2021/07/12 更新

写真a

アラカワ ケンスケ
荒川 健佑
ARAKAWA Kensuke
所属
環境生命科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 東北大学 )

研究キーワード

  • 細菌栄養学

  • 食品微生物学

  • 乳酸菌

  • 発酵乳

  • ヨーグルト

  • 生物活性ペプチド

  • 細菌酵素学

  • 畜産物利用学

  • 卵科学

  • 食品加工学

  • 畜産食品学

  • 乳科学

  • 細菌学

  • ゲノム解析

  • 菌叢解析

  • チーズ

  • 発酵液卵

  • 乳製品

  • 牛乳

  • 卵製品

  • 食品保蔵学

  • 発酵学

  • 食品発酵

研究分野

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

  • ライフサイエンス / 応用微生物学

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

▼全件表示

学歴

  • 東北大学   大学院農学研究科   生物産業創成科学専攻

    2005年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東北大学   農学部   学部研究生

    2005年1月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 東北大学   農学部   生物生産科学科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科(農学部)   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科(農学部)   助教

    2012年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科(農学部)   助教

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • シドニー大学   分子生物科学研究科   博士研究員

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   海外特別研究員

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 高砂香料工業株式会社   フレーバー研究所   研究員

    2003年4月 - 2004年12月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • Journal of Environmental Science for Sustainable Society (JESSS)   編集委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本農芸化学会中四国支部   参与  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本乳酸菌学会   泊まり込みセミナー2019年度実行委員長  

    2019年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本乳酸菌学会   泊まり込みセミナー実行委員  

    2015年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本酪農科学会   若手情報交換会世話人代表  

    2015年 - 2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本農芸化学会   大会実行委員  

    2014年7月 - 2016年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本農芸化学会   農芸化学Frontiersシンポジウム実行委員  

    2014年7月 - 2016年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本モンゴル学会   大会実行委員  

    2014年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本農芸化学会中四国支部   若手研究者シンポジウム世話人  

    2013年 - 2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本酪農科学会   酪農科学シンポジウム実行委員  

    2013年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本乳酸菌学会   評議員  

    2012年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 関西畜産学会   大会運営委員  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Draft genome sequence of Butyricimonas faecihominis 30A1, isolated from feces of a Japanese Alzheimer’s disease patient. 査読

    Tien Thi Thuy Nguyen, Kenshiro Oshima, Hidehiro Toh, Anushka Khasnobish, Yusuke Fujii, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

    Microbiology Resource Announcements   8   e00462-19   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Homologous expression and characterization of gassericin T and gassericin S, a novel class IIb bacteriocin produced by Lactobacillus gasseri LA327. 査読

    Genki Kasuga, Masaru Tanaka, Yuki Harada, Hiroshi Nagashima, Taisei Yamato, Ayaka Wakimoto, Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Jan Kok, Tetsuya Masuda

    Applied and Environmental Microbiology   85   e02815-18   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Long-term cultivation of Lactobacillus gasseri LA39 in reconstituted skim milk and productivity of the circular bacteriocin “gassericin A”. 査読

    Ayaka Wakimoto, Atsushi Shirata, Mayu Saitoh, Yuki Harada, Hiroshi Nagashima, Taisei Yamato, Genki Kasuga, Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Tetsuya Masuda

    Milk Science   68   30 - 36   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Fecal metabolite of a gnotobiotic mouse transplanted with gut microbiota from a patient with Alzheimer’s disease. 査読

    Yusuke Fujii, Thuy Tien Thi Nguyen, Yuta Fujimura, Naotaka Kameya, Shoji Nakamura, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   83   2144 - 2152   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cultivable butyrate-producing bacteria of elderly Japanese diagnosed with Alzheimer’s disease. 査読

    Thi Thuy Tien Nguyen, Yuta Fujimura, Iyo Mimura, Yusuke Fujii, Ngoc Luong Nguyen, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

    Journal of Microbiology   56   760 - 771   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 乳酸菌菌体外プロテアーゼによる卵白タンパク質の分解と機能性ペプチドの生成について.

    荒川健佑

    平成29年度 研究報告概要集 一般財団法人旗影会   46 - 51   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Microbiota community structure in traditional fermented milk dadiah in Indonesia: Insights from high-throughput 16S rRNA gene sequencing. 査読

    Ade Sukma, Hidetoshi Toh, Nguyen Thi Thuy Tien, Najmiatul Fitria, Iyo Mimura, Ryo Kaneko, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

    Milchwissenschaft - Milk Science International   71   1 - 3   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 抗菌効果と保健効果を有した機能性発酵液卵の開発および評価.

    荒川健佑

    平成28年度 研究報告概要集 一般財団法人旗影会   48 - 55   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Development of an MRS broth-based complete food-grade medium for Lactobacillus gasseri cultivation using food-grade yeast extract and bacteriocin produced by the bacteria. 査読

    Genki Kasuga, Fumika Togashi, Maiko Abe, Masaru Tanaka, Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Taku Miyamoto, Tetsuya Masuda

    Milk Science   66   195 - 204   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Production of a bacteriocin-like inhibitory substance by Leuconostoc mesenteroides subsp dextranicum 213M0 isolated from Mongolian fermented mare milk, airag 査読

    Kensuke Arakawa, Saki Yoshida, Hiroki Aikawa, Chihiro Hano, Tsognemekh Bolormaa, Sedkhuu Burenjargal, Taku Miyamoto

    ANIMAL SCIENCE JOURNAL   87 ( 3 )   449 - 456   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Strain 213M0 was selected with productivity of a bacteriocin-like inhibitory substance (BLIS) among 235 strains of lactic acid bacteria (LAB) isolated from Mongolian fermented milk airag'. Strain 213M0 was species-identified as Leuconostoc mesenteroides subsp. dextranicum by morphological observation, carbohydrate fermentation profiling and sequencing the 16S rRNA gene. Incubation temperature proper to produce the BLIS was 25 degrees C rather than 30 and 37 degrees C, and the production actively proceeded during the exponential growth phase of the producer cells. Antibacterial effect of BLIS 213M0 was limited to all nine strains of Listeria sp. bacteria and seven strains of LAB cocci among 53 tested strains, which corresponds to a typical feature of the class IIa pediocin-like bacteriocins. BLIS 213M0 was not inactivated in every broad pH range solution (pH 2.0-11.0), and was stable against storage at 25 degrees C for 1 week and heating at 121 degrees C for 15 min under pH 4.5. Peptide frame of BLIS 213M0 was confirmed by inactivation with some peptidases, and then its molecular weight was estimated to be 2.6-3.0 kDa using an in situ activity assay following sodium dodecyl sulfate polyacrylamide gel electrophoresis. The estimated size was different from the other Leuconostoc bacteriocins already reported. These results suggest that BLIS 213M0 would be a novel listericidal bacteriocin.

    DOI: 10.1111/asj.12445

    Web of Science

    researchmap

  • Draft Genome Sequence of Coccoid Lactobacillus equigenerosi NRIC 0697 T Isolated from the Gastrointestinal Tracts of Healthy Thoroughbreds 査読

    Hidehiro Toh, Akiyo Nakano, Co Thi Kim Nguyen, Iyo Mimura, Kensuke Arakawa, Kosuke Tashiro, Takefumi Kikusui, Hidetoshi Morita

    Genome Announcements   4 ( 1 )   e01679-15   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    <italic>Lactobacillus equigenerosi</italic>
    NRIC 0697
    <sup>T</sup>
    was isolated from the gastrointestinal tracts of healthy thoroughbreds. This strain produced unique spherical or oval cells, which is rare in the genus
    <italic>Lactobacillus</italic>
    . Here, we report the draft genome sequence of this strain.

    DOI: 10.1128/genomea.01679-15

    researchmap

  • Isolation of lactic acid bacteria bound to the porcine intestinal mucosa and an analysis of their moonlighting adhesins. 査読

    Hideki Kinoshita, Satoko Ohuchi, Kensuke Arakawa, Masamichi Watanabe, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    Bioscience of Microbiota, Food and Health   35   185 - 196   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Draft genome sequence of Leuconostoc mesenteroides 406 isolated from traditional fermented mare milk 'airag' in Tuv aimag, Mongolia. 査読

    Hidetoshi Morita, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Chihiro Hano, Saki Yoshida, Tien Thi Thuy Nguyen, Wulijideligen, Kosuke Tashiro, Kensuke Arakawa, Taku Miyamoto

    Genome Announcements   4   e00166-16   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Draft genome sequence of Leuconostoc mesenteroides 213M0 isolated from traditional fermented mare milk 'airag' in Bulgan aimag, Mongolia. 査読

    Hidetoshi Morita, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Chihiro Hano, Saki Yoshida, Tsognemekh Bolormaa, Sedkhuu Burenjargal, Co Thi Kim Nguyen, Kosuke Tashiro, Kensuke Arakawa, Taku Miyamoto

    Genome Announcements   4   e00178-16   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Draft genome sequence of Streptococcus orisasini SH06 isolated from a healthy thoroughbred gastrointestinal tract. 査読

    Misako Takagi, Akiyo Nakano, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Kensuke Arakawa, Fumihiko Nakajima, Kosuke Tashiro, Takefumi Kikusui, Fujitoshi Yanagida, Hidetoshi Morita

    Genome Announcements   4   e01566-15   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Draft genome sequence of Bifidobacterium lemurum DSM 28807T isolated from the gastrointestinal tracts of ring-tailed lemur (Lemur catta). 査読

    Hidehiro Toh, Takehiro Matsubara, Shuta Tomida, Iyo Mimura, Kensuke Arakawa, Takefumi Kikusui, Hidetoshi Morita

    Genome Announcements   5   e01656-16   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 上部消化管内優勢乳酸桿菌種のペプチド要求性に関する研究.

