2022/04/14 更新

写真a

ナンバ ヒカル
難波 ひかる
NAMBA Hikaru
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

  • 修士(薬学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • Virology

  • ウイルス学

  • 糖類

  • 遺伝子発現制御

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / ウイルス学

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学  / 糖類を用いた細胞機能制御

  • ライフサイエンス / 応用微生物学  / ウイルスベクター

所属学協会

 

論文

  • 日本での突発性発疹の罹患年齢の上昇と感染様式 査読

    鳥越貞義, 渡辺正博, 難波ひかる, 山田雅夫

    日本小児科学雑誌   126 ( 3 )   494 - 499   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Nectin-2 Acts as a Viral Entry Mediated Molecule That Binds to Human Herpesvirus 6B Glycoprotein B

    Hirohito Ogawa, Daisuke Fujikura, Hikaru Namba, Nobuko Yamashita, Tomoyuki Honda, Masao Yamada

    Viruses   14 ( 1 )   160 - 160   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Human herpesvirus 6B (HHV-6B) is a T-lymphotropic virus and the etiological agent of exanthem subitum. HHV-6B is present in a latent or persistent form after primary infection and is produced in the salivary glands or transmitted to this organ. Infected individuals continue to secrete the virus in their saliva, which is thus considered a source for virus transmission. HHV-6B primarily propagates in T cells because its entry receptor, CD134, is mainly expressed by activated T cells. The virus then spreads to the host’s organs, including the salivary glands, nervous system, and liver. However, CD134 expression is not detected in these organs. Therefore, HHV-6B may be entering cells via a currently unidentified cell surface molecule, but the mechanisms for this have not yet been investigated. In this study, we investigated a CD134-independent virus entry mechanism in the parotid-derived cell line HSY. First, we confirmed viral infection in CD134-membrane unanchored HSY cells. We then determined that nectin cell adhesion molecule 2 (nectin-2) mediated virus entry and that HHV-6B-insensitive T-cells transduced with nectin-2 were transformed into virus-permissive cells. We also found that virus entry was significantly reduced in nectin-2 knockout parotid-derived cells. Furthermore, we showed that HHV-6B glycoprotein B (gB) interacted with the nectin-2 V-set domain. The results suggest that nectin-2 acts as an HHV-6B entry-mediated protein.

    DOI: 10.3390/v14010160

    researchmap

  • Risk assessment for hepatitis E virus infection from domestic pigs introduced into an experimental animal facility in a medical school. 査読

    Hirohito Ogawa, Haruko Hirayama, Satsuki Tanaka, Norio Yata, Hikaru Namba, Nobuko Yamashita, Kenzo Yonemitsu, Ken Maeda, Katsumi Mominoki, Masao Yamada

    The Journal of veterinary medical science   81 ( 8 )   1191 - 1196   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC VET SCI  

    Hepatitis E virus (HEV) is known to cause zoonotic infections from pigs, wild boars and deer. Domestic pigs have been used as an experimental animal model in medical research and training; however, the risks of HEV infection from pigs during animal experiments are largely unknown. Here, we retrospectively investigated the seroprevalence and detection rates of viral RNA in 73 domestic pigs (average 34.5 kg) introduced into an animal experimental facility in a medical school during 2012-2016. We detected anti-HEV immunoglobulin G antibodies in 24 of 73 plasma samples (32.9%), though none of the samples were positive for viral RNA. Plasma samples of 18 pigs were sequentially monitored and were classified into four patterns: sustained positive (5 pigs), sustained negative (5 pigs), conversion to positive (6 pigs) and conversion to negative (2 pigs). HEV genomes were detected in 2 of 4 liver samples from pigs that were transported from the same farm during 2016-2017. Two viral sequences of the overlapping open reading frame (ORF) 2/3 region (97 bp) were identical and phylogenetically fell into genotype 3. A 459-bp length of the ORF2 region of an amplified fragment from a pig transported in 2017 was clustered with the wbJYG1 isolate (subgenotype 3b) with 91.5% (420/459 bp) nucleotide identity. Based on our results, we suggest that domestic pigs introduced into animal facilities carry a potential risk of HEV infection to researchers, trainees and facility staff. Continuous surveillance and precautions are important to prevent HEV infection in animal facilities.

    DOI: 10.1292/jvms.19-0086

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学自然生命科学研究支援センターに搬入される家畜ブタのE型肝炎ウイルス感染状況について

    小川 寛人, 平山 晴子, 田中 爽暉, 矢田 範夫, 難波 ひかる, 山下 信子, 米満 研三, 前田 健, 樅木 勝巳, 山田 雅夫

    岡山実験動物研究会報   ( 35 )   62 - 63   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山実験動物研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Metabolic pathway catalyzed by Vanin-1 pantetheinase plays a suppressive role in influenza virus replication in human alveolar epithelial A549 cells 査読 国際誌

    Nobuko Yamashita, Masato Yashiro, Hirohito Ogawa, Hikaru Namba, Nobuyuki Nosaka, Yousuke Fujii, Tsuneo Morishima, Hirokazu Tsukahara, Masao Yamada

    Biochemical and Biophysical Research Communications   489 ( 4 )   466 - 471   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.05.172

    researchmap

  • Monitoring of human herpesviruses-6 and -7 DNA in saliva samples during the acute and convalescent phases of exanthem subitum. 査読 国際誌

    Yuki Miyazaki, Hikaru Namba, Sadayoshi Torigoe, Masahiro Watanabe, Nobuko Yamashita, Hirohito Ogawa, Tsuneo Morishima, Masao Yamada

    Journal of medical virology   89 ( 4 )   696 - 702   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    The amounts of the DNAs of human herpesviruses-6 (HHV-6) and -7 (HHV-7) in saliva samples were monitored during the acute and convalescent phases of exanthem subitum (ES) to elucidate the kinetics of virus shedding after ES. A total of 247 saliva samples were collected from 17 children (5 males and 12 females: 8-31 months old at onset). The monitoring period ranged from 152 to 721 days after onset, and in 15 children it was longer than 1 year. Among the 17 cases, 16 were attributed to HHV-6B, while a single case was attributed to HHV-7. Detection rates and average amounts of HHV-6 DNA in saliva samples after ES attributed to HHV-6B were low in the acute phase, increased to the maximum in the convalescent phase at 3-7 months, and then decreased. In addition, to investigate the source of infection, saliva samples from the older siblings (age 3-9 years) and parents of ES patients and children with a history of ES were also examined. The detection rate of HHV-6 DNA in saliva samples from 3- to 9-year-old children was significantly higher than the rate in adult saliva samples. Taken together, these findings suggest that the saliva of children in the convalescent phase of ES might be a more likely source of HHV-6 infection than that of adults. J. Med. Virol. 89:696-702, 2017. © 2016 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jmv.24690

