2024/04/06 更新

写真a

カタオカ タクヤ
片岡 卓也
Takuya KATAOKA
所属
ヘルスシステム統合科学学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2021年3月   長岡技術科学大学 )

研究キーワード

  • 光機能化学

  • 生体材料工学

  • 無機/有機ハイブリッド化学

  • ナノバイオセラミックス

研究分野

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

学歴

  • 長岡技術科学大学   Graduate School of Engineering   Energy and Environment Science

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 長岡技術科学大学   Graduate School of Engineering   Department of Materials Science and Technology

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 長岡技術科学大学   Faculty of Engineering   Materials Science and Technology Course

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   学術研究院ヘルスシステム統合科学学域   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 独立行政法人日本学術振興会   特別研究員DC

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 公益社団法人日本セラミックス協会   第61回セラミックス基礎科学討論会 実行委員会 委員  

    2023年1月   

      詳細を見る

 

論文

  • Incorporation behavior of Mg(II) ion into hydroxyapatite in the presence of chitosan 査読

    Takuya Kataoka, Yuhi Yasuhira, Eiji Fujii, Tomohiko Yoshioka, Satoshi Hayakawa

    Journal of the Ceramic Society of Japan   131 ( 9 )   569 - 574   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ceramic Society of Japan  

    DOI: 10.2109/jcersj2.23102

    researchmap

  • Functional evaluation of mineral trioxide aggregate cement with choline dihydrogen phosphate 査読

    Kazuhisa TABIRA, Noboru KAJIMOTO, Hirogo MINAMISAWA, Taira SATO, Michito MARUTA, Kyoko OKA, Takuya KATAOKA, Tomohiko YOSHIOKA, Satoshi HAYAKAWA, Kanji TSURU

    Dental Materials Journal   42 ( 4 )   485 - 492   2023年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Dental Materials and Devices  

    DOI: 10.4012/dmj.2022-283

    researchmap

  • Effective Thermal Diffusion of Eu(III) and F Ions into Hydroxyapatite Nanoparticles by Citric Acid Coordinative Mediation 査読

    Wanyu Shi, Zizhen Liu, Iori Yamada, Daichi Noda, Takuya Kataoka, Kenji Shinozaki, Motohiro Tagaya

    ACS Applied Nano Materials   2023年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acsanm.2c04358

    researchmap

  • Investigation into the Photochemical Properties of Methylene Blue-Immobilized Hydroxyapatite Nanoparticles for Theranostic Application 査読

    Iori Yamada, Takuya Kataoka, Ryota Ikeda, Motohiro Tagaya

    ACS Applied Bio Materials   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acsabm.2c00756

    researchmap

  • Adsorption of tris(8-hydroxyquinolinato)aluminum on phosphoric acid-containing mesoporous silica particles 査読

    Wanyu Shi, Zizhen Liu, Takuya Kataoka, Yuri Kurakami, Motohiro Tagaya

    Materials Chemistry and Physics   127334 - 127334   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.matchemphys.2023.127334

    researchmap

  • Investigation of the Surface Elution Mechanism of Citric Acid-Coordinated Hydroxyapatite Nanoparticles in Biological Solutions 査読

    Takuya Kataoka, Takumi Hashimoto, Wanyu Shi, Motohiro Tagaya

    Industrial & Engineering Chemistry Research   61 ( 30 )   10915 - 10921   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    We clarified the surface elution behavior of citric acid (Cit) ions from Cit-coordinated europium(III) ion (Eu3+)-doped hydroxyapatite (CEH) nanoparticles in three different biological solutions (i.e., phosphate buffer (PB), carbonate buffer (CB), and simulated body fluid (SBF)). Specifically, the elution behavior of Cit from the CEH nanoparticles in SBF was clarified as compared with the cases in PB and CB. Based on the elution results of Cit from the nanoparticles, two-stepwise (i.e., initially dramatic and subsequentially gradual) elution behavior during the immersion was observed, which was mainly driven by the substitutional coordination of HPO42-and CO32-to the Cit ions on the nanoparticle surfaces. The Cit elution behavior by the immersion was effectively affected by the anions in the biological solutions. The substitutional coordination of HPO42-or CO32-to the Cit ions was the dominant driving force for the Cit ion elution chelating with Eu3+and Ca2+ions, which progressed significantly at the immersion time of 0-3 h in SBF. Subsequently, the complex reactions based on the substitutional coordination would become the equilibrium state at the immersion time of 3-12 h in SBF, suggesting the control of nanoparticle surface states by optimizing the Cit elution behavior. Therefore, we believe that the nanoparticles will be the base nanobiomaterials toward the application for drug delivery system carriers containing both photoluminescence and drug loading functions.

    DOI: 10.1021/acs.iecr.2c01178

    Scopus

    researchmap

  • Effective Immobilization of Monomeric Methylene Blue on Hydroxyapatite Nanoparticles by Controlling Inorganic–Organic Interfacial Interactions 査読

    Iori Yamada, Takuya Kataoka, Ryota Ikeda, Sadaki Samitsu, Motohiro Tagaya

    Inorganic Chemistry   61 ( 12 )   4865 - 4878   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    We successfully synthesized methylene blue (MB+)-immobilized hydroxyapatite (HM) nanoparticles by changing the initial P/Ca molar ratio. The immobilized amount of MB+increased with increasing the initial P/Ca molar ratio from 0.6 to 4.0, and the HM had an elliptical shape (long length, 21-24 nm; short length, 11-13 nm) irrespective of the initial P/Ca molar ratio. Upon increasing the initial P/Ca molar ratio, the number of carbonate ions on the HM surface decreased, which would be owing to the electrostatic repulsion by the surface phosphate ions (i.e., P-O-), the surface P-OH mainly dissociated to form P-O-, and the electrostatic interaction of P-O-with MB+enhanced. The bonding of MB+with surface P-OH and Ca2+sites of hydroxyapatite would be hydrogen-bonding and Lewis acid-base interactions, respectively. The optimum synthesis condition for MB+immobilization at the monomer state was found to be the initial P/Ca molar ratio of 2.0. Here, the existence percentage of the MB+monomer and the molecular occupancy of the surface carbonate ion at the initial P/Ca molar ratio of 2.0 were higher than those at 4.0 with no significant difference in the immobilized amount of MB+, indicating that MB+at the initial P/Ca molar ratio of 4.0 is more aggregated than that at 2.0. These results suggested that a part of carbonate ions has a role as a spacer to suppress MB+aggregation. Accordingly, the interfacial interactions between the MB+monomer and the hydroxyapatite surface were clarified, which can effectively be controlled by the initial P/Ca molar ratio. These findings will provide fundamental and useful knowledge for the design of calcium phosphate-organic nanohybrids. We believe that these particles will be the base materials to realize diagnostic and/or therapeutic functions through the molecular state control by optimizing the synthesis conditions.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.1c03569

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Coordination State Control of Citric Acid Molecules on Europium(III) Ion-Doped Hydroxyapatite Nanoparticles for Highly Efficient Photoluminescence toward Biomedical Applications 査読

    Takuya Kataoka, Takumi Hashimoto, Sadaki Samitsu, Zizhen Liu, Motohiro Tagaya

    ACS Applied Nano Materials   5 ( 2 )   2305 - 2315   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    We successfully controlled the coordination states of citric acid (Cit) molecules on europium (Eu3+) ion-doped hydroxyapatite (Eu:HA) nanoparticles (NPs) by changing the feed Ca/P molar ratio at the nucleation stage and precisely investigated the effect of Cit states on the photoluminescence (PL) properties of the Cit-coordinated Eu:HA (Cit/Eu:HA) NPs. The increase in the molar ratio of (Ca + Eu) to P significantly increased the coordination amount of Cit on the Eu:HA NP surfaces. Transmission electron microscopy (TEM) observation demonstrated that with the increase in the coordination amount of Cit, the primary Cit/Eu:HA NPs with low crystallinity spherified and the aggregation among the NPs partially occurred, suggesting bond formation between the -COO-of Cit and the Ca2+(or Eu3+, K+) of Eu:HA. The Fourier transform infrared spectra demonstrated that the COO-of Cit is initially substituted with HPO42-on the Cit/Eu:HA NP surfaces, followed by electrostatic adsorption of Cit on the cations (Ca2+, Eu3+, and K+) of the NP surfaces, resulting in the increase of the Cit coordination amount. When the coordination occupancy of Cit molecules exceeded 100%, the molecules would form bonds with the cations such as -COO--Ca2+(or Eu3+or K+)-COO-on the surfaces in the bimolecular coordination state, which was observed as an amorphous surface layer by TEM. In the cation-rich surface environment during NP formation, the existence of the excess Ca2+, Eu3+, and K+ions would be enhanced on the NP surfaces while interacting with COO-in addition to the inclusion state inside the Eu:HA structures. Moreover, the surface Cit layer containing Eu3+formed on the NP surfaces contributed to the effective increase in the PL intensity area and the internal quantum efficiency for biomedical applications.

