Updated on 2022/06/30

写真a

 
NAKAO Tomoyo
 
Organization
Faculty of Humanities and Social Sciences Associate Professor
Position
Associate Professor

Degree

  • Ph.D ( 2016.2   Essex University )

Research Interests

  • Socio-Cultural Studies

  • Postcolonial Studies

  • 比較文化

  • ポストコロニアル・スタディーズ

  • Comparative studies

  • 捕虜問題

  • 戦争の記憶継承

  • オーラル・ヒストリー

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Historical studies in general

Education

  • Essex University, Britain   Comparative Studies  

    1996.10 - 2016.2

  • The University of Tokyo    

    - 1988

  • The University of Tokyo   人文科学研究科   英語英文学専攻

    - 1988

      More details

    Country: Japan

  • Nara Women's University   文学部   英語・英米文学

    - 1985

      More details

    Country: Japan

  • Nara Women's University    

    - 1985

  • 英国ウォリック大学文学部史学科    

    1982 - 1983

▼display all

Research History

  • 米国コーネル大学文学部アジア学科

    2015.10 - 2016.8

  • Osford University   Visiting Scholar

    2006.1 - 2006.3

  • Oxford University St. Catherine's college   国際政治   Fellow

    2005.10 - 2005.12

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 准教授

    2004

  • - Associate Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2004

Professional Memberships

  • 多文化間精神医学会

    2012

  • アメリカオーラルヒストリー学会

  • ブロンテ学会

  • 日本英文学会

  • 比較文学会

  • 国際オーラルヒストリー学会

  • 日本オーラル・ヒストリー学会

  • 戦争社会学会

▼display all

Committee Memberships

  • 岡山大学文学部   広報交流委員  

    2021.4   

      More details

    オンラインでのオープンキャンパスを開催し、種々の工夫を行った。
    学生の「大学生の一日」のビデオを作製した
    大学改組に伴う広報雑誌を作成することとなった
    朝日高校にオンラインの公開抗議・文学部案内を行った。コロナ下における広報交流に委員長と共に工夫を重ねた

  • 岡山大学文学部紀要専門委員会   紀要専門委員会委員(2021年度委員長)  

    2020.4 - 2022.3   

      More details

    岡山大学文学部紀要の出版形態について、冊子体の存続につき、学部でアンケートをとり、冊子体の当面の継続を決定した。文学部のアイデンティティにかかわる問題ともされた。
    また、岡山大学文学部紀要にDOI番号を登録し国内・海外からのアクセスビリティを高めた。委員・学部長と協力して呼びかけ、現象の一途だった投降者数を増やした。学部の業績の公開・亢進に努めた。

  • International Oral History Association   Committer Member representing Asia  

    2008 - 2010   

  • JOHA 日本オーラルヒストリー学会   理事  

    2002 - 2006   

  • JOHA設立準備委員会委員   設立準備会委員  

    2000 - 2002   

  • JOHA準備会(Japan Oral History Association)   準備会委員  

    1998 - 2000   

▼display all

 

Papers

  • 研究ノート(2)捕虜と原爆 : 連合軍捕虜解放と原爆使用の是非

    中尾知代

    文化共生学研究   19   1 - 24   2020.3

     More details

    Authorship:Lead author  

  • 研究ノート(1)アメリカ合衆国における日本軍による元捕虜・ 抑留者らの戦争体験記憶継承の現状 : アメリカとフィリピン

    中尾知代

    岡山大学文学部紀要   71   17 - 34   2019.6

     More details

    Authorship:Lead author  

  • The Representation of Japan in British POW films in the 1950s Reviewed

    NAKAO Tomoyo

    University of Essex, Department of Film, Literature, Theatrical Studies (Ph. D Dessertation)   2016.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Doctoral thesis  

  • 戦争と暴力 (暴力の心理)

    中尾 知代

    こころの科学   ( 172 )   34 - 42   2013.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本評論社  

    CiNii Article

  • Questioning of the concept of 'resilience' in Japanese context and the World War 2 narrative

    三脇 康生, 中尾 知代

    Psyche & culture   10 ( 1 )   41 - 52   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:多文化間精神医学会  

    CiNii Article

  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(下)「和解成功」言説とはなんだったのか Reviewed

