2021/12/03 更新

写真a

ヨシオカ トモヒコ
吉岡 朋彦
YOSHIOKA Tomohiko
所属
ヘルスシステム統合科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2006年3月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Natural Science and Technology  

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   学術研究院ヘルスシステム統合科学学域   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院ヘルスシステム統合科学研究科   准教授

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   准教授

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 東京工業大学   大学院理工学研究科   連携准教授

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • University of Erlangen-Nuremberg   客員研究員

    2011年9月 - 2011年11月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

    researchmap

  • 東京工業大学   大学院理工学研究科 材料工学専攻   助教

    2007年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 東京工業大学   大学院理工学研究科 材料工学専攻   助手

    2007年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 独立行政法人物質・材料研究機構   生体材料センター   特別研究員

    2006年4月 - 2007年1月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 岡山大学生活協同組合   理事  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

  • 文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP) 科学技術予測・政策基盤調査研究センター   専門調査委員  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

  • 国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構   分野横断的公募事業 事前書面審査員(ピアレビュア)  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • The 17th Asian BioCeramics Symposium (ABC2017)   Local Organization Committee  

    2017年11月   

      詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会   中国四国支部 運営委員会 委員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会   2015年年会 現地実行委員会 委員  

    2015年3月   

      詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会   行事企画委員会 委員  

    2014年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

  • The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7)   実行委員会 委員  

    2013年6月   

      詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会   2013年年会 年会開催地実行委員会 委員  

    2013年3月   

      詳細を見る

  • The 2nd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC)   実行委員会 委員  

    2008年5月   

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Crystallization characteristics of amorphous trehalose dried from alcohol

    Takanari Sekitoh, Takashi Okamoto, Akiho Fujioka, Tomohiko Yoshioka, Shinji Terui, Hiroyuki Imanaka, Naoyuki Ishida, Koreyoshi Imamura

    Journal of Food Engineering   292   110325 - 110325   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jfoodeng.2020.110325

    researchmap

  • Mechanical and biocompatibility properties of calcium phosphate bioceramics derived from salmon fish bone wastes

    Merve Bas, Sibel Daglilar, Nilgun Kuskonmaz, Cevriye Kalkandelen, Gokce Erdemir, Serap E. Kuruca, Dilshat Tulyaganov, Tomohiko Yoshioka, Oguzhan Gunduz, Denisa Ficai, Anton Ficai

    International Journal of Molecular Sciences   21 ( 21 )   8082 - 8082   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Natural calcium phosphates derived from fish wastes are a promising material for biomedical application. However, their sintered ceramics are not fully characterized in terms of mechanical and biological properties. In this study, natural calcium phosphate was synthesized through a thermal calcination process from salmon fish bone wastes. The salmon-derived calcium phosphates (sCaP) were sintered at different temperatures to obtain natural calcium phosphate bioceramics and then were investigated in terms of their microstructure, mechanical properties and biocompatibility. In particular, this work is concerned with the effects of grain size on the relative density and microhardness of the sCaP bioceramics. Ca/P ratio of the sintered sCaP ranged from 1.73 to 1.52 when the sintering temperature was raised from 1000 to 1300 °C. The crystal phase of all the sCaP bioceramics obtained was biphasic and composed of hydroxyapatite (HA) and tricalcium phosphate (TCP). The density and microhardness of the sCaP bioceramics increased in the temperature interval 1000–1100 °C, while at temperatures higher than 1100 °C, these properties were not significantly altered. The highest compressive strength of 116 MPa was recorded for the samples sintered at 1100 °C. In vitro biocompatibility was also examined in the behavior of osteosarcoma (Saos-2) cells, indicating that the sCaP bioceramics had no cytotoxicity effect. Salmon-derived biphasic calcium phosphates (BCP) have the potential to contribute to the development of bone substituted materials.

    DOI: 10.3390/ijms21218082

    researchmap

  • Comparative study of in vitro apatite-forming abilities of highly ordered rutile nanorod arrays fabricated on cpTi and Ti6Al4V alloys

    Xingzhu Liu, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    Journal of Asian Ceramic Societies   8 ( 1 )   29 - 38   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/21870764.2019.1699230

    researchmap

  • Effect of titanyl sulfate concentration on growth of nanometer-scale rutile rod arrays on the surface of titanium substrate

    Xing-zhu Liu, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    Journal of the Ceramic Society of Japan   127 ( 8 )   545 - 550   2019年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ceramic Society of Japan  

    DOI: 10.2109/jcersj2.19109

    researchmap

  • Accelerated induction of in vitro apatite formation by parallel alignment of hydrothermally oxidized titanium substrates separated by sub-millimeter gaps

    Satoshi Hayakawa, Keigo Okamoto, Tomohiko Yoshioka

    Journal of Asian Ceramic Societies   7 ( 1 )   90 - 100   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/21870764.2019.1572690

    researchmap

  • Conversion of silicate glass to highly oriented divalent ion substituted hydroxyapatite nanorod arrays in alkaline phosphate solutions

    Satoshi Hayakawa, Yusuke Oshita, Kazuki Yamada, Tomohiko Yoshioka, Noriyuki Nagaoka

    Ceramics International   44 ( 15 )   18719 - 18726   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ceramint.2018.07.101

    researchmap

  • Preparation of chitosan-hydroxyapatite composite mono-fiber using coagulation method and their mechanical properties

    Takuma Okada, Yuta Nobunaga, Toshiisa Konishi, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa, Maria Ascensão Lopes, Toshiki Miyazaki, Yuki Shirosaki

    Carbohydrate Polymers   175   355 - 360   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.carbpol.2017.07.072

    researchmap

  • Alternating current electrophoretic deposition for the immobilization of antimicrobial agents on titanium implant surfaces

    Annabel Braem, Katrijn De Brucker, Nicolas Delattin, Manuela S. Killian, Maarten B. J. Roeffaers, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa, Patrik Schmuki, Bruno P. A. Cammue, Sannakaisa Virtanen, Karin Thevissen, Bram Neirinck

    ACS Applied Materials & Interfaces   9 ( 10 )   8533 - 8546   2017年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acsami.6b16433

    researchmap

  • Preparation of α-tricalcium phosphate powders surface-modified with inositol phosphate for cement fabrication

    Toshiisa Konishi, Michiyo Honda, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa, Mamoru Aizawa

    Key Engineering Materials   631   113 - 118   2015年

     詳細を見る

  • NMR structural characterization of Mg-containing nano-apatite

    Satoshi Hayakawa, Toshiisa Konishi, Tomohiko Yoshioka, Eiji Fujii, Kouji Kawabata

    Key Engineering Materials   631   57 - 60   2015年

     詳細を見る

  • Effective composite preparation between graphite and iron particles by the interfacial mediation of force-activated oxygen atoms

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Kota Shiba, Zhefeng Xu, Masami Nishikawa, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Junzo Tanaka

    Industrial & Engineering Chemistry Research   53 ( 43 )   16736 - 16753   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/ie501207u

    researchmap

  • Photoluminescence and doping mechanism of theranostic Eu3+/Fe3+dual-doped hydroxyapatite nanoparticles

    Min-Hua Chen, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Nobutaka Hanagata, Feng-Huei Lin, Junzo Tanaka

    Science and Technology of Advanced Materials   15 ( 5 )   055005 - 055005   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1088/1468-6996/15/5/055005

    researchmap

  • Evaluation of calcium alginate gel as electrode material for alternating current iontophoresis of lidocaine using excised rat skin

    Ebisawa Tomoko, Nakajima Atsushi, Haida Haruka, Wakita Ryo, Ando Shizuka, Yoshioka Tomohiko, Ikoma Toshiyuki, Tanaka Junzo, Fukayama Haruhisa

    Journal of Medical and Dental Sciences   61 ( 2 )   41 - 48   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:東京医科歯科大学  

    Iontophoresis (IOP) is a noninvasive method of delivering medication transcutaneously through the skin. The electrodes used in this method should tightly fit to rough and irregular surfaces and be biologically safe, easy to handle and prepare, and cost-effective. To satisfy these requirements, calcium alginate gel can be a candidate electrode for IOP. Using calcium alginate gel electrodes, we examined whether lidocaine can be effectively transported across an excised rat skin by squarewavealternating current (AC) application. A squarewave AC with either a 70 % or 80 % duty cycle was continuously applied to 0.5 % calcium alginate gel electrodes containing 10 % lidocaine at 10 V and 1 kHz for 60 min. Lidocaine concentration was measured using a spectrophotometer and the temperature of the gel was determined. The lidocaine concentrations for AC-IOP at the 70 % and 80 % duty cycles were significantly higher than that without AC-IOP. Furthermore, the group with the 80 % duty cycle showed higher lidocaine concentrations than the group with the 70 % duty cycle. The temperatures of all the groups were lower than 28 ℃ throughout the procedure. In conclusion, the calcium alginate gel can be used as a possible matrix for IOP electrodes.

    DOI: 10.11480/610201

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015175797

  • Preparation of porous B-type carbonate apatite with different carbonate contents for an artificial bone substitute

    Toshimitsu Tanaka, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Junzo Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1621   mrsf13-1621-d10-09   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>B-type carbonate apatite (B-CAp) powders were prepared by a wet method using Ca(OH)<sub>2</sub> suspension and H<sub>3</sub>PO<sub>4</sub> solution including NaHCO<sub>3</sub> as a carbonate source, and porous B-CAp ceramics with two different amounts of carbonate contents were fabricated by sintering freeze-dried mixtures of the powders and gelatin composite. The porous B-CAp ceramics prepared had three-dimensionally interconnected pores. The sinterability of B-CAp ceramics was dependent on the chemical composition, especially sodium content and vacancy of OH site, and the carbonate contents did not directly influence the dissolution rate of porous B-CAp ceramics.

    DOI: 10.1557/opl.2014.120

    researchmap

  • Electrochemical hydroxyapatite coatings on nitinol stents for the reduction of metal ions elution

    Daisuke Kondo, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Kensuke Takamatsu, Kunihiro Ohta, Junzo Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1626   mrsf13-1626-k08-15   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>Nitinol was coated with biocompatible calcium phosphate materials by pulsed electrolytic deposition (ELD) to reduce toxic metal-ions elution. The pulse ELD for the stents was carried out with changing the current off-periods (<italic>t</italic><sub>off</sub>) of the pulse wave. The pulse ELD suppressed the generation of H<sub>2</sub> gas due to the electrolysis of water on a calcium phosphate layer and improved the adhesiveness of the coating layer on nitinol compared with a conventional DC-ELD. The coating layers were identified to be octacalcium phosphate (OCP) at lower <italic>t</italic><sub>off</sub>, while they were transformed to dicalcium phosphate anhydraous (DCPA) with an increase of <italic>t</italic><sub>off</sub>. The layers of OCP or DCPA on the nitinol surface were subjected to a NaOH treatment at 60°C for 3days to transform them into hydroxyapatite (HAp). From results of a metal-ions elution test, the deposited calcium phosphates suppressed nickel ions elution at one quarter compared with the bare nitinol stent. These results indicate that the pulse ELD of biocompatible calcium phosphate materials on the nitinol stent was one of the best techniques to create firmly attached coating on it and reduce toxic nickel ions elution.

    DOI: 10.1557/opl.2014.42

    researchmap

  • Novel hydroxyapatite-polysaccharide composite microparticles for immunotherapy

    Mitsuhiro Yoshida, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Junzo Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1626   mrsf13-1626-k08-16   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>Hydroxyapatite-chondroitin sulfate (HAp/ChS) composites were synthesized with calcium hydroxide suspension and phosphoric acid solution containing ChS through a precipitation method, and the microparticles were then fabricated by a spray dry method with the suspension of the composites. Bovine serum albumin (BSA) with negative charge or lysozyme (LYZ) with positive charge at pH7.0 was adsorbed onto the HAp/ChS microparticles. However, the HAp/ChS microparticles adsorbed LYZ more than the HAp microparticles compared with BSA due to the electrostatic interaction from negatively-charged sulfate or carboxyl group of ChS in the composites. The release property of BSA from the HAp/ChS microparticles was evaluated in Dulbecco’s phosphate buffered saline (pH7.2). The HAp/ChS microparticles released quickly 100% of the adsorbed BSA, while HAp microparticles released 45% of BSA. These results indicated that incorporation of ChS in the microparticles controls the adsorption and release properties of protein due to the electrostatic interaction. The HAp/ChS microparticles therefore are a candidate of a carrier for drugs like vaccines.

    DOI: 10.1557/opl.2014.43

    researchmap

  • Efficient methane conversion to hydrogen by the force-activated oxides on iron particle surfaces

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Toshsiyuki Ikoma, Masahiko Morinaga, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    The Journal of Physical Chemistry C   117 ( 31 )   16104 - 16118   2013年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/jp405316t

    researchmap

  • Effective functionalization of disordered oxide lattices on iron particle surfaces using mechanochemical reactions

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Hiroshi Nishiyama, Masami Nishikawa, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Sadaki Samitsu, Junzo Tanaka

    The Journal of Physical Chemistry C   117 ( 19 )   9908 - 9919   2013年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/jp401655m

    researchmap

  • Mechanochemical fabrication of iron–graphite composites

    S Motozuka, M Tagaya, T Ikoma, T Yoshioka, Z Xu, M Morinaga, J Tanaka

    Journal of Composite Materials   47 ( 10 )   1241 - 1246   2013年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    The fabrication of iron–graphite composites was investigated using a milling process. Based on the milling time of the process, the average particle size of the host iron particles decreased to 10 µm. The size of the graphite particles decreased to a nanometer scale, resulting in the graphite strongly adhering to the iron surfaces. Raman spectra revealed that the graphite aromatic ring structure disappeared and the iron near-surface layer was changed to iron oxide phases. The dangling bond of the fragmented graphite combined with the oxidized iron surface by interfacial binding to efficiently form the interfacial composites.

    DOI: 10.1177/0021998312446502

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/0021998312446502

  • AC electrophoretic deposition of organic–inorganic composite coatings

    T. Yoshioka, A. Chávez-Valdez, J.A. Roether, D.W. Schubert, A.R. Boccaccini

    Journal of Colloid and Interface Science   392   167 - 171   2013年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2012.09.087

    researchmap

  • Cytotoxicity and cancer detection ability of the luminescent nanoporous silica spheres immobilized with folic acid derivative

    Motohiro Tagaya, Nobutaka Hanagata, Toshiyuki Ikoma, Takaomi Kobayashi, Kota Shiba, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   529-530   630 - 635   2013年

     詳細を見る

  • Investigation of multilayered protein adsorption on carbonate apatite with a QCM technique

    Tomohiko Yoshioka, Hiroshi Yonekura, Toshiyuki Ikoma, Motohiro Tagaya, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   529-530   74 - 77   2013年

     詳細を見る

  • Fabrication of three different types of porous carbonate-substituted apatite ceramics for artificial bone

    Toshimitsu Tanaka, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Tomoya Kuwayama, Tatsuhiko Higaki, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   529-530   143 - 146   2013年

     詳細を見る

  • Electrolytic deposition of calcium phosphates films on nitinol stents

    Daisuke Kondo, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Kensuke Takamatsu, Kunihiro Ohta, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   529-530   243 - 246   2013年

     詳細を見る

  • Electrophoretic deposition of soft coatings for orthopaedic applications

    Sigrid Seuss, Alejandra Chavez, Tomohiko Yoshioka, Jannik Stein, Aldo R. Boccaccini

    Ceramic Transactions Series   145 - 152   2012年11月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:John Wiley & Sons, Inc.  

    DOI: 10.1002/9781118511466.ch15

    researchmap

  • Methane adsorption and dissociation on mechanochemically-activated iron-particle surfaces

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Masahiko Morinaga, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    International Journal of Powder Metallurgy   48 ( 6 )   21 - 29   2012年11月

     詳細を見る

  • Preparation of copper–graphite composite particles by milling process

    S Motozuka, M Tagaya, T Ikoma, T Yoshioka, Z Xu, J Tanaka

    Journal of Composite Materials   46 ( 22 )   2829 - 2834   2012年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    The fabrication of copper–graphite composites by a milling process was investigated using a centrifugal ball mill. The copper particles were homogeneously milled in a graphite vessel, and the reaction time was varied. Scanning electron microscopy images clearly revealed that a fragment of graphite ground by the copper particle adheres to the copper particle surface, indicating the formation of a copper–graphite composite. The composite graphite amount per 1 g of copper particles increased to 0.46 mg at the milling time 5 min, and subsequently decreased to 0.25 mg at 60 min, indicating the suitable milling-time for the interfacial adhesion. When using only the copper particles, the naturally oxidized layer on the surface decreased with milling. On the other hand, when using only the graphite, the characteristic graphite structure is disrupted and the defect structure increased with milling. Thus, the new copper surface generated by milling strongly reacts with the defect structure of the graphite. It is suggested that the interfacial bonding between the copper and graphite was attributed to a Van der Waals attraction and/or binding force due to oxygen atoms located at the interface.

    DOI: 10.1177/0021998311432947

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/0021998311432947

  • Collagen type IV-specific tripeptides for selective adhesion of endothelial and smooth muscle cells

    Kei Kanie, Yuji Narita, Yingzi Zhao, Fumiaki Kuwabara, Makoto Satake, Susumu Honda, Hiroaki Kaneko, Tomohiko Yoshioka, Mina Okochi, Hiroyuki Honda, Ryuji Kato

    Biotechnology and Bioengineering   109 ( 7 )   1808 - 1816   2012年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/bit.24459

    researchmap

  • Human elastic cartilage engineering from cartilage progenitor cells using rotating wall vessel bioreactor

    T. Takebe, S. Kobayashi, H. Kan, H. Suzuki, Y. Yabuki, M. Mizuno, T. Adegawa, T. Yoshioka, J. Tanaka, J. Maegawa, H. Taniguchi

    Transplantation Proceedings   44 ( 4 )   1158 - 1161   2012年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2012.03.038

    researchmap

  • Development of bisphosphonate-calcium phosphate composites and drug release characteristic

    Hidekuni Kameda, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Junzo Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1418   209 - 214   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>Bisphosphonate (Bp) was adsorbed on the surface of crystalline calcium phosphates (CP); hydroxyapatite (HAp), octacalcium phosphate (OCP) and Dicalcium phosphate dehydrate (DCPD). The amount of Bp adsorbed was the largest for DCPD per unit surface area, while the amount was the largest for HAp per unit weight. The composites of Bp and amorphous calcium phosphate (ACP) were synthesized by titrating calcium acetate solution into phosphate buffer solution containing Bp. The amount of Bp doped in the composites was 366 μg / mg and was approximately 7 times larger than those of Bp adsorbed on the crystalline Calcium phosphates. TG-DTA measurements of a Bp-calcium and the composite indicated exothermic peaks due to Bp combustion, of which temperature were shifted to higher temperature for the composite. Bp in the composites was gradually released into phosphate buffered saline, while Bp was rapidly released into acetate buffer solution accompanied with the dissolution of ACP. This result suggests that the composite of Bp and ACP has potential for a drug-carrier releasing Bp in response to the condition of osteoclastic bone resorption.

    DOI: 10.1557/opl.2012.713

    researchmap

  • Fibrinogen adsorption on hydroxyapatite, carbonate apatite and gold surfaces in situ detected by quartz crystal microbalance with resistance technique

    Hiroshi Yonekura, Motohiro Tagaya, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Junzo Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1418   247 - 252   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>When a biomaterial is implanted into the body, blood proteins adsorb on its surface and subsequently cells adhere via the protein adlayer. Thus, the understanding of protein adsorption and conformational change on the biomaterial surfaces is of great importance to control the biocompatibility such as antithrombotic properties and cell adhesion behaviors. In this study, we synthesized hydroxyapatite (HAp) and carbonate apatite (CAp) by a wet method. Then we successfully fabricated the HAp and CAp sensors for QCM-R by an electrophoretic deposition method. Adsorption behavior of proteins on the bone substitute material can be monitored by using these apatite sensors. Bovine serum albumin and fibrinogen were employed for the model proteins, and monitored the adsorption behavior on the HAp, CAp and reference gold (Au) sensors by the QCM-R technique. As a result, we revealed that fibrinogen and bovine serum albumin adsorbs on the gold surface by hydrophobic interaction, and adsorbs on the HAp and CAp surfaces mainly by electrostatic force. Besides, we revealed that fibrinogen adsorbs on the Au surface more rigid than on the HAp and CAp surfaces while bovine serum albumin adsorbs on the HAp and CAp surface more rigidly than on the Au surface.

    DOI: 10.1557/opl.2012.397

    researchmap

  • In vitro evaluation of calcium alginate gels as matrix for iontophoresis electrodes

    Haruka Haida, Shizuka Ando, Saori Ogami, Ryo Wakita, Hikaru Kohase, Norio Saito, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Junzo Tanaka, Masahiro Umino, Haruhisa Fukayama

    Journal of Medical and Dental Sciences   59 ( 1 )   9 - 16   2012年

     詳細を見る

  • Effect of glutaraldehyde on properties of membranes prepared from fish scale collagen

    Zhefeng Xu, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Motohiro Tagaya, Satoshi Motozuka, Rena Matsumoto, Toshimasa Uemura, Junzo Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1418   189 - 194   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>Collagen fibril membranes (CFMs) with a high mechanical property were fabricated with a lateral face evaporation method, in which type I atelocollagen extracted from tilapia scales was used. The density and thickness of the CFM obtained were 0.51 ± 0.04 mg/cm<sup>3</sup> and 50 ± 5 μm. The collagen fibrils in the CFM had a similar periodic stripped pattern of 67 nm with native collagen fibrils. The CFM was crosslinked in gaseous glutaraldehyde for different duration in order to increase the mechanical property. The crosslinking degrees of the CFMs analyzed by free amino groups gradually increased to 70.3 % against the exposure duration until 6 hours, and reached a plateau. The denaturation temperatures of the CFMs with the crosslinking degrees at 20.4 % to 43% were linearly increased from 49°C to 75°C. The tensile strength of the CFMs was slightly improved until the crosslinking degree at 33.3 % and then the tensile strength rapidly increased to be 68 MPa. It was suggested that a percolation phenomenon took place in the CFMs by crosslinking of collagen fibrils with polymerized GA molecules.

    DOI: 10.1557/opl.2012.396

    researchmap

  • Synthesis and luminescence properties of Eu(III)-doped nanoporous silica spheres

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Motozuka, Zhefeng Xu, Fujio Minami, Junzo Tanaka

    Journal of Colloid and Interface Science   363 ( 2 )   456 - 464   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2011.07.066

    researchmap

  • Protein adsorption and subsequent fibroblasts adhesion on hydroxyapatite nanocrystals

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Taro Takemura, Nobutaka Hanagata, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18 ( 19 )   192009 - 192009   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    DOI: 10.1088/1757-899x/18/19/192009

    researchmap

  • Surface plasmon resonance biosensor with high anti-fouling ability for the detection of cardiac marker troponin T

    Jen Tsai Liu, Ching Jung Chen, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Jeffrey S. Cross, Shwu-Jen Chang, Jang-Zern Tsai, Junzo Tanaka

    Analytica Chimica Acta   703 ( 1 )   80 - 86   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.aca.2011.07.019

    researchmap

  • Efficient synthesis of Eu(III)-containing nanoporous silicas

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Motozuka, Fujio Minami, Junzo Tanaka

    Materials Letters   65 ( 14 )   2287 - 2290   2011年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.matlet.2011.04.011

    researchmap

  • Detection of interfacial phenomena with osteoblast-like cell adhesion on hydroxyapatite and oxidized polystyrene by the quartz crystal microbalance with dissipation

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Taro Takemura, Nobutaka Hanagata, Mitsuhiro Okuda, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    Langmuir   27 ( 12 )   7635 - 7644   2011年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/la200008z

    researchmap

  • Effect of interfacial proteins on osteoblast-like cell adhesion to hydroxyapatite nanocrystals

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Taro Takemura, Nobutaka Hanagata, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    Langmuir   27 ( 12 )   7645 - 7653   2011年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/la200621p

    researchmap

  • Competitive adsorption of fibronectin and albumin on hydroxyapatite nanocrystals

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Nobutaka Hanagata, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    Science and Technology of Advanced Materials   12 ( 3 )   034411 - 034411   2011年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1088/1468-6996/12/3/034411

    researchmap

  • Synthesis and characterization of Eu(III)-doped inorganic nanocrystals

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Fujio Minami, Junzo Tanaka

    Bulletin of the Society for Discrete Variational Xα   23   233 - 237   2011年3月

     詳細を見る

  • Initial adhesion behavior of fibroblasts onto hydroxyapatite nanocrystals

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Taro Takemura, Satoshi Migita, Mitsuhiro Okuda, Tomohiko Yoshioka, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Bioceramics Development and Applications   1   1 - 4   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OMICS Publishing Group  

    DOI: 10.4303/bda/d110165

    researchmap

  • Porous scaffolds consisting of collagen, chondroitin sulfate, and hydroxyapatite with enhanced biodegradable resistance for cartilage regeneration

    H. Kaneda, T. Ikoma, T. Yoshioka, M. Nishi, R. Matsumoto, T. Uemura, J. S. Cross, J. Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1301   117 - 123   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>Porous scaffolds of alkaline-soluble collagen including nanocomposite
    particles of chondroitin sulfate and low crystalline hydroxyapatite for
    cartilage regeneration were fabricated by freeze-drying and thermal
    dehydration treatments; porous collagen scaffolds were also synthesized as a
    reference. The scaffolds were cross-linked using glutaraldehyde (GA) vapor
    treatment in order to enhance biodegradable resistance. Microstructural
    observation with scanning electron microscope indicated that the scaffolds
    with and without GA cross-linkage had open pores between 130 to 200 μm in
    diameter and well-interconnected pores of 10 to 30 μm even after
    cross-linkage. <italic>In vitro</italic> biodegradable resistance to
    collagenase was significantly enhanced by GA cross-linking of the scaffolds.
    All these results suggest that the GA cross-linked scaffolds consisting of
    collagen, chondroitin sulfate, and low crystalline hydroxyapatite have
    suitable microporous structures and long-term biochemical stability for
    cartilage tissue engineering.

    DOI: 10.1557/opl.2011.535

    researchmap

  • Characterization of type B carbonate apatite sintered bodies

    N. Watanobe, T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Kuwayama, T. Higaki, J.S. Cross, J. Tanaka

    Materials Research Society symposia proceedings   1301   39 - 44   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>The dissolution kinetics of type B carbonate apatite (CAp) disks sintered at
    different temperatures were investigated under acidic conditions similar to
    an osteoclastic desorption process in bone remodeling. The type B CAp disks,
    which were uniaxially pressed at 98MPa and sintered at temperatures of 600
    to 700 ºC, showed single crystalline phase and a high relative density of
    60-62 % compared to the stoichiometric density of 3.16g/cm<sup>3</sup> of
    hydroxyapatite (HAp). The dissolution rate of type B CAp disks sintered at
    650 ºC was 3.5 times faster than that of HAp disks at 650 ºC. These results
    indicate that the Type B CAp sintered disks show potential use as a
    biodegradable material for artificial bone.

    DOI: 10.1557/opl.2011.196

    researchmap

  • Immobilization of folic acid on Eu3+-doped nanoporous silica spheres

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Zhefeng Xu, Junzo Tanaka

    Chemical Communications   47 ( 29 )   8430 - 8430   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    DOI: 10.1039/c1cc12058a

    researchmap

  • Cartilage regeneration using a porous scaffold, a collagen sponge incorporating a hydroxyapatite/chondroitinsulfate composite

    Yohimi Ohyabu, Takuro Adegawa, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Toshimasa Uemura, Junzo Tanaka

    Materials Science and Engineering: B   173 ( 1-3 )   204 - 207   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2009.12.008

    researchmap

  • Fetal bovine serum adsorption onto hydroxyapatite sensor monitoring by quartz crystal microbalance with dissipation technique

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Satoshi Migita, Mitsuhiro Okuda, Taro Takemura, Nobutaka Hanagata, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    Materials Science and Engineering: B   173 ( 1-3 )   176 - 181   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2010.01.034

    researchmap

  • Characterization and ferroelectricity of Bi and Fe co-doped PZT films

    J.S. Cross, K. Shinozaki, T. Yoshioka, J. Tanaka, S.H. Kim, H. Morioka, K. Saito

    Materials Science and Engineering: B   173 ( 1-3 )   18 - 20   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2010.02.005

    researchmap

  • Thermal expansion of type A carbonate apatite

    Toru Tonegawa, Toshiyuki Ikoma, Yasushi Suetsugu, Naoki Igawa, Yoshitaka Matsushita, Tomohiko Yoshioka, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Materials Science and Engineering: B   173 ( 1-3 )   171 - 175   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2010.02.008

    researchmap

  • Chemical interaction between hydroxyapatite and organic molecules in biomaterials

    K. Tsuchiya, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Ceramic Transactions Series   531 - 535   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:John Wiley & Sons, Inc.  

    DOI: 10.1002/9780470640845.ch75

    researchmap

  • Crystal structure refinement of A-type carbonate apatite by X-ray powder diffraction

    Toru Tonegawa, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Journal of Materials Science   45 ( 9 )   2419 - 2426   2010年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10853-010-4209-x

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10853-010-4209-x/fulltext.html

  • Ferroelectric properties of epitaxial BiFe0.97Mn0.03O3 thin films with different crystal orientations deposited on buffered Si substrates

    Hyun-young Go, Naoki Wakiya, Takanori Kiguchi, Tomohiko Yoshioka, Osamu Sakurai, Jeffrey S. Cross, Junzo Tanaka, Kazuo Shinozaki

    Key Engineering Materials   421-422   111 - 114   2010年

     詳細を見る

  • Drug releasing properties of alginic acid layers electrochemically deposited on metal surfaces

    Norio Saito, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Naoki Ohashi, Haruka Haida, Shizuka Ando, Ryo Wakita, Haruhisa Fukayama, Masahiro Umino, Junzo Tanaka

    Archives of BioCeramics Researches   10   110 - 113   2010年

     詳細を見る

  • Development of a novel integrated iontophoresis electrode consisting of metallic and drug-loaded layers

    Tomohiko Yoshioka, Norio Saito, Toshiyuki Ikoma, Naoki Ohashi, Haruka Haida, Shizuka Ando, Ryo Wakita, Haruhisa Fukayama, Masahiro Umino, Junzo Tanaka

    Transactions of JWRI   39 ( 2 )   304 - 305   2010年

     詳細を見る

  • Molecular orbital study on a mechanism of adhesion between carbides and optical glass with high refractive index

    Yasuhiro Fujiwara, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka

    International Journal of Quantum Chemistry   109 ( 12 )   2780 - 2787   2009年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/qua.22122

    researchmap

  • Protein adsorption on hydroxyapatite nanosensors with different crystal sizes studied in situ by a quartz crystal microbalance with the dissipation method

    Toshiyuki Ikoma, Motohiro Tagaya, Nobutaka Hanagata, Tomohiko Yoshioka, Dinko Chakarov, Bengt Kasemo, Junzo Tanaka

    Journal of the American Ceramic Society   92 ( 5 )   1125 - 1128   2009年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/j.1551-2916.2009.02957.x

    researchmap

  • Electronic structure analyses of the interface between a high refractive index optical glass and carbides

    Yasuhiro Fujiwara, Takanori Kiguchi, Tomohiko Yoshioka, Kazuo Shinozaki, Junzo Tanaka

    Materials Science and Engineering: B   161 ( 1-3 )   20 - 26   2009年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2008.12.039

    researchmap

  • A collagen sponge incorporating a hydroxyapatite/chondroitinsulfate composite as a scaffold for cartilage tissue engineering

    Yohimi Ohyabu, Takuro Adegawa, Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Kazuo Shinozaki, Toshimasa Uemura, Junzo Tanaka

    Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition   20 ( 13 )   1861 - 1874   2009年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1163/156856208x386462

    researchmap

  • Preparation of epitaxial LiNbO3 thin film by MOCVD and its properties

    Rintarou Morohashi, Naoki Wakiya, Takanori Kiguchi, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka, Kazuo Shinozaki

    Key Engineering Materials   388   179 - 182   2009年

     詳細を見る

  • Preparation and characterization of porous scaffolds consisted of hydroxyapatite, polysaccharides and collagen for cartilage tissue engineering

    Takuro Adegawa, Yoshimi Ohyabu, Toshimasa Uemura, Tomohiko Yoshioka, Kazuo Shinozaki, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   396-398   707 - 710   2009年

     詳細を見る

  • Adsorption and sustained release of insulin from zinc hydroxyapatite microparticle with poly(lactic acid) coating

    Toru Tonegawa, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Kazuo Shinozaki, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   396-398   507 - 510   2009年

     詳細を見る

  • The surface property of hydroxyapatite: sensing with quartz crystal microbalance

    T. Ikoma, M. Tagaya, T. Tonegawa, M. Okuda, N. Hanagata, T. Yoshioka, D. Chakarov, B. Kasemo, J. Tanaka

    Key Engineering Materials   396-398   89 - 92   2009年

     詳細を見る

  • Adsorption of proteins derived from fetal bovine serum onto hydroxyapatite nanocrystals with quartz crystal microbalance technique

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Takemura, M. Okuda, N. Hanagata, T. Yoshioka, D. Chakarov, B. Kasemo, J. Tanaka

    Key Engineering Materials   396-398   47 - 50   2009年

     詳細を見る

  • Effect of oxide layers of Ni-free stainless-steel on silane coupling agent immobilization

    Masaru Soya, Tomohiko Yoshioka, Kazuo Shinozaki, Junzo Tanaka

    Materials Transactions   50 ( 6 )   1318 - 1321   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Institute of Metals  

    DOI: 10.2320/matertrans.me200827

    researchmap

  • Improvement of biocompatibility of chitosan fiber modified by Ca-phosphate deposition through an alternate soaking process

    Tomohiko Yoshioka, Hiroshi Onomoto, Haruhiko Kashiwazaki, Nobuo Inoue, Yoshihisa Koyama, Kazuo Takakuda, Junzo Tanaka

    Materials Transactions   50 ( 6 )   1269 - 1272   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Institute of Metals  

    DOI: 10.2320/matertrans.me200826

    researchmap

  • Crystal structure of high purity type A carbonate apatite

    Toru Tonegawa, Toshiyuki Ikoma, Yasushi Suetsugu, Naoki Igawa, Yoshitaka Matsushita, Tomohiko Yoshioka, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Bioceramics 22   93 - 96   2009年

     詳細を見る

  • Initial adhesion behavior of fibroblasts onto hydroxyapatite nanocrystals

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Taro Takemura, Satoshi Migita, Mitsuhiro Okuda, Tomohiko Yoshioka, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Bioceramics   22   439 - 442   2009年

     詳細を見る

  • Effect of SrTiO3 seed layer deposition time and thickness on low-temperature crystallization and electrical properties of Pb(Zr, Ti)O3 films by metalorganic chemical vapor deposition

    Ji-Won Moon, Naoki Wakiya, Keisuke Fujito, Naohiko Iimori, Takanori Kiguchi, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka, Kazuo Shinozaki

    Materials Science and Engineering: B   148 ( 1-3 )   22 - 25   2008年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2007.09.051

    researchmap

  • Role of SrTiO3 seed layer on low-temperature crystallization of Pb(Zr,Ti)O3 films prepared by metalorganic chemical vapor deposition

    Ji-Won Moon, Naoki Wakiya, Takanori Kiguchi, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka, Kazuo Shinozaki

    Materials Research Society symposia proceedings   1034   1034-K10-28   2008年

     詳細を見る

  • Rigid hydroxyapatite-alginate beads for sustained release of paclitaxel

    Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Nakamura, Nobutaka Hanagata, Tetsuya Abe, Masataka Sakane, Naoyuki Ochiai, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   361-363   535 - 538   2008年

     詳細を見る

  • Characterization and protein adsorption ability of zinc, iron and magnesium hydroxyapatite

    Toru Tonegawa, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Guoping Chen, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   361-363   187 - 190   2008年

     詳細を見る

  • Protein adsorption on hydroxyapatite nano-crystals with quartz crystal microbalance technique

    Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Akira Monkawa, Toru Tonegawa, Dinko Chakarov, Bengt Kasemo, Nobutaka Hanagata, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   361-363   1119 - 1122   2008年

     詳細を見る

  • Preparation of hydroxyapatite-alginate gels as a carrier for controlled release of paclitaxel

    Tomohiko Yoshioka, Toshiyuki Ikoma, Akira Monkawa, Shunji Yunoki, Tetsuya Abe, Masataka Sakane, Junzo Tanaka

    Key Engineering Materials   330-332   1053 - 1056   2007年

     詳細を見る

  • Fabrication of hydroxyapatite ultra-thin layer on gold surface and its application for quartz crystal microbalance technique

    Akira Monkawa, Toshiyuki Ikoma, Shunji Yunoki, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka, Dinko Chakarov, Bengt Kasemo

    Biomaterials   27 ( 33 )   5748 - 5754   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2006.07.029

    researchmap

  • Blood compatibility of organic-inorganic biomedical materials

    Akiyoshi Osaka, Tomohiko Yoshioka, Takeshi Yabuta, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa

    Key Engineering Materials   284-286   713 - 716   2005年

     詳細を見る

  • Preparation of organotitanium molecular layers for biomedical applications

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Materials Science and Engineering: C   24 ( 6-8 )   901 - 905   2004年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.msec.2004.08.035

    researchmap

  • In vitro platelet adhesion and protein adsorption of biomedical implant modified with polysaccharide

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   29 ( 6 )   2671 - 2674   2004年

     詳細を見る

  • Preparation of alginic acid layers on stainless-steel substrates for biomedical applications

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Biomaterials   24 ( 17 )   2889 - 2894   2003年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/s0142-9612(03)00127-3

    researchmap

  • Blood compatibility of stainless-steel and titanium immobilized with alginic acid layers

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Materials Research Society symposia proceedings   734   333 - 338   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>ABSTRACT</title>γ-Aminopropyltriethoxysilane (γ-APS) was grafted on stainless-steel and titanium substrates, and subsequently alginic acid layer was immobilized on them. Their surfaces were characterized with X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) and contact angle measurement. Blood compatibility of thus obtained substrates was evaluated in terms of both the number of the adhered platelets and blood clotting factors for plasma contacted with the substrates such as active partial thromboplastin time (PTT), prothrombin time (PT), and amount of fibrinogen (Fib). The steel and titanium substrates with alginic acid layer did not affect blood clotting factors. <italic>In vitro</italic> platelet adhesion assay indicated that those substrates adhered less number of platelets than non-treated substrates. Hence the alginic acid immobilization leads to blood compatible surfaces.

    DOI: 10.1557/proc-734-b9.48

    researchmap

  • Surface characterization and platelet adhesion of alginic acid layers on glass substrates

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Proceedings of the 3rd Asian International Symposium on Biomaterials and Drug Delivery Systems   222 - 225   2002年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • セラミックヒストリー100選・生体関連セラミックス

    大矢根綾子, 小幡亜希子, 遠山岳史, 中村 仁, 吉岡朋彦

    公益社団法人日本セラミックス協会  2020年3月 

     詳細を見る

  • ナノバイオとナノメディシン : 医療応用のための材料と分子生物学

    生駒, 俊之, 田中, 順三, 伊藤, 博, 芹澤, 武, 早乙女, 進一, 花方, 信孝, 吉岡, 朋彦, 澤田, 敏樹, 多賀谷, 基博

    コロナ社  2015年10月  ( ISBN:9784339067491

     詳細を見る

    総ページ数:x, 306p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 骨研究最前線 : 代謝・疾病のメカニズムから再生医療・創薬・リハビリ機器・機能性食品開発まで/第4編・第1章・5節「魚のうろこ由来コラーゲンとアパタイト複合体による人工骨作製技術」

    生駒俊之, 杉浦弘明, 吉岡朋彦, 近藤英司, 安田和則, 田中順三

    エヌ・ティー・エス  2013年10月  ( ISBN:9784864690782

     詳細を見る

    総ページ数:iii, xi, 430, xip, 図版viip   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • セラミックス機能化ハンドブック/第5編・第2章・2節 「生体分子を認識・吸着するセラミックス-アパタイト系・表面界面」

    生駒俊之, 多賀谷基博, 吉岡朋彦, 田中順三

    エヌ・ティー・エス  2011年1月  ( ISBN:9784860433505

     詳細を見る

    総ページ数:5, 11, 593, 19p, 図版10p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • Blood-compatible ceramic particles, coating layers, and macrospheres for blood purification and related applications

    Takuji Asano, Tomohiko Yoshioka, Yuki Shirosaki, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Bioceramics From Macro to Nanoscale   195 - 243   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/b978-0-08-102999-2.00010-7

    researchmap

  • 学会印象記

    吉岡朋彦

    バイオマテリアル   38 ( 2 )   135   2020年

     詳細を見る

  • Inorganic-organic hybrids for biomedical applications

    Yuki Shirosaki, Yuri Nakamura, Tomohiko Yoshioka, Akiyoshi Osaka

    Handbook of Sol-Gel Science and Technology   1 - 86   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer International Publishing  

    DOI: 10.1007/978-3-319-19454-7_76-1

    researchmap

  • 学生実験装置の更新と装置自作の意識づけ~学生実験用反射率の入射角依存性測定装置の作製を例として~

    吉川英見, 岸哲生, 吉岡朋彦, 塩田忠

    セラミックス   48 ( 11 )   875 - 878   2013年

     詳細を見る

  • Folate-conjugated luminescent nanoporous silica spheres for bio-imaging

    Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Zhefeng Xu, Satoshi Motozuka, Takaomi Kobayashi, Junzo Tanaka

    Abstracts of Papers of the American Chemical Society   243   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanochemical control of methane adsorption and dissociation on newly-generated iron surfaces

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Zhefeng Xu, Junzo Tanaka

    Abstracts of Papers of the American Chemical Society   243   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Mecanochemically-controlled Incorporation of anthracene into sIlica-surfactant nanostructures

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Zhefeng Xu, Takaomi Kobayashi, Junzo Tanaka

    Abstracts of Papers of the American Chemical Society   243   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanochemicallly-induced interfacial bonding formation between 8-hydroxyquinoline and hydroxyapatite nanocrystals

    Satoshi Motozuka, Motohiro Tagaya, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Zhefeng Xu, Junzo Tanaka

    Abstracts of Papers of the American Chemical Society   243   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 多孔質セラミックス人工骨の最近の研究開発動向

    吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    未来材料   12 ( 12 )   47 - 52   2012年

     詳細を見る

  • 生命をささえる素材コラーゲン-生物多様性と産業育成-

    吉岡朋彦, 田中順三

    BIO INDUSTRY   28 ( 11 )   7 - 9   2011年

     詳細を見る

  • バイオインスパイアと機能性バイオセラミックス-生体親和性の高い磁性粒子の開発

    田中順三, 村岡桂舟, 吉岡朋彦

    化学   63 ( 6 )   64 - 65   2008年

     詳細を見る

  • フェライト微粒子のバイオ分野への応用の現状と新しい応用の可能性

    脇谷尚樹, 坂元尚紀, 鈴木久男, 生駒俊之, 村岡桂舟, 吉岡朋彦, 田中順三, 櫻井修, 篠崎和夫

    月刊マテリアルインテグレーション   20 ( 11 )   44 - 48   2007年

     詳細を見る

  • 副作用を少なくするナノDDSの開発

    吉岡朋彦, 生駒 俊之

    月刊マテリアルインテグレーション   20 ( 07/08 )   84 - 86   2007年

     詳細を見る

  • 材料科学からみた骨組織の成因メカニズム

    田中順三, 吉岡朋彦

    月刊マテリアルインテグレーション   20 ( 11 )   27 - 32   2007年

     詳細を見る

  • ガン治療のための機能性バイオセラミックスの開発

    田中順三, 村岡桂舟, 間宮朋彦, 吉岡朋彦, 生駒俊之

    ケミカルエンジニヤリング   52 ( 11 )   6 - 10   2007年

     詳細を見る

  • ホメオスタシスを調整する生体無機材料

    生駒俊之, 花方信孝, 利根川亨, 吉岡朋彦, 田中順三

    月刊マテリアルインテグレーション   20 ( 11 )   14 - 19   2007年

     詳細を見る

  • Paclitaxel-loaded hydroxyapatite-alginate beads for local chemotherapy of metastatic spine cancer in rats

    Tetsuya Abe, Masataka Sakane, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka, Naoyuki Ochiai

    Journal of Bone and Mineral Research   22   S288   2007年

     詳細を見る

  • Novel chemoprevention with paclitaxel loaded hydroxyapatite-alginate particles for paralysis in metastatic spine cancer in rats

    Tetsuya Abe, Masataka Sakane, Toshiyuki Ikoma, Tomohiko Yoshioka, Junzo Tanaka, Naoyuki Ochiai

    Clinical & Experimental Metastasis   24 ( 4 )   284 - 285   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation of alginic acid layers on solid substrates for biomedical applications

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University   36 ( 2 )   67 - 72   2002年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 銀を担持させた生体活性ゲルの電気化学的作製

    吉岡朋彦, Gunawan, 片岡卓也, 早川聡

    第43回日本バイオマテリアル学会(43th JSB)および第8回アジアバイオマテリアル学会(8th ABMC)、講演番号JP2-08、2021.11.29、名古屋国際会議場(ハイブリッド開催)  2021年11月 

     詳細を見る

  • 交流電場を用いた炭酸カルシウムの電解析出

    吉岡朋彦, 三木麻由美, 藤井英司, 片岡卓也, 早川聡

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム、講演番号3N20、2021.9.3、オンライン  2021年9月 

     詳細を見る

  • ダブルパルス電解によるシリカゲルの形成

    吉岡朋彦, 浅田敏生, 片岡卓也, 早川聡

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム、講演番号3N21、2021.9.3、オンライン  2021年9月 

     詳細を見る

  • Development of Novel Biomaterials using Water Electrolysis

    Tomohiko Yoshioka

    International Symposium of Innovative R&D on Health Systems、2021年9月28日、オンライン  2021年9月 

     詳細を見る

  • キトサンナノファイバー-リン酸カルシウム複合体の交流電解析出

    照井真志, 吉岡朋彦, 藤井英司, 早川聡

    日本セラミックス協会2021年年会、講演番号3F06、2021.3.25、オンライン  2021年3月 

     詳細を見る

  • Electrochemically Generated Sol-Gel Films with Bioactivity on Metallic Substrates

    Tomohiko Yoshioka, Naoki Miyamoto, Takuya Hayashi, Satoshi Hayakawa

    11th World Biomaterials Congress (WBC2020), 2020、オンライン  2020年12月 

     詳細を見る

  • カルシウムを添加したSiO2系生体活性ゲルの電解析出

    吉岡朋彦, 宮本尚紀, 早川聡

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム、講演番号1TE01、2020.9.2、オンライン  2020年9月 

     詳細を見る

  • 水の電気分解反応を利用したセラミックス薄膜の作製

    吉岡朋彦

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム、講演番号3U06、2020.9.4、オンライン  2020年9月 

     詳細を見る

  • パルス電場を用いた生体活性ゲルの電解堆積とその生体活性評価

    吉岡朋彦, 林拓哉, 早川聡

    日本セラミックス協会2020年年会、講演番号3N19、2020.3.20、東京(明治大学)  2020年3月 

     詳細を見る

  • セルロースナノファイバーを用いたコーティングプロセスの基礎的検討

    吉岡朋彦, 猪川久瑠美, 藤井英司, 早川聡

    日本セラミックス協会2020年年会、講演番号3N21、2020.3.20、東京(明治大学)  2020年3月 

     詳細を見る

  • セルロースナノファイバーを用いた金属表面固定化とその特性評価

    佐野絵里奈, 吉岡朋彦, 藤井英司, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第58回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2F02、2020.1.10、名古屋(ウインクあいち)  2020年1月 

     詳細を見る

  • 固体NMR分光法によるフッ化物処理したハイドロキシアパタイトの局所構造の解析

    安藤一騎, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第58回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2F03、2020.1.10、名古屋(ウインクあいち)  2020年1月 

     詳細を見る

  • Development of Novel Biomaterials using Water Electrolysis

    Tomohiko Yoshioka

    The 11th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society / Interdisciplinary Science and Engineering in Health Systems and Medical Anthropology: The Points of Glocal View、2020年1月21日、岡山大学  2020年1月 

     詳細を見る

  • 交流電解を用いたアパタイトコーティングの作製

    森本準, 吉岡朋彦, 早川聡

    第27回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K59  2020年 

     詳細を見る

  • 水熱酸化処理による金属チタン表面での結晶性酸化チタン層の形成とアパタイト形成能の評価

    小川潤, 吉岡朋彦, 早川聡

    第27回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K58  2020年 

     詳細を見る

  • リン酸カルシウム-キトサンナノファイバー複合体の電解析出

    照井真志, 吉岡朋彦, 藤井英司, 早川聡

    第26回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.25(p.63)、2019.12.7、高松(香川大学)  2019年12月 

     詳細を見る

  • 酸化鉄を含むケイ酸塩ガラスのアパタイト形成能と過酸化水素分解能

    山田峻輔, 吉岡朋彦, 早川聡

    第26回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.3(p.21)、2019.12.7、高松(香川大学)  2019年12月 

     詳細を見る

  • Effect of Sub-millimeter Gap on In Vitro Apatite Formation on Hydrothermally Treated Ti-Substrate

    Satoshi Hayakawa, Tomohiko Yoshioka

    The 36th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (J-K Ceramics 36), D-08-I, 2019.11.22, Tottori, Japan  2019年11月 

     詳細を見る

  • The Application of Pulse Electrolysis to the Sol-Gel Deposition of Bioactive Gel Films

    Tomohiko Yoshioka, Takuya Hayashi, Satoshi Hayakawa

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13), 31-T1-S10-46, 2019.10.31, Okinawa (Okinawa Convention Center), Japan  2019年10月 

     詳細を見る

  • リン酸カルシウムの電解析出に及ぼす交流電場の影響

    吉岡朋彦, 春木駿, 早川聡

    日本セラミックス協会2019年年会、講演番号2G08、2019.3.25、東京(工学院大学)  2019年3月 

     詳細を見る

  • ゾル-ゲル反応の電気化学的制御による生体活性ゲルの作製と評価

    宮本尚紀, 吉岡朋彦, 早川聡

    第25回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.17(p.45)、2018.12.8、鳥取(鳥取大学)  2018年12月 

     詳細を見る

  • 金属酸化物を添加したケイ酸塩ガラスの過酸化水素分解能

    木下隆平, 吉岡朋彦, 早川聡

    第25回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.31(p.73)、2018.12.8、鳥取(鳥取大学)  2018年12月 

     詳細を見る

  • Electrochemically Assisted Preparation of Biomaterials

    Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    The International Academic Exchange Meeting between Okayama University and Southeast University、2018年12月27日、岡山大学  2018年12月 

     詳細を見る

  • リン酸カルシウムの電解析出における交流電場の気泡抑制効果

    春木駿, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会第22回生体関連セラミックス討論会、講演番号O-20、2018.11.30、東京(東京工業大学)  2018年11月 

     詳細を見る

  • pHと化学組成の異なる擬似体液中におけるリン酸カルシウムの核形成及び結晶成長

    兼平恵梨子, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会第22回生体関連セラミックス討論会、講演番号O-18、2018.11.30、東京(東京工業大学)  2018年11月 

     詳細を見る

  • Chemical growth and apatite-forming ability of rod-like rutile titania layers with tailored facets on titanium substrate

    Xingzhu Liu, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    Bioceramics 30, O-30, 2018.10.27, Nagoya, Japan  2018年10月 

     詳細を見る

  • Electrochemically assisted sol-gel deposition of bioactive films

    Tomohiko Yoshioka, Naoki Miyamoto, Satoshi Hayakawa

    Bioceramics 30, O-13, 2018.10.27, Nagoya, Japan  2018年10月 

     詳細を見る

  • 電解ゾル-ゲル反応を用いた生体活性ゲルの作製と評価

    宮本尚紀, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム、講演番号1U29、2018.9.5、名古屋(名古屋工業大学)  2018年9月 

     詳細を見る

  • Ca欠損型アパタイトの微細構造に及ぼすフッ化物処理の影響

    早川聡, 岡田悠, 吉岡朋彦, 小西敏功

    日本セラミックス協会2018年年会、講演番号2J06、2018.3.16、仙台(東北大学)  2018年3月 

     詳細を見る

  • 水懸濁液中でのセルロースナノファイバーの電気泳動堆積

    吉岡朋彦, 山本桃子, 藤井英司, 小西敏功, 早川聡

    日本セラミックス協会2018年年会、講演番号3B17、2018.3.17、仙台(東北大学)  2018年3月 

     詳細を見る

  • 電解ゾル-ゲル反応を用いたシリカゲル-疎水性タンパク質複合体の作製

    岡本奈々, 小西敏功, 吉岡朋彦, Aldo R. Boccaccini, 早川聡

    第24回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.59(p.119)、2017.12.9、広島(広島大学)  2017年12月 

     詳細を見る

  • 擬似体液中における酸化チタン層表面での不均一核形成及び成長によるリン酸カルシウム層の形成

    兼平恵梨子, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    第24回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.72(p.144)、2017.12.9、広島(広島大学)  2017年12月 

     詳細を見る

  • Chemical growth and apatite-forming ability of titania layer with tailored facets on titanium substrate

    Xingzhu Liu, Toshiisa Konishi, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    17th Asian BioCeramics Symposium (ABC2017)、P-07 (poster presentation)、Okayama, 2017.11.30  2017年11月 

     詳細を見る

  • Electrophoretic deposition of cellulose nanofibers in aqueous suspensions

    Tomohiko Yoshioka, Eiji Fujii, Toshiisa Konishi, Satoshi Hayakawa

    6th International Conference on Electrophoretic Deposition: Fundamentals and Applications、2017.10.1-6、Gyeongju, South Korea  2017年10月 

     詳細を見る

  • 変動電場を用いた有機-無機ナノ複合体のプロセス開発と医療応用

    吉岡朋彦

    公益財団法人岡山工学振興会 第71回ほっと交流会、2017年10月12日、新技術研究センター  2017年10月 

     詳細を見る

  • 容易な低温合成を経由したテーラーメイドファセットを有するチタニア膜のアパタイト形成能

    柳 星竹, 小西 敏功, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム、講演番号1PN02(ポスター)、2017.9.19、神戸  2017年9月 

     詳細を見る

  • リン酸塩水溶液中でのアパタイトへの転換反応に及ぼすケイ酸塩ガラスの組成依存性

    西村 太郎, 小西 敏功, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム、講演番号1N05、2017.9.19、神戸  2017年9月 

     詳細を見る

  • 交流電場を用いた電解析出法によるリン酸カルシウムコーティングの作製

    春木 駿, 小西 敏功, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム、講演番号2N01、2017.9.20、神戸  2017年9月 

     詳細を見る

  • Characterization of secondary structure of protein in silica gel obtained by an electro-assisted sol-gel method

    Tomohiko Yoshioka, Maki Shimomae, Toshiisa Konishi, Satoshi Hayakawa

    IUMRS-ICAM 2017、D5-O28-007、2017.8.28、Kyoto, Japan  2017年8月 

     詳細を見る

  • 交流矩形波を用いた電解ゾル-ゲル反応によるシリカゲルの形成

    北永達也, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会2017年年会、講演番号2K02、2017.3.18、東京(日本大学)  2017年3月 

     詳細を見る

  • アジア国際化学実験教室の実践について

    中村有里, 田村義彦, 尾坂明義, 小西敏功, 工藤孝幸, 吉岡朋彦, 早川一郎, 坂倉彰, 早川聡, 冨田栄二, Xiao Fan, Ni Hao, Zhou Dong, Chen Ying, Zhang Hong, Hariyani Madon, 平井惠子, 大石美奈子

    日本セラミックス協会2017年年会、2017.3、東京(日本大学)  2017年3月 

     詳細を見る

  • パルス電場を用いた電解ゾル-ゲル反応によりシリカと複合化したタンパク質の二次構造解析

    吉岡朋彦, 下前真紀, 手塚友章, 小西敏功, 早川聡

    日本セラミックス協会2017年年会、講演番号3G09、2017.3.19、東京(日本大学)  2017年3月 

     詳細を見る

  • 結晶成長阻害因子を含まない擬似体液中でのリン酸カルシウム結晶の析出

    青井裕資, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第55回セラミックス基礎科学討論会、講演番号1B08、2017.1.12、岡山(岡山コンベンションセンター)  2017年1月 

