2024/04/19 更新

写真a

サイトウ ケイスケ
齋藤 圭介
SAITO Keisuke
所属
社会文化科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(社会学) ( 東京大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 社会学

経歴

  • 岡山大学 学術研究院社会文化科学学域 准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 南オーストラリア大学   ホーク研究所   客員研究員

    2018年8月

      詳細を見る

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 准教授

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 明治大学   非常勤

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 明治大学   研究・知財戦略センター   客員研究員

    2015年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 関東学院大学   非常勤

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 聖学院大学   非常勤

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)   研究助手

    2013年12月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 神奈川県立保健福祉大学   Faculty of Health and Social Work   非常勤

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 武蔵大学   Faculty of Sociology   非常勤

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院   医学系研究科(医療倫理学分野)   特任研究員

    2012年12月 - 2013年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 国際ジェンダー学会   査読委員  

    2024年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 国際ジェンダー学会   若手支援WG  

    2024年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本社会学会   『社会学評論スタイルガイド』改訂WG  

    2024年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本社会学会   『社会学評論』編集委員会(委員)  

    2023年11月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本社会学会   理事選挙管理委員会(委員)  

    2023年4月 - 2023年7月   

      詳細を見る

  • 日本社会学会   代議員選挙管理委員会(委員)  

    2022年12月 - 2023年4月   

      詳細を見る

  • 関東社会学会   研究活動委員会(委員):テーマ部会「調査法」  

    2021年7月 - 2023年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本社会学会   第94回大会実行委員会(委員)  

    2021年3月 - 2021年10月   

      詳細を見る

  • 日本社会学会   第93回大会実行委員会(委員)  

    2020年8月 - 2020年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 関東社会学会   研究活動委員会(委員):テーマ部会「理論」  

    2019年7月 - 2021年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 数理社会学会   『理論と方法』査読委員  

    2019年5月 - 2019年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本社会学会   『社会学評論』編集事務局アドバイザー  

    2018年12月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本社会学会   研究活動委員会(幹事委員)  

    2018年10月 - 2021年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 関東社会学会   『年報社会学論集』査読委員  

    2017年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • ジェンダー史学会『ジェンダー史学』   査読委員  

    2014年2月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 厚生労働省委託研究・労働政策研究・研修機構   プロジェクト研究員  

    2013年12月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 東京大学人文社会系研究科『書評ソシオロゴス』誌   査読委員  

    2013年8月 - 2013年12月   

      詳細を見る

  • NPO法人 女性のセンター結   学術調査協力者  

    2012年8月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 東京大学人文社会系研究科『ソシオロゴス』誌   査読委員  

    2011年11月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本社会学会   『社会学評論』編集事務局  

    2008年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

▼全件表示

書籍等出版物

  • 射精責任

    訳:村井 理子/解説:齋藤圭介( 範囲: 解説)

    太田出版  2023年7月  ( ISBN:4778318781

     詳細を見る

    総ページ数:216  

    ASIN

    researchmap

  • 大学的岡山ガイド: こだわりの歩き方

    岡山大学文明動態学研究所( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 岡山県で結婚し、子を産み、育てる)

    昭和堂  2023年4月  ( ISBN:4812222060

     詳細を見る

    総ページ数:368   担当ページ:321-333  

    ASIN

    researchmap

  • ボディ・スタディーズ―性、人種、階級、エイジング、健康/病の身体学への招待

    田中洋美, 兼子歩, 齋藤圭介, 竹﨑一真, 平野邦輔, 平野, 邦輔

    晃洋書房  2017年5月  ( ISBN:4771027978

     詳細を見る

    総ページ数:262   担当ページ:53-72,111-130   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 質的比較分析(QCA)と関連手法入門

    石田 淳, 齋藤 圭介, 根岸 弓, 姫野 宏輔, 横山 麻衣, 脇田 彩, 横山, 麻衣, 脇田, 彩

    晃洋書房  2016年10月  ( ISBN:477102779X

     詳細を見る

    総ページ数:258   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 未来をひらく男女共同参画: ジェンダーの視点から

    西岡 正子

    ミネルヴァ書房  2016年4月  ( ISBN:4623075648

     詳細を見る

    総ページ数:192   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章 (エリア・スタディーズ140)

    小澤, 実, 中丸, 禎子, 高橋, 美野梨

    明石書店  2016年3月  ( ISBN:4750343080

     詳細を見る

    総ページ数:441   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • ケアの始まる場所 -哲学・倫理学・社会学・教育学からの11章-

    金井淑子, 竹内聖一

    ナカニシヤ出版  2015年2月  ( ISBN:4779508800

     詳細を見る

    総ページ数:254   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • よくわかるジェンダー・スタディーズ―人文社会科学から自然科学まで (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

