2024/04/24 更新

写真a

エダムラ コウヘイ
枝村 康平
EDAMURA Kohei
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2007年9月   岡山大学 )

  • 博士 ( 2007年9月   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

 

論文

  • Trans men can achieve adequate muscular development through low-dose testosterone therapy: A long-term study on body composition changes. 国際誌

    Yusuke Tominaga, Tomoko Kobayashi, Yuko Matsumoto, Takatoshi Moriwake, Yoshitaka Oshima, Misa Okumura, Satoshi Horii, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kensuke Bekku, Kohei Edamura, Morito Sugimoto, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Yuzaburo Namba, Yosuke Matsumoto, Mikiya Nakatsuka, Motoo Araki

    Andrology   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Transgender individuals undergo the gender-affirming hormone therapy (GAHT) to achieve physical changes consistent with their gender identity. Few studies are available on the long-term safety and efficacy of GAHT. OBJECTIVES: To investigate the long-term physical effects and the safety of the testosterone therapy for trans men and to assess the impact of differential hormone dose. MATERIALS AND METHODS: Trans men who initiated GAHT between May 2000 and December 2021 were included in this retrospective analysis. Physical findings (body mass index, body fat percentage (BFP), lean body mass (LBM), and grip strength), blood testing results (hemoglobin, hematocrit, uric acid, creatinine, total cholesterol, triglycerides, and total testosterone), and menstrual cessation were recorded. We assessed the effects of testosterone on body composition changes and laboratory parameters, comparing a low-dose group (≤ 62.5 mg/wk) to a high-dose group (> 62.5 mg/wk). RESULTS: Of 291 participants, 188 patients (64.6%) were in the low-dose group and 103 (35.4%) in the high-dose group. Cumulative menstrual cessation rates up to 12 months were not significantly different between groups. Both groups showed a decrease in BFP and an increase in LBM during the first year of therapy, followed by a slight increase in both over the long term. The high-dose group exhibited greater LBM gains during the first year. Higher hormone doses and lower initial LBM values were associated with LBM increases at 3 and 6 months (3 mo, P = 0.006, P < 0.001; 6 mo, P = 0.015, P < 0.001). There were no long-term, dose-dependent side effects such as polycythemia or dyslipidemia. CONCLUSION: Long-term GAHT for trans men is safe and effective. Low-dose testosterone administration is sufficient to increase LBM in trans men. Higher testosterone doses can lead to an earlier increase in muscle mass.

    DOI: 10.1111/andr.13640

    PubMed

    researchmap

  • Effect of antacids on the survival of patients with metastatic urothelial carcinoma treated with pembrolizumab

    Takanori Sekito, Kensuke Bekku, Satoshi Katayama, Tomofumi Watanabe, Ichiro Tsuboi, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Tomoaki Yamanoi, Tatsushi Kawada, Yusuke Tominaga, Takuya Sadahira, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Norihiro Kusumi, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Kyohei Kurose, Takaharu Ichikawa, Yoshiyuki Miyaji, Koichiro Wada, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki

    Clinical Genitourinary Cancer   102097 - 102097   2024年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.clgc.2024.102097

    researchmap

  • Current status and future perspectives on robot-assisted kidney autotransplantation: A literature review. 国際誌

    Takanori Sekito, Tomoaki Yamanoi, Takuya Sadahira, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Yusuke Tominaga, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kensuke Bekku, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This review presents the latest insights on robot-assisted kidney autotransplantation (RAKAT). RAKAT is a minimally invasive surgical procedure and represents a promising alternative to conventional laparoscopic nephrectomy followed by open kidney transplantation for the treatment of various complex urological and vascular conditions. RAKAT can be performed either extracorporeally or intracorporeally. Additionally, a single-port approach can be performed through one small incision without the need to reposition the patient. Of 86 patients undergoing RAKAT, 8 (9.3%) developed postoperative > Grade 2 Clavien-Dindo (CD) complications. Although the feasibility of RAKAT was established in 2014, the long-term efficacy and safety along with outcomes of this surgical approach are still being evaluated, and additional studies are needed. With improvements in the technology of RAKAT and as surgeons gain more experience, RAKAT should become increasingly used and further refined, thereby leading to improved surgical outcomes and improved patients' quality of life.

    DOI: 10.1111/iju.15426

    PubMed

    researchmap

  • Discontinuation of Immune-oncology Combinations due to Immune-related Adverse Events in Patients With Advanced Renal Cancers. 国際誌

    Kensuke Bekku, Manuela Schmidinger, Satoshi Katayama, Tatsushi Kawada, Takafumi Yanagisawa, Takehiro Iwata, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Shahrokh F Shariat

    Anticancer research   44 ( 1 )   379 - 386   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND/AIM: Patients with advanced renal cell carcinoma (aRCC) treated with immune-oncology (IO) drugs may need to discontinue the treatment when severe immune-related adverse events (irAE) occur; however, the impact of discontinuation on survival remains unknown. PATIENTS AND METHODS: This is a retrospective multicenter analysis using a database of 183 aRCC patients treated with first-line IO drugs combination. The patients were divided into two groups according to the necessity of discontinuation due to irAEs. The primary endpoint was overall survival (OS). Cox proportional hazard models determined the predictive factors on OS. RESULTS: Among a total of 135 patients who experienced irAE, 38 patients had to discontinue and 52 continued the treatment while treating irAE. When compared to patients who were able to continue treatment, discontinuation was associated with significantly higher rates of IO-IO doublet use, severe irAE (grade ≥3), steroid use, and the occurrence of immune-related pneumonitis (p=0.03, p<0.001, p<0.001, and p=0.02, respectively). The objective response rates were comparable between the two groups (discontinuation 55.6% vs. no discontinuation 56.0%, p=0.7). On univariate analysis, patients who discontinued had a significantly worse OS when compared to those who continued treatment (p=0.02). On the contrary, on multivariate analysis treatment discontinuation was not associated with poor OS (HR=1.1, p=0.9). CONCLUSION: Treatment discontinuation due to irAE was not associated with poor prognosis in aRCC patients treated with ICI-based combination therapy. Treatment discontinuation may be a reasonable treatment option for well-selected patients, specifically for those who experienced good treatment responses.

    DOI: 10.21873/anticanres.16822

    PubMed

    researchmap

  • グラフト感染が契機と考えられる腎動脈破綻を認めた自家腎移植の一例

    西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 尾地 晃典, 原 尚史, 川野 香, 横山 周平, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 枝木 大治, 加藤 源太郎

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   57 - 57   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 高度腸骨動脈石灰化を有するレシピエントに対する脳死献腎移植の経験

    吉永 香澄, 西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 尾地 晃典, 原 尚史, 川野 香, 横山 周平, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 三浦 望, 加藤 源太郎

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   56 - 57   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腎提供後11年経過の若年ドナーに認めたT3a腎細胞癌の1例

    原 尚史, 西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 尾地 晃典, 川野 香, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 智昭, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   24 - 24   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 生体腎移植レシピエントの周術期尿路感染症リスク因子の検討

    西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 原 尚史, 川野 香, 横山 周平, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   56 - 56   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Prognostic impact of radiological tumor burden in patients with metastatic urothelial carcinoma treated with pembrolizumab. 国際誌

    Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Tasushi Kawada, Yusuke Okamoto, Yuho Sano, Yuya Kawago, Shuji Miyake, Takatoshi Moriwake, Aya Kuinose, Yuhei Horikawa, Kazuma Tsuboi, Ichiro Tsuboi, Kazuma Sakaeda, Hirokazu Nakatsuka, Atsushi Takamoto, Takeshi Hirata, Yoshinori Shirasaki, Taku Yamasaki, Hirofumi Morinaka, Naoya Nagasaki, Takafumi Hara, Akinori Ochi, Misa Okumura, Tomofumi Watanabe, Takanori Sekito, Kaoru Kawano, Satoshi Horii, Tomoaki Yamanoi, Kentaro Nagao, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Yusuke Tominaga, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Norihiro Kusumi, Kyohei Kurose, Yasuo Yamamoto, Morito Sugimoto, Tetsuya Nakada, Katsumi Sasaki, Tadasu Takenaka, Shin Ebara, Yoshiyuki Miyaji, Koichiro Wada, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki

    Urologic oncology   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Radiological tumor burden has been reported to be prognostic in many malignancies in the immunotherapy era, yet whether it is prognostic in patients with metastatic urothelial carcinoma (mUC) treated with pembrolizumab remains uninvestigated. We sought to assess the predictive and prognostic value of radiological tumor burden in patients with mUC. METHODS: We performed a retrospective analysis of 308 patients with mUC treated with pembrolizumab. Radiological tumor burden was represented by baseline tumor size (BTS) and baseline tumor number (BTN). Optimal cut-off value of BTS was determined as 50 mm using the Youden index (small BTS: n = 194, large BTS: n = 114). Overall (OS), cancer-specific (CSS), progression-free survival (PFS), and objective response rate (ORR) were compared. Non-linear associations between BTS and OS and CSS were evaluated using restricted cubic splines. RESULTS: Patients with large BTS were less likely to have undergone the surgical resection of the primary tumor (P = 0.01), and more likely to have liver metastasis (P < 0.001) and more metastatic lesions (P < 0.001). On multivariable analyses controlling for the effects of confounders (resection of primary tumor, metastatic site, number of metastases and lactate dehydrogenase level), large BTS and high BTN were independently associated with worse OS (HR 1.52; P = 0.015, and HR 1.69; P = 0.018, respectively) and CSS (HR 1.59; P = 0.01, and HR 1.66; P = 0.031, respectively), but not PFS. Restricted cubic splines revealed BTS was correlated with OS and CSS in linear relationships. Additionally, large BTS was significantly predictive of lower ORR and complete response rate on univariable analyses (P = 0.041 and P = 0.032, respectively), but its association disappeared on multivariable analyses. CONCLUSION: Radiological tumor burden has independent prognostic value with a linear relationship in pembrolizumab-treated patients with mUC and might help drive the earlier introduction of second-line pembrolizumab and/or switching to subsequent therapies.

    DOI: 10.1016/j.urolonc.2023.11.009

    PubMed

    researchmap

  • The Diagnosis and Treatment Approach for Oligo-Recurrent and Oligo-Progressive Renal Cell Carcinoma. 国際誌

    Kensuke Bekku, Tatsushi Kawada, Takanori Sekito, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Tomoaki Yamanoi, Yusuke Tominaga, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Yuzuru Niibe

    Cancers   15 ( 24 )   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    One-third of renal cell carcinomas (RCCs) without metastases develop metastatic disease after extirpative surgery for the primary tumors. The majority of metastatic RCC cases, along with treated primary lesions, involve limited lesions termed "oligo-recurrent" disease. The role of metastasis-directed therapy (MDT), including stereotactic body radiation therapy (SBRT) and metastasectomy, in the treatment of oligo-recurrent RCC has evolved. Although the surgical resection of all lesions alone can have a curative intent, SBRT is a valuable treatment option, especially for patients concurrently receiving systemic therapy. Contemporary immune checkpoint inhibitor (ICI) combination therapies remain central to the management of metastatic RCC. However, one objective of MDT is to delay the initiation of systemic therapies, thereby sparing patients from potentially unnecessary burdens. Undertaking MDT for cases showing progression under systemic therapies, known as "oligo-progression", can be complex in considering the treatment approach. Its efficacy may be diminished compared to patients with stable disease. SBRT combined with ICI can be a promising treatment for these cases because radiation therapy has been shown to affect the tumor microenvironment and areas beyond the irradiated sites. This may enhance the efficacy of ICIs, although their efficacy has only been demonstrated in clinical trials.

    DOI: 10.3390/cancers15245873

    PubMed

    researchmap

  • Treg細胞の活性化CTLA-4非依存性免疫抑制によるCTLA-4遮断の不安定な抗腫瘍効果(Disturbed anti-tumor effect of CTLA-4 blockade by activated CTLA-4-independent immunosuppression of Treg cells)

    渡部 智文, 石野 貴雅, 上田 優輝, 長崎 譲慈, 河田 達志, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 泰之, 團迫 浩方, 荒木 元朗, 冨樫 庸介

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   185 - 185   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 超高齢膀胱癌患者に対するロボット支援膀胱全摘除術(RARC)の外科的達成評価の検討

    山野井 友昭, 小林 泰之, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   209 - 209   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Calciphylaxisによると考えられた陰茎亀頭部潰瘍の一例

    川野 香, 長尾 賢太郎, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 定平 卓也, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 平井 陽至

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   233 - 233   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下前立腺全摘除術(RARP)の周術期抗菌薬投与方法と術後感染症発生率に関する後方視的研究

    長崎 直也, 定平 卓也, 岩田 健宏, 渡部 智文, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   236 - 236   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 閉経後の反復性膀胱炎を有する女性における尿および腟内の大腸菌の相同性の比較

    関戸 崇了, 定平 卓也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   239 - 239   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 超高齢膀胱癌患者に対するロボット支援膀胱全摘除術(RARC)の外科的達成評価の検討

    山野井 友昭, 小林 泰之, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   209 - 209   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Treg細胞の活性化CTLA-4非依存性免疫抑制によるCTLA-4遮断の不安定な抗腫瘍効果(Disturbed anti-tumor effect of CTLA-4 blockade by activated CTLA-4-independent immunosuppression of Treg cells)

    渡部 智文, 石野 貴雅, 上田 優輝, 長崎 譲慈, 河田 達志, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 泰之, 團迫 浩方, 荒木 元朗, 冨樫 庸介

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   185 - 185   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下前立腺全摘除術(RARP)の周術期抗菌薬投与方法と術後感染症発生率に関する後方視的研究

    長崎 直也, 定平 卓也, 岩田 健宏, 渡部 智文, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   236 - 236   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Calciphylaxisによると考えられた陰茎亀頭部潰瘍の一例

    川野 香, 長尾 賢太郎, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 定平 卓也, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 平井 陽至

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   233 - 233   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 当科におけるロボット支援膀胱全摘除術・体腔内尿路変向の技術継承の取り組み

    山野井 友昭, 小林 泰之, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   37回   O - 6   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 閉経後の反復性膀胱炎を有する女性における尿および腟内の大腸菌の相同性の比較

    関戸 崇了, 定平 卓也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   239 - 239   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるRAPN再発・転移症例の検討

    吉永 香澄, 冨永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   37回   O - 3   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 転移性去勢抵抗性前立腺癌におけるBRCA遺伝子バリアントの検討

    岩田 健宏, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 河田 達志, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本癌治療学会学術集会抄録集   61回   P12 - 5   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • CTLA-4の単純な阻害はTreg細胞のCTLA-4以外の免疫抑制機構の活性化を引き起こす(Anti-tumor effects of CTLA-4 blockade are distrubed by activated CTLA-4-independent immunosuppression of Treg cells)

    渡部 智文, 石野 貴雅, 上田 優輝, 長崎 譲慈, 丸山 雄樹, 河田 達志, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 團迫 浩方, 荒木 元朗, 冨樫 庸介

    日本癌学会総会記事   82回   1380 - 1380   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • LOH症候群における各種質問票の有用性について

    富永 悠介, 小林 知子, 松本 裕子, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 泰之, 佐古 智子, 杉本 盛人, 渡部 昌実, 荒木 元朗

    日本性機能学会雑誌   38 ( 2 )   182 - 182   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性機能学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術における予防的全腟閉鎖術併用の試み

    小林 知子, 西村 慎吾, 富永 悠介, 宇埜 誠, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本女性骨盤底医学会プログラム・抄録集   25回   91 - 91   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術における予防的全腟閉鎖術併用の試み

    小林 知子, 西村 慎吾, 富永 悠介, 宇埜 誠, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本女性骨盤底医学会プログラム・抄録集   25回   91 - 91   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    researchmap

  • 乳酸菌由来抗菌ペプチドの探索

    岩田 健宏, 定平 卓也, 渡部 智文, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 関戸 崇之, 吉永 香澄, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   71 ( 4 )   526 - 526   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 乳酸菌由来抗菌ペプチドの探索

    岩田 健宏, 定平 卓也, 渡部 智文, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 関戸 崇之, 吉永 香澄, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   71 ( 4 )   526 - 526   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • アンドロロジー;Next 10 Years 男性不妊症における性機能障害について

    富永 悠介, 松本 裕子, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 5 )   324 - 329   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Staphylococcus saprophyticusによる感染結石の1例

    渡部 智文, 鵜川 聖也, 長崎 直也, 奥村 美紗, 宇埜 誠, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 智昭, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 増刊号2 )   148 - 148   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • RPLND後の難治性リンパ漏に対して開腹リンパ管結紮術が奏功した1例

    鵜川 聖也, 長崎 直也, 原 惇也, 松島 萌希, 奥村 美紗, 渡部 智文, 宇埜 誠, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 増刊号2 )   148 - 148   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Bladder tumors with multiple cardiac metastases, with elevated serum granulocyte colony-stimulating factor. 国際誌

    Naoya Nagasaki, Tomofumi Watanabe, Kohei Edamura, Motoo Araki, Takuya Sadahira

    The American journal of medicine   136 ( 8 )   e161-e162   2023年4月

     詳細を見る

  • 【ロボット時代の若手への腹腔鏡教育を考える】ロボット時代の若手への腹腔鏡教育を考える 腎副腎 メンターの立場から

    小林 泰之, 枝村 康平, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 小林 知子, 荒木 元朗

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   36 ( 1 )   57 - 60   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    ロボット手術の普及により,腹腔鏡手術教育は大きく変化しつつある.一番の問題点は,ロボット支援下部分切除術の普及に伴い,これまでより難易度の高い症例が腹腔鏡下腎摘除術の対象となり,相対的に初心者が行う腹腔鏡手術件数が減少していることである.加えて,手術環境の急激な変化により,初心者のトレーニング背景も複雑化してきており,手術教育もそれらに対応すべく変化が求められている.岡山大学病院では,従来通りの模範手術を核とした集団指導に加えて,ある程度の執刀経験のある術者に対して,個別指導を行い対応している.加えて,最近のWeb会議システムを用い,関連施設の垣根を超えたWeb勉強会を行っている.(著者抄録)

    researchmap

  • 前立腺癌:Next 10 years~どうなる,どうする,前立腺癌~ 限局性前立腺癌に対するFocal therapy

    小林 泰之, 枝村 康平, 西村 慎吾, 岩田 健宏, 片山 聡, 定平 卓也, 小林 知子, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 4 )   106 - 109   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    限局性前立腺癌の治療は臨床的Insignificant cancerに対してActive surveillance,Significant cancerに対しては根治的治療が選択される。しかしながら,癌制御とQOL維持の両立の点を考慮するといずれの治療も十分とは言えない患者群が存在し,このような症例に対する治療としてFocal therapyが期待されている。Focal therapyに関する諸家らの報告では,短~中期腫瘍学的結果は良好であり,尿禁制や性機能も優れていた。本邦においては,2021年4月に日本泌尿器科学会より「前立腺癌局所治療医療機器の臨床評価方法に関するガイドライン」が出され,今後,Focal therapyのエビデンスが蓄積されていくものと期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • Gerota fasciaとは何物なのか cadaverを用いた組織学的検討

    小林 泰之, 枝村 康平, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 小林 知子, 小見山 高明, 百田 龍輔, 荒木 元朗

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   36 ( 1 )   118 - 123   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    腹腔鏡下腎摘除術において,Gerota fascia(以下:Gf)は経腹的アプローチでは膜構造として容易に認識できるが,後腹膜アプローチではその見え方が経腹的アプローチとは大きく異なり,その存在自体を認識できない症例が少なくない.今回,我々は死亡献体より腎臓と腎臓周囲臓器を一塊に摘出し,Gfに剥離操作を加えない状態で検体作成を行い,線維の走行,密度などについて組織学的検討を行った.その結果,Gfは筋上膜のような強固な膜とは構造が異なり,密度・配列など多様なコラーゲン線維のまばらな結合組織で構成されていることが分かった.すなわち,Gfが膜状構造物に観察されるのは,結合組織が剥離操作にて変化した結果の可能性があり,アプローチする方向の違いによりその形態が異なって見えることを念頭におく必要があるものと考えられる.(著者抄録)

    researchmap

  • 転移性腎細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の有効性における転移部位腫瘍径の影響(The impact of metastatic tumor burden to the efficacy of immune checkpoint inhibitors for metastatic renal cell carcinoma)

    岩田 健宏, 片山 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 西村 慎吾, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本泌尿器科学会総会   110回   OP25 - 05   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • cT1腎癌におけるロボット支援腎部分切除(RAPN)と経皮的凍結療法(PCA)の傾向スコアマッチング解析を用いた周術期成績・術後腎機能の検討(Oncological outcomes and renal function in robot-assisted partial nephrectomy vs percutaneous cryoablation for cT1 RCC: A propensity score-matched analysis)

    山野井 友昭, 別宮 謙介, 馬越 紀行, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 宇賀 麻由, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 平木 隆夫

    日本泌尿器科学会総会   110回   PP75 - 01   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 局所進行性膀胱癌に対する根治的膀胱全摘除術前化学療法としてのゲムシタビン、シスプラチン、パクリタキセル3剤併用化学療法の治療成績(Clinical Outcomes of Neoadjuvant Paclitaxel/Cisplatin/Gemcitabine compared with Gemcitabine/Cisplatin for Muscle-Invasive Bladder cancer)

    河田 達志, 別宮 謙介, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 津川 卓士, 坪井 一馬, 定平 卓也, 西村 慎吾, 小林 知子, 江原 伸, 荒木 元朗

    日本泌尿器科学会総会   110回   OP36 - 02   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 異所性腎患者に発生したmicropapillary variantを伴う筋層浸潤性膀胱癌に対して,ロボット支援下膀胱全摘除術を施行した一例

    原 惇也, 堀井 聡, 岩田 健宏, 鵜川 聖也, 長崎 直也, 松島 萌希, 奥村 美紗, 渡部 智文, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 小林 泰之

    西日本泌尿器科   85 ( 増刊号1 )   46 - 46   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Bladder tuberculosis with ureteral strictures after bacillus Calmette‑Guérin therapy for urinary bladder cancer: A case report 国際誌

    Yusuke Tominaga, Masanori Fujii, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kensuke Bekku, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Katsuyuki Kiura, Yoshinobu Maeda, Koichiro Wada, Motoo Araki

    Molecular and Clinical Oncology   18 ( 2 )   7 - 7   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    Intravesical immunotherapy using bacillus Calmette-Guérin (BCG) is recommended for patients with intermediate- to high-risk non-muscle invasive bladder cancer. Bladder tuberculosis (TB) is a rare complication of BCG therapy. The present study describes the case of a 73-year-old man who underwent intravesical BCG therapy for urothelial carcinoma in situ of the bladder. Red patches around the resection scar were first detected 1 year and 5 months after BCG treatment; these findings gradually spread to encompass more of the bladder wall. Transurethral biopsy revealed a benign lesion, but the patient developed bilateral hydronephrosis and mild voiding dysfunction. The patient was eventually diagnosed with bladder TB by mycobacterial urine culture and TB-specific polymerase chain reaction (PCR). The patient was given multidrug therapy (isoniazid, rifampicin and ethambutol) and their bladder TB was completely cured; however, their voiding dysfunction and bilateral hydronephrosis did not fully improve. Bladder TB can occur long after intravesical BCG administration and cystoscopy findings consistent with inflammation can be the key to suspecting this condition. Acid-fast examination and PCR testing of a urine sample are necessary for early diagnosis.

    DOI: 10.3892/mco.2022.2603

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of therapeutic features and oncologic outcome in patients with pN1 prostate cancer among robot-assisted, laparoscopic, or open radical prostatectomy.

    Takahiro Kirisawa, Masaki Shiota, Takahiro Kimura, Kohei Edamura, Makito Miyake, Shuichi Morizane, Takayuki Yoshino, Akihiro Matsukawa, Ryuji Matsumoto, Takashi Kasahara, Naotaka Nishiyama, Masatoshi Eto, Hiroshi Kitamura, Eijiro Nakamura, Yoshiyuki Matsui

    International journal of clinical oncology   28 ( 2 )   306 - 313   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To compare the therapeutic features and oncological outcomes of robot-assisted radical prostatectomy (RARP) with those of open radical prostatectomy (ORP) or laparoscopic radical prostatectomy (LRP) in lymph node (LN) positive prostate cancer patients in a retrospective observational multi-institutional study. PATIENTS AND METHODS: We evaluated the clinical results of 561 patients across 33 institutions who underwent RARP, LRP, or ORP and who were diagnosed with LN-positive prostate cancer during RP with pelvic LN dissection (PLND). We determined the following survival outcomes: metastasis-free survival, overall survival, cancer-specific survival, and biochemical recurrence-free survival. The Kaplan-Meier method, log-rank test, and Cox proportional hazards regression model were used to evaluate the effect of treatment on oncological outcomes. Statistical significance was set at P < 0.05. RESULTS: There was no significant difference for any of the survival outcomes between the three surgical groups. However, RARP achieved a greater LN yield compared to that of ORP or LRP. When the extent of PLND was limited to the obturator LNs, the number of removed LNs (RLNs) was comparable between the three surgical groups. However, higher numbers of RLNs were achieved with RARP compared to the number of RLNs with ORP (P < 0.001) when PLND was extended to the external and/or internal iliac LNs. CONCLUSION: RARP, LRP, and ORP provided equal surgical outcomes for pN1 prostate cancer, and the prognosis was relatively good for all procedures. Increased numbers of RLNs may not necessarily affect the oncological outcome.

    DOI: 10.1007/s10147-022-02278-7

    PubMed

    researchmap

  • Feasibility of robot‑assisted radical cystectomy in a patient with an ectopic kidney: A case report 国際誌

    Kohei Edamura, Takuya Sadahira, Junya Hara, Takehiro Iwata, Wataru Ando, Satoshi Horii, Kentaro Nagao, Asuyuki Kobayashi, Motoo Araki

    Medicine International   3 ( 1 )   1 - 1   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    An ectopic kidney is a rare congenital defect in which the kidney does not migrate to its normal anatomical position. In the present study, a robot-assisted radical cystectomy and intracorporeal urinary diversion were performed for a patient with an ectopic kidney. The present study describes the case of a 72-year-old male patient who was diagnosed with a bladder tumor by magnetic resonance imaging and cystoscopy. A transurethral resection of the bladder tumor was performed. The pathological examination revealed an invasive urothelial carcinoma. Contrast-enhanced computed tomography revealed an ectopic left kidney in the upper pelvis. A robot-assisted radical cystectomy, extended lymph node dissection and intracorporeal urinary diversion were performed. On the whole, as demonstrated herein, a robot-assisted radical cystectomy with intracorporeal urinary diversion is a feasible approach for muscle-invasive bladder cancer complicated by an ectopic kidney.

    DOI: 10.3892/mi.2022.61

    PubMed

    researchmap

  • Cutaneous toxicity with suprabasal blisters and dyskeratosis following administration of enfortumab vedotin. 国際誌

    Ken-Ichi Hasui, Yoshio Kawakami, Tomoko Miyake, Yoji Hirai, Hayato Nomura, Kohei Edamura, Motoo Araki, Shin Morizane

    The Journal of dermatology   50 ( 4 )   e115-e116   2022年11月

     詳細を見る

  • 横隔膜、腸腰筋、左腎に接する後腹膜脱分化型脂肪肉腫に対して横隔膜合併切除を含めた外科的治療を行った一例

    松島 萌希, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   190 - 190   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 再三の細胞診検査で骨盤内再発が判明した膀胱癌の一例

    鵜川 聖也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   227 - 227   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 当院におけるProteus mirabilisの薬剤感受性の推移とESBL産生株分離状況

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 荒木 元朗, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 和田 耕一郎

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   216 - 216   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 横隔膜、腸腰筋、左腎に接する後腹膜脱分化型脂肪肉腫に対して横隔膜合併切除を含めた外科的治療を行った一例

    松島 萌希, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   190 - 190   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • SPAREスコアと3Dモデルによるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の予後予測

    渡部 智文, 定平 卓也, 吉永 香澄, 関戸 崇了, 丸山 雄樹, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   P - 21   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 再三の細胞診検査で骨盤内再発が判明した膀胱癌の一例

    鵜川 聖也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   227 - 227   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 当院におけるProteus mirabilisの薬剤感受性の推移とESBL産生株分離状況

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 荒木 元朗, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 和田 耕一郎

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   216 - 216   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援膀胱全摘術における低分子ヘパリンによる予防的抗凝固療法の有用性

    丸山 雄樹, 岩田 健宏, 吉永 香澄, 片山 聡, 小林 智子, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   O - 4   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術でここまでできる~ロボット時代を生き抜く達人技~ 大きな腫瘍に対する腹腔鏡・後腹膜鏡併用による腫瘍摘出術の試み

    吉永 香澄, 小林 泰之, 冨永 悠介, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   WS - 4   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • ロボット支援膀胱全摘除術(RARC)における体腔内(ICUD)・体腔外尿路変向(ECUD)の比較

    山野井 友昭, 小林 泰之, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   P - 2   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 仙骨腟固定術後の新規腹圧性尿失禁 腹腔鏡下手術とロボット支援下手術での検討

    小林 知子, 佐古 智子, 岩田 健宏, 富永 悠介, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   P - 1   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • Simplified PADUA REnal (SPARE) nephrometry system can describe the surgical difficulty of renal masses with high accuracy even without 3D renal models. 国際誌

    Tomofumi Watanabe, Takuya Sadahira, Takanori Sekito, Yuki Maruyama, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki

    Urology   170   132 - 138   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To evaluate whether a 2-dimensional(2D) model describes the surgical difficulty of a renal mass accurately comparable to that obtained using a 3D model with the Simplified PADUA REnal nephrometry system (SPARE). METHODS: A total of 100 patients underwent RAPN in our hospital between October 2018 and May 2021. We excluded patients with CT images inappropriate for evaluation or for construction of 3D models, patients with multiple tumors, and those who underwent preoperative transcatheter arterial embolization. We conducted a retrospective analysis of the remaining patients using SPARE predictions from CT images (2D-SPARE) and SPARE predictions from 3D models (3D-SPARE). We evaluated the difference between the 2 nephrometry scores and compared them by their ability to predict the achievement of the desired surgical outcome: absence of positive margins, absence of ischemia, and absence of significant complications. RESULTS: A total of 87 patients were included in this study. Total score, and risk categorization using 3D-SPARE was significantly different from those using 2D-SPARE (p < 0.05), but in their areas under the curve (AUC), the scores and categorizations were not significantly different (score, 0.763 vs 0.742; p = 0.501; categorization, 0.711 vs 0.701; p = 0.755). CONCLUSION: The SPARE system can describe the surgical difficulty of renal masses with high accuracy even without the use of 3D renal models.

    DOI: 10.1016/j.urology.2022.09.015

    PubMed

    researchmap

  • Management of patients with advanced prostate cancer in Japan: ‘real-world’ consideration of the results from the Advanced Prostate Cancer Consensus Conference 国際誌

    Kazutoshi Fujita, Hiroyoshi Suzuki, Nobuyuki Hinata, Yuji Miura, Kohei Edamura, Ken-Ichi Tabata, Gaku Arai, Nobuaki Matsubara, Yota Yasumizu, Takeo Kosaka, Mototsugu Oya, Mikio Sugimoto

    Translational Andrology and Urology   11 ( 12 )   1771 - 1785   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AME Publishing Company  

    A multidisciplinary approach is necessary to manage advanced prostate cancer. The Advanced Prostate Cancer Consensus Conference (APCCC) in 2019 provided a practical guide to help clinicians consider therapeutic options in controversial areas, but healthcare systems vary across the world. At the 109th annual meeting of the Japanese Urological Association in December 2021, Japanese urologists voted on the questions in the APCCC 2019 guidelines regarding prostate-specific membrane antigen-positron emission tomography (PSMA-PET), management of oligometastatic prostate cancer, management of nonmetastatic castration-resistant prostate cancer (CRPC), management of a primary tumor in metastatic settings, systemic treatment of newly diagnosed metastatic castration-sensitive prostate cancer (CSPC), management of metastatic CRPC (mCRPC), and tumor genomic testing. We summarize the "real-world" status of the management of advanced prostate cancer in Japan. Several differences were noted in the management of advanced prostate cancer between Japanese urologists and the APCCC 2019 guidelines. Many Japanese urologists chose conventional imaging modalities for detecting metastasis instead of PSMA-PET. More Japanese urologists prefer androgen-deprivation therapy (ADT) alone in the management of low-volume metastatic CSPC than the APCCC panelists do, In the management of M0 CRPC, darolutamide and enzalutamide were chosen more by Japanese urologists than by the voters at the APCCC 2019. Bicalutamide remains one of the options for the management of mCRPC in Japan. More Japanese urologists do not recommend microsatellite instability (MSI) and BRCA1/2 tests than the voters at the APCCC 2019. Clinical evidence in Japan should be collected to address these discrepancies.

    DOI: 10.21037/tau-22-396

    PubMed

    researchmap

  • 当院における腎移植後コロナウイルス感染症の臨床経過

    吉永 香澄, 関戸 崇了, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 西村 慎吾, 竹内 英実, 田邉 克幸, 森永 裕士, 内田 治仁, 和田 淳, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    移植   57 ( 総会臨時 )   262 - 262   2022年10月

  • A case of tape infection 19 years after insertion of a tension-free vaginal tape sling. 国際誌

    Tomofumi Watanabe, Tomoko Sako, Yusuke Tominaga, Takuya Sadahira, Takanori Sekito, Atsushi Takamoto, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Koichiro Wada, Motoo Araki

    IJU case reports   5 ( 4 )   228 - 231   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Introduction: Tape infection after insertion of tension-free vaginal tape is a well-known but rare complication. We report a patient who experienced a subcutaneous abscess 19 years after the surgery. Case presentation: A 41-year-old woman presented with fever and lower abdominal pain. She had undergone tension-free vaginal tape insertion for stress urinary incontinence 19 years prior. She had asymptomatic dysuria. After an abscess incision and 1-week treatment with antibiotics, she underwent surgery to remove the tape and the abscess without complications. Conclusion: Tension-free Vaginal Tape insertion could be a potential risk of asymptomatic dysuria, resulting in urinary tract infection. In this case, removal of tape was necessary for controlling subcutaneous abscess resulting from the presence of tension-free vaginal tape.

    DOI: 10.1002/iju5.12440

    PubMed

    researchmap

  • Radiotherapy plus androgen deprivation therapy for prostate-specific antigen persistence in lymph node-positive prostate cancer. 国際誌

    Masaki Shiota, Dai Takamatsu, Takahiro Kimura, Kojiro Tashiro, Yoshiyuki Matsui, Ryotaro Tomida, Ryoichi Saito, Masakazu Tsutsumi, Akira Yokomizo, Yoshiyuki Yamamoto, Kohei Edamura, Makito Miyake, Shuichi Morizane, Takayuki Yoshino, Akihiro Matsukawa, Shintaro Narita, Ryuji Matsumoto, Takashi Kasahara, Kohei Hashimoto, Hiroaki Matsumoto, Masashi Kato, Shusuke Akamatsu, Akira Joraku, Manabu Kato, Takahiro Yamaguchi, Toshihiro Saito, Tomoyuki Kaneko, Atsushi Takahashi, Takuma Kato, Shinichi Sakamoto, Hideki Enokida, Hidenori Kanno, Naoki Terada, Shigetaka Suekane, Naotaka Nishiyama, Masatoshi Eto, Hiroshi Kitamura

    Cancer science   113 ( 7 )   2386 - 2396   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The treatment for lymph node involvement (LNI) after radical prostatectomy (RP) has not been established. This study aimed to reveal the outcomes of various management strategies among patients with LNI after RP. Retrospectively, 561 patients with LNI after pelvic lymph node dissection (PLND) with RP treated between 2006 and 2019 at 33 institutions participating in the Japanese Urological Oncology Group were investigated. Metastasis-free survival (MFS) was the primary outcome. Patients were stratified by prostate-specific antigen (PSA) persistence after RP. Cox regression models were used to analyze the relationships between clinicopathological characteristics and survival. Survival analyses were conducted using the Kaplan-Meier method and log-rank test with or without propensity score matching. Prognoses, including MFS and overall survival, were prominently inferior among patients with persistent PSA compared with those without persistent PSA. In multivariate analysis, androgen deprivation therapy (ADT) plus radiotherapy (RT) was associated with better MFS than ADT alone among patients with persistent PSA (hazard ratio = 0.37; 95% confidence interval = 0.15-0.93; p = 0.034). Similarly, MFS and overall survival were significantly better for ADT plus RT than for ADT alone among patients with persistent PSA after propensity score matching. This study indicated that PSA persistence in LNI prostate cancer increased the risk of poor prognoses, and intensive treatment featuring the addition of RT to ADT might improve survival.

    DOI: 10.1111/cas.15383

    PubMed

    researchmap

  • Intravesical indwelling lidocaine‑releasing devices for IC/BPS (Review)

    Tomofumi Watanabe, Takuya Sadahira, Masami Watanabe, Yuki Maruyama, Koichiro Wada, Takanori Sekito, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Toyohiko Watanabe

    World Academy of Sciences Journal   4 ( 4 )   2022年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    DOI: 10.3892/wasj.2022.163

    researchmap

  • ステント付着結石により3本尿管ステント留置し2度のECIRSによりstone freeとなった1例

    堀井 聡, 奥村 美紗, 渡部 智文, 関戸 崇了, 徳永 素, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号2 )   168 - 168   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下前立腺全摘除術中にモノポーラシザースのチップカバーが脱落し、発見が困難であった一例

    長尾 賢太郎, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 小林 泰之

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   35 ( 1 )   168 - 172   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    我々が経験したロボット支援下前立腺全摘除術におけるインシデントを報告する.症例は70歳代男性.手術はda Vinci Xiで行われた.術中,1stポートのインストゥルメントを入れ替えた際に,モノポーラシザースよりチップカバーが外れ,紛失した.腹腔内や術野内外をX線透視も用いて探索するも見つからず,Computed tomographyを施行したところ,1stポート造設部の皮下に迷入していた.その後は手術を再開し,合併症なく終了.チップカバーは画像と同部位の皮下より摘出された.手術映像を見返したところ,チップカバーが適切に装着されておらず,インストゥルメント交換の際にトロッカーが皮下まで抜けていたことが判明した.本件のようなインシデントを予防するためには,チップカバーの適切な装着と,インストゥルメントの正しい手順での交換および交換時の確認が必要である.(著者抄録)

    researchmap

  • 【初心にかえって、TURBTの手技徹底検証!】合併症を回避するTURBTの極意

    西村 慎吾, 小林 泰之, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   35 ( 1 )   45 - 50   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    TURBTは泌尿器科医にとって必須な手技であり,その良し悪しが患者の予後を規定するといっても過言ではない.加えて,TURBTは個体差によるバリエーションに富んでおり,初心者のみならず熟練者であってもその難しさを痛感する手術である.そのため,それぞれの症例に応じた戦略(根治的・姑息的・診断的切除の判断,切除の手順・方法等)をたてることが重要であり,加えて合併症対策をしっかりと行うこと,システム化された指導法を確立することが重要である.今回,初心に立ち返り当院における『合併症を回避するためのポイント』を整理した.術中合併症には穿孔や出血が挙げられる.高齢者,複数回のTUR歴やBCG治療歴などによる膀胱壁菲薄化が術中穿孔リスクとなる.出血は,術中の不十分な止血操作だけでなく,抗血小板薬・抗凝固薬の内服もリスクとなる.これらの薬剤継続による出血のみならず,休薬に伴う血栓症リスクを術前に評価することも重要である.術後合併症には前立腺肥大症などによる尿道カテーテル抜去後尿閉による穿孔がある.これらの合併症対策として,1.術前に画像検査で筋層浸潤の有無を判断し,症例に応じた戦略作成をたてること,2.抗血小板・抗凝固薬の継続,中止の取り扱いを検討すること,3.システム化された指導を行うこと,が重要である.これらのポイントについて,当科で実践している手技,術前戦略が功を奏した症例などを提示しながら解説する.(著者抄録)

    researchmap

  • ロボット支援下前立腺全摘除術中にモノポーラシザースのチップカバーが脱落し、発見が困難であった一例

    長尾 賢太郎, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 小林 泰之

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   35 ( 1 )   168 - 172   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    我々が経験したロボット支援下前立腺全摘除術におけるインシデントを報告する.症例は70歳代男性.手術はda Vinci Xiで行われた.術中,1stポートのインストゥルメントを入れ替えた際に,モノポーラシザースよりチップカバーが外れ,紛失した.腹腔内や術野内外をX線透視も用いて探索するも見つからず,Computed tomographyを施行したところ,1stポート造設部の皮下に迷入していた.その後は手術を再開し,合併症なく終了.チップカバーは画像と同部位の皮下より摘出された.手術映像を見返したところ,チップカバーが適切に装着されておらず,インストゥルメント交換の際にトロッカーが皮下まで抜けていたことが判明した.本件のようなインシデントを予防するためには,チップカバーの適切な装着と,インストゥルメントの正しい手順での交換および交換時の確認が必要である.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2022&ichushi_jid=J07650&link_issn=&doc_id=20220531400028&doc_link_id=%2Fcs5robot%2F2022%2F003501%2F032%2F0168-0172%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5robot%2F2022%2F003501%2F032%2F0168-0172%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • テキストマイニングによる腎移植に関する症例報告論文の考察

    関戸 崇了, 荒木 元朗, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 田邊 克幸, 竹内 英実, 喜多村 真治, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   55回   227 - 227   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • Medical uses for silver nitrate in the urinary tract (Review)

    Takanori Sekito, Takuya Sadahira, Toyohiko Watanabe, Yuki Maruyama, Tomofumi Watanabe, Takehiro Iwata, Koichiro Wada, Kohei Edamura, Motoo Araki, Masami Watanabe

    World Academy of Sciences Journal   4 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    DOI: 10.3892/wasj.2022.141

    researchmap

  • 後腹膜リンパ節郭清術後の射精障害の検討

    富永 悠介, 佐古 智子, 奥村 美紗, 渡部 智文, 近藤 崇弘, 関戸 崇了, 竹丸 紘史, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 片山 聡, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 松本 裕子, 杉本 盛人, 和田 耕一郎

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   84 - 84   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるBioJetシステムを用いたMRI/US融合下経会陰的前立腺生検

    高本 篤, 河田 達志, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 渡部 智文, 三宅 修司, 林 あずさ, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 佐古 智子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   48 - 48   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 上部尿路上皮癌に対する尿路内視鏡的治療の成績と課題

    和田 耕一郎, 小川 貢平, 坪井 一朗, 吉岡 彩織, 横山 周平, 小林 祐介, 中島 宏親, 永見 太一, 山崎 清玄, 小池 千明, 椎名 浩昭, 荒木 元朗, 枝村 康平, 岩田 健宏, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   89 - 89   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学におけるUTUCに対するURSの成績と課題

    和田 耕一郎, 丸山 雄樹, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 枝村 康平, 定平 卓也, 林 あずさ, 三宅 修司, 渡部 智文, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 大岩 裕子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   48 - 49   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 全身転移を来たした成人発症の胎児型前立腺横紋筋肉腫の1例

    近藤 崇弘, 関戸 崇了, 定平 卓也, 富永 悠介, 高本 篤, 奥村 美紗, 渡部 智文, 堀井 聡, 竹丸 絋史, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 田端 雅弘, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   53 - 53   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 待機日数56日で先行的脳死下献腎移植を行った17歳女性の1例

    奥村 美紗, 吉永 香澄, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡部 智文, 近藤 崇弘, 関戸 崇了, 堀井 聡, 竹丸 紘史, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   50 - 51   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるBioJetシステムを用いたMRI/US融合下経会陰的前立腺生検

    高本 篤, 河田 達志, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 渡部 智文, 三宅 修司, 林 あずさ, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 佐古 智子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   48 - 48   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学におけるUTUCに対するURSの成績と課題

    和田 耕一郎, 丸山 雄樹, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 枝村 康平, 定平 卓也, 林 あずさ, 三宅 修司, 渡部 智文, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 大岩 裕子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   48 - 49   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 待機日数56日で先行的脳死下献腎移植を行った17歳女性の1例

    奥村 美紗, 吉永 香澄, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡部 智文, 近藤 崇弘, 関戸 崇了, 堀井 聡, 竹丸 紘史, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   50 - 51   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 全身転移を来たした成人発症の胎児型前立腺横紋筋肉腫の1例

    近藤 崇弘, 関戸 崇了, 定平 卓也, 富永 悠介, 高本 篤, 奥村 美紗, 渡部 智文, 堀井 聡, 竹丸 絋史, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 田端 雅弘, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   53 - 53   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 後腹膜リンパ節郭清術後の射精障害の検討

    富永 悠介, 佐古 智子, 奥村 美紗, 渡部 智文, 近藤 崇弘, 関戸 崇了, 竹丸 紘史, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 長尾 賢太郎, 片山 聡, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 松本 裕子, 杉本 盛人, 和田 耕一郎

    西日本泌尿器科   84 ( 増刊号1 )   84 - 84   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • A Novel Technique Using Fluorescent Ureteral Catheter and Flexible Ureteroscope for Safe Laparoscopic Fenestration of Lymphocele after Kidney Transplantation. 国際誌

    Takanori Sekito, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Toyohiko Watanabe

    Case reports in transplantation   2022   9948425 - 9948425   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Laparoscopic fenestration of a postrenal transplant lymphocele is associated with a risk of renal hilar vessel and ureteral injury. Consequently, determination of the incision line is difficult. We describe a case of a 73-year-old man with postrenal transplant lymphocele who underwent a laparoscopic fenestration. We report a surgical video containing a new technique of laparoscopic fenestration using a fluorescent ureteral catheter in combination with a flexible ureteroscope. The combination of a fluorescent ureteral catheter and flexible ureteroscope during surgery enabled us to determine the incision line safely and accurately. Intraoperative real-time visualization of the lymphocele and ureter using a fluorescent ureteral catheter and a flexible ureteroscope is safer than conventional methods for laparoscopic fenestration. To the best of our knowledge, this is the first report of this novel technique.

    DOI: 10.1155/2022/9948425

    PubMed

    researchmap

  • Testosterone Recovery after Neoadjuvant Gonadotropin-Releasing Hormone Antagonist versus Agonist on Permanent Iodine-125 Seed Brachytherapy in Prostate Cancer Patients: A Propensity Score Analysis.

    Takehiro Iwata, Yuki Maruyama, Tatsushi Kawada, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Koichiro Wada, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   705 - 711   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Optimal neoadjuvant hormone therapy (NHT) for reducing prostate cancer (PC) patients' prostate volume pre-brachytherapy is controversial. We evaluated the differential impact of neoadjuvant gonadotropin-releasing hormone (GnRH) antagonist versus agonist on post-brachytherapy testosterone recovery in 112 patients treated pre-brachytherapy with NHT (GnRH antagonist, n=32; GnRH agonists, n=80) (Jan. 2007-June 2019). We assessed the effects of patient characteristics and a GnRH analogue on testosterone recovery with logistic regression and a propensity score analysis (PSA). There was no significant difference in the rate of testosterone recovery to normal levels (> 300 ng/dL) between the GnRH antagonist and agonists (p=0.07). The GnRH agonists induced a significantly more rapid testosterone recovery rate at 3 months post-brachytherapy versus the GnRH antagonist (p<0.0001); there was no difference in testosterone recovery at 12 months between the GnRH antagonist/agonists (p=0.8). In the multivariate analysis, no actor was associated with testosterone recovery. In the PSA, older age and higher body mass index (BMI) were significantly associated with longer testosterone recovery. Post-brachytherapy testosterone recovery was quicker with the neoadjuvant GnRH agonists than the antagonist, and the testosterone recovery rate was significantly associated with older age and higher BMI. Long-term follow-ups are needed to determine any differential effects of GnRH analogues on the quality of life of brachytherapy-treated PC patients.

    DOI: 10.18926/AMO/62810

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Efficacy and Safety of Sitafloxacin 200 mg Once Daily for Refractory Genitourinary Tract Infections.

    Takehiro Iwata, Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Takanori Sekito, Kasumi Yoshinaga, Shogo Watari, Kentaro Nagao, Tatsushi Kawada, Yusuke Tominaga, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Ayano Ishii, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Koichiro Wada

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   763 - 766   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this ongoing trial is to evaluate the clinical efficacy and safety of sitafloxacin (STFX) 200 mg once daily (QD) for 7 days in patients with refractory genitourinary tract infections, which include recurrent or complicated cystitis, complicated pyelonephritis, bacterial prostatitis, and epididymitis. The primary endpoint is the microbiological efficacy at 5-9 days after the last administration of STFX. Recruitment began in February 2021, and the target total sample size is 92 participants.

    DOI: 10.18926/AMO/62820

    PubMed

    researchmap

  • 腎移植における悪性腫瘍とその治療法:自己腎癌、前立腺癌、PTLDなども含めて 腎移植後の前立腺癌・尿路上皮癌

    荒木 元朗, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 山野井 友昭, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   109回   SY4 - 3   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 腸骨下腹神経ブロックが鼠径部痛の緩和に有効であった、再発性鼠径ヘルニアを合併したミュラー管遺残症候群の1例

    関戸 崇了, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   109回   OP05 - 06   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • APCCC JAPAN:今こそ日本人泌尿器科医の常識を問う! M0CRPC診療 M0CRPCに対する新規ホルモン剤はどのような症例に有効か?

    枝村 康平, 河田 達志, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   109回   SY31 - 3   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 浸潤性膀胱癌に対する開腹膀胱全摘除術(ORC)と比較した腹腔鏡下膀胱全摘除術(LRC)の長期治療成績に関する後方視的検討

    和田里 章悟, 小林 泰之, 河田 達志, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   84 ( 2 )   146 - 153   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    【目的】腹腔鏡下膀胱全摘除術(LRC)と開腹膀胱全摘除術(ORC)の長期制癌性を検討した本邦からの報告は少数である。当院におけるLRCとORCの周術期成績と長期治療成績を後方視的に比較検討した。【対象】2012年5月から2018年6月までに施行した膀胱全摘症例のうち78例(LRC48例,ORC30例)とした。【結果】観察期間中央値はLRC群30ヵ月,ORC群43.5ヵ月であった。LRC群で男性が多く,回腸導管の割合が高かった。手術時間はLRC群で長く(p=0.038),推定出血量と輸血症例が少なかった(ともにp<0.001)。術後病理結果はLRC群でG2症例が少なかった(p=0.008)が,断端陽性率を含む他の結果に差はなかった。リンパ節郭清領域はORCで内外腸骨動脈分岐部以下,LRCで総腸骨動脈分岐部以下を基本としたが,郭清リンパ節の数とリンパ節陽性症例の割合に差はなかった。LRC群とORC群の5年全生存率,癌特異生存率,無再発生存率は72.2%と54.4%(p=0.249),77.7%と63.4%(p=0.376),71.4%と55.0%(p=0.115)であった。【結語】当院におけるLRC群の周術期成績は出血量,輸血頻度においてORC群より優れていた。制癌性についてもORC群に比しLRC群が優れている傾向を認め,リンパ節郭清領域が制癌性に影響する報告を裏付ける結果となった。(著者抄録)

    researchmap

  • Glasgow prognostic scoreは非セミノーマの胚細胞腫瘍患者において治療前にOS・PFSを予測できる

    吉永 香澄, 定平 卓也, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   109回   OP65 - 04   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • TVT手術19年後に発症したテープ感染の一例

    渡部 智文, 富永 悠介, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   109回   PP16 - 07   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • Tumor suppressor REIC/Dkk-3 and its co-chaperone SGTA: Two aspects of a GR inhibitor and AR activator as a modifier of the steroid signaling(和訳中)

    岩田 健宏, 定平 卓也, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   73回   175 - 175   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 癌抑制因子REIC/Dkk-3とそのコシャペロンSGTA ステロイドシグナル伝達の調節因子としてのGR阻害剤とAR活性化剤の二つの側面(Tumor suppressor REIC/Dkk-3 and its co-chaperone SGTA: Two aspects of a GR inhibitor and AR activator as a modifier of the steroid signaling)

    岩田 健宏, 定平 卓也, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   73回   175 - 175   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 鏡視下手術後の深部静脈血栓症早期発見を目的としたD-dimer測定の有用性

    丸山 雄樹, 岩田 健宏, 吉永 香澄, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器内視鏡学会総会   35回   AP - 6   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 腎移植後リンパ嚢腫の腹腔鏡下開窓術における蛍光尿管カテーテルと軟性尿管鏡の有用性

    関戸 崇了, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 吉永 香澄, 西村 慎吾, 枝村 康平, 佐古 智子, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器内視鏡学会総会   35回   V - 4   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • Impact of paclitaxel, cisplatin, and gemcitabine as first-line chemotherapy in cisplatin-fit and -unfit patients with advanced/metastatic urothelial carcinoma. 国際誌

    Satoshi Katayama, Yasuyuki Kobayashi, Atsushi Takamoto, Kohei Edamura, Takuya Sadahira, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Tomoko Sako, Koichiro Wada, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Urologic oncology   39 ( 10 )   731.e25-731.e32   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This study aimed to clarify the efficacy and toxicity of first-line combination treatment with paclitaxel, cisplatin, and gemcitabine (PCG) for advanced/metastatic urothelial carcinoma (UC) in cisplatin-unfit patients compared with cisplatin-fit patients. METHODS: We conducted a retrospective study of patients who received first-line PCG. Using international consensus criteria, patients were classified into cisplatin-fit and -unfit groups. Cisplatin-unfit patients received PCG with adjustment of the cisplatin dose after assessing 24-hour urinary creatinine clearance, without modifying the administration interval. RESULTS: From 2008 to 2017, 50 patients received first-line PCG, of whom 30 and 20 were classified into the cisplatin-fit and -unfit groups. After a median follow-up of 15.0 months, the median overall survival (OS) and progression-free survival (PFS) were 15.0 and 9.8 months in all patients, 15.0 and 10.0 months in the cisplatin-fit group, and 13.2 and 9.3 months in the cisplatin-unfit group, respectively. There was no significant difference in OS (hazard ratio [HR]: 1.33, 95% confidence interval [CI]: 0.69-2.54) or PFS (HR: 1.38, 95% CI: 0.74-2.55) between the groups. The overall response rate and complete response rate were 58% (95% CI: 43.2-71.8) and 32% (95% CI: 19.5-46.7) in all patients, and 55% (95% CI: 31.5-76.9) and 35% (95% CI: 15.4-59.2) in the cisplatin-unfit group, respectively. The common grade 3 of 4 adverse events experienced were neutropenia (78%), followed by thrombocytopenia (56%), anemia (46%), and febrile neutropenia (16%). The 24-hour urinary creatinine clearance did not differ significantly between the groups after one, two, or three courses of PCG. CONCLUSIONS: We found no significant difference regarding OS and PFS between the cisplatin-fit patients with a full dose of cisplatin and -unfit patients with cisplatin-dose-adjusted chemotherapy. In select cisplatin-unfit patients, PCG with dose adjustment of cisplatin may be useful for treating advanced/metastatic UC without any significant adverse events or impaired renal function compared with cisplatin-fit patients with a full dose of cisplatin.

    DOI: 10.1016/j.urolonc.2021.02.029

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of intracorporeal versus extracorporeal urinary diversion after robot-assisted radical cystectomy at a medium-sized facility.

    Takehiro Iwata, Yasuyuki Kobayashi, Yuki Maruyama, Tatsushi Kawada, Takuya Sadahira, Yuko Oiwa, Satoshi Katayama, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Koichiro Wada, Kohei Edamura, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    International journal of clinical oncology   26 ( 9 )   1714 - 1721   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The aim of this study is to compare the perioperative outcomes and learning curves between intracorporeal and extracorporeal urinary diversion at our medium-sized institution. METHODS: Between January 2018 and September 2020, a single surgeon at our institution performed 46 consecutive robot-assisted radical cystectomies with ileal conduit. We compared the perioperative outcomes between patients who underwent intracorporeal versus extracorporeal urinary diversion. We also investigated learning curves for the first and last 10 patients in each group. RESULTS: The extracorporeal group had shorter overall operative time (P = 0.003) and urinary diversion time (P < 0.0001) than the intracorporeal group. The intracorporeal group had shorter length of hospital stay (P = 0.02). There was no difference in complication and readmission rates. The extracorporeal group demonstrated no difference between the first and last 10 patients for overall operative time or time for cystectomy, lymph node dissection, or urinary diversion. However, the intracorporeal group had shorter urinary diversion time for the last 10 patients compared with the first 10 patients. The first 10 patients in the extracorporeal group had shorter overall operative time than the first 10 in the intracorporeal group, but there was no difference for the last 10 patients. CONCLUSIONS: Intracorporeal urinary diversion requires longer overall operative time than extracorporeal diversion for the first 10 patients, due to longer urinary diversion time. However, there is no difference in overall operative time for the last 10 patients. The benefit of intracorporeal over extracorporeal urinary diversion was not confirmed at our medium-sized institution.

    DOI: 10.1007/s10147-021-01957-1

    PubMed

    researchmap

  • Feasible kidney donation with living marginal donors, including diabetes mellitus. 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Motoo Araki, Koichiro Wada, Takanori Sekito, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Katsuyuki Tanabe, Hidemi Takeuchi, Masashi Kitagawa, Shinji Kitamura, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Immunity, inflammation and disease   9 ( 3 )   1061 - 1068   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To compare the donor outcomes of living donor kidney transplantation between standard donors (SDs) and marginal donors (MDs) including diabetic patients (MD + DM). METHODS: MDs were defined according to Japanese guideline criteria: (a) age >70-years, (b) blood pressure ≤130/80 mmHg on hypertension medicine, (c) body mass index >25 to ≤32 kg/m2 , (d) 24-h creatinine clearance ≥70 to <80 ml/min/1.73 m2 , and (e) hemoglobin A1c > 6.2 or ≤6.5 with oral diabetic medicine. Fifty-three of 114 donors were MDs. We compared donor kidney functions until 60 months postoperatively. RESULTS: No kidney function parameters were different between SDs and MDs. When comparing SD and MD + DM, MD + DM had a lower postoperative eGFR (48 vs. 41 (1 (month), p = .02), 49 vs. 40 (12, p < .01), 48 vs. 42 (24, p = .04), 47 vs. 38 (36, p = .01)) and the percentage of residual eGFR (SD vs. MD + DM: 63 vs. 57 (1 (month), p < .01), 63 vs. 57 (2, p < .01), 64 vs. 56 (12, p < .01), 63 vs. 57 (24, p < .01), 63 vs. 52 (36, p = .02)). However, when MD with a single risk factor of DM was compared to SD, the difference disappeared. Nine out of 12 (75%) MD + DM had ≥2 risk factors. CONCLUSIONS: Although long-term observation of donor kidney function is necessary, careful MD + DM selection had the potential to expand the donor pool.

    DOI: 10.1002/iid3.470

    PubMed

    researchmap

  • 【これから始めるロボット支援下仙骨腟固定術】ロボット支援下仙骨腟固定術の導入に向けて

    佐古 智子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   34 ( 2 )   221 - 225   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    骨盤臓器脱に対する治療として,2010年に経腟メッシュ手術が,2014年に腹腔鏡下仙骨腟固定術が保険収載され,泌尿器科医が骨盤臓器脱に対する治療を行うことも一般的になってきている.2020年4月の診療報酬改定により,新たにロボット支援腹腔鏡下仙骨腟固定術が保険収載された.腹腔鏡下仙骨腟固定術は,正確な剥離操作を要し,深部での縫合結紮操作を多用する手術であることなど,良性疾患に対する手術でありながら手技の難易度が比較的高い術式であると考えられる.これに対して手術支援ロボットを用いることで,手術の難易度が低減されること,手術成績が向上することが期待される.当院でも2020年8月よりロボット支援下仙骨腟固定術を導入した.ロボット支援下仙骨腟固定術のメリットやデメリット,導入の意義などについて,手術導入に向けた取り組みについて述べる.(著者抄録)

    researchmap

  • 【RARC ICUDを行う際のpit fall】RARCにおけるECUDとICUD(回腸導管)の比較検討

    小林 泰之, 枝村 康平, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   34 ( 2 )   182 - 185   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    岡山大学病院にて2018年1月より2020年9月までの期間に単一術者にて連続的に行われたロボット支援膀胱全摘(以下:RARC)46症例体腔外尿路変更(以下:ECUD)(23例),体腔内尿路変更(以下:ICUD)(23例)の比較検討を行った.検討項目は手術時間,推定出血量,輸血率,リンパ節郭清個数,入院日数,血液生化学データ,術後合併症とした.尿路変更に要した時間はICUD群の方が有意に長かったが,入院期間はICUD群が有意に短かった.他の周術期成績はECUDと同等であった.術者の視点では良好な拡大視野,尿管導管吻合の精緻性,同一視野で手術の流れが途切れることなく継続できることがICUDのメリットではないかと考える.(著者抄録)

    researchmap

  • 【これから始めるロボット支援下腎盂形成術】成人例のテクニカルポイント

    小林 泰之, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   34 ( 2 )   243 - 245   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    ロボット支援腎盂形成術(Robot-assisted Pyeloplasty 以下:RAPP)は2002年にGettmanらが報告して以来,海外を中心に広く行われている.本邦においては,2021年4月に保険適用され,今後急速に症例数が増加することが予想されている.RAPPの成否を左右するポイントは,(1)狭窄部の確実な切除,(2)余剰腎盂の切離のデザイン,そして(3)適切な腎盂尿管吻合の3点である.腎盂形成術は,術後に機能が回復,維持されて初めて成功と言える.この発表が,安全で確実なRAPPの普及に役立てば幸いである.(著者抄録)

    researchmap

  • ABO血液型不適合生体腎移植後の細菌感染症が急性抗体関連拒絶反応に与える影響についての検討

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 山下 里美, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   56 ( 総会臨時 )   O11 - 1   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • mCRPC治療におけるPARP阻害剤、IOの役割 査読

    枝村康平, 那須保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   132 - 137   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    近年,去勢抵抗性前立腺癌(castration-resistant prostate cancer:CRPC)に対する治療の選択肢は増えてきているが,分子標的薬の一種であるPoly ADP-ribose polymerase(PARP)阻害剤や免疫治療剤(Immuno-oncology drug:IO剤)もその有用性が報告され始めている。PARP阻害剤は,本邦でも2020年12月にBRCA遺伝子変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺癌に対するオラパリブの使用が承認された。これはPROfound試験の結果に基づくもので,BRCA1/2またはATM遺伝子変異陽性のmCRPC症例に対して,オラパリブ群とエンザルタミドまたはアビラテロン群を比較した結果,無増悪生存期間の有意な延長が確認されたものである。IO剤に関する試験も多数行われており,抗PD-1抗体であるペムブロリズマブは,がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-high)を有する固形癌への適応が承認された。さらに米国では腫瘍変異量の多い(TMB-h)進行固形癌に対する適応が追加承認された。遺伝子レベルで患者個別の特性に合わせた加療を行うプレシジョンメディシンとしてのPARP阻害剤やIO剤は今後のmCRPC治療において重要な役割を担うと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎部分切除術を施行した巨大類上皮型腎血管筋脂肪腫の1例

    横山 周平, 富永 悠介, 高本 篤, 定平 卓也, 関戸 崇了, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   175 - 180   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    症例は41歳,女性。2008年に結節性硬化症,両側腎血管筋脂肪腫およびIgA腎症と診断され,経過観察されていた。2015年に右腎血管筋脂肪腫より出血を認め緊急経カテーテル的動脈塞栓術を施行し,左腎血管筋脂肪腫に対しても待機的に経カテーテル的動脈塞栓術を施行した。2017年にCTで右腎尾側に新たに腫瘤を指摘され,2年の経過で12cmから20cm大に急速に増大したため2019年3月にCTガイド下針生検を実施し類上皮型腎血管筋脂肪腫と診断された。2019年5月に術前TAE後に開腹右腎部分切除術を施行した。2019年9月よりエベロリムスを開始したが,腎機能障害とHbA1cの上昇を認めたため中止した。その後,術後12ヵ月まで再発および転移を認めず経過している。(著者抄録)

    researchmap

  • ハイリスク腎移植 game changers DSA陽性ハイリスク腎移植

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 坪井 一朗, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   152 - 160   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    腎移植は末期腎不全に対する腎代替療法として理想的な治療である。生体で約94%,献腎で約88%という高い5年生着率が得られており,抗ドナー抗体(Donor-Specific Antibody:DSA)陽性のハイリスク症例に対する移植も積極的に行われつつある。2019年12月にDSA陽性腎移植における術前脱感作として免疫グロブリン大量静注療法(Intravenous Immunoglobulins:IVIG)が保険適応となった。IVIGは海外ではその有効性について多くの報告があり,日本でもGame changerとなりうる。今回,当科でDSA陽性に対し術前IVIGを行った2例を含めその有用性について文献的に検討する。症例1は69歳,3次移植の男性。原疾患不明の腎不全に対し,外国にて献腎移植を施行するも,術中に超急性拒絶反応を認め即座に移植腎を摘出,2つ目の腎が移植された。移植後約12年で当科に紹介受診。移植後約20年でgraft lossに至り,妻をドナーとしたA型(Rh+)→AB型(Rh+)の血液型不一致生体腎移植が検討された。CDCXMはT,B cell共に(-),FCXMはT cell(-),B cell(+),FlowPRA Single antigenでHLA-DQ強陽性であった(nMFI=23,230)。TAC,PSLに加え術前6週前より中止していたMMFを再開し,計500mgのrituximabを3及び1週前に投与,血漿交換はDFPP3回とPEX1回,術前16日前より計5回,計140gのIVIGを行い,移植を施行した。症例2は71歳,女性。IgA腎症を原疾患とする腎不全に対して,HD導入前に当科受診。妊娠・出産歴3回,夫をドナーとしたAB型(Rh+)→AB型(Rh+)の血液型一致生体腎移植が検討された。CDCXMはT,B cell共に(-),FCXMはT cell(-),B cell(+),FlowPRA Single antigenでHLA-C,DR,DQ陽性であった(nMFI=〜5,000)。術前脱感作はTAC,MMF,PSL,計500mgのrituximabを3及び1週前に投与,血漿交換はDFPP3回とPEX1回,術前16日前より計5回,計140gのIVIGを行い,移植を施行した。2症例とも術後現在まで一度も拒絶反応を起こすことなく良好な腎機能で経過している。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎部分切除術を施行した巨大類上皮型腎血管筋脂肪腫の1例

    横山 周平, 富永 悠介, 高本 篤, 定平 卓也, 関戸 崇了, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   175 - 180   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    症例は41歳,女性。2008年に結節性硬化症,両側腎血管筋脂肪腫およびIgA腎症と診断され,経過観察されていた。2015年に右腎血管筋脂肪腫より出血を認め緊急経カテーテル的動脈塞栓術を施行し,左腎血管筋脂肪腫に対しても待機的に経カテーテル的動脈塞栓術を施行した。2017年にCTで右腎尾側に新たに腫瘤を指摘され,2年の経過で12cmから20cm大に急速に増大したため2019年3月にCTガイド下針生検を実施し類上皮型腎血管筋脂肪腫と診断された。2019年5月に術前TAE後に開腹右腎部分切除術を施行した。2019年9月よりエベロリムスを開始したが,腎機能障害とHbA1cの上昇を認めたため中止した。その後,術後12ヵ月まで再発および転移を認めず経過している。(著者抄録)

    researchmap

  • ハイリスク腎移植 game changers DSA陽性ハイリスク腎移植

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 坪井 一朗, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   152 - 160   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    腎移植は末期腎不全に対する腎代替療法として理想的な治療である。生体で約94%,献腎で約88%という高い5年生着率が得られており,抗ドナー抗体(Donor-Specific Antibody:DSA)陽性のハイリスク症例に対する移植も積極的に行われつつある。2019年12月にDSA陽性腎移植における術前脱感作として免疫グロブリン大量静注療法(Intravenous Immunoglobulins:IVIG)が保険適応となった。IVIGは海外ではその有効性について多くの報告があり,日本でもGame changerとなりうる。今回,当科でDSA陽性に対し術前IVIGを行った2例を含めその有用性について文献的に検討する。症例1は69歳,3次移植の男性。原疾患不明の腎不全に対し,外国にて献腎移植を施行するも,術中に超急性拒絶反応を認め即座に移植腎を摘出,2つ目の腎が移植された。移植後約12年で当科に紹介受診。移植後約20年でgraft lossに至り,妻をドナーとしたA型(Rh+)→AB型(Rh+)の血液型不一致生体腎移植が検討された。CDCXMはT,B cell共に(-),FCXMはT cell(-),B cell(+),FlowPRA Single antigenでHLA-DQ強陽性であった(nMFI=23,230)。TAC,PSLに加え術前6週前より中止していたMMFを再開し,計500mgのrituximabを3及び1週前に投与,血漿交換はDFPP3回とPEX1回,術前16日前より計5回,計140gのIVIGを行い,移植を施行した。症例2は71歳,女性。IgA腎症を原疾患とする腎不全に対して,HD導入前に当科受診。妊娠・出産歴3回,夫をドナーとしたAB型(Rh+)→AB型(Rh+)の血液型一致生体腎移植が検討された。CDCXMはT,B cell共に(-),FCXMはT cell(-),B cell(+),FlowPRA Single antigenでHLA-C,DR,DQ陽性であった(nMFI=〜5,000)。術前脱感作はTAC,MMF,PSL,計500mgのrituximabを3及び1週前に投与,血漿交換はDFPP3回とPEX1回,術前16日前より計5回,計140gのIVIGを行い,移植を施行した。2症例とも術後現在まで一度も拒絶反応を起こすことなく良好な腎機能で経過している。(著者抄録)

    researchmap

  • Successful deceased donor kidney transplantation to a recipient with a history of COVID-19 treatment. 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kou Hasegawa, Takanori Sekito, Shuji Miyake, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Katsuyuki Tanabe, Hidemi Takeuchi, Yuri Nakashima, Masaru Kinomura, Herik Acosta, Yosuke Mitsui, Risa Kubota, Hirochika Nakajima, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Fumio Otsuka, Jun Wada, Yasutomo Nasu

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 7 )   1097 - 1101   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CASE PRESENTATION: A 49-year-old Asian male, who had undergone hemodialysis for >16 years, complained of a fever, dysgeusia and dysosmia, and was diagnosed with COVID-19 pneumonia based on severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 polymerase chain reaction (SARS-CoV-2 PCR) and computed tomography (CT). Treatment was started with oral favipiravir and ciclesonide inhalation. On the 10th day of treatment, the patient had a persistent high fever and a chest CT showed exacerbation of pneumonia, so dexamethasone was intravenously started. He was discharged after confirming two consecutive negative SARS-CoV-2 PCR tests. Three months after COVID-19 treatment, a SARS-CoV-2 PCR test was negative and he underwent a deceased donor kidney transplantation. Basiliximab induction with triple drug immunosuppression consisting of extended-release tacrolimus, mycophenolate mofetil and prednisolone, which is our regular immunosuppression protocol, was used. He was discharged on postoperative day 18 without the need for postoperative hemodialysis or any complications. The serum creatinine level was 1.72 mg/dL 95 days postoperatively and he had a favorable clinical course that was similar to deceased donor kidney recipients without a history of SARS-CoV-2 infection. CONCLUSION: We report the first case of a kidney transplantation after COVID-19 treatment in Japan and the fourth case globally. We would like to provide information about our successful case due to the anticipated increase in similar candidates in the near future.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.03.018

    PubMed

    researchmap

  • A Case of Metastatic Fumarate Hydratase-Deficient-like Renal Cell Carcinoma Successfully Managed by Ipilimumab plus Nivolumab.

    Takanori Sekito, Atsushi Takamoto, Yasuyuki Kobayashi, Masao Mitsui, Shogo Watari, Risa Kubota, Takuya Sadahira, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Tomoko Sako, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Rei Shibata, Daisuke Ennishi, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   75 ( 3 )   397 - 402   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a 62-year-old male with metastatic fumarate hydratase-deficient renal cell carcinoma (FH-deficient RCC) without fumarate hydratase (FH) mutation (FH-deficient-like RCC). The International Metastatic RCC Database Consortium risk score was intermediate, and immunotherapy with nivolumab and ipilimumab (Ipi/ Nivo) was initiated. Four cycles of Ipi/Nivo and 5 cycles of nivolumab resulted in a complete response of the metastases. Hypophysitis occurred as an immune-related adverse event after four cycles of Ipi/Nivo. The prognosis of patients with FH-deficient RCC is generally poor. Few reports of FH-deficient RCC successfully treated with Ipi/Nivo have been published. Ipi/Nivo can be effective for treating FH-deficient RCC.

    DOI: 10.18926/AMO/62237

    PubMed

    researchmap

  • 腎門部に発生した粘液嚢胞腺癌の1例

    三宅 修司, 岩田 健宏, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 久保 寿夫, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 2 )   100 - 105   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    症例は79歳,男性。2年前に検診にて左腎嚢胞と診断され近医で経過観察となっていたが,増大傾向であったため当科紹介となった。造影CT検査でBosniak分類category IVの左嚢胞性腎癌を疑い,腹腔鏡下左腎摘除術を施行した。術後病理結果から,粘液嚢胞腺癌(Mucinous cystadenocarcinoma)と診断した。術後補助化学療法は行わずに経過観察としていたが,術後3ヵ月後に多発肺転移が出現し,化学療法(カルボプラチン+パクリタキセル)を開始した。5コース投与後の肺転移はSDであったため,一旦化学療法中止で経過観察の方針としたが,5ヵ月後に肺転移は増大傾向を認めたため術後14ヵ月目よりニボルマブの投与を開始した。ニボルマブ2コース投与後のCTで肺転移は縮小し,5コース投与後もPRを維持しているため現在も投与継続中である。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎門部に発生した粘液嚢胞腺癌の1例

    三宅 修司, 岩田 健宏, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 久保 寿夫, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 1 )   14 - 14   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Photodynamic diagnostic ureteroscopy using the VISERA ELITE video system for diagnosis of upper-urinary tract urothelial carcinoma: a prospective cohort pilot study. 国際誌

    Koichiro Wada, Motoo Araki, Ryuta Tanimoto, Takuya Sadahira, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Hirochika Nakajima, Herik Acosta, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    BMC urology   21 ( 1 )   45 - 45   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The advantages of photodynamic diagnostic technology using 5-aminolevulinic acid (ALA-PDD) have been established. The aim of this prospective cohort study was to evaluate the usefulness of ALA-PDD to diagnose upper tract urothelial carcinoma (UT-UC) using the Olympus VISERA ELITE video system. METHODS: We carried out a prospective, interventional, non-randomized, non-contrast and open label cohort pilot study that involved patients who underwent ureterorenoscopy (URS) to detect UT-UC. 5-aminolevulinic acid hydrochloride was orally administered before URS. The observational results and pathological diagnosis with ALA-PDD and traditional white light methods were compared, and the proportion of positive subjects and specimens were calculated. RESULTS: A total of 20 patients were enrolled and one patient who had multiple bladder tumors did not undergo URS. Fifteen of 19 patients were pathologically diagnosed with UT-UC and of these 11 (73.3%) were ALA-PDD positive. Fourteen of 19 patients were ALA-PDD positive and of these 11 were pathologically diagnosed with UC. For the 92 biopsy specimens that were malignant or benign, the sensitivity for both traditional white light observation and ALA-PDD was the same at 62.5%, whereas the specificities were 73.1% and 67.3%, respectively. Of the 38 specimens that were randomly biopsied without any abnormality under examination by both white light and ALA-PDD, 11 specimens (28.9%) from 5 patients were diagnosed with high grade UC. In contrast, four specimens from 4 patients, which were negative in traditional white light observation but positive in ALA-PDD, were diagnosed with carcinoma in situ (CIS). CONCLUSIONS: Our results suggest that ALA-PDD using VISERA ELITE is not sufficiently applicable for UT-UC. Nevertheless, it might be better particularly for CIS than white light and superior results would be obtained using VISERA ELITE II video system. TRIAL REGISTRATION: The present clinical study was approved by the Okayama University Institutional Review Board prior to study initiation (Application no.: RIN 1803-002) and was registered with the UMIN Clinical Trials Registry (UMIN-CTR), Japan (Accession no.: UMIN000031205).

    DOI: 10.1186/s12894-021-00819-2

    PubMed

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術〜現状の課題と今後の方向性〜 岡山大学病院におけるRARC ICUD(回腸導管)

    小林 泰之, 西村 慎吾, 岩田 健宏, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   SY16 - 2   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • RAPNの周術期合併症の予防と対策

    小林 泰之, 荒木 元朗, 枝村 康平, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    泌尿器科   13 ( 3 )   323 - 325   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 岡山大学病院における去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの長期治療成績

    河田 達志, 高本 篤, 横山 周平, 宗田 大二郎, 坪井 一馬, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 6 )   605 - 605   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 神経線維腫症1型に合併した後腹膜悪性末梢神経鞘腫瘍の1例

    宗田 大二郎, 岩田 健宏, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 中田 英二, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   82 ( 6 )   596 - 600   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    症例は30代,女性。過去に左腋窩皮膚生検で神経線維腫と診断され,特徴的な皮膚所見や家族歴などから神経線維腫症1型(NF-1;von Recklinghausen病)を疑われていたが放置していた。20XX年2月に右大腿部痛,背部痛を主訴に近医を受診しMRI,造影CTで約13cm大の後腹膜腫瘤を指摘され,L2神経根からの発生と脊柱管内の浸潤も疑われ,神経線維腫の疑いとして手術目的に当科紹介された。合同での手術が必要と考えられたため,整形外科に紹介しMRIガイド下生検で悪性末梢神経鞘腫瘍の可能性を示唆された。同年6月に腫瘍の動脈塞栓術施行後に右後腹膜腫瘍摘出術を施行し,病理結果から悪性末梢神経鞘腫瘍と診断された。術後10ヵ月現在再発認めず,外来通院中である。後腹膜原発腫瘍において悪性末梢神経鞘腫瘍は極めて稀な症例であり,有効な治療法は確立されていない。今回,後腹膜原発の悪性末梢神経鞘腫瘍の1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • Long-term ureteroscopic management of upper tract urothelial carcinoma: 28-year single-centre experience. 国際誌

    Yuki Maruyama, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kasumi Yoshinaga, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Manoj Monga, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    Japanese journal of clinical oncology   51 ( 1 )   130 - 137   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Long-term survival outcomes of patients who undergo endoscopic management of non-invasive upper tract urothelial carcinoma remain uncertain. The longest mean follow-up period in previous studies was 6.1 years. This study reports the long-term outcomes of patients with upper tract urothelial carcinoma who underwent ureteroscopic ablation at a single institution over a 28-year period. METHODS: We identified all patients who underwent ureteroscopic management of upper tract urothelial carcinoma as their primary treatment at our institution between January 1991 and April 2011. Survival outcomes, including overall survival, cancer-specific survival, upper-tract recurrence-free survival and renal unit survival, were estimated using Kaplan-Meier methodology. RESULTS: A total of 15 patients underwent endoscopic management, with a mean age at diagnosis of 66 years. All patients underwent ureteroscopy, and biopsy-confirmed pathology was obtained. Median (range; mean) follow-up was 11.7 (2.3-20.9, 11.9) years. Upper tract recurrence occurred in 87% (n = 13) of patients. Twenty percent (n = 3) of patients proceeded to nephroureterectomy. The estimated cancer-specific survival rate was 93% at 5, 10, 15 and 20 years. Estimated overall survival rates were 86, 80, 54 and 20% at 5, 10, 15 and 20 years. Only one patient experienced cancer-specific mortality. The estimated mean and median overall survival times were 14.5 and 16.6 years, respectively. The estimated mean cancer-specific survival time was not reached. CONCLUSIONS: Although upper tract recurrence is common, endoscopic management of non-invasive upper tract urothelial carcinoma provides a 90% cancer-specific survival rate at 20 years in selected patients.

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa132

    PubMed

    researchmap

  • A Clinical Trial Evaluating the Usefulness of Tailored Antimicrobial Prophylaxis Using Rectal-culture Screening Media Prior to Transrectal Prostate Biopsy: A Multicenter, Randomized Controlled Trial.

    Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Yoshiki Hiyama, Hiroyuki Kitano, Hiroki Yamada, Takayuki Goto, Tsubasa Kondo, Katsumi Shigemura, Yosuke Mitsui, Takehiro Iwata, Kohei Edamura, Motoo Araki, Masami Watanabe, Tadasu Takenaka, Jun Teishima, Yasuyoshi Miyata, Kiyohito Ishikawa, Ei-Ichiro Takaoka, Jun Miyazaki, Satoshi Takahashi, Naoya Masumori, Hiroshi Kiyota, Masato Fujisawa, Shingo Yamamoto, Takafumi Sakuma, Norihiro Kusumi, Takaharu Ichikawa, Toyohiko Watanabe, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Yasutomo Nasu, Koichiro Wada

    Acta medica Okayama   75 ( 5 )   663 - 667   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this report is to introduce an on-going, multicenter, randomized controlled trial to evaluate whether tailored antimicrobial prophylaxis guided by rectal culture screening prevents acute bacterial prostatitis following transrectal prostate biopsy (TRPB). Patients will be randomized into an intervention or non-intervention group; tazobactam-piperacillin or levofloxacin will be prophylactically administered according to the results of rectal culture prior to TRPB in the intervention group whereas levofloxacin will be routinely given in the non-intervention group. The primary endpoint is the occurrence rate of acute bacterial prostatitis after TRPB. Recruitment begins in April, 2021 and the target total sample size is 5,100 participants.

    DOI: 10.18926/AMO/62782

    PubMed

    researchmap

  • Management of Groin Pain Using an Iliohypogastric Nerve Block in a Patient with Inguinal Hernia due to Persistent Müllerian Duct Syndrome. 国際誌

    Takanori Sekito, Takuya Sadahira, Masahiro Sugihara, Kohei Edamura, Motoo Araki, Yasutomo Nasu

    Case reports in urology   2021   7577632 - 7577632   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Persistent Müllerian duct syndrome can cause an inguinal hernia, although this is a rare occurrence; recurrent inguinal hernias can, in turn, cause ongoing groin pain. Management of groin pain plays an important role in patients' quality of life. We present our experience with a 43-year-old man who had a 2-week history of left-sided groin pain. The patient underwent laparoscopic surgery for a left inguinal hernia via the transabdominal preperitoneal approach. Right-sided cryptorchidism was noted during surgery, with a solid structure-thought to be a uterus-extending into the left inguinal canal. The diagnosis was persistent Müllerian duct syndrome, and the groin pain was relieved after a laparoscopic right orchiectomy with a bilateral preperitoneal hernia repair using a mesh. Four years later, magnetic resonance imaging performed for new-onset left groin pain showed a left inguinal hernia caused by the uterine structure. We diagnosed the recurrent hernia as the cause of his pain. Prior to performing any invasive surgical procedures, an iliohypogastric nerve block was performed using 1% lidocaine. Short-term analgesia was provided by the block, improving his quality of life. He has been followed since then and has declined surgical neurectomy. An iliohypogastric nerve block can be an effective method of controlling groin pain caused by an inguinal hernia resulting from persistent Müllerian duct syndrome; the effectiveness of the nerve block will help determine whether surgical neurectomy is indicated for permanent pain control.

    DOI: 10.1155/2021/7577632

    PubMed

    researchmap

  • 【地方の腎移植の継続と継承-組織・指導医の取り組みと今後の展望-】岡山大学における腎移植継承の取り組み

    荒木 元朗, 西村 慎吾, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 定平 卓也, 富永 悠介, 岩田 健宏, 片山 聡, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 那須 保友

    腎移植・血管外科   33 ( 2 )   67 - 71   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:腎移植・血管外科研究会  

    researchmap

  • 【地方の腎移植の継続と継承-組織・指導医の取り組みと今後の展望-】岡山大学における腎移植継承の取り組み

    荒木 元朗, 西村 慎吾, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 定平 卓也, 富永 悠介, 岩田 健宏, 片山 聡, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 那須 保友

    腎移植・血管外科   33 ( 2 )   67 - 71   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:腎移植・血管外科研究会  

    1.岡山大学の腎移植の背景・歴史 岡山大学泌尿器科は2009年に新しい腎移植プログラムを立ち上げ総計144例となった.成績も1年生存・生着率100%を維持している.2.人材確保 医局員の確保から始まる.3.育成 腎移植は幅広いテクニックが要求される.血管縫合糸は若手医師でも縫いやすく結紮もし易いGore-tex sutureを用いている.いい雰囲気でやることを心がけている.4.腎臓内科との連携 術前術後連携を取るため腎移植カンファレンスを月一回行い情報共有している.5.教室内での他の領域の医師との関係 腎移植チームのメンバーも腫瘍の手術やロボット手術を担当することによって腎移植のみに偏らない配慮をしている.6.働き方改革 移植前後の管理の簡略化に努めている.(著者抄録)

    researchmap

  • 【ロボット手術の教育方法-それぞれの施設での試み-】岡山大学病院泌尿器科におけるロボット手術教育の現状

    小林 泰之, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 定平 卓也, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   33 ( 2 )   221 - 224   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    2009年にダビンチSが薬事承認、2012年にロボット支援下腹腔鏡下前立腺全摘除術が保険収載されて以来、ロボット手術は急激に普及している。岡山大学病院関連施設においても、この数年間でダビンチが急速に普及し、13台(岡山大学病院を含む)のダビンチが稼働し45名の術者が執刀を行っている。しかしながら、各々施設での手術方法、指導方法は全く同じではない。関連施設内での人事異動にともない、岡山大学病院においても、様々な背景を有する術者が在籍するようになり、同一施設内にも関わらず複数の手術方法が乱立した。この状態に当施設のロボット手術教育はうまく対応できず、2015年頃より周術期成績も悪化の傾向を示した。この問題を解決するために、腹腔鏡手術教育にて培った"手術内容を統一し手術内容の再現性を高め、短いラーニングカーブを目指す"というコンセプトを応用し、この状況を乗り越えようと試みている。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J05817&link_issn=&doc_id=20201215380007&doc_link_id=%2Fcs5jjend%2F2020%2F003302%2F009%2F0221-0224%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5jjend%2F2020%2F003302%2F009%2F0221-0224%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 経皮的腎凍結療法の困難症例における術中CTと腹腔鏡の併用の有用性

    荒木 元朗, 関戸 崇了, 平木 隆夫, 宇賀 麻由, 片山 聡, 高本 篤史, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器内視鏡学会総会   34回   AV - 5   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • UTUCに対するKidney-sparing surgeryの現状と課題 岡山大学の手技と成績

    和田 耕一郎, 丸山 雄樹, 荒木 元朗, 小林 泰之, 定平 卓也, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器内視鏡学会総会   34回   SY - 1   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • これから始めるロボット支援下腎盂形成術 成人例のテクニカルポイント

    小林 泰之, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器内視鏡学会総会   34回   SY - 2   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • Combined Laparoscopic and CT Monitoring of the Ice-Ball Margin during Cryoablation for Renal Cell Carcinoma Associated with von Hippel-Lindau Disease: First Case.

    Takanori Sekito, Motoo Araki, Takao Hiraki, Mayu Uka, Toshiyuki Komaki, Yusuke Matsui, Toshihiro Iguchi, Satoshi Katayama, Kasumi Yoshinaga, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Risa Kubota, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Koichiro Wada, Atsushi Takamoto, Kohei Edamura, Tomoko Sako, Yasuyuki Kobayashi, Toyohiko Watanabe, Susumu Kanazawa, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   443 - 448   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We report a 47-year-old Japanese female with 10 previous treatments for multiple bilateral renal cell carcinoma (RCC) associated with von Hippel-Lindau disease. The 14-mm right lower pole renal tumor was in contact with the right ureter. Laparoscopic cryoablation was performed to protect the ureter wrapped with gauze. Computed tomography (CT) monitoring was used to confirm the precise ≥ 6 mm ice-ball margin. There was no local progression at 6-months post-surgery. The serum creatinine has been stable. This is apparently the first report of combined laparoscopic and CT monitoring of an ice-ball formation and its margin during cryoablation for RCC.

    DOI: 10.18926/AMO/60806

    PubMed

    researchmap

  • 後腹膜SFT(Solitary fibrous tumor)の一例

    坪井 一馬, 高本 篤, 関戸 崇了, 富永 悠介, 岩田 健宏, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   191 - 191   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ハイリスク腎移植game changers DSA陽性ハイリスク腎移植

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   90 - 90   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 尿路変向術:私の工夫 RARC ICUD失敗から学んだこと

    小林 泰之, 枝村 康平, 西村 慎吾, 岩田 健宏, 定平 卓也, 高本 篤, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邊 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   111 - 111   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 進行腎癌に対してipilimumb、nivolumab併用療法が奏功するも重度肝機能障害を来たし死亡の転機をたどった1例

    宗田 大二郎, 岩田 健宏, 横山 周平, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邊 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   165 - 165   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Pembrolizumabが著効した進行性尿膜管癌の一例

    横山 周平, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   184 - 184   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 去勢抵抗性前立腺癌game changers mCRPC治療におけるPARP阻害剤、IOの役割

    枝村 康平

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   84 - 84   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 生体腎移植において好中球・リンパ球比の高値の継続は腎機能低下の予後予測因子となる

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 山下 里美, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    移植   55 ( 総会臨時 )   355 - 355   2020年10月

  • 長期加療を要した術中十二指腸損傷の1例

    高村 剛輔, 宇野 誠, 三宅 修司, 野田 岳, 河田 達志, 別宮 謙介, 江原 伸, 枝村 康平, 平田 武志, 小倉 一真, 花本 昌紀

    泌尿器科紀要   66 ( 6 )   191 - 191   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:泌尿器科紀要刊行会  

    researchmap

  • 【腎盂・尿管癌の治療を考える】腎盂・尿管癌における腹腔鏡下腎尿管全摘除術の適応

    吉永 香澄, 荒木 元朗, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    泌尿器外科   33 ( 5 )   455 - 461   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    切除可能な腎盂・尿管癌において、外科的治療の標準術式は腎尿管全摘除術・膀胱部分切除術である。腹腔鏡手術は開放手術と比較して低侵襲であり、低リスク症例では前者が選択される傾向にあるが、pT3以上やリンパ節転移が疑われる症例では開放手術が推奨されている。また、腎機能に問題がある場合などに腎温存療法や化学療法が選択されることもある。本稿では腎盂・尿管癌における腹腔鏡手術の適応について考察する。(著者抄録)

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験

    富永 悠介, 高本 篤, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 1 )   106 - 110   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    【目的】当科におけるpembrolizumabの治療成績について報告する。【対象と方法】2018年4月から2019年7月までの間に、当院で進行性尿路上皮癌に対してpembrolizumabを使用した19例を対象とした。後方視的に有効性と安全性について検討した。【結果】年齢中央値は68歳(39〜81歳)、性別は男性14例(74%)、女性5例(26%)であった。上部尿路腫瘍10例(53%)、膀胱腫瘍7例(37%)、その他2例(11%)であり、転移部位はリンパ節14例(74%)、肺9例(47%)、骨4例(21%)、肝2例(11%)であった。投与回数の中央値は3回(1〜16回)、観察期間の中央値は4ヵ月(1〜12ヵ月)であった。奏効率は24%、progression-free survival(PFS)の中央値は2.7ヵ月、overall survival(OS)の中央値は9.1ヵ月であった。PRを得られた症例(4例)では観察期間終了時点においても全例で継続可能であった。免疫関連有害事象は4例で経験した。好中球・リンパ球比とPFSは負の相関を認めた。【結論】当院におけるpembrolizumabの治療成績は他の報告と同等であった。奏効例についてはdurable responseを得られた。今後、臨床的に応用可能な効果予測因子のさらなる検討が必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20200514090018&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2020%2F008201%2F018%2F0106-0110%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2020%2F008201%2F018%2F0106-0110%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 後腹膜悪性末梢神経鞘腫の1例

    宗田 大二郎, 高本 篤, 荒木 元朗, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 富永 悠介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 1 )   173 - 173   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Robotic Renal Autotransplantation: A Feasibility Study in a Porcine Model.

    Risa Kubota, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kasumi Kawamura, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Yuichi Ariyoshi, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Yuzuki Kano, Masashi Kitagawa, Katsuyuki Tanabe, Hitoshi Sugiyama, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   53 - 58   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the feasibility of robotic renal autotransplantation (RAT) in a porcine model to reduce invasiveness of RAT. Five pigs underwent robotic RAT using the da Vinci® robotic system. A robotic left nephrectomy was performed in all cases. Robotic RAT was performed on the left side in all but one case. Four ports were used. In 3 cases, the kidney was taken out through the GelPort® and irrigated on ice with Ringer's solution. In 2 cases, a complete intracorporeal robotic RAT was performed. An end-to-side anastomosis was performed between the renal vein and the external iliac vein and between the renal artery and the external iliac artery. Ureteroneocystostomy was also performed in 2 cases. All cases were performed robotically without open conversion. The median (IQR) console time was 3.1 (0.7) h, and the operative time was 3.8 (1.1) h. The estimated blood loss was 30 (0) ml. The warm ischemia time was 4.0 (0.2) min, and the cold ischemia time was 97 (17) min. Intracorporeal transarterial hypothermic renal perfusion was feasible in the 2 complete intracorporeal robotic RAT cases by using a perfusion catheter through a laparoscopic port. Robotic RAT has the potential to be a new minimally invasive substitute for conventional open surgery.

    DOI: 10.18926/AMO/57953

    PubMed

    researchmap

  • ロボット支援下腎動脈瘤修復術のfeasibility study

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   MO336 - 7   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験

    富永 悠介, 高本 篤, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 6 )   656 - 656   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の検討

    窪田 理沙, 小林 泰之, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器内視鏡学会総会   33回   O - 4   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮腫瘍に対するpembrolizumabの治療経験

    高本 篤, 小林 泰之, 大岩 裕子, 片山 聡, 枝村 康平, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   183 - 183   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 症例から学ぶ 治療変遷から読み解く腎癌治療 何を、どこまで、どのように? 下大静脈腫瘍塞栓を伴う腎腫瘍の新しい手術アプローチ

    荒木 元朗, 小林 泰之, 枝村 康平, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 渡部 昌実, 那須 保友, 楳田 佑三, 八木 孝仁

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   113 - 113   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Fumarate hydratase(FH)欠損腎細胞癌によるリンパ節転移に対して、イピリムマブ+ニボルマブ併用療法が奏功した一例

    関戸 崇了, 高本 篤, 小林 泰之, 三井 將雄, 和田里 章吾, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 枝村 康平, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   151 - 151   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者は腎部分切除術後一年で腎機能が低下する Propensity Score-Matched Analysis

    河村 香澄, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   177 - 177   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における腹腔鏡教育プログラムの有用性 腹腔鏡下副腎摘除術

    和田里 章悟, 小林 泰之, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 2 )   225 - 229   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    当院泌尿器科では2006年から独自の腹腔鏡手術教育プログラムを作成し手術教育を行っている。2009年3月から2017年11月までに当院で腹腔鏡技術認定医トレーニング中の泌尿器科医師が執刀した腹腔鏡下副腎摘除術76症例と、当院の腹腔鏡技術認定医が行った43症例との周術期成績の比較検討を行った。プログラム対象者は合計18人(卒後6-11年目)で、1人あたりの執刀症例数は中央値4例(range:1-9)、認定医の術者は9名で中央値2例(range:1-26)であった。患者背景には大きな差は認めなかった。手術時間は認定医群で有意に短かった(p=0.0122)ものの、両群において輸血や開腹移行症例、重篤な合併症はなかった。手術時間・出血量に急激なラーニングカーブは認めなかった。系統的な手術教育により腹腔鏡手術経験の未熟な術者の初期症例においても、安定した周術期成績を残すことが出来た。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05817&link_issn=&doc_id=20191106410020&doc_link_id=%2Fcs5jjend%2F2019%2F003202%2F023%2F0225-0229%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5jjend%2F2019%2F003202%2F023%2F0225-0229%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • サルコペニアが前立腺全摘除後の排尿関連QoLに与える影響 Expanded Prostate Cancer Index Compositeを用いた経時的変化

    光井 洋介, 渡邉 豊彦, 定平 卓也, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   255 - 255   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • Comparison of the predictive value among inflammation-based scoring systems for bleomycin pulmonary toxicity in patients with germ cell tumors. 国際誌

    Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Motoo Araki, Yosuke Mitsui, Koichiro Wada, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   26 ( 8 )   813 - 819   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To compare the predictive value of pretreatment inflammation-based scoring systems in patients with germ cell tumors receiving first-line bleomycin-based chemotherapy. METHODS: Retrospectively, we evaluated 57 patients with germ cell tumors. Bleomycin pulmonary toxicity was defined as the presence of asymptomatic decline in pulmonary function tests, pulmonary symptoms or interstitial pneumonia on computed tomography in the absence of infection. The neutrophil-to-lymphocyte ratio, platelet-to-lymphocyte ratio, systemic immune-inflammation index, albumin-to-globulin ratio, Prognostic Nutritional Index, Glasgow Prognostic Score and C-reactive protein were measured in all patients. To assess the predictive ability of each scoring system, the area under the receiver operating characteristic curve was calculated, and multivariate analysis was carried out to identify the predictive scores associated with bleomycin pulmonary toxicity. RESULTS: Of the 57 patients, 15 patients developed bleomycin pulmonary toxicity. The neutrophil-to-lymphocyte ratio had the highest area under the curve value (0.763) of all inflammation-based scoring systems, followed by the Prognostic Nutritional Index (0.749). In multivariate analysis, the neutrophil-to-lymphocyte ratio (odds ratio 11.5; P = 0.009) and Prognostic Nutritional Index (odds ratio 9.07; P = 0.013) were independently associated with development of bleomycin pulmonary toxicity. As these two independent markers were combined, the area under the curve achieved the highest value (0.822). CONCLUSIONS: The present study shows that the neutrophil-to-lymphocyte ratio and Prognostic Nutritional Index are independent risk factors for development of bleomycin pulmonary toxicity. The combination of the neutrophil-to-lymphocyte ratio and Prognostic Nutritional Index seems to have superior predictive value compared with other inflammation-based scoring systems.

    DOI: 10.1111/iju.14017

    PubMed

    researchmap

  • 当院におけるニボルマブ+イピリムマブの初期経験

    片山 聡, 高本 篤, 関戸 崇了, 角南 亮輔, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   483 - 484   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 局所進行性前立腺癌に対するRALP(拡大リンパ節郭清、拡大摘除)の予後因子の検討

    柳原 豊, 芳賀 俊介, 渡辺 隆太, 沢田 雄一郎, 野田 輝乙, 浅井 聖史, 福本 哲也, 三浦 徳宣, 宮内 勇貴, 菊川 忠彦, 雑賀 隆史, 中島 宏親, 枝村 康平, 江原 伸

    泌尿器外科   32 ( 8 )   1023 - 1024   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    局所進行性前立腺癌に対する一次治療としてのロボット支援下前立腺全摘術(RALP)の成績は、限られた報告しかない。そこでわれわれは、extended RALP(拡大摘除+拡大骨盤内リンパ節郭清)を行った局所進行性前立腺癌の症例(ネオアジュバントならびにアジュバント治療を施行していない約100例)を後方視的に、手術成績、周術期合併症、術後PSA再発、予後因子などを検討し報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腎癌尿管再発の1例

    角南 亮輔, 大岩 裕子, 高本 篤, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   482 - 482   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後に再発した3症例の検討

    小林 泰之, 荒木 元朗, 枝村 康平, 西村 慎吾, 高本 篤, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    腎癌研究会会報   ( 49 )   40 - 40   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)腎癌研究会  

    researchmap

  • BCG膀胱内注入療法後に発症した感染性胸部大動脈瘤の1例

    高村 剛輔, 三宅 修司, 小倉 一真, 花本 昌紀, 河田 達志, 平田 武志, 枝村 康平, 江原 伸, 甲斐 誠二

    泌尿器科紀要   65 ( 6 )   229 - 229   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:泌尿器科紀要刊行会  

    researchmap

  • 腎移植、明日への挑戦 ロボット自家腎移植

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 西村 慎吾, 窪田 理沙, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 3 )   314 - 320   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    自家腎移植は本来摘出される腎臓を救済できる優れた手術だが、侵襲が大きく臨床応用の頻度は極めて少ない。2014年以降、傷の小さい低侵襲のロボット自家腎移植が北米を中心に臨床応用されている。当科ではまずブタでfeasibility studyを行いヒトへの臨床応用に移行した。対象は30代女性。左卵巣嚢腫破裂で緊急帝王切開および左付属器切除(出血量4L)。再出血のため左内腸骨動脈の血管塞栓術を施行。術後左尿管口より5cm頭側で長さ2.7cmの尿管狭窄に対し左尿管ステント留置。尿路造影にて左腎盂尿管移行部狭窄も疑われた。4年後、手術目的に当科を紹介されるも躊躇。さらに4年後、再診。創の小さいロボット自家腎移植を選択。傷も小さくステントフリーとなり患者は満足されている。ロボット自家腎移植は我々の症例も含め世界で4例報告されており、すべて距離の長い尿管狭窄に対して行われている。そうした症例に頻用されるileal ureterは腸管の尿の再吸収による代謝性アシドーシスなどが問題となり、Cr>2mg/dlでは禁忌である。Cr>2mg/dlの日本人は56万人も存在し、成人の179人に1人に相当することよりileal ureterを造設したときCr 2mg/dl以下でも、その患者が一生涯Cr 2mg/dl以下で過ごせる可能性は高くない。Boari flapは逆流防止がないもしくは困難で膀胱尿管逆流による尿路感染症などが問題となる。自家腎移植は尿の再吸収による代謝性アシドーシスがなく、逆流防止も可能な優れた手術である。ロボット自家腎移植は腎保存の新しい低侵襲手術である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20190627290007&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2019%2F008103%2F010%2F0314-0320%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2019%2F008103%2F010%2F0314-0320%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Pelvic magnetic resonance imaging parameters predict urinary incontinence after robot-assisted radical prostatectomy. 国際誌

    Takuya Sadahira, Yosuke Mitsui, Motoo Araki, Yuki Maruyama, Koichiro Wada, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Lower urinary tract symptoms   11 ( 3 )   122 - 126   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Urinary incontinence (UI) is a major prostate cancer (PCa) treatment-related morbidity. It has been reported that post-prostatectomy UI is related to the width of the pelvic floor muscles (PFM) and the length of the urethra. However, the details of these anatomical parameters are unknown. The aim of this study was to investigate whether preoperative pelvic parameters or anatomical parameters of the urethra, as measured by magnetic resonance imaging (MRI), are correlated with UI. METHODS: Between 2010 and 2017, 571 patients with localized PCa underwent robot-assisted radical prostatectomy (RARP) at Okayama University Hospital. Patients treated by a single experienced surgeon were included in the study. Preoperative prostate volume, obturator internal muscle, anal sphincter muscle, levator ani muscle (LAM), urethra wall thickness (UWT), and membranous urethral length (MUL) were measured by MRI. Patients were divided into two groups depending on leakage status 1 year after RARP using Expanded Prostate Index Composite Item 1. RESULTS: Seventy patients were included in this retrospective study. Based on leakage status, 37 and 33 patients were allocated to the no-leakage and leakage groups, respectively. There were significant differences between the two groups in age (P = 0.03), MUL (P < 0.001), UWT (P = 0.03), and LAM (P = 0.001). Multivariate logistic regression analyses revealed that MUL and LAM predicted UI 1 year after RARP. CONCLUSIONS: Pelvic parameters measured by MRI before RARP may be useful in the prediction of UI. In particular, MUL and LAM can predict postoperative UI by strict definition.

    DOI: 10.1111/luts.12245

    PubMed

    researchmap

  • 持続勃起症に対してT-shunt術を施行した1例

    三宅 修司, 小倉 一真, 花本 昌紀, 河田 達志, 高村 剛輔, 平田 武志, 別宮 謙介, 江原 伸, 枝村 康平

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   244 - 244   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 難治性過活動膀胱(OAB)に対する仙骨神経刺激療法(SNM)の初期経験と今後の治療戦略について

    渡邉 豊彦, 大岩 裕子, 佐久間 貴文, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 那須 保友, 横山 光彦, 井上 雅, 小林 知子

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   245 - 245   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 【腹腔鏡手術〜初心者に何をどう教えるべきか〜】ロボット支援腹腔鏡下手術時代における腹腔鏡教育

    小林 泰之, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 1 )   28 - 31   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    ロボット手術導入後より、腹腔鏡手術の手術件数は減少し、全盛期の半分となっている。これからの腹腔鏡教育はこのことを念頭に考えていかなければならない。"手術教育の根幹となる手術"は腹腔鏡手術の普及に伴い開腹手術から腹腔鏡に移行したが、近年ロボット手術に移行しつつある。しかしながら、ロボット手術は腹腔鏡手術の一種であり、開腹手術から腹腔鏡手術へといった大きなシフトではなく、ロボット手術と腹腔鏡手術は並列なものと捉え、相補的な教育を行っていくことが大切だと考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05817&link_issn=&doc_id=20190611290006&doc_link_id=%2Fcs5jjend%2F2019%2F003201%2F009%2F0028-0031%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5jjend%2F2019%2F003201%2F009%2F0028-0031%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • QOL向上をめざした泌尿器がん治療 岡山大学病院におけるロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術の経験

    小林 泰之, 三井 将雄, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   122 - 127   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    2018年にロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術が保険収載され、今後本邦においても普及していくことが予想される。今回、当院にて膀胱全摘除術を行った102例(ORC35例、LRC52例、RARC15例)を対象に後方視的に検討を行った。検討項目は、手術時間、出血量、術後合併症、入院日数、術後の歩行開始日、術後疼痛、術後発熱とした。手術時間はRARCが最も短く、出血量はRARCが最も少なかった。術後の合併症はいずれの群においても約33%(全グレード)認めた。術後の歩行開始日、発熱が持続した期間は鏡視下手術群がORCと比して優れた結果であった。入院日数においては3群に有意な差はなかった。RARCはORCに比べ術後早期に回復が期待できるだけでなく、症例ごとの術後経過に差が少なく安定した手術成績が期待できる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20190507280003&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2019%2F008102%2F004%2F0122-0127%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2019%2F008102%2F004%2F0122-0127%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 経尿道的砕石術(TUL)を施行した小児腎結石症の1例

    佐久間 貴文, 和田 耕一郎, 本郷 智拡, 前原 貴典, 高本 篤, 坪井 一朗, 松尾 聡子, 三井 將雄, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   243 - 244   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 超細径HDIGスコープを用いた直視下腎杯穿刺とPCNLの初期成績

    和田 耕一郎, 公文 裕巳, 谷本 竜太, 荒木 元朗, 本郷 智拡, 三井 將雄, 松尾 聡子, 坪井 一朗, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 杉本 盛人, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 12 )   700 - 700   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • The Combination of Gemcitabine, Cisplatin, and Paclitaxel as Salvage Chemotherapy for Advanced Urothelial Carcinoma.

    Takeshi Hirata, Masanori Hanamoto, Kazuma Ogura, Nobuki Hayashi, Kosuke Takamura, Kohei Edamura, Shin Ebara, Takashi Saika

    Acta medica Okayama   72 ( 2 )   175 - 179   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There is no standard second-line or salvage treatment for advanced urothelial carcinoma (UC). Here we investigated the efficacy and safety of gemcitabine, cisplatin, and paclitaxel (GCP) combination chemotherapy as salvage chemotherapy for advanced UC. We retrospectively analyzed the cases of 23 patients with advanced UC who showed progression or recurrence after cisplatin-based chemotherapy. Gemcitabine (1000 mg/m2), and paclitaxel (80 mg/m2) were administered on days 1 and 8. Cisplatin (70 mg/m2) was administered on day 1. The 3-week cycle regimen was repeated until disease progression if it had no intolerable toxicity. The overall response rate was 61% (95%CI, 41-78%). The median overall survival and progression-free survival times were 14 months and 5.5 months, respectively. Of the already known risk factors of chemotherapy for advanced UC, only the performance status was a prognostic factor for OS. Overall, 16 of the 23 patients (70%) experienced grade 3/4 toxicities, and no fatal adverse events were observed. GCP therapy was a promising option as second-line or salvage therapy for advanced UC.

    DOI: 10.18926/AMO/55858

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy and safety of 3 day versus 7 day cefditoren pivoxil regimens for acute uncomplicated cystitis: Multicentre, randomized, open-label trial 査読

    Takuya Sadahira, Okayama Urological Research Group (OURG), Koichiro Wada, Motoo Araki, Ayano Ishii, Atsushi Takamoto, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon, Teruaki Akaeda, Nobuyuki Akazawa, Naoki Akebi, Daiji Araki, Tohru Araki, Ryoji Arata, Yuichi Ariyoshi, Eiichi Ando, Nobuyoshi Ando, Kazushi Ishii, Tsutomu Ishikawa, Noritaka Ishito, Takaharu Ichikawa, Takaaki Inoue, Miyabi Inoue, Yosuke Inoue, Shin Irie, Takehiro Iwata, Tatsuya Uesugi, Shinya Uehara, Katsutoshi Uematsu, Satoshi Uno, Kohei Edamura, Shin Ebara, Yuko Oiwa, Tadashi Oeda, Teruhisa Ohashi, Yozo Ohashi, Hideo Ozawa, Junzo Ochi, Noriaki Ono, Seiji Kai, Haruki Kaku, Satoshi Katayama, Yasuhiro Katayama, Tetuzo Kaneshige, Keiichiro Kawauchi, Masashi Kawaguchi, Tatsushi Kawada, Taiki Kanbara, Mikio Kishi, Ryo Kishimoto, Nobuyuki Kusaka, Norihiro Kusumi, Kimito Kunitomi, Risa Kubota, Hiroaki Kurahashi, Hironori Kojima, Tomoko Kobayashi, Makoto Kobuke, Katsuyoshi Kondo, Takashi Saika, Kazuma Sakaeda, Koji Sakuramoto, Shinichi Sako, Tomoko Sako, Taketo Sasaoka, Katsumi Sasaki, Yoshimasa Jo, Morito Sugimoto, Yuko Seno, Akira Takao, Kosuke Takamura, Kousuke Takamura, Hitoshi Takamoto, Katsuji Takeda, Tadasu Takenaka, Daisuke Tanaka, Ryuta Tanimoto, Masaya Tsugawa, Tomoyasu Tsushima, Hiromu Tsuboi, Syunji Tojo, Kenji Tokinaga, Yusuke Tominaga, Keisuke Doi, Atsushi Nagai, Hirochika Nakajima, Tetsuya Nakada, Hirokazu Nakatsuka, Aya Nakamura, Yasuki Nakayama, Yoshitsugu Nasu, Daisuke Nishikawa, Jun Nishiguchi, Yoshio Nishitani, Shingo Nishimura, Motoichi Nishimura, Yasuhiro Nishiyama, Hajime Nibuno, Kunihiro Nozaki, Hiroyuki Nose, Gaku Noda, Hideaki Hashimoto, Kazuhiro Hata, Toshihide Hayashi, Nobuki Hayashi, Syunji Hayata, Ryoei Hara, Takeshi Hirata, Tomohiro Fujii, Kei Fujio, Ryuji Fujita, Kensuke Bekku, Takanori Maehara, Yoshio Maki, Yuko Matsumoto, Daisuke Manabe, Yusuke Mayumi, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Sadayuki Miyaji, Syuhei Munemasa, Wataru Murao, Takanori Murakami, Tadashi Murata, Akihiro Mori, Akira Morita, Koichi Monden, Tomoya Yamasaki, Masahiro Yamashita, Daiduke Yamada, Toyoko Yamato, Toru Yamane, Tomoaki Yamanoi, Yasuo Yamamoto, Kazuaki Yukari, Teruhiko Yokoyama, Takashi Yoshioka, Yuichi Watanabe

    Journal of Antimicrobial Chemotherapy   72 ( 2 )   529 - 534   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press  

    Background: Fluoroquinolone-non-susceptible Escherichia coli isolated from patients with acute uncomplicated cystitis are a matter of increasing concern. Cefditoren pivoxil is an oral, β-lactamase-stable, extended-spectrum cephalosporin that is effective against fluoroquinolone-non-susceptible bacteria. Objectives: To evaluate the clinical and microbiological efficacies of cefditoren pivoxil against acute uncomplicated cystitis and to determine the optimal duration of cefditoren pivoxil treatment. Methods: We compared 3 and 7 day regimens of cefditoren pivoxil in a multicentre, randomized, open-label study. Results: A total of 104 female patients with acute uncomplicated cystitis were enrolled and randomized into 3 day (n=51) or 7 day (n=53) treatment groups. At first visit, 94 bacterial strains were isolated from the 104 participants of which 81.7% (85/104) were E. coli. Clinical and microbiological efficacies were evaluated 5-9 days following administration of the final dose of cefditoren pivoxil. The clinical efficacies of the 3 and 7 day groups were 90.9% (40/44) and 93.2% (41/44), respectively (P=1.000). The microbiological efficacies of the 3 and 7 day groups were 82.5% (33/40) and 90.2% (37/41), respectively (P=0.349). There were no adverse events due to cefditoren pivoxil treatment, with the exception of a mild allergic reaction in one patient, after which the cefditoren pivoxil was exchanged for another antimicrobial. Conclusions: Cefditoren pivoxil is safe and effective for uncomplicated cystitis, with no significant differences in clinical and microbiological efficacies between 3 and 7 day regimens.

    DOI: 10.1093/jac/dkw424

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Feasibility of robot-assisted radical prostatectomy in elderly patients: Comparative analysis of the peri-surgical/oncological outcomes with younger patients. 査読

    Takehiro Iwata, Takashi Saika, Kohei Edamura

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 2 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/jco.2016.34.2_suppl.134

    Web of Science

    researchmap

  • Systemic GLIPR1-ΔTM protein as a novel therapeutic approach for prostate cancer. 国際誌

    Theodoros Karantanos, Ryuta Tanimoto, Kohei Edamura, Takahiro Hirayama, Guang Yang, Alexei A Golstov, Jianxiang Wang, Shinji Kurosaka, Sanghee Park, Timothy C Thompson

    International journal of cancer   134 ( 8 )   2003 - 13   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    GLIPR1 is a p53 target gene known to be downregulated in prostate cancer, and increased endogenous GLIPR1 expression has been associated with increased production of reactive oxygen species, increased apoptosis, decreased c-Myc protein levels and increased cell cycle arrest. Recently, we found that upregulation of GLIPR1 in prostate cancer cells increases mitotic catastrophe through interaction with heat shock cognate protein 70 (Hsc70) and downregulation of Aurora kinase A and TPX2. In this study, we evaluated the mechanisms of recombinant GLIPR1 protein (glioma pathogenesis-related protein 1-transmembrane domain deleted [GLIPR1-ΔTM]) uptake by prostate cancer cells and the efficacy of systemic GLIPR1-ΔTM administration in a prostate cancer xenograft mouse model. GLIPR1-ΔTM was selectively internalized by prostate cancer cells, leading to increased apoptosis through reactive oxygen species production and to decreased c-Myc protein levels. Interestingly, GLIPR1-ΔTM was internalized through clathrin-mediated endocytosis in association with Hsc70. Systemic administration of GLIPR1-ΔTM significantly inhibited VCaP xenograft growth. GLIPR1-ΔTM showed no evidence of toxicity following elimination from mouse models 8 hr after injection. Our results demonstrate that GLIPR1-ΔTM is selectively endocytosed by prostate cancer cells, leading to increased reactive oxygen species production and apoptosis, and that systemic GLIPR1-ΔTM significantly inhibits growth of VCaP xenografts without substantial toxicity.

    DOI: 10.1002/ijc.28529

    PubMed

    researchmap

  • LAPAROSCOPY AND ENDOSCOPY COOPERATIVE SINGLE-SITE SURGERY (LECS) FOR BLADDER ENDOMETRIOSIS DISSECTION 査読

    Kyouhei Kurose, Tomoya Yamasaki, Kazuaki Yukari, Kohei Edamura, Nobuyuki Kusaka, Takashi Saika

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   26   A504 - A504   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Primary Gleason grade 4 impact on biochemical recurrence after permanent interstitial brachytherapy in Japanese patients with low- or intermediate-risk prostate cancer. 国際誌

    Tatsuya Uesugi, Takashi Saika, Kohei Edamura, Hiroyuki Nose, Makoto Kobuke, Shin Ebara, Fernand Abarzua, Norihisa Katayama, Hiroyuki Yanai, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    International journal of radiation oncology, biology, physics   82 ( 2 )   e219-23   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To reveal a predictive factor for biochemical recurrence (BCR) after permanent prostate brachytherapy (PPB) using iodine-125 seed implantation in patients with localized prostate cancer classified as low or intermediate risk based on National Comprehensive Cancer Network (NCCN) guidelines. METHODS AND MATERIALS: From January 2004 to December 2009, 414 consecutive Japanese patients with clinically localized prostate cancer classified as low or intermediate risk based on the NCCN guidelines were treated with PPB. The clinical factors including pathological data reviewed by a central pathologist and follow-up data were prospectively collected. Kaplan-Meier and Cox regression analyses were used to assess the factors associated with BCR. RESULTS: Median follow-up was 36.5 months. The 2-, 3-, 4-, and 5-year BCR-free rates using the Phoenix definition were 98.3%, 96.0%, 91.6%, and 87.0%, respectively. On univariate analysis, the Gleason score, especially primary Gleason grade 4 in biopsy specimens, was a strong predicting factor (p < 0.0001), while age, initial prostate-specific antigen (PSA) level, T stage, and minimal dose delivered to 90% of the prostate volume (D90) were insignificant. Multivariate analysis indicated that a primary Gleason grade 4 was the most powerful prognostic factor associated with BCR (hazard ratio = 6.576, 95% confidence interval, 2.597-16.468, p < 0.0001). CONCLUSIONS: A primary Gleason grade 4 carried a worse BCR prognosis than the primary grade 3 in patients treated with PPB. Therefore, the indication for PPB in patients with a Gleason sum of 4 + 3 deserves careful and thoughtful consideration.

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2011.04.018

    PubMed

    researchmap

  • Caveolin-1 upregulation contributes to c-Myc-induced high-grade prostatic intraepithelial neoplasia and prostate cancer. 国際誌

    Guang Yang, Alexei A Goltsov, Chengzhen Ren, Shinji Kurosaka, Kohei Edamura, Richard Logothetis, Francesco J DeMayo, Patricia Troncoso, Jorge Blando, John DiGiovanni, Timothy C Thompson

    Molecular cancer research : MCR   10 ( 2 )   218 - 29   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previously we reported caveolin-1 (Cav-1) overexpression in prostate cancer cells and showed that it promotes prostate cancer progression. Here, we report that Cav-1 was overexpressed in 41.7% (15 of 36) of human high-grade prostatic intraepithelial neoplasia (HGPIN) specimens obtained during radical prostatectomies. Positive correlations exist between Cav-1-positive (Cav-1(+)) HGPIN and Cav-1(+) primary prostate cancer (rho = 0.655, P < 0.0001) and between Cav-1 and c-Myc expression in HGPIN (rho = 0.41, P = 0.032). To determine whether Cav-1 cooperates with c-Myc in development of premalignant lesions and prostate cancer in vivo, we generated transgenic mice with c-Myc overexpression driven by the ARR(2)PB promoter. In this ARR(2)PB-c-myc model, Cav-1 overexpression was found in mouse PIN (mPIN) lesions and prostate cancer cells and was associated with a significantly higher ratio of proliferative to apoptotic labeling in mPIN lesions than in the Cav-1-negative epithelia adjacent to those lesions (10.02 vs. 4.34; P = 0.007). Cav-1 overexpression was also associated with increased levels of P-Akt and VEGF-A, which were previously associated with Cav-1-induced prostate cancer cell survival and positive feedback regulation of cellular Cav-1 levels, respectively. In multiple prostate cancer cell lines, Cav-1 protein (but not mRNA) was induced by c-Myc transfection, whereas VEGF siRNA transfection abrogated c-Myc-induced Cav-1 overexpression, suggesting a c-Myc-VEGF-Cav-1 signaling axis. Overall, our results suggest that Cav-1 is associated with c-Myc in the development of HGPIN and prostate cancer. Furthermore, Cav-1 overexpression in HGPIN is potentially a biomarker for early identification of patients who tend to develop Cav-1(+) primary prostate cancer.

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-11-0451

    PubMed

    researchmap

  • Could a salvage lymphadenectomy after chemotherapy have clinical impact on cancer survival in patients with metastatic urothelial carcinoma? 査読

    Takashi Saika, Kensuke Bekku, Ryo Kishimoto, Shin Ebara, Kohei Edamura, Kyohei Kurose, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   30 ( 5 )   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/jco.2012.30.5_suppl.321

    Web of Science

    researchmap

  • GLIPR1 tumor suppressor gene expressed by adenoviral vector as neoadjuvant intraprostatic injection for localized intermediate or high-risk prostate cancer preceding radical prostatectomy. 国際誌

    Guru Sonpavde, Timothy C Thompson, Rajul K Jain, Gustavo E Ayala, Shinji Kurosaka, Kohei Edamura, Ken-ichi Tabata, Chengzhen Ren, Alexei A Goltsov, Martha P Mims, Teresa G Hayes, Michael M Ittmann, Thomas M Wheeler, Adrian Gee, Brian J Miles, Dov Kadmon

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   17 ( 22 )   7174 - 82   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: GLIPR1 is upregulated by p53 in prostate cancer cells and has preclinical antitumor activity. A phase I clinical trial was conducted to evaluate the safety and activity of the neoadjuvant intraprostatic injection of GLIPR1 expressing adenovirus for intermediate or high-risk localized prostate cancer before radical prostatectomy (RP). METHODS: Eligible men had localized prostate cancer (T1-T2c) with Gleason score greater than or equal to 7 or prostate-specific antigen 10 ng/mL or more and were candidates for RP. Patients received the adenoviral vector expressing the GLIPR1 gene by a single injection into the prostate followed four weeks later by RP. Six viral particle (vp) dose levels were evaluated: 10(10), 5 × 10(10), 10(11), 5 × 10(11), 10(12), and 5 × 10(12) vp. RESULTS: Nineteen patients with a median age of 64 years were recruited. Nine men had T1c, 4 had T2a, and 3 had T2b and T2c clinical stage. Toxicities included urinary tract infection (n = 3), flu-like syndrome (n = 3), fever (n = 1), dysuria (n = 1), and photophobia (n = 1). Laboratory toxicities were grade 1 elevated AST/ALT (n = 1) and elevations of PTT (n = 3, with 1 proven to be lupus anticoagulant). No pathologic complete remission was seen. Morphologic cytotoxic activity, induction of apoptosis, and nuclear p27(Kip1) upregulation were observed. Peripheral blood CD8(+), CD4(+), and CD3(+) T-lymphocytes were increased, with upregulation of their HLA-DR expression and elevations of serum IL-12. CONCLUSIONS: The intraprostatic administration of GLIPR1 tumor suppressor gene expressed by an adenoviral vector was safe in men, with localized intermediate or high-risk prostate cancer preceding RP. Preliminary evidence of biologic antitumor activity and systemic immune response was documented.

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-11-1899

    PubMed

    researchmap

  • Tumor growth and metastasis suppression by Glipr1 gene-modified macrophages in a metastatic prostate cancer model. 国際誌

    K Tabata, S Kurosaka, M Watanabe, K Edamura, T Satoh, G Yang, E Abdelfattah, J Wang, A Goltsov, D Floryk, T C Thompson

    Gene therapy   18 ( 10 )   969 - 78   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We previously identified the mouse and human Glipr1 and GLIPR1/RTVP-1 genes, respectively, as direct p53 targets with proapoptotic activities in various cancer cell lines, including prostate cancer (PCa). Intratumoral injection of an adenoviral vector capable of efficient transduction and expression of Glipr1 (AdGlipr1) yielded promising therapeutic results in an orthotopic, metastatic mouse model of PCa. AdGlipr1-transduced macrophages (Mφ/Glipr1) generated greater surface expression of CD40, CD80 and major histocompatibility complex class II molecules and greater production of interleukin 12 (IL-12) and IL-6 in vitro than control macrophages did. Mechanistic analysis indicated that increased production of IL-12 in Mφ/Glipr1 depends on activation of the p38 signaling cascade. Mφ/Glipr1 injected into orthotopic 178-2BMA tumors in vivo resulted in significantly suppressed prostate tumor growth and spontaneous lung metastases and longer survival relative to those observed in control-treated mice. Furthermore, these preclinical data indicate the generation of systemic natural killer cell activity and tumor-specific cytotoxic T lymphocyte responses. Trafficking studies confirmed that intratumorally injected Mφ/Glipr1 could migrate to draining lymph nodes. Overall, our data suggest that this novel gene-modified cell approach is an effective treatment avenue that induces antitumor immune responses in preclinical studies.

    DOI: 10.1038/gt.2011.51

    PubMed

    researchmap

  • PRIMARY GLEASON GRADE 4 IMPACTS ON BIOCHEMICAL RECURRENCE AFTER PERMANENT INTERSTITIAL BRACHYTHERAPY IN JAPANESE PATIENTS WITH LOW- OR INTERMEDIATE-RISK PROSTATE CANCER 査読

    Takashi Saika, Tatsuya Uesugi, Kohei Edamura, Hiroyuki Nose, Makoto Kobuke, Shin Ebara, Norihisa Katayama, Hiroyuki Yanai, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   185 ( 4 )   E523 - E523   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2011.02.1008

    Web of Science

    researchmap

  • OP-302 開放的腎部分切除術55症例の臨床的検討(腎腫瘍/手術2,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会)

    西村 慎吾, 枝村 康平, 黒瀬 恭平, 江原 伸, 三枝 道尚

    日本泌尿器科学会雑誌   102 ( 2 )   391 - 391   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.102.391_2

    CiNii Article

    researchmap

  • Expression pattern of REIC/Dkk-3 in various cell types and the implications of the soluble form in prostatic acinar development. 国際誌

    Kai Zhang, Masami Watanabe, Yuji Kashiwakura, Shun-Ai Li, Kohei Edamura, Peng Huang, Ken Yamaguchi, Yasutomo Nasu, Yasuyuki Kobayashi, Masakiyo Sakaguchi, Kazuhiko Ochiai, Hiroshi Yamada, Kohji Takei, Hideo Ueki, Nam-Ho Huh, Ming Li, Haruki Kaku, Yanqun Na, Hiromi Kumon

    International journal of oncology   37 ( 6 )   1495 - 501   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The tumor suppressor REIC/Dkk-3 is a secretory protein which was originally identified to be downregulated in human immortalized cells. In the present study, we investigated the expression pattern of REIC/Dkk-3 in various cell types to characterize its physiological functions. We first examined the expression level of REIC/Dkk-3 in a broad range of cancer cell types and confirmed that it was significantly downregulated in all of the cell types. We also examined the tissue distribution pattern in a variety of normal mouse organs. Ubiquitous REIC/Dkk-3 protein expression was observed in the organs. The expression was abundant in the liver, heart and brain tissue, but was absent in the spleen and peripheral blood mononuclear cells. The immunohistochemical analyses revealed that the subcellular localization of REIC/Dkk-3 had a punctate pattern around the nucleus, indicating its association with secretory vesicles. In cancer cells stably transfected with REIC/Dkk-3, the protein was predominantly localized to the endoplasmic reticulum (ER) under observation with confocal microscopy. Because REIC/Dkk-3 was found to be abundantly expressed in the acinar epithelial cells of the mouse prostate, we analyzed the effects of recombinant REIC/Dkk-3 protein on the acinar morphogenesis of RWPE-1 cells, which are derived from human normal prostate epithelium. Statistically significant acinar growth was observed in the culture condition with 10 µg/ml REIC/Dkk-3 protein, implicating the soluble form in prostatic acinar development. Current results suggest that REIC/Dkk-3 may play a role in regulating the morphological process of normal tissue architecture through an autocrine and/or paracrine manner.

    PubMed

    researchmap

  • A PHASE I/II STUDY OF ADENOVIRUS-MEDIATED INTERLEUKIN-12 GENE THERAPY FOR HORMONE REFRACTORY PROSTATE CANCER; A REPORT OF INITIAL 6 CASES 査読

    Katsumi Sasaki, Yasutomo Nasu, Haruki Kaku, Masami Watanabe, Kohei Edamura, Takashi Saika, Hiromi Kumon, Malcolm K. Brenner

    JOURNAL OF GENE MEDICINE   12 ( 12 )   1025 - 1025   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JOHN WILEY & SONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山大学における低、中リスク限局性前立腺癌に対するI-125永久密封小線源療法の成績

    岸本 涼, 枝村 康平, 能勢 宏幸, 上杉 達也, 小武家 誠, 小林 泰之, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   45 ( 2 )   677 - 677   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 進行尿路上皮癌に対する化学療法奏功例におけるSalvage Surgeryの臨床的意義

    雑賀 隆史, 別宮 謙介, 岸本 涼, 枝村 康平, 小林 泰之, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   45 ( 2 )   1045 - 1045   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 岡山大学において過去16年間に経験した前立腺癌1384症例の臨床的検討

    枝村 康平, 雑賀 隆史, 小林 泰之, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   72 ( 9 )   546 - 546   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 早期前立腺がんの治療戦略 前立腺癌に対する根治療法 前立腺全摘除術or密封小線源療法 単一施設における検討

    枝村 康平, 雑賀 隆史, 上杉 達也, 能勢 宏幸, 小林 泰之, 真鍋 大輔, 小武家 誠, 江原 伸, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   45 ( 2 )   492 - 492   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 進行胚細胞癌に対する後腹膜リンパ節郭清術の検討 腫瘍学的、射精機能温存のアウトカム

    雑賀 隆史, 枝村 康平, 高尾 彰, 小林 泰之, 上杉 達也, 那須 保友, 公文 裕巳, 小武家 誠, 時永 賢治, 橋本 英昭

    西日本泌尿器科   72 ( 4 )   211 - 211   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 陰茎原発epithelioid sarcomaに対し陰茎全摘除術後に尿道陰茎再建術行った1例

    西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 泰之, アバラズア・フェルナンド, 石井 和史, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   71 ( 増刊 )   132 - 132   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Functional analysis of secreted caveolin-1 in mouse models of prostate cancer progression. 国際誌

    Masami Watanabe, Guang Yang, Guangwen Cao, Salahaldin A Tahir, Koji Naruishi, Ken-Ichi Tabata, Elmoataz Abdel Fattah, Kartik Rajagopalan, Terry L Timme, Sanghee Park, Shinji Kurosaka, Kohei Edamura, Ryuta Tanimoto, Francesco J Demayo, Alexei A Goltsov, Timothy C Thompson

    Molecular cancer research : MCR   7 ( 9 )   1446 - 55   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previously, we reported that caveolin-1 (cav-1) is overexpressed in metastatic prostate cancer and that virulent prostate cancer cells secrete biologically active cav-1. We also showed that cav-1 expression leads to prosurvival activities through maintenance of activated Akt and that cav-1 is taken up by other cav-1-negative tumor cells and/or endothelial cells, leading to stimulation of angiogenic activities through PI-3-K-Akt-eNOS signaling. To analyze the functional consequences of cav-1 overexpression on the development and progression of prostate cancer in vivo, we generated PBcav-1 transgenic mice. Adult male PBcav-1 mice showed significantly increased prostatic wet weight and higher incidence of epithelial hyperplasia compared with nontransgenic littermates. Increased immunostaining for cav-1, proliferative cell nuclear antigen, P-Akt, and reduced nuclear p27(Kip1) staining occurred in PBcav-1 hyperplastic prostatic lesions. PBcav-1 mice showed increased resistance to castration-induced prostatic regression and elevated serum cav-1 levels compared with nontransgenic littermates. Intraprostatic injection of androgen-sensitive, cav-1-secreting RM-9 mouse prostate cancer cells resulted in tumors that were larger in PBcav-1 mice than in nontransgenic littermates (P = 0.04). Tail vein inoculation of RM-9 cells produced significantly more experimental lung metastases in PBcav-1 males than in nontransgenic male littermates (P = 0.001), and in cav-1(+/+) mice than in cav-1(-/-) mice (P = 0.041). Combination treatment with surgical castration and systemic cav-1 antibody dramatically reduced the number of experimental metastases. These experimental data suggest a causal association of secreted cav-1 and prostate cancer growth and progression.

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-09-0071

    PubMed

    researchmap

  • 進行性尿路上皮癌に対するGCP療法の検討

    枝村 康平, 雑賀 隆史, 谷本 竜太, 高尾 彰, 小林 泰之, 上杉 達也, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   44 ( 2 )   593 - 593   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 上部尿路疾患に対する腎盂尿管鏡の有用性に関する検討

    高尾 彰, 雑賀 隆史, 枝村 康平, 小林 泰之, 小武家 誠, 上杉 達也, 上原 慎也, 賀来 春紀, 門田 晃一, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   44 ( 2 )   763 - 763   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 進行性尿路上皮癌に対するGemcitabine(GEM)、Cisplatin(CDDP)、Paclitaxel(PAC)-GCP療法-の検討

    枝村 康平, 雑賀 隆史, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 高尾 彰, 小林 泰之, 小武家 誠, 上杉 達也, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   71 ( 8 )   435 - 435   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Therapeutic effects of gelatin matrix-embedded IL-12 gene-modified macrophages in a mouse model of residual prostate cancer. 国際誌

    K Tabata, M Watanabe, K Naruishi, K Edamura, T Satoh, G Yang, E Abdel Fattah, J Wang, A Goltsov, D Floryk, S D Soni, D Kadmon, T C Thompson

    Prostate cancer and prostatic diseases   12 ( 3 )   301 - 9   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We evaluated the potential use of intraoperative gelatin matrix hemostatic sealant (GMHS; FloSeal; Baxter Healthcare) embedded with macrophages (Mphi) transduced with murine interleukin (IL)-12 recombinant adenoviral vector (G/Mphi/AdmIL-12) for prevention of recurrence of prostate cancer following radical prostatectomy. Application of G/Mphi/AdmIL-12 resulted in significant suppression of tumor growth and spontaneous lung metastases, a statistically significant survival advantage of the G/Mphi/AdmIL-12-treated animals, more efficient trafficking of Mphi to lymph nodes draining from the prostate and generation of systemic natural killer cell activity and tumor-specific cytolytic T lymphocyte responses compared to the controls in a preclinical mouse model of residual prostate cancer. Our data recommend this treatment as a novel adjuvant for prevention of local recurrence of prostate cancer following radical prostatectomy.

    DOI: 10.1038/pcan.2008.57

    PubMed

    researchmap

  • JUP1-2 腎癌に対するCTガイド下経皮的ラジオ波焼灼療法(JUAアップデートセッション パネルディスカッション1「エンドユロロジー・腹腔鏡領域」,第97回日本泌尿器科学会総会)

    小林 泰之, 郷原 英夫, 枝村 康平, 小武家 誠, 上杉 達也, 雑賀 隆史, 那須 保友, 金澤 右, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   100 ( 2 )   77 - 77   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.100.77_1

    CiNii Article

    researchmap

  • PP-286 前立腺癌永久密封小線源治療に合併する排尿障害に対するα1受容体遮断薬の改善効果に関する検討(Neurourology/臨床3,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会)

    上松 克利, 佐々木 克己, 渡辺 豊彦, 上原 慎也, 小武家 誠, 上杉 達也, 枝村 康平, 川口 正志, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕己

    日本泌尿器科学会雑誌   100 ( 2 )   388 - 388   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.100.388_2

    CiNii Article

    researchmap

  • 難治性尿路上皮癌および精巣腫瘍に対する化学療法 難治性精巣腫瘍にたいする3rd line化学療法としてのGemcitabine(GEM)、Cisplatinum(CDDP)、Paclitaxel(PTX)併用療法の経験

    雑賀 隆史, 小武家 誠, 上杉 達也, 小林 泰之, 谷本 竜太, 枝村 康平, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   70 ( 増刊 )   112 - 112   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 切除不能・再発尿路上皮癌に対するGemcitabine(GEM)、Cisplatin(CDDP)、Paclitaxel(PAC)-GCP療法-の検討

    谷本 竜太, 枝村 康平, 雑賀 隆史, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 小武家 誠, 大和 豊子, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   486 - 486   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 再燃進行前立腺がんの治療の現状と展望 再燃前立腺がんに対する遺伝子治療の現況と展望 査読

    那須 保友, 賀来 春紀, 渡部 昌実, 枝村 康平, 谷本 竜太, Abaruz Fernando, 黄 鵬, 佐々木 克己, 雑賀 隆史, 公文 裕巳

    泌尿器外科   21 ( 8 )   1049 - 1051   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    再燃前立腺がんに対する新たな治療法として遺伝子治療の基礎研究は分子生物学の進歩に伴いその成果を挙げてきた。さらにこれらの基礎研究の成果を臨床に還元するための研究(トランスレーショナルリサーチ)としてわれわれは遺伝子治療臨床研究を実施してきた。われわれが実施してきた自殺遺伝子としてのHSV-tk遺伝子、Interleukin-12遺伝子、腫瘍融解アデノウイルス、新規がん抑制遺伝子REICを用いた遺伝子治療研究の成果を概説することで再燃前立腺がんに対する遺伝子治療の現況とその展望を述べた。(著者抄録)

    researchmap

  • Iodine-125 seed implantation (permanent brachytherapy) for clinically localized prostate cancer.

    Shin Ebara, Norihisa Katayama, Ryuta Tanimoto, Kohei Edamura, Hiroyuki Nose, Daisuke Manabe, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Makoto Kobuke, Mitsuhiro Takemoto, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Susumu Kanazawa, Hiromi Kumon

    Acta medica Okayama   62 ( 1 )   9 - 13   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    From January 2004 to March 2007, 308 patients with clinically localized prostate cancer were treated using iodine-125 (125I) seed implantation (permanent brachytherapy) at Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences. We evaluated the treatments efficacy and morbidity in 300 prostate cancer patients who were followed up for more than 1 month after brachytherapy. Based on the National Comprehensive Cancer Network (NCCN) guidelines, patients with a prostate volume of less than 40 ml in transrectal ultrasound imaging were classified as low or intermediate risk. The median patient age was 67 years (range 50 to 79 years), the median prostate-specific antigen (PSA) value before biopsy was 6.95 ng/ml (range 1.13 to 24.7 ng/ml), and the median prostate volume was 24.33 ml (range 9.3 to 41.76 ml). The median follow-up was 18 months (range 1 to 36 months) and the PSA levels decreased in almost all patients after brachytherapy. Although 194 of 300 patients (64.7%) complained of difficulty in urination, pollakisuria/urgency, miction pain, and/or urinary incontinence, all of which might be associated with radiation prostatitis during the first month after brachytherapy, these symptoms gradually improved. 125I seed implantation brachytherapy is safe and effective for localized prostate cancer within short-term follow up.

    PubMed

    researchmap

  • Adenovirus-mediated REIC/Dkk-3 gene transfer inhibits tumor growth and metastasis in an orthotopic prostate cancer model. 国際誌

    K Edamura, Y Nasu, M Takaishi, T Kobayashi, F Abarzua, M Sakaguchi, Y Kashiwakura, S Ebara, T Saika, M Watanabe, N-H Huh, H Kumon

    Cancer gene therapy   14 ( 9 )   765 - 72   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We had previously reported that REIC/Dkk-3, a member of the Dickkopf (Dkk) gene family, works as a tumor suppressor. In this study, we evaluated the therapeutic effects of an intratumoral injection with adenoviral vector encoding REIC/Dkk-3 gene (Ad-REIC) using an orthotopic mouse prostate cancer model of RM-9 cells. We also investigated the in vivo anti-metastatic effect and in vitro anti-invasion effect of Ad-REIC gene delivery. We demonstrated that the Ad-REIC treatment inhibited prostate cancer growth and lymph node metastasis, and prolonged mice survival in the model. These therapeutic responses were consistent with the intratumoral apoptosis induction and in vitro suppression of cell invasion/migration with reduced matrix metalloprotease-2 activity. We thus concluded that in situ Ad-REIC/Dkk-3 gene transfer may be a promising therapeutic intervention modality for the treatment of prostate cancer.

    PubMed

    researchmap

  • Heat shock proteins play a crucial role in tumor-specific apoptosis by REIC/Dkk-3. 国際誌

    Fernando Abarzua, Masakiyo Sakaguchi, Ryuta Tanimoto, Hiroyuki Sonegawa, Dai-Wei Li, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Masami Watanabe, Yuji Kashiwakura, Haruki Kaku, Takashi Saika, Keiichiro Nakamura, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon, Nam-Ho Huh

    International journal of molecular medicine   20 ( 1 )   37 - 43   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We recently showed that overexpression of REIC/Dickkopf-3 (Dkk-3), a tumor suppressor gene, induced apoptosis in a tumor cell-specific manner. The aim of the present study was to determine the mechanisms underlying the selective induction of apoptosis. At first, we found a mouse renal carcinoma cell line, RENCA, to be extremely sensitive to an adenovirus carrying REIC/Dkk-3 (Ad-REIC), and we showed that activation of c-Jun N-terminal kinase (JNK) was a critical step in cell death, i.e. a process similar to that in human prostate and testicular cancer observed in our previous studies. Among the proteins interfering with the activation of JNK, heat shock protein (Hsp)70/72 was reduced in expression in RENCA cells compared with that in NIH3T3 cells. An Hsp70/72 inducer protected RENCA cells from Ad-REIC-induced apoptosis, while an Hsp70/72 inhibitor sensitized NIH3T3 cells for apoptosis induction. These results indicate that functionally active Hsp70/72 is a key factor in tumor cell-specific induction of apoptotic cell death and that analyses of the expression levels of Hsp70/72 may be essential in determining the significance of Ad-REIC-based gene therapy against human cancer.

    PubMed

    researchmap

  • Adenovirus-mediated REIC/Dkk-3 gene transfer inhibits tumor growth and metastasis in an orthotopic prostate cancer model

    K Edamura , Y Nasu , M Takaishi , T Kobayashi , F Abarzua , M Sakaguchi , Y Kashiwakura , S Ebara , T Saika , M Watanabe , N-H Huh , H Kumon

    Cancer Gene Therapy   14   765 - 772   2007年

  • S11-6 密封小線源療法を施行された前立腺癌患者のQOLに関する研究 : 恥骨後式根治的前立腺摘除術とのProspectiveな比較において(シンポジウム11「限局性前立腺癌の治療成績とQOL」,第94回日本泌尿器科学会総会)

    雑賀 隆史, 江原 伸, 真鍋 大輔, 能勢 宏幸, 枝村 康平, 谷本 竜太, 小林 知子, 津島 知靖, 那須 保友, 中西 代志子, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   97 ( 2 )   165 - 165   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.97.165_1

    CiNii Article

    researchmap

  • MP-453 1251シード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療(一般演題ポスター,第94回日本泌尿器科学会総会)

    江原 伸, 真鍋 大輔, 枝村 康平, 谷本 竜太, 小林 知子, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   97 ( 2 )   480 - 480   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.97.480_1

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-119 進行性尿路上皮癌に対するGemcitabine (GEM)、Cisplatin (CDDP)、Paclitaxel (PAC) -GCP療法-の検討(一般演題口演,第94回日本泌尿器科学会総会)

    谷本 竜太, 眞鍋 大輔, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 知子, 賀来 春紀, 江原 伸, 大和 豊子, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   97 ( 2 )   310 - 310   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.97.310_3

    CiNii Article

    researchmap

  • Long-term clinical outcomes of 420 consecutive prostate cancer patients in a single institute.

    Kohei Edamura, Takashi Saika, Takashi Senoh, Fumihito Koizumi, Daisuke Manabe, Shin Ebara, Haruki Kaku, Teruhiko Yokoyama, Fernando Abarzua, Atsushi Nagai, Yasutomo Nasu, Tomoyasu Tsushima, Hiromi Kumon

    Acta medica Okayama   59 ( 5 )   195 - 9   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study was undertaken to reveal the trends of prostate cancer and the outcome of treatment modalities for each disease stage in patients in a single institute over a 10-year period. From January 1994 through December 2003, 420 consecutive patients with previously untreated and histologically confirmed prostate cancer were analyzed for annual distributions of disease stages and treatment modalities and for long-term clinical progression-free survival, prostate cancer-specific survival, and prostate-specific antigen (PSA) failure-free survival rates for each stage and treatment modality. Annual trends showed that the number of patients, especially those with clinically localized cancer, increased dramatically. The 5-year disease-specific survival rates for patients with clinically localized disease were 100 percent for all treatment modalities, including hormonal therapy alone. Patients with PSA levels less than 10 ng/ml showed an 81 percent 5-year PSA failure-free survival rate with radical prostatectomy. Stage C patients treated by surgery or radiation-based therapy with concomitant hormonal therapy obtained 93 percent and 100 percent cause-specific survival rates, respectively, and those treated by hormonal therapy alone showed a 79 percent rate. The number of patients with localized prostate cancer was increasing in this decade. While long-term hormonal therapy alone was highly efficient in controlling localized prostate cancer, radical therapies in conjunction with neo-adjuvant hormonal therapy produced better survival rates in cases of locally advanced disease.

    PubMed

    researchmap

  • ^<125>Iシード線源による前立腺癌永久刺入密封小線源治療(第93回日本泌尿器科学会総会)

    江原 伸, 真鍋 大輔, 能勢 宏幸, 枝村 康平, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   96 ( 2 )   426 - 426   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.96.426_4

    CiNii Article

    researchmap

  • 精巣腫瘍に対する後腹膜リンパ節郭清術の検討(第93回日本泌尿器科学会総会)

    津島 知靖, 雑賀 隆史, 枝村 康平, 村上 貴典, 小泉 文人, 小林 知子, 真鍋 大輔, 江原 伸, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   96 ( 2 )   270 - 270   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.96.270_2

    CiNii Article

    researchmap

  • PP3-132 経会陰的および経直腸的前立腺12ヶ所生検の有用性 : 再生検施行症例の検討(一般演題(ポスター))

    秋山 博伸, 林 俊秀, 枝村 康平, 渡部 昌実, 牧 佳男, 入江 伸, 金重 哲三

    日本泌尿器科学会雑誌   95 ( 2 )   506 - 506   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.95.506_4

    CiNii Article

    researchmap

  • 経会陰的および経直腸的前立腺12ヵ所生検の有用性 : 前立腺全摘標本での癌mappingをふまえて

    渡部 昌実, 林 俊秀, 枝村 康平, 森末 浩一, 入江 伸, 金重 哲三

    日本泌尿器科学会雑誌   94 ( 2 )   145 - 145   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.94.145_2

    CiNii Article

    researchmap

  • 前立腺全摘術後のPSA failureの定義とその妥当性について-超高感度測定法にて3ポイント連続上昇と定義した場合

    妹尾 孝司, 雑賀 隆史, 那須 保友, 津島 知靖, 公文 裕巳, 三宅 知子, 宮地 禎幸, 石戸 則孝, 高本 均, 小林 泰之, 武田 克治, 枝村 康平, 林 俊秀

    西日本泌尿器科   64 ( 増刊 )   179 - 179   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Discovery of antimicrobial peptides from lactobacillus crispatus

    T. Watanabe, T. Sadahira, T. Yamanoi, N. Nagasaki, Y. Maruyama, T. Iwata, K. Edamura, Y. Kobayashi, M. Araki

    European Urology   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/s0302-2838(23)00777-7

    researchmap

  • 当院における腎移植後悪性腫瘍の検討

    山野井友昭, 西村慎吾, 関戸崇了, 吉永香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 大西康博, 竹内英実, 田邊克幸, 森永裕士, 和田淳, 荒木元朗

    日本移植学会総会プログラム抄録集   59th (Web)   2023年

     詳細を見る

  • 転移性腎細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の有効性における転移部位腫瘍径の影響

    岩田健宏, 片山聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 西村慎吾, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    日本泌尿器科学会総会(Web)   110th   2023年

     詳細を見る

  • LOH症候群における各種質問票の有用性について

    富永悠介, 小林知子, 松本裕子, 定平卓也, 片山聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 枝村康平, 小林泰之, 佐古智子, 杉本盛人, 渡部昌実, 荒木元朗

    日本性機能学会雑誌   38 ( 2 )   2023年

     詳細を見る

  • 前立腺生検関連感染症の予防—The prevention strategies of prostate biopsy-related infection

    定平 卓也, 丸山 雄樹, 岩田 健宏, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    泌尿器科 = Urology / 泌尿器科編集委員会 編   16 ( 5 )   583 - 589   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • Evaluating renal tumors by SPARE can save the effort of making three-dimensional imaging

    T. Watanabe, T. Sadahira, K. Edamura, Y. Kobayashi, M. Araki

    European Urology   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/s0302-2838(22)01065-x

    researchmap

  • 尿細胞診によるBKウイルス腎症の発症予測は尿沈渣で代替可能か

    関戸崇了, 荒木元朗, 吉永香澄, 山野井友昭, 丸山雄樹, 定平卓也, 西村慎吾, 枝村康平, 小林泰之, 田邊克幸, 竹内英実, 森永裕士, 和田淳, 柳井広之

    日本移植学会総会プログラム抄録集   58th (Web)   2022年

     詳細を見る

  • 当院でのマージナル生体腎移植ドナーの術後中長期QOLに関する検討

    山野井友昭, 荒木元朗, 西村慎吾, 奥村美紗, 関戸崇了, 吉永香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 岩田健宏, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 渡邉豊彦

    日本移植学会総会プログラム抄録集   58th (Web)   2022年

     詳細を見る

  • 腎門部に発生した粘液嚢胞腺癌の1例

    三宅 修司, 岩田 健宏, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 久保 寿夫, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 1 )   14 - 14   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 第323回日本泌尿器科学会岡山地方会演題抄録 岡山大学病院における去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの長期治療成績

    河田達志, 高本 篤, 横山周平, 宗田大二郎, 坪井一馬, 長尾賢太郎, 富永悠介, 岩田健宏, 西村慎吾, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 渡辺豊彦, 那須保友

    西日本泌尿器科   82 ( 6 )   605 - 605   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • マージナルドナーから生体腎移植を受けたレシピエントの術後成績

    吉永香澄, 荒木元朗, 和田耕一郎, 西村慎吾, 奥村美紗, 関戸崇了, 和田里章悟, 丸山雄樹, 山野井友昭, 定平卓也, 枝村康平, 佐古智子, 小林泰之, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本移植学会総会プログラム抄録集   57th (Web)   2021年

     詳細を見る

  • CFI R201S変異を認めたaHUSレシピエントに対する生体腎移植の一例

    山野井友昭, 荒木元朗, 和田耕一郎, 西村慎吾, 奥村美紗, 関戸崇了, 吉永香澄, 和田里章悟, 丸山雄樹, 定平卓也, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本移植学会総会プログラム抄録集   57th (Web)   2021年

     詳細を見る

  • 縫合のコツと落とし穴

    小林泰之, 西村慎吾, 定平卓也, 岩田健宏, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 荒木元朗, 渡辺豊彦, 那須保友

    日本泌尿器内視鏡学会(Web)   35th   2021年

     詳細を見る

  • 神経線維腫症1型に合併した後腹膜悪性末梢神経鞘腫瘍の1例

    宗田大二郎, 岩田健宏, 定平卓也, 富永悠介, 片山 聡, 西村慎吾, 高本 篤, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友, 中田英二, 柳井広之

    西日本泌尿器科   82 ( 6 )   596 - 600   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は30代,女性。過去に左腋窩皮膚生検で神経線維腫と診断され,特徴的な皮膚所見や家族歴などから神経線維腫症1型(NF-1;von Recklinghausen病)を疑われていたが放置していた。20XX年2月に右大腿部痛,背部痛を主訴に近医を受診しMRI,造影CTで約13cm大の後腹膜腫瘤を指摘され,L2神経根からの発生と脊柱管内の浸潤も疑われ,神経線維腫の疑いとして手術目的に当科紹介された。合同での手術が必要と考えられたため,整形外科に紹介しMRIガイド下生検で悪性末梢神経鞘腫瘍の可能性を示唆された。同年6月に腫瘍の動脈塞栓術施行後に右後腹膜腫瘍摘出術を施行し,病理結果から悪性末梢神経鞘腫瘍と診断された。術後10ヵ月現在再発認めず,外来通院中である。後腹膜原発腫瘍において悪性末梢神経鞘腫瘍は極めて稀な症例であり,有効な治療法は確立されていない。今回,後腹膜原発の悪性末梢神経鞘腫瘍の1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 高血圧・糖尿病に焦点を当てたマージナルドナーからの生体腎移植

    吉永香澄, 荒木元朗, 関戸崇了, 和田里章悟, 丸山雄樹, 定平卓也, 窪田理沙, 西村慎吾, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 竹内英実, 田邉克幸, 森永裕士, 杉山斉, 和田淳, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   54th   2021年

     詳細を見る

  • ハイリスク腎移植game changers DSA陽性ハイリスク腎移植

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   90 - 90   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 生体腎移植レシピエントにおけるCT値と骨密度の関係と推移

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   53回   200 - 200   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植後に発症したBKウイルス腎症の2例

    関戸 崇了, 荒木 元朗, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 山下 里美, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 加納 弓月, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   53回   213 - 213   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 岡山大学の手技と成績

    和田耕一郎, 丸山雄樹, 荒木元朗, 小林泰之, 定平卓也, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器内視鏡学会(Web)   34th   2020年

     詳細を見る

  • 回腸導管ECUDとICUD最適な尿路変向は?

    小林泰之, 西村慎吾, 岩田健宏, 定平卓也, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 荒木元朗, 渡辺豊彦, 那須保友

    日本泌尿器内視鏡学会(Web)   34th   2020年

     詳細を見る

  • 当院における開腹膀胱全摘術(ORC)と腹腔鏡下膀胱全摘術(LRC)の治療成績の比較

    和田里章悟, 小林泰之, 定平卓也, 片山聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器科学会総会(Web)   108th   2020年

     詳細を見る

  • ロボット手術の教育方法-それぞれの施設での試み-岡山大学病院泌尿器科におけるロボット手術教育の現状

    小林泰之, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 定平卓也, 枝村康平, 荒木元朗, 渡辺豊彦, 那須保友

    Japanese Journal of Endourology (Web)   33 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 生体腎移植において低用量リツキシマブはウイルス感染症を増加させない

    吉永香澄, 荒木元朗, 関戸崇了, 和田里章悟, 丸山雄樹, 光井洋介, 定平卓也, 窪田理沙, 西村慎吾, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本移植学会総会プログラム抄録集   56th   2020年

     詳細を見る

  • 腎移植後の尿細胞診におけるSV40染色はBKウイルス腎症の発症予測に有効である

    関戸崇了, 荒木元朗, 吉永香澄, 和田里章悟, 丸山雄樹, 光井洋介, 定平卓也, 窪田理沙, 西村慎吾, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 渡邉豊彦, 柳井広之, 那須保友

    日本移植学会総会プログラム抄録集   56th   2020年

     詳細を見る

  • Fumarate hydratase(FH)欠損腎細胞癌によるリンパ節転移に対して、イピリムマブ+ニボルマブ併用療法が奏功した一例

    関戸 崇了, 高本 篤, 小林 泰之, 三井 將雄, 和田里 章吾, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 枝村 康平, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   151 - 151   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 症例から学ぶ 治療変遷から読み解く腎癌治療 何を、どこまで、どのように? 下大静脈腫瘍塞栓を伴う腎腫瘍の新しい手術アプローチ

    荒木 元朗, 小林 泰之, 枝村 康平, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 渡部 昌実, 那須 保友, 楳田 佑三, 八木 孝仁

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   113 - 113   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮腫瘍に対するpembrolizumabの治療経験

    高本 篤, 小林 泰之, 大岩 裕子, 片山 聡, 枝村 康平, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   183 - 183   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • サルコペニアが前立腺全摘除後の排尿関連QoLに与える影響 Expanded Prostate Cancer Index Compositeを用いた経時的変化

    光井 洋介, 渡邉 豊彦, 定平 卓也, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   255 - 255   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における腹腔鏡教育プログラムの有用性 腹腔鏡下副腎摘除術

    和田里 章悟, 小林 泰之, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 2 )   225 - 229   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    当院泌尿器科では2006年から独自の腹腔鏡手術教育プログラムを作成し手術教育を行っている。2009年3月から2017年11月までに当院で腹腔鏡技術認定医トレーニング中の泌尿器科医師が執刀した腹腔鏡下副腎摘除術76症例と、当院の腹腔鏡技術認定医が行った43症例との周術期成績の比較検討を行った。プログラム対象者は合計18人(卒後6-11年目)で、1人あたりの執刀症例数は中央値4例(range:1-9)、認定医の術者は9名で中央値2例(range:1-26)であった。患者背景には大きな差は認めなかった。手術時間は認定医群で有意に短かった(p=0.0122)ものの、両群において輸血や開腹移行症例、重篤な合併症はなかった。手術時間・出血量に急激なラーニングカーブは認めなかった。系統的な手術教育により腹腔鏡手術経験の未熟な術者の初期症例においても、安定した周術期成績を残すことが出来た。(著者抄録)

    researchmap

  • 局所進行性前立腺癌に対するRALP(拡大リンパ節郭清、拡大摘除)の予後因子の検討

    柳原 豊, 芳賀 俊介, 渡辺 隆太, 沢田 雄一郎, 野田 輝乙, 浅井 聖史, 福本 哲也, 三浦 徳宣, 宮内 勇貴, 菊川 忠彦, 雑賀 隆史, 中島 宏親, 枝村 康平, 江原 伸

    泌尿器外科   32 ( 8 )   1023 - 1024   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    局所進行性前立腺癌に対する一次治療としてのロボット支援下前立腺全摘術(RALP)の成績は、限られた報告しかない。そこでわれわれは、extended RALP(拡大摘除+拡大骨盤内リンパ節郭清)を行った局所進行性前立腺癌の症例(ネオアジュバントならびにアジュバント治療を施行していない約100例)を後方視的に、手術成績、周術期合併症、術後PSA再発、予後因子などを検討し報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腎癌尿管再発の1例

    角南 亮輔, 大岩 裕子, 高本 篤, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   482 - 482   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 拡大リンパ節廓清はhigh risk前立腺癌全例に必要か?

    平田 武志, 三宅 修司, 小倉 一真, 花本 昌紀, 河田 達志, 高村 剛輔, 別宮 謙介, 江原 伸, 枝村 康平, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   107回   OP - 174   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 上部尿路上皮癌に対する5-ALAを用いた光線力学診断の有用性の検討

    和田耕一郎, 和田耕一郎, 谷本竜太, 谷本竜太, 谷本竜太, 定平卓也, 定平卓也, 高本篤, 高本篤, 佐古智子, 佐古智子, 枝村康平, 枝村康平, 小林泰之, 小林泰之, 荒木元朗, 荒木元朗, 渡邉豊彦, 渡邉豊彦, 那須保友, 那須保友

    日本泌尿器内視鏡学会(Web)   33rd   2019年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院泌尿器科における腹腔鏡教育プログラムの有用性~腹腔鏡下副腎摘除術~

    和田里章悟, 小林泰之, 定平卓也, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 和田耕一郎, 荒木元朗, 渡邉豊彦, 那須保友

    Japanese Journal of Endourology (Web)   32 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 前立腺全摘除術前における針生検病理標本second-lookの有用性

    定平卓也, 丸山雄樹, 光井洋介, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器科学会総会(Web)   107th   2019年

     詳細を見る

  • 生体腎移植8年後に回腸末端に発生したPTLDの一例

    和田里章悟, 荒木元朗, 河村香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 窪田理沙, 定平卓也, 西村慎吾, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 渡邉豊彦, 北川正史, 田邊克幸, 那須保友

    日本移植学会総会プログラム抄録集   55th   2019年

     詳細を見る

  • 腎部分切除術における腎機能温存と心血管イベントの関連性の検討

    枝村康平, 窪田理沙, 大岩裕子, 定平卓也, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 小林泰之, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器科学会総会(Web)   107th   2019年

     詳細を見る

  • ロボット支援腎部分切除術における切除皮質体積の重要性

    光井洋介, 定平卓也, 荒木元朗, 丸山雄樹, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    泌尿器画像診断・治療技術研究会プログラム・抄録   7th   2019年

     詳細を見る

  • 胚細胞腫瘍に対する化学療法前の炎症性バイオマーカーと生存率の比較検討

    河村香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 光井洋介, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 渡辺豊彦, 那須保友

    日本泌尿器科学会総会(Web)   107th   2019年

     詳細を見る

  • 胚細胞腫瘍におけるブレオマイシン関連薬剤性肺障害の炎症性バイオマーカーの探索

    丸山雄樹, 定平卓也, 荒木元朗, 光井洋介, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器科学会総会(Web)   107th   2019年

     詳細を見る

  • ロボット支援腎部分切除術における切除皮質体積の重要性;切除組織からの3D再構築による精密測定を用いて

    光井洋介, 定平卓也, 荒木元朗, 丸山雄樹, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器科学会総会(Web)   107th   2019年

     詳細を見る

  • 前立腺癌治療の新たな展開:ハイリスク前立腺癌に対する拡大手術、粒子線治療、ネオアジュバント治療 局所進行前立腺癌に対するロボット支援下拡大摘除拡大リンパ節郭清 査読

    雑賀 隆史, 三浦 徳宣, 柳原 豊, 福本 哲也, 宮内 勇貴, 中島 宏親, 枝村 康平, 江原 伸, 平田 武志, 菊川 忠彦

    日本癌治療学会学術集会抄録集   56回   SY5 - 5   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 前立腺癌治療の新たな展開:ハイリスク前立腺癌に対する拡大手術、粒子線治療、ネオアジュバント治療 局所進行前立腺癌に対するロボット支援下拡大摘除拡大リンパ節郭清

    雑賀 隆史, 三浦 徳宣, 柳原 豊, 福本 哲也, 宮内 勇貴, 中島 宏親, 枝村 康平, 江原 伸, 平田 武志, 菊川 忠彦

    日本癌治療学会学術集会抄録集   56回   SY5 - 5   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験

    枝村 康平, 小倉 一真, 花本 昌紀, 林 信希, 高村 剛輔, 平田 武志, 江原 伸, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   106回   PP2 - 247   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 尿路ステントの感染および閉塞への対策

    和田耕一郎, 和田耕一郎, 定平卓也, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 渡邉豊彦, 那須保友

    Japanese Journal of Endourology   31 ( 3 (Web) )   2018年

     詳細を見る

  • 拡大リンパ節郭清はhigh risk限局性前立腺癌全例に必要か

    平田 武志, 花本 昌紀, 小倉 一真, 林 信希, 高木 剛輔, 枝村 康平, 江原 伸, 雑賀 隆史

    Japanese Journal of Endourology   30 ( 3 )   172 - 172   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • High risk前立腺癌症例に対するRARP Very High-risk癌に対する一次治療としてのロボット支援腹腔鏡下拡大摘除拡大郭清

    雑賀 隆史, 三浦 徳宣, 枝村 康平, 中島 宏親, 宮内 勇貴, 福本 哲也, 江原 伸, 菊川 忠彦

    Japanese Journal of Endourology   30 ( 3 )   136 - 136   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験

    高村 剛輔, 小倉 一真, 花本 昌紀, 林 信希, 平田 武志, 枝村 康平, 江原 伸, 雑賀 隆史

    Japanese Journal of Endourology   30 ( 3 )   190 - 190   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 「それぞれの癌」診断・治療の現状と展望 前立腺癌 Very High-risk前立腺癌に対する一次治療としての拡大摘除拡大骨盤内リンパ節郭清

    雑賀 隆史, 三浦 徳宣, 柳原 豊, 福本 哲也, 宮内 勇貴, 中島 宏親, 枝村 康平, 江原 伸

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   OSY9 - 3   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 新ISUP分類による前立腺全摘術後のPSA再発率の検討

    花本 昌紀, 平田 武志, 小倉 一真, 林 信希, 高村 剛輔, 枝村 康平, 雑賀 隆史, 江原 伸

    西日本泌尿器科   79 ( 増刊 )   165 - 165   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 進行性尿路上皮癌に対するサルベージ化学療法としてのゲムシタビン/シスプラチン/パクリタキセル(GCP)療法の臨床的検討

    平田 武志, 中島 宏親, 林 信希, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 枝村 康平, 江原 伸, 弓狩 一晃, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   105回   OP11 - 3   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下拡大摘除拡大郭清によるVery High-risk前立腺癌に対する一次治療の試み

    雑賀 隆史, 枝村 康平, 中島 宏親, 宮内 勇貴, 新井 欧介, 野田 輝乙, 福本 哲也, 三浦 徳宣, 柳原 豊, 菊川 忠彦, 江原 伸

    日本泌尿器科学会総会   105回   UP09 - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験

    枝村 康平, 小倉 一真, 花本 昌紀, 中島 宏親, 林 信希, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 平田 武志, 江原 伸, 弓狩 一晃, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   105回   OP68 - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 前立腺癌のアプローチ別、郭清手技、短期・長期成績、コスト very High-risk前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下骨盤内リンパ節郭清

    雑賀 隆史, 枝村 康平, 江原 伸, 福本 哲也, 宮内 勇貴, 菊川 忠彦

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   PD13 - 8   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験

    林 信希, 小倉 一真, 中島 宏親, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 平田 武志, 弓狩 一晃, 枝村 康平, 江原 伸, 雑賀 隆史

    Japanese Journal of Endourology   29 ( 3 )   292 - 292   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 泌尿器 泌尿器がん治療の進歩 広島市民病院におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験

    枝村 康平, 小倉 一真, 矢野 成樹, 中島 宏親, 林 信希, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 雑賀 隆史

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   WS63 - 4   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 根治的前立腺全摘除術症例をもとにしたActive surveillanceの有用性について

    中島 宏親, 枝村 康平, 小倉 一真, 矢野 茂樹, 林 信希, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 弓狩 一晃, 雑賀 隆史

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P54 - 3   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 高齢者におけるロボット支援下前立腺全摘除術の有用性について

    岩田 健宏, 林 信希, 中島 宏親, 甲斐 誠二, 弓狩 一晃, 枝村 康平, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   104回   PP3 - 105   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • Special High-risk前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下骨盤内リンパ節郭清の検討

    弓狩 一晃, 中島 宏親, 林 信希, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 枝村 康平, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   104回   OP - 176   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 根治的前立腺全摘除術症例をもとにしたActive surveillanceの有用性について

    中島 宏親, 枝村 康平, 林 信希, 岩田 健宏, 甲斐 誠二, 弓狩 一晃, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   104回   PP1 - 241   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 広島市民病院における腎部分切除術の検討

    甲斐 誠二, 中島 宏親, 林 信希, 岩田 健宏, 弓狩 一晃, 枝村 康平, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   104回   PP3 - 206   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 当院における転移性腎癌に対してのパゾパニブの使用経験

    林 信希, 岩田 健宏, 中島 宏親, 甲斐 誠二, 弓狩 一晃, 枝村 康平, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会総会   104回   PP3 - 025   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Could a salvage surgery after chemotherapy have clinical impact on cancer survival in patients with metastatic urothelial carcinoma?

    K. Bekku, T. Saika, Y. Kobayashi, R. Kishimoto, K. Edamura, F. Abarzua, Y. Nasu, H. Kumon

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   29 ( 7 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Impact of primary Gleason grade 4 on biochemical recurrence after permanent interstitial brachytherapy in Japanese patients with low- or intermediate-risk prostate cancer

    T. Saika, T. Uesugi, K. Edamura, M. Kobuke, H. Nose, S. Ebara, Y. Nasu, N. Katayama, H. Yanai, H. Kumon

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   29 ( 7 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • 腫瘍塞栓を伴ったCCSK(clear cell sarcoma of kidney)に対し集学的治療を行った一例

    森 聡博, 雑賀 隆史, 佐々木 克己, 枝村 康平, 岸本 涼, 宮村 能子, 八木 孝仁, 笠原 真吾, 石井 和史, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   72 ( 増刊 )   141 - 141   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるI125前立腺癌永久密封小線源療法の治療成績

    上杉 達也, 枝村 康平, 谷本 竜太, 高尾 彰, 小林 泰之, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 柳井 広之, 武本 充広, 吉尾 浩太郎, 片山 敬久, 小武家 誠, 江原 伸

    日本癌治療学会誌   44 ( 2 )   879 - 879   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 難治性精巣腫瘍にたいする 3^<rd> line 化学療法としての Gemcitabine (GEM), Cisplatin (CDDP), Paclitaxel (PTX) 併用療法の経験

    雑賀 隆史, 枝村 康平, 小武家 誠, 上杉 達也, 小林 泰之, 高尾 彰, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   71 ( 5 )   202 - 207   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本泌尿器科学会西日本支部  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2009308364

  • ヒト膀胱癌細胞におけるREIC/Dkk-3誘導性アポトーシスに対する抵抗性の機構解析(Mechanistic Analysis of Resistance to REIC/Dkk-3-induced Apoptosis in Human Bladder Cancer Cell Lines)

    小林 知子, 阪口 政清, 谷本 竜太, 枝村 康平, アバラズア・フェルナンド, 片岡 健, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 宮崎 正博, 那須 保友, 公文 裕巳, 許 南浩

    西日本泌尿器科   69 ( 増刊 )   125 - 125   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 【PSA-Fの判定基準 治療後のPSA値の推移】125Iシード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療

    江原 伸, 片山 敬久, 真鍋 大輔, 谷本 竜太, 枝村 康平, 小林 泰之, 雑賀 隆史, 武本 充広, 金澤 右, 那須 保友, 公文 裕巳

    臨床放射線   52 ( 5 )   641 - 645   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    限局性前立腺癌に対する永久挿入密封小線源治療を行い、2年以上の経過観察が可能であった70例において、前立腺特異抗原(PSA)動態およびPSA bounceの頻度、発症時期、持続期間、bounceにおける血清PSA値の上昇の度合いを解析した。また、PSA bounceに関与する因子及びASTRO consensus以外のbiochemical failure判定基準などについて文献的考察を加えた。18例に0.1ng/ml以上のPSA bounceを認めた。海外の文献では、PSA bounceは30〜50%の頻度で治療後2年以内に生じ、約1年間持続するとの報告を認めた。PSA+2ng/mlなどの新たな定義がASTRO consensusよりも、感受性、特異性が高く、biochemical failureのstandard criteriaになると考えた。治療後PSA nadirに達するまでの4〜5年以内にPSAが上昇した場合はPSA bounceを念頭にいれ、PSA failureの判定を行う必要が示唆された。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008032847

  • 前立腺癌基礎研究の最前線 岡山大学における前立腺癌遺伝子治療研究の現況と展望 ベーシックリサーチからトランスレーショナルリサーチへ

    賀来 春紀, 藤原 俊義, 公文 裕巳, 渡部 昌実, 黄 鵬, 陳 潔, 谷本 竜太, フェルナンド・アバルスア, 枝村 康平, 真鍋 大輔, 江原 伸, 雑賀 隆史, 那須 保友

    西日本泌尿器科   69 ( 4 )   221 - 229   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • トランスレーショナルリサーチ(TR)としての前立腺癌遺伝子治療 : 岡山大学の現況

    賀来 春紀, 那須 保友, 谷本 竜太, アバルスア フェルナンド, 枝村 康平, 真鍋 大輔, 江原 伸, 雑賀 隆史, 藤原 俊義, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   68   88 - 88   2006年10月

     詳細を見る

  • Adenoviral vector-mediated REIC/Dkk-3 gene transfer inhibits tumor growth, invasion and metastasis in a orthotopic prostate cancer model

    EDAMURA Kohei

    西日本泌尿器科   68   113 - 113   2006年10月

     詳細を見る

  • 125Iシード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療

    江原 伸, 武本 充広, 片山 敬久, 真鍋 大輔, 枝村 康平, 谷本 竜太, 小林 知子, 雑賀 隆史, 那須 保友, 金澤 右, 公文 裕巳

    日本放射線腫瘍学会誌   18 ( 3 )   168 - 168   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線腫瘍学会  

    researchmap

  • ^<125>Iシード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療

    江原 伸, 能勢 宏幸, 真鍋 大輔, 枝村 康平, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 武本 充広, 姫井 健吾, 金澤 右

    西日本泌尿器科   67 ( 6 )   328 - 336   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本泌尿器科学会西日本支部  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2005249834

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 制限増殖型アデノウイルスを用いた超低侵襲内視鏡治療の開発

    研究課題/領域番号:23K06650  2023年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    枝村 康平, 定平 卓也

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • 膀胱癌に対する革新的アブレーション技術の確立と応用展開

    研究課題/領域番号:19K09690  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    枝村 康平, 定平 卓也, 那須 保友, 和田 耕一郎, 荒木 元朗

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    表在性膀胱癌の治療では経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)が第一選択とされる一方、筋層浸潤性膀胱癌については未だ根治性を期待できる内視鏡治療は存在せず、最終的に膀胱全摘除術を余儀なくされる症例も少なくない。
    申請者らは近年、組織内圧を可及的に一定に保ちつつ、治療薬を均一に注入できる独自の薬剤投与技術を開発した。膀胱癌の内視鏡下治療の際に、いかに低侵襲の根治的治療法を患者に提供するか、という方向性を念頭に、本研究においてイヌ膀胱における内視鏡下局所治療に係る研究を実施した。
    まず、表在性膀胱癌に対する薬剤の局所注入治療法に根治性を持たせる為に、膀胱鏡下にどのように薬剤を当該病変部位に投与するか、という課題についての研究を実施した。また、既存の文献に基づき、数種類の組織アブレーション作用を有する注入試験薬について、それぞれの膀胱粘膜におけるアブレーション効果を検証した。

    researchmap

  • 樹状様細胞誘導能を示す新規抗腫瘍タンパクの基盤的展開研究

    研究課題/領域番号:21390441  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    那須 保友, 公文 裕巳, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 枝村 康平

      詳細を見る

    配分額:14300000円 ( 直接経費:11000000円 、 間接経費:3300000円 )

    REIC/Dkk-3遺伝子は腫瘍抑制遺伝子であり、幅広い癌種においてその発現が低下をしている。本研究では、REIC遺伝子発現に伴い生成・分泌される新規サイトカイン様タンパク質REICの抗癌免疫学的な作用機序とその臨床的観点からの有用性を明らかにしたものである。今後、本研究での成果が、前立腺癌を含む癌疾患に対する革新的癌標的・免疫医療の創造につながっていくことが期待される。

    researchmap

  • アポトーシス誘導新規前立腺癌遺伝子治療と放射線療法併用に関する基盤的研究

    研究課題/領域番号:21791505  2009年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    枝村 康平

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    新規癌抑制遺伝子REICによる抗腫瘍効果はこれまでに報告されているが、今回新たに放射線治療との併用による相乗効果を検討した。REIC遺伝子療法と放射線療法の併用により、正常細胞に比べてヒト前立腺癌細胞では増殖が顕著に抑制され、これはアポトーシス誘導による効果であることが判明した。REIC遺伝子療法と放射線療法との併用用療法は前立腺癌治療の新たな選択肢となり得る可能性がある。

    researchmap

  • 前立腺癌を標的とした音響穿孔法によるIL12免疫遺伝子治療の開発研究

    研究課題/領域番号:19591851  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    雑賀 隆史, 那須 保友, 小武家 誠, 枝村 康平, 江原 伸

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    ウイルスベクターを用いない新規遺伝子導入法による遺伝子治療の開発として、高密度焦点超音波(HIFU)による遺伝子導入実験を、臨床像に即した癌モデルを利用し臨床前研究としておこなった。遺伝子導入設定の確立と、より高い部位選択性を明らかにする遺伝子導入効果モニタリングをおこない、副作用の少ない実用的臨床効果を期待できる新しい遺伝子導入法による国内外初の遺伝子治療の開発につながる成果をえた。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 泌尿器科学(基本臨床実習) (2023年度) 特別  - その他

  • 腎泌尿器系(臓器・系別統合講義) (2023年度) 特別  - その他

  • 泌尿器科学(基本臨床実習) (2022年度) 特別  - その他

  • 腎泌尿器系(臓器・系別統合講義) (2022年度) 特別  - その他