2021/12/24 更新

写真a

カワハラ ヒロコ
河原 宏子
KAWAHARA Hiroko
所属
保健管理センター 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 学士 ( 1989年3月   島根医科大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 精神神経科学  / 青年期精神医学

所属学協会

  • 日本精神神経学会

    1990年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本児童青年精神医学会

      詳細を見る

  • 日本家族療法学会

      詳細を見る

 

MISC

  • 大学内事後対応チームと学外医療機関の連携について

    岡部 伸幸, 成田 美香, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 兒山 志保美, 宮道 力, 河原 宏子, 大西 勝, 岩崎 良章

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   58回   58 - 58   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染症拡大下における学生健康診断の検討

    岩崎 良章, 岡 香織, 樋口 千草, 黒木 清美, 山際 陽子, 影山 真希, 森田 知子, 中西 順子, 成田 美香, 内藤 惠子, 宮道 力, 河原 宏子, 岡部 伸幸, 大西 勝

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   58回   78 - 78   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 学生の非アルコール性脂肪性肝疾患における遺伝的素因の検討

    岩崎 良章, 中山 光, 森田 知子, 岡 香織, 樋口 千草, 二宮 崇, 黒木 清美, 中西 順子, 山際 陽子, 影山 真希, 古本 友理, 内藤 惠子, 河原 宏子, 岡部 伸幸, 大西 勝

    CAMPUS HEALTH   57 ( 1 )   63 - 63   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 社会保険労務士との協働によるメンタルヘルス支援

    兒山 志保美, 大西 勝, 河原 宏子, 岡部 伸幸, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 二宮 崇, 岩崎 良章

    CAMPUS HEALTH   57 ( 1 )   271 - 272   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 社会保険労務士との協働によるメンタルヘルス支援

    兒山 志保美, 大西 勝, 河原 宏子, 岡部 伸幸, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 二宮 崇, 岩崎 良章

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   57回   82 - 82   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 医療系留年学生への対応について 教務担当教員・事務との合同面談

    大西 勝, 兒山 志保美, 福永 実加, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 二宮 崇, 河原 宏子, 清水 幸登, 岩崎 良章

    CAMPUS HEALTH   56 ( 1 )   366 - 367   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 医療系留年学生への対応について 教務担当教員・事務との合同面談

    大西 勝, 兒山 志保美, 福永 実加, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 二宮 崇, 河原 宏子, 清水 幸登, 岩崎 良章

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   56回   98 - 98   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 大学新入生が抱える不安への一次予防 全新入生ガイダンスにおける無記名アンケート結果から

    清水 幸登, 福永 実加, 影山 真希, 河原 宏子, 兒山 志保美, 大西 勝, 谷口 暁彦, 樋口 千草, 岩崎 良章

    CAMPUS HEALTH   55 ( 2 )   144 - 149   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    新入生が学生生活に良好に適応していくためには、大学や教職員がどのような配慮をすればよいかを探る目的で、新入生への無記名アンケートを実施した。調査対象は2017年度岡山大学の全新入生で、そのうち2051名(回収率90.4%)の回答を得た。入学後に不安を感じる事柄は、勉強面76.0%、人間関係43.8%、生活一般23.0%であった。勉強面で不安なことは、学力面53.1%、履修登録37.6%、部活動との兼ね合い23.5%であった。履修登録では、授業選択が困難63.8%、履修登録制度が判りにくい31.7%、web入力が困難12.7%であった。自力で履修登録ができた者は45.2%であった。パソコンが苦手・少し苦手な学生は78.1%であった。人前で話すことが苦手な学生の割合は37.7%であり、人前で話すことが苦手でない学生に比べて、勉強面への不安を持つものが有意に多かった。今回の調査結果から、新入生には、勉強面での不安を感じている学生が圧倒的に多いことが判明した。勉強面において、履修登録の教職員側からのさらなる支援、パソコン習熟授業の必修科目化、人前で話すことが苦手な学生を援助機関に繋げる啓発活動と合わせて授業内での教職員の配慮は、新入生のメンタルヘルス不調の発生を抑制すると推測された。このように新入生へのメンタルヘルスの講義と並行して、就学環境・システムに対する働きかけが、メンタルヘルス一次予防にとって重要であると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 新入生が抱える不安 全学新入生ガイダンスにおける無記名アンケートから

    清水 幸登, 福永 実加, 影山 真希, 河原 宏子, 兒山 志保美, 大西 勝, 谷口 暁彦, 樋口 千草, 岩崎 良章

    CAMPUS HEALTH   55 ( 1 )   381 - 381   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 研修医へのメンタルヘルス支援 卒後研修センターとの連携

    兒山 志保美, 大西 勝, 中西 順子, 古本 友里, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 谷口 暁彦, 河原 宏子, 清水 幸登, 岩崎 良章

    CAMPUS HEALTH   55 ( 1 )   389 - 391   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 職場の適応障害へのサポート 「規則型」と「証拠型」

    清水 幸登, 妹尾 明子, 河原 宏子

    心身医学   58 ( 1 )   93 - 93   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心身医学会  

    researchmap

  • 研修医へのメンタルヘルス支援 卒後研修センターとの連携

    兒山 志保美, 大西 勝, 中西 順子, 古本 友里, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 谷口 暁彦, 河原 宏子, 清水 幸登, 岩崎 良章

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回   115 - 115   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 研修医のメンタルヘルス支援 支援の枠組について

    大西 勝, 兒山 志保美, 妹尾 明子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 古本 友理, 岡 香織, 黒木 清美, 谷口 暁彦, 岩崎 良章, 小倉 俊郎

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   54回   108 - 108   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 岡山大学メンタルヘルス対策推進室の紹介 設立経緯と活動内容

    清水 幸登, 大西 勝, 妹尾 明子, 河原 宏子, 兒山 志保美, 岡 香織, 中山 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎, 明石 正, 峯 光弘, 川本 章仁

    CAMPUS HEALTH   53 ( 1 )   305 - 307   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • ストレスチェック制度を教職員はどのように捉えているのか ストレスチェック制度研修会無記名アンケートの結果より

    清水 幸登, 妹尾 明子, 河原 宏子, 兒山 志保美, 大西 勝, 小倉 俊郎

    全国大学メンタルヘルス研究会報告書   37回   120 - 123   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:全国大学メンタルヘルス研究会  

    researchmap

  • 【各領域から考える自殺予防と精神保健-大学、病院、企業における現状と課題-】大学生の自殺予防とメンタルヘルス

    大西 勝, 兒山 志保美, 妹尾 明子, 河原 宏子, 清水 幸登

    精神神経学雑誌   118 ( 1 )   22 - 27   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    全国の国立大学法人を対象にした調査によれば,2012年度に自殺した学生の10万人比は15.7人であった.多くの大学において,自殺予防はメンタルヘルス対策の中でも重要なテーマであり,それぞれが対策に取り組んでいる.2009年,国立大学法人における自殺防止対策の現状が調査された.2010年,この調査結果の検討から,大学生の自殺防止対策に関するガイドライン「大学生の自殺対策ガイドライン2010」が作られた.ガイドラインでは,第1章においては自殺予防の基本理念について,第2章においては自殺リスク要因について,第3章においては自殺防止の体制と活動について言及されている.当大学の医療系キャンパスにおいては,保健管理センターが中心となってメンタルヘルス対策と自殺防止対策を行っている.一次予防は,新入学生に対するメンタルヘルスについてのミニレクチャー,メンタルヘルスについての授業,定期的な研修会や講演会などである.二次予防は,定期健康診断時におけるメンタルヘルス不調者の精神科医による面接,学外医療機関への紹介などである.三次予防は,休学者が復学するためのサポート,精神疾患をもつ学生などの定期的な診察,自殺発生時の事後対応などである.メンタルヘルス対策を行う際は,限られた資源を効率よくマネジメントすることが重要であり,こうした取り組みが結果的に自殺予防対策につながると考えている.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00755&link_issn=&doc_id=20160208180003&doc_link_id=40020721765&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40020721765&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 岡山大学メンタルヘルス対策推進室の紹介 設立経緯と活動内容

    清水 幸登, 大西 勝, 妹尾 明子, 河原 宏子, 兒山 志保美, 岡 香織, 中山 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎, 明石 正, 峯 光弘, 川本 章仁

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   53回   81 - 81   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 各領域から考える自殺予防と精神保健 大学、病院、企業における現状と課題 大学生の自殺予防とメンタルヘルス

    大西 勝, 清水 幸登, 河原 宏子, 兒山 志保美, 妹尾 明子

    精神神経学雑誌   ( 2015特別 )   S716 - S716   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 職場のメンタルヘルス悪化要因に対してメンタル系産業医がかかわれること

    清水 幸登, 妹尾 明子, 河原 宏子, 兒山 志保美, 大西 勝, 小倉 俊郎

    全国大学メンタルヘルス研究会報告書   36回   73 - 75   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:全国大学メンタルヘルス研究会  

    職場のメンタルヘルスの維持増進に、メンタル系産業医が通常の産業医活動に加えてどのような職務を果たすことができるのかについて調査した。平成26年度に大学教員対象に実施したメンタルヘルス講演会(3大学で実施)に出席した教職員のうち、講演会終了後に無記名アンケートへ回答した428名を対象とした。職場のメンタルヘルスの悪化の誘因と考えられる項目について、チェックの多かった項目は、「人間関係が良くない」(60.2%)、「人員が少ない」(59.5%)、「業務量の配分が適切でない」(52.8%)などであった。産業医はクライアントの主観的ストーリーだけでなく、クライアントに係る周囲の客観的ストーリーを把握して、その両者を適合させる作業をしなければならないと考えられた。産業医活動を行えば行う程、診療室外の活動が増加し、精神科の治療者としての治療力が落ちることが予想され、メンタル系産業医の職務が増大するほど治療力が低下することを自覚し、対策を考える必要性が指摘できた。

    researchmap

  • 【大学における健康教育】大学の講義・研修会における薬物乱用防止教育の工夫

    清水 幸登, 河原 宏子, 兒山 志保美, 大西 勝, 小倉 俊郎

    CAMPUS HEALTH   51 ( 2 )   50 - 55   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 当大学における障がい者雇用への支援 メンタルヘルスの立場から

    安東 節子, 清水 幸登, 岡 香織, 鈴木 照明, 大塚 恵, 高野 舞子, 兒山 志保美, 黒木 清美, 内藤 恵子, 河原 宏子, 古賀 光, 岩崎 良章, 大西 勝, 小倉 俊郎

    CAMPUS HEALTH   51 ( 1 )   545 - 547   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 当大学における学校保健安全法と労働安全衛生法の教育経験

    清水 幸登, 高野 舞子, 兒山 志保美, 河原 宏子, 大西 勝, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎

    CAMPUS HEALTH   51 ( 1 )   206 - 208   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 学内における教員のためのコミュニケーションのコツ 「実感型と理屈型」あるいは「規則型と証拠型」の2軸について

    清水 幸登, 高野 舞子, 安東 節子, 兒山 志保美, 河原 宏子, 大西 勝, 小倉 俊郎

    全国大学メンタルヘルス研究会報告書   35回   99 - 105   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:全国大学メンタルヘルス研究会  

    researchmap

  • 岡山大学における雇用障がい者の就業支援への工夫 就労前面談の効用とその注意点

    清水 幸登, 仁科 舞子, 兒山 志保美, 大西 勝, 河原 宏子, 黒木 清美, 内藤 恵子, 絹見 佳子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎

    CAMPUS HEALTH   49 ( 1 )   344 - 346   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 岡山大学における雇用障がい者の就業支援への工夫 就労前面談の効用とその注意点

    清水 幸登, 仁科 舞子, 兒山 志保美, 大西 勝, 河原 宏子, 安東 節子, 黒木 清美, 内藤 恵子, 絹見 佳子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎

    CAMPUS HEALTH   48 ( 3 )   86 - 86   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • メンタルヘルス支援における「依存」と「自立」 メンタルヘルス支援連携への課題(2)

    大西 勝, 清水 幸登, 兒山 志保美, 仁科 舞子, 河原 宏子, 中西 順子, 黒木 清美, 内藤 恵子, 絹見 佳子, 平木 章夫, 小倉 俊郎, 戸部 和夫

    CAMPUS HEALTH   46 ( 1 )   366 - 367   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 学生達は誰にメンタルヘルス相談をするのか メンタルヘルス支援連携への課題

    清水 幸登, 大西 勝, 仁科 舞子, 河原 宏子, 黒木 清美, 内藤 恵, 子絹 見佳子, 坂根 弘子, 堀田 勝幸, 小倉 俊郎, 戸部 和夫

    CAMPUS HEALTH   45 ( 1 )   320 - 322   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 学生たちは誰にメンタルヘルス相談をするのか メンタルヘルス支援連携への課題

    清水 幸登, 大西 勝, 仁科 舞子, 河原 宏子, 黒木 清美, 内藤 恵子, 絹見 佳子, 坂根 弘子, 堀田 勝幸, 小倉 俊郎, 戸部 和夫

    CAMPUS HEALTH   44 ( 3 )   90 - 90   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    researchmap

  • 自生体験の統合失調症特異性に関する予備的研究

    鈴木 啓嗣, 本田 輝行, 河原 宏子, 岩井 圭司, 浜村 貴史, 藤原 豊

    精神科治療学   18 ( 5 )   585 - 589   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)星和書店  

    現在も幻覚妄想の存在する統合失調症20例(SP群),幻覚妄想の消失した統合失調症20例(SN群),気分障害(MD群)22例,医療関係者22例(NC群)を対象とし,「初期分裂病」の症状の一つである自生体験について,既に発症した統合失調症での特異性を調べるために調査を行った.自生体験を経験したものは,SP群20例,SN群18例,MD群2例,NC群6例で,現在自生体験が存在するものは,SP群18例,SN群9例,MD群0例,NC群4例であった.自生体験の出現はSP群・SN群では経験ありに,MD群・NC群では経験なしに有意の偏りが認められた.よって,統合失調症に特徴的な症状として,自生体験についての研究を発展させることが重要であることが示唆された

    researchmap

  • 「家庭内暴力を伴う引きこもり事例」への援助について

    太田 順一郎, 大西 勝, 塚本 千秋, 本田 輝行, 河原 宏子

    日本児童青年精神医学会総会抄録集   42回   75 - 75   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本児童青年精神医学会  

    researchmap

  • 児童青年期の強迫性障害の臨床像について 発症状況を中心に

    本田 輝行, 太田 順一郎, 大西 勝, 河原 宏子, 塚本 千秋, 鈴木 啓嗣

    日本児童青年精神医学会総会抄録集   42回   141 - 141   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本児童青年精神医学会  

    researchmap

  • 岡山大学家族療法外来の10年(その2) 紹介者と来談者のニードをとらえ,いかに紹介者に戻すか

    大西 勝, 太田 順一郎, 塚本 千秋, 皆尾 公司, 清水 幸登, 河原 宏子, 北村 直也, 岡部 伸幸

    家族療法研究   18 ( 1 )   45 - 45   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本家族療法学会  

    researchmap

  • 岡山大学家族療法外来の10年(その1) 10年を振り返って

    太田 順一郎, 大西 勝, 塚本 千秋, 皆尾 公司, 横山 美知, 清水 幸登, 難波 多鶴子, 河原 宏子, 村上 博子, 中野 善行

    家族療法研究   18 ( 1 )   44 - 44   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本家族療法学会  

    researchmap

  • 精神分裂病における自生体験

    本多 輝行, 鈴木 啓嗣, 村上 伸治, 河原 宏子, 岡本 裕子, 明石 卓爾, 田岡 秀樹, 平 俊浩, 安田 奈津子, 黒田 重利

    精神神経学雑誌   102 ( 8 )   732 - 732   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • IB-3 神経性無食欲症の入院治療による体重回復について(摂食障害I)

    村上 伸治, 黒田 重利, 近藤 強, 岡本 裕子, 本田 輝行, 河原 宏子, 山田 京子, 太田 博子, 中野 善行, 鈴木 啓嗣

    心身医学   38   41 - 41   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.38.supiementII_41_1

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童期発症の分裂病--場面緘黙との関連について

    古元 順子, 河原 宏子, 荻野 泉, 河島 善美

    岡山大学教育学部研究集録   ( 104 )   53 - 61   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 自閉症と双極性感情(気分)障害--カタトニアを伴った二例

    古元 順子, 杉山 信作, 武南 克子, 河原 宏子

    岡山大学教育学部研究集録   ( 103 )   111 - 118   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 4年7カ月のかん黙より回復した自己臭妄想の1例

    藤本明, 河原宏子

    精神医学   34 ( 9 )   1992年

     詳細を見る

▼全件表示