Updated on 2021/12/15

写真a

 
ITO Toshiaki
 
Organization
School of Law Professor
Position
Professor
External link

Degree

  • Law ( Kobe University )

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Civil law

Research History

  • Okayama University   大学院法務研究科   Professor

Professional Memberships

  • 日本民事訴訟法学会

 

Books

  • 民事訴訟法

    小林, 秀之, 畑, 宏樹, 伊東, 俊明

    悠々社  2010.9  ( ISBN:9784862420145

     More details

    Total pages:xxvii, 280, 11p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

Research Projects

  • 民事訴訟における「訴訟追行権」についての基礎的研究

    Grant number:18K01364  2018.04 - 2021.03

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    伊東 俊明

      More details

    Grant amount:\4160000 ( Direct expense: \3200000 、 Indirect expense:\960000 )

    本年度も、昨年度に引き続き、当事者の「訴訟追行権」に関する研究を行った。具体的には、当事者の訴訟追行権に関する問題が特にクローズアップされる「訴訟担当」を対象とする研究を行った。昨年度は、訴訟担当のうち、被担当者(実体法上の権利主体)の意思(授権)に基づく「任意的訴訟担当」の許容性と訴訟担当者の訴訟追行権の規律に照準を合わせて、検討を行った。その正解として、具体的には、母法であるドイツ法には存在しない「選定当事者」の意義・機能に着目し、大正15年の民訴法改正から戦前までのわが国の学説の検討を通して、任意的訴訟担当に関する通説を形成した兼子一博士の考え方を分析した論文を公表した。
    本年度は、昨年度の研究成果を足がかりとして、当事者の「訴訟追行権」と訴訟担当という法律構成の関係を明らかにするために、その分析の対象を「固有必要的共同訴訟論」に求める検討を行った。「固有必要的共同訴訟論」は当事者適格論(訴訟担当論)と密接な関係を有しているにもかかわらず、従来の議論の対象は、固有必要的共同訴訟の適用範囲をめぐる問題に限定されてきた。そこで、本年度は、「固有必要的共同訴訟論」の生成と展開についての沿革研究を行い、「訴訟共同の必要」と「合一確定の必要」の関係を明らかにしたうえで、「固有必要的共同訴訟論」における当事者の「訴訟追行権」の規律(とりわけ、共有関係訴訟における当事者適格論と訴訟追行権との関係)についての分析を行った(その分析結果についての論文を研究期間内に公表する予定である)。

    researchmap

  • Research on Pleading Process in Civil Procedure

    Grant number:15K03208  2015.04 - 2018.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    ITO TOSHIAKI

      More details

    Grant amount:\3120000 ( Direct expense: \2400000 、 Indirect expense:\720000 )

    The outline of the main research results is as follows. First, the theory of hearing proceedings is a debate with a certain system called “Litis Contestatio” and “Eid” system, and under the legal system without such a system, it is necessary to have a theory that complements the absence of the system . Second, in the pleading process, in the relationship with the court, the parties have the authority to dispose of facts (information) and evidence, but in relation between parties, the right to dispose of facts (information) and evidence is not necessarily the parties does not have it.

    researchmap

  • Study on Rule of Adversary Process in Civil Procedure

    Grant number:21730075  2009 - 2011

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)  Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    ITO Toshiaki

      More details

    Grant amount:\3120000 ( Direct expense: \2400000 、 Indirect expense:\720000 )

    The one of results of research is as follows. In order to clarify the duty of information disclosure of the litigant parties, the analysis which paid its attention to the position in the code of procedure called a plaintiff, the defendant and the substantive law relations between a plaintiff, the defendant over the information is necessary and important.

    researchmap

  • Regulation on Collection and Submission of Information in Civil Procedure

    Grant number:18730067  2006 - 2008

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)  Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    ITO Toshiaki

      More details

    Grant amount:\3830000 ( Direct expense: \3500000 、 Indirect expense:\330000 )

    民事訴訟の審理過程(主張過程および立証過程)における当事者の行為規律(とりわけ、情報および証拠の収集・提出に関する規律)についての研究を行い、その規律内容を明らかにした。

    researchmap

  • 民事訴訟における「規範的規準」の審理―過失の認定を中心として―

    Grant number:13720026  2001 - 2002

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    伊東 俊明

      More details

    Grant amount:\1800000 ( Direct expense: \1800000 )

    「規範的規準(規範事実)」を確定するために必要となる専門的な情報の収集・評価の手続について、ドイツ法の独立証拠調べ手続と鑑定手続について検討を行った。ドイツ法の検討から、専門的知見が問題となる民事紛争事件(たとえば、欠陥住宅をめぐる建築事件や医療過誤事件など)では、提訴前の段階において、当事者が、紛争相手方や第三者から、専門的な情報を収集するための手続を拡充しておくことが、訴訟手続によらない紛争の自律的な解決(ADR)、および、訴訟手続における争点整理の効率的な進行のために必要となることが明らかになった。提訴前の情報収集手続について、「証拠へのアクセス拡充をどう図るか」という論文(後述11.参照)を公表した。
    また、規範事実について適用されるべき審理原則の内容についての検討も行った。その結果、規範事実について、弁論主義が適用される包摂事実とは異なり、自白法理(とりわけ、裁判所に対する審判権排除効=弁論主義の第二テーゼ)は適用されるべきではないということが明らかになった。これは、規範事実(例えば、医療水準)が、他の同種の事件について規範性を有しているため、当事者の処分に委ねるべきではないことに起因している。規範事実について適用される審理原則の具体的な内容を論じるための基礎的な作業として、「民事訴訟における自白の撤回の規律について」という論文を公表した(後述11.参照)。

    researchmap

  • 審理過程における当事者および裁判所の行為規範の再構成

    Grant number:99J08044  1999

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    伊東 俊明

      More details

    Grant amount:\800000 ( Direct expense: \800000 )

    researchmap

  • 審理過程における当事者の行為規律

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • Die Regelung der Parteien des Zivilprozess

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▼display all

 

Class subject in charge

  • Seminar on Corporate law suits (2021academic year) Prophase  - 月2

  • Civil Procedure (2021academic year) Late  - 火1,金3

  • Civil Procedure Seminar (2021academic year) Prophase  - 金2

  • Civil Procedure (Litigation Process)(Legal profession program) (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 火1~2,金5~6

  • Civil Procedure (Litigation Process)(Legal profession program) (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 火1~2,金5~6

  • Seminar 2 (2021academic year) 1st-4th semester  - 火3~4

  • Seminar 2 (2021academic year) 1st-4th semester  - 火3~4

  • Seminar 2 (2021academic year) 1st-4th semester  - 火3~4

  • Seminar on Corporate law suits (2020academic year) Prophase  - 月2

  • Civil Procedure (2020academic year) Late  - 月2,木3

  • Civil Procedure Seminar (2020academic year) Prophase  - 金1

  • Seminar 2 (2020academic year) 1st-4th semester  - 火3,火4

▼display all