2022/01/10 更新

写真a

シミズ カズヨシ
清水 一好
SHIMIZU Kazuyoshi
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 小児心臓麻酔

  • Pediatric cardiac anesthesia

研究分野

  • ライフサイエンス / 麻酔科学

経歴

  • 岡山大学病院   手術部   助教

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • - Assistant Professor

    2014年

      詳細を見る

  • - 岡山大学病院(手術部) 助教

    2014年

      詳細を見る

  • Assistant Professor

    2012年 - 2014年

      詳細を見る

  • 岡山大学病院(集中治療部) 助教

    2012年 - 2014年

      詳細を見る

  • 岡山大学病院(麻酔科蘇生科) 助教

    2009年 - 2012年

      詳細を見る

  • Assistant Professor

    2009年 - 2012年

      詳細を見る

  • - 岡山大学岡山大学病院 助教

    2009年

      詳細を見る

  • - Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2009年

      詳細を見る

  • 岡山大学病院(集中治療部) 医員

    2006年 - 2009年

      詳細を見る

  • Registrar,Royal Children's Hospital,Melbourne,Australia

    2004年 - 2006年

      詳細を見る

  • 王立小児病院、メルボルン、オーストラリア レジストラー

    2004年 - 2006年

      詳細を見る

  • 岡山大学病院(麻酔科蘇生科) 医員

    2002年 - 2004年

      詳細を見る

  • 広島市立広島市民病院(麻酔集中治療科) レジデント

    1999年 - 2002年

      詳細を見る

  • 岡山大学附属病院(麻酔科蘇生科) 研修医

    1998年 - 1999年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Intact survival from severe cardiogenic shock caused by the first attack of atrial tachycardia treated with extracorporeal membrane oxygenation and surgical left atrium appendage resection: a case report. 査読 国際誌

    Tatsuhiko Shimizu, Tomoyuki Kanazawa, Takanobu Sakura, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki

    JA clinical reports   7 ( 1 )   81 - 81   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Atrial tachycardia (AT) is rare in children and can usually be reversed to sinus rhythm with pharmacotherapy and cardioversion. We report a rare case of severe left-sided heart failure due to refractory AT. CASE PRESENTATION: A 12-year-old boy had AT with a heart rate of 180 beats/minute, which was refractory to any medication and defibrillation despite the first attack. Due to rapid cardiorespiratory collapse shortly after arriving at our hospital, central extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) with left arterial venting was started immediately. Although AT persisted after that, it stopped on the 3rd day after admission following surgical resection of the left atrial appendage thought to be the source of AT. He was weaned off ECMO on the 7th day and ventilator on the 14th day. CONCLUSIONS: The appropriate timing of central ECMO and surgical ablation were effective in saving this child from a life-threatening situation caused by refractory AT.

    DOI: 10.1186/s40981-021-00481-5

    PubMed

    researchmap

  • Preventative effects of bisoprolol transdermal patches on postoperative atrial fibrillation in high-risk patients undergoing non-cardiac surgery: A subanalysis of the MAMACARI study. 査読 国際誌

    Takayuki Iwano, Hironobu Toda, Kazufumi Nakamura, Kazuyoshi Shimizu, Kentaro Ejiri, Yoichiro Naito, Hisatoshi Mori, Takuro Masuda, Toru Miyoshi, Masashi Yoshida, Yukiko Hikasa, Hiroshi Morimatsu, Hiroshi Ito

    Journal of cardiology   78 ( 5 )   349 - 354   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Perioperative atrial fibrillation (POAF) after non-cardiac surgery is a risk factor for cardiovascular events including stroke and death. The aim of this subanalysis of the MAMACARI study, a multicenter randomized control study on the effectiveness of a bisoprolol transdermal patch for prevention of perioperative myocardial injury in high-risk patients undergoing non-cardiac surgery, was to identify the predictors of POAF after non-cardiac surgery in high-risk patients and to determine changes in blood pressure and heart rate during bisoprolol patch administration in the perioperative period. METHODS AND RESULTS: Patients aged over 60 years with hypertension and a high revised cardiac risk index (≥2) who were scheduled to undergo non-cardiac surgery were randomly assigned to a bisoprolol patch group (n = 120) or a control group (n = 120). We divided the patients into two groups: patients with POAF (POAF group; n = 16) and patients without POAF (non-POAF group; n = 206). Multivariate analysis showed that bisoprolol patch therapy (OR: 0.30, 95% CI: 0.092-0.978) and surgery time of 250 min or more (OR: 4.99, 95% CI: 1.37-18.2) were independently associated with POAF. Although systolic blood pressure did not differ significantly between the two groups throughout the perioperative period, treatment with a bisoprolol patch significantly reduced heart rate throughout the perioperative period compared with that in the control group. CONCLUSIONS: Low dose of a bisoprolol patch in the perioperative period was effective for prevention of POAF after non-cardiac surgery in high-risk patients, while long surgery time was an independent risk factor for POAF. It is expected that low dose of a bisoprolol patch can prevent POAF without causing hypotension.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2021.05.001

    PubMed

    researchmap

  • An Evaluation of the Safety and Feasibility of Adenosine-assisted Clipping Surgery for Unruptured Cerebral Aneurysms: Study Protocol. 査読

    Tomohito Hishikawa, Satoshi Murai, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Kazuhiko Nishi, Yuki Ebisudani, Yu Sato, Takao Yasuhara, Kenji Sugiu, Kazuyoshi Shimizu, Motomu Kobayashi, Koji Nakagawa, Aya Kimura-Ono, Katsuyuki Hotta, Hiroshi Morimatsu, Isao Date

    Neurologia medico-chirurgica   61 ( 7 )   393 - 396   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effectiveness of adenosine-induced flow arrest in surgical clipping for the cerebral aneurysms with difficulties in temporary clip placement to the proximal main trunk has been reported. This is the first clinical trial to evaluate the safety and feasibility of adenosine-assisted clipping surgery for unruptured cerebral aneurysms (UCAs) in Japan. The inclusion criteria are as follows: patients over 20 years old, patients who agree to be enrolled in this study after providing informed consent, patients who undergo clipping surgery for UCA in our institute, and patients in whom the surgeons (T.H. or I.D.) judge that decompression of the aneurysm is effective. The primary endpoint is a modified Rankin Scale (mRS) score 30 days after surgery. We plan to enroll 10 patients in this study. The original protocol of adenosine administration was established in this trial. Herein, we present the study protocol.

    DOI: 10.2176/nmc.st.2021-0018

    PubMed

    researchmap

  • Higher preoperative Qp/Qs ratio is associated with lower preoperative regional cerebral oxygen saturation in children with ventricular septal defect. 査読

    Aya Banno, Tomoyuki Kanazawa, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Kenji Baba, Shinichi Otsuki, Hiroshi Morimatsu

    Journal of anesthesia   35 ( 3 )   442 - 445   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The relationship between regional cerebral oxygen saturation (rSO2) and the amount of left-to-right shunt in ventricular septal defect (VSD) patients has not yet been investigated. The purpose of this study was to identify the association of preoperative pulmonary to systemic blood flow (Qp/Qs) ratio and preoperative rSO2 in patients with VSD. METHODS: We retrospectively evaluated 49 VSD surgical closure candidates at a single institution. Preoperative Qp/Qs ratio was compared with rSO2 measurements at the time of VSD closure surgery. RESULTS: Forty-nine were eligible for the final analysis. The median age at surgery was 6 (interquartile range [IQR]: 3, 12) months, and 36.7% were male. Atrial septal defects coexisted in 51.0%. There were no genetic abnormalities except trisomy 21 in 32.6% of the patients. Pulmonary hypertension was found in 42.8%. The median Qp/Qs ratio, calculated based on catheter testing results before the surgery, was 2.7 (IQR: 2.1, 3.7). Postoperative rSO2 was significantly higher than preoperative values (52.2 ± 12.9, 63.5 ± 13.1%, p < 0.001). There was an inverse relationship of Qp/Qs and preoperative cerebral rSO2 (r = - 0.11, p = 0.02). CONCLUSION: A higher Qp/Qs ratio was associated with a lower preoperative cerebral rSO2 in pediatric patients with VSD.

    DOI: 10.1007/s00540-021-02931-x

    PubMed

    researchmap

  • Perioperative Milrinone Infusion Improves One-Year Survival After the Norwood-Sano Procedure. 査読 国際誌

    Tomoyuki Kanazawa, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Kenji Baba, Shinichi Otsuki, Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara, Hiroshi Morimatsu

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia   35 ( 7 )   2073 - 2078   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: The aim of this study was to investigate whether milrinone infusion improved one-year survival in patients who underwent the Norwood-Sano procedure. DESIGN: A retrospective observational study. SETTING: A single-institution university hospital. PARTICIPANTS: Children who underwent the Norwood-Sano procedure from January 2008 to December 2014. INTERVENTIONS: Patients were categorized into two groups: group E+D, who received routine epinephrine and dopamine infusion, and group M, who received routine milrinone infusion for intra- and postoperative inotropic support. MEASUREMENTS AND MAIN RESULTS: The primary outcome of this study was one-year survival after the Norwood-Sano procedure. A total of 45 patients were included (group E+D, 22; group M, 23). One-year survival in group M was significantly higher than that in group E+D (95.7% [22/23] v 72.7% [16/22], p = 0.03). A Kaplan-Meier curve also showed that one-year survival in group M was significantly higher than that in group E+D (p = 0.04), from the result of the log-rank test. The number of patients who had any arrhythmias in the intensive care unit (ICU) was significantly lower in group M than in group E+D (21.7% [5/23] v 50% [11/22], p = 0.03). The duration of ICU stay did not have statistical difference between groups (group M 19; interquartile range [IQR], 15-28) v group E+D 19.5 (IQR, 16.3-35.5) days, p = 0.57). CONCLUSIONS: Perioperative milrinone infusion improved the mortality after the Norwood-Sano procedure. Potential advantages of milrinone compared with epinephrine are fewer arrhythmias and better systemic perfusion, which could decrease lethal cardiac events in the ICU.

    DOI: 10.1053/j.jvca.2021.02.017

    PubMed

    researchmap

  • Successful treatment with positive airway pressure ventilation for tension pneumopericardium after pericardiocentesis in a neonate: a case report. 査読 国際誌

    Makiko Tani, Tomoyuki Kanazawa, Naohiro Shioji, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu

    JA clinical reports   6 ( 1 )   79 - 79   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Pneumopericardium in neonates is often associated with respiratory diseases, of which positive pressure ventilation (PPV) is an exacerbating factor. Here, we present a neonate case of pneumopericardium after cardiac surgery which was resolved after applying PPV. CASE PRESENTATION: A 28-day-old neonate with left recurrent nerve palsy after aortic reconstruction for interrupted aortic arch developed pericardial effusion. Pericardiocentesis was performed under general anesthesia, and a drainage tube was left in the pericardium. After extubation, stridor gradually exacerbated, following hemodynamic deterioration. A chest X-ray demonstrated pneumopericardium. Upper airway stenosis due to recurrent nerve palsy developed excessive negative pleural pressure, and air was drawn into pericardium via the insertion site of the drainage tube. After tracheal intubation and applying PPV, the pneumopericardium improved. CONCLUSION: PPV does not always exacerbate pneumopericardium. In a patient with pericardial-atmosphere communication, increased inspiration effort can cause pneumopericardium, and PPV is a therapeutic option to alleviate the pneumopericardium.

    DOI: 10.1186/s40981-020-00384-x

    PubMed

    researchmap

  • Effects of Bisoprolol Transdermal Patches for Prevention of Perioperative Myocardial Injury in High-Risk Patients Undergoing Non-Cardiac Surgery - Multicenter Randomized Controlled Study. 査読

    Hironobu Toda, Kazufumi Nakamura, Kazuyoshi Shimizu, Kentaro Ejiri, Takayuki Iwano, Toru Miyoshi, Koji Nakagawa, Masashi Yoshida, Atsuyuki Watanabe, Nobuhiro Nishii, Yukiko Hikasa, Masao Hayashi, Hiroshi Morita, Hiroshi Morimatsu, Hiroshi Ito

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   84 ( 4 )   642 - 649   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The aim of this study was to evaluate the efficacy and safety of transdermal β-blocker patches, which offer stable blood concentration and easy availability during operation, for prevention of perioperative myocardial injury (PMI) in high-risk patients.Methods and Results:In this randomized controlled trial, patients aged >60 years with hypertension and high revised cardiac risk index (≥2) undergoing non-cardiac surgery were randomly assigned to a bisoprolol patch or control group. Primary efficacy outcome was incidence of PMI, defined as postoperative high-sensitivity cardiac troponin T (hs-cTnT) >0.014ng/mL and relative hs-cTnT change ≥20%. Secondary efficacy outcomes were number of cardiovascular events and 30-day mortality. From November 2014 to February 2019, 240 patients from 5 hospitals were enrolled in this study. The incidence of PMI was 35.7% in the bisoprolol patch group and 44.5% in the control group (P=0.18). Incidence of major adverse cardiac events including non-critical myocardial infarction, strokes, decompensated heart failure and tachyarrhythmia was similar between the 2 groups. Tachyarrhythmia tended to be higher in the control group. There were no significant differences in safety outcomes including significant hypotension and bradycardia requiring any treatment between the 2 groups. CONCLUSIONS: Bisoprolol patches do not influence the incidence of PMI and cardiovascular events in high-risk patients undergoing non-cardiac surgery, but perioperative use of these patches is safe.

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0871

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of a point-of-care serum creatinine measurement device and the impact on diagnosis of acute kidney injury in pediatric cardiac patients: A retrospective, single center study. 査読 国際誌

    Satoshi Kimura, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomoyuki Kanazawa, Hirokazu Kawase, Naohiro Shioji, Yasutoshi Kuroe, Satoshi Isoyama, Hiroshi Morimatsu

    Health science reports   3 ( 1 )   e143   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and aims: Agreement between measurements of creatinine concentrations using point-of-care (POC) devices and measurements conducted in a standard central laboratory is unclear for pediatric patients. Our objectives were (a) to assess the agreement for pediatric patients and (b) to compare the incidence of postoperative acute kidney injury (AKI) according to the two methods. Methods: This retrospective, single-center study included patients under 18 years of age who underwent cardiac surgery and who were admitted into the pediatric intensive care unit of a tertiary teaching hospital (Okayama University Hospital, Japan) from 2013 to 2017. The primary objective was to assess the correlation and the agreement between measurements of creatinine concentrations by a Radiometer blood gas analyzer (Cregas) and those conducted in a central laboratory (Crelab). The secondary objective was to compare the incidence of postoperative AKI between the two methods based on Kidney Disease Improving Global Outcomes (KDIGO) criteria. Results: We analyzed the results of 1404 paired creatinine measurements from 498 patients, whose median age was 14 months old (interquartile range [IQR] 3, 49). The Pearson correlation coefficient of Cregas vs Crelab was 0.968 (95% confidence interval [CI], 0.965-0.972, P < 0.001). The median bias between Cregas and Crelab was 0.02 (IQR -0.02, 0.05) mg/dL. While 199 patients (40.0%) were diagnosed as having postoperative AKI based on Crelab, 357 patients (71.7%) were diagnosed as having postoperative AKI based on Cregas (Kappa = 0.39, 95% CI, 0.33-0.46). In a subgroup analysis of patients whose Cregas and Crelab were measured within 1 hour, similar percentage of patients were diagnosed as having postoperative AKI based on Cregas and Crelab (42.8% vs 46.0%; Kappa = 0.76, 95% CI, 0.68-0.84). Conclusion: There was an excellent correlation between Cregas and Crelab in pediatric patients. Although more patients were diagnosed as having postoperative AKI based on Cregas than based on Crelab, paired measurements with a short time gap showed good agreement on AKI diagnosis.

    DOI: 10.1002/hsr2.143

    PubMed

    researchmap

  • Unilateral Lung Recruitment Maneuver for Massive Atelectasis in a Child With Glenn Circulation: A Case Report. 査読 国際誌

    Yoshikazu Kimura, Tomoyuki Kanazawa, Yasutoshi Kuroe, Makiko Tani, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu

    A&A practice   13 ( 11 )   430 - 432   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 9-year-old girl with Glenn circulation suffered from massive atelectasis of the left lung caused by bleeding during cardiac catheterization. The atelectasis resulted in frequent hypoxia leading to oxygen saturation (SpO2) of 40%-50%. In the intensive care unit, we performed a unilateral lung recruitment maneuver (ULRM) for 2 days. The ULRM involved placement of a bronchial blocker in the right main bronchus and application of continuous positive airway pressure to the left lung without hemodynamic deterioration. Eventually, SpO2 improved to 80%-85%. ULRM can be a treatment option for unilateral atelectasis in a child with Glenn circulation.

    DOI: 10.1213/XAA.0000000000001101

    PubMed

    researchmap

  • Local Anesthetic Systemic Toxicity Following General and Epidural Anesthesia in A patient with a History of Muscle Relaxant-induced Anaphylaxis. 査読

    Asuka Kubo, Kazuyoshi Shimizu, Kosuke Kuroda, Tomoyuki Kanazawa, Motomu Kobayashi, Hiroshi Morimatsu

    Acta medica Okayama   73 ( 6 )   543 - 546   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We here report that a 71-year-old Japanese woman with a history of anaphylaxis induced by muscle relaxants had local anesthetic systemic toxicity (LAST) following an abdominal surgery under general anesthesia with combined spinal-epidural anesthesia without muscle relaxants. The total dosages of local anesthetics reached 0.67 mg/kg of ropivacaine and 11.5 mg/kg of lidocaine over 12.5 h to obtain sufficient muscle relaxation for surgery. Regional anesthesia is useful in cases in which muscle relaxants are to be avoided during a surgery. However, especially for a patient with risk factors and prolonged surgery, precautions should be taken to prevent LAST.

    DOI: 10.18926/AMO/57721

    PubMed

    researchmap

  • Tチューブ挿入中の術中人工呼吸管理にFogartyカテーテルを使用した一症例 査読

    根ヶ山 諒, 岡原 修司, 熊代 美香, 塩路 直弘, 金澤 伴幸, 松岡 義和, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本小児麻酔学会誌   25 ( 1 )   29 - 32   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    症例は1歳11ヵ月の男児、声門下狭窄に対して輪状軟骨前方切開術が予定された。術中管理の問題点として、Tチューブ挿入後の陽圧換気中のTチューブ口側断端からのエアリークが挙げられたため、Tチューブ内にTチューブ径より小径の挿管チューブを経鼻的に留置し、挿管チューブをクランプすることで口側断端を塞ぐ方法を計画した。しかしスペースが小さく留置困難だったため、経鼻的にFogartyカテーテルをTチューブ内に留置し、バルーン拡張にて口側断端からのエアリークを軽減し、確実に換気することができた。Tチューブ挿入下での呼吸管理において、位置調整など慎重な管理は必要となるが、小児症例ではFogartyカテーテルを用いた換気方法は有用性が高いと考える。(著者抄録)

    researchmap

  • Early detection of cerebral ischemia due to pericardium traction using cerebral oximetry in pediatric minimally invasive cardiac surgery: a case report. 査読 国際誌

    Fumiaki Hayashi, Rei Nishimoto, Kazuyoshi Shimizu, Tomoyuki Kanazawa, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu

    JA clinical reports   5 ( 1 )   53 - 53   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Minimally invasive cardiac surgery (MICS) for simple congenital heart defects has become popular, and monitoring of regional cerebral oxygen saturation (rSO2) is crucial for preventing cerebral ischemia during pediatric MICS. We describe a pediatric case with a sudden decrease in rSO2 during MICS. CASE PRESENTATION: An 8-month-old male underwent minimally invasive ventricular septal defect closure. He developed a sudden decrease in rSO2 and right radial artery blood pressure (RRBP) without changes in other parameters following pericardium traction. The rSO2 and RRBP immediately recovered after removal of pericardium fixation. Obstruction of the right innominate artery secondary to the pericardium traction would have been responsible for it. CONCLUSIONS: Pericardium traction, one of the common procedures during MICS, triggered rSO2 depression alerting us to the risk of cerebral ischemia. We should be aware that pericardium traction during MICS can lead to cerebral ischemia, which is preventable by cautious observation of the patient.

    DOI: 10.1186/s40981-019-0273-7

    PubMed

    researchmap

  • Hyperchloremia Is Not an Independent Risk Factor for Postoperative Acute Kidney Injury in Pediatric Cardiac Patients. 査読 国際誌

    Satoshi Kimura, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomoyuki Kanazawa, Hirokazu Kawase, Naohiro Shioji, Yasutoshi Kuroe, Yuto Matsuoka, Satoshi Isoyama, Hiroshi Morimatsu

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia   33 ( 7 )   1939 - 1945   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Hyperchloremia recently has been shown to have an association with the development of acute kidney injury (AKI) in critically ill patients. However, there is little information about the prevalence of an abnormal chloride concentration after pediatric cardiac surgery and its association with postoperative AKI. The aim of this study was to determine the prevalence of hyperchloremia and its association with AKI in pediatric patients after cardiac surgery. DESIGN: A retrospective single-center study. SETTING: Referral high-volume pediatric cardiac center in a tertiary teaching hospital. PARTICIPANTS: Patients under 72 months of age with congenital heart disease who underwent cardiac surgery with the use of cardiopulmonary bypass. INTERVENTIONS: None. MEASUREMENTS AND MAIN RESULTS: The primary outcome was development of AKI diagnosed by Kidney Disease Improving Global Outcomes consensus criteria. The associations of outcomes with the highest serum chloride concentration ([Cl-]max) and time-weighted average chloride concentration ([Cl-]ave) within the first 48 hours after surgery were investigated. Of 521 patients included in the study, 463 patients (88.9%) had hyperchloremia at least 1 time within the first 48 hours after surgery. Postoperative AKI occurred in 205 patients (39.3%). [Cl-]ave and [Cl-]max in the AKI group were significantly higher than those in the non-AKI group (112 [110-114] mEq/L v 111 [109-113] mEq/L, p = 0.001 and 116 [113, 119] mEq/L v 114 [112-118] mEq/L, p = 0.002, respectively). After adjustment for other predictors of AKI by multivariable analyses, neither [Cl-]ave nor [Cl-]max was associated independently with the development of AKI (odds ratio [OR] = 1.040, 95% confidence interval [CI]: 0.885-1.220, p = 0.63; OR = 0.992, 95% CI: 0.874-1.130. p = 0.90). CONCLUSION: Postoperative hyperchloremia was common and was associated with the development of AKI in pediatric patients after congenital cardiac surgery in univariate analysis. After adjustment for predictors of AKI by multivariate analyses, there was no significant relationship between postoperative chloride concentration and AKI.

    DOI: 10.1053/j.jvca.2018.12.009

    PubMed

    researchmap

  • Prolonged Tachycardia with Higher Heart Rate Is Associated with Higher ICU and In-hospital Mortality. 査読

    Masao Hayashi, Arata Taniguchi, Ryuji Kaku, Shusaku Fujimoto, Satoshi Isoyama, Sei Manabe, Tsubasa Yoshida, Satoshi Suzuki, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu, Ryusuke Momota

    Acta medica Okayama   73 ( 2 )   147 - 153   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tachycardia is common in intensive care units (ICUs). It is unknown whether tachycardia or prolonged tachycardia affects patient outcomes. We investigated the association between tachycardia and mortality in critically ill patients. This retrospective cohort study's primary outcome was patient mortality in the ICU and the hospital. We stratified the patients (n=476) by heart rate (HR) as LowHR, MediumHR, and HighHR groups. We also stratified them by their durations of HR >100 (prolonged HR; tachycardia): MildT, ModerateT, and SevereT groups. We determined the six groups' mortality. The ICU mortality rates of the LowHR, MediumHR, and HighHR groups were 1.0%, 1.5%, and 7.9%, respectively; significantly higher in the HighHR vs. LowHR group. The in-hospital mortality rates of these groups were 1%, 4.5%, and 14.6%, respectively; significantly higher in the HighHR vs. LowHR group. The ICU mortality rates of the MildT, ModerateT, and SevereT groups were 0.9%, 5.6%, and 57.1%, respectively. The mortality of the HRT=0 (i.e., all HR ≤ 100) patients was 0%. The in-hospital mortality rates of the MildT, ModerateT, and SevereT groups were 1.8%, 16.7%, and 85.7%, respectively; that of the HRT=0 patients was 0.5%. Both higher HR and prolonged tachycardia were associated with poor outcomes.

    DOI: 10.18926/AMO/56650

    PubMed

    researchmap

  • High-flow Nasal Cannula Versus Noninvasive ventilation for Postextubation Acute Respiratory Failure after Pediatric Cardiac Surgery. 査読

    Naohiro Shioji, Tomoyuki Kanazawa, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomohiko Suemori, Yasutoshi Kuroe, Hiroshi Morimatsu

    Acta medica Okayama   73 ( 1 )   15 - 20   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We compared the reintubation rate in children who received high-flow nasal cannula (HFNC) therapy to the rate in children who received noninvasive ventilation (NIV) therapy for acute respiratory failure (ARF) after cardiac surgery. This was a retrospective analysis of 35 children who received HFNC therapy for ARF after cardiac surgery in 2014-2015 (the HFNC group). We selected 35 children who had received NIV therapy for ARF after cardiac surgery in 2009-2012 as a control group. The matching parameters were body weight and risk adjustment for congenital heart surgery category 1. The reintubation rate within 48 h in the HFNC group tended to be lower than that in the NIV group (3% vs. 17%, p=0.06). The reintubation rate within 28 days was significantly lower in the HFNC group compared to the NIV group (3% vs. 26%, p=0.04). The HFNC group's ICU stays were significantly shorter than those of the NIV group: 10 (IQR: 7-17) days vs. 17 (11-32) days, p=0.009. HFNC therapy might be associated with a reduced reintubation rate in children with ARF after cardiac surgery.

    DOI: 10.18926/AMO/56454

    PubMed

    researchmap

  • New oral hygiene care regimen reduces postoperative oral bacteria count and number of days with elevated fever in ICU patients with esophageal cancer. 査読

    Hirofumi Mizuno, Shinsuke Mizutani, Daisuke Ekuni, Ayano Tabata-Taniguchi, Takayuki Maruyama, Aya Yokoi, Chie Omori, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu, Yasuhiro Shirakawa, Manabu Morita

    Journal of oral science   60 ( 4 )   536 - 543   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Using a controlled pre/post study design, we investigated the effects of professional mechanical cleaning of the oral cavity with benzethonium chloride, interdental brushes, and hydrogen peroxide on the number of oral bacteria and postoperative complications among esophageal cancer patients in an intensive care unit. Before surgery, 44 patients with esophageal cancer were recruited at Okayama Hospital from January through August 2015. The control group (n = 23) received routine oral hygiene care in the intensive care unit. The intervention group (n = 21) received intensive interdental cleaning with benzethonium chloride solution and tongue cleaning with hydrogen peroxide. The number of oral bacteria on the tongue surface and plaque index were significantly lower in the intervention group than in the control group on postoperative days 1 and 2 (P < 0.05). Additionally, the number of days with elevated fever during a 1-week period was significantly lower in the intervention group than in the control group (P = 0.037). As compared with routine oral hygiene, a new oral hygiene regimen comprising benzethonium chloride, interdental brushes, and hydrogen peroxide significantly reduced the number of oral bacteria and days with elevated fever in patients with esophageal cancer.

    DOI: 10.2334/josnusd.17-0381

    PubMed

    researchmap

  • Long-term outcomes in patients treated in the intensive care unit after hematopoietic stem cell transplantation. 査読

    Makoto Nakamura, Nobuharu Fujii, Kazuyoshi Shimizu, Shuntaro Ikegawa, Keisuke Seike, Tomoko Inomata, Yasuhisa Sando, Keiko Fujii, Hisakazu Nishimori, Ken-Ichi Matsuoka, Hiroshi Morimatsu, Yoshinobu Maeda

    International journal of hematology   108 ( 6 )   622 - 629   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The number of patients who are successfully discharged from the intensive care unit (ICU) after hematopoietic stem cell transplantation (HSCT) remains limited. Most previous studies have evaluated short-term outcomes using ICU mortality; there have been comparatively fewer reports of long-term outcomes. We retrospectively analyzed 39 HSCT patients admitted to the ICU for the first time between April 2008 and July 2014. Performance status was evaluated in four long-term survivors in July 2016. Median age at ICU admission was 54 years (range 30-68). In total, 33 patients (70.2%) required mechanical ventilation and 31 patients (66%) required dialysis. The median OS from first ICU admission was 41 days (95% confidence interval [CI]: 22-64) and the 1-year survival rate was 12.8% (95% CI 4.7-25.2). No statistically significant factors were associated with short-term outcomes. Among long-term outcomes, a second or subsequent HSCT and neutropenia at ICU admission were significant risk factors. Four of 10 ICU survivors have survived with good performance status for a median of 1994 (1203-2633) days. Our results suggest that the number of prior transplants and neutropenia at ICU admission may influence OS.

    DOI: 10.1007/s12185-018-2536-x

    PubMed

    researchmap

  • Acoustic respiratory rate monitoring in a patient with a tracheostomy: A case report 査読

    Yuichiro Toda, Hiroshi Morimatsu, Masao Hayashi, Kazuyoshi Shimizu, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   63 ( 2 )   161 - 163   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acoustic respiratory rate (RRa) monitoring has been validated for patients after general anesthesia and has been shown to be a useful technique. However, its feasibility in patients with a tracheostomy has not been assessed yet. Successful monitoring of RRa in a patient with a tracheostomy is described in this case report. A 56-year-old male patient was scheduled for cranioplasty after severe subarachnoidal hemorrhage under general anesthesia. A tracheostomy tube had been placed in the patient because of airway obstruction and altered spontaneous breathing. The acoustic sensor was placed at the usual position and RRa was successfully monitored by Rad 87® (Masimo Corp., Irvine). Statistical analysis was made for comparison of respiratory rate determined by RRa monitoring with respiratory rate visually counted by intensive care nurses. There was no statistically significant difference between the two respiratory rates (P=0.82). RRa monitoring is useful even in patients with a tracheostomy.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Increase in serum vecuronium concentration following sugammadex administration in a pediatric patient after prolonged sedation 査読

    Tatsuhiko Shimizu, Yuichiro Toda, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Tomoyuki Kanazawa, Noriko Ishii, Kentaro Sugimoto, Hirokazu Kawase, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   62 ( 10 )   1225 - 1229   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is known that blood concentration of rocuronium increases after administration of sugammadex, but this is not clear in the case of vecuronium. We report a pediatric case in which serum vecuronium concentration increased following sugammadex administration after prolonged sedation using vecuronium. A 19-month-old girl weighing 7.8 kg had a history of aortic valvuloplasty at 4 months of age due to truncus arteriosus. She presented again to our hospital due to aortic regurgitation. She underwent aortic valvuloplasty and then aortic valve replacement. The postoperative course was complicated with severe heart failure and acute kidney injury requiring peritoneal dialysis. For that reason she required long-term sedation including administration of a large amount of muscle relaxant due to severe low cardiac output syndrome after aortic valvuloplasty. A total of 615 mg (79 mg·kg-1) of vecuronium was administered over a period of 24 days. On weaning from mechanical ventilation, 125 mg (16 mg·kg-1) of sugammadex was given. Vecuronium concentration measured by high-performance liquid chromatography (HPLC) was 5.03 ng·ml-1 before sugammadex administration and increase to 13.98 ng·ml-1 after that. However, blood concentration of metabolic products of vecuronium did not exceed the lower limits of measurement in each sample. She was successfully weaned from mechanical ventilation without recurarizarion. Serum concentration of vecuronium increased after administration of sugammadex because extravascular vecuronium was redistributed to intravascular space according to the concentration gradient induced by binding and clathration of vecuronium. The measured values of vecuronium after sugammadex administration on HPLC represented the total amount of free vecuronium and vecuronium combined with sugammadex. Recurarization might occur after sugammadex reversal in patients after long-term administration of vecuronium, especially if relatively smaller doses of sugammadex were given. We experienced a pediatric case in which serum vecuronium concentration increased following sugammadex administration after prolonged sedation using vecuronium. There is a risk of recurarization after sugammadex reversal in patients after long-term administration of vecuronium.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • General anesthesia for pediatric cardiac catheterization - Effects of anesthetics on blood pressure, heart rate, oxygen saturation, and carbon dioxide 査読

    Yuichiro Toda, Mamoru Takeuchi, Naoyuki Taga, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomohiko Suemori, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   61 ( 12 )   1312 - 1315   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background : There are limited data about the correlations between amount of anesthetics and variations in vital signs during pediatric cardiac catheterization. Methods : Data in 80 children with congenital heart disease undergoing cardiac catheterization with/without interventional cardiology in 2004 were examined in this retrospective cohort study. Data on blood pressure, heart rate, oxygen saturation, partial tension in end tidal carbon dioxide (PETCO2), and total amount of anesthetics given during general anesthesia were obtained from anesthetic charts. The correlations between amount of anesthetics and those vital signs were analyzed. Results : Median age of the patients was 14 months and median body weight was 8.8 kg. Median rates of variation in heart rate, blood pressure, oxygen saturation and PETCO2 were 22.8%, 29.3%, 5.9% and 10.8%, respectively. Although there were no statistical correlations between those vital signs and amounts of anesthetics such as fentanyl, vecuronium and sevoflurane, rates of variation in heart rate was smaller in patients for whom the amount of fentanyl given was more than 4 μg·kg-1·hr-1. Conclusions : There were no associations between amount of anesthetics and variations in vital signs in pediatric cardiac catheterization.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Pacing lead extraction using an excimer laser sheath under general anesthesia 査読

    Satoshi Kimura, Yuichiro Toda, Kentaro Sugimoto, Noriko Ishii, Kazuyoshi Shimizu, Tomohiko Suemori, Tatsuo Iwasaki, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   61 ( 11 )   1277 - 1280   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An excimer laser sheath has recently been used for extraction of pacing and ICD leads. By using this technique, leads are removed more easily and it has to take a shorter time to extract leads. Although lead extraction with this method can cause fatal complications such as large vessel injury, little has been reported regarding anesthetic management during the lead extraction. We experienced two cases of pacing lead extraction using an excimer laser sheath under general anesthesia. The procedures were mainly performed by cardiologists in the operating theater. A wide area was prepared with sterile drapes as for cardiac surgery with cardiovascular surgeons standing by. Vascular access catheters were placed in the right femoral artery as well as vein, and in the right internal jugular vein so that immediate PCPS introduction could be performed in case of sudden hemodynamic collapse by massive bleeding. In the first case, lead extraction was completed without any complication, but in the second case sternotomy was performed by cardiac surgeons for safe separation of leads from vessels. There were also no bleeding episodes in the second case. Preparation for bleeding and cooperation among cardiologists, cardiovascular surgeons, medical engineers and anesthesiologists are necessary from the safety point of view of this procedure under general anesthesia.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Postoperative coil embolization of residual MAPCAs greatly improved left heart failure in a patient after corrective surgery for pulmonary atresia, ventricular septal defect and MAPCAs 査読

    Masako Kinoshita, Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Satoshi Suzuki, Tomohiko Suemori, Tatsuo Iwasaki, Toru Takahashi, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   59 ( 11 )   1441 - 1445   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A male child, aged 1 year, with pulmonary atresia, ventricular septal defect and major aorto-pulmonary collateral arteries (PA, VSD, MAPCA) underwent corrective surgery including MAPCA ligation uneventfully. A few hours after admission to the ICU, severe heart failure, refractory to aggressive cardiac support including epinephrine infusion, became worse. Emergent cardiac catheterization on postoperative day 5 demonstrated the residual MAPCA and its occlusion by coil embolization dramatically resolved heart failure, indicating that the primary cause of this hemodynamic instability was likely excessive left-to-right shunt due to MAPCA. Residual LR shunt should be kept in mind to be a rare but significant cause of postoperative serious heart failure.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Successful use of intravenous amiodarone for refractory ventricular fibrillation just after releasing aortic cross-clamp 査読

    Satoshi Suzuki, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu, Nagisa Yokoi, Mayuko Matsuoka, Tomohiko Suemori, Tomoyuki Kanazawa, Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   59 ( 10 )   1266 - 1270   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Amiodarone is widely used in Europe and the United States for refractory ventricular fibrillation (VF) in various situations, such as VF after myocardial infarction or out-of-hospital cardiac arrest. We report a case of successful treatment with amiodarone of refractory VF immediately after releasing aortic cross-clamp in cardiac surgery. A 66-year-old man suffering from severe aortic stenosis underwent aortic valve replacement (AVR). General anesthesia was induced with propofol and remifentanil, and subsequently AVR was performed under cardiopulmonary bypass. Just after releasing aortic cross-clamp, VF occurred, and it continued despite multiple trials of cardioversion with direct current (DC) shocks of 20 J or 30 J. Furthermore, some DC shocks of 30 J or 50 J after administering lidocaine 60 mg and 0.5 mol·l-1 magnesium sulfate 20 ml were also ineffective. Then, nifekalant 20 mg was administered and DC shocks of 50 J were repeated intermittently, but VF still persisted. Eventually, VF disappeared after a final DC shock of 50 J with intravenous amiodarone 125 mg. Overall duration of VF was 60 minutes. The patient's trachea was extubated three days after the surgery without any complications. Intravenous amiodarone may be one of the most useful remedies for some types of arrhythmias including persistent VF.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Perioperative management for open balloon atrial septostomy immediately after caesarean section in a baby with hypoplastic left heart syndrome and intact atrial septum 査読

    Nagisa Yokoi, Yuichiro Toda, Satoshi Suzuki, Tomoyuki Kanazawa, Tomohiko Suemori, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Kiyoshi Morita

    Japanese Journal of Anesthesiology   59 ( 10 )   1308 - 1310   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hypoplastic left heart syndrome (HLHS) with intact atrial septum (IAS) is an extreme type of single ventricle physiology among congenital heart diseases, in which a baby cannot supply oxygenated blood into systemic circulation without alternative pathway. We report the case of the neonate undergoing open balloon atrial septostomy (BAS) and bilateral pulmonary artery banding (PAB) soon after scheduled caesarean sections (C/S). A 35-year-old female was pregnant and fetal echocardiography at 32 weeks revealed one of the twins as HLHS/IAS. Severe hypoxia soon after birth was suspected. Thus, scheduled C/S followed by open BAS was planned. At 36 weeks of gestation, the mother was anesthetized with spinal bupivacaine and the female baby with HLHS/IAS was delivered. After diagnosed definitely by pediatric cardiologists, her trachea was intubated by anesthegiologists and umbilical catheters were placed by neonatologists. Then the baby was transferred to neighboring operating theater for BAS 68 minutes after the birth, while her SpO2 was maintained around 75-85% through serial procedures. Open BAS and PAB were performed under general anesthesia without any hemodynamic instability or severe hypoxia. Cooperation among anesthegiologists, neonatologists, pediatric cardiologists, and cardiac surgeons is mandatory in order to successfully complete such a rushed procedure.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Acid-base variables in patients with acute kidney injury requiring peritoneal dialysis in the pediatric cardiac care unit 査読

    Hiroshi Morimatsu, Yuichiro Toda, Moritoki Egi, Kazuyoshi Shimizu, Takashi Matsusaki, Satoshi Suzuki, Tatsuo Iwasaki, Kiyoshi Morita

    JOURNAL OF ANESTHESIA   23 ( 3 )   334 - 340   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    We aimed to clarify the acid-base abnormalities of patients with acute kidney injury (AKI) requiring peritoneal dialysis (PD) in pediatric cardiac care units.
    A retrospective observational study was conducted in a pediatric cardiac care unit in a tertiary care university hospital. The subjects were 40 patients with AKI requiring PD between 2003 and 2005, and controls matched by type of surgery and body weight. Acid-base variables, including blood gas data and electrolytes, were assessed. The Stewart-Figge variables, including strong ion difference apparent (SIDa), strong ion difference effective (SIDe), and strong ion gap (SIG), were calculated.
    Blood gas analyses showed that the PD group was more acidemic, with a lower mean bicarbonate and a lower mean base excess, typical features of metabolic acidosis. The strong ion analyses revealed that the PD group had lower mean sodium and albumin concentrations. Based on the Stewart-Figge methodology, SIDa was smaller in the PD group than in the control group, but SIG was similar in the two groups. Receiver-operating characteristic curve analyses showed that serum albumin was the only prognostic factor associated with PCCU mortality, even after adjustment for PD treatment.
    Patients with AKI requiring PD in a pediatric cardiac care unit had significant metabolic acidosis compared to controls matched by the type of surgery and body weight. Hyponatremia and hypoalbuminemia were characteristics of these patients. The calculated SIDa was smaller in the PD than in the control group. Only the serum albumin had a significant prognostic value.

    DOI: 10.1007/s00540-009-0747-2

    Web of Science

    researchmap

  • [Use of the muscle relaxant in the intensive care unit]. 招待 査読

    Hideki Nakatsuka, Kazuyoshi Shimizu, Tetsufumi Sato

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   57 ( 7 )   853 - 9   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the intensive care unit (ICU), neuromuscular blocking agent (NMBA) is occasionally used with sedatives and/or analgesics, for the management of mechanically-ventilated critically ill patients. For its application in ICU, close attention should be paid on the side effects unlikely seen during operation because the basal conditions of ICU patients are more serious and its infusion period is likely to be long. There have been reports of the prolonged weakness after the long term use of NMBA. The incidence of prolonged weakness increases when a corticosteroid is applied concurrently. These side effects are associated with increases in ICU and hospital stays, and healthcare costs. Strategy should be focused on its prevention. For example, routine monitoring with peripheral nerve stimulation and titration to the minimum dose of requirement, are relevant and effective. The application of NMBA in ICU is reviewed and rocuronium recently placed on market is within the scope of this article.

    PubMed

    researchmap

  • [Complicated anesthetic management for esophageal atresia repair in a baby with total anomalous pulmonary venous connection diagnosed after esophageal surgery]. 査読

    Aya Sasaki, Yuichiro Toda, Mamoru Takeuchi, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Kiyoshi Morita

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   56 ( 9 )   1094 - 6   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A male newborn infant born at 38 weeks of gestation and weighing 2,660 g, was diagnosed as esophageal atresia. Although there was mild cyanosis at birth, his initial ultrasonographic examination performed by neonatologist showed normal anatomy of the heart. He underwent a surgical repair of esophageal atresia under general anesthesia. Anesthesia was induced with fentanyl and pancuronium, and maintained with sevoflurane and 60% oxygen. Frequent desaturation occurred during the procedure, requiring manual hyperventilation with 100% oxygen. Since blood pressure during the operation was unstable, volume loading with albumin was attempted. Further echocardiography was performed by pediatric cardiologist after going back to NICU. This revealed total anomalous pulmonary venous connection (TAPVC). He underwent cardiac surgery for repair of TAPVC on the next day. Although TAPVC was not preoperatively diagnosed regardless of results of echocardiogram, cyanosis and unstable blood pressure should be considered as signs of potential cardiac disease. Fluid restriction, higher hemoglobin, lower inspired oxygen and slightly higher carbon dioxide rather than albumin administration and hyperventilation should have been attempted during the esophageal repair.

    PubMed

    researchmap

  • Pertussis: severe clinical presentation in pediatric intensive care and its relation to outcome. 査読 国際誌

    Poongundran Namachivayam, Kazuyoshi Shimizu, Warwick Butt

    Pediatric critical care medicine : a journal of the Society of Critical Care Medicine and the World Federation of Pediatric Intensive and Critical Care Societies   8 ( 3 )   207 - 11   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To describe our institutional experience in the management of infants and children with pertussis admitted during a 20-yr period (January 1985 through December 2004) and also to study the relation between method of presentation and outcome. SETTING: Pediatric intensive care unit in a university-affiliated tertiary pediatric hospital in Melbourne, Australia. DESIGN/METHODS: Retrospective review of medical records and radiology reports of patients with a diagnosis of pertussis identified from the pediatric intensive care unit database. RESULTS: A total of 49 patients (median age, 6 wks; interquartile range, 4-8 wks) required 55 admission episodes to the pediatric intensive care unit. Main reasons for admission were apnea with or without cough paroxysms (63%), pneumonia (18%), and seizures (10%). None of the infants had completed the primary course of immunization, and 94% had not received a single dose of pertussis vaccine. Infants presenting with pneumonia presented earlier (p = .001), had longer intensive care stay (p = .007), higher white cell count (p < or = .001), lower Pao2 at admission (p = .020), and higher mortality. Six infants out of seven needing circulatory support died (including all four treated with extracorporeal membrane oxygenation), and all deaths (n = 7) occurred in infants who had pneumonia at presentation. CONCLUSION: Patients with pertussis, presenting as apnea (with or without cough paroxysms), treated in the pediatric intensive care unit had 100% survival. However, pneumonia as the main reason for admission and the need for circulatory support is associated with a very poor outcome. A deeper understanding of the molecular basis of Bordetella pertussis and its relation to the human host might offer means for future therapies.

    PubMed

    researchmap

  • [Postoperative course after first-stage palliation of hypoplastic left heart syndrome with right ventricle-to-pulmonary artery shunt; compared with classic Norwood procedure]. 査読

    Tatsuo Iwasaki, Mamoru Takeuchi, Naoyuki Taga, Katsunori Oe, Kazuyoshi Shimizu, Kiyoshi Morita

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   53 ( 9 )   1008 - 13   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: A recent modification of the Norwood procedure involves the use of a right ventricle-to-pulmonary artery (RV-PA) shunt to provide pulmonary blood flow for patients with hypoplastic left heart syndrome (HLHS). We investigated the hemodynamics after first-stage palliation of HLHS with RV-PA shunt compared with classic Norwood procedure with subclavian-to-pulmonary artery (BT) shunt. METHODS: The postoperative course of 12 infants who had undergone first-stage palliation for HLHS using BT shunt (group BT: n=6) and RV-PA shunt (group RV-PA: n=6) were retrospectively reviewed and we obtained the following data: blood pressure, heart rate, inotropic support, atrial pressure, lactate, base excess, PaO2, FIO2. RESULTS: The RV-PA shunt using a non-valved conduit provided higher diastolic blood pressure than the BT shunt, but no significant difference in heart rate, systemic blood pressure, inotropic support and atrial pressure was observed between the two groups. Although the infants in the group RV-PA required significantly more myocardial ischemic time for operative procedure than those in the group BT, the serum lactate level in the group RV-PA was significantly lower than those in the group BT. CONCLUSIONS: These results show that the RV-PA shunt provides a stable systemic circulation and abundant tissue oxygen supply. Excellent hemodynamics provided by RV-PA shunt is beneficial for infants undergoing stage I palliation for HLHS.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 【急性血液浄化法2020-'21-ガイドライン、スタンダード、論点そして私見-】急性血液浄化療法の適応疾患・臨床場面 頭蓋内病変合併例に対する血液浄化療法

    大岩 雅彦, 清水 一好, 森松 博史( 担当: 分担執筆)

    救急・集中治療  2020年6月 

     詳細を見る

  • 【小児麻酔最新の知識】小児麻酔におけるデクスメデトミジン

    清水 一好, 金澤 伴幸, 岩崎 達雄( 担当: 分担執筆)

    小児外科  2019年2月 

     詳細を見る

  • 救急・集中治療アドバンス 重症患者における急性肝不全・急性腎障害・代謝異常 4-2 AKIに対する血液浄化療法の開始と中止.

    中山書店  2018年  ( ISBN:9784521743349

     詳細を見る

  • 改訂版 小児心臓麻酔マニュアル

    メディカルフロントインターナショナル  2017年  ( ISBN:9784902090833

     詳細を見る

  • 徹底ガイド 小児の呼吸管理 Q&A 第3版 先天性心疾患患児の呼吸管理

    総合医学社  2016年  ( ISBN:9784883786473

     詳細を見る

  • Neuroanesthesia and cerebrospinal protection

    Springer  2015年  ( ISBN:9784431544890

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 頭蓋咽頭腫摘出後の血清ナトリウム濃度変動により橋外性髄鞘崩壊症を生じた一小児例

    松岡 勇斗, 谷 真規子, 清水 一好, 金澤 伴幸, 市川 智継, 佐々木 達也, 長谷川 高誠, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   28 ( 3 )   227 - 229   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    6歳男児。1年前に頭蓋咽頭腫に対して開頭腫瘍摘出術を施行された。今回、頭蓋咽頭腫の再発に対して再度摘出術を施行され、術後2日目に意識障害が出現し、血清Na値が182mmol/Lまで上昇した。中枢性尿崩症と考え、生理食塩水とバソプレシンの持続静注を開始した。術後3日目以降は意識レベルが回復していたが、7日目に意識障害が再度出現し、血清Na値が142mmol/Lまで低下していたため、浸透圧性脱髄症候群を鑑別に挙げて頭部MRIを施行し、橋外性髄鞘崩壊症と診断した。本例は頭蓋咽頭腫が視床下部に強く癒着しており、腫瘍摘出に伴い視床下部機能障害が生じたことで高Na血症が急速に進行したものと考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J02874&link_issn=&doc_id=20210611380012&doc_link_id=10.3918%2Fjsicm.28_227&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3918%2Fjsicm.28_227&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 重症妊産褥婦の肺水腫への取り組み

    清水一好

    日本麻酔科学会学術集会(Web)   68th   2021年

     詳細を見る

  • 気管気管支骨軟骨異形成症による気管狭窄のため挿管を回避し,声門上器具で術中気道管理した一症例

    岩木俊男, 清水一好

    日本臨床麻酔学会誌   41 ( 6 )   2021年

     詳細を見る

  • ICUせん妄と鎮静

    清水一好

    日本集中治療医学会学術集会(Web)   48th   2021年

     詳細を見る

  • 肺循環の生理と肺動脈性肺高血圧症の病態生理からみたその治療

    中村一文, 赤木達, 岩野貴之, 江尻健太郎, 杜徳尚, 伊藤浩, 清水一好, 岩崎達雄

    Cardiovascular Anesthesia   25 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • Treat and Repairを行った重度肺高血圧症を伴う成人心室中隔欠損症の一麻酔管理例

    武藤 典子, 岩崎 達雄, 金澤 伴幸, 清水 達彦, 佐倉 考信, 黒江 泰利, 清水 一好, 森松 博史

    Cardiovascular Anesthesia   24 ( Suppl. )   150 - 150   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 穿通胎盤遺残の管理にThromboelastographyを使用した一例

    西本 れい, 廣井 一正, 松岡 義和, 日笠 友起子, 白川 拓, 坪井 千佳, 小坂 順子, 清水 一好, 賀来 隆治, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   27 ( Suppl. )   580 - 580   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • Workplace-based assessment導入には、指導医の養成と積極参加を促す工夫が必要 自施設での導入経験から

    谷 真規子, 清水 一好, 金澤 伴幸, 森松 博史

    医学教育   51 ( Suppl. )   210 - 210   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • リクルートメント手技が全身麻酔下の仰臥位と頭低位時の呼吸・循環動態に与える影響-大動物を用いた検討-

    小坂順子, 清水一好, 森松博史

    日本呼吸療法医学会学術集会プログラム・抄録集   42nd   2020年

     詳細を見る

  • 交通外傷後の肺コンプライアンス低下症例の術中管理において自発呼吸の回復により酸素化が改善した1症例

    清水達彦, 清水一好, 大倉靖子, 森松博史

    日本呼吸療法医学会学術集会プログラム・抄録集   42nd   2020年

     詳細を見る

  • 成人先天性心疾患患者に対する非心臓手術の麻酔管理

    岩崎 達雄, 金澤 伴幸, 川瀬 宏和, 清水 一好

    麻酔   68 ( 増刊 )   S47 - S55   2019年11月

  • 血小板無力症合併妊婦の帝王切開の周術期管理経験

    鄭 芳毅, 小野 大輔, 谷口 新, 松崎 孝, 清水 一好, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   39 ( 6 )   S300 - S300   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 大学病院における専攻医臨床能力評価システム導入後の現状

    谷 真規子, 金澤 伴幸, 清水 一好, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   39 ( 6 )   S272 - S272   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 非心臓手術周術期の心血管イベント 成人期のFontan手術後患者の周術期管理

    清水 一好, 金澤 伴幸, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本心臓病学会学術集会抄録   67回   S - 4   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 大動脈弓離断症根治術後に左反回神経麻痺による吸気努力増大が誘因となり生じた心嚢気腫の一例

    谷 真規子, 金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    Cardiovascular Anesthesia   23 ( Suppl. )   [DP3 - 01]   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 【小児麻酔のいま】小児心臓麻酔のいま

    金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄

    臨床麻酔   43 ( 6 )   844 - 851   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:真興交易(株)医書出版部  

    小児心臓手術の麻酔は、その複雑な病態を理解し、適切な麻酔薬の選択や人工呼吸器設定を行うことが必要である。大量麻薬麻酔から、フェンタニルに加え少量の吸入麻酔薬などを使用したバランス麻酔へと移行し、早期覚醒を目指した全静脈麻酔も行われている。特徴的な単心室の並列循環では、以前から提唱されている肺血管抵抗の調節に加え、血管拡張薬を使用した体血管抵抗の積極的な調節がより重要視されている。また、SvO2や脳組織rSO2などの新たなモニタリングにより心拍出量の推定や、中枢神経障害などの重度合併症を予防する積極的な取り組みなど、小児心臓麻酔は、より良い生存率と成績の質の向上を目指した管理へと移行している。(著者抄録)

    researchmap

  • 周術期におけるECMO 小児複雑心奇形の周術期におけるECMO治療

    岩崎 達雄, 金澤 伴幸, 清水 一好, 川瀬 宏和, 森松 博史, 笠原 真悟

    日本臨床麻酔学会誌   39 ( 2 )   148 - 154   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    小児におけるECMO(Extracorporeal Membrane Oxygenation)治療は、先天性心疾患に対しても重要な適応がある。小児複雑心奇形周術期におけるECMO導入のコンセンサスの得られた明確な基準はないが、循環破綻による多臓器障害を合併した状態での導入より、計画的早期の導入の方が離脱率の向上につながると考えられる。出血性合併症が問題となりやすいが、病態を把握し補充療法に努める。心機能の回復には心室の十分な減圧が必要である。小児複雑心奇形の特徴的な疾患である単心室症例のECMO管理では循環生理および解剖学的特徴をよく理解し、各々の状態に応じた管理が肝要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01620&link_issn=&doc_id=20190319280006&doc_link_id=%2Fci4jjsca%2F2019%2F003902%2F007%2F0148-0154%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fci4jjsca%2F2019%2F003902%2F007%2F0148-0154%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ECMO中の輸血需要に関連した臨床的特徴と凝固管理

    青景 聡之, 平山 隆浩, 塚原 紘平, 高 寛, 清水 一好, 中川 晃志, 岩崎 達雄, 笠原 真悟, 内藤 宏道, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌   26 ( Suppl. )   [O27 - 6]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • Hemi-clamshell開胸法により片側の脳局所組織酸素飽和度が低下した1例

    部村 公香, 清水 一好, 金澤 伴幸, 廣井 一正, 小林 求, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   39 ( 1 )   21 - 25   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    55歳、男性。左房浸潤を伴う肺癌に対し、右上葉切除、S6切除および人工心肺を用いた左房部分切除術が予定された。人工心肺使用症例であることから、両側の脳局所組織酸素飽和度(rSO2)をモニターした。胸壁への癒着剥離の際、hemi-clamshell開胸開始後から右rSO2値のみ低下を認めた。胸壁のつり上げに伴い腕頭動脈が狭窄し右脳血流が著明に低下したことが原因と考えた。つり上げ程度の調整により右rSO2値は速やかに改善した。術後は神経学的後遺症なく経過した。本症例ではrSO2測定により術操作に伴う脳血流異常を検知・対応でき、神経学的後遺症を回避できた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01620&link_issn=&doc_id=20190123360004&doc_link_id=130007592686&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007592686&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 超音波ガイド下動脈ライン穿刺と末梢静脈ライン確保のコツ

    金澤 伴幸, 岩崎 達雄, 清水 一好, 塩路 直弘, 黒江 泰利, 森松 博史

    日本小児麻酔学会誌   24 ( Suppl. )   72 - 72   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 術後呼吸管理が予定される小児手術では,経鼻挿管とする Pro: 術後呼吸管理が予定される小児手術では,絶対経鼻挿管が有用である

    川瀬 宏和, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 塩路 直弘, 黒江 泰利, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   38 ( 6 )   S159 - S159   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • A-line穿刺は貫通法で行う Pro: Proの立場から

    金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   38 ( 6 )   S158 - S158   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 当院での小児血漿交換初期血圧低下予防への取り組み

    落葉 佑昌, 清水 一好, 上野 秀則, 岩藤 晋, 森松 博史

    日本急性血液浄化学会雑誌   9 ( Suppl. )   125 - 125   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本急性血液浄化学会  

    researchmap

  • 症例カンファレンス 右自然気胸に対する右肺瘻閉鎖術(左側臥位)

    豊田 浩作, 冨田 晶子, 高内 裕司, 池崎 弘之, 中里 桂子, 岡原 修司, 清水 一好

    LiSA   25 ( 9 )   927 - 943   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    researchmap

  • 小児心臓手術患者へのトラネキサム酸のルーティン使用は必要か?

    清水 一好

    Cardiovascular Anesthesia   22 ( Suppl. )   132 - 132   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 急性血液浄化法の開始基準・離脱基準-我々はこうしている- 当院におけるCRRT導入のタイミングと生存率の関係

    末永 健二, 清水 一好, 中尾 篤典, 森松 博史

    日本急性血液浄化学会雑誌   9 ( Suppl. )   96 - 96   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本急性血液浄化学会  

    researchmap

  • 当院におけるECMO回路へのCRRT回路組み込み方法の現状

    西村 まどか, 堂口 琢磨, 高 寛, 宮本 綾子, 高浪 大地, 清水 一好, 森松 博史

    日本急性血液浄化学会雑誌   9 ( Suppl. )   127 - 127   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本急性血液浄化学会  

    researchmap

  • 揮発性麻酔薬デスフルランが麻酔管理中の一酸化窒素療法に与える影響

    落葉 佑昌, 末永 健二, 藤原 恵莉, 平山 隆浩, 上野 秀則, 岩藤 晋, 清水 一好

    日本臨床工学技士会会誌   ( 63 )   148 - 148   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床工学技士会  

    researchmap

  • Diastolic Dysfunction Is a Risk of Perioperative Myocardial Injury Assessed by High-Sensitivity Cardiac Troponin T in Elderly Patients Undergoing Non-Cardiac Surgery.

    Hironobu Toda, Kazufumi Nakamura, Koji Nakagawa, Atsuyuki Watanabe, Toru Miyoshi, Nobuhiro Nishii, Kazuyoshi Shimizu, Masao Hayashi, Hiroshi Morita, Hiroshi Morimatsu, Hiroshi Ito

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 ( 3 )   775 - 782   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    BACKGROUND: High-sensitivity cardiac troponin T (hs-cTnT) is useful for detecting myocardial injury and is expected to become a prognostic marker in patients undergoing non-cardiac surgery. The aim of this pilot study evaluating the efficacy of β-blocker therapy in a perioperative setting (MAMACARI study) was to assess perioperative myocardial injury (PMI) in elderly patients with preserved ejection fraction (EF) undergoing non-cardiac surgery.Methods and Results:In this prospective observational cohort study of 151 consecutive patients with preserved EF and aged >60 years who underwent non-cardiac surgery, serum levels of hs-cTnT were measured before and on postoperative days 1 and 3 after surgery. PMI was defined as postoperative hs-cTnT >0.014 ng/mL and relative hs-cTnT change ≥20%. A total of 36 (23.8%) of the patients were diagnosed as having PMI. The incidence of a composite of cardiovascular events within 30 days after surgery, including myocardial infarction, stroke, worsening heart failure, atrial fibrillation and pulmonary embolism, was significantly higher in patients with PMI than in patients without PMI (odds ratio (OR) 9.25, P<0.001, 95% confidence interval (CI) 2.65-32.3). Multivariate analysis revealed that left ventricular diastolic dysfunction defined by echocardiography was independently associated with PMI (OR: 3.029, 95% CI: 1.341-6.84, P=0.008). CONCLUSIONS: PMI is frequently observed in elderly patients undergoing non-cardiac surgery. Diastolic dysfunction is an independent predictor of PMI.

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0747

    PubMed

    researchmap

  • 試作Tele ICUシステムの病院間使用

    清水 一好, 木村 雅一, 鈴木 聡, 林 真雄, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   25 ( Suppl. )   [O76 - 7]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 経鼻高流量酸素療法における供給水条件の違いによる加温加湿効果の実験的検討

    落葉 佑昌, 清水 一好

    日本集中治療医学会雑誌   25 ( Suppl. )   [O71 - 6]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • Associations between intraoperative ventilator settings during one-lung ventilation and postoperative pulmonary complications: A prospective observational study

    Shuji Okahara, Kazuyoshi Shimizu, Satoshi Suzuki, Kenzo Ishii, Hiroshi Morimatsu

    BMC Anesthesiology   18 ( 1 )   13   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BioMed Central Ltd.  

    Background: The interest in perioperative lung protective ventilation has been increasing. However, optimal management during one-lung ventilation (OLV) remains undetermined, which not only includes tidal volume (VT) and positive end-expiratory pressure (PEEP) but also inspired oxygen fraction (FIO2). We aimed to investigate current practice of intraoperative ventilation during OLV, and analyze whether the intraoperative ventilator settings are associated with postoperative pulmonary complications (PPCs) after thoracic surgery. Methods: We performed a prospective observational two-center study in Japan. Patients scheduled for thoracic surgery with OLV from April to October 2014 were eligible. We recorded ventilator settings (FIO2, VT, driving pressure (ΔP), and PEEP) and calculated the time-weighted average (TWA) of ventilator settings for the first 2 h of OLV. PPCs occurring within 7 days of thoracotomy were investigated. Associations between ventilator settings and the incidence of PPCs were examined by multivariate logistic regression. Results: We analyzed perioperative information, including preoperative characteristics, ventilator settings, and details of surgery and anesthesia in 197 patients. Pressure control ventilation was utilized in most cases (92%). As an initial setting for OLV, an FIO2 of 1.0 was selected for more than 60% of all patients. Throughout OLV, the median TWA FIO2 of 0.8 (0.65-0.94), VT of 6.1 (5.3-7.0) ml/kg, ΔP of 17 (15-20) cm H2O, and PEEP of 4 (4-5) cm H2O was applied. Incidence rate of PPCs was 25.9%, and FIO2 was independently associated with the occurrence of PPCs in multivariate logistic regression. The adjusted odds ratio per FIO2 increase of 0.1 was 1.30 (95% confidence interval: 1.04-1.65, P =0.0195). Conclusions: High FIO2 was applied to the majority of patients during OLV, whereas low VT and slight degree of PEEP were commonly used in our survey. Our findings suggested that a higher FIO2 during OLV could be associated with increased incidence of PPCs.

    DOI: 10.1186/s12871-018-0476-x

    Scopus

    researchmap

  • 【症例カンファレンス】右自然気胸に対する右肺瘻閉鎖術(左側臥位)PLAN 3 呼吸・循環不全リスクが高い症例に対しては体外式膜型人工肺を選択.

    岡原修司, 清水一好

    LiSA   25 ( 9 )   937 - 939   2018年

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後のNasal high flow therapyの現在と将来への展望

    塩路直弘, 岩崎達雄, 清水一好, 金澤伴幸, 川瀬宏和, 木村聡, 黒江泰利, 佐藤明, 森松博史, 大月審一, 笠原真吾

    日本心臓血管麻酔学会誌   22 ( 1 )   45 - 48   2018年

     詳細を見る

  • 特集 周術期の呼吸管理 術後合併症ハイリスク患者の周術期呼吸管理

    岡原修司, 清水一好, 塩路直弘, 森松博史

    麻酔   67   511 - 517   2018年

     詳細を見る

  • 小児の麻酔中における人工呼吸器設定.

    金澤伴幸, 岩崎達雄, 清水一好, 末盛智彦, 森松博史

    日本臨床麻酔学会誌   38 ( 2 )   250 - 255   2018年

     詳細を見る

  • High Ionized Calcium Concentration Is Associated With Prolonged Length of Stay in the Intensive Care Unit for Postoperative Pediatric Cardiac Patients.

    Kimura S, Iwasaki T, Oe K, Shimizu K, Suemori T, Kanazawa T, Shioji N, Kuroe Y, Matsuoka Y, Morimatsu H

    J Cardiothorac Vasc Anesth   32 ( 4 )   1667 - 1675   2018年

     詳細を見る

  • Perioperative Management of a Child With Glucose Transporter Type 1 Deficiency Syndrome: A Case Report.

    Yoshida T, Shimizu K, Suzuki S, Matsuoka Y, Morimatsu H

    A&A Practice   11   35 - 37   2018年

     詳細を見る

  • Incidence of Pulmonary Complications with the Prophylactic Use of High-flow Nasal Cannula after Pediatric Cardiac Surgery: Prophylactic HFNC Study Protocol.

    Shioji N, Kanazawa T, Iwasaki T, Shimizu K, Suemori T, Kawase H, Kimura S, Kuroe Y, Morimatsu H

    Acta Med Okayama   72 ( 2 )   193 - 196   2018年

     詳細を見る

  • 胸腺腫摘出術後の抜管時に冠動脈攣縮から心停止に至った一例.

    吹田晃享, 清水一好, 金澤伴幸, 松岡義和, 森松博史

    日本臨床麻酔学会誌   38 ( 2 )   142 - 147   2018年

     詳細を見る

  • Severe Acute Respiratory Distress Syndrome Using Electrical Activity of the Diaphragm on Weaning from Extracorporeal Membrane Oxygenation

    Shuji Okahara, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 6 )   543 - 546   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    The electrical activity of the diaphragm (EAdi) shows global diaphragmatic activation and power output from the central nervous system. We measured the EAdi as an indicator of breathing workload in a 40-year-old man suffering from severe acute respiratory distress syndrome (ARDS) secondary to influenza pneumonia in the process of weaning from extracorporeal membrane oxygenation (ECMO). Turning off the sweep gas flow immediately led to EAdi elevation, followed by hypoxia. The patient was successfully weaned from ECMO by reference to EAdi. This is the first case report to suggest that EAdi monitoring might be useful for ARDS patients during ECMO weaning.

    Web of Science

    researchmap

  • Severe Acute Respiratory Distress Syndrome Using Electrical Activity of the Diaphragm on Weaning from Extracorporeal Membrane Oxygenation

    Shuji Okahara, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 6 )   543 - 546   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    The electrical activity of the diaphragm (EAdi) shows global diaphragmatic activation and power output from the central nervous system. We measured the EAdi as an indicator of breathing workload in a 40-year-old man suffering from severe acute respiratory distress syndrome (ARDS) secondary to influenza pneumonia in the process of weaning from extracorporeal membrane oxygenation (ECMO). Turning off the sweep gas flow immediately led to EAdi elevation, followed by hypoxia. The patient was successfully weaned from ECMO by reference to EAdi. This is the first case report to suggest that EAdi monitoring might be useful for ARDS patients during ECMO weaning.

    Web of Science

    researchmap

  • 周術期におけるECMO 小児複雑心奇形におけるECMO

    岩崎 達雄, 金澤 伴幸, 清水 一好, 森松 博史, 笠原 真悟

    日本臨床麻酔学会誌   37 ( 6 )   S104 - S104   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • Hemi-clamshellによる開胸によって脳局所組織酸素飽和度が低下した1例

    部村 公香, 森松 博史, 小林 求, 清水 一好, 金澤 伴幸, 廣井 一正

    日本臨床麻酔学会誌   37 ( 6 )   S340 - S340   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • Physiological impact of high-flow nasal cannula therapy on postextubation acute respiratory failure after pediatric cardiac surgery: A prospective observational study

    Naohiro Shioji, Tatsuo Iwasaki, Tomoyuki Kanazawa, Kazuyoshi Shimizu, Tomohiko Suemori, Kentaro Sugimoto, Yasutoshi Kuroe, Hiroshi Morimatsu

    Journal of Intensive Care   5 ( 1 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BioMed Central Ltd.  

    Background: Reintubation after pediatric cardiac surgery is associated with a high rate of mortality. Therefore, adequate respiratory support for postextubation acute respiratory failure (ARF) is important. However, little is known about the physiological impact of high-flow nasal cannula (HFNC) therapy on ARF after pediatric cardiac surgery. Our working hypothesis was that HFNC therapy for postextubation ARF after pediatric cardiac surgery improves hemodynamic and respiratory parameters. Methods: This was a prospective observational study conducted at a single university hospital. Children less than 48 months of age who had postextubation ARF after cardiac surgery were included in this study. HFNC therapy was started immediately after diagnosis of postextubation ARF. Data obtained just before starting HFNC therapy were used for pre-HFNC analysis, and data obtained 1 h after starting HFNC therapy were used for post-HFNC analysis. We compared hemodynamic and respiratory parameters between pre-HFNC and post-HFNC periods. The Wilcoxon signed-rank test was used to analyze these indices. Results: Twenty children were included in this study. The median age and body weight were 4.5 (2.3-14.0) months and 4.3 (3.1-7.1) kg, respectively. Respiratory rate (RR) significantly decreased from 43.5 (32.0-54.8) to 28.5 (21.0-40.5) breaths per minute (p = 0.0008) 1 h after the start of HFNC therapy. Systolic blood pressure also decreased from 87.5 (77.8-103.5) to 76.0 (70.3-85.0) mmHg (p = 0.003). Oxygen saturation, partial pressure of arterial carbon dioxide, heart rate, and lactate showed no remarkable changes. There was no adverse event caused by HFNC therapy. Conclusions: HFNC therapy improves the RR of patients who have postextubation ARF after pediatric cardiac surgery without any adverse events.

    DOI: 10.1186/s40560-017-0226-z

    Scopus

    researchmap

  • Milrinone Infusion Improves One-Year Survival After Norwood Sano Procedure

    Tomoyuki Kanazawa, Hiroshi Morimatsu, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Kentaro Sugimoto

    ANESTHESIA AND ANALGESIA   124   155 - 156   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Perioperative Brain Natriuretic Peptide in Pediatric Cardiac Surgery Patients: Its Association With Postoperative Outcomes

    Tomoyuki Kanazawa, Moritoki Egi, Yuichiro Toda, Kazuyoshi Shimizu, Kentaro Sugimoto, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA   31 ( 2 )   537 - 542   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    Objectives: The aim of this study was to investigate the relationship between perioperative brain natriuretic peptide levels and the incidence of postoperative serious adverse events (SAEs) in pediatric cardiac patients.
    Design: A prospective observational study.
    Setting: A single-institution university hospital.
    Participants: Children under 15 years old who underwent cardiac surgery that required cardiopulmonary bypass from December 21, 2012 to February 26, 2014. The Risk Adjustment for Congenital Heart Surgery 1 category less than 1 was excluded.
    Interventions: Brain natriuretic peptide (BNP) levels were measured preoperatively (BNPpre) and on postoperative day 1 (BNPpoDi) and postoperative day 3 (BNPpoD3).
    Methods and Results: Primary outcome was the incidence of postoperative SAEs; (1) death in the intensive care unit, (2) requirement of extracorporeal membrane oxygenation, (3) cardiac arrest, and (4) requirement of reoperation for hemodynamic instability. The authors included 71 patients in this study. There were 8 patients (11%) who had at least 1 SAE. Median preoperative BNP level in patients with. SAEs was significantly higher than in those without SAEs (1,541 pg/mL [IQR: 121-5,962] v 122 pg/mL [QR: 34-342], p = 0.01). From the receiver operating characteristic curve of BNPpre for the incidence of SAEs, an area under the curve was 0.77 (95%CI 0.55-0.91). The best cutoff BNPpre number was 1,000 pg/mL. From the multivariate logistic regression model, BNPpre &gt; 1,000 pg/mL was associated independently with risk of SAEs (adjusted odds ratio = 8.5, 95% CI [1.3, 59.3], p = 0.02).
    Conclusions: In conclusion, the authors' study showed that increased preoperative brain natriuretic peptide concentration, especially a concentration of more than 1,000 pg/mL, was associated with risk of SAEs in pediatric. cardiac surgery patients. (C) 2017 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1053/j.jvca.2016.09.008

    Web of Science

    researchmap

  • NO療法装置INOflo DS(r)と半閉鎖式循環麻酔器の機種による適正管理方法の実験的検討

    落葉 佑昌, 藤原 宏成, 末永 健二, 藤原 恵莉, 上野 秀則, 岩藤 晋, 清水 一好

    日本臨床工学技士会会誌   ( 60 )   169 - 169   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床工学技士会  

    researchmap

  • 集中治療領域におけるTele ICUシステムの試作・検討

    清水 一好, 林 真雄, 鈴木 聡, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   24 ( Suppl. )   DP74 - 5   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • ガムエラスティックブジー使用下気管切開チューブ挿入時に気管膜様部裂創に至った症例

    内藤真由, 伊加真士, 黒江泰利, 清水一好, 武田吉正, 森松博史

    日本臨床麻酔学会誌   37 ( 2 )   156 - 161   2017年

     詳細を見る

  • 高トリグリセリド血症起因性急性膵炎にLDL(low density lipoprotein)吸着療法が奏功した妊婦の1例

    佐倉考信, 清水一好, 廣井一正, 鈴木聡, 林真雄, 賀来隆治, 森松博史

    日本集中治療医学会誌   24 ( 1 )   26 - 30   2017年

     詳細を見る

  • 窪田論文に対するEditorial comment

    清水一好

    心臓   49 ( 1 )   30 - 31   2017年

     詳細を見る

  • 総肺静脈還流異常症、大血管転位症の麻酔管理

    末盛智彦, 岩崎達雄, 清水一好, 金澤伴幸, 杉本健太郎, 森松博史

    日本臨床麻酔学会誌   37 ( 4 )   491 - 497   2017年

     詳細を見る

  • NAVA; Neurally Adjusted Ventilation Assist; 基礎と実践

    塩路直弘, 岡原修司, 金澤伴幸, 清水一好, 森松博史

    ICUとCCU   41 ( 1 )   21 - 27   2017年

     詳細を見る

  • INTRAOPERATIVE FLUID THERAPY IN VIDEO-ASSISTED THORACOSCOPIC ESOPHAGECTOMY: A RETROSPECTIVE STUDY

    Yukiko Hikasa, Satoshi Suzuki, Tomoyuki Kanazawa, Masao Hayashi, Takashi Matsusaki, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu

    CRITICAL CARE MEDICINE   44 ( 12 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • THE STATE OF INTERVENTION BY BRAIN NATRIURETIC PEPTIDE VALUES IN PEDIATRIC CARDIAC SURGERY PATIENTS

    Yasutoshi Kuroe, Tomoyuki Kanazawa, Naohiro Shioji, Kentaro Sugimoto, Tomohiko Suemori, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu

    CRITICAL CARE MEDICINE   44 ( 12 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 人工股関節手術の術後リハビリに対する持続大腿神経ブロックの鎮痛効果 カテーテル孔の位置、造影像の差異に関して

    岩木 俊男, 清水 一好

    日本ペインクリニック学会誌   23 ( 4 )   596 - 596   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ペインクリニック学会  

    researchmap

  • 浸潤性胸腺腫摘出術後の抜管時に冠動脈攣縮から心停止に至った一例

    吹田 晃享, 松岡 義和, 金澤 伴幸, 清水 一好, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   36 ( 6 )   S354 - S354   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 患者の予後改善を目指した鎮静管理とは? 浅い鎮静管理の実践

    清水 一好

    日本臨床麻酔学会誌   36 ( 6 )   S250 - S250   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 血液浄化と酸塩基平衡

    清水 一好, 森松 博史

    日本急性血液浄化学会雑誌   7 ( Suppl. )   67 - 67   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本急性血液浄化学会  

    researchmap

  • がん性疼痛患者22名に対する塩酸モルヒネ単独使用硬膜外ポートの有効性の検討

    岩木 俊男, 藤井 洋泉, 清水 一好

    日本ペインクリニック学会誌   23 ( 3 )   384 - 384   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ペインクリニック学会  

    researchmap

  • 乳児劇症肝炎に対して血液浄化療法を工夫して施行した一例

    末永 健二, 落葉 佑昌, 藤原 宏成, 玉井 克明, 井口 浩貴, 上野 秀則, 上木 真由美, 藤原 恵莉, 西山 宏徳, 古川 達也, 高須賀 功喜, 坂手 克彰, 岩藤 晋, 清水 一好

    日本血液浄化技術学会会誌   24 ( Suppl )   141 - 141   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液浄化技術学会  

    researchmap

  • Urinary Albumin Levels Predict Development of Acute Kidney Injury After Pediatric Cardiac Surgery: A Prospective Observational Study

    Kentaro Sugimoto, Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomoyuki Kanazawa, Noriko Muto, Hirokazu Kawase, Hiroshi Morimatsu, Kiyoshi Morita, Yohei Maeshima, Kiyoshi Mori, Shunji Sano

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA   30 ( 1 )   64 - 68   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    Objective: Mortality and morbidity of acute kidney injury (AKI) after cardiac surgery still remain high. The authors undertook the present study to evaluate the utility of early postoperative urinary albumin (uAlb) as a diagnostic marker for predicting occurrence of AKI and its severity in pediatric patients undergoing cardiac surgery.
    Design: A prospective observational study.
    Setting: A single-institution university hospital.
    Participants: All patients &lt;18 years of age who underwent repair of congenital heart disease with cardiopulmonary bypass between July 2010 and July 2012 were included in the study. Neonates age &lt;1 month were excluded from the study population.
    Interventions: The association between uAlb and occurrence of AKI within 3 days after admission to the intensive care unit was investigated. Criteria from pediatric modified Risk Injury Failure Loss and End-stage kidney disease (pRIFLE) were used to determine the occurrence of AKI. The value of uAlb was measured at intensive care unit admission immediately after cardiac surgery in all participants from whom a 5-mL urine sample was obtained.
    Measurements and Main Results: Of 376 patients, AKI assessed by pRIFLE was identified in 243 (64.6%): 172 for risk (R; 45.7%), 44 for injury (I; 11.7%), and 27 for failure (F; 7.2%). One hundred thirty-three patients (35.4%) were classified as being without AKI (normal [N]) by pRIFLE. The concentration of uAlb was significantly higher in AKI patients than in non-AKI patients (median [interquartile range]): uAlb (mu g/mL): 13.5 (6.4-39.6) v 6.0 (3.4-16), p &lt; 0.001; uAlb/Cr (mg/gCr): 325 (138-760) v 121 (53-269), p &lt; 0.001.
    Conclusions: The utility of uAlb for prompt diagnosis of AKI was shown. Obtaining uAlb measurements early after pediatric cardiac surgery may be useful for predicting the occurrence and severity of AKI. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1053/j.jvca.2015.05.194

    Web of Science

    researchmap

  • Storage duration of transfused red blood cells is not significantly associated with postoperative adverse events in pediatric cardiac surgery patients

    Hirokazu Kawase, Moritoki Egi, Tomoyuki Kanazawa, Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Kiyoshi Morita

    TRANSFUSION AND APHERESIS SCIENCE   54 ( 1 )   111 - 116   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The aim of this study was to evaluate the association of storage duration of transfused red blood cells with the risk of postoperative serious adverse events in pediatric cardiac surgery patients. We studied 517 patients and found that 22 patients (4.3%) had at least one serious adverse event. The maximum and mean storage duration of transfused red blood cells did not differ significantly between patients with and without serious adverse events (maximum, p = 0.89; mean, p = 0.81). In our study of pediatric cardiac surgery patients, the storage duration of transfused red blood cells was not significantly associated with the risk of serious adverse events. (c) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.transci.2016.01.027

    Web of Science

    researchmap

  • 拡張障害型心不全治療に対して横隔膜電位(Edi)モニタリングを活用した一症例

    吉鷹 志保, 清水 一好, 岡原 修司, 落葉 佑昌, 日笠 友起子, 廣井 一正, 鈴木 聡, 林 真雄, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   23 ( Suppl. )   551 - 551   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患の全身管理 CHD術後のAKI

    杉本 健太郎, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 金澤 伴幸, 野々村 智子, 川瀬 宏和, 塩路 直弘, 黒江 泰利, 岩崎 達雄

    日本集中治療医学会雑誌   23 ( Suppl. )   275 - 275   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 脊髄腫瘍摘出術後に頭蓋内出血、気脳症を発症した1症例

    Keisuke Goda, Daniel Obata, Tomoyuki Kanazawa, Akiko Miyoshi, Toshihiro Sasaki, Tomohiko Suemori, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu

    麻酔   65 ( 12 )   1271 - 1275   2016年

     詳細を見る

  • レボチロキシン内服中止により気管切開後気管狭窄が増悪した慢性甲状腺炎の1例

    名原功, 清水一好, 片山明, 川出健嗣, 日笠友起子, 林真雄, 松岡義和, 森松博史

    ICUとCCU   40 ( 9 )   653 - 657   2016年

     詳細を見る

  • コントロール不良の肺動脈性肺高血圧症に合併した急性肺動脈解離の一例.

    川出健嗣, 清水一好, 林真雄, 谷真規子, 鈴木聡, 金澤伴幸, 岩崎達雄, 森松博史

    日本集中治療医学会誌   23 ( 3 )   318 - 323   2016年

     詳細を見る

  • スガマデクス投与後ロクロニウムの再クラーレ化が疑われた1症例

    伊加真士, 清水一好, 川出健嗣, 金澤伴幸, 西谷恭子, 森松博史

    日本臨床麻酔学会誌   36 ( 1 )   1 - 6   2016年

     詳細を見る

  • Intracranial hemorrhage and pneumozephalus after spinal cord tumor resection a case report

    Keisuke Goda, Daniel Obata, Tomoyuki Kanazawa, Akiko Miyoshi, Toshihiro Sasaki, Tomohiko Suemori, Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu

    Japanese Journal of Anesthesiology   65 ( 12 )   1271 - 1275   2016年

     詳細を見る

  • 大血管手術におけるAKI予防戦略

    杉本健太郎, 黒江泰利, 塩路直弘, 野々村智子, 金澤伴幸, 末盛智彦, 清水一好, 岩崎達雄

    Cardiovascular Anesthesia   20 ( Suppl )   2016年

     詳細を見る

  • PCPS管理にて経過良好で後遺症なく独歩退院できた劇症型心筋炎の一例

    大塚寛昭, 中村一文, 網岡尚史, 木村朋生, 中川晃志, 赤木達, 笠原真悟, 清水一好, 渡邊謙, 伊藤浩

    日本循環器学会中国地方会(Web)   109th   2016年

     詳細を見る

  • 肝不全 岡山大学病院ICUにおける肝不全に対する血漿交換について

    賀来 隆治, 松崎 孝, 廣井 一正, 林 真雄, 清水 一好, 森松 博史

    日本アフェレシス学会雑誌   34 ( Suppl. )   63 - 63   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アフェレシス学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後の呼吸不全に対するHigh Flow Nasal Cannulaの効果

    塩路 直弘, 金澤 伴幸, 岩崎 達雄, 清水 一好, 杉本 健太郎, 黒江 泰利, 森松 博史

    Cardiovascular Anesthesia   19 ( Suppl. )   201 - 201   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 救急カートの標準化の再検討

    丸山 雅道, 森田 幸子, 岩月 啓氏, 楢崎 真理子, 鉄永 倫子, 清水 一好, 飯田 淳義, 定金 典明, 内田 陽子

    医療の質・安全学会誌   10 ( Suppl. )   283 - 283   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)医療の質・安全学会  

    researchmap

  • 脊髄腫瘍摘出術後に気脳症・頭蓋内出血を認めた一例

    合田 慶介, 小畑 ダニエル, 金澤 伴幸, 末盛 智彦, 松岡 義和, 佐々木 俊弘, 清水 一好, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   35 ( 6 )   S265 - S265   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 最先端心臓血管外科手術の麻酔管理 成人先天性心疾患手術の麻酔管理

    岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 野々村 智子, 塩路 直弘, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   35 ( 6 )   S196 - S196   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後患者におけるカロリーメトリーによる酸素消費量測定値とLaFarge法の比較

    川出 健嗣, 戸田 雄一郎, 名原 功, 杉本 健太郎, 金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本小児麻酔学会誌   21 ( 1 )   132 - 132   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • Extra Corporeal Membrane Oxygenation(ECMO)の早期導入により救命できた、薬剤抵抗性心房頻拍を呈した1症例

    金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本小児救急医学会雑誌   14 ( 2 )   250 - 250   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児救急医学会  

    researchmap

  • Intraoperative change of lactate level is associated with postoperative outcomes in pediatric cardiac surgery patients: retrospective observational study

    Tomoyuki Kanazawa, Moritoki Egi, Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu

    BMC ANESTHESIOLOGY   15   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: A change of serum lactate concentrations appeared to be useful for predicting outcomes in various acute ill settings. However, there is little information on intraoperative change of lactate level in pediatric cardiac surgery patients.
    Methods: We conducted a retrospective observational study of 459 children who received pediatric cardiac surgery to determine the association between change of lactate level after cardiopulmonary bypass (CPB) and patient prognosis (length of ICU stay and incidence of postoperative serious adverse events (SAEs)). We defined change of lactate level after CPB (LAC.) as (final lactate level measurement in the operating room) - (lactate level measured at the end of CPB). To study the independent association of LAC. with length of ICU stay, we used linear regression model.
    Results: There were 1145 lactate measurements after CPB in this study cohort. After weaning from CPB, the serum lactate levels significantly increased from 2.1 mmol/L to 2.5 mmol/L (p &lt; 0.001). Patients with higher LAC. had significantly longer stay in ICU (p = 0.017) and higher incidence of SAEs (p = 0.002). In multivariate linear regression analysis, higher LAC. showed a significant independent association with longer length of ICU stay.
    Conclusions: Increased lactate level after CPB was associated with the longer duration of ICU stay and increased risk of postoperative SAEs in pediatric cardiac surgery patients. Future studies should be conducted to determine the clinical utility of intraoperative trend of lactate levels.

    DOI: 10.1186/s12871-015-0007-y

    Web of Science

    researchmap

  • NAVA(Neurally Adjusted Ventilatory Assist)を拘束性肺障害に用い呼吸様式が改善した一例

    落葉 佑昌, 岡原 修司, 清水 一好

    日本集中治療医学会雑誌   22 ( Suppl. )   [MP2 - 3]   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患 肺体血流比の周術期管理 重症単心室疾患の姑息術後の呼吸循環管理

    清水 一好, 戸田 雄一郎, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 川出 健嗣, 武藤 典子, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   22 ( Suppl. )   [DPDp - 4]   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患術後出血量の予測としてROTEMの有用性の検討

    片山 望, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 武藤 典子, 川出 健嗣, 名原 功, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   22 ( Suppl. )   [DP115 - 5]   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術における周術期トロポニンTと術後予後との関係

    金澤 伴幸, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   22 ( Suppl. )   [DO20 - 1]   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児肺移植の麻酔および術後ICU管理

    日笠 友起子, 岡原 修司, 清水 一好, 小林 求, 森松 博史

    移植   50 ( 6 )   582 - 588   2015年

     詳細を見る

  • 救急・集中治療 麻酔科学文献レビュー 2015-2016

    森松博史, 清水一好, 金澤伴幸, 鈴木聡

    麻酔科学文献レビュー 2015-2016   131 - 148   2015年

     詳細を見る

  • AKIに対する急性血液浄化療法

    黒江泰利, 清水一好, 森松博史

    日本腎臓学会誌   57 ( 2 )   308 - 312   2015年

     詳細を見る

  • 上顎癌術直後にAeromonas属による治療抵抗性の敗血症性ショックをきたし、急激な経過をたどった症例

    塩路直弘, 清水一好, 林真雄, 金澤伴幸, 鈴木聡, 岡原修司, 日笠友起子, 森松博史

    ICUとCCU   39 ( 7 )   431 - 435   2015年

     詳細を見る

  • 筋弛緩モニター使用下でのスガマデクス投与にもかかわらずロクロニウムの再クラーレ化が疑われた1例

    伊加 真士, 清水 一好, 川出 健嗣, 金澤 伴幸, 西谷 恭子, 松森 博史

    日本臨床麻酔学会誌   34 ( 6 )   S360 - S360   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 治療薬内服中断による著明な甲状腺腫大に気管狭窄を合併した一症例

    名原 功, 清水 一好, 片山 明, 林 真雄, 松岡 義和, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   34 ( 6 )   S343 - S343   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • カルニチン欠乏症の小児に対する全身麻酔の経験

    木田 好美, 小林 求, 清水 一好, 依田 智美, 菊地 佳枝, 西江 宏行, 森松 博史

    日本臨床麻酔学会誌   34 ( 6 )   S279 - S279   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術における周術期BNPと術後Serious Adverse Events(SAEs)の関係

    金澤 伴幸, 戸田 雄一郎, 江木 盛時, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    Cardiovascular Anesthesia   18 ( Suppl. )   174 - 174   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患の周術期管理

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 杉本 健太郎, 金澤 伴幸, 森松 博史

    Cardiovascular Anesthesia   18 ( Suppl. )   139 - 139   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 重症インフルエンザ肺炎に対して膜型人工肺と横隔膜電位測定を併用し救命した1症例

    岡原 修司, 清水 一好, 森松 博史

    日本救急医学会雑誌   25 ( 8 )   606 - 606   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 胎児診断に基く周産期治療 左心低形成症候群high risk症例の周産期、周術期計画 胎児診断からのアプローチ

    近藤 麻衣子, 大月 審一, 馬場 健児, 大野 直幹, 栗田 佳彦, 栄徳 隆裕, 佐野 俊二, 篠原 真悟, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好

    日本小児循環器学会雑誌   30 ( Suppl. )   s154 - s154   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 新生児先天性心疾患患者における術前ICU入室の意義

    川出 健嗣, 戸田 雄一郎, 名原 功, 川瀬 宏和, 石井 典子, 杉本 健太郎, 金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   21 ( Suppl. )   [DP - 1]   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後出血量と術中Thromboelastgram(ROTEM)との関連

    森 英明, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 川出 健嗣, 名原 功, 石井 南穂子, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   21 ( Suppl. )   [DP - 2]   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児集中治療室(PICU)における小児心臓手術後の栄養投与方法の調査(第2報)

    清水 義之, 竹内 宗之, 井上 美帆, 今中 秀光, 大崎 真樹, 清水 一好, 杉村 洋子, 徐 民恵, 多賀 直行, 田畑 雄一, 戸田 雄一郎, 林 拓也, 濱本 奈央, 松井 彦郎, 水城 直人, 水野 圭一郎, 水野 裕美子, 祖父江 和哉, 志馬 伸朗

    日本集中治療医学会雑誌   21 ( Suppl. )   [C - 1]   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後の急性腎傷害と血清ナトリウムの関連性

    名原 功, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 川出 健嗣, 石井 南穂子, 川瀬 宏和, 森松 博史

    日本集中治療医学会雑誌   21 ( Suppl. )   [DP - 5]   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • Eisenmenger症候群に対する肺移植術後の急性左心不全の病態

    清水一好, 小林求, 森松博史

    日本集中治療医学会雑誌   21 ( 5 )   481 - 484   2014年

     詳細を見る

  • AKI診療の進歩 血管作動性物質

    清水一好, 森松博史

    腎と透析   76 ( 4 )   476 - 478   2014年

     詳細を見る

  • 複雑心奇形の周術期管理ー並列循環症例の管理ー

    岩崎達雄, 戸田雄一郎, 清水一好, 金澤 伴幸, 森松博史, 森田潔

    The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia   34 ( 2 )   169 - 176   2014年

     詳細を見る

  • 筋弛緩薬投与を契機に呼吸循環不全が劇的に改善した肺高血圧症合併のFallot四徴症の一例

    石井南穂子, 金澤伴幸, 清水一好, 戸田雄一郎, 川瀬宏和, 武藤典子, 杉本健太郎, 岩崎達雄, 森松博史, 森田潔

    日本小児麻酔学会誌   20 ( 1 )   260 - 263   2014年

     詳細を見る

  • アコースティック呼吸数モニタリングの気管切開患者での使用経験

    戸田 雄一郎, 森松 博史, 林 真雄, 清水 一好, 森田 潔

    麻酔   63   161 - 163   2014年

     詳細を見る

  • 下部消化管内視鏡検査時のトラマドール・ミダゾラム混合液静注はペチジン静注と同等の効果がある

    岩木 俊男, 清水 一好

    日本臨床麻酔学会誌   33 ( 6 )   S223 - S223   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • Total cavopulmonary connection(TCPC)患者の手術室抜管に関する検討

    山岡 正和, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 川瀬 宏和, 石井 南穂子, 川出 健嗣, 森松 博史, 森田 潔

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s311 - s311   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 新生児先天性心疾患患者における術前ICU入室の意義

    川出 健嗣, 戸田 雄一郎, 山岡 正和, 石井 典子, 川瀬 宏和, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史, 森田 潔

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s311 - s311   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院における悪性腫瘍腹膜播種患者の癌性疼痛に対する硬膜外ポート留置の検討

    岩木 俊男, 清水 一好, 藤井 洋泉

    日本ペインクリニック学会誌   20 ( 1 )   72 - 72   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ペインクリニック学会  

    researchmap

  • イレウス管挿入が有効であった肺移植術後腸炎由来敗血症性ショックの一症例

    河野 圭史, 江木 盛時, 小林 求, 木村 聡, 谷 真規子, 清水 一好, 五藤 恵次, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   419 - 419   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児ECMO最前線 わが国のECMO症例集積とELSOとの比較

    清水 一好, 清水 直樹, 本間 順, 梅垣 修, 浅野 真依子, 宇城 敦司, 徳平 夏子, 安藤 寿, 立石 順久, 志馬 伸朗

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   187 - 187   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術における血漿バソプレッシン濃度と術後循環動態との関係

    清水 一好, 戸田 雄一郎, 金澤 伴幸, 石井 典子, 杉本 健太郎, 川瀬 宏和, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   326 - 326   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児集中治療室(PICU)における小児心臓手術後の栄養投与方法の調査

    清水 義之, 竹内 宗之, 井上 美帆, 大崎 真樹, 清水 一好, 杉村 洋子, 徐 民恵, 多賀 直行, 田畑 雄一, 戸田 雄一郎, 林 拓也, 松井 彦郎, 水城 直人, 水野 圭一郎, 水野 裕美子, 祖父江 和哉, 志馬 伸朗

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   288 - 288   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後の長期予後 周術期急性腎傷害の影響

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 石井 典子, 川瀬 宏和, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   326 - 326   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓術後の長期人工呼吸の危険因子

    小坂 真子, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 石井 典子, 川瀬 宏和, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   326 - 326   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓外科術後急性腎傷害と尿中アルブミンとの関連

    杉本 健太郎, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 石井 典子, 川瀬 宏和, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   392 - 392   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 肝移植及び食道亜全摘術後における白血球(WBC)、C-reactive protein(CRP)とプロカルシトニン(PCT)値の検討

    東南 杏香, 林 真雄, 森松 博史, 西江 宏行, 賀来 隆治, 清水 一好, 松崎 孝, 小幡 典彦, 柴田 麻理, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   356 - 356   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 新生児・乳児心臓手術の周術期管理 総肺静脈還流異常(TAPVC)

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 川瀬 宏和, 石井 典子, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   17 ( 1 )   61 - 63   2013年

     詳細を見る

  • スガマデクス投与によりベクロニウム血中濃度が上昇した小児の1症例

    清水達彦, 戸田雄一郎, 清水一好, 岩崎達雄, 金澤伴幸, 石井典子, 杉本健太郎, 川瀬宏和, 森田潔

    麻酔   62 ( 10 )   1225 - 1229   2013年

     詳細を見る

  • マシモRad-87 RRa(アコースティック呼吸数)センサーの気管切開患者での使用経験

    戸田 雄一郎, 森松 博史, 林 真雄, 清水 一好, 森田 潔

    日本臨床麻酔学会誌   32 ( 6 )   S253 - S253   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患の周術期における赤血球製剤の日齢と術後合併症の関連について

    川瀬 宏和, 戸田 雄一郎, 江木 盛時, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 石井 典子, 杉本 健太郎, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   16 ( Suppl. )   273 - 273   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 新生児・乳児心臓手術の周術期管理 新生児・乳児心臓手術の周術期管理 総肺静脈還流異常

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   16 ( Suppl. )   133 - 133   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術における乳酸の意義 乳酸の代謝から考える

    金澤 伴幸, 江木 盛時, 川瀬 宏和, 杉本 健太郎, 石井 典子, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   18 ( 1 )   59 - 59   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 筋弛緩薬投与を契機に呼吸循環不全が劇的に改善した、肺高血圧合併のFallot四徴症の一例

    石井 南穂子, 金澤 伴幸, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 川瀬 宏和, 石井 典子, 杉本 健太郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   18 ( 1 )   115 - 115   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術術後の急性腎傷害

    杉本 健太郎, 戸田 雄一郎, 川瀬 宏和, 石井 典子, 金澤 伴幸, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   18 ( 1 )   71 - 71   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術とステロイド

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 石井 典子, 川瀬 宏和, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   18 ( 1 )   67 - 67   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • わが国における周術期管理の現状と提言 cardiac PICU 小児心臓麻酔科医は先天性心疾患術後管理に関わるべきか?

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 森田 潔

    日本小児循環器学会雑誌   28 ( Suppl. )   s134 - s134   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するNorwood手術後のECMO治療

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 金澤 伴幸, 杉本 健太郎, 石井 典子, 川瀬 宏和, 森田 潔, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   28 ( Suppl. )   s255 - s255   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後の急性腎障害(AKI)におけるpRIFLE criteriaの予測クレアチニンクリアランスを用いた診断と尿量を用いた診断の比較

    杉本 健太郎, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 石井 典子, 森田 潔, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 馬場 健児, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   28 ( Suppl. )   s257 - s257   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • In reply: The use of tranexamic acid in pediatric cardiac surgery: we really need more

    Yuichiro Toda, Kazuyoshi Shimizu, Kiyoshi Morita

    JOURNAL OF ANESTHESIA   26 ( 2 )   303 - 303   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    DOI: 10.1007/s00540-011-1299-9

    Web of Science

    researchmap

  • 小児心臓術後患者におけるドパミン使用の予後との関連性

    柴田 麻理, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 石井 典子, 金澤 伴幸, 川瀬 宏和, 杉本 健太郎, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   19 ( Suppl. )   241 - 241   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 心臓手術の実際 第22回 外科医が語る術式,麻酔科医が語る心臓麻酔,臨床工学技士が語る体外循環法 大動脈縮窄症・大動脈弓離断症に対する術式に対応した心臓麻酔法

    岩崎達雄, 森田潔, 佐野俊二, 清水一好, 戸田雄一郎, 杉本健太郎, 石井典子, 川瀬宏和, 笠原真悟

    Clinical engineering   23 ( 2 )   154 - 156   2012年

     詳細を見る

  • 小児心臓カテーテルの全身麻酔ー麻酔薬による術中の呼吸・循環指標に及ぼす影響ー

    戸田雄一郎, 竹内護, 多賀直行, 岩崎達雄, 清水一好, 末盛智彦, 森田潔

    麻酔   61 ( 12 )   1312 - 1315   2012年

     詳細を見る

  • エキシーマーレーザーを用いたペースメーカリード抜去術の麻酔経験

    木村聡, 戸田雄一郎, 杉本健太郎, 石井典子, 清水一好, 末盛智彦, 岩崎達雄, 森田潔

    麻酔   61 ( 11 )   1277 - 1280   2012年

     詳細を見る

  • 先天性心疾患に対する姑息手術中に発生しうる危険な出来事

    清水一好, 戸田雄一郎, 金澤伴幸, 石井典子, 杉本健太郎, 川瀬宏和, 岩崎達雄, 森田潔

    日本心臓血管麻酔学会誌   16 ( 1 )   131 - 136   2012年

     詳細を見る

  • 非心臓手術麻酔

    戸田雄一郎, 岩崎達雄, 清水一好, 金澤伴幸, 杉本健太郎, 川瀬宏和, 石井典子, 森田潔

    日本心臓血管麻酔学会誌   16 ( 1 )   59 - 62   2012年

     詳細を見る

  • Effect of tranexamic acid on blood loss in pediatric cardiac surgery: a randomized trial

    Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Mamoru Takeuchi, Hiroshi Morimatsu, Moritoki Egi, Tomohiko Suemori, Satoshi Suzuki, Kiyoshi Morita, Shunji Sano

    JOURNAL OF ANESTHESIA   25 ( 6 )   823 - 830   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Purpose The benefit of tranexamic acid (TXA) in pediatric cardiac surgery on postoperative bleeding has varied among studies. It is also unclear whether the effects of TXA differ between cyanotic patients and acyanotic patients. The aim of this study was to test the benefit of TXA in pediatric cardiac surgery in a well-balanced study population of cyanotic and acyanotic patients.
    Methods A total of 160 pediatric patients undergoing cardiac surgery with cardiopulmonary bypass (81 cyanotic, 79 acyanotic) were included in this single-blinded, randomized trial at a tertiary care university-affiliated teaching hospital. Eighty-one children (41 cyanotic, 40 acyanotic) were randomly assigned to a TXA group, in which they received 50 mg/kg of TXA as a bolus followed by 15 mg/kg/h infusion and another 50 mg/kg into the bypass circuit. The other 79 patients were randomly assigned to a placebo group. The primary end point was the amount of 24-h blood loss.
    Results The amount of 24-h blood loss was significantly less in the TXA group than in the placebo group [mean (95% confidence interval): 18.6 (15.8-21.4) vs. 23.5 (19.4-27.5) ml/kg, respectively; mean difference -4.9 (-9.7 to -0.01) ml/kg; p = 0.049]. This effect of TXA was already significant at 6 h [9.5 (7.5-11.5) vs. 13.2 (10.6-15.9) ml/kg, respectively; mean difference -3.47 (-7.0 to -0.4) ml/kg; p = 0.027]. However, there was no significant difference in the amount of blood transfusion between the groups. There was also no statistical difference in the effect of TXA in each cyanotic and acyanotic subgroup.
    Conclusion TXA can reduce blood loss in pediatric cardiac surgery but not the transfusion requirement (http://ClinicalTrials.gov number NCT00994994).

    DOI: 10.1007/s00540-011-1235-z

    Web of Science

    researchmap

  • CHD姑息手術中に発生しうる危険な出来事

    清水 一好

    Cardiovascular Anesthesia   15 ( Suppl. )   124 - 124   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患患者の麻酔管理

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   15 ( Suppl. )   101 - 101   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 持続大腿神経ブロックの坐骨神経支配領域への効果についての検討

    岩木 俊男, 清水 一好

    日本臨床麻酔学会誌   31 ( 6 )   S363 - S363   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術中の乳酸値と術後合併症の関係

    金澤 伴幸, 江木 盛時, 木村 聡, 川瀬 宏和, 石井 典子, 杉本 健太郎, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   15 ( Suppl. )   167 - 167   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • アナフィラキシーショック時のFloTracセンサーの変化 肺移植後にアナフィラキシーショックをきたした1例

    小林 求, 木村 聡, 江木 盛時, 清水 一好, 賀来 隆二, 五藤 恵次, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   15 ( Suppl. )   201 - 201   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 乳児・新生児における人工心肺下心臓手術中の輸血と予後の関連

    川瀬 宏和, 戸田 雄一郎, 岩崎 達男, 清水 一好, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   15 ( Suppl. )   171 - 171   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 術後集中治療患者の早期せん妄発生と血清メラトニン値の関係

    吉鷹 志保, 江木 盛時, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 森田 潔

    日本臨床麻酔学会誌   31 ( 6 )   S315 - S315   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 新しい筋弛緩回復薬 小児心臓手術術後管理におけるロクロニウム持続投与の現状

    清水 一好

    日本臨床麻酔学会誌   31 ( 6 )   S236 - S236   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患に対して行われた緊急手術に関する検討

    川瀬 宏和, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 石井 典子, 杉本 健太郎, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   17 ( 1 )   112 - 112   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • スガマデクス投与によりベクロニウム血中濃度が上昇した小児の一症例

    清水 達彦, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 岩崎 達雄, 金澤 伴幸, 石井 典子, 杉本 健太郎, 川瀬 宏和, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   17 ( 1 )   94 - 94   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • スガマデクスによるロクロニウムの拮抗、抜管後に再クラーレ化がみられた小児の2症例

    本橋 靖子, 清水 一好, 金澤 伴幸, 川瀬 宏和, 杉本 健太郎, 石井 典子, 塩崎 恭子, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   17 ( 1 )   85 - 85   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • ICU患者において不整脈が発生する因子の検討

    今川 憲太郎, 戸田 雄一郎, 森松 博史, 江木 盛時, 守屋 佳恵, 清水 一好, 谷 真規子, 片山 浩, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( Suppl. )   245 - 245   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓術後腎傷害(acute kidney injury;AKI)患者の遠隔予後

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 杉本 健太郎, 石井 典子, 川瀬 宏和, 森松 博史, 江木 盛時, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( Suppl. )   269 - 269   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患患者の不整脈発生関連因子についての検討

    石井 典子, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 杉本 健太郎, 川瀬 宏和, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( Suppl. )   268 - 268   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • デクスメデトミジン 小児循環器疾患患者に対するデクスメデトミジンの使用経験

    川瀬 宏和, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 石井 典子, 杉本 健太郎, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( Suppl. )   231 - 231   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 食道癌術後患者の周術期血糖変動と酸化ストレスの関係

    江木 盛時, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 竹野内 志保, 末盛 智彦, 清水 一好, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( Suppl. )   260 - 260   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 新生児緊急手術麻酔TAPVD、TGA、Arch anomaly 新生児緊急手術麻酔TAPVD

    岩崎達雄, 戸田雄一郎, 清水一好, 末盛智彦, 杉本健太郎, 川瀬宏和, 石井典子, 森田潔

    Cardiovascular Anesthesia   15 ( 1 )   63 - 67   2011年

     詳細を見る

  • 食道癌術後の難治性発作性心房細動に対して塩酸ランジオロールを使用した7例の検討

    鈴木聡, 森松博史, 江木盛時, 清水一好, 松崎孝, 佐藤哲文, 片山浩, 森田潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( 2 )   215 - 220   2011年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院における小児心臓手術後の感染症発生状況

    末盛智彦, 戸田雄一郎, 清水一好, 佐野美奈子, 川瀬宏和, 杉本健太郎, 石井典子, 江木盛時, 岩崎達雄, 森田潔

    日本集中治療医学会雑誌   18 ( Supplement )   2011年

     詳細を見る

  • THE CLINICAL USE OF DEXMEDETOMIDINE FOR THE PEDIATRIC PATIENTS WITH CONGENITAL HEART DISEASE

    Hirokazu Kawase, Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomohiko Suemori, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   38 ( 12 )   U274 - U274   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • PERIOPERATIVE GLUCOSE VARIABILITY AND OXIDATIVE STRESS IN POSTOPERATIVE CRITICALLY ILL PATIENTS

    Moritoki Egi, Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Shiho Takenouchi, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   38 ( 12 )   U71 - U71   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • LONG TERM OUTOCOME IN CHILDREN WITH CONGENITAL HEART DISEASE WHO SUFFERED FROM ACUTE KIDNEY INJURY DURING POSTOPERATIVE ICU STAY

    Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tomohiko Suemori, Noriko Ishii, Hirokazu Kawase, Kentaro Sugimoto, Moritoki Egi, Hiroshi Morimatsu, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   38 ( 12 )   U188 - U188   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 動脈管と大動脈の合流部狭窄により上半身血流の著明な低下がみられた左心低形成症候群の一症例

    佐伯 百穂, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 末盛 智彦, 杉本 健太郎, 佐藤 健治, 岩崎 達雄, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   14 ( Suppl. )   198 - 198   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患術後鎮静管理におけるデクスメデトミジンの有用性について

    清水 一好

    Cardiovascular Anesthesia   14 ( Suppl. )   95 - 95   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 新生児緊急手術麻酔TAPVD、TGA、Arch anomaly 新生児緊急手術麻酔TAPVD

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 杉本 健太郎, 川瀬 宏和, 石井 典子, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   14 ( Suppl. )   78 - 78   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • Excimer laser sheathによるペースメーカーリード抜去術の麻酔経験

    木村 聡, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 石井 典子, 杉本 健太郎, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   14 ( Suppl. )   141 - 141   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 小児におけるLow cardiac output syndromeの特徴とその管理 high flow、pulmonary hypertensionってなに?!

    清水 一好

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   64 - 64   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 麻酔法・術中管理 フォガティーカテーテルを用いた自作ブロッカーによる小児分離肺換気の経験

    木村 聡, 戸田 雄一郎, 末盛 智彦, 清水 一好, 杉本 健太郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   81 - 81   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 低血糖は先天性心疾患の術後経過に影響を及ぼすか?

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 杉本 健太郎, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   75 - 75   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 心疾患麻酔 小児心臓手術患者の人工心肺離脱時の大腿動脈圧と橈骨動脈圧の圧較差についての検討

    杉本 健太郎, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   87 - 87   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 心疾患麻酔 小児心臓手術における術中乳酸クリアランスと術後予後との関係

    江木 盛時, 末盛 智彦, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   87 - 87   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 経カテーテル的ASD閉鎖術(ASO)に対する3次元経食道エコー(RT3DTEE)の限界

    岡本 吉生, 大月 審一, 谷口 学, 赤木 禎治, 大野 直幹, 近藤 麻衣子, 栄徳 隆裕, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   26 ( Suppl. )   s326 - s326   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患術後の急性腎障害 pRIFLEクライテリアによる検討

    戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 岩崎 達雄, 森田 潔, 鈴木 聡, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 岡本 吉生, 大野 直幹, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   26 ( Suppl. )   s205 - s205   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院で施行したAMPLATZER Duct Occluder(ADO)症例

    近藤 麻衣子, 大月 審一, 岡本 吉生, 大野 直幹, 栗田 佳彦, 栄徳 隆裕, 森島 恒雄, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好

    日本小児科学会雑誌   114 ( 3 )   614 - 614   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 重症患者における低AT3血症と患者死亡の関係

    竹野内 志保, 江木 盛時, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 松崎 孝, 鈴木 聡, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   17 ( Suppl. )   312 - 312   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 食道癌術後患者に対する栄養プロトコール導入の効果

    濱田 暁, 江木 盛時, 竹野内 志保, 鈴木 聡, 清水 一好, 松崎 孝, 戸田 雄一郎, 森松 博史, 佐藤 健治, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   17 ( Suppl. )   369 - 369   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術における下垂体ホルモンの変動 年齢による相違

    清水 一好, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 江木 盛時, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   17 ( Suppl. )   279 - 279   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 集中治療領域における厳格血糖管理を考える 心臓手術周術期の血糖変動と酸化ストレスの関係 持続血糖測定を用いた検討

    江木 盛時, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森松 博史, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   17 ( Suppl. )   233 - 233   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心疾患集中治療室における鎮静薬の人工呼吸・ICU滞在への影響

    戸田 雄一郎, 清水 一好, 岩崎 達雄, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 森松 博史, 江木 盛時, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   17 ( Suppl. )   291 - 291   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 大動脈弁置換中の大動脈遮断直後に発生し た難治性心室細動に対して塩酸アミオダロン静脈内投与が奏功した1症例

    麻酔   59 ( 10 )   1266 - 1270   2010年

     詳細を見る

  • 集中治療室での先天性心疾患におけるベクロニウム持続投与:挿管時間との関係

    日本集中治療医学会誌   17 ( 3 )   353 - 354   2010年

     詳細を見る

  • ファロー四徵症根治手術後左右シャント残存により心不全に陥った が,コイル塞栓により著明に改善した1症例

    麻酔   59 ( 11 )   1441 - 1445   2010年

     詳細を見る

  • 人工股関節置換手術時の持続大腿神経ブロッ ク法の検討:造影所見と鎮痛効果について

    ペインクリニック   31 ( 3 )   365 - 369   2010年

     詳細を見る

  • 左心低形成症候群/心房中隔閉鎖の胎児に対する緊急心房中隔裂開・ 肺動脈絞扼術の1症例

    麻酔   59 ( 10 )   1308 - 1310   2010年

     詳細を見る

  • Fontan術後の重症肺静脈狭窄症に対して緊急カテーテル検査から緊急狭窄解除手術に移行した一症例

    池村志緒理, 清水一好, 戸田雄一郎, 末盛智彦, 杉本健太郎, 岩崎達雄, 森田潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   2010年

     詳細を見る

  • 右房内腫瘍浸潤を伴う小児腎腫瘍摘出術の麻酔経験

    佐野美奈子, 末盛智彦, 清水一好, 戸田雄一郎, 岩崎達雄, 森田潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   2010年

     詳細を見る

  • フォンタン術後に長期人工呼吸を必要とした1症例

    杉本健太郎, 岩崎達雄, 戸田雄一郎, 清水一好, 末盛智彦, 石井典子, 川瀬宏和, 森田潔

    Cardiovascular Anesthesia   14 ( Suppl )   2010年

     詳細を見る

  • 小児心臓手術における凝固検査の特徴-トラネキサム酸の影響-

    戸田雄一郎, 清水一好, 岩崎達雄, 末盛智彦, 杉本健太郎, 石井典子, 川瀬宏和, 森田潔

    Cardiovascular Anesthesia   14 ( Suppl )   2010年

     詳細を見る

  • RACHS-1CATEGORYは小児心臓手術において術後経過の予測因子となる

    末盛智彦, 戸田雄一郎, 岩崎達雄, 清水一好, 鈴木聡, 森田潔, 笠原真悟, 佐野俊二, 岡本吉生, 大野直幹, 大月審一

    日本小児循環器学会雑誌   26 ( Supplement )   2010年

     詳細を見る

  • 小児心臓カテーテル検査後の予定外人工呼吸の危険因子

    戸田雄一郎, 清水一好, 岩崎達雄, 末盛智彦, 杉本健太郎, 森田潔

    日本小児麻酔学会誌   16 ( 1 )   2010年

     詳細を見る

  • LOW ANTITHROMBIN III LEVEL AND MORTALITY IN CRITICALLY ILL PATIENTS

    Shiho Takenouchi, Moritoki Egi, Hiroshi Morimatsu, Yuichiro Toda, Kazuyoshi Shimizu, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   37 ( 12 )   A126 - A126   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • PERIOPERATIVE GLUCOSE VARIABILITY AND OXIDATIVE STRESS IN CARDIAC SURGERY PATIENTS

    Moritoki Egi, Kazuyoshi Shimizu, Yuichiro Toda, Tatsuo Iwasaki, Hiroshi Morimatsu, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   37 ( 12 )   A112 - A112   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • ALTERATIONS OF PITUITARY HORMONES AFTER PEDIATRIC CARDIAC SURGERY

    Kazuyoshi Shimizu, Hiroshi Morimatsu, Yuichiro Toda, Moritoki Egi, Tomohiko Suemori, Satoshi Suzuki, Tatsuo Iwasaki, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   37 ( 12 )   A113 - A113   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • THE INCIDENCE AND PROFILES OF POSTOPERATIVE SERIOUS ADVERSE EVENTS AFTER MAJOR SURGERY

    Kyoko Shiozaki, Hiroshi Morimtasu, Ryu Nakamura, Yuichiro Toda, Kazuyoshi Shimizu, Moritoki Egi, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   37 ( 12 )   A324 - A324   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 小児麻酔の新たな視点 成長と発達を視野に 学童期・思春期の子どもの麻酔

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 森田 潔

    日本臨床麻酔学会誌   29 ( 7 )   797 - 802   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    腎機能は新生児で成人の約7分の1,肝機能は半分程度しかない.しかし生後約1年を過ぎるとほぼ成人に近い機能を備えることになる.では,精神の発達は何歳で成人と同じになるのだろうか?精神発達の未熟な子どもたちが手術を受けなければならないと知ったとき,その不安や恐怖は安易に想像できるものではないだろう.大きな不安を抱えたまま手術に臨むと,術後に異常行動を起こしたり,果ては術後の回復を遅らせたりもする可能性がある.また,記銘障害や学習障害を受けたりする子どもも少なくない.こうした望ましくない反応を防ぐための介入には,前投薬,両親との同伴麻酔導入などの麻酔導入方法の検討,術後鎮痛,などがあげられる.前投薬が最も効果的なのは2〜5歳くらいの学童期以前の小児ではあるが,年長児に使用した報告もある.親同伴で麻酔を導入することが子どもの不安を軽減する,との報告もあるが,ミダゾラム前投薬の方が効果的である.ただし,同伴することは親の不安を軽減するし,これは子どもの不安軽減にもつながる.マスクか静注導入かは意見が分かれる.PCAやPCEAは小児でも安全かつ有効に使用でき,ぜひとも慣れておきたい鎮痛方法である.子どもたちがストレスなく周術期を過ごし,ひいてはその後の健やかな成長・発達に寄与できるようわれわれも関与すべきであろう.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J01620&link_issn=&doc_id=20091120160007&doc_link_id=%2Fci4jjsca%2F2009%2F002907%2F008%2F0797-0802%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fci4jjsca%2F2009%2F002907%2F008%2F0797-0802%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 小児用パーカー気管チューブ、経鼻挿管の使用経験

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 森田 潔

    日本小児麻酔学会誌   15 ( 1 )   105 - 105   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • ファロー四徴症根治手術後左右シャント残存により心不全に陥ったが、コイル塞栓により著明に改善した一症例

    木下 真佐子, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 鈴木 聡, 末盛 智彦, 岩崎 達雄, 高橋 徹, 森田 潔

    日本臨床麻酔学会誌   29 ( 6 )   S344 - S344   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 心房間ステントを留置した完全大血管転位症の1例

    栗田 佳彦, 山本 浩継, 竹本 啓, 栄徳 隆裕, 近藤 麻衣子, 大野 直幹, 岡本 吉生, 大月 審一, 森島 恒雄, 清水 一好, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 5 )   709 - 710   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 人工股関節手術時の持続大腿神経ブロック法の検討 造影所見と鎮痛効果について

    岩木 俊男, 清水 一好

    日本ペインクリニック学会誌   16 ( 3 )   448 - 448   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ペインクリニック学会  

    researchmap

  • 周術期集中治療での新しい試み トラネキサム酸投与は小児心臓手術周術期の出血量を減少させる

    清水 一好, 戸田 雄一郎, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 岩崎 達雄, 森田 潔, 大野 直幹, 岡本 吉生, 大月 審一, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   351 - 351   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • チアノーゼ性疾患は出血量が多い トロンボモデュリン、プロテインCとの関連

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 森田 潔, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 大月 審一, 竹内 護

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   566 - 566   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患の術後管理 小児心臓手術術後心不全に対する軽度低体温管理

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   16 ( Suppl. )   173 - 173   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 侵襲期の輸液栄養管理 周術期急性高血糖に対するパラチノース含有糖質調節流動食 Randomized Cross-Over Trial

    江木 盛時, 鈴木 聡, 松崎 孝, 清水 一好, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 溝渕 知司, 片山 浩, 横山 正尚, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   16 ( Suppl. )   186 - 186   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患術後における急性腎障害(Acute Kidney Injury)の影響 pediatric RIFLEの応用

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 森松 博史, 江木 盛時, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   16 ( Suppl. )   247 - 247   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患の筋弛緩持続投与症例における挿管時間に関係する因子

    清水 一好, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 末盛 智彦, 江木 盛時, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   16 ( Suppl. )   247 - 247   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 重症敗血症の経過中に骨髄穿刺により鑑別診断が可能となった薬剤性好中球減少の1症例

    ICUとCCU   33 ( 9 )   703 - 707   2009年

     詳細を見る

  • Non-overt disseminated intravascular coagulation scoring for critically ill patients: the impact of antithrombin levels.

    Egi M, Morimatsu H, Wiedermann C J, Tani M, Kanazawa T, Suzuki S, Matsusaki T, Shimizu K, Toda Y, Iwasaki T, Morita K

    Thromb Haemost   101 ( 4 )   696 - 705   2009年

     詳細を見る

  • ASDの麻酔・術後管理

    岩崎達雄, 戸田雄一郎, 清水一好, 末盛智彦, 鈴木聡, 森田潔

    Cardiovascular Anesthesia   13 ( 1 )   2009年

     詳細を見る

  • 術後呼吸管理に難渋した、cornelia de lange症候群を伴う総動脈管症患者に対する麻酔経験

    金澤 伴幸, 鈴木 聡, 末盛 智彦, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   12 ( Suppl. )   133 - 133   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術におけるトラネキサム酸投与は術中及び術後の出血量を減少させる

    清水 一好, 岩崎 達雄, 森松 博史, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 江木 盛時, 戸田 雄一郎, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   12 ( Suppl. )   162 - 162   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 大動脈遮断解除直後の難治性心室細動に対して塩酸アミオダロン静脈内投与が奏功した1症例

    鈴木 聡, 清水 一好, 金澤 伴幸, 末盛 智彦, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   12 ( Suppl. )   159 - 159   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • ASDの麻酔・術後管理 Amplatzerを含む

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 金澤 伴幸, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   12 ( Suppl. )   66 - 66   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 先天性副腎低形成患者のVSD閉鎖術の麻酔管理

    末盛 智彦, 松岡 舞夕子, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   12 ( Suppl. )   107 - 107   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • HLHS/IASと診断された胎児に対し、予定帝王切開後に緊急BAS・PABを施行した1症例の麻酔経験

    横井 渚, 戸田 雄一郎, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 末盛 智彦, 清水 一好, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本臨床麻酔学会誌   28 ( 6 )   S231 - S231   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 筋弛緩薬―薬理と臨床の新展開―集中治療室における筋弛緩薬の使用法

    中塚秀輝, 清水一好, 佐藤哲文

    麻酔   57 ( 7 )   853 - 859   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遺伝性コプロポルフィリン症患者に対する精巣固定術の麻酔経験

    小野 大輔, 松崎 孝, 江木 盛時, 清水 一好, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 松三 昌樹, 森田 潔

    麻酔   57 ( 6 )   786 - 786   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    researchmap

  • 小児重症患者のスコアリングシステムの小児先天性心疾患患者でのvalidation PIM,PRISM,PELODを用いて

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 森田 潔, 鈴木 聡, 赤木 禎治, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 大月 審一, 岡本 吉生

    日本小児循環器学会雑誌   24 ( 3 )   293 - 293   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 食道癌術後の発作性心房細動の発生とその危険因子

    鈴木 聡, 森松 博史, 江木 盛時, 清水 一好, 金澤 伴幸, 谷 真規子, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 片山 浩, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   15 ( Suppl. )   182 - 182   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における新生児心臓手術後のステロイド使用の検討

    清水 一好, 竹内 護, 岩崎 達雄, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 江木 盛時, 金澤 伴幸, 鈴木 聡, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   15 ( Suppl. )   179 - 179   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児ICUのスコアリングシステムの心疾患患者でのvalidation PIM,PRISM,PELODを用いて

    戸田 雄一郎, 森松 博史, 岩崎 達雄, 清水 一好, 江木 盛時, 鈴木 聡, 金澤 伴幸, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   15 ( Suppl. )   179 - 179   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患の術後呼吸不全におけるN-CPAPの有用性の検討

    金澤 伴幸, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 江木 盛時, 森松 博史, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   15 ( Suppl. )   180 - 180   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 危篤患者に対する非顕性DICスコアの妥当性検証(A validation of non-overt disseminated intravascular coagulation score for critically ill patients)

    江木 盛時, 森松 博史, Wiedermann Christian J., 谷 真規子, 金澤 伴幸, 鈴木 聡, 松崎 孝, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   15 ( Suppl. )   223 - 223   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患患者、非心臓手術時の麻酔管理 先天性心疾患患者、非心臓手術時の麻酔管理 repaired heart.

    岩崎達雄, 戸田雄一郎, 清水一好, 金澤伴幸, 末盛智彦, 鈴木 聡, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   12 ( 1 )   47 - 50   2008年

     詳細を見る

  • Hyperglycemia and the outcome of pediatric cardiac surgery patients requiring peritoneal dialysis.

    Egi M, Morimatsu H, Toda Y, Matsusaki T, Suzuki S, Shimizu K, Iwasaki T, Takeuchi M, Bellomo R, Morita K

    Int J Artif Organs   31 ( 4 )   309 - 316   2008年

     詳細を見る

  • Validation of PIM, PRISM, and PELOD for children with congenital heart disease in pediatric cardiac care unit

    Yuichiro Toda, Hiroshi Morimatsu, Moritoki Egi, Tatsuo Iwasaki, Kazuyoshi Shimizu, Tionloyuki Kanazawa, Satoshi Suzuki, Kiyoshi Morita

    CRITICAL CARE MEDICINE   35 ( 12 )   A7 - A7   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 【ケース別救急診療のための緊急麻酔法 安全に!確実に!】新生児期緊急手術の麻酔と注意点 先天性心疾患

    岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 鈴木 聡, 末盛 智彦, 金澤 伴幸, 森田 潔

    救急・集中治療   19 ( 11-12 )   1492 - 1498   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)総合医学社  

    researchmap

  • 小児心臓手術の術後出血の危険因子

    戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 金澤 伴幸, 鈴木 聡, 森田 潔, 竹内 護

    日本小児麻酔学会誌   13 ( 1 )   115 - 115   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    researchmap

  • 腹膜透析中の血糖コントロールは予後を改善する?

    戸田 雄一郎, 江木 盛時, 森松 博史, 岩崎 達雄, 清水 一好, 竹内 護, 森田 潔, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 大月 審一, 岡本 吉生

    日本小児循環器学会雑誌   23 ( 3 )   315 - 315   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児心臓外科術後急性腎不全患者における腹膜透析の効果

    森松博史, 戸田雄一郎, 江木盛時, 清水一好, 岩崎達雄, 竹内護, 中塚秀輝, 森田潔

    日本集中治療医学会雑誌   14 ( Supplement )   251   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 敗血症性ショックの治療中に好中球減少を併発した1症例

    鈴木聡, 森松博史, 江木盛時, 清水一好, 佐藤哲文, 武田吉正, 中塚秀輝, 片山浩, 横山正尚, 森田潔

    日本集中治療医学会雑誌   14 ( Supplement )   257   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高血糖と予後 Hyperglycemia in Pediatric Cardiac Surgery Patients Requiring Peritoneal Dialysis

    江木 盛時, 森松 博史, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 清水 一好, 竹内 護, 松崎 孝, 鈴木 聡, 横山 正尚, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   14 ( Suppl. )   211 - 211   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 診断の遅れから治療に難渋した総肺静脈還流異常症

    増田 裕一郎, Duke Trevor, Butt Warwick, Shann Frank, 清水 一好

    日本集中治療医学会雑誌   14 ( Suppl. )   239 - 239   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術後急性腎不全患者の酸塩基異常の特徴

    森松 博史, 戸田 雄一郎, 江木 盛時, 清水 一好, 岩崎 達雄, 竹内 護, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   14 ( Suppl. )   239 - 239   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 小児先天性心疾患患者における腹膜透析の予後と予測因子

    戸田 雄一郎, 森松 博史, 江木 盛時, 清水 一好, 鈴木 聡, 岩崎 達雄, 竹内 護, 横山 正尚, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   14 ( Suppl. )   222 - 222   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 動脈穿刺/動脈圧測定(各論)動脈留置カテーテルを用いた橈骨動脈穿刺におけるコツと注意点.

    清水一好, 森田潔

    LiSA   14   736 - 739   2007年

     詳細を見る

  • 先天性心疾患.

    岩崎達雄, 戸田雄一郎, 清水一好, 鈴木聡, 末盛智彦, 金澤伴幸, 森田潔

    救急・集中治療   19 ( 11.12別冊 )   1492 - 1496   2007年

     詳細を見る

  • 術後に総肺静脈還流異常の合併が判明した先天性食道閉鎖症の麻酔経験.

    佐々木彩, 戸田雄一郎, 竹内護, 岩崎達雄, 清水一好, 森田潔

    麻酔(0021-4892)   56   1094 - 1096   2007年

     詳細を見る

  • 誌上抄読会 レミフェンタニル ー本邦での臨床使用に際して最近の話題ー.

    溝渕知司, 佐藤健治, 花崎元彦, 中塚秀輝, 大西藍, 大西淳司, 那須敬, 脇有紀, 谷真規子, 金澤伴幸, 鈴木聡, 林真雄, 松﨑孝, 遠藤佐緒里, 江木盛時, 清水一好

    臨床麻酔   31   93 - 100   2007年

     詳細を見る

  • PAVM合併Fontan手術後、低酸素血症の管理に難渋した2症例

    清水 一好, 戸田 雄一郎, 岩崎 達雄, 竹内 護, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   10 ( Suppl. )   150 - 150   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 小口径(5mm)プローベを用いた新生児乳児に対する術中経食道心エコーの使用経験

    岩崎 達雄, 竹内 護, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 鈴木 聡, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   10 ( Suppl. )   116 - 116   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 小児心臓手術15年の経験

    竹内 護, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 末盛 智彦, 鈴木 聡, 森田 潔

    Cardiovascular Anesthesia   10 ( Suppl. )   121 - 121   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    researchmap

  • 劇症肝炎における血液浄化の検討

    森松 博史, 片山 浩, 清水 一好, 賀来 隆治, 藤井 洋泉, 松三 昌樹, 森田 潔

    日本アフェレシス学会雑誌   23 ( 2 )   210 - 210   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アフェレシス学会  

    researchmap

  • 原発性肺高血圧症の治療中にプロスタサイクリンが原因と思われる間質性肺炎を合併した1症例

    松崎孝, 森松博史, 清水一好, 小林求, 中塚秀輝, 五藤恵次, 片山浩, 森田潔

    日本集中治療医学会雑誌   11 ( Supplement )   176   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 我が国の小児集中治療の現状と問題点 岡山大学CCUにおける小児集中治療の現況と問題点

    竹内 護, 多賀 直行, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 清水 一好, 森松 博史, 森田 潔

    日本集中治療医学会雑誌   11 ( Suppl. )   138 - 138   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 窒素ガス混入下低酸素換気療法により救命できた重症左心低形成症候群の一症例.

    清水一好, 竹内 護, 多賀直行, 岩崎達雄, 大江克憲, 川上朋子, 森田 潔

    心臓血管麻酔学会誌   2004年

     詳細を見る

  • RV-PAシャントを用いたNorwood手術の術後循環動態の検討―BTシャントを用いたNorwood手術との比較―.

    岩崎達雄, 竹内 護, 多賀直行, 大江克憲, 清水一好, 森田 潔

    麻酔   2004年

     詳細を見る

  • 急性血液浄化 劇症肝炎における予後と意識改善に影響を与える因子.

    森松博史, 片山 浩, 清水一好, 賀来隆治, 藤井洋泉, 松三昌樹, 森田 潔

    ICUとCCU   2004年

     詳細を見る

  • 小児心臓麻酔における危機管理

    竹内 護, 多賀 直行, 岩崎 達雄, 清水 一好, 戸田 雄一郎, 小林 求, 森田 潔

    日本臨床麻酔学会誌   23 ( 8 )   S375 - S375   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

  • 低酸素濃度ガスによる呼吸循環管理

    竹内 護, 多賀 直行, 岩崎 達雄, 清水 一好, 森田 潔

    日本医療ガス学会学術大会・総会プログラム・抄録集   7回   35 - 35   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医療ガス学会  

    researchmap

  • 帯状疱疹後神経痛に対する10%リドカイン軟膏の検討

    西江 宏行, 清水 一好, 谷西 秀紀, 野上 悟史, 内藤 博司, 武藤 純, 多田 恵一

    日本ペインクリニック学会誌   10 ( 1 )   77 - 77   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ペインクリニック学会  

    researchmap

  • 非定型的な発症をとったセロトニン症候群の1例

    清水 一好, 西江 宏行, 内藤 博司, 鷹取 誠, 多田 恵一

    救急医学   26 ( 11 )   1655 - 1658   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    31歳男.うつ症状に対し三環系抗鬱薬であるクロミプラミンを内服し,いったん症状の改善を認めたが,発汗や奇異行動が出現し内服を中止した.その後,全身の振戦,空笑,粗暴性が出現し分裂病を疑われた.レボメプロマジンを筋注されたが40℃を超える発熱,CK1000IU/1台への上昇などを認め,悪性症候群が疑われた.抗鬱薬服薬既往,ミオクローヌス主体の臨床症状,治療への良好な反応性などから悪性症候群よりもセロトニン症候群と診断し,対症療法を中心に行った.経過良好でICU第5病日に一般病棟へ転棟となった.今後,選択的セロトニン再取り込み阻害薬の普及とともに救急医療領域で遭遇する機会が増加すると考えられ,本症候群に関する知識の整理の必要性が示唆された

    researchmap

  • 手術室における硬性気管支鏡の標準的な麻酔方法

    武藤 純, 末盛 智彦, 市場 稔久, 清水 一好, 内藤 博司, 多田 恵一

    日本臨床麻酔学会誌   22 ( 8 )   S190 - S190   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 経鼻高流量酸素療法における供給水条件の違いによる加温加湿効果の実験的検討.

    第45回日本集中治療医学会学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 試作Tele ICUシステムの病院間使用

    第45回日本集中治療医学会学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 頭蓋咽頭腫術後に高ナトリウム血症を来たし浸透圧性脱髄症候群を発症した1例

    第2回日本集中治療医学会中国四国支部学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 同種末梢血幹細胞移植後器質化肺炎患者に併発した縦隔気腫に対する治療法の検討

    第2回日本集中治療医学会中国四国支部学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 食道癌術後に難治性肺瘻を発症した重症COPD患者の周術期管理

    第2回日本集中治療医学会中国四国支部学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 加温加湿器ヒータープレートと蒸留水の接触面積が加温加湿に与える影響

    第2回日本集中治療医学会中国四国支部学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 筋弛緩薬アレルギーを有する患者の開腹手術において硬膜外麻酔使用により局所麻酔薬中毒をきたした一例.

    日本麻酔科学会中国・四国支部第55回学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 揮発性麻酔薬デスフルランが麻酔管理中の一酸化窒素療法に与える影響.

    第28回日本臨床工学会  2018年 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション「ここがポイント、神経麻酔と集中治療」「小児重症患者の鎮静管理」

    日本麻酔科学会第65回学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 「ここがポイント、神経麻酔と集中治療」小児重症患者の鎮静管理

    日本麻酔科学会第65回学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • The relation between Electrical activity of the diaphragm following extubation and mechanical ventilation time in patients after pediatric cardiac surgery.

    IARS 2018  2018年 

     詳細を見る

  • Teleflexブースセミナー(PICCハンズオン)食道癌周術期におけるPICC管理-CRBSI低減に向けて-

    第118回日本外科学会学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • Electrical activity of the diaphragm in children following extubation after cardiac surgery

    ESICM 2017  2017年 

     詳細を見る

  • 大量腹水ドレナージにより腹圧上昇に伴う腎機能障害が改善したと考えられた3症例

    日本集中治療医学会 第1回中国四国支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • INTRAOPERATIVE FLUID THERAPY IN VIDEO-ASSISTED THORACOSCOPIC ESOPHAGECTOMY: A RETROSPECTIVE STUDY.

    46th SCCM 2017  2017年 

     詳細を見る

  • THE STATE OF INTERVENTION BY BRAIN NATRIURETIC PEPTIDE VALUES IN PEDIATRIC CARDIAC SURGERY PATIENTS.

    46th SCCM 2017  2017年 

     詳細を見る

  • 呼吸管理による体・肺循環のバランス管理

    第22回 日本心臓血管麻酔学会  2017年 

     詳細を見る

  • 小児心臓術後のHigh-flow nasal cannulaの現在と未来

    第22回 日本心臓血管麻酔学会  2017年 

     詳細を見る

  • BNPの臨床的意義の変遷と小児心臓手術周術期における役割

    第22回 日本心臓血管麻酔学会  2017年 

     詳細を見る

  • 心臓手術におけるNIRS

    第22回 日本心臓血管麻酔学会  2017年 

     詳細を見る

  • 胸骨正中切開時に心膜の牽引により上肢・脳血流の低下をきたした一症例

    第22回 日本心臓血管麻酔学会  2017年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後血清カルシウムイオン濃度とICU滞在日数との関連

    第22回 日本心臓血管麻酔学会  2017年 

     詳細を見る

  • 小児循環器集中治療の未来:麻酔集中治療医から見たこれからの集中治療体制のあり方

    第53回日本小児循環器学会総会・学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後経過における横隔膜電位の推移

    日本麻酔科学会第64回学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • NO療法装置INOflo DSと半閉鎖式循環麻酔器の機種による適正管理方法の実験的検討

    第27回日本臨床工学会  2017年 

     詳細を見る

  • Milrinone Infusion Improves One-Year Survival After Norwood Sano Procedure.

    IARS 2017 & SOCCA 30th Annual Meeting  2017年 

     詳細を見る

  • 集中治療領域におけるTele ICUシステムの試作・検討

    第44回日本集中治療医学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Hemi-clamshellによる開胸によって脳局所組織酸素飽和度が低下した1例

    日本臨床麻酔学会 第37回大会  2017年 

     詳細を見る

  • ECMOシンポジウム-4 小児複雑心奇形におけるECMO

    日本臨床麻酔学会 第37回大会  2017年 

     詳細を見る

  • High Ionized Calcium Concentration is Associated With Prolonged Length of Stay in Intensive Care Unit in Postoperative Pediatric cardiac patients.

    ASA 2017  2017年 

     詳細を見る

  • Unilateral lung recruitment is useful for massive atelectasis.

    ASA 2017  2017年 

     詳細を見る

  • Intraoperative hemodynamic instability due to bilateral pneumothorax during laparoscopic surgery for cancer in esophagogastric junction.

    ASA 2017  2017年 

     詳細を見る

  • 拡張障害型心不全治療に対して横隔膜電位(Edi)モニタリングを活用した一症例

    第43回日本集中治療医学会学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 緊急帝王切開術に至った重症筋無力症合併妊婦の周術期管理経験

    第33回日本集中治療医学会中国四国地方会  2016年 

     詳細を見る

  • 肺炎球菌による重症敗血症性ショックに対して体外式膜型肺(ECMO)を導入した一例

    第33回日本集中治療医学会中国四国地方会  2016年 

     詳細を見る

  • グレン術後の左BTシャント狭窄に対するバルーン血管形成術後に重度肺出血をきたした一症例

    第33回日本集中治療医学会中国四国地方会  2016年 

     詳細を見る

  • Analysis of Prognostic Factors of Hematopoietic Stem Cell Transplantation Patients Admitted to ICU

    BMT Tandem Meetings 2016  2016年 

     詳細を見る

  • CHD術後のAKI

    第43回日本集中治療医学会学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 小児心臓術後呼吸不全に対するHigh flow nasal cannulaとNasal continuous positive airway pressureの比較

    第21回 日本心臓血管麻酔学会  2016年 

     詳細を見る

  • 大動脈弓損傷による危機的大量出血時に人工心肺装置と低体温により後遺症なく救命できた1例.

    日本麻酔科学会中国・四国支部第53回学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • β遮断薬内服中の閉塞性肥大型心筋症患者に発症した心タンポナーデに対する緊急心嚢液ドレナージ術の麻酔経験.

    日本麻酔科学会中国・四国支部第53回学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • Glucose transporter type 1 deficiency syndrome(GLUT1DS)を有する小児の周術期管理経験.

    日本麻酔科学会中国・四国支部第53回学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 癌性疼痛患者22例に対する塩酸モルヒネ単独使用硬膜外ポートの有効性

    日本ペインクリニック学会第50回大会  2016年 

     詳細を見る

  • Milrinone infusion improves ICU mortality after Norwood sano procedure.

    8th world congress on pediatric intensive and critical care  2016年 

     詳細を見る

  • HIGH FLOW NASAL CANNULA VERSUS NASAL CONTINUOUS POSITIVE AIRWAY PRESSURE FOR THE TREATMENT OF RESPIRATORY FAILURE AFTER PEDIATRIC CARDIAC SURGERY: A RETROSPECTIVE STUDY

    IARS 2016  2016年 

     詳細を見る

  • 人工股関節手術の術後リハビリに対する持続大腿神経ブロックの鎮痛効果〜カテーテル孔の位置、造影像の差異に関して

    第26回中国四国ペインクリニック学会  2016年 

     詳細を見る

  • 癌性疼痛に対する内臓神経ブロック施行の効果〜37症例の後方視的調査

    日本区域麻酔学会第3回学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 術後に下大静脈血栓を合併した、術前からヘパリン起因性血小板減少症が疑われた脳死肝腎同時移植症例の周術期管理経験

    第34回日本集中治療医学会中国四国地方会  2016年 

     詳細を見る

  • LDL吸着療法を施行した高トリグリセリド血症による急性膵炎を発症した妊婦の治療経験

    第33回日本集中治療医学会中国四国地方会  2016年 

     詳細を見る

  • NO療法装置INOflo DS®と半閉鎖式循環麻酔器の適正管理方法の実験的検討

    第6回中四国臨床工学会  2016年 

     詳細を見る

  • ファイザー ランチョンセミナー 患者の予後改善を目指した鎮静管理とは?ー浅い鎮静管理の実践ー

    第36回日本臨床麻酔学会  2016年 

     詳細を見る

  • シンポジウム(11)新生児の麻酔ぜよ!総肺静脈還流異常症、大血管転位症の麻酔管理

    日本臨床麻酔学会 第36回大会  2016年 

     詳細を見る

  • シンポジウム(9) 2時間で学ぶ!小児呼吸管理の臨床最前線 小児の麻酔中における人工呼吸器設定

    日本臨床麻酔学会 第36回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 浸潤性胸腺腫摘出術後の抜管時に冠動脈攣縮から心停止に至った一例

    日本臨床麻酔学会 第36回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 血液浄化と酸塩基平衡

    第27回日本急性血液浄化学会学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 大血管手術におけるAKI予防戦略

    第21回 日本心臓血管麻酔学会  2016年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術術後の血清Brain Natriuretic Peptide (BNP)に対する治療介入の現状

    第21回 日本心臓血管麻酔学会  2016年 

     詳細を見る

  • 敗血症性ショック例に対する周術期管理

    日本麻酔科学会第62回学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • PREOPERATIVE BRAIN NATRIURETIC PEPTIDE IN PEDIATRIC CARDIAC SURGERY PATIENTS: ITS ASSOCIATION WITH POSTOPERATIVE OUTCOMES

    International Anesthsia Research Society 2015  2015年 

     詳細を見る

  • The use of Neurally Adjusted Ventilatory Assist in severe acute respiratory distress syndrome with influenza pneumonia undergoing Extracorporeal Membrane Oxygenation

    International Anesthsia Research Society 2015  2015年 

     詳細を見る

  • Neurally Adjusted Ventilatory Assisを拘束性肺障害に用い呼吸パターンが改善した一例

    日本集中治療医学会 第42回  2015年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術における周術期トロポニンTと術後予後との関係

    日本集中治療医学会 第42回  2015年 

     詳細を見る

  • 先天性心疾患術後出血量の予測としてROTEMの有用性の検討

    日本集中治療医学会 第42回  2015年 

     詳細を見る

  • 重症単心室疾患の姑息術後の呼吸循環管理

    日本集中治療医学会 第42回  2015年 

     詳細を見る

  • スマートインフュージョンシステムと従来型ポンプによる業務時間の比較と看護師の意識調査

    第32回日本集中治療医学会中国四国地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 術後人工呼吸管理が遷延した急性肺動脈解離の一例

    第32回日本集中治療医学会中国四国地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 重症中毒性表皮壊死症の治療経過中に中枢神経病変を来した1例

    第32回日本集中治療医学会中国四国地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 上顎癌術直後にAeromonas属による治療抵抗性重症敗血症性ショックをきたした1症例

    第32回日本集中治療医学会中国四国地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 救急カート再標準化に向けての岡山大学病院としての取り組み

    第10回 医療の質・安全学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院ICUにおける肝不全に対する血漿交換について

    第36回日本アフェレシス学会学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 成人先天性心疾患手術の麻酔管理

    日本臨床麻酔学会第35回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 脊椎腫瘍摘出術後に気脳症・頭蓋内出血を認めた一例

    日本臨床麻酔学会第35回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後の呼吸不全に対するHigh Flow Nasal Cannulaの効果

    第20回 日本心臓血管麻酔学会  2015年 

     詳細を見る

  • Impact of high-flow nasal cannula oxygen therapy on respiratory failure after pediatric cardiac surgery : A prospective observational study.

    4th European Conference on Paediatric and Neonatal Cardiac Intensive Care  2015年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後患者におけるカロリーメトリーによる酸素消費量測定値とLaFarge法の比較

    日本小児麻酔学会第21回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 初回発作から薬剤抵抗性心房頻拍に対し、Extra Corporeal Membrane Oxygenation(ECMO)による救命が可能であった1症例

    第29回日本小児救急医学会  2015年 

     詳細を見る

  • 気管切開術既往のある患者で、CABG術後縦隔の構造変化により気道狭窄を生じ2度の再挿管を必要とした症例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 腹腔鏡下泌尿器科手術後痛に対する硬膜外麻酔と静脈PCAの比較

    第1回日本区域麻酔学会  2014年 

     詳細を見る

  • 巨大卵巣嚢腫術後の神経障害

    第1回日本区域麻酔学会  2014年 

     詳細を見る

  • The effect of Nasal High Flow for post-operative respiratory failure: prospective observational study

    34th International Symposium of Intensive Care and Emergency Medicine  2014年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後の急性腎傷害と血清ナトリウムの関連性

    日本集中治療医学会 第41回  2014年 

     詳細を見る

  • 新生児先天性心疾患患者における術前ICU入室の意義

    日本集中治療医学会 第41回  2014年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術後出血量と術中Thromboelastgram(ROTEM)との関連

    日本集中治療医学会 第41回  2014年 

     詳細を見る

  • 小児集中治療室(PICU)における小児心臓手術後の栄養投与方法の調査(第2報)

    日本集中治療医学会 第41回  2014年 

     詳細を見る

  • 痙攣重積発作を疑われたカタトニー症候群の1例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • ICUにて人工呼吸管理中に初回喘息発作を発症した乳児の1症例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 左房ベント併用のcentral ECMOへ変更し、肺水腫が速やかに改善した乳児心筋炎の一症例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 治療薬内服中断による著明な甲状腺腫大に気管狭窄を合併した一症例

    日本臨床麻酔学会 第34回大会  2014年 

     詳細を見る

  • カルニチン欠乏症の小児に対する全身麻酔の経験

    日本臨床麻酔学会 第34回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 筋弛緩モニター使用下でのスガマデクス投与にもかかわらずロクロニウムの再クラーレ化が疑われた1例

    日本臨床麻酔学会 第34回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 重症インフルエンザ肺炎に対して膜型人工肺と横隔膜電位測定を併用し、救命した1症例

    第42回 日本救急医学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • Urinary Albumin Levels Predict Development of Acute Kidney Injury Following Pediatric Cardiac Surgery

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2014年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術における周術期BNPと術後Serious Adverse Events(SAEs)の関係

    日本心臓血管麻酔学会 第19回学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 成人先天性心疾患の周術期管理

    日本心臓血管麻酔学会 第19回学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 専門医コースレクチャー小児

    日本心臓血管麻酔学会 第19回学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • インフルエンザを合併したため診断が遅れた抗NMDA受容体脳炎の1例

    日本麻酔科学会中国・四国支部第50回学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 小児心臓外科術後急性腎傷害と術直後の尿中アルブミンに関する検討

    日本麻酔科学会第61回学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 重症膵炎を合併した急性大動脈解離(stanford A)を保存的に加療中、大動脈破裂を来した一例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 経尿道的前立腺手術中に発症した腹部コンパートメント症候群・高クロール性アシドーシスの一例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 血栓性血小板減少性紫斑病に対して血漿交換療法が奏功した1例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 急性腎不全に伴って発生したと考えられたアマンタジン脳症の一例

    第31回日本集中治療医学会中国四国地方会  2014年 

     詳細を見る

  • The efficacy of extubation in the operating room following the TCPC procedure in paediatric patients

    28th European association of Cardiothoracic anesthesiologists (EACTA)  2013年 

     詳細を見る

  • Relationship between serum concentration of tranexamic acid and blood loss in paediatric cardiac surgery

    28th European association of Cardiothoracic anesthesiologists (EACTA)  2013年 

     詳細を見る

  • The age of transfused blood is not associated with increased postoperative adverse outcome after pediatric cardiac surgery

    Europian Society of Anaesthesia 2013  2013年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術術後患者で使用した赤血球製剤の日齢と術後合併症との関連

    日本麻酔科学会第60回学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 並列循環を呈する先天性心疾患心疾患患児における ECMO(Extracorporeal membrane oxygenation support)治療

    日本麻酔科学会第60回学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 国際交流委員会企画:君にもできる海外医療協力part3-世界各地からの報告- ベトナムでの小児心臓手術の経験-麻酔を中心に-

    日本麻酔科学会第60回学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • The age of transfused blood is not associated with increased postoperative adverse outcome after pediatric cardiac surgery

    Joint Scientific Congress of KSCCM and JSICM  2013年 

     詳細を見る

  • 下部消化管内視鏡検査時のトラマドール・ミダゾラム混合液静注はペチジン静注と同等の効果がある

    日本臨床麻酔学会 第33回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 肺腫瘍切除術中、電気メス使用により心室細動が誘発されたと考えられた一症例

    日本麻酔科学会中国・四国支部第50回学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 新生児先天性心疾患患者における術前ICU入室の意義

    第49回日本小児循環器学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • Total cavopulmonary connection(TCPC)患者の手術室抜管に関する検討

    第49回日本小児循環器学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • The Age of Transfused Blood Is Not Associated With Increased Postoperative Adverse Outcome After Pediatric Cardiac Surgery

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2012年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術における、人工心肺中の高乳酸血症と術後合併症との関連

    日本麻酔科学会第59回学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 尿中NGAL(neutrophil gelatinase-associated lipocalin)と小児心臓外科術後患者の術後腎不全に関する検討

    日本麻酔科学会第59回学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 当院における悪性腫瘍腹膜播種患者の癌性疼痛に対する硬膜外ポート留置の検討

    第22回中国・四国ペインクリニック学会  2012年 

     詳細を見る

  • 麻酔維持方法が術後早期せん妄発生と術後血清メラトニン値に与える影響に関する前向き観察研究

    第16回日本神経麻酔・集中治療研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 小児心臓術後患者におけるドパミン使用の予後との関連性

    第39回日本集中治療医学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • Arrhythmia following cardiac surgery in children

    Society of Critical Care Medicine  2012年 

     詳細を見る

  • The Association of Lactate Clearance After Cardiopulmonary Bypass With Post Operative Severe Adverse Events in Pediatric Cardiac Surgery

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Hypoalbuminemia at ICU Admission Predicts Postoperative Acute Kidney Injury in Children After Cardiac Surgery

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2012年 

     詳細を見る

  • 筋弛緩薬投与を契機に呼吸循環不全が劇的に改善した、肺高血圧合併のFallot四徵症の一例

    日本小児麻酔学会 第18回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術術後の急性腎障害

    日本小児麻酔学会 第18回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術とステロイド

    日本小児麻酔学会 第18回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術における乳酸の意義〜乳酸の代謝から考える〜

    日本小児麻酔学会 第18回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 左心低形成症候群に対するNorwood手術後のECMO治療

    第48回日本小児循環器学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション わが国における周術期管理の現状と提言ーcardiac PICUー 小児心臓麻酔科医は先天性心疾患術後管理に関わるべきか?

    第48回日本小児循環器学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 小児心臓周術期循環管理の最新知見

    日本麻酔科学会第59回学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 麻酔維持方法が術後早期せん妄発生と術後血清メラトニン値に与える影響に関する前向き観察研究

    日本麻酔科学会第59回学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 経皮的心房中隔欠損閉鎖術後に集中治療室に入室した患者の術前評価

    日本麻酔科学会第59回学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • マシモRad-87 RRa(アコースティック呼吸数)センサーの気管切開患者での使用経験

    日本臨床麻酔学会 第32回大会  2012年 

     詳細を見る

  • Long-Term Outcomes in Children With Congenital Heart Disease After Cardiac Surgery: Impact of Acute Kidney Injury During the Pos

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2012年 

     詳細を見る

  • The Correlation Between Vasopressin Levels and Postoperative Hemodynamic Profiles and Adverse Events in Pediatric Cardiac Surgery

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Extracorporeal Membrane Oxygenation Support in Children With a Functional Single Ventricle After Congenital Heart Surgery

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2012年 

     詳細を見る

  • アナフィラキシーショック時のFlotracセンサー®の変化:肺移植後にアナフィラキシーショックをきたした1例

    日本心臓血管麻酔学会 第16回学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 小児心臓手術中の乳酸値と術後合併症の関係

    日本心臓血管麻酔学会 第16回学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 臨床教育講演 CHD姑息手術中に発生しうる危険な出来事

    日本心臓血管麻酔学会 第16回学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 小児先天性心疾患に対して行われた緊急手術に関する検討

    日本小児麻酔学会 第17回大会  2011年 

     詳細を見る

  • スガマデクス投与によりベクロニウム血中濃度が上昇した小児の一症例

    日本小児麻酔学会 第17回大会  2011年 

     詳細を見る

  • ラルセン症候群に対する後方固定術後にデクスメデトミジンにより心停止をきたした一症例

    第28回日本集中治療医学会中国四国地方会  2011年 

     詳細を見る

  • Multidisciplinary approachにより救命できた降下性壊死性縦隔炎の一例

    第28回日本集中治療医学会中国四国地方会  2011年 

     詳細を見る

  • ICU患者において不整脈が発生する因子の検討

    第38回日本集中治療医学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 小児心臓術後腎傷害(acute kidney injury;AKI)患者の遠隔予後

    第38回日本集中治療医学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 持続大腿神経ブロックの坐骨神経支配領域への効果についての検討

    日本臨床麻酔学会 第31回大会  2011年 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション 新しい筋弛緩回復薬 小児心臓手術術後管理におけるロクロニウム持続投与の現状

    日本臨床麻酔学会 第31回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 術後集中治療患者の早期せん妄発生と血清メラトニン値の関係

    日本臨床麻酔学会 第31回大会  2011年 

     詳細を見る

  • Lactate dynamic change in congenital cardaic surgery patients; Its association with patients' outcome

    American Society of Anesthesiologists Annual meeting  2011年 

     詳細を見る

  • シンポジウム4−2 新生児・乳児心臓手術の周術期管理ー総肺静脈還流異常

    日本心臓血管麻酔学会 第17回学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • 小児先天性心疾患の周術期における赤血球製剤の日齢と術後合併症の関連について

    日本心臓血管麻酔学会 第17回学術大会  2010年 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 麻酔および術後鎮痛の方法が長期予後に及ぼす影響の多施設研究

    研究課題/領域番号:21659366  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    中塚 秀輝, 横山 正尚, 森松 博史, 清水 一好

      詳細を見る

    配分額:3280000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:180000円 )

    岡山大学病院において2008年の高度侵襲手術後におけるserious adverse events(SAEs)を調査し、発生に関連する因子をretrospectiveに検討した。解析結果では、諸外国の方向と同様に高度侵襲手術後にはSAEsが12.6%と高率に発生していた。ASA PS、緊急手術は発生と関係していることおよび、手術時間とともに術中の膠質液投与や赤血球輸血の有無が関連するという結果であった。川崎医科大学附属病院における2008年の高度侵襲手術症例において同様に解析した。岡山大学病院と比較して発生率に大きな差を認めた。2施設間で手術対象患者の背景が異なる可能性があり、今後さらに詳細に検討が必要であると考えられた。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 麻酔・蘇生学(基本臨床実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生系(臓器・系別統合講義) (2021年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学(基本臨床実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生系(臓器・系別統合講義) (2020年度) 特別  - その他