2021/10/11 更新

写真a

ヤスバ ケンイチロウ
安場 健一郎
YASUBA Kenichirou
所属
環境生命科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 施設栽培

  • 農業情報

  • 環境制御

  • スマート農業

  • 有機栽培

  • AI

  • トマト

  • キュウリ

  • ベビーリーフ

  • ブロッコリ

  • UECS

  • ユビキタス環境制御システム

  • 換気測定

  • 養液栽培

  • Arduino

  • ソフトウェア開発

  • UARDECS

  • IoTデバイス開発

研究分野

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学  / UECS,ソフトウェア,組み込み機器開発

  • 環境・農学 / 園芸科学  / 施設園芸学 農業情報 野菜園芸学

学歴

  • 京都大学   Graduate School of Agriculture  

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   Graduate School of Agriculture  

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   Faculty of Agriculture  

    1988年 - 1992年

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   教授

    2019年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   准教授

    2013年10月 - 2019年9月

      詳細を見る

  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所   主任研究員

    2006年4月 - 2013年9月

      詳細を見る

  • 独立行政法人 農業技術研究機構東北農業研究センター   研究員

    2001年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 農林水産省   野菜・茶業試験場   研究員

    1996年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 農業情報学会   農業情報研究誌 編集幹事  

    2021年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 国立研究開発法人 農業・食品産業技術研究機構   農機API共通化コンソーシアム事業検討委員会 委員  

    2021年5月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 農業情報学会 環境情報部会   幹事  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 農業情報学会   理事  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 知の集積と活用の場 産学官連携協議会 低コスト施設園芸研究プラットフォーム   代表  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 一般社団法人 日本施設園芸協会   スマートグリーンハウス展開推進専門委員  

    2020年 - 2022年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 園芸学会   国際化担当特任幹事  

    2018年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • ユビキタス環境制御システム研究会   顧問  

    2018年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 園芸学会   英文誌 編集幹事  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 生物環境工学会   和文誌 編集委員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • ユビキタス環境制御システム研究会   会長  

    2015年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 農業情報学会   農業情報研究誌 編集委員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Capsaicinoid biosynthesis in the pericarp of chili pepper fruits is associated with a placental septum-like transcriptome profile and tissue structure

    Yoshiyuki Tanaka, Mayuko Watachi, Wakana Nemoto, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-Ichiro Yasuba, Sho Ohno, Motoaki Doi

    PLANT CELL REPORTS   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Key message CAP biosynthesis in the pericarp of chili pepper fruits occurs with an ambiguous boundary in the placental septum and pericarp. Capsaicinoid (CAP) is a pungent ingredient of chili pepper fruits. Generally, CAP biosynthesis is limited to the placental septum of fruits, but it has been reported that its biosynthesis occurs even in the pericarp of some extremely pungent varieties, resulting in a substantial increase in total content. To examine the mechanism of CAP biosynthesis in the pericarp, comparative transcriptome analysis of a variety that produces CAP in the pericarp (MY) and a variety that does not (HB) was carried out. RNA-seq revealed that 2264 genes were differentially expressed in the MY pericarp compared with the HB pericarp. PCA analysis and GO enrichment analysis indicated that the MY pericarp has a gene expression profile more like placental septum than the HB pericarp. The gene expression of CAP biosynthesis-related genes in the MY pericarp changed coordinately with the placental septum during fruit development. In most Capsicum accessions including HB, the distribution of slender epidermal cells producing CAP was limited to the placental septum, and the morphological boundary between the placental septum and pericarp was clear. In some extremely pungent varieties such as MY, slender epidermal cells ranged from the placental septum to the pericarp region, and the pericarp was morphologically similar to the placental septum, such as the absence of large sub-epidermal cells and abundant spaces in the parenchymal tissue. Our data suggest that CAP biosynthesis in the pericarp occurred with an ambiguous boundary in the placental septum and pericarp. These findings contribute to further enhancement of CAP production in chili pepper fruits.

    DOI: 10.1007/s00299-021-02750-0

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization and bulk segregant analysis of a novel seedless mutant tn-1 of chili pepper (Capsicum annuum)

    Yoshiyuki Tanaka, Ami Mitani, Nodoka Shimizu, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba

    SCIENTIA HORTICULTURAE   276   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    Seedlessness is a desirable trait to improve eases of processing and fresh consumption of sweet pepper (Capsicum annuum L.). Genetic resources for seedless pepper breeding are limited, compared with other Solanaceae crops. A new seedless mutant named tn-1, was identified by screening an ethylmethane sulfonate mutagenized population derived from ornamental chili pepper. Wild-type fruit contained about 40 seed; tn-1 contained no, or a few seed. Ninety-nine individuals in the F-2 population derived from a cross between tn-1 and other cultivars were classified into the groups: Normal with more than 3 seed in each fruit, and Seedless with less than 3 seed in each fruit. The Seedless group had smaller fruit compared with the Normal group. The average values of fruit weight, length, and width of Normal group were 2.94 g, 3.64 cm and 1.40 cm, respectively. On the other hand, mean values for the Seedless group were 0.64 g, 2.11 cm, and 0.90 cm, respectively. Genetic analysis indicated that seedlessness was determined by a single recessive gene. Bulk segregant analyses combined with genotyping-by-sequencing were conducted to identify the genomic region responsible for seedlessness in tn-1. It appears the gene responsible for seedlessness may be located near the end of chromosome 12. The tn-1 mutant will be a useful breeding material to develop seedless sweet pepper.

    DOI: 10.1016/j.scienta.2020.109729

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of Harvest Shoot Stage on Partitioning of Photosynthates Originating from Bent Shoots in the Modified Arching Technique of Cut Rose Production

    Chisato Isobe, Shinji Kajihara, Yoshiyuki Tanaka, Ken-ichiro Yasuba, Yuichi Yoshida, Katsuhiko Inamoto, Gen Ishioka, Motoaki Doi, Tanjuro Goto

    HORTICULTURE JOURNAL   89 ( 3 )   278 - 283   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    By using a stable isotope method, partitioning of photosynthates was examined in a modified arching (MA) technique that achieved a high cut flower productivity to clarify how photosynthates produced by bent shoots are distributed within a plant at different developmental stages of harvest shoots. The translocation ratios from bent shoots at four days after harvest, eight days after harvest, for 10 cm-shoots, flower budding, and blooming were 44.0, 40.2, 51.0, 38.3, and 23.4%, respectively, and plants at the blooming stage had lower translocation ratios compared to those at the other developmental stages. The distribution of photosynthates produced by the bent shoot parts varied with the plant stage of the harvest shoots. The partitioning ratios of roots and crowns at four days, eight days, for 10 cm-shoots, flower budding, and blooming were 63.9, 53.5, 17.5, 26.6, and 81.0%, respectively. From these results, it was revealed that in the period from blooming to the next sprouting, roots and crowns were strong sinks. The partitioning ratios of mother stems were 36.2, 46.4, 7.2, 15.0, and 8.2%, respectively. We estimate that the mother stems are a strong sink right after harvest and absorb the photosynthates for the new sprouting. At the 10 cm-shoot and flower budding stages, photosynthates were partitioned to harvest shoots at 75.2% and 58.4%, respectively, indicating that they were distributed preferentially to vigorously growing harvest shoots. A total of 11.4% of the photosynthates were partitioned to harvest shoots at the blooming stage, suggesting that the photosynthates from the bent shoots were not involved directly in flower blooming. This study will contribute to improving the MA technique and cut rose production.

