2021/12/26 更新

写真a

アオキ タズコ
青木 多寿子
AOKI Tazuko
所属
教育学域 教授
職名
教授
プロフィール
人の健やかな成長と発達に関わる心理学的要因に関心を持っている。研究対象としては、小学生から大学生を対象に研究を行っている。特に、変化の大きい小学校高学年から中学生、将来を見越した進路決定が必要になる高校生から大学の心理的成長に興味関心を持っている。
現在の関心の中心は、品格教育(character education)において、character strengths が人の健やかな成長に及ぼす影響についてである。その他にも、健やかな成長に関わりそうな、教師の指導法や、自分らしさを見つける進路面談の方法、健やかに成長する児童生徒の心理的特徴を掴む研究を行っている。
外部リンク

学位

  • 博士(心理学) ( 広島大学 )

  • (BLANK) ( Hiroshima University )

  • 教育学修士 ( 九州大学 )

研究キーワード

  • Cognitive Development

  • 発達心理学

  • 学校心理学

  • Edducational Psychology

  • 教育心理学

  • School Psychology

研究分野

  • 人文・社会 / 社会心理学

学歴

  • 九州大学   Graduate School, Division of Education   Edducational Psychology

    - 1989年

      詳細を見る

  • 九州大学    

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 九州大学    

    - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 九州大学   Graduate School, Division of Education   Edducational Psychology

    - 1986年

      詳細を見る

  • 九州大学   School of Education  

    - 1984年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 九州大学   Faculty of Education  

    - 1984年

      詳細を見る

▼全件表示

経歴

  • 岡山大学   大学院教育学研究科   教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 広島大学   大学院教育学研究科   教授

    2011年10月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 広島大学   大学院教育学研究科   准教授

    2007年4月 - 2011年10月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Education

    1998年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Education

    1995年10月 - 1998年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

    1990年4月 - 1992年3月

  • 九州大学   教育学部   助手

    1989年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

  • 九州大学   教育学部   助手

    1989年4月 - 1990年3月

▼全件表示

所属学協会

  • 日本カウンセリング学会

  • キャリア教育学会

  • 日本学校心理学会

  • 日本心理学会

      詳細を見る

  • 日本教育心理学会

      詳細を見る

  • 日本カウンセリング学会

      詳細を見る

  • キャリア教育学会

      詳細を見る

  • 日本発達心理学会

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • 品格教育とは何か:心理学を中心とした理論と実践の紹介

    青木 多寿子

    発達心理学研究   25 ( 4 )   432 - 442   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本発達心理学会  

    本研究の目的は,米国で実施されている品格教育について,その考え方や具体例を示し,品格教育の理論と実際を心理学の用語を含めて紹介することである。そこでまず,品格教育の概要を理解するため,品格教育が目指す姿を紹介し,その中でCharacterという言葉,品格教育が重視する徳について解説した。また全米で品格教育を推進するCEPの11の原理を紹介し,品格教育が目指す教育について解説した。次に,筆者が視察した3つのセンターとその特徴を記述する中で,品格教育が実際にどのように理解され,実践されているのかを具体的に示した。最後に,ポジティブ心理学や教育心理学との関係について紹介し,日本の道徳教育との相違点を述べて,実践としての品格教育の特徴を心理学の用語を用いてまとめた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 高校の進路面談で必要とされる教師の指導力 : PAC(個人別態度構造)分析による進学校のベテラン教師と初任者の比較

    森本 篤, 青木 多寿子

    キャリア教育研究 = The Japanese journal of career education   32 ( 1 )   15 - 20   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本キャリア教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童生徒の品格とWell-beingの関連――よい行為の習慣からの検討――

    井邑 智哉, 青木 多寿子, 高橋 智子, 野中 陽一郎, 山田 剛史

    心理学研究   84 ( 3 )   247 - 255   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    Character education in the US aims to establish good habits corresponding to good character. The purpose of this study was to determine the structure of character strengths and the relations among these strengths and well-being in Japanese children and youth. Peterson and Seligman (2004) developed a classification of character strengths called VIA-IS. We thought, however, that VIA-IS had too many items to use with school children. We selected 15 categories and developed a questionnaire for Japanese children and youth. Fourth to eighth grade students (<i>N</i> = 1,351) answered questionnaires in Study 1. We found four categories of character strengths, each of which consisted of 25 items: perseverance-honesty, courage-ideas, compassion-gratitude, and fairness-care. These categories were very similar to previous research findings which simplified the categories. In Study 2, we found a positive relationship among four categories of character strengths and well-being, which we called the hope scale, life satisfaction scale, subjective happiness scale, and social support scale. We discussed what additional research was needed for establishing good habits using our categories with children and youth in schools.

    DOI: 10.4992/jjpsy.84.247

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童の自己理解を促す心理教育に基づくキャリア教育のクロス・カリキュラム開発と検証-広域支援体制を活用した複数校での実践を通して-

    伊住 継行, 石井 志昂, 高山 瑞己, 上山 達稔, 髙橋 良一, 岡本 晃典, 青木 多寿子

    教育実践学論集   ( 22 )   1 - 13   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 大学進学時の進路選択における親の関与と進学後の自立および適応との関連

    奥村 弥生, 森田 愛望, 青木 多寿子

    心理学研究   90 ( 4 )   419 - 425   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    <p>This study aimed to examine the relationship between parents' involvement in adolescents' career decision making and its effect on the independence and adaptability of university students. Questionnaires were completed by 180 university students. The results revealed that parents' involvement was positively related to the dependency and obedience of adolescents, and that decision-making ability was negatively related to obedience. Parents'involvement also decreased decision-responsibility, although it increased decision-making ability. In addition, parents' involvement was related to students' satisfaction with university life. First, decision-making ability was positively related to satisfaction with university life. Second, when decision-making ability was high, parents'involvement was not related to satisfaction, while the contrary was also true. When career decision making was difficult, parents' involvement may have supported better career decision making. In conclusion, it is better that parents are not too involved and encourage decision-making; however, if this is difficult, giving support is better than leaving them alone.</p>

    DOI: 10.4992/jjpsy.90.17343

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 聴覚障害児教育における道徳教育への展望 : 海外における研究・実践との比較検討から

    川合 紀宗, 岡崎 里香, 青木 多寿子

    ろう教育科学   56 ( 1 )   1 - 18   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ろう教育科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 話し合いに「引用」を導入した授業の特徴 : 小学4年生の談話分析を通して

    佐々原 正樹, 青木 多寿子

    日本教育工学会論文誌   35 ( 4 )   331 - 343   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育工学会  

    本研究の目的は,話し合いに「引用」を導入した授業の特徴を明らかにすることであった.そのために,小学4年生の国語科授業場面(文学作品の読み)における談話分析を行った.その結果,次のことが示された.第1に,「引用」を用いることで,児童の発言に「繋がり」が生まれた.具体的には,発言の「結び付き」が形成され,連続した発言の流れが生まれたこと,お互いの発言に言及し,共通点や差異が明確化されたこと,である.第2に,ことばとことばが繋がるだけでなく,児童相互に互恵的関わりが生まれた.

    CiNii Article

    researchmap

  • Character strengths and the relationship with well-being for children and students in Japan

    Tazuko Aoki, Hiroshi Miyazaki, Yoshimasa Hashigaya, Tsuyoshi Yamada

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   43 ( 3-4 )   304 - 304   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PSYCHOLOGY PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • 〔日本道徳教育学会〕第五十七回(平成13年度春季)大会特別報告 アメリカの小学校における道徳教育の現状 (特集 21世紀の総合的な学習と道徳教育)

    青木 多寿子

    道徳と教育   46 ( 3 )   58 - 78   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本道徳教育学会事務局  

    CiNii Article

    researchmap

  • 青年における身近な他者への役割期待の違いと性差

    青木 多寿子

    心理学研究   64 ( 2 )   140 - 146   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    Everyday discourse patterns of adolescents were examined to clarify differences in their implicit expectations for various other people. Subjects were asked to complete 50 questionnaires on self-disclosing behaviors (Study 1) and which person in whom they would talk (Study 2) in everyday life. In both studies importance about each question is also scored by seven point scale. Total prefered percentage was calculated about each selected person. The results were as follows: same-sex friends were most frequently chosen as the person, to talk to while parents were selected for more important matters. Males comparatively tended to choose their father, while females their mother, to talk important matters with. Males had a tendency to talk about only important matters, while females tended to ignore importance. Males had a tendency to talk with girl friends about things they told no one else, while females tended to share with same-sex friends the same information as with boy friends. Gender differences in implicit role expectations for various others were discussed.

    CiNii Article

    researchmap

  • 重さ判断課題の誤りに及ぼす知識の影響とその発達差

    青木 多寿子

    心理学研究   63 ( 3 )   188 - 195   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術雑誌目次速報データベース由来  

    This study aims to examine developmental knowledge related to misconception about weight. Subjects from 5th to 7th graders were asked to reason about justifiable phenomena which never occur in science. After that, before judging weight addition tasks, subjects engaged in some knowledge-generating-tasks to examine which knowledge-generating-tasks relate to misconception. The main results were as follows: (1) Most subjects did not realize untruth about justifiable phenomena, (2) the knowledge which related to misconception were muscular-kinetic-feeling and balance-feeling about weight, and (3) awareness to knowledge-generating-tasks changed with age; 5th graders found the relation about every kind of knowledge-task on chance level responding and 6th and 7th graders found the relation with some justificable knowledge. Additionally, some 7th graders were not deluded by any knowledge-generating-tasks. These results suggested misconception about weight might relate to inference from some kinds of everyday-knowledge without realizing the inconsistency with science to them. The developmental change of awareness to knowledge-generating-tasks were discussed in terms of coordination subjects&#039; own theory and their use of knowledge.

    CiNii Article

    researchmap

  • THE RELATION BETWEEN 2 KINDS OF U-SHAPED GROWTH-CURVES - BALANCE-SCALE AND WEIGHT-ADDITION TASKS

    T AOKI

    JOURNAL OF GENERAL PSYCHOLOGY   118 ( 3 )   251 - 261   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HELDREF PUBLICATIONS  

    Web of Science

    researchmap

  • 小学校5,6年生における重さの加法性判断の発達差と性差

    青木 多寿子

    心理学研究   61 ( 6 )   363 - 369   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術雑誌目次速報データベース由来  

    The purpose of the present study is to examined developmental changes and sex differences in judging weights. Experimental groups were engaged in weights addition tasks and then given correct answers (correctional feedback). Four to six months later, both experimental and control groups were subjected to the same tasks. The individual range of reaction time in 6th graders is much wider than that in 5th graders and that the presentation of correctional feedback is more effective in 6th graders. These results suggest that 6th graders make more efforts in judging weights addition with logical and overall criteria. Both 6th male and 5th female students judge weight with more consistent confidence than both 5th male and 6th female students. These results suggest that male students come to judge weight with consistent confidence with age while female students do not, and that the social desirability, that is, &amp;ldquo;male will always hold their own opinion&amp;rdquo; seems to affect judging process.

    CiNii Article

    researchmap

  • 重さの加法性判断における課題遂行量の発達的変化および体積の保存との関係

    青木 多寿子

    教育心理学研究   37 ( 4 )   359 - 364   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Association of Educational Psychology  

    In a task of judging addition of weights, a U-shaped growth curve was observed (Piage, 1973 ; Aoki, 1988). Aoki also showed that the performance of them went down in 6 th grade according to judgment and explanation corresponding to criteria. Concerning this curve, Piaget(1973)claimed that this phenomenon was related to the conservation of volume though without empirically proving it. The purpose of this study was to re-examine the U-shaped curve in this task with another corresponding criteria (only judgment criteria), and to clarify the relation between the phenomenon of these weights&#039; tasks and conservation of volume. From second graders to college students, 267 subjects participoted in this experiment with a given problem paper. The results proved that the U-shaped curve could be found again, though sex differences were not observed ; and it was found that the relation between conservation of volume and the weights&#039; tasks was observed. It was also confirmed that the achievement of conservation of volume did not always explain every phenomenon concerning this curve.

    CiNii Article

    researchmap

  • 重さの加法性判断の発達

    青木 多寿子

    心理学研究   60 ( 2 )   83 - 89   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術雑誌目次速報データベース由来  

    As weight is invisible, some judgmental criteria are needed in judging weight. An experiment was carried out using the second, forth, sixth, eighth graders and college students to reveal (1) what weights positions make subjects more errors in judgment of weights addition and (2) what relationships will be found between the judgments and judgmental criteria. Subjects were engaged in the tasks to judge weights addition in two conditions, height of weights and relative positions, and were asked the judgmental criteria in two situations, visual exteroceptive and realistic proprioceptive situations. Results showed clearly the developmental changes. The fourth graders dominatly produced errors in height of weights conditions and tended to depend on the criteria in realistic situations. In the contrast to this, the eighth graders committed errors in relative differences of weights positions and depended on the criteria in visual situations as well as realistic ones. Sex differences were also observed in terms of criteria. No relations between the judgments and judgmental criteria was found in girls&#039; judgments of weights additions.

    CiNii Article

    researchmap

  • 重さの加法性判断課題における判断の質的変化及び性差に関する発達的研究

    青木 多寿子

    教育心理学研究   36 ( 4 )   327 - 332   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Association of Educational Psychology  

    This study aimed at clarifying differences in judging processes at grade levels in judgement of weights addition. Six to thirteen year-old children (total 222) were subjected to the task, and the 6- and 12-year-old children&#039;s performance were seen to go down. The error styles of each grade levels were examined and those grades were divided into two groups: high performing group (9-, 11-, 13-year-olds) and low performing group: 6-, 8-, 12-year-olds. The effects of correctional feedback were investigated in the latter one. The results showed: the 6-year-olds showed neither consistent errors, nor the effects of feedback, however among the 8-year-olds, the effects of feedback were observed in the experimental (feedback) group only, whereas the 12-year-olds presented the same error tendency as the 8-year-olds did and their performance went up in the control (non-feedback) as well as in the experimental group. Sex differences were observed on both performance and effects of feedback. From these results it was concluded that a poor performance does not necessarily correspond to a poor cognitive ability.

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • もう一つの教育―よい行為の習慣をつくる品格教育の提案

    青木 多寿子( 担当: 編集)

    ナカニシヤ出版  2011年10月  ( ISBN:4779505534

     詳細を見る

    総ページ数:73  

    ASIN

    researchmap

  • 教師になる人のための学校教育心理学

    越, 良子( 担当: 共著 ,  範囲: 認知の発達)

    ナカニシヤ出版  2021年10月  ( ISBN:9784779514890

     詳細を見る

    総ページ数:v, 223p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • よくわかる学校教育心理学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

    森 敏昭, 淵上 克義, 青木 多寿子( 担当: 共編者(共編著者))

    ミネルヴァ書房  2010年4月  ( ISBN:4623056422

     詳細を見る

    総ページ数:258  

    ASIN

    researchmap

  • よくわかる生徒指導・キャリア教育

    小泉令三( 担当: 共著 ,  範囲: 「居場所づくり」「心理教育プログラムの活用」「ロール・プレイの活用」)

    2010年4月 

     詳細を見る

  • 児童心理学 (心理学のポイント・シリーズ)

    青木 多寿子, 戸田 まり( 担当: 共著)

    学文社  2009年11月  ( ISBN:4762018856

     詳細を見る

    総ページ数:141  

    ASIN

    researchmap

  • 認知発達の心理学―U字型発達曲線の解釈に見る青年前期の認知特性

    青木 多寿子( 担当: 単著)

    九州大学出版会  2002年3月  ( ISBN:4873787165

     詳細を見る

    総ページ数:122  

    ASIN

    researchmap

  • 認知心理学者 新しい学びを語る

    ( 範囲: 個性化・個別化時代を生き抜く知の支援)

    北大路書房  2002年 

     詳細を見る

  • 『特別活動と総合学習の心理学』「表現力を育てる」

    ナカニシヤ出版  1999年 

     詳細を見る

  • 『認知心理学から見た授業課程の理解』「理解の授業課程の理解」

    北大路書房  1999年 

     詳細を見る

  • 『心理学辞典』

    有斐閣  1999年 

     詳細を見る

  • 『認知心理学から理科学習への提言』「体験・活動型授業としてみた3つの実践」

    北大路書房  1998年 

     詳細を見る

  • 児童心理学(共著)

    放送大学教育振興会  1998年 

     詳細を見る

  • ことばの科学―単語の形成と機能 (SAライブラリー)

    無藤 隆, 柏崎 秀子, 青木 多寿子( 担当: 共訳)

    東京化学同人  1997年6月  ( ISBN:4807910868

     詳細を見る

    総ページ数:286  

    ASIN

    researchmap

  • 『コンピュ-タがひらく豊な教育-情報化時代の教育環境と教師』「コンピュ-タで学ぶシミュレ-ション、アニメ-ション」「コンピュ-タで表現する-描画、ワ-プロ、ハイパ-カ-ド」「マルチメディアの教育」

    北大路書房  1996年 

     詳細を見る

  • 重さの誤判断に及ぼす知識の影響とその発達差

    心理学研究  1992年 

     詳細を見る

  • 『発達心理学 上』「発達の諸問題」

    ナカニシヤ出版  1989年 

     詳細を見る

  • 重さの加法性判断課題における判断の質的変化及び性差に関する発達的研究

    教育心理学研究  1988年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 小学校における児童のいざこざの分類と教師の介入解決方略としてのミディエーションの有効性

    青木 多寿子, 山﨑 彩加, 奥村 弥生, 三宅 幹子, 木村 正信

    岡山大学教師教育開発センター紀要   ( 9 )   33 - 46   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学教師教育開発センター  

    子どものいざこざは一般的には起こらないほうがよいと考えられている。他方で,子どもの社会性の発達を促すポジティブな面も指摘されている。本研究では小学校におけるいざこざの実態を調べ,有効な教師の介入解決方略を明らかにすることを目的とした。研究1では,教育実習を終えた大学生126名に質問紙調査を実施し,いざこざの内容を分類した結果,7種が見出された。研究2では,小学校の学級担任93名に,7種のいざこざ場面のシナリオを提示し,どのような介入解決方略をとるか尋ねた結果,ミディエーション(双方の子どもから話を聴き,子どもから解決策を引き出す方略)が,7つのうち5つの場面で最も多くとられていた。研究3では,経験豊富な管理職39名に,より解決が難しい3場面での介入解決方略について尋ねたところ,全ての場面でミディエーションが最も多かった。以上の結果から,小学校における教師のミディエーションの有効性について論じた。

    DOI: 10.18926/CTED/56539

    CiNii Article

    researchmap

  • 生徒用ハンドブックに見るアメリカの生徒指導,生活指導

    青木 多寿子

    学校教育実践学研究   13   23 - 34   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • アメリカの小学校に見る品性徳目教育とその運用

    青木 多寿子

    岡山大学教育実践総合センター紀要   2   47 - 59   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学教育学部附属教育実践総合センター  

    本稿は、アメリカで近年取り組み始めた品性徳目教育について、著者の子どもたちをアメリカの小学校に通わせた体験、あるアメリカの小学校で実際に用いられている校内研修用資料、一般書店で販売されている教師用手引をもとに、品性徳目教育の内容と実際の学校での運用を具体的に紹介するものである。内容的には、アメリカの道徳教育の変遷、品性徳目教育と従来の道徳教育との比較や学校での実際の運用の仕方、クラス討論の仕方に関する資料を取り上げた。アメリカの学校で行われている品性徳目教育は、学校やクラスごとに定められたものではなく、学校区全体で定められ、幼稚園から高校まで共通となっている。小学校では、毎月一つずつ取り上げて討論し、道徳的思考力を高めるだけでなく、実際に行動できるように実行力を養うことに力が入れられている。係の仕事の評価、問題行動の更生のためにも品性徳目がベースとなっており、児童の問題行動について保護者とコミュニケーションを取る際にも役立っていた。未来の良き市民と育成することを目標に、親切でより温かみのある、責任感ある地域社会をつくるため、地域と学校が品性徳目を要として連携し、子どもを育んでいこうとする姿が窺えた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 中学校の 「職場体験」 を生かした複数教科横断的なキャリア教育の開発-教科学習と学校生活,社会生活のレリバンス構築を目指して-