    木村 涼子, 熊安 貴美江, 伊田 久美子

    ミネルヴァ書房  2013年3月  ( ISBN:4623065162

     詳細を見る

    総ページ数:231   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 上野千鶴子に挑む

    千田, 有紀

    勁草書房  2011年3月  ( ISBN:4326653582

     詳細を見る

    総ページ数:499   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

▼全件表示

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 生殖補助技術がもたらす男性の当事者化――男性不妊と選択的中絶をめぐる論点と争点 招待

    齋藤圭介

    第95回日本社会学会大会(シンポジウム:生殖補助技術と多様化する親密性のデザイン――親密性を再定義する実践の検討)  2022年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月12日 - 2022年11月13日

    researchmap

  • 選択的中絶と男性をめぐる論点と争点

    齋藤圭介

    国際ジェンダー学会  2022年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月2日 - 2022年9月3日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 中絶をめぐる医療・社会 (4)——中期中絶を夫婦の問題として再定義する医療者の実践とそのロジック

    齋藤圭介

    第96回 日本社会学会  2023年10月8日 

     詳細を見る

  • 夫婦の問題として再定義される中絶――出生前診断を経た中期中絶をめぐる医師のロジックに着目して

    齋藤圭介

    国際ジェンダー学会医療とジェンダー分科会第2回  2023年8月21日 

     詳細を見る

  • Assisted Reproductive Technologies Prompt Male Subjectivity in Reproduction: Issues and Controversies Surrounding Elective Abortion

    XX ISA World Congress of Sociology  2023年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 出生前診断を経た後期中絶と男性――生殖補助技術が促す男性の当事者化とその争点

    NWECフォーラム2022「男女共同参画推進フォーラム」  2022年12月17日 

     詳細を見る

  • 社会調査で明らかになること/ならないこと(社会・環境部会セッション 2020年度社会・環境部会賞受賞記念講演) 招待

    齋藤圭介

    原子力学会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 「理論という実践――ジェンダー理論は社会正義を語れるか」

    企画・司会

    関東社会学会テーマ部会A  2021年6月13日 

     詳細を見る

  • UNISA/KANTO FELLOWSHIP PROGRAM IN FOCUS 招待

    齋藤圭介

    ADVANCING JAPAN-AUSTRALIA KNOWLEDGE EXCHANGE IN THE 21 ST CENTURY  2021年6月10日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 研究例会 理論という実践――ジェンダー理論は社会正義を語れるか

    司会

    関東社会学会  2021年3月14日 

     詳細を見る

  • 査読誌に論文を掲載するためには何が必要か

    第68回関東社会学会  2020年12月13日 

     詳細を見る

  • シンポジウム「社会学への冷笑と羨望――隣接分野からのまなざし」

    司会

    第93回日本社会学会  2020年11月1日 

     詳細を見る

  • 『社会学評論』は高嶺の花か?――査読誌に投稿する執筆者の属性とその趨勢

    第93回日本社会学会大会  2020年10月31日 

     詳細を見る

  • New Development of AI and Mobility in Australia

    齋藤 圭介

    International Workshop on Australian Sociology  2019年11月2日 

     詳細を見る

  • "The Gender of Suicide: Knowledge Production, Theory and Suicidology "

    齋藤 圭介

    International Workshop, Gender Project at Okayama University  2019年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 出生前診断における夫の選択――育児に積極的にかかわっている男性へのイ ンタビュー調査から

    齋藤 圭介

    日本社会学会  2019年10月5日 

     詳細を見る

  • 出生前診断に男性はいかに向き合ってきたのか 招待

    齋藤 圭介

    生殖医療技術と男性性(IGSセミナー)  2019年7月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • AI and Digital Skills 招待

    齋藤 圭介

    Adelaide Conference (invited participant)  2019年7月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Qualitative Comparative Analysis and Method Controversy in the Social Sciences 招待

    齋藤 圭介

    International Workshop on Qualitative Comparative Analysis (QCA)  2018年10月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 男性が妊娠の当事者になるとき――男性不妊治療の専門医と男性当事者へのインタビュー調査から

    齋藤 圭介

    日本社会学会 第91回大会  2018年9月 

     詳細を見る

  • ‘Assisted Reproductive Technology (ART)' and its Effects on Masculinity’ 招待

    齋藤 圭介

    New Perspectives on the Digital Revolution: Media and Cultural Transformations in Adelaide  2018年8月8日 

     詳細を見る

  • 日本社会学会会員の専攻分野の〈近さ〉と〈遠さ〉――多次元尺度構成法を用いた時系列分析

    齋藤 圭介

    関東社会学会  2018年6月 

     詳細を見る

  • 質的比較分析はどのように経験的データを扱うべきか

    齋藤 圭介

    質的比較分析はどのように経験的データを扱うべきか 日本社会学会 第90回大会 2017 11 東京大学  2017年11月 

     詳細を見る

  • 決定論と誤差

    齋藤 圭介

    ソーシャルコンピテーション学会第7回大会  2017年9月 

     詳細を見る

  • 戦後日本の社会学者の専攻分野の重複と差異――多次元尺度構成法を用いた時系列変化に着目をして

    齋藤 圭介

    早稲田社会学会 第39回  2017年5月 

     詳細を見る

  • テーマセッション「社会学における〈質的比較分析(QCA〉)の可能性」コーディネーター・司会

    齋藤 圭介

    日本社会学会  2016年10月 

     詳細を見る

  • 男女共同参画支援施設の現状と課題――相談者と相談員をともにエンパワメントするための比較研究 招待

    齋藤 圭介

    公益財団法人・東海ジェンダー研究所  2015年9月 

     詳細を見る

  • 男女共同参画センターで働く相談員の全国調査からみる現状と課題(3)――MDSO-MSDOアプローチを用いたセンター間の多様性と共通性の視点から

    齋藤 圭介

    日本社会学会 第87回  2014年11月 

     詳細を見る

  • 日本社会学会の計量社会学的分析――もう1つの戦後社会学史

    齋藤 圭介

    ソーシャルコンピテーション学会第1回  2014年10月 

     詳細を見る

  • デートDV対応に関する東京・埼玉の学生相談室調査の報告(1)――相談室の自己満足度・自己評価の低さからみる現状と課題

    齋藤 圭介

    関東社会学会 第62回  2014年6月 

     詳細を見る

  • フェミニズム思想の依存批判は何を問題にしているのか

    齋藤 圭介

    日本社会学会 第86回  2013年10月 

     詳細を見る

  • 定量的手法による戦後日本社会学史を記述する試み

    齋藤 圭介

    定量的手法による戦後日本社会学史を記述する試み 科学社会学会 第185回 科学技術と社会の会 2013 10 東京大学 無  2013年10月 

     詳細を見る

  • 戦後日本の社会学者は何を考えてきたのか――日本社会学会『会員名簿』専攻分野の推移と『社会学評論』掲載論文タイトルの分析から

    齋藤 圭介

    関東社会学会 第61回  2013年6月 

     詳細を見る

  • フェミニズムの〈依存〉概念とジョン・ロールズの『正義論』――ケアを巡る思想潮流に着目して 日本社会学会 第85回 2012 11 札幌学院大学 無

    齋藤 圭介

    日本社会学会 第85回  2012年11月 

     詳細を見る

  • 男性学における〈家族〉の位置づけ――1980年代以降の日本の男性研究の再構成を通して

    齋藤 圭介

    日本家族社会学会 第22回  2012年9月 

     詳細を見る

  • 学会誌における若手研究者の実態――『年報社会学論集』と『社会学評論』の比較から

    齋藤 圭介

    関東社会学会 第60回  2012年6月 

     詳細を見る

  • 当事者性とヘテロセクシズム(異性愛主義批判) 招待

    齋藤 圭介

    「15年後にアンソロジー改訂版をつくるとしたら?3つの編集方針をめぐって」『「日本のフェミニズム」全12巻完結記念公開シンポジウム』(於・東京大学)  2011年1月 

     詳細を見る

  • 日本の男性学における生殖論の臨界

    齋藤 圭介

    第56回 関東社会学会 (於・首都大学東京)  2008年6月 

     詳細を見る

  • 日本の男性学における生殖論の臨界――フェミニズム以降の男性の権利と義務の再構成を通して

    齋藤 圭介

    関東社会学会 第3回 修論フォーラム (於・立教大学)  2008年6月 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 若手トップリサーチャー研究奨励賞

    2022年1月   岡山大学  

     詳細を見る

  • 第17回 社会・環境部会賞 優秀活動賞 「原子力学会誌上において社会学的視点に関する長期にわたる連載を執筆」

    2021年3月   日本原子力学会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 〈予期しない妊娠〉を経験した男性の意識と実態にかんする実証的研究

    研究課題/領域番号:23K01793  2023年 - 2027年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)  基盤研究(C)

    齋藤圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 医療実践としての人工妊娠中絶の新たなフレイム構築―出生前検査とのかかわりから

    2020年04月 - 2024年03月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)  基盤研究(B)

