2023/01/20 更新

写真a

タケタ ヒロアキ
武田 宏明
TAKETA Hiroaki
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2014年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 再生医療

  • 歯科保存学

  • 歯科理工学

  • 歯科医学教育

研究分野

  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学

  • ライフサイエンス / 口腔再生医学、歯科医用工学

  • ライフサイエンス / 社会系歯学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    2010年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Dental School  

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   総合歯科   助教

    2017年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   医療教育統合開発センター 歯科医学教育改革部門   特任助教

    2015年2月 - 2017年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学   総合歯科   医員

    2014年4月 - 2015年1月

      詳細を見る

  • 岡山大学   卒後臨床研修センター   研修歯科医

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本総合歯科学会   編集査読委員会委員  

    2022年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本総合歯科学会   広報委員会委員  

    2019年 - 2022年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • What impact does postgraduate clinical training have on empathy among Japanese trainee dentists? 査読 国際誌

    Toshiko Yoshida, Sho Watanabe, Takayuki Kono, Hiroaki Taketa, Noriko Shiotsu, Hajime Shirai, Yukie Nakai, Yasuhiro Torii

    BMC Medical Education   21 ( 1 )   53 - 53   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Enhancing empathy in healthcare education is a critical component in the development of a relationship between healthcare professionals and patients that would ensure better patient care; improved patient satisfaction, adherence to treatment, patients’ medication self-efficacy, improved treatment outcomes, and reduced patient anxiety. Unfortunately, however, the decline of empathy among students has been frequently reported. It is especially common when the curriculum transitions to a clinical setting. However, some studies have questioned the significance and frequency of this decline. Thus, the purpose of this study was to determine the impact of postgraduate clinical training on dental trainees’ empathy from cognitive, behavioral, and patients’ perspective.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    This study included 64 trainee dentists at Okayama University Hospital and 13 simulated patients (SPs). The trainee dentists carried out initial medical interviews with SPs twice, at the beginning and the end of their clinical training. The trainees completed the Japanese version of the Jefferson Scale of Empathy for health professionals just before each medical interview. The SPs evaluated the trainees’ communication using an assessment questionnaire immediately after the medical interviews. The videotaped dialogue from the medical interviews was analyzed using the Roter Interaction Analysis System.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    No significant difference was found in the self-reported empathy score of trainees at the beginning and the end of the clinical training (107.73 [range, 85–134] vs. 108.34 [range, 69–138]; <italic>p</italic> = 0.643). Considering the results according to gender, male scored 104.06 (range, 88–118) vs. 101.06 (range, 71–122; <italic>p</italic> = 0.283) and female 109.17 (range, 85–134) vs. 111.20 (range, 69–138; <italic>p</italic> = 0.170). Similarly, there was no difference in the SPs’ evaluation of trainees’ communication (10.73 vs. 10.38, <italic>p</italic> = 0.434). Communication behavior in the emotional responsiveness category for trainees in the beginning was significantly higher than that at the end (2.47 vs. 1.14, <italic>p</italic> = 0.000).


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    Overall, a one-year postgraduate dental training program neither reduced nor increased trainee dentists’ empathy levels. Providing regular education support in this area may help trainees foster their empathy.


    </sec>

    DOI: 10.1186/s12909-020-02481-y

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s12909-020-02481-y/fulltext.html

  • アドバンス・ケア・プランニングに基づき末期がん患者の終末期医療に対して歯科治療介入を行った1症例 査読

    矢部 淳, 白井 肇, 河崎 龍, 野崎 高儀, 小山 梨菜, 塩津 範子, 武田 宏明, 河野 隆幸, 吉田 登志子, 鳥井 康弘

    日本総合歯科学会雑誌   12 ( 1 )   78 - 84   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本総合歯科学会  

    今回,終末期の患者に対して約2年半に渡って総合的に歯科医療を提供した。症例は74歳男性である。岡山大学病院に口腔衛生管理のため総合歯科受診し,肺がん既往のため同呼吸器外科にも長年通院していた。2017年4月から肺がん再発に伴い口腔内感染源除去,咀嚼機能の回復を行うとともに化学療法に向けた口腔衛生管理や指導を行った。しかし化学療法の副反応として間質性肺疾患が発症したことを契機に,患者との共同意思決定により緩和ケアへと移行し,骨吸収抑制薬関連顎骨壊死予防のための口腔衛生管理を行った。その後のアドバンス・ケア・プランニングによりQuality of life(QOL)の維持と延命治療の拒否を希望したため,点滴に頼らず水分栄養を経口摂取するための口腔機能の維持管理を目的に治療を継続した。その後骨吸収抑制薬関連顎骨壊死発症に伴い抜歯を行い,義歯新製を行いつつ逝去の1ヵ月前まで通院が継続し,その間口腔機能を維持できた。また,全身状態の悪化により他院緩和ケア病棟に入院した後も,完成義歯を持参して見舞うなど患者に寄り添うことができた。アドバンス・ケア・プランニングにより患者の希望に寄り添いつつ前向きな歯科治療を提供することで,患者および家族の満足度の向上に寄与した。研修歯科医の当初から比較的長期に治療を継続することでターミナルケアにおける歯科治療の意義を強く意識するようになった症例であった。(著者抄録)

    researchmap

  • Coating method for smooth and reinforced surface layer of highly translucent zirconia 査読

    Dental Materials Journal   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Toughening of highly translucent zirconia by monoclinic ZrO 2 and SiO 2 particle coating 査読

