2022/07/20 更新

写真a

ササクラ マリコ
笹倉 万里子
SASAKURA Mariko
所属
自然科学学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 工学(修士) ( 奈良先端科学技術大学院大学 )

  • 博士(工学) ( 九州大学 )

研究キーワード

  • 推論

  • ヒューマンコンピュータインタラクション

  • コンパイラ

  • reasoning

  • 視覚化

  • human computer interaction

  • compiler

  • visualization

研究分野

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / ソフトウェア

  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • 情報通信 / データベース

学歴

  • 奈良先端科学技術大学院大学   Graduate School of Information Science   Department of Information Processing

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 奈良先端科学技術大学院大学   Graduate School, Division of Information Science  

    - 1996年

      詳細を見る

  • 京都大学   Faculty of Engineering  

    - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Engineering  

    - 1986年

      詳細を見る

経歴

  • - Assistant Professor,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • - 岡山大学自然科学研究科 助教

    2004年

      詳細を見る

  • Research Associate,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University

    2003年 - 2004年

      詳細を見る

  • 岡山大学自然科学研究科 助手

    2003年 - 2004年

      詳細を見る

  • Research Associate,Faculty of Engineering,Okayama University

    1994年 - 2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Engineering

    1994年 - 2003年

      詳細を見る

  • Researcher,ASTEM

    1988年 - 1994年

      詳細を見る

  • (財)京都高度技術研究所 研究員

    1988年 - 1994年

      詳細を見る

  • Technical Staff

    1986年 - 1988年

      詳細を見る

  • 財団法人 京都産業情報センター 職員(技術系)

    1986年 - 1988年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

論文

  • A Piloting Study of Measuring Effectiveness of Virtual Reality in Understanding a New Concept in Educational Support Systems 査読

    Shingo Taniuchi, Kiyotaka Kawahara, Mariko Sasakura

    2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/iv53921.2021.00036

    researchmap

  • Distributed Strategies and Managements based on State Constraint Logic with Predicate for Communication 査読

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.5220/0010468700780085

    researchmap

  • Estimating Level of Engagement from Ocular Landmarks 査読

    Zeynep Yücel, Serina Koyama, Akito Monden, Mariko Sasakura

    36 ( 16 )   1527 - 1539   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10447318.2020.1768666

    researchmap

  • Acceptability of High School class in VR and its Evaluation 査読

    Takashi Date, Teruki Nagamune, Mariko Sasakura

    2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/iv51561.2020.00044

    researchmap

  • Bringing Digital Curation to Archaeological Projects: Evidence from the BeArchaeo Project. 査読

    Vincenzo Lombardo, Tugce Karatas, Rossana Damiano, Claudio Mattutino, Mariko Sasakura

    2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/rec/conf/avi/2020avi2ch

  • Reference Data Abstraction and Causal Relation based on Algebraic Expressions 査読

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Proceedings of the 9th International Conference on Data Science, Technology and Applications   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.5220/0009825602070214

    researchmap

  • Modal Mu-calculus Extension with Description of Autonomy and Its Algebraic Structure 査読

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Proceedings of the 5th International Conference on Complexity, Future Information Systems and Risk   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.5220/0009322300630071

    researchmap

  • A Proposal of Visualization System for Understanding Quantum Algorithms 査読

    Mariko Sasakura, Shingo Taniuchi, Kenichi Iwata

    2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/iv-2.2019.00015

    researchmap

  • A GRAPH MANIPULATION SYSTEM ABSTRACTED FROM E-LEARNING 査読

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    KEOD 2011: PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE ON KNOWLEDGE ENGINEERING AND ONTOLOGY DEVELOPMENT   466 - 469   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INSTICC-INST SYST TECHNOLOGIES INFORMATION CONTROL & COMMUNICATION  

    In this position paper, we have an outlook on a graph manipulation system applicable to a visual interface of managing educational courses for an e-Learning system. We paraphrase a process of learning into a scheme of state-transitions related to graph manipulations. By the scheme, techniques and tools for educational courses can be abstracted to the treatments of graphs. Thus we construct a methodology of graph manipulations for a management of educational courses by extending the established graph viewer. We also propose a simple sketch-based interface to manipulate graphs. We here list up several tools of the sketch-based interface, based on the algorithm to detect mouse movements for indicating operations of the system.

    Web of Science

    researchmap

  • Interaction with computers using mobile devices 査読

    Mariko Sasakura, Shinsuke Fujioka, Susumu Yamasaki

    2010 14TH INTERNATIONAL CONFERENCE INFORMATION VISUALISATION (IV 2010)   122 - 127   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    We propose a new interaction way that uses mobile devices to input and output devices of computers. The idea is simple but powerful, because 1) mobile devices are popular, 2) people can use them easily, 3) people carry them at all times, 4) two displays one of which is a big display for a computer and another is a small display of a mobile device may make new interaction and visualization and 5) a user can store parts of public data in physically independent device, that is his/her mobile device. We expect that our idea may make psychological barrier lower than now so that users can access and modify all data around the world more easily. In this paper, we show an example application based the idea we propose and discuss its possibilities.

