2024/02/06 更新

写真a

イイヅカ マサヤ
飯塚 誠也
IIZUKA Masaya
所属
教育推進機構 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 質的データの分析

  • ソフトウェア

  • 主成分分析

  • Principal component analysis

  • Internet

  • Variable selection

  • インターネット

  • 変数選択

  • categorical data analysis

  • Software

研究分野

  • 情報通信 / 情報学基礎論

  • 情報通信 / 統計科学

所属学協会

 

論文

  • 研究利用可能な小論文データに基づく参照文書を利用した小論文採点手法の開発 査読

    竹内孔一, 大野雅幸, 泉仁 宏太, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    情報処理学会論文誌   62 ( 9 )   1586 - 1604   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Spatial perception for structured and unstructured data in topological data analysis 査読

    Yoshitake Kitanishi, Fumio Ishioka, Masaya Iizuka, Koji Kurihara

    Data Analysis and Rationality in a Complex World, Springer   103 - 111   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    DOI: 10.1007/978-3-030-60104-1_12

    researchmap

  • Initial value selection for the alternating least squares algorithm 査読

    Kuroda, M., Mori, Y., Iizuka, M.

    Advanced Researches in Classification and Data Science for publication   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Some Applications in Multivariate Methods with Alternating Least Squares. 査読

    Mori, Y, Katayama, H, Yoshioka, T, Kuroda, M, Iizuka, M

    Data Science, Statistics & Visualisation 2019 (DSSV2019)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • リスタートを用いた加速化交互最小二乗法による非計量主成分分析の変数選択法について

    黒田 正博, 森 裕一, 飯塚 誠也

    日本計算機統計学会大会論文集   30   159 - 162   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.30.0_159

    CiNii Article

    researchmap

  • 大学研究力評価のための書誌情報の分析

    濵田 ひろか, 森 裕一, 飯塚 誠也, 本多 啓介

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   30 ( 0 )   43 - 44   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.30.0_43

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • re-startを組み込んだ交互最小二乗法の加速法の非計量主成分分析への適用(一般セッション,セッション4B)

    黒田 正博, 森 裕一, 飯塚 誠也, 榊原 道夫

    日本計算機統計学会大会論文集   27   101 - 104   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.27.0_101

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Two-stage acceleration for non-linear PCA 査読

    Kuroda, M, Sakakihara, M, Mori, Y, Iizuka, M

    Proceedings of COMPSTAT2012   461 - 471   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Acceleration of convergence of the alternating least squares algorithm for nonlinear principal components analysis 査読

    Kuroda, M, Mori, Y, Iizuka, M, Sakakihara, M

    Principal Component Analysis   129 - 144   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Graves-Morrisによる交互最小二乗法の加速化(セッション5B)

    榊原 道夫, 黒田 正博, 森 裕一, 飯塚 誠也

    日本計算機統計学会大会論文集   26   161 - 164   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.26.0_161

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Principal components based on a subset of qualitative variables and its accelerated computational algorithm 査読

    Kuroda, M, Iizuka, M, Mori, Y, Sakakihara, M

    The Proceedings of the ISI-2011 in Dublin   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Variable selection in principal component analysis 査読

    Yuichi Mori, Masaya Iizuka, Tomoyuki Tarumi, Yutaka Tanaka

    Statistical Methods for Biostatistics and Related Fields   265 - 283   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    While there exist several criteria by which to select a reasonable subset of variables in the context of PCA, we introduce herein variable selection using criteria in Tanaka and Mori (1997)'s modified PCA (M.PCA) among others. In order to perform such variable selection via XploRe, the quantlib vaspca, which reads all the necessary quantlets for selection, is first called, and then the quantlet mpca is run using a number of selection parameters. In the first four sections we present brief explanations of variable selection in PCA, an outline of M.PCA and flows of four selection procedures, based mainly on Tanaka and Mori (1997)'s, Mori (1997), Mori, Tarumi and Tanaka (1998) and Iizuka et al. (2002a). In the last two sections, we illustrate the quantlet mpca and its performance by two numerical examples. © 2007 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.

    DOI: 10.1007/978-3-540-32691-5_14

    Scopus

    researchmap

  • コレスポンデンス分析における変数選択規準の検討(一般講演I,日本計算機統計学会第18回シンポジウム)

    森 裕一, 杜 暁東, 飯塚 誠也

    計算機統計学   18 ( 1 )   55 - 56   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.18.1_55_3

    CiNii Article

    researchmap

  • Orthogonal score estimation with variable selection in multivariate methods

    笛田 薫, 飯塚 誠也, 森 裕一

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   17   129 - 132   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.17.0_129

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 主成分分析における変数の数の決定に対する計算機集約的手法を利用した試み (<一般セッション>コンピュータ集約型統計手法(1))

    飯塚 誠也, 森 裕一, 垂水 共之, 田中 豊(

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   15   28 - 28   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.15.0_28_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • リサンプリング法を利用した固体の影響及び評価(第12回日本計算機統計学会大会報告)

    飯塚 誠也, 垂水 共之, 田中 豊

    計算機統計学   11 ( 2 )   123 - 123   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.11.2_123_1

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 統計データの視覚化

    共立出版  2013年 

     詳細を見る

  • "Handbook of Data Visualization"

    Springer  2008年 

     詳細を見る

  • Statistical Methods for Biostatistics and Related Fields

    Springer  2006年 

     詳細を見る

  • R/S-PLUSによる統計解析入門

    共立出版  2006年 

     詳細を見る

  • 統計解析環境XploRe-アプリケーションガイドー

    共立出版  2003年 

     詳細を見る

MISC

  • 小論文自動採点システム評価のための日本語小論文データの構築

    竹内孔一, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    電子情報通信学会技術研究報告(Web)   121 ( 178(NLC2021 6-17) )   2021年

     詳細を見る

  • 位相的データ解析による超多次元データ構造の可視化

    北西由武, 石岡文生, 飯塚誠也, 栗原考次

    日本計算機統計学会大会論文集   34th   2020年

     詳細を見る

  • 小論文採点支援システムにおける文字誤り検出モジュールの構築

    小畑友也, 竹内孔一, 大野雅幸, 泉仁宏太, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   25th   2019年

     詳細を見る

  • 大規模学術文献DBによる機関内・機関間の研究力の分析と活用

    飯塚誠也, 森裕一, 浜田ひろか, 南弘征

    日本計算機統計学会大会論文集   33rd   2019年

     詳細を見る

  • Improvement of Computation for Nonlinear Multivariate Methods

    Kuroda, M, Mori, Y, Iizuka, M

    The 10th Conference of the IASC-ARS/68th Annual NZSA Conference   2018年12月

     詳細を見る

  • 小論文自動採点データ構築と理解力および妥当性評価手法の構築

    大野雅幸, 泉仁宏太, 竹内孔一, 小畑友也, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   24th   2018年