     詳細を見る

  • 水熱処理を施した金属チタンと高分子のサブミリ隙間空間におけるアパタイト析出挙動

    松本翔平, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第55回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2B01、2017.1.13、岡山(岡山コンベンションセンター)  2017年1月 

     詳細を見る

  • Antifouling characteristics of alginic acid deposited on stainless steel substrate

    Tomohiko Yoshioka, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka

    ICACC2017  2017年1月 

     詳細を見る

  • 電解ゾル-ゲル反応を用いてシリカと複合化したタンパク質の二次構造解析

    下前真紀, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第55回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2D12、2017.1.13、岡山(岡山コンベンションセンター)  2017年1月 

     詳細を見る

  • パルス電場を用いたキトサン-酸化チタン複合体の電気泳動堆積

    木村翔, 小西敏功, 吉岡朋彦, 藤井英司, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第55回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2D11、2017.1.13、岡山(岡山コンベンションセンター)  2017年1月 

     詳細を見る

  • 固相反応法による銅含有β-リン酸三カルシウムの合成とキャラクタリゼーション

    長野靖之, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第55回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2D09、2017.1.13、岡山(岡山コンベンションセンター)  2017年1月 

     詳細を見る

  • β-リン酸三カルシウム-イノシトールリン酸複合体から作製した骨修復セメントの構造解析

    山下航平, 小西敏功, 永田航平, 相澤守, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第55回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2B05、2017.1.13、岡山(岡山コンベンションセンター)  2017年1月 

     詳細を見る

  • 隙間空間を利用した金属表面へのアパタイト形成

    山本浩嗣, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    第23回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.69(p.136)、2016.12.17、岡山(岡山理科大学)  2016年12月 

     詳細を見る

  • ケイ酸塩系ガラスのネットワーク構造制御によるアパタイトへの転換速度の促進

    山田和輝, 早川聡, 吉岡朋彦, 小西敏功

    第23回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K.68(p.134)、2016.12.17、岡山(岡山理科大学)  2016年12月 

     詳細を見る

  • Drug delivery profile of chitosan-siloxane hybrid capsules coated with hydroxyapatite

    Yuki Shirosaki, Yasuyo Tsukatani, Toshiisa Konishi, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    16th Australasian BioCeramics Symposium、Poster No. 11、2016.12.6、Brisbane, Australia  2016年12月 

     詳細を見る

  • Electrochemical preparation of silica gels as a platform for biosensing applications

    Tomohiko Yoshioka, Tomoaki Tezuka, Toshiisa Konishi, Satoshi Hayakawa

    IUMRS-ICYRAM2016 (International Conference of Young Researchers on Advanced Materials、ABS-415-ICYRAM (24-Poster-12)、2016.12.13、Bangalore, India  2016年12月 

     詳細を見る

  • 電気化学的手法を用いたバイオマテリアルの創製

    吉岡朋彦

    第一回協奏的連携に向けた物質理工学若手研究者交流会、2016年12月5日、東京工業大学  2016年12月 

     詳細を見る

  • パルス電場を用いた電解ゾル-ゲル反応によるシリカ膜の作製

    吉岡朋彦, 手塚友章, 小西敏功, 早川聡

    日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム、講演番号1F18、2016.9.7、広島  2016年9月 

     詳細を見る

  • 隙間空間を利用したジルコニウム表面へのアパタイト析出

    山本浩嗣, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム、講演番号2F03、2016.9.8、広島  2016年9月 

     詳細を見る

  • Preparation of chitosan-HAp composite fiber for artificial ligament

    Takuma Okada, Toshiki Miyazaki, Yuta Nobunaga, Toshiisa Konishi, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa, Yuki Shirosaki

    WBC2016  2016年5月 

     詳細を見る

  • グローカルを目指した国際化学実験教室について

    中村有里, 栗本有紀子, 小郷義久, 尾坂明義, 小西敏功, 工藤孝幸, 吉岡朋彦, 早川一郎, 坂倉彰, 早川聡, 冨田栄二, 小畑千晴, 小田兼利, 岸田寛子, Fan Xiao、Lei Ren

    日本セラミックス協会2016年年会、講演番号2E15、2016.3.15、東京  2016年3月 

     詳細を見る

  • 電解ゾル-ゲル反応を用いたシリカ-タンパク質複合体の作製

    下前真紀, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会2016年年会、講演番号3H09、2016.3.16、東京  2016年3月 

     詳細を見る

  • 熱処理したヒドロキシアパタイトの構造とin vitro溶解性

    早川聡, 小西敏功, 吉岡朋彦

    日本セラミックス協会2016年年会、講演番号2H10、2016.3.15、東京  2016年3月 

     詳細を見る

  • Mechanical property of chitosan-HAp composite mono-fiber prepared by coagulation system

    Takuma Okada, Toshiki Miyazaki, Yuta Nobunaga, Toshiisa Konishi, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa, Yuki Shirosaki

    15th Asian BioCeramics Symposium (ABC2015) in conjugation with 19th symposium on Ceramics in Medicine, Biology and Biomimetics, 7th IBB Frontier Symposium, Poster 1.8.12, 2015.12.9-11, Tokyo, Japan  2015年12月 

     詳細を見る

  • イノシトールリン酸で表面修飾したβ-リン酸三カルシウムの構造評価とそのセメントへの応用

    小西敏功, 山下航平, 吉岡朋彦, 早川聡, 永田幸平, 相澤守

    粉体粉末冶金協会平成27年度秋季大会、講演番号3-3、2015.11.11、京都  2015年11月 

     詳細を見る

  • ケイ酸塩ガラス表面に形成した炭酸含有ヒドロキシアパタイトのc軸配向性の評価

    青井裕資, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    第22回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国、講演番号K79、2015.11.21、高知  2015年11月 

     詳細を見る

  • イノシトールリン酸によるβ-リン酸三カルシウムの表面修飾とペースト状人工骨への応用

    山下航平, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    第22回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国、講演番号K78、2015.11.21、高知  2015年11月 

     詳細を見る

  • Effect of protein adsorption and subsequent UV-light irradiation on the cell attachment on titanium substrates

    T. Konishi, K. Nakashima, T. Yoshioka, S. Hayakawa

    Bioceramics27  2015年10月 

     詳細を見る

  • イノシトールリン酸で表面修飾したβ-リン酸三カルシウムセメント粉体の構造評価

    山下航平, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡, 永田幸平, 相澤守

    日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム、講演番号1O20、2015.9.16、富山  2015年9月 

     詳細を見る

  • パルス電気泳動堆積法を用いたポリアクリル酸-酸化チタン複合膜の作製

    吉岡朋彦, 片山達貴, 小西敏功, Aldo R. Boccaccini, 早川聡

    日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム、講演番号3J02、2015.9.18、富山  2015年9月 

     詳細を見る

  • 銅含有β-リン酸三カルシウムの固相合成

    長野靖之, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会2015年年会、講演番号1P098、2015.3.18、岡山  2015年3月 

     詳細を見る

  • リン酸を添加したケイ酸塩ガラスからのアパタイトロッドの連続成長の制御

    三宅貴大, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡, 長岡紀幸

    日本セラミックス協会2015年年会、講演番号2L11、2015.3.19、岡山  2015年3月 

     詳細を見る

  • グローカルを目指した日中・体験型化学実験教室について

    中村有里, 栗本有紀子, 小郷義久, 尾坂明義, 小西敏功, 工藤孝幸, 吉岡朋彦, 早川一郎, 坂倉彰, 早川聡, 冨田栄二, 小畑千晴, Fan Xiao, Shenglei Che

    日本セラミックス協会2015年年会、講演番号2A16、2015.3.19、岡山  2015年3月 

     詳細を見る

  • ラット皮膚での交流電場イオントフォレーシスの等価回路解析

    邉見優太, 杉山友明, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 大橋直樹, 脇田亮, 深山治久, 田中順三

    日本セラミックス協会2015年年会、講演番号1P105、2015.3.18、岡山  2015年3月 

     詳細を見る

  • 流れ場におけるテラピア鱗コラーゲンの線維形成過程

    廣澤聡太, 杉山友明, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第18回生体関連セラミックス討論会、2014.12.5、大阪  2014年12月 

     詳細を見る

  • 逆ミセル法により作製したリン酸一水素カルシウムに対するビスフォスフォネートの吸着特性評価

    秋山周祐, 吉岡朋彦, 杉山友明, 生駒俊之, 田中順三

    第18回生体関連セラミックス討論会、2014.12.5、大阪  2014年12月 

     詳細を見る

  • マグネシウム置換型炭酸カルシウムからアパタイトへの転換反応

    岡田悠, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    第21回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国、講演番号K26、2014.11.15、島根  2014年11月 

     詳細を見る

  • 局所麻酔薬の経皮吸収に向けた交流イオントフォレシスの等価回路解析

    邉見優太, 杉山友明, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 大橋直樹, 脇田亮, 深山治久, 田中順三

    第36回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号2B-17、2014.11.18、東京  2014年11月 

     詳細を見る

  • ハイドロキシアパタイトのメカノケミカル合成と溶解挙動の解析

    中村智大, 小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    第21回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国、講演番号K27、2014.11.15、島根  2014年11月 

     詳細を見る

  • NMR Structural Characterization of Mg-Containing Nano-Apatite

    S. Hayakawa, T. Konishi, T. Yoshioka, E. Fujii, K. Kawabata

    26th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics26), P-014, 2014.11.6-8, Barcelona, Spain  2014年11月 

     詳細を見る

  • Electrochemical Impedance Spectroscopic Analysis for Iontophoretic Delivery

    Y. Hemmi, T. Yoshioka, T. Sugiyama, N. Ohashi, K. Matsumoto, T. Ebisawa, R. Wakita, T. Ikoma, H. Fukayama, J. Tanaka

    The 5th International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-5) Conjunction with 6th IBB Frontier Symposium, 3-16, 2014.11.19, Tokyo  2014年11月 

     詳細を見る

  • Preparation of a-Tricalcium Phosphate Powders Surface-Modified with Inositol Phosphate for Cement Fabrication

    T. Konishi, M. Honda, T. Yoshioka, S. Hayakawa, M. Aizawa

    26th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics26), P-036, 2014.11.6-8, Barcelona, Spain  2014年11月 

     詳細を見る

  • 電気化学堆積法を用いたバイオマテリアルの創製

    吉岡朋彦

    第5回セラミックスの基礎学問研修会、2014年11月20日、岡山理科大学  2014年11月 

     詳細を見る

  • Effect of Copper Ion on the Osteoblast Proliferation and its Application to Bone-Graft Substitute Material

    T. Konishi, T. Yoshioka, S. Hayakawa

    The 14th Asian BioCeramics Symposium (ABC2014), P-19, 2014.10.29, Shanghai, China  2014年10月 

     詳細を見る

  • Mechanical Properties of Polyphosphate/collagen/Hydroxyapatite Composite Membranes

    R. Watanabe, Z. Xu, T. Yoshioka, T. Ikoma, H. Kashiwazaki, J. Tanaka

    The 14th Asian BioCeramics Symposium (ABC2014), P-3, 2014.10.29, Shanghai, China  2014年10月 

     詳細を見る

  • グラフェンを用いたSPRバイオセンサーの作製

    村井亮太, Jeffrey S. Cross, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム、講演番号2O05、2014.9.10、鹿児島  2014年9月 

     詳細を見る

  • 各種基板と対面配置した酸化チタン層表面でのアパタイト形成挙動

    早川聡, 岡本啓吾, 藤原隼, 松本侑子, 小西敏功, 吉岡朋彦

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム、講演番号3O06、2014.9.11、鹿児島  2014年9月 

     詳細を見る

  • 銅イオンが細胞増殖に及ぼす影響およびその骨補填材料への応用

    小西敏功, 吉岡朋彦, 早川聡

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム、講演番号1PO01、2014.9.9、鹿児島  2014年9月 

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト/コラーゲン複合体へのポリエチレングリコールジアクリレートによる架橋

    峯元誠也, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム、講演番号2O09、2014.9.10、鹿児島  2014年9月 

     詳細を見る

  • Electrolytic Deposition of Calcium Phosphate on Ni-Ti Alloy Surface

    T. Yoshioka, D. Kondo, T. Ikoma, K. Takamatsu, K. Ohta, J. Tanaka

    The 15th IUMRS International Conference in Asia (IUMRS-ICA2014), B2-O25-009, 2014.8.25, Fukuoka, Japan  2014年8月 

     詳細を見る

  • 溶液プロセスを用いた金属表面改質によるバイオマテリアルの創製

    吉岡朋彦

    第103回人工関節の機能高度化研究会、2014年7月12日、帝人ナカシマメディカル株式会社  2014年7月 

     詳細を見る

  • Formation of Polyphosphate/Collagen/Hydroxyapatite Composite Membranes

    R. Watanabe, Z. Xu, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP39, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Influence of Small Amount of Additive and g-Ray Irradiation to Mechanical Strength of Apatite-Collagen Composite

    M. Minemoto, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP35, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Equivalent Circuit Analysis of an Iontophoresis Electrode/Rat Skin System

    Y. Hemmi, T. Yoshioka, T. Ikoma, N. Ohashi, K. Matsumoto, T. Ebisawa, R. Wakita, H. Fukayama, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP34, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Hydrothermal Synthesis for Luminescent Hydroxyapatite Nano-Crystals

    R. Horimoto, T. Ikoma, T. Yoshioka, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP33, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Mesoporous Silica for the Slow Delivery of Prostaglandin

    Y. Kimura, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP32, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Detection of Volatile Organic Compounds with Graphene Field Effect Transistor

    T. Aoyagi, J. S. Cross, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP37, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Alignment of Tilapia Fish-Scale Collagen Fibers with Flowing Fluid on Glass Substrate and Silicon Wafer

    S. Hirosawa, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP36, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Graphene Coated SPR Biosensor for Low Concentrations Detection of Amyloid-Beta

    R. Murai, J. S. Cross, T. Ikoma, T. Yoshioka, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP31, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Adsorption and Release Properties of Bisphosphonate for Calcium Phosphate Carriers

    S. Akiyama, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP30, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • Preparation Method of Porous Composites of Hydroxyapatite and Tilapia Scale Collagen for Artificial Bone

    N. Yamaoka, T. Ikoma, T. Yoshioka, J. Tanaka

    The 8th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-8), 26pKP38, 2014.6.26, Yokohama, Japan  2014年6月 

     詳細を見る

  • アルギン酸電極を用いたリドカインの交流イオントフォレーシス

    吉岡朋彦, 生駒俊之, 海老澤智子, 松本勝洋, 中島淳, 灰田悠, 安藤寧, 脇田亮, 深山治久, 田中順三

    日本セラミックス協会2014年年会、講演番号1P142、2014.3.17、神奈川  2014年3月 

     詳細を見る

  • アビジンおよびビオチンを修飾したFTO基板上の電気化学測定

    地元文彦, 勝又健一, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三, 岡田清, 松下伸広

    日本セラミックス協会第52回セラミックス基礎科学討論会、講演番号1F23、2014.1.9、名古屋  2014年1月 

     詳細を見る

  • AC Iontophoresis of Lidocaine with Alginic-Acid Gel Electrodes

    T. Ebisawa, K. Matsumoto, A. Nakajima, H. Haida, S. Ando, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka, H. Fukayama

    The 4th International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-4), P-10-87, 2013.12.14, Nagoya, Japan  2013年12月 

     詳細を見る

  • Novel Hydroxyapatite-Polysaccharide Composite Microparticles for Immunotherapy

    M. Yoshida, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, K8.16, 2013.12.4, Boston, USA  2013年12月 

     詳細を見る

  • Electrochemical Hydroxyapatite Coatings on Nitinol Stents for the Reduction of Metal Ions Elution

    D. Kondo, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Takamatsu, K. Ohta, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, K8.15, 2013.12.4, Boston, USA  2013年12月 

     詳細を見る

  • Preparation of Porous B-Type Carbonate Apatite with Different Carbonate Contents for an Artificial Bone Substitutes

    T. Tanaka, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, D10.09, 2013.12.3, Boston, USA  2013年12月 

     詳細を見る

  • グラフェンFETセンサを用いた揮発性有機化合物の検出

    青柳敬之, ジェフリー S. クロス, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第35回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号1D-21、2013.11.25、東京  2013年11月 

     詳細を見る

  • 逆ミセル法によるリン酸カルシウムの作製とビスフォスフォネートの吸着・放出特性評価

    秋山周祐, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第35回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号2C-01、2013.11.26、東京  2013年11月 

     詳細を見る

  • Tissue Engineering Approach using Hydroxyapatite/Fish Scale Collagen Composites

    T. Ikoma, Z. Xu, T. Yoshioka, J. Tanaka

    TERMIS-AP 2013 Annual Conference, 2013.10.23-26, Wuzhen, China  2013年10月 

     詳細を見る

  • Electro-Responsive Transdermal Drug Delivery from Lidocaine-Loaded Polysaccharide Gels

    T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Ebisawa, K. Matsumoto, H. Haida, A. Nakajima, H. Fukayama, J. Tanaka

    TERMIS-AP 2013 Annual Conference, 2013.10.23-26, Wuzhen, China  2013年10月 

     詳細を見る

  • ポリリン酸/テラピア鱗コラーゲン線維膜上へのアパタイトの析出

    渡辺玲奈, 許哲峰, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 柏崎晴彦, 田中順三

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム、講演番号2E20、2013.9.5、長野  2013年9月 

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト-テラピア鱗コラーゲン複合線維を用いた機能傾斜多孔体の作製

    山岡尚樹, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 田中順三

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム、講演番号2E22、2013.9.5、長野  2013年9月 

     詳細を見る

  • テラピア鱗コラーゲンの線維配向構造形成における流れ場と基材相互作用の影響

    廣澤聡太, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 田中順三

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム、講演番号2E21、2013.9.5、長野  2013年9月 

     詳細を見る

  • Calcium Alginate Gels as Electrode Material for Iontophoresis of Lidocaine

    T. Ebisawa, K. Matsumoto, A. Nakajima, H. Haida, S. Ando, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka, H. Fukayama

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-005, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Effective Segregation of Chitosan on Nanostructured Silica-Surfactant Composite Monoliths for Osteoblast Adhesion

    M. Tagaya, T. Kobayashi, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, S. Motozuka, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-029, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • In Vitro Cytotoxicity of the Luminescent Nanoporous Silica Spheres for Cancer Imaging

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, S. Motozuka, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-027, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Deposition of Calcium Phosphate Crystals onto Fibrous Membranes of Polyphosphate/Fish Scale Collagen

    R. Watanabe, Z. Xu, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-025, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Mechanochemical Preparation of Photofunctional 8-Hydroxyquinoline/Hydroxyapatite Hybrid Nanocrystals

    S. Motozuka, M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-091, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Porous AB-Type Carbonate-Substituted Apatite Ceramics as an Artificial Bone

    T. Tanaka, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-041, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Tilapia Scale Collagen/Chondroitin Sulfate Fibrous Membranes for Tissue Engineering

    K. Kawamura, T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Uemura, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-039, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of High Density Hydroxyapatite/Fish Collagen Composites

    Z. Xu, T. Ikoma, T. Yoshioka, T. Kuwayama, T. Higaki, E. Kondo, K. Yasuda, M. Tagaya, S. Motozuka, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-037, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Oriented Tilapia Fish-Scale Collagen Fibers under Flowing Fluid

    S. Hirosawa, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-023, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Bisphosphonate-Calcium Phosphate Composites and Evaluation of their Drug Adsorption and Release Characteristics

    S. Akiyama, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-017, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Electrochemical Coating of Hydroxyapatite on Nitinol Stents

    D. Kondo, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Takamatsu, K. Ohta, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-015, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Novel Hydroxyapatite-Polysaccharide Composite Particles for Immunotherapy

    M. Yoshida, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-013, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Functionally Gradient Porous Composites of Hydroxyapatite and Tilapia Scale Collagen

    N. Yamaoka, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-011, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Collagen Adsorption Mechanism on Apatite Nanocrystals with Different Carbonate Contents Analyzed by Surface Plasmon Resonance Technique

    Y. Minami, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-009, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication and Characterization of a Graphene Field Effect Transistor for the Detection of Volatile Organic Compounds

    T. Aoyagi, J. S. Cross, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-7), PP-007, 2013.6.20, Yokohama, Japan  2013年6月 

     詳細を見る

  • 電気化学反応を用いたアパタイト-コラーゲン配向性複合線維の創製

    手柴教継, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P088、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 学生実験用反射率の角度依存性測定装置の作製

    吉川英見, 岸哲生, 吉岡朋彦, 塩田忠

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号2B17、2013.3.18、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 放射線照射を用いたアパタイト/コラーゲン複合体における物理架橋の制御

    吉田嵩, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P106、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • メカノケミカル合成法による鉄/グラファイト複合粒子の創出と接合界面の評価

    本塚智, 多賀谷基博, 森永正彦, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号2C02、2013.3.18、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 葉酸を修飾したEu(III)含有水酸アパタイトナノ結晶の作製

    竹田龍平, 多賀谷基博, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P096、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 交流EPDによるポリアクリル酸-酸化チタン複合体コーティングの作製

    吉岡朋彦, Alejandra Chavez-Valdez, Judith A. Roether, Dirk W. Schubert, Aldo R. Boccaccini

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P095、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • SPR法を用いた炭酸含有量の異なるアパタイトナノ結晶とコラーゲンとの相互作用解析

    南友里, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P094、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 骨吸収を抑制するビスフォスフォネート吸着リン酸カルシウム粒子の作製

    秋山周祐, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P093、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 流れ場を用いて配向させたテラピア鱗コラーゲン線維膜の作成

    廣澤聡太, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P104、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 揮発性有機化合物検出に向けたグラフェンFETセンサの作製と評価

    青柳敬之, Jeffrey S. Cross, 早水裕平, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P045、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 生体骨に類似した水酸アパタイト/テラピア鱗コラーゲン複合線維の作製

    山岡尚樹, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P092、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 葉酸を修飾した蛍光多孔質シリカナノ粒子の細胞毒性とがん細胞可視化特性の評価

    多賀谷基博, 竹村太郎, 花方信孝, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 本塚智, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P091、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • ポリリン酸/コラーゲン繊維膜上へのアパタイト結晶の析出制御

    渡辺玲奈, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会2013年年会、講演番号1P089、2013.3.17、東京  2013年3月 

     詳細を見る

  • 溶液プロセスを用いた表面改質によるバイオマテリアルの創製

    吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第236回応用セラミックス研究所講演会/第31回ソフト溶液プロセス研究会講演会、2012年12月27日、東京工業大学  2012年12月 

     詳細を見る

  • Electro-Responsive Drug Delivery of Electrochemically Deposited Alginic Acid Gels on Metals

    T. Yoshioka, N. Saito, T. Ikoma, N. Ohashi, T. Ebisawa, H. Haida, A. Nakajima, R. Wakita, H. Fukayama, M. Umino, J. Tanaka

    The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-3), P7-21, 2012.11.6, Toyohashi, Japan  2012年11月 

     詳細を見る

  • イオントフォレーシス用電極材料としてのアルギン酸ゲルの有効性-ラット摘出皮膚の場合-

    海老澤智子, 中島淳, 灰田悠, 安藤寧, 吉岡朋彦, 田中順三, 深山治久

    第40回日本歯科麻酔学会総会・学術集会、講演番号P2-B-09、2012.10.6、福岡  2012年10月 

     詳細を見る

  • Cytotoxicity and Cancer Detection Ability of the Luminescent Nanoporous Silica Spheres Immobilized with Folic Acid Derivative

    M. Tagaya, N. Hanagata, T. Ikoma, T. Kobayashi, K. Shiba, T. Yoshioka, J. Tanaka

    Bioceramics 24, P1-8-3, 2012.10.22, Fukuoka, Japan  2012年10月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Three Different Types of Porous Carbonate-Substituted Apatite Ceramics for Artificial Bone

    T. Tanaka, T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Kuwayama, T. Higaki, J. Tanaka

    Bioceramics 24, P1-5-3, 2012.10.22, Fukuoka, Japan  2012年10月 

     詳細を見る

  • Electrolytic Deposition of Calcium Phosphates Films on Nitinol Stents

    D. Kondo, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Takamatsu, K. Ohta, J. Tanaka

    Bioceramics 24, P1-4-5, 2012.10.22, Fukuoka, Japan  2012年10月 

     詳細を見る

  • Investigation of Multilayered Protein Adsorption on Carbonate Apatite with a QCM Technique

    T. Yoshioka, H. Yonekura, T. Ikoma, M. Tagaya, J. Tanaka

    Bioceramics 24, P1-1-8, 2012.10.22, Fukuoka, Japan  2012年10月 

     詳細を見る

  • 蛍光多孔質ナノ粒子の創製と葉酸分子固定化によるがん細胞イメージング

    多賀谷基博, 生駒俊之, 花方信孝, 吉岡朋彦, 許哲峰, 本塚智, 南不二雄, 田中順三

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム、講演番号1PL01、2012.9.19、名古屋  2012年9月 

     詳細を見る

  • 界面光機能型ヒドロキシキノリン/アパタイト複合ナノ結晶のメカノケミカル創製

    本塚智, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 森永正彦, 田中順三

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム、講演番号1PK09、2012.9.19、名古屋  2012年9月 

     詳細を見る

  • アパタイト多糖類複合微粒子の作製とタンパク質吸着特性

    吉田充宏, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム、講演番号1P11、2012.9.19、名古屋  2012年9月 

     詳細を見る

  • キノリンとアパタイトのハイブリッドナノ結晶の固相反応創出と界面光機能の発現

    本塚智, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 田中順三

    応用物理学会第73回応用物理学会学術講演会、講演番号13a-PB6-2、2012.9.13、松山  2012年9月 

     詳細を見る

  • 発光多孔質シリカナノ粒子の創製と葉酸固定化によるガン細胞の可視化

    多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 田中順三

    応用物理学会第73回応用物理学会学術講演会、講演番号13a-H4-1、2012.9.13、松山  2012年9月 

     詳細を見る

  • メカノケミカル反応による鉄粒子表面への歪んだ酸化物ナノ層の形成

    本塚智, 福井和樹, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 田中順三

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム、講演番号2D19、2012.9.20、名古屋  2012年9月 

     詳細を見る

  • ヒドロキシキノリン/アパタイト複合ナノ結晶の光機能界面のメカノケミカル創出

    本塚智, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 森永正彦, 田中順三

    第25回DV-Xα研究会、2012.8.6-8、福岡  2012年8月 

     詳細を見る

  • 酸化鉄ナノ層を有する鉄マイクロ粒子とメタンのメカノケミカル反応とDV-Xα法による界面結合状態の解明

    本塚智, 大門叡典, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 森永正彦, 田中順三

    第25回DV-Xα研究会、2012.8. 6-8、福岡  2012年8月 

     詳細を見る

  • 再生治療に向けたテラピア鱗コラーゲン/コンドロイチン硫酸複合線維膜の作製と評価

    川村風人, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 植村寿公, 田中順三

    第6回ナノバイオメディカル学会、講演番号P-7、2012.7.10、つくば  2012年7月 

     詳細を見る

  • Electrochemically Deposited Gels for Transdermal Drug Delivery

    T. Yoshioka, N. Saito, T. Ikoma, N. Ohashi, H. Haida, A. Nakajima, R. Wakita, H. Fukayama, M. Umino, J. Tanaka

    9th World Biomaterials Congress, P-MON-A-252, 2012.6.5, Chengdu, China  2012年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Mesoporous Silica Nano-Layer on Calcium Phosphate Microparticles

    H. Tsuruoka, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P70, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Formation of Interfacial Bonding between Iron and Graphite

    S. Motozuka, K. Fukui, M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-P-P28, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Synthesis and Characterization of Graphene from Polymethylmethacrylate for Biosensors

    H. Seki, J. S. Cross, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-C-P32, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Synthesis of Luminescent Nanoporous Silica Spheres for Targeting Cancer Cells

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, S. Motozuka, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P64, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Effect of Crosslinking Degrees on the Denaturation Temperature of Scaffold Membranes Prepared by from Fish Collagen

    Z. Xu, T. Ikoma, T. Yoshioka, M. Tagaya, S. Motozuka, T. Uemura, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P63, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Tilapia-Scale-Collagen/Chondroitin-Sulfate Fibrous Composite for Tissue Engineering

    K. Kawamura, T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Uemura, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P62, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Aminopropylsilane-Immobilized Luminescent Hydroxyapatite Nanocrystals

    R. Takeda, M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, F. Minami, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P60, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Synthesis of Apatite-Collagen Composite Materials by Electrochemical Method

    N. Teshiba, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P66, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Calcium Alginate Gel as Electrode Material for Iontophoresis of Lidocaine

    T. Ebisawa, A. Nakajima, H. Haida, S. Ando, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka, H. Fukayama

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P65, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Porous Carbonate-Substituted Apatite Ceramics as Artificial Bone

    T. Tanaka, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P59, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Synthesis of a Novel Apatite-Collagen Composite with High Mechanical Strength by using γ-Ray Irradiation

    T. Yoshida, T. Yoshioka, T. Ikoma, E. Kondo, K. Yasuda, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P58, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • The Effect of Heat Treatments on Transformation Temperatures of Nitinol Stents

    D. Kondo, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Takamatsu, K. Ohta, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P57, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of the Apatite-Polysaccharide Nanocomposite Particles for Cancer Immunotherapy

    M. Yoshida, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 6th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-6), 1P-B-P56, 2012.6.26, Yokohama, Japan  2012年6月 

     詳細を見る

  • Effect of Glutaraldehyde Treatment on the Mechanical Properties of Transparent Membranes Prepared by Tilapia Fish-Scale Collagen

    Z. Xu, T. Ikoma, T. Yoshioka, S. Motozuka, R. Matsumoto, T. Uemura, J. Tanaka

    9th World Biomaterials Congress, P-MON-A-258, 2012.6.5, Chengdu, China  2012年6月 

     詳細を見る

  • NiTiステントの形状記憶熱処理条件の最適化

    近藤大介, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 高松賢介, 太田邦博, 田中順三

    日本セラミックス協会2012年年会、講演番号1P110、2012.3.19、京都  2012年3月 

     詳細を見る

  • Mechanochemically-Induced Interfacial Bonding Formation between 8-Hydroxyquinoline and Hydroxyapatite Nanocrystals

    S. Motozuka, M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, J. Tanaka

    ACS spring 2012 National Meeting & Exposition, 237, 2012.3.26, San Diego, USA  2012年3月 

     詳細を見る

  • Mechanochemical Control of Methane Adsorption and Dissociation on Newly-Generated Iron Surfaces

    S. Motozuka, M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, J. Tanaka

    ACS spring 2012 National Meeting & Exposition, 433, 2012.3.28, San Diego, USA  2012年3月 

     詳細を見る

  • Mechanochemically-Controlled Incorporation of Anthracene into Silica-Surfactant Nanostructures

    S. Motozuka, M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, T. Kobayashi, J. Tanaka

    ACS spring 2012 National Meeting & Exposition, 707, 2012.3.29, San Diego, USA  2012年3月 

     詳細を見る

  • Folate-Conjugated Luminescent Nanoporous Silica Spheres for Bio-Imaging

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, Z. Xu, S. Motozuka, T. Kobayashi, J. Tanaka

    ACS spring 2012 National Meeting & Exposition, 630, 2012.3.28, San Diego, USA  2012年3月 

     詳細を見る

  • タンパク質吸着に対して再利用可能な水酸アパタイトナノ結晶センサの作製

    多賀谷基博, 生駒俊之, 花方信孝, 竹村太郎, 吉岡朋彦, 田中順三

    応用物理学会第59回応用物理学関係連合講演会、講演番号17a-F1-9、2012.3.17、東京  2012年3月 

     詳細を見る

  • Euドープ多孔質シリカナノ粒子の創製とバイオ診断

    多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 南不二雄, 田中順三

    日本セラミックス協会2012年年会、講演番号1P104、2012.3.19、京都  2012年3月 

     詳細を見る

  • バイオ診断のための発光多孔質シリカナノ粒子の創製

    多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 田中順三

    応用物理学会第59回応用物理学関係連合講演会、講演番号16a-F1-7、2012.3.16、東京  2012年3月 

     詳細を見る

  • 電気化学堆積によるアルギン酸電極の作成と直流電場下におけるリドカインの放出

    斎藤典生, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 大橋直樹, 灰田悠, 松下智子, 中島淳, 脇田亮, 深山治久, 海野雅浩, 田中順三

    日本セラミックス協会2012年年会、講演番号3L34、2012.3.21、京都  2012年3月 

     詳細を見る

  • ミリング法による金属-黒鉛複合粒子の創製と接合界面の評価

    本塚智, 森永正彦, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 許哲峰, 田中順三

    日本セラミックス協会2012年年会、講演番号1P155、2012.3.19、京都  2012年3月 

     詳細を見る

  • Protein Adsorption on Ferroelectric LiNbO3 Single Crystals

    J. S. Cross, Y. Kubota, S. R. Unni, A. Chatterjee, T. Ikoma, T. Yoshioka, S. Takekawa, J. Tanaka

    2nd Molecular Materials Meeting (M3), 2012.1.9-11, Biopolis, Singapore  2012年1月 

     詳細を見る

  • Development of Bisphosphonate-Calcium Phosphate Composites and Drug Release Characteristic

    H. Kameda, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, MM10.9, 2011.12.1, Boston, USA  2011年12月 

     詳細を見る

  • Fibrinogen Adsorption on Hydroxyapatite, Carbonate Apatite and Gold Surfaces In Situ Detected by Quartz Crystal Microbalance with Resistance Technique

    H. Yonekura, M. Tagaya, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, MM10.25, 2011.12.1, Boston, USA  2011年12月 

     詳細を見る

  • Physicochemical Properties of Fish Scale Collagen and Chitosan Nanocomposites

    M. Yamamoto, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, MM10.11, 2011.12.1, Boston, USA  2011年12月 

     詳細を見る

  • バイオイメージングのためのEu添加発光性アパタイトの作製

    竹田龍平, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 南不二雄, 田中順三

    第33回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号O2-3、2011.11.21、京都  2011年11月 

     詳細を見る

  • ビスフォスフォネートとリン酸カルシウムの複合化に関する研究

    亀田英邦, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第33回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P33、2011.11.22、京都  2011年11月 

     詳細を見る

  • Effect of Glutaraldehyde on Properties of Collagen Fibril Membranes Prepared from Fish Scale Collagen

    Z. Xu, T. Ikoma, T. Yoshioka, M. Tagaya, R. Matsumoto, T. Uemura, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, MM6.4, 2011.11.30, Boston, USA  2011年11月 

     詳細を見る

  • Lidocaine Releasing Properties of Alginic Acid Gel Electrode Prepared by Electrochemical Deposition

    N. Saito, T. Yoshioka, T. Ikoma, N. Ohashi, H. Haida, A. Nakajima, R. Wakita, H. Fukayama, M. Umino, J. Tanaka

    The 28th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, BM-O-9, 2011.11.25, Okayama, Japan  2011年11月 

     詳細を見る

  • 架橋密度の異なる魚うろこコラーゲン線維膜の機械的特性

    許哲峰, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 多賀谷基博, 松本令奈, 植村寿公, 田中順三

    第33回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号O8-2、2011.11.21、京都  2011年11月 

     詳細を見る

  • 放射線照射によるアパタイト/コラーゲン複合体の力学特性制御

    吉田嵩, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第33回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号O3-4、2011.11.21、京都  2011年11月 

     詳細を見る

  • 電気化学的手法によるコラーゲン-アパタイト複合材料の合成

    手柴教継, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第33回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P149、2011.11.22、京都  2011年11月 

     詳細を見る

  • メソポーラスシリカをコートしたリン酸カルシウム微粒子の作製

    鶴岡寛樹, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第33回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P37、2011.11.22、京都  2011年11月 

     詳細を見る

  • Eu添加アパタイト粒子の合成と発光特性

    竹田龍平, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 南不二雄, 田中順三

    第24回DV-Xα研究会、講演番号P-30 St、2011.8.8、静岡  2011年8月 

     詳細を見る

  • コラーゲンの構造・自己組織化と医学応用

    田中順三, 許哲峰, 吉岡朋彦, 生駒俊之

    第24回DV-Xα研究会、講演番号O-16、2011.8.9、静岡  2011年8月 

     詳細を見る

  • 金属とメタンのメカノケミカル反応とDV-Xα法による界面結合状態の解明

    本塚智, 伊藤悠介, 多賀谷基博, 森永正彦, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 佐藤公泰, 堀田裕司, 田中順三

    第24回DV-Xα研究会、講演番号O-13、2011.8.9、静岡  2011年8月 

     詳細を見る

  • Euドープ多孔質シリカ粒子の発光特性

    多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 南不二雄, 田中順三

    第24回DV-Xα研究会、講演番号O-8、2011.8.9、静岡  2011年8月 

     詳細を見る

  • メカノケミカル反応による水酸アパタイトナノ結晶と有機分子の複合化とDV-Xα法による界面結合状態の解明

    本塚智, 多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 佐藤公泰, 堀田裕司, 田中順三

    第24回DV-Xα研究会、講演番号P-11、2011.8.8、静岡  2011年8月 

     詳細を見る

  • うろこコラーゲンに固有な緻密化技術および高強度人工骨の開発:早期の骨再生

    吉岡朋彦

    東京工業大学新技術説明会、2011年8月2日、科学技術振興機構JSTホール  2011年8月 

     詳細を見る

  • Immobilization of Folic Acid on Europium(III)-Doped Nanoporous Silica Spheres

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Yoshioka, F. Minami, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23aRbO09, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Metal-Graphite Composite Particles by Milling Process

    S. Motozuka, M. Tagaya, T. Ikoma, K. Fukui, T. Yoshioka, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP125, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Alginic Acid Gel Electrodes for Iontophoresis Application: Lidocaine Release Rate

    N. Saito, T. Yoshioka, T. Ikoma, N. Ohashi, H. Haida, A. Nakajima, R. Wakita, H. Fukayama, M. Umino, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP112, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Lithium Niobate Surfaces and Protein Interaction for Biomedical Application

    Y. Kubota, J. S. Cross, T. Yoshioka, T. Ikoma, S. Takekawa, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP089, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Photoluminescence Properties of Eu-Doped Hydroxyapatite Nanocrystals

    R. Takeda, M. Tagaya, T. Ikoma, F. Minami, T. Yoshioka, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP088, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Bisphosphonate-Calcium Phosphate Composites and Drug Release Characteristic

    H. Kameda, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP087, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Fabrication of Calcium Phosphate Microparticles Coated with Mesoporous Silica Nano-Layer

    H. Tsuruoka, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP085, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Mechanical Properties of Collagen Fibril Membranes from Fish Scales

    Z. Xu, T. Ikoma, T. Yoshioka, M. Tagaya, R. Matsumoto, T. Uemura, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP093, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Electrochemically Assembled Collagen/Apatite Nanocomposites

    N. Teshiba, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP092, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Synthesis of a Novel Apatite-Collagen Composite with High Mechanical Strength by using γ-Ray Irradiation

    T. Yoshida, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP091, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Fibrinogen Adsorption on Hydroxyapatite and Carbonateapatite Nanocrystals Analyzed with Quartz Crystal Microbalance Technique

    H. Yonekura, M. Tagaya, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP090, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Nano- and Micro-Structured Surface Modifications on Ti-Based BMG Having Bioactivity to Hard and Soft Tissues

    N. Matsushita, S. Maruyama, K. Katsumata, T. Ikoma, T. Yoshioka, J. Tanaka, T. Shinonaga, M. Tsukamoto, N. Abe, X. Guoqiang, X. Wang, M. Niinomi, K. Okada

    5th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-5), 23pP082, 2011.6.23, Yokohama, Japan  2011年6月 

     詳細を見る

  • Porous Scaffolds Consisting of Collagen, Chondroitin Sulfate, and Hydroxyapatite with Enhanced Biodegradable Resistance for Cartilage Regeneration

    H. Kaneda, T. Ikoma, T. Yoshioka, M. Nishi, R. Matsumoto, T. Uemura, J. S. Cross, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, OO7.6, 2010.12.1, Boston, USA  2010年12月 

     詳細を見る

  • コラーゲンとキトサンの複合線維形成による創傷被覆材料に関する研究

    山本麻里絵, 寺田典子, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 泉健次, 田中順三

    第32回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号O2-63、2010.11.30、広島  2010年11月 

     詳細を見る

  • QCM-R法を用いたアパタイト表面におけるフィブリノーゲンの吸着挙動評価

    米倉宏, 多賀谷基博, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第32回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P1-55、2010.11.29、広島  2010年11月 

     詳細を見る

  • 強誘電体酸化物表面における生体分子の吸着挙動

    窪田泰大, J. S. Cross, 吉岡朋彦, 竹川俊二, 生駒俊之, 田中順三

    第32回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P1-54、2010.11.29、広島  2010年11月 

     詳細を見る

  • イメージングのためのユウロピウムドープ多孔質シリカナノ粒子の合成と発光特性

    多賀谷基博, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 南不二雄, 田中順三

    第32回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号O2-86、2010.11.30、広島  2010年11月 

     詳細を見る

  • うろこI型コラーゲンを用いた細胞培養用膜材料の創出

    小川展弘, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 田中順三

    第32回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P2-110、2010.11.30、広島  2010年11月 

     詳細を見る

  • Protein Adsorption and Subsequent Fibroblasts Adhesion on Hydroxyapatite Nanocrystals

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Takemura, S. Migita, N. Ogawa, N. Hanagata, T. Yoshioka, J. Tanaka

    3rd International Congress on Ceramics, S13-022, 2010.11.15, Osaka, Japan  2010年11月 

     詳細を見る

  • Development of a Novel Integrated Iontophoresis Electrode Consisting of Metallic and Drug-Loaded Layers

    T. Yoshioka, N. Saito, T. Ikoma, N. Ohashi, H. Haida, S. Ando, R. Wakita, H. Fukayama, M. Umino, J. Tanaka

    The International Symposium on Visualization in Joining & Welding Science through Advanced Measurements and Simulation, PT-A26, 2010.11.11, Osaka, Japan  2010年11月 

     詳細を見る

  • Advanced Biomaterials Integration by Designing Functional Interfaces between Novel Structured Metallic, Inorganic and Organic Materials

    N. Matsushita, T. Susaki, T. Ikoma, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Okada, M. Tsukamoto, X. Guoqiang, X. Wang, M. Niinomi, A. Inoue, A. Nagai, N. Nomura, T. Hanawa, K. Yamashita

    The International Symposium on Visualization in Joining & Welding Science through Advanced Measurements and Simulation, PT-A23, 2010.11.11, Osaka, Japan  2010年11月 

     詳細を見る

  • Drug Releasing Properties of Alginic Acid Layers Electrochemically Deposited on Metal Surfaces

    N. Saito, T. Yoshioka, T. Ikoma, N. Ohashi, H. Haida, S. Ando, R. Wakita, H. Fukayama, M. Umino, J. Tanaka

    The 10th Asian BioCeramics Symposium (ABC2010), O31, 2010.11.4, Yogyakarta, Indonesia  2010年11月 

     詳細を見る

  • Dissolution Kinetics of Type B Carbonate Apatite Sintered Body

    N. Watanobe, T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Kuwayama, T. Higaki, J. S. Cross, J. Tanaka

    Materials Research Society Fall Meeting, NN4.12, 2010.11.30, Boston, USA  2010年11月 

     詳細を見る

  • ビスフォスフォネート-リン酸カルシウムの複合化と材料特性

    亀田英邦, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 大貫尚志, 泉健次, 田中順三

    第32回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P2-39、2010.11.30、広島  2010年11月 

     詳細を見る

  • 硬組織無機成分である炭酸・水酸アパタイト表面におけるフィブリノーゲン吸着現象の計測

    米倉宏, 多賀谷基博, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    第5回バイオミネラリゼーションワークショップ、講演番号P21、2010.11.6、東京  2010年11月 

     詳細を見る

  • 血清タンパク質吸着表面への生体アパタイト形成挙動の計測と評価

    多賀谷基博, 生駒俊之, 花方信孝, 吉岡朋彦, 田中順三

    第5回バイオミネラリゼーションワークショップ、講演番号P8、2010.11.6、東京  2010年11月 

     詳細を見る

  • Synthesis and Characterization of Eu(III)-doped Inorganic Nanocrystals

    M. Tagaya, T. Ikoma, R. Takeda, T. Yoshioka, F. Minami, J. Tanaka

    The 6th International Conference on DV-Xα Method (DV-Xα 2010), Poster 28, 2010.8.4, Daejeon, Korea  2010年10月 

     詳細を見る

  • Synthesis of Calcium Phosphates Including Bisphosphonate as Drug Delivery Carriers

    H. Kameda, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-03, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Cross-Sectional Analysis of Oxide Layers Modified with Silane Coupling Agent on Ni-free Stainless-Steel

    T. Yoshioka, M. Soya, T. Ikoma, Y. Katada, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-11, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Competitive Adsorption Behavior of Fibronectin and Albumin and Subsequent Cell Adhesion on Hydroxyapatite Nanocrystals

    M. Tagaya, T. Ikoma, S. Migita, N. Ogawa, N. Hanagata, T. Yoshioka, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-07, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Electrochemical Deposition of Alginic Acid on Metal Surfaces for the Development of Iontophoresis Electrode

    N. Saito, T. Yoshioka, T. Ikoma, N. Ohashi, H. Haida, S. Ogami, R. Wakita, H. Kohase, M. Umino, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-06, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Viscoelastic Property of Novel Collagen-Chitosan Composite Gels

    M. Yamamoto, T. Yoshioka, T. Ikoma, Junzo Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-02, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Fibrinogen Adsorption on Hydroxyapatite and Carbonate Apatite Nano-Crystals Analyzed with Quartz Crystal Microbalance Technique

    H. Yonekura, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-01, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Protein Release Characteristics of Porous Scaffolds Consisting of Collagen, Hydroxyapatite and Chondroitin Sulfate for Cartilage Regeneration

    H. Kaneda, T. Yoshioka, T. Ikoma, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-05, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • Adsorption Behavior of Fibrinogen on Lithium Niobate Surfaces

    Y. Kubota, J. S. Cross, T. Yoshioka, T. Ikoma, S. Takekawa, J. Tanaka

    Fourth International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics (STAC-4), PP-04, 2010.6.21, Yokohama, Japan  2010年6月 

     詳細を見る

  • アルギン酸ゲルを堆積させたイオントフォレシス用電極材料の作製

    斎藤典生, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 大橋直樹, 灰田 悠, 大上沙央理, 脇田 亮, 小長谷光, 海野雅浩, 田中順三

    日本セラミックス協会2010年年会、講演番号3E11、2010.3.24、東京  2010年3月 

     詳細を見る

  • Competitive Adsorption of Fibronectin and Albumin on Hydroxyapatite Nanocrystals Analyzed In Situ by a Quartz Crystal Microbalance with Dissipation Technique

    M. Tagaya, T. Ikoma, N. Hanagata, T. Yoshioka, J. Tanaka

    American Chemical Society Spring 2010 National Meeting & Exposition, 275, 2010.3.22, San Francisco, USA  2010年3月 

     詳細を見る

  • 高密度化コラーゲン/ハイドロキシアパタイト複合体人工骨の作製と評価

    天白真理子, 柚木俊二, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三

    日本セラミックス協会第48回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2D16、2010.1.13、沖縄  2010年1月 

     詳細を見る

  • シランカップリング剤固定化に対するNiフリーステンレス鋼表面酸化物の影響

    征矢大, 吉岡朋彦, 大森健一, 片田康行, 田中順三

    日本セラミックス協会第48回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2D10、2010.1.13、沖縄  2010年1月 

     詳細を見る

  • ヒザラガイのバイオミネラリゼーションを模倣したがん治療材料の創製

    吉岡朋彦, 関根清彦, 多田大, 生駒俊之, 田中順三

    第4回バイオミネラリゼーションワークショップ、講演番号P33、2009.12.13、東京  2009年12月 

     詳細を見る

  • Ferroelectric Material and Protein Interaction for Biomedical Application

    Y. Kubota, J. S. Cross, T. Yoshioka, S. Takekawa, J. Tanaka

    9th Asian BioCeramics Symposium (ABC2009), P-34, 2009.12.10, Nagoya, Japan  2009年12月 

     詳細を見る

  • 新規足場材料を用いた均質で高強度な軟骨組織の再生-ハイドロキシアパタイト/多糖類/コラーゲン複合体を用いた軟骨組織構築-

    大藪淑美, 阿出川卓郎, 植村寿公, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 田中順三

    第31回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号YP07、2009.11.16、京都  2009年11月 

     詳細を見る

  • コラーゲン-ハイドロキシアパタイト-コンドロイチン硫酸からなる軟骨再生用足場材料の作製と評価

    金田治輝, 吉岡朋彦, 大藪淑美, 植村寿公, 生駒俊之, 田中順三

    第2回医歯工学イノベーション・シンポジウム、2009.11.28、東京  2009年11月 

     詳細を見る

  • リドカイン担持アルギン酸電極を用いた交流イオントフォレーシス-移送効率と電圧との関係-

    灰田悠, 大上沙央理, 安藤寧, 脇田亮, 小長谷光, 斎藤典生, 吉岡朋彦, 田中順三, 海野雅浩

    第2回医歯工学イノベーション・シンポジウム、2009.11.28、東京  2009年11月 

     詳細を見る

  • 麻酔薬含有イオントフォレシス用電極材料の開発

    斎藤典生, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 大橋直樹, 灰田悠, 大上沙央理, 脇田亮, 小長谷光, 海野雅浩, 田中順三

    第2回医歯工学イノベーション・シンポジウム、2009.11.28、東京  2009年11月 

     詳細を見る

  • ハイドロキシアパタイト-コラーゲン-コンドロイチン硫酸からなる軟骨再生用足場材料の作製とタンパク質放出性

    金田治輝, 阿出川卓郎, 吉岡朋彦, 田中順三

    第31回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号2P61、2009.11.17、京都  2009年11月 

     詳細を見る

  • リドカイン担持アルギン酸電極を用いた交流イオントフォレーシスの有用性の検討

    灰田悠, 大上沙央理, 脇田亮, 海野雅浩, 吉岡朋彦, 田中順三, 小長谷光

    第37回日本歯科麻酔学会総会・学術集会、講演番号P2-A-07、2009.10.10、名古屋  2009年10月 

     詳細を見る

  • Crystal Structure of High Purity Type A Carbonate Apatite

    T. Tonegawa, T. Ikoma, Y. Suetsugu, N. Igawa, Y. Matsushita, T. Yoshioka, N. Hanagata, J. Tanaka

    The 22nd International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 22), P007, 2009.10.27, Daegu, Korea  2009年10月 

     詳細を見る

  • Anticancer Drug-Loaded Calcium Phosphate Carriers for Drug Delivery System

    T. Yoshioka, T. Mamiya, H. Kameda, T. Tonegawa, T. Ikoma, J. Tanaka

    The 26th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, P8-03, 2009.11.24, Tsukuba, Japan  2009年10月 

     詳細を見る

  • Initial Adhesion Behavior of Fibroblasts onto Hydroxyapatite Nanocrystals

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Takemura, S. Migita, M. Okuda, T. Yoshioka, N. Hanagata, J. Tanaka

    The 22nd International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 22), P041, 2009.10.27, Daegu, Korea  2009年10月 

     詳細を見る

  • 炭酸ナトリウムを用いた炭酸含有アパタイトの作製とその焼結特性

    渡部直樹, 吉岡朋彦, 田中順三, 桑山知也, 檜垣達彦

    日本セラミックス協会第22回秋季シンポジウム、講演番号3B03、2009.9.18、愛媛  2009年9月 

     詳細を見る

  • Preparation of a Drug-Loaded Gel Electrode for Iontophoresis

    T. Yoshioka, M. Soya, S. Hayashi, R. Wakita, M. Umino, J. Tanaka

    ICCCI2009, 2009.9.9, Kurashiki, Japan  2009年9月 

     詳細を見る

  • Characterization and Ferroelectricity of Bi, Fe Co-Doped PZT Films

    J. S. Cross, K. Shinozaki, T. Yoshioka, J. Tanaka, S. H. Kim, H. Morioka, K. Saito

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 16pP003, 2009.6.16, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Ab Initio Simulation of the Interactions Between Hydroxyapatite and Organic Molecules

    T. Yoshioka, K. Tsuchiya, T. Ikoma, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP088, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Cartilage Regeneration Using a Porous Scaffold, a Collagen Sponge Incorporating a Hydroxyapatite/Chondroitinsulfate Composite

    Y. Ohyabu, T. Adegawa, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Shinozaki, T. Uemura, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP078, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Oxidation Process of Ni-Free Fe-Cr-Mo-N System

    M. Soya, T. Yoshioka, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP096, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Thermal Expansion of Type A Carbonate Apatite

    T. Tonegawa, T. Ikoma, Y. Suetsugu, N. Igawa, Y. Matsushita, T. Yoshioka, N. Hanagata, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP095, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Preparation of Na+-Doped B-Type Carbonate Hydroxyapatite and Its Sintering Property

    N. Watanobe, T. Yoshioka, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP093, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Monitoring of Adsorption of Multiple Proteins onto Hydroxyapatite Nanosensor by Quartz Crystal Microbalance with Dissipation Technique

    M. Tagaya, T. Ikoma, M. Okuda, T. Takemura, N. Hanagata, T. Yoshioka, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP089, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Plywood-Like Layer Structure of Fish Scales from Nile Tilapia (Oreochromis niloticus)

    M. Hoshi, T. Ikoma, J. Koki, T. Yoshioka, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP099, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • The Deposition of Hydroxyapatite on a FeOOH Layer in a Simulated Body Fluid

    K. Sekine, M. Tada, K. Muraoka, T. Yoshioka, T. Ikoma, T. Nakagawa, M. Abe, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP098, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Hydroxyapatite Incorporation with Collagen Gels Prepared by Simultaneous Processing of Fibril Formation and Cross-Linking

    M. Tempaku, T. Yoshioka, S. Yunoki, I. Yamaguchi, J. Tanaka

    3rd International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC3), 17pP097, 2009.6.17, Yokohama, Japan  2009年6月 

     詳細を見る

  • Siメンブレン構造上に作成したPNZTキャパシタの強誘電性に及ぼす応力の影響

    クロス J.S, エバンズ J.T, モンツロス C, サラザ G, 斎藤啓介, 森岡仁, 篠崎和夫, 吉岡朋彦, 田中順三

    第56回応用物理学関係連合講演会、講演番号31a-ZH-2、2009.3.31、つくば  2009年3月 

     詳細を見る

  • Si基板上に製膜した(001)エピタキシャルYSZ薄膜の残留応力の測定と制御

    村上晃浩, 脇谷尚樹, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会2009年年会、講演番号3C17、2009.3.18、千葉  2009年3月 

     詳細を見る

  • PLD法によるTiO2添加ZnFe2O4エピタキシャル薄膜の作製及びそのNO2センサ特性

    稲葉悠介, 吉岡朋彦, 桜井修, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会2009年年会、講演番号2E32、2009.3.17、千葉  2009年3月 

     詳細を見る

  • MOCVD法によるα-Al2O3基板上へのLiTaO3薄膜の作製と微構造観察

    大野翼, Zhanbing He, 脇谷尚樹, 吉岡朋彦, 田中順三, Nava Sette, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会2009年年会、講演番号2A19、2009.3.17、千葉  2009年3月 

     詳細を見る

  • Si基板上への(001)、(101)および(111)配向BiFeO3エピタキシャル薄膜の製膜とその電気的性質

    高鉉龍, 脇谷尚樹, 木口賢紀, Jeffrey Cross, 桜井修, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    第56回応用物理学関係連合講演会、講演番号30a-ZH-9、2009.3.30、つくば  2009年3月 

     詳細を見る

  • SiおよびYSZ基板上の(001)、(101)および(111)配向Pb(Zr,Ti)O3エピタキシャル薄膜の電気特性

    高鉉龍, 脇谷尚樹, 木口賢紀, Jeffrey S. Cross, 櫻井修, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会2009年年会、講演番号2A03、2009.3.17、千葉  2009年3月 

     詳細を見る

  • PZT-BiFeO3キャパシタの評価と強誘電性

    クロス J.S, 篠崎和夫, 吉岡朋彦, 田中順三, キムS.H, チェングC, ヴァラノールN

    日本セラミックス協会2009年年会、講演番号2A04、2009.3.17、千葉  2009年3月 

     詳細を見る

  • DV-Xα法を用いた水酸アパタイト/有機分子界面における化学的相互作用の評価

    土屋慶太郎, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 篠崎和夫, 田中順三

    日本セラミックス協会第47回セラミックス基礎科学討論会、講演番号1D5、2009.1.8、大阪  2009年1月 

     詳細を見る

  • Drug Delivery System Using Calcium Phosphates for Bony Metastatic Carcinoma

    T. Mamiya, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Shinozaki, J. Tanaka

    The IUMRS International Conference in Asia 2008, SP-11, 2008.12.9, Nagoya, Japan  2008年12月 

     詳細を見る

  • ヒザラガイのバイオミネラリゼーションのがん治療用材料への応用

    関根清彦, 村岡桂舟, 吉岡朋彦, 多田大, 生駒俊之, 脇谷尚樹, 篠崎和夫, 中川貴, 阿部正紀, 田中順三

    第3回バイオミネラリゼーションワークショップ、講演番号P21、2008.12.13、東京  2008年12月 

     詳細を見る

  • 軟骨再生に向けたハイドロアパタイトおよび高分子からなる多孔質足場材料の開発

    阿出川卓郎, 大藪淑美, 植村寿公, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 田中順三

    日本セラミックス協会第12回生体関連セラミックス討論会、講演番号17、2008.12.5、神奈川  2008年12月 

     詳細を見る

  • 人工角膜作製技術へ応用するための鱗の内部構造解析

    星学, 清宏彰, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 篠崎和夫, 田中順三

    第3回バイオミネラリゼーションワークショップ、講演番号P22、2008.12.13、東京  2008年12月 

     詳細を見る

  • Preparation of Hydroxyapatite/Collagen Composites by Bio-Inspired Method

    M. Tempaku, T. Yoshioka, S. Yunoki, K. Shinozaki, J. Tanaka

    The IUMRS International Conference in Asia 2008, SP-10, 2008.12.9, Nagoya, Japan  2008年12月 

     詳細を見る

  • Noble Processing and Optical Properties of Pb(Mg1/3Nb2/3)O3-PbTiO3 Thin Films Deposited on Si Substrates by PLD Method

    K. Shinozaki, S. Hayashi, T. Yoshioka, J. Tanaka, T. Kiguchi, N. Wakiya

    The IUMRS International Conference in Asia 2008, II-6, 2008.12.11, Nagoya, Japan  2008年12月 

     詳細を見る

  • Effect of Ni-Free Stainless Steel Oxide for Silane Coupling Agent Immobilization

    M. Soya, T. Yoshioka, K. Shinozaki, J. Tanaka

    The IUMRS International Conference in Asia 2008, JP-19, 2008.12.10, Nagoya, Japan  2008年12月 

     詳細を見る

  • In Vitro and In Vivo Characteristics of Chitosan Fiber Modified by an Alternate Soaking Process

    T. Yoshioka, H. Onomoto, K. Yamaguchi, H. Kashiwazaki, N. Inoue, Y. Koyama, K. Takakuda, K. Shinozaki, J. Tanaka

    The IUMRS International Conference in Asia 2008, JP-18, 2008.12.10, Nagoya, Japan  2008年12月 

     詳細を見る

  • Chemical Interactions between Hydroxyapatite and Organic Molecules in Biomaterials

    K. Tsuchiya, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Shinozaki, J. Tanaka

    The 9th International Symposium on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications, BIO-8, 2008.11.13, Shanghai, China  2008年11月 

     詳細を見る

  • 麻酔薬担持用アルギン酸電極材料の作製

    吉岡朋彦, 征矢大, 川上慎子, 林寧, 脇田亮, 海野雅浩, 田中順三

    第1回医歯工学イノベーション・シンポジウム、2008.11.15、東京  2008年11月 

     詳細を見る

  • リドカイン担持アルギン酸電極を用いたイオントホレーシス

    林寧, 脇田亮, 吉岡朋彦, 征矢大, 川上慎子, 田中順三, 海野雅浩

    第1回医歯工学イノベーション・シンポジウム、2008.11.15、東京  2008年11月 

     詳細を見る

  • 線維化及び架橋の同時反応を用いたHAp/Col複合体の作製と機械的特性

    天白真理子, 吉岡朋彦, 柚木俊二, 生駒俊之, 篠崎和夫, 田中順三

    日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008、講演番号P1-37、2008.11.17、東京  2008年11月 

     詳細を見る

  • シランカップリング剤を用いたNiフリーステンレス鋼表面の修飾

    征矢大, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 田中順三

    日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008、講演番号P1-27、2008.11.17、東京  2008年11月 

     詳細を見る

  • Ferroelectric Properties of Epitaxial BiFeO3 Thin Films with Different Crystal Orientations Deposited on Buffered Si Substrate

    H. Y. Go, T. Yoshioka, O. Sakurai, J. S. Cross, J. Tanaka, K. Shinozaki, T. Kiguchi, N. Wakiya

    The 6th Asian Meeting on Electroceramics (AMEC-6), O-3C-02, 2008.10.24, Tsukuba, Japan  2008年10月 

     詳細を見る

  • Formation of Nickel Zinc Ferrite through Diffusion in NiFe2O4/ZnFe2O4 Layered Thin Films and their Ferromagnetic Properties

    M. Tamura, T. Yoshioka, J. S. Cross, O. Sakurai, J. Tanaka, K. Shinozaki, T. Kiguchi, N. Wakiya

    The 6th Asian Meeting on Electroceramics (AMEC-6), P-B-69, 2008.10.22, Tsukuba, Japan  2008年10月 

     詳細を見る

  • Electrical Properties of Fluorite Oxide Thin Films on Silicon Substrate

    K. Shinozaki, L. Yanyi, Y. Ishikura, T. Yoshioka, O. Sakurai, J. S. Cross, J. Tanaka, T. Kiguchi, N. Wakiya

    The 6th Asian Meeting on Electroceramics (AMEC-6), O-3C-03, 2008.10.24, Tsukuba, Japan  2008年10月 

     詳細を見る

  • The Surface Property of Hydroxyapatite: Sensing with Quartz Crystal Microbalance

    T. Ikoma, M. Tagaya, T. Tonegawa, M. Okuda, N. Hanagata, T. Yoshioka, D. Chakarov, B. Kasemo, J. Tanaka

    21th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 21), A8, 2008.10.22, Buzios, Brazil  2008年10月 

     詳細を見る

  • Preparation and Characterization of Porous Scaffolds Consisted of Hydroxyapatite, Polysaccharides and Collagen for Cartilage Tissue Engineering

    T. Adegawa, Y. Ohyabu, T. Uemura, T. Yoshioka, K. Shinozaki, J. Tanaka

    21th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 21), P86, 2008.10.22-23, Buzios, Brazil  2008年10月 

     詳細を見る

  • Adsorption of Proteins Derived from Fetal Bovine Serum onto Hydroxyapatite Nanocrystals with Quartz Crystal Microbalance Technique

    M. Tagaya, T. Ikoma, T. Takemura, M. Okuda, N. Hanagata, T. Yoshioka, D. Chakarov, B. Kasemo, J. Tanaka

    21th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 21), P8, 2008.10.22-23, Buzios, Brazil  2008年10月 

     詳細を見る

  • Adsorption and Sustained Release of Insulin from Zinc Hydroxyapatite Microparticle with Poly(Lactic acid) Coating

    T. Tonegawa, T. Ikoma, T. Yoshioka, K. Shinozaki, N. Hanagata, J. Tanaka

    21th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 21), A27, 2008.10.23, Buzios, Brazil  2008年10月 

     詳細を見る

  • 蛍石型薄膜による低温駆動酸素センサの可能性

    篠崎和夫, Yanyi Liu, 石倉裕司, 吉岡朋彦, 田中順三, 櫻井修, 木口賢紀, 脇谷尚樹

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム、講演番号2K06、2008.9.18、北九州市  2008年9月 

     詳細を見る

  • QCM-Dを用いた水酸アパタイトナノ結晶表面へ吸着したタンパク質の除去の解析

    多賀谷基博, 生駒俊之, 奥田充宏, 竹村太郎, 花方信孝, 吉岡朋彦, 田中順三

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム、講演番号3A07、2008.9.19、北九州市  2008年9月 

     詳細を見る

  • 魚コラーゲンを用いたHAp/Col複合体の作製と機械的特性

    天白真理子, 吉岡朋彦, 柚木俊二, 篠崎和夫, 田中順三

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム、講演番号3A03、2008.9.19、北九州市  2008年9月 

     詳細を見る

  • 結晶子サイズの異なる水酸アパタイトのタンパク質吸着能評価

    利根川亨, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 花方信孝, 田中順三

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム、講演番号2P A02、2008.9.18、北九州市  2008年9月 

     詳細を見る

  • Molecular Orbital Study on a Mechanism of Adhesion between Carbides and Optical Glass with High Refractive Index

    Y. Fujiwara, T. Yoshioka, J. Tanaka

    The 5th International Workshop on DV-Xα, 2008.8.6, Himeji, Japan  2008年8月 

     詳細を見る

  • Sm2O3、Gd2O3を添加したCeO2固溶体の作製と電気的特性

    植竹敦, 吉岡朋彦, 桜井修, 木口賢紀, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会第24回関東支部研究発表会、講演番号1C21、2008.7.24、神奈川  2008年7月 

     詳細を見る

  • MOCVD法によるLiTaO3薄膜の作製

    大野翼, 吉岡朋彦, 脇谷尚樹, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会第24回関東支部研究発表会、講演番号1C16、2008.7.24、神奈川  2008年7月 

     詳細を見る

  • Bio-Inspired法を用いたHAp/Col複合体の機械的特性評価

    天白真理子, 吉岡朋彦, 柚木俊二, 篠崎和夫, 田中順三

    日本セラミックス協会第24回関東支部研究発表会、講演番号1C13、2008.7.24、神奈川  2008年7月 

     詳細を見る

  • シランカップリング剤固定化に及ぼすNiフリーステンレス鋼表面酸化物の影響

    征矢大, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 田中順三

    日本セラミックス協会第24回関東支部研究発表会、講演番号1A22、2008.7.24、神奈川  2008年7月 

     詳細を見る

  • MOCVD法によるAl2O3薄膜の作製

    田中貴司, 吉岡朋彦, 脇谷尚樹, 長田晃, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会第24回関東支部研究発表会、講演番号1A01、2008.7.24、神奈川  2008年7月 

     詳細を見る

  • 骨転移ガン治療のためのCa-PO4系DDS担体のプロセス探索

    間宮朋彦, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 田中順三

    粉体粉末冶金協会平成20年度春季大会、講演番号1-37A、2008.5.29、東京  2008年5月 

     詳細を見る

  • Control of Epitaxial BiFeO3/SrRuO3 Thin Film Orientations Deposited on CeO2/YSZ/Si Substrate by Introducing an Atomic Layer Buffer

    H. Y. Go, N. Wakiya, T. Kiguchi, T. Yoshioka, O. Sakurai, J. Tanaka, K. Shinozaki

    The 2nd International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC), PC05, 2008.5.30-6.1, Chiba, Japan  2008年5月 

     詳細を見る

  • Formation of Nickel Zinc Ferrite through Diffusion in NiFe2O4/ZnFe2O4 Layered Thin Films and their Ferromagnetic Properties

    M. Tamura, O. Sakurai, T. Kiguchi, N. Wakiya, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki

    The 2nd International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC), PC03, 2008.5.30-6.1, Chiba, Japan  2008年5月 

     詳細を見る

  • Electronic Structure Analyses of Interfaces between High Refractive Index Optical Glasses and Carbides

    Y. Fujiwara, T. Yoshioka, K. Shinozaki, J. Tanaka

    The 2nd International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC), PA30, 2008.5.30-6.1, Chiba, Japan  2008年5月 

     詳細を見る

  • Preparation of Apatite Layers on Magnetite Surfaces Using a Biomimetic Process

    T. Yoshioka, K. Muraoka, T. Ikoma, N. Wakiya, K. Shinozaki, M. Tada, T. Nakagawa, M. Abe, J. Tanaka

    8th World Biomaterials Congress, P-Sat-J-653, 2008.5.31, Amsterdam, The Netherlands  2008年5月 

     詳細を見る

  • Pharmacological Protein Adsorption on Nano Crystalline Zinc containing Hydroxyapatite

    T. Tonegawa, T. Ikoma, T. Yoshioka, N. Hanagata, K. Shinozaki, J. Tanaka

    8th World Biomaterials Congress, P-Sat-J-643, 2008.5.31, Amsterdam, The Netherlands  2008年5月 

     詳細を見る

  • 新規軟骨組織工学足場材料の開発-ハイドロキシアパタイト/多糖類/コラーゲン複合体を用いた軟骨組織構築-

    大藪淑美, 阿出川卓郎, 植村寿公, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 田中順三

    第7回日本再生医療学会総会、講演番号O-17-5、2008.3.13、名古屋  2008年3月 

     詳細を見る

  • CeO2/YSZバッファ層を形成したSi基板上へのPb(Zr0.52Ti0.48)O3/SrRuO3薄膜の配向制御

    高 鉉龍, 脇谷尚樹, 木口賢紀, 桜井修, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    第55回応用物理学関係連合講演会、29p-P12-8(ポスター発表)、2008.3.29、日本大学(千葉)  2008年3月 

     詳細を見る

  • Pb(Zr,Ti)O3薄膜の低温結晶化に及ぼすSrTiO3シード層の影響

    文志原, 桜井修, 吉岡朋彦, クロス ジェフェリエス, 田中順三, 篠崎和夫, 脇谷尚樹, 木口賢紀

    日本セラミックス協会2008年年会、講演番号IC30、2008.3.20、長岡  2008年3月 

     詳細を見る

  • バイオミネラリゼーションを用いた磁性体表面へのアパタイト成長

    村岡桂舟, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 脇谷尚樹, 篠崎和夫, 田中順三, 多田大, 中川貴, 阿部正紀

    日本セラミックス協会第46回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2B-06、2008.1.11、名古屋  2008年1月 

     詳細を見る

  • バイオインスパイアドな架橋コラーゲン線維とハイドロキシアパタイトの複合化

    柚木俊二, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三, 松田武久

    日本セラミックス協会第11回生体関連セラミックス討論会、講演番号S-05、2007.12.7、大阪  2007年12月 

     詳細を見る

  • キトサンフィルム表面へのアパタイト修飾とその特性

    小野本洋, 吉岡朋彦, 松本英俊, 谷岡明彦, 篠崎和夫, 田中順三, 岸屋雄介, 山口圭輔, 柏崎晴彦, 井上農夫男

    日本セラミックス協会第11回生体関連セラミックス討論会、講演番号S-04、2007.12.7、大阪  2007年12月 

     詳細を見る

  • 生体親和性の高いアパタイトと磁性体の界面制御

    村岡桂舟, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 脇谷尚樹, 篠崎和夫, 田中順三, 多田大, 中川貴, 阿部正紀

    日本セラミックス協会第11回生体関連セラミックス討論会、講演番号S-19、2007.12.7、大阪  2007年12月 

     詳細を見る

  • 亜鉛含有量によるアパタイトの蛋白質吸着挙動

    利根川亨, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 花方信孝, 篠崎和夫, 田中順三

    日本セラミックス協会第11回生体関連セラミックス討論会、講演番号S-11、2007.12.7、大阪  2007年12月 

     詳細を見る

  • Preparation of Laminated Structure of Magnetite-Apatite through a Biomimetic Process

    K. Muraoka, T. Yoshioka, T. Ikoma, N. Wakiya, K. Shinozaki, J. Tanaka

    18th MRS-J Academic Symposium, O-P04, 2007.12.7-9, Tokyo, Japan  2007年12月 

     詳細を見る

  • Ab Initio Simulation of Inorganic-Organic Interface of a Biomaterial

    K. Tsuchiya, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Shinozaki, J. Tanaka

    18th MRS-J Academic Symposium, O-P05-M, 2007.12.7-9, Tokyo, Japan  2007年12月 

     詳細を見る

  • 軟骨組織工学用足場材料:ハイドロキシアパタイト/多糖類/コラーゲン複合体の合成と評価

    阿出川卓郎, 大藪淑美, 植村寿公, 吉岡朋彦, 篠崎和夫, 田中順三

    第29回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号BG-102、2007.11.26、大阪  2007年11月 

     詳細を見る

  • 水酸アパタイトの表面とエステルの相互作用:第一原理計算による評価

    土屋慶太郎, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 篠崎和夫, 田中順三

    第29回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号CG-602、2007.11.27、大阪  2007年11月 

     詳細を見る

  • 低侵襲医療のためのバイオマテリアル

    安部哲哉, 坂根正孝, 生駒俊之, 小林美穂子, 中村聡, 吉岡朋彦, 利根川亨, 落合直之

    第29回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号P1-142、2007.11.26、大阪  2007年11月 

     詳細を見る

  • 合成温度による金属イオン含有水酸アパタイトのタンパク質吸着、放出特性への影響

    利根川亨, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 花方信孝, 田中順三

    第29回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号CG-305、2007.11.26、大阪  2007年11月 

     詳細を見る

  • Crystal Orientation Control of Epitaxial SrRuO3 Thin Film Deposited on CeO2/YSZ/Si Substrate by Introducing Atomic Layer Buffer

    H. Y. Go, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki, T. Kiguchi, N. Wakiya

    The 24th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, A24, 2007.11.20-22, Shizuoka, Japan  2007年11月 

     詳細を見る

  • The Role of the SrTiO3 Seed Layer on Low-Temperature Crystallization of Pb(Zr,Ti)O3 Films Prepared by Metalorganic Chemical Vapor Deposition

    J. W. Moon, N. Wakiya, T. Kiguchi, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki

    Materials Research Society Fall Meeting, Abstract K10.28, 2007.11.29, Boston, USA  2007年11月 

     詳細を見る

  • Effect of the Stainless Steel Mesh in RF Plasma on Low-temperature Crystallization of Pb(Zr,Ti)O3 Films using SrTiO3 Seed Layer Prepared by Plasma Enhanced Metalorganic Chemical Vapor Deposition

    J. W. Moon, T. Kiguchi, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki, N. Wakiya

    The 24th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, P100, 2007.11.20-22, Shizuoka, Japan  2007年11月 

     詳細を見る

  • Formation of Magnetic Thin Film on Si-MOSFET Gate and its Electrical Properties

    K. Shinozaki, M. Machi, T. Kiguchi, T. Yoshioka, J. Tanaka, H. Suzuki, N. Wakiya

    The 24th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, A29, 2007.11.20-22, Shizuoka, Japan  2007年11月 

     詳細を見る

  • MOCVD法によるエピタキシャルLiNbO3薄膜の合成と特性

    諸橋倫大郎, 脇谷尚樹, 木口賢紀, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    第27回エレクトロセラミックス研究討論会、講演番号1B11、2007.10.18、東京  2007年10月 

     詳細を見る

  • エピタキシャルYSZ薄膜を用いた酸素センサの試作

    石倉裕司, 木口賢紀, 脇谷尚樹, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    第27回エレクトロセラミックス研究討論会、講演番号1B13、2007.10.18、東京  2007年10月 

     詳細を見る

  • Characterization and Protein Adsorption Ability of Zinc, Iron and Magnesium Hydroxyapatite

    T. Tonegawa, T. Ikoma, T. Yoshioka, G. Chen, N. Hanagata, J. Tanaka

    20th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 20), P29, 2007.10.24-26, Nantes, France  2007年10月 

     詳細を見る

  • Study on the Pharmacological Protein Adsorption on Nano Crystalline Zinc containing Hydroxyapatite

    T. Tonegawa, T. Ikoma, T. Yoshioka, N. Hanagata, K. Shinozaki, J. Tanaka

    International Symposium on Sustainable Energy & Materials (ISSEM2007), P-057B, 2007.10.30-11.1, Okinawa, Japan  2007年10月 

     詳細を見る

  • Protein Adsorption on Hydroxyapatite Nano-Crystals with Quartz Crystal Microbalance Technique

    T. Yoshioka, T. Ikoma, A. Monkawa, T. Tonegawa, D. Chakarov, B. Kasemo, N. Hanagata, J. Tanaka

    20th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 20), P183, 2007.10.24-26, Nantes, France  2007年10月 

     詳細を見る

  • Rigid Hydroxyapatite-Alginate Beads for Sustained Release of Paclitaxel

    T. Ikoma, T. Yoshioka, S. Nakamura, N. Hanagata, T. Abe, M. Sakane, N. Ochiai, J. Tanaka

    20th International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 20), P75, 2007.10.24-26, Nantes, France  2007年10月 

     詳細を見る

  • Characterization of Protein Adsorption on Alginic Acid Layers Immobilized on Stainless-steel Surface

    T. Yoshioka, K. Tsuru, S. Hayakawa, A. Osaka

    International Symposium on Sustainable Energy & Materials (ISSEM2007), P-058B, 2007.10.30-11.1, Okinawa, Japan  2007年10月 

     詳細を見る

  • CeO2/YSZバッファー層を形成したSi基板上へのSrRuO3薄膜のエピタキシャル成長

    高鉉龍, 脇谷尚樹, 木口賢紀, 吉岡朋彦, 田中順三, 篠崎和夫

    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム、講演番号3L03、2007.9.14、名古屋  2007年9月 

     詳細を見る

  • Collagen Sponges Incorporated with Hydroxyapatite/Polysaccharide Nanocomposites for Tissue Engineering

    T. Adegawa, Y. Ohyabu, T. Uemura, T. Yoshioka, K. Shinozaki, J. Tanaka

    23rd Ceramic Research Conference of Kanto Branch in the Ceramic Society of Japan and 2007 International Symposium on Crystal Science and Technology, 1A04, p. 7, 2007.8.30-31, Yamanashi, Japan  2007年8月 

     詳細を見る

  • Synthesis of Calcium Phosphate Particles containing Bisphosphonate for Drug Delivery System

    T. Mamiya, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Shinozaki, J. Tanaka

    23rd Ceramic Research Conference of Kanto Branch in the Ceramic Society of Japan and 2007 International Symposium on Crystal Science and Technology, 1A14, p. 17, 2007.8.30-31, Yamanashi, Japan  2007年8月 

     詳細を見る

  • Formation of Nickel Zinc Ferrite through Diffusion in NiFe2O4/ZnFe2O4 Layered Thin Films and their Ferromagnetic Properties

    M. Tamura, N. Wakiya, T. Kiguchi, O. Sakurai, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki

    23rd Ceramic Research Conference of Kanto Branch in the Ceramic Society of Japan and 2007 International Symposium on Crystal Science and Technology, 1A12, p. 15, 2007.8.30-31, Yamanashi, Japan  2007年8月 

     詳細を見る

  • Preparation of ZnFe2O4 Thin Films by PLD Method and their NO2 Gas Sensitivity

    Y. Inaba, N. Wakiya, O. Sakurai, T. Kiguchi, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki

    23rd Ceramic Research Conference of Kanto Branch in the Ceramic Society of Japan and 2007 International Symposium on Crystal Science and Technology, 1A09, p. 12, 2007.8.30-31, Yamanashi, Japan  2007年8月 

     詳細を見る

  • Chemical Interaction of Poly(L-lactide)/Hydroxyapatite Interface Analyzed with DV-Xα Method

    K. Tsuchiya, T. Yoshioka, T. Ikoma, K. Shinozaki, J. Tanaka

    23rd Ceramic Research Conference of Kanto Branch in the Ceramic Society of Japan and 2007 International Symposium on Crystal Science and Technology, 1A07, p. 10, 2007.8.30-31, Yamanashi, Japan  2007年8月 

     詳細を見る

  • Effect of SrTiO3 Seed Layer Thickness on Low-Temperature Crystallization and Electrical Properties of Pb(Zr,Ti)O3 Films by Metalorganic Chemical Vapor Deposition (MOCVD)

    J. W. Moon, S. Tazawa, N. Wakiya, K. Fujito, N. Iimori, T. Kiguchi, T. Yoshioka, J. Tanaka, K. Shinozaki

    The First International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC), Peper No. 24pP06, 2007.5.23-25, Kanagawa, Japan  2007年5月 

     詳細を見る

  • 形態制御した炭酸カルシウム/アパタイトのBSA吸着

    冨金原里枝, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 尾坂明義, 立石哲也, 田中順三

    日本セラミックス協会第10回生体関連セラミックス討論会、講演番号S-22、2006.12.1、横浜  2006年12月 

     詳細を見る

  • ハイドロキシアパタイト-アルギン酸複合体の作製:二価カチオンの影響

    吉岡朋彦, 生駒俊之, 安部哲哉, 坂根正孝, 落合直之, 立石哲也, 田中順三

    日本セラミックス協会第10回生体関連セラミックス討論会、講演番号G-07、2006.12.1、横浜  2006年12月 

     詳細を見る

  • ラット乳癌脊椎転移モデルにおけるパクリタキセル含有ハイドロキシアパタイト-アルギン酸複合体の局所投与効果

    安部哲哉, 坂根正孝, 吉岡朋彦, 生駒俊之, 田中順三, 落合直之

    第28回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号3P-38、2006.11.28、東京  2006年11月 

     詳細を見る

  • 抗癌剤徐放担体としてのハイドロキシアパタイト-アルギン酸複合体の作製

    吉岡朋彦, 生駒俊之, 紋川亮, 安部哲哉, 坂根正孝, 田中順三

    第28回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号3P-16、2006.11.28、東京  2006年11月 

     詳細を見る

  • ハイドロキシアパタイト焼結体表面でのタンパク質ナノパターニング

    紋川亮, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 田中順三

    第28回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号3P-15、2006.11.28、東京  2006年11月 

     詳細を見る

  • 炭酸カルシウム/アパタイトの形態制御とタンパク質吸着特性

    冨金原里枝, 生駒俊之, 吉岡朋彦, 尾坂明義, 田中順三

    第28回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号3P-13、2006.11.28、東京  2006年11月 

     詳細を見る

  • Preparation of Hydroxyapatite-Alginate Gels as a Carrier for Controlled Release of Paclitaxel

    T. Yoshioka, T. Ikoma, A. Monkawa, S. Yunoki, T. Abe, M. Sakane, J. Tanaka

    Bioceramics 19, 2006.10.10-13, Chengdu, China  2006年10月 

     詳細を見る

  • Novel Local Treatment with Paclitaxel-Loaded Hydroxyapatite-Alginate Gels for Spinal Bone Metastases

    T. Abe, M. Sakane, T. Ikoma, T. Tonegawa, T. Yoshioka, J. Tanaka, N. Ochiai

    Bioceramics 19, 2006.10.10-13, Chengdu, China  2006年10月 

     詳細を見る

  • アルギン酸修飾したステンレスのタンパク質吸着特性

    吉岡朋彦, 都留寛治, 早川聡, 尾坂明義

    日本セラミックス協会第9回生体関連セラミックス討論会、講演番号I-20、2005.12.1、東京  2005年12月 

     詳細を見る

  • Chemically Modified Alginic Acid Layers for Control of Protein Adsorption

    T. Yoshioka, K. Tsuru, S. Hayakawa, A. Osaka

    Materials Research Society Spring Meeting, Abstract M1.7, 2005.3.29, San Francisco, USA  2005年3月 

     詳細を見る

  • ステンレスに固定化したアルギン酸のタンパク質吸着特性とその制御

    吉岡朋彦, 都留寛治, 早川聡, 尾坂明義

    日本セラミックス協会2005年年会、講演番号2P23、2005.3.23、岡山  2005年3月 

     詳細を見る

  • Blood Compatibility of Organic-Inorganic Biomedical Materials

    A. Osaka, T. Yoshioka, T. Yabuta, K. Tsuru, S. Hayakawa

    Bioceramics 17, 2004.12.8-12, New Orleans, USA  2004年12月 

     詳細を見る

  • In Vitro Blood Compatibility of Metal Implants Hybridized with Organic or Inorganic Materials

    K. Tsuru, T. Shozui, T. Yoshioka, S. Hayakawa, A. Osaka

    4th Asian International Symposium on Biomaterials (AISB4) and 2nd International Symposium on Fusion of Nano and Bio Technologies (FNB2004), Proceedings P072, p. 251, 2004.11.16-18, Tsukuba, Japan  2004年11月 

     詳細を見る

  • Protein Adsorption Properties of Stainless-Steel and Titanium Modified with Alginic Acid

    T. Yoshioka, K. Tsuru, S. Hayakawa, A. Osaka

    7th World Biomaterials Congress, 2004.5.17-21, Sydney, Australia  2004年5月 

     詳細を見る

  • Preparation and Cell Response of Organic-Inorganic Hybrids

    A. Osaka, T. Shozui, T. Yoshioka, S. Hayakawa, K. Tsuru

    BIOmaterialien, 5(3), 188 (2004)  2004年 

     詳細を見る

  • アルギン酸を固定化した金属のタンパク質吸着特性

    吉岡朋彦, 都留寛治, 早川聡, 尾坂明義

    第25回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号C-301、2003.12.16、大阪  2003年12月 

     詳細を見る

  • In Vitro Platelet Adhesion and Protein Adsorption of Biomedical Implant Modified with Polysaccharide

    T. Yoshioka, K. Tsuru, S. Hayakawa, A. Osaka

    IUMRS-ICAM 2003, Abstract C4-13-O06, 2003.10.13, Yokohama, Japan  2003年10月 

     詳細を見る

  • Anti-Blood Clotting Behavior of Metal Implants Hybridized with Organic or Inorganic Coating

    A. Osaka, T. Yoshioka, T. Yabuta, K. Tsuru, S. Hayakawa

    Composites at Lake Louise 2003, 2003.10.22, Lake Louise, Canada  2003年10月 

     詳細を見る

  • Blood Compatibility of Stainless-Steel and Titanium Immobilized with Alginic Acid Layers

    T. Yoshioka, K. Tsuru, S. Hayakawa, A. Osaka

    Materials Research Society Fall Meeting, Abstract B9.48, 2002.12.5, Boston, USA  2002年12月 

     詳細を見る

  • 天然高分子を固定化した金属の血液適合性

    吉岡朋彦, 都留寛治, 早川聡, 尾坂明義

    日本セラミックス協会第6回生体関連セラミックス討論会、講演番号I-19、2002.12.12、大阪  2002年12月 

     詳細を見る

  • アルギン酸を固定化した金属の血液適合性

    吉岡朋彦, 都留寛治, 早川聡, 尾坂明義

    第24回日本バイオマテリアル学会大会、講演番号B-201、2002.11.29、東京  2002年11月 

     詳細を見る

  • Surface Characterization and Platelet Adhesion of Alginic Acid Layers on Glass Substrates

    T. Yoshioka, K. Tsuru, S. Hayakawa, A. Osaka

    The 3rd Asian International Symposium on Biomaterials and Drug Delivery Systems, pp. 222-225, 2002.4.14-15, Taipei, Taiwan  2002年4月 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 岡山工学振興会科学技術賞

    2016年7月   公益財団法人 岡山工学振興会  

     詳細を見る

  • Best Poster Presentation Award

    2012年11月   The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structural Metallic and Inorganic Materials (AMDI-3)  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • セルロースナノファイバーの再生医療応用:生体成分の三次元集積構造体作製の試み

    2020年

    特別電源所在県科学技術振興事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 交流電解ゾル-ゲル反応を基にした生体成分の三次元集積とその医療応用

    2019年 - 2021年

    日本学術振興会 科学研究費助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 電気化学的手法を用いた生体成分の集積体の作製とその医療応用

    2016年 - 2017年

    公益財団法人中国電力技術研究財団試験研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 変動電場を用いた有機-無機ナノ複合体のプロセス開発と医療応用

    2016年

    公益財団法人岡山工学振興会科学技術賞 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • シリカゲルの電解ゾル-ゲル反応を利用した生体分子固定化法の開発

    2015年

    公益財団法人大倉和親記念財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 人工骨研究最前線 ~病気を治し、本当の骨を再生する~

    2013年

    日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • フッ素添加スズ酸化物の特異ナノ表面構造と生体分子固定化による心臓疾患検出用バイオセンサの構築

    2012年 - 2015年

    JST 国際科学技術基盤整備事業「日台研究交流」 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 材料工学と細胞生物学の融合による魚鱗コラーゲンマテリアルテクノロジーの構築

    2012年 - 2014年

    日本学術振興会 科学研究費助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 電気分解堆積法を用いたイオントフォレシス電極の創製

    2012年 - 2013年

    日本学術振興会 科学研究費助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • さかな由来II型コラーゲンの医学応用

    2012年 - 2013年

    文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • うろこコラーゲンの高い細胞親和性を活かす医薬部外品の企業化検証

    2012年

    JST 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディステージ 起業検証タイプ 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 骨置換能を傾斜化させた機能化人工骨の開発

    2011年 - 2013年

    JST 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)本格研究開発ステージ ハイリスク挑戦タイプ 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 難削材における次世代ベアステントの製作に係る研究開発

    2010年 - 2011年

    経済産業省 戦略的基盤技術高度化支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • うろこコラーゲンを用いた高い生物機能性・細胞培養基材の開発

    2009年 - 2011年

    NEDO 大学発事業創出実用化研究開発 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 難削材における次世代ベアステントの製作に係る研究開発

    2009年

    経済産業省 戦略的基盤技術高度化支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 細胞親和性と抗血栓性を兼備した薬剤放出ステントの創製

    2008年 - 2009年

    日本学術振興会 科学研究費助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 感性工学と誘電分光によるハマナス酵母配合の北海道化粧品開発

    2007年 - 2008年

    経済産業省 地域資源活用型研究開発事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 破骨細胞応答型薬剤溶出ナノ粒子の開発

    2007年 - 2008年

    日本学術振興会 科学研究費助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 破骨細胞応答型薬剤放出材料の開発

    2007年

    JST地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム シーズ発掘試験 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 分子ブラシ担持型抗血栓性酸化チタン薄膜の創製

    2003年

    岡山県独創的起業化シーズ発掘事業費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 化学基礎 (2021年度) 第2学期  - 火3,火4,金1,金2

  • 化学基礎 (2021年度) 第2学期  - 火3~4,金1~2

  • 化学基礎 (2021年度) 第2学期  - 火3,火4,金1,金2

  • 基礎化学実験 (2021年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 基礎化学実験 (2021年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 基礎化学実験 (2021年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 基礎化学実験 (2021年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 材料プロセス実験3 (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8

  • 材料プロセス実験3 (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8

  • 無機化学1 (2021年度) 3・4学期  - 水3,水4

  • 生体材料科学 (2021年度) 後期  - 木1~2

  • 生体材料表面科学 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2020年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 化学基礎 (2020年度) 第2学期  - 水1,水2,金1,金2

  • 化学基礎 (2020年度) 第2学期  - 水1,水2,金1,金2

  • 基礎化学実験 (2020年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 基礎化学実験 (2020年度) 1・2学期  - 木4,木5,木6,木7

  • 基礎化学実験 (2020年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 基礎化学実験 (2020年度) 1・2学期  - 木4,木5,木6,木7

  • 工学基礎実験実習 (2020年度) 1・2学期  - 火4,火5,火6,火7

  • 工学基礎実験実習 (2020年度) 1・2学期  - 火4,火5,火6,火7

  • 工学安全教育 (2020年度) 3・4学期  - 金5,金6

  • 材料プロセス実験3 (2020年度) 第3学期  - 火4,火5,火6,火7,金4,金5,金6,金7

  • 材料プロセス実験3 (2020年度) 第3学期  - 火4,火5,火6,火7,金4,金5,金6,金7

  • 生体材料表面科学 (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示

 

学術貢献活動

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 2020年年会 プログラム編成委員会 委員

    役割:企画立案・運営等

    2020年

     詳細を見る

  • The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13) Symposium No.10: Bioceramics and Bioinspired Materials オーガナイザー

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2019年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 2018年年会 プログラム編成委員会 委員

    役割:企画立案・運営等

    2018年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 第回秋季シンポジウム 特定セッション「生体関連材料に関する基礎科学の深化と新素材の開発」 オーガナイザー

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2018年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 2017年年会 プログラム編成委員会 委員

    役割:企画立案・運営等

    2017年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 第30回秋季シンポジウム 特定セッション「生体との調和を生み出すセラミックスの開発と評価」 オーガナイザー

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2017年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 2016年年会 プログラム編成委員会 委員

    役割:企画立案・運営等

    2016年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム 特定セッション「生体との調和を生み出すセラミックスの開発と評価」 オーガナイザー

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2016年

     詳細を見る

  • IUMRS ICYRAM 2016 Session: Materials for Bio/Medical Applications 1. Bio-Sensors and Probes オーガナイザー

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2016年

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本セラミックス協会 2015年年会 プログラム編成委員会 委員

    役割:企画立案・運営等

    2015年

     詳細を見る

▼全件表示