2021/12/16 更新

写真a

ミツノブ フミヒロ
光延 文裕
MITSUNOBU Fumihiro
所属
医歯薬学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • spa therapy

  • Chronic obstructive pulmonary disease

  • Bronchial asthma

  • 温泉療法

  • 慢性閉塞性肺疾患

  • 気管支喘息

研究分野

  • 環境・農学 / 化学物質影響

  • 環境・農学 / 放射線影響

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

学歴

  • 岡山大学    

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Graduate School, Division of Medicine   Oncology

    - 1988年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School   Faculty of Medicine

    - 1984年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Faculty of Medicine  

    - 1984年

      詳細を見る

経歴

  • - 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授

    2008年

      詳細を見る

  • - Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University

    2008年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University

    2002年 - 2008年

      詳細を見る

  • 岡山大学医歯薬学総合研究科 准教授

    2002年 - 2008年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences

    2001年 - 2008年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Okayama Univiersity Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences

    2001年 - 2008年

      詳細を見る

  • Associate Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2001年 - 2002年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Okayama University Hospital

    2001年 - 2002年

      詳細を見る

  • Senior Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    1994年 - 2001年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Okayama University Hospital

    1994年 - 2001年

      詳細を見る

  • Research Associate,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    1990年 - 1994年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School

    1990年 - 1994年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Okayama University Hospital

    1990年 - 1994年

      詳細を見る

  • Research Associate

    1990年 - 1994年

      詳細を見る

  • 南カリフォルニア大学医学部研究員 未設定

    1988年 - 1990年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本アレルギー学会   代議員  

    2020年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本温泉気候物理医学会   理事  

    2019年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本呼吸器学会   代議員  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本呼吸器学会

    researchmap

  • 日本アレルギー学会   代議員  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本アレルギー学会

    researchmap

  • 日本アレルギー学会   喘息ガイドライン専門部会  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本アレルギー学会

    researchmap

  • 日本温泉気候物理医学会   理事  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本温泉気候物理医学会

    researchmap

  • 日本温泉気候物理医学会   評議員  

    2008年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本温泉気候物理医学会

    researchmap

  • 日本内科学会   中国地方会代議員  

    2005年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本内科学会

    researchmap

  • 日本老年医学会   代議員  

    2000年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本老年医学会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Mechanisms of action of radon therapy on cytokine levels in normal mice and rheumatoid arthritis mouse model 査読

    Takahiro Kataoka, Shota Naoe, Kaito Murakami, Ryohei Yukimine, Yuki Fujimoto, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society for Free Radical Research Japan  

    DOI: 10.3164/jcbn.21-91

    researchmap

  • Erratum to: Evaluation of the redox state in mouse organs following radon inhalation. 査読 国際誌

    Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hina Shuto, Junki Yano, Shota Naoe, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Hiroaki Terato, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Journal of radiation research   62 ( 5 )   945 - 945   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jrr/rrab072

    PubMed

    researchmap

  • Radon inhalation decreases DNA damage induced by oxidative stress in mouse organs via the activation of antioxidative functions. 査読 国際誌

    Takahiro Kataoka, Hina Shuto, Shota Naoe, Junki Yano, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Fumihiro Mitsunobu, Hiroaki Terato, Kiyonori Yamaoka

    Journal of radiation research   62 ( 5 )   861 - 867   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Radon inhalation decreases the level of lipid peroxide (LPO); this is attributed to the activation of antioxidative functions. This activation contributes to the beneficial effects of radon therapy, but there are no studies on the risks of radon therapy, such as DNA damage. We evaluated the effect of radon inhalation on DNA damage caused by oxidative stress and explored the underlying mechanisms. Mice were exposed to radon inhalation at concentrations of 2 or 20 kBq/m3 (for one, three, or 10 days). The 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine (8-OHdG) levels decreased in the brains of mice that inhaled 20 kBq/m3 radon for three days and in the kidneys of mice that inhaled 2 or 20 kBq/m3 radon for one, three or 10 days. The 8-OHdG levels in the small intestine decreased by approximately 20-40% (2 kBq/m3 for three days or 20 kBq/m3 for one, three or 10 days), but there were no significant differences in the 8-OHdG levels between mice that inhaled a sham treatment and those that inhaled radon. There was no significant change in the levels of 8-oxoguanine DNA glycosylase, which plays an important role in DNA repair. However, the level of Mn-superoxide dismutase (SOD) increased by 15-60% and 15-45% in the small intestine and kidney, respectively, following radon inhalation. These results suggest that Mn-SOD probably plays an important role in the inhibition of oxidative DNA damage.

    DOI: 10.1093/jrr/rrab069

    PubMed

    researchmap

  • Dosimetry of radon progeny deposited on skin in air and thermal water. 査読 国際誌

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Norie Kanzaki, Hiroshi Tanaka, Takahiro Kataoka, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Journal of radiation research   62 ( 4 )   634 - 644   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is held that the skin dose from radon progeny is not negligibly small and that introducing cancer is a possible consequence under normal circumstances as there are a number of uncertainties in terms of related parameters such as activity concentrations in air and water, target cells in skin, skin covering materials, and deposition velocities. An interesting proposal has emerged in that skin exposure to natural radon-rich thermal water as part of balneotherapy can produce an immune response to induce beneficial health effects. The goal of this study was to obtain generic dose coefficients with a focus on the radon progeny deposited on the skin in air or water in relation to risk or treatment assessments. We thus first estimated the skin deposition velocities of radon progeny in air and thermal water based on data from the latest human studies. Skin dosimetry was then performed under different assumptions regarding alpha-emitting source position and target cell (i.e. basal cells or Langerhans cells). Furthermore, the impact of the radon progeny deposition on effective doses from all exposure pathways relating to 'radon exposure' was assessed using various possible scenarios. It was found that in both exposure media, effective doses from radon progeny inhalation are one to four orders of magnitude higher than those from the other pathways. In addition, absorbed doses on the skin can be the highest among all pathways when the radon activity concentrations in water are two or more orders of magnitude higher than those in air.

    DOI: 10.1093/jrr/rrab030

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of the redox state in mouse organs following radon inhalation. "jointly worked" 査読 国際誌

    Kataoka T, Kanzaki N, Sakoda A, Shuto H, Yano J, Naoe S, Tanaka H, Hanamoto K, Terato H, Mitsunobu F, Yamaoka K

    Journal of Radiation Research   62 ( 2 )   206 - 216   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rraa129

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of the redox state in mouse organs following radon inhalation 招待

    「Kataoka T」「Kanzaki N」「Sakoda A」「Shuto H」「Yano J」「Naoe S」「Tanaka H」「Hanamoto K」「Terato H」「Mitsunobu F」「Yamaoka K」

    Journal of Radiation Research (J Radiat Res.)   62 ( 2 )   206 - 216   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jrr/rraa129

    その他リンク: https://academic.oup.com/jrr

  • Comparison of antioxidative effects between radon and thoron inhalation in mouse organs. "jointly worked" 査読 国際誌

    Kobashi Y, Kataoka T, Kanzaki N, Ishida T, Sakoda A, Tanaka H, Ishimori Y, Mitsunobu F, Yamaoka K

    Radiation and Environmental Biophysics   59 ( 3 )   473 - 482   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00411-020-00843-0

    PubMed

    researchmap

  • Protective effects of hot spring water drinking and radon inhalation on ethanol-induced gastric mucosal injury in mice. "jointly worked" 査読 国際誌

    Reo Etani, Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Radiation Research   58 ( 5 )   614 - 625   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrx021

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Measurements of radon activity concentration in mouse tissues and organs. "jointly worked" 査読 国際誌

    Ishimori Y, Tanaka H, Sakoda A, Kataoka T, Yamaoka K, Mitsunobu F

    Radiation and Environmental Biophysics   56 ( 2 )   161 - 165   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00411-017-0682-9

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Difference in the action mechanism of radon inhalation and radon hot spring water drinking in suppression of hyperuricemia in mice. "jointly worked" 査読 国際誌

    Etani R, Kataoka T, Kanzaki N, Sakoda A, Tanaka H, Ishimori Y, Mitsunobu F, Yamaoka K

    Journal of Radiation Research   57 ( 3 )   250 - 7   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrw014

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effect of repeated Waon therapy on exercise tolerance and pulmonary function in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a pilot controlled clinical trial. "jointly worked" 査読

    KIkuchi H, Shiozawa N, Takata S, Ashida K, Mitsunobu F

    International Journal of Chronic Obstructive Pulmonary Disease   9   9 - 15   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S50860.

    researchmap

  • Effect of repeated Waon therapy on exercise tolerance and pulmonary function in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a pilot controlled clinical trial. 査読 国際誌

    Hiroshi Kikuchi, Nobuyoshi Shiozawa, Shingo Takata, Kozo Ashida, Fumihiro Mitsunobu

    International journal of chronic obstructive pulmonary disease   9   9 - 15   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:DOVE MEDICAL PRESS LTD  

    PURPOSE: Controlled clinical trials evaluating the efficacy of repeated Waon therapy for patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD) have yet to be conducted. The purpose of the present study was to evaluate whether repeated Waon therapy exhibits an adjuvant effect on conventional therapy for COPD patients. PATIENTS AND METHODS: This prospective trial comprised 20 consecutive COPD patients who satisfied the criteria of the Global initiative for chronic Obstructive Lung Disease (GOLD) guidelines, stages 1-4. They were assigned to either a Waon or control group. The patients in the Waon group received both repeated Waon therapy and conventional therapy, including medications, such as long-acting inhaled β2 agonists, long-acting anticholinergics and xanthine derivatives, and pulmonary rehabilitation. The Waon therapy consisted of sitting in a 60°C sauna room for 15 minutes, followed by 30 minutes of being warmed with blankets once a day, 5 days a week, for a total of 20 times. The patients in the control group received only conventional therapy. Pulmonary function and the 6-minute walk test were assessed before and at 4 weeks after the program. RESULTS: The change in vital capacity (0.30 ± 0.4 L) and in peak expiratory flow (0.48 ± 0.79 L/s) in the Waon group was larger than the change in the vital capacity (0.02 ± 0.21 L) (P=0.077) and peak expiratory flow (-0.11 ± 0.72 L/s) (P=0.095) in the control group. The change in forced expiratory flow after 50% of expired forced vital capacity in the Waon group, 0.08 (0.01-0.212 L/s), was larger than that in the control group, -0.01 (-0.075-0.04 L/s) (P=0.019). Significant differences were not observed in the change in any parameters in the 6-minute walk test. Data are presented as means ± standard deviation or median (25th-75th percentile). CONCLUSION: The addition of repeated Waon therapy to conventional therapy for COPD patients can possibly improve airway obstruction.

    DOI: 10.2147/COPD.S50860

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Absorbed doses of lungs from radon retained in airway lumens of mice and rats."jointly worked" 査読 国際誌

    Sakoda A, Ishimori Y, Yamaoka K, Kataoka T, Mitsunobu F

    Radiation and Environmental Biophysics   52 ( 3 )   389 - 95   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00411-013-0478-5

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Suppression of streptozotocin-induced type-1 diabetes in mice by radon inhalation. 査読 国際誌

    Y Nishiyama, T Kataoka, J Teraoka, A Sakoda, H Tanaka, Y Ishimori, F Mitsunobu, T Taguchi, K Yamaoka

    Physiol Res   62 ( 1 )   57 - 66   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Lung Dosimetry of Inhaled Radon Progeny in Mice. 査読 国際誌

    Sakoda A, Ishimori Y, Fukao K, Yamaoka K, Kataoka T, Mitsunobu F

    Radiation and Environmental Biophysics   51 ( 4 )   425 - 42   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00411-012-0431-z

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Study on effects of thoron and thermal treatment for aging-related diseases in humans. 査読

    Aoyama Y, Kataoka T, Nakagawa Sh, Sakoda A, Ishimori Y, Mitsunobu F, Yamaoka K

    Iran. J. Radiat. Res.   9 ( 4 )   221 - 229   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Performance of the first Japanese large-scale facility for radon inhalation experiments with small animals. 査読 国際誌

    Ishimori Y, Mitsunobu F, Yamaoka K, Tanaka H, Kataoka T, Sakoda A

    Radiat Prot Dosimetry.   146 ( 1-3 )   31 - 3   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rpd/ncr100

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Study of the response of superoxide dismutase in mouse organs to radon using a new large-scale facility for exposing small animals to radon 査読 国際誌

    Kataoka T, Sakoda A, Ishimori Y, Toyota T, Nishiyama Y, Tanaka H, Mitsunobu F, Yamaoka K

    Journal of Radiation Research   52 ( 6 )   775 - 81   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1269/jrr.10072

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A comparative study on effect of continuous radon inhalation on several-time acute alcohol-induced oxidative damages of liver and brain in mouse. 査読

    Kataoka T, Sakoda A, Yoshimoto M, Toyota T, Yamamoto Y, Ishimori Y, Hanamoto K, Kawabe A, Mitsunobu F, Yamaoka K

    Radiation Safety Management   10 ( 1 )   1 - 7   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12950/rsm.10.1

    researchmap

  • Lung function and blood markers of nutritional status in non-COPD aging men with smoking history: a cross-sectional study. 査読 国際誌

    Shiozawa N, Hayashimoto K, Suzuki E, Kikuchi H, Takata S, Ashida K, Watanabe M, Hosaki Y, Mitsunobu F

    International Journal of Chronic Obstructive Pulmonary Disease   5   233 - 40   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 急性期病院におけるDischarege Planningを核とした「高齢者・在宅・緩和医療プロフェショナル養成コース」の概要 査読

    小松裕和, 光延文裕, 土居弘幸, 小出典男

    岡山医学会雑誌   120 ( 1 )   1 - 5   2008年

     詳細を見る

  • Effect of spa Therapy on the six-minute Walk Test in patients with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Shingo Takata, Kozo Ashida, Yasuhiro Hosaki, Masanori Hamada, Naofumi Iwagaki, Hiroshi Kikuchi, Fumihiro Mitsunobu

    日本温泉気候物理医学会雑誌   71 ( 4 )   241 - 249   2008年

  • The effects of spa therapy combined with dietary supplementation with n-3 fatty acids on serum eosinophil cationic protein in asthmatic subject. 査読

    Takata S, Ashida K, Hosaki Y, Hamada M, Iwagaki N, Fujii M, Mitsunobu F

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   2006年

  • Effect of foot baths containing artificial CO2 on peripheral circulation. 査読

    Hosaki Y, Ashida K, Hamada M, Fujii M, Iwagaki N, Takata S, Tabuki K, Mitsunobu F

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   2006年

  • The elevation of p53 protein level and SOD activity in the resident blood of the Misasa radon hot spring district. 査読 国際誌

    Kiyonori Yamaoka, Fumihiro Mitsunobu, Shuji Kojima, Misako Shibakura, Takahiro Kataoka, Katsumi Hanamoto, Yoshiro Tanizaki

    Journal of radiation research   46 ( 1 )   21 - 4   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To clarify the mechanism by which radon hot springs prevent cancer or not, in this study, blood was collected from residents in the Misasa hot spring district and in a control district. The level of a representative cancer-suppressive gene, p53, and the activity of a representative antioxidant enzyme, superoxide dismutase (SOD), were analyzed as indices. The level of serum p53 protein in the males in the Misasa hot spring district was found to be 2-fold higher than that in the control district, which is a significant difference. In the females in the Misasa hot spring district, SOD activity was approximately 15% higher than that in the control district, which is also statistically significant, and exceeded the reference range of SOD activity despite advanced age. These results suggested that routine exposure of the residents in the Misasa hot spring district to radon at a concentration about 3 times higher than the national mean induces trace active oxygen in vivo, potentiating products of cancer-suppressive gene and antioxidant function. As the p53 protein level was high in the residents in the Misasa hot spring district, apoptosis of cancer cells may readily occur.

    DOI: 10.1269/jrr.46.21

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • The use of computed tomography to assess asthma severity. 査読 国際誌

    Fumihiro Mitsunobu, Yoshiro Tanizaki

    Current opinion in allergy and clinical immunology   5 ( 1 )   85 - 90   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE OF REVIEW: Chronic inflammation in asthma can also lead to airway remodeling, which contributes to airway narrowing. It may be possible to assess and quantify the extent of airway remodeling in vivo using computed tomography. This review examines recent developments in the evaluation of asthma severity using computed tomography, and the effect of treatment assessed by computed tomography. RECENT FINDINGS: Asthma patients have thicker airways on computed tomography scans than do healthy control individuals, and the degree of thickening is related to the severity of disease, airflow obstruction, and airway reactivity. Recent studies have indicated that patients with severe asthma and irreversible airflow obstruction had longer disease duration, a greater inflammatory process and more airway abnormalities, assessed by high-resolution computed tomography, suggestive of airway remodeling. Other studies have shown that high-resolution computed tomography lung density correlates with airflow limitation and lung volume (but not with lung transfer factor), and also correlates with patient age and severity of asthma. More recently, two publications demonstrated the effect of treatment on airway wall thickness and lung density assessed by computed tomography in patients with asthma. SUMMARY: High-resolution computed tomography is one of the most useful tools for imaging airways and parenchyma. Computed tomography scanning may be useful in determining which patients might benefit from more or less treatment. With additional advances in technology, it is likely that quantitative assessment by computed tomography will ultimately be a valuable tool for the study and treatment of chronic airway diseases.

    PubMed

    researchmap

  • 温泉療法による気管支喘息治療薬剤費の削減効果 査読

    芦田 耕三, 光延 文裕, 保崎 泰弘, 濱田 全紀, 岩垣 尚史, 藤井 誠, 高田 真吾, 谷崎 勝朗

    日本温泉気候物理医学会雑誌   68 ( 3 )   166 - 174   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本温泉気候物理医学会  

    気管支喘息23例を対象に、温泉療法を開始した1年間 (1997年) と開始3年後 (2000年) の1年間の薬剤費を比較することによって、長期温泉療法による薬剤費の削減の可能性について検討を加えた。なお、気管支喘息の重症度は国際分類に準じ、ステージ1から4までの4段階で行った。1. 温泉療法による総薬剤費の1年間の平均削減は、ステージ1では\31,910、ステージ2では\74,900、3では\113,450、4では\180,910であった。これを削減率で表すと、それぞれステージ1では34.2%、2では46.3%、3では37.1%、4では42.4%であり、温泉療法による薬剤費の削減は、金額では喘息の重症度が高くなるにつれて多くなること、また、削減率ではステージ2と4で40%以上の高い削減率が示された。2. 温泉療法による薬剤の種類別の薬剤費の削減では、気管支拡張薬、副腎皮質ホルモン、抗アレルギー薬、粘液溶解薬、抗生物質などの薬剤費は、いずれもステージ3および4の症例では有意の減少を示した。しかし、これらの薬剤費の減少はステージ1および2では、推計学的には有意の差ではなかった。3. これらの薬剤の削減率は、推計学的に有意差の見られるステージ3では、粘液溶解薬と抗生物質、またステージ4では気管支拡張薬、抗アレルギー薬、粘液溶解薬、抗生物質で50%以上の削減率が観察された。以上の結果より、気管支喘息のうち重症度の高い症例では、温泉療法により薬剤費の削減が可能であることが示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.68.166

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 長期喫煙歴を有する喘息症例に対する温泉療法の臨床効果気道過敏性、ロイコトリエンB4およびC4産生能による評価 査読

    光延 文裕, 保崎 泰弘, 芦田 耕三, 岩垣 尚史, 永田 拓也, 藤井 誠, 高田 真吾, 濱田 全紀, 谷崎 勝朗

    日本温泉気候物理医学会雑誌   68 ( 2 )   83 - 91   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本温泉気候物理医学会  

    20年以上の長期喫煙歴を有する気管支喘息症例 (22例) に対する温泉療法の臨床効果について、非喫煙喘息症例 (36例) を対照に検討した。1. 温泉療法の臨床効果は、長期喫煙例では、著効4例 (18.2%)、有効11例 (50.0%)、やや有効あるいは無効7例 (31.8%) であり、著効を含めた明らかな有効例は15例 (68.2%) であった。一方、非喫煙例では、明らかな有効例は36例中29例 (80.6%) で、温泉療法の臨床効果は非喫煙例で有意に高いことが明らかとなった。2. IgE系反応、気道過敏性、ロイコトリエンB4(LTB4) およびC4(LTC4) 産生能いずれも、長期喫煙例で有意の亢進が観察された。3. 非喫煙例では、温泉療法とIgE抗体産生亢進との間にある程度の関連が見られたが、喫煙例では関連は見られなかった。4. 気道過敏性は非喫煙例、喫煙例いずれにおいても著効、有効例に比べやや有効ないし無効例で有意の亢進が見られた。5. LTB4産生能は非喫煙例、喫煙例とも明らかな有効例に比べ、やや有効ないし無効例で亢進の傾向は見られたが、推計学的には有意の差ではなかった。6. LTC4産生能は、喫煙者では有効性との間に関連は見られなかったが、非喫煙例では明らかな有効例と比べ、やや有効ないし無効例で産生亢進の傾向が見られた。しかし、推計学的には有意差は見られなかった。以上の結果より、温泉療法の有効性が、非喫煙例に比べ、長期喫煙歴を有する喘息症例で有意に低いのは、喫煙によるIgE系反応や気道過敏性の亢進、さらにはLTB4、LTC4の産生亢進などが関与している可能性が示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.68.83

    CiNii Article

    researchmap

  • Effects of radon and thennal therapy on osteoarthritis 査読

    K Yamaoka, F Mitsunobu, K Hanamoto, T Kataoka, Y Tanizaki

    HIGH LEVELS OF NATURAL RADIATION AND RADON AREAS: RADIATION DOSE AND HEALTH EFFECTS   1276   249 - 250   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We examined the temporal changes in antioxidants, immune-, vasoactive- and pain-associated substances in human blood by therapy to elucidate the mechanism of osteoarthritis in which radon therapy is used as a treatment. Results showed that radon inhalation enhanced the antioxidation and immune function, and that the changes in vasoactive and pain-associated substances indicate increases in tissue perfusion brought about by radon therapy. (c) 2004 Published by Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.ics.2004.12.013

    Web of Science

    researchmap

  • 呼吸器系への効果

    光延 文裕, 保崎 泰弘, 芦田 耕三, 谷崎 勝朗

    日本温泉気候物理医学会雑誌 = THE JOURNAL OF JAPANESE ASSOCIATION OF PHYSICAL MEDICINE, BALNEOLOGY AND CLIMATOLOGY   68 ( 1 )   20 - 22   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    DOI: 10.11390/onki1962.68.20

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00245110441?from=CiNii

  • Biochemical comparion between radon effects and thermal effects on humans in radon hot spring therapy. 査読 国際誌

    Yamaoka K, Mitsunobu F, Hanamoto K, Shibuya K, Mori S, Tanizaki Y, Sugita K

    J Radiat Res   45 ( 1 )   83 - 8   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1269/jrr.45.83

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Study on biologic effects of radon and thermal therapy on osteoarthritis. 査読 国際誌

    Yamaoka K, Mitsunobu F, Hanamoto K, Mori S, Tanizaki Y, Sugita K

    J Pain.   5 ( 1 )   20 - 5   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpain.2003.09.005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Inflience of longterm cigarette smoking on immunoglobulin Emedizted allergy,pulmonary function,and high-resolution computed tomography ling denstitometry in elderly patients with asthma. 査読 国際誌

    F Mitsunobu, K Ashida, Y Hosaki, H Tsugeno, M Okamoto, N Nishida, T Nagata, Y Tanizaki, M Tanimoto

    Clin Exp Allergy   34 ( 1 )   59 - 64   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Improvement of hyperinflation of the lungs by spa therapy in patients with asthma 査読

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Nagata T, Fujii M, Takata S, Hamada M, Tanizaki Y

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   2004年

  • Five-year observation of the effects of spa therapy for patients with pulmonary emphysema, evaluated by %low attenuation area (%LAA) of the lungs on high resolution CT, %DLco, and % residual volume (RV). 査読

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Nagata T, Fujii M, Takata S, Hamada M, Tanizaki Y

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   2004年

  • Decreased computed tomographic lung density during exacerbation of asthma. 査読 国際誌

    Mitsunobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Nagata T, Takata S, Tanizaki Y

    Eur Respir J.   22 ( 1 )   106 - 12   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/09031936.03.00081702

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Elevation of antioxidant enzymes in the clinical effects of radon and thermal therapy for bronchial asthma. 査読 国際誌

    Mitsunobu F, Yamaoka K, Hanamoto K, Kojima S, Hosaki Y, Ashida K, Sugita K, Tanizaki Y

    J Radiat Res   44 ( 2 )   95 - 9   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1269/jrr.44.95

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A proton-pump inhibitor, rabeprazole, improves ventilatory function in patients with asthma associated with gastroesophageal reflux. 査読 国際誌

    H Tsugeno, M Mizuno, S Fujiki, H Okada, M Okamoto, Y Hosaki, S Ashida, F Mitsunobu, Y Tanizaki, Y Shiratori

    Scand J Gastroenterol.   38 ( 5 )   456 - 61   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365520310002490

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effects of Spa Therapy Combined with Dietary Supplementation with n-3 Fatty Acids on Bronchial Asthma.