     詳細を見る

  • 位相的データ解析を応用した医薬品テキスト情報からの特徴抽出のアプローチ

    北西由武, 石岡文生, 飯塚誠也, 栗原考次

    統計関連学会連合大会講演報告集   2018   2018年

     詳細を見る

  • 参照データとidfを利用した事前採点不要な小論文評価手法

    大野雅幸, 竹内孔一, 泉仁宏太, 小畑友也, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    電子情報通信学会技術研究報告   118 ( 355(NLC2018 29-34)(Web) )   2018年

     詳細を見る

  • 小論文の自動採点に向けたオープンな基本データの構築および現段階での自動採点手法の評価

    竹内孔一, 大野雅幸, 泉仁宏太, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd   2017年

     詳細を見る

  • 小論文採点支援のための関連文書取得法の考察

    泉仁宏太, 竹内孔一, 大野雅幸, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    電子情報通信学会技術研究報告   117 ( 207(NLC2017 13-34) )   2017年

     詳細を見る

  • 非計量因子分析と計算の加速化

    松田航平, 飯塚誠也, 黒田正博, 森裕一

    日本計算機統計学会大会論文集   29th   2015年

     詳細を見る

  • 尺度混在データの多変量手法

    森裕一, 黒田正博, 榊原道夫, 飯塚誠也

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   29th   2015年

     詳細を見る

  • On acceleration methods for Alternating Least Squares algorithm.

    M. Sakakihara, M. Kuroda, Y.Mori, M.Iizuka

    Conferences of the International Federation of Classification Societies 2015.   2015年

     詳細を見る

  • SD5-5 交互最小二乗法の加速化(特別セッション 交互最小二乗法のデータ解析における活用と新展開)

    森 裕一, 黒田 正博, 飯塚 誠也, 榊原 道夫

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   42   372 - 375   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非計量主成分分析における交互最小二乗法とその加速化

    黒田正博, 森裕一, 飯塚誠也, 榊原道夫

    統計関連学会連合大会講演報告集   2014   2014年

     詳細を見る

  • Alternating least squares in nonlinear principal components

    Masahiro Kuroda, Yuichi Mori, Iizuka Masaya, Michio Sakakihara

    Wiley Interdisciplinary Reviews: Computational Statistics   5 ( 6 )   456 - 464   2013年11月

     詳細を見る

    Principal components analysis (PCA) is probably the most popular descriptive multivariate method for analyzing quantitative data with ratio and interval scale measures. When applying PCA to nominal and ordinal data, the data are processed by a method such as optimal scaling, which nonlinearly transforms nominal and ordinal data into quantitative data. Therefore, PCA with optimal scaling is called nonlinear PCA. Nonlinear PCA reveals nonlinear relationships among variables with different measurement levels and therefore presents a more flexible alternative to ordinary PCA. The alternating least squares algorithm is utilized for nonlinear PCA. The algorithm alternates between optimal scaling for quantifying nominal and ordinal data and ordinary PCA for analyzing optimally scaled data. This article discusses two nonlinear PCA algorithms, namely, PRINCIPALS and PRINCALS. © 2013 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/wics.1279

    Scopus

    researchmap

  • CE3-4 非線形主成分分析の加速化:変数選択への適用(一般セッション 多変量解析)

    黒田 正博, 森 裕一, 飯塚 誠也, 榊原 道夫

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   41   204 - 207   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • リフロー型電子書籍での図・グラフの取扱い

    垂水共之, 飯塚誠也, 張梁

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   27th   2013年

     詳細を見る

  • アソシエーションルールの視覚化とアイテムの分類について

    松居俊宏, 飯塚誠也

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   27th   2013年

     詳細を見る

  • Accelerating and re-starting the alternating least squares algorithm for non-linear principal components

    the 59th World Statistics Congress (ISI2013)   2013年

     詳細を見る

  • 非計量主成分分析の加速化 : 実データへの適用(一般セッション 数学・統計(4))

    黒田 正博, 榊原 道夫, 飯塚 誠也, 森 裕一

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   40   399 - 400   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • EPUB3.0による統計教科書

    張梁, 飯塚誠也, 垂水共之

    日本計算機統計学会大会論文集   26th   2012年

     詳細を見る

  • 電子教科書における動的教材

    張梁, 飯塚誠也, 垂水共之

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   26th   2012年

     詳細を見る

  • 電子教科書の可能性について

    垂水共之, 張梁, 飯塚誠也

    統計関連学会連合大会講演報告集   2012   2012年

     詳細を見る

  • Acceleration of the alternating least squares algorithm for principal components analysis.(共著)

    Kuroda, M, Mori, Y, Izuka, M, Sakakihara, M

    Computational Statistics and Data Analysis   55 ( 1 )   143 - 153   2011年1月

     詳細を見る

  • 質的データの主成分分析と計算の加速化

    森裕一, 飯塚誠也, 黒田正博, 榊原道夫

    日本計算機統計学会大会論文集   25th   2011年

     詳細を見る

  • Variable selection in principal components analysis of qualitative data using the accelerated ALS algorithm.

    Kuroda, M, Mori, Y, Iizuka, M, Sakakihara, M

    Proceedings of the 7th conference of Asian Regional Section of IASC   83 - 83   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 交互最小二乗法の加速化-数値的検討

    黒田正博, 森裕一, 飯塚誠也, 榊原道夫

    統計関連学会連合大会講演報告集   2010   2010年

     詳細を見る

  • 交互最小二乗法におけるvector ε加速化法の改良

    黒田正博, 森裕一, 飯塚誠也, 榊原道夫

    日本計算機統計学会大会論文集   24th   2010年

     詳細を見る

  • Variable selection in multivariate methods using global score estimation

    Kaoru Fueda, Masaya Iizuka, Yuichi Mori

    Computational Statistics   24 ( 1 )   127 - 144   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    A variable selection method using global score estimation is proposed, which is applicable as a selection criterion in any multivariate method without external variables such as principal component analysis, factor analysis and correspondence analysis. This method selects a subset of variables by which we approximate the original global scores as much as possible in the context of least squares, where the global scores, e.g. principal component scores, factor scores and individual scores, are computed based on the selected variables. Global scores are usually orthogonal. Therefore, the estimated global scores should be restricted to being mutually orthogonal. According to how to satisfy that restriction, we propose three computational steps to estimate the scores. Example data is analyzed to demonstrate the performance and usefulness of the proposed method, in which the proposed algorithm is evaluated and the results obtained using four cost-saving selection procedures are compared. This example shows that combining these steps and procedures yields more accurate results quickly. © 2008 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/s00180-008-0109-9

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 主成分分析における変数選択のExcelアプリケーション

    張梁, 飯塚誠也, 森裕一

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   23rd   2009年

     詳細を見る

  • PRINCIPALSの加速化について

    黒田正博, 森裕一, 飯塚誠也, 榊原道夫

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   23rd   2009年

     詳細を見る

  • 主成分分析における交互最小二乗法の加速化

    黒田正博, 森裕一, 飯塚誠也, 榊原道夫

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   22nd   2008年

     詳細を見る

  • Accerelation of convergence of the alternating least squares algorithm for principal component analysis.

