2022/02/17 更新

写真a

オオモリ カズヒロ
大森 一弘
OMORI Kazuhiro
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 歯周病学

  • 歯内療法学

  • Periodontology

  • Endodontology

研究分野

  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学

  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学

経歴

  • - 岡山大学岡山大学病院 講師

    2014年

      詳細を見る

  • - Senior Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2014年

      詳細を見る

  • 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教

    2009年 - 2014年

      詳細を見る

  • Assistant Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University

    2009年 - 2014年

      詳細を見る

所属学協会

  • The Japanese Society of Conservative Dentistry

      詳細を見る

  • International Association for Dental Research

      詳細を見る

  • The Japanese Society of Periodontology

      詳細を見る

  • 日本歯周病学会

      詳細を見る

  • 日本歯科保存学会

      詳細を見る

  • 岡山歯学会

      詳細を見る

  • 国際歯科研究協会

      詳細を見る

  • 日本歯科研究協会

      詳細を見る

  • 日本歯科薬物療法学会

      詳細を見る

  • Japanese Association for Dental Research

      詳細を見る

  • Japanese Society of Oral Therapeutics and Pharmacology

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 岡山県   急性心筋梗塞等医療連携検討会議 委員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

 

論文

  • The Fungal Metabolite (+)-Terrein Abrogates Ovariectomy-Induced Bone Loss and Receptor Activator of Nuclear Factor-κB Ligand–Induced Osteoclastogenesis by Suppressing Protein Kinase-C α/βII Phosphorylation 査読

    Kyosuke Sakaida, Kazuhiro Omori, Masaaki Nakayama, Hiroki Mandai, Saki Nakagawa, Hidefumi Sako, Chiaki Kamei, Satoshi Yamamoto, Hiroya Kobayashi, Satoki Ishii, Mitsuaki Ono, Soichiro Ibaragi, Keisuke Yamashiro, Tadashi Yamamoto, Seiji Suga, Shogo Takashiba

    Frontiers in Pharmacology   12   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    Osteoporosis is a common disease characterized by a systemic impairment of bone mass and microarchitecture that results in fragility fractures. Severe bone loss due to osteoporosis triggers pathological fractures and consequently decreases the daily life activity and quality of life. Therefore, prevention of osteoporosis has become an important issue to be addressed. We have reported that the fungal secondary metabolite (+)-terrein (TER), a natural compound derived from <italic>Aspergillus terreus</italic>, has shown receptor activator of nuclear factor-κB ligand (RANKL)–induced osteoclast differentiation by suppressing nuclear factor of activated T-cell 1 (NFATc1) expression, a master regulator of osteoclastogenesis. TER has been shown to possess extensive biological and pharmacological benefits; however, its effects on bone metabolism remain unclear. In this study, we investigated the effects of TER on the femoral bone metabolism using a mouse-ovariectomized osteoporosis model (OVX mice) and then on RANKL signal transduction using mouse bone marrow macrophages (mBMMs). <italic>In vivo</italic> administration of TER significantly improved bone density, bone mass, and trabecular number in OVX mice (<italic>p</italic> &amp;lt; 0.01). In addition, TER suppressed TRAP and cathepsin-K expression in the tissue sections of OVX mice (<italic>p</italic> &amp;lt; 0.01). In an <italic>in vitro</italic> study, TER suppressed RANKL-induced phosphorylation of PKCα/βII, which is involved in the expression of NFATc1 (<italic>p</italic> &amp;lt; 0.05). The PKC inhibitor, GF109203X, also inhibited RANKL-induced osteoclastogenesis in mBMMs as well as TER. In addition, TER suppressed the expression of osteoclastogenesis-related genes, such as <italic>Ocstamp</italic>, <italic>Dcstamp</italic>, <italic>Calcr</italic>, <italic>Atp6v0d2</italic>, <italic>Oscar</italic>, and <italic>Itgb3</italic> (<italic>p</italic> &amp;lt; 0.01). These results provide promising evidence for the potential therapeutic application of TER as a novel treatment compound against osteoporosis.

    DOI: 10.3389/fphar.2021.674366

    researchmap

  • 歯周組織の炎症と不妊の関連性を示唆する、ある侵襲性歯周炎患者の病態生理 査読

    大森 一弘, 河野 隆幸, 小林 寛也, 新井 英雄, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯科保存学雑誌   63 ( 5 )   451 - 460   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    緒言:歯周病原細菌の感染と歯周組織の炎症が,妊娠に影響を与える可能性が報告されている.今回,不妊治療の経過が思わしくない侵襲性歯周炎患者に感染源除去の観点から専門的歯周治療を行い,自然妊娠から正常出産にいたった症例の経過をふまえ病態を考察する.症例:33歳,女性,既婚(不妊治療中).2016年9月,26の動揺および同部の自発痛を自覚し,かかりつけ歯科医院を受診した.同院でエックス線検査を受けて,重度の歯槽骨吸収があると説明された.早期の専門的歯周治療を勧められ,当科を紹介された.既往歴の特記事項はなく,不妊検査においても患者本人および夫ともに異常所見はなかった.歯周組織検査において,probing pocket depthが4mm以上の部位の割合は49.5%,bleeding on probingは47.9%,plaque control recordは3.1%,歯周炎症表面積(PISA)は2,392mm2であった.エックス線検査所見では,主訴部の26部を中心に根尖に及ぶ骨吸収像が多数存在した.歯周病原細菌に対する血清抗体価検査および歯周ポケット内細菌DNA検査ともに,Porphyromonas gingivalisの感染が強く疑われた.診断は広汎型侵襲性歯周炎(ステージIV,グレードC),二次性咬合性外傷とした.治療方針として,患者の妊娠希望に配慮して,できるかぎり早期(1年以内)の歯周環境の改善を目指すこととした.また,歯周外科治療が終了するまでの不妊治療を含めた妊娠活動を控える必要性について説明し,同意を得た.治療計画は,(1)歯周基本治療(患者教育,抜歯,局所抗菌療法を併用したスケーリング・ルートプレーニング,暫間固定),(2)歯周組織再生療法,(3)口腔機能回復治療,(4)歯周病安定期治療(SPT)とした.治療経過として,歯周治療に対する宿主反応性は非常に良く,炎症改善と歯槽骨の再生を確認した(歯周外科治療後PISA:43mm2).口腔機能回復治療中に自然妊娠し,35歳時に男児を正常出産(経腟分娩,3,240g,出産週数:38週+5日)した.考察および結論:重度のP. gingivalis感染および歯周炎症を伴う侵襲性歯周炎の罹患が,妊娠成立に影響を及ぼす可能性が示唆された.本症例のように不妊治療の経過が思わしくない場合には,歯周組織を含めた口腔状態を一度精査することが望まれる.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01092&link_issn=&doc_id=20201110310013&doc_link_id=%2Fdo1conde%2F2020%2F006305%2F013%2F0451-0460%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdo1conde%2F2020%2F006305%2F013%2F0451-0460%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • The fungal metabolite (+)-terrein abrogates osteoclast differentiation via suppression of the RANKL signaling pathway through NFATc1. 査読 国際誌

    Saki Nakagawa, Kazuhiro Omori, Masaaki Nakayama, Hiroki Mandai, Satoshi Yamamoto, Hiroya Kobayashi, Hidefumi Sako, Kyosuke Sakaida, Hiroshi Yoshimura, Satoki Ishii, Soichiro Ibaragi, Kimito Hirai, Keisuke Yamashiro, Tadashi Yamamoto, Seiji Suga, Shogo Takashiba

    International immunopharmacology   83   106429 - 106429   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    Pathophysiological bone resorption is commonly associated with periodontal disease and involves the excessive resorption of bone matrix by activated osteoclasts. Receptor activator of nuclear factor (NF)-κB ligand (RANKL) signaling pathways have been proposed as targets for inhibiting osteoclast differentiation and bone resorption. The fungal secondary metabolite (+)-terrein is a natural compound derived from Aspergillus terreus that has previously shown anti-interleukin-6 properties related to inflammatory bone resorption. However, its effects and molecular mechanism of action on osteoclastogenesis and bone resorption remain unclear. In the present study, we showed that 10 µM synthetic (+)-terrein inhibited RANKL-induced osteoclast formation and bone resorption in a dose-dependent manner and without cytotoxicity. RANKL-induced messenger RNA expression of osteoclast-specific markers including nuclear factor of activated T-cells cytoplasmic 1 (NFATc1), the master regulator of osteoclastogenesis, cathepsin K, tartrate-resistant acid phosphatase (Trap) was completely inhibited by synthetic (+)-terrein treatment. Furthermore, synthetic (+)-terrein decreased RANKL-induced NFATc1 protein expression. This study revealed that synthetic (+)-terrein attenuated osteoclast formation and bone resorption by mediating RANKL signaling pathways, especially NFATc1, and indicated the potential effect of (+)-terrein on inflammatory bone resorption including periodontal disease.

    DOI: 10.1016/j.intimp.2020.106429

    PubMed

    researchmap

  • Antimicrobial and antibiofilm effects of abietic acid on cariogenic Streptococcus mutans 査読

    Yuki Ito, Takashi Ito, Keisuke Yamashiro, Fumi Mineshiba, Kimito Hirai, Kazuhiro Omori, Tadashi Yamamoto, Shogo Takashiba

    Odontology   108 ( 1 )   57 - 65   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019, The Society of The Nippon Dental University. Dental caries is a type of oral microbiome dysbiosis and biofilm infection that affects oral and systemic conditions. For healthy life expectancy, natural bacteriostatic products are ideal for daily and lifetime use as anti-oral infection agents. This study aimed to evaluate the inhibitory effects of abietic acid, a diterpene derived from pine rosin, on the in vitro growth of cariogenic bacterial species, Streptococcus mutans. The effective minimum inhibitory concentration of abietic acid was determined through observation of S. mutans growth, acidification, and biofilm formation. The inhibitory effects of abietic acid on the bacterial membrane were investigated through the use of in situ viability analysis and scanning electron microscopic analysis. Cytotoxicity of abietic acid was also examined in the context of several human cell lines using tetrazolium reduction assay. Abietic acid was found to inhibit key bacterial growth hallmarks such as colony forming ability, adenosine triphosphate activity (both planktonic and biofilm), acid production, and biofilm formation. Abietic acid was identified as bacteriostatic, and this compound caused minimal damage to the bacterial membrane. This action was different from that of povidone-iodine or cetylpyridinium chloride. Additionally, abietic acid was significantly less cytotoxic compared to povidone-iodine, and it exerted lower toxicity towards epithelial cells and fibroblasts compared to that against monocytic cells. These data suggest that abietic acid may prove useful as an antibacterial and antibiofilm agent for controlling S. mutans infection.

    DOI: 10.1007/s10266-019-00456-0

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Microbiome composition comparison in oral and atherosclerotic plaque from patients with and without periodontitis 査読

    Daichi Isoshima, Keisuke Yamashiro, Kazuyuki Matsunaga, Makoto Taniguchi, Takehiro Matsubara, Shuta Tomida, Shinzo Ota, Michiyoshi Sato, Yutaka Shimoe, Tatsuo Kohriyama, Zulema Arias, Kazuhiro Omori, Tadashi Yamamoto, Shogo Takashiba

    Odontology   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020, The Society of The Nippon Dental University. There is no conclusive evidence regarding a causal relationship between periodontitis and atherosclerosis. In this study, we examined the microbiome in the oral cavity and atheromatous plaques from atherosclerosis patients with or without periodontitis to investigate the role of oral bacteria in the formation of atheromatous plaques. We chose four patients with and without periodontitis, who had undergone carotid endarterectomy. Bacterial samples were extracted from the tongue surface, from periodontal pocket (during the oral examination), and from the atheromatous plaques (APs). We investigated the general and oral conditions from each patient and performed next-generation sequencing (NGS) analysis for all bacterial samples. There were no significant differences between both groups concerning general conditions. However, the microbiome patterns of the gingival pocket showed differences depending on the absence or presence of periodontitis, while those of the tongue surface were relatively similar. The microbiome pattern of the atheromatous plaques was entirely different from that on the tongue surface and gingival pocket, and oral bacteria were seldom detected. However, the microbiome pattern in atheromatous plaques was different in the presence or absence of periodontitis. These results suggested that oral bacteria did not affect the formation of atheromatous plaques directly.

    DOI: 10.1007/s10266-020-00524-w

    Scopus

    researchmap

  • Acceleration of bone regeneration of horizontal bone defect in rats using collagen-binding basic fibroblast growth factor combined with collagen scaffolds 査読

    Shin Nakamura, Takashi Ito, Kentaro Okamoto, Takehiko Mima, Kentaro Uchida, Yasir D. Siddiqui, Masahiro Ito, Masako Tai, Keisuke Okubo, Keisuke Yamashiro, Kazuhiro Omori, Tadashi Yamamoto, Osamu Matsushita, Shogo Takashiba

    Journal of Periodontology   90 ( 9 )   1043 - 1052   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 The Authors. Journal of Periodontology published by Wiley Periodicals, Inc. on behalf of American Academy of Periodontology Background: Basic fibroblast growth factor (bFGF) has been applied for periodontal regeneration. However, the application depends on bone defect morphology because bFGF diffuses rapidly from defect sites. In a previous study, collagen-binding bFGF (CB-bFGF) has been shown to enhance bone formation by collagen-anchoring in the orthopedic field. The aim of this study is to demonstrate the efficacy of CB-bFGF with collagen scaffolds in bone regeneration of horizontal bone defect. Methods: Cell proliferation activity and collagen binding activity of CB-bFGF was confirmed by WST-8 assay and collagen binding assay, respectively. The retention of CB-bFGF in the collagen sheet (CS) was measured by fluorescence imaging. The rat horizontal alveolar bone defect model was employed to investigate the efficacy of CB-bFGF with collagen powder (CP). After 4 and 8 weeks, the regenerative efficacy was evaluated by microcomputed tomography, histological, and immunohistochemical analyses. Results: CB-bFGF had a comparable proliferation activity to bFGF and a collagen binding activity. CB-bFGF was retained in CS longer than bFGF. At 8 weeks postoperation, bone volume, bone mineral content, and new bone area in CB-bFGF/CP group were significantly increased compared with those in other groups. Furthermore, epithelial downgrowth was significantly suppressed in CB-bFGF/CP group. At 4 weeks, the numbers of osteocalcin, proliferating cell nuclear antigen, and osteopontin-positive cells at the regeneration site in CB-bFGF/CP group were greater than those in other groups. Conclusions: CB-bFGF/CP effectively promoted bone regeneration of horizontal bone defect possibly by sustained release of bFGF. The potential of CB-bFGF composite material for improved periodontal regeneration in vertical axis was shown.

