2024/07/16 更新

写真a

カンダ タケフミ
神田 岳文
KANDA Takefumi
所属
環境生命自然科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2002年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • Micro System

  • Actuator

  • センサ

  • Piezoelectric Thin Film

  • Sensor

  • マイクロシステム

  • アクチュエータ

  • 圧電薄膜

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

  • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

▼全件表示

学歴

  • 東京大学   Graduate School of Engineering   Division of Precision Machinery Engineering

    - 2002年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京大学   Graduate School of Engineering   Division of Precision Machinery Engineering

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京大学   The Faculty of Engineering  

    - 1997年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   准教授

    2007年1月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   講師

    2003年4月 - 2006年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   助手

    2002年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • ナノ粒子生成システムにおける液滴の温度制御条件の検討 査読

    岡本幸樹, 神田岳文, 河本尚樹, 藤本望夢, 脇元修一, 山口大介, 阪田祐作, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    144 ( 6 )   141 - 148   2024年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.144.141

    researchmap

  • Development of a smart artificial muscle using optical fibres 査読

    Weihang Tian, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda

    Smart Materials and Structures   33 ( 5 )   055047 - 055047   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    Abstract

    A McKibben artificial muscle is a fluid-driven soft actuator comprising sleeve fibres and rubber tube. However, as typical bulky and rigid displacement sensors are unsuitable as sensor elements in soft actuators, displacement sensing is challenging for the McKibben artificial muscle. Therefore, we propose an optical fibre-based smart artificial muscle (OSAM) to estimate self-displacement from the bending loss of the optical fibre used as the sleeve fibre. The optical fibre can be effortlessly integrated into the OSAM sleeve using a braiding machine, which is generally used for manufacturing strings, easing the mass production process. The radius of curvature of the optical fibre changed when the OSAM was driven. The displacement of the artificial muscle was estimated based on the sensor output. To demonstrate the usefulness of OSAM, displacement feedback control experiments were conducted using the optical fibre sensor integrated into OSAM. From the results, OSAM’s displacement showed a good response to the target displacement. Therefore, the developed artificial muscle can facilitate displacement feedback control without requiring external sensors, which in turn can improve the performance of rehabilitation and wearable devices.

    DOI: 10.1088/1361-665x/ad3ec9

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-665X/ad3ec9/pdf

  • Fabrication Process for Twisting Artificial Muscles by Utilizing Braiding Technology and Water-Soluble Fibers 査読

    Weihang Tian, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda

    IEEE Robotics and Automation Letters   9 ( 4 )   3147 - 3154   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    DOI: 10.1109/lra.2024.3360817

    researchmap

  • Texturing to Dramatically Increase Thermal Deformation of Bilayer Film and Application to Actuator 査読

    Daisuke Yamaguchi, Yuki Takahara, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   19 ( 5 )   882 - 887   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    The effect of adding texture to increase the deformation of a bilayer actuator by a factor of over 100 was demonstrated. A bilayer actuator is driven by the difference in thermal deformation. Therefore, two films or plates with a large difference in thermal expansion coefficient are required. The newly developed textured film actuator (TFA) obtained large deformation even in a case involving a combination of two films with a small difference in thermal expansion coefficient. The TFA was fabricated by transferring the texture when laminating two PI films with different coefficients of thermal expansion. A TFA with thin‐film electrodes was heated by applying electric power. Thereby, it unfolded from a curled state. The maximum generated force and curvature of the TFA were 7.4 mN and 0.19 mm−1, respectively, at 0.38 W. The manufacturing process for the TFA is simple and convenient, as it does not require adhesives or special materials. In thermal drive bilayer actuator fabrication, the range of material selection is expanded substantially. In addition, large deformations are generated with less energy. Therefore, the energy consumption is likely to be reduced. © 2024 Institute of Electrical Engineer of Japan and Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.24056

    researchmap

  • A Microchannel Device for Droplet Classification by Manipulation Using Piezoelectric Vibrator 査読

    Ao Fujioka, Shoko Seo, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi

    Actuators   13 ( 3 )   95 - 95   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Emulsion formulations should be monodispersed in terms of their stability. Therefore, there is a need for a device that can classify droplets of the desired size from polydispersed emulsions in a fluidized bed manufacturing system. In the previous study, we evaluated the fabrication of a droplet manipulation device using acoustic radiation forces through simulation using the finite element method. In this study, particle manipulation experiments using 1, 6, and 10 µm polystyrene particles were first estimated and evaluated in comparison with their theoretical particle behavior. Based on the results we obtained, the driving conditions and droplet behavior were derived, and the droplet manipulation device using ultrasonic waves to shrink monodisperse emulsions was evaluated. As a result, the droplet classification effect in the microchannel was confirmed to be consistent with the droplet behavior prediction, and the microchannel structure with a constriction component improved its classification effect.

    DOI: 10.3390/act13030095

    researchmap

  • Evaluation of transducer for cryogenic actuators by equivalent circuit model 査読

    Kazuki Kubo, Kairi Yagi, Takefumi Kanda, Koa Yasuda, Daisuke Yamaguchi, Shuichi Wakimoto

    Japanese Journal of Applied Physics   63 ( 3 )   03SP03 - 03SP03   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    Abstract

    Cryogenic environments are increasingly used in scientific and industrial fields. Recently, cryogenic environments are also used for storage and supply of liquid hydrogen, which is considered essential for the realization of a decarbonized society. Actuators to drive a valve that controls such a low-temperature fluid are required. In this study, a piezoelectric transducer that can be driven in the cryogenic environment has been fabricated and evaluated. Although the performance of piezoelectric elements degrades at cryogenic temperatures in general, the application of a preload can suppress the degradation of performance. Equivalent circuits were used for evaluation, and force factors and figures of merit were compared. As a result, the force factor was as high as that at RT even at cryogenic temperatures, and a high figure of merit was obtained. The result indicates that the transducer can be used for the driving of micro actuator at cryogenic temperature.

    DOI: 10.35848/1347-4065/ad1e9b

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.35848/1347-4065/ad1e9b/pdf

  • A study on MMG sensor using piezoelectric polymer nanofibers by electrospinning 査読

    Rintaro Abe, Koa Yasuda, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Hisao Oka

    Electronics and Communications in Japan   106 ( 4 )   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Abstract

    In the fields of medical and sports science, it is required to evaluate muscle activity qualitatively and quantitatively. Currently, mechanomyogram (MMG) that can reflect the mechanical activity of muscle fibers is attracting attention. The purpose of this study is to develop a sensor that can measure MMG during exercise. In this study, a small and flexible MMG sensor using P(VDF/TrFE), which is a piezoelectric polymer material, spun into nanofibers by the electrospinning method has been fabricated and evaluated. By the fabricated electrospinning equipment and the obtained fabrication conditions of the nanofibers MMG sensor has been fabricated by using piezoelectric polymer fibers. By using nanofiber nonwoven fabric for the sensor element, the flexible sensor has been realized. In a sound wave reception experiment assuming MMG measurement, the P(VDF/TrFE) nonwoven fabric element showed that the element detected the sound pressure. Additionally, MMG during isometric contraction and pedaling motion has been measured using the fabricated sensor. The results show that the proposed sensor is effective for measuring MMG during exercise.

    DOI: 10.1002/ecj.12434

    researchmap

  • エレクトロスピニングによる圧電高分子ナノファイバーを用いた筋音センサに関する研究 査読

    阿部林太郎, 安田 項阿, 神田 岳文, 脇元 修一, 岡 久雄

    電気学会論文誌 E(センサ・マイクロマシン部門誌)   143 ( 10 )   313 - 320   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.143.313

    researchmap

  • Displacement Sensing of an Active String Actuator Using a Step-Index Multimode Optical Fiber Sensor 査読

    Weihang Tian, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi

    Sensors   22 ( 9 )   3232 - 3232   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    A thin McKibben artificial muscle is a pneumatic actuator with an outer diameter of only 1.8 mm. We fabricated a string-shaped actuator called an “active string actuator,” which achieves a high contractile displacement by accumulating thin McKibben artificial muscles. To control the displacement, the length of the active string actuator should be estimated. However, this is difficult because bulky and rigid sensors are unsuitable for the sensor element of the active string actuator. Therefore, in this study, we propose a new sensing method for estimating the length of an active string actuator. The proposed sensing system is simple and comprises only three components: a step-index multimode optical fiber, a light emitter, and a light receiver. A step-index multimode optical fiber was combined with the active string actuator, and the length was estimated from the change in the amount of light propagating in the optical fiber when the active string actuator was driven. Fundamental experiments were conducted in this study, and the results demonstrated that the optical fiber sensor value changed with the actuator length. This suggests that it is possible to estimate the displacement of an active string actuator using an optical fiber sensor.

    DOI: 10.3390/s22093232

    researchmap

  • Core–Shell Droplet Generation Device Using a Flexural Bolt-Clamped Langevin-Type Ultrasonic Transducer 査読

    Kentaro Omori, Nozomu Fujimoto, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Norihisa Seno

    Actuators   10 ( 3 )   55(1) - 55(10)   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Droplets with a core–shell structure formed from two immiscible liquids are used in various industrial field owing to their useful physical and chemical characteristics. Efficient generation of uniform core–shell droplets plays an important role in terms of productivity. In this study, monodisperse core-shell droplets were efficiently generated using a flexural bolt-clamped Langevin-type transducer and two micropore plates. Water and silicone oil were used as core and shell phases, respectively, to form core–shell droplets in air. When the applied pressure of the core phase, the applied pressure of the shell phase, and the vibration velocity in the micropore were 200 kPa, 150 kPa, and 8.2 mm/s, respectively, the average diameter and coefficient of variation of the droplets were 207.7 μm and 1.6%, respectively. A production rate of 29,000 core–shell droplets per second was achieved. This result shows that the developed device is effective for generating monodisperse core–shell droplets.

    DOI: 10.3390/act10030055

    researchmap

  • 圧電高分子を用いた筋音センサの等尺性収縮による評価 査読

    石塚博章, 柏原斉佳, 神田岳文, 脇元修一, 岡久雄

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   141 ( 2 )   44 - 49   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.141.44

    researchmap

  • Manipulation of droplets in a microchannel by ultrasonic vibration for the generation of monodisperse emulsions

    Yoshiki OHARA, Shoko SEO, Takefumi KANDA, Kazuki HARITA, Tsutomu ONO, Takaichi WATANABE, Shuichi Wakimoto

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec)   2021   1P2 - K05   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Mechanical Engineers  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2021.1p2-k05

    researchmap

  • A small three-way valve using particle excitation driven by a single piezoelectric transducer for hydraulic actuator 査読

    Hikaru Yamamoto, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Yusuke Ota, Hatuto Takami, Koichi Suzumori, Takahiro Ukida, Hiroyuki Nabae

    Sensors and Actuators A: Physical   316   112363 - 112363   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sna.2020.112363

    researchmap

  • Active Cloth Fabricated by a Flat String Machine and its Application to a Safe Wheelchair System 査読

    Makoto Takada, Shuichi Wakimoto, Takero Oshikawa, Takeji Ueda, Takefumi Kanda

    Journal of Robotics and Mechatronics   32 ( 5 )   1010 - 1018   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press Ltd.  

    In this study, a pneumatically contracting active cloth has been developed; its application is proposed for a safe sitting-posture recovery system for wheelchair users to avoid fall-related accidents. The active cloth consists of thin artificial muscles knitted via a flat string machine. The safe wheelchair system is configured with an active cloth and seating pressure sensor. The seating pressure sensor, located on the seating surface of the wheelchair, estimates the inclination of the upper body of the user; when this reaches an angle that is dangerous for falling from the wheelchair, the active cloth contracts to correct the posture of the upper body. In this paper, we clarify the fabrication process and fundamental characteristics of the active cloth and indicate its potential as a mechanical element for welfare apparatuses by demonstrating a safe wheelchair system.

    DOI: 10.20965/jrm.2020.p1010

    researchmap

  • Realistic and Highly Functional Pediatric Externally Powered Prosthetic Hand Using Pneumatic Soft Actuators 査読

    Hironari Taniguchi, Nobuo Takemoto, Ren Yakami, Shuichi Wakimoto, Takero Oshikawa, Kosuke Morinaga, Takefumi Kanda

    Journal of Robotics and Mechatronics   32 ( 5 )   1034 - 1043   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press Ltd.  

    It is known that introducing a pediatric externally powered prosthetic hand from an early age has certain merits such as the recovery of body image. However, this process is not popular in Japan. The high cost and technological problems of the hand have resulted in difficulty in its popularization. The pediatric prosthetic hand must be lighter and smaller than the adult one. Furthermore, parents of users prefer a prosthetic hand, such as a human arm and hand. We developed a prosthetic hand that demonstrates certain functionalities and appearances similar to a real human hand. The prosthetic hand consists of miniature McKibben actuators and is manufactured from acrylonitrile-butadiene-styrene resin and covered by a silicon glove. It has flexible joint structures and can grasp objects of various shapes. In this paper, we present a prototype of the pediatric prosthetic hand and the results of gripping experiments, bending and extension of finger experiments, and user tests.

    DOI: 10.20965/jrm.2020.p1034

    Web of Science

    researchmap

  • 製紐機を用いたインダクタンス型スマート人工筋の製作手法の確立 査読

    小川草太, 脇元修一, 神田岳文, 大村健人, 安藤克倫

    日本フルードパワーシステム学会論文集   51 ( 2 )   25 - 31   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5739/jfps.51.25

    researchmap

  • Nanoparticles generation using monodisperse droplets by an ultrasonic transducer 査読

    Nozomu Fujimoto, Takefumi Kanda, Masaya Katsuta, Yusaku Sakata, Yoshiaki Yamada, Norihisa Seno, Yoshiaki Nakazaki, Takafumi Otoyama

    Electronics and Communications in Japan   103 ( 7 )   49 - 55   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ecj.12245

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ecj.12245

  • 超音波ねじり振動子による単分散液滴を用いたナノ粒子生成 査読

    藤本望夢, 神田岳文, 勝田将矢, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    電気学会論文集E(センサ・マイクロマシン部門誌)   140 ( 2 )   37 - 42   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • McKibben artificial muscle realizing variable contraction characteristics using helical shape-memory polumer fibers 査読

    Sigeyoshi Yahara, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Kouya Matsushita

    Sensors and Actuators A : Physical   295   637 - 642   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.sna.2019.06.012

    researchmap

  • A Soft master-Slave Robot Mimicking Octopus Arm Structure Using Thin Artificial Muscles and Wire Encoders 査読

    Shota, Furukawa, Shichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Hiroki Hagihara

    actuators   8 ( 2 )   40(1) - 40(13)   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/act8020040

    researchmap

  • New hydraulic components for tough robots 査読

    Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Ryo Sakurai, Takefumi Kanda, Sang Ho Hyon, Tohru Ide, Kiyohiro Hioki, Kazu Ito, Kiyoshi Inoue, Yoshiharu Hirota, Akina Yamamoto, Takahiro Ukida, Ryusuke Morita, Morizo Hemmi, Shingo Ohno, Norihisa Seno, Hayato Osaki, Shoki Ofuji, Harutsugu Mizui, Yuki Taniai, Sumihito Tanimoto, Shota Asao, Ahmad Athif Mohd Faudzi, Yohta Yamamoto, Satoshi Tadokoro

    Springer Tracts in Advanced Robotics   128   401 - 451   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    Hydraulic components have tremendous potential for realizing “tough robots” owing to their “tough features,” including high power density and shock resistance, although their practical robotic usage faces some challenges. This chapter explains a series of studies on hydraulic robot components, focusing on high output density, large generative force, shock resistance, and environmental resistance to investigate reducing size, increasing intelligence, lowering weight, achieving multiple degrees of freedom, and lowering sliding friction. The studies are based on past hydraulics technologies with the aim of permitting hydraulic actuator technologies to take important roles in achieving tough robots to operate at disaster sites and under other extreme environments. The studies consist of research and development of compact, lightweight, and high-output actuators; rotating high-torque motors; low-sliding cylinders and motors; power packs; high-output McKibben artificial muscles; particle-excitation-type control valves; hybrid boosters; and hydraulic control systems to be undertaken along with research on their application to tough robots.

    DOI: 10.1007/978-3-030-05321-5_8

    Scopus

    researchmap

  • Fabrication and Evaluation of Hydraulic Particle Excitation Valve Vibrated Perpendicularly to Direction of Flow Path 査読

    Takahiro UKIDA, Koichi SUZUMORI, Hiroyuki NABAE, Takefumi KANDA

    JFPS International Journal of Fluid Power System   11 ( 2 )   9 - 17   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Fluid Power Systems Society  

    DOI: 10.5739/jfpsij.11.9

    researchmap

  • Micro Droplets Generation in a Flowing Continuous Liquid Using an Ultrasonic Transducer

    Nozomu Fujimoro, Tomoyasu Yamada, Takuji Murakami, Takefumi Kanda, Kota Mori, Koichi Suzumori

    MARSS 2018 - International Conference on Manipulation, Automation and Robotics at Small Scales   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In recent years, a generation of emulsions has been experimentally investigated. In this study, to generate high-quality W/O (Water-in-Oil) emulsions, we have designed a droplet generation system using a torsional bolt-clamped Langevin-type transducer and a micropore plate, and generated droplets in the flowing continuous liquid directly and successively. When the vibrational velocity of micropore and the applied pressure of dispersed liquid were 96.5 mmls and 0.140 MPaG, the average diameter of generated droplets and the standard deviation were 62.5 um and 2.6 um, respectively. In addition, we have found a transition point in which generated droplets became uniform in the flowing continuous liquid, and we have succeed in generating droplets with wider pressure range into the flowing continuous liquid compared with the generation into the continuous liquid.

    DOI: 10.1109/MARSS.2018.8481146

    Scopus

    researchmap

  • A small three-way valve using particle excitation with piezoelectric transducers for hydraulic actuators 査読

    Hayato Osaki, Takefumi Kanda, Shoki Ofuji, Norihisa Seno, Koichi Suzumori, Takahiro Ukida, Hiroyuki Nabae

    Advanced Robotics   32 ( 9 )   500 - 510   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Robotics Society of Japan  

    Robots composed of hydraulic actuators have been utilized in various fields and at disaster sites. However, the hydraulic control system for multiple-degree-of-freedom mechanisms is large because such systems require many control components. The purpose of this research was to develop a small hydraulic flow control valve. This paper describes the fabrication and evaluation of a small three-way valve by particle excitation using a piezoelectric transducer. This valve consists of two transducers and can switch the inlet and outlet ports by applying an AC voltage of different driving frequencies to each transducer because each transducer has different resonant frequencies. The flow rate was controlled by applying a voltage to the piezoelectric transducer. We evaluated the vibration characteristics of the fabricated three-way valve. The vibration velocity exhibited peaks at 120 and 155 kHz for the inlet and outlet port, respectively, and that of each transducer increased with the applied voltage. Therefore, this three-way valve can switch the opening port by changing the driving frequencies and continuously controlling the flow rate. As a result, we have succeeded in driving the novel small three-way valve.

    DOI: 10.1080/01691864.2018.1454848

    Scopus

    researchmap

  • 結晶微粒化を目的とした急冷マイクロリアクターシステムの製作と評価 査読

    藤本望夢, 神田岳文, 甲斐稔章, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   138 ( 3 )   87 - 92   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.138.87

    Scopus

    researchmap

  • Preface to the special issue on "world state-of-the-art research on sensors and micromachines" 査読

    Takefumi Kanda

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   138 ( 1 )   1   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical Engineers of Japan  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.138.1

    Scopus

    researchmap

  • 可変微細構造によるソフトマテリアル表面の接触角制御 査読

    森重佳久, 鈴森康一, 神田岳文, 脇元修一

    設計工学   53 ( 10 )   745 - 760   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 流路に直交方向の加振を利用した油圧微粒子連振型制御弁の試作と評価 査読

    浮田貴宏, 鈴森康一, 難波江裕之, 神田岳文

    日本フルードパワーシステム学会論文集   49 ( 1 )   10 - 17   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 超音波振動を用いたナノエマルション生成におけるプレエマルションの影響に関する考察 査読

    大西健一, 神田岳文, 小野努, 豊田翔平, 今井慶彦, 大河原賢一, 檜垣和孝, 鈴森康一

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   138 ( 9 )   394 - 400   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.138.394

    researchmap

  • Fabrication and Evaluation of Hydraulic Particle Excitation Valve Vibrated Perpedicularly to Direction of Flow Path 査読

    Takahiro UKIDA, Koichi SUZUMORI, Hiroyuki NABAE, Takefumi KANDA

    TRANSACTION OF THE JAPAN FLUID POWER SYSTEM SOCIETY   49 ( 1 )   10 - 17   2018年

     詳細を見る

  • Optimization of orifice position in particle-excitation valve for proportional flow control 査読

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    ROBOMECH Journal   4 ( 1 )   1 - 11   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    This paper reports an improvement of the particle-excitation flow control valve. The valve that we have designed in previous reports can control air flow, using particle excitation by piezoelectric resonance, and has the following advantages: small size, lightweight, high response and continuous airflow control. However, in our previous models, the relationship between the driving voltage and the flow quantity was nonlinear. In this report, we improved the valve to realize proportional flow control. The valve consists of the orifice plate, that has some orifices, and steel particles to seal the orifices and piezoelectric transducer. It controls air flow by the voltage applied to the transducer. For proportional flow control, it is important to adjust the orifice position adequately. In this report, we optimized the orifice position, considering resonance condition of the valve. We designed the experimental prototype using a bolt-clamped Langevin type transducer and decided orifice position. And we evaluated its vibration properties and flow-rate characteristics. The experimental results showed that our designed prototype can proportionally control airflow.

    DOI: 10.1186/s40648-017-0093-3

    Scopus

    researchmap

  • Nanoparticles generation system using an ultrasonic torsional transducer 査読

    Nozomu Fujimoto, Takefumi Kanda

    IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    Nanoparticles have been required in the fields such as medicine, foods and electronic materials. By re-crystallization process, nanoparticles can be formed by quenching a solution. We have generated mono-disperse droplets by using a torsional bolt-clamped Langevin-type transducer and a micropore plate to form fine nanoparticles by quenching the droplets.

    DOI: 10.1109/ULTSYM.2017.8092016

    Scopus

    researchmap

  • Analysis of Flow Control Valve in Hydraulic System using Particle Excitation 査読

    Takahiro UKIDA, Koichi SUZUMORI, Hiroyuki NABAE, Takefumi KANDA

    The Japan Fluid Power System Society   2C12(1)-2C12(8)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Hydraulic Control by Flow Control Valve Using PArticle Excitation 査読

    Takahiro UKIDA, Koichi SUZUMORI, Hiroyuki NABAE, Takefumi KANDA, Shoki OFUJI

    JFPS International Journal of Fluid Power System   10 ( 3 )   38 - 46   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5739/jfpsij.10.38

    researchmap

  • Particle-excitation flow-control valve using piezo vibration-improvement for a high flow rate and research on controllability 査読

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   137 ( 1 )   32 - 37   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical Engineers of Japan  

    This paper describes an improved particle-excitation flow-control valve with high flow rate and controllability. The proposed control valve has a small volume, is lightweight, and can smoothly control the airflow through particle excitation. Pneumatic actuators, which have many advantages, are widely used in automation machine equipment and are expected to be used in robots. In general, such highly controllable pneumatic-control devices used as proportional valves are large-scale, heavy, and exhibit low response. We have developed a new flow-control valve called a particle-excitation flow-control valve, which has a simple structure with a lead zirconium titanate (PZT) resonance mode, large control-flow rate, and is lightweight. Further, this valve is expected to be highly responsive because it is driven by a PZT vibrator. In this study, we designed an experimental prototype to increase the maximum flow rate and measured its flow control and response characteristics. Moreover, we showed that this control valve has high controllability and control flow rate.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.137.32

    Scopus

    researchmap

  • Development of a gas/liquid phase change actuator for high temperatures 査読

    Hiroki Matsuoka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    ROBOMECH Journal   3 ( 1 )   1 - 7   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    Gas/liquid phase changes produce large volume changes in working fluids. These volume changes are used as the driving power sources in actuators such as micro-pumps and valves. Most of these actuators are utilized in ordinary temperature environments. However, the temperature range in which the phase change actuator can operate depends on the characteristics of the working fluid. We hypothesized that proper selection of the working fluid and the structure of the actuator can enable such actuators to be applied not only in ordinary environments but also in high temperature environments. Consequently, in this paper, we discuss the design and fabrication of a new gas/liquid phase change actuator for use in high temperature environments. Our proposed actuator consists of a bellow body, spring, heater, and working fluid. We used the Inconel super alloy, which is highly heat and corrosion resistant, for the bellow and moving parts of the actuator. For the working fluid, we prepared triethylene glycol, which has a boiling point of 287.3 °C and very low vapor pressure at ordinary temperature. As a result, our proposed actuator can be utilized in high temperature environments up to 300.0 °C. The results of several experiments conducted confirm that our proposed actuator generates 1.67 mm maximum displacement in a 300.0 °C atmospheric environment. In addition, we confirmed that the operation of the actuator is stable in that environment. Our results confirm that a gas/liquid phase change actuator can be used in high temperature environments.

    DOI: 10.1186/s40648-016-0041-7

    Scopus

    researchmap

  • Production of nanoemulsion using a microchannel device oscillated by piezoelectric transducer 招待 査読

    Takefumi Kanda

    16th International Conference on Nanotechnology - IEEE NANO 2016   718 - 719   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    An ultrasonic emulsification device has been fabricated and evaluated. The device is for the generation of nano-sized droplets for drags and consists of a piezoelectric device and metal plates. Microchannel plates made of stainless steel has been used for the device. The oscillation frequency was over 2 MHz and sub-micron size droplets has been obtained successfully. Additionally, the state in the microchannel has been evaluated using a micro cavitation sensor installed in the channel.

    DOI: 10.1109/NANO.2016.7751382

    Scopus

    researchmap

  • Piezoelectric Transducer Design for Particle Excitation Hydraulic Control Valve 査読

    Takahiro Ukida, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Takefumi Kanda

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics   Vol. 37   2016年11月

     詳細を見る

  • Special issue on innovative actuators 査読

    Takeshi Morita, Takefumi Kanda, Kenjiro Takemura

    International Journal of Automation Technology   10 ( 4 )   469   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press  

    DOI: 10.20965/IJAT.2016.P0469

    Scopus

    researchmap

  • A piezoelectric polymer cavitation sensor installed in an emulsion generation microchannel device and an evaluation of cavitation state 査読

    Takefumi Kanda, Masaki Yabumoto, Koichi Suzumori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   55 ( 7 )   07KE07-1-07KE07-6   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    In previous works, ultrasonic emulsification was realized using small microchannel devices oscillated by piezoelectric transducers. By using the devices, the emulsification in the flow process was also realized. In these devices, the driving frequency was higher than 2 MHz. This value is higher than the maximum audible field. On the other hand, the frequency is too high to utilize the cavitation effect. This is because the cavitation threshold depends on the frequency. The aim of this study is to confirm the cavitation state in the microchannel device using a piezoelectric polymer sensor. A micropatterned cavitation detection sensor has been fabricated by a photolithography technique and evaluated in a high-intensity ultrasound field. The emulsification state in the microchannel device has been evaluated using the fabricated sensor. (C) 2016 The Japan Society of Applied Physics

    DOI: 10.7567/JJAP.55.07KE07

    Web of Science

    researchmap

  • 微粒子励振型制御弁による水流量の制御

    大藤 翔輝, 神田 岳文, 妹尾 典久, 鈴森 康一, 浮田 貴宏, 難波江 裕之

    精密工学会学術講演会講演論文集   2016   385 - 386   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 精密工学会  

    一般的に水圧比例制御弁はモータやソレノイドを使用する複雑な構造のため,大型化し,重量が増大するという問題がある.本研究では空気流量比例制御弁として開発されている小型,軽量な微粒子励振型制御弁に着目し,水流量の制御を行った.この制御弁は圧電素子に印加する電圧によって流量制御が可能である.制御弁の基礎特性として,印加電圧,印加圧力,流量の関係について評価し,制御弁の水流量制御性を示した.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2016S.0_385

    CiNii Article

    researchmap

  • Highly Responsive and Stable Flow Control Valve using a PZT transducer 査読

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    2016 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Pneumatic actuators are widely used because they are lightweight and inexpensive. However, highly controllable devices for pneumatic actuators generally have large volume and low response and are heavy. We have developed the flow control valves that have highly controllable using PZT elements. These control valves can downsize the control valve with high response. Using a PZT transducer, we introduced a new mechanism of the control valve for stable continuous flow rate. In this report, we proposed a new mechanism to realize stable continuous flow with a PZT transducer. We designed prototype using a bolt-clamped Langevin transducer (BLT) and show the characteristics of the valve.

    Web of Science

    researchmap

  • 微粒子励振型流量制御弁による油圧制御 査読

    浮田貴宏, 鈴森康一, 難波江裕之, 神田岳文, 大藤翔輝

    日本フルードパワーシステム学術論文集   47 ( 6 )   39 - 46   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Cryogenic Ultrasonic Actuator using a Torsional Transducer 査読

    Takefumi Kanda, Masataka Kuroda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori

    2016 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this study, a torsional transducer type ultrasonic motor which realizes the continuous rotation and the positioning of the angle in cryogenic temperature has been fabricated and evaluated. In the cryogenic temperature environment, the performance of the transducer falls. In order to drive the motor at cryogenic temperature, the torsional transducer is designed to generate the resonant stick-slip drive. The transducer can perform the resonant stick-slip drive by combining the first and the second vibration modes. The ultrasonic motor using the transducer was evaluated. The rotation speed and the starting torque are 111 rpm and 0.75 mNm at 4.5 K.

    Web of Science

    researchmap

  • Microdroplet generation using an ultrasonic torsional transducer which has a micropore with a tapered nozzle 査読

    Toru Kishi, Yusuke Kiyama, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Norihisa Seno

    Archive of Applied Mechanics   1 - 12   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00419-015-0989-4

    researchmap

  • 超音波振動を用いた液滴操作デバイスにおける液滴操作条件の検討 査読

    大西健一, 神田岳文, 小川尚哉, 鈴森康一

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   136 ( 8 )   348 - 356   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.136.348

    Scopus

    researchmap

  • Omnidirectional soft robot platform with flexible actuators for medical assistive device 査読

    Mohamed Najib Ribuan, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    International Journal of Automation Technology   10 ( 4 )   494 - 502   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press  

    This manuscript explains the employment of flexible actuators to act as a soft robot and transporting agent to assist medical X-ray examinations. Although soft robots from silicone material can be transparence and a human compliance used as medical assistive devices, soft robots have some problems: they tend to be sluggish, have long and imprecise gait trajectories, and need their control parameters to be adjusted for motion diversion. A soft robot with omnidirectional locomotion has been created, one that has a combination of pneumatic rubber legs that form a soft robot platform and an associated hardware setup. Tests have confirmed its omnidirectional locomotion ability
    it has a maximum speed of 6.90 mm/s in forward locomotion and a maximum payload of 70 g. These features indicate that the robot can be used as a medical assistive device for fluoroscopy examinations.

    DOI: 10.20965/ijat.2016.p0494

    Scopus

    researchmap

  • Development of novel particle excitation flow control valve for stable flow characteristics 査読

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    International Journal of Automation Technology   10 ( 4 )   540 - 548   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of a rubber soft actuator driven with gas/liquid phase change 査読

    Hiroki Matsuoka, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Pierre Lambert

    International Journal of Automation Technology   10 ( 4 )   517 - 524   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Hydraulic control by flow control valve using particle excitation 査読

    Takahiro Ukida, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Takefumi Kanda, Shoki ofuji

    Transaction of Japan Fluid Power System Society   47 ( 6 )   39 - 46   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5739/jfps.47.39

    researchmap

  • 超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成

    山田 知靖, 森 航太, 神田 岳文, 鈴森 康一

    精密工学会学術講演会講演論文集   2015   887 - 888   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 精密工学会  

    単分散液滴の生成は多くの分野において重要な課題となっている。本研究では、ランジュバン型ねじり振動子と流れ場を用いた液滴生成・回収システムの設計・製作を行っている。本報では、連続相の条件が液滴生成に与える影響について調べ、連続相の動粘度が増加すると、液滴の均一化する範囲が変化することを確認した。また、液滴が単分散となるための生成条件について検討を行い、液滴が均一に生成される条件を求めた。

    DOI: 10.11522/pscjspe.2015A.0_887

    CiNii Article

    researchmap

  • A study on temperature dependence of an ultrasonic motor for cryogenic environment 査読

    Masahiro Nakazono, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori, Yuya Noguchi

    Japanese Journal of Applied Physics   54 ( 7S1 )   07HE15-1-07HE15-5   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 微粒子励振型流量制御弁を用いた空気圧シリンダの速度制御 査読

    廣岡大祐, 山口智実, 古城直道, 鈴森康一, 神田岳文

    日本フルードパワーシステム学会論文集   46 ( 2 )   7 - 13   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Speed Control of Pneumatic Cylinder using Particle-Excitation Flow Control Valve 査読

    Daisuke HIROOKA, Tomomi YAMAGUCHI, Naomichi FURUSHIRO, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN FLUID POWER SYSTEM SOCIETY   46 ( 2 )   7 - 13   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5739/jfps.46.7

    researchmap

  • Ultrasonic Motor for sample spinning of solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer in high magnetic field 査読

    Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori, Dai Takeda, Takefumi Kanda

    2014 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS)   870 - 873   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The aim of this paper is to realize a new sample spinning unit for a solid-state nuclear magnetic resonance (NMR). In the solid-state NMR analysis, a sample spinning in high magnetic field is an important function. We have designed and fabricated the sample spinning unit using a low-profile ultrasonic motor for high magnetic field. The unit could be driven in high magnetic flux at 9.4 T. Soli-state NMR analysis of glycine was measured using the unit. We have succeeded in applying the ultrasonic motor for solid-state NMR analysis.

    DOI: 10.1109/ULTSYM.2014.0214

    Web of Science

    researchmap

  • Ultrasonic motor using two sector-shaped piezoelectric transducers for sample spinning in high magnetic field 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Kazuya Fujisawa, Kiyonori Takegoshi, Takashi Mizuno

    Journal of Robotics and Mechatronics   25 ( 2 )   384 - 391   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press  

    This paper presents the design, fabrication process, and evaluation of an ultrasonic motor for sample spinning in a high magnetic field of solid-state Nuclear Magnetic Resonance (NMR). To decrease effects of the magnetic field on rotation, all motor components are made of materials that have low magnetic permeability. The motor, including the sample casing, is a maximum 31 mm in diameter and 50 mm high. The motor has two sector-shaped piezoelectric transducers. One transducer generates two different vibration modes, longitudinal and flexural, when two sinusoidal voltages are applied to transducers. To confirm that transducers can be driven in a high magnetic field, the effect of the magnetic field on the transducer was evaluated. The motor was driven at a frequency of 329.0 kHz. The maximum rotation speed and starting torque were 1.50 × 103 rpm and 26 μ Nm when applied voltage was 40 Vp-p. The rotation speed, controlled by a proportional-integral control system, was 1.20 × 103 rpm in a 7.0-T magnetic field. The motor was also applied to the sample spinning system of a high-resolution NMR spectrometer. We succeeded in obtaining 1 H-NMR signals of H2 O. The motor can therefore be used for a sample spinning system in a high magnetic field.

    DOI: 10.20965/jrm.2013.p0384

    Scopus

    researchmap

  • An Ultrasonic Motor Using a Titanium Transducer for a Cryogenic Environment 査読

    Dai Takeda, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yuya Noguchi

    Japanese Journal of Applied Physics   52 ( 7 )   07HE13-1-07HE13-6   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Light–Driven Actuator Using Hydrothermally Deposited PLZT Film 査読

    Daisuke Yamaguchi, Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   133 ( 8 )   330 - 336   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.133.330

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of generated micro droplets using micropore plates oscillated by ultrasonic torsional transducers 査読

    Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Toru Kishi, Yoshiaki Yamada, Norihisa Seno

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   185   92 - 100   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    This paper reports on generating micro and uniform droplets in various viscosity liquids by using a micropore plate oscillated by an ultrasonic torsional transducer. When the micropore plate was not oscillated, generated droplet diameter was not stable. On the other hand, when the micropore plate was oscillated, generated droplets became small and uniform by ruffling the liquid column surface. Droplets were generated experimentally in the air by using pure water and silicone oil of various viscosities and then evaluated. We have designed the ultrasonic torsional transducer and a droplet generation device to apply a high pressure for the use of higher viscosity liquids. We have succeeded in generating droplets by using pure water when the ultrasonic torsional transducer and the micropore plate that had an 18-mu m-diameter micropore were used. The average diameter of droplets was 30.0 mu m and the standard deviation was 0.98. We have also succeeded in generating 50-cSt silicone oil droplets by using the droplet generation device and the micropore plate that had the 50-mu m-diameter micropore. The average diameter of droplets was 98.0 mu m and the standard deviation was 0.76. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2012.08.007

    Web of Science

    researchmap

  • An ultrasonic motor for cryogenic temperature using bolt-clamped Langevin-type transducer 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   184   134 - 140   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    In this study, a small ultrasonic motor driven under cryogenic temperature conditions has been fabricated and evaluated.
    Since transducer performance generally decreases at cryogenic temperatures, we designed and fabricated a bolt-clamped Langevin-type transducer for operation at cryogenic temperature. We simulated the influence of thermal stress on the transducer. The results from simulation were used to design the transducer, and it was then used to fabricate an ultrasonic motor for cryogenic temperature. The maximum diameter and the height of the motor are 30 mm and 38.7 mm.
    To enable the motor to be driven at cryogenic temperature, we evaluated the relationship between the contact pre-load and the lowest rotatable temperature. The motor's driving performance was evaluated at both room temperature and cryogenic temperatures. In a 4.5 K helium gas ambient, the rotation speed and starting torque were 133 rpm and 0.03 mu N m when the applied voltage was 50 Vp-p. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2012.06.024

    Web of Science

    researchmap

  • An Ultrasonic Motor for Use at Ultralow Temperature Using Lead Magnesium Niobate-Lead Titanate Single Crystal 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda, Dai Takeda

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   51 ( 7 )   07GE09-1-07GE09-6   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC APPLIED PHYSICS  

    In this study, an ultrasonic motor for use at ultralow temperatures has been fabricated and evaluated. The motor has a bolt-clamped Langevin-type transducer using lead magnesium niobate-lead titanate (PMN-PT) single crystal. The transducer is proposed as an oscillator for use at ultralow temperatures by simulation of the thermal stress and evaluation of the pre-load. The thermal effect of the transducer was evaluated when the temperature was changed. As a result, the pre-load of the transducer was concluded to be affected by thermal stress. In addition, the ultrasonic motor using the transducer was fabricated and evaluated. By adjusting the contact pre-load between the rotor and the transducer, the motor has successfully rotated at an ultralow temperature. The rotation speed was 144 rpm at 4.4 K when the applied voltage was 150 Vp-p. This rotation speed is larger than that of previous same size actuators that can be used at ultralow temperatures. (C) 2012 The Japan Society of Applied Physics

    DOI: 10.1143/JJAP.51.07GE09

    Web of Science

    researchmap

  • 微粒子励振型空気流量制御弁の非線形性補償による流量制御 査読

    廣岡大祐, 鈴森康一, 神田岳文

    日本フルードパワーシステム学会論文集   43 ( 5 )   117 - 121   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Hydrothermal Deposition of the PZT film and Applications of Piezoelectric Actuators 査読

    Daichi Nakahira, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masao Kabuto, Yoshihiko Michihiro, Masahiro Ueno

    2012 19TH INTERNATIONAL CONFERENCE MECHATRONICS AND MACHINE VISION IN PRACTICE (M2VIP)   501 - 506   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, PZT film has been deposited on Ti substrate by using a hydrothermal method. The hydrothermal reaction solution was stirred by 2 types of methods. One mixing method was a rotation mixing method and the other was an ultrasonic vibration mixing method. Bimorph actuators were fabricated and evaluated with displacement measurement. Because of holding the autoclave, the ultrasonic vibration mixing device was less of a load to the substrate. Therefore, micropositioning stage has been fabricated on a comparatively large and high-aspect ratio titanium structure by using the ultrasonic vibration mixing device. The hydrothermal method can easily deposit on the three-dimensional substrate. Thus, we have deposited PZT film on a hemispherical shape Ti substrate and fabricated an ultrasonic transducer by using the rotation mixing device. The ultrasonic transducer was evaluated by under water experiment.

    Web of Science

    researchmap

  • 微粒子励振型空気流量制御弁の非線形性補償による流量制御

    廣岡 大祐, 鈴森 康一, 神田 岳文

    日本フルードパワーシステム学会論文集   43 ( 5 )   117 - 121   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japan Fluid Power System Society  

    The purpose of this study is the development of a valve that can precisely control pneumatic cylinders. The valve is lightweight and has simple structure. The valve uses a piezoelectric oscillator which is driven in the resonance mode, and it can control flow rate by controlling the amplitude of the particle excitation. In this report, we have designed a new prototype for the purpose of high controllability. We have applied a non-linear control algorithm to control Q-V nonlinearlity of this valve. We found that this control works well to realize linear Q-V characteristics.

    DOI: 10.5739/jfps.43.117

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10009556897?from=CiNii

  • Design and evaluation of orifice arrangement for particle-excitation flow control valve 査読

    Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   171 ( 2 )   283 - 291   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    In this article, we report a new particle-excitation flow control valve. The purpose of this study is the development of a particle-excitation flow control valve that can precisely control pneumatic cylinders. We have reported this flow control valve principle. The valve, driven by a PZT vibrator, has a simple lightweight structure with large flow rate. We report the relationship between the orifice arrangement and flow rate characteristics of the valve. We have designed a new prototype for the purpose of high controllability. We have measured flow-rate characteristics and confirmed the conditions necessary for continuous adjustment of flow quantity. The control valve works successfully to realize a change in flow rate. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2011.07.009

    Web of Science

    researchmap

  • Design and Evaluation of Emulsion Generation Device Using Ultrasonic Vibration and Microchannel 査読

    Takefumi Kanda, Takuya Harada, Yoshiyuki Tominaga, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki, Yuta Yoshizawa

    Japanese Journal of Applied Physics   50 ( 7 )   07HE24-1-07HE24-6   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Multiplex pneumatic control method for multi-drive system 査読

    Yasutaka Nishioka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   164 ( 1-2 )   88 - 94   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    Pneumatic actuators have several advantages such as light weight safety low cost and high compliance However many pneumatic actuators have complicated systems that include a compressor air tubes and pneumatic valves with electrical wires This research proposes a new control method for a multiplex pneumatic transmission constructed with special resonant valves and air tubes with a control system driven by air vibration in air tubes without electrical wires The control is simplified and effective for pneumatic systems having many degrees of freedom In this paper the development of a primitive model of the resonant valve and a prototype valve is described In addition two control methods which are a superimposing method and a time-sharing method are shown and the independent driving of four actuators is realized by using one of the control methods with air tubes only (c) 2010 Elsevier B V All rights reserved

    DOI: 10.1016/j.sna.2010.09.004

    Web of Science

    researchmap

  • An emulsion generating microchannel device oscillated by piezoelectric vibrator 査読

    Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Takuya Harada, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-Ichi Ogawara, Kazutaka Higaki

    2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science: From Micro and Nano Scale Systems to Robotics and Mechatronics Systems, MHS 2010, Micro-Nano GCOE 2010, Bio-Manipulation 2010   13 - 18   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The goal of this study is to realize an emulsification device for the generation of sub-micron size monodisperse emulsions. We have fabricated and tested the device which consists of a microchannel plate and an ultrasonic vibrating plate. The device can realize continuous flow system and those plates are easily stacked. We have succeeded in generating emulsions which has a diameter of 80 nm. ©2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/MHS.2010.5669586

    Scopus

    researchmap

  • Micro actuator system for narrow spaces under specific environment 査読

    Takefumi Kanda

    Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs   375 - 385   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer London  

    This chapter describes micro actuator systems for narrow spaces under specific environments. In the fields of scientific or medical instruments, there is a great demand for micro sensors and actuators. We have fabricated some micro sensors and actuators which can be used under such specific environment. Two types of micro actuator systems for narrow spaces have been fabricated and evaluated. Those are for precise tool control unit and attitude control unit. In the precise tool control unit, a micro servo motor using the micro ultrasonic motor and the magnetic encoder have been designed and fabricated. In the attitude control, flexible displacement sensor made of piezoelectric polymer and shape memory alloy actuator driven by optical source. © 2010 Springer-Verlag London.

    DOI: 10.1007/978-1-84882-991-6_32

    Scopus

    researchmap

  • Emulsion Generating Microchannel Device Oscillated by 2.25MHz Ultrasonic Vibrator 査読

    Takuya Harada, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   49 ( 7 )   07HE13-1-07HE13-6   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    In this study, a device using an ultrasonic vibration and a microchannel has been developed to obtain emulsions. The process of generating emulsions involves a Y-type microchannel and an ultrasonic device. Once micron-sized emulsions were generated by the Y-type microchannel, the micron-sized emulsions were sonicated using ultrasonic vibration to produce emulsions. Although the diameter of emulsions was 30 mu m using the Y-type microchannel, the diameter of the sonicated emulsions was about 200 nm. In addition, as the applied voltage was increased, sonicated emulsions became smaller and the distribution became sharper. (C) 2010 The Japan Society of Applied Physics

    DOI: 10.1143/JJAP.49.07HE13

    Web of Science

    researchmap

  • 水圧マッキベン型人工筋を用いた不定形重量物用ハンドの開発 査読

    盛真唯子, 鈴森康一, 脇元修一, 神田岳文, 高橋正幸, 細谷高司, 竹松愛実

    フルードパワーシステム   41 ( 3 )   59 - 66   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 円筒型マイクロ超音波モータとその強磁場環境応用 (特集 最先端アクチュエータ技術) 査読

    神田 岳文

    科学と工業   84 ( 6 )   239 - 244   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大阪工研協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 超音波振動を組み込んだマイクロ流路によるナノエマルション調製

    小野 努, 岩渕 草太郎, 伊東 一行, 原田 拓也, 神田 岳文, 鈴森 康一, 大河原 賢一, 檜垣 和孝, 妹尾 典久, 高野 和潔, 門脇 信傑, 大森 啓士

    化学工学会 研究発表講演要旨集   2010   55 - 55   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 化学工学会  

    DOI: 10.11491/scej.2010f.0.55.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Droplet generation using a torsional Langevin-type transducer and a micropore plate 査読

    Takuya Harada, Naoyuki Ishikawa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada, Ken-Ichiro Sotowa

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   155 ( 1 )   168 - 174   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    This paper reports on droplet generation by using a torsional bolt-clamped Langevin-type transducer and a micropore plate. When the micropore plate was not oscillated, droplets were generated irregularly. On the other hand, when the micropore plate was oscillated, droplets were generated regularly. In addition, by changing the micropore diameter, the generated droplets' diameter was varied in proportion to the micropore area. Under the condition that the pore diameter, the vibrational amplitude and the resonance frequency were 16 mu m, 0.62 mu m(p-p) and 56 kHz, respectively, the average diameter of droplets was 26.8 mu m and the standard deviation was 1.4. Additionally, W/O (water-in-oil) emulsions were generated in air-liquid phase by the transducer. Under the same condition, generated average diameter of emulsions was 35.0 mu m, the standard deviation was 1.9 and the coefficient of variance was 5.5. From this result, monodisperse emulsions were generated. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2009.08.007

    Web of Science

    researchmap

  • Flow control valve for pneumatic actuators using particle excitation by PZT vibrator 査読

    Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   155 ( 2 )   285 - 289   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    This paper reports a new flow control valve for pneumatic actuators that has a lightweight and simple structure and uses particle excitation by PZT vibrator. The flow control valve in this report consists of an orifice plate which has plural orifices, PZT vibrator which is adhered on the orifice plate and iron particles. The valve is normally closed. because air flow carries the particles on to the orifice and particles seal the air flow. Because the orifice plate excitation by the PZT vibrator works to make the particles away from the orifice plate, the air flows through the orifices. It is driven at resonance mode and can be used as a variable speed controller for pneumatic actuators. The new flow control valve avoids the stopping shock of pneumatic actuators at the stroke ends while retaining the advantages of pneumatic actuators. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2009.07.005

    Web of Science

    researchmap

  • Realizing Spiral Laminar Flow Interfaces with Improved Micro Rotary Reactor 査読

    Hiroaki Furusawa, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Akinori Muto, Yusaku Sakata

    Journal of Robotics and Mechatronics   21 ( 2 )   179 - 185   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Flexible displacement sensor using injected conductive paste 査読

    Kenji Kure, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL   143 ( 2 )   272 - 278   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    This paper reports on the fabrication procedure and the evaluation of a sensor with a flexible structure. Recently, because welfare robots with soft structures are being developed, there has been considerable progress in developing various soft actuators. Usually, however, sensors have high stiffness and diminish the compliance of soft actuators. In this study, a soft actuator's displacement was detected with a flexible displacement sensor using deposited conductive paste film. When the film was deformed, the sensor's electrical resistance changed, making a large deformation detectable. Initially, a flat type displacement sensor was fabricated, and its basic characteristics were evaluated. Then, an optimal wave patterning method that improved on the sensor signal's linearity was proposed. Finally, the flexible displacement sensor was formed onto the surface of a flexible microactuator (FMA). A servo control for the soft actuator was constructed with the flexible displacement sensor and high positioning accuracy was demonstrated. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2007.11.031

    Web of Science

    researchmap

  • 3202 扇形圧電振動子を用いた薄型マイクロ超音波モータの駆動特性の解析と評価(J22-1 次世代アクチュエータシステム(1),ジョイントセッション,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境)

    市原 誉識, 神田 岳文, 鈴森 康一

    年次大会講演論文集   2008   149 - 150   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    A low-profile micro ultrasonic motor has been designed and fabricated. This motor has two sector shaped vibrators. The vibrators generate elliptical motion by the 1st longitudinal mode and the 2nd bending mode. They are supported by planar elastic structure that combined with preload mechanism. Three types of pre-load systems were designed and evaluated. The diameter and thickness of one type was 9.8[mm] and 0.6[mm]. These vibrators have been oscillated around 340 [kHz]. The maximum rotation speed was 1.2 x 10^3 [rpm] and the maximum starting torque was 98.8[μNm] when the applied voltage was 20[V_<p-p>].

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2008.7.0_149

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Pneumatic Valve Operated by Multiplex Pneumatic Transmission 査読

    Yasutaka Nishioka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING   2 ( 2 )   222 - 229   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    A pneumatic system has several advantages, which are cheapness, lightweight, and reliability to human and environment. These advantages are adapted to some research areas, such as industrial lines, medical and nursing cares, and rehabilitation tools. However, the pneumatic system needs several devices; compressor, air tube, and control valve. This research aim to downsize pneumatic system. In this paper, a new method of multiplex pneumatic transmission for multi-pneumatic servo system is proposed. The valve for this system consists of two vibrators supported by springs, which was designed with simple and cheap structure. The working principle of the valve is vibrators resonance from multiplex pneumatic transmission and it is possible to work as ON/OFF valves without electric wire. Dynamic simulation was used to confirm the working principle of the resonance driving system. A prototype device confirming the principle was designed and developed based on the simulation. The experiments show that this new control system works very well to control two separated valves through single pneumatic tube.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2.222

    Web of Science

    researchmap

  • 小型超高圧油圧アクチュエータを用いたレスキューロボットの開発とその可能性検証試験 査読

    盛真唯子, 鈴森康一, 田中淳一, 神田岳文

    日本ロボット学会誌   25 ( 5 )   761 - 769   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Robotics Society of Japan  

    We aim at the development of rescue robots which are driven by ultra high pressure hydraulic small actuators. They are small-sized and have simple mechanisms, and can realize high-powered operations. This report shows the designs of two high powered small rescue robots-Jack Robot and Cutter Robot-and the results of the field tests carried out to verify in the possibilities. We carried out the field tests in the three types of field; collapsed house type, rubble type and traffic accident type. As the experimental results, the potential of high-powered small robots in disaster areas were shown.

    DOI: 10.7210/jrsj.25.761

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00297900618?from=CiNii

  • 生物模倣型水中ロボットのための弾性体胸鰭アクチュエータ 査読

    有吉友和, 加藤直三, 鈴木博善, 安藤義人, 鈴森康一, 神田岳文, 遠藤聡

    日本船舶海洋工学会論文集   ( 第5号 )   15 - 25   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本船舶海洋工学会  

    This paper describes the developments of new pectoral fins made of elastic materials with the functions of flexibility and multifunctionality for biomimetic underwater vehicles to use as not only a propulsive device, but also other applications such as grippers, avoiding damages to environment by rigid fins. We developed two types of elastic pectoral fins, an actively controlled pneumatic fin and a passively controlled flexible fin in this study. We carried out the verification tests for generating the propulsive forces and FEM analyses of the behaviors of two elastic pectoral fins.

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.5.15

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10784045

  • 螺旋状層流界面形成マイクロロータリーリアクタの開発 査読

    古澤宏明, 鈴森康一, 神田岳文, 山田嘉昭, 阪田祐作, 武藤明徳

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン準部門誌)   127 ( 2 )   47 - 52   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の開発 査読

    越智淳平, 鈴森康一, 神田岳文

    日本ロボット学会誌   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ペーストインジェクションを用いたインテリジェントFMAの開発(第1報,導電性ペーストによる柔軟変位センサの作製とFMAへの応用) 査読

    久禮健司, 神田岳文, 鈴森康一, 脇元修一

    日本機械学会論文集(C編)   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 生物を模倣した水陸両用柔軟索状ロボット 査読

    脇元修一, 鈴森康一, 神田岳文

    日本機械学会論文集(C編)   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A micro ultrasonic motor using a micro-machined cylindrical bulk PZT transducer 査読

    Takefumi Kanda, Akira Makino, Tomohisa Ono, Koichi Suzumori, Takeshi Morita, Minoru Kuribayashi Kurosawa

    Sensors and Actuators A   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Cylindrical Micro-Ultrasonic Motor Using Micromachined Bulk Piezoelectric Vibrator with Glass Case 査読

    Takefumi Kanda, Akira Makino, Yoshitaka Oomori, Koichi Suzumori

    Japanese Journal of Applied Physics   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 4104 インテリジェントラバチュエータの開発 : 第5報:モデル化とサーボ制御(S67-1 アクチュエータシステム(1),S67 アクチュエータシステム)

    脇元 修一, 鈴森 康一, 神田 岳文

    年次大会講演論文集   2006   115 - 116   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    This study aims at development of Intelligent McKibben actuator with embedded soft displacement/pressure sensors and micro valves. In this report, a soft pressure sensor made of rubber and conductive film was developed and embedded in McKibben actuator. By measuring the electrical resistance of the conductive film which changes following the deformation of the rubber with internal pressure change of the actuator, the pressure can be estimated The results of fundamental experiments to clear the characteristics of the sensor showed that it has drift phenomenon by influence of the rubber creep behavior. Therefore, we tried to apply the mechanical model to the sensor model. A 2-Voigt mechanical model which consists of two springs and two dampers could agree the sensor characteristics. Using the model, we carried out the servo control experiments. The results indicated the high efficacy of the model. Furthermore we expect that the modeling method will be able to contribute to improving accuracy of several soft mechanisms.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.4.0_115

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 4103 微量流体制御マイクロスクリューポンプの研究開発(S67-1 アクチュエータシステム(1),S67 アクチュエータシステム)

    古澤 宏明, 鈴森 康一, 神田 岳文, 山田 嘉昭

    年次大会講演論文集   2006   113 - 114   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In recent years, research and development of the micro-fluidic systems have been activated in the field of chemical technology and biotechnology. Micro-fluidic systems are realized by micromachine technology and MEMS technology. Micro pump is an essential element for miniaturization of chemical analysis reaction systems. The aim of this research is development of a micro screw pump which will be incorporated in micro-fluidic systems. This pump aims to control minute amounts of liquids. This pump is 16mm in diameter and 41mm in length. The features of this pump are (1) the pump has built-in actuator, (2) liquid can be flowed in bidiretion by the pump, (3) the pump is nonpulsatile pump. In this paper, the structure and the characteristics of this pump are shown.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.4.0_113

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Development of Active Links for Physical Man-Machine Interaction 査読

    Jumpei Ochi, Koichi Suzumori, Junichi Tanaka, Takefumi Kanda

    Journal of Robotics and Mechatronics   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 触媒粒子攪拌機構によるマイクロリアクタ内化学反応促進 査読

    鈴森康一, 永田卓志, 神田岳文, 阪田祐作, 武藤明徳

    電気学会論文誌E センサ・マイクロマシン準部門誌   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 電磁アクチュエータ一体型マイクロリニアポンプ 査読

    鈴森康一, 古澤宏明, 神田岳文, 山田嘉昭, 永田卓志

    電気学会論文誌E センサ・マイクロマシン準部門誌   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Micro Linear Pump with Electromagnetic Actuator 査読

    Koichi Suzumori, Hiroaki Furusawa, Takefumi Kanda, Takashi Nagata, Yoshiaki Yamada

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   125 ( 12 )   461 - 466   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In recent years, research and development of the micro-fluid systems have been activated in the field of chemical technology and biotechnology. Micro-fluid systems are realized by micromachine technology and MEMS technology. Micro pump is an essential element for miniaturization of chemical analysis reaction systems. The aim of this research is development of a micro linear pump which will be built into micro-fluid systems. This pump aims to take a sample of very-small-quantity of liquids. Taking a sample of very-small-quantity of liquids reduce the amount used and waste fluid of a reagent. Full length and diameter of this pump are 32.5mm and 6mm respectively. The features of this pump are (1) the pump is built with actuator, (2) the gap of 7μm between piston and cylinder is achieved through fine machining process, and (3) micro check-valves of 2mm diameter made of stainless-steel film are fabricated and integrated. In this paper, the structure and the characteristics of this pump were shown. And the characteristics after improvement of micro check-valves were shown. keyword: micro fluid system, micro lincar pump, sample of very small quantity, built in actuator, miniaturization. © 2005, The Institute of Electrical Engineers of Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.125.461

    Scopus

    researchmap

  • Shaking Catalysts Accelerating Chemical Reaction in Micro Reactors 査読

    Koichi Suzumori, Takashi Nagata, Takefumi Kanda, Yusaku Sakata, Akinori Muto

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   125 ( 12 )   467 - 472   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Efficient uniform mixing is an essential process for chemical reaction. However, it is difficult to fabricate many tiny stirrers on reactor chips. This paper shows a new method promoting high-efficient chemical reaction in micro chamber. To stir chemicals and to accelerate reaction catalytic particles are driven electrostatically in micro chamber. Two driving methods have been evaluated,” AC drive and DC drive. Evaluation of chemical reactions revealed the effect of this developed devices. In addition conveyance system of catalytic particles is necessary for particles exchange. Keywords: micro reactor, electrostatic, shake, particles conveyance. © 2005, The Institute of Electrical Engineers of Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.125.467

    Scopus

    researchmap

  • インテリジェントMcKibben型アクチュエータの開発(第1報,柔軟変位センサの内蔵による位置サーボ系の実現) 査読

    脇元修一, 鈴森康一, 神田岳文

    日本機械学会論文集(C編)   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 先鋭化ファイバーを接着した水熱合成法PZT膜プローブセンサ 査読

    田村宙, 黒澤実, 神田岳文

    信学技報   US2005-2,pp.7-12   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of Electromagnetic Nutation Motor (Electromagnetic Investigation) 査読

    Koichi SUZUMORI, Takashi NAGATA, Takefumi KANDA, Kazuo UZUKA, Isao ENOMOTO

    Journal of Robotics and Mechatronics   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • インテリジェントラバチュエータの開発 : 第2報 拮抗型駆動機構による非線形特性の補償(S50-2 アクチュエータシステム(2),S50 アクチュエータシステム)

    脇元 修一, 鈴森 康一, 神田 岳文

    年次大会講演論文集   2004   261 - 262   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    This study aims at development of soft intelligent rubber actuator of McKibben style. McKibben rubber actuator is an artificial muscle, which is pneumatically driven. At present, almost servo systems using this rubber actuator are driven with external potentiometer or encoder. So the systems tend to grow in size and to takeaway from compliance. In the first report, a soft displacement sensor was developed, and it was incorporated in rubber actuator. We named its actuator Intelligent Rubber-actuator. In this report. We fabricated a robot arm system configured by two Intelligent Rubber-actuators set antagonistically. Experiments with its system show that Intelligent Rubber-actuator has high possibility for application of several robot systems.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2004.4.0_261

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • マイクロリアクタ用新機能デバイスの開発(S50-2 アクチュエータシステム(2),S50 アクチュエータシステム)

    鈴森 康一, 神田 岳文, 永田 卓志, 三谷 修一, 阪田 祐作, 武藤 明徳

    年次大会講演論文集   2004   259 - 260   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    This paper shows two types of new functional fluidic devices for chemical micro reactors; (1) an active catalytic system and (2) a micro flask. The active catalytic system consists of a micro chamber with two electrode thin films and micro catalytic particles of 100 to 500 micron meter in diameter. Electrostatic force enables handling micro catalytic particles in micro chambers to realize uniform mixing and acceleration of chemical reactions. A micro flask is also fabricated using piezoelectric materials, which oscillates to work as a micro agitator and an ultrasonic cleaner. The potentials of these new functional fluidic devices in micro reactors are discussed.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2004.4.0_259

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • インテリジェントシリンダの開発 : 第2報 インテリジェント空圧シリンダと適応制御(S50-2 アクチュエータシステム(2),S50 アクチュエータシステム)

    鈴森 康一, 神田 岳文, 田中 淳一, 宮下 幸宏

    年次大会講演論文集   2004   263 - 264   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    We developed an intelligent pneumatic cylinder that realizes positioning servo control using a built-in reflective optical encoder. The developed cylinder is 133mm long, the cylinder's stroke is 40mm, and positioning resolution is 338*m. In this report, we report a new adaptive control algorithm for this cylinder. This algorithm is based on a way that controls switching timing of valve to minimize overshoot of cylinder rod. We compared the adaptive control with servo control from the view point of positioning and convergence speed. We realized high speed positioning control and convergence in any positions, which is difficult for conventional pneumatic cylinders.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2004.4.0_263

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Vibration Velocity Limitation of Transducer Using Titanium-Based Hydrothermal Lead Zirconate Titanate Thick Film 査読

    T. Kanda, Y. Kobayashi, M. K. Kurosawa, T. Higuchi

    Jpn. J. Appl. Phys.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sensitivity of a miniaturized touch probe sensor using PZT thin film 査読

    T. Kanda, M. K. Kurosawa, T. Higuchi

    Ultrasonics, May 2002.   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Estimation of Resolution and Contact Force of a Longitudinally Vibrating Touch Probe Sensor using Lead Zirconate Titanate (PZT) Thin-Film Vibrator 査読

    T. Kanda, T. Morita, M. K. Kurosawa, T. Higuchi

    Jpn. J. Appl. Phys   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Performance of Hydrothermal PZT Film on High Intensity Operation 査読

    T. Kanda, M. K. Kurosawa, H. Yasui, T. Higuchi

    Sensors and Actuators A   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Estimation of the Hydrotheramally Deposited Lead Zirconate Titanate (PZT) 査読

    T. Kanda, Y. Kobayashi, M. K. Kurosawa, H. Yasui, T. Higuchi

    Jpn. J. Appl. Phys.   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A flat type touch probe sensor using PZT thin film vibrator 査読

    T. Kanda, T. Morita, M. K. Kurosawa, T. Higuchi

    Sensors and Actuators A   83, 67-75   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A rod-shaped vibro touch sensor using PZT thin film 査読

    Takefumi Kanda, Takeshi Morita, Minoru Kuribayashi Kurosawa, Toshiro Higuchi

    IEEE Transactions on Ultrasonics, Ferroelectrics, and Frequency Control   46 ( 4 )   875 - 882   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have fabricated a probe sensor. This sensor is for high precision coordinate measuring machines, surface roughness measuring tools, or scanning probe microscopes (SPM). This sensor consists of a rod vibrating in the axial direction. The longitudinal vibration was excited and also detected by PZT thin film. The PZT thin Him was fabricated by a hydrothermal method. The hydrothermal method uses the reaction process in hot and high pressure aqueous solutions. We made a 27.8-mm long sensor. Its resonance frequency was 116 kHz. The sensitivity and resolution were evaluated by experiments. We succeeded in oscillating the rod and detecting the contact. © 1999 IEEE.

    DOI: 10.1109/58.775653

    Scopus

    researchmap

  • A rod-shaped vibro touch sensor using PZT thin film 査読

    T. Kanda, T. Morita, M. K. Kurosawa, T. Higuchi

    IEEE Trnas.Ultrasonics,Ferroelectrics and frequency Control   46(4), 875-882   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Single process to deposit lead zirconate titanate (PZT) thin film by a hydrothermal method 査読

    T Morita, T Kanda, Y Yamagata, M Kurosawa, T Higuchi

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS   36 ( 5B )   2998 - 2999   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN J APPLIED PHYSICS  

    The hydrothermal method to deposit lead zirconate titanate (PZT) thin film is anew method reported by Tsurumi et al. in 1991. This method consists of two linked processes. We have found that the film deposited by the first process is not PZT but separated lead zirconate (PZ) and lead titanate (PT). In this paper, we report that a PZT thin film was successfully deposited by a single process. The chemical construction and composition of the film were analyzed. The Zr/(Zr+Ti) ratio of the PZT film was controlled by changing the ionic composition of the solution.

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • ロボット工学ハンドブック

    日本ロボット学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅱ編 ロボット構成要素,8.7節 特殊環境アクチュエータ)

    コロナ社  2023年3月  ( ISBN:9784339046793

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 1072p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • エマルションの安定化のための新しい調製技術と評価

    神田岳文( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章第13節 超音波振動マイクロ流路デバイスによるナノエマルション生成)

    株式会社技術情報協会  2022年10月  ( ISBN:9784861049002

     詳細を見る

  • フロー合成,連続生産のプロセス設計,条件設定と応用事例

    神田岳文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章第7節 圧電アクチュエータを利用したエマルション生成マイクロ流路デバイスの設計と評価)

    株式会社技術情報協会  2020年12月 

     詳細を見る

  • Disaster Robotics

    Koichi Suzumori, Takefumi Kanda( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 8 "New Hydraulic Components for Tough Robots")

    Springer Nature  2019年  ( ISBN:9783030053208

     詳細を見る

  • 機械工学年鑑

    一般社団法人日本機械学会  2017年 

     詳細を見る

  • パワーアシスト・ロボットに関する材料、電子機器、制御と実用化、その最新技術

    株式会社 技術情報協会  2015年 

     詳細を見る

  • アクチュエータ 研究開発の最前線

    株式会社エヌ・ティー・エス  2011年  ( ISBN:9784860433864

     詳細を見る

  • Actuator アクチュエータが未来を創る

    産業図書株式会社  2011年  ( ISBN:9784782841013

     詳細を見る

  • Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs

    Springer  2010年  ( ISBN:9781848829909

     詳細を見る

  • Bio-mechanisms of Swimming and Flying

    Springer  2008年  ( ISBN:9784431733799

     詳細を見る

  • ロボット研究者からのメッセージ

    オーム社  2007年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 極低温環境用アクチュエータの駆動を目的とした超音波振動子

    神田岳文, 山口大介

    日本音響学会誌   80 ( 2 )   74 - 80   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.20697/jasj.80.2

    researchmap

  • 極低温環境における物体の浮上実験 =極低温環境での超音波振動子による非接触駆動を目標として=

    神田岳文

    超音波テクノ   34 ( 5 )   63 - 66   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 圧電振動子を駆動源とする微粒子励振型三方弁の試作

    神田岳文

    機素潤滑設計部門ニュースレター   ( 38 )   6   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 圧電アクチュエータの特殊環境応用

    神田岳文

    日本ロボット学会誌   36 ( 4 )   19 - 22   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.7210/jrsj.36.195

    researchmap

  • マイクロ流路を用いた超音波振動によるエマルション生成条件の検討 (超音波)

    神田 岳文, 大西 健一, 木山 雄介, 鈴森 康一, 小野 努, 大河原 賢一, 檜垣 和孝

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 155 )   37 - 40   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • マイクロ流路内液滴分級デバイスの検討

    神田岳文

    超音波テクノ   29 ( 6 )   52 - 56   2017年

     詳細を見る

  • 圧電高分子キャビテーション検出センサによるエマルション生成デバイスの評価

    神田岳文

    超音波テクノ   29 ( 4 )   91 - 95   2017年

     詳細を見る

  • 特殊環境下用超音波モータの開発

    山口大介, 神田岳文

    超音波テクノ   27 ( 5 )   10 - 12   2015年

     詳細を見る

  • マイクロ流路と超音波振動を利用したエマルション生成デバイス

    神田岳文

    ケミカルエンジニアリング   60 ( 2 )   142 - 147   2015年

     詳細を見る

  • 圧電単結晶基板を用いた極低温用超音波モータ

    神田岳文, 山口大介

    超音波テクノ   26 ( 2 )   44 - 47   2014年

     詳細を見る

  • 極低温下で動作する超音波モータ

    神田岳文

    超音波テクノ   26 ( 2 )   76 - 79   2014年

     詳細を見る

  • マイクロ流路を用いたエマルション生成用超音波デバイスの検討

    神田岳文

    超音波テクノ   25 ( 4 )   72 - 76   2013年

     詳細を見る

  • PMN‐PT単結晶を用いた超音波モータの極低温環境における特性評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 武田大, 黒田雅貴

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2012   ROMBUNNO.O01   2012年3月

     詳細を見る

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータ

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2011   ROMBUNNO.M15   2011年3月

     詳細を見る

  • 積層型超音波振動マイクロ流路デバイスによるエマルション生成

    神田岳文, 富永宜幸, 原田拓也, 鈴森康一, 小野努, 岩渕草太郎, 伊東一行, 大河原賢一, 檜垣和孝, 吉澤雄太

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2011   ROMBUNNO.M18   2011年3月

     詳細を見る

  • 会員企業を訪ねて 第3回 株式会社化繊ノズル製作所“直径数μmの超微細孔,一品一芸の融合で究極のものづくり”

    山口大介, 神田岳文

    精密工学会ホームーページ   2011年

     詳細を見る

  • 超音波振動とマイクロ流路を用いたエマルション生成デバイス

    神田岳文

    超音波テクノ   23 ( 1 )   52 - 55   2011年

     詳細を見る

  • 微小孔板とねじり振動子による液滴生成

    神田岳文

    超音波テクノ   23 ( 1 )   48 - 51   2011年

     詳細を見る

  • ワイヤ放電加工面への水熱合成法によるPZT薄膜の成膜

    上野雅裕, 神田岳文, 鈴森康一, 道廣善彦, 妹尾典久

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2010   ROMBUNNO.M44   2010年9月

     詳細を見る

  • 水熱合成法PLZT薄膜を用いた光駆動アクチュエータの特性評価

    殿界明真, 神田岳文, 鈴森康一, 山口大介

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2010   ROMBUNNO.F03   2010年3月

     詳細を見る

  • マイクロ流路の超音波励振によるエマルション生成

    神田岳文, 原田拓也, 鈴森康一, 小野努, 岩渕草太郎, 伊東一行, 大河原賢一, 檜垣和孝

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2010   ROMBUNNO.F26   2010年3月

     詳細を見る

  • 円筒型マイクロ超音波モータとその強磁場環境応用

    神田岳文

    科学と工業   84 ( 6 )   239 - 244   2010年

     詳細を見る

  • 円筒型超音波モータの特殊環境応用 -強磁場環境下での回転駆動への応用-

    神田岳文

    超音波テクノ   22 ( 1 )   72 - 75   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 円筒型超音波モータの強磁場環境下への応用

    前田拓, 小林昭仁, 神田岳文, 鈴森康一, 竹腰清乃理, 水野敬

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2009   I17   2009年2月

     詳細を見る

  • 超音波攪拌機構を用いた水熱合成法によるPZT薄膜の成膜

    神田岳文

    超音波テクノ   21 ( 6 )   35 - 37   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 微小孔板とねじり振動子によるエマルション生成

    神田岳文, 富永宜幸, 原田拓也, 鈴森康一, 山田嘉昭

    信学技報   109 ( 213 )   41 - 46   2009年

     詳細を見る

  • 超音波振動攪拌機構を用いた水熱合成法によるPZT圧電薄膜の成膜

    道廣善彦, 甲昌男, 神田岳文, 鈴森康一

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2008   ROMBUNNO.L32   2008年9月

     詳細を見る

  • 科研費特定領域研究における研究紹介 -ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究-

    神田岳文

    超音波テクノ   20 ( 1 )   44 - 47   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 円筒型マイクロ超音波モータの駆動特性の解析と評価

    小林昭仁, 神田岳文, 鈴森康一

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2007   J46   2007年9月

     詳細を見る

  • 超音波振動攪拌機構を用いた水熱合成法によるPZT薄膜アクチュエータ

    甲昌男, 神田岳文, 鈴森康一

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2007   J66   2007年9月

     詳細を見る

  • 扇形圧電振動子駆動薄型マイクロ超音波モータ

    市原誉識, 松永佑介, 神田岳文, 鈴森康一

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2007   J47   2007年9月

     詳細を見る

  • 微小孔板の超音波振動を利用した液滴の生成実験

    神田岳文

    超音波テクノ   19 ( 6 )   47 - 49   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 小型圧電振動子を用いた円筒型マイクロ超音波モータ

    神田岳文

    化学工業   58 ( 8 )   595 - 598   2007年

     詳細を見る

  • 2310 円筒型マイクロ超音波モータの駆動特性評価(OS8-3 アクチュエータシステム(3))

    小林 昭仁, 神田 岳文, 鈴森 康一

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2006 ( 6 )   279 - 280   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The aim of this research is to evaluate the driving performance of a micro ultrasonic motor, 1.8mm in casing diameter. The micro ultrasonic motor is driven by a cylindrical piezoelectric vibrator, 0.8mm in diameter. A laser surface velocimeter, an electric balance and an xyz micro stage were used for the evaluation of the relationship between the preload, the revolution speed, and the applied voltage. By using another vibration mode which had a contact with outer edge of vibrator, lager output torque was obtained. When the frequency was 314.5kHz, the applied voltage was 35V_<P-P> and the preload was 2.0mN, the maximum revolution speed was 9.1×10^3rpm and starting torque was 5.5μNm.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2303 マイクロリアクタ用三方弁の開発とスラグ流の実施(OS8-1 アクチュエータシステム(1))

    門脇 信傑, 浅尾 文善, 鈴森 康一, 神田 岳文

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2006 ( 6 )   261 - 262   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    We have developed three port electromagnetic valve for micro reactor. This study aims at integrating the micro three port valve into micro reactor or several micro flow control systems. For that purpose we developed the micro three port valve with actuator mechanism. Electromagnetic actuators have big power in millimeter scale in general, and achieve high response speed. We designed and manufactured micro three port valve which has a moving part of magnet. We applied the developed valve to make slug flow (two-phase flow) by pouring two liquid into this valve's ports to realize efficient promoting chemical reaction.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2315 3室マイクロ空圧ワブルモータの開発(OS8-4 アクチュエータシステム(4))

    岡本 清秀, 鈴森 康一, 神田 岳文, 山田 嘉昭

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2006 ( 6 )   295 - 297   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The development of miniature high torque motors is essential for the realization of miniature robots which require large driving force. This is the background of this research to develop pneumatic wobble motor, which is high torque stepping motor with reduction function. Pneumatic wobble motor consists of a donut-shaped wobble generator, which is made of silicone rubber, a wobble ring, which is made of metal, and a rotor. The rotor is encased in the wobble ring, which is covered by the wobble generator. The wobble generator has three chambers and injecting air rotate. Authors had developed a six-chamber φ 10mm pneumatic wobble motor and six-chamber 6.7mm. In this study, the pneumatic wobble motor is miniaturized to φ 6mm by applying fine processing technology. Besides the number of pneumatic chambers are decreased from 6 to 3.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 圧電性高分子を用いたフレキシブルセンサ作成プロセス(ソフトアクチュエータ用センサ作成プロセス)

    神田岳文, 鈴森康一

    油空圧技術増刊号 生活を支援するフルードパワー   45巻,11号,57-62ページ   2006年

     詳細を見る

  • 611 マイクロ超音波モータ用振動子の小型化と評価

    松永 佑介, 神田 岳文, 大森 啓登, 鈴森 康一

    Dynamics & Design Conference   2005   "611 - 1"-"611-4"   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In this paper, an evaluation of transducer for a micro ultrasonic motor is introduced. The motor is a traveling wave type ultrasonic motor driven by the cylindrical shaped bulk piezoelectric vibrator, a diameter of 0.8 mm and 2.2 mm. The dimensions of the motor were 1.8 mm of diameter and 5.8 mm of height. We have fabricated the transducer, the vibrator for the driving of motor, and evaluated its characteristics.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-N-085 マイクロリニアポンプの開発 : 第1報:設計・試作と特性評価(MEMSとナノテクノロジー1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    鈴森 康一, 古澤 宏明, 神田 岳文, 山田 嘉昭, 永田 卓志

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   151 - 151   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1P2-S-079 大腸内視鏡誘導薄肉bubblerアクチュエータの試作・評価(アクチュエータの機構と制御3,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    濱 隆行, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   136 - 136   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1P2-S-080 細径McKibben型筋繊維バンドルによる人工筋の開発(アクチュエータの機構と制御3,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    鈴森 康一, 武田 淳吾, 脇元 修一, 神田 岳文, 楠本 浩二

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   136 - 136   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-N-088 アクティブ触媒システムの研究 : 第2報:粒子攪拌によるアセトアルデヒド分解実験(MEMSとナノテクノロジー1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    永田 卓志, 鈴森 康一, 神田 岳文, 阪田 祐作, 武藤 明徳

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   152 - 152   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-N-087 SMAマイクロバルブの開発 : 第一報:設計・試作と特性評価(MEMSとナノテクノロジー1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    鈴森 康一, 浅尾 文善, 神田 岳文, 山田 嘉昭

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   152 - 152   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2P1-N-110 大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータの実験的評価(医療福祉ロボティクス・メカトロニクス4,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    濱 隆行, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   200 - 200   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-S-081 一体型圧電薄膜アクチュエータを用いたマイクロ走査機構(アクチュエータの機構と制御4,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    浮田 貴宏, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   181 - 181   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-S-083 微細加工による円筒型バルク圧電体を用いたマイクロ超音波モータ : 第3報:ロータの改良と小型化したモータの特性評価(アクチュエータの機構と制御4,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    大森 啓登, 神田 岳文, 鈴森 康一, 牧野 明

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   181 - 181   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-S-094 高圧油圧アクチュエータを用いたジャッキアップレスキューロボットの研究 : 第2報:走行性能向上とフィールド試験(レスキューシステム・レスキュー工学1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    田中 淳一, 盛真 唯子, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   51 - 51   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-S-095 レスキュー作業用アドバンストカッターの開発(レスキューシステム・レスキュー工学1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    田中 淳一, 盛真 唯子, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   51 - 51   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-S-082 ディスク型圧電セラミックス振動子を用いたマイクロ超音波モータの研究 : 第1報:ステータの設計と解析(アクチュエータの機構と制御4,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    松永 佑介, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   181 - 181   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2P1-S-081 インジェクションシステムを用いた柔軟変位センサの作製とFMAへの応用(アクチュエータの機構と制御5,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    久禮 健司, 神田 岳文, 鈴森 康一, 脇元 修一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   223 - 223   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-N-086 交互流発生ロータリーマイクロリアクタの開発 : 第1報:第1次試作と特性評価(MEMSとナノテクノロジー1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    鈴森 康一, 古澤 宏明, 神田 岳文, 山田 嘉昭, 阪田 祐作, 武藤 明徳

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   152 - 152   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1P1-N-039 フィジカルマンマシンインタラクションを実現するアクティブマウスの開発 : 第3報:アクティブマウス用全方向移動新機構の開発(ハプティックインタフェース1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    越智 淳平, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   55 - 55   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-N-069 水中ロボット用柔軟機能性胸びれアクチュエータの開発 : 第1報 抗力型パッシブ胸びれの試作(バイオメカトロニクス/ミメティクス1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    遠藤 聡, 鈴森 康一, 神田 岳文, 加藤 直三, 鈴木 博善, 安藤 義人

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   20 - 20   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-S-080 管径適応型管内移動ロボットの研究 : 第6報:インテリジェントサーボアクチュエータの管内移動ロボットへの適用と走行実験(アクチュエータの機構と制御1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    辻野 広大, 中嶌 準, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   49 - 49   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-N-101 フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 : 第6報:6軸センサシステムによるアクティブ多面体の入力点拡張(変形と力覚,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    越智 淳平, 小川 浩史, 小坂 一祥, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   28 - 28   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-N-058 MEMS加速度・ジャイロセンサの集積による6軸ポインタの開発 : センサシステムの構築と適用実験(VRとインタフェース,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    小川 浩史, 越智 淳平, 小坂 一祥, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   18 - 18   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-S-079 自転車用空圧トランスミッションの開発 : 第3報:エネルギー回生とフィールド走行実験(アクチュエータの機構と制御1,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション)

    溝上 博則, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2005   49 - 49   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 円筒型圧電振動子を用いたマイクロ超音波モータ

    神田岳文

    超音波テクノ   17巻,6号,pp.54-58   2005年

     詳細を見る

  • 名物研究者から未来の研究者へのメッセージ 第22回 岡山大学大学院自然科学研究科 鈴森康一教授 査読

    鈴森康一, 神田岳文, 脇元修一

    ロボコンマガジン   39巻,pp.62-64   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ニューテーションモータの開発 (第6報)

    岡本, 鈴森 康一, 神田 岳文, 榎本 勇生, 宇塚 和夫

    日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会, 2005   24 - 24   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータの試作研究

    浜隆行, 鈴森康一, 神田岳文

    自動制御連合講演会講演論文集   47th ( CD-ROM )   ROMBUNNO.621   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11511/jacc.47.0.239.0

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自転車用空圧トランスミッションの開発 : 第2報 : ステップペダルの開発と走行実験(アクチュエータの機構と制御2)

    福本 剛之, 武田 淳吾, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   149 - 149   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 : 第3報:インテリジェント空圧シリンダを用いたアクティブ多面体の開発(ハプティックインタフェース1)

    越智 淳平, 橋本 竜弥, 田中 淳一, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   10 - 10   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 高圧油圧アクチュエータを用いたジャッキアップレスキューロボットの研究(レスキューシステム・レスキュー工学4)

    高田 昌憲, 鈴森 康一, 神田 岳文, 三宅 健史

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   123 - 124   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 : 第4報:アクティブ二十面体の制御系の構築とヴァーチャルクレイへの応用(変形と力覚1)

    橋本 竜弥, 越智 淳平, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   84 - 84   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 微細加工による円筒型バルク圧電体を用いたマイクロ超音波モータ : 第二報:モータの小型化と特性評価(アクチュエータの機構と制御1)

    牧野 明, 神田 岳文, 鈴森 康一, 森田 剛, 黒澤 実

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   106 - 107   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 管径適応型管内移動ロボットの研究 : 第4報 : インテリジェントアクチュエータの開発と第3号機への適応(特殊移動ロボット2)

    辻野 広大, 中嶌 準, 越智 淳平, 鈴森 康一, 神田 岳文, 脇元 修一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   145 - 146   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • インテリジェントシリンダの開発 : 第1報 : インテリジェントシリンダの試作とサーボ実験(アクチュエータの機構と制御2)

    鈴森 康一, 神田 岳文, 田中 淳一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   147 - 147   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • インテリジェントラバチュエータの開発 : 第1報導電性ゴムセンサの内蔵とサーボ実験(アクチュエータの機構と制御2)

    脇元 修一, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2004   147 - 147   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • バルク加工による円筒型圧電振動子を用いたマイクロ超音波モータの特性評価

    牧野明, 神田岳文, 鈴森康一, 小野智久, 森田剛, 黒沢実

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2004   J07   2004年3月

     詳細を見る

  • φ6.5mmマイクロ空圧ワブルモータの開発

    都甲良平, 鈴森康一, 神田岳文, 山田嘉昭

    自動制御連合講演会講演論文集   46th ( CD-ROM )   TA1-03-1   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11511/jacc.46.0.31.0

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータに関する基礎研究

    浜隆行, 佐藤淳, 神田岳文, 鈴森康一

    自動制御連合講演会講演論文集   46th ( CD-ROM )   TA2-03-2   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11511/jacc.46.0.243.0

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大腸内視鏡誘導空圧インパクトアクチュエータの試作研究

    浜隆行, 神田岳文, 鈴森康一

    自動制御連合講演会講演論文集   46th ( CD-ROM )   TA2-03-3   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11511/jacc.46.0.246.0

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 221 マイクロアクチュエータ集積によるフィジカルマンションマシンインタラクション

    鈴森 康一, 神田 岳文, 橋本 竜弥, 越智 淳平

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2003 ( 3 )   155 - 158   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Integrating MEMS and micro devices has a great potential to realize new haptic interfaces, which exchange multi physical data between persons and machines. The authors have developed two types of new haptic interface devices; an active mouse and an active tripod. They realize physical interaction systems between persons and virtual objects in computers or tele-operated robots. This report shows their designs, control systems, and performances.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-1F-F6 微細加工による円筒型バルク圧電体を用いたマイクロ超音波モータ

    神田 岳文, 小野 智久, 鈴森 康一, 森田 剛, 黒澤 実

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2003   11 - 11   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    マイクロロボットに用いるサーボモータへの応用を目的として, マイクロ超音波モータの試作・評価を行った。直径0.8mmの円筒形の圧電振動子を用いて片端固定とし, 周波数330kHzでの回転駆動を実現した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1A1-2F-E6 フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究第 1 報 : アクティブ四面体の試作とリアルタイムフィジカルインタラクションの実現

    越智 淳平, 橋本 竜弥, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2003   20 - 20   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    双方向で物理情報のやり取りを行なう, インターフェースを試作した。三次空間で力覚および形状を呈示することが可能なアクティブ多面体である。これを, 機構解析ソフトに組み込みりアルタイムで動作することを確認した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2P1-2F-F8 アクティブマウスを用いたフィジカルマンマシンインタラクション : 第 2 報 : 第 2 号機の試作とフィジカルインタラクションの実現

    鈴森 康一, 神田 岳文, 橋本 竜弥, 越智 淳平, 脇元 修一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2003   105 - 106   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    今までに開発したアクティブマウスを人間に持ちやすいサイズに小型化した。また, 迷路通過問題に適応した。その結果, 人間との物理情報のやりとりをスムーズに行うことができるようになった。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-2F-B2 マイクロパワーレスキューロボットの開発 : 第 1 報 : 関節ユニットの試作

    高田 昌憲, 鈴森 康一, 神田 岳文, 脇元 修一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2003   72 - 72   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    小型の油圧アクチュエータを利用することで瓦礫の隙間を掻き分けながら進入するとともに, 必要に応じて瓦礫を持ち上げて空間確保を行うロボットの実現を目標とする。今回(1)首振り(2)伸縮(3)突っ張りの3種の関節を試作した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PZT薄膜を用いた縦振動プローブセンサ ―縦振動子の特性と接触検出分解能の評価― 査読

    神田岳文

    超音波テクノ   14 ( 1 )   18 - 22   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 水熱法PZT薄膜を用いた加振形プローブセンサ

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    電気学会研究会資料. PHS, フィジカルセンサ研究会   2000 ( 16 )   41 - 46   2000年12月

     詳細を見る

  • PZT薄膜を用いた加振形接触センサ(第6報) : プローブセンサの測定力と分析

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2000 ( 2 )   292 - 292   2000年9月

     詳細を見る

  • PZT薄膜を用いた加振形接触センサ(第5報) : プローブセンサを用いた表面形状の測定

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   2000 ( 1 )   601 - 601   2000年3月

     詳細を見る

  • PZT薄膜による縦振動子を用いた振動形プローブセンサ

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波   99 ( 132 )   21 - 28   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    SPMなどの形状測定装置のプローブとして用いる、振動形プローブセンサを試作した。センサは板状であり、水熱合成法によって成膜したPZT薄膜を加振および振動検出に用いる。また、このセンサでは縦振動を用いている。一般に、縦振動を用いるとたわみ振動を用いた場合に比べて、高い検出感度を得ることができる。振動子の長さは9.8 mm、共振周波数は304.35 kHzであり、3V_<p-p>印加時の共振時振幅は126 nm_<o-p>である。板状の構造の採用、小型化により圧電体の基板に対する割合を高め、感度の向上を図った。測定結果から、垂直方向検出分解能は2.4 nmであった。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Thin plate longitudinal vibrator touch probe sensor using PZT thin film

    MK Kurosawa, T Kanda, T Higuchi, T Morita

    1999 IEEE ULTRASONICS SYMPOSIUM PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2   1   703 - 706   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    Using PZT thin film, a vibro touch sensor was fabricated. The sensor is for measurement of material surface roughness and surface structure of micro devices such as VLSI up to sub nano meter order resolution without any damages to work piece. The sensor element has flat shape. Base material was titanium thin plate whose thickness was 100 mu m. On both sides of the titanium, PZT film was deposited 10 I-im. The sensor element had half wave length longitudinal vibration mode. The resonance frequency of the sensor was about 304 kHz. The sensitivity of the device is the tangential of the pickup voltage decrease. In the experiment, the tangential was 0.018 mV/nm. From the sensitivity and the noise level, the resolution of the sensor was 2.4 nm.

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • PZT薄膜を用いた加振形接触センサ(第3報) -振動子の小型化, 高周波化-

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   1998 ( 2 )   546 - 546   1998年9月

     詳細を見る

  • 水熱合成法を用いたPZT薄膜のアクチュエータ・センサへの応用 : マイクロ超音波モータ・加振型接触センサ・補聴器用イヤホン

    森田 剛, 神田 岳文, 保井 秀彦, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス   98 ( 164 )   31 - 36   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    水熱合成法は高温高圧のアルカリ条件下の水溶液中でPZT成膜を行うために立体形状基板への成膜が可能であるという利点を持つ。その応用デバイスとして、マイクロ超音波モータ、加振型接触センサ、補聴器用イヤホンの試作を行った。モータは直径1.4mmへの小型化に成功し、最高回転数600rpmであった。加振型接触センサは分解能66nmを実現し、水中での使用の可能性を示した。また、補聴器用イヤホンでは、駆動電圧1.3Vrmsで60dBの音圧発生を測定した。現在単一プロセス水熱合成法にかわる新たな合成プロセスを開発中である。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PZT薄膜を用いた補聴器用イヤホンの検討

    保井 秀彦, 黒澤 実, 森田 剛, 神田 岳文, 樋口 俊郎

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   1998 ( 1 )   602 - 602   1998年3月

     詳細を見る

  • PZT薄膜を用いた加振形接触センサ(第2報) -分解能の向上と接触状態の分析-

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   1997 ( 2 )   258 - 258   1997年10月

     詳細を見る

  • 水熱合成法によるPZT薄膜の応用

    森田 剛, 神田 岳文, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス   97 ( 151 )   33 - 38   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    水熱合成法によるPZT成膜は, 立体形状基板に成膜が可能であるという大きな利点を持つ. 従来の水熱合成法を改良し, 薄膜の圧電定数を大幅に向上させることができた. この手法を単一プロセス水熱合成法と呼ぶ. この薄膜を用いてマイクロ超音波モータと加振型接触センサを製作した. モータは直径2.4[mm], 長さ10[mm]のステータ振動子を持ち, 発生トルクは7[μNm], 最高回転数は880[rpm]であった. 接触センサは, 共振周波数115kHz, 先端での振動振幅は7.9[nm_<o-p>]であり, 分解能1[μm]で接触の検出を行うことができた.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PZT薄膜を用いた加振形接触センサ

    神田 岳文, 森田 剛, 黒澤 実, 樋口 俊郎

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   1997 ( 1 )   755 - 756   1997年3月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 液滴を用いたナノ粒子生成における温度条件の検討

    岡本幸樹, 神田岳文, 河本尚樹, 脇元修一, 山口大介, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    第36回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2024年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年6月25日 - 2024年6月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Miniaturization and Characterization of Pneumatic Wobble Motor Driven by Polyimide Air Chamber

    Yuto Nakai, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto

    The 7th Jc-IFToMM International Symposium  2024年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年6月22日 - 2024年6月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Flow Control Valve using Piezoelectric Vibrator for Hydraulic Soft Actuators

    Takefumi Kanda, Kou Hashimoto, Yuma Mizokuchi, Yusuke Ota, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae

    ACTUATOR 2024 International Conference and Exhibition on New Actuator Systems and Applications  2024年6月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年6月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光ファイバ型スマート人工筋肉に搭載する電子機器への配線手法

    田偉航, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 細径McKibben型人工筋肉によるニットの製作

    脇元修一, 米澤弥生, 岡田力丸, 田偉航, 渡部紘平, 笹沼将吾, 神田岳文, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 組紐製造技術による2自由度ソフトメカニズムの製作

    岡田力丸, 脇元修一, 田偉航, 神田岳文, 山口大介, 渡部紘平

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 空圧フィルムアクチュエータによるプラスチックモデルの駆動

    由井賢太, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリイミドフィルム製アクチュエータと極小カメラを用いたフィルム内視鏡の試作

    藤野智哉, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レーザ彫刻加工を用いたゴム製4脚ロボットの試作

    永合泰基, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • McKibben型人工筋肉の高耐久化を目指した製作手法の提案

    笹沼将吾, 脇元修一, 田偉航, 渡部紘平, 神田岳文, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波振動を利用したエマルション液滴分級用シースフローマイクロ流路デバイス

    奥田裕太, 藤岡亜央, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文, 井上博文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レーザ彫刻加工を用いたゴム製アクチュエータ製作方法の提案

    永合泰基, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2024(ROBOMECH2024)  2024年5月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月29日 - 2024年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 空気圧デバイスを用いた筋電義手用のフィードバックシステムの開発

    藤井尚貴, 脇元修一, 松本有馬, 谷口浩成, 森永浩介, 山口大介, 神田岳文

    第68回システム制御情報学会研究発表講演会  2024年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月24日 - 2024年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ナノエマルション生成システムにおけるマイクロ流路内での攪拌に関する研究

    岡本 健生, 岡本 幸樹, 神田 岳文, 脇元 修一, 山口 大介

    第23回機素潤滑設計部門講演会(MDT2024)  2024年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年4月22日 - 2024年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ひずみゲージを用いたポリイミドフィルム製空圧人工筋肉のセンシング

    田中 皓介, 山口 大介, 脇元 修一, 神田 岳文

    第23回機素潤滑設計部門講演会(MDT2024)  2024年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年4月22日 - 2024年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3Dプリンタによる3種の高分子材料のマルチマテリアル造形とソフトアクチュエータへの応用

    澤田海, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文

    第23回機素潤滑設計部門講演会(MDT2024)  2024年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年4月22日 - 2024年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 製紐機を利用した3ユニットを有する索状体ソフトロボットの試作

    田 偉航, 脇元 修一, 岡田 力丸, 笹沼 将吾, 山口 大介, 神田 岳文

    第23回機素潤滑設計部門講演会(MDT2024)  2024年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年4月22日 - 2024年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境下アクチュエータ駆動用圧電振動子の構成材料の検討

    久保和己, 神田岳文, 山口大介, 安田項阿, 脇元修一

    2024年度精密工学会春季大会学術講演会  2024年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月12日 - 2024年3月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水溶性繊維を活用した収縮–ねじれ型人工筋肉の試作

    田偉航, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2023)  2023年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 指先なじみ性能の向上を目指した2方向湾曲ソフトフィンガの機構検討

    中野晴貴, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2023)  2023年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Basic Design of Two-Layer Balloon Actuator for Assisting Colonoscope Insertion

    Akinari YAMAMOTO, Shuichi WAKIMOTO, Keita HARADA, Takefumi KANDA, Daisuke YAMAGUCHI

    The 2023 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE Robio 2023) in Samui  2023年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月4日 - 2023年12月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリイミドフィルム製気液相変化アクチュエータの小型化

    山岡将輝, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2023年秋季フルードパワーシステム講演会  2023年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月30日 - 2023年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリイミドフィルムを用いた双方向へ湾曲可能な剛性差動アクチュエータの製作

    三宅慶典, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2023年秋季フルードパワーシステム講演会  2023年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月30日 - 2023年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習による光ファイバ型スマート人工筋肉の変位推定に関する検討

    NI YILEI, 田偉航, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文, 須郷賢

    2023年秋季フルードパワーシステム講演会  2023年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月30日 - 2023年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of robotic hand using dual-directional bending soft fingers and bellows suction mechanism

    Haruki NAKANO, Yuiki YAMASAKI, Shuichi WAKIMOTO, Takefumi KANDA, Daisuke YAMAGUCHI

    34th 2023 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2023)  2023年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月20日 - 2023年11月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evaluation of Transducer for Cryogenic Actuators by Equivalent Circuit Model

    Kazuki Kubo, Kairi Yagi, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Shuichi Wakimoto

    The 44th Symposium on UltraSonic Electronics (USE2023)  2023年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月13日 - 2023年11月15日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ナノ粒子生成システムにおける液滴の温度制御条件の検討

    岡本幸樹, 神田岳文, 河本尚樹, 藤本望夢, 脇元修一, 山口大介, 阪田祐作, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    第 40 回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2023年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月6日 - 2023年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • エレクトロスピニングによる配向性を持つ圧電高分子ナノファイバーを用いたセンサ素子の評価に関する研究

    堀江柊司, 安田項阿, 松井翔馬, 神田岳文, 山口大介, 脇元修一

    2023年度精密工学会秋季大会学術講演会  2023年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月13日 - 2023年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on Preload Conditions of Cryogenic Piezoelectric Transducers Without Bolt-Clamping

    Kazuki Kubo, Kairi Yagi, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Shuichi Wakimoto

    The 2023 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS2023)  2023年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月3日 - 2023年9月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レーザ彫刻加工によるゴム製ソフトアクチュエータの製作

    山口大介, 川口智也, 脇元修一, 神田岳文

    日本機械学会2023年度年次大会  2023年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月3日 - 2023年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習の導入による空気圧ソフトマニピュレータの姿勢推定制度の向上

    須郷賢, 吉本依史, 脇元修一, 浮田貴宏, 山口大介, 神田岳文

    日本機械学会2023年度年次大会  2023年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月3日 - 2023年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリイミド製空気室を駆動源とした空圧ワブルモータの製作

    中井悠人, 山口大介, 神田岳文, 脇元修一

    日本機械学会2023年度年次大会  2023年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月3日 - 2023年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリイミドフィルム製水上移動ロボットの製作

    埴原嵩陽, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2023(ROBOMECH2023)  2023年6月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月28日 - 2023年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ナノ粒子生成を目的とするマイクロ流路を用いた液滴急冷デバイスの検討

    岡本幸樹, 河本尚樹, 神田岳文, 藤本望夢, 脇元修一, 山口大介, 阪田祐作, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2023(ROBOMECH2023)  2023年6月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月25日 - 2023年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 製紐機を用いた湾曲型スマート人工筋肉の2関節化に関する検討

    渡部紘平, 脇元修一, 田偉航, 神田岳文, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2023(ROBOMECH2023)  2023年6月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月25日 - 2023年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波振動を用いた粒子操作デバイスにおけるポリスチレン粒子操作条件の検討

    藤岡亜央, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2023(ROBOMECH2023)  2023年6月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月25日 - 2023年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 2層バルーン構造を有する大腸内視鏡挿入支援アクチュエータの提案

    山本暁生, 脇元修一, 原田馨太, 神田岳文, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2023(ROBOMECH2023)  2023年6月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月25日 - 2023年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 形状記憶ポリマーを用いた内視鏡用ステリング機構への冷却機能の付与

    後藤直毅, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2023(ROBOMECH2023)  2023年6月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月25日 - 2023年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • TEXTURING TO DRAMATICALLY INCREASE THERMAL DEFORMATION OF FILM AND APPLYING TO ACTUATOR

    Daisuke Yamaguchi, Yuki Takahara, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda

    THE 22ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID-STATE, ACTUATORS AND MICROSYSTEMS (TRANSDUSERS2023)  2023年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月25日 - 2023年6月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テクスチャリングを施したポリイミド製アクチュエータとマイクロロボットの試作

    佐藤主尚, 田中佑太郎, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    第35回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD35)  2023年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月12日 - 2023年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インビーダンス測定を用いたスラグ流分離システム

    渡部颯太, 田原尚宙, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介, 武藤明憲

    第35回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD35)  2023年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月12日 - 2023年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動を使用したナノエマルション生成デバイスの乳化効率に関する検討

    神田岳文, 小原佳樹, 山口大介, 脇元修一

    2023年度精密工学会春季大会学術講演会  2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月14日 - 2023年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インチワーム型ロボット用テクスチャードアクチュエータの特性評価

    山口大介, 田中佑太郎, 脇元修一, 神田岳文

    2023年度精密工学会春季大会学術講演会  2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月14日 - 2023年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fabrication Process of Optical Fiber Type Smart Artificial Muscle

    Weihang Tian, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi

    The 9th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2023)  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日 - 2023年3月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fabrication of Combination Structure of Flexible Polymer and Shape Memory Polymer by 3D Printing for Soft Actuator

    Kai Sawada, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda

    The 9th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2023)  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日 - 2023年3月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テクスチャを付与したポリイミド製フィルムアクチュエータの製作と特性評価

    佐藤主尚, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2022)  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月14日 - 2022年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高圧人工筋用微粒子励振型流量制御弁の評価

    溝口優磨, 太田唯佑, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介, 浮田貴宏, 鈴森康一, 難波江裕之

    第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2022)  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月14日 - 2022年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レーザ溶着技術を用いて製作したポリイミドフィルム製平面型人工筋肉の製作

    森垣遼, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2022)  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月14日 - 2022年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリイミドフィルム製アクチュエータを用いたインチワーム型ロボットの試作

    田中佑太郎, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2022)  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月14日 - 2022年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • リカレントニュートラルネットワークによる空気圧ソフトマニピュレータの湾曲動作推定の基礎検討

    吉本依史, 浮田貴宏, 山本好恵, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    日本機械学会第21回機素潤滑設計部門講演会  2022年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月5日 - 2022年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エレクトロスピニングによる圧電高分子ナノファイバーを用いた筋音センサに関する研究

    阿部林太郎, 安田項阿, 神田岳文, 脇元修一, 岡久雄

    Future Technologies from TOKUSHIMA,第39回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2022年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月14日 - 2022年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 圧電薄膜振動子を用いた液滴生成デバイスに関する研究

    山河誉来, 大森健太郎, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介

    Future Technologies from TOKUSHIMA,第13回マイクロ・ナノ工学シンポジウム  2022年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月14日 - 2022年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レーザ加工によるゴムへの凹凸形状の実現とアクチュエータの試作

    川口智也, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2022年秋季フルードパワーシステム講演会  2022年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月10日 - 2022年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Combination Process of Pneumatic Artificial Muscle and a Fiber Optical Sensor System

    Yorifumi Yoshimoto, Shuichi Wakimoto, Weihang Tian, Keima Inoue, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda

    The 9th International Electronics Conference on Sensors and Applications  2022年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月1日 - 2022年11月15日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Droplet generation and cooling flow system using microfluidic devices for nanoparticle generation

    Naoki Kawamoto, Nozomu Fujimoto, Takefumi Kanda, Yusaku Sakata, Norihisa Seno, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi, Yoshiaki Nakazaki, Takafumi Otoyama

    Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators 2022 (IWPMA 2022)  2022年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月24日 - 2022年10月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Flow Control Valve for A Hydraulic Actuator using Piezoelectric Transducer

    Takefumi KANDA, Kou HASHIMOTO, Yusuke OTA, Yuma MIZOKUCHI, Takahiro UKIDA, Shuichi WAKIMOTO, Daisuke YAMAGUCHI, Koichi SUZUMORI, Hiroyuki NABAE

    Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators 2022 (IWPMA 2022)  2022年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月24日 - 2022年10月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Prototype Inchworm Type Mobile Robot Using Textured Actuator

    Yutaro TANAKA, Daisuke YAMAGUCHI, Shuichi WAKIMOTO, Takefumi KANDA

    Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators 2022 (IWPMA 2022)  2022年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月24日 - 2022年10月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Acoustic Levitation Using Piezoelectric Actuator under a Cryogenic Environment

    Koa Yasuda, Takumi Nishida, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Shuichi Wakimoto

    Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators 2022 (IWPMA 2022)  2022年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月24日 - 2022年10月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Preload Mechanism for Micro Cryogenic Actuator without Bolt-clamping

    Takefumi Kanda, Kairi Yagi, Daisuke Yamaguchi, Shuichi Wakimoto

    2022 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS)  2022年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月10日 - 2022年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリイミドフィルムにテクスチャリングを付与したフィルムアクチュエータの製作と特性評価

    佐藤主尚, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    日本機械学会2022年度年次大会  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月11日 - 2022年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内視鏡ステアリング機構に搭載する形状記憶ポリマー製スリーブの3Dプリンタによる試作と構造検討

    中野晴貴, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    日本機械学会2022年度年次大会  2022年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月10日 - 2022年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 形状記憶合金ワイヤを集積した紐状アクチュエータの基礎特性

    三宅慶典, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文

    日本機械学会2022年度年次大会  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月10日 - 2022年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 熱応力による予圧印加機構を持つ極低温環境用圧電振動子の試作評価

    神田岳文, 八木海吏, 山口大介, 脇元修一

    2022年度精密工学会秋季大会学術講演会  2022年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月7日 - 2022年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Microchannel Device for Droplet Classification by Manipulation using Piezoelectric Vibrator

    Takefumi Kanda, Shoko Seo, Yoshiki Ohara, Shuichi Wakimoto

    18th International Conference on New Actuator Systems and Applications (Actuator 2022)  2022年6月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月28日 - 2022年6月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テクスチャードアクチュエータの構造変更と湾曲特性評価

    佐藤主尚, 田中佑太郎, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月1日 - 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 形状記憶ポリマーを用いた湾曲固定性をもつ内視鏡ステアリング機構の提案

    中野晴貴, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月1日 - 2022年6月4日

    記述言語:ジャワ語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリイミド製フィルムアクチュエータを用いたマイクロ移動ロボットの試作

    田中佑太郎, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月1日 - 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 流路内粒子操作デバイスへの応用を目的としたメタマテリアル構造の検討

    藤岡亜央, 高木郁哉, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月1日 - 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 湾曲型人工筋に複合する光ファイバセンサの表面加工条件の検討

    田偉航, 長岡和弥, 脇元修一, 山口大介, 神田岳文

    2022年春季フルードパワーシステム講演会  2022年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月26日 - 2022年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動を利用した円筒型振動ミキサの試作・評価

    神田岳文, 石塚博章, 小野田英明, 脇元修一, 山口大介, 川崎慎一郎, 藤井達也

    第34回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2022年5月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月11日 - 2022年5月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • レーザを用いたポリイミドフィルム同士の溶着条件の検討

    森垣遼, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2022年度精密工学会春季大会学術講演会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月15日 - 2022年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリイミド製空気室を用いた空圧ワブルモータの試作

    平賀暉章, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2022年度精密工学会春季大会学術講演会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月15日 - 2022年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリイミドフィルム溶着におけるラピッドプロトタイピングとソフトアクチュエータへの応用

    長﨑あかり, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2022年度精密工学会春季大会学術講演会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月15日 - 2022年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Actuators for novel mechatronics systems 招待

    KANDA Takefumi

    AGENDA 2021 JOINT SYMPOSIUM SixERS & UST  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 湾曲空気圧ソフトアクチュエータに複合したIPMCセンサの特性評価

    作間祐仁, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介, 堀内哲也, 安積欣志

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月15日 - 2021年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 柔軟ひずみセンサ搭載による空気圧ソフトマニピュレータの湾曲・ねじれ制御の基礎検討

    山本好恵, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介, 浮田貴宏

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月15日 - 2021年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリイミドフィルムのレーザ溶着技術を応用した空圧ソフトアクチュエータの試作

    森垣遼, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月15日 - 2021年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平紐型集積人工筋肉への光ファイバセンサ複合に関する検討

    イウク,田偉航, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    第20回機素潤滑設計部門講演会  2021年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月5日 - 2021年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • プリンテッドエレクトロニクス技術を応用したポリイミドフィルム製ソフトアクチュエータの開発

    長﨑あかり, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    第20回機素潤滑設計部門講演会  2021年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月5日 - 2021年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 圧電素子駆動微小突起を用いたコアシェル液滴生成デバイス

    大森健太郎, 神田岳文, 藤本望夢, 脇元修一

    第38回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2021年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月9日 - 2021年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A soft robot arm with flexible sensors for master-slave operation

    Yoshie Yamamoto, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi

    8th International Electronic Conference on Sensors and Applications  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月1日 - 2021年11月15日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Displacement Sensing of an Active String Actuator by an Optical Fiber

    Tian Weihang, Shuichi Wakimoto, Kazuya Nagaoka, Yorifumi Yoshimoto, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi

    8th International Electronic Conference on Sensors and Applications  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月1日 - 2021年11月15日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of a Transducer for Micro Actuator Using Novel Preload Mechanism Under Cryogenic Condition 招待

    Takefumi Kanda

    International Workshop on Piezoelectric Material and Applications in Actuators(IWPMA2021)  2021年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月26日 - 2021年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 圧電振動子を利用した流体アクチュエータ制御用小型制御弁の研究 招待

    神田岳文

    精密工学会次世代センサ・アクチュエータ委員会 第23回定期講習会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 極低温環境用超音波振動子での予圧印加の評価に関する検討

    八木海吏, 西田匠, 神田岳文, 山口大介, 脇元修一

    2021年度精密工学会秋季大会学術講演会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月21日 - 2021年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Transducer for Micro Cryogenic Actuator Using Novel Preload Mechanism Without Bolt-Clamping

    Takefumi Kanda, Kairi Yagi, Takumi Nishida, Daisuke Yamaguchi, Shuichi Wakimoto

    IEEE International Ultrasonic Symposium(IUS2021)  2021年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 平紐型集積人工筋肉を利用した腰痛予防装置の開発

    山崎結葵, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月5日 - 2021年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光ファイバ型スマート人工筋肉を用いた湾曲メカニズムの検討

    吉本依史, 田偉航, 長岡和弥, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月5日 - 2021年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロリアクタ分野への圧電アクチュエータの応用

    神田岳文

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月5日 - 2021年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 紐製造技術による細径人工筋肉を用いた能動紐試作

    田偉航, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月5日 - 2021年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 湾曲型スマート人工筋肉用光ファイバセンサの特性改善

    長岡和弥, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介, 松田大成

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021(ROBOMECH2021)  2021年6月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月6日 - 2021年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 製紐プロセスによる形状記憶合金ワイヤの集積構造の試作

    田中佑太郎, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介, 作間祐仁

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021(ROBOMECH2021)  2021年6月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月6日 - 2021年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 急冷マイクロ流体デバイスの流路構造による粒子生成条件の検討

    田原尚宙, 藤本望夢, 神田岳文, 大森健太郎, 阪田祐作, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021(ROBOMECH2021)  2021年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月6日 - 2021年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単分散エマルション生成を目的とした超音波振動によるマイクロ流路内の液滴操作

    小原佳樹, 瀬尾祥子, 神田岳文, 針田和樹, 小野努, 渡邊貴一, 脇元修一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021(ROBOMECH2021)  2021年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月6日 - 2021年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 微小突起の振動を利用した液滴生成に関する研究

    大森健太郎, 藤本望夢, 神田岳文, 脇元修一, 妹尾典久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021(ROBOMECH2021)  2021年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月6日 - 2021年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 細径人工筋肉を集積した3ユニット直列型ソフトロボットアームの試作

    川口智也, 山本好恵, 脇元修一, 神田岳文, 山口大介

    産業計測制御研究会  2021年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インダクタンス変位型変位センサを用いたスマート人工筋肉の制御

    田偉航, 安藤克倫, 脇元修一, 神田岳文

    第65回システム制御情報学会研究発表講演会  2021年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月26日 - 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 胸腔鏡用柔軟ステアリング機構の湾曲機能向上に関する実験的検討

    井村修司, 山本好恵, 脇元修一, 神田岳文, 村西祐介, 佐藤寿彦

    第65回システム制御情報学会研究発表講演会  2021年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月26日 - 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3Dプリンティングにより製作した樹脂型を用いたポリイミドフィルムの熱間圧空成型

    三宅大貴, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極限環境用空圧アクチュエータ材料としてのポリイミドフィルムの特性評価

    木村圭吾, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ボルトの締結力を利用した溶着装置によるテクスチャリングと湾曲アクチュエータの製作

    高原悠希, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極低温環境用超音波振動子での熱応力を利用した予圧印加の検討

    八木海吏, 西田匠, 神田岳文, 山口大介, 脇元修一

    2021年精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Comparison of smart artificial muscle with different functional fibers

    Shuichi Wakimoto, Sota Kogawa, Hiroaki Matsuda, Kazuya Nagaoka, Takefumi Kanda

    ACTUATOR2021  2021年2月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月17日 - 2021年2月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Core-shell droplet generation device using a flexural vibration by a bolt-clamped Langevin type ultrasonic transducer

    Kentaro Omori, Nozomu Fujimoto, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Norihisa Seno

    ACTUATOR2021  2021年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月17日 - 2021年2月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光ファイバセンサを搭載したMcKibben型人工筋の変位制御

    松田大成, 脇元修一, 神田岳文, 小川草太, 長岡和弥, 吉本依史

    第21回システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  2020年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高圧人工筋用微粒子励振型制御弁の応答性の向上

    太田唯佑, 高見春人, 神田岳文, 脇元修一, 鈴森康一, 難波江裕之, 浮田貴宏

    第21回システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  2020年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 紐製造技術を用いた空気圧人工筋肉への機能性繊維複合方法

    脇元修一, 長岡和弥, 作間祐仁, 安藤克倫, 松田大成, 神田岳文

    2020年秋季フルードパワーシステム講演会  2020年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月8日 - 2020年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工筋の制御を目的とした微粒子励振型流量制御弁の改良

    神田岳文, 太田唯佑, 橋本航, 脇元修一, 鈴森康一, 浮田貴宏, 難波江裕之

    2020年秋季フルードパワーシステム講演会  2020年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月8日 - 2020年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 運動時の筋音測定を可能とする圧電高分子を用いた筋音センサに関する研究

    阿部林太郎, 石塚博章, 神田岳文, 脇元修一, 岡久雄

    第37回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2020年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月26日 - 2020年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動子と微小孔によるマイクロ液滴を用いたナノ粒子生成に関する数値シミュレーションによる検討

    藤本望夢, 神田岳文, 大森健太郎, 田原尚宙, 阪田祐作, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    第37回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2020年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月26日 - 2020年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on Improvement of Flow Control Valve Using Particle Excitation by Piezoelectric Transducer

    Takami, Haruto, Kanda, Takefumi, Wakimoto, Shuichi, Yamamoto, Hikaru, Suzumori, Koichi, Ukida, Takahiro, Nabae, Hiroyuki

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators(IWPMA2020)  2020年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月22日 - 2020年9月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工筋肉への適用を目的とした形状記憶ポリマー繊維の製作と評価

    作間祐仁, 脇元修一, 松下航也, 神田岳文

    日本機械学会2020年度年次大会  2020年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月13日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高柔軟シリコーンラバーを用いた大腸内視鏡挿入支援アクチュエータの試作

    宇高正人, 脇元修一, 原田馨太, 神田岳文

    日本機械学会2020年度年次大会  2020年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月13日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Particle Excitation by Using a Piezoelectric Vibrator for a Hydraulic Valve

    Takefumi Kanda, Kou Hashimoto, Hikaru Yamamoto, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takahiro Ukida, Hiroyuki Nabae

    IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS2020)  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温環境用圧電振動子の予圧印加機構に関する検討

    神田岳文, 八木海吏, 西田匠, 山口大介, 脇元修一

    2020年度精密工学会秋季大会学術講演会  2020年9月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月7日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 製紐機によるSMP繊維を複合した空圧ラバーアクチュエータの製作手法

    作間祐仁, 脇元修一, 松下航也, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 微粒子励振型制御三方弁を用いたシリンダの位置制御

    太田唯佑, 山本陽光, 髙見春人, 神田岳文, 脇元修一, 鈴森康一, 浮田貴宏, 難波江裕之

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波振動による局所的なぬれ性勾配上の液滴挙動

    髙木郁哉, 大森健太郎, 藤本望夢, 神田岳文, 脇元修一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ナノ粒子生成のための急冷マイクロ流路デバイスの評価

    藤本望夢, 神田岳文, 大森健太郎, 田原尚宙, 髙木郁哉, 阪田祐作, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    ボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 空気圧人工筋のラバーコーティングによるソフトマニピュレータの構造改善

    山本好恵, 脇元修一, 萩原弘貴, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光ファイバセンサの特性を考慮した空気圧スマート人工筋の設計

    脇元修一, 小川草太, 神田岳文, 松田大成, 長岡和弥

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 血漿粘度の上昇が毛細血管に及ぼす力学的影響の検討

    長崎あかり, 早見武人, 神田岳文, 蒋飛,陳献

    第59回日本生体医工学会大会  2020年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 三相スラグ流の生成を目的とした流体制御デバイスの検討

    田原尚宙, 藤本望夢, 大森健太郎, 神田岳文, 脇元修一, 武藤明憲

    第32回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD32)  2020年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月20日 - 2020年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境における超音波振動子を用いた物体の浮上の測定

    西田匠, 神田岳文, 脇元修一, 上西宏典

    第32回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD32)  2020年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月20日 - 2020年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ流路でのエマルション生成を目的としたボルト締め振動子構造の検討

    神田岳文, 針田和樹, 瀬尾祥子, 小原佳樹, 脇元修一

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会  2020年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A FLOW-TYPE NANOPARTICLE GENERATION SYSTEM USING A MICROCHANNEL DEVICE FOR GENERATING AND QUENCHING DROPLETS

    Nozomu Fujimoto, Takefumi Kanda, Kentato Omori, Naohiro Tahara, Yusaku Sakata, Norihisa Seno, Shuichi Wakimoto, Yoshiaki Nakazaki, Takafumi Otoyama

    The 33rd Internakonal Conference on Micro Electro Mechanical Systems (IEEE MEMS 2020)  2020年1月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月18日 - 2020年1月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 微粒子励振型制御三方弁を用いたシリンダの速度制御

    山本陽光,神田岳文,脇元修一,鈴森康一,難波江裕之,浮田貴宏

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月12日 - 2019年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 安全な車椅子移乗を目的とした膝固定用可変剛性装置の開発

    押川丈朗,脇元修一,上田剛慈,神田岳文

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月12日 - 2019年12月14日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光ファイバセンサを強化繊維として利用した湾曲型スマート人工筋の試作

    長岡和弥,脇元修一,神田岳文,小川草太,松田大成

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月12日 - 2019年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • IPMCセンサと湾曲型空気圧ソフトアクチュエータの複合構造の検討

    村井学,脇元修一,安積欣志,堀内哲也,萩原弘貴,神田岳文

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2019年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月12日 - 2019年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • SMP強化繊維の自動製作と人工筋肉への適応

    松下航也,作間祐仁,脇元修一,神田岳文

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2019年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月12日 - 2019年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Study on ultrasonic transducer material for a sample spinning in NMR spectroscopy

    Masato Kanno, Marie Obayashi, Takahiro Yano, Takefumi Kanda, Shicihi Wakimoto, Kiyonori Takegoshi

    30th 2019 International Symposium on Micro-nano Mechatoronics and Human Science (MHS2019)  2019年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月1日 - 2019年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3P4-2 極低温用超音波モータの駆動特性の温度依存性(ポスターセッション)

    中薗 正浩, 神田 岳文, 山口 大介, 鈴森 康一

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集  2014年12月3日  超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月3日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • S1110301 音響通信を利用した多重空圧駆動系用自立電源([S111-03]第20回卒業研究コンテスト(3),機素潤滑設計部門)

    三隅 潤平, 鈴森 康一, 尾崎 直人, 山本 明菜, 神田 岳文

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2014年9月7日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月7日

    記述言語:日本語  

    Pneumatic actuators have been widely utilized in various fields because of their advantages of low cost, safety, and high compliance. However, pneumatic systems need many air supply lines from a compressor, control lines from a controller, and power supply lines, making them complicated and large. This paper proposes a new operational method reducing the number of control lines and power supply lines in pneumatic systems. It needs two key components; Multiplex Pneumatic Actuator Drive (MPAD) and Local Power Supply (LPS) for each local module. MPAD utilizes acoustic communication between the oscillator nearby the compressor and receivers nearby each pneumatic actuators in air supply. LPS generates electric power utilizing compressed air from the compressor and supplies generated power for each local module including the pneumatic actuator. The prototype module is operated by generated power from LPS, and the pneumatic actuator 10 meters away from the oscillator is controlled by acoustic communication. Experimental results shows practicability saving control lines and power supply lines for pneumatic systems.

    researchmap

  • 2A1-O06 ねじり振動子共振駆動型極低温用超音波モータ(アクチュエータの機構と制御(1))

    黒田 雅貴, 神田 岳文, 鈴森 康一, 山口 大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2014年5月24日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月24日

    記述言語:日本語  

    In this study, a torsional transducer type ultrasonic motor which realizes the continuous rotation and the positioning of the angle in cryogenic temperature has been fabricated and evaluated. In the cryogenic temperature environment, the performance of the transducer falls. In order to drive the motor at cryogenic temperature, the torsional transducer is designed to generate the resonant stick-slip drive. The transducer can perform the resonant stick-slip drive by combining the first and the second vibration mode. The ultrasonic motor using the transducer was evaluated. The rotation speed and the starting torque are 111rpm and 0.75mNm at 4.5K. Moreover, a velocity control became possible in the low-speed range below 1.0rad/s by using a burst waveform.

    researchmap

  • 2A1-Q04 ねじり振動を用いた微粒子励振型空気流量制御弁(アクチュエータの機構と制御(1))

    廣岡 大祐, 山口 智実, 古城 直道, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2014年5月24日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月24日

    記述言語:日本語  

    Pneumatic actuators can achieve compliance and flexibility easily. For the above-mentioned reasons, pneumatic actuators are used in widely fields of medical treatments and industries. However the pneumatic control vale that can control air flow rate smoothly is large scale weigh. The purpose of this study is development of the new flow control valve using torsional vibration. This valve can control air flow continuously and drive by power saving. In this report, firstly we show basic mechanism of the valve and expound the advantage to drive by low power. Next we designed the prototype of this valve using FEM. Finally, we confirmed the principle of the valve.

    researchmap

  • 2A2-N03 微粒子励振型比例制御弁の開発 : オリフィス板の振動特性を考慮した流量特性の評価(アクチュエータの機構と制御(2))

    生駒 誠, 廣岡 大祐, 山口 智実, 古城 直道, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2014年5月24日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月24日

    記述言語:日本語  

    The purpose of this study is development of the flow control valve which is small in size, lightweight and can control air flow proportionally. In this study, we thought about a condition that makes flow rate proportional to applied voltage taking the vibration property of orifice plate into consideration. To verify whether the condition is appropriate to flow control valve using particle excitation, a prototype using Langevin type transducer structure that aims at application to proportional valve has been designed by using finite element method and made. And we have evaluated the vibration property and flow rate of the prototype.

    researchmap

  • 2A1-P05 空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重駆動システム : 第1報 システム構成の提案と基礎実験結果(アクチュエータの機構と制御(1))

    鈴森 康一, 尾崎 直人, 三隅 潤平, 山本 明菜, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2014年5月24日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月24日

    記述言語:日本語  

    Pneumatic actuators have been widely utilized in various fields and have the important role for operating production facilities in plants with their advantages of light weight, low cost, safety, and high compliance. However, driving them needs not only the air supply line from compressor but also many electrical lines from valve controller, making the pneumatic drive system complicated. In this paper, we propose a new pneumatic control system using acoustic communication in an air supply line. This system needs two technical challenges; acoustic operating system and power supply device for each local module. This system realizes simple pneumatic drive system without electrical lines. This prototype system works very well to show the great potential of this proposed system. It controls successfully three pneumatic cylinders independently which are connected with an air supply line of 10[m] in length.

    researchmap

  • 2A1-P06 空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重空圧駆動システム : 第2報 圧縮空気を利用した自立電源の開発(アクチュエータの機構と制御(1))

    鈴森 康一, 三隅 潤平, 尾崎山 直人, 山本 明菜, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2014年5月24日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月24日

    記述言語:日本語  

    Pneumatic actuators have been widely utilized in industrial machines with their advantages of low cost, safety, and high compliance. However, pneumatic systems need many air supply lines from a compressor, control lines from a controller, and power supply lines, making them complicated and large. This paper proposes a new control method reducing the number of control lines and power supply lines in pneumatic systems. It needs two key components; Multiplex Pneumatic Actuator Drive (MPAD) and Local Power Supply (LPS) for each local module. This paper deals with LPS from pneumatic line, firstly, we explain its outline design. Secondly, LPS is developed and is tested to confirm its performance. Thirdly, charging method is improved for high charging quantity. Finally, LPS is integrated into MPAD and they is shown that it reduces control lines and power supply lines in operational experiment.

    researchmap

  • 2A1-O03 超音波モータの固体NMR 分析用試料回転機構への応用(アクチュエータの機構と制御(1))

    山口 大介, 武田 大, 神田 岳文, 鈴森 康一, 竹腰 清乃理, 水野 敬, 山本 啓太

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2014年5月24日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月24日

    記述言語:日本語  

    In this study, an ultrasonic motor for a solid-state high resolution nuclear magnetic resonance (NMR) spectrometer has been fabricated and evaluated. In solid-state NMR analysis, it is necessary to rotate samples at a high speed and a high preciseness. The motor are composed of non-magnetic materials. The motor consists of two sector shaped vibrators. The diameter and the height of a probe unit including a sample case and the motor are 31 mm and 50 mm. The unit was unaffected by the magnetic field. The rotation speed was 1200 rpm when the magnetic flux density was 9.4T. Additionally, we have successfully obtained a solid-state NMR analysis of glycine. From this result, the motor can be applied to sample rotation of solid state NMR spectrometer.

    researchmap

  • 2202 極低温用ランジュバン型振動子の熱応力に関する検討(センサ・アクチュエータ(2))

    中薗 正浩, 神田 岳文, 鈴森 康一, 山口 大介, 野口 祐也, 黒田 雅貴

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集  2014年4月20日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月20日

    記述言語:日本語  

    A transducer for an ultrasonic motor for cryogenic temperature environment was fabricated. In the environment, a thermal stress is generated on the transducer. The motor is composed of a bolt-clamped Langevin-type transducer (BLT) and a rotor. To reduce the influence by thermal stress shift and to have high vibration velocity, a constituent material of the BLT is modified. The body parts of the BLT was made of SUS304 and the bolt of the BLT was made of titanium. We have evaluated the relationship between vibration velocity and the thermal stress. We have succeeded in reducing the thermal stress under the temperature condition from 4.5K to 293K.

    researchmap

  • 2P4-2 極低温環境における振動子の性能と圧電性の関係(ポスターセッション)

    山口 大介, 神田 岳文, 鈴森 康一

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集  2013年11月20日  超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 2P4-1 ニオブ酸リチウムを使用した高温環境用超音波振動子に関する研究(ポスターセッション)

    岸 亨, 神田 岳文, 鈴森 康一

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集  2013年11月20日  超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 6PM2-D-4 圧電高分子材料を用いた微小領域内キャビテーション検出センサ(6PM2-D OS7 スマート・インテリジェント材料・デバイス)

    薮本 雅喜, 神田 岳文, 鈴森 康一

    マイクロ・ナノ工学シンポジウム  2013年11月4日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月4日

    記述言語:日本語  

    In this research, a micro sensor which can detect cavitation in a microchannel has been fabricated by using piezoelectric polymer thin film. P(VDF/TrFE) was used as the sensor material. We have applied integration by using the photolithography process to miniaturize sensors. We have succeeded in fabricating the micro-sensor whose thickness is 158μm. We have also succeeded in receiving waveform in the high frequency range. Thus the sensor would detect cavitation by using frequency analysis of bubbles collapse sound.

    researchmap

  • J114022 極低温環境用アクチュエータへの適用を目的とした超音波振動子の検討([J114-02]次世代アクチュエータシステム(2))

    神田 岳文, 山口 大介, 鈴森 康一, 黒田 雅貴, 武田 大, 野口 祐也

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2013年9月8日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日

    記述言語:日本語  

    Cryogenic condition has been used for scientific measurements and there are increasing demands for industrial regions. Additionally, there is a demand for actuators which can be driven in the ultralow temperature condition. In such temperature condition, although piezoelectric materials have low piezoelectricity, ultrasonic motors have been realized by using bolt-clamped type Langevin type transducer. In this paper, two materials, stainless and titanium has been used for transducer. The relationship between optimized clamping torque values and temperature has been examined experimentally.

    researchmap

  • S111063 極低温超音波モータ用振動子の熱応力低減に関する研究([S111-06]第19回卒業研究コンテスト(6))

    野口 祐也, 神田 岳文, 鈴森 康一, 山口 大介, 黒田 雅貴

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2013年9月8日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日

    記述言語:日本語  

    Cryogenic temperature is very low temperature under 20K. The goal of this research is to realize an ultrasonic motor which can be used in this cryogenic temperature. When the temperature decreases from room temperature to an ultralow temperature, a thermal stress is generated. By this stress, the ultrasonic motor breaks down or the performance is decreased. The purpose of this research is to reduce the thermal stress in the ultrasonic motor. A bolt-clamped Langevin-type transducer (BLT) is used as a transducer for the ultrasonic motor. The BLT is mainly made of invar (Fe Ni alloy). Invar has a coefficient of thermal expansion near to that of lead magnesium niobate-lead titanate (PMN-PT) single crystal. We have evaluated the thermal stress in the BLT from 300K to 4.5K. Additionally, the thermal stress in the BLT made of invar was about 50% of that in the BLT made of SUS304.

    researchmap

  • 1A2-N05 液滴生成を目的としたランジュバン型ねじり振動子の小型化(ナノ・マイクロ流体システム)

    森 航太, 岸 亨, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2013年5月22日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月22日

    記述言語:日本語  

    In many fields, such as electronic material, medicine and cosmetics production, it is an important proposition to generate small and uniform droplets of various liquids. In order to realize these droplets' generation, a bolt-clamped Langevin-type transducer and a micropore plate has been used. The purpose of this study is to fabricate a bolt-clamped Langevin-type transducer having small and simple structure in comparison with the previous one, and to generate droplets by using this device. First, by using a new fixation method, we have designed a bolt-clamped Langevin-type transducer whose structure is suitable for miniaturization. Next, we have generated and evaluated droplets in the air by using pure water. When the micro pore diameter, the applied air pressure and the resonance frequency were 50μm, 30kPa and 37kHz, the average diameter of pure water droplets and standard deviation of diameter were 96.1μm and 0.98, respectively.

    researchmap

  • 1P1-O02 圧電高分子材料を用いた微小領域内キャビテーション検出センサ(MEMSとナノテクノロジー)

    薮本 雅喜, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2013年5月22日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月22日

    記述言語:日本語  

    In this research a small sensor which can detect cavitation in a microchannel has been fabricated using piezoelectric polymer thin film. P(VDF/TrFE) was used as the sensor material. We have applied integration technology of photolithography to miniaturize sensors. As a result, we have succeeded in fabricating micro-sensor whose thickness is 167μm. In this study, we introduce the details of the process in the fabrication sensor.

    researchmap

  • 2A2-D10 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 : 第9報 駆動に最適な振動条件の確認(アクチュエータの機構と制御(2))

    廣岡 大祐, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2013年5月22日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月22日

    記述言語:日本語  

    The purpose of this study is development of the high efficiency pneumatic system using small flow control valve. The control valve has small size, lightweight and can control air flow continuously. We aim at the precise flow control. In this repot, we report the vibrational condition for precise flow control. We discovered two high efficiency vibrational modes by the finite element method. We have measured vibrational condition and flow rate characteristics. From these result, we conclude that the tolerance of air pressure is most important parameter at optimum vibrational condition.

    researchmap

  • 2A1-D04 光駆動SMA アクチュエータの導波路パターンの改良(アクチュエータの機構と制御(1))

    宇崎 啓太, 足田 雄一, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2013年5月22日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月22日

    記述言語:日本語  

    The purpose of this research is the improvement of driving performance and the downsizing of a light driven SMA actuator. The actuator consists of a substrate, an optical waveguide and SMA wires. The drive part of the SMA actuator is 15 X 1 [mm]. In this paper, the SMA wires are glued on the substrate. As a result, the thickness of the SMA actuator was reduced from 0.5 mm to 0.2 mm. In addition, an absorption film was patterned on the substrate by a YVO4 laser. This is because the SMA actuator was heated effectively. The effect of the pattern was evaluated empirically.

    researchmap

  • 2P1-D06 ソフトアクチュエータの変位検出のための圧電高分子柔軟センサに関する研究(アクチュエータの機構と制御(3))

    市川 竜也, 神田 岳文, 鈴森 康一, 脇元 修一, 山本 陽太

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2012年5月27日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月27日

    記述言語:日本語  

    This research aims to realize a flexible displacement detection sensor that can be attached on flexible soft bellows actuators. The sensor material is piezoelectric polymer: poly(vinylidene fluoride-trifluoroethylene) [P(VDF/TrFE)]. By adjusting temperature and applied voltage in the process of polarization, fabrication conditions were optimized. In addition, the piezoelectric polymer sensor was mounted to the actuator having a bellows structure. A flexible substrate was used as wiring in order to keep flexibility. The actuator is curved by using a negative pressure. As a result, we have confirmed the detection of actuator displacement by the sensor.

    researchmap

  • 2P1-F03 極低温用超音波モータに用いるボルト締めランジュバン型振動子の改良(超環境ロボット・メカトロニクス)

    黒田 雅貴, 山口 大介, 武田 大, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2012年5月27日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月27日

    記述言語:日本語  

    In this study, an ultrasonic motor used in a cryogenic temperature condition has been fabricated and evaluated. To increase the rotation speed compare to a previous cryogenic ultrasonic motor, the bolt-clamped Langevin type transducer was designed. The PZT was placed at the anti-node of the bending vibration. The transducer was designed to have high vibration speed by using a finite element analysis. The diameter and the length of the motor are 22mm and 30.5mm. The rotation speed was 422rpm at 4.5K when the applied voltage was 50V_<p-p>. We have realized three times higher rotation speed than that of the previous motor.

    researchmap

  • 2P1-F01 固定NMR分析における試料回転機構への応用を目的とした超音波モータの駆動評価(超環境ロボット・メカトロニクス)

    藤澤 和也, 山口 大介, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2012年5月27日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月27日

    記述言語:日本語  

    In this study, an ultrasonic motor for solid-state high resolution nuclear magnetic resonance (NMR) spectrometer has been fabricated and evaluated. The solid-state NMR analysis needs a sample spinning in the high intensity magnetic field. All parts of the motor are made of materials which has low magnetic permeability. The motor consists of two sector shaped vibrators. The diameter and the height of the motor including the sample case are 31 mm and 50 mm. The motor was unaffected by the influence of the magnetic field. The rotation speed was 1200 rpm when the magnetic flux density was 7 T. Additionally, the motor was used for the sample rotation system of NMR spectrometer.

    researchmap

  • 1207 極低温・強磁場の複合極限環境下での使用を目的とした超音波モータの試作・評価(次世代アクチュエータ,一般講演)

    武田 大, 山口 大介, 藤澤 和也, 神田 岳文, 鈴森 康一

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集  2012年4月22日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月22日

    記述言語:日本語  

    The aim of this study is to realize an ultrasonic motor which can be driven in a cryogenic temperature environment under a high intense magnetic field. We have fabricated and evaluated the ultrasonic motor made of titanium. The motor's diameter and length are 22 mm and 30.5 mm, respectively. We have succeeded in driving the ultrasonic motor at 4.5 K. The rotation speed was 215 rpm. We have also succeeded in driving the motor under the intense magnetic field of 7 T.

    researchmap

  • 2A2-J09 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 : 第7報 連続的流量変更を目的としたオリフィス径の変更(アクチュエータの機構と制御)

    廣岡 大祐, 鈴森 康一, 神田 岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    The purpose of this study is the development of the valve that can precisely control pneumatic cylinders. The valve that has a lightweight and simple structure and uses piezoelectric oscillator which is driven at resonance mode and it can control flow rate by controlling the amplitude of the particles excitation. We reported this flow control valve principle in the previous paper and concluded the diameter of orifice is an important parameter for flow rate change. In this report, we have designed a new prototype for the purpose of high controllability. We have measured flow rate characteristics and observed particle motion. From these result, we confirmed the conditions necessary for continuous adjustment of flow quantity by experiment.

    researchmap

  • 1P1-A04 岡山大学におけるソフトフルードアクチュエータの研究(岡山発のロボティクス・メカトロニクス技術と産学官連携)

    脇元 修一, 鈴森 康一, 則次 俊郎, 成瀬 恵治, 岡 久雄, 神田 岳文, 高岩 昌弘, 佐々木 大輔, 入部 玄太郎, 松浦 宏治, 北脇 知己

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    Research project of "Soft fluid actuator" has been promoted in Okayama University. This project is organized by different field researchers; robotics, mechatoronics, health and medical researchers. Soft fluidic actuators are configured with polymer material and driven by fluid (pneumatic and hydraulic) pressure. Therefore they will have many advantages; high compliance, light weight, low cost and non-electrical drive. Namely they are breakthroughs of the realizations of highly safe mechanisms. In the project, not only fundamental researches of new soft fluid actuators but also applying them to medical and welfare mechanical systems have progressed. In this paper, the concept and purpose, the organization, and some researches of the project are introduced.

    researchmap

  • 1P1-A02 マイクロリアクタ技術と圧電振動子を利用したエマルション生成デバイスの開発(岡山発のロボティクス・メカトロニクス技術と産学官連携)

    神田 岳文, 鈴森 康一, 小野 努, 大河原 賢一, 檜垣 和孝

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    The aim of this paper is to introduce a project for emulsion generation device in Okayama University. We have generated sub-micrometer size droplets by using an ultrasonic vibration and microchannel plates. Especially, the device and system is for the generation of drug droplets. The ultrasonic vibration is oscillated by PZT plates and microchannel plates are made of stainless steel. The distribution of pressure depends on cross sectional pattern of the microchannel. As the applied voltage increased, emulsion became smaller and distribution became sharper. When the vibrator was oscillated in 2.25 MHz, the generated emulsion has an average diameter of 200 nm.

    researchmap

  • 1A2-F10 ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの駆動特性評価(超環境ロボット・メカトロニクス)

    山口 大介, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    In this study, a small ultrasonic motor which is driven at a cryo temperature has been fabricated and evaluated. The motor consists of a bolt-clamped Langevin-type transducer (BLT), a rotor, a bearing, a spring, and a casing. The maximum diameter and the height of the motor are 22mm and 30.5mm. The ultrasonic motor has been evaluated in the room temperature and in the cryo helium gas. The relationship between contact pre-pressure of the rotor to the BLT the continuously rotating temperature is indicated. The rotation speed was 553 rpm at the room temperature and 65.4 rpm at the 4.5K helium gas.

    researchmap

  • 1A2-H06 超音波攪拌水熱合成法によるPZT成膜のための振動機構の改良(MEMSとナノテクノロジー)

    中平 大智, 上野 雅裕, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    In this research, an ultrasonic vibration mixing device for the hydrothermal deposition system has been designed. A PZT thin film has been deposited on a titanium plate by the hydrothermal method with the fabricated new ultrasonic vibration mixing device. To improve a stir performance, the ultrasonic vibration mixing device has been designed by using the finite element method. The new vibration mechanism has been evaluated. The pressure of 396[kPa] was generated in the autoclave. This value was about twice larger than that of the vibration mechanism of the previous model. The deposited PZT thin film has been observed by the SEM.

    researchmap

  • 1A2-F09 扇形振動子を用いた強磁場環境用薄型超音波モータ(超環境ロボット・メカトロニクス)

    藤澤 和也, 前田 拓, 神田 岳文, 鈴森 康一, 竹腰 清乃理, 水野 敬

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    The purpose of this research is to apply a low-profile ultrasonic motor using sector shaped vibrators for sample spinning of the solid-state nuclear magnetic resonance (NMR) analysis. We have fabricated the motor made of nonmagnetic materials. The transducer consists of two sector shaped vibrators. The maximum diameter of this motor is 17 mm and the height is 41.5 mm. We have evaluated the driving performance of this motor in high magnetic field. As a result, the magnetic field had a small effect on the rotation performance of the motor. Therefore the motor can be used for sample spinning of the solid-state NMR analysis.

    researchmap

  • 1A2-H05 水熱合成法を用いたPLZT成膜条件の改良とアクチュエータの評価(MEMSとナノテクノロジー)

    殿界 明真, 山口 大介, 神田 岳文, 鈴森 康一

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2011年5月26日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日

    記述言語:日本語  

    Photo driven actuators have received an attention in recent years. PLZT has a photostrictive effect and can be driven by non-contact energy supply. In this study, PLZT films have been deposited by using a hydrothermal method. The growth and the condition of crystals would depend on a reactive temperature and an amount of reagent. The depositing condition of PLZT films has been improved and the characteristics of the films have been evaluated. Additionally, PLZT film actuators have been fabricated and those actuators have been driven by the ultraviolet lays. By measuring displacement, electric current and generative force, the PLZT thin film actuators have been evaluated.

    researchmap

  • 圧電高分子を用いた筋音センサの等尺性収縮による評価

    石塚博章, 柏原斉佳, 神田岳文, 脇元修一, 岡久雄

    第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マイクロ流路での分級を目的とした超音波振動による液滴操作

    瀬尾祥子, 神田岳文, 針田和樹, 小野努, 渡邉貴一

    第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Operation of a Pneumatic Sonft Manipulator Using a Wearable Interface with Flexible Strain Sensors

    Hiroki Hagihara, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Shota Furukawa

    2019 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Design and Evaluation of a Cylindrical Micromixer Using Ultrasonic Vibration in Torsional Vibration Mode

    Hiroaki Ishizuka, Takefumi Kanda, Seren Miyake, Shin-ichiro Kawasaki, Shuichi Wakimoto, Norihisa Seno, Tatsuya Fujii

    2019 IEEE International Uitrasonics Symposium (IUS2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ流路を用いた微小液滴生成・急冷によるフロー式ナノ粒子生成システム

    藤本望夢, 神田岳文, 大森健太郎, 田原尚宙, 阪田祐作, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高圧人工筋用微粒子励振型制御弁の試作・評価

    山本陽光, 橋本航, 神田岳文, 脇元修一, 妹尾典久, 森重佳久, 髙見春人, 鈴森康一, 浮田貴宏, 難波江裕之

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 柔軟ひずみセンサを用いたウェアラブルインタフェースによる3自由度ソフトマニピュレータの操作

    萩原弘貴, 脇元修一, 神田岳文, 古川匠太

    日本機械学会2019年度年次大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • インダクタンス変化型変位センサを一体化したスマート人工筋の磁性流体による駆動

    小川草太, 脇元修一, 神田岳文, 大村健人

    日本機械学会2019年度年次大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Composote structure of McKibben artificial muscle and optical ficer sensor

    Sota KOGAWA, Shuichi WAKIMOTO, Takefumi KANDA, Kento OMURA

    International Workshop on Piezoelectric materials and Applications in Actuators 2019 & ENHANCE Workshop (IWPMA2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Control of a hydraulic cylinder a particle excitation type three way valve

    Hikaru Yamamoto, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takahiro Ukida, Hiroyuki Nabae

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators 2019 & ENHABCE Workshop (IWPMA2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 微粒子励振型制御弁の流量特性改善に関する研究

    髙見春人, 神田岳文, 脇元修一, 山本陽光, 鈴森康一, 浮田貴宏, 難波江裕之

    2019年度精密工学会秋季大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境下駆動用矩形型振動子の構造の検討

    西田匠, 神田岳文, 脇元修一

    2019年度精密工学会秋季大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジャミング転移現象を利用した柔軟ロボットアームの可変剛性機能の検証

    井村修司, 脇元修一, 神田岳文

    日本機械学会2019年度年次大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 細径人工筋による平紐型集積構造の提案と特性評価

    高田諒, 脇元修一, 神田岳文, 鈴森康一

    第37回日本ロボット学会学術講演会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液滴生成および急冷可能なマイクロ流体デバイスを用いたナノ粒子生成システムの試作

    藤本望夢, 神田岳文, 大森健太郎, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    令和元年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • たわみ振動デバイスによるコアシェル液滴生成条件の検討

    大森健太郎, 藤本望夢, 神田岳文, 脇元修一, 妹尾典久

    2019年度精密工学会秋季大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラバーコーティングによる空気圧人工筋の特性改善

    萩原弘貴, 脇元修一, 神田岳文, 山本好恵

    第37回日本ロボット学会学術講演会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 流体駆動インチワームロボットの自立化に向けた駆動機構の開発

    松田大成, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マイクロ流路デバイスによる微小液滴を用いたナノ粒子生成条件の検討

    藤本望夢, 大森健太郎, 神田岳文, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マイクロ2重液滴の高速生成を実現する高周波振動デバイスの試作研究

    神田岳文

    平成30年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Evaluation of a small three-way valve driven by a single piezoelectric vibrator for hydraulic actuator system

    Hikaru YAMAMOTO, Takefumi KANDA, Shuichi WAKIMOTO, Kou HASHIMOTO, Haruto TAKAMI, Norihisa SENO, Koichi SUZUMORI, Takahiro UKIDA

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fabrication process of a McKibben artificial muscle with SMP fibers by a vraider mechine

    Koya Matsushita, Shuichi Wakimoto, Shigeyoshi Yahara, Takefumi Kanda

    The 8th International Conferenece on Manufacturing, machine Design and Triborogy (ICMDT2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of an Externally Powered Prosthetic Hand for Children Using Miniature McKibben Soft Actuators

    Nobuo Takemoto, Hironari Taniguchi, Shuichi Wakimoto, Kouyou Asano, Kousuke Morinaga, Takefumi Kanda

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Triborogy (ICMDT2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of Mobile Pnuematic Assist Wear System for Preventing Fall Accidents from Wheelchairs

    Makoto Takada, Kan Ishida, Shuichi Wakimoto, Takeji Ueda, Takefumi Kanda

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2019)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 極低温環境下における超音波振動子を用いた物体の浮上

    上西宏典, 神田岳文, 脇元修一

    2019年度精密工学会春季大会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いたコアシェル液滴生成

    大森健太郎, 藤本望夢, 神田岳文, 脇元修一, 妹尾典久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波振動を利用した円筒型マイクロミキサの試作および混合性能の評価

    石塚博章, 神田岳文, 三宅星連, 露木俊介, 川崎慎一朗, 脇元修一, 妹尾典久

    第31回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD31)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 凹面振動子を用いた集束超音波による液滴吐出デバイスの研究

    安藤克倫, 神田岳文, 脇元修一, 上西宏典, 中岡佑太, 田沼千秋

    第31回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD31)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光ファイバを編み込んだ変位推定機能を有するMcKibben型人工筋の提案と試作

    脇元修一, 大村健人, 神田岳文, 小川草太

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 胸腔鏡下手術用柔軟ステアリング機構の開発

    奥村慎司, 脇元修一, 神田岳文, 村西祐介, 佐藤寿彦

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A Piezoelectric Ceramic Sensor for Mesuring Mechanomyogram during Exercise

    Naoto Hayakawa, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Hisao Oka

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微笑孔板による液滴を用いたナノ粒子生成条件の検討

    藤本望夢, 勝田将矢, 神田岳文, 脇元修一, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    第30回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 細径McKibben型人工筋を使用した小児用義手の設計

    浅野皓洋, 竹本薫生, 谷口浩成, 脇元修一, 森永浩介, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 車椅子転落防止用ウェアラブル装置の開発

    石田莞, 脇元修一, 上田剛慈, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 単一の圧電振動子によって駆動する微粒子励振型三方弁の特性評価

    山本陽光, 神田岳文, 尾﨑隼人, 脇元修一, 橋本航, 髙見春人, 妹尾典久, 鈴森康一, 浮田貴宏, 難波江裕之

    2018年度精密工学会秋季大会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2液3相構造のマイクロ流路による液滴を用いたナノ粒子生成システムの試作

    藤本望夢, 神田岳文, 阪田祐作, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    平成30年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波ねじり振動を利用したマイクロミキサの試作および混合性能の評価

    針田和樹, 三宅星連, 神田岳文, 脇元修一, 妹尾典久, 川崎慎一朗

    2018年度精密工学会秋季大会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロリアクタによる微小液滴を用いたナノ粒子生成

    藤本望夢, 勝田将矢, 神田岳文, 脇元修一, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 中崎義晃, 音山貴史

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 空圧・水圧駆動が可能なアクチュエータシステムによる柔軟脚構造の提案

    小川草太, 脇元修一, 神田岳文

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 単一の圧電振動子により駆動する微粒子励振型三方弁の試作

    尾﨑隼人, 神田岳文, 脇元修一, 橋本航, 山本陽光, 妹尾典久, 鈴森康一, 浮田貴宏, 難波江裕之

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 圧電振動子による極低温用バルブの試作とソフトアクチュエータの駆動

    山田大貴, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Design of powered upper limb prosthesis for children using small diameter McKibben type artificioal muscle

    The Robotics and Mechatoronica Coference 2018(ROBOMEC2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Development of a Fall Preventive Wearable Device for Wheel Chair

    The Robotics and Mechatoronica Coference 2018(ROBOMEC2018)  2018年 

     詳細を見る

  • 導電性繊維を複合性製作した空圧人工筋の駆動システムのモデル化

    脇元修一, 後藤桂輔, 大村健人, 神田岳文

    第18回機素潤滑設計部門講演会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fabrication of a nanoparticle generation system using micro droplets by a microchannel

    Technical Meeting on Sensors and Micromachines 2018  2018年 

     詳細を見る

  • 超音波振動子を用いた水の噴霧実験

    針田和樹, 三宅星連, 露木俊介, 神田岳文, 脇元修一, 川崎慎一朗

    第30回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • タコの構造を模倣した柔軟マニピュレータの開発~マスタースレーブ方式による湾曲・ねじれ動作の制御~

    古川匠太, 脇元修一, 神田岳文, 萩原弘貴

    第18回機素潤滑設計部門講演会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nanoparticles generation using micro droplets by a microreacter

    The Robotics and Mechatoronica Coference 2018(ROBOMEC2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Proposal of a flexible leg mechanism with a soft actuator system diven by air and water pressure

    The Robotics and Mechatoronica Coference 2018(ROBOMEC2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Fabrication of a particle excitation three-way valve using a single piezoelectric vibrator

    The Robotics and Mechatoronica Coference 2018(ROBOMEC2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Fabrication of a cryopenic valve by using piezoelectric and driving of a soft actuator

    The Robotics and Mechatoronica Coference 2018(ROBOMEC2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Study on a condition of nanoparticles generation using droplets by an ultrasonic torsional trnsducer and micropore plate

    The 30th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD29)  2018年 

     詳細を見る

  • Fundamental Design of a Soft Master-Slave manipulator with Pneumatic Artificial Muscles

    Shota FURUKAWA, Shuichic WAKIMOTO, Takefumi KANDA, Hiroki HAGIHARA

    International Multi-Conference on Enginnering and Technology innovation 2018 (IMETI2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Modeling of a pnuematic artificial muscle fabricated with a conductive fiber

    The 18th Machine Design and Triblolgy Division Meeting in JSME  2018年 

     詳細を見る

  • 圧電アクチュエータの特殊環境への展開

    神田岳文

    センシング技術応用研究会第203回研究例会・ニューセラミックス懇話会第231回研究会合同研究例会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • A water sprying experiment using a Langevine-type ultrasonic torsional transducer

    The 30th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD29)  2018年 

     詳細を見る

  • Development of a flexible manipulator imitating octopus arm structure ~Ocntrol of bending and torsional motions by master-slave system~

    The 18th Machine Design and Triblolgy Division Meeting in JSME  2018年 

     詳細を見る

  • 柔軟歪みセンサを用いたソフトマニピュレータ用ウェアラブルインタフェースの試作

    萩原弘貴, 脇元修一, 神田岳文, 古川匠太

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人工筋アクチュエータ制御を目的とした微粒子励振型流量制御弁の高圧化

    橋本航, 神田岳文, 脇元修一, 森重佳久, 山本陽光, 髙見春人, 鈴森康一, 難波江裕之, 浮田貴宏

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インダクタンス変化型変位を内蔵したスマート人工筋の磁性粉体によるセンサ特性の向上

    小川草太, 脇元修一, 神田岳文, 大村健人

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 細径McKibben型人工筋を用いた小児用空圧筋電義手の設計

    浅野皓洋, 竹本薫生, 脇元修一, 谷口浩成, 森永浩介, 神田岳文

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Design and Fandamental Evaluation of a Wearable Support Device for Preventing Fall Accidents from Wheel Chairs

    kan ISHIDA, Shuichi WAKIMOTO, Takeji UEDA, Takefumi KANDA

    International Multi-Conference on Engnnering and Technology Innovation 2018 (IMETI2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2液3相構造のマイクロ流体デバイスを用いたナノ粒子生成システム

    藤本望夢, 神田岳文, 大森健太郎, 阪田祐作, 山田嘉昭, 妹尾典久, 脇元修一, 中崎義晃, 音山貴史

    第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インダクタンス変化による変位センサを一体化したスマート人工筋の製作手法

    小川草太, 脇元修一, 神田岳文, 大村健人

    平成30年秋季フルードパワーシステム講演会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A cryogenic rotary vale using bolt-clamped type transducer

    Takefumi Kanda, Taiki Yamada, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi

    2018 IEEE International Ultrasonic Symposium (IUS2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 圧電高分子材料を用いた筋音センサの試作評価

    石塚博章, 神田岳文, 柏原斉佳, 脇元修一, 岡久雄

    第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 集束超音波を用いた微小液滴吐出デバイスの試作評価

    上西宏典, 神田岳文, 中岡佑太, 脇元修一, 田沼千秋

    第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A cylindrical Ultrasonic vibration mixer for continuous flow chemical process

    Kazuki Harita, Seren Miyake, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Norihisa Seno, Shin-ichiro Kawasaki

    2018 IEEE Inernational Ultrasonic Symposium (IUS2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Design and Assessment of Phononic Crystals for Ultrasonic Wave via Optical Measurement Method

    Kensuke Manabe, Atsushi Ishikawa, Ken Yamamoto, Takefumi Kanda, Kenji Tsuruta

    2018 IEEE International Ultrasonic Symposium (IUS2018)  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of a Small Three-way Valve using Particle Excitation by a Piezoelectric Vibrator for the Driving of Fluidic Actuator

    Kou Hashimoto, Hayato Osaki, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Hikaru Yamamoto, Koichi Suzumori, Takahiro Ukida, Hiroyuki Nabae

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Evaluation of an Ultrasonic Motor using Titanium for Sample Spinning in High Magnetic Field

    Marie Obayashi, Taiahiro Yano, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Kiyonori Takegoshi, Tatsuya Matsunaga

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Development of a thin pneumatic rubber actuator generation 3-DOF motion - Design using FEM analysis and fabrication of an actuator -

    M. Yuzaki, K. Iwata, S. Wakimoto, T. Kanda

    16th International Conference on New Aucutators (ACTUATOR2018)  2018年 

     詳細を見る

  • A Small Three-way Hydraulic Valve Using Particle Excitation Controlled by One Piezoelectric Transducer

    T. Kanda, H. Osaki, N. Seno, S. Wakimoto, T. Ukida, K. Suzumori, H. Nabae

    16th International Conference on New Aucutators (ACTUATOR2018)  2018年 

     詳細を見る

  • A McKibben artificial muscle with variable contractuin characteristics by SMP material

    Shigeyoshi Yahara, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Micro droplets generation in a flowin continuous liqhui using an ultrasonic transducer

    Nozomu Fujimoto, Takuji Murakami, Kota Mori, Tomoyasu Yamada, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    The Third International Conference on Manipulation, Automation, and Robotics at Small Scales (MARSS2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Development of Pneumatic Valves adn a Fiber Sensor for a Smart Artificial Muscle

    K. Omura, K. Goto, S. Wakimoto, T. Kanda

    16th International Conference on New Aucutators (ACTUATOR2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Fundamental design of a myoelectric prosthesis hand for children using pneumatic artificial muscles

    Koyo ASANO, Nobuo TAKEMOTO, Hironari TANIGUCHI, Shuichi WAKIMOTO, Kosuke MORINAGA, Takefumi KANDA

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年 

     詳細を見る

  • Driving of Actuator Using a Control Valve Driven by the Piezoelectric Vibrator

    The 29th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD29)  2017年 

     詳細を見る

  • Development of Hydraulic Particle Excitation Control Valve Drive by Lateral-Deflection Vibration

    2017 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2017年 

     詳細を見る

  • Study on a Condition of Droplets Genetarion by DrooletGeneration System using an Ultrasonic Transducer

    The 29th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD29)  2017年 

     詳細を見る

  • Fbrication and evaluation of a droplet generation system using an ultrasonic torsional vibrator and a flowing ambient liquid

    2017 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2017年 

     詳細を見る

  • マイクロミキサの評価を目的とした流路内キャビテーションセンサ

    第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • Analysis of Flow Control Valve in Hydraulic System using Particle Excitation

    Proceeding of The 10th JFPS International Symposium on Fluid Power  2017年 

     詳細を見る

  • PZTの焦電効果を利用した積層型静電アクチュエータの出力評価

    第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 液体供給孔を有する集束超音波を用いた液滴吐出デバイスの試作

    第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 圧電アクチュエータを用いた極低温用バルブの試作と評価

    2017年度精密工学会秋季大会  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学におけるアクチュエータとその応用に関する研究

    中国地域産総研技術セミナー in 岡山  2017年 

     詳細を見る

  • 円筒型超音波振動ミキサの試作および混合性能の評価

    2017年度精密工学会秋季大会  2017年 

     詳細を見る

  • A small three-way valve for hydraulic actuators using piezoelectric transducers

    Hayato Osaki, Takafumi Kanda, Norihisa Seno, Koichi Suzumori, Takahiro Ukida, Hiroyuki Nabae

    2017 IEEE International Ultrasonic Symposium (IUS2017)  2017年 

     詳細を見る

  • Nanoparticles Generation System using an Ultrasonic Torsional Transducer

    Nozomu Fujimoto, Takafumi Kanda

    2017 IEEE International Ultrasonic Symposium (IUS2017)  2017年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子を用いたエチレングリコールの低流量噴霧

    2017年度精密工学会秋季大会  2017年 

     詳細を見る

  • Novel three-way valve for pneumatic and hydraulic actuators using piezoelectric transducers 招待

    T.Kanda

    2017 Internationala Workshop on Piezoelectric Materials and Applications  2017年 

     詳細を見る

  • フォノニック結晶中の超音波伝播と光学的可視化評価

    超音波研究会  2017年 

     詳細を見る

  • マイクロ流路を用いた超音波振動によるエマルション生成条件の検討

    超音波研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 圧電アクチュエータの特殊環境展開

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年 

     詳細を見る

  • 変形するゴム微細表面構造上における水滴形状の滴下体積による変化

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔を用いた液滴生成システムの評価

    平成29年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 超音波振動子を用いた液滴生成システムにおける液滴生成条件の検討

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 圧電振動子駆動制御弁を用いたアクチュエータの駆動

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型流量制御弁による人工筋の制御

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2017  2017年 

     詳細を見る

  • 流体アクチュエータの駆動を目的とした微粒子励振による小型三方弁の開発

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2017  2017年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と液体流れ場を用いた液滴生成システムの試作と評価

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2017  2017年 

     詳細を見る

  • 横方向たわみ振動を用いた油圧励振型制御弁の試作

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2017  2017年 

     詳細を見る

  • Development of a thin pnumatinc rubber actuator generating 3-DOF motion

    The 18th SICE System Integration Division Annual Conference  2017年 

     詳細を見る

  • Nanoparticles generation using mono-dicperse droplet by an ultrasonic transducer

    The 34rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2017年 

     詳細を見る

  • マイクロリアクタ用円筒型超音波振動ミキサ

    2017年度精密工学会春季大会  2017年 

     詳細を見る

  • Improvement of McKibben type artificial muscle using helical shape memory polymer fibers

    The 18th SICE System Integration Division Annual Conference  2017年 

     詳細を見る

  • Evaluation of a multilayer type electrostatic actuator uing a pyroeledtric effect of PZT

    The 34rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2017年 

     詳細を見る

  • A Droplet ejection device using focused ultrasonic beam with liquid supply hole

    The 34rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2017年 

     詳細を見る

  • A Cavitation Sensor for the Evaouation of a Micromixer

    The 34rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2017年 

     詳細を見る

  • A low Flow rate ethylen glycol spraying using a Lngevin-type ultrasonic torsional transducer

    2017 The Japan Society for Precision Engineering Autumn Meeting  2017年 

     詳細を見る

  • Studies of Piezoelectric Actuators for Specific Environments

    Mechanical Engineering Congresss, 2017 JAPAN (MECJ2017)  2017年 

     詳細を見る

  • Fabrication of a Cylindrical Ultrasonic Vibration Mixer and Evaluation of Mixing Performance

    2017 The Japan Society for Precision Engineering Autumn Meeting  2017年 

     詳細を見る

  • Development and ezaluation of a cryogenic valve using a piezoelectric actuator

    2017 The Japan Society for Precision Engineering Autumn Meeting  2017年 

     詳細を見る

  • Study on Ultrasonic Emulsification Condition using Microchannel Device

    2017年 

     詳細を見る

  • Evaluation of a nanoparticle generation system using an ultrasonic torsional transducer and a micropore plate

    Technical Meeting on Sensors and Micromachines 2017  2017年 

     詳細を見る

  • Shape Change of Water Droplet Influenced by the Drop Volume on a Defoeming Rubber Sheet with Micro Surface Strctures

    Mechanical Engineering Congresss, 2017 JAPAN (MECJ2017)  2017年 

     詳細を見る

  • Ultrasonic Propagation in Phononic Crystals and Optical Visualization

    2017年 

     詳細を見る

  • A Cylindrical Mixer for microreactors using an Ultrasonic Vibration

    The 2017 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2017年 

     詳細を見る

  • Control of a McKibben artificial muscle by flow control valves using

    2017 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2017年 

     詳細を見る

  • Development of a small three-way valve using particle excitation for the driving of fluid actuator

    2017 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2017年 

     詳細を見る

  • らせん形状記憶ポリマーを用いた空気圧人工筋の特性改善

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI 2016)  2017年 

     詳細を見る

  • Cryogenic Ultrasonic Motor Using a Stick-Slop Motion Generated by a Torsional Transducer

    Taiki Yamada, Takefumi Kanda, Masataka Kuroda, masahiro Nakazono

    The 7th International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(ICMDT2017)  2017年 

     詳細を見る

  • Effects of a Langevin-type ultrasonic transducer on a low flow rate spraing

    Seren Miyake, Kazuki Harita, Syoki Ofuji, Takefumi Kanda, Shin-ichiro Kawasaki

    The 7th International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(ICMDT2017)  2017年 

     詳細を見る

  • 多自由度扁平ソフトアクチュエータの開発

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI 2016)  2017年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじる振動子による単分散液滴を用いたナノ粒子生成

    第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型空気流量比例制御弁の流量特性の改善方法の考案 第2報 安定流量域の拡大

    2016年度精密工学会春季大会  2016年 

     詳細を見る

  • ランジュバン型ねじり振動子を用いた噴霧ノズルによる液体の低流量噴霧

    日本機械学会2016年度年次大会  2016年 

     詳細を見る

  • 圧電振動子駆動微粒子励振型制御弁による水圧アクチュエータの駆動

    第34回日本ロボット学会学術講演会  2016年 

     詳細を見る

  • Highly Responsive and Stable Flow Control Valve using a PZT transducer

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Szumori, Takefumi Kanda

    2016 IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS)  2016年 

     詳細を見る

  • A Cryogenic Ultrasonic Actuator using a Torsional Transducer

    Takefumi Kanda, Masataka Kuroda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori

    2016 IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS)  2016年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型制御弁を用いた水圧シリンダ制御

    2016年度精密工学会秋季大会  2016年 

     詳細を見る

  • Piezoelectric transducer design for particle excitation hydraulic control valve

    The 37th Symposium on UltraSonic Eletronics (USE 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 超音波振動デバイスを用いたナノエマルション生成におけるプレエマルションの影響

    第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • 焦電効果を用いた高温環境用静電アクチュエータの特性評価

    第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • Evaluation of a spraying state using a nozzle oscillated by a torsional transducer

    Takefumi Kanda, Seren Miyake, Shoki Ofuji, Shunsuke Tsuyuki, Shin-ichiro Kawasaki

    The 37th Symposium on UltraSonic Eletronics (USE 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 結晶微粒化を目的とした急冷マイクロリアクタシステムの製作と評価

    第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型流量制御弁の水圧システムへの適用

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • 超音波振動を用いた積層型デバイスによるマイクロ流路内液滴操作

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • 作動流体の粘性による微粒子励振制御弁の駆動特性への影響

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型流量制御弁による油流量制御

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年 

     詳細を見る

  • Production of Nanoemulsion using a Microchannel Device Oscillated by Piezoelectric Transducer 招待

    Takefumi Kanda

    IEEE 16th International Conference on Nanotechnology (NANO 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • 焦電効果を用いた高温環境用静電アクチュエータの特性評価

    平成28年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会  2016年 

     詳細を見る

  • High Response Proportional Flow Control Valve Using Particle Excitation

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    15th International Conference on New Actuators & 9th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems(Actuator 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • ねじり振動子共振駆動型極低温用超音波モータ ―第2報 駆動波形の検討―

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年 

     詳細を見る

  • Effective Vibration Mode of Ultrasonic Transducers for Low Flow Rate Spraying

    Shoki Ofuji, Shunsuke Tsuyuki, Takefumi Kanda, Seren Miyake, Shin-ichiro Kawasaki

    15th International Conference on New Actuators & 9th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems(Actuator 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • Mono-Dispersed Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by Using an Ultrasonic Vibrator

    Takefumi Kanda, Tomoyasu Yamada, Kota Mori, Koichi Suzumori

    15th International Conference on New Actuators & 9th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems(Actuator 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • Evaluation of an electrostatic actuator for high temprature enviroment

    The 33rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2016年 

     詳細を見る

  • Fabrication and evaluation of quench microreactorsystem for miniaturization of alum crystals

    The 33rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2016年 

     詳細を見る

  • Effect of Pre-emulsion Generation Nano-emulsion by Using Ultrasonic Vibration Devics

    The 33rd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors, Micromachines and Applied Systems  2016年 

     詳細を見る

  • ボルト締め型振動子を用いた固体NMR用超音波モータの試作・評価

    第16回 機素潤滑設計部門講演会  2016年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔を用いた液滴生成における液柱形状に関する考察

    第16回 機素潤滑設計部門講演会  2016年 

     詳細を見る

  • 気液相変化駆動ソフトラバーアクチュエータの開発

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型制御弁による水流量の制御

    2016年度精密工学会春季大会  2016年 

     詳細を見る

  • Basic study on a Soft Atuator Integrate with Small Flow Valves Driveb by Piezoelectric Vibrators

    The 17th SICE System Integration Division Annual Conference  2016年 

     詳細を見る

  • 高温環境での使用を目的とした振動型アクティブミキサ

    特別電源所在県科学技術振興事業  2016年 

     詳細を見る

  • An emulsification system using a microchannel and a piezoelectric transducer 招待

    T. Kanda

    5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan  2016年 

     詳細を見る

  • Development of gas/liquid phase change drive soft rubber actuator

    The 28th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD28)  2016年 

     詳細を見る

  • An ultrasonic motor using a bolt clamped Langevin-Type transducer for solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer

    The 16th. Machine Design and Tribology Division Meeting in JSME  2016年 

     詳細を見る

  • Evaluation of an electrostatic actuator for high temperature environment using a pyroelectric effect

    Technical Meeting on Sensors and Micromachines 2016  2016年 

     詳細を見る

  • Resonant-type Ultrasonic Motor by Using the Torsional Transducer -2nd report, Study of the driving waveform-

    2016 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2016年 

     詳細を見る

  • A low flow rate liquid spraying using a Lange-vin type ultrasonic torsional transducer

    The Japan Society of Mechanical Engineers 2016 meeting  2016年 

     詳細を見る

  • Hydraulic cylinder control by flow control valve using particle excitation

    2016 JSPE Annual Autumn Meeting  2016年 

     詳細を見る

  • An application of a flow control valve using particle excitation to the water system

    The 28th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD28)  2016年 

     詳細を見る

  • Droplet Manipulation in Microchannel by Stacked Device Using Ultrasonic Vibration

    The 28th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD28)  2016年 

     詳細を見る

  • Influence of working fluid viscosity on driving characteristics of flow control valve using particle excitation

    2016 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2016年 

     詳細を見る

  • A hydraulic valve using particle excitation

    2016 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2016年 

     詳細を見る

  • Study on liquid column formation in the droplet generation using ultrasonic torsional vibrator and micropore

    The 16th. Machine Design and Tribology Division Meeting in JSME  2016年 

     詳細を見る

  • The method of improving flow characteristics for Proportional Air Flow Control Valve Using Particle Excitation 2nd report Expansion of stability flow characteristics

    The 2016 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2016年 

     詳細を見る

  • Water flow control valve using particle excitation

    The 2016 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2016年 

     詳細を見る

  • Piezpelectric transducer design for particle excitation hydraulic control valve

    Takahiro Ukida, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Takefumi Kanda

    The 37th Symposium on UltraSonic Eletronics  2016年 

     詳細を見る

  • 圧電振動子駆動小型流量制御弁一体型ソフトアクチュエータの試作・評価

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI 2016)  2016年 

     詳細を見る

  • Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by using an Ultrasonic Torsional Vibrator and a Micropore Plate 4th report:Condition for the generation of mono-dispersed droplets

    2015 The Japan Society for Precision Engineering Autumn Meeting  2015年 

     詳細を見る

  • Research on Controllability of the Particle Excitation Flow Control Valve

    Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    The 6th International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(ICMDT2015)  2015年 

     詳細を見る

  • Displacement and Gripping Detection by Piezoelectric Polymer Sensors for Soft Actuators

    Yusuke Okamoto, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori

    The 6th International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(ICMDT2015)  2015年 

     詳細を見る

  • Mechanism for Droplet Using Hydrophilic/Hydrophobic Rubber Materials

    Kazuyuki Shimogawa, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Yoshihisa Morishige, Takefumi Kanda

    The 6th International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(ICMDT2015)  2015年 

     詳細を見る

  • Development of An Adsorption Suction Cup With Integrated Micro Suction Cups

    Takao Hishikawa, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    The 6th International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(ICMDT2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 焦電効果を用いた高温環境用アクチュエータの試作・評価

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型空気流量比例制御弁の動特性の評価

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 低流量噴霧による薄膜塗装の実現を目的とした超音波振動ノズル

    特別電源所在県科学技術振興事業  2015年 

     詳細を見る

  • Relationship of applied voltage and droplet diameter in ultrasonic vibration device for generation of nano-emulsion

    The 32nd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors,Micromachines and Applied Systems  2015年 

     詳細を見る

  • Evaluation of a concave shape small ultrasonic transducer using PZT film by deposited hydrothermal method

    The 32nd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors,Micromachines and Applied Systems  2015年 

     詳細を見る

  • Evaluation of a Microchannel Device for an Emulsion Generation by using a Piezoelectric Polymer Sensor

    The 36th Symposium on UltraSonic Electronics  2015年 

     詳細を見る

  • Fabrication and Evaluation of Piezoelectric Polymer Sensors for Soft Actuators

    The 32nd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors,Micromachines and Applied Systems  2015年 

     詳細を見る

  • Shape Change of Water Droplet on Deforming Rubber Sheet with Micro Surface Structures

    Mechanical Engineering Congress,2015 Japan(MECJ-15)  2015年 

     詳細を見る

  • Vibration mode of ultrasonic transducers for low flow rate spraying

    2015 The Japan Society for Precision Engineering Autumn Meeting  2015年 

     詳細を見る

  • Study of droplet manipulation condition in droplet manipulation device using ultrasonic vibration

    The 32nd SENSOR SYMPOSIUM on Sensors,Micromachines and Applied Systems  2015年 

     詳細を見る

  • Gas/liquid phase change driven rubber soft actuator

    Mechanical Engineering Congress,2015 Japan(MECJ-15)  2015年 

     詳細を見る

  • 空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重駆動システム ―第3報 小型制御モジュールの開発と10アクチュエータの独立制御―

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • Development of proportional control valve using particle excitation -Development of Prototype for Stable Flow Characteristic-

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • Driving of light driven SMA manipulator

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • Research on Bundle Mechanism of Thin McKibben Artificial Muscles -1st report:Static characteristics of contraction ratio and contraction force-

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • Flow control Valve Using Particle Excitation by Torsional Vibrator -Confirmation of Usefulness of Torsional Vibration-

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • A low flow spray by using ultrasonic transducers

    The 27th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD27)  2015年 

     詳細を見る

  • Multiplex Pneumatic Actuator Drive Utilizing Acoustic Communication in Air Supply Line -3rd report:Development of small control modules and independent control of ten pneumatic actuators-

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • Micro beaker chemical synthesis process using a three-way solenoid valve

    The 27th Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD27)  2015年 

     詳細を見る

  • Development of bolt-clamped Langevin-type transducer with separated structures for droplet generation

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • Droplet Manipulation at Microchannel by Using Ultrasonic Vibration in Emulsion Generation System

    2015 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2015年 

     詳細を見る

  • The method of improving flow characteristics for Proportional Air Flow Control Valve Using Particle Excitation

    2015 The Japan Society for Precision Engineering Autumn Meeting  2015年 

     詳細を見る

  • Evaluation of actuator for high temperature environment using pyroelectric effect

    The 2015 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2015年 

     詳細を見る

  • Dynamic characteristics of Proportional Air Flow Control Valve Using Particle Excitation

    2015 Annual Spring Meeting of The Japan Society for Precision Engineering  2015年 

     詳細を見る

  • エマルション生成用マイクロ流路デバイスの圧電高分子センサによる評価

    第36回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • Contact Angle of Water Droplet on Deforming Rubber Sheet with Micro Surface Structures

    Yoshihisa Morishige, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda

    2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration  2015年 

     詳細を見る

  • Locomotion Characteristics of Soft Mobile Robot Platform for Upper Gastrointestinal(UGI)Fluoroscopic Examination

    Mohamed Najib Ribuan, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration  2015年 

     詳細を見る

  • Design and locomotion of eight-legged soft mobile robot

    Mohamed Najib Ribuan, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    The 6th International Conference on Advanced Mechatronics(ICAM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • Design and evaluation of a pre-stress control device for cryogenic ultrasonic motors

    Masahiro Nakazono, Takefumi Kanda

    The 6th International Conference on Advanced Mechatronics(ICAM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • Establishment of a simplified simulation method for Axially Reinforced Pneumatic Artificial Muscle by introducing Anisotropic Material

    Gaurav Maiti, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • A small water flow control valve using particle excitation by PZT vibrator

    Takahiro Ukida, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Takefumi Kanda, Shoki Ofuji

    The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015)  2015年 

     詳細を見る

  • ソフトアクチュエータ用圧電高分子センサの作成と評価

    第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • ナノエマルション生成を目的とした超音波振動デバイスにおける印加電圧と液滴径の関係

    第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • Small Size Pneumatic Valve for Smooth Flow Control using PZT vibrator

    Daisuke HIROOKA, Tomomi YAMAGUCHI, Naomichi FURUSHIRO, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA

    2015 IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS)  2015年 

     詳細を見る

  • Low flow rate spraying using a torsional ultrasonic transducer

    Shunsuke Tsuyuki, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shin-ichiro Kawasaki, Shoki Ofuji

    2015 IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS)  2015年 

     詳細を見る

  • 水熱合成PZT膜を用いた凹面型小型超音波トランスデューサの作成と評価

    第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 超音波振動を用いた液滴操作デバイスにおける液滴操作条件の検討

    第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 低流量噴霧を目的とした超音波振動ノズルの振動モード

    2015年度精密工学会秋季大会  2015年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成 第4報:単分散液滴生成条件の導出

    2015年度精密工学会秋季大会  2015年 

     詳細を見る

  • 気液相変化型ラバーソフトアクチュエータの開発

    日本機械学会2015年度年次大会  2015年 

     詳細を見る

  • ゴム微細表面構造の変形による水滴の形状変化

    日本機械学会2015年度年次大会  2015年 

     詳細を見る

  • タコの腕構造を模倣した柔軟マニピュレータの試作

    第33回日本ロボット学会学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 多自由度扁平ソフトアクチュエータの開発

    第33回日本ロボット学会学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型空気流量比例制御弁の流量特性の改善方法の考案

    2015年度精密工学会秋季大会  2015年 

     詳細を見る

  • 液滴生成を目的とした分離構造を持つランジュバン型ねじり振動子の開発

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • エマルション生成システムにおける超音波振動を用いたマイクロ流路内液滴操作

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • 空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重駆動システム ―第4報 中継システムを用いた長距離通信の実現ー

    第33回日本ロボット学会学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • ACTUATORS FOR HIGH TEMPERATURE ENVIRONMENT USING PYROELECTRIC EFFECT

    Takefumi Kanda, Yuya Noguchi, Koichi Suzumori

    The 12th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators(IWPMA2015)  2015年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型比例制御弁の開発 ―流量特性の安定を目指した試作機の開発―

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • 細径McKibben型人工筋の集積化に関する研究 ―第1報:収縮率と収縮力の静特性の測定―

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • ねじり振動を用いた微粒子励振型空気流量制御弁 -ねじり振動の有用性の確認-

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • 三方電磁弁を用いたマイクロビーカ化学合成プロセス

    第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 超音波振動ノズルによる低流量噴霧

    第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 光加熱を用いたSMAマニピュレータの駆動方法に関する研究

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年 

     詳細を見る

  • 極低温用超音波モータの駆動特性の温度依存性

    第35回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2014年 

     詳細を見る

  • ACOUSTIC COMMUNICATION IN AIR SUPPLY LINE REALIZING MULTIPLEX CONTROL OF ACTUATORS

    Koichi SUZUMORI, Naoto OSAKI, Jumpei MISUMI, Akina YAMAMOTO, Takefumi KANDA

    The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power  2014年 

     詳細を見る

  • PNEUMATIC SOFT ROBOT BASE WITH OMNIDIRECTIONAL LOCOMOTION

    Mohamed Najib RIBUAN, Koichi SUZUMORI, Shuichi WAKIMOTO, Takefumi KANDA

    The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power  2014年 

     詳細を見る

  • Light Driven SMA Actuator Using Optical Waveguide Made of Past Type Organic Material

    Keita Usaki, Yuichi Ashida, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto

    The 25th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2014)  2014年 

     詳細を見る

  • DROPLETS GENERATION IN A FLOW FIELD BY USING A BOLT-CLAMPED LANGEVIN-TYPE TRANSDUCER

    Kota MORI, Takuji MURAKAMI, Takefumi KANDA, Koichi SUZUMORI

    The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power  2014年 

     詳細を見る

  • 微小領域内キャビテーションセンサによるナノエマルション生成デバイスの評価

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • 低流量噴霧を目的とした超音波振動型噴霧ノズル

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 -第11報 応答性の評価-

    第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会  2014年 

     詳細を見る

  • Study on droplets Generation in a Flow field by using a Bolt-clamped Langevin-type Transducer and a Micropore Plate.

    The 26th Symposium on Electromagnetics and Dynamics  2014年 

     詳細を見る

  • 微粒子励振型比例制御弁の開発ーオリフィス板の振動特性を考慮した流量特性の評価ー

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年 

     詳細を見る

  • ねじり振動を用いた微粒子励振型空気流量制御弁

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年 

     詳細を見る

  • Ultrasonic Motor for sample spinning of solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer in high magnetic field

    Daisuke Yamaguchi, Dai Takeda, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    2014 IEEE International Ultrasonics Symposium  2014年 

     詳細を見る

  • An Ultrasonic Vibration Device for Emulsion Concentration

    Naoya Ogawa, Yusuke Kiyama, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono

    ACTUATOR14 14th International Conference on New Actuators & 8th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems  2014年 

     詳細を見る

  • 空圧配管内音響通信システムを利用した空圧アクチュエータの多重空圧駆動システムー第2報 圧縮空気を利用した自立電源の開発ー

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年 

     詳細を見る

  • 極低温用超音波モータの等価回路を用いた特性評価

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • 音響通信を利用した多重空圧駆動系用自立電源

    日本機械学会2014年度年次大会  2014年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Thermal Stress of Transducers for Cryogenic Ultrasonic Motors

    Yuya Noguchi, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kand, Koichi Suzumori

    2014 IEEE International Ultrasonics Symposium  2014年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成 第3報:連続相の動粘度による液滴生成条件の変化

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • A Multiplex Pneumatic Actuator Drive Method Based on Acoustic Communication in Air Supply Line

    Koichi Suzumori, Naoto Osaki, Jumpei Misumi, Akina Yamamoto, Takefumi Kanda

    The 2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2014)  2014年 

     詳細を見る

  • スパッタリングと水熱合成を用いた圧電デバイス用高密度PZT薄膜の創製

    平成26年電気学会全国大会  2014年 

     詳細を見る

  • 超音波モータによる超音波切開凝固装置用回転機構の小型化

    2014年度精密工学会春季大会  2014年 

     詳細を見る

  • 超音波振動を用いたマイクロ流路デバイスにおけるエマルション濃縮

    2014年度精密工学会春季大会  2014年 

     詳細を見る

  • 極低温用ボルト締めランジュバン型振動子の等価回路を用いた性能評価

    2014年度精密工学会春季大会  2014年 

     詳細を見る

  • 空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重駆動システムー第1報 システム構成の提案と基礎実験結果ー

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年 

     詳細を見る

  • ねじり振動子共振駆動型極低温用超音波モータ

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年 

     詳細を見る

  • ランジュバン型ねじり振動子を用いた流れ場内への液滴生成と生成条件の検討

    第26回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

  • 極低温用ランジュバン型振動子の熱応力に関する検討

    第14回機素潤滑設計部門講演会  2014年 

     詳細を見る

  • 超音波モータの個体NMR分析用試料回転機構への応用

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年 

     詳細を見る

  • 圧電デバイスとマイクロ流路によるエマルション生成システムの検討

    第26回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

  • Flow control Valve Using Particle Excitation by Torsional Vibrator

    2014JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2014年 

     詳細を見る

  • Local Power Supply for Multiplex Pneumatic Actuator Drive Utilizing Acoustic Communication

    Mechanical Engineering Congress,2014 Japan(MECJ-14)  2014年 

     詳細を見る

  • Development of proportional control valve using particle excitation-Evaluation of flow characteristic taking the vibration property of orifice plate into consideration-

    2014JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2014年 

     詳細を見る

  • Flow Control Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator -11th report Evaluate response of flow control valve-

    The 15th SICE System Integration Division Annual Conference  2014年 

     詳細を見る

  • Study on Temperature Dependency for Driving Performance of the Ultrasonic Motor for Cryogenic Temperature

    The 35th Syposium on ULTRASONIC ELECTRONICS  2014年 

     詳細を見る

  • 液体水素温度環境用超音波モータの試作研究

    特別電源所在県科学技術振興事業  2014年 

     詳細を見る

  • Evaluation of ultrasonic motor for ultralow temperature by using equivalent circuit

    2014 The Japan Society for Precision Engineering Annual Fall Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by using an Ultrasonic Torsional Vibrator and a Micropore Plate 3rd report:Dependence of continuous phase kinematic viscosity against droplets generation

    2014 The Japan Society for Precision Engineering Annual Fall Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Nano Emulsion Generation Device by Using a Micro Cavitation Detecting Sensor

    2014 The Japan Society for Precision Engineering Annual Fall Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • An ultrasonic transducer for a low flow rate spraying

    2014 The Japan Society for Precision Engineering Annual Fall Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • Miniaturization of the ultrasonically activated scalpel with ultrasonic rotation device

    The 2014 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2014年 

     詳細を見る

  • Resonant-type Cryogenic Ultrasonic Motor by Using the Torsional Transducer

    2014JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2014年 

     詳細を見る

  • A low-profile ultrasonic motor for solid-state high resolution nuclear magnetic resonance spectrometer

    2014JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2014年 

     詳細を見る

  • Multiplex Pneumatic Actuator Drive Utilizing Acoustic Communication in Air Supply Line-2nd report:The development of Local Power Supply utilizing compressed-air-

    2014JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2014年 

     詳細を見る

  • Multiplex Pneumatic Actuator Drive Utilizing Acoustic Communication in Air Supply Line -1st report:The proposal of a system configuration and basic experimental results-

    2014JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2014年 

     詳細を見る

  • Emulsion Concentration Microchannel Device Using an Ultrasonic Vibration

    The 2014 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2014年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Bolt-clamped Langevin-type Transducer at Ultralow Temperature by Using Equivalent Circuit

    The 2014 Annual Spring Meeting of the Japan Society for Precision Engineering  2014年 

     詳細を見る

  • Study on Emulsion Generation System using Piezoelectric devices and Microchannels

    The 26th Symposium on Electromagnetics and Dynamics  2014年 

     詳細を見る

  • ニオブ酸リチウムを使用した高温環境用超音波振動子に関する研究

    第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Piezoelctric Materials for Cryogenic Ultrasonic Motor

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    2013 International Ultrasonics Symposium (IEEE UFFC Joint Symposia)  2013年 

     詳細を見る

  • 極低温環境における圧電性の温度依存性評価と振動子への応用

    2013年度精密工学会秋季大会  2013年 

     詳細を見る

  • 極低温環境用超音波モータの振動子の試作・評価

    2013年度精密工学会秋季大会  2013年 

     詳細を見る

  • 圧電高分子材料を用いた微小領域内キャビテーション検出センサ

    第5回マイクロ・ナノ工学シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • 液滴生成用ランジュバン型ねじり振動子によるシリコーンオイルの吐出

    2013年度精密工学会秋季大会  2013年 

     詳細を見る

  • 極低温環境用アクチュエータへの適用を目的とした超音波振動子の検討

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

  • 高・低速駆動可能な極低温用超音波モータの駆動評価

    第31回日本ロボット学会学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 水熱合成PZT薄膜を用いた球面型超音波トランスデューサの作製と評価 (第二報)スパッタリング法による結晶核生成の改良

    2013年度精密工学会秋季大会  2013年 

     詳細を見る

  • 極低温超音波モータ用振動子の熱応力低減に関する研究

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

  • A nano emulsion generator using a microchannel and a bolt clamped type transducer

    Takefumi Kanda, Yusuke Kiyama, Koichi Suzumori

    2013 International Ultrasonics Symposium (IEEE UFFC Joint Symposia)  2013年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Piezoelectric Materials for Transducer at Ultralow Temperature

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    the 10th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications and 8th Energy Harvesting Workshop  2013年 

     詳細を見る

  • 光駆動SMA アクチュエータの導波路パターンの改良

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013  2013年 

     詳細を見る

  • 液滴生成を目的としたランジュバン型ねじり振動子の小型化

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013  2013年 

     詳細を見る

  • Condition of Micro Droplet Generation by Using an Ultrasonic Torsional Transducer and a Micropore with Tapered Nozzle

    Toru Kishi, Takuji Murakami, Yusuke Kiyama, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    the 10th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications and 8th Energy Harvesting Workshop  2013年 

     詳細を見る

  • 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁―第9 報 駆動に最適な振動条件の確認―

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013  2013年 

     詳細を見る

  • オンデマンド型ナノカプセル製造を目的とした高周波振動デバイス

    平成24年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会  2013年 

     詳細を見る

  • 極低温環境における圧電材料の評価と振動子への応用

    2013年度 精密工学会春季大会学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 圧電高分子材料を用いた微小領域内キャビテーション検出センサ

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013  2013年 

     詳細を見る

  • ナノエマルション生成用高周波振動マイクロ流路デバイス

    第25回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • Multi-Degrees-of-Freedom Forceps for an Ultrasonically Activated Device with an Ultrasonic Motor

    Etsuko Kobayashi, Hisashi Sakamoto, Choi Woojin, Takeshi Morita, Takefumi Kanda, Ichiro Sakuma

    The First CIRP (College International pour la Recherche en Productique) Conference on Biomanufacturing  2013年 

     詳細を見る

  • スパッタリングと水熱合成を用いた圧電デバイス用PZT薄膜の作製

    電気学会フィジカルセンサ研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成(第2報:液滴生成条件の検討)

    2013年度 精密工学会春季大会学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • Improvement of the waveguide pattern for light driven SMA actuator

    2013JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2013)  2013年 

     詳細を見る

  • Miniaturization of bolt-clamped Langevin-type transducer for droplet generation

    2013JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2013)  2013年 

     詳細を見る

  • Cavitation Detection Sensor in the Micro Channel using the Piezoelectric Polymer

    2013年 

     詳細を見る

  • Flow Metering Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator

    2013JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2013)  2013年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Piezoelectric Materials and Transducer at Ultralow Temperature

    2013 Annual Spring Meeting of The Japan Society for Precision Engineering  2013年 

     詳細を見る

  • Cavitation detection sensor in the micro channel using the piezoelectric polymer

    2013JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2013)  2013年 

     詳細を見る

  • Microchannel Oscillating Devices for a Generation of Nano Emulsion

    The 25th Symposium on Electromagnetics and Dynamics  2013年 

     詳細を見る

  • Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by using an Ultrasonic Torsional Vibrator and a Micropore Plate 2nd report: Studny on a Conditon of Droplets Generation

    2013 Annual Spring Meeting of The Japan Society for Precision Engineering  2013年 

     詳細を見る

  • Fabrication of PZT film for Piezoelectric Devices by Combining a Sputtering Deposition and a Hydrothermal Method

    Technical meeting on Physical Sensor, IEE Japan  2013年 

     詳細を見る

  • 極低温環境における振動子の性能と圧電性の関係

    第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • Mono-disperse Droplets Generation in the Flowing Continuous Liquid by using an Ultrasonic Torsional Transducer

    2012 JSPE (The Japan Society for Precision Engineering) Spring Meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Nano-sized Emulsion Generation Using a Microchannel Oscillated by an Ultrasonic Vibration Device

    Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Kumiko Yagiura, Kenichi Ogawara, Kazutaka Higaki

    ACTUATOR12 13th International Conference on New Actuators & 7th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems  2012年 

     詳細を見る

  • 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 ―第8 報 オリフィス配置条件の最適化による連続的流量調整の実現―

    一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  2012年 

     詳細を見る

  • 超音波振動マイクロ流路デバイスとT字マイクロチャネルを用いたナノエマルション生成

    2012年度 精密工学会秋季大会  2012年 

     詳細を見る

  • Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Using Bolt-clamped Langevin-type Transducer for Ultralow Temperature

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda, Dai Takeda

    ACTUATOR12 13th International Conference on New Actuators & 7th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems  2012年 

     詳細を見る

  • ソフトアクチュエータの変位検出のための圧電高分子柔軟センサに関する研究

    一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  2012年 

     詳細を見る

  • 固体NMR分析における試料回転機構への応用を目的とした超音波モータの駆動評価

    一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  2012年 

     詳細を見る

  • 極低温用超音波モータに用いるボルト締めランジュバン型振動子の改良

    一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  2012年 

     詳細を見る

  • ランジュバン型ねじり振動子による液滴生成における生成条件

    一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  2012年 

     詳細を見る

  • 極低温超音波モータの改良とモータの評価

    日本ロボット学会第30回記念学術講演会  2012年 

     詳細を見る

  • 水熱合成PZT薄膜を用いた球面型超音波トランスデューサの作製と評価

    2012年度 精密工学会秋季大会  2012年 

     詳細を見る

  • 超音波モータを用いた超音波凝固切開装置用鉗子先端回転機構の研究

    2012年度 精密工学会春季大会  2012年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成

    2012年度 精密工学会春季大会  2012年 

     詳細を見る

  • Microchannel Devices Oscillated by PZT Plates for a Generation of Nano Emulsion

    Takefumi Kanda, Takuya Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Kumiko Yagiura, Youichirou Ise, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki

    the 9th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators  2012年 

     詳細を見る

  • 極低温・強磁場の複合極限環境下での使用を目的とした超音波モータの試作・評価

    第12回 日本機械学会 機素潤滑設計部門講演会  2012年 

     詳細を見る

  • High-density PZT film for Piezoelectric Devices Realized by Sputtering Deposition and Hydrothermal Synthesis

    2012年 

     詳細を見る

  • PMN-PT単結晶を用いた超音波モータの極低温環境における特性評価

    2012年度 精密工学会春季大会  2012年 

     詳細を見る

  • Gripping detection by the piezoelectric polymer flexible sensor for soft actuators

    The 13th SICE System Integration Division Annual Conference  2012年 

     詳細を見る

  • Droplets Generation in the Flowing Continuous Liquid by using a Ultrasonic Torsional Transducer and a Micropore Plate

    Takuji Murakami, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    the 9th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators  2012年 

     詳細を見る

  • Driving Performance of the Ultrasonic Motor Using PMN-PT Single Crystal at Ultralow Temperature

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Dai Takeda, Masataka Kuroda

    the 9th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators  2012年 

     詳細を見る

  • 極低温環境での使用を目的とした超音波モータへのPMN-PT単結晶の応用

    第24回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2012年 

     詳細を見る

  • Improvement of a bolt-clamped Langevin Type transducer for a cryogenic ultrasonic motor

    2012 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2012年 

     詳細を見る

  • Droplet Generation Condition using on Langevin-type Torsional Transducer

    2012 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2012年 

     詳細を見る

  • Nano-emulsion Generation by Using an Ultrasonic Vibration Microchannel Device and a T-type microchannel

    2012 JSPE (The Japan Society for Precision Engineering) Autumn Meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Flow Metering Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator -8th report Realization for continuous flow rate control by optimization orifice pattern -

    2012 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2012年 

     詳細を見る

  • Evaluation of an ultrasonic motor for solid-state high resolution nuclear magnetic resonance spectrometer

    2012 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2012年 

     詳細を見る

  • Ultrasonic Motor Using PMN-PT Single Crystal for Ultralow Temperature Environment

    The 24th Symposium on Electromagnetics and Dynamics  2012年 

     詳細を見る

  • A Study on Micro Droplet Generation by Using an Ultrasonic Torsional Transducer and a Micropore Plate

    The 33rd Symposium on ULTRASONIC ELECTRONICS  2012年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Spherical Shape Ultrasonic Transducer with deposited PZT thin film by Hydrothermal Method

    2012 JSPE (The Japan Society for Precision Engineering) Autumn Meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Evaluation of a vibrator for a cryogenic ultrasonic motor using titanium

    The 33rd Symposium on ULTRASONIC ELECTRONICS  2012年 

     詳細を見る

  • Thermal Characteristics of a PMN-PT Single Crystal and an Ultrasonic Motor in Ultralow Temperature Environment

    The 33rd Symposium on ULTRASONIC ELECTRONICS  2012年 

     詳細を見る

  • An ultrasonic motor for a cryogenic environment under a high intense magnetic field

    The 12th. Machine Design and Tribology Division Meeting in JSME  2012年 

     詳細を見る

  • Performance Evaluation of Ultrasonic Motor Using PMN-PT Single Crystal Under Ultralow Temperature Conditions

    2012 JSPE (The Japan Society for Precision Engineering) Spring Meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Research about revolution mechanism of forceps tip using ultrasonic motor for ultrasonically activated device

    2012 JSPE (The Japan Society for Precision Engineering) Spring Meeting  2012年 

     詳細を見る

  • Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by using an Ultrasonic Torsional Transducer

    Takuji Murakami, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    2012 IEEE International Ultrasonics Symposium  2012年 

     詳細を見る

  • ソフトアクチュエータに搭載した圧電高分子柔軟センサによる把持検出

    第13回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SICE SI 2012)  2012年 

     詳細を見る

  • スパッタリングと水熱合成を用いた圧電デバイス用PZT薄膜の高密度化

    第5回 智のシンポジウム-文明・文化と科学技術-  2012年 

     詳細を見る

  • チタンを用いた極低温環境用超音波モータ用振動子の評価

    第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2012年 

     詳細を見る

  • 極低温領域におけるPMN-PT単結晶と超音波モータの温度特性の評価

    第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2012年 

     詳細を見る

  • Hydrothermal Deposition of the PZT film and Applications of Piezoelectric Actuators

    Daichi Nakahira, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masao Kabuto, Yoshihiko Michihiro, Masahiro Ueno

    Mechatronics and Machine Vision in Practice (M2VIP2012)  2012年 

     詳細を見る

  • Piezoelectric polymer flexible displacement sensor for soft actuators

    Tatsuya Ichikawa, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Yohta Yamamoto, Koichi Suzumori

    Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama  2012年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子と微小孔板による微小液滴生成における生成条件に関する研究

    第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2012年 

     詳細を見る

  • マイクロ圧電アクチュエータの特殊環境応用

    日本機械学会No.11-119講習会「実用化が近い新原理アクチュエータ」  2011年 

     詳細を見る

  • A Low-Profile Micro Ultrasonic Motor for NMR Sample Spinning in High Magnetic Field

    Takefumi Kanda, Hiraku Maeda, Koichi Suzumori, Kazuya Fujisawa

    2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 超音波トランスデューサを用いたエマルション生成システム

    スマート・アクチュエータ/センサ委員会第91回定例会  2011年 

     詳細を見る

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの温度特性評価

    第29回日本ロボット学会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • A Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Using PMN-PT single crystal for ultralow temperature

    The 32nd Symposium on Ultrasonic Electronics (USE2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 積層型超音波振動マイクロ流路デバイスによるエマルション生成

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • A Study on Micro Droplet Generation by Using Ultrasonic Torsional Transducer

    The 32nd Symposium on Ultrasonic Electronics (USE2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 水熱合成法を用いたPLZT 成膜条件の改良とアクチュエータの評価

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの駆動特性評価

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • 超音波攪拌水熱合成法によるPZT成膜のための振動機構の改良

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • A Design of Bolt-Clamped Langevin-Type Transducer for Cryo Ultrasonic Motor

    The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  2011年 

     詳細を見る

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータ

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • 扇形振動子を用いた強磁場環境用薄型超音波モータ

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • 極低温用超音波モータの駆動源を目的とした振動子の試作・評価

    第23回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

  • A Low-Profile Ultrasonic Motor Using Sector Shaped Vibrators for High Magnetic Field

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Fabrication and Evaluation of the Piezoelectric Transducer for Cryogenic Ultrasonic Motors

    The 23rd Symposium on Electromagnetics and Dynamics (SEAD23)  2011年 

     詳細を見る

  • Research Project of Soft Fluid Actuator in Okayama University

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Emulsion Generation based on Microreactor Oscillated by Piezoelectric Vibrator

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Bolt-clamped Langevin-type Transducer for Ultralow Temperature Environment Using PMN-PT Single Crystal

    2011 JSPE Autumn Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • Evaluating Condition of Droplet Generation by Using Ultrasonic Torsional Transducer

    2011 JSPE Autumn Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • Improvement of the condition of PLZT films by using a hydrothermal method and evaluation of the actuators

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Driving Performances of the Cryo Ultrasonic Motor Using Bolt-clamped Langevin Type Transducer

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Flow Metering Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator -7th report Optimization of orifice diameter for continuous flow rate control -

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Improvement of the Ultrasonic Vibration Mixing Device to Deposit PZT Thin Film by Hydrothermal Method

    2011 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC 2011)  2011年 

     詳細を見る

  • A Cryo Ultrasonic Motor Using Bolted Langevin Type Transducer

    2011年 

     詳細を見る

  • An emulsion generation by using a multilayer microchannel device oscillated by piezoelectric vibrator

    2011年 

     詳細を見る

  • Micro Droplet Generation using Micropore Plates oscillated by Ultrasonic Torsional Transducers

    Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada, Norihisa Seno

    The 22nd International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2011)  2011年 

     詳細を見る

  • Continuous Production of Nanoemulsion Using a Microfluidic Device with Ultrasonic Vibration

    Ono Tsutomu, Kanda Takefumi, Suzumori Koichi, Ogawara Ken-ichi, Higaki Kazutaka

    20th Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry  2011年 

     詳細を見る

  • 超音波ねじり振動子による微小液滴生成に関する研究

    第32回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2011年 

     詳細を見る

  • PMN-PT単結晶を用いた極低温用超音波モータの試作と評価

    第32回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2011年 

     詳細を見る

  • Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Located in Cryogenic Temperature Environments

    Daisuke YAMAGUCHI, Takefumi KANDA, Koichi SUZUMORI

    IEEE International Ultrasonics Symposium 2011  2011年 

     詳細を見る

  • 低温環境用圧電アクチュエータの検討

    第29回日本ロボット学会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • マイクロリアクタ技術と圧電振動子を利用したエマルション生成デバイスの開発

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 ―第7報 連続的流量変更を目的としたオリフィス径の変更―

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • Continuous Air Control Using Particle Excitation Valve

    Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM2011)  2011年 

     詳細を見る

  • 岡山大学におけるソフトフルードアクチュエータの研究

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年 

     詳細を見る

  • PMN-PT単結晶を用いた極低温用ボルト締めランジュバン型振動子の試作・評価

    2011年度精密工学会秋季大会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • ねじり型超音波振動子による液滴生成における生成条件の検討

    2011年度精密工学会秋季大会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • 超音波振動を組み込んだマイクロ流路によるナノエマルション調製

    化学工学会 第42回秋季大会  2010年 

     詳細を見る

  • Dynamic Characteristics of Pneumatic Flow Control Valve Driven by PZT Vibrator

    Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    World Automation Congress 2010, 12th International Symposium on Robotics and Applications(ISORA2010)  2010年 

     詳細を見る

  • PLZT Film Actuators Deposited by a Hydrothermal Method

    Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori

    2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2010)  2010年 

     詳細を見る

  • 超音波振動マイクロ流路デバイスによるエマルション生成条件

    第31回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2010年 

     詳細を見る

  • 光導波路一体型SMAアクチュエータの駆動条件解析と設計

    第11回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2010)  2010年 

     詳細を見る

  • Emulsion Generation using Microchannel Plates and 2.25 MHz Ultrasonic Vibrators

    Takefumi KANDA, Takuya HARADA, Yoshiyuki TOMINAGA, Koichi SUZUMORI

    2010 IEEE IUS (International Ultrasonics Symposium)  2010年 

     詳細を見る

  • 低温環境用圧電アクチュエータの試作設計

    第28回日本ロボット学会学術講演会  2010年 

     詳細を見る

  • An Emulsion Generating Microchannel Device Oscillated by Piezoelectric Vibrator

    Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Takuya Harada, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki

    2010 International Symposium Micro-NanoMechatronics and Human Sciense(MHS2010&Micro-Nano Global COE)  2010年 

     詳細を見る

  • A New Control Method Utilizing Multiplex Air Vibration for Multi-DOF Pneumatic Mechatronics Systems

    Y.Nishioka, K.Suzumori, T.Kanda, S.Wakimoto

    The 2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems  2010年 

     詳細を見る

  • Experimental Evaluation of Multiplex Pneumatic Control Drive

    Yasutaka Nishioka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto

    World Automation Congress 2010, 12th International Symposium on Robotics and Applications(ISORA2010)  2010年 

     詳細を見る

  • Evaluation of the driving method for light driven SMA actuator using optical waveguide

    2010 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2010年 

     詳細を見る

  • Characteristic evaluation of optical actuators using PLZT film deposited by a hydrothermal method

    2010 JSPE Spring Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • An emulsion generation by using a microchannel oscillated by a piezoelectric vibrator

    2010 JSPE Spring Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • Flow Control Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator 6th report Behavior analysis of vibration under high air pressure

    Spring Conference of Japan Fluid Power System Society 2010  2010年 

     詳細を見る

  • An Emulsion Generation using Microchannel Plates Oscillated by an Ultrasonic Vibrator

    The 22nd Symposium on Electromagnetics and Dynamics  2010年 

     詳細を見る

  • Pneumatic Actuator System Operated by Multiplex Pneumatic Transmission (6th report; experimental evaluation of independent control of cylinders by time-sharing method)

    Spring Conference of Japan Fluid Power System Society 2010  2010年 

     詳細を見る

  • Emulsion Generator Using Ultrasonic Torsional Vibration and Micropore Plate

    Y. Tominaga, T. Harada, T. Kanda, K. Suzumori, Y. Yamada

    ACTUATOR 2010 12th International Conference on New Actuators  2010年 

     詳細を見る

  • 光導波路一体型光駆動SMA アクチュエータにおける駆動方法の検討

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2010  2010年 

     詳細を見る

  • Experimental Analysis on Pneumatic Flow Control Valve Driven by PZT Vibrator

    Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda

    2010 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics  2010年 

     詳細を見る

  • A Micro Ultrasonic Motor Controlled by Using a Built-in Micro Magnetic Encoder

    Takefumi Kanda, Hiraku Maeda, Koichi Suzumori

    2010 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics  2010年 

     詳細を見る

  • 圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 第6報 高圧印加時の振動子の挙動解析

    平成22年春季フルードパワーシステム講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 超音波振動子一体型マイクロ流路プレートによるエマルション生成

    第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD22)  2010年 

     詳細を見る

  • 空気圧疎密波による多自由度空圧アクチュエータ駆動

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2010  2010年 

     詳細を見る

  • 空気疎密波の重畳による空圧アクチュエータ駆動システムの研究 第6報;時分割方式の提案とシリンダの独立制御実験

    平成22年春季フルードパワーシステム講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 水熱合成法PLZT薄膜を用いた光駆動アクチュエータの特性評価

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  2010年 

     詳細を見る

  • マイクロ流路の超音波励振によるエマルション生成

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  2010年 

     詳細を見る

  • Development of Power Robot Hand with Shape Adaptability Using Hydraulic McKibben Muscles

    2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation  2010年 

     詳細を見る

  • An analysis of driving condition and design of SMA actuator using optical waveguide

    11th SICE System Integration Division Annual Conference  2010年 

     詳細を見る

  • The Condition of an emulsion generation by using an ultrasonic vibration and a microchannel

    Symposium on Ultrasonic Electronics  2010年 

     詳細を見る

  • Micro Actuator System for Narrow Spaces Under Specific Environment

    Takefumi KANDA

    3rd International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs  2010年 

     詳細を見る

  • マイクロアクチュエータとマイクロ流体システム

    計測自動制御学会四国支部講演会  2010年 

     詳細を見る

  • Driving Multi-DOF Pneumatic System by Multiplex Pneumatic Control

    2010 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2010年 

     詳細を見る

  • Design of Prototype Piezoelectric Actuators for Low Temperature Environments

    The 28th Annual Conference of the Robotics Society of Japan  2010年 

     詳細を見る

  • Design and Evaluation of Low-profile Micro Ultrasonic Motors Driven by Sector Shaped Piezoelectric Vibrators

    Takefumi KANDA, Takashi ICHIHARA, Koichi SUZUMORI

    2009 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS)  2009年 

     詳細を見る

  • Flow Metering Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator

    2009 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2009年 

     詳細を見る

  • Pneumatic Actuator System Operated by Multiplex Pneumatic Transmission (3rd report; downsizing and reducing leakage of flow rate)

    Spring Conference of Japan Fluid Power System Society 2009  2009年 

     詳細を見る

  • SMA thin-firm actuator driven by light energy using optical waveguide

    2009 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2009年 

     詳細を見る

  • Micro Rotary Reactor Forming Spiral Laminar Flow - Applying to Chemical Reaction Process of Copper Ion Extraction -

    2009 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2009年 

     詳細を見る

  • A Cylindrical Ultrasonic Motor for Sample Spinning in High Magnetic Field

    The 21st Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD21)  2009年 

     詳細を見る

  • Pneumatic Actuator System Operated by Multiplex Pneumatic Transmission (4th report; independent driving of many resonant valves)

    The 27th Annual Conference of the Robotics Society of Japan  2009年 

     詳細を見る

  • The Power Hand which adapts to obstacle shape with High Force Water Hydraulic Artificial Muscles

    The 27th Annual Conference of the Robotics Society of Japan  2009年 

     詳細を見る

  • Emulsion Generation by Using Micropore Plate and Torsional Transducer

    2009年 

     詳細を見る

  • Flow Control Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator -5th report; Applying to cylinder control-

    The 27th Annual Conference of the Robotics Society of Japan  2009年 

     詳細を見る

  • Emulsion generation by using ultrasonic torsional transducer and micropore plate

    The 21st Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD21)  2009年 

     詳細を見る

  • Applying Micro Rotary Reactor Forming Spiral Laminar Flow to Chemical Reaction Process

    The 21st Symposium on Electromagnetics and Dynamics(SEAD21)  2009年 

     詳細を見る