    Okamoto M, Ashida K, Mitusnobu F, Hosaki Y, Tsugeno H, Nishida N, Nagata T, Yokoi Y, Takata S, Tanizaki Y

    J.Jpn Assoc Phys Med Balm Clim   2003年4月

     詳細を見る

  • [Physiopathology and treatment of bronchial asthma of the aged]. 査読

    Yoshiro Tanizaki, Fumihiro Mitsunobu, Yasuhiro Hozaki, Kozo Ashida

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   92 ( 3 )   448 - 52   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Complexity of terminal airspace geometry assessed by computed tomography in asthma. 査読 国際誌

    Mitsunobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida K, Takata S, Yokoi T, Mishima M, Tanizaki Y

    American Journal of Respiratory Critical Care Medicine   167 ( 3 )   411 - 7   2003年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1164/rccm.2112070

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of etidronic acid plus alfacalcidol for the treatment of osteopenia in steroid-dependent asthmatics. A pilot study of five cases. 査読

    Tsugeno H, Nakai M, Okamoto M, Yokoi T, Takata S, Nishida N, Ashida K, Mitsunobu F, Yuki H, Tanizaki Y, Shiratori Y

    Clin Drug Invest   23 ( 2 )   99 - 105   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2165/00044011-200323020-00003

    Web of Science

    researchmap

  • Spa Therapy for Patients with Respiratory Disease Admitted at Misasa Medical Center for Last 20 Years. 査読

    Mitusnobu F, Hosaki Y, Ashida K, Nishida N, Tsugeno H, Nagata T, Yokoi Y, Takata S, Tanizaki Y

    J.Jpn Assoc Phys Med Balm Clim   2003年

  • Long-term Spa Therapy Prevents the Progressive Pathological Changes of the lung in Patients with Pulmonary Emphysema. 査読

    Mitusnobu F, Hosaki Y, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Nagata T, Takata S, Yokoi Y, Tanizaki Y

    J.Jpn Assoc Phys Med Balm Clim   2003年

  • Decrease in Low Attenuation Area (LAA) of the Lungs on High Resolution Computed Tomography (HRCT) by Long-term Spa Therapy in Patients with Asthma. 査読

    Ashida K, Mitusnobu F, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Nagata T, Takata S, Yokoi Y, Tanizaki Y

    J.Jpn Assoc Phys Med Balm Clim   2003年

  • Vertebral fracture and cortical bone changes in corticosteroid-induced osteoporosis. 査読 国際誌

    Tsugeno H, Fujita T, Goto B, Sugishita T, Hosaki Y, Ashida K, Mitsunobu F, Tanizaki Y, Shiratori Y

    Osteoporos Int   13 ( 8 )   650 - 6   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s001980200088

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The Effects of Spa Therapy on Asthma-Relationship of the generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) and bronchial Hyperresponsiveness- 査読

    Ashida K, Mitsunobu F, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Yokoi T, Takata S, Tanizaki Y

    J. Jpn Assoc Phys Med Baln Clim   2002年

  • Low-attenuation areas of the lungs on high-resolutionInfluence of age and disease severity on high resolution CT lung densitometry in asthma. 査読 国際誌

    Mitsunobu F, Mifune T, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Harada S, Takata S, Tanizaki Y

    Thorax   56 ( 11 )   851 - 6   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/thorax.56.11.851

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Low-attenuation areas of the lungs on high-resolution computed tomography in asthma. 査読 国際誌

    Mitsunobu F, Mifune T, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Harada S, Tanizaki Y

    J. Asthma   38 ( 5 )   413 - 22   2001年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1081/JAS-100001496

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Enhanced production of leukotrienes by peripheral leukocytes and specific IgE antibodies in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 査読 国際誌

    Mitsunobu F, Mifune T, Hosaki Y, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Takata S, Tanizaki Y

    J. Allergy Clin Immunol   107 ( 3 )   492 - 8   2001年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1067/mai.2001.112694

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A patient with severe palindromic rheumatism and frequent episodes of pain. 査読

    Takata S, Harada S, Mitsunobu F, Mifune T, Hosaki Y, Asida K, Tsugeno H, Okamoto M, Iwahashi M, Kawashima M, Yamamura M, Makino H, Tanizaki Y

    Intern Medcine   40 ( 2 )   140 - 3   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.40.140

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 気管支喘息および肺気腫に対する温泉療法.;最近9年間(1992年-2000年)の入院症例1271例の解析ー 査読

    光延文裕, 御舩尚志, 保崎泰弘, 芦田耕三, 柘野浩史, 岡本 誠, 西田典数, 横井 正, 高田真吾, 谷崎勝朗, 越智浩二

    日温気物医誌   63:65-72   2001年

     詳細を見る

  • Effect of spa therapy on low attenuation area (LAA) of the lungs on high-resolution computed tomography (HRCT) and pulmonary function in patients with asthma. 査読

    Ashida K, Mitsunobu F, Mifune T, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Yokoi T, Takata S, Tanizaki Y

    J. Jpn Assoc Phys Med Baln Clim   2001年

  • Oral glucocorticoid-induced fall in cortical bone volume and density in postmenopausal asthmatic patients. 査読 国際誌

    H Tsugeno, B Goto, T Fujita, M Okamoto, T Mifune, F Mitsunobu, K Ashida, Y Hosaki, T Tsuji, Y Tanizaki

    Osteoporos Int   12 ( 4 )   266 - 70   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s001980170115

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Correlation between efficacy of spa therapy and bronchial hyperresponsiveness in elderly patients with asthma. 査読

    Mitsunobu F, Mifune T, Hosaki Y, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Takata S, Yokoi T, Ochi K, Tanizaki Y

    Jpn Assoc Phys Med Baln Clim   2001年

  • Basic study on radon effects and thermal effects on humans in radon therapy. 査読 国際誌

    Yamaoka K, Mifune T, Mitsunobu F, Kojima S, Mori S, Shibuya K, Tanizaki Y, Sugita K

    . Physiol Chem Phys & Med NMR   33 ( 2 )   133 - 8   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Enhanced peripheral leukocyte leukotriene production and bronchial hyperresponsiveness in asthmatics. 査読 国際誌

    F Mitsunobu, T Mifune, Y Hosaki, K Ashida, H Tsugeno, M Okamoto, S Harada, S Takata, Y Tanizaki, M Harada

    The European respiratory journal   16 ( 3 )   504 - 8   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MUNKSGAARD INT PUBL LTD  

    Leukotrienes (LTs) are pro-inflammatory mediators that contribute to the pathophysiological features of asthma. The relationship between the amounts of LTB4 and LTC4 produced by the leukocytes of asthmatic patients on the one hand and immunoglobulin E (IgE)-mediated allergy, asthma exacerbations and bronchial hyperresponsiveness was studied. Leukocytes were obtained from peripheral blood drawn from 29 atopic and 27 nonatopic asthmatics during exacerbations and clinically controlled periods, as well as from 20 control individuals. The leukocytes were stimulated with calcium ionophore A23187 to induce LTB4 and LTC4 production. Allergy was assessed by means of specific serum IgE or by positive skin tests, whereas bronchial hyperresponsiveness was measured by methacholine challenge. The leukocytes of the asthmatics generated significantly more LTB4 (p<0.05) and LTC4 (p<0.01) than those of controls. The leukocytes of patients with atopic asthma generated significantly more LTC4 than those of patients with nonatopic asthma (p<0.01). Significantly more LTC4 was produced by leukocytes obtained during exacerbations, than by those obtained during clinically controlled periods (p<0.01). In addition, there was a significant correlation between LTB4 generation by leukocytes and the degree of bronchial hyperresponsiveness to methacholine (r=-0.792, p<0.0001). These results suggest that leukotriene C4 production by leukocytes is associated with immunoglobulin E-mediated allergy and asthma exacerbations, and further that generation of leukotriene B4 is closely related to bronchial hyperresponsiveness in patients with asthma.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effects of perilla seed oil supplementation on leukotriene generation by leucocytes in patients with asthma associated with lipometabolism. 査読 国際誌

    M Okamoto, F Mitsunobu, K Ashida, T Mifune, Y Hosaki, H Tsugeno, S Harada, Y Tanizaki, M Kataoka, K Niiya, M Harada

    International archives of allergy and immunology   122 ( 2 )   137 - 42   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    BACKGROUND: Dietary sources of alpha-linolenic acid, such as perilla seed oil, may have the capacity to inhibit the generation of leukotrienes (LTs) by leucocytes in patients with asthma, as has been reported with the consumption of other long-chain n-3 fatty acids. METHODS: The factors affecting the suppression of leukotriene (LT) C4 generation by leucocytes were examined by comparing the clinical features of patients with asthma who had been given dietary perilla seed oil (n-3 fatty acids). Group A consisted of patients in whom the leucocyte generation of LTC4 was suppressed by dietary perilla seed oil. Group B consisted of those in whom LTC4 generation was not suppressed. RESULTS: LTC4 generation by leucocytes decreased significantly in group A after 2 (p < 0.05) and 4 weeks (p < 0.05); conversely, it increased significantly in group B after 4 weeks (p < 0.05). The two study groups differed significantly in terms of LTC4 generation by leucocytes after 4 weeks of dietary supplementation (p < 0.05). Ventilatory parameters such as peak expiratory flow (PEF), forced vital capacity (FVC) and forced expiratory volume in 1 s (FEV(1)) increased significantly after 4 weeks of dietary supplementation in group A (p < 0.05). Values of PEF, FVC, FEV(1) and maximum expiratory flow at 25% of the forced vital capacity (V(25)) differed significantly between groups A and B prior to dietary supplementation. Serum levels of total cholesterol, low-density lipoprotein (LDL) cholesterol and phospholipid were significantly decreased by dietary supplementation in group A after 4 weeks. Serum levels of total cholesterol, triglyceride, high-density lipoprotein cholesterol, LDL cholesterol and phospholipid differed significantly between the two study groups prior to dietary supplementation. Serum levels of triglyceride and LDL cholesterol differed significantly between the two study groups after 4 weeks of dietary supplementation. CONCLUSIONS: Dietary supplementation with perilla seed oil in selected patients with asthma suppresses the generation of LTC4 and is associated with clinical features such as respiratory function and lipometabolism.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • [Current topics on inhalation therapy for obstructive pulmonary diseases]. 査読

    F Mitsunobu, T Mifune, Y Tanizaki

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   89 ( 5 )   995 - 1002   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • IgE-mediated and age-related bronchial hyperresponsiveness in patients with asthma. relationship to family history of the disease. 査読 国際誌

    F Mitsunobu, T Mifune, Y Hosaki, K Ashida, H Tsugeno, M Okamoto, S Harada, Y Tanizaki

    Age and ageing   29 ( 3 )   215 - 20   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    OBJECTIVE: to uncover any differences in the age-related and IgE-mediated pathophysiology of the airways in asthmatics. METHODS: we examined the relationship of both IgE-mediated bronchial hyperresponsiveness and the cell content of bronchoalveolar lavage fluid with a family history of asthma in 263 patients with asthma classified according to age at onset. RESULTS: bronchial hyperresponsiveness decreased significantly as age at onset increased in those without a family history. Responsiveness was significantly higher in patients who were > or = 60 years of age at onset who had a family history than in those who did not (P < 0.05). The proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage fluid was significantly higher in patients between 50 and 59 years old at onset who had a family history than those who did not (P < 0.05). These results suggest that bronchial hyperresponsiveness and the proportion of bronchoalveolar lavage lymphocytes differ according to the presence or absence of a family history, a finding which is closely related to IgE-mediated allergy in elderly patients at onset. CONCLUSIONS: our findings suggest (i) the possibility of asthma induced by non-IgE-mediated allergy in elderly patients and (ii) that bronchial responsiveness is also influenced by IgE-mediated allergy and age at onset.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effects of dietary supplementation with n-3 fatty acids compared with n-6 fatty acids on bronchial asthma. 査読

    M Okamoto, F Mitsunobu, K Ashida, T Mifune, Y Hosaki, H Tsugeno, S Harada, Y Tanizaki

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   39 ( 2 )   107 - 11   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Internal Medicine  

    OBJECTIVE: The effects of perilla seed oil (n-3 fatty acids) on bronchial asthma were compared with the effects of corn oil (n-6 fatty acids) in relation to the pulmonary function and the generation of leukotriene B4 (LTB4) and C4 (LTC4) by leucocytes. METHODS AND SUBJECTS: 14 asthmatic subjects were divided randomly into two groups: one group (7 subjects) consumed perilla seed oil-rich supplementation and the other group (7 subjects) consumed corn oil-rich supplementation for 4 weeks. Generation of LTs by leucocytes and respiratory function were compared between the two groups. RESULTS: The generation of LTB4 and LTC4 by leucocytes tended to increase in subjects (N=7) with corn oil-rich supplementation, and decrease in subjects (N=7) with perilla seed oil-rich supplementation. Significant differences between the two groups were observed in the generation of LTB4 at 2 weeks (p<0.05) and LTC4 at 2 weeks (p<0.05) after dietary supplementation. Significant increases in the value of PEF (p<0.05), FVC (p<0.01), FEV(1.0) (p<0.05) and V(25) (p<0.05) were found in subjects who received perilla seed oil supplementation for 4 weeks. And significant differences in the value of FVC (p<0.05) and FEV(1.0) (p<0.05) were observed between the two groups after 4 weeks of dietary supplementation. CONCLUSION: These results suggest that perilla seed oil-rich supplementation is useful for the treatment of asthma in terms of suppression of LTB4 and LTC4 generation by leucocytes, and improvement of pulmonary function.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.39.107

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Glucocorticoid-induced cortical bone porosity in postmenopausal patients with asthma 査読

    H Tsugeno, B Goto, M Okamoto, S Harada, T Mifune, Y Hosaki, F Mitsunobu, K Ashida, Y Tanizaki

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   11   S131 - S131   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG LONDON LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Bone mineral density in steroid-dependent asthma assessed by peripheral quantitative computed tomography. 査読 国際誌

    H Tsugeno, M Nakai, M Okamoto, S Harada, T Mifune, F Mitsunobu, K Ashida, Y Hosaki, Y Tanizaki, T Tsuji

    The European respiratory journal   14 ( 4 )   923 - 7   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MUNKSGAARD INT PUBL LTD  

    Chronic use of systemic glucocorticoids results in progressive bone loss and pathologic fractures. This study identified the predictive variables for bone loss and used peripheral quantitative computed tomography (pQCT) to measure changes in cortical and trabecular bone in patients receiving systemic glucocorticoid therapy of prednisone 15.4 g. Eighty-four asthmatic patients were included in the study. Vertebral fractures were diagnosed via plain spinal radiograms. pQCT was used to measure cortical and trabecular bone mineral density. Multiple regression analysis identified variables with predictive value. The cumulative dose of glucocorticoid correlated with the bone mineral density (p<0.05) and the trabecular bone density (p<0.01). Among patients > or = 65 yrs of age, the cumulative dose of glucocorticoid correlated with the occurrence of vertebral fractures (p<0.05), total bone mineral density (p<0.01) and cortical bone mineral density (p<0.01). Bone mineral density in the distal radius measured by pQCT and the vertebral bodies by axis QCT were correlated, regardless of whether systemic glucocorticoids were administered. Glucocorticoid administration not only decreases trabecular but also cortical bone mineral density. Since cortical bone provides strength and stiffness, it appears that the loss of cortical bone is responsible for the increased incidence of fracture seen in patients receiving systemic glucocorticoid therapy.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Giant cell arteritis associated with rheumatoid arthritis monitored by magnetic resonance angiography. 査読

    S Harada, F Mitsunobu, F Kodama, Y Hosaki, T Mifune, H Tsugeno, M Okamoto, M Yamamura, H Makino, Y Tanizaki

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   38 ( 8 )   675 - 8   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 57-year-old Japanese woman with well controlled rheumatoid arthritis visited our hospital with a severe bitemporal headache and marked fatigue. Based on the classification criteria by the American College of Rheumatology, she was diagnosed as having giant cell arteritis. Magnetic resonance (MR) angiography was performed, from which stenotic changes in the bilateral superficial temporal arteries were strongly suspected. Corticosteroid therapy was quickly started. The patient followed an uneventful course with no complications. Therapeutic effect was confirmed by MR angiographic findings obtained 4 weeks after the initiation of therapy.

    PubMed

    researchmap

  • [Age-related changes of IgE-mediated allergic reaction in patients with late onset asthma--relationship between IgE-mediated allergy and age at onset]. 査読

    S Yokota, F Mitsunobu, T Mifune, Y Hosaki, K Ashida, H Tsugeno, Y Tanizaki

    Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   35 ( 5 )   367 - 73   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We examined age-related changes in the IgE-mediated allergic reaction in patients with late onset asthma, whose asthma first occurred at over 40 years. 1. The number of patients with a high serum IgE level (over 300 IU/ml) was larger in patients with an age of onset between 40 and (40-49 years group) and in patients older than 60 at age of onset (60-year group) than in patients with an age of onset between 50 and 59 (50-59 year group). 2. A positive RAST score to house dust mite (HDm) allergen was more frequently found in the 40-49 year group and in the 60- year group than in the 50-59 year group. Frequency of positive RAST score to HDm in the 50-59 year group was significantly lower (p < 0.01) than in early-onset asthma patients (age at onset less than 39 years). 3 Frequency of family history of asthma in the 50-59 years group was high, being equal to that of early-onset asthma patients. 4 In the 50-59 year group, the frequency of severe asthma was comparatively higher than that of the other groups. The frequency of IgE-mediated allergic reaction changed in regard to age of onset of asthma, and allergic reactions in late-onset asthma partially resembled those of early-onset asthma. These results suggest that an atopic constitution is related to the onset of bronchial asthma in the elderly.

    PubMed

    researchmap

  • Different roles of histamine and leukotriene C4 in the airways between patients with atopic and nonatopic asthma. 査読 国際誌

    F Mitsunobu, T Mifune, Y Hosaki, K Ashida, S Yokota, H Tsugeno, Y Tanizaki

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   35 ( 4 )   367 - 72   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARCEL DEKKER INC  

    The release of histamine and leukotriene C4 (LTC4) from bronchoalveolar lavage (BAL) cells and peripheral blood stimulated with Ca ionophore A23187 was compared between atopic and nonatopic asthma. The proportion of basophilic cells in BAL fluid was significantly higher in atopic than in nonatopic asthma (p < 0.01); however, no significant differences were present in the other BAL cells between the two asthma types. The concentration of histamine in BAL fluid was significantly higher in younger patients (20-59 years) with atopic than in nonatopic asthma (p < 0.01). In contrast, the concentration of LTC4 was significantly higher in nonatopic than in younger patients with atopic asthma (p < 0.01). The release of histamine from BAL cells (p < 0.001) and peripheral blood (p < 0.01) was significantly larger in younger patients with atopic than in nonatopic asthma. The generation of LTC4 by BAL cells was significantly larger in nonatopic than in younger (p < 0.01) and older patients with atopic asthma (60+ years) (p < 0.05). These results suggest that both histamine and LTC4 participate in the onset mechanism of atopic asthma, and only LTC4 participates in that of nonatopic asthma.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • [Psychological investigation on spa therapy in patients with bronchial asthma]. 査読

    S Yokota, T Mifune, F Mitsunobu, Y Hosaki, K Ashida, H Tsugeno, Y Tanizaki, K Saitou, S Tada, M Harada

    Arerugi = [Allergy]   46 ( 6 )   511 - 9   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To evaluate the effects of complex spa therapy (swimming training in a hot spring pool + fango therapy + inhalation of iodine salt solution) on psychological factors, three psychological examinations; CMI (Cornell Medical Index), SDS (Self-Rating Depression Scale) and CAI (Comprehensive Asthma Inventory); were given 25 patients with bronchial asthma (10 male, 15 female, mean age 60 years), and the results of these examinations were compared before and after spa therapy. 1. Physical symptoms, respiratory system and CIJ symptoms by CMI were significantly improved after spa therapy, however the improvement of psychical symptoms was not significant. 2. In SDS, 11 of 25 patients showed more than 40 points, indicating depressive state. The number of such patients decreased from 11 to 2 and the mean SDS score significantly improved from 38.7 to 34.2 after spa therapy. 3. Conditioning, suggestion, fear of expectation, frustration, flight into illness, negative attitudes towards prognosis, and decreased motivation towards therapy by CAI were significantly reduced after spa therapy, with the reduction in negative attitudes towards prognosis and decreased motivation towards therapy being relatively large. Furthermore, CAI score, which is the average of the categories in CAI, was also significantly decreased from 37.9 to 28.4 after spa therapy. These results suggested that complex spa therapy improves psychological factors in patients with bronchial asthma.

    PubMed

    researchmap

  • A pilot study: Effects of dietary supplementation with α-linolenic acid-enriched perilla seed oil on bronchial asthma 査読

    Kozo Ashida, Fumihiro Mitsunobu, Takashi Mifune, Yasuhiro Hosaki, Satoshi Yokota, Hirofumi Tsugeno, Yoshiro Tanizaki, Takao Tsuji

    Allergology International   46 ( 3 )   181 - 185   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    N-3 fatty acids, such as fish oil, have been reported to have some beneficial effects in patients with bronchial asthma. The effects of dietary supplementation with perilla seed oil rich in a-linolenic acid (α-LNA), parent n-3 fatty acid, were studied in five patients with asthma. The symptoms of asthma and mean peak flow rates (PFR) both early in the morning and in the evening were improved 2 weeks after dietary supplementation and the increases in PFR were significant (P &lt
    0.05). The generation of leukotriene B4(LTB4) by peripheral leukocytes stimulated with the Ca2+ionophore A23187 was significantly suppressed from 77.6 to 41.6ng/5X106cells by dietary supplementation (P&lt
    0.05). The generation of leukotriene C4(LTC4) by leukocytes was also significantly suppressed from 64.0 to 38.8 ng/5x106cells after supplementation with perilla seed oil (P &lt
    0.05). These results suggest that dietary supplementation with perilla seed oil is beneficial for the treatment of asthma. © 1997, Japanese Society of Allergology. All rights reserved.

    DOI: 10.2332/allergolint.46.181

    Scopus

    researchmap

  • IgE-mediated allergy in elderly patients with asthma

    Mitsunobu Fumihiro, Mifune Takashi, Hosaki Yasuhiro, Ashida Kouzou, Tsugeno Hirofumi, Yokota Satoshi, Tanizaki Yoshiro, Tada Shinya, Harada Mine

    Allergology International   46 ( 4 )   237 - 241   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society of Allergology  

    The incidence of a positive family history with asthma and levels of serum IgE and IgE antibodies were examined in 136 patients with asthma in relation to age at onset of the disease. The frequency of subjects with a family history of asthma ranged from 37.9 to 75.0% in all groups classified by age at onset. The frequency of patients with a high serum IgE level (≥150IU/mL) was higher (51.7-63.2%) in all groups than the frequency of patients with a low serum level (<150IU/mL). The mean level of serum IgE was significantly higher in patients with a family history than in those without a family history, in subjects between the ages of 50 and 59 years at onset (mean age 63.4 years; P<0.02) and in those over the age of 60 years at onset (74.0 years; P<0.01). The number of patients with a positive RAST score either to house dust mite (HDM), cockroach, and Candida tended to decrease as the age at onset increased. However, the frequency of positive RAST to HDM was higher in patients with a family history and who were over the age of 50 years at onset compared with those patients between the ages of 40 and 49 years at onset, although the frequency was significantly higher in patients with family history than in those without family history (P<0.02). These results suggest that IgE-mediated allergic reactions are significant not only in those patients who are younger, but also in elderly patients with asthma.

    DOI: 10.2332/allergolint.46.237

    CiNii Article

    researchmap

  • Reduction of Glucocorticoids by Spa Therapy in Patients with Steroid-Dependent Intractable Asthma(SDIA).

    保崎 泰弘, 御舩 尚志, 光延 文裕, 横田 聡, 谷崎 勝朗, 越智 浩二, 原田 英雄, 池田 敏, 武田 和久

    日本温泉気候物理医学会雑誌   59 ( 4 )   201 - 208   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    ステロイド依存重症難治性喘息 (SDIA) 患者33例について, 温泉療法による副腎皮質ホルモンの減量効果について検討した。対象となった気管支喘息の病型はIa-1 (単純性気管支攣縮型, 喀痰分泌量0-49ml/day) 型8例, Ia-2 (単純性気管支攣縮型, 喀痰分泌量50-99ml/day) 型8例, Ib (気管支攣縮+過分泌) 型7例, II (細気管支閉塞) 型9例であった。年齢, 喘息発症時の年齢, 血清IgE, IgG, IgA, IgM濃度, 肺機能, 肺胞洗 (BAL) 液の細胞分類について検討した。<br>1. II型喘息患者においては血清IgG, IgM濃度の低値, %FVC, FEVの低下, BAL液中の好中球の増加が認められた。Ib型においては血清IgA濃度の高値とBAL液中の好酸球増多が認められた。Ia-1型では年齢, 喘息発症時の年齢が最も若く, 血清IgE濃度が高値であった。SDIA患者のすべての病型において血清コルチゾール濃度は正常値以下であった。<br>2. すべての気管支喘息の病型において温泉療法により副腎皮質ホルモンの投与量を減量することが出来た。特に温泉療法の前後で比較するとIa-2型において著明に減量することが出来た。温泉療法により副腎皮質ホルモンの減量が奏功する病型としては奏功率が最も高いのはIa-2型 (87.5%) であり, 低いのはII型 (44.4%) であった。温泉療法による症状の改善率でみるとIa-2型とIb型が改善率100.0%であったが, Ia-1型とII型はいずれも66.7% (9例中6例) であった。これらの結果から, 温泉療法によりSDIAの患者の喘息発作の治療に用いる副腎皮質ホルモンの投与量が減量できることが示された。

    DOI: 10.11390/onki1962.59.201

    CiNii Article

    researchmap

  • :気管支攣縮型の温泉治療有効例と無効例との比較

    横田 聡, 御舩 尚志, 光延 文裕, 保崎 泰弘, 谷崎 勝朗, 越智 浩二, 原田 英雄, 池田 敏, 武田 和久

    日本温泉気候物理医学会雑誌   59 ( 4 )   243 - 250   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支攣縮型喘息患者33例 (24例は温泉療法有効, 9例は無効) を対象に, 温泉療法の臨床効果を, 年齢, 発症年齢, 1型アレルギー反応 (血清IgE値及び特異的IgE), %PEFR, BAL液中細胞成分, ヒスタミンおよびLTC4遊離, 気道過敏性, 血清コルチゾール値との関連で, 評価し検討を加えた。<br>1. 平均年齢および平均発症年齢は, 温泉療法無効例よりも有効例の方が高かった。<br>2. %PEFR値は, RAST陰性かつ温泉療法無効の患者において低かったが, RAST陽性で温泉療法無効の患者では, %PEFR値の低下はなかった。<br>3. BAL中リンパ球比率は, RASTの有無に関わらず無効例において減少していた。それに対して, BAL中好酸球比率は, 無効例において増加する傾向がみられた。<br>4. ヒスタミンおよびLTC4の遊離は, 温泉療法有効例よりも, 無効例の方が大きかった。<br>5. 血清コルチゾール値は, 有効例に比べて, 無効例において低かった。<br>6. ハウスダストのRAST陽性例では, メサコリン閾値濃度は, 無効例よりも有効例の方が高かった。RAST陰性例では, 閾値濃度は温泉療法の臨床効果とは関連がなかった。<br>以上の結果より, 温泉療法は, I型アレルギー反応による気道過敏性のある患者には, 有効ではないことが示された。

    DOI: 10.11390/onki1962.59.243

    CiNii Article

    researchmap

  • 慢性閉塞性呼吸器疾患に対する温泉療法の作用機序について〔英文〕

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 御舩 尚志, 光延 文裕

    日本温泉気候物理医学会雑誌   57 ( 3 )   183 - 190   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    慢性閉塞性呼吸器疾患に対して温泉療法は有効であるが, その有効性は疾患の病態によりかなりの差が見られる。本稿では, 慢性閉塞性呼吸器疾患の1つである気管支喘息を中心に, 温泉療法の作用機序について若干の検討を加えた。<br>気管支喘息に対して温泉療法は有効であるが, 患者年齢, 気道内炎症反応の程度および喘息の病態により, その有効率はかなり異なる。そして, 全般的には, 41歳以上の年齢, 明らかな気道炎症反応が見られる症例 (炎症細胞では, 気管支細胞洗浄 (BAL) 液中特に好中球や好酸球の増加が見られる症例), また気管支喘息の臨床分類では, 過分泌型 (Ib型: BAL液中好酸球増加が特徴) や細気管支閉塞型 (BAL液中好中球の増加が特微) などにおいて, 温泉療法の有効性が高い。これらの臨床的観察より, 温泉療法の作用機序としては, 以下のようなものがあげられる。<br>1. 温泉療法の直接作用<br>気道に対する温泉療法の直接作用として, 自覚症状の改善, 換気機能の改善, 過分泌の抑制, 気道過敏性の低下などが観察される。<br>2. 温泉療法の間接作用<br>気道以外の臓器に対する温泉療法の間接作用として, 血清IgGの低下, リンパ球サブセットへの影響 (CD4+リンパ球の増加, CD8+リンパ球の減少, CD4+/CD8+比の上昇, CD23+リンパ球の減少), 血中アドレナリン, ノルアドレナリンの減少, 低下した血清コーチゾール値の上昇, 全身状態の改善, などが観察される。

    DOI: 10.11390/onki1962.57.183

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00080461272?from=CiNii

  • :329例を対象に

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 御舩 尚志, 光延 文裕, 越智 浩二, 原田 英雄, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   57 ( 2 )   142 - 150   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    過去10年間に当院へ入院した気管支喘息329例を対象に, その背景因子の年次推移について温泉療法との関連のもとに検討を加えた。<br>1. 当院へ入院した気管支喘息症例のうち, 温泉療法を受けた症例の頻度および数は, 最近の5年間では増加する傾向が見られた。<br>2. ステロイド依存性重症難治性喘息の頻度は過去5年間では減少する傾向が見られたが, しかし, 絶対数はむしろ最近増加の傾向であった。<br>3. 60歳以上の症例, および40歳以降での発症症例の頻度および数は, 最近5年間では増加の傾向にあった。<br>4. I a およびII型の臨床病型を呈する症例の頻度は, 過去5年間では減少の傾向にあったが, しかし, 絶対数は最近増加しつつあることが明らかにされた。<br>5. 温泉療法の臨床効果は, その方法により異なり, その有効率は, 温泉療法A (温泉プール水泳訓練) (1982-1985年) では, 68.2%, 温泉療法B (温泉プール水泳訓練+ヨードゾル吸入) (1986-1989年) では87.5%, 温泉療法C (温泉プール水泳訓練+ヨードゾル吸入+鉱泥湿布療法) (1990-1991年) では94.3%であった。<br>これらの結果は, ステロイド依存性重症難治性喘息症例, 60歳以上の症例, 40歳以降の発症症例などの, むしろ温泉療法を必要とするような症例が最近増加しつつあることを示しており, また, これらの症例に対しては, 温泉療法Cが最も有用であることを示している。

    DOI: 10.11390/onki1962.57.142

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00080209478?from=CiNii

  • 気管支喘息に対する温泉療法の遠隔成績,気道細胞反応と換気機能との関連〔英文〕

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 御舩 尚志, 光延 文裕, 梶本 和宏, 越智 浩二, 原田 英雄, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   57 ( 3 )   199 - 208   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息84例を対象に, 気管支肺胞洗浄液 (BAL) 中の細胞成分および換気機能との関連のもとに, 温泉療法の遠隔成績について検討を加えた。<br>1. 気管支喘息84例中, 温泉療法の遠隔成績は維持療法を行った43例で観察された。これらの症例のBAL液中の細胞成分は, マクロファージ71.0%, リンパ球16.2%, 好中球5.9%, 好酸球7.1%であった。また, FEV1.0%は平均66.7%, %V25は27.7%であった。<br>2. 温泉療法の遠隔成績は, 維持療法を行わなかった13例で観察されたが, これらの症例のBAL液中細胞成分では, 好中球1.4%, 好酸球1.6%でいずれもその値は低く, 一方, FEV1.0%は78.4%, %V25は42.1%といずれも高い値を示した。<br>3. 温泉療法の遠隔成績は, 維持療法を行ったにもかかわらず, 12症例では観察されなかった。これらの症例におけるBAL液中の好中球頻度は18.5%, 好酸球は7.3%であり, いずれの細胞も明らかに高い頻度を示した。そして, 換気機能では, FEV1.0%は51.3%, %V25は10.9%といずれも極めて低い値であった。<br>4. 温泉療法の遠隔成績は, 維持療法を行わなかった16症例では観察できなかった。これらの症例のBAL液中の細胞成分や換気機能は, 維持療法を行い, 温泉療法の遠隔成績が観察された症例とほぼ同様であった。

    DOI: 10.11390/onki1962.57.199

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00080461289?from=CiNii

  • IgE-mediated allergic reaction in drug-induced asthma. 査読

    H Kitani, K Kajimoto, K Sugimoto, T Mifune, F Mitsunobu, S Yokota, J Hiramatsu, M Kawaraya, Y Tanizaki

    Acta medica Okayama   47 ( 5 )   317 - 21   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Immunoallergological studies were carried out to clarify the differences between 24 patients with drug-induced asthma (DIA) and 240 with non-drug-induced asthma (non-DIA). The mean values of age, skin reaction to Candida albicans (C. albicans), serum IgE levels, specific IgE antibodies to house dust (HD) and C. albicans, bronchial sensitivity and leukotriene B4 (LTB4) synthesis from peripheral venous blood in patients with DIA were not significantly different from those in patients with non-DIA. In contrast, the frequency of positive skin reaction to HD and histamine release from peripheral basophils by anti-IgE were significantly lower in DIA than in non-DIA. These results agree with the reports that DIA was often observed in non-atopic asthma. But, the mean value of serum IgE was very high in DIA as well as in non-DIA. This result suggests that IgE mediated reaction in DIA is important. Furthermore, the proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage fluid (BALF) was significantly lower in DIA than in non-DIA. Our findings suggest that a decrease of intrapulmonary neutrophils might play an important role in the pathophysiology of DIA.

    PubMed

    researchmap

  • Chemical mediator and cellular reaction in the bronchoalveolar lavage fluid of patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA). 査読

    T Mifune, Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, F Mitsunobu, K Kajimoto, I Kimura

    Acta medica Okayama   47 ( 5 )   323 - 8   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of long-term glucocorticoid therapy on chemical mediator and cellular reaction in the airways were examined in 69 patients with bronchial asthma. The histamine release induced by Ca ionophore A23187 from cells in the bronchoalveolar lavage (BAL) fluid of atopic asthmatics was significantly lower in the subgroup with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) than in non-SDIA patients (p < 0.05). In contrast, histamine release in nonatopic SDIA patients did not differ from nonatopic non-SDIA patients. The release of leukotriene C4 (LTC4) was significantly lower in atopic patients with SDIA (p < 0.02). However, there was no significant difference in LTC4 release between nonatopic patients with SDIA and without SDIA. The proportion of BAL lymphocytes was significantly lower in atopic patients with SDIA than in those without it (p < 0.05), although there was no significant difference between the nonatopic patients with and without SDIA. These results show that glucocorticoids affect humoral and cellular events in the airways of atopic asthmatics more than in those of nonatopic asthmatics.

    PubMed

    researchmap

  • Cell-mediated immunity in bronchial asthma evaluated by purified protein derivative- and Candida albicans-skin reaction. 査読

    F Mitsunobu, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, T Okano, N Honke, Y Tanizaki

    Acta medica Okayama   47 ( 4 )   229 - 32   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cell-mediated immunity was examined in 45 patients with bronchial asthma by observing the delayed cutaneous reaction to purified protein derivative (PPD) and Candida albicans (C. albicans). The delayed skin reaction to PPD showed a decrease with age starting between 50 and 59 years old. The delayed reaction to PPD decreased more prominently with aging, being significantly depressed in the patients aged over 70 years than in those aged between 30 and 49 years (induration, p < 0.02; flare, p < 0.01). The C. albicans-induced skin reaction was significantly lower in the patients aged over 70 years than in those between 60 and 69 years old (induration, p < 0.01; flare, p < 0.05). The delayed skin reaction to PPD and C. albicans was significantly depressed in the patients with a serum IgE level over 1001 IU/ml. Delayed skin reaction to PPD and C. albicans was more depressed with aging and an elevated serum IgE, and the age (50-59 years) at the initiation of depression in the PPD-induced delayed skin reaction was younger than that (over 70 years) in the C. albicans-induced reaction.

    PubMed

    researchmap

  • [Changes in bronchoalveolar cell profiles of asthma patients induced by long-term glucocorticoid therapy]. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, R Soda, T Kiyoshi, K Takahashi, I Kimura

    Nihon Kyobu Shikkan Gakkai zasshi   31 ( 6 )   717 - 24   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Effects of long-term glucocorticoid therapy on airway inflammatory cells were examined in 40 patients with bronchial asthma. 1. The dose of glucocorticoids required by asthmatic patients tended to increase and the level of serum cortisol tended to decrease with prolongation of the period of glucocorticoid therapy. 2. The proportion and number of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid decreased with prolongation of the period of glucocorticoid therapy. The proportion of BAL lymphocytes in asthmatic patients treated with glucocorticoids for more than 5 years was significantly lower than that in those treated for less than 4.9 years. 3. The proportion and number of BAL neutrophils increased with prolongation of the period of glucocorticoid therapy and the proportion of BAL neutrophils in patients treated with glucocorticoids for more than 10 years was significantly higher compared with those treated for less than 9.9 years. These findings indicate that long-term glucocorticoid therapy induces changes in airway inflammatory cell profiles, with a decrease in the number of lymphocytes and increase in the number of neutrophils.

    PubMed

    researchmap

  • [Clinical features of bronchial asthma with mucus hypersecretion]. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, R Soda, S Tada, K Takahashi, I Kimura

    Nihon Kyobu Shikkan Gakkai zasshi   31 ( 5 )   575 - 9   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Fifty patients with bronchial asthma were divided into four groups according to the amount of expectoration per day: 0-24, 25-49, 50-99 and 100+ ml/day. Clinical features of patients with mucus hypersecretion (more than 50 ml/day of expectoration) were evaluated by age, severity of disease, cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, and ventilatory function. 1. The proportion of patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) in each group increased with increase in mucus hypersecretion. 2. Many of the patients with mucus hypersecretion (more than 50 ml/day) were over the age of 40. 3. The proportion of BAL eosinophils was significantly higher in patients with hypersecretion (more than 50 ml/day) than in those with expectoration of less than 49 ml/day. There was a significant correlation between the proportion of BAL eosinophils and the amount of expectoration per day (r = 0.48, p < 0.05). Proportions of lymphocytes and neutrophils in the BAL fluid were not related to the amount of expectoration per day. 4. There was no significant correlation between the amount of expectoration per day and ventilatory function in patients with asthma in this study.

    PubMed

    researchmap

  • [Correlation between proportion of BAL cells and ventilatory function in patients with asthma]. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, R Soda, S Tada, K Takahashi, I Kimura

    Nihon Kyobu Shikkan Gakkai zasshi   31 ( 4 )   459 - 64   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The correlation between proportions of cells in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and ventilatory function was examined in 52 patients with asthma. 1. There was no significant correlation between the proportion of BAL lymphocytes and ventilatory function. 2. The proportion of BAL eosinophils correlated to a certain extent with ventilatory function: the values of %MMF, %V50 and %V25 were lower in patients with BAL eosinophils of 10-19.9% than in those with BAL eosinophils below 4.9%, and %V25 value was significantly lower in patients with a high proportion of BAL eosinophils (10-19.9%) compared with those with a low proportion of BAL eosinophils (0-4.9%). However, ventilatory function was not decreased in patients with BAL eosinophils of more than 20%. 3. The values of ventilatory parameters showed a tendency to decrease with increase in BAL neutrophils. The values of all parameters of obstructive ventilatory dysfunction were significantly lower in patients with BAL neutrophils of > 10% than in those with BAL neutrophils < 4.9%. A significant difference between patients with BAL neutrophils > 10% and < 9.9% was found in values of %V50 and %V25, and the values of %V50 and %V25 were significantly lower in patients with a high proportion of BAL neutrophils (> 10%) than in those with BAL neutrophils < 9.9%. These results suggest that the proportion of BAL eosinophils is to a certain extent related to ventilatory function of asthma patients and that the increase in proportion of BAL neutrophils is closely related to a decrease in values of obstructive ventilatory parameters.

    PubMed

    researchmap

  • Clinical effects of complex spa therapy on patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA). 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, N Honke

    Arerugi = [Allergy]   42 ( 3 Pt 1 )   219 - 27   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The clinical effects of spa therapy (swimming training in a hot spring pool+inhalation of iodine salt solution+fango therapy) were examined in 52 patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA). Clinical effects were found in 36 of the 52 (69.2%) patients with SDIA. The efficacy was higher in the patients between the ages of 41 and 50 (87.5%) and between 51 and 60 (84.2%) than in those in the other age groups. Regarding clinical asthma types, the efficacy of spa therapy was higher in patients with type Ia-2 (83.4%), type Ib (77.8%) and type II (80.0%) than in those with type Ia-1 (54.2%). Efficacy seemed to be related to airway inflammation: the proportion of neutrophils and eosinophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was higher in patients with marked and moderate improvement compared with those with slight and no improvement. Ventilatory function was improved by complex spa therapy. %MMF and %V25 values increased by more than 20% after therapy in patients with type Ia-2, Ib and II asthma. Bronchial hyperreactivity to methacholine was suppressed after therapy. Any decreased function of the adrenocortical glands expressed by low serum cortisol levels improved after therapy, accompanied by a reduction in the dose of glucocorticoids necessary to control asthma attacks.

    PubMed

    researchmap

  • A new modified classification of bronchial asthma based on clinical symptoms. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, T Okano, N Honke, I Kimura

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   32 ( 3 )   197 - 203   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The clinical features of four asthma types, Ia-1 (bronchospasm with 0-49 ml/day of expectoration), Ia-2 (with 50-99 ml/day), Ib (over 100 ml/day), and II (bronchiolar obstruction), as classified by the clinical symptoms, were compared in 119 patients with bronchial asthma. The age of onset characteristic symptoms of each asthma type was in the 20's in types Ia-1 and Ia-2, in the 30's in type Ib, and in the 40's in type II patients. A significant increase in the number of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was found in type II patients. The proportion of BAL eosinophils was significantly higher in types Ia-2 and Ib asthma patients compared with that in type Ia-1 patients. The BAL eosinophil count was significantly higher in type Ib than in type Ia-2 patients. The FEV1.0% and %V25 values were significantly lower in patients with type II asthma than in the patients with the other asthma types. Steroid-dependent intractable asthma (SDIA) was more often observed in patients with type Ib or type II asthma.

    PubMed

    researchmap

  • Characteristics of airway responses in patients with bronchial asthma. Evaluation of asthma classification systems based on clinical symptoms and clinical findings. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, N Honke, I Kimura

    Arerugi = [Allergy]   42 ( 2 )   123 - 30   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Asthma was classified into three types according to clinical symptoms (clinical diagnosis, C.D.): Ia. simple bronchoconstriction type (further divided into two subtypes, type Ia-1 with 0-49 ml/day of expectoration and type 1a-2 with 50-99 ml/day); Ib. bronchoconstriction + hypersecretion type, and II. bronchiolar obstruction type. Asthma was also classified by a score related to clinical findings and examinations (score diagnosis, S.D.). The clinical features of each type of asthma according to the two classifications methods were compared. Type 1a-2 and 1b patients (C.D.) were characterized by mucus hypersecretion (more than 50 ml/day) and eosinophilia in the bronchoalveolar lavage (BAL) fluid. The characteristic findings for type II asthmatics (C.D.) were a lower %V25 value (less than 10%) and an increased proportion of neutrophils (more than 20%) in the BAL fluid. All of the patients classified as types 1a-1, Ib, and II by clinical diagnosis were evaluated as having the same types of asthma by score diagnosis. Patients with type Ia-2 evaluated by clinical diagnosis were classified as type Ib by score diagnosis, since these two types had similar pathophysiological features represented by the increased proportion of eosinophils in the BAL fluid.

    PubMed

    researchmap

  • [Characteristics of clinical asthma types in elderly patients with bronchial asthma]. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu

    Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   30 ( 2 )   116 - 22   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Asthma was classified into four types, Ia-1 (bronchospasm with 0-49 ml/day of expectoration), Ia-2 (with 5-99 ml/day), Ib (over 100 ml/day) and II (bronchiolar obstruction), according to clinical symptoms. Characteristics of airway responses in each clinical asthma type were compared between 25 elderly (mean age, 65.2 years) and 30 younger subjects (mean age, 44.9 years) with bronchial asthma, by observing ventilatory function and cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid. 1. In patients with types 1a-2 and Ib, the %V25 value was significantly lower in the elderly subjects than in the younger subjects. 2. Comparing the values of ventilatory parameters of type Ia-1 cases with other asthma types, %V25 value was lower in other asthma types than in type Ia-1 in the elderly. All ventilatory parameters examined were generally lower in type II cases than in other asthma types in the elderly, but this difference was not significant. In contract, in the younger subjects, the values of %MMF, %V50 and %V25 were significantly lower in type II cases than in other asthma types. 3. The proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was higher in the younger patients with type II than in the elderly patients with the same type, although there was no significant difference between older and younger subjects. The proportion of BAL eosinophils in patients with type Ib was significantly higher in younger subjects than in elderly subjects. These results indicate that airway responses which are characteristic of each asthma type are stronger in younger patients than in elderly patients.

    PubMed

    researchmap

  • [Release of histamine and leukotrienes C4 and B4, and bronchial hyperresponsiveness in elderly patients with asthma]. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu

    Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   30 ( 1 )   59 - 64   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thirty patients with atopic asthma in whose asthma IgE-mediated allergic reaction participates, were selected for this study. They were divided into three age groups: elderly patients aged 60 and over, middle-aged patients between the ages of 40 and 59, and young patients between 20 and 39, to clarify the effects of aging on the mechanism of onset of asthma. In the cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, the proportion of BAL lymphocytes was increased in elderly patients, and the proportion of BAL eosinophils was increased in young patients, although there was no statistically significant difference between the proportions of these cells in the three age groups. The proportion of BAL basophilic cells (basophils and mast cells) was significantly lower in elderly patients than in young patients (p < 0.05). The release of histamine from BAL cells was significantly lower in elderly patients than in middle-aged patients (p < 0.05) and young patients (p < 0.02). There was, however, no significant difference between the release of leukotrienes C4 (LTC4) and B4 (LTB4) in the three age groups. The release of histamine, LTC4 and LTB4 from peripheral leucocytes was not significantly different between the three age groups. Finally, Bronchial reactivity to methacholine showed a tendency to decrease with aging.