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/jmv.24690

  • Enhancive effects of d-glucose and its analogs on expression of d-glucose-unrelated transgenes in mammalian cells 査読 国際誌

    Miyuki Kimura, Hikaru Namba, Manabu Okubo, Mai Ezumi, Nao Susumu, Masao Yamada, Yujiro Arao

    Journal of Bioscience and Bioengineering   112 ( 2 )   194 - 201   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2011.04.010

    researchmap

  • ヒトヘルペスウイルス7型のDNAポリメラーゼサブユニットに対する単クローン抗体の性状と有用性 査読

    岡山医学会雑誌   117 ( 3 )   219 - 224   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4044/joma1947.117.3_219

    researchmap

  • Interaction of human herpesvirus 6 with human CD34 positive cells. 査読 国際誌

    Hiroki Isomura, Mariko Yoshida, Hikaru Namba, Masao Yamada

    Journal of medical virology   70 ( 3 )   444 - 50   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    We reported previously that human herpesvirus 6 (HHV-6) suppresses hematopoietic colony formation of erythroid (BFU-E), granulocyte/macrophage (CFU-GM), and megakaryocyte (CFU-Meg) lineages in vitro. Here we describe the interaction between HHV-6 and human CD34+ cells, which are a major source of hematopoietic progenitor cells. CD34+ cells were immunomagnetically isolated from cord blood mononuclear cells using anti-CD34+ antibodies coated onto either Dynabeads trade mark or MACS beads. The CD34+ population selected with Dynabeads showed a broad range of fluorescence. The population selected with MACS beads showed a narrow range of fluorescence. After infection with HHV-6, two transcripts of the immediate early genes were detected with both cell populations. HHV-6 suppressed colony formation of BFU-E, CFU-GM, and CFU-Meg. HHV-6 suppressed cell growth after 3 to 7 days culture in the presence of thrombopoietin (TPO). More differentiated CD34+ cells were more susceptible to the effects of HHV-6. These data indicate that the targets for hematopoietic suppression by HHV-6 are the differentiated cells.

    DOI: 10.1002/jmv.10415

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Monitoring of human herpesvirus-6 and -7 genomes in saliva samples of healthy adults by competitive quantitative PCR 査読 国際誌

    Nobukiyo Fujiwara, Hikaru Namba, Reiko Ohuchi, Hiroki Isomura, Fumio Uno, Mariko Yoshida, Shiro Nii, Masao Yamada

    Journal of Medical Virology   61 ( 2 )   208 - 213   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/(sici)1096-9071(200006)61:2<208::aid-jmv6>3.0.co;2-1

    researchmap

  • Suppressive effects of human herpesvirus-6 on thrombopoietin-inducible megakaryocytic colony formation in vitro 査読 国際誌

    Hiroki Isomura, Mariko Yoshida, Megumi Oda, Yoshiki Seino, Reiko Ohuchi, Fumio Uno, Masao Yamada, Hikaru Namba, Nobukiyo Fujiwara

    Journal of General Virology   81 ( 3 )   663 - 673   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology Society  

    DOI: 10.1099/0022-1317-81-3-663

    researchmap

  • Development of a dot blot neutralizing assay for HHV-6 and HHV-7 using specific monoclonal antibodies 査読 国際誌

    Takashi Tsukazaki, Mariko Yoshida, Hikaru Namba, Masao Yamada, Noshinobu Shimizu, Shiro Nii

    Journal of Virological Methods   73 ( 2 )   141 - 149   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/s0166-0934(98)00051-2

    researchmap

  • High-resolution immuno-scanning electron microscopy using a non-coating method: study of herpes simplex virus glycoproteins on the surface of virus particles and infected cells 査読 国際誌

    J. A. Padilla, F. Uno, M. Yamada, H. Namba, S. Nii

    Journal of Electron Microscopy   46 ( 2 )   171 - 180   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jmicro.a023505

    researchmap

  • BDNF Gene Can Be Activated by Ca2+Signals without Involvement ofde NovoAP-1 Synthesis 査読 国際誌

    Kuniaki Sano, Hikaru Nanba, Akiko Tabuchi, Tomofusa Tsuchiya, Masaaki Tsuda

    Biochemical and Biophysical Research Communications   229 ( 3 )   788 - 793   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1006/bbrc.1996.1881

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • High-resolution immuno-scanning electron microscopy using a non-coating method: study of herpes simplex virus glycoproteins on the surface of virus particles and infected cells. 査読 国際誌

    J A Padilla, F Uno, M Yamada, H Namba, S Nii

    Journal of electron microscopy   46 ( 2 )   171 - 80   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    The expression of two glycoproteins, i.e. glycoprotein C (gC) and glycoprotein D (gD), of herpes simplex virus type 1 (HSV-1) on the surface of extracellular particles of this virus was examined by immuno-scanning electron microscopy. Scanning electron microscopy specimens of infected cells immuno-labelled against the glycoproteins with colloidal gold particles were prepared by a conventional coating and a non-coating method. Surface ultrastructure of infected cells and gold particles were observed more clearly with specimens prepared by the non-coating method. The appearance of virus particles in association with glycoprotein expression on these particles and on the surface of infected cells was then studied. Progeny virus particles began to appear 6 h after infection, increased in number as the infection proceeded, and covered most of the cell surface by 16 h. Six to 24 h after the infection, the labelling density for each glycoprotein on virus particles remained constant. The labelling density for gD was always higher than that for gC. The patch-like distribution of gold-labelling against gD was often detected on infected cell monolayers at the exponential and late stage of one cycle of virus growth. The labelling density for gD on virus particles was the highest on these produced in Vero and L-929 cells, moderate in MRC-5, BHK-21 and FL cells, and the lowest in HEp-2 cells.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • BDNF gene can Be activated by Ca2+ signals without involvement of de novo AP-1 synthesis. 国際誌

    K Sano, H Nanba, A Tabuchi, T Tsuchiya, M Tsuda

    Biochemical and biophysical research communications   229 ( 3 )   788 - 93   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    Although stimulation of N-methyl-D-aspartate receptors or voltage-dependent calcium channels induces both the activation of c-fos and brain-derived neurotrophic factor (BDNF) genes, it is not certain how the activation of these genes is related. Using primary cultures of rat hippocampal neurons, we found that exposing the cells to cycloheximide allowed subsequent activation of BDNF mRNA expression, although activation of AP-1 DNA-binding activity resulting from the c-fos induction was abolished. Super-induction of BDNF gene was also caused by cycloheximide. The estimated half-life of BDNF mRNA was approximately 2.5 hrs, which was almost identical to that of c-fos mRNA. These results indicate that nascent AP-1 is not required for the activation of BDNF gene, leading to the notion that the BDNF gene can be activated by Ca2+ signals as an immediate early gene.

