2021/12/25 更新

写真a

マツモト ヨウスケ
松本 洋輔
MATSUMOTO Yosuke
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 1997年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • seizure

  • hippocampus

  • neurophysiology

  • patch clamp

  • epilepsy

  • addiction

  • brain slice

  • gender identity disorder

  • 薬物依存

  • アルコール依存

  • 嗜癖

  • 海馬

  • 性同一性障害

  • スライス

  • 脳波

  • 電気生理

  • パッチクランプ

  • alcoholism

  • てんかん

  • drug dependence

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

▼全件表示

学歴

  • 岡山大学    

    - 1997年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Graduate School, Division of Medicine   neuropsychiatry

    - 1997年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Medicine   medicine

    - 1989年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School   Faculty of Medicine

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - 岡山大学岡山大学病院 講師

    2017年

      詳細を見る

  • - Senior Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2017年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Okayama University Hospital

    2004年 - 2017年

      詳細を見る

  • Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2004年 - 2017年

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本精神神経学会

      詳細を見る

  • 日本GID(性同一性障害)学会

      詳細を見る

  • 日本てんかん学会

      詳細を見る

  • 日本総合病院精神医学会

      詳細を見る

  • 日本アルコール関連問題学会

      詳細を見る

  • 日本アルコール・アディクション医学会

      詳細を見る

  • 日本児童青年精神医学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本精神神経学会   代議員  

    2017年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本総合病院精神医学会   臓器不全・移植関連委員会  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本GID(性同一性障害)学会   理事  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本GID(性同一性障害)学会

    researchmap

  • 日本てんかん学会中国・四国地方会   幹事  

    2007年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本精神神経学会   性同一性障害に関する委員会  

    2007年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本てんかん学会   社員(旧評議員)  

    2007年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本てんかん学会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Collective Housing of Mice of Different Age Groups before Maturity Affects Mouse Behavior. 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Yu, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Behav Neurol   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2020/6856935.

    researchmap

  • てんかん発作後に精神病症状と生活史健忘を認め、遷延する健忘がてんかん性か解離性かの区別に苦慮した1例. 査読

    深尾貴志、藤原雅樹、松本洋輔、山田了士

    精神神経学雑誌   122 ( 9 )   703 - 703   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 自閉スペクトラム症を背景にもち断食を試みた自殺企図に対し、治療および社会支援を導入した1例. 査読

    加藤朱万理、植田真司、藤原雅樹、松本洋輔、山田了士

    精神神経学雑誌   122 ( 9 )   700 - 701   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of haloperidol inhalation on MK-801- and memantine-induced locomotion in mice. 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Yu, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Libyan J Med   15 ( 1 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/19932820.2020.1808361

    researchmap

  • Pentylenetetrazol kindling induces cortical astrocytosis and increased expression of extracellular matrix molecules in mice. 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Yu, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Brain Res Bull   163   120 - 134   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Alpha-pinene and dizocilpine (MK-801) attenuate kindling development and astrocytosis in an experimental mouse model of epilepsy. 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Yu, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    IBRO Rep   9   102 - 114   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Conformity-like Behaviour in Mice Observing the Freezing of Other Mice: A Model of Empathy 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    BMC Neuroscience   in press ( 1 )   19 - 19   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Behavioural Changes in Mice after Getting Accustomed to the Mirror 査読 国際誌

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Behavioural Neurology   4071315   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2020/4071315.

    researchmap

  • Increased anxiety-related behavior in mice following b-citronellol inhalation 査読

    Ueno H, Shimada A, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Libyan Journal of Medicine   in press ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/19932820.2020.1767275

    researchmap

  • Effects of repetitive gentle handling of male C57BL/6NCrl mice on comparative behavioural test results 査読

    Ueno H, Takahashi Y, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Scientific Reports   10 ( 3509 )   3509 - 3509   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-60530-4

    researchmap

  • Hexanal inhalation affects cognition and anxiety-like behavior in mice 査読

    Ueno H, Shimada A, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Zeitschrift für Naturforschung C   in press   409 - 415   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Caffeine Inhalation Effects on Locomotor Activity in Mice 査読 国際誌

    Ueno H, Takahashi Y, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Drug Development and Industrial Pharmacy   in press ( 5 )   778 - 794   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Region-Specific Reduction of Parvalbumin Neurons and Behavioral Changes in Adult Mice Following Single Exposure to Cranial Irradiation 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    International Journal of Radiation Biology   95 ( 5 )   611 - 625   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Layer-Specific Expression of Extracellular Matrix Molecules in the Mouse Somatosensory and Piriform Cortices 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    IBRO Reports   6   1 - 17   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Feeding Behavior of Mice Under Different Food Allocation Regimens 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Behavioural Neurology   1581304   1 - 10   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Region-Specific Reduction of Parvalbumin Neurons and Behavioral Changes in Adult Mice Following Single Exposure to Cranial Irradiation 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    International Journal of Radiation Biology   2   1 - 17   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Helping-Like Behaviour in Mice Towards Conspecifics Constrained Inside Tubes 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Scientific Reports   9 ( 5817 )   5817 - 5817   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Alteration of Parvalbumin Expression and Perineuronal Nets Formation in the Cerebral Cortex of Aged Mice 査読

    Ueno H, Fujii K, Takao K, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Molecular and Cellular Neuroscience   95   31 - 42   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Anti-depressive-like effect of 2-phenylethanol inhalation in mice 査読

    Ueno H, Shimada A, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Biomedicine & Pharmacotherapy   111   1499 - 1506   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Anti-stress effects of the hydroalcoholic extract of Rosa gallica officinalis in mice 査読

    Ueno H, Shimada A, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Fujiwara Y, Ishihara T

    Heliyon   5 ( 6 )   e01945 - e01945   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Attenuation Effects of Alpha-Pinene Inhalation on Mice with Dizocilpine-Induced Psychiatric-like Behaviour 査読

    Ueno H, Shimada A, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine   2745453   1 - 12   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Behavioural Effects of Inhalation Exposure to Dizocilpine (MK-801) in Mice 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Biomedicine & Pharmacotherapy   117 ( 109038 )   109038 - 109038   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Comprehensive Behavioral Study of the Effects of Vanillin Inhalation in Mice 査読

    Ueno H, Shimada A, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Yu, Matsumoto Y, Okamoto M, Fujiwara Y, Ishihara T

    Biomedicine & Pharmacotherapy   115 ( 108879 )   108879 - 108879   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Rescue-like Behaviour in Mice is Mediated by Their Interest in the Restraint Tool 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Scientific Reports   10648 ( 1 )   10648 - 10648   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Alteration of extracellular matrix molecules and perineuronal nets in the hippocampus of pentylenetetrazol-kindled mice 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Takahashi Y, Matsumoto Y, Okamoto M, Ishihara T

    Neural Plasticity   8924634   1 - 14   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Hyaluronic Acid is Present on Specific Perineuronal Nets in the Mouse Cerebral Cortex 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Aoki S, Ishihara T

    Brain Research   1698   139 - 150   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 戸籍の性別の「変更」ではなく「訂正」が認められた46、XX副腎皮質過形成症の2例. 査読

    大島義孝、松本洋輔、佐藤俊樹、山田了士

    GID(性同一性障害)学会雑誌   10 ( 1 )   41 - 48   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Juvenile stress induces behavioral change and affects perineuronal net formation in juvenile mice 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Matsumoto Y, Okamoto M, Aoki S, Ishihara T

    BMC Neuroscience   19 ( 41 )   41 - 41   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Empathic Behaviour According to the State of Others in Mice 査読

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Okamoto M, Matsumoto Y, Aoki S, Ishihara T

    Brain and Behavior   8 ( e00986 )   e00986 - e00986   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Factors predicting psychiatric co-morbidity in gender-dysphoric adults. 査読

    Terada S, Matsumoto Y, Sato T, Okabe N, Kishimoto Y, Uchitomi Y

    Psychiatry Res   200 ( 2-3 )   469 - 474   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Case of Adult-onset Adrenoleukodystrophy with Frontal Lobe Dysfunction:A Novel Point Mutation in the ABCD1 Gene 査読

    Inoue S, Terada S, Matsumoto T, Ujike H, Uchitomi Y

    Intern Medicine   51 ( 11 )   1403 - 1406   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • てんかん、早わかり! 診療アルゴリズムと病態別アトラス

    松本洋輔( 担当: 単著 ,  範囲: てんかんと職業.)

    南光堂  2020年9月  ( ISBN:9784524258673

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 先進医薬研究振興財団研究成果報告集2015年度

    岡久祐子、酒本真次、?木学、松本洋輔、山田了士( 担当: 共著 ,  範囲: 性同一性障害全ゲノム関連解析による病態解明.)

    先進医薬研究振興財団  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:60-61   記述言語:日本語

    researchmap

  • 性同一性障害の医療と法~医療・看護・法律・教育・行政関係者が知っておきたい課題と対応

    ?馬章江, 富岡美佳, 松本洋輔, 中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 性同一性障害と医療(1)性同一性障害者と看護 3「当事者の立場に配慮し、関係部署との連携を)

    メディカ出版  2013年  ( ISBN:9784840440899

     詳細を見る

    担当ページ:pp135-151   記述言語:日本語

    researchmap

  • 性同一性障害の医療と法~医療・看護・法律・教育・行政関係者が知っておきたい課題と対応

    メディカ出版  2013年  ( ISBN:9784840440899

     詳細を見る

  • 自殺予防のためにー教職員向け自殺予防マニュアル-

    戸部和夫、松岡洋一、松本洋輔、松本直子、三木明子、大西勝、塚本千秋、佐々木健二、松井秀樹、草地省蔵

    岡山大学保健環境センター、学生指導協議会,岡山  2004年 

     詳細を見る

MISC

  • Ecg receptors contribute to pyramidal cell death in the mouse hippocampus following local kainic acid injection.

    Suemitsu Shunsuke, Watanabe Makiko, Yokobayashi Eriko, Usui Shinichi, Ishikawa Tetsuya, Matsumoto Yosuke, Yamada Norihito, Okamoto Motoi

    Neuroscinece   102   2955 - 2973   2090年

     詳細を見る

  • 【医療スタッフが知っておきたい性的マイノリティと医療】性同一性障害/性別違和の診療ガイドラインとGID(性同一性障害)学会認定医/認定コーディネーター制度

    松本 洋輔

    医学のあゆみ   279 ( 4 )   268 - 272   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    日本精神神経学会の「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」は広く知られており、主要な治療施設ではこのガイドラインに沿って診療が行われている。ガイドラインによる診療は精神科医の関与のもと、複数診療科が包括的な治療を実施するものとなっている。とくに身体的な治療を行うためには、医療チームによる会議を開く必要がある。記載されている身体的治療は、思春期の患者を対象とした二次性徴抑制療法、ホルモン療法と乳房切除、性別適合手術である。2016年に、GID(性同一性障害)学会は認定医制度をスタートさせた。2021年からは心理専門職、看護・助産師、法曹関係者、教員などを対象とした認定コーディネーター制度が追加された。これらはどのような人が性別違和をもつ人の治療や援助に携わるべきかを示す1つの基準である。2018年からガイドラインに沿ってGID学会認定医が認定施設で実施した乳房切除術、性器に対する性別適合手術は保険診療の適応を受けている。(著者抄録)

    researchmap

  • 【LGBTのメンタルヘルス】セクシュアルマイノリティとメンタルヘルス

    松本 洋輔

    心身医学   61 ( 7 )   599 - 607   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心身医学会  

    LGBTQ+と呼ばれるセクシュアルマイノリティのメンタルヘルスは損なわれやすいことがさまざまな研究で明らかになっている。筆者は主にトランスジェンダーの生活史を多数聴取しているが、メンタルヘルスの問題はLGBTQ+に共通するものがあると考えている。それは社会との間で抱える問題であり、LGBTQ+本人の中にはない。学校における種々のジェンダーの規範はトランスジェンダーを苦しめる。学校教育などの中でセクシュアリティの多様性に関して肯定的な情報の提供は乏しい一方、LBGTQ+を揶揄するような否定的な情報はさまざまな場面で繰り返され、それが問題であることもほとんど指摘されることはない。LGBTQ+の割合は20〜30人に1人とされ、医療機関受診者にも多数混じっている。彼らのメンタルヘルスを守るためには、医療者が無自覚にもっているスティグマに気づく必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00677&link_issn=&doc_id=20211005120001&doc_link_id=10.15064%2Fjjpm.61.7_599&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15064%2Fjjpm.61.7_599&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 老年期に入った性別違和・性別不合状態についての諸問題と対応 ジェンダークリニックを初診した高齢者を手がかりに考える性別違和と加齢の問題

    松本 洋輔

    精神神経学雑誌   ( 2021特別号 )   S462 - S462   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 学校・社会と子どものジェンダー 性別違和・性別不合の児童生徒との関わりを通して考えていること

    松本 洋輔

    日本児童青年精神医学会総会抄録集   61回   教育講演9 - 教育講演9   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本児童青年精神医学会  

    researchmap

  • トランスジェンダー、性別不合gender incongruence/性別違和の就労問題 精神科外来で見聞するトランスジェンダーと職場の問題

    松本 洋輔

    精神神経学雑誌   ( 2020特別号 )   S469 - S469   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 【妊娠・出産と精神科臨床アップデート】てんかんと妊娠、出産

    山田 了士, 三島 桃子, 深尾 貴志, 松本 洋輔

    臨床精神医学   49 ( 7 )   873 - 880   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

    researchmap

  • 【精神科診療のエビデンス-国内外の重要ガイドライン解説】(第15章)その他 その他 性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン 第4版改

    松本 洋輔

    精神医学   62 ( 5 )   779 - 785   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ガイドラインのポイント ・性別違和を訴える者に対する診断と治療のガイドラインである。・1997年に初版が発行された。初版から精神科,産婦人科,泌尿器科,形成外科などの複数診療科が医療チームを結成して行う包括的な治療について記載されている。・エビデンスに基づく治療法の推奨というより,性別違和を持つ当事者に対して法的,倫理的に妥当な医療のあり方を提示しているものである。また,身体的治療を行う際の診療科間の連携手順書のような役割を持つ。・初版から精神科的な診断と治療のアプローチに加えて,ホルモン療法,乳房切除術,性別適合手術について記載されていたが,2012年に改訂された第4版では思春期を迎えた小児への身体的治療である二次性徴抑制療法が追加され,18歳からとされていたホルモン療法開始年齢を一部引き下げた。2018年4月から,このガイドラインに沿ってGID学会の認定施設で行われた手術は保険診療の対象となっている。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00749&link_issn=&doc_id=20200609040052&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1405206110&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1405206110&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 性別違和をもつ患者の診療情報から見える学校生活場面での困難さ

    天野 佑美, 佐々木 新, 松本 洋輔, 大守 伊織

    GID(性同一性障害)学会雑誌   12 ( 1 )   193 - 195   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:GID(性同一性障害)学会  

    researchmap

  • ジェンダークリニックから見えるセクシュアルマイノリティーの風景

    松本 洋輔

    大学のメンタルヘルス   3   30 - 42   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)全国大学メンタルヘルス学会  

    researchmap

  • 右中大脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術後に一過性てんかん性健忘(Transient epileptic amnesia:TEA)を発症した1例

    松本洋輔, 松本洋輔, 竹之下慎太郎, 山田了士

    てんかん研究   36 ( 1 )   90   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • トピラマート(TPM)が影響したと思われる幻覚妄想状態を呈した腫瘍切除後の側頭葉てんかんの1例

    松本洋輔, 石川亮, 稲垣正俊, 川田清宏, 小林勝弘, 上利崇, 山田了士, 山田了士

    てんかん研究   36 ( 1 )   65‐66   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Region-specific impairments in parvalbumin interneurons in social isolation-reared mice.

    Ueno H, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Okamoto M, Matsumoto Y, Ishihara T

    Neuroscience   359   196 - 208   2017年9月

     詳細を見る

  • Sensory experience-dependent formation of perineuronal nets and expression of Cat-315 immunoreactive components in the mouse somatosensory cortex.

    Ueno H, Suemitsu S, Okamoto M, Matsumoto Y, Ishihara T

    Neuroscience   355   161 - 174   2017年7月

     詳細を見る

  • Parvalbumin neurons and perineuronal nets in the mouse prefrontal cortex

    Hiroshi Ueno,Shunsuke Suemitsu,Motoi Okamoto ,Yosuke Matsumoto *,Takeshi Ishihara

    Neuroscience   343   115 - 127   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2016.11.035

    Web of Science

    researchmap

  • 中年期・老年期のGIDに対する理解と支援 加齢とライフサイクルに配慮した老年期の当事者支援-高齢者の健康と性差・性役割を考える-.

    松本洋輔

    GID(性同一性障害)学会雑誌   9 ( 1 )   108 - 110   2017年

     詳細を見る

  • 精神科におけるてんかん診療-てんかんにおける気分障害と精神病性障害-.

    山田了士, 松本洋輔

    臨床精神医学   46 ( 7 )   887 - 894   2017年

     詳細を見る

  • 性同一性障害-性別違和の児童思春期例に対する二次性徴抑制療法 その概念と現状-.

    松本洋輔

    精神神経学雑誌   119 ( 1 )   42 - 51   2017年

     詳細を見る

  • アルコール性肝障害に対する肝臓移植への精神科医の関与.

    松本洋輔

    精神科治療学   32 ( 2 )   189 - 195   2017年

     詳細を見る

  • 妊産褥婦健康診査の評価および自治体との連携の在り方に関する研究 周産期メンタルヘルスにおける精神科コンセンサスガイド

    岡野禎治, 鈴木利人, 竹内崇, 渡邊博幸, 伊藤賢伸, 渡邊央美, 橋本佐, 橘真澄, 小川道, 古関麻衣子, 小西晶子, 吉村文太, 松本洋輔, 山田了士, 角田智哉, 丸田眞由子, 菊地紗耶, 根本清貴

    妊産褥婦健康診査の評価および自治体との連携の在り方に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)   65‐82 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 性同一性障害全ゲノム関連解析による病態解明

    岡久祐子, 酒本真次, 高木学, 松本洋輔, 山田了士

    先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2015   60‐61   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【性同一性障害の現状と治療】 日本精神神経学会の「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第4版)」に基づく診療 歴史的経緯とコンセプト、実際の運用、問題点.

    松本洋輔

    医学のあゆみ   256 ( 4 )   280 - 285   2016年

     詳細を見る

  • 【LGBTを正しく理解し、適切に対応するために】 トランスジェンダーと自傷・自殺 ライフステージを反映したリスクとその対策.

    松本洋輔

    精神科治療学   31 ( 8 )   1021 - 1026   2016年

     詳細を見る

  • 性的マイノリティのカミングアウトに関する大学生の意識調査.

    松野純平, 大島義孝, 松本洋輔

    GID(性同一性障害)学会雑誌   8 ( 1 )   212 - 215   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【性別違和への医療的支援】「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」と診療の実際.

    松本洋輔

    こころの科学   189   73 - 78   2016年

     詳細を見る

  • 【性同一性障害の治療の現状】児童思春期の性同一性障害(GID) 日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」(第4版)における児童思春期例の位置づけ

    松本洋輔

    児童青年精神医学とその近接領域   56 ( 1 )   35 - 41   2015年

     詳細を見る

  • 性自認と反対の性別の服装を身につけることへの抵抗感に関する調査 あなたがもし、反対の性別の制服を身につけるよう言われたらどうしますか?

    大島義孝, 吉原聡子, 松本洋輔, 内富庸介

    GID(性同一性障害)学会雑誌   7   149 - 151   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Sensory Deprivation during Early Postnatal Period Alters the Density of Interneurons in the Mouse Prefrontal Cortex.

    Ueno H, Suemitsu S, Matsumoto Y, Okamoto M.

    Neural Plast   2015年

     詳細を見る

  • 【性同一性障害の治療の現状】 性同一性障害に対する外科治療 造腟術

    難波 祐三郎, 木股 敬裕, 松本 洋輔, 杉本 盛人, 中塚 幹也

    形成外科   57 ( 8 )   867 - 873   2014年

     詳細を見る

  • 性同一性障害診療の実際と子どもに関する課題 性同一性障害とは 若年受診者における診療のコツ

    松本洋輔

    小児保健研究   72 ( 2 )   223 - 226   2013年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の診断 -日本精神神経学会・性同一性障害に関する診断と治療のガイドラインとDSM-5の動向-

    大島 義孝, 松本 洋輔

    産婦人科の実際   62 ( 10 )   2099 - 2104   2013年

     詳細を見る

  • 診療の秘訣 セクシャルマイノリティーへの意識と対応

    松本洋輔

    Modern Physician   33 ( 10 )   1301 - 1301   2013年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の包括的治療

    松本洋輔

    日本医事新報   ( 4667 )   50 - 57   2013年

     詳細を見る

  • 日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版」における小児・青年期の性同一性障害の治療について

    松本洋輔

    児童青年精神医学とその近接領域   54 ( 4 )   100 - 106   2013年

     詳細を見る

  • NURSE TREND 日本の現状に即した診断・治療に向けて 「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版」まとまる

    松本洋輔

    Nursing BUSINESS   7 ( 7 )   638 - 640   2013年

     詳細を見る

  • 日本の現状に即した診断・治療に向けて 「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版」まとまる

    松本洋輔

    産業看護   5 ( 4 )   394 - 396   2013年

     詳細を見る

  • 日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版」における小児・青年期の性同一性障害の治療について (第53回日本児童青年精神医学会総会特集(2)スローガン 児童青年精神科医療と発達) -- (シンポジウム 小児・青年期の性同一性障害)

    松本 洋輔

    児童青年精神医学とその近接領域   54 ( 4 )   412 - 418   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本児童青年精神医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014141467

  • Factors predicting psychiatric co-morbidity in gender-dysphoric adults

    Seishi Terada, Yosuke Matsumoto, Toshiki Sato, Nobuyuki Okabe, Yuki Kishimoto, Yosuke Uchitomi

    PSYCHIATRY RESEARCH   200 ( 2-3 )   469 - 474   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Persons with gender identity disorder (GID) often suffer from psychiatric co-morbidity, and it is an important prognostic factor for long-term psychosocial adjustment in GID. However, previous research has not addressed the risk factors of psychiatric co-morbidity. In this study, we tried to clarify the risk factors among individuals with GID in Japan. A total of 326 consecutive GID persons were evaluated independently by two senior psychiatrists at the GID clinic using personal clinical interviews and results of examinations. The prevalence of current psychiatric co-morbidity was 17.8% of the total sample. School refusal was significantly associated with psychiatric co-morbidity. Sexual attraction to neither males nor females among GID persons and sexual attraction to females among male-to-female (MtF) GID persons were also significantly related to psychiatric co-morbidity. This is the first report to demonstrate a close relationship between patterns of sexual orientation and psychiatric co-morbidity among GID persons. We should pay more attention to psychiatric co-morbidity, especially among GID persons with non-homosexual sexual orientations. (C) 2012 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.psychres.2012.07.018

    Web of Science

    researchmap

  • School refusal by patients with gender identity disorder.

    Terada S, Matsumoto Y, Sato T, Okabe N, Kishimoto Y, Uchitomi Y

    Gen Hosp Psychiatry   34 ( 3 )   299 - 303   2012年5月

     詳細を見る

  • Attenuated sensory deprivation-induced changes of parvalbumin neuron density in the barrel cortex of FcγRllB-deficient mice.

    Watanabe M, Ueno H, Suemitsu S, Yokobayashi E, Matsumoto Y, Usui S, Sujiura H, Okamoto M

    Acta Med Okayama   66 ( 2 )   143 - 154   2012年4月

     詳細を見る

  • 高知県の精神科・心療内科における性同一性障害診療の現状と受診者数

    西川 浩文, 小松 雄三, 重田 倫子, 葛籠 大地, 永野 兼也, 中村 恵理子, 水田 順也, 栄徳 勝光, 松本 洋輔, 関 明穂, 菅沼 成文

    精神神経学雑誌   114 ( 4 )   471 - 471   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 性同一性障害当事者の感じているストレス状況について

    堀内真希子, 松本洋輔

    GID(性同一性障害)学会雑誌   5 ( 1 )   15 - 21   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 性同一性障害とは 〜セクシャルマイノリティーの基礎知識〜

    松本洋輔

    日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 9 )   220 - 224   2012年

     詳細を見る

  • 性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン

    松本洋輔, 阿部輝夫, 池田官司, 織田裕行, 康純, 佐藤俊樹, 塚田攻, 針間克己, 松永千秋, 山内俊雄, 齋藤利和, 舛森直哉, 中塚幹也, 難波祐三郎, 木股敬裕

    精神神経学雑誌   114 ( 11 )   1250 - 1266   2012年

     詳細を見る

  • 【知っておきたいてんかん診療】高齢発症てんかんの薬物療法

    松本洋輔, 森本 清

    Modern Physician   32 ( 3 )   323 - 327   2012年

     詳細を見る

  • うつ状態に対するlamotrigineの急性効果の検討

    藤原雅樹, 児玉匡史, 岡久祐子, 高木学, 水木寛, 酒本真次, 松本洋輔, 内富庸介

    臨床精神薬理   15 ( 4 )   551 - 559   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2) 性同一性障害とは : セクシャルマイノリティーの基礎知識(GID(性同一性障害)と産婦人科医,生殖・内分泌 クリニカルカンファレンス,第64回日本産科婦人科学会学術講演会生涯研修プログラム関係講演要旨)

    松本 洋輔, 中塚 幹也

    日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 9 )   "N - 220"-"N-224"   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=449596

  • 理想的な肝移植チームの在りかた 岡山大学病院における肝移植患者に対する全科横断的な取り組み アルコール性肝硬変患者に対する取り組みを中心に

    吉田 龍一, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 佐藤 太佑, 内海 方嗣, 高木 章乃夫, 山本 和秀, 松本 洋輔, 河本 泰信, 保田 裕子, 清水 千聖, 藤原 俊義

    移植   46 ( 6 )   647 - 648   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • Suicidal ideation among patients with gender identity disorder

    Terada S, Matsumoto Y, Sato T, Okabe N, Kishimoto Y, Uchitomi Y

    Psychiatry Research   190 ( 1 )   159 - 162   2011年11月

     詳細を見る

  • 高齢者うつ病にmirtazapine使用後、せん妄を来たした4例

    井上真一郎, 岡部伸幸, 矢野智宣, 中村真之, 牧安紀, 岡久祐子, 髙木学, 児玉匡史, 松本洋輔, 寺田整司, 内富庸介

    臨床精神薬理   14 ( 6 )   1057 - 1062   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高知県の精神科・心療内科における性同一性障害診療の現状と受診者数

    永瀬 まどか, 西川 浩文, 小松 雄三, 重田 倫子, 葛籠 大地, 永野 兼也, 中村 恵理, 水田 順也, 栄徳 勝光, 松本 洋輔, 関 明穂, 菅沼 成文

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   156 - 158   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ジェンダークリニックにおける精神科医の役割について

    松本洋輔

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   16 - 17   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • セクシャルマイノリティーのメンタルヘルス 〜性同一性障害とうつ病・うつ状態を中心に〜

    松本洋輔

    Depression Frontier   9 ( 2 )   57 - 64   2011年

     詳細を見る

  • セクシャルマイノリティーに対する相談業務の実際 ─基本知識を持ってホケカンでみる、みまもる─

    松本洋輔

    第41回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   14 - 18   2011年

     詳細を見る

  • GID の臨床 ─岡山大学ジェンダークリニックの経験─

    松本洋輔

    アディクションと家族   24 ( 4 )   288 - 296   2011年

     詳細を見る

  • 日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第3版」の概要と今日的問題

    松本洋輔

    精神医学   53 ( 8 )   743 - 748   2011年

     詳細を見る

  • 職域の保健担当者に対するアルコール関連問題への意識調査から 依存症予備軍に対する取り組みを始めるに当たって

    太田順一郎, 土器悦子, 岩本真弓, 福岡悦子, 吉田健男, 柳田公佑, 河本泰信, 橋本望, 田中増郎, 松本洋輔, 井上真一郎

    日本アルコール関連問題学会雑誌   13   123 - 130   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The Outline and Recent Issues of "The Diagnostic and Therapeutic Guidelines for Patients with Gender identity Disorder; The 3rd edition"

    53 ( 8 )   743 - 748   2011年

     詳細を見る

  • 特集 専門医のための性分化疾患講座 思春期以降の「性同一性障害」とその包括的治療

    石井和史, 杉本盛人, 渡部昌実, 公文裕巳, 松本洋輔, 中塚幹也, 難波祐三郎

    臨床泌尿器科   65 ( 12 )   941 - 947   2011年

     詳細を見る

  • 治療抵抗性の双極性障害重症うつ病エピソードに対してラモトリギンが著効した 1 例

    流王雄太, 児玉匡史, 松本洋輔, 氏家寛, 黒田重利

    精神科   16 ( 3 )   258 - 262   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Psychiatric comorbidity among patients with gender identity disorder

    Hoshiai M, Matsumoto Y, Sato T, Ohnishi M, Okabe N, Kishimoto Y, Terada S, Kuroda S

    Psychiatry Clin Neurosci   64 ( 5 )   514 - 519   2010年

     詳細を見る

  • ストレスコーピングインベントリーに見る性同一性障害患者のストレスコーピング戦略

    松本洋輔, 佐藤俊樹, 大西勝, 岸本由紀, 寺田整司, 黒田重利

    精神神経学雑誌   112 ( 12 )   2010年

     詳細を見る

  • Fcgamma receptors contribute to pyramidal cell death in the mouse hippocampus following local kainic acid injection

    Suemitsu S, Watanabe M, Yokobayashi E, Usui S, Ishikawa T, Matsumoto Y, Yamada N, Okamoto M, Kuroda S

    Neuroscience   166 ( 3 )   819 - 831   2010年

  • Association study of gender identity disorder and sex hormone-related genes

    Hiroshi Ujike, Kyohei Otani, Mikiya Nakatsuka, Kazushi Ishii, Aiko Sasaki, Tomoko Oishi, Toshiki Sato, Yuko Okahisa, Yosuke Matsumoto, Yuzaburo Namba, Yoshihiro Kimata, Shigetoshi Kuroda

    PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY   33 ( 7 )   1241 - 1244   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    To investigate the biological mechanism of gender identity disorder (GID), five candidate sex hormone-related genes, encoding androgen receptor (AR), estrogen receptors alpha (ER alpha) and beta (ER beta), aromatase (CYP19), and progesterone receptor (PGR) were analyzed by a case-control association study. Subjects were 242 transsexuals (74 male-to-female patients (MTF) and 168 female-to-male patients (FTM)), and 275 healthy age- and geographical origin-matched controls (106 males and 169 females). The distributions of CAG repeat numbers in exon 1 of AR, TA repeat numbers in the promoter region of ER alpha CA repeat numbers in intron 5 of ER beta, TTTA repeat numbers in intron 4 of CYP19, and six polymorphisms (rs2008112, rs508653, V660L, H770H, rs572698 and PROGINS) of PGR were analyzed. No significant difference in allelic or genotypic distribution of any gene examined was found between MTFs and control males or between FTMs and control females. The present findings do not provide any evidence that genetic variants of sex hormone-related genes confer individual susceptibility to MTF or FTM transsexualism. (C) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.pnpbp.2009.07.008

    Web of Science

    researchmap

  • Association study of gender identity disorder and sex hormone-related genes.

    Ujike H, Otani K, Nakatsuka M, Ishii K, Sasaki A, Oishi T, Sato T, Okahisa Y, Matsumoto Y, Namba Y, Kimata Y, Kuroda S.

    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry.   33 ( 7 )   1241 - 1244   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    DOI: 10.1016/j.pnpbp.2009.07.008

    Web of Science

    researchmap

  • Stress coping strategies of patients with gender identity disorder

    Matsumoto Y, Sato T, Ohnishi M, Kishimoto, Y, Terada S, Kuroda S.

    Psychiatry Clin Neurosci. Dec   63 ( 6 )   715 - 720   2009年

     詳細を見る

  • 性同一性障害患者に対する複数診療科による包括的治療 —岡山大学ジェンダークリニックの経験—

    松本洋輔, 佐藤俊樹, 氏家 寛

    臨床精神医学   38   1345 - 1354   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Clinical characteristics of patients with gender identity disorder at a Japanese gender identity disorder clinic.

    Okabe N, Sato T, Matsumoto Y, Ido Y, Terada S, Kuroda S.

    Psychiatry Res.   157 ( 1-3 )   315 - 318   2008年1月

     詳細を見る

  • うつ病を伴った舌痛症にparoxetineが著効した1例

    矢野智宣, 田岡秀樹, 宮田信司, 松本洋輔, 黒田重利

    心身医学   47 ( 2 )   143 - 143   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海馬錐体細胞死におけるFc受容体の役割

    末光俊介, 横林恵理子, 岡本基, 山田了士, 松本洋輔, 和気洋介, 高井俊行

    てんかん研究   24 ( 3 )   204   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effect of YM872, a selective and highly water-soluble AMPA receptor antagonist, in the rat kindling and rekindling model of epilepsy.

    Hara H, Yamada N, Kodama M, *Matsumoto Y, Wake Y, Kuroda S.

    Eur J Pharmacol   531 ( 1-3 )   59 - 65   2006年2月

     詳細を見る

  • 性ホルモン関連遺伝子と性同一性障害

    大谷恭平, 氏家寛, 佐藤俊樹, 中塚幹也, 佐々木愛子, かく林, 田中有史, 岡部伸幸, 太田順一郎, 松本洋輔, 黒田重利

    精神薬療研究年報   2006年

     詳細を見る

  • 性同一性障害とXIST遺伝子多型との関連解析

    大谷恭平, 氏家寛, 佐藤俊樹, 中塚幹也, 佐々木愛子, 林ハオ, 田中有史, 岡部伸幸, 太田順一郎, 松本洋輔, 黒田重利

    神経化学   2006年

     詳細を見る

  • Recent Trends of Hyperureicemia and Obesity in Japanese Male Adolescents, 1991 Through 2002

    Ogra T., Matsuura K., *Matsumoto Y., Mimura Y., Kishida M., Otsuka F., Tobe K.

    Metabolism   53 ( 4 )   448 - 453   2004年4月

     詳細を見る

  • ラットへん桃核キンドリング発作に対する非定型抗精神病薬の影響

    吉宗真治, 山田了士, 原浩, 和気洋介, 末光俊介, 松本洋輔, 北村吉宏, 黒田重利

    てんかん研究   22 ( 1 )   35 - 36   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当大学における禁煙への取り組み ー禁煙教室の試みー.

    絹見佳子, 内藤恵子, 黒木清美, 今井あゆみ, 高山直美, 岡崎真紀, 星合美和, 小林むつみ, 川崎典子, 松本洋輔, 松浦一陽, 小倉俊郎, 戸部和夫, 高橋裕子

    CHAMPUS HEALTH   2004年

     詳細を見る

  • 健康診断疫学研究に関わる承諾書提出の試み

    内藤恵子, 絹見佳子, 黒木清美, 今井あゆみ, 松本洋輔, 松浦一陽, 小倉俊郎, 戸部和夫

    CAMPUS HEALTH   2004年

     詳細を見る

  • Effect of YM872, a selective AMPA receptor antagonist, in the rat kindling and rekindling model of epilepsy.

    Hara H, Yamada N, Kodama M, *Matsumoto Y, Wake Y, KounoS, Sato T, Kuroda S.

    Epilepsia   44   145 - 145   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    Web of Science

    researchmap

  • 学生の禁煙教室実施のための禁煙実態調査.

    戸部和夫, 今井あゆみ, 絹見佳子, 内藤恵子, 黒木清美, 岩崎寿美, 高山直美, 岡崎真紀, 星合美和, 小林むつみ, 川崎典子, 松本洋輔, 松浦一陽, 小倉俊郎

    第33回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   2003年

     詳細を見る

  • Statusu epilepticus induced by intermittent electrical stimulations of the ventral hippocampus cause seizure susceptibility with and without aminophylline in rats

    Wake Y, Yamada N, Kitamura Y, *Matsumoto Y, Yoshimune S, Suemitsu S, Morimoto K, Kuroda S.

    Epilepsia   44   108 - 108   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    Web of Science

    researchmap

  • 二大学保健管理センターの連携で診断しえた遺伝性高血圧症の一家系

    小倉俊郎, 絹見佳子, 内藤恵子, 黒木清美, 今井あゆみ, 岸田雅之, 松本洋輔, 松浦一陽, 戸部和夫, 平田牧三

    CAMPUS HEALTH   2003年

     詳細を見る

  • 大学新入生の血清コレステロール値とその推移

    小倉俊郎, 内藤恵子, 絹見佳子, 黒木清美, 今井あゆみ, 松本洋輔, 松浦一陽, 戸部和夫

    第33回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   2003年

     詳細を見る

  • A-22 ラット扁桃核キンドリング発作に対する非定型抗精神病薬の影響

    吉宗 真治, 山田 了士, 原 浩, 和気 洋介, 末光 俊介, 松本 洋輔, 北村 吉宏, 黒田 重利

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 37 )   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 薬物の作用と性差 各論 3.抗てんかん薬

    松本洋輔, 山田了士, 氏家寛

    医薬ジャーナル   Vol. 38, No. 5 P1495-1499   2002年

     詳細を見る

  • 最近の学生における「体型に関する意識」調査

    絹見佳子, 内藤恵子, 黒木清美, 今井あゆみ, 小林むつみ, 岩崎寿美, 高山直美, 松本洋輔, 松浦一陽, 小倉俊郎, 戸部和夫

    第32回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   2002年

     詳細を見る

  • クエチアピンが著効した従来型抗精神病薬で副作用を呈しやすい治療抵抗性精神分裂病の2例

    松本洋輔, 原田俊樹, 石野博志, 久山圭介, 高田広之進, 武南克子, 福場浩章, 大橋一予, 増山和彦, 大林正和

    Pharma Medica   2001年

     詳細を見る

  • A-27 深部前梨状葉皮質を焦点とした電気刺激発作重積モデルにおいて海馬のけいれん準備状態が亢進する

    和気 洋介, 北村 吉宏, 山田 了士, 小山 文彦, 二宮 庸太郎, 松本 洋輔, 森本 清, 黒田 重利

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 35 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Characterization of epileptiform field potentials recorded in the in vitro perirhinal cortex of amygdala-kindled epileptogenesis

    Yosuke Matsumoto, Norihito Yamada, Kiyoshi Morimoto, David K. Bilkey, Shigetoshi Kuroda

    Brain Research   741 ( 1-2 )   44 - 51   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The perirhinal cortex (PRC) has recently been reported that the excitatory role of this area is important for the generation and the propagation of kindled seizures. In the present study, we investigated the extracellular electrophysiological properties of the circuitry which contribute to the propagation of seizures in the PRC, and examined the hypothesis that amygdala-kindling changes the electrophysiological nature of the rat PRC slice in vitro. Field potentials elicited in the PRC had extended duration (&gt
    200 ms, most ≃ 1 s) with overlying spike components. The potentials showed strong synchronizing effect governed by an all-or-none rule. Although spontaneous epileptiform discharges that were equivalent in appearance to synaptically-activated field potentials were observed in the PRC of both amygdala-kindled and control rats, the number of slices showing spontaneous activity was significantly larger in the kindled group than in the control group (χ2-test, P &lt
    0.01). The occurrence of tetanus-induced afterdischarges in kindled rats was significantly higher than in control rats (χ2-test, P &lt
    0.01). The afterdischarge durations of control slices were generally short and the afterdischarges did not consist of the typical 'tonic-clonic' phases. However, the occurrence of the electrographical seizure in the high K+ ACSF were not affected by amygdala-kindling operation. These results indicate that amygdala-kindling lowers the threshold for transsynaptic excitability and enhances the synchronized activity of the PRC induced by episodic proconvulsive manipulations such as tetanus stimulation.

    DOI: 10.1016/S0006-8993(96)00878-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Characterization of epileptiform field potentials recorded in the in vitro perirhinal cortex of amygdala-kindled epileptogenesis

    Yosuke Matsumoto, Norihito Yamada, Kiyoshi Morimoto, David K. Bilkey, Shigetoshi Kuroda

    Brain Research   741 ( 1-2 )   44 - 51   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The perirhinal cortex (PRC) has recently been reported that the excitatory role of this area is important for the generation and the propagation of kindled seizures. In the present study, we investigated the extracellular electrophysiological properties of the circuitry which contribute to the propagation of seizures in the PRC, and examined the hypothesis that amygdala-kindling changes the electrophysiological nature of the rat PRC slice in vitro. Field potentials elicited in the PRC had extended duration (&gt
    200 ms, most ≃ 1 s) with overlying spike components. The potentials showed strong synchronizing effect governed by an all-or-none rule. Although spontaneous epileptiform discharges that were equivalent in appearance to synaptically-activated field potentials were observed in the PRC of both amygdala-kindled and control rats, the number of slices showing spontaneous activity was significantly larger in the kindled group than in the control group (χ2-test, P &lt
    0.01). The occurrence of tetanus-induced afterdischarges in kindled rats was significantly higher than in control rats (χ2-test, P &lt
    0.01). The afterdischarge durations of control slices were generally short and the afterdischarges did not consist of the typical 'tonic-clonic' phases. However, the occurrence of the electrographical seizure in the high K+ ACSF were not affected by amygdala-kindling operation. These results indicate that amygdala-kindling lowers the threshold for transsynaptic excitability and enhances the synchronized activity of the PRC induced by episodic proconvulsive manipulations such as tetanus stimulation.

    DOI: 10.1016/S0006-8993(96)00878-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Characterization of epileptiform field potentials recorded in the in vitro perirhinal cortex of amygdala-kindled epileptogenesis

    Yosuke Matsumoto, Norihito Yamada, Kiyoshi Morimoto, David K. Bilkey, Shigetoshi Kuroda

    Brain Research   741 ( 1-2 )   44 - 51   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The perirhinal cortex (PRC) has recently been reported that the excitatory role of this area is important for the generation and the propagation of kindled seizures. In the present study, we investigated the extracellular electrophysiological properties of the circuitry which contribute to the propagation of seizures in the PRC, and examined the hypothesis that amygdala-kindling changes the electrophysiological nature of the rat PRC slice in vitro. Field potentials elicited in the PRC had extended duration (&gt
    200 ms, most ≃ 1 s) with overlying spike components. The potentials showed strong synchronizing effect governed by an all-or-none rule. Although spontaneous epileptiform discharges that were equivalent in appearance to synaptically-activated field potentials were observed in the PRC of both amygdala-kindled and control rats, the number of slices showing spontaneous activity was significantly larger in the kindled group than in the control group (χ2-test, P &lt
    0.01). The occurrence of tetanus-induced afterdischarges in kindled rats was significantly higher than in control rats (χ2-test, P &lt
    0.01). The afterdischarge durations of control slices were generally short and the afterdischarges did not consist of the typical 'tonic-clonic' phases. However, the occurrence of the electrographical seizure in the high K+ ACSF were not affected by amygdala-kindling operation. These results indicate that amygdala-kindling lowers the threshold for transsynaptic excitability and enhances the synchronized activity of the PRC induced by episodic proconvulsive manipulations such as tetanus stimulation.

    DOI: 10.1016/S0006-8993(96)00878-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • B-1 側頭葉てんかんの脳血流定量SPECTおよび^<123>I-Iomazenil SPECTによる検討

    則清 泰造, 松本 洋輔, 山田 了士, 大月 健郎, 佐藤 俊樹, 三柳 耕平, 折田 暁尚, 黒田 重利, 岡本 基, 佐藤 修平, 平木 祥夫, 森本 清

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 29 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 実験てんかんキンドリングを用いた難治性てんかんの治療法開発に関する研究 (厚生省S)

    森本清, 山田了士, 難波多鶴子, 佐藤圭子, 松本洋輔, 北村吉宏, 大月健郎, 則清泰造, 佐藤俊樹

    難治てんかんの治療法開発に関する研究 平成6年度研究報告書   49 - 52   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • B-9 ネコキンドリングにおける刺激部位としての周嗅領皮質

    折田 暁尚, 山田 了士, 森分 隆, 三柳 耕平, 大月 健郎, 松本 洋輔, 則清 泰造, 佐藤 俊樹, 黒田 重利, 森本 清

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 29 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • C-22 扁桃核キンドリングによるネコ周嗅領皮質脳波活動の変化

    折田 暁尚, 山田 了士, 森分 隆, 大月 健郎, 松本 洋輔, 則清 泰造, 佐藤 俊樹, 黒田 重利, 森本 清

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 28 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • A-18 側頭葉てんかんの123I-IMP動脈血持続採決法による脳血流定量SPECT評価

    則清 泰造, 松本 洋輔, 山田 了士, 佐藤 俊樹, 大月 健郎, 折田 暁尚, 黒田 重利, 岡本 基, 佐藤 修平, 平木 祥夫, 森本 清

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 28 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 選択的AMPA受容体きっ抗薬(NBQX)のラットへん桃核キンドリング発作に対する抗けいれん効果

    難波多鶴子, 森本清, 佐藤圭子, 清水幸登, 松本洋輔, 北村吉宏, 山田了士

    Neurosciences   19 ( Suppl 1 )   225 - 228   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Strychnine非感受性グリシン受容体きっ抗薬のてんかん予防効果と抗けいれん効果について キンドリングを用いた研究

    森本清, 難波多鶴子, 松本洋輔, 清水幸登, 北村吉宏, 山田了士, 黒田重利

    精神薬療研究年報   ( 24(1992) )   60 - 65   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • NS-5 扁桃核キンドリングによるラット周嗅領皮質電気活動の変化 : スライス実験による検討

    松本 洋輔, 山田 了士, 難波 多鶴子, 大月 健郎, 清水 幸登, 北村 吉宏, 森本 清, 黒田 重利

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 27 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2F-15 新しい抗てんかん薬Lamotrigineのラットキンドリング発作に対する抗けいれん効果

    大月 健郎, 佐藤 圭子, 山田 了士, 難波 多鶴子, 清水 幸登, 松本 洋輔, 北村 吉宏, 森本 清

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 27 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2B-8 選択的AMPA受容体拮抗薬の抗けいれん作用 : I扁桃核および海馬キンドリング発作に対する効果

    森本 清, 難波 多鶴子, 佐藤 圭子, 大月 健郎, 松本 洋輔, 山田 了士

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 27 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • C-3 ラット梨状葉冠状断スライスにおけるてんかん性活動について

    山田 了士, 松本 洋輔, 森本 清, Bilkey David K, Dragunow Michael

    日本てんかん学会プログラム・予稿集   ( 26 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本てんかん学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ネコ扁桃核および海馬キンドリング発作に対するGABA系作動薬の抗けいれん効果に関する比較研究

    森本 清, 實井 俊典, 佐藤 圭子, 清水 幸登, 松本 洋輔, 難波 多鶴子, 山田 了士

    てんかん研究   10 ( 3 )   268 - 278   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本てんかん学会  

    作用機序の異なる4種類のGABA系作動薬の急性抗けいれん効果について, ネコの扁桃核および海馬を焦点としたキンドリングモデルを用いて, 系統的比較研究を行った。&lt;BR&gt;1) 選択的GABA受容体作動薬のprogabideは, 非中毒量において扁桃核, 海馬キンドリングの2次性全般化発作を抑制し, 中毒量では部分発作と後発射を強力に抑制した。&lt;BR&gt;2) GABA再取り込み阻害薬のSKF89976Aは, 扁桃核, 海馬キンドリングの発作段階を用量依存的に抑制し, 中毒量で後発射の出現を阻止したが, その際ミオクローヌス様発作と突発波が惹起された。&lt;BR&gt;3) GABA分解酵素阻害薬のγ-vinyl-GABA (GVG) は, 非中毒量で編桃核, 海馬キンドリングの発作段階のみを投与後4ないし24時間で用量依存的に抑制し, 特に2次性全般化を阻止した。&lt;BR&gt;4) 選択的GABA-B受容体作動薬のbadofenは, 扁桃核キンドリング発作に対し抗けいれん効果を認めなかった。&lt;BR&gt;以上の結果から, 中枢神経系のGABA-A受容体に関連した抑制機構を強化する薬物は, 辺縁系発作と2次性全般化のコントロールに有効であることが結論された。

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ジェンダークリニックを高齢で初診した者に見るジェンダーと加齢の問題 招待

    松本洋輔

    第117回日本精神神経学術総会  2021年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月19日 - 2021年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 小児期・思春期のセクシュアリティーと性別違和 〜子どもを生きづらくさせるものは何か〜 招待

    松本洋輔

    第28回 岡山小児心身症研究会  2021年7月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月4日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 性別違和の医療の基本と生活支援 招待

    松本洋輔

    GTD学会第13回エキスパート研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月3日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 性同一性障害をめぐる精神科での対応とその周辺 招待

    松本洋輔

    GTD学会第12回エキスパート研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 学校・社会と子どものジェンダー〜性別違和・性別不合の児童生徒との関わりを通して考えていること〜 招待

    松本洋輔

    第61回日本児童思春期精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月22日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • トランスジェンダー、性別不合 gender incongruence/性別違和の就労問題・精神科外来で見聞するトランスジェンダーと職場の問題

    松本洋輔

    第116回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月28日 - 2020年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 岡山大学ジェンダークリニック若年受診者のきっかけについて症例から考察する

    寺嶋舞,大島義孝,千田真友子,松本洋輔

    第60回日本児童青年医学会総会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月5日 - 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

    researchmap

  • 自閉スペクトラム症を背景に持ち断食を試みた自殺企図に対し、治療および社会支援を導入した一例

    加藤朱万理,植田真司,藤原雅樹,松本洋輔,山田了士

    第60回中国・四国精神神経学会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松江  

    researchmap

  • てんかん発作後に精神病症状と生活史健忘を認め, 遷延する健忘がてんかん性か解離性かの区別に苦慮した一例

    深尾貴志, 藤原雅樹, 松本洋輔, 山田了士

    第60回中国・四国精神神経学会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松江  

    researchmap

  • てんかん発作後に精神病症状と生活史の健忘を認め診断に苦慮した一例

    深尾貴志,松本洋輔,山田了士

    第53回日本てんかん学会学術集会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月31日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 性別違和の医療の基本と生活支援

    松本洋輔

    GID学会第11回エキスパート研修会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • 性別不合(トランスジェンダー)は精神疾患ではなくなったとWHO が宣言しました

    松本洋輔

    第20回日本内分泌学会中国支部学術集会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 性同一性障害/性別違和に対する精神科的治療

    松本洋輔

    第115回日本精神神経学会学術総会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月20日 - 2019年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 123年目を迎えた岡山大学精神神経病態学教室

    川田清宏,山田了士,寺田整司,松本洋輔,?木学,井上真一郎,岡久祐子,藤原雅樹,千田真友子,植田真司

    第115回日本精神神経学会学術集会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月20日 - 2019年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 性別違和の医療の基本と生活支援

    松本洋輔

    GID学会第10回エキスパート研修会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • てんかん発作後に精神病症状と生活史健忘を認め, 遷延する健忘がてんかん性か解離性かの区別に苦慮した一例

    松本洋輔

    第13回日本てんかん学会中国・四国地方会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:下関  

    researchmap

  • ジェンダークリニックから見えるセクシュアルマイノリティーの風景 招待

    松本洋輔

    第40回全国大学メンタルヘルス学会総会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月6日 - 2018年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • ジェンダークリニックというのぞき窓から精神科医が見たセクシュアルマイノリティーの困りごと

    松本洋輔

    日本性機能学会第29回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • ガイドラインの対象と今後の課題

    松本洋輔

    GID学会第20回研究大会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月24日 - 2018年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 法的な性別決定基準の「建前」の見直しの提言?46XX, 副腎皮質過形成症の性別訂正の事例から?

    大島義孝,松本洋輔

    GID学会第20回研究大会総会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月24日 - 2018年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 右中大脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術後に一過性てんかん性健忘 (Transient epileptic amnesia: TEA)を発症した1例

    松本洋輔,竹之下慎太郎,山田了士

    第12回日本てんかん学会中国・四国地方会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松  

    researchmap

  • ワークショップ3 脳波・てんかん 妊娠可能なてんかん患者のマネージメント

    松本洋輔

    第30回日本総合病院精神医学会総会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月17日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:富山  

    researchmap

  • てんかん発作頻発時期に一過性精神病状態を繰り返した1例

    松本洋輔,三宅啓太,岡久祐子,岸本真希子,川田清宏,山田了士

    第72回岡山てんかん懇話会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 岡山大学ジェンダークリニックニおける児童期の性同一性障害/性別違和に対する診療

    大島義孝,松本洋輔,佐藤俊樹,山田了士

    第119回岡山大学精神神経病態学教室同門会臨床集談会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 戸籍の性別の「変更」ではなく「訂正」が認められた 21水酸化酵素欠損症の2症例

    大島義孝,松本洋輔,佐藤俊樹,山田了士

    GID学会第19回研究大会・総会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月18日 - 2017年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 精神症状に気づかれず長年生活に支障を来たしていた内側頭葉てんかんの一症例

    松本洋輔

    第10回岡山てんかん学セミナー  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 岡山大学ジェンダークリニックニおける若年受診者の動向

    大島義孝,松本洋輔,佐藤俊樹,山田了士

    第57回児童青年精神医学会総会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月27日 - 2016年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 児童思春期例に対する二次性徴抑制療法 ?その概念と現状?

    松本洋輔

    第112回日本精神神経学会学術総会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • 加齢とライフサイクルに配慮した老年期の当事者支援 〜高齢者の健康と性差・性役割を考える〜

    松本洋輔

    GID学会第18回研究大会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • トピラマート (TPM) が影響したと思われる幻覚妄想状態を呈した腫瘍切除後の側頭葉てんかんの一例

    松本洋輔, 石川亮,稲垣正俊,川田清宏,小林勝弘,上利崇,山田了士

    第10回日本てんかん学会中国・四国地方会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 抗NMDA 受容体抗体脳炎の治療後に, 心因性の痙攣発作の遷延を来した一例

    石川亮, 松本洋輔, 川田清宏, 稲垣正俊, 山田了士

    第39回日本心身医学会中国四国地方会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Comprehensive Therapy for People with Gender Dysphoria in Japan -History, Culture, and Social Background

    Matsumoto Y.

    第5回アジア精神医学世界大会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月3日 - 2015年3月6日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 性別違和が教育歴に与える影響と制服への違和感が与える影響を中心に 〜性同一性障害者の低学歴傾向と学校制服への抵抗感との関係についての一考察〜

    大島義孝,松本洋輔,佐藤俊樹,内富庸介

    第34回日本性科学会学術集会  2014年  日本性科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月11日 - 2014年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 性別違和が就学状況及び教育歴に与える影響 ─岡山大学ジェンダークリニック受診者の調査から─

    大島義孝,松本洋輔,佐藤俊樹,内富庸介

    第110回精神神経学会学術総会  2014年  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月26日 - 2014年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 広汎性発達障害と gender dysphoria の合併をめぐる臨床的問題

    松本洋輔

    第110回精神神経学会学術総会  2014年  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月26日 - 2014年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • The Impact of Changing “Gender Identity Disorder” into “Gender Dysphoria” A Japanese Perspective

    Yosuke Matsumoto, Shoko Sasaki

    第23回世界トランスジェンダー・ヘルス専門家協会シンポジウム  2014年  World Professional Association for transgender health (WPATH)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月14日 - 2014年2月18日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Bangkok  

    researchmap

  • ワークショップ「臓器移植とアルコール問題」アルコール性肝硬変の肝移植に対する精神医学的介入 ─岡山大学病院の試み─

    松本洋輔

    第26回総合病院精神医学会総会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月29日 - 2013年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 児童思春期の性同一性障害 日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」(第4版)における児童思春期例の位置づけ

    松本洋輔

    第54回日本児童青年精神医学会総会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月10日 - 2013年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 過去2年間に岡山大学精神科神経科に入院したてんかん患者の臨床像

    大島義孝, 松本洋輔, 内富庸介

    第68回岡山てんかん懇話会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 性同一性障害の包括的治療 -各種治療の抱える問題点-小児期・成人の診断と心理社会的介入

    松本洋輔

    第109回精神神経学会学術総会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月23日 - 2013年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • ワークショップ22 「性同一性障害に関する診断と治療」の臨床

    松本洋輔

    第109回精神神経学会学術総会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月23日 - 2013年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • アルコールが関与する肝障害に対する肝移植への精神医学的事前評価と介入〜岡山大学病院での取り組み〜

    松本洋輔,光井祐子,井上真一郎,八木孝仁,高木章乃夫,安中哲也,山本和秀,内富庸介

    第25回 日本総合病院精神医学会総会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月30日 - 2012年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ゾニサミド服用中に精神病症状を呈した2例

    千田真友子,松本洋輔,高木学,岡部伸幸,樋口裕二,内富庸介

    第25回 日本総合病院精神医学会総会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月30日 - 2012年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 非けいれん性てんかん発作重積を呈した一例

    千田真友子,松本洋輔,水木寛,高木学,岡部伸幸,内富庸介

    第53回 中国・四国精神神経学会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月15日 - 2012年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 性同一性障害診療の実際と子どもに関する課題」性同一性障害とは:若年受診者における診療のコツ

    松本洋輔

    第53回 日本児童青年精神医学会総会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月31日 - 2012年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 日本精神神経学会『性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版』における小児・青年期の性同一性障害の治療について」

    松本洋輔

    第53回 日本児童青年精神医学会総会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月31日 - 2012年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 性同一性障害とうつ—岡山大学ジェンダークリニックでの臨床活動を通して—

    松本洋輔

    第59回 小児保健協会学術集会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月27日 - 2012年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 身体治療目的の入院患者におけるアルコール離脱症状の予防アルゴリズムについて

    井上真一郎,土山 璃沙, 馬場 華奈己, 牧 安紀, 矢野 智宣, 小田 幸治, 岡部 伸幸, 松本 洋輔, 寺田 整司, 内富 庸介

    平成24年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月7日 - 2012年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道  

    researchmap

  • Recogunition of gender identity disorder (GID) among university students.

    Hayashibara C, Matsumoto Y, Okabe N, Uchitomi Y.

    第12回 アジア ・ オセアニア性科学学会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月2日 - 2012年8月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根  

    researchmap

  • ゾニサミド(Zonisamide: ZNS)服用開始後に精神病様症状を呈した一例

    千田真友子,松本洋輔,高木学,岡部伸幸,樋口裕二,内富庸介

    第67回 岡山てんかん懇話会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 岡山大学ジェンダークリニックの現状—第4版ガイドラインと児童例への対応—

    松本洋輔

    第109回 岡山大学精神神経病態学教室臨床集談会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月9日

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 肝移植におけるアルコール関連問題の精神医学的評価および事前介入の検討〜岡山大学病院の試み〜

    松本洋輔,光井祐子,井上真一郎,八木孝仁,高木章乃夫,安中哲也,山本和秀,内富庸介

    第108回日本精神神経学会学術総会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月24日 - 2012年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 生殖内分泌クリニカルカンファレンス「GID (性同一性障害)と産婦人科医」性同一性障害とは〜セクシャルマイノリティーの基礎知識〜

    松本洋輔

    第64回 日本産婦人科学会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月13日 - 2012年4月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:兵庫  

    researchmap

  • 性同一性障害とセクシャルマイノリティーに関する医学部学生の意識調査

    西成寛,松本洋輔,岡部伸幸,内富庸介

    第14回 GID(性同一性障害)学会研究大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月17日 - 2012年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 性同一性障害当事者の感じているストレス状況について

    堀内真希子,松本洋輔

    第14回 GID(性同一性障害)学会研究大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月17日 - 2012年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • アルコール性肝疾患の病態と対策 肝移植待機症例におけるアルコール依存症の評価と対策

    高木章乃夫, 松本洋輔, 八木孝仁

    第48回日本移植学会総会  2011年  日本移植学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月20日 - 2011年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • セクシャルマイノリティーに対する相談業務の実際 ─基本知識を持ってホケカンでみる、みまもる─

    松本洋輔

    第14回中国・四国大学保健管理研究集会  2011年  中国・四国大学保健管理研究集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学五十周年記念館  

    researchmap

  • 理想的な肝移植チームの在りかた 岡山大学病院における肝移植患者に対する全科横断的な取り組み アルコール性肝硬変患者に対する取り組みを中心に(会議録)

    吉田龍一, 八木孝仁, 貞森裕, 松田浩明, 篠浦先, 楳田祐三, 佐藤太佑, 内海方嗣, 高木章乃夫, 山本和秀, 松本洋輔, 河本泰信, 保田裕子, 清水千聖, 藤原俊義

    第29回日本移植研究会  2011年  日本移植研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月22日 - 2011年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

    researchmap

  • 診断、治療に苦慮した精神症状を呈するてんかん患者の2例

    松本洋輔

    第66回岡山てんかん懇話会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 性同一性障害の臨床

    松本洋輔

    第21回日本嗜癖行動学会  2010年  日本嗜癖行動学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月20日 - 2010年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山市三木記念ホール  

    researchmap

  • 性別違和感を訴える先天性副腎過形成の3例

    新井富士美, 石井和史, 松本洋輔, 難波祐三郎, 中塚幹也

    第30回性科学学会  2010年  日本性科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月16日 - 2010年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:倉敷市  

    researchmap

  • FcγRIIB受容体欠損マウスの海馬におけるパルブアルブミンニューロンの形態異常

    上野浩司, 岡本基, 末光俊介, 横林恵理子, 松本洋輔

    第44回日本てんかん学会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月14日 - 2010年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • アルコール依存症〜アルコール性肝硬変に対する肝移植の特殊性〜

    松本洋輔

    第10回瀬戸内肝胆膵治療懇話会  2010年  瀬戸内肝胆膵治療懇話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • Lamotriginが著効した亜昏迷を繰り返す難治性気分障害の一例

    松本洋輔,流王雄太,児玉匡史,岡部伸幸,和氣洋介,氏家 寛

    第50回中国・四国精神神経学会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松江  

    researchmap

  • 岡山大学病院における性同一性障害を対象としたジェンダークリニックの現状報告と今後の課題について

    佐藤俊樹 松本洋輔 岡部伸幸 山本文子 横山茂生 太田順一郎 中島豊爾 大西勝 大谷恭平 黒田重利

    第105回日本精神神経学会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月21日 - 2009年8月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 岡山大学病院ジェンダークリニックの精神科医療分野における性同一性障害診療 ?臨床場面で問題となる症例と一般精神科臨床との関連についての考察?

    松本洋輔 佐藤俊樹 岡部伸幸 山本文子 横山茂生 太田順一郎 中島豊爾 大西勝 大谷恭平 黒田重利

    第105回日本精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月21日 - 2009年8月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 岡山大学ジェンダークリニックの現状と一般精神科臨床との関わり

    *松本洋輔、岡部伸幸、佐藤俊樹、山本文子、太田順一郎、中島豊爾、横山茂生、大西勝、井戸由美子、黒田重利

    第49回中国・四国精神神経学会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市  

    researchmap

  • 岡山大学病院ジェンダークリニックの現状 ?沿革と今後の課題?

    *松本洋輔、岡部伸幸、佐藤俊樹、山本文子、太田順一郎、中島豊爾、横山茂生、大西勝、井戸由美子、黒田重利

    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教室臨床集談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月14日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • シンポジウム:全国の治療拠点からの報告「岡山からの報告」

    *松本洋輔ほか岡山大学ジェンダークリニックメンバー一同(発表者 松本洋輔)

    GID学会 第10回学術研究大会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:高槻市  

    researchmap

  • メンタルヘルスから高等教育への提言

    *松本洋輔

    メンタルヘル研究協議会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月10日

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 当大学における禁煙への取り組み -禁煙教室の試み-

    絹見佳子,今井あゆみ,内藤恵子,黒木清美,岩崎寿美,高山直美,岡崎真紀,星合美和,小林むつみ,川崎典子,*松本洋輔,松浦一陽,小倉俊郎, 戸部和夫, 高橋裕子

    第41回全国大学保健管理研究集会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月1日 - 2003年10月2日

    開催地:金沢  

    researchmap

  • Statusu epilepticus induced by intermittent electrical stimulations of the ventral hippocampus cause seizure susceptibility with and without aminophylline in rats

    Wake Y, Yamada N, Kitamura Y, *Matsumoto Y, Yoshimune S, Suemitsu S, Morimoto K, Kuroda S.

    25th International Epilepsy Congress  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    開催地:Lisbon  

    researchmap

  • Effect of YM872, a selective AMPA receptor antagonist, in the rat kindling and rekindling model of epilepsy.

    Hara H, Yamada N, Kodama M, *Matsumoto Y, Wake Y, KounoS, Sato T, Kuroda S.

    25th International Epilepsy Congress  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    開催地:Lisbon  

    researchmap

  • 学生の禁煙教室実施のための禁煙実態調査

    戸部和夫,今井あゆみ,絹見佳子,内藤恵子,黒木清美,岩崎寿美,高山直美,岡崎真紀,星合美和,小林むつみ,川崎典子,*松本洋輔,松浦一陽,小倉俊郎

    第33回中国・四国大学保健管理研究集会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月28日 - 2003年8月29日

    開催地:松山  

    researchmap

  • Dynamic changes of perineuronal nets of parvalbumin neurons in the developing hippocampus and after kainic acid convulsions.

    *松本洋輔1、崎山順子2、森秀治2、臼井真一2、吉宗真治3、山田了士3、岡本基2 1: 岡山大学保健管理センター 2: 岡山大学医学部保健学科 3: 岡山大学大学院医歯学総合研究科精神神経病態学講座

    第36回日本てんかん学会 第4回 Asian and Oceanian Epilepsy Congress (合同開催)  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月12日 - 2002年9月13日

    開催地:軽井沢  

    researchmap

  • 福山仁風荘病院アルコール依存症者社会復帰プログラム(alicoholism rehabilitation program: ARP )の紹介

    松本洋輔(*) 原田俊樹 石野博志 久山圭介 高田広之進 武南克子 福場浩章 大橋一予 増山和彦 大林正和

    福山医学祭  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月25日

    開催地:福山  

    researchmap

  • アルコール依存症における QOL ?抑うつ症状を中心に?

    松本洋輔

    岡山精神医療懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月19日

    開催地:倉敷  

    researchmap

  • 海馬てんかん性放電の神経生物学?Carbachol による oscillation の海馬及び辺縁系における伝搬を中心に?

    松本洋輔(*)

    岡山・香川てんかんフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月2日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • ラットhippocampus-entorhinal cortex combined sliceにおけるてんかん発作間欠期様放電の伝播

    松本洋輔(*) Isrvan Mody

    第35回日本てんかん学会 神経科学セッション  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月28日

    開催地:東京  

    researchmap

  • 児童思春期例に対する二次性徴抑制療法 ~その概念と現状~

    第112回日本精神神経学会学術総会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院ジェンダークリニックの精神科医療分野における性同一性障害診療 ―臨床場面で問題となる症例と一般精神科臨床との関連についての考察―

    第105回日本精神神経学会  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院ジェンダークリニックの現状 ―沿革と今後の課題―

    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教室臨床集談会  2008年 

     詳細を見る

  • アルコール依存症における QOL -抑うつ症状を中心に-

    岡山精神医療懇話会  2001年 

     詳細を見る

  • 海馬てんかん性放電の神経生物学-Carbachol による oscillation の海馬及び辺縁系における伝搬を中心に-

    岡山・香川てんかんフォーラム  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 精神・老年疾病論 (2021年度) 第3学期  - 月5~6