2021/11/15 更新

写真a

ヒライ ヨシヒコ
平井 儀彦
HIRAI Yoshihiko
所属
グローバル人材育成院 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • ダイズ

  • 耐塩性

  • 作物

  • イネ

研究分野

  • 環境・農学 / 作物生産科学

経歴

  • 岡山大学 グローバル人材育成院   教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   教授

    2019年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学 大学院環境生命科学研究科 准教授   The Graduate School of Environmental and Life Science

    2012年4月 - 2019年9月

      詳細を見る

  • オーストラリア植物ゲノム研究所   客員研究員

    2007年5月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学 大学院自然科学研究科 助教授   The Graduate School of Natural Science and Technology

    2005年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学農学部 助教授   Faculty of Agriculture

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学農学部 助手   Faculty of Agriculture

    1994年5月 - 2004年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 日本作物学会中国支部   庶務幹事  

    2018年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会中国支部   幹事  

    2018年10月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   和文誌編集委員会委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会   レビュー委員会委員  

    2010年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会   学会賞選考委員会幹事  

    2008年4月 - 2010年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会中国支部   編集委員  

    2006年10月 - 2018年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会   庶務幹事(B)  

    2004年4月 - 2006年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会中国支部   編集幹事  

    2000年10月 - 2006年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本作物学会   編集委員会B幹事  

    2000年4月 - 2002年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Cadmium uptake via apoplastic bypass flow in Oryza sativa 査読

    Izumi C. Mori, Carlos Raul Arias-Barreiro, Lia Ooi, Nam-Hee Lee, Muhammad Abdus Sobahan, Yoshimasa Nakamura, Yoshihiko Hirai, Yoshiyuki Murata

    JOURNAL OF PLANT RESEARCH   134 ( 5 )   1139 - 1148   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    It is known that rice roots take up cadmium (Cd) via the symplastic route mediated by membrane-bound mineral transporters. Here we provide evidence that apoplastic bypass flow is another Cd uptake route in rice. High concentrations of Cd rendered apoplastic bypass flow rate increased in rice seedlings. These concentrations of Cd compromised membrane integrity in the root meristem and transition zone. Polyethleneglycol and proline inhibited the Cd-induced apoplastic bypass flow and Cd transfer to the shoots. Loss-of-function mutant of the Cd uptake transporter, nramp5, showed Cd transport to the shoot comparable to the wild type. At a low Cd concentration, increased apoplastic bypass flow rate by NaCl stress resulted in an elevation of Cd transport to shoots both in the wildtype and nramp5. These observations indicate that apoplastic bypass flow in roots carries Cd transport leading to xylem loading of Cd in addition to the symplastic pathway mediated by mineral transporters under stressed conditions.

    DOI: 10.1007/s10265-021-01319-y

    Web of Science

    researchmap

  • Identification and Validation of QTLs for Yield and Yield Components under Long-Term Salt Stress Using IR64 CSSLs in the Genetic Background of Koshihikari and Their Backcross Progenies 査読

    Nguyen Sao Mai, Dao Duy Hanh, Mai Nakashima, Kotaro Kumamoto, Nguyen Thi Thu Thuy, Tohru Kobata, Kuniyuki Saitoh, Yoshihiko Hirai

    AGRICULTURE-BASEL   11 ( 8 )   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    Unraveling the complex genetic bases and mechanisms underlying salt tolerance is of great importance for developing salt-tolerant varieties. In this study, we evaluated 42 chromosome segment substitution lines (CSSLs) carrying chromosome segments from IR64 on the genetic background of Koshihikari under salt stress. Two CSSLs, SL2007 and SL2038, produced higher plant dry weight and grain yield than did Koshihikari under the stress condition. These CSSLs also showed lower Na+ and Cl- accumulation in the leaf and whole plant at the full heading stage, which might be related to the higher grain yield and yield components. To understand the genetic control of its grain yield and yield components, a SL2007/Koshihikari F-2 population was generated for quantitative trait locus (QTL) analysis. Six QTLs for grain yield and yield-related traits were detected on chromosome 2. Using near-isogenic lines (NILs) from a SL2007/Koshihikari F-5 population, qSTGY2.2 was delimited to a 2.5 Mb region and novel qSTPN2 was delimited to a 0.6 Mb region. We also detected a novel QTL, qSTGF2, for grain filling, which was considered an important contributor to grain yield under salt stress in this CSSL. Our results provide insights into mechanisms conferring grain yield under salinity stress and new genetic resources for cloning and breeding.

    DOI: 10.3390/agriculture11080777

    Web of Science

    researchmap

  • Identification and characterization of chromosome regions associated with salinity tolerance in rice. 査読

    Thuy N.T.T, Tokuyasu M, Mai N.S, Hirai Y

    Journal of Agricultural Science   10 ( 11 )   57 - 68   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cl− more detrimental than Na+ in rice under long-term saline conditions. 査読

    Dao H.D, Hirai Y

    Journal of Agricultural Science   10 ( 10 )   66 - 75   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 塩分布の異なる土壌における灌漑方法と苗齢の違いがイネの生育と収量に及ぼす影響 査読

    掛橋孝洋, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   85 ( 2 )   115 - 121   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.85.115

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Good and bad protons: genetic aspects of acidity stress responses in plants 査読

    Yuri Shavrukov, Yoshihiko Hirai

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY   67 ( 1 )   15 - 30   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Physiological aspects of acidity stress in plants (synonymous with H+ rhizotoxicity or low-pH stress) have long been a focus of research, in particular with respect to acidic soils where aluminium and H+ rhizotoxicities often co-occur. However, toxic H+ and Al3+ elicit different response mechanisms in plants, and it is important to consider their effects separately. The primary aim of this review was to provide the current state of knowledge regarding the genetics of the specific reactions to low-pH stress in growing plants. A comparison of the results gleaned from quantitative trait loci analysis and global transcriptome profiling of plants in response to high proton concentrations revealed a two-stage genetic response: (i) in the short-term, proton pump H+-ATPases present the first barrier in root cells, allocating an excess of H+ into either the apoplast or vacuole; the ensuing defence signaling system involves auxin, salicylic acid, and methyl jasmonate, which subsequently initiate expression of STOP and DREB transcription factors as well as chaperone ROF; (2) the long-term response includes other genes, such as alternative oxidase and type II NAD(P) H dehydrogenase, which act to detoxify dangerous reactive oxygen species in mitochondria, and help plants better manage the stress. A range of transporter genes including those for nitrate (NTR1), malate (ALMT1), and heavy metals are often up-regulated by H+ rhizotoxicity. Expansins, cell-wall-related genes, the.-aminobutyric acid shunt and biochemical pH-stat genes also reflect changes in cell metabolism and biochemistry in acidic conditions. However, the genetics underlying the acidity stress response of plants is complicated and only fragmentally understood.

    DOI: 10.1093/jxb/erv437

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 作物の呼吸測定の進展 査読

    平井儀彦

    日本作物学会紀事   84 ( 2 )   224 - 229   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.84.224

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 土壌の塩濃度と量の違いがイネの水利用と乾物生産に及ぼす影響 査読

    哈布日, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   83 ( 1 )   32 - 38   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.83.32

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effects of Exogenous Proline and Glycinebetaine on the Salt Tolerance of Rice Cultivars 査読

    Muhammad Abdus Sobahan, Nasima Akter, Misao Ohno, Eiji Okuma, Yoshihiko Hirai, Izumi C. Mori, Yoshimasa Nakamura, Yoshiyuki Murata

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   76 ( 8 )   1568 - 1570   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Salinity significantly increased trisodium-8-hydroxy-1,3,6-pyrenetrisulphonic acid (PTS) uptake and decreased the K+/Na+ ratio in salt-sensitive rice (Nipponbare) but did not markedly in salt-tolerant rice (Pokkali). Proline and glycinebetaine (betaine) suppressed the increase in PTS uptake and the decrease in the K+/Na+ ratio in Nipponbare, but did not affect PTS uptake or the K+/Na+ ratio in Pokkali.

    DOI: 10.1271/bbb.120233

    Web of Science

    researchmap

  • 土壌水分が限られた塩土壌におけるコムギとオオムギの水利用 査読

    哈布日, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   81 ( 1 )   64 - 70   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.81.64

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 開花期の追肥と登熟期の環境条件が異なる形状の ダイズ裂皮粒発生に及ぼす影響 査読

    平井儀彦, 津島洋, 津田誠

    日本作物学会紀事   80 ( 2 )   183 - 189   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.80.183

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 土壌の違いが種間雑種NERICA系統の塩条件下におけるNa蓄積におよぼす影響 査読

    曽根千晴, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   80 ( 3 )   333 - 340   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.80.333

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effects of Top Dressing on Growth and Panicle Dry Weight as Affected by Soil Water Stress at the Early Panicle-Development Stage in Rice (Oryza sativa L.) 査読

    Makoto Tsuda, Masako Endo, Yoshihiko Hirai

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   13 ( 1 )   37 - 44   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    Rice yield is reduced by a short period of water stress at the early panicle-development stage. This study was conducted to examine the factors that reduce the panicle dry weight of rice subjected to water stress and the alleviating effects of top dressing after the stress. Akihikari, Nipponbare and Akebono were grown in 4-L pots under submerged soil conditions. One half of the pots were subjected to the same degree of water stress during panicle development and the other half was grown without water stress. On the day after the stress treatment, chemical fertilizer was applied to one half of each water treatment. Panicle dry weight at maturity was decreased by water stress and the top dressing after the stress alleviated the decrease. The top dressing increased panicle dry weight under the two water treatments in all three cultivars. Increase of panicle dry weight was dependent on that of total dry weight from drainage to full heading, from full heading to maturity, and from drainage to maturity: Leaf area duration (LAD) and net assimilation rate (NAR) were responsible for changes in total dry weight. Effect of water stress was prominent before full heading, while that of top dressing after full heading. It was concluded that reduction of LAD and NAR may be involved in reduction of panicle dry weight by water stress at the early panicle-development stage, and that top dressing after the water stress may mitigate the effect of water stress on panicle dry weight through the improvement of LAD and NAP.

    DOI: 10.1626/pps.13.37

    Web of Science

    researchmap

  • イネの穂の乾物増加と穂への炭水化物の転流に関わる呼吸効率の品種間差異 査読

    平井儀彦, 沼健太郎, 中井清裕, 津田誠

    日本作物学会紀事   79 ( 1 )   53 - 61   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.79.53

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アジアイネ(O.sativa L.)とアフリカイネ(O.glaberrima Steud.)の種間交雑品種NERICA1の耐塩性 査読

    曽根千晴, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   79 ( 2 )   184 - 191   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.79.184

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Exogenous Proline and Glycinebetaine Suppress Apoplastic Flow to Reduce Na+ Uptake in Rice Seedlings 査読

    Muhammad Abdus Sobahan, Carlos Raul Arias, Eiji Okuma, Yasuaki Shimoishi, Yoshimasa Nakamura, Yoshihiko Hirai, Izumi C. Mori, Yoshiyuki Murata

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   73 ( 9 )   2037 - 2042   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    The application of exogenous proline and glycinebetaine (betaine) confers salt tolerance on plants under salt stress. The effects of exogenous proline and betaine on apoplastic How in rice plants under saline conditions were investigated using trisodium-8-hydroxy-1,3,6-pyrenetrisulphonic acid (PTS), an apoplastic tracer. Rice plants took up more PTS under light conditions than under dark conditions. Salt stress increased PTS uptake and Na+ content of rice leaves, but did not affect K+ content, resulting in a lower K+/Na+ ratio. Addition of proline or betaine to the saline medium suppressed Na+-induced PTS uptake and Na+ accumulation, while the K+ content was slightly increased, which led to a high K+/Na+ ratio under saline conditions. These results suggest that exogenous proline and betaine suppressed Na+-enhanced apoplastic flow to reduce Na+ uptake in rice plants.

    DOI: 10.1271/bbb.90244

    Web of Science

    researchmap

  • 塩土壌における幼穂形成期の水ストレスに対するイネの感受性の増加 査読

    WANG Jungang, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   76 ( 4 )   540 - 547   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.76.540

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Response of leaf temperature to soil water deficit in cashew (Anacardium occidentale L.) Seedlings. 査読

    Pitono, Joko, Tsuda, Makoto, Yoshihiko Hirai

    Japan Journal of Tropical Agriculture   49   126 - 131   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.49.126

    researchmap

  • Effect of shading on xylem vulnerability to dysfunction at the nursery stage in cashew (Anacardium occidentale L.) 査読

    Pitono, Joko, Tsuda, Makoto, Yoshihiko Hirai

    Japan Journal of Tropical Agriculture   48   149 - 155   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.48.149

    researchmap

  • Relationship between xylem hydraulic properties and panicle characters in paddy and upland rice (Oryza sativa L.) Genotypes. 査読

    Tsuda, M, Takahashi, Y, Hirai, Y

    Japan Journal of Tropical Agriculture   48   131 - 136   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.48.131

    researchmap

  • 登熟期の気温がイネの暗呼吸と乾物生産に及ぼす影響‐播種期を異にしたポット栽培での比較‐ 査読

    平井儀彦, 山田稔, 津田誠

    日本作物学会紀事   72 ( 4 )   436 - 442   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.72.436

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 籾切除がイネの暗呼吸と乾物生産に及ぼす影響 査読

    平井儀彦, 児嶋良夫, 沼健太郎, 津田誠

    日本作物学会紀事   72 ( 2 )   185 - 191   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.72.185

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 植物成長調節物質の葉面散布が塩水湛水条件におけるイネの1穂穎花数に及ぼす影響 査読

    横山知紗, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会紀事   71 ( 3 )   376 - 382   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.71.376

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 栄養生長期におけるイネの維持呼吸速度の品種間差異が乾物生産に及ぼす影響 査読

    平井儀彦, 津田誠, 江内田篤

    日本作物学会紀事   71 ( 1 )   110 - 115   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.71.110

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ナトリウムイオン集積に対するイネ切断葉の光合成反応からみた耐塩性の評価 査読

    槙原大悟, 平井儀彦, 津田誠, 岡本憲治

    日本作物学会紀事   70 ( 1 )   78 - 83   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.70.78

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 登熟期のイネに与えられた塩水潅がいが玄米の乾物増加に及ぼす影響 査読

    槙原大悟, 津田誠, 平井儀彦, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   70 ( 1 )   71 - 77   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.70.71

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Plant water relation and silicon concentration in two rice varieties differing in salinity tolerance. 査読

    Takatsuka, M, Makihara, D, Tsuda, M, Hirai, Y, Takamura, T

    Japan Journal of Tropical Agriculture   45   259 - 265   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.45.259

    researchmap

  • Relationship between spikelet number and dry matter production under saline soil and low solar radiation conditions in two rice (Oryza sativa L.) varieties. 査読

    Tsuda, M, Yokoyama, M, Makihara, D, Hirai, Y

    Japan Journal of Tropical Agriculture   2001   192 - 198   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.45.192

    researchmap

  • The involvement of silicon deposition in salinity-induced white head in rice (Oryza sativa L.). 査読

    Tsuda, M, Morita, M, Makihara, D, Hirai, Y

    Plant Production Science   3   328 - 334   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/pps.3.328

    researchmap

  • 生殖生長期の異なる生育時期における塩水潅がいによるイネの収量低下 査読

    槙原大悟, 津田誠, 平井儀彦, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   68 ( 4 )   487 - 494   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.68.487

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effect of salinity on the growth and development of rice (Oryza sativa L.) varieties. 査読

    Makihara, D, Tsuda, M, Morita, M, Hirai, Y, Kuroda, T

    Japan Journal of Tropical Agriculture   43   285 - 294   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.43.285

    researchmap

  • 過湿土壌条件下におけるソバの生育と根の形態変化 査読

    平井 儀彦, 井上 美由紀, 橋本 珠枝, 津田 誠

    日本作物学会中国支部研究集録   40 ( 0 )   1 - 7   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会中国支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • Recovery of xylem hydraulic conductivity in rice (Oryza sativa L.) after drought. 査読

    Tsuda, M, Takahashi, Y, Yabe, K, Hirai, Y

    Japan Journal of Tropical Agriculture   42   182 - 184   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.42.182

    researchmap

  • Growth respiration in rice organs as affected by nitrogen content 査読

    Y Hirai, H Ehara, M Tsuchiya

    JAPANESE JOURNAL OF CROP SCIENCE   66 ( 4 )   640 - 646   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    The relationship between growth respiration and nitrogen content in rice organs was investigated. Top and root CO(2) exchange rates were continuously measured for 5-6 days under different nutrient concentrations by lowering the light intensity with each passing day. There were significant positive correlations between the growth respiration rate in the top (Rgt) and dry matter increase in the top, and between the growth respiration rate in the root (Rgt) and dry matter increase in the root. Though, there were significant positive correlations between Rgt and leaf area expansion, and leaf dry matter increase, no significant relationship was found between Rgt and dry matter in leaf sheath. The growth respiration rate in each plant part was closely related to the dry matter increase and nitrogen increase. The nitrogen content of the leaf blade was higher than that of the leaf sheath. This suggests that growth respiration in the top is utilized more for the growth of leaf blade than that of leaf sheath. Moreover, the ranges of growth coefficient in the whole plant, top and root were from 0.56 to 1.26, 0.44 to 1.11, and 0.60 to 1.11 g g(-1), respectively, under different nutrient conditions. The growth coefficient of each part increased as the result of nitrogen content in new biomass. The growth coefficient in the root was higher than that in the top when compared at the same value of the ratio of the increase in nitrogen. The slope of linear regression in the root was higher than that in the top. In this paper, it was determined quantitatively the relationship between nitrogen increase and growth coefficient in rice organs.

    DOI: 10.1626/jcs.66.640

    Web of Science

    researchmap

  • 音刺激によるダイズおよびキュウリの葉面電位の変化 査読

    土屋 幹夫, 吉長 健嗣, 熊野 誠一, 平井 儀彦

    日本作物学会中国支部研究集録   36 ( 0 )   19 - 25   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会中国支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 根部呼吸速度を赤外線ガス分析計で連続測定可能な個体用同化箱の製作 査読

    土屋 幹夫, 平井 儀彦

    日本作物学会中国支部研究集録   34 ( 0 )   8 - 15   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会中国支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 培養液濃度の違いによるイネ幼苗の葉身形態変化の品種間差異 査読

    江原宏, 土屋幹夫, 平井儀彦, 小合龍夫

    日本作物学会紀事   61 ( 1 )   10 - 15   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.61.10

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 作物学(今井勝・平沢正編)

    平井儀彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 56-58)

    文永堂出版  2013年 

     詳細を見る

  • 基礎演習産業生物科学,教科書編集委員会編

    平井儀彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 73, 149)

    岡山大学出版会  2009年 

     詳細を見る

  • ファイテク How to みる・きく・はかる−植物環境計測−,ファイトテクノロジー研究会編

    平井儀彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 169)

    養賢堂  2002年 

     詳細を見る

  • 有機廃棄物資源化大事典,有機質資源化推進会議編

    千葉喬三, 土屋幹夫, 嶋一徹, 平井儀彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 440-445)

    農文協  1997年 

     詳細を見る

MISC

  • QTL MAPPING FOR SALT TOLERANCE AT REPRODUCTIVE STAGE IN RICE: A MINIREVIEW

    Sao MAI Nguyen, HIRAI Yoshihiko

    Journal of Environmental Science for Sustainable Society   10   MR08_p31 - MR08_p34   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:岡山大学大学院環境生命科学研究科  

    <p>   Salt stress is one of the major abiotic stresses limiting rice production worldwide. Since the expansion of saline soil continues, there is a need to develop salt-tolerant rice varieties with high yields to ensure food security. Detecting quantitative trait loci (QTLs) for salt tolerance contributes greatly to breeding; however, limited studies have reported on the reproductive stage due to time-consuming and laborious processes. This review on QTL mapping for salt tolerance at the reproductive stage in rice shows that almost all QTLs explain small phenotypic variations scattered over the genome. Still, several QTLs were mapped in the same region on chromosomes 1, 2, and 6. The pyramiding of such QTLs is expected to improve tolerance and yield in elite varieties.</p>

    DOI: 10.3107/jesss.10.MR08

    CiNii Article

    researchmap

  • The effects of phoshorus application on salinity tolerance under different fertiility upland conditions in interspecific rice cultivar NERIKA 1

    Toru HONDA, Makoto TSUDA, Yoshihiko HIRAI

    Proceedingd of 8th Asian crop science association conference   127 - 133   2016年

     詳細を見る

  • 土壌上層の低塩分濃度が耐塩性の異なるイネ品種の生育収量に及ぼす影響

    津田 誠, 横川 茉梨絵, 平井 儀彦

    日本作物學會紀事   82   82 - 83   2013年9月

     詳細を見る

  • 土壌上層の低塩分濃度が耐塩性の異なるイネ品種の生育収量に及ぼす影響(一般講演,日本作物学会中国支部講演会)

    津田 誠, 横川 茉梨絵, 平井 儀彦

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 53 )   45 - 46   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 土壌水分欠乏によるイネの白穂発生と部位別水分状態の関係

    古城 浩司, 津田 誠, 平井 儀彦

    日本作物學會紀事   82   138 - 139   2013年3月

     詳細を見る

  • 海水施用が早晩性の異なるイネの生育と収量におよぼす影響(一般講演,日本作物学会中国支部講演会)

    津田 誠, 矢野 亜純, 平井 儀彦

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 52 )   47 - 48   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 根損傷の軽減が塩土壌における移植イネの生育と乾物重におよぼす影響

    津田誠, 上田裕紀枝, 平井儀彦

    岡山大学農学部学術報告(Web)   101   7-12 (WEB ONLY)   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • N, PおよびKの施与が塩条件下のNERICA 1の乾物生産および栄養素吸収に及ぼす影響

    曽根 千晴, 坂東 正章, 津田 誠, 平井 儀彦

    日本作物學會紀事   78   148 - 149   2009年9月

     詳細を見る

  • 92 水耕および土耕栽培におけるリン欠塩条件に対するNERICAイネの反応(環境ストレス,日本作物学会第226回講演会)

    曽根 千晴, 津田 誠, 平井 儀彦

    日本作物學會紀事   77 ( 2 )   184 - 185   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Reduction of dry matter production related to electrical conductivity of stagnant water in rice subjected to salt stress

    Makoto Tsuda, Yoshihiko Hirai

    岡山大学農学部学術報告   ( 96号 )   49 - 54   2007年

     詳細を見る

  • 塩条件下で発生するイネ(Oryza sativa L.)高節位分げつの成長とナトリウム蓄積

    曽根千晴, 津田誠, 平井儀彦

    岡山大学農学部学術報告   95   41 - 47   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 14 ネリカ稲は塩水湛水条件下で茎へのNa蓄積が少ない

    曽根 千晴, 津田 誠, 山岸 勝, 平井 健彦

    日本作物學會紀事   73 ( 2 )   28 - 29   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 酸素同位体分別を利用したイネ葉身におけるシアン耐性呼吸の測定

    平井儀彦, 正木孝幸, 三好真, 山田稔, 斎藤武範, 中井清裕, 津田誠

    岡山大学農学部学術報告   92   47 - 52   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Xylem vulnerability to dysfunction in Indonesian cashew (Anacardium occidentale L.) strains

    Pitono, J, Tsuda, M, Hirai, Y

    Japanese Jouranal of Tropical Agriculture   2002年

     詳細を見る

  • イネの根におけるナトリウムイオン排除率と蒸散量の変化が地上部ナトリウム含有率に及ぼす影響

    槙原大悟, 津田誠, 平井儀彦

    岡山大学農学部学術報告   89   31 - 37   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 作物生理の動態解析に関する研究

    平井儀彦

    岡山大学農学部学術報告   85   109 - 113   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Cl− More Detrimental Than Na+ in Salt-stressed Rice.

    Hirai Y, Dao H.D, Kuroda M, Hirai K

    The 10th ACSA CONFERENCE  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月8日 - 2021年9月10日

    researchmap

  • インド型イネ品種IR64の遺伝的背景を有する染色体断片系統群における地表根発生と光との関係

    冨田 朝美, 齊藤 大樹, 福田 善通, 平井 儀彦, 齊藤 邦行, 小葉田 亨

    第251回日本作物学会講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月29日 - 2021年3月30日

    researchmap

  • コシヒカリ/Nona Bokra染色体断片置換系統とコシヒカリの交配後代を用いた長期塩条件下での耐塩性に関わるQTLの解析

    前岡洸希, 坂田悠貴, 平井儀彦

    日本作物学会第249回講演会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月26日 - 2020年3月27日

    researchmap

  • 異なる塩類処理がイネの生育と子実生産に及ぼす影響

    平井 儀彦, Hanh Duy Dao, 前岡 洸希, Mai Nguyen Sao

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月25日 - 2019年9月26日

    researchmap

  • コムギとオオムギの耐塩性の種間差および品種間差に関わる要因の解析

    上野 綾華, Hanh Duy Dao, 小葉田 亨, 齊藤 邦行, 平井 儀彦

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月25日 - 2019年9月26日

    researchmap

  • QTL analysis of grain productivity in rice under long-term salt stress using a Koshihikari/IR64 chromosome segment substitution line and its backcross progeny populations

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月25日 - 2019年9月26日

    researchmap

  • QTL analysis for salt tolerance in rice under long-term salt stress using Koshihikari/IR64 chromosome segment substitution lines and backcross progeny F2 population.

    日本作物学会第247回講演会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月28日 - 2019年3月29日

    researchmap

  • 異なる塩濃度条件がイネ New Plant Type 品種の染色体断片を有する系統の穂数および有効茎歩合に与える影響

    水田葉月, 秋元唯, 平井儀彦, 齊藤邦行, 冨田朝美

    日本作物学会第252回講演会  2021年9月10日 

     詳細を見る

  • 塩条件下での栽植密度と施肥量の違いがイネの生育と収量に及ぼす影響

    岡聡一朗, 平井儀彦

    日本作物学会中国支部講演会58  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土壌塩分ストレス条件下における栽植密度がイネ収量に及ぼす影響

    岡聡一朗, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会第244回講演会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Identification and characterization of chromosome regions associated with salt tolerance in rice under long-term salt stress using chromosome segment substitution lines derived from Koshihikari and Nona Bokra

    Thuy N.T.T, Tokuyasu M, Tsuda M, Hirai Y

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 土壌塩分処理が土壌塩分ストレスがイネの分げつ数に及ぼす影響

    安藤裕二, 平井儀彦, 津田誠

    日本作物学会中国支部講演会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リン欠乏および塩の複合ストレスがNERICA品種の根の生育と耐塩性に及ぼす影響

    曽根千晴, 平井儀彦, 津田誠

    根の研究集会  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 耐塩性の異なるイネ品種の生育と葉の枯死に及ぼすCl-の影響

    平井儀彦, 黒田真央, 津田誠

    日本作物学会第239回講演会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 移植苗の根損傷が塩土壌における耐塩性が異なるイネ品種の生育収量に及ぼす影響

    津田誠, 岸元那津実, 平井儀彦

    日本作物学会第239回講演会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Combination effects of salinity and pH in rice.

    Hirai K, Hirai Y, Togami K, Tsuda M

    The 8th ACSA CONFERENCE  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ダイズ品種サチユタカの幼根周辺に発生する裂皮と子実形態との関係

    玉井康平, 平井儀彦, 速見昌親, 津田誠

    日本作物学会第238回講演会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Varietal Difference of the Seed Coat Cracking of Soybean in Response to High Temperature Treatment during Seed-Filling

    Hirai Y, Tsushima H, Matsumoto N, Hayami M, Tsuda M

    The 8th ACSA CONFERENCE  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 土壌塩類の違いが耐塩性の異なるイネ品種の生育と収量に及ぼす影響

    盛岡絢子, 平井儀彦, 津田誠

    日本作物学会第238回講演会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 基肥の違いがダイズ裂皮粒発生に及ぼす影響

    平井儀彦, 速見昌親, 玉井康平, 津田誠

    日本作物学会第238回講演会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The effects of phosphate application on salinity tolerance under different fertility upland conditions in interspecific rice cultivar NERICA1.

    Honda T, Tsuda M, Hirai Y

    The 8th ACSA CONFERENCE  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of different salts on growth and yield of wheat and barley.Effects of different salts on growth and yield of wheat and barley.

    Dao Duy Hanh, Hirai Y, Tsuda M

    The 8th ACSA CONFERENCE  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The varietal differences in use of water stored in saline soils in rice.

    Tsuda M, Haburi, Hirai Y

    The 8th ACSA CONFERENCE  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of NaCl and KCl on Growth and Yield of Rice Varieties Differing in Salinity Tolerance.

    Morioka A, Hirai Y, Tsuda M

    The 8th ACSA CONFERENCE  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 塩分布の異なる土壌における灌漑方法と苗齢の違いがイネの生育と収量に及ぼす影響

    掛橋孝洋, 津田誠, 平井儀彦

    日本作物学会第237回講演会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • イネの穂数と稔実歩合に関与する耐塩性遺伝子の作用機構と集積効果の解明

    研究課題/領域番号:20H02969  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    平井 儀彦, 冨田 朝美, 村田 芳行

      詳細を見る

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    researchmap

  • イネおよびコムギの子実成長における塩耐性の解明と品種多様性

    研究課題/領域番号:19K05995  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小葉田 亨, 平井 儀彦

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    基準品種としてコシヒカリを、耐塩性の認められているコシヒカリの同質遺伝系統のSL540とSL506、耐塩性の比較的高いインデイカのIR64と低いIR29の穂培養を異なる培地NaCl濃度で行ったところ、すべての品種で0~5 mMで籾の充填率には明確な変化が起きなかった。また、コシヒカリとSL506、IR64、耐塩性品種のNona Bokraを出穂後0~50 mMで土耕栽培したところNona Bokraを除く品種で30 mM以上で登熟歩合に低下がみられた。これらの品種について穂首の水分含量とNa+とCl-の分析結果から穂首中の濃度を推定したところ土壌塩類濃度の増加による増加はNona Bokraでは増加がみられないにもかかわらず他の品種では増加した。これらの事から登熟に影響を与える塩濃度はさらに高い可能性があること、土壌からの吸収塩類の抑制及び植物体内での排除能が関与していることが推定された。しかし、さらに直接的な導管液中の塩濃度測定が必要であるとみなされた。
    耐塩性に多様性があるとみなされるトルコ共和国のコムギにおける穂培養によるNaClに対する登熟耐性評価のための装置の作成及び実験打ち合わせのために、トルコ共和国のチュクロバ大Nona Bokra学農学部を訪問した。そして、実験協力者とともに次年度における実験に使用する品種の検討、実験方法と手順の打ち合わせ、冷却用の穂培養装置の購入、組み立て、実験装置の作成と準備を行った。

    researchmap

  • イネの収量形質に関わる耐塩性機構と関連遺伝子座の解析

    2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費基盤研究(C) 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ダイズ裂皮粒発生機構の分子生物学ならびに組織学的解析

    2013年04月 - 2014年03月

    タカノ農芸化学研究助成財団 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 耐塩性イネにおけるシアン耐性呼吸の生理学ならびに分子生物学的解析

    2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費基盤研究(C) 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 塩条件下における作物根の細胞死制御と耐塩性との関係

    2007年04月 - 2010年03月

    日本学術振興会  科学研究費基盤研究(C) 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 作物根における活性酸素の消去能ならびに生成抑制能と耐塩性との関係

    2004年04月 - 2006年03月

    日本学術振興会  科学研究費若手研究(B) 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 呼吸エネルギー消費の解析からみた水稲の生長効率の向上に関する研究

    2001年04月 - 2003年03月

    日本学術振興会  科学研究費若手研究(B) 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • シアン耐性呼吸の制御に関する生産生理学的研究

    研究課題/領域番号:11760012  1999年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    平井 儀彦

      詳細を見る

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    イネでは光合成産物の約半分が暗呼吸によって消費される。このため、暗呼吸の抑制は作物の物質生産効率を高める上で重要と考えられる。また、植物の呼吸に含まれるシアン耐性呼吸は、エネルギーの生産効率が低く、作物の生産性向上には、この呼吸の抑制が望まれる。シアン耐性呼吸の速度を知るには、植物による酸素同位体分別の測定が唯一の測定法であるが、測定が困難であるため、測定例は極めて少ない。本研究では栄養生長期と登熟期のイネの暗呼吸の品種間差異について部位別に調査し、呼吸抑制の可能性を検討した。さらに、酸素の安定同位体比測定によるシアン耐性呼吸の測定装置を作成し、イネ葉身に含まれるシアン耐性呼吸の割合を調べた。
    飢餓法により栄養生長期の水稲26品種における茎葉部の維持呼吸速度を比較したところ、有意な品種間差異が認められ、最大1.5倍の差があった。飢餓法で維持呼吸速度が低いとされた品種では、強光条件下でも呼吸速度が低かった。栄養生長期に維持呼吸速度の差が大きかった4品種については、登熟期の部位別暗呼吸速度も調べた。その結果、登熟期の維持呼吸速度は栄養生長期とは異なること、葉身と穂の呼吸速度は茎に比較して品種間差異が大きいことがわかった。また、登熟期の水稲では、茎葉重当たりの籾数が大きい個体では、光合成速度が高まり、葉身での非構造性炭水化物の転流コストが低下すること、葉身と茎の呼吸は主に転流に関わっていることが明らかになった。また,イネのシアン耐性呼吸の測定のための阻害剤の処理法が明らかになり,夏期に比較して秋期にはイネ葉身のシアン耐性呼吸の割合は高まることがわかった.以上のことから、イネの呼吸抑制による物質生産効率の向上は、葉身と穂の呼吸が低いことでもたらされると考えられ、特に葉身については個体のシンクを大きくすることが重要であることが明らかになった。

    researchmap

  • 新規固定炭素および新規固定窒素の測定による乾物分配推定法の検討

    1995年04月 - 1996年03月

    日本学術振興会  科学研究費奨励研究(A) 

    平井儀彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 作物根の気体排除機能と耐塩性・耐乾燥性に関する形態機能学的研究

    研究課題/領域番号:07456009  1995年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    平井 儀彦, 土屋 幹夫, 平井 儀彦

      詳細を見る

    配分額:5500000円 ( 直接経費:5500000円 )

    植物の水吸収に際して、導管中の水には負圧がかかり、乾燥条件では、導管液中の溶存気体が気泡となって発生し、導管を塞ぎ、水吸収を妨げる。本研究では、植物の根に溶存気体を除去する機能があることを実証し、この機能に関わる要因と耐乾燥性との関係,および気体種と気体排除率との関係について検討した。
    イネおよびオオムギの1本の根に培地溶液を加圧し,培地と根の導管液の出液中の溶存気体量を比較したところ,出液中の溶存気体濃度が減少することが認められ,根の表皮から導管へ至るまでの遇程で,溶存気体が排除されていることが明らかになった.
    また,異なる水分条件で生育したイネ品種江曽島糯(乾燥感受性品種)およびDular(耐乾燥性品種)の溶存気体排除機能を調査した結果,両品種とも噴霧栽培した個体の根における溶存気体排除率は高く,乾燥ストレスによってその機能が高まることが認められた.また,蛍光顕微鏡による観察では,皮層内厚壁組織および内皮のカスパリ-帯の蛍光が,噴霧栽培を行った個体の根でより強まり,根の形態および組成と溶存気体排除機能との間には密接な関係があることが示唆された.
    さらに,気体種別の溶存気体排除機能の差異を検討したところ,窒素ガスを用いた場合と比較して,酸素ガスを用いた場合には,気体排除率は18%増加し,また,培地中と出液中の溶存気体の組成から,通気に使用した気体が排除されていることが明らかになり,酸素の選択的排除の可能性が示唆された.

    researchmap

  • 塩分ストレス下において働く根のNa^+分離排除システムの構造機能学的解析

    研究課題/領域番号:05454048  1993年 - 1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(B)  一般研究(B)

    土屋 幹夫, 平井 儀彦

      詳細を見る

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    作物の塩害回避を図る上では、耐塩性に係わる具体的形質を明確にし、育種的、栽培的手法によって人為的に強化することが重要である。相対的に強い耐塩性を示すイネ品種では、茎葉へのNa^+の吸収移行程度が小さいが、その理由となる具体的、構造的形質は明確になっていない。本研究では、1本の根に塩溶液を加圧した場合のイオン分離排除の機作と構造的形質との関係、およびその機能を簡便に評価する方法について検討した。
    その結果、供給圧力、培養液温度、pH、溶存気体量、イオン組成の違い、代謝阻害剤等がイオン排除に及ぼす影響の解析から、塩分ストレス下において働く根のNa^+分離排除システムが、蒸散による木部負圧を駆動力とし逆浸透現象を原理とするイオン排除機能であることが一層強く示唆された。そして、出液の採取方法を変えてイオン流入の障壁部位を調査した結果からは、外皮および内皮部分の細胞層が逆浸透現象の膜部分として機能していることが推定された。
    また、イネ10品種、オオムギ4品種、トウモロコシ、キビ、ジュズダマ、シバおよびオヒシバの根を用いた測定からは、Na^+排除率に植物間差異、品種間差異を認めた。また、イネとオオムギの根の横断面内部形態の光学顕微鏡観察の比較からは、Na^+排除率にセルロース含量の差異が関与していることが推定され、イネについては、低濃度NaCl前処理や珪酸処理によってイオン排除機能が高まり、セルロース含量あるいはリグニン含量が増加していることを認めた。
    さらに、根のイオン分離排除機能を簡便に評価する方法として、塩溶液中で根の応力弛緩曲線を測定することが、有意義であることを明らかにした。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Crop Science and Production (2021年度) 第3学期  - 水5,水6

  • Introduction to Agricultural Sciences (2021年度) 第4学期  - 木5,木6,木7

  • コース演習3 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • ディスカバリーガイダンス(夏) (2021年度) 第2学期  - 水5~6

  • 作物学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物学1 (2021年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 作物学2 (2021年度) 第4学期  - 金5,金6

  • 作物機能調節学 (2021年度) 後期  - 月3,月4

  • 作物発育制御学 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物発育調節学1 (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 農業生物学2 (2021年度) 第2学期  - 水5,水6

  • 農業生物学2 (2021年度) 第2学期  - 水5~6

  • Crop Science and Production(作物の科学と生産) (2021年度) 第3学期  - 水5,水6

  • Crop Science and Production (2020年度) 第3学期  - 水5,水6

  • Introduction to Agricultural Sciences (2020年度) 第4学期  - 木5,木6,木7

  • コース演習3 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • ディスカバリーガイダンス(夏) (2020年度) 第2学期  - 水5,水6

  • 作物学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物学1 (2020年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 作物学2 (2020年度) 第4学期  - 金5,金6

  • 作物発育制御学 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物発育調節学1 (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 卒業論文 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 農業生物学2 (2020年度) 第2学期  - 水3,水4

  • Crop Science and Production(作物の科学と生産) (2020年度) 第3学期  - 水5,水6

▼全件表示