2021/07/12 更新

写真a

フジワラ タカノリ
藤原 貴典
FUJIWARA Takanori
所属
研究推進機構 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 学術博士 ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • Precision Grinding

  • 精密研削加工

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学

  • その他 / その他  / 産学連携,産学官連携

学歴

  • 岡山大学    

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Graduate School, Division of National Science and Technology  

    - 1988年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Engineering   Applied Mechanical Engineering

    - 1983年

      詳細を見る

  • 岡山大学   工学部   応用機械工

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - 岡山大学研究推進産学官連携機構 教授

    2015年

      詳細を見る

  • - Professor,Organization for Research Promotion & Collaboration,Okayama University

    2015年

      詳細を見る

  • 岡山大学研究推進産学官連携機構 准教授   Organization for Research Promotion & Collaboration

    2003年 - 2015年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Organization for Research Promotion & Collaboration,Okayama University

    2003年 - 2015年

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • - NPO法人産学連携学会 評議員(2013-)  

    2013年   

      詳細を見る

  • 産学連携学会   評議員  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    産学連携学会

    researchmap

 

論文

  • 国立大学法人19大学における共同研究の実施状況の解明 に関する実証的研究 査読

    北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史, 内島典子, 秋丸國廣

    産学連携学   17 ( 1 )   54 - 67   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Effect of a Setting Depth of Cut in a Face Grinding Process with a Single Layer Electro Plated Diamond Grinding Wheel with Periphery R Shape

    Takanori FUJIWRA, Koudai HIRAMATSU, Takuro HASHIGUCHI, Takashi TSUJINO, Ryo KOMATSUBARA, Takashi ONISHI, Hiroyuki KODAMA, Kazuhito OHASHI

    Proceedings of the 18th International Conference on Precision Engineering (ICPE2020)   B-2-8   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Influence on Grinding Force Distribution in Feed Rate Variations of Cemented Carbide with Vertical Face Grinding 査読

    Takashi TSUJINO, Takanori FUJIWARA, Kazuhito OHASHI, Hiroyuki KODAMA, Takashi ONISHI, Shinya TSUKAMOTO

    Proceedings of the 22th International Symposium on Advances in Abrasive Technology   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 北見工業大学における共同研究の相手先の地理的分布 査読

    内島典子, 北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史

    産学連携学   14 ( 2 )   49 - 62   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 宇都宮大学における共同研究の相手先の地理的分布 査読

    網屋毅之, 北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史

    産学連携学   14 ( 1 )   59 - 70   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 愛媛大学における共同研究の 相手先の地理的分布 査読

    秋丸國廣, 入野和朗, 北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史

    産学連携学   13 ( 1 )   113 - 124   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 島根大学における共同研究の相手先の地理的分布 査読

    北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史

    産学連携学   11 ( 1 )   33 - 44   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 国立大学法人における共同研究1件当たりの研究費受入額の分析 査読

    北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史

    産学連携学   11 ( 2 )   62 - 69   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Grinding Force Distribution on Cup Type Electroplated Diamond Wheel in Face Grinding of Cemented Carbide 査読

    Takanori Fujiwara, Shinya Tsukamoto, Kazuhito Ohashi, Takashi Onishi

    Advances in Abrasive Technology XVII, Advanced Material Research, vol1017, Trans Tech Publications   9 - 14   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 産学金連携による新製品開発と金融機関との連携事業

    藤原貴典

    産学連携学   9 ( 2 )   27 - 34   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 本科の教育課程や課外活動における知的財産教育の試み 査読

    鳥家秀昭, 藤原貴典, 湯地敏史

    論文集高専教育   135 ( 3 )   245 - 250   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 研削加工におけるタッチセンサの実用化-センサ出力への影響因子の解明- 査読

    清水翔太, 藤原貴典, 山本亮祐, 塚本真也

    砥粒加工学会誌   54 ( 8 )   494 - 498   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 岡山における中小企業との産学連携 査読

    藤原貴典, 東英男

    産学連携学   5 ( 1 )   17 - 24   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 同期2軸制御方式によるクランクシャフトピン研削機構の解析 査読

    藤原貴典, 塚本真也, 宮川正寛, 松原太樹, 坂倉守昭, 吉川満雄

    日本機械学会論文集(C編)   73 ( 8 )   2350 - 2356   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • FUNDAMENTAL STUDY ON CROSS AXIS GRINDING METHOD 査読

    Takanori Fujiwara, Shinya Tsukamoto, Moriaki Sakakura

    Proceedings of the 10th International Research/Expert Conference "Trends in the Development of Machinery and Associated Technology" TMT2006   29 - 32   2006年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A SKILL-FORMATION MODEL FOR GRINDING OPERATIONS 査読

    Moriaki Sakakura, Shinya Tsukamoto, Takanori Fujiwara, Ichiro Inasaki

    Machining Science and Technology, Taylor & Francis Group, LLC   457 - 470   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Visual Simulation of Grinding Process 査読

    Moriaki Sakakura, Shinya Tsukamoto, Takanori Fujiwara, Ichiro Inasaki

    Proceedings of the 2nd IPROMS Virtual International Conference on Intelligent Production Machines and Systems   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Validity Investigation of Constant Grinding Velocity Ratio Method in C-X Axes Synchronous Type CNC Crank Pin Grinder 査読

    Takanori FUJIWARA, Shinya TSUKAMOTO, Masaaki Sakakura

    Proceedings of the 2nd International Meeting of Abrasion   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 3D Simulation of Surface Generation in Grinding 査読

    Moriaki SAKAKURA, Shinya TSUKAMOTO, Takanori FUJIWARA, Ichiro INASAKI

    Proceedings of the 9th CIRP International Workshop on Modeling of machining Operation   287 - 294   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第3報)-ボールエンド砥石の深切込み研削における研削抵抗解析- 査読

    藤原貴典, 塚本真也, 黒江栄光, 中島利勝

    精密工学会誌   71 ( 9 )   1125 - 1130   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Analysis of the Grinding Mechanism with Wheel Head Oscillating Type CNC Crankshaft Pin Grinder 査読

    Takanori FUJIWARA, Shinya TSUKAMOTO, Masahiro MIYAGAWA

    Key Engineering Material   291-292   163 - 168   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of touch sensor based on grinding fluid spouting phenomenon 査読

    Takanori FUJIWARA, SHINYA. TSUKAMOTO, Atsushi NISHII

    7th International Conference on Progress of Manufacturing Technology   555 - 560   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • CNCカム研削機構のシミュレーション 査読

    藤原貴典, 塚本真也, 松原太樹, 黒江栄光, 吉川満雄

    日本機械学会論文集(C編)   70 ( 4 )   1161 - 1167   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第2報)-ボールエンド砥石による幾何学的切りくず形状の解析- 査読

    藤原貴典, 塚本真也, 黒江栄光, 中島利勝

    精密工学会誌   70 ( 2 )   92 - 97   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of High Precision Contour Grinding Method under Consideration with both Curvature Radius Change of Workpiece and Thermal Deformation of Machine Structure 査読

    Shinya TSUKAMOTO, Takanori, FUJIWARA, Toshikatsu NAKAJIMA

    International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century   269 - 274   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Analysis of the Cam Grinding Mechanism with a CNC Cam Grinder 査読

    Takanori FUJIWARA, Shinya TSUKAMOTO

    Key Engineering Materials   257-258   81 - 86   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第1報)-工作物曲率変化と機械熱変形の影響- 査読

    中島利勝, 藤原貴典, 塚本真也, 谷吉将和, 山田龍宙

    精密工学会誌   67 ( 4 )   581 - 585   2001年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Improvement of Initial Break-in Condition of Spray Coated Ceramics for Marine Diesel Engine 査読

    Tatsuhiro JIBIKI, Masaaki TANAKA, Takanori FUJIWARA, Masujirou HISATANI

    BULLETIN of The Marine Engineering Society in Japan   26 ( 2 )   55 - 65   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 舶用ディーゼル機関におけるセラミクス溶射皮膜の初期なじみ性向上 査読

    地引達弘, 田中正紀, 藤原貴典, 久谷益士郎

    日本舶用機関学会誌   32 ( 12 )   904 - 914   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 砥石軸動力計によるグラインディングセンタの研削抵抗測定法の開発 査読

    中島利勝, 藤原貴典, 塚本真也, 松下佳人, 山下周大

    精密工学会誌   63 ( 7 )   1049 - 1053   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ジルコニア研削過程の定量化の研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典, 大橋一仁

    精密工学会誌   55 ( 1 )   167 - 172   1989年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cutting mechanism of fine ceramics with a single point diamond 査読

    Toshikatsu NAKAJIMA, Yoshiyuki UNO, Takanori FUJIWARA

    PRECISION ENGINEERING Butterworth & Co(Publishers)Ltd.   11 ( 1 )   19 - 25   1989年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 部分安定化ジルコニアの研削機構の研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典, 大橋一仁

    精密工学会誌   54 ( 8 )   1544 - 1549   1988年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • サイアロンの円筒プランジ研削加工の研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典, 池尻篤則, 大橋一仁

    精密工学会誌   54 ( 7 )   1298 - 1303   1988年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 部分安定化ジルコニアの研削加工の研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典, 池尻篤則

    精密工学会誌   53 ( 3 )   449 - 454   1987年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ファインセラミックスの研削過程に関する研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典

    精密工学会誌   52 ( 1 )   120 - 126   1987年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • サイアロンの単粒研削に関する研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典, 池尻篤則

    精密工学会誌   53 ( 8 )   1271 - 1276   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society for Precision Engineering  

    DOI: 10.2493/jjspe.53.1271

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Measuring method of grinding technique

    2018年 

     詳細を見る

  • 磨削加工技术难点与测量技术・研削加工の測定技術(中国語訳)

    2018年 

     詳細を見る

  • Text, Introduction to industry-university collaboration studies (jointly worked)

    Japan Sosiety for Intellectual Production  2016年 

     詳細を見る

  • テキスト 産学連携学入門(共著)

    特定非営利活動法人 産学連携学会  2016年 

     詳細を見る

  • アクチュエータが未来を創る

    岡山大学アクチュエータ研究センター

    産業図書  2011年11月  ( ISBN:9784782841013

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 242p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 研削加工の計測技術-最新の計測技術とそのノウハウ-

    養賢堂  2005年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Geographical distribution of partnaers of cooperative researcch with Shimane University "jointly worked"

    Toshihiro KITAMURA, Takanori FUJIWARA, Kazumasa KAWASAKI, Tetsuhumi TAKWESHITA

    Jornal of Japan Soceity of Intelectual Properties   12 ( 1 )   33 - 44   2015年

  • nalysis of the amount of research funds acceptance per one collaborative investigation in National University (jointly Worked)

    T. Kitamura, T. Fujiwara, K. kawasaki, T. Takeshita

    Journal of the Japan Society for Intellectual Production, Vol.11, No.2, p62-69   11 ( 2 )   62 - 69   2015年

     詳細を見る

  • 本科の教育課程や課外活動における知的財産教育の試み

    鳥家秀昭, 藤原貴典, 湯地敏史

    論文集高専教育   35 ( 3 )   245 - 250   2011年

     詳細を見る

  • Attempt to intelectual property education on main course, jointly worked

    Hideo TOYA, Takanori FUJIWARA, Toshifumi YUTI

    KOSEN KYOIKU   35 ( 3 )   245 - 250   2011年

     詳細を見る

  • Visual simulation of the grinding process

    Moriaki Sakakura, Shinya Tsukamoto, Takanori Fujiwara, Ichiro Inasaki

    Journal of Engineering Manufacture,Professional Engineering Publishing   222 ( 10 )   1233 - 1239   2008年10月

     詳細を見る

  • 岡山における中小企業との産学連携

    藤原貴典, 東 英男

    産学連携学   5 ( 1 )   17 - 24   2008年

     詳細を見る

  • 同期2軸制御方式によるクランクシャフトピン研削機構の解析

    藤原貴典, 塚本真也, 宮川正寛, 松原太樹, 坂倉守昭, 吉川満雄

    日本機械学会論文集(C編)   73 ( 8 )   2350 - 2356   2007年

     詳細を見る

  • A skill-formation model for grinding operations

    Moriaki Sakakura, Shinya Tsukamoto, Takanori Fujiwara, Ichiro Inasaki

    MACHINING SCIENCE AND TECHNOLOGY   10 ( 4 )   457 - 470   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    A good part of grinding operations is still dependent on skilled operators. Against such a background, this study takes up cylindrical plunge grinding, and presents a skill-formation model based on the learning process similar to that in which a grinding operator acquires skills through trial and error. The model repeats learning by giving only the total grinding stock and initial infeed rate, changing infeed rate, and evaluating the size and the removal rate in the process end. The simulation result has proved that the model shows a skill-formation process similar to that of an operator and generates desirable infeed processes.

    DOI: 10.1080/10910340600998429

    Web of Science

    researchmap

  • Visual Simulation of Grinding Process

    M. Sakakura, S. Tsukamoto, T. Fujiwara, I. Inasaki

    Intelligent Production Machines and Systems - 2nd I*PROMS Virtual International Conference 3-14 July 2006   107 - 112   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Grinding is one of the machining methods for finishing that is performed by using a large number of abrasive grains with irregular shapes and random distribution. While this feature enables accurate and high quality machining, it complicates analysis of the grinding process. In order to solve this problem, several computer simulations have been carried out using the Monte Carlo Method. Most of them statically calculate geometric interference between a grain and a workpiece, and have not provided enough achievements for practical applications. This chapter outlines the development of a simulation program based on the elastic behavior model of a grain. The program focuses on the generation process of a workpiece surface, and simulates the interaction of grains with a workpiece, which includes the elastic and plastic deformation and the removal of workpiece material. The simulation result is visualized using a three-dimensional graphics technique. The chapter illustrates an example, which verifies that the simulation program makes it easy to analyze the microscopic grinding phenomena, and can be used as a practical tool for predicting the grinding results and for optimizing grinding parameters. © 2006 Copyright © 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/B978-008045157-2/50025-0

    Scopus

    researchmap

  • FUNDAMENTAL STUDY ON CROSS AXIS GRINDING METHOD

    Takanori Fujiwara, Shinya Tsukamoto, Moriaki Sakakura

    Proceedings of the 10th International Research/Expert Conference"Trends in the Development of Machinery and AssociatedTechnology" TMT2006, Barcelona-Lloret de Mar, Spain,11-15 September, 2006   2006年

     詳細を見る

  • 企業アンケートに見る岡山地域の産学官連携マインド

    藤原貴典, 東 英男

    産学連携学会第4回東京大会講演予稿集   2006年

     詳細を見る

  • D社との包括契約

    東 英男, 藤原貴典

    産学連携学会第4回東京大会講演予稿集   2006年

     詳細を見る

  • 3D Simulation of Surface Generation in Grinding

    Moriaki SAKAKURA, Shinya TSUKAMOTO, Takanori FUJIWARA, Ichiro INASAKI

    Proceedings of the 9th CIRP International Workshop on Modeling of machining Operation   2006年

     詳細を見る

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第3報)-ボールエンド砥石の深切込み研削における研削抵抗解析-

    藤原貴典, 塚本真也, 黒江栄光, 中島利勝

    精密工学会誌   2005年

     詳細を見る

  • Analysis of the grinding mechanism with wheel head oscillating type CNC crankshaft pin grinder

    T Fujiwara, S Tsukamoto, M Miyagawa

    ADVANCES IN ABRASIVE TECHNOLOGY VIII   291-292   163 - 168   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TRANS TECH PUBLICATIONS LTD  

    In this study, the crankshaft pin grinding mechanism, which is carried out with wheel head oscillating type CNC crankshaft pin grinder, is theoretically analyzed. In order to maintain grinding process, the pin rotates and also rocks along wheel working surface, because the wheel head oscillates with journal rotation. Then, it is made clear that cylindrical plunge grinding process progresses in the pin grinding process for the first time. Therefore, grinding speed ratio, which is defined as ratio of substantial pin surface speed to wheel surface speed, is firstly formulated. Secondly, undeformed chip size generated by a grain is estimated with the grinding velocity ratio. Finally, the grinding performance is predicted with experimental equations, which obtained previous study. By this simulation, it is made clear that dimensional accuracy and also surface roughness vary on whole of the pin surface with constant journal rotation grinding method. On the contrary, deviations of both the dimensional accuracy and the surface roughness are reduced with controlled speed ratio grinding method, in which journal rotation speed is adequately controlled.

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山県の産学官連携を推進する協働16事業について

    藤原貴典

    産学連携学会第3回徳島大会講演予稿集   2005年

     詳細を見る

  • Analysis of the Grinding Mechanism with Wheel Head Oscillating Type CNC Crankshaft Pin Grinder

    Takanori FUJIWARA, Shinya TSUKAMOTO, Masahiro MIYAGAWA

    Key Engineering Material   291-292   163 - 168   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • 100社訪問キャラバン隊事業に見られる岡山県下の産学官連携の実態と課題

    藤原貴典, 新倉正和, 飯田永久, 佐野公一郎, 畠平泰彦, 三島佳洋, 三宅 昇

    産学連携学会第3回徳島大会講演予稿集   2005年

     詳細を見る

  • 地域企業技術者リカレント教育の取組み

    藤原貴典

    産学連携学会第3回徳島大会講演予稿集   2005年

     詳細を見る

  • カムおよびクランクシャフト・ピンの研削機構解析と高精度研削加工法の提案

    藤原貴典, 宮川正寛, 塚本真也, 吉川満雄

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会要旨集   2005年

     詳細を見る

  • 地域の企業技術者を対象とする振動技術の体系的リカレント教育の試み

    古池治孝, 松浦啓克, 則次俊郎, 藤原貴典

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会要旨集   2005年

     詳細を見る

  • わかりやすい研究シーズ発信方法-研究シーズ集作成のアプローチ例-

    藤原貴典, 松浦啓克

    産学連携学会第3回徳島大会講演予稿集   2005年

     詳細を見る

  • 産学連携支援情報の発信-ワンストップを実現するために-

    藤原貴典, 松浦啓克, 山口友絵

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会要旨集   2005年

     詳細を見る

  • ロール研究会の紹介

    松浦啓克, 則次俊郎, 藤原貴典, 古池治孝

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会要旨集   2005年

     詳細を見る

  • 国立大学における産学官連携活動について

    藤原貴典

    第8回岡山リサーチパーク合同研究発表会 特別講演会・分科会研究発表要旨   2004年

     詳細を見る

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第2報)-ボールエンド砥石による幾何学的切りくず形状の解析-

    藤原貴典, 塚本真也, 黒江栄光, 中島利勝

    精密工学会誌   2004年

     詳細を見る

  • 地域共同研究センター支援組織の活動に関する考察(第2報)-ロール製作技術研究会活動-

    松浦啓克, 藤原貴典

    産学連携学会第2回大会講演予稿集   2004年

  • DEVELOPMENT OF TOUCH SENSOR BASED ON GRINDING FLUID SPOUTING PHENOMENON

    FUJIWARA TAKANORI, TSUKAMOTO SHINYA, NISHII ATSUHIKO

    7th International Conference on Progress of Machining Technology   555 - 560   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • 地域共同研究センター支援組織の活動に関する考察(第1報)-活動の実績と問題点および活性化の試み-

    藤原貴典, 松浦啓克

    産学連携学会第2回大会講演予稿集   2004年

  • 研削加工における最新計測制御技術(24)-表面粗さ制御研削法-

    吉川満雄, 塚本真也, 大橋一仁, 藤原貴典

    機械の研究   Vol.56 No.9 p.993-1000   2004年

     詳細を見る

  • 研削加工における最新計測制御技術(25)-内面研削におけるテーパ誤差ゼロ制御法-

    大橋一仁, 塚本真也, 藤原貴典, 吉川満雄

    機械の研究   Vol.56 No.10 p.1098-1106   2004年

     詳細を見る

  • 研削加工における最新計測制御技術(22)-研削実験の意外なポイントと安全な実験のためのNG事例-

    大橋一仁, 塚本真也, 藤原貴典, 吉川満雄

    機械の研究   Vol.56,No.7,p. - .   2004年

     詳細を見る

  • 研削加工における最新計測制御技術(23)―ファジィ理論による知能的制御研削加工―

    塚本真也, 大橋一仁, 藤原貴典, 吉川満雄

    機械の研究   第56巻、第8号、p.890-898   2004年

     詳細を見る

  • 研削加工における最新計測制御技術(20)-研削液の冷却性能と潤滑性能の計測技術-

    塚本真也, 大橋一仁, 吉川満雄, 藤原貴典

    機械の研究   Vol.56,No.5,p.595-602   2004年

     詳細を見る

  • 研削加工における最新計測制御技術(21)-タッチセンシング技術-

    藤原貴典, 塚本真也, 大橋一仁, 吉川満雄

    機械の研究   Vol.56,No.6,688-696   2004年

     詳細を見る

  • Development of High Precision Contour Grinding Method under Consideration with both Curvature Radius Change of Workpiece and Thermal Deformation of Machine Structure

    Shinya TSUKAMOTO, Takanori FUJIWARA, Toshikatsu NAKAJIMA

    International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century   2003年

     詳細を見る

  • 研削加工における最新計測制御技術(15)―砥粒支持剛性の計測技術とその解析方法―

    塚本真也, 大橋一仁, 藤原貴典, 吉川満雄

    機械の研究(養賢堂)   第55巻・第12号   2003年

     詳細を見る

  • インターネットで提供される産学官連携支援情報について

    藤原貴典

    産学連携学会第1回大会講演予稿集   2003年

     詳細を見る

  • Analysis of the Cam Grinding Mechanism with a CNC Cam Grinder

    Takanori FUJIWARA, Shinya TSUKAMOTO

    Key Engineering Materials   2003年

     詳細を見る

  • 機械加工支援装置の紹介-動力計と機械熱変形補正センサの提案-

    藤原貴典

    産学連携学会第1回大会講演予稿集   2003年

     詳細を見る

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第1報)-工作物曲率変化と機械熱変形の影響-,

    中島利勝, 藤原貴典, 塚本真也, 谷由将和, 山田龍宙

    精密工学会誌   2001年

     詳細を見る

  • サイアロンの単粒研削に関する研究 査読

    中島利勝, 宇野義幸, 藤原貴典, 池尻篤則

    精密工学会誌   53 ( 8 )   1271 - 1276   1987年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2493/jjspe.53.1271

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 地域イノベーション創出の人材育成用教材の開発と創出モデル化

    産学連携学会第10回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 緑化ブロックの開発

    産学連携学会関西・中四国支部第2回研究・事例発表会  2010年 

     詳細を見る

  • 正面研削方式における研削抵抗分布の解析

    ABTEC2010砥粒加工学会学術講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 円筒研削加工用の実用型タッチセンサの開発

    ABTEC2010砥粒加工学会学術講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 学金連携システム研究会~目的とその活動~

    産学連携学会第8回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 産学連携による地域イノベーション創出-3(群馬大学の実用化事例から)

    産学連携学会第8回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 学金連携システム研究会~目的とその活動~

    産学連携学会第8回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山地域の産学金連携活動

    産学連携学会第8回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山コーディネータ連絡協議会の活動

    産学連携学会第8回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山地域の産学金連携活動

    産学連携学会第8回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山の地域特性を考慮した持続的な産学金連携体制の構築に関する考察

    第13回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山の地域と大学で進める産学官連携

    第2回産学官民コミュニティ全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • 2008年度大学発ベンチャー企業設立数 単年度日本一 8社設立の謎を追う-ベンチャー支援の取組状況とその課題-

    第20回国立大学法人共同研究センター長等会議・分科会A  2008年 

     詳細を見る

  • 2008年度産学連携アシスタントコーディネーター養成(第1回および第2回)

    平成20年度おかやま信用金庫養成塾  2008年 

     詳細を見る

  • 中国地域の大学が連携する-中国地域産学官連携コンソーシアム-

    おかやまコーディネータ連絡協議会シンポジウム  2008年 

     詳細を見る

  • 産学官連携の推進について

    関塾玉野産学官連携セミナー  2008年 

     詳細を見る

  • リエゾン活動における新展開-学金連携-

    第7回産学官連携推進会議、産学連携学会ワークショップ  2008年 

     詳細を見る

  • 産学官連携の推進について

    平成20年度トマト銀行渉外担当役席講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 産学官連携の推進について

    平成20年度トマト銀行渉外担当・推進委員会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 工作機械の熱変形による加工誤差低減方法の開発

    第12回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2008年 

     詳細を見る

  • 思考トレーニングの場としての社会人向けMOT研修

    教育シンポジウム(岡山県工学教育協議会、特色GP主催)  2008年 

     詳細を見る

  • 地元企業との産学連携進展に向けた親和力強化の試み

    第12岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2008年 

     詳細を見る

  • 産学連携のすすめ

    岡山県中小企業支援制度説明会  2008年 

     詳細を見る

  • 岡山大学における大学発ベンチャー企業の支援策

    中国地域ファンド研究会  2007年 

     詳細を見る

  • カップ型砥石による超硬材料の縦軸正面研削方式に関する研究

    (社)精密工学会2007年度秋季大会学術講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 砥石構造の差異による研削液噴出現象の相違とこの現象を利用したタッチセンサの開発

    (社)精密工学会2007年度秋季大会学術講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 広範囲な産学連携制度の現状と問題点

    第11回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2007年 

     詳細を見る

  • 地元金融機関のアシスタントコーディネーター養成について

    特定非営利活動法人産学連携学会 第5回山形大会  2007年 

     詳細を見る

  • ロール表面の交差研削方式による仕上げ加工

    第11回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2007年 

     詳細を見る

  • FUNDAMENTAL STUDY ON CROSS AXIS GRINDING METHOD

    Proceedings of the 10th International Research/Expert Conference "Trends in the Development of Machinery and Associated Technology" TMT2006  2006年 

     詳細を見る

  • Visual Simulation of Grinding Process

    2nd IPROMS Virtual International Conference on Intelligent Production Machines and Systems, http://conference.iproms.org/visual_simulation_of_grinding_processIPROMS2006  2006年 

     詳細を見る

  • 企業アンケートに見る岡山地域の産学官連携マインド

    産学連携学会第4回東京大会  2006年 

     詳細を見る

  • D社との包括契約

    産学連携学会第4回東京大会講演予稿集  2006年 

     詳細を見る

  • Analysis of the Grinding Mechanism with Wheel Head Oscillating Type CNC Crankshaft Pin Grinder

    2nd International Meeting of Abrasion  2006年 

     詳細を見る

  • 3D Simulation of Surface Generation in Grinding

    9th CIRP International Workshop on Modeling of machining Operation (2006)  2006年 

     詳細を見る

  • 産学官連携支援情報の発信-ワンストップを実現するために-

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2005年 

     詳細を見る

  • 地域の企業技術者を対象とする振動技術の体系的リカレント教育の試み

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2005年 

     詳細を見る

  • ロール研究会の紹介

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2005年 

     詳細を見る

  • カムおよびクランクシャフト・ピンの研削機構解析と高精度研削加工法の提案

    第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2005年 

     詳細を見る

  • Analysis of the Grinding Mechanism with Wheel Head Oscillating Type CNC Crankshaft Pin Grinder

    The 8th International Symposium on Advances in Abrasive Technology  2005年 

     詳細を見る

  • 交差研削方式によるロール表面粗さ改善に関する研究

    日本機械学会2005年度年次大会  2005年 

     詳細を見る

  • 地域企業技術者リカレント教育の取組み

    産学連携学会第3回徳島大会  2005年 

     詳細を見る

  • 岡山県の産学官連携を推進する協働16事業について

    産学連携学会第3回徳島大会  2005年 

     詳細を見る

  • わかりやすい研究シーズ発信方法-研究シーズ集作成のアプローチ例-

    産学連携学会第3回徳島大会講演予稿集 2005.5.26-27 p.23-24  2005年 

     詳細を見る

  • 100社訪問キャラバン隊事業に見られる岡山県下の産学官連携の実態と課題

    産学連携学会第3回徳島大会  2005年 

     詳細を見る

  • Development of Touch Sensor Based on Grinding Fluid Spouting Phenomenon

    The 7th International Conference on Progress of Machining Technology  2004年 

     詳細を見る

  • 地域共同研究センター支援組織の活動に関する考察(第2報)―ロール製作技術研究会活動―

    産学連携学会・第2回大会  2004年 

     詳細を見る

  • CNCクランクシャフトピン研削機構の解析

    日本機械学会2004年度年次大会  2004年 

     詳細を見る

  • 国立大学における産学官連携活動について

    第8回岡山リサーチパーク合同研究発表会  2004年 

     詳細を見る

  • 地域共同研究センター支援組織の活動に関する考察(第1報)―活動の実績と問題点および活性化の試み―

    産学連携学会・第2回大会  2004年 

     詳細を見る

  • Analysis of the Cam Grinding Mechanism with a CNC Cam Grinder

    6th International Symposium on Advances in Abrasive Technology  2003年 

     詳細を見る

  • 機械加工支援装置の紹介-動力計と機械熱変形補正センサの提案-

    産学連携学会第1回大会  2003年 

     詳細を見る

  • Development of High Precision Contour Grinding Method under Consideration with both Curvature Radius Change of Workpiece and Thermal Deformation of Machine Structure

    2nd International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century  2003年 

     詳細を見る

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第3報)―ボールエンド砥石の研削抵抗分布の解析―

    2003年度精密工学会春季大会学術講演会  2003年 

     詳細を見る

  • インターネットで提供される産学官連携支援情報について

    産学連携学会第1回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 国立大学における産学官連携活動について

    第8回岡山リサーチパーク合同研究発表会  2003年 

     詳細を見る

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第2報)―ボールエンド砥石の研削抵抗発生機構と幾何学的切りくず形状の解析―

    精密工学会・2002年度関西地方定期学術講演会  2002年 

     詳細を見る

  • 高精度輪郭研削加工の研究(第1報)-工作物曲率変化と機械熱変形の影響-

    2000年度精密工学会春季大会学術講演会  2000年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 論文賞

    2021年6月   NPO法人産学連携学会   国立大学法人19大学における共同研究の実施状況の解明に関する実証的研究

    北村寿宏, 藤原貴典, 川崎一正, 竹下哲史, 内島典子,秋丸國廣

     詳細を見る

  • 功労賞

    2014年6月   NPO法人産学連携学会   学金連携システム研究会代表(岡山大学)の顕著な活動に対して

    学金連携システム研究会

     詳細を見る

  • 特別賞

    2013年6月   NPO法人産学連携学会   産学連携学会の活動に対し、特に顕著な業績等を残し記録にとどめるべき者を対象に表彰

    藤原貴典・岡山大学

     詳細を見る

  • 功労賞

    2013年6月   NPO法人産学連携学会   関西・中四国支部幹事(岡山大学)の顕著な活動に対して

    関西・中四国支部幹事

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 炭素繊維強化プラスチックの高能率・高品質ドライ研削加工技術の開発研究

    研究課題/領域番号:17K06080  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大橋 一仁, 児玉 紘幸, 藤原 貴典, 大西 孝

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究では,炭素繊維強化プラスチックをダイヤモンド砥石でドライ研削すると同時に砥石表面にドライアイスジェットを作用させることによって,研削に伴う砥石の目づまりが抑制され,通常のドライ研削よりも砥石寿命が向上し,研削面品質も良好になることを実験的に明らかにした.さらに,湿式研削では,研削面の炭素繊維に微細な破砕が生じることが確認された.

    researchmap

  • 切削に匹敵する大切込みと目詰まり防止を特徴とする超硬研削用カップ型砥石の開発

    研究課題/領域番号:26420051  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤原 貴典, 大橋 一仁, 塚本 眞也, 大西 孝

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    超硬を工作物として,砥粒の冷却性に優れる電着ダイヤモンド砥石を用いて,正面研削加工を行う場合の研削過程を,研削抵抗,圧力の次元を持つ研削抵抗分布,砥石作用面性状観察,付着物のEPMA分析,仕上げ面粗さ測定などを解析することにより,大切込み研削が可能な砥石設計に資する情報を実験的に得た。
    その結果,送り速度一定で設定砥石切込み量を大きくすると定常状態が発現せず,砥石底面コーナーRと平坦部の境界近くの平坦部に切りくずが付着すること,抵抗分布はピーク値が低減すると同時に幅がブロードになることが明らかになった。砥石切込み量を一定にして砥石送り速度を変化させた場合も同様である。新型砥石を2種試作した。

    researchmap

  • 地域イノベーション創出に向けた地方大学における産学共同研究の実状解明の実証的研究

    研究課題/領域番号:26380647  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    北村 寿宏, 内島 典子, 藤原 貴典, 竹下 哲史, 川崎 一正

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    地域イノベーションの核となる地域の産学連携の状況を明らかにする目的で,新潟,岡山,島根,長崎の大学をはじめ合計19の国立大学について,共同研究の実施状況の調査・分析を行った.7大学で2004~2013年度の10年間,12大学で2009~2013年度の5年間について共同研究の実施状況を明らかにし比較した.その結果,多くの大学では,関東地方の企業との共同研究を増加させる一方で,大学所在地県の企業との共同研究を増加させられない傾向にあることを明らかにした.当該地域の大学と企業との共同研究が活発になっていないことを示しており,地域イノベーションの創出促進の観点からは大きな問題であることを示唆している.

    researchmap

  • 地域密着型金融政策がもたらす地域イノベーションシステムに関する研究

    研究課題/領域番号:26512001  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小野 浩幸, 藤原 貴典, 川名 優孝, 伊藤 正実, 川崎 一正, 木村 雅和, 北村 寿宏, 加藤 博良, 武田 哲, 高屋 聡

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    地域密着型金融政策導入に伴って日本の各地域で取り組まれている地域金融機関の経営支援等活動に着目した。特に、大学等と金融機関との間のネットワーク形成の状況を定量的に把握し、ネットワーク形態の分析とそのもたらす影響を調査した。その結果、同一都道府県地域にある金融機関と大学等の半数近くがネットワークを形成していること、そのネットワークは複雑系にいたるまでには未だ成長していないこと、ネットワーク形成が金融機関職員の意識や融資判断に影響を及ぼしうることを明らかにした。

    researchmap

  • 地域イノベーション創出の人材育成用教材の開発と創出のモデル化

    研究課題/領域番号:21300292  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    北村 寿宏, 伊藤 正実, 川崎 一正, 藤原 貴典, 丹生 晃隆

      詳細を見る

    配分額:7280000円 ( 直接経費:5600000円 、 間接経費:1680000円 )

    地域におけるイノベーションの創出にはそれを担う人材育成と支える体制や仕組み作りが急務の課題である現状を踏まえ,本研究では次の4つの項目について研究を行った.(1)地域における産学連携やイノベーションの実状を明らかにする,(2)各地域における産学連携により実用化した事例を調査し,それを整理・解析し,事例の解析結果に基づき,(3)ケーススタディ用の教材を開発すると共に,(4)地域イノベーションの創出を支える体制や仕組みの検討を行った.

    researchmap

  • キャビテーションを利用した3次元屈曲穴内面の超精密表面改質吸引研磨加工法の開発

    研究課題/領域番号:15560097  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大橋 一仁, 塚本 真也, 藤原 貴典

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    平面に対する遊離砥粒を混入した加工液の吸引キャビテーション流による基本的加工特性について,昨年度に得られた知見を基に,本年度はまず直管の内面を精密加工する技術の開発に取り組んだ。ガラス直管の片端からポンプで吸引することによって管内に遊離砥粒(WA4000)を混入した加工液を流動させ,管の中心に所定径の鋼球(絞り)を設置することによって流路断面積を局部的に減少させ,キャビテーションを発生させた。遊離砥粒を混入しない水のみの流動による観察では,管内の鋼球の中央(管内壁と鋼球とのクリアランスが最小となる位置)から流れの後方にわたり顕著なキャビテーションの発生が認められた。遊離砥粒を混入した実験では,表面粗さの改善は確認されたものの,加工前のガラス管内面の形状精度が比較的低く,正確な加工量の特定は困難であった。なお,加工液の流動に伴って鋼球の指示部が振動し,キャビテーション流安定しないことが確認されており,絞りの指示方法について今後検討する必要がある。また,本加工法ではガラス材料に対して材料除去速度が極めて小さく,ナノメートルオーダの表面粗さが得られることから,ガラス基板表面への新しいマイクロファブリケーション技術としても利用することが考えられたため,ガラス基板表面にマスキングを施し,吸引キャビテーション流による加工実験を行った。その結果,ガラス表面に数百ミクロンの幅で深さサブミクロンの矩形断面溝を高い形状精度で形成することに成功した。また,マスクパターンによって二段溝や二段ディンプル形状などのマイクロ形状が得られることが確認された。

    researchmap

  • 異方超弾性材料の超精密切削加工に関する研究

    研究課題/領域番号:11650131  1999年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大橋 一仁, 藤原 貴典, 塚本 真也, 中島 利勝

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    昨年度の研究において確認されたAl-Mg合金を焼結ダイヤモンドバイトで超精密切削する場合の切削面の中央周辺部の凹形状発現現象をさらに詳細に解明し,極めて高い形状精度を有する超精密加工面を創成するための以下のような結果が得られた。超精密切削過程における切れ刃先端からバイトのシャンク部にかけての温度上昇量の変化過程を求め,各部の温度上昇量と切れ刃である焼結ダイヤモンドならびにシャンク部材である構造用炭素鋼の熱膨張係数から算出した工具先端の運動軌跡と超精密切削面形状はほぼ同様であり,表面の形状誤差は超精密切削過程における切削熱による切れ刃先端のZ軸方向への移動量に相当することが明らかになった。特に,切削点においては,切削開始直後に約130℃の温度上昇が発生し,その後工作物の中心に向かうに従って徐々に切削点温度は減少することが明らかになった。また,焼結ダイヤモンドバイトの剛性を求め,切れ刃への切削抵抗の作用による工具の弾性変形量を実験的に求めた。そこで,バイトの熱膨張量と弾性変形量を考慮して求めた切れ刃先端の運動軌跡と加工後の超精密切削面の形状ならびに位置を対比させ,超精密切削過程における工作物の熱膨張量は,およそ400nmであることが明らかになった。さらに,バイトの送り速度を変化させて超精密切削実験を行った結果,超精密切削面の形状精度に大きな差は認められないものの,バイトの熱膨張量が最大となる切削面の凹部の位置が送り速度の増加とともに工作物中心部に移行することが明らかになった。

    researchmap

  • 機能材料の超精密切削加工に関する研究

    研究課題/領域番号:09650140  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大橋 一仁, 藤原 貴典, 塚本 真也, 中島 利勝

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    磁気ディスクやポリゴンミラーなどの電子光学部品に多用されているAl-Mg合金を単結晶ダイヤモンドバイトで超精密切削する場合の仕上面あらさの創成機構を実験的に検討した。その結果,超精密切削面のあらさが理論あらさに比べて大きくなる要因として超精密切削面に現れる結晶粒界段差が揚げられることを確認した。そこで,超精密切削面に現れた粒界段差を構成する個々の結晶粒の面方位をECP(エレクトロ・チャンネリング・パターン)法を用いて特定し,段差を形成する個々の結晶粒の面方位と仕上面における結晶表面のレベルとの関係をステレオ三角形に対応させて求め,切れ刃の逃げ角が2,5,10,15゚のダイヤモンドバイトを用いて,逃げ角が仕上面あらさと粒界段差に及ぼす影響を検討した。その結果,逃げ角が比較的小さい場合はステレオ三角形の頂点として表される(111)面,(011)面及び(001)面から三角形中央の(124)面に近づくに従って結晶表面は高くなる傾向が顕著に現れることが明らかになった。しかし,逃げ角が大きい場合は同様な傾向が明瞭に確認できないことがわかった。また,逃げ角が小さくなるに従って切れ刃逃げ面が工作物表面を擦過するバニシ作用が強まるため,粒界段差は小さくなることが確認された。また,そのために切れ刃と工作物表面との接触面における比切削抵抗比(比切削主分力と比切削背分力との比)は逃げ角が小さくなると共に大きくなり,X線回折により求めた仕上面の残留応力は,小さい逃げ角のバイトで仕上げた表面ほど圧縮の残留応力が大きくなることが明らかになった。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 特許発明論 (2021年度) 後期  - 木7,木8

  • 特許発明論 (2020年度) 後期  - 木7,木8

 

メディア報道

  • 産学官金連携に注力する金融機関 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  24面  2014年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap