2022/08/11 更新

写真a

モロイズミ トシツグ
諸泉 利嗣
MOROIZUMI Toshitsugu
所属
環境生命科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 1997年1月   京都大学 )

  • 農学修士 ( 1990年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • 土壌水文学

  • 地水環境制御学

  • 農業農村工学

  • Drainage and Reclamation Engineering and Rural Planning

  • Irrigation

  • 潅漑排水学

研究分野

  • 自然科学一般 / 大気水圏科学

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

学歴

  • 京都大学    

    1988年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Agriculture  

    1981年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   環境理工学部   副学部長

    2015年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • - Professor,Graduate School of Environmental and life Science,Okayama University

    2010年7月 - 現在

      詳細を見る

  • - 岡山大学環境生命科学研究科 教授

    2010年7月 - 現在

      詳細を見る

  • Research Associate,Kitasato University

    1990年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

  • 北里大学獣医畜産学部畜産土木工学科 助手

    1990年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

  • 株式会社 青木建設 職員(技術系)

    1986年4月 - 1987年6月

      詳細を見る

  • Aoki Construction Co., Ltd.   Technical Staff

    1986年 - 1987年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山県   森林審議会 委員  

    2021年11月 - 2023年10月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 土壌物理学会   副学会長  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    副学会長

    researchmap

  • 公益社団法人農業農村工学会   中国四国支部幹事  

    2020年6月 - 2022年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 公益社団法人農業農村工学会   水文・水環境部会事務局員  

    2020年6月 - 2022年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 西日本高速道路株式会社中国支社   入札監視委員会委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山県   森林審議会 委員  

    2019年11月 - 2021年10月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 独立行政法人水資源機構   香川用水施設緊急対策事業に係わる事前評価(農業用水)委員会委員(委員長)  

    2019年5月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 国土交通省中国四国整備局   芦田川水系河川整備アドバイザー会議委員  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 一般社団法人 水文・水資源学会   財務委員  

    2018年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 一般社団法人 水文・水資源学会   国際誌編集委員会副委員長  

    2018年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 中国四国農政局   企画競争案件に関する有識者委員会委員長  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    委員長

    researchmap

  • 中国四国農政局   補助事業再評価技術検討会委員長  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 西日本高速道路(株)中国支社   三次高速道路事務所管内沿道環境対策委員会委員  

    2012年12月 - 2013年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 農林水産省中国四国農政局   業務における企画競争案件に関する有識者委員会(第三者委員会委員)  

    2009年6月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 土壌物理学会   学会賞選考委員会委員  

    2009年 - 2012年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    土壌物理学会

    researchmap

  • 土壌物理学会   編集委員会 編集委員長  

    2009年 - 2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    土壌物理学会

    researchmap

  • 岡山市環境局環境保全課地球温暖化対策室   岡山市環境保全審査会専門委員  

    2008年7月 - 2010年7月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)   中国四国支部幹事  

    2008年 - 2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)

    researchmap

  • 土壌物理学会   評議員  

    2007年 - 2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    土壌物理学会

    researchmap

  • (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)   土壌物理研究部会幹事  

    2007年 - 2008年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)

    researchmap

  • 平成19年度農業気象学会中国四国支部大会 実行委員会 委員  

    2007年   

      詳細を見る

  • (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)   中国四国支部支部賞選考委員会委員  

    2007年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)

    researchmap

  • 水文・水資源学会   水文・水資源学会2006年度総会・研究発表会(岡山市) 実行委員会委員  

    2005年 - 2006年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    水文・水資源学会2006年度総会・研究発表会(岡山市)実行委員会委員

    researchmap

  • 土壌物理学会   事務局会計幹事  

    2003年 - 2004年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    土壌物理学会

    researchmap

  • (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)   PWE日本委員会委員  

    2002年 - 2005年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    (社)農業農村工学会(旧 農業土木学会)

    researchmap

  • IS-Okayama2003-International Symposium on Groundwater Problems related to Geo-Environment,岡山市   「IS-Okayama2003実行委員会」委員  

    2002年 - 2003年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    IS-Okayama2003-International Symposium on Groundwater Problems related to Geo-Environment,岡山市

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 確率蒸発量の特徴とその推定式-岡山市を事例として- 査読 国際誌

    諸泉利嗣, 宗村広昭

    応用水文   ( 34 )   1 - 7   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:(公)農業農村工学会 水文・水環境研究部会  

    researchmap

  • Evaluation of drought features in the Dakbla watershed, Central Highlands of Vietnam 査読 国際共著 国際誌

    Vo Ngoc Quynh Tram, Hiroaki Somura, Toshitsugu Moroizumi

    Hydrological Research Letters   15 ( 3 )   77 - 83   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Hydrology and Water Resources  

    DOI: 10.3178/hrl.15.77

    researchmap

  • 岡山県3河川流域における実蒸発散量の推定 ―Morton 法と修正Brutsaert and Stricker 法の比較―

    諸泉利嗣, 三浦健志

    岡山大学環境理工学部研究報告   26 ( 1 )   1 - 5   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 散水によるアスファルト上の暑熱環境緩和効果

    諸泉利嗣, 伊藤尚也, 三浦健志

    岡山大学環境理工学部研究報告   26 ( 1 )   7 - 10   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • The Impacts of Land-Use Input Conditions on Flow and Sediment Discharge in the Dakbla Watershed, Central Highlands of Vietnam 査読 国際共著 国際誌

    Vo Ngoc Quynh Tram, Hiroaki Somura, Toshitsugu Moroizumi

    Water   13 ( 5 )   627 - 627   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    The main objective of this study was to evaluate various land-use input conditions in terms of the performance improvement found in consequent flow and sediment simulations. The soil and water assessment tool (SWAT) was applied to the Dakbla watershed from 2000 to 2018. After the calibration and validation processes, dissimilar effects between the input conditions on the flow and sediment simulations were confirmed. It was recognized that the impact of the land use on the sediment simulation was more sensitive than with the flow simulation. Additionally, through monthly evaluation, the effects against the flow and sediment in the rainy season were larger than those in the dry season, especially for sediment simulation in the last three months from October to December. Changing land-use conditions could improve flow and sediment simulation performance better than the performance found with static land-use conditions. Updated land-use inputs should be considered in simulations if the given land-use condition changes in a relatively short period because of frequent land-use policy changes by a local government.

    DOI: 10.3390/w13050627

    researchmap

  • 塩化ナトリウムの地下への浸透による水質変化に関する研究 査読

    佐々木薫, 秦 二朗, 柳迫新吾, 諸泉利嗣

    地盤と建設   37 ( 1 )   131-137   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地下水に含まれる塩化物イオンによる銅の腐食についてにの簡易腐食促進試験に関する報告 査読

    佐々木薫, 秦 二朗, 諸泉利嗣, 西垣 誠

    地下水学会誌   59 ( 4 )   355 - 368   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5917/jagh.59.355

    researchmap

  • 高速道路沿線の農地土壌及び農業用水へ与える 凍結防止剤散布の影響 査読

    佐々木 薫, 秦 二朗, 諸泉利嗣

    農業農村工学会論文集   85 ( 1 )   Ⅱ_45 - Ⅱ_52   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.85.II_45

    researchmap

  • 現地気象観測データを用いた最低気温予測方法とその精度―インターネットを利用した最低気温予報システムの改良 -

    上田悠生, 三島拓也, 三浦健志, 諸泉利嗣

    岡山大学環境理工学部研究報告   22 ( 1 )   55 - 59   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 凍結防止剤の飛散による近接農地における塩化物イオン濃度の簡易推定手法 査読

    佐々木薫, 秦 二朗, 諸泉利嗣

    地盤と建設   34 ( 1 )   127 - 132   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 現場気象観測データを用いた翌朝の最低気温予測 ―傾斜地内任意地点の最低気温予測方法の検討― 査読

    上田 悠生, 三島拓也, 三浦健志, 諸泉 利嗣

    中国・四国の農業気象   29   2 - 8   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 浸透流-移流分散解析に基づく凍結防止剤の地下浸透に関する検討と将来予測 査読

    秦 二朗, 佐々木薫, 諸泉利嗣, 西垣 誠

    地盤工学ジャーナル   11 ( 3 )   269 - 282   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3208/jgs.11.269

    researchmap

  • 中山間地域の道路周辺における地質と地下水水質の関係について 査読

    秦 二朗, 佐々木薫, 諸泉利嗣

    地盤と建設   34 ( 1 )   37 - 44   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 凍結防止剤の地下浸透量,河川流出量及び飛散量の定量化 査読

    秦 二朗, 佐々木 薫, 諸泉 利嗣

    地盤工学ジャーナル   10 ( 4 )   461 - 471   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3208/jgs.10.461

    researchmap

  • Applicability of three complementary relationship models for estimating actual evapotranspiration in urban area 査読 国際誌

    Takeshi Nakamichi, Toshitsugu Moroizumi

    JOURNAL OF HYDROLOGY AND HYDROMECHANICS   63 ( 2 )   117 - 123   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:VEDA, SLOVAK ACAD SCIENCES  

    The characteristics of evapotranspiration estimated by the complementary relationship actual evapotranspiration (CRAE), the advection-aridity (AA), and the modified advection-aridity (MAA) models were investigated in six pairs of rural and urban areas of Japan in order to evaluate the applicability of the three models the urban area. The main results are as follows: 1) The MAA model could apply to estimating the actual evapotranspiration in the urban area. 2) The actual evapotranspirations estimated by the three models were much less in the urban area than in the rural. 3) The difference among the estimated values of evapotranspiration in the urban areas was significant, depending on each model, while the difference among the values in the rural areas was relatively small. 4) All three models underestimated the actual evapotranspiration in the urban areas from humid surfaces where water and green spaces exist. 5) Each model could take the effect of urbanization into account.