    PubMed

    researchmap

  • Airway inflammation and bronchial hyperresponsiveness in patients with asthma. Comparison between atopic and nonatopic asthma. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, T Okano, N Honke, S Tada, K Takahashi, I Kimura

    Arerugi = [Allergy]   42 ( 1 )   26 - 33   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A relationship of cellular composition in the airways and the release of chemical mediators from the cells to bronchial hyperresponsiveness was examined in two age-matched asthma groups: 15 atopic and 15 nonatopic patients. 1. A significant correlation between the proportion of eosinophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and bronchial reactivity (BR) was found in patients with atopic and nonatopic asthma. The proportion of the cells (combined eosinophils and neutrophils) in BAL fluid was closely correlated with BR in patients with atopic asthma, but not in those with nonatopic asthma. There was no correlation between the proportion of BAL neutrophils and BR in the two asthma groups. 2. There was a significant correlation between histamine release from BAL cells and BR in patients with atopic asthma. In contrast, LTC4 release from BAL cells was significantly corrected with BR in patients with nonatopic asthma. The results suggest that the humoral and cellular components in the airways, that participate in bronchial hyperresponsiveness, are different between patients with atopic and nonatopic asthma.

    PubMed

    researchmap

  • Changes in the proportions of bronchoalveolar lymphocytes, neutrophils and basophilic cells and the release of histamine and leukotrienes from bronchoalveolar cells in patients with steroid-dependent intractable asthma. 査読 国際誌

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, I Kimura

    International archives of allergy and immunology   101 ( 2 )   196 - 202   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The proportion of inflammatory cells in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and the release of chemical mediators from BAL and peripheral blood cells were examined in 40 patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) to clarify the effects of a long-term glucocorticoid regimen on these cells. The proportion of BAL lymphocytes was significantly reduced (p < 0.01) and the proportion of BAL neutrophils was significantly increased (p < 0.01) in SDIA patients compared with non-SDIA patients. The proportion of basophilic cells (mast cells and basophils) in BAL fluid was significantly lower in SDIA patients compared to non-SDIA patients (p < 0.02). The values of six ventilatory parameters were significantly lower in SDIA patients with a high proportion of BAL neutrophils (more than 10%) compared with the values in non-SDIA patients. The release of histamine and leukotriene C4 (LTC4) from the BAL cells of patients with atopic asthma was significantly reduced in SDIA patients compared with non-SDIA patients (p < 0.05). These results show that the changes in the proportion of BAL cells are observed in patients with SDIA, and these changes are related to suppressed ventilatory function and a reduction in the release of histamine and LTC4 from BAL cells.

    PubMed

    researchmap

  • Effects of glucocorticoids on humoral and cellular immunity and on airway inflammation in patients with steroid-dependent intractable asthma. 査読 国際誌

    Y Tanizaki, H Kitani, T Mifune, F Mitsunobu, K Kajimoto, K Sugimoto

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   30 ( 6 )   485 - 92   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of glucocorticoids on the proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid in relation to humoral and cellular immunity were studied in 56 patients with steroid-dependent intractable asthma. To analyze the mechanism responsible for reduced numbers of BAL lymphocytes, we divided the subjects into 4 groups according to their BAL lymphocyte proportions: 0-4.9%, 5.0-9.9%, 10.0-14.9%, and 15.0-20.0%. Serum IgG levels and the peripheral lymphocyte count were significantly reduced in patients with a low proportion of BAL lymphocytes (less than 9.9%) than in those with more than 10% BAL lymphocytes. Delayed cutaneous reactivity to purified protein derivative was suppressed in patients with a low proportion of BAL lymphocytes (less than 4.9%). The mean proportion of BAL neutrophils tended to increase as the proportion of BAL lymphocytes decreased. These results show that the reduction in BAL lymphocytes produced by glucocorticoids is associated with suppressed humoral and cellular immunity, and that under such conditions the proportion of BAL neutrophils increases.

    PubMed

    researchmap

  • Mucus hypersecretion and eosinophils in bronchoalveolar lavage fluid in adult patients with bronchial asthma. 査読 国際誌

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, I Kimura

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   30 ( 4 )   257 - 62   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mucus hypersecretion was clinically analyzed in 46 adult patients with bronchial asthma, including 22 with steroid-dependent intractable asthma (SDIA). A large amount of expectoration, over 50 ml/day, was observed in 16 of these patients (34.8%), of whom 12 (75.0%) had SDIA and 13 (81.3%) were women. The mean amount of expectoration increased with increasing patient age, although no significant difference was found among the six age groups. A large amount of expectoration (over 50 ml/day) was clearly correlated with an increased proportion of eosinophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid. The proportion of BAL eosinophils was significantly higher in patients with expectoration between 50 and 99 ml/day (p < 0.05) and over 100 ml/day (p < 0.01) than in patients whose expectoration volume was between 30 and 49 ml/day. These results show that in bronchial asthma patients, mucus hypersecretion is more often observed clinically in those with SDIA and in women, and that this hypersecretion is closely correlated with BAL eosinophilia, which is a feature of the pathophysiological changes that occur in the airways of these patients.

    PubMed

    researchmap

  • Effects of long-term glucocorticoid therapy on bronchoalveolar cells in adult patients with bronchial asthma. 査読 国際誌

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, I Kimura

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   30 ( 4 )   309 - 18   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of long-term glucocorticoid therapy on airway inflammation were examined in 84 asthma patients. The proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was significantly decreased in patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) compared to results in non-SDIA patients, while BAL neutrophils were significantly increased in SDIA patients compared to results in non-SDIA patients. Regarding age, in patients under the age of 69 (except those between 30 and 39), BAL lymphocyte number was significantly decreased in SDIA compared with non-SDIA subjects, and in patients between 50 and 69, BAL neutrophils were significantly increased in SDIA compared with non-SDIA subjects. The number of BAL lymphocytes was significantly lower in patients with serum cortisol levels of less than 5.0 micrograms/dl than in those with levels of more than 5.1 micrograms/dl. BAL lymphocyte number was also significantly lower in patients who had received glucocorticoid therapy for more than 6 years than in those who had received such therapy for 2 years. These results show that long-term glucocorticoid therapy decreases the number of lymphocytes and increases neutrophil numbers in the airways.

    PubMed

    researchmap

  • 気管支喘息患者に対するサルビア抽出液を使用した入浴療法(サルビア浴)の効果〔英文〕

    岡崎 守宏, 貴谷 光, 御舩 尚志, 光延 文裕, 谷崎 勝朗, 藤原 敏雄, 川崎 義巳

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 2 )   113 - 118   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    家庭において容易に行い得る入浴療法を開発するため, 気管支喘息患者に対するサルビア抽出液の入浴効果を検討した。12名の気管支喘息患者を対象として, 2週間の観察期間の後, 200L浴槽にサルビア抽出液100mlを溶解し, 1日1回15-20分の入浴を1週間行った。さらに終了後1週間の観察を行った。すなわち経過中の症状, ピークフロー, サルビア治療法前後の肺機能検査, 血液検査, 薬剤特にステロイド剤の投与量を検討した。1週間の発作点数の平均値は, サルビア浴前週7.03±6.36, 浴中週5.31±5.70, 浴後週4.42±5.43であり有意差はないものの改善傾向を示した。ピークフローおよび%VCには変化は認められなかった。1秒率の平均値はサルビア浴療法前61.5±9.4%, 治療後64.0±12.8%と若干の改善傾向を示した。またステロイド依存症例9例中4例でプレドニゾロンの減量が可能であった。これらのパラメーターの変化より, ほぼ半数の症例でサルビア浴療法はやや有効あるいは有効と判断された。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.113

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079311298?from=CiNii

  • :7. 気道炎症反応と臨床効果との関連

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 越智 浩二, 原田 英雄, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 2 )   79 - 86   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息52例を対象に温泉療法を行い, その臨床効果および換気機能の改善と気道炎症反応との関連について検討を加えた。<br>1. 温泉療法は52例中37例 (71.2%) に有効であった。<br>2. 気道炎症反応と臨床効果との関連についての検討では, 気管支肺胞洗浄液 (BAL) 中に, リンパ球, 好中球, 好酸球などの炎症細胞の出現頻度が高い症例に, 温泉療法の臨床効果が高い傾向が見られた。そして, 温泉療法の有効例における各細胞の平均出現頻度は, リンパ球18.7-19.5%, 好中球8.9-14.5%, 好酸球6.6-9.3%であったが、一方無効例ではリンパ球9.3-15.2%, 好中球1.0-1.7%, 好酸球1.4-3.4%であった。<br>3. 反対に, 温泉療法による換気機能の改善は, 気道炎症細胞, 特に好中球の出現頻度が高いほど, 改善率が低い傾向が見られた。<br>これらの結果より, 気道炎症細胞, 特に好中球, 好酸球, の出現頻度が高い症例ほど, 温泉療法はより有効であること, しかし, 換気機能の面からは, これらの症例に対しては温泉療法をより長期的に行う必要があることなどが示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.79

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079311267?from=CiNii

  • :9. 気道過敏性の抑制作用

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 奥田 博之, 越智 浩二, 原田 英雄, 高橋 清, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 3 )   135 - 142   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息16例を対象に, 温泉療法の気道過敏性に対する効果について検討を加えた。まず, 全症例での検討では, 温泉療法前の気道反応をひき起こす平均メサコリン濃度は470μg/mlであったが, 温泉療法後は1514μg/mlにまで増加し, 温泉療法は気道過敏性を低下させる作用があることが明らかにされた。<br>年齢別検討では, 明らかに気道過敏性が低下した症例は, 59歳以下では9例中4例 (44.4%), また60歳以上では7例中2例 (28.6%)であり, 59歳以下の症例で気道過敏性の低下がより高度であることが明らかにされた。<br>気道炎症細胞との関連では, 明らかに気道過敏性の低下を示した症例は, BAL液中好中球, 好酸球の頻度がいずれも5%以下の症例では5例中1例 (20.0%), 好中球の頻度が5%以上の症例では5例中3例 (60.0%), 好酸球の頻度が5%以上の症例では6例中4例 (66.7%) に見られ, 温泉療法による気道過敏性の低下は, BAL液中好中球や好酸球の頻度が高い症例により高度であることが明らかにされた。<br>これらの結果は, 温泉療法により気管支喘息患者の気道過敏性が明らかに低下すること, そして, この気道過敏性の低下は, 年齢では60歳以上の症例に比べ, 59歳以下の症例において, また気道炎症細胞との関連では, BAL液中好中球や好酸球の頻度の高い症例においてより高度であることを示している。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.135

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079532556?from=CiNii

  • 慢性閉塞性細気管支炎に対する温泉療法の臨床効果〔英文〕

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 御舩 尚志, 光延 文裕, 梶本 和宏, 中桐 善康, 越智 浩二, 原田 英雄, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 4 )   211 - 219   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    慢性閉塞性細気管支炎4例を対象に温泉療法を行い, 臨床症状, 換気機能および気管支肺胞洗浄 (BAL) 液中の総細胞数, 好中球の数および頻度などから, 温泉療法の臨床効果について検討を加えた。さらに, 温泉療法を受けなかった1症例と比較検討した。<br>1. BAL液中の好中球の絶対数および頻度は, 症例1, 2および3では, 3ヶ月間の温泉療法により著明に減少した。そして, これらの症例では, 温泉療法後のBAL液中の総細胞数の明らかな減少傾向が観察された。また, これと同時に臨床症状の明らかな改善も見られた。<br>2. これらの症例における温泉療法による換気機能の改善を, 6つの換気パラメータ, FVC, FEV1.0, PEFR, MMF, V50およびV25により検討した結果, いずれの換気パラメータも温泉療法により明らかに改善したが, 特にMMF, V50およびV25値の増加がより高度であった。<br>3. BAL検査後1年間の経過を, 温泉療法を行った症例と行わなかった症例で比較検討した結果, 温泉療法を行った症例ではBAL液中の好中球の減少が高度であったが, 温泉療法を行わなかった症例ではその減少は比較的軽度であった。<br>以上の結果より, 温泉療法により慢性閉塞性細気管支炎患者のBAL液中の好中球数および頻度が明らかに減少すること, そしてそれにともない臨床症状や換気機能の改善が観察されることが示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.211

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079760928?from=CiNii

  • :11. 老年者喘息に対する効果

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 中桐 善康, 越智 浩二, 原田 英雄, 高橋 清, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 4 )   195 - 202   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    65歳以上の老年者喘息30例 (男15例, 女15例, 平均年齢70.2歳) を対象に, 温泉療法を行い, その臨床効果について若干の検討を加えた。<br>1. 対象症例の発症年齢は全般的に高く (平均発症年齢54.3歳), 30例中26例 (86.7%) が40歳以降の発症であった。また, 各臨床病型の頻度は, Ia-1型が21例 (70.0%), Ia-2型が4例, Ib型が2例, II型が3例であり, この年齢層では, Ia-1型を示す症例が最も多く観察された。<br>2. 対象症例のうち, 軽症および中等症の症例では, 全例温泉療法が有効であった。一方, 重症15例では, 12例 (80.0%) に温泉療法の効果が認められた。<br>3. 臨床病型別検討では, Ia-2, IbおよびII型を示す症例では, 全例温泉療法が有効であった。Ia-1型を示す21例では, 17例 (81.0%) に温泉療法の効果が認められた。<br>4. 温泉療法による各換気パラメータの改善率の検討では, むしろ%FVCの改善率が高く (24.1%), %MMF (18.9%), %V50 (33.9%), および%V25 (17.0%) などの小ないし細気管支領域の換気障害を示す換気パラメータの改善率は, %V50を除き比較的低い値であった。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.195

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079760904?from=CiNii

  • :12. 過分泌型喘息に対する効果

    光延 文裕, 貴谷 光, 御舩 尚志, 梶本 和宏, 中桐 善康, 谷崎 勝朗, 越智 浩二, 原田 英雄, 高橋 清, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 4 )   203 - 210   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息49例を, その1日喀痰量により, 20-49ml (26例) (過分泌一群), 50-99ml (17例) および100ml以上 (6例) (過分泌+群) の3群に分類し, これらの病態に対して温泉療法がどのような影響を及ぼすかについて, 温泉療法前後の喀痰量の変動より検討した。<br>1. 過分泌を示す症例 (1日喀痰量50ml以上) では, 温泉療法開始後, 喀痰量は有意に減少する傾向が見られた。そして, 1日喀痰量100ml以上の症例では, 温泉療法前の平均喀痰量は163mlであったが, 温泉療法2週間後には56ml, 7週間後には52mlまで有意の減少を示した。この減少傾向は, 59歳以下の症例に比べ, 60歳以上の症例においてより高度であったが, 推計学的には有意の差は見られなかった。また, 1日喀痰量50-99mlの症例では, 同様に療法前の64.8mlから, 2週間後35.2ml, 7週間後14.6mlまで減少したが, 年齢による差は見られなかった。<br>2. 過分泌を示さない症例 (1日喀痰量49ml以下) においても, 温泉療法により喀痰量の有意の減少が観察された。しかし, この場合には, 60歳以上の症例 (温泉療法前32ml, 7週後20ml) に比べ, 59歳以下の症例 (療法前34ml, 7週後11ml) において, その減少は有意に高度であった。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.203

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079760911?from=CiNii

  • :8. 副腎皮質機能に及ぼす影響

    谷崎 勝朗, 貴 谷光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 奥田 博之, 越智 浩二, 原田 英雄, 高橋 清, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 2 )   87 - 94   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息を対象に, 温泉療法の副腎皮質機能に及ぼす影響について検討を加えた。対象例を副腎皮質ホルモンの投与の有無により, 全く使用していない症例 (グループA), 時々使用する症例 (グループB), 長期間 (2年以上) 使用している症例 (ステロイド依存性重症難治性喘息; SDIA) の3群に分類し, 各症例群間で比較検討した。<br>1. FEV1.0%値と血清コーチゾール値は, グループAに比べ, グループBおよびSDIA症例で有意に低い値を示した。2. 温泉療法は, グループBおよびSDIA症例の, 高度に低下した血清コーチゾール値を有意に増加させたが, グループAでは有意の増加は見られなかった。そして, 特に血清コーチゾール値の低い (1.9μg/dl以下) 症例でその効果はより高度であった。3. 温泉療法による血清コーチゾール値の増加作用は, その値が低い症例ほど高度であった。すなわち, 血清コーチゾール値が0-1.9μg/dlの症例では, 温泉療法前の0.8μg/dlから療法後5.1μg/dlへ, また, 2.0-2.9μg/dlの症例では, 2.4μg/dlから7.0μg/dlへ, さらに3.0-4.9μg/dlの症例では4.0μg/dlから9.5μg/dlへと増加傾向を示した。しかし, 血清コーチゾール値が10μg/dl以上の症例では, 温泉療法後の有意の増加は見られなかった。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.87

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079311274?from=CiNii

  • :10. 細気管支閉塞型喘息に対する効果

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 中桐 善康, 越智 浩二, 原田 英雄, 高橋 清, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   56 ( 3 )   143 - 150   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    細気管支閉塞型喘息10例および類似の臨床症状を呈する肺気腫合併型喘息10例を対象に, 温泉療法の臨床効果について比較検討した。<br>1. 細気管支閉塞型喘息における各換気パラメーター値は低く, それぞれ%FVC 76.3%, FEV1.0% 46.6%, %PEFR 51.9%, %MMF 14.9%, %V50 8.3%, %V25 9.1%であった。肺気腫合併型喘息においても同様に各換気パラメーター値は低い値であった。一方, 気管支肺胞洗浄 (BAL) 液中の好中球頻度は, 細気管支閉塞型喘息で, 肺気腫合併型喘息に比べ有意に高い値であった。(P<0.001)。<br>2. 温泉療法は, 肺気腫合併型喘息に比べ, 細気管支閉塞型喘息に対してより有効であった。また, 細気管支閉塞型喘息のBAL液中に増加した好中球は, 温泉療法により減少する傾向が見られた。<br>3. %MMF, %V50, %V25などの小ないし細気管支領域の換気障害を示す換気パラメーターは, 肺気腫合併症例に比べ, 細気管支閉塞型喘息において, 温泉療法により, より高度に改善され, 両症例群の改善率には有意の差が見られた。<br>以上の結果より, 温泉療法は, 肺気腫合併型喘息に比べ, 細気管支閉塞型喘息に対して, 有効であることが示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.56.143

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00079532563?from=CiNii

  • Asthma classification by pathophysiology and IgE-mediated allergic reaction: new concepts for classification of asthma. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, N Honke, Y Kusaura, I Kimura

    Acta medica Okayama   46 ( 5 )   381 - 7   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bronchial asthma was classified by the pathophysiology and by the mechanism of onset of the disease. Forty asthmatics who had serum IgE levels lower than 200 IU/ml were evaluated by two classification methods. 1. In asthma classified by a score based on clinical findings and examinations, the characteristics of the findings and examination results were compared among three asthma types, i.e., Ia. simple broncho-constriction type, Ib. bronchoconstriction+hypersecretion type, and II. bronchiolar obstruction type. Type Ib patients, in addition to manifesting hypersecretion, had a significantly higher proportion of eosinophils in the bronchoalveolar lavage (BAL) fluid compared to other asthma types. Significantly decreased values for ventilatory parameters and an increased proportion of BAL neutrophils were found in type II compared with other asthma types. 2. In a new classification by mechanism of onset, asthma was classified into three types according to the degree of participation of IgE-mediated reactions associated with specific IgE antibodies and serum levels of total IgE: asthma induced by definite IgE-mediated reaction (atopic asthma), possible IgE-mediated reactions (asthma), and asthma induced by non-IgE-mediated reaction (asthma syndrome).

    PubMed

    researchmap

  • Pathophysiological changes in the airways of asthma patients with aging. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, N Honke, I Kimura

    Arerugi = [Allergy]   41 ( 9 )   1380 - 7   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pathophysiological changes in the airways with aging were examined in 78 patients with bronchial asthma. The FEV1.0% values in patients over the age of 71, and the %MMF, %V50 and %V25 values in those over 51 were significantly lower than those of patients between the ages of 10 and 30. The frequency of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was significantly higher in patients aged between 61 and 70 than in those aged between 41 and 50 (p < 0.05). The frequency of each clinical asthma type changed with aging; the number of patients with simple bronchoconstriction type (type Ia) decreased with increasing age in patients under the age of 60, and the number of those with bronchiolar obstruction type (type II) increased with aging. The frequency of patients with bronchoconstriction+hypersecretion type (type Ib) showed a peak between the ages of 51 and 60. Bronchial reactivity to methacholine showed a tendency to decrease with aging. The release of histamine from leucocytes induced by Ca ionophore A23187 was significantly higher in patients between the ages of 10 and 30 than in those between the ages of 51 and 60 (p < 0.05) and between 61 and 70 (p < 0.01).

    PubMed

    researchmap

  • Food-dependent exercise-induced anaphylaxis. 査読

    M Okazaki, H Kitani, T Mifune, F Mitsunobu, S Saito, N Asaumi, Y Tanizaki

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   31 ( 8 )   1052 - 5   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 58-year-old farmer was admitted to our hospital because of repeated episodes of anaphylaxis. He had experienced 12 episodes of anaphylactic shock over the previous 17 years. These attacks included three episodes of bee sting. In general, the episodes occurred during farm work (exercise) and within two hours of eating cake in the afternoon. Because an immediate skin reaction to wheat flour was highly positive, a diagnosis of wheat allergy was considered. These findings suggested that his illness was consistent with food-dependent exercise-induced anaphylaxis.

    PubMed

    researchmap

  • Asthma classification by a score calculated from clinical findings and examinations in subjects sensitive to inhalant allergens. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, M Tanimizu, N Honke, Y Kusaura, K Ochi, H Harada

    Acta medica Okayama   46 ( 4 )   295 - 301   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Twenty-one patients with atopic asthma were classified into three types according to their symptoms (clinical diagnosis): Ia, simple bronchoconstriction; Ib, bronchoconstriction + hypersecretion; and II, bronchiolar obstruction, and this classification was compared with a classification made according to clinical findings and examinations (score diagnosis). Type Ib asthma was characterized by the increased incidence of eosinophils in bronchoalveolar lavage fluid (BALF), while type II was characterized by ventilatory dysfunction in small airways and the increased incidence of neutrophils in BALF. Four patients, whose expectoration was between 50 and 99ml/day, of the 12 with type Ia assessed by clinical diagnosis were evaluated as type Ib by score diagnosis. One patient with type II by clinical diagnosis was assessed as questionable type II by score diagnosis. In the other 16 patients, the clinical and score diagnoses were the same.

    PubMed

    researchmap

  • Spa therapy improves ventilatory function in the small airways of patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA). 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, K Ochi, H Harada, I Kimura

    Acta medica Okayama   46 ( 3 )   175 - 8   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The improvement of ventilatory function by spa therapy was examined in 37 patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) in relation to clinical asthma types. All subjects had been on long-term corticosteroid therapy before spa therapy. Spa therapy was found to improve the values of ventilatory parameters. The percent improvement in all subjects was +4.1% in %FVC, +8.9% in FEV1.0%, +9.8% in %PEFR, +22.0% in %MMF, +19.7% in %V50 and +28.2% in %V25, respectively. Relating to clinical asthma types, moderate improvement in %MMF and %V25 from 16.7% to 16.9% was observed in type Ia cases, and marked increase in %MMF, %V50 and %V25 was observed from 42.2% to 43.2% in type Ib cases. However, no significant increase was found in these parameters of types Ia or Ib after spa therapy. In patients with type II, a significant increase was shown in %V50 (p less than 0.05) and %V25 (p less than 0.01) after spa therapy. The results show that spa therapy improves the condition of small airways disorder in patients with SDIA.