    DOI: 10.1006/bbrc.1996.1881

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • インフルエンザウイルスの細胞侵入に対するセシウム添加の影響(in vitro)

    山下 信子, 小川 寛人, 難波 ひかる, 山田 雅夫

    臨床とウイルス   48 ( 3 )   S91 - S91   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本臨床ウイルス学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 唾液からのHHV6とHHV7のDNA検出率の前方視的検討 保育園入園半年と非就園半年の比較

    鳥越 貞義, 渡辺 正博, 難波 ひかる, 山下 信子, 小川 寛人, 山田 雅夫, 菅 秀, 根来 麻奈美

    臨床とウイルス   47 ( 2 )   S84 - S84   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床ウイルス学会  

    researchmap

  • セシウムがインフルエンザウイルス増殖に及ぼす影響

    山下信子, 小川寛人, 難波ひかる, 山田雅夫

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・予稿集(Web)   67th   2019年

     詳細を見る

  • 岡山大学自然生命科学研究支援センターに搬入される家畜ブタのE型肝炎ウイルス感染状況について

    小川寛人, 平山晴子, 田中爽暉, 矢田範夫, 難波ひかる, 山下信子, 米満研三, 前田健, 樅木勝巳, 山田雅夫

    岡山実験動物研究会報   ( 35 )   2019年

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6Bのテグメント蛋白質間の相互作用解析

    難波ひかる

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • HHV6Bテグメント蛋白質間相互作用の網羅的解析

    難波ひかる, 小川寛人, 山下信子, 山田雅夫

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・予稿集(Web)   67th   2019年

     詳細を見る

  • 養豚農場から大学動物実験施設に搬入される家畜ブタのE型肝炎ウイルス感染状況について

    小川 寛人, 平山 晴子, 田中 爽暉, 矢田 範夫, 難波 ひかる, 山下 信子, 米満 研三, 前田 健, 樅木 勝巳, 山田 雅夫

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回   475 - 475   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 動物実験施設に搬入される家畜ブタにおけるE型肝炎ウイルスの遺伝子検出および血清学的解析

    小川 寛人, 難波 ひかる, 山下 信子, 山田 雅夫, 田中 爽暉, 矢田 範夫, 平山 晴子, 樅木 勝巳, 米満 研三, 前田 健

    臨床とウイルス   46 ( 2 )   S58 - S58   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床ウイルス学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗GFP-Nanobody共免疫沈降法によるウイルステグメント蛋白質の相互作用解析

    難波 ひかる

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [3LBA - 114]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    researchmap

  • Metabolic pathway catalyzed by Vanin-1 pantetheinase plays a suppressive role in influenza virus replication in human alveolar epithelial A549 cells. 国際誌

    Nobuko Yamashita, Masato Yashiro, Hirohito Ogawa, Hikaru Namba, Nobuyuki Nosaka, Yousuke Fujii, Tsuneo Morishima, Hirokazu Tsukahara, Masao Yamada

    Biochemical and biophysical research communications   489 ( 4 )   466 - 471   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Our previous analysis of gene expression profiles in the peripheral blood from patients with influenza A (H1N1) pdm09 pneumonia revealed elevated transcription levels of the vanin-1 (vascular non-inflammatory molecule 1, VNN1) gene, which encodes an epithelial ectoenzyme with pantetheinase activity involved in recycling coenzyme A. Here, to elucidate the role of VNN1 in influenza A virus (IAV) H1N1 infection, we investigated the change of VNN1 expression in the context of IAV infection and the effects of its related substances, i.e., its direct substrate pantetheine and its two metabolites pantothenic acid and cysteamine on the replication of IAV in the human alveolar epithelial carcinoma cell line A549. The messenger RNA expression of VNN1 in A549 cells was significantly increased (by 4.9-fold) after IAV infection under an elevated concentration of pantetheine. Moreover, VNN1 mRNA levels were elevated by > 100-fold in response to pro-inflammatory cytokines, especially TNF-α and IL-1β. Pantetheine significantly reduced the IAV replication and IAV Matrix 1 (M1) mRNA levels when it was administered prior to and during infection. In addition, cysteamine treatment during IAV infection significantly reduced the viral replication and IAV M1 mRNA levels, whereas pantothenic acid did not. These findings suggest that the metabolic pathway catalyzed by VNN1 pantetheinase plays a suppressive role in IAV infection in the respiratory tract, especially in severe conditions under hypercytokinemia.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.05.172

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 集団保育児における唾液中のHHV-6とHHV-7DNAの排泄

    難波ひかる, 渡辺正博, 鳥越貞義, 山下信子, 山田雅夫

    臨床とウイルス   45 ( 2 )   S76 - S76   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床ウイルス学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗GFP-Nanobody共免疫沈降法によるウイルステグメント蛋白質の相互作用解析

    難波ひかる

    日本生化学会大会(Web)   90th   [3LBA - 114]   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 突発性発疹の感染様式に関する研究

    鳥越貞義, 難波ひかる, 渡辺正博, 宮崎裕樹, 森島恒雄, 山田雅夫

    臨床とウイルス   43 ( 2 )   S111 - S111   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床ウイルス学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Vanin-1がインフルエンザウイルス感染に果たす役割

    山下 信子, 難波 ひかる, 山田 雅夫, 森島 恒雄

    臨床とウイルス   41 ( 2 )   S97 - S97   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床ウイルス学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • インフルエンザウイルス増殖に対する酸化ストレス関連遺伝子Vanin-1の影響

    山下信子, 難波ひかる, 山田雅夫, 森島恒雄

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st   2013年

     詳細を見る

  • HHV-6Bテグメント蛋白質の単独発現系による細胞内局在解析

    難波ひかる, 山下信子, 山田雅夫

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   60th   2012年

     詳細を見る

  • Vanin-1がインフルエンザウイルス感染に果たす役割

    山下信子, 山下信子, 難波ひかる, 山田雅夫, 森島恒雄

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   60th   2012年

     詳細を見る

  • Enhancive effects of D-glucose and its analogs on expression of d-glucose-unrelated transgenes in mammalian cells. 査読

    Miyuki Kimura, Hikaru Namba, Manabu Okubo, Mai Ezumi, Nao Susumu, Masao Yamada, Yujiro Arao

    Journal of bioscience and bioengineering   112 ( 2 )   194 - 201   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC BIOSCIENCE BIOENGINEERING JAPAN  

    We studied the effects of d-glucose on transgene expression in mammalian cells by a reporter gene assay using CV-1 cells and a CMV promoter-controlled EGFP gene. Treatment of CV-1 cells with 5% D-glucose unchanged the number of fluorescent cells in fluorescence microscopic observation but significantly intensified fluorescence in the fluorometric assay. Furthermore, EGFP itself and mRNA became more abundant in Western blot and quantitative RT-PCR analyses of 5% D-glucose-treated cells, respectively. These results indicate that elevated D-glucose can activate transgene expression via transcriptional stimulation, at least in part. The same concentrations of L-glucose led to only negligible increases in transgene expression, indicating that D-glucose's effect is different from its osmotic effect. The D-glucose-induced augmentation of fluorescence was observed not only in the experiment using the CMV promoter-controlled EGFP gene but also in experiments using the SV40 and RSV promoter-controlled ones, suggesting that elevated D-glucose can enhance transgene expression regulated by various promoters commonly used in transgene expression. The assessment of D-glucose analogs for their enhancive effects on transgene expression revealed that 1,6-anhydro-D-glucose and β-methyl-D-glucoside had stronger effects than D-glucose. From this result, we can expect to find more effective carbohydrates to enhance transgene expression. The α- and β-M-D-glucosides, which are slightly different from each other in three-dimensional structure, exerted largely distinct stimulative effects on transgene expression, suggesting that fundamental rules determine the enhancive effects of saccharides and that the modification of the saccharide by applying such rules will enable us to develop more powerful substances for transgene expression.

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2011.04.010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • G型ボツリヌス毒素遺伝子をコードするプラスミドの解析

    阪口義彦, 林哲也, 林哲也, 山本由弥子, 難波ひかる, 中山恵介, 馬少博, ZHANG Kai, 幸田知子, 小崎俊司, 小熊惠二

    日本細菌学雑誌   65 ( 1 )   162 - 162   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • コレラ菌およびコレラ毒素Bサブユニットに対するニワトリ抗体(IgY)の有用性

    平井一行, 衛藤友美, 大野佑子, 田村臣哉, 山本由弥子, 難波ひかる, 阪口義彦, 横田憲治, 小熊惠二

    日本薬学会年会要旨集   130th ( 3 )   84 - 84   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • G型ボツリヌス毒素遺伝子をコードするプラスミドの解析

    阪口義彦, 林哲也, 林哲也, 中山恵介, 山本由弥子, 難波ひかる, 細見晃司, 幸田知子, 向本雅郁, 小崎俊司, 小熊惠二

    日本ゲノム微生物学会年会要旨集   4th   2010年

     詳細を見る

  • 哺乳動物培養細胞における糖応答シグナルの解析

    難波ひかる, 荒尾雄二郎

    日本分子生物学会年会講演要旨集   32nd ( Vol.1 )   2009年

     詳細を見る

  • C型とD型ボツリヌス菌ホスホリパーゼCの酵素活性と生物活性

    阪口義彦, 小田真隆, 山本由弥子, 難波ひかる, MA Shaobo, ZHANG Kai, 田村臣哉, 唐澤忠宏, 小林敬子, 永浜政博, 櫻井純, 小熊恵二

    日本分子生物学会年会講演要旨集   32nd ( Vol.2 )   2009年

     詳細を見る

  • ウイルスプロモーターからの遺伝子発現に対する糖の増大効果

    大久保学, 難波ひかる, 木村美幸, 荒尾雄二郎

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   56th   2008年

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス前初期遺伝子プロモーターで制御された遺伝子発現に対する糖の刺激効果

    大久保学, 難波ひかる, 木村美幸, 荒尾雄二郎

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   55th   2007年

     詳細を見る

  • ウイルス由来プロモーターで制御された遺伝子発現に対する糖の刺激効果

    難波ひかる, 大久保学, 江角真依, 進七緒, 木村美幸, 荒尾雄二郎

    生化学   80回・30回   4T11 - 4   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒトヘルペスウイルス7型のDNAポリメラーゼサブユニットに対する単クローン抗体の性状と有用性 査読

    難波ひかる

    岡山医学会雑誌   117 ( 3 )   219 - 224   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    ヒトヘルペスウイルス7型(HHV7)由来DNAポリメラーゼに対する単クローン抗体(MAb IK17)を作成し,その単クローン抗体がHHV7由来DNAポリメラーゼと相互作用する他の因子を解析した.ウイルス増殖には臍帯血単核球を用いた.MAb IK17はウエスタンプロット,蛍光抗体法(IF),免疫沈降法に適用可能であった.特に,MAb IK17を用いた免疫沈降法によりU27蛋白質と結合する複数の蛋白質を同定することができたことから,U27蛋白質の関与する,ウイルスDNAの複製機構の解析に有用であることが示唆された

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00175&link_issn=&doc_id=20060127230007&doc_link_id=10.4044%2Fjoma1947.117.3_219&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4044%2Fjoma1947.117.3_219&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 単純ヘルペスウイルスの吸着・侵入による宿主細胞のエステラーゼ,並びに排出ポンプ活性の上昇

    ミラー真理, 大久保学, 難波ひかる, 木村美幸, 荒尾雄二郎

    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   54th   2006年

     詳細を見る

  • 落葉状天疱瘡に生じHHV-6の再活性化を認めなかったDDSによるdrug-induced hypersensitivity syndromeの1例

    濱田 利久, 秋山 尚範, 岩月 啓氏, 山田 潤, 藤本 亘, 吉田 まり子, 難波 ひかる, 山田 雅夫

    西日本皮膚科   65 ( 3 )   299 - 299   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚科学会-西部支部  

    researchmap

  • ICE症候群におけるヘルペスウイルスの関与

    永山 幹夫, 松尾 俊彦, 山口 樹一郎, 田村 直之, 楳田 知子, 大月 洋, 難波 ひかる

    緑内障   11 ( 臨増 )   131 - 131   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル葵出版  

    researchmap

  • Monitoring of human herpesvirus-6 and -7 genomes in saliva samples of healthy adults by competitive quantitative PCR 査読 国際誌

    Nobukiyo Fujiwara, Hikaru Namba, Reiko Ohuchi, Hiroki Isomura, Fumio Uno, Mariko Yoshida, Shiro Nii, Masao Yamada

    Journal of Medical Virology   61 ( 2 )   208 - 213   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Wiley  

    Human herpesviruses-6 and -7 (HHV-6 and HHV-7) are thought to be transmitted during early infancy through saliva. However, the kinetics of the virus shedding in saliva of healthy adults, from whom children are assumed to acquire the viruses, is mostly unknown. This study was conducted to determine how many copies of the genome are secreted in saliva of healthy adults and to clarify the relationship between viral DNA load and virus isolation of HHV-6 and HHV-7. Competitive PCR was performed using primer sets in the U42 gene of each viral genome. In saliva samples from 29 healthy adults, HHV-6 and HHV-7 DNA was detected in 41.4% and 89.7%, respectively. The average copy number of the HHV-7 genome in the positive samples was higher than that of the HHV-6 genome. Follow-up studies of six seropositive individuals for 3 months showed that the amount of HHV-7 DNA was constant in each individual and that "high producers" and "low producers" could be distinguished. By contrast, the amount of HHV-6 DNA varied drastically over time in each individual. Although HHV-6 was never isolated from the saliva of any of the six individuals during the follow-up period, HHV-7 was isolated from each individual several times. The amount of HHV-7 DNA tended to be higher at the times when the virus was isolated than at the times when the virus was not isolated. These data demonstrate a striking contrast between HHV-6 and HHV-7 in the kinetics of genome and virus shedding.

    DOI: 10.1002/(sici)1096-9071(200006)61:2<208::aid-jmv6>3.0.co;2-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Suppressive effects of human herpesvirus-6 on thrombopoietin-inducible megakaryocytic colony formation in vitro. 査読 国際誌

    H Isomura, M Yoshida, H Namba, N Fujiwara, R Ohuchi, F Uno, M Oda, Y Seino, M Yamada

    The Journal of general virology   81 ( Pt 3 )   663 - 73   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SOC GENERAL MICROBIOLOGY  

    Two clinical observations, the association of human herpesvirus-6 (HHV-6) with delayed engraftment after stem cell transplantation and thrombocytopenia concomitant with exanthema subitum, prompted us to evaluate the suppressive effects of HHV-6 on thrombopoiesis in vitro. Different culture conditions for thrombopoietin (TPO)-inducible colonies in semi-solid matrices were examined. Using cord blood mononuclear cells as the source of haematopoietic progenitors, two types of colonies, megakaryocyte colony-forming units (CFU-Meg) and non-CFU-Meg colonies, were established. The former colonies were identified by the presence of cells with translucent cytoplasm and highly refractile cell membrane, most of which were positive for the CD41 antigen. Although the plating efficiency of both types was much higher under serum-containing conditions than under serum-free conditions, the proportion of CFU-Meg to non-CFU-Meg colonies was consistently higher under serum-free conditions. The plating efficiency of CFU-Meg colonies was doubled by adding stem cell factor to the serum-free matrix. The effects of two variants of HHV-6 (HHV-6A and 6B) and human herpesvirus-7 (HHV-7) on TPO-inducible colonies were then compared. HHV-6B inhibited both CFU-Meg and non-CFU-Meg colony formation under serum-free and serum-containing conditions. HHV-6A had similar inhibitory effects. In contrast, HHV-7 had no effect on TPO-inducible colony formation. Heat-inactivation and ultra-filtration of the virus sample completely abolished the suppressive effect. After infection of CD34(+) cells with HHV-6, the viral genome was consistently detected by in situ hybridization. These data suggest that the direct effect of HHV-6 on haematopoietic progenitors is one of the major causes of the suppression of thrombopoiesis.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Development of a dot blot neutralizing assay for HHV-6 and HHV-7 using specific monoclonal antibodies 査読 国際誌

    T Tsukazaki, M Yoshida, H Namba, M Yamada, N Shimizu, S Nii

    JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS   73 ( 2 )   141 - 149   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    To elucidate further immune responses to human herpesviruses 6 and 7 (HHV-6 and -7), a neutralizing antibody assay was established for these viruses using a dot blot method. Three monoclonal antibodies against HHV-6 and 12 monoclonal antibodies against HHV-7 were developed and characterized by radio-immunoprecipitation. One monoclonal antibody which recognizes the 135 kDa late polypeptide of HHV-6 and several which recognize the 125 kDa late polypeptide of HHV-7 were selected to monitor virus growth by a dot blot antigen-detection method. The dot blot method was then used for the assay of HHV-6 and -7 neutralizing antibodies in human serum samples. The neutralization endpoints determined by the dot blot were comparable to those determined by immunofluorescence (IF). The neutralizing antibody titers appeared to correlate with the antibody titers determined by the indirect IF antibody test. The dot blot neutralization assay is easy to perform, is highly reproducible and objective when compared with the conventional methods based on cytopathology or IF for determining neutralization endpoints. (C) 1998 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0166-0934(98)00051-2

    Web of Science

    researchmap

  • High-resolution immuno-scanning electron microscopy using a non-coating method: study of herpes simplex virus glycoproteins on the surface of virus particles and infected cells 査読

    J. A. Padilla, F. Uno, M. Yamada, H. Namba, S. Nii

    Journal of Electron Microscopy   46 ( 2 )   171 - 180   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    The expression of two glycoproteins, i.e. glycoprotein C (gC) and glycoprotein D (gD). of herpes simplex virus type 1 (HSV-1) on the surface of extracellular particles of this virus was examined by immune-scanning electron microscopy. Scanning electron microscopy specimens of infected cells immuno-labelled against the glycoproteins with colloidal gold particles were prepared by a conventional coating and a non-coating method. Surface ultrastructure of infected cells and gold particles were observed more clearly with specimens prepared by the non-coating method. The appearance of virus particles in association with glycoprotein expression on these particles and on the surface of infected cells was then studied. Progeny virus particles began to appear 6 h after infection, increased in number as the infection proceeded, and covered most of the cell surface by 16 h. Six to 24 h after the infection, the labelling density for each glycoprotein on virus particles remained constant. The labelling density for gD was always higher than that for gc. The patch-like distribution of gold-labelling against go was often detected on infected cell monolayers al the exponential and late stage of one cycle of virus growth. The labelling density for go on virus particles was the highest on these produced in Vero and L-929 cells, moderate in MRC-5, BHK-21 and FL cells, and the lowest in HEp-2 cells.

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jmicro.a023505

    Web of Science

    researchmap

  • グルタミン酸応答で活性化される遺伝子発現カスケードの解析

    佐野訓明, 難波ひかる, 田岡章子, 市川大介, 田淵明子, 土屋友房, 津田正明

    日本薬学会年会要旨集   115th ( Pt 3 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 長鎖PCRと蛍光標識multi-SSCP法による遺伝子全領域の変異検索

    難波ひかる, 花房裕子, 吉鷹知也, 松原長秀, 佃和憲, 谷野元彦, 清水憲二

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   18th   1995年

     詳細を見る

  • グルタミン酸レセプター刺激によるBDNF遺伝子発現とAP-1活性誘導

    難波ひかる, 佐野訓明, 市川大介, 土屋友房, 津田正明

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   17th   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • インフルエンザウイルスの細胞侵入に対するセシウム添加の影響(in vitro)

    山下信子, 小川寛人, 難波ひかる, 山田雅夫

    第61回日本臨床ウイルス学会  2020年10月2日  日本臨床ウイルス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月2日 - 2020年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学(Web開催)  

    researchmap

  • ヒトヘルペスウイルス6Bのテグメント蛋白質間の相互作用解析

    難波ひかる

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月4日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月3日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語  

    開催地:マリンメッセ福岡(福岡)  

    researchmap

  • HHV6Bテグメント蛋白質間相互作用の網羅的解析

    難波ひかる, 小川寛人, 山下信子, 山田雅夫

    第67回日本ウイルス学会学術集会  2019年10月30日  日本ウイルス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月29日 - 2019年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 唾液からのHHV6とHHV7のDNA検出率の前方視的検討 保育園入園半年と非就園半年の比較

    鳥越貞義, 渡辺正博, 難波ひかる, 山下信子, 小川寛人, 山田雅夫, 菅秀, 根来麻奈美

    第60回日本臨床ウイルス学会  2019年5月25日  日本臨床ウイルス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月25日 - 2019年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知県名古屋市  

    researchmap

  • 動物実験施設に搬入される家畜ブタにおけるE型肝炎ウイルスの遺伝子検出および血清学的解析

    小川 寛人, 平山 晴子, 田中 爽暉, 矢田 範夫, 難波 ひかる, 山下 信子, 米満 研三, 前田 健, 樅木 勝巳, 山田 雅夫

    第161回日本獣医学会学術集会  2018年9月11日  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月11日 - 2018年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城県つくば市  

    researchmap

  • 抗GFP-Nanobody共免疫沈降法によるウイルステグメント蛋白質の相互作用解析

    難波ひかる

    2017年度 生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会)  2017年12月8日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月6日 - 2017年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

    researchmap

  • Salivary Secretion of Three Betaherpesviruses in Nursery Schools

    2017年 

     詳細を見る

  • 集団保育児における唾液中のHHV-6とHHV-7 DNAの排泄

    第58回日本臨床ウイルス学会  2017年 

     詳細を見る

  • 集団保育児における唾液中の HHV-6 と HHV-7 DNA の排泄

    第32回中国四国ウイルス研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 集団保育児における唾液中の3種ベータヘルペスウイルスDNAの排泄状況

    第65回日本ウイルス学会 学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Pantetheine- Vanin-1- Cysteamine 系は、A549 細胞でインフルエンザウイルス増殖を抑制する

    第31回中国四国ウイルス研究会  2016年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6B U65とU71蛋白質の 相互作用機構の解明

    第64回日本ウイルス学会 学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • Pantetheine- Vanin-1- Cysteamine 系は、A549 細胞でインフルエンザウイルス増殖を抑制する

    第64回日本ウイルス学会 学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • Analysis of Interaction between the U65 and U71 proteins of human herpesvirus 6B

    2016年 

     詳細を見る

  • 突発性発疹の感染様式に関する研究

    第56回 日本臨床ウイルス学会  2015年 

     詳細を見る

  • 突発性発疹患児急性期から回復期における唾液中のHHV-6B、HHV-7経時的モニタリング

    第63回日本ウイルス学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 突発性発疹患児における唾液中のHHV6、HHV7モニタリング

    第29回中国四国ウイルス研究会  2014年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6B U65とU71の共発現による局在変化

    第28回ヘルペスウイルス研究会  2013年 

     詳細を見る

  • Vanin-1がインフルエンザウイルス感染に果たす役割

    日本臨床ウイルス学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6B U65とU71の共発現による局在変化

    第28回中国四国ウイルス研究会  2013年 

     詳細を見る

  • Vanin-1がインフルエンザウイルス感染に果たす役割

    日本ウイルス学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • Vanin-1がインフルエンザウイルス感染に果たす役割

    第27回中国四国ウイルス研究会  2012年 

     詳細を見る

  • HHV-6Bテグメント蛋白質の単独発現系による細胞内局在解析

    日本ウイルス学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6型テグメント蛋白質の局在解析

    第27回ヘルペスウイルス研究会  2012年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6型テグメント蛋白質の局在解析

    第27回中国四国ウイルス研究会  2012年 

     詳細を見る

  • G型ボツリヌス毒素遺伝子をコードするプラスミドの解析

    日本ゲノム微生物学会年会  2010年 

     詳細を見る

  • コレラ菌およびコレラ毒素Bサブユニットに対するニワトリ抗体(IgY)の有用性

    日本薬学会 第130年会(岡山)  2010年 

     詳細を見る

  • G型ボツリヌス毒素遺伝子をコードするプラスミドの解析

    第83回 日本細菌学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • 哺乳動物培養細胞における糖応答シグナルの解析

    第32回日本分子生物学会年会  2009年 

     詳細を見る

  • 落葉状天疱瘡に生じHHV-6の再活性化をみとめなかったDDSによるDrug-induced Hypersensitivity Syndromeの1例

    日本皮膚科学会 第54回日本皮膚科学会西部支部学術大会  2002年 

     詳細を見る

  • ICE症候群におけるヘルペスウイルスの関与

    第12回日本緑内障学会  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

産業財産権

  • タンパク質産生用培地を用いたプロモーターの活性化方法およびタンパク質の産生方法

    難波ひかる, 荒尾雄二郎

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人岡山大学

    出願番号:特願2013-163530  出願日:2013年8月6日

    公開番号:特開2013-240353  公開日:2013年12月5日

    特許番号/登録番号:特許5748808  登録日:2015年5月22日  発行日:2015年7月15日

    権利者:国立大学法人 岡山大学   出願国:国内   取得国:国内

    特許第5748808号(P5748808)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 蛋白質産生用およびウイルス増殖用培地

    難波 ひかる, 荒尾 雄二郎

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人岡山大学

    出願番号:特願2009-507454  出願日:2008年3月17日

    特許番号/登録番号:特許第5634710号  登録日:2014年10月24日 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • タンパク質産生用およびウイルス増殖用の培地

    難波ひかる, 荒尾雄二郎

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人岡山大学

    出願番号:特願2007-071390  出願日:2007年3月17日

    公開番号:WO 2008/120570  公開日:2008年10月9日

    公表番号:WO2008-120570  公表日:2008年10月9日

    WO/2008/120570

    J-GLOBAL

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • セシウムがインフルエンザウイルス・RSウイルス感染に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:20K08180  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山下 信子, 小川 寛人, 八代 将登, 難波 ひかる

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 血管内皮細胞におけるインフルエンザ重症化宿主因子の検討

    研究課題/領域番号:26461585  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山下 信子, 難波 ひかる, 八代 将登

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    インフルエンザウイルスが気道上皮に感染した場合、血管内皮細胞でIL-11、Fas L、Angiotensin II receptor遺伝子の発現上昇が認められ、これはインフルエンザウイルス特異的な反応と考えられた(in vitro)。また、気道上皮におけるインフルエンザウイルス複製に関与する遺伝子としてVNN1を新たに同定した。VNN1はPantetheineを加水分解する酵素であり、Panteteineの分解産物であるCysteamineにウイルス複製抑制作用があることがわかった。

    researchmap

  • ウイルスプロモーターからの外来遺伝子発現に対する糖の促進効果に関する研究

    研究課題/領域番号:20656138  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    荒尾 雄二郎, 難波 ひかる, 木村 美幸

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    1 外来遺伝子発現に対する糖鎖の促進効果
    プルランを代表例として、CV-1細胞でのCMVプロモーター制御EGFP遺伝子の一過性発現に対する糖鎖の効果を調べると、濃度依存的に遺伝子発現を増加させ、12%で最大の効果を発揮した。プルラン以外の糖鎖である酵母マンナン、デキストラン、フルクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸でも有意な遺伝子発現増大効果が観察された。これらの知見は、本研究の応用性を広げるとともに、生物現象との共通性を示唆する点で重要である。
    2 ヘキソーストランスポーター(GLUT)が糖センサーであるか否かの検討
    GLUTを介して取込まれる蛍光グルコース類似体(2NBDG)を各種の糖の存在下でCV-1細胞に2時間取込ませ、2NBDG取込み量と各糖の外来遺伝子発現促進効果を比較したところ、糖濃度が100、500mMいずれの場合でも両者は相関しなかった。従って、GLUTは糖の遺伝子発現促進効果のセンサーではないと推定された。
    3 阻害剤等を用いた糖の促進機構の解析
    促進効果の高いラクチュロースと各種阻害剤を(1)の評価系で同時に作用させ、阻害剤の影響を検討した。ラクチュロースによる遺伝子発現増大は、G1阻害剤とG1/S阻害剤で低下し、G2/M阻害剤で相加的に増大した。従って、細胞周期、並びにそれ以外の因子の関与が推測され、その機構を解明する上で重要な手掛かりとなる。
    4 糖添加後早期における細胞内遺伝子発現状態の解析
    糖刺激早期(糖添加1時間後)におけるmRNAをマイクロアレイ法で解析した。その結果、RNAのスプライシング、結合、加工、代謝、並びにmRNAの代謝が活性化され、クロマチン、蛋白質-DNA複合体、及びヌクレオソームの集合状態が低下していると示唆された。添加後1時間以内にDNA構造体の乖離と転写の活性化が誘導されるというこの示唆は、その機構解明に大きな意義をもつ。

    researchmap

  • ヒトヘルペスウイルス6型、7型感染と宿主免疫応答

    研究課題/領域番号:14570264  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    吉田 まり子, 難波 ひかる, 山田 雅夫

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    近年骨髄移植をはじめ各種の造血幹細胞移植が数多く施行されるようになり、移植後の骨髄生着不全あるいは遅延やその他の移植後合併症と、サイトメガロウイルス(CMV)、ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)などベータヘルペスウイルス亜科の活動性との関連が注目されてきている。同じベータヘルペスウイルス亜科に属していながら、ヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)については、このような報告はほとんどなく、宿主との免疫応答という点で非常に異なっている。また近年、樹状細胞がウイルス感染初期の抗原提示能だけでなく、その後の免疫応答を支配することや、感作されたTヘルパー細胞は、Th1とTh2という異なる機能を有する細胞に分化することが報告されている。本研究の目的は、HHV-6とHHV-7という非常に高い相同性を有しながら、異なった免疫応答を示すウイルスについて、感染の初期過程における樹状細胞の役割を探ることである。
    リンパ球系樹状細胞(DC2)は、近年主要なIIFN-α産生細胞であることが報告されており、今回は、ヒト臍帯血(CB)から単離したDC2を用いて、HHV-6およびHHV-7感染の効果を、ウイルスの増殖、サイトカインの動態、樹状細胞の成熟、感染リンパ球系樹状細胞によるナイーブなT細胞に対する抗原提示能などについて解析した。
    HHV-6、HHV-7の感染により、程度の差はあるがリンパ球系DCの表面抗原(成熟マーカー)の増強を認めた(IL-3>HHV-6>HHV-7)。メイ・ギムザ染色によりHHV-6は形態的にも成熟傾向を示したが、HHV-7では細胞の大きさの変化を認めるものの、細胞質内及び表面構造がスムースで未熟な状態にとどまった。TEM観察で、両ウイルスともに核内および細胞質内に、各成熟段階の子孫ウイルスの産生を認めた。HHV-6はリンパ球系樹状細胞に感染し、大量のインターフェロンαを産生し、ナイーブなT細胞をIL-10産生優位な制御性T細胞(Tr)に分化させること、対照的に、HHV-7は、インターフェロンαをほとんど産生せず、ナイーブなT細胞をIL-4優位なTh2細胞へ分化させることが示唆された。

    researchmap

  • ベータヘルペスウイルスの造血抑制に関する研究

    研究課題/領域番号:13670299  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山田 雅夫, 難波 ひかる, 磯村 寛樹, 吉田 まり子, 荒尾 雄二郎

      詳細を見る

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    近年骨髄移植をはじめ各種の造血幹細胞移植が数多く施行されるようになり、移植後の骨髄生着不全あるいは遅延やその他の移植後合併症と、サイトメガロウイルス(CMV)、ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)などベータヘルペスウイルスの活動性の関連が注目されてきている。本研究の目的は、1)In vitroの実験系として、造血コロニー法を用いて、各種ヘルペスウイルスの造血3系統(赤芽球系、顆粒球・マクロファージ系、巨核球系)への影響を定量的に解析すること、2)造血幹細胞移植後のヘルペスウイルスに対する抗ウイルス療法を確立するための新規抗ヘルペス剤のスクリーニング系をIn vitro造血コロニー法を用いて構築すること、3)造血幹・前駆細胞とヘルペスウイルスの相互関係を、潜伏感染機構も含めて明らかにすることにあった。
    平成13年度は、上記項目1)のIn Vitro造血コロニー法に関して、赤芽球系コロニー(BFU-E)、顆粒球・マクロファージ系コロニー(CFU-GM)、ならびに、近年クローニングされたトロンボポイエチンを用いた巨核球系コロニー(CFU-Meg)についての定量的解析法を確立した。私どもの系を用いて、HHV-6およびHHV-7による造血3系統への影響を比較検討した結果、HHV-6は、赤芽球系コロニー(BFU-E)、顆粒球・マクロファージ系コロニー(CFU-GM)、巨核球系コロニー(CFU-Meg)の造血3系において顕著にコロニーの形成を抑制することを見出した。同じベータヘルペスウイルスに属するHHV-7では、このような抑制効果は認められず、HHV-6による血小板造血回復遅延との関連で臨床的に重要な知見と考えられた。
    平成14度の解析では、臍帯血、成人末消血および骨髄細胞由来の造血前駆細胞であるCD34陽性細胞を分離して、各種ヘルペスウイルスによる造血抑制効果の解析に着手した。まず臍帯血より2種の磁気ビーズにより分離したCD34陽性細胞とHHV-6の相互作用を検討した。Dynabeadsで分離した分画は、MACSbeadsで分離した分画に比べて、強陽性から弱陽性まで広い分布のCD34陽性細胞を含んでいた。さらに、感染CD34陽性細胞に少なくとも2種のHHV-6のIE遺伝子産物を検出した。また、各種造血サイトカイン存在下に培養することにより、分化が進んだCD34陽性細胞のほうが、HHV-6の抑制効果を受けやすいことが示され、HHV-6による造血抑制の標的となる細胞群の特定に重要な知見と考えられた。

    researchmap

  • ヒトヘルペスウイルス7型の抗原解析と宿主免疫反応の検討

    研究課題/領域番号:10670285  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山田 雅夫, 磯村 寛樹, 難波 ひかる, 吉田 まり子, 大内 礼子

      詳細を見る

    配分額:2400000円 ( 直接経費:2400000円 )

    1.HHV-7に対する単クローン抗体(Mab)の作成と性状の解析:
    免疫沈降法にて抗原が同定された13個の抗HHV-7特異的MAbは、認識ポリペプチドの分子量により5群に分類された(125kDa,120kDa,78kDa,48kDa,40kDa)。このうち120kDa,78kDa,40kDaはリン酸化蛋白であった。これら各リン酸化蛋白をコードする遺伝子の同定を試み、Mab(TK17)が認識する40kDaのリン酸化蛋白は、HHV-7 U27の遺伝子産物であることを明らかにした。HHV-7の125kDaの後期抗原を特異的に認識するMab(Tx3)とHHV-6の135kDaの後期抗原を特異的に認識するMab(TK2)と併せ用いることにより、HHV-6とHHV-7の増殖をドットプロット法により比較検討することができた。
    2.ドットブロット中和抗体測定法の開発とHHV-6およびHHV-7の血清疫学:
    今回確立した96穴プレートを用いるドットプロット中和法は、浮遊培養系のHHV-6およびHHV-7の中和抗体測定法として、簡便で客観性、再現性に優れている。この方法で調べたところ、抗HEV-7中和抗体価は成人の全年齢層を通して高値で維持されていた。対照的に抗HEV-6中和抗体価は若年層では比較的高値であるが、成人では低値に移行した。経時的に採取した小児血清を用いた解析では、蛍光抗体法などに比べて両ウイルス間の交差反応性をほとんど認めない本法を用いることにより、明確に抗体陽転の時期を特定できた。とくに両ウイルスの初感染時期に関して、母親からの移行抗体が比較的高値で維持されるHHV-7に比べて、似値のHHV-6は移行抗体の消失時期にともなって早期に感染が起こることが示された。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • ウイルス学 (2021年度) 特別  - その他

  • ウイルス学実習 (2021年度) 特別  - その他

  • 感染症と戦う (2021年度) 第2学期  - 木1~2

  • 病原ウイルス学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病原ウイルス学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病原ウイルス学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病原ウイルス学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • ウイルス学 (2020年度) 特別  - その他

  • ウイルス学実習 (2020年度) 特別  - その他

  • 感染症と戦う (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 病原ウイルス学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病原ウイルス学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病原ウイルス学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病原ウイルス学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示