Updated on 2022/05/17

写真a

 
YAMAGIWA Ayumi
 
Organization
Faculty of Education Special-Appointment Assistant Professor
Position
Special-Appointment Assistant Professor
External link

Degree

  • Master(Education) ( 2004.3   Okayama University )

Research Interests

  • マイクロステップ・スタディ

  • 調理科学

  • 食品物性学

  • 食物科学

  • 記憶と学習

  • 個別最適化

  • 高精度教育ビッグデータ

  • マイクロステップ・スタディ

  • eラーニング

  • 個別最適化

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Cognitive science

  • Humanities & Social Sciences / Educational psychology  / 学習と記憶、高精度ビッグデータ、個別最適化、マイクロステップ・スタディ

  • Humanities & Social Sciences / Educational psychology  / マイクロステップ・スタディ

  • Informatics / Learning support system

  • Life Science / Food sciences  / 調理科学、食品物性学、食生活教育

Education

  • Okayama University   Graduate School of Education  

    2002.4 - 2004.3

      More details

    Country: Japan

  • Okayama University   大学院教育学研究科  

    2002.4 - 2004.3

      More details

  • Okayama University   Faculty of Education  

    1998.4 - 2002.3

      More details

    Country: Japan

  • Okayama University   教育学部   中学校教員養成課程

    1998.4 - 2002.3

      More details

Research History

  • Okayama University   学術研究院教育学域   Assistant Professor

    2021.4

      More details

    Country:Japan

  • Okayama University   学術研究院教育学域

    2021.4

      More details

  • Okayama University   大学院教育学研究科   Technical Support Staff

    2019.5 - 2021.3

      More details

    Country:Japan

  • Okayama University   Graduate School of Education

    2019.5 - 2021.3

      More details

  • Okayama University   異分野融合先端研究コア   Researcher

    2017.1 - 2018.10

      More details

    Country:Japan

  • Okayama University   異分野融合先端研究コア 仁科研究室

    2017.1 - 2018.10

      More details

  • Okayama University   異分野融合先端研究コア   Research Assistant

    2008.7 - 2016.12

      More details

    Country:Japan

  • Okayama University   Research Core for Interdisciplinary Science   Research Assistant

    2008.7 - 2016.12

      More details

  • Sanyo Gakuen Junior College   幼児教育学科   Research Assistant

    2005.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  • Okayama University   教育学部

    2004.6 - 2007.3

      More details

  • Okayama University   教育学部   Technical Support Staff

    2004.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Professional Memberships

  • 日本調理科学会

    2001.4 - 2012.12

Committee Memberships

  • 日本教育心理学会   日本教育心理学会第48回大会実行委員  

    2005.4 - 2007.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 中国四国心理学会   中国四国心理学会第77回大会大会実行委員  

    2021.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 岡山心理学会   岡山心理学会第67回大会実行委員  

    2019.5 - 2019.12   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 日本調理科学会   日本調理科学会第39回大会実行委員  

    2005.4 - 2007.3   

      More details

    Committee type:Academic society

 

Papers

  • こんにゃく加工の伝統技術凝固剤「灰汁」利用のゲル化に関わる要因

    山際 あゆみ, 大野 婦美子, 笠井 八重子

    美味技術研究会誌   2011 ( 17 )   30 - 40   2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:美味技術学会  

    DOI: 10.11274/bimi2002.2011.17_30

    CiNii Article

    researchmap

  • こんにゃく加工の伝統技術凝固剤「灰汁」利用のゲル化に関わる要因 Reviewed

    山際 あゆみ , 大野芙美子,笠井 八重子

    美味技術研究会誌   ( 17 )   30 - 40   2011

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  • 健康な食生活の実践力育成における調理学実習のあり方に関する基礎的検討 : 調理担当女子学生の夕食実態をもとに Reviewed

    藤井 久美子 , 大野 佳美 , 大野 婦美子 [他] , 山際 あゆみ , 笠井 八重子

    日本食生活学会誌   18 ( 4 )   362 - 369   2008.3

     More details

    Language:Japanese  

  • A study of ideal way of cooking practice to form a healthy eating habit : The examinations based on supper styles of female students who cook meals

    FUJII Kumiko, OHNO Yoshimi, OHNO Fumiko, YAMAGIWA Ayumi, KASAI Yaeko

    日本食生活学会誌 = Journal for the integrated study of dietary habits   18 ( 4 )   362 - 369   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本食生活学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 芋こんにゃくの伝統的製造法における凝固剤「灰汁」利用の特徴

    笠井八重子、山際あゆみ、大野婦美子

    岡山大学教育学部研究集録   ( 134 )   105 - 111   2007

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese  

  • いもこんにゃくの伝統的手法における「のり」調製法の科学的解析--小粒子マンナンの作用

    笠井八重子、山際あゆみ、大野婦美子

    岡山大学教育学部研究集録   ( 126 )   129 - 136   2004

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese  

  • こんにゃくの伝統的製造法における「灰汁」の凝固剤としての利用特性

    笠井八重子、山際あゆみ、西山恵

    岡山大学教育学部研究集録   ( 124 )   21 - 27   2003

     More details

    Language:Japanese  

  • 小・中学校家庭科における「コメ・炊飯」学習内容検討のための基礎的資料

    笠井八重子、白井和歌子、山際あゆみ

    岡山大学教育学部研究集録   ( 122 )   35 - 45   2003

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese  

▼display all

Books

  • 高精度教育ビッグデータで変わる記憶と教育の常識―マイクロステップ・スケジューリングによる知識習得の効率化

    寺澤隆文、山際あゆみ、田邊彰洋( Role: Contributor ,  第1部第3章)

    風間書房  2021.3  ( ISBN:978-4-7599-2380-3

     More details

    Total pages:154   Responsible for pages:pp.33-48   Language:Japanese

  • 高精度教育ビッグデータで変わる記憶と教育の常識 : マイクロステップ・スケジューリングによる知識習得の効率化

    寺澤, 孝文, 田邊, 彰洋, 山際, あゆみ

    風間書房  2021.3  ( ISBN:9784759923803

     More details

    Total pages:xviii, 135p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • Microstructure of the surfaces on "seiko" particles and isolation of konjak starch from "tobiko"

    Ohno Fumiko, Kasai Yaeko, Araki Etuko, Yamagiwa Ayumi, Kugimiya Masayuki

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science   21   2088 - 2088   2009

     More details

    Language:Japanese   Publisher:The Japan Society of Cookery Science  

    DOI: 10.11402/ajscs.21.0.2088.0

    CiNii Article

    researchmap

  • The Similarity of the Gelation by Sodium Carbonate and Plant Ash-extracts in the Physical Properties of Imo-Konjac

    笠井 八重子, 山際 あゆみ, 大野 婦美子

    岡山大学教育学部研究集録   134 ( 1 )   105 - 111   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:岡山大学教育学部  

    こんにゃくの伝統的製造法において、凝固剤に草木灰の「灰汁」を利用してきた。その代替として、農家では「炭酸ナトリウム」が利用される。今日、一般に利用されている「水酸化カルシウム」が何故用いられないかについて、こんにゃくの物性特性に及ぼうす影響を、とくに、「のり」のゲル化特性と「飛粉」との関わりを中心に検討し、考察した。凝固剤「炭酸ナトリウム」は、芋こんにゃく特有の表面のやわらかい弾力と粘性と硬さを有する物性を形成し、この特性は、とくに「飛粉」が混在する場合において顕著に発現することが明らかになった。それは凝固剤「灰汁」のゲル化特性と極めて類似していた。また、「灰汁」は使用する濃度によって、物性特性が大きく影響されないが、「炭酸ナトリウム」においても同様の特性を示し、いわゆる、「のり」の状態によって凝固剤使用量を加減することが可能な、使いやすさの利点が「灰汁」と類似していることも明らかになった。このような特徴は、「水酸化カルシウム」を凝固剤とした場合、「飛粉」混在で物性が低下し、使用濃度によっても影響されるなど、「炭酸ナトリウム」「灰汁」と異なる挙動を示すことが明らかになった。また、「のり」の物性についての検討からも、こんにゃくに及ぼす影響に反映していることが認められた。凝固剤のゲル化の形成と特性にpH以外の要因として、「飛粉」が重要な作用を果たしていることが示唆された。

    DOI: 10.18926/bgeou/11002

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://id.ndl.go.jp/bib/8830862

  • Effect of addition of "plant ash extracts" on physical properties on konjac: Effect of sodium carbonate and "Plant ash extracts" on the gelation

    Ohno Fumiko, Yamagiwa Ayumi, Kasai Yaeko

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science   18   181 - 181   2006

     More details

    Publisher:The Japan Society of Cookery Science  

    DOI: 10.11402/ajscs.18.0.181.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Studies on the ideal way of cooking practices for training in dietary habits-A examination from a questionnaire survey in daily supper by female university students (2)-

    Fujii Kumiko, Ohno Yoshimi, Ohno Fumiko, Yamagiwa Ayumi, Kasai Yaeko

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science   17   185 - 185   2005

     More details

    Publisher:The Japan Society of Cookery Science  

    DOI: 10.11402/ajscs.17.0.185.0

    CiNii Article

    researchmap

  • いもこんにゃくの伝統的手法における「のり」調製法の科学的解析--小粒子マンナンの作用

    笠井 八重子, 山際 あゆみ, 大野 婦美子

    ( 126 )   129 - 136   2004

     More details

  • 小・中学校家庭科における「コメ・炊飯」学習内容検討のための基礎的資料

    笠井 八重子, 白井 和歌子, 山際 あゆみ

    ( 122 )   35 - 45   2003

     More details

  • こんにゃくの伝統的製造法における「灰汁」の凝固剤としての利用特性

    笠井 八重子, 山際 あゆみ, 西山 恵

    ( 124 )   21 - 27   2003

     More details

  • Effect of physical properties by the coagulating agent of "Aku" on manufacturing Konjac

    YAMAGIWA Ayumi, KASAI Yaeko

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics   55   141 - 141   2003

     More details

    Publisher:The Japan Society of Home Economics  

    DOI: 10.11428/kasei.55.0.141.1

    CiNii Article

    researchmap

▼display all

Presentations

  • 「精粉」粒子の表面観察とコンニャクデンプンの精製について

    大野 婦美子 , 笠井 八重子 , 荒木 悦子 , 山際 あゆみ , 釘宮 正往

    日本調理科学会大会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  • いもこんにゃくの物性形成に関わる凝固剤「灰汁」の特徴 ー「炭酸ナトリウム」と「灰汁」のゲル化特性

    大野 婦美子 , 山際 あゆみ , 笠井 八重子

    日本調理科学会大会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  • いもこんにゃくの物性形成に関わる凝固剤「灰汁」の特徴:「炭酸ナトリウム」と「灰汁」のゲル化特性

    大野 婦美子 , 山際 あゆみ , 笠井 八重子

    日本調理科学会大会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  • 健康な食生活の実践力育成における調理学実習のあり方に関する基礎的検討:-女子学生の夕食の実態(その2)-

    藤井 久美子 , 大野 佳美 , 大野 婦美子 , 山際 あゆみ , 笠井 八重子

    日本調理科学会大会  2005 

     More details

    Event date: 2005

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  • こんにゃくの製造法における「灰汁」の凝固剤としての利用特性

    山際 あゆみ , 笠井八重子

    日本家政学会大会  2003 

     More details

    Event date: 2003

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

 

Academic Activities

  • 中国四国心理学会第77回大会準備・実行委員

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    寺澤 孝文  2021.12.4

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    researchmap

  • 岡山心理学会第67回大会準備・実行委員

    Role(s):Planning, management, etc.

    寺澤 孝文  2019.12.14

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    researchmap

  • 日本教育心理学会第48回大会準備・実行委員

    Role(s):Planning, management, etc.

    田中 宏二  2006.10.16 - 2006.10.18

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    researchmap