    DOI: 10.1021/acsanm.1c03999

    Scopus

    researchmap

  • Nanostructural control of transparent hydroxyapatite nanoparticle films using a citric acid coordination technique 査読

    Zizhen Liu, Takuya Kataoka, Sadaki Samitsu, Daisuke Kawagoe, Motohiro Tagaya

    Journal of Materials Chemistry B   10 ( 3 )   396 - 405   2022年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    Control of the nanospaces of the hydroxyapatite nanoparticle films was successfully achieved using the citric acid coordination technique in a very simple way, which will provide a convenient bioceramic film preparation process.

    DOI: 10.1039/d1tb02002a

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子への Eu3+イオン/Na+イオン共ドープと発光特性の評価 査読

    石 婉玉, 片岡卓也, 橋本拓実, 劉自振, 多賀谷基博

    材料の科学と工学   58 ( 5 )   189 - 193   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Competitive incorporation of Eu(III) and Na(I) ions into citric acid-passivated hydroxyapatite particles 査読

    Wanyu Shi, Takuya Kataoka, Takumi Hashimoto, Zizhen Liu, Motohiro Tagaya

    Materials Letters   304   130561 - 130561   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Competitive incorporation of Eu3+ and Na+ ions into citric acid-passivated hydroxyapatite (Cit/HA) particles was investigated for improving the photoluminescence internal quantum yield (ηint). As a result, Eu3+/Na+-co-doped Cit/HA (Cit/HA:Eu/Na) particles were successfully synthesized to control the Eu3+ states inside/outside the HA structure. The optimum Na+ concentration would suppress the surface deactivation of the Cit/HA:Eu/Na particles, leading to the higher ηint value.

    DOI: 10.1016/j.matlet.2021.130561

    Scopus

    researchmap

  • Preparation of Monodispersed Nanoporous Eu(III)/Titania Loaded with Ibuprofen: Optimum Loading, Luminescence, and Sustained Release 査読

    Takuya Kataoka, Kota Shiba, Shinya Nagata, Iori Yamada, Yadong Chai, Motohiro Tagaya

    Inorganic Chemistry   60 ( 12 )   8765 - 8776   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    Functional nanomaterials are one of the potential carriers for drug delivery, whereas there are many prerequisites for this purpose. The carrier should be monodispersed, be fluorescent, and have a proper nanostructure to keep/release drug molecules to achieve controlled release, although preparing a nanomaterial which fulfills all the demands is still very challenging. In this paper, we show the preparation of monodispersed nanoporous amorphous titania submicron particles with fluorescent property. They adsorb a model drug molecule - ibuprofen - with their surface coverage up to 100%. Such a perfect loading does not decrease the fluorescent intensity because of any quenching effects but even maximize it. We also demonstrate the release behavior of IBU into simulated body fluid. Interestingly, the present carrier releases most of IBU in 6 h, whereas that modified with the polyethylene glycol moiety takes 48 h to finish releasing IBU, indicating its potential for controlled release applications.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.1c00718

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Preparation of transparent hydroxyapatite/citric acid particle films 査読

    Zizhen Liu, Takuya Kataoka, Daisuke Kawagoe, Daichi Noda, Yadong Chai, Motohiro Tagaya

    Colloid and Interface Science Communications   39   100316 - 100316   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Transparent hydroxyapatite/citric acid (Cit/HA) particulate film formation and the stability in biological solution were investigated. Negatively charged Cit/HA nanoparticles were synthesized, and the particulate films were prepared by a spin-coat method through water or ethanol dispersion. As a result, the crack-free and transparent Cit/HA films were prepared from water dispersion, which exhibited the better optical properties as compared with the films prepared from ethanol dispersion. The Cit/HA films exhibited higher optical transmittance with increasing the hybridized Cit amount, and the highest transmittance in the visible light region exceeded 80%. Moreover, the calcined film had long-term stability in phosphate-buffered saline while maintaining high transparency, which is expected to be used as a candidate coating film for cell culture substrates.

    DOI: 10.1016/j.colcom.2020.100316

    Scopus

    researchmap

  • Synthesis and photoluminescence properties of the Eu(III)-containing silica nanoparticles via a mechanochemical solid-state reaction between SiO2 and EuCl3·6H2O 査読

    Takumi Hashimoto, Motohiro Tagaya, Takuya Kataoka, Sunao Chatani, Masahiko Inui, Yota Higa, Satoshi Motozuka

    Advanced Powder Technology   31 ( 8 )   3650 - 3656   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    © 2020 The Society of Powder Technology Japan In this study, Eu3+-containing amorphous silica nanoparticles and Eu compounds were successfully synthesized via a mechanochemical solid-state reaction between silica nanoparticles and EuCl3·6H2O. This reaction was induced by a grinding process, and the states of Eu3+ in the silica/europium composites were investigated. The silica/europium composites exhibited orange–red color luminescence owing to the 5D0–7F0, 5D0–7F1, and 5D0–7F2 transitions, which indicated the presence of Eu3+ in the silica framework and the newly formed Eu compounds such as EuOCl and Eu(OH)2Cl. The mechanochemical reaction because of the grinding process effectively induced an interaction between the silica surface and europium chloride; subsequently, Eu(OH)2Cl was formed in the silica/europium composites. Additionally, the Eu(OH)2Cl in the silica/europium composite exhibited a higher thermal stability than that of simple Eu(OH)2Cl, indicating that the mechanochemical reaction mediated the formation of Eu(OH)2Cl and new chemical bonding between the newly formed Eu(OH)2Cl and the silica surface, providing improved thermal stability to Eu(OH)2Cl. Thus, we successfully prepared silica nanoparticles containing not only Eu(III) in the silica framework but also Eu compounds that exhibit unique chemical bonding during a mechanochemical reaction.

    DOI: 10.1016/j.apt.2020.07.013

    Scopus

    researchmap

  • Highly Luminescent Hydroxyapatite Nanoparticles Hybridized with Citric Acid for Their Bifunctional Cell-Labeling and Cytostatic Suppression Properties 査読

    Takuya Kataoka, Sadaki Samitsu, Mitsuhiro Okuda, Daisuke Kawagoe, Motohiro Tagaya

    ACS Applied Nano Materials   3 ( 1 )   241 - 256   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    We successfully prepared hybrid nanoparticles (NPs) with photofunctional interfaces between the citric acid (Cit) molecules and europium(III) ion (Eu3+)-doped hydroxyapatite (HA) (Eu:HA) to provide bifunctional cell-labeling and cytostatic suppression. In particular, the Eu:HA NPs were synthesized in the presence of Cit, and the Cit molecules were hybridized with the Eu:HA NPs (Cit/Eu:HA). The physicochemical properties based on the interfacial Eu:HA-Cit interactions in the NPs were elucidated. The atomic structures on the Eu:HA NP surface layers were disordered by increasing the liquid-solid interfaces by the interactions between the Cit molecules and the Ca site of Eu:HA NPs. It was suggested that the Cit molecules that interacted with the Eu:HA NP surfaces sterically hindered the NP growth by the inorganic-organic interactions. Moreover, it was demonstrated that the interactions of Cit as an organic molecule and Eu:HA as an inorganic matrix were important for achieving the efficient photoluminescence properties. Thus, the efficient luminescence ability including the internal efficiency for cancer cell labeling was achieved, and simultaneously, the Cit molecular effect on the suppression of the cancer cell line growth was investigated. As a result, the luminescence enhancement with the hybridization was successfully elucidated. In particular, the low symmetry of the coordination structure for the Eu3+ ion at the Ca(I) site provided the enhanced luminescence efficiency. Furthermore, the folate N-hydroxysuccinimidyl ester (FA-NHS) was immobilized on the Cit/Eu:HA NPs to enhance the uptake efficiency of the NPs into the cancer cells. Then, the cytocompatibility and the cell-labeling property were evaluated to investigate the effect of the NPs on the cancer cell growth suppression by the Cit molecules. Cancer cell growth suppression was successfully achieved by the interactions with the Cit/Eu:HA NPs. Furthermore, the Cit/Eu:HA NPs reacted with the cells to exhibit red-color luminescence from the cells while suppressing cancer cell growth, indicating the bifunction of cell-labeling and cytostatic suppression in one particle. The hybridized Cit molecules could significantly contribute to the tumorized cell (sphere) growth suppression. In particular, the Cit/Eu:HA NPs were effectively reacted with the spheres after a culture time of 60 h, and the luminescent labeling with following the cellular shapes could be achieved 1 h after NP addition, indicating the rapid labeling process with cytostatic suppression for interacting with the spheres.