    DOI: 10.1515/johh-2015-0011

    Web of Science

    researchmap

  • インターネットを利用した最低気温予報システムの構築 ―予報ウェブページの設計―

    三島拓也, 三浦健志, 諸泉利嗣

    岡山大学環境理工学部報告   20 ( 1 )   35 - 40   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 時系列重回帰モデルによる土壌水分量の推定 査読

    諸泉利嗣, 久保田周作

    農業農村工学会論文集   83 ( 5 )   47 - 52   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    Richards式を数値的に解く手法に代わる方法として重回帰モデルを用いて根群域の平均土壌水分量の推定を行い,その適用性を検討した.説明変数には,(1)深さ5cmの体積含水率(モデルI),または(2)有効雨量と蒸発散量(モデルII),それぞれの時系列データを用いた.その結果,どちらの説明変数を用いても重回帰モデルによって根群域の平均土壌水分量を精度よく推定できることが分かった.また,土壌水分量の時系列データは自己相関係数の減衰が遅く,説明変数間に相関があると判断されたため,データを差分変換して重回帰モデルに適用する必要性が明らかになった.

    DOI: 10.11408/jsidre.82.47

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20005785412?from=CiNii

  • 補完関係式を用いた実蒸発散量推定式の改良

    中道丈史, 諸泉利嗣, 三浦健志

    岡山大学環境理工学部研究報告   16 ( 1 )   35 - 39   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最終処分場における地下水位・水質指標の特徴と観測井の分類 査読

    諸泉利嗣

    地下水学会誌   53 ( 1 )   73 - 79   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5917/jagh.53.73

    researchmap

  • 地域定数を用いた温度法による可能蒸発量の推定精度向上 査読

    諸泉利嗣, 小村拓也, 三浦健志

    農業農村工学会論文集   78 ( 5 )   137 - 143   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.78.429

    researchmap

  • 2004年インド洋津波による農村地帯の農業被害実態と復旧対策 査読

    赤江剛夫, 濱田浩正, 諸泉利嗣, 石黒宗秀, 守田秀則, 中矢哲夫

    水土の知(農業農村工学会誌)   78 ( 9 )   775 - 778   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • TDR法を用いた土壌中の水分と電気伝導度の同時測定に関する予備的検討 査読

    諸泉利嗣, 楠山倫世, 三浦健志

    環境制御   ( 31 )   32 - 37   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Makkink式による可能蒸発量の推定精度 査読

    諸泉利嗣, 小村拓也, 三浦健志

    水文・水資源学会誌   22 ( 6 )   479 - 483   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/jjshwr.22.479

    researchmap

  • 国内主要都市における水収支構造と水利用ストレスの評価 査読

    渡部春奈, 村上道夫, 小村拓也, 諸泉利嗣, 古米弘明

    用水と排水   52 ( 2 )   137 - 148   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Soil water content and water balance in rainfed fields in Northeast Thailand 査読 国際共著 国際誌

    Toshitsugu Moroizumi, Hiromasa Hamada, Somsak Sukchan, Masahiro Ikemoto

    AGRICULTURAL WATER MANAGEMENT   96 ( 1 )   160 - 166   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Northeast Thailand has a semi-humid tropical climate which is characterized by dry and rainy seasons. In order to stabilize crop production, it may be necessary to develop new water resources, such as soil moisture and groundwater, instead of rainfed resources. This is because rainfed agriculture has already been unsuccessfully tried in many areas of this region. In this study, we investigate the soil water content in rainfed fields in Khon Kaen in Northeast Thailand, where rice and sugarcane were planted, over a 1-year period that contained both dry and rainy seasons, and estimate the actual evapotranspiration (ET.) using micrometeorological data. In addition, we assess the water balance from the results of the soil water content investigation and the actual evapotranspiration. Although the soil water content at depths above 0.6 m in both the lower and the sloping fields gradually decreased during the dry season, the soil water content at a depth of 1.0 m. was under almost constant wet conditions. Two-dimensional profiles of the soil water content demonstrated that at the end of the dry season, the soil layers below a depth of 0.4 m. showed a soil water content of more than 0.10-0.15 m(3) m(-3), thus suggesting that water was supplied to the sugarcane from those layers. The range in ET, rates was almost the same as that in the previous study. The average ETa rates were 3.7 mm, d(-1) for the lower field and 4.2 mm d(-1) for the sloping field. In the dry season, an upward water flow of 373 mm (equivalent to a flux of 1.9 mm. d(1)) was estimated from outside the profile. The source of this upward water flow was the sandy clay (SC) layer below a depth of 1 m. It was this soil water supply from the SC layer that allowed the sugarcane to grow without irrigation. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.agwat.2008.07.007

    Web of Science

    researchmap

  • Amplitude Domain Reflectometry法による不飽和砂地盤中のNAPL含有量と誘電率に関する基礎的研究 査読

    諸泉利嗣, 佐々木裕美, 三浦健志

    環境制御   ( 30 )   27 - 32   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Estimating the Nonaqueous-Phase Liquid Content in Saturated Sandy Soil Using Amplitude Domain Reflectometry 査読 国際誌

    Toshitsugu Moroizumi, Yumi Sasaki

    SOIL SCIENCE SOCIETY OF AMERICA JOURNAL   72 ( 6 )   1520 - 1526   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOIL SCI SOC AMER  

    Groundwater contamination by nonaqueous-phase liquids (NAPLs) has become a serious environmental issue. Therefore, it is necessary to estimate the NAPL content (theta(NAPL)) in saturated soil to detect and monitor the NAPL contamination in groundwater. The objective of this study was to investigate three estimation methods for the theta(NAPL) in saturated sandy soil, namely, the noncalibration method (NCM), the permittivity regression method (PRM), and the best-fit alpha method (BF alpha M). These methods utilize the permittivity (K) measured by amplitude domain reflectometry (ADR) and two dielectric mixing models: a theoretical Maxell-de Loor (MD) model and an empirical a model. The NCM applies the measured K to the models directly. The PRM applies the measured K to the models indirectly using the regression equation between the measured and estimated K The RMSEs of the NCM for the alpha model were 0.038 m(3) m(-3) for light NAPL (LNAPL) and 0.015 m(3) m(-3) for dense NAPL (DNAPL) when the constant alpha value was set at 0.5. The RMSEs of the MD model, however, were 0.090 m(3) m(-3) for LNAPL and 0.070 m(3) m(-3) for DNAPL. Using the PRM, the RMSEs of the MID model became much better than those of the NCM. The RMSEs for theta(NAPL) estimated by the BF alpha M were 0.007 m(3) m(-3) for LNAPL and 0.018 m(3) m(-3) for DNAPL. These results demonstrate that theta(NAPL) was estimated easily and with sufficient accuracy with the alpha model and the PRM.

    DOI: 10.2136/sssaj2006.0212

    Web of Science

    researchmap

  • Profile Probe による原位置キャリブレーションと土壌水分測定-東北タイ天水圃場における事例- 査読 国際共著

    諸泉利嗣, 池本賢弘, 濱田浩正, Somsak Sukchan

    水文・水資源学会誌   21 ( 5 )   361 - 367   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/jjshwr.21.361

    researchmap

  • Analysis of Surface Runoff in a Sloping Sandy Soil in Northeast Thailand using Soil Water Storage Capacity 査読 国際共著

    土壌の物理性   ( 109 )   45 - 50   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 短報双極熱パルス法による飽和砂土のNAPL汚染度の推定* 査読

    諸泉利嗣, 繁澤和佳子, 佐々木長市

    地下水学会誌   50 ( 1 )   17 - 24   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本地下水学会  

    地下水中のNAPL汚染度を測定するための基礎的研究として,NAPL汚染された飽和砂土の体積熱容量を測定し,その測定値からNAPL含有量を簡易的に推定する方法について検討した.体積熱容量の測定には双極熱パルス法を用いた.体積熱容量の測定値をモデル式に直接代入する方法で求めたNAPL含有率の推定値は,既知のNAPL含有率と体積熱容量の測定値の関係式から求めた値ほど推定精度は良くなかったが,事前にNAPL含有率と体積熱容量の関係式を求めておく必要がないので原位置においてある程度の傾向を把握するのには便利な方法である.また,体積熱容量の測定値と推定値の回帰直線を用いた場合は,NAPL含有率の推定精度は向上した.

