2021/12/14 更新

写真a

カワイ タカシ
河井 崇
KAWAI Takashi
所属
環境生命科学学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 京都大学 )

  • 修士(農学) ( 京都大学 )

研究キーワード

  • 果樹園芸学

  • サクラ属

  • モモ

  • 果実成熟

  • 内部障害

  • 非破壊評価

  • ウイルスベクター

研究分野

  • 環境・農学 / 園芸科学  / 果樹園芸学

学歴

  • 京都大学   Graduate School of Agriculture   Division of Agronomy and Horticultural Science

    2013年4月 - 2013年6月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: Doctoral Program

    researchmap

  • 京都大学   Graduate School of Agriculture   Division of Agronomy and Horticultural Science

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: Master’s Program

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Agriculture   Department of Bioresource Science

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   環境生命科学研究科   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 京都大学   農学研究科附属農場   助教

    2013年6月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

所属学協会

 

論文

  • 海上輸送による北米地域への輸出に向けた渋ガキ3品種の軟化抑制技術の検討 査読

    古田 貴裕, 大槻 巧, 岡田 留伊, 河井 崇, 福田 文夫, 牛島 幸一郎, 久保 康隆, 中野 龍平

    園芸学研究   20 ( 4 )   455 - 461   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of Split Pit on Maturation of ‘Shimizu Hakuto’ Peach on Trees 査読

    Takashi Kawai, Tomoya Ichioka, Akari Ikeda, Tami Ohashi, Go Inohara, Ken Hirano, Ryohei Nakano, Fumio Fukuda

    Horticulture Journal   90 ( 4 )   365 - 373   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Horticultural Science  

    DOI: 10.2503/hortj.utd-285

    researchmap

  • モモ ‘清水白桃’ の赤肉果発生に及ぼす気温の影響および障害を抑制する機能性果実袋の開発 査読

    藤井 雄一郎, 森永 邦久, 村瀬 拓也, 岸本 里菜, 嶋田 真耶, 北小路 明久, 池田 征弥, 荒川 徹, 江見 登吉, 寺村 学, 荒木 有朋, 樋野 友之, 河井 崇, 平野 健, 福田 文夫

    園芸学研究   20 ( 2 )   189 - 197   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hrj.20.189

    researchmap

  • Combined signal sequence trap and macroarray analysis identifies genes associated with differential fruit softening characteristics during ripening in European and Chinese pears 査読

    Mercy W. Mwaniki, Oscar W. Mitalo, Eric G. Mworia, Willis O. Owino, Kyoko Hiwasa-Tanase, Jocelyn K.C. Rose, Koh Aoki, Tomoya Esumi, Takashi Kawai, Ryohei Nakano, Koichiro Ushijima, Yasutaka Kubo

    Postharvest Biology and Technology   174   111436   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.postharvbio.2020.111436

    researchmap

  • 極晩生モモにおける果実肥大および成熟様相 査読

    福田 文夫, 玉木 由佳, 河井 崇, 牛島 幸一郎, 平野 健, 小田 賢司, 原 美由紀, 深松 陽介, 森永 邦久, 中野 龍平

    園芸学研究   20 ( 1 )   65 - 71   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hrj.20.65

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Postharvest Properties of Ultra-Late Maturing Peach Cultivars and Their Attributions to Melting Flesh (M) Locus: Re-evaluation of M Locus in Association With Flesh Texture 査読

    Ryohei Nakano†, Takashi Kawai†(equal contribution), Yosuke Fukamatsu, Kagari Akita, Sakine Watanabe, Takahiro Asano, Daisuke Takata, Mamoru Sato, Fumio Fukuda, Koichiro Ushijima

    Frontiers in Plant Science   11   554158   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    The postharvest properties of two ultra-late maturing peach cultivars, “Tobihaku” (TH) and “Daijumitsuto” (DJ), were investigated. Fruit were harvested at commercial maturity and held at 25°C. TH exhibited the characteristics of normal melting flesh (MF) peach, including rapid fruit softening associated with appropriate level of endogenous ethylene production In contrast, DJ did not soften at all during 3 weeks experimental period even though considerable ethylene production was observed. Fruit of TH and DJ were treated with 5,000 ppm of propylene, an ethylene analog, continuously for 7 days. TH softened rapidly whereas DJ maintained high flesh firmness in spite of an increase in endogenous ethylene production, suggesting that DJ but not TH lacked the ability to be softened in response to endogenous and exogenous ethylene/propylene. DNA-seq analysis showed that tandem endo-polygalacturonase (<italic>endoPG</italic>) genes located at <italic>melting flesh (M)</italic> locus, <italic>Pp-endoPGM</italic> (<italic>PGM</italic>), and <italic>Pp-endoPGF</italic> (<italic>PGF</italic>), were deleted in DJ. The <italic>endoPG</italic> genes at <italic>M</italic> locus are known to control flesh texture of peach fruit, and it was suggested that the non-softening property of DJ is due to the lack of <italic>endoPG</italic> genes. On the other hand, TH possessed an unidentified <italic>M</italic> haplotype that is involved in determination of MF phenotype. Structural identification of the unknown <italic>M</italic> haplotype, designated as <italic>M</italic><sup>0</sup>, through comparison with previously reported <italic>M</italic> haplotypes revealed distinct differences between <italic>PGM</italic> on <italic>M</italic><sup>0</sup> haplotype (<italic>PGM-M<sup>0</sup></italic>) and <italic>PGM</italic> on other haplotypes (<italic>PGM-M<sup>1</sup></italic>). Peach <italic>M</italic> haplotypes were classified into four main haplotypes: <italic>M</italic><sup>0</sup> with <italic>PGM-M<sup>0</sup></italic>; <italic>M</italic><sup>1</sup> with both <italic>PGM-M<sup>1</sup></italic> and <italic>PGF</italic>; <italic>M</italic><sup>2</sup> with <italic>PGM-M<sup>1</sup></italic>; and <italic>M</italic><sup>3</sup> lacking both <italic>PGM</italic> and <italic>PGF</italic>. Re-evaluation of <italic>M</italic> locus in association with MF/non-melting flesh (NMF) phenotypes in more than 400 accessions by using whole genome shotgun sequencing data on database and/or by PCR genotyping demonstrated that <italic>M</italic><sup>0</sup> haplotype was the common haplotype in MF accessions, and <italic>M</italic><sup>0</sup> and <italic>M</italic><sup>1</sup> haplotypes were dominant over <italic>M</italic><sup>2</sup> and <italic>M</italic><sup>3</sup> haplotypes and co-dominantly determined the MF trait. It was also assumed on the basis of structural comparison of <italic>M</italic> haplotypes among <italic>Prunus</italic> species that the ancestral haplotype of <italic>M</italic><sup>0</sup> diverged from those of the other haplotypes before the speciation of <italic>Prunus persica</italic>.