    菅野摂子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 日米豪の〈男らしさ〉規範の受容と抵抗――伝統的規範の変容をめぐる比較社会学

    2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    齋藤圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 瀬戸内地域研究の新生面の創出

    2019年09月 - 2021年03月

    岡山大学  次世代研究育成グループ 

    遊佐徹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • AI and Digital Skills - Adelaide Conference

    2019年07月

    University of South Australia  Hawke EU Jean Monnet Centre of Excellence 

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ジェンダーの多層性に関する領域横断的研究3

    2019年04月 - 2020年03月

    岡山大学  文学部プロジェクト研究 

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • オーストラリアの男性性規範の実態解明

    2018年08月

    関東社会学会  南オーストラリア大学ホーク研究所派遣事業 

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 女性農林漁業者の社会参画をめぐる地域の「壁」に関する経験的研究

    2018年04月 - 2023年03月

    基盤研究(B) 

    藤井 和佐

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ジェンダーの多層性に関する領域横断的研究2

    2018年04月 - 2019年03月

    岡山大学  文学部プロジェクト研究 

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 日米豪における〈男らしさ〉規範の比較社会学――男性性の文化基盤の解明

    研究課題/領域番号:17K13855  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    本研究は、文化的要因である〈男らしさ規範〉に着目し、日本の男性が抱える〈男性であること〉の規範的意識とその実態を、日米豪の比較研究から明らかにする。2年目にあたる今年度は、1年目につづき課題に関連する史料の収集と整理を行いながら、以下の研究計画に基づき、課題を遂行した。
    (1)オーストラリア(シドニー、アデレード)の現地調査をした。具体的には、8月の1ヶ月間を使い、University South Australiaのフォーク研究所に客員研究員として滞在をし、現地調査を行った。またそのさい、New Perspectives on the Digital Revolution: Media and Cultural Transformationsのフォーラムにて’Assisted Reproductive Technology (ART)' and its Effects on Masculinityのタイトルで報告を行い、現地の研究者と男性研究について意見交換を行った。
    (2)1年目に日本で行ったインタビュー調査の結果を、日本社会学会大会において「男性が妊娠の当事者になるとき――男性不妊治療の専門医と男性当事者へのインタビュー調査から」の題目にて報告をした。また、明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターの研究例会にて、「生殖の当事者とは誰か」という題目で講演会を行った。
    (3)国際比較のさいに用いる方法論であるQCAについては、Qualitative Comparative Analysis and Method Controversy in the Social Sciencesというタイトルで、International Workshop on Qualitative Comparative Analysis (QCA)にて報告を行った。

    researchmap

  • 日米豪における〈男らしさ〉規範の比較社会学――男性性の文化基盤の解明

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  若手研究における独立基盤形成支援 

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 社会調査士科目の体系的積上げカリキュラムの整備と充実化

    2017年04月 - 2018年03月

    岡山大学  教育改善経費 

    齋藤 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 男性の生殖論に向けて―出生前検査における男性の経験に関する調査

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究 16K13410 

    菅野 摂子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 男女共同参画支援施設の現状と課題――相談者と相談員をともにエンパワメントするための比較研究

    2013年07月

    東海ジェンダー研究所  東海ジェンダー研究所助成金 

      詳細を見る

  • 性別違和に関するケアと支援の現況(アジア):実態把握と文献・資料のデータベース化

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C) 24510381 

    東 優子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 生殖における男女平等言説の理論的再検討

    2011年

    東京大学  東京大学博士課程研究遂行助成金 

      詳細を見る

  • 性差の非対称性を中心とした生殖論の再構築

    2010年

    東京大学  東京大学博士課程研究遂行助成金 

      詳細を見る

  • 生殖と男性の関係のありようについての社会学的研究

    2009年

    東京大学  東京大学博士課程研究遂行助成金 

      詳細を見る

▼全件表示

その他研究活動

  • 専門社会調査士(第 A-000292 号)

     詳細を見る

  • 社会調査士(第 017787 号)

     詳細を見る

 