    DOI: 10.1109/IV.2010.27

    Web of Science

    researchmap

  • A DESIGN OF DIAGNOSIS SYSTEM FOR MENTAL DISORDER 査読

    Mariko Sasakura, Kenichi Iwata, Susumu Yamasaki

    KEOD 2009: PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE ON KNOWLEDGE ENGINEERING AND ONTOLOGY DEVELOPMENT   368 - 371   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    We propose a web application system which helps experts to make a diagnosis of mental disorders. We construct a knowledge base from DSM and SCID which are diagnosis manuals made by psychiatrists. We have two stages in our diagnosis system. In the first stage, our application picks up suspicious disorders. In the second stage, the application checks the suspicious disorders according to a flow chart generated by the knowledge base. We discuss problems gained by our experiment of constructing the knowldge base.

    Web of Science

    researchmap

  • A framework for adaptive e-learning systems in higher education with information visualization 査読

    Mariko Sasakura, Susumu Yamasaki

    Proceedings of the International Conference on Information Visualisation   819 - 824   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    E-learning systems have become important in higher education, especially in universities. An adaptive e-learning system, which dynamically generates suitable courses for each student, is one of the most remarkable research fields. In this paper, we propose a general framework for adaptive e-learning systems, and discuss the role of information visualization in adaptive e-learning systems. © 2007 IEEE.

    DOI: 10.1109/IV.2007.11

    Scopus

    researchmap

  • A three-dimensional visualization of communications in distributed program environments 査読

    M Sasakura, S Yamasaki

    SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION VISUALIZATION, PROCEEDINGS   132 - 137   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    In order to understand the behaviour of distributed program environments, this paper describes a three-dimensional visualization of communications. Most of previous visualizations presented communications by means of two dimensions of time and process, however, three dimensions are required to represent a message intermediary with visualization functions. We make use of a semantic configuration of messages, which is constructed by the quantities for three parametric factors: (i) time sequence, (ii) identifications of processors, and (iii) message exchanges.

    Web of Science

    researchmap

  • Classification of Visualized Data Dependence 査読

    Asami Iwasaka, Hayaru Shouno, Mariko Sasakura, Kazuki Joe

    Proc. of PDPTA'02   1   1444 - 1450   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A visualization method for knowledge represented by general logic programs 査読

    M Sasakura

    FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION VISUALISATION, PROCEEDINGS   135 - 140   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    In this paper we describe a visualization method for general logic clauses as the first step of a visualization of logic programs. Since we think inclusion is essential to represent an outline of knowledge, we propose a method based on Eider diagrams to visualize inference rules represented as a set of general logic clauses which consist of literals with no variable. We develop a prototype system and show that complex rules which are hard to understand in text are easy to understand by diagrams.

    Web of Science

    researchmap

  • Design and implementation of an automatic parallelizing and distributing compiler with visualization tools and the runtime environment 査読

    Y Kunieda, K Joe, A Fukuda, T Uehara, S Saito, T Saito, M Sasakura, T Nakanishi

    PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL AND DISTRIBUTED PROCESSING TECHNIQUES AND APPLICATIONS, VOLS I-V   713 - 719   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:C S R E A PRESS  

    This paper describes the outline of the research project to develop a fully-automatic parallelizing and distributing compiler for distributed-memory machines. The compiler is designed on. the framework of "Compiler-controlled cache only memory architecture (cc-COMA)" which is to develop the compiler to generate object code along with the embedded software libraries to handle distributed shared memory provided by the runtime system. To realize automatic data partitioning and distribution, Data Partitioning Graph (DPG) is introduced as the universal intermediate representation (UIR) in the compiler. The compiler is integrated with the visualization tool to allow interactive restructuring of the program by users. The runtime environment to realize software-controlled COMA runtime environment on networks of workstations (NOWs) is also provided.

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Naraview : An Interactive 3D Visualization System for Parallelization of Programs

    ISHPC''97 Springer 

     詳細を見る

  • Naraview : An Interactive 3D Visualization System for Parallelization of Programs

    ISHPC''97 Springer 

     詳細を見る

MISC

  • インタラクションにおける慣れの効果の調査 査読

    髙田友樹, 笹倉万里子

    インタラクション2020論文集   992 - 997   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

    researchmap

  • ユーザの好みを反映した自動作曲システムにおける対話型遺伝的アルゴリズムの有効性

    藤田将大, 笹倉万里子

    情報科学技術フォーラム講演論文集   18th   2019年

     詳細を見る

  • バーチャルリアリティ授業視聴における書き込み入力インタフェースの提案

    長宗輝樹, 吉元亮太, 笹倉万里子, 橋倉彰宏, 西和彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   18th   2019年

     詳細を見る

  • 量子プログラミングのための教育支援システム

    谷内紳悟, 笹倉万里子, 市岡優典

    情報科学技術フォーラム講演論文集   18th   2019年

     詳細を見る

  • Estimation of affect scores accounting for user responsiveness

    NGUYEN Hoang, KOYAMA Serina, YUCEL Zeynep, MONDEN Akito, SASAKURA Mariko

    日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   36th   ROMBUNNO.1I2‐01   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 中高生を対象としたバーチャルリアリティ授業視聴実験

    長宗輝樹, 笹倉万里子, 橋倉彰宏, 西和彦

    情報処理学会研究報告(Web)   2018 ( CE-146 )   2018年

     詳細を見る

  • 不安定雇用の女性研究者の立場より女性研究者問題を考える -JSA女性研究者・技術者調査チームによる不安定雇用の立場の女性研究者の実情に関する質的調査結果報告-

    大竹美登利, 大竹美登利, 朴木佳緒留, 朴木佳緒留, 笹倉万里子, 笹倉万里子, 真嶋麻子, 真嶋麻子, 廣森直子, 廣森直子, 衣川清子, 斎藤悦子, 斎藤悦子

    日本科学者会議総合学術研究集会予稿集   22nd   2018年

     詳細を見る

  • スケッチによって描かれた絵の構成要素に基づく分類の試み

    高田友樹, 笹倉万里子

    情報科学技術フォーラム講演論文集   17th   2018年

     詳細を見る

  • Using Real Objects for Interaction in Virtual Reality (共著) 査読

    Ryota Yoshimoto, Mariko Sasakura

    Proceedings of 21th International Conference on Information Visualisation(IV17)   440 - 443   2017年

     詳細を見る

  • Visual Interface and Interaction Design for Self-Service Orders at a Restaurant (共著)

    Yoshiki Shiba, Mariko Sasakura

    Proceedings of 20th International Conference on Information Visualisation(IV16)   230 - 235   2016年

     詳細を見る

  • Cultural and Genetic Transmission in the Jomon-Yayoi Transition Examined in an Agent-Based Demographic Simulation (共著) 査読

    Naoko Matsumoto, Mariko Sasakura

    Simulating Prehistoric and Ancient Worlds   311 - 334   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-31481-5_11

    Web of Science

    researchmap

  • D-20-14 階層的混合分布の学習(D-20.情報論的学習理論と機械学習,一般セッション)

    相田 敏明, 秦 はるひ, 笹倉 万里子, 渡邉 大暉, 横山 薫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 )   183 - 183   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • An experience of information visualization and interaction for aphasic persons (共著)

    Mariko Sasakura, Saori Iikuma, Yokihiro Izawa

    Proceedings of 19th International Conference on Information Visualisation(IV15)   553 - 556   2015年

     詳細を見る

  • Multi-modal Mu-calculus Semantics for Knowledge Construction (共著)

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    KEOD 2015   358 - 363   2015年

     詳細を見る

  • 横断的読書による知識構造化支援システム

    榎本崇志, 笹倉万里子

    人工知能学会先進的学習科学と工学研究会資料   75th   2015年

     詳細を見る

  • Flip Visualization for Web based Demographic Simulation System(共著)

    Mariko Sasakura, Kenichi Iwata, Naoko Matusmoto

    Proceedings of 18th International Conference on Information Visualisation(IV14)   120 - 124   2014年

     詳細を見る

  • A calculus effectively performing event formation with visualization

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    HIGH-PERFORMANCE COMPUTING   4759   287 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    As a programming technique, we formulate a calculus of illustrating event formation which is effectively performed. An event is visualized as a sequence of abstract charts denoting processes. The calculus contains a set of charts related to basic processes, a set of situations, a semantic function assigning a situation transition to each chart, a logic program with negation-as-failure, and the integrity Constraint on the set of situations.

    Web of Science

    researchmap

  • A graph manipulation visual interface for construction of e-Learning systems

    Mariko Sasakura, Susumu Yamasaki

    PROCEEDINGS OF THE 12TH INTERNATIONAL INFORMATION VISUALISATION   644 - 649   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    In this paper, we propose a visual interface which assist managing educational courses in e-Learning systems. Educational courses in e-Learning systems can be represented as graphs. We design a simple interface which specializes in manipulation of educational courses only by movements of mouse. The feature of the interface is that we can manipulate graphs without pull down menus and buttons. We specify operations by drawing lines in the canvas window. For example, we can add an edge to a graph by drawing an arrow, and delete nodes and edges by drawing crossing lines on them. Since this is an application-dependent small system, we carefully select the operations and design the simple interface. We show which operations can be used in the interface and how we detect them from mouse movements.

    DOI: 10.1109/IV.2008.82

    Web of Science

    researchmap

  • Knowledge: Procedural and objective aspects

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Proc. of International Conferences on Advances in the Internet, Processing, Systems and Interdisciplinary Research, VIPSI-2008 (CD-ROM)   CD-ROM   2008年

     詳細を見る

  • Sequential Structure of Objective Knowledge with an Application to Learning System

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    IPSI Trans. on Internet Research   4 ( 1 )   12 - 17   2008年

     詳細を見る

  • A framework for adaptive e-learning systems in higher education with information visualization

    Mariko Sasakura, Susumu Yamasaki

    11TH INTERNATIONAL CONFERENCE INFORMATION VISUALIZATION   819 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    E-learning systems have become important in higher education, especially in universities. An adaptive e-learning system, which dynamically generates suitable courses for each student, is one of the most remarkable research fields. In this paper we propose a general framework for adaptive e-learning systems, and discuss the role of information visualization in adaptive e-learning systems.

