2022/11/27 更新

写真a

フジイ マサヒロ
藤井 正浩
FUJII Masahiro
所属
自然科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 大阪大学 )

研究キーワード

  • Tribology of Machine Element

  • Design of Machine Element

  • 機械要素のトライボロジー

  • 機械要素設計

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

経歴

  • - Professor,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • - 岡山大学自然科学研究科 教授

    2004年

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Effect of boron addition on the gear fatigue strength of Fe-Ni-Mo-B-C sintered alloys 査読

    Shigeki EGASHIRA, Tomoyuki ISHIMINE, Tomoyuki UENO, Masahiro FUJII

    Mechanical Engineering Journal   9 ( 1 )   21 - 00303   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Mechanical Engineers  

    DOI: 10.1299/mej.21-00303

    researchmap

  • Effect of Mechanical Surface Treatment and Post-Treatment Polishing on Tensile Strength and Fatigue Life of High-Speed Tool Steel 査読

    2   35 - 60   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Mechanical Surface Treatment and post-Treatment polishing on Tensile Strength and Fatigue Life of High-Speed Tool Steel 査読

    N.Karunathilaka, N.Tada, T.Uemori, J.Sakamoto, R.Hanamitsu, M.Fujii, Y.Omiya, M.Kawano

    International Journal of Peening Science and Technology   2 ( 1 )   35 - 60   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Strength Characterization of Adhesive Joint Surface Treated by Large-area EB Irradiance Condition 査読

    Yuya OMIYA, Kenji TOYOTA, Ryota NAKANISHI, Togo SHINONAGA, Tadashi SHIOTA, Akira OKADA, Masahiro FUJII

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   15 ( 4 )   1 - 10   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jamdsm.2021jamdsm0052

    Web of Science

    researchmap

  • ステンレス鋼基板上に製膜されたシリカコーティング膜の水中トライボロジー特性

    塩見 公, 塩田 忠, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2021.59   05b2   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2021.59.05b2

    CiNii Article

    researchmap

  • 回転角締め付け挙動に及ぼす表面粗さの影響

    玄馬 之善, 大竹 遼平, 両角 由貴夫, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2021.59   04c4   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2021.59.04c4

    CiNii Article

    researchmap

  • 木材由来ナノカーボン材料のゴムへの応用とその機械特性

    彭 履安, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2021.59   03c1   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2021.59.03c1

    CiNii Article

    researchmap

  • レーザピーニングで施したディンプルが摩擦特性に及ぼす影響

    藤井 正浩, 塩田 忠, 大宮 祐也, 河渕 紗英子

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2021.59   05c2   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2021.59.05c2

    CiNii Article

    researchmap

  • Effect of boron addition on the rolling contact fatigue strength of Fe-Ni-Mo-B-C sintered alloys 査読

    Shigeki EGASHIRA, Takashi SEKIYA, Ishimine TOMOYUKI, Tomoyuki UENO, Masahiro FUJII

    Mechanical Engineering Journal   7 ( 3 )   1 - 13   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/mej.20-00057

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Surface Characterization Induced by Fine Shot Peening on Scuffing of Steel Roller 査読

    Y Omiya, M Fujii, H Sekishita, K Ishimoto, A Ueda

    VDI-Berichte   2355   37 - 46   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Improvement of Gear Life and Tribological Properties by Applying DLC Film 査読

    Yoshiharu Utsumi, Masahiro Fujii, Seitaro Takeno, Shinya Fujii, Hideki Moriguchi

    International Tribology Conference Sendai 2019   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effect of Lubrication and Forging Load on Surface Roughness, Residual Stress, and Deformation of Cold Forging Tools 査読

    Nuwan Karunathilaka, Naoya Tada, Takeshi Uemori, Ryota Hanamitsu, Masahiro Fujii, Yuya Omiya, Masahiro Kawano

    Metals   9 ( 7 )   1 - 12   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/met9070783

    Web of Science

    researchmap

  • Influence of Tightening Speed on Rapture of Screw Threads 査読

    Yuya Omiya, Hayaki Kawaguchi, Tadashi Shiota, Masahiro Fujii

    Proceedings of The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology   1 - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Tribological behavior of silicon carbide coatings films for ceramic-on-ceramic artificial joints 査読

    Tadashi Shiota, Miho Akiyama, Daiki Taniya, Yuya Omiya, Toshiyuki Ikoma, Masahiro Fujii

    Proceedings of The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology   1 - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effect of boron addition on mechanical properties of Fe-Ni-Mo-B-C sintered alloys 査読

    Shigeki EGASHIRA, Takashi SEKIYA, Tomoyuki UENO, Masahiro FUJII

    Mechanical Engineering Journal   6 ( 6 )   1 - 11   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/mej.19-00297

    Web of Science

    researchmap

  • ナットのはめ合い状態がねじ部応力分布に及ぼす影響 査読

    大宮祐也,田村直樹,藤井正浩

    圧力技術   56 ( 5 )   259 - 267   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of the Metal Surface Profile to the Sliding properties between Rubber and Metal and Applying that to Wheel Bearing Seals 査読

    Koku Ishida, Masahiro Fujii, Jun Hwi Cho, Kevin Pittel

    SAE Technical Paper   2018-01 ( 1904 )   1 - 6   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Influence of Surface Properties Modified with Fine Shot Peening on Scuffing

    Yuya Omiya, Masahiro Fujii, Ryo Ochiai, Koshi Ishimoto, Akihiro Ueda

    Journal of Surface Engineered Materials and Advanced Technology   8 ( 3 )   58 - 69   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • プラテンを用いた漏えい試験による金属平型ガスケット単体の密封性能評価

    大宮祐也,藤井正浩,柴井裕太

    圧力技術   56 ( 3 )   120 - 127   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Influence of density and nickel content on fatigue strength of powder-forged gears - Comparison with ingot steel and sintered steel

    Masanori Seki, Masahiro Fujii

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems and Manufacturing   11 ( 6 )   449 - 455   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1299/jamdsm.2017jamdsm0073

    Scopus

    researchmap

  • Correlation on Scatter between Torque Coefficient and Bolt Preload in Pipe Flange Connection

    Yuya OMIYA, Masahiro FUJII

    Proceedings of the ASME 2016 Pressure Vessels and Piping Conference   PVP2016-63720   1 - 8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Influence of Density on Fatigue Strength of Sintered and Powder-forged Gears

    Masanori Seki, Masahiro Fujii

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmissions MPT2017 Kyoto   2017   1 - 5   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>In this study, sintered and powder-forged rollers and gears with different densities and nickel contents were fatigue-tested using a roller testing machine and a gear testing machine in order to elucidate their fatigue strength. These experimental results were compared with the results of ingot steel ones. The hardness near the surface of the test specimens with higher nickel content was smaller than that of the other ones. The pores in the sintered rollers became smaller or were disappeared by the hot forging. The fatigue strength of the sintered rollers and gears was the lowest in this experimental range. The fatigue strength of the powder-forged rollers and gears was roughly equivalent to that of the ingot steel ones. The fatigue strength of the test specimens increased as their density increased, and was hardly influenced by the nickel content in this experimental range. It was clear that the fatigue strength of the sintered and the powder-forged rollers and gears was proportional to the hardness at the failure depth for each nickel content.</p>

    DOI: 10.1299/jsmeimpt.2017.05-03

    CiNii Article

    researchmap

  • Influence of Surface Profile Modified with Fine Shot Peening on Scuffing in Rolling-sliding Contact Element

    Masahiro Fujii, Yuya Omiya, Ryo Ochiai, Koshi Ishimoto, Akihiro Ueda

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmissions MPT2017 Kyoto   2017   1 - 5   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Recently, the gear is required of high strength, reliability, and surface damage resistance under severe service condition to achieve the weight saving and downsizing of a product. It is necessary to understand the influence of the surface profile on the scuffing resistance. The shot peening is able to form the arbitrary surface profile with the changes of peening conditions to the metal surface. When the effective surface profile will be found to increase the lubrication property, the metal surface will be obtained with both the surface strength and the surface lubricity. In this paper, the influence of surface profile with the fine shot peening, which is able to form the arbitrary surface profile, on the scuffing resistance in the rolling-slipping contact machine element was investigated. The scuffing test using the two cylinder rolling contact test machine was carried out. The test rollers processed with shot peening were used in the scuffing test.</p>

    DOI: 10.1299/jsmeimpt.2017.07-11

    CiNii Article

    researchmap

  • FEM Analysis on Creep Deformation and Axial Bolt Force Change in Threaded Fasteners at Elevated Temperature

    Y. OMIYA, T. Watanabe, M. FUJII, H. Yamamoto

    Proceedings of the ASME 2016 International Mechanical Engineering Congress & Exposition   1 - 8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Dependence of ph level on tribological effect of graphene oxide as an additive in water lubrication

    A. A. Alias, H. Kinoshita, Y. Nishina, M. Fujii

    International Journal of Automotive and Mechanical Engineering   13 ( 1 )   3150 - 3156   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15282/ijame.13.1.2016.2.0262

    Scopus

    researchmap

  • 鋼球の転がり疲労課程における残留応力変化の観察

    阿野亮介, 藤井正浩, 大﨑浩志

    トライボロジスト   61 ( 6 )   393 - 400   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18914/tribologist.61.6_393

    researchmap

  • Electrical contact resistance performance of precious-metal-electroplated carbon nanotube films under micro loads

    Yusuke Yukiyoshi, Yuma Yokoi, Hiroshi Kinoshita, Masahiro Fujii

    MECHANICAL ENGINEERING JOURNAL   3 ( 5 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Radio frequency-microelectromechanical system (RF-MEMS) switches, which use physical Ohmic contacts, are recently focused for high performance in the high-frequency ranges. Typically, the contact areas of the electrodes in RF-MEMS switches are less than 0.01 mm(2), and they generate just very low normal loads of less than 1 mN. The limited real contact area of the electrodes leads to high electrical contact resistances and wear on the switches. Carbon nanotube (CNT) films, formed with many vertically aligned CNTs on a silicon substrate, are one candidate electrode material for RF-MEMS switches. However, CNT films have a high electrical contact resistance with metals. In this study, precious-metal electroplating (Ag, Au, Pt, Rh, and Cu) on CNT films was performed to decrease the electrical contact resistances of the films and increase their wear resistances. The contact resistances of the electroplated CNT films as a function of normal loads up to 1 mN were measured by phi 2 mm Cu balls. In this study, the Ag-electroplated CNT film with a hydrogen annealing had the lowest electrical contact resistance of 0.10 Omega. Durability experiments of cyclic connection switching were conducted under direct applied voltages of 3 V or 10 V between the films and Cu balls, and with a load of 1 mN for 3 x 10(5) cycles. The electrical contact resistance of the Ag-electroplated CNT film with the hydrogen annealing was stable during this durability experiment.

    DOI: 10.1299/mej.15-00346

    Web of Science

    researchmap

  • Tribological Behavior of Thermally Sprayed WC Coatings under Water Lubrication

    Chaoqun Zhang, Masahiro FUJII

    Materials Sciences and Applications   7   527 - 541   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tribological Properties of graphene oxide as a lubricating additive in water and lubricating oils

    Hiroshi KINOSHITA, Hideki ONO, Aidil Azli ALIAS, Yuta NISHINA, Masahiro FUJII

    Bulletin of the JSME Mechanical Engineering Journal   2 ( 9 )   1 - 7   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/mej.15-00323

    Web of Science

    researchmap

  • Anti-wear effect of graphene oxide in lubrication by fluorine-containing ionic liquid for steel 査読

    Hiroshi KINOSHITA, Masahiro KONDO, Yuta NISHINA, Masahiro FUJII

    Tribology Online   10 ( 1 )   91 - 95   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2474/trol.10.91

    Scopus

    researchmap

  • Tribological properties of diamond nanoparticle additive in water under a lubrication between steel plate and tungsten carbide ball 査読

    Aidil Azli ALIAS, Hiroshi KINOSHITA, Masahiro FUJII

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   9 ( 1 )   1 - 9   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jamdsm.2015jamdsm0006

    Web of Science

    researchmap

  • Tribological Performance of DLC Coatings under Water Lubrication 査読

    Chaoqun ZHANG, Masahiro FUJII

    2015 IFToMM World Congress Taipei, Taiwan   1 - 9   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.6567/IFToMM.14TH.WC.OS18.019

    Scopus

    researchmap

  • Influence of Wettability and Mechanical Properties on Tribological Performance of DLC Coatings under Water Lubrication 査読

    Chaoqun Zhang, Masahiro FUJII

    Journal of Surface Engineered Materials and Advanced Technology   5   110 - 123   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 岡山大学 機械設計学研究室

    藤井 正浩

    トライボロジスト   60 ( 7 )   441 - 442   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    DOI: 10.18914/tribologist.60.07_441

    CiNii Article

    researchmap

  • サンドフィッシュの鱗の微小荷重でのトライボロジー特性(第2 報)- mN荷重のトライボロジー特性-

    木之下博, 政安亮祐, 藤井正浩

    トライボロジスト   59 ( 9 )   577 - 585   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本トライボロジー学会 ; 1989-  

    DOI: 10.18914/tribologist.59.09_577

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 酸化グラフェン分散水のトライボロジー特性

    木之下博, ALIAS A.A., 仁科勇太, 藤井正浩

    日本機械学会機素潤滑設計部門講演会講演論文集   14th (Web)   2014年

     詳細を見る

  • サンドフィッシュの鱗の微小荷重でのトライボロジー特性(第1 報)- 微細構造観察とμ N 荷重のトライボロジー特性-

    木之下博, 政安亮祐, 藤井正浩

    トライボロジスト   58 ( 11 )   832 - 840   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本トライボロジー学会 ; 1989-  

    DOI: 10.18914/tribologist.58.11_832

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Special Issue on ICMDT 2011-Advances in Manufacturing, Machine Design and Tribology Preface

    Fumihiro Itoigawa, Masahiro Fujii, Toshiro Noritsugu, Yukitoshi Ohtani, Tomomi Honda

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING   6 ( 1 )   1 - 1   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    DOI: 10.1299/jamdsm.6.1

    Web of Science

    researchmap

  • Fatigue Strength of Steel Rollers and Gears Treated by Cavitation Peening with SHort Processing Time (A Case of Processing Time of 1 minute and 5 minutes) 査読

    Masanori Seki, Naruto Nishie, Seiya Kozai, Masamitzu Kakuda, Hitoshi Soyama, Akima Naito, Masahiro FUJII

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   6 ( 1 )   33 - 43   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jamdsm.6.33

    Web of Science

    researchmap

  • Tribological Characteristics of DLC Coatings in Vacuum under Sliding Contact

    M.Ananth Kumar, Masahiro FUJII, Takuya FUKUDA

    Journal of Surface Engineered Materials and Advanced Technology   2 ( 1 )   22 - 27   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Reducing the High Frictions on Carbon Nanotube Films by Applying Oscillating Motions under Micronewton Loads 査読

    H Kinoshita, M Kageyama, A A Alias, M FUJII

    Tribology Online   7 ( 4 )   213 - 217   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Tribologists  

    Under micronewton loads, the high frictions on carbon nanotube (CNT) films (with a friction coefficient of 1.7) were decreased to less than the noise level (which was roughly a friction coefficient of 0.05) by applying an oscillating motion to a cantilever on which a sliding ball was glued. This large decrease of the friction coefficient has been never observed in previous studies. The applied oscillating motion caused the twisting and bending oscillations of the cantilever, which applied the lateral and normal oscillating forces to the sliding ball. The friction force decreased with increasing the oscillating amplitudes of the twisting and bending forces, and the frequency dependences of the friction force reduction was observed.

    DOI: 10.2474/trol.7.213

    CiNii Article

    researchmap

  • Influence of DLC Coating Thickness on Tribological Characteristics under Sliding Rolling Contact Condition 査読

    Masahiro Fujii, M. Ananth Kumar, Akira Yoshida

    Tribology International   44 ( 11 )   1289 - 1295   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.triboint.2010.07.005

    Web of Science

    researchmap

  • リバース式差動回転直動変換機構を用いたプレス装置の開発

    清水 一郎, 關 正憲, 松井 崇史, 多田 直哉, 藤井 正浩, 吉田 彰

    設計工学   46 ( 1 )   40 - 47   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本設計工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Life of Steel Rollers Treated by Cavitation Peening and Shot Peening 査読

    Masanori Seki, Hitoshi Soyama, Yuji Kobayashi, Daisuke Gowa, Masahiro FUJII

    Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering   6 ( 11-203 )   126 - 126   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The purpose of this study is to investigate the influence of peening on the rolling contact fatigue (RCF) life of steel rollers. First, steel rollers were treated by three types of peenings to ensure the same surface roughness of peened rollers. One is the cavitation peening (CP) used a cavitating jet in water with an injection pressure of 30 MPa, and the others are the fine particle peening (FPP) with a shot diameter of 0.1 mm and the normal shot peening (NSP) with a shot diameter of 0.3 mm. The surface hardness and the surface compressive residual stress of the steel rollers were increased by all the peenings. In particular, they were most increased by the FPP. On the other hand, the work-hardened depth due to the CP and the NSP was larger than that due to the FPP. As a result of the RCF tests, the RCF lives of the steel rollers were improved by all the peenings, and they were most improved by the NSP. Judging from the pmax - N curves and the [Ay/√3 HV)]max - N curves, the improvement in RCF lives due to the FPP depended heavily on the increase in surface hardness due to that, and the effects of the CP and the NSP on the RCF were equivalent under the same surface roughness and the same surface hardness. It follows from these that the surface treatment condition should be selected according to the rolling contact conditions and the failure modes of machine elements.

    DOI: 10.1299/jmmp.6.478

    CiNii Article

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Life of Case-Hardened Steel Treated by Shot Peenings with Shot Diameters of 0.05 mm and 0.30 mm

    Lei Wang, Guangliang Liu, Masanori Seki, Masahiro Fujii, Qian Li

    Applied Mechanics and Materials   86   645 - +   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMM.86.645

    Web of Science

    researchmap

  • Surface Durability of Powder-Forged Roller Treated by Shot Peening 査読

    Masanori Seki, Masahiro Fujii, Yuji Kobayashi, Masaaki Sato and Akira Yoshida

    Journal of Mechanical Science and Technology   24 ( 1 )   141 - 144   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12206-09-1161-2

    Web of Science

    researchmap

  • Surface Durability of WC/C Coated Case-Hardened Steel Gear 査読

    Masahiro Fujii, Masanori Seki and Akira Yoshida

    Journal of Mechanical Science and Technology   24 ( 1 )   103 - 106   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12206-009-1171-0

    Web of Science

    researchmap

  • Application of Hard Coating into Power Transmission Machine Element -Tribology under Sliding-Rolling Contact Condition-

    Masahiro Fujii

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   55 ( 5 )   329 - 334   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • Friction, wear and surface durability of tungsten carbide/ carbon-coated gear and roller

    Masahiro Fujii, Masanori Seki, Akira Yoshida

    VDI-Berichte   623 - 634   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Investigation into Solidification and Mechanical Properties behavior of Al-Si Casting Alloys

    G.T.Abdel-Jaber, A.M.Omran, Khalil Abdelrazek Khalil, M.Fujii, M.Seki, A.Yoshida

    International Journal of Mechanical & Mechatronics Engineering   10 ( 4 )   34 - 41   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • D値と硬さを考慮したピッチング寿命と面圧強さの評価(機械要素,潤滑,設計,生産加工,生産システムなど)

    吉田 彰, 關 正憲, 藤井 正浩, 福原 健人

    日本機械学会論文集 C編   76 ( 769 )   2325 - 2331   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to examine the effects of the D-value and the hardness on the pitting fatigue life and the surface durability synthetically, data from 38 series of roller tests and 2 series of gear tests which were conducted under a sliding-rolling contact condition with various lubricating oils using various specimens with different hardness of HV170 to HV540 finished by various methods are considered in this paper. It is consequently clarified that the surface durability is proportional to the hardness and this tendency is changed by the surface roughness and the D-value, the relationship between the D-value and the pitting fatigue life N is not absolute with some dispersion even under the same hardness condition, the D-value at endurance limit, i.e., D_<lim> tends to increase as the hardness and the surface roughness increase, and as to an equation of σ_<Hlim>=aD_<lim>^<3.85> between the Hertzian stress at endurance limit σ_<Hlim> and the D_<lim> introduced by the defined equations of the Hertzian stress and the D-value, value of a tends to decrease as the hardness and the surface roughness increase.

    DOI: 10.1299/kikaic.76.2325

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Life of Cavitation-Peened Steel Gear

    Masanori Seki, Hitoshi Soyama, Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    Tribology Online   3 ( 2 )   116 - 121   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society of Tribologists  

    The purpose of this study is to investigate the effect of cavitation peening on the rolling contact fatigue life of steel gears. The steel rollers and gears cavitation-peened under different conditions were fatigue-tested using a roller testing machine and a gear testing machine. After the cavitation peening, the surface hardness and the surface compressive residual stress of the steel rollers and gears were increased. On the other hand, the surface roughness was not increased so much. As a result, the fatigue life of most cavitation-peened rollers and gears was longer than that of the non-peened ones. In particular, the fatigue life was significantly improved by using a modified nozzle for a high-speed water jet to obtain a greater peening effect. It is suggested from these that the cavitation peening is good for the increase in fatigue life of steel gears, because the peening effect is obtained with less increase of the surface roughness.

    DOI: 10.2474/trol.3.116

    CiNii Article

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れ強さと損傷形態に及ぼすクラウニングの影響

    藤井 正浩, Bayasgalan Seesregdorj, 吉田 彰, 濱田 健司, 峯岸 清次, 為永 淳

    日本機械学会論文集. C編   73 ( 728 )   1222 - 1229   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The rolling contact fatigue of crowned rollers made of bearing steel SUJ2 was investigated with a two-roller test machine under a sliding-rolling contact condition with oil lubricant. The nominal crowning radii of the rollers were 110mm, 90mm and 60mm. The roller was mated with a non-crowned roller or a roller with a concave crowning radius of 110mm. The contact pressure and subsurface stress were analyzed with three dimensional FEM. Within the applied load in this experiment no edge loading or minor edge loading occurred in the crowned rollers mated with the non-crowned roller and major edge loading occurred in the crowned rollers mated with the concave crowned roller. In case that no edge loading or minor edge loading occurred, the failure mode of the rollers were pitting caused by surface cracking and the rolling contact fatigue strength evaluated with the normal load increased with increasing crowning radius. In case that the edge loading was great, the failure mode of the rollers tended to be spalling caused by subsurface cracking and the influence of the crowning radius on the rolling contact fatigue strength was little.

    DOI: 10.1299/kikaic.73.1222

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling contact fatigue characteristics of newly developed bearing steel with addition of Si and Mo under quasi-high temperature 査読

    Hiroshi Ohsaki, Ryousuke Ano, Yuji Ohue, Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   52 ( 5 )   373 - 380   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    In order to elucidate the rolling contact fatigue characteristics of the newly developed bearing steel SBS1 principally under the quasi-high temperature, the washer and ball specimens made of SBS1 were tested at a temperature of 403 K and also at non-controlled temperatures under a rolling contact condition using a thrust bearing type rolling fatigue testing machine. This kind of test was performed also by using the conventional bearing steel SUJ2 for the comparison. For discussing these results about the rolling contact fatigue lives of the washers, the microstructural changes of the fatigue-tested washers and balls were observed around the depth where the orthogonal shear stress and the maximum shear stress become maximum. The soaking test was also conducted at a temperature of 453 K using the balls, and the changes of the hardness and the full width at half maximum with the increase of the soaking time was examined. It could be clarified from these investigations that the rolling contact fatigue life of the newly developed bearing steel SBS1 was much longer than that of the conventional bearing steel SUJ2 especially under the quasi-high temperature.

    Web of Science

    researchmap

  • Si およびMo を添加した新軸受鋼の準高温下の転がり疲労特性 査読

    大﨑浩志, 阿野亮介, 大上祐司, 藤井正浩, 吉田 彰

    トライボロジスト   52 ( 5 )   373 - 380   2007年

     詳細を見る

  • Influence of Coating Thickness on Rolling Contact Fatigue of Alumina Ceramics Thermally Sprayed on Steel Roller

    *Masahiro Fujii, Jibian Ma, Akira Yoshida, Sadato Shigemura, Kazumi Tani

    Tribology International   39 ( 11 )   1447 - 1453   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.triboint.2006.01.013

    Web of Science

    researchmap

  • SiおよびMoを添加した新軸受鋼製球の転がり疲労特性 査読

    大崎 浩志, 阿野 亮介, 吉田 彰, 藤井 正浩, 岩崎 克浩

    トライボロジスト = JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   51 ( 9 )   652 - 659   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue of Alumina Ceramics Sprayed on Steel Roller under Pure Rolling Contact Condition

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Jibian Ma, Sadato Shigemura, Kazumi Tani

    Tribology International   39 ( 9 )   856 - 862   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.triboint.2005.07.038

    Web of Science

    researchmap

  • セラミックス溶射ローラの転がり疲れに及ぼす溶射皮膜厚さの影響

    藤井 正浩, 吉田 彰, 石丸 純, 重村 貞人, 谷 和美

    日本機械学会論文集. C編   72 ( 716 )   1354 - 1360   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The influence of the sprayed layer thickness on the rolling contact fatigue of a thermally sprayed alumina ceramics with a nominal composition of Al_2O_3-2.3 mass%TiO_2 was investigated using a two-roller test machine under pure rolling contact condition with oil lubricant. The influence of undercoating of sprayed nickel based alloy on the rolling contact fatigue was also investigated. The thicknesses of the ceramics sprayed layer of the test rollers were 0.2, 0.5 and 1.0mm. The failure mode of the sprayed rollers was spalling caused by subsurface cracking. In case of the sprayed rollers without undercoating, the rolling contact fatigue strength of the rollers with 0.2mm thickness sprayed layer was the smallest. The rolling contact fatigue strength of the sprayed roller with 0.2mm thickness alumina sprayed layer was improved by undercoating. In case that the failure depth was small as compared with the thickness of the sprayed layer, the effect of undercoating on the rolling contact fatigue strength was little. The depths, where the maximum values of subsurface shear stresses occurred, almost corresponded to the observed depths of spalling cracks.

    DOI: 10.1299/kikaic.72.1354

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 多孔質セラミックスを用いた静圧空気ガイドに関する研究 : 第1報 : 静剛性の評価

    藤井 正浩, 吉田 彰, 劉 思健, 正田 圭一, 永塩 久翁, 吉川 正博

    設計工学 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR DESIGN ENGINEERING   41 ( 1 )   48 - 54   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本設計工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 耐摩耗性ステンレス鋼の摩擦・摩耗

    藤井 正浩, 吉田 彰, 三浦 健藏

    日本機械学会論文集. C編   71 ( 704 )   1376 - 1383   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The friction and wear characteristics of newly developed wear resisting stainless steel, which was designed for improving friction and wear characteristics, were investigated with ring-on-disk test apparatuses under oil lubricating condition and non-lubricating condition in air and in vacuum. The friction and wear behaviors were compared with those of JIS SUS420J2 stainless steel. In case under non-lubricating condition in air and in vacuum, both friction coefficient at room temperature and wear amount of the wear resisting stainless steel were smaller than those of SUS420J2. The extent of transference of wear debris was comparatively small in case of the wear resisting stainless steel. In case under oil lubricating condition, the scuffing of the wear resisting stainless steel was hard to progress and the wear amount was also small even after scuffing occurrence. The wear resisting stainless steel had the superior anti-scuffing characteristics.

    DOI: 10.1299/kikaic.71.1376

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Influence of Crowning on Rolling Contact Fatigue of Steel Rollers

    *M.Fujii, A.Yoshida, S.BAYASGALAN, K.Minegishi, J.Tamenaga

    VDI-Berichte   1904   1743 - 1748   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • アルミナセラミックス溶射ローラの転がり疲れ

    藤井正浩, 吉田 彰, 重村貞人, 谷 和美, 幸 賢司

    日本機械学会論文集(C編)   70 ( 699 )   3331 - 3338   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The rolling contact fatigue of a sprayed alumina ceramics with a nominal composition of Al_2O_3-2.3 mass%TiO_2 was studied with a two-roller test apparatus under pure rolling contact condition with oil lubricant. The alumina ceramics was prepared by plasma spray process. The influence of undercoating of sprayed Ni based alloy and surface sealing on the rolling contact fatigue was investigated. The failure mode of all sprayed rollers was spalling caused by subsurface cracking. Neither undercoating nor surface sealing contributed to the improvement of the rolling contact fatigue. The elastic modulus of the alumina sprayed layer evaluated with the nano-indentation method was around 85 GPa. The subsurface shear stresses were calculated with two-dimensional FEM analyses. The maximum values of orthogonal shear stress and maximum shear stress occurred within the spraved layer. The depths of observed subsurface cracks were generally deeper than those of the maxima of shear stresses.

    DOI: 10.1299/kikaic.70.3331

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ピンオンディスク試験による冷間鍛造用金型のトライボロジー特性評価 査読

    三島 進, 吉田 彰, 藤井 正浩, 關 正憲

    トライボロジスト   48 ( 2 )   135 - 142   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トライボロジ-学会  

    Web of Science

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • パンチ押込試験による冷間鍛造用金型のトライボロジー特性評価 査読

    三島 進, 吉田 彰, 藤井 正浩, 關 正憲

    トライボロジスト   48 ( 2 )   143 - 151   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トライボロジ-学会  

    Web of Science

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • スパイラルベベルギヤ鍛造用金型歯面の設計(第2報,金型製作,歯車鍛造と歯面評価について)

    三島 進, 吉田 彰, 藤井正浩, 關 正憲

    設計工学   38 ( 5 )   51 - 58   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本設計工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 高真空無潤滑下における無電解Ni合金めっき歯車の摩擦・摩耗

    藤井正浩, 吉田 彰, 原野智哉, 大前勝禎

    日本機械学会論文集(C編)   69 ( 681 )   1417 - 1424   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    A gear test and a two-cylinder test were carried out under non-lubricating condition in high vacuum to investigate the friction and wear behaviors of electroless Ni based alloy plated gears in vacuum. The gear test results were compared with the two-cylinder test results. Three kinds of electroless Ni based alloy platings and two kinds of composite platings with dispersed particles were employed here. In case of the Ni-P alloy plated gear with dispersed PTEE particles, the wear was almost uniform along the tooth profile and the fluctuation of the dynamic load was small. In cases of the Ni-B alloy plating, the Ni-P-B alloy plating and the Ni-P alloy plating with dispersed BN particles, the wear of the gear pairs was large, while the wear of the cylinders was rather small. Though the wear in the two-cylinder test was much smaller than that in the gear test, the average friction coefficients in both the two tests were almost the same with each other.

    DOI: 10.1299/kikaic.69.1417

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Influence of soft surface modification on rolling contact fatigue strength of machine element

    吉田 彰,*藤井正浩

    Tribology International   35 ( 12 )   837 - 847   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0301-679X(02)00068-3

    Web of Science

    researchmap

  • Scuffing Characteristics of Wear Resisting Steel and Steel with Surface Modification Treatment 査読

    Kenzo Miura, Tetsuo Komoda, Takashi Kuwada, Akira Yoshida, Masahiro Fujii

    Bulletin of the Marine Engineering Society in Japan   2002年

     詳細を見る

  • Tribological Performance of Electroless Ni Alloy Plated Stainless Steel Gears in High Vacuum

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii, Tomoki Harano

    VDI-BERICHTE   1665   967 - 979   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • 耐摩耗性鋼および表面改質処理材のスカッフィング特性

    三浦健藏, 薦田哲男, 桑田隆司, 吉田 彰, 藤井正浩

    日本マリンエンジニアリング学会誌   36 ( 4 )   31 - 37   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本マリンエンジニアリング学会  

    DOI: 10.5988/jime.36.225

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Machine Design and Tribology Laboratory, Okayama University 査読

    A Yoshida, M Fujii, M Seki, T Harano

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   44 ( 8 )   621 - 621   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • 水潤滑セラミックス軸受のトライボロジー

    藤井 正浩, 吉田 彰

    トライボロジスト   42 ( 8 )   619 - 624   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トライボロジ-学会  

    Web of Science

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Bulk temperature rise of working tooth flanks in spur gears.

    OBATA Fumio, FUJITA Komei, FUJII Masahiro

    JSME international journal   30 ( 260 )   337 - 343   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    The bulk temperature rise was studied when a moving heat source with variational heat quantity was applied repeatedly at regular intervals to the surface of an isotropic and homogeneous rectangular shaped body used as a model of a spur gear tooth. The effect of radiation at the inner surface of a boss on the bulk temperature rise is reduced as the distance between the inner surface of the boss and the working tooth flank is increased. The bulk temperature rise is almost inversely proportional to the heat supply interval. The size of the heat supply region and the moving direction of the heat source scarcely affect the bulk temperature rise. in a |νν^-| range of not less than 1000, the bulk temperature rise is not affected by the moving velocity of the heat source, and the approximate bulk temperature rise can be obtained by dividing the temperature rise of the working tooth flank due to a stationary heat source by the number of teeth.

    DOI: 10.1299/jsme1987.30.337

    CiNii Article

    researchmap

  • Scoring in spur gear pairs. Increase in scoring load capacity due to tooth profile wear on the approach side.

    OBATA Fumio, FUJITA Komei, FUJII Masahiro, MATSUDA Hiroshi, MATSUO Kohei

    JSME international journal   30 ( 265 )   1144 - 1151   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    The influence of tip interference on scoring load capacity was studied using gears having tooth profile wear due to scoring on the approach side. The results were compared with those obtained with gears having no profile wear from the viewpoints of scoring load and scoring temperature, taking the lubrication state on the working flank into consideration. The tip interference on the approach side should be reduced because, unlike on the recess side, it diminishes the scoring load capacity. In the mixed lubrication state, the working flank bulk temperature is suitable as an index for calculating the scoring load capacity of a spur gear pair. The scoring temperature on the cylinder just before seizure in two-cylinder tests, provided that the specific sliding and the sliding velocity at the end of gear meshing are taken into account.

    DOI: 10.1299/jsme1987.30.1144

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 国際会議論文抄録集 International Gear Conference 2018

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC275歯車装置の設計・製造・評価に関する技術革新のための調査研究分科会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 International Conference on Gears

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC275歯車装置の設計・製造・評価に関する技術革新のための調査研究分科会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御

    ( 担当: 共著)

    テクノシステム  2018年  ( ISBN:9784924728806

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • Elucidation and Control of Tribology by Numerical Simulation and Surface Analysis

    2018年  ( ISBN:9784924728806

     詳細を見る

  • 国際会議論文抄録集 International Conference on Gears 2015 & ASME2015 Power Transmission and Gearing Conference

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC268歯車装置に対する設計・製造及び評価に関する革新的技術探究の調査研究分科会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 International Gear Conference

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC261歯車装置の設計・製造・評価における技術の高度化に関する調査研究分科会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 VDI International Conference on Gears

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC261歯車装置の設計・製造・評価における技術の高度化に関する調査研究分科会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 11th ASME International Power Transmission and Gearing Conference

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC251次世代伝動装置のための超高強度歯車の設計,製造,および材料評価技術に関する調査研究分科会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 IFToMM World Congress in Mechanism and Machine Sciences 13th World Congress

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC251次世代伝動装置のための超高強度歯車の設計,製造,および材料評価技術に関する調査研究分科会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 2010 VDI International Conference on Gears

    藤井正浩( 担当: 共著)

    日本機械学会RC241歯車装置のさらなる高性能と高機能実現のための設計・製造技術調査研究分科会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • アクチュエータが未来を創る

    ( 担当: 共著)

    産業図書  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 機械要素設計

    吉田, 彰, 藤井, 正浩( 担当: 共著)

    日本理工出版会  2011年  ( ISBN:9784890196265

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 242p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 ASME Power Transmission and Gearing Conference & The 3rd International Conference on Power transmissions

    藤井正浩(他20名)( 担当: 共著)

    日本機械学会RC241歯車装置のさらなる高性能と高機能実現のための設計・製造技術調査研究分科会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions (MPT2009)

    *藤井正浩,他74名( 担当: 単著)

    日本機械学会RC241 歯車装置のさらなる高性能と高機能実現のための設計・製造技術調査研究分科会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集10th ASME International Power Transmission and Gearing Conference(PTG)

    *藤井正浩,他28名

    日本機械学会RC230 歯車装置の使用範囲拡大のための設計・製造技術に関する調査研究分科会  2008年 

     詳細を見る

  • マイクロ・マクロ表面形状を考慮した伝動トライボ要素の表面強さの評価と検証

    吉田, 彰, 藤井, 正浩, 關, 正憲, 大上, 祐司

    吉田彰  2007年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 1, 13, 17, 13, 41, 2p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集 The 12th World Congress in mechanism and Machine Science (IFToMM2007)

    *藤井正浩,他15名

    日本機械学会RC230 歯車装置の使用範囲拡大のための設計・製造技術に関する調査研究分科会  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:31-34  

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックスを用いた高剛性・高機能制圧空気ガイドの開発に関する研究

    藤井, 正浩

    藤井正浩  2006年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 微細粒子分散による表面改質皮膜の高機能化に関する研究

    藤井, 正浩

    藤井正浩  2004年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集MPT-2001-Fukuoka, The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions

    *藤井正浩( 担当: 共訳 ,  範囲: 非線形パラメトリックモデルを用いた浸炭歯車材の表面強さに関するR-S-N曲線の構築 ほか2)

    RC-184歯車装置の次世代設計・製造技術調査研究分科会  2002年 

     詳細を見る

    担当ページ:35,39,102  

    researchmap

  • 国際会議論文抄録集VDI International Conference on Gears

    *藤井正浩( 担当: 共訳 ,  範囲: 鋼性ピニオンとプラスチック製ホイールを組合わせたねじ歯車の負荷容量 ほか2)

    RC-184歯車装置の次世代設計・製造技術調査研究分科会  2002年 

     詳細を見る

    担当ページ:45,53,57  

    researchmap

  • 高温真空環境下における高機能表面改質機械要素のトライボ性能評価

    藤井, 正浩

    藤井正浩  2001年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:28p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 人工股関節嵌合部の耐摩耗性向上を目指したアルミナージルコニア複合材コーティング

    塩田忠, 愛原蒼平, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2022   2022年

     詳細を見る

  • ボロン添加液相焼結歯車の開発

    江頭繁樹, 伊志嶺朝之, 上野友之, 藤井正浩

    粉体粉末冶金協会講演大会(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • Siを含む有機無機ハイブリッド膜の水中での摩擦摩耗特性

    塩田忠, 山本剛史, 塩見公, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 金属平型ガスケット表面の微細観察に基づく微小漏えいメカニズムの考察

    林大雅, 大宮祐也, 塩田忠, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 回転角締め付け挙動に及ぼす表面粗さの影響

    玄馬之善, 大竹遼平, 両角由貴夫, 大宮祐也, 塩田忠, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   59th   2021年

     詳細を見る

  • アルミナセラミックスの破壊に伴う発光現象の高速時間分解計測

    塩田忠, IM Mingyun, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 炭化ケイ素コーティングによる生理食塩水中の摩擦特性の向上

    塩田忠, 谷家大樹, 竹中優加, 石井良助, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 木材由来ナノカーボン材料のゴムへの応用とその機械特性

    PENG Lyuan, 大宮祐也, 塩田忠, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   59th   2021年

     詳細を見る

  • レーザピーニングで施したディンプルが摩擦特性に及ぼす影響

    藤井正浩, 塩田忠, 大宮祐也, 河渕紗英子

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   59th   2021年

     詳細を見る

  • ステンレス鋼基板上に製膜されたシリカコーティング膜の水中トライボロジー特性

    塩見公, 塩田忠, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   59th   2021年

     詳細を見る

  • 表面テクスチャリングが接着継手強度に与える影響

    豊田健二, 大宮祐也, 中西亮太, 塩田忠, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   58th   2020年

     詳細を見る

  • ねじ締結速度がグリース潤滑されたねじ面の損傷に及ぼす影響

    川口隼己, 大宮祐也, 塩田忠, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   58th   2020年

     詳細を見る

  • レーザピーニングが浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼす影響

    影山大恩, 河渕紗英子, 塩田忠, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   58th   2020年

     詳細を見る

  • ボルト軸力にばらつきを有する管フランジ締結体の漏えい特性

    ZHU Wanyu, 大宮祐也, 塩田忠, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   58th   2020年

     詳細を見る

  • 炭化ケイ素の水潤滑しゅう動における低摩擦状態の発現に及ぼす摩擦帯電の影響

    XIAO Jiaxin, 塩田忠, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   58th   2020年

     詳細を見る

  • 3次元FEMを用いたねじ締結体締付け時の力学挙動解析

    両角由貴夫, 玄馬之善, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM)   2019   2019年

     詳細を見る

  • テクスチャリング付与と表面改質を併用した接着継手の強度信頼性に関する研究

    豊田健二, 大宮祐也, 篠永東吾, 岡田晃, 藤井正浩

    日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 木材由来の酸化ナノカーボンを用いたSBRゴムの補強

    河元広樹, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   57th   2019年

     詳細を見る

  • 被締結物がクリープするねじ締結体の変形解析とボルト軸力低下について

    両角由貴夫, 増田大貴, 玄馬之善, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 被締結物がクリープ変形するねじ締結体における軸力低下に及ぼす平座金の効果

    増田大貴, 大宮祐也, 両角由貴夫, 藤井正浩, 玄馬之善

    日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 木材由来ナノカーボン分散水潤滑下におけるポリアセタールのトライボロジー特性

    中植大介, 大宮祐也, 藤井正浩, 木之下博

    日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2018   2018年

     詳細を見る

  • 木材由来酸化ナノカーボン-ZnDTP複合添加潤滑油の摩擦特性に及ぼす面圧とすべり速度の影響

    西崎僚太, 大宮祐也, 藤井正浩, 木之下博

    日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2018   2018年

     詳細を見る

  • 締結時におけるRJG付き大口径管フランジ締結体のボルト軸力挙動

    大宮祐也, 藤井正浩, 真鍋和暉, ZHU Wanyu

    日本機械学会機素潤滑設計部門講演会講演論文集   18th   2018年

     詳細を見る

  • 面接触摺動下における木材由来カーボン添加グリースのトライボロジー特性

    谷家大樹, 大宮祐也, 藤井正浩, 塩田忠

    日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2018   2018年

     詳細を見る

  • ねじ込みボルト締結体のクリープによる軸力低下(被締付物およびめねじ部材の影響)

    渡邉忠俊, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 鋼ローラのスカッフィングに及ぼす微粒子ショットピーニングの影響

    関下裕伸, 藤井正浩, 大宮祐也, 石本興史, 上田朗弘

    日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2018   2018年

     詳細を見る

  • ボルト締結体における被締結部材の材料特性が座面陥没量に及ぼす影響

    川口隼己, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2018   2018年

     詳細を見る

  • 異種材料の摩擦撹拌点接合の熱的挙動に及ぼす加圧力及び回転数の影響

    冨岡俊介, 大宮祐也, 西口勝也, 島田聡子, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 樹脂の摩擦・摩耗に及ぼす添加した酸化ナノカーボンの形状と濃度の影響

    河元広樹, 行好祐介, 大宮祐也, 藤井正浩, 木之下博

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • ブロックオンリングおよび四球摩擦試験を用いた酸化ナノカーボンと他添加剤との併用効果の解明

    西崎僚太, 小野秀樹, 大宮祐也, 藤井正浩, 木之下博

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 高温流体を密封した配管接合部の漏えい量変化

    石堂謙汰, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 被締結物のクリープによるねじ締結体のボルト軸力低下

    両角由貴夫, 増田大貴, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 潤滑油における酸化ナノカーボンと他添加剤との併用効果-往復動摩擦試験での添加濃度の影響-

    杉峯健太, 中植大介, 大宮祐也, 藤井正浩, 木之下博

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 転動疲労挙動に及ぼす潤滑油への酸化ナノカーボン分散の影響-表面粗さの変化と寿命への影響-

    竹本和樹, 菊地大樹, 大宮祐也, 藤井正浩, 神田信, 栃木弘, 木之下博

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 313 接触表面に圧痕を有する鋼ローラの転がり疲れ(機素潤滑設計III)

    藤井 正浩, 草平 啓一

    講演論文集   2016 ( 54 )   "313 - 1"-"313-3"   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 315 炭化ケイ素の油中摩擦摩耗に及ぼす表面状態の影響 : 水中で予備摺動された表面による結果(機素潤滑設計III)

    藤井 正浩, 藤坂 悠

    講演論文集   2016 ( 54 )   "315 - 1"-"315-3"   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 306 レーザピーニングした浸炭硬化鋼の転動疲労寿命(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 安倍 慎一郎, 小林 祐次, 辻 俊哉, STAN Bovid

    講演論文集   2016 ( 54 )   "306 - 1"-"306-3"   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 表面改質による歯車の摩擦低減および表面強度の向上

    藤井正浩

    機械技術   64 ( 9 )   25 - 29   2016年

     詳細を見る

  • 面圧強度評価の試験機,試験法

    藤井正浩

    トライボロジスト   61 ( 2 )   116 - 119   2016年

  • 歯車の表面熱処理・表面改質による高強度化技術

    藤井正浩

    月刊トライボロジー   30 ( 351 )   34 - 36   2016年

     詳細を見る

  • トルク法を用いた多数ボルト締結体の締付け挙動

    大宮祐也, 藤井正浩

    日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2016   2016年

     詳細を見る

  • 温度変動における小口径管フランジ締結体のボルト軸力変化

    石堂謙汰, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会関東支部・精密工学会山梨講演会講演論文集(CD-ROM)   2016   2016年

     詳細を見る

  • 温度変化を受ける異種材ねじ締結体の変形および応力解析(多数ボルト締結体の場合)

    両角由貴夫, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2016   2016年

     詳細を見る

  • GS0104-201 高圧力作用下における金属ガスケット単体の密封性能試験および応力解析

    柴井 裕太, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    M&M材料力学カンファレンス   2015   "GS0104 - 201-1"-"GS0104-201-3"   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In order to examine the sealing mechanism of a connection with a metal gasket, the sealing test according to JIS B2490 and FEM analysis were carried out. The dimensions of platen used in the test are according to JIS B 2490 and the metal gasket types are chosen as metal flat and ring joint gasket. The material of the gaskets was aluminum. The ring joint gasket types are chosen as octagonal and oval. The effect of internal pressure on the sealing performance of connection with the metal flat gaskets was measured. The relationship between the gasket compression stress and amount of leakage through inter faces on the metal flat gasket was obtained. And also, the relationship between compression load and amount of leakage through inter faces on the ring joint gaskets was obtained. The von Mises stress distributions on the interface on the metal gaskets were calculated using FEM. Using the results of sealing test and FEM, it was suggested that the sealing performance was improved, when the von Mises stress more than the gaskets material of the yield stress adequately. Furthermore, it was suggested experimentally that the ratio of the maximum of von Mises stress in the gaskets material of yield stress was 1.015.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 509 トルク法による管フランジ締結体のボルト初期締付け力とトルク係数のばらつき

    大宮 祐也, 板野 光司, 藤井 正浩, 芳井 大治

    山梨講演会講演論文集   2015   146 - 147   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 510 ボルト初期締付け力のばらつきが管フランジ締結体の微小漏えいに及ぼす影響

    大宮 祐也, 板野 光司, 藤井 正浩

    山梨講演会講演論文集   2015   148 - 149   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 502 ねじのはめあい長さがボルト締結体のねじ部における応力分布に及ぼす影響

    田村 直樹, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    山梨講演会講演論文集   2015   132 - 133   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 305 キャビテーションピーニングを施した鋼ローラの疲労寿命に及ぼす表面性状の影響(機素潤滑設計I)

    永橋 優太, 關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩

    講演論文集   2015 ( 53 )   "305 - 1"-"305-2"   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 304 調質鋼ローラの転がり疲れに及ぼす人工表面欠陥の影響(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 渡辺 悠太

    講演論文集   2015 ( 53 )   "304 - 1"-"304-2"   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 102 管フランジ締結体におけるボルト初期軸力のばらつきを考慮した漏えい量基準の締付トルク設計法(材料力学I)

    板野 光司, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    講演論文集   2015 ( 53 )   "102 - 1"-"102-2"   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 306 溶射皮膜の水潤滑下における摩擦・摩耗挙動(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 三好 勝也, 張 超群

    講演論文集   2015 ( 53 )   "306 - 1"-"306-2"   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 粉末焼結および粉末鍛造歯車の疲労強度

    關正憲, 藤井正浩

    日本設計工学会誌設計工学   50 ( 6 )   25 - 30   2015年

     詳細を見る

  • Fatigue Strength of Powder-Sintered and Powder-Forged Gears

    50 ( 6 )   25 - 30   2015年

     詳細を見る

  • S1130106 温度変化を受ける異種材ボルト締結体の変形および応力解析

    両角 由貴夫, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    年次大会   2015   _S1130106 - -_S1130106-   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Recently it is important to reduce the car weight for fuel consumption improvement. One of the solutions is to exchange materials from steel to light weight materials. In this case, the bolted joints with dissimilar materials sometimes are needed. When temperature change occurs on the bolted joints, expansions of two clamped parts are different due to different coefficient of linear thermal expansion. And that causes the sliding force on the contact surface between two clamped parts. In this study, the deformations and the stress distributions under temperature change are analyzed by FEM for the bolted joints that consist of the rectangular aluminum plate, the steel plate and two bolts. Finally, comparisons in the sliding force between the simplified calculations by the spring models and FEM analyses are conducted for several dimensions of the plates.

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2015._S1130106-

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 粘弾性材料の摩擦特性に及ぼすレーザーテクスチャリングの効果

    藤井正浩, 石田幹久, 大宮祐也, 石田浩規

    日本設計工学会中国支部講演論文集   ( 32 )   2015年

     詳細を見る

  • ボルト締結体のねじ谷底における応力分布にボルト呼び径が及ぼす影響

    田村直樹, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2015   2015年

     詳細を見る

  • 高圧力作用下における金属平型ガスケットの微小漏えい量特性

    柴井裕太, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本設計工学会中国支部講演論文集   ( 32 )   2015年

     詳細を見る

  • 652 ボルト軸力のばらつきが内圧作用下の非石綿ガスケット付き管フランジ締結体の密封性能に及ぼす影響

    大宮 祐也, 板野 光司, 藤井 正浩

    山梨講演会講演論文集   2014   161 - 162   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2A1-P01 差動型回転直動変換機構を組み込んだプレス加工機の位置決め性能(アクチュエータの機構と制御(1))

    關 正憲, 乙武 慶樹, 櫻井 俊輔, 清水 一郎, 藤井 正浩

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014   "2A1 - P01(1)"-"2A1-P01(4)"   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Press machine with a differential rotary to linear conversion mechanism was manufactured in order to evaluate the positioning performance of a punch. This differential rotary to linear conversion mechanism consisted of two rotary shafts, a rotation/translation shaft, three spur gears and a connecting block. A punch was attached to the end of the rotation/ translation shaft. In the positioning accuracy test of the punch, the positioning accuracy of the press machine was equivalent to that of the feed screw mechanism with a ball screw. In the input-output characteristics test, the press machine had superior input-output characteristics compared with the feed screw mechanism. Lastly, V bending work could be done by the press machine developed in this study.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カーボンナノチューブ薄膜への各種貴金属めっきとそれらの微小荷重での接触電気抵抗値測定

    鈴木大介, 小野祥平, 横井悠馬, 木之下博, 藤井正浩

    日本機械学会機素潤滑設計部門講演会講演論文集   14th (Web)   2014年

     詳細を見る

  • 2203 歯面研削仕上げ後に浸炭硬化した歯車の面圧強さ(OS-02 歯車の強度/OS-03 歯車の材料・熱処理・表面処理)

    日出 桂太, 藤井 正浩, 關 正憲, 丸尾 昌司, 木村 幸彦, 堀本 雅之, 牧野 泰三

    MPTシンポジウム伝動装置講演論文集 : JSME Symposium on Motion and Power Transmissions   2013   268 - 272   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Because of light weight and high power of transmission, carburized and quenched gears are used as power transmission gear. Surface durability of carburized and quenched gears has been related with their tooth surface properties. The influence of abnormal carburized layer on the surface durability, however, has not been clarified. In this study, tested pinions were of two types: gear carburized and quenched after grinding, and gears carburized and quenched before grinding with two different surface roughness. In case of gears with equivalent surface roughness, the surface durability of the gear with abnormal carburized layer was longer than or almost the same as those without abnormal carburized layer. This would be because the abnormal carburized layer at the edge of tooth surface was worn during the fatigue tests.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2204 浸炭硬化歯車の疲労強度に及ぼす歯面形状の影響(OS-02 歯車の強度/OS-03 歯車の材料・熱処理・表面処理)

    關 正憲, 藤井 正浩, 日出 佳太

    MPTシンポジウム伝動装置講演論文集 : JSME Symposium on Motion and Power Transmissions   2013   273 - 277   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In order to investigate the influence of tooth surface form on fatigue strength of steel gears, the case-hardened steel gears with non-ground tooth surfaces, ground tooth surfaces and crowned ground tooth surfaces were fatigue-tested using a gear testing machine. In the fatigue tests, the surface failure of the gear with a crown radius of 300 mm started to occur in the center of the tooth surfaces, and that of the gears with non-ground and ground tooth surfaces started to occur at the edge of the tooth surfaces. The fatigue strength using Hertzian contact stress of the gear with a crown radius of 300 mm was the highest, followed by those of the gear with ground tooth surfaces, the gear with a crown radius of 600 mm and the gear with non-ground tooth surfaces. On the other hand, the fatigue strength using normal load of the gear with ground tooth surfaces was the highest, and those of the other gears were almost the same. Therefore, it was found that the fatigue strength using Hertzian contact stress of the steel gears depends heavily on a crown radius of tooth surface, and that using normal load has little influence on it in this experimental range.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • J111014 酸化グラフェン分散水による摩擦減少効果 : 摺動材料による影響(〔J111〕摩擦・磨耗制御のための材料及び表面改質)

    アイディル アズリ アリアス, 仁科 勇太, 木之下 博, 藤井 正浩

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "J111014 - 1"-"J111014-4"   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The problems of oil lubricants in waste and maintenance management are crucial for cost and environment. Water with less harmful to environment is suitable as a candidate lubricant to replace oil lubricants. However, water is lack of viscosity, which leads to high friction and severe wear between the sliding materials. Graphene Oxide (GO) is single layer graphite with oxygen functional groups and easy to be dispersed in water. In this study, the effect of friction reduction by water dispersed GO has been evaluated with different sliding materials. The friction coefficients between SUS304 substrate vs. SUS304 ball and SUS304 substrate vs. tungsten carbide (WC) ball were approximately 0.05. Severe wear was apparent on the SUS304 ball surface slid in the GO dispersion; however, only small wear was observed on the WC ball surface after friction test in the GO dispersion.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • S112031 ショット粒径0.05mmのショットピーニングによる軸受鋼の転動疲労寿命向上([S112-03]伝動装置の基礎と応用(3))

    北條 裕也, 關 正憲, 池田 丈明, 張 超群, 山西 利幸, 西澤 誠二, 藤井 正浩

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "S112031 - 1"-"S112031-5"   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In order to investigate shot peening on rolling contact fatigue lives of bearing steel, fatigue tests were performed with a thrust testing machine and a roller testing machine. The disks and rollers were treated by shot peening with a shot diameter of 0.05mm. The surface hardness and the surface compressive residual stress of the test specimens were increased by the shot peening. The rolling contact fatigue lives of the test specimens treated by the shot peening were longer than that of the non-peened test specimens. The rolling contact fatigue lives of the disk specimens were improved by the increase in surface hardness due to the shot peening.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • J111013 ナノダイヤモンド分散水の摩擦減少効果の摺動材料による影響(〔J111〕摩擦・磨耗制御のための材料及び表面改質)

    原田 浩貴, 木之下 博, 藤井 正浩

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "J111013 - 1"-"J111013-4"   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Water lubrication, which uses water as lubricating fluid, has many advantages such as cost, environment, high thermal conductivity, and so on. However water has low lubricating property for steel materials. In this study, tribological property of nanodiamond, which is a few nanometer size diamond, as a water-based lubricant additive has been investigated between SUS304 ball -SUS304 plate and sintered tungsten carbide (WC) ball - SUS304 plate. It has found that adding nanodiamond in water can notably improve the water lubrication property such as the very low friction coefficient for the WC ball-SUS304 plate friction and low wear on the WC ball. However, friction forces and wears for the SUS304 ball-SUS304 plate was increased by adding nanodiamond.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • J111011 高濃度ナノダイヤモンド含有無電解ニッケルめっき複合膜の合成とそのトライボロジー特性(〔J111〕摩擦・磨耗制御のための材料及び表面改質)

    田口 明徳, 木之下 博, 藤井 正浩

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "J111011 - 1"-"J111011-4"   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In this study, nanodiamond (ND)-electroless Ni plating composite coating was synthesized for high wear resistance and low friction. The ND-Ni plating composite coating was prepared from electroless Ni plating solution dispersing diamond nano particle (DNP) on S50C substrate. Heat treatment to increase hardness of electroless Ni plating was conducted in this coating. Tribological properties of the ND-Ni plating composite coating was investigated under three lubricant conditions (no lubrication, water lubrication and 1wt.% DNP dispersion). Under the DNP dispersion, the friction coefficient of ND-Ni plating composite film and Ni plating coating were lower than other conditions. Severe wears after the friction tests were observed on the ND-Ni plating composite coating under no lubrication, however only small protrusion of the composite film tested under the DNP dispersion was worn.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • J112033 カーボンナノチューブ含有複合めっきの合成と微小荷重領域における接触電気抵抗測定([J112-03]マイクロナノ理工学:nmからmmまでの表面制御とその応用(3))

    横井 悠馬, 木之下 博, 藤井 正浩

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "J112033 - 1"-"J112033-4"   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Next generation wireless communication will be required to use in high frequency range (3-5 GHz), however semiconductor switch isn't having enough performance in the high frequency range. Radio Frequency-Micro Electro Mechanical Systems (RF-MEMS) switch (small mechanical switch) is recently focused for high performance in the high frequency range. There are problems of durability and adhesion on the contact materials of this device. Carbon nanotube (CNT) film has good wear resistance, very low adhesion and very low electrical resistance which are very useful to RF-MEMS switch. On the other hand, CNT film shows high electrical contact resistance. We attempted synthesis of metal plating on CNT film as reducing method of electrical contact resistance in this study. Fiber structure was observed in composite plating CNT film. Electrical resistance of the composite materials were 520.6Ωm measured by four probe method, and electrical contact resistance was about 3Ω with a load of 5mN by two probe method.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 409 浸炭硬化歯車のピッチング強さに及ぼす表面性状の影響

    關 正憲, 丸尾 昌司, 日出 桂太, 木村 幸彦, 堀本 雅之, 牧野 泰三, 藤井 正浩

    講演論文集   2013 ( 51 )   "409 - 1"-"409-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 505 カーボンナノ材料を含んだ無電解ニッケルめっき複合膜の開発

    大嶋 隆史, 田口 明徳, 木之下 博, 藤井 正浩

    講演論文集   2013 ( 51 )   "505 - 1"-"505-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 415 粘弾性材料の摺動特性に及ぼす表面粗れの影響

    藤井 正浩, 横山 武久, 國富 裕太, 石田 浩規

    講演論文集   2013 ( 51 )   "415 - 1"-"415-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 414 873K までの高温環境下における固体潤滑剤の摩耗寿命

    藤井 正浩, 佐々木 友昭

    講演論文集   2013 ( 51 )   "414 - 1"-"414-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 416 水潤滑下における硬質被膜のトライボ性能評価

    藤井 正浩, 張 超群, 片岡 敦行

    講演論文集   2013 ( 51 )   "416 - 1"-"416-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 405 表面に欠陥を有する綱ローラの転がり疲れ挙動

    藤井 正浩, 北條 竜太

    講演論文集   2013 ( 51 )   "405 - 1"-"405-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 506 カーボンナノチューブ薄膜の振動入力による摩擦低減法 : マイクロニュートン荷重における荷重依存性

    蔭山 正敏, 木之下 博, 横井 悠馬, 藤井 正浩

    講演論文集   2013 ( 51 )   "506 - 1"-"506-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 504 バイオミメティクスの観点からの生体鱗のマイクロトライボロジーメカニズム解明

    政安 亮祐, 木之下 博, 藤井 正浩

    講演論文集   2013 ( 51 )   "504 - 1"-"504-2"   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 404 ピーニングを施した浸炭硬化ローラの疲労過程における表面性状の変化

    關 正憲, 市原 大士, 永橋 優太, 祖山 均, 小林 祐次, 後和 大輔, 藤井 正浩

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2013 ( 51 )   _404 - 1_-_404-2_   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2013.51._404-1_

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • S111035 歯面への異物かみ込み状態の弾塑性解析

    藤井 正浩, 乾 龍馬

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012   "S111035 - 1"-"S111035-4"   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Foreign object damage is attributed to dents formed by foreign objects such as debris and wear particles. It is important to clarify the behaviors of dent formation and stresses on contact surfaces in order to investigate the influence of foreign object damage on surface durability. Plastic deformation and formation of crown shape dent on contact surface were analyzed with elasto-plastic FEM analysis. A semispherical foreign object with a diameter of lOOμm was pressed against an elastic-perfectly plastic solid surface with a yield stress of 800 MPa or 1600 MPa Dent formation, crown height, contact pressure, and subsurface stress calculated with rigid foreign object were compared with those with elastic-perfectly plastic one.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2305 ミリニュートン荷重下におけるカーボンナノチューブ薄膜とベアリング球とのトライボロジー特性(トライボロジー(1),一般講演)

    大嶋 隆史, 戸田 幸介, 木之下 博, 藤井 正浩

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2012 ( 12 )   169 - 170   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    本研究では,CNT薄膜とSUJ2球を用いてミリニュートン荷重下で摩擦摺動試験を行った.その結果,CNT薄膜の摩擦挙動は,摺動初期に摩擦係数が高い値を示すが,直ちに下がり始め定常状態になる傾向があった.また,CNT薄膜の凝着力はほとんど検出されなかった.試験後のCNT薄膜の表面形状をレーザー顕微鏡を用いて観察した結果,摺動痕が形成されているのが確認でき,荷重を増すごとに深くなっていった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 504 キャビテーションピーニングによる鋼歯車の加工硬化と疲労寿命の関係(機素潤滑設計I)

    關 正憲, 角田 将光, 祖山 均, 内藤 暁馬, 藤井 正浩

    講演論文集   2012 ( 50 )   50401 - 50402   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 514 プラズマCVD法によるDLC被膜の真空無潤滑下における摩擦摩耗挙動(機素潤滑設計III)

    藤井 正浩, 福田 拓哉, M. Ananth Kumar, 金山 祥生

    講演論文集   2012 ( 50 )   51401 - 51402   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 506 クラウニング歯面を有する浸炭硬化歯車の疲労寿命(機素潤滑設計I)

    關 正憲, 野田 大輔, 西岡 真吾, 藤井 正浩

    講演論文集   2012 ( 50 )   50601 - 50602   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 513 水潤滑下におけるDLC膜の摩擦・摩耗挙動(機素潤滑設計III)

    藤井 正浩, 藤原 大輔, 板野 光司

    講演論文集   2012 ( 50 )   51301 - 51302   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 516 差動型回転直動変換機構を用いた重量物の位置決めに関する研究(機素潤滑設計III)

    關 正憲, 乙武 慶樹, 松崎 敦史, 清水 一郎, 藤井 正浩

    講演論文集   2012 ( 50 )   51601 - 51602   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ピーニング処理した鋼歯車の疲労強度

    關 正憲, 藤井 正浩

    設計工学   47 ( 1 )   22 - 27   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本設計工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2P1-E06 差動型回転直動変換機構による重量物の位置決め精度と位置保持性能(アクチュエータの機構と制御(3))

    關 正憲, 乙武 慶樹, 松井 崇史, 清水 一郎, 藤井 正浩

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012   _2P1 - E06_1-_2P1-E06_4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Test model with three precision ball screws and three spur gears was manufactured in order to evaluate the positioning accuracy and the position keeping performance under heavy load by differential rotary to linear conversion mechanism. In the positioning accuracy test under a load of 515 N, the positioning accuracy of the test model was higher than that of the feed screw mechanism. In the position keeping performance test under a load of 515 N, it was confirmed that the test model had a position keeping performance for 600 s. These results revealed that the differential rotary to linear conversion mechanism had the positioning accuracy and the position keeping performance under heavy load.

    DOI: 10.1299/jsmermd.2012._2P1-E06_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • S112021 同一表面粗さにおける浸炭硬化ローラの疲労寿命に及ぼすキャビテーションピーニングとショットピーニングの影響

    關 正憲, 祖山 均, 小林 祐次, 後和 大輔, 藤井 正浩

    年次大会   2012   _S112021 - 1-_S112021-3   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The purpose of this study is to investigate the effect of peening on the fatigue life of steel rollers. First, steel rollers were treated by three types of peenings to ensure the same surface roughness of peened rollers. One is the cavitation peening (CP) used a cavitating jet in water with an injection pressure of 30 MPa, and the others are the fine particle peening (FPP) with a shot diameter of 0.1 mm and the normal shot peening (NSP) with a shot diameter of 0.3 mm. The surface hardness and the surface compressive residual stress of the steel rollers were increased by all the peenings In particular, they were most increased by the FPP While, the work-hardened depth due to the CP and the NSP was larger than that due to the FPP. As a result of the roller tests, the fatigue lives of the steel rollers were improved by all the peenings, and they were most improved by the NSP. Judging from the P<max>-N curves and the [A(σ_y/Hv)]_<max>-N curves, the improvement m fatigue lives due to the FPP depended heavily on the increase in surface hardness due to that, and the effects of the CP and the NSP on the rolling contact fatigue were equivalent under the same surface roughness and the same surface hardness.

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2012._S112021-1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2101 焼結および粉末鍛造歯車の疲労強度に及ぼす密度の影響(歯車の疲労強度,一般講演)

    關 正憲, 藤井 正浩, 吉田 彰

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2012 ( 12 )   103 - 106   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In this study, sintered and powder-forged rollers and gears with different densities and nickel contents were fatigue-tested using a roller testing machine and a gear testing machine in order to elucidate their fatigue strength. These experimental results were compared with the results of conventional steel ones. The hardness near the surface of the test specimens with higher nickel content was smaller than that of the other ones. The pores in the sintered rollers became smaller and were disappeared by the hot forging. The fatigue strength of the sintered rollers and gears was the lowest in this experimental range. The fatigue strength of the powder-forged rollers and gears was slightly lower than that of the steel ones. The fatigue strength of the test specimens increased as their density increased, and was hardly influenced by the nickel content in this experimental range. It was clear that the fatigue strength of the sintered and the powder-forged rollers and gears was proportional to the hardness for each pre-alloyed metal powder.

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2012.12.103

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 811 歯面研削を施した表面粗さの異なる鋼歯車のピッチング強さ(機素潤滑設計II)

    關 正憲, 藤井 正浩, 堀本 雅之, 嘉本 潤, 木村 幸彦, 牧野 泰三

    講演論文集   2011 ( 49 )   225 - 226   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 802 油潤滑下におけるNBRの摩擦評価(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 吉井 雄生

    講演論文集   2011 ( 49 )   207 - 208   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 817 ピーニング処理した鋼表面の形状的特徴と摩擦摩耗特性の関係(機素潤滑設計III)

    關 正憲, 二田 誠一郎, 菅野 真司, 藤井 正浩

    講演論文集   2011 ( 49 )   237 - 238   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 810 浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼす各種ショットピーニングの影響(機素潤滑設計II)

    關 正憲, 王 磊, 小林 祐次, 後和 大輔, 藤井 正浩

    講演論文集   2011 ( 49 )   223 - 224   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 801 鋼ローラの転がり疲れ強さ・摩擦係数・表面粗さに及ぼす極圧添加剤の影響(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 松本 武, 真鍋 義隆, 佐伯 親

    講演論文集   2011 ( 49 )   205 - 206   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 818 微粒子ピーニングを施した浸炭硬化ローラの疲れ寿命(機素潤滑設計III)

    關 正憲, 小林 祐次, 後和 大輔, 長井 康晴, 藤井 正浩

    講演論文集   2011 ( 49 )   239 - 240   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 812 キャビテーションピーニングを施した鋼ローラの疲れ寿命 : ショットピーニングを施した鋼ローラとの比較(機素潤滑設計II)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 香西 聖也, 内藤 暁馬

    講演論文集   2011 ( 49 )   227 - 228   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 機械工学年鑑(14 機素潤滑設計,14.2 機械要素,14.2.1 伝動要素)

    藤井正浩

    日本機械学会誌   114 ( 1113 )   52 - 54   2011年

     詳細を見る

  • Rolling Contact Fatigue of Thermal Refining Steel Roller with a Hardness of HV 285-380

    Masahiro Fujii, Yasunobu Miwa, Masafumi Aoba, Noritada Fujimura, Kenzo Miura

    Proceedings of The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)   5 - 6   2011年

     詳細を見る

  • Performance Comparison of Differential Rotary to Linear Conversion Mechanisms with Multiple Ball Screws and Gears

    Yoshiki Ototake, Masanori Seki, Ichiro Shimizu, Takafumi Matsui, Masahiro Fujii

    Proceedings of The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)   165 - 166   2011年

     詳細を見る

  • Effect of Coating Thickness and Environment on The Tribology of Thick DLC Coating under Sliding Contact

    M. Ananth Kumar, Masahiro Fujii

    Proceedings of International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)   2011年

     詳細を見る

  • Performance Comparison of Differential Rotary to Linear Conversion Mechanisms with Multiple Ball Screws and Gears

    Yoshiki Ototake, Masanori Seki, Ichiro Shimizu, Takafumi Matsui, Masahiro Fujii

    Proceedings of The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)   165 - 166   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fatigue Strength of Steel Rollers and Gears Treated by Cavitation Peening with Short Processing Time (A Case of Processing Time of 1 minute and 5 minutes)

    Masanori Seki, Naruto Nishie, Seiya Kozai, Masamitsu Kakuda, Hitoshi Soyama, Akima Naito, Masahiro Fujii

    Proceedings of The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)   7 - 8   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Effect of Coating Thickness and Environment on The Tribology of Thick DLC Coating under Sliding Contact

    M. Ananth Kumar, Masahiro Fujii

    Proceedings of International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue of Thermal Refining Steel Roller with a Hardness of HV 285-380

    Masahiro Fujii, Yasunobu Miwa, Masafumi Aoba, Noritada Fujimura, Kenzo Miura

    Proceedings of The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)   5 - 6   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Low Temperature Formation Process and Low Load Electrical Contact of a Carbon Nanotube Film Bonded to a Au Film 査読

    Hiroshi Kinoshita, Naganori Koda, Masanori Seki, Masahiro Fujii, Yoshitada Isono, Nobuo Ohmae

    Proceedings of International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Evaluation of Shot-Peened Case-Hardened Steel with a Thrust Washer Testing Machine and a Roller Testing Machine 査読

    Proceedings of International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 2A2-J11 差動型回転直動変換機構の位置決め精度と入出力特性(アクチュエータの機構と制御)

    關 正憲, 清水 一郎, 松井 崇史, 乙武 慶樹, 藤井 正浩

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2011   _2A2 - J11_1-_2A2-J11_4   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Differential rotary to linear conversion mechanism with three precision ball screws and three spur gears were designed in order to evaluate the positioning accuracy and the input-output characteristics under the applied output load. In the positioning accuracy test, the positioning accuracy of this mechanism was almost equivalent to the accuracy of the precision ball screw employed in the test model. In the input torque-output load conversion test, the output load per unit input torque of this mechanism was larger than that of the feed screw mechanism. These results revealed that the differential rotary to linear conversion mechanism with three precision ball screws and three spur gears has the characteristics of both high positioning accuracy and excellent input-output conversion efficiency.

    DOI: 10.1299/jsmermd.2011._2A2-J11_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 816 複数のボールねじと歯車で構成される差動型回転直動変換機構の基本性能比較(機素潤滑設計III)

    關 正憲, 松井 崇史, 藤井 正浩, 清水 一郎, 乙武 慶樹

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2011 ( 49 )   235 - 236   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2011.49.235

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 513 調質されたクロムモリブデン鋼製ローラの転がり疲れ(模索潤滑設計III)

    藤井 正浩, 中尾 幸司, 青葉 雅文, 藤村 徳忠, 三浦 健蔵

    講演論文集   2010 ( 48 )   153 - 154   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Fundamental Characteristics of Reverse-Type Differential Rotary to Linear Conversion Mechanism

    Masanori SEKI, Ichiro SHIMIZU, Masahiro FUJII

    Proceedings of The 2nd International Conference on Design Engineering and Science (ICDES2010)   175 - 179   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Friction and Wear of Plasma CVD Diamond-Like Carbon Coating Deposited on Gear and Roller

    Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    The First International Conference of Energy Engineering ICEE-1   90 - 97   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 動力伝達機械要素への硬質被膜の適用 ―滑り転がり接触下におけるトライボロジー―

    藤井正浩

    トライボロジスト   55 ( 5 )   329 - 334   2010年

     詳細を見る

  • A study of tribological characteristics of plasma CVD DLC coatings in sliding contact under oil lubrication

    M.Ananth Kumar, Masahiro Fujii, Seiichiro Nita

    ASIATRIB2010 Extende abstracts on USB Memory   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 機械工学年鑑(14 機素潤滑設計,14.2 機械要素,14.2.1 伝動要素)

    藤井正浩

    日本機械学会誌   113 ( 1101 )   54 - 56   2010年

     詳細を見る

  • Influence of Substrate Roughness and Thickness of DLC Coating on Tribological Behaviour in Vacuum under Sliding Contact

    M.Ananth Kumar, Masahiro Fujii, Koichi Murata, Takuya Fukuda

    Proceedings of The 2nd International Conference on Design Engineering and Science (ICDES2010)   192 - 196   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 514 DLCコーティングのはく離寿命に及ぼす膜厚の影響(模索潤滑設計III)

    藤井 正浩, 村田 紘一, 深井 譲二, 白川 貴人, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2010 ( 48 )   155 - 156   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2010.48.155

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2306 HV350程度の調質鋼製ローラの面圧強度(面圧強度と疲労強度,一般講演)

    藤井 正浩, 青葉 雅文, 藤村 徳忠, 三浦 健蔵

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2010 ( 10 )   205 - 206   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The rolling contact fatigue test was conducted with thermal refined SCM and SNCM rollers with a hardness around HV350. The failure mode of all rollers was pitting caused by surface cracking. The surface hardness of rollers after test was increased by work hardening. The rolling contact fatigue strength increased with increasing surface hardness after test. The plastic deformation at the contact edge was discussed with the misaligned roller test. The strength of misaligned roller was the lower. The portion where the pitting failure occurred was not at the contact edge but toward the center of contact width. The plastic deformation at the contact edge could occurred at rather early stage of the test.

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2010.10.205

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • S1101-1-3 ボールねじと歯車で構成される新たな差動回転直動変換機構の基礎的特性評価([S1101-1]機構の開発とシミュレーション)

    關 正憲, 清水 一郎, 藤井 正浩, 松井 崇史

    年次大会講演論文集   2010   175 - 176   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Rotary to linear conversion is one of important mechanisms and has been widely used in various mechanical systems. We designed a new mechanism for rotary to linear conversion, which can provide linear output mechanically by using both screws and gears, and will be adequate for the both accurate positioning and high capacity. In this study, the compact mechanism designed for retrofit into mechanical devices was manufactured in order to investigate its fundamental performance. In the positioning accuracy test, the positioning accuracy of this mechanism was superior to that of a feed screw employed a precision ball screw. In the load output test, the load output of this mechanism was larger than that of a precision ball screw under some input torque condition.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2010.4.0_175

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 512 鋼歯車の疲労寿命向上とキャビテーションピーニングによる硬さの増加の関係(模索潤滑設計III)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 西江 徳人, 角田 将光, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2010 ( 48 )   151 - 152   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2010.48.151

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 511 油潤滑下における硬質被膜のトライボロジー特性に及ぼす被膜厚さの影響(模索潤滑設計II)

    藤井 正浩, 關 正憲, 二田 誠一郎, 深井 譲二, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2010 ( 48 )   149 - 150   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2010.48.149

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 520 キャビテーションピーニングによる鋼の摺動特性の向上(表面処理の影響I,疲労研究の課題と展望,オーガナイスドセッション1)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 吉田 彰

    学術講演会講演論文集   59   377 - 378   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 機械設計学 (藤井・關) 研究室

    藤井 正浩

    設計工学   44 ( 12 )   666 - 666   2009年12月

     詳細を見る

  • D値と硬さを考慮したピッチング寿命と面圧強さの評価

    吉田 彰, 関 正憲, 藤井 正浩, 福原 健人

    社団法人日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2009 ( 2 )   31 - 34   2009年10月

     詳細を見る

  • 高出力と高精度位置決めを両立させる機械式リニアアクチュエータの開発

    松井 崇史, 關 正憲, 清水 一郎, 藤井 正浩, 吉田 彰

    社団法人日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2009 ( 2 )   1 - 4   2009年10月

     詳細を見る

  • ピーニングされた表面の摩擦・摩耗特性(S45C焼入れ材の場合)

    二田 誠一郎, 藤井 正浩, 關 正憲, 祖山 均, 小林 祐次, 吉田 彰

    社団法人日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2009 ( 2 )   51 - 54   2009年10月

     詳細を見る

  • Effect of Cavitation Peening on Tribological Characteristics of Carbon Steel

    Masanori Seki, Masahiro Fujii, Hitoshi Soyama, Akira Yoshida

    Proceedings of World Tribology Congress 2009   694   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Influence of Base Oil Viscosity, Viscosity Index Improver, and Additives of Lubricating Oil on Rolling Contact Fatigue Strength of Steel Roller

    Masahiro Fujii, Yoshitaka Manabe, Shin Saeki, Akira Yoshida

    Proceedings of The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions (MPT2009)   524 - 528   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Influence of Thickness of DLC Coating on Tribological Characteristics under Sliding-Rolling Contact Condition

    Masahiro Fujii, M.Ananth Kumar, Akira Yoshida

    Proceedings of World Tribology Congress 2009   682   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Influence of Automotive Gear Oil on Rolling Fatigue Strength of Steel Roller

    Yoshitaka Manabe, Shin Saeki, Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    Proceedings of World Tribology Congress 2009   573   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Special Issue on Who&apos;s Who in Tribology 2009

    M. Fujii, M. Seki

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   54 ( 12 )   834 - 834   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • 908 キャビテーションピーニングを施した鋼ローラの表面性状とピッチング強さ(模索潤滑設計II)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 藤井 勲, 香山 勇人, 西澤 一登, 関根 裕一, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2009 ( 47 )   303 - 304   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2009.47.303

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • S1105-2-1 浸炭硬化鋼に施したWC/C膜のスクラッチ試験による摩擦特性評価(表面改質とトライボロジー2)

    藤井 正浩, 關 正憲, 吉田 彰

    年次大会講演論文集   2009   173 - 174   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Two kinds of WC/C coatings were deposited on the polished surface made of chromium molybdenum steel with carburizing and quenching. One is conventional WC/C coating and the other is WC/C coating with about 1μm CrN interlayer. The WC/C coatings were scratch-tested, and friction coefficient, critical load, and peeling behavior were evaluated. The friction coefficient of WC/C coatings were about a half of that of non-coated specimen. The critical load of WC/C coatings was independent on the CrN interlayer. Although the failure of substrate was negligible in the WC/C coated specimen without the interlayer, that was comparatively large in the WC/C coated specimen with the CrN interlayer. The amplitude of AE signal was large in the WC/C coated specimen with the CrN interlayer. While the CrN interlayer would improve the adhesion between the WC/C coating and the substrate, the large adhesion would negatively affect to the wear of the substrate ; the substrate was simultaneously removed with the peeling of the WC/C coating

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2009.4.0_173

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 918 WC/C膜を施した浸炭硬化歯車のピッチング強さ(模索潤滑設計IV)

    關 正憲, 藤井 正浩, 安田 群, 山口 博幸, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2009 ( 47 )   323 - 324   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2009.47.323

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 究極の無潤滑伝動トライボ機械要素実現のためのナノトライボロジー適用技術の開発

    藤井 正浩

    山陽放送学術文化財団リポ-ト   ( 52 )   22 - 26   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山陽放送学術文化財団  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effect of Cavitation Shotless Peening on Fatigue Strength of Steel Gear

    Masanori Seki, Hitoshi Soyama, Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    Conference Proceedings of the 10th International Conference on Shot Peening   99 - 104   2008年

     詳細を見る

  • Static Characteristics of Aerostatic Guide Made of Partially Porous Ceramics

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Sijian Liu, Hisao Nagashio, Masahiro Yoshikawa

    Proceedings of International Tribology Conference   6 ( 1 )   37 - 44   2008年

     詳細を見る

  • 920 油潤滑下におけるDLC膜の摩擦・摩耗に及ぼす膜厚の影響(機素潤滑設計IV)

    藤井 正浩, 深井 譲二, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2008 ( 46 )   361 - 362   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2008.46.361

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 919 鋼ローラの疲れ寿命に及ぼすキャビテーションピーニングの影響(機素潤滑設計IV)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 三嶋 孝洋, 藤井 勲, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2008 ( 46 )   359 - 360   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2008.46.359

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 907 DLC膜の摩擦・摩耗特性評価のための一解析(機素潤滑設計II)

    藤井 正浩, 白川 貴人, Ahmadi Samrand Rash, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2008 ( 46 )   337 - 338   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2008.46.337

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1214 ショットピーニングを施した粉末焼結ローラの面圧強さ(面圧強度・疲労強度,一般講演)

    關 正憲, 藤井 正浩, 佐藤 正昭, 小林 祐次, 吉永 克仁, 吉田 彰

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2008 ( 8 )   93 - 96   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The purpose of this study is to investigate the influence of shot peening on the surface durability of sintered powder metal rollers. The test rollers employed in this study were made of the sintered material with a density of 7.01g/cm^3. The test rollers were shot-peened under different conditions. The surface roughness and the compressive residual stress of all the rollers were increased by the shot peening. On the other hand, the surface hardness was not increased. The rolling contact fatigue test of the rollers was performed under a sliding-rolling contact condition using a roller testing machine. The failure mode of the test rollers was spalling due to subsurface cracking. A crack occurred at a pore below the roller surface. Judging from the p_<max>-N curves, the surface durability of the shot-peeened rollers was smaller than that of the non-peened roller.

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2008.8.93

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 918 粘度特性の異なる潤滑油を用いた場合の転がり疲れ強さの評価(機素潤滑設計IV)

    藤井 正浩, 佐伯 琢也, 真鍋 義隆, 佐伯 親, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2008 ( 46 )   357 - 358   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2008.46.357

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 915 鋼歯車の疲れ寿命に及ぼすキャビテーションピーニングの影響(機素潤滑設計III)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 殿河内 哲也, 飛田 芳希, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2008 ( 46 )   351 - 352   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2008.46.351

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B13 鋼の摺動特性に及ぼすピーニングの影響(OS1 機械要素の強さと性能向上III)

    藤井 正浩, 關 正憲, 周 丹華, 二田 誠一郎

    日本機械学会九州支部講演論文集   2008   71 - 72   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmekyushu.2008.71

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B03 水中および気中キャビテーション噴流による浸炭硬化歯車の疲れ寿命向上(OS1 機械要素の強さと性能向上I)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 飛田 芳希, 西江 徳人, 西澤 一登, 吉田 彰

    日本機械学会九州支部講演論文集   2008   51 - 52   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmekyushu.2008.51

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1213 キャビテーションピーニングを施した鋼歯車の面圧強さ(面圧強度・疲労強度,一般講演)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 飛田 芳希, 西江 徳人, 吉田 彰

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2008 ( 8 )   89 - 92   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to investigate the effect of cavitation peening on surface durability of steel gears, the case-hardened steel rollers and gears cavitation-peened under different conditions were fatigue-tested using a roller testing machine and a gear testing machine. The hardness and the compressive residual stress of the test rollers and gears were increased by the cavitation peening. On the other hand, their surface roughness was not increased so much. In the roller tests, the fatigue life of all the cavitation-peened rollers was longer than that of the non-peened roller. In the gear tests, the surface durability of the test pinions was improved by the cavitation peening. Judging from the relationships between the maximum stress amplitude and the surface roughness, it was clear that the surface durability of steel gears was improved by the increase in surface hardness due to the cavitation peening with little influence of surface roughness.

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2008.8.89

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 616 鋼歯車の疲れ寿命向上に対するキャビテーションピーニングの応用(表面処理II,疲労破壊の防止と評価,オーガナイスドセッション1)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 吉田 彰

    学術講演会講演論文集   57   165 - 166   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • An Investigation into Solidification and Mechanical Properties Behaviorof AL-Si Casting Alloy

    G.T.Abdel-Jaber, A.M.Omran, Khalil Abdelrazek Khalil, M.Fujii, M.Seki, A.Yoshida

    Proceedings of Asian Foundry Congress 2007   CD-ROM ( E05 )   1 - 8   2007年

     詳細を見る

  • A Comparison of Rolling Contact Fatigue of Steel Roller under Traction Oil Lubrication and under Turbine Oil lubrication

    Masahiro FUJII, Akira YOSHIDA, Yasuhide MIZUNO, Kento FUKUHARA, Kiyoji MINEGISHI

    JSME-KSME Joint International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology   CD-ROM   1 - 8   2007年

     詳細を見る

  • 912 トラクション係数に及ぼす鋼ローラのクラウニング半径の影響(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 長尾 和也, 水野 泰英, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2007 ( 45 )   349 - 350   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2007.45.349

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 104 シングルショットピーニングとダブルショットピーニングを施した鋼ローラの面圧強さ(OS02-1 歯車の強度I)

    關 正憲, 小林 祐次, 藤井 正浩, 藤田 浩司, 吉田 彰

    運動及び動力伝達機構シンポジウム講演論文集   2007   35 - 38   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to investigate the influence of shot peening on the surface durability of steel rollers, the steel ones treated by single and double shot peenings were fatigue-tested using two cylinders testing machine under a sliding-rolling contact condition. The hardness and the compressive residual stress of the test rollers were increased by shot peening. Their surface roughnesses were also increased by shot peening, and the surface roughness of the double shot-peened rollers was smaller than that of the single shot-peened ones. The cause of failure of all the test rollers was the spalling due to the subsurface cracking. The surface durability of the shot-peened rollers was larger than that of the non-peened roller. In particular, that of the double shot-peened rollers was the largest in this study.

    DOI: 10.1299/jsmempt.2007.35

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 106 鋼ローラの転がり疲れ強さに及ばす模擬欠陥の影響(OS02-2 歯車の強度II)

    藤井 正浩, 水野 泰英, 吉田 彰

    運動及び動力伝達機構シンポジウム講演論文集   2007   43 - 46   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to evaluate the influence of artificial defects (holes) on rolling contact fatigue strength of steel rollers, the steel rollers with artificial defects were contact fatigue-tested under a sliding-rolling contact condition. The crack propagation behavior was investigated. The rolling contact fatigue strength of rollers with artificial defects was smaller than those of rollers with non-artificial defect. In the case of rollers with artificial defects, cracks occurred in the vicinity of holes. The initial crack propagated from the hole was parallel to the roller surface. Then the crack propagated in a range of 20 degrees -45 degrees for the crack that progressed in parallel with the surface. To examine what kind of subsurface stress affected the crack, internal stresses around hole were calculated with FEM. The factor that affected the initiation of cracks would be the maximum shear stress τ_<max>, and the factor that affected the propagation of cracks would be the orthogonal shear stress τ_<yz>.

    DOI: 10.1299/jsmempt.2007.43

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 101 キャビテーション・ショットレス・ピーニングによる鋼歯車の疲れ強さ向上(OS02-1 歯車の強度I)

    關 正憲, 祖山 均, 藤井 正浩, 吉田 彰

    運動及び動力伝達機構シンポジウム講演論文集   2007   23 - 26   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to investigate the effect of cavitation shotless peening on fatigue strength of steel gears, the case-hardened steel rollers and gears cavitation shotless peened under different conditions were fatigue-tested using a roller testing machine and a gear testing machine. The hardness and the compressive residual stress of the test rollers and gears were increased by cavitation shotless peening. On the other hand, their surface roughness was not increased so much. In the fatigue tests, the fatigue life of most cavitation shotless peened rollers and gears was longer than that of the non-peened roller and gear. In particular, the fatigue life of cavitation shotless peened rollers and gears was significantly improved by using a modified nozzle for a high-speed water jet to obtain a greater peening effect. Therefore, it was found that the cavitation shotless peening is good for the increase in fatigue strength of steel gears.

    DOI: 10.1299/jsmempt.2007.23

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 120 鋼ローラの転がり疲れ強さに及ぼす潤滑油粘度特性の影響(OS07 歯車の潤滑/OS14-1 応用・実用事例I)

    藤井 正浩, 佐伯 琢也, 真鍋 義隆, 佐伯 親, 吉田 彰

    運動及び動力伝達機構シンポジウム講演論文集   2007   90 - 93   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Rolling contact fatigue test with three kinds of lubricating oil was carried out in order to clarify the influence of viscosity characteristics of lubricating oil on rolling fatigue strength of steel roller. Each lubricating oil was different in viscosity of base oil and blending quantity of the viscosity index improver. In case of the test under the lubricants with equivalent kinematic viscosity, the rolling contact fatigue life depended on the viscosity of the base oil and was longer in case that the base oil of the lubricant had the higher kinematic viscosity. In case of the rolling fatigue test under lubricant made from same base oil, the rolling contact fatigue life was longer in case of the rolling fatigue test under the lubricant with higher kinematic viscosity, Small spot marks with relatively high roughness would occur by non-destructive scuffing.

    DOI: 10.1299/jsmempt.2007.90

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1002 浸炭硬化歯車の疲れ寿命に及ぼすWC/Cコーティングの影響(機素潤滑設計III)

    關 正憲, 藤井 正浩, 山口 博幸, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2007 ( 45 )   367 - 368   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2007.45.367

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 918 トラクション油潤滑下における鋼ローラの表面損傷(機素潤滑設計II)

    藤井 正浩, 水野 泰英, 長尾 和也, 吉田 彰

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2007 ( 45 )   361 - 362   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2007.45.361

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 5121 プラズマCVDにより歯車および円筒に形成したDLC膜の摩擦・摩耗(S63-3 強度(1),S63 伝動装置の基礎と応用)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 小笠原 央士, 花田 敏久

    年次大会講演論文集   2006   189 - 190   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Friction and wear performance of plasma CVD Diamond-Like Carbon coating deposited on a spur gear and a roller made of stainless steel was investigated. A spur gear test and a roller test were carried out under non-lubricating condition in high vacuum. A roller test was also performed under oil lubrication. The wear performance of the thick DLC coating was comparatively superior. The radical nitriding pretreatment was effective against wear of DLC coating. The wear performance of DLC coating on the gear was similar to that on the roller. Though the wear in the roller test was much smaller than that in the gear test, the specific wear amounts in both the two tests were almost the same with each other.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.4.0_189

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Characteristics of Newly Developed bearing Steel Ball and Washer at a Temperature Range of 313 K to 403 K

    Hiroshi Osaki, Ryousuke Ano, Akira Yoshida, Masahiro Fujii

    Proceedings of The third Asia International Conference on Tribology   2006年

     詳細を見る

  • 911 新軸受鋼製スラスト軸受の転がり疲れ強さ(機素潤滑設計II)

    大崎 浩志, 阿野 亮介, 藤井 正浩, 吉田 彰, 近藤 俊行

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2006 ( 44 )   359 - 360   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2006.44.359

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2206 トラクション油潤滑下における鋼ローラの転がり疲れ(OS1-7 強度(2))

    藤井 正浩, 吉田 彰, Seesregdorj BAYASGALAN, 長尾 和也, 峯岸 清次, 為永 淳

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2006 ( 6 )   203 - 204   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    A rolling contact fatigue test was carried out under a traction oil lubricating condition and the test result was compared with that under a turbine oil lubricating condition. The minimum film thicknesses under both lubricating conditions were almost equal. The failure mode of both lubricating conditions was pitting caused by surface cracking. The rolling contact fatigue strength under the traction oil lubricating condition was greater than that under the turbine oil lubricating condition. The cracks observed on the roller surfaces tested under the traction oil lubricating condition were the longer along the axial direction of the rollers.

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2006.6.203

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 907 DLC膜の高真空中摩擦・摩耗に及ぼす膜厚の影響(機素潤滑設計II)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 小笠原 央士

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2006 ( 44 )   351 - 352   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2006.44.351

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 903 平歯車および円筒に形成したDLC膜の高真空中摩擦・摩耗(機素潤滑設計I)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 花田 敏久

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2006 ( 44 )   343 - 344   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2006.44.343

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Friction and Wear of Stainless Steel with Dispersed Self-Lubricating Precipitations

    M.Fujii, A.Yoshida, K.Miura

    Book of Synopses, International Tribology Conference Kobe 2005   2005年

     詳細を見る

  • 810 アルミナセラミックス溶射ローラの転がり疲れに及ぼす溶射皮膜厚さの影響(機素潤滑設計II)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 馬 加彬, 石丸 純, 重村 貞人, 谷 和美

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2005 ( 43 )   295 - 296   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2005.43.295

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Transmission Efficiency and Non-contacting Torque of Spur Gear Pair Working Magnetic Repulsion between Teeth Flanks

    T.Harano, A.Yoshida, M.Fujii, D.Miyamoto, Y.Iwasa

    Proceedings of International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribol-ogy ICMDT   2005年

     詳細を見る

  • Improving Methods of Wear Resistance in Heavy Loaded Sliding Friction Pairs

    V.I.KLOCHIKHIN, M.Fujii, A.Yoshida

    Memoirs of the Faculty of En-gineering, Okayama University   2005年

     詳細を見る

  • 811 多孔質ファインセラミックス製静圧空気ガイド圧力分布の測定と解析(機素潤滑設計II)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 劉 思健, 正田 圭一, 永塩 久翁, 吉川 正博

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2005 ( 43 )   297 - 298   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2005.43.297

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Strength and Young's Modulus of Plasma Sprayed Alumina Coating

    Kazumi TANI, Sadato SHIGEMURA, Masahiro FUJII, Akira YOSHIDA

    Proceedings of International Thermal Spray Conference ITSC2004   2004年

     詳細を見る

  • DLC膜の真空高温摩擦・摩耗(機素潤滑設計IV)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 嶋津 由臣

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2004 ( 42 )   415 - 416   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2004.42.415

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 粒子分散複合めっきローラの摩擦・摩耗(O.S.06-1 歯車の潤滑(1),O.S.10-3 CVT・TD(3))

    藤井 正浩, 吉田 彰, 石丸 純

    運動及び動力伝達機構シンポジウム講演論文集   2004   313 - 314   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to investigate the influence of dispersed particles on friction and wear of electroless composite plating, two-roller test was carried out under oil lubricating condition and in vacuum. The dispersed particles were PTFE and SiC. In vacuum, the friction coefficient decreased and the wear increased, with increasing content of dispersed particles. Under oil lubrication, the friction was low and the wear increased at comparatively early stage in only the case of a particle-content of 30%. Stresses in the plated layer were calculated with FEM. The maximum Mises stress in the plated layer increased with increasing content of dispersed particles.

    DOI: 10.1299/jsmempt.2004.313

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • SUJ2製ローラの転がり疲れに及ぼすクラウニングの影響(O.S.02-4 歯車の強度(4))

    藤井 正浩, 吉田 彰, 濱田 健司, BAYASAGALAN Seesregdorj, 峯岸 清次, 為永 淳

    運動及び動力伝達機構シンポジウム講演論文集   2004   182 - 183   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    This paper describes about influence of crowning on rolling contact fatigue of steel roller. The edge load at the contact edge and subsurface shear stresses were calculated with FEM. In case that no edge load or minor edge load, the rolling contact fatigue strength of rollers evaluated with the normal load increased with increasing the crowning radius. The stressed volume varied widely with the crowning radius. The rolling contact fatigue strength should be evaluated from the point of view of the stressed volume.

    DOI: 10.1299/jsmempt.2004.182

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 耐摩耗性ステンレス鋼の摩擦・摩耗特性 : 油潤滑下および真空中の結果(機素潤滑設計IV)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 織田 英哲, 三浦 健蔵

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2004 ( 42 )   413 - 414   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2004.42.413

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れに及ぼすクラウニングの影響 : 接触応力解析(機素潤滑設計II)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 田渕 貴仁, 峯岸 清次, 為永 淳

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2004 ( 42 )   403 - 404   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2004.42.403

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 析出物分散によるステンレス鋼の摩擦・摩耗特性の改善(S51-4 トライボロジーの基礎と応用(IV),S51 トライボロジーの基礎と応用)

    藤井 正浩, 吉田 彰, 三浦 健蔵

    年次大会講演論文集   2004   109 - 110   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The friction and wear characteristics of newly developed stainless steel with dispersed precipitations, which was designed for improving friction and wear characteristics, were investigated with ring-on-disk test apparatuses under non-lubricating condition in air and in vacuum. The friction and wear behaviors were compared with those of JIS SUS420J2 stainless steel. Both friction coefficient and wear amount of the stainless steel with dispersed precipitations were smaller than those of SUS420J2. The extent of transference of wear debris was comparatively small in case of the stainless steel with dispersed precipitations. The stainless steel with dispersed precipitations had the superior friction and wear characteristics.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2004.4.0_109

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 819 アルミナセラミックス溶射ローラの転がり疲れ

    吉田 彰, 藤井 正浩, 幸 賢司, 重村 貞人, 谷 和美

    講演論文集   2003 ( 41 )   283 - 284   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Friction and Wear of Surface Modified Stainless Steel Gears and Rollers in High Vacuum

    Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Tomoki Harano

    2003 ASME International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (CD-ROM)   2003年

     詳細を見る

  • 2625 無電解 Ni 基合金めっきの油潤滑下における摩擦・摩耗

    藤井 正浩, 吉田 彰, 織田 英哲

    年次大会講演論文集   2003   127 - 128   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The authors examined friction and wear characteristics of electroless Ni based alloy platings under oil lubricating condition with ring-on-disk test machine. Electroless Ni-P alloy plating, electroless Ni-B alloy plating and electroless Ni-P-B alloy plating were employed. In case of the combination of the electroless Ni-B alloy plating and the electroless Ni-P-B plating the wear occurred in the lowest contact pressure. The friction behavior was the most stable in case of the combination of the electroless Ni-B alloy plating and the electroless Ni-P alloy plating. The friction coefficient of the self-mated electroless Ni-P-B plating was small, while the wear was comparatively large.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2003.4.0_127

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2725 多孔質ファインセラミックスを用いた静圧ガイドに関する基礎的研究

    藤井 正浩, 吉田 彰, 劉 思健, 永塩 久翁, 吉川 正博

    年次大会講演論文集   2003   199 - 200   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to examine the possibility of applying newly developed porous fine ceramics to aerostatic guides, the static stiffness of an externally pressurized gas thrust bearing made of the porous fine ceramics was investigated. The area and center-to-center distance of pores were analyzed with image processing technique. 60% of the pores of the tested fine ceramics were of 40μm in diameter and the mean center-to-center distance was 85.4μm. The dimensionless static stiffness of the tested porous fine ceramics was 0.45-0.6 at a bearing clearance around 5μm. The tested porous fine ceramics would be applied to aerostatic guides.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2003.4.0_199

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2626 Sn めっき熱拡散処理されたステンレス鋼の真空高温摩擦・摩耗

    藤井 正浩, 吉田 彰, 嶋津 由臣

    年次大会講演論文集   2003   129 - 130   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In order to investigate friction and wear characteristics of the thermal diffused Sn plated stainless steel in vacuum, ring on disk tests were performed. In case of the tests in vacuum the friction coefficient at high temperature was slightly smaller than that at room temperature, while the specific wear rate at high temperature was greater than that at room temperature. In case of the tests in vacuum the friction behavior was stable and the wear was small after the wear depth was equivalent to the thickness of the modified layer. On the contrary both the friction coefficient and the wear were increased with increasing sliding distance and the wear exceeded the modified layer.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2003.4.0_129

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 820 無電解複合めっきローラの摩擦・摩耗に及ぼす分散粒子の影響

    吉田 彰, 藤井 正浩, 森田 雄一

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2003 ( 41 )   285 - 286   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2003.41.285

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 516 ヘルツ接触下における表面改質層の応力分布

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉

    講演論文集   2002   181 - 182   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2002.181

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1104 高真空下における表面改質歯車の歯面摩耗評価

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉, 布野 靖明

    講演論文集   2002 ( 40 )   361 - 362   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2002.40.361

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 129 粒子分散複合めっきの真空中トライボ性能

    吉田 彰, 藤井 正浩

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2002 ( 2 )   203 - 204   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Roller test and ring/disk test were carried out under non-lubricating condition in high vacuum to investigate the tribological performance of particle dispersed composite platings based on electroless Ni-P alloy. Three kinds of composite platings, in which PTFE particles, BN particles, and SiC particles were dispersed, were employed. The wear rate of both plated layers with BN particles and with PTFE particles increased with increasing content of dispersed particles. The wear rate of the layer with PTFE particles was greater than that with BN particles. The influence of elastic modulus of dispersed particles on stresses in the plated layer was investigated with FEM analysis. The maximum values of Mises stress in the plated layer increased with increasing particle content and with decreasing elastic modulus of particles. The wear behavior obtained in the experiment could be well explained by the calculated stress field.

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2002.2.203

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1105 複合表面改質皮膜の摩擦・摩耗特性 : 真空環境下

    吉田 彰, 藤井 正浩, 岡内 健

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2002 ( 40 )   363 - 364   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2002.40.363

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1106 耐摩耗性ステンレス鋼の摩擦・摩耗特性

    吉田 彰, 藤井 正浩, 小林 寛, 三浦 健蔵

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2002 ( 40 )   365 - 366   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2002.40.365

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Ni系めっき表面の真空・高温摩擦摩耗特性

    吉田 彰, 藤井 正浩, 岡内 健

    社団法人日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2001 ( 2 )   69 - 72   2001年9月

     詳細を見る

  • Study of Optimum Disperased Particle Size for Wear of Multiplex Plated Surfaces

    Akira Yoshida, Masahiro Fujii, R.S.Dwyer-Joyce

    CD-ROM, 2nd World Tribology Congress WTC2001   2001年

     詳細を見る

  • Effect of Surface Modified Layer on Rolling Fatigue Strength

    Akira Yoshida, Masahiro Fujii

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmissions MPT2001-Fukuoka   2001年

     詳細を見る

  • 907 フラクタル次元による改質表面の摩耗過程の評価(機素・潤滑III)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 柳井 寛之輔

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2001 ( 39 )   323 - 324   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2001.39.323

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 909 耐摩耗性ステンレス鋼の焼付きおよび摩耗特性(機素・潤滑III)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 堀口 清司

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2001 ( 39 )   327 - 328   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2001.39.327

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 908 粒子分散複合めっき層の強度に及ぼす粒子の影響に関する解析的研究(機素・潤滑III)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 上路 嘉隆

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   2001 ( 39 )   325 - 326   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.2001.39.325

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 912 高真空平歯車試験におけるNi系合金を母相とする無電解めっきの摩擦摩耗(機素潤滑設計I)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉, 大前 勝禎

    講演論文集   5 ( 1 )   321 - 322   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.005.1.321

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Tribological Behaviors of Multiplex Plated Stainless Steel Rollers in High Vacuum

    Akira Yoshida, Masahiro Fujii, Tomiki Harano

    International Tribology Conference NAGASAKI 2000   2000年

     詳細を見る

  • 702 摩耗表面の評価へのフラクタル次元の適用に関する研究(G.S. 機素潤滑設計I)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 柳井 寛之輔

    中国四国支部総会・講演会 講演論文集   5 ( 2 )   203 - 204   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecs.005.2.203

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れに及ぼす表面改質処理の影響(純転がり接触の場合) 査読

    吉田 彰, 藤井 正浩, 中嶋 宏

    日本機械学会論文集   66 ( 641 )   275 - 282   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Surface modified rollers by electroless Ni-P alloy plating and sulfurizing were fatigue-tested under a pure rolling contact condition. The fatigue lives of both surface modified rollers were longer than that of the non-coated rollers and the fatigue strength of the sulfurized rollers was the highest. The influence of elastic modulus of a plated layer on the contact pressure and the subsurface stresses was examined with numerical analyses. The contact pressure and the subsurface stresses of a roller covered with a plated layer, whose elastic modulus was smaller than that of the substrate, were smaller than those of a non-coated roller, especially at the edge of the contact width. The conformity by the wear of the plated layer led to the reduction of the contact pressure and the subsurface stresses at the edge of the contact width. The reason why the fatigue strength of the surface modified rollers were greater than that of the non-coated rollers could be due to the smaller contact pressure and the smaller subsurface stresses.

    DOI: 10.1299/kikaic.66.275

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Friction and Wear of Surface Modified Rollers in High Vacuum(Comparison of the Results in Two cylinder Test and Gear Test)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉, 三浦 賢藏

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   65 ( 633 )   2034 - 2041   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    To clarify the friction and wear characteristics of surface modified rollers in vacuum, two cylinder test was carried out under non-lubricating condition in high vacuum less than 2 × 10^<-3> Pa. Thermal diffusion after Sn plating (Sn), electroless Ni-P plating (Ni-P) and sulfurizing were employed here. Friction coefScient of the surface modified rollers was smaller than that of non-coated rollers. The initial friction coefficient of Sn plated rollers increased under low contact pressure, where wear particles were transferred onto the frictional surface, while the friction coefficient decreased when surface modified layer worn uniformly. The sulfurizing contributed to the reduction of the initial friction. The friction behavior of Ni-P plated rollers indicated the most stable in all test rollers. In addition, the relation between the test results in the two cylinder tests and the previous gear tests in high vacuum using the same surface modification treatment as employed in these two cylinder tests was evaluated. The initial friction in the two cylinder test was greater than that in the gear test in the cases of non coat, Sn and Ni-P. However, where sliding distance was large enough, the friction behavior in the gear test was similar to that in the two cylinder test.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Friction and Wear Characteristics of Surface Modified SUS440C Spur Gears in High Vacuum

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉, 三浦 健藏

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   65 ( 632 )   1661 - 1668   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In order to investigate the friction and wear characteristics of surface modified spur gears made of stainless steel SUS440C in high vacuum, gear tests were carried out under non-lubricating condition in vacuum to be on the order of 10^<-4> Pa. In addition, dynamic load on spur gear teeth with surface modified layer was evaluated. Electroless Ni-P alloy plating (Ni-P plating), sulfurizing and Sn plating with thermal diffusion (Sn plating) were employed. From the gear tests, the following results were obtained. (1) The friction coefficient of the surface modified gears was smaller than that of the non-coated gears. (2) The initial friction of Sn plated gear increased under low pressure and low rotational speed conditions. After Sn plated layer wore uniformly, the friction coefficient was the smallest by the lubricating effect of thermally diffused layer of Sn. (3) The sulfurized layer contributed to the reduction of initial friction. However, the friction behavior of sulfurized gear was the same as that of non-coated gears, after the sulfurized layer wore completely. (4) Wear amount and tooth profile error of Ni-P plated gears were the largest of all the test gears.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 表面改質ローラの高真空中における摩擦-摩耗(平歯車試験とローラ試験の比較)

    吉田 彰, 藤井正浩, 原野智哉, 三浦健藏

    日本機械学会論文集(C編)   1999年

     詳細を見る

  • Tribological Characteristics of α-Sialon and Al2O3 at High Temperature

    Akira Yoshida, Masahiro Fujii

    Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics '99   1999年

     詳細を見る

  • Tribological Behaviors of Surface Modified Spur Gears in High Vacuum

    Akira Yoshida, Masahiro Fujii, Tomoki Harano

    Proceedings of Tenth World Congress on the Theory of Machines and Mechanisms   1999年

     詳細を見る

  • 表面改質されたSUS440C製平歯車の高真空中における摩擦・摩耗特性

    吉田 彰, 藤井正浩, 原野智哉, 三浦健藏

    日本機械学会論文集(C編)   1999年

     詳細を見る

  • 表面改質ローラの転がり疲れとスカッフィング(無電解Ni-P合金めっきローラと浸硫処理ローラの場合) 査読

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉, 木村 哲也, 邵 惠江, 三浦 健藏

    日本機械学会論文集   64 ( 621 )   1801 - 1807   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The influence of the surface modification treatment on the rolling contact fatigue and the scuffing capacity of rollers was examined by two cylinder test under oil lubrication. The surfaces of test rollers were modified by the electroless Ni-P alloy plating and the sulfurizing. The rolling contact fatigue strength and the scuffing capacity of the surface modified rollers were larger than those of the non-coated rollers. In the fatigue test the failure mode of both the surface modified rollers and the non-coated rollers was the spalling caused by subsurface cracking. The friction coefficient of the Ni-P plated rollers was smaller than that of the non-coated rollers, and the surface roughnesses of the modified rollers were decreased with increasing wear of modified layers. The small friction coefficient and the small roughness contribute to the improvement of the scuffing capacity, and moreover they might reduce the surface contact stresses and the rolling contact fatigue strength might be improved.

    DOI: 10.1299/kikaic.64.1801

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Influence of Hardness and Surface Modification Treatment on Scuffing of Wear Resisting Steel

    吉田 彰, 藤井 正浩, 原野 智哉, 木村 哲也, 三浦 健藏

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   64 ( 619 )   1041 - 1048   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    A wear resisting steel was developed in the expectation that it may supersede high phosphorus gray cast iron for improving the strength of sliding elements of a marine diesel engine. In order to investigate the influence of the surface hardness and the surface modification treatment on the scuffing capacity of the wear resisting steel, the two cylinder test was carried out under oil lubrication. The test rollers had two kinds of hardnesses; one was 860 HV for bearings, and the other was 370 HV for sliding materials of cylinders. The electroless Ni-P alloy plating and sulfurizing treatments were employed. The scuffing capacity of the wear resisting steel was larger than that of the high chromium bearing steel SUJ 2. The scuffing capacity of the harder wear resisting steel was smaller than that of the softer one. The electroless Ni-P plating treatment slightly increased the scuffing capacity, while the sulfurizing treatment had no effect on the scuffing capacity of the wear resisting steel.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 滑り軸受試験によるAl2O3の摩擦・摩耗(Sialon,ZrO2,Al2O3およびSUS304と組合された場合)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 長森 啓二, 葉石 英機

    日本機械学会論文集   63 ( 614 )   3600 - 3605   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Journal sliding bearing tests were performed under non-lubricated and water-lubricated conditions. Journals made of Al_2O_3 were slid against bushes made of Sialon, ZrO_2, Al_2O_3, and SUS304 stainless steel. The Al_2O_3/Al_2O_3 combination exhibited the best performance under these test conditions. The wear amount and friction coefficient under the water-lubricated condition were smaller than those under the non-lubricated condition except for the case of Sialon/Al_2O_3 combination. The wear of Sialon might be increased under the influence of the hydrate formed on the sliding surface by tribochemical reaction. The wear amount of Al_2O_3 journal was largest in the case of SUS304/Al_2O_3 combination, in which the wear mode was micro-chipping. On application of Al_2O_3 under the water-lubricated condition, wear of Sialon in the case of Al_2O_3/Sialon combination, stress corrosion wear of ZrO_2 in the case of Al_2O_3/ZrO_2 combination, and wear of Al_2O_3 by micro-chipping in the case of Al_2O_3/SUS304 combination must be considered.

    DOI: 10.1299/kikaic.63.3600

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1273Kまでの雰囲気温度におけるファインセラミックスの摩擦・摩耗特性 査読

    吉田 彰, 藤井 正浩, 張 啓浩, 長森 啓二, 葉石 秀機

    トライボロジスト   41 ( 10 )   836 - 843   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トライボロジ-学会  

    Web of Science

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 水潤滑セラミックススラスト軸受のトライボロジー特性

    吉田 彰, 藤井 正浩, 張 啓浩, 長森 啓二, 葉石 秀機

    日本機械学会論文集   62 ( 599 )   282 - 2803   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Thrust bearing tests were carried out under water lubrication with hot-pressed Sialon, ZrO_2 and Al_2O_3 fine ceramics. The life of Sialon balls mating with Sialon races was the highest, and it was reduced when mating with ZrO_2 or Al_2O_3 races. The lives of ZrO_2 balls and Al_2O_3 balls mating with Sialon races were longer than those of their self-mated contact. Th friction coefficient of thrust bearings consisting of Sialon balls and/or races was comparatively small. The amount of wear of balls or races mating with Sialon was small, while that of Sialon mating with ZrO_2 or Al_2O_3 was large. The main failure modes of Sialon balls were flaking in the case mating with Sialon races, and wear in the cases mating with ZrO_2 and Al_2O_3 races. Those of ZrO_2 and Al_2O_3 balls were wear with micro flaking, and wear, respectively.

    DOI: 10.1299/kikaic.62.2798

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue of Hot-Pressed Sialon Balls

    吉田 彰, 藤井 正浩, 張 啓浩

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers   61 ( 581 )   192 - 197   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The rolling contact fatigue life, reliability and failure mode of Sialon balls were examined through the rolling contact fatigue tests of the hybrid thrust bearing consisting of hot-pressed Sialon balls and bearing steel SUJ2 races. The rolling contact fatigue life of the Sialon balls was complied with the three-parameter Weibull distribution. In case of the smallest balls, the surface of which exhibits micro flaking with increasing the number of cycles, the shape parameter was relatively small and the fatigue life was comparatively dispersed. The rolling contact fatigue life might be influenced by the defects at the surface layer. The average value of the maximum flaking depths lay between the depth of the maximum value of the orthogonal shear stress τ_<yz> and the depth of maximum value of the maximum shear stress τ_<45°>.

    DOI: 10.1299/kikaic.61.192

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • FRICTION AND WEAR CHARACTERISTICS OF FINE CERAMICS BY PIN-ON-DISK AND JOURNAL SLIDING BEARING TESTS .2. IN WATER

    A YOSHIDA, M FUJII, K NAGAMORI, H HAISHI, K TAKAKURA, QH ZHANG

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   38 ( 10 )   895 - 902   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • FRICTION AND WEAR CHARACTERISTICS OF FINE CERAMICS BY PIN-ON-DISK AND JOURNAL SLIDING BEARING TESTS .1. IN LABORATORY AIR

    A YOSHIDA, M FUJII, K NAGAMORI, H HAISHI, T KUWADA, MG LIU

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   37 ( 1 )   61 - 68   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • FRICTION AND WEAR CHARACTERISTICS OF FINE CERAMICS BY PIN-ON-DISK AND JOURNAL SLIDING BEARING TESTS .1. IN LABORATORY AIR

    A YOSHIDA, M FUJII, K NAGAMORI, H HAISHI, T KUWADA, MG LIU

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   37 ( 1 )   61 - 68   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • 平歯車の歯面摩擦係数測定法 ラック形モデルによる検討

    小幡文雄, 原野智哉, 吉田彰, 藤井正浩, 小西大二郎

    日本機械学会全国大会講演論文集   69th ( Pt C )   289 - 291   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The friction coefficient of gear tooth flanks is an important factor in clarifying the mechanism of surface failures such as pitting and scoring and in improving the performance of power transmission gears. This is a basic study to establish a method for evaluating the friction coefficient of a spur gear pair under uniformly distributed load along the tooth trace using the fillet strains measured by strain gauges. Experiments with a rack model were carried out with static loads. The frictional and normal forces acting on the working flank were derived by solving the system of equations concerning the fillet strains on the working and nonworking flank sides. The accuracy of the ratio of the friction force to the normal force was examined. The results demonstrate that in order to obtain a meaningful friction coefficient of spur gears it is very important to consider the independence of the relation between the fillet strain and the forces on the working flank.

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 調質鋼ローラのピッチングに関する研究

    吉田 彰, 藤井 正浩, 大上 祐司, 小幡 文雄

    日本機械学会論文集   57 ( 536 )   1363 - 1370   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Thermally refined steel rollers were fatigue-tested under varying specific sliding conditions using a newly developed specific sliding varying-type contact roller testing machine to which an eccentric gear mechanism was applied. The test results were discussed in relation to factors such as specific sliding and frictional torque changes. The surface durability of the roller under a varying specific sliding condition was lower than that under a constant specific sliding condition. The surface durability under a condition where specific sliding was negative on a non-uniform velocity roller was lower than that under a condition of negative specific sliding on a uniform velocity roller. The pitting easily occurred in the negative specific sliding region under high tangential force and at the deceleration process of the rotating roller.

    DOI: 10.1299/kikaic.57.1363

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平歯車の作用歯面バルク温度に及ぼす歯先修整の影響

    藤井 正浩, 小幡 文雄, 吉田 彰

    日本機械学会論文集   56 ( 526 )   p1564 - 1569   1990年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The influence of tip relief on the approach side on the working flank bulk temperature, which has an intimate relationship with scoring occurrence, was studied taking the change of dynamic load into account. The amount of tip interference may be estimated well by Weber and Banaschek's formula for tooth deflection. The working flank bulk temperature is affected more by the change of dynamic load due to the tip relief than by the tip interference. The amount of the tip relief on the approach side and the range of the tip relief should be determined taking the influence of the dynamic load on the working flank bulk temperature into consideration.

    DOI: 10.1299/kikaic.56.1564

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Influence of Dynamic Load on Scoring Capacity in Spur Gears

    藤井 正浩, 小幅 文雄, 吉田 彰, 松田 浩

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   56 ( 523 )   p750 - 758   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The influence of dynamic load on storing capacity was studied using gears having tooth profile errors on the recess sides. Scoring capacity in spur gears is more affected by specific sliding than by dynamic load and increases as specific sliding is decreased. In the mixed lubrication state, the scoring bulk temperature of the working tooth flank is barely influenced by dynamic load when the tip interference on the approach side is negligible, and it may be well estimated by the bulk temperature on the outer surface of the cylinder immediately before seizure in two-cylinder tests. In the calculation of the bulk temperature of the working tooth flank, it is essential to take account of dynamic load and tip interference as well as the heat transfer coefficient and friction coefficient.

    DOI: 10.1299/kikaic.56.750

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 機械工学年鑑(1988年)--設計・機素・トライボロジ-

    佐藤 武, 吉田 彰, 藤井 正浩, 中込 昌考, 遠山 茂樹, 賀勢 晋司, 加藤 道生, 森 淳暢, 相原 了, 中村 研八, 三宅 正二郎, 倉橋 基文, 平田 昌邦, 西村 允, 森田 真史

    日本機械学会論文集 C編   55 ( 516 )   p1825 - 1830   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of Tooth Profile on Scoring Behavior in Spur Gears

    藤井 正浩, 小幡 文雄, 吉田 彰, 松田 浩, 藤田 公明

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   55 ( 512 )   p1017 - 1025   1989年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    To find out a fundamental tooth profile design policy for the scoring of spur gears, the effects of tooth profiles on scoring behavior were examined taking account of the two-cylinder test results. The tip interference on the approach side markedly affects the scoring phenomena. Both the reduction of the maximum specific sliding on the geometrical working flanks and the avoidance of tip interference on the approach side are the essential conditions to obtain spur gears having superior scoring load capacity. In the mixed lubrication state, where the scoring occurrence has an intimate relation with the working flank bulk temperature, the scoring bulk temperature of a spur gear pair with no tip interference on the approach side can be estimated well by the bulk temperature on the outer surface of the cylinder immediately before seizure in two-cylinder tests.

    DOI: 10.1299/kikaic.55.1017

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 潤滑油の耐スコ-リング能-1-ギヤ油基油の平歯車試験結果と2円筒試験結果の相関

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩

    潤滑   32 ( 9 )   p679 - 686   1987年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本潤滑学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平歯車のスコ-リングに関する研究-3-かみあい始め側歯形摩耗による耐スコ-リング負荷容量の向上

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩, 松田 浩, 松尾 浩平

    日本機械学会論文集 C編   53 ( 486 )   p444 - 450   1987年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The influence of tip interference on scoring load capacity was studied using gears having tooth profile wear due to scoring on the approach side. The results were compared with those obtained with gears having no profile wear from viewpoints of scoring load and scoring temperature, taking the lubrication state on the working flank into consideration. The tip interference on the approach side should be reduced because, unlike on the recess side, it diminishes the scoring load capacity. In the mixed lubrication state, the bulk temperature on the working flank is suitable for an index in calculating the scoring load capacity of a spur gear pair. The scoring temperature on the recess side can be estimated well by the bulk temperature on the outer surface of the cylinder just before seizure in two-cylinder tests, provided that the specific sliding and the sliding velocity at the end of gear meshing are taken into account.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平歯車のスコ-リングに関する研究-2-極圧油の場合のスコ-リング発生温度

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩, 松尾 浩平

    日本機械学会論文集 C編   52 ( 484 )   p3256 - 3263   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    As a basis for establishing a calculation method of the scoring load capacity of a spur gear pair, the relation of the scoring occurrence to the temperature and the correlation between the gear test results and the two-cylinder test results were examined for EP oils using an IAE type high-speed gear test rig. An increase in the chemical reactivity of the EP oil causes an increase in the anti-scoring capacity of the EP oil. Unlike the maximum value of the maximum contact surface temperature and the integral temperature, in the mixed lubrication state, the working flank bulk temperature just before scoring is affected by the rotating speed to a lesser extent. Also in the EP oils, as in the gear base oil, the scoring temperature of a spur gear pair in the mixed lubrication state can be estimated by the outer surface bulk temperatures just before seizures in the two-cylinder tests taking the specific sliding and the sliding velocity at the beginning or the end of gear meshing into consideration.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Bulk Temperature Rise on Working Flanks in Spur Gear

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   52 ( 480 )   2174 - 2180   1986年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The bulk temperature rise was studied when a moving heat source with variable heat quantity was supplied repeatedly at regular intervals on the surface of an isotropic and homegeneous rectangular shaped body used as a model of a spur gear tooth. The effect of radiation at the inner surface of a boss on the bulk temperature rise reduces as the distance between the inner surface of the boss and the working flank is increased. The bulk temperature rise is almost inversely proportional to the interval of the heat supply. The size of the heat supply region and the moving direction of the heat source scarcely affect the bulk temperature rise. In |v^^-| not less than 1000, the bulk temperature rise is not affected by the moving velocity of the heat source, and the approximate bulk temperature rise can be obtained by dividing the temperature rise on the working flank due to the stationary heat source by the number of teeth.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平歯車におけるせん光温度

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩

    日本機械学会論文集   52 ( 478 )   1827 - 1832   1986年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Using as a model an isotropic and homogeneous rectangular shaped body, the flash temperature on the working flank of a spur gear tooth was studied. The effects of various factors on the flash temperature were investigated by comparing with the conventional flash temperature on the surface of a semi-infinite body. The results indicate that the maximum flash temperature in the heat supply region has an intimate relation with the product of the size of the heat supply region and the moving velocity of the heat source. In d^^-|v^^-| not less than 10, the maximum flash temperature is determined both by the state of the variation in supplied heat quantity and by the values of d^^-|v^^-| and t^^-/Δt^^- regardless of the state of radiation, the moving direction of the heat source, and the dimensions of the body. A simple equation is proposed which is useful for calculating the maximum flash temperature when the supplied heat quantity varies with time and d^^-|v^^-| is not less than 10.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Temperature Rise of a Spur Gear Tooth Due to Repeated Moving Heat Source

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩

    Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng.   52 ( 476 )   1387 - 1393   1986年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    As a basis for the study to clarify the relationship between scoring occurrence and temperature in spur gear pairs, the temperature rise in a rectangular shaped body used as a model of a gear tooth was examined analytically, when a moving heat source with variable heat quantity was supplied repeatedly at regular intervals. The characteristic of the temperature rise of the body and the effect of radiation on the temperature rise were investigated. The temperature rise on the working tooth flank in the heat supply region and its neighborhood can be divided into the flash temperature component not affected by the state of radiation and the bulk temperature rise component significantly affected by it.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平歯車のスコ-リングに関する研究-1-ギヤ油基油の場合のスコ-リング発生温度

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩, 松尾 浩平

    日本機械学会論文集 C編   52 ( 473 )   p122 - 129   1986年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    スコーリング発生と温度の関係ならびに歯車試験結果と2円筒試験結果との相関性をギヤ油基油の場合について検討した.混合潤滑状態からのスコーリング発生は,接触面最高温度および積分温度よりも,すべり速度,給油方向の影響を受けにくい歯面バルク温度と相関がある.歯車のスコーリング発生温度は歯車のかみあい始めまたはかみあい終わりのすべり率に対応した2円筒試験における焼付き発生直前のバルク温度を参照して推定できる.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 潤滑油の耐焼付き能に及ぼす荷重密度変動の影響(第1報:ギヤ油基油の場合の突起間干渉状態)

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩

    日本機械学会論文集   51 ( 472 )   3259 - 3266   1985年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    歯車装置の耐スコーリング能に関連して,突起間干渉状態に及ぼす荷重密度変動の影響を2円筒試験で検討した.膜厚比が10を越えるいわゆる完全な弾性流体潤滑状態においても突起間干渉は発生する.高荷重密度域の突起間干渉頻度は低荷重密度域より高い.すべり・ころがり接触下の突起間干渉頻度はころがり接触下より高く,荷重増によりバルク温度が上昇し弾性流体潤滑膜厚が薄くなるにつれて突起間干渉は顕著となる.

    DOI: 10.1299/kikaic.51.3259

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 潤滑油の耐焼付き能に及ぼす荷重密度変動の影響(第2報:高すべり率におけるギヤ油基油の耐焼付き能)

    小幡 文雄, 藤田 公明, 藤井 正浩

    日本機械学会論文集   51 ( 472 )   3267 - 3274   1985年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    歯車装置の耐スコーリング能に関連して,高すべり率におけるギヤ油基油の耐焼付き能に及ぼす荷重密度変動の影響を2円筒試験で検討した.すべり率が増せば突起間干渉は発生しやすくなる.突起間干渉頻度およびバルク温度の高い高荷重密度域から焼付きの発生する確率が高い.高荷重密度域と低荷重密度域の荷重密度の比が4までの範囲では両領域の潤滑状態に極端な差が生じないため,耐焼付き能に及ぼす荷重密度変動の影響はない.

    DOI: 10.1299/kikaic.51.3267

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 炭素添加炭化ケイ素コーティングの水中摩擦摩耗特性

    石井良助, 大宮祐也, 塩田忠, 藤井正浩

    日本機械学会 第21回機素潤滑設計部門講演会(MDT2022)  2022年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月5日 - 2022年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 転がり滑り環境下におけるDLCのトライボロジー特性

    大城竹彦, 三宅浩二, 大原久典, 藤井正浩, 伊賀隆成

    トライボロジー会議2022 秋 福井  2022年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月9日 - 2022年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 接触面表面粗さを考慮したねじ締結体締付け特性の推定手法

    両角 由貴夫, 小松 優太, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    日本機械学会2022年度年次大会  2022年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月11日 - 2022年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フィルタードアークPVD法により歯車に成膜したDLCのはく離特性

    伊賀 隆成, 藤井 正浩, 藤井 慎也, 大城 竹彦, 田中 祥和

    日本機械学会2022年度年次大会  2022年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月10日 - 2022年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歯車の歯面摩擦特性向上と高強度化の話題 招待

    藤井正浩

    日本機械学会講習会 歯車の高機能化を支える製造技術  2022年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • シロキサン含有ポリイミドコーティングの水潤滑特性に及ぼす硬化温度の影響

    范 月林, 塩田 忠, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本設計工学会中国支部研究発表後援会  2022年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 第一原理計算によるSi系およびTi系薄膜のAl 2O3基板に対する密着性の評価

    嶋 崎 一真, 竹中優加, 塩田 忠, 大宮祐也, 藤井正浩

    日本設計工学会中国支部研究発表後援会  2022年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工股関節嵌合部の耐摩耗性向上を目 指したアルミナージルコニア複合材コー ティング

    塩田忠, 愛原蒼平, 大宮祐也, 藤井正浩

    トライボロジー会議2022 春 東京  2022年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月23日 - 2022年5月25日

    researchmap

  • チタン合金基板上に製膜したアルミナ-ジルコニア系コーティング膜の フレッチング摩耗特性

    愛原 蒼平, 塩田 忠, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    日本機械学会中国四国支部第60期総会・講演会  2022年3月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルゴンイオンボンバード処理が接着接合強度に及ぼす影響

    山本 航平, 中西 亮太, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    日本機械学会中国四国支部第60期総会・講演会  2022年3月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生理食塩水中における炭化ケイ素コーティングの摩擦摩耗特性

    塩田忠,谷家大樹,竹中優加,大宮祐也,生駒俊之,藤井正浩

    MRM Forum 2020  日本MRS

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月7日 - 2020年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高密度焼結合金製歯車の損傷形態と疲れ強さ

    藤井正浩,宮脇良太,伊志嶺朝之,江頭繁樹

    日本機械学会2020年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月13日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 歯車に施したDLCコーティングのはく離挙動に及ぼす基材粗さの影響

    藤井正浩,慶児祐介,田中祥和,藤井慎也

    日本機械学会2020年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月13日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Strength Characterization of Adhesive Joint Surface-Modified by Large-Area Eb Irradiation

    Yuya Omiya, Kenji Toyota, Ryota Nakanishi, Akira Okada, Togo Shinonaga, Masahiro Fujii

    The International Conference on Leading Edge Manufacturing/Materials and Processing  ASME

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水潤滑下におけるステンレス基材上の酸化物コーティング膜のトライボロジー特性

    塩見公,塩田忠,大宮祐也,藤井正浩

    日本設計工学会中国四国支部講演論文集  日本設計工学会中国四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • ピーニングで付与した圧縮残留応力分布が浸炭硬化鋼ローラの転がり疲れに及ぼす影響

    藤井正浩,栗原拓也,一宮克行

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 高周波焼入れ鋼ローラの転がり疲れ強さ ?浸炭硬化されたローラとの比較?

    藤井正浩, 陳 誠,辻 俊哉,塚原真宏

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • ボルト軸力にばらつきを有する管フランジ締結体の漏えい特性

    朱 万玉,大宮祐也,塩田 忠,藤井正浩

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 表面テクスチャリングが接着継手強度に与える影響

    豊田健二,大宮祐也,中西亮太,塩田 忠,藤井正浩

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • ねじ締結速度がグリース潤滑されたねじ面の損傷に及ぼす影響

    川口隼己,大宮祐也,塩田 忠,藤井正浩

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 炭化ケイ素の水潤滑しゅう動における低摩擦状態の発現に及ぼす摩擦帯電の影響

    肖 佳?,塩田 忠,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • レーザピーニングが浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼす影響

    影山大恩,河渕紗英子,塩田 忠,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会中国支部第58期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • テクスチャリング付与と表面改質を併用した接着継手の 強度信頼性に関する研究

    豊田 健二,大宮 祐也,篠永 東吾,岡田 晃,藤井 正浩

    日本機械学会M&M2019 材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日 - 2019年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3次元FEM を用いたねじ締結体締付け時の力学挙動解析

    両角 由貴夫,玄馬 之善,大宮 祐也,藤井 正浩

    日本機械学会M&M2019 材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日 - 2019年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanical Properties of Amorphous SiC thin films on Al2O3 Ceramic Substrates

    T. Shiota, D. Taniya, M. Okiyama, Y. Takenaka, Y. Omiya, T. Ikoma, M. Fujii

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月27日 - 2019年11月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄  

    researchmap

  • B添加液相焼結鋼の機械的特性(第2報)

    江頭繁樹,関谷貴志,伊志嶺朝之,上野友之,藤井正浩

    粉体粉末冶金協会 2019年度秋季大会  粉体粉末冶金協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月22日 - 2019年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Influence of Tightening Speed on Rapture of Screw Threads

    Yuya Omiya, Hayaki Kawaguchi, Tadashi Shiota, Masahiro Fujii

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2019)  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月24日 - 2019年4月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • Tribological behavior of silicon carbide coating films for ceramic-on-ceramic artificial joints

    T. Shiota, M. Akiyama, D. Taniya, Y. Omiya, T. Ikoma, M. Fujii

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2019)  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月24日 - 2019年4月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • 往復摺動下のNBRの摩擦特性?ゴム硬さの影響?

    宮明直輝,藤井正浩,石田浩規

    日本機械学会中国支部第57期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宇部  

    researchmap

  • 木材由来の酸化ナノカーボンを用いた SBR ゴムの補強

    河元広樹,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会中国支部第57期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宇部  

    researchmap

  • 被締結物がクリープ変形するねじ締結体における軸力低下に及ぼす平座金の効果

    増田大貴,大宮祐也,藤井正浩,玄馬之善,両角由貴夫

    日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月22日 - 2018年12月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井  

    researchmap

  • 被締結物がクリープするねじ締結体の変形解析とボルト軸力低下について

    両角由貴夫,増田大貴,玄馬之善,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月22日 - 2018年12月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井  

    researchmap

  • ホウ素添加液相焼結鋼の機械特性

    江頭繁樹,平井 慧,上野友之,藤井正浩

    粉体粉末冶金協会 平成30年度秋季大会  粉体粉末冶金協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月30日 - 2018年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • Effects of the Metal Surface Profile to the Sliding properties between Rubber and Metal and Applying that to Wheel Bearing Seals

    Koki Ishid, Masahiro Fujii, Jun Hwi Cho, Kevin Pittel

    Brake Colloquium and Exhibition  SAE

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月14日 - 2018年10月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ねじ込みボルト締結体のクリープによる軸力低下(被締付物およびめねじ部材の影響)

    渡邉 忠俊,大宮 祐也,藤井 正浩

    日本機械学会2018年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月9日 - 2018年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 高密度焼結歯車の疲労寿命と損傷形態

    藤井 正浩,尾崎 圭太朗,上野 友之,伊志嶺 朝之,江頭 繁樹

    日本機械学会2018年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月9日 - 2018年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • DLC膜適用による歯車寿命と疲労強度の改善

    藤井慎也,藤井正浩,竹野清太郎,森口秀樹

    自動車技術会2018年春季大会  2018年  自動車技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月23日 - 2018年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 締結時におけるRJG付き大口径フランジ締結体のボルト軸力挙動

    大宮祐也,藤井正浩,真鍋和暉,朱 萬玉

    日本機械学会第18回機素潤滑設計部門講演会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月23日 - 2018年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形あわら  

    researchmap

  • 滑り転がり接触機械要素の表面性状に及ぼすレーザピーニングの影響

    羽原祐也,藤井正浩,影山大恩,野際公宏,三津石大貴,山西利幸

    日本機械学会中国支部第56期総会・講演会  2018年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 高温流体を密封した配管接合部の漏えい量変化

    石堂謙汰,大宮祐也,藤井正浩

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • 硬度の異なるNBRを用いた油潤滑下における摩擦特性

    宮明直輝,藤井正浩,石田浩規

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • 樹脂の摩擦・摩耗に及ぼす酸化ナノカーボンの形状と濃度の影響

    河元広樹,行好裕介,大宮祐也,藤井正浩,木之下博

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • DLCコーティングした歯車の剥離挙動と面圧強度

    竹野清太郎,藤井正浩,森口秀樹,石塚浩,藤井慎也

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • ブロックオンリングおよび四球摩擦試験を用いた酸化ナノカーボンと他添加剤との併用効果の解明

    西崎僚太,小野秀樹,大宮祐也,藤井正浩,木之下博

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • 潤滑油における酸化ナノカーボンと他添加剤との併用効果 ‐往復動摩擦試験での添加濃度の影響‐

    杉峯健太,中植大介,大宮祐也,藤井正浩,木之下博

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • 異種材料の摩擦撹拌点接合の発熱挙動に及ぼす加圧力及び回転数の影響

    冨岡俊介,大宮祐也,西口勝也,島田聡子,藤井正浩

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • 転動疲労挙動に及ぼす潤滑油への酸化ナノカーボン分散の影響 -表面粗さの変化と寿命への影響-

    竹本和樹,菊地大樹,大宮祐也,藤井正浩,神田信,栃木弘,木之下博

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月15日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川県高松市  

    researchmap

  • Mechanical behavior of joints with tap bolt subjected to thermal load

    Haruka Yamamoto, Yuya Omiya, Tadatoshi Watanabe, Masahiro Fujii

    自動車技術会2017年秋季大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月11日 - 2017年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 被締結物のクリープによるねじ締結体のボルト軸力低下

    両角由貴夫,藤井正浩,大宮祐也,増田大貴

    日本機械学会2017M&M 材料力学カンファレンス  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月7日 - 2017年10月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道札幌  

    researchmap

  • 浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼす空気式ショットピーニングの影響

    關正憲,小林祐次,後和大輔,藤井正浩

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月3日 - 2017年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ねじ部材用低硬度金属材料のトライボロジー特性

    岡村元気,大宮祐也,藤井正浩,井原朋哉

    日本設計工学会中国支部研究発表講演会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DLCコーティングを施した浸炭硬化ローラおよび歯車の面圧強度

    藤井正浩,日下貴博,森口秀樹,石塚浩,藤井慎也,湯塩泰久,江畑恵司

    日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 油潤滑下におけるNBRの摩擦特性に及ぼすゴム硬さの影響

    石田幹久,藤井正浩,石田浩規

    日本機械学会中国四国支部第55期総会・講演会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Surface Profile Modified with Fine Shot Peening on Scuffing in Rolling-sliding Contact Element

    Masahiro Fujii, Yuya Omiya, Ryo Ochiai, Koshi Ishimoto, Akihiro Ueda

    The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions MPT2017 Kyoto  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月28日 - 2017年3月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Density on Fatigue Strength of Sintered and Powder-forged Gears

    Masanori Seki, Masahiro Fujii

    The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions MPT2017 Kyoto  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月28日 - 2017年3月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FEM Analysis on Creep Deformation and Axial Bolt Force Change in Threaded Fasteners at Elevated Temperature

    Yuya OMIYA, Tadatoshi WATANABE, Masahiro FUJII, Haruka YAMAMOTO

    The ASME 2016 International Mechanical Engineering Congress and Exposition  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月9日 - 2016年11月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 温度変動における小口径管フランジ締結体のボルト軸力変化

    石堂謙汰,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会関東支部・精密工学会 山梨講演会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トルク法を用いた多数ボルト締結体の締付け挙動

    大宮祐也,藤井正浩

    日本設計工学会2016年度秋季研究発表講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月7日 - 2016年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れ挙動に及ぼす転動面の圧痕の影響

    藤井正浩,草平啓一,櫛田耕太郎

    日本機械学会2016年度年次大会  2016年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月11日 - 2016年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 温度変化を受ける異種材ねじ締結体の変形および応力解析(多数ボルト締結体の場合)

    両角由貴夫,大宮祐也

    日本機械学会2016年度年次大会  2016年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月11日 - 2016年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • Correlation on Scatter between Torque Coefficient and Bolt Preload in Pipe Flange Connection

    Yuya OMIYA, Masahiro FUJII

    ASME 2016 Pressure Vessels and Pipeing Conference  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月17日 - 2016年7月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼすショットピーニングの影響(ショット粒径0.1mm未満の場合)

    關正憲,張超群,小林祐次,後和大輔,藤井正浩

    日本機械学会第16回機素潤滑設計部門講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月18日 - 2016年4月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼすレーザーピーニングの影響

    藤井正浩,安倍慎一郎,羽原祐也,小林祐次,辻俊哉,Bovid Stan,關正憲

    日本機械学会第16回機素潤滑設計部門講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月18日 - 2016年4月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サーメット溶射皮膜の水潤滑下における摩擦摩耗挙動

    三好勝也, 藤井正浩,張超群

    日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 炭化ケイ素の油中摩擦摩耗に及ぼす表面状態の影響 ?水中で予備摺動された表面による結果?

    藤井正浩,藤坂悠

    日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 接触表面に圧痕を有する鋼ローラの転がり疲れ

    藤井正浩,草平啓一

    日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • レーザピーニングした浸炭硬化鋼の転動疲労寿命

    藤井正浩,安倍慎一郎,小林祐次,辻俊哉,Bovid Stan

    日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 木材由来ナノ潤滑添加剤の潤滑油への分散および摩擦特性

    小野秀樹,杉峯健太,木之下博,藤井正浩,仁科勇太

    第5回酸化グラフェンシンポジウム  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月11日 - 2015年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 木材由来ナノ潤滑添加剤散水の摩擦特性

    金森康平,木之下博,藤井正浩,仁科勇太

    第5回酸化グラフェンシンポジウム  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月11日 - 2015年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高圧力作用下における金属ガスケット単体の密封性能試験および応力解析

    柴井裕太,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会M&M2015 材料力学カンファレンス  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月21日 - 2015年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ボルト初期締め付け力のばらつきが管フランジ締結体の微小漏えいに及ぼす影響

    大宮祐也,板野光司,藤井正浩

    日本機械学会関東支部・精密工学会 山梨講演会2015  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ねじのはめあい長さがボルト締結体のねじ部における応力分布に及ぼす影響

    田村直樹,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会関東支部・精密工学会 山梨講演会2015  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トルク法による管フランジ締結体のボルト初期締め付け力とトルク係数のばらつき

    大宮祐也,板野光司,藤井正浩,芳井大治

    日本機械学会関東支部・精密工学会 山梨講演会2015  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The influence of various sliding pairs on the tribology of graphene oxide water dispersions

    Hideki ONO, Hiroshi KINOSHITA,Yuta NISHINA, Aidil Azli ALIAS, Masahiro FUJII

    International Tribology Conference 2015 Tokyo  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月17日 - 2015年9月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evaluation of the tribological behavior of graphene oxide sheet in oil lubricants

    Masahiro KONDO, Hiroshi KINOSHITA, Masahiro FUJII

    International Tribology Conference 2015 Tokyo  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月17日 - 2015年9月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 温度変化を受ける異種材ボルト締結体の変形および応力解析

    両角由貴夫,大宮祐也,藤井正浩

    日本機械学会2015年度年次大会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングを施した鋼ローラの疲労寿命に及ぼす表面性状の影響

    永橋優太,關正憲,祖山均, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 管フランジ締結体におけるボルト初期軸力のばらつきを考慮した漏えい量基準の締付トルク設計法

    板野光司,大宮祐也, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 調質鋼ローラの転がり疲れに及ぼす人工表面欠陥の影響

    藤井正浩,渡辺悠太

    日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 溶射皮膜の水潤滑下における摩擦・摩耗挙動

    藤井正浩,三好勝也,張超群

    日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸化グラフェンの各種液体への分散とそれらのトライボロジー特性

    木之下博,アイディル アズリ アリアス,仁科勇太,藤井正浩

    トライボロジー会議2014春東京  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月19日 - 2014年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歯面研削仕上げ後に浸炭硬化した歯車の面圧強さ

    日出佳太,藤井正浩,關 正憲

    MPT2013シンポジウム<伝動装置>  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月14日 - 2013年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸炭硬化歯車の疲労強度に及ぼす歯面形状の影響

    關 正憲,藤井正浩,日出佳太

    MPT2013シンポジウム<伝動装置>  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月14日 - 2013年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CNT含有複合めっきの合成とその微小荷重領域における電気抵抗

    横井悠馬, 木之下博, 藤井正浩

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸化グラフェン分散水による摩擦減少効果 ?摺動材料による影響?

    アイディル アズリ アリアス,仁科勇太,木之下博,藤井正浩

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ含有複合めっきの合成と微小荷重領域における接触電気抵抗測定

    横井悠馬,木之下博,藤井正浩

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高濃度ナノダイヤモンド含有無電解ニッケルめっき複合膜の合成とそのトライボロジー特性

    田口明徳,木之下博,藤井正浩

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ナノダイヤモンド分散水の摩擦減少効果の摺動材料による影響

    原田浩貴,木之下博,藤井正浩

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ショット粒径0.05mmのショットピーニングによる軸受鋼の転動疲労寿命向上

    北條裕也,關 正憲,池田丈明,張 超群,山西利幸,西澤誠二,藤井正浩

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • バイオミメティクスの観点からのサンドフィッシュの鱗の微小荷重領域でのトライボロジー特性

    木之下博,政安亮祐,藤井正浩

    トライボロジー会議2013春  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月20日 - 2013年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸化グラフェンの摩擦添加剤としての効果 -水潤滑における効果-

    木之下博,アイディル アズリ アリアス,仁科勇太,藤井正浩

    トライボロジー会議2013秋福岡  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月20日 - 2013年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 微小振動印加によるカーボンナノチューブ薄膜の摩擦低減 ?摩擦低減メカニズム?

    横井悠馬,蔭山正敏,木之下博,藤井正浩

    トライボロジー会議2013春  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月20日 - 2013年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸化グラフェンおよびナノダイヤモンドの水潤滑での添加による摩擦減少特性

    アイディル アズリ アリアス,仁科勇太,木之下博,藤井正浩

    トライボロジー会議2013春  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月20日 - 2013年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 炭素系材料を含んだ無電解ニッケルめっき複合膜の開発

    大嶋隆史, 田口明徳, 木之下博, 藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピーニングを施した浸炭硬化ローラの疲労過程における表面性状の変化

    關 正憲,市原大士,永橋優太,祖山 均,小林祐次,後和大輔,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ薄膜の振動入力による摩擦低減法 -マイクロニュートン荷重における荷重依存性-

    蔭山正敏,横井悠馬.木之下博,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノ材料を含んだ無電解ニッケルめっき複合膜の開発

    大嶋隆史,田口明徳,木之下博,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸炭硬化歯車のピッチング強さに及ぼす表面性状の影響

    關 正憲,丸尾昌司,日出桂太,木村幸彦,堀本雅之,牧野泰三,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 表面に欠陥を有する鋼ローラの転がり疲れ挙動

    藤井正浩,北條竜太

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粘弾性材料の摺動特性に及ぼす表面粗れの影響

    藤井正浩,横山武久,國富裕太,石田浩規

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 873Kまでの高温環境下における固体潤滑剤の摩耗寿命

    藤井正浩,佐々木友昭

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ショット粒径0.05mm のショットピーニングを施した軸受鋼の転動疲労寿命

    關 正憲,池田丈明,張 超群,北條裕也,山西利幸,西澤誠二,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • バイオミメティクスの観点からの生体鱗のマイクロトライボロジーメカニズム解明

    政安亮祐, 木之下博,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水潤滑下における硬質被膜のトライボ性能評価

    藤井正浩,張超群,片岡敦行

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Performance Evaluation of Differential Rotary to Linear Conversion Mechanism with Ball Screws and Spur Gears

    Masanori Seki, Yoshiki Ototake, Takafumi Matsui, Ichiro Shimizu, Masahiro Fujii

    The 2nd IFToMM Asian Conference on Mechanism and Machine Science  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月7日 - 2012年11月10日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鋼の摺動特性に及ぼすショットピーニングの影響

    關正憲,二田誠一郎,小林祐次,杉浦英明,藤井正浩

    トライボロジー会議2012秋  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月16日 - 2012年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 振動印加によるカーボンナノチューブ薄膜の摩擦低減?ミリニュートン荷重領域における効果?

    木之下博,横井悠馬,蔭山正敏,アイディルアズリエイリアス,藤井正浩

    トライボロジー会議2012秋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月16日 - 2012年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歯面への異物かみ込み状態の弾塑性解析

    藤井正浩,乾龍馬

    日本機械学会2012年度年次大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月9日 - 2012年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 同一表面粗さにおける浸炭硬化ローラの疲労寿命に及ぼすキャビテーションピーニングとショットピーニングの影響

    關正憲,祖山均,小林祐次,杉浦英明,藤井正浩

    日本機械学会2012年度年次大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月9日 - 2012年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 振動印加によるカーボンナノチューブ薄膜の摩擦係数の0から1以上までのコントロール

    木之下博、蔭山正敏、アイディルアズリエイリアス、藤井正浩

    ナノ学会第10 回大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月14日 - 2012年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 差動型回転直動変換機構による重量物の位置決め精度と位置保持性能

    關正憲,乙武慶樹,松井崇史,清水一郎,藤井正浩

    The 2012 JSME Conference on Robotics and Mechatronics  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月27日 - 2012年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングとショットピーニングを施した同一表面粗さにおける浸炭硬化ローラの疲労強度

    關正憲,祖山均,小林祐次,後和大輔,藤井正浩

    平成24 年度ショットピーニング技術協会学術講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サンドフィッシュの鱗のマイクロニュートン荷重領域における凝着および摩擦特性

    政安亮祐,山田光太郎,木之下博,藤井正浩

    トライボロジー会議2012春  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月14日 - 2012年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ薄膜のマイクロニュートン荷重領域における振動印加による摩擦低減効果?振動周波数と振幅依存性?

    蔭山正敏,アイディルアズリエイリアス,木之下博,藤井正浩

    トライボロジー会議2012春 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月14日 - 2012年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Friction Force Reduction on Carbon Nanotube (CNT) Films by Oscillating Motions under Micronewton Loads - Oscillation Frequency Dependence -

    Aidil Azlibin Alias, Masatoshi Kageyama, Hiroshi Kinoshita,Masahiro Fujii

    日本機械学会第12 回機素潤滑設計部門講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月23日 - 2012年4月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焼結および粉末鍛造歯車の疲労強度に及ぼす密度の影響

    關正憲,藤井正浩,吉田彰

    日本機械学会第12 回機素潤滑設計部門講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月23日 - 2012年4月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリニュートン荷重下におけるカーボンナノチューブ薄膜とベアリング球とのトライボロジー

    大嶋隆史,戸田幸介,木之下博,藤井正浩

    日本機械学会第12 回機素潤滑設計部門講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月23日 - 2012年4月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 差動型回転直動変換機構を用いた重量物の位置決めに関する研究

    關正憲,乙武慶樹,松崎敦史,清水一郎,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水潤滑下におけるDLC膜の摩擦・摩耗挙動

    藤井正浩,藤原大輔,板野光司

    日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングによる鋼歯車の加工硬化と疲労寿命の関係

    關正憲,角田将光,祖山均,内藤暁馬,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 片当りを伴う鋼ローラの弾塑性解析

    藤井正浩,三葉康伸,乾龍馬

    日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • プラズマCVD 法によるDLC 被膜の真空無潤滑下における摩擦摩耗挙動

    藤井正浩,福田拓哉,Kumar M. Ananth ,金山祥生

    日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クラウニング歯面を有する浸炭硬化歯車の疲労寿命

    關正憲,野田大輔,西岡真吾,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Low Temperature Formation Process and Low Load Electrical Contact of a Carbon Nanotube Film Bonded to a Au Film

    Hiroshi Kinoshita, Naganori Koda, Masanori Seki, Masahiro Fujii, Yoshitada Isono, Nobuo Ohmae

    International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月30日 - 2011年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Evaluation of Shot-Peened Case-Hardened Steel with a Thrust Washer Testing Machine and a Roller Testing Machine

    Masanori Seki, Lei Wang, Yasuharu Nagai, Yuji Kobayashi, Daisuke Gowa, Hiroshi Kinoshita, Masahiro Fujii

    International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月30日 - 2011年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of Coating Thickness and Environment on The Tribology of Thick DLC Coating under Sliding Contact

    M. Ananth Kumar and Masahiro Fujii

    International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月30日 - 2011年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Frictional Properties of Carbon Nanotube Films with a Load Range from Micronewton to Millinewton Using mm Size Balls

    Takashi Nakayama, Hiroshi Kinoshita, Takahiro Sumitani, Kazuya Takeshita, Masanori Seki, Masahiro Fujii, Nobuo Ohmae

    International Tribology Conference Hiroshima 2011(ITC Hiroshima 2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月30日 - 2011年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Life of Case-Hardened Steel Treated by Shot Peenings with Shot Diameters of 0.05 mm and 0.30 mm

    Lei Wang, Guangliang Liu, Masanori Seki, Masahiro Fujii, Qian Li

    International Conference on Power Transmissions 2011  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月25日 - 2011年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Life of Steel Rollers Treated by Cavitation Peening and Shot Peening

    Masanori Seki, Hitoshi Soyama, Yuji Kobayashi, Daisuke Gowa, Masahiro Fujii

    International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2011(ATEM'11)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月19日 - 2011年9月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超熱酸素原子ビーム照射によるナノ粗さカーボン系材料表面での超親水性の実現

    木之下博,中山隆史,松本直浩,藤井正浩,大前伸夫

    ナノ学会第9回大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月2日 - 2011年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 差動型回転直動変換機構の位置決め精度と入出力特性

    關正憲,清水一郎,松井崇史,乙武慶樹,藤井正浩

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(ROBOMECH2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月26日 - 2011年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Fatigue Strength of Steel Rollers and Gears Treated by Cavitation Peening with Short Processing Time (A Case of Processing Time of 1 minute and 5 minutes)

    Masanori Seki, Naruto Nishie, Seiya Kozai, Masamitsu Kakuda, Hitoshi Soyama, Akima Naito, Masahiro Fujii

    The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月24日 - 2011年4月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Performance Comparison of Differential Rotary to Linear Conversion Mechanisms with Multiple Ball Screws and Gears

    Yoshiki Ototake, Masanori Seki, Ichiro Shimizu, Takafumi Matsui, Masahiro Fujii

    The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月24日 - 2011年4月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue of Thermal Refining Steel Roller with a Hardness of HV 285-380

    Masahiro Fujii, Yasunobu Miwa, Masafumi Aoba, Noritada Fujimura, Kenzo Miura

    The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2011)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月24日 - 2011年4月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピーニング処理した鋼表面の形状的特徴と摩擦摩耗特性の関係

    關 正憲,菅野真司,二田誠一郎,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れ強さ・摩擦係数・表面粗さに及ぼす極圧添加剤の影響

    藤井正浩,松本 武,真鍋義隆,佐伯 親

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 耐熱合金に施した固体潤滑剤の873Kまでの高温環境下における摩擦摩耗

    藤井正浩,酒井正俊

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 油潤滑下におけるNBRの摩擦評価

    藤井正浩,吉井雄生

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歯面研削を施した表面粗さの異なる鋼歯車のピッチング強さ

    關 正憲,嘉本 潤,藤井正浩,木村幸彦,堀本雅之,牧野泰三

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸炭硬化鋼の転動疲労寿命に及ぼす各種ショットピーニングの影響

    關 正憲,王 磊,小林祐次,後和大輔,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数のボールねじと歯車で構成される差動型回転直動変換機構の基本性能比較

    關 正憲,清水一郎,松井崇史,乙武慶樹,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングを施した鋼ローラの疲れ寿命(ショットピーニングを施した鋼ローラとの比較)

    關 正憲,香西聖也,祖山 均,内藤暁馬,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 微粒子ピーニングを施した浸炭硬化ローラの疲れ寿命

    關 正憲,小林祐次,後和大輔,長井康晴,藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A study of tribological characteristics of plasma CVD DLC coatings in sliding contact under oil lubrication

    M.Ananth Kumar, Masahiro Fujii and Seiichiro Nita

    Tribology Congress in Australia (ASIATRIB2010)  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月5日 - 2010年12月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fundamental Characteristics of Reverse-Type Differential Rotary to Linear Conversion Mechanism

    Masanori SEKI, Ichiro SHIMIZU and Masahiro FUJII

    The 2nd International Conference on Design Engineering and Science (ICDES2010)  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月17日 - 2010年11月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Substrate Roughness and Thickness of DLC Coating on Tribological Behaviour in Vacuum under Sliding Contact

    M.Ananth Kumar, Masahiro Fujii, Koichi Murata and Takuya Fukuda

    The 2nd International Conference on Design Engineering and Science (ICDES2010)  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月17日 - 2010年11月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Friction, wear and surface durability of tungsten carbide/ carbon-coated gear and roller

    Masahiro Fujii, Masanori Seki and Akira Yoshida

    International Conference on Gears  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月4日 - 2010年10月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ボールねじと歯車で構成される新たな差動回転直動変換機構の基礎的特性評価

    關 正憲,清水一郎,藤井正浩,松井崇史

    日本機械学会2010年度年次大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月6日 - 2010年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 微粒子ピーニングを施した浸炭硬化鋼の転動疲労寿命

    王 磊,關 正憲,小林祐次,藤井正浩

    日本設計工学会 平成22年度研究発表講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングによる鋼の摺動特性の向上

    關 正憲,祖山 均,藤井正浩,吉田 彰

    日本材料学会 第59期学術講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月22日 - 2010年5月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低摩擦高硬度被膜の動力伝達機械要素への応用

    藤井正浩

    広島市産業振興センター材料・設計技術融合研究会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 油潤滑下における硬質皮膜のトライボロジー特性に及ぼす皮膜厚さの影響

    藤井正浩,關 正憲,二田誠一郎,深井譲二,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部 第48期総会・講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 調質鋼されたクロムモリブデン鋼製ローラの転がり疲れ

    藤井正浩,中尾幸司,青葉雅文,藤村徳忠,三浦健藏

    日本機械学会中国四国支部 第48期総会・講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鋼歯車の疲労寿命向上とキャビテーションピーニングによる硬さの増加の関係

    關 正憲,祖山 均,藤井正浩,西江徳人,角田将光,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部 第48期総会・講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HV350程度の調質鋼製ローラの面圧強度

    藤井正浩,青葉雅文,藤村徳忠,三浦健藏

    日本機械学会第10回機素潤滑設計部門講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DLCコーティングのはく離寿命に及ぼす膜厚の影響

    藤井正浩,村田紘一,深井譲二,白川貴人,吉田彰

    日本機械学会中国四国支部 第48期総会・講演会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歯車材料と熱処理法,高強度化法

    藤井正浩

    日本機械学会講習会歯車技術基礎講座  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月19日 - 2009年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 環境負荷低減を目指した機械要素のトライボロジー特性の向上

    藤井正浩,關 正憲

    岡山大学知恵の見本市2009  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 環境負荷低減のための脱油圧を実現する機械式リニアアクチュエータの開発

    清水一郎,關 正憲,多田直哉,藤井正浩

    岡山大学知恵の見本市2009  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • D値と硬さを考慮したピッチング寿命と面圧強さの評価

    吉田 彰,關 正憲,藤井正浩,福原健人

    日本設計工学会 平成21年度秋季研究発表講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高出力と高精度位置決めを両立させる機械式リニアアクチュエータの開発

    松井崇史,關 正憲,清水一郎,藤井正浩,吉田 彰

    日本設計工学会 平成21年度秋季研究発表講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピーニングされた表面の摩擦・摩耗特性(S45C焼入れ材の場合)

    二田誠一郎,藤井正浩,關 正憲,祖山 均,小林祐次,吉田 彰

    日本設計工学会 平成21年度秋季研究発表講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鋼ローラに施したDLCおよびWC/C被膜の摩擦・摩耗挙動

    藤井正浩

    日本機械学会九州支部・中国四国支部合同企画長崎講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸炭硬化鋼に施したWC/C膜のスクラッチ試験による摩擦特性評価

    藤井正浩,關 正憲,吉田 彰

    日本機械学会 2009年度年次大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月13日 - 2009年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Automotive Gear Oil on Rolling Fatigue Strength of Steel Roller

    Yoshitaka Manabe, Shin Saeki, Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    World Tribology Congress 2009  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月6日 - 2009年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of Cavitation Peening on Tribological Characteristics of Carbon Steel

    Masanori Seki, Masahiro Fujii, Hitoshi Soyama, Akira Yoshida

    World Tribology Congress 2009  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月6日 - 2009年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Thickness of DLC Coating on Tribological Characteristics under Sliding-Rolling Contact Condition

    Masahiro Fujii, M.Ananth Kumar, Akira Yoshida

    World Tribology Congress 2009  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月6日 - 2009年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surface Durability of WC/C Coated Case-Hardened Steel Gear

    Masahiro Fujii, Masanori Seki, Akira Yoshida

    The 3rd International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2009)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月25日 - 2009年6月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surface Durability of Powder-Forged Roller Treated by Shot Peening

    Masanori Seki, Masahiro Fujii, Yuji Kobayashi, Masaaki Sato, Akira Yoshida

    The 3rd International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2009)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月25日 - 2009年6月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鋼歯車の疲れ強さに及ぼす歯面研削の有無の影響

    藤井正浩,關 正憲,鎌谷 豊

    日本設計工学会中国支部 平成21年度研究発表講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粉末焼結ローラの面圧強さに及ぼすショットピーニングの影響

    關 正憲,藤井正浩,小林祐次,佐藤正昭,吉田 彰

    ショットピーニング技術協会 第18回学術講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Improvement in Fatigue Strength of Steel Gear by Next-Generation Cavitation Peening

    Masanori Seki, Hitoshi Soyama, Akira Yoshida

    The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions (MPT2009)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月13日 - 2009年5月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Base Oil Viscosity, Viscosity Index Improver, and Additives of Lubricating Oil on Rolling Contact Fatigue Strength of Steel Roller

    Masahiro Fujii, Yoshitaka Manabe, Shin Saeki, Akira Yoshida

    The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions (MPT2009)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月13日 - 2009年5月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 873Kまでの高温環境下における固体潤滑剤の摩擦特性

    藤井正浩,鴉 頌孝

    日本機械学会中国四国支部 第47期総会・講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングを施した鋼ローラの表面性状とピッチング強さ

    關 正憲,祖山 均,藤井正浩,藤井 勲,香山勇人,西澤一登,関根裕一,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部 第47期総会・講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • WC/C膜を施した浸炭硬化歯車のピッチング強さ

    關 正憲,藤井正浩,安田 群,山口博幸,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部 第47期総会・講演会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Friction and Wear of Plasma CVD Diamond-Like Carbon Coating Deposited on Gear and Roller

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    The First Conference of Energy Engineering ICEE-1  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月28日 - 2008年12月31日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:エジプト,アスワン  

    researchmap

  • 水中および気中キャビテーション噴流による浸炭硬化歯車の疲れ寿命向上

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,飛田芳希,西江徳人,西澤一登,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画岡山講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 鋼の摺動特性に及ぼすピーニングの影響

    *藤井正浩,關 正憲,周 丹華,二田誠一郎

    日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画岡山講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Effect of Cavitation Shotless Peening on Fatigue Strength of Steel Gear

    Masanori Seki, Hitoshi Soyama, *Masahiro Fujii, Akira Yoshida

    The 10th International Conference on Shot Peening  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月15日 - 2008年9月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • キャビテーション・ショットレス・ピーニングを施した鋼材の摺動特性に関する基礎的研究

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,吉田 彰

    ショットピーニング技術協会第17 回学術講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 鋼歯車の疲れ寿命向上に対するキャビテーションピーニングの応用

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,吉田 彰

    日本材料学会第57期学術講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月24日 - 2008年5月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本  

    researchmap

  • ショットピーニングを施した粉末焼結ローラの面圧強さ

    關 正憲,*藤井正浩,佐藤正昭,小林祐次,吉永克仁,吉田 彰

    日本機械学会第8回機素潤滑設計部門講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月21日 - 2008年4月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:倉敷市  

    researchmap

  • キャビテーションピーニングを施した鋼歯車の面圧強さ

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,飛田芳希,西江徳人,吉田 彰

    日本機械学会第8回機素潤滑設計部門講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月21日 - 2008年4月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:倉敷市  

    researchmap

  • An Analysis of Failure in Thin Coatings Subjected to Contact Loading

    S. Rash Ahmadi,*M. Fujii,M. Shakeri,A. Sadough,T. Shirakawa

    日本機械学会第8回機素潤滑設計部門講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月21日 - 2008年4月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:倉敷市  

    researchmap

  • DLC 膜の摩擦・摩耗特性評価のための一解析

    *藤井正浩,白川貴人,Samrand Rash Ahmadi,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部第46 期総会・講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島市  

    researchmap

  • 鋼ローラの疲れ寿命に及ぼすキャビテーションピーニングの影響

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,三嶋孝洋,藤井 勲,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部第46 期総会・講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島市  

    researchmap

  • 粘度特性の異なる潤滑油を用いた場合の転がり疲れ強さの評価

    *藤井正浩,佐伯琢也,真鍋義隆,佐伯 親,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部第46 期総会・講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島市  

    researchmap

  • 油潤滑下におけるDLC膜の摩擦・摩耗に及ぼす膜厚の影響

    *藤井正浩,深井譲二,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部第46 期総会・講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島市  

    researchmap

  • 鋼歯車の疲れ寿命に及ぼすキャビテーションピーニングの影響

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,殿河内哲也,飛田芳希,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部第46 期総会・講演会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島市  

    researchmap

  • トライボ機械要素の表面強度の向上と評価技術の開発

    *藤井正浩,關正憲

    岡山大学 知恵の見本市2007  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月7日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れ強さに及ぼす潤滑油粘度特性の影響

    *藤井正浩,佐伯琢也,真鍋義隆,佐伯 親,吉田 彰

    日本機械学会機素潤滑設計部門MPT2007シンポジウム<伝動装置>  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月29日 - 2007年12月1日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • キャビテーション・ショットレス・ピーニングによる鋼歯車の疲れ強さ向上

    關 正憲,祖山 均,*藤井正浩,吉田 彰

    日本機械学会機素潤滑設計部門MPT2007シンポジウム<伝動装置>  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月29日 - 2007年12月1日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れ強さに及ぼす模擬欠陥の影響

    *藤井正浩,水野泰英,吉田 彰

    日本機械学会機素潤滑設計部門MPT2007シンポジウム<伝動装置>  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月29日 - 2007年12月1日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • シングルショットピーニングとダブルショットピーニングを施した鋼ローラの面圧強さ

    關 正憲,小林祐次,*藤井正浩,藤田浩司,吉田 彰

    日本機械学会機素潤滑設計部門MPT2007シンポジウム<伝動装置>  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月29日 - 2007年12月1日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • Education and Tribology Research in Graduate School of Natural Science and Technology (Dept. of Mechanical Engineering) in Okayama University

    *藤井正浩

    西安交通大学招待講演  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月21日 - 2007年11月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西安,中国  

    researchmap

  • キャビテーション・ショットレス・ピーニングを施した鋼歯車の疲れ寿命

    關正憲,祖山均,*藤井正浩,吉田彰

    トライボロジー会議 2007 秋 佐賀  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月26日 - 2007年9月28日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀  

    researchmap

  • A Comparison of Rolling Contact Fatigue of Steel Roller under Traction Oil Lubrication and under Turbine Oil Lubrication

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Yasuhide mizuno, Kento fukuhara, Kiyoji Minegishi

    International Conference Machine Design and Tribology ICMDT2007  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月1日 - 2007年7月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

    researchmap

  • トラクション油潤滑下における鋼ローラの表面き裂発生位置に関する一考察

    *藤井正浩,關 正憲,福原健人,吉田 彰

    日本設計工学会中国支部平成19 年度研究発表講演会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 粉末鍛造ローラの面圧強さに及ぼすショットピーニングの影響

    關正憲,岩本直之,佐藤正昭,小林祐次,*藤井正浩,吉田彰

    ショットピーニング技術協会第16回学術講演会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • An Investigation into Solidification and Mechanical Properties Behavior of AL-Si Casting Alloy

    G.T.Abdel-Jaber, A.M.Omran, Khalil Abdelrazek Khalil, *Masahiro Fujii, Masanori Seki, Akira Yoshida

    ASIAN Foundry Congress 2007  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月8日 - 2007年5月10日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul, Korea  

    researchmap

  • トラクション油潤滑下における鋼ローラの表面損傷

    *藤井正浩,水野泰英,長尾和也,吉田彰

    日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • トラクション係数に及ぼす鋼ローラのクラウニング半径の影響

    *藤井正浩,長尾和也,水野泰英,吉田彰

    日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 浸炭硬化歯車の疲れ寿命に及ぼすWC/Cコーティングの影響

    關正憲,*藤井正浩,山口博幸,吉田彰

    日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 高精度・高性能機械要素設計のための解析技術の適用と評価

    *藤井正浩,吉田彰,關正憲

    平成18年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 国際会議報告「International Tribology Conference AUSTRIB2006 」

    *藤井正浩

    日本機械学会中国四国機素潤滑設計技術研究会第41 回  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Static Characteristics of Aerostatic Guide Made of Partially Porous Ceramics

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Sijian Liu, Hisao Nagashio, Masahiro Yoshikawa

    International Tribology Conference AUSTRIB2006  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月3日 - 2006年12月6日

    開催地:Australia, Brisbane  

    researchmap

  • 特殊環境下のトライボ性能

    *藤井正浩

    日本機械学会中国四国支部第100回講習会「機械の伝動性能とトライボロジー」  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月13日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Characteristics of Newly Developed bearing Steel Ball and Washer at a Temperature Range of 313 K to 403 K

    Hiroshi Osaki, Ryousuke Ano, Akira Yoshida, *Masahiro Fujii

    The 3rd International Conference on Tribology, ASIATRIB 2006 KANAZAWA  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月16日 - 2006年10月19日

    開催地:金沢  

    researchmap

  • プラズマCVDにより形成したDLC膜の摩擦・摩耗

    *藤井正浩,吉田 彰,小笠原央士,花田敏久

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月18日 - 2006年9月22日

    開催地:熊本  

    researchmap

  • トラクション油潤滑下における鋼ローラの転がり疲れ

    *藤井正浩,吉田 彰,Bayasgalan Seesregdorj,長尾和也,峯岸清次,為永 淳

    日本機械学会 第6回機素潤滑設計部門講演会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月29日 - 2006年5月30日

    開催地:松島  

    researchmap

  • DLC膜の高真空中摩擦・摩耗に及ぼす膜厚の影響

    *藤井正浩,吉田 彰,小笠原央士

    日本機械学会中国四国支部 第44期総会・講演会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月8日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 新軸受鋼製スラスト軸受の転がり疲れ強さ

    大崎浩志,阿野亮介,藤井正浩*,吉田 彰,近藤俊行

    日本機械学会中国四国支部 第44期総会・講演会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月8日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 平歯車および円筒に形成したDLC膜の高真空中摩擦・摩耗

    *藤井正浩,吉田 彰,花田敏久

    日本機械学会中国四国支部 第44期総会・講演会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月8日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • Si, Moを添加した新軸受鋼製球の転がり疲労特性

    大崎浩志,阿野亮介,吉田 彰,*藤井正浩,大上祐司,近藤俊行

    トライボロジー会議2005秋東京  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月16日 - 2005年11月18日

    開催地:東京  

    researchmap

  • Si, Moを添加した新軸受鋼製球の準高温転がり疲労特性

    阿野亮介,大崎浩志,吉田 彰,*藤井正浩,大上祐司,近藤俊行

    トライボロジー会議2005秋東京  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月16日 - 2005年11月18日

    開催地:東京  

    researchmap

  • 国際会議報告「VDI2005 International Conference on Gears」

    *藤井正浩

    日本機械学会機素潤滑設計部門 中国四国機素潤滑設計技術研究会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月30日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Influence of Crowning on Rolling Contact Fatigue of Steel Rollers

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Seesregdorj BAYASGALAN, Kiyoji Minegishi, Jun Tamenaga

    VDI International Conference on Gears 2005  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月14日 - 2005年9月16日

    開催地:Munich, Germany  

    researchmap

  • アルミナセラミックス溶射皮膜の転がり疲れ

    *藤井正浩

    日本機械学会機素潤滑設計部門 中国四国機素潤滑設計技術研究会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月1日

    開催地:広島  

    researchmap

  • Transmission Efficiency and Non-contacting Torque of Spur Gear Pair Working Magnetic Repulsion between Teeth Flanks

    T. Harano, A. Yoshida, *M. Fujii, D. Miyamoto, Y. Iwasa

    International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology ICMDT2005  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月23日 - 2005年6月24日

    開催地:Seoul, Korea  

    researchmap

  • Influence of Sprayed Layer Thickness on Rolling Contact Fatigue of Thermal Sprayed Roller

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Jun Ishimaru, Jibian Ma,Shigeto Shigemura,Kazumi Tani

    International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology ICMDT2005  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月23日 - 2005年6月24日

    開催地:Seoul, Korea  

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れに及ぼすエッジロードの影響

    *藤井正浩,吉田 彰,Seesregdorj BAYASGALAN,濱田健司,峯岸清次,為永 淳

    日本設計工学会 中国支部講演会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月11日

    開催地:広島  

    researchmap

  • セラミックス溶射ローラの転がり疲れに及ぼす溶射皮膜厚さと下地溶射の影響

    *藤井正浩,吉田 彰,馬 加彬,石丸 純,重村貞人,谷 和美

    日本設計工学会 中国支部講演会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月11日

    開催地:広島  

    researchmap

  • Friction and Wear of Stainless Steel with Dispersed Self-Lubricating Precipitations

    *Masahiro Fujii, Akira Yoshida, Kenzo Miura

    International Tribology Conference KOBE 2005  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月29日 - 2005年6月2日

    開催地:神戸  

    researchmap

  • アルミナセラミックス溶射ローラの転がり疲れに及ぼす溶射皮膜厚さの影響

    *藤井正浩,吉田 彰,馬 加彬,石丸 純,重村貞人,谷 和美

    日本機械学会中国四国支部 第43期総会・講演会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月8日

    開催地:松山  

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックス製静圧空気ガイドの圧力分布の測定と解析

    *藤井正浩,吉田 彰,劉 思健,正田圭一,永塩久翁,吉川正博

    日本機械学会中国四国支部 第43期総会・講演会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月8日

    開催地:松山  

    researchmap

  • 粒子分散複合めっきローラの摩擦・摩耗

    *藤井正浩,吉田 彰,石丸 純

    日本機械学会機素潤滑設計部門MPT2004シンポジウム<伝動装置>  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月27日

    開催地:大阪  

    researchmap

  • SUJ2 製ローラの転がり疲れに及ぼすクラウニングの影響

    *藤井正浩,吉田 彰,濱田健司,Seesregdorj BAYASGALAN,峯岸清次,為永 淳

    日本機械学会機素潤滑設計部門MPT2004シンポジウム<伝動装置>  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月27日

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックスの静圧空気ガイドへの適用(第1報:静剛性の評価)

    *藤井正浩,吉田 彰,劉 思健,正田圭一,永塩久翁,吉川正博

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議2004 秋鳥取  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月12日

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックスの静圧空気ガイドへの適用(第2報:表面処理による絞り効果)

    劉 思健,*藤井正浩,吉田 彰,正田圭一,永塩久翁,吉川正博

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議2004 秋鳥取  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月12日

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • 析出物分散によるステンレス鋼の摩擦・摩耗特性の改善

    *藤井正浩,吉田 彰,三浦健藏

    日本機械学会2004 年度年次大会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月8日

    開催地:札幌  

    researchmap

  • Rolling Contact Fatigue Strength and Young's Modulus of Plasma Sprayed Alumina Coating

    Kazumi TANI, Sadato SHIGEMURA, *Masahiro FUJII, Akira YOSHIDA

    International Thermal Spray Conference ITSC2004  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月10日 - 2004年5月12日

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 耐摩耗性ステンレス鋼の摩擦・摩耗特性(油潤滑下および真空中の結果)

    *藤井正浩,吉田 彰,織田英哲,三浦健藏

    日本機械学会中国四国支部第42 期総会・講演会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月6日

    開催地:広島  

    researchmap

  • 鋼ローラの転がり疲れに及ぼすクラウニングの影響(接触応力解析)

    *藤井正浩,吉田 彰,田渕貴仁,峯岸清次,為永 淳

    日本機械学会中国四国支部第42 期総会・講演会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月6日

    開催地:広島  

    researchmap

  • DLC 膜の真空高温摩擦・摩耗

    *藤井正浩,吉田 彰,嶋津由臣

    日本機械学会中国四国支部第42 期総会・講演会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月6日

    開催地:広島  

    researchmap

  • アルミナ溶射皮膜の転動疲労強さ

    谷 和美,重村貞人,吉田 彰,*藤井正浩

    高温学会・溶射部会大12回溶射総合討論会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月13日 - 2003年11月14日

    開催地:盛岡  

    researchmap

  • セラミックス溶射鋼ローラの純転がり接触における転がり疲れ

    *藤井正浩,吉田 彰,重村貞人,谷 和美,幸 賢司

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議新潟  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月11日 - 2003年11月13日

    開催地:新潟  

    researchmap

  • スパイラルベベルギヤ冷間鍛造のためのトライボロジー

    吉田 彰,三島 進,*藤井正浩,關 正憲

    日本設計工学会平成15年度秋季研究発表講演会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月19日

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Friction and Wear of Surface Modified Stainless Steel Gears and Rollers in High Vacuum

    *Masahiro FUJII, Akira Yoshida and Tomoki Harano

    2003 ASME International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference Chicago  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月2日 - 2003年9月6日

    開催地:Chicago,USA  

    researchmap

  • Snめっき熱拡散処理されたステンレス鋼の真空高温摩擦・摩耗

    *藤井正浩,吉田 彰,嶋津良臣

    日本機械学会2003年度年次大会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月5日 - 2003年8月8日

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックスを用いた静圧ガイドに関する基礎的研究

    *藤井正浩,吉田 彰,劉 思健,永塩久翁,吉川正博

    日本機械学会2003年度年次大会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月5日 - 2003年8月8日

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 無電解Ni基合金めっきの油潤滑下における摩擦・摩耗

    *藤井正浩,吉田 彰,織田英哲

    日本機械学会2003年度年次大会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月5日 - 2003年8月8日

    開催地:徳島  

    researchmap

  • アルミナセラミックス溶射ローラの転がり疲れ

    *藤井正浩,吉田 彰,幸 賢司,重村貞人,谷 和美

    日本機械学会中国四国支部第41期総会・講演会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月6日

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • 無電解複合めっきローラの摩擦・摩耗に及ぼす分散粒子の影響

    *藤井正浩,吉田 彰,森田雄一

    日本機械学会中国四国支部第41期総会・講演会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月6日

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • ヘルツ接触下における表面改質層の応力分布

    吉田 彰,*藤井正浩,原野智哉

    日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画松山地方講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月19日

    開催地:松山  

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックス製静圧ガイドに関する基礎的研究

    吉田 彰,*藤井正浩,劉 思健

    日本設計工学会中国支部講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月15日

    開催地:広島  

    researchmap

  • 冷間鍛造金型の摩擦挙動に関する基礎的研究

    三島 進,吉田 彰,*藤井正浩,関 正憲,幸 賢司

    日本設計工学会中国支部講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月15日

    開催地:広島  

    researchmap

  • 粒子分散複合めっきの真空中トライボ性能

    *藤井正浩,吉田 彰

    日本機械学会第2回機素潤滑設計部門講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月22日 - 2002年4月23日

    開催地:長崎  

    researchmap

  • Tribological Performance of Electroless Ni Alloy Plated Stainless Steel Gears in High Vacuum

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii, Tomoki Harano

    International Conference on Gears  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月13日 - 2002年3月15日

    開催地:Munich, Germany  

    researchmap

  • 耐摩耗性ステンレス鋼の摩擦・摩耗特性

    吉田 彰,*藤井正浩,小林 寛,三浦健蔵

    日本機械学会中国四国支部第40期総会・講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月5日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 複合表面改質皮膜の摩擦・摩耗特性

    吉田 彰,*藤井正浩,岡内 健

    日本機械学会中国四国支部第40期総会・講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月5日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 高真空下における表面改質歯車の歯面摩耗評価

    吉田 彰,*藤井正浩,原野智哉,布野靖明

    日本機械学会中国四国支部第40期総会・講演会  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月5日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • Effect of Surface Modified Layer on Rolling Fatigue Strength

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii

    JSME International Conference on Motion and Power Transmissions MPT2001-Fukuoka  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月15日 - 2001年11月17日

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 粒子分散複合めっき層の強度に及ぼす分散粒子径の影響について

    *藤井正浩

    中国四国機素潤滑設計技術研究会  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月9日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Ni系めっき表面の真空・高温摩擦摩耗特性

    吉田 彰,*藤井正浩,岡内 健

    日本設計工学会平成13年度秋季研究発表講演会  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月29日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Study of Optimum Disperased Particle Size for Wear of Multiplex Plated Surfaces

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii, R S Dwyer-Joyce

    2nd World Tribology Congress WTC2001  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月3日 - 2001年9月7日

    開催地:Viena, Austria  

    researchmap

  • 粒子分散複合めっき層の強度に及ぼす粒子の影響に関する解析的研究

    吉田 彰,*藤井正浩,上路嘉隆

    日本機械学会中国四国支部第39期総会・講演会  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月6日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 耐摩耗性ステンレス鋼の焼付きおよび摩耗特性

    吉田 彰,*藤井正浩,堀口清司

    日本機械学会中国四国支部第39期総会・講演会  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月6日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • フラクタル次元による改質表面の摩耗過程の評価

    吉田 彰,*藤井正浩,柳井寛之輔

    日本機械学会中国四国支部第39期総会・講演会  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月6日

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Influence of Surface Modification on Rolling Contact Fatigue Strength

    *Masahiro Fujii

    Tribology at Twelve, University of Sheffield  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年2月2日

    開催地:Sheffield, UK  

    researchmap

  • Tribological Behaviors of Multiplex Plated Stainless Steel Rollers in High Vacuum

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii, Tomoki Harano

    International Tribology Conference NAGASAKI 2000  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月29日 - 2000年11月2日

    開催地:長崎  

    researchmap

  • 摩耗表面の評価へのフラクタル次元の適用に関する研究

    吉田 彰,*藤井正浩,柳井寛之輔

    日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画徳島地方講演会  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月28日

    開催地:徳島  

    researchmap

  • Scuffing Characteristics of Wear Resisting Steel and Steel with Surface Modification Treatment

    Kenzo Miura, Testuo Komada, Akira Yoshida, *Masahiro Fujii

    6th International Symposium on Marine Engineering TOKYO 2000 (ISME2000)  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月23日 - 2000年10月27日

    開催地:東京  

    researchmap

  • 表面改質歯車の高真空中摩耗評価に関する研究

    吉田 彰,*藤井正浩,原野智哉,布野靖明

    日本設計工学会平成12年度秋季研究発表講演会  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 改質表面の真空高温摩擦・摩耗

    吉田 彰,*藤井正浩,岡内 健,赤木康宏

    日本設計工学会中国支部講演会  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月17日

    開催地:広島  

    researchmap

  • 高真空平歯車試験におけるNi系合金を母相とする無電解めっきの摩擦摩耗

    吉田 彰,*藤井正浩,原野智哉,大前勝禎

    日本機械学会中国四国支部第38期総会・講演会  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月7日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 航空用摺動材料の高温トライボロジー

    吉田 彰,*藤井正浩,赤木康宏,本多康洋,長澤和毅,階戸秀雄,半田正樹

    日本機械学会第7回機械材料・材料加工技術講演会講演論文集  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月5日

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 航空宇宙用材料の真空高温摩擦・摩耗特性

    吉田 彰,*藤井正浩,赤木康宏,本多康洋,長澤和毅,階戸秀雄,半田正樹

    トライボロジー会議 ’99 秋 高松  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月27日 - 1999年10月29日

    開催地:高松  

    researchmap

  • 二円筒試験による粒子分散めっきの高真空中摩擦・摩耗評価

    吉田 彰,*藤井正浩,原野智哉

    トライボロジー会議 ’99 秋 高松  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月27日 - 1999年10月29日

    開催地:高松  

    researchmap

  • Tribological Characteristics of α-Sialon and Al2O3 at High Temperature

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii

    International Conference on Advanced Technology in Ex-perimental Mechanics ’99  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月21日 - 1999年7月24日

    開催地:宇部  

    researchmap

  • Tribological Behaviors of Surface Modified Spur Gears in High Vacuum

    Akira Yoshida, *Masahiro Fujii, Tomoki Harano

    Tenth World Congress on the Theory of Machines and Mechanisms  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月20日 - 1999年6月24日

    開催地:Oulu, Finland  

    researchmap

  • 転がり疲れに及ぼすATF性状の影響

    吉田 彰,*藤井正浩,柳井寛之輔,松尾浩平

    日本設計工学会中国支部講演会  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月5日

    開催地:広島  

    researchmap

  • P-version FEM Model as a Possible Powerful Calculation Method of TEHD Problems

    Szabolcs Szaval,*藤井正浩,吉田 彰

    日本機械学会中国四国支部第37期総会・講演会  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月8日

    開催地:宇部  

    researchmap

  • 粒子分散Ni-P合金めっきローラの摩擦・摩耗(高真空試験の場合)

    吉田 彰,*藤井正浩,原野智哉,南條貴律

    日本機械学会中国四国支部第37期総会・講演会  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月8日

    開催地:宇部  

    researchmap

  • 金属平型ガスケット表面の微細観察に基づく微小漏えいメカニズムの考察

    林 大雅, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    トライボロジー会議2021 秋 松江  2021年10月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 炭化ケイ素コーティングによる生理食塩水中の摩擦特性の向上

    塩田 忠, 谷家 大樹, 竹中 優加, 石井 良助, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    トライボロジー会議2021 秋 松江  2021年10月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 原子層堆積法によるアルミナ薄膜コーティングがステンレス製ねじの摩擦特性に及ぼす影響

    山内 恒輝, 大宮 祐也, 両角 由貴夫, 塩田 忠, 藤井 正浩

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • はめ合い状態がねじ込みボルト締結体のばね定 数に及ぼす影響

    大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 浸炭硬化鋼ローラの面圧疲労強度に及ぼすピーニングで付与した圧縮残留応力の影響

    藤井 一輝, 藤井 正浩, 栗原 拓也, 一宮 克行

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粘弾性材料の摩擦特性に及ぼすディンプルの影響

    中村 浩大, 藤井 正浩, 大宮 祐也, 石井 清剛

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Siを含む有機無機ハイブリッド膜の水中での摩擦摩耗特性

    塩田 忠, 山本剛史, 塩見 公, 大宮祐也, 藤井 正浩

    トライボロジー会議2021 春 東京  2021年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • レーザピーニングで施したディンプルが摩擦特性に及ぼす影響

    河渕 紗英子, 藤井 正浩, 塩田 忠, 大宮 祐也

    日本機械学会中国四国支部第59期総会・講演会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ステンレス鋼基板上に製膜されたシリカコーティング膜の水中トライボロジー特性

    塩見 公, 塩田 忠, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    日本機械学会中国四国支部第59期総会・講演会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 回転角締め付け挙動に及ぼす表面粗さの影響

    玄馬 之善, 大竹 遼平, 両角 由貴夫, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    日本機械学会中国四国支部第59期総会・講演会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 各種ホウ化物硬質コーティング膜の乾燥摩擦摩耗特性

    梁 瑞和, 塩田 忠, 大宮 祐也, 藤井 正浩

    日本機械学会中国四国支部第59期総会・講演会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 木材由来ナノカーボン材料のゴムへの応用とその機械特性

    彭 履安, 大宮 祐也, 塩田 忠, 藤井 正浩

    日本機械学会中国四国支部第59期総会・講演会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Influence of rubber hardness of NBR on friction characteristics under oil lubrication

    2017年 

     詳細を見る

  • Surface durability of carburized hardened roller and gear coated with DLC

    2017年 

     詳細を見る

  • 高温流体を密封した配管接合部の漏えい量変化

    トライボロジー会議2017秋香川  2017年 

     詳細を見る

  • 接触表面に圧痕を有する鋼ローラの転がり疲れ

    日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会  2016年 

     詳細を見る

  • Influence of Surface Indentation on Rolling Fatigue Behaviour of Steel Roller

    Mechanical Engineering Congress 2016 Japan  2016年 

     詳細を見る

  • Rolling fatigue life of carburized steel treated by laser peening

    2016年 

     詳細を見る

  • Friction and wear behavior of thermal-sprayed cermet coatings under water lubrication

    2016年 

     詳細を見る

  • 炭化ケイ素の油中摩擦摩耗に及ぼす表面状態の影響 -水中で予備摺動された表面による結果-

    日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会  2016年 

     詳細を見る

  • 管フランジ締結体におけるボルト初期軸力のばらつきを考慮した漏えい量基準の締付トルク設計法

    日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会  2015年 

     詳細を見る

  • Effect of Surface Properties on Fatigue Life of Cavitation-Peened Steel Roller

    2015年 

     詳細を見る

  • Influence of artificial surface defects on rolling contact fatigue of heat-treated steel roller

    2015年 

     詳細を見る

  • Friction and Wear Behavior of Sprayed Coatings under Water Lubrication

    2015年 

     詳細を見る

  • The influence of various sliding pairs on the tribology of graphene oxide water dispersions

    International Tribology Conference 2015 Tokyo  2015年 

     詳細を見る

  • Evaluation of the tribological behavior of graphene oxide sheet in oil lubricants

    International Tribology Conference 2015 Tokyo  2015年 

     詳細を見る

  • 酸化グラフェンの各種液体への分散とそれらのトライボロジー特性

    トライボロジー会議2014春東京  2014年 

     詳細を見る

  • Effects of Surface Feature on Friction Characteristic of Viscoelastic Material

    2013年 

     詳細を見る

  • Wear Life of Solid Lubricant under High Temperature up to 873K

    2013年 

     詳細を見る

  • Investigations of Micro Tribological Mechanisms in Biological Scales for Biomimetics

    2013年 

     詳細を見る

  • Tribological Evaluation of Hard Coatings under Water Lubrication

    2013年 

     詳細を見る

  • Rolling Contact Fatigue Life of Bearing Steel Treated by Shot Peening with Shot Diameter of 0.05 mm

    2013年 

     詳細を見る

  • Effect of Surface Property on Pitting Strength of Case-Hardened Steel Gears

    2013年 

     詳細を見る

  • Rolling Fatigue Behavior of Steel Roller with Surface Defects

    2013年 

     詳細を見る

  • Synthesis and tribological property of high density nanodiamond-electroless nickel plating composite

    2013年 

     詳細を見る

  • Friction decrease effect of various materials in water dispersions of nanodiamond

    2013年 

     詳細を見る

  • Surface Durability of Spur Gear Carburized and Quenched after Grinding

    The JSME Symposium on Motion and Power Transmissions 2013  2013年 

     詳細を見る

  • Improvement in rolling Contact Fatigue Life of Bearing Steel by Shot Peening with Shot Diameter of 0.05 mm

    2013年 

     詳細を見る

  • ピーニングを施した浸炭硬化ローラの疲労過程における表面性状の変化

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

  • カーボンナノ材料を含んだ無電解ニッケルめっき複合膜の開発

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 酸化グラフェンの摩擦添加剤としての効果 -水潤滑における効果-

    トライボロジー会議2013秋福岡  2013年 

     詳細を見る

  • 微小振動印加によるカーボンナノチューブ薄膜の摩擦低減 -摩擦低減メカニズム-

    トライボロジー会議2013春  2013年 

     詳細を見る

  • カーボンナノチューブ薄膜の振動入力による摩擦低減法 -マイクロニュートン荷重における荷重依存性-

    日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 酸化グラフェンおよびナノダイヤモンドの水潤滑での添加による摩擦減少特性

    トライボロジー会議2013春  2013年 

     詳細を見る

  • バイオミメティクスの観点からのサンドフィッシュの鱗の微小荷重領域でのトライボロジー特性

    トライボロジー会議2013春  2013年 

     詳細を見る

  • 酸化グラフェン分散水による摩擦減少効果 -摺動材料による影響-

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

  • カーボンナノチューブ含有複合めっきの合成と微小荷重領域における接触電気抵抗測定

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

  • 浸炭硬化歯車の疲労強度に及ぼす歯面形状の影響

    MPT2013シンポジウム<伝動装置>  2013年 

     詳細を見る

  • Performance Evaluation of Differential Rotary to Linear Conversion Mechanism with Ball Screws and Spur Gears

    The 2nd IFToMM Asian Conference on Mechanism and Machine Science  2012年 

     詳細を見る

  • カーボンナノチューブ薄膜のマイクロニュートン荷重領域における振動印加による摩擦低減効果-振動周波数と振幅依存性-

    トライボロジー会議2012春  2012年 

     詳細を見る

  • 振動印加によるカーボンナノチューブ薄膜の摩擦低減-ミリニュートン荷重領域における効果-

    トライボロジー会議2012秋  2012年 

     詳細を見る

  • Friction Force Reduction on Carbon Nanotube (CNT) Films by Oscillating Motions under Micronewton Loads - Oscillation Frequency Dependence -

    2012年 

     詳細を見る

  • 低摩擦高硬度被膜の動力伝達機械要素への応用

    材料・設計技術融合研究会  2010年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 日本機械学会フェロー

    2018年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本機械学会表彰

    2017年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • レーザピーニングを援用したナノコーティング膜の創成とトライボ性能の評価

    研究課題/領域番号:21K03837  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • トラクションドライブの疲労強度シミュレーションの開発と高精度高信頼性設計の実現

    研究課題/領域番号:18H01357  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    成田 幸仁, 藤井 正浩, 風間 俊治, 増山 知也, 長船 康裕

      詳細を見る

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    油膜のせん断力で動力を伝達するトラクションドライブの転がり疲労強度とそのばらつきを予測するシミュレーション手法を提案することを目的とする.今年度の前半は,転がり疲労強度シミュレーションプログラムを作成し,その計算結果を前年度に得られた実験結果と比較した.
    前年度の多数個の転がり疲労試験結果から,ローラの転がり疲労強度を律するのは転がり方向に平行に働くせん断応力であると仮定した.また,ローラの表面硬さと材料中の介在物寸法をパラメータとした転がり疲労強度予測式も得られた.これらの結果を利用して,ある押付力とトラクション力下でのローラの内部せん断応力を計算し,その値と転がり疲労強度とを比較して損傷を判断するシミュレーションプログラムを製作した.実際の鋼材中の介在物寸法分布を与えたローラをコンピュータ上に再現し,それらに対してシミュレーションを行ったところ転がり疲労強度の標準偏差は昨年度の実験結果と一致した.しかし,転がり疲労強度自体は実験結果の方が300MPaほど高かった.浸炭焼入れによって導入されるローラ表面の残留圧縮応力が転がり疲労強度を向上させている可能性が高いため,実際の試験ローラ表面を電解研磨しつつ残留圧縮応力を測定した.その結果,ローラ表面から0.8mm程度の深さまで,約100MPa程度の圧縮残留応力が存在していることが判明した.
    今年度の後半からは,転がり疲労強度シミュレーションの汎用性の確認に取り掛かった.近年,介在物の小径化が図られた清浄鋼が普及し始めている.そこで,清浄鋼を用いてローラ試験片を製作した.その介在物寸法分布を昨年度に導入したデジタルマイクロスコープで観察したところ,密度と介在物寸法の両方が,これまでの試験ローラの半分程度であることが分かった.現在,新しい清浄鋼ローラを用いて,多数個の疲労試験を行っているところである.

    researchmap

  • レーザー改質による耐久性と潤滑性を両立させる接触表面の創成

    研究課題/領域番号:17K06120  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    ショットレスでトライボ機素表面に,表面粗さの上昇を抑えつつ圧縮残留応力の付与ならびに表面硬度の向上を実現するレーザピーニングを利用し,ピーニングと同時に表面形状を制御することで潤滑性にも優れた表面を創成することを目的とした.YAG レーザ発振器を用い,電動ステージとレーザ発振を同期制御するピーニング装置を製作し,高強度トライボ機素を想定した試験片を用いて表面耐久性へレーザピーニングの効果を調べた.また,レーザピーニングにより表面にディンプル形状のテクスチャを施し,ピーニング条件ならびにピーニングパターンと摩擦特性の関係を調べ,耐久性と潤滑性の向上を両立する表面創成技術の基礎となる成果を得た.

    researchmap

  • 革新的潤滑添加剤である酸化グラフェンを用いた歯車のピッチング損傷の抑止

    研究課題/領域番号:15K13858  2015年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    木之下 博, 藤井 正浩, 仁科 勇太, 大宮 祐也, 藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    繰り返し応力による疲労破壊を抑制するために,接触材料の高硬度化が行われているが十分でない.本研究では,酸化グラフェンを潤滑油に分散させて,疲労寿命を向上させることを目的とする.そのため,酸化グラフェンの潤滑油への分散方法の検討,転動試験機の作製,転動試験を行った.転動試験の結果,酸化グラフェンを分散させることによって疲労寿命の向上が達成された.ただ,疲労寿命を大幅に向上させると思われるトライボフィルムの形成は達成されなかった.今後は,トライボフィルムが向上されるような分散剤を見出し,さらなる疲労寿命の向上を目指す.

    researchmap

  • イオン液体の潤滑作用への超熱原子状酸素照射による影響のin-situ測定

    研究課題/領域番号:25630036  2013年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    藤井 正浩, 木之下 博

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    近年,イオン液体の超低蒸気圧,化学的安定性,適度な粘度によって宇宙用の潤滑液体として利用することが期待されている.一方,低地球軌道に存在する超熱原子状酸素によって高分子材料を中心に激しく劣化されることが明らかになっているが,イオン液体へ反応性やトライボロジー特性に及ぼす影響は全く未明である.本研究ではレーザープラズマ型超熱原子状酸素発生装置内に具備されたトライボメーター用いて,超熱原子状酸素照射によるイオン液体のトライボロジー特性への影響について調べた.その結果,2.5e20 atoms/cm2の超熱原子状酸素の照射によってもイオン液体のトライボロジー特性には影響がないことが明らかとなった.

    researchmap

  • マイクロ・マクロ表面形状を考慮した伝動トライボ要素の表面強さの評価と検証

    研究課題/領域番号:17360073  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    吉田 彰, 藤井 正浩, 關 正憲, 大上 祐司

      詳細を見る

    配分額:10200000円 ( 直接経費:10200000円 )

    機械の軽量・コンパクト化,高強度化,高信頼度化が要請されている現状の下,表面強さの向上とともにより確度の高い評価とその検証は重要な課題である.本研究では,伝動トライボ要素の表面強さのより確度の高い評価とその検証を行うため,クラウニングなどのマクロ表面形状および粗さ突起などのマイクロ表面形状を考慮して3次元接触応力解析を実施し,表面損傷・強さを評価するとともに種々のマイクロ・マクロ表面形状を有する歯車,ローラなどを用いて実験・検証した.すなわち,マクロ形状を考慮した解析・評価と歯車,ローラ,軸受試験による検証,および,マイクロ形状を考慮した評価と検証,ピーニングなどにより仕上げたローラを用いての2円筒試験による検証を行い,伝動トライボ要素設計のための新たな指針を与えることを目指した.
    マクロ形状に関して,面圧強さやトラクション係数に及ぼすクラウニング半径の影響について検討し,端荷重を発生させない軽微な条件においてはクラウニング半径が大きいほどローラの転がり疲れは向上する一方,クラウニング半径が小さいほどトラクション係数は大きくなる傾向にあり,高い転がり疲れ強さと高いトラクション係数を得るには最適なクラウニング半径が存在することを示し,伝動トライボ要素におけるクラウニング設計の重要性を明らかにした.
    また,マイクロ表面形状に関しては,ショットピーニング,ダブルショットピーニング,キャビテーション・ショットレス・ピーニングを施したローラーおよび歯車について,硬さ分布,残留応力分布,表面粗さを測定するとともに表面強さ・寿命に及ぼすこれらの影響を明らかにした.その結果,硬さ分布および残留応力分布を考慮した接触応力解析により求められた硬さに対する応力振幅を用いて表面強さ・寿命に及ぼす表面粗さの影響を明らかにした.

    researchmap

  • 多孔質ファインセラミックスを用いた高剛性・高機能静圧空気ガイドの開発に関する研究

    研究課題/領域番号:16560120  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    本研究では気孔率,気孔の大きさや配置を自在に制御可能な製法で作られた多孔質セラミックスを用い,高剛性かつ高機能の静圧空気ガイドを開発することを目的とした.静圧空気ガイドにおける高剛性化の方法として,ガイド隙間に流入する空気流量を絞り隙間を微小にすることが必要である.多孔質体において空気流量を絞るために,本研究ではNiめっきを用いた表面改質をとりあげ,その有効性を示した.また,機器の小型化に伴い静圧空気ガイドを構成する多孔質セラミックスの寸法および厚さを小さくすることが必要となる.この場合,供給される空気圧により多孔質セラミックスの変形が少なからず生じる.本研究では,静圧空気ガイドの静特性に及ぼす多孔質セラミックスの変形の影響を検討した.得られた結果は以下の通りである.1.本試験に用いた部分多孔質セラミックスはとくに表面に処理を加えない場合においても実用に耐えうる剛性値をほぼ満足していた.また,多孔質体に本来的に存在する気孔率などのばらつきを制御する方法として,また高剛性化への対応の方法として,めっきの有効性が確認できた.2.最大無次元静剛性が得られる最小隙間は,多孔質体のたわみの有無によりほとんど変化しなかった.このため,多孔質体にたわみが生じる場合の代表隙間として最小隙間が適当であった.3.最小隙間で評価したとき,多孔質体のたわみにより最大無次元静剛性および負荷容量は減少した.4.多孔質体の厚みやめっきの有無によらず,最大無次元静剛性の値はみかけの隙間に占めるたわみの割合で整理でき,みかけの隙間に占めるたわみの割合が大きいほど最大無次元静剛性の値は小さかった.5.以上の結果に基づき部分多孔質セラミックスを用いた静圧空気ガイドの設計指針を示した.

    researchmap

  • 微細粒子分散による表面改質皮膜の高機能化に関する研究

    研究課題/領域番号:14550126  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    表面改質皮膜の高機能化のための方法として微細粒子分散に着目し,粒子分散複合めっき,微細析出物分散,およびセラミックス粒子溶射を取り上げ,改質皮膜のトライボロジー挙動に及ぼす分散粒子の影響を実験および解析により検討した.更に,粒子分散複合表面改質を高真空下で使用する歯車への適用を試みた.これらの実験,検討結果を要約すると次のとおりである.
    1.低摩擦性を有す微細粒子を分散した複合表面改質層の摩擦・摩耗特性を10^<-4>Paオーダーの高真空無潤滑下でローラ試験およびリング・ディスク試験により調べた.粒子分散複合表面改質層内の最大応力は粒子周りに発生し,粒子径よりも粒子含有量の影響が大きい.粒子分散複合表面改質層の摩耗挙動は改質層内の応力で説明された.
    2.アルミナセラミックス粒子を溶射したローラの転がり疲れ強さを油潤滑下で調べ,損傷形態と表面下の応力との関係を考察した.観察されたスポーリングき裂の発生深さは計算されたせん断応力が最大となる深さとほぼ一致した.
    3.潤滑性を有す微細析出物を分散したステンレス鋼の摩擦・摩耗特性を大気中無潤滑下,真空中無潤滑下および油潤滑下で従来鋼SUS420J2ステンレス鋼と比較した.いずれの環境下においても,潤滑性を有す析出物を分散させることでステンレス鋼の摩擦・摩耗特性は改善できた.
    4.粒子分散複合めっきについて,10^<-4>Paオーダーの高真空無潤滑下で二円筒試験および歯車試験を行った.PTFE粒子を分散した場合,歯車試験では摩擦,摩耗および歯形誤差のいずれもめっき歯車中最も小さく,各かみあい位置の摩耗がほぼ均一であり,歯面動荷重も小さかった.かみ合い位置により面圧や滑り速度が大きく変化する歯車特有の摩耗挙動により歯車試験の摩耗は二円筒試験より極めて大きかったが,両試験の平均摩擦にはよい相関があった.
    得られた結果は,表面改質皮膜の最適厚さや最適粒子分散設計に有用である.

    researchmap

  • 高温真空環境下における高機能表面改質機械要素のトライボ性能評価

    研究課題/領域番号:10650147  1998年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    本研究では,改質表面の真空・高温環境下でのトライボロジー特性に関して,通常環境下ならびに10^<-4>Paかつ1073Kまでの高温・真空中で数値解析を含めた総合的な実験・解析を行い,高機能改質表面のトライボロジー特性および性能評価をその表面損傷との関連において実施するとともに,実用化すべき表面改質設計法を提案することを目的とした.種々の高温真空用の摺動材料をとりあげ,摩擦・摩耗特性を調べた一連の実験から各材料の使用限界についての知見を得た.
    転がり疲れ強さに及ぼす表面改質処理の影響を明らかにするため,表面処理ローラの転がり疲れ試験を行うとともに接触応力および表面下の応力に及ぼす表面改質層の影響を境界要素法により検討した.その結果,弾性係数の小さい表面改質層で覆われたローラの転がり疲れ強さの向上は,主として接触端部の接触圧力の低下と表面下応力の減少によるものであった.
    種々の無電解Ni合金めっきを取上げ,高真空無潤滑下での二円筒試験を行い,摩擦・摩耗挙動に及ぼす還元剤ならびに分散粒子の影響を調べた.また,有限要素法を用いて計算されためっき層中のせん断応力と摩耗挙動について比較検討を行った.めっき層より弾性率が小さい材料をめっき層内に分散析出させる場合,粒子周りで最大せん断応力およびミーゼス応力が大きくなるため,めっき層の強度が低下し摩耗増大につながることを明らかにし,最適な分散粒子についての考え方を示した.
    フラクタル次元の摩耗表面評価への適用について,触針式表面粗さ計および非接触のレーザー顕微鏡により種々の摩耗面を計測・解析した.粗さ計では測定のできない微小な凹凸のフラクタル次元をレーザー顕微鏡のデータからは評価できることを明らかにした.フラクタル次元を用いて摩耗表面を評価する際には両者を用いることにより,より有益な情報が得られることを示した.

    researchmap

  • 表面改質歯車の歯面損傷機構とその予知・診断に関する展開研究

    研究課題/領域番号:10555052  1998年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    吉田 彰, 關 正憲, 大上 祐司, 藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:12000000円 ( 直接経費:12000000円 )

    本研究では,メッキ,拡散処理,コーティングおよびショットピーニングなどの表面改質材および表面改質法について,通常の油潤滑下から真空環境下に至る広範囲の運転条件下において,ピンオンディスク試験機,二円筒試験機および歯車試験機を用いて運転試験し,これらの損傷および表面強さを実験的に明らかにするとともに,損傷面の観察,フラクタル次元解析などにより表面損傷機構を解明することを目的とする.また,これらの運試験中の振動,騒音および歯元応力をFFT,ウェーブレット変換などにより解析し,歯面損傷の予知・診断技術を確立する.歯面損傷対象として,摩耗,歯面疲労およびスコーリング損傷に及ぼす環境の影響の解明,表面強さ向上による歯車装置のコンパクト化,歯面損傷予知・診断技術の確立なども目指している.
    上記目的に対して,実験,解析することにより得られた成果の概要は次のとおりである.表面改質ローラの面圧強さは表面改質しないものに対して上昇し,この上昇は3D BEM解析により,主に表面改質材の機械的性質に起因する接触応力の低下となじみが主原因であることが明らかとなった.まためっき,熱拡散処理,浸硫歯車の摩擦係数は表面改質処理を施していないものに対して小さく,歯形曲線の変化と歯元ひずみの変化は対応した.ピッチングおよびスポーリング損傷をモデル化したローラ試験により,動的ひずみ波形をウェーブレット変換することで,両損傷形態を区別することができた.さらに,歯車試験における動的歯元ひずみの測定とウェーブレット変換解析により歯面損傷が予知できることおよび損傷歯の同定ができることが明らかとなった.

    researchmap

  • 複合表面改質歯車の表面強さと動的性能に関する基盤研究

    研究課題/領域番号:09450069  1997年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    吉田 彰, 關 正憲, 大上 祐司, 藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:14300000円 ( 直接経費:14300000円 )

    機械の省エネルギー,低環境負荷,高効率等に対し,伝動装置の軽量・コンパクト化は必須の事柄であり,伝動装置の内でも歯車伝動装置の利点を活かして,この問題に取り組むことが重大な課題となっている.本研究は,歯車伝動装置のコンパクト化のための歯面強さの向上を複合表面改質にて成就させるための基盤研究である.熱処理により表面硬化された歯車にさらに各種表面改質を施し,歯車強さとしては,面圧強さと焼付き強さに対象を絞って,実験解析により研究し,表面強さ向上機構,表面損傷機構,表面強さ設計法,表面損傷に伴う動的性能評価法を明らかにすることを目的としている.
    平成9年度において製作した動力循環式歯車試験機および現有の2円筒試験機を用いて,複合表面改質として浸炭処理後ショットピー二シグ処理を施した歯車とローラの疲れ試験を行った.通常の鋼(JIS:SCM415)および焼結材を用いて複合表面改質を行った結果,鋼ではショットピーニングの強さを示す指標のアークハイト値が高い試験片ほどその面圧強さは増す傾向にあった.それに対し焼結材では.アークハイト値が高い試験片では浸炭のみを施した試験片よりも面圧強さは低下した.また,アークハイト値が低い試験片では浸炭のみを施した試験片よりも面圧強さが向上した.鋼製試験片ではショットピーニングにより内部に残留応力が付加されることでき裂の発生と進展が抑制されるため,ショットピーニング試験片の面圧強さは向上する.一方,焼結材試験片では,アークハイト値が高すぎると焼結材内部に存在する気孔が押し潰され,切り欠き感度が高くなるため面圧強さは低下するが,アークハイト値が低ければ気孔の形状はほとんど変化せず,ショットピーニングによる残留応力付加の効果で面圧強さが増加するということが判明した.

    researchmap

  • 特殊環境における歯車の歯面損傷と性能評価に関する開発研究

    研究課題/領域番号:07505003  1995年 - 1997年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    吉田 彰, 三浦 健藏, 大上 祐司, 藤井 正浩, 三浦 健蔵

      詳細を見る

    配分額:40600000円 ( 直接経費:40600000円 )

    特殊環境における歯車の歯面損傷と性能を評価,研究するため,高真空中で運転可能な歯車試験機を設計,開発し,これを用いて実験研究するとともに,通常環境や高温におけるトライボロジー特性に関しても研究を進めた。ファインセラミックスの高温摩擦・摩耗特性に関し、代表的なファインセラミックスであるSialon,Al_2O_3およびZrO_2の摩擦・摩耗特性を明らかにした.つぎに,新しく開発した耐摩耗性鋼の摩耗とスカッフィングに関し検討し,その耐スカッフィング能やしゅう動特性はSUJ2鋼より優れていること,耐摩耗性鋼に無電解Ni-P合金めっき処理した円筒では,高すべり率において耐スカッフィング能が高いこと,浸硫処理した円筒では,比較的初期の荷重段階で浸硫層が摩耗脱離するため,耐スカッフィング能向上はほとんど認められないことなどを明らかにした.また,表面改質ローラの転がり疲れとスカッフィングに関し,無電解Ni-P合金めっきローラのスカッフィング強さおよび転がり疲れ強さは未処理ローラの場合より大きく,スカッフィング強さの向上は高すべり率で顕著であることを見出した.さらに,高真空中における表面改質歯車とローラの摩擦・摩耗特性に関し,無電解Ni-P合金めっきの場合,ローラではSnめっき熱拡散処理に比べて摩耗率が小さいが,歯車では大きいこと,浸硫処理の場合,初期摩擦係数の低減効果が認められ,浸硫層の摩耗が小さい低面圧においてその効果が発揮され,Ni-Pと同等の伝達トルク損失の低減効果があること,Snめっき熱拡散処理の場合,摩耗粉の移着が生じる低面圧では,初期の摩擦係数が上昇したが改質層が一様に摩耗した後には摩擦の低減効果が得られ,また,伝達トルク損失および歯形の崩れは最も小さいことを示した.

    researchmap

  • 複合表面処理による滑り・転がり機械要素の表面強さ向上に関する研究

    研究課題/領域番号:07455075  1995年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    吉田 彰, 大上 祐司, 藤井 正浩, 小西 大二郎

      詳細を見る

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    本研究は,従来の熱処理による表面硬化処理に加えて,ショットピーニング,メッキその他の表面処理により複合表面処理を施し,滑り・転がり接触機械要素の表面強さ向上を目指すもので,複合表面処理機素の表面損傷モデル,表面強さ向上機構をも解明することを目的としている.これらの目的に対して,実施した基礎研究,すなわちイオン窒化焼結ローラおよび歯車の面圧強さ,表面損傷,動的性能,ショットピーニング歯車の面圧強さ,表面性状と動的性能変化,浸炭硬化に加えてNi-Pメッキあるいは浸硫処理により複合表面処理を施したローラの面圧強さ,スカッフィング強さについて得た主な結果は次のとおりである.
    1.イオン窒化粉末焼結ローラおよび歯車の面圧強さは硬化層深さが大なるほど,粉末粒子径が小なるほど,圧粉密度が大なるほど向上した.気孔の画像処理およびフラクタル次元解析により,これらの面圧強さは気孔分布に大きく影響されることが理解された.
    2.ショットピーニングにより表面改質されたホブ加工,放電加工,シェービング加工歯車の面圧強さは,ショットピーニングにより大きくはないが改善される傾向があった.
    3.複合表面処理機械要素に関し,無電解Ni-P合金めっきや浸硫処理により表面改質された浸炭硬化ローラの面圧強さはこれらにより改善された.また浸硫処理されたものの焼付き強さはほとんど改善されなかったが,無電解Ni-Pめっき処理されたものは高滑り率においてその焼付き強さは向上した.

    researchmap

  • 高真空下におけるセラミックスおよび改質表面のトライボロジー特性評価に関する研究

    研究課題/領域番号:07750169  1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    本研究は表面改質技術を実用の機械要素である歯車などに適用するための基礎的研究として,高真空2円筒試験機を用いて,セラミックス被覆ローラおよび接触面に各種被覆法を施した表面改質ローラについて,すべり転がり接触条件下の表面強さ,摩擦・摩耗,損傷,性能などのトライボロジー特性を調べ,摩擦・摩耗機構および損傷機構を明らかにするとともに,真空などの特殊環境下で使用される動力伝達機械要素に最適な表面改質法を検討することを目的とする.実験に用いた表面改質ローラのバルク材はステンレス鋼SUS440Cである.ローラにはCr_2O_3セラミックス溶射,無電解Ni-P合金めっき,Snめっき熱拡散処理および浸硫処理の表面改質が施された.実験は新しく開発した高真空2円筒試験機を用いてすべり転がり接触条件下で行わた.また,境界要素法による接触面温度解析が行われ,損傷形態および損傷機構との関連が検討された.本年度の研究から以下のような結果が得られた.(1)Cr_2O_3溶射の場合を除いて,表面改質を施したローラでは未処理ローラより低い摩擦係数を示した.(2)いずれの表面改質ローラにおいても接触圧力の増加に伴い摩擦係数は低下する傾向が見られたが,特にSnめっき熱拡散処理の場合で顕著であった.(3)摩耗量はCr_2O_3溶射の場合が最大で,無電解Ni-P合金めっきと浸硫処理の場合が小さかった.(4)本年度の実験範囲では,無電解Ni-P合金めっきと浸硫処理の場合の摩耗量ならびにその変化が小さかった.一方,Cr_2O_3溶射の場合の摩擦係数は大きく,摩耗量も最大であり,真空中での使用には不適であるといえた.

    researchmap

  • セラミックスの高温トライボロジー特性に及ぼす雰囲気中水分量の影響

    研究課題/領域番号:06750147  1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    大気中および窒素ガス中において1273K以下の雰囲気温度でピンオンディスク試験を行い,サイアロンおよびアルミナセラミックスのトライボロジー特性に及ぼす雰囲気温度の影響を調べた.また,室温での相対湿度40〜80%に相当する水蒸気を混入させた窒素ガス中でのピンオンディスク試験を673Kまでの雰囲気温度で行い,雰囲気中の水分量の影響を調べた.サイアロンの場合,摩擦係数は雰囲気温度の影響はほとんど受けなかったが,摩耗量は温度が高いほど大きかった.サイアロンの場合,373K〜423Kの範囲で摩耗量が急増したが,その温度は雰囲気中水分量が大きいほど高い傾向にあった.アルミナの場合,673Kまでの雰囲気温度では摩擦係数と摩耗量は温度が高いほど大きかったが,673Kを超える温度では雰囲気温度が高いほど摩擦係数と摩耗量は小さかった.アルミナの場合,水分がほとんど含まれない窒素ガス中では摩耗が大きかったが,雰囲気中に水蒸気が混入した場合には水分量の多少によらず摩耗量は大差なく,相対湿度40%以上の水分量では摩耗量に及ぼす雰囲気中水分量の影響は小さかった.サイアロンおよびアルミナのいずれの場合も雰囲気中の水分量の多少によらず窒素ガス中の摩擦係数は大気中の摩擦係数より小さかった.サイアロンおよびアルミナのいずれの場合も1273Kの雰囲気温度では摩耗粉の凝着により表面層が形成され,その結果摩擦係数が低下し摩耗の進行は止まった.サイアロンの摩擦・摩耗はSiO_2の形成に,また,アルミナの摩擦・摩耗は473Kまでの雰囲気温度では雰囲気中の水分の吸着に影響された.

    researchmap

  • 粉末焼結材の滑り・転がり機械要素への適用に関する基礎的研究

    研究課題/領域番号:04452134  1992年 - 1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(B)  一般研究(B)

    吉田 彰, 小西 大二郎, 大上 祐司, 藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:6900000円 ( 直接経費:6900000円 )

    粉末焼結金属やファインセラミックスなどの粉末焼結材の滑り・転がり機械要素への適用に関し,これらの表面損傷メカニズムを解明し,表面強さ設計に関する基礎的指針を得るため,摩擦・磨耗特性,転がり疲れ特性,面圧強さに関する実験が計画され,実行された.また,画像処理装置により磨耗状況および気孔の寸法,分布などについて解析され,これらの結果を考慮して,気孔を有する場合の接触応力解析が行われた.さらに摩擦面の温度解析についても数値解析が試みられた.
    ファインセラミックスについて,ピンオンディスク試験において高温雰囲気中の相対湿度の影響が検討され,また水潤滑中でスラスト玉軸受試験が行われ,検討された.さらに画像処理による磨耗粉の解析,摩擦面のフラクタル次元解析などが行われ,これらの結果よりSialonの表面損傷はトライボケミカル反応,ZrO_2の場合は相転移,Al_2O_3の場合は機械的損傷に主に基因することなどが明かとなった.摩擦面のBEMによる3次元温度解析については現在満足すべき結果はまだ得られていない.一方,イオン窒化ローラおよび歯車については,それぞれ転がり疲れ試験,歯車運転試験が行われ,硬化層深さ,相対曲率半径,粉末粒子径の表面損傷および面圧強さに及ぼす影響が実験的に検討され,硬化層深さが大なるほどまた相対曲率半径,粉末粒子径が小なるほど面圧強さは増加する傾向にあった.また,気孔の画像処理解析結果を考慮して,気孔周辺の接触応力解析をFEMで実施し,気孔が複数存在する場合の応力集中係数を算定し,これを用いて面圧強さとの関係を説明することができた。

    researchmap

  • 水潤滑ファインセラミックス軸受の転がり疲れに関する研究

    研究課題/領域番号:04750122  1992年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    藤井 正浩

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )