Updated on 2022/09/27

写真a

 
SEIKE Akira
 
Organization
Faculty of Humanities and Social Sciences Professor
Position
Professor
External link

Degree

  • 博士(文学) ( 大阪大学 )

  • (BLANK)

Research Interests

  • 文化財科学

  • Archaeology

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Cultural assets study

  • Humanities & Social Sciences / Museology

  • Humanities & Social Sciences / Archaeology

Research History

  • Kochi University Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster Humanities and Social Sciences Unit   Professor

      More details

Professional Memberships

Committee Memberships

  • 「明日の吉井川を語る会」   委員  

    2022.5 - 2024.3   

      More details

    Committee type:Government

    researchmap

  • 「明日の旭川を語る会」   委員  

    2022.5 - 2024.3   

      More details

    Committee type:Government

    researchmap

  • 「明日の高梁川を語る会」   委員  

    2021.7 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Government

    researchmap

  • 史跡こうもり塚古墳調査指導会   委員  

    2021.6 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Municipal

    researchmap

  • 第2次山陽遺跡整備委員会   副委員長  

    2021.5 - 2023.4   

      More details

    Committee type:Municipal

    researchmap

  • 考古学研究会   代表委員  

    2018.5 - 2022.6   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

▼display all

 

Papers

  • 「古墳時代ジェンダー研究とDNA分析」 Invited

    清家章

    『考古学ジャーナル』   №762   11 - 14   2021.12

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Family Relationship Buried Person of Early Kofun Period Excavated at Takamatsu-Chausuyama Burial Mound. Takamatsu, Kagawa Pref. Invited Reviewed

    SEIKE Akira, SHINODA, Ken-ichi, KANZAWA, Hideaki KAKUTA, Tsuneo ADACHI, NOboru

    Bulletin of he National Museum of Japanese History   ( 229 )   113 - 126   2021.10

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 「岡山県内古墳出土人骨のミトコンドリアDNA分析」 Invited Reviewed

    篠田謙一, 神澤秀明, 角田恒雄, 安達登, 清家章

    『国立歴史民俗博物館研究報告』   ( 229 )   145 - 152   2021.10

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 「磯間岩陰遺跡の非畿内性と広域性」

    清家章

    清家章編『磯間岩陰遺跡の研究』分析・考察編 田辺市教育委員会・科学研究費磯間岩陰遺跡研究班   221 - 234   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Publishing type:Research paper (other academic)  

    researchmap

  • 「韓国高霊池山洞44号墳出土人骨のミトコンドリアDNA分析」 Reviewed

    篠田謙一, 神澤秀明, 角田恒雄, 安達登, 清家章, 李在煥, 朴天秀

    『国立歴史民俗博物館研究報告』   ( 228 )   465 - 471   2021.3

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 「香川県高松市高松茶臼山古墳第Ⅰ主体部E地区出土人骨の年代学的調査」 Reviewed

    清家章, 坂本稔, 瀧上舞

    『国立歴史民俗博物館研究報告』   ( 228 )   361 - 367   2021.3

     More details

  • 「岡山県倉敷市中津貝塚出土縄文人骨の年代学的調査」 Reviewed

    清家章, 坂本稔, 瀧上舞

    『国立歴史民俗博物館研究報告』国立歴史民俗博物館、千葉   ( 228 )   341 - 344   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 「磯間岩陰遺跡出土人骨のDNA分析」 Invited

    安達登, 神澤秀明, 藤井元人, 清家章

    清家章編『磯間岩陰遺跡の研究』田辺市教育委員会・科学研究費磯間岩陰遺跡研究班   105 - 118   2021.3

     More details

    Authorship:Last author  

    researchmap

  • 「大阪府堺市野々井二本木山古墳出土人骨のミトコンドリアDNA分析」 Reviewed

    篠田謙一, 神澤秀明, 角田恒雄, 安達登, 清家章

    『国立歴史民俗博物館研究報告』   ( 228 )   287 - 294   2021.3

     More details

  • 「岡山県内古墳出土人骨の年代学的調査」 Reviewed

    清家章, 坂本稔, 瀧上舞

    『国立歴史民俗博物館研究報告』 国立歴史民俗博物館   ( 228 )   345 - 359   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 「和歌山県磯間岩陰遺跡にみる交流とその意義」 Invited

    清家章

    『紀伊考古学研究』   1 - 10   2020.8

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • Geophysical surveys over and inside the Tobiotsuka Kofun – Okayama prefecture Reviewed International journal

    C. Comina, P. Sotiropoulos, S. Maroulakis, D. Vacha, G. Mandrone, N. Masturzo, N. Matsumoto, A. Seike

    Journal of Archaeological Science: Reports   30   102256 - 102256   2020.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jasrep.2020.102256

    researchmap

  • 「香川県高松市高松茶臼山古墳出土古墳前期人骨の年代学的調査」 Reviewed

    清家章, 坂本稔, 瀧上舞

    『国立歴史民俗博物館研究報告』   ( 219 )   211 - 219   2020.3

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 「古墳時代における王墓の巨大化と終焉-社会の変化とモニュメント-」 Invited

    清家章

    松木武彦ほか編『日本の古墳はなぜ巨大なのか』吉川弘文館、東京   194 - 214   2020.3

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 「四国の横穴式石室-土佐を中心に-」

    清家章

    『横穴式石室の研究』同成社   82 - 94   2020.2

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 「葬墓制と葬送儀礼を考える 古墳時代」 Invited

    清家章

    『季刊考古学』   ( 150 )   87 - 89   2020.1

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 「古墳時代における海辺の埋葬遺跡とその意義」 Invited

    清家章

    『海辺における集落と墓制の実像』-磯間岩陰遺跡と西庄遺跡- 紀伊考古学研究会第22回大会発表要旨集 紀伊考古学研究会   2019.10

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

    researchmap

  • 「古墳時代における王墓の巨大化とその終焉」

    清家章

    福永伸哉・上田直弥篇『日本古墳研究リソースを活かした墳丘墓築造と社会関係の国際研究展開』大阪大学大学院文学研究科   19 - 32   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (other academic)  

    researchmap

  • Mounded Tomb Building during the Kofun Period:Location and Landscape Invited

    SEIKE Akira

    Burial Mounds in Europe and Japan Comparative and Contextual Perspectives   110 - 117   2018.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 古墳時代の首長位継承-女性首長論を中心に Reviewed

    清家 章

    法制史研究   ( 67 )   223 - 236   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 首長系譜分立試論-いわゆる政権交替論の理解のために-

    清家 章

    待兼山考古学論集   3   285 - 299   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

    researchmap

  • 高知の古墳と社殿

    清家 章

    高知考古学研究   ( 創刊号 )   25 - 33   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 古墳時代中期後葉・後期の親族構造再論 Invited Reviewed

    清家 章

    史林   99 ( 11 )   81 - 100   2016.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 古墳における棺と棺材の選択

    清家章

    日本考古学協会2010年度兵庫大会研究発表資料集   359 - 364   2010

     More details

  • Evaluation of Skeletal Remains from Church III and Assessment of Kinship

    SEIKE,Akira

    "The Island of St.Nicholas"   90 - 94   2010

     More details

  • 古墳時代集団墓における木棺と石棺

    清家章

    待兼山考古学論集II   293 - 304   2010

     More details

  • 古墳時代における父系化の過程 Invited Reviewed

    清家章

    考古学研究   56 ( 3 )   55 - 70   2009

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 高知平野における大型後期古墳の動向

    清家章

    考古学論究-小笠原好彦先生退任記念論集-   18   2007

     More details

  • 古墳から見た四国の一体性 Invited Reviewed

    清家章

    『地方史研究』   ( 328 )   4   2007

     More details

  • 勝福寺古墳の埋葬施設と継体大王関連記事にみる古墳時代後期の埋葬原理

    清家章

    川西市勝福寺古墳発掘調査報告   12   2006

     More details

  • 猪名川左岸域の円筒埴輪と首長系譜の変動 Invited Reviewed

    清家章

    海南史学   ( 43 )   20   2005

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 女性首長出現の背景

    清家章

    待兼山考古学論集   22   2005

     More details

  • 後円部と前方部の被葬者

    清家章

    井ノ内稲荷塚古墳の研究   18   2005

     More details

  • 弥生・古墳時代の女性と戦争 Invited Reviewed

    清家章

    女性史学   ( 14 )   13   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 「女の霊力論」と考古学 Reviewed

    清家章

    文化の多様性と比較考古学-考古学研究会50周年論集-   10   2004

     More details

  • 折り曲げ鉄器の副葬とその意義 Reviewed

    清家章

    待兼山論叢   ( 36 )   23   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 古墳時代女性首長の出産歴 Reviewed

    清家章

    エコソフィア   ( 9 )   13   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 近畿古墳時代の埋葬原理 Reviewed

    清家章

    考古学研究   49 ( 1 )   59 - 78   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:考古学研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 畿内周辺における箱形石棺の形式と集団 Reviewed

    清家章

    古代学研究   ( 152 )   2001

     More details

  • 猪名川左岸域における小古墳の意義

    清家章

    待兼山遺跡(]G0003[)   74 - 88   2001

     More details

  • 吉備における同棺複数埋葬とその親族関係

    清家章

    古代吉備   ( 23 )   95 - 110   2001

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

    researchmap

  • 女性首長と軍事権 Reviewed

    清家章

    待兼山論叢   ( 32 )   1998

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 古墳時代周辺埋葬墓考

    清家章

    国家形成期の考古学   1998

     More details

  • 副葬品と被葬者の性別

    清家章

    雪野山古墳の研究   1996

     More details

▼display all

Books

  • 『飯盛山東1号墳』

    清家章, 清山隆, 額田千夏, 阿部誠悟( Role: Joint editor)

    2022.3 

     More details

  • 『磯間岩陰遺跡の研究』

    清家章編(総397頁(考古報告編担当頁:pp.10-16、pp.19-51、pp.55-59、p.132、pp.157-163 考察編担当は別記))

    田辺市教育委員会・科学研究費磯間岩陰遺跡研究班  2021.3 

     More details

    考古報告編 https://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/62293
    図版編 https://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/62294
    分析・考察編 https://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/62295

    researchmap

  • 『下里古墳からわかること』

    清家章( Role: Sole author)

    那智勝浦町文化協会創立20周年記念文化講演会記念誌 那智勝浦町文化協会  2020.10 

     More details

  • 『卑弥呼と女性首長』新装版

    清家章( Role: Sole author)

    吉川弘文館  2020.3 

     More details

  • 埋葬からみた古墳時代 女性・親族・王権

    清家 章

    吉川弘文館  2018.5 

     More details

  • 卑弥呼と女性首長

    清家 章( Role: Sole author)

    学生社  2015.1  ( ISBN:9784311203503

     More details

  • 『古墳時代の埋葬原理と親族構造』

    大阪大学出版会  2010 

     More details

▼display all

MISC

  • 「続・倭人の真実に寄せて-倭人と渡来人-」 Invited

    清家章

    『とっとり弥生の王国』2021Autumn   4 - 8   2021.10

     More details

  • 「古墳の被葬者」 Invited

    清家章

    国立歴史民俗博物館編『新書版 性差の日本史』インターナショナル新書   20 - 22   2021.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    researchmap

  • 横穴式石室にみる南四国太平洋沿岸地域の関係

    弥生・古墳時代における太平洋ルートの文物交流と地域間関係   131 - 143   2010

     More details

  • 「土佐山田における古墳築造大元神社古墳」

    『大元神社古墳発掘調査報告書総括編』   2008

     More details

  • 古墳時代研究の動向

    『日本考古学年報』   ( 58 )   7   2007

     More details

  • 横穴式石室導入前後の親族構造と女性家長

    西日本における前方後円墳消滅過程の比較研究   12   2004

     More details

  • 後円部の被葬者と埴輪棺の被葬者

    史跡 昼飯大塚古墳   8   2003

     More details

  • 古墳時代前、中期における埋葬人骨と親族関係

    1999~2000年度科学研究費補助金(奨励A)研究成果報告書   2001

     More details

  • 弥生時代の女性

    瀬戸内弥生文化のパイオニア   2000

     More details

▼display all

Presentations

  • 高知市朝倉古墳の調査成果

    考古学研究会岡山例会  2009 

     More details

  • 香美市大元神社古墳の調査

    第7回高知考古学研究会  2008 

     More details

  • 横穴式石室期の階層構造―親族構造を中心として―

    第9回中四国前方後円墳研究会  2004 

     More details

  • 各地域の埴輪編年「摂津」

    埴輪検討会第1回研究集会  2003 

     More details

  • 久留米藩蔵屋敷の調査

    関西近世考古学研究会2002年4月例会  2002 

     More details

  • 近畿古墳時代の埋葬原理

    第108回考古学研究会関西例会  2001 

     More details

  • 岩橋千塚古墳群の箱形石棺とその意義

    紀伊考古学研究会第4回大会  2001 

     More details

  • 埋葬からみた被葬者の性別

    第29回ホミニゼーション研究会  2000 

     More details

  • 岐阜県大垣市昼飯大塚古墳の調査成果

    1999年度考古学協会総会  1999 

     More details

  • 豊中市服部遺跡第4次調査の報告

    第74回考古学研究会関西例会  1995 

     More details

  • 服部遺跡第4次調査

    第31回大阪府下埋蔵文化財研究会  1995 

     More details

▼display all

Works

  • 坂ノ松古墳測量調査

    2010

     More details

  • 高知県朝倉古墳発掘調査

    2008
    -
    2009

     More details

  • 明見彦山3号墳測量調査

    2008

     More details

  • 高知県大元神社古墳発掘調査

    2006
    -
    2007

     More details

  • 高知県小蓮古墳3次元測量調査

    2005

     More details

  • 高知県明見彦山1号墳測量調査

    2005

     More details

  • 高知県大元神社古墳測量調査

    2005

     More details

  • 高知県朝倉古墳測量調査

    2004

     More details

  • 岐阜県昼飯大塚古墳における考古学的調査

    1998

     More details

  • Archaeological survey of Hirui (]J1052[)tsuka Tumulus, Gifu pref. Japan

    1998

     More details

  • 滋賀県雪野山古墳における考古学的調査

    1989
    -
    1992

     More details

  • Archaeological survey of Yukinoyama Tumulus, Siga pref. Japan.

    1989
    -
    1992

     More details

  • 京都府鳥居前古墳における考古学的調査

    1986
    -
    1988

     More details

  • Archaeological survey of Toriimae-Tumulus, Kyoto pref. Japan.

    1986
    -
    1988

     More details

▼display all

Awards

  • 第5回女性史学賞

    2011  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 第21回高知県出版学術賞

    2011  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 村尾育英会学術賞

    2003  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

Research Projects

  • Interdisciplinary research on the structure of monumental royal-class mounded tombs

    Grant number:20H05634  2020.08 - 2025.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (S)  Grant-in-Aid for Scientific Research (S)

    清家 章, 鈴木 茂之, 山口 雄治, 居島 薫, 白木 一郎, 鳥養 映子, 光本 順, 野崎 貴博, 永嶺 謙忠, 福永 伸哉, 吉村 浩司, 南 健太郎, 三宅 康博, 野坂 俊夫, 木村 理

      More details

    Grant amount:\195650000 ( Direct expense: \150500000 、 Indirect expense:\45150000 )

    researchmap

  • ミュオンラジオグラフィを用いた巨大古墳調査法の開発にかかる研究

    Grant number:20H00027  2020.04 - 2025.03

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    清家 章, 鈴木 茂之, 居島 薫, 白木 一郎, 光本 順, 永嶺 謙忠, 福永 伸哉, 吉村 浩司, 南 健太郎, 三宅 康博

      More details

    Grant amount:\45370000 ( Direct expense: \34900000 、 Indirect expense:\10470000 )

    researchmap

  • 考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明

    Grant number:18H05509  2018.06 - 2023.03

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    藤尾 慎一郎, 浜田 竜彦, 山田 康弘, 清家 章, 木下 尚子

      More details

    Grant amount:\53040000 ( Direct expense: \40800000 、 Indirect expense:\12240000 )

    数値年代に基づいたDNAを用いて先史時代の社会や文化を復元するために、縄文時代人骨5点、弥生時代人骨2点、古墳時代人骨16点、貝塚後期時代人骨13点の炭素14年代測定と炭素・窒素同位体比分析を行った。また、貝塚後期時代の土器型式に数値年代を与えるために、貝殻集積の貝殻21点の炭素14年代を測定した。以下、時代ごとに記述する。
    ① 縄文時代は九州南部最古の中期の人骨とされてきた鹿児島県出水貝塚の人骨の年代を測定したところ後期に属することがわかった。
    ②弥生時代は特筆すべき成果が2点ある。まず紀元前9世紀の支石墓に葬られていた熟年女性の調査を行ったところ、典型的な縄文のDNAを持っていることがわかった。これは、在来の人びとが朝鮮半島の墓制である支石墓を採用したことを意味する。支石墓に葬られていた人びとについては長年論争があったが、確実に縄文人が採用していたことを示す証拠の一つとなった。次に紀元前6世紀に水田稲作が始まる、東海地方最古の遺跡から出土した人骨を調査したところ、紀元前6世紀の渡来系弥生人であることがわかった。これはこの地で初めて水田稲作を始めた人の中に渡来系弥生人が含まれていたことを意味する。類例の増加が必要である。
    ③古墳時代の6世紀の九州南部には地下式横穴墓という独特の墓制があり、どういう人たちが葬られていたのか論争があった。とくに宮﨑平野部には渡来系の人びとの遺伝子をもつ人びとが葬られていたことはわかっていたが、えびの市などの内陸部については在来系の人びとなのかどうか、問題になっていた。今回の調査で縄文以来の遺伝子をもつ人びとが葬られていたことが明らかになった。
    ④ 沖縄の貝殻集積が紀元前6世紀ごろの弥生前期中ごろ併行から造られ始めることを確認し、貝交易の開始年代をおさえることができた。これは消費地である九州北部で南海産貝輪が現れる時期と一致している。

    researchmap

  • Comparative archaeological research on military organization during state formation

    Grant number:18F18003  2018.04 - 2020.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for JSPS Fellows  Grant-in-Aid for JSPS Fellows

    清家 章, RYAN JOSEPH

      More details

    Grant amount:\1500000 ( Direct expense: \1500000 )