    Kuroda, M, Mori, Y, Iizuka, M, Sakakihara, M

    Program & Abstracts IASC 2008   172 - 172   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Rにおける変数選択環境について

    加藤達拡, 飯塚誠也, 森裕一

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   22nd   2008年

     詳細を見る

  • New Selection Criteria and Interface in a Variable Selection Environment VASMM.

    Mori, Y, Zhang, L, Fueda, K, Iizuka, M

    Proceedings of The 18th Symposium on Computational Statistics.   2008年

     詳細を見る

  • 交互最小二乗法を利用した変数選択について(セッションN-7(MK203) 一般セッション 数学・統計2)

    松本 喜彦, 飯塚 誠也, 森 裕一, 田中 豊

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   35   167 - 168   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • XMLによるインタラクティブな統計グラフ ─ Webベースの統計環境への活用 ─

    山本 義郎, 藤野 友和, 飯塚 誠也

    統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   55 ( 1 )   3 - 25   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計数理研究所  

    要旨あり統計データの可視化統計ソフトウェア

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 交互最小二乗法による質的データの変数選択

    松本喜彦, 飯塚誠也, 森裕一, 田中豊

    日本計算機統計学会大会論文集   21st   2007年

     詳細を見る

  • 交互最小二乗法による質的データの変数選択への試み

    森 裕一, 松本 喜彦, 飯塚 誠也, 黒田 正博

    岡山理科大学紀要, 43(A): 87-93.   43 ( A )   87 - 93   2007年

     詳細を見る

  • 合成変数の推定を利用した項目選択とその数値的検討

    森 裕一, 笛田 薫, 飯塚誠也

    岡山大学環境理工学部研究報告   12 ( 1 )   29 - 40   2007年

     詳細を見る

  • 総合指標の推定に基づく変数選択規準の考察

    笛田薫, 飯塚誠也, 森裕一, 黒田正博

    日本計算機統計学会大会論文集   20th   2006年

     詳細を見る

  • FLASHを利用した統計教育コンテンツの開発(一般講演IV,日本計算機統計学会第18回シンポジウム)

    藤野 友和, 垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 柳 貴久男, 久保田 貴文

    計算機統計学   18 ( 1 )   62 - 62   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.18.1_62_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • XMLを利用した対話的グラフ表示の試み

    飯塚誠也, 山本義郎, 藤野友和

    統計関連学会連合大会講演報告集   2006 ( CD-ROM )   2006年

     詳細を見る

  • CASE: COMPUTER ASSISTED STATISTICAL EDUCATION --- THE COURSE OF STATISTICAL EDUCATION BASED ON WEB

    Kikuo Yanagi, Tomoyuki Tarumi, Kaoru Fueda, Masaya Iizuka, Tomokazu Fujino, Takafumi Kubota

    In:COMPSTAT2006 Proceedings in Computational Statistics   2006年

     詳細を見る

  • 主成分をベースにした項目選択と評価(FA・PCA)

    森 裕一, 笛田 薫, 飯塚 誠也

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   33   238 - 241   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • コレスポンデンス分析における変数選択規準の検討

    森 裕一, 杜 暁東, 飯塚 誠也

    岡山大学環境理工学部研究報告   10 ( 1 )   49 - 56   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    Ordinary goodness of fit criteria in correspondence analysis are considered as variable selection criteria in case correspondence analysis which is one of multivariate methods without external variables can be applied. The goodness of fit criteria focused here are proportion of cumulative eigenvalues, proportion of cumulative squared-eigenvalues and proportion of cumulative off-diagonal fitness. Each criterion is applied to a couple of real data sets and evaluated with interpretation of the selection process and result (selected subset of variables). Four selection procedures such as backward elimination and forward-backward selection are also performed to compare with each other as well as with all possible selection procedure. These results illustrate that the criteria can be used as selection criteria to select a subset of variables in correspondence analysis and to assess categorical items (questions) in a survey (questionnaire).

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/11489

  • 合成変数をベースにした項目選択手法とシステムへの実装

    笛田薫, 飯塚誠也, 森裕一

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   19th   2005年

     詳細を見る

  • 統計解析と計算環境 : 手法開発の経験と今後の展望から(SGセッション2, 日本計算機統計学会第18回大会報告)

    森 裕一, 本多 啓介, 飯塚 誠也, 笛田 薫

    計算機統計学   17 ( 2 )   165 - 165   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.17.2_165_3

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 統計教育用教材の開発(日本計算機統計学会 第19回大会)

    柳 貴久男, 垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 藤野 友和, 久保田 貴文

    日本計算機統計学会大会論文集   19 ( 0 )   137 - 140   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.19.0_137

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 統計教育マルチメディア教材の開発(セッション5, 日本計算機統計学会第18回大会報告)

    柳 貴久男, 垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 藤野 友和, 久保田 貴文

    計算機統計学   17 ( 2 )   166 - 166   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.17.2_166_4

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • コレスポンデンス分析における変数選択規準の検討.

    森 裕一, 杜 暁東, 飯塚誠也

    岡山大学環境理工学部研究報告   18th   2005年

     詳細を見る

  • 統計教育用マルチメディア教材の開発

    久保田貴文, 垂水共之, 笛田薫, 飯塚誠也, 柳貴久男, 藤野友和

    統計関連学会連合大会講演報告集   2004   73 - 74   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 統計教育マルチメディア教材の開発(セッション5)

    柳 貴久男, 垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 藤野 友和, 久保田 貴文

    日本計算機統計学会大会論文集   18 ( 0 )   171 - 174   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.18.0_171

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 統計解析と計算環境 : 手法開発の経験と今後の展望から(SGセッション2)

    森 裕一, 本多 啓介, 飯塚 誠也, 笛田 薫

    日本計算機統計学会大会論文集   18 ( 0 )   151 - 154   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.18.0_151

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FLASHを利用した統計教育コンテンツの開発(一般講演IV)

    藤野 友和, 垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 柳 貴久男, 久保田 貴文

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   18 ( 0 )   91 - 94   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.18.0_91

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 統計教育のためのWeb教材(第17回日本計算機統計学会大会報告)(セッション1)

    垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 柳貴 久男, 藤野 友和

    計算機統計学   16 ( 2 )   172 - 172   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.16.2_172_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 拡張主成分の性能の評価

    飯塚誠也, 森裕一, 垂水共之, 田中豊

    計算機統計学   16 ( 2 )   2004年

     詳細を見る

  • Orthogonal score estimation with variable selection

    Mori, Y, Fueda, K, Iizuka, M

    In:COMPSTAT2004 Proceedings in Computational Statistics (Full Paper)   2004年

     詳細を見る

  • Development of the educational materials for statistics using Web,

    Iizuka, M, Tarumi, T, Yanagi, K, Fueda, K, Fujino, T

    In:COMPSTAT2004 Proceedings in Computational Statistics (Full Paper)   2004年

     詳細を見る

  • 因子分析における変数選択規準の考察(セッション3)(日本計算機統計学会第16回大会報告)

    飯塚 誠也, 森 裕一, 垂木 具之, 田中 豊

    計算機統計学   15 ( 1 )   99 - 99   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Webを利用した統計教育コンテンツの開発