    DOI: 10.1109/IV.2007.11

    Web of Science

    researchmap

  • Knowledge structute of chart sequences and its application to learning system

    Yamasaki, S, Sasakura, M

    Proc. of International Conferences on Advances in the Internet, Processing, Systems and Interdisciplinary Research, VIPSI-2007   CD-ROM   2007年

     詳細を見る

  • 状況制約下における並行モジュールのシーケンス構成論

    岩田健一, 笹倉万里子, 山崎進

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   Vol.48 ( SIG 6 (TOM 17) )   43 - 50   2007年

     詳細を見る

  • Picture Script: Visualizing Graphical User Interface Commands for Recycling

    Sasakura, M, Iwata, K, Yamasaki, S

    IPSI Transactions on Advanced Research   2006年

     詳細を見る

  • 可視化されたデータ依存の分類とその並列化手法への適用

    山口智美, 笹倉万里子, 城和貴

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   2006年

     詳細を見る

  • An interactive environment for generating sequential information

    Mariko Sasakura, Kenichi Iwata, Susumu Yamasaki

    INFORMATION VISUALIZATION-BOOK   441 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    We propose an interactive environment in which we can generate sequential information. Sequential information is a sequence of movements which makes changes of situations. The system allows a user to construct an environment for generating sequential information. We provide interactions and visualization for sequential information generation based on theoretical grounds.

    DOI: 10.1109/IV.2006.21

    Web of Science

    researchmap

  • プログラミング演習におけるプログラムの評価についての一考察

    笹倉 万里子

    情報処理学会研究報告システム評価(EVA)   2005 ( 34 )   19 - 24   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本大学では学部生がコンパイラを作成するという演習を行っている.この実験では,あらかじめプログラムの枠組を例として与え,学生はそれを参考にしながらプログラムを作成する.本研究では,学生が作成したプログラムを視覚化することによってプログラムを評価することを試み考察を行う.In Okayama University, we have an exercise program of implementing a compiler. For the exercise, we prepare a frame of a compiler, and students write a compiler referring to the frame. In this paper, we try to evaluate the programs written by students with figures that visualize the programs.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00046062/

  • A calculus effectively performing event formation with visualization

    Yamasaki, S, Sasakura, M

    Proc. of ISHPC 2005   2005年

     詳細を見る

  • Reasoning procedure and implementation for logic programs as managing schemes to extract demand

    Yamasaki,S, Iwata,K, Sasakura,M

    IPSI Trans. on Advanced Research   2005年

     詳細を見る

  • Visualization for management of electronics product composition

    K Iwata, M Sasakura, S Yamasaki

    NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION VISUALISATION, PROCEEDINGS   194 - 199   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    There are some systems called Supply Chain Management system or Value Chain Management system that manage production. It is a powerful tool in normal cases, but in a problem such that some parts are out of stock, it can solve the problem only by simple solutions, like postponing shipping of the product. Because it does not have enough information about production and functions to use the various information. Our research is concerned with a system to integrate information about production and show a solution to help users to judge which way is better to solve the problem. We implemented a prototype system. It takes inputs of some information that were not integrated in one place in former systems, but distributed among systems, people, or sections. It shows a solution for a problem making use of the information integrated in the system. The solution comes as process of reasoning to help user to judge what is the best to do in the case. We also implemented the user interface to show the process of reasoning.

    DOI: 10.1109/IV.2005.147

    Web of Science

    researchmap

  • Visualization with hierarchically structured trees for an explanation reasoning system

    M Sasakura, S Yamasaki

    EIGHTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION VISUALISATION, PROCEEDINGS   893 - 898   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    This paper is concerned with an application of drawing hierarchically structured trees. The tree drawing is applied to an explanation reasoning system. The reasoning is based on synthetic abduction (hypothesis) that gets a case from a rule and a result. In other words, the system searches a proper environment to get a desired result. In order that the system may be reliably related to the amount of rules which are used to get the answer, we visualize a process of reasoning to show how rules have concern with the process. Since the process of reasoning in the system makes a hierarchically structured tree, the visualization of reasoning is a drawing of a hierarchically structured tree. We propose a method of visualization that is applicable to the explanation reasoning system.

    Web of Science

    researchmap

  • NaraViewを用いた分散論理プログラムにおける推論の視覚化

    笹倉 万里子, 山崎 進

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2003 ( 65 )   1 - 4   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本稿では分散論理プログラムにおける推論の過程を自動並列化コンパイラのための視覚化システム NaraView のプログラム構造ビューを用いて視覚化する。分散論理プログラムにおいて交換されるメッセージは、時刻、メッセージを送受する論理プログラム、メッセージの階層レベルの三つの要素を持っており、それらをプログラム構造ビューの各軸に対応させることで簡単に視覚化できる。Visualization has played a significant role in understanding the behavior of distributed programs. We propose a visualization that shows message exchanges in distributed logic programs using the Program Structure View in NaraView. The behavior of distributed logic programs is easily visualized using the Program Structure View since the messages have three parametric factors: time, derivation, and hierarchical level.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00033357/

  • 論理プログラムにおける説明推論過程の視覚化システムの実装

    吉田 聡, 笹倉 万里子

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   102 ( 709 )   7 - 12   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では拡張論理プログラムにおける説明推論過程を視覚化する方法を提案する.説明推論で推移するゴールと導出を呼び出す関係を記憶し,その視覚化を行う.その記憶する処理を従来の説明推論手続き[1]に加えたものが,本論文で述べる視覚化機能付き説明推論手続きである.導出は木構造で呼び出すので,それぞれの導出のゴール履歴を紙のようなものに表現し,それを3次元上に配置する.この方法で視覚化を行うシステムの実装を行う.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 論理プログラムにおける説明推論過程の視覚化システムの実装

    吉田聡, 笹倉万里子

    人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   60th   2003年

     詳細を見る

  • 拡張論理プログラムにおける推論過程を表す同心円図

    笹倉 万里子

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2002 ( 59 )   25 - 28   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本稿では拡張論理プログラムにおける推論過程を視覚化するための新しい方法を提案する。拡張論理プログラムにおける推論過程は再帰的な構造をしているので、再帰構造を直観的に表せる同心円を使う。従来の推論手続きに視覚化のためのステップを追加した視覚化用推論手続きを構築し、それによって生成された図を例示する。We propose a new visualization for a reasoning process on an extended logic program. We use concentric circles to visualize recursive structures in a reasoning process. We add a process for our visualization to an existing reasoning process. We explain the details of our procedure and show some example diagrams.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00033433/

  • ループ内依存関係の視覚的パターン化の試み

    岩坂 麻実, 山口 智美, 庄野 逸笹, 笹倉 万里子, 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2002 ( 19 )   41 - 44   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    並列計算機の普及に伴い逐次プログラムを並列プログラムに書き換える必要があるが,現在のところ,プログラマに対して高度な技術や経験が要求される.本研究では,並列支援視覚化システムNaraViewを用いて,与えられたプログラムのデータ依存関係を視覚的パターン化し,適切な変換手法に対応づけることを考案する.本稿では主に,並列化コンパイラで一般に使用されているループ変換手法について取り上げ,具体的に視覚化されたプログラム中のループのデータ依存状態から有効なループ変換手法を検証する.Recently, in the field of scientific calculation, the tendency to introduce parallel computer becomes increase. Therefore, converting methods from conventional sequential programs to correspondent parallel ones are required. However, vast amounts of skill and knowledge for the parallel programming are needed to programmer. In this study, we propose introducing the 3D visualization system called NaraView as those programming environment. NaraView analyze the data dependence in the programming code, and visualize their relations. Since the parallelizable code have typical features, NaraView would reveal them visually. We showed the effective parallelizing method, which have those typical features in the loop structure with concrete program code.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00033453/

  • A Contradiction-Free Proof Procedure with Visualization for Extended Logic Programs

    Yamasaki, S, Sasakura, M

    SSGRR2002(CD-ROM)   2002年

     詳細を見る

  • Towards Distributed Programming Systems with Visualizations Based on Nonmonotonic Reasoning

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Proc. of SSGRR01   76(CDROM)   2001年

     詳細を見る

  • Nara ViewのParafrase - 2との連携における効果的な並列化支援

    羽田 昌代, 笹倉 万里子, 長嶋 雲兵, 國枝 義敏, 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2000 ( 60 )   17 - 20   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    並列計算機を効果的に使用するために,アプリケーションの並列化を自動で行う自動並列化コンパイラが開発されているが,これを用いても正確で効果的な並列化を行うことは極めて難しい.このため自動並列化コンパイラには,その使用を支援するツールが開発されていることが多い.我々が,これまでに開発している並列化支援ツールNaraViewは並列化コンパイラPrafrase-2から得られる中間表現の情報を抽出し,与えられたプログラムの視覚化を行う.本稿では実アプリケーションの並列化を通してNaraViewのより有効な使用について述べる.To use parallel computer systems effectively, users need to reconstruct their sequential applications into parallel programs, and such parallelization is not easy work for general users. Parallelizing compilers were developed to solve this problem, but it is still quite difficult to parallelize applications correctly, efficiently, and automatically. For this reason, some parallelization support tools are desired. NaraView, as one of the support tool, visualizes a given program by extracting internal information from a parallelizing compiler Prafrase-2. In this paper, we validate the usefulness of NaraView by parallelizing a real application.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00033555/

  • NaraViewを利用した実アプリケーションの並列化事例

    羽田 昌代, 笹倉 万里子, 城和貴

    情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2000 ( 57 )   39 - 44   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    並列計算機を効果的に使用するためには,これまで逐次計算機で使用されてきたアプリケーションを並列プログラムに再構築する必要があるが,その作業は煩雑で容易ではない.アプリケーションの並列化を自動で行う自動並列化コンパイラが開発されているが,これを用いても正確で効果的な並列化を行うことは極めて難しい.このため自動並列化コンパイラには,その使用を支援するツールが開発されていることが多い.我々はこれまでにNaraViewという並列化支援ツールを開発している.NaraViewは並列化コンパイラParafrase-2から得られる中間表現の情報を抽出し,与えられたプログラムの視覚化を行う.本稿では実アプリケーションの並列化を通してこのNaraViewの有用性を評価する.To use parallel computer systems effectively, users need to reconstruct their sequential appreciation into parallel programs, and such parallelization is not an easy work for general users. To solve such a problem, parallelizing compilers are developed, but it is still quite difficult to parallelize applications correctly, efficiently, and automatically. For this reason, some parallelization support tools are desired. NaraView, as such a support tool, visualizes the given programs by extracting internal information from a parallelizing compiler Parafrase-2. In this paper, we validate the ability of NaraView by parallelizing a real application.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00029476/

  • 変数アクセスコストを引力としてとらえたデータ分割手法とその視覚化

    杉田 望代, 大音 真由美, 笹倉 万里子, 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2000 ( 16 )   33 - 36   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    分散メモリ型環境において効率よく並列処理するには、"複数のメモリにデータをどのように分割・配置するか"というデータ分割問題を考えなければならない。本稿では、分散メモリ環境におけるデータ分割問題と自動並列化コンパイラの内部表現について述べた後、物理モデルである引力を応用したデータとタスクのクラスタ化支援とその視覚化の説明を行い、本視覚化を用いたデータ分割手法を提案する。さらに、そのプロトタイプを用いて、本手法の有効性を述べる。To obtain effective parallel processing in distributed memory systems, facing to data partitioning problems, we should investigate how data and task are arranged and divided into distributed memories. In this paper, we describe a data partitioning problem in distributed memory systems and an intermidiate representation of a parallelizing compiler, explain the support of clustering by gravity as a physical model, give an account of its visualization, and propose a data partitioning method with combination of the visualization. In addition, we report a prototype.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00033577/

  • データ分割グラフの3次元視覚化

    杉田 望代, 笹倉 万里子, 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   1999 ( 76 )   21 - 24   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本稿では、自動並列化コンパイラにおける統一的中間表現について概説し、その一例であるデータ分割グラフ(P)の特徴を紹介する。そして、一般的な視覚化の有効性を述べた後、DPGの視覚化を提案する。DPGのデータアクセス情報は、変数単位でデータが表現され、アクセスの種類も分けられており、詳細な内容を含んでいる。そこで、最適なデータのメモリ配置の支援を目的とする、DPGの変数アクセス情報の視覚化の提案を行う。さらに、そのプロトタイプ実装について報告した後、具体例をもって本提案の有効性を検証する。In this paper, an overview of Universal Intermediate Representations (UIRs) for parallelizing compilers is presented and the characteristic of Data Partitioning Graphs (DPGs) is described. The general effectiveness of visualization has been mentioned, and the visualization of DPGs is proposed. The data access information of DPGs is represented by variable with access property. Then a visualization method of variable access information in DPGs is proposed for the support of optimal data distribution. In addition, a prototype implementation is reported to validate the effectiveness of our proposal by a concrete example.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00033597/

  • WindowsNT上でのクロス開発環境を目指す並列化支援ツールの開発

    水原 隆道, 平尾 智也, 齊藤 哲哉, 笹倉 万里子, 城和貴, 國枝 義敏

    情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   1999 ( 66 )   35 - 40   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    現在の自動並列化コンパイラでは,逐次プログラムを効率良く完全に自動並列化することは困難である.より効率の良い並列化を行うためには,利用者がどの部分をどのように並列化するかを,明示的に指示する必要がある.並列化支援可視化システムNaraViewでは,並列化の度合いを含むプログラム構造,データの依存関係などの情報を視覚化して利用者に提示することが可能である.我々は,NaraViewをWindowsNT上に移植し,従来の機能に加えてソースプログラムとの連係を図る.さらに,ユーザーインターフェイスの改善や,自動並列化コンパイラParafrase?2との連係を強化したシステムを開発し,評価を行う.It is difficult for parallelizing compilers to transform sequential programs to efficiently parallelized programs automatically. To generate efficient parallel programs, programmers should indicate the part of a sequential program which they want to parallelize. NaraView, which is a visualization system for supporting program parallelization, can visualize the overall structure of parallel programs and information of data dependence. We ported the NaraView on a WindowsNT. We keep the former functions of NaraView to associate them with source programs on the new version. Moreover, we improved the user interface, and developed a module which can closely cooperate with a parallelizing compiler, Parafrase-2.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00029542/

  • NaraView: An interactive 3D visualization system for parallelization of programs

    M Sasakura, K Joe, Y Kunieda, K Araki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PARALLEL PROGRAMMING   27 ( 2 )   111 - 129   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC/PLENUM PUBL  

    For effective use of parallelizing compilers, an interactive environment which allows users to find more parallelism is needed. As the first step towards building such an environment, we have developed a program visualization system named NaraView. In this paper, we describe two visualization methods in NaraView. One is Program Structure View which illustrates the hierarchical loop structure of a given program and suggests which parts of the program can be parallelized. Another is the Data Dependence View which visualizes each data dependence on every variable or array element which is accessed in a specific loop. By using these views, users can easily understand which part of the program can be parallelized further. We also show several examples to demonstrate the efficiency of these methods.

    DOI: 10.1023/A:1018792319452

    Web of Science

    researchmap

  • 変数オリエンティッドなデータ依存関係モデルの提案

    笹倉万里子, 城和貴, 國枝義敏, 荒木啓二郎

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   1999年

     詳細を見る

  • Naraview : an interactive 3D visualization system for parallelization of programs(共著)

    International Journal of Parallel Programming   27 ( 2 )   111 - 129   1999年

     詳細を見る

  • 並列化用ループ変換のための解析説明システム

    笹倉万里子

    人工知能学会誌   1999年

     詳細を見る

  • NaraView: an interactive 3D visualization system for parallelization of programs

    Mariko Sasakura, Kazuki Joe, Yoshitoshi Kunieda, Keijiro Araki

    International Journal of Parallel Programming   27 ( 2 )   111 - 129   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Kluwer Academic/Plenum Publ Corp  

    For effective use of parallelizing compilers, an interactive environment which allows users to find more parallelism is needed. As the first step towards building such an environment, we have developed a program visualization system named NaraView. In this paper, we describe two visualization methods in NaraView. One is Program Structure View which illustrates the hierarchical loop structure of a given program and suggests which parts of the program can be parallelized. Another is the Data Dependence View which visualizes each data dependence on every variable or array element which is accessed in a specific loop. By using these views, users can easily understand which part of the program can be parallelized further. We also show several examples to demonstrate the efficiency of these methods.

    DOI: 10.1023/A:1018792319452

    Scopus

    researchmap

  • 並列化支援視覚化システムNaraViewにおけるビュー間の連携方式について

    笹倉 万里子, 木和田 智子, 城和貴, 荒木 啓二郎

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   1997 ( 11 )   9 - 16   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    自動並列化コンパイラは、逐次処理用に書かれたプログラムを並列実行用に自動的に書き換えることを目的としている。しかし、並列実行に関係するさまざまな条件をすべて考慮して最適な並列化を行なえるような評価方法は知られていない。そこでわれわれは、ユーザに、コンパイラがプログラムを解析して得た情報を視覚化して提示し、ユーザの指示によって並列化を行なうような並列化支援視覚化システムNaraViewを提案する。本稿では、特にNaraViewにおけるビューと、そのビュー間の連携について述べる。Parallelizing compilers aim to transform any sequential program to a parallel program automatically. But, general strategy of choosing the best transformation methods have not been known. Therefore, we are developing a visualization system named NaraView, which provides an interactive compilation or programming environment for parallel computer users. In this paper, we describe views and their connection in NaraView.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 3D visualization of program structure and data dependence for parallelizing compilers and parallel programming

    Mariko Sasakura, Satoko Kiwada, Kazuki Joe, Tsuneo Nakanishi, Keijiro Araki

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   1239   591 - 593   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Verlag  

    For effective use of parallel computers, a tool which assists users to know the way of parallelization is needed. Since we believe visualization is a useful tool for parallelization, we are developing a tool named NaraView for parallelizing Fortran programs. In this paper, we propose two visualization methods in NaraView, which are 3D visualization of program structure and data dependence.

    DOI: 10.1007/BFb0017279

    Scopus

    researchmap

  • 複合グラフを用いた階層タスクグラフの視覚化

    笹倉 万里子, 木和田 智子, 城 和貴, 荒木 啓二郎

    情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]   95 ( 82 )   25 - 32   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    逐次プログラムを並列プログラムに書き換える自動並列化コンパイラの分野では,ユーザのプログラムの理解支援,デバッグ,並列性抽出の半自動化のためのインタフェースなどの目的のために並列化支援システムが必要とされてきている.本稿では,イリノイ大で研究開発されている自動並列化コンパイラParafrase-2の中間表現として使われているHTG(Hierarchical Task Graph)を軸としてソースレベルでのプログラムの依存情報を視覚化することで並列化支援を行なうシステムを提案する.特にHTGをグラフとして表示するための方法について述べる.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 形式化に基づく並列性抽出-既存逐次プログラムを並列実行するためのパラダイム

    笹倉 万里子, 中西 恒夫, 城和貴, 荒木 啓二郎

    情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   1994 ( 55 )   17 - 24   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    人が膨大なデータの関係を把握するための一つの有効な手段としてデータの視覚化がある.ここでは,逐次プログラムを並列実行するという問題を例としてデータを視覚化するための一般的な枠組を提案し,実現のための課題を述べる.この枠組では,対象は内部的には複数のモデルで形式的に記述される.また,視覚化情報を視覚化のためのモデルとして形式的に記述しておく.形式的に記述されたデータと視覚化技法の対応をとることで視覚化が行なえる.モデルとしては等価だが見かけの違う視覚化情報を対応させることで,あるデータから異なった図を簡単に得ることができるであろう.Visualization is one of the useful methods for grasping relations of large data. In this paper, we propose a general model for visualization and discuss problems to realize the model dealing with a problem of extracting parallelism in serial programs. In this model, we describe data and visual informations formally. We consider visualization as matching between data and visual informations. We can get various picture just by changing parameters of the matching.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Defining actions by sample figures in CBAD.

    Mariko Sasakura, Naruki Mitsuda, Kenzo Iwama

    Proceedings of the 1993 IEEE Workshop on Visual Languages(VL)   381 - 383   1993年

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    DOI: 10.1109/VL.1993.269557

    researchmap

  • アニメーション作成ツールCBADにおける例題によるactionの作成

    笹倉 万里子, 岩間 憲三, 満田 成紀

    全国大会講演論文集   45 ( 0 )   239 - 240   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    われわれが研究開発中のCBADはアニメーションに登場する対象(actor)とその動作をあらかじめ定義しておき,それらの対象に対する動作要求を継ぐことでアニメーションを作成するシステムである.CBADの特徴はものとものとの関係をconstraintで表わすことができるということである.これにより,ユーザはプログラミングよりも一歩抽象度の高いレベルでアニメーションを記述することができる.CBADに関しては第43回大会で発表した.今回は,CBADにおけるactorの定義,特にその中のactionの定義について述べる.アニメーションを作る時にユーザが独自のactionを定義する必要があることもある.独自のactorには表示されるactorのイメージを新たに登録したりすることも必要であるし,また,独自のactorを作成する必要に迫られることがある.actionの定義はactorの動きを定義することであり,一般的にはプログラミングが必要である.しかし,われわれはプログラマでないユーザにも使えるようにするために動き方を示す何枚かの図をユーザに入力してもらうことによってactionを定義する方法を提案する.例題によりものの指定を行うことは特にノンプログラマにとって有効であると考えられている.ユーザインターフェース関係で例題による指定を実現したものとしてはユーザインタフェース構築に例題による入力を用いたperidotとグラフィックエディタに例題による入力を用いたmetamouseが有名である.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ジェスチャを用いた商品注文システムのインタラクション設計

    第17回IEEE広島支部学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 音声を活かしたタブレットPCでの失語症に対するリハビリアプリケーション

    第17回IEEE広島支部学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 手や指のジェスチャ操作による日本語入力方法

    ヒューマンインタフェース学会研究会「コミュニケーション支援および一般(SIG-CE-12)」  2015年 

     詳細を見る

  • 横断的読書による知識構造化支援システムの開発

    人工知能学会 SIG-ALST/SIG-ALST  2015年 

     詳細を見る

  • Web から収集した空間データの視覚化のための一手法

    第22回人工知能学会全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • A Method to Visualize Numerical Data with Geographical Information using Feathered Circles

    NTCIR Workshop 7 Meeting  2008年 

     詳細を見る

  • A method to visualize a huge amount of numerical data using feathered circles

    International Workshop on Super Visualization 2008  2008年 

     詳細を見る

  • 色のぼかしにより疎な数値情報を表示するための一方法

    第21回人工知能学会全国大会  2007年 

     詳細を見る

  • 状況制約下における並行モジュールのシーケンス構成論

    情報処理学会研究報告 2006-MPS-59  2006年 

     詳細を見る

  • プログラミング演習におけるプログラムの評価についての一考察

    情報処理学会システム評価研究会  2005年 

     詳細を見る

  • モードレスドローイングツールの試作

    インタラクション2005 ポスターセッション  2005年 

     詳細を見る

  • An automated reasoning for diagnostic knowledge in a distributed environment

    The International Symbosium on Information and Communication Technologies  2003年 

     詳細を見る

  • An Application of NaraView to Reasonings for Distributed Logic Programs

    PDPTA03  2003年 

     詳細を見る

  • A Three-Dimensional Visualization of Communications in Distributed Program Environments

    7th International Conference on Information Visualization (IV03)  2003年 

     詳細を見る

  • 論理プログラムにおける説明推論過程の視覚化システムの実装

    アクティブマイニング合同研究会  2003年 

     詳細を見る

  • An explanation Reasoning Procedure Applicable to Loop Transformation in Compiler

    ACM ESEC/FSE International Workshop on Intelligent Technologies for Software Engineering WITSE03  2003年 

     詳細を見る

  • ループ内依存関係の視覚的パターン化の試み

    情報処理学会 MPS 研究会  2002年 

     詳細を見る

  • Concentric Circle Diagrams for Visualizing a Reasoning Process on an Extended Logic Program

    PDPTA'02  2002年 

     詳細を見る

  • Classification of Visualized Data Dependence

    PDPTA'02  2002年 

     詳細を見る

  • オイラー図を利用した一般論理プログラムの視覚化法

    第4回ビジュアルデータマイニング(VDM)研究会  2002年 

     詳細を見る

  • A visualization method for knowledge represented by general logic programs

    Fifth International Conference on Information Visualization(IV2001), pp.135-140  2001年 

     詳細を見る

  • Collaboration of Parafrase-2 and NaraView for Effective Parallelization Supports

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, PDPTA'2000, VolumeII, pp.635-641  2000年 

     詳細を見る

  • Intuitive Data Partitioning by a Simple Physical Model and Its Visualization

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, pp.729-735  2000年 

     詳細を見る

  • A Visualization Method for a Universal Intermediate Representation of Parallelizing Compilers

    ICS'99 Workshop1 Scheduling Algorithms for Parallel/Distributed Computing - From Theory to Practice - pp.55-61  1999年 

     詳細を見る

  • Introducing Artificial Neural Networks to Estimate Lower Bounds for a Branch and Bound Based Program Partitioning Algorithm

    ICS'99 Workshop1 Scheduling Algorithms for Parallel/Distributed Computing - From Thorey to Practice - pp.13-20  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 工学倫理 (2021年度) 第4学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 工学倫理 (2021年度) 第4学期  - 火1~2,金5~6

  • 情報工学実験C (ソフトウェア) (2021年度) 第4学期  - 火3,火4,火5,火6,火7,木3,木4,木5,木6,木7

  • 技術英語 (2021年度) 後期  - その他

  • 表現技法1 (2021年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2021年度) 後期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 非手続き型言語 (2021年度) 第1学期  - 火1,火2,金3,金4

  • 工学倫理 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 工学倫理 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 情報工学実験C (ソフトウェア) (2020年度) 第4学期  - 火3,火4,火5,火6,木3,木4,木5,木6

  • 情報工学実験第二 (2020年度) 第4学期  - 火3,火4,火5,火6,木3,木4,木5,木6

  • 技術英語 (2020年度) 後期  - その他

  • 表現技法1 (2020年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2020年度) 後期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 非手続き型言語 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2,金3,金4

  • 非手続き型言語 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2,金3,金4

▼全件表示