    DOI: 10.1002/JPER.18-0674

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Resolvin D2 Induces Resolution of Periapical Inflammation and Promotes Healing of Periapical Lesions in Rat Periapical Periodontitis. 査読

    Siddiqui YD, Omori K, Ito T, Yamashiro K, Nakamura S, Okamoto K, Ono M, Yamamoto T, Van Dyke TE, Takashiba S

    Frontiers in immunology   10   307   2019年

  • Induction of migration of periodontal ligament cells by selective regulation of integrin subunits. 査読

    Kawamura M, Yamamoto T, Yamashiro K, Kochi S, Yoshihara-Hirata C, Ideguchi H, Aoyagi H, Omori K, Takashiba S

    Journal of cellular and molecular medicine   23 ( 2 )   1211 - 1223   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcmm.14023

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Fungal metabolite (+)-terrein suppresses IL-6/sIL-6R-induced CSF1 secretion by inhibiting JAK1 phosphorylation in human gingival fibroblasts. 査読 国際誌

    Satoshi Yamamoto, Kazuhiro Omori, Hiroki Mandai, Masaaki Nakayama, Saki Nakagawa, Hiroya Kobayashi, Tadashi Kunimine, Hiroshi Yoshimura, Kyosuke Sakaida, Hidefumi Sako, Soichiro Ibaragi, Tadashi Yamamoto, Hiroshi Maeda, Seiji Suga, Shogo Takashiba

    Heliyon   4 ( 11 )   e00979   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Control of bacterial infection-induced inflammatory responses is one of the effective therapeutic approaches of periodontal diseases. Natural products such as lipid mediators and metabolites from microorganisms have been used for decreasing inflammation. We previously reported that (+)-terrein inhibited activation of STAT3 and ERK1/2 in interleukin-6 (IL-6) signaling cascade, leading to prevent vascular endothelial growth factor (VEGF) secretion in human gingival fibroblasts (HGFs). However, little is still known about the role of (+)-terrein on inflammatory responses. In this study, we provided the possibility of novel action that (+)-terrein inhibits activation of Janus-activated kinase 1 (JAK1), which has a central function in IL-6 signaling cascade, and alters expression of mRNAs and proteins induced by IL-6/soluble IL-6 receptor (sIL-6R) stimulation in HGFs. First, we performed PCR array to examine IL-6/sIL-6R-induced mRNA expression, and then expression of mRNA and protein of colony stimulating factor-1 (CSF1) and VEGF were clearly determined by quantitative RT-PCR and ELISA, respectively. Treatment with (+)-terrein suppressed expression of mRNA and protein of CSF1 and VEGF by IL-6/sIL-6R stimulation. Next, to test the effect of (+)-terrein on IL-6/sIL-6R signaling cascade, we demonstrated whether (+)-terrein affects phosphorylation of JAK1 and its downstream proteins, Akt and SHP-2. Western blotting revealed that (+)-terrein inhibited IL-6/sIL-6R-induced phosphorylation of JAK1, Akt, and SHP-2. Therefore, (+)-terrein suppresses IL-6/sIL-6R-induced expression of CSF1 and VEGF via inhibition of JAK1, Akt, and SHP-2. Based on our results, we suggest that (+)-terrein is a candidate compound for anti-inflammatory effect associated with IL-6 signaling.

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2018.e00979

    PubMed

    researchmap

  • A novel, nontoxic iron chelator, super-polyphenol, effectively induces apoptosis in human cancer cell lines. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Xing Boyi, Sun Yingfu, Kazuhiro Omori, Akihiro Matsukawa

    Oncotarget   9 ( 67 )   32751 - 32760   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Iron chelation therapy is the main treatment for iron overload disease. Iron chelators were recently reported to be useful for cancer therapy; however, they cause side effects that make them difficult to use in some cancer patients. Thus, a novel oral iron chelator, super-polyphenol (SP), was developed for cancer therapy to decrease the side effects. SP is either water soluble or insoluble, and has different isoforms according to the number of side chains. Of these isoforms, water-soluble SP6 and SP10 appear to be the best candidates, as they have the strongest chelating abilities. In this study, we focused on the usefulness and safety of SP6 and SP10 as anti-cancer drugs, and examined their anti-cancer effects and toxicity. The results showed that SP6 and SP10 inhibited cancer cell proliferation by inducing apoptosis in HCT116, HSC-2, A549, and MCF-7 cancer cells. SP10 also inhibited tumor growth in an HCT116 xenograft model. SP6 and SP10 had no acute toxicities. An intravenous injection test revealed that SP6 and SP10 had better safety profiles than the iron chelator deferoxamine. In conclusion, SP is a novel oral iron chelator with anti-cancer effects and few adverse side effects. This is the first report of SP in the literature.

    DOI: 10.18632/oncotarget.25973

    PubMed

    researchmap

  • The KCNQ1 gene polymorphism as a shared genetic risk for rheumatoid arthritis and chronic periodontitis in Japanese adults: A pilot case-control study. 査読

    Tetsuo Kobayashi, Jun-Ichi Kido, Yuichi Ishihara, Kazuhiro Omori, Satoshi Ito, Takato Matsuura, Takashi Bando, Jun Wada, Akira Murasawa, Kiyoshi Nakazono, Akio Mitani, Shogo Takashiba, Toshihiko Nagata, Hiromasa Yoshie

    Journal of Periodontology   89 ( 3 )   315 - 324   2018年

     詳細を見る

  • Assessment of pathogenesis of infective endocarditis by plasma IgG antibody titer test against periodontal bacteria. 査読 国際誌

    Isoshima D, Yamashiro K, Matsunaga K, Shinobe M, Nakanishi N, Nakanishi I, Omori K, Yamamoto T, Takashiba S

    Clinical case reports   5 ( 10 )   1580 - 1586   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/ccr3.1066

    PubMed

    researchmap

  • IS1598 (IsPg4) distributed to abscess forming strains of Porphyromonas gingivalis may enhance virulence through upregulation of nrdD-like gene expression 査読

    New microbiologica   41 ( 1 )   52 - 60   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Synthetic Terrein Inhibits Progression of Head and Neck Cancer by Suppressing Angiogenin Production 査読

    Akane Shibata, Soichiro Ibaragi, Hiroki Mandai, Toki Tsumura, Koji Kishimoto, Tatsuo Okui, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tsuyoshi Shimo, Kazuhiro Omori, Guo-Fu Hu, Shogo Takashiba, Seiji Suga, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 5 )   2161 - 2168   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: Head and neck cancers are the fifth most common cancer type worldwide, affecting more than half a million patients annually. Development of effective therapeutic drugs is, therefore, required for this type of disease. This study assessed the effects of synthetic terrein on head and neck cancer. Materials and Methods: Synthetic terrein was prepared by using the modified Altenhach's procedure. The effect of synthetic terrein on cell proliferation of head and neck cancer cells and HUVECs was assessed. Angiogenin secretion and ribosome biogenesis were examined by ELISA and silver staining of the nucleolar organizer region. A mouse xenograft model was prepared by inoculating mice with suspensions of cells of the human head and neck cancer cell line OSC-19 subcutaneously into the dorsal region of each mouse. Ki-67, CD31 and angiogenin expression in xenografted tumors was examined by immunohistochemistry. Results: Synthetic terrein inhibited the growth of various head and neck cancer cells. In addition, an in vivo experiment revealed that synthetic terrein inhibited a xenograft tumor growth in athymic mice. Immunohistochemical analysis revealed that expression of Ki-67, CD31 and ANG was down-regulated in synthetic terrein-treated tumors, compared to controls. Synthetic terrein suppressed the ANG secretion and ribosome biogenesis in cancer cells, and cell proliferation in vascular endothelial cells. Conclusion: The mechanism underlying the anti-tumor effects of synthetic terrein against head and neck cancer consists of the inhibition of both tumor cell proliferation and angiogenesis via the suppression of ANG production.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Gingival overgrowth caused by vitamin C deficiency associated with metabolic syndrome and severe periodontal infection: a case report. 査読

    Omori K, Hanayama Y, Naruishi K, Akiyama K, Maeda H, Otsuka F, Takashiba S

    Clinical case reports   2 ( 6 )   286 - 295   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1002/ccr3.114

    PubMed

    researchmap

  • Synthetic (+)-terrein suppresses interleukin-6/soluble interleukin-6 receptor induced-secretion of vascular endothelial growth factor in human gingival fibroblasts 査読

    Hiroki Mandai, Kazuhiro Omori, Daisuke Yamamoto, Toki Tsumura, Kyouta Murota, Satoshi Yamamoto, Koichi Mitsudo, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki, Hiroshi Maeda, Shogo Takashiba, Seiji Suga

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   22 ( 19 )   5338 - 5344   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Interleukin (IL)-6 is a proinflammatory cytokine that performs a wide variety of biological functions, including important roles in the progression of chronic inflammatory diseases such as periodontal disease. (+)-Terrein, a secondary bioactive fungal metabolite isolated from Aspergillus terreus, has various biological activities; however, its anti-inflammatory effects are still unknown. The purpose of this study was to examine the effect of synthetic (+)-terrein on IL-6 signaling and related protein production in human gingival fibroblasts. To our knowledge, this study is the first to report that synthetic (+)-terrein is not cytotoxic at concentrations less than 20 mu M and suppresses IL-6/soluble IL-6 receptor (sIL-6R)-induced phosphorylation of signal transducer and activator of transcription-3, extracellular signal-regulated kinase 1/2, and c-jun N-terminal kinase 1/2-signaling proteins that are downstream of IL-6 signaling. In addition, synthetic (+)-terrein suppresses IL-6/sIL-6R-induced vascular endothelial growth factor (VEGF) secretion in a concentration-dependent manner (p &lt; 0.01). These data suggest that synthetic (+)-terrein has potential anti-IL-6 signaling activity and suppresses VEGF-associated inflammatory disease progression. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bmc.2014.07.047

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Serum antibody response to group Ⅱ chaperonin from Methanobrevibacter oralis and human chaperonin CCT. 査読

    Kimito Hirai, Hiroshi Maeda, Kazuhiro Omori, Tadashi Yamamoto, Susumu Kokeguchi, Shogo Takashiba

    Pathogens and Diseases   68 ( 1 )   12 - 19   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/2049-632X.12041

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • IMMUNE RESPONSES TO PORPHYROMONAS GINGIVALIS INFECTION SUPPRESS SYSTEMIC INFLAMMATORY RESPONSE IN EXPERIMENTAL MURINE MODEL 査読

    K. Naruishi, K. Omori, H. Maeda, N. Sonoi, K. Funakoshi, K. Hirai, M. Ishii, K. Kubo, H. Kobayashi, T. Tomiyama, D. Yamamoto, I. Tanimoto, K. Kunimatsu, S. Takashiba

    JOURNAL OF BIOLOGICAL REGULATORS AND HOMEOSTATIC AGENTS   25 ( 2 )   195 - 202   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOLIFE SAS  

    Periodontitis is localized infectious disease caused by periodontopathic bacteria such as Porphyromonas gingivalis (T: gingivalis), and the severity correlates to significance of immune responses. Recently, it has been reported that periodontitis is associated with the development of systemic disease such as diabetes and atherosclerosis because of increasing invasion of oral pathogens to the circulation. However, the association between local and systemic infectious responses is still unclear. In the present study, we examined the differences of biological responses in animals with or without bacterial infection. After Balb/c mice were infected subcutaneously with live P gingivalis W83, serum, skin and liver were collected according to experimental protocol. The skin and liver tissues were observed pathologically by haematoxylin-eosin staining, and serum IL-6 levels were measured using ELISA method. Throughout the experimental period, conditions of the mice were observed continuously. As expected, severe infiltration of leukocytes were observed at inflamed skin corresponding to the number of bacterial challenges. Although no inflammatory appearance of skin was observed, serum IL-6 levels were increased dramatically (P &lt; 0.01, Student&apos;s t-test) and liver tissues were injured in the mice without bacterial challenge. Interestingly, although severe inflammatory appearance of the skin was observed, serum IL-6 levels were not increased and no inflammatory responses were observed in the liver of the 3-times bacterially challenged group. Importantly, immunoglobulin G against P gingivalis W83 was detected in the blood of mice with 3-times bacterial challenge corresponding to improvement of weight loss and survival. In conclusion, although multiple infections develop severe localized inflammation, the immune system should be sufficient to protect the systemic inflammatory responses.

    Web of Science

    researchmap

  • Diabetes-Induced Oxidative Stress Is Mediated by Ca2+-Independent Phospholipase A2 in Neutrophils 査読

    Srinivas Ayilavarapu, Alpdogan Kantarci, Gabrielle Fredman, Oya Turkoglu, Kazuhiro Omori, Hongsheng Liu, Tomoyuki Iwata, Motohiko Yagi, Hatice Hasturk, Thomas E. Van Dyke

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY   184 ( 3 )   1507 - 1515   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS  

    Neutrophils from people with poorly controlled diabetes present a primed phenotype and secrete excessive superoxide. Phospholipase A(2) (PLA(2))-derived arachidonic acid (AA) activates the assembly of NADPH oxidase to generate superoxide anion. There is a gap in the current literature regarding which PLA(2) isoform regulates NADPH oxidase activation. The aim of this study was to identify the PLA(2) isoform involved in the regulation of superoxide generation in neutrophils and investigate if PLA(2) Mediates priming in response to pathologic hyperglycemia. Neutrophils were isolated from people with diabetes mellitus and healthy controls, and HL60 neutrophil-like cells were grown in hyperglycemic conditions. Incubating neutrophils with the Ca2+-independent PLA(2) (iPLA(2)) inhibitor bromoenol lactone (BEL) completely suppressed fMLP-induced generation of superoxide. The nonspecific actions of BEL on phosphatidic acid phosphohydrolase-1, p47(phox) phosphorylation, and apoptosis were ruled out by specific assays. Small interfering RNA knockdown of iPLA(2) inhibited superoxide generation by neutrophils. Neutrophils from people with poorly controlled diabetes and in vitro incubation of neutrophils with high glucose and the receptor for advanced glycation end products ligand S100B greatly enhanced superoxide generation compared with controls, and this was significantly inhibited by BEL. A modified iPLA(2) assay, Western blotting, and PCR confirmed that there was increased iPLA(2) activity and expression in neutrophils from people with diabetes. AA (10 mu M) partly rescued the inhibition of superoxide generation mediated by BEL, confirming that NADPH oxidase activity is, in part, regulated by AA. This study provides evidence for the role of iPLA(2) in enhanced superoxide generation in neutrophils from people with diabetes mellitus and presents an alternate pathway independent of protein kinase C and phosphatidic acid phosphohydrolase-1 hydrolase signaling. The Journal of Immunology, 2010, 184: 1507-1515.

    DOI: 10.4049/jimmunol.0901219

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Resolvin E1 Receptor Activation Signals Phosphorylation and Phagocytosis 査読

    Taisuke Ohira, Makoto Arita, Kazuhiro Omori, Antonio Recchiuti, Thomas E. Van Dyke, Charles N. Serhan

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   285 ( 5 )   3451 - 3461   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Resolvins are endogenous lipid mediators that actively regulate the resolution of acute inflammation. Resolvin E1 (RvE1; (5S, 12R, 18R)-trihydroxy-6Z, 8E, 10E, 14Z, 16E-eicosapentaenoic acid) is an endogenous anti-inflammatory and pro-resolving mediator derived from eicosapentaenoic acid that regulates leukocyte migration and enhances macrophage phagocytosis of apoptotic neutrophils to resolve inflammation. In the inflammatory milieu, RvE1 mediates counter-regulatory actions initiated via specific G protein-coupled receptors. Here, we have identified RvE1-specific signaling pathways initiated by the RvE1 receptor ChemR23. RvE1 stimulated phosphorylation of Akt that was both ligand-and receptor-dependent. RvE1 regulated Akt phosphorylation in a time (0-15 min)- and dose-dependent (0.01-100 nM) manner in human ChemR23-transfected Chinese hamster ovary cells. RvE1 stimulated phosphorylation of both Akt and a 30-kDa protein, a downstream target of Akt, identified using a phospho-Akt substrate antibody. The 30-kDa protein was identified as ribosomal protein S6, a translational regulator, and its phosphorylation was inhibited by a phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) inhibitor (wortmannin) and an ERK inhibitor (PD98059) but not by a p38-MAPK inhibitor (SB203580). Ribosomal protein S6 is a downstream target of the PI3K/Akt signaling pathway as well as the Raf/ERK pathway. In ChemR23-expressing differentiated HL60 cells, RvE1 also stimulated the phosphorylation of ribosomal protein S6. In addition, RvE1 enhanced phagocytosis of zymosanAby human macrophages, which are inhibited by PD98059 and rapamycin (mTOR inhibitor). These results indicate that RvE1 initiates direct activation of ChemR23 and signals receptor-dependent phosphorylation. These phosphorylation-signaling pathways identified for RvE1 receptor-ligand interactions underscore the importance of endogenous pro-resolving agonists in resolving acute inflammation.

    DOI: 10.1074/jbc.M109.044131

    Web of Science

    researchmap

  • PDK1 Regulates Chemotaxis in Human Neutrophils 査読

    M. Yagi, A. Kantarci, T. Iwata, K. Omori, S. Ayilavarapu, K. Ito, H. Hasturk, T. E. Van Dyke

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   88 ( 12 )   1119 - 1124   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS INC  

    Phosphoinositide-dependent kinase (PDK1) plays a central role in signal transduction mediated by phosphatidylinositol 3-kinases (PI3K) and regulates cellular functions in neutrophils. Neutrophils from individuals diagnosed with localized aggressive periodontitis (LAP) present an in vivo phenotype with depressed chemotaxis. The aim of this study was to test the hypothesis that PDK1 regulates chemotaxis in neutrophils and is responsible for the abnormal neutrophil chemotaxis LAP. Neutrophil chemotaxis was significantly suppressed by the PDK1 inhibitor staurosporine. When cells were transfected with PDK1 siRNA, there was a significant reduction in chemotaxis, while superoxide generation was not significantly affected. In primary neutrophils from persons with LAP, PDK1 expression and activation levels were significantly reduced, and this reduction was associated with the reduced phosphorylation of Akt (Thr308) and chemotaxis. Analysis of these data demonstrates that PDK1 is essential for the chemotactic migration of neutrophils, and in the absence of PDK1, neutrophil chemotaxis is impaired.

    DOI: 10.1177/0022034509349402

    Web of Science

    researchmap

  • An endogenous regulator of inflammation, resolvin E1, modulates osteoclast differentiation and bone resorption 査読

    B. S. Herrera, T. Ohira, L. Gao, K. Omori, R. Yang, M. Zhu, M. N. Muscara, C. N. Serhan, T. E. Van Dyke, R. Gyurko

    BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY   155 ( 8 )   1214 - 1223   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Background and purpose: The inflammation-resolving lipid mediator resolvin E1 (RvE1) effectively stops inflammation-induced bone loss in vivo in experimental periodontitis. It was of interest to determine whether RvE1 has direct actions on osteoclast (OC) development and bone resorption.
    Experimental approach: Primary OC cultures derived from mouse bone marrow were treated with RvE1 and analysed for OC differentiation, cell survival and bone substrate resorption. Receptor binding was measured using radiolabelled RvE1. Nuclear factor (NF)-kappa B activation and Akt phosphorylation were determined with western blotting. Lipid mediator production was assessed with liquid chromatography tandem mass spectrometry.
    Key results: OC growth and resorption pit formation were markedly decreased in the presence of RvE1. OC differentiation was inhibited by RvE1 as demonstrated by decreased number of multinuclear OC, a delay in the time course of OC development and attenuation of receptor activator of NF-kappa B ligand-induced nuclear translocation of the p50 subunit of NF-kappa B. OC survival and apoptosis were not altered by RvE1. Messenger RNA for both receptors of RvE1, ChemR23 and BLT(1) is expressed in OC cultures. Leukotriene B(4) (LTB(4)) competed with [(3)H] RvE1 binding on OC cell membrane preparations, and the LTB(4) antagonist U75302 prevented RvE1 inhibition of OC growth, indicating that BLT(1) mediates RvE1 actions on OC. Primary OC synthesized the RvE1 precursor 18R-hydroxy-eicosapentaenoic acid and LTB(4). Co-incubation of OC with peripheral blood neutrophils resulted in transcellular RvE1 biosynthesis.
    Conclusions and implications: These results indicate that RvE1 inhibits OC growth and bone resorption by interfering with OC differentiation. The bone-sparing actions of RvE1 are in addition to inflammation resolution, a direct action in bone remodelling.

    DOI: 10.1038/bjp.2008.367

    Web of Science

    researchmap

  • Priming of neutrophil oxidative burst in diabetes requires preassembly of the NADPH oxidase 査読

    Kazuhiro Omori, Taisuke Ohira, Yushi Uchida, Srinivas Ayilavarapu, Eraldo L. Batista, Motohiko Yagi, Tomoyuki Iwata, Hongsheng Liu, Hatice Hasturk, Alpdogan Kantarci, Thomas E. Van Dyke

    JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY   84 ( 1 )   292 - 301   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Hyperglycemia associated with diabetes mellitus results in the priming of neutrophils leading to oxidative stress that is, in part, responsible for diabetic complications. p47phox, a NADPH oxidase cytosolic subunit, is a key protein in the assembly of the NADPH oxidase leading to superoxide generation. Little is known about the priming mechanism of oxidative pathways in neutrophils of people with diabetes. In this study, the kinetics of p47phox activation was investigated by comparing neutrophils from diabetic and healthy subjects, and the mechanism of hyperglycemia- induced changes was studied by using neutrophil- like HL- 60 cells as a model. In resting neutrophils from diabetic subjects, p47phox prematurely translocates to the cell membrane and preassembles with p22phox, a NADPH oxidase membrane subunit. This premature p47phox translocation and preassembly with p22phox were also observed in HL- 60 cells cultured with high glucose ( HG; 25 mM) and with the specific ligand for the receptor for advanced glycation end products ( RAGE), S100B. Phosphorylation of ERK1/ 2, but not p38 MAPK, was the primary signaling pathway, as evidenced by PD98059 suppressing the translocation of p47phox in HL- 60 cells incubated with HG and S100B. HL- 60 cells cultured in HG and S100B exhibited a 1.8- fold increase in fMLP- induced superoxide generation compared with those cultured in normal glucose ( 5.5 mM). These data suggest that HG and increased AGE prime neutrophils and increase oxidative stress inducing the translocation of p47phox to the cell membrane and preassembly with p22phox by stimulating a RAGE- ERK1/ 2 pathway.

    DOI: 10.1189/jlb.1207832

    Web of Science

    researchmap

  • cAMP-response element binding protein (CREB) regulates cyclosporine-A-mediated down-regulation of cathepsin B and L synthesis 査読

    Kazuhiro Omori, Koji Naruishi, Tomoko Yamaguchi, Shun-Ai Li, Mayumi Yamaguchi-Morimoto, Kaori Matsuura, Hideo Arai, Kohji Takei, Shogo Takashiba

    CELL AND TISSUE RESEARCH   330 ( 1 )   75 - 82   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Cyclosporin A (CsA) is an immunosuppressant with severe side effects including gingival overgrowth. We have previously reported that CsA impairs the activity of the lysosomal enzymes cathepsin B and L in human gingival fibroblasts (HGFs). Here, we have examined the effects of CsA on the DNA-binding activity of the cyclic AMP response element-binding protein (CREB) and cell viability, and the effects of CREB on cathepsin B and L synthesis and activity in HGFs. We have confirmed that CsA down-regulates cathepsin B and L synthesis. Further, CsA has no effect on cell viability and dramatically impairs CREB-DNA binding activity. Importantly, the synthesis of cathepsin B and L is down-regulated, and their activity is also significantly impaired in HGFs transfected with plasmid expressing dominant-negative CREB. These results suggest that CREB is essential for the CsA-mediated down-regulation of cathepsin B and L synthesis in HGFs.

    DOI: 10.1007/s00441-007-0457-8

    Web of Science

    researchmap

  • Long term Cyclosporin A exposure suppresses Cathepsin-B and –L activity in gingival fibroblasts. 査読

    Mayumi Yamaguchi, Koji Naruishi, Hisa Yamada-Naruishi, Kazuhiro Omori, Fusanori Nishimura, Shogo Takashiba

    Journal of Periodontal Research   39 ( 5 )   320 - 326   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0765.2004.00746.x

    Web of Science

    researchmap

  • High glucose enhances interleukin-6-induced vascular endothelial growth factor 165 expression via activation of Gp130-mediated p44/42 MAPK-CCAAT/enhancer binding protein signaling in gingival fibroblasts 査読

    K Omori, K Naruishi, F Nishimura, H Yamada-Naruishi, S Takashiba

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   279 ( 8 )   6643 - 6649   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Diabetic patients are susceptible to severe inflammatory periodontitis manifesting as swollen gingiva with bleeding, but the underlying mechanism is not well understood. Our purpose was to determine the effect of a high glucose (HG) condition on the interleukin-6/soluble interleukin-6 receptor (IL-6/sIL-6R)-induced activation of signaling and vascular endothelial growth factor (VEGF) expression in human gingival fibroblasts (HGFs). In this study, HGFs were cultured for at least two passages under a normal glucose (NG; 5.5 mm) condition or high glucose (25 mm) condition. Importantly, the HG condition significantly induced expression of gp130 mRNA in HGFs compared with levels in control cells. Consistent with the expression of its mRNA, the HG condition also increased the expression of gp130 protein, and phosphorylation of the tyrosine residue by gp130 was enhanced significantly by IL-6/sIL-6R stimulation. Furthermore, the HG condition enhanced the IL-6/sIL-6R-induced phosphorylation of p44/42 MAPK and led to subsequent activation of CCAAT/enhancer binding protein in nuclei. In contrast, there was no significant difference in phosphorylation of JNK between the HG and NG condition. Interestingly, HGFs increased IL-6/sIL-6R,induced VEGF165 mRNA expression and VEGF165 secretion under the HG condition compared with levels under the NG condition. In contrast, the induction of VEGF165 secretion was partially inhibited by PD98059 (selective p44/42 MAPK inhibitor) under the HG condition. In addition, the VEGF165 secretion was completely inhibited by the combination of PD98059 and SP600125 (JNK inhibitor). Our findings suggest that the HG condition indirectly increases VEGF expression via activation of gp130-mediated p44/42 MAPK-CCAAT/enhancer binding protein signaling in HGFs. Thus, elevated VEGF secretion in HGFs under the HG condition may play a role in the development of the severe periodontitis observed in diabetic patients.

    DOI: 10.1074/jbc.M311688200

    Web of Science

    researchmap

  • C-jun N-terminal kinase (JNK) interleukin SP600125, blocks interleukin (IL)-6-induced vascular endothelial growth factor (VEGF) production: Cyclosporine A partially mimics this inhibitory effect 査読

    K Naruishi, F Nishimura, H Yamada-Naruishi, K Omori, M Yamaguchi, S Takashiba

    TRANSPLANTATION   76 ( 9 )   1380 - 1382   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Angiogenesis is a common complication of organtransplant rejection. One of the primary responsible molecules for enhanced angiogenesis is vascular endothelial growth factor (VEGF). Activated protein (AP)-1 is considered to play a key role in the transcription of VEGF. c-jun N-terminal kinase (JNK), one of the MAP kinase family members, plays a critical role in AP-1 activation. Thus, we tested the effect of a novel JNK inhibitor, SP600125, on VEGF production in fibroblasts. SP600125 significantly suppressed interleukin (IL)-6-induced production of VEGF in cultured fibroblasts. Cyclosporine A (CsA), a known in vitro antiangiogenic reagent, partially mimicked this suppression. In fact, CsA suppressed IL-6-induced phosphorylation of JNK. The results indicate that although both SP600125 and CsA are anti-angiogenic by inhibiting VEGF production by way of a JNK-dependent pathway, the inhibitory effect was much stronger with the novel inhibitor of JNK than with CsA.

    DOI: 10.1097/01.TP.0000085661.52980.95

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 成人先天性心疾患パーフェクトガイド Ⅵ. 4 口腔感染管理(共著)

    文光堂  2015年  ( ISBN:9784830619274

     詳細を見る

  • 患者が求める「医療安全」「院内感染」対策 第2部 Ⅵ. 感染していることがわかった患者への対応(共著)

    株式会社ヒョーロン  2014年  ( ISBN:9784864320245

     詳細を見る

  • ザ・ペリオドントロジー 第3章 検査,診断と治療 (共著)

    永末書店  2014年  ( ISBN:9784816012662

     詳細を見る

  • 臨床歯周病学 第2版 第23章 先進的な歯周検査(共著)

    医歯薬出版  2013年  ( ISBN:9784263456620

     詳細を見る

  • チェアーサイド歯科英会話 –分かる伝わるコミュニケーション!−

    株式会社吉備人出版  2010年 

     詳細を見る

MISC

  • Aggregatibacter actinomycetemcomitansに対し高い血清IgG抗体価反応を示す歯周炎患者の治療経過と病態考察

    岡本 憲太郎, 高知 信介, 小林 寛也, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   63 ( 春季特別 )   120 - 120   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 不妊治療中患者に対する血清IgG抗体価検査を用いた歯周病原細菌の感染度調査

    亀井 千晶, 大森 一弘, 佐光 秀文, 坂井田 京佑, 徳善 真砂子, 平井 公人, 小林 寛也, 山本 直史, 滝川 雅之, 三宅 貴仁, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   63 ( 春季特別 )   102 - 102   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • X連鎖性低リン血症性くる病を起因とした多発根尖性歯周炎に対し歯内療法を行った症例の病態考察

    佐光 秀文, 大森 一弘, 坂井田 京佑, 亀井 千晶, 小林 寛也, 井手口 英隆, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   154回   126 - 126   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • ω-3脂肪酸誘導体の抗炎症作用による歯髄保存の試み

    米田 光宏, Zulema Rosalia Arias Martinez, 中村 心, 岡本 憲太郎, 伊東 昌洋, 田村 和也, 井手口 英隆, 大森 一弘, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   154回   140 - 140   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 【産婦人科医も知っておきたい歯科の知識】歯周病と不妊