    古墳時代における武器の生産と流通の実態を明らかにし、政治権力との関係性を解明するため、古墳及び集落出土刀剣及び鉄鏃を対象に、法量や形態に着目し、系統差の抽出と意義付けを行うと共に、生産・供給体制の実態の明確化を図った。鉄本体の型式学的検討や厚みの分析と合わせて、有機質製装具・矢柄の形態的特徴や製作技術を分析することにより、多元的な在地生産品と一元的な広域流通品を抽出でき、武器の生産と流通の重層的な様子を明らかにできた。また、上述した実物資料に即した成果を踏まえ、これらの刀剣や鉄鏃などの武器の流通体制や保有形態の在り方を明らかにするため、吉備および北部九州をケーススタディーとして設定した上で、古墳築造動向を精査し、どういった武器がどういった古墳に副葬されるかを検討した。その結果、集落や在地有力者の間に流通するものと、畿内勢力と深い関係を有する上位有力者にのみ保有されるものを抽出し、弥生時代以来継続する在地生産・流通体制及び、地域有力者に供給される上位の生産・流通体制の二重構造の存在を指摘した。さらに、地域の大型前方後円墳の副葬品には、両者の製品が混在することが明らかとなり、これらの被葬者を在地社会とヤマト政権を繋ぐ中間エリートとして位置づけた。さらに、上述した成果を踏まえ、世界各地の事例との比較を通じて、日本列島の国家形成過程の特質を明らかにし、人類史の中に位置付ける作業を行った。インカ帝国や前漢帝国を含めた比較を踏まえ、広範囲な地域を支配下に置く政治勢力は、金属器や金属の原材料の地域への流通が階層構造に埋め込まれている戦略や、配布品と在地生産品の二重構造などといった点が共通しているが、その実行には在地社会と中央勢力を繋ぐ地域有力者の存在が不可欠であった。以上の研究により、ヤマト政権による地域支配方式の実態がより明瞭となり、世界の考古学的議論への実証的還元も可能となった。

    researchmap

  • A study on the politoical relation between Yamato Goverment and villages of fishermen

    Grant number:16H03506  2016.04 - 2020.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    SEIKE AKIRA

      More details

    Grant amount:\12870000 ( Direct expense: \9900000 、 Indirect expense:\2970000 )

    We have researched mounded tombs and cemeteries in the Kofun period, which were located near the seashore, especially the Isoma-iwakage Site in Tnanabe City, Wakayama. It is a cemetery from the late 5th century to the 7th century. A lot of human remains and funeral goods were unearthed. Archaeological and anthropological teams anlayzed them together. We are going to publish the report in 2020.
    We also researcehd other sites near the seashore and made it clear that some of them had a relationship with the Yamato Government. That is why they could make mounded tombs.

    researchmap

  • An archeological and anthropological study of the graves around seashore in the Kofun period

    Grant number:25370888  2013.04 - 2016.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Seike Akira, YONEDA Minoru, ABE Mikiko, Sugii Ken, Suzuki Kazunao, Kikuti Yoshio

      More details

    Grant amount:\4940000 ( Direct expense: \3800000 、 Indirect expense:\1140000 )

    We studied and analyzed Isomaiwakage Site.It became clear that people buried in Isomaiwakage Site were fishermen by the isotopic analysis and funeral goods. And it also became clear that some people in some coffins were not relatives each other.I pointed out that a few families which were not relatives each other gathered and made a new settlememt.Some decorative accessories for swords, made of deer antler, found in Isomaiwakage Site are famous. We thought that they were presented by the Yamato polity. So, we conclude that this settlement was made under the help of the Yamato Administration.

    researchmap

  • A study of the correlation between Setouti area and the south area of Shikoku Island in the late Kofun period-An analysis of the passage graves-

    Grant number:22520768  2010 - 2012

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    SEIKE Akira

      More details

    Grant amount:\4550000 ( Direct expense: \3500000 、 Indirect expense:\1050000 )

    I have studied the correlation between the Setouti area and the south area of Shikoku Island in the late Kofun period by the analysis of the passage graves. I excavated Myouken no.1 tumulus in Kochi pref. and made surveys of other three tumuli in Kochi and made reports of them.Many elemtens of passage graves were not brought to the south area of Sikoku Island at the same time. A passage grave was introduced for the first time in the early 6thcentury. Then the infomation of a passage grave had been brought from the Setouchi area three times.

    researchmap

  • The Pacific Route in the Yayoi and Kofun Periods- the cultural exchanges and the regional relations

    Grant number:18320128  2006 - 2009

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    SEIKE Akira, FUKUNAGA Sin'ya, SUGII Ken, KIKUTI Yosio, HASHIMOTO Tatuya, TERAMAE Naoto

      More details

    Grant amount:\16710000 ( Direct expense: \14100000 、 Indirect expense:\2610000 )

    The Setonaikai-Sea was the main route of the cultural exchanges in the west area of Japan from Yayoi Period to Kofun Period. The Pacifc Route had been the sub-route. But it played the important role of the cultural exchanges occasionally, for example in the initial and the final stage of Yayoi Period and in the final stage of Kofun Period. And it was one of the important routes in the east area of Japan.

    researchmap

  • Study on the tumulus in Kochi

    2003

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 高知の古墳

    2003

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 弥生時代の親族構造と女性の地位に関する人類学・考古学的研究

    Grant number:14780092  2002 - 2004

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    清家 章

      More details

    Grant amount:\2300000 ( Direct expense: \2300000 )

    縄文時代から古墳時代を通じて、女性の地位がどのように変化するかを墳墓と遺存人骨から調査した。その結果、全時代を通じて女性家長が存在し双系的親族構造の中で女性はヘッドウーマンの地位を保持していることが明らかとなった。しかし、首長層における女性の地位と権能は複雑であることが明らかとなっている。弥生時代中期と古墳時代中期以降は女性首長の存在が認められず、その間に存在する弥生時代終末期〜古墳時代前期には女性首長の存在が一般的に認められる。つまり、首長層においては首長権を行使するこどに対し、女性の活動が活発的な時期とそうでない時期があるのである。その原因は性別分業と大きな関わりがあると考えられる。特に戦争との関わりが重視される。女性には戦争に関わる権能がない、あるいは積極的には認められていなかったため、戦争あるいは軍事的緊張が高まる時期、もしくは政権の軍事化が行われる時期には女性は首長になり得なかったのではないかと考えられた。また古墳時代中期以降に臨時的な場合を除いて、女帝・女性首長は存在しないので、これ以降女性首長が登場することはなかった。
    また、古墳時代中期以降は一般層においても父系的編成が行われたと考えられる墳墓群が認めあられた。政権が軍事化するに伴い、首長は男性に限定され、下位層に対しても軍事的な理由から父系的な編成が行われたと考えられるが、それは貫徹せず、双系的基盤は後世に受け継がれた。

    researchmap

  • 弥生〜古墳時代における親族構造の考古学・人類学的研究

    Grant number:11710213  1999 - 2000

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    清家 章

      More details

    Grant amount:\2400000 ( Direct expense: \2400000 )

    今年度は、古墳時代後期の人骨資料を収集し、整理・計測を行った。資料は、箱形石棺直葬資料が中心であり、横穴式石室出土の良好な人骨が少なかったが、以下のような結論を得た。
    近畿では、古墳時代後期においても同一墳墓には血縁を有する人物が埋葬され、婚入者などの非血縁者は埋葬が行われない。女性被葬者が造墓契機となる場合も少数ではあるが認められる。男性初葬者と女性初葬者の割合も求めたところ6.5:3.5の割合である。初葬者を「家長」とする事が許されるのであれば、男性家長と女性家長がそれぞれの血縁者と葬られていると解釈ができる。女性家長よりも男性家長の方が多いので、総体的には男系優勢の双系的埋葬原理を復元することが可能である。以上のことを先行研究と比較すると、埋葬原理には近畿と九州で地域差が認めらることになる。なおかつ近畿の中でも父系的な埋葬原理を持つ渡来系氏族が存在することが知られているので、同じ近畿の中でも、在来氏族と渡来系氏族とでは埋葬原理に系統差が存在する可能性が考えられる。

    researchmap

  • 畿内における弥生〜古墳時代の親族構造の考古学・人類学的考察

    Grant number:10904049  1998

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(B)  奨励研究(B)

    清家 章

      More details

    Grant amount:\260000 ( Direct expense: \260000 )

    researchmap

  • 弥生~古墳時代における親族構成の研究

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 古墳時代女性首長の研究

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 古墳時代人骨の地域性の研究

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • Study on the ancient Family in Japan

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • Woman Chiefs of Kofun-Period

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▼display all

 

Class subject in charge

  • Topics in Humanities (2021academic year) 1st semester  - 火3

  • Introduction to Archaeology 2 (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 月3~4

  • Basic Seminar 1(Division of Human Socio-Culture) (2021academic year) Prophase  - その他

  • Seminar in Japanese History (2021academic year) special  - その他

  • Seminar in Archaeology (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 木5~7

  • Seminar in Archaeology (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 木5~7

  • Seminar in Archaeology (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 木1~2

  • Seminar in Comparative Archaeology (2021academic year) Prophase  - 火1

  • Archaeological Method 2 (2021academic year) Late  - 水2

  • A study of the Kinship organaization in Kofun period (2021academic year) special  - その他

  • The Seminar of the ancient kinship organization in Japan (2021academic year) special  - その他

  • The Seminar of the ancient kinship organization in Japan (2021academic year) special  - その他

  • Research Seminar in Archaeology (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 火5~6

  • Research Seminar in Archaeology (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 火5~6

  • Research Seminar in Archaeology (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 火3~4

  • Cluster Essence (2020academic year) 1st semester  - 水4

  • Topics in Humanities (2020academic year) 1st semester  - 火4

  • Introductory Seminar in Humanities (2020academic year) Third semester  - 水2

  • Introduction to Archaeology 2a (2020academic year) 1st semester  - 月5,月6

  • Introduction to Archaeology 2b (2020academic year) Second semester  - 月5,月6

  • Lecture on Archaeology a (2020academic year) Third semester  - 木3,木4

  • Lecture on Archaeology b (2020academic year) Fourth semester  - 木3,木4

  • Practicum in Museum Studies for Humanities c (2020academic year) 3rd and 4th semester  - 水3,水4

  • Basic Seminar 1(Division of Human Socio-Culture) (2020academic year) Prophase  - その他

  • Basic Seminar 2(Division of Human Socio-Culture) (2020academic year) Late  - その他

  • Seminar in Japanese History (2020academic year) 1-3 semesters  - その他

  • Seminar in Archaeology a (2020academic year) 1st semester  - 木5,木6,木7

  • Seminar in Archaeology a (2020academic year) Third semester  - 木5,木6,木7

  • Seminar in Archaeology b (2020academic year) Second semester  - 木5,木6,木7

  • Seminar in Archaeology b (2020academic year) Fourth semester  - 木5,木6,木7

  • Introduction to Japanese Archaeology 1 (2020academic year) 1st semester  - 月3,月4

  • Archaeological Method 1 (2020academic year) Prophase  - 水2

  • General Study of Archaeology 2 (2020academic year) 1st and 2nd semester  - 月5,月6

  • Special Topics in Archaeology 1 (2020academic year) Late  - 火4

  • A study of the Kinship organaization in Kofun period (2020academic year) Prophase  - その他

  • The Seminar of the ancient kinship organization in Japan (2020academic year) special  - その他

  • The Seminar of the ancient kinship organization in Japan (2020academic year) Prophase  - その他

  • Research Seminar in Archaeology (2020academic year) 1st semester  - 火5,火6

  • Research Seminar in Archaeology (2020academic year) Fourth semester  - 火5,火6

  • Research Seminar in Archaeology (2020academic year) Fourth semester  - 火3,火4

  • Research Seminar in Archaeology (2020academic year) Third semester  - 火5,火6

  • Research Seminar in Archaeology (2020academic year) Third semester  - 火3,火4

  • Research Seminar in Archaeology (2020academic year) Second semester  - 火5,火6

▼display all