2021/07/12 更新

写真a

タナカ トモコ
田中 共子
TANAKA Tomoko
所属
社会文化科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 学術修士 ( 筑波大学 )

  • 博士(人間科学) ( 早稲田大学 )

研究キーワード

  • social support

  • cross-cultural adjustment

  • social skills

  • 異文化接触

  • 異文化間対人関係形成

  • family caregivers

  • 異文化適応

  • ソーシャル・スキル

  • cross-cultural communication

  • interpersonal relationship

  • elderly

  • cross-cultural psychology

  • inter-cultural education

  • ソーシャル・サポート

  • コミュニケーション

  • 高齢者

  • 介護者

研究分野

  • 人文・社会 / 教育心理学

  • 人文・社会 / 臨床心理学

  • 人文・社会 / 社会心理学

学歴

  • 広島大学   大学院後期課程生物圏科学研究科   環境計画科学(心理学)

    1987年4月 - 1989年11月

      詳細を見る

  • ワシントン大学   大学院 心理学研究科  

    1988年9月 - 1989年6月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

    researchmap

  • University of Washington   Graduate School, Division of Psychology   Psychology

    1988年9月 - 1989年6月

      詳細を見る

  • 筑波大学   大学院修士課程環境科学研究科   環境科学専攻(実験社会医学・行動毒性学)

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 筑波大学   Second Cluster of College   Biology, Medical Biology

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 教授

    2003年

      詳細を見る

  • - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学社会文化科学研究科 助教授

    1998年 - 2003年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    1998年 - 2003年

      詳細を見る

  • 広島大学 留学生センター 助手   International Student Center

    1990年 - 1998年

      詳細を見る

  • Research Associate,Hiroshima University, Institute for International Education

    1990年 - 1998年

      詳細を見る

  • 広島大学 保健管理センター 助手   Health Service Center

    1989年 - 1990年

      詳細を見る

  • Research Associate

    1989年 - 1990年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 日本保健医療行動科学会

    2019年3月

      詳細を見る

  • 日本教育心理学会

    2019年3月

      詳細を見る

  • 日本カウンセリング学会

    2015年3月

      詳細を見る

  • 岡山心理学会

    2013年3月

      詳細を見る

  • 中四国心理学会

    2013年3月

      詳細を見る

  • 日本行動療法学会

    2013年3月

      詳細を見る

  • 日本学生相談学会

    2005年3月

      詳細を見る

  • SST普及協会

    1998年3月

      詳細を見る

  • the Asian Association of Health Psychology

      詳細を見る

  • 医療の質・安全学会

      詳細を見る

  • Association of International Students Educarion

      詳細を見る

  • 多文化関係学会第14回総会年次大会

      詳細を見る

  • Asian Association of Social Psychology

      詳細を見る

  • 日本応用心理学会

      詳細を見る

  • International Journal of Counseling and Psychotherapy 誌

      詳細を見る

  • 日本看護研究学会

      詳細を見る

  • アジア健康心理学会

      詳細を見る

  • Japanese Association of Psychology

      詳細を見る

  • Japanese Association of Social Psychology

      詳細を見る

  • 異文化間教育学会

      詳細を見る

  • Japaense Association on Behavior Therapy

      詳細を見る

  • Japanese Association of Health Psychology

      詳細を見る

  • Japanese Association of Educational Psychology

      詳細を見る

  • Japanese Associaion of Counseling

      詳細を見る

  • Japanese Associoation of Group dymamics

      詳細を見る

  • 日本華僑華人学会

      詳細を見る

  • Japanese Association of Qualitative Psychology

      詳細を見る

  • 日本社会心理学会

      詳細を見る

  • 日本グループダイナミックス学会

      詳細を見る

  • Asian Association of Social Psychology

      詳細を見る

  • 日本心理学会

      詳細を見る

  • 日本質的心理学会

      詳細を見る

  • 留学生教育学会

      詳細を見る

  • 日本健康心理学会

      詳細を見る

  • 多文化関係学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • アジア健康心理学会   副会長  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    アジア健康心理学会

    researchmap

  • the Asian Association of Health Psychology   Vice President  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    the Asian Association of Health Psychology

    researchmap

  • 日本健康心理学会   理事長(2019-2020)、財務委員長(2016-2018)、研究推進委員会委員長(2013-2015)、年次大会準備委員長(2015-2016)、理事・常任理事  

    2015年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本健康心理学会

    researchmap

  • 多文化関係学会   会長(2015-2016)、理事、中国四国地区研究会委員長(2009-2014)、年次大会準備委員長(2014-2015)  

    2015年 - 2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    多文化関係学会

    researchmap

  • アジア健康心理学会大会準備委員会 総務委員&学術委員長(2014-2017)  

    2013年 - 2017年   

      詳細を見る

  • Committee of the Asian Congress of Health Psychology Chair of Scientific Program(2014-2017)  

    2013年 - 2017年   

      詳細を見る

  • International Journal of Counseling and Psychotherapy 誌   編集委員  

    2009年 - 2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    International Journal of Counseling and Psychotherapy 誌

    researchmap

  • 岡山心理学会   理事  

    2009年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本質的心理学会   副編集委員長・編集委員(2007-2012)、理事(2019-)、年次大会準備委員(2010-2011)  

    2007年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本質的心理学会

    researchmap

  • Japanese Association of Educational Psychology   editor  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Japanese Association of Educational Psychology

    researchmap

  • 日本教育心理学会   編集委員(二回目)  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本教育心理学会

    researchmap

  • 留学生教育学会   編集委員(2006-2015)  

    2006年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    留学生教育学会

    researchmap

  • 異文化間教育学会   編集委員(2005-2009、2012-2019)、理事(2003-2008、2011-2012、2015-2016、2019-)  

    2005年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 2004年世界認知療法行動療法会議招聘委員会   2004年世界認知療法行動療法会議招聘委員会総務委員  

    2002年 - 2004年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Re-acculturation of Chinese Returnees who Experienced Overseas Studies in Japan 査読

    Yuri Okunishi, Tomoko Tanaka

    応用心理学研究・英文論文特集号   46   11 - 18   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Chinese Permanent Residents in Japan: A Qualitative Study on Acculturation Strategies and Mental Health

    ShiZhe Zhao, Tomoko Tanaka

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2020 Official Conference Proceedings   89 - 106   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 中国系異文化滞在者の文化変容方略とメンタルヘルス-1990年代以降の欧米・日本・香港の研究から- 査読

    趙師哲, 田中共子

    日本華僑華人研究   17   55 - 67   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在フランス日本人留学生のソーシャル・サポート・ネットワーク-対人関係の構造を探索する事例的研究- 査読

    中野祥子, 田中共子

    留学生教育   24   51 - 59   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 海外留学から帰国した日本人学生を対象とする帰国後異文化間教育プログラムの開発-帰国後のケアとキャリア形成を目的とした自助グループ活動実践の試み- 招待

    髙濵愛, 田中共子

    留学交流   101   46 - 63   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

    researchmap

  • 在トルコ日本人における対人行動上の困難-トルコ人との異文化交流における葛藤経験- 査読

    中野祥子, 田中共子

    異文化間教育   50   124 - 136   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 若手看護師の指示の出し受けスキル尺度における信頼性と妥当性 査読

    山本恵美子, 田中共子, 兵藤好美, 畠中香織

    Journal of Health Psychology Research   32 ( 1 )   21 - 29   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ムスリム留学生との交流のために-調査・実践から見えてきた日本的共同性の視点- 招待

    中野祥子, 田中共子

    留学交流   100   32 - 43   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Mechanism Linking Discrimination, Conflict, and Switching Behaviour in Bicultural Individuals 査読

    JungHui Lee, Tomoko Tanaka

    IAFOR Journal of Arts & Humanities   6 ( 1 )   29 - 40   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Acculturation attitudes among Zainichi Koreans living in Japan 査読

    JungHui Lee, Tomoko Tanaka

    応用心理学研究   32 ( 1 )   21 - 29   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The Academic Culture Shock Experiences of Turkish International Students in Japan: A Qualitative Study.

    Ayse Ilgin Sozen, Tomoko Tanaka, Sachiko Nakano

    The Asian Conference on Education, 2018 Official Conference Proceedings   295 - 307   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 在ブラジル日本人における異文化滞在のソーシャルスキルの検討-社会生活スキルと対人スキルの観点から 査読

    迫こゆり, 田中共子

    多文化関係学   15   3 - 17   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日留学生の異文化適応支援のための異文化間ソーシャルスキル学習の実践

    田中 共子

    第4回アジア未来会議(Proceedings)   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 看護学生の正確な指示受けのためのソーシャルスキルトレーニング―臨地実習で直面する困難状況を課題場面とした医療安全教育の試み- 査読

    山本恵美子, 田中共子, 兵藤好美, 畠中香織

    応用心理学研究   44 ( 1 )   70 - 80   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The implications of social skills on the formation of relationships between Indonesian Muslims and Japanese. In M. Karasawa, M. Yuki, K. Ishii, Y. Uchida, K. Sato, & W. Friedlmeier (Eds.) 査読

    Nakano, S, Tanaka, T

    Venture into cross-cultural psychology: Proceedings from the 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology.   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ブリテン諸島の日本人大学院留学生にみる異文化間友人関係形成 招待

    鉄川大健, 田中共子

    ウエブマガジン留学交流   83   1 - 17   2018年

     詳細を見る

  • 日本人学生を対象としたムスリム留学生との交流のための異文化間教育の試み―異文化間ソーシャルスキルの視点から 査読

    中野祥子, 田中共子, 奥西有理

    異文化間教育   48   140 - 160   2018年

     詳細を見る

  • ヒューマンエラーの発生と事故防止の過程を学ぶシナリオシミュレーションとスキル学習 査読

    山本恵美子, 田中共子, 兵藤好美, 片山はるみ

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   6   23 - 29   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The Implications of Japanese People's Cross-Cultural Social Skills in Turkey: Forming Relationships with Turkish Muslims. 査読

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2017 Official Conference Proceedings.   2017   87 - 95   2017年

     詳細を見る

  • Superordinate Identity in Zainichi Koreans (Koreans Living in Japan) 査読

    JungHui Lee, Tomoko Tanaka

    The IAFOR Journal of Psychology and Behavior Sciences   13 ( 4 )   49 - 60   2017年

     詳細を見る

  • 在日コリアンのメンタルヘルスに影響する要因の検討-認知面と行動面から- 査読

    李正姫, 田中共子

    応用心理学研究   42 ( 3 )   265 - 266   2017年

     詳細を見る

  • Creating a collaborative culture in Japanese Multicultural care sites: Examing factors influencing mental health 査読

    Kaori Hatanaka, Tomoko Tanaka

    Progress in Asian Social Psychology Series, Volume11, Asian Psychology and Asian Societies in the Midst of Change   11   283 - 304   2017年

     詳細を見る

  • 在日ムスリム留学生の異文化滞在に伴う困難の変容-国立大学理工系学生5名の2年間を振り返る事例分析- 査読

    中野祥子, 田中共子

    異文化間教育   46   140 - 151   2017年

     詳細を見る

  • ブラジル留学における困難体験とその対処一在ブラジル日本人留学生の異文化適応支援に向けて- 査読

    迫こゆり, 田中共子

    留学生教育   22   19 - 30   2017年

     詳細を見る

  • 日本人ホストはムスリム留学生とどのように対人関係を築くのか 査読

    中野祥子, 田中共子

    多文化関係学   14   57 - 75   2017年

     詳細を見る

  • Difficulties and Coping Strategy of Muslims in Japan During Intercultural Contact Situations: Analysis of Difficulties Related to Demographic, Coping Strategies 査読

    Sachiko Nakano, Tomoko Tanaka, Simic-Mira Yamashita

    Progress in Asian Social Psychology Series, Volume11, Asian Psychology and Asian Societies in the Midst of Change   11   29 - 58   2017年

     詳細を見る

  • Social Skills Use of International Students in Japan 査読

    Tomoko Tanaka, Yuri Okunishi

    JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH   58 ( 1 )   54 - 70   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    This study investigated the cross-cultural social skills use of international students in Japan. One hundred and forty questionnaires were sent out and 102 were returned. Participants evaluated their skills use with 21 items pertaining to cross-cultural social skills in Japan, which were considered useful in forming interpersonal relationships with their Japanese hosts. They also evaluated how common such skills were in their own countries. The skills were divided into the following four categories: (a) skills used in Japan and recognized as being used in home countries, which seemed to be applications of original behavior repertory (Maintained skills); (b) skills used in Japan but not recognized in their own countries, which seemed to be developed in the Japanese sociocultural context (Acquired skills); (c) skills recognized in their home countries but not used in Japan, which seemed to be somehow suppressed in Japan (Avoided skills); and (d) skills rarely used in Japan and rarely recognized in their home countries, which seemed to be undesired (Neglected skills). Some skills were relatively common in their own countries but not always highly used in Japan. Students with higher Japanese proficiency or a longer duration of stay in Japan tended to show higher skills use. However, the assumption that students from neighboring countries were more skillful was not supported. The psychological background of cross-cultural social skills use was also discussed.

    DOI: 10.1111/jpr.12097

    Web of Science

    researchmap

  • 在日外国人留学生における食の異文化適応-異文化間食育への示唆- 査読

    田中共子, 中野祥子

    異文化間教育   44   116 - 128   2016年

     詳細を見る

  • Comparison of Dietary Behaviors and Acculturation of Korean and Japanese Students in Japan. 査読

    Kaori Hatanaka, Tomoko Tanaka

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2016 Official Conference Proceedings   2016   75 - 85   2016年

     詳細を見る

  • Examination of a social skills training program related to transmitting and taking directions in basic nursing education. 査読

    Emiko Yamamoto, Tomoko Tanaka, YoshimiHyodo, Kaori Hatanaka

    International Journal of Health and Life-Sciences, Special Issue   1 ( 1 )   227 - 237   2016年

     詳細を見る

  • 在仏日本人留学生における食の異文化適応-送り出し版異文化間食育への示唆- 査読

    田中共子

    留学生教育   20   67 - 74   2015年

     詳細を見る

  • AUC-GS学習モデルに基づく日本人学生を対象とした心理教育的な異文化間教育の試み 査読

    田中共子

    異文化間教育   41   127 - 143   2015年

     詳細を見る

  • Interpersonal Behavioral Difficulties of Muslim Students in Japan During Intercultural Contact 査読

    Sachiko Nakako, Yuri Okunishi, Tomoko Tanaka

    Proceedings of the 10th Asian Association of Social Psychology Biennial Conference, enhancing Quality of Life through Community Integrity and Cultural Diversity: Promoting Indigenous, Social and Cultural Psychology   10   154 - 170   2015年

     詳細を見る

  • Case study of dietary habits and acculturation in Chinese international students in Japan: Problems and necessity of intercultural dietary education 査読

    Kaori Hatanaka, Tomoko Tanaka

    International Journal of Health and Life-Sciences   1 ( 1 )   238 - 252   2015年

     詳細を見る

  • Identifying contrasting Chinese and Japanese cultural values: Implications for intercultural youth education 査読

    Yuri Okunishi, Tomoko Tanaka, Hongru Tian, Yutian Bai

    Open Journal of Social Sciences   3 ( 9 )   34 - 38   2015年

     詳細を見る

  • 在日外国人ケア労働者における異文化間ソーシャル・スキルの異文化適応への影響 査読

    畠中香織, 田中共子

    多文化関係学   12   105 - 116   2015年

     詳細を見る

  • The Influence of Social Skills and Support Promotion on the Sociocultural Adjustment of Foreign Care Workers in Japan 査読

    Kaori Hatanaka, Tomoko Tanaka

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2015   2015   575 - 584   2015年

     詳細を見る

  • The Relation between Acculturation Attitudes and Depression among Japanese People in Brazil 査読

    Koyuri Sako, Tomoko Tanaka, Junghuims Lee

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2015   2015   363 - 384   2015年

     詳細を見る

  • 日本人学生を対象としたムスリム文化アシミレーターを用いた異文化間教育の試み 査読

    中野祥子, 田中共子

    留学生教育   20   83 - 92   2015年

     詳細を見る

  • 留学生の食生活と健康-留学支援としての食育という課題- 招待

    高濱愛, 田中共子

    ウエブマガジン「留学交流」2013年7月号 JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)   7   2013年

     詳細を見る

  • Investigation of the social skills of the elderly to enhance relationship formulation with youth. 査読

    Tomoko Tanaka

    Progress in Asian Social Psychology Series, "Towards Social Harmony:A New Mission of Asian Social Psychology"   9   51 - 72   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Social skills learning focused on Japanese indirect expressions: An experimental session using teaching aids such as cultural assimilators. 査読

    Koji Mikushi, Tomoko Tanaka

    Progress in Asian Social Psychology Series, "Towards Social Harmony:A New Mission of Asian Social Psychology"   9   132 - 154   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 日本のケア現場で就労する外国人労働者らの異文化適応-三層構造モデルを用いた事例的分析- 査読

    畠中香織, 田中共子

    多文化関係学   10   69 - 86   2013年

     詳細を見る

  • Formulation of cross-cultural relationship with international students: An analysis of the cognitive and behavioral strategies adopted by homestay family in rural Japan. 査読

    Yuri Okunishi, Tomoko Tanaka

    Progress in Asian Social Psychology Series, "Towards Social Harmony:A New Mission of Asian Social Psychology"   9   24 - 35   2013年

     詳細を見る

  • 地域国際交流の場におけるホストファミリーの異文化接触対応スタイル 査読

    奥西有理, 田中共子

    質的心理学研究   12   6 - 23   2013年

     詳細を見る

  • Psychological reaction to role playing games for medical safety - Educational effect of multitask games 査読

    Yoshimi Hyodo, Tomoko Tanaka

    Japanese Journal of Applied Psychology   38   119 - 120   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 米国留学前ソーシャルスキル学習セッション受講生の留学生活-対人行動と対人関係を中心に- 査読

    高濱愛, 田中共子

    異文化コミュニケーショ ン研究   24   41 - 63   2012年

     詳細を見る

  • A cross-cultural psycho-educational program for cross-cultural social skills learning to international students in Japan: Focusing on the AUC-GS learning model 査読

    Tomoko Tanaka

    Japanese Journal of Applied Psychology   38   77 - 82   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日本人留学生の帰国後ケアを目的とした自助グループ活動-リエントリー課題への対応とキャリア形成の視点を焦点に- 査読

    高濱愛, 田中共子

    異文化間教育   35   93 - 103   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Individual and team level influences of KYT, the risk prospect training for medical safety: Investigating recognitions of general and managerial nurses in A hospital 査読

    Kyoko Hosokasa, Yoshimi Hyodo, Tomoko Tanaka

    Japanese Journal of Applied Psychology   38   116 - 118   2012年

     詳細を見る

  • 派遣留学生の教育的トータルサポートシステム構築へ向けて:日本人留学生を対象とした留学前および帰国後教育プログラムの試み 招待

    高濱愛, 田中共子

    留学交流   4   2011年

     詳細を見る

  • 日本人学生が在日留学生の友人に期待する行動:異文化間ソーシャル・スキルの実践による異文化間対人関係形成への示唆 査読

    多文化関係学   8   35 - 54   2011年

     詳細を見る

  • 米国留学準備のためのアメリカン・ソーシャルスキル学習-語学研修生を対象としたセッションの記録- 査読

    高濱愛, 田中共子

    異文化コミュニケーション研究   23   69 - 100   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Social Skills and Cross-cultural Adaptation of International Students in Japan 査読

    Yuri Okunishi, Tomoko Tanaka

    Progress in Asian Psychology Series   8   76 - 92   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Examining the Effects of Japanese Context and Willingness to Communicate on the Sociocultural Adaptation of International Students in Japan 査読

    Mira Simic-Yamashita, Tomoko Tanaka

    Progress in Asian Psychology Series   8   58 - 75   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 異文化適応とソーシャルスキル 査読

    田中共子

    日本語教育   146   61 - 75   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 多文化環境下における日本人大学生の異文化葛藤への対応-AUC-GS学習モデルに基づく類型の探索- 査読

    奥西有理, 田中共子

    多文化関係学   6   53 - 68   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在米日本人留学生による滞米中のソーシャルスキル使用―留学前ソーシャルスキル学習の受講者と非受講者の場合― 査読

    高濱愛, 田中共子

    留学生交流・指導研究   11   107 - 118   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アメリカ留学準備のためのソーシャルスキル学習の試み―アサーションに焦点を当てて― 査読

    高濱愛, 田中共子

    異文化間教育   30   104 - 110   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アメリカ留学準備のためのソーシャルスキル学習の試み―対人関係の開始に焦点を当てて― 査読

    高濱愛, 田中共子

    留学生教育   14   31 - 37   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Social skills for enhancing interpersonal relationships with the elderly 査読

    Tomoko Tanaka, Kaoru Yoshida, Naoe Yokoyama, Tsuyako Hosokawa, Tomoko Shimomura

    Progress in Asian Social Psyhology, Volume6: Proceedings of the Conference of the Asian Association of Social Psychology 2005, Wellington   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 日本人ホスト学生による文化的サポート-留学生の異文化適応に関する支援的役割の検討- 査読

    奥西有理, 田中共子

    多文化関係学   5   1 - 16   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 異文化交流における日本人学生のソーシャルスキル-在日外国人留学生との交流の要領に関する分析- 査読

    中島美奈子, 田中共子

    留学生教育   13   63 - 72   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 対人関係形成能力の教育に関する現状と課題-A大学の看護師・作業療法士・社会福祉士養成課程における比較から- 査読

    難波悦子, 横山奈緒枝, 細川つや子, 田中共子

    日本保健医療行動科学会年報   23   148 - 162   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The influence of social skills to get social support on adolescents during study abroad: A case study on Japanese short-term exchange students 査読

    Ai Takahama, Yoshie Nishimura, Tomoko Tanaka

    COISAN Journal   10   69 - 84   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Exploratory Factor Analysis of the Willingness to Communicate Scale for the English L2 and Japanese L3 among International Students in Japan 査読

    Mira Simic, Tomoko Tanaka

    留学生教育   13   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日外国人留学生の感じる文化間距離:集団主義-個人主義、高-低コンテクストの観点から 査読