    大森 一弘, 高柴 正悟, 三宅 貴仁

    産科と婦人科   88 ( 4 )   465 - 469   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    歯周病は、Porphyromonas gingivalisに代表される歯周病原細菌が歯周組織に感染して発症する口腔感染症である。近年、歯周病原細菌の感染、そして、感染によって惹起された歯周炎症が不妊環境の構築に関与する可能性が示唆されはじめている。本稿では、歯周病と不妊の関連について文献的に考察するとともに、不妊治療中の重度歯周病患者に専門的治療を行うことによって自然妊娠・正常出産に至った実症例を提示しながら、その関連性を考察する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00525&link_issn=&doc_id=20210324150010&doc_link_id=%2Fae4sanke%2F2021%2F008804%2F011%2F0465b0469%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fae4sanke%2F2021%2F008804%2F011%2F0465b0469%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 森 彩乃, 山城 圭介, 大森 一弘, 小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   35 - 36   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 子宮内膜症の治療と妊娠を契機に進行したと疑われる慢性歯周炎患者の病態考察と治療経過

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 小林 寛也, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   36 - 37   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 森 彩乃, 山城 圭介, 大森 一弘, 小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   35 - 36   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 真菌代謝産物(+)-terreinがマウス骨粗鬆症モデルにおける骨代謝に及ぼす影響

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 中川 沙紀, 佐光 秀文, 亀井 千晶, 山本 総司, 小林 寛也, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   153回   36 - 36   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • インテグリンα3の選択的阻害による微小環境の構築と歯槽骨再生

    森 彩乃, 山本 直史, 河村 麻理, 井手口 英隆, 青柳 浩明, 中村 心, 岡本 憲太郎, 平井 杏奈, 山城 圭介, 大森 一弘, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   152回   142 - 142   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはTNF-αの発現を抑制し歯周炎マウスモデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 亀井 千晶, 坂井田 京佑, 山本 総司, 井手口 英隆, 小林 寛也, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   62 ( 春季特別 )   141 - 141   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯周組織再生療法の違いが歯肉縁下細菌叢に及ぼす影響 侵襲性歯周炎患者の一症例

    大森 一弘, 河野 隆幸, 新井 英雄, 小林 寛也, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   62 ( 春季特別 )   165 - 165   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯周組織の炎症と不妊との関連性を示唆する侵襲性歯周炎症例の病態生理 岡山大学病院・侵襲性歯周炎センターでの取り組み

    亀井 千晶, 大森 一弘, 小林 寛也, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   38 ( 2 )   91 - 92   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物terreinはマウス歯周病モデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 坂井田 京佑, 山本 総司, 青柳 浩明, 小林 寛也, 大野 充昭, 平井 公人, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    有病者歯科医療   28 ( 6 )   430 - 431   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物terreinはマウス骨粗鬆症モデルにおいて大腿骨吸収を抑制する

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 中川 沙紀, 佐光 秀文, 山本 総司, 小林 寛也, 平井 公人, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   61 ( 秋季特別 )   146 - 146   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯周組織の炎症と不妊の関連性を示唆するある侵襲性歯周炎患者の病態生理

    大森 一弘, 河野 隆幸, 小林 寛也, 新井 英雄, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   150回   58 - 58   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 徹底した感染管理が垂直性骨欠損を改善する要因であった重度慢性歯周炎症例

    大久保 圭祐, 高知 信介, 本郷 昌一, 河野 隆幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   61 ( 春季特別 )   152 - 152   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 子宮全摘出・卵巣片側摘出直後から急性化した重度慢性歯周炎症例の治療と病態考察

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 佐光 秀文, 小林 寛也, 高知 信介, 河野 隆幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   61 ( 春季特別 )   157 - 157   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • コラーゲン結合型塩基性線維芽細胞成長因子はコラーゲン基剤からの徐放によって歯周組織再生を促進する

    岡本 憲太郎, 中村 心, 伊東 孝, Siddiqui Yasir Dilshad, 美間 健彦, 内田 健太郎, 大森 一弘, 山本 直史, 松下 治, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   150回   113 - 113   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物terreinはマウス歯周病モデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 坂井田 京佑, 山本 総司, 青柳 浩明, 小林 寛也, 大野 充昭, 平井 公人, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    歯科薬物療法   38 ( 2 )   128 - 128   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科薬物療法学会  

    researchmap

  • 専門外来最前線 侵襲性歯周炎に対する専門外来での対応 岡山大学病院・侵襲性歯周炎センターの取り組み

    大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯科評論   79 ( 3 )   141 - 147   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

    researchmap

  • 当院における成人先天性心疾患患者の口腔状態の現況(Current Oral Condition of Patients with Adult Congenital Heart Disease in ACHD Center/Okayama University Hospital)

    大森 一弘, 杜 徳尚, 高知 信介, 山本 直史, 赤木 禎治, 伊藤 浩, 高柴 正悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   142 - 142   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院・糖尿病教育入院患者を対象とした医科歯科連携システムの概況

    清水 由梨香, 大森 一弘, 利根 淳仁, 高知 信介, 山本 直史, 和田 淳, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   37 ( 2 )   87 - 87   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 歯科用ユニット給水管路汚染対策に向けた自動注水型試験機の有効性評価

    岡本 憲太郎, 大久保 圭祐, 伊東 孝, 伊東 昌洋, 田井 真沙子, 中村 心, 山口 唯菜, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   37 ( 2 )   83 - 84   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 歯周病の炎症度を示す臨床的検査基準値の検討

    井上 裕貴, 畑中 加珠, 大森 一弘, 山本 直史, 三辺 正人, 高柴 正悟, 平田 貴久, 山本 龍生, 内藤 徹, 山本 松男, 佐藤 秀一, 石幡 浩志, 稲垣 幸司, 三谷 章雄, 中島 啓介, 漆原 譲治

    日本未病システム学会学術総会抄録集   25回   108 - 108   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本未病学会  

    researchmap

  • コラーゲン結合型塩基性線維芽細胞成長因子とコラーゲン基剤を用いた複合剤の歯周組織再生への応用

    中村 心, 伊東 孝, 松下 治, 岡本 憲太郎, 美間 健彦, 内田 健太郎, Siddiqui Yasir Dilshad, 伊東 昌洋, 田井 真砂子, 大久保 圭祐, 山城 圭介, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 秋季特別 )   115 - 115   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯周病原細菌によるヒトと伴侶動物イヌとの人獣共通感染症検査の研究

    田井 真砂子, 伊東 孝, 平山 晴子, 矢田 範夫, 小川 寛人, 田村 和也, 伊東 有希, 大久保 圭祐, 伊東 昌洋, 中村 心, 岡本 憲太郎, 平井 公人, 山城 圭介, 大森 一弘, 山本 直史, 樅木 勝巳, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 秋季特別 )   135 - 135   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎患者の血漿エクソソーム由来microRNAの発現解析

    高木 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 高知 信介, 山城 圭介, 大森 一弘, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 秋季特別 )   134 - 134   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはマウス実験的歯周炎モデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 坂井田 京佑, 山本 総司, 青柳 浩明, 小林 寛也, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   149回   150 - 150   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 上顎中切歯の歯内-歯周病変に対して部分矯正治療と自家骨移植術を行い歯科インプラント治療を回避した一症例

    鈴木 里紗, 井手口 英隆, 本郷 昌一, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 春季特別 )   144 - 144   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 性別と年齢で層別した東日本大震災後の心理社会的要因と口腔内環境との関連 福島県「県民健康調査」

    坪井 綾香, 江口 依里, 大森 一弘, 山本 直史, 伊藤 達男, 長岡 憲次郎, 大平 哲也, 荻野 景規, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 春季特別 )   120 - 120   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯科治療介入が生活習慣の改善につながった糖尿病関連性歯周炎患者の一症例

    志茂 加代子, 河村 麻理, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 春季特別 )   162 - 162   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはヒト歯肉上皮細胞におけるAggregatibacter actinomycetemcomitans刺激による細胞間接着分子の発現低下を抑制する

    中村 亜里紗, 大森 一弘, 小林 寛也, 冨川 知子, 山本 総司, 中川 沙紀, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   148回   153 - 153   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者に対する歯周病治療時の課題を実感した1症例

    高橋 麻里子, 大森 一弘, 千神 八重子, 山本 直史, 高柴 正悟

    糖尿病   61 ( 5 )   359 - 359   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 歯科用ユニット給水管路汚染対策用の注水制御シミュレータの評価

    岡本 憲太郎, 大久保 圭祐, 伊東 孝, 山本 一郎, 水谷 元, 伊東 昌洋, 田井 真沙子, 中村 心, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本口腔機能水学会誌   19 ( 1 )   34 - 35   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔機能水学会  

    researchmap

  • 多職種と連携した脳血管障害後遺症患者の管理における歯科衛生士の役割

    森本 祥代, 後藤 絢香, 大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯科評論   78 ( 2 )   123 - 131   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者に対する歯周治療の効果と課題を実感した一症例

    高橋 麻里子, 大森 一弘, 千神 八重子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯科評論   78 ( 1 )   141 - 150   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

    researchmap

  • 人工関節置換術の周術期における早期からの口腔感染管理が奏功した慢性歯周炎患者の一症例

    小川 侑子, 山本 総司, 佐藤 公麿, 峠 亜也香, 宮岡 満奈, 向井 麻里子, 児玉 由佳, 竹本 奈奈, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 秋季特別 )   232 - 232   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 家族性リポ蛋白リパーゼ欠損症および2型糖尿病に罹患した重度慢性歯周炎患者に対する非外科的歯周治療の効果を実感した一症例

    千神 八重子, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 秋季特別 )   233 - 233   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 口腔バイオフィルム感染症を制御するパウダー状の天然食品の探索

    伊東 昌洋, 伊東 孝, 河田 有祐, 塩田 康祥, 大久保 圭祐, 田井 真砂子, 中村 心, 岡本 憲太郎, 青木 秀之, 二井 広平, 宮島 彩, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 秋季特別 )   190 - 190   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 血清IgG抗体価検査がスクリーニング、早期診断および管理につながった侵襲性歯周炎患者の22年間経過症例

    大森 一弘, 大山 秀樹, 河野 隆幸, 冨川 知子, 清水 明美, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 秋季特別 )   225 - 225   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 口腔細菌の特定と口腔治療が急性椎前部膿瘍の治癒に奏功した症例

    松永 一幸, 山城 圭介, 平田 千暁, 猪原 健, 大久保 圭祐, 磯島 大地, 坂井田 京佑, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟, 竹丸 誠, 下江 豊, 栗山 勝

    日本歯周病学会会誌   59 ( 秋季特別 )   193 - 193   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯科用ユニット給水管路汚染対策用の自動注水制御シミュレータの評価

    大久保 圭祐, 伊東 孝, 山本 一郎, 水谷 元, 伊東 昌洋, 田井 真砂子, 中村 心, 岡本 憲太郎, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   147回   134 - 134   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 歯周病罹患の有無によるアテローム性動脈硬化病変の細菌叢のメタゲノム解析

    磯島 大地, 山城 圭介, 松永 一幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   147回   125 - 125   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 初回外来化学療法患者の口腔カンジダ感染量が口腔内の疼痛やQOLに及ぼす影響

    杉浦 裕子, 山城 圭介, 畑中 加珠, 高坂 由紀奈, 小倉 早妃, 益成 美保, 大森 一弘, 曽我 賢彦, 佐々木 朗, 高柴 正悟

    日本歯科衛生学会雑誌   12 ( 1 )   84 - 84   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    researchmap

  • 患者視点からの歯周組織再生療法の選択基準

    畑中 加珠, 下江 正幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   146回   170 - 170   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはRANKL誘導性破骨細胞分化におけるNFATc1の発現を抑制する

    中川 沙紀, 大森 一弘, 山本 総司, 小林 寛也, 河村 麻理, 中村 亜里紗, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   146回   54 - 54   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • インテグリンサブユニットの選択的制御による歯根膜細胞の遊走促進

    河村 麻理, 山本 直史, 山城 圭介, 平田 千暁, 青柳 浩明, 井手口 英隆, 大森 一弘, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   146回   154 - 154   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 多職種と連携した脳血管障害後遺症患者の管理における歯科衛生士の役割

    森本 祥代, 後藤 絢香, 赤枝 久美, 森石 真代, 佐藤 由美, 長島 義之, 大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 春季特別 )   172 - 172   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯周病罹患の有無によるアテローム性動脈硬化病変部のマイクロバイオームの違い

    磯島 大地, 山城 圭介, 松永 一幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 春季特別 )   142 - 142   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者に対する歯周治療の効果とSPT時の課題を実感した一症例

    高橋 麻里子, 大森 一弘, 千神 八重子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 春季特別 )   170 - 170   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 歯周炎と全身疾患(糖尿病・関節リウマチ)に共通するリスク遺伝子の解析

    小林 哲夫, 木戸 淳一, 石原 裕一, 大森 一弘, 三谷 章雄, 高柴 正悟, 永田 俊彦, 吉江 弘正

    日本歯周病学会会誌   59 ( 春季特別 )   128 - 128   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 真菌代謝産物terreinはAggregatibacter actinomycetemcomitans歯肉上皮感染時のIL-8産生を抑制する

    中村 亜里紗, 大森 一弘, 小林 寛也, 山本 総司, 中川 沙紀, 冨川 知子, 峯柴 史, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   59 ( 春季特別 )   137 - 137   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 【DH Eyes】女性特有のライフイベントを意識した広汎型侵襲性歯周炎患者に対する長期的な歯周治療支援

    日本歯科評論   123 - 131   2017年

     詳細を見る

  • 口腔細菌感染症を制御する機能性食品の探索

    伊東 昌洋, 大久保 圭祐, 伊東 孝, 河田 有祐, 塩田 康祥, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   145回   173 - 173   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 口腔バイオフィルム抑制用の多糖誘導体リン酸化プルランにおける歯面への付着と薬剤徐放性効果の機序解明

    伊東 孝, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大久保 圭祐, 伊東 昌洋, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 秋季特別 )   129 - 129   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 継続的な歯周支援治療が認知機能維持に及ぼす影響の検討 pilot study

    大森 一弘, 小林 寛也, 伊東 孝, 下江 正幸, 畑中 加珠, 園井 教裕, 福家 教子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 秋季特別 )   133 - 133   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 薬剤性歯肉増殖の病態に酸化ストレスが及ぼす影響

    坪井 綾香, 大森 一弘, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 秋季特別 )   146 - 146   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 男女・年齢別歯科関連行動と歯周病原細菌の感染度との関連

    坪井 綾香, 江口 依里, 畑中 加珠, 大森 一弘, 山本 直史, 荻野 景規, 高柴 正悟

    日本歯科医師会雑誌   69 ( 5 )   504 - 504   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 抗Porphyromonas gingivalis IgG血症の診断に関わる抗原タンパク質の選定

    田井 真砂子, 冨川 知子, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯科医師会雑誌   69 ( 5 )   453 - 453   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 歯周病原細菌に対する指尖血漿IgG抗体価検査が感染性心内膜炎(IE)の起炎菌推定に繋がった症例

    磯島 大地, 松永 一幸, 工藤 値英子, 伊東 孝, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯科医師会雑誌   69 ( 5 )   453 - 453   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 海藻由来レクチンを用いた口腔バイオフィルム感染症の制御

    塩田 康祥, 伊東 孝, 河田 有祐, 大久保 圭祐, 伊東 昌洋, 今村 幸治, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   144回   168 - 168   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 歯根・歯槽骨が吸収した下顎第二大臼歯に対する智歯移植前の根管処置症例の考察

    海老沼 孝至, 大森 一弘, 前田 博史, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   144回   137 - 137   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 多血小板血漿を併用した自家骨移植が奏功した重度慢性歯周炎患者症例の考察

    大森 一弘, 河野 隆幸, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 春季特別 )   157 - 157   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • インテグリン発現による歯根膜細胞の遊走制御

    河村 麻理, 山本 直史, 山城 圭介, 吉原 千暁, 本郷 昌一, 下江 正幸, 大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 春季特別 )   120 - 120   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terreinはヒト歯肉線維芽細胞におけるinterleukin-6誘導性SHP2-Aktシグナル活性を抑制する

    山本 総司, 大森 一弘, 後藤 絢香, 小林 寛也, 中川 沙紀, 中村 亜里紗, 冨川 知子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 春季特別 )   128 - 128   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 先天性ネフローゼ症候群患者の薬物性歯肉増殖症への対応

    梶谷 明子, 下江 正幸, 井手口 英隆, 峯柴 淳二, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   58 ( 春季特別 )   145 - 145   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者に対する医科歯科連携推進の課題

    糖尿病診療マスター   2016年

     詳細を見る

  • 新たな糖尿病合併症に迫る 糖尿病患者にとっての歯周病治療を再考する

    大森一弘, 高柴正悟

    糖尿病合併症   30 ( 2 )   198 - 201   2016年

     詳細を見る

  • 歯周病細菌に対する指尖血漿IgG抗体価検査が感染性心内膜炎の起炎菌推定に繋がった症例

    磯島 大地, 松永 一幸, 工藤 値英子, 伊東 孝, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   34 ( 2 )   71 - 72   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terreinはRANKL誘導性破骨細胞分化を抑制する

    中川 沙紀, 大森 一弘, 山本 総司, 小林 寛也, 後藤 絢香, 中村 亜里紗, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   143回   193 - 193   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 新たな糖尿病合併症に迫る 糖尿病患者にとっての歯周病治療を再考する

    大森 一弘, 高柴 正悟

    糖尿病合併症   29 ( Suppl.1 )   122 - 122   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 女性のライフイベントを意識した広汎型侵襲性歯周炎患者に対する歯周治療の支援

    高橋 明子, 大森 一弘, 三浦 留美, 下江 正幸, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   57 ( 秋季特別 )   159 - 159   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 院内腫瘍センターにおける初回外来がん化学療法患者の"口内炎症状"調査

    杉浦 裕子, 畑中 加珠, 高坂 由紀奈, 小倉 早妃, 大森 一弘, 曽我 賢彦, 苔口 進, 佐々木 朗, 田端 雅弘, 高柴 正悟

    日本歯科衛生学会雑誌   10 ( 1 )   85 - 85   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    researchmap

  • 歯周病原細菌に対する指尖血漿IgG抗体価検査が感染性心内膜炎の起炎菌推定に繋がった一症例

    磯島 大地, 松永 一幸, 工藤 値英子, 伊東 孝, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   57 ( 秋季特別 )   128 - 128   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症を伴う広汎型重度慢性歯周炎患者に対し外科的矯正治療を併用した包括的歯周治療を行った一症例

    佐藤 公麿, 下江 正幸, 河野 隆幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   57 ( 秋季特別 )   149 - 149   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • ROCK阻害剤は歯根膜細胞の遊走を促進する

    河村 麻理, 山本 直史, 吉原 千暁, 松永 一幸, 井手口 英隆, 本郷 昌一, 下江 正幸, 大森 一弘, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   142回   189 - 189   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terrein誘導体がIL-6誘導性VEGFおよびCSF-1の産生に及ぼす影響の検討

    山本 総司, 大森 一弘, 後藤 絢香, 池田 淳史, 小林 寛也, 中川 沙紀, 山本 大介, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   57 ( 春季特別 )   122 - 122   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 生体の反応を確認しつつ歯周-矯正-補綴治療を行った広汎型侵襲性歯周炎の一症例

    下江 正幸, 岩本 義博, 冨川 和哉, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   57 ( 春季特別 )   146 - 146   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 岡山県糖尿病医科・歯科連携で用いられる「歯周病セルフチェック票」の妥当性についての検討

    Diabetes Frontier   26 ( 4 )   512 - 517   2015年

     詳細を見る

  • 血清中ビタミンCの欠乏が原因の一つと考える歯肉増殖症患者の歯周治療経過

    河村 麻理, 大森 一弘, 秋山 謙太郎, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   41 - 42   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terreinはinterleukin-6誘導性colony stimulating factor-1の遺伝子発現を抑制する

    山本 総司, 大森 一弘, 後藤 絢香, 池田 淳史, 松永 一幸, 山本 大介, 山本 直史, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   141回   227 - 227   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • IL-6/sIL-6Rは歯肉線維芽細胞から活性を有するリソソーム酵素カテプシンB、Lの分泌を亢進する

    後藤 絢香, 大森 一弘, 冨川 知子, 小林 寛也, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   56 ( 秋季特別 )   116 - 116   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 血清中ビタミンCの欠乏が惹起したと考える特発性歯肉増殖症患者の歯周治療経過

    大森 一弘, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   56 ( 春季特別 )   132 - 132   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 私の研究室から 口腔感染制御からSoLAを目指す!

    大森 一弘, 前田 博史, 髙柴 正悟

    日本歯科評論   73 ( 4 )   9 - 11   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ヒョーロン・パブリッシャーズ  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Methanobrevibactor oralisおよびヒトのグループIIシャペロニンに対する免疫応答の解析

    平井 公人, 前田 博史, 山城 圭介, 大森 一弘, 峯柴 淳二, 山本 直史, 苔口 進, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   55 ( 春季特別 )   95 - 95   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 血管新生阻害物質terreinがヒト歯肉線維芽細胞における炎症性サイトカイン誘導性angiogeninおよびVEGFの産生に及ぼす影響

    山本 大介, 大森 一弘, 小林 寛也, 冨山 高史, 久保 克行, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   55 ( 春季特別 )   110 - 110   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 基礎研究から歯科臨床へ:歯周病原細菌に対する血漿IgG抗体価検査の可能性

    日本歯周病学会会誌   2013年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院糖尿病センターにおける医科歯科連携パス運営の課題

    大森 一弘, 高柴 正悟, 四方 賢一, 槇野 博史

    糖尿病合併症   26 ( Suppl.1 )   135 - 135   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 上顎側切歯にみられた歯内歯の治療評価における歯科用CT画像検査の有用性

    大森 一弘, 清水 明美, 峯柴 淳二, 河野 隆幸, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   137回   139 - 139   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 天然多糖プルランリン酸化合物と塩化セチルピリジニウム混合液が細胞と生体および口腔内細菌の変化に与える影響

    河田 有祐, 難波 尚子, 峯柴 史, 大森 一弘, 伊東 孝, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   54 ( 秋季特別 )   80 - 80   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • ヒト歯肉線維芽細胞におけるカベオリン-1を標的としたIL-6誘導性のリソソーム酵素カテプシンBとL分泌の抑制制御

    後藤 絢香, 山口 知子, 大森 一弘, 小林 寛也, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   136回   71 - 71   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • ヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6/sIL-6R誘導性Angiogenin産生に血管新生阻害薬Terreinが及ぼす影響

    山本 大介, 大森 一弘, 小林 寛也, 冨山 高史, 久保 克行, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   54 ( 春季特別 )   122 - 122   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 海外ジャーナルWatching 糖尿病患者の血糖改善に歯周治療はどの程度貢献できるのか?

    大森一弘, 高柴正悟

    Dental Diamond   2012年

     詳細を見る

  • 宿主感受性が高いと判断した侵襲性歯周炎患者の治療に血清IgG抗体価検査を指標として用いた症例

    冨山 高史, 大森 一弘, 新井 英雄, 河野 隆幸, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   53 ( 秋季特別 )   138 - 138   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 活性型MMP-3がマクロファージ様THP-1細胞の膜型IL-6受容体の発現に及ぼす影響

    小林 寛也, 大森 一弘, 成石 浩司, 山口 知子, 冨山 高史, 久保 克行, 山本 大介, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   134回   151 - 151   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • IL-6/sIL-6RはRAW264.7細胞におけるRANKL誘導性の破骨細胞分化を抑制し、IL-8の産生を亢進する

    久保 克行, 大森 一弘, 成石 浩司, 冨山 高史, 小林 寛也, 山本 大介, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   53 ( 春季特別 )   106 - 106   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • ヘルスケアプロバイダーとしての歯周病感染リスクマネジメントー歯周病再発のコントロール

    大森一弘, 高柴正悟

    DHstyle   2011年

     詳細を見る

  • 歯周病原細菌の感染による全身性炎症性反応に抗する免疫応答の意義

    成石 浩司, 園井 教裕, 大森 一弘, 前田 博史, 高柴 正悟, 國松 和司

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   133回   186 - 186   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • nrdD様遺伝子の存在は血中移行したPorphyromonas gingivalisの病原性を決定する

    園井 教裕, 前田 博史, 成石 浩司, 苔口 進, 大森 一弘, 石井 真由美, 平井 公人, 山部 こころ, 谷本 一郎, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   52 ( 秋季特別 )   86 - 86   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • MMP-3によるヒト単球系細胞株THP-1からの可溶型IL-6受容体の産生亢進

    小林 寛也, 大森 一弘, 成石 浩司, 山口 知子, 冨山 高史, 久保 克行, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   132回   33 - 33   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 歯周病と生活習慣病(疾患別検査と診断の手引き 疾患別シリーズ15)

    高柴正悟, 大森一弘

    岡山市医師会雑誌   2010年

     詳細を見る

  • 歯科領域 歯周病治療を通じて、2型糖尿病患者の行動変容を促した一症例

    大森 一弘, 佐藤 公麿, 峯柴 淳二, 曽我 賢彦, 妹尾 京子, 岡崎 惠子, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    糖尿病合併症   23 ( Suppl.1 )   101 - 101   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院糖尿病チームにおける歯科衛生士の役割

    高橋 明子, 岡崎 惠子, 羽川 操, 曽我 賢彦, 大森 一弘, 妹尾 京子, 高柴 正悟, 下野 勉

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   84 - 84   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 歯肉線維芽細胞におけるカベオリン-1および可溶性gp130を標的としたIL-6誘導性VEGF産生の抑制制御

    山口 知子, 成石 浩司, 大森 一弘, 小林 寛也, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   130回   36 - 36   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者の歯周病治療を通して患者の行動が変容した症例

    岡崎 惠子, 羽川 操, 峯柴 淳二, 大森 一弘, 妹尾 京子, 佐藤 公麿, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   51 ( 春季特別 )   123 - 123   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • IL-1αおよびIL-1βによるマウス骨芽細胞様細胞MC3T3-E1の動態におけるMAPK系の関与

    冨山 高史, 成石 浩司, 大森 一弘, 久保 克行, 前田 博史, 新井 英雄, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   129回   112 - 112   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 高グルコース状態がヒト歯肉線維芽細胞のIL-6刺激伝達系に及ぼす影響 : gp130下流シグナル伝達経路の解明

    大森 一弘, 成石 浩司, 西村 英紀, 成石 比左, 山口 万有美, 新井 英雄, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   45   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • サイクロスポリンの抗 angiogenic 効果はJNKの活性低下を介したVEGFの産生抑制による

    山口 万有美, 西村 英紀, 成石 浩司, 大森 一弘, 成石 比左, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   45   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 高グルコース状態は IL-6/sIL-6R 刺激によるヒト歯肉線維芽細胞の VEGF 産生を促進する

    大森 一弘, 成石 浩司, 西村 英紀, 成石 比左, 山口 万有美, 新井 英雄, 高柴 正悟

    日本歯科保存学雑誌   45   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • A-7-10 : 20 Supportive Periodontal Treatmentの効果を左右する因子に関する研究

    杉 典子, 清水 明美, 山崎 太士, 岡本 慎治, 矢野 亜紀, 前田 武将, 工藤 値英子, 松浦 香織, 山口 万有美, 大森 一弘, 明貝 文夫, 千原 敏裕, 中川 政嗣, 新井 英雄, 西村 英紀, 高柴 正悟, 村山 洋二

    日本歯周病学会会誌   43 ( 0 )   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本歯周病学会  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 不妊治療中患者に対する血清IgG抗体価検査を用いた歯周病原細菌の感染度調査

    亀井 千晶, 大森 一弘, 佐光 秀文, 坂井田 京佑, 徳善 真砂子, 平井 公人, 小林 寛也, 山本 直史, 滝川 雅之, 三宅 貴仁, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2021年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ω-3脂肪酸誘導体の抗炎症作用による歯髄保存の試み

    米田 光宏, Zulema Rosalia Arias Martinez, 中村 心, 岡本 憲太郎, 伊東 昌洋, 田村 和也, 井手口 英隆, 大森 一弘, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2021年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Aggregatibacter actinomycetemcomitansに対し高い血清IgG抗体価反応を示す歯周炎患者の治療経過と病態考察

    岡本 憲太郎, 高知 信介, 小林 寛也, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2021年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • X連鎖性低リン血症性くる病を起因とした多発根尖性歯周炎に対し歯内療法を行った症例の病態考察

    佐光 秀文, 大森 一弘, 坂井田 京佑, 亀井 千晶, 小林 寛也, 井手口 英隆, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2021年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 森 彩乃, 山城 圭介, 大森 一弘, 小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2020年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮内膜症の治療と妊娠を契機に進行したと疑われる慢性歯周炎患者の病態考察と治療経過

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 小林 寛也, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2020年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 森 彩乃, 山城 圭介, 大森 一弘, 小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2020年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌代謝産物(+)-terreinがマウス骨粗鬆症モデルにおける骨代謝に及ぼす影響

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 中川 沙紀, 佐光 秀文, 亀井 千晶, 山本 総司, 小林 寛也, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2020年11月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インテグリンα3の選択的阻害による微小環境の構築と歯槽骨再生

    森 彩乃, 山本 直史, 河村 麻理, 井手口 英隆, 青柳 浩明, 中村 心, 岡本 憲太郎, 平井 杏奈, 山城 圭介, 大森 一弘, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2020年6月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはTNF-αの発現を抑制し歯周炎マウスモデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 亀井 千晶, 坂井田 京佑, 山本 総司, 井手口 英隆, 小林 寛也, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2020年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周組織再生療法の違いが歯肉縁下細菌叢に及ぼす影響 侵襲性歯周炎患者の一症例

    大森 一弘, 河野 隆幸, 新井 英雄, 小林 寛也, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2020年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周組織の炎症と不妊との関連性を示唆する侵襲性歯周炎症例の病態生理 岡山大学病院・侵襲性歯周炎センターでの取り組み

    亀井 千晶, 大森 一弘, 小林 寛也, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2019年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物terreinはマウス歯周病モデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 坂井田 京佑, 山本 総司, 青柳 浩明, 小林 寛也, 大野 充昭, 平井 公人, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    有病者歯科医療  2019年12月  (一社)日本有病者歯科医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物terreinはマウス骨粗鬆症モデルにおいて大腿骨吸収を抑制する

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 中川 沙紀, 佐光 秀文, 山本 総司, 小林 寛也, 平井 公人, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2019年10月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 徹底した感染管理が垂直性骨欠損を改善する要因であった重度慢性歯周炎症例

    大久保 圭祐, 高知 信介, 本郷 昌一, 河野 隆幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2019年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮全摘出・卵巣片側摘出直後から急性化した重度慢性歯周炎症例の治療と病態考察

    坂井田 京佑, 大森 一弘, 佐光 秀文, 小林 寛也, 高知 信介, 河野 隆幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2019年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周組織の炎症と不妊の関連性を示唆するある侵襲性歯周炎患者の病態生理

    大森 一弘, 河野 隆幸, 小林 寛也, 新井 英雄, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2019年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン結合型塩基性線維芽細胞成長因子はコラーゲン基剤からの徐放によって歯周組織再生を促進する

    岡本 憲太郎, 中村 心, 伊東 孝, Siddiqui Yasir Dilshad, 美間 健彦, 内田 健太郎, 大森 一弘, 山本 直史, 松下 治, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2019年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物terreinはマウス歯周病モデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 坂井田 京佑, 山本 総司, 青柳 浩明, 小林 寛也, 大野 充昭, 平井 公人, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    歯科薬物療法  2019年3月  (一社)日本歯科薬物療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における成人先天性心疾患患者の口腔状態の現況(Current Oral Condition of Patients with Adult Congenital Heart Disease in ACHD Center/Okayama University Hospital)

    大森 一弘, 杜 徳尚, 高知 信介, 山本 直史, 赤木 禎治, 伊藤 浩, 高柴 正悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌  2019年1月  日本成人先天性心疾患学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 歯科用ユニット給水管路汚染対策に向けた自動注水型試験機の有効性評価

    岡本 憲太郎, 大久保 圭祐, 伊東 孝, 伊東 昌洋, 田井 真沙子, 中村 心, 山口 唯菜, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2018年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院・糖尿病教育入院患者を対象とした医科歯科連携システムの概況

    清水 由梨香, 大森 一弘, 利根 淳仁, 高知 信介, 山本 直史, 和田 淳, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2018年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病の炎症度を示す臨床的検査基準値の検討

    井上 裕貴, 畑中 加珠, 大森 一弘, 山本 直史, 三辺 正人, 高柴 正悟, 平田 貴久, 山本 龍生, 内藤 徹, 山本 松男, 佐藤 秀一, 石幡 浩志, 稲垣 幸司, 三谷 章雄, 中島 啓介, 漆原 譲治

    日本未病システム学会学術総会抄録集  2018年10月  (一社)日本未病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病原細菌によるヒトと伴侶動物イヌとの人獣共通感染症検査の研究

    田井 真砂子, 伊東 孝, 平山 晴子, 矢田 範夫, 小川 寛人, 田村 和也, 伊東 有希, 大久保 圭祐, 伊東 昌洋, 中村 心, 岡本 憲太郎, 平井 公人, 山城 圭介, 大森 一弘, 山本 直史, 樅木 勝巳, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2018年10月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはマウス実験的歯周炎モデルにおける歯槽骨吸収を抑制する

    佐光 秀文, 大森 一弘, 中川 沙紀, 坂井田 京佑, 山本 総司, 青柳 浩明, 小林 寛也, 山城 圭介, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2018年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン結合型塩基性線維芽細胞成長因子とコラーゲン基剤を用いた複合剤の歯周組織再生への応用

    中村 心, 伊東 孝, 松下 治, 岡本 憲太郎, 美間 健彦, 内田 健太郎, Siddiqui Yasir Dilshad, 伊東 昌洋, 田井 真砂子, 大久保 圭祐, 山城 圭介, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2018年10月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎患者の血漿エクソソーム由来microRNAの発現解析

    高木 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 高知 信介, 山城 圭介, 大森 一弘, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2018年10月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上顎中切歯の歯内-歯周病変に対して部分矯正治療と自家骨移植術を行い歯科インプラント治療を回避した一症例

    鈴木 里紗, 井手口 英隆, 本郷 昌一, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2018年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはヒト歯肉上皮細胞におけるAggregatibacter actinomycetemcomitans刺激による細胞間接着分子の発現低下を抑制する

    中村 亜里紗, 大森 一弘, 小林 寛也, 冨川 知子, 山本 総司, 中川 沙紀, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2018年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者に対する歯周病治療時の課題を実感した1症例

    高橋 麻里子, 大森 一弘, 千神 八重子, 山本 直史, 高柴 正悟

    糖尿病  2018年5月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科治療介入が生活習慣の改善につながった糖尿病関連性歯周炎患者の一症例

    志茂 加代子, 河村 麻理, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2018年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 性別と年齢で層別した東日本大震災後の心理社会的要因と口腔内環境との関連 福島県「県民健康調査」

    坪井 綾香, 江口 依里, 大森 一弘, 山本 直史, 伊藤 達男, 長岡 憲次郎, 大平 哲也, 荻野 景規, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2018年5月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科用ユニット給水管路汚染対策用の注水制御シミュレータの評価

    岡本 憲太郎, 大久保 圭祐, 伊東 孝, 山本 一郎, 水谷 元, 伊東 昌洋, 田井 真沙子, 中村 心, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本口腔機能水学会誌  2018年3月  日本口腔機能水学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔バイオフィルム感染症を制御するパウダー状の天然食品の探索

    伊東 昌洋, 伊東 孝, 河田 有祐, 塩田 康祥, 大久保 圭祐, 田井 真砂子, 中村 心, 岡本 憲太郎, 青木 秀之, 二井 広平, 宮島 彩, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年11月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人工関節置換術の周術期における早期からの口腔感染管理が奏功した慢性歯周炎患者の一症例

    小川 侑子, 山本 総司, 佐藤 公麿, 峠 亜也香, 宮岡 満奈, 向井 麻里子, 児玉 由佳, 竹本 奈奈, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年11月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 家族性リポ蛋白リパーゼ欠損症および2型糖尿病に罹患した重度慢性歯周炎患者に対する非外科的歯周治療の効果を実感した一症例

    千神 八重子, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年11月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔細菌の特定と口腔治療が急性椎前部膿瘍の治癒に奏功した症例

    松永 一幸, 山城 圭介, 平田 千暁, 猪原 健, 大久保 圭祐, 磯島 大地, 坂井田 京佑, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟, 竹丸 誠, 下江 豊, 栗山 勝

    日本歯周病学会会誌  2017年11月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血清IgG抗体価検査がスクリーニング、早期診断および管理につながった侵襲性歯周炎患者の22年間経過症例

    大森 一弘, 大山 秀樹, 河野 隆幸, 冨川 知子, 清水 明美, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年11月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科用ユニット給水管路汚染対策用の自動注水制御シミュレータの評価

    大久保 圭祐, 伊東 孝, 山本 一郎, 水谷 元, 伊東 昌洋, 田井 真砂子, 中村 心, 岡本 憲太郎, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病罹患の有無によるアテローム性動脈硬化病変の細菌叢のメタゲノム解析

    磯島 大地, 山城 圭介, 松永 一幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 初回外来化学療法患者の口腔カンジダ感染量が口腔内の疼痛やQOLに及ぼす影響

    杉浦 裕子, 山城 圭介, 畑中 加珠, 高坂 由紀奈, 小倉 早妃, 益成 美保, 大森 一弘, 曽我 賢彦, 佐々木 朗, 高柴 正悟

    日本歯科衛生学会雑誌  2017年8月  日本歯科衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インテグリンサブユニットの選択的制御による歯根膜細胞の遊走促進

    河村 麻理, 山本 直史, 山城 圭介, 平田 千暁, 青柳 浩明, 井手口 英隆, 大森 一弘, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌二次代謝産物(+)-terreinはRANKL誘導性破骨細胞分化におけるNFATc1の発現を抑制する

    中川 沙紀, 大森 一弘, 山本 総司, 小林 寛也, 河村 麻理, 中村 亜里紗, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 患者視点からの歯周組織再生療法の選択基準

    畑中 加珠, 下江 正幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2017年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者に対する歯周治療の効果とSPT時の課題を実感した一症例

    高橋 麻里子, 大森 一弘, 千神 八重子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多職種と連携した脳血管障害後遺症患者の管理における歯科衛生士の役割

    森本 祥代, 後藤 絢香, 赤枝 久美, 森石 真代, 佐藤 由美, 長島 義之, 大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌代謝産物terreinはAggregatibacter actinomycetemcomitans歯肉上皮感染時のIL-8産生を抑制する

    中村 亜里紗, 大森 一弘, 小林 寛也, 山本 総司, 中川 沙紀, 冨川 知子, 峯柴 史, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病罹患の有無によるアテローム性動脈硬化病変部のマイクロバイオームの違い

    磯島 大地, 山城 圭介, 松永 一幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2017年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周炎と全身疾患(糖尿病・関節リウマチ)に共通するリスク遺伝子の解析

    小林 哲夫, 木戸 淳一, 石原 裕一, 大森 一弘, 三谷 章雄, 高柴 正悟, 永田 俊彦, 吉江 弘正

    日本歯周病学会会誌  2017年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔細菌感染症を制御する機能性食品の探索

    伊東 昌洋, 大久保 圭祐, 伊東 孝, 河田 有祐, 塩田 康祥, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2016年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 薬剤性歯肉増殖の病態に酸化ストレスが及ぼす影響

    坪井 綾香, 大森 一弘, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔バイオフィルム抑制用の多糖誘導体リン酸化プルランにおける歯面への付着と薬剤徐放性効果の機序解明

    伊東 孝, 塩田 康祥, 河田 有祐, 大久保 圭祐, 伊東 昌洋, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 継続的な歯周支援治療が認知機能維持に及ぼす影響の検討 pilot study

    大森 一弘, 小林 寛也, 伊東 孝, 下江 正幸, 畑中 加珠, 園井 教裕, 福家 教子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 抗Porphyromonas gingivalis IgG血症の診断に関わる抗原タンパク質の選定

    田井 真砂子, 冨川 知子, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯科医師会雑誌  2016年8月  (公社)日本歯科医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病原細菌に対する指尖血漿IgG抗体価検査が感染性心内膜炎(IE)の起炎菌推定に繋がった症例

    磯島 大地, 松永 一幸, 工藤 値英子, 伊東 孝, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯科医師会雑誌  2016年8月  (公社)日本歯科医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 男女・年齢別歯科関連行動と歯周病原細菌の感染度との関連

    坪井 綾香, 江口 依里, 畑中 加珠, 大森 一弘, 山本 直史, 荻野 景規, 高柴 正悟

    日本歯科医師会雑誌  2016年8月  (公社)日本歯科医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根・歯槽骨が吸収した下顎第二大臼歯に対する智歯移植前の根管処置症例の考察

    海老沼 孝至, 大森 一弘, 前田 博史, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2016年6月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海藻由来レクチンを用いた口腔バイオフィルム感染症の制御

    塩田 康祥, 伊東 孝, 河田 有祐, 大久保 圭祐, 伊東 昌洋, 今村 幸治, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2016年6月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性ネフローゼ症候群患者の薬物性歯肉増殖症への対応

    梶谷 明子, 下江 正幸, 井手口 英隆, 峯柴 淳二, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インテグリン発現による歯根膜細胞の遊走制御

    河村 麻理, 山本 直史, 山城 圭介, 吉原 千暁, 本郷 昌一, 下江 正幸, 大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多血小板血漿を併用した自家骨移植が奏功した重度慢性歯周炎患者症例の考察

    大森 一弘, 河野 隆幸, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terreinはヒト歯肉線維芽細胞におけるinterleukin-6誘導性SHP2-Aktシグナル活性を抑制する

    山本 総司, 大森 一弘, 後藤 絢香, 小林 寛也, 中川 沙紀, 中村 亜里紗, 冨川 知子, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2016年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病細菌に対する指尖血漿IgG抗体価検査が感染性心内膜炎の起炎菌推定に繋がった症例

    磯島 大地, 松永 一幸, 工藤 値英子, 伊東 孝, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2015年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terreinはRANKL誘導性破骨細胞分化を抑制する

    中川 沙紀, 大森 一弘, 山本 総司, 小林 寛也, 後藤 絢香, 中村 亜里紗, 山本 直史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2015年11月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新たな糖尿病合併症に迫る 糖尿病患者にとっての歯周病治療を再考する

    大森 一弘, 高柴 正悟

    糖尿病合併症  2015年11月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病原細菌に対する指尖血漿IgG抗体価検査が感染性心内膜炎の起炎菌推定に繋がった一症例

    磯島 大地, 松永 一幸, 工藤 値英子, 伊東 孝, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2015年8月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症を伴う広汎型重度慢性歯周炎患者に対し外科的矯正治療を併用した包括的歯周治療を行った一症例

    佐藤 公麿, 下江 正幸, 河野 隆幸, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2015年8月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 女性のライフイベントを意識した広汎型侵襲性歯周炎患者に対する歯周治療の支援

    高橋 明子, 大森 一弘, 三浦 留美, 下江 正幸, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2015年8月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 院内腫瘍センターにおける初回外来がん化学療法患者の"口内炎症状"調査

    杉浦 裕子, 畑中 加珠, 高坂 由紀奈, 小倉 早妃, 大森 一弘, 曽我 賢彦, 苔口 進, 佐々木 朗, 田端 雅弘, 高柴 正悟

    日本歯科衛生学会雑誌  2015年8月  日本歯科衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ROCK阻害剤は歯根膜細胞の遊走を促進する

    河村 麻理, 山本 直史, 吉原 千暁, 松永 一幸, 井手口 英隆, 本郷 昌一, 下江 正幸, 大森 一弘, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2015年6月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体の反応を確認しつつ歯周-矯正-補綴治療を行った広汎型侵襲性歯周炎の一症例

    下江 正幸, 岩本 義博, 冨川 和哉, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2015年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terrein誘導体がIL-6誘導性VEGFおよびCSF-1の産生に及ぼす影響の検討

    山本 総司, 大森 一弘, 後藤 絢香, 池田 淳史, 小林 寛也, 中川 沙紀, 山本 大介, 山本 直史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2015年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血清中ビタミンCの欠乏が原因の一つと考える歯肉増殖症患者の歯周治療経過

    河村 麻理, 大森 一弘, 秋山 謙太郎, 下江 正幸, 山本 直史, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌  2014年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真菌由来代謝産物(+)-terreinはinterleukin-6誘導性colony stimulating factor-1の遺伝子発現を抑制する

    山本 総司, 大森 一弘, 後藤 絢香, 池田 淳史, 松永 一幸, 山本 大介, 山本 直史, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2014年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IL-6/sIL-6Rは歯肉線維芽細胞から活性を有するリソソーム酵素カテプシンB、Lの分泌を亢進する

    後藤 絢香, 大森 一弘, 冨川 知子, 小林 寛也, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2014年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血清中ビタミンCの欠乏が惹起したと考える特発性歯肉増殖症患者の歯周治療経過

    大森 一弘, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2014年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Methanobrevibactor oralisおよびヒトのグループIIシャペロニンに対する免疫応答の解析

    平井 公人, 前田 博史, 山城 圭介, 大森 一弘, 峯柴 淳二, 山本 直史, 苔口 進, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2013年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血管新生阻害物質terreinがヒト歯肉線維芽細胞における炎症性サイトカイン誘導性angiogeninおよびVEGFの産生に及ぼす影響

    山本 大介, 大森 一弘, 小林 寛也, 冨山 高史, 久保 克行, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2013年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院糖尿病センターにおける医科歯科連携パス運営の課題

    大森 一弘, 高柴 正悟, 四方 賢一, 槇野 博史

    糖尿病合併症  2012年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上顎側切歯にみられた歯内歯の治療評価における歯科用CT画像検査の有用性

    大森 一弘, 清水 明美, 峯柴 淳二, 河野 隆幸, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2012年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 天然多糖プルランリン酸化合物と塩化セチルピリジニウム混合液が細胞と生体および口腔内細菌の変化に与える影響

    河田 有祐, 難波 尚子, 峯柴 史, 大森 一弘, 伊東 孝, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2012年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒト歯肉線維芽細胞におけるカベオリン-1を標的としたIL-6誘導性のリソソーム酵素カテプシンBとL分泌の抑制制御

    後藤 絢香, 山口 知子, 大森 一弘, 小林 寛也, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2012年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6/sIL-6R誘導性Angiogenin産生に血管新生阻害薬Terreinが及ぼす影響

    山本 大介, 大森 一弘, 小林 寛也, 冨山 高史, 久保 克行, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2012年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 宿主感受性が高いと判断した侵襲性歯周炎患者の治療に血清IgG抗体価検査を指標として用いた症例

    冨山 高史, 大森 一弘, 新井 英雄, 河野 隆幸, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2011年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 活性型MMP-3がマクロファージ様THP-1細胞の膜型IL-6受容体の発現に及ぼす影響

    小林 寛也, 大森 一弘, 成石 浩司, 山口 知子, 冨山 高史, 久保 克行, 山本 大介, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2011年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IL-6/sIL-6RはRAW264.7細胞におけるRANKL誘導性の破骨細胞分化を抑制し、IL-8の産生を亢進する

    久保 克行, 大森 一弘, 成石 浩司, 冨山 高史, 小林 寛也, 山本 大介, 前田 博史, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2011年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯周病原細菌の感染による全身性炎症性反応に抗する免疫応答の意義

    成石 浩司, 園井 教裕, 大森 一弘, 前田 博史, 高柴 正悟, 國松 和司

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2010年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • nrdD様遺伝子の存在は血中移行したPorphyromonas gingivalisの病原性を決定する

    園井 教裕, 前田 博史, 成石 浩司, 苔口 進, 大森 一弘, 石井 真由美, 平井 公人, 山部 こころ, 谷本 一郎, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2010年9月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MMP-3によるヒト単球系細胞株THP-1からの可溶型IL-6受容体の産生亢進

    小林 寛也, 大森 一弘, 成石 浩司, 山口 知子, 冨山 高史, 久保 克行, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2010年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科領域 歯周病治療を通じて、2型糖尿病患者の行動変容を促した一症例

    大森 一弘, 佐藤 公麿, 峯柴 淳二, 曽我 賢彦, 妹尾 京子, 岡崎 惠子, 成石 浩司, 前田 博史, 高柴 正悟

    糖尿病合併症  2009年9月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院糖尿病チームにおける歯科衛生士の役割

    高橋 明子, 岡崎 惠子, 羽川 操, 曽我 賢彦, 大森 一弘, 妹尾 京子, 高柴 正悟, 下野 勉

    岡山歯学会雑誌  2009年6月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯肉線維芽細胞におけるカベオリン-1および可溶性gp130を標的としたIL-6誘導性VEGF産生の抑制制御

    山口 知子, 成石 浩司, 大森 一弘, 小林 寛也, 前田 博史, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2009年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖尿病患者の歯周病治療を通して患者の行動が変容した症例

    岡崎 惠子, 羽川 操, 峯柴 淳二, 大森 一弘, 妹尾 京子, 佐藤 公麿, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2009年4月  (NPO)日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IL-1αおよびIL-1βによるマウス骨芽細胞様細胞MC3T3-E1の動態におけるMAPK系の関与

    冨山 高史, 成石 浩司, 大森 一弘, 久保 克行, 前田 博史, 新井 英雄, 高柴 正悟

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2008年10月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高グルコース状態がヒト歯肉線維芽細胞のIL-6刺激伝達系に及ぼす影響 : gp130下流シグナル伝達経路の解明

    大森 一弘, 成石 浩司, 西村 英紀, 成石 比左, 山口 万有美, 新井 英雄, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2003年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月25日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • サイクロスポリンの抗 angiogenic 効果はJNKの活性低下を介したVEGFの産生抑制による

    山口 万有美, 西村 英紀, 成石 浩司, 大森 一弘, 成石 比左, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌  2003年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月25日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高グルコース状態は IL-6/sIL-6R 刺激によるヒト歯肉線維芽細胞の VEGF 産生を促進する

    大森 一弘, 成石 浩司, 西村 英紀, 成石 比左, 山口 万有美, 新井 英雄, 高柴 正悟

    日本歯科保存学雑誌  2002年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月21日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A-7-10 : 20 Supportive Periodontal Treatmentの効果を左右する因子に関する研究

    杉 典子, 清水 明美, 山崎 太士, 岡本 慎治, 矢野 亜紀, 前田 武将, 工藤 値英子, 松浦 香織, 山口 万有美, 大森 一弘, 明貝 文夫, 千原 敏裕, 中川 政嗣, 新井 英雄, 西村 英紀, 高柴 正悟, 村山 洋二

    日本歯周病学会会誌  2001年9月30日  特定非営利活動法人日本歯周病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月30日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Role of Integrin Isoforms During Migration of Periodontal Ligament Cells

    95th, International Association for Dental Research  2017年 

     詳細を見る

  • Fungal metabolite, terrein, suppresses IL-6/sIL-6R-induced CSF1 secretion in gingival fibroblasts

    95th, International Association for Dental Research  2017年 

     詳細を見る

  • 妊娠性歯周炎患者に対して細菌検査を併用しながら積極的な歯周治療を行った一症例

    日本歯周病学会・第8回中国地区臨床研修会  2016年 

     詳細を見る

  • Type-I Pepsin-Solubilized Collagen From Bohadschia Bivittata Enhanced hPDLFs Cells Viability

    94th, International Association for Dental Research  2016年 

     詳細を見る

  • 全身疾患関連性歯周炎患者の歯周治療における血液検査の必要性

    日本歯周病学会・第8回中国地区臨床研修会  2016年 

     詳細を見る

  • Natural Products for Prevention of Oral Biofilm: Effects of Abietic Acid

    63rd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research  2015年 

     詳細を見る

  • IL-6/sIL-6R enhances cathepsin-B secretion via caveolin-1-mediated ERK 1/2 in gingival fibroblasts

    93rd, International Association for Dental Research  2015年 

     詳細を見る

  • レクチンを応用した口腔感染リスクへの検査薬としての可能性

    第7回口腔検査学会総会  2014年 

     詳細を見る

  • Caveolin-1 is required for IL-6/sIL-6R-induced cathepsin secretion in gingival fibroblasts.

    91st, International Association for Dental Research  2013年 

     詳細を見る

  • Activated MMP-3 enhances sIL-6R production in macrophage like differentiated THP-1 cells

    90th International Adssoication for Dental Research  2012年 

     詳細を見る

  • 特発性歯肉増殖の発症因子を追求している一症例

    日本歯周病学会 第7回中国地区臨床研修会  2012年 

     詳細を見る

  • Safety evaluation of phosphorylated-pullulan mixed with/without CPC

    98th American Academy of Periodontology  2012年 

     詳細を見る

  • Possible mechanisms of periapical healing by IL-1alpha in osteoblastic MC3T3-E1

    90th International Adssoication for Dental Research  2012年 

     詳細を見る

  • Activated MMP-3 enhances sIL-6R production in macrophage like differentiated THP-1 cells

    59th Japanese Association for Dental Research  2011年 

     詳細を見る

  • Inhibition of IL-6/sIL-6R-induced VEGF production by sgp130 in gingival fibroblasts

    88th International Association for Dental Research  2010年 

     詳細を見る

  • Mail medicine using fingertip plasma for screening and monitoring periodontitis

    95th Annual Meeting of American Academy of Periodontology  2009年 

     詳細を見る

  • cAMP-response element binding protein (CREB) regulates cyclosporine A-mediated down-regulation of cathepsin B and L synthesis

    第30回岡山歯学会総会・学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • RvE1 receptor activation signals phosphorylation and phagocytosis in macrophages

    87th International Association for Dental Research  2009年 

     詳細を見る

  • Chronic periodontitis and severe hyperglycemia increase iPLA2 expression in neutrophils

    87th International Association for Dental Research  2009年 

     詳細を見る

  • cAMP-response element binding protein (CREB) regulates cyclosporine A-mediated down-regulation of cathepsin B and L synthesis

    2009年 

     詳細を見る

  • Role of PAK2 in localized aggressive periodontitis neutrophils

    87th International Association for Dental Research  2009年 

     詳細を見る

  • Hypoxia-induced factor 1α expression and activity in LAP PMN

    86th International Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • The expression of PDK1 is decreased in neutrophils from LAP subjects

    86th International Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • Hyperglycemia-mediated PMN priming occurs through iPLA2 activation

    86th International Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • 急性骨髄性白血病の歯周病治療における歯周病細菌の血清IgG抗体価および細菌DNA検査の応用例

    第1回口腔検査学会  2008年 

     詳細を見る

  • The reduction of caspase-3 expression delays apoptosis in LAP PMN

    86th International Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • PAK2 in superoxide generation by LAP neutrophils

    86th International Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • Resolvin E1 on PKC activity in neutrophils from LAP subjects

    37th American Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • Hyperglycemia suppress diacylglycerol kinase-α expression in human neutrophils

    37th American Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • α3β1 integrin-mediated MC3T3-E1 osteoblasts adherence induced by Interleukin-1α

    56th Japanese Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • ATLa and RevE1 suppress NADPH oxidase activity in human neutrophils

    85th International Association for Dental Research  2007年 

     詳細を見る

  • iPLA2 activates superoxide generation in neutrophils from diabetic subjects

    85th International Association for Dental Research  2007年 

     詳細を見る

  • Mechanism of RAGE expression on neutrophils in response to hyperglycemia

    85th International Association for Dental Research  2007年 

     詳細を見る

  • Lipopolysaccharide (LPS) downregulates resolvin E1 receptor ChemR23 in human monocytes/macrophages

    85th International Association for Dental Research  2007年 

     詳細を見る

  • ATLa and RevE1 suppress NADPH oxidase activity in human neutrophils

    85th International Association for Dental Research  2007年 

     詳細を見る

  • p47phox is pre-assembled in neutrophils from diabetic subjects

    85th International Association for Dental Research  2007年 

     詳細を見る

  • Hyperglycemia primes neutrophil-like HL-60 cells through p47phox and pleckstrin phosphorylation

    35th American Association for Dental Research  2006年 

     詳細を見る

  • Expression of RAGE on neutrophils in response to hyperglycemia

    35th American Association for Dental Research  2006年 

     詳細を見る

  • High glucose-mediated enhancement of IL-6-induced VEGF165 production via p44/42 MAPK-C/EBP signaling

    82nd International Association for Dental Research  2003年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 岡山歯学会奨励論文賞

    2008年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本歯科保存学会奨励論文賞

    2005年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 歯周病菌が産生するプロテアーゼによる宿主細胞応答撹乱と歯周組織破壊の分子理解

    研究課題/領域番号:21K09842  2021年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    中山 真彰, 大森 一弘, 大原 直也

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • がん化学療法に伴う口腔粘膜炎の疼痛緩和・発症制御を目指す 新規口腔粘膜保護材の開発

    2020年08月 - 2022年03月

    日本医療研究開発機構  橋渡し研究戦略的推進プログラム・シーズB 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 歯周病原細菌の感染とタンパク質シトルリン化を介する関節リウマチの病態解明

    研究課題/領域番号:20K09954  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    畑中 加珠, 大森 一弘, 高柴 正悟

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は、関節リウマチとその類似疾患患者を対象に、シトルリン化に関与する歯周病原細菌に対する血清IgG抗体価を調べることによって、歯周病原細菌の感染と関節リウマチの病態との関連を明らかにすることを目的としている。
    抗シトルリン化蛋白抗体陽性を特徴とする関節リウマチとその類似疾患で抗シトルリン化蛋白抗体陰性であるリウマチ性多発筋痛症の患者を対象とした。研究協力者である小山芳伸医師から岡山赤十字病院 膠原病患者の「検体バンク」に保存されている関節リウマチおよびリウマチ性多発筋痛症患者142名の初発時(治療前)の血清の提供を受けた。シトルリン化の関与が報告されているPorphyromonas gingivalis(Pg)およびAggregatibacter actinomycetemcomitansを含む歯周病原細菌9菌種13菌株に対する血清IgG抗体価の測定を行った。なお、既に岡山大学および岡山赤十字病院の倫理審査委員会の承認は得ている。
    抗シトルリン化蛋白抗体陽性群と陰性群で歯周病原細菌に対する血清抗体価の違いを検討したところ、陽性群とりわけ高値陽性群は陰性群と比較してPgに対する血清抗体価が高い結果となった。また、関節リウマチ患者群とリウマチ性多発筋痛症患者群とで血清抗体価を比較したところ、リウマチ患者の方がPgに対する血清抗体価が高い傾向がみられた。さらに、関節リウマチ患者に絞って、疾患活動性や治療反応性と血清抗体価との関連についても検討予定である。

    researchmap

  • APPLICATION OF RvD2 AS A REGENERATIVE DIRECT PULP CAPPING MATERIAL

    研究課題/領域番号:20K09938  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    アリアス・マルティネス スレマ・ロサリア, 大森 一弘, 山城 圭介, 高柴 正悟