    青木 多寿子, 杉田 進太朗, 山﨑 麻友

    岡山大学教師教育開発センター紀要   ( 11 )   195 - 209   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学教師教育開発センター  

    キャリア教育として中学校の職場体験活動はほぼすべての学校で実施されている。本稿はその事前指導,事後指導を通して,職場体験と学校で学ぶ教科,学校生活,社会生活を生徒にとって意味あるつながりの構築を目指して行った実践の紹介である。具体的には,教職免許を持つ 6 名の大学院生が,それぞれの専門性を生かして教科の専門性と働くことと生活がつながっていることを,中学校 2 年生の職場体験の事後指導Ⅰとしてポスターセッションで伝えた。事後指導 2 時間目では,生徒は働くことと生活と教科のつながりを可視化するマップを作成して意見交換をした。これらの活動の成果は,生徒が記入した授業の振り返りを分類することで確認した。その結果,授業実践者がねらったつながりに気づいたと思われる記述が多く見られた。中でも多かったのは,将来に備えて今後の勉学や努力したいという趣旨の回答であった。

    DOI: 10.18926/CTED/61574

    CiNii Article

    researchmap

  • 中国山東省における高校教師の進路指導方針について : PAC分析を用いた中日比較 (井上弥先生・樋口聡先生 退職記念特集号)

    青木 多寿子, 許 暁

    学習開発学研究   ( 13 )   135 - 140   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院人間社会科学研究科学習開発学領域  

    井上弥先生・樋口聡先生退職記念特集号

    DOI: 10.15027/50815

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00050815

  • 多分野・多国籍PBLを通した院生のチーム活動に対する意識変化 : 岡山大学教育学研究科の必修科目を事例として (井上弥先生・樋口聡先生 退職記念特集号)

    青木 多寿子, 山﨑 麻友, 韓 笑, 趙 徳慧

    学習開発学研究   ( 13 )   37 - 47   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院人間社会科学研究科学習開発学領域  

    井上弥先生・樋口聡先生退職記念特集号

    DOI: 10.15027/50805

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00050805

  • 大学進学後の自立および適応と親の関与・自己決定との関連 : 中学時代の部活選択を通して

    青木 多寿子, 奥村 弥生, 森田 愛望

    岡山大学教師教育開発センター紀要   ( 10 )   39 - 47   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学教師教育開発センター  

    本研究の目的は,中学時代の部活選択における親の関与と自己決定のあり方が,大学入学後の自立や適応にどう関連するかを明らかにすることである。大学生に質問紙調査を実施し,180 名からデータを得た(男性70 名,女性110 名)。分析の結果,中学部活選択における親の関与は,大学時の親への依存の高さ,精神的自立の一要素である判断責任性の低さと関連することが示された。また,大学生活満足度については自己決定と性別の交互作用が認められ,女性の場合に自己決定が高いと大学生活満足度が高いことが示された。以上の結果より,中学の部活選択が,時間を経た大学時における自立や適応に関連している可能性が示された。中学から大学にかけては,親子関係が変化していく心理的離乳の時期に当たり,その初期である中学時点において,親が関与しすぎず,親子関係の変化に対応していくことが,その後の大学時点での自立に重要である可能性が示唆された。

    DOI: 10.18926/CTED/58117

    CiNii Article

    researchmap

  • 効果的なチーム支援を引き出すカウンセラーの関わり方 : システムとして機能するチームをつくるために

    青木 多寿子, 中富 尚宏, 徳田 智代, 森本 篤

    岡山大学大学院教育学研究科研究集録   ( 170 )   41 - 50   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学大学院教育学研究科  

    人が生物学的な存在であると同時に社会的な存在であることを考えると,カウンセラーが個人を支援しようとする場合,個別の支援の他に、その個人を取り巻く様々な援助資源をうまく機能させて,チームで支援することも不可欠となる。では,効果的なチーム支援を行うために,カウンセラーはどのように関わればよいのだろうか。本稿では,カウンセラーがチーム支援を引き出した成功例として3つの実践を取り上げた。具体的には高等学校内での転入職員の支援,大学の学生相談での長期欠席者の支援,児童養護施設での児童の支援と,クライエントの援助資源が異なる3つである。しかし,そこでのカウンセラーのかかわり方には,ある共通点が見いだせた。本稿では,その共通点を箕口(2016)の「コミュニティ・アプローチを実践する心理援助の専門家の要件」に沿って考察した。最後に「協働」「どのようにサービスを提供するのか」という観点から考察した。

    DOI: 10.18926/bgeou/56529

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/56529

  • 過去の後悔に基づく後悔予期が自己肯定意識に及ぼす影響

    青木 多寿子, 上田 紋佳, 太田 陸

    学習開発学研究   ( 12 )   33 - 38   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    本論文は第三著者が2013年度に広島大学教育学部に提出した卒業論文の成果を含む。

    DOI: 10.15027/48289

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00048289

  • 実効性ある力を育む道徳教育の原理と実践

    伊住 継行, 青木 多寿子

    環太平洋大学研究紀要 = Bulletin of International Pacific University   ( 13 )   27 - 36   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:環太平洋大学  

    学習指導要領の改訂で実効性ある力を育む道徳教育が可能になった。実効性ある力を育む道徳教育では,主体的な判断や実践を重視する自己決定的な道徳教育が重視されていると考える。そこで本稿では,実効性ある力を育む道徳教育の原理と実践について明らかにするために,①実効性とは何か,②学習指導要領の変更点と実効性ある道徳教育の関連,③多様な教育実践の具体的な紹介,④従来の実践との違いを示した。特に,学習指導要領の変更点については,道徳性に統一されたこと,教育課程の基本がコンピテンシーベースに転換されたこと,各教科の目標に「人間性」が入り道徳科と関連付けやすくなったこと,指導の多様化が求められるようになったことを紹介した。The new Couse of Study emphasize the ability of real life situation. So it is possible to make the new principle and practice of developing moral education. We believe it is expected to develop them with students' moral competency with their self-determination. The purpose of this research is to clarify our hypothesis with four point of views. Those are , ①what is the principle and practice of developing moral competence, ②where we find them in the new Course of Study, ③how we make classes of new moral lessons, and ④what are differences between the new Course of Study and the previous one. We discussed about the differences between the new Course of Study and the previous one using these words; there were competency-based approach of education, new goal of every subject education, unification into morality, and recommendation of diversity of lesson methods.

    DOI: 10.24767/00000590

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 学級での援助要請を促す教師の工夫とは(2)学級担任の支援,学級風土との関連性の検討

    津田 真李, 青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 10 )   99 - 105   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The ability of help-seeking could be very important to adopt their school life for children and students. The purpose of this study is to examine how classroom teachers promote their students' ability about it. Twenty classroom teachers and their students, totally seven hundred and seven students from 5th graders to 8th graders participate in this research. First, teachers answered about their supports in classrooms according to three strategies, they were through cognitive change, through ability of help-seeking, intention for it and solidarity among their classroom. We discussed about the effectiveness of three strategies, developmental differences to use them and the effectiveness the solidarity of classroom. Additionally, we discussed classroom teacher should be key person to promote help-seeking ability of their children and students.

    DOI: 10.15027/42643

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00042643

  • 学級での援助要請を促す教師の工夫とは(2)学級担任の支援,学級風土との関連性の検討

    津田 真李, 青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 10 )   99 - 105   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The ability of help-seeking could be very important to adopt their school life for children and students. The purpose of this study is to examine how classroom teachers promote their students&#039; ability about it. Twenty classroom teachers and their students, totally seven hundred and seven students from 5th graders to 8th graders participate in this research. First, teachers answered about their supports in classrooms according to three strategies, they were through cognitive change, through ability of help-seeking, intention for it and solidarity among their classroom. We discussed about the effectiveness of three strategies, developmental differences to use them and the effectiveness the solidarity of classroom. Additionally, we discussed classroom teacher should be key person to promote help-seeking ability of their children and students.

    CiNii Article

    researchmap

  • 学習システム促進プロジェクト(第1年次報告) : 専門科学者との共同研究プロジェクト

    池野 範男, 青木 多寿子, 磯﨑 哲夫, 影山 和也, 草原 和博, 山元 隆春, 兼重 昇, 費 暁東

    広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書   ( 13 )   1 - 8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • 倫理領域における初学者と専門科学者の学びの相違について : スキーマとナラティブズの観点から (学習システム促進プロジェクト(第1年次報告) : 専門科学者との共同研究プロジェクト)

    吉岡 真梨子, 畠中 和生, 青木 多寿子

    学習システム研究   ( 2 )   11 - 21   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学習システム促進研究センター (RIDLS)  

    本研究では,価値領域における倫理の観点について,専門科学者の学びの過程(論文作成過程)と,大学院生による学びの過程(論文の読解過程)の相違について検討する。課題論文は,「生命圏倫理学の論点―倫理学の視点から―」(畠中和生,2005,2006)である。学習者の学びの過程を専門科学者の研究(学び)の過程に変換する方法として,学校教育現場で一般的に用いられるテキストを読んで理解したことを文章や図でまとめる方法を用いた。加えて,畠中氏に,直接インタビューに出向いて,論文についての理解を補った。その結果,内容の理解不足に関しては,スキーマの不足が要因として考えられたが,これは時間をかければ克服できることがわかった。しかしながら,この方法では専門科学者の隠れたメッセージは十分読み取れないこともわかった。倫理学の領域は,自然科学や工学の領域のように,具体的な例が存在するとは限らない。このため,スキーマだけでは伝わらないものは多いと考えられる。本研究では,スキーマだけでは示しにくいものも,ナラティブズ(語り)によって伝えられる可能性を示した。今後は,倫理学の領域で専門科学者の隠れたメッセージを読み取る学習方法を検討していく必要があるだろう。

    CiNii Article

    researchmap

  • 自己嫌悪感場面で喚起される自己変容の志向と自己形成 (森敏昭先生退職記念特集号 : 学習開発学の源流と展開)

    青木 多寿子, 武内 研人, 吉岡 真梨子

    学習開発学研究   ( 8 )   43 - 47   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    From research about self-development in adolescents, we found that feeling of self-disgust could be connected with the process of self- development (Mizuma, 2003). However, meta cognition could also affect feeling of self-development in self-disgust situations. Mizuma (2003) classified feelings of self-disgust into a number of categories. Matsumoto (2011) identified three categories about everyday meta-cognition. The purpose of this study was to examine the relations in the self-disgust and to determine the personal character are associated with the intention to change the negative self. Three hundred eighty seven students in a University were participated in this study. We found the acceptance of others was key element in this intention. Additionally we found self-control of mega cognition to be important. We discussed the character of individuals who have the intention to change the negative self comparing with those who do not.

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童生徒用品格尺度の信頼性と妥当性の検討

    井邑 智哉, 青木 多寿子

    精華女子短期大学研究紀要   ( 40 )   7 - 12   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:精華女子短期大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 学級での援助要請を促す教師の工夫とは : PAC分析を中心とした仮説生成的研究

    津田 真李, 青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 7 )   3 - 9   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The ability of help-seeking could be very important to make safe classroom climate and environment in school .The purpose of this study is to examine how classroom teachers promote their students&#039; ability of help-seeking in their classes. Six classroom teachers were interviewed. PAC analysis and KJ analysis were performed with them (two less experienced teachers and four enough experienced teachers). The results revealed: (a) all teachers try to promote help-seeking ability in their class, (b) enough experience teachers have various strategies not only direct supports but also indirect ones. (3) indirect supports of enough experienced teachers include to establish excellent classroom climate and environment. (4) social skill training is not always used so often. However all of them try to support every activities to promote help-seeking ability. We need more studies to prove with other researches if these strategies of classroom teachers are effective to students or not.

    CiNii Article

    researchmap

  • 米国で視察した品格教育(Character Education)の実際(3)セントルイスの場合

    青木 多寿子, 川合 紀宗, 山田 剛史, 宮崎 宏志, 新 茂之

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第一部, 学習開発関連領域   ( 62 )   9 - 18   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    The purpose of this paper is to report our site visits of the character education.facilities and schools in St. Louis, MO, USA. In St. Louis, there are two main facilities which lead character education locally and globally. They are CHARACTERplus and Center for Character & Citizenship, which have been helping schools to establish good characters in schools and students for a long time. The authors visited these facilities and five public schools which won the National School of Character Prize awarded by the Character Education Partnership. The authors also participated in three seminars of leadership academy. Based on our site visits, the following concepts about character education were found among these schools: school leaders were trying to provide good services that build sustainable relationships throughout cross-age groups, establish cooperative learning and authentic partnerships among students, and integrate all school elements into character education. These schools were trying to provide many learning opportunities for students to behave as good leaders in their schools and communities. It was thought that the school leaders' perseverance efforts to establish sustained and caring relationship with core virtues would be one of comprehensive school reform programs.

    DOI: 10.15027/35327

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00035327

  • 児童の生活体験・生活充実感と「生きる力」の関連について

    高橋 智子, 竹嶋 飛鳥, 青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 6 )   3 - 9   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The purpose of this study was to examine the relationship among everyday activities, &quot;the zest for living&quot; and well-being in elementary school pupils. We developed the everyday activities scale and the zest for living scale. A total of two hundred and thirty-five children completed three kinds of questionnaires which measure their everyday activities, the zest for living, and the sense of emotional well-being. The major findings were as follows: (1) It was found that the everyday activities consists of the following four factors. Factor 1 is interaction, Factor 2 is after school activities, Factor 3 is club activities, and Factor 4 is playing with friends. (2) It was found that the zest of living consists of five factors. (3) We found that the positive relationship between students&#039; everyday activities and the zest for living. (4) It was also found that their everyday activities and the zest for living was positively related with the sense of emotional well-being.

    CiNii Article

    researchmap

  • 進路面談における高校教師の指導力の違いと同僚との相談体験 : 初任,中堅,ベテラン教師のPAC(個人別態度構造)分析による比較

    森本 篤, 青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 6 )   37 - 46   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The purpose of this study was to examine the following points by comparing the attitude constructs in career counseling among high school teachers who have different teaching experience; (1) do more experienced teachers have more sophisticated guidance abilities than less experienced teachers ?; and (2) are there any relations between teaching lengths and counseling skills acquired through collaborating with colleagues ? PAC analysis performed with three teachers (less experienced teacher, A; middle experienced teacher, C; and more experienced teacher, F) indicated that A and C, with coping skills limited to the range of their own abilities, feel confident in the manageable issues, but, anxious in the unmanageable issues. On the other hand, F attaches more importance to human relations with her students, thinking together and checking unknown issues. This teacher feels confident in her flexible coping skills unlimited by the range of her abilities, not anxious in her interviews. The results revealed: (a) more experienced teachers do not necessarily have more sophisticated guidance abilities than less experienced teachers; and (b) high school teachers, despite their career teaching lengths, do not develop many counseling skills through collaborating with colleagues. Also identified were needs for further studies on how to be informed, and how to learn the good skills of other teachers&#039; for their career counseling each other.

    CiNii Article

    researchmap

  • 小学生を対象としたコンパクトな対立解消プログラムの効果 : 自己効力感と学校適応感の観点から

    青木 多寿子, 山﨑 彩加, 木村 正信, 三宅 幹子

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第一部, 学習開発関連領域   ( 62 )   1 - 7   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    The purpose of this study was to examine the effects of a class-wide conflict resolution program on fifth-grade students in a primary school, focusing on changes in selfefficacy and school adjustment. The conflict resolution program comprised five 45-minute sessions. We believed compact program is suitable for school education in Japan. The results showed that (1) the program enhanced participants&#039; self-efficacy, especially in those with lower initial levels of self-efficacy, and (2) the program improved only one factor of school adjustment, &quot;greeting.&quot; In addition, the hypothesis that the program&#039;s enhancement of self-efficacy would promote improvement in school adjustment was examined using regression analysis. we also found more factors of school adjustment were affected by selfefficacy at the post-test compared to the pre-test. These results shows hypothesis was partially supported. We discussed not only the effects of peer mediation program compact but further research would be needed to clarify the mechanisms underlying these effects.

    CiNii Article

    researchmap

  • 学校全体で取り組む品格教育の成果について : 2年目校と3年目校の直接的効果の比較

    青木 多寿子, 高橋 智子, 柴 英里

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第一部, 学習開発関連領域   ( 61 )   1 - 8   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    The purpose of this study is to clarify the direct effects of character education. We examined the difference between two groups; the second year schools and the third year schools. Participants were totally twenty five hundred and forty four children and students from the fifth grade to the eleventh grade on elementary schools and middle schools. They are having character education with the fixed same nine virtues. We used the recognition tests of nine virtues and sentences on the posters as direct measures in research one. We also examined the consciousness about the relation between the perspectives of the future and the nine virtues (research 2). Additionally we examined the relation between the consciousness about their ability to put the virtues into their action. We found the higher rates of recognition in third year schools than the first year schools. These results means that character education in whole schools approaches let the children and students recognize more the fixed nine virtues. However, we did not cleary find difference in research 2 and research 3 because of the instability on the results of middle school students. We discussed that we need to do researches more long spans to examine the character education.

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童生徒への質問紙作成に関する注意点 : しなやかさ尺度の評定カテゴリー数からの検討

    青木 多寿子, 井邑 智哉

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第一部, 学習開発関連領域   ( 61 )   9 - 14   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    We often use questionnaire, for example to identify the developmental changes, to estimate school programs and to develop assessments in children and youth et al. In the developmental research until preschoolers, we traditionally use some kinds of observation methods because participants cannot read questionnaires. However, we do not well what kind of scales are better for school children who have poor ability to read them. We need to discusses more what kinds of questionnaires are proper for school children. The purpose of this study was to find the proper category range about the scales of character strengths called Shinayakasa (Imura, Aoki and Nonaka, 2012). We compared four point scales and five point scales about it. Participants were nine hundred and fifty children from the fourth grade and the six grade in elementary schools and four hundred and one students from the eighth grade in middle schools in four point scale. And one hundred sixty seven children from the fourth grade to the six grade in elementary schools and two hundred fifty nine students from the eighth grade in middle schools in five point scale. We examined the differences in three standpoints; the structure of factor analysis, coefficient alpha in each factor and the effects to other three scales (life satisfaction, hope and social supports) by path analyses. As the results, we did not find the meaning differences with comparing them. We discussed the factors about proper questionnaires for school children.

    CiNii Article

    researchmap

  • 米国の中学校の必修科目「ウェルネスとキャリア」の視察 : ガイダンスの目標,社会科の目標との関係を中心に

    青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 5 )   35 - 45   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The purpose of this paper is to report the inspection about a required subject, &quot;Wellness and Career&quot; in 8th grade in Kansas City, Kansas, USA. They used the programs developed by National Career Development Guidelines in USA and Blueprint for Life/Work Designs in Canada. The programs consisted of some unique components. I analyzed them with some materials; the objectives of this subject, the student goal of guidance in this district and the goal of social study. I found some reason why the name of class in not &quot;Career&quot; but &quot;Wellness and Career&quot;. I suggested some points of views to establish flourish career education in Japan.

    CiNii Article

    researchmap

  • 米国で視察した品格教育(Character Education)の実際(2)

    青木 多寿子, 川合 紀宗, 山田 剛史

    学習開発学研究   ( 5 )   47 - 59   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The purpose of this paper is to report the inspection of schools inspections that focused on character education on the east coast of the USA, where make advanced efforts to promote character education. This time, we visited schools to learn more details about character education. We interviewed schools from five perspectives; 1) connection among elementary school, middle school, and high school, 2) the relationship between special education and character education, 3) the evaluations to develop the ability and the curriculums, 4) the visual devices to spread it to school and parents, and 5) the essentials of it. We visited five schools; one was a charter school, the other two were religious ones and other two schools were private schools without any religious affiliation. We found that there were various kinds of character education even on the east coast of the USA. We also found that every teachers and staffs devoted his/her efforts and every devices to spread character education. Additionally, we also found that the common similar ideas of teachers and staff members at the school we visited, that is, they strongly expect to let their students to be up stander to make better communities in the future. We discussed not only the essentials of character education but also the differences to adopt character education in to Japan&#039;s education system.

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童・生徒の向上心,目標志向性に及ぼす"あこがれ"の影響

    青木 多寿子, 中島 恭兵

    学習開発学研究   ( 4 )   67 - 73   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The purpose of this study was to identify the relation among admiration, ambitions and goal orientation. We hypothesized that admiration could make goal orientations better through ambitions in school children and students. Participants were one hundred ninety nine children and student. They were from 5th to 7th grade children and students. They were asked fifty three questions in five domains; admiration, goal orientation, three kinds of ambitions and envy. The envy was thought as a similar emotion to admiration, because they were the emotion about others who have comparatively higher ability. Multi regression analyses and single regression analyses were performed to find the relation between them. We found the relation among admiration, motivation and ambition. On the other hand, in lower admiration groups, we found envy was related with just performance goals. We also found developmental differences of relations between ambitions and goal orientations. We discussed how to use encouragement with ambitions and how to understand developmental difference of ambitions with children and students.

    CiNii Article

    researchmap

  • 高校生の生活体験と「生きる力」・生活充実感の関連について

    高橋 智子, 竹嶋 飛鳥, 青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 4 )   41 - 48   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    The purpose of this study was to examine the relationship among everyday activities, &quot;the zest for living&quot; and well-being in high school students. We developed an everyday activities scale and the zest for living scale. A total of three hundred and forty-four high school students completed three kinds of questionnaires which measure their everyday activities, the zest for living, and the sense of emotional well-being. The major findings were as follows: (1) It was found that the everyday activities consists of the following four factors; Factor 1: interaction, Factor 2: after school activities, Factor 3: club activities, and Factor 4: playing with friends. (2) It was found that the zest for living consists of five factors. (3) It was shown that the positive relationship between students&#039; everyday activities and the zest for living. (4) It was also found that their everyday activities and the zest for living were positively related with the sense of emotional well-being.

    CiNii Article

    researchmap

  • 指導を聞かない児童・生徒への教師の「対処法」について--テキストマイニングの手法を用いた学校種別,教師経験別分析

    青木 多寿子, 小河 響子

    広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 学習開発関連領域   ( 59 )   31 - 40   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • 真の「勇気」とは何か--品性・品格教育についての講演の記録[含 質疑応答]

    青木 多寿子, Lerner Bernice, 川合 宗之, 田崎 慎治

    学校教育実践学研究   16   25 - 35   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター  

    Courage is a cardinal virtue, one on which other virtues hinge. Through the teachings of Aristotle, we learn why courage looks different in each individual and is situation dependent. Courage is needed when one feels fear. It is normal to feel fear when confronted by dangerous, difficult, or painful situations. If an individual is overcome by fear, he/she is a coward. And if someone acts as if he/she has no fear he/she is rash. Extreme reactions (i.e., the excessive display of fear or the opposite-being a &quot;pretender&quot; to courage) are indicative of vice. To act courageously (i.e., to fear the right things, at the right time, and in the right way) is to display virtue. How is the virtue of courage acquired? Through practice. One becomes brave by doing brave acts. Reading about or observing exemplars (in real life or in film) can deepen our understanding of the potential within each of us to display moral courage.

    CiNii Article

    researchmap

  • 幼児のコミュニケーションを促進する働きかけと返答について--小一プロブレム解消への示唆を中心に

    青木 多寿子, 藤原 直樹

    学習開発学研究   ( 3 )   77 - 82   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    Recently, adaptations of the first graders are one of the big problems in education. The problems are called &#039;first graders&#039; problems. This research aimed to prove what types of social initiations of verbal conversation are related with maintaining communication or what types of responses to them are related with ones in order to identify the effective communication. We observed the communication of ten young children for ten minutes when they were playing with their friends at playground in their preschool. We classify the social initiations and response to them according to Haliday (1985), Fukada et al. (1999) and Okamura and Sugiyama (2007). Additionally, we added a new category, &#039;non verbal initiation&#039;. The results as follows; there are not gender differences in the function of verbal interaction. The most frequent social initiation is request; however, the most effective social initiation to maintain verbal interaction is non verbal initiation. On the other hand, the most effective response to maintain it is accompanying response. From these results we suggested some strategies for teachers, for example using non verbal social initiation and responses which lead other responses to make them develop their communication abilities for the first graders.

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童期からの適応感を測定できる生活充実感尺度の開発--適応感研究の相互比較を可能にする尺度をめざして

    高橋 智子, 青木 多寿子

    広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 学習開発関連領域   ( 59 )   69 - 77   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    We believe, to help children and students growing up strong, we need a comprehensive feeling scale of school adaptation to compare with many practices. The purpose of this study was to examine the reliability and validity of the comprehensive sense of emotional well-being scale which could be applied from third graders to adolescent. First, we selected questions for the scale and finally conducted research with a total of 2,876 students from third graders to high school students. Next, for the purpose of examining reliability and validity of the scale, we administered it to 305 undergraduate students. They were asked to answer the questionnaire, including the sense of emotional well-being scale, 6 items from the hope scale (Snyder, 2005), and 25 items from the MMS (Multiple Mood Scale) (Terasaki, et al., 1998). The stability of the sense of emotional wellbeing scale was examined over a 5-week time period. It was shown that the emotional well-being scale had a high Cronbach&#039;s alpha coefficient, acceptable test-retest reliability and high validity. Factor analysis showed that the data had a single factor structure and all scale items loaded cleanly onto this factor. This research indicates that the sense of emotional well-being was positively related with hope and positive mood, negatively related with negative mood, and had no relationship with the neutral mood &quot;concentration&quot; (Terasaki, et al., 1998).

    CiNii Article

    researchmap

  • 品性・品格を育む教材の教師による評価の分析

    青木 多寿子, 金子 友紀, 山田 剛史

    マツダ財団研究報告書 青少年健全育成関係   22   31 - 44   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:マツダ財団  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 教師にとっての「扱いにくい子ども」の特徴について--自由記述のテキストマイニングを通して

    青木 多寿子, 小河 響子

    広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 学習開発関連領域   ( 58 )   25 - 32   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    Recently, school teachers find new types of hard handling students. They do not always do illegal behavior nor make some troubles. However, they are difficult for teachers to manage them. The purpose of this research is to identify the characteristics of such handling difficulty students comparing with uncontrolled students. Sixty four elementary school teachers and fifty nine middle school teachers were participated in this research. They answered questionnaires with high quality text data about these students. We analyzed them by text data mining with word miner. The results are as follows; the most difficult managing students are related with bullying, school refusal, some kinds of violence and disrespectful attitude to teachers. On the other hand, handling difficulty students are selfishness, related with lack of attitude to listen to others and to work well with others, easily making fun of his/her friends and taking counterattacked attitude against teachers. Also teachers who answered that there were no handling difficulty students in his/her class were just twenty five percent. We discussed how to educate these hard handling students.

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童のゲーム使用時間と感情,仲間集団との関連--自宅近くの仲間の多さを考慮した日中比較

    青木 多寿子, Gong Xiaoyun, 中村 聡

    広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 学習開発関連領域   ( 58 )   19 - 23   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    Most children in Japan have some kinds of personal game machines. A dwindling birthrate might be one reason for children to enjoy handheld console games because of difficulties to find neighbors to play with after school outside. This research identified the playing time of games in 5th graders according to following views, 1) how long did children play with them in a day, 2) if we would find the differences of using time between children who have many friends to play with outside after school and ones who do not have, 3) if we would fine the relationship between the lengths of playing time with games machines and emotions and 4) if we would find the differences of playing time between Japan and China which both were now in a dwindling birthrate. The results were as follows; 1) boys enjoyed games more than one hours in a day in Japan and more than two hours in weekend in both countries, 2) children who had many friends to play with outside after school enjoyed games more than children who do not have many friends around their houses, 3) we could not find the relationship between emotion and the lengths of playing games and 4) we could find many strong cultural differences about emotional scales scores.

    CiNii Article

    researchmap

  • 両親の養育態度が中学生の社会的スキルおよび生活充実感に及ぼす影響

    青木 多寿子, 谷口 弘一, 竹嶋 飛鳥, 戸田 真弓

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第一部, 学習開発関連領域   ( 57 )   27 - 33   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    This study examines how the effects of parenting attitudes on the well-being and social skills in middle school students. One hundred sixty seven students of 7th and 8th grade participated in this research. The parental attitudes examined were over protectiveness and over negative. In the middle school students we looked at the following skills, participation in group, maintaining relationships and improving relationships. We analyzed these relations while paying attention to the combination of gender differences. The results were as follows; in both parent&#039;s overprotective promotes boy&#039;s improving relationship skills and the boys who had high relationship skills felt better sense of wellbeing. In girls, whose both parents were rejecting to children have relatively lower sense of well-being. However the father&#039;s rejection, also possitively effected to the girl&#039;s relationship skills. And the girls who have more developed relationship skills, have better sense of well-being. The influence of overprotective attitudes and negative attitudes including combination of gender differences was discussed.

    CiNii Article

    researchmap

  • 米国で視察した品格教育(Character Education)の実際

    青木 多寿子, 宮崎 宏志, 橋ヶ谷 佳正

    学校教育実践学研究   14   119 - 130   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • 両親の養育態度が中学生の社会的スキルおよび生活充実感に及ぼす影響

    青木 多寿子, 谷口 弘一, 竹嶋 飛鳥

    広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 学習開発関連領域   ( 57 )   27 - 33   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • キャラクターエデュケーションの概念的枠組みと日本語版徳目作成の試み

    青木 多寿子

    学校教育実践学研究   14   105 - 117   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • 両親の養育態度, 生活体験が小学生の社会的スキル, 生活充実感に及ぼす影響

    青木 多寿子, 竹嶋 飛鳥, 戸田 真弓, 谷口 弘一

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第一部, 学習開発関連領域   ( 56 )   21 - 28   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科  

    This study examines the effects of parenting attitudes and everyday activities on the sense of well-being and social skills of elementary students. One hundred eighty two 5th grade and seventy one of 6th grade students participated in this research. The parental attitudes examined were; over protectiveness and over negative parenting. In the elementary students we looked at the following social skills; participation in group, maintaining relationships and improving relationships. We analyzed these relations while paying attention to the combination of sex differences. The results were as follows: in elementary school students only in girls, didi we find the influence of both parenting attitudes, however in boys, we did not find the influence of parenting attitudes. Aoki et al. (preparing) showed the opposite gender combination effects more in middles school students. That means parenting attitudes were more effective in middle school students. However, everyday activities in boys have a positive effect for improving relationship skills and the sense of well-being and in girls for maintaining relationships and improving relationships. We found everyday activities might be more important than parenting attitudes to get social skills and the sense of well-being in elementary school students. We need to examine in more detail the relationship of everyday activities, social skills and the sense of we-being in students in the point of resilience.

    CiNii Article

    researchmap

  • 「ベスト実践集(1997)」に見るカンザス州(米国)のカウンセリングプログラムの開発

    青木 多寿子

    学習開発学研究   ( 1 )   73 - 82   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座  

    This study was analyzed how the state department of education developed curriculum in the &quot;Kansas Comprehensive School Counseling Program; Best Practices an Addendum to the Model and Guidelines (1997)&quot;. I found some features in guidelines; they consist of itemized sentences, every sentence has its own number, the numbers make a three tired construction and every item is numbered according to importance. I found some features in the best practical models part, too. They are as follows; every practice is a single page and every practice follows the same format. The format includes the correspondences to counseling guidelines and are shown with guideline numbers, the outline of each practice, how many classes each practice is expected to take what materials are needed, how to contact the practice teacher and additional comments from the teacher. I discuss these materials in the point of view of those curriculum developments changing actual practices into immediate impact information to support teachers.

    CiNii Article

    researchmap

  • カンザス州(米国)で見たスクールカウンセラーの活躍;小学校編

    青木 多寿子

    岡山大学教育実践総合センター紀要   6 ( 1 )   119 - 129   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学教育学部附属教育実践総合センター  

    カンザス州の学校では、複数の心理系専門職が学校教育に関わっている。その中でスクールカウンセラーは学校に常駐で勤務している。ではスクールカウンセラーは、学校でどのような仕事をしているのだろうか。本稿は資料とインタビューに基づいて、小学校のスクールカウンセラーの仕事を具体的に紹介した。例えばスクールカウンセラー達は州のカリキュラムに沿って、全生徒に対して人格・社会性の発達支援領域、教育・学習支援領域、キャリア発達支援領域など、3領域の発達支援をしていた。その際、適切な効果を上げるため、地域、他の教育機関との連携役、保護者の支援、教師の支援、などを行っていた。スクールカウンセラーの仕事は一見とても多様に見える。しかし、子ども達が社会に適応してゆくことを支援する専門家だと考えると、複雑な仕事内容も理解しやすいことが伺えた。

    CiNii Article

    researchmap

  • よいマナー、ルールを守ることを「習慣」にする (特集 ルールやマナーを教える)

    青木 多寿子

    児童心理   60 ( 2 )   155 - 161   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金子書房  

    CiNii Article

    researchmap

  • 日中の高校生にみる時間的展望と一般的統制感の関係 ―普通科、専門科の比較と性差を含めて―

    青木 多寿子, 龔 暁雲

    岡山大学教育学部研究集録   131 ( 1 )   123 - 129   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学教育学部  

    経済成長の著しい中国と日本の高校3年生819人を対象に、次のような観点で時間的展望の比較を行った。それは、①両国の高校生は同じような時間的展望を持っているのだろうか、②一般的統制感は時間的展望に影響を与えているのだろうか、③生徒の学校での専門性は時間的展望に影響しているのだろうか、である。スキル性の高い専門は、スキルが将来の職業に直接結びついているので、一般的統制感と結びついた時間的展望を持っているだろうと考えた。そしてスキル性の高い専門として、工業科、音楽科を、スキル性の低い専攻として、商業科、普通科を設定した。結果は次の通りであった。中国の生徒は日本の生徒より未来展望の得点が高く、一般的統制感は現在の時間展望と関係が強い。また、国による文化差、性差、専攻差は多様な側面で見られた。この結果から、一般的統制感だけでなく、国の歴史、経済、専門性、性別などが高校生の時間的展望に影響を与えていることが窺えた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 諸外国の教育事情に学ぶ アメリカの小学校における道徳教育事情(1)総論として

    青木 多寿子

    道徳と特別活動 : 心をはぐくむ   19 ( 1 )   56 - 59   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:文溪堂  

    CiNii Article

    researchmap

  • 新しい人権教育創造のための基礎研究--校則ルールの違いに見る人権教育の日米比較 (学術研究(第37回))

    青木 多寿子

    山陽放送学術文化財団リポ-ト   ( 45 )   4 - 9   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山陽放送学術文化財団  

    CiNii Article

    researchmap

  • アメリカの学校に見る児童・生徒によるボランティア活動--カンザス州ブルーバレー学区,シャウニーミッション学区でのケースレポート

    青木 多寿子

    岡山大学教育学部研究集録   ( 118 )   151 - 156   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 準備委員会企画シンポジウム

    堀 啓造, 子安 増生, 大嶋 百合子, 杉本 明子, 岡田 猛, 湯澤 正通, 久野 雅樹, 秋田 喜代美, 山本 利和, 南 博文, 田中 治彦, 岩崎 学, 箕浦 康子, 青木 多寿子, 赤堀 侃司, 松下 佳代, 三宅 なおみ, 繁桝 算男, 岸本 淳司, 南風原 朝和, 足立 浩平, 藤沢 伸介, 佐藤 和孝, 倉元 直樹

    教育心理学年報   40 ( 0 )   3 - 24   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Association of Educational Psychology  

    CiNii Article

    researchmap

  • Verb acquisition in English and Japanese

    Mid-America Linguistics Conference Papers, Hend erson, M. M. T.(ed.), Printed at The University of Kansan   365 - 372   2000年

     詳細を見る

  • 「九歳の壁」をどう乗り越えるか (特集 勉強がわからない子・にがてな子) -- (勉強のおもしろさを知るために)

    青木 多寿子

    児童心理   53 ( 7 )   635 - 639   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金子書房  

    CiNii Article

    researchmap

  • フォーカシングの推進における創造について

    青木 多寿子, 赤井 浩子

    岡山大学教育学部研究集録   ( 110 )   93 - 98   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • テレビCMの情動性の高低と認知・行動の関係

    青木 多寿子, 無藤 隆

    日経広告研究所報   31 ( 3 )   24 - 28   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日経広告研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 子どものわかり方

    森 敏昭, 青木 多寿子

    教育けんきゅう   ( 24 )   3 - 14   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島県立教育センター  

    CiNii Article

    researchmap

  • 「教育心理学における発達研究と学習研究の統合」

    多鹿 秀継, 小石 寛文, 谷村 覚, 鈴木 宏昭, 青木 多寿子, 波多野 誼余夫

    教育心理学年報   36 ( 0 )   6 - 11   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Association of Educational Psychology  

    CiNii Article

    researchmap

  • 子どもの特性を考慮した学習を(「教育心理学における発達研究と学習研究の統合」)

    青木 多寿子

    教育心理学年報   36   9 - 10   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 青年における身近な他者への役割期待の違いと性差-2-

    青木 多寿子, 山内 隆久

    北九州大学文学部紀要 人間関係学科   ( 1 )   p71 - 80   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北九州大学文学部  

    CiNii Article

    researchmap

  • The relationship between Japanese traditional play"Origami"and preschooler's unterstanding of the line symmtry cencept.

    30 - 42   1993年

     詳細を見る

  • The understanding of the line symetry concept of preschool children.

    20 - 29   1993年

     詳細を見る

  • WHAT DEVELOPED ABILITY LEADS TO STUDENT MISCONCEPTIONS OF WEIGHT - DEVELOPMENTAL-CHANGES OF ERROR PATTERNS

    AOKI

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   27 ( 3-4 )   241 - 242   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PSYCHOLOGY PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • The understanding of the line symmetry concept of preschool children.(共著)

    36   65 - 70   1992年

     詳細を見る

  • 重さ誤判断への理由づけの分析--判断理由の一貫性と多様性

    青木 多寿子

    九州大学教育学部紀要 教育心理学部門   36 ( 2 )   p225 - 232   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学教育学部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 重さの判断における内的確率基準の影響とその発達差・性差

    青木 多寿子

    九州大学教育学部紀要 教育心理学部門   35 ( 1 )   p185 - 193   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学教育学部  

    CiNii Article

    researchmap

  • The Examination of the Factor Which Caused Errors in Judging Weights Addition--A Developmental Approach

    青木 多寿子

    九州大学教育学部紀要 教育心理学部門   34 ( 2 )   p89 - 92   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 重さの加法性判断のパフォ-マンスと2次元統合能力の関係について

    青木 多寿子, 山内 光哉

    九州大学教育学部紀要 教育心理学部門   32 ( 2 )   p169 - 177   1988年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学教育学部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 水平・垂直概念の獲得におよぼす社会的相互作用の効果

    山内 光哉, 青木 多寿子, 阿南 文

    九州大学教育学部紀要 教育心理学部門   33 ( 2 )   p107 - 113   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学教育学部  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

Works(作品等)

  • 小中学生のための読書促進プロジェクト

    2002年

     詳細を見る

  • 附属中学校、附属幼稚園、保護者、外部と連携した総合的な学習

    2001年
    -
    2002年

     詳細を見る

受賞

  • ヤングサイコロジスト

    1992年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 世界で広まる品格教育の日本的展開の可能性について:エビデンスと視察を通して

    研究課題/領域番号:20H01680  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    青木 多寿子, 山田 剛史, 川合 紀宗, 笹山 健作, 宮崎 宏志, 足立 稔, 新 茂之, 井邑 智哉

      詳細を見る

    配分額:15600000円 ( 直接経費:12000000円 、 間接経費:3600000円 )

    researchmap

  • 健常者と障がい者との共通理解の地平に関する理論的考察

    研究課題/領域番号:26370018  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宮崎 宏志, 岸本 廣司, 青木 多寿子, 新 茂之

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    こんにち、障がい者の人権の保障が強く求められ、障がい者の社会進出も促進されている。しかし、その一方で、障がい者に関する差別や偏見は未だ根強く存在していると言わざるを得ない。そのような状況を顧みれば、障がい者の権利の拡充や社会制度の充実だけを追い求めているのでは十分ではない。いまや、障がい者を真に理解し、そうした理解に基づいて、成熟した形で健常者と障がい者とが共生することをめざさなければならない。そこで、本研究では、倫理学的な見地から、想像力や暗黙知の洗練という点に焦点を絞りながら、健常者と障がい者との共通理解の地平を切り開く方途を探究した。

    researchmap

  • 9年一貫型の地域連携で取り組む品格教育への理論とエビデンスに基づく提案型研究

    研究課題/領域番号:23330263  2011年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    青木 多寿子, 橋ヶ谷 佳正, 宮崎 宏志, 山田 剛史, 新 茂之, 川合 紀宗, 井邑 智哉

      詳細を見る

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    よい行為の習慣形成を目指す品格教育(character education)は,小中連携の9年一貫で,学校・家庭・地域で連携して子どもの規範意識を育む生徒指導体制の確立を可能にする。本研究では,米国の品格教育優秀校の視察を通して,品格教育の実践に関わる具体的な手立てだけでなく,単なる徳の提示にとどまらない品格教育の本質について論考した。加えて,小中学校へのアンケート調査で,品格の構成要素を示した。さらに,品格教育は,1,2年くらいで成果が出るような教育でなく,5,6年目かかること,また特に中学生で大きな成果が見られることを示した。

    researchmap

  • 世界に通用する日本型品性・品格教育の開発支援

    研究課題/領域番号:22653119  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    青木 多寿子, 橋ヶ谷 佳正, 宮崎 宏志, 山田 剛史, 新 茂之, 川合 紀宗

      詳細を見る

    配分額:2920000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:420000円 )

    義務教育の9年一貫でよい習慣づくりを,学区を挙げて日本で最初の取り組んでいるA教育委員会の取り組みを,専門家チームで支援し,世界に通用する人づくりを目指した.品格教育への疑問は,専門家チームにより端的な文書で回答した.また,米国の専門家をお招きしてご助言も頂いた.これらの結果,この取り組みは,世界基準でみても優れた点を持つ取り組みであることがわかり,品格教育への基本的な疑問はかなり解消された.

    researchmap

  • 学区で取り組む品性教育の研究者による支援と成果・問題点の分析

    研究課題/領域番号:19653109  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    青木 多寿子, 橋ヶ谷 佳正, 宮崎 宏志, 山田 剛史, 新 茂之

      詳細を見る

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    東京都のA区が取り組み始めた人格の完全を目指した品性・品格教育を、研究者で支援するのが本研究の目的である。
    本研究の3年間の目的は、(1)品性・品格教育の全国初の実践に向けて、取り組みの理念や教育的意義を、教員や保護者に向けて正確に伝えるため、教育委員会の活動を支援すること、(2)品性に関する教育の成果を、well-beingとの関係を中心にアンケートで調査し、この取り組みをエビデンス・ベースの展開にすること、(3)アメリカで教員達に品性・品格教育を教え、全米で学校を支援しているボストン大学の先生をお招きし、A区の品性・品格教育にコメントしていただき、旧来の教育と違った新しい視点を取り入れることである。本年度はまとめの年なので、(1)、(2)を中心に行った。
    (1) 地域の保護者向け講演会、校内研修会、教育委員会主催の研修会等で、交通費、講演料なしの講演を行い、全区実施に向けて教員研修等のお手伝いをした。また、教育委員会は、全学区で使用する教師用手引き書を作成したが、これを作成する際、知識提供、翻訳した資料の提供を行った。
    (2) アンケート調査は、A区が取り組みを始める前の段階から毎年、2月に調査を行っている。今回で4回目のアンケートを実施した。3回目までのまとめは、アンケートに協力してくださった学校と教育委員会にお伝えした。この分析の結果、規範意識は確かにwell-beingと関わっているが、その教育の成果の様相は内容(根気、活力、寛容など)によって多様であることが窺えた。
    (3) 昨年のボストン大学の教授による講演の逐語録をまとめ、多くの方に配布できるようにした。

    researchmap

  • 児童・生徒のポジティブな特性を育む生活指導の心理学的研究

    研究課題/領域番号:18330191  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    青木 多寿子, 橋ヶ谷 佳正, 宮崎 宏志, 山田 剛史

      詳細を見る

    配分額:11140000円 ( 直接経費:9400000円 、 間接経費:1740000円 )

    本年度は、4月に橋ヶ谷の作成した「品性」「礼節」「責任」「誠実」「自律」「根気」「寛容」のポスターをH市内の小中学校11校,H県S町内の小中学校13校に月1枚のペースで張ってもらい、校長先生にその月に張ったポスターの内容について月1回の講話をお願いした。この実践の成果を子ども達のポジティブな特性を育むことに役立つかどうかをアンケートを実践の実施前と後で分析して成果を確認することにした。他方で,東京都A区では違うキーワード(徳目)と独自のポスターを用い,月1つのペースで子ども達の規範を育む取り組みをしている。ここでは今年は3年目の調査を2月に実施した。
    質問紙は,Peterson & Seligman(2004),Snyder, et al.(1996), Boyer(1995),加藤& Snyder(2005),大竹et al.(2005),島井et al.(1995),寺崎・岸本・古賀(1992),青木&竹嶋(2007)等を参考に,小学校3年生から中学3年生までを対象として,規範意識と感情,幸福感,希望との関係を調べた。これらの調査の結果,明らかになったことは主として次の3つである。(1)規範意識の高さは,ポジティブな感情,根気強さ,希望,主観的な幸福感,生活充実感とはプラスの相関があり,ネガティブな感情とはマイナスの相関がある。(2)品格教育の実施の効果については,相関関係のあるものが増えたという点では効果があったと言えるが,規範の得点には変化はない。(3)発達的変化を見ると,小学校の中学年が一番規範意識が高く,中学生の規範が低いこと,つまり,年齢が進むとともに,数値が下がる発達をする。これらのことから,規範は単調増加的に上昇するのではなく,質が変化する,と言う形で変化することが窺えた。この中で,A区の初年度の分析結果は,ベルリンで開催されたICPで,H市,S町の調査のプレテストについては,2009年に行われたSRCDで発表した。

    researchmap

  • 「経験の変数化」を念頭においた実験計画法に基づく客観的絶対評価の実現

    研究課題/領域番号:14209010  2002年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    寺澤 孝文, 青木 多寿子, 太田 信夫, 吉田 哲也, 山田 剛史, 原 奈津子, 島内 行夫

      詳細を見る

    配分額:48880000円 ( 直接経費:37600000円 、 間接経費:11280000円 )

    これまで、個人の学力を客観的データによって科学的に測定すること、すなわち、客観的絶対評価を実現することはできなかった。それに対して、我々は、従来のように、テストだけで学習効果の測定を行う評価方法とは異なり、学習イベントをも考慮する新しい測定法を開発した。すなわち、個々の学習イベントとテストイベントが、いつ、どのように生起するのかを、長期にわたり、学習する内容ごとにスケジューリングする方法を導入し、子どもの学習効果を正確に測定する方法を開発した。このアプローチは、新しいスケジューリング技術に基礎をおく、「学習とテストを統合」した新しい教育評価法につながるものである。本研究では、この新しいアプローチを、学校現場におけるドリル学習事態へ適用し、学習をしてもその効果を実感できないドリル学習の効果(マイクロステップ)を個別にフィードバックし、さらに、子どもの学習に対する意欲を向上させることを目指した。高等学校の英単語学習と小学校の漢字の読みのドリル学習を対象に、長期の学習実験を実施し、日々のわずかな学習の効果の積み重ねを、非常に高い精度で科学的に測定し、学習到達度の時系列変化を個別に描き出すことを可能にした。さらに、その効果の積み重ねを個別にフィードバックすることで、学習者の学習に対する意欲を上昇させることに成功した。現時点で、学習効果を個別に測定し、フィードバックする学習支援を実現している研究は、本研究をおいて他にない。

    researchmap

  • 生涯個別学習を可能にするデータ蓄積型CAIシステム-長期学習実験と記憶理論に基づく学習効果予測モジュールの開発-

    研究課題/領域番号:11559013  1999年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    寺澤 孝文, 吉田 哲也, 太田 信夫, 青木 多寿子, 島内 行夫, 後藤 憲子

      詳細を見る

    配分額:13000000円 ( 直接経費:13000000円 )

    本研究は,長期的で日常的な学習事態において,膨大な学習コンテンツに対する学習者の膨大な反応データを収集・蓄積し,そこから有益な学習者情報をフィードバックすることを可能にするデータ蓄積型CAIの開発を見据え,特に,蓄積されたデータから学習効果を予測するモジュールの開発を主要な研究目的とした.そのために,ノートパソコンを高校生に貸与し,英単語学習を自宅で長期間継続してもらう長期学習実験を実施した.実験を通じて得られた膨大なデータを解析した結果,従来にない全く新しい発見が数多く見出された.例えば,学習の効果は,学習者には自覚できないレベルで,確実に積み重なっていくこと,到達度は,学習期間に対して直線的に上昇していくこと等である.さらに,個別データの解析により,予想を上回る高い精度で個人の学習段階が描き出されること,および到達度の上昇率には,非常に大きな個人差が存在することが明らかになった.個人の到達度も直線的に上昇していくことが明らかとなり,到達度データを基に単純に回帰直線を引くことにより,学習到達度の変化を予測することが可能であることが明らかになった.これにより本研究の目的は達成されたが,予想外に大きな個人差が見出されたことから,でき得る範囲でその原因を検討した.その結果,到達度の実質的な上昇率と学習に費やした時間の間に相関が見出されることが明らかになった.広く一般的に行われている英単語学習の到達度に,大きな個人差が存在することは全く新しい発見であり,その原因の解明は急務な課題といえる.本研究では,長期学習実験を実施する上で必要な,参加者にとって意味のある英単語データベースの作成もあわせて行った.研究の方法論の観点からは,本研究が基礎とする,マイクロステップ計測法という時間次元の要因を考慮できる新しい実験計画法の有効性が明確に示されたといえる.

    researchmap

  • 活動を通して体験する科学学習の効果について-活字・映像による学習との比較-

    研究課題/領域番号:09710089  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    青木 多寿子

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本研究は、近年各地に設立されている体験型科学センターを利用し、体験による学習、映像で学ぶ学習、活字で学ぶ学習では、学習がどのように違ってくるかを検討した。
    平成9年度では、約200人の大学生に体験型科学センターを訪問して記入してもらった自由記述のアンケートをベースに質問紙を作成した。質問紙は、上記の3つの違いを反映できると予測できる5段階評定の12項目とした。
    平成10年度は、この質問紙を用いて、大学生に科学センターで、体験型学習3課題、映像型3課題に取り組んでもらい、アンケートに答えてもらった。活字群は、科学センターの機材の解説を活字と挿し絵で解説した文章を提示し、それを読んで同じ質問に答えてもらった。
    各項目ごとに、体験型、視聴覚型、活字型を比較する分散分析を行った。その結果、視聴覚型の学習は、活字による学習と比較すると「どうしてだろうなどど考えた」「なるほどと納得した」「自分はよく学んだと思う」「すごいと思った」「驚いた」という項目が有意に高かった。また、活字型の学習と体験型の学習の比較では、上記の視聴覚型で高かった項目にと加えて「楽しかった」「進んで取り組む気が起きた」「どんな結果がでるかわくわくした「もっと深く調べたくなった」という項目が有意に高かった。つまり、体験型の学習では、視聴覚型の学習効果に加えて、楽しいと思う気持ち、わくわくする気持ち、進んでやりたくなる気持ち、もっと調べたくなる気持ちなど、学習に前向きに取り組む気持ちを起こさせることが伺えた。逆に言えば、活字型、映像型の学習では、学習に前向きに取り組む「気持ち」が生じにくいことを意味している。本研究から、体験型学習を組む際には、学習に前向きに取り組む気持ちを生じさせる教育効果をねらったらよいことが示された。

    researchmap

  • 体力・体格の異なる幼児と中学生で「大きい」「重い」ものは同じか?

    研究課題/領域番号:08710095  1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    青木 多寿子

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    本研究では「大きい」「重い」「強い」という形容詞を用い、幼児から中学生までの被験者を対象に、これらの言葉の使い分けと体格の関係を調査した。なぜなら、幼児にとって大きく見える犬も、中学生にとっては小さな犬に過ぎないし、幼児からみれば「お兄さん」「お姉さん」である小学生は、中学生から見れば、小さな、弱い子どもにすぎず、体格とこれらの言葉の使い分けに関係が見いだせると考えたからである。
    従来、発達心理学では、小学校高学年から中学生にかけての第二次成長期に、身長が急激に伸び、自我が形成されることを示してきた。しかし、これらのことと、認知の発達とは別のことだと考えられてきた。けれども、体の大きさによって、言葉が使い分けられると考えると、急激に身長の増加する第二次成長期と認知の関連を考えることができることになり、従来の発達心理学に認知の発達を組み込むことができる。
    そこで本研究では、幼児(年長児)から中学2年生までの9年齢層の幼児・児童・生徒を被験者とし、身近な人たち(お父さん、お母さん、赤ちゃんなど9種類)と、動物(トラ、ハト、ウサギなど11種類)をとりあげ、写真の豊富なわかりやすい質問紙を作成し、7階段で評定してもらった。幼児は個別に面接した。その結果、確かに、年齢によって、大きい、強い、重い、という言葉には使い分けがあり、その区別は、身長という要因も関係していると考えられるが、その関係は単純でなく、身長だけでなく、カテゴリーとも関連していることが伺えた(たとえば、「中学生」のカテゴリーに入る人から見れば、小学生は小さい)。加えて、お父さんは、お母さんよりも、祖父母よりも、大きく、強く、重いと思う傾向が中2まで続いていた。これに対して、母親、祖父母が被験者の年齢とともに弱く評定されていた。このことから、これらの形容詞には、心理的な意味も含まれて語彙の意味判断が成されていることがわかった。

    researchmap

  • 重さの判断に見られる科学理論と日常的直感理論の相補性

    研究課題/領域番号:06905007  1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(B)  奨励研究(B)

    青木 多寿子

      詳細を見る

    配分額:180000円 ( 直接経費:180000円 )

    researchmap

  • 重さの加法性判断の発達差・性差に関する研究

    研究課題/領域番号:02951043  1990年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(特別研究員)  奨励研究(特別研究員)

    青木 多寿子

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

  • 品性徳目教育と心理学

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Character education and Psychology

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • The relation between emotion and speech intention

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 情動性の変化と発話の意図の関係

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 子どもの科学的思考の発達的変化

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • The developmental changes of scientific thinking

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 学問の方法 (2021年度) 第1学期  - 火1~2

  • 学校教育心理学AⅠ (2021年度) 特別  - その他

  • 学校教育心理学AⅡ (2021年度) 特別  - その他

  • 教職実践演習(小学校) (2021年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育心理学基礎演習(1) (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習(2) (2021年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学基礎演習Ⅰ (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習Ⅱ (2021年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学実験(1) (2021年度) 第3学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験(2) (2021年度) 第4学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2021年度) 第3学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2021年度) 第3学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2021年度) 第4学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2021年度) 第4学期  - 月1~4

  • 教育心理学演習 (2021年度) 第4学期  - その他

  • 教育心理学特殊実験D(1) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育心理学特殊実験D(2) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法DⅠ(心理学研究法1) (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育心理学研究法DⅡ(心理学研究法2) (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育心理学研究法DⅠ(心理学研究法1) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法DⅡ(心理学研究法2) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育科学課題研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育臨床心理学(1) (2021年度) 第4学期  - 金1~2

  • 教育臨床心理学演習(1) (2021年度) 第1学期  - その他

  • 教育臨床心理学演習(2) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育臨床心理学演習Ⅰ (2021年度) 第1学期  - その他

  • 教育臨床心理学演習Ⅰ (2021年度) 第1学期  - その他

  • 教育臨床心理学演習Ⅱ (2021年度) 特別  - その他

  • 教育臨床心理学演習Ⅱ (2021年度) 第2学期  - その他

  • 教育臨床心理学(教育・学校心理学1) (2021年度) 第4学期  - 金1~2

  • 教育臨床心理学(1)(教育・学校心理学1) (2021年度) 第4学期  - 金1~2

  • 生徒・進路指導論 (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 生徒指導の理論と方法 (2021年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 生徒指導特論演習A (2021年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 生徒指導特論演習B (2021年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 生徒指導論I(教育相談,進路指導を含む) (2021年度) 1・2学期  - 金1,金2

  • 生徒指導論AⅠ (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 生徒指導論AⅡ (2021年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 進路指導特論A (2021年度) 第1学期  - 火7,火8

  • 進路指導特論B (2021年度) 第2学期  - 火7,火8

  • 進路指導論 (2021年度) 第4学期  - 木1~4

  • 進路指導論(1) (2021年度) 第4学期  - 木1,木2

  • 進路指導論A (2021年度) 第4学期  - 木1~2

  • 学校教育心理学AⅠ (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学BⅠ (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学基礎演習(1) (2020年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習(2) (2020年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学基礎演習Ⅰ (2020年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習Ⅱ (2020年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学実験(1) (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験(2) (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学概説A (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学概説B (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学概説C (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学演習 (2020年度) 第4学期  - その他

  • 教育心理学特殊実験D(1) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育心理学特殊実験D(2) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法DⅠ(心理学研究法1) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法DⅡ(心理学研究法2) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育科学課題研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 教育臨床心理学(1) (2020年度) 第3学期  - 木5,木6

  • 教育臨床心理学演習(1) (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 教育臨床心理学演習(2) (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 教育臨床心理学演習Ⅰ (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 教育臨床心理学演習Ⅰ (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 教育臨床心理学演習Ⅱ (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 教育臨床心理学演習Ⅱ (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 教育臨床心理学特論A (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 教育臨床心理学特論B (2020年度) 第4学期  - 火5,火6

  • 教育臨床心理学(教育・学校心理学1) (2020年度) 第3学期  - 木5,木6

  • 教育臨床心理学(1)(教育・学校心理学1) (2020年度) 第3学期  - 木5,木6

  • 生徒・進路指導論 (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 生徒指導の理論と方法 (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 生徒指導論I(教育相談,進路指導を含む) (2020年度) 1・2学期  - 金1,金2

  • 生徒指導論AⅠ (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 生徒指導論AⅡ (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 進路指導論(1) (2020年度) 第4学期  - 木1,木2

  • 進路指導論(2) (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

▼全件表示

 

メディア報道

  • 中学受験

    中国新聞  子育てカタリバ  2021年9月14日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • おばあちゃんの育休は 新聞・雑誌

    朝日新聞  ひととき  2021年6月30日