    飯塚誠也, 垂水共之, 笛田薫, 柳貴久男, 藤野友和

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   17th   7 - 10   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Webを活用した統計教育教材の開発

    垂水 共之, 柳 貴久男, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 藤野 友和

    数学教育学会誌. 臨時増刊, 数学教育学会発表論文集   2003 ( 2 )   48 - 50   2003年9月

     詳細を見る

  • 統計教育のためのWeb教材

    垂水共之, 笛田薫, 飯塚誠也, 柳貴久男, 藤野友和

    日本計算機統計学会大会論文集   17th   81 - 84   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 統計教育のためのWeb教材

    柳貴久男, 垂水共之, 笛田薫, 飯塚誠也, 藤野友和

    統計関連学会連合大会講演報告集   2003   2003年

     詳細を見る

  • 多変量法における変数選択による直交スコア推定(原標題は英語)

    笛田薫, 飯塚誠也, 森裕一

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   17th   2003年

     詳細を見る

  • VARIABLE SELECTION IN MULTIVARIATE METHODS AND ITS SOFTWARE

    Masaya Iizuka

    岡山大学(博士論文)   2003年

     詳細を見る

  • COMPUTER INTENSIVE TRIALS TO DETERMINE THE NUMBER OF VARIABLES IN PCA

    Iizuka, M, Mori, Y, Tarumi, T, Tanaka, Y

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics, (ICNCB Special Issue)   2003年

     詳細を見る

  • Statistical Software VASMM for Variable Selection in Multivariate Methods

    Iizuka, M, Mori, Y, Tarumi, T, Tanaka, Y

    COMPSTAT2002 Proceedings in Computational Statistics (Full Paper) (Edited by H&auml;rdle, W. and R&ouml;nz, B.)Springer-Verlag   2003年

     詳細を見る

  • D-5 統計教育のためのWeb教材(企画セッション:ネットベースの統計環境の利用と応用)(2003年度統計関連学会連合大会記録(日本統計学会第71回大会))

    柳 貴久男, 垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也

    日本統計学会誌   33 ( 3 )   395 - 395   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本統計学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1141/00024424/

  • シミュレーションを活用した統計学教育教材とその利用

    垂水 共之, 笛田 薫, 柳貴 久男, 飯塚 誠也, 藤野 友和

    日本統計学会講演報告集   70   144 - 145   2002年9月

     詳細を見る

  • 因子分析における変数選択規準の考察

    飯塚誠也, 森裕一, 垂水共之, 田中豊

    日本計算機統計学会大会論文集   16th   2002年

     詳細を見る

  • オンライン変数選択プログラムVASMM

    飯塚誠也, 森裕一, 垂水共之, 田中豊

    統計関連学会連合大会講演報告集   2002   2002年

     詳細を見る

  • 主成分分析における変数選択プログラムのWWWへの実装

    飯塚誠也, 森裕一, 垂水共之, 田中豊

    文部科学省統計数理研究所「統計数理」   2002年

     詳細を見る

  • 主成分分析における変数選択手法の考察

    森裕一, 飯塚誠也

    岡山理科大学紀要   ( 38 )   2002年

     詳細を見る

  • C-6 オンライン変数選択プログラムVASMM

    飯塚 誠也, 森 裕一, 垂水 共之, 田中 豊

    日本統計学会誌   32 ( 3 )   359 - 359   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本統計学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1141/00024184/

  • アンケート調査データの収集と分析 : 岡山行動圏調査について

    藤野 友和, 飯塚 誠也, 垂水 共之

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   29   72 - 75   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 拡張主成分分析の評価について

    飯塚 誠也, 森 裕一, 垂水 共之, 田中 豊

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集   29   340 - 341   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本行動計量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 主成分分析における変数選択 : 選択変数の考察(第13回日本計算機統計学会大会報告)

    飯塚 誠也, 森 裕一, 垂水 共之, 田中 豊

    計算機統計学   12 ( 2 )   151 - 151   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Online Program for Statistical Computing : A Package for Variable Selection

    MORI Yuichi, IIZUKA Masaya, TARUMI Tomoyuki

    日本統計学会講演報告集   68   263 - 264   2000年7月

     詳細を見る

  • リサンプリング法による固体の影響評価(II) : 主成分分析の場合(日本計算機統計学会・第12回シンポジウム報告)

    飯塚 誠也, 垂水 共之, 田中 豊

    計算機統計学   12 ( 1 )   72 - 72   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study of Variable Selection Criteria in Data Analysis(共著)

    The 10th Japan and Korea joint Conference of Statistic   2000年

     詳細を見る

  • Statistical Software "VASPCA" for Variable Selection in Principle Component Analysis(共著)

    COMPSTAT 2000   2000年

     詳細を見る

  • Development of On-line Program for Statistical Computing(共著)

    日本計算機統計学会第14回大会論文集   2000年

     詳細を見る

  • Study of Variable Selection Criteria in Data Analysis(jointly worked)

    The 10th Japan and Korea joint Conference of Statistic   2000年

     詳細を見る

  • Statistical Software "VASPCA" for Variable Selection in Principle Component Analysis(Jointly Worked)

    COMPSTAT 2000   2000年

     詳細を見る

  • Development of On-line Program for Statistical Computing(jointly worked)

    2000年

     詳細を見る

  • B-1 Online Program for Statistical Computing : A Package for Variable Selection(日本統計学会第68回大会記録 : 統計学におけるインターネットの高度利用 (2))

    森 裕一, 飯塚 誠也, 垂水 共之

    日本統計学会誌   30 ( 3 )   358 - 358   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本統計学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1141/00023824/

  • 変数選択プログラムVASPCA/Web

    飯塚誠也, 森裕一, 垂水共之, 田中豊

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   13th   1999年

     詳細を見る

  • 主成分分析における変数選択 選択変数の考察

    飯塚誠也, 森裕一, 垂水共之, 田中豊

    日本計算機統計学会大会論文集   13th   1999年

     詳細を見る

  • Principal Component Aralysis Based on a Subset of Variables(共著)

    Bulletin of 52nd Session of International Statistical Institute,Contributed Papers.2,/133-334   1999年

     詳細を見る

  • Principal Component Aralysis Based on a Subset of Variables(jointly worked)

    Bulletin of 52nd Session of International Statistical Institute,Contributed Papers.2,/133-334   1999年

     詳細を見る

  • リサンプリング法を利用した個体の影響及び評価

    飯塚誠也, 垂水共之, 田中豊

    日本計算機統計学会大会論文集   12th   1998年

     詳細を見る

  • リサンプリング法を利用した個体の影響及び評価 (II) 主成分分析の場合

    飯塚誠也, 垂水共之, 田中豊

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   12th   1998年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大学研究力評価のための書誌情報の分析

    濵田 ひろか, 森 裕一, 飯塚 誠也, 本多 啓介

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集  2016年  日本計算機統計学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • re-startを組み込んだ交互最小二乗法の加速法の非計量主成分分析への適用(一般セッション,セッション4B)

    黒田 正博, 森 裕一, 飯塚 誠也, 榊原 道夫

    日本計算機統計学会大会論文集  2013年  日本計算機統計学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Graves-Morrisによる交互最小二乗法の加速化(セッション5B)

    榊原 道夫, 黒田 正博, 森 裕一, 飯塚 誠也

    日本計算機統計学会大会論文集  2012年  日本計算機統計学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Analysis of Research Capacity within/between Institutions using a Large-scale Database of Scientific Literature.