    DOI: 10.3389/fpls.2020.554158

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 海上輸送によるカキ '中谷早生' の東南アジア輸出時の軟化抑制技術の確立 査読

    古田 貴裕, 和中 学, 熊本 昌平, 池永 裕一, 西銘 玲子, 河井 崇, 深松 陽介, 福田 文夫, 久保 康隆, 中野 龍平

    園芸学研究   19 ( 3 )   299 - 307   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    <p>極早生の渋ガキ '中谷早生' の東南アジア海上輸出に向けた軟化抑制技術として脱渋と1-MCP (1-methylcyclopropene) の同時処理と輸送中の包装方法の組み合わせを検討した.海上輸送シミュレーションでは,防湿段ボール箱単独区では果実軟化が進行したが,いずれの包装条件でも1-MCP処理果実は軟化しなかった.現地到着後の流通想定期間には,1-MCP処理と組み合わせたMA (Modified Atmosphere) 個包装や箱単位のMA大袋包装により,低温下では10日間以上,室温下でも7日間ほとんど軟化果実は発生しなかった.一方,一般および防湿段ボール箱では,低温下では5日目以降に,常温下では急速に果実軟化が進行した.シンガポールへの海上輸送による実証試験では,1-MCP処理と輸送期間中の箱単位でのMA大袋包装の併用により,港到着時に軟化果実の発生はなく,その後,室温下に保持しても到着6日後の軟化率は13.3%に抑制された.以上のことから,'中谷早生' のリーファーコンテナを用いた海上輸送による東南アジア輸出には1-MCP処理と箱単位でのMA包装の併用が実用的な品質保持技術となることが示された.</p>

    DOI: 10.2503/hrj.19.299

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 薬剤散布および薬剤への展着剤の加用がシンガポールへの低温海上輸送後に発生するウンシュウミカン果実の腐敗に及ぼす影響 査読

    武田 知明, 衛藤 夏葉, 岡室 美絵子, 井沼 崇, 中野 龍平, 福田 文夫, 河井 崇, 深松 陽介, 西銘 玲子

    関西病虫害研究会報   62   113 - 119   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:関西病虫害研究会  

    <p>ウンシュウミカンのシンガポール輸出後の果実腐敗軽減技術確立のため,いくつかの試験を実施した。県内の44圃場で採集したカンキツ緑かび病菌110菌株のチオファネートメチル剤およびベノミル剤耐性菌率は 8.2%と低く,イミノクタジン酢酸塩剤の耐性菌は確認されなかったことから,3剤の耐性菌による防除効果の低下はないものと思われた。リーファーコンテナを用いた海上輸送試験において,収穫前のチオファネートメチル水和剤散布はコンテナから搬出19日後の腐敗果率を無散布の約 41%に抑制したことから,本剤の散布は輸出後の果実腐敗軽減に実用性がある。パラフィン系展着剤をチオファネートメチル水和剤またはイミノクタジン酢酸塩液剤に加用することで,人工降雨条件下での緑かび病菌接種試験では発病箇所率の低下が認められ,上記と同様の海上輸送試験においては,搬出14日後の腐敗果率が低下する傾向がみられた。これらのことから,収穫前の殺菌剤へのパラフィン系展着剤の加用は輸出後の果実腐敗に対する防除効果を向上させると考えられた。</p>

    DOI: 10.4165/kapps.62.113

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モモ‘桃水’のエチレン生成と軟化特性 査読

    河井 崇, 秋田 香雅里, 渡邉 咲音, 深松 陽介, 高田 大輔, 佐藤 守, 牛島 幸一郎, 福田 文夫, 中野 龍平

    園芸学研究   19 ( 1 )   61 - 67   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hrj.19.61

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Nondestructive Detection of Split-pit Peach Fruit on Trees with an Acoustic Vibration Method 査読

    Takashi Kawai, Fumiya Matsumori, Hidemi Akimoto, Naoki Sakurai, Ken Hirano, Ryohei Nakano, Fumio Fukuda

    Horticulture Journal   87 ( 4 )   499 - 507   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Horticultural Science  

    DOI: 10.2503/hortj.utd-012

    Web of Science

    researchmap

  • Nondestructive Detection of Split Pit in Peaches Using an Acoustic Vibration Method 査読

    Ryohei Nakano, Hidemi Akimoto, Fumio Fukuda, Takashi Kawai, Koichiro Ushijima, Yosuke Fukamatsu, Yasutaka Kubo, Yuichiro Fujii, Ken Hirano, Kunihisa Morinaga, Naoki Sakurai

    Horticulture Journal   87 ( 2 )   281 - 287   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Horticultural Science  

    DOI: 10.2503/hortj.okd-094

    Web of Science

    researchmap

  • Identification of QTLs controlling chilling and heat requirements for dormancy release and bud break in Japanese apricot (Prunus mume) 査読

    Yuto Kitamura, Tsuyoshi Habu, Hisayo Yamane, Soichiro Nishiyama, Kei Kajita, Takuya Sobue, Takashi Kawai, Koji Numaguchi, Tetsuya Nakazaki, Akira Kitajima, Ryutaro Tao

    Tree Genetics & Genomes   14   33   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    Bud dormancy is an important developmental stage affecting blooming date and leafing date (LD) in Japanese apricot (Prunus mume), but the genetic factors controlling the chilling requirement (CR) and heat requirement (HR) for dormancy release and bud burst time remain to be elucidated. Here, a quantitative trait locus (QTL) analysis using two F-1 segregating populations was conducted to identify loci affecting these traits. The genotyping-by-sequencing technique was used to construct two high-density genetic maps, one for NKSC, a population derived from high-chill 'Nanko' crossed with low-chill 'SC', covering 660.2 cM with 408 markers, and one for NINK, a population derived from low-chill 'Ellching' crossed with 'Nanko', covering 1314.2 cM with 718 markers. We observed four traits: CR and HR for dormancy release, blooming date, and LD over several years. To identify the QTL controlling the downregulation of DORMANCY-ASSOCIATED MADS-box6 (PmDAM6) in January's leaf buds, in which PmDAM6 could act as a dose-dependent inhibitor of bud break, its transcript levels in leaf buds were determined. All traits segregated in the analyzed seasons in both populations. For leaf bud dormancy, CR and LD were highly correlated across years and traits in the NKSC population, while HR, LD, and PmDAM6 expression were highly correlated in the NINK population. The QTL analyses localized the significant QTLs controlling leaf bud CR and HR, LD, and PmDAM6 expression in leaf buds to a region in linkage group 4, which suggests that this locus controls dormancy release, bud break, and PmDAM6's downregulation in Japanese apricot leaf buds.

    DOI: 10.1007/s11295-018-1243-3

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11295-018-1243-3.pdf

  • A male determinant gene in diploid dioecious Diospyros, OGI, is required for male flower production in monoecious individuals of Oriental persimmon (D. kaki) 査読

    Takashi Akagi, Takashi Kawai, Ryutaro Tao

    Scientia Horticulturae   213   243 - 251   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2016.10.046

    Web of Science

    researchmap

  • Epigenetic Regulation of the Sex Determination Gene MeGI in Polyploid Persimmon 査読

    Takashi Akagi, Isabelle M. Henry, Takashi Kawai, Luca Comai, Ryutaro Tao

    Plant Cell   28 ( 12 )   2905 - 2915   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    DOI: 10.1105/tpc.16.00532

    PubMed

    researchmap

  • Differences in Physiological Characteristics and Gene Expression Levels in Fruits between Japanese Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) ‘Hiratanenashi’ and Its Small Fruit Mutant ‘Totsutanenashi’ 査読

    Tsuyoshi Habu, Hisayo Yamane, Ippei Naito, Soichiro Nishiyama, Ayumi Nonaka, Takashi Kawai, Hisashi Yamada, Ryutaro Tao

    Horticulture Journal   85 ( 4 )   306 - 314   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Horticultural Science  

    DOI: 10.2503/hortj.mi-119

    researchmap

  • Cell wall related gene expression during secondary physiological fruit drop in ponkan (Citrus reticulata Blanco) and hyuganatsu (C. tamuranahort. ex Tanaka) 査読

    Xi Li, Akira Kitajima, Keisuke Katsura, Hiroki Saito, Sota Koeda, Rihito Takisawa, Takashi Kawai, Tetsuya Nakazaki, Tokuro Shimizu

    Acta Horticulturae   1135   47 - 52   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Society for Horticultural Science (ISHS)  

    DOI: 10.17660/actahortic.2016.1135.6

    Web of Science

    researchmap

  • Virus-induced gene silencing in various Prunus species with the Apple latent spherical virus vector 査読

    Takashi Kawai, Ayako Gonoi, Michiya Nitta, Noriko Yamagishi, Nobuyuki Yoshikawa, Ryutaro Tao

    Scientia Horticulturae   199   103 - 113   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2015.12.031

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Development of Molecular Markers Associated with Sexuality in Diospyros lotus L. and Their Application in D-kaki Thunb 査読

    Takashi Akagi, Kei Kajita, Takanori Kibe, Haruka Morimura, Tomoyuki Tsujimoto, Soichiro Nishiyama, Takashi Kawai, Hisayo Yamane, Ryutaro Tao

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science   83 ( 3 )   214 - 221   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC HORTICULTURAL SCI  

    Sexuality of crops affects both cultivation and breeding systems. Cultivated persimmon (Diospyros kaki Thunb) has a morphologically well-characterized polygamous or gyonodioecious sexual system. However, the genetic basis of sexuality in D. kaki has yet to be characterized. Here, we used dioecious D. lotus L., a diploid wild relative species to hexaploid or nonaploid D. kaki, as a model to clarify the genetic basis of sexuality in Diospyros and to develop molecular markers associated with the sexuality of individuals. Using 62 F-1 offspring segregated into distinct male/female phenotypes, we found two amplified fragment-length polymorphism markers, DlSx-AF4 and DlSx-AF7, which cosegregated with maleness. This could suggest that the sexuality of D. lotus is controlled by a single gene/haploblock, and the male is dominant over the female. Thus, D. lotus's sexuality can be described as the heterogametic male type, the ICY-type, as reported for most other dioecious plant species. For unknown reasons, segregation of the phenotype of a sequence-characterized amplified region marker developed from DlSx-AF4 (DlSx-AF4S) and/or the male/female phenotype in two different crosses in D. lotus showed an apparent bias towards femaleness and better fitted 1:2 than 1:1, which is the theoretical segregation for a single genetic locus or haploblock in diploid D. lotus. DlSx-AF4S could distinguish D. kaki cultivars with female and male flowers from cultivars with only female flowers, strongly indicating that the same genetic system controls D. kaki's sexuality and that DlSx-AF4S could be used as a genetic marker for sexuality in D. kaki breeding programs.

    DOI: 10.2503/jjshs1.CH-109

    Web of Science

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Virus-induced Gene Silencing in Apricot (Prunus armeniaca L.) and Japanese Apricot (P. mume Siebold & Zucc.) with the Apple Latent Spherical Virus Vector System 査読

    Takashi Kawai, Ayako Gonoi, Michiya Nitta, Masanori Kaido, Noriko Yamagishi, Nobuyuki Yoshikawa, Ryutaro Tao

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science   83 ( 1 )   23 - 31   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Horticultural Science  

    DOI: 10.2503/jjshs1.ch-091

    Web of Science

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Small-fruit mutant of 'hiratane-nashi' persimmon (Diospyros kaki Thunb.) 査読

    Ryutaro Tao, Takashi Kawai, Hisayo Yamane

    Acta Horticulturae   996   127 - 132   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Society for Horticultural Science (ISHS)  

    DOI: 10.17660/actahortic.2013.996.15

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 農業技術大系・果樹編(第6巻追録第35号)音響振動装置を用いたモモの非破壊内部診断

    福田 文夫, 河井 崇, 中野 龍平( 範囲: 第6巻追録第35号: 技56の1の2-6)

    農山漁村文化協会(農文協)  2020年6月 

     詳細を見る

  • 青果物の鮮度評価・保持技術(8章2節3項)海上輸送によるモモとブドウのシンガポール輸出

    中野 龍平, 深松 陽介, 河井 崇, 福田 文夫( 範囲: 8章2節3項: 329-335)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2019年12月 

     詳細を見る

  • 青果物の鮮度評価・保持技術(7章3節7項)高性能冷蔵コンテナ利用低温貯蔵技術

    福田 文夫, 河井 崇, 深松 陽介, 中野 龍平( 範囲: 7章3節7項: 249-256)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2019年12月 

     詳細を見る

  • 青果物の鮮度評価・保持技術(6章8節)音響振動法によるモモの内部障害の非破壊判別

    河井 崇, 福田 文夫, 中野 龍平( 範囲: 6章8節: 177-181)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2019年12月 

     詳細を見る

  • 農業技術大系・果樹編(第6巻追録第34号)果実の貯蔵,鮮度保持

    中野 龍平, 福田 文夫, 河井 崇( 範囲: 第6巻追録第34号: 技56の2-6)

    農山漁村文化協会(農文協)  2019年6月 

     詳細を見る

  • 果樹(第73巻5号)よくわかる果樹用語解説 X. ~ブドウおよびモモの硬核期~

    河井 崇( 範囲: 73巻5号: 22-26)

    全国農業協同組合連合会 岡山県本部(JA全農おかやま)  2019年5月 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • モモの低温誘導性成熟機構の解明およびその園芸的利用

    河井 崇

    公益財団法人山陽放送学術文化・スポーツ振興財団リポート(平成30年度助成研究成果特集)   ( 64 )   43 - 47   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • タイベック資材のカーテン処理が'巨峰'の果房温度と光条件ならびに果粒品質に及ぼす影響

    黒澤 俊, 河井 崇, 小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 安居 ゆかり, 安田 実加, 北島 宣

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 28 )   13 - 15   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学大学院農学研究科附属農場  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モモ‘清水白桃’における開花日を考慮した摘花法が果実品質に及ぼす影響

    福田 文夫, 近藤 毅典, 堀西 一史, 河井 崇, 平野 健, 森永 邦久

    岡山大学農学部センター報告 = Bulletin of the Field Science Center, Faculty of Agriculture, Okayama University   40   9 - 13   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを用いたサクラ属果樹のウイルス 誘導性ジーンサイレンシングに 関する研究

    河井 崇

    岡山大学農学部学術報告 = Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University   107   11 - 17   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学農学部  

    Virus-induced gene silencing (VIGS) has been used as a rapid and effective tool for functional analysis of genes in various plants, including woody fruit tree species. In this study, we attempted to develop a VIGS-based gene evaluation system for seven Prunus species, including apricot (P. armeniaca L.), sweet cherry (P. avium L.), almond [P. dulcis (Mill.) D. A. Webb.], peach (P. persica Batsch), Japanese apricot (P. mume Siebold & Zucc.), Japanese plum (P. salicina Lindl.), and European plum (P. domestica L.), with the Apple latent spherical virus (ALSV) vectors. ALSV vectors carrying part of the apricot PHYTOENE DESATURASE (PDS) gene sequence were amplified in Nicotiana benthamiana, and inoculated into the cotyledons of Prunus seedlings by particle bombardment. Typical PDS-silenced phenotypes, characterized by uniform discoloration of the upper leaves, were observed in sweet cherry and some cultivars of apricot and almond several weeks after inoculation. In contrast, attempted ALSV infections of Japanese apricot, Japanese plum, European plum, and the other cultivars of apricot and almond were unsuccessful. Furthermore, although the infection rate of ALSV in peach was high, severe viral infection symptoms were observed in the infected leaves. These results collectively suggested that the efficiency of ALSV infection and VIGS could vary depending on species and/or cultivar in Prunus. The possible use of the ALSV-mediated VIGS system for functional analysis of genes in Prunus is discussed.

    CiNii Article

    researchmap

  • 栽培記録 平成28年度(2016年度)における果樹の生育特性

    小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 黒澤 俊, 安居 ゆかり, 河井 崇

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 26 )   24 - 30   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学大学院農学研究科附属農場  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ブドウ棚上面の遮光処理が日射量,果房内温度および果粒品質に及ぼす影響

    黒澤 俊, 河井 崇, 小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 安居 ゆかり, 北島 宣

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 26 )   15 - 16   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学農学部附属農場  

    着色系四倍体ブドウ品種の果粒品質低下の一因となる着色成熟期の高温を抑制するため,果房周辺を遮光した結果,果房や周辺葉への日射量,および果粒品質に大きな影響は与えないが,果房内温度上昇を抑制する傾向がみられ,果粒品質低下の改善に遮光処理を利用できる可能性が示唆された。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 栽培記録 平成27年度(2015年度)における果樹の生育特性

    小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 黒澤 俊, 安居 ゆかり, 河井 崇

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 25 )   54 - 60   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学大学院農学研究科附属農場  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 栽培記録 平成26年度(2014年度)における果樹の生育記録

    小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 黒澤 俊, 安居 ゆかり, 河井 崇

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 24 )   30 - 36   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学大学院農学研究科附属農場  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 種類の異なる果実保護袋の使用が'ゴルビー'の果実品質に及ぼす影響

    黒澤 俊, 松本 大生, 河井 崇, 小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 松田 大, 北島 宣

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 23 )   25 - 27   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学農学部附属農場  

    西南暖地で着色系四倍体ブドウ品種を無核短梢栽培する際,着色不良が問題となる。着色には果房周辺の光環境が影響することが知られていることから,本研究では着色に適した光環境を整えるべく,果実保護袋に着目した。赤色系ブドウ品種'安芸クイーン'で着色改善効果が認められている透明袋および透明二重袋を用いて,種類の異なる果実保護袋が赤色系ブドウ品種'ゴルビー'の果粒品質に及ぼす影響を調査した。その結果,果粒重,果粒縦径・横径,糖度については有意義はみられなかったが,果皮色については透明果実袋使用区でカラーチャート値が有意に高い値となり,白傘と透明果実袋を併用することで'ゴルビー'の着色を改善できる可能性が示唆された。しかし,透明果実袋の使用はその光透過特性から熟期を早めるため,日焼け,高温障害,袋かけ前の薬剤防除などに別途注意が必要であると思われた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010891738

  • 栽培記録 平成25年度(2013年度)における果樹の生育記録

    小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 黒澤 俊, 安居 ゆかり, 河井 崇

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 23 )   35 - 40   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 栽培記録 平成24年度(2012年度)における果樹の生育記録

    小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 松田 大, 黒澤 俊, 松本 大生, 河井 崇

    京大農場報告 = Bulletin of Experimental Farm Kyoto University   ( 22 )   51 - 57   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • MIG-seqの作物ゲノムへの応用−コムギのハイスループットジェノタイピングはMIG-seqによって実現する−

    西村 和紗, 元木 航, 山崎 彬, 安井 康夫, 滝澤 理仁, 河井 崇, 牛島 幸一郎, 中野 龍平, 中崎 鉄也

    令和3年度日本育種学会秋季大会. 育種学研究 (別2)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月23日 - 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極晩生モモ‘冬桃がたり’の果実発育過程における果肉細胞の数と大きさの変化

    小坂 勇貴, 河井 崇, 田原 慎也, 福田 文夫

    園芸学会令和3年度秋季大会. 園学研20 (別2): 259  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 果肉質が異なるモモ品種の低温貯蔵時のエチレン生成と軟化特性

    渡邉 咲音, 河井 崇, 那須 優香, 吉田 侑城, 高田 大輔, 佐藤 守, 牛島 幸一郎, 久保 康隆, 中野 龍平, 福田 文夫

    園芸学会令和3年度秋季大会. 園学研20 (別2): 260  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 晩生モモ品種の軟化特性と二つの果肉質制御遺伝子座の関係

    那須 優香, 河井 崇, 渡邉 咲音, 吉田 侑城, 高田 大輔, 佐藤 守, 牛島 幸一郎, 中野 龍平, 福田 文夫

    園芸学会令和3年度秋季大会. 園学研20 (別2): 261  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモにおける黒斑病菌の宿主特異的毒素の感受性に関与する候補遺伝子の特定

    浅野 貴洋, 河井 崇, 鵜木 悠治郎, 日原 誠介, 白澤 健太, 赤木 剛士, 久保 康隆, 高田 大輔, 中野 龍平, 福田 文夫, 山本 幹博, 牛島 幸一郎

    園芸学会令和3年度秋季大会. 園学研20 (別2): 262  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ‘紅博桃’の新規枝変わり‘福島大学1号’

    佐藤 守, 高田 大輔, 田村 尚之, 河井 崇, 牛島 幸一郎, 福田 文夫, 中野 龍平

    園芸学会令和3年度秋季大会. 園学研20 (別2): 112  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モモ‘紅博桃’の新規枝変わりの第4染色体に検出された大規模なヘテロ接合性の消失

    谷口 裕起, 牛島 幸一郎, 河井 崇, 田村 尚之, 福田 文夫, 髙田 大輔, 佐藤 守, 西村 和紗, 間合 絵里, 元木 航, 山崎 彬, 中﨑 鉄也, 中野 龍平

    園芸学会令和3年度秋季大会. 園学研20 (別2): 113  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モモ果実の核割れ発生や熟度の把握への一点式センサーによる音響振動法の利用可能性

    福田 文夫, 河井 崇, 猪原 豪, 西口 杏菜, 市岡 智也, 吉村 諒介, 高嶋 樹, 平野 健, 櫻井 直樹

    園芸学会令和3年度春季大会. 園学研20 (別1): 181  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ果肉の溶質・不溶質を制御するMelting Flesh (M) 遺伝子座のサクラ属での進化

    牛島 幸一郎, 河井 崇, 秋田 香雅里, 渡邉 咲音, 浅野 貴洋, 高田 大輔, 佐藤 守, 福田 文夫, 中野 龍平

    園芸学会令和3年度春季大会. 園学研20 (別1): 36  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本の主要モモ品種におけるmelting flesh(M)遺伝子座のハプロタイプ識別

    河井 崇, 牛島 幸一郎, 秋田 香雅里, 渡邉 咲音, 浅野 貴洋, 高田 大輔, 佐藤 守, 福田 文夫, 中野 龍平

    園芸学会令和3年度春季大会. 園学研20 (別1): 179  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 核割れがモモ‘清水白桃’の果実成熟に及ぼす影響

    市岡 智也, 河井 崇, 池田 朱里, 大橋 民, 猪原 豪, 中野 龍平, 福田 文夫

    園芸学会令和3年度春季大会. 園学研20 (別1): 183  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Nondestructive detection of inner disorders in peach fruit using an acoustic vibration method

    Takashi Kawai

    Can Tho University-Okayama University Joint Seminar  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月11日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • モモ極晩生品種の収穫後の成熟特性へのMelting Flesh(M)遺伝子座の関与-新規Mハプロタイプの存在とM遺伝子型の再評価-

    中野 龍平, 河井 崇, 浅野 貴洋, 秋田 香雅里, 渡邊 咲音, 高田 大輔, 佐藤 守, 福田 文夫, 牛島 幸一郎

    令和2年度日本育種学会秋季大会. 育種学研究22 (別2): 201  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月10日 - 2020年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ黒斑病罹病性に関連する遺伝子座領域の推定

    浅野 貴洋, 河井 崇, 鵜木 悠治郎, 日原 誠介, 高田 大輔, 白澤 健太, 赤木 剛士, 福田 文夫, 中野 龍平, 久保 康隆, 山本 幹博, 牛島 幸一郎

    令和2年度日本育種学会秋季大会. 育種学研究22 (別2): 175  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月10日 - 2020年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ‘冬桃がたり’の極晩生成熟特性のF1後代における遺伝様式

    河井 崇, 牛島 幸一郎, 三宅 春菜, 草加 芽依, 深松 陽介, 原 美由紀, 鵜木 悠治郎, 日原 誠介, 中野 龍平, 小田 賢司, 福田 文夫

    園芸学会令和2年度春季大会. 園学研19 (別1): 39  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月21日 - 2020年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 晩生モモ‘白露’の0°C貯蔵の成否と熟度との関係および香気成分への影響

    岩井 綾平, 河井 崇, 樋野 友之, 藤井 雄一郎, Ivan Galis, 平野 健, 中野 龍平, 福田 文夫

    園芸学会令和2年度春季大会. 園学研19 (別1): 260  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月21日 - 2020年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ遺伝資源および交雑集団におけるモモ黒斑病の罹病性調査

    浅野 貴洋, 河井 崇, 伊藤 那月, 芦田 祐里, 飯島 彩加, 鵜木 悠治郎, 高田 大輔, 中野 龍平, 福田 文夫, 久保 康隆, 赤木 剛士, 山本 幹博, 牛島 幸一郎

    園芸学会令和2年度春季大会. 園学研19 (別1): 264  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月21日 - 2020年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 音響振動法によるモモ‘白鳳’の水浸状果肉果の非破壊判別

    福田 文夫, 岩井 綾平, 高嶋 樹, 河井 崇, 平野 健, 櫻井 直樹

    園芸学会令和2年度春季大会. 園学研19 (別1): 263  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月21日 - 2020年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ブドウ‘シャインマスカット’の果実香気成分に及ぼす台木およびABA処理の影響

    柚木 秀雄, 岩井 綾平, 中野 葉子, 河井 崇, 平野 健, 福田 文夫

    園芸学会令和2年度春季大会. 園学研19 (別1): 62  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月21日 - 2020年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カキ‘中谷早生’のシンガポールへの輸出実証試験

    古田 貴裕, 和中 学, 池永 裕一, 河井 崇, 深松 陽介, 福田 文夫, 中野 龍平

    園芸学会令和元年度秋季大会. 園学研18 (別2): 496  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月15日 - 2019年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 六倍体カキの樹内雌雄バランスに関する倍数体用GWAS解析

    増田 佳苗, 白澤 健太, 山本 英司, 河井 崇, 尾上 典之, 河野 淳, 牛島 幸一郎, 久保 康隆, 田尾 龍太郎, 赤木 剛士

    令和元年度日本育種学会秋季大会. 育種学研究21 (別2) 31  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日 - 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nondestructive detection of inner disorders in peach fruit using an acoustic vibration method

    Takashi Kawai

    Meru University of Science and Technology-JICA/NACOSTI Biotechnology Research Workshop  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月30日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Nondestructive detection of inner disorders in peach fruit using an acoustic vibration method

    Takashi Kawai

    NACOSTI/JSPS Bilateral Research Special Joint Seminar  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月28日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 海運による果物の輸出において透湿度を制御した段ボール箱が箱の強度保持及び果物蒸散抑制に及ぼす影響~3~

    田中 章雄, 藤本 丹民, 志水 基修, 牧内 隆文, 所 のぞみ, 河端 浩平, 中野 龍平, 福田 文夫, 河井 崇, 深松 陽介, 安永 円理子, 高田 大輔, 中村 宣貴, 兼田 朋子

    第28回日本包装学会年次大会. 研究発表会予稿集28: 128-129  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月11日 - 2019年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 圃場利用型音響振動測定試作機を用いた樹上モモ果実での核割れ判別と果実熟度推定の検討

    福田 文夫, 河井 崇, 松森 史哉, 深松 陽介, 秋元 秀美, 櫻井 直樹, 中野 龍平

    園芸学会平成31年度春季大会. 園学研18 (別1): 303  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月23日 - 2019年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ‘桃水’の自己触媒的エチレン生成能と軟化特性

    河井 崇, 秋田 香雅里, 渡邊 咲音, 橋本 優菜, 深松 陽介, 高田 大輔, 福田 文夫, 中野 龍平

    園芸学会平成31年度春季大会. 園学研18 (別1): 251  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月23日 - 2019年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nondestructive detection of split pit in peach fruit with an acoustic vibration method

    Takashi Kawai

    Jilin University-Okayama University Joint Sakura Science Workshop  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月17日 - 2018年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • カキの雌雄花比に関するゲノムワイドアソシエーション解析

    増田 佳苗, 赤木 剛士, 白澤 健太, 河井 崇, 尾上 典之, 河野 淳, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成30年度秋季大会. 園学研17 (別2): 90  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月22日 - 2018年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海運による果物の輸出において透湿度を制御した段ボール箱が箱の強度保持及び果物蒸散抑制に及ぼす影響~2~

    田中 章雄, 小野 嘉則, 志水 基修, 牧内 隆文, 所 のぞみ, 渡辺 朱音, 中野 龍平, 福田 文夫, 河井 崇, 有松 仁美, 安永 円理子, 高田 大輔, 中村 宣貴, 兼田 朋子

    第27回日本包装学会年次大会. 研究発表会予稿集27: 100-101  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月12日 - 2018年7月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高性能コンテナ0°C貯蔵およびMA包装によるブドウ‘オーロラブラック’の長期貯蔵とその輸出試験

    橋元 優菜, 仲田 汐里, 岩井 綾平, 河井 崇, 福田 文夫, 首藤 浩一, 小椋 健二, 池永 裕一, 西銘 玲子, 中野 龍平

    園芸学会平成30年度春季大会. 園学研17 (別1): 470  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月24日 - 2018年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 音響振動法を用いた樹上でのモモ核割れ果の非破壊判別

    河井 崇, 松森 史哉, 秋元 秀美, 櫻井 直樹, 中野 龍平, 福田 文夫

    園芸学会平成30年度春季大会. 園学研17 (別1): 287  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月24日 - 2018年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 音響振動法を用いた樹上でのモモ核割れ果の非破壊判別

    河井 崇

    赤磐市 もも・ぶどうの貯蔵・輸送技術に関する意見交換会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 夏期集中講義における食育:スマートフォンを活用した調理実習指導

    山下 満智子, 細辻 珠紀, 齊藤 大樹, 滝澤 理仁, 河井 崇, 中崎 鉄也, 北島 宣

    日本調理科学会平成29年度大会  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月31日 - 2017年9月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モモ果実内部障害の非破壊判別技術

    河井 崇

    農林水産省「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト) 果物の東アジア、東南アジア輸出を促進するための輸出国ニーズに適合した生産技術開発及び輸出ネットワークの共有による鮮度保持・低コスト流通・輸出技術の実証研究 研究推進シンポジウム  2017年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • ウメ休眠芽における温度要求性QTLの同定

    北村 祐人, 山根 久代, 羽生 剛, 梶田 啓, 祖父江 拓哉, 河井 崇, 中崎 鉄也, 北島 宣, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成29年度春季大会. 園学研16 (別1): 35  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月19日 - 2017年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ブドウ果房周辺の遮光処理が日射量,果房内温度および果粒品質に及ぼす影響

    黒澤 俊, 河井 崇, 小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 安居 ゆかり, 北島 宣

    東京大学総合技術研究会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月8日 - 2017年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カキ‘太秋’のマルチ灌水栽培システムにおける果実収量と品質に及ぼす着蕾数の影響

    安居 ゆかり, 小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 黒澤 俊, 河井 崇, 北島 宣

    東京大学総合技術研究会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月8日 - 2017年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Sex determination in oriental persimmon (Diospyros kaki)

    Takashi Akagi, Isabelle M. Henry, Takashi Kawai, Luca Comai, Ryutaro Tao

    Plant & Animal Genome Conference XXV  2017年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月14日 - 2017年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エピジェネティックな記憶によるカキの可塑的な性決定(第1報)

    赤木 剛士, Isabelle M. Henry, 河井 崇, Luca Comai, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成28年度春季大会. 園学研15 (別1): 36  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月26日 - 2016年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低温要求性遺伝子座同定に向けたウメ連鎖地図の構築

    山根 久代, 羽生 剛, 祖父江 拓哉, 河井 崇, 中崎 鉄也, 北島 宣, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成28年度春季大会. 園学研15 (別1): 291  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月26日 - 2016年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • カキ品種の複雑な性表現におけるカキ属性決定因子の関与

    河井 崇, 赤木 剛士, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成27年度春季大会. 園学研14 (別1): 63  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月28日 - 2015年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Investigation of phylogeny and species differentiation in Citrus by chloroplast DNA Analysis

    A. Kitajima, M. Yamamoto, A. Yamasaki, M. Nakano, T. Shimizu, S Koeda, T. Habu, T. Fudano, S. Inafuku, J. Kaneyoshi, M. Fumuro, K. Katsura, H. Saito, R. Takisawa, T. Kawai, Y. Abe, X. Li, L. Yue, X. Yang, G. Zhong, X. Yang, D. Zhuang, T. Hsiung, H. Yen, H. T. Thi, C. Yapwattanaphun, N. Nasir, K. Yonemori, T. Nakazaki

    The 3rd International Symposium on Citrus Biotechnology  2014年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月11日 - 2014年11月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on fruit abscission mechanism during physiological fruit drop in Citrus

    X. Li, A. Kitajima, K. Katsura, H. Saito, S. Koeda, R. Takisawa, T. Kawai, T. Nakazaki, T. Shimizu

    The 3rd International Symposium on Citrus Biotechnology  2014年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月11日 - 2014年11月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ウメF1分離集団における休眠性の遺伝様式の調査

    祖父江 拓哉, 河井 崇, 山根 久代, 中崎 鉄也, 北島 宣

    園芸学会平成26年度秋季大会. 園学研13 (別2): 115  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月27日 - 2014年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 四倍体ブドウの無核短梢栽培における果粒品質改善の試み

    黒澤 俊, 河井 崇, 松本 大生, 小西 剛, 野中 勝利, 楠見 浩二, 松田 大, 北島 宣

    北海道大学総合技術研究会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • これからの育種に向けた新技術

    河井 崇

    平成26年度園芸学会近畿支部会京都大会(公開シンポジウム講演)  2014年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Development of ALSV-mediated VIGS in Prunus fruit trees

    Takashi Kawai, Michiya Nitta, Ayako Gonoi, Ryutaro Tao

    7th International Rosaceae Genomics Conference  2014年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月24日 - 2014年6月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ALSV-mediated VIGS in fruit tree species in Prunus

    Ayako Gonoi, Takashi Kawai, Ryutaro Tao

    7th International Cherry Symposium  2013年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月23日 - 2013年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを用いたアンズの遺伝子機能評価系の開発

    河井 崇, 五ノ井 彩子, 山岸 紀子, 吉川 信幸, 海道 真典, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成25年度春季大会. 園学研12 (別1): 61  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月23日 - 2013年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ALSV-mediated VIGS in apricot (Prunus armeniaca)

    Takashi Kawai, Ryutaro Tao

    Plant & Animal Genome Conference XXI  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月12日 - 2013年1月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ベビーパーシモン生産に向けたカキ ‘突核無’ 果実のmRNA-seq解析

    羽生 剛, 河井 崇, 山根 久代, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成24年度秋季大会. 園学研11 (別2): 362  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月22日 - 2012年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを用いたサクラ属果樹の遺伝子機能評価系の開発

    河井 崇, 長山 枝里香, 赤木 剛士, 山根 久代, 山岸 紀子, 吉川 信幸, 田尾 龍太郎

    園芸学会平成24年度春季大会. 園学研11 (別1): 280  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月28日 - 2012年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of the ALSV-mediated gene evaluation system for Prunus

    Takashi Kawai, Erika Nagayama, Takashi Akagi, Hisayo Yamane, Ryutaro Tao

    Plant & Animal Genome Conference XX  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月14日 - 2012年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Development of a gene evaluation system with virus-induced gene silencing in Prunus

    Takashi Akagi, Erika Nagayama, Takashi Kawai, Hisayo Yamane, Ryutaro Tao

    5th International Rosaceae Genomics Conference  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月14日 - 2010年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 平成30年度年間優秀論文賞

    2019年3月   園芸学会   Nondestructive detection of split pit in peaches using an acoustic vibration method

    Ryohei Nakano, Hidemi Akimoto, Fumio Fukuda, Takashi Kawai, Koichiro Ushijima, Yosuke Fukamatsu, Yasutaka Kubo, Yuichiro Fujii, Ken Hirano, Kunihisa Morinaga, Naoki Sakurai

     詳細を見る

  • 平成26年度年間優秀論文賞

    2015年3月   園芸学会   Development of molecular markers associated with sexuality in Diospyros lotus L. and their application in D. kaki Thunb.

    Takashi Akagi, Kei Kajita, Takanori Kibe, Haruka Morimura, Tomoyuki Tsujimoto, Soichiro Nishiyama, Takashi Kawai, Hisayo Yamane, Ryutaro Tao

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 果実ポストハーベスト研究のニューフロンティア-低温誘導成熟機構解明とその利用

    研究課題/領域番号:20H02977  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    久保 康隆, 矢野 健太郎, 阿部 大吾, 加藤 雅也, 牛島 幸一郎, 赤木 剛士, 河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    researchmap

  • 音響振動測定によるモモ果実の内部障害及び成熟様相の樹上非破壊評価法の確立

    研究課題/領域番号:19K06018  2019年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    福田 文夫, 河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    モモにおいて音響測定による非破壊判別を簡便に行えるようにするため、モモの核割れ果の判別する試験において、2点型の分析機器「聴診器」と一点型音響装置との間で、共鳴周波数などの音響データの整合性の把握を行った。果実発育中の継続的な変化を確認したところ、おおむね同様の結果となり、1点型試験機でも核割れ発生を判別でき、また果実袋上など直接果実にセンサーを接触させられない栽培状態でも共鳴周波数の取得が可能であることが明らかになった。導入したモバイル型音響装置についても調整を行い、核割れや樹上での成熟状態を把握できるように、プログラムを開発メーカーと調整し、2020年度に果実生産への利用可能性の検討ができるようにした。
    また、一点型音響測定装置を用いて、モモ’白鳳’において、70果実の果実発育中に樹上で共鳴周波数の低下を調査していき、水浸状果肉障害の発生を非破壊把握する方法を検討した。果肉断面の半分程度に水浸症状を呈する水浸指数2以上の商品価値が低下する果実については、正常果と比べて、第2共鳴周波数が著しく低下することから、この閾値を550Hzに設定することで、収穫果において商品性の低い果実の混入を抑制できることが明らかになった。さらに、樹上調査において、7月初めの段階で、ほぼ同じ着果位置でも、共鳴周波数の低い果実が存在し、そのような果実の多くが収穫時に水浸症状をとなっていることが確認された。この方法を利用することで、水浸果となっていく変化が生じ始める時期や着生させている枝の状況などとの関連を検討できることが明らかとなった。これらをまとめて、令和2年度園芸学会春季大会で発表した。

    researchmap

  • 極晩生モモ‘玄桃’の果実成熟特性およびその制御機構の解明

    研究課題/領域番号:19K06033  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    河井 崇, 福田 文夫, 中野 龍平, 牛島 幸一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では,岡山県内の民間育成品種‘玄桃’において見出された極晩生の果実成熟特性に着目し,交雑後代を用いた遺伝学的解析,糖組成・植物ホルモン分析などの生理学的解析,次世代シークエンサーを用いた網羅的解析を組み合わせることで,果実の成熟時期に関わる新規遺伝子の同定を目指す.本年度は‘玄桃’後代を用いて果実成熟に関わる諸形質の評価を行い,本研究の基礎となる形質データおよびその遺伝様式・年次変動を確認した.また,モモの熟期への関与が示唆されているNAC遺伝子の遺伝子型と熟期との関連を調査した.
    ‘清水白桃’ב玄桃’F1後代,‘玄桃’自殖後代および親品種を供試し,満開日から収穫日までの日数を成熟日数として算出した.F1後代および自殖後代の果実肥大様相と成熟日数が親品種の形質の間で分離し,親品種と同程度の成熟日数を示す個体は見られなかった.F1後代は自殖後代より熟期が早く,また,F1後代内でも成熟日数が短い個体群と長い個体群に1:1分離した.前年度までに予備的に形質評価していた個体において,F1後代内における成熟日数の分離は今年度の結果と一致していた.第4連鎖群のNAC遺伝子について,親品種間で確認された多型の遺伝子型を後代の各個体で調査したところ,既報の9bpのindelがF1後代内における熟期の早晩と共分離した.以上より,‘冬桃がたり’の成熟遅延に関わる因子は顕性ではなくF1では分離しないこと,‘清水白桃’は熟期の制御に関わる効果の大きい主要因子をヘテロでもつことが示唆された.また,NAC遺伝子の9bpのindelが‘清水白桃’がヘテロでもつ主要因子,あるいはその因子と連鎖する多型である可能性が考えられた.

    researchmap

  • モモの低温誘導性成熟機構の解明およびその園芸的利用

    2019年04月 - 2020年03月

    公益財団法人山陽放送学術文化財団  第56回(平成30年度)研究助成 

    河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • モモ民間育成の晩生希少品種を遺伝資源として活用した棚持ち性と果肉障害回避性の解析

    研究課題/領域番号:18H02200  2018年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    中野 龍平, 牛島 幸一郎, 福田 文夫, 高田 大輔, 河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    本年度は、研究グループが注目している棚持ち性の優れる品種、障害発生の異なる枝変わり系統に関して、以下のような成果が得られた。
    1)収穫時期や栽培地域を問わず、‘桃水’では自己触媒的エチレン生合成能が欠損していること、外生エチレンに応答して果実が軟化することが明らかとなり、‘桃水’は硬肉モモに属することが示された。Tatsukiら(2018)による、エチレン生成能の欠損とIAAの生合成関連遺伝子へのトランスポゾンの挿入変異との関連についての報告を参考に、親である‘川中島白桃’および‘桃水’の挿入変異を解析したところ、‘川中島白桃’はヘテロで‘桃水’はホモにて変異を持つことが明らかとなった。さらに、関連する数品種の全ゲノム配列を予備的に調査したところ挿入変異をヘテロで持つ‘ゆうそら’が片親である可能性が示唆された。‘桃水’は外生エチレン処理時の肉質が優れており、韓国系の品種を用いず、日本にて育成された品種同士の交配による高品質かつ棚持ち性の良い品種育成が実証された。
    2)‘大寿蜜桃’ は収穫時期、栽培地域によらず、自己触媒的エチレン生成能を持つにも関わらず、エチレンによって軟化せず、3週間以上の棚持ち性をした。一方、‘冬美白’ではエチレン生成とともに、果肉軟化が進行し、通常のモモと同様のエチレン応答性を示した。
    3)‘紅博桃’およびその亜主枝単位の枝変わりについて調査したところ、枝変わりでは生長第2期(肥大停止期)から3期(最終肥大期)への転換が遅れており、熟期が3週間ほど遅れことや収穫後に蜜症障害が多発することが明らかとなった。
    4)上記の1)-3)の品種や系統に関して、予備的な全ゲノムシークエンス解析を実施し、‘桃水’と‘川中島白桃’の親子関係や、‘紅博桃’樹内の熟期が異なる枝の枝変わり関係を確認するとともに、詳細な解析に向けた方向性を確認した。

    researchmap

  • ウイルスベクターを用いたサクラ属果樹の遺伝子機能評価系の開発およびその園芸的利用

    研究課題/領域番号:16K18651  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では、実用性の高い花成関連遺伝子に着目し、様々なサクラ属果樹を対象にリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターを用いた遺伝子機能評価および早期開花誘導の有効性を調査した。花成との関連が示唆されるFT遺伝子の全長配列あるいはTFL1遺伝子の部分配列を組み込んだALSVベクターを遺伝子銃で接種したところ、アンズ、カンカオウトウ、アーモンドの数品種において感染が確認された。しかしながら、早期開花などの形質変化は観察されず、サクラ属果樹の遺伝子機能評価や応用研究にALSVベクターを有効活用するためには、接種手順や生育条件のさらなる検討が必要であると考えられた。

    researchmap

  • バラ科果樹の休眠および季節的成長制御におけるDAM遺伝子の機能解明

    研究課題/領域番号:26252005  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    山根 久代, 田尾 龍太郎, 羽生 剛, 高居 恵愛, 伴野 潔, 河井 崇, 北村 祐人, 祖父江 拓哉, 杉本 綾香, 三村 昌太郎, 岩佐 英幸, 竹内 貴規, 梶田 啓, 西山 総一郎, 増田 佳苗, 松下 美和子, 本多 親子, 及川 彰, 横山 峰幸, 佐々木 隆太, 矢野 健太郎, 藤井 浩, 清水 徳朗, 山本 俊哉, 池田 和生, 鉄村 琢哉, 中崎 鉄也, 北島 宣, 岡田 和馬

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:40690000円 ( 直接経費:31300000円 、 間接経費:9390000円 )

    本研究では,DAM遺伝子のバラ科果樹の休眠制御への関与を,形質転換体を用いた機能評価,遺伝解析,ならびに複数のバラ科果樹種における相同遺伝子の発現解析によって解明した.その結果,サクラ属果樹においてDAM遺伝子は休眠制御の主要遺伝因子として働き,休眠を正に制御することを形質転換実験により明らかにした.リンゴではFLCなど他の因子も重要な働きを担っている可能性を示し,休眠制御機構の一端を解明できた.

    researchmap

  • 次世代シークエンシング技術を利用したマメガキおよびカキの雌雄性制御機構の解明

    研究課題/領域番号:26660025  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    田尾 龍太郎, 河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    古くより,高次倍数性のカキ(Diospyros kaki)の雌雄混株性に関する研究が行われてきたが,その雌雄の制御機構に関してはほとんど知見が得られていなかった.本研究では次世代シークエンス解析を活用することにより,雌雄異株性の二倍体種マメガキ(D. lotus)の雌雄異株性は,小分子RNA遺伝子(OGI)による転写因子MeGIの発現抑制を通じて行われていることを明らかにした.引き続いて栽培ガキのゲノムと発現解析を行い,栽培ガキでは OGI上流への転移因子の挿入によるOGI発現の不安定化とMeGIのエピジェネティックな制御による可塑性のある性制御へと進化していることを明らかにした.

    researchmap

  • ウイルスベクターを用いたバラ科サクラ属果樹の遺伝子機能評価系の開発

    研究課題/領域番号:26850016  2014年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    ウイルス誘導性ジーンサイレンシング(VIGS)は迅速かつ効果的な遺伝子機能評価法として様々な植物で利用されている。本研究では、多様なサクラ属果樹の種や品種を対象に、リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターを用いたVIGSの有効性を調査した。その結果、アンズ、カンカオウトウ、アーモンドの数品種において内生フィトエン不飽和化酵素(PDS)遺伝子のVIGSに成功した。一方、ALSVの感染率やVIGS効率はサクラ属果樹の種や品種によって異なることが示唆された。ウイルス接種手順や感染個体の生育条件を改善することで、サクラ属果樹の遺伝子機能評価や応用研究にALSVベクターを有効活用できる可能性がある。

    researchmap

  • ウイルスベクターを用いたバラ科サクラ属果樹の遺伝子機能評価系の開発

    2013年10月 - 2014年03月

    京都大学  平成25年度第Ⅱ期京都大学若手研究者スタートアップ研究費 

    河井 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Laboratory in Applied Plant Science 1 (2021年度) 1・2学期  - 金5,金6,金7,金8

  • Laboratory in Applied Plant Science 2 (2021年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • Laboratory in Applied Plant Science 3 (2021年度) 3・4学期  - 木5,木6,木7,木8

  • コース演習4 (2021年度) 3・4学期  - 水7,水8,水9

  • フィールド基礎実習 (2021年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 卒業論文 (2021年度) 通年

  • 基礎分析化学実験 (2021年度) 3・4学期  - 木5,木6,木7木8,月5,月6,月7,月8

  • 応用植物科学コース実験1 (2021年度) 1・2学期  - 金5,金6,金7,金8

  • 応用植物科学コース実験2 (2021年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 応用植物科学コース実験3 (2021年度) 3・4学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 果樹園芸学演習 (2021年度) 3・4学期  - 水7,水8,水9

  • 果樹園芸学演習 (2021年度) 1・2学期  - 水7,水8,水9

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年

  • 研究科目演習1 (2021年度) 1・2学期  - 水7,水8,水9

  • 研究科目演習2 (2021年度) 3・4学期  - 水7,水8,水9

  • Laboratory in Applied Plant Science 1 (2020年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • Laboratory in Applied Plant Science 2 (2020年度) 1・2学期  - 金5,金6,金7,金8

  • Laboratory in Applied Plant Science 3 (2020年度) 3・4学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 応用植物科学コース実験1 (2020年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 応用植物科学コース実験2 (2020年度) 1・2学期  - 金5,金6,金7,金8

  • 応用植物科学コース実験3 (2020年度) 3・4学期  - 木5,木6,木7,木8

▼全件表示