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    Vital pulp therapy (VPT)’s goal is to stimulate dentin regeneration after pulp injury. The known VPT materials have issues about operability and biocompatibility. Because the best replacement tissue is the one produced by a self-defense mechanism, we target resolvin D2 (RVD2), an anti-inflammatory lipid mediator that acts at the resolution stage of inflammation. RVD2 is produced by macrophages, endothelial cells, and dental pulp stem cells. We reported that RVD2 resolves apical periodontitis promoting healing of the periapical bone lesion. RVD2 also has analgesic, angiogenesis, and bacterial clearance effects. Thus, our hypothesis is that RVD2 being a cell-produced bioactive molecule will fulfill the expectations of the “ideal” VPT material. The aim of this study in this year is to evaluate RVD2 as a VPT material. A pulpotomy in vivo model was applied using SD 8 weeks old rats. After removing coronal pulp, 4 different reagents RDV2 (1 and 10 ng/ul), PBS and Ca (OH)2 were applied into the root’s pulp. 2, 4 and 6 weeks later simple CT, micro-CT images, histological and immunohistochemistry analysis were done. Calcified tissue was observed on simple CT and micro-CT images in RVD2 and CA(OH)2 groups. H&E and Masson trichrome staining confirmed the presence of dentin regeneration in those groups. No apical periodontitis was observed in any group. Immunohistochemistry revealed the presence of GPR18 in RVD2 groups. RVD2 may promote calcified tissue formation in VPT by stimulating dentin regeneration. We need to clarify a possibility that RVD2 would be a new candidate for VPT.

    researchmap

  • 超高齢社会での応用を目指す低分子化合物terreinの標的分子の同定・機能解析

    研究課題/領域番号:19K10108  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大森 一弘, 中山 真彰, 竹内 恒, 高柴 正悟, 萬代 大樹

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    超高齢社会を迎えた我が国において,食生活を司る口腔機能を維持することは健康寿命を延伸する上で必須である。一方,8020達成率が50%を超えた現代において,高齢者の口腔内に存在する歯自体が感染源となり,口腔疾患の罹患率が上昇する新たな問題が生じている。 そのため,安全・簡便に応用できる新規口腔治療法の開発が社会的に望まれる。申請者らの研究グループは,抗菌・抗炎症作用を有する一方,極めて細胞毒性が低い真菌由来代謝産物terreinに着目し,1) 有機化学的大量合成経路の確立,2)抗IL-6効果,3)破骨細胞分化抑制効果等を報告した。しかし,terreinの作用機序(標的分子)は未だ不明であり,terreinの有益 性を検証する上で標的分子の同定は必要不可欠である。本研究では,様々な薬理作用を期待できる低分子化合物terreinの標的分子を同定し,歯内・歯周疾患モ デルを用いた機能解析を行い,terreinの新たな口腔治療薬(治療法)としての可能性を検証することを目的としている。本年度は,terreinの破骨細胞分化抑制 メカニズムの一端として、RANKL誘導性のNFATc1の発現を抑制するメカニズムの一端を解明し,報告した。従来考えていたRANKL刺激時に誘導されるNF-kB経路、 MAPKs経路に影響を与えず、PKC経路を抑制することによって破骨細胞分化を制御する可能性が示唆された。今後,terreinの標的分子をさらに同定していくにあたり,候補分子(経路)を絞り込む上で有用な結果が得られたと判断する。

    researchmap

  • 歯周病細菌が産生するプロテアーゼによる歯周組織破壊機構の解明

    研究課題/領域番号:17K11668  2017年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    中山 真彰, 大森 一弘, 後藤 和義, 大原 直也

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究の目的であるPorphyromonas gingivalisが産生するプロテアーゼ「ジンジパイン」の宿主細胞に対する作用機序を調べ、歯周病発症メカニズムの解明および歯周病関連疾患との関連性について、ジンジパインによるCOX-2発現/PGE2産生の作用解析を中心に研究を行なった。細胞内カルシウムシグナルの関与を調べるために、細胞内のカルシウム濃度を上昇させるイオノマイシンやカルシウムキレート剤であるBAPTA-AMやカルシウムチャネル阻害剤などを用いて検討した。その結果、細胞内のカルシウム濃度の上昇に応じてCOX-2発現/PGE2産生は増加し、細胞内カルシウム濃度を減少させる試薬の使用により、COX-2発現/PGE2産生は減少した。また細胞内カルシウム貯蔵に重要な器官である小胞体に存在するカルシウムチャネルの阻害剤であるThapsigardinの使用では、イオノマイシンと同様にCOX-2発現/PGE2産生は増加した。これは貯蔵するためのチャネルを阻害したことによる細胞内カルシウム濃度の上昇により、COX-2発現/PGE2産生の増加につながったと思われる。このカルシウムの濃度上昇は、ジンジパインの作用により細胞外からカルシウムが流入したと思われ、細胞内カルシウムの濃度上昇を下げるように働く細胞内カルシウムチャネルがThapsigardinにより阻害されたことで細胞内カルシウムの上昇にも繋がっており、Thapsigardin使用時より一層
    COX-2発現/PGE2産生の増加に繋がったと考えられた。したがって、ジンジパインによるCOX-2発現/PGE2産生において、細胞内カルシウムは重要な役割があることが示された。

    researchmap

  • 抗炎症性低分子化合物terreinおよびその類縁体の歯内歯周疾患治療への応用

    研究課題/領域番号:16K11549  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大森 一弘, 中山 真彰, 高柴 正悟, 萬代 大樹

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究では,抗炎症性低分子化合物terreinの炎症性骨吸収疾患(特に歯内・歯周疾患)に対する治療薬としての可能性を検討した。 その研究成果として,①新規terrein類縁体の合成に成功,破骨細胞分化抑制効果を確認した,②terreinの細胞内標的分子の一つとしてJAK1のタンパク質リン酸化を抑制することを確認した,③絹糸結紮歯周病マウスモデルにおいてterreinを腹腔投与すると有意に歯槽骨の吸収を抑制することを確認,炎症性細胞の上皮下への浸潤を抑制することを確認した。以上の結果から,低分子化合物terreinの歯内歯周疾患治療薬として応用できる可能性が示唆された。

    researchmap

  • 歯周炎・糖尿病・リウマチの共通リスクサイトカイン遺伝子の解明

    研究課題/領域番号:25253104  2013年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    吉江 弘正, 高柴 正悟, 永田 俊彦, 三谷 章雄, 石原 裕一, 小林 哲夫, 木戸 淳一, 大森 一弘, 前田 博史, 野口 俊英

      詳細を見る

    配分額:44980000円 ( 直接経費:34600000円 、 間接経費:10380000円 )

    本研究の目的は、歯周炎、糖尿病(DM)、関節リウマチ(RA)の共通リスクサイトカイン遺伝子を特定することである。慢性歯周炎(CP)併発RA185名、CP併発2型DM 149名、CP 251名、健常130名を対象に17遺伝子多型を解析した結果、2つの多型(KCNQ1 rs2237892、PADI4_104 rs174803)がCP・RA併発に有意に関連した。また、CP併発RA群ではCP非併発RA群と比べ環状シトルリン化ペプチドに対する血清抗体価が高い傾向にあることを認めた。以上から、KCNQ1とPADI4が日本人のRA・CPの共通リスク遺伝子となる可能性が示唆された。

    researchmap

  • 根尖性歯周炎に対するIL-1α/ラミニンを用いた新規治療法の開発

    研究課題/領域番号:25861801  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    大森 一弘

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    根尖性歯周炎の治癒機序は未だ不明な点が多い。本研究は,根尖病巣治癒期に発現が亢進するIL-1αとラミニンの動態に着目し,根尖部歯周組織の再生におけるIL-1αとラミニンの相互作用を検討した。MC3T3-E1細胞において,IL-1αとラミニンはFAKおよびMAPKsのリン酸化を亢進し,骨分化マーカであるtype1 collagenのmRNA発現を亢進した。ラット歯内疾患モデルに分子イメージング技術を応用し,根尖部炎症の可視化と定量化する手法を確立した。以上の結果から,IL-1αおよびラミニンの相互作用が根尖部歯周組織の再生に寄与し,歯内疾患研究における分子イメージング技術の有用性が示唆された。

    researchmap

  • 唾液腺体性幹細胞とiPS細胞を用いた唾液腺機能再生に関する研究

    研究課題/領域番号:25463217  2013年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    峯柴 淳二, 大森 一弘, 山本 直史, 高柴 正悟

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    【研究の目的】唾液は,口腔感染制御を含めて口腔内環境を保つ重要な働きを持つ。しかし唾液を分泌する唾液腺は,自己再生能が低く,障害後の機能回復は難しい。我々は,CD49F+細胞がin vitroではINHIBIN βA,INHIBIN βB,FOLLISTATINを発現することを報告している。INHIBINのβ鎖はホモ二量体を構成し,ACTIVIN分子と成る。一方FOLLISTATINは,ACTIVINに特異的に結合し,その受容体への結合を阻害する。本研究は,マウス顎下腺の主排泄導管を結紮後に解除すると顎下腺が再生することを利用し,in vivoにおいて唾液腺組織再生中のCD49F,INHIBIN βA,INHIBIN βB,そしてFOLLISTATINの発現局在の解明を目的とした。
    【研究実施計画および結果】
    マウス顎下腺の片側の排泄導管を血管結紮用クリップで結紮,他方は対照とし,6日後に結紮を解除した。結紮解除1,2,4,8,16日後の顎下腺を摘出し,パラフィン包埋切片作製の後,INHIBIN βA,INHIBIN βB,CD49FそしてFOLLISTATINの局在を免疫組織染色法で検討した。その結果,結紮解除後のどの日数でもINHIBIN βAは染色されず,INHIBIN βBとCD49fは染色された。また,結紮解除後8日目にはFOLLISTATINが染色された。さらに連続切片上で,CD49F,INHIBIN βB,そしてFOLLISTATINが同部位で染色された。以上から,結紮解除後8日目以降の唾液腺組織再生に,CD49F+細胞でのactivin-follistatin相互作用の関与を想定できる。
    以上から本研究を行った結果,マウス顎下腺主排泄導管結紮解除後8日目の導管上皮細胞で,CD49F,INHIBIN βB,FOLLISTATINが発現していることが解明された。

    researchmap

  • 前立腺癌の臓器転移に及ぼす歯周感染病巣の影響に関する基礎的研究

    研究課題/領域番号:22592312  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    谷本 一郎, 渡部 昌実, 成石 浩司, 峯柴 淳二, 大森 一弘, 高柴 正悟

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    歯周病という慢性炎症において局所で繰り返す細菌感染は,感染局所と全身において,全く逆の生体反応をもたらすことがわかった。微細な感染を繰り返すことは,たとえば敗血症になるような多量の細菌感染から,あらかじめ全身を守ることにつながっていると考えられる。慢性炎症がもたらす全身的な生体反応制御が,感染以外のがん転移という侵襲に対しても影響を及ぼしているかもしれない。

    researchmap

  • TACE-Timp3を標的とした糖尿病患者における歯周病悪化機序の解明

    研究課題/領域番号:22792083  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    大森 一弘

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    血糖コントロールが悪い糖尿病患者の歯周病は重篤化しやすいことが知られている。本研究において,高血糖状態で培養した歯肉線維芽細胞における TACE の活性および MMP-3 の産生が亢進した。さらにマクロファージ様細胞株 THP-1 において,リコンビナント活性型 MMP-3 を作用させると可溶型 IL-6 受容体(sIL-6R)の産生が有意に亢進した。以上の結果から,高血糖状態による TACE の活性亢進および MMP-3 の産生亢進は膜タンパクのシェディングを亢進し,糖尿病患者における炎症の重篤化に関与する可能性が示唆された。さらに,高血糖状態における歯肉線維芽細胞およびマクロファージ等の炎症性細胞との相互作用が IL-6シグナル伝達系の活性化に影響を与える可能性が示唆された。

    researchmap

  • HMGB1ーRAGEシグナル系を標的とした糖尿病患者における炎症悪化機序の解明

    研究課題/領域番号:21890150  2009年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    大森 一弘

      詳細を見る

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    本研究の最終目標は,糖尿病患者に頻発する歯周病悪化メカニズムを解明して,糖尿病-歯周病の相互作用の病態理論を構築することである。本研究においては,歯周組織の構築細胞の一つである歯肉線維芽細胞の動態に着目し,近年,炎症性サイトカインとしての作用が注目されているHigh mobility group box-1 (HMGB1)を標的分子として,そのレセプターの1つであるReceptor for Advanced Glycation Endoproducts (RAGE)との相互作用を明らかにした後,それら一連の細胞反応が及ぼす"高血糖"の影響を検討している。本年度は,歯肉線維芽細胞における1) 炎症性サイトカインIL-6および歯周病原生細菌由来のLPSがHMGB1の産生性に及ぼす影響の検討,2) HMGB1誘導性の細胞内シグナル伝達系に及ぼす影響の検討を行った。
    まず,歯肉線維芽細胞に対して炎症性サイトカインIL-6 (1-50ng/ml)や歯周病原生細菌Porphyromonas gingivalisおよびEscherichia coli由来のLPS(1-1000ng/ml)を時間(0-48時間)および生理的濃度依存的に作用させたが,HMGB1の産生は誘導されなかった。この結果は,申請者が当初予測していた歯肉線維芽細胞自身によるHAfCB1のオートクライン作用がないことを示唆するものと考える。次に,HMGB1のパラクライン作用の検討を行うため,リコンビナンHMGB1を用いて歯肉線維芽細胞を刺激したところ,細胞内シグナル伝達系の一つであるMAPK系タンパク質(ERK1/2)のリン酸化が濃度および時間依存的に有意に誘導されることがわかった。
    以上の結果から,炎症性細胞等によって産生されたHMGB1が歯肉線維芽細胞に対してパラクライン的に作用し,細胞活性,細胞死,そして炎症性サイトカイン産生性等に影響を及ぼす可能性が示唆された。糖尿病患者における炎症悪化のメカニズムにHMGB1が関与している可能性は非常に高く,引き続き本研究を継続していく必要があると考える。

    researchmap

  • MMP-3を標的とした糖尿病患者における歯周病悪化メカニズムの分子生物学的解明

    研究課題/領域番号:20592428  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    成石 浩司, 畑中 加珠, 高柴 正悟, 峯柴 淳二, 大森 一弘, 塩見 信行

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    糖尿病患者の歯周病が重篤化することが知られる。本研究において,高血糖状態で培養した歯肉線維芽細胞のMMP-3産生量は有意に増加した。しかし,sIL-6Rの産生性は著明に亢進しなかった。さらにTHP-1細胞において,MMP-3阻害剤の添加によってsIL-6Rの産生量が有意に抑制された。以上の事から,MMP-3産生の亢進が糖尿病患者における歯周病悪化を誘導する可能性が示唆された。さらにMMP-3がTHP-1細胞のsIL-6R産生性を亢進させることを考え合わせて,糖尿病患者における歯周病の悪化メカニズムには,歯肉線維芽細胞とマクロファージの相互作用にIL-6シグナル伝達系が関与する可能性が示唆された。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • EBMとプロフェッショナリズムへの覚醒 (2021年度) 第1学期  - 火1,火2,火3

  • 口腔感染・炎症制御学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔感染・炎症制御学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔感染・炎症制御学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔感染・炎症制御学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 学際的研究と臨床 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 歯周病治療専門学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示