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-116

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Defoliation on Blossom-end Rot Incidence and Calcium Transport into Fruit of Tomato Cultivars Under Moderate Water Stress

    Annah Khatenje Indeche, Yuichi Yoshida, Tanjuro Goto, Ken-ichiro Yasuba, Yoshiyuki Tanaka

    HORTICULTURE JOURNAL   89 ( 1 )   22 - 29   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    The translocation of calcium (Ca) within the tomato plant and the causes of Ca deficiency, a factor associated with blossom-end rot (BER) in fruit, are still a matter of conjecture. The objective of this study was to determine the effect of defoliation on BER incidence and Ca transport into different size tomato fruit cultivars. Four experiments were conducted. The start and end dates for each experiment were; 14 March-2 May, 22 July-23 August, 30 August-7 October 2017, and 20 May-25 June 2018, for experiments 1, 2, 3, and 4, respectively. Five tomato cultivars including one large ('Momotaro fight (MF)', >= 200 g), three medium ('Lui60 (L60)', 'Flo cook (TC)', and 'Cindy sweet (CS)', 30-80 g), and one small ((Pepe (PP)', <= 20 g) fruit cultivars, respectively, were grown under moderate water stress controlled by a combination of root zone restriction and solar mediated fertigation. Leaf area of plants was reduced by 20-30% by removing alternate leaflets on all leaves. Defoliation significantly reduced BER in all experiments. In experiment 4, no BER was observed in defoliated plants of L60 and PP, and in MF and TC, BER incidence decreased to a quarter of the control. Defoliation increased the fruit growth rate (FGR) in experiment 1, in which the temperature was the lowest, by a ratio of 1.42 and by 1.39 in experiment 4, in which the radiation was strongest and day length longest. Defoliation increased the rate of daily Ca transport into fruit (CTR) in MF, L60, TC, CS, and PP by average ratios of 1.64, 1.55, 1.35, 1.30, and 1.13, respectively. The increase in CTR in defoliated plants was highest in experiment 4 with a ratio of 1.68 followed by 1.37, 1.33, and 1.28 in experiments 1, 3, and 2, respectively. Defoliation increased both FGR and CTR and there were significant linear relationships between them. However, the degree of increase was larger in CTR than that in FGR, especially in the BER-sensitive large fruit cultivar MF, and defoliation increased the total Ca concentration in fruit accordingly. We conclude that under moderate water stress by root zone restriction and certain other BER inductive conditions, defoliation could be a promising approach to reduce BER incidence by improving Ca nutrition in susceptible large fruit cultivars.

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-079

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of Intermittent Low Temperature Storage Duration and Cycle on the Growth and Flowering of Eustoma (Eustoma grandiflorum L.) Seedlings Raised in the Summer

    Thao Thu Phan, Satoshi Sasaki, Keigo Fukushima, Yoshiyuki Tanaka, Ken-ichiro Yasuba, Yuichi Yoshida, Tanjuro Goto

    HORTICULTURE JOURNAL   89 ( 3 )   292 - 299   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    In the present study, we evaluated the effects of intermittent low temperature storage (ILTS) following cold imbibition of Eustoma seeds as a low-cost method. The objective of this study was to investigate the effects of the total number of cold storage days and the lengths of ILTS cycles for seedlings on the subsequent growth and flowering of three cultivars with different susceptibilities to rosetting: 'Nancy', 'Exe Lavender', and 'Bolero White'. Before sowing, the seeds were imbibed with water at 10 degrees C under a dark condition for 35 days. A cycle of 6D/6D (6 days in a refrigerator kept at 10 degrees C in the dark/6 days in a greenhouse kept at a high ambient temperature) was repeated 0, 1, 2, 3, 4, and 5 times to attain 0, 6, 12, 18, 24, and 30 days of cold storage (DCS), respectively. Using a cycle of 6D/6D at least one time (6 DCS) increased the bolting and flowering percentages and accelerated the bolting date by 6-10 days and the flowering date by 4-9 days in 'Nancy', a high-rosetting cultivar. The percentage of harvesting was above 80% only in seedlings subjected to 24 and 30 DCS in ILTS. In addition, under equal 30 DCS of ILTS, cycles of 3D/3D x 10 times, 6D/6D x 5 times, and 15D/15D x 2 times were investigated by exposing the seedlings to a high ambient temperature for 3, 6, and 15 days and then transferring them to a refrigerator (10 degrees C) for 3, 6, and 15 days, respectively. ILTS cycles of 3D/3D and 6D/6D resulted in earlier bolting and flowering dates than cycles of 15D/15D. The cycle of 15D/15D resulted in a lower percentage of marketable harvesting and an increased number of nodes to the first flower. These results suggest that applying ILTS with a cycle of 6D/6D at least four times can be an efficient method to promote the bolting and flowering of Eustoma without applying air conditioning to the entire greenhouse.

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-145

    Web of Science

    researchmap

  • Comparative Analysis on Blossom-end Rot Incidence in Two Tomato Cultivars in Relation to Calcium Nutrition and Fruit Growth

    Tran Duy Vinh, Yuichi Yoshida, Mitsuo Ooyama, Tanjuro Goto, Ken-ichiro Yasuba, Yoshiyuki Tanaka

    HORTICULTURE JOURNAL   87 ( 1 )   97 - 105   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    Blossom-end rot (BER) in tomato has been generally reported as a calcium (Ca)-related physiological disorder influenced by cultivar and environmental factors. In our previous works, we found that different fruit-sized cultivars could share a similar threshold value of water-soluble Ca. In addition, seasonal susceptibility to BER was closely related to fruit growth rate. This study aimed to clarify the effect of fruit growth rate as a dominant factor determining the susceptibility in different fruit-sized tomato cultivars. A large-sized cultivar, 'Momotaro Fight', and medium-sized 'Cindy Sweet', with different susceptibility to BER disorder, were hydroponically grown with modified Hoagland nutrient solutions consisting of a range of Ca: K (potassium) ratios in four cropping seasons. In spring and summer, BER incidence was more than 60 and 10% in 'Momotaro Fight' and 'Cindy Sweet', respectively, when plants were fed with low Ca. BER was rarely observed when water-soluble Ca exceeded 0.30 mu mol.g-1 FW, and the rate of BER incidence increased with a decrease in water-soluble Ca concentration in both cultivars. Fruit growth rate was much more vigorous in 'Momotaro Fight' than 'Cindy Sweet', especially in summer. It was significantly favored by the increased temperature and solar radiation in both cultivars. The multiple regression analyses detected a significant effect of fruit growth rate on BER incidence, exclusively in 'Momotaro Fight'. Together with water-soluble Ca, fruit growth rate explained over 50% of the variation of BER incidence. A vigorous rate of fruit growth can play a more important role in decreasing water-soluble Ca in 'Momotaro Fight', and result in severe and frequent BER incidence, compared to 'Cindy Sweet'. Thus the cultivar difference in the susceptibility to BER is likely explained by the difference in the growth rate of young fruit affecting water-soluble Ca in the distal part of tomato fruit.

    DOI: 10.2503/hortj.OKD-114

    Web of Science

    researchmap

  • 育苗期中盤におけるトレイ苗のスペーシングが間欠冷蔵処理したイチゴの開花に及ぼす影響

    金城朱理, 花田惇史, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究   17 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • Development of program library using an open-source hardware for implementation of low-cost greenhouse environmental control system

    Ken ichiro Yasuba, Hidehito Kurosaki, Takehiko Hoshi, Takashi Okayasu, Yoshiyuki Tanaka, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida

    Environmental Control in Biology   56 ( 3 )   107 - 112   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A program library for use on open-source hardware was developed in order to construct a low-cost environmental control system for greenhouses. The library facilitated the development of environmental sensing and control devices that conform to the protocols of the Ubiquitous Environment Control System (UECS). The open-source hardware used was the “Arduino Ethernet” and the “Arduino Mega 2560 with Ethernet Shield” microcontroller boards. UECS is a system for controlling greenhouse environments that communicates information via a local area network, and devices utilizing the library that we developed can perform the UECS defined communication tasks automatically. With the help of this library, device developers no longer need to program the communications aspects of the device and can concentrate on programming setting and control logic of the device. The library occupies about 29 kilobytes of the read only memory area of the target board. The library and associated open-source microcontroller boards are powerful tools for developing low-cost environmental control systems.

    DOI: 10.2525/ecb.56.107

    Scopus

    researchmap

  • Identification of a Novel Mutant & IT;pAMT & IT; Allele Responsible for Low-pungency and Capsinoid Production in Chili Pepper: Accession 'No. 4034' (& IT;Capsicum & IT; & IT;chinense & IT;)

    Yoshiyuki Tanaka, Shiho Fukuta, Sota Koeda, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba

    HORTICULTURE JOURNAL   87 ( 2 )   222 - 228   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    Capsinoids are low-pungent capsaicinoid analogues in chili pepper fruits. They exhibit various bioactivities in humans similar to capsaicinoids, but do not produce a nasty burning sensation, encouraging their application in foods and supplements. Previous reports demonstrated that loss-of-function of putative aminotransferase (pAMT) leads to low-pungency and capsinoid accumulation. Therefore, the pamt allele is a useful gene in chili pepper breeding programs to enhance health-promoting properties. Eight loss-of-function alleles have been identified in the Capsicum genus, but the variation in paint alleles remains to be fully elucidated. In this study, we identified one novel loss-of-function allele from the analysis of low-pungent chili pepper 'No. 4034' (C. chinense). 'No. 4034' contained mainly capsinoid with an undetectable level of capsaicinoid. A genetic complementation test was conducted by crossing 'No. 4034' with other accessions. The results indicated that 'No. 4034' possessed a loss-of-function pamt allele. Sequence analysis showed that the novel mutant allele contained a 7-bp insertion (TCGGTAC) in the 16th axon region, which we designated as pamt(9). The insertion caused a frameshift mutation and resulted in a truncated protein. Gene expression analysis showed that the expression level of pAMT specifically decreased among biosynthetic genes tested here in 'No. 4034', compared with that of pungent accession. pamt(9) will be useful for low-pungency and capsinoid breeding, and will provide additional information for variations in pAMT mutants.

    DOI: 10.2503/hortj.OKD-115

    Web of Science

    researchmap

  • Difference in capsaicinoid biosynthesis gene expression in the pericarp reveals elevation of capsaicinoid contents in chili peppers (Capsicum chinense)

    Yoshiyuki Tanaka, Fumihiro Nakashima, Erasmus Kirii, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba

    PLANT CELL REPORTS   36 ( 2 )   267 - 279   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This research reveals that the up-regulated expression of multiple capsaicinoid biosynthetic genes in pericarp tissue leads to the elevation of total capsaicinoid content in chili pepper fruit.Capsaicinoids are health-functional compounds that are produced uniquely in chili pepper fruits. A high capsaicinoid level is one of the major parameters determining the commercial quality and health-promoting properties of chili peppers. To investigate the mechanisms responsible for its high contents, we compared an extremely pungent cultivar 'Trinidad Moruga Scorpion Yellow' (MY) with other cultivars of different pungency levels (Fushimi-amanaga, Takanotsume, Red Habanero). Capsaicinoid concentrations were markedly higher in MY fruit (23.9 mg/g DW) than in other pungent cultivars including 'Red Habanero' (HB) fruit (14.3 mg/g DW). Comparative analysis of MY and HB reveals that both cultivars accumulated similar capsaicinoid concentrations in the placental septum, with that in the HB pericarp (1.8 mg/g DW) being markedly lower than that in the placental septum (69.1 mg/g DW). The capsaicinoid concentration in HB fruit is dependent on the placental septum, as reported in other accessions. Therefore, even though placental septum tissue contains high capsaicinoid concentrations, those in the pericarp and seeds attenuated its total content. In contrast, the MY pericarp exhibited a markedly higher concentration (23.2 mg/g DW). A qRT-PCR analysis revealed that multiple capsaicinoid biosynthetic pathway genes (Pun1, pAMT, KAS, and BCAT) were strongly up-regulated in placental septum of pungent cultivars. The genes were expressed exclusively in the MY pericarp, but were barely detected in the pericarps of other pungent cultivars. Collectively, the present study indicates that the up-regulated expression of these genes not only in placental septum but also in pericarp plays an important role in driving capsaicinoid accumulation in the whole fruit.

    DOI: 10.1007/s00299-016-2078-8

    Web of Science

    researchmap

  • 日本の在来トウガラシ(Capsicum annuum)における非辛味性は Pun1 遺伝子の新規機能欠損アリルに起因する

    Kirii Erasmus, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 田中義行

    Horticulture Journal   86 ( 1 )   61 - 69   2017年1月

     詳細を見る

  • 夜間の施設内CO<sub>2</sub>濃度変化を利用した隙間換気回数自動計算ソフトウェアの開発

    安場健一郎, 藤尾拓也, 渡邊勝吉, 多根知周, 山田竜也, 内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行

    農業情報研究(Web)   26 ( 4 )   2017年

     詳細を見る

  • 補光による明期延長が中玉トマト ‘シンディスイート’ の尻腐れ果発生および果実中のCa濃度に及ぼす影響

    大山光男, 吉田裕一, VINH TRAN Duy, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究   16 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • 低コスト環境制御システム構築のためのプログラムライブラリの開発

    安場健一郎, 多根知周, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 黒崎秀仁, 岡安崇史, 星岳彦

    農業情報研究(Web)   25 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • Arduinoで構成したユビキタス環境制御システム対応ノードのパケット処理能力

    黒崎秀仁, 安場健一郎, 岡安崇史, 星岳彦

    農業情報研究(Web)   25 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • 温室環境計測機器のための低コスト相対湿度センサの耐候性評価

    星岳彦, 越智眞之助, 松山智紀, 安場健一郎, 黒崎秀仁, 岡安崇史

    農業情報研究(Web)   25 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

  • Decreasing or Non-decreasing Allocation of Dry Matter to Fruit in Japanese Tomato Cultivars in Spite of the Increase in Total Dry Matter of Plants by CO2 Elevation and Fogging

    Tadahisa Higashide, Ken-ichiro Yasuba, Takeshi Kuroyanagi, Akimasa Nakano

    HORTICULTURE JOURNAL   84 ( 2 )   111 - 121   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    To investigate the mechanism of yield increase by elevated carbon dioxide (CO2) and fogging in Japanese tomato cultivars (Solanum lycoperskum), total above-ground dry matter (TDM), fraction of dry matter distribution to fruit (FDF), and photosynthetic characteristics were measured in 3 Japanese cultivars grown in elevated CO2 with fogging and ambient CO2 without fogging. Fresh fruit yield and TDM were improved by the elevated CO2 and fogging in the 3 Japanese cultivars. Light use efficiency (LUE) was also increased by the elevated CO2 and fogging. No significant decrease in FDF was observed by the elevated CO2 and fogging in 2 Japanese cultivars, 'Asabiyori 10' and 'Junkei Aichi Fast'. Thus, the increase in TDM by higher LUE contributed directly to the yield increase in these 2 cultivars. However, FDF in 'Momotaro York' was decreased significantly by the elevated CO2 and fogging. Thereby, the yield increase by the elevated CO2 and fogging was diminished in 'Momotaro York' in spite of the increase in TDM. The number of trusses having immature fruit in 'Momotaro York' under elevated CO2 and fogging was significantly higher than those of the others, although no increase in the number of trusses having immature fruit was observed in the other 2 cultivars. Although vegetative growth characteristics such as leaf area, LAI, and fresh and dry weights of leaves and stem were increased by the elevated CO2 and fogging, no negative effects such as a change in light-extinction coefficient and a decrease in maximum photosynthetic rate were observed. The elevated CO2 and fogging increased the number of harvested fruit but decreased weight per fruit, namely, fruit size, in the 3 cultivars.

    DOI: 10.2503/hortj.MI-010

    Web of Science

    researchmap

  • 収量構成要素の解析からみたトマト低段栽培における定植時の苗ステージと栽植密度

    金子壮, 東出忠桐, 安場健一郎, 大森弘美, 中野明正

    園芸学研究   14 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 生育段階の異なるシュートに対する温度条件がシュッコンカスミソウ‘アルタイル’の形態異常花序発生に及ぼす影響

    山口訓史, 後藤丹十郎, 大谷翔子, 安場健一郎, 田中義行, 吉田裕一

    園芸学研究   14 ( 3 )   2015年

     詳細を見る

  • Incidence of Blossom-end Rot in Relation to the Water-soluble Calcium Concentration in Tomato Fruits as Affected by Calcium Nutrition and Cropping Season

    Yuichi Yoshida, Nobuyuki Irie, Tran Duy Vinh, Mitsuo Ooyama, Yoshiyuki Tanaka, Ken-ichiro Yasuba, Tanjuro Goto

    JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE   83 ( 4 )   282 - 289   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    To understand the factors affecting the incidence of blossom-end rot (BER), the effect of the Ca/K ratio (4/12-12/4, in me.L-1) in nutrient solutions and Ca concentration in fractions in the distal part of young tomato fruits immediately before BER symptoms appear were investigated for three seasons. The rate of BER incidence increased with a decrease in the Ca/K ratio in the supplied solutions in the summer and spring, but little difference was observed in the winter. Ca concentration was highest in winter and lowest in summer, and the concentration in fractions decreased with a decrease in the Ca/K ratio of the solutions. When the results of all three experiments were pooled, among the fractions, water-soluble Ca concentration was found to have the highest significance in the relationship to BER incidence. The risk of BER incidence in rapidly growing tomato increased to a critical level when water-soluble Ca in the distal part of the fresh fruit decreased to less than 0.20 mu mol.g(-1) FW. Multiple-regression analysis revealed that the concentration of water-soluble Ca, which is predominantly recovering apoplastic or cytoplasmic Ca2+, and total Ca, which has been translocated during fruit development, are significantly affected by solar radiation and Ca concentration in the supplied solution rather than air temperature.

    DOI: 10.2503/jjshs1.CH-107

    Web of Science

    researchmap

  • Yield and Dry Matter Production of a Japanese Tomato 'Momotaro York' Are Improved by Grafting onto a Dutch Rootstock 'Maxifort'

    Tadahisa Higashide, Akimasa Nakano, Ken-ichiro Yasuba

    JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE   83 ( 3 )   235 - 243   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    To improve the yield of a Japanese tomato (Solanum lycopersicum) cultivar and determine how fruit yield changes as a result of grafting, we investigated the effects of a Dutch rootstock ['Maxifort' (S. lycopersicum x S. habrochaites): Mx] on the dry matter (DM) production and fruit yield of Dutch and Japanese cultivars. The Japanese cultivar ('Momotaro York': My) grafted onto Mx (My/Mx: scion/rootstock) had significantly higher fresh and dry weights of fruits per unit area than My/My. Fruit fresh weight yield per unit area was highly correlated with fruit dry weight (DW) yield (r=0.96-0.97, P<0.001), and DW yield was significantly correlated with total aboveground DM (r=0.71-0.96,P<0.001) and with DM allocation to the fruits (r=0.52-0.75,P<0.01). Total aboveground DM (TDM) was significantly and highly correlated with light-use efficiency (r= 0.98, P<0.001). However, there was no significant correlation between light-use efficiency and the maximum photosynthetic rate, stomatal conductance, or the light-extinction coefficient. Although stomatal conductance significantly (P<0.05) differed between the rootstocks at 57 and 119 days after transplanting (DAT), there was no significant difference in the maximum photosynthetic rate between the scion/rootstock combinations at 57 and 119 DAT. These results indicated that the fruit yield of My could be improved by grafting onto Mx, and that the increases in yield and TDM were mainly determined by the increase in light-use efficiency.

    DOI: 10.2503/jjshs1.CH-048

    Web of Science

    researchmap

  • Efficiency of carbon dioxide enrichment in an unventilated greenhouse

    Takeshi Kuroyanagi, Ken-ichiro Yasuba, Tadahisa Higashide, Yasunaga Iwasaki, Masuyuki Takaichi

    BIOSYSTEMS ENGINEERING   119   58 - 68   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    In recent years, efforts have been made to utilise carbon dioxide (CO2) enrichment and reduce the emissions of CO2 from greenhouses. In this study, efficiency of CO2 enrichment in an unventilated greenhouse was investigated based on balance measurements of CO2 in the short-term and an estimate of CO2 leakage in the medium-term. A greenhouse covered with plastic film (floor area 178 m(2)) was used. Pure CO2 was supplied to a tomato crop trained to a high-wire system, maintaining a CO2 concentration nearly 1000 mu mol [CO2] mol(-1) [air] during daylight. For CO2 balance measurements, the leakage rates, the amount of CO2 leakage and crop uptake were derived hourly from a CO2 balance equation of greenhouse air and leakage measurements using a tracer gas technique. The leakage rate of the unventilated greenhouse was within similar ranges found in literatures investigating other types of greenhouses. The amount of CO2 leakage was comparable to crop uptake in windy or overcast conditions. The efficiency of CO2 enrichment in the medium-term was estimated using the regression equation of the leakage rate, measurements of outside wind velocity, amount of CO2 supply, and CO2 concentrations inside and outside. The estimated results in the medium-term showed an average efficiency of 45.5%; the highest efficiency was around 50%. Higher efficiencies were achieved when it was less windy and there was higher solar radiation. (C) 2014 IAgrE. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.biosystemseng.2014.01.007

    Web of Science

    researchmap

  • キュウリ量管理養液栽培において発生した白化症状の原因

    中野明正, 東出忠桐, 後藤一郎, 金子壮, 安場健一郎, 大森弘美

    野菜茶業研究所研究報告   ( 13 )   2014年

     詳細を見る

  • オープンソースハードウェアを利用した環境計測ノードの構築

    安場健一郎, 星岳彦, 金子壮, 東出忠桐, 大森弘美, 中野明正

    農業情報研究(Web)   22 ( 4 )   2013年

     詳細を見る

  • ハイワイヤー誘引栽培したトマトの主茎基部側枝が果実の糖度と収量に及ぼす影響

    佐々木英和, 河崎靖, 安場健一郎, 鈴木克己, 高市益行

    野菜茶業研究所研究報告   ( 12 )   2013年

     詳細を見る

  • UECS通信規約の拡張による作物栽培情報の記録・共有を目的にしたSNS型Androidアプリケーションの開発

    大畑亮輔, 星岳彦, 渡邊勝吉, 上田正二郎, 安場健一郎, 南石晃明, 林真紀夫

    農業情報研究(Web)   22 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

  • 多収環境におけるNFT低段栽培トマトの収量と根系の比較解析

    中野明正, 金子壮, 安場健一郎, 東出忠桐, 鈴木克己, 木村哲, 田村奨悟

    野菜茶業研究所研究報告   ( 12 )   2013年

     詳細を見る

  • Yield of Japanese Tomato Cultivars Has Been Hampered by a Breeding Focus on Flavor

    Tadahisa Higashide, Ken-ichiro Yasuba, Katsumi Suzuki, Akimasa Nakano, Hiromi Ohmori

    HORTSCIENCE   47 ( 10 )   1408 - 1411   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC HORTICULTURAL SCIENCE  

    The yield of greenhouse tomatoes in Japan has not increased since the 1980s and remains much less than 30 kg.m(-2) per year. To investigate the cause of this low yield, we compared six Japanese tomato cultivars that were commonly grown or released during the past 80 years to see whether fruit yield (fruit fresh weight per area) and dry matter (DM) content per fruit improved under current cultivation conditions. Fruit yield in 'Momotaro' (released in 1985) was lower than that in older cultivars. Total DM was determined mainly by light use efficiency and photosynthetic rate, and light use efficiency was correlated with maximum photosynthetic rate. The more modern cultivars did not show improved DM content per fruit. The DM content per fruit was strongly correlated with the soluble solids content in fruits except in 'Momotaro' and 'Momotaro colt', but soluble solids in fruits of the 'Momotaro'-type cultivars were higher than in other cultivars for a given DM content per fruit. Thus, tomato breeding in Japan appears to have focused on fruit soluble solids content per unit DM rather than fruit yield or DM content; as a result, only the former parameter has improved greatly.

    DOI: 10.21273/HORTSCI.47.10.1408

    Web of Science

    researchmap

  • 仕立て法および品種が異なるキュウリ養液栽培における収量と根の関係

    中野明正, 東出忠桐, 安場健一郎, 金子壮, 後藤一郎

    根の研究   21 ( 3 )   2012年

     詳細を見る

  • ユビキタス環境制御システム通信実用規約に基づいた施設園芸用管理ソフトウェアの開発

    安場健一郎, 黒崎秀仁, 高市益行, 鈴木克己

    野菜茶業研究所研究報告   ( 11 )   2012年

     詳細を見る

  • Growth characteristic and sink strength of fruit at different CO2 concentrations in a Japanese and a Dutch tomato cultivar

    Ryo Matsuda, Akimasa Nakano, Dong-Hyuk Ahn, Katsumi Suzuki, Ken-Ichiro Yasuba, Masuyuki Takaichi

    SCIENTIA HORTICULTURAE   127 ( 4 )   528 - 534   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The aim of the present study was to elucidate how fruit growth was limited by the source and sink capacities in a Japanese ('Momotaro York') and a Dutch ('Dundee') tomato cultivar. The two cultivars were grown hydroponically with a high-wire system in greenhouses for 25 weeks, and the growth characteristics and sink strength of fruit were determined. Fruits were pruned to four (4F) or one (1F) per truss. The latter were used to determine potential fruit growth, an indicator of fruit sink strength. Growth was also determined under normal (LC) and enriched (HC, 700 mu mol mol(-1)) CO2 concentrations to examine the effect of source enhancement on fruit production. In both cultivars under normal CO2, the growth rate of fruit pruned to 4F per truss was lower than that in 1F, indicating that maximum potential fruit growth was not achieved. Under HC conditions, fruit growth rate of 'Dundee' achieved in 4F trusses was lower than that in 1F. In 'Momotaro York' in HC, fruit growth in 4F trusses was close to potential. This implies that fruit growth was source-limited irrespective of CO2 concentrations in 'Dundee' cultivar while fruit growth in 'Momotaro York' under normal and enriched CO2 conditions was limited by source and sink strengths, respectively. Adjustments of cultural practices including increasing fruit number per truss and/or genetic approaches to enhancing fruit sink strength by breeding may improve fruit yields of Japanese cultivars under high source/sink conditions. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.scienta.2010.12.009

    Web of Science

    researchmap

  • 温風ダクト吊り下げによるトマトの生長点-開花花房付近の局部加温が垂直温度分布,収量および燃料消費量に及ぼす影響

    河崎靖, 鈴木克己, 安場健一郎, 高市益行

    園芸学研究   10 ( 3 )   2011年

     詳細を見る

  • トマト低段密植栽培の二次育苗における徒長抑制と果実収量について

    鈴木克己, 水上宏二, 土屋和, 安場健一郎, 中野有加, 高市益行

    園芸学研究   10 ( 2 )   2011年

     詳細を見る

  • トマトの生長点-開花花房付近の局部加温が植物体表面温度および収量関連形質に与える影響

    河崎靖, 鈴木克己, 安場健一郎, 川嶋浩樹, 佐々木英和, 高市益行

    園芸学研究   9 ( 3 )   2010年

     詳細を見る

  • エンタルピ調整と細霧の噴霧を利用した温室内気温および湿度の同時制御システムの開発

    安場健一郎, 黒崎秀仁, 高市益行, 大森弘美, 川嶋浩樹, 星岳彦

    植物環境工学   22 ( 1 )   2010年

     詳細を見る

  • 自律分散型環境制御システムを利用した細霧冷房支援のための温室換気率および蒸発散速度計算ノードの開発

    安場健一郎, 黒崎秀仁, 高市益行, 大森弘美, 川嶋浩樹, 星岳彦

    植物環境工学   21 ( 4 )   2009年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • 野菜園芸学

    金山, 喜則( 担当: 共著 ,  範囲: 植物工場とスマート農業)

    文永堂出版  2020年3月  ( ISBN:9784830041372

     詳細を見る

    総ページ数:xx, 303p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 新スマート農業 : 進化する農業情報利用

    農業情報学会( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章 農業のスマート化 4-5-3 統合環境制御と環境制御コントローラのリニューアル(P124-125))

    農林統計出版  2019年5月  ( ISBN:9784897324074

     詳細を見る

    総ページ数:xxiv, 500p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ICT農業の環境制御システム製作 : 自分でできる「ハウスの見える化」

    中野, 明正, 安, 東赫, 栗原, 弘樹( 担当: 共著 ,  範囲: 第6章 ICT農業の未来 ICT農業の今後とUECSの現状と展望 (P138-143))

    誠文堂新光社  2018年8月  ( ISBN:9784416618714

     詳細を見る

    総ページ数:151p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Automation in Agriculture - Securing Food Supplies for Future Generations

    Takehiko Hoshi, Ken-Ichiro Yasuba, Hideto Kurosaki, Takashi Okayasu( 担当: 共著 ,  範囲: 6. Ubiquitous Environment Control System: An Internet-of- Things–Based Decentralized Autonomous Measurement and Control System for a Greenhouse Environment)

    IntechOpen  2018年3月 

     詳細を見る

  • 施設園芸・植物工場ハンドブック

    日本施設園芸協会( 担当: 共著 ,  範囲: 自律分散制御システム(P350-355))

    農山漁村文化協会  2015年5月  ( ISBN:9784540151019

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 569p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 特集もっと知りたい環境制御技術 : 日中CO2濃度, 飽差, 葉面積を管理する

    農山漁村文化協会( 担当: 共著 ,  範囲: もっと知りたい環境制御技術 環境計測機器とその活用方法 (P91-96))

    農山漁村文化協会  2014年11月  ( ISBN:9784540141614

     詳細を見る

    総ページ数:270p, 図版4p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • スマート農業 : 農業・農村のイノベーションとサスティナビリティ

    農業情報学会( 範囲: 第4章 分野別スマート農業 6-8 UECSの活用(P185-187))

    農林統計出版  2014年8月  ( ISBN:9784897322995

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 399p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 植物工場生産システムと流通技術の最前線

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 施設園芸・植物工場の環境制御情報の規格化と有用性(P159-167))

    エヌ・ティー・エス  2013年4月  ( ISBN:9784864690614

     詳細を見る

    総ページ数:3, 11, 517, 15p, 図版16p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • トマトオランダの多収技術と理論 : 100トンどりの秘密

    Heuvelink, Ep, 中野, 明正, 池田, 英男, 東出, 忠桐, 福田, 直也他( 担当: 共訳 ,  範囲: 第10章 ポストハーベストの生理学と収穫作業(P307-323))

    農山漁村文化協会  2012年3月  ( ISBN:9784540101496

     詳細を見る

    総ページ数:xvii, 326p, 図版1枚   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 温室内の夜間のCO<sub>2</sub>濃度変化から隙間換気回数を自動的に計算するソフトウェア

    安場健一郎

    ハイドロポニックス   34 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • 植物栽培カメラ&センサの製作 第1回 製作する植物カメラ&農業用オープンソース通信UECS

    安場健一郎

    インターフェース   46 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 植物栽培カメラ&センサの製作 第2回 ラズパイ植物観察カメラ・ノードを作る

    安場健一郎

    インターフェース   46 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

  • 定期的に知らせて農業・趣味・研究・宿題に 植物栽培カメラ&センサの製作 最終回 第3回 植物センサ・ノードの製作&栽培実験

    安場健一郎

    インターフェース   46 ( 4 )   2020年

     詳細を見る

  • Protected Horticulture after the Great East Japan Earthquake in Iwate Prefecture

    Yuuki Ohta, Ken-ichiro Yasuba

    HORTICULTURE JOURNAL   88 ( 1 )   21 - 30   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    Agricultural lands in the Kesen area, which is located in the coastal area of Iwate Prefecture, were severely damaged by the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011. Empirical research was undertaken to promote agricultural restoration and reconstruction. This project was conducted to realize low-cost protected horticulture utilizing local resources effectively. In this area, where forestry was popular, there was abundant unnecessarily thinned timber. Three types of low-cost greenhouses were developed, including a wooden frame house built using lumber derived from thinning. A stove to use thinned timber as a fuel was also developed. To establish protected horticulture at a low cost, greenhouses that could be constructed with accessible materials were developed along with a device for sterilizing nutrient solutions using charged plasma. An environmental control program was developed based on a "ubiquitous environment control system (UECS)" for small-scale facilities. Disease control using hot water for long-term cultivation was carried out. Strawberry and tomato production was conducted to demonstrate the use of these developed elements and resulted in yields significantly higher than those obtained for these crops before the disaster.

    DOI: 10.2503/hortj.OKD-SI01

    Web of Science

    researchmap

  • トマト一段密植栽培における葉数の違いが収量に及ぼす影響

    大久保進一, 東出忠桐, 東出忠桐, 金子壮, 金子壮, 安場健一郎, 安場健一郎, 大森弘美, 大森弘美, 中野明正, 中野明正

    北海道立総合研究機構農業試験場集報   ( 103 )   2019年

     詳細を見る

  • B(ホウ素)欠乏処理がイチゴのチップバーンおよび受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, 吉田裕一, 金城朱理, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    岡山大学農学部学術報告(Web)   108   2019年

     詳細を見る

  • 施設生産におけるICT利用およびモニタリング・制御機器の開発-UECSを含めた施設園芸ICTの展望-

    安場健一郎

    農業および園芸   93 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • EOD-heatingがシクラメンの生育および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 松浦文子, 安場健一郎, 田中義行, 吉田裕一, 中島拓, 室田有里, 加古哲也, 道園美弦

    日本生物環境工学会大会講演要旨   2018   2018年

     詳細を見る

  • 仕立て方法がダリアの露芯花の季節変動に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 箕浦彰子, CAM N. T., 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • UECSに準拠したイチゴ栽培用環境制御コントローラ

    安場健一郎, 安場健一郎

    施設と園芸   ( 180 )   2018年

     詳細を見る

  • ラズパイ・カメラ・センサ IT農耕実験 第1部 IT農業&栽培の実験 第3章 My農業実験ベンチをGetする 簡易ビニールハウスの自作&IoT制御に挑戦

    安場健一郎, 須田隼輔

    インターフェース   44 ( 10 )   2018年

     詳細を見る

  • UECSでもっと気軽にICT農業 最終回 UECSの展望

    安場健一郎

    農耕と園芸   72 ( 10 )   2017年

     詳細を見る

  • UECS方式簡易グロースチャンバを用いた植物体の生育特徴量計測

    最上雄介, 岡安崇史, 黒崎秀仁, 星岳彦, 安場健一郎, 井上英二, 平井康丸, 光岡宗司

    九州農業試験研究機関協議会研究発表会発表要旨集(Web)   80th   2017年

     詳細を見る

  • 日本の施設園芸とユビキタス環境制御システムの現状と展望

    星岳彦, 安場健一郎, 黒崎秀仁

    植物環境工学   28 ( 4 )   2016年

     詳細を見る

  • 植物工場と電気電子情報技術-環境制御と自動機械を利用した作物周年生産システム-6 植物工場を結ぶICT技術

    安場健一郎

    電気学会誌   136 ( 6 )   2016年

     詳細を見る

  • トマト多収環境と果実元素含有率の特徴

    中野明正, 安場健一郎, AHN Dong-Hyuk, 東出忠桐

    農業および園芸   90 ( 8 )   2015年

     詳細を見る

  • 最近の環境制御技術と装置 UECS利用による環境制御の現状

    安場健一郎

    施設と園芸   ( 171 )   2015年

     詳細を見る

  • 挿し苗時期,苗の大きさとクラウンの深さがイチゴ‘さちのか’の花芽分化と開花に及ぼす影響

    吉田裕一, 宮地大介, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎, 本村翔

    岡山大学農学部センター報告(Web)   ( 37 )   2015年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理回数がイチゴ‘女峰’の開花に及ぼす影響

    花田惇史, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    岡山大学農学部センター報告(Web)   ( 37 )   2015年

     詳細を見る

  • 水の潜熱を利用した根圏および地上部冷却による施設生産における作物生育環境の改善に関する研究

    安場健一郎

    野菜茶業研究所研究報告   ( 9 )   2010年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • スマート農業を利用したこれからの施設園芸

    安場健一郎

    「中国地域スマート農業ラボ」開設記念講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 園芸施設の環境計測制御と情報解析スマート化技術の研究・普及 招待

    安場健一郎

    2021年度 農業情報学会 大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • キュウリ隔離床栽培におけるかん水方法の違いが果実収量に及ぼす影響

    安場健一郎, 岸上朋菜, 藤尾拓也, 中川ほのか, 北村嘉邦, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    researchmap

  • 低コストなスマート農業技術の開発と導入について 招待

    安場健一郎

    中四国におけるスマート農業の技術・普及に向けた検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • スマート施設園芸で持続可能な農業生産を目指そう 招待

    安場健一郎

    わかやまスマート農業フェア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Raspberry Piで動作するAIを利用したキャベツ選果システムの開発

    内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 山本晃, 大平貴之, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • トウガラシにおける少種子突然変異体とその遺伝解析

    田中義行, 田中義行, 三谷亜実, 清水のどか, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 育苗期間と根域容量がデルフィニウム・エラータム系の抽苔および切り花形質に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 河合実花, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • トウガラシの辛味強弱調整のための変異型pAMT遺伝子マーカーを用いた戻し交雑育種

    根本和香那, 野喜亮祐, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 土井元章, 田中義行, 田中義行

    園芸学研究 別冊  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • UECSを活用した施設環境計測と制御 ~ その実例と展望 ~ 招待

    安場健一郎

    奈良県 ICT環境制御研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月5日

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • スマート農業を実現するためのUECSの有効活用 招待

    スマート施設園芸に関する情報交換会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECSと連携させたYoshiMaxのよりよい活用方法

    安場健一郎

    イチゴ栽培の高収益化のための低コストハウス開発と 複合環境制御技術の最適化に関するセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 施設園芸栽培でのICT利用技術と環境制御 招待

    安場健一郎

    FIT2019シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECSを活用した複合環境制御盤の開発

    安場健一郎

    九州アグロイノベーション ミニ公開セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月26日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECS苦労夜話 招待

    インターフェース誌・オフ会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月14日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECSの現状と今後の方向性 招待

    安場健一郎

    植物工場研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 育苗条件がイチゴ‘紅ほっぺ’の心止まり発生に及ぼす影響

    砂川直徹, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • イチゴ果実の食味特に低沸点香気成分と糖濃度に影響する要因について

    吉田裕一, 櫻井美緒, 中井さや香, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 培養液中のホウ素(B)濃度と葉数管理がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, CAM Nguyen Thi, 吉田裕一, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 画像利用によるキャベツ選果AIシステムの試作

    内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 山本晃, 大平貴之, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • EOD-heatingがシクラメンの徒長に及ぼす影響とその要因解析

    後藤丹十郎, 松浦文子, 野村紅梨子, 安場健一郎, 吉田裕一, 田中義行, 中島拓, 室田有里, 加古哲也, 道園美弦

    日本生物環境工学会大会講演要旨  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 育苗期間と根域容量がデルフィニウム・シネンシス系の抽苔および切り花形質に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 甲斐鈴弥, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • イチゴ‘愛ベリー’の花芽の帯化について

    砂川直徹, CAM Nguyen Thi, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 複合環境制御下での促成イチゴ栽培における定植年内の収量

    矢野孝喜, 山中良祐, 吉越恆, 川嶋浩樹, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 長期貯蔵したダリア挿し穂における発根促進方法の開発

    後藤丹十郎, NGUYEN Thi Dieu The, NGUYEN Thi Cam, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • ワセリン処理によるガクからの蒸散抑制がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, 吉田裕一, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • キュウリ隔離床栽培における日射比例潅水の潅水頻度の違いが植物の生育に及ぼす影響

    安場健一郎, 中川ほのか, 藤尾拓也, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行

    園芸学会中四国支部研究発表要旨  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • ICTを利用した施設園芸環境制御に関する取り組み 招待

    西日本問題別研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECSを利用した施設園芸環境制御に関する取り組み 招待

    安場健一郎

    植物工場・施設園芸展 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECSを利用した施設園芸環境制御に関する取り組み

    IPM研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Vegetable Production under Greenhouse Condition using ICT 招待

    Ken-ichiro Yasuba

    JKUAT seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月26日

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Utilization and development of ICT in greenhouse production using UECS 招待

    Ken-ichiro Yasuba

    Enhancing Farm Management Efficiency by ICT for Young Farmers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月4日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 施設園芸におけるICT利用に関して 招待

    安場健一郎

    生物環境工学会西日本支部シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 「低コスト施設園芸研究ネットワーク」の 概要と今後の展開について 招待

    植物工場セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 野菜生産におけるICTの活用と今後の発展方法 招待

    安場健一郎

    東北農業試験研究推進会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月2日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • UECSを活用した施設園芸 招待

    兵庫県立農林水産技術総合センターセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ICT収集データの分析・活用に関して 招待

    安場健一郎

    ICTを活用した農産物の生産性向上対策事業指導者研修 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月24日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポット栽培を行ったキュウリの果実の有無が吸水特性に及ぼす影響

    安場健一郎, 安見明香里, 中川ほのか, 北村嘉邦, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学会 別冊 2021年  2021年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • 培地冷却装置

    安場 健一郎, 屋代 幹雄, 松尾 健太郎, 大木 淳, 高橋 亨, 石山 久悦

     詳細を見る

    出願人:独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構

    出願番号:特願2005-098653  出願日:2005年3月30日

    公開番号:特開2006-271314  公開日:2006年10月12日

    特許番号/登録番号:特許第4310382号  登録日:2009年5月22日 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 畝内帯状攪拌施用機

    屋代 幹雄, 佐藤 剛, 宍戸 良洋, 古谷 茂貴, 村上 弘治, 對馬 誠也, 松尾 健太郎, 安場 健一郎

     詳細を見る

    出願人:独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構

    出願番号:特願2003-174525  出願日:2003年6月19日

    公開番号:特開2005-006550  公開日:2005年1月13日

    特許番号/登録番号:特許第3806735号  登録日:2006年5月26日 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 撥水剤を用いた水耕栽培装置

    古谷 茂貴, 安場 健一郎

     詳細を見る

    出願人:農林水産省 野菜・茶業試験場長

    出願番号:特願平10-073919  出願日:1998年3月23日

    特許番号/登録番号:特許第2873959号  登録日:1999年1月14日 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 水耕栽培装置

    安場 健一郎, 水田 洋一, 林 孝洋, 矢澤 進

     詳細を見る

    出願人:日本電気株式会社

    出願番号:特願平8-237586  出願日:1996年9月9日

    公開番号:特開平10-080235  公開日:1998年3月31日

    特許番号/登録番号:特許第2842402号  登録日:1998年10月23日 

    J-GLOBAL

    researchmap

Works(作品等)

  • UECSノード開発用ミドルウェア(UARDECS)

    安場健一郎, 黒崎秀仁, 岡安崇史, 星岳彦, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    2018年

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

    researchmap

受賞

  • 学術普及賞

    2021年   農業情報学会  

     詳細を見る

  • 論文賞

    2018年   農業情報学会   夜間の施設内 CO2濃度変化を利用した隙間換気回数自動計算ソフトウェアの開発

    安場健一郎, 藤尾拓也, 渡邊勝吉, 多根知周, 山田竜也, 内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • ミストで夏ノ暑サにも負けない雨よけホウレンソウの増収技術を開発

    2021年04月 - 2022年03月

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  イノベーション創出強化研究推進事業 【基礎研究ステージ(チャレンジ型)】 

    岩手県農業研究センター,岡山大学,福島大学

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 加工・業務用野菜の省力・精密化で国内需要に応えるスマート農業一貫体系の確立

    2020年04月 - 2022年03月

    国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構  スマート農業実証プロジェクト 

    笠岡市、岡山県、(有)エーアンドエス、岡山大学、農研機構西日本農業研究センター、JA全農おかやま、JA晴れの国岡山、ヤンマーアグリジャパン(株)中四国支社、山陽薬品(株)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • パイプハウス土耕栽培葉菜類のIoT化・機械化によるスマート化実証

    2020年04月 - 2022年03月

    国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構  スマート農業実証プロジェクト 

    株式会社果実堂, 株式会社SenSprout, 株式会社ケーティーシステム,岡山大学,東京大学

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 加工業務用ブロッコリーの国産化を実現する大型花蕾生産技術と加工流通体系の確立

    2020年 - 2022年

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  イノベーション創出強化研究推進事業 

    農研機構, 長野県野菜花き試験場, 兵庫県立農林水産技術総合センター, 有限会社ワールドファーム

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • きゅうり産地の復興に向けた低コスト安定生産流通技術体系の実証研究

    2018年04月 - 2020年03月

    農林水産技術会議  食料生産地域再生のための先端技術展開事業 

    (地独)青森県産業技術センター農林総合研究所、(地独)岩手県工業技術センター 岡山大学、新潟大学、茨城大学

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 短時間変温管理法に基づく主要花き類の周年安定生産技術の開発

    2017年04月 - 2020年03月

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  イノベーション創出強化研究推進事業(開発研究ステージ)/ 

    農研機構, 秋田県農業試験場, 宮城県農業, 園芸総合研究所, 千葉県農林総合研究センター, 島根県農業技術センター, 愛知県農業総合試験場, 長崎県農林技術開発センター, 長野県野菜花き試験場, 兵庫県立農林水産技術総合センター, 岡山大学大学院環境生命科学研究科, 株式会社イー, 秋田県農業試験場, 宮城県農業, 園芸総合研究所, 淡路日の出農業協同組合, イノチオホールディングス株式会社

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 低コスト化・強靭化を実現する建設足場資材を利用した園芸用ハウスの開発

    2017年04月 - 2020年03月

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  革新的技術開発・緊急展開事業(経営体強化プロジェクト) 

    (国)岡山大学、広島県立総合技術研究所、奈良県農業研究開発センター、島根県農業技術センター、静岡県農林技術研究所、和歌山県農業試験場暖地園芸センター、香川県農業試験場、(株)果実堂、平群イチゴ研究会、真鍋倫明(農業経営体)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • UECSプラットホームで日本型施設園芸が活きるスマート農業の実証

    2016年04月 - 2019年03月

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  革新的技術開発・緊急展開事業(地域戦略プロジェクト) 

    (国)岡山大学、(研)農研機構西日本農業研究センター、(国)九州大学、(株)ワビット、 三基計装(株)、宮崎県総合農業試験場、山口県農林総合技術センター、岡山県農林水産総合センター、 香川県、神奈川県農業技術センター、埼玉県農業技術研究センター (普及担当機関) 宮崎県農業経営支援課、山口県山口農林事務所、岡山県農林水産総合センター、 香川県、神奈川県農業技術センター、埼玉県加須農林振興センター

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • トウガラシ遺伝資源を利用した低辛味カプサイシノイド類似物質の成分育種学研究

    研究課題/領域番号:15K18640  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    田中 義行, 吉田 裕一, 後藤 丹十郎, 安場 健一郎

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    カプシノイドは、トウガラシ果実に含まれる低辛味カプサイシノイド類似物質である。カプシノイドは低辛味ながら健康機能作用があり、食品への利用が期待されている。本実験では、その含量を増加させる遺伝子を同定することを目的とした。
    研究の結果、含量を増加させるpAMT(putative aminotrasferase)の新規変異アレルを同定した。さらに、激辛品種と他品種を比較し、果皮での生合成が果実全体のカプサイシノイドや類似物質含量の増加に寄与すること、複数の生合成経路遺伝子が激辛品種の果皮でのみ強発現していることを明らかにした。本研究結果は、辛味やカプシノイドに関する育種に有用であると考えらえる。

    researchmap

  • ICTを活用した暖地における施設園芸生産支援システムによる先進的栽培管理技術の確立

    2014年04月 - 2015年03月

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 

    熊本県農業研究センター, 宮崎県総合農業試験場, 株, 長友農機, 株, 九州オリンピア工業, 熊本県普及支援課, 宮崎県営農支援課, 宮崎県中部農林振興局農業経営課, 宮崎中央農業協同組合

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 地域間連携による低投入型・高収益施設野菜生産技術体系の実証

    2014年04月 - 2015年03月

    農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター  攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 

    研)農業, 食品産業技術総合研究機構, 近畿中国四国農業研究センター, 株, オーガニックnico, 広島県立総合技術研究所農業技術センター, 兵庫県立農林水産技術総合センター農業技術センター, 香川県農業試験場, 地独, 大阪府立環境農林水産総合研究所, 愛媛県農林水産研究所, 島根県農業技術センター, 徳島県立農林水産総合技術支援センター高度技術支援課, 吉野川農業支援センター, 三好農業支援センター

      詳細を見る

  • トウガラシ遺伝資源を用いた強力な辛味制御因子の探索とその成分育種への応用

    研究課題/領域番号:25892020  2013年08月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    田中 義行, 吉田 裕一, 後藤 丹十郎, 安場 健一郎

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    トウガラシ(Capsicum属)果実の辛味成分はカプサイシノイドである。カプサイシノイド生合成の解明はトウガラシ育種上重要である。本実験では、トウガラシの辛味に大きな影響を及ぼす遺伝子を同定することを目的とした。その結果、pAMT(putative aminotrasferase)の機能欠損がC.chinese種における低辛味性の主要な原因であることが明らかになった。pAMTはカプサイシノイドの前駆体合成に関わる遺伝子である。さらに, 非辛味のC.baccatum系統を見出した。本研究は、低・非辛味トウガラシの育種に有用であると考えられる。

    researchmap

  • 中山間地域における施設園芸技術の実証研究

    2013年04月 - 2017年03月

    農林水産技術会議  食料生産地域再生のための先端技術展開事業  中小規模施設の生産性と効率性向上を可能にする環境制御技術の構築

    独)農業, 食品産業技術総合研究機構, 野菜花き研究部門, 東北農業研究センター, 西日本, 農業研究センター, 農村工学研究, 国, 国, 国, 富士通, 東日本機電, 石村工業, 木楽創建

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • オープンCPU基板を用いた低コスト自律分散型施設環境計測制御情報システムの構築

    研究課題/領域番号:25292157  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    星 岳彦, 安場 健一郎, 岡安 崇史, 黒崎 秀仁

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    日本の小規模・軽装備園芸施設に導入・普及が可能な、低コストコンピュータ基板を用いた自律分散型の環境制御システムを構築した。Arduinoと呼ばれるオープンアーキテクチャのCPU基板をハードウェアとして採用した。気象計測などに使用するための計測用Shieldと、窓開閉機などに使用するためのアクチュエータ用Shieldを設計・開発した。また、ユビキタス環境制御システム(UECS)の情報通信規格に準拠したソフトウェア開発を可能にするためのミドルウェアであるUARDECSを整備した。研究開発された成果は、自由に活用できるようにWebページを通じて公開した。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • コース演習3 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • フィールド実習1 (2021年度) 3・4学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 作物のルーツと栽培の歴史 (2021年度) 第3学期  - 月3~4

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 施設園芸学1 (2021年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 施設園芸学2 (2021年度) 第4学期  - 月3,月4

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 生物生産科学特論Ⅱ (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 研究科目演習1 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 農学概論1 (2021年度) 第1学期  - 火3,火4

  • 農学概論1 (2021年度) 第1学期  - 火3~4

  • 野菜園芸学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 野菜園芸学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 野菜園芸学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 野菜園芸学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 野菜園芸学特論 (2021年度) 前期  - 火3,火4

  • 野菜園芸学1 (2021年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 野菜園芸学2 (2021年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 野菜生産開発学 (2021年度) 後期  - その他

  • コース演習3 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 作物のルーツと栽培の歴史 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4

  • 卒業論文 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 施設園芸学1 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 施設園芸学2 (2020年度) 第4学期  - 月3,月4

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 農学概論1 (2020年度) 第1学期  - 火3,火4

  • 野菜園芸学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 野菜園芸学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 野菜園芸学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 野菜園芸学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 野菜園芸学特論 (2020年度) 前期  - 火3,火4

  • 野菜園芸学1 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 野菜園芸学2 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 野菜生産開発学 (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示