担当授業科目

  • ジェンダーと公正 (2023年度) 第1学期  - 火3~4

  • 人文学の論点 (2023年度) 第2学期  - 金5~6

  • 人文学入門演習(地理学・社会学・文化人類学) (2023年度) 第4学期  - 水1~2

  • 人文学概説(社会学1) (2023年度) 1・2学期  - 月3~4

  • 人文学講義(社会学a) (2023年度) 第3学期  - 火5~6

  • 基礎演習1(人間社会文化専攻) (2023年度) 前期  - その他

  • 基礎演習2(人間社会文化専攻) (2023年度) 後期  - その他

  • 実践演習(社会学) (2023年度) 1・2学期  - 月5~7

  • 実践演習(社会調査) (2023年度) 3・4学期  - 火2~4

  • 特別演習1(人間社会文化専攻) (2023年度) 前期  - その他

  • 特別演習2(人間社会文化専攻) (2023年度) 後期  - その他

  • 現代社会学 (2023年度) 特別  - その他

  • 現代社会学演習1 (2023年度) 前期  - その他

  • 現代社会学演習2 (2023年度) 特別  - その他

  • 社会学演習1 (2023年度) 前期  - 火4

  • 社会学演習2 (2023年度) 後期  - 火5

  • 課題演習(社会学) (2023年度) 1・2学期  - 火5~6

  • 課題演習(社会学) (2023年度) 3・4学期  - 火7~8

  • 課題演習(社会学) (2023年度) 3・4学期  - 火7~8

  • ジェンダーと公正 (2022年度) 第2学期  - 火3~4

  • 人文学の基礎 (2022年度) 1・2学期  - 水2

  • 人文学の基礎A (2022年度) 1・2学期  - 水2

  • 人文学の論点 (2022年度) 第2学期  - 金5~6

  • 人文学概説(社会学1) (2022年度) 1・2学期  - 木3~4

  • 人文学講義(社会学b) (2022年度) 第4学期  - 木3~4

  • 基礎演習1(人間社会文化専攻) (2022年度) 前期  - その他

  • 基礎演習2(人間社会文化専攻) (2022年度) 後期  - その他

  • 実践演習(社会学) (2022年度) 1・2学期  - 木5~7

  • 実践演習(社会調査) (2022年度) 3・4学期  - 木5~7

  • 特別演習1(人間社会文化専攻) (2022年度) 前期  - その他

  • 特別演習2(人間社会文化専攻) (2022年度) 後期  - その他

  • 現代社会学 (2022年度) 特別  - その他

  • 現代社会学演習1 (2022年度) 特別  - その他

  • 現代社会学演習2 (2022年度) 特別  - その他

  • 社会学演習1 (2022年度) 前期  - 火4

  • 社会学演習2 (2022年度) 後期  - 火4

  • 社会学2 (2022年度) 後期  - 火2

  • 課題演習(社会学) (2022年度) 1・2学期  - 火5~6

  • 課題演習(社会学) (2022年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 課題演習(社会学) (2022年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 課題演習1(SDGs学位プログラム) (2022年度) 後期  - その他

  • 課題演習2(人間社会文化専攻) (2022年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(SDGs学位プログラム) (2022年度) 後期  - その他

  • 課題演習3(SDGs学位プログラム) (2022年度) 後期  - その他

  • 課題演習4(SDGs学位プログラム) (2022年度) 後期  - その他

  • ジェンダーと公正 (2021年度) 第4学期  - 火3~4

  • 人文学の論点 (2021年度) 第2学期  - 火4

  • 人文学入門演習(地理学・社会学・文化人類学・社会文化学) (2021年度) 第4学期  - 水2

  • 人文学概説(社会学1) (2021年度) 1・2学期  - 木3~4

  • 実践演習(社会学) (2021年度) 1・2学期  - 木5~7

  • 実践演習(社会調査) (2021年度) 3・4学期  - 木5~7

  • 社会学演習 (2021年度) 前期  - 火4

  • 社会学演習 (2021年度) 後期  - 火4

  • 社会学演習1 (2021年度) 前期  - 火4

  • 社会学演習2 (2021年度) 後期  - 火4

  • 課題演習(社会学) (2021年度) 1・2学期  - 火5~6

  • 課題演習(社会学) (2021年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 課題演習(社会学) (2021年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 実践演習(社会学a) (2020年度) 第1学期  - 木5,木6,木7

  • 社会学演習 (2020年度) 前期  - 火4

  • 社会学演習1 (2020年度) 前期  - 火4

  • 課題演習(社会学) (2020年度) 第1学期  - 木3,木4

▼全件表示

 

メディア報道

  • 避妊「すべて男性に責任」、翻訳本「射精責任」が話題 緊急避妊薬、28日一部薬局販売へ 新聞・雑誌

    産経新聞  2023年11月17日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 「射精責任」が話題 望まない妊娠の原因は男性に? 授業で使う大学も テレビ・ラジオ番組

    NHK首都圏ナビ  2023年11月15日

     詳細を見る

  • 「射精責任」が話題 新聞・雑誌

    anan(2360号)  2023年8月23日

     詳細を見る

  • 風音 出産、避妊、男性も議論を 新聞・雑誌

    山陽新聞  2023年8月22日

     詳細を見る