    Soichiro Uno, Masahiro Okada, Hiroaki Taketa, Yasuhiro Torii, Takuya Matsumoto

    Dental Materials Journal   39 ( 2 )   295 - 301   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4012/dmj.2018-415

    PubMed

    researchmap

  • Improvement of mechanical properties of Y-TZP by thermal annealing with monoclinic zirconia nanoparticle coating. 査読 国際誌

    Okada M, Taketa H, Hara ES, Torii Y, Irie M, Matsumoto T

    Dental materials : official publication of the Academy of Dental Materials   35 ( 7 )   970 - 978   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dental.2019.04.002

    PubMed

    researchmap

  • Optimal sandblasting conditions for conventional-type yttria-stabilized tetragonal zirconia polycrystals. 査読 国際誌

    Okada M, Taketa H, Torii Y, Irie M, Matsumoto T

    Dental materials : official publication of the Academy of Dental Materials   35 ( 1 )   169 - 175   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dental.2018.11.009

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学病院歯科医師臨床研修修了女性歯科医師へのアンケート調査-勤務への満足に影響を与える項目- 査読

    塩津範子,河野隆幸,武田宏明,白井肇,吉田登志子,鳥井康弘

    岡山歯学会雑誌   36 ( 2 )   37 - 43   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岡山歯学会  

    当大学病院での歯科医師臨床研修を修了した女性歯科医師188人を対象に勤務への満足度についてアンケート調査を行い、114人から有効回答が得られた。現在就労している91人のうち、70人(76.9%)が勤務に満足していた。経験年数(1〜4年、5年以上)、認定医もしくは専門医の有無、勤務形態(常勤、非常勤)、開業の有無(開業、勤務)、勤務場所(診療所、病院もしくは大学病院)、休職経験の有無、結婚の有無、配偶者の職業(歯科医師、以下医師以外)、子供の有無と勤務への満足度との関係を検討したところ、勤務形態においてのみ常勤は非常勤に比べ満足度が高い傾向があった。勤務に満足している理由は「やりがいがある」、「上司や同僚の理解がある」が多く、勤務に不満足な理由は「家庭と勤務の両立が難しい」、「プライベートの時間がない」、「男性主導社会」が多かった。常勤では満足の理由・不満足の理由ともに"上司の理解"であり、非常勤ではいずれも"家庭と仕事の両立"で、非常勤においてのみ「収入が悪い」「勉強時間がない」も不満足の理由として挙げられていた。以上より、女性歯科医師の勤務への満足度は勤務形態に左右されると考えられた。

    researchmap

  • Relationship of trainee dentists' self-reported empathy and communication behaviors with simulated patients' assessment in medical interviews. 査読 国際誌

    Watanabe S, Yoshida T, Kono T, Taketa H, Shiotsu N, Shirai H, Torii Y

    PloS one   13 ( 12 )   e0203970 - 13   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0203970

    PubMed

    researchmap

  • Resin adhesion strengths to zirconia ceramics after primer treatment with silane coupling monomer or oligomer. 査読

    Okada M,Inoue K,Irie M,Taketa H,Torii Y and Matsumoto T

    Dental Materials Journal   36 ( 5 )   600 - 605   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4012/dmj.2016-334

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 女性歯科医師の考える理想の歯科医師像-岡山大学病院臨床研修修了女性歯科医師へのアンケート調査から.- 査読

    塩津 範子, 桑山 香織, 河野 隆幸, 武田 宏明, 鈴木 康司, 白井 肇, 吉田 登志子, 鳥井 康弘.

    日本総合歯科学会雑誌   9 ( 1 )   28 - 35   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • MSCs feeder layers induce SMG self-organization and branching morphogenesis.(共著) 査読

    Farahat M,Sathi GA,Hara ES,Taketa H,Kuboki T and Matsumoto T

    PLoS One   12 ( 4 )   e0176453 - 14   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0176453

    PubMed

    researchmap

  • MCSF orchestrates branching morphogenesis in developing submandibular gland tissue 査読

    Gulsan Ara Sathi, Mahmoud Farahat, Emilio Satoshi Hara, Hiroaki Taketa, Hitoshi Nagatsuka, Takuo Kuboki, Takuya Matsumoto.

    Journal of Cell Science.   130 ( 9 )   1559 - 1569   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/jcs.196907

    PubMed

    researchmap

  • Functional peptide KP24 enhances submandibular gland tissue growth in vitro. 査読

    Ikeda A, Taketa H, Sathi GA, Hirano Y, Iida S, Matsumoto T

    Regenerative therapy   3   108 - 113   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.reth.2016.02.006

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 早期見学実習の一環として実施した外来患者エスコート実習の学生評価―実習直後と5年経過後の臨床実習終了時での振り返り評価との比較―

    吉田 登志子, 窪木 拓男, 山中 玲子, 鈴木 康司, 河野 隆幸, 白井 肇, 塩津 範子, 武田 宏明, 兒玉 直紀, 鳥井 康弘

    日本歯科医学教育学会雑誌   32 ( 2 )   84 - 92   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> 抄録 本論文では臨床実習を終了した6年次生が, 自身が1年次に受講したエスコート実習をどのように評価しているかを実習直後の評価と比較, 検討した.</p><p> 1年次に実施された患者エスコート実習に対するアンケートは同一学生に2回実施された. 1回目は1年次のエスコート実習直後に, そして2回目は5年経過後の臨床実習終了時に1年次に受講したエスコート実習を振り返り, アンケートに回答した. その両方に回答した82名を対象者とした. 1回目と2回目の評価を比較, 分析した結果, 以下の結論を得た.</p><p> 臨床実習終了時のエスコート実習に対する評価は, 1年次の実習直後の評価と比較して有意に低下した. エスコート実習直後にはエスコート実習を肯定的に評価していたが, 臨床実習終了時にはその評価が否定的に変化した学生は, 患者の視点の理解や医療人にふさわしいコミュニケーションの技能の理解の観点からその評価が低下していることが明らかになった. 一方, エスコート実習直後と臨床実習終了時の両方においてエスコート実習を肯定的に評価した学生においては, 医療人にふさわしいコミュニケーションの技能の理解の観点からエスコート実習が有意義であると評価していることが示された. 以上より, 学生はエスコート実習直後のほうが5年後の臨床実習終了時と比較してより肯定的にエスコート実習を評価をしていたが, 一部の学生にとっては一定の価値のある実習であることが示唆された.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.32.2_84

    CiNii Article

    researchmap

  • 女性歯科医師のキャリアに影響を与える要因に関する研究 岡山大学病院臨床研修修了女性歯科医師へのアンケート調査 結婚・子供の有無の影響

    塩津 範子, 桑山 香織, 河野 隆幸, 大塚 恵理, 武田 宏明, 鈴木 康司, 白井 肇, 吉田 登志子, 鳥井 康弘

    岡山歯学会雑誌   34 ( 2 )   47 - 51   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    平成18年〜25年度に当院で歯科医師臨床研修を受けた女性188名に対して平成26年1月〜3月にWebアンケートを行い、「結婚の有無」「子供の有無」「就労の有無」「勤務形態(常勤・非常勤)」「非常勤の理由」「休職経験の有無」「休職の理由」などについて調査した。114名から有効回答が得られた。回答を分析した結果、「結婚の有無」と「子供の有無」は「就労の有無」に有意な影響を与えていたが、「勤務形態」には有意な影響を与えていなかった。休職の理由は「出産・育児」が最も多かった。これらの結果から、女性歯科医師の就労継続には特に「子供の有無」が大きな影響を与えていると考えられた。

    researchmap

  • Peptide-modified Substrate for Modulating Gland Tissue Growth and Morphology In Vitro 査読 国際誌

    Hiroaki Taketa, Gulsan Ara Sathi, Mahmoud Farahat, Kazi Anisur Rahman, Takayoshi Sakai, Yoshiaki Hirano, Takuo Kuboki, Yasuhiro Torii, Takuya Matsumoto

    Scientific Reports   5   11468 - 11468   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep11468

    PubMed

    researchmap

  • Novel 3D - Printed Device for the Simple Preparation of Hydrogel Beads. 査読

    Rahman KA, Sathi GA, Taketa H, Farahat, MI. Okada M, Torii Y, Matsumoto T.

    3D Printing.   2 ( 1 )   5 - 11   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/3dp.2014.0023

    Web of Science

    researchmap

  • Highly dynamic self-organizing SMG morphogenesis in 3D culture. 査読

    Mahmoud Farahat, Gulsan Ara Sathi, Hiroaki Taketa, Masamitsu Oshima,Array, Takuya Matsumoto

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2015, Nagoya, Japan, November 23-25, 2015   1 - 3   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438259

    researchmap

  • 岡山大学病院歯科医師臨床研修における経験内容について-アンケート調査による分析-

    鈴木康司,河野隆幸,白井肇,塩津範子,武田宏明,大塚恵理,吉田登志子,鳥井康弘

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   49 - 56   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    過去5年間に岡山大学歯科医師卒後臨床研修プログラムを選択した研修歯科医師280名を対象に、研修開始時と終了時に30項目の臨床経験の有無についてアンケート調査を行った。その結果、概ね経験できている項目は研修開始時6項目、終了時16項目であった。経験者率は終了時の方がほぼ全項目で高く、23項目は有意に高かった。単独型プログラムと複合型プログラムの終了時の経験者率の比較では、単独型プログラムの方が高かったのは1項目、複合型の方が高かったのは4項目であった。岡山大学出身者と他大学出身者との比較では、研修開始時、終了時共に岡山大学出身者の方が経験者率が高かった。以上より、研修開始時は研修歯科医の臨床経験の差が大きく、臨床研修終了時には全ての検討項目で経験率が上昇した。卒前教育での経験の差は卒後臨床経験に影響することが示唆され、卒前教育と卒後臨床経験の連携の重要性が再認識された。

    researchmap

  • Influence of anteroposterior mandibular positions on facial attractiveness in Japanese adults 査読

    Shingo Kuroda, Takako Sugahara, Souichirou Takabatake, Hiroaki Taketa, Ryoko Ando, Teruko Takano-Yamamoto

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   135 ( 1 )   73 - 78   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Introduction: Our aims in this study were to determine the anteroposterior facial relationship that is regarded as most attractive by Japanese laypersons in a questionnaire survey and to evaluate which analysis of the soft-tissue profile is most suitable for Japanese people. Methods: We showed 262 Japanese laypersons (121 male, 141 female) 9 morphed profile images with Point B and menton anteriorly or distally moved by software and asked them to number them sequentially according to their attractiveness. To examine which analysis best reflects facial attractiveness as judged by laypersons, we made 5 types of analyses of the facial profile with 11 variables in the 9 images. Results: The normal face was judged favorably; however, an attractive profile might be different for each subject. The 3 highest ranking profiles (normal face and moderate mandibular retrusions) were often favorites, and 2 profiles (severe mandibular protrusions) were liked the least for most subjects. However, the other images showed a wide range of distribution. Mandibular retrusion was generally more favored than mandibular protrusion and bimaxillary protrusion (severe chin retrusion) had a high attractiveness ranking and was well accepted in the Japanese population. Conclusions: To evaluate the profiles of Japanese subjects, it is important to evaluate not only the esthetic line defined by the nose and chin, but also the balance of the upper and lower lips defined by the posterior reference line-ie, Burstone&apos;s Sn-Pog&apos; line. (Am J Orthod Dentofacial Orthop 2009; 135: 73-8)

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2006.12.021

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • レジンセメントの大臼歯用CAD/CAM Blockに対するせん断接着強さ

    入江 正郎, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉原 久美子, 松本 卓也

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   148回   61 - 61   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • ファイバーポストとコアー材の引き抜き強さ

    入江 正郎, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉原 久美子, 松本 卓也

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   147回   148 - 148   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • ファイバーポストとコアー材の初期の引き抜き強さ

    入江 正郎, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉原 久美子, 松本 卓也

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   146回   91 - 91   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 歯根象牙質に対するコアー材料の初期接着強さ

    入江 正郎, 松本 卓也, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉原 久美子

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   145回   80 - 80   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • セルフアドヒーシヴ・レジンセメントの歯質接着強さ 処理材の併用効果

    入江 正郎, 田仲 持郎, 松本 卓也, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉原 久美子

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   144回   81 - 81   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 高粉液比型グラスアイオノマー I級窩洞適合性と機械的特性

    入江 正郎, 田仲 持郎, 松本 卓也, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 丸尾 幸憲, 西川 悟郎, 皆木 省吾, 長岡 紀幸, 吉原 久美子

    日本歯科理工学会誌   35 ( 2 )   77 - 77   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 新規動揺歯固定および矯正用ブラケット接着材の曲げ特性

    入江 正郎, 田仲 持郎, 松本 卓也, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉原 久美子

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   143回   127 - 127   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • 一液性処理材の歯質接着強さ 処理時間の影響

    入江 正郎, 田仲 持郎, 松本 卓也, 武田 宏明, 鳥井 康弘, 吉山 昌宏, 吉原 久美子

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   142回   110 - 110   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 表面処理剤と接着性レジンセメントの併用による歯質接着性向上

    矢部 淳, 入江正郎, 岡田正弘, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    日本歯科保存学会2022年度秋季学術大会(第157回)  2022年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月10日 - 2022年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 二ケイ酸リチウムガラスのフッ化水素酸水溶液処理が接着強さへ及ぼす影響

    入江正郎, 岡田正弘, 矢部 淳, 武田宏明, 松本卓也

    日本歯科保存学会2022年度秋季学術大会(第157回)  2022年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月10日 - 2022年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 接着性レジンセメントの重合方法による重合率の変化が曲げ強さに及ぼす影響の検討

    矢部淳, 橋本篤典, 小山梨奈, 塩津範子, 武田宏明, 河野隆幸, 白井肇

    第15回日本総合歯科学会学術大会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月5日 - 2022年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯科用セラミックスに対するレジンセメントの接着強さ: Dual-cureとSelf-cureの比較

    入江正郎,岡田正弘,矢部淳,武田宏明,鳥井康弘,松本卓也

    日本歯科保存学会2022年度春季学術大会(第156回)  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月16日 - 2022年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 視覚材料を用いて術者と患者の病状に対する認識の齟齬をなくした症例

    第14回日本総合歯科学会総会学術大会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月29日 - 2021年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新規光重合型レジンセメントの歯質接着性の検討

    入江正郎, 岡田正弘, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    日本歯科保存学会2021年度秋季学術大会(第155回)  2021年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月28日 - 2021年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 近年の歯科用ジルコニアに対するレジンセメントの接着強さの長期耐久性

    矢部淳, 入江正郎, 岡田正弘, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    日本歯科保存学会2021年度秋季学術大会(第155回)  2021年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月28日 - 2021年11月10日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 酸処理チタンの軟組織接着性を増強するサンドブラスト処理の最適化

    矢部淳, 岡田正弘, 武田宏明, ハラ・エミリオ・サトシ, 鳥井康弘, 松本卓也

    第78回日本歯科理工学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月16日 - 2021年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レジンセメントの最近の歯科用セラミックスに対する接着強さの長期耐久性

    入江正郎, 岡田正弘, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    日本歯科保存学会2021年度春季学術大会(第154回)  2021年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月10日 - 2021年6月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 2ステップボンディング材の初期接着強さの経時的変化

    日本歯科保存学会2021年度春季学術大会(第154回)  2021年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月10日 - 2021年6月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • サンドブラスト処理による酸処理チタンの軟組織接着性の増強

    矢部淳, 岡田正弘, 武田宏明, Hara ES, 鳥井康弘, 松本卓也

    第 77 回日本歯科理工学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月10日 - 2021年4月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新規レジンセメントの歯質接着性からの検討:各種処理材の影響

    入江正郎,岡田正弘,武田宏明,鳥井康弘,松本卓也

    日本歯科保存学会2020年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新規レジンセメントの歯質接着性からの検討:湿潤vs. 乾燥

    入江正郎,岡田正弘,武田宏明,鳥井康弘,松本卓也

    日本歯科保存学会2020年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 汚染除去材が接着性レジンセメトの せん断接着強さに及ぼす影響

    矢部淳,入江正郎,岡田正弘,武田宏明,鳥井康弘,松本卓也

    日本歯科保存学会2020年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evaluation of simulation training courses on basic clinical skills for geriatric dentistry for trainee dentists

    Hiroaki Taketa, Toshiko Yoshida, Atsushi Yabe, Noriko Shiotsu, Takayuki Kono,Hajime Shirai, Yasuhiro Torii

    第68回JADR総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月7日 - 2020年11月8日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 骨格性反対咬合による審美障害を義歯作製により改善した症例

    河﨑龍,矢部 淳,野崎髙儀,小山梨菜,塩津範子,武田宏明,河野隆幸,白井 肇,鳥井康弘

    第13回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月31日 - 2020年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 初期研修における研修歯科医の共感性の変化

    吉田登志子,渡邉 翔,河野隆幸,武田宏明,塩津範子,白井 肇,矢部 淳,野崎髙儀,小山梨菜,河崎 龍,鳥井康弘

    第13回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月31日 - 2020年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト血漿汚染被着面に対する汚染除去材の効果:接着強さからの検討

    入江正郎,岡田正弘,武田宏明,鳥井康弘,松本卓也

    日本歯科保存学会2020年度春季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単斜晶ジルコニアとシリカを焼付した高透光性ジルコニアの機械的性質

    岡田正弘, 宇野聡一郎, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    第75回日本歯科理工学会学術講演会  2020年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月18日 - 2020年4月19日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 唾液汚染被着面に対する汚染除去材の効果:接着強さからの検討

    入江正郎 , 岡田正弘 ,武田宏明 , 鳥井康弘 ,松本卓也

    第151回日本歯科保存学会2019年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日 - 2019年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯科受診の経験がない多数歯欠損の患者に対して系統的脱感作法を用いて治療に取り組んだ症例

    吉田明日香, 矢部 淳, 野崎髙儀, 小山梨菜, 渡邉 翔, 塩津範子, 武田宏明, 河野隆幸, 白井 肇, 吉田登志子, 鳥井康弘

    第12回 日本総合歯科学会 学術大会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日 - 2019年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アドバンス・ケア・プランニングに基づき末期がん患者の終末期医療に対して歯科治療介入を行った症例

    矢部 淳, 野崎髙儀, 吉田明日香, 小山梨菜, 渡邉 翔, 塩津範子, 武田宏明, 河野隆幸, 白井 肇, 吉田登志子, 鳥井康弘

    第12回 日本総合歯科学会 学術大会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日 - 2019年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院の歯科医師臨床研修修了者の去就状況ー就職先と出身地域との関係ー

    小山梨菜, 矢部淳, 野崎髙儀, 渡邉 翔, 塩津範子, 武田宏明, 河野隆幸, 白井 肇, 吉田登志子, 鳥井康弘

    第12回 日本総合歯科学会 学術大会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日 - 2019年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Does postgraduate clinical training enhance empathy and empatic communication among trainee dentists?

    Toshiko Yoshida, Sho Watanabe, Takayuki Kono, Hiroaki Taketa, Hajime Shirai, Yasuhiro Torii

    The Association for Medical Education in Europe (AMEE 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月24日 - 2019年8月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 要介護高齢者に対応するための研修歯科医への教育について

    武田宏明,渡邉 翔,塩津範子,河野隆幸,吉田登志子,白井 肇,鳥井康弘

    第38回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月19日 - 2019年7月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 最近の歯科用セラミックスに対する接着強さ

    入江正郎 , 岡田正弘 ,武田宏明 , 鳥井康弘 , 吉原久美子 ,松本卓也

    第150回日本歯科保存学会2019年度春季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単斜晶ナノジルコニア焼付による従来型ジルコニアの機械的性質改善

    岡田正弘, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    第73回日本歯科理工学会学術講演会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月20日 - 2019年4月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院における研修歯科医に対する在宅歯科医療研修について

    武田宏明,杉本恭子,曽我賢彦,窪木拓男,浅海淳一,白井肇,鳥井康弘

    健康長寿社会を担う歯科医学教育改革 連携総括シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月16日 - 2019年2月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 最近のフロアブルコンポジットの重合挙動と窩洞適合性

    入江正郎, 岡田正弘 ,武田宏明, 鳥井康弘, 吉原久美子,松本卓也

    第149回日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院総合歯科における初診患者の実態調査

    塩津範子,渡邉 翔,野崎?儀,清水美有,高橋真希,矢部 淳,小山梨菜,武田宏明,河野隆幸,吉田登志子,白井 肇,鳥井康弘

    第11回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日 - 2018年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院における研修歯科医の去就状況について

    小山梨菜,渡邉 翔,野崎?儀,清水美有,高橋真希,矢部 淳,塩津範子,武田宏明,河野隆幸,吉田登志子,白井 肇,鳥井康弘

    第11回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日 - 2018年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院における在宅歯科医療研修の現状について

    武田宏明,野崎高儀,渡邉翔,矢部淳,小山梨菜,塩津範子,河野隆幸,吉田登志子,白井肇,鳥井康弘

    第11回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日 - 2018年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新規表面処理法が高透光性ジルコニアの機械的性質および接着性に及ぼす影響

    武田宏明,岡田正弘,宇野聡一郎,入江正郎,鳥井康弘,松本卓也

    岡山歯学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 高透光性ジルコニアに対する機械的表面処理条件の検討

    岡田正弘, 藤井惠朗, 宇野聡一郎, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    第 72 回日本歯科理工学会学術講演会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月6日 - 2018年10月7日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Influence of trainee dentists? self-reported empathy on their communication characteristics in medical interviews and subsequent evaluations by simulated patients

    Toshiko Yoshida, Sho Watanabe, Takayuki Kono, Hajime Shirai, Hiroaki Taketa, Noriko Shiotsu, Yasuhiro Torii

    International Conference on Communication in Healthcare 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月1日 - 2018年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 研修歯科医が経験するインシデントを共有する手法の開発

    白井 肇,河野隆幸,武田宏明,塩津範子,渡邉 翔,吉田登志子,鳥井康弘

    第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月27日 - 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 初診時医療面接における研修歯科医に対する指導歯科医と模擬患者による評価の関係性

    吉田登志子,渡邉 翔,河野隆幸,武田宏明,塩津範子,白井 肇,鳥井康弘

    第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月27日 - 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 研修歯科医を対象とした多職種によるセミナーが多職種連携に与える教育効果

    園井教裕,河野隆幸,白井 肇,武田宏明, 塩津範子,曽我賢彦,鳥井康弘

    第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月27日 - 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • レジンセメントの大臼歯用CAD/CAM Blockに対するせん断接着強さ

    入江正郎, 武田宏明, 鳥井康弘, 吉原久美子,松本卓也

    日本歯科保存学会2018年春季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • Influence of surface treatment conditions on flexural strength of zirconia

    Okada M, Taketa H, Irie M, Matsumoto T

    17th Asian BioCeramics Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月30日 - 2017年12月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 医療面接における模擬患者評価と研修歯科医師の共感性および共感的態度との関係

    吉田登志子,渡邉 翔,河野隆幸,武田宏明,塩津範子,白井 肇,鳥井康弘

    第10回 日本総合歯科学会 学術大会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月4日 - 2017年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 在宅歯科医療シミュレーション実習の教育効果

    武田宏明,渡邉翔,野崎高儀,塩津範子,河野隆幸,吉田登志子,白井 肇,鳥井康弘

    第10回 日本総合歯科学会 学術大会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月4日 - 2017年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • ファイバーポストとコアー材の引き抜き強さ

    入江正郎, 武田宏明, 鳥井康弘, 吉原久美子,松本卓也

    日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第147回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高透光性シ?ルコニアの機械的強さに及ほ?す表面処理の影響

    大島直也, 岡田正弘, 宇野聡一郎, 武田宏明, 鳥井康弘, 松本卓也

    第 70 回日本歯科理工学会学術講演会プログラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 歯科用ジルコニアへのサンドブラスト処理の影響

    岡田正弘, 武田宏明, 鳥井康弘, 入江正郎, 松本卓也.

    第 70 回日本歯科理工学会学術講演会プログラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月14日 - 2017年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 研修歯科医の学位や認定医・専門医に対する意識調査

    河野隆幸,塩津範子,武田宏明,渡邉 翔,宇野聡一郎,野崎高儀,吉田登志子,白井 肇,鳥井康弘

    第38回岡山歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 研修歯科医師の共感性に関する研究-自己評価と行動評価および模擬患者評価との比較-

    渡邉翔,吉田登志子,武田宏明,塩津範子,鈴木康司,河野隆幸,白井肇,鳥井康弘

    第49回日本医学教育学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月18日 - 2017年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 岡山大学病院歯科医師臨床研修における在宅歯科医療研修の導入について

    武田宏明,杉本恭子,渡邉 翔,塩津範子,鈴木康司,河野隆幸,吉田登志子,白井 肇,浅海淳一,窪木拓男,鳥井康弘

    第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月28日 - 2017年7月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:松本  

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修期間に経験するインシデント調査

    白井 肇,河野隆幸,武田宏明,塩津範子,吉田登志子,鈴木康司,鳥井康弘

    第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月28日 - 2017年7月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:松本  

    researchmap

  • ファイバーポストとコアー材の初期の引き抜き強さ

    入江正郎, 武田宏明, 鳥井康弘, 吉原久美子,松本卓也

    日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月8日 - 2017年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 研修歯科医はどのような歯内療法を難しく感じるか-電子ポートフォリオの内容からの分析-

    塩津範子,河野隆幸,武田宏明,野崎高儀,渡邉 翔,桑山香織,鳥井康弘

    日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月8日 - 2017年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:青森  

    researchmap

  • In-Vitro 3D Biomimetic Model of Salivary Gland Branching Morphogenesis.

    Farahat M, Sathi GA, 武田宏明、大島正充、窪木拓男、松本卓也.

    日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月21日 - 2016年11月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院で臨床研修を行った女性歯科医師へのアンケート調査:理想の歯科医師像について

    塩津範子,河野隆幸,武田宏明,桑山香織,鈴木康司,白井 肇,吉田登志子,鳥井康弘

    第9回日本総合歯科学会 総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月19日 - 2016年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 研修歯科医師の共感性に対する多面的評価?自己評価と他者評価の関連性?

    渡邉 翔,吉田登志子,塩津範子,武田宏明,鈴木康司,河野隆幸,白井 肇,鳥井康弘

    第9回日本総合歯科学会 総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月19日 - 2016年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Highly-viscous glass-ionomer cement for filling: Interfacial Gap-formation in Class I restoration and mechanical properties

    IRIE M, Matsumoto T, Taketa H, Torii Y, Maruo Y, Nishigawa G, Minagi S, Nagaoka N, Yoshihara K

    International Dental Materials Congress 2016 (IDMC2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bali, Indonesia  

    researchmap

  • Development of tetragonal zirconia nanocrystals with high aspect ratio for composite resin fillers

    Okada M, Taketa H, Matsumoto T

    International Dental Materials Congress 2016 (IDMC2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bali, Indonesia  

    researchmap

  • 歯根象牙質に対するコアー材料の初期接着強さ

    入江正郎,松本卓也,武田宏明,鳥井康弘,吉原久美子

    日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月27日 - 2016年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院歯科医師臨床研修における歯科保存治療の経験症例の分析

    塩津範子,野崎高儀,渡邉 翔,小野早和子,武田宏明,桑山香織,河野隆幸,鳥井康弘

    日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月27日 - 2016年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:松本  

    researchmap

  • 知識データベースが歯科医師臨床研修に与える影響‐歯周治療に関する日報の分析‐

    河野隆幸,塩津範子,武田宏明,小野早和子,渡邊 翔,野崎高儀,桑山香織,鳥井康弘

    日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月27日 - 2016年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:松本  

    researchmap

  • 実習用顎模型を使用した形成練習に関するアンケート調査

    鈴木康司,河野隆幸,白井 肇,吉田登志子,武田宏明,塩津範子,鳥井康弘

    第37回岡山歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 初期研修における研修歯科医の共感性の変化

    吉田登志子,渡邉 翔,鈴木康司,河野隆幸,塩津範子,武田宏明,白井 肇,鳥井康弘

    第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月1日 - 2016年7月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 歯学臨床教育において疑似体験動画から効率的に学習し得る項目についての検討

    白井 肇,鈴木康司,河野隆幸,武田宏明,塩津範子,吉田登志子,飯田征二,鳥井康弘

    第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月1日 - 2016年7月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 高靱性材料の開発に向けたジルコニアのナノ形態および結晶相制御

    岡田 正弘,武田 宏明,松本 卓也

    第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 女性歯科医師の将来展望?結婚・子供・仕事に対する設計と就労継続のための制度や環境への要望?

    塩津範子,河野隆幸,宇野聡一郎,大塚恵理,武田宏明,鈴木康司,白井 肇,吉田登志子,鳥井康弘

    第8 回 日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月20日 - 2015年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 歯科用チェアーからの転落インシデントを防止する方策について

    白井 肇,宇野聡一郎,小野早和子,大塚恵理,塩津範子,武田宏明,梅原千幸,笠井悠未,片岡晴華,鈴木康司,河野隆幸,吉田登志子,鳥井康弘

    第8 回 日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月20日 - 2015年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 知識データベースを用いた歯科医師臨床研修における教育の試み

    河野隆幸,鈴木康司,武田宏明,塩津範子,大塚恵理,吉田登志子,白井 肇,鳥井康弘

    第36回岡山歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 臨床研修での自験診療経験は研修歯科医の初診時医療面接コミュニケーション能力にどのように影響するのか

    大塚恵理,吉田登志子,武田宏明,塩津範子,鈴木康司,河野隆幸,白井 肇,鳥井康弘

    第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月10日 - 2015年7月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • 岡山大学病院歯科医師臨床研修における多職種連携診療及び在宅歯科医療研修の現状

    武田宏明,白井 肇,大塚恵理,塩津範子,鈴木康司,河野隆幸,杉本恭子,吉田登志子,村田尚道,山中玲子,曽我賢彦,宮脇卓也,窪木拓男,鳥井康弘

    第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月10日 - 2015年7月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • 岡山大学病院で臨床研修を行った女性歯科医師の現況についてー第二報 勤務形態と仕事への満足度ー

    塩津範子,河野隆幸,大塚恵理,武田宏明,鈴木康司,白井 肇,吉田登志子,鳥井康弘

    第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月10日 - 2015年7月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

    researchmap

  • 胃の全摘を行った患者の治療経過 ー有病高齢患者の歯科治療で目指すものー

    白髪麻希,塩津範子,武田宏明,鈴木康司,河野隆幸,白井肇,鳥井康弘

    第7回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月28日 - 2014年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院における研修歯科医を対象とした医療安全研修プログラム開発の試み

    白井 肇,大塚恵理,塩津範子,武田宏明,小野早和子,渡邉 翔,白髪麻希,横田裕美,太田亜希,桑山香織,鈴木康司,河野隆幸,吉田登志子,鳥井康弘

    第7回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月28日 - 2014年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 義歯安定剤を常用している患者に対して義歯の新製を行った一症例

    横田裕美,塩津範子,武田宏明,鈴木康司,河野隆幸,白井肇,鳥井康弘

    第7回日本総合歯科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月28日 - 2014年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯肉の内縁上皮におけるタイトジャンクション構成タンパクの局在

    塩津範子,河野隆幸,桑山香織,武田宏明,大塚恵理,小野早和子,渡邉翔,鳥井康弘

    第141回日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月30日 - 2014年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 市販ワンステップボンディング材における活性ラジカル発生挙動と接着性-乾燥時間の違いによる変化-

    武田宏明,入江正郎,小野早和子,渡邉翔,大塚恵理,塩津範子,桑山香織,河野隆幸,松本卓也,鳥井康弘

    第141回日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月30日 - 2014年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院で臨床研修を行った女性歯科医師の現況についてー第二報ー

    桑山香織,河野隆幸,大塚恵理,塩津範子, 武田宏明, 鈴木康司,吉田登志子,白井肇,鳥井康弘

    第35回岡山歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機能性ペプチド修飾ゲルを用いた唾液腺の成長制御

    武田 宏明, シャティ グルサンアラ, ファラハト マハムド, 鳥井 康弘, 松本 卓也

    第62回日本歯科理工学会学術講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月19日 - 2013年10月20日

    researchmap

  • ワンステップボンディングシステムにおける活性ラジカル発生挙動と接着性 : 光重合開始剤の配合量による変化

    武田 宏明, 鳥井 康弘, 松本 卓也, 鈴木 一臣

    第 59 回日本歯科理工学会学術講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月14日 - 2012年4月15日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高分解能走査電子顕微鏡によるインプラント/生体組織界面の観察

    白井肇, 武田宏明, 長岡紀幸, 吉田靖弘, 坂本隼一, 原哲也, 河野隆幸, 鈴木康司, 皆木省吾, 鈴木一臣, 鳥井康弘

    第31回岡山歯学会総会・学術大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロカテック処理したジルコニア表面の断面TEM観察

    玉田 宜之, 長岡 紀幸, 武田 宏明, 吉原 久美子, 入江 正郎, 西川 悟郎,丸尾 幸憲, 吉田 靖弘, 鳥井 康弘, 松本 卓也, 皆木 省吾

    第61回日本歯科理工学会学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 研修歯科医師の共感性に関する研究 自己評価と行動評価および模擬患者評価との比較

    渡邉 翔, 吉田 登志子, 武田 宏明, 塩津 範子, 鈴木 康司, 河野 隆幸, 白井 肇, 鳥井 康弘

    第49回日本医学教育学会大会 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 要介護高齢者歯科医療での実践知の修得を促進させるシミュレーション教育モデルの開発

    研究課題/領域番号:18K09879  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    鳥井 康弘, 白井 肇, 吉田 登志子, 武田 宏明, 河野 隆幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本年度は,昨年度の研究で得られた結果から何よりもまず基本的な治療技能の修得が必須で,シミュレーターを使用した頻回の基本的歯科治療トレーニングと要介護高齢者歯科治療のトレーニングを同時並行で行うことが必要であると考えられたため,研修歯科医43人を対象に,まず基本的な歯科治療を想定したシミュレーショントレーニング,すなわち窩洞・歯冠形成,歯内療法,相互実習での歯周基本治療,印象採得トレーニングを企画・実施し,アンケート分析を行った.次いで,高齢者歯科医療で重要となる摂食嚥下トレーニング,ポータブルユニットの使用方法,車椅子からあるいはそこへの移乗介助および体位変換のトレーニングおよび口腔ケアトレーニング,さらに外部の協力施設に依頼して研修歯科医に実際に在宅訪問診療を経験してもらい,それぞれの項目でアンケートをとって要介護高齢者歯科治療のシミュレーショントレーニングの効果を分析・検討した.
    その結果,まず基礎的トレーニングでは,臨床で役立ったという点について半数以上が窩洞・歯冠形成と歯内療法で非常に役立った,おおむね役立ったと評価し,相互実習ではおおむね役立ったと比較的高い評価が得られ,学生臨床実習での経験不足を反映していると思われた.高齢者シミュレーターを使用しての車椅子への移乗介助および体位変換トレーニングでは75%以上が主体的に参加し研修で経験しておくべきとし,摂食嚥下トレーニングでは見学・アシスタントが主体で相互実習は25%程度でしか経験できなかったものの,90%以上の者が臨床で役立つと回答するなど研修内容に関する評価は高く,積極的な姿勢でトレーニングを受けていることが伺えた.最後に訪問診療の実地研修においては,ほぼ全員がこの経験は将来の自分自身の歯科医療に役立つと評価し,また事前のシミュレーショントレーニングの必要性を認識しているという結果であった.

    researchmap

  • ジルコニアナノ粒子を用いた新規表面処理方法によるジルコニア強度の向上

    2018年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  若手研究 

    武田宏明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 総合歯科医療学(実習(臨床実習)) (2022年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(講義・演習) (2022年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(演習・実習) (2022年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(講義・演習) (2022年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(演習・実習) (2022年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(講義・演習) (2022年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(実習(臨床実習)) (2022年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(講義・演習) (2022年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(実習(臨床実習)) (2019年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(講義・演習) (2019年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(演習・実習) (2019年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(講義・演習) (2019年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(演習・実習) (2019年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(講義・演習) (2019年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(実習(臨床実習)) (2019年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(講義・演習) (2019年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(実習(臨床実習)) (2018年度) 特別  - その他

  • 総合歯科医療学(講義・演習) (2018年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(演習・実習) (2018年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学I(講義・演習) (2018年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(演習・実習) (2018年度) 特別  - その他

  • 総合歯科学II(講義・演習) (2018年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(実習(臨床実習)) (2018年度) 特別  - その他

  • 高頻度歯科疾患治療学(講義・演習) (2018年度) 特別  - その他

▼全件表示