2022/03/24 更新

写真a

ワタナベ タカイチ
渡邉 貴一
WATANABE Takaichi
所属
自然科学学域 助教
職名
助教
プロフィール

学歴
2005年3月 岡山県立倉敷南高等学校 卒業
2009年3月 岡山大学環境理工学部環境物質工学科 卒業
2011年3月 岡山大学大学院環境学研究科資源循環学専攻 修了
2014年3月 岡山大学大学院自然科学研究科機能分子化学専攻 修了 博士(工学)

(2012年5月–2013年8月 Imperial College London, Department of Chemical Engineering, Erasmus奨学生)

職歴
2013年4月ー2014年3月  日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2014年4月ー2014年12月 日本学術振興会 特別研究員(PD) 
2015年1月ー2016年3月 東京大学 生産技術研究所 特任研究員
2016年4月ー2017年3月 東京大学 生産技術研究所 協力研究員
2016年4月ー2021年3月 岡山大学大学院自然科学研究科応用化学専攻 助教
2021年4月ー現在 岡山大学学術研究院自然科学学域 助教
2021年5月ー現在 岡山大学学術研究院自然科学学域 研究准教授
2022年5月ー2024年3月 アーヘン工科大学 客員研究員 (兼任)

外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • マイクロ流体工学

  • マイクロ化学プロセス

  • 高分子微粒子

  • ソフトマター

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ナノテク・材料 / 高分子化学

  • ナノテク・材料 / 高分子材料

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Natural Science and Technology   (Doctor Course) Division of Chemistry and Biochemistry

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Environmental Science and Technology  

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 岡山県立倉敷南高等学校    

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   学術研究院自然科学学域   研究准教授

    2021年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   学術研究院自然科学学域   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   助教

    2016年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   竹内昌治研究室   特任研究員

    2015年1月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会特別研究員PD

    2014年4月 - 2014年12月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会特別研究員DC2

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 化学工学会   第52回秋季大会セッションオーガナイザー  

    2021年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 化学工学会中国四国支部 中四国若手CE合宿 代表幹事  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   全国若手の会 コアメンバー  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

  • 化学工学会   第51回秋季大会 セッションオーガナイザー  

    2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 第22回化学工学会学生発表会岡山大会   第22回化学工学会学生発表会岡山大会実行委員  

    2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会 材料界面部会   材料化学システム工学討論会2019 幹事  

    2018年10月 - 2019年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   第50回秋季大会セッションオーガナイザー  

    2018年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   反応工学部会マイクロ化学プロセス分科会幹事  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 第20回高分子ミクロスフェア討論会   運営委員  

    2018年4月 - 2018年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 第12回中四国若手CE合宿 世話人  

    2018年4月 - 2018年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   材料化学システム工学討論会2018 副幹事  

    2018年1月 - 2018年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会中国四国支部   中四国若手CE合宿幹事  

    2017年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   第49回秋季大会セッションオーガナイザー  

    2017年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   高度生産システム検討委員会委員およびファウリング防止エチレン分科会委員  

    2017年7月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山地区化学工学懇話会   幹事  

    2016年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 化学工学会   材料界面部会ソフトマター工学分科会幹事  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Microfluidic Production of Monodisperse Biopolymer Microcapsules for Latent Heat Storage 査読

    Takaichi Watanabe, Yuko Sakai, Naomi Sugimori, Toshinori Ikeda, Masayuki Monzen, Tsutomu Ono

    ACS Materials Au   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Multilayer Poly(ionic liquid) Microcapsules Prepared by Sequential Phase Separation and Subsequent Photopolymerization in Ternary Emulsion Droplets 査読

    Takaichi Watanabe, Yuka Yasuhara, Tsutomu Ono

    ACS Applied Polymer Materials   4 ( 10 )   348 - 356   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Preparation of monodisperse poly(methyl methacrylate)/polystyrene composite particles by seeded emulsion polymerization using a sequential flow process 査読

    Takaichi Watanabe, Kengo Karita, Midori Manabe, Tsutomu Ono

    Frontiers in Chemical Engieneering   3   62   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Design of Clickable Ionic Liquid Monomers to Enhance Ionic Conductivity for Main Chain 1,2,3-Triazolium-based Poly(ionic liquid)s 査読

    Ruka Hirai, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    ACS Omega   6 ( 15 )   10030 - 10038   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Millimeter-thick xenoislet-laden fibers as retrievable transplants mitigate foreign body reactions for long-term glycemic control in diabetic mice 査読

    Takaichi Watanabe, Teru Okitsu, Fumisato Ozawa, Shogo Nagata, Hitomi Matsunari, Hiroshi Nagashima, Masaki Nagaya, Hiroki Teramae, Shoji Takeuchi

    Biomaterials   255   120162 - 120162   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2020.120162

    researchmap

  • Preparation of tough, thermally stable, and water-resistant double-network ion gels consisting of silica nanoparticles/poly(ionic liquid)s through photopolymerisation of an ionic monomer and subsequent solvent removal 査読

    Takaichi Watanabe, Ruri Takahashi, Tsutomu Ono

    SOFT MATTER   16 ( 6 )   1572 - 1581   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    We report the preparation of tough, thermally stable, and water-resistant double-network (DN) ion gels, which consist of a partially-clustered silica nanoparticle network and poly(ionic liquid) (PIL) network holding an ionic liquid. Silica nanoparticles/poly([Evim][Tf2N]) DN ion gels are prepared by photo-induced radical polymerisation of [Evim][Tf2N] in a mixture containing silica nanoparticles, [Bmim][Tf2N], ionic liquid based cross-linker [(VIM)(2)C-4][Tf2N](2), and ethyl acetate, followed by subsequent solvent evaporation. Tensile strength measurements show that the mechanical properties of the PIL DN ion gels were higher than those of the PIL single-network (SN) ion gel. A rheological study indicates that an enhancement in mechanical strength of the PIL DN ion gels can be achieved when silica nanoparticles form partial clusters in [Bmim][Tf2N]. The cyclic stress-strain measurement of the PIL DN ion gels shows hysteresis loops, suggesting that the silica nanoparticle clusters rupture and dissipate the loading energy when the PIL DN ion gels undergo a large deformation. The fracture strength and Young's modulus of the PIL DN ion gels increase as the diameter of the silica nanoparticles is decreased. Thermogravimetric analysis measurement shows that the PIL DN ion gel has a high decomposition temperature of approximately 400 degrees C. Moreover, the swelling test shows that the PIL DN ion gel possesses an excellent water-resistant property because of the hydrophobic nature of the PIL backbone. We believe that such tough, thermally stable, and water-resistant PIL DN ion gels can be used as carbon dioxide separation membranes, sensors, and actuators for soft robotics.

    DOI: 10.1039/c9sm02213a

    Web of Science

    researchmap

  • Microfluidic Formation of Hydrogel Microcapsules with a Single Aqueous Core by Spontaneous Cross-Linking in Aqueous Two-Phase System Droplets 査読

    Takaichi Watanabe, Ibuki Motohiro, Tsutomu Ono

    LANGMUIR   35 ( 6 )   2358 - 2367   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    We report a simple process to fabricate monodisperse tetra-arm poly(ethylene glycol) (tetra-PEG) hydrogel microcapsules with an aqueous core and a semipermeable hydrogel shell through the formation of aqueous two-phase system (ATPS) droplets consisting of a dextran-rich core and a tetra-PEG macromonomer-rich shell, followed by a spontaneous cross-end coupling reaction of tetra-PEG macromonomers in the shell. Different from conventional techniques, this process enables for the continuous production of hydrogel microcapsules from water-in-oil emulsion droplets under mild conditions in the absence of radical initiators and external stimuli such as heating and ultraviolet light irradiation. We find that rapid cross-end coupling reaction of tetra-PEG macromonomers in ATPS droplets in the range of pH from 7.4 to 7.8 gives hydrogel microcapsules with a kinetically arrested core-shell structure. The diameter and core-shell ratio of the microcapsules can be easily controlled by adjusting flow rates and ATPS compositions. On the other hand, the slow cross-end coupling reaction of tetra-PEG macromonomers in ATPS droplets at pH 7.0 and lower induces structural change from core-shell to Janus during the reaction, which eventually forms hydrogel microparticles with a thermodynamically stable crescent structure. We believe that these hydrogel microparticles with controlled structures can be used in biomedical fields such as cell encapsulation, biosensors, and drug delivery carriers for sensitive biomolecules.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.8b04169

    Web of Science

    researchmap

  • Microfluidic devices for small-angle neutron scattering 査読

    Lopez Carlos G, Watanabe Takaichi, Adamo Marco, Martel Anne, Porcar Lionel, Cabral Joao T

    JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY   51   570 - 583   2018年6月

  • Microfluidic Approach to the Formation of Internally Porous Polymer Particles by Solvent Extraction 査読

    Takaichi Watanabe, Carlos G. Lopez, Jack F. Douglas, Tsutomu Ono, Joao T. Cabral

    LANGMUIR   30 ( 9 )   2470 - 2479   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    We report the controlled formation of internally porous polyelectrolyte particles with diameters ranging from tens to hundreds of micrometers through selective solvent extraction using microfluidics. Solvent-resistant microdevices, fabricated by frontal photopolymerization, encapsulate binary polymer (P)/solvent (Si) mixtures by a carrier solvent phase (C) to form plugs with well-defined radii and low polydispersity; the suspension is then brought into contact with a selective extraction solvent (S2) that is miscible with C and Si but not P, leading to the extraction of Si from the droplets. The ensuing phase inversion yields polymer capsules with a smooth surface but highly porous internal structure. Depending on the liquid extraction time scale, this stage can be carried out in situ, within the chip, or ex situ, in an external S2 bath. Bimodal polymer plugs are achieved using asymmetrically inverted T junctions. For this demonstration, we form sodium poly(styrenesulfonate) (P) particles using water (S1), hexadecane (C), and methyl ethyl ketone (S2). We measure droplet extraction rates as a function of drop size and polymer concentration and propose a simple scaling model to guide particle formation. We find that the extraction time required to form particles from liquid droplets does not depend on the initial polymer concentration but is rather proportional to the initial droplet size. The resulting particle size follows a linear relationship with the initial droplet size for all polymer concentrations, allowing for the precise control of particle size. The internal particle porous structure exhibits a polymer density gradient ranging from a dense surface skin toward an essentially hollow core. Average particle porosities between 10 and 50% are achieved by varying the initial droplet compositions up to IS wt % polymer. Such particles have potential applications in functional, optical, and coating materials.

    DOI: 10.1021/la404506b

    Web of Science

    researchmap

  • Manipulation of droplets in a microchannel by ultrasonic vibration for the generation of monodisperse emulsions 査読

    Yoshiki OHARA, Shoko SEO, Takefumi KANDA, Kazuki HARITA, Tsutomu ONO, Takaichi WATANABE, Shuichi Wakimoto

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec)   2021   1P2 - K05   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Japan Society of Mechanical Engineers  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2021.1p2-k05

    researchmap

  • One-pot synthesis of poly(ionic liquid)s with 1,2,3-triazolium-based backbones via clickable ionic liquid monomers 査読

    Ruka Hirai, Tatsuki Hibino, Takaichi Watanabe, Takashi Teranishi, Tsutomu Ono

    RSC Advances   10   37743 - 37748   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Flow synthesis of monodisperse micron-sized polymer particles by heterogeneous polymerization using water-in-oil slug flow with non-ionic surfactant 査読

    Takaichi Watanabe, Kengo Karita, Tsutomu Ono

    Colloid and Polymer Science   298   1273 - 1281   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Metal Microcapsules Prepared via Electroless Plating at Liquid-Liquid Interface 査読

    Toshihiko Tsuneyoshi, Hiroaki Ishida, Yunlong Cui, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    Langmuir   35   13311 - 13317   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Rapid Synthesis of Poly(methyl methacrylate) Particles with High Molecular Weight by Soap-Free Emulsion Polymerization Using Water-in-Oil Slug Flow 査読

    Takaichi Watanabe, Kengo Karita, Koki Tawara, Takuya Soga, Tsutomu Ono

    MACROMOLECULAR CHEMISTRY AND PHYSICS   220 ( 9 )   1900021   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    A flow process for the production of poly(methyl methacrylate) (PMMA) particles is proposed by soap-free emulsion polymerization using a water-in-oil (W/O) slug flow in a microreactor. Thin oil films generated around the dispersed aqueous phase of the W/O slug prevent the prepared particles from adhesion to the microchannel wall, enabling the continuous production of PMMA particles without clogging. The effects of the linear flow rate of the slug flow and the addition of ethanol in the dispersed aqueous phase on the polymerization are evaluated. It is found that increasing the linear flow rate of the slug flow or the addition of ethanol in the dispersed aqueous phase results in PMMA particles with high molecular weight (approximate to 1500 kg mol(-1)) in 20 min reaction time. It is believed that this process would be a promising way to prepare polymer particles with high molecular weight in a short reaction time.

    DOI: 10.1002/macp.201900021

    Web of Science

    researchmap

  • Free-Standing Metal Films Prepared via Electroless Plating at Liquid-Liquid Interfaces 査読

    Toshihiko Tsuneyoshi, Yu Yohaze, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    LANGMUIR   34 ( 44 )   13183 - 13191   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    We report a simple preparation of free-standing metal films via electroless plating (ELP) at the liquid-liquid (L-L) interface between an aqueous electroless plating solution and an organic solvent. The use of ELP does not require any external energy in the form of heating and stirring. We find that the affinity of the organic solvent for the palladium nanoparticles (PdNPs) as catalysts and the vertical position of the organic and aqueous phases in the biphasic system are important considerations for synthesizing a robust copper film. Specifically, 1,2-dichloroethane which has an appropriate affinity for PdNPs and a higher density than water was found to be a good candidate for use as the organic phase in this system. However, a poor-quality copper film was obtained in the system with 1-hexanol as the organic phase. We also controlled the microscale surface structure of the copper films by using different concentrations of the injected PdNP dispersion. A high density of PdNPs caused smaller regions of metal growth, which contributed to the formation of smoother metal films. Moreover, under the optimal synthesis condition, we confirmed the electrical conductivity of the obtained copper film to be 1.16 X 10(-7) Omega m. We believe that this metal film preparation represents a promising way to produce a range of metal film structures through the use of flexible L-L interfaces as templates.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.8b02822

    Web of Science

    researchmap

  • Polydopamine-Based 3D Colloidal Photonic Materials: Structural Color Balls and Fibers from Melanin-Like Particles with Polydopamine Shell Layers 査読

    Michinari Kohri, Kenshi Yanagimoto, Ayaka Kawamura, Kosuke Hamada, Yoshihiko Imai, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono, Tatsuo Taniguchi, Keiki Kishikawa

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   10 ( 9 )   7640 - 7648   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Nature creates beautiful structural colors, and some of these colors are produced by nanostructural arrays of melanin. Polydopamine (PDA), an artificial black polymer produced by self-oxidative polymerization of dopamine, has attracted extensive attention because of its unique properties. PDA is a melanin-like material, and recent studies have reported that photonic materials based on PDA particles showed structural colors by enhancing color saturation through the absorption of scattered light. Herein, we describe the preparation of three-dimensional (3D) colloidal photonic materials, such as structural color balls and fibers, from biomimetic core shell particles with melanin-like PDA shell layers. Structural color balls were prepared through the combined use of membrane emulsion and heating. We also demonstrated the use of microfluidic emulsification and solvent diffusion for the fabrication of structural color fibers. The obtained 3D colloidal materials, i.e., balls and fibers, exhibited angle-independent structural colors due to the amorphous assembly of PDA-containing particles. These findings provide new insight for the development of dye-free technology for the coloration of various 3D colloidal architectures.

    DOI: 10.1021/acsami.7b03453

    Web of Science

    researchmap

  • Indocyanine green-laden poly(ethylene glycol)-block-polylactide (PEG-b-PLA) nanocapsules incorporating reverse micelles: Effects of PEG-b-PLA composition on the nanocapsule diameter and encapsulation efficiency 査読

    Takaichi Watanabe, Yui Sakamoto, Tetsuya Inooka, Yukitaka Kimura, Tsutomu Ono

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   520   764 - 770   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Reverse micelles are thermodynamically stable systems, with a capacity to encapsulate hydrophilic molecules in their nanosized core, which is smaller than the core generally obtained with water in -oil-emulsion droplets. Herein, we present a simple technique for the preparation of poly(ethylene glycol)-block-polylactide (PEG-b-PLA) nanocapsules encapsulating a hydrophilic photosensitizer (indocyanine green, ICG), which exploits reverse micelle formation and subsequent emulsion-solvent diffusion. We establish the effect of the PEG-b-PLA composition and the co-surfactant volume on the diameter and water content of the reverse micelles. We demonstrate that the composition of PEG-b-PIA affects also the diameter and encapsulation efficiency of the resulting nanocapsules. We show that the ICG-laden nanocapsulescon fabricated under the most optimal conditions have a diameter of approximately 100 nm and an ICG encapsulation efficiency of 58%. We believe that the method proposed here is a promising step towards the preparation of hydrophilic drug-laden polymer nanocapsules with a small diameter and therefore suitable for use in drug delivery applications based on enhanced permeability and retention (EPR) effect-driven passive targeting. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2017.02.039

    Web of Science

    researchmap

  • MICROFLUIDIC FORMATION OF MONODISPERSE TETRA-PEG HYDROGEL MICROBEADS FOR CELL ENCAPSULATION 査読

    Takaichi Watanabe, Shoji Takeuchi

    2016 IEEE 29TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MICRO ELECTRO MECHANICAL SYSTEMS (MEMS)   718 - 720   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This conference proceeding reports a preliminary result regarding a simple technique to fabricate core-shell tetra-arm poly(ethylene glycol) (tetra-PEG) hydrogel microbeads encapsulating insulin-secreting cells using microfluidic emulsification and interfacial coupling reaction of two kinds of tetra-PEG macromonomers at the core-shell interface in the precursor aqueous droplets. Different from conventional PEG-based microbeads formation, in situ gelation system utilizing self-diffusion of the macromonomers in confined microdroplets allowed to prepare tetra-PEG hydrogel microbeads with narrow size distribution under mild gelation condition in the absence of heating and UV irradiation. This technology can be used to generate monodisperse tetra-PEG hydrogel microbeads to encapsulate sensitive cells for regenerative medicines.

    DOI: 10.1109/MEMSYS.2016.7421728

    Web of Science

    researchmap

  • Efficient anti-tumor effect of photodynamic treatment with polymeric nanoparticles composed of polyethylene glycol and polylactic acid block copolymer encapsulating hydrophobic porphyrin derivative 査読

    Ken-ichi Ogawara, Taro Shiraishi, Tomoya Araki, Taka-ichi Watanabe, Tsutomu Ono, Kazutaka Higaki

    European Journal of Pharmaceutical Sciences   82   154 - 160   2015年11月

     詳細を見る

  • Augmented EPR effect by photo-triggered tumor vascular treatment improved therapeutic efficacy of liposomal paclitaxel in mice bearing tumors with low permeable vasculature 査読

    Tomoya Araki, Ken-ichi Ogawara, Haruka Suzuki, Rie Kawai, Taka-ichi Watanabe, Tsutomu Ono, Kazutaka Higaki

    JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE   200   106 - 114   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The effects of photo-triggered tumor vascular treatment (PVT) on the structural and functional properties of tumor vasculature were assessed in Colon-26 (C26) and B16/BL6 (B16) tumor-bearing mice. Furthermore, anti-tumor efficacy of subsequently injected PEG liposomal paclitaxel (PL-PTX) was also evaluated. As a photosensitizer, a hydrophobic porphyrin derivative was used and formulated in polymeric nanoparticle composed of polyethylene glycol-block-polylactic acid to avoid its non-specific in vivo disposition. In the mice bearing C26 with high permeable vasculature, the prominent anti-tumor activity was confirmed by PVT alone, but the subsequently injected PL-PTX did not show any additive effect. PVT itself initially induced apoptotic cell death of tumor vascular endothelial cells and platelet aggregation, which would have subsequently induced apoptosis of C26 tumor cells surrounding the vasculature. On the other hand, in the mice bearing B16 with low permeable vasculature, PVT enhanced the anti-tumor activity of subsequently injected PL-PTX, which would be attributed to the tumor disposition amount and area of PEG liposomes enhanced by PVT. These results clearly indicated that the treatment would have made it possible to provide more efficient extravasation of PL-PTX, leading to its more potent anti-tumor effect. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jconrel.2014.12.038

    Web of Science

    researchmap

  • Microfluidic-SANS: flow processing of complex fluids 査読

    Carlos G. Lopez, Takaichi Watanabe, Anne Martel, Lionel Porcar, Joao T. Cabral

    SCIENTIFIC REPORTS   5   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Understanding and engineering the flow-response of complex and non-Newtonian fluids at a molecular level is a key challenge for their practical utilisation. Here we demonstrate the coupling of microfluidics with small angle neutron scattering (SANS). Microdevices with high neutron transmission (up to 98%), low scattering background (less than or similar to 10(-2) cm(-1)), broad solvent compatibility and high pressure tolerance (approximate to 3-15 bar) are rapidly prototyped via frontal photo polymerisation. Scattering from single microchannels of widths down to 60 mu m, with beam footprint of 500 mu m diameter, was successfully obtained in the scattering vector range 0.01-0.3 angstrom(-1), corresponding to real space dimensions of similar or equal to 10-600 angstrom. We demonstrate our approach by investigating the molecular re-orientation and alignment underpinning the flow response of two model complex fluids, namely cetyl trimethylammonium chloride/pentanol/D2O and sodium lauryl sulfate/octanol/brine lamellar systems. Finally, we assess the applicability and outlook of microfluidic-SANS for high-throughput and flow processing studies, with emphasis of soft matter.

    DOI: 10.1038/srep07727

    Web of Science

    researchmap

  • Monodisperse polylactide microcapsules with a single aqueous core prepared via spontaneous emulsification and solvent diffusion 査読

    Takaichi Watanabe, Yukitaka Kimura, Tsutomu Ono

    RSC ADVANCES   4 ( 10 )   4872 - 4877   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    A simple approach to preparing monodisperse poly(D, L-lactide) (PDLLA) microcapsules with a single aqueous core is developed. The method is based on automatic water-in-oil-in-water double emulsion formation from oil-in-water single emulsion via spontaneous emulsification which voluntarily disperses part of continuous aqueous phase into the dispersed oil phase dissolving oil-soluble amphiphilic diblock copolymer, poly(D, L-lactide)-b-poly(2-dimethylaminoethyl methacylate)(PDLLA-b-PDMAEMA), followed by coalescence of tiny water droplets within the polymer droplets, coupled with quick precipitation of polymers by diluting the emulsion with water. In this study, we have investigated the effect of PDLLA to PDLLA-b-PDMAEMA ratios and flow rates of each solution during preparing the emulsion on the final morphology and the size of the microcapsules. It was found that the polymer blend ratio played a crucial role in determining internal structure of the microcapsules. The microcapsules size decreased with the increment of the flow rate ratios of the continuous phase to the dispersed phase and eventually reached 10 mm, while maintaining narrow size distribution. In addition, we have demonstrated that the microcapsules can encapsulate both hydrophilic and hydrophobic compounds during the formation.

    DOI: 10.1039/c3ra44066d

    Web of Science

    researchmap

  • Microfluidic Fabrication of Monodisperse Polylactide Microcapsules with Tunable Structures through Rapid Precipitation 査読

    Takaichi Watanabe, Yukitaka Kimura, Tsutomu Ono

    LANGMUIR   29 ( 46 )   14082 - 14088   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    We describe a versatile and facile route to the continuous production of monodisperse polylactide (PLA) microcapsules with controllable structures. With the combination of microfluidic emulsification, solvent diffusion, and internal phase separation, uniform PLA microcapsules with a perfluorooctyl bromide (PFOB) core were successfully obtained by simply diluting monodisperse ethyl acetate (EA)-in-water emulsion with pure water. Rapid extraction of EA from the droplets into the aqueous phase enabled the solidification of the polymer droplets in a nonequilibrium state during internal phase separation between a concentrated PLA/EA phase and a PFOB phase. Higher-molecular-weight PLA generated structural complexity of the microcapsules, yielding core-shell microcapsules with covered with small PFOB droplets. Removal of the PFOB via freeze drying gave hollow microcapsules with dimpled surfaces. The core-shell ratios and the diameter of these microcapsules could be finely tuned by just adjusting the concentration of PFOB and flow rates on emulsification, respectively. These biocompatible microcapsules with controllable size and structures are potentially applicable in biomedical fields such as drug delivery carriers of many functional molecules.

    DOI: 10.1021/la403883a

    Web of Science

    researchmap

  • Formulation and Evaluation of Paclitaxel-Loaded Polymeric Nanoparticles Composed of Polyethylene Glycol and Polylactic Acid Block Copolymer 査読

    Tomoya Araki, Yusuke Kono, Ken-ichi Ogawara, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono, Toshikiro Kimura, Kazutaka Higaki

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   35 ( 8 )   1306 - 1313   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHARMACEUTICAL SOC JAPAN  

    To develop potent paclitaxel (PTX) formulations for cancer chemotherapy, we formulated PTX into polymeric nanoparticles composed of polyethylene glycol (PEG) and polylactic acid (PLA) block copolymer (PN-PTX). First, the physicochemical properties of PN-PTX prepared were assessed; the mean particle size was around 80nm and the zeta potential was found to be almost neutral. Next, the in vitro PTX release property was assessed by a dialysis method. Although rapid release of PTX was observed just after dosing, around 70% of PTX was stably incorporated in polymeric nanoparticles for a long time in the presence of serum. Then, the in vivo pharmacokinetics of PN-PTX after intravenous administration was investigated in Colon-26 (C26) tumor-bearing mice. Both polymeric nanoparticles and PTX incorporated exhibited a long blood circulating property, leading to enhanced permeability and retention (EPR) effect-driven, time-dependent tumor disposition of PTX. Tumor distribution increased gradually for 24h, and tissue uptake clearance of polymeric nanoparticles in the liver and spleen was lower than that of PEG liposomes. Since these results indicated that the in vivo disposition characteristics of PN-PTX were very favorable, we then evaluated the anti-tumor effect of PN-PTX in C26 tumor-bearing mice. However, PN-PTX did not exhibit any significant anti-tumor effect, presumably due to the poor PTX release from polymeric nanoparticles. From these results, it is considered that the favorable pharmacokinetic properties of nanoparticles and the drug incorporated do not always lead to its potent in vivo pharmacological activity, suggesting the importance of PTX release properties within tumor tissues.

    DOI: 10.1248/bpb.b12-0020

    Web of Science

    researchmap

  • Continuous fabrication of monodisperse polylactide microspheres by droplet-to-particle technology using microfluidic emulsification and emulsion-solvent diffusion 査読

    Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono, Yukitaka Kimura

    SOFT MATTER   7 ( 21 )   9894 - 9897   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Monodisperse polylactide (PLA) microspheres were continuously fabricated by microfluidic emulsification and subsequent dilution in water. The diameter was precisely tuned from 6 to 50 mu m by changing the flow rate of the fluids in microfluidics or the PLA concentration in the dispersed phase. The use of amphiphilic oil-soluble poly(ethylene glycol)-b-polylactide (o-PEG-PLA) as a matrix resulted in a highly porous microsphere morphology, and the porosity was controlled by blending PLA. Therefore, mono-disperse PLA microspheres with the predetermined surface porosity were continuously produced by just enough reagents and energy.

    DOI: 10.1039/c1sm05910f

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 撹拌技術とスケールアップ、シミュレーションの活用

    渡邉貴一, 小野努( 担当: 分担執筆 ,  範囲: スラグ流を用いたSoap-free乳化重合による単分散高分子微粒子の連続調製)

    技術情報協会  2021年11月 

     詳細を見る

MISC

  • マイクロ空間における水滴内の相分離現象を利用したハイドロゲル微粒子の構造設計 招待 査読

    渡邉貴一

    粉体工学会誌   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 金属膜で包まれた液体”金属被覆マイクロカプセル”の開発 招待

    小野努, 渡邉貴一

    C & I Commun   45 ( 3 )   30 - 33   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • マイクロ流路内で形成される単分散な水性二相系液滴を利用したハイドロゲルマイクロカプセルの調製 招待

    渡邉貴一, 小野努

    混相流   34 ( 6 )   318 - 325   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • マイクロ流体デバイスによる精密コロイド材料調製のための界面設計 招待

    小野努, 渡邉貴一

    粉体工学会誌   55   340 - 345   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • マイクロ流体デバイスを用いた単分散ポリ乳酸微粒子の連続調製 招待

    渡邉貴一, 小野努

    ケミカルエンジニヤリング   63 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • マイクロ流路を用いた微細液滴調製に関する研究動向

    渡邉貴一, 小野努

    化学工学会誌   76 ( 12 )   781 - 782   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 学生会員の声

    渡邉貴一

    化学工学会誌   78 ( 8 )   530   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 液滴内での自己多層乳化現象を利用した高分子イオン液体カプセルの階層構造制御

    安原有香, 渡邉貴一, 小野努

    第21回高分子ミクロスフェア討論会  2022年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月9日 - 2022年3月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液滴内での液固相転移現象を利用した鈴型マイクロカプセルの調製と構造制御

    坂井優子, 渡邉貴一, 小野努

    第21回高分子ミクロスフェア討論会  2022年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月9日 - 2022年3月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸法を用いた構造色繊維の調製

    渡邉栞菜, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 第24回化学工学会学生発表会  2022年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月5日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸デバイスの流路構造がJet流の安定性に及ぼす影響

    末光聖, 真鍋緑, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 第24回化学工学会学生発表会  2022年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tough and hydrophobic ion gels composed of silica nanoparticles/poly(ionic liquid)s for gas separation membranes

    Takaichi Watanabe, Ruri Takahashi, Tsutomu Ono

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021  2021年12月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月16日 - 2021年12月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ空間での非平衡相分離による多層構造イオンゲルマイクロ カプセルの創成 招待

    渡邉貴一

    2021年度「油化学関連シンポジウム in 岡山」  2021年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Giant liposomes with controlled structures prepared by dewetting of double emulsions

    Midori Manabe, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    The 8th Asian Particle Technology Symposium  2021年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月11日 - 2021年10月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of tough and water-repellent cellulose nanofiber/poly(ionic liquid)s double network ion gel

    Takaichi Watanabe, Emiho Oe, Tsutomu Ono

    The 8th Asian Particle Technology Symposium  2021年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月11日 - 2021年10月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ流体デバイスを利用した鈴型マイクロカプセルの形成機構の解析

    坂井優子, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • W/O/Wエマルションを鋳型としたマイクロカプセルの膜構造制御

    真鍋緑, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SANS studies of polyelectrolytes in organic media

    Anish Gulati, Carlos Gonzalez. Lopez, Ralf Schweins, Olga Matsarskaia, Takaichi Watanabe, Walter Richtering

    Journées de la Diffusion Neutronique  2021年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月20日 - 2021年9月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ流路を用いた単分散ハイドロゲル微粒子の生成とその構造制御 招待

    渡邉貴一

    粉体工学会2021年度 春期研究発表会  2021年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月2日 - 2021年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸法によるポリアミック酸ナノ繊維の調製

    岡田慧, 渡邉貴一, 小野努

    マイクロ湿式紡糸法によるポリアミック酸ナノ繊維の調製  2021年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月27日 - 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸法を用いたポリ乳酸繊維調製における送液条件が結晶性に与える影響

    渡邉貴一, 松本彬, 小野努

    日本繊維機械学会第74回年次大会  2021年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月27日 - 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸法によるコラーゲン繊維の調製

    高野創也, 渡邉貴一, 小野努

    日本繊維機械学会第74回年次大会  2021年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月27日 - 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Designing Complex Particle Structures by Phase Separation in Droplets 招待

    Takaichi Watanabe

    International Chemical Engineering Symposia 2021  2021年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • CNF水分散液を原料としたマイクロ湿式紡糸プロセスによるセルロース繊維の調製

    道行大将, 渡邉貴一, 小野努

    第23回化学工学会学生発表会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸プロセスによるポリアミック酸繊維の調製と機能性評価

    岡田慧, 渡邉貴一, 小野努

    第23回化学工学会学生発表会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸によるステレオコンプレックスポリ乳酸ファイバーの調製

    松本彬, 渡邉貴一, 小野努

    第23回化学工学会学生発表会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ホルムアルデヒドを使わないメラミンマイクロカプセルの開発

    笠嶋拳人, 渡邉貴一, 小野努

    第23回化学工学会学生発表会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セルロースナノファイバーの添加による高分子イオン液体ゲルの高強度化

    大江笑北, 渡邉貴一, 小野努

    第23回化学工学会学生発表会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液滴内での迅速な溶媒拡散誘起相分離を用いた共連続構造を有する高分子微粒子の調製

    武内裕城, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 広島大会2020  2020年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸プロセスによるコラーゲン繊維の調製

    高野創也, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 広島大会2020  2020年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高分子イオン液体を用いた高強度イオンゲルの開発 招待

    渡邉貴一

    日本化学会中国四国支部  2020年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • クリック反応を利用した主鎖型高分子イオン液体および架橋体の開発

    平井瑠夏, 渡邉貴一, 小野努

    第29回ポリマー材料フォーラム  2020年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月26日 - 2020年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 異なるカーボンナノチューブ(CNT)原料を用いたマイクロ湿式紡糸プロセスによるCNT繊維の調製

    入江智紀, 渡邉貴一, 小野努

    日本繊維機械学会研究発表会  2020年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高分子イオン液体イオンゲルの高強度化に関する設計指針の構築 (再発表)

    渡邉貴一, 髙橋るり, 小野努

    化学工学会 第51回秋季大会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 重合誘起相分離による微粒子内部の微細構造制御

    安原有香, 渡邉貴一, 小野努, Itab Yousself, Serra Christophe

    化学工学会 第51回秋季大会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光重合による樹脂表面への高分子イオン液体層の構築(再発表)

    荒木拓也, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会 第51回秋季大会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クリック反応性モノマーを利用した主鎖型高分子イオン液体の作製および物性評価

    平井瑠夏, 渡邉貴一, 小野努

    第69回高分子討論会  2020年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液体塞栓物質としてのアルギン酸溶液と造影剤混合液の検証:動脈瘤モデルおよび豚腎動脈における塞栓実験

    宇賀真由, 渡邉貴一, 石田裕朗, 髙橋るり, 小牧稔幸, 梶田聡一郎, 冨田晃司, 松井裕輔, 櫻井淳, 生口俊浩, 平木隆夫, 郷原英夫, 小野努, 金澤右

    第49回日本IVR学会総会  2020年8月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月25日 - 2020年8月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ流路を利用したナノファイバーの湿式紡糸と配向性の向上

    小野努, 渡邉貴一

    2020年繊維学会年次大会  2020年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月10日 - 2020年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ分散液を原料としたモノフィラメント繊維の調製

    入江智紀, 渡邉貴一, 小野努

    日本繊維機械学会第73回年次大会  2020年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クリック反応を利用した主鎖型高分子イオン液体の合成および評価

    平井瑠夏, 渡邉貴一, 小野努

    第69回高分子年次大会  2020年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高分子イオン液体イオンゲルの高強度化に関する設計指針の構築

    渡邉貴一,高橋るり,小野努

    化学工学会 第85年会  2020年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月15日 - 2020年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ 分散液を原料としたモノフィラメント繊維の連続調製

    入江智紀,渡邉貴一,小野努

    化学工学会 第85年会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月15日 - 2020年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光重合による樹脂表面への高分子イオン液体層の構築

    荒木拓也,渡邉貴一,小野努

    化学工学会 第85年会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月15日 - 2020年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ファウリングを引き起こす重合反応モデルの構築 招待

    小野努,苅田健吾,川口佳,渡邉貴一

    化学工学会 第85年会  2020年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月15日 - 2020年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸プロセスによるセルロースナノファイバーの長繊維化

    宮林敬典,渡邉貴一,小野努

    第22回化学工学会学生発表会(岡山大会)  2020年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スラグ流を反応場とした単分散高分子微粒子のフロー合成 招待

    渡邉貴一

    反応工学部会若手会第21回講演会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • マイクロフロー空間における逐次的な相分離現象を利用した多層マイクロカプセルの創製 招待

    渡邉貴一

    第14回機能性微粒子分科会セミナー  2022年1月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 電気をよく通す高分子イオン液体材料の開発

    渡邉貴一

    新技術説明会  2021年12月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 連続晶析プロセスにおけるスラグ流が晶析挙動に与える影響

    神吉翔太, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会姫路大会2019  2019年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不均一系RAFT重合による高分子微粒子の合成

    川口佳, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会姫路大会2019  2019年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クリック反応性モノマーを用いた架橋高分子イオン液体の合成および評価

    平井瑠夏, 渡邉貴一, 小野努

    第10回イオン液体討論会  2019年11月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高分子イオン液体を用いたイオンゲルの作製とダブルネットワーク構造による高強度化

    高橋るり, 渡邉貴一, 小野努

    第10回イオン液体討論会  2019年11月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preparation of metal-shell microcapsules using Pickering emulsion and interfacial electroless plating

    Toshihiko Tsuneyoshi, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    Okinawa Colloids 2019  2019年11月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Synthesis of poly (methyl methacrylate)/polystyrene composite particles by soap-free seeded emulsion polymerization using a water-in-oil slug flow in a microchannel

    Kengo Karita, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    Okinawa Colloids 2019  2019年11月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preparation of double network ion gels with silica particles and poly (ionic liquid)s

    Ruri Takahashi, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    Okinawa Colloids 2019  2019年11月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Microfluidic preparation of Janus hydrogel microparticles using aqueous two-phase system droplets as a template

    Takaichi Watanabe, Kae Ikegami, Ibuki Motohiro, Tsutomu Ono

    Okinawa Colloids 2019  2019年11月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Structural Control of Hydrogel Microparticles by Combining Phase Separation and Cross-linking Reaction in Aqueous Droplets

    Takaichi Watanabe, Ibuki Motohiro, Kae Ikegami, Tsutomu Ono

    APPChE 2019  2019年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nucleation behaviors in nano- and pico-liter droplets using microfluidic crystallization

    Tsutomu Ono, Yayoi Kawashima, Takaichi Watanabe

    APPChE 2019  2019年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Preparation of Formaldehyde-free Melamine Microcapsules

    Yunlong Cui, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    APPChE 2019  2019年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Microfluidics for nanofiber wet-spinning

    Tsutomu Ono, Takaichi Watanabe

    TechConnect World 2019  2019年6月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Preparation of hollow polymer fibers with controlled internal structures using microchannel wet-spinning process and phase separation

    Takaichi Watanabe, Shohei Toyota, Tsutomu Ono

    47th Textile Research Symposium 2019  2019年6月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸プロセスによる構造タンパク質ナノ繊維の調製

    清家尚也, 今井慶彦, 渡邉貴一, 小野努, 佐藤健大, 村田真也, 森永隆志

    日本繊維機械学会第72回年次大会  2019年5月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ流路内における溶媒拡散法を用いた酢酸セルロースナノ繊維の調製

    恩地哲生, 渡邉貴一, 小野努, 小林慧子, 大村雅也

    日本繊維機械学会第72回年次大会  2019年5月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液滴界面を鋳型とした無電解めっきによる金属マイクロカプセルの調製

    恒吉俊彦, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会第84年会  2019年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液滴内での相分離を利用した微粒子の構造制御

    渡邉貴一

    化学工学会第84年会  2019年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 液滴界面におけるシリカナノ粒子間でのポリ乳酸ステレオコンプレックス形成を利用したマイクロカプセル調製

    藤野麻衣, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会第84年会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸プロセスにおけるデバイス内部の流体解析

    西岡莉那, 渡邉貴一, 小野努

    第21回化学工学会学生発表会(京都大会)  2019年3月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イオン液体シランカップリング剤を用いた表面処理とその表面特性

    青野竜征, 渡邉貴一, 小野努

    第21回化学工学会学生発表会(京都大会)  2019年3月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水性二相液滴を鋳型としたヤヌス型ゲル微粒子の調製

    池上華絵, 元廣 伊吹, 渡邉 貴一, 小野 努

    第21回化学工学会学生発表会(京都大会)  2019年3月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 湿式紡糸による多層ジェット流を利用した複合繊維の調製

    川上晃聖, 渡邉貴一, 小野努

    第21回化学工学会学生発表会(京都大会)  2019年3月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フロープロセスを用いた簡便な機能性マイクロカプセル調製技術

    渡邉貴一

    第9回化粧品開発展アカデミックフォーラム  2019年2月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 量子ドットのフロー合成に及ぼすマイクロ流路の検討

    竹原拓矢, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会中四国関西支部合同徳島大会  2018年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸化鉄含有高分子フィルムの調製と光熱変換によるフィルム特性の変化

    荻田咲耶子, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会中四国関西支部合同徳島大会  2018年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mitigation of void formation in polymer fibers prepared by microchannel wet-spinning process

    Naoya Seike, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    13th Korea-Japan Symposium on Materials and Interfaces  2018年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Metal Microcapsules Prepared by Electroless-plating on Pickering Emulsion

    Toshihiko Tsuneyoshi, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    13th Korea-Japan Symposium on Materials and Interfaces  2018年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Modification of poly ionic liquids layer on solid surfaces and wettability control by cation and anion species

    Shoki Tanaka, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    13th Korea-Japan Symposium on Materials and Interfaces  2018年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preparation of cellulose fibers using ionic liquid by microchannel wet-spinning process

    Tetsuo Onji, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    13th Korea-Japan Symposium on Materials and Interfaces  2018年11月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単分散水滴内での相分離を活用したハイドロゲル微粒子の合成と構造制御

    渡邉貴一, 元廣伊吹, 小野努

    第20回高分子ミクロスフェア討論会  2018年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Water-in-Oilスラグ流を反応場としたソープフリー乳化重合による高分子量ポリマーの合成

    苅田健吾, 渡邉貴一, 小野努

    第20回高分子ミクロスフェア討論会  2018年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 固体表面への高分子イオン液体層の構築とカチオンおよびアニオン種による濡れ性制御

    田中将貴, 渡邉貴一, 小野努

    第9回イオン液体討論会  2018年10月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • イオン液体部位をネットワーク骨格に導入したイオノゲル調製

    髙橋るり, 渡邉貴一, 小野努

    第9回イオン液体討論会  2018年10月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synthesis of size and light emission controlled quantum dots using microreactor

    15th International Conference on MicroREaction Technology  2018年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preparation of poly(vinyl alcohol) fiber by microchannel wet-spinning process

    Shinya Masumoto, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    15th International Conference on MicroREaction Technology th International Conference on MicroREaction Technology  2018年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Soap-free emulsion polymerization in water-in-oil slug flow for synthesis of high-molecular weight polystyrene particles

    Kengo Karita, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    15th International Conference on MicroREaction Technology  2018年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 溶媒拡散を用いた両連続相構造を持つ複合液滴 (Bijelカプセル) の調製

    石田裕朗, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会第50回秋季大会  2018年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シロキサンネットワーク/高分子イオン液体複合イオノゲルの作製

    髙橋るり, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会第50回秋季大会  2018年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ湿式紡糸プロセスにおける繊維物性に与える操作因子

    小野努, 渡邉貴一

    日本繊維機械学会第71回年次大会  2018年6月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 無機材料表面への高分子イオン液体の修飾およびその評価

    田中将貴, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会第83年会  2018年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マイクロ空間内での量子ドットの連続合成

    竹原拓矢, 渡邉貴一, 小野努

    化学工学会第83年会  2018年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Structural Control of Hydrogel Microparticles Using Aqueous Two Phase Separation within Emulsion Droplets

    Takaichi Watanabe, Ibuki Motohiro, Tsutomu Ono

    The 6th Asian Symposium on Emulsion Polymerization and Functional Polymeric Microspheres  2018年3月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stereocomplexed polylactide-based nanocapsules for controlling the release behavior of encapsulated molecules

    Sayako Ogita, Yui Sakamoto, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    The 6th Asian Symposium on Emulsion Polymerization and Functional Polymeric Microspheres  2018年3月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単分散微粒子の合成とそのレオロジー特性におよぼす諸因子の検討

    森崎舞, 渡邉貴一, 小野努

    第20回化学工学会学生発表会(東広島大会)  2018年3月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピッカリングエマルションを鋳型としたマイクロカプセルの調製

    松浦絵梨, 渡邉貴一, 小野努

    第20回化学工学会学生発表会(東広島大会)  2018年3月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nucleation behavior of lysozyme in monodisperse droplet-based crystallization

    Yayoi Kawashima, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono

    5 th European Conference on Microfluidics  2018年2月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • 塞栓物質の作製⽅法、塞栓物質および塞栓物質作製⽤キット

    宇賀麻由, 渡邉貴一

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-068949  出願日:2020年4月7日

    researchmap

  • 湿式紡糸繊維、湿式成膜フィルムおよびそれらの製造方法

    小野努,渡邉貴一

     詳細を見る

    出願番号:特願PCT/JP/2019/038576  出願日:2019年9月30日

    公開番号:特開WO2020-067570  公開日:2021年9月16日

    researchmap

  • ボイドが形成された細径繊維

    小野努, 渡邉貴一, 佐藤健大

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-180933  出願日:2019年9月30日

    公開番号:特開2021-055222  公開日:2021年4月8日

    researchmap

  • イオン液体モノマー、高分子およびその製造方法並びに架橋高分子

    小野努, 渡邉貴一

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-164247  出願日:2019年9月10日

    公開番号:特開2021-042150  公開日:2021年3月18日

    researchmap

  • タンパク質繊維の製造方法

    小野努, 渡邉貴一, 佐藤健大

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-014565  出願日:2019年1月30日

    researchmap

  • 体内移植用のハイドロゲルファイバ及びハイドロゲルファイバを用いた体内移植方法

    竹内昌治, 興津輝, 渡邉貴一, 小沢文智, 長田翔伍

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-221135  出願日:2016年11月14日

    公開番号:特開2018-078917  公開日:2018年5月24日

    特許番号/登録番号:特許第6935896号  登録日:2021年8月30日 

    権利者:竹内昌治;興津輝;渡邉貴一;小沢文智;長田翔伍

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 第3回「八雲賞」

    2021年11月   公益財団法人 八雲環境科学振興財団  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 日本繊維機械学会第70回年次大会学術奨励賞

    2017年6月   日本繊維機械学会  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • Frontiers of Polymer Colloids, Best Poster Awards

    2014年7月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 13th International Conference on MicroREaction Technology(IMRET13) Best Poster Awards

    2014年6月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 化学工学会第79回年会 学生賞(特別賞)

    2014年3月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 岡山大学大学院自然科学研究科長賞

    2014年3月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • Erasmus Mundus Build On Euro-Asian Mobility奨学生

    2012年4月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 平成24年度岡山大学大学院環境学研究科学生奨励研究費

    2011年4月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 第4回中四国若手CE合宿優秀ポスター発表賞

    2010年9月  

    渡邉 貴一

     詳細を見る

  • 平成21年度岡山大学大学院環境学研究科特待生

    2009年4月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

  • 平成20年度化学工学会中四国支部長賞

    2009年3月  

    渡邉貴一

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • スラグ流を反応場としたコアシェル型微粒子の高速合成

    2022年04月 - 2023年03月

    公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団  令和3年度研究助成 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    researchmap

  • 過酷環境で使用できるタフネスと自己修復性を両立した高分子イオン液体ゲル材料の開発

    研究課題/領域番号:21W2M076  2022年03月 - 2023年03月

    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構  官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)マッチングサポートフェーズ 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:10000000円 ( 直接経費:7692000円 、 間接経費:2308000円 )

    researchmap

  • クリック反応性イオン液体モノマーを基盤とする主鎖型高分子イオン液体材料の創製と物性制御

    2021年06月 - 2022年05月

    徳山科学技術振興財団  2021年度研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    researchmap

  • 撥水・撥油性と帯電防止性を材料表面に付加する高分子イオン液体コーティング剤の開発

    2021年06月 - 2022年02月

    岡山県  令和3年度特別電源所在県科学技術振興事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • マイクロ流路内の小角中性子散乱解析を利用した高分子イオン液体材料の非平衡構造制御

    2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会 科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)) 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:14170000円 ( 直接経費:10900000円 、 間接経費:3270000円 )

    researchmap

  • マイクロ空間の非平衡液滴内で起こる迅速な相転移を駆使した高分子材料の階層構造制御

    2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会 科学研究費助成事業  基盤研究C 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 令和2年度プレ国際共同研究支援プログラム

    2020年11月 - 2021年03月

    国立大学法人岡山大学 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

    researchmap

  • マイクロフロー法と自動化画像解析によるダブルエマルション製造法の革新

    2020年08月 - 2021年02月

    総合物質創製化学研究推進機構  令和2年度 融合創発研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 温室効果ガスの大幅削減を指向した環境低負荷な蓄熱マイクロカプセルの開発

    2020年06月 - 2021年03月

    公益財団法人 八雲環境科学振興財団  令和2年度 環境研究助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

  • 一段階の高分子イオン液体コーティングによる材料表面への撥水・撥油性の同時呈示

    2020年06月 - 2021年02月

    岡山県  令和2年度特別電源所在県科学技術振興事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1300000円

    researchmap

  • 液滴内での迅速な相転移を利用したモノリス膜構造を有するマイクロカプセルの開発

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 池谷科学技術振興財団  2020年度研究助成 単年度研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    researchmap

  • フロープロセスによる単分散酢酸セルロースマイクロカプセルの高速生産

    2019年09月 - 2020年08月

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2019年度A-STEP機能検証フェーズ試験研究タイプ 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2990000円

    researchmap

  • 高分子ナノ繊維の高速大量生産を実現するマイクロ流体デバイスの開発

    2019年09月 - 2020年03月

    国立大学法人岡山大学  令和元年度研究推進機構「プレ共同研究」支援事業 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

    researchmap

  • 撥水・撥油表面を同時に実現する高分子イオン液体コーティング剤の開発

    2019年06月 - 2020年02月

    岡山県  令和元年度特別電源所在県科学技術振興事業 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円

    researchmap

  • マイクロ空間を利用した高分子イオン液体コロイド材料の創製と機能創発

    2019年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会 科学研究費助成事業  若手研究 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • マイクロ空間での迅速な相転移を利用した単分散モノリス微粒子の連続調製とその構造制御

    2019年04月 - 2020年03月

    京都科学技術センター 2019年度研究助成 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

  • 水/水エマルションの安定化を指向する界面設計技術の構築とカプセル材料開発への応用

    2018年11月 - 2019年03月

    国立大学法人岡山大学  平成30年度若手教員研究費支援事業 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

    researchmap

  • マイクロ空間での迅速界面反応を利用したカプセル型移植材料の開発

    2016年06月 - 2017年03月

    公益財団法人 岡山工学振興会  奨励研究助成 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:375000円

    researchmap

  • マイクロ空間での界面カップリング反応を利用した免疫隔離ハイドロゲルカプセルの開発

    2016年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会 科学研究費助成事業  若手研究B 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    researchmap

  • 糖尿病治療のためのカートリッジ式膵島移植片の開発

    2015年11月 - 2018年03月

    公益財団法人テルモ生命科学振興財団  2015年度 特定研究開発助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:30000000円

    researchmap

  • マイクロ空間でのTip-streamingを利用したポリ乳酸複合ナノ材料の開発

    2013年04月 - 2014年12月

    日本学術振興会 特別研究員奨励費 

    渡邉貴一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2760000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:360000円 )

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 先端材料プロセス化学 (2021年度) 前期  - 金1,金2

  • 実践応用化学 (2021年度) 前期  - その他

  • 応用化学ゼミナール1 (2021年度) 前期  - その他

  • 応用化学ゼミナール2 (2021年度) 後期  - その他

  • 応用化学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 材料プロセス実験2 (2021年度) 第1学期  - 月5,月6,月7,月8,木5,木6,木7,木8

  • 材料プロセス実験2 (2021年度) 第1学期  - 月5,月6,月7,月8,木5,木6,木7,木8

  • 材料プロセス実験3 (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8

  • 材料プロセス実験3 (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8

  • 生命工学実験2 (2021年度) 第1学期  - 月5,月6,月7,月8,木5,木6,木7,木8

  • 生命工学実験2 (2021年度) 第1学期  - 月5,月6,月7,月8,木5,木6,木7,木8

  • 先端材料プロセス化学 (2020年度) 前期  - 金1,金2

  • 実践応用化学 (2020年度) 前期  - その他

  • 応用化学ゼミナール2 (2020年度) 後期  - その他

  • 応用化学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 材料プロセス実験2 (2020年度) 第1学期  - 月4,月5,月6,月7,木4,木5,木6,木7

  • 材料プロセス実験2 (2020年度) 第1学期  - 月4,月5,月6,月7,木4,木5,木6,木7

  • 材料プロセス実験3 (2020年度) 第3学期  - 火4,火5,火6,火7,金4,金5,金6,金7

  • 材料プロセス実験3 (2020年度) 第3学期  - 火4,火5,火6,火7,金4,金5,金6,金7

  • 生命工学実験2 (2020年度) 第1学期  - 月4,月5,月6,月7,木4,木5,木6,木7

  • 生命工学実験2 (2020年度) 第1学期  - 月4,月5,月6,月7,木4,木5,木6,木7

▼全件表示

 

メディア報道

  • A rapid flow process that can convert droplets into multilayer polymeric microcapsules 会誌・広報誌

    岡山大学  https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id10983.html  2022年3月7日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 岡山大など、未利用熱を輸送するバイオベース高分子カプセルを創出 インターネットメディア

    国立研究開発法人 国立環境研究所  環境展望台  https://tenbou.nies.go.jp/news/jnews/detail.php?i=33327  2022年2月17日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • バイオベース高分子を殻材とする蓄熱マイクロカプセルの高速生産 インターネットメディア

    岡山大学  https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id923.html  2022年2月17日

     詳細を見る

  • RSKラジオ 朝耳らじおGoGo 技術の森 テレビ・ラジオ番組

    RSK  2022年2月16日

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • RSKラジオ 朝耳らじおGoGo 技術の森 テレビ・ラジオ番組

    RSK  2022年2月9日

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • 自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜 インターネットメディア

    Chem-Station  https://www.chem-station.com/chemistenews/2022/01/matryoshka.html  2022年1月18日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜 インターネットメディア

    岡山大学  https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id908.html  2021年12月23日

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • 移植細胞を異物反応から守るには、太めのファイバーで包むのが効果的 〜膵島細胞移植による糖尿病マウスの血糖値正常化と移植片の回収に成功〜 インターネットメディア

    東京大学生産技術研究所  https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/news/3313/  2020年6月17日

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • Diabetic mice improve with retrievable millimeter-thick cell-laden hydrogel fiber インターネットメディア

    EurekAlart!  2020年6月15日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

▼全件表示