    Japan IR meeting  2017年 

     詳細を見る

  • 小論文の自動採点に向けたオープンな基本データの構築および現段階での自動採点手法の評価

    言語処理学会第23回年次大会  2017年 

     詳細を見る

  • 大規模学術文献データベースによる機関内・機関間の研究力の分析.

    統計数理研究所H.28共同利用重点テーマ4「学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」成果報告会  2017年 

     詳細を見る

  • 論述採点支援システム構築のための模擬試験データの構築

    平成28年度北海道大学情報基盤センター共同研究 「多様なデータに対する情報縮約・クラスタリングと情報表現に関する研究」 第1回研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 非負値行列因子分解における反復計算の加速化.

    平成28年度北海道大学情報基盤センター共同研究 「多様なデータに対する情報縮約・クラスタリングと情報表現に関する研究」 第1回研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 大規模学術文献データベースによる機関内・機関間の研究力の分析.

    統計数理研究所H.29共同利用重点テーマ4「学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」キックオフミーティング  2017年 

     詳細を見る

  • リスタートを用いた加速化交互最小二乗法による非計量主成分分析の変数選択法について.

    日本計算機統計学会第30回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 大学研究力評価のための書誌情報の分析.

    日本計算機統計学会第30回シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • On acceleration methods for Alternating Least Squares algorithm.

    Conferences of the International Federation of Classification Societies  2015年 

     詳細を見る

  • Acceleration of the alternating least squares algorithm for nonlinear multivariate analyses.

    The 9th Conference of the Asian Regional Section of the IASC (IASC-ARS 2015).  2015年 

     詳細を見る

  • 尺度混在データの多変量手法

    日本計算機統計学会第29回シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 最小交互二乗法の加速化

    日本行動計量学会第42回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 非計量主成分析の加速化- 実データへの適用

    日本行動計量学会第40回大会  2012年 

     詳細を見る

  • アソシエーションルールの可視化とツールの開発

    日本行動計量学会第40回大会  2012年 

     詳細を見る

  • Improvement of acceleration of the ALS algorithm using the vector ε algorithm.

    The 19th Symposium on Computational Statistics.  2010年 

     詳細を見る

  • New Selection Criteria and Interface in a Variable Selection Environment VASMM

    The 18th Symposium on Computational Statistics.  2008年 

     詳細を見る

  • 統計解析におけるRの利用

    医学統計研究会 ウインター・フォーラム2008  2008年 

     詳細を見る

  • Principal Components Based on a Subset of Variables,Invited Session: Principal Component Based Dimension Reduction, 209, CDROM

    IASC2008 Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational Statistics & Data Analysis.  2008年 

     詳細を見る

  • Accerelation of Convergence of the Alternating Least Squares Algorithm for Principal Component Analysis

    IASC2008 Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational Statistics & Data Analysis  2008年 

     詳細を見る

  • 主成分分析における交互最小二乗法の加速化

    日本計算機統計学会第22回シンポジウム  2008年 

     詳細を見る

  • 統計教育・解析ツールにおけるオープンソースの利用

    第37回大会 大分統計談話会  2008年 

     詳細を見る

  • Rにおける変数選択環境について

    日本計算機統計学会第22回シンポジウム, 臨床研究情報センター, 143-146  2008年 

     詳細を見る

  • 主成分分析における交互最小二乗法の加速化

    日本計算機統計学会第22回シンポジウム  2008年 

     詳細を見る

  • Rにおける変数選択環境について

    日本計算機統計学会第22回シンポジウム, 臨床研究情報センター, 143-146  2008年 

     詳細を見る

  • 変数選択プログラム開発へのオープンソースの利用について

    第38回大会 大分統計談話会  2008年 

     詳細を見る

  • 交互最小二乗法による質的データの変数選択

    日本計算機統計学会第21回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 交互最小二乗法を利用した変数選択について

    日本行動計量学会第35回大会  2007年 

     詳細を見る

  • A variable selection in modified principal component analysis for qualitative data.

    The 56th Session of the International Statistical Institute.  2007年 

     詳細を見る

  • Variable Selection in Multivariate Methods without External Variables.

    岡山地域部会第17回研究会・第116回岡山統計研究会・第7回岡山理科大学地域分析研究会  2006年 

     詳細を見る

  • XMLを用いた対話的グラフ表示の試み

    2006年度統計関連学会連合大会  2006年 

     詳細を見る

  • XML-based statistical graphics using Web technologies

    Workshop on Data and Information Visualization 2006  2006年 

     詳細を見る

  • CASE: COMPUTER ASSISTED STATISTICAL EDUCATION --- THE COURSE OF STATISTICAL EDUCATION BASED ON WEB

    In:COMPSTAT2006  2006年 

     詳細を見る

  • 総合指標の推定に基づく変数選択規準の考察.

    日本計算機統計学会 第20回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 外的変量を持たない変数選択.

    岡山地域部会第18回研究会・第117回岡山統計研究会  2006年 

     詳細を見る

  • Web上での統計グラフィックスの表現

    2004年度統計数理研究所プロジェクト研究による研究会「統計科学情報の高度利用」  2005年 

     詳細を見る

  • Web-based Teachware for Statistics using SVG

    The 5th IASC Asian Conference on Statistical Computing.  2005年 

     詳細を見る

  • Variable Selection in Multivariate Methods without External Variables. (Invited paper)

    The 5th IASC Asian Conference on Statistical Computing.  2005年 

     詳細を見る

  • 統計的グラフ表示・教育システムへのXMLの利用

    . 平成17年度科学研究費シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データに関する研究会」  2005年 

     詳細を見る

  • 変数の一部を用いた合成変数の推定とその変数選択

    . 平成17年度科学研究費シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データに関する研究会」  2005年 

     詳細を見る

  • The Selection of the Cutoff in Estimating Variogram Model

    The 5th IASC Asian Conference on Statistical Computing.  2005年 

     詳細を見る

  • 項目選択規準の考察と統計調査システムの作成.

    科研費シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データ解析の応用」  2005年 

     詳細を見る

  • 合成変数をベースにした項目選択手法とシステムへの実装

    日本計算機統計学会第19回シンポジウム  2005年 

     詳細を見る

  • 主成分をベースにした項目選択と評価.

    第33回日本行動計量学会大会  2005年 

     詳細を見る

  • 統計教育用教材の開発

    日本計算機統計学会第19回大会  2005年 

     詳細を見る

  • Consideration for Developing Environments of Web-based Interactive Statistical Graphics

    55th session of the International Statistical Institute  2005年 

     詳細を見る

  • コレスポンデンス分析における変数選択

    2004年度統計数理研究所プロジェクト研究による研究会「統計科学情報の高度利用」  2005年 

     詳細を見る

  • 統計教育用マルチメディア教材の開発

    2004年度統計数理研究所プロジェクト研究による研究会「統計科学情報の高度利用」  2005年 

     詳細を見る

  • 統計教育マルチメディア教材の開発

    日本計算機統計学会第18回大会  2004年 

     詳細を見る

  • コレスポンデンス分析における変数選択規準の検討

    日本計算機統計学会第18回シンポジウム  2004年 

     詳細を見る

  • Flashを利用した統計教育コンテンツの開発

    日本計算機統計学会第18回シンポジウム  2004年 

     詳細を見る

  • 統計教育用マルチメディア教材の開発

    2004年度統計関連学会連合大会  2004年 

     詳細を見る

  • 統計解析と計算環境 -手法開発の経験と今後の展望から-

    日本計算機統計学会第18回大会  2004年 

     詳細を見る

  • Software with simulation for statistical education

    54th Session of International Statistical Institute  2003年 

     詳細を見る

  • 統計教育のためのWeb 教材

    日本計算機統計学会第17回大会  2003年 

     詳細を見る

  • Webを利用した統計教育コンテンツの開発

    第17回日本計算機統計学会シンポジウム  2003年 

     詳細を見る

  • Web を活用した統計教育教材の開発

    2003 年度数学教育学会 秋季年会発表  2003年 

     詳細を見る

  • 統計教育のためのWeb 教材

    2003年度統計関連学会連合大会  2003年 

     詳細を見る

  • Development of Variable Selection Tools in Multivariate Methods -VASMM-

    54th Session of the International Statistical Institute  2003年 

     詳細を見る

  • Statistical Software for Education with Simulation

    Fourth Conference of the IASC-ARS  2002年 

     詳細を見る

  • オンライン変数選択プログラムVASMM

    2002年度統計関連学会連合大会  2002年 

     詳細を見る

  • シミュレーションを利用した統計学教育教材とその利用

    2002年度統計関連学会連合大会  2002年 

     詳細を見る

  • Statistical software VASMM for variable selection in multivariate methods

    Compstat2002,(15th Conference of the IASC)  2002年 

     詳細を見る

  • 変数選択プログラムVASMM

    日本統計学会インターネット部会第8回研究会  2002年 

     詳細を見る

  • 因子分析における変数選択規準の考察

    日本計算機統計学会第16回大会  2002年 

     詳細を見る

  • Some New Modules in Variable Selection Software VASMM

    Fourth Conference of the IASC-ARS  2002年 

     詳細を見る

  • An individual influence using resampling method and its evaluation,

    53rd Session of the International Statistical Institute  2001年 

     詳細を見る

  • Computer intensive trials to determine the number of variables in PCA

    International Conference on New Trends in Computational Statistics with Biomedical Applications  2001年 

     詳細を見る

  • 拡張主成分分析における総合指標の評価

    科研費シンポジウム「データの表現法と解析法」  2001年 

     詳細を見る

  • アンケート調査データの収集と分析〜岡山行動圏調査について〜

    日本行動計量学会第29回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 拡張主成分分析の評価について

    日本行動計量学会第29回大会  2001年 

     詳細を見る

  • データ解析における総合的変数選択手法とインタクティブシステムの開発

    科研費集会「多変量グラフィカル法の研究」  2000年 

     詳細を見る

  • Study of Variable Selection Criteria in Data Analysis

    The Tenth Japan and Korea Joint Conference of Statistics  2000年 

     詳細を見る

  • On-line Programs on WWW for Some Statistical Analysis

    科研費集会「統計学におけるインターネットの高度利用法の研究」  2000年 

     詳細を見る

  • 変数の影響分析を利用した変数選択

    日本行動計量学会第28回大会  2000年 

     詳細を見る

  • Statistical Software "VASPCA" for Variable Selection in Principal Component Analysis

    COMPSTAT2000 in Computational Statistics  2000年 

     詳細を見る

  • Online program for statistical computing -a package for variable selection-

    第68回日本統計学会大会  2000年 

     詳細を見る

  • Development of On-line Program for Statistical Computing

    日本計算機統計学会第14回大会  2000年 

     詳細を見る

  • A Generalized Modification of Scheff&eacute;'s Paired Comparisons

    The International Conference on Measurement and Multivariate Analysis  2000年 

     詳細を見る

  • Study of Variable Selection Methods in Data Analysis and its Interactive System

    ISM Symposium -Recent Advances in Statistical Research and Data Analysis-  2000年 

     詳細を見る

  • 主成分分析における変数選択 -選択変数の考察-

    日本計算機統計学会第13回大会  1999年 

     詳細を見る

  • 変数選択プログラム "VASPCA"

    日本計算機統計学会第13回シンポジウム  1999年 

     詳細を見る

  • 主成分分析における変数選択プログラムの開発

    日本行動計量学会第27回大会  1999年 

     詳細を見る

  • Variable Selection in “Principal Component Analysis Based on a Subset of Variables”

    52nd session of the International Statistical Institute  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • IRにおける複雑化データの統計分析手法とそのツールの開発

    研究課題/領域番号:22K02714  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    飯塚 誠也, 森 裕一, 黒田 正博

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    researchmap

  • 複雑化データの情報抽出のための次元・変数縮約と同時推定及び計算環境の研究

    研究課題/領域番号:21K11799  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森 裕一, 黒田 正博, 飯塚 誠也

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では、マーケティングや社会心理学の分野を想定し、(i)情報損失を最小限に抑えた大規模さの軽減、(ii)縮約した情報や複雑性の関係の効率的な把握、(iii)尺度混在データの処理とテキストデータの処理を含む分析手順の提供、(iv)対話的なインタフェースの提供、(v)計算の効率化を順に実現していくことを目的としており、本年度は、主として、(i)、(ii)、(iii)に取り組んだ。
    (i)では、主成分分析による次元縮約を古典的統計手法に適用することと、テストや調査問題において無駄な項目を削除することの2つの方法で複雑さを軽減することに取り組み、寄与率の範囲で有効であることを確認した。(ii)については,予測変数と観測変数の間の共分散構造を探すため,部分的最小二乗法(PLS、Partial Least Square)の理論と計算過程を検討した。これらに基づき、(iii)として、カテゴリカルデータをPLSで扱うための手法を開発し、教育における実際の生活アンケートを基にした人工データでその性能を確認した。また、それまで実データでの検討がなされていなかった主成分分析における尺度混在データの変数(項目)選択について、消費者の意識データで手法の評価、選択変数の数の具体的な設定方法、元の項目の評価について検討をし、実用的な手順を明らかにした。前者の成果については、第11回国際統計協会アジア地区大会で発表し、後者は、同地区大会で発表するとともに、「Principal Component Analysis」に投稿・掲載となった。

    researchmap

  • 尺度混在・複雑化大規模データの特徴抽出と対話的情報把握の研究

    研究課題/領域番号:17K00063  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森 裕一, 黒田 正博, 飯塚 誠也, 久保田 貴文

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    尺度混在や複雑性などを考慮し,情報縮約と分類の同時推定および変数処理により,隠れた構造や特徴を取り出せる手法の提案と,その結果を効率的に得る環境を提供することを目的として研究を行った。その結果,Reduced k-means法やPartial Least Squaresでの質的データの処理,変数選択手法の非計量主成分分析などへの拡張,交互最小二乗法を用いる反復計算の加速化の非計量主成分分析,非計量因子分析,Fuzzy c-meansクラスタリングへの適用,およびこれらの結果を用いた対話的な情報把握が可能となった。

    researchmap

  • EMアルゴリズムによる混合モデルの初期値選択法の提案とその加速に関する研究

    研究課題/領域番号:16K00061  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    黒田 正博, 足立 浩平, 飯塚 誠也, 森 裕一

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    EMアルゴリズムは,局所的収束と線形収束をもつ最尤推定のための統計計算法である.このアルゴリズムを混合モデルに適用する場合,推定値が局所最大解である可能性と,その値を得るまでの膨大な反復回数が必要になる.そこで,これら2つの問題を解決するために,大域的最大解を求めるための初期値選択と,EMアルゴリズムの加速法を組み合わせたアルゴリズムの開発を目指した.さらに,パラメータ推測のためのブートストラップ法の計算を加速法を開発した.

    researchmap

  • 大規模データの発見的特徴把握のための情報縮約・クラスタリング融合手法の研究

    研究課題/領域番号:26330052  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森 裕一, 足立 浩平, 中野 純司, 飯塚 誠也, 黒田 正博, 水谷 直樹, 久保田 貴文

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    大規模データを念頭におき,データの特徴を把握するための情報縮約とクラスタリングおよびその計算手法について検討することを目的に,先行研究等の情報収集と分析・整理,次元縮約手法(変数選択手法を含む)の検討,あらゆる尺度を考慮した情報縮約とクラスタリングの開発,対話性の導入,計算効率の検討を順に行った。その結果,主成分分析の文脈で,複雑さや尺度混在に対応できる手法の開発・整理ができ,対話的なインタフェースの構築や加速化アルゴリズムの適用により,データサイズや処理回数が膨大となる場面でも情報縮約とクラスタリングにおいて発見的・試行錯誤的な考察が可能な環境を提供できるようになった。

    researchmap

  • 非計量データの多変量解析における交互最小二乗法の加速に関する研究

    研究課題/領域番号:24500353  2012年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    黒田 正博, 森 裕一, 榊原 道夫, 中川 重和, 足立 浩平, 飯塚 誠也

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    計量データを対象とした多変量解析法を非計量データへ適用するとき,最適尺度化にもとづく数量化をおこなう必要がある.本研究で対象としたのは,計量データの解析のための主成分分析および因子分析に加えて等質性分析 (多重対応分析) である.計量データのための解析法において数量化計算を伴う場合,交互最小二乗法の適用が一般的である.しかし,この数値計算法は,最小二乗法に基づく反復法であるため収束スピードは線形である.そこで,交互最小二乗法の持つ収束特性を失うことなく収束スピードを改善する加速法を開発し,数値実験によりその推定性能を評価すると共に収束性と加速性の理論的考察をおこなう.

    researchmap

  • 統計教育用デジタル教科書の研究

    研究課題/領域番号:23500351  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    垂水 共之, 飯塚 誠也

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    電子書籍の一つの分野としての「電子教科書」がある。通常の紙の書籍としての教科書と電子教科書との間にどんな差異があるのか、大学の初年度対象の「統計学入門」を例として電子教科書を試作した。教科書の場合、通常のテキスト中心の文学書等とは異なり、図表・数式が多いのが特徴であり、その再現性は電子書籍を読む(表示する)ためのビュアソフトによって異なることがわかった。現時点でのビュアソフトの問題点を避ける方法とともに、将来の望ましいスタイルについての提案を行った。

    researchmap

  • データの高度視覚化のためのグラフ表現法とグラフ表示環境に関する研究

    研究課題/領域番号:23500358  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山本 義郎, 飯塚 誠也, 藤野 友和, 久保田 貴文

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    本研究は,インターネットを通じたデータの公開やオンラインデータなどについて、Webアプリケーションや新たな環境を利用することで可能となる統計データの可視化についての実装方法も含め行われたものである。本研究費による助成により、統計データの可視化法として新たな方法がいつくか提案でき、また、Webブラウザなどを利用したデータの可視化方法のプロトタイプを提案できた。この成果は、今後のデータの可視化の多様化に対して、その可能性を提供するものとなった。

    researchmap

  • 大規模・高次元デ-タの発見的情報表現と効率的情報縮約およびその計算環境の研究

    研究課題/領域番号:22500265  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森 裕一, 飯塚 誠也, 黒田 正博, 足立 浩平, 中野 純司

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    個体数や項目数が膨大であるデータに対して,次元縮約などでの発見的な考察を可能とする可視化手法を提案し,効率的な計算アルゴリズムや計算環境の開発を行った。具体的には,タッチパネルでの直接操作や色を表現手段に追加したグラフアプリとアソシエーション分析の大量ルールから有用な情報を見つけるインタラクティブツールを開発した。また,非計量主成分分析の計算の加速化に関して,計算コストが高い変数選択問題への適用や複数の手法を組み合わせた新加速化手法を提案し,十分な成果が得られることを確認した。

    researchmap

  • XMLを利用した統計解析システムおよび統計グラフ表示に関する研究

    研究課題/領域番号:19500244  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山本 義郎, 飯塚 誠也, 藤野 友和, 久保田 貴文, 下川 敏雄, 飯塚 誠也, 藤野 友和, 下川 敏雄, 久保田 貴文

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では,データ解析環境や統計教育環境にXMLを活用することにより実現可能な様々な取り組みを試行し,その成果を活かしたシステムを構築した。その中で、XMLを利用することにより可能となった、インタラクティブグラフなどの新たなグラフ表現方法についての研究を行い、成果を学会発表および論文により報告した。

    researchmap

  • シミュレーションを活用した統計学教育教材の研究

    研究課題/領域番号:15020240  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特定領域研究

    垂水 共之, 笛田 薫, 飯塚 誠也, 柳 貴久男, 藤野 友和

      詳細を見る

    配分額:19000000円 ( 直接経費:19000000円 )

    一昨年度(課題番号:14022232)同じ課題名で作成したシミュレーション教材をベースに,昨年度(題番号:15020240)からはFlashアニメーションを中心としたマルチメディア教材の設計・作成を行った。昨年度作成したコンテンツ「棒グラフの描き方・読み方」「折れ線グラフの描き方・読み方」「帯グラフの描き方・読み方」「円グラフの描き方・読み方」「度数分布表の作り方」「確率とは」「確率と割合」「度数分布表とヒストグラム」「平均値と中央値」「分散と標準偏差」「相関図と相関」の修正を行うとともに、今年度は主に高等学校向けの確率分布関連のコンテンツを作成した。これらは「コインを2,3枚投げる」「サイコロを振ろう(統計的確率)」「二項分布」「連続型確率変数と離散的確率変数」「正規分布」「二項分布の正規近似」「期待値と平均」「母集団と標本」「推定」というコンテンツとなった。
    解説を中心とするコンテンツに対して、実際に動かして理解を含めるものがシミュレーション教材であり、平均と中央値や、散布図と相関係数などJavaやFlashで生徒が実際に計算機で動かすものを作成した。
    先生のために「統計用語集」「統計数値表」も整備したが、なかでも用語集は全国からアクセスされる頁になっている。
    これらの成果は統計関係の国内外の学会・研究会,ならびに数学教育の関連学会で5回発表し,統計関係者,教育関係者の意見の吸い上げを行った。
    なお,完成したものは下記URLで公開しているので,参照されたい。
    http://case.f7.ems.okayama-u.ac.jp/

    researchmap

  • 外的変量を特定しない多変量手法における変数選択の研究とソフトウェアの開発

    研究課題/領域番号:14580352  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森 裕一, 飯塚 誠也

      詳細を見る

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    本研究は,外的変量のない多変量解析手法(主成分分析,因子分析,コレスポンデンス分析など)における変数選択の規準を導出するとともに,各規準の評価とさまざま選択手法を試行錯誤的に利用できる変数選択ソフトウェアの開発を行うことである。
    (1)文献等の調査から,すでに提唱されている変数選択手順の整備を行い,発表論文の導入部に先行研究としてまとめるとともに,(4)にあげるWebページに整理した。
    (2)量的変数を対象とする主成分分析と因子分析に対して,新しい変数選択規準の検討を行った。主成分分析では,すでに選択規準として利用している拡張主成分の性能を評価するとともに,計算機集約的な手法で,変数の数を特定するための情報提供の方法を検討した。また,主成分得点を一部の変数を用いて最小二乗の意味で近似するという視点から,変数選択規準を構築し,AICにより評価した。因子分析では,RV係数規準を利用し,因子得点の布置の近さを変数選択規準として用いる方法を検討した。質的変数を対象とするコレスポンデンス分析に対しては,RV係数を利用して個体スコアの布置の近さに注目する選択規準や,通常用いられているコレスポンデンス分析の適合度規準を選択規準として利用する選択手法を提唱した。
    (3)上記の各規準を実データに適用し,それぞれの選択規準が利用可能であることや変数減増法などの選択手順が総あたり法と比較して大きな違いがないことを確認した。
    (4)変数選択に関する情報提供とオンラインで変数選択ができるようにVASMM(VAriable Selection in Multivariate Methods)をWeb上に構築した(http://mo161.soci.ous.acjp/vasmm/)。また,統計パッケージRとXploRe用のマクロを開発した。これらにより,変数選択をいつでも行える環境の整備ができた。

    researchmap

  • シミュレーションを活用した統計学教育教材の研究

    研究課題/領域番号:14022232  2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特定領域研究

    垂水 共之, 柳 貴久男, 飯塚 誠也, 笛田 薫

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3900000円 )

    現代の統計は確率論をベースにしており、算数・数学のように現象が一意的に定まるのではなく、確率的な変動を伴うものである。実験結果が一通りになるのではなく、実験のたびに変動することを理解してもらうためには、理科の実験のように、統計でもシミュレーション実験が重要となる。このため、本研究では、シミュレーション実験を中心とする統計教育用教材をCASE(Computer Assisted Statistical Education)という名前の下に集大成し、次のURLのホームページ上で公開している。http://stat-edu.f7.ems.okayama-u.ac.jp
    「統計教育用教材」
    今年度目標にしたXLISP-STAT言語、R言語、JAVA言語を用いた統計教育教材として次のものが完成している。
    算数・数学関連:グラフ電卓、二次関数のグラフ/1変数データの統計計算カリキュレータ/平均値:平らに均す(たいらにならす)、平均値と中央値の関係/一様乱数による円周率のシミュレーション、Buffonの針による円周率のシミュレーション/確率分布:密度関数と分布関数、正規分布の密度関数/推定:点推定、区間推定と信頼度/検定:有意水準、検出力/ベキ変換、回帰直線の感度分析/多変量分析:重回帰分析、星座グラフ、顔型グラフ
    今年度作成したものは「部品」という位置づけであり、これを授業の中でどのように使うかは先生方にまかされている。この方が各先生が取捨選択して、ご自身の授業の中で自由に使えると思ったからである。部品の中には「平らに均す」のように児童・生徒に直接さわってもらう目的で作成した教材から、先生が教卓で実験して見せるのを目的にした教材まで多岐に渡っている。
    「統計用語集」
    これは代表者の関係した9冊の著書から抜き出した索引項目をベースにして作成し、該当するページにリンクが張られている。このため、単なる用語の解説集という枠を超えたものになっている。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • データ分析の基礎 (2023年度) 第1学期  - 火3~4

  • データ表現とアルゴリズム (2023年度) 第2学期  - 金1~2

  • 多変量解析学特論 (2023年度) 前期  - その他

  • 多変量解析学特論 (2023年度) 後期  - その他

  • 情報処理入門1(情報機器の操作を含む) (2023年度) 第1学期  - 月3,木3

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2023年度) 第3学期  - 月1~2

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2023年度) 第3学期  - 月1~2

  • 数理・データサイエンスの基礎演習A (2023年度) 第4学期  - 木7~8

  • 数理・データサイエンスの基礎演習A (2023年度) 第4学期  - 木7~8

  • 時空間統計学演習 (2023年度) 通年  - その他

  • 時空間統計学演習 (2023年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 計算機利用データ分析 (2023年度) 後期  - 火3~4

  • 計算機統計学演習 (2023年度) 通年  - その他

  • 計算機統計学演習 (2023年度) 通年  - その他

  • 計算機統計学特別演習 (2023年度) 通年  - その他

  • データ分析の基礎 (2022年度) 第4学期  - 月3~4

  • データ表現とアルゴリズム (2022年度) 第4学期  - 木7~8

  • 多変量解析学 (2022年度) 後期  - 火3~4

  • 多変量解析学特論 (2022年度) 後期  - その他

  • 情報処理入門1(情報機器の操作を含む) (2022年度) 第1学期  - 月3,木3

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2022年度) 第3学期  - 月1~2

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2022年度) 第3学期  - 月1~2

  • 数理・データサイエンスの基礎演習A (2022年度) 第4学期  - 木5~6

  • 特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • データ分析の基礎 (2021年度) 第4学期  - 月5~6

  • 多変量解析学特論 (2021年度) 前期  - その他

  • 情報処理入門1(情報機器の操作を含む) (2021年度) 第1学期  - 月3,木3

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 月1~2

  • 数理・データサイエンスの基礎演習A (2021年度) 第4学期  - 木5~6

  • 数理・データサイエンスの基礎演習A (2021年度) 第4学期  - 木1~2

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 多変量解析学 (2020年度) 後期  - 火2,火3

  • 多変量解析学特論 (2020年度) 前期  - その他

  • 情報処理入門1(情報機器の操作を含む) (2020年度) 第1学期  - 月3,木3

  • 数理・データサイエンスの基礎演習A (2020年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 環境統計解析学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 環境調査実験解析学演習 (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示