2021/12/12 更新

写真a

ゴトウ タンジュウロウ
後藤 丹十郎
GOTO Tanjuro
所属
環境生命科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 京都大学 )

研究キーワード

  • 根域制限

  • ストレス

  • 花卉園芸学

  • 養水分管理

  • root restriction

  • stress

  • Ornamental Horticultural

  • Water and nutrient management

研究分野

  • 環境・農学 / 園芸科学

学歴

  • 京都大学   Faculty of Agriculture  

    - 1987年

      詳細を見る

  • 京都大学   農学部   農

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学大学院環境生命科学研究科   教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院自然科学研究科   准教授

    2007年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院自然科学研究科   助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学農学部 助教授   Faculty of Agriculture

    2003年10月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • - Faculty of Agricultural, Okayama University, Associate Professor

    2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院自然科学研究科 助手   The Graduate School of Natural Science and Technology

    2002年 - 2003年

      詳細を見る

  • Faculty of nature science, Okayama University, Assistant Professor

    2002年 - 2003年

      詳細を見る

  • Faculty of Agricultural, Okayama University, Assistant Professor

    1994年 - 2002年

      詳細を見る

  • 岡山大学農学部 助手   Faculty of Agriculture

    1994年 - 2002年

      詳細を見る

  • 京都大学農学部 助手   Faculty of Agriculture

    1987年 - 1994年

      詳細を見る

  • Faculty of Agricultural, Kyoto University, Assistant Professor

    1987年 - 1994年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

論文

  • Capsaicinoid biosynthesis in the pericarp of chili pepper fruits is associated with a placental septum-like transcriptome profile and tissue structure 査読

    Yoshiyuki Tanaka, Mayuko Watachi, Wakana Nemoto, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-Ichiro Yasuba, Sho Ohno, Motoaki Doi

    PLANT CELL REPORTS   40 ( 10 )   1859 - 1874   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Key message CAP biosynthesis in the pericarp of chili pepper fruits occurs with an ambiguous boundary in the placental septum and pericarp. Capsaicinoid (CAP) is a pungent ingredient of chili pepper fruits. Generally, CAP biosynthesis is limited to the placental septum of fruits, but it has been reported that its biosynthesis occurs even in the pericarp of some extremely pungent varieties, resulting in a substantial increase in total content. To examine the mechanism of CAP biosynthesis in the pericarp, comparative transcriptome analysis of a variety that produces CAP in the pericarp (MY) and a variety that does not (HB) was carried out. RNA-seq revealed that 2264 genes were differentially expressed in the MY pericarp compared with the HB pericarp. PCA analysis and GO enrichment analysis indicated that the MY pericarp has a gene expression profile more like placental septum than the HB pericarp. The gene expression of CAP biosynthesis-related genes in the MY pericarp changed coordinately with the placental septum during fruit development. In most Capsicum accessions including HB, the distribution of slender epidermal cells producing CAP was limited to the placental septum, and the morphological boundary between the placental septum and pericarp was clear. In some extremely pungent varieties such as MY, slender epidermal cells ranged from the placental septum to the pericarp region, and the pericarp was morphologically similar to the placental septum, such as the absence of large sub-epidermal cells and abundant spaces in the parenchymal tissue. Our data suggest that CAP biosynthesis in the pericarp occurred with an ambiguous boundary in the placental septum and pericarp. These findings contribute to further enhancement of CAP production in chili pepper fruits.

    DOI: 10.1007/s00299-021-02750-0

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization and bulk segregant analysis of a novel seedless mutant tn-1 of chili pepper (Capsicum annuum) 査読

    Yoshiyuki Tanaka, Ami Mitani, Nodoka Shimizu, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba

    Scientia Horticulturae   276   109729 - 109729   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Seedlessness is a desirable trait to improve eases of processing and fresh consumption of sweet pepper (Capsicum annuum L.). Genetic resources for seedless pepper breeding are limited, compared with other Solanaceae crops. A new seedless mutant named tn-1, was identified by screening an ethylmethane sulfonate mutagenized population derived from ornamental chili pepper. Wild-type fruit contained about 40 seed; tn-1 contained no, or a few seed. Ninety-nine individuals in the F-2 population derived from a cross between tn-1 and other cultivars were classified into the groups: Normal with more than 3 seed in each fruit, and Seedless with less than 3 seed in each fruit. The Seedless group had smaller fruit compared with the Normal group. The average values of fruit weight, length, and width of Normal group were 2.94 g, 3.64 cm and 1.40 cm, respectively. On the other hand, mean values for the Seedless group were 0.64 g, 2.11 cm, and 0.90 cm, respectively. Genetic analysis indicated that seedlessness was determined by a single recessive gene. Bulk segregant analyses combined with genotyping-by-sequencing were conducted to identify the genomic region responsible for seedlessness in tn-1. It appears the gene responsible for seedlessness may be located near the end of chromosome 12. The tn-1 mutant will be a useful breeding material to develop seedless sweet pepper.

    DOI: 10.1016/j.scienta.2020.109729

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Defoliation on Blossom-end Rot Incidence and Calcium Transport into Fruit of Tomato Cultivars under Moderate Water Stress. 査読

    Indeche, Annah・Yuichi, Yoshida・Tanjuro, Goto・Kenichiro, Yasuba・Yoshiyuki, Tanaka

    The Horticulture Journal   89 ( 1 )   22 - 29   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-079

    Web of Science

    researchmap

  • ダッチアイリス‘ブルーマジック’切り花の開花と花被片老化に対する切り前,貯蔵方法,ジベレリンおよびベンジルアデニンの影響 査読

    豊原 憲子, 東 明音, 後藤 丹十郎

    園芸学研究   19 ( 1 )   75 - 82   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hrj.19.75

    researchmap

  • Positional differences of intronic transposons in pAMT affect the pungency level in chili pepper through altered splicing efficiency 査読

    Tanaka, Yoshiyuki, Asano, Takaya, Kanemitsu, Yorika, Goto, Tanjuro, Yoshida, Yuichi, Yasuba, Kenichiro, Misawa, Yuki, Nakatani, Sachie, Kobata, Kenji

    Plant Journal   100 ( 4 )   693 - 705   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.14462

    Web of Science

    researchmap

  • Intermittent Low Temperature Storage Duration and Cycle on the Growth and Flowering of Eustoma (Eustoma grandiflorum L.) Seedlings Raised in the Summer The Horticulture Journal 査読

    Thao Thu Phan, Satoshi Sasaki, Keigo Fukushima, Yoshiyuki Tanaka, Ken-ichiro Yasuba, Yuichi Yoshida, Tanjuro Goto

    The Horticulture Journal   89 ( 3 )   292 - 299   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-145

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of Harvest Shoot Stage on Partitioning of Photosynthates Originating from Bent Shoots in the Modified Arching Technique of Cut Rose Production. The Horticulture Journal 査読

    Chisato Isobe, Shinji Kajihara, Yoshiyuki Tanaka, Ken-ichiro Yasuba, Yuichi Yoshida, Katsuhiko Inamoto, Gen Ishioka, Motoaki Doi, Tanjuro Goto

    The Horticulture Journal   89 ( 3 )   278 - 283   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.utd-116

    Web of Science

    researchmap

  • ベゴニア‘ネティア’の生育,開花および草姿に対する間欠冷蔵処理と短日処理効果の比較. 査読

    中島 拓, 後藤丹十郎

    植物環境工学   31   210 - 215   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of Program Library Using an Open-source Hardware for Implementation of Low-cost Greenhouse Environmental Control System 査読

    Ken-ichiro YASUBA, Hidehito KUROSAKI, Takehiko HOSHI, Takashi OKAYASU, Yoshiyuki TANAKA, Tanjuro GOTO, Yuichi YOSHIDA

    Environmental Control in Biology   56 ( 3 )   107 - 112   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A program library for use on open-source hardware was developed in order to construct a low-cost environmental control system for greenhouses. The library facilitated the development of environmental sensing and control devices that conform to the protocols of the Ubiquitous Environment Control System (UECS). The open-source hardware used was the "Arduino Ethernet" and the "Arduino Mega 2560 with Ethernet Shield" microcontroller boards. UECS is a system for controlling greenhouse environments that communicates information via a local area network, and devices utilizing the library that we developed can perform the UECS defined communication tasks automatically. With the help of this library, device developers no longer need to program the communications aspects of the device and can concentrate on programming setting and control logic of the device. The library occupies about 29 kilobytes of the read only memory area of the target board. The library and associated open-source microcontroller boards are powerful tools for developing low-cost environmental control systems.

    DOI: 10.2525/ecb.56.107

    researchmap

  • 吸水種子湿潤低温処理後のトルコギキョウの発芽と生育に及ぼすグロースチャンバーにおける育苗温度の影響 査読

    福島啓吾, 梶原真二, 石倉 聡, 福田直子, 後藤丹十郎

    17   395 - 403   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 開花期の年次安定性と斉一性に優れる8月咲きの小ギク'春日の紅'の育成. 査読

    仲 照史, 廣岡健司, 辻本直樹, 角川由加, 虎太有里, 後藤丹十郎

    園芸学研究   17   105 - 114   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of Re-drying Seeds after Wet Treatment at 10℃ on the Germination and Growth of Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. 査読

    Fukushima, K, S. Kajihara, S. Ishikura, N. Kastutani, T. Goto Tanjuro

    The Horticuluture Journal.   87 ( 3 )   413 - 420   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.OKD-149

    Web of Science

    researchmap

  • プライミング種子への吸水種子湿潤低温処理がトルコギキョウ'レイナホワイト'の生育および切り花形質に及ぼす影響. 査読

    福島啓吾, 梶原真二, 石倉 聡, 後藤丹十郎

    園芸学研究   17   79 - 85   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 間欠冷蔵処理がエラチオール・ベゴニア‘ネティア’の開花および生育に及ぼす影響 査読

    中島 拓, 後藤丹十郎

    園芸学研究   17   73 - 78   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Identification of a Novel Mutant pAMT Allele Responsible for Low-pungency and Capsinoid Production in Chili Pepper Accession 'No.4034' (Capsicum chinense). 査読

    Yoshiyuki Tanaka, Shiho Fukuta, Sota Koeda, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba

    The Horticulture Journal   68 ( 2 )   222 - 228   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.OKD-115

    Web of Science

    researchmap

  • Difference in capsaicinoid biosynthesis gene expression in the pericarp reveals elevation of capsaicinoid contents in chili peppers (Capsicum chinense) 査読

    Yoshiyuki Tanaka, Fumihiro Nakashima, Erasmus Kirii, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba

    PLANT CELL REPORTS   36 ( 2 )   267 - 279   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This research reveals that the up-regulated expression of multiple capsaicinoid biosynthetic genes in pericarp tissue leads to the elevation of total capsaicinoid content in chili pepper fruit.
    Capsaicinoids are health-functional compounds that are produced uniquely in chili pepper fruits. A high capsaicinoid level is one of the major parameters determining the commercial quality and health-promoting properties of chili peppers. To investigate the mechanisms responsible for its high contents, we compared an extremely pungent cultivar 'Trinidad Moruga Scorpion Yellow' (MY) with other cultivars of different pungency levels (Fushimi-amanaga, Takanotsume, Red Habanero). Capsaicinoid concentrations were markedly higher in MY fruit (23.9 mg/g DW) than in other pungent cultivars including 'Red Habanero' (HB) fruit (14.3 mg/g DW). Comparative analysis of MY and HB reveals that both cultivars accumulated similar capsaicinoid concentrations in the placental septum, with that in the HB pericarp (1.8 mg/g DW) being markedly lower than that in the placental septum (69.1 mg/g DW). The capsaicinoid concentration in HB fruit is dependent on the placental septum, as reported in other accessions. Therefore, even though placental septum tissue contains high capsaicinoid concentrations, those in the pericarp and seeds attenuated its total content. In contrast, the MY pericarp exhibited a markedly higher concentration (23.2 mg/g DW). A qRT-PCR analysis revealed that multiple capsaicinoid biosynthetic pathway genes (Pun1, pAMT, KAS, and BCAT) were strongly up-regulated in placental septum of pungent cultivars. The genes were expressed exclusively in the MY pericarp, but were barely detected in the pericarps of other pungent cultivars. Collectively, the present study indicates that the up-regulated expression of these genes not only in placental septum but also in pericarp plays an important role in driving capsaicinoid accumulation in the whole fruit.