    DOI: 10.5917/jagh1987.50.17

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10016081580?from=CiNii

  • 土壌水分シミュレーションによる節水野菜栽培技術の適用性評価 査読

    小田正人, 諸泉利嗣

    システム農学   23 ( 3 )   245 - 250   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14962/jass.23.3_245

    researchmap

  • 白瓜ビニールハウスにおける蒸発散量と上向き補給水量の推定 査読

    三浦健志, 平野絵美, 森本祐二, 諸泉利嗣

    中国四国の農業気象   19   2 - 7   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 白神山地の土壌熱伝導率の測定

    繁澤和佳子, 諸泉利嗣, 佐々木長市

    岡山大学環境理工学部研究報告   11 ( 1 )   89 - 92   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 居住者意識に基づく水環境評価モデルの構築とその『水が循環するまちづくり』への援用 査読

    谷口守, 古米弘明, 小野芳朗, 大久保賢治, 諸泉利嗣

    環境システム研究論文集   ( 33 )   125 - 131   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/proer.33.125

    researchmap

  • 白神山地の土壌に関する研究(2)

    佐々木長市, 殿内暁夫, 野田香織, 松山信彦, 小関 恭, 諸泉利嗣, 檜垣大助

    白神研究   ( 2 )   28 - 34   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 土壌・地下水調査結果に対する東北タイNong Saeng村の農民の意見・質問 査読

    濱田浩正, 諸泉利嗣, Nongluck Suphanchaimat

    土壌の物理性   ( 99 )   95 - 101   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Use of bromide to trace infiltration of rainfall through sandy soil in northeast Thailand 査読 国際共著

    H Hamada, S Sukchan, T Moroizumi, H Watabe, S Hasegawa

    JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY   39 ( 1 )   29 - 35   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN INT RESEARCH CENTER AGRICULTURAL SCIENCES  

    Bromide (Br) was used to successfully trace the infiltration of rainfall through a sandy soil in northeast Thailand. A method was developed to measure the Br concentration in extracted water from soil samples in order to determine the vertical distribution of the Br concentration in soil water. Our experimental results revealed that Br moved downward with a piston flow and that the increase in the amount of water in the soil above the depth of the peak Br concentration equaled the increase in soil moisture caused by the infiltration. Using our method, we found that the largest amount of rainfall infiltration occurred during September. The amount of soil water above the peak Br concentration was calculated to be about 0 1 urn during the period between June 27, 2003 and August 7, 2003; about 100 mm during the period between June 27, 2003 and September 10, 2003; and about 80 mm during the period between June 27, 2003 and February 12, 2004.

    DOI: 10.6090/jarq.39.29

    Web of Science

    researchmap

  • 白神山地の土壌に関する研究(1)

    佐々木長市, 殿内暁夫, 野田香織, 松山信彦, 檜垣大助, 諸泉利嗣

    白神研究   1 ( 1 )   24 - 29   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Tillage effects on subsurface drainage 査読 国際誌

    T Moroizumi, H Horino

    SOIL SCIENCE SOCIETY OF AMERICA JOURNAL   68 ( 4 )   1138 - 1144   2004年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOIL SCI SOC AMER  

    Tillage near the soil surface may greatly influence drainage discharge and pressure head values in the subsurface zone. In this study, a controlled comparative experiment was conducted in the field under natural weather conditions, using a tilled and an untilled column, to evaluate the effects of tillage on subsurface drainage discharge and pressure head values. There were no significant differences between the two columns in subsurface drainage before tillage treatment before the study, as checked by a preliminary experiment. After tilling one column of the two columns, cumulative subsurface drainage discharge was larger and occurred earlier for the tilled column than for the untilled column. The measured drainage discharge and pressure head values were evaluated using the water movement model, HYDRUS version 6.0, which numerically solves the Richards equation. The HYDRUS model reproduced measured values well for subsurface drainage discharge and pressure head values after the tillage, as determined by root mean squared error (RMSE), mean bias error (MBE), and R(2). Therefore, it is concluded that the model, which includes the effects of tillage on the hydraulic properties, can explain the reasons for differences in observed drainage in the two columns. Moreover, the effects of tillage depth on subsurface drainage discharge were simulated. The results implied that the effect of tillage on subsurface drainage were induced by the conditions of pressure head just before the first rainfall, and this effect was equal to, or greater than, the effects of changes in hydraulic properties due to tillage.

    DOI: 10.2136/sssaj2004.113

    Web of Science

    researchmap

  • 土壌熱伝導率の測定と推定式の適用

    諸泉利嗣

    岡山大学環境理工学部研究報告   9 ( 1 )   117 - 120   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 砂礫水田新土層における酸素および二酸化炭素濃度の変動

    小関 恭, 佐々木長市, Pongpattanasiri Sukthai, 諸泉利嗣

    農業土木学会論文集   ( 229 )   15 - 22   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.2004.15

    researchmap

  • 白菜畑における土壌水分動態解析

    諸泉利嗣, 三浦健志, 小森隆

    中国・四国の農業気象   ( 16 )   16 - 19   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 畑地用水使用量と気象条件の関係-岡山県U地区の事例- 査読

    三浦健志, 諸泉利嗣, 小林勇壮

    中国・四国の農業気象   ( 16 )   20 - 24   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 傾斜草地における表層土壌水分と土壌物理性の空間分布調査

    諸泉利嗣

    岡山大学環境理工学部研究報告   8 ( 1 )   81 - 85   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.2002.447

    researchmap

  • 熱収支ボーエン比法による水田からの蒸発散量の測定 査読

    三浦健志, 竹原桃子, 諸泉利嗣

    中国四国の農業気象   ( 15 )   8 - 12   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 畑地用水計画のための砂地圃場における微気象観測と土壌水分動態 査読

    諸泉利嗣, 三浦健志, 江良昭浩

    中国四国の農業気象   ( 15 )   2 - 7   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The effects of tillage on soil temperature and soil water 査読

    T Moroizumi, H Horino

    SOIL SCIENCE   167 ( 8 )   548 - 559   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Tillage in farmland plays an important role not only as a soil management tool for improving the plant root environment, but also as a factor that impacts the hydrological cycle and the energy balance in a region. This is because tillage affects soil moisture and soil temperature greatly in the unsaturated soil zone near the surface, which acts as an interface between the subsurface and the low atmosphere boundary.
    In this study, field experiments were conducted under natural weather conditions using two columns of a volcanic ash (andosol) soil to estimate the effects of tillage on soil temperature, pressure head, and evaporation in the unsaturated soil zone. The experimental results were compared with simulated pressure head and soil temperature values in the unsaturated soil zone. A one- dimensional model for simultaneous heat and water transport, based on the theory proposed by P. C. D. Milly in 1982 and 1984, was used. The governing equations were solved by the Galerkin finite element method. The simulated soil temperatures were in good agreement with the measured soil temperatures at most of the soil depths for both columns. After tillage, however, the simulated soil temperatures of the tilled column were higher than those of the untilled column for depths of 4, 9, and 14 cm in the daytime. The simulated pressure head values were in agreement with the measured values up to the tillage in the tilled column. After the tillage treatment for the tilled column and 60 h of elapsed time for the untilled column, the simulated pressure head values were in poorer agreement with the measured ones. After the tillage, however, the simulated pressure head values were greater for the tilled column than for the untilled column for depths of 5, 10, and 25 cm. This reflects the same results as with the measured pressure head results.

    DOI: 10.1097/01.ss.0000026972.27546.6b

    Web of Science

    researchmap

  • 傾斜草地における表層土壌水分の空間分布特性と領域平均を示す代表地点の探索 査読

    諸泉利嗣, 佐藤裕一, 佐藤幸一

    農業土木学会論文集   ( 220 )   447 - 455   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.2002.447

    researchmap

  • 岡山大学津高牧場における降雨変動特性

    諸泉利嗣, 四方田, 三浦健志

    岡山大学環境理工学部研究報告   7 ( 1 )   107 - 111   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 心土破砕が傾斜畑の表面流出量と圧力水頭・地温に与える影響 査読

    諸泉利嗣, 佐藤裕一, 佐藤幸一, 三浦健志

    土壌の物理性   ( 88 )   45 - 52   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 青森市における気候変動傾向

    諸泉利嗣, 佐藤裕一, 佐藤幸一, 三浦健志

    岡山大学環境理工学部研究報告   6 ( 1 )   81 - 84   2001年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • TDRを用いた簡易pF試験法 査読

    諸泉利嗣, 三浦健志, 佐藤裕一, 佐藤幸一

    水文・水資源学会誌   13 ( 3 )   240 - 242   2000年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/jjshwr.13.240

    researchmap

  • 耕起処理が表層不飽和土壌帯中の温度・水分環境に与える影響 査読

    諸泉利嗣

    水文・水資源学会誌   11 ( 1 )   61 - 66   1998年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/jjshwr.11.61

    researchmap

  • 野外における不飽和土壌帯中の熱・水分移動特性 査読

    諸泉利嗣, 堀野治彦, 丸山利輔, 佐藤裕一, 佐藤幸一

    水文・水資源学会誌   10 ( 1 )   20 - 31   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/jjshwr.10.20

    researchmap

  • 草地土壌の孔隙構造4.X線造影法で測定した英国の褐色森林土草地における粗孔隙の実態(共著) 査読

    佐藤幸一, 佐藤裕一, 諸泉利嗣

    日本草地学会誌   43 ( 3 )   325 - 332   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14941/grass.43.325

    researchmap

  • 不飽和土壌層内における熱・水分移動特性に関する理論的考察 査読

    諸泉利嗣, 堀野治彦, 中村公人, 丸山利輔

    農業土木学会論文集   ( 184 )   661 - 669   1996年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.1996.661

    researchmap

  • 地下水位一定型成層土壌中の準定常熱・水分移動特性(共著) 査読

    中村公人, 堀野治彦, 諸泉利嗣, 丸山利輔

    農業土木学会論文集   ( 181 )   39 - 48   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.1996.39

    researchmap

  • 飽和土壌層内における熱移動特性の実験的考察 査読

    堀野治彦, 諸泉利嗣, 丸山利輔

    地下水学会誌   33 ( 4 )   227 - 238   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5917/jagh1987.33.227

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 地下水モデル : 実践的シミュレーションの基礎 第2版

    堀野治彦, 諸泉利嗣, 中村公人, 大西健夫, 吉岡有美( 担当: 共訳 ,  範囲: 第4章(p.109-165),第8章(p.303-340))

    共立出版  2019年6月  ( ISBN:9784320047365

     詳細を見る

    総ページ数:xxi, 497p, 図版 [10] p   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • シリーズ<地域環境工学>地域環境水文学

    田中丸浩哉, 大槻恭一, 近森秀高, 諸泉利嗣( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章 土壌水と地下水,付録B HYDRUSによる浸透流解析)

    ㈱朝倉書店  2016年3月  ( ISBN:9784254445015

     詳細を見る

  • よくわかる測量実習(増補)

    細川, 吉晴, 西田, 修三, 今野, 惠喜, 藤原, 広和, 諸泉, 利嗣, 守田, 秀則( 担当: 共著)

    コロナ社  2008年4月  ( ISBN:9784339052237

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 179p, 図版 [4] p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 土壌物理学 土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用

    築地書館  2006年  ( ISBN:4806713244

     詳細を見る

  • HYDRUS-2Dによる土中の不飽和流れの計算

    取出伸夫, 井上光弘, 長 裕幸, 西村 拓, 諸泉利嗣( 担当: 共訳 ,  範囲: 第4章,付録Ⅳ・Ⅵ)

    農業土木学会土壌物理研究部会HYDRUSグループ  2004年3月 

     詳細を見る

  • 草地科学実験・調査法

    (社)畜産技術協会  2004年 

     詳細を見る

  • ファイテク How to みる・きく・はかる-植物環境計測-

    養賢堂  2002年 

     詳細を見る

  • 新編 土壌物理用語事典

    (株)養賢堂  2002年 

     詳細を見る

  • よくわかる測量実習

    コロナ社  1998年  ( ISBN:9784339052022

     詳細を見る

  • 地域環境と潅漑排水-農業土木学から地域環境工学への展開-

    (社)畑地農業振興会  1997年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 第63回土壌物理学会シンポジウム総合討論「地表面-大気間の物質・エネルギー動態のモデル化-土壌物理学に求められるもの」

    齋藤広隆, 諸泉利嗣, 取出伸夫

    土壌の物理性   ( 151 )   69 - 75   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:土壌物理学会  

    researchmap

  • 第63回土壌物理学会シンポジウム「地表面-大気間の物質・エネルギー動態のモデル化-土壌物理学に求められるもの」

    取出伸夫,諸泉利嗣,齋藤広隆

    土壌の物理性   ( 151 )   25 - 25   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 編集後記

    諸泉利嗣

    土壌の物理性   ( 131 )   72 - 72   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土壌物理学会  

    researchmap

  • 地下水学と土壌物理学の接点-特集「最近の地下水研究」

    中川 啓, 諸泉利嗣

    土壌の物理性   ( 131 )   29 - 29   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:土壌物理学会  

    researchmap

  • Long-Term Trends of Pan Evaporation and an Analysis of Its Causes in Finland in "Assessment Tools for Solvng Aquatic Problems" 国際共著

    Toshitsugu Moroizumi, Naoya Ito, Jari Koskiaho, Sirkka Tattari

    Project Report for Bilateral Cooperative Program between JAPAN and FINLAND   23 - 46   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 巻頭言「専門バカ」になる! 招待

    諸泉利嗣

    土壌の物理性   ( 123 )   1 - 1   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:土壌物理学会  

    researchmap

  • 編集後記

    諸泉利嗣

    土壌の物理性   ( 117 )   35 - 35   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土壌物理学会  

    researchmap

  • CIP法による地下水流動に対する数値シミュレーション

    渡邉はるか, 水藤寛, 諸泉利嗣

    MathESDによる異分野協働型人材養成プログラム成果報告書   124 - 131   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 学会賞を受賞して 招待

    諸泉利嗣

    農業農村工学会誌(水土の知)   77 ( 11 )   61 - 61   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)農業農村工学会  

    researchmap

  • Hybridized GAs with gradient based methods for inverse problems in groundwater flow simulations

    H. Suito, Y. Nanazawa, Y. Horikawa, T. Tsukazaki, T. Moroizumi, Y. Ono

    Proceedings of EUROGEN07, Evolution and deterministic methods for design, optimization and control   297 - 302   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 書評 地盤環境工学ハンドブック

    諸泉利嗣

    地下水学会誌   50 ( 2 )   117 - 117   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本地下水学会  

    researchmap

  • 東北タイの砂質傾斜農地における表面流出の発生メカニズムとため池の水位 国際共著

    渡部洋己, 濱田浩正, 諸泉利嗣, Somsak Sukchan

    国際農林水産業研究成果情報第16号   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:国際農林水産業研究センター  

    researchmap

  • タイ王国土地開発局における大学院生の現地研修報告 査読

    諸泉利嗣, 森本祐二, 山本将也, 濱田浩正, SUKCHAN Somsak

    水土の知(農業農村工学会誌)   75 ( 12 )   25 - 30   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • HYDRUSにおける根の吸水モデルと今後の課題 招待

    諸泉利嗣

    第46回農業土木学会土壌物理研究部会研究集会   21 - 22   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 最終処分場の地下水流動と汚染物質の移流拡散シミュレーションシステムの構築

    堀川靖夫, 水藤寛, 諸泉利嗣

    環境学を織るエコインフォマティクス成果報告書   23 - 24   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 岡山大学「環境報告書2005-2006」の発行

    諸泉利嗣

    環境制御   ( 28 )   34 - 34   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:岡山大学保健環境センター環境安全部門  

    researchmap

  • 第6章 岡山南部地域の気象環境と蒸発散量

    諸泉利嗣

    岡山南部農業水利事業「児島湖流域における生態系の保全と水資源管理検討委託業務」報告書   2006年

     詳細を見る

  • Soil water and groundwater in Nong Saeng

    Hiromasa HAMADA, Toshitsugu MOROIZUMI, Hiroki WATABE, Kriengsak SRISUK, Shuichi HASEGAWA

    JIRCAS Working Report No.47   2006年

     詳細を見る

  • 地下水流動シミュレーションと透水係数分布の同定

    塚崎哲也, 水藤寛, 堀川靖夫, 七澤洋平, 諸泉利嗣, 小野芳朗

    数理解析研究所講究録   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • Dialogue research between researchers and farmers on development of water resources 国際誌

    H. Hamada, T. Moroizumi, N. Suphanchaimat, J.Iamlaor, H. Watabe

    3rd Asian Pacific Conference (Bangkok)   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Groundwater in Nong Saeng

    Hiromasa HAMADA, Toshitsugu MOROIZUMI, Hiroki WATABE, Kriengsak SRISUK, Shuichi HASEGAWA

    JIRCAS-Thailand Collaborative Research Project Workshop Proceedings   2005年

     詳細を見る

  • 双極熱パルス法を用いた飽和土壌中の油汚染度の推定

    諸泉利嗣

    岡山大学21世紀COEプログラム 循環型社会への戦略的廃棄物マネジメント 平成16年度成果報告書   2005年

     詳細を見る

  • 第六章モデルを用いた流量解析-第二節地下水流動解析,第三節物性測定(カラム実験)

    諸泉利嗣

    科学技術振興調整費「廃棄物処分場の有害物質の安全・安心保障」平成16年度中間成果報告書   2005年

     詳細を見る

  • Opinions and quesitons of farms in Nong Saeng village , northeast Thailand to results of soil and groundwater investigations

    Hiromasa HAMADA, Toshitsugu MOROIZUMI, Nongluck Suphanchaimat

    Journal of the Japanese Society of Soil Physics   ( 99 )   95 - 101   2005年

     詳細を見る

  • Numerical simulation of underground water flow around landfill sites

    H.Suito, Y.Horikawa, T.Moroizumi, Y.Ono

    10th International Waste Mnagement and Landfill Symposium (Sardinia2005)   2005年

     詳細を見る

  • 放射収支計の機種の違いによる測定値の差異-RBSE社製Q*7と英弘精機製CN-11型の比較-

    三浦健志, 諸泉利嗣, 吉崎文人, 黒田訓宏

    しぶかわ   2004年

     詳細を見る

  • 水田と畑の放射収支の特徴と放射収支計の機種の違いによる測定値の差異

    吉崎文人, 黒田訓宏, 三浦健志, 諸泉利嗣

    岡山大学農学部センタ-報告   2004年

     詳細を見る

  • Numerical Simulation of Soil Water Flow in a Chinese Cabbage Field

    MOROIZUMI Toshitsugu, MIURA Takeshi, KOMORI Takashi

    Agricultural Meteorology of Chugoku and Shikoku   ( 16 )   16 - 19   2003年

     詳細を見る

  • Relationship between meteorogical sonditions and the amount of irrigation water use for upland fields - Case study of U-district, Okayama prefecture-

    MIURA Takeshi, MOROIZUMI Toshitsugu, KOBAYASHI Yuso

    ( 16 )   20 - 24   2003年

     詳細を見る

  • Simulation on the effects of tillage on pressure head, subsurface drainage, and groundwater recharge

    Toshitsugu MOROIZUMI

    Proceedings of the International Symposium on Groundwater Problems related to Geo-Environment   2003年

     詳細を見る

  • 砂地圃場の蒸発散量と土壌水分動態解析 査読

    諸泉利嗣, 三浦健志

    第6回水資源に関するシンポジウム論文集   315 - 318   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Spatial variability of surface soil moisture in a sloping grassland field 査読

    MOROIZUMI Toshitsugu, SATO Yuichi, SATO Koichi, MIURA Takeshi

    Proceedings of the 17th World Congress of Soil Science   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 高1・秋 苦手撲滅大作戦 招待

    諸泉利嗣

    Viccess!(高1学力テスト解答解説)   7 - 7   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:㈱ベネッセコーポレーション  

    researchmap

  • 永年草地土壌におけるX線造影法で求めた粗孔隙形態

    佐藤幸一, 佐藤裕一, 諸泉利嗣

    東北草地研究会誌   2001年

     詳細を見る

  • 高1・秋 苦手撲滅大作戦 招待

    諸泉利嗣

    Viccess! (高1学力テスト解答解説)   7 - 7   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:㈱ベネッセコーポレーション  

    researchmap

  • 耕起処理が畑土壌中の温度・水分環境に与える影響 招待

    諸泉利嗣

    第38回農業土木学会土壌物理研究部会研究集会論文集   39 - 45   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 研修旅行,雑感