    DOI: 10.1021/acsanm.9b01933

    Scopus

    researchmap

  • Effects of surfactant removal processes from titania/octadecylamine hybrid particles on their nanostructures and dispersibility in phosphate buffered saline 査読

    Takuya Kataoka, Kota Shiba, Shinya Nagata, Iori Yamada, Motohiro Tagaya

    Results in Physics   13   102215 - 102215   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    The surfactant removal from titania/octadecylamine (ODA) hybrid spherical particles through a bake treatment, solvent-extraction or their combination was investigated. The particles after removing ODA via such approaches showed spherical shape with high specific surface area ranging from 145 to 345 m(2)/g and were found to be dispersible in phosphate buffered saline. The ODA removal processes clearly influenced the particle surface states, the crystallization degrees, and the dispersibility.

    DOI: 10.1016/j.rinp.2019.102215

    Web of Science

    researchmap

  • Surface-Engineered Design of Efficient Luminescent Europium(III) Complex-Based Hydroxyapatite Nanocrystals for Rapid HeLa Cancer Cell Imaging 査読 国際誌

    Takuya Kataoka, Shigeaki Abe, Motohiro Tagaya

    ACS Applied Materials & Interfaces   11 ( 9 )   8915 - 8927   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    We synthesized hydroxyapatite nanocrystals under the existence of tris(2,2,6,6-tetramethyl-3,5-heptanedionato)europium(III) (EuTH) complex to form inorganic/organic hybrid nanocrystal (EHA). Then, the folic acid derivative (folate N-hydroxysuccinimidyl ester (FA-NHS)) as the targeting ligand for the HeLa cancer cells was immobilized on the EHA by the mediation of both 3-aminopropyltriethoxysilane and methyltriethoxysilane molecules. Here, we investigated the photofunctions based on the interfacial interactions between the FA-NHS and EHA nanohybrids for preparing the novel bioimaging nanomaterials. As a result, the photofunctions could be changed by the FA-NHS molecular occupancy on the EHA. When the molecular occupancy ratio to the EHA surfaces is at around 3-5%, the intense luminescence from the f-f transition of the Eu3+ ions as well as the charge transfer between the EuTH-FA-NHS was observed to exhibit higher quantum efficiency. Moreover, effective dispersibility in phosphate-buffered saline was confirmed with immobilizing the positively charged FA-NHS. The cytotoxicity against the HeLa cells was also evaluated to verify whether the nanohybrids can be the candidate for cell imaging. The affinity and noncytotoxicity between the FA-NHS-immobilized EHA nanohybrids and cells were monitored for 3 days. Red luminescence from the cells could be observed, and the labels with following the cellular shapes were achieved by an additional culture time of 1 h after injecting the FA-NHS-immobilized EHA nanohybrids to the spheres, indicating the rapid bioimaging process. Therefore, this is the first successful report to describe the synthesis of inorganic-organic nanohybrid systems for controlling the EuTH-FA-NHS interactions. The photofunction of the interfacial interactions was successfully designed to provide "efficient luminescent ability" as well as "rapid targeting to the cancer cells" in one particle.

    DOI: 10.1021/acsami.8b22740

    PubMed

    researchmap

  • Preparation of calcium phosphate nanoparticles hybridized with europium(III) complex for novel luminescent organic-inorganic systems 査読

    Takuya Kataoka, Kenji Shinozaki, Shigeaki Abe, Motohiro Tagaya

    Journal of Physics and Chemistry of Solids   122   218 - 226   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    We have synthesized novel inorganic-organic hybrid systems based on the interactions between calcium phosphate (CP) and tris(2,2,6,6-tetramethyl-3,5-heptanedionato)europium (III) (EuTH) complex to clarify the states of the EuTH molecules. We achieved the nucleation and crystal growth of electronically localized of EuTH molecules using two different synthetic processes (based on the timing of the addition EuTH before and after the CP nucleation stage). The coordination environment of the Eu3+ ion inside/on the hybrids was clearly changed, having the higher spatial symmetry states in the hybrid. The aspect ratios of the hybrid crystallites were 2.5-6.0, suggesting that the EuTH molecules selectively interacted with the a-plane of the CP nuclei to induce preferential crystal growth along with the uncovered c-plane. The segregated EuTH molecules on CP surfaces suppressed Ca2 + dissolution from the hybrids in phosphate buffer saline. In the excitation spectra of the hybrids, the F-7(0) -> L-5(6) transition appeared as a result of the interaction between the EuTH and phosphate ions, suggesting that the phosphate ions affected the coordination environment. In the luminescence spectra of the hybrids, the luminescence intensity ratio of the magnetic dipole transition (D-5(0) -> (7)Fi) to electric dipole transition (D-5(0) -> F-7(2)) were higher than those of EuTH and the other Eu3+-doped inorganic systems. Thus, the higher spatial symmetry states of the Eu3+ ion in the hybrids resulted in greater luminescence intensities and quantum efficiencies, which would be affected by the phosphorus anti-quenching. In the future, CP hybrids with various organic complexes will be prepared, and these could be applied in the biomedical fields such as in bio-imaging and drug delivery systems.

    DOI: 10.1016/j.jpcs.2018.06.031

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of Europium(III) Complex-Based Hydroxyapatite Nanocrystals for Biolabeling Applications 査読

    Takuya Kataoka, Shigeaki Abe, Motohiro Tagaya

    Key Engineering Materials   782   41 - 46   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Trans Tech Publications, Ltd.  

    We synthesized the inorganic/organic hybrid nanocrystal (EHA) by hydroxyapatite (HA) nanocrystal growth under the existence of tris(2,2,6,6-tetramethyl-3,5-heptanedionato)europium(III) (EuTH) complex. Then, folic acid derivative (FA-NHS: folate N-hydroxysuccinimidyl ester) as the targeting ligand for the HeLa cancer cells was immobilized on the EHA by the mediation of 3-aminopropyltriethoxysilane (APTES) and methyltriethoxysilane (MTES). When the FA-NHS molecular occupancy ratio on the EHA surface is around 3 to 5 %, the strong luminescence from the f-f transition of the Eu3+ ion and luminescence associated with energy transfer between the EuTH-FA monomer near 518 nm were observed. Moreover, the dispersibility in phosphate buffer saline was confirmed with immobilizing the positively-charged FA-NHS. The affinity and non-cytotoxicity between the nanocrystals and HeLa cancer cells were confirmed for 3 days. The red luminescence from the cells could be observed by fluorescence microscopy and the luminescence spectra.

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/kem.782.41

    researchmap

  • An investigation into nanohybrid states of europium (III) complex with hydroxyapatite nanocrystals 査読

    Takuya Kataoka, Kota Shiba, Motohiro Tagaya

    Optical Materials   84   252 - 258   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    We synthesized the novel inorganic-organic nanohybrid systems in hydroxyapatite (HA) nanocrystal growth processes under the presence of tris(2,2,6,6-tetramethyl-3,5-heptanedionato)europium (HI) (EuTH) complex for the first time. The nanohybrid states were successfully controlled by the EuTH concentration to Ca ions in HA. The morphology of the HA was observed by a transmission electron microscope and the nanocrystalline aspect ratios were estimated to be 2.5-4.8. The segregated EuTH molecules on the HA nanocrystals covered over the aplane in HA, leading to the effective crystal growth along with the uncovered c-plane. The luminescence properties of the nanohybrids were different from that of the EuTH itself in the solution and solid states, indicating the unique Eu3+ ion states on the HA nanocrystals because of the different ligand field symmetry. Moreover, the relative luminescence intensity ratio based on the D-5(0) -> F-7(1) and D-5(0) -> F-7(2) transitions in the nanohybrid became lower with increasing the EuTH concentration, suggesting that the hybridization lowered the coordination environment symmetry of Eu3+ ion. The luminescence intensity and quantum efficiency of the nanohybrids were higher than that of the EuTH itself. Therefore, the interaction at EuTH-HA interface as well as between EuTH-EuTH molecules significantly changed by the inorganic-organic hybridization under different EuTH concentrations. In future, the present hybridization technique can be applied for preparing the nanohybrids with various metallic complexes.

