2021/12/23 更新

写真a

カワバタ タクヤ
川畑 拓也
KAWABATA Takuya
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 医学 心臓血管外科学専攻 ( 2010年6月   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 )

研究キーワード

  • 小児重症心不全

  • 低侵襲心臓手術

  • 先天性心疾患

研究分野

  • ライフサイエンス / 心臓血管外科学

学歴

  • 岡山大学医学部    

    1993年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

  • 香川県立高松高等学校    

    1989年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学病院   心臓血管外科学   助教

    2019年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 広島市民病院   心臓血管外科

    2015年3月 - 2019年6月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   心臓血管外科講座   特別契約職員 助教

    2012年10月 - 2015年2月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科   心臓血管外科学   医員

    2004年8月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • 岡山労災病院   心臓血管外科

    2003年10月 - 2004年7月

      詳細を見る

  • 福山市市民病院

    2002年8月 - 2003年9月

      詳細を見る

  • 社会保険広島市民病院

    2001年8月 - 2002年7月

      詳細を見る

  • 松山市民病院外科

    1999年8月 - 2001年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科研究生(心臓血管外科学)

    1999年5月 - 1999年7月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山大学   リスクマネージャー  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

 

論文

  • Does the size of pulmonary artery impact on recoarctation of the aorta after the Norwood procedure without patch? 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   33 ( 5 )   765 - 772   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: This study aimed to evaluate whether recoarctation of the aorta (reCoA) after the Norwood procedure for hypoplastic left heart syndrome correlates with pre- and postoperative anatomic factors. METHODS: This retrospective study included 48 patients who underwent Norwood procedure with right ventricle-to-pulmonary artery conduit between 2009 and 2017. Anatomical factors such as preoperative length, diameter of the main pulmonary artery (MPA), and postoperative neoaortic arch angle stratified by arch reconstruction technique were analysed using the receiver operating characteristic analysis. RESULTS: Eleven patients needed surgical intervention for reCoA at stage 2. Out of the 30 patients who underwent direct anastomosis during arch reconstruction, 7 developed reCoA. Seven patients received the full patch augmentation (patch augmentation for both lesser and greater curvatures) and were all spared from reCoA. Among the patients who had direct anastomosis, the preoperative MPA length was correlated with the postoperative arch angle (P = 0.021) and was associated with the occurrence of reCoA (P = 0.002) and the best cutoff value for MPA length was 10 mm. The postoperative arch angle was also correlated with the incidence of reCoA (P < 0.001) and was larger in patients who underwent the full patch augmentation than in patients who had direct anastomosis (126° vs 112°, P = 0.005) despite comparable MPA length. CONCLUSIONS: ReCoA after the Norwood procedure correlates with MPA length when a direct anastomosis was used. Direct anastomosis can be considered in patients with a longer preoperative MPA. In other cases, the full patch augmentation should be considered for obtaining a large and smooth neoaortic arch.

    DOI: 10.1093/icvts/ivab170

    PubMed

    researchmap

  • Successful Handmade Monobloc Aortomitral Valve Replacement for Extensive Aortic Root Abscess. 国際誌

    Takanori Suezawa, Masanori Hirota, Naoya Sakoda, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   112 ( 2 )   e131-e134   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Aortic root abscess is one of the most catastrophic complications of aortic valve endocarditis. Complete débridement is recommended regardless of the kind of infected lesion. A 37-year-old man with extensive aortic root abscess due to prosthetic aortic valve endocarditis was surgically treated. The main lesion was the aortomitral continuity extending to the commissure between the left and right coronary cusps. After débridement, the aortic annulus underneath the left coronary artery was reconstructed using a handmade aortomitral monobloc valve without aortic annuloplasty. This valve was required for the extensive root abscess of the left and noncoronary sinus to achieve complete débridement.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.11.046

    PubMed

    researchmap

  • Endocardial Hemangioma of the Right Ventricle: Complete Excision With Right Ventricular Restoration. 国際誌

    Masanori Hirota, Takanori Suezawa, Yasuyuki Kobayashi, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   111 ( 6 )   e411-e413   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Primary cardiac tumor can arise from any location in the right and left cardiac chamber. Complete excision is generally recommended because of uncertainty regarding malignancy; however it is important to minimize the resultant functional deterioration after surgery. We report a case of endocardial hemangioma (4 × 3 × 3 cm) on the free wall of the right ventricle, located between the anterior and posterior papillary muscles. We describe details of the procedure to preserve the right ventricular volume and competence of the tricuspid valve.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.09.078

    PubMed

    researchmap

  • Corrigendum to 'Norwood procedure with right ventricle to pulmonary artery conduit: a single-centre 20-year experience' [Eur J Cardiothorac Surg 2020;58:230-236]. 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   59 ( 4 )   931 - 931   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezaa483

    PubMed

    researchmap

  • Papillary-ventricular complex tugging for ischemic/functional mitral regurgitation. 国際誌

    Masanori Hirota, Takanori Suezawa, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Fumi Yokohama, Yoichi Takaya, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Surgical restoration of subvalvular geometry is very important to prevent recurrence of ischemic/functional mitral regurgitation (MR). We evaluated an approach to the radical repair of left ventricular (LV) remodeling for three different cases with responsible coronary lesions. Leaflet tethering was corrected by tugging of the papillary-ventricular complex, which consists of the base of papillary muscles and posterior LV wall. The main lesion of the postinfarction scar was concomitantly excluded. Restoration of LV remodeling diminished MR with minimal leaflet tethering and improved systolic LV function. This technique may be an aggressive and encouraged approach for patients with ischemic/functional MR.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.03.095

    PubMed

    researchmap

  • Staged Repair of Tetralogy of Fallot: A Strategy for Optimizing Clinical and Functional Outcomes. 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study evaluated the impact of a staged surgical strategy incorporating a modified Blalock-Taussig shunt (BTS) for tetralogy of Fallot on pulmonary valve annulus growth, the rate of valve-sparing repair at the time of intracardiac repair, and long-term functional outcomes. METHODS: This retrospective study involved 330 patients with tetralogy of Fallot who underwent intracardiac repair between 1991 and 2019 and included 57 patients (17%) who underwent BTS. The mean follow-up period was 15.0 ± 7.3 years. We compared the data of patients who underwent BTS and patients who did not undergo BTS before intracardiac repair. RESULTS: The median age before BTS was 71 days (range, 28 to 199) and the median body weight was 4.3 kg (range, 3.3 to 6.8 kg). There were no inhospital or interstage deaths after BTS. The pulmonary valve annulus Z scores of patients with BTS revealed significant growth after BTS (from -4.2 ± 1.8 to -3.0 ± 1.7, P < .001). Valve-sparing repair was eventually performed in 207 patients (63%), including 26 (46%) who underwent staged repair. The overall freedom from pulmonary regurgitation-related reintervention was 99.7%, 99.1%, and 95.8% at 1, 5, and 20 years, respectively. CONCLUSIONS: A staged surgical strategy incorporating BTS as the first palliation for symptomatic patients resulted in no mortality. Blalock-Taussig shunt may have contributed to the avoidance of primary transannular patch repair and facilitated pulmonary valve annulus growth; therefore, approximately half of the symptomatic neonates and infants were recruited for valve-sparing repair. Staged repair may have led to functionally reliable delayed transannular patch repair, thereby resulting in fewer surgical reinterventions.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.01.087

    PubMed

    researchmap

  • Norwood procedure with right ventricle to pulmonary artery conduit: a single-centre 20-year experience. 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   58 ( 2 )   230 - 236   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: The aim of this study was to evaluate the long-term outcomes of the Norwood procedure with right ventricle-pulmonary artery (RV-PA) conduit for hypoplastic left heart complex. METHODS: A retrospective observational study was performed in 136 patients with hypoplastic left heart complex who underwent a Norwood procedure with RV-PA conduit between 1998 and 2017. The probabilities of survival, reintervention and Fontan completion were analysed. RESULTS: Stage 1 survival was 91.9% (125/136). Reintervention for PA stenosis was needed for 22% and 30% at stages 2 and 3, respectively, while 15% underwent reintervention for aortic arch recoarctation. Among 106 bidirectional Glenn survivors, 93 (68% of the total number of patients) had a Fontan completion, while 4 were not considered to be Fontan candidates. Risk factors for overall mortality included weighing <2.5 kg at the time of the Norwood procedure, intact atrium septum, total anomalous pulmonary vein connection and more than mild atrioventricular regurgitation at the time of the Norwood procedure. Overall survival was 80.9%, 72.3% and 62.8% at 1, 5 and 20 years, respectively. CONCLUSIONS: Probabilities of survival and Fontan completion were acceptable under the current surgical strategy incorporating RV-PA Norwood procedure as the first palliation. Incorporating a strategy to maintain PA growth and ventricular function through the staged repair is of prime importance. Further studies are necessary to observe changes in atrioventricular regurgitation as well as in right ventricular function, in patients who require atrioventricular valve interventions during the staged Fontan completion.

    DOI: 10.1093/ejcts/ezaa041

    PubMed

    researchmap

  • [Mediastinal Bronchial Artery Aneurysm Resected together with the Descending Aorta under the Partial Extracorporeal Circulation;Report of a Case].

    Yuto Narumiya, Keiji Yunoki, Munehiro Saiki, Yuki Oga, Yoshimasa Kishi, Shohei Yokoyama, Takuya Kawabata, Yu Oshima, Kunikazu Hisamochi, Hideo Yoshida

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   72 ( 11 )   939 - 941   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bronchial artery aneurysm(BAA) is quite rare, but its rupture is often lethal. Once it is found, treatments should be aggressively considered. A 67-year-old woman was diagnosed to have a 26 mm mediastinal BAA on computed tomography (CT) which was performed for screening. CT revealed a very short inflow vessel of the BAA and arteriovenous fistula at the outflow. Considering these features of the aneurysm, endovascular interventions deemed difficult and surgery was carried out. Because of the fragility, the aneurysm was resected together with the descending aorta and the graft replacement was performed under partial extracorporeal circulation. The patient has no untoward event for 1 year postoperatively. Although most recent reports advocate endovascular interventions, we think surgical treatment is a variable option in selected patients. Careful evaluation for each BAA case would be essential to determine the treatment strategy.

    PubMed

    researchmap

  • [Hybrid Treatment for Aortic Arch Aneurysm Concomitant with Right Subclavian Artery Aneurysm].

    Munehiro Saiki, Keiji Yunoki, Ikuma Shiraishi, Naoya Sakoda, Takuya Kawabata, Yuu Ohshima, Kunikazu Hisamochi, Hideo Yoshida

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   71 ( 11 )   911 - 915   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    A 78-year-old man was hospitalized for aortic arch aneurysm concomitant with right subclavian artery aneurysm. Maximum diameter of each aneurysm was 65 mm and 40 mm, respectively. Both aneurysms clearly needed to be treated. However, simultaneous surgery of total arch replacement (TAR) and right subclavian artery grafting carries both technical difficulty of surgical exposure and considerable risk of bilateral recurrent nerve palsy. Thus, to avoid these serious problems, we chose hybrid treatment. TAR was performed as the 1st procedure, followed by stent graft placement to right subclavian artery aneurysm. At the 1st procedure, an 8 mm graft was anastomosed to right common carotid artery in end to side fashion. This was used for cerebral perfusion, and after that, another end of this graft was anastomosed to a branch of quadrant graft which was anastomosed to brachiocephalic artery. Then, right common carotid artery was ligated at proximal portion to create a proximal landing zone. As the 2nd procedure, excluder leg was deployed via right axillary artery without difficulty. He was discharged with uneventful postoperative course.

    PubMed

    researchmap

  • A novel technique of total debranching TEVAR with inflow from the descending aorta.

    Saiki Munehiro, Yunoki Keiji, Sakoda Naoya, Hattori Shigeru, Uchino Gaku, Kawabata Takuya, Fujita Yasufumi, Hisamochi Kunikazu, Yoshida Hideo

    General thoracic and cardiovascular surgery   66 ( 2 )   108 - 110   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An 82-year-old male with TAA was considered high risk for conventional surgery because of previous CABG. Therefore, a hybrid repair was performed. First, the arch vessels were debranched extra-anatomical bypass. Second, left thoracotomy was performed. The proximal side of a bifurcated graft was anastomosed to the descending aorta. To arch vessels' debranch graft, two bifurcated graft distal limbs were anastomosed with a 10-mm distance. Two stentgrafts were deployed from the ascending to descending aorta. Postoperative CT did not reveal any endoleak, and all debranch grafts were patent.

    DOI: 10.1007/s11748-017-0770-4

    PubMed

    researchmap

  • Outlet strut fracture and leaflet escape of Bjork-Shiley convexo-concave valve.

    Gaku Uchino, Hideo Yoshida, Naoya Sakoda, Shigeru Hattori, Takuya Kawabata, Munehiro Saiki, Yasufumi Fujita, Keiji Yunoki, Kunikazu Hisamochi, Yoshinari Mine

    General thoracic and cardiovascular surgery   65 ( 6 )   358 - 360   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Prosthetic valve fracture is a serious complication and may arise in patient post-valve replacement. We experienced an outlet strut fracture and leaflet escape of a Bjork-Shiley convexo-concave valve. We performed an emergency redo mitral valve replacement and successfully retrieved the fractured strut and escaped leaflet from superficial femoral artery and the abdominal aorta. The patient showed an uneventful postoperative recovery.

    DOI: 10.1007/s11748-016-0667-7

    PubMed

    researchmap

  • Outcomes of Anterolateral Thoracotomy With or Without Partial Sternotomy for Kommerell Diverticulum. 国際誌

    Gaku Uchino, Keiji Yunoki, Shigeru Hattori, Naoya Sakoda, Takuya Kawabata, Munehiro Saiki, Yasufumi Fujita, Kunikazu Hisamochi, Hideo Yoshida

    The Annals of thoracic surgery   103 ( 6 )   1922 - 1926   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Kommerell diverticulum is a rare aortic arch anomaly. The indications for operative intervention and surgical strategy are still controversial. The standard surgical procedure at our institution is total aortic arch plus descending aortic replacement using anterolateral thoracotomy with partial sternotomy. The aberrant subclavian artery is reconstructed anatomically or extraanatomically. METHODS: From 2002 to 2014, 6 patients (1 woman), aged 55 to 78 years, underwent graft replacement through an anterolateral thoracotomy or anterolateral thoracotomy with a partial sternotomy approach for Kommerell diverticulum. All patients underwent graft replacement of the descending aorta or total aortic arch plus descending aorta in addition to aberrant subclavian artery reconstruction. RESULTS: No hospital deaths or major complications occurred. Recurrent nerve injury developed at discharge in 1 patient. All patients were well during the follow-up period (range, 11 to 116 months). CONCLUSIONS: Kommerell diverticulum and its associated symptoms were surgically treated with acceptable outcomes.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2016.09.012

    PubMed

    researchmap

  • Spinal cord protection during thoracoabdominal aortic replacement: spinal cord perfusion maintenance. 国際誌

    Gaku Uchino, Keiji Yunoki, Naoya Sakoda, Shigeru Hattori, Takuya Kawabata, Munehiro Saiki, Yasufumi Fujita, Kunikazu Hisamochi, Hideo Yoshida

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   24 ( 5 )   708 - 713   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Spinal cord protection during thoracoabdominal aortic surgery is challenging for surgeons. We performed thoracoabdominal replacement using a strategy for maintaining spinal cord perfusion pressure. Here, we report our experience with this procedure and the surgical outcomes. METHODS: Between January 2000 and December 2014, 130 patients [male: 91 (74.6%), female: 39 (25.4%); mean age: 66.6 ± 12.8 years] underwent thoracoabdominal replacement using cardiopulmonary bypass at Hiroshima Shimin Hospital, Japan. The surgical outcomes of these patients were analysed. RESULTS: The in-hospital mortality rate of all patients was 2.5%. The incidence of postoperative paraplegia was 3.8%. Aortic event-free survival rates at 1, 3 and 5 years were 98.2%, 93.9% and 80.7%, respectively. CONCLUSIONS: The present study suggests that our strategy for maintaining spinal cord perfusion pressure provides acceptable outcomes.

    DOI: 10.1093/icvts/ivw450

    PubMed

    researchmap

  • Operative results of the anterolateral thoracotomy with partial sternotomy approach for chronic-type B aortic dissection involving the aortic arch. 国際誌

    Gaku Uchino, Keiji Yunoki, Naoya Sakoda, Shigeru Hattori, Takuya Kawabata, Munehiro Saiki, Yasufumi Fujita, Kunikazu Hisamochi, Hideo Yoshida, Osamu Oba

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   24 ( 3 )   443 - 449   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: There are various treatment strategies for chronic-type B aortic dissection involving the aortic arch. Our aim was to review our surgical experience in the anterolateral thoracotomy with the partial sternotomy approach for chronic-type B aortic dissection involving the aortic arch. Methods: From January 2000 to October 2015, 39 patients underwent the single-stage open surgery for chronic-type B aortic dissection involving the aortic arch using the anterolateral thoracotomy with partial sternotomy approach. Results: Among the 39 patients, 32 were men (82.1%; mean age at surgery, 61.3 ± 11.9 years), with a mean dissecting aortic aneurysm diameter of 50.21 ± 12.20 mm; 28 patients (71.8%) had patent false lumens of the descending aorta. The median interval from dissection occurrence until surgery was 34.05 ± 52.34 months. Twenty-one patients underwent descending aortic replacement plus total aortic arch replacement and 18 underwent descending aortic replacement (plus partial aortic arch replacement). Overall in-hospital mortality and postoperative stroke rates were 5.1% (2 patients) and 10.3% (4 patients), respectively. Survival rates at 1, 3 and 5 years were 94.7%, 94.7% and 90.2%, respectively. Aortic event-free rates at 1, 3 and 5 years were 90.9%, 90.9% and 80.2%, respectively. Conclusions: The anterolateral thoracotomy with partial sternotomy approach is a useful surgical procedure with acceptable outcomes for chronic-type B aortic dissection cases involving the aortic arch, when aortic remodelling using thoracic endovascular aortic repair cannot be performed.

    DOI: 10.1093/icvts/ivw360

    PubMed

    researchmap

  • [Closure of Ascending Aortic Entry by Debranching Endovascular Management in an Elderly Patient with Acute Stanford Type A Dissection].

    Munehiro Saiki, Keiji Yunoki, Naoya Sakoda, Shigeru Hattori, Gaku Uchino, Takuya Kawabata, Yasufumi Fujita, Kunikazu Hisamochi, Hideo Yoshida

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   69 ( 13 )   1077 - 1080   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An 85-year-old woman was hospitalized by emergency for an acute Stanford type A aortic dissection. Computed tomography showed a primary entry on the ascending aorta and pericardial effusion. Although her hemodynamics was unstable due to cardiac shock, her family wished no open surgery considering her age and frailty. A couple of days later, her condition became stabilized with antihypertensive therapy. Since the dissection was limited within the ascending aorta, closure of the entry with the stentgraft was considered appropriate and much less invasive as compared with an open surgery. After obtaining informed consent with her family, thoracic endovascular aortic repair was performed with Gore C-TAG with 2-debranch. The procedure was completed without complications and the entry closure was confirmed by aortography. Her postoperative course was uneventful. Her physical activity restored to the preoperative level and she was discharged.

    PubMed

    researchmap

  • Left Ventricular Myxoma Occluding the Suprarenal Abdominal Aorta in an Infant. 国際誌

    Takuya Kawabata, Shingo Kasahara, Shin-ichi Ohtsuki, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Yasuhiro Fujii, Ko Yoshizumi, Sadahiko Arai, Shunji Sano

    The Annals of thoracic surgery   100 ( 1 )   309 - 11   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Myxoma is the most common primary cardiac tumor in adults; however, it is extremely rare in infants. Acute occlusion of the abdominal aorta by a cardiac myxoma is also rare. We report the case of an infant with acute occlusion of the suprarenal abdominal aorta by a left ventricular myxoma. The patient underwent successful catheter embolectomy of the abdominal aorta and surgical resection of the cardiac myxoma. This is a very rare case report of the combination of infantile left ventricular myxoma and acute occlusion of the abdominal aorta.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2014.08.066

    PubMed

    researchmap

  • Intracoronary autologous cardiac progenitor cell transfer in patients with hypoplastic left heart syndrome: the TICAP prospective phase 1 controlled trial. 国際誌

    Shuta Ishigami, Shinichi Ohtsuki, Suguru Tarui, Daiki Ousaka, Takahiro Eitoku, Maiko Kondo, Michihiro Okuyama, Junko Kobayashi, Kenji Baba, Sadahiko Arai, Takuya Kawabata, Ko Yoshizumi, Atsushi Tateishi, Yosuke Kuroko, Tatsuo Iwasaki, Shuhei Sato, Shingo Kasahara, Shunji Sano, Hidemasa Oh

    Circulation research   116 ( 4 )   653 - 64   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    RATIONALE: Hypoplastic left heart syndrome (HLHS) remains a lethal congenital cardiac defect. Recent studies have suggested that intracoronary administration of autologous cardiosphere-derived cells (CDCs) may improve ventricular function. OBJECTIVE: The aim of this study was to test whether intracoronary delivery of CDCs is feasible and safe in patients with hypoplastic left heart syndrome. METHODS AND RESULTS: Between January 5, 2011, and January 16, 2012, 14 patients (1.8±1.5 years) were prospectively assigned to receive intracoronary infusion of autologous CDCs 33.4±8.1 days after staged procedures (n=7), followed by 7 controls with standard palliation alone. The primary end point was to assess the safety, and the secondary end point included the preliminary efficacy to verify the right ventricular ejection fraction improvements between baseline and 3 months. Manufacturing and intracoronary delivery of CDCs were feasible, and no serious adverse events were reported within the 18-month follow-up. Patients treated with CDCs showed right ventricular ejection fraction improvement from baseline to 3-month follow-up (46.9%±4.6% to 52.1%±2.4%; P=0.008). Compared with controls at 18 months, cardiac MRI analysis of CDC-treated patients showed a higher right ventricular ejection fraction (31.5%±6.8% versus 40.4%±7.6%; P=0.049), improved somatic growth (P=0.0005), reduced heart failure status (P=0.003), and lower incidence of coil occlusion for collaterals (P=0.007). CONCLUSIONS: Intracoronary infusion of autologous CDCs seems to be feasible and safe in children with hypoplastic left heart syndrome after staged surgery. Large phase 2 trials are warranted to examine the potential effects of cardiac function improvements and the long-term benefits of clinical outcomes. CLINICAL TRIAL REGISTRATION URL: http://www.clinicaltrials.gov. Unique identifier: NCT01273857.

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.116.304671

    PubMed

    researchmap

  • The effect of pulmonary root translocation on the left ventricular outflow tract. 国際誌

    Atsushi Tateishi, Shingo Kasahara, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Ko Yoshizumi, Masami Takagaki, Sadahiko Arai, Shunji Sano

    The Annals of thoracic surgery   96 ( 4 )   1469 - 1471   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report the effect of pulmonary root translocation on the left ventricular outflow tract. A double switch operation with pulmonary root translocation was performed in a 6-year-old boy whose diagnosis was dextrocardia, congenitally corrected transposition of the great arteries, ventricular septal defect, and pulmonary stenosis. Postoperative magnetic resonance imaging showed more natural left ventricular outflow than preoperatively (19 mm vs 22 mm in length between the top of the interventricular septum and the aortic valve). This technique does not require coronary transfer and enables preservation of the aortic root structure. The long-term results, including left ventricular outflow tract morphology, should be evaluated.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2013.02.050

    PubMed

    researchmap

  • Right ventricular exclusion for a neonatal patient with Ebstein anomaly: A free wall resection of the right ventricle 査読

    Takuya Kawabata, Shingo Kasahara, Sadahiko Arai, Shunji Sano

    The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery   142 ( 6 )   1582 - 1584   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2011.05.019

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • ePTFE心膜シートによる心膜補填後に生じた再発性収縮性心膜炎の1例

    迫田 直也, 吉田 英生, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 藤田 康文, 柚木 継二, 久持 邦和

    日本心臓血管外科学会雑誌   50 ( 4 )   252 - 255   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    症例は67歳男性。57歳時に陳旧性心筋梗塞、労作性狭心症に対して冠動脈バイパス手術(CABG)を施行され、59歳時に収縮性心膜炎を発症した。心膜切除および心外膜切開を施行し、ePTFE心膜シートによる心膜補填を行った。術後経過は良好であったが、8年後に腹部膨満・浮腫が出現した。心エコー検査、カテーテル検査の結果、収縮性心膜炎の再発と診断され、再度手術を施行した。手術所見はePTFE心膜シートの表裏両面に硬い被膜が形成されており、シートと被膜を切除することで拡張障害が解除された。将来の再手術の可能性を考慮して施行したePTFE心膜シートによる心膜補填であったが、結果的にこれが原因で収縮性心膜炎の再発を来したものと考えられた。この経験から心膜補填の適応は慎重に検討されるべきであると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01122&link_issn=&doc_id=20210726210007&doc_link_id=10.4326%2Fjjcvs.50.252&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4326%2Fjjcvs.50.252&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 無脾症候群患者の房室弁逆流に対する弁形成術の長期成績

    後藤 拓弥, 小谷 恭弘, 辻 達典, 迫田 直哉, 小林 泰幸, 堀尾 直裕, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 末澤 孝徳, 廣田 真規, 笠原 真悟

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 402   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 成人期大動脈縮窄症(CoA)の臨床経過と治療

    迫田 直也, 黒子 洋介, 横田 豊, 辻 龍典, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 末澤 孝徳, 廣田 正規, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   217 - 217   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 生体弁肺動脈弁置換術による早期効果(Short-term Outcome after Pulmonary Valve Replacement: The Effects on Anatomy, Physiology, and Clinical Outcome)

    小谷 恭弘, 朴 徳尚, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 後藤 拓弥, 堀尾 直裕, 小林 泰幸, 迫田 直也, 辻 龍典, 横田 豊, 三浦 望, 赤木 禎治, 伊藤 浩, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   208 - 208   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患における大動脈弁手術の経験

    笠原 真悟, 辻 龍典, 横田 豊, 小林 泰幸, 迫田 直也, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 小谷 恭弘

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   221 - 221   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • ClamShell or ALPS?

    柚木 継二, 佐伯 宗弘, 岸 良匡, 吉田 賢司, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   72 ( 8 )   379 - 379   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 動脈管開存症を合併した弓部大動脈瘤に対し、動脈管コイル塞栓およびTEVARを施行した1例

    吉田 賢司, 柚木 継二, 岸 良匡, 横山 昌平, 成宮 悠仁, 佐伯 宗弘, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生, 鎌田 政博

    広島医学   72 ( 8 )   380 - 381   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 大動脈弁に発生した乳頭状線維弾性腫の1例

    岸 良匡, 大島 祐, 横山 昌平, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 柚木 継二, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   72 ( 4 )   217 - 217   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 僧帽弁位人工弁周囲逆流に対する手術手技の検討

    大島 祐, 吉田 英生, 成宮 悠仁, 横山 昌平, 岸 良匡, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 柚木 継二, 久持 邦和, 大賀 勇輝

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PP - 081]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 弓部大動脈瘤に対するZone 0 TEVAR手術術式および成績の検討

    横山 昌平, 柚木 継二, 佐伯 宗弘, 成宮 悠仁, 岸 良匡, 大賀 勇輝, 迫田 直也, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PR31 - 1]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 胸腹部大動脈瘤に対するHybrid手術の検討 C-4型置換+TEVAR or EVAR法の有用性

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 成宮 悠仁, 横山 昌平, 岸 良匡, 大賀 勇輝, 迫田 直也, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PR27 - 4]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • SFA領域に対するGore Viabahnを使用したHybrid手術

    成宮 悠仁, 柚木 継二, 佐伯 宗弘, 横山 昌平, 岸 良匡, 大賀 勇輝, 迫田 直也, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PR13 - 1]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 収縮性心膜炎に対する外科治療成績の検討

    横山 昌平, 大島 祐, 岸 良匡, 成宮 悠仁, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 柚木 継二, 久持 邦和, 吉田 英生, 大賀 勇輝

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PP - 141]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 原発性心臓腫瘍の治療成績の検討

    岸 良匡, 吉田 英生, 大島 祐, 成宮 悠仁, 横山 昌平, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 柚木 継二, 久持 邦和, 大賀 勇輝, 迫田 直也

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PP - 123]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 先天性左肺無形性症を伴う三尖弁閉鎖症に対するフォンタン手術例 術後15年目の報告(A successful Fontan type operation for a patient with tricuspid atresia combined with congenital left lung agenesis: 15 years follow-up)

    久持 邦和, 鎌田 政博, 川畑 拓也, 中川 直美, 石口 由希子

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   148 - 148   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 左鎖骨下動脈瘤の一例

    横山 昌平, 柚木 継二, 佐伯 宗弘, 岸 良匡, 成宮 悠仁, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本血管外科学会雑誌   28 ( Suppl. )   P77 - 1   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 胸腹部大動脈瘤治療の最前線 当院における胸腹部大動脈瘤に対するHybrid手術(C-4型置換+TEVAR or EVAR法)の有用性と限界

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 岸 良匡, 横山 昌平, 成宮 悠仁, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本血管外科学会雑誌   28 ( Suppl. )   SY7 - 6   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • TEVAR後の再手術 TEVAR術後遠隔期にopen conversionとなった症例の治療戦略および手術手技の工夫について

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 成宮 悠仁, 岸 良匡, 横山 昌平, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本血管外科学会雑誌   28 ( Suppl. )   SY2 - 5   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • えっ、TAVIがBentall?

    柚木 継二, 佐伯 宗弘, 成宮 悠仁, 横山 昌平, 大賀 勇輝, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生, 西岡 健司, 正岡 佳子, 塩出 宣雄

    広島医学   71 ( 10 )   717 - 718   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 妊娠女性のBentall手術

    柚木 継二, 佐伯 宗弘, 成宮 悠仁, 横山 昌平, 大賀 勇輝, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   71 ( 10 )   717 - 717   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 手術の工夫 右鎖骨下動脈瘤を合併した弓部大動脈瘤に対するハイブリッド治療

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 白石 生磨, 迫田 直也, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    胸部外科   71 ( 11 )   911 - 915   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    症例は78歳男性で、腹部大動脈瘤に対する開腹人工血管置換術後の経過観察中に弓部大動脈瘤と右鎖骨下動脈瘤が徐々に拡大した。経皮的冠状動脈形成術、高血圧、慢性腎不全の既往歴があり、画像検査所見では最大径65mmの弓部大動脈瘤と最大径40mmの右鎖骨下動脈瘤を認め、いずれも手術適応と判断した。一期的手術加療はアプローチの問題、手術時間の延長に加えて両側反回神経麻痺のリスクがあることから、先に弓部大動脈置換術を行い、後日右鎖骨下動脈瘤に対してステントグラフト治療を行うハイブリッド手術を選択した。また、第一期手術の際にステントグラフト手術時の中枢ランディングゾーンを作製することで、第二期手術をより安全に行うことができ、かつ解剖学的再建が可能であった。術後は神経学的合併症や明らかなエンドリークは認めていない。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20181004080004&doc_link_id=40021694927&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40021694927&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 不全型ベーチェット病患者における大動脈基部置換術後の吻合部仮性瘤、感染性心内膜炎に対するホモグラフトを用いた大動脈基部置換術

    後藤 拓弥, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 衛藤 弘城, 小林 泰幸, 逢坂 大樹, 笠原 真悟, 増田 善逸

    日本心臓血管外科学会雑誌   47 ( 3 )   133 - 137   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    ベーチェット病を基礎疾患に持つ患者の大動脈弁手術は、術後高率に弁周囲逆流、弁動揺、そして吻合部仮性瘤を合併することが知られている。患者は37歳の男性で、大動脈弁置換術直後に高度な弁周囲逆流により基部置換術が行われ、その後も吻合部仮性瘤を繰り返し、経過中に不全型ベーチェット病と診断されステロイドによる加療が開始された。その後、ベーチェット病に対する免疫抑制療法導入中にStaphylococcus epidermidisによる菌血症をきたし、大動脈基部に吻合部仮性瘤が再燃した。6週間の抗生剤加療の後にホモグラフトによる大動脈基部置換術を施行し5年間、問題なく経過しているため報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01122&link_issn=&doc_id=20180531170009&doc_link_id=10.4326%2Fjjcvs.47.133&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4326%2Fjjcvs.47.133&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 最近の血管内治療の話題 EXCLUDER Iliac Branch Endoprosthesis(IBE)およびVIABAHNの使用経験

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 白石 生磨, 迫田 直哉, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   71 ( 3 )   235 - 235   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 胸腹部大動脈瘤の術式・成績

    柚木 継二, 佐伯 宗弘, 迫田 直也, 白石 生磨, 川畑 拓也, 大島 祐, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   71 ( 3 )   236 - 236   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • フォンタン術後約20年で発症した難治性下肢静脈潰瘍の一例

    川畑 拓也, 杉山 悟, 戸井 洋一郎, 鎌田 政博, 久持 邦和

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   7 ( 1 )   201 - 201   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • BCG膀胱内注入療法後に発生した結核性感染性胸部大動脈瘤に対するTEVARの1例

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 迫田 直也, 服部 滋, 内野 学, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本心臓血管外科学会雑誌   46 ( 1 )   45 - 48   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    症例は79歳男性。膀胱癌に対するBCG注入療法の既往がある。2016年1月より血痰が出現し、精査で痰からウシ型結核菌が検出され薬物治療が開始されたが血痰が続き、評価目的に施行したCTで結核性感染性胸部大動脈瘤切迫破裂と診断され当院に紹介となった。瘤は左肺組織および周囲のリンパ節と一塊になっており肺切除を伴う人工血管置換術はリスクが高く、また抗菌剤加療により感染は制御できていると判断、Z2からステントグラフトを留置する方針とし、1-Debranch+TEVARを施行した。術後より血痰は減少、経過良好にて退院し、紹介元にて抗菌剤療法を継続している。(著者抄録)

    researchmap

  • 臨床経験 Stanford A型急性大動脈解離に対するdebranch併用ステントグラフト内挿術

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 迫田 直也, 服部 滋, 内野 学, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    胸部外科   69 ( 13 )   1077 - 1080   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    85歳女性。意識消失で救急搬送された。CTにてStanford A型急性大動脈解離と診断された。入院後、胸腹部CTではDeBakey分類II型急性大動脈解離を認め、偽腔は開存していた。上行大動脈は40mm、大動脈基部は44mmで、エントリーの位置はsino-tubular junction(STJ)から6cm、リエントリーは左総頸動脈であった。高齢で全身状態が不良であることから保存的治療を開始後、血行動態は徐々に安定し、意識レベルも改善したが、入院5日目のCTでは上行大動脈は48mm、大動脈基部は56mmまで拡大していた。CTでエントリーは上行大動脈であり、左鎖骨下動脈をinflowとする2-debranchを併用したステントグラフト内挿術(TEVAR)を行えばエントリー閉鎖が可能と判断した。入院15日目に手術を施行した結果、術後のCTでは上行大動脈径に変化はなく、偽腔の造影効果は消失していた。腕頭動脈のコイル塞栓術を追加し、患者は術後25日目に転院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20161209110010&doc_link_id=40021011440&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40021011440&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 広範囲解離性大動脈瘤に対し、胸部および胸腹部Hybrid TEVARを施行したMarfan症候群の1例

    迫田 直也, 柚木 継二, 服部 滋, 内野 学, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本心臓血管外科学会雑誌   45 ( 6 )   290 - 294   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    症例は60歳の男性。42歳時に発症したStanford A型の大動脈解離に対して2回の開胸歴および縦隔炎に対する大網充填術の既往があるMarfan症候群の患者である。60歳時に胸部下行大動脈の再解離(Stanford B型)を発症し、瘤径の急速な拡大を認め手術加療目的に当院へ紹介となった。Marfan症候群であり本来であれば開胸開腹による人工血管置換術の適応であるが、開胸歴と間質性肺炎による低呼吸機能から人工血管置換術はhigh riskであると判断し、胸部・胸腹部に分割しdebranch法、chimney法を用いてTEVARを施行し、エンドリークなく偽腔の血栓化が得られた。Marfan症候群患者に対するdebranch法やchimney法を用いたTEVARはhigh risk症例に対する適応としては考慮できる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J01122&link_issn=&doc_id=20161130200008&doc_link_id=10.4326%2Fjjcvs.45.290&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4326%2Fjjcvs.45.290&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 虚血性心筋症、虚血性MRに対する手術2症例

    迫田 直也, 吉田 英生, 藤田 康文, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 柚木 継二, 久持 邦和

    広島医学   69 ( 9 )   667 - 667   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 胸部大動脈瘤に対するDebranch+TEVAR後エンドリークに対しChimney法を用い追加治療を行った1例

    柚木 継二, 佐伯 宗弘, 迫田 直也, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   69 ( 9 )   644 - 647   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    84歳男。弓部嚢状大動脈瘤に対し頸部血管バイパス(Debranch)+ステントグラフト治療(TEVAR)を施行したが、術後1年目の単純CTで瘤の拡大傾向を認めた。胸腹部造影CT所見よりステントグラフト中枢側のエンドリークと診断し、Chimney法による追加治療を行った。術後経過は良好で、術後9日目に独歩退院した。

    researchmap

  • CABG・術後患者に対する弓部置換

    柚木 継二, 佐伯 宗弘, 迫田 直也, 藤田 康文, 川畑 拓也, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   69 ( 9 )   664 - 664   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • BCG膀胱内注入療法後に発生した感染性胸部大動脈瘤に対するTEVARの1例

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 迫田 直也, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   69 ( 9 )   664 - 664   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当院における胸腹部大動脈瘤に対するHybrid手術の現状

    佐伯 宗弘, 柚木 継二, 迫田 直也, 服部 滋, 内野 学, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本血管外科学会雑誌   25 ( Suppl. )   216 - 216   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 弓部大動脈高度粥状硬化病変に対する常温脳分離体外循環法の検討

    服部 滋, 柚木 継二, 内野 学, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回   OP6 - 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 生体弁Bentall術後の再手術例

    藤田 康文, 吉田 英生, 迫田 直也, 服部 滋, 内野 学, 川畑 拓也, 柚木 継二, 久持 邦和

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回   VP12 - 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 弓部、下行大動脈瘤に対するALPS法およびhybrid治療(弓部置換術+TEVAR)の成績

    内野 学, 吉田 英生, 久持 邦和, 柚木 継二, 藤田 康文, 川畑 拓也, 服部 滋

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回   OP6 - 4   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 広範囲前壁中隔陳旧性心筋梗塞、左室内血栓に対してSAVE、CABGを施行した1例 当院における左室形成術の検討

    服部 滋, 吉田 英生, 迫田 直也, 内野 学, 佐伯 宗弘, 川畑 拓也, 藤田 康文, 柚木 継二, 久持 邦和

    広島医学   69 ( 1 )   64 - 64   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当院における感染性胸腹部大動脈瘤の経験

    内野 学, 吉田 英生, 久持 邦和, 柚木 継二, 藤田 康文, 川畑 拓也, 佐伯 宗弘, 服部 滋, 迫田 直也

    広島医学   69 ( 1 )   62 - 62   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 大阪府内で分離された淋菌株におけるアジスロマイシン感受性率の低下

    川畑 拓也, 中山 周一, 古林 敬一, 亀岡 博, 安本 亮二, 志牟田 健, 石原 朋子, 大西 真

    日本性感染症学会誌   26 ( 2 )   71 - 71   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 大阪地域における梅毒感染拡大阻止の取組み(2013-2015前半)

    川畑 拓也, 小島 洋子, 森 治代, 柴田 敏之, 中山 周一, 大西 真

    日本性感染症学会誌   26 ( 2 )   77 - 77   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 当院で緊急手術施行し救命しえた最近の3症例

    迫田 直也, 吉田 英生, 藤田 康文, 服部 滋, 内野 学, 川畑 拓也, 柚木 継二, 久持 邦和

    広島医学   68 ( 8 )   467 - 467   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • やはりZone 0はTAR(弓部置換)

    服部 滋, 柚木 継二, 迫田 直也, 内野 学, 川畑 拓也, 藤田 康文, 久持 邦和, 吉田 英生

    広島医学   68 ( 8 )   466 - 466   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 体位により著明な血行動態変化を認めた、Klippel-Trenaunay-Weber Syndromeの一例

    藤井 泰宏, 上野 洋資, 樽井 俊, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    静脈学   26 ( 2 )   135 - 135   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 下大静脈平滑筋肉腫の1例

    大澤 晋, 藤井 泰宏, 田端 雅弘, 上野 洋資, 樽井 俊, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    静脈学   26 ( 2 )   158 - 158   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • EVAR時代における腹部大動脈人工血管置換術

    藤井 泰宏, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 佐野 俊二, 大澤 晋

    日本血管外科学会雑誌   24 ( 3 )   681 - 681   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する心臓内幹細胞自家移植療法 第I相臨床試験(TICAP trial)18ヵ月長期成績

    石神 修大, 樽井 俊, 後藤 拓弥, 奥山 倫弘, 逢坂 大樹, 小林 純子, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 小谷 泰弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 王 英正

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 ( 3 )   viii - xii   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    左心低形成症候群14例を対象とした心臓内幹細胞自家移植療法の第I相臨床試験の結果を報告した。移植群7例においては両方向グレン手術あるいはフォンタン手術時に、右心房から採取した心臓組織から幹細胞を分離培養し、術後1ヵ月で30万個/kgの心筋幹細胞の選択的冠動脈内注入を行った。移植群で幹細胞注入に伴う心筋逸脱酵素の上昇はなく、心筋虚血症などの合併症もなかった。心臓超音波で評価した移植群の右室駆出率は、移植後3ヵ月から有意な改善を認め、18ヵ月時点では移植前と比較して平均+7.1%と効果が持続した。一方非移植群7例では+2.1%の改善にとどまり、細胞治療による改善効果が示された。またカテーテル検査値に基づく評価では、移植群で心筋弾性能やポンプ機能の改善を認め、心不全症状も著明に改善し、成長障害に対する有意な成長促進がみられた。非移植群では心不全症状の軽減や身体成長の改善は観察されなかった。

    researchmap

  • 心障害を合併したFabry病に対し、大動脈弁置換術、僧帽弁形成術、冠動脈バイパス術を施行した1例

    樽井 俊, 増田 善逸, 宮本 陽介, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   127 ( 1 )   78 - 78   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 大学における血管外科医教育 シームレスな育成のために

    大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 藤井 泰宏, 赤木 禎治, 吉積 功, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   24 ( 1 )   74 - 74   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 修正大血管転位手術 修正大血管転位症におけるダブルスイッチ手術の適応

    笠原 真悟, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   65 - 65   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 動脈管コイル塞栓術後、急性肺動脈解離を来した肺動脈瘤に対し外科治療を施行した1例

    小谷 恭弘, 樽井 俊, 更科 俊洋, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 吉積 功, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 笠原 真悟, 伊藤 浩, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   128 - 128   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 積極的な肺高血圧治療により、肺移植が回避可能となった成人心室中隔欠損症の1例

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 樽井 俊, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 吉積 功, 新井 禎彦, 更科 俊洋, 伊藤 浩, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   134 - 134   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 高度進行性強皮症に対し自家静脈内シャントを行った一症例

    藤井 泰宏, 大澤 晋, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 小谷 恭弘, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 堀尾 直裕, 後藤 拓哉, 田邊 克幸, 佐野 俊二

    脈管学   54 ( Suppl. )   S223 - S223   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 繰り返す感染性心内膜炎に対しホモグラフトを用いて4度目の大動脈基部置換術を施行した不全型ベーチェット病合併の1例

    後藤 拓弥, 増田 善逸, 益田 智章, 堀尾 直裕, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 大澤 晋, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   175 - 175   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 適応拡大の意義とFenestration、failed Fontan Failed Fontanに対するTCPC conversionの中期成績の検討

    新井 禎彦, 佐野 俊二, 藤井 泰宏, 笠原 真悟, 吉積 功, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 小谷 恭弘

    日本小児循環器学会雑誌   30 ( Suppl. )   s124 - s124   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児弁膜症の治療の新しい夜明け Heterotaxy syndrome症例における房室弁形成の治療成績

    小谷 恭弘, 藤井 泰宏, 笠原 真悟, 川畑 拓也, 吉積 功, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   30 ( Suppl. )   s117 - s117   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 新生児症例における下半身循環停止を伴った体外循環の急性腎障害に対する影響

    吉積 功, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   30 ( Suppl. )   s217 - s217   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • エプシュタイン病の病態と治療 新生児〜乳児期早期に外科治療を要する重症エブスタイン奇形の治療戦略(どこまでFontan循環を回避できるのか?)

    藤井 泰宏, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 吉積 功, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   30 ( Suppl. )   s158 - s158   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 血管外科領域の臨床実習における新たな取り組み

    大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 増田 善逸, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   23 ( 2 )   494 - 494   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • Failed Fontanの治療戦略 Failed Fontanに対するTCPC conversionの中期成績の検討

    新井 禎彦, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 吉積 功, 黒子 洋介, 川畑 拓也

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   3 ( 1 )   47 - 47   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • Bridge to recoveryとして行った小児補助循環(ECMO)102例の経験

    笠原 真悟, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 高 寛, 堂口 琢磨, 佐野 俊二

    人工臓器   42 ( 2 )   S - 125   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

    researchmap

  • 先天性右室瘤の外科治療 乳児期に急速な瘤拡大を示した1例

    服部 滋, 吉積 功, 川畑 拓也, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( 4 )   194 - 199   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    先天性心室瘤は頻度が低く、なかでも右室に発生するものは極めて稀である。またその予後は非常に悪く、瘤破裂や突然死の可能性もある。本症例は、出生後の心エコーで右室心尖部の瘤状変化を指摘された。無症候性であったため外来観察とされたが、経過中に瘤状構造物の拡大を認めたため生後6ヵ月時に手術を施行した。術後の病理学的検査で心室瘤であることが確定された。われわれは無症候性の先天性右室瘤に対して慎重に経過観察を続けたことにより、早期に瘤の拡大傾向を発見し、致死的合併症が出現する前に手術へと移行し良好な結果を得た。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J02003&link_issn=&doc_id=20130730250008&doc_link_id=%2Fee7shoni%2F2013%2F002904%2F009%2F0194-0199%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fee7shoni%2F2013%2F002904%2F009%2F0194-0199%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • HIV急性感染期の診断における第4世代HIV迅速検査試薬の性能評価

    川畑 拓也, 長島 真美, 貞升 健志, 小島 洋子, 森 治代

    感染症学雑誌   87 ( 4 )   431 - 434   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    Human immunodeficiency virus(HIV)の早期診断は効果的な治療提供と感染拡大阻止のために重要である.HIVのp24抗原を抗体と同時に検出する第4世代検査法は,HIV急性感染で問題となる抗体陽転化までのウインドウ期を短縮するために有用と考えられる.2008年11月にイムノクロマトグラフィーの原理を応用し迅速性にすぐれた第4世代の体外診断用医薬品としてエスプラインHIV Ag/Ab(富士レビオ)が本邦で承認された.我々はエスプラインHIV Ag/AbのHIV急性感染期における検査性能を評価するため,第4世代ELISA法,第3世代PA法,WB法および核酸増幅法と比較した.25例の急性感染期患者検体を検査したところ,エスプラインHIV Ag/Abは18例(72%)を陽性と判定し,他の検査は第4世代ELISA法25例(100%),第3世代PA法17例(68%),核酸増幅法25例(100%)であった.WB法では7例が陰性,18例が判定保留であった.エスプラインHIV Ag/Abで陽性となった18例のうち,16例(64%)は抗体のみに反応した.抗原に反応したものは2例(8%)で,それらのウイルスコピー数は共に107コピー/mL以上であった.これは非常に高いレベルのウイルス血症を呈した場合にのみエスプラインHIV Ag/Abで抗原が検出可能であることを示唆する.以上をまとめると,エスプラインHIV Ag/Abの急性感染期における検出感度は第4世代ELISA法よりも低く,第3世代PA法と同程度であり,急性HIV感染診断への応用には十分な検討が必要と思われた.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00276&link_issn=&doc_id=20130802310004&doc_link_id=10031201445&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10031201445&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 左心低形成症候群におけるフォンタン術完了を目指した治療戦略(Treatment Strategy Toward Fontan Completion in Hypoplastic Left Heart Syndrome)

    笠原 真悟, 後藤 拓弥, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s160 - s160   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 長期予後に基づいたRastelli術の治療戦略 長期予後に基づいたc-TGA、DORVの治療戦略 心室中隔 大動脈間心内トンネル長の遠隔成績に及ぼす影響

    佐野 俊二, 藤井 泰弘, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s115 - s115   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • PA/VSD症例に対するRastelli手術成績の心外導管別による検討

    吉積 功, 笠原 真悟, 立石 篤史, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s239 - s239   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 両側動脈管および中心肺動脈欠損を伴う複雑心奇形に対する外科治療方針

    黒子 洋介, 笠原 真悟, 川畑 拓也, 立石 篤史, 吉積 功, 新井 禎彦, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s235 - s235   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 純型肺動脈閉鎖症に対するone and a half ventricular repairの成績

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 平田 昌敬, 樽井 俊, 小林 純子, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 吉積 功, 佐野 俊二, 大月 審一, 岩崎 達雄

    日本小児循環器学会雑誌   29 ( Suppl. )   s211 - s211   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院における内シャント作成の治療方針と静脈拡張例における短期成績

    大澤 晋, 林田 智博, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   22 ( 2 )   440 - 440   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた左心低形成症候群における心臓発生異常の解明

    小林 純子, 樽井 俊, 平田 昌敬, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 王 英正

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   415 - 415   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • DORV with intact ventricular septumに対する外科治療の工夫

    吉積 功, 笠原 真悟, 立石 篤史, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   42 ( Suppl. )   350 - 350   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患の疾患特異的iPS細胞の樹立と左心低形成症候群の心臓発生異常の解明

    小林 純子, 樽井 俊, 平田 昌敬, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 王 英正

    日本心臓血管外科学会雑誌   42 ( Suppl. )   274 - 274   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 診療所を窓口とした個別施策層向けHIV検査普及プログラムの確立に向けた検討

    川畑 拓也, 後藤 大輔, 町 登志雄, 中村 文昭, 鬼塚 哲郎, 小島 洋子, 森 治代, 塩野 徳史, 岳中 美江, 田端 運久, 古林 敬一, 岩佐 厚, 高田 昌彦, 菅野 展史, 亀岡 博, 大里 和久, 市川 誠一

    日本エイズ学会誌   14 ( 4 )   400 - 400   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本エイズ学会  

    researchmap

  • One and one-half心室修復術の存在意義は? 中期成績からの考察

    佐野 俊二, 小林 純子, 笠原 真悟, 藤井 泰宏, 立石 篤史, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 奥山 倫弘, 吉積 功, 新井 禎彦, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   28 ( Suppl. )   s151 - s151   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患患者由来の心臓内幹細胞を用いた疾患特異的ヒトiPS細胞の樹立と機能解析

    小林 純子, 樽井 俊, 平田 昌敬, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 王 英正

    日本小児循環器学会雑誌   28 ( Suppl. )   s145 - s145   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 総肺静脈還流異常症術後の肺静脈狭窄予防に対する治療戦略、sutureless techniqueの有用性

    黒子 洋介, 樽井 俊, 笠原 真悟, 川畑 拓也, 立石 篤史, 吉積 功, 新井 禎彦, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   28 ( Suppl. )   s160 - s160   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • AVSDに対するSimplified single patch法における分割線決定の技術的考察

    笠原 真悟, 平田 昌敬, 樽井 俊, 小林 純子, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 大澤 晋, 立石 篤史, 藤田 康文, 吉積 功, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   342 - 342   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 遠隔成績を考慮した機能的単心室症の治療戦略 Fontan手術の遠隔成績症例の検討 高肺血圧症例に対する生存例と死亡例の検討

    笠原 真悟, 平田 昌敬, 小林 純子, 樽井 俊, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 藤田 康文, 吉積 功, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   206 - 206   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Heterotaxy合併心疾患(TAPVC、CAVVRの合併例)の遠隔成績とQOLから見た治療方法の是非 Heterotaxy症候群合併症例に対する治療成績

    笠原 真悟, 平田 昌敬, 小林 純子, 樽井 俊, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 大澤 晋, 立石 篤史, 藤田 康文, 吉積 功, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   174 - 174   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 動脈スイッチ手術の長期治療成績(Long-term results of arterial switch operation)

    立石 篤史, 笠原 真悟, 奥山 倫弘, 小林 純子, 平田 昌敬, 樽井 俊, 大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 藤田 康文, 吉積 功, 新井 禎彦, 高垣 昌巳, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   394 - 394   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 心房中隔欠損症に対する経カテーテル的閉鎖術の合併症の検討

    藤田 康文, 赤木 禎治, 大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   369 - 369   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 遡及的検討が可能であった食道腺様嚢胞癌の1例

    宮田 亮, 新原 亨, 島岡 俊治, 仁王 辰幸, 松田 彰郎, 田代 光太郎, 鳥丸 博光, 政 幸一郎, 西俣 伸亮, 川畑 拓也, 今村 誠子, 永田 優子, 堀 雅英, 西俣 嘉人, 田中 貞夫, 西俣 寛人

    日本消化器病学会雑誌   109 ( 2 )   211 - 216   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    症例は64歳男性。食道の粘膜下腫瘍様の隆起性病変で、2007年9月より経過観察されていた。2010年1月より嚥下困難が出現し、内視鏡検査で同病変のO-I型への形態変化を認めた。生検で腺様嚢胞癌と診断され、食道亜全摘術が施行された。切除標本では、嚢胞様構造を認め、内腔にAlcian blue陽性の粘液様物質を認めた。免疫染色ではαSMA陽性、S-100蛋白陰性であった。以上から腺様嚢胞癌と診断した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01118&link_issn=&doc_id=20120216190007&doc_link_id=10030310409&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10030310409&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 先天性心疾患患者における右室流出路置換術(repaired TOF, when to intervene adult CHD Right ventricular out flow tract replacement in the patients with congenital heart disease)

    笠原 真悟, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 藤田 康文, 吉積 功, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   1 ( 1 )   58 - 58   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • Fontan手術変法(Bjork法)後に三尖弁位にbulging sinusの三弁付グラフトを用いone-and one half repairにconversionした1例

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 黒子 洋介, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 吉積 功, 新井 禎彦, 佐野 俊二, 大月 審一, 赤木 禎治

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   1 ( 1 )   81 - 81   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 18歳以上で初回Arch repairを行った、成人先天性心疾患の6例の検討

    笠原 真悟, 木村 紘爾, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 立石 篤史, 藤田 康文, 吉積 功, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   1 ( 1 )   72 - 72   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 食道下端に輪状の褪色域を認めた好酸球性胃腸炎の1例

    宮田 亮, 鳥丸 博光, 島岡 俊治, 松田 彰郎, 田代 光太郎, 仁王 辰幸, 政 幸一郎, 西俣 伸亮, 川畑 拓也, 今村 誠子, 永田 優子, 新原 亨, 堀 雅英, 西俣 嘉人, 田中 貞夫, 西俣 寛人, 徳重 順治

    日本消化器病学会雑誌   108 ( 12 )   2010 - 2015   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    症例は15歳、男性。主訴は腹痛、水様性下痢。血液検査では著明な好酸球増多を認めた。内視鏡検査では、食道下端にほぼ輪状の褪色域、胃に点状発赤をともなう褪色域、十二指腸の浮腫を認めた。生検ではこれらの病変に加え、内視鏡的には正常の大腸からも好酸球の浸潤を認めた。好酸球性胃腸炎と診断し、ステロイド内服にて改善を認めた。食道下端に輪状の褪色域を認めた好酸球性胃腸炎の報告はなく、貴重な症例と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J01118&link_issn=&doc_id=20111213130006&doc_link_id=10030299136&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10030299136&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 成人期まで無症状で経過した大動脈弓離断症の一手術例

    堀尾 直裕, 笠原 真悟, 石神 修大, 平田 昌敬, 小林 純子, 樽井 俊, 桜井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 三井 秀也, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   123 ( 2 )   170 - 170   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 静脈性潰瘍に対する手術療法

    三井 秀也, 川畑 拓也, 櫻井 茂, 鵜垣 伸也, 佐野 俊二

    静脈学   22 ( 2 )   148 - 148   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 小児弁疾患の外科治療と遠隔成績 乳幼児僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術の中期遠隔期成績の検討

    笠原 真悟, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 岡本 吉生, 大野 直幹, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s119 - s119   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 修正大血管転移の外科治療 修正大血管転移症におけるダブルスイッチ手術とFontan手術の検討

    笠原 真悟, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s116 - s116   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 遠隔期QOLからみた先天性心疾患の治療戦略 完全型房室中隔欠損症の長期遠隔成績

    立石 篤史, 笠原 真悟, 櫻井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 三井 秀也, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s104 - s104   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 総肺静脈還流異常症の修復術後に発症した肺静脈閉鎖症に対する手術成績の検討

    樽井 俊, 笠原 真悟, 平田 昌敬, 小林 純子, 櫻井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤史, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s213 - s213   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群ノーウッド佐野手術後のフォンタン手術 RV-PAシャントの中期成績への影響・心機能、不整脈への懸念は現実なのか? 右室型単心室症との比較

    新井 禎彦, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 櫻井 茂, 立石 篤史, 笠原 真悟, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s192 - s192   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児補助循環の現状と展望 小児心臓手術後にEXTRACORPOREAL MEMBRANE OXYGENATIONを導入した80例の検討

    笠原 真悟, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s161 - s161   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 新生児体外循環の工夫 新生児体外循環の工夫

    笠原 真悟, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s134 - s134   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院における1+1/2修復術後の中長期成績の検討 当該手術はFontan手術に代わる治療選択肢となりうるか?

    小林 純子, 笠原 真悟, 樽井 俊, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s225 - s225   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 左室流出路狭窄を合併する大動脈離断・心室中隔欠損症に対する段階的二心室修復術の検討

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 新井 禎彦, 立石 篤史, 鵜垣 伸也, 藤井 泰宏, 桜井 茂, 樽井 俊, 小林 純子, 平田 昌敬, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   27 ( Suppl. )   s220 - s220   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 長期的観点から見た先天性心疾患に対する手術治療の評価 2心室治療を目指したPA/IVSの段階的治療戦略

    笠原 真悟, 堀尾 直裕, 石神 修大, 平田 昌敬, 小林 純子, 樽井 俊, 桜井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 三井 秀也, 佐野 俊二

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   237 - 237   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 冠動脈重症3枝病変を合併したLeriche症候群症例の治療戦略に3DCTが有用であった1例

    櫻井 茂, 三井 秀也, 高垣 昌巳, 川畑 拓也, 藤田 康文, 立石 篤史, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   20 ( 2 )   615 - 615   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • Hetrotaxy合併単心室症例に対する治療成績は向上しているか? Heterotaxy症候群合併症例に対する治療成績

    笠原 真悟, 小林 純子, 平田 昌敬, 樽井 俊, 櫻井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 三井 秀也, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   40 ( Suppl. )   136 - 136   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 新生児Ebstein奇形のManagement

    藤井 泰宏, 新井 禎彦, 石神 修太, 樽井 俊, 櫻井 茂, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤史, 藤田 康文, 高垣 昌巳, 平田 昌敬, 笠原 真悟, 三井 秀也, 王 英正, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   40 ( Suppl. )   199 - 199   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 慢性静脈不全症に対する治療法の選択と成績およびQOL 下肢静脈性潰瘍に対するレーザー治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 藤井 泰弘, 佐野 俊二, 鵜垣 伸也, 宮原 義典, 池田 光則, 佐能 量雄

    静脈学   21 ( 2 )   147 - 147   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 虚血性潰瘍治療に対する持続坐骨神経ブロックの応用

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 藤井 泰弘, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   19 ( 2 )   309 - 309   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 小児心臓ECMOにおける危険因子に関する検討

    伊藤 英史, 笠原 真悟, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 小谷 康弘, 桜井 茂, 大澤 晋, 堂口 琢磨, 井上 陽一, 大島 祐, 吉積 功, 新井 禎彦, 三井 秀也, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 32 )   43 - 46   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    1997年1月から2008年5月に実施された3100例の先天性心疾患手術症例の内、術後にExtracorporeal Membrane Oxygenation(ECMO)を導入した54例を生存群(20例)と非生存群(34例)に分け、月齢、身長、体重、体表面積、ECMO灌流量、ECMO補助期間、心臓手術中の体外循環時間、大動脈遮断時間を比較検討した。更に、ECMO補助期間についてNorwood手術後症例とその他の群、単心室形態症例群と両心室形態症例群において、生存群と非生存群に分けて多重比較による追加検討を行った。小児心臓ECMOに対する危険因子を分析した結果、低体重・低年齢の身体の小さな患者、ECMO導入期間、Norwood術後、単心室形態を持つ症例がECMO離脱困難症例であった。

    researchmap

  • 踵部潰瘍に対する踵骨部分切除術の経験

    三井 秀也, 櫻井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 宮原 義典, 川畑 拓也, 高垣 昌己, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 土持 茂之, 池田 光則

    日本血管外科学会雑誌   18 ( 6 )   653 - 653   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 右室-冠動脈瘻を伴った純型肺動脈閉鎖症に対する新術式 右室減圧を伴ったFontan手術

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 宮原 義典, 小谷 恭弘, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   557 - 557   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患術後の縦隔炎の治療成績

    鵜垣 伸也, 笠原 真悟, 海老島 宏典, 櫻井 茂, 川畑 拓也, 宮原 義典, 小谷 恭弘, 徳永 宜之, 井上 陽一, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   444 - 444   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 多発性心房中隔欠損症に対するカテーテル閉鎖術 デバイス選択と閉鎖手技に関する検討

    赤木 禎治, 谷口 学, 大月 審一, 岡本 吉生, 笠原 真悟, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 富井 奉子, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   395 - 395   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児補助循環の臨床・将来展望 小児心臓手術後にextracorporeal membrane oxygenationを導入した70例の検討

    笠原 真悟, 小谷 恭弘, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 川畑 拓也, 櫻井 茂, 海老島 宏典, 井上 陽一, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   347 - 347   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 新生児エプスタイン奇形に対するtotal RV exclusion手術成績

    新井 禎彦, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 高垣 昌巳, 川畑 拓也, 井上 陽一, 徳永 宣之

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   558 - 558   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 脱血の規定が難しかった静脈還流異常に対する体外循環症例について

    堂口 琢磨, 伊藤 英史, 中倉 真人, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 吉積 功, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    体外循環技術   35 ( 4 )   462 - 462   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本体外循環技術医学会編集委員会  

    researchmap

  • 一時的下大静脈フィルターと経口抗凝固療法による深部静脈血栓症治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 佐野 俊二

    静脈学   18 ( 2 )   95 - 95   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 圧迫療法、足挙上による静脈性潰瘍治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 佐野 俊二

    静脈学   18 ( 2 )   118 - 118   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 足部潰瘍の治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   500 - 500   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療の早期及び遠隔期成績 腸骨動脈完全閉塞例に対する血管内治療(特に順行性アプローチの有用性)

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   249 - 249   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 日常診療における末梢性閉塞性動脈疾患のリスク指標

    大澤 晋, 川畑 拓也, 三井 秀也, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   391 - 391   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 重症虚血肢に対するDVA(Distal Venous Arterialization)術式

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   503 - 503   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 当所にてHIV感染を確認した、2例のイムノクロマトグラフィー法陰性の感染初期例

    川畑 拓也, 小島 洋子, 森 治代, 大竹 徹, 大國 剛

    感染症学雑誌   81 ( 1 )   76 - 77   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    イムノクロマトグラフイー(IC)法による抗体検査は陰性で、PA法で陽性または微弱反応を示し、NATまたはRT-PCR法によりHIV-1感染が確認した感染初期と考えられる2例を経験した。症例1(35歳男)。腹部発疹を自覚して受診した。HIV-1の感染初期例と確定診断した。症例2(30歳男)。梅毒の治療歴がある。HIV-1の感染初期例と確定診断した。IC法を用いた抗HIV抗体の迅速検査は結果が出るまでの時間が短く、受検者は検査所を1回訪れるだけで良いので利便性が高いが、第3世代の抗体検査法であるPA法やEIA法に比べて検出感度がやや劣る。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J00276&link_issn=&doc_id=20070130470013&doc_link_id=10018570984&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10018570984&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 重症心不全を示すBland-White-Garland症候群の術後に機械的循環補助を用いて救命し得た1乳幼児例

    中島 真人, 笠原 真悟, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 桜井 茂, 高橋 研, 神吉 和重, 三井 秀也, 石野 幸三, 泉本 浩史, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 29 )   44 - 47   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    症例は3ヵ月女児で、高度左室機能低下・僧帽弁逆流を伴う左冠状動脈肺動脈起始異常症と診断された。胸部X線写真は、心胸比70%と右無気肺を示した。心電図で洞性頻脈、軽度ST低下、陰性T波、異常Q波、左室肥大を認めた。左冠状動脈は造影されなかった。経食道心臓超音波検査では、駆出率:測定不能、短縮率:10%、高度〜中等度僧帽弁逆流、左室中隔の壁運動低下がみられた。心房間交通を作成し、大動脈遮断解除後、約30分間の左心補助を行い、右房脱血、上行大動脈送血によるV-A extracorporeal membrane oxygenation(ECMO)へ移行継続した。カテコラミン・血管拡張剤の増量、ECMO補助流量の段階的減量により術後7日目に人工呼吸器から離脱し、短縮率・僧帽弁逆流は改善傾向となり、心胸比も縮小した。修復術後に肺うっ血や肺高血圧の可能性がある症例への心房間交通の作成とECMOを組み合わせた機械的循環補助は、有効であると思われた。

    researchmap

  • 著明な上行大動脈石灰化を伴った大動脈弁狭窄症に対し,Apico-Aortic Bypassを施行した1例

    藤井 泰宏, 神吉 和重, 桜井 茂, 高橋 研, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 立石 篤志, 三井 秀也, 石野 幸三, 泉本 浩史, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   118 ( 1 )   87 - 87   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 小児開心術におけるmodified ultrafiltrationの功罪 高度で安全な心臓手術をめざして

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 中倉 真人, 本浄 修己, 吉積 功, 石野 幸三, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   22 ( 3 )   313 - 313   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 糖尿病性壊疽に対するマゴット治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 大澤 晋, 高橋 研, 笠原 真悟, 神吉 和重, 石野 幸三, 佐野 俊二

    日本外科学会雑誌   107 ( 臨増2 )   570 - 570   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下肢重症虚血潰瘍に対して骨髄幹細胞移植,血行再建術等の集学的治療により救肢を得た1例

    高橋 研, 桜井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 廣田 真規, 笠原 真悟, 神吉 和重, 三井 秀也, 石野 幸三, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   117 ( 3 )   257 - 257   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 垂直静脈をBDG channelに用いたTAPVC合併無脾症候群の1例

    黒子 洋介, 河田 政明, 末澤 孝徳, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 小泉 淳一, 大岩 博, 神吉 和重, 石野 幸三, 佐野 俊二, 片岡 功一, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   21 ( 6 )   704 - 704   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Taussig-Bing奇形+CoA complexに対する二期的動脈スイッチ術後の大動脈弁逆流 弁葉拡大+Valsalva洞縫縮+交連下弁輪形成術

    川畑 拓也, 河田 政明, 石野 幸三, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 小泉 淳一, 神吉 和重, 佐野 俊二, 片岡 功一, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   21 ( 6 )   699 - 699   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • DORV(double outlet right ventricle)及びsuperior-inferior ventriclesに合併するisolated ventricular inversionの1症例 成功した解剖学的修復

    末澤 孝徳, 河田 政明, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 小泉 淳一, 石野 幸三, 佐野 俊二, 大月 審一, 片岡 功一

    日本小児循環器学会雑誌   21 ( 6 )   704 - 705   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 大動脈縮窄に対しaortic relocation法による修復を行ったfalse Taussig-Bing奇形の1乳児例

    河田 政明, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 大崎 悟, 立石 篤志, 末澤 孝徳, 小泉 淳一, 大岩 博, 石野 幸三, 佐野 俊二, 片岡 功一, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   21 ( 6 )   699 - 699   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 経後腹膜的閉塞性動脈硬化症手術後に診断治療に難渋した合併症を認めた1例

    藤井 泰宏, 三井 秀也, 河田 政明, 神吉 和重, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 大澤 晋, 鵜垣 伸也, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   117 ( 2 )   164 - 164   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 子宮体部癌手術待期中に発見された左房内有茎性球状血栓症の1例

    中村 浩己, 甲元 拓志, 河田 政明, 清水 秀二, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 佐野 俊二

    胸部外科   58 ( 9 )   838 - 840   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    80歳女.子宮体部癌の術前検査のため行った心エコーにて左房内に有茎性球状腫瘤が発見され,手術目的で紹介転科となった.経胸壁・経食道心エコー所見では左房後壁に茎を有する可動性の径約3cm大の球状腫瘤を認め,左室駆出率83.9%と心機能は良好なため左房内有茎性球状腫瘤の診断にて即日手術となった.手術では上行大動脈送血,上・下大静脈脱血にて常温で体外循環を確立,大動脈遮断・心停止後に右側左房切開を行い,右上肺静脈の1.5cm内側の左房後壁に径約3mmの茎を有して存在する腫瘤を心房内膜から削ぎ落とすように切除した.摘出標本の病理組織学的所見ではフィブリンの混在する血栓で小範囲の軽度器質化は認めるものの腫瘍性変化はみられなかった.術後経過は良好で17日目に退院となり,子宮癌は婦人科にて進行癌であることが判明したため保存的治療が選択された

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2005&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20050728210018&doc_link_id=40006854922&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40006854922&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Diabetic footの病態と問題点 Diabetic footに対するウジムシ治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    脈管学   45 ( 7 )   443 - 450   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    糖尿病性壊疽6症例に対し,無菌ウジムシを用いて我が国初の潰瘍治療を行い,良好な結果を得たので報告した.1)6例中4例が救肢された.治癒できなかった症例は血管閉塞病変が著明で,虚血症例であることがわかった.2)感染が主な症例で効果がある傾向が明らかになり,副作用は認めなかった.3)本療法は局所の感染制御,それに続くwound bed preparationに対して有効で,切断以外に方法のない患者に試すに値する方法と考えられた

    researchmap

  • 部分肺静脈還流異常を合併した心房中隔欠損症術後に,不明の心房内右左短絡を生じ,19年経過した1例

    川畑 拓也, 佐野 俊二, 吉積 功, 中村 浩己, 河田 政明, 石野 幸三, 甲元 拓志, 三井 秀也, 黒子 洋介, 矢敷 憲功

    岡山医学会雑誌   116 ( 3 )   315 - 315   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 器質的三尖弁病変に対する三尖弁置換術を行った大動脈弁・僧帽弁置換術術後の一例

    黒子 洋介, 甲元 拓志, 神吉 和重, 河田 政明, 小泉 淳一, 月岡 俊英, 川畑 拓也, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   116 ( 2 )   201 - 201   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • Diabetic footに対するウジムシ治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 清水 秀二, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    脈管学   44 ( 9 )   482 - 482   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 大動脈弓離断症に伴った大動脈弁閉鎖症に対する二心室的修復術に成功した1例

    黒子 洋介, 佐野 俊二, 石野 幸三, 河田 政明, 吉積 功, 伊藤 篤志, 藤田 康文, 峰 良成, 大崎 悟, 川畑 拓也, 宮原 義典

    日本小児循環器学会雑誌   20 ( 5 )   569 - 569   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 最近経験した人工心肺下に摘出した心大血管腫瘍の3例

    川畑 拓也, 佐野 俊二, 河田 政明, 石野 幸三, 甲元 拓志, 神吉 和重, 徳永 宣之, 小泉 淳一, 月岡 俊英, 黒子 洋介, 宮原 義則

    岡山医学会雑誌   116 ( 2 )   208 - 208   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 長期在宅酸素療法により肺血管条件が改善しFontan手術が可能となったDown症児の1例

    黒子 洋介, 石野 幸三, 大岩 博, 吉積 功, 小泉 淳一, 竹内 護, 大月 審一, 川畑 拓也, 宮原 義典, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   20 ( 3 )   358 - 358   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 体外循環症例におけるBLAKEドレーンの有用性について

    川畑 拓也, 喜岡 幸央, 田邊 敦

    広島医学   56 ( 2 )   171 - 171   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 弓部大動脈手術における末梢側吻合について 当科でのルチーン

    田邊 敦, 喜岡 幸央, 川畑 拓也

    広島医学   56 ( 2 )   178 - 178   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当科における過去5年間の腹部大動脈瘤に対する手術成績

    川畑 拓也, 大庭 治, 七条 健, 久持 邦和, 柚木 継二, 黒子 洋介, 片山 達也

    日本血管外科学会雑誌   11 ( 7 )   719 - 719   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 致死的不整脈をきたした異型狭心症に対し,神経叢切除術及び冠動脈バイパス術を行った1例

    川畑 拓也, 七条 健, 津谷 康大, 片山 達也, 黒子 洋介, 柚木 継二, 久持 邦和, 大庭 治

    広島医学   55 ( 7 )   594 - 594   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 当院の胃全摘術後の腸閉塞の検討 術前にCTで診断しえた絞扼性腸閉塞を中心に

    柚木 茂, 川畑 拓也, 成島 道樹, 今井 良典, 魚本 昌志, 波多野 浩明, 上平 裕樹, 真田 英次, 河田 直美, 渡邊 良平

    日本臨床外科学会雑誌   62 ( 増刊 )   713 - 713   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 小腸悪性腫瘍を先進部とする成人腸重積の本邦53報告例の検討 自験例を含めて

    柚木 茂, 成島 道樹, 川畑 拓也, 今井 良典, 魚本 昌志, 波多野 浩明, 上平 裕樹, 真田 英次, 渡邊 良平, 大森 克介

    日本消化器外科学会雑誌   34 ( 7 )   1010 - 1010   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 嚢胞形成を呈した非機能膵島細胞腫の一例

    今井 良典, 大森 克介, 川畑 拓也, 成島 道樹, 竹田 正範, 魚本 昌志, 波多野 浩明, 上平 裕樹, 真田 英次, 柚木 茂

    愛媛医学   20 ( 2 )   268 - 268   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:愛媛医学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 先天性心疾患姑息手術後の集中治療室におけるリハビリ

    黒子洋介, 福田智美, 鈴木浩之, 小川達也, 岸 良匡, 山内悠輔, 木佐森永理, 小松弘明, 枝木大治, 辻 龍典, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 小谷恭弘, 廣田真規, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ステントグラフトによる片側内腸骨動脈閉鎖に起因した臀筋跛行に対する集学的治療戦略

    奥山倫弘, 廣田真規, 枝木大治, 衛藤弘城, 鈴木浩之, 小松弘明, 木佐森永理, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田直也, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A successful repair of the neonatal dysplastic tricuspid valve and pulmonary atresia

    Kobayashi J, Kawabata T, Kuroko Y, Kotani Y, Kasahara S

    Kobayashi J , Kawabata T , Kuroko Y , Kotani Y , Kasahara S 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月11日 - 2021年11月13日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fontan術後の末梢肺動脈狭窄への治療戦略:まずはカテーテル治療を、他の心修復が必要なら積極的な外科手術を!

    小林純子, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 横田 豊, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 村岡玄哉, 衛藤弘城, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ebstein病におけるCone手術とその遠隔成績

    笠原真悟, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 廣田真規

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Norwood手術後およびArterial switch手術後の遠隔期における大動脈弁・大動脈基部の手術経験

    黒子洋介, 鈴木浩之, 横山翔平, 木佐森永理, 小松弘明, 枝木大治, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 小谷恭弘, 廣田真規, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Transannular patchを用いたファロー四徴症修復術の遠隔成績は良好である

    小谷恭弘, 小林泰幸, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田直也, 村岡玄哉, 衛藤弘城, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄症に対する治療戦略と遠隔期成績

    笠原真悟, 小谷恭弘, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 小林泰幸, 辻 龍典, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 黒子洋介, 川畑拓也

    第69回日本心臓病学会学術集会  2021年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月17日 - 2021年9月19日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 冠動脈起始異常に対する解剖学的修復術

    小谷恭弘, 小林泰幸, 横田 豊, 村岡玄哉, 迫田直也, 辻 龍典, 木佐森永理, 小松弘明, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 笠原真悟

    第26回日本冠動脈外科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月15日 - 2021年7月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 虚血性・機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁下手技としての乳頭筋接合術とつり上げ術

    迫田直也, 廣田真規, 衛藤弘城, 小松弘明, 木佐森永理, 横田豊, 辻龍典, 村岡玄哉, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第26回日本冠動脈外科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月15日 - 2021年7月16日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 小児・AYA期の大動脈弁狭窄に対する包括的外科治療戦略

    小谷恭弘, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 横田 豊, 小林泰幸, 迫田直也, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 小児の院内発症ECPRの経験

    黒子洋介, 木佐森永理, 小松弘明, 迫田直也, 堀尾直裕, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 小谷恭弘, 笠原真悟

    小児の院内発症ECPRの経験 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 当院における小児に対する開胸下CRTの有用性

    栄徳隆裕, 大月審一, 馬場健児, 近藤麻衣子, 福嶋遥佑, 重光祐輔, 平井健太, 笠原真悟, 小谷恭弘, 川畑拓也, 原真祐子

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fenestration作成は予後を改善するか?当院におけるFontan手術の中長期成績と予後因子の検討

    小林純子, 小谷恭弘, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 狭小弁輪を伴った大動脈弁狭窄に対する Konno-AVR 手術

    小谷恭弘, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第2回CHSS Japan手術手技研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する非定型的な大動脈弓再建

    小林純子, 小谷恭弘, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 村岡玄哉, 堀尾直裕, 川畑拓也, 廣田真規, 黒子洋介, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児患者における左冠動脈主幹部閉塞の1例

    岸 良匡, 黒子洋介, 大賀勇輝, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 堀尾直裕, 小林純子, 川畑拓也, 廣田真規, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症、部分肺静脈還流異常症、APCAを合併した患者に対して集学的治療が奏功した一例

    木佐森永理, 小谷恭弘, 小林純子, 黒子洋介, 川畑拓也, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 修正大血管転位症術後の冠動脈狭窄に対して自己心膜による冠動脈形成術を行なった1例

    小松弘明, 小谷恭弘, 黒子洋介, 川畑拓也, 大賀勇輝, 岸 良匡, 木佐森永理, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 堀尾直裕, 村岡玄哉, 小林純子, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MACに感染を伴う僧帽弁位IEに対してMVRを施行した一

    迫田直也, 廣田真規, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟, 横濱ふみ, 高谷陽一, 赤木 達, 伊藤 浩, 大塚勇輝, 中野靖浩, 大村大輔, 萩谷英大

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファロー四徴症術後の肺動脈弁逆流に対する側開胸肺動脈弁置換術

    小松弘明, 黒子洋介, 小谷恭弘, 川畑拓也, 小林純子, 廣田真規, 笠原真悟

    第116回・第118回日本循環器学会 中国・四国合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月5日 - 2021年6月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Delayed strategy of total anomalous pulmonary venous connection repair improves survival to achieve fontan completion in right atrial isomerism

    Kisamori E, Kotani Y, Kuroko Y, Kawabata T, Kasahara S

    101st Annual meeting of American Association for Thoracic Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月30日 - 2021年5月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Impact of Pulmonary Artery Coarctation on Pulmonary Artery Growth in Patients Undergoing Modified Blalock-Taussig Shunt

    Kotani Y, Kadowaki S, Kobayashi Y, Kisamori E, Kobayashi J, Kawabata T, Kuroko Y, Kasahara S

    101st Annual meeting of American Association for Thoracic Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月30日 - 2021年5月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Norwood手術の合併症は長期予後に影響するか?

    小谷恭弘, 小林泰幸, 堀尾直裕, 迫田直也, 辻 龍典, 横田 豊, 村岡玄哉, 小松弘明, 木佐森永理, 小林純子, 藤井泰宏, 黒子洋介, 川畑拓也, 末澤孝徳, 廣田真規, 笠原真悟

    第121回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Ebstein病の外科治療―新生児から高齢者までの三尖弁形成術―

    笠原真悟, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 堀尾直裕, 村岡玄哉, 小林純子, 藤井泰宏, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 末澤孝徳, 廣田真規

    第121回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 岡山大学における純型肺動脈閉鎖症の段階的二心室治療戦略

    笠原真悟 , 小谷恭弘 , 辻 龍典 , 木佐森永理 , 小松弘明 , 小林泰幸 , 迫田直也 , 横田 豊 , 堀尾直裕 , 村岡玄哉 , 小林純子 , 川畑拓也 , 黒子洋介 , 末澤孝徳 , 廣田真規

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月21日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • タバコ窩内シャントファースト戦略での橈骨動脈AVFの臨床成績

    藤井泰宏, 大澤 晋, 村岡玄哉, 木佐森永理, 小松弘明, 横田 豊, 迫田直也, 辻 龍典, 小林泰幸, 堀尾直裕, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 末澤孝徳, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会  2021年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月18日 - 2021年2月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 24時間安全に実施できる急性大動脈解離手術を目指して

    迫田直也, 廣田真規, 衛藤弘城, 奥山倫弘, 鈴木浩之, 枝木大治, 小松弘明, 木佐森永理, 辻 龍典, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における機能的単心室小児に対するCRTの有用性

    栄徳隆裕, 馬場健児, 近藤麻衣子, 福嶋遥佑, 重光祐輔, 平井健太, 原真祐子, 大月審一, 笠原真悟, 小谷恭弘, 川畑拓也

    第35回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会  2021年3月7日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群において再大動脈縮窄で増悪した三尖弁逆流に介入すべきか

    小林泰幸, 小谷恭弘, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第35回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会  2021年3月7日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 心臓血管外科学(基本臨床実習) (2020年度) 特別  - その他