    下田薫菜, 田中共子

    留学生教育   12   25 - 36   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 相談援助の専門職にみる高齢者との関わり方-ソーシャルワーカーを対象とした事例調査結果の分析- 査読

    横山奈緒枝, 田中共子

    保健医療社会学論集   18 ( 1 )   1 - 13   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18918/jshms.18.1_1

    researchmap

  • 短期留学生と日本人学生を対象とした混合クラスにおける異文化間ソーシャルスキル学習セッションの実践 査読

    高濱愛, 田中共子

    留学生教育   12   67 - 76   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Willingness to communicate in Japanese as a third language among international students in Japan. 査読

    Mira Simic, Tomoko Tanaka

    多文化関係学(Multicultural Relations)   4   101 - 122   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Usage of Japanese as a third language among international students in Japan. 査読

    Simic Mira, Tomoko Tanaka, Yoshinori Hasegawa

    Journal of International Students' Education(留学生教育)   11   111 - 123   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日本人学生における集団主義-個人主義と高-低コンテクストと適応との関連 査読

    下田薫菜, 田中共子

    多文化関係学   3   33 - 74   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ホームステイ場面におけるソーシャルスキル-在日留学生と日本人ホストファミリーの視点から- 査読

    藤野瑠弥, 田中共子

    留学生教育   11   101 - 110   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ソーシャルスキル学習を取り入れた異文化間教育の試み 査読

    田中共子, 中島美奈子

    異文化間教育   24   28 - 37   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高齢者とのおつきあいスキル-3つの関わり方にみる高齢者へのソーシャルスキルに関する探索的検討- 査読

    横山奈緒枝, 田中共子, 吉田薫, 細川つや子, 下村文子

    日本保健医療行動科会年報   21   197 - 217   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 学生は質的心理学の教育から何を得るか(準備委員会企画シンポジウム3) 査読

    田中 共子, 下山 晴彦, 伊藤 哲司, 能智 正博, 岡本 依子, 村本 由紀子, 箕浦 康子

    日本教育心理学会総会発表論文集   48 ( 0 )   S14 - S15   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本教育心理学会  

    DOI: 10.20587/pamjaep.48.0_S14

    CiNii Article

    researchmap

  • 臨床心理学と社会心理学の接点におけるストレス研究:異文化ストレス 査読

    田中共子

    ストレス科学   19 ( 4 )   42 - 48   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高齢者による「老い」の認知-その発生機序と適応に関する質的研究- 査読

    吉田薫, 田中共子

    健康心理学研究   18 ( 1 )   45 - 54   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11560/jahp.18.1_45

    researchmap

  • 介護ストレス・サポートモデルの検討-寝たきり・痴呆性高齢者の場合- 査読

    兵藤好美, 田中宏二, 田中共子

    健康心理学研究   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日本人学生と留学生の対人関係形成の困難に関する原因認知の比較 査読

    田中共子

    学生相談研究(査読あり)   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高齢者の在宅介護者の認知的成長段階に関する一考察 査読

    田中共子, 兵藤好美, 田中宏二

    質的心理学研究   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在宅介護者のソーシャルサポートネットワークの機能-家族・友人・近所・専門職に関する検討- 査読

    田中共子, 兵藤好美, 田中宏二

    社会心理学研究   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14966/jssp.KJ00003722515

    researchmap

  • Roles of social support and social skills in the intercultural adjustment of Japanese adolescent sojourners in the USA 査読

    T Yashima, T Tanaka

    PSYCHOLOGICAL REPORTS   88 ( 3 )   1201 - 1210   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PSYCHOLOGICAL REPORTS  

    Intercultural adjustment of Japanese high school students who sojourned in the United States for one year is the focus of the study. Building relationships with host nationals using limited English competency is the challenge that seems basic to successful adjustment to life in the USA. A path model was constructed in which English competence leads to better social skills, which in turn affects the amount of social support gained from host nationals. This model was tested through structural equation modeling, and the model's fit to the data was satisfactory. The predictive roles of English proficiency and personality were suggested in a supplementary analysis.

    Web of Science

    researchmap

  • "Models of Health and Illness Behavior in Japan", Invited Symposium :"Models of Health and Illness Behavior in Japan", Invited Symposium :Mental Health of Elderly People in the Community: The Aging Stress-Support Model 招待

    Koji Tanaka, Tomoko Tanaka

    Japanese Health Psychology   8,26-28   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ソーシャルサポートからみた異文化適応-アメリカにおける日本人高校生の場合 査読

    田中共子, 八島智子

    異文化間コミュニケーション   3   99 - 113   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 第二言語使用者のソーシャル・スキルと異文化適応 査読

    八島智子, 田中共子

    ことばとコミュニケーション   2   14 - 26   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日留学生の異文化適応-ソーシャル・サポート・ネットワーク研究の視点から 招待

    田中共子

    教育心理学年報   37   143 - 152   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高齢者へのサポート介入に関する研究:エイジングストレス・サポートモデルによる高齢者の精神的健康に関する研究. 査読

    兵藤好美, 田中宏二, 田中共子

    健康心理学研究   11   1 - 15   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of Social Support Networks on Cross-cultural Adjustment (共著) 査読

    Tomoko Tanaka, Jiro Takai, Takaya Kohyama, Hirofumi Minami, Takehiro Fujihara

    Japanese Psychological Research   39 ( 1 )   12 - 24   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1468-5884.00032

    Web of Science

    researchmap

  • 日本文化理解のための教材構成の理論と試案-社会的文脈を伴う対話場面を中心に 査読

    田中共子, 秦喜美恵

    世界の日本語教育   ( 6 )   13 - 34   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ソーシャル・スキル訓練を取り入れた英語教育 査読

    八島智子, 田中共子

    異文化間教育   ( 10 )   150 - 166   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Social Networks of International Students in Japan : Perceived Social Support and Relationship Satisfaction 査読

    Tomoko Tanaka, Jiro Takai, Takaya Kohyama, Hirofumi Minami, Takehiro Fujihara

    The Japanese Journal of Experimental Social Psychology   34 ( 1 )   1 - 11   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Adjustment patterns of international students in Japan 査読

    Tomoko Tanaka, Jiro Takai, Takaya Kohyama, Takehiro Fujihara

    International Journal of Intercultural Relations   18 ( 1 )   55 - 75   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cross-cultural adjustment of international students in Japan was approached through a comprehensive questionnaire that looked at various aspects of adjustment. Some 237 students of various national backgrounds participated in the study. Four factors of adjustment were attained: general adjustment, internally controlled adjustment, affiliation adjustment, and externally dependent adjustment. These four facets were analyzed with respect to several demographic traits of respondents. Some of the more important findings include the following: Asian subjects generally were less adjusted than those of Western and Latin American cultures
    U-curve patterns with time were not evident in three of the four factors
    those more proficient in the Japanese language did not prove to be generally better off than those less fortunate
    and scholarship recipients were better adjusted than those relying on private sources for funding. © 1994.

    DOI: 10.1016/0147-1767(94)90004-3

    Scopus

    researchmap

  • Interpersonal Competence : Assessing the Assesment Instruments 査読

    Hiroshi Ohta, Jiro Takai, Tomoko Tanaka

    Human Communication Studies   21   41 - 63   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「留学生」相談の領域 査読

    田中共子

    学生相談研究   14 ( 2 )   73 - 82   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日外国人留学生の対人行動上の困難:異文化適応を促進するための日本ソーシャル・スキルの検討 査読

    田中共子, 藤原武弘

    社会心理学研究   7 ( 2 )   92 - 101   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日外国人留学生のフレンドシップ・ネットワーク:居住形態(留学生会館・寮・アパート)による比較 査読

    横田雅弘, 田中共子

    学生相談研究   13 ( 1 )   1 - 8   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日留学生の居住形態とストレス 査読

    田中共子, 横田雅弘

    学生相談研究   13 ( 2 )   51 - 59   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 在日留学生の文化的適応とソーシャル・スキル 査読

    田中共子

    異文化間教育   5   98 - 110   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 健康心理学事典

    日本健康心理学会編( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 全体(編集幹事);8章対人・集団・社会(編集);異文化適応、コミュニティ・オーガニゼーション、コラム・異文化と健康-国際化時代における実践(執筆))

    丸善出版  2019年10月 

     詳細を見る

  • 質的心理学辞典

    能智 正博, 香川 秀太, 川島 大輔, サトウ タツヤ, 柴山 真琴, 鈴木 聡志, 藤江 康( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「異文化間心理学」「異文化体験」「異文化適応」「相互行為」「妥当化」「データの管理」「データの生成」「異文化接触」)

    新曜社  2018年11月 

     詳細を見る

  • 異文化間教育学体系 第一巻・異文化間に学ぶ「ひと」の教育

    小島勝, 白土悟, 齋藤ひろみ編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 白土悟・田中共子「第三章・外国人留学生の教育」60-82)

    明石書店  2016年6月 

     詳細を見る

  • ソーシャルスキルの視点から見た学校カウンセリング 第6章第2節「ソーシャルスキル教育研究の課題」

    小林正幸, 奥野誠一編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 第6章第2節「ソーシャルスキル教育 2.「ソーシャルスキル教育研究の課題」68-77)

    ナカニシヤ出版  2011年 

     詳細を見る

  • 社会化の心理学/ハンドブック

    菊池章夫編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 「異文化間ソーシャルスキル学習」383-396)

    川島書店  2010年 

     詳細を見る

  • 社会心理学事典

    日本社会心理学会編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 「異文化適応」)

    丸善株式会社  2009年 

     詳細を見る

  • ワークショップから学ぶ認知行動療法の最前線:うつ病・パーソナリティー障害・不安障害・自閉症への対応

    世界行動療法認知療法会議神戸大会プログラム委員会編, 丹野義彦, 坂野雄二代表編者( 担当: 共訳 ,  範囲: 田中共子・植松佳子・永谷文代(共訳)「第一章 認知行動療法におけるケースフォーミュレーションと治療計画 ジャクリーヌ・B・パーソンズ」4-45; 「ジャクリーヌ・B・パーソンズ」1;田中共子(執筆)「パーソンズはどのような研究をしているか」2-3)

    金子書房  2008年 

     詳細を見る

  • 叢書・実証に基づく臨床心理学:臨床社会心理学(坂本真士・丹野義彦・安藤清志編著)

    坂本真士, 丹野義彦, 安藤清志編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「実践からみた臨床社会心理学-臨床心理学と社会心理学の実践的融合」227-234)

    東京大学出版会  2007年 

     詳細を見る

  • 社会的スキルを測る:KiSS-18ハンドブック(菊池章夫編著)

    菊池章夫編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 V-4「教育モデルに基づく実践研究の展開」188-195)

    川島書店  2007年 

     詳細を見る

  • 人間関係のゲーミング・シミュレーション:共生への道を模索する(藤原武弘編著)

    藤原武弘編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 第9章「異文化適応方略としてのソ ーシャルスキル学習」179-200)

    北大路書房  2007年 

     詳細を見る

  • 動きながら知る・関わりながら考える:心理学における質的研究法による知の実践

    伊藤哲司, 能智正博, 田中共子編著( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 田中共子 1章「質的研究はじめの一歩」9-19 7章「質的データと量的データを組み合わせる」95-99 12章「質的研究のレポート作成」・第1節 レポートの基本」169-185・「第2節 レポートの実例とコメント」185-190 13章「質的研究の実習プログラム」・「第1節 実習プログラムの実例:岡山大学」207-212 14章「質的研究による卒業論文」・「第2節 卒業論文の実例とコメント:岡山大学①、岡山大学②」226-236)

    ナカニシヤ出版  2005年 

     詳細を見る

  • ワードマップ質的心理学

    やまだようこ他編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 3-2「協力者との関係の作り方」72- 77)

    新曜社  2004年 

     詳細を見る

  • 臨床社会心理学-その実践的展開をめぐって

    田中共子, 上野徳美編著( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 田中共子「第5章 異文化適応の臨床社会心理学的アプローチ」89-114 ;田中共子・上野徳美「第6章 臨床社会心理学の枠組 みと展望」115-135)

    ナカニシヤ出版  2003年  ( ISBN:4888487782

     詳細を見る

  • 健康心理学基礎シリーズ 第4巻 健康教育概論

    日本健康心理学会編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子 「第7章 社会生活の場における 健康教育 (2)地域における健康教 育」 p118-123)

    実務教育出版  2003年 

     詳細を見る

  • よくわかる・学びの技法

    田中共子編著( 担当: 編集 ,  範囲: 田中共子(編集);田中共子(執筆)I.1)「大学で何を学ぶのか」「大学でどう学ぶのか」 2)「引用の方法」 IV.8)「実験・実習の授業で習うこと」 11)「実験の例と基本のまとめ方」 VI.3)「上級生になっていくときの選択」 4)「卒業研究へ発展させるために」 VIII.「学びから開ける進路」 他コラム5編)

    ミネルヴァ書房  2003年 

     詳細を見る

  • 個人主義と集団主義-二つのレンズを通して読み解く文化

    神山貴弥, 藤原武弘編訳, H, トリアンディス著( 担当: 共訳 ,  範囲: 田中共子(翻訳)「第2章 哲学と社会科学における個人主義と集団主義」)

    北大路書房  2002年 

     詳細を見る

  • 現代のエスプリ425 健康心理学-拡大する社会的ニーズと領域

    島井哲志編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「生涯発達の健康心理学」47-55)

    至文堂  2002年 

     詳細を見る

  • 健康心理学基礎シリーズ 第2巻 健康心理アセスメント概論

    日本健康心理学会編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「第9章「社会関係」のアセスメントの種類と応用 1.「ソーシャル・サポート」のアセスメント」173-176)

    実務教育出版  2002年 

     詳細を見る

  • 講座:臨床心理学 第1巻 総説臨床心理学

    小林重雄編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「社会的スキル訓練(SST)」135-139)

    コレール社  2001年 

     詳細を見る

  • 心理学リーディングス-素朴だけど不思議な日々の出来事と人間心理

    山口裕幸編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「異文化への適応と受容」221-237)

    ナカニシヤ出版  2001年 

     詳細を見る

  • 現代カウンセリング事典

    國分康孝監修( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「留学生へのソーシャルスキル教育」51 「留学生のソーシャルネットワーク」52)

    金子書房  2001年 

     詳細を見る

  • 留学生のソーシャルネットワークとソーシャルスキル

    田中共子( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2000年  ( ISBN:4888485577

     詳細を見る

  • 思いやりとホスピタリティの心理学

    平井誠也編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「第14章2節 外国人への心理的援助」216-223)

    北大路書房  2000年 

     詳細を見る

  • 在日留学生のソーシャルスキル学習(岡山大学文学部叢書20)

    田中共子( 担当: 単著)

    岡山大学文学部  1999年 

     詳細を見る

  • 新・海外留学Q&A 2000年度版

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「家族の疑問」他)

    アルク  1999年 

     詳細を見る

  • 社会心理学への招待

    白樫三四郎編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 田中共子「第13章 文化」217-230)

    ミネルヴァ書房  1996年 

     詳細を見る

  • Student Couseling Guide in Japan : Oasys of your hart

    Jitsumu Kyoiku Syuppan 

     詳細を見る

  • Introduction of Cross-cultural clinical Psychology : development of International Student Counseling

    Taga Syuppan 

     詳細を見る

  • Developmental Support for International Students and help for them

    Taga Shuppan 

     詳細を見る

  • トランスカルチャリズムの研究(共著)

    明石書店 

     詳細を見る

  • 在日留学生の異文化間ソーシャル・スキル学習(岡山大学文学部研究叢書20)

    岡山大学文学部 

     詳細を見る

  • ストレス免疫訓練-認知的行動療法の手引き-(共訳)

    岩崎学術出版 

     詳細を見る

  • 異文化間教育研究入門(共著)

    玉川大学出版 

     詳細を見る

  • アメリカ留学ソーシャル・スキル:通じる前向き会話術

    アルク(ALC) 

     詳細を見る

  • カルチャ-ショック(心理学20講杉本助男編)(共著)

    北大路書房 

     詳細を見る

  • 心理アセスメントハンドブック(共著)

    西村書店 

     詳細を見る

  • 全国大学学生相談ガイド:こころのオアシス

    ( 担当: 分担執筆)

    実務教育出版 

     詳細を見る

  • 異文化間臨床心理学序説:留学生カウンセリングの展開

    ( 担当: 共著)

    多賀出版 

     詳細を見る

  • 日本語の教育と研究(細田和雅先生退官記念論文集刊行委員会編)(共著)

    渓水社 

     詳細を見る

  • 留学生の発達援助

    ( 担当: 共著)

    多賀出版 

     詳細を見る

  • Culture shock(in Psychology 20chapters , Ed, Sukeo Sugimoto)

    Kitaohji-shoboh 

     詳細を見る

  • Introduction of Cross-cultural Education.

    Tamagawa Daigaku Shuppan 

     詳細を見る

  • Education and Research of Japanese Language

    Keisui-sha 

     詳細を見る

  • Invitation to Social Psychology

    Minelva shobo 

     詳細を見る

  • Psychological asessment handbook

    Nishimura 

     詳細を見る

  • Social skills for Japanese Students in the U. S. A.

     詳細を見る

  • Introduction of Cross-cultural clinical Psychology : development of International Student Counseling

    Taga Syuppan 

     詳細を見る

  • Stress Inoculation Training

    Iwasaki Gakujutsu Shuppan 

     詳細を見る

  • Developmental Support for International Students and help for them

    Taga Shuppan 

     詳細を見る

  • Student Couseling Guide in Japan : Oasys of your hart

    Jitsumu Kyoiku Syuppan 

     詳細を見る

  • Social Support and Social skills of International Students in Japan

    Nakanishiya Shuppan 

     詳細を見る

  • Studies of trans-culturalism

    Akashi shoten 

     詳細を見る

  • Psychology of Hospitality

    Kitaoji-Shobo 

     詳細を見る

  • Culture shock(in Psychology 20chapters , Ed, Sukeo Sugimoto)

    Kitaohji-shoboh 

     詳細を見る

  • Pcychology of Personality

    Nakanishiya 

     詳細を見る

  • Cross-cultural Social Skills Learning for International Students in Japan(Okayama University Faulty of Letters Academic Press Series No.20)

    Faculty of Letters, Okayamo University 

     詳細を見る

  • Education and Research of Japanese Language

    Keisui-sha 

     詳細を見る

  • Invitation to Social Psychology

    Minelva shobo 

     詳細を見る

  • Psychological asessment handbook

    Nishimura 

     詳細を見る

  • Social skills for Japanese Students in the U. S. A.

     詳細を見る

  • Cross-cultural Social Skills Learning for International Students in Japan(Okayama University Faulty of Letters Academic Press Series No.20)

    Faculty of Letters, Okayamo University 

     詳細を見る

  • Psychology of Hospitality

    Kitaoji-Shobo 

     詳細を見る

  • Stress Inoculation Training

    Iwasaki Gakujutsu Shuppan 

     詳細を見る

  • Studies of trans-culturalism

    Akashi shoten 

     詳細を見る

  • Pcychology of Personality

    Nakanishiya 

     詳細を見る

  • Introduction of Cross-cultural Education.

    Tamagawa Daigaku Shuppan 

     詳細を見る

  • Social Support and Social skills of International Students in Japan

    Nakanishiya Shuppan 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 日本人学生むけムスリム文化アシミレーターの改訂版を用いた異文化間教育の試み

    中野祥子, 田中共子

    文化共生学研究   18   53 - 66   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • Cross-cultural Health Psychological Perspective of Eating Behaviors : Developing Cross-cultural Dietary Education for Sojourners

    Tomoko TANAKA

    文化共生学研究 (岡山大学大学院社会文化科学研究科)   17   95 - 104   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • Case Study About Cognitive and Behavior Features of "High-Stopper Nurses": Suggestions for Medical Safety Education

    Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo, Hiroe Yamanaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF QUALITATIVE METHODS   16 ( 1 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Interpersonal Behavioral Difficulties of Japanese People in Indonesia During Situations of Intercultural Contact: Implications for Learning Social Skills Towards Forming Relationships with Indonesian Muslims

    Sachiko Nakano, Tomoko Tanaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   728 - 729   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • ムスリム文化学習の教材構成に向けた予備調査:日本人学生を対象とした文化アシミレーター試作版への反応

    中野祥子, 田中共子

    文化共生学研究   15   131 - 154   2016年

     詳細を見る

  • 異文化間教育の導入的エクササイズとしての認知地図に関する研究ノート

    田中共子, 中野祥子

    文化共生学研究   15   85 - 94   2016年

     詳細を見る

  • 在日ムスリム留学生の異文化適応に関する研究の動向

    中野祥子, 奥西有理, 田中共子

    社会文化科学研究科紀要   39   153 - 167   2015年

     詳細を見る

  • スイスチーズモデルに基づくヒューマンエラーの発生と防止に関する医療安全教育の予備的試行

    山本恵美子, 田中共子, 兵藤好美

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   39   119 - 135   2015年

     詳細を見る

  • 在日ムスリム留学生の社会生活上の困難

    中野祥子, 奥西有理, 田中共子

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   39   137 - 151   2015年

     詳細を見る

  • 看護師・看護学生を対象とした医療安全教育の研究-安全な情報伝達をめぐる看護教育分野の現状と課題-

    山本恵美子, 田中共子, 兵藤好美

    社会文化科学研究科紀要   40   61 - 76   2015年

     詳細を見る

  • 韓国の学生の食生活に関する研究ノート-食のパターンと問題の認識-

    田中共子, 高濱愛

    文化共生学研究   14   109 - 117   2015年

     詳細を見る

  • 日本人学生における食の意識と行動-留学生を対象とした異文化間食育の開発に向けた対比的集団として-

    田中共子, 高濱愛

    文化共生学研究   13   115 - 121   2014年

     詳細を見る

  • Research note on recognition of medical safety by nurses using a four-layered model: Individuals, team and organization

    Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo

    61   19 - 22   2014年

     詳細を見る

  • 在日メキシコ人留学生の食生活の変遷に関する事例的研究-5名の渡航前から現在に至る詳細から食育への示唆を探る-

    高濱愛, 田中共子

    人文・自然研究(一橋大学教育研究開発センタ-)   8   190 - 205   2014年

     詳細を見る

  • 在日外国人介護士候補生の異文化適応-三層構造モデルに基づく縦断的事例の分析-

    畠中香織, 田中共子, 光吉仁哉

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   37   67 - 76   2014年

     詳細を見る

  • Research note on recognition of medical safety by nurses using a four-layered model: Individuals, team and organization

    Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo

    Journal of the Faculty of Letters Okayama University   61   19 - 22   2014年

     詳細を見る

  • 日本人留学生の帰国後のケアを目的とした自助グループ活動セッションの記録(2):逆カルチャーショックへの対応を中心に

    高濱愛, 田中共子

    人文・自然研究(一橋大学教育研究開発センタ-)   7   186 - 199   2013年

     詳細を見る

  • 日本人留学生における帰国後再適応に関する研究ノート-留学経験者を対象とした心理教育的セッション参加者の追跡調査から-

    田中共子, 高濱愛

    文化共生学研究   12   81 - 98   2013年

     詳細を見る

  • 米国留学準備を目的とした短期集中型アメリカンソーシャル・スキル学習セッションの記録(4)-3つの中級スキルに焦点を当てて-

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   60   29 - 45   2013年

     詳細を見る

  • 短期ホストファミリー体験における異文化に関する学びの構造-AUC-GS学習モデルを用いた認知行動的反応の分析-

    奧西有理, 田中共子

    岡山理科大学紀要   49   25 - 34   2013年

     詳細を見る

  • 米国留学準備を目的とした短期集中型アメリカンソーシャル・スキル学習セッションの記録(3)-自己開示とジョークに焦点を当てて-

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   59   17 - 27   2013年

     詳細を見る

  • 海外留学希望者を対象とした留学準備教育-2011年度全学共通教育科目「海外留学スキル・トレーニング」におけるソーシャルスキル学習の取り組み-

    高濱愛, 田中共子

    一橋大学国際センター紀要   4   87 - 96   2013年

     詳細を見る

  • 在米日本人学生における異文化適応とソーシャルスキル使用-スキル学習セッション参加者を対象とした縦断調査-

    田中共子, 高濱愛

    文化共生学研究   12   65 - 80   2013年

     詳細を見る

  • 在日外国人看護師・介護士候補生の異文化適応問題の背景に関する研究ノート-EPA制度とその運用-

    畠中香織, 田中共子

    社会文化科学研究科紀要   34   79 - 90   2012年

     詳細を見る

  • 在米日本人学生のソーシャル・サポート・ネットワーク-ソーシャルスキル自然学習者における検討-

    田中共子, 高濱愛

    社会文化科学研究科紀要   33   37 - 47   2012年

     詳細を見る

  • 米国留学準備を目的とした短期集中型アメリカン・ソーシャル・スキル学習セッションの記録(2)-アサーションに焦点を当てて

    高濱愛, 田中共子

    人文・自然研究(一橋大学教育研究開発センタ-)   6   144 - 163   2012年

     詳細を見る

  • 大学生における対人関係形成の困難に関する原因認知-高齢者、子ども、外国人、社会人、学生との関係について-

    文化共生学研究   11   35 - 44   2012年

     詳細を見る

  • 日本人留学生の帰国後のケアを目的とした自助グループ活動セッションの記録(3)―キャリア形成の支援を中心に―

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   58   17 - 26   2012年

     詳細を見る

  • 海外移民の文化変容態度と文化的アイデンティティ研究にみる在日コリアン研究への示唆(2):二文化への態度と新たな生き方をめぐって

    李正妃, 田中共子

    社会文化科学研究科紀要   33   119 - 136   2012年

     詳細を見る

  • 日本人留学生の帰国後のケアを目的とした自助グループ活動セッションの記録(1)-逆カルチャーショックの諸相を中心に-

    高濱愛, 田中共子

    一橋大学国際センター紀要   3   83 - 91   2012年

     詳細を見る

  • アメリカン・ソーシャルスキル学習における演技の他者評価(2):4つの中・上級スキルに関する学習者のパフォーマンスに対するネイティブのコメントから

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   57   27 - 38   2012年

     詳細を見る

  • 海外移民の文化変容態度と文化的アイデンティティ研究にみる在日コリアン研究への示唆(1):二次元モデルと心理学的変数を中心に

    李正妃, 田中共子

    社会文化科学研究科紀要   32   123 - 137   2011年

     詳細を見る

  • アメリカン・ソーシャルスキル学習における演技の他者評価(1):導入的な5スキルに対する学習者のパフォーマンスへのネイティブのコメント

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   55   17 - 30   2011年

     詳細を見る

  • ヒヤリハットに関する研究の動向-看護師を対象とした研究を中心に-

    迫田裕子, 田中共子, 兵藤好美

    社会文化科学研究科紀要   32   15 - 24   2011年

     詳細を見る

  • 短期交換留学生のリエントリー・ステージにおける課題の分析-逆カルチャーショックと留学活用を中心に

    田中共子, 高濱愛

    一橋大学人文・自然研究   5   140 - 157   2011年

     詳細を見る

  • 米国留学準備を目的とした短期集中型アメリカン・ソーシャルスキル学習セッションの記録(1)-自己紹介と対人関係の開始に焦点を当てて-

    高濱愛, 田中共子

    一橋大学国際教育センター紀要   2   123 - 132   2011年

     詳細を見る

  • 米国留学準備のためのアメリカン・ソーシャルスキル学習:アサーションを課題とした上級セッションの記録

    田中共子, 高濱愛

    文化共生学研究   10   103 - 118   2011年

     詳細を見る

  • Research note about the adaptive acceptance theory of elderly from an Eastern perspective: Looking beyond the activity and disengagement theories

    Tomoko Tanaka, Akiha hamaguchi

    岡山大学文学部紀要   56   1 - 4   2011年

     詳細を見る

  • 語学研修留学生を対象としたアメリカン・ソーシャルスキルの学習

    高濱愛, 田中共子

    静岡大学国際交流センター紀要   4   81 - 93   2010年

     詳細を見る

  • 在日コリアン二世・三世の二文化環境への態度とメンタルヘルス(1)-文化的アイデンティティの自己認識に関する面接調査

    李正姫, 田中共子

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   30   177 - 196   2010年

     詳細を見る

  • 中国人ホストにおける日本人留学生との異文化接触-AUC-GS学習モデルに基づく異文化への認知と対応の整理

    奥西有理, 田中共子

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   30   65 - 80   2010年

     詳細を見る

  • Exploratory factor analysis of the sociocultural adaptation scale (SCAS) among international students in Japan.

    Mira Simic-Yamashita, Tomoko Tanaka

    Journal of Humanities and Social Sciences   29   27 - 38   2010年

     詳細を見る

  • 米国留学予定の日本人学生対象としたソーシャルスキル学習

    高濱愛, 田中共子

    一橋大学国際教育センター紀要   1   67 - 76   2010年

     詳細を見る

  • 米国留学準備のためのアメリカン・ソーシャルスキル学習(2):対人関係開始場面を課題とした初級セッションの記録

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   54   55 - 68   2010年

     詳細を見る

  • ソーシャルワーカー養成におけるスキル学習の課題-実践者と学生への聞き取り調査結果から-

    横山奈緒枝, 田中共子

    吉備国際大学社会福祉学部紀要   15   2010年

     詳細を見る

  • 多文化社会に心理学はどう貢献できるか-日本の課題

    田中共子

    文化共生学研究   8   21 - 28   2009年

     詳細を見る

  • 社会福祉・看護・作業療法領域における高齢者対応のソーシャルスキル学習に関する研究ノート-大学生における一般的なソーシャルスキルに関する自己評価-

    田中共子, 横山奈緒枝, 細川つや子, 難波悦子

    岡山大学文学部紀要   51   71 - 80   2009年

     詳細を見る

  • 短期日本人留学生のソーシャル・サポート・ネットワークの構造に関する定性的研究

    高濱愛, 田中共子

    静岡大学国際交流センター紀要   3   61 - 77   2009年

     詳細を見る

  • 招聘シンポジウム発表論文:「多文化・多民族時代に備えて心理学的な観点からの課題と見直し 多文化社会に心理学はどう貢献できるか-日本の課題-」(ハングル語)

    田中共子

    韓国心理学会発表論文集   2008   2008年

     詳細を見る

  • The Role of Japanese context in the L2 and L3 language use among international students in Japan

    Simic Mira, Tomoko Tanaka

    社会文化科学研究科紀要   25   45 - 59   2008年

     詳細を見る

  • 米国留学準備のためのアメリカン.ソーシャル.スキル学習:大学での学習場面への対応を課題とした中級セッションの記録

    田中共子, 高濱愛

    岡山大学文学部紀要   49   31 - 48   2008年

     詳細を見る

  • A balance of tripod model about satisfaction changing patterns for short-term international students from/to Japan that focused on involvement in host societies.

    Ai Takahama, Tomoko Tanaka

    大学教育研究紀要(Bulletin of Higher Education, International Center for Faculty Development, Foreign Language Education Center, and Student Support Center, Okayama University)   3   37 - 49   2008年

     詳細を見る

  • ソーシャルワーカーの対人援助技術-面接調査による対応スキルの整理を通して-

    横山奈緒枝, 細川つや子, 難波悦子, 田中共子

    吉備国際大学社会福祉学部研究紀要   13   35 - 42   2008年

     詳細を見る

  • ホストの異文化接触に関する研究課題の展望-ゲストとの交流と関係性についての実証的研究-

    奥西有理, 田中共子

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   26   155 - 167   2008年

     詳細を見る

  • Language Context in the Willingness to Communicate Research Works: A Review.

    Mira Simic, Tomoko Tanaka

    Journal of Humanities and Social Sciences(社会文化科学研究科紀要)   26   71 - 88   2008年

     詳細を見る

  • Social Skills on the Formation of Personal Relations between International Students in Japan and Japanese.

    Minako Nakashima, Tomoko Tanaka

    Journal of Humanities and Social Sciences(社会文化科学研究科紀要)   26   45 - 59   2008年

     詳細を見る

  • AUC-GS学習モデルに基づく異文化間教育の試み

    田中共子

    文化共生学研究   6   125 - 135   2008年

     詳細を見る

  • 高齢者援助ボランティアにおける活動の動機と効果-ソーシャルサポートの交換の視点を中心に-

    田中共子, 兵藤好美, 田中宏二

    文化共生学研究   5   51 - 69   2007年

     詳細を見る

  • ホストのソーシャルスキル学習セッションに関する研究ノート: 予備的セッションの実施

    奥西有理, 田中共子

    社会文化科学研究科紀要   24   115 - 129   2007年

     詳細を見る

  • 高齢化社会における共生への示唆(3):日本の高齢者のソーシャル・サポート・ネットワークにおける構造的特性

    田中共子, 兵藤好美, 田中宏二

    文化共生学研究   4   89 - 99   2006年

     詳細を見る

  • 中国における高齢者のソーシャルサポートについて

    馮涛, 田中共子

    岡山大学社会文化科学研究科紀要   22   101 - 117   2006年

     詳細を見る

  • Suggestions for Achieving a Symbiosis in an Aging Society(2):Adaptive Acceptance of Aging in the Eastern Cultures.

    Tomoko Tanaka, Kaoru Yoshida

    文化共生学研究   3   133 - 138   2005年

     詳細を見る

  • ソーシャルワーカーに必要なソーシャルスキル-研究の展望-

    横山奈緒枝, 田中共子

    吉備国際大学社会福祉学部研究紀要   11   55 - 65   2005年

     詳細を見る

  • Suggestions for Achieving a Symbiosis in an Aging Society(2):Adaptive Acceptance of Aging in the Eastern Cultures.

    Tomoko Tanaka, Kaoru Yoshida

    文化共生学研究 Studies in Cultural Symbiotics   2004年

     詳細を見る

  • Suggestions for achieving symbiosis in the aging society:Interpersonal relationships and QOL of the Japanese elderly and family caregivers in a cultural context

    Tomoko Tanaka, Koji Tanaka, Yoshimi Hyodo

    岡山大学大学院文化科学研究科 文化共生学研究   2004年

     詳細を見る

  • 「老い」をめぐる認知-現代の「老い」観-

    吉田薫, 田中共子

    岡山大学大学院文化科学研究科紀要   2004年

     詳細を見る

  • 大学生による高齢者との対人関係の困難に関する原因認知

    吉田薫, 横山奈緒枝, 細川つや子, 下村文子, 田中共子

    岡山大学文化科学研究科紀要   2004年

     詳細を見る

  • 異文化間ソーシャルスキル学習の実験的セッションに関する研究ノート(3):パフォーマンスの変化に関する他者評定

    田中共子, 中島美奈子

    岡山大学文学部紀要   2004年

     詳細を見る

  • 高齢者との交流に必要なソーシャルスキル:研究課題の展望

    下村文子, 吉田薫, 横山奈緒枝, 細川つや子, 田中共子

    岡山大学文化科学研究科紀要   19,191-206   2004年

     詳細を見る

  • 異文化共生における心理学的視点からの示唆

    田中共子

    岡山大学大学院文化科学研究科 文化共生学研究   1,63-72   2003年

     詳細を見る

  • 異文化間ソーシャルスキル学習の実験的セッションに関する研究ノート(2):課題の実施とセッションの評価

    田中共子

    岡山大学文学部紀要   2002年

     詳細を見る

  • 異文化間ソーシャルスキル学習の実験的セッションに関する研究ノート(1):パフォーマンスの自己評価記録から

    田中共子

    岡山大学文学部紀要   2002年

     詳細を見る

  • 在宅介護者の自助グループにおける心理的機能に関する研究ノート

    兵藤好美, 田中共子, 田中宏二

    岡山大学教育学部研究集岡山大学教育学部研究集録   2001年

     詳細を見る

  • 多文化集団における心理教育的セッションの試み-ソーシャルスキルを取り入れたAUC-GS学習モデルによるプログラム-

    田中共子

    岡山大学文学部紀要   2001年

     詳細を見る

  • 高齢者の在宅介護者の心理に関する研究ノート(1)

    兵藤好美, 田中共子, 田中宏二

    岡山大学教育学部研究集録   2001年

     詳細を見る

  • 介護者のソーシャルサポートネットワークにおける家族-精神的健康から見た資源バラエティと家族バランスの評価

    田中共子, 兵藤好美, 田中宏二

    岡山大学文学部紀要   2001年

     詳細を見る

  • 公教育機関における異文化接触に関する一考察:日本語指導学級指導者研修会でのグループインタビューより

    田中共子

    岡山大学文学部紀要   2000年

     詳細を見る

  • 在日外国人留学生の適応に関する研究(1) -異文化適応尺度の因子構造の検討-

    田中共子, 高井次郎, 神山貴弥, 村中千穂, 藤原武弘

    広島大学総合科学部紀要Ⅲ情報行動科学研究   14   77 - 94   1990年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 情報伝達のゲーミングシミュレーションによる医療安全教育の試み:バリエーションを加えた伝言ゲームの活用

    兵藤好美, 田中共子

    第15回医療の質・安全学会学術集会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 「新華人」を対象とした文化変容方略と適応に関する事例研究

    趙師哲, 田中共子

    2020年度日本華僑華人学会研究大会第二回サーキュラー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月13日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アメリカンソーシャルスキルのオンライン学習-「謝罪する」スキルを使った試行-

    高濱愛, 田中共子

    留学生教育学会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 日本における中国人長期滞在者の文化変容方略とメンタルヘルス-4類型の人数および幸福・うつとの関係に関する初期的検討-

    趙師哲, 田中共子

    異文化間教育学会第41回大会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月13日 - 2020年6月14日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 在留外国人を対象とした社会生活スキル学習としてのごみ分別ゲーム

    田中共子

    異文化間教育学会第41回大会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月13日 - 2020年6月14日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 在日中国人の文化変容態度に関する探索的研究

    趙師哲, 田中共子

    多文化関係学会第18回年次大会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月16日 - 2019年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cross-Cultural Adaptation of Turkis h International Students in Japan: A Qualitative Study

    Ayse Ilgin Sozen, Tomoko Tanaka, Sachiko Nakano

    The Asian Conference on Psychology and Behavior Sciences 2019  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月21日 - 2019年3月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cross-cultural Dietary Adjustment N ecessary for Muslim Students in Japan

    Sachiko Nakano, Tomoko Tanaka

    The Asian Conference on Psychology and Behavior Sciences 2019  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月21日 - 2019年3月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ゲーミングシミュレーションによる 医療安全に対する意識変容-個人特性が医療安全に与える影響について

    兵藤好美, 田中共子

    第13回医療の質・安全学 会学術集会  2018年11月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月24日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Academic Culture Shock Experiences of Turkish International Students in Japan: A Qualitative Study

    Ayse Ilgin Sozen, Tomoko Tanaka, Sachiko Nakano

    The Asian Conference on Education 2018  2018年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月13日 - 2018年10月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • グループセッション-研究・臨床・教育現場における実践のダイバーシティ:在日留学生の異文化適応支援のための異文化間ソーシャルスキル学習の実践

    田中共子

    第四回アジア未来会議  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月24日 - 2018年8月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Re-acculturation of Chinese retu rnees experiencing overseas study in Japan

    Yuri Okunishi, Tomoko Tanaka

    29th International Congress of Applied Psychology, Montreal, Canada  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月26日 - 2018年6月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 在日ベトナム人留学生の食の文化受容にみるコミュニティ型適応

    中野祥子, 田中共子

    異文化間教育学会第34回大会  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月9日 - 2018年6月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The State of and Issues Related to the Health Literacy of Healthy Elderly in Japan.

    Kaori Hatanaka, Emiko Yamakoto, Tomoko Tanaka

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2018  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月22日 - 2018年3月24日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 確認不足によるエラーに焦点を当てた医療安全のためのゲーミングシミュレーション

    兵藤好美, ZUO WANXIN, 田中共子

    日本健康心理学会第33回大会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:ジャワ語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 在日中国人の文化変容方略にみられる葛藤およびスイッチングとの関連

    趙師哲, 田中共子

    多文化関係学会  2020年10月24日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Chinese Permanent Residents in Japan: A Qualitative Study on Acculturation Strategies and Mental Health

    Shizhe Zhao, Tomoko Tanaka

    The 10th Asian Confere nce on Psychology and Behavior Sciences 2020  2020年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 世界各地の華僑華人の文化変容態度に関する心理学的研究の展望

    趙師哲, 田中共子

    2019年度日本華僑華人学会研究大会第二回サーキュラー  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 安全文化測定尺度の開発

    兵藤好美, 田中共子, 三村由典

    日本健康心理学会第32回大会  2019年9月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 事典企画シンポジウム 「健康心理学の研究実践領域における現状と課題」 話題提供「対人・集団・社会領域の健康心理学」

    田中共子

    日本健康心理学会第32回大会  2019年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 準備委員会企画シンポジウム 「健康長寿社会の実現に向けた健康心理学の研究推進戦略 ―持続可能な産学官連携の多様な展開―」 指定討論

    田中共子

    日本健康心理学会第32回 大会  2019年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Relationship Between Acculturation, Identity, And Self-Identification Amongst Zainichi Koreans In Japan

    Jung-Hui Lee, Tomoko Tanaka

    7th Asian Congress of Health Psychology  2019年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • An Implementation Of Gaming Simulation For Medical Safety

    Yoshimi Hyodo, Tomoko Tanaka

    7th Asian Congress of Health Psychology  2019年7月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Extraction of management skills on safety of nursing homes for managers of nursing homes in Japan (Pilot study)

    Emiko Yamamoto, Kaori Hatanaka, Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo

    7th Asian Congress of Health Psychology  2019年7月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Recent advance in Japanese Health Psychology: Life satisfaction and quality of life in current Japan society.comment)

    Tomoko Tanaka

    7th Asian Congress of Health Psychology  2019年7月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Social Skills of Turkish International Students During Cross-Cultural Transition to Japan

    Ayse Ilgin Soze, Tomoko Tanaka

    The 13th Biennial Asian Association of Social Psychology Conference  2019年7月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Patient Education for Medical Safety Using Simulated Medical Ex amination

    Emiko Yamamoto, Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo, Mayumi Fujita

    The 13th Biennial Asian Association of Social Psychology Conference  2019年7月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Forming Intercultural Friendships with Hosts: A Qualitative Study of Serbians in Japan and Japanese in Serbia

    Mira Simic-Yamashita, Tomoko Tanaka

    The 13th Biennial Asian Association of Social Psychology Conference  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 学習課題を伴うフィールドトリップにおける機能的多文化小集団の形成

    秦喜美恵, 中野祥子, 田中共子

    異文化間教育学会第40回大会  2019年6月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 在ベトナム日本人の食の文化受容と異文化適応

    中野祥子, 田中共子

    異文化間教育学会第40回大会  2019年6月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • チュートリアルアークショップ:ゲーミングシミュレーションの実践と応用

    兵藤好美・田中共子・中村美枝子

    日本心理学会第81回大会  2018年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 在韓日本人留学生における社会文化的適応と対処-在韓10年目の学生の事例から-

    高橋礼子, 田中共子

    第23回留学生教育学会  2018年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 在日ムスリム留学生における社会生活上の困難への対処方略の変容-2年間を振り返る8名の事例分析-

    中野祥子, 田中共子

    第23回留学生教育学会  2018年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 在日外国人ケア労働者と日本人の協働文化の構築に向けて(2)~介護施設で就労する日本人スタッフの視点からの協働要素の分析~

    畠中香織, 山本恵美子, 田中共子

    日本健康心理学会第31回 大会  2018年6月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多文化小集団によるフィールドトリップ活動におけるソーシャルスキルの獲得

    秦喜美恵, 中野祥子, 田中共子

    異文化間教育学会第34回大会  2018年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シンポジウム:外国人看護師・介護士のストレス

    日本ストレス学会第33回学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 在米日本人留学生の異文化間友人関係形成-日本コミュニティの活用と友人選択行動-

    日本健康心理学会第30回大会  2017年 

     詳細を見る

  • Development of "Japanese care methods" in an elderly care facility in Indonesia - The case of an Indonesian care workers who worked in Japan under the EPA and repatriated.

    The 12th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology,  2017年 

     詳細を見る

  • Food acculturation among Mongolian students in Japan.

    The 12th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology,  2017年 

     詳細を見る

  • Study on the status of implementation of the social skills clinical training on "accurate information transfer" for nursing students.

    20the East Asian Forum of Nursing Scholars  2017年 

     詳細を見る

  • The academic culture shock of Turkish Students in Japan: Two case studies of graduate students.

    Twelfth International Conference on Interdisciplinary Social Sciences,  2017年 

     詳細を見る

  • 日本人学生を対象としたムスリム留学生との異文化交流のための異文化間教育-文化摩擦場面のロールプレイから異文化間ソーシャルスキルへ-

    異文化間教育学会 第38回大会  2017年 

     詳細を見る

  • Development of "Japanese care methods" in an elderly care facility in Indonesia - The case of an Indonesian care workers who worked in Japan under the EPA and repatriated.

    The 12th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology,  2017年 

     詳細を見る

  • Study on the status of implementation of the social skills clinical training on "accurate information transfer" for nursing students.

    20the East Asian Forum of Nursing Scholars  2017年 

     詳細を見る

  • 混合クラスにおける機能的多文化小集団の形成

    異文化間教育学会 第38回大会  2017年 

     詳細を見る

  • 在ブラジル日本人妻の異文化滞在における社会的困難と対処

    日本健康心理学会第30回大会  2017年 

     詳細を見る

  • 在日外国人ケア労働者と日本人の協働文化の構築に向けて-介護施設で就労する外国人の視点からの協働要素の分析-

    日本健康心理学会第30回大会  2017年 

     詳細を見る

  • Food acculturation among Mongolian students in Japan.

    The 12th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology,  2017年 

     詳細を見る

  • ブラジル留学における困難体験とその対処─社会環境と対人環境に注目して─

    多文化関係学会第16回年次大会  2017年 

     詳細を見る

  • 高齢者の友人関係と老いへの適応的受容-精神的健康との関わり-

    日本社会心理学会第58 回大会  2017年 

     詳細を見る

  • 看護学生における正確な指示受けのためのソーシャルスキルトレーニング-臨地実習で直面する困難状況を課題場面とした医療安全教育の試み

    日本健康心理学会第30回大会  2017年 

     詳細を見る

  • Comparison of Japanese and Foreign Care Workers’ Impressions of Care Work in Japan with the Aim of Improving Cross-Cultural Care at a Japanese Care Site

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • 一般公開シンポジウム:メンタルヘルスが壊れる前に適切に予防を行う―健康心理学の予防的知見を現場に―

    日本健康心理学会第28回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 特別講演:健康のグローカル・パースペクティブ

    日本健康心理学会第28回大会  2016年 

     詳細を見る

  • Japanese Students' Coping Strategies and Perception of Interpersonal Cultural Differences While Sojourning in the United Kingdom: With a Focus on Cross-Cultural Friendships

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • Contributed Symposium: Health Psychology "Psychology and nutrition: Exploring nutrition-related behaviors to improve health and wellness from clinical setting to community". Japanese students' cross-cultural adjustment related to eating in France:Impli・・・

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

    Contributed Symposium: Health Psychology "Psychology and nutrition: Exploring nutrition-related behaviors to improve health and wellness from clinical setting to community". Japanese students' cross-cultural adjustment related to eating in France:Implications for cross-cultural eating education from cross-cultural health psychological perspective.

    researchmap

  • Cross-cultural Health Psychological Perspective of Eating Behaviors: Developing Cross-cultural Dietary Education for Sojourners.

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • Interpersonal Behavioral Difficulties of Japanese People in Indonesia During Situations of Intercultural Contact: Implications for Learning Social Skills towards Forming Relationships with Indonesian Muslims.

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • “Nommunication” of Japanese Students in Europe: Affect of Attitude on Behavior Exhibited in Al cohol Based Social Situation.

    International Association for Cross-cultural Psychology, 23rd International Congress  2016年 

     詳細を見る

  • Exploratory research on the relationship between Japanese Brazilians and Japanese living in Brazil -The Nikkei three-factor model comprising language and social support needs, selective relationships, and national group preferences-

    International Association for Cross-cultural Psychology, 23rd International Congress  2016年 

     詳細を見る

  • Invited Address: Economic Hardship, Coping and Psychological Well-being, Speaker: Ester Greeglass, Canada

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • The implications of social skills on the formation of relationsh ips between Muslim and Japanese.

    International Association for Cross-cultural Psychology, 23rd International Congress  2016年 

     詳細を見る

  • 在仏日本人留学生のソーシャルサポートネットワーク

    応用心理学会第83回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 「医療安全の意識」に関する因子構造-新たな尺度編成を巡って-

    応用心理学会第83回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 在スイス日本人留学生の異文化間友人関係形成

    社会心理学会第57回大会  2016年 

     詳細を見る

  • The influence of the relationship with foreign care workers on depression, meaningful life, and perceived health status of the Japanese elderly

    第3回アジア未来会議  2016年 

     詳細を見る

  • 在スペイン日本人留学生の異文化間友人関係形成

    多文化関係学会第15回年次大会  2016年 

     詳細を見る

  • 日本人ホストは在日ムスリム留学生とどのように関わりを築いていくのか?-異文化接触場面における交流の工夫-

    日本質的心理学会第13回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 看護学生の情報伝達に関わる医療安全教育への試み-指示の出し受けスキル育成に向けたプログラム介入効果の検討-

    第3回アジア未来会議  2016年 

     詳細を見る

  • How a nurse helps prevent unsafe behavior of patients regarding four types of medical care attitudes -Attempt to provide medical safety education on patient safety to nursing students through the guessing exercise-

    25th International Conference on Healthcare and Life Science  2016年 

     詳細を見る

  • 在仏日本人留学生のソーシャルスキル:友人関係における困難,対処方略および工夫,ホストによる対処の評価

    日本健康心理学会第28回大会  2016年 

     詳細を見る

  • 在トルコ日本人における対人行動上の困難―トルコ人との異文化交流における葛藤経験の分析-

    多文化関係学会第15回年次大会  2016年 

     詳細を見る

  • Case study about cognitive and behavior features of ‘high‐stopper nurses:Suggestions for medical safety education

    Qualitative Health Research Conference 2016  2016年 

     詳細を見る

  • 患者の医療安全教育開発に向けた患者の医療態度に関する検討

    日本健康心理学会第28回大会  2016年 

     詳細を見る

  • The Implications of Cross-cultural Social Skills of Japanese People in Turkey in order to Form Relationships with Turkish Muslims

    2017 Society for Personality and Social Psychology Convention  2016年 

     詳細を見る

  • Comparison of dietary behaviors and acculturation of Korean international and Japanese students in Japan

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2016  2016年 

     詳細を見る

  • Cross-cultural Health Psychological Perspective of Eating Behaviors: Developing Cross-cultural Dietary Education for Sojourners.

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • Interpersonal Behavioral Difficulties of Japanese People in Indonesia During Situations of Intercultural Contact: Implications for Learning Social Skills towards Forming Relationships with Indonesian Muslims.

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • A Study on Improving Listening Efficacy of Instructions for Nursing Students Towards the Accurate Information Transfer

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2016  2016年 

     詳細を見る

  • Comparison of Japanese and Foreign Care Workers' Impressions of Care Work in Japan with the Aim of Improving Cross-Cultural Care at a Japanese Care Site

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • The implications of social skills on the formation of relationsh ips between Muslim and Japanese.

    International Association for Cross-cultural Psychology, 23rd International Congress  2016年 

     詳細を見る

  • Exploratory research on the relationship between Japanese Brazilians and Japanese living in Brazil -The Nikkei three-factor model comprising language and social support needs, selective relationships, and national group preferences-

    International Association for Cross-cultural Psychology, 23rd International Congress  2016年 

     詳細を見る

  • Japanese Students' Coping Strategies and Perception of Interpersonal Cultural Differences While Sojourning in the United Kingdom: With a Focus on Cross-Cultural Friendships

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • Contributed Symposium: Health Psychology "Psychology and nutrition: Exploring nutrition-related behaviors to improve health and wellness from clinical setting to community". Japanese students' cross-cultural adjustment related to eating in France:Impli・・・

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

    Contributed Symposium: Health Psychology "Psychology and nutrition: Exploring nutrition-related behaviors to improve health and wellness from clinical setting to community". Japanese students' cross-cultural adjustment related to eating in France:Implications for cross-cultural eating education from cross-cultural health psychological perspective.

    researchmap

  • The influence of the relationship with foreign care workers on depression, meaningful life, and perceived health status of the Japanese elderly

    The 3rd Asia Future Conference  2016年 

     詳細を見る

  • How a nurse helps prevent unsafe behavior of patients regarding four types of medical care attitudes -Attempt to provide medical safety education on patient safety to nursing students through the guessing exercise-

    25th International Conference on Healthcare and Life Science  2016年 

     詳細を見る

  • Attempt to medical safety education related to information transmission of nursing s tudent

    The 3rd Asia Future Conference  2016年 

     詳細を見る

  • A Study on Improving Listening Efficacy of Instructions for Nursing Students Towards the Accurate Information Transfer

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2016  2016年 

     詳細を見る

  • AUC-GS学習モデルに基づくASセルのエクササイズとして構成された文化間距離課題への反応

    異文化間教育学会第37回大会  2016年 

     詳細を見る

  • The Implications of Cross-cultural Social Skills of Japanese People in Turkey in order to Form Relationships with Turkish Muslims

    2017 Society for Personality and Social Psychology Convention  2016年 

     詳細を見る

  • Comparison of dietary behaviors and acculturation of Korean international and Japanese students in Japan

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2016  2016年 

     詳細を見る

  • Aware of the medical safety in the outpatient visit for patient : explore the possibility of patient education for the medical safety

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  2016年 

     詳細を見る

  • 日本人学生向けムスリム文化アシミレーターの改訂版を用いた異文化間教育の試み

    異文化間教育学会第37回大会  2016年 

     詳細を見る

  • The Influence of Social Skills and Support Promotion on the Sociocultural Adjustment of Foreign Care Workers in Japan

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015  2015年 

     詳細を見る

  • Medical safety skills of nursing students involved in and skills of taking directions and skills of transmitting directions~Extraction of the target behavior for basic nursing education

    18th East Asian Forum of Nursing Scholars  2015年 

     詳細を見る

  • Examination of the influencing factors on the collaboration culture of the workplace when accepting foreign care workers in Japan

    18th East Asian Forum of Nursing Scholars  2015年 

     詳細を見る

  • The Relation between Acculturation Attitudes and Depression among Japanese People in Brazil

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015  2015年 

     詳細を見る

  • Gaming simulation for the medical safety of instruction-receiving skills: Focusing on the awareness of the participants

    21th Annual Qualitative Health Research Conference,  2015年 

     詳細を見る

  • Dietary habits and acculturation of Chinese international students in Japan: An implication for intercultural dietary education

    9th International Conference on Healthcare and Life Science Research,  2015年 

     詳細を見る

  • Identifying contrasting Chinese and Japanese cultural values: Implications for intercultural youth education

    The 2nd International Conference on Educati onal Psychology and Applied Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • Eating cognitions and behaviors in Japanese students before, during, and after international study: Implication for cross-cultural eating education from the perspective of the longitudinal health education for sojourners

    21th Annual Qualitative Health Research Conference,  2015年 

     詳細を見る

  • The Influence of Social Skills and Support Promotion on the Sociocultural Adjustment of Foreign Care Workers in Japan

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015  2015年 

     詳細を見る

  • Attempt of Social Skills Training for Act of Awareness From Swiss Cheese Flow Experience Game

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015  2015年 

     詳細を見る

  • Difficulty and coping strategies of Muslims in Japan during intercultural contact situations: A factor Analysis

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • The role of ability to grasp instructions in medical safety education for nursing students

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • Medical safety social skills tra ining focused on skills for taking direction: Nursing student response to educational sessions

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • Creating a collaborative culture in Japanese multicultural care sites: Examination of the influencing factors on mental health

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • 国際委員会シンポジウム:諸外国における学校問題の健康心理学的研究の動向

    日本健康心理学会第28回大会  2015年 

     詳細を見る

  • Identifying contrasting Chinese and Japanese cultural values: Implications for intercultural youth education

    The 2nd International Conference on Educati onal Psychology and Applied Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • 看護学生の指示受けスキル・指示出しスキルがインシデント予防行動に与える影響

    看護研究学会第41回学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 日本人留学生におけるホストとの友人関係形成-欧州圏への留学に関しての事例的検討-

    応用心理学会第82回大会  2015年 

     詳細を見る

  • Difficulty and coping strategies of Muslims in Japan during intercultural contact situations: A factor Analysis

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • The role of ability to grasp instructions in medical safety education for nursing students

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • 日本人学生の留学前・中・後にみる食の困難・対処と栄養の評価-環境移行者を対象とした異文化間食育の構成要素を探る-

    日本健康心理学会第28回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 研究推進委員会シンポジウム:健康心理学の研究成果を活用した研究の実践

    日本健康心理学会第28回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 看護師の指示出し・支持受けスキルと医療安全-新人看護師とベテラン看護師における検討-

    日本健康心理学会第28回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 異文化間ケアと高齢者の精神的健康(1):外国人によるケアの有無とケアの受け止め方からみたうつ傾向・生きがい感・主観的健康感

    日本健康心理学会第28回大会  2015年 

     詳細を見る

  • Eating cognitions and behaviors in Japanese students before, during, and after international study: Implication for cross-cultural eating education from the perspective of the longitudinal health education for sojourners

    21th Annual Qualitative Health Research Conference,  2015年 

     詳細を見る

  • Examination of a social skills training program related transmitting and taking directions in basic nursing education

    9th International Conference on Healthcare and Life Science Research,  2015年 

     詳細を見る

  • 高齢者における対若者ソーシャルスキル-交流頻度と困難の原因認知、社会的スキルとの関連-

    社会心理学会第56回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 日中大学生の労働観に関する比較文化的検討

    多文化関係学会第14回年次大会  2015年 

     詳細を見る

  • Gaming simulation for the medical safety of instruction-receiving skills: Focusing on the awareness of the participants

    21th Annual Qualitative Health Research Conference,  2015年 

     詳細を見る

  • 異文化体験前の期待と不安が議事異文化での感情状態に及ぼす影響

    社会心理学会第56回大会  2015年 

     詳細を見る

  • 時間切迫下における指さし呼称の有用性に焦点を当てたゲーミングシミュレーション

    第10回医療の質・安全学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • Dietary habits and acculturation of Chinese international students in Japan: An implication for intercultural dietary education

    9th International Conference on Healthcare and Life Science Research,  2015年 

     詳細を見る

  • 日本人留学生の異文化間友人関係に関する事例的検討-フランスにおける友人関係形成スキルへの示唆-

    多文化関係学会第14回年次大会  2015年 

     詳細を見る

  • 在日ムスリム留学生の異文化適応スタイル-2年後の振り返りにみる渡日後の変化に関する認知-

    多文化関係学会第14回年次大会  2015年 

     詳細を見る

  • Creating a collaborative culture in Japanese multicultural care sites: Examination of the influencing factors on mental health

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • 在仏日本人留学生の食の異文化適応-送り出し版異文化間食育への示唆-

    異文化間教育学会第36回大会  2015年 

     詳細を見る

  • Medical safety social skills tra ining focused on skills for taking direction: Nursing student response to educational sessions

    The 11th conference of the Asian Association of Social Psychology  2015年 

     詳細を見る

  • Medical safety skills of nursing students involved in and skills of taking directions and skills of transmitting directions~Extraction of the target behavior for basic nursing education

    18th East Asian Forum of Nursing Scholars  2015年 

     詳細を見る

  • Examination of the influencing factors on the collaboration culture of the workplace when accepting foreign care workers in Japan

    18th East Asian Forum of Nursing Scholars  2015年 

     詳細を見る

  • Examination of a social skills training program related transmitting and taking directions in basic nursing education

    9th International Conference on Healthcare and Life Science Research,  2015年 

     詳細を見る

  • Attempt of Social Skills Training for Act of Awareness From Swiss Cheese Flow Experience Game

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015  2015年 

     詳細を見る

  • 日本人留学生を対象としたムスリム文化アシミレーターの試作

    異文化間教育学会第36回大会  2015年 

     詳細を見る

  • The Relation between Acculturation Attitudes and Depression among Japanese People in Brazil

    The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015  2015年 

     詳細を見る

  • Difference in transferred info rmation from senior to junior nurses in a virtual medical sc ene: patient safety education by gaming simulation

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

  • Medical safety education through small group training: Use of the Swiss cheese flow experience game to assess the occurrence and prevention of human error

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2014  2014年 

     詳細を見る

  • 作業中断下における注意喚起の有用性に焦点を当てたげーミングシミュレーション-看護学生における反応と効果-

    日本応用心理学会第81回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 指示受け・指示出しスキルがチーム医療に与える影響

    第9回医療の質・安全学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • Food acculturation in Muslim Students in Japan

    The 2nd Conference on Psychology and Health  2014年 

     詳細を見る

  • 在日留学生を対象とした文化アシミレーターの作成の試み-社会通念と開放性に関する場面に焦点をあてて-

    多文化関係学会  2014年 

     詳細を見る

  • 日中大学生における概念理解の国際比較-「競争」と「国際化」のとらえ方-

    多文化関係学会  2014年 

     詳細を見る

  • 医療現場における安全文化測定尺度の開発と影響モデルの検討

    第9回医療の質・安全学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 在日留学生の対人行動上の困難に対する日本人学生の認識 -文化アシミレーターの場面選択に向けて-

    多文化関係学会  2014年 

     詳細を見る

  • 在日外国人ケア労働者を受け入れる職場の協働文化と異文化間ケア-社会文化的適応と心理的適応の影響過程の検討-

    多文化関係学会  2014年 

     詳細を見る

  • Difference in transferred info rmation from senior to junior nurses in a virtual medical sc ene: patient safety education by gaming simulation

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

  • Symposium ICAP2014-SP1643:Healt h Psychology "Positive Health and the culture of medicine: From crisis to a flourishing profession and population" Recognition of “eating gaps” among international students in Japan: Implications for cross-cultural eati・・・

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

    Symposium ICAP2014-SP1643:Healt h Psychology "Positive Health and the culture of medicine: From crisis to a flourishing profession and population" Recognition of “eating gaps” among international students in Japan: Implications for cross-cultural eating education from a health psychological perspective

    researchmap

  • 異文化間教育の導入的エクササイズとしての認知地図

    異文化間教育学会第35回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 欧米出身在日留学生の食における文化変容に関する探索的研究

    異文化間教育学会第35回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 高齢者における加齢への適応的受容:健常者と虚弱者にみる加齢変化への認知的対処

    アジア未来会議  2014年 

     詳細を見る

  • Interpretations by Chinese college students of distinctively Chinese traits potentially leading to cross-cultural conflict: toward a comparative study with Japanese youth

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

  • 在台湾日本人留学生・もと留学生における対人行動上の困難と対処-台湾人ホストとの交流のためのソーシャルスキルへの示唆-

    第19回留学生教育学会研究大会  2014年 

     詳細を見る

  • Food acculturation in Muslim Students in Japan

    2014年 

     詳細を見る

  • Medical safety education through small group training: Use of the Swiss cheese flow experience game to assess the occurrence and prevention of human error

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2014  2014年 

     詳細を見る

  • Interpretations by Chinese college students of distinctively Chinese traits potentially leading to cross-cultural conflict: toward a comparative study with Japanese youth

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

  • 在日外国人ケア労働者の異文化適応に及ぼす協働文化の影響-異文化間ケアの創出基盤としての職場環境の検討-

    日本健康心理学会第27回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 指示出し・指示受けに関する看護師の医療安全スキル-医療安全教育におけるターゲット行動の抽出-

    日本健康心理学会第27回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 教育におけるゲーミング・シミュレーションの応用的展開を探る(3)-看護学生を対象とした試行から-

    日本心理学会第78回大会  2014年 

     詳細を見る

  • ゲーミングシミュレーション方式の医療安全教育としての薬剤受け渡しゲーム(ペーパー版)における反応

    日本心理学会第78回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 健康心理学の最前線1-日本への健康心理学の導入と禁煙・発達分野における実践の展開-

    日本健康心理学会第27回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 国際会議における健康心理学研究の動向-日本健康心理学会国際委員会によるYoung Health Psychologist国際化推進活動-

    日本健康心理学会第27回大会  2014年 

     詳細を見る

  • ゲーミングシミュレーション方式の医療安全教育としての薬剤受け渡しゲーム(模擬医療場面版)

    日本応用心理学会第81回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 教育におけるゲーミング・シミュレーションの応用的展開を探る(3)-異文化間教育における応用-

    日本心理学会第78回大会  2014年 

     詳細を見る

  • 看護研究・看護実践への健康心理学の活用「健康心理学の特徴-健康心理学の立場から-

    日本看護研究学会  2014年 

     詳細を見る

  • How Japanese students establish, maintain and develop cross-cultural friendships with International students: Exploratory study

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • 作業中断時の指さし呼称の効果を学ぶゲーミングシミュレーション―医療安全のための心理教育法の開発(1)-

    第8回医療の質・安全学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 医療事故のハイストッパーナースにみられる特性:ストッパーの構成要素に関する探索

    第8回医療の質・安全学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 異文化滞在者の食と社会文化的適応-在日留学生にみられる食の社会性

    日本応用心理学会第80回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 異文化接触場面における困難とその対処からみた在日ムスリム学生の異文化適応スタイル

    多文化関係学会  2013年 

     詳細を見る

  • Social skills learning in a high context culture: Interpretation and implementation

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • Development and testing of a paper version of the ambiguous-instruction game for medical safety education

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • How Japanese students establish, maintain and develop cross-cultural friendships with International students: Exploratory study

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • Difficulties in Interpersonal Relationships and the attribution of Taiwanese international students

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • Keynote Address, "Cross-cultural Contact and Health in Asia"

    The 5th Congress of Asian Health Psychology  2013年 

     詳細を見る

  • シンポジウム:アジアにおける医療現場の国際化と新しい文化的健康観 「医療と文化を考える-指定討論のポイント」(CDにフルペーパー)

    アジア未来会議2013  2013年 

     詳細を見る

  • Interpersonal behavioral conflict of international Muslim students in Japan in intercultural contact situations

    The 10th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2013年 

     詳細を見る

  • Symposium:The Exploration into Asian Perspectives of Health Psychological Support/Intervention for Educational Sites

    The 5th Congress of Asian Health Psychology  2013年 

     詳細を見る

  • Difficulties in Interpersonal Relationships and the attribution of Taiwanese international students

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • Development and testing of a paper version of the ambiguous-instruction game for medical safety education

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • Social skills learning in a high context culture: Interpretation and implementation

    The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 2013  2013年 

     詳細を見る

  • 在日メキシコ人留学生の食生活に変遷に関する事例的研究

    多文化関係学会  2013年 

     詳細を見る

  • シンポジウム「東アジア飛翔人材を考える」 総括

    岡山大学大学院社会文化科学研究科東アジアセンターシンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • 在日韓国人留学生における食の健康行動-文化滞在者の食の多機能性に着目して-

    異文化間教育学会第34回大会  2013年 

     詳細を見る

  • Keynote Address, ”Cross-cultural Contact and Health in Asia”

    第五回アジア健康心理学会議  2013年 

     詳細を見る

  • 在日ムスリム留学生の異文化適応-異文化接触場面における異文化葛藤への対処の観点から-

    日本質的心理学会 第10回大会  2013年 

     詳細を見る

  • Interpersonal behavioral conflict of international Muslim students in Japan in intercultural contact situations

    The 10th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2013年 

     詳細を見る

  • Symposium:The Exploration into Asian Perspectives of Health Psychological Support/Intervention for Educational Sites(指定討論)

    第五回アジア健康心理学会議  2013年 

     詳細を見る

  • 異文化滞在者における食の動態と問題の認識-在日留学生の食生活調査による異文化館食育への示唆

    日本健康心理学会第26回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 在日外国人看護師・介護士候補生の異文化適応(4)-ソーシャル・スキルとソーシャル・サポートの三層構造モデルへの影響-

    日本健康心理学会第26回大会  2013年 

     詳細を見る

  • ノンアサーティブ行動による医療エラーの発生に焦点をあてた医療安全のゲーミングシミュレーション

    日本心理学会第77回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 研究推進委員会企画シンポジウム:新生健康心理学の研究かくあるべし!~研究部会集結~(指定討論)

    日本健康心理学会第26回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 短期ホストファミリー体験における異文化対応に関する学びの構造-AUC-GC学習モデルを用いた分析-

    異文化間教育学会第34回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 同調圧力下での新人看護師の意思表示に焦点を当てた医療安全のゲーミングシミュレーション

    日本応用心理学会第80回大会  2013年 

     詳細を見る

  • 時間切迫下での確認行動に関するゲーミングシミュレーション―医療安全のための心理教育法の開発(2)-

    第8回医療の質・安全学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 医療施設におけるKYT介入実践に関する縦断的研究(3)-実践期の継続要因の探索-

    第8回医療の質・安全学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 在伯日本人の対人面と環境面における社会的困難とその対処に関する探索的研究

    多文化関係学会  2013年 

     詳細を見る

  • 会員企画シンポジウム:健康心理学の研究が人々の生活に貢献するために何をすべきか-健康心理学の役割を問い直す- 異文化適応に果たす健康心理学研究:ソーシャルスキル学習の教育的適用

    日本健康心理学会第25回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 国際委員会企画シンポジウム:近隣国と日本における健康の連続性 -Cross-cultural Health Psychologyの示唆-(企画・指定討論)

    日本健康心理学会第25回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 在日韓国人における文化的態度とメンタル・ヘルス(2)-文化志向性とうつ傾向・主観的幸福感-

    日本健康心理学会第25回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 在日外国人看護師・介護士の異文化適応(3)-異文化適応の三層モデルの検討-

    日本健康心理学会第25回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 在日中国人留学生と食の文化受容―日本での食生活に対する満足度―

    多文化関係学会2012年度第11回年次大会  2012年 

     詳細を見る

  • 在米日本人留学生のソーシャル・サポート・ネットワーク(3)―ソーシャル・スキル人為学習者におけるソーシャル・サポート―

    多文化関係学会2012年度第11回年次大会  2012年 

     詳細を見る

  • 中国人祖父母の育児滞在をめぐる日中異文化葛藤と心理的変遷-国際家族の家庭内規範に関する微視的分析

    多文化関係学会2012年度第11回年次大会  2012年 

     詳細を見る

  • 医療安全のゲーミングシミュレーションとして構成された借り物ゲーム-正確さに与える阻害要因の影響-

    第7回医療の質・安全学会  2012年 

     詳細を見る

  • 実演型曖昧指示ゲームを用いた安全教育の試み-反応の多様性とゲーム体験のインパクト-

    第7回医療の質・安全学会  2012年 

     詳細を見る

  • 医療施設におけるKYT介入実践に関する縦断的研究(2)-KYT導入後1カ月・3 カ月での効果と問題点-

    第7回医療の質・安全学会  2012年 

     詳細を見る

  • Medical Safety education for thachers at nursing schoold using an instruction illustrarion game.

    The 2nd Global Congress for Qualitative Health Research  2012年 

     詳細を見る

  • Japanese social skills learning for international students through a psycho-educational session

    XXX International Congress of Psychology  2012年 

     詳細を見る

  • 留学生における食の文化受容-異文化滞在者の食育という課題への示唆-

    異文化間教育学会第33回大会  2012年 

     詳細を見る

  • A case study on the use of American social skills by Japanese students studying in the U.S. based on a questionnaire survey conducted by Japanese students who studied in the U.S.

    The 2nd Global Congress for Qualitative Health Research  2012年 

     詳細を見る

  • Invited symposium:Health psychology across cultures; Asian perspectives. Culture-specific social skills for sojourners in cross-cultural interpersonal relations

    XXX International Congress of Psychology  2012年 

     詳細を見る

  • 医療施設におけるKYTの導入に関する分析-導入期に焦点を当てて-

    第38回日本看護研究学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 多重課題ゲームによる記憶エラーの発生と抑止に関する学び

    第38回日本看護研究学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • KYTの研修の実践による医療安全教育の試み-新人看護師における5ヶ月間の認知・情動・行動とインシデント-

    日本応用心理学会第79回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 指示図解ゲームを用いた医療安全教育の試み-反応の多様性と日常業務との接点に関する気づき-

    日本応用心理学会第79回大会  2012年 

     詳細を見る

  • 在米日本人留学生における留学前・中・後の異文化適応とソーシャルスキル使用―セッション参加事例 を対象とした縦断調査―

    第17回留学生教育学会研究大会  2012年 

     詳細を見る

  • 日本人大学生による日本的ソーシャルスキルの実施と適応-在日留学生の対人行動における文化間距離の対比的集団として-

    日本心理学会第76回大会  2012年 

     詳細を見る

  • Symposium "Synergy of international contact: Past, present, and future."Cross-cultural social skills learning session for supporting cross-cultural interpersonal relationship and adjustments in Japan.

    A special joint meeting of the Association for Asian Studies and the International Convention of Asia Scholars in celebration of 70years of Asian studies.  2011年 

     詳細を見る

  • 医療安全のゲーミングシミュレーションにおける教育的効果の探索:サバイバルクイズ・ゲームと講義による研修の試み

    第6回医療の質・安全学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 医療安全のためのゲーミング・シミュレーションの開発(3)-3つのゲーム実施による看護学生の医療安全意識の変容-

    第6回医療の質・安全学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 大会準備委員会企画シンポジウム:文化の生成と変容の最前線(企画・司会)

    日本質的心理学会第8回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 医療安全のためのゲーミングシミュレーションの開発(6)-作業中断ゲームにおける社会的依存の検討-

    第6回医療の質・安全学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 医療安全のためのゲーミング・シミュレーションの開発-看護学生を対象とした3種の予備的試行-

    第6回医療の質・安全学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • ゲーミングシミュレーション評価における因子構造-多重課題実施を巡って-

    日本応用心理学会第78回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 在米日本人の ソーシャル・サポート・ネットワーク(3)-事前セッションによるソーシャル・スキル人為学習群の事例的研究-

    日本応用心理学会第78回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 日本人留学経験者を対象とした自助グループ的ミニセッション-帰国後異文化間教育の試み-

    留学生教育学会第16回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 高齢者が若者と交流するためのソーシャルスキル(2) ―若者の視点からの検討―

    日本健康心理学会第25回大会  2011年 

     詳細を見る

  • Analysis of challengers faced by Japanese short-term exchange students after studying abroad: A focus on the reverse culture shock

    The 1st Grobal Congress for Qualitative Health Research  2011年 

     詳細を見る

  • A longitudinal study of cross-cultural adjustment process for foreign care workers in Japan-The analysis of adaptation stage at work environment-

    The 1st Grobal Congress for Qualitative Health Research  2011年 

     詳細を見る

  • Gaming simulation for medical safety education using a survival quiz game

    The 9th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2011年 

     詳細を見る

  • Investigation of the social skills of the elderly to enhance relationship formation with youth

    The 9th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2011年 

     詳細を見る

  • Social skill learning focused on Japanese indirect expressions: An experimental session using teaching aids such as cultural assimilators

    The 9th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2011年 

     詳細を見る

  • Relations among acculturation attitudes in Koreans residing in Japan (Zainichi Koreans), the cognition of the diaspora and mental health

    The 9th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2011年 

     詳細を見る

  • 多重課題ゲームによる看護学生を対象とした医療安全教育の試み

    2011年度日本シミュレーション&ゲーミング学会秋期全国大会  2011年 

     詳細を見る

  • 高齢者が若者と交流するためのソーシャルスキル(1)-高齢者の視点からの検討-

    日本社会心理学会第52回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 手書き伝言ゲームによる病棟勤務者を対象とした医療安全教育の試み

    2011年度日本シミュレーション&ゲーミング学会秋期全国大会  2011年 

     詳細を見る

  • 若者ボランティアによる高齢者施設における世代間ソーシャルスキルの実施-高齢者観と世代間交流の認知への影響-

    日本健康心理学会第25回大会  2011年 

     詳細を見る

  • シンポジウム:教師のメンタルヘルスに関する健康心理学的研究の動向-指定討論-

    日本健康心理学会第25回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 在米日本人留学生のソーシャル・サポート・ネットワーク(2)-ソーシャルスキル自然学習者における検討-

    日本応用心理学会第78回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 日本人留学生の逆カルチャーショックに関する事例的検討-認知行動的変化と周囲との葛藤を中心に-

    多文化関係学会2011年度第10回年次大会  2011年 

     詳細を見る

  • 携帯メールのソーシャルスキル(1)-送信相手と試用スタイルによる、実施度と期待度の相違-

    日本社会心理学会第52回大会  2011年 

     詳細を見る

  • ワークショップ:教育におけるゲーミングシミュレーションの応用的展開を探る「異文化間ソーシャルスキル学習」

    日本心理学会第75回大会  2011年 

     詳細を見る

  • 米国留学前ソーシャルスキル学習セッション受講生の留学生活-対人行動と対人関係を中心に-

    多文化関係学会2011年度第10回年次大会  2011年 

     詳細を見る

  • 老人保健施設における医療福祉専門職の連携スキル-社会福祉、看護・作業療法領域の職員への面接調査から-

    第26回大会日本保健医療行動科学会学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • Implication from way to achieve medical safety to workplace health: Depend on three layers model composed by individual, team, and organization level

    The 1st Grobal Congress for Qualitative Health Research  2011年 

     詳細を見る

  • 保健医療福祉専門職学生における連携養成教育の効果-連携スキル学習プログラムの体系化とその影響

    第12回日本リハビリテーション連携科学学会大会  2011年 

     詳細を見る

  • 海外留学から帰国した日本人学生を対象とした留学後教育-ケアとキャリア形成のための自助グループの試み-

    異文化間教育学会第32回大会  2011年 

     詳細を見る

  • The adaptive acceptance theory of elderly from an Eastern perspective: Looking beyond the activity and disengagement theories

    The 1st Grobal Congress for Qualitative Health Research  2011年 

     詳細を見る

  • Symposium "Synergy of international contact: Past, present, and future."Cross-cultural social skills learning session for supporting cross-cultural interpersonal relationship and adjustments in Japan.

    A special joint meeting of the Association for Asian Studies and the International Convention of Asia Scholars in celebration of 70years of Asian studies.  2011年 

     詳細を見る

  • 医療福祉三領域の連携のためのソーシャルスキル学習-全人的ケアのための利用者との対話と専門職間の連絡調整-

    SST普及協会第15回学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 在日韓国人における文化的態度とメンタルヘルス-文化的アイデンティティに関する自己認識-

    日本健康心理学会第23回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 高齢者との交流を促進するソーシャルスキルの学習(3)-大学生を対象としたボランティア交流場面における介入実験-

    日本健康心理学会第23回大会  2010年 

     詳細を見る

  • Round table session IV: The coping of chronic illness "Psycho-educational session for inter-professional work : For the wholistic care of elderly with chronic illness"

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • 模擬体験型学習による連携スキルの習得-保健医療福祉領域における合同演習の基本を学ぶセッションから

    日本保健医療福祉連携教育学会第三回学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • デジタルポートフォリオ活用による医療・福祉領域連携演習サポート

    平成22年度教育改革ICT戦略大会  2010年 

     詳細を見る

  • 在日外国人介護士の異文化適応(2)-来日8ヶ月後のA国出身者における三層モデルに基づく分析-

    日本健康心理学会第23回大会  2010年 

     詳細を見る

  • Simulation game for medical safety: Impact of "KNG" message game for hospital professionals

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • Response to the psycho-educational session depend on the AUC-GS learning model for cross-cultural adjustment.

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • Experimental group session for cross-cultural social skills learning for international students in Japan from the social-clinical psychological perspective.

    27th International Congress of Applied Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • Cognitions of occupational therapy, nursing, and social welfare students after completing a training program to develop cooperation

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • 対面と携帯メールにおけるソーシャルスキルの実践が対人関係に及ぼす影響

    日本社会心理学会第51回大会  2010年 

     詳細を見る

  • 帰国後日本人留学生のケアを目的とした自助グループ活動

    多文化関係学会第9回年次大会  2010年 

     詳細を見る

  • Experimental group session for cross-cultural social skills learning for international students in Japan from the social-clinical psychological perspective.

    27th International Congress of Applied Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • The cross-cultural style of Japanese host families in cross-cultural contact with international students: Identifying a typologyon the basis of the AUC-GS learning model.

    27th International Congress of Applied Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • The KYT's effect to safety culture of the hospital organization: Qualitative analysis to the cognition of administrative nurses

    27th International Congress of Applied Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • 質的心理学研究を用いた文化の研究方法とその指導

    2009年度多文化関係学会関東地区研究会  2010年 

     詳細を見る

  • 高齢者支援に関わる専門職の連携力向上を目的とした教育プログラム-

    第52回日本老年社会科学会大会  2010年 

     詳細を見る

  • Response to the psycho-educational session depend on the AUC-GS learning model for cross-cultural adjustment.

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • Round table session IV: The coping of chronic illness "Psycho-educational session for inter-professional work : For the wholistic care of elderly with chronic illness"

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • The KYT's effect to safety culture of the hospital organization: Qualitative analysis to the cognition of administrative nurses

    27th International Congress of Applied Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • 多職種間連携スキル学習プログラムの効果-保健医療福祉領域の学生における合同演習前後の変化-

    第25回日本保健医療行動科学会学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • The cross-cultural style of Japanese host families in cross-cultural contact with international students: Identifying a typologyon the basis of the AUC-GS learning model.

    27th International Congress of Applied Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • Cognitions of occupational therapy, nursing, and social welfare students after completing a training program to develop cooperation

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • Simulation game for medical safety: Impact of "KNG" message game for hospital professionals

    The 4th Asian Congress of Health Psychology  2010年 

     詳細を見る

  • 大会準備委員会企画「よりよい質的研究を目指して:質的心理学研究への投稿から掲載まで」 指定討論

    日本質的心理学会第6回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 中国人ホスト学生は日本人留学生との異文化接触をどうとらえたか-AUC-GS学習モデルに基づく異文化への認識と対応の整理-

    第8回多文化関係学会年次大会  2009年 

     詳細を見る

  • Symposium 5“International students and cultural context of host society” "Examining the effects of Japanese context and willingness to communicate on socio-cultural adjustment of international students in Japan"

    第8会アジア社会心理学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • Symposium 5“International students and cultural context of host society” “The use of social skills by Japanese students while studying in the United States: Based on a case study conducted after their return from study abroad”

    第8会アジア社会心理学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • 老人保健施設における保健・医療・社会福祉の専門職の連携力の養成

    SST普及協会第14回学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • Social skills learning for elderly care professionals in inter-professional work situation.

    第8会アジア社会心理学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • Symposium 5“International students and cultural context of host society” "Social skills and cross-cultural adaptation of international students in Japan”

    第8会アジア社会心理学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • Symposium 5“International students and cultural context of host society” ”Social skills performances of international students in Japan”

    第8会アジア社会心理学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション”医療安全教育:教育の効果・効率・魅力を高めるための方法論と実際の取り組みにおける技法” 医療安全のためのゲーミングシミュレーションの開発-看護学生・看護教員・病院職員を対象とした試行から-

    医療の質・安全学会第四回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 看護教育における医療安全のゲーミング・シミュレーションの開発(2)-SEG,TKG,MFGによる記憶と動作のエラー-

    医療の質・安全学会第四回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 語学研修生を対象としたアメリカン・ソーシャルスキルの学習

    異文化間教育学会第30回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 老人保健施設における他職種間の連携スキルに関する探索的研究

    第24回日本保健医療行動科学会学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • 日本人大学生における異文化葛藤の認知と対処-AUC-GS学習モデルの枠組みを用いた類型化の試み-

    異文化間教育学会第30回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 会員企画シンポジウム「健康心理士は外国人医療者のメンタルヘルス向上に何ができるか」 話題提供・指定討論:異文化滞在者の健康教育に「文化」の要素をどう組み込むか-適応支援の心理教育モデルからの示唆-

    日本健康心理学会第22回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 外国人看護師の日本における異文化適応(1)-留学生活を経て病院に勤務する看護師に関する事例分析的研究-

    日本健康心理学会第22回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 医療安全に関するゲーミング・シミュレーション(2)-看護学生を対象としたKNG(記憶認知ゲーム)の試行-

    日本心理学会第73回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 医療安全に関するゲーミング・シミュレーション(1)-リスクマネジャーの病棟看護師を対象としたKNG(記憶認知ゲーム)の試行-

    日本心理学会第73回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 高齢者との交流を促進するソーシャルスキルの学習(2)-若者と高齢者における交流観と世代間ソーシャルスキルの評価

    日本健康心理学会第22回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 老人保健施設における多職種間の連携に関する探索的研究(2)-事例に見る連携スキルの機能的運用

    日本健康心理学会第22回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 外国人介護士の異文化適応-適応課題の克服過程に関する探索-

    日本質的心理学会第6回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 高齢者との交流を促進するソーシャルスキルの学習-大学生を対象とした実験的セッション-

    日本教育心理学会第51回総会  2009年 

     詳細を見る

  • 多職種間連携における”流れ感”の意味するもの-老健施設での協働の実情をめぐる認知-

    日本質的心理学会第6回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 中国人ホストファミリーにおける日本人学生との異文化葛藤の認知と対処

    日本質的心理学会第6回大会  2009年 

     詳細を見る

  • 社会福祉、看護、作業療法の連携のための合同演習の試行と課題-専門性の相互理解に焦点をあてて-

    日本保健医療福祉連携教育学会第二回学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 在日外国人留学生における日本語および英語におけるWTC(Willingness to Communicate)-言語の有用性認知と社会文化的適応との関係-

    第8回多文化関係学会年次大会  2009年 

     詳細を見る

  • 中国人ホスト学生の異文化接触における葛藤認知と対処-AUC-GS学習モデルに基づく分析-

    日本社会心理学会・日本グループダイナミクス学会 合同大会  2009年 

     詳細を見る

  • 異文化間ソーシャルスキル学習の長期的効果-在日留学生における一年後のフォローアップ-

    日本社会心理学会・日本グループダイナミクス学会 合同大会  2009年 

     詳細を見る

  • Japanese context-specific variables and the willingness to communicate in English and Japanese among forengn students in Japan.

    多文化関係学会  2008年 

     詳細を見る

  • 在米日本人留学生による滞米中のソーシャルスキル使用-留学前ソーシャルスキル学習の受講者と非受講者の場合-

    第13回留学生教育学会  2008年 

     詳細を見る

  • シンポジウム「多文化・多民族時代に備えて心理学的な観点からの課題と見直し」 多文化社会に心理学はどう貢献できるか-日本の課題-

    韓国心理学会(海外の国内学会への招聘)  2008年 

     詳細を見る

  • 日本人ホストにおける異文化葛藤の捉え方と対応のパターン-地域の国際交流活動におけるホストファミリーの場合-

    異文化間教育学会  2008年 

     詳細を見る

  • 対人援助技能習得プログラムの試行と課題-社会福祉、看護、作業療法における専門職者に共通して求められるスキルに焦点をあてて-

    日本保健医療行動科学会  2008年 

     詳細を見る

  • 日本人大学生における多文化間対人関係の捉え方-AUC-GS学習モデルの枠組みに基づく整理-

    多文化関係学会  2008年 

     詳細を見る

  • 医療現場で働く看護師のヒヤリハットに影響を与える要因(4)-看護士の経験年数によるヒヤリハット頻度の差-

    日本心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 適応的老後観の探索-活動/離脱/変更をめぐる理想の老後観の世代間比較-

    日本健康心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 会員企画ワークショップ「環境と個人-医療場面の組織風土と安全文化の醸造にむけて」 環境に潜む問題のシミュレーション化-医療安全教育への適用-

    日本健康心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 在日留学生を対象とした異文化間ソーシャルスキル学習の実験的セッション

    日本教育心理心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 在日外国人留学生による異文化葛藤ストーリーの創作-異文化接触場面における葛藤の想定-

    多文化関係学会  2008年 

     詳細を見る

  • 日本人学生の米国留学準備のためのソーシャルスキル学習の実践

    日本教育心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 若者における高齢者との対人関係のためのソーシャルスキル

    日本社会心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 在日留学生における日本的ソーシャルスキルの実施度と日本人との友人関係-留学生と日本人学生のペア調査から-

    日本社会心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 米国留学予定の日本人学生対象としたソーシャルスキル学習

    多文化関係学会  2008年 

     詳細を見る

  • 看護教育における医療安全のゲーミング・シミュレーションの開発-教育者の視点からの評価

    医療の質・安全学会  2008年 

     詳細を見る

  • 電話オペレーターの対人技術-受注とクレームに対応するスキルの選択的運用-

    日本質的心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • 在日中国人留学生の対人関係に関する事例分析的研究-日本人大学生との関係性成立困難の機序を探る-

    日本社会心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • ソーシャルスキル教育を取り入れた文化学習の心理教育的セッション-AUC-GS学習モデルの構成単位ごとにみた参加者の反応-

    日本社会心理学会  2008年 

     詳細を見る

  • The influence of social skills to get social support on adolescents during study abroad: A case study on Japanese short-term exchange students

    The 3rd Congress of Asian Health Psychology  2007年 

     詳細を見る

  • Experimental group session for cross-cultural social skills learning for international students in Japan.

    7th Conference of Asian Association of Social Psychology  2007年 

     詳細を見る

  • A balance-of-tripod model about satisfaction changing patterns for short-term international students from and to Japan - focused to their involving aspects in the host society.

    7th Conference of Asian Association of Social Psychology,  2007年 

     詳細を見る

  • Necessary social skills for interpersonal relationships formation with the host American people for the international students.

    7th Conference of Asian Association of Social Psychology  2007年 

     詳細を見る

  • AUC-GS学習モデルの構成単位における教育的効果の検討

    異文化間教育学会第28回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 医療現場で働く看護師のヒヤリハットに影響を与える要因(3)

    日本心理学会第71回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 電話オペレーターの接客スキル-クレーム対応場面を中心に

    日本質的心理学会第4回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 大学生の対人関係に関する仮説生成的研究-機能構造をめぐる層化扇形モデルと円形分割モデル-

    日本社会心理学会第48回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 高齢者における活動理論・離脱理論に関する測定尺度の検討

    日本健康心理学会  2007年 

     詳細を見る

  • Willingness to communicate in Japanese as third language (L3) among international students in Japan.

    7th Conference of Asian Association of Social Psychology  2007年 

     詳細を見る

  • 地域の留学生受け入れボランティアにおける異文化交流能力に関する事例的研究

    留学生教育学会第12回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 社会的スキルの観点から見た大学生の対親行動と親子関係

    日本教育心理学会第49回大会  2007年 

     詳細を見る

  • 医療現場で働く看護師のヒヤリハットに影響を与える要因(2)

    日本心理学会第71回大会  2007年 

     詳細を見る

  • Relationship between active / disengagement theory, and happiness & health in Japanese elderly people

    The 3rd Congress of Asian Health Psychology」  2007年 

     詳細を見る

  • 日本人留学生のソーシャルサポート・ネットワークの構造に関する定性的研究

    多文化関係学会2007年度年次大会  2007年 

     詳細を見る

  • Exploratory factor analysis of the Willingness to Communicate scale for the English L2 and Japanese L3 among international students in Japan.

    多文化関係学会2007年度年次大会  2007年 

     詳細を見る

  • 大学生の交友関係に見られる疑似家族的凝集性

    中国四国心理学会第61回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 企画:「質的心理学の教育から学生は何を得るか(準備委員会企画シンポジウム)」 話題提供:質的心理学の教育をめぐるいくつかの問題

    日本教育心理学会第48回総会  2006年 

     詳細を見る

  • 新人Nsヒューマンエラー関連要因に関する分析(2)

    日本心理学会第70回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 「老い」をめぐる認知(9)-介護福祉士を目指す専門学校生の場合

    日本健康心理学会第19会大会  2006年 

     詳細を見る

  • ワークショップ:心理学研究における"文化"概念の多様性とその有効性 「異文化接触研究における"文化"」

    日本心理学会第70回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 医療現場で働く看護師のヒヤリハットに影響を与える要因

    日本心理学会第70回大会  2006年 

     詳細を見る

  • シンポジウム:日心の将来をどうするのか?-アメリカ心理学会(APA)にみる心理学会の将来像-「日心はどのような実践家支援を行うべきか」

    日本心理学会第70回大会  2006年 

     詳細を見る

  • Social support networks for elderly people under a Japanese socio-cultural context: Features and tasks from psychological health perspectives ("Social support and health", Invited symposium)

    26th International Congress of Applied Psychology  2006年 

     詳細を見る

  • ファストフード店の接客スキル-ソフト要因とハード要因-

    日本質的心理学会第3回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 準備委員会シンポジウム・指定討論者:”ジャーナリストの経験と方法に学ぶ-中村梧郎さんをお招きして”

    日本質的心理学会第2回大会  2005年 

     詳細を見る

  • Social-Skills for Enhancing Interpersonal Relationships with Elderly People

    Asian Association of Social Psychology, 6th Biennial Conference  2005年 

     詳細を見る

  • Reentry Adjustment Experienced by Students Reentering to Japan: Relations between Acculturation to Host Culture and reentry Adjustment

    Asian Association of Social Psychology, 6th Biennial Conference  2005年 

     詳細を見る

  • Cultural Distance and cross- cultural Adaptation(3) - Six types of Cultural Distance Measurement Rating to Individualism-Collectivism and High-Low Context Communication

    Asian Association of Social Psychology, 6th Biennial Conference  2005年 

     詳細を見る

  • 友人関係における対人魅力の相互作用に関する探索的研究

    中国四国心理学会第61回大会  2005年 

     詳細を見る

  • Formation of Personal Relations between International Students in Japan and Japanese, and Social Skills

    Asian Association of Social Psychology, 6th Biennial Conference  2005年 

     詳細を見る

  • ワークショップ:”臨床心理学と社会心理学のインターフェースを語る

    日本社会心理学会第46回大会  2005年 

     詳細を見る

  • 同居家族と高齢者間の支援行為(2)-必要とするサポートと実行されたサポートの比較から-

    日本健康心理学会、第18回大会・日本心理医療諸学会連合第18回学術大会合同大会  2005年 

     詳細を見る

  • 「老い」をめぐる認知(6)-青年期と中年期による「高齢者の幸福」観の因子構造の検討

    日本健康心理学会、第18回大会・日本心理医療諸学会連合第18回学術大会合同大会  2005年 

     詳細を見る

  • 「日常生活エラーパターン尺度」の開発

    日本心理学会第69回大会  2005年 

     詳細を見る

  • Invited Symposimu, "Health Psychology and Health Promotion" Adaptive Acceptance of Aging in Eastern Culture.

    28th International Congress of Psychology  2004年 

     詳細を見る

  • 文化間距離と異文化適応(2):留学生の個人-集団主義及び低-高コンテクストに関する文化間距離と日本社会への適応の関連

    多文化関係学会第2回大会  2004年 

     詳細を見る

  • 高齢者とのおつきあいスキル-交流の中で見つけるソーシャルスキル

    日本社会心理学会第48回公開シンポジウム:”高齢化社会における共生の知恵を探る-加齢(エイジングをめぐる社会心理学)”  2004年 

     詳細を見る

  • ソーシャルネットワークにおける携帯メールの役割(3):大学新入生の携帯メールネットワーク

    日本社会心理学会第45回大会  2004年 

     詳細を見る

  • 「老い」をめぐる認知(7):青年期と中年期の描く要介護高齢者の幸福

    日本健康心理学会第17回大会  2004年 

     詳細を見る

  • 日本人青年における海外滞在後の帰国再適応に関する研究

    多文化関係学会第2回大会  2004年 

     詳細を見る

  • 在日外国人留学生を対象としたソーシャルスキルセッション(2):集中セッションにおけるパフォーマンス評価

    日本社会心理学会第45回大会  2004年 

     詳細を見る

  • ワークショップ61「質的研究を学部ワークショップ61「質的研究を学部生にいかに教えるか」

    日本心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 外国人留学生を対象としたソーシャルスキル学習セッション(1)-パフォーマンス評定の変化

    中四国心理学会第36回大会  2003年 

     詳細を見る

  • ソーシャル・ネットワークにおける携帯メールの役割(2)-携帯メール・ネットワークの構造

    中四国心理学会第36回大会  2003年 

     詳細を見る

  • ALTの異文化理解に関する報告:異文化理解セミナーで得られた質問紙調査の結果から

    多文化関係学会第1回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 文化間距離と異文化適応(1):個人-集団主義及び高-低コンテクストに関する日本人学生の評価

    多文化関係学会第1回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 「老い」をめぐる認知(6)-大学生と中年期による「老い」観の構造

    中四国心理学会第36回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 「老い」をめぐる認知(5)-高齢者による「幸福」の認知とその発生機序に関する質的研究-

    日本健康心理学会第16回大会  2003年 

     詳細を見る

  • ワークショップ22「文化とストレス」(話題提供)

    日本心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 介護者の認知的成長段階における経験類型

    日本健康心理学会第15回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 老いをめぐる認知(3)-高齢者の老いの認知に関する質的研究

    日本健康心理学会第15回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 特別シンポジウム2・健康心理学の教育「質的・量的研究の統合教育を目指して」

    日本健康心理学会第15回大会  2002年 

     詳細を見る

  • ホームステイ場面におけるソーシャル・スキル

    日本心理学会第66回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 介護者の精神的健康について(6)-認知的成長段階と精神的健康との関連-

    日本健康心理学会第15回大会  2002年 

     詳細を見る

  • ソーシャル・ネットワークにおけるケータイメールの役割(1)-使用前後の親密度とコミュニケーション量の変化

    日本社会心理学会第43回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 会員企画シンポジウム4・臨床社会心理学は健康増進に有効か?指定討論

    日本健康心理学会第15回大会  2002年 

     詳細を見る

  • CMCにおけるソーシャルスキル(1)-パソコンのE-mail交換での円滑な対人関係形成への示唆-

    日本社会心理学会第43回大会  2002年 

     詳細を見る

  • ワークショップ11・質的研究の「研究法」はどのように学ぶか

    日本心理学会第66回大会  2002年 

     詳細を見る

  • ワークショップ52・臨床社会心理学の実践的展開をめぐって(2)

    日本心理学会第66回大会  2002年 

     詳細を見る

  • Symposium-Health Psychology and QOL: Is Japanese Aging Western or Eastern? : Social Support Networks of the Japanese Elderly

    XXV International Congress of Applied Psychology  2002年 

     詳細を見る

  • 老いをめぐる認知(4)-青年期と中年期における高齢者イメージ

    中四国心理学会第35回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 「介護者の会」に見られる心理的機能について(2)-介護者の会におけるソーシャルサポート提供機能と認識レベル-

    日本健康心理学会第14回大会  2001年 

     詳細を見る

  • CMCにおける対人関係形成(1)-e-mailでの交信印象形成・対面実験における

    日本社会心理学会第42回大会  2001年 

     詳細を見る

  • CMCにおける対人関係形成(2)-FTFCとCMCにおけるコミュニケーション不安

    日本社会心理学会第42回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 介護者における認知的成長段階の生起順序性の検討

    日本健康心理学会第14回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 老いをめぐる認知(1)-青年期と中年期の"幸福な老い"観

    日本健康心理学会第14回大会  2001年 

     詳細を見る

  • ワークショップ51・臨床社会心理学の実践的展開をめぐって「異文化適応と臨床社会心理学」

    日本心理学会第65回大会  2001年 

     詳細を見る

  • Paper session:Models of Health &Illness Behavior in Japan - Mental Health of Elderly People in the Community: The Aging Stress-Support Model(シンポジウム)

    The 14th Conference of the Europian Congress of Health Psychology  2000年 

     詳細を見る

  • Social SkilRound Table Discussion: ls Performance of International Students in Japan(英語)

    異文化間教育学会第21回大会  2000年 

     詳細を見る

  • 在宅介護者の精神的健康について(4)-サポート供給源と精神的健康との関わり-

    日本心理学会第64回大会  2000年 

     詳細を見る

  • 異文化葛藤と対処方略に関する探索的研究-定性的研究の実際(69)-

    日本心理学会第64回大会  2000年 

     詳細を見る

  • 「介護者の会」にみられる心理的機能について-介護者の精神的健康に影響を及ぼす要因-

    日本健康心理学会第13回大会  2000年 

     詳細を見る

  • ワークショップ21-今、心理学は若者たちに何ができるのか?「異文化適応と心理教育」

    日本心理学会第63回大会  1999年 

     詳細を見る

  • Social Support and Intercultural Adjustment of Adlescent Japanese Sojourners in the U.S.A.

    Third Conference of the Asian Association of Social Psychology  1999年 

     詳細を見る

  • Psychological Process of Caregivers in Japanese Families - Case Study

    Third Conference of the Asian Association of Social Psychology  1999年 

     詳細を見る

  • 在宅介護者の精神的健康について(3)-主介護者のサポートネットワーク特性-

    日本健康心理学会第12回大会  1999年 

     詳細を見る

  • 在宅介護者の精神的健康について主(2)-介護者の続柄による検討と背景・緩和要因の影響-

    日本健康心理学会第12回大会  1999年 

     詳細を見る

  • 在宅介護者の精神的健康について(1)-介護状況に対する認知的成長段階-

    日本心理学会第63回大会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 日本応用心理学会学会賞(奨励賞)

    2019年8月   日本応用心理学会   看護学生の正確な指示受けのためのソーシャルスキルトレーニング-臨地実習で直面する困難状況を課題場面とした医療安全教育の試み-

    山本恵美子, 田中共子, 畠中香織, 兵藤好美

     詳細を見る

  • 第9回留学生教育学会優秀論文賞

    2018年9月   留学生教育学会   ブラジル留学における困難体験とその対処一在ブラジル日本人留学生の異文化適応支援に向けて-

    迫 こゆり, 田中 共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 科学研究費助成事業 平成27年度 審査委員表彰 「科学研究費補助金 第一段審査」

    2015年11月   日本学術振興会  

    田中 共子

     詳細を見る

  • 日本健康心理学会研究・優秀ポスター賞

    2014年   日本健康心理学会   在日外国人ケア労働者の異文化適応に及ぼす協働文化の影響-異文化間ケアの創出基盤としての職場環境の検討-

    畠中香織, 田中共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本質的心理学会優秀ポスター賞

    2013年   日本質的心理学会   在日ムスリム留学生の異文化適応-異文化接触場面における異文化葛藤への対処の観点から

    中野祥子, 奥西有理, 田中共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本健康心理学会研究・実践活動奨励賞

    2013年   日本健康心理学会   在日外国人ケア労働者と日本人スタッフにおける協働文化の創出と異文化間ケアの実践

    畠中香織, 田中共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本社会心理学会 島田賞

    2000年   日本社会心理学会  

    田中 共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本健康心理学会本明記念賞

    1999年   日本健康心理学会   高齢者へのサポート介入に関する研 究:エイジングストレス・サポート モデルによる高齢者の精神的健康に関する研究

    兵藤好美, 田中宏二, 田中共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本コミュニケーション学会学会賞

    1993年   日本コミュニケーション学会   Interpersonal Competence: Assessing the Assessment Instruments

    太田浩, 高井次郎, 田中共子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 「ゲーミングシミュレーションを用いた医療事故生成プロセス制御モデルの構築

    研究課題/領域番号:19H03921  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    兵藤 好美, 田中 共子, 柘野 浩子, 山本 恵美子, 中村 美枝子, 近藤 真紀子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:9750000円 ( 直接経費:7500000円 、 間接経費:2250000円 )

    researchmap

  • 「介護安全」のための職種特性を活かした連携安全力の測定と教育実践

    研究課題/領域番号:18K10505  2018年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 恵美子, 田中 共子, 畠中 香織, 兵藤 好美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究の目的は、看護師,管理者,介護士の3職域ごとの視点から、利用者が安全に生活するための要素を明らかにすることであった。また、日本の社会文化に適した 介護施設の安全のための研修試行を目指すものである。
    本年度の目標は、住宅型有料老人ホームの看護師,管理者,介護士の3職域の視点から、利用者が安全に生活するための要素を明らかにすることであった。安全対策の現状について文献検討を実施した。医学中央雑誌を用いて、「介護施設」、「安全」のキーワードで論文数255件を抽出し、その内、入手可能な論文91件を分析した。分析は、①介護施設の安全特性を明確にする目的でKJ法により分類した。②介護施設の安全に関する内容を概括するために、各論文タイトルに含まれる用語を用いて計量テキスト分析を行った。この2つのアプローチにより、介護施設の安全を扱う種々の範囲や医療安全と共通した事項について考察することが可能となり、安全を支える構成要素の現況を複眼的に掌握することができると考えた。
    その結果、KJ法により9つのカテゴリーに分類された。「事故の実態調査、日常生活援助のケア、服薬支援、転倒防止、感染、災害」の6つは、医療機関の研究動向と類似していた。介護施設の特徴は、「権利擁護、職員の腰痛防止、各職種の役割認知と協働」の3つであった。また、計量テキスト分析では、「介護施設で求められるケア特性」、「多職種間連携における業務課題」、「コスト・マネジメント」の3つに集約された。介護施設の安全の構成要素を考えるには、「権利擁護、職員の腰痛防止、各職種の役割認知と協働」の特徴があり、「介護施設で求められるケア特性、多職種間連携における業務課題、コスト・マネジメント」の3要素を含め、総合的に安全対策を進める必要性が示された。これらの研究をふまえ、面接調整を実施し分析中である。

    researchmap

  • 外国人ケア労働者を対象とした異文化間ケア教育プログラムの開発から協働文化の創生へ

    研究課題/領域番号:17K12500  2017年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    畠中 香織, 田中 共子, 山本 恵美子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    今年度は在日外国人ケア労働者を対象に、「4レベルアプローチ」型の「異文化間ケア教育プログラム」の検討~開発期と位置付け、教育素材となるDVD制作を実施した。
    DVD制作にあたり、昨年度からの文献検討と今年度のインドネシア高齢者施設の視察から、日本のケア現場でトラブルを生じやすい外国人と日本人のケアの差異(方法・場面)や、職場慣習や価値観を分類しパターン化を行った。
    まず、29年度から継続している文献検討や関連資料(異文化適応、協働環境、協働文化、ケアの受け手の反応など)では、日本人が外国人に求めるケアや職場の働き方を整理した。次に、2018年夏に訪問したインドネシア高齢者施設の視察では、EPA制度を通じ日本の就労経験を持つインドネシア人から、日本とインドネシアでのケアの異なりについての理解を深めた。また、外国人の母国での働き方や職場慣習を理解し、日本においてトラブルとなりえる行動や課題を整理した。さらに、海外・国内学会において、EPA制度や外国人ケア労働者に関する情報収集に努めた。
    それらの情報をもとに、日本のケア現場で就労する外国人に期待する技術や、理解を求める職場慣習・接遇場面等を撮影し、DVD教材を制作した。制作には、EPA制度を通じ看護師として、日本での就労経験を有するインドネシア人に監修を依頼した。教材には、実際に外国人が就労した上での経験・意見、日本での就労においてのニーズ等も含めることができた。今後は、e-learningシステムを整え、DVD教材を用いた研修を展開していくこととする。

    researchmap

  • グローバル人材の健康教育としての異文化間食育の開発-双方向交流の健康マネジメント

    研究課題/領域番号:16K13485  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    田中 共子, 李 正姫, 兵藤 好美, 中野 祥子, 鉄川 大健, 中島 美奈子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    国際的流動性の高まる中、異文化間心理学と健康心理学の接点で、異文化間教育と健康教育を融合させて、食のマネジメントに異文化滞在者の特性を組み込む「異文化間食育」を志向した。異質な社会文化的環境下で健康のセルフマネジメントができることは、グローバル時代の重要な能力で、グローバル人材の条件ともいえる。在日外国人留学生は母文化と日本文化との間で「食ギャップ」を抱え、対応は個人の食と健康の知識、食の組み立てと調理の能力、健康な食行動への関心や意欲に影響され、日本文化における食の理解や文化受容は多様である。文化受容の観点を加味した健康教育には、クロスカルチュラル・ヘルスサイコロジーの視点が必要である。

    researchmap

  • レジリエンス・プロセスモデルに基づく医療安全のゲーミングシミュレーション法の開発

    研究課題/領域番号:16K15870  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    兵藤 好美, 田中 共子, 柘野 浩子, 山本 恵美子, 中村 美枝子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    事例構造と背景要因を模してエラー発生を疑似体験するゲームとして、先輩看護師への声かけや質問等の要素を取り入れた薬剤選択の「ゲーミングシミュレーション」開発を試みた。またゲーム実施において全問正解の看護師1名、学生2名から、正解に至った要因を聞き取り,抽出することができた。このことは「レジリエンスエンジニアリング」具現化と医療安全のゲーム法開発のヒントに繋がった。
    さらに、医療事故抑止力の高い看護師の特性として、徹底した情報収集力や手抜きをしない姿勢が根底にあり、経験によって積み上げられた臨床知識に基づく瞬時の状況判断や危険予知能力によって未然に事故が防がれていることが示唆された。

    researchmap

  • 異文化滞在者のソーシャルスキル学習-異文化間健康心理学の開発を志向した学際的研究

    研究課題/領域番号:15H03456  2015年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    田中 共子, 李 正姫, 畠中 香織, 奥西 有理, 中野 祥子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:10530000円 ( 直接経費:8100000円 、 間接経費:2430000円 )

    急速なグローバル化の中で、健康心理学も国内向けの健康指導に閉じてはいられず、国境を越えた流動性の中でどう健康を保つかという新たな課題が生じている。本研究は、ソーシャルスキルの異文化適応促進仮説に注目し、対人関係の形成・維持・発展の要領を異文化間ソーシャルスキルとして捉え、異文化圏での対人行動の学習を実用化し、サポート源確保を狙う着眼を持ち、実証的研究を展開している。学際的発想で、認知行動療法の手法を健康教育に使って、心理教育的セッションを創ることを視野に入れつつ、実証研究を進めて文化受容と異文化葛藤に関する知見の蓄積を続けている。在外日本人向けの海外版の調査と、在日外国人向けの日本版の調査の両方を進め、学会発表と論文執筆を行った。ソーシャルスキルの獲得による対人関係形成が適応を促進するとみる発想を基軸として、社会文化的適応に注目して検証を進め、異文化適応理論の問い直しをはかっている。平行して社会的困難とその対処の詳細をリストアップし、異文化適応支援のためのソーシャルスキル学習への示唆を探った。コミュニティ型適応、自由人、スイッチング、アカデミックカルチャーショックなど、異文化適応における新たな概念的提案を行った。研究対象地域の多様性を高め、在外日本人についてはブラジルとトルコとセルビアでの調査研究を進めた。在日外国人については、トルコとムスリムに焦点を当てて検討を進めた。総括として、西洋文化圏が優勢だった異文化適応研究を、アジア発の知見で問い直すための準備を進めている。

    researchmap

  • 相互理解を促す日中異文化間コミュニケーションの探索-葛藤発生と融和の微視的分析

    研究課題/領域番号:25580115  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    奥西 有理, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    日中間の異文化摩擦とコミュニケーション上の誤解について、比較文化研究および異文化接触研究を行った。その結果、日中の価値観の違いの本質が浮かび上がった。例えば、労働観については、中国人大学生が濃密な人間関係を築いて集団としての成果を成し遂げることを志向するのに対し、日本人大学生は、成果とは個人によって成し遂げるものであり、その貢献先として国家や社会が想定されているのではないかと考えられた。また、日中の異文化理解は、相容れない部分はどこなのかについて深く分析し境界線を見極めることで実現すること等有効に機能する複数の方法が明らかとなった。

    researchmap

  • 在日留学生を対象とした異文化間食育の開発-健康教育と異文化間教育の学際的融合

    研究課題/領域番号:25590187  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    田中 共子, 兵藤 好美, 高濱 愛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    在日外国人留学生の食行動、食と健康に関する認知、そして異文化滞在者としての食の文化受容、食の異文化適応、食文化の自然学習、食習慣の変容について、実証的研究を進めた。在日留学生を対象とした異文化間食育の欠落とその必要性を指摘し、国内向け食育との異同、異文化滞在者の食の健康教育に求められる独特の要素と配慮と倫理的問題、社会文化的適応の中での食の位置づけについて検討した。異文化間食育の構成について吟味し、食の健康教育に求められる要素と基本の枠組みについて提案した。

    researchmap

  • 日本人海外留学生対象の異文化間教育に食の健康教育を導入する試み

    研究課題/領域番号:25590236  2013年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    高浜 愛, 田中 共子, 兵藤 好美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    研究の第2年目にあたる平成26年度には、「異文化間食育プログラム」の開発を進めた。まず、研究代表者を中心として、前年度で研究の初年度にあたる平成25年度に収集した研究データの整理・分析を進めることから着手した。具体的には、主として英語圏(北米とオセアニア)の海外の大学等に短期語学研修等で派遣された日本人学生を対象とした質問紙調査および面接調査の結果を詳細に分析した。続いて、その分析結果をもとに、初年度に作成した質問紙調査の項目などに修正加筆を行った。この修正版の質問紙等を用いて、新たに前年度とは異なる日本人長期留学生などを対象として質問紙および面接調査を行い、英語圏以外のアジアなどに留学した学生たちの食生活や健康状態に関して、より詳細なデータを集めた。この再調査についてもデータの整理・分析を進めた。最後に、これら2年間にわたる、さまざまな国や地域に多様な留学期間で留学した日本人学生の調査結果に基づき、研究代表者と研究分担者とで、新たな食育プログラムの試案を作るための打ち合わせを行った。その際、海外で学ぶ日本人留学生(日本の大学から派遣される日本人等留学生)を対象として提供すべき異文化間食育プログラムには、どのような教育内容を盛り込むべきであるかということについて検討を進めた。またその食育プログラムの内容をどのような場所や時期、方法や形態で学生たちに提供すべきかについての適切な方策についても検討を行った。

    researchmap

  • プロセスモデルに基づく医療安全教育のためのゲーミングシミュレーション法の開発

    研究課題/領域番号:24659947  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    兵藤 好美, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究の目的は、疑似体験型の学習から得る多層的インパクトを構造化し、心理教育型の医療安全教育を創出することであった。平成24年度~平成26年度においてゲーミングシミュレーション法の適用を着想し、従来の静止的な事故研究を超えて、事故の「プロセス性」を重視する斬新な教育手法を開発した。
    そして看護学生だけでなく臨床の看護師を対象として、人間のヒューマンエラーに関する環境要因の影響に関し、シミュレーションゲーム法を適用した医療安全教育を実施した。その結果、医療安全に対する意識変容において、介入後に有意な効果が認められた。

    researchmap

  • 病棟の安全文化醸造に向けたKYT介入実践研究パラダイムの複合的展開

    研究課題/領域番号:21390567  2009年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    兵藤 好美, 田中 共子, 細川 京子, 深井 喜代子, 犬飼 智子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:10530000円 ( 直接経費:8100000円 、 間接経費:2430000円 )

    我々は「医療事故生成プロセス防御モデル」に立脚した、科学的な医療安全教育プログラムとしてKYTの教育実践を行い、その効果を検討した。その結果、KYTの実施は「医療安全の意識と行動」と「エラー報告」に影響を及ぼし、「施設評価」や「安全文化」に肯定的な影響を与えることが示唆された。
    「KYT導入経過モデル」における「導入期」は、知識をつけるだけの研修では効果が現れず、「実践期」1ヶ月後では「実施時間確保の困難」が障害となっていた。3ヶ月後になると、確認行為等の自己変化だけでなく,部署内での「リスクの伝達」「KYT用紙作成」等の新たな活動が認められた。今後これらの知見を広く社会に還元していきたい。

    researchmap

  • 医療事故生成プロセス防御モデルに基づく医療安全のための心理教育法の開発

    研究課題/領域番号:21659497  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    兵藤 好美, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3240000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:240000円 )

    本研究の目的は、「医療事故生成プロセス防御モデル」を背景理論に、リスク認知を中心とした新たな「医療安全の心理教育」を開発することであった。2009~ 2011年度において事故生成プロセスを反映した疑似体験を工夫し、体感と具体的理解をもたらす人工空間の創作を試みた。そして、人間のヒューマンエラーに関するバイアスやヒューリスティック、環境要因の影響をシミュレーションゲーム法を適用し、医療安全教育に使用した。さらに効果の検証も行った。

    researchmap

  • 留学後のケアを目的とする自助グループ活動システムの開発と介入実践

    研究課題/領域番号:21653090  2009年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    高浜 愛, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    本研究は、自助グループの導入という着想を軸に、日本人留学生の帰国後のケアを行う教育的な活動システムを開発し、その実践と評価を行うことを目的とする。具体的には、海外留学から帰国した日本人学生を対象とした自助グループ活動セッションを開催し、彼らの留学を留学前だけでなく帰国後に至るまで一貫して大学等がサポートするための教育的システムを立ち上げることを目指す。研究の初年度である平成21年度(昨年度)には、まず帰国留学生を自助グループ活動セッション参加群(支援群)とセッションに参加しない経過観察群(対照群)の2群に割り当てることから始めた。次に彼らの帰国後のニーズを質問紙により調査・分析するとともに、初回となる自助グループ活動セッションを試行的に実施した。セッションでは帰国後の逆カルチャーショックと再適応、さらに留学経験をふまえたキャリア構築をテーマとして扱い、参加者同士が留学活用方法等について語り合いを行った。そこで研究の第2年目であり最終年度にもあたる平成22年度(今年度)には、まず前年度の活動参加者および非参加者を対象として帰国後の状況やセッションの評価に関する継続(フォローアップ)調査を実施し、活動の効果を精査することから着手した。また、セッション改良に資すべく海外留学中の学生やセッションに参加しなかった帰国生に対する質問紙および面接調査を実施した。これらの調査結果に基づいて、前年度のセッション内容を改良し、さらに参加者同士の語り合いの機会を多く設けた教育プログラムを準備した。続いて改良版のセッションを、2度にわたって異なる帰国生のグループを対象として実施した。最後に改良版セッションの参加者による評価をもとに、帰国生向け自助グループ活動セッションの効果や影響に関する再検討を行った。

    researchmap

  • 異文化間ソーシャルスキル学習の実験的セッションに関する応用社会心理学的研究

    研究課題/領域番号:20530570  2008年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 共子, 中島 美奈子, 奥西 有理, 三串 浩司, シミッチ・山下 ミラ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    異文化滞在者を対象に、異文化圏での対人関係に必要となる、社会的技能(ソーシャルスキル)を学習する実験的セッションを行った。介入実験によって、異文化間ソーシャルスキルによる対人関係形成の促進効果を確認した。質的、量的手法を併せた統合研究の手法を用いて、異文化間ソーシャルスキルの内容と実施過程の解明、「異文化間ソーシャルスキルの獲得による適応促進仮説」の検証を進めた。

    researchmap

  • 日本人留学生を対象とする文化行動学習プログラムの開発と実践

    研究課題/領域番号:19653099  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    高浜 愛, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    1. 研究の実施内容:本研究は、日本人留学生を対象とする文化行動学習プログラムを、新たに開発し実践することで、彼らの留学の成功をサポートしようとするものである。具体的には、最も多くの日本人が留学するアメリカで必要となるソーシャルスキルのトレーニングを、留学前に受講してから渡航してもらう。初年度であった、昨年度(平成19年度)は、初回の予備的プログラムの試行を中心として実施した。2年目である今年度(平成20年度)は、初年度版を改良した留学前の教育プログラムを実施した。さらに、プログラムの効果について調べるため、研究代表者が、受講生の留学先であるアメリカにおいて現地調査を実施した。また、縦断的研究の観点から、昨年度のプログラムを受講し、今年度帰国した学生に対する面接調査等も実施した。
    2. 研究の成果と意義:今年度と昨年度の結果を元に、プログラムの効果を精査し、より効果的なプログラムの提案を試みた。そして、このプログラムを渡航前の学生に対して実施することで試して、反応と効果について調べることができた。本研究は、従来は看過されがちであった、留学前の文化行動学習の重要性に着目している。そのため、本研究のような取り組みを実施することにより、日本からの留学生がスムーズに留学先での学習や生活に移行できるよう、支援していくことが可能になる。したがって、留学生政策の量と質の両面における発展に貢献できるため、実践研究として有意義と考えられる。

    researchmap

  • 高齢者福祉の場における対人援助技能習得プログラムの開発

    研究課題/領域番号:18530471  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    横山 奈緒枝, 細川 つや子, 難波 悦子, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3190000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:390000円 )

    関連資料・文献による分析と、大学の実習教育担当者、老人保健施設の実践者への実態調査をふまえ、医療や社会福祉領域の専門職者養成における対人的技術の教育課題について研究を行なった。各領域における技術を整理し、領域を超える12の共通スキルを抽出した。スキルごとに「技能習得プログラム及び評価票(試案)」を作成し、これを用いた演習を実施し、効果と課題を分析した。研究内容の公表と共に、研究成果について取りまとめた報告書を作成した。

    researchmap

  • 体験型言語・文化学習の評価に関する研究

    研究課題/領域番号:18520467  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    八島 智子, 田中 共子, 椎名 紀久子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3210000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:510000円 )

    本研究においては、1)大学生の短期国際ボランティア・プロジェクト、2)大学生の短期語学研修、3)高校における模擬国連プロジェクトの3種類の体験学習において、体験を通して、参加者の異文化に対する態度や国際的志向性、英語学習動機、英語使用不安、コミュニケーションをする意欲などがどのように変化するかを、量的方法、質的方法の両方で調査した。それぞれの体験の成果や意義を異文化間教育と英語教育の観点から考察した。

    researchmap

  • 基礎看護教育における統合的視点から見た医療事故生成プロセス防御モデル

    研究課題/領域番号:17592204  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    兵藤 好美, 田中 共子, 田中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3840000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:240000円 )

    1. 「看護場面における医療事故背景要因とエラー発生の関連性」について多変量解析を行うために,調査施設を増やした上で、2度にわたる検討を行った。その結果、看護師のストレス反応を媒介としてヒヤリハットへと結びつく間接的な効果が示された。逆に、アサーション能力やソーシャルサポート、自己効力感などはストレス反応の低減に関連しており、間接的にヒヤリハットを減少させる要因であることが示された。特に「看護場面における医療事故背景要因とヒヤリハットの関連性」に注目した点で、他に類をみない意義深い結果が得られた。
    2. 「医療事故背景要因のエラー発生に至る生成プロセスの動的モデル」を作成してきた。分析過程において、自分自身で確認する習慣が、しばしばストッパーとなっていた。上司からサポートを多く得ている看護師は、ヒヤリハットの回数にストレス反応の高低が影響を及ぼさないが、上司からのサポートが少ない看護師は、ストレス反応が高まることで、いつもよりヒヤリハットを起こしやすくなる傾向が見られた。また、疑問に思っていても黙って指示に従ってしまう黙従性の態度が強い者は、ヒヤリハットの報告が多いことも明らかになった。エラー発生要因については、一部モデル化が進みつつあるが、防御に拘わる要因について、数量的に分析した研究は殆ど見られない。今後の医療事故防止に向けた基礎的研究として、意味深い研究になっていくと思われる。
    3. 看護学生の危険予知能力を高めていく方法として、討論・グループ発表の時間を設け、実証的研究を行った。また医療事故予防に向けての「リスク体験ゲーム」を開発し、看護学生には講義、看護教員には講習会の時間の中で、実施した。その結果、安全に対する意識に有意な変化が見られた。

    researchmap

  • 異文化間対人関係形成を促すホストの異文化対応能力としてのソーシャルスキル

    研究課題/領域番号:16530403  2004年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3510000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:210000円 )

    社会的環境下における対人関係の形成・維維・発展に関する認知行動的技能を社会的技能(ソーシャル・スキル)としてとらえ、異文化交流場面におけるその向上を意図した実験的セッションを試みた。ソーシャルスキルの概念を軸に、異文化滞在者(ゲスト)と受け入れ側(ホスト)の相互作用を解明し、双方向的に異文化接触に与えるソーシャルスキルの影響力を調べた。
    1.ホストとゲストを対象とした質問紙調査で、両者の高-低コンテクスト度合いの差異や個人主義-集団主義を調べた。相互の意思疎通のスタイルという行動面での齟齬は、個人や集団の優先性という認知的な差異よりも、ゲストの適応に与える影響が大きいことが分かった。
    2.留学中と留学後の対人関係を、想起法を用いた面接法で調べた。対ホスト関係と異文化適応との関連をモデル化した。
    3.ホストのソーシャル・スキルを把握するため、日本人ホストを対象に自由記述法と面接法による調査を実施した。KJ法で分析し、スキルの領域を抽出して基礎資料とした。
    4.ホストスキルの比較文化的研究のため、アメリカ人ホストへの面接調査を実施した。内容分析でその種類や機序を探った。
    5、在日留学生対象の学習セッションを原型に、ホスト版の異文化間ソーシャルスキル学習を構成した。ホストーゲスト間の典型的な葛藤場面を課題にしたロールプレイを用い、介入実践研究として、日本人学生と留学生との合同授業や日本人向け研修の機会に、ホストスキルの心理教育的セッションを実施した。
    6.ホスト版のスキル学習の原型となる、留学生向け学習セッションの完成度の向上を目指して、セッションのバリエーションを試した。
    7.ホスト教育にもゲスト教育にも適用可能な、異文化間教育の枠組みとして、AUC-GS学習モデルを提案した。ソーシャルスキル学習を最終段階に据えたこの枠組みで、パッケージ学習を構成し、実施後の各構成パーツの効果を比較した。

    researchmap

  • 外国人駐在員家族の生活圏における心理的バリアに関する「ガラスの衝立」理論

    研究課題/領域番号:15530443  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    木村 玉己, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    1.調査経緯は,平成15年度に引続き、東京都港区・渋谷区在住の外国人駐在員家族にたいし、生活圏に関するWEB調査(〜6月),生活圏/日本人家族との交流に関する面接調査を実施した(〜7月)。また,東京都港区・渋谷区在住の日本人家族にたいし、生活圏に関するアンケート調査(5月),生活圏/外国人家族との交流に関する面接調査(6月)を実施した。
    2.調査結果として,(1)生活圏調査で,外国人駐在員家族と日本人家族の生活圏の重なりは確認されたが,(2)日本人家族の人間関係圏が近距離・同心状であったのに対し,外国人のそれは遠距離・点在型であり,両圏が交わることはなく,(3)両者はほぼ毎日同じ時間に同じ場所で遭遇しながらも,両者間に交流が生じていないことが定点観察によって確認され,(3)面接調査からは,両者の交流は,目的型・単発型交流(例:パーティなど)に限定され,日常的レベルでの精神交流は無に等しいことが判明した。
    3.ここまでの調査をもとに,平成15〜16年度の研究成果の一部を「8^<th> European workshop on Ecological Psychology」(イタリア,6月26-29日)で発表,平成16年度の研究成果の一部を「Mind, Culture and Evolution Conference」(カナダ,7月15-17日)で発表した。
    4.ここまでの調査により,仮説として唱えた「ガラスの衝立」の存在が確認された。つまり,駐在員家族と日本人家族の交流は,生活圏を共有し,「知り合いたい」という気持ちはあっても,実際にはそれを阻害する「目に見えない精神的な壁」によってさえぎられていることがわかった。

    researchmap

  • 基礎看護教育における医療事故防止の為の支援介入に関する研究

    研究課題/領域番号:14572223  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    兵藤 好美, 池田 敏子, 田中 共子, 田中 宏二, 深井 喜代子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    1.平成14年度:学生の臨地実習におけるヒヤリ・ハット体験に注目し、その要因には何があるかを数量化III類によって分析を行った。その結果、次の4つの要因(1.患者の特性や状況の予測判断に関するもの,2.知識不足等によるもの(mistake),3.うっかり忘れ(Lapses),4.うっかり間違い(Slips)に分かれることが判った。これら要因の2.〜4.は、ヒューマンエラーの分類に相当するが、要因1.の予測判断は医療現場、とりわけ学生に固有のヒヤリハット体験であることが推察された。そして要因各々の対応策及び訓練方法を具体的に示した。
    2.平成15年度:昨年度の研究結果を基に、本学の学生及び新卒看護師を対象に臨地実習における実習中のヒヤリ・ハット体験に注目し、その要因には何かについて数量化III類を用いて分析を行った。またヒヤリハットにする分析では行為そのもの【単独要因で】発生する場合と、他の要因がくみ合わさって【複合要因で】発生する場合の2つのタイプがあることが明らかになった。基礎実習に向けて、分析で得られた情報を基に想定される危険場面・事例を作成し、その対応策を想起させた。その解答結果を学生に返却し、実習でどの程度役にたったかを尋ねた。
    3.平成16年度:新人Nsを対象とし、就職後約半年間に体験したヒヤリハット事例について、ヒューマンエラー関連要因に関する遭遇の有無・内容に関する構造的面接調査を行い、数量化III類を用いた分析を行った。正確さ・繊密さ及び慎重さのためには、集中できる環境や時間的余裕が不可欠であるが、分析から医療現場では「他の用件の割り込み」に気を奪われたり、「時間切迫で慌てていて気がつかない」といった判断・決定のミスに繋がる体験が多く、業務的要求との矛盾があることが明らかになった。
    危険予知と学生の日常行動のエラーパターンを調べるために、Lapseによる従来の調査項目を使用しようとしたが、質問項目が現在の学生の行動に当てはまらない項目が多くあることが判った。そこで新たに学生を対象としたエラーパターン尺度を作成した。

    researchmap

  • 異文化間ソーシャル・スキル学習による臨床社会心理学的介入研究

    研究課題/領域番号:12610126  2000年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2900000円 ( 直接経費:2900000円 )

    留学生・研修生などの異文化滞在者を対象に、異文化適応における対人関係形成の役割とその促進法について、基礎的調査を行ったうえで心理教育的実験セッションを企画・実施し、その成果を確認した。まず量的手法を用いた横断調査データの分析から、ゲストのソーシャルスキル実施が異文化間対人関係形成を促すことを実証的に明らかにした。またホストによるゲストのソーシャルスキル実施への期待や、ホスト自身もソーシャルスキル不足を認識していること、対人関係形成の困難の原因について双方がソーシャルスキルを重視していることが明らかになった。次に学校場面およびホームステイ場面における、ホストとゲストのソーシャルスキルの獲得・実施について、質的研究法を用いて相方向的な同時調査を行い、仮説生成的にソーシャルスキルの行動化に至る過程を整理した。これらにより、ソーシャルスキル学習の潜在的ニーズの存在と、教育的介入による両者の関係性の構築・改善の可能性が示唆された。
    実験セッションは、ビデオ教材を作成したうえで、行動の学習理論の枠組みにならって課題を構造化し、国立大学の大学院生:1日5時限×4日間を2シリーズ、NGOによる研修生:1日5時間×2ヶ月間を2シリーズ、国立大学の大学生:週1回×3週間を2シリーズなど、日本における異文化滞在者を対象に実施した。セッションのプレ-ポスト比較では、ソーシャルスキル学習による異文化理解の進展と積極的対処への意欲向上、パフォーマンスの向上についての認識が示された。
    最後に研究視点および研究知見の理論化を試みた。臨床社会心理学の学問的枠組みを整理して将来的な展開の可能性を探り、異文化適応を促す心理教育について、研究結果に基づくプログラムとその結果を報告して実践的な提案とした。

    researchmap

  • 異文化接触の教育的効果(態度変容とコミュニケーション能力の習得)に関する研究

    研究課題/領域番号:11680288  1999年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    八島 智子, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本研究の目的は、海外滞在による異文化接触が、学習者のl)外国語学習動機、2)コミュニケーションへの積極的な態度・不安・自信3)異文化への態度4)国際的志向性に変容をもたらすかどうか、そして、その変化と言語能力に関連が見られるかどうかを客観的、科学的な方法で調査することにある。平成11年度は質問紙の開発を行い、アメリカに1年間留学する予定で平成11年7月に出発した高校生60人を含む3種類の異なるグループに対し調査を実施した。平成12年には、アメリカに1年間留学する予定で平成12年7月に出発した高校生50人を対象に出発前と到着3週間後の2回調査を実施した。このデータは前年度分と合わせて解析した、出発前と比較し3週間後にコミュニケーション不安が統計的に有意に低下するなど興味深い結果を導いている。
    平成13年は主にデータの解析と成果の発表を行った。過去2年間に収集したデータを用いて共分散構造分析を行った結果、異文化への態度や国際的志向性が、学習動機に影響し、それが英語力の向上につながると同時に、コミュニケーションに対する自信を高めていることが示された。この結果は、大学英語教育学会において発表した。また、成果を国際誌に投稿し、採択された。
    平成11年と13年に、外国人教師と日常的に接触のある国際高校において質問紙と英語標準テスト(T0EFL)を実施したが、その結果の解析を現在進めている。英語教育の現場において入手したデータだけに、得られた知見を教育実践に還元しやすいものと期待できる。今回新たに入手したデータとこれまで長年蓄積したデータの統合を行うことにより、高校生の異文化接触の効果や社会文化的適応について多くの知見が得られた。

    researchmap

  • 高齢者の在宅介護者に対するソーシャルサポート介入に関する基礎研究

    研究課題/領域番号:10610119  1998年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 宏二, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:2400000円 ( 直接経費:2400000円 )

    初年度(平成10年度)は在宅介護者6名を対象とし、面接法による予備調査を実施した。その結果、介護者の続柄(配偶者:嫁)によって負担感・消耗感・認知的成長等の受け止め方に、大きな違いがあることが判った(アジア社会心理学会・発表&質的心理学研究へ投稿中)。そして予備調査の結果を基に、介護者の精神的健康の実態と問題点を明らかにする為、翌年(平成11年度)に、在宅介護者551名を対象に、本調査(郵送法による質問紙調査)を行った。これらの結果については、5件の学会報告(日本心理学会:2件,日本健康心理学会:3件)を行い、2本の論文(社会心理学研究・健康心理学研究)を投稿中である。結果の概要を以下に記す。
    (1)主介護者のサポート供給源は、サポートの種類によって分化の傾向が認められることや、子供・嫁は同居家族に偏りがちなのに対し、配偶者は別居家族からのサポートも多いことが判った。また、公的サポートの利用回数や満足度は負担感や消耗感の一部の軽減に影響し、その重要性が示唆された。(2)介護者が子供や嫁である場合、配偶者に比べ年齢も比較的若く、介護年数は短いにも拘わらず、負担感はよりも高い。また、痴呆度が高い場合に負担感が増大するのに対し、「介護者の会」への入会年数は負担感を軽減する効果をもつ可能性が示唆された。(3)主介護者の認知的成長段階を3群(未受容・移行・受容)に分類では、痴呆度と介護者会への入会年数で、媒介変数では一部のサポートと総てのコーピングにおいて、3群の間に有意な差が認められた。またストレス反応は、認知的成長段階と共に変化することが示唆された。
    分析結果を基に、さらに翌々年(平成12年度)に「介護者の会」の効果について調査を行い、セルフヘルプグループである「介護者の会」は、介護体験の共有化や客観化に効果があることが明らかになった。そして、負担感・消耗感を軽減したり、会への所属感やサポート認知の高さと関係するのは、会内における親密な関係の存在であり、介護者の精神的健康にとって重要であることが判った。加えて入会年数と会内親密ネットワーク(NWの存在に関して交互作用が見られ、親密なNWの存在は入会年数が長期に及んだ場合に、より効果をもつことが示唆された(日本健康心理学会・発表)。
    以上、頂いた科学研究費補助金を有効に活用し、3年間に多くの知見を得ることができた。これらの結果については、上記を含む計5本の論文を投稿中である。

    researchmap

  • 拡張自己の構造と機能に関する社会心理学的研究

    研究課題/領域番号:10410036  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    藤原 武弘, 神山 貴弥, 田中 共子, 南 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    1.拡張自己の形成と適応機能に関する研究
    環境移行事態で大切な所有物が適応過程の中で果たす役割を質問紙法で留学生、入院患者を対象に調査を行った。また子供の発達過程の中で、Winicotの移行対象(transitional objects)がどのような機能を果たすのかを質問紙調査と実験により明らかにした。
    2.拡張自己の測定と構造に関する研究
    拡張自己は、Prelinger(1959)の手続きに従い、自分の身体の部分、精神的過程、個人的属性を表わすモノ、物的な所有物、他の人々等がどの程度自己の一部であるのかの評定を求めることで測定した。因子分析により拡張自己の構造は、「心理的・体内的過程」、「自分自身の産出物」、「身体の一部」、「身近な環境に属する対象物」、「個人的属性を表わすもの」、「物的な所有物」、「物理的に距離の離れた環境に属する対象物」から構成されることが明らかになった。また拡張自己には性差が見られ、女性の方が拡張自己得点が高いことが判明した。また公的・私的自己意識と拡張自己の間に有意な相関が見出された。更に日本版マテリアリズム尺度ならびにブランドに対する尺度を新たに開発した。
    3.拡張自己の喪失と生活の質(QOL)に関する研究
    阪神大震災で家屋を喪失し、仮設住宅に住んでいる西宮市民を対象に社会調査を行い、拡張自己の喪失が生活の質に及ぼす効果について研究した。被災者の主要な拡張自己は重要な他者で構成されていること、年齢とは無関係に拡張自己の喪失が一方では生きがい感を増大させ、一方では健康をむしばむということが明らかになった。

    researchmap

  • 異文化適応のための臨床社会心理学的介入方法としての異文化間ソーシャル・スキル学習

    研究課題/領域番号:10710053  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1800000円 ( 直接経費:1800000円 )

    従来の異文化適応のための心理学的介入は、「医学モデル」的な対症療法が主であったが、本研究では「心理教育モデル」に基づいて、異文化適応能力を向上させる介入方略を開発することを試みた。具体的には、在日外国人にとって、異文化環境下において必要になるソーシャル・スキルを明らかにしたうえで、その学習プログラムを構成し、実験的に試行し、ソーシャル・スキル学習プログラムの開発を試みた。セッション形式の介入実験を企画し、教材を作成して、実験協力者の参加を得てプログラムを試行した。そしてセッションの効果と構成について検討した。さらに、ソーシャル・スキル獲得の異文化適応促進仮説について検討するため、異文化滞在者を対象とした面接調査を実施した。協力者は、在日外国人であるATL、すなわち外国語学習のための外国人補助教員、および在日留学生であった。彼らに自分自身の異文化適応過程について振り返ってもらい、特にソーシャル・スキルの向上とその実施との関わりについて振り返ってもらった。次いで在米日本人留学生及び、在米日本人入居住者を対象として面接を実施した。上記と同様に、ソーシャル・スキルと異文化適応を中心に体験を振り返ってもらった。その結果、海外から日本への異文化移動と、日本から海外への移動との異文化移動にみられる共通点と相違点が明らかにされた。これはソーシャル・スキル学習のプログラム構成に反映すべき知見である。

    researchmap

  • 異文化適応を促進する異文化間ソーシャル・スキル獲得に関する臨床社会心理学的研究

    研究課題/領域番号:08710097  1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    従来の臨床心理学領域で行われるソーシャル・スキル訓練を、異文化間ソーシャル・スキルの学習に適用し、セッションを開発するための基礎的研究を行った。
    教育場面における実施を想定し、効果的なソーシャル・スキル学習プログラムを構成するために、まず認知レベル、行動レベル、相互作用の3レベルにおけるソーシャル・スキル獲得の効果を確認した。
    日本の大学に在籍する外国人留学生を対象に、適応とソーシャル・サポート・ネットワーク形成およびソーシャル・スキルの実施についての質問紙調査を行った。この結果から異文化適応促進モデルを構成すると、ソーシャル・スキル獲得から認知・行動・相互作用の変質を経て、異文化適応が促進されるという構造が見いだされた。
    また、ゲスト側のソーシャル・スキル実施に対するホスト側の認知と対人関係の進展に関する評定を比較した。留学生と接触の機会のあった日本人学生チューターを対象に、ソーシャル・スキル実施の要求水準を評定する質問紙調査を実施した。加えて面接調査を行い、実施されたソーシャル・スキルとその効果を明らかにした。
    これらにより、ソーシャル・スキル実施による相互作用の変化について、ホスト側からの検討を加えた結果、ソーシャル・スキルの実施は、相互の対人関係の原因認知を変化させ、ソーシャル・サポート・ネットワークを拡大・充実させていくことが示唆された。

    researchmap

  • 物質的自己の構造と機能に関する社会心理学的研究

    研究課題/領域番号:07301015  1995年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤原 武弘, 神山 貴弥, 田中 共子, 南 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    本研究の目的は、個人の所有している大切な物を測定することで、物質的自己の構造と機能を明らかにすることにあった。本研究では、環境移行事態における適応過程の中で、大切な所有物がどのような意味や機能を果たすのかについて、小学生、大学生、留学生、養護老人ホーム老人病院の入院患者を対象に調査を行った。大切な所有物を「何かを行うための道具、身体によって操作するAction Object(AO)と「熟考の対象として意味を持つもの」としてのContemplation object(CO)に分けた場合に、性差に注目してみれば、男性は女性に比べてAOが多い。逆にCO占める比率は女性に高い。また発達差でいえば、大学生になるに従いAOの割合は低下するが、COの割合は一定である。とりわけ、小学生の男子にAOの占める割合が高いのが特徴である。また大切な所有物の意味としては、AOは有用性、COは、思い出の意味カテゴリーと関連していることが明らかになった。更に留学生を対象とした大切な所有物の適用機能についての研究では、その種類としては、本(辞書、雑誌)、衣類、パスポート、カード、金といった、有用性に関係したAOが多いという特徴が見られた。こうした結果から、大切な所有物は、留学生が新環境において適応してゆく過程で、現実生活を送るための手段や効用という側面で大きな役割を果たしていることが明らかになった。入院患者を対象として調査では、生活必需品や享薬品の割合が高いこと、老人ホーム老人の場合には、大切な所有物があるもの割合が低いことが明らかになった。加えて、物質的自己の個人差を測定する、物質主義尺度を開発し、その妥当性と信頼性を検討した。

    researchmap

  • 異文化環境下における適応促進の介入方法としてのソーシャル・スキル学習

    研究課題/領域番号:07710093  1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    異文化不適応の取り組みを、従来の医学モデル的な対症療法から、教育モデルに基づく予防方へと、パラダイムを展開させたい。本研究では、異文化環境下における欠損スキルを学習によって身につけるアプローチを開発することを目的とした。
    異文化適応のソーシャル・スキル欠損仮説に基づけば、異文化不適応は、母国で社会的有能性を発揮していた者にも起こり得る。それは当該社会でのソーシャル・スキルが異なるためで、後天的な学習によってそれは獲得が可能とみなされる。このモデルに即して考えると、ソーシャル・スキルはホストとの対人関係形成に有効に作用し、異文化適応を促進する。
    まず留学生を対象としたソーシャル・スキル実施とソーシャル・サポート・ネットワークの形成、および異文化適応の質問紙調査によって、これらの要因間の関係を明らかにした。次に日本人学生を対象とした、留学生の異文化間ソーシャル・スキル実施のニーズを調べ、要求水準について明らかにした。同時に日本人学生のソーシャル・サポート・ネットワーク形成についての対象データを得て、留学生のソーシャル・サポート・ネットワークの特質を明らかにした。また、留学生と親密な関係を築いた少数の日本人学生を対象に、半構造的面接調査を実施し、異文化間の対人関係形成において、必要となるソーシャル・スキルの領域、およびソーシャル・サポートの授受について実証的に明らかにした。これらに基づき、現実的な漸次的接近方を取り入れた、ソーシャル・スキル学習プログラムを構成した。

    researchmap

  • 日本人高校生の米国留学成果(国際的資質と英語力の獲得)に関する基礎的研究

    研究課題/領域番号:06801066  1994年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    八島 智子, 田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1400000円 ( 直接経費:1400000円 )

    本研究では、アメリカに留学する日本人の高校生を対象に 1)出発前の英語力、外向的な行動傾向、その他の諸要因が、高校生の異文化適応に影響を与える要因を分析すること、2)英語力の伸長の状況を科学的に明らかにすること、を主目的とし、3年間に渡り多面的に調査した。合計139名の高校生を対象に、出発前、渡航後、2回の質問紙調査、及び種々のテスト(調査の回答、参加は任意)、及び有志に対し、出発前、帰国後の英語インタビューテストを実施した。また、彼らを受け入れたホストファミリー139名に対しても質問紙による調査を行い、そのうち101名より回答を得ることができた。
    質問紙を因子分析、重回帰分析、パス解析などの統計手法を用いて分析した結果次の点が明らかとなった。1)出発前に標準テストにより測定した英語力は、「ホストから見た適応」を予測できた。2)外向性は、自己評価の適応や心理的満足度を予測することができた。3)学校においても、ホストにおいても、発話、表出、表現のスキルが(本人評価の)適応や満足度に重要な役割を果たしている。4)スキルの実施度に影響を与えるのは、英語力でなく、外向的行動傾向である。5)過去の海外滞在経験も、一週間を越えるものであれば、その後の異文化適応を助ける要因となる。すなわち、外向的な性格傾向をもつ学生は、積極的な発話、表現に関するソーシャル・スキルを実施することにより、対人関係面の満足を得やすいという、筆者の仮説が基本的に支持された。一方、適応を自分の心理的満足度、安定と捉えるか、他者から見た効果的対人行動と捉えるかにより、適応に影響を与える変数も異なるという新たな知見が得られたことになる。
    録音したスピーチデータの詳細分析では、一年間の留学を通し、高校生の「ためらい」現象には大きな変化が見られた。特にサイレントポ-ズの現象をはじめとする発話上の特徴により「流暢さ」が増すことが示された。

    researchmap

  • 認知行動変容の手法による異文化間ソーシャル・スキルの獲得

    研究課題/領域番号:06710079  1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    ソーシャル・スキルは、対人関係を成立・維持・発展させるための認知・行動的な技術であり、文化によって異なる。異文化環境へ移行した者が、対人関係面の適応に困難を覚えるのは、こうした行動様式の違いに基づくものと考えられる。スキルを身につけることにより、速やかに誤解のない良好な対人関係を築くことができ、そこからソーシャル・サポートを獲得することが期待できる。そしてストレス緩衝効果、文化的観察学習のモデルの提供、直接的問題解決などから、異文化適応が促進される。
    本研究では、上記のような異文化適応のソーシャル・スキル仮説を検証しながら、スキル獲得の方略を発展させ、その具体的な獲得のための学習方法を、異文化間臨床心理学の視点に立って検討することを目的とした。
    まず対人関係形成の困難がソーシャル・スキル欠損に起因するものであることを、在日留学生のホストとの対人関係形成の困難の原因認知を解析して確認した。日本人批判に偏る他責的な原因帰属をする場合には、サポート・ネットワークの発達が少なく、スキル実施度も低い。スキル実施によって、サポート獲得が促進され、また原因認知が変化し、対人関係が好転することが示唆された。
    学習の試行のためには、スキル学習のスクリプトを作成し、ビデオを用いてモデリングのための教材を試作した。生活技能訓練、主張性訓練といった他のソーシャル・スキル学習の形態を参考にして、異文化間ソーシャル・スキルを学習するプログラムを試みた。その結果、社会的強化など認知行動変容の手法を用いたグループワーク形態の学習により、ソーシャル・スキルの獲得が認められた。

    researchmap

  • Cherished Possessionsの適応機能に関する臨床社会心理学的研究

    研究課題/領域番号:05610106  1993年 - 1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(C)  一般研究(C)

    藤原 武弘, 高井 次郎, 田中 共子, 西村 良二, 南 博文, 堀 忠雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    Cherished possessionsとは、個人にとって重要な所有物を意味し、物質的な自我の一部を構成していると考えられる。本研究は、環境移行事態における個人の適応過程の中で、Cherished possessionsがどのような意味や機能を果たすのかについて、主に質問紙調査法により明らかにした。まず、大学生ならびに小学生を対象として、質問紙法により、Cherished possessionsの意味と機能に関する基礎的研究を行い、その研究成果を日本グループ・ダイナミックス学会、中国四国心理学会にて発表した。本研究によって得られた新たな知見は、Cherished possessionsを「何かを行うための道具、身体によって操作するAction Object(AO)と「熟考の対象として意味を持つもの」としてのContemplationobject(CO)に分けた場合に、性差に注目してみれば、男性は女性に比べてAOが多い。逆にCO占める比率は女性に高い。また発達差でいえば、大学生になるに従いAOの割合は低下するが、COの割合は一定である。とりわけ、小学生の男子にAOの占める割合が高いのが特徴である。またCherished possessionsの意味としては、AOは有用性、COは、思い出の意味カテゴリーと関連していることが明らかになった。更に留学生を対象としたCherished possessionsの適応機能についての研究では、Cherished possessionsの種類としては、本(辞書、雑誌)、衣類、パスポート、カード、金といった、有用性に関係したAOが多いという特徴が見られた。こうした結果から、Cherished possessionsは、留学生が新環境において適応してゆく過程で、現実生活を送るための手段や効用という側面で大きな役割を果たしていることが推察される。今後の課題としては、適応の測度との関係でCherished possessionsの適応機能についての研究が必要である。

    researchmap

  • アジア系留学生の異文化適応を促進するソーシャル・スキル・トレーニングに関する研究

    研究課題/領域番号:05710085  1993年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    田中 共子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    本研究は在日外国人留学生を対象にして、異文化間ソーシャル・スキルの異文化適応における機能について検討し、その向上を意図する心理学的プログラムへの応用を指向したものである。ホスト国における対人関係形成に必要な具体的スキルを、留学生から得られた社会的困難の枠組みに準拠しながら多元的に収拾し、KJ法によって整理した。その知見に基づいて、社会的分脈を明確にした場面設定を行い、ダイアログを作成した。日本人およびアジア人を含む留学生をロールプレイヤーとして、課題ごとのモデリング場面をビデオ収録した。試行ではモデリングと解説を組み合わせた訓練形態は、行動の獲得に効果的であった。
    ソーシャル・スキルの対人関係形成および異文化適応への役割を明らかにし、適応の機能的モデルを検証するには、質問紙調査で得られたデータを解析した。スキル実施は、ソーシャル・ネットワークの量的側面より、質的側面の充実に効果を持っていた。ネットワーク構成員はサポートの種類によって機能分化していることが確認され、ホストとの対人関係形成の役割が明らかになった。またスキルは、直接的効果というより、サポート獲得に媒介されて適応を促進するというのが、妥当なモデルと考えられた。対人関係を重視する集団主義的文化を持つアジア出身者の適応には、特にサポート獲得が重要であった。
    ソーシャル・スキル実施の出身地域別比較を行うと、漢字圏、東南アジア、西欧中南米の順で実施度や、本国のスキルとの類似性が高い。これは文化間距離を行動の次元で確認したことになる。留学生、日本人学生および日本人社員のスキル実施度の比較を試みたところ、スキルの領域によっては留学生の自己評価は日本人よりも高いものがあり、これは特にアジア出身の留学生の適応方略が、文化的共通性を内包しているためと考えられる。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 人文学の論点 (2021年度) 第1学期  - 金4

  • 人文学講義(社会・集団・家族心理学) (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 実践演習(心理学実験b) (2021年度) 第1学期  - 木5~7

  • 実践演習(心理学研究法) (2021年度) 1・2学期  - 木3~4

  • 心理学演習 (2021年度) 前期  - 火4

  • 心理学演習 (2021年度) 後期  - 火4

  • 心理学演習2 (2021年度) 前期  - 火4

  • 心理学演習2 (2021年度) 後期  - 火4

  • 現代社会心理学 (2021年度) 特別  - その他

  • 現代社会心理学演習 (2021年度) 前期  - 火4

  • 現代社会心理学演習 (2021年度) 後期  - 火4

  • 現代社会心理学演習1 (2021年度) 前期  - その他

  • 現代社会心理学演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • 異文化接触の心理学 (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 異文化接触の心理学 (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 異文化間心理学特論 (2021年度) 後期  - その他

  • 課題演習(現代社会心理学) (2021年度) 第1学期  - 火5~6

  • 課題演習(現代社会心理学) (2021年度) 第4学期  - 火5~6

  • 課題演習(現代社会心理学) (2021年度) 第4学期  - 火3~4

  • 課題演習(現代社会心理学) (2021年度) 第3学期  - 火5~6

  • 課題演習(現代社会心理学) (2021年度) 第3学期  - 火3~4

  • 課題演習(現代社会心理学) (2021年度) 第2学期  - 火5~6

  • 課題演習1(人間社会文化専攻) (2021年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(人間社会文化専攻) (2021年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(人間社会文化専攻) (2021年度) 前期  - その他

  • 人文学の基礎B2 (2020年度) 第2学期  - 水2

  • 人文学入門演習(心理学) (2020年度) 第3学期  - 水1

  • 人文学講義(社会・集団・家族心理学a) (2020年度) 第3学期  - 木5,木6

  • 人文学講義(社会・集団・家族心理学b) (2020年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 実践演習(心理学実験b) (2020年度) 第1学期  - 木5,木6,木7

  • 実践演習(心理学研究法) (2020年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 心理学演習 (2020年度) 前期  - 火4

  • 心理学演習 (2020年度) 後期  - 火4

  • 心理学演習2 (2020年度) 前期  - 火4

  • 心理学演習2 (2020年度) 後期  - 火4

  • 現代社会心理学 (2020年度) 特別  - その他

  • 現代社会心理学演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 現代社会心理学演習2 (2020年度) 特別  - その他

  • 異文化接触の心理学 (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 異文化間心理学特論 (2020年度) 後期  - その他

  • 課題演習(心理学) (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 課題演習(心理学) (2020年度) 第4学期  - 火5,火6

  • 課題演習(心理学) (2020年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 課題演習(心理学) (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 課題演習(心理学) (2020年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 課題演習(心理学) (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 課題演習1(人間社会文化専攻) (2020年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(人間社会文化専攻) (2020年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(人間社会文化専攻) (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示