    荒川健佑

    IFO Research Communications   30   127 - 128   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Draft Genome Sequence of Bifidobacterium aesculapii DSM 26737 T , Isolated from Feces of Baby Common Marmoset 査読

    Hidehiro Toh, Yumiko Yamazaki, Kosuke Tashiro, Shinpei Kawarai, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Co Nguyen Thi Kim, Iyo Mimura, Kensuke Arakawa, Atsushi Iriki, Takefumi Kikusui, Hidetoshi Morita

    Genome Announcements   3 ( 6 )   e01463-15   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    <italic>Bifidobacterium aesculapii</italic>
    DSM 26737
    <sup>T</sup>
    was isolated from feces of baby common marmoset. Here, we report the draft genome sequence of this organism. This paper is the first published report of the genomic sequence of
    <italic>B. aesculapii</italic>
    .

    DOI: 10.1128/genomea.01463-15

    researchmap

  • Complete genome sequence of Bifidobacterium angulatum JCM 7096(T) isolated from human feces 査読

    Hidetoshi Morita, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Misa Kiuchi, Hiromi Kuroyanagi, Kensuke Arakawa, Wataru Suda, Kenya Honda, Masahira Hattori

    JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY   211   10 - 11   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Bifidobacterium angulatum JCM 7096T was isolated from human feces. Here we report the complete genome sequence of this organism. This paper is the first report demonstrating the fully sequenced and completely annotated genome of a B. angulatum strain. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2015.06.412

    Web of Science

    researchmap

  • Complete genome sequence of Bifidobacterium pseudocatenulatum JCM 1200(T) isolated from infant feces 査読

    Hidetoshi Morita, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Kensuke Arakawa, Yukiko Takayama, Rina Kurokawa, Kageyasu Takanashi, Kenya Honda, Masahira Hattori

    JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY   210   68 - 69   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Bifidobacterium pseudocatenulatum JCM 1200(T) was isolated from infant feces. This paper is the first report demonstrating the fully sequenced and completely annotated genome of a B. pseudocatenulatum strain. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2015.06.416

    Web of Science

    researchmap

  • Complete genome sequence of Bifidobacterium catenulatum JCM 1194(T) isolated from human feces 査読

    Hidetoshi Moritaa, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Naoko Yamashita, Erica Iioka, Kensuke Arakawa, Wataru Suda, Kenya Honda, Masahira Hattori

    JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY   210   25 - 26   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Bifidobacterium catenulatum JCM 1194(T) was isolated from human feces. This paper is the first report demonstrating the fully sequenced and completely annotated genome of a B. catenulatum strain. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2015.06.415

    Web of Science

    researchmap

  • Complete genome sequence of Bifidobacterium breve JCM 1192(T) isolated from infant feces 査読

    Hidetoshi Morita, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Emi Omori, Yasue Hattori, Kensuke Arakawa, Wataru Suda, Kenya Honda, Masahira Hattori

    JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY   210   81 - 82   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Bifidobacterium breve JCM 1192(T) was isolated from infant feces. Here, we report the complete genome sequence of this organism. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2015.06.414

    Web of Science

    researchmap

  • Complete genome sequence of Bifidobacterium bifidum JCM 1255(T) isolated from feces of a breast-fed infant 査読

    Hidetoshi Morita, Hidehiro Toh, Kenshiro Oshima, Akiyo Nakano, Chie Shindo, Keiko Komiya, Kensuke Arakawa, Wataru Suda, Kenya Honda, Masahira Hattori

    JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY   210   66 - 67   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Bifidobacterium bifidum JCM 1255(T) was isolated from feces of a breast-fed infant. Here we report the complete genome sequence of this organism. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2015.06.413

    Web of Science

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri requires peptides, not proteins or free amino acids, for growth in milk 査読

    K. Arakawa, K. Matsunaga, S. Takihiro, A. Moritoki, S. Ryuto, Y. Kawai, T. Masuda, T. Miyamoto

    JOURNAL OF DAIRY SCIENCE   98 ( 3 )   1593 - 1603   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Lactobacillus gasseri is a widespread commensal lactic acid bacterium inhabiting human mucosal niches and has many beneficial effects as a probiotic. However, L. gasseri is difficult to grow in milk, which hurts usability for the food industry. It had been previously reported that supplementation with yeast extract or proteose peptone, including peptides, enables L. gasseri to grow well in milk. In this study, our objective was to confirm peptide requirement of L. gasseri and evaluate efficacy of peptide release by enzymatic proteolysis on growth of L. gassei in milk. Three strains of L. gasseri did not grow well in modified DeMan, Rogosa, Sharpe broth without any nitrogen sources (MRS-N), but addition of a casein-derived peptide mixture, tryptone, promoted growth. In contrast, little effect was observed after adding casein or a casein-derived amino acid mixture, casamino acids. These results indicate that L. gasseri requires peptides, not proteins or free amino acids, among milk-derived nitrogen sources for growth. Lactobacillus gasseri JCM 1131(T) hardly had growth capacity in 6 kinds of milk-based media: bovine milk, human milk, skim milk, cheese whey, modified MRS-N (MRSL-N) supplemented with acid whey, and MRSL-N supplemented with casein. Moreover, treatment with digestive proteases, particularly pepsin, to release peptides made it grow well in each milk-based medium. The pepsin treatment was the most effective for growth of strain JCM 1131(T) in skim milk among the tested food-grade proteases such as trypsin, alpha-chymotrypsin, calf rennet, ficin, bromelain, and papain. As well as strain JCM 1131(T), pepsinolysis of milk improved growth of other L. gasseri strains and some strains of enteric lactobacilli such as Lactobacillus crispatus, Lactobacillus gallinarum, Lactobacillus johnsonii, and Lactobacillus reuteri. These results suggest that some relatives of L. gasseri also use peptides as desirable nitrogen sources, and that milk may be a good supplier of nutritious peptides to enteric lactobacilli including L. gasseri after peptic digestion in the gastrointestinal tract. This is the first report showing peptide requirement of L. gasseri and efficacy of pepsinolysis on the growth of L. gasseri and its relatives in milk. This study would contribute to increasing usability of L. gasseri and its relatives as probiotics in dairy foods.

    DOI: 10.3168/jds.2014-8860

    Web of Science

    researchmap

  • 発酵豆乳に含まれる大豆たん白質由来抗菌ペプチドの特性解析.

    荒川健佑, 福留香菜子, 豊川直樹, 大森葉子, 宮本拓

    大豆たん白質研究   18   204 - 212   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Genetic and biochemical evidence for gassericin T production from Lactobacillus gasseri LA158. 査読

    Narimi Yasuta, Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Takahiro Chujo, Kiyoshi Nakamura, Haruka Suzuki, Yoshiyuki Ito, Junko Nishimura, Yumiko Makino, Shuji Shigenobu, Tadao Saito

    Milk Science   63   9 - 17   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 乳酸菌あれこれ #62 多様性の話.

    荒川健佑

    日本乳酸菌学会誌   25   55 - 55   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Food preservative potential of gassericin A-containing concentrate prepared from cheese whey culture supernatant of Lactobacillus gasseri LA39 査読

    Kiyoshi Nakamura, Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Narimi Yasuta, Takahiro Chujo, Masamichi Watanabe, Hiroyuki Iioka, Masashi Tanioka, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Koichi Tsurumi, Tadao Saito

    Animal Science Journal   84 ( 2 )   144 - 149   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gassericin A (GA) is a circular bacteriocin produced by Lactobacillus gasseri LA39. In this study, GA-containing concentrate was prepared using a cross-flow membrane filtration device (30kDa cut-off) from the culture supernatant of Lb.gasseri LA39 cultivated in a cheese whey-based food-grade medium. The bacteriocin activity titer in the concentrate was 16 times as high as that of the culture supernatant and was completely maintained through each incubation at 4°C for 3months, 37°C for 2months, 60°C for 5 h, and 100°C for 30min. The GA-containing concentrate was used with glycine powder to make custard creams, and then four representative strains of custard cream spoilage bacteria (Bacillus cereus, Lactococcus lactis subsp. lactis, Achromobacter denitrificans and Pseudomonas fluorescens) were individually inoculated at c. 103 colony forming units/g in the custard creams. Throughout 30days of incubation at 30°C, all of the inoculated bacteria were completely inhibited by the combination of 5% (w/w) of the GA-containing concentrate and 0.5% (w/w) glycine. This is the first highly practical application of GA to foods as a biopreservative, and the concentration method and the bacteriocin concentrate would contribute to biopreservation of several foods. © 2012 Japanese Society of Animal Science.

    DOI: 10.1111/j.1740-0929.2012.01048.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Interaction between lactic acid bacteria and yeasts in airag, an alcoholic fermented milk 査読

    Sudun, Wulijideligen, Kensuke Arakawa, Mari Miyamoto, Taku Miyamoto

    Animal Science Journal   84 ( 1 )   66 - 74   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The interaction between nine lactic acid bacteria (LAB) and five yeast strains isolated from airag of Inner Mongolia Autonomic Region, China was investigated. Three representative LAB and two yeasts showed symbioses were selected and incubated in 10% (w/v) reconstituted skim milk as single and mixed cultures to measure viable count, titratable acidity, ethanol and sugar content every 24h for 1week. LAB and yeasts showed high viable counts in the mixed cultures compared to the single cultures. Titratable acidity of the mixed cultures was obviously enhanced compared with that of the single cultures, except for the combinations of Lactobacillus reuteri 940B3 with Saccharomyces cerevisiae 4C and Lactobacillus helveticus 130B4 with Candida kefyr 2Y305. C. kefyr 2Y305 produced large amounts of ethanol (maximum 1.35g/L), whereas non-lactose-fermenting S. cerevisiae 4C produced large amounts of ethanol only in the mixed cultures. Total glucose and galactose content increased while lactose content decreased in the single cultures of Leuconostoc mesenteroides 6B2081 and Lb. helveticus 130B4. However, both glucose and galactose were completely consumed and lactose was markedly reduced in the mixed cultures with yeasts. The result suggests that yeasts utilize glucose and galactose produced by LAB lactase to promote cell growth. © 2012 Japanese Society of Animal Science.

    DOI: 10.1111/j.1740-0929.2012.01035.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • γ-アミノ酪酸高生産性乳酸菌を応用した鶏肉発酵調味液の開発. 査読

    宮本拓, 荒川健佑, 栗木隆吉

    日本醸造協会誌   108   652 - 659   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ヒト小腸優勢乳酸桿菌Lactobacillus gasseriの食品利用.

    荒川健佑

    日本農芸化学会・第15回中四国支部若手シンポジウム(第5回農芸化学の未来開拓セミナー)講演要旨集   8 - 9   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • γ-アミノ酪酸(GABA)を高生産する乳酸菌の選抜と鶏肉発酵調味液のGABA富化. 査読

    侯歌川, 藤川皓江, 荒川健佑, 宮本拓

    日本食品科学工学会誌   60   125 - 132   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの生育因子とバクテリオシン生産.

    荒川健佑

    ミルクサイエンス   62   45 - 46   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの産生するバクテリオシンを用いた食品保蔵. 査読

    荒川健佑, 川井泰, 齋藤忠夫

    ミルクサイエンス   62   131 - 137   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Production of bacteriocin by Leuconostoc mesenteroides 406 isolated from Mongolian fermented mare’s milk, airag. 査読

    Wulijideligen, Takayuki Asahina, Kazushi Hara, Kensuke Arakawa, Hiroyuki Nakano, Taku Miyamoto

    Animal Science Journal   83 ( 10 )   704 - 711   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1740-0929.2012.01010.x

    Web of Science

    researchmap

  • Detection of platypus-type l/d-peptide isomerase activity in aqueous extracts of papaya fruit 査読

    Kensuke Arakawa, Jennifer M. S. Koh, Ben Crossett, Allan M. Torres, Philip W. Kuchel

    BIOTECHNOLOGY LETTERS   34 ( 9 )   1659 - 1665   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Peptide isomerase catalyses the post-translational isomerisation of the l- to the d-form of an amino acid residue around the N/C-termini of substrate peptides. To date, some peptide isomerases have been found in a limited number of animal secretions and cells. We show here that papaya extracts have weak peptide isomerase activity. The activity was detected in each 30-100 kDa fraction of the flesh and the seed extracts of unripe and ripe papaya fruit. The definitive activity was confirmed in the ripe papaya extracts, but even then it was much less active than that of the other peptide isomerases previously reported. The activity was markedly inhibited by methanol, and partly so by amastatin and diethyl pyrocarbonate. This is the first report of peptide isomerase activity in a plant and suggests that perhaps every living organism may have some peptide isomerase activity.

    DOI: 10.1007/s10529-012-0941-4

    Web of Science

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの生産するバクテリオシンの食品利用へ向けた検討.

    荒川健佑

    岡山大学農学部学術報告   101   65 - 70   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • HPLC purification and re-evaluation of chemical identity of two circular bacteriocins, gassericin A and reutericin 6 査読

    K. Arakawa, Y. Kawai, Y. Ito, K. Nakamura, T. Chujo, J. Nishimura, H. Kitazawa, T. Saito

    LETTERS IN APPLIED MICROBIOLOGY   50 ( 4 )   406 - 411   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Aim:
    The study aimed for the complete purification and recharacterization of the highly hydrophobic circular bacteriocins, gassericin A and reutericin 6.
    Methods and Results:
    Gassericin A and reutericin 6 were purified to homogeneity using previously described method and reverse-phase HPLC with an octyl column and eluents of aqueous acetonitrile and 2-propanol. Mass analysis, N-terminal sequencing and bacteriocin assay of the HPLC-purified bacteriocins showed the two bacteriocins had identical seamless circular structures with the same m/z value (5651) of [M + H]+ and both had the same specific activity. d/l-amino acid composition analysis using two distinct methods with the chiral fluorescent derivatization reagents (+)-1-(9-fluorenyl)ethyl chloroformate and o-phthalaldehyde/N-acetyl-l-cystein revealed neither gassericin A nor reutericin 6 contained d-alanine residues contrary to our previous results.
    Conclusion:
    Purified gassericin A and reutericin 6 are chemically identical circular molecules containing no d-alanine residues.
    Significance and Impact of the Study:
    The HPLC conditions developed in this study will facilitate advanced purification and correct characterization of other highly hydrophobic bacteriocins.

    DOI: 10.1111/j.1472-765X.2010.02810.x

    Web of Science

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri の生産するバクテリオシンの食品利用に関する研究. 査読

    荒川健佑

    東北大学   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • Conjugative Plasmid from Lactobacillus gasseri LA39 That Carries Genes for Production of and Immunity to the Circular Bacteriocin Gassericin A 査読

    Yoshiyuki Ito, Yasushi Kawai, Kensuke Arakawa, Yoshiko Honme, Takashi Sasaki, Tadao Saito

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   75 ( 19 )   6340 - 6351   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Gassericin A is a circular bacteriocin produced by Lactobacillus gasseri strain LA39. We found a 33,333-bp plasmid, designated pLgLA39, in this strain. pLgLA39 contained 44 open reading frames, including seven genes related to gassericin A production/immunity (gaa), as well as genes for replication, plasmid maintenance, and conjugative transfer. pLgLA39 was transferred from LA39 to the type strain of L. gasseri (JCM 1131) by filter mating. The transconjugant exhibited &gt;30-fold-higher more resistance to gassericin A and produced antibacterial activity. Lactobacillus reuteri LA6, the producer of reutericin 6, was proved to harbor a plasmid indistinguishable from pLgLA39 and carrying seven genes 100% identical to gaa. This suggests that pLgLA39 might have been transferred naturally between L. gasseri LA39 and L. reuteri LA6. The seven gaa genes of pLgLA39 were cloned into a plasmid vector to construct pGAA. JCM 1131(T) transformed with pGAA expressed antibacterial activity and resistance to gassericin A. pGAA was segregationally more stable than a pGAA derivative plasmid from which gaaA was deleted and even was more stable than the vector. This suggests the occurrence of postsegregational host killing by the gaa genes. pLgLA39 carried a pemIK homolog, and segregational stabilization of a plasmid by the pLgLA39-type pemIK genes was also confirmed. Thus, pLgLA39 was proved to carry the genes for at least two plasmid maintenance mechanisms, i.e., gaa and pemIK. Plasmids containing a repA gene similar to pLgLA39 repA were distributed in several L. gasseri strains.

    DOI: 10.1128/AEM.00195-09

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of gassericins A and T, bacteriocins produced by Lactobacillus gasseri, with glycine on custard cream preservation 査読

    K. Arakawa, Y. Kawai, H. Iioka, M. Tanioka, J. Nishimura, H. Kitazawa, K. Tsurumi, T. Saito

    JOURNAL OF DAIRY SCIENCE   92 ( 6 )   2365 - 2372   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER DAIRY SCIENCE ASSOC-ADSA  

    Lactobacillus gasseri LA39 and LA158 isolated from human-infant feces produce bacteriocins named gassericins A and T, respectively. Both gassericins have high heat stability (121 degrees C, 10 min), good pH tolerance (pH 2-11), and strong bactericidality against many gram-positive bacteria, especially lactic acid bacteria, and thus are expected to be effective food preservatives. A microwell plate assay against 12 strains of custard cream spoilage bacteria showed that the gassericins had broader antibacterial spectra than nisin A. Although the gassericins allowed gram-negative isolates to grow, they successfully inhibited the growth of all tested bacterial strains in microwells with the addition of glycine. Glycine was bacteriostatic against many strains except lactic acid bacteria. For practical use, gassericin A was efficiently produced by cultivation in a food-grade medium improved using cheese whey, nourishing proteose peptone, and surfactant yolk lecithin. The practical preservative effect of gassericin A and glycine was verified from the viability of 4 isolated strains, Bacillus cereus, Lactococcus lactis ssp. lactis, Achromobacter denitrificans, and Pseudomonas fluorescens, in custard creams. Custard cream containing 123 arbitrary units of gassericin A per milliliter entirely growth-inhibited the 2 gram-positive strains. In custard cream containing an insufficient amount of gassericin A (49 arbitrary units/mL), the gram-positive strains gradually grew but were completely inhibited by the addition of 0.5% (wt/wt) glycine. The 2 gram-negative strains did not multiply even in the additive-free custard cream, probably because of the unsuitable growth environment. This is the first report showing the combined effect of bacteriocin and glycine and their application for food preservation, which may be helpful for future use in the food industry.

    DOI: 10.3168/jds.2008-1240

    Web of Science

    researchmap

  • DNA Sequencing and Homologous Expression of a Small Peptide Conferring Immunity to Gassericin A, a Circular Bacteriocin Produced by Lactobacillus gasseri LA39 査読

    Yasushi Kawai, Joni Kusnadi, Rober Kemperman, Jan Kok, Yoshiyuki Ito, Mikiko Endo, Kensuke Arakawa, Hideaki Uchida, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   75 ( 5 )   1324 - 1330   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Gassericin A, produced by Lactobacillus gasseri LA39, is a hydrophobic circular bacteriocin. The DNA region surrounding the gassericin A structural gene, gaaA, was sequenced, and seven open reading frames (ORFs) of 3.5 kbp (gaaBCADITE) were found with possible functions in gassericin A production, secretion, and immunity. The deduced products of the five consecutive ORFs gaaADITE have homology to those of genes involved in butyrivibriocin AR10 production, although the genetic arrangements are different in the two circular bacteriocin genes. GaaI is a small, positively charged hydrophobic peptide of 53 amino acids containing a putative transmembrane segment. Heterologous expression and homologous expression of GaaI in Lactococcus lactis subsp. cremoris MG1363 and L. gasseri JCM1131(T), respectively, were studied. GaaI-expressing strains exhibited at least sevenfold-higher resistance to gassericin A than corresponding control strains, indicating that gaaI encodes an immunity peptide for gassericin A. Comparison of GaaI to peptides with similar characteristics found in the circular bacteriocin gene loci is discussed.

    DOI: 10.1128/AEM.02485-08

    Web of Science

    researchmap

  • Negative effect of divalent cations on production of gassericin T, a bacteriocin produced by Lactobacillus gasseri, in milk-based media. 査読

    Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    International Dairy Journal   19   612 - 616   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • オランダでの第9回乳酸菌シンポジウム(LAB9)に参加して.

    木下英樹, 荒川健佑, 川井泰, 齋藤忠夫

    ミルクサイエンス   58   21 - 25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 第9回国際乳酸菌シンポジウム(LAB9)報告 Section F: Preservation, novel enzymes and stress.

    荒川健佑, 川井泰

    日本乳酸菌学会誌   20   14 - 15   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Bacteriocin production of probiotic Lactobacillus gasseri LA39 isolated from human feces in milk-based media 査読

    Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Kenji Fujitani, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Ken-ichi Komine, Kenzo Kai, Tadao Saito

    ANIMAL SCIENCE JOURNAL   79 ( 5 )   634 - 640   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    The use of bacteriocins from Lactobacillus gasseri, a probiotic lactic acid bacterium, as bio-preservatives in the food industry and animal formulations has been limited because few strains of Lb. gasseri are cultivated and produce a bacteriocin in natural media such as milk and milk-based media. By the determination of the growth-supplements to milk among the 47 nutrients, Lb. gasseri JCM1131(T), LA39 and LA158 isolated from human feces were successfully cultured in reconstituted skim milk and cheese whey using proteose peptone as a nutrient supplement, where Lb. gasseri LA39 produced a useful bacteriocin, gassericin A, with effective growth-inhibiting activity against Gram-positive food-borne pathogens. The data suggest these developed low-cost safe media supporting enough production of bacteriocins by the probiotic Lb. gasseri LA39 could be used to improve the safe bio-preservation of foods and therapy of bovine mastitis, and extra cheese whey produced by cheese making industry is reused in the cultivation for probiotics effectively.

    DOI: 10.1111/j.1740-0929.2008.00574.x

    Web of Science

    researchmap

  • Microbial community analysis of food-spoilage bacteria in commercial custard creams using culture-dependent and independent methods 査読

    K. Arakawa, Y. Kawai, H. Iioka, M. Tanioka, J. Nishimura, H. Kitazawa, K. Tsurumi, T. Saito

    JOURNAL OF DAIRY SCIENCE   91 ( 8 )   2938 - 2946   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Custard cream is made from highly nutritive raw materials such as milk and sugar and is easily spoiled by the multiplication of specific microbial contaminants or residents. However, this spoilage microbial community has not been studied. We determined the spoilage microbiota in commercial custard creams using culture-dependent and independent methods. Using the culture-dependent analysis with various agar media, 185 bacterial colonies and 43 eukaryal colonies were isolated from 7 commercial custard cream products. All bacterial isolates were morphologically, physiologically, and genetically identified as bacilli, staphylococci, lactic acid bacteria, and psychrotrophic gram-negative rods. Using culture-independent molecular analysis, the PCR-denaturing gradient gel electrophoresis technique, spoilage of the commercial custard creams was found to be caused by bacilli, staphylococci, lactic acid bacteria, psychrotrophic gram-negative rods, Anoxy-bacillus sp., Caurobacter sp., and Streptococcus sp. bacteria. The detected spoilage bacteria were the same species as previously detected in spoiled milk products and shown in other reports, suggesting that spoilage bacteria in a raw material easily grow in processed foods made from milk. We determined the spoilage microbial communities in commercial custard creams, and these are the first data concerning spoilage microbiota in nonfermented processed foods using a culture-independent analysis. Our study will be useful for the manufacture and safe preservation of dairy products because the first step toward safe food preservation by food manufacturers is to understand the spoilage microbiota in a target food to select optimal preservatives and to reduce the use of food additives.

    DOI: 10.3168/jds.2007-0677

    Web of Science

    researchmap

  • 第4回アジア乳酸菌会議および第3回乳酸菌と健康に関する国際シンポジウムに参加して.

    荒川健佑, 川井泰, 齋藤忠夫

    ミルクサイエンス   56   93 - 97   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの生産する抗菌性ペプチドによるカスタードクリームの保存性向上に関する検討 査読

    荒川健佑

    東北大学   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(修士)  

    researchmap

  • ヒト腸管系乳酸菌が生産するガセリシンA/Tの構造と機能特性. 査読

    川井泰, 高橋涼子, 荒川健佑, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会誌   17   32 - 39   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 環状バクテリオシンの発見とその利用性. 査読

    荒川健佑, 川井泰, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会誌   16   67 - 74   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Structural and functional differences in two cyclic bacteriocins with the same sequences produced by lactobacilli 査読

    Y Kawai, Y Ishii, K Arakawa, K Uemura, B Saitoh, J Nishimura, H Kitazawa, Y Yamazaki, Y Tateno, T Itoh, T Saitol

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   70 ( 5 )   2906 - 2911   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Lactobacillus gasseri LA39 and L. reuteri LA6 isolated from feces of the same human infant were found to produce similar cyclic bacteriocins (named gassericin A and reutericin 6, respectively) that cannot be distinguished by molecular weights or primary amino acid sequences. However, reutericin 6 has a narrower spectrum than gassericin A. In this study, gassericin A inhibited the growth of L. reuteri LA6, but reutericin 6 did not inhibit the growth of L. gasseri LA39. Both bacteriocins caused potassium ion efflux from indicator cells and liposomes, but the amounts of efflux and patterns of action were different. Although circular dichroism spectra of purified bacteriocins revealed that both antibacterial peptides are composed mainly of alpha-helices, the spectra of the bacteriocins did not coincide. The results Of D- and L-amino acid composition analysis showed that two residues and one residue of D-Ala were detected among 18 Ala residues of gassericin A and reutericin 6, respectively. These findings suggest that the different D-alanine contents of the bacteriocins may cause the differences in modes of action, amounts of potassium ion efflux, and secondary structures. This is the first report that characteristics of native bacteriocins produced by wild lactobacillus strains having the same structural genes are influenced by a difference in D-amino acid contents in the molecules.

    DOI: 10.1128/AEM.70.5.2906-2911.2004

    Web of Science

    researchmap

  • Heterologous expression of gassericin A, a bacteriocin produced by Lactobacillus gasseri LA39 査読

    Yasushi Kawai, Kensuke Arakawa, Ayako Itoh, Boku Saitoh, Yasuyuki Ishii, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Takatoshi Itoh, Tadao Saito

    Animal Science Journal   74 ( 1 )   45 - 51   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gassericin A, a bacteriocin produced by Lactobacillus gasseri LA39, has a cyclic structure linking N- and C-terminal amino acids. Gassericin A was expressed in Escherichia coli JM109 as a biotinylated fusion protein on the basis of the DNA sequence of mature bacteriocin. A positive clone accumulated the bacteriocin, with no activity, as a soluble fusion protein in the cytoplasm. After release of an N-terminal tag with factor Xa protease, gassericin A was converted into an active peptide having N- and C-termini. The total amount of purified bacteriocins (expressed and native) was 480 μg/L and 370 μg/L, respectively. However, the specific activity of expressed gassericin A was 15 AU/mg lower than that of native bacteriocin (2600 AU/mg). Although the actual Mr (molecular weight) of the expressed bacteriocin should be 5666, the peptide showed the same mobility (Mr 3800) in sodium dodecylsulfate-polyacrylamide gel electrophoresis (SDS-PAGE) as native cyclic gassericin A, suggesting that the expressed peptide retains compact folding of the molecule similar to that of native gassericin A.

    DOI: 10.1046/j.1344-3941.2003.00085.x

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • みんなが知りたいシリーズ⑭ 乳酸菌の疑問50

    日本乳酸菌学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Section 2 乳酸菌を使った製品 Question 19 乳酸菌はなぜ牛乳が好きなの?)

    成山堂書店  2020年6月  ( ISBN:9784425983711

     詳細を見る

    総ページ数:4, ix, 192p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • みんなが知りたいシリーズ⑭ 乳酸菌の疑問50

    日本乳酸菌学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Section 2 乳酸菌を使った製品 Question 13 チーズはどうやって作るの?)

    成山堂書店  2020年6月  ( ISBN:9784425983711

     詳細を見る

    総ページ数:4, ix, 192p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • みんなが知りたいシリーズ⑭ 乳酸菌の疑問50

    日本乳酸菌学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Section 2 乳酸菌を使った製品 Question 15 発酵バターってなに?)

    成山堂書店  2020年6月  ( ISBN:9784425983711

     詳細を見る

    総ページ数:4, ix, 192p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Lactic Acid Bacteria: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology, vol. 1887.

    Kensuke Arakawa( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 2: Basic Antibacterial Assay to Screen for Bacteriocinogenic Lactic Acid Bacteria and to Elementarily Characterize Their Bacteriocins.)

    umana Press, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature  2019年 

     詳細を見る

  • 乳肉卵の機能と利用 新版

    荒川健佑( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第3章 乳・乳製品各論, Section 6 乳・乳製品に由来する機能性物質)

    アイ・ケイコーポレーション  2018年 

     詳細を見る

  • 乳酸菌とビフィズス菌のサイエンス

    川井泰, 荒川健佑, 齋藤忠夫( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ナイシンとは異なるタイプのバクテリオシン)

    京都大学学術出版会  2010年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Bacteriocin production of probiotic Lactobacillus gasseri LA39 isolated from human feces in milk-based media (vol 79, pg 634, 2008)

    Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Kenji Fujitani, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Ken-ichi Komine, Kenzo Kai, Tadao Saito

    ANIMAL SCIENCE JOURNAL   79 ( 6 )   745 - 745   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Web of Science

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 野生シカから分離・選抜したチーズ用スターター乳酸菌の評価.

    野崎颯馬, 福島渉, 細川美伊, 安達魁人, 大森遥, 坂本夏帆, 黒岡紗季, 安藤悠佳, 森田英利, 荒川健佑

    日本畜産学会第128回大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スリーブ状胃切除術が日本人肥満患者の口内・胃内・腸内細菌叢に及ぼす影響.

    細木祐紀, 江口潤, 高橋寛子, 荒川健佑, 森田英利, 和田淳

    日本農芸化学会中四国支部第58回講演会(例会)  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Production, isolation, and structural and biofunctional characterization of exopolysaccharides from Enterococcus faecium AK1247.

    Junliang Zhao, Kensuke Arakawa, Daiki Nishikawa, Hasiqimuge, Yan Ming, Hidetoshi Morita, Taku Miyamoto

    第70回関西畜産学会京都大会  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Exploring salivary microbiome associated with immunoglobulin A nephropathy: A Japanese cohort study.

    Anushka Khasnobish, Wataru Suda, Ken-ichi Watanabe, Tien Thi Thuy Nguyen, Kensuke Arakawa, Osamu Hotta, Kensuke Joh, Lena Takayasu, Masahira Hattori, Hidetoshi Morita

    The 2020 Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Microbiome (Virtual)  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸菌研究とSDGsの接点を考える. 招待

    荒川健佑

    岡山大学×真庭市 SDGsを目指す産業体験講座  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 乳酸菌の多様性と有効活用に向けた新たな取り組み. 招待

    荒川健佑

    岡山県食品新技術応用研究会 令和元年度食品技術ミニシンポジウム「アイデアと技術で広がる発酵食品の世界」  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • シカ糞便由来チーズスターター好適乳酸菌の選抜と同定.

    福島渉, 黒岡紗季, 坂本夏帆, 安藤悠佳, 森田英利, 荒川健佑

    日本農芸化学会中四国支部第56回講演会(例会)  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The salivary microbiome and immunoglobulin A nephropathy: A Japanese population-based study.

    Anushka Khasnobish, Wataru Suda, Ken-ichi Watanabe, Tien Thi Thuy Nguyen, Kensuke Arakawa, Osamu Hotta, Kensuke Joh, Masahira Hattori, Hidetoshi Morita

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山県産チーズスターターの開発に向けたシカ糞便由来乳酸菌のスクリーニング.

    福島渉, 坂本夏帆, 黒岡紗季, 安藤悠佳, 森田英利, 荒川健佑

    令和元年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 日本人長寿者の腸内細菌叢解析とその細菌叢由来細菌の特性.

    吳宜庭, 荒川健佑, 森田英利

    令和元年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アルツハイマー病患者の腸内細菌叢から生菌分離した酪酸産生菌の特性.

    胡笳, Tien Thi Thuy Nguyen, 荒川健佑, 森田英利

    令和元年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • チロシン代謝におけるフェノール類産生能に難消化性α-グルカンが与える影響.

    高柿了大, 荒川健佑, 森田英利

    令和元年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Acid productivity of Lactobacillus helveticus in milk significantly correlates with the type and the number of cell-envelope proteinase paralogs possessed.

    Hue Thi Tong, Kensuke Arakawa, Naoki Toyokawa, Yoko Omori, Issei Oe, Keisuke Miyamoto, Ming Yan, Junliang Zhao, Kazushi Hara, Takayuki Asahina, Hidetoshi Morita, Taku Miyamoto

    酪農科学シンポジウム2019  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Food preservation using bacteriocins produced by lactic acid bacteria. 招待

    Kensuke Arakawa

    Seminar in Faculty of engineering and Food Technology, Hue University of Agriculture and Forestry  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Processing and quality control of animal food products using lactic acid bacteria. 招待

    Kensuke Arakawa

    The 6th Summer Course “Bio-tech applications in Animal Science and Sustainable Livestock”  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • アルツハイマー病の腸内細菌叢を用いたヒト型ノトバイオートマウスの構築.

    藤井祐介, Thi Thuy Tien Nguyen, 藤村勇太, 中村昇二, 荒川健佑, 森田英利

    日本農芸化学会中四国支部第53回講演会(例会)  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーによる網羅的腸内細菌叢解析を行った日本人糞便からのFaecalibacterium prausnitziiの生菌分離およびドラフトゲノム配列決定.

    藤村勇太, 龍頭壮磨, 藤井祐介, Thi Thuy Tien Nguyen, 荒川健佑, 森田英利

    平成30年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 加糖卵白発酵乳酸菌の選抜とその発酵要因の検討.

    宮本恵輔, 剱物亜友実, 大田茜, 江原優作, 浦上莉緒, 高橋美歩, 森田英利, 荒川健佑

    平成30年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Sweetened egg white can be fermented with Lactobacillus casei-group lactic acid bacteria. 招待

    Kensuke Arakawa

    Bioactive Okayama 2018 (BAO2018)  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri LA158が生産するガセリシンTの二価金属イオンによる活性低下要因の検討.

    脇本彩加, 齋藤真由, 白田淳, 長嶋曜, 原田悠暉, 山戸泰成, 春日元気, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也

    酪農科学シンポジウム2018  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri LA158が生産するガセリシンTの二価金属イオンによる活性低下要因の検討.

    脇本彩加, 齋藤真由, 白田淳, 山戸泰成, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也

    日本乳酸菌学会2018年度大会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 網羅的腸内細菌叢解析を行った日本人糞便(消化管)から生菌分離したFaecalibacterium prausnitziiの特徴.

    藤村勇太, 龍頭壮磨, 藤井祐介, Thi Thuy Tien Nguyen, 荒川健佑, 森田英利

    日本農芸化学会中四国支部第51回講演会(例会)  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳酸菌を用いた加糖卵白発酵とその発酵要因の検討.

    荒川健佑, 剱物亜友実, 大田茜, 江原優作, 森田英利

    2018年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriにおける二成分性バクテリオシン(ガセリシンT)の生産と耐性に関する検討.

    長嶋曜, 綾部まどか, 田中勝, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也

    日本畜産学会第124回大会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Gut Microbiota of Japanese Alzheimer’s disease.

    Nguyen Thi Thuy Tien, Yusuke Fujii, Iyo Mimura, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

    The 2018 Angiotensin Gordon Research Conference (GRC)  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アルツハイマー型認知症患者と高齢健常者の糞便を経口投与して作出したノトバイオートマウスの経時的な腸内細菌叢解析.

    藤井祐介, Nguyen Thi Thuy Tien, 藤村勇太, 松原岳大, 荒川健佑, 浦上克哉, 森田英利

    平成29年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの乳中生育性に及ぼす菌体外プロテアーゼ活性の影響.

    丸山晃嗣, 守時亜衣, 峰雪仁美, 森田英利, 宮本拓, 荒川健佑

    平成29年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸菌を用いた新たな乳卵発酵への試み. 招待

    荒川健佑

    岡山大学と岡山県による共同研究に向けた情報交換会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Gut microbiota community structure of Japanese Alzheimer’s disease (AD) patients: Insights from high-throughput 16S rRNA gene sequencing.

    Nguyen Thi Thuy Tien, Yusuke Fujii, Yuta Fujimura, Ayame Hirata, Kae Tomotsune, Akitsugu Maruyama, Iyo Mimura, Kensuke Arakawa, Katsuya Urakami, Hidetoshi Morita

    日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部2017年度合同大阪大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 加糖卵白発酵乳酸菌の選抜と発酵要因の解析.

    荒川健佑, 剱物亜友実, 大田茜, 江原優作, 森田英利

    日本食品科学工学会第64回大会  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳中におけるLactobacillus gasseri LA39の生育とガセリシンA生産性.

    脇本彩加, 井上雄大, 高橋礼実, 齋藤真由, 白田淳, 田中勝, 春日元気, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也

    平成29年度酪農科学シンポジウム  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの生育性に及ぼすペプシン消化胃ムチンの影響.

    荒川健佑, 龍頭壮磨, 松永佳奈子, 川井泰, 増田哲也, 森田英利, 宮本拓

    日本乳酸菌学会2017年度大会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriと乳中共生乳酸球菌の菌体外プロテアーゼ活性測定.

    丸山晃嗣, 守時亜衣, 峰雪仁美, 川井泰, 増田哲也, 森田英利, 宮本拓, 荒川健佑

    日本乳酸菌学会2017年度大会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳中におけるLactobacillus gasseri LA39の生育とガセリシンA生産性の評価.

    脇本彩加, 井上雄大, 高橋礼実, 田中勝, 春日元気, 荒川健佑, 森田英利, 宮本拓, 川井泰, 増田哲也

    日本畜産学会第122回大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インドネシアの伝統的な発酵乳ダディから分離されたLactococcus lactis D4株の比較ゲノム解析.

    Ade Sukma, 藤英博, 松原岳大, 冨田秀太, 三村伊予, 金子亮, 荒川健佑, Jafrinur, 森田英利

    日本畜産学会第122回大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroides 406および213M0は同一のバクテリオシンを産生する.

    荒川健佑, 羽野知紘, 吉田早紀, 宮本拓, 森田英利

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの生育性に与えるペプシン消化胃ムチンの影響.

    荒川健佑, 龍頭壮磨, 松永佳奈子, 川井泰, 増田哲也, 森田英利, 宮本拓

    日本畜産学会第122回大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isolation of nisin-producing strains of Lactococcus lactis subsp. lactis from traditional fermented buffalo milk ‘dadiah’ in West Sumatra, Indonesia.

    Ade Sukma, Kensuke Arakawa, Jafrinur, Hidetoshi Morita

    平成28年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroidesが産生するバクテリオシンに関する研究.

    羽野知紘, 荒川健佑, 吉田早紀, 宮本拓, 森田英利

    平成28年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriのペプシン消化胃ムチン資化能に関する研究.

    龍頭壮磨, 荒川健佑, 松永佳奈子, 川井泰, 増田哲也, 森田英利, 宮本拓

    平成28年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • タマゴの科学と加工. 招待

    荒川健佑

    島根大学生物資源科学部 第1回分子細胞生物学研究室セミナー  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroides 406および213M0のバクテリオシン生合成関連遺伝子に関する研究.

    羽野知紘, 荒川健佑, 吉田早紀, 宮本拓, 森田英利

    平成28年度酪農科学シンポジウム  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriはペプシン消化胃ムチンを資化する.

    龍頭壮磨, 荒川健佑, 松永佳奈子, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    平成28年度酪農科学シンポジウム  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸菌菌体外多糖の構成糖分析および抗酸化活性測定.

    荒川健佑, 西川大貴, 松永佳奈子, 烏力吉徳力根, 宮本拓, 森田英利

    平成28年度酪農科学シンポジウム  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Milk fermentation with peptide-requiring Lactobacillus gasseri using advance pepsinolysis.

    Kensuke Arakawa, Kanako Matsunaga, Ai Moritoki, Shuhei Takihiro, Soma Ryuto, Yasushi Kawai, Tetsuya Masuda, Taku Miyamoto

    17th AAAP Animal Science Congress  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isolation of nisin-producing Lactococcus lactis subsp. lactis strains from dadiah, Minangkabau fermented buffalo milk in West Sumatra, Indonesia.

    Ade Sukma, Kensuke Arakawa, Jafrinur, Hidetoshi Morita

    17th AAAP Animal Science Congress  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モンゴルの伝統的発酵乳である馬乳酒“アイラグ”から分離された抗菌物質を産生するLeuconostoc mesenteroidesの比較ゲノム解析.

    羽野知紘, 藤英博, 大島健志朗, Tsognemekh Bolormaa, Sedkhuu Burenjargal, Wulijideligen, 中野章代, 吉田早紀, Co Thi Kim Nguyen, Tien Thi Thuy Nguyen, 三村伊予, 荒川健佑, 田代康介, 宮本拓, 森田英利

    日本乳酸菌学会2016年度大会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus plantarum subsp. plantarum 3121M0sが産生する抗酵母物質の同定および特性解析.

    荒川健佑, 松浦雄幸, 浮田琢視, 宮本拓, 森田英利

    日本乳酸菌学会2016年度大会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上部消化管内優勢乳酸桿菌のペプチド要求性に関する研究. 招待

    荒川健佑

    公益財団法人発酵研究所 第10回助成研究報告会  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸菌菌体外多糖の生産性,構成糖および抗酸化活性に関する研究.

    西川大貴, 荒川健佑, 松永佳奈子, 烏力吉徳力根, 宮本拓, 森田英利

    日本農芸化学会中四国支部第44回講演会(例会)  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroidesのバクテリオシン生合成関連遺伝子に関する研究.

    羽野知紘, 荒川健佑, 吉田早紀, 宮本拓, 森田英利

    平成27年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Isolation of nisin-producing Lactococcus lactis subsp. lactis from traditional fermented buffalo milk ‘dadiah’ in West Sumatra, Indonesia.

    Ade Sukma, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

    平成27年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食品グレード培地「FR」におけるガセリシンAおよびガセリシンTの生産に最適な培地成分濃度と培養時間の検討.

    春日元気, 阿部麻衣子, 河野真由子, 村田美希, 富樫史香, 松田よう子, 安田朱里, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也

    平成27年度酪農科学シンポジウム  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食品グレード培地「FR」で生産したガセリシンAの限外ろ過法を用いた簡易濃縮と保存性の検討.

    春日元気, 阿部麻衣子, 河野真由子, 村田美希, 富樫史香, 松田よう子, 安田朱里, 川井泰, 荒川健佑, 増田哲也

    日本畜産学会第120回大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriと乳酸球菌の共培養に関する研究.

    守時亜衣, 峰雪仁美, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也, 森田英利, 宮本拓

    平成27年度酪農科学シンポジウム  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ブタ腸管ムチンからの乳酸菌の分離とムーンライティング付着因子の網羅解析.

    木下英樹, 大内聡子, 荒川健佑, 渡辺真通, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第120回大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticusの乳中生育性と菌体外プロテアーゼに関する研究.

    荒川健佑, 豊川直樹, 大森葉子, 宮本拓

    平成27年度酪農科学シンポジウム  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食品グレード培地「FR」におけるガセリシンAおよびガセリシンTの生産に最適な培地成分濃度と培養時間の検討.

    春日元気, 阿部麻衣子, 河野真由子, 村田美希, 富樫史香, 松田よう子, 安田朱里, 川井泰, 荒川健佑, 宮本拓, 増田哲也

    日本乳酸菌学会2015年度大会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発酵豆乳に含まれる大豆たん白質由来抗菌ペプチドの特性解析. 招待

    荒川健佑, 福留香菜子, 豊川直樹, 大森葉子, 宮本拓

    公益財団法人不二たん白質研究振興財団 第18回研究報告会  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの乳中生育性を向上させる共培養乳酸球菌株の選抜.

    荒川健佑, 峰雪仁美, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 抗酵母活性を有する乳酸菌の選抜と抗酵母物質の特性解析.

    松浦雄幸, 荒川健佑, 宮本拓

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticusを用いた発酵豆乳に含まれる抗菌物質に関する研究.

    福留香菜子, 荒川健佑, 宮本拓

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Introduction of Laboratory of Animal Food Function, Okayama University. 招待

    Kensuke Arakawa

    One day seminor 'Trends in Research of Animal Development and Production' at Andalas University  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 食品グレード培地「FR」におけるガセリシンAおよびガセリシンTの生産に最適な培地成分濃度と培養時間の検討.

    春日元気, 阿部麻衣子, 河野真由子, 村田美希, 富樫史香, 松田よう子, 安田朱里, 川井泰, 荒川健佑, 宮本拓, 増田哲也

    日本畜産学会第119回大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モンゴル地域の伝統的発酵乳アイラグより分離したLeuconostoc mesenteroides 213M0が産生するバクテリオシンの特性解析.

    吉田早紀, 羽野知紘, 荒川健佑, 宮本拓

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriはペプチドを生育因子とする.

    守時亜衣, 松永佳奈子, 龍頭壮磨, 滝廣宗平, 荒川健佑, 宮本拓

    平成26年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriおよびその近縁乳酸桿菌種は乳中でペプチドを要求する.

    荒川健佑, 松永佳奈子, 滝廣宗平, 守時亜衣, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    平成26年度酪農科学シンポジウム  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食品添加用酵母エキスを用いたLactobacillus gasseri用食品グレード培地の創製と生育促進物質の検索.

    春日元気, 吉田光希, 松島裕樹, 荒川健佑, 川井泰, 宮本拓, 増田哲也

    平成26年度酪農科学シンポジウム  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriとその近縁種のペプチド要求性について.

    荒川健佑, 松永佳奈子, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    日本乳酸菌学会2014年大会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食品添加用酵母エキスを用いたLactobacillus gasseri用の食品グレード培地の創製と生育促進物質の検索.

    春日元気, 吉田光希, 松島裕樹, 荒川健佑, 川井泰, 宮本拓, 増田哲也

    日本乳酸菌学会2014年大会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri用の安価な食品グレード培地の創製 -最適食品添加用酵母エキスの選抜-.

    春田元気, 松島裕樹, 吉田光希, 荒川健佑, 川井泰, 宮本拓, 増田哲也

    日本畜産学会第118回大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriはペプチドを生育因子とする.

    松永佳奈子, 荒川健佑, 滝廣宗平, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    日本畜産学会第118回大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticusの乳中生育性と菌体外プロテアーゼ活性に関する研究.

    豊川直樹, 荒川健佑, 宮本拓

    日本畜産学会第118回大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriを用いた発酵大豆製品製造への新たなアプローチ.

    荒川健佑, 松永佳奈子, 滝廣宗平, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    日本農芸化学会2014年度大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食品添加用酵母エキス中のLactobacillus gasseriに対する生育促進因子の検索.

    吉田光希, 春田元気, 松島裕樹, 荒川健佑, 川井泰, 宮本拓, 増田哲也

    日本畜産学会第118回大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroides 213M0の生産するバクテリオシン様抗菌物質に関する研究.

    吉田早紀, 荒川健佑, 宮本拓

    日本畜産学会第118回大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticusの生育性と菌体外プロテアーゼに関する研究.

    豊川直樹, 荒川健佑, 宮本拓

    平成25年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroides 213M0の産生する抗菌ペプチドに関する研究.

    吉田早紀, 相川浩輝, 荒川健佑, 宮本拓

    平成25年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriのペプチド要求性に関する研究.

    松永佳奈子, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    平成25年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Broad-spectrum antibacterial activity of bovine milk fermented by Lactobacillus helveticus MSC003.

    Kensuke Arakawa, Tatsuya Yamagami, Kazushi Hara, Takayuki Asahina, Hiroyuki Nakano, Taku Miyamoto

    IDF World Dairy Summit 2013  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Microbial interaction between lactic acid bacteria and yeasts in airag, a Mongolian alcoholic fermented milk.

    Taku Miyamoto, Sudun, Wulijideligen, Sedhuu Burenjargal, Kensuke Arakawa, Takayuki Asahina, Kazushi Hara

    IDF World Dairy Summit 2013  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticusの生育性と菌体外プロテアーゼに関する研究.

    豊川直樹, 荒川健佑, 宮本拓

    平成25年度酪農科学シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 環状バクテリオシン「ガセリシンA」の生合成機構に関する研究.

    鈴木はるか, 中村圭志, 荒川健佑, 安田成美, 川井泰, 西村順子, 北澤春樹, 浅見幸夫, 齋藤忠夫

    平成25年度酪農科学シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Leuconostoc mesenteroides 213M0の産生するバクテリオシンに関する研究.

    吉田早紀, 相川浩輝, 荒川健佑, 宮本拓

    平成25年度酪農科学シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriの生育因子とバクテリオシン生産. 招待

    荒川健佑

    平成25年度酪農科学シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriのペプチド要求性に関する研究.

    松永佳奈子, 荒川健佑, 川井泰, 増田哲也, 宮本拓

    平成25年度酪農科学シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticus 4811を用いた発酵乳中の抗菌物質に関する研究.

    林将也, 石田雄二, 荒川健佑, 中野宏幸, 宮本拓

    平成25年度酪農科学シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト小腸優勢乳酸桿菌Lactobacillus gasseriの食品利用.

    荒川健佑

    日本農芸化学会・第15回中四国支部若手シンポジウム(第5回農芸化学の未来開拓セミナー)  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticus 4811が発酵乳中で生成する抗菌物質に関する研究.

    林将也, 石田雄二, 荒川健佑, 中野宏幸, 宮本拓

    日本畜産学会第116回大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N/C末端がリンクした環状バクテリオシン「ガセリシンA」の生合成機構に関する研究.

    鈴木はるか, 川井泰, 荒川健佑, 中村圭志, 安田成美, 木ノ内智之, 郭暁艶, 水谷陽, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2013年度大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticus 4811を用いた発酵乳中の抗菌ペプチドに関する研究.

    林将也, 上田実, 荒川健佑, 宮本拓

    平成24年度岡山大学農学部・岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究成果検討会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • GABA高生産乳酸菌の分離とその応用について.

    侯歌川, 藤川皓江, 荒川健佑, 宮本拓

    第62回関西畜産学会大会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N/C末端がリンクした環状バクテリオシン「ガセリシンA」の生合成機構に関する研究.

    鈴木はるか, 中村圭志, 荒川健佑, 川井泰, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    平成24年度日本酪農科学シンポジウム  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モンゴル地域の発酵乳製品から分離した乳酸菌が生産する抗菌物質の特性について.

    山神達也, 原和志, 宮本拓, 荒川健佑

    平成24年度日本酪農科学シンポジウム  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高い消化液耐性およびGABA生産活性を有するモンゴル地域馬乳酒由来乳酸菌の分離.

    池田裕美, 荒川健佑, 烏力吉徳力根, 蘇敦, 侯歌川, 宮本拓

    日本生物工学会西日本支部第2回講演会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」のGxxxGモチーフが抗菌活性に及ぼす影響.

    安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 荒川健佑, 中村圭志, 鈴木はるか, 郭暁艶, 水谷陽, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2012年大会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N/C末端がリンクした環状バクテリオシン「ガセリシンA」の生合成機構に関する研究.

    鈴木はるか, 中村圭志, 荒川健佑, 安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2012年大会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 馬乳酒の乳酸菌フローラとその抗微生物作用について.

    烏力吉徳力根, 朝比奈学之, 原和志, 蘇敦, 荒川健佑, 宮本拓

    日本生物工学会西日本支部第2回講演会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二価金属イオンが二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」の生産に及ぼす影響.

    郭暁艶, 荒川健佑, 上西寛司, 中島肇, 西村順子, 川井泰, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2012年大会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パパイヤ抽出液における微弱なL/D-ペプチドイソメラーゼ活性の検出.

    荒川健佑, Jennifer M, S. Koh, Ben Crossette, Allan M. Torres, Philip W. Kuchel

    日本農芸化学会2012年度大会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルコール発酵乳アイラグを構成する乳酸菌と酵母の共生作用について.

    蘇敦, 宮本真理, 荒川健佑, 宮本拓

    学内COE【「ゆとり教育世代」に統合展開力を育む生物・化学系大学院教育】年次成果発表会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」の発現およびGxxxGモチーフが抗菌活性に及ぼす影響.

    安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 荒川健佑, 中村圭志, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2012年度大会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N・C末端がリンクした環状バクテリオシン「ガセリシンA」の生合成機構に関する研究.

    中村圭志, 荒川健佑, 鈴木はるか, 安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2012年度大会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モンゴル国アイラグの微生物フローラについて.

    Tognemekh Bolormaa, 烏力吉徳力根, 林将也, 荒川健佑, 宮本拓

    日本畜産学会第115回大会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルコール発酵乳アイラグを構成する乳酸菌と酵母の共生作用について.

    蘇敦, 宮本真理, 荒川健佑, 宮本拓

    平成23年度日本酪農科学シンポジウム  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mass preparation of gassericin A concentrate from cheese whey culture supernatant of Lactobacillus gasseri LA39 for application to food preservation.

    Yasushi Kawai, Kiyoshi Nakamura, Kensuke Arakawa, Narimi Yasuta, Takahiro Chujo, Hiroyuki Iioka, Masashi Tanioka, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Koichi Tsurumi, Tadao Saito

    The 10th Symposium on Lactic Acid Bacteria  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アイラグを構成する乳糖発酵性酵母による乳酸菌の生育促進効果について.

    蘇敦, 荒川健佑, 宮本拓

    第61回関西畜産学会大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モンゴル国原産アイラグから分離したLeuconostoc mesenteroides 406の生産するバクテリオシンの性状.

    鳥力吉徳力根, 原和志, 朝比奈学之, 荒川健佑, 宮本拓

    第61回関西畜産学会大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良チーズホエー培地を用いた、二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」の精製とその特性解析.

    安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 荒川健佑, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 牧野由美子, 重信秀治, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    平成23年度日本酪農科学シンポジウム  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lactobacillus helveticusの生産する乳タンパク質由来抗菌ペプチドの検索について.

    石田雄二, 上田実, 宮本拓, 荒川健佑

    平成23年度日本酪農科学シンポジウム  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 馬乳酒起源乳酸菌における生理機能の探索について.

    池田裕美, 烏力吉徳力根, 蘇敦, 侯歌川, 宮本拓, 荒川健佑

    平成23年度日本酪農科学シンポジウム  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食品規格培地を用いた、乳酸菌由来の二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」の生産、精製とその特性解析.

    安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 荒川健佑, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 牧野由美子, 重信秀治, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第114回大会  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸菌と生物活性ペプチド. 招待

    荒川健佑

    岡山大学農学部応用動物科学セミナー  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 乳酸菌由来の二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」の改良チーズホエー培地からの高度精製.

    安田成美, 川井泰, 伊藤喜之, 荒川健佑, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2011年度大会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N・C末端がリンクした環状バクテリオシン「ガセリシンA」の生合成機構に関する研究.

    中村圭志, 荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 安田成美, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2011年度大会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良チーズホエイ培地を用いたバクテリオシン(ガセリシンA)の限外ろ過調製とカスタードクリームの腐敗抑制効果.

    中村圭志, 荒川健佑, 川井泰, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫, 飯岡宏之, 谷岡政司, 鶴見幸市

    日本乳酸菌学会2010年度大会  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri LA158が生産するバクテリオシン「ガセリシンT」の二成分性に関する検討.

    中條貴弘, 荒川健佑, 川井泰, 中村圭志, 安田成美, 有友亮太, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫, 伊藤喜之

    日本乳酸菌学会2010年度大会  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良チーズホエイ培地を用いたバクテリオシン(ガセリシンA)の調製とカスタードクリームの腐敗抑制効果.

    中村圭志, 川井泰, 荒川健佑, 西村順子, 北澤春樹, 飯岡宏之, 谷岡政司, 鶴見幸市, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2010年度大会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト腸管由来L. gasseriの二成分性バクテリオシン「ガセリシンT」の特性解析.

    中條貴弘, 荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中村圭志, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2010年度大会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト腸管由来乳酸菌Lactobacillus gasseriの抗菌物質耐性に添加脂質が及ぼす影響.

    伊藤円香, 川井泰, 荒川健佑, 鈴木将憲, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    第144回日本農芸化学会東北支部大会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N/C-両末端が結合した環状抗菌ペプチドの環化に関する研究.

    荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第111回大会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 環状バクテリオシン・ガセリシンAの生合成遺伝子領域の決定.

    中村圭志, 荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中條貴弘, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    平成21年度日本酪農科学シンポジウム  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 環状バクテリオシン・ガセリシンAの活性発現遺伝子領域の決定.

    荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2009年度大会  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • N/C-両末端が結合した環状抗菌ペプチド・ガセリシンAの活性発現遺伝子領域の決定.

    荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウム  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • バクテリオシン(ガセリシンA)に対する乳酸菌の自己耐性因子とその発現解析.

    川井泰, 荒川健佑, 伊藤喜之, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第110回大会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2成分性のバクテリオシン(ガセリシンT)の生合成遺伝子とタンパク質化学的特性.

    中條貴弘, 荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中村圭志, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第110回大会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseriが生産する抗菌ペプチドを用いたカスタードクリームの新規保存法の開発.

    荒川健佑, 川井泰, 飯岡宏之, 谷岡政司, 北澤春樹, 鶴見幸市, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第110回大会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of fatty acids (C18:1, octadecenoic acids) to bacteriocin production and resistance of Lactobacillus gasseri strains isolated from human intestine and feces.

    Yasushi Kawai, Madoka Itoh, Yasushi Endo, Kensuke Arakawa, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Improved growth and increased bacteriocin production of probiotic Lactobacillus gasseri strains in milk-based media.

    Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト由来乳酸桿菌のバクテリオシン生産性と耐性に脂肪酸(オクタデセン酸, C18:1)が及ぼす影響.

    伊藤円香, 川井泰, 遠藤泰志, 荒川健佑, 鈴木将憲, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2008年度大会  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • プロバイオティック乳酸菌Lactobacillus gasseriの生育性およびバクテリオシン生産性を向上させる新規乳培地の開発.

    荒川健佑, 川井泰, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    第5回東北大学バイオサイエンスシンポジウム  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸菌のバクテリオシン生産性と耐性はオクタデセン酸により変化する.

    伊藤円香, 川井泰, 遠藤泰志, 荒川健佑, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2008年度大会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガセリシンTの生産性に及ぼす二価金属イオンの影響.

    荒川健佑, 川井泰, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2008年度大会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Characteristics of bacteriocins and their producing Lactobacillus gasseri strains isolated from human infant feces.

    Yasushi Kawai, Kensuke Arakawa, Madoka Itoh, Yasushi Endo, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    The 4th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Application of bacteriocin produced by probiotic Lactobacillus gasseri LA39 to biopreservation of custard cream.

    Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Haruki Kitazawa, Hiroyuki Iioka, Masashi Tanioka, Kenji Ichioka, Koichi Tsurumi, Tadao Saito

    The 4th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト由来乳酸桿菌のバクテリオシン生産性と耐性に脂肪酸(オクタデセン酸、C18:1)が及ぼす影響.

    伊藤円香, 川井泰, 遠藤泰志, 荒川健佑, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2007年度大会  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト腸管系乳酸菌の抗菌ペプチド生産性と耐性に脂肪酸(オクタデセン酸、C18:1)が及ぼす影響.

    伊藤円香, 川井泰, 荒川健佑, 遠藤泰志, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    第4回東北大学バイオサイエンスシンポジウム  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳酸桿菌のバクテリオシン生産性と耐性にオクタデセン酸が及ぼす影響.

    伊藤円香, 川井泰, 遠藤泰志, 日塔彬, 荒川健佑, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2007年度大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳中におけるLactobacillus gasseriの生育性獲得とバクテリオシン生産.

    荒川健佑, 川井泰, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    平成18年度日本農芸化学会北海道支部・東北支部合同支部会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カスタードクリーム腐敗時の細菌フローラ解析と乳酸菌起源バクテリオシンによる保存性の向上.

    荒川健佑, 川井泰, 北澤春樹, 飯岡宏之, 谷岡政司, 市岡建司, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2006年度大会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lactobacillus gasseri LA39の生産する環状バクテリオシン、ガセリシンAとその関連遺伝子の発現解析.

    Kusnadi Joni, 川井泰, 伊藤喜之, 遠藤幹子, 内田英明, 荒川健佑, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本乳酸菌学会2006年度大会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト乳児由来の乳酸菌Lactobacillus gasseri LA39が生産する環状抗菌性ペプチドの発現解析.

    川井泰, Kusnadi Joni, 伊藤喜之, 遠藤幹子, 荒川健佑, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム,  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 腐敗カスタードクリームの細菌フローラ解析と腐敗指標菌の特定.

    荒川健佑, 川井泰, 北澤春樹, 飯岡宏之, 谷岡政司, 市岡建司, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2006年度大会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 環状バクテリオシン:ガセリシンAにおける関連遺伝子とそのホモ発現解析.

    川井泰, Kusnadi Joni, 遠藤幹子, 内田英明, 荒川健佑, 伊藤喜之, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    日本農芸化学会2006年度大会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Production of gassericin A from Lactobacillus gasseri LA39 in improved milk medium and its effectiveness for the protection of bovine mastitis.

    Yasushi Kawai, Ayako Itoh, Kensuke Arakawa, Ken-ichi Komine, Kenzo Kai, Haruki Kitazawa, Tadao Saito

    The 8th Symposium on Lactic Acid Bacteria  2005年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト乳児由来乳酸菌が生産する抗菌性ペプチド(バクテリオシン)の特性解析とその応用.

    川井泰, 荒川健佑, 北澤春樹, 齋藤忠夫

    第2回東北大学バイオサイエンスシンポジウム  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • バクテリオシン活性は構成D/L-アミノ酸により制御されるか?

    荒川健佑, 川井泰, 伊藤綾子, 北澤春樹, 佐藤實, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第101回大会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガセリシンAのウシ乳房炎由来黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性とその利用.

    伊藤綾子, 川井泰, 荒川健佑, 北澤春樹, 小峯健一, 熊谷勝男, 齋藤忠夫

    日本畜産学会第101回大会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • ラクトバチルス属乳酸菌培養用食品グレード培地、ラクトバチルス属乳酸菌の培養方法及びラクトバチルス属乳酸菌培養物の製造方法

    増田哲也, 川井泰, 宮本拓, 荒川健佑

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-041974  出願日:2014年3月4日

    公開番号:特開2015-167474  公開日:2015年9月28日

    特許番号/登録番号:特許6330237  発行日:2018年5月11日

    6330237

    researchmap

  • 消化管内および糞便由来乳酸菌培養用乳もしくは豆乳由来組成物、培養用又は発酵用原料及び乳酸発酵物

    荒川健佑, 宮本拓, 松永佳奈子, 川井泰, 増田哲也

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-164359  出願日:2013年8月7日

    公開番号:特開2015-050993  公開日:2015年3月19日

    2015-050993

    researchmap

  • ガセリシンAの生産方法及び食品保存剤

    齋藤忠夫, 川井泰, 荒川健佑, 飯岡宏之, 谷岡政司, 鶴見幸市

     詳細を見る

    出願番号:特願2007-212935  出願日:2007年8月17日

    公開番号:特開2009-044983  公開日:2009年3月5日

    2009-044983

    researchmap

受賞

  • 優秀発表賞

    2021年3月   日本畜産学会   野生シカから分離・選抜したチーズ用スターター乳酸菌の評価

    野崎颯馬, 福島渉, 細川美伊, 安達魁人, 大森遥, 坂本夏帆, 黒岡紗季, 安藤悠佳, 森田英利, 荒川健佑

     詳細を見る

  • B.B.B.論文賞

    2020年2月   日本農芸化学会   Fecal metabolite of a gnotobiotic mouse transplanted with gut microbiota from a patient with Alzheimer’s disease

    Yusuke Fujii, Thuy Tien Thi Nguyen, Yuta Fujimura, Naotaka Kameya, Shoji Nakamura, Kensuke Arakawa, Hidetoshi Morita

     詳細を見る

  • 優秀発表賞

    2014年3月   日本畜産学会   Leuconostoc mesenteroides 213M0の生産するバクテリオシン様抗菌物質に関する研究

    吉田早紀, 荒川健佑, 宮本拓

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Animal Science Journal Excellent Paper Award

    2012年   日本畜産学会   Bacteriocin production of probiotic Lactobacillus gasseri LA39 isolated from human feces in milk-based media

    Kensuke Arakawa, Yasushi Kawai, Kenji Fujitani, Junko Nishimura, Haruki Kitazawa, Ken-ichi Komine, Kenzo Kai, Tadao Saito

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 優秀発表賞

    2009年9月   日本畜産学会   N/C-両末端が結合した環状抗菌ペプチドの環化に関する研究

    荒川健佑, 川井泰, 伊藤喜之, 中村圭志, 中條貴弘, 西村順子, 北澤春樹, 齋藤忠夫

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 自然免疫を担う細胞群を活性化する乳酸菌の探索とその遺伝子マーカーの決定

    2020年04月 - 2021年03月

    岡山大学  令和2年度研究推進機構プレ共同研究支援事業 

    畑生俊光, 荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • ジャージー牛の乳肉製品プレミアム化事業

    2018年04月 - 2020年03月

    日本中央競馬会  平成30年度畜産振興事業 

    辻岳人, 揖斐隆之, 西野直樹, 荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 乳酸菌を用いた加糖卵白発酵と卵白タンパク質由来機能性ペプチドに関する研究

    2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  若手研究(B) 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 乳酸菌菌体外プロテアーゼによる卵白タンパク質の分解と機能性ペプチドの生成について

    2016年04月 - 2017年03月

    一般財団法人旗影会  2016年度特別助成 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 抗菌効果と保健効果を有した機能性発酵液卵の開発および評価

    2015年04月 - 2016年03月

    一般財団法人旗影会  2015年度特別助成 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ヒト小腸優勢乳酸桿菌のペプチド要求性に関する研究

    2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  若手研究(B) 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 上部消化管内優勢乳酸桿菌種のペプチド要求性に関する研究

    2014年04月 - 2016年03月

    公益財団法人発酵研究所  平成26年度(2014年度)一般研究助成 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 発酵豆乳に含まれる大豆たん白質由来抗菌ペプチドの特性解析

    2014年04月 - 2015年03月

    公益財団法人不二たん白質研究振興財団  平成25年度研究助成(若手研究者枠) 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 大豆製品残渣を用いたプロバイオティック発酵食品の開発

    2013年04月 - 2014年03月

    一般財団法人日本環境財団  平成25年度研究助成金 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 健康に役立つ乳酸菌とその発酵利用

    2012年

    コスモ・バイオ株式会社  Cosmo Bio Tools for School 第9回コスモ・バイオ公開講座応援団 

    岡山大学農学部

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 乳酸菌バクテリオシンの腸内動態解明に向けた基礎的検討

    2011年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  研究活動スタート支援 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 生物活性ペプチドの翻訳後L-to-D-アミノ酸光学異性化に関する研究

    2010年04月 - 2011年03月

    日本学術振興会  海外特別研究員 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 抗菌ペプチドの生物活性を増強するペプチドエピメラーゼの探索と光学異性化機構の解明

    2007年04月 - 2010年03月

    日本学術振興会  特別研究員 

    荒川健佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Laboratory in Biology (2021年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • コース演習4 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 動物応用微生物学特論 (2021年度) 後期  - 金3,金4

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 基礎生物学実験 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 畜産食品学1 (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 畜産食品学2 (2021年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 畜産食品機能学特論 (2021年度) 前期  - その他

  • 研究科目演習1 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 食品衛生学 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • Laboratory in Biology (2020年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • コース演習3 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 動物応用微生物学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 動物応用微生物学特論 (2020年度) 後期  - 金3,金4

  • 卒業論文 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 基礎生物学実験 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 岡山大学×真庭市 SDGsを目指す産業体験講座 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 畜産食品学1 (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 畜産食品学2 (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 畜産食品機能学特論 (2020年度) 前期  - その他

  • 研究科目演習1 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2020年度) 3・4学期  - その他

▼全件表示