    DOI: 10.1007/s00299-016-2078-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Non-pungency in a Japanese Chili Pepper Landrace (Capsicum annuum) is Caused by a Novel Loss-of-function Pun1 Allele 査読

    Erasmus Kirii, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Ken-ichiro Yasuba, Yoshiyuki Tanaka

    HORTICULTURE JOURNAL   86 ( 1 )   61 - 69   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    Pungency in peppers is due to the presence of the alkaloid capsaicin and its analogues, collectively known as capsaicinoids. These compounds are only produced in the Capsicum genus and function as deterrents to mammals from consuming the pepper fruits. Pungency in pepper is qualitatively controlled by the Pun1 locus, which encodes a putative acyltransferase enzyme. Mutations in the Pun1 gene result in a loss of pungency, and several Pun1 loss-of-function alleles have been identified in sweet peppers to date (pun1(1-3)). However, variations in pun1 alleles have not been completely elucidated. In the present study, we report a new type of loss-of-function pun1 allele, named pun1(4), in a Japanese sweet pepper cultivar, 'Nara Murasaki' (C. annuum). Sequence analysis at the Pun1 locus revealed that this type of Pun1 allele is caused by a single adenine nucleotide insertion in the second exon region. This insertion is unique to 'Nara Murasaki' and is not present in wild-type Pun1. This insertion causes a frameshift mutation and a change in the amino acid sequence, resulting in a truncated protein. The results of gene expression analysis indicated that the expression of Pun2 in 'Nara Murasaki' was hardly detectable, while the transcripts of this gene were strongly expressed in a pungent cultivar. In a co-segregation test, the pun1(4) genotype perfectly co-segregated with non-pungency in 103 F-2 population plants of a cross between 'Nara Murasaki' and a pungent cultivar. 'Nara Murasaki' and a DNA marker to distinguish the pun1(4) allele will be informative for understanding the domestication process of sweet peppers.

    DOI: 10.2503/hortj.MI-148

    Web of Science

    researchmap

  • トルコギキョウの生育および切り花形質に及ぼす吸水種子湿潤低温処理方法の影響 査読

    福島啓吾, 梶原真二, 石倉 聡, 勝谷範敏, 後藤丹十郎

    園芸学研究   17   177 - 184   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 夏秋小ギクの開花斉一性向上における親株系統選抜の重要性 査読

    仲 照史, 角川由加, 前田茂一, 後藤丹十郎

    園芸学研究   15   39 - 46   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ミツバチの代替・補完ポリネーターとしてのヒロズキンバエの利用 査読

    花田惇史, 吉田裕一, 佐藤卓也, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究   15   161 - 169   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 中玉トマト'シンディスィート'の尻腐れ果発生および果実中の水溶性Ca濃度の季節変化と果実肥大速度の関係.園芸学研究. 査読

    大山光男, 吉田裕一, Tran Duy Vinh, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究   15   189 - 196   2016年

     詳細を見る

  • トルコギキョウの生育と切り花形質に及ぼす吸水種子湿潤低温処理後の育苗温度の影響 査読

    福島啓吾, 梶原真二, 石倉 聡, 勝谷範敏, 今村 仁, 後藤丹十郎

    園芸学研究   15   377 - 382   2016年

     詳細を見る

  • 夜間の施設内CO2濃度変化を利用した隙間換気回数自動計算ソフトウェアの開発 査読

    安場健一郎, 藤尾拓也, 渡邊勝吉, 多根知周, 山田竜也, 内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行

    農業情報研究   26   153 - 163   2016年

     詳細を見る

  • 栽植様式が小ギクの開花斉一性に及ぼす影響 査読

    仲 照史, 前田茂一, 後藤丹十郎

    園芸学研究   16   41 - 50   2016年

     詳細を見る

  • 低コスト環境制御システム構築のためのプログラムライブラリの開発 査読

    安場健一郎, 多根知周, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 黒崎秀仁, 岡安崇史, 星 岳彦

    農業情報研究   25   12 - 18   2016年

     詳細を見る

  • Effects of Interrupted Lighting on the Spray Formation of Summer-to-autumn-flowering Small-flowered Spray-type Chrysanthemum Cultivars ‘Haruka’ and ‘Subaru’ 査読

    Yoshio Mori, Katsuhiko Sumitomo, Tamotsu Hisamatsu, Tanjuro Goto

    The Horticulture Journal   85 ( 3 )   264 - 271   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.MI-072

    Web of Science

    researchmap

  • Multiple loss-of-function putative aminotransferase alleles contribute to low pungency and capsinoid biosynthesis in Capsicum chinense 査読

    Yoshiyuki Tanaka, Tomomi Sonoyama, Yuji Muraga, Sota Koeda, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Kenichiro Yasuba

    MOLECULAR BREEDING   35 ( 6 )   142   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Capsicum chinense is a domesticated hot pepper species in the Capsicum genus that originated in the Amazon and is consumed in USA, the Caribbean and South America. Although a characteristic of this species is high pungency, some non-pungent or low-pungent strains, called "Aji Dulce'' (sweet pepper in Spanish), exist in the Caribbean region. In the present study, low-pungent C. chinense accessions were analyzed in order to elucidate the genetic mechanisms responsible for low pungency. All low-pungent C. chinense accessions in this study carried non-functional alleles of putative aminotransferase (pAMT), which catalyzes the formation of vanillylamine from vanillin in the capsaicinoid biosynthetic pathway. These low-pungent accessions produced capsinoids, low-pungent capsaicinoid analogs. The pamt mutation in each strain was characterized using allele-specific markers, and one novel pamt allele (pamt(7)) was identified. The pamt(7) had a new hAT family transposon insertion in the second exon region, which caused the loss of pAMT expression. pamt(7) is apparently an ancestral allele for pamt(6) because the 7-bp insertion in pamt(6) can be regarded as a footprint of the transposon. A phylogenetic analysis of pamt alleles was performed to examine their relationships. Combined with previously reported pamt alleles, the Tcc family transposon insertion and its excision were involved in the generation of various pamt alleles in C. chinense. A phylogenetic analysis of pamt alleles showed that at least five occurred within C. chinense after speciation of the Capsicum genus. In conclusion, the results of the present study identified pamt as the main and most frequent gene controlling low pungency in C. chinense. Allelic variations in loss-of function pamt and their wide distribution demonstrated the potential of C. chinense bioresources for genetic improvements to pungency and metabolic profiles in hot pepper breeding programs.

    DOI: 10.1007/s11032-015-0339-9

    Web of Science

    researchmap

  • 生育段階の異なるシュートに対する温度条件がシュッコンカスミソウ‘アルタイル’の形態異常花序発生に及ぼす影響 査読

    山口訓史, 後藤丹十郎, 大谷翔子, 安場健一郎, 田中 義行, 吉田裕一

    園芸学研究   14   261 - 266   2015年

     詳細を見る

  • Incidence of Blossom-end Rot in Relation to the Water-soluble Calcium Concentration in Tomato Fruits as Affected by Calcium Nutrition and Cropping Season 査読

    Yuichi Yoshida, Nobuyuki Irie, Tran Duy Vinh, Mitsuo Ooyama, Yoshiyuki Tanaka, Ken-ichiro Yasuba, Tanjuro Goto

    JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE   83 ( 4 )   282 - 289   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    To understand the factors affecting the incidence of blossom-end rot (BER), the effect of the Ca/K ratio (4/12-12/4, in me.L-1) in nutrient solutions and Ca concentration in fractions in the distal part of young tomato fruits immediately before BER symptoms appear were investigated for three seasons. The rate of BER incidence increased with a decrease in the Ca/K ratio in the supplied solutions in the summer and spring, but little difference was observed in the winter. Ca concentration was highest in winter and lowest in summer, and the concentration in fractions decreased with a decrease in the Ca/K ratio of the solutions. When the results of all three experiments were pooled, among the fractions, water-soluble Ca concentration was found to have the highest significance in the relationship to BER incidence. The risk of BER incidence in rapidly growing tomato increased to a critical level when water-soluble Ca in the distal part of the fresh fruit decreased to less than 0.20 mu mol.g(-1) FW. Multiple-regression analysis revealed that the concentration of water-soluble Ca, which is predominantly recovering apoplastic or cytoplasmic Ca2+, and total Ca, which has been translocated during fruit development, are significantly affected by solar radiation and Ca concentration in the supplied solution rather than air temperature.

    DOI: 10.2503/jjshs1.CH-107

    Web of Science

    researchmap

  • 暗期中断による7~9月の高需要期連続出荷に適する小ギク品種の選定 査読

    森 義雄, 中島 拓, 藤本拓郎, 常見高士, 住友克彦, 久松 完, 後藤丹十郎

    園芸学研究   13   349 - 356   2014年

     詳細を見る

  • 湖沼やため池底泥の植栽土壌としての利用 査読

    西村伸一, 後藤丹十郎, 山本千絵, 村上賢治, 珠玖隆行, 吉田舞子

    農業農村工学会誌   82   536 - 538   2014年

     詳細を見る

  • 小ギク切り花の開花程度選別を機械化するための計測手法 査読

    仲 照史, 濱田敏弘, 松本由利子, 福本靖彦, 印田清秀, 後藤丹十郎

    植物環境工学   26   145 - 153   2014年

     詳細を見る

  • 最低夜温がシュッコンカスミソウ ‘アルタイル’の形態異常花序発生および切り花形質に及ぼす影響 査読

    山口訓史, 後藤丹十郎, 小日置佳世子, 大谷翔子, 田中 義行, 吉田裕一

    園芸学研究   13   161 - 167   2014年

     詳細を見る

  • 黄色蛍光LEDによるパルス光照射が数種小ギク品種の発蕾,開花および切り花形質に及ぼす影響 査読

    石倉 聡, 後藤 丹十郎, 梶原 真二, 東浦 優

    園芸学研究   12 ( 4 )   419 - 426   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    明期20 ms/暗期80 msの時間構造を有する防蛾用黄色パルス光を小ギク生産で用いるために,放射照度(0,20,35および50 mW・m<sup>−2</sup>)が数種の夏秋ギク型と秋ギク型小ギク品種の開花および切り花形質に及ぼす影響を調査した.茎頂付近の放射照度が20 mW・m<sup>−</sup><sup>2</sup>では,すべての品種で,発蕾所要日数,到花日数,花房型などの切り花形質に大きな影響はみられなかった.しかし,35および50 mW・m<sup>−</sup><sup>2</sup>で栽培すると,これらの放射照度に対して敏感に反応し,開花までの日数で9.9~17.6日,切り花長で18.4~22.7 cm増加した品種がみられた.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.12.419

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010870012

  • Flower Induction in June-bearing Strawberry by Intermittent Low Temperature Storage 査読

    Yuichi Yoshida, Eiji Ozaki, Kenji Murakami, Tanjuro Goto

    JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE   81 ( 4 )   343 - 349   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    In this paper, we describe a new artificial flower-inducing treatment, intermittent low temperature storage, which we suggest could be a low-cost and useful technology for the forcing of June-bearing strawberries. Tray-grown 'Nyoho' plants were placed in a refrigerator (13 degrees C, in the dark) for 4 days and then transferred to an outdoor shelter with 50% shading, also for 4 days (4D/4D). Plants were transferred at noon and this 4D/4D cycle was repeated twice. Similarly, 3D/3D and 2D/2D cycles were applied 3 and 4 times, respectively. The outdoor conditions during the period of treatment from late August to mid-September were as follows: mean daily temperature, 22.5 to 29 degrees C; and day length (sunrise to sunset) 12.2 to 13.1 h. The efficient use of a refrigerator could be achieved by alternately subjecting two groups of plants to the same duration of low temperature in the dark and outdoor conditions. Treated plants were grown on peat bags and flowering performance was compared with untreated controls and continuously cold-stored (12D) plants. In intermittently cold-stored plants, flowering was significantly earlier than that in untreated controls by 6 to 10 days. Compared to the continuous 12D plants, flowering was 15 and 4 days earlier in 4D/4D plants within the plots planted on September 13 and 17, respectively. The 2 to 4 days under outdoor conditions imposed in the low temperature storage apparently induced uniform flower initiation through the improvement of carbohydrate nutrition in strawberries. Although further studies are required to establish the most effective treatment procedures, intermittent low temperature storage could be a useful new flower-inducing technology for early forcing of June-bearing strawberries.

    DOI: 10.2503/jjshs1.81.343

    Web of Science

    researchmap

  • みかけの窒素吸収濃度に基づいた給液法がカーネーション'ノラ'の切り花収量,形質および土壌溶液の硝酸態窒素濃度に及ぼす影響 査読

    山中 正仁, 後藤 丹十郎, 小河 甲, 宇田 明, 宮浦 紀史, 山口 国夫

    園芸学研究   10 ( 4 )   475 - 483   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE  

    カーネーションの土耕栽培における灌水同時施肥法の給液管理の簡素化と汎用化を目的に,冬春切り1年作型において,'ノラ'を用いてみかけの窒素吸収濃度による給液管理法を検討した.総切り花収量は,窒素濃度を季節ごとに4分割した区が最も多く,次いで1か月ごとに12分割した区,一定区の順となり,有意な差が認められた.切り花形質は,定植後33~36週において,一定区の切り花重/切り花長の値が,12分割区より有意に小さかった.土壌溶液のECと硝酸態窒素濃度には,処理による差が認められた.収穫期に相当する定植後20週以降の硝酸態窒素濃度は,一定区では時期による変動が最も大きく8~169 ppm,4分割区では54~103 ppm,12分割区では21~108 ppmとなった.このように,4分割区の濃度変動が最も小さく,栽培期間を通して,土壌溶液の硝酸態窒素濃度をおおむねカーネーションの生育に好適とされるレベルに維持できた.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.10.475

    CiNii Article

    researchmap

  • カーネーションの冬春切り1年作型における水分消費特性 査読

    山中 正仁, 後藤 丹十郎, 宇田 明, 岩井 豊通, 東浦 優

    園芸学研究   10 ( 1 )   33 - 40   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE  

    カーネーションの灌水同時施肥栽培の給液管理法の開発を目的に,冬春切り1年作型における水分消費特性を検討した.着花性の異なるスタンダードタイプの'ノラ'およびスプレータイプの'バーバラ'をそれぞれ1回摘心法および2回摘心法で底面給液栽培し,切り花本数,切り花形質,葉数および日水分消費量と日積算日射量を調査した.日水分消費量は栽培時期によって変動し,品種および摘心法にかかわらず栽培初期の夏期に最少となり,栽培後期の春期に最大となった.1株当たりの総水分消費量は,'ノラ'の1回摘心では32.29 L,2回摘心では35.26 L,'バーバラ'の1回摘心では29.75 L,2回摘心では30.29 Lとなった.4週ごとの水分消費量と葉数の間には,正の相関関係が認められた.定植後4週目以降の日水分消費量と日積算日射量の間には正の相関関係が認められた.定植後4週目以降の水分消費量は,定植後4週ごとの積算日射量と葉数を説明変数とした回帰式y(1株当たり水分消費量,L・4 weeks<sup>−1</sup>)= 0.00697X<sub>1</sub>(X<sub>1</sub>:積算日射量,MJ・m<sup>−</sup><sup>2</sup>・4 weeks<sup>−</sup><sup>1</sup>)+ 0.00930X<sub>2</sub>(X<sub>2</sub>:1株当たり葉数)− 1.36616)で推測できた.また,定植後12週目以降であれば,日射量のみで水分消費量を推測することが可能であった.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.10.33

    CiNii Article

    researchmap

  • 培地水分の気化促進処理が高温期における培地温度およびパンジー,シクラメンの生育に及ぼす影響 査読

    中野善公, 前田茂一, 後藤丹十郎, 東出忠桐, 木下貴文, 吉川弘恭

    園芸学研究   8 ( 4 )   475 - 481   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hrj.8.475

    researchmap

  • 熱融着性ポリエステル繊維で固化した培地の種類が閉鎖型養液栽培におけるバラの切り花収量,品質および培養液組成の変動に及ぼす影響 査読

    梶原 真二, 延安 弘行, 勝谷 範敏, 後藤 丹十郎

    園芸学研究   8 ( 1 )   61 - 66   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE  

    熱融着性ポリエステル繊維で固化させた培地素材の種類が,閉鎖型養液栽培におけるバラの切り花本数,品質および培養液組成に及ぼす影響について'アサミ・レッド(ローテローゼ)'を用いて調査した.切り花本数は,ロックウールと比較して,バーミキュライト(粒径1.5~2.0 mm,または6~7 mm)およびコイア(繊維長3 mm)では有意に大きかったが,パーライト(粒径0.6~1.5 mm,または2.5 mm)では有意に小さかった.切り花長は,パーライト小粒で小さかったが,切り花重に有意な差はなかった.定植18か月後の培地の大きさは,ロックウールおよびコイアで厚さのみわずかに小さくなった.定植18か月後の培地の硬度は,定植前と比較していずれの培地も同等であった.培養液のpHは,いずれの培地でも,ロックウールと比較して低く推移した.ECは,コイアで他の培地と比較して高く推移した.NH<sub>4</sub>-N濃度は,すべての培地で低下する傾向にあったが,他の無機成分濃度は,すべての培地で上昇する傾向にあり,コイアで特に高めに推移した.以上の結果から,バラの閉鎖型養液栽培におけるロックウール代替培地として,粒径1.5~2.0 mm,または6~7 mmのバーミキュライトおよび繊維長3 mmのコイアを固化させた培地が適すると判断された.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.8.61

    CiNii Article

    researchmap

  • Temperature Inducing Yellow-Leaf-Spot of ‘Seikou-no-makoto’ Chrysanthemum (Chrysanthemum morifolium Ramat.)

    Nagasuga Kaori, Goto Tanjuro, Yano Takayoshi, Yamazaki Hiroko, Inamoto Katsuhiko, Yamasaki Atsushi

    Horticultural Research (Japan)   7 ( 2 )   235 - 240   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Horticultural Science  

    DOI: 10.2503/hrj.7.235

    researchmap

  • Development of mobile eggplant grading robot for dynamic in-field variability sensing: Manufacture of robot and performance test 査読

    Vui Kiong Chong, Mitsuji Monta, Kazunori Ninomiya, Naoshi Kondo, Kazuhiko Namba, Eichi Terasaki, Takao Nishi, Tanjuro Goto

    Engineering in Agriculture, Environment and Food   1 ( 2 )   68 - 76   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    A machine vision-based mobile eggplant grading robot was developed as a model to sense and log essential data needed for precision farming and traceability of agricultural crops. The robot consisted of battery railcar, trailer, grading mechanisms including manipulator, end-effector, machine vision and divider. Manually operated, the robot moved along crop ridges during the harvesting process with the grading mechanisms all mounted on the trailer. The robot sensed and logged the field spatial variability dynamically by grading manually harvested eggplant fruit of individual tree. This paper presents the details of manufactured robot and results of the performance test conducted. Test results showed that the robot was feasible for field spatial variability sensing in greenhouse.

    DOI: 10.1016/S1881-8366(08)80005-5

    Scopus

    researchmap

  • Effect of plug transplant age and photoperiod treatment at seedling stage on cut flower quality of Celosia cristata L. 査読

    Tanjuro Goto, Yuki Muraoka

    PROCEEDINGS OF THE IVTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SEED, TRANSPLANT AND STAND ESTABLISHMENT OF HORTICULTURAL CROPS   ( 782 )   201 - 206   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INTERNATIONAL SOCIETY HORTICULTURAL SCIENCE  

    Celosia cristata L. Kurume type is a quantitative short-day plant with entirely globular inflorescences that is popular as a cut flower in Japan. The photoperiod sensitivity limits production and this could be overcome by prolonging its seedling stage by long-day treatments. In this study, the effects of transplant age and long-day treatment at seedlings stage on cut flower quality of C cristata Kurume type cv. Sakata-pride were investigated. Plug transplants raised under 15h (natural day length) or 24-h photoperiods in a greenhouse were transplanted into wooden containers when two, four or eight leaves had unfolded. Flower bud initiation had already occurred in transplants with eight unfolded leaves grown in natural but not in 24-h day length. Days to visible bud were prolonged by 24-h treatment. The cut flowers grown in 24h were longer than those grown in natural day length. The weight of cut flower and inflorescence decreased as transplant age increased. The inflorescence form changed from globular to flat as transplant age increased. The youngest transplants had the highest cut flower quality. These results suggest that in order to produce highly marketable quality cut flowers of C cristata Kurume type, the plug transplants must be planted before 4 leaves unfold, and that prolonging the seedling stage may be difficult through long-day treatment.

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2008.782.23

    Web of Science

    researchmap

  • Photosynthetic, evapotranspiratory and leaf morphological properties of chrysanthemum grown under root restriction as affected by fertigation frequency 査読

    T Goto, T Matsuno, Y Yoshida, Y Kageyama

    JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE   71 ( 2 )   277 - 283   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    This experiment was conducted to clarify the effect of fertigation frequency (once or 8 times per day) on the growth, evapotranspiration rate, and photosynthetic and leaf morphological properties of chrysanthemum (Dendranthema grandiflorum Kitamura cv. Pinky) grown under different restricted root zone volumes (30, 100, and 300 ml).
    Shoot growth was reduced with decreased root zone volume, but, the growth reduction was smaller when the plants were fertigated 8 times per day rather than once per day. Although the evapotranspiration rate did not decrease when the plants were fertigated frequently, the rate decreased significantly when the total water consumption nearly equaled the water-holding capacity of the medium (50% of the volume), especially in 30-ml or 100-ml containers. Stomata size decreased with a decrease in fertigation frequency and container size. The percentage of open stomata (open/total stomata x 100) and consequently, transpiration rate, net photosynthetic rate, and leaf CO2 concentration were significantly lower in the plants grown in 30-ml and 100-ml containers, and fertigated once per day, compared to the four other treatments.
    The rates of photosynthesis and evapotranspiration of the plants fertigated 8 times per day remained faster than those fertigated only once per day. Consequently, vegetative growth of the plants fertigated frequently was equal to or more vigorous than those grown with three fold greater root zone volume but fertigated only once per day.

    Web of Science

    researchmap

  • スプレーギクのベンチ栽培における窒素施肥基準曲線に基づいた施肥量が切り花品質と養分吸収に及ぼす影響 査読

    島 浩二, 後藤 丹十郎, 景山 詳弘

    園芸学研究   1 ( 4 )   249 - 254   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE  

    スプレーギクの水耕において開発した窒素施肥基準曲線が,ベンチ栽培にも応用できるどうかを検討した.調整重55 gの切り花を生産するために作成した窒素施肥基準曲線の0.75,1.0,1.25および1.5倍の施肥量(シュート当たりの窒素施肥量は,それぞれ356 mg, 474 mg, 593 mgおよび711 mg)になるようにした4区を設けた.なお,本実験では和歌山県の出荷規格に準じて調整重(切り花を80 cmに調整し,下位葉を基部から20 cm取り除いた後の切り花重)40 g以上の切り花を生産することを目標とした.<br> すべての窒素施肥基準曲線区において調整重40 g以上の切り花を約80%の割合で生産でき,商品価値の高い切り花が多く得られた.ただし,生育初期にはすべての施肥曲線区で肥料不足の兆候が観察された.また,0.75倍区では栽培終了時に土壌中に残る窒素はほとんどなかったが,1.0倍以上の施肥区では栽培後期には培地内に窒素の蓄積が認められ,施肥量が増えるにつれてその量は多くなった.<br> 以上の結果から,水耕で作成した窒素施肥基準曲線をベンチ栽培に用いても商品価値の高い切り花を得られるものと考えられた.0.75倍量の窒素(シュート当たり356 mg)を施すことで土壌中への窒素の残存もほとんどなく,調整重40 gの高品質な切り花を生産できた.ただし,生育初期に肥料不足を起こしているのではないかと考えられたので,今後,曲線の修正を行う必要がある.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.1.249

    CiNii Article

    researchmap

  • 熱融着性ポリエステル繊維固化培地でセル育苗したストックおよびキンギョソウの生育と切り花品質 査読

    後藤 丹十郎, 藤井 一徳, 元岡 茂治, 小西 国義

    園芸学研究   1 ( 4 )   245 - 248   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE  

    熱融着性ポリエステル繊維を用いて固化した培地がセル用の育苗培地として利用できるかを検討するために,ストックおよびキンギョソウを用いて,セル苗の生長および切り花品質に及ぼす影響を調査した.両種とも,発芽勢,発芽率に固化による違いは認められなかった.固化した培地は,根鉢が形成していなくても,培地が崩れなかった.両種とも,移植時苗齢に関わらず,移植時の苗形質には培地の固化による差は認められなかった.切り花品質にも培地の固化による差はほとんどみられなかった.固化培地は土壌に押し込んでも崩れないので植えやすく,根鉢形成以前の若苗移植の方法として有効であった.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.1.245

    CiNii Article

    researchmap

  • ホルクロルフェニュロンによるオーキシン誘導単為結果トマト果実の空どう果の発生抑制 査読

    片岡 圭子, 伊達 修一, 後藤 丹十郎, 浅平 端

    園芸学会雑誌   63 ( 1 )   61 - 66   1994年

     詳細を見る

    出版者・発行元:園藝學會  

    過剰のオーキシン処理によって誘発されるトマトの空どう果発生を, サイトカイニン活性物質ホルクロルフェニュロン (1- (2-chloro-4-pyridyl) -3-phenylurea, CPPU) を50~300mg•liter<SUP>-1</SUP>の濃度でオーキシンに混用することで抑制できた. CPPU混用区の果実は, オーキシン単用区の果実に比べて果実重が減少せず, 果こう, がく片の肥大が顕著で, 果心径の大きい果実となった.

