2021/12/24 更新

写真a

コウチ マリコ
河内 麻里子
KOUCHI Mariko
所属
岡山大学病院 助教(特任)
職名
助教(特任)
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2018年3月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 遺伝学

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

 

論文

  • Relationships of physical and breast cancer phenotypes with three single-nucleotide polymorphisms (rs2046210, rs3757318, and rs3803662) associated with breast cancer risk in Japanese women.

    Kengo Kawada, Naruto Taira, Taeko Mizoo, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Minami Hatono, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Yuko Abe, Keiko Nishiyama, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Tadahiko Shien, Hiroyoshi Doihara, Setsuko Ishihara, Hiroshi Kawai, Kensuke Kawasaki, Yoichi Ishibe, Yutaka Ogasawara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   28 ( 2 )   478 - 487   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Recent genome-wide association studies have shown that many single-nucleotide polymorphisms (SNPs) are associated with breast cancer risk. However, it is often unclear how these SNPs are related to breast cancer. Analysis of associations between SNPs and phenotypes may be important for determining mechanisms of action, including carcinogenesis. METHODS: In previous case-control studies, we found three SNPs (rs2046210, rs3757318, and rs3573318) associated with breast cancer risk in Japanese women. Among these SNPs, two (rs2046210 and rs3757318) are located at 6q25.1, in proximity to the estrogen receptor 1 gene (ESR1). Using data from these studies, we examined associations between factors related to breast cancer risk, such as height, weight, and breast density, and the three SNPs in cases and controls. We also investigated whether the SNPs correlated with breast cancer features, such as estrogen receptor (ER), progesterone receptor (PgR), and human epidermal growth factor receptor type-2 (HER2) status, and clinical stage. RESULTS: There was a significant difference in mean height between risk and non-risk allele carriers for rs2046210 (156.0 ± 5.8 vs. 154.3 ± 5.5 cm, p = 0.002), and rs3757318 (155.8 ± 5.7 vs. 154.7 ± 5.6 cm, p = 0.035) in cases, but no significant associations between height and these SNPs in controls. There was also a significant difference in breast density between risk and non-risk allele carriers for rs2046210 (p = 0.040) and rs3757318 (p = 0.044) in cases. rs2046210 and rs3757318 risk allele carriers tended to have higher breast density in all subjects and in controls. In cases, rs3757318 risk allele carriers were also significantly more likely to be ER-negative compared to non-risk allele carriers (ER-positive rate: 77% vs. 84%, p = 0.036). CONCLUSIONS: SNPs rs2046210 and rs3757318, which are associated with breast cancer risk in Japanese women, were significantly associated with height and high breast density, and this association was particularly strong in those with breast cancer. These findings suggest that SNPs in the ESR1 gene region affect phenotypes such as height and breast density.

    DOI: 10.1007/s12282-020-01185-x

    PubMed

    researchmap

  • Effect of isoflavones on breast cancer cell development and their impact on breast cancer treatments. 国際誌

    Minami Hatono, Hirokuni Ikeda, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Kengo Kawada, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Ken Suzawa, Takayuki Iwamoto, Hiromasa Yamamoto, Tadahiko Shien, Masaomi Yamane, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer research and treatment   185 ( 2 )   307 - 316   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Epidemiological studies have suggested that intake of soy isoflavones is associated with a reduced risk of development of breast cancer and an improved prognosis in patients with breast cancer. In addition, basic research has demonstrated the antitumor effects of these compounds on breast cancer cell lines. However, the detailed effects of the intake of equol, which is one of the metabolites of the soy isoflavones, are yet to be clarified on the risk of development and recurrence of breast cancer and its interactions with drugs used for treating breast cancer. This study aimed to determine the antitumor effects of equol and investigate the impact of adding equol to therapeutic agents for breast cancer using breast cancer cell lines. METHODS: We examined the antitumor effect of equol on breast cancer cell lines using MTS assay. We also studied the combined effect of equol and the existing hormonal or chemotherapeutic agents using combination index. We evaluated the expressions of the related proteins by Western blot analysis and correlated the findings with the antitumor effect. RESULTS: Equol showed bi-phasic protumor and antitumor effects; at a low concentration, it promoted the tumor growth in hormone receptor-positive cell lines, whereas antitumor effects were generally observed when an excessive amount of dose unexpected in the blood and the tissue was administered. When used with tamoxifen, equol might have some antagonistic effect, although it depends on equol concentration and the type of cancer cells. CONCLUSIONS: We confirmed that equol has dual action, specifically a tumor growth-promoting effect and an antitumor effect. Although the results suggested that equol might exert an antagonistic effect against tamoxifen depending on the concentration, equol did not exert an antagonistic effect on other therapeutic agents.

    DOI: 10.1007/s10549-020-05957-z

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of Prognosis of Juvenile Differentiated Thyroid Carcinoma.

    Takahiro Tsukioki, Tadahiko Shien, Yusuke Ohtani, Miwa Fujihara, Yoko Suzuki, Yukiko Kajihara, Minami Hatono, Kengo Kawada, Mariko Kochi, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   401 - 406   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Differentiated thyroid carcinoma (DTC) in juvenile patients is often an extensive and aggressive disease with a high frequency of recurrence. However, the prognosis is excellent, with a low mortality rate even when advanced disease is present, although prognostic factors and treatment strategy remain uncertain. Between April 2004 and March 2017, 33 juvenile patients (< 30 years old) were diagnosed with DTC and treated at our institution. We retrospectively investigated prognosis and factors including sex, reason for discovery, treatment, pathological factors and treatment progress to clarify the risk factors. All patients underwent curative surgical treatment. Pathologically, lymph node metastasis was identified in 25 patients (75%). Thirteen patients (39%) had bilateral cervical metastasis. In addition, 9 (27%) had more than 10 metastatic lymph nodes. The 2 patients with more than 20 metastatic lymph nodes were treated with radioactive iodine (RAI). Five patients (15%) had local recurrences and received surgery. There have been no further recurrences or deaths. However, no factors were determined to significantly predict the recurrence of juvenile DTC. Local recurrent disease was treated with surgery and/or RAI until remission, and survival was excellent in juvenile DTC.

    DOI: 10.18926/AMO/60799

    PubMed

    researchmap

  • Influences of preoperative metformin on immunological factors in early breast cancer. 国際誌

    Takahiro Tsukioki, Tadahiko Shien, Takehiro Tanaka, Yoko Suzuki, Yukiko Kajihara, Minami Hatono, Kengo Kawada, Mariko Kochi, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Cancer chemotherapy and pharmacology   86 ( 1 )   55 - 63   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Metformin has been suggested to possibly reduce cancer risk. However, the mechanism underlying the positive effects of metformin on cancer treatment remains unclear. We conducted a prospective study to evaluate the effects of preoperative metformin in patients with early breast cancer. METHOD: We evaluated the effects on immunological factors (TILs, CD4 + , CD8 + , PD-L1, IFNγ and IL-2) by comparing core needle biopsies (CNB) obtained before metformin treatment with surgical specimens. Seventeen patients were enrolled in this prospective study from January to December 2016. We also analyzed 59 patients undergoing surgery during the same period to reveal the correlation of immune factors between CNB and surgical specimen. RESULT: There was a moderate correlation between CNB and surgical specimens on TILs and CD8 + lymphocyte. (TILs Rs = 0.63, CD4 + Rs = 0.224, CD8 + Rs = 0.42) In the metformin group, TILs increases were confirmed in five (29%) patients, while a decrease was confirmed in two (12%). The expressions of CD4 + and CD8 + by TILs were increased in 41% and 18% of surgical specimens, respectively. However, TILs number (p = 0.0554), CD4+ (p = 0.0613) and CD8 + (p = 0.0646) expressions did not significantly increased. Furthermore, IFNγ expression appeared to be increased in response to metformin (p = 0.08). CONCLUSION: Preoperative metformin tends to increase TILs, as well as the numbers of CD4 and CD8 positive lymphocytes, and IFNγ levels. Metformin might improve immune function and have a possibility of chemo-sensitivity and thereby increase the effectiveness of immunotherapy, based on the results of this preliminary study.

    DOI: 10.1007/s00280-020-04092-2

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of Therapeutic Target Gene Expression Based on Residual Cancer Burden Classification After Neoadjuvant Chemotherapy for HER2-Negative Breast Cancer. 国際誌

    Yuko Takahashi, Takayuki Iwamoto, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Minami Hatono, Takahiro Tsukioki, Kengo Kawada, Mariko Kochi, Hirokuni Ikeda, Tadahiko Shien, Naruto Taira, Junji Matsuoka, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Clinical breast cancer   20 ( 2 )   117 - 124   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Patients with residual disease usually have a poor prognosis after neoadjuvant chemotherapy for breast cancer. The aim of this study was to explore therapeutic targets and potential additional adjuvant treatments for patients with residual disease after standard neoadjuvant chemotherapy. PATIENTS AND METHODS: We retrieved publicly available complementary DNA microarray data from 399 human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)-negative primary breast cancer samples from patients who underwent standard neoadjuvant chemotherapy. We analyzed the messenger RNA (mRNA) expression levels of key breast cancer markers and therapeutic target genes according to residual cancer burden (RCB) classification: RCB-0/I, RCB-II, and RCB-III. RESULTS: Among hormone receptor-positive samples, there were more luminal A tumors by PAM50 (Prediction Analysis of Microarray 50 [Prosigna], aka Prosigna Breast Cancer Prognostic Gene Signature Assay) in RCB-III than in RCB-0/I and RCB-II (P < .01). The mRNA expressions of ESR1 and PGR were significantly higher, and that of MKI67 was lower in RCB-II and RCB-III than in RCB-0/I. The mRNA expression of cyclin D1 was up-regulated in RCB-III and that of CDKN2A was down-regulated in RCB-III (P = .027 and < .01). Among triple-negative (TN) samples, RCB-III had higher clinical stage and more lymph node-positive samples than RCB-0/1 and RCB-II (P < .01). In both subtypes, VEGF-C expression was significantly higher in RCB-III than in RCB-0/I and RCB-II. CONCLUSION: In hormone receptor-positive breast cancer, biological features such as luminal A were associated with RCB; this trend was not observed in TN breast cancer. Further, some targeted therapies should be tested as new strategies after standard neoadjuvant chemotherapy in future clinical trials.

    DOI: 10.1016/j.clbc.2019.07.001

    PubMed

    researchmap

  • Influence of breast density on breast cancer risk: a case control study in Japanese women.

    Keiko Nishiyama, Naruto Taira, Taeko Mizoo, Mariko Kochi, Hirokuni Ikeda, Takayuki Iwamoto, Tadahiko Shien, Hiroyoshi Doihara, Setuko Ishihara, Hiroshi Kawai, Kensuke Kawasaki, Yoichi Ishibe, Yutaka Ogasawara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   27 ( 2 )   277 - 283   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Mammography is the standard examination for breast cancer screening of woman aged ≥ 40 years. High breast density on mammography indicates that mammary gland parenchyma occupy a high percentage of the breast. The objective of this study was to investigate factors associated with breast density and the risk of high breast density for breast cancer. METHODS: A multicenter case-control study was performed in 530 patients and 1043 controls. Breast density was classified as C1-C4 using the Breast Imaging Reporting and Data System (BI-RADS). Clinical factors were obtained from questionnaires or medical records, and the influence of each factor (breast density, menopausal status, body mass index (BMI), parity, presence or absence of breastfeeding history, age at menarche, age at first birth, and familial history of breast cancer) on breast cancer risk in all patients was calculated as an age-adjusted odds ratio (OR). Multivariate logistic regression analyses were then performed in all patients and in pre- and postmenopausal and BMI-stratified groups using factors with a significant age-adjusted OR as adjustment factors. RESULTS: Age-adjusted ORs for breast cancer were significant for breast density, BMI, parity, and breast feeding, but not for age at menarche, age at first birth, or family history of breast cancer. In multivariate analysis, there was a significant correlation between breast density and breast cancer in postmenopausal women (OR for C1 vs. C2 1.90 [95% CI 1.34-2.70]; C1 vs. C4 2.85 [95% CI 1.10-7.16]). This correlation was also significant in patients in the third BMI quartile (22.3-24.5 kg/m2) (OR for C1 vs. C4 8.76 [95% CI 2.38-42.47]); and fourth BMI quartile (>24.5 kg/m2) (OR for C1 vs. C2 1.92 [95% CI 1.17-3.15]; C1 vs. C4 11.89 [95% CI 1.56-245.17]). CONCLUSION: Breast density on mammography is a risk factor for breast cancer after adjustment for other risk factors. This risk is particularly high in postmenopausal women and those with a high BMI.

    DOI: 10.1007/s12282-019-01018-6

    PubMed

    researchmap

  • Recurring radiation-induced angiosarcoma of the breast that was treated with paclitaxel chemotherapy: a case report. 国際誌

    Yoko Suzuki, Kohei Taniguchi, Minami Hatono, Yukiko Kajiwara, Yuko Abe, Kengo Kawada, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Keiko Nishiyama, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Tadahiko Shien, Naruto Taira, Masahiro Tabata, Hiroyuki Yanai, Hiroyoshi Doihara

    Surgical case reports   6 ( 1 )   25 - 25   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Angiosarcoma of the breast is very rare and can be divided into primary and secondary angiosarcoma. Radiation-induced angiosarcoma (RIAS) is classified as secondary angiosarcoma. Diagnosis of RIAS is difficult due to its rarity, and the interpretation of pathological imaging is complicated. In the National Comprehensive Care Network (NCCN) guidelines, the first choice of treatment is surgery with negative margins. Adjuvant radiotherapy (RT) for close soft tissue margins should be considered. Preoperative or adjuvant chemotherapy of nonmetastatic disease is not recommended for angiosarcoma. We report a case of RIAS, which was impossible to diagnose with core needle biopsy (CNB) but was diagnosed by excisional biopsy. The patient was then administered adjuvant chemotherapy using conjugated paclitaxel (PTX). CASE PRESENTATION: A 62-year-old woman noticed a tumor in her right breast. She had a history of right breast cancer and had undergone breast-conserving surgery, RT, and tamoxifen therapy 8 years previously. CNB, which was performed twice, was inconclusive. The tumor was surgically excised and pathological analysis yielded a diagnosis of angiosarcoma. She then underwent a right mastectomy. One month after she underwent right mastectomy, a nodule reappeared on the skin of her right breast, and excisional biopsy revealed recurrence of angiosarcoma. A few weeks later another nodule reappeared near the post-operative scar and excisional biopsy revealed recurrence of angiosarcoma. We assumed that surgical therapy was insufficient because the patient experienced relapse of angiosarcoma after complete mastectomy. After the second recurrence, we treated her with systemic chemotherapy using PTX. There was no evidence of recurrence 8 months after chemotherapy. CONCLUSION: Although angiosarcoma is difficult to diagnose, many patients have a poor prognosis. Therefore, prompt treatment intervention is desired. Moreover, there is little evidence regarding adjuvant therapy of angiosarcoma since it is a rare disease. We consider that adjuvant therapy helped to effectively prevent recurrence in the patient after complete excision.

    DOI: 10.1186/s40792-020-0790-7

    PubMed

    researchmap

  • Current Multidisciplinary Approach to Fertility Preservation for Breast Cancer Patients.

    Yuko Takahashi, Tadahiko Shien, Ai Sakamoto, Yuko Tsuyumu, Ryo Yoshioka, Maya Uno, Minami Hatono, Mariko Kochi, Kengo Kawada, Takahiro Tsukioki, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Naruto Taira, Junji Matsuoka, Mikiya Nakatsuka, Hiroyoshi Doihara

    Acta medica Okayama   72 ( 2 )   137 - 142   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Adverse effects on fertility are a significant problem for premenopausal breast cancer patients. Since April 2009, we have been referring young patients for fertility counseling provided by a multidisciplinary team. Here we evaluated the efficacy and safety of our current fertility preservation approach. We retrospectively analyzed the cases of 277 patients < 45 years old at diagnosis, which was made between 2009 and 2016. Seventy-two (26%) patients received fertility counseling. Seventeen (6%) of the 277 patients decided to preserve their fertility before starting adjuvant systemic therapy. Six (35%) patients underwent oocyte cryopreservation, and 11 (65%) married patients opted for embryo cryopreservation. There were no pregnancies among the patients undergoing oocyte cryopreservation, whereas 3 (27%) of the patients who opted for embryo cryopreservation became pregnant. Two (12%) patients stopped endocrine therapy after 2 years in an effort to become pregnant, but their breast cancers recurred. Though the problem of fertility loss for breast cancer patients is important and we should assess the infertility risk for all patients, we should also consider the prognosis. In June 2016, we launched a prospective multicenter cohort study to evaluate the efficacy and safety of fertility preservation in greater detail.

    DOI: 10.18926/AMO/55854

    PubMed

    researchmap

  • Tumour-infiltrating lymphocytes (TILs)-related genomic signature predicts chemotherapy response in breast cancer. 国際誌

    Mariko Kochi, Takayuki Iwamoto, Naoki Niikura, Giampaolo Bianchini, Shinobu Masuda, Taeko Mizoo, Tomohiro Nogami, Tadahiko Shien, Takayuki Motoki, Naruto Taira, Yutaka Tokuda, Hiroyoshi Doihara, Junji Matsuoka, Toshiyoshi Fujiwara

    Breast cancer research and treatment   167 ( 1 )   39 - 47   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The present study evaluated whether morphological-measured stromal and intra-tumour tumour-infiltrating lymphocytes (TILs) levels were associated with gene expression profiles, and whether TILs-associated genomic signature (GS) could be used to predict clinical outcomes and response to therapies in several breast cancer subtypes. METHODS: We retrospectively evaluated haematoxylin eosin (HE)-TILs levels and gene expression profiling data from 40 patients with primary breast cancer and extracted the 22 overexpressed genes in cases with high TILs scores as the TILs-GS. The TILs-GS were compared with breast cancer subtype and were evaluated predictive values for prognosis and response to therapies. RESULTS: Higher TILs-GS expressions were observed for triple-negative and human epidermal growth factor receptor 2 (HER2) positive (+) breast cancers, compared to the luminal types (P < 0.001). With the exception of HER2+, the TILs-GS had no prognostic value in subtypes of breast cancers. The Wilcoxon test revealed significantly different TILs-GS levels between the cases with pathological complete response (pCR) and residual disease after anthracycline and taxane-based neoadjuvant chemotherapy, with the exception of the luminal-low proliferation subtype. In the multivariate analysis, pCR was independently associated with smaller tumour size, higher histological grade, ER negativity, HER2 positivity and higher TILs-GS scores (OR 2.02, 95% CI 1.30-3.14, P = 0.025). CONCLUSIONS: TILs-GS was associated with stromal and intra-tumour TILs levels, as evaluated using HE, which predicted prognosis and chemotherapy response in several breast cancer subtypes. Further studies are needed to perform stratification according to TILs-GS levels and the conventional breast cancer subtypes.

    DOI: 10.1007/s10549-017-4502-3

    PubMed

    researchmap

  • Immunohistochemical Ki67 after short-term hormone therapy identifies low-risk breast cancers as reliably as genomic markers. 国際誌

    Takayuki Iwamoto, Toyomasa Katagiri, Naoki Niikura, Yuichiro Miyoshi, Mariko Kochi, Tomohiro Nogami, Tadahiko Shien, Takayuki Motoki, Naruto Taira, Masako Omori, Yutaka Tokuda, Toshiyoshi Fujiwara, Hiroyoshi Doihara, Balazs Gyorffy, Junji Matsuoka

    Oncotarget   8 ( 16 )   26122 - 26128   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The purpose of this study was to test whether immunohistochemical (IHC) Ki67 levels after short-term preoperative hormone therapy (post-Ki67) predict similar numbers of patients with favorable prognoses as genomic markers. RESULTS: Thirty paired cases (60 samples) were enrolled in this study. Post-Ki67 levels were significantly lower than pre-treatment Ki67 levels (P < 0.001). Post-Ki67 predicted more low-risk cases (83.3%, 25/30) than pre-genomic surrogate signature(GSS) (66.7%: 20/30), but the difference in predictive power was not significant (P = 0.233). Proliferation (MKI67, STK15, Survivin, CCNB1, and MYBL2) and estrogen (ER, PGR, BCL2, and SCUBE2) related signatures were significantly downregulated after therapy (P < 0.001 and 0.041, respectively). MATERIALS AND METHODS: Core needle biopsy specimens of primary breast cancer were collected at Okayama University Hospital from hormone receptor-positive and human epidermal growth factor 2-negative patients that subsequently received two weeks of neoadjuvant hormone therapy. Paired post-treatment specimens from surgical samples were also collected. IHC Ki67 levels and GSS were compared between pre- and post-hormone treatment samples. Changes of gene expression pattern in short-term hormone therapy were also assessed. CONCLUSIONS: IHC based post-Ki67 levels may have distinct predictive power compared with the naïve IHC Ki67. Future studies with larger cohorts and longer follow-up periods may be needed to validate our results.

    DOI: 10.18632/oncotarget.15385

    PubMed

    researchmap

  • Radiofrequency ablation of early breast cancer followed by delayed surgical resection--a promising alternative to breast-conserving surgery. 国際誌

    Shoichiro Ohtani, Mariko Kochi, Mitsuya Ito, Kenji Higaki, Shinichi Takada, Hiroo Matsuura, Naoki Kagawa, Sakae Hata, Noriaki Wada, Kouki Inai, Shigeru Imoto, Takuya Moriya

    Breast (Edinburgh, Scotland)   20 ( 5 )   431 - 6   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To examine the radiofrequency ablation (RFA) reliability in early breast cancer, we performed RFA followed by delayed surgical resection on 41 patients with invasive or non-invasive breast carcinoma less than 2 cm. MRI scans were obtained before ablation and resection. Excised specimens were examined pathologically by haematoxylin-eosin and nicotinamide adenine dinucleotide-diaphorase staining. 40 patients completed 1 RFA session, which was sufficient to achieve complete tumour cell death. Overall complete ablation rate was 87.8% (36/41). There were no treatment-related complications other than that of a superficial burn in 1 case. After RFA, the tumour was no longer enhanced on MRI in 25/26 (96.2%) cases. Residual cancer, which was suspected on MRI in 1 case, was confirmed pathologically. MRI could be an applicable modality to evaluate therapeutic effect. RFA could be an alternate local treatment option to breast-conserving surgery for early breast cancer.

    DOI: 10.1016/j.breast.2011.04.007

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 乳腺adenomyoepitheloomaの3症例

    間森 智加, 枝園 忠彦, 谷口 恒平, 柳内 広之, 前田 礼奈, 大谷 悠介, 吉岡 遼, 藤原 みわ, 鈴木 陽子, 鳩野 みなみ, 梶原 友妃子, 河内 麻里子, 笹原 麻子, 岩本 高行, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   41 - 41   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん初期治療後の教育・運動プログラムが、長期的な身体活動に及ぼす影響を検証するランダム化比較試験

    河田 健吾, 平 成人, 鈴木 陽子, 久保 慎一郎, 山本 真理, 高畠 大典, 三好 雄一郎, 小笠原 豊, 吉富 誠二, 原 享子, 笹原 麻子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 河内 麻里子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 池田 雅彦, 溝田 友里, 山本 精一郎, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   56 - 56   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術後卵巣癌の診断となったBRCA変異陽性乳癌の2例

    藤原 由樹, 枝園 忠彦, 前田 礼奈, 間森 智加, 大谷 悠介, 吉岡 遼, 鳩野 みなみ, 笹原 麻子, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 岩本 高行, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   52 - 52   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん初期治療後の教育・運動プログラムを検証するランダム化比較試験 Quality of Lifeの検討

    笹原 麻子, 平 成人, 河田 健吾, 鈴木 陽子, 久保 慎一郎, 山本 真理, 高畠 大典, 三好 雄一郎, 小笠原 豊, 吉富 誠二, 原 享子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 河内 麻里子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 池田 雅彦, 溝田 友里, 山本 精一郎, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   56 - 56   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍のgermline findingsに対する遺伝子医療部門の取り組み

    二川 摩周, 中田 英二, 十川 麗美, 加藤 芙美乃, 浦川 優作, 河内 麻里子, 山本 英喜, 国定 俊之, 平沢 晃, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 6 )   S1251 - S1251   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 転移性乳癌の原発切除の是非について-治療法および切除のタイミング- 転移性乳癌の原発切除の是非について 治療法および切除のタイミング

    枝園 忠彦, 前田 礼奈, 間森 智花, 大谷 悠介, 藤原 みわ, 吉岡 遼, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 岩本 高行, 平 成人, 土井原 博義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   DB - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • YouTube動画を用いた遺伝教育の実践と報告

    十川麗美, 山下範之, 河内麻里子, 二川摩周, 加藤芙美乃, 浦川優作, 山本英喜, 山本英喜, 冨田秀太, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝カウンセリング学会誌   42 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

  • がん遺伝子パネル検査におけるGermline Findingsの現状とその対応

    坂井美佳, 坂井美佳, 二川摩周, 加藤芙美乃, 十川麗美, 浦川優作, 河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 山本英喜, 平沢晃, 平沢晃