    中尾 知代

    戦争責任研究   ( 59 )   84 - 97   2008

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本の戦争責任資料センター  

    CiNii Article

  • Embracing the War Wounded : Recording the Okinawan Voice in their 'mother tongue':Activity of Ryukyu-ko-Wo-Kiroku-Suru-Kai(<Special Issue>Oral History of the War and the Colonial Era)

    Nakao Tomoyo

    日本オーラル・ヒストリー研究   ( 3 )   51 - 66   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本オーラル・ヒストリー学会  

    CiNii Article

  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(中)和解のシンボル、ジャック・カプランの遺言 Reviewed

    中尾 知代

    戦争責任研究   ( 58 )   82 - 89,49   2007

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本の戦争責任資料センター  

    CiNii Article

  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(上)元捕虜たちはどう語っているか Reviewed

    中尾 知代

    戦争責任研究   ( 57 )   34 - 45   2007

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本の戦争責任資料センター  

    CiNii Article

  • 響きあう声:オーラル・ヒストリーの可能性--「事実」確定と歴史文書:タイメン鉄道におけるコレラ患者'射殺'事件を例証に (小特集 方法としての「オーラル・ヒストリー」再考(2)オーラル・ヒストリーの実践)

    中尾 知代

    歴史学研究   ( 813 )   17 - 29   2006.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:青木書店  

    CiNii Article

  • 戦争と暴力 「父の娘」の戦争 (特集=フェミニズムの最前線--女性の動員と主体化) Invited

    中尾 知代

    現代思想   32 ( 7 )   88 - 105   2004.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:青土社  

    CiNii Article

  • Methods of Visual Oral Histories in Wartime and Colonial Contexts : with an Introduction to Archives in Singapore and Malaysia : Reports (<Special Sessions>Symposium : Hearing Vanishing Voices, Seeing Invisible Things: the Potential of Oral History and Pr

    NAKAO Tomoyo

    Journal of the Centre for Documentation & Area-Transcultural Studies   ( 2 )   31 - 49   2003.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:文部科学省21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」総括班  

    CiNii Article

  • ホモ・ホスティリスの悪循環 (特集 ナショナリズムの変貌) -- (ナショナリズムとグローバリズム)

    中尾 知代

    現代思想   29 ( 16 )   125 - 139   2001.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:青土社  

    CiNii Article

  • 戦争と記憶 対話は続く--オランダ「戦争展」をめぐって

    中尾 知代

    世界   ( 691 )   224 - 234   2001.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岩波書店  

    CiNii Article

  • 歴史と記憶 失われた声を求めて (特集=フェミニズムは終わらない)

    中尾 知代

    現代思想   29 ( 6 )   144 - 167   2001.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:青土社  

    CiNii Article

  • 日本・オランダ・インドネシア三国間のわだかまり (特集2 日本とオランダのインドネシア支配を考える)

    中尾 知代

    立命館平和研究   ( 2 )   53 - 59   2001

     More details

    Language:Japanese   Publisher:立命館大学国際平和ミュージアム  

    CiNii Article

  • ホモ・ホスティリスの悪循環(英国ナショナリズムの他者像)

    中尾知代

    現代思想「ナショナリズム」   2001

  • 捕虜はなぜ「和解」に頷けないか--英国捕虜・抑留者問題における齟齬の構図 (特集 和解の政治学) -- (責任)

    中尾 知代

    現代思想   28 ( 13 )   145 - 169   2000.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:青土社  

    CiNii Article

  • 歴史認識 拒否されたオランダ「戦争」展

    中尾 知代

    世界   ( 673 )   171 - 176   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岩波書店  

    CiNii Article

  • Stracture of the Image of Japan in England: 19c-20c

    NAKAO Tomoyo

    Littera   , 209-273   209 - 273   2000

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 戦争捕虜問題の比較文化的考察(下)「食」の問題を中心に

    中尾 知代

    戦争責任研究   ( 26 )   77 - 84   1999

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本の戦争責任資料センタ-  

    CiNii Article

  • 戦争捕虜問題の比較文化的考察(中)--食の問題を中心に

    中尾知代

    季刊 戦争責任研究   ( 23 )   27 - 39   1999

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本の戦争責任資料センタ-  

    CiNii Article

  • 戦争捕虜問題の比較文化的考察(上)「食」の問題を中心に

    中尾 知代

    戦争責任研究   ( 22 )   27 - 35   1998

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本の戦争責任資料センタ-  

    CiNii Article

  • Enter Ophelia,distracted : The Significance of Ophelia's Body

    Nakao Tomoyo

    Journal of the Faculty of Letters, Okayama University   26   69 - 80   1996.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山大学  

    CiNii Article

  • Jane Eyre as The Book of Revelation: The Significance of The Moon as maternal figure in Jane Eyre Reviewed

    NAKAO Tomoyo

    Bronte Society Journal   46 - 59   1995.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Come and Go: Analysis of Samuel Becket Play from Gender Prspective

    NAKAO Tomoyo

    Okayama University, Journal of Liberal Arts   ( 34 )   97 - 121   1994.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • サミュエル=ベケット:「行ったり来たり」

    中尾 知代

    岡山大学教養部紀要   ( 34 )   p97 - 121   1994.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山大学教養部  

    CiNii Article

  • Revalution of Nelly Dean: Catherine's 'hidden enemy'

    中尾 知代

    Journal of the School of General Education,Okayama University   ( 26 )   p375 - 412   1990.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山大学教養部  

    CiNii Article

  • Nelly Dean and Catherine: the Struggle of Class and Women’s Identities

    NAKAO Tomoyo

    Okayama University, Journal of Liberal Arts   ( 26 )   375 - 412   1990.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

▼display all

Books

  • 日本人はなぜ謝りつづけるのかーー日英<戦後和解>の失敗に学ぶ

    NHK出版(日本放送出版協会)  2008 

  • 歴史の壁を越えてーー和解と共生の平和学 (グローバル時代の平和学 3)

    法律文化社  2004 

  • 「オランダ、まれに見る展覧会」

    オランダ戦争資料博物館  2002 

  • 逸脱の系譜

    研究社  1999 

  • ベケット大全

    白水社  1999 

  • 岡山大学文学部 現状と課題 94-99年

    岡山大学  1999 

  • ガヤトリ・スピヴァク「エコー」現代思想 特集「ガヤトリ・スピヴァク」

    現代思想  1999 

▼display all

MISC

  • channel4 My Grandparents' War

    英国チャンネル4 テレビ番組 捕虜問題の日本側の意識の解説:出演:事前調査

    2019.11

  • Achievement of Obama's Visit to Hiroshima

    Huffington Post   2016.7

  • Achievement of Obama’s Visit to Hiroshima~ Election, Military reconciliation

    Huffington Post   2016.7

  • .「捕虜問題をめぐる日英〈和解〉の断層」(下)ーー日英「和解」とは何だったのか

    中尾知代

    『季刊戦争責任研究』第五九号 日本の戦争責任資料センター刊 2008年   ( 59号 )   84 - 97   2008

  • 沖縄の声を聴く--「琉球弧を記録する会」語る傷を包む腕とまなざし

    日本オーラル・ヒストリー研究   ( 第3号 )   51 - 66   2007

  • 第4回大会報告・シンポジウムを振り返って --戦争・植民地・オーラル・ヒストリーの今

    日本オーラル・ヒストリー研究   ( 3 )   1 - 10   2007

  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(上)

    季刊 戦争責任研究   ( 58 )   82 - 89   2007

  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(中)

    季刊「戦争責任研究」   ( 57 )   34 - 45   2007

  • On Oral History and World War II : What Oral History Can Contribute to War Memory Preservations(<SPECIAL ISSUE>CONTEMPORARY ORAL HISTORY STUDIES (II))

    NAKAO Tomoyo

    ( 2 )   73 - 86   2006.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Japan Oral History Association  

    This essay tries to analyse some aspects of the mechanism of 'narrating' memories of the Second World War and the colonial era, which was seen in the 60th commemoration of the end of the Second World War in Britain. In Britain, war memory and its oral history has been using the abundant oral resources and the methodology of oral history. The British commemoration of WWII, called "Veterans' Awareness Week', which was held between VE day and VJ day in 2005, was a venue for Oral History in various ways. Also, this essay reports on two conferences on War memories, (one of the Oral History Society in Britain, and another held in Singapore) in order to consider what oral historians can contribute to the formation of the archives and history of war memory and experience. This paper also discusses the merit and demerit of therapeutic intervention in relation to the PTSD narratives.

    CiNii Article

    CiNii Books

  • テレビ作品の調査

    戦場の憂鬱

    テレビくまもと   2005

  • 「父の娘」の戦争

    現代思想(青土社)   2004

  • オーディオ・ビジュアル・アーカイブの方法 附:マレーシアとシンガポールのアーカイブ

    東京外国語大学COE 資史料ハブ   2003

  • 失われた声を求めて(英国・オランダ女性元抑留者に残る戦争の記憶)

    中尾知代

    現代思想「フェミニズムはおわらない」   2001

  • 国家を読むーー「証言」

    養老猛司, 吉見俊哉, 毛利嘉孝, 上野俊哉, 竹村和子ほか

    現代思想   11月臨時増刊号   2001

  • ホモ・ホスティリスの悪循環(英国ナショナリズムの他者像)

    中尾知代

    現代思想「ナショナリズム」   2001

  • 元英軍捕虜からの聴き取り体験ーーオーラル・ヒストリーの方法

    中尾知代

    岡山15年戦争資料センター年報「岡山の記憶」   2000

  • 捕虜たちはなぜ和解に頷けないか:英国捕虜、元抑留者問題における齟齬の構図

    中尾知代

    現代思想「和解の政治学」   2000

  • 日本・オランダ・インドネシア三国間のわだかまり

    中尾知代

    立命館平和研究 立命館大学国際平和ミュージアム紀要   2000

  • 対話は続く「オランダ戦争展をめぐって」

    中尾知代

    世界   2000

  • 拒否されたオランダ「戦争」展

    中尾知代

    世界   2000

  • ヨーロッパを舞う蝶々--英国を中心とした近現代日本イメージの構造(1)他者・異文化イメージの表象研究・試論

    中尾知代

    Littera   2000

  • 戦争捕虜問題の比較文化的考察(中)--食の問題を中心に

    中尾知代

    季刊 戦争責任研究   1999

  • 捕虜問題の比較文化的考察(下)--食の問題を中心に

    中尾知代

    季刊 戦争責任研究   1999

▼display all

Presentations

  • CSF研究会 中尾知代著書合評会

    カルチュラルスタディーズ研究会  2008 

  • Forgotten Voices, African Soldiers in WWII

    International Oral History Conference  2008 

  • 戦争アンケートの研究

    「心の危機と臨床の知」研究会班会議  2008 

  • 戦争トラウマの記憶

    The Second KGU Workshop「戦後-現代社会と第二次世界大戦の影」Postwar-Contemporary Societies and the Shadow of World War II  2008 

  • 第三回総合会議

    「心の危機と臨床の知」第三回研究計画会議プロジェクト1.加害‐被害関係の多角的研究 プロジェクト2.育てる関係の危機と子育て意識の多相性、3.芸術学と芸術療法の共有基盤確立学際的研究  2008 

  • Oral resources and Documentations: shooting a Chorela Patient in Burma Siam Railway

    英国オーラル・ヒストリー協会  2005 

  • 戦争とジェンダー

    「アジア認識とジェンダー」 御茶ノ水女子大学21世紀COEプログラム  2004 

  • オーラル・ビジュアル・アーカイブの方法

    見えないものを見、聴こえないものを聴く  2003 

  • 口述の記録:「立場の置き換え」--食を巡る記憶から

    李小江レクチャーセミナーシリーズ<方法3>立場の置き換え:多元的文化の差違、衝突、選択を提示する--旧満州(日本植民地)次代の口述生活史を中心に--  2003 

  • オーラル・ビジュアル・アーカイブの方法:連合軍捕虜と軍人の聴き取り体験から

    東京外国語大学21世紀COE(史資料ハブ地域文化研究拠点)オーラル・アーカイブ班主催シンポジウム 「消えゆく声を聞く/見えないものを見る〜オーラル・ヒストリーの可能性とアーカイブの課題」  2003 

  • 「連合軍元捕虜の語る “痛み”と“虐げ”の経験:「記憶」/「事実」/「伝聞」の関係性を巡って

    オーラル・ヒストリーの会 第2回研究会報告  2003 

  • On the formation of Kamikaze Image: links between the Muslim image and the Japanese

    World Archaeology Conference  2003 

  • 植民地における記憶:英国人抑留者の経験 The Voice of immigrants: civilian internees' experiences

    国立民族学博物館 トランスボーダーコンフリクトの人類学的研究 「自分史としての越境--オラルヒストリーの現場から」  2003 

  • Merely "Orientalism" or Woman's Alliance in the Power of Narratives? : Bronte sisters and the Arabian Nights ブロンテ姉妹のアラビアンナイト受容 「単なるオリエンタリズムかはたまた女性の連帯か?」

    国立民族学博物館国際シンポジウム「アラビアンナイトとオリエンタリズム」  2002 

  • On POW's Food Discourse:(un)matching the voices of the Japanese and the Allied POWs

    Oral History Association Annual Conference  2002 

  • comments

    Changing the guard, guarding the time: Oral history in colonial memories Collection of Oral history  2002 

  • 日蘭戦争原爆展について--植民地の問題

    アジア太平洋戦争と民衆の記憶--過去の克服と21世紀への展望(長崎平和文化研究所・長崎平和研究所主催)  2000 

  • 暴力の記憶・平和の文化--「オランダ戦争記憶展示をめぐって」

    日本平和学会  2000 

  • 日本とオランダのインドネシア支配を考える

    立命館大学国際平和ミュージアム・戦争展実行委員会 オランダ国立戦争資料館共催 平和のための京都の戦争展第20回「日本占領下のインドネシア」  2000 

  • 「日本占領下の記憶:日本・オランダ・インドネシア」展シンポジウムについての報告

    CSF(カルチュラルスタディーズフォーラム)  2000 

▼display all

Works

  • Oral History Research of POWs in U.K. Holland. U.S.A. Burma. India.

     More details

    Work type:Artistic work  

  • 英国・米国におけるオーラルヒストリー調査

     More details

    Work type:Artistic work  

  • Oral History Research of POWs in U.K. Holland. U.S.A. Burma. India.

     More details

    Work type:Artistic work  

  • 「英国50年目の夏:対日戦が残した影」ドキュメンタリー作品

    朝日衛星放送C, ニュースター FREEZON, Discovery Channel

Awards

  • ブロンテ協会奨励賞

    1995  

     More details

    Country:Japan

Research Projects

  • A study on Bataan Death March and a comparative study on the British and American ex-POWs' memory and their views of Japan

    Grant number:20K00916  2020.04 - 2025.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    中尾 知代

      More details

    Grant amount:\3770000 ( Direct expense: \2900000 、 Indirect expense:\870000 )

  • 第二次世界大戦における日本軍の元捕虜・元抑留者の戦争体験記憶の継承

    2015.10 - 2016.08

    日米教育委員会  フルブライトスカラー 

  • Evaluation of cultural behavior of Allied POOWs and Japanese soldiers using oral history methodology

    Grant number:21320112  2009.04 - 2013.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    NAKAO TOMOYO, MORI Shigeyuki, TOMITA Aki, MATSUOKA Masakazu, MCCAY Euan

      More details

    Grant amount:\11440000 ( Direct expense: \8800000 、 Indirect expense:\2640000 )

    In this research we archived both documents and oral resource on JSPs, POWs camp guards, the local memory of the Dutch Civilian internees and clarified the Indonesian local incident in WWII for the cross-cultural analysis of the behavior.

  • Reconsidering WWII and the process of de-colonization by utilizing the oral history method

    Grant number:17402017  2005 - 2008

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    NEMOTO Kei, NAKAO Tomoyo, ASANO Toyomi, NAKANO Satoshi

      More details

    Grant amount:\14900000 ( Direct expense: \13400000 、 Indirect expense:\1500000 )

    これまでほとんど研究の対象とされてこなかった第二次大戦を経験した旧植民地の兵士や在留者および抑留者を、それぞれの研究者が探しだし、オーラルヒストリー(聞き取り)の方法を用いながら彼らの戦前戦中戦後の経験の語りをそのまま録音・記録し(可能な場合は録画もおこない)、文献資料との照合が可能なものについてはその作業をおこない、論文その他の成果刊行物にまとめた(現在も進行中)。とりあげた植民地は英領ビルマ(一部インド)と米領フィリピンで、関係者(旧植民地兵士、英系ビルマ人)の聞き取りは両国のほか英国、ニュージーランド、ケニア、台湾、米国におよんだ。研究者相互の情報交換を密にし、今後の総合的な成果発表を目指す基盤を築いた。

  • The Process of Formation of Image of Japan based on the War Memories of the Ex-POWs and their families : the analysis of the discourse with the gender factor

    Grant number:14594008  2002 - 2004

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    NAKAO Tomoyo

      More details

    Grant amount:\3400000 ( Direct expense: \3400000 )

    This research has investigated the process of the formation of Image of Japan based on the experience of the Prisoners-of-Wars' and their families, during and post-war period. I had conducted the oral history of various POWs, their wives, widows, and daughters. This led us to the deeper insight of the family legacy of trauma of the POWs' experience, particularly seen amongst the daughters. The wives' and the widows' discourse occasionally support, and sometimes undermine the heroic stories of the POWs themselves.
    The research is both valuable due to the rare interviews, oral testimonies, voices of the forgotten part of the war, and also due to the close analysis of the methodology of the oral history itself. I have investigated the history of Oral history, and gave some research on the validity of the 'oral testimony'.
    The recorded voice, which is seen in the sample DVD, will be held at Okayama University as an archive, which need some more time to be transcribed and catalogued.

  • 元捕虜・元抑留者のオーラルヒストリー・対日意識調査

    1997 - 1998

    外務省  専門調査員 

  • 英国における日本表象・ポストコロニアルスタディーズ・オーラルヒストリー

    1996 - 1998

    英国政府  ブリティッシュカウンセル 

▼display all

 

Class subject in charge

  • Seminar on Media and Representation 2 (2021academic year) Late  - 水2

  • Media and Representation 2 (2021academic year) Prophase  - 水1

  • Topics in Humanities (2021academic year) Third semester  - 火7

  • Introductory Seminar in Humanities (2021academic year) Third semester  - 水1

  • Introduction to Socio-cultural Studies (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 木5~6

  • Seminar in Socio-cultural Studies (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 火5~6

  • Socio-Cultural Symbiosis (2021academic year) special  - その他

  • Seminar on Socio-Cultural Symbiosis 1 (2021academic year) special  - その他

  • Seminar on Socio-Cultural Symbiosis 2 (2021academic year) special  - その他

  • Sustainable Cohabitation of Human and Nature (2021academic year) Fourth semester  - 火7~8

  • Research Seminar in Socio-cultural Studies (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 火3~4

  • Research Seminar in Socio-cultural Studies (2021academic year) 3rd and 4th semester  - 火3~4

  • Seminar on Media and Representation 1 (2020academic year) Late  - 水2

  • Media and Representation 1 (2020academic year) Prophase  - 水2

  • Introduction to Socio-cultural Studies a (2020academic year) Third semester  - 火3,火4

  • Introduction to Socio-cultural Studies b (2020academic year) Fourth semester  - 火3,火4

  • Seminar in Socio-cultural Studies a (2020academic year) 1st semester  - 木1,木2

  • Seminar in Socio-cultural Studies a (2020academic year) 1st semester  - 木3,木4

  • Seminar in Socio-cultural Studies b (2020academic year) Second semester  - 木3,木4

  • Socio-Cultural Symbiosis (2020academic year) special  - その他

  • Seminar on Socio-Cultural Symbiosis 1 (2020academic year) special  - その他

  • Seminar on Socio-Cultural Symbiosis 2 (2020academic year) special  - その他

  • Research Seminar in Socio-cultural Studies (2020academic year) 1st semester  - 火3,火4

  • Research Seminar in Socio-cultural Studies (2020academic year) Fourth semester  - 火5,火6

  • Research Seminar in Socio-cultural Studies (2020academic year) Third semester  - 火5,火6

  • Research Seminar in Socio-cultural Studies (2020academic year) Second semester  - 火3,火4

▼display all

 

Social Activities

  • 記憶のリレー

    Role(s):Panelist, Advisor, Organizing member

    岡山市デジタルミュージアム 

Media Coverage

  • 英国チャンネル4 祖父母の戦争

    channel4(英国)  「私たちの祖父母の戦争」マーク・ライランス  2019.11

  • 捕虜達の言葉に耳傾けて

    NHK  ラジオ深夜便  2018.3

  • よみがえる抑留の日々

    長崎新聞  シリーズもの  2015.1

  • 【語り部】「今残さないと消えてしまう」命ある限り戦争体験継承

    読売新聞  社会面32面  2006