Daiki Matsuoka, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    2016 ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DIGITAL INFORMATION MANAGEMENT (ICDIM 2016)   243 - 248   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    Metadata such as bibliographic information about documents are indispensable in the effective use of digital libraries. In particular, the reference fields of academic papers contain much bibliographic information such as authors' names and document titles. We are therefore developing a method for automatically extracting bibliographic information from reference strings using a conditional random field (CRF). The features used by the CRF determine the accuracy of this method. We examine effective features for accurate extraction by experimentally changing the features used. The experiments showed that lexical features were quite effective in accurate extraction and augmenting lexicons properly could lead to further improvements in accuracy.

    DOI: 10.1109/ICDIM.2016.7829774

    Web of Science

    researchmap

  • 観光ルート推薦のための効率的な制約条件

    新妻弘崇, 新井晃平, 太田学

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   9 ( 2 )   34 - 45   2016年

     詳細を見る

  • CRFによる参考文献書誌情報抽出のための有効な素性の検討と拡充

    松岡大樹, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会研究報告   2015-DBS-162 ( 3 )   1 - 8   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 少量学習データによる参考文献書誌情報抽出精度の向上

    川上尚慶, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   8 ( 2 )   18 - 29   2015年

     詳細を見る

  • Empirical Evaluation of CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings

    Manabu Ohta, Daiki Arauchi, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    2014 11TH IAPR INTERNATIONAL WORKSHOP ON DOCUMENT ANALYSIS SYSTEMS (DAS 2014)   287 - 292   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    This paper reports an empirical evaluation of a CRF-based bibliography parser we have developed for reference strings of research papers. The parser uses a conditional random field (CRF) to estimate the correct bibliographic label such as an author's name and a title for each token in a reference string. We applied the parser specifically designed for reference strings to three academic journals, an English one and two Japanese ones, published in Japan. Experiments showed i) the parser correctly parsed from 90% to 94% of reference strings depending on the kinds of journals used and ii) segmentation errors induced by tokenization considerably degraded the final parsing accuracies. This paper also discusses some future directions of the bibliography extraction based on a detailed analysis of the experiments.

    DOI: 10.1109/DAS.2014.64

    Web of Science

    researchmap

  • Cost Evaluation of CRF-Based Bibliography Extraction from Reference Strings

    Naomichi Kawakami, Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    EMERGENCE OF DIGITAL LIBRARIES - RESEARCH AND PRACTICES   8839   268 - 278   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    The effective use of digital libraries demands maintenance of bibliographic databases. Especially, the reference fields of academic papers are full of useful bibliographic information such as authors' names and paper titles. We, therefore, propose a method of automatically extracting bibliographic information from reference strings using a conditional random field (CRF). However, at least a few hundred reference strings are necessary for training the CRF to achieve high extraction accuracies. As described herein, we propose the use of active sampling and pseudo-training data to reduce the amount of training data. Then we evaluate the associated training costs by experimentation.

    DOI: 10.1007/978-3-319-12823-8_28

    Web of Science

    researchmap

  • Rule Management for Information Extraction from Title Pages of Academic Papers

    Atsuhiro Takasu, Manabu Ohta

    Proc. of Third International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2014)   438 - 444   2014年

  • Prototype System for Visualizing Review Text Using Evaluative Expression Dictionaries

    Yuki Tanimoto, Hirotaka Niitsuma, Manabu Ohta

    WEB TECHNOLOGIES AND APPLICATIONS, APWEB 2014   8709   662 - 665   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    We propose a system that can score online reputation text for a given attribute, e.g., design and portability, in a certain category, e.g., mp3 players and laptops. Additionally, we visualize scored results as an interactive system. The scoring system has evaluative expression dictionaries created in advance using reviews. They comprise evaluative values that determine the attribute-wise polarity of evaluative expressions: good or bad. Our system analyzes online reputation using the evaluative expression dictionaries, and then outputs the scores of the reputation. The system helps users to ascertain a reputation easier than merely by reading through textual information.

    DOI: 10.1007/978-3-319-11116-2_65

    Web of Science

    researchmap

  • Empirical evaluation of CRF-based bibliography extraction from research papers 招待

    Manabu Ohta, Ryohei Inoue, Atsuhiro Takasu

    IADIS International Journal on Computer Science and Information Systems   7 ( 2 )   18 - 31   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Error detection of CRF-based bibliography extraction from reference strings

    Manabu Ohta, Daiki Arauchi, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7634   229 - 238   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We proposed a parsing method for reference strings usually listed at the end of research papers to extract important bibliographies such as a title from them. The method uses a conditional random field (CRF) to estimate the correct bibliographic label for each token in the token sequence generated from a reference string. Although we achieved reasonable parsing accuracies for a Japanese academic journal, errors are inevitable. Therefore, this paper proposes ways to increase confidence for CRF-based bibliography parsing to detect such parsing errors. This paper also reports an empirical evaluation of the proposed parsing on the basis not only of its accuracies but also of how easy it is to detect errors. The experiments showed that the proposed measures reasonably indicated parsing errors and could be used to improve the quality of extracted bibliographies at a moderate manual post-editing cost. © 2012 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-642-34752-8_29

    Scopus

    researchmap

  • CRF-based bibliography extraction from reference strings focusing on various token granularities

    Manabu Ohta, Daiki Arauchi, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi

    Proceedings - 10th IAPR International Workshop on Document Analysis Systems, DAS 2012   276 - 281   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The references of academic articles include important bibliographic elements such as authors' names and article titles. Automatic extraction of these elements is useful because they can be used for various purposes, including searching. In this paper, a method for automatically extracting bibliographic elements from the text of reference strings is proposed. The proposed method assigns bibliographic labels to reference strings by using linguistic information and conditional random fields. Experimental results indicated that the extraction accuracies of major bibliographies were more than 96%. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/DAS.2012.28

    Scopus

    researchmap

  • Empirical Evaluation of CRF-Based Bibliography Extraction from Research Papers

    Manabu Ohta, Ryohei Inoue, Atsuhiro Takasu

    Proc. of IADIS International Conference Information Systems 2012 (IS 2012)   18 - 26   2012年

     詳細を見る

  • CRFによる学術論文タイトルページからの書誌情報抽出における誤り検出

    太田学, 井上諒平, 高須淳宏

    日本データベース学会論文誌   11 ( 2 )   37 - 42   2012年

     詳細を見る

  • A Document Analysis System for Linking Cross-document Entities

    Manabu Ohta, Atsuhiro Takasu

    Proc. of Fourth International Conference on Creative Content Technologies (CONTENT 2012)   14 - 20   2012年

     詳細を見る

  • Related paper recommendation to support online-browsing of research papers

    Manabu Ohta, Toshihiro Hachiki, Atsuhiro Takasu

    4th International Conference on the Applications of Digital Information and Web Technologies, ICADIWT 2011   130 - 136   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    An online-browsing support system for research papers has been developed that extracts technical terms from a paper and presents links to useful pages such as those explaining the terms. A method to further use the extracted technical terms is proposed to recommend papers to a user that are related to the paper he or she is browsing. Specifically, the proposed method generates a bipartite graph consisting of papers retrieved by the extracted technical terms, which are called related papers, and technical terms appearing in these related papers. It then ranks the related papers using the HITS algorithm for analyzing the bipartite graph and recommends top-ranked papers to the user. The proposed method was compared with other recommendation methods in terms of effectiveness in an experiment. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICADIWT.2011.6041413

    Scopus

    researchmap

  • 検索エンジンによる英文前置詞誤り修正支援

    有冨隼, 太田学

    日本データベース学会論文誌   9 ( 1 )   70 - 75   2010年

     詳細を見る

  • 検索質問と検索結果の変化を利用した先読み検索

    藤田遼治, 太田学

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   3 ( 3 )   78 - 87   2010年

     詳細を見る

  • CRFを用いた学術論文OCRテキストからの自動書誌要素抽出

    薬師貴之, 太田学, 高須淳宏

    情報処理学会論文誌 データベース (TOD)   2 ( 2 )   126 - 136   2009年

     詳細を見る

  • Multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and oblique basis

    Yasuo Yamane, Tadashi Hoshiai, Hiroshi Tsuda, Manabu Ohta, Kaoru Katayama, Hiroshi Ishikawa

    MULTIMEDIA TOOLS AND APPLICATIONS   31 ( 3 )   287 - 308   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    The Earth Mover's Distance (EMD) and the quadratic-form distance (QFD) are representative distances used in similarity searches of images. Although the QFD greatly outperforms the EMD in speed, the EMD outperform the QFD in performance. The EMD, however, has almost no theoretical justification and requires high computation costs. We propose a feature space model we call a "multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and an oblique basis (MVPO)." In MVPO, an object such as an image is represented by a vector set ( roughly speaking, a solid) and the EMD is reinterpreted as the distance between vector sets while the QFD is reinterpreted as the distance between the centroids of vector sets. Therefore MVPO gives a common geometrical view to these distances. We hypothesized that in MVPO the entity of an image is represented by a vector set ( solid) and geometrical reasoning is applicable to MVPO. Our hypothesis explains well that the EMD outperforms the QFD in performance because the centroid of a solid is the simplest approximation of it. Our hypothesis implies that the performance of the QFD should be good when solids are far apart but bad when they are close together. We conjectured that discriminability would decline - that is, dissimilar images would be judged to be similar - when the centroids of solids are very close. Our experiment supported this conjecture. And from our hypothesis we conjectured that by making an original solid simpler, we can make an approximation method that has better performance than the QFD and faster than the EMD. The results of our experiment with this method supported our conjecture and consequently our hypothesis.

    DOI: 10.1007/s11042-006-0045-z

    Web of Science

    researchmap

  • Max Flowアルゴリズムを用いたWebページのクラスタリング方法とその評価

    大野成義, 渡辺匡, 片山薫, 石川博, 太田学

    情報処理学会論文誌データベース   2006年

     詳細を見る

  • 斜交基底を用いたメタ検索におけるランクリストの統合方法の提案

    大野成義, 太田学, 片山薫, 石川博

    電子情報通信学会論文誌   2005年

     詳細を見る

  • 関係データベースを利用したXMLリポジトリのためのアクセス管理手法

    横山昌平, 太田学, 片山薫, 石川博

    情報処理学会論文誌データベース   2005年

     詳細を見る

  • Max FlowアルゴリズムによるWebページのクラスタリング方法

    大野成義, 渡辺匡, 片山薫, 石川博, 太田学

    日本データベース学会Letters   2005年

     詳細を見る

  • Semantic Image Retrieval Based On Ontology and Relevance Model: A Preliminary Study

    Ernest Weke Maina, Manabu Ohta, Kaoru Katayama, Hiroshi Ishikawa

    Journal of Digital Information Management   2005年

     詳細を見る

  • グラフの連結性に基づくMessmerらの部分グラフ同型判定手法の改良

    西村将太郎, 片山薫, 太田学, 石川博

    日本データベース学会Letters   2005年

     詳細を見る

  • 関係データベース上の階層関係をもつ妥当なXMLビューの設計法

    武川肇, 太田学, 片山薫, 石川博

    情報処理学会論文誌データベース   2004年

     詳細を見る

  • XML文書管理におけるブランチを有するバージョン系列のための関係データベース構成法

    横山昌平, 太田学, 片山薫, 石川博

    電子情報通信学会論文誌   2004年

     詳細を見る

  • 格文法を用いた複数文書融合手法

    渡邊拓也, 太田学, 片山薫, 石川博

    日本データベース学会Letters   2004年

     詳細を見る

  • User-Adaptative Navigation Structure for Image Retrieval

    Erwan Loisant, Hiroshi Ishikawa, Jose Martinez, Manabu Ohta, Kaoru Katayama

    Database Society of Japan Letters   2004年

     詳細を見る

  • Probabilistic automaton-based fuzzy english-text retrieval

    M Ohta, A Takasu, J Adachi

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E86D ( 9 )   1835 - 1844   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Optical Character Reader (OCR) incorrect recognition is a serious problem when searching for OCR-scanned documents in databases such as digital libraries. In order to reduce costs, this paper proposes fuzzy retrieval methods for English text containing errors in the recognized text without correcting the errors manually. The proposed methods generate multiple search terms for each input query term based on probabilistic automata which reflect both error-occurrence probabilities and character-connection probabilities. Experimental results of test-set retrieval indicate that one of the proposed methods improves the recall rate from 95.96% to 98.15% at the cost of a decrease in precision from 100.00% to 96.01% with 20 expanded search terms.

    Web of Science

    researchmap

  • ブランチ機能付き版管理に適した木構造のラベリング手法

    横山 昌平, 太田 学, 片山 薫

    日本データベース学会letters   2 ( 1 )   91 - 94   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本データベース学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 負荷低減型P2Pネットワークの提案:安否情報検索への応用

    中山淳也, 太田学, 片山薫, 石川博

    日本データベース学会Letters   2002年

     詳細を見る

  • Web Usage Mining Approaches to Page Recommendation and Restructuring

    Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta, Shohei Yokoyama, Junya Nakayama, Kaoru Katayama

    International Journal of Intelligent Systems in Accounting, Finance, and Management   2002年

     詳細を見る

  • 英文認識誤り特性に基づいた曖昧検索手法

    太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会第 55 回全国大会講演論文集   ( 5N-1 )   123 - 124   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 認識誤りを含むテキストにおける検索手法

    太田学, 高須淳宏, 安達淳

    学術情報センター紀要   ( 9 )   161 - 172   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • doc2vecによる学術論文の被引用箇所推定の一手法

    田邊俊介, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • タブレット端末によるカメラ機能を用いた学術論文閲覧支援の一手法

    谷尻淳喜, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 分散表現を利用したCRFによる参考文献書誌情報抽出

    松岡大樹, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    researchmap

  • 分散表現と素性を利用した参考文献書誌情報抽出

    浪越大貴, 太田学, 高須淳宏, 安達淳

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 参考文献書誌情報抽出における確信度によるCRF学習データの削減

    浪越大貴, 太田学, 高須淳宏, 安達 淳

    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 論文集  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 英文認識誤り特性に基づいた曖昧検索手法

    太田学, 高須淳宏, 安達淳

    情報処理学会第 55 回全国大会講演論文集  1997年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Flickrを利用した撮影スポットの分析

    電子情報通信学会2018年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2018年 

     詳細を見る

  • ニューラルネットワークによる英文空所補充問題の一解法

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Aspect-Based Sentiment AnalysisにおけるNeural Attentionの効率的な利用方法

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018)  2018年 

     詳細を見る

  • 分散表現を用いたパーソナライズド観光ルート推薦

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018)  2018年 

     詳細を見る

  • ParagraphVectorのための二分法によるパラメータサーチの効率化の一手法

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018)  2018年 

     詳細を見る

  • 重回帰分析による土地価格推定の一手法

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018)  2018年 

     詳細を見る

  • 学術論文の表の解析によるグラフの自動生成の一手法

    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Paragraph Vectorのための効率的なパラメータサーチの検討

    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017)  2017年 

     詳細を見る

  • Yahoo!知恵袋を利用した施設名の曖昧性解消手法の提案

    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017)  2017年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンとコーパスを利用した英文の名詞語彙誤り検出の一手法

    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017)  2017年 

     詳細を見る

  • 学術論文の実験情報分類の評価

    電子情報通信学会2017年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2017年 

     詳細を見る

  • 因果関係ネットワークを利用した問題となる因果関係とその改善策の発見

    電子情報通信学会2017年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2017年 

     詳細を見る

  • CRFによる英語時制誤り検出の一手法

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンによる英文の名詞語彙選択誤り検出の一手法

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 観光ルート推薦のための効率的な制約条件

    第9回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2016  2016年 

     詳細を見る

  • CRFによる参考文献書誌情報抽出のための辞書素性の拡充

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 観光ルート推薦のための効率的な制約条件

    第9回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2016  2016年 

     詳細を見る

  • 深層学習による属性を考慮したレストランレビュー文書の感情極性分析

    電子情報通信学会研究会(データ工学と食メディア)  2016年 

     詳細を見る

  • 機械学習による学術論文の引用意図分類の一手法

    電子情報通信学会研究会(データ工学と食メディア)  2016年 

     詳細を見る

  • 著者キーワードを利用した学術論文閲覧支援の一手法

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • マイクロブログを利用した観光ルート推薦における移動効率の改善

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 共起関係に着目した因果関係ネットワークの拡張

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 学術論文からの参考文献文字列抽出の一手法

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • Paragraph Vectorへ埋め込む有効な付随情報の検討

    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 学術論文からの実験情報抽出とその可視化

    情報処理学会第162回データベースシステム研究発表会  2015年 

     詳細を見る

  • Web上の画像の周辺テキストを用いた自動画像アノテーション

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 参照情報を利用したWikipedia記事の信頼性評価の一手法

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 学術論文からの実験情報抽出の一手法

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 交絡事象の発見による因果関係ネットワークの拡張

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 学術論文からの構成要素抽出手法の改良

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 引用意図を利用した学術論文閲覧支援のための適切な被引用箇所の特定

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • CRFによる様々な種類の学術論文からの参考文献文字列の自動抽出

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • Twitter を利用した観光ルート推薦の一手法

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • CRFによる参考文献書誌情報抽出のための有効な素性の検討と拡充

    情報処理学会第162回データベースシステム研究発表会  2015年 

     詳細を見る

  • CRFによる英語時制誤り検出における有効な素性の検討

    電子情報通信学会2015年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2015年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた英文名詞句誤りの修正支援

    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • レビュー文書における重要文選択の一手法

    情報処理学会第162回データベースシステム研究発表会  2015年 

     詳細を見る

  • Paragraph Vectorへの追加情報の効率的な埋め込み

    情報処理学会第162回データベースシステム研究発表会  2015年 

     詳細を見る

  • 手掛かり語による学術論文の引用意図分類の一手法

    情報処理学会第162回データベースシステム研究発表会  2015年 

     詳細を見る

  • 画像特徴量とコメントを用いたニコニコ動画の指示的要約サムネイルの生成手法

    第160回DBS・第131回OS・第35回EMB合同研究発表会  2014年 

     詳細を見る

  • 動画共有サイトにおける動画ナビゲーションのためのコメント要約手法

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • CRFによる学術論文からの参考文献文字列の抽出

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • 学術論文からの構成要素抽出の一手法

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • 学術論文閲覧支援インタフェースの試作

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • 三事象間の因果関係分析のための因果関係ネットワーク構築の一手法

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • 英語形容詞の語順決定システム

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • Twitterタイムラインの話題の可視化の一手法

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • 顔文字の役割を利用したツイートの感情極性推定

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • CRFによる参考文献書誌情報抽出のための学習コストの削減

    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014)  2014年 

     詳細を見る

  • CRFによる学術論文からの実験情報抽出の一手法

    電子情報通信学会2014年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2014年 

     詳細を見る

  • 学術論文閲覧支援インタフェースのための頭字語の活用

    第160回DBS・第131回OS・第35回EMB合同研究発表会  2014年 

     詳細を見る

  • レビュー解析に基づくユーザ評価の根拠提示の一手法

    第160回DBS・第131回OS・第35回EMB合同研究発表会  2014年 

     詳細を見る

  • 少量学習データによる参考文献書誌情報抽出

    第7回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2014  2014年 

     詳細を見る

  • 位置情報付きツイートを利用した観光ルート推薦

    情報処理学会第158回データベースシステム研究発表会  2013年 

     詳細を見る

  • 旅行ブログ記事からの名所とその付随情報の抽出

    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013)  2013年 

     詳細を見る

  • ユーザの繋がりとコメントを用いた意外性のある動画推薦システム

    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013)  2013年 

     詳細を見る

  • データ工学に関する学術論文からの実験情報抽出の試み

    電子情報通信学会2013年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2013年 

     詳細を見る

  • 文献種類別に分類した参考文献文字列からの書誌情報抽出の一手法

    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013)  2013年 

     詳細を見る

  • 機械学習による冠詞の用法と検索結果数に基づく英文冠詞誤りの自動修正

    情報処理学会第158回データベースシステム研究発表会  2013年 

     詳細を見る

  • 二つの事象間の因果関係分析のための因果関係ネットワークの提案

    電子情報通信学会2013年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2013年 

     詳細を見る

  • ツイートに出現する顔文字等の文字と記号に着目した感情分類

    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013)  2013年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンの検索結果数に基づく英文誤り検出に関する検討

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • ユーザのクエリ変更意図に基づく先読み検索

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • 欠落・挿入誤りを考慮した英文前置詞誤り修正支援システム

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • 評価表現辞書を用いた評判情報の極性値計算

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • 品詞と検索結果数に基づく英文動詞誤り検出システム (「動詞トラック」最優秀賞受賞者口頭発表)

    誤り検出・訂正ワークショップ(EDCW)2012  2012年 

     詳細を見る

  • 協調フィルタリングによる学術論文推薦に関する一検討

    電子情報通信学会2012年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2012年 

     詳細を見る

  • 学術論文からの自動書誌要素抽出の頑健性評価

    電子情報通信学会2012年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2012年 

     詳細を見る

  • エキスパートサーチシステムのための学術文献データベースからの経歴情報抽出

    電子情報通信学会2012年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2012年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンの検索結果数を用いた英文誤り検出システム

    誤り検出・訂正ワークショップ(EDCW)2012  2012年 

     詳細を見る

  • 品詞と検索結果数に基づく英文動詞誤り検出システム

    誤り検出・訂正ワークショップ(EDCW)2012  2012年 

     詳細を見る

  • 特定評価属性の関連属性自動抽出による評価表現辞書の作成

    情報処理学会第155回データベースシステム研究発表会  2012年 

     詳細を見る

  • 冠詞の用法規則と検索エンジンを利用した英文冠詞誤りの自動修正

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2012  2012年 

     詳細を見る

  • 要因検索における要因抽出法の改良と結果検索の提案

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2012  2012年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた英文動詞誤り検出システム

    情報処理学会第156回データベースシステム研究発表会  2012年 

     詳細を見る

  • CRFによる和英文の参考文献文字列からの自動書誌要素抽出

    情報処理学会第156回データベースシステム研究発表会  2012年 

     詳細を見る

  • Web資源を利用した冠詞の用法に基づく冠詞誤り自動修正

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • Twitterのタイムラインの可視化の一手法

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • ユーザの繋がりを用いた意外性のある動画推薦システム

    第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • CRFによる論文文書画像の書誌要素推定における自動誤り検出

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2011  2011年 

     詳細を見る

  • 学術論文閲覧支援システムのための関連論文推薦

    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011)  2011年 

     詳細を見る

  • CiNiiを利用したエキスパートサーチシステム

    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた英文コロケーション誤りの検出と修正

    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 評判情報可視化のための評価表現辞書の有効性評価

    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた英文前置詞誤りの自動検出と修正

    情報処理学会第153回データベースシステム研究発表会  2011年 

     詳細を見る

  • 因果関係ネットワーク構築のための要因検索法の改良

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2011  2011年 

     詳細を見る

  • ユーザの評価極性付きレビュー分析に基づく未評価レビューの極性分類

    情報処理学会第153回データベースシステム研究発表会  2011年 

     詳細を見る

  • CRFによる参考文献文字列からの書誌要素抽出の一手法

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2011  2011年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた動詞名詞コロケーションに基づく英文動詞誤りの検出と修正

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • 脚注と参考文献を用いたWikipedia記事の信頼性評価の一手法

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010)  2010年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた英文前置詞誤り修正支援 (情報処理学会データベースシステム研究会学生奨励賞受賞)

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010)  2010年 

     詳細を見る

  • 可視化によるバイリンガル検索支援

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010)  2010年 

     詳細を見る

  • Wikipedia記事の自動リンク生成

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010)  2010年 

     詳細を見る

  • 要因検索による因果関係ネットワークの構築と因果知識の獲得

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010)  2010年 

     詳細を見る

  • 学術論文文書画像からの自動書誌要素抽出

    第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010)  2010年 

     詳細を見る

  • 文化間差異理解のためのバイリンガル検索結果の可視化の一手法

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • 文書クラスタリングによる話題の絞込みを利用した先読み検索

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • 評価属性を考慮した評判情報の可視化

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • VLDB2010 国際会議報告

    ACM SIGMOD日本支部・日本データベース学会大会(ACM SIGMOD日本支部第46回大会)  2010年 

     詳細を見る

  • 学術論文文書画像からのページレイアウトに依存しない自動書誌要素抽出

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • Wikipedia記事中の意見文クラスタリング

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • 検索エンジンを用いた英文前置詞誤り修正のための検索フレーズ生成法

    情報処理学会第151回データベースシステム研究発表会  2010年 

     詳細を見る

  • 要因検索による因果関係ネットワークの構築

    情報処理学会第149回データベースシステム研究発表会  2009年 

     詳細を見る

  • ニュース記事に含まれる出来事の要因検索

    電子情報通信学会2009年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2009年 

     詳細を見る

  • ユーザの検索行動に基づく先読み検索システムの提案

    電子情報通信学会2009年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2009年 

     詳細を見る

  • 様々な学術論文誌OCRテキストからの書誌要素抽出

    電子情報通信学会2009年総合大会  2009年 

     詳細を見る

  • 評価表現辞書を用いた評判情報の可視化 (情報処理学会データベースシステム研究会学生奨励賞受賞)

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2009  2009年 

     詳細を見る

  • 検索質問と検索結果の推移に基づく先読み検索の提案

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2009  2009年 

     詳細を見る

  • レビューサイトを用いた評価表現辞書の構築の一手法

    電子情報通信学会2009年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2009年 

     詳細を見る

  • OCRテキストを利用した学術論文閲覧支援システムの試作

    電子情報通信学会2009年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2009年 

     詳細を見る

  • 学術論文文書画像からの自動書誌要素抽出の一手法

    電子情報通信学会2009年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2009年 

     詳細を見る

  • Web資源を利用した学術論文閲覧支援システム

    情報処理学会第149回データベースシステム研究発表会  2009年 

     詳細を見る

  • 関連ページ特性に基づいたBlogクラスタリング

    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS2008)  2008年 

     詳細を見る

  • 構造化プロファイルを用いた個人化Web検索システム

    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS2008)  2008年 

     詳細を見る

  • レイアウト情報を利用した学術論文OCRテキストの書誌情報ラベリング

    電子情報通信学会2008年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2008年 

     詳細を見る

  • ユーザの理解度に基づく検索結果の動的な個人化クラスタリング

    第7回情報科学技術フォーラム (FIT2008)  2008年 

     詳細を見る

  • 学術論文OCRテキストを対象とした自動著者名タグ付けの一手法

    電子情報通信学会2008年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2008年 

     詳細を見る

  • 複数の可視化手法を用いた検索語想起支援

    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS2008)  2008年 

     詳細を見る

  • 検索結果の推移の可視化による検索支援 (情報処理学会データベースシステム研究会学生奨励賞受賞) (きざしカンパニー賞受賞)

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2008  2008年 

     詳細を見る

  • 検索結果の推移の可視化による検索支援

    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2008  2008年 

     詳細を見る

  • Blogクラスタリングのための関連ページ選択方法

    第6回情報科学技術フォーラム (FIT2007)  2007年 

     詳細を見る

  • OCR認識誤りを含む学術論文テキストからの著者名抽出の一手法

    電子情報通信学会2007年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2007年 

     詳細を見る

  • 語の共起関係に基づく検索語候補の提示ツール (優秀ポスター賞受賞)

    電子情報通信学会2007年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2007年 

     詳細を見る

  • 興味単語を用いた個人化Web検索 (優秀ポスター賞受賞)

    電子情報通信学会2007年総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」  2007年 

     詳細を見る

  • Trackbackを利用したBlogクラスタリング

    データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb2006)  2006年 

     詳細を見る

  • Messmerらによるグラフ分解を利用した部分グラフ同型判定手法の改良

    電子情報通信学会第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • 差異に注目した複数文書融合手法

    電子情報通信学会第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • Semantic Image Retrieval based on Ontology and Relevance Feedback

    電子情報通信学会第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • 差異を意識したクラスタリングとその特徴量集約手法の検討

    夏のデータベースワークショップ (DBWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • Max FlowアルゴリズムによるWebページのクラスタリング方法

    夏のデータベースワークショップ (DBWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • RDBを利用したXMLリポジトリにおけるアクセス管理の実装

    電子情報通信学会第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • P2Pによる転送遅延を考慮した静的負荷分散方式

    電子情報通信学会第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005)  2005年 

     詳細を見る

  • A Peer-to-Peer Approach to Parallel Association Rule Mining

    8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004)  2004年 

     詳細を見る

  • 画像の類似検索におけるマルチベクトル特徴空間方式とEarth Mover's Distance方式の比較

    第75回情報学基礎研究会,第133回データベースシステム研究会,合同研究会  2004年 

     詳細を見る

  • P2Pにおける効率的な負荷分散方式の提案

    情報処理学会第66回全国大会  2004年 

     詳細を見る

  • Overlapping Clustering Method Using Local and Global Importance of Feature Terms at NTCIR-4 Web Task

    NTCIR Workshop 4 Meeting  2004年 

     詳細を見る

  • グラフ分割を用いた頻出部分グラフ発見手法

    情報処理学会第66回全国大会  2004年 

     詳細を見る

  • User-Adaptative Navigation Structures for Image Retrieval

    電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • P2Pにおける静的負荷分散方式の提案

    夏のデータベースワークショップ (DBWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • 格文法を用いた複数文書融合手法

    夏のデータベースワークショップ (DBWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • An Interactive Annotation Framework for Image Retrieval

    夏のデータベースワークショップ (DBWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • SAX-GTR:高速XMLストリーム読み込み手法

    夏のデータベースワークショップ (DBWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • メタ検索における検索結果の統合方法の提案

    電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • Overlapping Clustering Methods for a Japanese Meta Search Engine

    IASTED International Conference on Databases and Applications (DBA 2004)  2004年 

     詳細を見る

  • 分散XMLストリーム統合に関する提案

    電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • 分野に依存しない複数文書要約手法の提案

    電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004)  2004年 

     詳細を見る

  • Web文書の非排他的クラスタリング手法及びその評価手法

    情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb2003)  2003年 

     詳細を見る

  • 不均質情報のモデル化と高度利用に関する研究

    文部科学省科学研究費補助金(特定領域研究)「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成14年度成果報告会  2003年 

     詳細を見る

  • 関係データベースを利用したXML版管理手法

    第14回データ工学ワークショップ(DEWS2003)  2003年 

     詳細を見る

  • 改良型P2Pネットワークを利用した安否情報システムの提案

    第14回データ工学ワークショップ(DEWS2003)  2003年 

     詳細を見る

  • 動的ページへ適用可能なページ推薦技術の検討

    第65回情報処理学会全国大会  2003年 

     詳細を見る

  • P2Pによる分散データベースマイニング手法の提案

    第65回情報処理学会全国大会  2003年 

     詳細を見る

  • XML文書の統計量を用いた関係データベースへの格納手法

    第14回データ工学ワークショップ(DEWS2003)  2003年 

     詳細を見る

  • Web文書検索のための非排他的クラスタリング手法の提案

    第14回データ工学ワークショップ(DEWS2003)  2003年 

     詳細を見る

  • メタ検索における検索結果の統合方式の検討

    第65回情報処理学会全国大会  2003年 

     詳細を見る

  • クラスタリング型Web検索エンジンの評価に関する一考察

    電子情報通信学会2003年総合大会  2003年 

     詳細を見る

  • Active Knowledge Mining for Intelligent Web Page Management

    Seventh International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems (KES 2003)  2003年 

     詳細を見る

  • Toward Active Web Usage Mining for Page Recommendation and Restructuring

    International Conference on Knowledge Management(I-KNOW '03)  2003年 

     詳細を見る

  • 拡張関数従属性に基づく階層関係をもつ妥当なビューの設計法とXMLへの適用

    情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb2003)  2003年 

     詳細を見る

  • XMLの統計量を用いた関係データベース設計法

    情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb2003)  2003年 

     詳細を見る

  • Web Usage Mining for Actionable Knowledge

    International Workshop on Data Mining for Actionable Knowledge (DMAK'2003) in conjunction with PAKDD'2003  2003年 

     詳細を見る

  • Web Usage Mining Approaches to Page Recommendation and Restructuring

    International Workshop on AI for Intelligent Business  2002年 

     詳細を見る

  • XMLパーサを考慮した応用向き関係データベース構成法

    第13回データ工学ワークショップ(DEWS2002)  2002年 

     詳細を見る

  • Experimental Adaptable Recommendation System Based on Web Usage Mining

    Twentieth IASTED International Conference Applied Informatics  2002年 

     詳細を見る

  • P2Pネットワーク上でのエージェントを利用した安否情報検索

    第64回情報処理学会全国大会  2002年 

     詳細を見る

  • 時系列データを対象としたクラスタリングツールの開発

    第64回情報処理学会全国大会  2002年 

     詳細を見る

  • メタ検索エンジンのための動的Webクラスタリング

    第64回情報処理学会全国大会  2002年 

     詳細を見る

  • 階層的クラスタリングを利用したメタ検索エンジンの提案〜METAL〜

    夏のデータベースワークショップ(DBWS2002)  2002年 

     詳細を見る

  • 負荷低減型P2Pネットワークの提案〜安否情報検索への応用〜

    夏のデータベースワークショップ(DBWS2002)  2002年 

     詳細を見る

  • On the Effectiveness of Web Usage Mining for Page Recommendation and Restructuring

    2nd Annual International Workshop of the Working Group "Web and Databases" of the German Informatics Society  2002年 

     詳細を見る

  • 災害時を想定したハイブリッド型P2Pネットワークの提案

    第64回情報処理学会全国大会  2002年 

     詳細を見る

  • XMLによるバージョン管理手法 -VerteX-

    第64回情報処理学会全国大会  2002年 

     詳細を見る

  • An Intelligent Web Recommendation System: A Web Usage Mining Approach

    International Symposium on Methodologies for Intelligent Systems  2002年 

     詳細を見る

  • Webログに基づくユーザモデルの構築

    第64回情報処理学会全国大会  2002年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 1st Best Conference Paper of the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES'18)

    2018年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) 優秀論文賞

    2018年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Best Paper Award, Fourth International Conference on Creative Content Technologies (CONTENT 2012)

    2012年  

     詳細を見る

  • Outstanding Paper Award, IADIS International Conference Information Systems 2012

    2012年  

     詳細を見る

  • 誤り検出・訂正ワークショップ(EDCW)2012「動詞トラック」 最優秀賞

    2012年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • プログラミング (2021年度) 3・4学期  - 水1,水2

  • プログラミング (2021年度) 3・4学期  - 水1,水2

  • プログラミング1 (2021年度) 第3学期  - 水1,水2

  • プログラミング2 (2021年度) 第4学期  - 水1,水2

  • 専門英語 (2021年度) 第1学期  - 火5,火6,木1,木2

  • 応用解析 (2021年度) 第2学期  - 月3,月4,木3,木4

  • 応用解析 (2021年度) 第2学期  - 月3,月4,木3,木4

  • 情報検索とデータマイニング (2021年度) 後期  - その他

  • 情報検索論 (2021年度) 前期  - 金3,金4

  • 情報系概論 (2021年度) 特別  - その他

  • 情報系概論 (2021年度) 特別  - その他

  • 技術英語 (2021年度) 後期  - その他

  • 数理・データサイエンス(発展) (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • 知能設計工学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • 確率統計2 (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • 表現技法1 (2021年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2021年度) 後期  - その他

  • 計算機数学 (2021年度) 第3学期  - その他

  • 計算機数学Ⅱ (2021年度) 第3学期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • プログラミング (2020年度) 3・4学期  - 水1,水2

  • プログラミング1 (2020年度) 第3学期  - 水1,水2

  • プログラミング2 (2020年度) 第4学期  - 水1,水2

  • 専門英語 (2020年度) 第1学期  - 火5,火6,木1,木2

  • 専門英語 (2020年度) 第1学期  - 火5,火6,木1,木2

  • 応用解析 (2020年度) 第2学期  - 月3,月4,木3,木4

  • 応用解析 (2020年度) 第2学期  - 月3,月4,木3,木4

  • 情報検索とデータマイニング (2020年度) 後期  - その他

  • 情報検索論 (2020年度) 後期  - 金5,金6

  • 情報系概論 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 情報系概論 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 技術英語 (2020年度) 後期  - その他

  • 知能設計工学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 確率統計 (2020年度) 3・4学期  - 火1,火2

  • 確率統計1 (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • 確率統計2 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2

  • 表現技法1 (2020年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2020年度) 後期  - その他

  • 計算機数学 (2020年度) 第3学期  - その他

  • 計算機数学Ⅱ (2020年度) 第3学期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

▼全件表示