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)   18th   2021年

     詳細を見る

  • 手術療法におけるDe-escalation

    枝園忠彦, 笹原麻子, 前田礼奈, 大谷悠介, 吉岡遼, 藤原みわ, 梶原友紀子, 河内麻里子, 岩本高行, 平成人, 土井原博義

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)   18th   2021年

     詳細を見る

  • 乳癌診療におけるHBOC診療一部保険収載後の現状と取り組み

    河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 山本英喜, 加藤芙美乃, 十川麗美, 二川摩周, 間森智加, 鳩野みなみ, 笹原麻子, 露無祐子, 浦川優作, 浦川優作, 岩本高行, 枝園忠彦, 平成人, 土井原博義, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   27th   2021年

     詳細を見る

  • BRCA1/2遺伝学的検査陰性でがん遺伝子プロファイル検査からBRCA1病的バリアントを認めた卵巣癌の1例

    二川摩周, 松岡敬典, 加藤芙美乃, 十川麗美, 浦川優作, 山本英喜, 山本英喜, 河内麻里子, 依田尚之, 小川千加子, 中村圭一郎, 増山寿, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   27th   2021年

     詳細を見る

  • 子宮体癌と乳癌を合併したCowden症候群の1例

    間森智加, 河内麻里子, 加藤芙美乃, 二川摩周, 前田礼奈, 鳩野みなみ, 笹原麻子, 土井原博義, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   27th   2021年

     詳細を見る

  • BRCA1およびSMAD4に病的バリアントを認めた一家系

    加藤芙美乃, 山本英喜, 山本英喜, 坂井美佳, 坂井美佳, 河内麻里子, 河内麻里子, 二川摩周, 十川麗美, 間森智加, 笹原麻子, 重安邦俊, 香川俊輔, 藤原俊義, 土井原博義, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   27th   2021年

     詳細を見る

  • がんゲノム医療におけるPGPVに対する遺伝子医療部門の取り組み

    十川麗美, 河内麻里子, 二川摩周, 加藤芙美乃, 蓮岡佳代子, 浦川優作, 坂井美佳, 坂井美佳, 山本英喜, 山本英喜, 遠西大輔, 冨田秀太, 平沢晃, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   27th   2021年

     詳細を見る

  • 遺伝性腫瘍教育により防ぎえた症例から学ぶ親世代のHBOC

    小川千加子, 十川麗美, 二川摩周, 加藤芙美乃, 河内麻里子, 依田尚之, 松岡敬典, 岡本和浩, 中村圭一郎, 平沢晃, 平沢晃, 増山寿

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   27th   2021年

     詳細を見る

  • HER2陽性乳癌に対する治療の最適化 HER2陽性乳癌Oligometastasisに対する局所療法の意義

    枝園 忠彦, 笹原 麻子, 間森 智花, 大谷 悠介, 桑原 ちひろ, 吉岡 遼, 藤原 みわ, 鈴木 陽子, 鳩野 みなみ, 梶原 有紀子, 河内 麻里子, 岩本 高行, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 増刊 )   275 - 275   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳がん術後卵巣癌を発症した遺伝性乳癌卵巣癌症候群の一例

    衣笠 里菜, 枝園 忠彦, 大岩 朋香, 大谷 悠介, 藤原 みわ, 鈴木 陽子, 鳩野 みなみ, 梶原 友紀子, 河田 健吾, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 6 )   1205 - 1205   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 【ゲノム医療におけるエキスパートパネル】がんゲノム医療中核拠点病院でのエキスパートパネル 岡山大学のエキスパートパネル

    柳井 広之, 都地 友紘, 谷口 恒平, 西田 賢司, 井上 博文, 松岡 博美, 平沢 晃, 河内 麻里子, 山本 英喜, 冨田 秀太, 遠西 大輔

    病理と臨床   38 ( 6 )   527 - 530   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

    researchmap

  • 放射性ヨード内用療法時の前処置中に低Na血症を来たした1例

    大川 広, 勝井 邦彰, 田邊 新, 渡邉 謙太, 片山 敬久, 平木 隆夫, 金澤 右, 河内 麻里子, 土井原 博義

    Japanese Journal of Radiology   38 ( Suppl. )   74 - 74   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • がん遺伝子パネル検査を施行した乳癌症例のGermline findingsに関する検討

    河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 坂井美佳, 梶原友紀子, 笹原麻子, 十川麗美, 二川摩周, 浦川優作, 岩本高行, 枝園忠彦, 平成人, 土井原博義, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • 肉腫診療における認定遺伝カウンセラーの役割

    二川摩周, 中田英二, 十川麗美, 浦川優作, 河内麻里子, 山本英喜, 遠西大輔, 西森久和, 国定俊之, 尾崎敏文, 平沢晃, 平沢晃

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 6 )   2020年

     詳細を見る

  • AYA世代発症の肉腫・希少がんに対するがん遺伝子プロファイリング検査の意義

    山本英喜, 河内麻里子, 十川麗美, 二川摩周, 浦川優作, 井上博文, 井上博文, 遠西大輔, 久保寿夫, 中田英二, 田端雅弘, 亀田雅博, 黒住和彦, 柳井広之, 嶋田明, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • 家族歴と血縁者のMSI-High大腸癌からLynch症候群を疑いMLH1がVUSであった大腸癌・乳癌の重複癌の1例

    梶原友紀子, 枝園忠彦, 藤原みわ, 鈴木陽子, 鳩野みなみ, 笹原麻子, 十川麗美, 二川摩周, 浦川優作, 河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 岩本高行, 平成人, 平沢晃, 土井原博義

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • がん遺伝子パネル検査受検を契機にHBOCが判明し本人および血縁者介入につながった一例

    十川麗美, 小川千加子, 蓮岡佳代子, 冨田秀太, 井上博文, 松原岳大, 二川摩周, 浦川優作, 河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 増山寿, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • がんゲノムプロファイリング検査によって同定または疑われた生殖細胞系列バリアントに対するGermline boardの取り組み

    二川摩周, 十川麗美, 浦川優作, 坂井美佳, 山本英喜, 河内麻里子, 河内麻里子, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • がん医療から遺伝医療へつなげるために-がんゲノム医療外来に携わる看護師の立場から看護連携の必要性について-

    蓮岡佳代子, 西本仁美, 十川麗美, 二川摩周, 河内麻里子, 山本英喜, 遠西大輔, 平沢晃, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • がんゲノム医療外来における看護連携に関する取り組み

    蓮岡 佳代子, 西本 仁美, 河内 麻里子, 平沢 晃

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回   O28 - 1   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳房切除・再建-手術法の変遷と正しい適応 一次乳房再建術が乳癌の予後に及ぼす影響 単施設における長期経過観察の解析結果

    向井 裕子, 平 成人, 北口 陽平, 中桐 僚子, 雑賀 美帆, 渡部 聡子, 木股 敬裕, 梶原 友紀子, 鈴木 陽子, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 土井原 博義, 元木 崇之, 野上 智弘

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   230 - 230   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 病理コンパニオン診断と細胞診 がん遺伝子パネル検査の実地臨床での課題

    山本 英喜, 河内 麻里子, 井上 博文, 柳井 広之, 平沢 晃

    日本臨床細胞学会中国四国連合会会報   ( 34 )   13 - 13   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床細胞学会-中国四国連合会  

    researchmap

  • 当院におけるペルツズマブの使用状況

    鈴木 陽子, 安部 優子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 西山 慶子, 岩本 高行, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   487 - 487   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がんリスク関連SNPsと乳腺濃度、体形、サブタイプとの関連性解析

    河田 健吾, 平 成人, 溝尾 妙子, 鈴木 陽子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 安部 優子, 突沖 貴宏, 西山 慶子, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   668 - 668   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 遊離皮弁による乳房再建を安全に行うには DVT/PEの予測と診断

    林 優子, 渡部 聡子, 北口 陽平, 向井 裕子, 中桐 僚子, 雑賀 美帆, 木股 敬裕, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   334 - 334   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前短期ホルモン療法後のKi67によって層別されるホルモン受容体陽性HER2陰性乳癌の遺伝子学的検討

    梶原 友紀子, 岩本 高行, 鈴木 陽子, 安部 優子, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 西山 慶子, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   415 - 415   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ホルモン陽性HER2陰性再発進行乳癌に対するpalbociclibの使用経験

    梶原 友紀子, 枝園 忠彦, 鈴木 陽子, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   585 - 585   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Marine-Lenhart症候群の一例

    西村 碧フィリーズ, 河内 麻里子, 枝園 忠彦, 鈴木 陽子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 高橋 侑子, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   842 - 842   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 自験例における非浸潤性乳管癌の術前診断と術後病理結果の一致率に関する検討

    河内 麻里子, 枝園 忠彦, 鈴木 陽子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   586 - 586   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Taxotereを含む補助療法を受けた症例でのリンパ浮腫の検討