    PubMed

    researchmap

  • Humoral and cellular immunity to Candida albicans in patients with bronchial asthma. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   31 ( 6 )   766 - 9   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Delayed cutaneous reactivity to Candida albicans (C. albicans) and PPD (purified protein derivative) was examined in 52 patients with bronchial asthma in relation to the production of specific IgG4 antibodies against the antigen. 1. The frequency of a positive, immediate skin reaction to C. albicans was similar among the five age groups, ranging from 60.0% to 66.7%. 2. The incidence of a positive delayed skin reaction to C. albicans was lower in patients between the ages of 10 and 30 and tended to decrease with aging in the patients over the age of 51. 3. A delayed skin reaction to PPD was positive in patients between 31 and 50 with a higher incidence; this incidence decreased in patients over age 51. 4. The level of C. albicans-specific IgG4 antibodies was significantly higher (26.7 u/ml) in patients with a negative delayed skin reaction to the antigen than in those with a positive reaction (5.9 u/ml) (p less than 0.001). There was no correlation between delayed skin reaction to PPD and production of specific IgG4 antibodies.

    PubMed

    researchmap

  • [Asthma classification by score calculated from clinical findings and examinations. Comparison between clinical diagnosis and score diagnosis]. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, N Kotoh, S Tada, K Takahashi, I Kimura

    Arerugi = [Allergy]   41 ( 4 )   489 - 96   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Asthma classification by clinical symptoms and signs (clinical diagnosis) was compared with the classification by score calculated from clinical findings and examinations (score diagnosis) in 25 patients with bronchial asthma. 1. Ten subjects classified as Ia (simple bronchoconstriction type) by clinical diagnosis were divided into 6 cases with expectoration of less than 49 ml a day and 4 cases with expectoration of between 50 and 99 ml. The level of serum IgE and number of eosinophils in BALF were significantly higher in the latter cases than in the former cases. The cases whose expectoration was from 50 to 99 ml a day were classified as Ib (bronchoconstriction with hypersecretion type) by score diagnosis. 2. The six subjects who were classified as type Ib by clinical diagnosis were also evaluated as type Ib by score diagnosis. 3. Nine of the 10 subjects classified as type II by clinical diagnosis were evaluated as type II by score diagnosis. One case, whose score was under 12 points, was evaluated as questionable type II by score diagnosis.

    PubMed

    researchmap

  • Cellular composition of fluid in the airways of patients with house dust sensitive asthma, classified by clinical symptoms. 査読

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu, K Ochi, H Harada

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   31 ( 3 )   333 - 8   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was observed in 28 patients with house dust mite-sensitive asthma. The proportion of neutrophils in the BAL fluid was significantly higher in the patients between the ages of 50 and 59 and those over 60 than in the patients younger than age 39. There was a significant difference in the number of neutrophils in patients aged 30-39 years and in those over 40 at the onset of disease. The cellular composition varied among the three types of asthma; the mean percentage of cells in the BAL fluid was 1.1% neutrophils and 21.3% eosinophils in type Ia (simple bronchoconstriction), 9.1% neutrophils and 23.0% eosinophils in type Ib (bronchoconstriction + hypersecretion), and 34.4% neutrophils and 12.0% eosinophils in type II (bronchiolar obstruction). The results suggested that an increased frequency of both neutrophils and eosinophils correlates with the mechanism of hypersecretion, and that a marked increase in the proportion of neutrophils is involved in bronchiolar obstruction.

    PubMed

    researchmap

  • An increased level of specific IgG4 antibodies against Candida albicans in patients with bronchial asthma. 査読 国際誌

    Y Tanizaki, H Kitani, M Okazaki, T Mifune, F Mitsunobu

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   29 ( 5 )   343 - 8   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Specific IgG4 antibodies against Candida albicans in sera were measured in 76 asthmatics. The increased level of specific IgG4 was found in cases 10-40 years old sensitive to house dust mite and/or Candida albicans, in cases with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) and in elderly cases. The frequency of SDIA was the highest in cases 41 to 60 years old with higher frequency of increased IgG4 antibodies. The results show that specific IgG4 increases in relation to IgE-mediated immune response, long-term steroid therapy, and aging. All of these conditions may induce depressed cell-mediated immunity.

    PubMed

    researchmap

  • :6. 治療方法と換気機能との関連

    光延 文裕, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 奥田 博之, 谷崎 勝朗

    日本温泉気候物理医学会雑誌   55 ( 4 )   185 - 190   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    温泉療法の臨床効果は, 個々の温泉療法の臨床効果と, それらの組み合わせ及び周囲の環境因子の影響を含めた, 総合的な温泉療法の臨床効果に分けられる。当院へ入院し, 1-3か月間の温泉療法を受けた重症難治性気管支喘息36例を対象に温泉プール水泳訓練, ヨードゾル吸入療法および鉱泥湿布療法などの個々の温泉療法と, またそれらを組み合わせた総合的温泉療法の換気機能に及ぼす影響について検討した。<br>個々の温泉療法の換気機能に及ぼす影響を比較してみると, 一回の温泉療法での改善率は, 全般的には鉱泥湿布療法が最も良く, 次いでヨードゾル吸入療法, 温泉プール水泳訓練の順であることが明らかにされた。<br>総合的温泉療法によって各換気パラメーターとも治療開始1か月目で明らかな増加傾向を示したが, 2か月目にはややその増加傾向は鈍り, むしろ治療開始3か月目に最も著明な増加が観察された。また, その増加率は, V25で最も高く, ついでV50, MMFの順であり, 小ないしは細気管支領域の換気障害を示す換気パラメーターの改善がより高度であることが示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.55.185

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00078902442?from=CiNii

  • :2. 換気機能との関連

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 奥田 博之, 高取 明正, 越智 浩二, 原田 英雄

    日本温泉気候物理医学会雑誌   55 ( 2 )   82 - 86   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息50例を対象に, 温泉療法の臨床効果を, 臨床病型別に換気機能により比較検討した。<br>1. 対象の気管支喘息症例の換気機能は, 温泉療法により改善することが明らかにされた。そして, 温泉療法後の換気機能の改善は, MMF, V50やV25などのどちらかと言えば, 小ないし細気管支領域の換気障害を示すパラメーターにおいて, 他のパラメーターに比べより高度であった。<br>2. 臨床病型別の検討では, Ia. 気管支攣縮型では, 温泉療法後に中等度のMMF, V50およびV25の改善, 軽度のFEV1.0%の改善がみられた。Ib. 気管支攣縮+過分泌型では, 他の病型にくらべFEV1.0%の改善が高度で, それにともないMMF, V50やV25の改善がみられた。一方, II. 細気管支閉塞型では, V25の改善が最も高度であり, この病型では選択的に細気管支領域の換気障害が改善される可能性が示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.55.82

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00078367616?from=CiNii

  • :3. 鉱泥治療の有効性

    貴谷 光, 光延 文裕, 御舩 尚志, 岡崎 守宏, 谷崎 勝朗

    日本温泉気候物理医学会雑誌   55 ( 3 )   127 - 133   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息に対する鉱泥湿布療法の臨床効果を明らかにする目的で, 治療前後の換気機能の比較検討を行った。気管支喘息19例 (男性7例, 女性12例) を対象とした。このうちステロイド依存性重症難治性喘息は16例であった。人形峠で採取した鉱泥を70-80℃まで加熱し, 布でくるんだ後 (40-43℃), 背中一面に湿布し, バスタオルで体をおおった状態で30分間温めた。換気機能検査は治療前および30分後に施行した。<br>1. 治療前の値を100として比較検討したところ, 治療後の平均値は%FVCでは100.5±16.3で治療前後では有意の変化はみられなかったが, FEV1.0%では108.8±18.5, %V50では122.2±48.7, %V25では144.8±102.7, %PEFRでは109.7±17.7, %MMFでは117.7±53.4で, 改善傾向が観察された。<br>2. 気道抵抗においては, 治療前後では有意の変化は観察されなかった。<br>3. 動脈血ガス分析ではPaO2の平均値は, 治療後に改善傾向を示した。<br>以上の結果から, %FVCなどにおいては変化がみられなかったが, 他のパラメーターにおいては改善傾向が観察され, 特に末梢気道を反映すると考えられる%MMF, %V50および%V25でこの傾向は著しく, 鉱泥湿布療法が小ないし細気管支領域の換気障害を改善させることが明らかにされた。

    DOI: 10.11390/onki1962.55.127

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00078715721?from=CiNii

  • :4. ステロイド依存性重症難治性喘息に関する効果

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 奥田 博之, 高取 明正, 越智 浩二, 原田 英雄

    日本温泉気候物理医学会雑誌   55 ( 3 )   134 - 138   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    ステロイド依存性重症難治性喘息84例を対象に, 温泉療法を行い, その臨床効果について検討を加えた。なお, 温泉療法としては, 温泉プール水泳訓練, 鉱泥湿布療法, ヨードゾル吸入療法などの組み合わせがその主要なものであった。<br>1. ステロイド依存性重症難治性喘息 (SDIA) 84例中64例 (76.2%) で温泉療法は有効であった。また, 有効例の平均年齢は無効例に比べやや高い傾向が見られた。<br>2. 臨床病型別検討では, II. 細気管支閉塞型において最も有効率が高く (87.5%), 一方, I. 気管支攣縮型で最も低い (69.0%) 傾向が見られ, 温泉療法は, ステロイド依存性重症難治性喘息においても, 過分泌や細気管支閉塞をともなうような症例に対してその有効性が高いことが示唆された。<br>3. 温泉療法により, 84例中29例 (34.5%) でステロイド剤の減量が可能であった。また, 減量し得た症例の頻度は, 31.0%-40.0%の間で, 各臨床病型間に有意の差は見られなかった。

    DOI: 10.11390/onki1962.55.134

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00078715738?from=CiNii

  • :1. 臨床病型と年齢との関連

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 奥田 博之, 高取 明正, 越智 浩二, 原田 英雄

    日本温泉気候物理医学会雑誌   55 ( 2 )   77 - 81   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息136例を対象に, その臨床病型や年齢, 発症年齢などとの関連のもとに, 温泉療法の臨床効果を検討した。<br>1. 温泉療法が有効であった症例は, 対象136例中109例 (80.1%) であった。<br>2. 臨床病型別では, Ia. 気管支攣縮型に比べ, Ib. 気管支攣縮+過分泌型およびII. 細気管支閉塞型において, 温泉療法の有効性が高いことが示唆された。<br>3. 年齢別では, 41歳以上の症例で, それ以下の年齢層の症例に比べ, 温泉療法はより有効であり, 41歳以上の症例110例中96例 (87.3%) に有効であった。<br>4. 発症年齢別では, 30歳以降の発症症例に温泉療法はより有効であり, 30歳以降の発症症例105例中90例 (85.7%) に有効であった。<br>これらの結果から, 気管支喘息に対する温泉療法は, 臨床病型, 年齢や発症年齢によりその効果は異なること, そして, 臨床病型では過分泌や細気管支閉塞をともなうような症例, また年齢では41歳以上, 発症年齢では30歳以降の症例に有効性が高いことが示唆された。

    DOI: 10.11390/onki1962.55.77

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00078367609?from=CiNii

  • :5. ヨードゾル吸入療法の効果

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 奥田 博之, 越智 浩二, 原田 英雄, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   55 ( 4 )   179 - 184   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    気管支喘息32例を対象に, ヨードゾル吸入療法を行い, その効果について換気機能および臨床症状の面から比較検討した。<br>1. ヨードゾル吸入30分後の換気機能の検討では, いずれの換気パラメータ値も吸入前値に比べ増加の傾向を示し, この傾向は, %V50および%V25においてより高度であった。しかし, いずれの換気パラメータ値の増加においても, 吸入前値に比べ有意の差は見られなかった。<br>2. 朝, 夕, 2回, 2週間のヨードゾル吸入療法により全ての換気パラメータ値の増加が観察された。この増加は, 特に%MMF, %V50及び%V25においてより高度であり, %V50では吸入前値に比べ有意の増加を示した (p<0.05)。<br>これらの換気パラメータ値の改善は, ヨードゾル吸入療法が小ないし細気管支領域の狭窄ないし閉塞に対してより有効であることを示している。<br>3. ヨードゾル吸入療法の臨床効果は, 32例中24例 (75.0%) で観察された。

    DOI: 10.11390/onki1962.55.179

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00078902435?from=CiNii

  • Specific IgE, IgG and IgG4 antibodies against house dust mite in patients with bronchial asthma. 査読

    M Okazaki, H Kitani, T Mifune, F Mitsunobu, N Asaumi, Y Tanizaki, H Harada, K Takahashi, I Kimura

    Acta medica Okayama   45 ( 4 )   267 - 73   1991年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Serum levels of total IgE, specific IgE, IgG and IgG4 against house dust mite were measured in mite-sensitive asthma patients receiving immunotherapy with house dust. Serum levels of total IgE, mite specific IgE and IgG did not significantly change during the course of hyposensitization. Increased levels of mite specific IgG4 were observed in patients during immunotherapy. The increase in specific IgG4 was dependent on the total dose of house dust administered in both children (r = 0.636, p less than 0.001) and adults (r = 0.629, p less than 0.01). However, the increase of specific IgG4 in adults was not as apparent as in children. These results might suggest that mite specific IgG4 is a useful immunological marker in the immunotherapy for allergic asthma, and that IgG4 antibody acts as a blocking antibody in atopic bronchial asthma.

    PubMed

    researchmap

  • 気管支ぜん息の温泉療法の年次推移 過去8年間の入院症例を対象に:過去8年間の入院症例を対象に

    谷崎 勝朗, 貴谷 光, 岡崎 守宏, 御舩 尚志, 光延 文裕, 高取 明正, 奥田 博之, 曽田 益弘, 高橋 清, 木村 郁郎

    日本温泉気候物理医学会雑誌   54 ( 3 )   161 - 167   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine  

    Annual changes in age, age at onset, incidence of cases with steroiddependent intractable asthma, clinical asthma types and clinical efficacy rate were examined in 256 patients with chronic respiratory diseases, especially in 203 cases with bronchial asthma, admitted to Misasa Branch Hospital from 1982 to 1989.<br>1. A number of patients with respiratory diseases as well as asthmatics admitted each year, having spa therapy, increased from early year (1982) to later year (1989).<br>2. A number in cases with 40 year or over of age (also with 60 year or over of age) and cases with 40 year or over of age at onset showed a tendency to increase in later three years (1987-1989). A decreased frequency of cases with steroid-dependent asthma and of cases with type II (bronchiolar obstruction type) was observed in the later three years.<br>3. The clinical efficacy of spa therapy for bronchial asthma was Niger in the later three years than in early three years (1982-1984).

    DOI: 10.11390/onki1962.54.161

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00077666109?from=CiNii

  • Efficient transformation of chicken embryo fibroblasts by c-Jun requires structural modification in coding and noncoding sequences. 査読 国際誌

    T J Bos, F S Monteclaro, F Mitsunobu, A R Ball Jr, C H Chang, T Nishimura, P K Vogt

    Genes & development   4 ( 10 )   1677 - 87   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To assess the transforming capability of the c-Jun protein, we introduced the chicken c-jun proto-oncogene into a replication competent avian retroviral expression vector (RCAS). Viral Jun efficiently transformed chicken embryo fibroblasts (CEFs) when expressed from this vector. Overexpression of c-Jun leads to transformation of CEFs with an efficiency that is 15- to 25-fold less than that seen for v-Jun, suggesting that v-Jun contains structural features that increase its oncogenic potential relative to c-Jun. There are four structural differences between v-Jun and c-Jun. To determine the relative contribution that each of these structural differences between v-Jun and c-Jun has on oncogenic activity, several deletion and substitution mutants were constructed. Each of these mutants was expressed in CEF and assayed for transformation by focus formation. Analysis of the results reveals that deletion of a region of 27 amino acids near the amino terminus of c-Jun and deletion of 3'-untranslated sequences are critical in activating the full oncogenic potential of Jun.

    PubMed

    researchmap

  • A mechanism of c-raf-1 activation: fusion of the lipocortin II amino-terminal sequence with the c-raf-1 kinase domain. 査読 国際誌

    F Mitsunobu, M Fukui, T Oda, T Yamamoto, K Toyoshima

    Oncogene   4 ( 4 )   437 - 42   1989年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to understand the mechanism of oncogenic activation, we have analyzed the c-raf-1 gene from the GL-5-JCK human glioblastoma, which underwent rearrangement during transfection experiments. Nucleotide sequencing of cDNA clones derived from the 2.5 kb raf-mRNA, which is a major transcript of raf in NIH3T3 cells transformed with GL-5-JCK DNA, revealed that this mRNA contains sequences derived from the human c-raf-1 gene and the human lipocortin II gene. Translation of the 2.5 kb raf-mRNA predicted a fusion protein consisting of 16 amino-terminal amino acid residues of the lipocortin II and 370 carboxy-terminal amino acid residues of the c-raf-1 protein which contains the kinase domain. Expression of the lipocortin II-raf cDNA using the murine sarcoma virus long terminal repeat as promoter resulted in the transformation of NIH3T3 cells.

    PubMed

    researchmap

  • Molecular cloning, complete nucleotide sequence, and gene structure of the provirus genome of a retrovirus produced in a human lymphoblastoid cell line. 査読 国際誌

    T Oda, S Ikeda, S Watanabe, M Hatsushika, K Akiyama, F Mitsunobu

    Virology   167 ( 2 )   468 - 76   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We found and characterized a type D retrovirus produced in a human lymphoblastoid cell line of B-cell lineage. The amino acid sequence of the N-terminal region of the purified major structural protein (PVTRSQGQVSSNTTGRASPHPDTHTIPE) revealed no high homology with any of the known retroviral amino acid sequences. We have cloned cDNA and the proviral genome integrated in the retrovirus-producing cells, and determined the complete nucleotide sequence and gene structures of the genome. The provirus genome is 8785 bp long and has the structure of LTR-gag-prt-pol-eny-LTR. The nucleotide sequences of the long terminal repeat (LTR) region and a part of the pol gene were closely related to the available sequences of squirrel monkey retrovirus (SMRV), and we designated this virus SMRVHLB' abbreviated as SMRV-H. The primer (tRNA(Lys)1,2)-binding sequence of SMRV-H (TGGCGCCCAGGACGTGGGGCTCGA) has a GG insertion, which is different from that of SMRV. The transmembrane protein of the 3' terminal region of env gene contains an amino acid sequence of an immunosuppressive peptide (EVVLQNRRGLDLLTAEQGGICLALQERCCFYANKS), in which R is unique in SMRV-H. The core sequence of the glucocorticoid regulatory element is found upstream of the two 42-bp imperfect repeats in the LTR. Sequences partially homologous to those of the rat IgE-binding protein gene are in gag and pol genes.

    PubMed

    researchmap

  • Molecular cloning and characterization of an activated human c-raf-1 gene. 査読 国際誌

    M Fukui, T Yamamoto, S Kawai, F Mitsunobu, K Toyoshima

    Molecular and cellular biology   7 ( 5 )   1776 - 81   1987年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Results of previous studies have shown that a raf-related transforming DNA sequence is present in NIH 3T3 transformants that are derived from GL-5-JCK human glioblastoma DNA transfection. The transforming DNA was molecularly cloned by using cosmid vector pJB8 to determine its structure and origin. Analyses of selected clones revealed that the transforming DNA consisted of three portions of human DNA sequences, with the 3' half of the c-raf-1 gene as its middle portion. This raf region was about 20 kilobases long and contained exons 8 to 17 and the poly(A) addition site. RNA blot analysis showed that the raf-related transforming DNA was transcribed into 5.3-, 4.8-, and 2.5-kilobase mRNAs; the 2.5-kilobase transcript was thought to be the major transcript. Immunoprecipitation analyses revealed that a 44-kilodalton raf-related protein was specifically expressed in the NIH 3T3 transformants. The raf-related transforming DNA was considered to be activated when its amino-terminal sequence was truncated and the DNA was coupled with a foreign promoter sequence. On hybridization analysis of the original GL-5-JCK glioblastoma DNA, no rearrangement of c-raf-1 was detectable in the tumor DNA. The rearrangement of c-raf-1 may have occurred during transfection or may have been present in a small population of the original tumor cells as a result of tumor progression.

    PubMed

    researchmap

  • Expression of simian virus 40 small t antigen in Escherichia coli and purification of the antigen. 査読 国際誌

    S Ikeda, K Akiyama, F Mitsunobu, T Wada, M Hatsushika, S Watanabe, K Tsutsui, S Seki, T Oda

    Archiv fur Geschwulstforschung   57 ( 4 )   275 - 81   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A simian virus 40 (SV 40) DNA fragment encoding small t antigen was cloned in expression vector pUC8 for the purification of the antigen. The SV40 Hind III B fragment was inserted into the Hind III site of pUC8. A plasmid having the lacZ' and small t antigen genes in the same orientation was designated as pSVt. pSVt encodes the entire small t antigen and an extra 18 amino acids at the amino terminus of the antigen. E. coli transformed with pSVt produced hybrid small t antigen (22 kDa) which comprised about 6% of the total protein. The hybrid small t antigen reacted in immunoblot analysis with SV40-induced tumor-bearing hamster serum. Hybrid small t antigen was extracted from E. coli, and purified by preparative SDS-PAGE. The antigen was extracted from the gel using formic acid solution with high-yield. The gel-purified antigen showed the same antigenic reactivity as crude antigen.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 休養学基礎 : 疲労を防ぐ!健康指導に活かす : 正しい休養、評価、指導のすすめ方

    杉田, 正明, 片野, 秀樹, 日本リカバリー協会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 【1章-2】休養モデルを促進する介入法と理論 ①入浴と温泉)

    メディカ出版  2021年7月  ( ISBN:9784840475662

     詳細を見る

    総ページ数:225p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • JAEA-Research 極微量ウラン影響効果試験(2)(共同研究)

    「石森有」「迫田晃弘」「田中裕史」「光延文裕」「山岡聖典」「片岡隆浩」「恵谷玲央」( 担当: 共著)

    日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 人形峠環境技術センター  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • The Possible Applications ofActivation of Bio-defense System by Radon Inhalation and its Applicable Possibility for Treatment of Lifestyle Diseases "jointly worked"

    ( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2015年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:133-148   記述言語:英語

    researchmap

  • The Possible Applications of Radon Inhalation Treatment as Antioxidant Therapy for Hepatopathy. Radon: Geology, Environmental Impact and Toxicity Concerns. "jointly worked"

    ( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:133-148   記述言語:英語

    researchmap

  • 極微量ウラン影響効果試験{共同研究}(共著)

    日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 人形峠環境技術センター  2013年 

     詳細を見る

  • 極微量ウラン影響効果試験{共同研究}(共著)

    「石森有」「迫田晃弘」「田中裕史」「光延文裕」「山岡聖典」「片岡隆浩」「大和恵子」「西山祐一」( 担当: 共著)

    日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 人形峠環境技術センター  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 温泉の百科事典

    光延文裕( 担当: 単著 ,  範囲: 呼吸器疾患・循環器疾患 放射能泉)

    丸善出版  2012年  ( ISBN:9784621085066

     詳細を見る

    担当ページ:205-206, 209-210   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 放射線の安全に関するガイドブックー放射線と健康(共著)

    株式会社 ヒューレックス  2012年  ( ISBN:9784990469412

     詳細を見る

  • 放射線の安全に関するガイドブックー放射線と健康(共著)

    光延文裕他( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章「ラジウム・ラドンの温泉療養と医療」)

    株式会社 ヒューレックス  2012年  ( ISBN:9784990469412

     詳細を見る

    担当ページ:65-81   記述言語:日本語

    researchmap

  • 診療の秘訣

    *光延文裕 他( 範囲: 診療の秘訣)

    新興医学出版社  2008年 

     詳細を見る

  • 「呼吸器疾患の運動療法と運動負荷テスト」

    光延 文裕

    克誠堂出版,東京  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp166-171  

    researchmap

  • 「新入浴・温泉療法マニュアル」

    光延 文裕

    日本温泉気候物理医学会,東京  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp37-40  

    researchmap

  • 「高齢者のための温泉療法」

    光延 文裕

    ライフ・サイエンス,東京  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:pp242-250  

    researchmap

  • 新温泉医学

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

  • 新温泉医学

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

  • 新温泉医学

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

  • 新温泉医学

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

  • 新温泉医学

    *光延文裕、谷崎勝朗( 範囲: ?.温泉医学各論 1.温泉入浴の病態生理 温泉入浴と自律神経機能)

