2021/07/12 更新

写真a

ササクラ マリコ
笹倉 万里子
SASAKURA Mariko
所属
自然科学学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 工学(修士) ( 奈良先端科学技術大学院大学 )

  • 博士(工学) ( 九州大学 )

研究キーワード

  • 推論

  • ヒューマンコンピュータインタラクション

  • コンパイラ

  • reasoning

  • 視覚化

  • human computer interaction

  • compiler

  • visualization

研究分野

  • 情報通信 / データベース

  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / ソフトウェア

学歴

  • 奈良先端科学技術大学院大学   情報科学研究科   情報処理学専攻

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 奈良先端科学技術大学院大学   Graduate School, Division of Information Science  

    - 1996年

      詳細を見る

  • 京都大学   工学部   情報工学科

    - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Engineering  

    - 1986年

      詳細を見る

経歴

  • - 岡山大学自然科学研究科 助教

    2004年

      詳細を見る

  • - Assistant Professor,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • Research Associate,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University

    2003年 - 2004年

      詳細を見る

  • 岡山大学自然科学研究科 助手

    2003年 - 2004年

      詳細を見る

  • Research Associate,Faculty of Engineering,Okayama University

    1994年 - 2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学工学部情報工学科 助手   Faculty of Engineering

    1994年 - 2003年

      詳細を見る

  • Researcher,ASTEM

    1988年 - 1994年

      詳細を見る

  • (財)京都高度技術研究所 研究員

    1988年 - 1994年

      詳細を見る

  • Technical Staff

    1986年 - 1988年

      詳細を見る

  • 財団法人 京都産業情報センター 職員(技術系)

    1986年 - 1988年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

書籍等出版物

  • Naraview : An Interactive 3D Visualization System for Parallelization of Programs

    ISHPC''97 Springer 

     詳細を見る

  • Naraview : An Interactive 3D Visualization System for Parallelization of Programs

    ISHPC''97 Springer 

     詳細を見る

MISC

  • Using Real Objects for Interaction in Virtual Reality (共著)

    Ryota Yoshimoto, Mariko Sasakura

    Proceedings of 21th International Conference on Information Visualisation(IV17)   440 - 443   2017年

     詳細を見る

  • Visual Interface and Interaction Design for Self-Service Orders at a Restaurant (共著)

    Yoshiki Shiba, Mariko Sasakura

    Proceedings of 20th International Conference on Information Visualisation(IV16)   230 - 235   2016年

     詳細を見る

  • Cultural and Genetic Transmission in the Jomon-Yayoi Transition Examined in an Agent-Based Demographic Simulation (共著)

    Naoko Matsumoto, Mariko Sasakura

    Simulating Prehistoric and Ancient Worlds   311 - 334   2016年

     詳細を見る

  • An experience of information visualization and interaction for aphasic persons (共著)

    Mariko Sasakura, Saori Iikuma, Yokihiro Izawa

    Proceedings of 19th International Conference on Information Visualisation(IV15)   553 - 556   2015年

     詳細を見る

  • Multi-modal Mu-calculus Semantics for Knowledge Construction (共著)

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    KEOD 2015   358 - 363   2015年

     詳細を見る

  • Flip Visualization for Web based Demographic Simulation System(共著)

    Mariko Sasakura, Kenichi Iwata, Naoko Matusmoto

    Proceedings of 18th International Conference on Information Visualisation(IV14)   120 - 124   2014年

     詳細を見る

  • A calculus effectively performing event formation with visualization

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Lecture Notes in Computer Science, 4759   287 - 294   2008年

     詳細を見る

  • A graph manipulation visual interface for construction of e-Learning systems

    Mariko Sasakura, Susumu Yamasaki

    PROCEEDINGS OF THE 12TH INTERNATIONAL INFORMATION VISUALISATION   644 - 649   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    In this paper, we propose a visual interface which assist managing educational courses in e-Learning systems. Educational courses in e-Learning systems can be represented as graphs. We design a simple interface which specializes in manipulation of educational courses only by movements of mouse. The feature of the interface is that we can manipulate graphs without pull down menus and buttons. We specify operations by drawing lines in the canvas window. For example, we can add an edge to a graph by drawing an arrow, and delete nodes and edges by drawing crossing lines on them. Since this is an application-dependent small system, we carefully select the operations and design the simple interface. We show which operations can be used in the interface and how we detect them from mouse movements.

    DOI: 10.1109/IV.2008.82

    Web of Science

    researchmap

  • Knowledge: Procedural and objective aspects

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Proc. of International Conferences on Advances in the Internet, Processing, Systems and Interdisciplinary Research, VIPSI-2008 (CD-ROM)   CD-ROM   2008年

     詳細を見る

  • Sequential Structure of Objective Knowledge with an Application to Learning System

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    IPSI Trans. on Internet Research   4 ( 1 )   12 - 17   2008年

     詳細を見る

  • Knowledge structute of chart sequences and its application to learning system

    Yamasaki, S, Sasakura, M

    Proc. of International Conferences on Advances in the Internet, Processing, Systems and Interdisciplinary Research, VIPSI-2007   CD-ROM   2007年

     詳細を見る

  • 状況制約下における並行モジュールのシーケンス構成論

    岩田健一, 笹倉万里子, 山崎進

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   Vol.48 ( SIG 6 (TOM 17) )   43 - 50   2007年

     詳細を見る

  • A framework for adaptive e-learning systems in higher education with information visualization

    Sasakura, M, Yamasaki, S

    Proc. of 11th International Conference on Information Visualization (IV07)   819 - 824   2007年

     詳細を見る

  • 可視化されたデータ依存の分類とその並列化手法への適用

    山口智美, 笹倉万里子, 城和貴

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   2006年

     詳細を見る

  • An interactive environment for generating sequential information

    Sasakura, M, Iwata, K, Yamasaki, S

    Proceedings of Tenth International Conference on Information Visualization(IV06),   2006年

     詳細を見る

  • Picture Script: Visualizing Graphical User Interface Commands for Recycling

    Sasakura, M, Iwata, K, Yamasaki, S

    IPSI Transactions on Advanced Research   2006年

     詳細を見る

  • Reasoning procedure and implementation for logic programs as managing schemes to extract demand

    Yamasaki,S, Iwata,K, Sasakura,M

    IPSI Trans. on Advanced Research   2005年

     詳細を見る

  • Visualization for management of electronics product composition

    Iwata, K, Sasakura, M, Yamasaki,S

    Proc. of 9th International Confernce on Information Visualization IV05   2005年

     詳細を見る

  • A calculus effectively performing event formation with visualization

    Yamasaki, S, Sasakura, M

    Proc. of ISHPC 2005   2005年

     詳細を見る

  • Visualization with hierarchically structured trees for an explanation reasoning system

    Sasakura, M, Yamasaki, S

    Proc. of 8th International Conference on Information Visualisation IV04   2004年

     詳細を見る

  • A Contradiction-Free Proof Procedure with Visualization for Extended Logic Programs

    Yamasaki, S, Sasakura, M

    SSGRR2002(CD-ROM)   2002年

     詳細を見る

  • Towards Distributed Programming Systems with Visualizations Based on Nonmonotonic Reasoning

    Susumu Yamasaki, Mariko Sasakura

    Proc. of SSGRR01   76(CDROM)   2001年

     詳細を見る

  • NaraView: an interactive 3D visualization system for parallelization of programs

    Mariko SASAKURA, Kazuki JOE, Yoshitoshi KUNIEDA, Keijiro ARAKI

    International Journal of Parallel Programming   1999年

  • Naraview : an interactive 3D visualization system for parallelization of programs(共著)

    International Journal of Parallel Programming   27 ( 2 )   111 - 129   1999年

     詳細を見る

  • 並列化用ループ変換のための解析説明システム

    笹倉万里子

    人工知能学会誌   1999年

     詳細を見る

  • NaraView: an interactive 3D visualization system for parallelization of programs

    Mariko Sasakura, Kazuki Joe, Yoshitoshi Kunieda, Keijiro Araki

    International Journal of Parallel Programming   27 ( 2 )   111 - 129   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Kluwer Academic/Plenum Publ Corp  

    For effective use of parallelizing compilers, an interactive environment which allows users to find more parallelism is needed. As the first step towards building such an environment, we have developed a program visualization system named NaraView. In this paper, we describe two visualization methods in NaraView. One is Program Structure View which illustrates the hierarchical loop structure of a given program and suggests which parts of the program can be parallelized. Another is the Data Dependence View which visualizes each data dependence on every variable or array element which is accessed in a specific loop. By using these views, users can easily understand which part of the program can be parallelized further. We also show several examples to demonstrate the efficiency of these methods.

    DOI: 10.1023/A:1018792319452

    Scopus

    researchmap

  • 変数オリエンティッドなデータ依存関係モデルの提案

    笹倉万里子, 城和貴, 國枝義敏, 荒木啓二郎

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   1999年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 音声を活かしたタブレットPCでの失語症に対するリハビリアプリケーション

    第17回IEEE広島支部学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 手や指のジェスチャ操作による日本語入力方法

    ヒューマンインタフェース学会研究会「コミュニケーション支援および一般(SIG-CE-12)」  2015年 

     詳細を見る

  • 横断的読書による知識構造化支援システムの開発

    人工知能学会 SIG-ALST/SIG-ALST  2015年 

     詳細を見る

  • ジェスチャを用いた商品注文システムのインタラクション設計

    第17回IEEE広島支部学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • Web から収集した空間データの視覚化のための一手法

    第22回人工知能学会全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • A Method to Visualize Numerical Data with Geographical Information using Feathered Circles

    NTCIR Workshop 7 Meeting  2008年 

     詳細を見る

  • A method to visualize a huge amount of numerical data using feathered circles

    International Workshop on Super Visualization 2008  2008年 

     詳細を見る

  • 色のぼかしにより疎な数値情報を表示するための一方法

    第21回人工知能学会全国大会  2007年 

     詳細を見る

  • 状況制約下における並行モジュールのシーケンス構成論

    情報処理学会研究報告 2006-MPS-59  2006年 

     詳細を見る

  • プログラミング演習におけるプログラムの評価についての一考察

    情報処理学会システム評価研究会  2005年 

     詳細を見る

  • モードレスドローイングツールの試作

    インタラクション2005 ポスターセッション  2005年 

     詳細を見る

  • An automated reasoning for diagnostic knowledge in a distributed environment

    The International Symbosium on Information and Communication Technologies  2003年 

     詳細を見る

  • An Application of NaraView to Reasonings for Distributed Logic Programs

    PDPTA03  2003年 

     詳細を見る

  • A Three-Dimensional Visualization of Communications in Distributed Program Environments

    7th International Conference on Information Visualization (IV03)  2003年 

     詳細を見る

  • 論理プログラムにおける説明推論過程の視覚化システムの実装

    アクティブマイニング合同研究会  2003年 

     詳細を見る

  • An explanation Reasoning Procedure Applicable to Loop Transformation in Compiler

    ACM ESEC/FSE International Workshop on Intelligent Technologies for Software Engineering WITSE03  2003年 

     詳細を見る

  • ループ内依存関係の視覚的パターン化の試み

    情報処理学会 MPS 研究会  2002年 

     詳細を見る

  • Concentric Circle Diagrams for Visualizing a Reasoning Process on an Extended Logic Program

    PDPTA'02  2002年 

     詳細を見る

  • Classification of Visualized Data Dependence

    PDPTA'02  2002年 

     詳細を見る

  • オイラー図を利用した一般論理プログラムの視覚化法

    第4回ビジュアルデータマイニング(VDM)研究会  2002年 

     詳細を見る

  • A visualization method for knowledge represented by general logic programs

    Fifth International Conference on Information Visualization(IV2001), pp.135-140  2001年 

     詳細を見る

  • Collaboration of Parafrase-2 and NaraView for Effective Parallelization Supports

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, PDPTA'2000, VolumeII, pp.635-641  2000年 

     詳細を見る

  • Intuitive Data Partitioning by a Simple Physical Model and Its Visualization

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, pp.729-735  2000年 

     詳細を見る

  • A Visualization Method for a Universal Intermediate Representation of Parallelizing Compilers

    ICS'99 Workshop1 Scheduling Algorithms for Parallel/Distributed Computing - From Theory to Practice - pp.55-61  1999年 

     詳細を見る

  • Introducing Artificial Neural Networks to Estimate Lower Bounds for a Branch and Bound Based Program Partitioning Algorithm

    ICS'99 Workshop1 Scheduling Algorithms for Parallel/Distributed Computing - From Thorey to Practice - pp.13-20  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 工学倫理 (2021年度) 第4学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 工学倫理 (2021年度) 第4学期  - 火1~2,金5~6

  • 情報工学実験C (ソフトウェア) (2021年度) 第4学期  - 火3,火4,火5,火6,火7,木3,木4,木5,木6,木7

  • 技術英語 (2021年度) 後期  - その他

  • 表現技法1 (2021年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2021年度) 後期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 非手続き型言語 (2021年度) 第1学期  - 火1,火2,金3,金4

  • 工学倫理 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 工学倫理 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 情報工学実験C (ソフトウェア) (2020年度) 第4学期  - 火3,火4,火5,火6,木3,木4,木5,木6

  • 情報工学実験第二 (2020年度) 第4学期  - 火3,火4,火5,火6,木3,木4,木5,木6

  • 技術英語 (2020年度) 後期  - その他

  • 表現技法1 (2020年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2020年度) 後期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 非手続き型言語 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2,金3,金4

  • 非手続き型言語 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2,金3,金4

▼全件表示