2022/07/02 更新

写真a

サイトウ クニユキ
齊藤 邦行
SAITO Kuniyuki
所属
環境生命科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 東京農工大学 )

研究キーワード

  • 作物学

  • Crop Science

  • 熱帯農学

  • 栽培学

研究分野

  • 環境・農学 / 作物生産科学

学歴

  • 東京農工大学    

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京農工大学   Faculty of Agriculture  

    - 1980年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 博士(農学) 東京農工大学   「水稲品種の多収性に関する解析的研究 -物質生産・光合成に着目して-」  

    1992年9月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学・学術研究院環境生命科学学域・教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • タカノ農芸化学研究助成財団選考委員会委員

    2020年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会専門委員

    2020年2月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学農学部附属山陽圏フィールド科学センター センター長

    2019年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 全国大学附属農場協議会 監事

    2018年5月 - 2020年4月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会学術システム研究センター専門研究員

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 全国大学附属農場協議会 会長

    2016年5月 - 2018年4月

      詳細を見る

  • 県立広島大学生命環境学部非常勤講師(作物学)

    2015年10月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学・大学院環境生命科学研究科・教授

    2012年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学農学部附属山陽圏フィールド科学センター センター長

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 全国農業コンクール中央審査委員(種芸部門)

    2008年4月 - 2016年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学・大学院自然科学研究科・教授

    2005年9月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学・大学院自然科学研究科・助教授

    2003年4月 - 2005年8月

      詳細を見る

  • 国際稲研究所訪問研究員

    1999年1月 - 1999年6月

      詳細を見る

  • 岡山大学   農学部   助教授

    1992年11月 - 2003年3月

      詳細を見る

  • 文部科学省内地研究員   東京大学理学部

    1988年6月 - 1989年3月

      詳細を見る

  • 東京農工大学   農学部附属農場   助手

    1984年4月 - 1992年11月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本農作業学会評議員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本作物学会中国支部長  

    2019年10月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   会長  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

  • 日本熱帯農業学会評議員  

    2012年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   副会長  

    2010年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

  • 学会賞選考委員長  

    2008年4月 - 2010年3月   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   学会賞選考委員  

    2006年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   英文誌編集委員  

    2006年4月 - 2010年3月   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   庶務幹事  

    2004年4月 - 2006年3月   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   シンポジウム委員  

    2002年4月 - 2004年3月   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   評議員;2000年度~現在  

    2000年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   和文誌編集幹事  

    2000年4月 - 2002年3月   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   和文誌編集委員  

    1998年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本作物学会   会計幹事  

    1988年4月 - 1990年3月   

      詳細を見る

  • 日本熱帯農業学会   学会賞選考委員会幹事  

    1985年4月 - 1993年3月   

      詳細を見る

    日本熱帯農業学会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • スマート農業における籾黄化率の推定技術に関する室内試験 査読

    小田川信哉, 中島映信, 齊藤邦行

    写真測量とリモートセンシング   60 ( 6 )   344 - 349   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Simplified quantitative description of root distribution across soil depth in rice (Oryza sativa L.) under different soil moisture conditions 査読

    Nguyen Thi Thanh Hien, Kobata Tohru, Saitoh Kuniyuki

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management   28 ( 1 )   9 - 16   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Identification and Validation of QTLs for Yield and Yield Components under Long-Term Salt Stress Using IR64 CSSLs in the Genetic Background of Koshihikari and Their Backcross Progenies 査読

    Nguyen Sao Mai, Dao Duy Hanh, Mai Nakashima, Kotaro Kumamoto, Nguyen Thi Thu Thuy, Tohru Kobata, Kuniyuki Saitoh, Yoshihiko Hirai

    Agriculture   11 ( 8 )   777   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of System of Rice Intensification(SRI)on growth and yield performance in Nam Dong district, Thua Thien Hue province, Vietnam 招待

    Nguyen Quang Co, Nguyen Thi Thanh Hien, Saitoh Kuniyuki

    Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University   109   13 - 20   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • RADIOCESIUM CONCENTRATION IN STEMS, LEAVES, AND PANICLES OF RICE GROWN IN A SANDY SOIL REPLACEMENT PADDY FIELD TREATED WITH DIFFERENT RATES OF CATTLE MANURE COMPOST IN KAWAMATA, FUKUSHIMA

    Nittaya WAKAI, Morihiro MAEDA, Toshiro ONO, Tadashi HANAFUSA, Jun YAMASHITA, Kuniyuki SAITOH

    Journal of Environmental Science for Sustainable Society   9   1 - 10   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Graduate School of Environmental Science, Okayama University  

    DOI: 10.3107/jesss.9.1

    researchmap

  • 京都府の丹波黒大豆系エダマメ「紫ずきん2号」の作型開発 -播種期,栽植密度および培土期追肥の検討から- 査読

    杉本 充, 蘆田 哲也, 岡井 仁志, 齊藤 邦行

    日本作物学会紀事   87 ( 3 )   250 - 258   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.87.250

    researchmap

  • Phosphorus and potassium availability from cattle manure ash in relation to their extractability and grass tetany hazard 査読

    Quoc Thinh Tran, Morihiro Maeda, Kazuyuki Oshita, Masaki Takaoka, Kuniyuki Saito

    Soil Science and Plant Nutrition   64 ( 3 )   415 - 422   2018年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00380768.2018.1433958

    researchmap

  • 丹波黒大豆系エダマメ「紫ずきん2号」における外観品質からみた収穫適期の診断 査読

    杉本 充, 蘆田 哲也, 齊藤 邦行

    日本作物学会紀事   87 ( 2 )   132 - 139   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.87.132

    researchmap

  • Responses of Fourteen Vietnamese Rice (Oryza sativa L.) Cultivars to High Temperatures during Grain Filling Period under Field Conditions

    Tran Thuy, Kuniyiki Saitoh

    Agronomy   7 ( 3 )   57 - 57   2017年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    DOI: 10.3390/agronomy7030057

    researchmap

  • 京都府の丹波黒大豆系エダマメ 「紫ずきん2号」 の作型開発

    杉本 充, 齊藤 邦行

    日本作物学会講演会要旨集   244   24 - 24   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    DOI: 10.14829/jcsproc.244.0_24

    CiNii Article

    researchmap

  • Cultivar differences in nitrogen use efficiency of field grown rice plant at different levels of nitrogen fertilizer 査読

    Nguyen Quang Co, Hoang Thi Thai Hoa, TrinhThi Sen, Kuniyuki Saitoh

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management   21 ( 4 )   113 - 124   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 遮光と高温処理が水稲玄米の粒厚分布・外観品質・食味に及ぼす影響 -2009年と2010年の比較- 査読

    石突裕樹, 菊川裕幸, 齊藤邦行

    日本作物学会紀事   82 ( 3 )   242 - 251   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.82.242

    researchmap

  • 遮光・高温条件下に生育した水稲玄米の粒厚と外観品質が米飯の食味と理化学的特性に及ぼす影響 査読

    石突 裕樹, 松江 勇次, 尾形 武文, 齊藤 邦行

    日本作物学会紀事   82 ( 3 )   252 - 261   2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.82.252

    researchmap

  • ダイズの倒伏が子実収量に及ぼす影響-倒伏防止処理と人為的倒伏処理-

    齊藤 邦行, 西村 公仁子, 北原 利修

    日本作物学会紀事   81 ( 1 )   27 - 32   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.81.27

    researchmap

  • 「岡大ライス」の候補品種の選定

    齊藤邦行, 多田正人, 沼野義和, 小林恭子, Trinh Thi Sen

    岡山大学農学部附属山陽圏フィールド科学センター報告   ( 32 )   9 - 12   2009年

     詳細を見る

  • STARCH PRODUCTIVITY OF SAGO PALM IN INDONESIA. 査読

    Kuniyuki SAITOH, Mochamad Hasjim BINTORO, Izumi OH-E, Foh Shoon JONG, Jasper LOUW, Nobuo SUGIYAMA

    SAGO PALM   16 ( 2 )   102 - 108   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 気温上昇が水稲品種の玄米外観品質,食味におよぼす影響

    大江和泉, 小林恭子, 齊藤邦行, 黒田俊郎

    岡山大学農学部学術報告   97   33 - 39   2008年

     詳細を見る

  • Effects of high temperature on growth, yield and dry-matter production of rice grown in the paddy field

    Izumi Oh-e, Kuniyuki Saitoh, Toshiro Kuroda

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   10 ( 4 )   412 - 422   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    The effect of high temperatures on growth, yield and dry-matter production of rice growing in the paddy field was examined during the whole growth period in a temperature gradient chamber (TGC) from 2002 to 2006. Experimental plots, TG1 (control), TG2, TG3 and TG4, were arranged along the temperature gradient (from low to high temperature) in TGC. The mean and maximum air-temperatures in TG4 were 2.0 -3.6 degrees C and 4.0-7.0 degrees C higher, respectively, than those in TGI. The plant height was taller and the maximum tillering stage was earlier in TG2, TG3 and TG4 than in TG1 Plant dry weight at maturity in TG2 and TG3 was 12.8-16.4% heavier than that in TG1 In TG4, the increase in the panicle dry weight during the ripening period was smallest and plant dry weight at maturity was 11-16% heavier than that in TG1 The increase in plant drymatter during the ripening period was smallest in TG4. The decrease in the dry weight of stem and leaf during the ripening period, which represents the amount of assimilate translocation to the panicle, was also larger in TG2-4 than in TG1. The increase in the dry weight of stem in TG2-4 at maturity was also larger than that in TG1. The photosynthetic rate in TG2-4 was up to 35.6% lower than that in TGI because of the acceleration of leaf senescence. Brown rice yield in TG4 was 6.6-39.1% lower than that in TGL This yield decline was due to the decrease in the percentage of ripened grains and increase in the percentage of sterile spikelets. The relation between brown rice yield and mean air-temperature during 20 days after heading showed that the brown rice yield declined when mean air-temperature exceeded 28 degrees C.

    DOI: 10.1626/pps.10.412

    Web of Science

    researchmap

  • 気温上昇がダイズの開花結莢,乾物生産と子実収量に及ぼす影響

    大江和泉, 上郷玲子, 城さやか, 倉橋崇之, 齊藤邦行, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   76 ( 3 )   433 - 444   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.76.433

    Scopus

    researchmap

  • 気温上昇が水稲の玄米外観品質,食味と理化学的特性におよぼす影響

    大江和泉, 松江勇次, 齊藤邦行, 黒田俊郎

    岡山大学農学部学術報告   96   13 - 18   2007年

     詳細を見る

  • Effects of rising temperature on growth, yield and grain quality of rice grown in the paddy field -Five years experiment using temperature gradient chamber-

    Oh-e, I, Saitoh, K, Kuroda T

    Proceedings of the 2nd International Conference on Rice for the Future, Bangkok   21 - 27   2007年

     詳細を見る

  • ダイズの花房次位別着莢に及ぼす畦間と栽植密度の影響-早生品種エンレイを用いた場合-

    齊藤邦行, 平田和生, 柏木揚子

    日本作物学会紀事   76 ( 2 )   204 - 211   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.76.204

    Scopus

    researchmap

  • Effects of high temperature on flowering and pod set in soybean

    北野待子, 齊藤邦行, 黒田俊郎

    岡山大学農学部学術報告   2006年

     詳細を見る

  • Effects of rising temperature on growth, yield and dry-matter production of winter wheat

    大江和泉, 齊藤邦行, 黒田俊郎

    岡山大学農学部学術報告   2006年

     詳細を見る

  • Comparison of leaf photosynthesis between wild and cultivated types of soybean

    K Saitoh, K Nishimura, T Kuroda

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   7 ( 3 )   277 - 279   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    DOI: 10.1626/pps.7.277

    Web of Science

    researchmap

  • Characteristics of flowering and pod set in wild and cultivated types of soybean

    K Saitoh, K Nishimura, T Kuroda

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   7 ( 2 )   172 - 177   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    Characteristics of flowering and pod set were compared between wild and cultivated types of soybean grown in pots (1/5000 a) in a vinyl house. The wild type had 10-fold more nodes than the cultivated type. The flowering habit of the wild type was similar to that of the indeterminate type. The wild type developed 10-fold more flowers than the cultivated type, but set relatively few pods. During the process of domestication from wild to cultivated type, i) the pole climbing characteristic disappeared and development of branches and racemes with compound leaves was repressed, resulting in a decreased number of nodes, ii) flower production decreased and the rate of pod set increased markedly, and iii) the number of pods decreased, but seed size became bigger.

    DOI: 10.1626/pps.7.172

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山県における主要水稲品種の食味と理化学的特性

    山本永真, 松江勇次, 齊藤邦行, 黒田俊郎

    岡山大学農学部学術報告   2004年

     詳細を見る

  • 伸育型,熟期の違いがダイズ品種の開花・結莢におよぼす影響

    齊藤邦行, タリク マハムド, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   72 ( 3 )   290 - 294   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.72.290

    Scopus

    researchmap

  • ダイズ品種における節間伸長の規則性-エンレイと東山69号の比較-

    齊藤邦行, 高岡祐太郎, 黒田俊郎

    日本作物学会中国支部研究集録   2003年

     詳細を見る

  • Effects of flag leaves and panicles on light interception and canopy photosynthesis in high-yielding rice cultivars

    K Saitoh, K Yonetani, T Murota, T Kuroda

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   5 ( 4 )   275 - 280   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    The effects of flag leaves and panicles on canopy photosynthesis in a leading cultivar (Nipponbare) and two high-yielding rice cultivars (Takanari and Chugoku 117) bred in Japan were compared. The total dry matter production was in the order of Takanari > Chugoku 117 > Nipponbare. Canopy photosynthesis was highest in Takanari throughout the growth season, and was higher in Chugoku 117 than in Nipponbare during the ripening period. The photosynthetic rate in the flag leaf was in the order of Nipponbare > Takanari > Chugoku 117. The light extinction coefficient of canopy was higher in Takanari than in the others. At the middle ripening stage, canopy photosynthesis increased 35 and 17% in Nipponbare and Takanari, respectively, by the removal of panicles and decreased 37 and 48%, respectively, by the removal of flag leaves. In Chugoku 117, canopy photosynthesis was hardly influenced by these treatments. Clearly, the panicles intercept more radiation at the upper layer of the canopy in Nipponbare than in Takanari and flag leaves contribute more to canopy photosynthesis in Takanari than in Nipponbare. However, these effects were small in Chugoku 117. In conclusion, Takanari produces more dry matter than the others due to larger, wider, longer and more erect 1st (flag) and 2nd leaves above the panicles, which intercept more radiation. Chugoku 117 had erect panicles which allowed more radiation to penetrate into the deeper layer of the canopy, resulting in a high dry matter production. The lower panicle height relative to leaf layer and erect panicles are important characteristics for higher yield in rice.

    DOI: 10.1626/pps.5.275

    Web of Science

    researchmap

  • 有機栽培を行った米飯の食味と理化学的特性

    齊藤邦行, 速水敏史, 石部友弘, 松江勇次, 尾形武文, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   2002年

     詳細を見る

  • Effects of organic fertilization and pesticide application on growth and yield of field-grown rice for 10 years 査読

    K Saitoh, T Kuroda, S Kumano

    JAPANESE JOURNAL OF CROP SCIENCE   70 ( 4 )   530 - 540   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    The effects of organic fertilization (cow and chicken manure) and pesticide application on the yield of rice (cultivar Nipponbare) were examined for ten years from 1990 to 1999 in the paddy field of Okayama University. On average, the yield on organic fertilized and pesticide-free plot (only barnyard grasses were eradicated,by hand) was 10% lower than that of chemical fertilized and pesticide applied plot because of the decease in the number of panicles. This reduction might be due to the competition with weeds especially monochoria for nutrients. Although infection of sheath blight was observed, this disease did not cause a serious damage to the rice yield. In late Sept. in 1990, 1991 and 1997 the hopper burn by the brown planthopper occurred in the pesticide-free plot. However, it brought no reduction in yield because hopper burn occurred just before the harvesting. Yield-reduction may be diminished by using the early-maturing cultivar. Close correlation was observed between population densities of leafhoppers and spiders, the major predators, and it was considered that the increase in the density of spiders did not affect the survival rates of leafhoppers. Yearly fertilization of manure increased the total carbon and nitrogen concentration of the soil, i.e., soil fertility. In this experiment, rice was grown by pesticide-free organic cultivation with only about 10% yield-reduction. A possibility of cultural and biological control of weeds and insects was discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of source and/or sink restriction on the number of flowers, yield and dry-matter production in field-grown soybean 査読

    K Saitoh, S Isobe, Y Seguchi, T Kuroda

    JAPANESE JOURNAL OF CROP SCIENCE   70 ( 3 )   365 - 372   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CROP SCIENCE SOC JAPAN  

    Source and sink organs are closely related with each other in the process of soybean yield determination. We examined the effects of source and/or sink restriction on the flowering habit, pod set and dry-matter production by removing the leaves (L), flowers (F) and/or both (L & F) from each main stem or branches at the full-flowering stage. The number of nodes increased with the removal of L or F, especially on the raceme with compound leaves. Removal of either L or F decreased the number of pods, and this extent was larger when the L or F were removed from the branches than from stems and when F was removed than when both L & F were removed. Removal of L or F accelerated the flowering on the non - treated main stem or branches. Removal of both L & F increased the number of flowers than removal of L or F alone. Thus, either the source or sink restriction was compensated by the increase in flower bud number. Either source or sink removal increased the pod set on the non-treated main stem or branches. Crop growth rate was decreased by removal of L or F, and this extent was larger when L or L & F were removed from the branches, but the net assimilation rate increased by the removal of L, owing to the decrease in leaf area index. Pod growth rate on the branches with L removed was higher than that on the main stem with L removed, which revealed that the growth of branches was largely dependent on the assimilate from their main stem. Higher net assimilation rate in the L and L & F removed plots indicates that the surplus supply of assimilate from leaves to adjacent axil accelerates the development of flower buds considerably and promotes the pod set.

    Web of Science

    researchmap

  • Differences in flowering habit between determinate and indeterminate types of soybean

    Toshiro Kuroda, Kuniyuki Saitoh, Tariq Mahmood, Kaori Yanagawa

    Plant Production Science   1 ( 1 )   18 - 24   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Crop Science Society of Japan  

    The differences of flowering habit, yield and yield components between determinate (cultivar Tatisuzunari) and indeterminate (cultivar Touzan 69) soybean were examined in relation to raceme order. Although flowering habit, i.e., successive flowering from basal to apical nodes was the same in both types, the succession of flowering on low order racemes on the main stem increased more rapidly (1.4 nodes per day) in Tatisuzunari than in Touzan 69 (0.8 nodes per day). In Tatisuzunari flowering on a higher order raceme began after flowering of the first order raceme had finished, but in Touzan 69 flowering on the first order raceme continued upto higher nodes accompanied with flowering on higher order racemes thus producing a higher number of flowers. In Tatisuzunari, the flower shedding rate was higher, the higher was the raceme order, but in Touzan 69 the shedding rate was highest in the first and second order racemes. The pod setting ratio on all racemes was higher in Tatisuzunari than in Touzan 69. In Tatisuzunari, the 100 seed weight was similar on every raceme, although that on the second order racemes with compound leaves was slightly higher. In Touzan 69, it decreased with the increase of raceme order. The second order raceme with compound leaves played a pivotal role for the determination of total number of nodes, number of flowers, pod setting ratio, number of pods per plant and 100 seed weight in Tatisuzunari. However, in Touzan 69, racemes contributing to yield were limited to the first and second racemes. In Touzan 69, leaf length decreased drastically from basal to apical nodes, favoring the even distribution of light in the canopy, whereas, in Tatisuzunari, the leaf length increased from lower to higher nodes.

    DOI: 10.1626/pps.1.18

    Scopus

    researchmap

  • Relationship between Leaf Movement of Trifoliolate Compound Leaf and Environmental Factors in the Soybean Canopy: II. Effects of growth and environmental conditions on diurnal changes of leaf movement

    Kuniyuki Saitoh, Ryuzi Inamura, Kuni Ishihara

    Japanese Journal of Crop Science   63 ( 2 )   254 - 260   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We previously reported a method for measuring trifoliolate compound leaf movement in the soybean plant. Leaflet movement was investigated by measuring the area of triangle described by the three leaflet tips (ΔT), the distance between left and right leaflet tips, and the terminal leaflet inclination angle. Diurnal changes in trifoliolate compound leaf movement were examined with reference to leaf position on the stem, growth stages, weather conditions and soil water deficit. Trifoliolate leaf in the upper layer of the canopy, inclined to the upward in the morning, and ΔT decreased remarkably. Leaflets in the lower layer of the canopy, however, inclined to the downward all day, so ΔT did not change greatly. In clear weather, leaflets moved actively, a great decrease in ΔT was observed in midday compared with cloudy weather, due to higher solar radiation. Hysteresis was found in the relation between solar radiation and ΔT, i.e. leaflet movement was more active in the morning than in the afternoon. Leaflet movement was most active from the late flowering to pod growth stage, and became less active with increasing plant age. Terminal leaflets were observed to become erect or inverse in response to soil water deficit, when leaf xylem water potential decreased to nearly −1.5 MPa. These results suggest that leaflet movement is mainly affected by the intensity of solar radiation, but its diurnal changes are different with leaf position, growth stage, weather and soil water condition. © 1994, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN. All rights reserved.

    DOI: 10.1626/jcs.63.254

    Scopus

    researchmap

  • Characteristics of Dry Matter Production Process in High-Yield Rice Varieties VI. Comparisons between new and old rice varieties

    Kuniyuki Saitoh, Hiroyuki Shimoda, Kuni Ishihara

    japanese journal of crop science   62 ( 4 )   509 - 517   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Differences in yield, dry matter production, and harvest index between new (registered after 1955) and old (before 1940) Japanese rice varieties were examined with reference to light-intercepting characteristics, single -leaf photosynthesis, and dry matter accumulation in the panicle. The average yield of new varieties (586 g/m2) was higher than that of old varieties (483 g/m2) owing to higher dry matter production during the ripening period. This difference was caused by a smaller decline in the leaf photosynthetic rate and by the lower canopy light extinction coefficient observed in the new varieties, as compared with the old varieties, during the ripening period. The new varieties had a higher harvest index as compared with the old varieties, but there were no differences in sink size between them. The higher dry matter production in the new varieties resulted in the accumulation of assimilate in the culm at the late ripening stage. Clearly, the sink size was not enough in the new varieties, i.e. the sink size should be enlarged by using the Indica or Indica/Japonica hybrid varieties (Nanjing 11, Milyang 23) in the breeding program. © 1993, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN. All rights reserved.

    DOI: 10.1626/jcs.62.509

    Scopus

    researchmap

  • Relationship between Leaf Movement of Trifoliolate Compound Leaf and Environmental Factors in the Soybean Canopy: I. Measurement of leaf movement

    Kuniyuki Saitoh, Ryuzi Inamura, Kuni Ishihara

    Japanese Journal of Crop Science   63 ( 1 )   68 - 74   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The occurrence of leaf movements during the daytime is widely known in the leguminous plant canopy. We observed in the soybean field that leaflets moved not independently but that the trifoliolate compound leaf moved as a unit in response to the direction and the intensity of sunlight. Time course changes in trifoliolate leaf movements of soybean, grown in the pot and the field, was investigated by measuring the area of the triangle which connects the three leaflet tips (ΔT), the distance between left and right leaflet tips and terminal leaflet inclination angle. In the early morning, leaflets were already inclined upward, and ΔT reached a minimum value at 10 a.m., followed by a gradual increase in ΔT. As the leaflets became horizontal at dusk, ΔT reached nearly 100%. At the onset of darkness, every leaflet dropped their tips, and ΔT decreased rapidly with the downward (nyctinastic movement). In spite of the darkness, leaflets began to rise in the middle of the night, and turned upward at predawn. The tip of the terminal leaflet, which was oriented north, moved along with the sun movement in a circle from east to west. By measuring the changes in ΔT described above, both heliotropic and nyctinastic movement during the daytime and nighttime could be quantitatively determined. Further, decrease in ΔT within the upper layer of soybean canopy meant that more sunlight penetrated to the lower layer. © 1994, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN. All rights reserved.

    DOI: 10.1626/jcs.63.68

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 作物生産生理学の基礎

    平沢 正, 大杉 立, 金勝 一樹, 新田 洋司, 齊藤 邦行, 大川 泰一郎, 上野 修, 山岸 順子, 山岸 徹, 梅澤 泰史( 担当: 共著 ,  範囲: 個体群の構造と機能)

    農山漁村文化協会  2016年10月  ( ISBN:9784540122095

     詳細を見る

    総ページ数:175p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 農業技術体系第2-②巻イネ=基本技術 基本技術編

    齊藤 邦行( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 遮光・高温の玄米への影響と粒厚選別・光選別による外観品質向上)

    農山漁村文化協会  2016年5月 

     詳細を見る

  • 特集追究・イネの直播栽培 : 汎用機で輪作、鉄コーティングほか

    農山漁村文化協会( 担当: 共著 ,  範囲: 遮光・高温の玄米への影響と粒厚選別・光選別による外観品質向上)

    農山漁村文化協会  2015年12月  ( ISBN:9784540150586

     詳細を見る

    総ページ数:254p, 図版4p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • にぎやかな田んぼ : イナゴが跳ね、鳥は舞い、魚の泳ぐ小宇宙

    夏原 由博 編, 齊藤 邦行( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「お米はこうして作られる」,「日本の米づくり今昔」)

    京都通信社  2015年3月  ( ISBN:9784903473543

     詳細を見る

    総ページ数:223p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 作物学

    今井 勝, 平沢 正 編, 齊藤 邦行( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「2.豆類,2)インゲンマメ,3)ラッカセイ」)

    文永堂出版  2013年11月  ( ISBN:9784830041266

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 300p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Soybean Physiology and Biochemistry

    H. A. El-Shemy ed., Kuniyuki Saitoh( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Effect of Row-Spacing and Planting Density on Podding and Yield Performance of Early Soybean Cultivar “Enrei” with Reference to Raceme Order)

    Intech Open  2011年10月 

     詳細を見る

  • 作物学用語事典(共著)

    農山魚村文化協会  2010年  ( ISBN:9784540071362

     詳細を見る

  • 気温上昇がダイズの生育収量に及ぼす影響,農業技術大系

    農山漁村文化協会  2009年  ( ISBN:9784540000089

     詳細を見る

  • 気温上昇がダイズの生育収量に及ぼす影響,最新農業技術 作物

    農山漁村文化協会  2009年 

     詳細を見る

  • 作物学概論

    八千代出版  2008年 

     詳細を見る

  • 栽培学-環境と持続的農業

    朝倉書店  2006年 

     詳細を見る

  • 日本作物学会紀事71巻3号日本作物学会75周年記念講演要旨「作物学の将来展望―要素還元的パラダイムからの脱却―」

    2002年 

     詳細を見る

  • 平成12年度両備てい園記念財団研究助成金による研究報告,生物学に関する試験研究論叢,17号

    2002年 

     詳細を見る

  • New Frontiers of Sago Palm Studies

    Universal Academy Press, Inc.  2002年 

     詳細を見る

  • 作物学事典

    朝倉書店  2002年 

     詳細を見る

  • Effects of source/sink removal on the number of flowers, yield and dry watter production in field groun soybean

    Proceedings of the 2nd Asian Crop Science conference 

     詳細を見る

  • Effects of flag leaves and panicles on light interception and canopy photosynthesis in high-yielding rice cultivars bred in Japan.

    Proc. Int. Symp. "World Food Security" Kyoto 

     詳細を見る

  • Effects of source/sink removal on the number of flowers, yield and dry watter production in field groun soybean

    Proceedings of the 2nd Asian Crop Science conference 

     詳細を見る

  • 日本で育成された多収性水稲品種の受光能率と個体群光合成速度に及ぼす止葉と穂の影響

     詳細を見る

  • 圃場栽培したダイスの収量と収量構成要素に及ぼすシンク/ソース 除去の影響

    第2回アジア作物学会議プロシーディングス 

     詳細を見る

  • Effects of flag leaves and panicles on light interception and canopy photosynthesis in high-yielding rice cultivars bred in Japan.

    Proc. Int. Symp. "World Food Security" Kyoto 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 水稲品種の乾物生産,収量と窒素利用効率に及ぼす肥料と施肥法の影響

    Yabe Ryo, Nguyen Quang Co, Trinh Thi Sen, Saitoh Kuniyuki

    岡山大学農学部学術報告   104   13 - 21   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:岡山大学農学部  

    To examine the effects of different types of fertilizers and application methods on dry matter production, yield, nitrogen accumulation and use efficiency in rice cultivars, we used two rice cultivars (Nipponbare and Takanari) and five fertilizer methods, i.e. Control (0N), Conventional method, Deep fertilizermethod, Standard fertilizer method and High fertilizer method in 2009. Dry matter productionwas more markedly increased with nitrogen fertilizer application than in control, and it was higher with deep fertilizer application in Takanari and standard fertilizer application in Nipponbare, respectively. The differences in dry matter production resulted from CGR and mean LAI in rice cultivars. Greater dry matter production was accompanied with the nitrogen accumulation at harvesting. Rice cultivars accumulated the largest amount of nitrogen at deep fertilizer application. Higher fertilizer application increased the number of panicle and total spikelets m–2. The higher grain yield in Takanariresulted from the larger sink capacity. The grain yield of rice cultivars tended to be higher with deep fertilizer application due to the increase in sink capacity. Both deep fertilizer application and basal application of slow-release fertilizer increased the recovery efficiency and partial factor productivity of applied N, however, using slow-release fertilizer is recommended in terms of labor saving and lowercost. 水稲の乾物生産,収量,窒素利用効率に及ぼす肥料と施肥法の影響を試験するため,水稲品種日本晴とタカナリを供試し,対照区(無施肥),慣行施肥区(分割追肥),深層追肥区,標準緩効性肥料基肥施肥区,倍量緩効性肥料基肥施肥区の5試験区を用いて栽培を行った.窒素施肥とともに,乾物生産が増大し,最終乾物重はタカナリでは深層追肥区,日本晴では標準緩効性肥料基肥施肥区で最も高くなった.乾物重の相違には個体群成長速度と葉面積指数が主として影響していた.収穫期の乾物重が大きいほど,窒素蓄積が多くなった.窒素蓄積量は両品種ともに深層追肥区で多くなった.施肥量の増加は穂数と㎡当たり穎花数を増加させた.タカナリの収量が高いことには,シンク容量が大きいことが関係した.両品種ともに慣行施肥区に比べ深層追肥区の収量が高くなったが,これにはシンク容量の拡大が関係していた.深層追肥区,標準緩効性肥料基肥施肥区ともに慣行施肥区に比べ窒素回収効率,部分要因生産性ともに向上したが,省力・低コストの観点からは施肥効率の高い緩効性肥料の利用が推奨された.

    CiNii Article

    researchmap

  • Effects of different nitrogen fertilization on dry matter production, yield and nitrogen use efficiency of rice cultivar Hokuriku 193

    OHNO Hiroto, CO Nguyen Quang, SUMIHIRO Fumiyaki, SAITOH Kuniyuki

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 53 )   41 - 42   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Cultivar Differences in Nitrogen Use Efficiency of Field Grown Rice Plants at Different Levels of Nitrogen Fertilizer

    CO Nguyen Quang, SAITOH Kuniyuki, HOA Hoang Thi Thai

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 52 )   29 - 30   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 水稲玄米の外観品質と米飯の食味に及ぼす高温・遮光処理の影響

    石突 裕樹, 齊藤 邦行

    岡山大学農学部学術報告   101   25 - 32   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学農学部  

    We examined the appearance quality and palatability of milled rice for each grain-thickness group. The rice cultivars, Nipponbare and Hinohikari, were cultivated at the paddy field of Field Science Center, Okayama University in 2009. For high-temperature treatment, both sides of the transparent chamber were opened when the temperature exceeded 36 degrees C, and closed when lower than 25 degrees C, and 50% shading treatment with black cloth was applied during the grain-filling period. After harvesting, the grains of brown rice were sorted according to thickness using a rice grader, and classifiedinto eight grain thickness groups, less than 1.6, 1.7, 1.8, 1.9, 2.0, 2.1, 2.2, and over 2.2mm. The appearance quality of grains was measured, and milled grains were cooked, and the palatability and physical properties were measured. The brown rice yield in high-temperature plots was 10-21% less than control due to the decrease in the ripening percentage and 1000-grains weight. Yield in the shading plot dropped to 16-24% less than control mainly due to the decrease in the ripening percentage. The percentage occupation of grains with 1.8-1.9mm thickness was higher in Hinohikari than Nipponbare. In high-temperature plots, thickness of 1.8-2.0mm decreased and thickness of higher than 2.0mm increased in both cultivars. The shading treatment increased thickness of lower than 1.9mm markedly. It wascleared that the shading decreased grain thickening growth and grains was distributed more among thinner groups, and high-temperature promoted the grain thickening growth despite the decrease in 1000-grains weight. In both cultivars, the lower the grain thickness group, the lower the percentage of perfect grain due to the increase in the percentage of chalky grain. The palatability value of milled ricewas greater in Hinohikari than Nipponbare. The lower the grain thickness group, the lower the palatability value and stickiness, and those tendencies were remarkable in Nipponbare than Hinohikari. The shading and high-temperature treatments decreased the palatability value and the stickiness, especially in Nipponbare. The palatability value decreased with lower the grain thickness group due to an increase in the percentage occupation of chalky grains.

    CiNii Article

    researchmap

  • 水稲玄米の外観品質と米飯の食味に及ぼす高温・遮光処理の影響(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨)

    石突 裕樹, 菊川 裕幸, 齊藤 邦行

    日本作物学会四国支部会報   ( 48 )   46 - 47   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 水稲玄米の粒厚と外観品質が米飯の食味と理化学的特性に及ぼす影響

    石突 裕樹, 松江 勇次, 尾形 武文, 齊藤 邦行

    日本作物學會紀事   80   20 - 21   2011年8月

     詳細を見る

  • 水稲玄米の粒厚と外観品質が米飯の食味に及ぼす影響(テーマ講演「国産穀類の生産技術と利用における課題と可能性」,日本作物学会中国支部講演会)

    石突 裕樹, 齊藤 邦行, 塩崎 義隆

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 51 )   17 - 18   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • サツマイモの乾物生産と暗呼吸におよぼす窒素施肥の影響(一般講演,日本作物学会中国支部講演会)

    高越 友紀, 齊藤 邦行, 黒田 俊郎

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 51 )   39 - 40   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 気温上昇がコムギの生育収量,品質におよぼす影響(日本作物学会中国支部講演会)

    安崎 佑規, 齊藤 邦行, 黒田 俊郎

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 50 )   41 - 42   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 深層追肥栽培がタカナリの生育収量におよぼす影響(日本作物学会中国支部講演会)

    矢部 亮, 齊藤 邦行, 黒田 俊郎

    日本作物学会中国支部研究集録   ( 50 )   19 - 20   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地球温暖化がパン用コムギの生産性・製パン適性におよぼす影響の解明

    齊藤邦行

    財団法人エリザベス・アーノルド富士財団 平成19年度報告書   191 - 197   2007年

     詳細を見る

  • 気温上昇がコムギの生育収量、乾物生産におよぼす影響

    大江 和泉, 齊藤 邦行, 黒田 俊郎

    岡山大學農學部學術報告 = Scientific report of the Faculty of Agriculture, Okayama University   ( 95 )   57 - 62   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大學農學部  

    温暖化による気温上昇を想定し、温度勾配チャンバー(GC:emperaure Gradien Chamber)を用いて播種から収穫までの長期間の気温上昇処理が、コムギの生育収量、乾物生産におよぼす影響を検討した。GCは、水田内に設置したものを使用し、換気ファンを常時稼動させることにより昼温のみ温度勾配を生じさせ、栽培試験を行った。コムギ品種イワイノダイチを供試し、開口部から閉口部に向かって対照区G1、高温区G2、G3、G4の4試験区を配置した。1週間毎の生育調査に加え、部位別乾物重の調査を栄養成長期、出穂期、登熟期、収穫期に行った。また、収穫期に収量と収量構成要素を調査した。GC内の気温は、開口部のG1に比べて閉口部のG4で平均気温で2.8℃、最高気温で5.8℃の気温上昇がみられた。草丈は、生育期間を通してGlに比べG2-G4の高温区で伸長し、最終草丈はG1(72.5cm)<G2(74.9cm)<G3(75.6cm)<G4(79.9cm)の順となった。茎数は、G1に比べて、G2では増加、G3、G4では減少する傾向がみられたが、有意性は認められなかった。全乾物重は高温区で増加する傾向がみられ、収穫期の全乾物重はG1に比べてG2、G3、G4でそれぞれ25.9%、21.2%、23.2%増加した。出穂後の個葉光合成速度は高温区で低下し、G1に比べてG4で出穂15日後には27.8%、出穂30日後には63.6%と著しく低下した。子実収量は、G1(218gm-2)<G4(225gm-2)<G3(230gm-2)<G2(248gm-2)の順となり、これには1穂粒数の増加、千粒重の低下が関係していた。1穂粒数は、高温区で1穂小花数が増加し、それに伴う稔実粒数の増加により多くなった。千粒重は、登熟中期から収穫期にかけての粒重がG1、G2では増加したものの、G3、G4では抑制傾向にあり、早期に登熟が完了したため高温区で小さくなった。G2の子実収量は、1穂粒数の増加によるシンクの拡大に加えて、登熟後期まで粒重の増大が継続したため増収となった。G3、G4では、粒重が小さく、シンクの拡大を補償できなかったことが減収につながった。気温と子実収量の関係をみると、登熟期の平均気温が28℃を超えることで減収につながることがわかった。以上より、気温上昇は、コムギの生産性を概ね向上させるものの、子実収量に与える影響は稔実粒数の低下よりも、登熟中期以降の子実肥大が影響すると推察された。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 温暖化が作物のバイオマス生産におよぼす影響のモデル解析

    齊藤邦行

    生物学に関する試験研究論叢   2006年

     詳細を見る

  • 第7章 栽培.7-1個体群.

    齊藤邦行

    温故知新(日本作物学会創立75周年記念総説集)   130-136   2003年

     詳細を見る

  • ダイズ花房内位置による開花・結きょうの相違

    斉藤邦行, 磯部祥子, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   68 ( 3 )   1999年

     詳細を見る

  • 有限伸育型ダイズ品種におけるさやと子実の発育過程 花房の着生位置に着目して

    斉藤邦行, 磯部祥子, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   67 ( 4 )   1998年

     詳細を見る

  • 28 ダイズの収量と花器の分化・発育との関係 : 花房の着生位置からみた莢と子実の発育過程

    斎藤 邦行, 磯部 祥子, 黒田 俊郎

    日本作物學會紀事   65 ( 1 )   56 - 57   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 13 ダイズの収量と花器の分化・発育との関係 : 花房の着生位置からみた花芽の分化と発育

    斉藤 邦行, 磯部 祥子, 黒田 俊郎

    日本作物學會紀事   64 ( 2 )   25 - 26   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    ダイズの0, 1, 2次花房の花蕾数は開花始前に, 3次以上の花房では開花始め後に決定した. 花芽分化と開花の序列は一致せず, 上位節では出葉前に花芽分化が起こった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 16 ダイズの収量と花器の分化・発育との関係 : 莢数と花蕾数の関係

    磯部 祥子, 斉藤 邦行, 黒田 俊郎

    日本作物學會紀事   64 ( 1 )   32 - 33   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    圃場栽培したダイズ品種タチスズナリの収量は英数と, 英数は総花蕾数と正の相関があった. これには総節数と一節花蕾数の増加が関係し, 結莢率の影響は小さかった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 36 ダイズの収量と収量構成要素に及ぼす栽植密度の影響 : 花房次位・着生位置に着目して

    黒田 俊郎, 磯部 祥子, 斉藤 邦行

    日本作物學會紀事   63 ( 1 )   72 - 73   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作物学会  

    英数は密植により花房次位別では1次と2次椏枝が, 着生位置別では上部主茎が最も増加した. 英数・百粒重の決定にはソース・シンク比が関与することが示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 水稲葉身の光合成速度におよぼす飽差の影響-光利用効率, C0_2利用効率に着目して-

    斉藤邦行

    日作紀   56   163 - 170   1987年

  • 直播栽培における日本,韓国,イタリアで育成された水稲品種の特性の比較

    斉藤 邦行, 下田 博之

    東京農工大学農学部農場研究報告   ( 12 )   p1 - 11   1986年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京農工大学農学部付属農場  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 東京農工大学農学部附属本町農場水田の水稲栽培における用水量と水収支について

    斉藤 邦行, 下田 博之

    東京農工大学農学部農場研究報告   ( 11 )   p31 - 40   1984年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京農工大学農学部付属農場  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 異なる塩濃度条件がイネNew Plant Type品種の染色体断片を有する系統の穂数および有効茎歩合に与える影響

    水田 葉月, 秋元 唯, 平井 儀彦, 齊藤 邦行, 冨田 朝美

    第252回日本作物学会講演会  2021年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Simplified Quantitative Description of Root Distribution across Soil Depth in Rice (Oryza sativa L.) under Different Soil Moisture Conditions

    Hien Thi Thanh NGUYEN, Tohru KOBATA, Kuniyuki SAITOH

    10th Asian Crop Science Association Conference  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月8日 - 2021年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • インド型イネ品種IR64の遺伝的背景を有する染色体断片系統群における地表根発生と光との関係

    冨田 朝美, 齊藤 大樹, 福田 善通, 平井 儀彦, 齊藤 邦行, 小葉田 亨

    第251回日本作物学会講演会  2021年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月29日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鉄コーティング種子を活用した無代掻き直播栽培技術の検証

    日本作物学会第233回講演会  2012年 

     詳細を見る

  • ダイズの花芽分化・開花・結莢課程と収量との関係に関する生産生態学的研究

    日本作物学会第233回講演会  2012年 

     詳細を見る

  • 我が国におけるダイズ多収事例の解析と収量ポテンシャル向上戦略

    日本作物学会第233回講演会  2012年 

     詳細を見る

  • ダイズの乾物生産と子実生産に及ぼす播種期と裁植密度の影響-エンレイを用いた場合-

    日本作物学会第233回講演会  2012年 

     詳細を見る

  • 水稲玄米の粒厚と外観品質が米飯の食味と理化学的特性に及ぼす影響

    日本作物学会第232回講演会  2011年 

     詳細を見る

  • サツマイモの乾物生産と暗呼吸におよぼす窒素施肥の影響

    平成22年度日本作物学会中国支部鳥取大会  2010年 

     詳細を見る

  • 水稲玄米の粒厚と外観品質が米飯の食味に及ぼす影響

    平成22年度日本作物学会中国支部鳥取大会  2010年 

     詳細を見る

  • Effect of high temperature on flowring and pod set and seed yield of soybean

    日本作物学会第229回講演会ミニシンポジウム  2010年 

     詳細を見る

  • 水稲玄米の粒厚と外観品質が米飯の食味に及ぼす影響

    日本水稲品質・食味研究会第2回講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 深層追肥栽培がタカナリの生育収量におよぼす影響

    平成21年度日本作物学会中国支部広島大会  2009年 

     詳細を見る

  • 気温上昇がコムギの生育収量,品質におよぼす影響

    平成21年度日本作物学会中国支部広島大会  2009年 

     詳細を見る

  • Effects of high temperature on flowering and pod set in soybean

    The 5th International Crop Science Congress  2008年 

     詳細を見る

  • 登熟期の気温上昇がコムギの生育収量におよぼす影響

    平成19年度日本作物学会中国支部山口大会  2007年 

     詳細を見る

  • 10種作物の器官別成長効率の比較

    日本作物学会第223回講演会  2007年 

     詳細を見る

  • Effects of rising temperature on growth, yield and grain quality of rice grown in the paddy field -Five years experiment using temperature gradient chamber-

    The 6th Asian Crop Science Association Conference  2007年 

     詳細を見る

  • 異なる施肥条件下における水稲品種の窒素利用効率-日本晴とタカナリの比較-

    日本作物学会第224回講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 水稲における窒素利用効率の品種間差異

    日本作物学会第222回講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 異なる施肥条件下における水稲品種の窒素利用効率 -日本晴とタカナリの比較-

    平成18年度日本作物学会中国支部福山大会  2006年 

     詳細を見る

  • 地球温暖化が水稲の生産性と玄米品質におよぼす影響

    農業機械学会シンポジウム「第11回 テクノフェスタ」 ―次世代に繋がる農業機械・食品加工分野の新技術とその展望―  2006年 

     詳細を見る

  • 気温上昇がイネ品種の不稔発生,玄米外観品質におよぼす影響

    平成17年度日本作物学会中国支部岡山大会  2005年 

     詳細を見る

  • ダイズの耐倒伏性における品種間差異

    平成17年度日本作物学会中国支部岡山大会  2005年 

     詳細を見る

  • Inflorescence and Floral Morphology of Iles-iles (Amorphophallus variabilis B.I) in Cikabayan Reserch Station and Bogor Botanical Garden.

    3rd Seminar “Toward Harmonization Between Development and Environmental Conservation in Biological Production”, JSPS-DGHE Core University Program in Applied Bioscience  2004年 

     詳細を見る

  • 時期別倒伏処理がダイズの子実収量に及ぼす影響-エンレイを用いた場合-

    日本作物学会第217回講演会  2004年 

     詳細を見る

  • ダイズの耐倒伏性と押し倒し抵抗値との関係-生態型の異なる10品種間の比較-

    日本作物学会第217回講演会  2004年 

     詳細を見る

  • 気温上昇がコムギの生育収量,乾物生産におよぼす影響

    日本作物学会中国支部講演会鳥取大会  2004年 

     詳細を見る

  • ダイズの節間伸長におよぼす光条件の影響

    日本作物学会中国支部講演会鳥取大会  2004年 

     詳細を見る

  • Effects of rising temperature on growth, yield and dry-matter production of rice grown in the paddy field.

    4th International Crop Science Congress  2004年 

     詳細を見る

  • 数種作物の器官別成長効率の比較

    日本作物学会中国支部講演会鳥取大会  2004年 

     詳細を見る

  • The Pollination Agent and Pollination Process (Amorphophallus variabilis B.I) in Cikabayan Reserch Station and Bogor Botanical Garden.

    3rd Seminar “Toward Harmonization Between Development and Environmental Conservation in Biological Production”, JSPS-DGHE Core University Program in Applied Bioscience  2004年 

     詳細を見る

  • Studies on the Starch Productivity of Sago Palm in Riau, West Kalimantan, and Irian Jaya, Indonesia.

    3rd Seminar “Toward Harmonization Between Development and Environmental Conservation in Biological Production”, JSPS-DGHE Core University Program in Applied Bioscience  2004年 

     詳細を見る

  • Studies on the Starch Productivity of Sago Palm in Riau, West Kalimantan, and Irian Jaya, Indonesia.

    日本熱帯農業学会第96回講演会  2004年 

     詳細を見る

  • Comparisons of growth and photosynthetic characteristics between wild and cultivated types of soybean.

    4th International Crop Science Congress  2004年 

     詳細を見る

  • Effects of rising temperature on growth, yield and grain quality of rice grown in the paddy field.

    World Rice Research Conference 2004  2004年 

     詳細を見る

  • Cultivar differences in palatability and physicochemical properties of cooked rice cultivated in Okayama prefecture

    World Rice Research Conference 2004  2004年 

     詳細を見る

  • 高温が水田に生育する水稲の生育収量,乾物生産におよぼす影響

    日本作物学会第215回講演会  2003年 

     詳細を見る

  • 高温がダイズの開花・結莢,子実収量におよぼす影響

    日本作物学会第216回講演会  2003年 

     詳細を見る

  • ダイズの花房次位別着莢におよぼす畦幅と栽植密度の影響-エンレイを用いた場合-

    日本作物学会第216回講演会  2003年 

     詳細を見る

  • ダイズ品種における節間伸長の規則性-エンレイと東山69号の比較-

    日本作物学会中国支部平成14年度大会  2002年 

     詳細を見る

  • 作物学の将来展望―要素還元的パラダイムからの脱却―

    日本作物学会75周年記念講演  2002年 

     詳細を見る

  • ダイズにおける耐倒伏性の品種間差異

    日本作物学会中国支部大会  2001年 

     詳細を見る

  • Sago waste residue as an alternative herbicide in a field of pepper (Piper nigrum) and its effect on pepper growth

    The International Symposium on Sago -A new bridge linking south and north-  2001年 

     詳細を見る

  • 水稲の有機栽培に関する継続試験-10年間の生育収量-

    日本作物学会第212回講演会  2001年 

     詳細を見る

  • Effect of dark respiration on dry matter production of field-grown rice cultivars of different growth durations

    Asian Agriculture Congress (4th Conference of the Asian Crop Science Association)  2001年 

     詳細を見る

  • Effects of dark respiration on dry matter production of field-grown rice cultivars of different growth durations

    4th Conference of the Asian Crop Science Association  2001年 

     詳細を見る

  • ダイズの倒伏に関与する茎の物理的性質-栽植密度が倒伏に及ぼす影響-

    日本作物学会第回講演会  2000年 

     詳細を見る

  • Effects of nitrogen fertilization on dark respiration and growth efficiency of field grown rice stand

    3rd International Crop Science Congress 2000  2000年 

     詳細を見る

  • 水稲の有機栽培に関する生態学的研究-食味に及ぼす施肥方法の影響-

    日本作物学会中国支部岡山大会  1999年 

     詳細を見る

  • ダイズ野生種の開花結実特性

    日本作物学会中国支部岡山大会  1999年 

     詳細を見る

  • 国際イネ研究所で育成されたNPT系統の子実生産特性

    日本作物学会中国支部岡山大会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

Works(作品等)

  • 大学は美味しいフェア

    2010年

     詳細を見る

  • 中国四国地域アグリビジネス創出フェア2010

    2010年

     詳細を見る

  • 大学は美味しいフェア

    2010年

     詳細を見る

  • 大学は美味しいフェア

    2009年

     詳細を見る

  • 知恵の見本市2009

    2009年

     詳細を見る

  • 大学は美味しいフェア

    2008年

     詳細を見る

  • Photosynthesis and matter production of rice plants

     詳細を見る

  • パプアニューギニア,東セピック州のサゴヤシ林の実態とその澱粉生産性に関する研究

     詳細を見る

  • Floral differentiation and development in the soybean plant

     詳細を見る

  • 水田の蒸発散と用水量

     詳細を見る

  • 水稲の光合成と物質生産に関する研究

     詳細を見る

  • Measurement of dark respiration rate by oxygen electrode

     詳細を見る

  • ドンデーン村再々訪:東北タイ天水田農村における40年間の動態的研究

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • 水田生態系の構造と機能

     詳細を見る

  • ダイズの収量成立に及ぼす窒素追肥の影響

     詳細を見る

  • ダイズ花房の分化と発育

     詳細を見る

  • 酸素電極を用いた水稲の暗呼吸速度の測定

     詳細を見る

  • 植物資源の持続的利用に関する研究(インドネシア)

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • Actual condition of sago palm forest and its starch productivity in east sepik province, Papua New Guinea

     詳細を見る

  • Photosynthesis and matter production of rice plants

     詳細を見る

  • Influence of nitrogen topdressing on the yield determination process in soybean

     詳細を見る

  • Evapo-transpiration and water requirement in the paddy field

     詳細を見る

  • Measurement of dark respiration rate by oxygen electrode

     詳細を見る

  • Structure and function of micro-ecosystem in the rice paddy field

     詳細を見る

  • Structure and function of micro-ecosystem in the rice paddy field

     詳細を見る

  • Influence of nitrogen topdressing on the yield determination process in soybean

     詳細を見る

  • Actual condition of sago palm forest and its starch productivity in east sepik province, Papua New Guinea

     詳細を見る

  • Floral differentiation and development in the soybean plant

     詳細を見る

  • Evapo-transpiration and water requirement in the paddy field

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 日本作物学会賞

    2012年3月   日本作物学会   ダイズの花芽分化・開花・結莢過程と収量との関係に関する生産生態学的研究

     詳細を見る

  • 平成21年度日本作物学会論文賞

    2009年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成16年度日本作物学会論文賞

    2004年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本作物学会研究奨励賞

    1993年   水稲品種の多収性に関する解析的研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • コース演習3 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • フィールド基礎実習 (2021年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • フィールド実習2 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 作物機能調節学 (2021年度) 後期  - 月3,月4

  • 作物生産技術学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 作物発育調節学2 (2021年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 栽培学1 (2021年度) 第1学期  - 月3,月4

  • 栽培学2 (2021年度) 第2学期  - 月3,月4

  • 植物生産技術学 (2021年度) 後期  - その他

  • 海外短期農業体験実習 (2021年度) 春季集中  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 農場体験実習 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 農場体験実習 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • Basic Field Practice (2020年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • コース演習3 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • コース演習4 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • フィールド基礎実習 (2020年度) 1・2学期  - 月5,月6,月7,月8

  • フィールド実習2 (2020年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 作物生産技術学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物生産技術学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 作物発育調節学2 (2020年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 卒業論文 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 栽培学1 (2020年度) 第1学期  - 月3,月4

  • 栽培学2 (2020年度) 第2学期  - 月3,月4

  • 植物生産技術学 (2020年度) 後期  - その他

  • 植物生産開発学 (2020年度) 前期  - 月1,月2

  • 海外短期農業体験実習 (2020年度) 春季集中  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 生物生産科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 研究科目演習1 (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 研究科目演習2 (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 農場体験実習 (2020年度) 夏季集中  - その他

▼全件表示