    DOI: 10.2503/jjshs.63.61

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010501479

▼全件表示

書籍等出版物

  • 特集切り花ダリア栽培最前線

    農山漁村文化協会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 挿し穂の貯蔵.ダリア.)

    農山漁村文化協会  2018年3月  ( ISBN:9784540170591

     詳細を見る

    総ページ数:4, 236p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 特集小ギク&スプレーギク栽培最前線

    農山漁村文化協会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 登熟期のバーナリゼーション効果)

    農山漁村文化協会  2017年3月  ( ISBN:9784540160592

     詳細を見る

    総ページ数:4, 302p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • キク大事典

    農山漁村文化協会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 黄斑症.)

    農山漁村文化協会  2017年2月  ( ISBN:9784540161766

     詳細を見る

    総ページ数:967p, 図版16p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 特集進化する「日持ち保証」の栽培技術 : 各種品質保持剤,CO[2]施用,塩締め,暗黒低温処理ほか

    農山漁村文化協会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ヤシ資材繊維.)

    農山漁村文化協会  2015年3月  ( ISBN:9784540141638

     詳細を見る

    総ページ数:4, 255p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 花の魅力を高めて新しい需要をつくる : 香り、日持ち保証、和の素材など

    農山漁村文化協会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 固化培地の切り花栽培での利用.)

    農山漁村文化協会  2010年3月  ( ISBN:9784540092121

     詳細を見る

    総ページ数:326p, 図版8p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本の園芸2006

    日本園芸学会編集( 担当: 分担執筆)

    日本園芸学会  2006年 

     詳細を見る

  • セル内培地からの排水促進が宿根性花きの挿し穂の発根に及ぼす影響

    農業及び園芸  2001年 

     詳細を見る

  • 播種期および施肥濃度がストックセル成型苗の生育に及ぼす影響

    農業及園芸  2000年 

     詳細を見る

  • Effects of sowing date and liquid fertilizer concentration on growth of stuck seedlings grown in a cell flat

    2000年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • キュウリ隔離床栽培におけるかん水方法の違いが果実収量に及ぼす影響

    安場健一郎, 岸上朋菜, 藤尾拓也, 中川ほのか, 北村嘉邦, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   20 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • トウガラシにおける少種子突然変異体とその遺伝解析

    田中義行, 田中義行, 三谷亜実, 清水のどか, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   19 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • Raspberry Piで動作するAIを利用したキャベツ選果システムの開発

    内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 山本晃, 大平貴之, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   19 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • 育苗期間と根域容量がデルフィニウム・エラータム系の抽苔および切り花形質に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 河合実花, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   19 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • トウガラシの辛味強弱調整のための変異型pAMT遺伝子マーカーを用いた戻し交雑育種

    根本和香那, 野喜亮祐, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 土井元章, 田中義行, 田中義行

    園芸学研究 別冊   19 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • B(ホウ素)欠乏処理がイチゴのチップバーンおよび受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, 吉田裕一, 金城朱理, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    岡山大学農学部学術報告(Web)   108   2019年

     詳細を見る

  • イチゴ‘愛ベリー’の花芽の帯化について

    砂川直徹, CAM Nguyen Thi, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   18 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 培養液中のホウ素(B)濃度と葉数管理がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, CAM Nguyen Thi, 吉田裕一, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   18 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • イチゴ果実の食味特に低沸点香気成分と糖濃度に影響する要因について

    吉田裕一, 櫻井美緒, 中井さや香, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   18 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

  • ワセリン処理によるガクからの蒸散抑制がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, 吉田裕一, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 58 )   2019年

     詳細を見る

  • 育苗条件がイチゴ‘紅ほっぺ’の心止まり発生に及ぼす影響

    砂川直徹, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 58 )   2019年

     詳細を見る

  • キュウリ隔離床栽培における日射比例潅水の潅水頻度の違いが植物の生育に及ぼす影響

    安場健一郎, 中川ほのか, 藤尾拓也, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 58 )   2019年

     詳細を見る

  • トウガラシ果皮におけるカプサイシノイド合成組織の分布と遺伝子発現解析

    綿地真友子, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 田中義行, 田中義行

    園芸学研究 別冊   18 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • pAMT遺伝子におけるトランスポゾン挿入位置の違いは,トウガラシの辛味程度に影響を及ぼす

    田中義行, 田中義行, 淺野高弥, 金光世利香, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 三澤悠貴, 中谷祥恵, 古旗賢二

    園芸学研究 別冊   18 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 育苗期間と根域容量がデルフィニウム・シネンシス系の抽苔および切り花形質に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 甲斐鈴弥, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   18 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • EOD-heatingがシクラメンの徒長に及ぼす影響とその要因解析

    後藤丹十郎, 松浦文子, 野村紅梨子, 安場健一郎, 吉田裕一, 田中義行, 中島拓, 室田有里, 加古哲也, 道園美弦

    日本生物環境工学会大会講演要旨   2019   2019年

     詳細を見る

  • 画像利用によるキャベツ選果AIシステムの試作

    内村優希, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 山本晃, 大平貴之, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 58 )   2019年

     詳細を見る

  • 長期貯蔵したダリア挿し穂における発根促進方法の開発

    後藤丹十郎, NGUYEN Thi Dieu The, NGUYEN Thi Cam, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 58 )   2019年

     詳細を見る

  • Comparative analysis on blossom-end rot incidence in two tomato cultivars in relation to calcium nutrition and fruit growth

    Tran Duy Vinh, Yuichi Yoshida, Mitsuo Ooyama, Tanjuro Goto, Ken Ichiro Yasuba, Yoshiyuki Tanaka

    Horticulture Journal   87 ( 1 )   97 - 105   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    © 2018 The Japanese Society for Horticultural Science (JSHS), All rights reserved. Blossom-end rot (BER) in tomato has been generally reported as a calcium (Ca)-related physiological disorder influenced by cultivar and environmental factors. In our previous works, we found that different fruit-sized cultivars could share a similar threshold value of water-soluble Ca. In addition, seasonal susceptibility to BER was closely related to fruit growth rate. This study aimed to clarify the effect of fruit growth rate as a dominant factor determining the susceptibility in different fruit-sized tomato cultivars. A large-sized cultivar, ‘Momotaro Fight’, and medium-sized ‘Cindy Sweet’, with different susceptibility to BER disorder, were hydroponically grown with modified Hoagland nutrient solutions consisting of a range of Ca:K (potassium) ratios in four cropping seasons. In spring and summer, BER incidence was more than 60 and 10% in ‘Momotaro Fight’ and ‘Cindy Sweet’, respectively, when plants were fed with low Ca. BER was rarely observed when water-soluble Ca exceeded 0.30 μmol·g−1 FW, and the rate of BER incidence increased with a decrease in water-soluble Ca concentration in both cultivars. Fruit growth rate was much more vigorous in ‘Momotaro Fight’ than ‘Cindy Sweet’, especially in summer. It was significantly favored by the increased temperature and solar radiation in both cultivars. The multiple regression analyses detected a significant effect of fruit growth rate on BER incidence, exclusively in ‘Momotaro Fight’. Together with water-soluble Ca, fruit growth rate explained over 50% of the variation of BER incidence. A vigorous rate of fruit growth can play a more important role in decreasing water-soluble Ca in ‘Momotaro Fight’, and result in severe and frequent BER incidence, compared to ‘Cindy Sweet’. Thus the cultivar difference in the susceptibility to BER is likely explained by the difference in the growth rate of young fruit affecting water-soluble Ca in the distal part of tomato fruit.

    DOI: 10.2503/hortj.OKD-114

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • イチゴ高設栽培における肥効調節型被覆肥料の肥効に及ぼす培地加温の効果

    吉田裕一, 中井さやか, 田外健也, 田中義行, 後藤丹十郎, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 57 )   2018年

     詳細を見る

  • 培養液中のホウ素(B)濃度がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響

    瀬角美穂, 吉田裕一, 金城朱理, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 40日型肥効調整型肥料と培養液施用を組み合わせた高設栽培イチゴの肥培管理

    吉田裕一, 森彩奈, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 定植前の液肥施用が間欠冷蔵処理したイチゴ‘女峰’の開花に及ぼす影響

    砂川直徹, 吉田裕一, 吉田裕一, 瀬角美穂, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 育苗期中盤におけるトレイ苗のスペーシングが間欠冷蔵処理したイチゴの開花に及ぼす影響

    金城朱理, 花田惇史, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究   17 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • トレイ苗のスペーシング時期がイチゴの間欠冷蔵処理効果発現に及ぼす影響

    瀬角美穂, 吉田裕一, 吉田裕一, 金城朱理, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 57 )   2018年

     詳細を見る

  • EOD-heatingがシクラメンの生育および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 松浦文子, 安場健一郎, 田中義行, 吉田裕一, 中島拓, 室田有里, 加古哲也, 道園美弦

    日本生物環境工学会大会講演要旨   2018   2018年

     詳細を見る

  • トウガラシ(C.chinense)における異なるpAMTアリルを利用した辛味調整の可能性と転写産物解析

    淺野高弥, 金光世利香, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   17 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

  • 仕立て方法がダリアの露芯花の季節変動に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 箕浦彰子, CAM N. T., 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • トウガラシ果皮における高カプサイシノイド濃度に関する遺伝子発現解析

    綿地真友子, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 葉菜類栽培におけるべたがけ処理が地表近くのCO<sub>2</sub>濃度変化に及ぼす影響

    吉木慧, 米田朋樹, 高瀬貴文, 栗山夢野, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   17 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 高温期の遮光がミニシクラメンの成長と開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 佐藤博紀, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一, 松浦恭和, 森泉

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 57 )   2018年

     詳細を見る

  • トウガラシ‘Moruga Scorpion Yellow’果皮における高カプサイシノイド濃度をもたらす要因の解析

    綿地真友子, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 57 )   2018年

     詳細を見る

  • ベタがけおよび土壌への有機物施用が地表近くのCO<sub>2</sub>濃度に及ぼす影響

    吉木慧, 栗山夢野, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   17 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

  • 厳寒期を中心とするイチゴ’女峰’の肥大不良果発生様相

    吉田裕一, 吉田裕一, 金城朱理, 瀬角美穂, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究 別冊   16 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • イチゴのホウ素(B)過剰症状と葉身内の濃度分布について

    金城朱理, 吉田裕一, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 56 )   2017年

     詳細を見る

  • イチゴの奇形果発生に対するホウ素(B)栄養の影響

    金城朱理, 吉田裕一, 吉田裕一, 日高啓, 喜井美里, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   16 ( 1 )   2017年

     詳細を見る

  • 処理開始時期がトレイ育苗したイチゴ‘女峰’に対する間欠冷蔵処理の効果発現に及ぼす影響

    金城朱理, 花田惇史, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行, 吉田敦子

    岡山大学農学部学術報告(Web)   106   2017年

     詳細を見る

  • イチゴ花器の発育と奇形果発生に対するGA<sub>3</sub>処理とホウ素(B)栄養の影響

    金城朱理, 吉田裕一, 日高啓, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   16 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • 品種,日長および施肥濃度がダリアの露心花の発生に及ぼす影響

    後藤丹十郎, CAM Nguyen Thi, 箕浦彰子, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 56 )   2017年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理によるデルフィニウム・エラータム系の早期抽苔防止と切り花形質の向上

    後藤丹十郎, 福安美和, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   16 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • 補光による明期延長が中玉トマト ‘シンディスイート’ の尻腐れ果発生および果実中のCa濃度に及ぼす影響

    大山光男, 吉田裕一, VINH TRAN Duy, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究   16 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • トウガラシ(Capsicum chinense)交雑集団における辛味関連成分に関するQTLpAMTとその効果

    田中義行, KIRII E., 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   16 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • 夜間の施設内CO<sub>2</sub>濃度変化を利用した換気回数自動計算ソフトウェアの開発

    安場健一郎, 藤尾拓也, 渡邊勝吉, 多根知周, 山田竜也, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   16 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • バラの切り上げアーチング方式とアーチング方式との収量比較調査

    後藤丹十郎, 磯部知里, 増田美華, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一, 土井元章

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 56 )   2017年

     詳細を見る

  • トウガラシ(Capsicum chinense)におけるカプシノイド合成に関わる新規putative aminotransferase(pAMT)変異アレルの同定

    田中義行, 福多志穂, 小枝壮太, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 56 )   2017年

     詳細を見る

  • 一回目の間欠冷蔵処理日数と育苗時の栽植密度がイチゴ‘女峰’の開花に及ぼす影響

    金城朱理, 花田惇史, 吉田裕一, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   15 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

  • 夏期高温時の遮光がカーネーションの生育および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 片岡宏美, 林孝晴, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   15 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

  • 摘心および遮光がシュッコンカスミソウの萎縮症の発生に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 櫻井来実, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 55 )   2016年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理サイクル回数がトルコギキョウの生育および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, THAO Phan Thu, 磯部知里, 福島啓吾, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 55 )   2016年

     詳細を見る

  • トウガラシCapsicum chinenseにおけるputative aminotransferase遺伝子の構造変異とその辛味性への寄与

    田中義行, 村賀湧次, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   15 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • 育苗時の遮光および夜間冷房時間がスターチスの抽苔および切り花収量に及ぼす影響

    山本千絵, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   15 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • バラの切り上げアーチング方式における折り曲げ枝で獲得した炭素の分配

    後藤丹十郎, 磯部知里, 増田美華, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一, 石岡厳, 梶原真二, 土井元章

    園芸学研究 別冊   15 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • 施設内の日射量の違いがイチゴの果実品質に及ぼす影響

    吉田裕一, 吉田裕一, 林加奈, 林加奈, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究 別冊   14 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理回数がイチゴ‘女峰’の開花に及ぼす影響

    花田惇史, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    岡山大学農学部センター報告(Web)   ( 37 )   2015年

     詳細を見る

  • 挿し苗時期,苗の大きさとクラウンの深さがイチゴ‘さちのか’の花芽分化と開花に及ぼす影響

    吉田裕一, 宮地大介, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎, 本村翔

    岡山大学農学部センター報告(Web)   ( 37 )   2015年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理における一回目の処理日数がイチゴ‘女峰’の花芽分化に及ぼす影響

    花田惇史, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   14 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • 萼片の切除が中玉トマト果実の水溶性Ca濃度と尻腐れ発生に及ぼす影響

    大山光男, 吉田裕一, TRAN Duy Vinh, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究 別冊   14 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • 夏期高温時の短時間夜間冷房がミニシクラメンの生育と開花に及ぼす影響

    林孝晴, 加古哲也, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 54 )   2015年

     詳細を見る

  • シュッコンカスミソウ‘アルタイル’における夏期高温時のBA濃度および散布回数が側芽の伸長および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 原田ゆうき, 山口訓史, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 54 )   2015年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理サイクルとその開始時期がトルコギキョウの生育および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 井波拓馬, 福島啓吾, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   14 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 温室内CO<sub>2</sub>濃度を制御パラメータに用いた換気制御ソフトウェアの試作

    安場健一郎, 多根知周, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    日本生物環境工学会大会講演要旨   2015   2015年

     詳細を見る

  • 高CO<sub>2</sub>濃度を維持するピーマン栽培施設における夜間のCO<sub>2</sub>濃度の変化

    安場健一郎, 山田達也, 壹岐怜子, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   14 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 辛味成分高含有トウガラシ系統(Capsicum chinense)におけるカプサイシノイド生合成遺伝子の発現解析

    田中義行, 中島史裕, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   14 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • SF<sub>6</sub>を使用したトレーサーガス法と温室内CO<sub>2</sub>発生を利用した換気測定法の差異

    山田竜也, 安場健一郎, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   14 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 間欠冷蔵処理がデルフィニウム・シネンシス系の生育および開花に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 藤堂妃, 藤堂太, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   14 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • 低辛味トウガラシ(Capsicum chinense)におけるp-amt機能欠損アリルの系統解析

    田中義行, 園山知美, 村賀湧次, 小枝壮太, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   14 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • トウガラシCapsicum baccatum遺伝資源における低辛味素材の探索とその特性評価

    原一仁, 田中義行, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 安場健一郎

    園芸学研究 別冊   14 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • 挿し苗時期と処理回数がイチゴにおける間欠冷蔵処理効果の発現に及ぼす影響

    花田惇史, 林美里, 吉田裕一, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 安場健一郎, 田中義行, 田中義行

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 53 )   2014年

     詳細を見る

  • 種子登熟中の温度がブプレウルムの発芽および切り花形質に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 大谷翔子, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 53 )   2014年

     詳細を見る

  • ソーラーパネル架台下での作物栽培のための気温・日射量等の基礎的環境データの解析

    多根知周, 安場健一郎, 吉田裕一, 後藤丹十郎, 田中義行, 川田雄士

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 53 )   2014年

     詳細を見る

  • トルコギキョウの生育および開花に及ぼす間欠冷蔵処理方法の影響

    後藤丹十郎, 佐々木智志, 福島啓吾, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   13 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

  • 南米原産のトウガラシCapsicum baccatumにおける果実形態および辛味性の評価

    原一仁, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   13 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

  • 低シュウ酸突然変異ホウレンソウにおけるシュウ酸含量減少の機構

    村上賢治, 合田剛視, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   13 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

  • 促成栽培イチゴの長日処理に関する研究 2.光源の種類,光色と点灯方法による処理効果の差異

    吉田裕一, 吉田裕一, 大熊啓太, 吉田健太, 後藤丹十郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   13 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

  • 養液栽培イチゴの生育・収量と果実発育に及ぼすカリウム栄養の影響

    吉田裕一, 大森敏正, 大森敏正, 後藤丹十郎, 田中義行, 村上賢治, 村上賢治

    岡山大学農学部学術報告(Web)   103   2014年

     詳細を見る

  • ミツバチの代替・補完ポリネーターとしてのヒロスギンバエの利用

    花田惇史, 吉田裕一, 佐藤卓也, 後藤丹十郎, 安場健一郎, 田中義行

    園芸学研究 別冊   13 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • トレイサイズとクラウン露出処理がイチゴに対する間欠冷蔵処理の効果発現に及ぼす影響とその品種間差異

    吉田裕一, 吉田裕一, 高澤里穂, 田中義行, 安場健一郎, 後藤丹十郎

    園芸学研究 別冊   13 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • 環境制御情報を標準化するミドルウェアを利用した環境制御機器の開発例

    安場健一郎, 吉田裕一, 田中義行, 後藤丹十郎

    日本生物環境工学会大会講演要旨   2014   2014年

     詳細を見る

  • デンプン剤散布によるキクの黄斑症の発生軽減

    八木祐貴, 後藤丹十郎, 森美由紀, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   13 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • 低辛味トウガラシ(Capsicum chinense)におけるp-amt機能欠損アリルの分類

    田中義行, 園山知美, 小枝壮太, 安場健一郎, 後藤丹十郎, 吉田裕一

    園芸学研究 別冊   13 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • 育苗中の低温処理方法と液肥濃度がスターチスの抽だいおよび切り花収量に及ぼす影響

    山本千絵, 後藤丹十郎, 田中義行, 安場健一郎, 吉田裕一

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 53 )   2014年

     詳細を見る

  • シュッコンカスミソウ‘アルタイル’における形態異常花序発生抑制のための加温方法の検討

    山口訓史, 原田ゆうき, 後藤丹十郎, 吉田裕一, 田中義行, 谷一道, 宮内勝久

    園芸学研究 別冊   12 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

  • 促成栽培イチゴの長日処理に関する研究 1.画像解析による群落投影面積の推定ならびに白熱電球と代替光源による処理効果の比較

    吉田裕一, 吉田裕一, 大熊啓太, 吉田健太, 後藤丹十郎, 田中義行

    園芸学会中四国支部研究発表要旨   ( 52 )   2013年

     詳細を見る

  • 春出荷作型のトルコギキョウ‘キングオブスノー’の生育と切り花形質に及ぼす吸水種子湿潤低温処理後の乾燥の影響

    福島啓吾, 梶原真二, 石倉聡, 原田秀人, 福田直子, 川勝恭子, 後藤丹十郎

    園芸学研究 別冊   11 ( 2 )   253   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 気温および地温がキク'精興の誠'の黄斑発生に及ぼす影響

    後藤 丹十郎, 山口 訓史, 藤田 紫乃, 四谷 亮介

    岡山大学農学部学術報告   101   33 - 37   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学農学部  

    Leaf-yellow-spot, a physiological abnormality occurring in leaves of several chrysanthemum (Chrysanthemum x morifolium) cultivars is a very serious production problem in Japan. High temperature or high irradiation are possible physiological factors, which may lead to leaf-yellow-spot. In the present study, effects of air or medium temperature on the occurrence of leaf-yellow-spot in 'Seikou-nomakoto' were investigated. The nodal position with spotted leaves and rate of leaf-yellow-spot increasedwith increasing day/night temperature. The nodal position with spotted leaves and rate of leaf-yellow-spot of plants grown on 30°C night air temperature were smaller than those grown on 25°C or ambient night air temperature. The days to first occurrence of leaf-yellow-spot showed no differences among medium temperatures. As occurrence of leaf-yellow-spot was not affected by root zone temperature, we recognized that occurrence of leaf-yellow-spot was promoted by high temperature or solar radiation on shoot, especially leaf. Occurrence of leaf-yellow-spot was reduced by long period high temperature and/or high solar radiation as plant growth reduced. Therefore, we thought that occurrence of leaf-yellow-spot was promoted by environmental condition as plant growth would promote.キク(Chrysanthemum × morifolium)'精興の誠'の葉身で発生する黄斑に及ぼす気温および培地温度の影響を調査した.昼夜温を40/30℃,35/25℃,なりゆきの3区で栽培した場合,昼夜温が高いほど生育は抑制され,黄斑の発生は早くなったが,黄斑発生度は40/30℃区と比較してなりゆき区で高くなる傾向がみられた.夜温を30℃,25℃となりゆき区で栽培した場合,黄斑発生度は30℃区と比較してなりゆき区で有意な差がみられた.生育が抑制されるほどの長期間の強光や高温は黄斑発生を抑制させたことから,生育が旺盛な環境条件における外的要因により黄斑発生は助長されると考えられた.地下部の温度は黄斑発生に影響しなかったことから黄斑発生は地上部,特に葉身部位の高温により助長されることが明らかになった.

    CiNii Article

    researchmap

  • ナスを対象とした移動型選果ロボット -ICタグを用いた株の識別-

    山本親史, 門田充司, 難波和彦, 後藤丹十郎

    農業機械学会関西支部報   ( 109 )   28 - 31   2011年

     詳細を見る

  • ナスを対象とした移動型選果ロボットの開発-ロボットの試作と性能評価-

    寺崎栄一, CHONG Vui Kiong, 門田充司, 難波和彦, 後藤丹十郎, 二宮和則, 近藤直

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2008   2008年

     詳細を見る

  • 植物の根に関する諸問題(154)花きセル成型苗の生育様相の解明に基づいた熱融着性ポリエステル繊維固化培地による若苗定植法の開発

    後藤 丹十郎

    農業および園芸   81 ( 5 )   623 - 631   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 熱融着性ポリエステル繊維固化ポットレス培地で育成したペチュニアの生育に及ぼす灌水方法の影響

    後藤 丹十郎, 島 浩二, 東 千里

    岡山大学農学部学術報告   95   29 - 34   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大學農學部  

    ポリエチレンポットの廃棄は現在、大きな環境問題になっている。ポリポットを用いない花壇苗生産を開発するために、まず、熱融着性ポリエステル繊維を利用して固化した培地の特性を調査した。続いて、この固化培地における栄養繁殖性ペチュニアの生育を調査した。最後に、ポリポットを使用せずに栽培する場合、灌水方法がペチュニアの生育に及ぼす影響を調査した。培地からの水蒸発量には培地固化による影響は認められなかった。ポリポットがない培地の水減少量はポリポットがある培地の約2倍であった。無固化培地では根鉢を形成していないと培地は崩れ、挿し芽20日後においても半数以上の個体で培地が崩れた。固化培地では発根前でも培地が崩れなかった。発根および鉢上げ時の草丈、葉数、生体重は培地の固化による差はほとんど認められなかった。定植時の草丈、花蕾数、葉数、生体重にはセル用およびポット用培地の固化による有意な差は認められなかった。無固化培地ではポットがないと培地が崩壊し、特に頭上灌水で崩壊程度が大きかった。底面灌水区と頭上多量灌水区では定植時の生育にほとんど違いは認められなかった。しかし、頭上少量灌水区では生育が抑制され、ポットレスにすることにより生育が著しく抑制されたが、固化培地で緩和された、以上の結果、養水分管理を適切に行えば、培地を固めても、ポリポットがなくても、ペチュニアの生育に差が生じないことが明らかになった。また、固化培地は崩れないため、定植作業が容易で、作業時間も短かった。従って、固化培地を用いたポットレス花壇苗生産は十分実用性があると考えられた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010723359

  • 培地および定植期がキク‘精興の誠’の黄斑発生に及ぼす影響

    岡山大学農学部学術報告   94,15-18   2005年

     詳細を見る

  • スプレーギクのベンチ栽培における見かけの養分吸収濃度に基づいた灌水同時施肥栽培の開発.

    岡山大学農学部学術報告   94,19-24   2005年

     詳細を見る

  • Effect of medium and planting date on the occurrence of leaf-yellow-spot in chrysanthemum `seikounomakoto`

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   94,15-18   2005年

     詳細を見る

  • 熱融着性ポリエステル繊維固化培地を利用したシュッコンカスミソウセル成型苗の移植期拡大

    園芸学研究   4,17-20   2005年

     詳細を見る

  • A novel fertigation technology developed for spray chrysanthemums in bentch culture on apparent nutrient uptake concentaration

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   94,19-24   2005年

     詳細を見る

  • Increasing the length of the transplanting period of Gypophila paniculata l. cuttings grown in cell medium hardened by fusion polyester fiber

    Hort. res.   4,17-20   2005年

     詳細を見る

  • Flowering of Zantedeschia rehmannii Engl. as affected by combination of tuber storage temperature and duration

    T Goto, K Kawajiri, Y Kageyama, K Konishi

    Proceedings of the Ninth International Symposium on Flower Bulbs, Vols 1 and 2   639,273-277 ( 673 )   273 - 277   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:INTERNATIONAL SOCIETY HORTICULTURAL SCIENCE  

    In Zantedeschia rehmannii Engl. tuber storage at 1-5 degrees C for 30 days is suitable for breaking dormancy, and a temperature of 10 degrees C is suitable for flower bud initiation Thus, effects of the combination of VC and 10 degrees C during tuber storage on growth and flowering were investigated. Tubers which were not given low temperature (&lt; 15 degrees C) were stored for 50 days. Initial storage temperature was either 1 degrees C or 10 degrees C, and tubers were moved to alternate temperatures 10, 20, 30, and 40 days after storage. There were no significant differences among treatments in days to emergence, although days to flowering of plants stored at 10 degrees C 20 days followed by 1 degrees C 30 days were shorter than those of other treatments. Storage temperature and duration had no significant effect on anthocyanin content, cut flower weight, malformed flower percentage, cut flower length, and bract length. Percentage of flowering and number of flowers per plant decreased as storage duration at 10 degrees C decreased. Flower production increased remarkably in plants stored at 1 degrees C for 10 days followed by 10 degrees C for 40 days and at 1 degrees C for 20 days followed by 10 degrees C for 30 days because secondary flowers were harvested. It is thought that dormancy is broken at any temperature for 50 days, however, storage at 10 degrees C for &gt; 30 days is suitable for increase in flowering. Our results suggest that tuber storage at 1 degrees C then 10 degrees C may be desirable when Z. rehmannii is forced in summer.

    Web of Science

    researchmap

  • スプレーギクのベンチ栽培における施肥方法が生育と 切り花品質に及ぼす影響

    園芸学研究   3:23-26   2004年

     詳細を見る

  • スプレーギクのベンチ栽培における季節別の水消費特性

    岡山大学農学部学術報告   93:33-37   2004年

     詳細を見る

  • Characteristics of Seasonal Water Consumption of Spray Chrysanthemums in Bench Culture

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   93:33-37   2004年

     詳細を見る

  • 定植時の養分レベルがスプレーギクの生育と切り花品質に及ぼす影響

    園芸学研究   3:155-160   2004年

     詳細を見る

  • Effects of Nutrient Level at Planting Time on Growth and Quality of Cut Flower in Spray Chrysanthemums

    Hort. Res.   3:155-160   2004年

     詳細を見る

  • The effect of methods of fertilizer application on growth and cut flower quality of spray chrysanthemums in Bench Culture

    Hort. res.   3:23-26   2004年

     詳細を見る

  • 培養液中のNaCl濃度がピートバッグ栽培イチゴの生育,収量と品質に及ぼす影響

    園芸学研究   2 ( 3 )   171 - 174   2003年

     詳細を見る

  • Relationships between plant size and amount of overhead irrigation required for uniform water supply to individual cell medium

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   92:27-30   2003年

     詳細を見る

  • セル培地に必要な散水量と植物体の大きさの関係

    岡山大学農学部学術報告   92 ( ,27-31 )   2003年

     詳細を見る

  • Salinity levels affecting growth, yield and quality of strawberry grown in peat bags

    Hort. Res   2:171-174   2003年

     詳細を見る

  • Relationships between plant size and amount of overhead irrigation required for uniform water supply to individual cell medium

    the scientific reports of the faculty of agriculture   92   27 - 30   2003年

     詳細を見る

  • 自動底面灌水によるストックのセル苗生産(第1報)蒸発散量と環境要因、特に日射量との関係について

    植物工場学会誌   14(2), 81-86   2002年

     詳細を見る

  • 自動底面灌水によるストックのセル苗生産(第2報)日射批判灌水法および定時灌水法における灌水頻度がセル苗の生長と生産性に及ぼす影響

    植物工場学会誌   14(2), 87-91   2002年

     詳細を見る

  • Transplant production of stocbwith automatically subirrigated cell flat(Part2) growth and Productivity of trausplants as affectedby fentigaton ferguency controlled in respouse fo solar radiation or Scheduled in time course

    J.of Society of High,Tech in Agri   14(2), 87-91   2002年

     詳細を見る

  • 根域制限で栽培したキクの光合成、蒸散特性と葉の形態に及ぼす養水分供給頻度の影響

    園芸学会雑誌   71(2), 277-283   2002年

     詳細を見る

  • Phototheynthetic, Evapotrauspiration and Leaf Morphological Properties of chrysanthemum grown under root restuiction as a ffected by fertigation fregueucy

    J.of Japan Soc.Hort.Sci   7(2), 277-283   2002年

     詳細を見る

  • Transplant production of stocr with Aufomatically Xuvirrigated Cell Flat(1) Relationships betweeevapofranspiration and enviroumeafal facfors,especially solan radiation

    J.of Society of High Tech ni Agri.   14(2), 81-86   2002年

     詳細を見る

  • キク '精興の誠' の葉身における黄斑の発生に及ぼす養水分ストレスの影響

    後藤丹十郎

    園学雑   71 ( 1 )   320 - 320   2002年

  • 根域制限下でのキクの生育抑制に及ぼす養水分ストレスの影響

    後藤丹十郎, 高谷憲之, 吉岡直子, 吉田裕一, 影山詳弘, 小西国義

    園芸学会雑誌   70 ( 6 )   760 - 766   2001年

  • Effects of water and nutrient stresses on reduction of vegetative growth in chrysanthemum grown under restricted root zone volume

    Journal of Japan. Soc. Hort. Sci   70 ( 6 )   760 - 766   2001年

     詳細を見る

  • Mineral Uptake as influenced by growing seasons and developmental stages in spray chrysanthemums grown under a hydroponic system

    Journal of Japan Soc. Hort. Sci   69 ( 3 )   255 - 260   2000年

     詳細を見る

  • Developing a nitrogen Application curve for spray chrysanthemums grown in hydrop'onic system and its practical use in NFT system.

    Hae Suk Yoon, Tanjuro Goto, Yoshihiro Kageyama

    Journal of Japan. Soc. Hort. Sci   69 ( 4 )   416 - 422   2000年

     詳細を見る

  • Effects of root zone volume on the growth of snapdragon seedlings under optimum nutrient and water supply

    T Goto, T Sagawa, Y Kageyama, K Konishi

    PROCEEDINGS OF THE XXV INTERNATIONAL HORTICULTURAL CONGRESS, PT 1   511 ( 511 )   233 - 238   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:INTERNATIONAL SOCIETY HORTICULTURAL SCIENCE  

    The effects of root zone volume on the growth of snapdragon under optimum nutrient and water supply in soil culture or continuous flowing hydroponic system (CFHS) were investigated for seven weeks. In soil culture, seeds were sown in 30, 100, 300, and 1000 ml containers and fertigated with a 3/8 strength Enshi-shoho nutrient solution at 6-10 kPa (pF1.7-2.0) of soil moisture tension. In CFHS, plants were set on one reservoir and the volume of each plant was limited to 10, 30, 100, 300, and 1000 ml using cylindrical containers. A 1/8 strength Enshi-shoho nutrient solution flowed continuously at 170 ml / minute into the containers of CFHS for each plant.
    In soil culture, shoot dry weight at harvest significantly increased with increasing root zone volume. Led area and stem length of plants grown in 30 ml containers were smaller than that of others at three weeks after sowing. In CFHS, shoot dry weights of plants grown in 10 and 30 ml containers at harvest were lower than those of others in large containers grown on CFHS. Stem length, node number and leaf area were unaffected by root zone volume. In soil culture, reduced shoot growth was observed at a very young stage when the roots made contact with the container walls, but not on CFHS. These results indicate that the difference in growth of plants in soil culture was caused mainly by some substances retarding growth, probably originating from the roots rather than nutrient or water supply.

    Web of Science

    researchmap

  • NFT栽培における培養液量がスプレイギクの養分吸収と切り花品質に及ぼす影響

    尹 惠淑, 後藤 丹十郎, 景山 詳弘

    生物環境調節   38 ( 3 )   121 - 127   2000年

  • Studies on transplants production of Dianthus caryophyllus L, and Gypsophilla paniculata L, Using Cell tray-Effets of cell volume and transplanting age on growth and cut flower quality-

    Journal of Japan. Soc, Hort. Sci   69 ( 6 )   749 - 757   2000年

     詳細を見る

  • カーネーションおよびシュクコンカスミソウのセル成型育苗に関する研究-セルの容量と育苗期間が移植後の生長と切り花品質に及ぼす影響

    後藤丹十郎, 景山詳弘, 小西国義

    園芸学会雑誌   69 ( 6 )   749 - 757   2000年

  • 輪ギクの品質評価に関する研究(第2報)カルマン・ニューロを用いた評価

    近藤 直, 村瀬 治比古, 門田 充司, 後藤 丹十郎

    植物工場学会誌   11 ( 2 )   100 - 105   1999年

  • Studies on Guality Evaluation of Chrysanthemum Cut Flower(Part 2)

    Journal of Society of High Technology in Agniculture   11 ( 2 )   100 - 105   1999年

     詳細を見る

  • Studies on Quality Evaluation of Chrysanthemum Cut Flower(Part 1)Relation between Experts' Evaluation and Morphological Characteristics of Cut Flower

    Naoshi KONDO, Tanjuro GOTO, Mitsuji MONTA, Haruhiko MURASE

    Journal of Society of High Technology in Agriculture   11 ( 2 )   93 - 99   1999年

     詳細を見る

  • 輪ギクの品質評価に関する研究(第1報)専門家の評価結果とキクの形態的特徴の関係

    近藤 直, 後藤 丹十郎, 門田 充司, 村瀬 治比古

    植物工場学会誌   11 ( 2 )   93 - 99   1999年

  • Effects of cell volume and transplant age in cell flat on growth and flower ing after transplanting in Antirrhium majus L and initial growth after transplanting in Matthiola incana R. Br.

    The Scientific reports of the Faculty of agricalture okayama university   88   47 - 55   1999年

     詳細を見る

  • セル苗育苗におけるセル容量および移植時苗齢がキンギョソウの移植後の生長と開花ならびにストックの移植後の初期生長に及ぼす影響

    岡山大学農学部学術報告   88   47 - 55   1999年

     詳細を見る

  • セル成型苗の低温貯蔵期間および温度がキク、シュッコンカスミソウおよびカーネーションの移植後の初期生育に及ぼす影響

    岡山大学農学部学術報告   87   141 - 148   1998年

     詳細を見る

  • Effects of Cold Storage Duration and Temperature of Transplants in Cell Flat on the Initial Growth of Demdran the ma grandiflora Kitamura, Gypsophila paniculata L, and Dianthus caryophyllus L.

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   87   141 - 148   1998年

     詳細を見る

  • Effects of Root Zone Volume on the Growth of the Main and Lateral Shoot in Gypsophila paniculata L. , Diauthus caryophyllus L, and Dendranthema gradiflora kitamura.

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   86   43 - 49   1997年

     詳細を見る

  • 根域容量がシュクコンカスミソウ、カーネーションおよびキクの主枝と側枝の生長に及ぼす影響

    岡山大学農学部学術報告   86   43 - 49   1997年

     詳細を見る

  • キンギョソウセル苗の作業性からみた移植適期と植物の生育からみた移植適期の違い

    園学雑別冊   66 ( 1 )   454 - 455   1997年

     詳細を見る

  • スターチス・シヌアータの挿し芽苗による促成栽培

    岡山大学農学部学術報告   85   31 - 37   1996年

     詳細を見る

  • 根域容量がキンギョソウの初期生育に及ぼす影響

    園学雑別冊   65 ( 2 )   658 - 659   1996年

     詳細を見る

  • 発根前処理によるキクの発根までの期間の短縮およびその直挿し栽培への応用

    園学雑別冊   65 ( 1 )   450 - 451   1996年

     詳細を見る

  • キクのセル成型トレイ苗の定植時苗齢および低温貯蔵が定植後の生育に及ぼす影響

    園学雑別冊   65 ( 1 )   446 - 447   1996年

     詳細を見る

  • Effect of Potassium and Calcium concentration in the nutrient solution on growth and natrient up take of rose plants

    Acta Horticulturae   440   366 - 370   1996年

     詳細を見る

  • Forcing culture of ┣DBLimonium sinuatum(/)-┫DB Mill using Cutting plants

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   85   31 - 37   1996年

     詳細を見る

  • Pre-freatment to shorten rooting period of chrysanthemum and the application to planting unrooted cuttings

    J. Japan Soc. Hort. Sci. Supplement   65 ( 1 )   450 - 451   1996年

     詳細を見る

  • Effects of transplant age and low temperature storage in cell flat on growth of chrysanthemum

    J. Japan Soc. Hort. Sci. Supplement   65 ( 1 )   446 - 447   1996年

     詳細を見る

  • From Vegetable Crop Sience to Ornamental Floriculture

    The Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   84   77 - 80   1995年

     詳細を見る

  • セル成型トレイ下の給水マットが3種の花卉の挿し穂の発根に及ぼす影響

    園学雑別冊   64 ( 1 )   552 - 553   1995年

     詳細を見る

  • 蔬菜園芸学から花卉園芸学へ

    岡山大学農学部学術報告   84   77 - 80   1995年

     詳細を見る

  • スターチス・シヌアータの挿し芽苗による促成栽培

    園学雑別冊   64 ( 1 )   458 - 459   1995年

     詳細を見る

  • Effects of the watering mats under cell flats on rooting of cutting in three floral crops

    J. Japan. Soc. Hort. Sci. supplement   64 ( 1 )   552 - 553   1995年

     詳細を見る

  • Forcing culture of ┣DBLimonium sinuatum(/)-┫DB L. with cutting plants

    J. Japan. Soc. Hort. Sci. supplement   64 ( 1 )   458 - 459   1995年

     詳細を見る

  • Forcing Cultivation of Asparagus Using One-year-old Crowns-Influence of Cultivars, Crown Weight, Soil Temperature, Periods of Low Temperature Storage and Time of Crown-laying-in on Spear Yield-

    Bulletin Exp. Farm, Kyoto University   4   1 - 8   1994年

     詳細を見る

  • アスパラガスの1年生株を用いた促成伏せ込み栽培-品種、根株重、伏せ込み床の温度、根株の低温貯蔵期間及び根株の掘り上げ時期について

    京大農場報告   4   1 - 8   1994年

     詳細を見る

  • セル成型トレイにおける土壌凝集剤が3種の種子発芽及びその後の生育に及ぼす影響

    後藤丹十郎

    園学中四国支部要旨   33   70 - 70   1994年

  • The effects of Flower Thinning on the Fruit Growth of 'Ai-Berry' Strawberry(Fragaria xananassa Duch. )

    Bulletin Exp. Farm, Kyoto University   3,7-11   1992年

     詳細を見る

  • イチゴ'愛ベリー'の果実生長に対する摘花の効果

    京大農場報告   3,7-11   1992年

     詳細を見る

  • イチゴ雌ずいの形態と受精能力の開花後の変化

    園芸学会雑誌   60 ( 2 )   345 - 351   1991年

     詳細を見る

  • Changes in the Anatomy and Receptivity of Pistils after Anthesis in Strawberry.

    Yuichi Yoshida, Tanjuro Goto, Toshiaki Chujo, Yukihiro Fujime

    Journal of Japan Soc. Hort. Sci   60 ( 2 )   345 - 351   1991年

▼全件表示

Works(作品等)

  • 道路などの路肩で使用する植物成長抑制マットの製品開発に関する研究

    2004年

     詳細を見る

  • Weed plant growth regulation by containered mat

    2004年

     詳細を見る

  • キクの生理障害発生の要因解明と防止策の開発

    2001年

     詳細を見る

  • Studies of leaf-yellow-spot occurence in chrysanthemum

    2000年

     詳細を見る

  • Effects of different nitrogen applications and flowering times on growth and nitrogen uptake of spray chrysanthemums in hydroponics

    1998年

     詳細を見る

  • Flowering reguration

    1996年

     詳細を見る

  • 開花調節

    1996年

     詳細を見る

  • アスパラガスの1年生株の雌雄の萠芽および収量について

    1993年

     詳細を見る

  • Sprouting and spear yield of asparagus one-year-old crown of male and female plants.

    1993年

     詳細を見る

  • Studies on one-year-old crowns for forcing of Asparagas

    1989年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • 1年生株を用いたアスパラガスの促成裁培に関する研究

    1989年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • Enlargement, maturity and ripening of pathenocarpic fruits of melon.

    1987年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • メロンの単為結果果実の肥大,成熟及び追熟

    1987年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • 植物生長調節物質を用いたトマトの空どう果防止法の研究

    1987年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • Studies on prevention of puffiness in auxin-induced parthenocarpic tomato by plant growth regulators.

    1987年
    -
    1990年

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • Grant aid for high tecnology plant science

    2001年  

     詳細を見る

  • 日本植物工場学会学術奨励賞

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • ダリア露芯花の発生メカニズムの解明に基づく露芯花発生低減方法の開発

    研究課題/領域番号:19K06019  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    後藤 丹十郎, 田中 義行

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • バラ生産群落における生産性低下要因のSDモデルを用いた解析と施設環境管理の最適化

    研究課題/領域番号:18H02197  2018年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    土井 元章, 後藤 丹十郎, 稲本 勝彦

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    アーチング栽培した‘スイートアバランチェ’群落を解析対象とし,折り曲げ枝および収穫枝の1日の炭素獲得量,到花日数と生育指数,収穫枝への乾物転流量を予測するサブSDモデルを,Vensim ver.6を用いて構築・検証・修正した.
    折り曲げ枝の炭素獲得モデルの検証行ったところ,季節を問わず予測値は実測値よりも大きくなった.そこで,a値(暗呼吸速度)に関しモデルを修正したところ,夜間の誤差は十分に小さくなった.また,昼間の誤差は,午前中のPPFDが増加する時間帯において大きく,光合成誘導反応や水ストレス等の複合的な要因が関係している可能性が考えられた.
    収穫枝群落については,3つの生育ステージにおいて炭素獲得モデルを構築した.今後生育指数に対する炭素獲得モデルに改良する必要がある.なお,光合成の適温域は当初25-30℃にあり,収穫枝の生育に伴って低下し,開花時には20℃付近にあることが明らかとなった.また,晴天日の光合成による炭素獲得量は,発蕾前まではマイナスで,開花時には1日当たり470 mg/plantと予測された.
    収穫枝の生育期間中の平均温度と到花日数の関係を指数近似することで開花日が高精度で予測でき,品種が異なっても同一のモデルで予測できることを検証した.また,日生育指数増加量を算出するモデルを構築した.生育指数に対する折り曲げ枝から収穫枝への転流率の変化を二次関数により関数化し,炭素の転流量を予測するモデルを作成した.
    LAIは,春から夏には3.5-4.0,秋から冬にかけては3.5-3.0で季節変動した.また,個葉の光合成測定から,高濃度二酸化炭素条件下では,馴れによる光合成速度の低下が起こることを明らかにし,二酸化炭素施用の効果は60日程度でほぼ消失した.
    各サブSDモデルを統合して炭素の動きを可視化する統合SDモデルの構造を検討した.

    researchmap

  • トウガラシ遺伝資源を利用した低辛味カプサイシノイド類似物質の成分育種学研究

    研究課題/領域番号:15K18640  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    田中 義行, 吉田 裕一, 後藤 丹十郎, 安場 健一郎

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    カプシノイドは、トウガラシ果実に含まれる低辛味カプサイシノイド類似物質である。カプシノイドは低辛味ながら健康機能作用があり、食品への利用が期待されている。本実験では、その含量を増加させる遺伝子を同定することを目的とした。
    研究の結果、含量を増加させるpAMT(putative aminotrasferase)の新規変異アレルを同定した。さらに、激辛品種と他品種を比較し、果皮での生合成が果実全体のカプサイシノイドや類似物質含量の増加に寄与すること、複数の生合成経路遺伝子が激辛品種の果皮でのみ強発現していることを明らかにした。本研究結果は、辛味やカプシノイドに関する育種に有用であると考えらえる。

    researchmap

  • 湖沼・ため池・水路底泥の分級・脱水・改質によるリサイクル回路の構築

    研究課題/領域番号:15K14822  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    西村 伸一, 後藤 丹十郎, 村上 賢治, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究は,ため池,水路,湖沼の浚渫土の再利用促進方法の確立を研究目的とした.第一に,従来のフィルータープレスを改良し,機能を付加し,最適な脱水,透気,吸引,乾燥のプロセスを同定することができた.第二に,脱水乾燥した浚渫土の再利用法を検討した.再利用方法としては,地盤材料として用いる方法を考えた.その結果,乾燥処理は地盤材料の強度増加のために有効であることが分かった.底泥には,農地への施肥による肥料分が多く吸着しており,この肥料分を有効に再利用するため,植栽土壌としての底泥の有効性を検討した.結果,乾燥処理温度が生育に影響を与えることが明らかとなった.

    researchmap

  • 変動環境下でのバラ群落の炭素収支計測に基づく整枝および環境管理の最適化理論の構築

    研究課題/領域番号:26292016  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    土井 元章, 後藤 丹十郎, 稲本 勝彦

      詳細を見る

    配分額:15990000円 ( 直接経費:12300000円 、 間接経費:3690000円 )

    整枝管理および環境管理の最適化理論の構築を目指し,バラ生産群落の成育シミュレーションモデルの開発を行った. 変動する環境下で二酸化炭素取り込み速度を計測することで,群落の光-温度-光合成曲線を導出し,これを用いて1日の炭素獲得量を予測するシステムダイナミクスモデルを構築した.加えて,折り曲げ枝群落の光合成産物が開花時の各器官へどのような割合で分配されるかについて,13Cを用いたフィーディング実験により検討した.
    構築したSDモデルの検証の結果,昼間の光合成量,夜間の呼吸量とも過大に予測され,また冬季に予測値誤差が大きくなることが明らかとなった.これらの予測誤差の原因について考察した.

    researchmap

  • トウガラシ遺伝資源を用いた強力な辛味制御因子の探索とその成分育種への応用

    研究課題/領域番号:25892020  2013年08月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    田中 義行, 吉田 裕一, 後藤 丹十郎, 安場 健一郎

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    トウガラシ(Capsicum属)果実の辛味成分はカプサイシノイドである。カプサイシノイド生合成の解明はトウガラシ育種上重要である。本実験では、トウガラシの辛味に大きな影響を及ぼす遺伝子を同定することを目的とした。その結果、pAMT(putative aminotrasferase)の機能欠損がC.chinese種における低辛味性の主要な原因であることが明らかになった。pAMTはカプサイシノイドの前駆体合成に関わる遺伝子である。さらに, 非辛味のC.baccatum系統を見出した。本研究は、低・非辛味トウガラシの育種に有用であると考えられる。

    researchmap

  • オンライン制御泥土脱水・乾燥システムを利用した新土質・土壌材料の開発

    研究課題/領域番号:24658204  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    西村 伸一, 藤澤 和謙, 村上 賢治, 珠玖 隆行, 後藤 丹十郎

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究は,多量に発生する泥土に対し,新たな脱水・乾燥および泥土資源化システムを構築した。第一に,改良型フィルタープレス機の開発を行った。このフィルタープレスは,従来の浸透圧密型の機械に,圧密→吸引→透気というサイクルを加え,脱水の効率性を高めるものである.第二に,処理土の土質・土壌新材料としての開発を行行った.乾燥処理を施した土を,土質材料として再利用する場合と,植栽土壌として使用する場合を検討し,材料としての有用性を確認した.

    researchmap

  • 間欠冷蔵処理がイチゴと花き種苗の花成反応に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:23380019  2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    吉田 裕一, 後藤 丹十郎, 中野 善公, 村上 賢治

      詳細を見る

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290000円 )

    間欠冷蔵処理では冷蔵前後の自然条件下における光合成によってイチゴの炭水化物栄養が改善され,高温による抑制作用を打ち消すに十分な花芽分化促進効果が得られる.また,イチゴにおいても,花成誘導条件下では成長点で花器官を形成する遺伝子が機能する前に開花ホルモン遺伝子が機能することを明らかにした.さらに,トルコギキョウ,プリムラやトマトなどにおいても苗を間欠冷蔵処理することによって開花や成長が促進されることを示した.

    researchmap

  • 高温,強日射下で誘導されるキクの黄斑症発生メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:21580034  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    後藤 丹十郎, 難波 和彦

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    キクの葉身部分に発生する黄斑の発生要因を調査した.キトサンや二酸化チタンなどの活性酸素消去系物質により黄斑が軽減した.また、活性酸素を増大させるABA処理により黄斑が増大した.これらのことから、黄斑発生に活性酸素種が関与している可能性が高まった.高温多湿環境下の人工環境内で黄斑を発生させることができた.さらに、発生した黄斑の程度を数値化する試みとして、画像処理により黄斑の面積や色を指標とした黄斑度を定義した.

    researchmap

  • Studies on physiologycal injury of chrysanthemum

    2000年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • キクの生理障害に関する研究

    2000年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 無培地のセル育苗システムの確立-セルシート育苗の実用化-

    研究課題/領域番号:11556004  1999年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    水田 洋一, 小田 雅行, 徳弘 晃二, 林 孝洋, 伊達 修一, 後藤 丹十郎

      詳細を見る

    配分額:13500000円 ( 直接経費:13500000円 )

    セル成型苗はセルという制限された容量の中で根群を形成させるため,定植適期が短く徒長,老化苗となりやすい,発芽率,発芽勢の悪い作物や苗の大きな作物では適用しにくいといった欠点がある。本研究室で考案された無培地のセルシート育苗法は,簡便かつ軽量であると共に,育苗中に常に水分や液肥が供給されるため,上記のセル成形苗の欠点が解消される。特に輸送時のセルあたり重量はセルトレイの約1/2〜1/3になる。また,無培地であるために困難と想像される露地圃場への定植も夏の乾燥条件でも活着,初期生育が通常のセル苗より極めて良く、収量も高かった。このセルシートは実用化を行う上で、(1)根圏を保護するために上面保護として木綿布やポリエステル不織布などを用いたが、1穴ずつ置かねばならず定植した後も壊れにくい、(2)輸送・搬送時に苗がはがれやすい、(3)育苗中、根圏の藻類やかびの発生を抑制するため、リンを分割供給する必要があり、通常の水耕液が使えないなどの問題点があった。
    11年度に乾燥ピートモスで被覆し、セルシート表面を、遮光すれば、根圏の藻類やかびの発生を抑制でき、(1)・(3)の問題点が解決された。(2)については、輸送時に、セルトレイよりも箱とセルシートの大きさをより厳密にあわせること、素材を、遮根シートのラブマットUからテトロンNo200に変更し、根のシートへの貼り付きを若干良くすることにより解決された。
    12年度に以上の結果を受け、テトロンNo200と同等性能を持つ安価な資材を検索したが適当な物が発見できなかった。しかし、その過程で資材はほとんど植物の生育そのものには影響を及ぼさないことがわかった。
    京都大学京都農場での実験では、セルシートの活着程度はセルトレイよりよいと言う結果が得られた。京大で育成した苗を各地に送付し、定植実験及び貯蔵試験を行ったところ、水耕ではセルシートの方がおおよそ、良好、露地圃場ではセルトレイと同等程度以上であるが圃場の状態、特に土壌の性状により、活着程度の違いが認められた。以上からセルシートは充分実用化の可能性があると思われた。

    researchmap

  • 画像処理技術とカルマン・ニューロを用いた輪ギクの品質評価

    研究課題/領域番号:10660243  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    近藤 直, 後藤 丹十郎

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    あいまいな基準で行われている輪ギクの切り花の評価を定量的に表現し,その自動化を計る目的で,種々の栽培条件で得られた様々な形態的特徴をもつ材料を基に2名の専門家による評価および特徴量の計測を行った。その結果,以下のことが明らかとなった。
    1.専門家の評価結果から,異なる評価者では結果が異なること,同一材料の2回目の評価結果では,1回目と異なる結果を与えることより,人間の評価はあいまいで,不確実であることが確認された。
    2.専門家の評価基準に基づく各特徴量と,専門家の評価結果との相関は低く,単独の特徴量で評価を行うことは困難であった。
    3.評価の自動化を計るには,適当な特徴量を組み合わせ,総合的評価を可能とする必要があること,およびニューラルネットワークのように,教師データを用いて学習する形式のシステムを用いることが適当と考えられた。
    さらに,3層構造を有するニューロモデルを用いた評価を行った。その結果,以下のことが明らかとなった。
    1.入力パラメータとして,切り花全長,主茎径,葉面積,花首長を用いたニューロモデル,さらに第1葉全長または主茎の曲がりを加えたニューロモデルは評価者の評価を良く再現できた。
    2.ニューロモデルを用いたシステムにより,従来評価者のあいまいで不確実な評価でなく,定量的な評価の可能性が示唆された。
    3.本評価システムを自動化するに当たっては,画像から抽出容易な特徴量を選択し,適当な数の入力パラメータを構成するための評価指標を作成する必要があると考えられた。

    researchmap

  • 富栄養化した湖(児島湖)水による花卉類の流動水耕栽培

    研究課題/領域番号:08459018  1996年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    景山 詳弘, 毛利 健太郎, 後藤 丹十郎

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:6500000円 )

    岡山県南の児島湖は国内で最も富栄養化した湖のひとつであるが,この湖水の実地調査を行ったところ,それぞれの濃度は低いが,作物が栽培可能な必須多量要素を含んでいることが分かった.すでに行った研究において,必須多量要素が培養液中に濃度は低くても存在し,培養液が根圏にたえず供給される条件下にあれば,作物は正常に生育することを明らかにした.つまり,湖を巨大な培養液貯蔵タンクと想定し,富栄養化した湖水を濃度の低い培養液であるとしてこの研究を行った.実験は,湖岸に設置して湖水をポンプによって流下させる連続流動水耕装置による栽培可能種のスクリーニングと,湖面に浮遊させた栽培パネルを太陽電池を動力源として移動させる湖面回遊型栽培装置の開発を行った.本研究の主たる目的は,湖水(河川水)へ流失した資源(肥料養分)を再利用することであり,また,花卉類を栽培することで湖岸あるいは湖面の環境美化を行い,汚染された湖というマイナスイメージを緩和しようとするものである.
    1. 作物の根域への水の流動速度の適範囲を明らかにするため,スプレイギクとレタスを用いて実験したところ,流速9cm/sec(移動速度として3.24Km/hour)以上であればよいことが分かった.
    2. 栽培可能種のスクリーニング実験を2年間にわたって行った結果は次の4段階に分けられた.A(正常に生育):花壇用草花類4種,切り花類3種,野菜類1種.B(ほぼ正常):花壇用草花類3種,切り花類2種,野菜類2種.C(生育したが一部枯死):花壇用草花類2種,切り花類2種.D(生育せず枯死):花壇用切り花類7種,切り花類5種.
    3. 上記の実験に使用した湖(河川)水を1週間ごとに分析調査を行った結果,各無機要素の平均濃度は次のようであった.NO_3-N:1.21,NH_4-N:0.12,P:0.60,K:13.25,Ca:24.15,Mg:10.82,Fe:0.48,Na:55.09各ppm.pHは平均7.48であった.
    4. 湖面回遊型装置は発砲スチロール体を用いた幅1.2m,長さ3.1mの大きさのものであり,前後に1枚ずつ搭載した太陽電池パネルを動力源として直流型船外機によって推進させた.装置の両端部に障害物感知センサをとりつけて推進機を正逆回転するようにして,長水路を往復運転出来るようにした.この装置の中央部に設置した栽培用パネルによって、花壇用花卉類を栽培し「動く花壇」として実用化できた。

    researchmap

  • セル成型トレイを用いた栄養系花卉の苗生産システム

    研究課題/領域番号:08760026  1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    後藤 丹十郎

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    1.前年度に引き続き、キク、カ-ネーション、シュクコンカスミソウについてIBA処理した穂を恒温室(15から20℃)で10日間処理したところ、キク、カ-ネションでは発根までの日数が短くなったが、シュクコンカスミソウでは処理中に腐敗する個体が多かった。これは植物体が処理中に放出するエチレンの濃度が高いためであった。
    2.根域容量を10、30、100、300、1000mlに設定した自作の水耕装置に発根直後のキクを定植し、根域容量がキクの初期生育に及ぼす影響を調べた。根域に養水分が十分に供給できれば根域容量が10mlでも他の容量と同様に生長した。収穫時(定植25日後)の植物体内の無機要素含有量は処理区間に差は見られなかった。
    3.培養土をつめた30、100、300、1000mlの容量のコンテナにキクを定植し、灌水点をpF2.0とし、毎回液肥で灌液したところ、定植10日目には処理区間に差が見られはじめ、根域容量が小さいほど生育が低下した。収穫時(定植25日後)の植物体内の無機要素含有量は30、100mlの根と茎で窒素とリンの割合が低かった。

    researchmap

  • アスパラガス1年生株の生理生態的特性,特に休眠について

    研究課題/領域番号:03760021  1991年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    後藤 丹十郎

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • Studies on Seedling Production for Transplanted Machine.

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • セル苗および鉢物の養水分管理

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 固化培地を用いた植物生産

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 機械移植用苗生産に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 花卉類における養水分管理に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Studies on water and nutrient management in floriculture

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Water and nutrient management of cell transplants and pot culture

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Vegetable and Flower Science (2021年度) 第3学期  - 水3,水4

  • ガーデニングを学ぼう (2021年度) 第2学期  - 木5~6

  • コース演習3 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物開花制御学特論 (2021年度) 後期  - 火3~4

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 花卉園芸学 (2021年度) 3・4学期  - 木1,木2

  • 花卉園芸学1 (2021年度) 第3学期  - 木1,木2

  • 花卉園芸学2 (2021年度) 第4学期  - 木1,木2

  • 開花生理学 (2021年度) 後期  - その他

  • Vegetable and Flower Science(野菜と花の科学) (2021年度) 第3学期  - 水3,水4

  • Vegetable and Flower Science (2020年度) 第3学期  - 水3,水4

  • ガーデニングを学ぼう (2020年度) 第2学期  - 木5,木6

  • コース演習3 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物開花制御学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物開花調節学特論 (2020年度) 後期  - 火3,火4

  • 卒業論文 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 地域活性化システム論 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 花卉園芸学1 (2020年度) 第3学期  - 木1,木2

  • 花卉園芸学2 (2020年度) 第4学期  - 木1,木2

  • 開花生理学 (2020年度) 後期  - その他

  • Vegetable and Flower Science(野菜と花の科学) (2020年度) 第3学期  - 水3,水4

▼全件表示