2021/07/12 更新

写真a

カサイ トシノブ
笠井 俊信
KASAI Toshinobu
所属
教育学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 電気通信大学 )

研究キーワード

  • 教育情報工学

  • 授業設計

  • 知的学習支援

  • 知識工学

  • 教師教育

  • オントロジー工学

  • 教員養成

研究分野

  • 人文・社会 / 教育工学  / 教育情報工学

学歴

  • 電気通信大学   大学院情報システム学研究科   博士後期課程

    1997年4月 - 2000年9月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院教育学研究科   准教授

    2008年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   教育学部   准教授

    2006年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   教育学部   講師

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   教育学部   助手

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • 教員養成教育における授業構造可視化システムの実践活用とその効果 査読

    笠井 俊信, 永野 和男, 溝口 理一郎

    教育システム情報学会誌   35 ( 3 )   275 - 287   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Practical Use of Visualizing Lesson Structures in Teacher Training Education and Its Effectiveness 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2016)   27 - 35   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 教師の授業設計意図自動外化システムの開発とその有効性評価 査読

    笠井 俊信, 永野 和男, 溝口 理一郎

    人工知能学会論文誌   30 ( 3 )   570 - 584   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1527/tjsai.30.570

    Scopus

    researchmap

  • The Effect of Visualizing Lesson Structures in a Teacher Education Program 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2014)   14 - 21   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effective Alignment between University Education and Teaching Practice through Automatic Interpretation of Lesson Plans 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2013)   158 - 160   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Practical Approach toward Deployment of an ID Knowledge-aware Authoring System 査読

    HAYASHI Yuusuke, KASAI Toshinobu, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2011)   101 - 105   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Instructional Design Support System Based on Both Theory and Practice and Its Evaluation 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2011)   1 - 8   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Contextualized Reflective Support in Designing Instruction Based on Both Theory and Practice 査読

    Toshinobu Kasai, Kazuo Nagano, Riichiro Mizoguchi

    ARTIFICIAL INTELLIGENCE IN EDUCATION   6738   481 - 483   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    In this study, we developed a system called FIMA (Flexible Instructional Design Support Multi-Agent System) that dynamically supports teachers in designing instruction by facilitating their thinking ways according to the characteristics of those of expert teachers. In the present study, we focused on a support to facilitate teachers' contextualized thinking included in the processes of expert teachers based on instructional/learning theories. In order to provide such support, we make use of the OMNIBUS ontology, which describes knowledge extracted from instructional/learning theories and best practices.

    DOI: 10.1007/978-3-642-21869-9_76

    Web of Science

    researchmap

  • Ontological Modeling for Reflective Instructional Design: A Case Study on Modeling a Lesson Plan 査読

    HAYASHI Yuusuke, KASAI Toshinobu, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2010)   25 - 32   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Building an Ontology-Based System Which Supports the Instructional Design Process 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2010)   51 - 55   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 授業研究ネットワーク・コミュニティを志向したWebベース「eLESSER」プログラムの開発と評価 査読

    鈴木 真理子, 永田 智子, 西森 年寿, 望月 俊男, 笠井 俊信, 中原 淳

    日本教育工学会論文誌   33 ( 3 )   219 - 227   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Ontological Approach to Support Teachers in Designing Instruction Using ICT 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2009)   11 - 18   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Multi-Entry System for Supporting Teachers in Designing Instruction 査読

    KASAI Toshinobu, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2008)   79 - 86   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Information Ethics Instructional Support System Corresponding to ICT Use Situations and Students’ Developmental Stages 査読

    KASAI Toshinobu, ISHIDA Takashi

    Proceedings of World Conference on Educational Multimedia and Hypermedia (ED-MEDIA2008)   3422 - 3429   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • FIMA: A Flexible Instructional Design Support Multi-Agent System 査読

    Toshinobu Kasai, Haruhisa Yamaguchi, Kazuo Nagano, Riichiro Mizoguchi

    SUPPORTING LEARNING FLOW THROUGH INTEGRATIVE TECHNOLOGIES   162   45 - 48   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I O S PRESS  

    In Japan, the "Period of Integrated Study" program for elementary and secondary education emphasizes cultivating students' abilities to cope with various problems in daily life. Most goals of this program involve meta-ability, which cannot be fully learned by traditional Japanese instructional methods. For this reason, it is necessary and important to provide teachers with a powerful help system that can support them in designing instruction for enhancing students' meta-ability. In this paper, we propose a FIMA (Flexible Instructional design support Multi-Agent System) and describe its architecture, which complies with the FIPA specifications.

    Web of Science

    researchmap

  • オントロジーを基盤としたメタデータ記述による課題解決力育成を目的とした学習指導案検索支援 査読

    笠井 俊信, 山口 晴久, 永野 和男, 溝口 理一郎

    日本教育工学会論文誌   31 ( 3 )   337 - 348   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15077/jjet.KJ00004964298

    researchmap

  • Webベース授業研究支援「eLESSER」プログラムの効果 査読

    鈴木 真理子, 永田 智子, 西森 年寿, 望月 俊男, 中原 淳, 笠井 俊信

    日本教育工学会論文誌   31 ( Suppl. )   89 - 92   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15077/jjet.KJ00004964355

    researchmap

  • A semantic web system for supporting teachers using ontology alignment 査読

    Toshinobu Kasai, Haruhisa Yamaguchi, Kazuo Nagano, Riichiro Mizoguchi

    International Journal of Metadata, Semantics and Ontologies   2 ( 1 )   35 - 44   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In Japan, it is important to provide teachers of Information Technology Education (IT) with a powerful help system that can locate and provide access to a variety of useful information resources. To this end, we built an ontology of the goal of IT education and its applications based on Semantic Web technology. This application was based on the alignment of ontologies to reuse the results of other research. Furthermore, we propose a Goal Transition Model to show a skeleton of the transition of instructional goals based on ontologies. Finally, we propose support functions that are used in the model. Copyright © 2007 Inderscience Enterprises Ltd.

    DOI: 10.1504/IJMSO.2007.015074

    Scopus

    researchmap

  • Building and Evaluation of a Semantic Web System that Provides Teachers with Lesson Plans 査読

    KASAI Toshinobu, YAMAGUCHI Haruhisa, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2006)   397 - 404   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Development of Web-based Japanese Lesson Study Program "eLESSER." 査読

    SUZUKI Mariko, NAGATA Tomoko, NISHIMORI Toshihisa, MOCHIZUKI Toshio, KASAI Toshinobu, NAKAHARA Jun

    Proceedings of World Conference on Educational Multimedia and Hypermedia (ED-MEDIA2006)   2898 - 2905   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Webベース授業研究支援「eLESSER」プログラムの開発 査読

    鈴木 真理子, 永田 智子, 西森 年寿, 望月 俊男, 笠井 俊信, 中原 淳

    日本教育工学会論文誌   30 ( Suppl. )   49 - 52   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15077/jjet.KJ00004964203

    researchmap

  • Building an ontology of IT education goals 査読

    Toshinobu Kasai, Haruhisa Yamaguchi, Kazuo Nagano, Riichiro Mizoguchi

    International Journal of Continuing Engineering Education and Life-Long Learning   16 ( 1-2 )   1 - 17   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In Japan, the interest in IT education is continuously growing. Most goals of the IT education involve metaability, which cannot be learned by the traditional Japanese instructional methods. It is difficult to design effective IT education material. Moreover, there are only a few specialists in IT education. For this reason, it is necessary and important to provide IT instructors with a powerful help system that can locate and provide access to a variety of useful information resources. We present a system that reconstructs the resources according to the various viewpoints expressed in the ontology of IT education goals. Further, we propose an ontology alignment framework. Copyright © 2006 Inderscience Enterprises Ltd.

    DOI: 10.1504/IJCEELL.2006.008914

    Scopus

    researchmap

  • A Semantic Web System for Helping Teachers Plan Lesson Using Ontology Alignment 査読

    KASAI Toshinobu, YAMAGUCHI Haruhisa, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of the International Workshops of Applications of Semantic Web Technologies for E-Learning (SW-EL2005) at AIED2005   9 - 17   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • オントロジー理論に基づく情報教育目標の体系的記述 査読

    笠井 俊信, 山口 晴久, 永野 和男, 溝口 理一郎

    電子情報通信学会論文誌   J88-D-I ( 1 )   3 - 15   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Goal Transition Model and Its Application for Supporting Teachers based on Ontologies 査読

    Toshinobu Kasai, Haruhisa Yamaguchi, Kazuo Nagano, Riichiro Mizoguchi

    ARTIFICIAL INTELLIGENCE IN EDUCATION   125   330 - 337   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I O S PRESS  

    In Japan, the "Period of Integrated Study" program to enhance practical skills began in elementary and secondary education in 2002. Most goals of this program involve meta-ability, which cannot be fully learned by traditional Japanese instructional methods. For this reason, it is necessary and important to provide instructors with a powerful help system that can locate and provide access to a variety of useful information resources. To this end, we built a system that reconstructs the resources according to various viewpoints based on Semantic Web technology. Further, we propose Goal Transition Model to show a skeleton of the transition of instructional goals based on ontologies. And we propose support functions that are used in the model.

    Web of Science

    researchmap

  • A support system for teachers of IT/information education based on the semantic web technology 査読

    KASAI Toshinobu, YAMAGUCHI Haruhisa, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of the International Conference on Computers in Education (ICCE2004)   1539 - 1547   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Digital teaching portfolios of Japanese preservice teachers 査読

    NAGATA Tomoko, SUZUKI Mariko, NAKAHARA Jun, NISHIMORI Toshihisa, KASAI Toshinobu

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2004)   1083 - 1088   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • CSCL環境による異教科領域間交流が教員養成系大学生に及ぼす学習効果 査読

    永田 智子, 鈴木 真理子, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信

    日本教育工学会論文誌   28 ( Suppl. )   5 - 8   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15077/jjet.KJ00003730653

    researchmap

  • Development of a system that provides teachers with useful resources from various viewpoints based on ontology 査読

    T Kasai, H Yamaguchi, K Nagano, R Mizoguchi

    ED-MEDIA 2004: World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications, Vols. 1-7   3349 - 3356   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ASSOC ADVANCEMENT COMPUTING EDUCATION  

    In Japan, teaching of the subject "Information" was started in the high schools in April 2003, and interest in IT/information education has continued to grow since then. It is very difficult to design IT/information education materials, and there are very few specialist teachers of IT/information education. For this reason, it is necessary and important to provide teachers of IT/information education with a variety of useful resources. To that end, we are building a system that supports teachers in designing instructional materials for IT/information education. Here, we describe a part of this system that reconstructs resources according to the various viewpoints which teachers require. This function of the system is realized by tagging each resource with the ontology of IT/information education in the Resource Description Framework (RDF).

    Web of Science

    researchmap

  • Building of an Ontology of the Goal of IT Education and Its Applications 査読

    KASAI Toshinobu, YAMAGUCHI Haruhisa, NAGANO Kazuo, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of the International Workshops of Applications of Semantic Web Technologies for E-Learning (SW-EL2004) at ISWC2004   56 - 65   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • VDT文書入力作業の作業時間による心理負担測定のための評価尺度の開発 査読

    山口 晴久, 山口 有美, 笠井 俊信

    日本教育工学会論文誌   28 ( 4 )   295 - 302   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15077/jjet.KJ00003730633

    researchmap

  • Development of a System that Support Teachers of IT Education in the Instructional Design Process based on Ontorogy 査読

    KASAI Toshinobu, YAMAGUCHI Haruhisa, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE2003)   1099 - 1102   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The Proposal of an Expression of the Instructional Model of Information Education based on Ontology Theory 査読

    KASAI Toshinobu, YAMAGUCHI Haruhisa, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of World Conference on Educational Multimedia and Hypermedia (ED-MEDIA2003)   1984 - 1987   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 家庭科教員養成のための新しい授業の試みとその検討CSCL環境下での多様な社会的相互交流 査読

    永田 智子, 鈴木 真理子, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信

    日本教育工学会論文誌   27 ( Suppl. )   201 - 204   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An ontological approach for supporting the instructional design process of information education 査読

    T Kasai, H Yamaguchi, R Mizoguchi

    ARTIFICIAL INTELLIGENCE IN EDUCATION   97   437 - 439   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I O S PRESS  

    When a teacher designs an instruction plan for information education, it is necessary to include not only the target goal of the unit but also other related goals determined by types of teaching tools and teaching materials. The purpose of this study is to support the teacher of information education in the process of designing the instruction plan. First, we propose a process for instructional design which is adapted to information education. Next, we present concepts, which comprise designed instruction and information education based on ontology theory. Finally, we develop a system which supports the teacher in the instructional design process.

    Web of Science

    researchmap

  • オントロジーに基づく機能的知識の体系的記述とその機能構造設計支援における利用 査読

    來村 徳信, 笠井 俊信, 吉川 真理子, 高橋 賢, 古崎 晃司, 溝口 理一郎

    人工知能学会学会誌   17 ( 1 )   73 - 84   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1527/tjsai.17.73

    researchmap

  • Ontology-based Description of Functional Design Knowledge and its Use in a Functional Way Server 査読

    KITAMURA Yoshinobu, KASAI Toshinobu, MIZOGUCHI Riichiro

    Proceedings of the Pacific Asian Conference on Intelligent Systems (PRIS2001)   400 - 409   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The collaborative system with situated agents for activating observation learning 査読

    T Okamoto, T Kasai

    INTELLIGENT TUTORING SYSTEMS, PROCEEDINGS   1839   93 - 102   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    This study focuses on modality of externalized knowledge-acquisition on problem solving via "Learning by Observing" and "Learning by Teaching /Explaining". Among the learning effects expected by collaborative learning, we can suppose meta-cognition/distributed cognition such as reflective thinking, self-monitoring and so on. We propose the architecture of the intelligent collaborative system with situated agents for activating observation learning, which is a kind of virtual collaborative learning environment. The situated agents are embedded in this system, who have the different roles to make a real student activate observation learning. Each of the situated agents behaves dynamically based on the "Student Model" which represents the understanding state of a real student, and "Transforming Process Model" which stands for the converting process from internal state into external state for a level of acquired knowledge. A real student is expected to acquire any meta-knowledge via the interaction among situated agents in the collaborative learning environment. A facilitator agent who is a kind of a situated agent manages these Models and controls the other situated agents' behavior. Moreover, it can identifies a real student's bugs/faults occurred in the converting operations.

    Web of Science

    researchmap

  • The Proposal of Intelligent Collaborative Learning Environment Embedded Plural Peer Agents 査読

    KASAI Toshinobu, OKAMOTO Toshio

    Proceedings of World Conference on Computer and Advanced Technology in Education (CATE'99)   175 - 179   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The support for collaborative learning with companion agents 査読

    T Kasai, T Okamoto

    ADVANCED RESEARCH IN COMPUTERS AND COMMUNICATIONS IN EDUCATION, VOL 1   55   760 - 767   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I O S PRESS  

    Among the fe;ming effects which are expected by collaborative learning in this study we concentrate on problem-solving knowledge fixing via 'Learning hy Teaching' and problem-solving knowledge aquisition via 'Learning by Observing'. We propose a virtual collaborative learning environment called CASLE (Companion AgentS Learning Environment), embedding Companion Agents which have each of these learning goals in their Teaching Strategies. These Companion Agents' behavior is based on a 'Student Model', which represents the understanding state of a Real Student, tmd a 'Learning Pattern Model', which represents what level of knowledge carding to each Teaching Strategy, a real student is expected to acquire by experiencing a situation in the collaborative learning environment A Facilitator Agent manages these Models and controls the Companion Agents' behavior. Moreover, it identifies faults of the terming pattern of the real student by comparison with the Learning Pattern Model, and it points then out to him.

    Web of Science

    researchmap

  • Student's Strategies in Collaborative Learning Environment with multi Companion Agents 査読

    OKAMOTO Toshio, KASAI Toshinobu

    Proceedings of the International PEG Conference (PEG'99)   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 仮想的協調学習環境におけるエージェント間コラボレーション 査読

    笠井 俊信, 岡本 敏雄

    情報処理学会論文誌   40 ( 11 )   3934 - 3945   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The development of an intelligent learning environment for supporting meta-cognition ehancement 査読

    KASAI Toshinobu, OKAMOTO Toshio

    Proceedings of World Conference on Educational Multimedia and Hypermedia (ED-MEDIA98)   673 - 678   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 定性推論を利用したシミュレーション学習支援システムの開発と評価 査読

    岡本 敏雄, 笠井 俊信, 緒方 博

    教育工学雑誌   23 ( 3 )   153 - 162   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Peer Agent を組み込んだ知的学習環境の構築 査読

    笠井 俊信, 岡本 敏雄

    教育システム情報学会誌   14 ( 3 )   38 - 47   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 学びの構成原理の理解深化を目的とした小学校教員研修の実践 (ICTを用いた学習環境の構築/一般)

    大﨑 理乃, 笠井 俊信, 林 雄介, 益川 弘如, 永野 和男, 平嶋 宗, 溝口 理一郎

    日本教育工学会研究報告集   19 ( 1 )   301 - 306   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 複数の授業方略に基づいた幅広い対案作成による教員研修の効果 : 知識構成型ジグソー法の局所方略を対象にした研修の実践

    笠井 俊信, 大﨑 理乃, 益川 弘如, 林 雄介

    日本教育工学会論文誌 = Japan journal of educational technology   43 ( 0 )   25 - 28   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育工学会 ; 2004-  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 授業方略の幅広い対案作成に基づく教員研修の試みとその効果 (学習データ分析/一般)

    笠井 俊信, 大﨑 理乃, 益川 弘如, 林 雄介, 永野 和男, 平嶋 宗, 溝口 理一郎

    日本教育工学会研究報告集   18 ( 5 )   209 - 214   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 授業目標の階層構造表現による教員研修支援の試み : 知識構成型ジグソー法を組み込んだ授業設計を題材に (アクティブラーニング・評価方法/一般)

    笠井 俊信, 遠藤 育男, 大﨑 理乃, 林 雄介, 益川 弘如, 永野 和男, 平嶋 宗, 溝口 理一郎

    日本教育工学会研究報告集   17 ( 5 )   97 - 102   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 授業構造の可視化支援による気付きの効果

    笠井 俊信, 益川 弘如, 永野 和男

    先進的学習科学と工学研究会   73   13 - 18   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:人工知能学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 領域非依存の授業設計支援システムの実践活用とその評価 (人工知能学会全国大会(第26回)文化,科学技術と未来) -- (ヒューマンインタフェース・教育支援)

    笠井 俊信, 益川 弘如, 永野 和男

    人工知能学会全国大会論文集   26   1 - 4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:人工知能学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 教師の授業設計意図の自動解釈に基づ<授業設計支援 : システム活用による授業改善・実践を通した有効性評価

    笠井 俊信, 益川 弘如, 永野 和男

    先進的学習科学と工学研究会   63   11 - 16   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:人工知能学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Development and evaluation of Web-based Program “eLESSER” toward a Network Community for Lesson Study

    Mariko Suzuki, Tomoko Nagata, Toshihisa Nishimori, Toshio Mochizuki, Toshinobu Kasai, Jun Nakahara

    Educational Technology Research   33 ( 3 )   219 - 227   2010年

     詳細を見る

  • 授業研究を通して若手教師が感じる熟練教師との差-若手教師の職能成長を支援するシステムの開発に向けての基礎調査-.

    笠井俊信, 鈴木真理子, 永田智子, 西森年寿, 望月俊男, 中原淳

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   7   115 - 123   2007年

     詳細を見る

  • 異なる「コミュニティ」の遭遇 : 教員養成大学の授業への自然科学者の参加

    鈴木 真理子, 永田 智子, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信, 鈴木 秀之

    日本科学教育学会研究会研究報告   20 ( 2 )   53 - 56   2005年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本科学教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 教育実習生のデジタル・ティーチング・ポートフォリオ

    永田 智子, 鈴木 真理子, 望月 俊男, 西森 年寿, 中原 淳, 笠井 俊信, 加藤 久恵

    日本教育工学会大会講演論文集   20   443 - 444   2004年9月

  • 教育実習風景の動画ファイルを組み込むティーチング・ポートフォリオ作成授業

    永田 智子, 鈴木 真理子, 望月 俊男, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信, 加藤 久恵

    日本教育工学会研究報告集   2003 ( 6 )   59 - 62   2003年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本教育工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 思考活動循環モデルに基づいた教員養成課程の実践と評価 : 技能的知識と科学的知識を開連づける専門家の講義

    永田 智子, 鈴木 真理子, 西森 年寿, 中原 淳, 笠井 俊信, 松川 秀哉, 山際 耕英, 栗原 新, 鈴木 秀之

    日本教育工学会大会講演論文集   19 ( 1 )   383 - 384   2003年10月

     詳細を見る

  • 思考活動循環モデルに基づいた教員養成課程の実践と評価 : CSCL 環境での専門家の参加

    山際 耕英, 鈴木 真理子, 永田 智子, 西森 年寿, 中原 淳, 笠井 俊信, 栗原 新, 鈴木 秀之

    日本教育工学会大会講演論文集   19 ( 1 )   381 - 382   2003年10月

  • 教員養成課程における実験を取り入れた授業 : CSCL 環境を利用した思考活動循環モデルの開発

    鈴木 真理子, 永田 智子, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信, 鈴木 秀之

    日本教育工学会大会講演論文集   19 ( 1 )   379 - 380   2003年10月

  • 1G9-14 大学生の肯定的な実験観の育成をめざした授業の実践と評価 : 学習者によるデザイニングと CSCL 環境でのリフレクション

    鈴木 真理子, 永田 智子, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信, 山際 耕英, 吉岡 春奈, 鈴木 秀之

    年会論文集   27   341 - 342   2003年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本科学教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 非同期型CSCL における対話データ分析支援システムの開発.

    笠井俊信, 鈴木真理子, 永田智子

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   3   139 - 146   2003年

     詳細を見る

  • 教員養成系大学生の異大学間・異領域間交流を実現する Web 環境ポートフォリオの実践

    鈴木 真理子, 永田 智子, 中原 淳, 西森 年寿, 笠井 俊信

    日本教育工学会大会講演論文集   18   311 - 312   2002年11月

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 授業方略の幅広い対案作成に基づく教員研修の試みとその効果

    笠井 俊信, 大﨑 理乃, 林 雄介, 益川 弘如, 永野 和男, 平嶋 宗, 溝口 理一郎

    2018年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 目標の階層構造表現による教員研修支援の試み-知識構成型ジグソー法を組み込んだ授業設計を題材に-

    笠井 俊信, 遠藤 育男, 大﨑 理乃, 林 雄介, 益川 弘如, 永野 和男, 平嶋 宗, 溝口 理一郎

    日本教育工学会研究報告集  2017年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中学校技術科におけるScratchを用いた授業実践と評価-知識構成型ジグソー法を適用して-

    太田 雅之, 笠井 俊信

    2017年7月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

受賞

  • 研究会優秀賞

    2020年9月   教育システム情報学会  

    笠井 俊信

     詳細を見る

  • 研究会優秀賞

    2019年9月   教育システム情報学会  

    笠井 俊信

     詳細を見る

  • 論文賞

    2019年9月   教育システム情報学会  

    笠井 俊信

     詳細を見る

  • 研究奨励賞

    2011年9月   日本教育工学会  

    笠井 俊信

     詳細を見る

  • 研究会優秀賞

    2004年6月   人工知能学会  

    笠井 俊信

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 学びの構成原理と学習評価を対象とした教師研修フレームワークの開発と実践

    2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    笠井 俊信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 学習・教授プロセス構造の再構成による授業設計の演習化

    2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    林 雄介

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 教師力向上のための工学・実践の融合的アプローチ

    2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    笠井 俊信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 学習・教授プロセス指向の検索を可能にする学習指導案データベースの構築

    2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    林 雄介

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 教育の情報化に対応した授業設計動的支援のためのオントロジー工学的アプローチ

    2010年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 若手研究(B) 

    笠井 俊信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 学習理論・標準化技術Compliant知識サーバーの構築

    2007年04月 - 2010年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(A) 

    溝口 理一郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • オントロジーを基盤とした情報教育の授業設計支援システムに関する研究

    2006年04月 - 2009年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 若手研究(B) 

    笠井 俊信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • オントロジー理論に基づく教師教育マルチエージェントシステムの開発

    2005年04月 - 2008年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    山口 晴久

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 科学系実験・実習授業におけるコミュニケーション活動を促すCSCLの研究

    2005年04月 - 2007年03月

    文部科学省  特定領域研究 

    鈴木 真理子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • e-Learning援用とインターンシップ制を併用した教員養成システムの開発

    2004年04月 - 2006年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    近藤 勲

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 情報倫理教育における教授知識の体系的記述と教師教育システムへの適用

    2003年04月 - 2006年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 若手研究(B) 

    笠井 俊信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 科学系実験・実習授業における学習者のリフレクション活動を促すCSCLの研究

    2003年04月 - 2005年03月

    文部科学省  特定領域研究 

    鈴木 真理子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 現職教員向けリモートコンサルテーションシステムの構築と実用化への基礎研究

    2001年04月 - 2004年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    近藤 勲

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 中等家庭科内容論(生活と情報) (2021年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 中等技術科内容構成Ⅰ (2021年度) 第1学期  - 火3,火4

  • 中等技術科内容構成Ⅱ (2021年度) 第2学期  - 火3,火4

  • 中等技術科内容構成Ⅲ (2021年度) 第1学期  - 水1~2

  • 中等技術科内容構成Ⅳ (2021年度) 第2学期  - 水1~2

  • 中等技術科内容論(情報学Ⅰ) (2021年度) 第1学期  - 木7,木8

  • 中等技術科内容論(情報学Ⅱ) (2021年度) 第2学期  - 木7,木8

  • 中等技術科内容論(情報技術Ⅰ) (2021年度) 第1学期  - 木3,木4

  • 中等技術科内容論(情報技術Ⅱ) (2021年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 中等技術科内容論(情報演習Ⅰ) (2021年度) 第1学期  - 月1~2

  • 中等技術科内容論(情報演習Ⅱ) (2021年度) 第2学期  - 月1~2

  • 中等技術科内容論(栽培学Ⅰ) (2021年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 中等技術科内容論(栽培学Ⅱ) (2021年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 学問の活用 (2021年度) 第4学期  - その他

  • 小学校におけるものづくり・情報教育(1) (2021年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 小学校におけるものづくり・情報教育(2) (2021年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 小学校におけるものづくり・情報教育Ⅰ (2021年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 小学校における情報モラル(1) (2021年度) 第3学期  - 火7~8

  • 小学校における情報モラル(2) (2021年度) 第4学期  - 火7~8

  • 小学校における情報モラル教育Ⅰ (2021年度) 第3学期  - 火7~8

  • 小学校における情報モラル教育Ⅱ (2021年度) 第4学期  - 火7~8

  • 工業概論 (2021年度) 3・4学期  - 木1~2

  • 工業概論 (2021年度) 3・4学期  - 木1,木2

  • 情報処理(1) (2021年度) 第1学期  - 月1~2

  • 情報処理(2) (2021年度) 第2学期  - 月1~2

  • 情報学(実習を含む)(1) (2021年度) 第1学期  - 木7,木8

  • 情報学(実習を含む)(2) (2021年度) 第2学期  - 木7,木8

  • 情報技術(1) (2021年度) 第1学期  - 木3,木4

  • 情報技術(2) (2021年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 情報科指導法(応用Ⅰ) (2021年度) 第3学期  - 金7~8

  • 情報科指導法(応用Ⅱ) (2021年度) 第4学期  - 金7~8

  • 情報科指導法A(1) (2021年度) 第3学期  - 金7~8

  • 情報科指導法A(2) (2021年度) 第4学期  - 金7~8

  • 教職実践演習(中学校A) (2021年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育科学プロジェクト研究概論 (2021年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 教育科学特論(情報ⅠA) (2021年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 教育科学特論(情報ⅠB) (2021年度) 第2学期  - 木5,木6

  • 教育科学特論(情報ⅡA) (2021年度) 第3学期  - 木5,木6

  • 教育科学特論(情報ⅡB) (2021年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 教育科学研究の方法(教育科学とICT) (2021年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 教育科学課題研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 栽培学(実習を含む)(1) (2021年度) 第1学期  - 火5,火6

  • PBLⅠ (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • PBLⅡ (2021年度) 第3学期  - 火1,火2

  • PBLⅢ (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • PBL特論Ⅱ (2021年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅲ (2021年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅳ (2021年度) 第4学期  - その他

  • PBL特論Ⅴ (2021年度) 第1学期  - その他

  • PBL特論Ⅵ (2021年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅶ (2021年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅷ (2021年度) 第4学期  - その他

  • 中等家庭科内容論(生活と情報) (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 中等技術科内容構成Ⅰ (2020年度) 第1学期  - 火3,火4

  • 中等技術科内容構成Ⅱ (2020年度) 第2学期  - 火3,火4

  • 中等技術科内容論(情報学Ⅰ) (2020年度) 第1学期  - 木7,木8

  • 中等技術科内容論(情報学Ⅱ) (2020年度) 第2学期  - 木7,木8

  • 中等技術科内容論(情報技術Ⅰ) (2020年度) 第1学期  - 木3,木4

  • 中等技術科内容論(情報技術Ⅱ) (2020年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 中等技術科内容論(情報活用論Ⅰ) (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 中等技術科内容論(情報活用論Ⅱ) (2020年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 中等技術科内容論(栽培学Ⅰ) (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 中等技術科内容論(栽培学Ⅱ) (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 中等技術科内容開発(情報)(1) (2020年度) 第3学期  - 月7~8

  • 中等技術科内容開発(情報)(2) (2020年度) 第4学期  - 月7~8

  • 学問の活用 (2020年度) 第4学期  - その他

  • 小学校におけるものづくり・情報教育(1) (2020年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 小学校におけるものづくり・情報教育(2) (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 小学校におけるものづくり・情報教育Ⅰ (2020年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 小学校におけるものづくり・情報教育Ⅱ (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 情報学(実習を含む)(1) (2020年度) 第1学期  - 木7,木8

  • 情報学(実習を含む)(2) (2020年度) 第2学期  - 木7,木8

  • 情報技術(1) (2020年度) 第1学期  - 木3,木4

  • 情報技術(2) (2020年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 情報活用論(1) (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 情報活用論(2) (2020年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 情報科指導法(基礎Ⅰ) (2020年度) 第3学期  - 金7,金8

  • 情報科指導法(基礎Ⅱ) (2020年度) 第4学期  - 金7,金8

  • 教職実践演習(中学校A) (2020年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教職実践演習(小学校) (2020年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育科学の理念と今日的課題B (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教育科学プロジェクト研究概論 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 教育科学特論(情報ⅠA) (2020年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 教育科学特論(情報ⅠB) (2020年度) 第2学期  - 木5,木6

  • 教育科学特論(情報ⅡA) (2020年度) 第3学期  - 木5,木6

  • 教育科学特論(情報ⅡB) (2020年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 教育科学研究の方法(教育科学とICT) (2020年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 教育科学課題研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 栽培学(実習を含む)(1) (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 栽培学(実習を含む)(2) (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • PBLⅠ (2020年度) 第2学期  - 火1,火2

  • PBLⅡ (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • PBLⅢ (2020年度) 第4学期  - 火1,火2

  • PBL特論Ⅰ (2020年度) 第1学期  - 金5,金6

  • PBL特論Ⅱ (2020年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅲ (2020年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅳ (2020年度) 第4学期  - その他

  • PBL特論Ⅴ (2020年度) 第1学期  - その他

  • PBL特論Ⅵ (2020年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅶ (2020年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅷ (2020年度) 第4学期  - その他

▼全件表示