    突沖 貴宏, 枝園 忠彦, 吉岡 遼, 宇野 摩耶, 河内 麻里子, 鳩野 みなみ, 高橋 侑子, 河田 健吾, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   554 - 554   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ホルモン受容体陽性HER 2陰性乳癌の術前化学療法後予後不良症例に対する新規追加補助療法の検討

    高橋 侑子, 岩本 高行, 吉岡 遼, 宇野 摩耶, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 河内 麻里子, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   337 - 337   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 血漿中イソフラボンが乳癌発症リスクに及ぼす影響 日本人における症例対照研究

    鳩野 みなみ, 平 成人, 溝尾 妙子, 原 暁生, 川崎 賢祐, 石部 洋一, 小笠原 豊, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 岩本 高行, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   437 - 437   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん患者におけるマンモグラフィーでの高濃度乳房症例の検討

    河田 健吾, 吉岡 遼, 宇野 摩耶, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 高橋 侑子, 河内 麻里子, 岩本 高行, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   783 - 783   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • バセドウ病術後再発例に対する再手術症例の検討

    突沖 貴宏, 土井原 博義, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 鳩野 みなみ, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2500 - 2500   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌に対する治療 低侵襲治療を実現するための非浸潤性乳管癌の術前診断の精度に関する検討

    河内 麻里子, 枝園 忠彦, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   543 - 543   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における進行再発甲状腺癌に対するレンバチニブの使用経験

    鳩野 みなみ, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.2 )   S265 - S265   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 当院における若年者甲状腺癌(30歳以下)の検討

    突沖 貴宏, 鳩野 みなみ, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.2 )   S273 - S273   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 「それぞれの癌」最善の治療とは?乳癌 薬物療法と手術療法の将来 Stage IV乳がんに対する手術療法の将来

    枝園 忠彦, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河内 麻里子, 突沖 貴宏, 高橋 侑子, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   PD8 - 6   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 抗悪性腫瘍薬の有害事象に対するマネジメント 発熱性好中球減少への対処から骨塩量低下に対する支持療法まで 外来にて多職種によるチームで取り組む経口抗悪性腫瘍剤のマネジメント

    枝園 忠彦, 露無 祐子, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 高橋 侑子, 河田 健吾, 三好 雄一郎, 河内 麻里子, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   222 - 222   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳腺化成癌の2例

    元木 崇之, 松岡 順治, 岩本 高行, 河内 麻里子, 高橋 侑子, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 枝園 忠彦, 平 成人, 大森 昌子, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   739 - 739   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 薬物療法を受けている患者のQOL 多職種からのアプローチ エベロリムス投与における有害事象の評価 患者と医療者の認識の違い、各職種間における認識の違い

    松岡 順治, 河内 麻里子, 岩本 高之, 元木 崇之, 土井原 博義, 平 成人, 露無 祐子, 藤原 俊義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   209 - 209   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 性同一性障害に対し女性から男性への性別適合手術施行後に発症した乳癌の一例

    元木 崇之, 片山 裕子, 岩本 高行, 板野 陽子, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 渡部 聡子, 枝園 忠彦, 平 成人, 木股 敬裕, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   619 - 619   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌Lung oligometastasesに対する肺切除症例の意義

    金 敬徳, 大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 藤原 みわ, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 藤原 俊哉, 松浦 求樹, 高田 晋一, 檜垣 健二

    乳癌の臨床   31 ( 3 )   237 - 241   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    乳癌の肺への遠隔転移が1ヶ所、もしくは数ヶ所のみの場合(Lung oligometastases)、同部位に局所治療をすることで長期生存の可能性が示唆されている。今回、当院にて1995〜2013年までに乳癌Lung oligometastasesに対して、胸腔鏡補助下に完全切除が可能であった31例を対象として、外科的切除の有効性および原発巣と転移巣でのサブタイプの変化について検討した。肺切除後の5-year-recurrent free survivalは55%、5-year-overall survivalは88%であった。また、原発巣と肺転移巣のサブタイプの一致率は68%であった。サブタイプが変化した9例のうち、5例で治療方針に影響した。乳癌Lung oligometastasesに対する外科的切除は長期生存に寄与する可能性があり、十分に検討する価値がある。また、原発巣と転移巣のサブタイプは必ずしも一致しているとは限らず、切除後の治療方針決定のためにも積極的に評価されるべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院におけるFulvestrantの使用経験

    野上 智弘, 板野 陽子, 河田 健吾, 河内 麻里子, 三好 雄一郎, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   443 - 443   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院におけるエベロリムスの使用状況と治療効果

    板野 陽子, 土井原 博義, 河田 健吾, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   444 - 444   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • TIL関連遺伝子アッセイを用いた化学療法効果予測および予後予測に関する検討

    河内 麻里子, 岩本 高行, 新倉 直樹, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 増田 しのぶ, 土井原 博義, 藤原 俊義, 徳田 裕, 松岡 順治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   345 - 345   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院において乳癌Lung oligometastasesに対して肺切除を施行した31症例の検討

    金 敬徳, 大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 藤原 みわ, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 藤原 俊哉, 松浦 求樹, 高田 晋一, 檜垣 健二

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ホルモン陽性転移・再発乳癌に対しフルベストラント(Fulvestrant:FUL)を使用した43例の検討 FULは3次以降内分泌療法としても有効か?

    藤原 みわ, 大谷 彰一郎, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    乳癌の臨床   31 ( 1 )   43 - 50   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    フルベストラント(fulvestrant:FUL)は2011年9月に承認された内分泌療法である。当院でホルモン陽性転移・再発乳癌に対する43例の経験をもとに、3次以降内分泌療法としての有用性・FUL増悪後の治療効果、効果予測因子などについてretrospectiveな検討を行った。無増悪生存期間(progression-free survival:PFS)は6.1ヵ月、全生存期間(overall survival time:OS)は28.3ヵ月だった。FULを1次および2次で使用した早期群(n=14)と3次以降の後期群(n=29)の奏効率(response rate:RR)は28.6% vs. 6.9%(p=0.077)であり、RRでは早期群で良好な治療効果が得られる傾向にあったが、PFSは6.2ヵ月、6.1ヵ月(p=0.19)と有意差は認めなかった。本検討から、3次以降内分泌療法としてもFULは有効である可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • MRIガイド下乳房吸引式組織生検の初期経験

    浦島 正喜, 廣延 綾子, 松浦 明子, 秦 良一郎, 稗田 雅司, 檜垣 健二, 大谷 彰一郎, 伊藤 充矢, 河内 麻里子, 戸崎 光宏

    Japanese Journal of Radiology   34 ( Suppl. )   61 - 61   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 女性医学生・女性外科医のキャリアプランとライフプラン アンケートによる実態調査から

    溝尾 妙子, 原 享子, 安部 優子, 河内 麻里子, 西山 慶子, 清藤 佐知子, 高橋 三奈, 藤井 清香, 小河 真帆, 今田 孝子, 村田 陽子, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   641 - 641   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 高カルシウム血症に関連する症状を有する副甲状腺機能亢進症症例の検討

    野上 智弘, 板野 陽子, 河田 健吾, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   971 - 971   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 甲状腺機能亢進症術後に生じる副甲状腺機能低下に関する検討

    野上 智弘, 板野 陽子, 河田 健吾, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   32 ( Suppl.2 )   S271 - S271   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 急速に進行した乳腺紡錘細胞癌の1例

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 高田 晋一, 檜垣 健二

    日本外科系連合学会誌   40 ( 4 )   678 - 682   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    症例は41歳,女性.約3年前に左乳房腫瘤を主訴に近医受診.約2cm大の嚢胞性腫瘤を認め,細胞診を施行したが,明らかな悪性所見なく経過観察となった.当科受診5ヵ月前より,腫瘤は急速に増大し,皮膚潰瘍を形成したため,近医再診.再度細胞診を施行し,悪性の診断にて当科紹介となった.初診時,左乳房A領域に潰瘍を伴った手拳大の腫瘤を認め,PET-CTにて左肺S6に径4cm大の空洞形成を伴った肺腫瘤を認めた.確定診断目的に乳房腫瘤に対し針生検を施行し,肺腫瘤に対してはCTガイド下針生検を施行した.病理検査にて肺転移を伴う乳腺紡錘細胞癌と診断されたが,急速に肺転移巣は増悪し,針生検より35日目に永眠された.今回われわれは,極めて急速に進行した乳腺紡錘細胞癌の1例を経験したので,若干の文献的考察を加え報告する.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J01066&link_issn=&doc_id=20150908090006&doc_link_id=10.4030%2Fjjcs.40.678&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4030%2Fjjcs.40.678&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • プロトコルによる共同薬物治療管理を取り入れた乳癌外来化学療法時の薬剤師の取り組み

    阪田 安彦, 阿部 圭輔, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 開 浩一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   407 - 407   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院における乳癌Lung oligometastasisに対する肺切除症例の検討

    金 敬徳, 河内 麻里子, 藤原 みわ, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 藤原 俊哉, 松浦 求樹, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   341 - 341   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法後センチネルリンパ節生検の予後および腋窩再発の検討

    梶原 友紀子, 金 敬徳, 藤原 みわ, 吉村 友里, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   334 - 334   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 破骨細胞様多核巨細胞を伴う原発性乳癌症例の検討

    河内 麻里子, 高田 晋一, 金 敬徳, 藤原 みわ, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 守都 敏晃, 市村 浩一, 山鳥 一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   628 - 628   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者のサバイバーシップを支えるトランスレーションナースとしてのOCNSの現状と課題

    仁井山 由香, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 森本 麻子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   664 - 664   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 男性乳癌患者に対するTamoxifen投与の有効性についての検討

    吉村 友里, 金 敬徳, 藤原 みわ, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   451 - 451   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院でのラパチニブ・カペシタビン(LC)療法の位置づけ 脳転移・LC増悪後トラスツズマブ・LC再投与の検討

    藤原 みわ, 金 敬徳, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   494 - 494   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ドセタキセル/シクロホスファミド療法時に発現する皮疹に対するデキサメタゾンの有効性

    阿部 圭輔, 阪田 安彦, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   406 - 406   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院のラパチニブ・カペシタビン(LC)療法の位置づけ 脳転移・トラスツズマブ(T-mab)再投与の検討

    藤原 みわ, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    広島医学   68 ( 5 )   298 - 299   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 当院におけるHER2陽性進行再発乳癌患者9名に対するT-DM1使用経験の報告

    吉村 友里, 藤原 みわ, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 阿部 圭輔, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   RS - 9   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【癌治療】著明な胸水貯留を伴う転移性乳癌に対しPaclitaxel+Bevacizumab併用療法が著効した2例

    吉村 友里, 伊藤 充矢, 藤原 みわ, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    広島市立広島市民病院医誌   31 ( 1 )   43 - 46   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    進行・再発乳癌に対して、Bevacizumabと化学療法の併用は、化学療法単独と比べ、無再発生存期間や奏効率を有意に改善させる事が、いくつかの臨床試験において報告されている。いずれの報告においても、全生存期間に有意な改善が認められていない事から、適応には細心の注意が必要とされているが、臨床においては、その高い奏功率から、Life threateningな状況など、ある一定の条件下で使用する意義はあるものと考えられている。今回我々は、乳癌転移による、胸水貯留で呼吸苦を来した患者に対し、Paclitaxel+Bevacizumab併用療法(PTX+BEV)を施行し、開始直後より胸水とQuality of life(QOL)が著明に改善した2症例を経験したので文献的考察を加え報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における原発性乳癌への整容性と根治性を追求した皮下乳腺全摘術(Nipple-sparing mastectomy)の取り組み

    吉村 友里, 藤原 みわ, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 岩井 伸哉, 身原 弘哉

    広島医学   68 ( 2 )   158 - 158   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 乳がん患者に対して施行されたドセタキセル/シクロホスファミド療法時に発現した皮疹に対するデキサメタゾンの効果

    阿部 圭輔, 阪田 安彦, 菅原 隆文, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 開 浩一

    医療薬学   41 ( 1 )   30 - 36   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療薬学会  

    乳がんに対しTC療法が開始され、有害事象の皮疹予防のためデキサメタゾンを前投与した42例を対象に、従来の投与量6.6mgであった17例(A群)と、最近の13.2mg投与25例(B群)で有用性を検討した。TC療法後の皮疹はA群14例、B群18例に認め、その重症度はA群でGrade 1が29.4%、2が41.2%、3が11.8%、B群はGrade 1が56.0%、2が16.0%とB群が有意に軽度であった。皮疹発現の時期(コース数)、皮疹以外の有害事象については両群間で有意差はなかった。TC療法開始時に糖尿病治療薬を使用していた2例、HBV既往感染者の6例において、デキサメタゾンによる有害事象は認めなかった。また重篤な皮疹が発現するリスク因子について検討したが、A群では有意な因子は認めず、B群では薬剤過敏症既往が有意であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J03520&link_issn=&doc_id=20150121560005&doc_link_id=%2Fdb5pharm%2F2015%2F004101%2F005%2F0030-0036%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdb5pharm%2F2015%2F004101%2F005%2F0030-0036%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Lapatinib+Capecitabine療法が奏功し多発脳転移を含めて約5年間CRのstage 4乳癌の1例

    梶原 友紀子, 藤原 みわ, 吉村 友里, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   507 - 507   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院における原発性乳癌への整容性と根治性を追求した皮下乳腺全摘術(Nipple-sparing mastectomy)の取り組み

    吉村 友里, 藤原 みわ, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 岩井 伸哉, 身原 弘哉

    広島医学   67 ( 10付録 )   17 - 17   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当院における30歳未満の若年者乳癌症例に関する検討

    河内 麻里子, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌検診学会誌   23 ( 3 )   552 - 552   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • 進行再発乳癌に対し当院でEribulin投与を行った56例のうちPDを来した26例の検討

    吉村 友里, 檜垣 健二, 大谷 彰一郎, 伊藤 充矢, 河内 麻里子, 梶原 友紀子

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   790 - 790   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院で転移・再発乳癌に対しフェソロデックスを使用した44例の検討 内分泌療法抵抗性症例に対する(3ライン以降)治療効果に関して

    藤原 みわ, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   509 - 509   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院における30歳未満の若年乳癌患者に関する検討

    河内 麻里子, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   577 - 577   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Oncoplastic breast surgeryにおける超早期相乳腺造影MRへの取り組み

    伊藤 充矢, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   356 - 356   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌肺転移による胸水で呼吸苦を来したPS3の患者にPTX+AVA併用療法を行いPSが劇的に改善した2症例の報告

    吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   662 - 662   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • PTX+BEV followed by FEC療法施行後に手術を施行し得た局所進行乳癌の9例

    河野 美保, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   521 - 521   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Eribulinによる好中球減少症と治療効果の関連についての検討

    河内 麻里子, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河野 美保, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   540 - 540   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳房温存術後の乳房内再発に対して術式は? また術後化学療法は必要か?

    大谷 彰一郎, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   478 - 478   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Trastuzumab併用術前化学療法後、再発した13例の検討

    梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 吉村 友里, 河内 麻里子, 河野 美保, 大谷 彰一郎, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   521 - 521   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 好中球減少症がエリブリンの治療効果予測因子となりうるか 当院での52症例の検討

    吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 高嶌 寛年, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   2520 - 2520   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • タキソール、アバスチン療法抵抗性進行再発乳癌に対するXC療法の検討

    大谷 彰一郎, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 阪田 安彦, 高嶌 寛年, 伊藤 充矢, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   2537 - 2537   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • Trastuzumab併用術前化学療法の病理学的完全奏効症例に術後Trastuzumab投与は必要か?

    梶原 友紀子, 吉村 友里, 河内 麻里子, 河野 美保, 高嶌 寛年, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   2116 - 2116   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳癌肺転移による胸水で呼吸苦を来したPS3の患者にPTX+AVA併用療法を行うことでPSが劇的に改善した2症例の報告

    吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 河野 美保

    広島医学   67 ( 5 )   495 - 495   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当院における整容性と根治性を追求した乳癌手術

    梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 吉村 友里, 河内 麻里子, 河野 美保, 身原 弘哉, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    広島医学   67 ( 5 )   423 - 427   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    著者らは乳癌の根治性と整容性を両立させるOncoplastic breast surgeryを日常臨床で積極的に取り入れている。今回、代表症例2例(症例1:50歳、症例2:46歳)を呈示し報告した。その結果、著者らは整容性と根治性の相反する2つを両立させるため次の3点に力を入れている。第1に乳腺造影MRI超早期相を利用した術前の病変の広がりを正確に把握すること、第2に限局性病変には可能な限り切除範囲を縮小した温存手術を行うこと、第3に広範囲病変には形成外科医を含めた乳房再建チームによる乳房再建を伴った乳房切除術を行なうこと。以上、これらの3点を踏まえて、術者の技術向上により現在では小さく目立たない創による直視下手術を行っており、内視鏡手術では3時間以上手術時間を要していたが、直視下手術では部分切除術+センチネルリンパ節生検が平均1時間15分、全摘術+センチネルリンパ生検が平均1時間40分程度と整容性を損なうことなく手術時間の短縮に成功している。

    researchmap

  • エリブリン投与において好中球減少症が治療効果予測因子となりうるか、当院での再発・転移乳癌患者35症例の検討

    吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   712 - 712   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 整容性を重視した乳癌縮小手術における超早期相乳腺造影MRIの有用性

    伊藤 充矢, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   858 - 858   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行再発乳癌に対するサードライン以降でのタキソール+ベバシズマブ併用療法の効果と安全性の検討

    大谷 彰一郎, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   712 - 712   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Trastuzumab併用術前化学療法(NAC)施行症例における病理学的完全奏功(pCR)予測因子ならびに予後の検討

    梶原 友紀子, 吉村 友里, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 河野 美保

    広島医学   66 ( 11 )   664 - 664   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • Trastuzumab併用術前化学療法(NAC)施行症例における病理学的完全奏功(pCR)予測因子ならびに予後の検討

    梶原 友紀子, 吉村 友里, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   901 - 901   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌孤立性肺転移に対する肺切除症例の検討

    河内 麻里子, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   685 - 685   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 整容性を高める乳癌手術の工夫 整容性を重視した乳房温存術への取り組み

    伊藤 充矢, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   451 - 451   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌骨転移症例でのゾレドロン酸の臨床的意義とBONENAVIでの骨転移治療効果判定の試み

    大谷 彰一郎, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 阿部 圭輔, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1124 - 1124   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳癌Oligometastatic diseaseに対する肺切除症例の検討

    河内 麻里子, 吉村 友里, 梶原 友紀子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2649 - 2649   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳腺造影MRIにおける超早期相の有用性についての検討

    伊藤 充矢, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1130 - 1130   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当院のTrastuzumab併用NAC施行99例における臨床病理学的治療効果予測因子の検討

    吉村 友里, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2200 - 2200   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 整容性を重視した乳癌縮小手術へむけて超早期相乳腺造影MRIへの取り組み

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   250 - 250   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法後センチネルリンパ節生検の適応と限界

    梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   385 - 385   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 高齢乳癌患者におけるエリブリン療法の安全性

    阿部 圭輔, 河内 麻里子, 河野 美保, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   515 - 515   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院における乳癌骨転移症例に対するゾレドロン酸の臨床的意義とBONENAVIを用いた骨転移治療効果判定の試み

    大谷 彰一郎, 梶原 友紀子, 河内 麻里子, 河野 美保, 原田 権吾, 浦島 正喜, 阿部 圭輔, 開 浩一, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   292 - 292   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院における転移・再発乳癌におけるベバシズマブ+パクリタキセル併用療法の安全性および有効性の検討

    河野 美保, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 桧垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   351 - 351   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 原発性乳癌に対する術前化学療法のSubtype別にみた組織学的治療効果と予後に関する検討

    河内 麻里子, 梶原 友紀子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 河野 美保, 岡崎 夏実, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   228 - 228   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌広がり診断に対する超早期相MRIの有用性について

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   521 - 521   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における乳癌Lung oligometastasisに対する外科的切除症例の検討

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   526 - 526   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における整容性と根治性を追求したoncoplastic breast Surgeryへのmultidisciplinary approaches

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 身原 弘哉, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   480 - 480   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳房温存術後の乳房内再発に対する治療成績に関する検討

    加納 弓月, 大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    広島医学   66 ( 2 )   143 - 143   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 原発性乳癌に対するNACにおけるアブラキサン使用の検討

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   2489 - 2489   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • CEA高値で発見されたCEA産生乳癌の1例

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 河野 美保, 田村 麻衣子, 高田 晋一, 松浦 博夫, 浦島 正喜, 檜垣 健二

    日本乳癌検診学会誌   21 ( 3 )   545 - 545   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • 当院における原発性乳癌術前化学療法のサブタイプ別にみた治療効果と予後に関する検討

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 岡崎 夏実, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   1253 - 1253   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • MRIとPET-CTによる乳癌の進行度診断の試み

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本乳癌検診学会誌   21 ( 3 )   536 - 536   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • Subtype別にみた原発性乳癌に対する術前化学療法の組織学的治療効果と予後に関する検討

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 河野 美保, 岡崎 夏実, 阿部 圭輔, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   661 - 661   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌縮小手術における超早期乳腺造影MRIの有用性について

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   559 - 559   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院における乳癌骨転移並びに骨関連事象の検討

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   2464 - 2464   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 【乳癌(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-】乳癌治療におけるQOL評価 乳癌治療におけるQOL評価の意義と方法(概論)

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本臨床   70 ( 増刊7 乳癌 )   723 - 726   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • 原発性乳癌に対するアブラキサンを用いた術前化学療法の試み

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二, 坂田 安彦, 開 浩一

    広島医学   65 ( 6 )   489 - 489   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 急性虫垂炎にて発症した虫垂原発NETの1例

    加藤 卓也, 藤原 康宏, 松川 啓義, 厚井 裕三子, 河内 麻里子, 坂本 修一, 桂 佑貴, 松三 雄騎, 香川 哲也, 三宅 聡一郎, 清水 誠一, 丁田 泰宏, 金澤 卓, 原野 雅生, 小島 康知, 大野 聡, 二宮 基樹

    広島医学   65 ( 6 )   489 - 489   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検後に転移陽性にもかかわらず追加郭清手術が行われなかったN0乳癌90例の検討

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   253 - 253   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 妊娠を契機に急速に増大し乳房切除術を要した巨大乳腺腫瘍の1例

    伊地智 怜子, 河内 麻里子, 下田 篤史, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   360 - 360   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 手術不能・局所進行性乳癌に対してpaclitaxel+bevacizumab followed by FEC療法が奏功した一例

    桂 佑貴, 大谷 彰一郎, 伊地智 怜子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   438 - 438   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法におけるアブラキサン使用経験

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   303 - 303   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 若年者に発症した良性腫瘍の2例

    下田 篤史, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   359 - 359   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 新規抗癌剤アブラキサンを用いた術前化学療法の試み

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   811 - 811   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前化学療法後センチネルリンパ節生検の適応と限界

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   603 - 603   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Gemcitabine単剤療法を施行した再発乳癌の一例

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 岡崎 夏実, 阪田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    広島市立広島市民病院医誌   28 ( 1 )   99 - 102   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    症例は62歳女性。右A領域stage IIBの乳癌に対し、乳房円状切除術及び腋窩リンパ節郭清施行後、6年目にPET-CTにてリンパ節転移、胸膜転移、骨転移を指摘された。内分泌療法及びtaxaneを含む3レジメンの化学療法を行ったが、転移巣の増大と肝転移の出現を認めた。Gemcitabine単剤療法(GEM単剤療法)を開始し、3クール施行後の効果判定CTで肝転移巣の縮小を認めた。治療中大きな合併症や副作用はみられず、画像上PDと診断されるまで8クール治療を行った。GEM単剤療法の無増悪期間は157日、全生存期間は320日であった。(著者抄録)

    researchmap

  • Gemcitabine単剤療法を施行した再発乳癌の一例

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    広島市立広島市民病院医誌   28 ( 1 )   105 - 105   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    researchmap

  • 当院での原発性乳癌術前化学療法によるpCR症例の検討

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   811 - 811   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃癌治療におけるCART(cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy) 癌性腹膜炎に起因する難治性腹水に対するKM-CART療法の試み

    金澤 卓, 三宅 聡一郎, 加藤 卓也, 河内 麻里子, 藤原 康宏, 丁田 泰宏, 原野 雅生, 松川 啓義, 小島 康知, 塩崎 滋弘, 大野 聡, 二宮 基樹

    日本胃癌学会総会記事   84回   176 - 176   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法後に切除手術を施行した、Stage IV胃癌症例の検討

    金澤 卓, 三宅 聡一郎, 加藤 卓也, 河内 麻里子, 藤原 康宏, 丁田 泰宏, 原野 雅生, 松川 啓義, 小島 康知, 塩崎 滋弘, 大野 聡, 二宮 基樹

    広島医学   65 ( 2 )   136 - 136   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 腹壁瘢痕ヘルニアを伴った結腸憩室穿孔症例に対しComponents Separation法にてヘルニア修復を行った1例

    藤原 康宏, 厚井 祐三子, 河内 麻里子, 伊地智 怜子, 坂本 修一, 桂 佑貴, 松三 雄騎, 香川 哲也, 加藤 卓也, 三宅 聡一郎, 清水 誠一, 丁田 泰宏, 金澤 卓, 原野 雅生, 松川 啓義, 小島 康知, 塩崎 滋弘, 大野 聡, 二宮 基樹

    日本腹部救急医学会雑誌   32 ( 2 )   551 - 551   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 術前化学療法後に切除手術を施行した、Stage IV胃癌症例の検討

    金澤 卓, 三宅 聡一郎, 加藤 卓也, 河内 麻里子, 藤原 康宏, 丁田 泰宏, 原野 雅生, 松川 啓義, 小島 康知, 塩崎 滋弘, 大野 聡, 二宮 基樹

    日本胃癌学会総会記事   84回   289 - 289   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌に対する術前化学療法の治療効果と予後に関する検討

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 高田 晋一, 松浦 博夫, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 12 )   2995 - 3002   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    トリプルネガティブ(TN)乳癌は化学療法に奏効するが予後不良な乳癌と言われている.今回,われわれはTN乳癌に対する術前化学療法(NAC)の治療効果と予後の関係を明らかにするために,2002年から2010年までに当院で原発性乳癌に対してNAC施行した335例を,TN乳癌と非TN乳癌に分類し,比較検討した.病理学的完全奏効(pCR)割合は,TN乳癌は28.1%,非TN乳癌が18.9%とTN乳癌でpCRが得やすい傾向にあったが有意差は認めなかった.またNACでpCRを得た症例のTN乳癌と非TN乳癌の無再発性生存率(DFS),全生存率(OS)は有意差を認めず良好であった.一方,遺残癌を認める症例ではTN乳癌と非TN乳癌ではDFSでは差を認めないが,OSでは有意差を持ってTN乳癌が悪かった(p<0.01).TN乳癌のNACで癌の遺残を認めた症例は予後不良が予測され厳重な注意が必要である.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20120110210002&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.72.2995&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.72.2995&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 小児乳腺良性葉状腫瘍の1例

    二宮 卓之, 伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 12 )   3007 - 3010   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    葉状腫瘍は比較的まれな疾患で全乳腺腫瘍の1%未満を占める1).好発年齢は40歳代で思春期前から70歳代までの広範囲な年代に発症するといわれている.若年者での発症は極めてまれで,15歳未満に限ると本邦では報告例がない.今回われわれは13歳の小児に発症した極めてまれな乳腺葉状腫瘍の1例を経験したので,文献的考察を加え報告する.3ヵ月の経過で増大する約5cmの左乳房腫瘤に対し切除術を施行した.病理組織学的検査では良性葉状腫瘍であった.若年者の乳腺腫瘍では線維腺腫の頻度が高く葉状腫瘍の頻度は極めて低い.しかし,急速な増大傾向を示すものは葉状腫瘍の可能性も考慮し診断・治療にあたる必要がある.また若年者の葉状腫瘍は良性腫瘍の占める頻度が高く,根治性と整容性のバランスがとれた術式を考慮すべきであると考えられた.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20120110210004&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.72.3007&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.72.3007&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 乳癌治療においてこれからリンパ節郭清をどう考える? 当院における局所進行乳癌に対する腋窩リンパ節非郭清への試み

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   366 - 366   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌治療においてこれからリンパ節郭清をどう考える? 乳癌に対する腋窩の非郭手術2028例の術後成績からみた腋窩郭清省略の妥当性

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   366 - 366   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 手術侵襲を契機に発症したと考えられた高齢者鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症(MRHE)の1例

    河内 麻里子, 塩崎 滋弘, 藤原 康宏, 松川 啓義, 桂 佑貴, 本田 威, 松三 雄騎, 丁田 泰宏, 金澤 卓, 原野 雅生, 小島 康知, 大野 聡, 二宮 基樹

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   798 - 798   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 卵巣癌乳腺転移の1例

    坂本 修一, 伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   637 - 637   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡補助下幽門側胃切除Roux-en-Y再建後に空腸内ヘルニアにより十二指腸壊死を来した1例

    藤原 康宏, 松 三雄騎, 塩崎 滋弘, 松川 啓義, 河内 麻里子, 香川 哲也, 加藤 卓也, 三宅 聡一郎, 清水 誠一, 丁田 泰宏, 金澤 卓, 原野 雅生, 小島 康知, 大野 聡, 二宮 基樹

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   786 - 786   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 術後10年以上経過した乳房温存術466例の術後成績の検討

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   235 - 235   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 結核菌感染による乳房膿瘍の1例

    桂 佑貴, 伊藤 充矢, 河内 麻里子, 松三 雄騎, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   492 - 492   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌に対する術前化学療法の検討

    河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 伊藤 充矢, 高田 晋一, 松浦 博夫, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   764 - 764   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • NAC後down stage症例に対するAx省略の可能性について

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   262 - 262   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 手術不能・再発乳癌に対するゲムシタビン使用経験

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二, 岡崎 夏実, 阪田 安彦, 開 浩一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   340 - 340   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Primary systemic therapy(PST)の結果からみたKi-67が治療効果に及ぼす影響

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   530 - 530   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当院のトラスツズマブ併用術前化学療法における臨床病理学的治療効果予測因子の検討

    大谷 彰一郎, 菅野 恵美子, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 松浦 明子, 影本 正之, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   253 - 253   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • NAC後down stage症例に対するSNの適応について

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   630 - 630   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当院における進行再発乳癌に対するXC療法の検討

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本乳癌検診学会誌   20 ( 3 )   371 - 371   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • 当院の原発性乳癌手術症例における術前化学療法前後でのKi-67の検討

    松三 雄騎, 大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 桂 佑貴, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   209 - 209   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 高齢者、局所進行性トリプルネガティブ乳癌に対するXC療法の検討

    坂本 修一, 大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    広島医学   64 ( 6 )   294 - 294   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当院のトラスツズマブ併用術前化学療法における臨床病理学的治療効果予測因子の検討

    菅野 恵美子, 大谷 彰一郎, 藤原 康宏, 河内 麻里子, 佐々木 美緒, 伊藤 充矢, 坂田 安彦, 開 浩一, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   447 - 447   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前化学療法後の乳房温存手術における乳房内再発に関する検討

    大谷 彰一郎, 河内 麻里子, 佐々木 美緒, 伊藤 充矢, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   572 - 572   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前化学療法の結果からみた乳癌の術前化学療法の効果へのKi-67の影響

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   763 - 763   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 原発性乳癌に対する術前化学療法後センチネルリンパ節生検の妥当性

    伊藤 充矢, 河内 麻里子, 佐々木 美緒, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   342 - 342   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【最新の薬物療法】術前化学療法の結果からみたホルモン感受性乳癌に対する化学療法及びtrastuzumabの効果

    檜垣 健二, 河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 岩本 康男, 高田 晋一, 松浦 博夫

    広島市立広島市民病院医誌   27 ( 1 )   27 - 34   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    Stage II AからIIICの乳癌のうちHER2陰性例に対してweekly paclitaxel followed by FEC75-100を160例に、HER2陽性例に対してweekly paclitaxel・trastuzumab followed by FEC75-100を54例に行った。ホルモン感受性はHR陰性、HR弱陽性、HR陽性、HR強陽性に分類した。術前化学療法による臨床的効果は、CR(PR+CR)の割合はHER2陰性の場合、HR陰性が36.2%(87.2%)、HR弱陽性が62.5%(87.5%)、HR陽性が17.5%(85.0%)、HR強陽性が15.4%(84.6%)であった。また、HER2陽性の場合、HR陰性が58.1%(93.5%)、HR弱陽性が50.0%(100%)、HR陽性が42.9%(100%)、HR強陽性が16.7%(83.3%)であった。術前化学療法による組織学的効果は、grade3(grade2+3)の割合はHER2陰性の場合、HR陰性が36.2%(63.8%)、HR弱陽性が62.5%(75.0%)、HR陽性が10.0%(47.5%)、HR強陽性が3.1%(27.7%)であった。また、HER2陽性の場合、HR陰性が61.3%(90.3%)、HR弱陽性が75.0%(75.0%)、HR陽性が28.6%(57.1%)、HR強陽性が8.3%(41.7%)であった。以上により、ホルモン感受性があれば化学療法やtrastuzumabの効果を低下させる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における再発乳癌へのGemcitabine単剤使用経験について

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    広島医学   63 ( 11 )   771 - 772   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 再発乳癌に対するGemcitabine単剤の使用経験

    河内 麻里子, 伊藤 充矢, 大谷 彰一郎, 檜垣 健二

    日本癌治療学会誌   45 ( 2 )   972 - 972   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 呼吸器・乳腺内分泌外科学(基本臨床実習) (2021年度) 特別  - その他