    DOI: 10.1016/j.optmat.2018.07.014

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation of Eu(iii) acetylacetonate-doped well-defined titania particles with efficient photoluminescence properties 査読 国際誌

    Kota Shiba, Takuya Kataoka, Motohiro Tagaya

    Dalton Transactions   47 ( 6 )   1972 - 1980   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>Eu(<sc>iii</sc>) acetylacetonate-doped well-defined titania particles were synthesized to demonstrate composition dependent efficient luminescence properties.</p>

    DOI: 10.1039/c7dt03035e

    PubMed

    researchmap

  • Hybrid preparation of terbium(iii)-doped mesoporous silica particles with calcium phosphates 査読

    T. Kataoka, K. Shiba, L. Y. Wang, S. Yamada, M. Tagaya

    RSC Advances   7 ( 32 )   19479 - 19485   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>Terbium-doped mesoporous silica/calcium phosphate interfacial hybrid particles were prepared to demonstrate characteristic luminescence behavior.</p>

    DOI: 10.1039/c6ra28457d

    Scopus

    researchmap

  • Incorporation of terbium(III) ion into mesoporous silica particles 査読

    Kataoka Takuya, Wang Liyin, Kobayashi Kouhei, Nishikawa Masami, Tagaya Motohiro

    Jpn. J. Appl. Phys.   55 ( 10 )   105503 - 105503   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Physics  

    Terbium(III)-doped mesoporous silicas were synthesized, and the states of terbium ions in the silica frameworks were investigated. The mesopores were preserved upon doping at terbium ion molar concentrations relative to (Si+Tb) up to 15 mol %, indicating the interaction of terbium ions with Si–O bonds. Significant morphological changes of the particles were observed with increasing the doping concentration. The shapes of the photoluminescence spectra due to the transitions of 5D<inf>4</inf>→ 7F<inf>6</inf>and 5D<inf>4</inf>→ 7F<inf>5</inf>were indicative of the presence of terbium ions in the silica matrix, and the quantum efficiency (2.1–2.8%) and lifetime (1.6–1.9 ms) decreased with increasing the doping concentration up to 15 mol %. Therefore, the terbium ions are considered to be located inside the amorphous silica frameworks, where they electrostatically interact with the O atoms of silanol and siloxane groups.

    DOI: 10.7567/jjap.55.105503

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://stacks.iop.org/1347-4065/55/i=10/a=105503?key=crossref.964f34ccabb98dfd1906efb3d197a627

  • Preparation of europium(III)-doped hydroxyapatite nanocrystals in the presence of cationic surfactant 査読

    Takuya Kataoka, Kota Shiba, Motohiro Tagaya

    Colloid and Interface Science Communications   13   1 - 5   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Europium (III) (Eu3+)-doped hydroxyapatite (HAp) nanocrystals were synthesized in the presence of a cetyltrimethylammoniumbromide (CTAB) to investigate the states of Eu3+ ions in the structure. The HAp structure was preserved with the doping as well as the CTAB existence, and the carbonate ions were included in the structure. The uniformshapes andmono-dispersion of the nanocrystals were observed by adding CTAB. The transitions of D-5(0)-F-7(1) and D-5(0)-F-7(2) in the photoluminescence spectra indicated the presence of the Eu3+ in an environment of a low symmetry before the calcination. The Eu3+ was effectively positioned in the Ca sites in the HAp structure. The CTAB addition would prevent the Eu3+ ions from aggregating each other, inducing the effective substitution and resultantly showing the efficient luminescence. Therefore, the interactions between the Eu3+ ions and HAp structure were successfully enhanced in the presence of CTAB. (C) 2016 Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.colcom.2016.04.003

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Cationic Surfactant Micelles on Hydroxyapatite Nanocrystal Formation: An Investigation into the Inorganic–Organic Interfacial Interactions 査読

    Kota Shiba, Satoshi Motozuka, Tadashi Yamaguchi, Nobuhiro Ogawa, Yuichi Otsuka, Kiyoshi Ohnuma, Takuya Kataoka, Motohiro Tagaya

    Crystal Growth & Design   16 ( 3 )   1463 - 1471   2016年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    © 2016 American Chemical Society. To clarify hydroxyapatite (HAp) nanocrystal formation based on the interfacial interactions with organic molecules is important for controlling the dispersion states/shapes of HAp and understanding the biomineralization mechanism. In this study, the effects of cetyltrimethylammonium bromide (CTAB) micelles on the HAp nanocrystal formation process were investigated through both the morphosynthesis technique and the molecular orbital calculations. The HAp nanocrystals synthesized in the presence of CTAB exhibited a controlled rod-like shape and subsequently grew up by a thermal treatment to be larger-sized nanocrystals at a well-dispersed state. It was also found that the CTAB micelles strained and disordered at the higher temperature effectively induced heterogeneous nucleation to initiate the nucleation/growth processes. In contrast, HAp nanocrystals synthesized without CTAB exhibited irregular-shaped and aggregated nanocrystals, which are due to dominantly occurring homogeneous nucleation. According to the molecular orbital calculations, the cationic N atom of the CTAB molecule strongly interacted with the Ca ion in the a-plane as well as the hydroxyl/phosphate groups in the c-plane of HAp via ionic/covalent bonding (e.g., only ionic bonding at the closer interfacial distance at 1.0 Å), leading to effective nucleation on the micelle surfaces. Therefore, a possible reason for the rod-like and well-dispersed nanocrystal formation is due to the heterogeneous nuclei formation/growth on the N atoms of CTAB micelles and subsequent fusion growth among the CTAB micelle-directed inorganic-organic complexes in the confined spaces. The present results will be applicable for designing tailored HAp morphologies based on inorganic-organic hybrid interaction systems.

    DOI: 10.1021/acs.cgd.5b01599

    Scopus

    researchmap

  • Preparation of nanocrystalline zinc-substituted hydroxyapatite films and their biological properties 査読

    Tania Guadalupe Peñaflor Galindo, Takuya Kataoka, Shuji Fujii, Mitushiro Okuda, Motohiro Tagaya

    Colloid and Interface Science Communications   10-11   15 - 19   2016年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.colcom.2016.03.005

    researchmap

  • Designed synthesis of well-defined titania/iron(iii) acetylacetonate nanohybrids with magnetic/luminescent properties 査読

    Kota Shiba, Takuya Kataoka, Mitsuhiro Okuda, Santiago Blanco-Canosa, Motohiro Tagaya

    RSC Advances   6 ( 61 )   55750 - 55754   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>Synthesis and magnetic/luminescent properties of well-defined titania/octadecylamine/iron(<sc>iii</sc>) acetylacetonate hybrid functional particles were demonstrated.</p>

    DOI: 10.1039/c6ra03824g

    Web of Science

    researchmap

  • Morphosynthesis of Zn-Substituted Stoichiometric and Carbonate Hydroxyapatite Nanoparticles and Their Cytotoxicity in Fibroblasts 査読

    Tania Guadalupe Peñaflor Galindo, Takuya Kataoka, Motohiro Tagaya

    Journal of Nanomaterials   2015   1 - 8   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hindawi Limited  

    Hydroxyapatite (Ca10(PO4)3(OH)2) (HAp) is crystallographically and chemically similar to the human hard tissues and has been widely researched. The naturally formed HAp has some impurities of some ions, which provides the biocompatibility as well as the nanosized morphologies in the tissues. In this study, the morphosynthesis of zinc-substituted stoichiometric and carbonate hydroxyapatite (Zn:HAp and Zn:CAp) nanoparticles was investigated from the reagents of CaCl2, ZnCl2, and K2HPO4. The initial (Ca + Zn)/P ratios of 1.67 and 2.00 were adjusted by the initial ZnCl2amount at the Zn/(Ca + Zn) concentration of 0.0−10 mol%. The crystalline sizes of the nanoparticles decreased with increasing the Zn ion amount, suggesting that the Zn substitution significantly suppressed the crystal growth. TEM images of the nanoparticles indicated that all the crystalline sizes are less than 100 nm and the needle-like shapes were significantly changed to spherical shapes with increasing the Zn ion substitution to resultantly exhibit the higher surface areas as well as the nanoparticle aggregation states. Furthermore, all the nanoparticle films electrically plated on a silicone substrate give no cytotoxicity, and the Zn:CAp nanoparticle films significantly provided the bioactive properties for fibroblast ingrowth, suggesting the effect of Zn and carbonate ions on the cytocompatibility.

    DOI: 10.1155/2015/376045

    researchmap

    その他リンク: http://downloads.hindawi.com/journals/jnm/2015/376045.xml

▼全件表示

MISC

  • 生体に優しい強発光バイオセラミック粒子の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    材料の科学と工学   59 ( 2 )   14 - 17   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • メチレンブルー吸着ハイドロキシアパタイト粒子の生体液中における一重項酸素生成能の評価

    山田伊織, 片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(Web)   34th   2021年

     詳細を見る

  • Eu(III)錯体を含有したハイドロキシアパタイトナノ粒子の合成と葉酸修飾による細胞標識機能化

    片岡卓也, 阿部薫明, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • メチレンブルーモノマーの担持に最適なシリカ-チタニア系ハイブリッド粒子の合成

    藤原哉太, 片岡卓也, 山田伊織, 柴弘太, 多賀谷基博

    ナノ学会大会講演予稿集   19th   2021年

     詳細を見る

  • クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子膜の創製と細胞培養特性の評価

    LIU Z., 片岡卓也, 片岡卓也, 川越大輔, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(Web)   34th   2021年

     詳細を見る

  • リン酸含有メソポーラスシリカ粒子へのアルミニウム(III)キノリン錯体の担持

    倉上友里, 片岡卓也, 多賀谷基博

    ナノ学会大会講演予稿集   19th   2021年

     詳細を見る

  • メチレンブルー担持ハイドロキシアパタイト粒子の合成と一重項酸素生成能の評価

    池田遼太, 片岡卓也, 山田伊織, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • クエン酸配位Eu(III)イオンドープ水酸アパタイト粒子の合成と擬似体液における表面反応性の評価

    橋本拓実, 片岡卓也, 片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • クエン酸配位ハイドロキシアパタイト粒子膜の調製と生体液中での安定性の評価

    LIU Z, 片岡卓也, 川越大輔, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 細胞標識能と増殖抑制能を両立するクエン酸配位発光性ハイドロキシアパタイトナノ粒子の合成

    片岡卓也, 佐光貞樹, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 光機能バイオセラミック粒子の創製とバイオメディカル応用

    多賀谷 基博, 片岡 卓也, 山田 翔太, 山田 伊織

    セラミックス©日本セラミックス協会   55 ( 12 )   885 - 889   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 透明クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子膜の調製と生体液中での安定性の評価

    LIU Z, 片岡卓也, 川越大輔, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   33rd   2020年

     詳細を見る

  • 特定細胞の標識能と増殖抑制能を両立する水酸アパタイトナノ粒子の創製

    片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   33rd   2020年

     詳細を見る

  • 光増感能を有する水酸アパタイト/メチレンブルー複合粒子の合成と評価

    池田遼太, 片岡卓也, 山田伊織, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   33rd   2020年

     詳細を見る

  • マイクロ流路を用いた水酸アパタイト/メチレンブルー複合ナノ粒子の合成と光反応性の評価

    池田遼太, 片岡卓也, 片岡卓也, 山田伊織, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • メチレンブルー担持ハイドロキシアパタイト粒子の合成と可視光照射に伴う一重項酸素生成能の評価

    池田遼太, 片岡卓也, 片岡卓也, 山田伊織, 山田伊織, 多賀谷基博

    固体・表面光化学討論会講演要旨集   39th (Web)   2020年

     詳細を見る

  • クエン酸添加による水酸アパタイト透明薄膜の作製

    松沼佳南, 片岡卓也, 片岡卓也, 多賀谷基博, 川越大輔

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子分散液の調製と透明膜形成への展開

    LIU Z., 片岡卓也, 片岡卓也, 川越大輔, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • がん細胞の標識と増殖抑制を両立する発光性アパタイトナノ粒子の創製

    片岡卓也, 片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • Eu(III)イオン含有ハイドロキシアパタイト粒子合成におけるクエン酸配位効果の解明

    橋本拓実, 片岡卓也, 片岡卓也, 多賀谷基博

    固体・表面光化学討論会講演要旨集   39th (Web)   2020年

     詳細を見る

  • Design of Hydroxyapatite-Based Multifunctional Nanoparticles for Cell Labelling and Cell Growth Inhibition

    Takuya Kataoka, Kota Shiba, Motohiro Tagaya

    Regenerative Medicine Frontiers   2 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.20900/rmf20200001

    researchmap

  • カチオン性界面活性剤/水酸アパタイト界面相互作用評価とユウロピウム(III)含有発光ナノ材料への展開

    片岡卓也, 片岡卓也, 本塚智, 柴弘太, XU Zhefeng, 多賀谷基博

    DV-Xα研究協会会報   31 ( 1-2 )   2019年

     詳細を見る

  • クエン酸を含有した発光性アパタイトナノ結晶の新規開発

    片岡卓也, 片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2019   2019年

     詳細を見る

  • メチレンブルー担持ナノポーラスチタニア粒子への光照射に伴う一重項酸素生成能の評価

    池田遼太, 山田伊織, 永田真也, 片岡卓也, 角田正也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 無機-有機ナノ複合技術による透明アパタイト膜の作製

    LIU Z., 片岡卓也, 片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト/色素の複合構造構築と物性 (第26回無機リン化学討論会若手優秀発表賞 受賞研究紹介)

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    ( 91 )   31 - 35   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体機能化を目指した異種材料ナノハイブリッドの創製

    多賀谷 基博, 片岡 卓也, 山田 翔太, 柴 亜東, 山田 伊織

    金属   88 ( 1 )   15 - 22   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 炭酸含有水酸アパタイトの結晶形成過程における蛍光色素の複合化

    尾上和寛, 片岡卓也, 多賀谷基博

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   65th   2018年

     詳細を見る

  • アパタイト/Eu錯体複合粒子の葉酸誘導体修飾による光機能化

    片岡卓也, 多賀谷基博

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   65th   2018年

     詳細を見る

  • 水系に分散する多孔性チタニアサブミクロン粒子の創製

    永田真也, 片岡卓也, 多賀谷基博, 柴弘太

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   65th   2018年

     詳細を見る

  • 陽イオン界面活性剤と水酸アパタイトの界面相互作用解析とユウロピウム(III)含有発光ナノ材料への応用

    片岡 卓也, 本塚 智, 柴 弘太, 許 哲峰, 多賀谷 基博

    DV-Xα研究会会報   29 ( 1&2 )   147 - 151   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ナノ多孔質シリカ/水酸アパタイト複合粒子の合成とタンパク質相互作用の評価

    山田翔太, 片岡卓也, 多賀谷基博

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • リン酸含有メソポーラスシリカへのアルミニウム(III)キノリン錯体の導入

    倉上友里, 片岡卓也, 多賀谷基博

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th   2017年

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト/有機ユウロピウム(III)錯体の複合構造構築と物性評価

    片岡卓也, 多賀谷基博

    無機リン化学討論会講演要旨集   26th   2017年

     詳細を見る

  • 陽イオン界面活性剤ミセルによる水酸アパタイトの核形成/成長制御とDV-Xα計算による界面相互作用解析

    片岡卓也, 柴弘太, 本塚智, 小川展弘, 山口正, 大沼清, 大塚雄市, XU Zhefeng, 多賀谷基博

    DV-Xα研究協会会報   28 ( 1-2 )   2016年

     詳細を見る

  • 界面活性剤ミセル存在下における発光性水酸アパタイトナノ結晶の合成と特性

    片岡卓也, 柴弘太, 多賀谷基博

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   63rd   2016年

     詳細を見る

  • Eu(III)錯体を核形成場とした有機/リン酸カルシウム複合粒子の創製

    片岡卓也, 多賀谷基博

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   77th   2016年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 交流電解ゾル-ゲル反応によるシリカゲルへの酵素固定化と活性評価

    吉岡 朋彦, 谷口 功治, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会2024年年会、講演番号3H09、熊本(熊本大学)  2024年3月16日 

     詳細を見る

  • The application of alternating-current electrolysis to the sol-gel deposition of silica gel-enzyme composites

    Tomohiko Yoshioka, Koji Taniguchi, Takuya Kataoka, Satoshi Hayakawa

    MRM2023/IUMRS-ICA2023, E2-O202-03, Kyoto  2023年12月12日 

     詳細を見る

  • 電解ゾル-ゲル反応で得られたシリカゲルの固体NMRによる構造解析

    細谷 頑馬, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会第25回生体関連セラミックス討論会、講演番号O-4、名古屋(名古屋工業大学)  2023年12月1日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ナノ多孔性シリカ/Mg(II)含有リン酸カルシウム複合粒子の合成と評価

    廣田 大樹, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    第29回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K11、岡山(岡山大学)  2023年11月25日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 水熱処理によるアルミノケイ酸塩ガラスへの表面微細構造の創製と光学特性の評価

    鳥居 拓真, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    第29回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国、講演番号K32、岡山(岡山大学)  2023年11月25日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ケイ酸ナトリウムと共存させた酵素の活性変化

    吉岡 朋彦, 中山 七海, 城崎 由紀, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム、講演番号3A23、京都(京都工芸繊維大学)  2023年9月8日 

     詳細を見る

  • 異なる量のキトサン存在下で合成したMg(II)イオン含有アパタイト粒子の評価

    西崎 航, 安平 友飛, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 藤井 英司, 早川 聡

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム、講演番号3A02、京都(京都工芸繊維大学)  2023年9月8日 

     詳細を見る

  • ジピコリン酸を含むSr(II)イオンドープリン酸八カルシウムの合成と評価

    西山 青太, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 藤井 英司, 早川 聡

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム、講演番号1A16、京都(京都工芸繊維大学)  2023年9月6日 

     詳細を見る

  • 交流電気泳動堆積法を用いたアルミナ/セルロースナノファイバー複合体の作製

    高田 ひな呼, 吉岡 朋彦, 片岡 卓也, 藤井 英司, 都留 寛治, 早川 聡

    日本セラミックス協会2023年年会、講演番号2H30、横浜(神奈川大学)  2023年3月9日 

     詳細を見る

  • FT-IRを用いたケイ酸ナトリウムとタンパク質の相互作用解析

    中山 七海, 吉岡 朋彦, 城崎 由紀, 片岡 卓也, 今村 維克, 早川 聡

    日本セラミックス協会2023年年会、講演番号2H24、横浜(神奈川大学)  2023年3月9日 

     詳細を見る

  • 水熱処理による金属チタン表面へのブルッカイト型酸化チタン層の形成とin vitroアパタイト形成能の評価

    中本 優志, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第61回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2C04、岡山大学  2023年1月8日 

     詳細を見る

  • SiO2系生体活性ゲルの電気化学的作製と添加物による特性改善

    吉岡 朋彦, 前田 気悦, Gunawan, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第61回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2C08、岡山大学  2023年1月8日 

     詳細を見る

  • アルミナ/キトサンナノファイバー複合体の交流電気泳動堆積と歯科応用

    吉木 佑実, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 藤井 英司, 都留 寛治, 早川 聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第61回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2C06、岡山大学  2023年1月8日 

     詳細を見る

  • 細胞足場材料としてのセルロースナノファイバーと細胞モデルの交流電気泳動堆積

    奥家 就平, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 藤井 英司, 早川 聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第61回セラミックス基礎科学討論会、講演番号2C05、岡山大学  2023年1月8日 

     詳細を見る

  • 化学処理によるソーダ石灰ガラス表面への微細凹凸構造の形成機構と光学特性の評価

    成松 将希, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会基礎科学部会第61回セラミックス基礎科学討論会、講演番号1E04、岡山大学  2023年1月7日 

     詳細を見る

  • Impact of sodium silicates on protein secondary structure analyzed using Fourier transform infrared spectroscopy

    Nanami Nakayama, Takuya Kataoka, Tomohiko Yoshioka, Yuki Shirosaki, Satoshi Hayakawa

    日本セラミックス協会基礎科学部会第61回セラミックス基礎科学討論会、講演番号1C16、岡山大学  2023年1月7日 

     詳細を見る

  • Alternating-current electrolytic deposition of calcium phosphate coatings on titanium substrate

    Tomohiko Yoshioka, Jun Morimoto, Shun Haruki, Takuya Kataoka, Satoshi Hayakawa

    20th Asian BioCeramics Symposium (ABC2022), G-09, Toyama  2022年12月12日 

     詳細を見る

  • 化学処理によるアルミノケイ酸塩ガラス表面への微細凹凸構造の形成機構

    白髭 晃大, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    第28回 ヤングセラミスト・ミィーティングin中四国、講演番号K84、愛媛大学  2022年12月10日 

     詳細を見る

  • 交流電気泳動堆積法を用いた歯科矯正ワイヤーへの無機有機複合体の作製

    吉木 佑実, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 藤井 英司, 都留 寛治, 早川 聡

    第28回 ヤングセラミスト・ミィーティングin中四国、講演番号K2、愛媛大学  2022年12月10日 

     詳細を見る

  • 交流電解ゾル-ゲル反応によるシリカゲルへの細胞モデルの担持挙動

    吉岡 朋彦, 鳥井 奎汰, 城崎 由紀, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム、講演番号3H22、徳島大学  2022年9月16日 

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト/キトサン複合粒子へのMg(II)イオンの導入

    安平 友飛, 片岡 卓也, 吉岡 朋彦, 早川 聡

    日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム、講演番号2H04、徳島大学  2022年9月15日 

     詳細を見る

  • シリカゲルの電解ゾル-ゲル反応におけるタンパク質共存の効果

    吉岡 朋彦, 橋本 里奈, 片岡 卓也, 早川 聡

    粉体粉末冶金協会2022年度春季大会(第129回講演大会)  2022年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 交流電解におけるpH変化とリン酸カルシウムの析出挙動

    森本 準, 吉岡 朋彦, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会2022年年会  2022年3月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 無機/有機界面相互作用に基づく発光性アパタイトナノ粒子の創製とがん細胞標識への応用 招待

    片岡 卓也

    第9回日本バイオマテリアル学会中四国ブロックシンポジウム  2022年2月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 銀を担持させた生体活性ゲルの電気化学的作製

    吉岡 朋彦, Gunawan, 片岡 卓也, 早川 聡

    第43回日本バイオマテリアル学会 (43th JSB) 及び第8回アジアバイオマテリアル学会 (8th ABMC)  2021年11月29日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ダブルパルス電解によるシリカゲルの形成

    吉岡 朋彦, 浅田 敏生, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年9月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 交流電場を用いた炭酸カルシウムの電解析出

    吉岡 朋彦, 三木 麻由美, 藤井 英司, 片岡 卓也, 早川 聡

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年9月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子膜の創製と細胞培養特性の評価

    劉 自振, 片岡 卓也, 川越 大輔, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年9月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メチレンブルー吸着ハイドロキシアパタイト粒子の生体液中における一重項酸素生成能の評価

    山田 伊織, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年9月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メチレンブルーモノマーの担持に最適なシリカ-チタニア系ハイブリッド粒子の合成

    藤原 哉太, 片岡 卓也, 山田 伊織, 柴 弘太, 多賀谷 基博

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • リン酸含有メソポーラスシリカ粒子へのアルミニウム(III)キノリン錯体の担持

    倉上 友里, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • クエン酸配位ハイドロキシアパタイト粒子膜の調製と生体液中での安定性の評価

    劉 自振, 片岡 卓也, 川越 大輔, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2021年年会  2021年3月25日 

     詳細を見る

  • メチレンブルー担持ハイドロキシアパタイト粒子の合成と一重項酸素生成能の評価

    池田 遼太, 片岡 卓也, 山田 伊織, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2021年年会  2021年3月23日 

     詳細を見る

  • クエン酸配位Eu(III)イオンドープ水酸アパタイト粒子の合成と擬似体液における表面反応性の評価

    橋本 拓実, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2021年年会  2021年3月23日 

     詳細を見る

  • 細胞標識能と増殖抑制能を両立するクエン酸配位発光性ハイドロキシアパタイトナノ粒子の合成

    片岡 卓也, 佐光 貞樹, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2021年年会  2021年3月23日 

     詳細を見る

  • Eu(III)錯体を含有したハイドロキシアパタイトナノ粒子の合成と葉酸修飾による細胞標識機能化

    片岡 卓也, 阿部 薫明, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2021年年会  2021年3月23日 

     詳細を見る

  • クエン酸配位 Eu(III)ドープ水酸アパタイト粒子合成における炭酸水素ナトリウム添加効果の解明

    石 婉玉, 橋本 拓実, 片岡 卓也, 劉 自振, 多賀谷 基博

    日本バイオマテリアル学会 2020年度北信越ブロック研究発表会  2021年1月19日 

     詳細を見る

  • Eu(III)イオン含有ハイドロキシアパタイト粒子合成におけるクエン酸配位効果の解明

    橋本 拓実, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    第39回固体・表面光化化学討論会  2020年11月13日 

     詳細を見る

  • メチレンブルー担持ハイドロキシアパタイト粒子の合成と可視光照射に伴う一重項酸素生成能の評価

    池田 遼太, 片岡 卓也, 山田 伊織, 多賀谷 基博

    第39回固体・表面光化化学討論会  2020年11月13日 

     詳細を見る

  • Effect of Citric Acid Addition on Hydroxyapatite Slurry State for Forming Transparent Thin Film

    Natsuki Horikoshi, Aki Hatanaka, Disuke Kawagoe, Kanan Matsunuma, Zizhen Liu, Takuya Kataoka, Motohiro Tagaya

    STI-gigaku  2020年10月30日 

     詳細を見る

  • 光増感能を有する水酸アパタイト/メチレンブルー複合粒子の合成と評価

    池田 遼太, 片岡 卓也, 山田 伊織, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年9月4日 

     詳細を見る

  • 透明クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子膜の調製と生体液中での安定性の評価

    劉 自振, 片岡 卓也, 川越 大輔, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年9月3日 

     詳細を見る

  • 特定細胞の標識能と増殖抑制能を両立する水酸アパタイトナノ粒子の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年9月3日 

     詳細を見る

  • がん細胞の標識と増殖抑制を両立する発光性アパタイトナノ粒子の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2020年年会  2020年3月19日 

     詳細を見る

  • クエン酸添加による水酸アパタイト透明薄膜の作製

    松沼 佳南, 片岡 卓也, 多賀谷 基博, 川越 大輔

    日本セラミックス協会 2020年年会  2020年3月18日 

     詳細を見る

  • クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子分散液の調製と透明膜形成への展開

    劉 自振, 片岡 卓也, 川越 大輔, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2020年年会  2020年3月18日 

     詳細を見る

  • マイクロ流路を用いた水酸アパタイト/メチレンブルー複合ナノ粒子の合成と光反応性の評価

    池田 遼太, 片岡 卓也, 山田 伊織, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2020年年会  2020年3月18日 

     詳細を見る

  • クエン酸含有Eu(III)イオンドープ水酸アパタイトの合成温度と発光特性に関する研究

    橋本 拓実, 片岡 卓也, 本塚 智, 多賀谷 基博

    日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック第8回若手研究発表会  2019年12月6日 

     詳細を見る

  • マイクロ流路を用いた水酸アパタイトナノ粒子へのメチレンブルー複合化技術の開発

    池田 遼太, 片岡 卓也, 山田 伊織, 多賀谷 基博

    日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック第8回若手研究発表会  2019年12月6日 

     詳細を見る

  • クエン酸含有ハイドロキシアパタイト粒子分散液の調製と透明膜形成技術への展開

    劉 自振, 片岡 卓也, 川越 大輔, 多賀谷 基博

    日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック第8回若手研究発表会  2019年12月6日 

     詳細を見る

  • 発光性ナノポーラスチタニア粒子の合成と薬物担持能の評価

    永田 真也, 片岡 卓也, 柴 弘太, 多賀谷 基博

    日本材料科学会 第26回若手研究者討論会  2019年12月6日 

     詳細を見る

  • Design of Photoluminescent Hydroxyapatite Nanoparticles Interacting Citric acid and Their Cell-labeling and Cytostatic Suppression Functions

    Takuya Kataoka, Daisuke Kawagoe, Motohiro Tagaya

    STI-gigaku  2019年11月8日 

     詳細を見る

  • Transparent Thin Film Hydroxyapatite by Addition of Citric Acid on Glass Surface

    Kanan Matsunuma, Disuke Kawagoe, Takuya Kataoka, Takumi Hashimoto, Motohiro Tagaya

    STI-gigaku  2019年11月8日 

     詳細を見る

  • クエン酸を含有した発光性アパタイトナノ結晶の新規開発

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2019年年会  2019年3月26日 

     詳細を見る

  • 無機-有機ナノ複合技術による透明アパタイト膜の作製

    劉 自振, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2019年年会  2019年3月26日 

     詳細を見る

  • メチレンブルー担持ナノポーラスチタニア粒子への光照射に伴う一重項酸素生成能の評価

    池田 遼太, 山田 伊織, 永田 真也, 片岡 卓也, 角田 正也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2019年年会  2019年3月26日 

     詳細を見る

  • サブミクロンチタニア粒子へ含有した有機Eu錯体の洗浄除去性能の評価

    永田 真也, 柴 弘太, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック第7回若手研究発表会  2018年12月11日 

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト/Eu錯体複合粒子への葉酸誘導体固定と細胞標識機能化

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第22回生体関連セラミックス討論会  2018年11月30日 

     詳細を見る

  • Synthesis of Europium(III) Complex-based Hydroxyapatite Nanocrystals for Biolabeling Applications

    Takuya Kataoka, Motohiro Tagaya

    Bioceramics 30  2018年10月27日 

     詳細を見る

  • カチオン性界面活性剤と水酸アパタイトの界面相互作用評価とユウロピウム(III)含有発光ナノ材料への展開

    片岡 卓也, 本塚 智, 柴 弘太, 許 哲峰, 多賀谷 基博

    第31回DV-Xα研究会  2018年8月3日 

     詳細を見る

  • Photoluminescent and biocompatible property of folic acid derivative immobilized apatite/Eu-complex hybrid particles for biomedical tool

    Shigeaki Abe, Takuya Kataoka, Motohiro Tagaya

    NANO KOREA 2018  2018年7月11日 

     詳細を見る

  • 炭酸含有水酸アパタイトの結晶形成過程における蛍光色素の複合化

    尾上 和寛, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    第65回応用物理学会関係連合講演会  2018年3月20日 

     詳細を見る

  • 水系に分散する多孔性チタニアサブミクロン粒子の創製

    永田 真也, 片岡 卓也, 多賀谷 基博, 柴 弘太

    第65回応用物理学会関係連合講演会  2018年3月20日 

     詳細を見る

  • アパタイト/Eu錯体複合粒子の葉酸誘導体修飾による光機能化

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    第65回応用物理学会関係連合講演会  2018年3月18日 

     詳細を見る

  • 水酸アパタイト/有機ユウロピウム(Ⅲ)錯体の複合構造構築と物性評価

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本無機リン化学会 第二十六回無機リン化学討論会  2017年8月24日 

     詳細を見る

  • 有機Eu(III)錯体/水酸アパタイト複合ナノ結晶の創製と 表面修飾技術の確立

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第4回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会  2017年6月16日 

     詳細を見る

  • ナノ多孔質シリカ/水酸アパタイト複合粒子の合成とタンパク質相互作用の評価

    山田 翔太, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2017年年会  2017年3月19日 

     詳細を見る

  • リン酸含有メソポーラスシリカへのアルミニウム(III)キノリン錯体の導入

    倉上 友里, 片岡 卓也, 多賀谷 基博

    第65回応用物理学関係連合講演会  2017年3月15日 

     詳細を見る

  • 細胞親和性を有する有機金属錯体/リン酸カルシウム複合ナノ結晶の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    第5回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会  2016年12月9日 

     詳細を見る

  • 魚ウロコからの多孔質水酸アパタイトの合成と評価

    柴 亜東, 片岡 卓也, 山田 翔太, 小林 幸平, 小川 展弘, 多賀谷 基博

    第5回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会  2016年12月9日 

     詳細を見る

  • 有機Eu錯体とリン酸カルシウムのハイブリッド化技術の開発

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第3回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会  2016年12月8日 

     詳細を見る

  • 魚ウロコ・水酸アパタイト多孔質材料の創製

    柴 亜東, 片岡 卓也, 山田 翔太, 小林 幸平, 小川 展弘, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第3回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会  2016年12月8日 

     詳細を見る

  • 細胞親和性に優れた有機Eu錯体/リン酸カルシウム複合ナノ結晶の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第20回生体関連セラミックス討論会  2016年12月2日 

     詳細を見る

  • Eu(III)錯体を核形成場とした有機/リン酸カルシウム複合粒子の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  2016年9月16日 

     詳細を見る

  • 陽イオン界面活性剤を活用した発光性水酸アパタイトナノ材料の創製

    片岡 卓也, 多賀谷 基博

    日本材料科学会 第23 回若手研究者討論会  2016年8月21日 

     詳細を見る

  • 陽イオン界面活性剤と水酸アパタイトの界面相互作用解析とユウロピウム(III)含有発光ナノ材料への応用

    片岡 卓也, 本塚 智, 柴 弘太, 許 哲峰, 多賀谷 基博

    第29回DV-Xα研究会  2016年8月8日 

     詳細を見る

  • Preparation of Hybrid Luminescent Mesoporous Silica Particles with Calcium Phosphate

    Takuya Kataoka, Liyin Wang, Yuri Maruko, Kouhei Kobayashi, Motohiro Tagaya

    The International Symposium on the Science of Engineering Ceramics  2016年5月11日 

     詳細を見る

  • 鉄錯体含有チタニアナノ粒子の創製

    片岡 卓也, 柴 弘太, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第2回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会  2016年3月28日 

     詳細を見る

  • 蛍光メソ多孔質シリカ/リン酸カルシウム複合粒子の創製

    王 立印, 片岡 卓也, 小林 幸平, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 第2回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会  2016年3月28日 

     詳細を見る

  • 界面活性剤ミセル存在下における発光性水酸アパタイトナノ結晶の合成と特性

    片岡 卓也, 柴 弘太, 多賀谷 基博

    第64回応用物理学関係連合講演会  2016年3月20日 

     詳細を見る

  • 真球状チタニア/鉄(III)アセチルアセトナート複合粒子の合成と光/磁気特性

    片岡 卓也, 柴 弘太, Mitsuhiro Okuda, Santiago Blanco-Canosa, 多賀谷 基博

    日本セラミックス協会 2016年年会  2016年3月14日 

     詳細を見る

  • 界面活性剤を用いた水酸アパタイト合成技術の開発

    片岡 卓也, 本塚 智, 柴 弘太, 大沼 清, 大塚 雄市, 許 哲峰, 多賀谷 基博

    公益社団法人日本セラミックス協会 第1回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会  2015年8月21日 

     詳細を見る

  • 陽イオン界面活性剤ミセルによる水酸アパタイトの核形成/成長制御とDV-Xα計算による界面相互作用解析

    片岡 卓也, 柴 弘太, 本塚 智, 小川 展弘, 山口 正, 大沼 清, 大塚 雄市, 許 哲峰, 多賀谷 基博

    第28回DV-Xα研究会  2015年8月5日 

     詳細を見る

▼全件表示

産業財産権

  • ケイ酸塩系基材と希土類化合物との複合体、発光ナノ粒子、細胞の検出方法、動物の治療方法、医療装置、及びケイ酸塩系基材と希土類化合物との複合体の製造方法

    茶谷 直, 犬井 正彦, 多賀谷 基博, 片岡 卓也, 本塚 智

     詳細を見る

    出願人:株式会社オハラ

    出願番号:特願2020-046605  出願日:2020年3月17日

    公開番号:特開2021-147255  公開日:2021年9月27日

    researchmap

  • ユーロピウム化合物の結晶体及びユーロピウム化合物の結晶体の製造方法

    茶谷 直, 犬井 正彦, 多賀谷 基博, 片岡 卓也, 本塚 智

     詳細を見る

    出願人:株式会社オハラ

    出願番号:特願2020-046604  出願日:2020年3月17日

    公開番号:特開2021-147254  公開日:2021年9月27日

    researchmap

受賞

  • 科学技術賞

    2023年7月   公益財団法人 岡山工学振興会   骨芽細胞の迅速な活性化を実現する有機/無機複合粒子の開発

     詳細を見る

  • 学術奨励賞

    2022年5月   山陽放送学術文化・スポーツ振興財団   迅速な骨再生を誘起するキトサン/アパタイト複合ナノ粒子の合成と表面構造の制御

     詳細を見る

  • 第33回秋季シンポジウム 優秀発表賞

    2020年9月   日本セラミックス協会   特定細胞の標識能と増殖抑制能を両立する水酸アパタイトナノ粒子の創製

     詳細を見る

  • 優秀ポスター発表賞

    2019年3月   日本セラミックス協会 2019年年会   メチレンブルー担持ナノポーラスチタニア粒子への光照射に伴う一重項酸素生成能の評価

    池田 遼太, 山田 伊織, 永田 真也, 片岡 卓也, 角田 正也, 多賀谷 基博

     詳細を見る

  • 優秀発表賞

    2018年11月   日本セラミックス協会 第22回生体関連セラミックス討論会   水酸アパタイト/Eu錯体複合粒子への葉酸誘導体固定と細胞標識機能化

     詳細を見る

  • 第31回DV-Xα研究会 優秀発表賞

    2018年8月   DV-Xα研究協会   カチオン性界面活性剤と水酸アパタイトの界面相互作用評価とユウロピウム(III)含有発光ナノ材料への展開

     詳細を見る

  • 第二十六回無機リン化学討論会 第十四回若手優秀研究発表賞

    2017年8月   日本無機リン化学会   水酸アパタイト/有機ユウロピウム(Ⅲ)錯体の複合構造構築と物性評価

     詳細を見る

  • プレゼンテーション賞

    2016年12月   日本セラミックス協会 第3回ナノバイオセラミックスによる細胞機能制御テクノロジー研究会   有機Eu錯体とリン酸カルシウムのハイブリッド化技術の開発

     詳細を見る

  • 第23回材料科学若手研究者討論会 プレゼンテーション賞

    2016年8月   日本材料科学会   陽イオン界面活性剤を活用した発光性水酸アパタイトナノ材料の創製

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 骨欠損部での速やかな骨再生の実現に向けた有機/無機複合ナノ粒子の創製

    研究課題/領域番号:0351029-A  2023年04月 - 2024年03月

    池谷科学技術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 骨芽細胞の迅速な活性化を実現する有機/無機複合粒子の開発

    2023年

    公益財団法人 岡山工学振興会 

      詳細を見る

  • 迅速な骨再生を実現するキトサン/アパタイトナノ複合体の創製

    研究課題/領域番号:22K14502  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    片岡 卓也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 迅速な骨再生を誘起するキトサン/アパタイト複合ナノ粒子の合成と表面構造の制御

    2022年04月 - 2023年12月

    山陽放送学術文化・スポーツ振興財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 早期骨再生を促進するキトサン含有ハイドロキシアパタイトナノ粒子の創製とその表面特性の制御

    2021年12月 - 2023年03月

    公益財団法人大倉和親記念財団研究助成 

    片岡 卓也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 超早期がん診断・治療を実現する葉緑素分子含有アパタイトナノ結晶の創製

    研究課題/領域番号:18J20271  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    片岡 卓也

      詳細を見る

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    特定細胞を安全に可視化するナノ材料開発において,生体親和性に加えて発光強度と水分散性の向上が課題である.我々のグループでは,昨年度,内部・無機相と表面・有機相との相互作用によって発光過程を制御できると考え,Eu (III) イオンを含有した水酸アパタイト (HA) とクエン酸分子の複合粒子を合成し,クエン酸の複合化に伴う粒子の無機/有機界面相互作用による発光特性と水分散性への影響について研究した.有機相として使用したクエン酸はがん細胞のみを選択的に増殖抑制し,正常細胞には影響がない.蛍光プローブとして,HAに含有させたEu (III) イオンがクエン酸存在下においてどのような物性を示すかを観測した.本年度は,実際にEu (III) イオン含有HAとクエン酸分子の複合粒子のがん細胞に対する標識能及び増殖抑制能について研究した.
    本複合粒子を細胞培養時に添加し,がん細胞への影響を評価した結果,複合粒子は細胞と反応して,細胞からの赤色発光を示しながら細胞の増殖を抑制し,細胞標識と細胞増殖抑制の二機能を示した.更に葉酸によって複合粒子の表面を修飾すると,細胞への取り込み効率が高まり細胞増殖をさらに抑制できることが判明した.複合したクエン酸分子は,腫瘍化したがん細胞の成長抑制にも大きく寄与する可能性が示唆された.特に,60時間の培養によって腫瘍化したがん細胞と効果的に複合粒子は反応し,複合粒子添加後1時間で細胞形状に沿った細胞標識を達成でき,細胞増殖抑制と迅速な標識が同時に達成された.
    現在,マイクロリアクターによる核形成と粒成長過程を分離した新規合成技術によって均一粒子形状をもったHA単相の合成に成功した.さらに,一重項励起酸素生成可能な色素 (メチレンブルーなど) の複合技術も確立している.次年度において,「細胞の診断と治療の両立」を達成できる見込みである.

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • ヘルスシステム統合科学アドバンストインターンシップ (2023年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2023年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 合成化学実験2 (2023年度) 第1学期  - 月5~8,木5~8

  • 応用化学実験1 (2023年度) 第1学期  - 月5~8,木5~8

  • 材料プロセス実験2 (2023年度) 第1学期  - 月5~8,木5~8

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2022年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 材料プロセス実験3 (2022年度) 第3学期  - 火5~8,金5~8

  • 材料プロセス実験3 (2022年度) 第3学期  - 火5~8,金5~8

  • 材料プロセス実験3 (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8

  • 材料プロセス実験3 (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 無機/有機界面での相互作用に基づく機能性バイオセラミックスの創製

    役割:講師

    第14回「セラミックスの基礎学問研修会」, 日本セラミックス協会中国四国支部  2023年11月9日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap