2022/01/20 更新

写真a

ガードナー スコツト ウイラード
GARDNER SCOTT
Scott Gardner
所属
教育学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 文学修士, ブリガムヤング大学大学院 (1993)

研究キーワード

  • intercultural communication

  • pragmatics & politeness

  • humor in interaction & education

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育  / pragmatics; humor

学歴

  • Brigham Young University   Faculty of Letters   Master of Arts

    - 1993年8月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   Education Faculty   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岡山大学   Education Faculty   准教授

    2007年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岡山大学   Education Faculty   講師   外国人教師

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岡山大学   Engineering Faculty   講師

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

委員歴

  • 全国語学教育学会, 岡山支   広報担当官  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 全国語学教育学会   編集委員会委員  

    2010年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Junior High English Textbook Interactional Humor: Pragmatic Possibilities 査読

    Scott Gardner

    Bridging the Humor Barrier: Humor Competency Training in English Language Teaching.   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • Should L2 Pragmatic Usage of Jokes Be Taught? 査読

    Akihiko Kawamura, Scott Gardner, Kimiko Koseki

    Pragmatics Matters   54 ( 1 )   6 - 14   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Monty Python for Teaching Pragmatic Awareness 査読

    Scott Gardner

    JALT 2012 Conference Proceedings   35 - 44   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

書籍等出版物

  • Old Grammarians II: Older, Wiser, and Grammarer 査読

    Scott Gardner( 担当: 単著 ,  範囲: Language teaching; Linguistics; Humor)

    Perceptia  2021年10月  ( ISBN:9784939130373

     詳細を見る

    総ページ数:91   担当ページ:91   記述言語:英語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

  • 和英で引ける医学英語フレーズ辞典 : もうプレゼンで困らない!

    伊達, 勲, Scott Gardner, Nikki Gardner( 担当: 分担執筆)

    2013年3月  ( ISBN:9784758304382

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 203p   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

    researchmap

  • Old Grammarians: Or How to Keep from Drowning in Paltry Linguistic Quibbles 査読

    Scott Gardner( 担当: 単著 ,  範囲: Language teaching; Linguistics; Humor)

    Perceptia  2009年11月  ( ISBN:9784939130786

     詳細を見る

    総ページ数:90   担当ページ:90   記述言語:英語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

MISC

  • The Language of Humor: An Introduction. Alleen Pace Nilsen and Don L. F. Nilsen. 査読

    Scott Gardner

    JALT Journal   43 ( 1 )   112 - 115   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • Understanding Language Through Humor. Stanley Dubinsky & Chris Holcomb. 査読

    Scott Gardner

    JALT Journal   34 ( 2 )   241 - 244   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

講演・口頭発表等

  • Some Back-N-Forth On Bakhtin

    Scott Gardner

    Okayama JALT August meeting  2021年8月25日  Okayama JALT

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama; online   国名:日本国  

  • “Someone Forgot to Mute”: Humor in an Online Medium and Its Contribution to Language Learning 招待 国際共著

    Scott Gardner, Teresa Stockwell

    Okayama JALT April meeting  2021年4月17日  Okayama JALT

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okayama; online   国名:日本国  

  • “My wifi doesn’t feel well”: Using humor to facilitate communication in online language learning classes 国際共著 国際会議

    Scott Gardner, Teresa Stockwell

    27th Australasian Humour Studies Network Conference  2021年2月2日  Australasian Humour Studies Network

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月1日 - 2021年2月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New Zealand; online   国名:ニュージーランド  

  • Second Language Pragmatics with Humorous Dialogues in Textbooks: “I’d Help You with Your Problem If I Could See It”  国際会議

    Scott Gardner

    26th Australasian Humour Studies Network Conference  2020年2月7日  Australasian Humour Studies Network

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月5日 - 2020年2月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Griffith University, Brisbane, South Bank Campus   国名:オーストラリア連邦  

  • Humorous dialogues in junior high school English textbooks: Possibilities for teaching L2 pragmatics

    Scott Gardner

    21st Century Language Teaching, Okinawa 2019  2019年10月5日  Okinawa JALT

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Amicus International School, Okinawa   国名:日本国  

  • Tour Guide or Muse? Advancing Student Humor and Creativity in Language Learning 国際会議

    Scott Gardner

    24th Australasian Humour Studies Network Conference  2018年2月4日  Australasian Humour Studies Network

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月2日 - 2018年2月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Central Queensland University, Cairns Campus, Cairns   国名:オーストラリア連邦  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ポライトネス指導のための日英対照ユーモア研究

    研究課題/領域番号:16K02934  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    川村 晶彦, Gardner Scott, 磯野 達也, 石井 康毅

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    英語によるコミュニケーション能力の重要な構成要素であるポライトネスは笑いとも密接な関連がある。したがって、コミュニケーションにおける笑いの機能についても正しく理解する必要があるが、日英語・文化における「ユーモア」と'humour'は本来異なるものでありながらも、一方をもう一方の訳語として同一視する傾向も認められ、両者の理解を困難なものとしてきた。本研究課題では、そういった状況も考慮し、文献精査、意識調査、学習辞典も含めた教材での扱いから笑いをいかに外国語教育に取り入れるべきか考察した。

    researchmap

  • ポライトネス指導のための総合的研究ー指導内容と指導方法の確立に向けて

    研究課題/領域番号:25370729  2013年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    川村 晶彦, 石井 康毅, カウィー ニール, クック メロディー, スペンサー=オーティー ヘレン, ハリソン ティリー, フジシマ ナオミ, リチェズ デニス, アダチ 徹子, Gardner Scott, 大和 知史, 磯野 達也

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    良好な対人関係を構築し、円滑なコミュニケーションを行う上で重要なポライトネスであるが、英語教育の現場で効果的に指導されているとはいい難い状況であった。そのため、教材等の分析に続き、アンケート調査によって教育に応用可能な具体的記述を試みた。本調査の示唆する内容としては、以下の2点が挙げられる:(1)ポライトネスは言語を用いて行われる他の行為との関連から記述することにより、全体像もつかみやすくなる;(2)ポライトネスは語彙に重点を置いたアプローチによってかなりの範囲がカバーできる。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 中等英語科内容論(コミュニケーションA) (2021年度) 第3学期  - 水3,水4

  • 中等英語科内容論(コミュニケーションB) (2021年度) 第4学期  - 水3,水4

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピ―キング演習A) (2021年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピ―キング演習B) (2021年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピーキング演習中級A) (2021年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピーキング演習中級B) (2021年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 中等英語科内容論(リーディング・ライティング演習上級A) (2021年度) 第1学期  - 水3~4

  • 中等英語科内容論(リーディング・ライティング演習上級B) (2021年度) 第2学期  - 水3~4

  • 中等英語科内容論(リーディング・ライティング演習中級A) (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 中等英語科内容論(リーディング・ライティング演習中級B) (2021年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 中等英語科内容論(英語コミュニケーション)A (2021年度) 第3学期  - 水3,水4

  • 中等英語科内容論(英語コミュニケーション)B (2021年度) 第4学期  - 水3,水4

  • 小学校英語の理論と実践 (2021年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 小学校英語の理論と実践A (2021年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 小学校英語の理論と実践B (2021年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 指導と評価の理論と実践B (2021年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 授業の指導計画と学習開発A (2021年度) 第3学期  - 水1,水2,水3,水4

  • 教科のデザインと実践Ⅰ(英語教育) (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教科のデザインと実践(英語教育) (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教職実践演習(中学校A) (2021年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教職実践演習(小学校) (2021年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育実践特別研究(課題探究)英語教育 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践特別研究(課題検証)英語教育 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践研究Ⅰ(課題分析) (2021年度) 1・2学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅰ(課題発見) (2021年度) 1・2学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究Ⅱ(課題提案) (2021年度) 3・4学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅱ(課題解決) (2021年度) 3・4学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究の方法ⅡA(英語教育) (2021年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 教育実践研究の方法ⅡB(英語教育) (2021年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 英語リスニング・スピーキング上級A (2021年度) 第1学期  - 月5,月6

  • 英語リスニング・スピーキング上級B (2021年度) 第2学期  - 月5,月6

  • 英語リスニング・スピーキング中級A (2021年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 英語リスニング・スピーキング中級B (2021年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 英語リスニング・スピーキング初級A (2021年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 英語リスニング・スピーキング初級B (2021年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 英語リーディング・ライティング上級A (2021年度) 第1学期  - 水3,水4

  • 英語リーディング・ライティング上級B (2021年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 英語リーディング・ライティング上級C (2021年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 英語リーディング・ライティング上級D (2021年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 英語リーディング・ライティング中級A (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 英語リーディング・ライティング中級B (2021年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 課題分析実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 課題探究実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 課題検証実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 課題発見実習 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 課題解決実習 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 中等英語科内容論(コミュニケーションA) (2020年度) 第3学期  - 水3,水4

  • 中等英語科内容論(コミュニケーションB) (2020年度) 第4学期  - 水3,水4

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピ―キング演習A) (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピ―キング演習B) (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピーキング演習中級A) (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 中等英語科内容論(リスニング・スピーキング演習中級B) (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 中等英語科内容論(リーディング・ライティング演習中級A) (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 中等英語科内容論(リーディング・ライティング演習中級B) (2020年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 中等英語科内容論(英語コミュニケーション)A (2020年度) 第3学期  - 水3,水4

  • 中等英語科内容論(英語コミュニケーション)B (2020年度) 第4学期  - 水3,水4

  • 学問の方法 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 小学校英語の理論と実践 (2020年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 小学校英語の理論と実践A (2020年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 小学校英語の理論と実践B (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 指導と評価の理論と実践B (2020年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 授業の指導計画と学習開発A (2020年度) 第3学期  - 水1,水2,水3,水4

  • 教科のデザインと実践Ⅰ(英語教育) (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教科のデザインと実践(英語教育) (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教育実践特別研究(課題探究)英語教育 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践特別研究(課題検証)英語教育 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 教育実践研究Ⅰ(課題分析) (2020年度) 1・2学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅰ(課題発見) (2020年度) 1・2学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究Ⅱ(課題提案) (2020年度) 3・4学期  - 金7,金8

  • 教育実践研究Ⅱ(課題解決) (2020年度) 3・4学期  - 月3,月4

  • 教育実践研究の方法ⅡA(英語教育) (2020年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 教育実践研究の方法ⅡB(英語教育) (2020年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 英語リスニング・スピーキング上級A (2020年度) 第1学期  - 月5,月6

  • 英語リスニング・スピーキング上級B (2020年度) 第2学期  - 月5,月6

  • 英語リスニング・スピーキング中級A (2020年度) 第1学期  - 木1,木2

  • 英語リスニング・スピーキング中級B (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 英語リスニング・スピーキング初級A (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 英語リスニング・スピーキング初級B (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 英語リーディング・ライティング上級A (2020年度) 第1学期  - 水3,水4

  • 英語リーディング・ライティング上級B (2020年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 英語リーディング・ライティング上級C (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 英語リーディング・ライティング上級D (2020年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 英語リーディング・ライティング中級A (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 英語リーディング・ライティング中級B (2020年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 英語教育演習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題分析実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題探究実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題検証実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 課題発見実習 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 課題解決実習 (2020年度) 3・4学期  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • Explanation of Education Faculty to Global Discovery Program

    役割:講師

    Global Discovery Program  Explanation of Education Faculty to Global Discovery Program  2021年12月22日

  • English Output Activities that Help You Be Creative

    役割:講師

    2021年11月20日