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:212-218  

    researchmap

  • 新温泉医学

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

  • 新温泉医学

    日本温泉気候物理医学会  2004年 

     詳細を見る

  • 気道炎症におけるサイトカインネットワークと細胞内シグナル伝達に関する研究

    光延, 文裕

    光延文裕  2002年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1冊  

    CiNii Books

    researchmap

  • 平成11-13年度科学研究費補助金(基盤研究C)成果報告書

    光延文裕( 範囲: 気道炎症におけるサイトカインネットワークと細胞内シグナル伝達に関する研究)

    2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • ラドン吸入によるDNA酸化損傷の抑制効果に関する検討 査読

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   74th (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マウス諸臓器中のレドックス状態の違いはラドン吸入による抗酸化機能の亢進に影響する 査読

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 石田毅, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マウス諸臓器における過酸化水素の産生量のラドン吸入時間依存性 査読

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 石田毅, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス脳・肝臓に及ぼす酸化ストレスの変化特性 査読

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 石田毅, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   73rd   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 第84回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会報告 招待

    光延文裕

    岡山医学会雑誌   131 ( 3 )   171 - 172   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等  

    DOI: 10.4044/joma.131.171

    researchmap

  • ラドン療法の治療実績と研究動向 招待

    光延文裕

    日本原子力学会誌ATOMOΣ   61 ( 2 )   146 - 147   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3327/jaesjb.61.2_146

    researchmap

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進がマウス諸臓器中の過酸化水素産生に及ぼす作用

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石田毅, 首藤妃奈, 矢野準喜, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   13th   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラドンの皮脂成分での溶解特性

    石田 毅, 迫田 晃弘, 片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 小橋 佑介, 柚木 勇人, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   61回   79 - 79   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    researchmap

  • ラドン療法条件の最適化に関する基礎的検討

    片岡 隆浩, 恵谷 玲央, 神崎 訓枝, 笹岡 香織, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   59回   13 - 13   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    researchmap

  • ラドン温泉における吸入または飲泉による高尿酸血症の抑制効果の比較検討

    恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    放射線ワークショップ講演論文集   1回   86 - 87   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    researchmap

  • 三朝ラドン温泉の健康効果に関する最近の研究動向(共著)

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 恵谷玲央, 石森 有, 光延文裕, 山岡聖典

    温泉科学   64 ( 4 )   380 - 387   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本温泉科学会  

    岡山大学病院三朝医療センターではラドン温泉を活用したラドン療法が実施されており、適応症として例えば変性性関節症に伴う疼痛がある。臨床試験による実証報告例は多くあるものの、なぜ有効であるかのメカニズムの解明に関する研究報告例は少ない。本稿では、放射能効果の観点から近年得られた筆者らのラドン健康効果の研究成果を中心に概説した。すなわち、小動物用ラドン吸入装置を開発し、三朝医療センターに隣接した三朝ラドン効果研究施設内に設置した。これを用い、例えば、マウス諸臓器中の抗酸化酵素活性のラドン濃度・吸入時間の依存性について検討した。その結果、多くの臓器でsuperoxide dismutase(SOD)活性が増加したことから、ラドン吸入は抗酸化機能を亢進させることがわかった。また、streptozotocin(STZ)誘導マウスI型糖尿病の症状緩和について検討した。その結果、ラドン吸入による膵臓中の抗酸化機能の亢進に伴い膵島の酸化ストレスが緩和されることでインスリンの分泌機能の低下が抑制され、I型糖尿病が緩和することもわかった。以上の所見などから、ラドン吸入は抗酸化機能などを亢進させ活性酸素由来の疾患の症状を緩和するメカニズムの一端が明らかにできた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00191&link_issn=&doc_id=20150513080001&doc_link_id=%2Ffd5onsen%2F2015%2F006404%2F003%2F0380-0387%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffd5onsen%2F2015%2F006404%2F003%2F0380-0387%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ラドン含有の吸入と飲泉によるマウス1型糖尿病の抑制効果の比較検討

    片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 恵谷 玲央, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   57回   159 - 159   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果における抗酸化機能の関与の検討

    恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   57回   136 - 136   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    researchmap

  • 2-2.慢性呼吸器疾患に対する複合温泉療法

    芦田 耕三, 高田 真吾, 菊池 宏, 保崎 泰弘, 光延 文裕

    日本温泉気候物理医学会雑誌   78 ( 1 )   35 - 36   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本温泉気候物理医学会  

    DOI: 10.11390/onki.78.35

    CiNii Article

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    片岡 隆浩, 西山 祐一, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 迫田 晃弘, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   56回   145 - 145   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    researchmap

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の運動耐容能に対する温泉療法の有効性の検討

    高田 真吾, 芦田 耕三, 保崎 泰弘, 岩垣 尚史, 菊池 宏, 光延 文裕, 渡邉 益宜

    鳥取医学雑誌   36 ( 4 )   149 - 149   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)鳥取県医師会  

    researchmap

  • 長期吸入療法患者に対する吸入薬再指導の有用性について

    小沼 利光, 河崎 陽一, 勝部 理早, 名和 秀起, 千堂 年昭, 光延 文裕

    日本病院薬剤師会雑誌   44 ( 11 )   1615 - 1618   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院薬剤師会  

    慢性呼吸器疾患において吸入薬が重要な治療薬とされているが、正しい吸入手技を行っているにもかかわらず、患者が手技に不安を感じている症例を経験した。そこで、吸入薬のアドヒアランス向上を目的として、吸入療法を継続的に行っている入院患者に改めて吸入指導を行った。サルメテロール、フルチカゾン、チオトロピウム、ブデソニドのいずれか1つ以上を吸入している患者を対象に、正しく吸入できるようになるまで1週間ごとに服薬指導を行った。どの器具においてもほぼすべての患者が吸入器具をセットできていたが、約半数程度の患者が息止めをできていなかった。また、指導回数3回以上を要した患者は14.3%であり、再指導の必要性が明らかとなった。継続使用している患者においては器具の手技よりも吸入動作に問題点があることが示唆されたため、薬剤師をはじめとする医療スタッフは、吸入動作の確認に重点をおいて再指導を行うことが重要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 21-P2-387 不溶性微粒子数測定器を用いた注射剤混合調製による配合変化の検討(品質管理,来るべき時代への道を拓く)

    成本 由佳, 河崎 陽一, 名和 秀起, 光延 文裕, 千堂 年昭

    日本医療薬学会年会講演要旨集   18   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医療薬学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 呼気流量を考慮することにより吸入器具を変更できた一症例

    小沢利光, 河崎陽一, 勝部理早, 名和秀起, 光延文裕

    岡大三朝医療センター研究報告   76   49 - 52   2008年

     詳細を見る

  • 2002-2007年における当院市中肺炎入院症例の臨床的研究

    高田真吾, 保﨑泰弘, 芦田耕三, 濱田全紀, 岩垣尚史, 菊池宏, 光延文裕

    岡大三朝医療センター研究報告   76   12 - 17   2008年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患の温泉療法ー25年間の入院症例2762例を対象にー

    光延文裕, 保﨑泰弘, 芦田耕三, 岩垣尚史, 高田真吾, 菊池宏, 濱田全紀

    岡大三朝医療センター研究報告   76   1 - 11   2008年

     詳細を見る

  • A case with persistent asthma symptoms despite fluticasone treatment in which concomitant treatment with montelukast and perilla seed oil-rich supplementation significantly improved asthma control

    Shingo Takata, Kozo Ashida, Yasuhiro Hosaki, Masanori Hamada, Naofumi Iwagaki, Hiroshi Kikuchi, Fumihiro Mitsunobu

    岡大三朝医療センター研究報告   76   53 - 59   2008年

     詳細を見る

  • Effect of spa Therapy on the six-minute Walk Test in patients with chronic obstructive pulmonary disease

    Shingo Takata, Kozo Ashida, Yasuhiro Hosaki, Masanori Hamada, Naofumi Iwagaki, Hiroshi Kikuchi, Fumihiro Mitsunobu

    岡大三朝医療センター研究報告   76   24 - 30   2008年

     詳細を見る

  • 肝細胞癌の経過中に肝原発腺扁平上皮癌を合併した1例

    高田真吾, 芦田耕三, 保﨑泰弘, 濱田全紀, 岩垣尚史, 菊池宏, 光延文裕

    岡大三朝医療センター研究報告   76   41 - 48   2008年

     詳細を見る

  • ケトプロフェン湿布剤により全身性麻疹様紅斑を来した1例

    高田真吾, 芦田耕三, 保﨑泰弘, 濱田全紀, 岩垣尚史, 菊池宏, 光延文裕

    岡大三朝医療センター研究報告   76   35 - 40   2008年

     詳細を見る

  • 帯状疱疹後神経痛に対する温泉を利用したリハビリテーションの経験

    濱田全紀, 光延文裕, 保﨑泰弘, 芦田耕三, 岩垣尚史, 高田真吾, 菊池宏

    岡大三朝医療センター研究報告   76   31 - 34   2008年

     詳細を見る

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の運動耐容能・肺機能に対する温熱療法の有効性についての検討ーpilot study-

    菊池宏, 保﨑泰弘, 芦田耕三, 濱田全紀, 岩垣尚史, 高田真吾, 光延文裕

    岡大三朝医療センター研究報告   76   18 - 23   2008年

     詳細を見る

  • 慢性閉塞性肺疾患治療の進歩-安定期の治療を中心に-

    光延文裕

    鳥取医学雑誌   36   107 - 113   2008年

     詳細を見る

  • IgG4関連疾患

    平松万尚, 浅野基, 松下公紀, 三好智子, 中村好男, 水島孝明, 小出典男, 片岡仁美, 越智浩二, 光延文裕

    岡大三朝医療センター研究報告   60 - 65   2008年

     詳細を見る

  • 気管支喘息における高分解能CT(high-resolution computed tomography)による評価の有用性 : 岡山大学医学賞(砂田賞)を受賞して

    光延 文裕

    岡山醫學會雜誌   116 ( 3 )   229 - 234   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    気管支喘息は気道の慢性炎症性疾患であり, 本質的に可逆性障害と考えられるが, 持続的慢性炎症によって生ずる肺実質を含む気道の器質的変化すなわち気道リモデリングが原因で不可逆性気流制限をきたし得ることが知られている. 最近, 高分解能CT (HRCT; high-resolution computed tomography) によって気管支壁肥厚, 気管支拡張, 気腫化, モザイク状低吸収域などの変化の評価が可能であることが報告されている. 気管支喘息患者の気道壁は健常者に比較して肥厚しており, その肥厚の程度は喘息の重症度, 気流制限, 気道反応性に関連していることが明らかになっている. 気道リモデリングを反映するHRCTの異常所見は, 慢性気流制限を有する重症喘息患者においてしばしば認められ, 長期の罹病期間や強い気道炎症と関係するとされている. 我々は, HRCTにおける-950Hounsfield unit (HU) 以下のlow attenuation area (RA(950)) は非喫煙喘息患者においても検出され, 気流制限, 肺気量, 喘息の重症度と相関しているが, 肺拡散能との有意の相関は認めないことを報告してきた. 最近, フラクタル解析によってRA(950)は, 喫煙歴を有する喘息患者では気腫性変化を示すのに対し, 非喫煙喘息患者では非気腫性変化 (過膨張) を示す可能性を示した. さらに, HRCTによって評価された気道壁肥厚およびRA950は, 治療によって改善することが認められており, HRCTは喘息の治療効果判定に有用である可能性が示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/13446

  • ベラプロスト投与におけるASO患者の末梢循環の改善効果

    保崎泰弘, 光延文裕

    Progress in medicine   2005年

     詳細を見る

  • 温熱の多面的効果を科学する

    久保田 一雄, 光延 文裕

    日本温泉気候物理医学会雑誌 = THE JOURNAL OF JAPANESE ASSOCIATION OF PHYSICAL MEDICINE, BALNEOLOGY AND CLIMATOLOGY   68 ( 1 )   17 - 17   2004年11月

     詳細を見る

  • Enhanced leukotriene generation and bronchial hyperresponsiveness in asthmatics with allergic rhinitis

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Fujii M, Takata S, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ   2004年

     詳細を見る

  • Characteristics of the eldely in high-resolition computed tomography ling densitometry.

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Nagata T, Fujii M, Takata S, Yokoi Y, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa med Center Okayama Univ. Med Dent Sch.   2004年

     詳細を見る

  • Cigarette smoking enhances LTB4generation by leucocytes associated with bronchial hyperresponsiveness in asthma in the elderly.

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Nagata T, Fujii M, Takata S, Yokoi T, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ.med Dent Sch.   2004年

     詳細を見る

  • Clinical effects of longterm spa therapy on pulmonary emphysema.Evaluation by pulmonary function and pathological changes of termonal airspace of the lung.

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Nagata T, Fujii M, Takata S, Yokoi T, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Dent Sch.   2004年

     詳細を見る

  • Spa therapy and bronchial hyperresponsiveness associated with cigarette smoking in asthmatics in the elderly

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, Fujii M, Takata S, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ   2004年

     詳細を見る

  • Comparison of pathophysiological changes of asthma between younger and older patients with asthma in relation to long-term cigarette smoking

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Hamada M, Iwagaki N, Fujii M, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ   2004年

     詳細を見る

  • Effects of spa therapy on reduction of the costs of the drugs used for the treatment of asthma in the elderly in relation to disease severity

    Ashida K, Mitsunobu F, Hosaki Y, Hamada M, Iwagaki N, Fujii M, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ   2004年

     詳細を見る

  • 高齢者喘息における気腫化傾向 加齢変化と病的変化(肺気腫)の相違点

    光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 岩垣尚史, 永田拓也, 藤井誠, 濱田全紀, 谷崎勝朗

    岡山大学三朝医療センター研究報告   2004年

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者におけるモンテルカストの有用性についての検討

    北村佳久, 三宅悟, 横山紀子, 川上英冶, 荒木博陽, 柴田和彦, 五味田裕, 光延文裕, 谷崎勝朗

    岡山大学三朝医療センター研究報告   2004年

     詳細を見る

  • 温泉療法が腰痛症患者のQOLに及ぼす効果

    横井正, 千田益生, 濱田全紀, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 岩垣尚史, 永田拓也, 藤井誠, 高田真吾, 谷崎勝朗, 井上一

    岡山大学三朝医療センター研究報告   2004年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患の温泉療法 22年間の入院症例2298例を対象に

    谷崎勝朗, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 岩垣尚史, 永田拓也, 藤井誠, 高田真吾, 横井正, 濱田全紀

    岡山大学三朝医療センター研究報告   2004年

     詳細を見る

  • Spa therapy for bronchial asthma: Studies at the Misasa Medical Center

    Khai Vu, Fumihiro Mitsunobu

    Alternative and Complementary Therapies   10 ( 3 )   144 - 150   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:Mary Ann Liebert Inc.  

    DOI: 10.1089/1076280041138243

    Scopus

    researchmap

  • Spa therapy for bronchial asthma: Studies at the Misasa Medical Center

    Khai Vu, Fumihiro Mitsunobu

    Alternative and Complementary Therapies   10 ( 3 )   144 - 150   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:Mary Ann Liebert Inc.  

    DOI: 10.1089/1076280041138243

    Scopus

    researchmap

  • 気管支喘息における温泉療法による薬剤費の削減の臨床的検討ー投与方法による検討

    芦田耕三, 光延文裕, 保崎泰弘, 濱田全紀, 岩垣尚史, 藤井誠, 高田真吾, 谷崎勝朗

    岡山大学三朝医療センター研究報告   2004年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患の温泉療法ー1982年から2004年までの23年間の入院症例2485例を対象にー

    谷崎勝朗, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 濱田全紀, 岩垣尚史, 藤井誠, 高田真吾

    岡山大学三朝医療センター研究報告   2004年

     詳細を見る

  • IgE-mediated allergy and cigarette smoking enhance the generation of leukotrienes B4(LTB4) and C4(LTC4) by leucocytes and bronchial hyperresponsiveness in pations with atopic asthma.

    Ashida K, Mitsunobu F, Hosaki Y, Iwagaki N, Nagata N, Fujii M, Takata S, Yokoi T, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ. Med Dent Sch   2004年

     詳細を見る

  • Difference in low attenuation area(LAA) of the lungs on high resolution computed tomography(HRCT)between asthma and pulmonary emphysema in relation to cigarette smoking.

    Mitsunobu F, Hosaki Y, Ashida K, Iwagaki N, nagata T, Fujii M, Takata S, Yokoi T, Hamada M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center Okayama Univ. Med Dent Sch.   2004年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患に対する温泉療法ーその臨床効果と作用機序ー

    光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 濱田全紀, 山岡聖典, 谷崎勝朗

    岡山大学三朝医療センター研究報告   75:61-73   2004年

     詳細を見る

  • Cigarette smoking and pathophysiology of asthma and pulmonary emphysema.

    Ashida K, Mitsunobu F, Hosaki Y, Hamada M, Iwagaki N, Fujii M, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med. Center Okayama Univ   75,74-87   2004年

     詳細を見る

  • 【成人喘息の多様性】喘息病態の多様性 喘息病態における加齢の影響

    谷崎勝朗, 光延文裕

    喘息   17(2):43-46   2004年

     詳細を見る

  • 【COPDの薬物療法の最新の話題】吸入ステロイド薬 ベクロメタゾン・ブデソニドの比較

    光延文裕, 谷崎勝朗

    日本胸部臨床   63(2):144-150   2004年

     詳細を見る

  • レーザードプラー血流計による高齢者の末梢循環の数量的解析

    保崎泰弘, 光延文裕, 芦田耕三, 柘野浩史, 西田典数, 永田拓也, 高田真吾, 横井正, 谷崎勝朗, 越智浩二, 福田哲也, 白鳥康史

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患の温泉療法-21年間の入院症例2129例を対象に-

    谷崎勝朗, 光延文裕, 保﨑泰弘, 芦田耕三, 西田典数, 柘野浩史, 永田拓也, 横井正, 高田真吾

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • Effects of spa therapy combined with dietary supplementation with α-linolenic acids on bronchial asthma.

    Okamoto M, Ashida K, Mitusnobu F, Hosaki Y, Tsugeno H, Nishida N, Nagata T, Yokoi Y, Takata S, Tanizaki Y, Tanimoto M

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • Airflow, the volume and transfer factor of lungs in elderly asthmatics with ling-term cigarette smoking.

    Ashida K, Mitusnobu F, Hosaki Y, Tsugeno H, Nishida N, Nagata T, Yokoi Y, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • BNPの著明な高値が持続した高齢者陳旧性心筋梗塞患者(高齢者のBNPについての考察も加えて)

    西田典数, 芦田耕三, 光延文裕, 保崎泰弘, 柘野浩史, 岡本誠, 永田拓也, 高田真吾, 横井正, 中井睦郎, 槙野博史, 谷崎勝朗

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • Effect of aging on the pathophysiology of asthma observed by IgE-mediated allergy, pulmonary function,low attenuation area of the lungs on HRCT, and LTB4,LTC4 generation.

    Mitusnobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Nishida N, Nagata T, Yokoi Y, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • An increase in bronchial hyperresponsiveness by cigarette smoking in elderly patients with asthma.

    Mitusnobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Nishida N, Nagata T, Yokoi Y, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • Long-term cigarette smoking influences low attenuation area of the lungs on high-resolution CT in elderly patients with asthma, compared with pulmonary emphysema.

    Mitusnobu F, Hosaki Y, Ashida K, Tsugeno H, Nishida N, Nagata T, Takata S, Yokoi Y, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • Infiuence of long-term cigarette smoking on changes of lung density by high-resolution computed tomography in asthmatics-4 years follow-up study-.

    Mitusnobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Nagata T, Takata S, Yokoi Y, Nakai M, Tanizaki Y, Tanimoto M

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • 高齢者気管支喘息の病態に及ぼす加齢及び喫煙の影響について(2)

    谷崎勝朗, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 柘野浩史, 岡本誠, 西田典数, 永田拓也, 高田真吾, 横井正

    岡大三朝医療センター研究報告   73,93-101   2003年

     詳細を見る

  • 高齢者の内科診療 アレルギー・膠原病 高齢者気管支喘息の病態と治療

    谷崎勝朗, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三

    日本内科学会雑誌   92(3),448-452   2003年

     詳細を見る

  • 気管支喘息に対する温泉療法

    光延文裕, 谷崎勝朗

    日本医事新報   4,116,105   2003年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患症例における温泉療法の効果 アンケートを利用して

    寺崎佳代, 山本貞枝, 吉尾慶子, 西村伸子, 光延文裕, 谷崎勝朗

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • 温泉療法が骨関節症患者のQOLに及ぼす効果

    横井正, 千田益生, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 西田典数, 柘野浩史, 永田拓也, 高田真吾, 谷崎勝朗, 井上一

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • 【COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療】 COPDをめぐる臨床エビデンス 経口及び吸入ステロイド薬はCOPD患者の予後を改善するか

    光延文裕, 谷崎勝朗

    EBMジャーナル   4(4),446-450   2003年

     詳細を見る

  • 早期診断にて軽快したMPO-ANCA関連血管炎の一例

    市川裕久, 芦田耕三, 小野勝一郎, 高田真吾, 横井正, 永田拓也, 岡本誠, 柘野浩史, 西田典数, 保崎泰弘, 光延文裕, 谷崎勝朗, 野口善範, 谷本光音

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • Bromocriptineにより白血球減少症及び血小板減少症をきたしたパーキンソン病の1例

    高田真吾, 御舩尚志, 光延文裕, 岡本誠, 西田典数, 柘野浩史, 芦田耕三, 保崎泰弘, 横井正, 谷崎勝朗, 新谷憲治, 谷本光音

    岡大三朝医療センター研究報告   2003年

     詳細を見る

  • Yawning associated with anterior chest pain in a patient with asthma

    Mitusnobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Nagata T, Takata S, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Center, Okayama univ Med Sch   2003年

     詳細を見る

  • 高齢者気管支喘息の病態におよぼす加齢および喫煙の影響について

    光延 文裕, 保崎 泰弘, 芦田 耕三, 柘野 浩史, 岡本 誠, 西田 典数, 横井 正, 高田 真吾, 谷崎 勝朗

    岡大三朝分院研究報告   ( 72 )   74 - 79   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学医学部附属病院三朝医療センター  

    高齢者喘息の病態に対する加齢および喫煙の影響について,若干の検討を加えた。高齢者喘息,特に70才以上の喘息では,HRCT上の1950HU以下の肺のlow attenuation area(LAA)は,苦青年者喘息と比べ有意に増加していた.また,同時にこの年齢層では残気量の有意の増加,拡散能の有意の低下が見られた.% LAAと% 1秒量との間には,喘息の非喫煙例,喫煙例,肺気腫(全例喫煙例),いずれにおいても相関が見られた。しかし,% LAAと拡散能との間には,喘息の喫煙例および肺気腫では相関が見られたが,非喫煙例では有意の相関は見られなかった。これは,喫煙の拡散能におよぽす影響が大きいことを示唆しているものと考えられた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • The role of leukotrienes B4 (LTB4) and C4(LTC4) in pathophysiology of asthma in the elderly.Relationship to bronchial hyperresponsiveness and FEV1.0%.

    Mitusnobu F, Hosaki, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Nshida N, Takata S, Yokoi T, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Branch, Okayama univ Med Sch   2002年

     詳細を見る

  • Effects of α-linolenic acid-rich supplementation on leukotriene generation by leucocytes in patients with asthma associated with lipometabolism

    Okamoto M, Mitusnobu F, Ashida K, Hosaki Y, Tsugeno H, Nishida N, Yokoi T, Takata S, Tanizaki Y, Tanimoto M

    Ann Rep Misasa Med Branch, Okayama univ Med Sch   2002年

     詳細を見る

  • The generation of leukotrienes B4(LTB4) and C4(LTC4) and bronchial hyperresponsiveness in patients with asthma and spa therapy

    Ashida K, Mitusnobu F, Hosaki Y, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Takata S, Yokoi T, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Branch, Okayama univ Med Sch   2002年

     詳細を見る

  • Non-invasive study for peripheral circulation in patients with diabetes mellitus

    Hosaki Y, Mitusnobu F, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Takata S, Yokoi T, Tanizaki Y, Ochi K, Tsuji T

    Ann Rep Misasa Med Branch, Okayama univ Med Sch   2002年

     詳細を見る

  • %Low attenuation area (%LAA) of the lungs on high resolution computed tomography (HRCT),associated with pulmonary function in elderly patients with asthma.

    Mitusnobu F, Hosaki Y, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Takata S, Yokoi Y, Nakai M, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Branch, Okayama univ Med Sch   2002年

     詳細を見る

  • 温泉医学・将来の展望―温泉を利用した疾患の治療 ⑤ 吸器疾患

    光延文裕, 谷崎勝朗

    日温気物医誌   2002年

     詳細を見る

  • 多価不飽和脂肪酸と免疫機能

    岡本誠, 光延文裕, 芦田耕三, 谷崎勝朗

    臨床免疫   2002年

     詳細を見る

  • RA患者のQOL -SF-36を用いて-

    横井正, 千田益生, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三, 西田典数, 柘野浩史, 岡本誠, 高田真吾, 谷崎勝朗, 井上 一

    岡大三朝分院研究報告   2002年

     詳細を見る

  • 体表面血流量の評価(その6) 末梢循環障害の非侵襲的早期診断と治療効果(2)

    保崎泰弘, 光延文裕, 芦田耕三, 柘野浩史, 岡本誠, 西田典数, 高田真吾, 横井正, 谷崎勝朗

    血栓と循環   2002年

     詳細を見る

  • Effects of aging on bronchoalveolar lavage(BAL) cells in patients with asthma.

    Mitusnobu F, Hosaki Y, Ashida K, Tsugeno H, Okamoto M, Nishida N, Takata S, Yokoi Y, Tanizaki Y

    Ann Rep Misasa Med Branch, Okayama univ Med Sch   2002年

     詳細を見る

  • 腰痛症患者における腰椎MRI画像所見の検討

    高田真吾, 横井正, 西田典数, 岡本誠, 柘野浩史, 芦田耕三, 保﨑泰弘, 御舩尚志, 光延文裕, 谷崎勝朗, 新谷憲治, 谷本光音

    岡大三朝分院研究報告   2002年

     詳細を見る

  • 男性ステロイド依存性喘息患者に対する4年間のエチドロネート投与の経験.

    柘野浩史, 岡本誠, 高田真吾, 横井正, 西田典数, 芦田耕三, 保崎泰弘, 光延文裕, 谷崎勝朗, 中井睦郎, 穐山恒雄, 長谷川寿一, 辻孝夫

    岡大三朝分院研究報告   2002年

     詳細を見る

  • 解離性大動脈瘤と冠動脈狭窄病変のマルチスライス(多列検出器型高速)CT画像診断(解離性上行大動脈瘤と狭心症を合併した一患者の診断と考察を元に)

    西田典数, 芦田耕三, 光延文裕, 保﨑泰弘, 柘野浩史, 岡本誠, 高田真吾, 横井正, 中井睦郎, 槇野博史, 谷崎勝朗

    岡大三朝分院研究報告   2002年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患に対する温泉療法―最近20年間の入院症例1934例を対象にー

    谷崎勝朗, 光延文裕, 保﨑泰弘, 芦田耕三, 柘野浩史, 岡本誠, 西田典数, 高田真吾, 横井正

    岡大三朝分院研究報告   2002年

     詳細を見る

  • 気管支喘息・慢性気管支炎

    谷崎勝朗, 光延文裕

    臨床と研究   2001年

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患

    光延文裕, 御舩尚志, 谷崎勝朗

    日温気物医誌   2001年

     詳細を見る

  • 肺外に起因する慢性咳嗽の病態とその対策

    谷崎勝朗, 御舩尚志, 光延文裕

    アレルギーの臨床   2001年

     詳細を見る

  • 喘息の治療;併用薬剤の注意点

    谷崎勝朗, 光延文裕, 御舩尚志

    臨床成人病   2001年

     詳細を見る

  • 老年者の喘息

    谷崎勝朗, 御舩尚志, 光延文裕, 保崎泰弘, 芦田耕三

    医学と薬学   2001年

     詳細を見る

  • 気管支喘息

    谷崎勝朗, 光延文裕, 御舩尚志, 保崎泰弘, 芦田耕三

    Medicament News   2001年

     詳細を見る

  • Effects of spa therapy on pulmonary emphysema in relation to IgE-mediated allergy

    MITSUNOBU F

    J Jpn Asoc Phys Med Balneol Climatol   63   120 - 126   2000年

  • Association of the mean CT number by high resolution computed tomography (HRCT) with generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) in patients with pulmonary emphysema.

    F Mitsunobu, T Mifune, Y Hosaki, K Ashida, H Tsugeno, M Okamoto, S Harada, S Takata, Y Tanizaki

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   159 ( 3 )   A816 - A816   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER LUNG ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 慢性閉塞性呼吸器疾患に対する温泉療法の臨床的評価.最近5年間(1993年- 1997年)の入院症例511例を対象に

    谷崎 勝朗, 光延 文裕, 御舩 尚志, 保崎 泰弘, 芦田 耕三, 柘野 浩史, 岡本 誠, 原田 誠之, 湯本 英一郎, 高田 真吾, 越智 浩二, 原田 英雄

    岡大三朝分院研究報告   ( 69 )   1 - 8   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学医学部附属病院三朝分院  

    1993年1月より1997年12月までの5ヵ年間に当院へ入院した慢性閉塞性呼吸器疾患511例を対象に,疾患の種類,年齢,地域分布などについて検討を加えた。1.最近5年間に当院へ入院した呼吸器疾患患者は594例で,このうち,慢性閉塞性呼吸器疾患患者は511例(86.0%)であった。これらの慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,気管支喘息が416例(81.4%)と最も多く,その他.慢性気管支炎20例,閉塞性細気管支炎27例,肺気腫48例であった。2.慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,肺気腫の症例が増加する傾向が見られた。3.慢性閉塞性呼吸器疾患の年齢別検討では,鳥取県内では,70才以上の症例が,また遠隔地(鳥取県外)では60-69才の症例の頻度が高い傾向が見られた。4.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者が比較的多く,その比率は1997年度で48.4%であった。また,その分布別検討では,岡山県,兵庫県,大阪府,広島県,山口県,愛媛県からの入院患者が多い傾向が見られた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of spa therapy on patients with pulmonary emphysema. Relationship to disease severity evaluated by low attenuation area of the lung on high resolution computed tomography

    MITSUNOBU F

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   61   79 - 86   1998年

  • Effects of spa therapy on asthmatics with low ventilatory function. Relationship to asthma type, patient age, and airway inflammation

    MITSUNOBU F

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   60   125 - 132   1997年

  • Association of spa effects with generation of leukotrienes B4 and C4 by leucocytes in patients with asthma

    MITSUNOBU F

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   60   141 - 148   1997年

  • Association of spa effects with generation of leukotrienes B4 and C4 in patients with asthma

    MITSUNOBU F

    J Jpn Assoc Phys Med Balneol Climatol   60   141 - 148   1997年

  • 大腸前処置法の栄養評価としてのレチノール結合蛋白の有用性の検討

    加藤匡宏, 蓮岡英明, 越智浩二, 水島孝明, Chowdhury R, 松村直樹, 山本良一, 田中淳太郎, 原田英雄, 穐山恒雄, 横田聡, 光延文裕, 谷崎勝朗

    岡山大学三朝分院研究報告   67   71 - 74   1996年11月

     詳細を見る

  • Improvement of bronchial sensitivity by spa therapy in patients with asthma

    MITSUNOBU F

    J Jpn assoc Phys Med Balneol Climatol   58   241 - 248   1995年

  • Sodium picosulfate, PEG腸管洗浄液併用によるTotal colonoscopyの前処置法に関する検討

    越智浩二, 原田英雄, Chowdhury Riaz, 田中淳太郎, 松本秀次, 妹尾敏伸, 水島孝明, 光延文裕, 谷崎勝朗:穐山恒雄, 中井睦郎, 蓮岡英明, 加藤匡宏

    岡山大学三朝分院研究報告   65   22 - 26   1994年9月

     詳細を見る

  • The oncogenicity of jun. 国際誌

    P K Vogt, T J Bos, F Mitsunobu, T Nishimura, F S Monteclaro, H Y Su

    Princess Takamatsu symposia   20   127 - 34   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The oncogenic transforming potential of the jun oncogene was investigated with viral constructs that contain various terminal deletions of v-jun, c-jun and recombinants between the viral and cellular genes. Cellular jun can induce transformation of chicken embryo fibroblasts with a low efficiency. High efficiency transformation is dependent on alterations in the major transactivator domain. A jun deletion that lacks the transactivator domain is non-transforming. These observations are compatible with the conclusion that transcriptional regulation plays an important part in jun oncogenesis. In cells transformed by viral jun and expressing high levels of viral jun expression of the cellular jun is not constitutively upregulated. Cellular jun may therefore not contribute to transformation in these cells.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 正常マウスとリウマチマウスではラドン吸入によるサイトカイン代謝に及ぼす影響は異なる

    直江 翔太, 片岡 隆浩, 村上 海斗, 雪峰 諒平, 藤本 有希, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第15回研究発表会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のレドックス状態の変化特性とDNA酸化損傷の抑制効果の検討

    片岡 隆浩, 首藤 妃奈, 直江 翔太, 矢野 準喜, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 花元 克巳, 光延 文裕, 寺東 宏明, 山岡 聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第15回研究発表会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入はマウス脳・腎臓・小腸のDNA酸化損傷を抑制する

    片岡 隆浩, 首藤 妃奈, 直江 翔太, 矢野 準喜, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 花元 克巳, 光延 文裕, 寺東 宏明, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会第64回大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス血液中のサイトカイン代謝に及ぼす効果に関する基礎研究

    直江 翔太, 片岡 隆浩, 藤本 有希, 村上 海斗, 雪峰 諒平, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会第64回大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のDNA酸化損傷抑制の濃度依存性に関する検討

    増川 祐伎, 片岡 隆浩, 首藤 妃奈, 直江 翔太, 矢野 凖喜, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 花元 克巳, 光延 文裕, 寺東 宏明, 山岡 聖典

    第58回アイソトープ・放射線研究発表会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月7日 - 2021年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • トロン吸入とアスコルビン酸投与による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    西 微香, 片岡 隆浩, 石田 毅, 直江 翔太, 首藤 妃奈, 矢野 凖喜, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 光延 文裕, 山岡 聖典

    第58回アイソトープ・放射線研究発表会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月7日 - 2021年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • ラドン吸入によるDNA酸化損傷の抑制効果に関する検討

    片岡 隆浩, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 直江 翔太, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    第74回⽇本酸化ストレス学会/第21回⽇本NO学会 合同学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月19日 - 2021年5月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Alteration of redox state following radon inhalation depends on the antioxidant capacity of organs

    2021年3月  The Society for Free Radical Research International

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月15日 - 2021年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • ラドン吸入による諸臓器中のレドックス状態の変化特性に関する比較検討

    矢野 準喜, 片岡 隆浩, 神崎訓枝, 迫田 晃弘, 首藤 妃奈, 直江 翔太, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第14回研究発表会  2020年12月12日  日本原子力学会中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のレドックス状態の評価

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 直江 翔太, 石田 毅, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会第63回大会  2020年10月  日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島(WEB開催)  

    researchmap

  • ラドン子孫核種の皮膚表面への沈着と被ばく線量

    迫田 晃弘, 石森 有, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 光延 文裕

    日本放射線影響学会第63回大会  2020年10月  日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島(WEB開催)  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス四肢の浮腫に及ぼす作用に関する基礎的検討

    矢野 準喜, 片岡 隆浩, 首藤 妃奈, 直江 翔太, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会第63回大会  日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島(WEB開催)  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス脳・肝臓に及ぼす酸化ストレスの変化特性

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 直江 翔太, 石田 毅, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    第73回日本酸化ストレス学会/第20回日本NO学会 合同学術集会  2020年10月  日本酸化ストレス学会/日本NO学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月6日 - 2020年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鳥取県米子市  

    researchmap

  • マウス諸臓器中のレドックス状態の違いはラドン吸入による抗酸化機能の亢進に影響する

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 直江 翔太, 石田 毅, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会 2020年秋の大会  2020年9月  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • 主成分分析を用いたラドン吸入によるマウス諸臓器中の酸化ストレスの評価

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    第45回中国地区放射線影響研究会  2020年8月7日  中国地区放射線影響研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • マウス諸臓器における過酸化⽔素の産⽣量のラドン吸⼊時間依存性

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 石田毅, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会2020年春の年会  2020年3月  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月16日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島(オンライン)  

    researchmap

  • マウス諸臓器におけるラドン吸入による過酸化水素の産生に伴う酸化ストレスの評価

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 石田 毅, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会第62回大会  2019年11月  一般社団法人 日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月14日 - 2019年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都府 京都市左京区 京都大学 吉田キャンパス  

    researchmap

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進がマウス諸臓器中の過酸化水素産生に及ぼす作用

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 石田 毅, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会 中国・四国支部 第13回研究発表会  2019年9月20日  日本原子力学会 中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山県 岡山市 岡山大学 津島キャンパス  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中の過酸化水素産生に関する基礎的検討

    片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 石田 毅, 首藤 妃奈, 矢野 準喜, 田中 裕史, 花元 克巳, 寺東 宏明, 光延 文裕, 山岡 聖典

    第44回中国地区放射線影響研究会  2019年8月2日  中国地区放射線影響研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県 広島市 広島大学医学部 広仁会館 1階 中会議室  

    researchmap

  • ラドン水の皮脂成分への溶解度とその温度依存性に関する検討

    石田 毅, 迫田 晃弘, 片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 柚木 勇人, 光延 文裕, 山岡 聖典

    第56回アイソトープ・放射線研究発表会  公益社団法人 日本アイソトープ協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月3日 - 2019年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都文京区 東京大学弥生講堂  

    researchmap

  • フレイル(frailty):当院での現状と取り組み~温泉活用の可能性も含めて 招待

    芦田 耕三, 森尾 泰夫, 光延 文裕

    第84回日本温泉気候物理医学会  2019年5月19日  一般社団法人 日本温泉気候物理医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月18日 - 2019年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山県岡山市 コンベンションセンター  

    researchmap

  • 高齢者医療における温泉気候物理医学の役割 招待

    光延 文裕

    第84回日本温泉気候物理医学会  2019年5月18日  一般社団法人 日本温泉気候物理医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月18日 - 2019年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:岡山県岡山市 コンベンションセンター  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚への作用に関する検討ー皮脂諸成分への溶解度とその温度依存性ー

    石田 毅, 迫田 晃弘, 片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 柚木 勇人, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第12回研究発表会  2018年11月17日  一般社団法人日本原子力学会 中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山大学 宮地茂記念館(広島県 福山市)  

    researchmap

  • ラドンの皮脂成分での溶解特性

    石田 毅, 迫田 晃弘, 片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 小橋 佑介, 柚木 勇人, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本放射線影響学会第61回大会  2018年  一般社団法人日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月7日 - 2018年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎県 長崎市 長崎ブリックホール  

    researchmap

  • ラドンとトロンの吸入によるマウス諸臓器中の酸化ストレス緩和効果に関する比較検討

    小橋 佑介, 片岡 隆浩, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 石田 毅, 柚木 勇人, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典

    日本原子力学会2018秋の大会  2018年  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山県 岡山市 岡山大学津島キャンパス  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討 皮脂への溶解度

    「石田 毅」「迫田 晃弘」「片岡 隆浩」「神? 訓枝」「田中 裕史」「小橋 佑介」「柚木 勇人」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    日本原子力学会2018秋の大会  2018年  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山県 岡山市 岡山大学津島キャンパス  

    researchmap

  • ラドン療法の治療実績と研究動向

    光延 文裕

    日本原子力学会2018秋の大会  2018年  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山県 岡山市 岡山大学津島キャンパス  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討?皮脂成分への溶解特性?

    「石田 毅」「迫田 晃弘」「片岡 隆浩」「神? 訓枝」「田中 裕史」「小橋 佑介」「柚木 勇人」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    第43回中国地区放射線影響研究会  中国地区放射線影響研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県 広島市 広島大学医学部 広仁会館  

    researchmap

  • 呼吸器疾患と温泉入浴

    「光延 文裕」

    第39回温泉療法医教育研修会  日本温泉気候物理医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月19日 - 2018年5月20日

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島県 鹿児島市 かごしま県民交流センター  

    researchmap

  • The comparison of antioxidative effects of radon and thoron inhalation on mouse brain.

    「Yusuke Kobashi」「Takahiro Kataoka」「Norie Kanzaki」「Akihiro Sakoda」「Hiroshi Tanaka」「Yuu Ishimori」「Fumihiro Mitsunobu」「Kiyonori Yamaoka」

    第8回国際放射線神経生物学会大会 ISRN2018  2018年  the International Society of Radiation Neurobiology

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月9日 - 2018年2月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城県つくば市 つくば国際会議場(エポカルつくば)  

    researchmap

  • Future direction of medical and nursing care in super-aged society

    Fumihiro Mitsunobu

    the 46th Myanmar Health Research Congress  2018年  Ministry of Health and Sports, the Republic of the Union of Myanmar

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月8日 - 2018年1月12日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Ministry of Health and Sports, Yangon, Myanmar  

    researchmap

  • ラドンとトロンの吸入による生物学的効果に関する比較検討?小動物用トロン吸入装置の試作と抗酸化機能の比較?

    「小橋 佑介」「片岡 隆浩」「神崎 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    日本放射線影響学会第60回大会  一般社団法人日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月25日 - 2017年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県千葉市 京葉銀行文化プラザ  

    researchmap

  • 小動物用トロン吸入装置を用いたラドンとトロンの吸入効果比較の基礎的検討

    「小橋 佑介」「片岡 隆浩」「神? 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    低線量放射線健康影響研究会2017  2017年  低線量放射線健康影響研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山県岡山市(岡山大学鹿田キャンパス)  

    researchmap

  • 小動物用トロン吸入装置の試作とこれを用いたラドンとトロンの吸入効果比較の基礎的検討

    「小橋 佑介」「片岡 隆浩」「神? 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    日本原子力学会 中国・四国支部 第11回研究発表会  2017年  日本原子力学会 中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛県松山市(四国電力(株)原子力保安研修所)  

    researchmap

  • アルコール誘導マウス胃粘膜障害に対するラドンの吸入と飲泉による抑制効果の比較検討

    「石田 毅」「片岡 隆浩」「恵谷 玲央」「神? 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「田口 勇仁」「山岡 聖典」

    平成29年度若手放射線生物学研究会専門研究会  2017年  若手放射線生物学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月2日 - 2017年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都文京区 東京大学 アイソトープ総合センター  

    researchmap

  • 慢性呼吸器疾患に対する温熱療法

    光延 文裕

    平成29年度岡山呼吸器疾患研究会 第1回総会  2017年  岡山呼吸器疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • ラドンの吸入と飲泉の差異によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果の比較検討

    「片岡 隆浩」「恵谷 玲央」「神? 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「田口 勇仁」「山岡 聖典」

    第54回アイソトープ・放射線研究発表会,  2017年  公益社団法人 日本アイソトープ協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月5日 - 2017年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドンの吸入と飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制作用の機序に関する比較検討

    「片岡 隆浩」「恵谷 玲央」「神? 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「田口 勇仁」「山岡 聖典」

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月28日 - 2017年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場,茨城県つくば市  

    researchmap

  • COPDのリハビリテーション概論と和温療法

    光延 文裕

    第2回和温療法研修会  2017年  和温療法研修センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドンの吸入または飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果における抗酸化機能の関与

    「片岡 隆浩」「恵谷 玲央」「神? 訓枝」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「石森 有」「光延 文裕」「田口 勇仁」「山岡 聖典」

    日本原子力学会2017年春の年会  2017年  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月27日 - 2017年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学湘南キャンパス,神奈川県平塚市  

    researchmap

  • COPDのリハビリ概論と和温療法の効果

    光延文裕

    第1回和温療法研修会  2016年  和温療法研修センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • W1:ラドン温泉 低線量放射線の健康影響:ラドン温泉の健康効果とそのリスク W1-3 ラドン療法の臨床効果の実例と研究動向

    光延文裕

    日本放射線影響学会第59回大会  2016年  日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月26日 - 2016年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:広島市  

    researchmap

  • ラドン療法条件の最適化に関する基礎的検討

    「片岡隆浩」「恵谷玲央」「神崎訓枝」「笹岡香織」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森有」「光延文裕」「山岡聖典」

    日本放射線影響学会第59回大会  2016年  日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月26日 - 2016年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島市  

    researchmap

  • ラドン温泉におけるアルコール誘導胃粘膜障害の抑制効果に関する検討

    「恵谷玲央」「片岡隆浩」「神?訓枝」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森 有」「光延文裕」「田口勇仁」「山岡聖典」

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年  低線量放射線健康影響研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • アルコール誘導マウス胃粘膜障害へのラドンの吸入と飲泉による抑制効果の組織・病理学的比較検討

    「石田 毅」「片岡隆浩」「恵谷玲央」「神?訓枝」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森 有」「光延文裕」「田口勇仁」「山岡聖典」

    日本原子力学会中国・四国支部第10回研究発表会  2016年  日本原子力学会中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:坂出  

    researchmap

  • マウス酸化障害抑制に及ぼすラドン各種摂取方法の比較検討

    「片岡 隆浩」「恵谷 玲央」「神崎 訓枝」「笹岡 香織」「迫田 晃弘」「田中 裕史」「小橋 佑介」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    日本原子力学会「2016年秋の大会」  2016年  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月7日 - 2016年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米シティプラザ(福岡県)  

    researchmap

  • ラドン療法の新規適応症に関する我々の研究動向

    「片岡隆浩」「神崎訓枝」「笹岡香織」「小橋佑介」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森 有」「光延文裕」「山岡聖典」

    平成28年度若手放射線生物学研究会専門研究会  2016年  若手放射線生物学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月3日 - 2016年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 三朝ラドン効果研究の意義と近年の研究動向

    「片岡隆浩」「神?訓枝」「笹岡香織」「小橋佑介」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森 有」「光延文裕」「山岡聖典」

    第41回中国地区放射線影響研究会  2016年  中国地区放射線影響研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:放射線影響研究所(広島)  

    researchmap

  • 水中運動の効果を評価し得る指標についての検討

    「加藤冠」「高野智子」「丸山和彦」「光延文裕」

    第81回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2016年  日本温泉気候物理医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月14日 - 2016年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県渋川市伊香保温泉  

    researchmap

  • 鉱泥浴槽中の細菌数の変化と殺菌法の検討

    「山成俊夫」「芦田耕三」「光延文裕「森尾泰夫」

    第81回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2016年  日本温泉気候物理医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月14日 - 2016年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県渋川市伊香保温泉  

    researchmap

  • ラドン温泉における吸入または飲泉による高尿酸血症の抑制効果の比較検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 神?訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森 有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会 第1回放射線ワークショップ~未来に繋ぐ放射線研究~  2015年10月  日本放射線影響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2105年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:富山大学五福キャンパス 黒田講堂(富山県)  

    researchmap

  • ラドン温泉における高尿酸血症の抑制効果に関する検討

    「恵谷玲央」「片岡隆浩」「神?訓枝」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森有」「光延文裕」「山岡聖典」

    日本原子力学会 中国・四国支部 第9回研究発表会  2015年  日本原子力学会 中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口県宇部市  

    researchmap

  • ラドン温泉の飲泉がオキソン酸誘導マウス高尿酸血症に及ぼす効果の検討

    「恵谷玲央」「片岡隆浩」「神崎訓枝」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森 有」「光延文裕」「山岡聖典」

    平成27年度 若手放射線生物学研究会 専門研究会  2015年  若手放射線生物学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月8日 - 2015年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン吸入によるXOD活性の減少は尿酸値の増加を抑制する

    「恵谷玲央」「片岡隆浩」「神崎訓枝」「中田哲也」「迫田晃弘」「田中裕史」「石森 有」「光延文裕」「山岡聖典」

    第52回アイソトープ・放射線研究発表会  2015年  日本アイソトープ協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月8日 - 2015年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学弥生講堂(東京都)  

    researchmap

  • 東京在住の喘息患者に対する温泉療法の効果と課題

    「加藤冠」「高野智子」「丸山和彦」「光延文裕」「森山俊男」

    第80回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2015年  日本温泉気候物理医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月20日 - 2015年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢プリンスホテル・ウエスト(長野県軽井沢町)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス脳中SOD活性の増加とその機構に関する考察

    「片岡 隆浩」「恵谷 玲央」「神崎 訓枝」「小橋 佑介」「迫田 晃弘」「石森 有」「光延 文裕」「山岡 聖典」

    第68回日本酸化ストレス学会学術集会  2015年  日本酸化ストレス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月11日 - 2015年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かごしま県民交流センター(鹿児島県鹿児島市)  

    researchmap

  • Measurements of radon concentration in mouse blood following radon inhalation

    「Yuu Ishimori」「Hiroshi Tanaka」「Akihiro Sakoda」「Takahiro Kataoka」「Kiyonori Yamaoka」「Fumihiro Mitsunobu」

    15th International Congress of Radiation Research  2015年  International Congress of Radiation Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月25日 - 2015年5月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto International Conference Center(Kyoto)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるCCl4 誘導マウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    「片岡隆浩」「西山祐一」「恵谷玲央」「高田裕司」「豊田晃章」「迫田晃弘」「石森有」「光延 文裕」「田口勇仁」「山岡聖典」

    第66 回日本酸化ストレス学会学術集会  2013年  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日 - 2013年6月14日

    記述言語:中国語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ウインク愛知(名古屋市)  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討-皮脂成分への溶解特性-

    第43回中国地区放射線影響研究会  2018年 

     詳細を見る

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討 皮脂への溶解度

    日本原子力学会2018秋の大会  2018年 

     詳細を見る

  • ラドンの吸入または飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果における抗酸化機能の関与

    日本原子力学会2017年春の年会  2017年 

     詳細を見る

  • ラドンとトロンの吸入による生物学的効果に関する比較検討―小動物用トロン吸入装置の試作と抗酸化機能の比較―

    日本放射線影響学会第60回大会  2017年 

     詳細を見る

  • マウス酸化障害抑制に及ぼすラドン各種摂取方法の比較検討

    日本原子力学会「2016年秋の大会」  2016年 

     詳細を見る

  • ラドン吸入がオキソン酸誘導マウス高尿酸血症に及ぼす効果の検討

    平成27年 若手放射線生物学研究会 第5回勉強会  2015年 

     詳細を見る

  • 三朝温泉と温泉療法

    日本温泉科学会第67回大会  2014年 

     詳細を見る

  • ラドン温泉において糖尿病の抑制に吸入と飲泉はどちらが有効か

    第67回日本酸化ストレス学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • ラドン含有の吸入または飲泉がマウス糖尿病に及ぼす効果

    平成26年度 京都大学原子炉実験所専門研究会  2014年 

     詳細を見る

  • Effects of bathing containing artificial carbon dioxide and sodium chloride on several different symptoms: different of acute and chronic effects

    39th \World Congress of International Society of Medical Hydrology and Climatology  2014年 

     詳細を見る

  • Effects of radon inhalation on oxidative damage and possibility of clinical application for lifestyle diseases

    39th \World Congress of International Society of Medical Hydrology and Climatology  2014年 

     詳細を見る

  • ラドン含有の吸入と飲泉によるマウス1型糖尿病の抑制効果の比較検討

    日本放射線影響学会第57回大会  2014年 

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるSOD の活性増加の濃度・吸入時間依存性およびその局在に関する検討

    日本原子力学会中国・四国支部 第8回研究発表会  2014年 

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    日本放射線影響学会第56回大会  2013年 

     詳細を見る

  • ラドン吸入試験におけるマウスの線量評価

    第46回日本保健物理学会研究発表会  2013年 

     詳細を見る

  • 東京の温泉療法医の役割について―都心に在住する患者に対する取り組みを通して(第3報)―

    第78回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • Dose Assessment for Mice in the Radon Exposure Experiment

    2013年 

     詳細を見る

  • 高齢者の慢性疼痛性疾患に対する薬物療法

    第25回日本老年医学会中国地方会  2013年 

     詳細を見る

  • ラドン雰囲気におけるマウスの臓器吸収線量系統的検討

    日本放射線影響学会第56回大会  2013年 

     詳細を見る

  • The culture of hot spring wellness in Japan.

    Taipei Hot Spring Festival  2009年 

     詳細を見る

  • “Hot Spring Relate to Health ”.

    Taipei Hot Spring Festival  2009年 

     詳細を見る

  • “Overview of Evidence Based Medicine in Balneology Study”.

    Taipei Hot Spring Festival  2009年 

     詳細を見る

  • 後期高齢者市中肺炎の予後因子に関する臨床的検討

    第104回日本内科学会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 鉱泥湿布による生体への有効性の調査研究

    第22回日本リハビリテーション医学会中国・四国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • アトピー性皮膚炎患者におけるn-3系不飽和脂肪酸(PUFA)強化食の有効性についての検討

    第58回日本アレルギー学会秋季学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 高齢者市中肺炎の臨床的研究―非高齢者、前期高齢者と後期高齢者の比較検討―

    第20回日本老年医学会中国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 水中運動の効果を評価し得る指標についての検討―東京の温泉療法医としての活動を通して

    第73回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 食塩含有人工炭酸泉浴の各種症状に及ぼす治療効果について(その1):急性および慢性効果の相違について

    第73回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • COPD患者の運動耐用能・肺機能に対する温熱療法の有用性についての検討

    第48回日本呼吸器学会学術講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 長期吸入療法患者に対する吸入薬再指導の有用性について

    第20回日本アレルギー学会春季臨床大会 2008.6.13  2008年 

     詳細を見る

  • 腹水が自然軽快を示し、脳結核腫、脊椎カリエスを合併した結核性腹膜炎の1例

    第98回日本内科学会中国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 食塩含有人工炭酸泉浴の各種症状に及ぼす治療効果について(その2):主観的治療効果と血流量の増加との関連について

    第73回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の運動耐容能に対する温泉療法の有効性の検討

    平成20年度鳥取県医師会秋季医学会  2008年 

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患のリハビリテーション―慢性閉塞性肺疾患(COPD)と気管支喘息を中心に―

    平成20年度鳥取県医師会秋季医学会  2008年 

     詳細を見る

  • 運動耐用能・肺機能の改善に温熱療法が有効と考えられたCOPD患者の一例

    第43回日本呼吸器学会中国四国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 後期高齢者市中肺炎の臨床的検討―生存群と死亡群の比較検討―

    第50回日本老年医学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 肝機能異常を契機に発見されたサルコイドーシスの1例

    第99回日本内科学会中国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 人工炭酸泉浴(バブ浴)を用いた足浴の下肢末梢循環に及ぼす影響について(その2)

    第72回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 当院における市中肺炎入院炎症の臨床的検討

    第47回日本呼吸器学会学術講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 慢性好酸球性肺炎の2例

    第19回日本アレルギー学会春季臨床大会号  2007年 

     詳細を見る

  • 健常成人に発症したサイトメガロウイルス関連胃病変の1例

    日本内科学会中国地方会  2007年 

     詳細を見る

  • 東京都心に存在する患者に対する温泉療法の今後の課題-東京の温泉療法医としての活動を通して

    第72回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 温泉療法が慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の運動耐溶能に及ぼす影響に関する検討

    第72回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における6分間歩行試験に対する温泉療法の有用性の検討

    日本呼吸器学会中国四国地方会  2007年 

     詳細を見る

  • 温泉療法が慢性疾患患者の健康関連QOLに及ぼす影響に関する検討

    第71回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息に対するn-3系不飽和脂肪酸強化食の有効性

    第103回日本内科学会講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 慢性呼吸器疾患患者に対する当院の運動浴および温熱治療を中心としたリハビリテーション医療の治療効果に関する検討

    第46回日本呼吸器学会学術講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 胃癌切除後に発症した顕微鏡的多発血管炎の1例

    第18回日本アレルギー学会春季臨床大会号  2006年 

     詳細を見る

  • 人工炭酸泉浴(バブ浴)を用いた足浴の下肢末梢循環に及ぼす影響について

    第71回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 東京都心に存在する患者に対する温泉療法について

    第71回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • アルコール性肝障害として経過観察中80歳代にて発見された原発性胆汁性肝硬変の1例

    第18回日本老年学会中国地方会  2006年 

     詳細を見る

  • 薬物(sofalcone)の高齢者胃粘膜血流量に及ぼす影響の定量的観察

    第48回日本老年医学会学術集会・総会  2006年 

     詳細を見る

  • 高齢慢性疾患患者の健康関連のQOLに対する温泉療法の有効性に関する検討

    第48回日本老年医学会学術集会・総会  2006年 

     詳細を見る

  • 肝細胞癌の経過中に肝原発腺扁平上皮癌を合併した1例

    第94回 日本内科学会中国地方会  2006年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者に対するn-3系不飽和脂肪酸強化食の血清ECP値に及ぼす影響

    第56回日本アレルギー学会秋季学術大会号  2006年 

     詳細を見る

  • 髄膜炎を契機に発見された進行大腸癌の1例

    第92回日本内科学会中国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息における長期間喫煙による病態的変化の若年者と高齢者の比較

    第17回日本アレルギー学会春季臨床大会 2005.6.4(岡山)  2005年 

     詳細を見る

  • 温泉療法による気管支喘息における肺の過膨張に対する改善作用―喫煙症例と非喫煙症例の比較検討―

    第70回日本温泉気候物理医学会総会 2005.5.27(冨山)  2005年 

     詳細を見る

  • 高齢気管支喘息患者に対する温泉療法の臨床効果に対する長期間喫煙の影響

    第45回日本呼吸器学会  2005年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息に対する食事療法―8週間のn-3系不飽和脂肪酸強化食による検討―

    第45回日本呼吸器学会  2005年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息における肺の過膨張に対する温泉療法の改善効果についての検討

    第102回日本内科学会講演会  2005年 

     詳細を見る

  • ケトプロフェン湿布剤により全身性麻疹様紅斑をきたした1例

    第17回日本アレルギー学会春季臨床大会  2005年 

     詳細を見る

  • 重症アトピー性皮膚炎患者に対し当院の温泉療法が有効であった3例

    第17回日本アレルギー学会春季臨床大会  2005年 

     詳細を見る

  • 東京都心に在住する患者に対する温泉療法について―東京の温泉療法医の果たす役割

    第70回日本温泉気候物理医学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 帯状疱疹後の神経痛に対する温泉療法の治療効果(その2)

    第70回日本温泉気候物理医学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息のn-3系不飽和脂肪酸強化食による食事療法

    第55回日本アレルギー学会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • Mefloquineが著効した熱帯熱マラリアの1例

    第92回日本内科学会中国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • 胃癌切除後に発症したANCA関連血管炎の1例

    第40回日本呼吸器学会中国四国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • 再発性肺腺癌に対してラジオ波熱凝固療法が有効であった一例

    第40回日本呼吸器学会中国四国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • 加齢における末梢循環血流量の経時的変化

    第47回日本老年医学会学術集会  2005年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者における肺CT lung densitometryに対する加齢の影響―4年間の経過観察―

    第47回日本老年医学会学術集会  2005年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者における肺CT lung densityの経年的変化―喫煙歴の有無による比較検討―

    第55回日本アレルギー学会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • 巨大嚢胞を合併したインスリノーマの1例

    第17回日本老年医学会中国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • 自己免疫性肝炎の経過中に遠位型腎尿細管性アシドーシス(1型)及び低カリウム性横紋筋融解症を合併した1例

    第93回日本内科学会中国地方会 2005.10.15(宇部)  2005年 

     詳細を見る

  • アクチノマイセス(放線菌)大腸炎の1例

    第93回日本内科学会中国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • 各論4.呼吸器

    第25回温泉療法医研修会  2004年 

     詳細を見る

  • 高齢で肝炎の憎悪を認め、lamivudine投与が有効であったB型慢性肝炎の1例

    第90回日本内科学会中国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患の温泉療法ー22年間の入院症例2295例を対象にー

    第69回日本温泉気候物理医学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 肺気腫患者に対する5年間の温泉療法の臨床効果ー高分解能CT上のlow attenuation area、拡散能および残気量を中心にー

    第69回日本温泉気候物理医学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息における気道過敏性とロイコトリエン産生能との関連について

    第44回日本呼吸器学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • COPD患者におけるHRCT上の%LAAと肺機能の経時的変化に関する検討

    第44回日本呼吸器学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 温泉治療対象者における閉塞性動脈硬化症の非侵襲的診断

    第69回日本温泉気候物理医学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 「温熱の多方面効果を科学する」2.呼吸器系の効果

    第69回日本温泉気候物理医学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息の気道過敏性に影響を及ぼす諸因子の検討

    第16回日本アレルギー学会春季臨床大会  2004年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息における気道過敏性及びロイコトリエン産生に及ぼす諸因子の臨床的検討

    第101回日本内科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 三朝におけるトロン濃度

    第47回日本放射線影響学会大会  2004年 

     詳細を見る

  • 三朝ラドン温泉地区住民の血液中のp53量とSOD活性の特性に関する検討

    第47回日本放射線影響学会大会  2004年 

     詳細を見る

  • 吸入ラドンの体内動態に関する基礎的検討 ―マウス体内からのラドン娘核種の検出―

    第47回日本放射線影響学会大会  2004年 

     詳細を見る

  • KL-6以上高値で推移した膠原病肺の1例

    第39回日本呼吸器学会中国四国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • 高齢者喘息における気道過敏性およびロイコトリエン産性能

    第46回日本老年医学会学術集会・総会  2004年 

     詳細を見る

  • 高齢者の閉塞性動脈硬化症の非侵襲的早期診断

    第46回日本老年医学会学術集会・総会  2004年 

     詳細を見る

  • 高齢者気管支喘息における喫煙による気道過敏性の亢進と温泉療法の臨床効果

    第16回日本老年医学会中国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • ケトプロフェン湿布剤により全身性麻疹様紅斑を来した1例

    第91回日本内科学会中国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息に対する年間薬剤費の重症度別検討

    第91回日本内科学会中国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • 長期喫煙気管支喘息症例に対する温泉療法の臨床効果―気道過敏性,ロイコトリエン産生能による評価

    第54回日本アレルギー学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • Characteristics of asthma in the elderly evaluated by high-resolution computed tomography and pulmonary function.

    13th ERS Annual Congress  2003年 

     詳細を見る

  • 肺気腫に対するN-3系不飽和脂肪酸強化食の臨床効果

    第100回日本内科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • α-リノレン酸強化食の肺気腫に対する臨床効果

    第43回日本呼吸器学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 喫煙歴を有する気管支喘息患者の臨床的特徴

    第43回日本呼吸器学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 高齢者喘息における高分解能CT上の肺low attenuation area(LAA)に及ぼす長期間喫煙の影響 (平成15年6月18-20日、)

    第45回日本老年医学会学術集会  2003年 

     詳細を見る

  • 温泉療法が腰痛症患者のQOLに及ぼす効果 (平成15年6月17-19日、)

    第40回日本リハビリテーション医学会学術集会  2003年 

     詳細を見る

  • Fluvoxamineによりセロトニン症候群をきたしたParkinson病の1例

    第88回日本内科学会中国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • 長期化学療法後にgefitinib(イレッサ)が奏功した術後再発肺腺癌の2例

    第88回日本内科学会中国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • 当院における高齢者特発性間質性肺炎症例の臨床的検討

    第38回日本呼吸器学会中国四国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • レーザードプラー血流計による高齢者の末梢循環の数量的解析

    第45回日本老年医学会学術集会  2003年 

     詳細を見る

  • Influence of long-term cigarette smoking on leukotriene production and bronchial hyperresponsiveness in asthmatics.

    99Th ATS/ALA International Conference  2003年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息の病態に対する喫煙の影響 IgE反応系,気道過敏性,ロイコトリエン産生能を中心に

    第15回日本アレルギー学会春季臨床大会  2003年 

     詳細を見る

  • 早期診断早期治療にて軽快したMPO-ANCA関連血管炎の一例

    第15回日本アレルギー学会春季臨床大会  2003年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息のIgE反応系,肺機能及び胸部HRCT所見に及ぼす長期喫煙の影響

    第100回日本内科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • Influence of aging and cigarette smoking on elderly patients with asthma.

    7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology  2003年 

     詳細を見る

  • 感染を契機に急激に進行した高齢者特発性間質性肺炎の1例

    第15回日本老年医学会中国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • 肝硬変及び肝細胞癌加療中に著しい血小板減少症を併発した1例

    第89回日本内科学会中国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者に対する温泉療法の薬剤費削減効果に対する検討

    第53回日本アレルギー学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • Non-invasive study for peripheral circulation aged patients with arteriosclerosis and evaluation on therapy.

    7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology  2003年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息におけるn-3系脂肪酸補充療法の効果

    第2回呼吸ケアセミナー  2003年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息における気道過敏性およびロイコトリエン産生能に及ぼす加齢および喫煙の影響

    第53回日本アレルギー学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • ラドン温泉効果とマイナスイオン効果との関係に関する検討-ラドン療法用鉱石由来放射線とマイナスイオンの相関性-

    第46回日本放射線影響学会  2003年 

     詳細を見る

  • ラドン温泉適応症の機構に関する検討-ラドン効果とその他の効果との比較(2)- (平成15年10月6-8日、)

    第46回日本放射線影響学会  2003年 

     詳細を見る

  • 胃食道逆流症治療による改善が期待されるのはどのような気管支喘息症例か?

    第42回日本呼吸器学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 白血球ロイコトリエン産生能における気管支喘息と肺気腫との比較検討

    第42回日本呼吸器学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息における肺のHRCT上のlow attenuation area および肺機能に及ぼす加齢の影響

    第99回日本内科学会講演会  2002年 

     詳細を見る

  • 高齢者喘息の病態的特徴-肺low attenuation area(LAA)<-950HU、肺機能、IgE反応系を中心に-

    第14回日本アレルギー学会春季臨床大会  2002年 

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患症例における温泉療法の効果-アンケートを利用してー

    第67回日本温泉気候物理医学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患の温泉療法-地域医療と遠隔医療の比較-

    第67回日本温泉気候物理医学会総会 (平成14年5月16日-17日、  2002年 

     詳細を見る

  • 肺気腫の温泉療法-HRCT上の%LAAと温泉療法

    第67回日本温泉気候物理医学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息の温泉療法―High-resolution computed tomography(HRCT)上の%Low attenuation area と温泉療法-

    第67回日本温泉気候物理医学会総会 (平成14年5月16日-17日、  2002年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者の免疫機能に対する熱気浴の効果

    第67回日本温泉気候物理医学会総会 (平成14年5月16日-17日、  2002年 

     詳細を見る

  • 胸部HRCT上のlow attenuation area(LAA)<-950HU及び肺機能で評価した気管支喘息患者の加齢変化

    第42回日本呼吸器学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 胸部解離性大動脈瘤と狭心症を伴った患者 (マルチスライスCT所見を中心に

    第85回日本日本内科学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 高齢者における閉塞性動脈硬化症の非侵襲的早期診断。 マルチスライスCTを用いた末梢血管の観察

    第13回日本老年医学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 高齢者喘息の気腫化傾向

    第13回日本老年医学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 胃食道逆流症治療により改善が期待される気管支喘息症例の臨床像

    第51回日本アレルギー学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 糖尿病患者における局所寒冷負荷の全身末梢循環に及ぼす影響

    第85回日本日本内科学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息肺気腫の白血球ロイコトリエン産生能における 比較検討

    第51回日本アレルギー学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息の胸部高分解能CT(HRCT)によるLow attenuation area (LAA) —重症度との関連—

    第51回日本アレルギー学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息症例におけるステロイドによる病的椎体骨折閾値の検討

    第41回日本呼吸器学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 水中運動による肺気腫症例に対する呼吸器リハビリテーションの効果の基礎的検討

    第41回日本呼吸器学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • α—リノレン酸強化食の気管支喘息に対する効果に影響する諸因子の検討

    第98回日本内科学会講演会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息患者における肺機能と胸部高分解能CT(HRCT)上のLow attenuation area (LAA)に対する喫煙の影響

    第98回日本内科学会講演会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息に対するN—3系不飽和脂肪酸強化食の効果に影響する諸因子の検討

    第41回日本呼吸器学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 高齢気管支喘息における気道過敏性と温泉療法の効果

    第66日本温泉気候物理医学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 高齢者の入浴, 温泉の問題点 3. 呼吸器疾患

    第66日本温泉気候物理医学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息におけるhigh-resolution computed tomography (HRCT)上のLow attenuation area (LAA) および換気機能に 及ぼす温泉療法の効果

    第66日本温泉気候物理医学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 温泉療法が著効した線維筋痛症の一例

    第84回日本内科学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息の胸部高分解能CT(HRCT)によるLow attenuation area (LAA) の経時的変化

    第13回日本アレルギー学会春期臨床大会  2001年 

     詳細を見る

  • 寒冷負荷の末梢循環に及ぼす影響 その2

    第66日本温泉気候物理医学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 呼吸器疾患に対する温泉療法 —再入院症例を中心に—

    第66日本温泉気候物理医学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • Bromocriptineにより白血球減少症及び血小板減少症をきたした Parkinson病の1例.

    第84回日本日本内科学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • ラベプラゾールテストを用いた気管支喘息増悪因子としての胃食道逆流の検討

    第13回日本アレルギー学会春期臨床大会  2001年 

     詳細を見る

  • 気管支喘息に対するN—3系不飽和脂肪酸強化食の長期摂取による臨床効果

    第13回日本アレルギー学会春期臨床大会  2001年 

     詳細を見る

  • 高齢気管支喘息症例のleukotriene産生能に関する臨床的検討

    第13回日本アレルギー学会春期臨床大会  2001年 

     詳細を見る

  • 水中における肺機能の比較—陸上との比較—

    第36回日本呼吸器学会中国四国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • レーザードプラー血流計により測定された胃粘膜血流の 高齢者における特徴

    第43回日本老年医学会学術集会  2001年 

     詳細を見る

  • 高齢喘息患者の肺機能と胸部高分解能CT(HRCT)上のLow attenuation area (LAA) に及ぼす喫煙の影響

    第43回日本老年医学会学術集会  2001年 

     詳細を見る

  • 腰痛症患者における腰椎MRI画像所見の検討.

    第84回日本日本内科学会中国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • Cortical bone parameters for the characterization of asthatic patients with glucocorticoid-induced vertebral fractures.

    Twenty-Third Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research  2001年 

     詳細を見る

  • 胃食道逆流症治療により改善が期待されるのはどのような気管支喘息症例か?

    第43回日本消化器病学会大会  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 第29回 温泉関係功労者被表彰者

    2010年7月   環境省  

    光延文裕

     詳細を見る

  • 平成15年度岡山医学賞(砂田賞)

    2004年6月  

    光延文裕

     詳細を見る

  • 日本温泉気候物理医学会雑誌、優秀論文賞

    1999年4月  

    光延文裕

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • 病態機構学演習 (2021年度) 特別  - その他

  • 社会医療疾病管理論 (2021年度) 後期  - その他

  • 老年医学 (2021年度) 特別  - その他

  • 老年医学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 老年医学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 老年医学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 老年医学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 臨床老年医学特論 (2021年度) 特別  - その他

  • 選択制臨床実習(老年医学) (2021年度) 特別  - その他

  • 放射線特殊治療学特講 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 病態機構学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 病態機構学総論 (2020年度) 通年  - その他

  • 社会医療疾病管理論 (2020年度) 後期  - その他

  • 老年医学 (2020年度) 特別  - その他

  • 老年医学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 老年医学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 老年医学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 老年医学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 臨床老年医学特論 (2020年度) 特別  - その他

  • 選択制臨床実習(老年医学) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示