    諸泉利嗣

    平成9年度 第5回海外学生研修旅行 報告書   85 - 85   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会スチューデント委員会  

    researchmap

  • 地下食料保冷システムにおける熱負荷の評価 査読

    中村公人, 諸泉利嗣, 三野 徹

    中国・日本学術シンポジウム「持続的農牧生産の発展と環境保全」論文集   327 - 330   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 耕起処理が畑中壌中の温度・水分環境に与える影響-実測値と数値解の比較- 査読

    諸泉利嗣, 堀野治彦

    中国・日本学術シンポジウム「持続的農牧生産の発展と環境保全」論文集   263 - 266   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • iii. 不飽和帯への熱損失の定量化に関する研究 : 科学技術総合研究委託費(3.7.1(2) 降積雪対策技術の高度化に関する研究(II),3.7.1 総合研究,3.7 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)

    丸山 利輔, 渡邉 紹裕, 堀野 治彦, 諸泉 利嗣

    防災科学技術研究所年報   4   46 - 47   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:独立行政法人防災科学技術研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 岡山県の中山間地域が有する生態系サービスの価値発見と見える化

    庄司 怜, 宗村広昭, 諸泉利嗣

    2021年度(第70回)農業農村工学会大会講演会  公益社団法人 農業農村工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月31日 - 2021年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

    researchmap

  • バルクハブ流域における作物収量・灌漑水量の推定 国際共著

    宗村広昭, 諸泉利嗣, Ezatullah RABANIZADA, Shoarib SABOORY

    水文・水資源学会2019年度総会・研究発表会  2019年9月11日  一般社団法人 水文・水資源学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月11日 - 2019年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 1高度データを用いた熱収支ボーエン比法による潜熱・顕熱フラックスの推定

    佐々木 亨, 諸泉利嗣, 宗村広昭

    水文・水資源学会2019年度総会・研究発表会  2019年9月11日  一般社団法人 水文・水資源学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 岡山市における確率可能蒸発量とその推定式

    勝治 誠, 諸泉利嗣, 宗村広昭

    2019年度農業農村工学会大会講演会  2019年9月6日  公益社団法人 農業農村工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月4日 - 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学府中キャンパス  

    researchmap

  • 児島湾へ流入する窒素負荷量の推定に向けた基礎研究

    宗村広昭, 堀元智喜, 大野隼輔, 諸泉利嗣

    2019年度農業農村工学会大会講演会  2019年9月5日  公益社団法人 農業農村工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月4日 - 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京農工大学府中キャンパス  

    researchmap

  • 黒ボク土における電流・電圧発生の基本的特性

    坂口哲司, 諸泉利嗣, 三浦健志

    平成30年度農業農村工学会大会講演会  2018年9月5日  公益社団法人 農業農村工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月4日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学吉田キャンパス  

    researchmap

  • 熱収支ボーエン比法による小面積水面からの蒸発量の測定

    三浦健志, 諸泉利嗣, 土田翔太

    農業気象学会2017年度全国大会  2018年3月13日  農業気象学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月13日 - 2018年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学伊都キャンパス  

    researchmap

  • 人口マクロポアの効果に及ぼす初期水分量の影響

    崎川和紀, 森也寸志, 諸泉利嗣

    2015年度土壌物理学会大会講演会  2015年10月24日  土壌物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城大学(宮城県)  

    researchmap

  • 簡易手法による顕熱・潜熱フラックスの推定

    板東 啓二, 中道 丈史, 諸泉 利嗣, 三浦 健志

    水文・水資源学会研究発表会要旨集  2011年  THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語  

    熱収支ボーエン比法や傾度法などでフラックスを推定するためには,2高度の気象データを必要とする.本研究では1高度の時系列データから潜熱フラックスと顕熱フラックスを推定する簡易手法としてHalf-order time derivative法に着目し,その推定結果について考察した.フラックスの推定には,筑波大学陸域環境研究センターの観測圃場と鳥取大学乾燥地研究センター内の観測圃場のデータを使用した.渦相関法により求めた顕熱フラックス及び熱収支ボーエン比法により求めた潜熱フラックスを観測値として用い,簡易手法による推定値と比較した.その結果,顕熱フラックスの推定には適用可能であるが,潜熱フラックスへの適用にはさらなる検討が必要である.また,熱収支式より残差として推定した潜熱フラックスは良く推定できた.微気象の急激な変化にも対応できるようにするのが今後の課題である.

    researchmap

  • 衛星データを用いた広域地表面熱収支の季節変化

    中道 丈史, 諸泉 利嗣, 三浦 健志

    水文・水資源学会研究発表会要旨集  2011年  THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語  

    地表面熱収支は陸域-大気間の相互作用に深く関わり,地域の気候を決定づける重要な要素である.本研究では,衛星データを用いて様々な土地利用が混在する領域における地表面熱収支を推定し,広域地表面熱収支の季節変化の解析を試みた.この際,熱収支の推定モデルには熱収支式にバルク式を組み入れたものを用いた.解析対象領域は関東地方の中心部を選定した.衛星データを用いて熱収支観測地点の地表面熱収支を推定し,推定値と観測値を比較したところ,水田の潜熱フラックスおよび草地の顕熱,潜熱フラックス,市街地の顕熱フラックスについては相対的な誤差は30%以内と小さく,比較的良い推定精度であった.また,季節変化の解析結果から,水田では顕熱フラックスと地中熱フラックスが同程度であること,草地と市街地では顕熱フラックスが同程度であること,市街地では地中熱フラックスが他の土地利用に比べてかなり大きいことなどが分かった.

    researchmap

  • 補完関係式を用いた実蒸発散量推定式の改良

    中道 丈史, 諸泉 利嗣, 三浦 健志

    水文・水資源学会研究発表会要旨集  2009年  水文・水資源学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

    補完法の一つであるAAモデルは現行の気象観測データから実蒸発散量を推定でき,日本での有効性も確認されている。中道らは日本の複数の地点においてAAモデルとPenman式を適用し,AAモデルが特に都市部の水域や緑地帯からの蒸発散量を過小に推定することを明らかにした。都市部の水域では,Penman式の推定値Epenに比べ, AAモデルの推定値EMAAは平均して380mm/yearほど小さくなる。これに対し,AAモデルの推定値に補正係数kを乗じて改善することを考え,kをアルベドαの一次式,k=aα+bとして提案した。係数a,bは気温と飽差の関数として,市街地ではk=1,水域ではk=Epen/EMAAとなるように同定した。AAモデルにこの補正係数kを用いることにより,市街地ではそのままに,水域や緑地帯ではPenman式と同程度に蒸発散量を推定でき,都市部の実蒸発散量をより適切に評価できるようになった。

    researchmap

  • 成層土壌中の熱・水同時移動に関する数値シミュレーション

    中村公人, 堀野治彦, 丸山利輔, 諸泉利嗣

    平成7年度農業土木学会大会講演要旨集  1995年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 異なる温度勾配下における土壌層内の熱・水分移動特性

    諸泉利嗣, 堀野治彦, 丸山利輔

    1990年度日本地下水学会春季講演会  1990年5月18日  日本地下水学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本都市センター(東京)  

    researchmap

  • 飽和土壌層内における熱移動機構に関する実験的考察

    諸泉利嗣, 堀野治彦, 渡邉紹裕, 丸山利輔

    第46回農業土木学会京都支部研究発表会  1989年11月9日  (社)農業土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

    researchmap

  • 東北タイ天水農業地帯の地水環境調査

    アジア地域における地盤・地下水環境保全のための環境技術セミナー  2010年 

     詳細を見る

  • 関東地方における土地利用ごとの地表面熱収支推定モデルの検討

    第65回農業農村工学会中国四国支部講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 土壌の粒径差を利用した除塩効果向上の検討

    2010年度土壌物理学会大会  2010年 

     詳細を見る

  • 温度法による基準蒸発散量の推定と検証

    平成22年度農業農村工学会大会講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 土壌中の油汚染度の推定・東北タイの地水環境調査

    2010年岡山地域セミナー  2010年 

     詳細を見る

  • ドリーネにおける夜間気温の観測と最低気温の予測

    2010年度 日本農業気象学会 中国・四国支部大会  2010年 

     詳細を見る

  • Characteristics of the complementary relationship-based evapotranspiration models: Comparison between the Urban and the Rural Areas

    2010 AGU Fall Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • 土壌の物理的性質の差に着目した除塩効果向上の検討

    第65回農業農村工学会中国四国支部講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 補間関係式を用いた実蒸発散量推定の特徴

    平成21年度農業・農村工学会大会講演会要旨集  2009年 

     詳細を見る

  • 干拓地圃場における微気象法による潜熱・顕熱フラックスの測定

    2009年度農業気象学会中国四国支部大会  2009年 

     詳細を見る

  • 翌朝の最低気温予測方法の検討

    2009年度農業気象学会中国四国支部大会  2009年 

     詳細を見る

  • 数値シミュレーションによる除塩特性表の検討

    平成21年度農業・農村工学会中国四国支部講演要旨集  2009年 

     詳細を見る

  • 補間関係式を用いた実蒸発散量推定式の改良

    水文・水資源学会2009年度総会・研究発表会  2009年 

     詳細を見る

  • 翌朝の最低気温予測方法の検討

    平成21年度農業・農村工学会大会講演会要旨集  2009年 

     詳細を見る

  • 廃棄物処分場からの漏洩水による地下水汚染シミュレーション

    第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会  2008年 

     詳細を見る

  • Estimaion of potential water resources in mega cities in asia

    2008韓国水資源協会年次総会  2008年 

     詳細を見る

  • 白瓜ビニールハウス内の蒸発散量と上向き補給水量の推定

    日本農業気象学会2008年度全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • Makkink式とHamon式における精度向上のための補正係数の提案

    第63回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集  2008年 

     詳細を見る

  • 廃棄物処分場における地下水中の汚染物質拡散シミュレーション

    第63回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集  2008年 

     詳細を見る

  • 施設畑における灌漑用水量の検討

    平成20年度農業・農村工学会大会講演会要旨集  2008年 

     詳細を見る

  • 補間関係式を用いた広域実蒸発散量の推定と特徴-岡山県を事例として-

    水文・水資源学会2008年度総会・研究発表会  2008年 

     詳細を見る

  • 廃棄物処分場における地下水流動及び汚染物質輸送解析

    平成19年度農業土木学会大会講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 汚染水漏洩シミュレーションシステムの構築

    科学技術振興調整費 アウトリーチセミナー  2007年 

     詳細を見る

  • タイ国土地開発局における大学院生の現地研修

    平成19年度農業土木学会大会講演会  2007年 

     詳細を見る

  • アジアの大都市における水資源賦存量の推定

    水文・水資源学会2007年度総会・研究発表会  2007年 

     詳細を見る

  • Hybridized GAs with gradient-based methods for inverse problems ingroundwater flow simulation

    EUROGEN 2007, ECCOMAS Thematic Conference  2007年 

     詳細を見る

  • 環境問題に対する数値計算手法とその応用

    日本数学会年会講演予稿集  2007年 

     詳細を見る

  • 簡易手法によるアジア大都市水収支の推定

    第62回農業農村工学会中国四国支部講演会  2007年 

     詳細を見る

  • Estimaion of potential water resources and water use in mega cities in asia

    2nd International Workshop on Rainwater and Reclaimed Water for Urban Sustainable Water Use  2007年 

     詳細を見る

  • 白瓜ビニールハウス内の上向き補給水量と蒸発散量の推定

    平成19年度農業土木学会大会講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 白瓜ビニールハウスにおける土壌水分動態と上向き補給水量の推定

    平成18年度農業土木学会大会講演会要旨集  2006年 

     詳細を見る

  • Numerical analysis for heat and groundwater flows in landfill sites

    Abstract proceedings of the 4th Intercontinental Landfill Research symposium  2006年 

     詳細を見る

  • 土壌シミュレーションによる節水野菜栽培技術の適用性評価

    システム農学会2006度春季シンポジウム・一般発表会  2006年 

     詳細を見る

  • 最終処分場周辺における地下水流動シミュレーション

    第55回理論応用力学講演会  2006年 

     詳細を見る

  • Simulation of groundwater flow around a waste landfill site

    American Geophysical Union 2006 Fall Meeting  2006年 

     詳細を見る

  • 白瓜ビニールハウスにおける土壌水分動態と蒸発散量の推定

    平成18年度農業気象学会中国四国支部大会  2006年 

     詳細を見る

  • 最終処分場周辺における地下水位変動

    水文・水資源学会2006年度総会・研究発表会  2006年 

     詳細を見る

  • 白瓜ビニールハウスにおける微気象測定と蒸発散量の推定

    水文・水資源学会2006年度総会・研究発表会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山県3河川流域における実蒸発散量と水収支の推定

    水文・水資源学会2006年度総会・研究発表会  2006年 

     詳細を見る

  • 最終処分場周辺における地下水流動解析

    平成18年度農業土木学会大会講演会要旨集  2006年 

     詳細を見る

  • 双極熱パルス法を用いた飽和砂土中の油汚染度の推定

    第61回農業土木学会中国四国支部講演会講演要旨集,48-49  2006年 

     詳細を見る

  • 地下水多相流の数値計算と土質パラメーターの推定

    日本応用数理学会2006年度年会  2006年 

     詳細を見る

  • Computational assessments of groundwater pollution around final disposal sites

    International Seminar on Applied Mathematics for Real World Problems  2006年 

     詳細を見る

  • Simulation of flows of groundwater and contaminants around landfill sites

    European Conference on Computational Fluids Dynamics (ECCOMAS CFD2006)  2006年 

     詳細を見る

  • Estimating the NAPL content in sandy soil using amplitude domain reflectmetry

    The seminar on Soil Physics  2005年 

     詳細を見る

  • 東北タイ天水農業地域における土壌水分動態解析と水資源賦存量の推定

    平成17年度農業土木学会大会講演会要旨集  2005年 

     詳細を見る

  • Synoptic Watershed Model Combined with the Runoff Routine

    International Workshop on Rainwater and Reclaimed Water for Urban Sustainable Water Use  2005年 

     詳細を見る

  • Estimaion of regional-scale actual evapotranspiration in Okayama using AMeDAS, land classification, and elevation data

    International Workshop on Rainwater and Reclaimed Water for Urban Sustainable Water Use  2005年 

     詳細を見る

  • 最終処分場の有害物質の安全安心保障その5 「処分場地下水モデル」最終処分場における地下水流動シミュレーション

    廃棄物学会研究発表会講演論文集,Vol.16  2005年 

     詳細を見る

  • ADR法による飽和砂土におけるNAPL含有量の推定

    第60回農業土木学会中国四国支部講演会  2005年 

     詳細を見る

  • 東北タイの砂質傾斜畑における地表面流去水の発生要因

    第46回土壌物理学会  2004年 

     詳細を見る

  • サーモTDRを用いた土壌中の油汚染度の測定

    第46回土壌物理学会  2004年 

     詳細を見る

  • 東北タイにおける砂質傾斜畑における土壌流亡の発生メカニズム

    第53回農業土木学会北海道支部研究発表会  2004年 

     詳細を見る

  • 岡山県旭川流域における広域実蒸発散量の推定

    第59回農業土木学会中国四国支部講演会  2004年 

     詳細を見る

  • ペンマン蒸発散位に対する気象要素の感度解析

    平成16年度農業土木学会大会講演会  2004年 

     詳細を見る

  • 放射収支計の機種の違いによる測定値の差異

    平成16年度農業土木学会大会講演会  2004年 

     詳細を見る

  • 東北タイ天水農業地帯における土壌水分調査

    平成16年度農業土木学会大会講演会  2004年 

     詳細を見る

  • 天水農業地帯における土壌水分シミュレーション

    平成16年度農業土木学会  2004年 

     詳細を見る

  • 牛窓地区における用水使用量と気象要素との関係 Reilationship between water use amount and meteorological conditions

    平成15年度農業土木学会大会講演会  2003年 

     詳細を見る

  • 白菜畑における土壌水分動態解析 Numerical simulation of soil water flow in a Chinese cabbage field

    平成15年度農業土木学会大会講演会  2003年 

     詳細を見る

  • Evapotranspiration and simulation of soil water dynamics in a sand field

    The Seminar on soil water movement at International Training Center for Agricultural Development  2003年 

     詳細を見る

  • 畑地用水使用量と気象要素との関係-岡山県U地区における事例-

    平成15年度農業気象学会中国・四国支部大会  2003年 

     詳細を見る

  • Introduction of HYDRUS(Simulation software on soil water movement)

    The Seminar on soil water movement at International Training Center for Agricultural Development  2003年 

     詳細を見る

  • 浅い耕起が地下排水に与える影響

    第56回農業土木学会中国四国支部講演会  2002年 

     詳細を見る

  • Spatial variability of surface soil moisture in a sloping grassland field

    17th Word Congress of Soil Science  2002年 

     詳細を見る

  • 冬瓜畑における蒸発散量の測定と上向き補給水量

    平成14年度農業土木学会講演会  2002年 

     詳細を見る

  • 潅漑条件下の砂地圃場の土壌水動態解析

    平成14年度農業土木学会大会講演会  2002年 

     詳細を見る

  • 砂地圃場の蒸発散量と土壌水分動態解析

    第6回水資源に関するシンポジウム  2002年 

     詳細を見る

  • 裸地砂地圃場の熱・水動態解析と上向き水分フラックス

    平成13年度農業土木学会(平成13年度農業土木学会大会講演会講演要旨集, 512-513)  2001年 

     詳細を見る

  • 裸地圃場における土壌水分・地温の時空間変動特性

    2001年水文・水資源学会(研究発表会要旨,150-151)  2001年 

     詳細を見る

  • 草地における表層土壌水分の空間的変動特性に関する検討

    第56回農業土木学会中国四国支部講演会(講演要旨,142-143)  2001年 

     詳細を見る

  • 平成9〜11年東伯農業水利事業地区における用水利用実態

    平成12年度農業土木学会大会  2000年 

     詳細を見る

  • 草地における表層土壌水分の空間分布特性

    平成12年度農業土木学大会  2000年 

     詳細を見る

  • TDRを用いた簡易pF試験法の開発

    第41回土壌物理学会シンポジウム  1999年 

     詳細を見る

  • 耕起処理が畑土壌中の温度・水分環境に与える影響

    第38回農業土木学会土壌物理研究部会研究集会  1999年 

     詳細を見る

  • 灌漑砂地圃場における微気象観測と土壌水分の動態

    日本農業気象学会中国・四国支部学会  1999年 

     詳細を見る

  • 中国四国地方の蒸発散位分布

    農業土木学会中国四国支部第54回講演会  1999年 

     詳細を見る

  • Numerical Analysis of Water and Heat in a Field Soil by the Coupled Model and the Uncoupled Model

    平成11年度農業土木学会大会  1999年 

     詳細を見る

  • Numerical Analysis for Space-Time Dynamics of Water and Heat in a Field Soil 国際共著 国際会議

    T Moroizumi, B P Mohanty, P J Shouse, M Th.van Genuchten

    AGU 1998 Fall Meeting  1998年12月10日  米国地球物理学連合

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, CA  

    researchmap

  • Theoretical Studies on Characteristics of Heat and Water Transfer in Unsaturated Soil Zone "jointly worked"

    1996 Western Pacific Geophysics Meeting  1996年 

     詳細を見る

  • 不飽和土壌層内における土壌水・熱移動機構に関する実験的考察-ATESに関する基礎的研究(Ⅱ)

    諸泉利嗣, 堀野治彦, 丸山利輔

    平成2年度農業土木学会大会講演会  1990年7月25日  (社)農業土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • 飽和土壌層内における熱移動特性の実験的考察-ATESに関する基礎的研究(Ⅰ)

    堀野治彦, 諸泉利嗣, 丸山利輔

    平成2年度農業土木学会大会講演会  1990年7月25日  (社)農業土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • Experimental studies on Heat and Moisture Transfer in Saturated Soil Zone(jointly worked) 国際会議

    Western Pacific Geophysics Meeting  1990年  米国地球物理学連合

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢市  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 平成21年度 農業農村工学会研究奨励賞

    2009年8月   公益社団法人 農業農村工学会   土壌中の水分・物質の分布と移動に関する一連の研究

    諸泉利嗣

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 底質微生物燃料電池の機能強化による農業排水路の水質改善と温室効果ガス排出削減

    研究課題/領域番号:22H02458  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    前田 守弘, 仁科 勇太, 赤尾 聡史, 諸泉 利嗣

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    researchmap

  • 水溶性・非水溶性物質で汚染された土壌・地下水の熱・電気化学特性の解明と汚染度推定

    研究課題/領域番号:20K12207  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    諸泉 利嗣

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本年度は,非水溶性液体であるNAPL(Nonaqueous Phase Liquid)で汚染された飽和砂土を想定し,土壌中にNAPLと水が分離して存在する層構造の場合と分散状態で存在するランダム構造の2つの存在形態が誘電率と熱伝導率に与える影響について検討した.NAPLには,水よりも密度の小さいLNAPLと密度の大きいDNAPLを用いた.
    その結果,砂土-水-LNAPL(またはDNAPL)の飽和3相系の場合,誘電率を求めるためのTDR波形は,層構造に関しては,LNAPLでは2つのピークを示し,DNAPLではピークは1つであった.これは,LNAPLとDNAPLで水への溶解性が異なるためであると考えられた.一方,ランダム構造については,攪拌によって水・NAPLの界面が存在せず,波形のピークは1だけであった.また,誘電率は,LNAPLに比べてDNAPLの方が大きくなり,ランダム構造と層構造の比較では,ランダム構造のときの誘電率は,層構造のときに比べて小さくなった.熱伝導率については,LNAPLの方がDNAPLよりも大きくなり,ランダム構造のときの熱伝導率は層構造のときと比べて大きくなった.誘電率および熱伝導率推定モデルの適用性については,実験結果と推定モデルを比較することによって,誘電率はMD modelおよびα modelを用いることで,熱伝導率は小岩崎モデルおよび直列モデルを用いることで一定の精度で推定できることが分かった.
    水-NAPL-土壌の飽和3相系汚染土の汚染度を誘電率および熱伝導率という物理量を用いて推定する場合,NAPL含有量が同じであってもNAPLの存在形態によって各物理量の値が異なる可能性がある.このことから,NAPLの存在形態が各物理量に与える影響を事前に検討しておくことは極めて重要である.

    researchmap

  • 土壌中の自然電位を最大にするための条件の探索と土壌電池への展開

    研究課題/領域番号:24658203  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    諸泉 利嗣, 嘉田 一貴

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では,土壌中の水分フラックスや圧力水頭差,土性などの様々な条件下における土壌中の自然電位を測定することにより,最大電位を発生させる条件を明らかにした.その結果,砂土の場合は,流動電位の理論通り,発生電位は水分スラックスと比例関係にあったが,黒ボク土の場合はそうはならなかった.本研究で明らかになった課題をさらに検討することで,自然電位をエネルギー利用するための土壌電池の開発に繋がると考える

    researchmap

  • 両親媒性汚染物質の土壌浄化に関する研究

    研究課題/領域番号:22380130  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    石黒 宗秀, 諸泉 利嗣, アーメド ファルーク, 森口 一輝, コパル ルーク, 赤江 剛夫

      詳細を見る

    配分額:16510000円 ( 直接経費:12700000円 、 間接経費:3810000円 )

    人工化学物質として最も多量に使用され,環境中に放出されている界面活性剤を用いて土壌中における吸着分解移動実験を行い,その特性を明らかにした。アニオン性界面活性剤で分解反応を受けやすいドデシル硫酸ナトリウムは,高濃度で土壌中を移動しやすく,低濃度で分解されやすいため,土壌浄化剤として適することがわかった。洗剤の主成分であるドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムは,吸着により分解が抑制傾向になるため,更なる検討が必要である。

    researchmap

  • 海水被曝沿岸低平農地の効率的除塩方法に関する研究

    研究課題/領域番号:19380137  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    赤江 剛夫, 諸泉 利嗣, 守田 秀則, 石黒 宗秀, 濱田 浩正, 濱田 浩正

      詳細を見る

    配分額:20020000円 ( 直接経費:15400000円 、 間接経費:4620000円 )

    (1)インド洋津波による農地海水被曝事例を調査した。衛星画像と地形情報を用いて被害域を推定する方法を提案した。
    (2)現地除塩枠試験により、海水被曝地の除塩方法として湛水リーチング法が最も効果的であることを見出した。
    (3)湛水リーチングによる除塩用水量を評価する除塩特性指標を提案し、その有用性をカラム実験と数値シミュレーションで確認した。
    (4)除塩特性指標を対象地域にマッピングし、人為的な除塩必要性を判定した。
    (5)沿岸低平農地の除塩のための最適用水配分の策定法を開発した。

    researchmap

  • 蒸発に伴う不均一土壌中の水分・塩分・熱移動特性とそのモデル化に関する研究

    研究課題/領域番号:12660222  2000年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    諸泉 利嗣, 三浦 健志

      詳細を見る

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    乾燥地・半乾燥地農業においては、蒸発に伴う塩類集積が深刻な問題となる。この問題を解決するために、蒸発過程における土壌中の水分・塩分・熱の同時移動メカニズムの解明と予測・制御が必要である。本研究では,水分・塩分・熱を同時測定できるセンサーを試作するとともに,湿潤および乾燥条件下における不均一砂地圃場を対象に熱収支の測定と土壌中の水分・熱移動シミュレーションを行った。本研究の主な成果は以下の通りである。
    1.最近開発された,土壌中の水分,電気伝導度,温度が同時計測できるサーモTDRプローブの試作を行った。本研究に適用できるよう,従来のものより小型なプローブを開発した。さらに,このプローブと土壌ポテンシャルメータを用いて土壌水分保持特性の測定を行った。その結果,約-50,000cmH_2O付近のポテンシャルまで高含水率側から連続的に測定可能であることが確認された。
    2.湿潤および乾燥条件下における不均一砂地圃場を対象に熱収支の測定と土壌中の水分・熱移動シミュレーションを行い,計画消費水量の算定の際に重要な構成要素となる蒸発散量と下層からの上向き水分フラックスの推定を行った。その結果,乾燥および湿潤条件下の蒸発散特性,および下層からの水分補給量は頻繁潅漑が行われる湿潤条件下では生じにくいことが明らかになった。また,開発した数値モデルの適用限界が明らかになった。
    3.100cm^3コアサンプラーを用いた現地サンプリング結果をもとに,基本統計量と地質統計学的手法により不均一表層土壌水分量の空間分布特性を明らかにするとともに,「Time stability」概念を用いたサンプリング地点の時間安定性について検討した。その結果,圃場全体の表層土壌水分量は湿潤状態が進むと不均一の度合いが小さくなり,その分布は乾燥が進むと正規分布からずれる傾向にあった。(774字)

    researchmap

  • アメダス気象データを用いた畑地用水計画のための基準蒸発量算定システムの作成

    研究課題/領域番号:11660243  1999年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    三浦 健志, 諸泉 利嗣

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    畑地用水計画の重要な基礎諸元である基準蒸発量は,気象データからペンマン式により算出される。ペンマン式の計算に利用できる気温,日照時間等を測定している観測所は全国で約840カ所あり,アメダスの運用開始以降約20数年間の膨大なデータの蓄積がある。その中から目的のデータを取り出すため,本研究ではハードディスク上にデータベースを構築した。対象とする観測地点,気象要素,期間を選択することにより,期間内平均値,合計値そしてペンマン式により基準蒸発量を計算して,結果をデータファイルへ出力し併せて等値線図ないしプロット図として表示できるようにした。なお,データ抽出描画プログラムはVisual Basicで記述した。
    一方,蒸発散量を推定するにはペンマン式により計算した基準蒸発量に作物の種類と生長段階により異なる係数すなわち作物係数をかける必要がある。我が国では信頼の置ける作物係数のデータが少なく,きめ細かな用水計画を行うには,データ蓄積を図る必要がある。研究代表者は今までに種々の圃場で微気象法により蒸発散量の測定を行ってきており,その結果を作物係数として整理した。また,純放射量推定式を実測値を元に検討するために,長期間の放射収支観測体制を整えた。日照計の機種の違いによる日照時間の差異については検討結果を報告したが,純放射量推定式については現在データ蓄積中である。
    本報告書には,研究期間中に発表した論文等を大きく4つに分類し,アメダスとペンマン式関係,圃場における微気象測定,畑地用水量,気象環境関係その他別に掲載している。本研究で得られた研究成果で未発表のものは順次学術雑誌等へ投稿してゆく予定である。

    researchmap

  • X線造影法による草地土壌の粗孔隙形態の究明

    研究課題/領域番号:06660083  1994年 - 1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(C)  一般研究(C)

    佐藤 幸一, 諸泉 利嗣, 佐藤 裕一

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    永年草地の排水・保水機能を司る孔隙形態を究明するため、X線造影法で草地土壌の粗孔隙形態の実態と、根成孔隙の普遍性、土粒子や団粒が造る孔隙形態と草地土壌における根成孔隙の形成時期について検討した。供試土は、永年草地が、黒ボク土、マサ土、重粘土、泥炭土、ポドゾル土の国内土壌と、栗色土と褐色森林土の海外土壌を対象とした。粒子や団粒が形成する孔隙形態は、石英砂・ガラスビーズ・黒ボク土の単粒子と、黒ボク土の団粒、ミミズの糞団粒で求めた。草地における根成孔隙の形成時期は播種後1-6年目の黒ボク土で求めた。単粒状構造土を締固めた孔隙形態は、石英砂、ガラスビーズ、黒ボク土単粒子・団粒が球状や桿菌状の形態を呈し、ミミズ由来の団粒が海綿体状の毛管網構造であった。永年草地の排水・保水領域における孔隙形態は、植生や土壌環境で形態に差異がみられるが、殆どで牧草根に由来した円管状の根成孔隙であった。排水領域の孔隙形態は、黒ボク土、重粘土、栗色土の緻密な表層部分において、根成孔隙がルートマット層とその直下で亀裂面に沿って水平ないし斜め方向に発達していた。次・下層部分では、黒ボク土や栗色土と褐色森林土において根成孔隙が鉛直方向に良く発達していた。しかし、褐色森林土の表層部分と泥炭土では明瞭な根成孔隙が少なかった。保水領域の孔隙形態は、砂質土において、表層部分の緻密層が根成孔隙と土粒子・団粒間間隙に由来し、次・下層部分が全て土粒子・団粒間間隙に由来していた。しかし、粘性土における孔隙形態は、緻密層の全てで根成孔隙に由来していた。このように、永年草地における粗孔隙形態は、気象や地中動物の影響を受ける地表部を除くと、殆どが表層部から下層部にかけて連続した牧草根由来の根成孔隙による毛管網構造であった。根成孔隙の形成時期は播種後3年目からみられ、永年草地における牧草根由来の管状の根成孔隙の形成は普遍的現象であった。

    researchmap

  • 草地生育環境下におけるスラリー散布後の地温と物質の動態に関する実証的研究

    研究課題/領域番号:06760218  1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    諸泉 利嗣

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    本研究では,草地とその対照区である裸地にスラリーを散布し,スラリーが日射,降水、地温,土壌水分などの影響を受けながらどのような挙動を示し,地下水帯に浸入するかを明らかにするとともに,スラリーの散布により地温や土壌水分,蒸発量の変動特性がどのように変化するかを実験的に明らかにしようとした。
    2台の土壌カラムを準備し,一方は地表面を草地に,他方は裸地状態とし,それぞれのカラムに同量のスラリーを散布し,測定を行った。研究成果の概要は,以下の通りである。
    1.カラム下端から排水された水のEC値は,草地カラムに比べて裸地カラムの方が大きかった。このことより,スラリーが草地表面及び根群域に貯留されていると推察された。
    2.スラリーの散布による蒸発量の変化は,草地カラム・裸地カラムともに,今回の実験では顕著な差は見られなかった。
    3.カラム下端からの排水量が,スラリーの散布回数を増すにつれて,減少した。これは,スラリーの有機物成分により土壌間隙が目詰まりを起こしたためであると考えられる。
    今後の展開としては,
    (1)土壌環境の違い(草地と裸地)を考慮して,地温と土壌水,物質の同時移動モデルを作成し,実験結果を用いてモデルのパラメータを決定し,シミュレーションを行う。
    (2)実験結果とシミュレーション結果を比較することにより,土壌環境の違い地温と土壌水分,物質の動態に与える影響を検討する。

    researchmap

  • 傾斜農用地における熱および物質移動に関する調査研究

    研究課題/領域番号:03454092  1991年 - 1992年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(B)  一般研究(B)

    佐藤 裕一, 諸泉 利嗣, 佐藤 幸一

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    平成3〜4年度の2ヶ年に亘り、傾斜畑に家畜ふん尿スラリーを散布した後、降雨や土壌表面からの土壌水分の蒸発に伴って、スラリー成分が溶出移動する。スラリー成分移動の原因は複雑であるが、とくに、カリウム、硝酸およびアンモニア態窒素、土中水の電気伝導度(E.C)の変化に注目し、土壌水分マトリックスポテンシャル変化との関わりを検討した。さらに、降雨に伴って、畑地から流出する流出水に流出率が、土壌の物理性(マトリックスポテンシャルや、飽和度)の変化によって、どのように変化するのか、刻々と変化する土壌水分の変化に対応させつつ検討した。また、土壌水分マトリックスポテンシャルと、傾斜畑における畑地温に関わりを検討した。
    (1).降雨と土壌水分マトリックスポテンシャル、土壌水分飽和度、畑面流出率の関わり:降雨に伴い、とくに時間当り雨量がおおよそ10mm以下で、降雨継続時間が数日にも及ぶ場合には、マトリックスポテンシャルや飽和度は、順次、傾斜畑の低位部から高位部に向って大きくなる。それに伴って、畑面流出率が増加し、試験中の流出は20〜50%であった。
    (2).スラリー成分中のカリウム、硝酸およびアンモニア態窒素濃度変化:いずれのイオンにおいても、降雨前に比べ後には、畑面流出水の有無にかかわらず、畑地表面では濃度減少の傾向を示した。その中でも、カリウムと硝酸イオン濃度の変化が顕著で、低位部および土壌下方への移動が多い。アンモニアイオンの濃度の低下や分布型の変化は、他のイオンに比較して少ないようであった。
    (3).畑面流出水中の各種イオン濃度:いずれのイオン濃度を見ても、散布した原液スラリ中成分の1%以下で、その値は小さかった。

    researchmap

  • 異なる土壌環境下における熱と土壌水の移動機構に関する基礎的研究

    研究課題/領域番号:03760162  1991年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    諸泉 利嗣

      詳細を見る

    配分額:700000円 ( 直接経費:700000円 )

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Conservation and Utilization of Water Resources (2021年度) 第2学期  - 月4,月5,月6,月7

  • Laboratory in Water Management (2021年度) 第1学期  - 月5,月6,月7,木5,木6,木7

  • SDGs:気象と水象 (2021年度) 第3学期  - 木7~8

  • 地水環境制御学 (2021年度) 後期  - その他

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 月1~2

  • 気象と水象 (2021年度) 第3学期  - 木7~8

  • 気象と水象 (2021年度) 第3学期  - 木7~8

  • 水資源の確保と活用 (2021年度) 第2学期  - 月4~7

  • 水資源利用学 (2021年度) 第1学期  - 月1~2,火3~4

  • 潅漑排水学 (2021年度) 後期  - 火3~4

  • 物理入門 (2021年度) 第2学期  - 火3~4,金5~6

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境問題 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 環境管理数学 (2021年度) 第1学期  - 火5~6,金5~6

  • 農村整備学 (2021年度) 第1学期  - 水1~2,木1~2

  • 農村環境水利学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 農村環境水利学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 農村環境水利学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 農村環境水利学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • Conservation and Utilization of Water Resources (2020年度) 第2学期  - 月4,月5,月6,月7

  • Laboratory in Water Management (2020年度) 第1学期  - 月5,月6,月7,木5,木6,木7

  • 地水環境制御学 (2020年度) 後期  - その他

  • 気象と水象 (2020年度) 第3学期  - 水1,水2,水3

  • 気象と水象 (2020年度) 第3学期  - 水1,水2,水3

  • 気象と水象 (2020年度) 第3学期  - 水1,水2,水3

  • 水資源の確保と活用 (2020年度) 第2学期  - 月4,月5,月6,月7

  • 水資源利用学 (2020年度) 第1学期  - 月1,月2,火3,火4

  • 水資源利用学 (2020年度) 第1学期  - 月1,月2,火3,火4

  • 潅漑排水学 (2020年度) 後期  - 火4,火5

  • 物理入門 (2020年度) 第2学期  - 火4,火5,金4,金5

  • 物理入門 (2020年度) 第2学期  - 火4,火5,金4,金5

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境問題 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 環境管理工学概論 (2020年度) 1・2学期  - 水4

  • 環境管理工学概論I (2020年度) 第1学期  - 水4

  • 環境管理工学概論II (2020年度) 第2学期  - 水4

  • 環境管理数学 (2020年度) 第1学期  - 火4,火5,金4,金5

  • 環境管理数学 (2020年度) 第1学期  - 火4,火5,金4,金5

  • 農村整備学 (2020年度) 第1学期  - 水1,水2,木1,木2

  • 農村整備学 (2020年度) 第1学期  - 水1,水2,木1,木2

  • 農村環境水利学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 農村環境水利学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 農村環境水利学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 農村環境水利学演習 (2020年度) 前期  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 平成30年度農業土木技術管理士研修会

    役割:講師

    2018年6月8日

     詳細を見る

    種別:資格認定講習

    researchmap

  • 西日本高速道路エンジニアリング中国㈱講演会

    役割:講師

    西日本高速道路エンジニアリング中国㈱  2014年3月27日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap