2024/05/03 更新

写真a

ニシヤマ サトシ
西山 哲
NISHIYAMA Satoshi
所属
環境生命自然科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2003年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • 維持管理工学

  • 地盤工学

  • 計測工学

  • 土木施工学

  • 自然災害科学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学  / 自然災害科学

学歴

  • 京都大学大学院   工学研究科   資源工学専攻

    1984年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   Faculty of Engineering  

    1980年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学大学院   環境生命科学研究科   教授

    2013年4月 - 2018年12月

      詳細を見る

  • 京都大学   都市社会工学専攻   准教授

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   都市環境工学専攻   准教授

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   都市環境工学専攻   助教授

    2004年3月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   土木システム工学専攻   助手

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山県   土地開発技術アドバイザー  

    2024年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 岡山市都市・消防政策審議会   会長  

    2022年10月 - 現在   

      詳細を見る

  • 倉敷市総合浸水対策推進協議会   会長  

    2022年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 岡山県   土地開発技術アドバイザー  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

  • 一般社団法人 岩の力学連合会   常任理事  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

  • 地盤工学会 中国支部   商議員  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

  • 岡山県   道路防災ドクター  

    2021年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 土木学会 土木情報学委員会 河川CIMに関わる基盤情報のリアルタイム更新に関する研究小委員会   委員  

    2020年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山市   岡山市浸水対策協議会会長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 岡山市   産業廃棄物処理施設設置審議会委員委員長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 一般社団法人日本道路建設業協会関西支部   アスファルト混合物事前審査委員会副委員長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 国土交通省近畿地方整備局   新技術活用評価会議委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 国土交通省近畿地方整備局   大災害時における広域陸路に関する有識者会議委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 地盤工学会中国支部   代議員  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 国土交通省岡山河川事務所   吉井川タイムライン,高梁川タイムライン座長  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 国土交通省   小田川合流点付替え事業 環境影響評価フォローアップ委員会委員  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 国土交通省中国地方整備局   道路防災ドクター  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 航空レーザ計測と洪水解析による植生抗力の3次元分布推定と竹林倒伏・木本流失の再現計算 査読

    古谷 崚, 吉田 圭介, 岡田 拓巳, 梶川 勇樹, 西山 哲

    80 ( 16 )   ID: 23-16161   2024年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-16161

    researchmap

  • Mutual validation of remote hydraulic estimates and flow model simulations using UAV-borne LiDAR and deep learning-based imaging techniques 査読

    Md Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai

    Results in Engineering   20   101415   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.rineng.2023.101415

    researchmap

  • Detection and Segmentation of Riparian Asphalt Paved Cracks Using Drone and Computer Vision Algorithms 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Satoshi NISHIYAMA

    Intelligence, Informatics and Infrastructure   4 ( 2 )   35 - 49   2023年11月

  • STUDY OF A METHOD FOR EXTRACTING SMALL-SCALE TOPOGRAPHIC IRREGULARITIES USING WAVELET ANALYSIS MAPS 査読

    Masafumi Imanishi, Koichi Nakamura, Satoshi Nishiyama

    International Journal of GEOMATE   25 ( 110 )   148 - 158   2023年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21660/2023.110.3941

    researchmap

  • 破堤における復旧作業へのUAVグリーンレーザ計測の適用 査読

    井関 禎之, 間野 耕司, 堺 浩一, 西山 哲

    応用測量論文集   34   67 - 78   2023年8月

     詳細を見る

  • Landslide susceptibility mapping using automatically constructed CNN architectures with pre-slide topographic DEM of deep-seated catastrophic landslides caused by Typhoon Talas 査読

    Teruyuki Kikuchi, Koki Sakita, Satoshi Nishiyama, Kenichi Takahashi

    Natural Hazards   117   339 - 364   2023年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There has been an increasing demand for detailed and accurate landslide maps and inventories in disaster-prone areas of subtropical and temperate zones, particularly in Asia as they can mitigate the impacts of landslides on social infrastructure and economic losses. Hence, in this study, models using automatically constructed high-performing convolutional neural network (CNN) architectures for landslide detection were applied and their outcomes were compared for landslide susceptibility mapping at the Kii peninsula, Japan. First, a total of 38 landslide and 63 non-landslide points were identified and divided into 70% and 30% of training and validation datasets, respectively. Eight landslide influence factors were used: slope angle, eigenvalue ratio, curvature, underground openness, overground openness, topographic witness index, wavelet, and elevation. These factors were selected using a 1-m DEM, which is easy to acquire and process data. Experimental results of model evaluation using receiver operating characteristics (ROC), area under the curve (AUC), and accuracy showed that the optimal models (ROC = 96.0%, accuracy = 88.7%) were more accurate than initial models (ROC = 91.1%, accuracy = 80.7%) in predicting landslides spatially. Furthermore, the landslide susceptibility mapping is consistent with the trends in the distribution of gentle slopes and knick lines unique to the study area and can be used as a powerful method for predicting landslides in future.

    DOI: 10.1007/s11069-023-05862-w

    Scopus

    researchmap

  • Application of three-dimensional laser point cloud technology to river management 査読

    Nanoka Akiyama, Satoshi Nishiyama, Junsheng Song

    Rock Dynamics: Progress and Prospect   2   235 - 239   2023年5月

     詳細を見る

  • Chapter Consideration of countermeasures using rockfall simulation by discontinuous deformation analysis 査読

    Hiroaki Kitauchi, Satoshi Nishiyama, Junsheng Song

    Rock Dynamics: Progress and Prospect, Volume 2   252 - 257   2023年5月

     詳細を見る

  • Three-dimensional monitoring of slope deformation using digital photogrammetry 査読

    A. Boney, S. Nishiyama, T. Kikuchi

    Rock Dynamics: Progress and Prospect, Volume 2   412 - 417   2023年5月

     詳細を見る

  • Automatic extraction of rockfall source based on terrain analysis map using support vector machine 査読

    Naoko Sakamoto, Koki Sakita, Satoshi Nishiyama, Teruyuki Kikuchi, Junsheng Song, Yuzo Ohnishi

    Rock Dynamics: Progress and Prospect, Volume 2   240 - 245   2023年5月

     詳細を見る

  • マルチモーダル深層学習を用いた崩壊する可能性のある山体重力変形の抽出 査読

    菊地 輝行, 﨑田 晃基, 西山 哲, 高橋 謙一

    応用地質 = Journal of the Japan Society of Engineering Geology / 日本応用地質学会 編   63 ( 6 )   277 - 290   2023年2月

     詳細を見る

  • Three-dimensional numerical modelling of floods in river corridor with complex vegetation quantified using airborne LiDAR imagery 査読

    Keisuke Yoshida, Yuki Kajikawa, Satoshi Nishiyama, Md. Touhidul Islam, Shin Adachi, Koichi Sakai

    Journal of Hydraulic Research   61 ( 1 )   88 - 108   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00221686.2022.2106596

    researchmap

  • Design of falling rock preventive countermeasure based on three-dimensional simulation 査読

    H Kitauchi, S Nishiyama, J Song

    IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   1124 ( 1 )   252 - 257   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    Abstract

    To rationally design rockfall countermeasures, detailed rockfall behavior must be predicted using numerical simulations based on the conditions of slopes and rockfalls. In this study, we perform a rockfall simulation using discontinuous deformation analysis. This method is used to analyze the motion between blocks composed of polygons of arbitrary elastic bodies; furthermore, the energy conservation law and the uniqueness/convergence of the solution are guaranteed for the entire analysis target. Additionally, the rockfall shape is reproduced in detail. Both the rockfall shape and a parameter known as the velocity energy ratio, which indicates the decay of energy at the collision time of the rockfall, significantly affect the rockfall behavior. In this study, we model the actual slope shape from data measured via airborne laser and quantitatively evaluate the effect via simulations by changing the rockfall shape and velocity energy ratio. In this paper, we consider how to use the simulation for the design of rockfall countermeasures based on the results such as the change in the amount of jumping due to the difference in slope shape, geology, and rockfall shape.

    DOI: 10.1088/1755-1315/1124/1/012092

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1755-1315/1124/1/012092/pdf

  • UAV写真を用いた不法投棄物の把握 査読

    井関 禎之, 船田 征, 西山 哲

    土木学会論文集 特集号(土木情報学)   79 ( 22 )   ID: 22-22014   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.22-22014

    researchmap

  • 旭川中原橋周辺の河道形状及び植生分布の違いが更正係数に与える影響に関する数値的検討 査読

    安達森, 梶川勇樹, 吉田圭介, 西山哲

    土木学会論文集B1(水工学)   78 ( 2 )   I_1153 - I_1158   2022年11月

     詳細を見る

  • The application of drone-assisted deep learning technology in riverbank garbage detection 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Afia S. BONEY, Satoshi NISHIYAMA

    Journal of JSCE, B1   78 ( 2 )   I_133 - I_138   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_133

    researchmap

  • Promises and uncertainties in remotely sensed riverine hydro-environmental attributes: Field testing of novel approaches to unmanned aerial vehicle-borne lidar and imaging velocimetry 査読

    Md Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai, Shin Adachi, Shijun Pan

    River Research and Applications   38 ( 10 )   1757 - 1774   2022年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recent advancements in remotely sensed techniques have markedly expanded data acquisition potential in riverine studies, but the techniques' applicability must be validated and improved because of uncertainties associated with diverse field conditions. This study is the first experimental evidence of using a newly designed unmanned aerial vehicle (UAV)-borne green lidar system (GLS) and deep learning-automated space–time image velocimetry (STIV) for remote investigation of hydraulic and vegetation quantities of the gravel-bed Asahi River in Okayama Prefecture, Japan. In addition to identifying bed deformation in waters shallower than 2 m, the GLS point clouds characterized the submerged infrastructure with block detailing patterns, thereby identifying positional displacement and severely damaged parts. This paper also presents a noncontact method of estimating incremental river discharge. Compared to benchmarked flow model estimates, remotely sensed discharges for three transects covering shallower, deeper, and partially submerged woody vegetation areas were overestimated by 1–11%, with 4% underestimation for another cross-section. The STIV analysis also showed complicated flow patterns that were reasonably confirmed by flow vectors from depth-averaged modeling. Ultimately, depth-averaged flow model estimates validated hydraulic parameters derived remotely from GLS and STIV, and vice versa. In addition to approximating vegetation growth rates, the study using GLS attributes accurately identified riparian vegetation types as herbaceous (70%), woody (86%), and bamboo groves (65%). Finally, our findings provide insight into the management of shallow clear-flowing vegetated rivers and remote sensing of streamflow to validate hydrodynamic-numerical methods.

    DOI: 10.1002/rra.4042

    Scopus

    researchmap

  • トンネル施工時の湧水量の予測手法の拡張と実トンネルへの適用 査読

    久保田 恭行, 森 守正, 安田 亨, 小山 倫史, 西山 哲

    地盤工学ジャーナル   17 ( 2 )   135 - 145   2022年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3208/jgs.17.135

    researchmap

  • 地形量図を用いたサポートベクトルマシンによる落石発生源の検出 査読

    﨑田 晃基, 菊地 輝行, 西山 哲

    地盤工学ジャーナル   17 ( 2 )   147 - 157   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    落石調査の効率化を目的に,地形量図と機械学習による落石発生源箇所の検出手法について検討をおこなった.現在,点検個所の見落としによる落石被害が報告されており,道路防災点検を確実に実施するための手法が必要となっている.これに対して,航空レーザ測量の活用が注目されている.中でも,計測データから作成する地形量図を活用することで効果的な点検が期待できる.本研究では機械学習を応用した物体検出を地形量図へ適用し,落石発生源の机上検出を行うシステムを提案する.地形量図の 1 種であるウェーブレット解析図をベースに,サポートベクトルマシンによる物体検出を適用した結果,既存の点検個所すべてを検出することに成功し,道路防災点検の効率化に向けたツールとして有効であることが示された.

    DOI: 10.3208/jgs.17.147

    researchmap

  • SOURCE EXTRACTION OF ROCKFALL BYMICROTOPOGRAPHY HIGHLIGHT MAP VIA HIGH-DENSITY AERIAL LASER SURVEY 査読

    Koki Sakita, Teruyuki Kikuchi, Satoshi Nishiyama

    International Journal of GEOMATE   22 ( 94 )   1 - 12   2022年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21660/2022.94.j2392

    Scopus

    researchmap

  • Airborne LiDAR-assisted deep learning methodology for riparian land cover classification using aerial photographs and its application for flood modelling 査読

    Keisuke Yoshida, Shijun Pan, Junichi Taniguchi, Satoshi Nishiyama, Takashi Kojima, Md. Touhidul Islam

    Journal of Hydroinformatics   24 ( 1 )   179 - 201   2022年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IWA Publishing  

    <title>Abstract</title>
    In response to challenges in land cover classification (LCC), many researchers have experimented recently with classification methods based on artificial intelligence techniques. For LCC mapping of the vegetated Asahi River in Japan, the current study uses deep learning (DL)-based DeepLabV3+ module for image segmentation of aerial photographs. We modified the existing model by concatenating data on its resultant output port to access the airborne laser bathymetry (ALB) dataset, including voxel-based laser points and vegetation height (i.e. digital surface model data minus digital terrain model data). Findings revealed that the modified approach improved the accuracy of LCC greatly compared to our earlier unsupervised ALB-based method, with 25 and 35% improvement, respectively, in overall accuracy and the macro F1-score for November 2017 dataset (no–leaf condition). Finally, by estimating flow-resistance parameters in flood modelling using LCC mapping-derived data, we conclude that the upgraded DL methodology produces better fit between numerically analyzed and observed peak water levels.

    DOI: 10.2166/hydro.2022.134

    researchmap

  • Characterizing vegetated rivers using novel unmanned aerial vehicle-borne topo-bathymetric green lidar: Seasonal applications and challenges 査読

    Md. Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai, Tomoyuki Tsuda

    River Research and Applications   38 ( 1 )   44 - 58   2022年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rra.3875

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/rra.3875

  • Drone-LiDAR-assisted Image Fusion methodology for Deep Learning-based Land Cover Classification 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Takashi KOJIMA, Satoshi NISHIYAMA

    Artificial Intelligence and Data Science Published by Japan Society of Civil Engineers   3 ( 3 )   15 - 2   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    This study uses an unmanned aircraft mounted green Light Detection and Ranging (LiDAR) system to verify the learnability associated with deep learning regarding land cover classification (i.e., evaluated by the average and the absolute difference value of label-based F1, overall accuracy or Macro F1 under the premise of cross-seasonal mutual-prediction). Image fusion method in this study mainly attempts to superimpose the visualized LiDAR data with the aerial photographs to provide new features. LiDAR data are visualized using high contrast color scale (default), average high contrast color scale (same color, different split points as default), and high contrast gray color scale (different color, same split points as default). The reason of setting these methods is to compare the impact of split points and point-associated color in the color scale on learnability of cross-seasonal data. It is worth noting, however from the view of the results, that relying solely on aerial photographs is not sufficient, comparing with image fusion method, especially when training and predicting using cross-seasonal data. From the comparison of the label-based F1, this study has proved the necessary impact of LiDAR on vegetation label-based land cover classification.

    DOI: 10.11532/jsceiii.3.3_15

    researchmap

  • NUMERICAL INVESTIGATION FOR THE IMPACT OF CHANNEL GEOMETRY AND VEGETATION CONDITION ON SURFACE VELOCITY COEFFICIENT AROUND THE NAKAHARA BRIDGE IN THE ASAHIKAWA RIVER 査読

    Shin ADACHI, Yuki KAJIKAWA, Keisuke YOSHIDA, Satoshi NISHIYAMA

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   78 ( 2 )   I_1153 - I_1158   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_1153

    researchmap

  • QUANTIFYING THE SLOPE DEFORMATION OF A LASER POINT CLOUD ACQUIRED USING MOBILE MAPPING SYSTEM 査読

    Naoto Samori, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita

    International Journal of GEOMATE   21 ( 88 )   12 - 21   2021年12月

     詳細を見る

  • Flood risk assessment in vegetated lower Asahi River of Okayama Prefecture in Japan using airborne topo-bathymetric LiDAR and depth-averaged flow model 査読

    Keisuke Yoshida, Kimihisa Nagata, Shiro Maeno, Koji Mano, Shinya Nigo, Satoshi Nishiyama, Md. Touhidul Islam

    JOURNAL OF HYDRO-ENVIRONMENT RESEARCH   39   39 - 59   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    This paper describes application of airborne LiDAR bathymetry (ALB) with near-infrared and green pulsed lasers for gathering distributed vegetation conditions and topo-bathymetric data for rivers. For the lower Asahi River of Okayama Prefecture in Japan, the ALB data validity was verified using field observation data. This study also examined the applicability of ALB data for numerical simulations of the lower Asahi River flooding in early July 2018 in Japan, comparing simulated and observed data. Results demonstrated that the methodology for this study works well for parameterization of distributed vegetation on a reach scale. This study also applied numerical tests to investigate the effects of vegetation establishment on flood control plans for the lower Asahi River using parameters validated for flood flow simulations. Results demonstrate that the predicted water level markedly exceeds the high water level because of thick vegetation presently established along few-kilometerlong upstream sections of the targeted river reach. Therefore, we conclude that the present findings can support cost-effective management tasks for vegetated rivers.

    DOI: 10.1016/j.jher.2021.06.005

    Web of Science

    researchmap

  • Automatic extraction of rockfall source based on terrain analysis map using support vector machine 査読

    Koki Sakita, Teruyuki Kikuchi, Satoshi Nishiyama, Junsheng Song, Yuzo Ohnishi

    IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   861 ( 4 )   042048 - 042048   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    DOI: 10.1088/1755-1315/861/4/042048

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1755-1315/861/4/042048/pdf

  • River Levees Monitoring Using Three Dimensional Laser Point Clouds with SLAM Technology 査読

    Nanoka Akiyama, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita, Junsheng Song, Fumiaki Yamazaki

    Advancements in Geotechnical Engineering   14 - 22   2021年7月

     詳細を見る

  • 画像解析技術を用いたトンネル切羽の落石監視システムの開発 査読

    久保田 恭行, 西山 哲, 矢吹 信喜, 福田 知弘, 手塚 仁, 尾畑 洋, 村上 治

    土木学会論文集F3(土木情報学)   77 ( 2 )   I_77 - I_88   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p> トンネル工事での肌落ち災害を防止するため,作業中は切羽の状態を常時継続的に監視する必要がある.切羽での大規模な崩壊の予兆として,崩壊までの時間に差はあるものの小規模な落石が見られる場合があるが,目視では落石の確認が困難であるため,大規模崩壊に巻き込まれ,重大災害に繋がる可能性がある.そこで,筆者らはAIにより切羽のみに解析範囲を制限し,背景差分法を軸に面的に落石を検出するシステムの開発を検討した.本研究では,落石検出の処理の解析範囲を切羽に制限することや,粉塵といった微小な物体や映像のノイズ除去等について検討した.次に切羽の大規模崩壊の前兆となる落石を想定した映像を用いて画像解析を行った.その結果,小規模な落石を検出でき,肌落ち災害の発生リスクを軽減する可能性を示した.</p>

    DOI: 10.2208/jscejcei.77.2_I_77

    CiNii Article

    researchmap

  • UAVグリーンレーザ計測による河川構造物点検への適用検討 査読

    堺 浩一, 間野 耕司, 橘 菊生, 西山 哲

    河川技術論文集   27   51 - 56   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    DOI: 10.11532/river.27.0_51

    CiNii Article

    researchmap

  • INFLUENCE OF FLOW DIMENSION ON PREDICTION OF SPRING WATER FOR MOUNTAIN TUNNEL EXCAVATION 査読

    Moritada Mori, Yasuyuki Kubota, Toru Yasuda, Satoshi Nishiyama

    International Journal of GEOMATE   18 ( 70 )   162 - 171   2020年6月

     詳細を見る

  • 平成30年7月豪雨時の旭川分流堰周辺の植生分布を考慮した3次元洪水流解析 査読

    吉田 圭介, 梶川 勇樹, 永田 貴美久, 西山 哲, 間野 耕司, 堺 浩一, Md. Touhidul ISLAM, 児子 真也

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 2 )   I_985 - I_990   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p> 平成30年7月豪雨時,岡山県の旭川では大規模な洪水が発生し,分流部では改修後初めて固定堰を超える流れが観測された.設計時点での堰の分流量は実験や解析により検討されているが,洪水の影響で堰周辺では河床変動等が生じ,実際の分流量は想定と異なる可能性がある.また,固定堰周辺の流れは非常に複雑なため,通常の平面2次元解析では流動や河床変動を精度よく扱うことは困難と考えられた.そこで本研究では,新たな試みとして平成30年7月豪雨前後のALBデータを用い,3次元的な植生分布を考慮したポーラスモデルに基づく3次元流数値解析モデルを構築し,洪水流解析を行った.その結果,平面2次元解析や現地観測結果と比較して流況の再現性が良好であることが確認でき,また,現状の植生分布状況であれば計画相当の分流量となる可能性を示した.</p>

    DOI: 10.2208/jscejhe.76.2_I_985

    CiNii Article

    researchmap

  • グリーンレーザドローンの計測精度と計測特性の把握に関する研究 査読

    堺 浩一, 間野 耕司, 橘 菊生, 西山 哲

    応用測量論文集   31   99 - 110   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本測量協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 航空レーザ計測データを用いた地すべり・崩壊斜面における 地形判読と地形変状規模の定量化 査読

    菊地 輝行, 﨑田 晃基, 秦野 輝儀, 西山 哲

    情報地質   31 ( 2 )   37 - 45   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本情報地質学会  

    <p>本研究の狙いは,地すべり・崩壊の予察に必要な地形を定量的に判読することを目的として,これに必要な三次元点群密度を見つけることである.地すべり・崩壊を評価するために滑落崖,側方崖,小崖,開口割れ目,陥没凹地,不規則凹凸,ガリーの規模を把握することが必要であるが,このためには,詳細な地形情報の取得が重要である.しかし,航空レーザ計測方法や使用機材による点密度と定性的な地形判読の比較を行うことはなされていない. 本研究では,2種類の異なる計測機材および7種類の点密度で,地質技術者が判読可能な地形の抽出を行い,その地形変状の定量化を試みた.この結果,点密度1点/m2 程度であれば,地すべり・崩壊に関する特徴的な極微地形(規模10~100 m)に相当する滑落崖や連続性良い小崖地形を把握することが可能である.一方,地すべり・崩壊の移動体内部の詳細な変形を把握するためには超微地形(規模10 m以下)を把握することが必要である.このためには,点密度4.5点/m2 の計測が必要である.急斜面中の詳細な起伏を把握するには,点密度59点/m2 のUAVによる計測を行うことで可能となる.</p>

    DOI: 10.6010/geoinformatics.31.2_37

    CiNii Article

    researchmap

  • MODEL-INDUCED COMPARATIVE STUDY OF ALB AND UAV-BORNE GREEN LIDAR SYSTEMS ON VEGETATED LOWER ASAHI RIVER ASSESSMENT IN JAPAN 査読

    Md. Touhidul ISLAM, Keisuke YOSHIDA, Koichi SAKAI, Satoshi NISHIYAMA, Tomoyuki TSUDA, Kimishisa NAGATA, Shiro MAENO

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   76 ( 2 )   I_529 - I_534   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/jscejhe.76.2_i_529

    researchmap

  • 平成23年台風12号における崩壊・非崩壊地に関する地形的特徴の検証 査読

    菊地 輝行, 秦野 輝儀, 西山 哲

    日本地すべり学会誌   56 ( 4 )   141 - 152   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地すべり学会  

    <p> 2011年台風12号によって日本の紀伊山地において斜面災害が発生した。この災害における崩壊38箇所, 非崩壊地63箇所について崩壊前後の微地形判読を行い, 崩壊の指標となる項目について検討した。その結果, 崩壊地は, 地すべりとして典型的に認められる滑落崖, ガリー地形, 側方崖の有無よりも, 不規則凹凸, 末端崩壊が高確率で認められた。地すべりの初生変動以前の重力性クリープを示すこのような地形の組み合わせは, 地すべり発達過程において初生変動前の重力変形である漸移期に相当し, 微地形の出現程度により2つの時期に区分することができた。これらの知見は特定の気象条件, 地形・地質構造に限定されるものの, 高精度DEMデータが整備される中で斜面災害の予察に有効であると考える。</p>

    DOI: 10.3313/jls.56.141

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • UAVレーザ計測システムのキャリブレーションに関する検討 査読

    間野 耕司, 堺 浩一, 橘 菊生, 冨井 隆春, 西山 哲

    応用測量論文集   30   63 - 74   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本測量協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 河川堤防地形測量における3 次元データの取得法とその活用に関する研究 査読

    﨑田 晃基, 西山 哲

    情報地質   30 ( 3 )   101 - 109   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本情報地質学会  

    <p>近年の気候変動に伴って多発する豪雨により,堤防決壊などの外水氾濫による甚大な被害も増加する傾向にあるが,堤防の健全度の確認は,歩きながら目視で確認する作業によって行われており,担当技術者の技量や経験に左右された評価に頼っているのが実情である.今後は,平常時や出水直後において,堤防の外形を詳細に監視し,変形などの異常が発見された場合は,いち早く対策を講じるための定量的な評価を行う必要がある.そこで,高精度の測量を迅速に実施できる手法として,車両にレーザスキャナを搭載して走行しながら測量するMMSが注目されてきた.しかしながら,MMSを使用して堤防天端での走行により測量を実施した際は,堤防天端の沈下箇所を高精度に検出できるものの,レーザ照射の死角が発生するため,法面を含めた堤防全体に対して,対策が必要な個所を抽出する手法としては未だ実用化されていない.本研究は,レーザ光の死角がどのような問題につながるのかを明らかにし,高所からのレーザ照射により,堤防の地形を把握する3次元データを取得する手法の利点を議論する.具体的には,レーザ測量時の俯角や車両走行速度と測量精度の関係を議論し,法尻までのデータ取得が可能なレーザの照射位置を考察することで,5.5mの高所からレーザ照射する手法を提案し,その有用性を検証した.その結果,これまでの車両走行によるレーザ測量と比較して,測量作業としての効率性を保ちながら,高密度のレーザ点群が得られるので,法面上での詳細な変状の検出が可能であることを実証した.本研究の成果は,今後の短時間豪雨に対して,点検時に着目すべき河川堤防の地形的な特徴を効率的に把握できる手法として有用であると考える.</p>

    DOI: 10.6010/geoinformatics.30.3_101

    CiNii Article

    researchmap

  • 深層学習による崩壊・非崩壊地の自動判読手法の開発 査読

    菊地輝行, 崎田晃基, 秦野輝儀, 吉川慶, 西山哲, 大西有三

    日本地すべり学会誌   56 ( 5 )   255 - 263   2019年

     詳細を見る

  • 車載写真レーザ測量システムを用いた視距不良区間の自動抽出技術 査読

    吉川慶, 島田英之, 井上薫, 林照悟, 西山哲

    交通科学   48 ( 2 )   72‐73   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 三次元点群データを用いた急斜面の維持管理における変動解析 査読

    菊地輝行, 秦野輝儀, 千田良道, 西山哲

    日本地すべり学会誌   55 ( 2 )   65‐71 - 71   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地すべり学会  

    &lt;p&gt; 近年増加する斜面災害において急斜面からの岩盤崩落や落石は,要点検箇所に抽出されていない場合でも発生する報告がなされている。急斜面の維持管理においては概要調査に相当する落石や落石発生源の有無を確認することが重要であるが,植生や立地上の問題から難しい。概要調査を効率よく実施するためには,詳細な地形情報を取得することが重要であり,性能向上が著しいレーザ計測が公共測量や地すべりなどの斜面災害の現場で用いられ,その有用性に期待が高まっている。&lt;/p&gt;&lt;p&gt; 本研究で河川に面した急斜面に対して,航空および地上型レーザ計測を対象物によって組み合わせて使用し,多時期の計測を行った。これによって得られたレーザ計測による三次元点群データを用いて変動解析を行い,地形および地質の種類に依存する挙動を明確にし,現地調査の結果に基づいて維持管理に有効な概要調査の計測手法としての有用性を検証・評価したので報告する。&lt;/p&gt;

    DOI: 10.3313/jls.55.65

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 効率的な落石調査のための微地形強調図とタブレット型GISを用いた調査手法 査読

    吉川 慶, 宮下 征士, 濱田 展寿, 崎田 晃基, 西山 哲

    土木学会論文集F3(土木情報学)   74 ( 2 )   I_121 - I_131   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    落石調査の効率化に向けて,航空レーザ測量データから作成した微地形強調図と,タブレット端末上で作動するGISを用いた手法を検討した.実験フィールドにおける微地形強調図を用いた調査では,比高差約1.5m 以上,傾斜角60°以上の急崖を机上抽出可能であったが,安定度までは判定できないため現地調査が必要であった.現地調査では,山の斜面における微地形強調図とタブレット端末が示す自己位置の関係性について検証し,タブレット端末が示す自己位置が落石発生源へのアプローチに効果的であることが明らかとなった.また,タブレット型GISを用いた落石調査データの蓄積は,防災カルテ更新の効率化に貢献するだけでなく,落石発生源の位置再現性もあるため今後の維持管理に有効である.

    DOI: 10.2208/jscejcei.74.I_121

    CiNii Article

    researchmap

  • ALBによる河道地形の再現性向上に伴う河床変動解析の改善効果の検討 査読

    山口 華穂, 吉田 圭介, 前野 詩朗, 間野 耕司, 赤穗 良輔, 西山 哲

    土木学会論文集A2(応用力学)   74 ( 2 )   I_465 - I_474   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年,航空レーザ測深(ALB:Airborne Laser Bathymetry)技術の向上により,水域・陸域の面的な地形データの取得が可能となった.詳細な河道地形は,流れと河床変動の数値解析の精度を向上させることが考えられるが,ALBデータによる地形の再現性が河床変動解析結果に及ぼす影響については具体的に検討されていない.<br>そこで本研究では,まず,ALB計測により得られたデータについて精度検証を行った.次に,ALBデータと定期横断測量データを用いて旭川洪水時の河床変動解析を行い,これらの結果と洪水前後のALB計測の河床高の差分を比較し,解析に用いる地形データの影響について検討した.<br>ALB計測で得られた地形データは,定期横断測量結果と同様の地形形状を描くことができた.また,河床変動解析結果とALB計測の差分の比較より,ALBデータを用いた解析結果の方が差分と近い傾向を示した.

    DOI: 10.2208/jscejam.74.I_465

    CiNii Article

    researchmap

  • 不飽和域の浸透水圧を考慮したマサ土斜面の安定性評価に関する考察 査読

    笹井 友司, 西垣 誠, 西山 哲

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE   62   Ⅰ_13 - 18   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不飽和域の浸透水圧を考慮したマサ土斜面の安定性評価に関する考察 査読

    笹井 友司, 西垣 誠, 西山 哲

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_13 - I_18   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    各地で集中豪雨による斜面崩壊が多発する中,現状の設計実務や各種研究の多くが,降雨浸透問題には二次元FEM飽和・不飽和非定常浸透流解析,斜面安定問題には二次元極限平衡法が用いられている.また,浸透流解析で得られる不飽和域の浸透水圧は,斜面安定性評価に考慮されていない.そこで本研究は,マサ土斜面の簡易モデルを用いて,せん断強度低減法による二次元浸透-応力連成解析を行い,不飽和域の浸透水圧や集中豪雨が斜面の安定性に及ぼす影響検討を行った.また,極限平衡法による安全率との比較により,従来法の適用性検証を行った.不飽和域の浸透水圧や集中豪雨の影響により,従来法の適用性が低いケースがあることを示した.

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.I_13

    CiNii Article

    researchmap

  • フトンカゴと補強材一体構造の擁壁的な挙動 査読

    川崎始, 西山哲, AUNG Hla, 久保幹男

    地盤と建設   35 ( 1 )   197‐204   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3次元レーザ点群による河川堤防点検手法の開発 査読

    藤木三智成, 西山哲, 井上浩一, 阿部亮吾

    地盤と建設   35 ( 1 )   145‐153   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マサ土斜面の安定性評価に用いる降雨条件の提案 査読

    笹井友司, 西垣誠, 西山哲

    地盤と建設   35 ( 1 )   169‐176   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MMSによる河川堤防の変形・沈下把握に関する研究 査読

    間野耕司, 井関禎之, 森田真一, 橘菊生, 西山哲

    測量   67 ( 11 )   14‐17 - 74   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本測量協会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 車載写真レーザ測量システムを用いた視距不良区間の自動抽出技術 査読

    吉川慶, 島田英之, 井上薫, 林照悟, 西山哲

    交通科学   48 ( 1 )   26‐36   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • S-DEMデータを利用した地すべり地における変動ベクトル解析技術の開発 (特集 新しい計測技術と応用地質学) 査読

    菊地 輝行, 秦野 輝儀, 千田良 道, 西山 哲

    応用地質 = Journal of the Japan Society of Engineering Geology   57 ( 6 )   277 - 288   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地方自治体の道路維持管理を効率化する走行型計測システムの開発 査読

    塩崎 正人, 河村 圭, 西山 哲

    土木学会論文集F3(土木情報学)   73 ( 2 )   I_141 - I_146   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    平成26年6月に策定された各種道路構造物の『定期点検要領』では,基本的に定期点検を5年に1度実施する点検サイクルが明記され,効率的な維持管理に向けた技術開発が喫緊の課題となっている.道路構造物においては,専用車両にデジタルビデオカメラやレーザー計測機器を搭載し,走行しながら撮影・計測する『走行型計測システム』の運用が開始されている.しかし,専用車両での計測は高精度であるため高額となるケースが多く,地方自治体での運用が困難となっている.本研究では,この問題を解決するため,地方自治体が所有する維持管理パトロールカーの屋根上に搭載することで運用を容易とし,計測精度が同等となる分解可搬型の撮影装置を開発した.また,この撮影動画をパノラマ化画像へ変換する画像結合プログラムを作成した.

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高密度航空レーザデータを使用した微地形強調図による落石発生源抽出の検証 査読

    宮下 征士, 今西 将文, 宮田 真考, 西山 哲

    土木学会論文集F3(土木情報学)   73 ( 2 )   I_92 - I_108   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年,落石事故が頻発しており,落石対策事業へ取り組む機運が高まっている.しかし,落石対策事業において精度の低い図面が使用されており,落石発生源の位置精度不良や調査漏れが発生し,安全性が問題視されている.問題点を解消するには,高精度な図面を使用して落石発生源を抽出する必要がある.<br> 本研究では,高密度航空レーザデータを使用して,傾斜量図+ウェーブレット解析図+等高線図を透過合成した微地形強調図を作成し,落石発生源を抽出する手法を提案する.夏季・冬季の航空レーザデータを検証した結果,冬季の道路縦断方向計測データを使用することにより,落石発生源(急崖)を抽出でき,本提案手法が有用であることを明らかにした.

    DOI: 10.2208/jscejcei.73.I_92

    CiNii Article

    researchmap

  • 移動計測車両による河川堤防高把握の検討 査読

    間野耕司, 井関禎之, 森田真一, 橘菊生, 西山哲

    土木学会論文集 F3(土木情報学)(Web)   73 ( 2 )   I_53‐I_64(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2208/jscejcei.73.I_53

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移動計測車両による河川堤防高把握の検討 査読

    間野 耕司, 井関 禎之, 森田 真一, 橘 菊生, 西山 哲

    土木学会論文集F3(土木情報学)   73 ( 2 )   I_53 - I_64   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本稿では,越水が発生する恐れが高い河川堤防の区間を漏れなく把握することを目的とし,移動計測車両(MMS)を用いて,堤防高把握ための計測手法,およびMMSで得られる3次元データ(MMS点群)から堤防高を把握する手法を検討した.計測手法の検討では,道路橋などが跨ぐ区間や樹木などとの隣接区間といった河川堤防で存在するGNSS不可視区間のMMS計測精度を実験計測から評価し,河川全体での堤防高の計測精度を確保する手法を整理した.また,堤防高の把握手法の検討では,堤防天端の平坦性と連続性に基づいたアルゴリズムにより,MMS点群から自動処置で堤防高を把握できる手法を提案し,実験計測に基づく評価から,その妥当性を確認した.その結果,従来手法では難しかった連続的な堤防高を0.1m以下の精度で把握できることが確認できた.

    DOI: 10.2208/jscejcei.73.I_53

    CiNii Article

    researchmap

  • トンネル切羽の変状モニタリングのための画像解析技術の研究 査読

    中村 隆史, 藤岡 大輔, 中岡 健一, 西山 哲

    土木学会論文集F3(土木情報学)   73 ( 2 )   I_226 - I_233   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    山岳トンネル工事において,切羽の肌落ちによる労働災害は,安全対策を十分に行っていても発生し,重大災害に繋がる可能性が高い.そのため常時切羽を監視し,肌落ち災害の予兆となる落石などの変状を把握することが重要である.そこで筆者らは,動体検出手法である背景差分法を軸とした画像解析による切羽監視手法を検討してきた.本研究では,画像解析によって切羽の変状モニタリングを可能にするために,切羽模型を複数の照度で撮影し,実際のトンネル坑内の照度における背景差分法の適用性について示し,肌落ち災害を想定した掘削映像を用いて画像解析を行った.その結果,目視による監視では困難な変状を検出し,変状以外の移動体を除去することで変状のみの検出が期待できることを示し,肌落ち災害の発生リスクを軽減する可能性について示した.

    DOI: 10.2208/jscejcei.73.I_226

    CiNii Article

    researchmap

  • 道路トンネル走行型計測車両におけるひび割れ精度検証の報告 査読

    水口 尚司, 大西 有三, 徳田 浩一郎, 西山 哲, 石村 勝伸

    土木学会論文集F2(地下空間研究)   73 ( 1 )   1 - 10   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    2014年6月道路法一部改正に伴い,道路トンネル定期点検要領&lt;sup&gt;1)&lt;/sup&gt;(以下点検要領という)が新たに改訂された.道路トンネルは全国で約1.1万本存在&lt;sup&gt;2)&lt;/sup&gt;する中で5年に1回の定期点検を行う必要があり,適切な点検技術の開発や人員体制の確保が急務となっている.現在点検ロボット技術としてトンネル走行型計測車両が注目されており,得られる精度の検証が大きな課題となっている.本研究では,実際のトンネルにおいて,熟練技術者による近接目視結果とトンネル走行型計測車両による計測結果を比較検討し,ひび割れ検出に伴う精度検証を実施したものである.

    CiNii Article

    researchmap

  • 標準的な移動計測車両を用いた路面縦断プロファイル計測手法の検討 査読

    井上 浩一, 鈴木 達朗, 阿部 亮吾, 藤木 三智成, 西山 哲

    土木学会論文集E1(舗装工学)   73 ( 3 )   I_63 - I_70   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    維持管理を行う財源および点検・補修に係わる人手不足が深刻な問題となっている.その解決策の一つとしてICRT技術の積極的な導入が期待されている.近年,MMS(Mobile Mapping System)が様々なシーンで活用されており,計測データを利活用できる状態にある.道路管理の総合的な視点からデータ取得されるMMSデータは,台帳作成等に利用されているが,これらのデータを多面的に利活用することが重要である.これまでに多く蓄積されている標準的なMMSで取得したデータから路面縦断プロファイルの作成およびIRI算定を行い,精度を確認することでデータ利活用の有効性を検証した.その結果,舗装点検要領に基づくIRIの算定に必要な路面縦断プロファイルを標準的なMMSのレーザデータ,POS/LVデータで作成できることを実証した.

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 浸透水圧を考慮した斜面の安定性評価と簡易的な評価手法の提案 査読

    笹井友司, 西垣誠, 西山哲, 松井章弘

    地盤と建設   34 ( 1 )   29‐36   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 車両移動計測手法の河川堤防点検への適用に関する研究 査読

    藤木三智成, 西山哲, 井上浩一, 堀川毅信, 大石哲, 鳥田英司, 阿部亮吾, 徳岡杜香

    地盤と建設   34 ( 1 )   109‐117   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 構造物モニタリングのための画像計測法の研究 査読

    廣田 彰久, 西山 哲, 菊地 輝行

    土木学会論文集F3(土木情報学)   72 ( 2 )   I_103 - I_111   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は,コンクリート構造物に発生したひびわれの幅をモニタリングする技術として画像計測を適用したものである.まず,反射ターゲットを計測機器として計測点に設置する.そして,任意の位置から1枚の画像に反射ターゲットとひびわれを写し,ひびわれ幅の変位を計算する.本研究では,撮影距離,撮影角度と計測精度の関係性について実験から検証を行った.その結果,撮影距離100mまで,撮影角度30°以内でひびわれの0.1mmの幅の変化を計測できることを確認した.さらに実際の現場に適用しひびわれの計測を行うことによって構造物の劣化進行状況を把握し,モニタリング技術への実用性を示した.

    DOI: 10.2208/jscejcei.72.I_103

    CiNii Article

    researchmap

  • リスク評価に基づく鉄道沿線落石対策の意思決定手法 査読

    髙馬 太一, 杉山 友康, 布川 修, 西垣 誠, 西山 哲, 大島 義信

    土木学会論文集F4(建設マネジメント)   72 ( 1 )   31 - 46   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    鉄道沿線斜面の落石対策を効率的に実施するためには,落石が鉄道の列車運行に与える影響をリスクとして定量的に評価し,この結果を利用して対策の優先順位や対策方法を決定することが望ましい.本研究では,過去の落石災害データの分析結果に基づいて鉄道への被害の実態を考慮した落石発生個数期待値を算出し,この結果を用いたリスク評価優先路線の抽出手法を提案した.次に,抽出されたリスク評価優先路線において鉄道で実施している岩塊の危険度判定等をもとに鉄道に具体的に生じる被害発生確率を算出し,この結果と被害が生じた場合の損失とから岩塊同士を相対的に比較するためのリスク算出手法を提案した.さらに,リスク算出結果を用いた落石対策の意思決定手法を計算事例により示した.

    DOI: 10.2208/jscejcm.72.31

    CiNii Article

    researchmap

  • トンネル維持管理のためのひびわれ幅の画像計測手法の研究 査読

    廣田 彰久, 西山 哲, 水口 尚司, 石村 勝伸

    土木学会論文集F1(トンネル工学)   72 ( 3 )   I_87 - I_95   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は,トンネルの覆工コンクリート表面に生じたひびわれ幅の変化を写真撮影という簡便な方法によって計測しようというものである.計測においては,反射ターゲットをトンネル壁面に発生したひびわれ両側に基準尺として2枚設置した.そしてひびわれとともに1枚の画像として撮影し,ターゲットの2次元座標を計算することにより,ひびわれ幅の変化を計測することを可能とした.本研究では反射ターゲットを用いたひびわれ幅計測手法の研究成果を報告する.さらに,実際の道路トンネルに対して本計測手法を適用し,その計測結果についても示す.

    DOI: 10.2208/jscejte.72.I_87

    CiNii Article

    researchmap

  • Improved digital photogrammetry technique for crack monitoring

    Satoshi Nishiyama, Nao Minakata, Teruyuki Kikuchi, Takao Yano

    Advanced Engineering Informatics   29 ( 4 )   851 - 858   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Inspections to evaluate the safety, durability, and service life of aging infrastructure play an important role in determining the countermeasures that need to be taken, such as reinforcement, repair, and reconstruction. In infrastructure containing concrete, such as bridges and tunnels, crack widths and patterns on surfaces are two of the most important signs used to estimate durability. Current conventional techniques used for this purpose suffer from challenges such as tediousness, subjectivity, and high cost. Consequently, a new measurement technique that overcomes these challenges while measuring crack displacement with high accuracy and precision in aging civil engineering structures is needed. In this paper, we proposed a technique for measuring crack displacement using a digital camera image. In the proposed technique, reflective targets are established around both sides of a crack as gauges, and subsequent digital camera images of the targets are subjected to image processing to determine the displacements of the targets. These displacements can be measured using images captured from any arbitrary camera position. The results of experiments conducted to verify the efficacy of the proposed method show that crack displacements of less than 0.10 mm can be measured with high accuracy and precision using digital images captured at a distance of 10.0 m from the target, while less than 0.20 mm changes in the tensile displacement of the crack can be measured from an image captured at 25.0 m from the crack. Measurement results obtained from a tunnel are also presented to show that cracks in the walls of an actual tunnel can be identified through simple measurements. These measurements, taken over a period of one year, indicate that the tendency of crack displacement and slide movements are in close agreement.

    DOI: 10.1016/j.aei.2015.05.005

    Scopus

    researchmap

  • 河川堤防計測へのモバイルマッピングシステムの適用 査読

    橘菊生, 間野耕司, 島村秀樹, 西山哲

    写真測量とリモートセンシング   54 ( 4 )   166 - 177   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4287/jsprs.54.166

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 河川堤防計測のための高所設置型MMSの開発と精度検証 査読

    橘菊生, 間野耕司, 島村秀樹, 西山哲

    応用測量論文集   26   75 - 86   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本測量協会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 道路トンネルにおける画像及びレーザデータを用いたマネジメント手法の研究 査読

    水口 尚司, 大西 有三, 西山 哲, 西川 啓一, 下澤 正道, 石村 勝伸

    土木学会論文集F2(地下空間研究)   71 ( 1 )   20 - 30   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    平成24年12月に発生した山梨県の中央自動車道・笹子トンネル天井板崩落事故は,記憶に新しく道路利用者を巻き込む大惨事となった.これまでに多くの社会インフラが整備され経済発展を遂げてきた我が国にとって大きな社会問題となった.このような背景を踏まえ,本研究ではトンネルマネジメントの課題解決に向けて,トンネル走行型計測技術の適用性,本技術を活用したマネジメント手法について考察し,今後の実現性に向けた課題や将来展望について述べるものである.こうした新技術の活用によって,いかに今後の道路トンネルのマネジメントをより効率よく正確かつ安全に実施していくことが重要と考える.

    DOI: 10.2208/jscejusr.71.20

    CiNii Article

    researchmap

  • Improved digital photogrammetry technique for crack monitoring.

    Satoshi Nishiyama, Nao Minakata, Teruyuki Kikuchi, Takao Yano

    Advanced Engineering Informatics   29 ( 4 )   851 - 858   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aei.2015.05.005

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計による法面崩壊の計測事例 査読

    中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 西山哲

    地盤と建設   32 ( 1 )   131 - 136   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Mechanical and hydraulic behavior of a rock fracture under shear deformation 査読

    Satoshi Nishiyama, Yuzo Ohnishi, Hisao Ito, Takao Yano

    EARTH PLANETS AND SPACE   66   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    With regard to crystalline rock that constitutes deep geology, attempts have been made to explore its hydraulic characteristics by focusing on the network of numerous fractures within. As the hydraulic characteristics of a rock are the accumulation of hydraulic characteristics of each fracture, it is necessary to develop the hydraulic model of a single fracture to predict the large-scale hydraulic behavior. To this end, a simultaneous permeability and shear test device is developed, and shear-flow coupling tests are conducted on specimens having fractures with varied levels of surface roughness in the constant normal stiffness conditions. The results show that the permeability characteristics in the relation between shear displacement and transmissivity change greatly at the point where the stress path reaches the Mohr-Coulomb failure curve. It is also found that there exists a range in which transmissivity is not proportional to the cube of mechanical aperture width, which seems to be because of the occurrence of channeling phenomenon at small mechanical aperture widths. This channeling flow disappears with increasing shear and is transformed into a uniform flow. We develop a simulation technique to evaluate the macroscopic permeability characteristics by the lattice gas cellular automaton method, considering the microstructure of fracture, namely the fracture surface roughness. With this technique, it is shown that the formation of the Hagen-Poiseuille flow is affected by the fracture microstructure under shear, which as a result determines the relationship between the mechanical aperture width and transmissivity.

    DOI: 10.1186/1880-5981-66-108

    Web of Science

    researchmap

  • 交通事故低減機能が期待された環境改善舗装の長期機能保持に関する考察 査読

    西山哲, 和田實, 辻森和美, 有賀公則

    交通科学   44 ( 2 )   4 - 10   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 斜面モニタリングにおける三次元写真計測法の適用 査読

    菊地輝行, 秦野輝儀, 西山哲

    応用地質   54 ( 6 )   264 - 271   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本応用地質学会  

    本研究は,写真撮影という簡便な計測手法によって三次元的に対象物を復元するデジタル写真測量を応用し,斜面変動による変位分布を高精度で検知する手法を構築した.具体的には,まずターゲットの2点間距離の計測によって変位が発生した箇所を絞り込み,次に変位が発生したと判断した箇所の三次元の変位分布を求める解析手順の理論的構築を試み,広い範囲を対象とした場合でも基準点を設置することなくデジタル写真測量の利点を活かした簡便な手法を用いて高精度な計測が実施できる手法を確立した.実測例として,幅120m,高さ30mの山留擁壁において5mm以上の変位を生じている箇所を抽出し,その変位の挙動を三次元的に捉えることが可能であることを示した.さらに同じ擁壁に設置したクラック変位計および光波・水準測量の変位計測結果と比較することで,本計測手法による計測結果の妥当性を検証した.

    DOI: 10.5110/jjseg.54.264

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モービルマッピングシステムによる河川堤防の高精度計測 査読

    東良慶, 西山哲, 石川貴一朗, 吉岡裕嗣, 島村秀樹, 大浪裕之

    河川技術論文集   20   485‐490   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 間隙流体の挙動と縦波弾性波の分散特性の関係に関する研究 査読

    西山哲, 佐野修, 伊藤久男, 高橋学

    地学雑誌   122 ( 1 )   170 - 191   2013年2月

     詳細を見る

  • 飽和-不飽和浸透解析を用いた透水性舗装の洪水抑制機能に関する研究 査読

    矢野 隆夫, 西山 哲, 大西 有三, 中島 伸一郎, 森石 一志, 和田 實

    土木学会論文集E1(舗装工学)   68 ( 1 )   32 - 44   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装は都市環境改善および都市水害防止の対策工法として注目されている.しかし,透水性舗装における雨水の浸透は,非定常かつ不飽和状態であり,なおかつ,路盤などの湿潤状態により異なることから,雨水浸透・流出抑制効果を正確に評価することは難しい.そこで,本研究は透水性舗装のそれらの効果を解明するため,実物大舗装モデルによる散水実験を実施し,降雨強度,溢流量などの計測結果に基づき,著者らが明らかにしたポーラスアスファルト混合物および路盤材,路床材の不飽和浸透特性を用いて飽和-不飽和浸透解析を行った.その結果,透水性舗装の雨水浸透・流出抑制効果は飽和-不飽和浸透解析で評価できることを示した.

    DOI: 10.2208/jscejpe.68.32

    CiNii Article

    researchmap

  • 多孔質媒体中の間隙流体の粘性と縦波弾性波の分散特性に関する研究 査読

    西山 哲, 矢野 隆夫, 大西 有三

    材料   61 ( 3 )   222 - 227   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本材料学会  

    Survey methods using elastic wave velocity have been performed in order to estimate the pore fluid properties in rock mass, but the viscosity and density of pore fluid have not been estimated quantitatively by the values of velocity or the velocity changes. We describe in this paper whether pore fluid properties can be estimated by using the dispersion of longitudinal elastic waves. We measured the frequency-dependent velocity data of longitudinal elastic waves in porous specimens and the dependence of the velocity dispersion on the kinematic viscosity of pore fluid. Moreover, we try to explain the velocity dispersion shown by the measurement data using the Biot theory. The Biot theory explains that the dispersion phenomenon is caused by the elastic property change in the media with the interaction between the solid phase and liquid phase, so the dispersion is dependent on the properties of liquid phase. The measurement data showed the phase velocities of longitudinal waves increased with an increase of frequencies and the characteristic frequencies which indicate the points of inflection moved to higher frequencies with an increase of kinematic viscosities of pore fluid. We report that we can estimate the kinematic viscosity of pore fluid in rock mass by using the dispersion curves which graphed the relation between the phase velocities and frequencies.

    DOI: 10.2472/jsms.61.222

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 多孔質媒体中の間隙流体の粘性と縦波弾性波の分散特性に関する研究

    西山 哲, 矢野 隆夫, 大西 有三

    材料   61 ( 3 )   222 - 227   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本材料学会  

    Survey methods using elastic wave velocity have been performed in order to estimate the pore fluid properties in rock mass, but the viscosity and density of pore fluid have not been estimated quantitatively by the values of velocity or the velocity changes. We describe in this paper whether pore fluid properties can be estimated by using the dispersion of longitudinal elastic waves. We measured the frequency-dependent velocity data of longitudinal elastic waves in porous specimens and the dependence of the velocity dispersion on the kinematic viscosity of pore fluid. Moreover, we try to explain the velocity dispersion shown by the measurement data using the Biot theory. The Biot theory explains that the dispersion phenomenon is caused by the elastic property change in the media with the interaction between the solid phase and liquid phase, so the dispersion is dependent on the properties of liquid phase. The measurement data showed the phase velocities of longitudinal waves increased with an increase of frequencies and the characteristic frequencies which indicate the points of inflection moved to higher frequencies with an increase of kinematic viscosities of pore fluid. We report that we can estimate the kinematic viscosity of pore fluid in rock mass by using the dispersion curves which graphed the relation between the phase velocities and frequencies.

    DOI: 10.2472/jsms.61.222

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • DDA simulations for slope failure/collapse experiment caused by torrential rainfall 査読

    T. Koyama, K. Irie, K. Nagano, S. Nishiyama, N. Sakai, Y. Ohnishi

    Proceedings of the 10th International Conference on Advances in Discontinuous Numerical Methods and Applications in Geomechanics and Geoengineering, ICADD 10   119 - 126   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, a series of large-scale slope failure experiments with torrential rainfall was carried out and simulated using Discontinuous Deformation Analysis (DDA). Since DDA have not been coupled with flow calculation at present, the rainwater infiltration and rising groundwater level inside the slope was simulated separately using saturated-unsaturated flow analysis by Finite Element Method (FEM). The flow simulation results by FEM were incorporated in the DDA mechanical simulation as reduction of the shear strength and increase of the self weight. In the 2-D DDA model, octagonal blocks of 11.8 cm on average were used and rainfall boundary condition (steady rainfall of 100 mm/hour) was applied to the ground surface. The DDA simulation results were compared with the ones obtained from the rainfall experiments and the applicability of DDA to the slope failure/ collapse caused by torrential rainfall was also discussed. The simulation results also show that groundwater plays important roles for the failure process of soil mass, especially rainwater infiltration mechanism was significantly affected by unsaturated soil properties. © 2012 Taylor & Francis Group, London.

    DOI: 10.1201/b11600-15

    Scopus

    researchmap

  • STABILITY ANALYSES FOR ANCIENT MASONRY STRUCTURES USING DISCONTINUOUS DEFORMATION ANALYSIS AND NUMERICAL MANIFOLD METHOD 査読

    Takeshi Sasaki, Ikuo Hagiwara, Kastuji Sasaki, Ryunoshin Yoshinaka, Yuzo Ohnishi, Satishi Nishiyama, Tomofumi Koyama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTATIONAL METHODS   8 ( 2 )   247 - 275   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    In this paper, the stability including stress distribution of two ancient masonry structures, the pyramid of the Pharaoh Khufu, Egypt and the Pont of Gard, were analyzed using discontinuous deformation analysis (DDA) and numerical manifold method (NMM). For the simulation using NMM, the newly developed four-node isoparametric element was used. The stress distributions/concentration were calculated and compared between the two methods. The calculated results show qualitative agreement with observations. DDA and NMM are applicable to simulate the physical phenomena of masonry structures.

    DOI: 10.1142/S0219876211002575

    Web of Science

    researchmap

  • Real-time slope water table forecasting by multi-tank model combined with dual ensemble Kalman filter (Retracted article. See vol. 9, pg. 303, 2012) 査読

    Jun Xiong, Tomofumi Koyama, Satoshi Nisiyama, Yuzo Ohnishi, Kenji Takahashi

    LANDSLIDES   8 ( 1 )   81 - 89   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    The multi-tank model is a helpful tool for rainfall-groundwater-runoff analysis since it can represent a nonlinear transport behavior and give predictions very quickly. On one hand, because of its simple and quick calculation, the tank model is useful in water table or stream flow prediction; on the other hand, by reason of its simplicity, its model error is relatively big, the model adjustment through the time variation is necessary. A new data assimilation methodology for online tuning of model parameters and states in the multi-tank model by taking into account new observations was developed, and important model parameters and states are retrieved simultaneously based on dual ensemble Kalman filter. A description of applying multi-tank model to simulate rainfall infiltration process in the slope is presented, and also the implementation of the dual ensemble Kalman filter approach for slope water table forecasting is demonstrated. Based on the observation data, the performance of the new method is studied. Finally, the factor of slope stability could be predicted based on filtered water tables. In this way, an early warning system of slope stability during rainfall could be built, which is helpful for disaster prevention.

    DOI: 10.1007/s10346-010-0223-y

    Web of Science

    researchmap

  • Modeling the interaction between fluid flow and particle movement with discontinuous deformation analysis (DDA) method 査読

    Tomofumi Koyama, Satoshi Nishiyama, Meng Yang, Yuzo Ohnishi

    INTERNATIONAL JOURNAL FOR NUMERICAL AND ANALYTICAL METHODS IN GEOMECHANICS   35 ( 1 )   1 - 20   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Coupled hydro-mechanical processes in granular media represent the interaction between solid particles movement and fluid flow during external and/or internal loading. The processes attract attention in geotechnical engineering since they cause many disasters such as landslide, slope collapse, boiling/quicksand and soil liquefaction, etc. This study presents a numerical method combining discontinuous deformation analysis (DDA) for mechanical calculation and finite element method for fluid flow simulation to model the interaction between solid particles' movement and fluid flow from microscopic point of view. The term of hydraulic pressure was newly formulated and introduced to the original DDA. The simplified examples are given to verify the new method, and the computational results correlate well with the theoretical calculations, further development is also considered. Copyright (C) 2010 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/nag.890

    Web of Science

    researchmap

  • 透水性能を有する景観舗装の雨水流出抑制効果 査読

    森石 一志, 西山 哲, 矢野 隆夫, 小関 裕二, 大西 有三

    土木学会論文集E1(舗装工学)   67 ( 3 )   I_155 - I_163   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年多発する集中豪雨により,大部分の道路がアスファルト舗装で被覆されている都市部では降雨が排水施設の容量の限界を超え,河川へ流れ込み氾濫し,また道路の冠水や床下浸水の被害が発生している.そのようなことからも透水性舗装の持つ雨水流出抑制性能が有効な対策の一つとして考えられ,車道への適用も検討されている.しかし,透水性舗装を車道へ適用する場合は,雨水浸透による耐久性の低下が懸念され,実用化には課題が残されている.そこで本研究では,実績の多い歩道を対象に都市部に透水性舗装およびインターロッキングブロック舗装を適用した場合の雨水流出抑制効果を明らかにするため,各材料の不飽和浸透特性を求め,さらに雨水流出抑制効果をシミュレーション解析で検証した.

    DOI: 10.2208/jscejpe.67.I_155

    CiNii Article

    researchmap

  • 粒状路盤材および路床材の不飽和浸透特性 査読

    矢野 隆夫, 西山 哲, 中島 伸一郎, 森石 一志, 大西 有三

    土木学会論文集E1(舗装工学)   67 ( 2 )   120 - 130   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装の貯留・浸透特性を飽和―不飽和浸透解析や気液二相流解析等で評価する場合,舗装を構成する各材料の不飽和浸透特性を精緻に把握しておくことが必要である.そこで透水性舗装の材料としてポーラスアスファルト混合物,路盤材および数種の路床材に対して,水分保持特性試験および飽和―不飽和透水試験を実施し,解析における不飽和パラメータの取得を行った.ポーラスアスファルト混合物に対する試験結果については既に報告しており,本論文では路盤材および路床材の結果について報告する.試験結果を既存のモデル式でフィッティングしたところ,水分保持特性は Van Genuchten 式の適用性が良い事を,路盤材の不飽和透水特性は主に Irmay 型の式で,路床材は Van Genuchten 式でよく表現できることを明らかにした.

    DOI: 10.2208/jscejpe.67.120

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩石供試体における弾性波の分散現象に関する研究 査読

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 高橋 学, 吉村 公孝, 安藤 賢一

    土木学会論文集C(地圏工学)   67 ( 2 )   288 - 298   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    弾性波の伝播速度および減衰の周波数依存性を利用して,地盤の透水特性あるいは間隙流体の特性を調査する手法が検討されている.Biot理論によって分散現象は説明できるが,地盤条件によって観測される分散現象がどの程度相違するのか,あるいは地盤の透水特性がどの程度分散現象に反映されるのかが明確にされていないという問題がある.本研究では岩石供試体を用いた室内実験の結果に基づき,堆積岩と花崗岩で観測される縦波の分散現象の違いとBiot理論の適用性を考察し,さらに分散現象から透水特性を推定することの可能性を検討することにより,分散現象を利用して地盤の透水特性を計測する手法の妥当性を,Squirt flowという局所的な間隙流体の挙動を考慮するBISQ理論の適用性と共に示した.

    DOI: 10.2208/jscejge.67.288

    CiNii Article

    researchmap

  • 無線機器を利用した斜面変位計測法の研究 査読

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 里 優, 吉崎 互

    地盤工学ジャーナル   6 ( 4 )   503 - 511   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本論文は,任意の計測点に設置した無線機の電波を受信することで,斜面および法面の変位を計測する手法の研究成果をまとめたものである。具体的には斜面および法面上に設置した特定小電力無線機からの電波を,遠隔に設置した複数の受信機にて受信し,各受信波の等位相差面の交点から当無線機の3次元座標を算出することで変位を計測するものである。本研究では,無線機の座標値を算出する方法を考察するとともに,2.4GHz帯の電波の送受信機を用いた計測実験により,高精度にて変位をリアルタイムに検出できることを実証した。また計測精度に影響を与える要因として,電波の送受信機の幾何学的な配置によって決まるGDOPという指標と計測精度の関係等を明らかにし,実斜面での適用性を検証した。

    DOI: 10.3208/jgs.6.503

    CiNii Article

    researchmap

  • トンネル施工管理のためのデジタル画像計測法の研究 査読

    西山 哲, 大西 有三, 龍 明治, 中井 卓巳

    材料   59 ( 3 )   186 - 191   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本材料学会  

    This paper introduces a new measurement system using digital images for tunnel construction management. This measurement technique that utilizes digital images brings the following benefits compared with conventional techniques. The 3-dimensional deformations and the area-wide distributions of many measurement points can be obtained through simple measurement work. As the image data are all in digital format, real-time monitoring is possible. Measurement involves photographing from a distance only, eliminating the need for sophisticated techniques to improve accuracy as in conventional measurement. The necessary measurement hardware consists of a digital camera and a PC only, which brings down measurement cost. This study first attempts to establish the theoretical framework for using images photographed from any position with a digital camera for measuring any object for which is difficult to set fiducial points, such as a tunnel and reproduce the 3-dimensional displacement of a tunnel with considerable decision. It then goes on to clarify the relation between various measurement parameters and measurement decision and includes experiments to evaluate the performance of the technique that is applied to deformation measurement system of jointed rock masses. As a result, the establishment of a new measurement system featuring simple measurement work and a high degree of decision was found to be possible.

    DOI: 10.2472/jsms.59.186

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 不連続変形法(DDA)における数値減衰特性に関する研究 査読

    小山 倫史, 布川 哲也, 西山 哲, 大西 有三

    土木学会論文集C   66 ( 2 )   299 - 311   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    不連続変形法(DDA)において,ブロック間の接触時にはブロックの貫入が生じないように接触ばねが導入される.この際,個別要素法(DEM)と違い,ダッシュポットによるエネルギーの減衰は生じないが,数値積分法に起因した数値減衰が生じる.本論文では,DDAの接触時の挙動をシンプルに表現した1次元の自由振動問題を例に挙げ,ニューマークβ法による数値減衰特性の評価方法をまとめ,DDAによる衝突時の数値減衰特性評価について整理した.また,3次元剛体球DDAを用いて1次元場での衝突解析を行い数値減衰の評価を行った.その際,ニューマークβ法のパラメータについて感度解析を行い,DDA解析による衝突解析時の数値減衰特性と解の安定性および解析精度に与える影響を評価した.

    DOI: 10.2208/jscejc.66.299

    CiNii Article

    researchmap

  • 不連続変形法(DDA)における数値減衰特性に関する研究 査読

    小山 倫史, 布川 哲也, 西山 哲, 大西 有三

    土木学会論文集C   66 ( 2 )   299 - 311   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    不連続変形法(DDA)において,ブロック間の接触時にはブロックの貫入が生じないように接触ばねが導入される.この際,個別要素法(DEM)と違い,ダッシュポットによるエネルギーの減衰は生じないが,数値積分法に起因した数値減衰が生じる.本論文では,DDAの接触時の挙動をシンプルに表現した1次元の自由振動問題を例に挙げ,ニューマークβ法による数値減衰特性の評価方法をまとめ,DDAによる衝突時の数値減衰特性評価について整理した.また,3次元剛体球DDAを用いて1次元場での衝突解析を行い数値減衰の評価を行った.その際,ニューマークβ法のパラメータについて感度解析を行い,DDA解析による衝突解析時の数値減衰特性と解の安定性および解析精度に与える影響を評価した.

    CiNii Article

    researchmap

  • ポーラスアスファルト混合物の不飽和浸透特性 査読

    矢野 隆夫, 西山 哲, 中島 伸一郎, 森石 一志, 大西 有三

    土木学会論文集E   66 ( 4 )   452 - 465   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装の貯留・浸透特性を精緻に評価するためには,舗装を構成する各材料の保水特性と透水特性を把握しておくことが必要不可欠である.本研究では,ポーラスアスファルト混合物の保水・透水特性を明らかにすることを目的として,それらの特性に影響を与えると考えられる供試体の最大粒径,空隙率および厚さを変えた直径&amp;phi;=150mmのポーラスアスファルト混合物供試体に対して,水分保持特性試験と飽和-不飽和透水試験を実施した.その結果,水分保持特性はVan Genuchten式で,不飽和浸透特性はIrmay式でよく表現できることを示した.

    CiNii Article

    researchmap

  • ポーラスアスファルト混合物の不飽和浸透特性 査読

    矢野 隆夫, 西山 哲, 中島 伸一郎, 森石 一志, 大西 有三

    土木学会論文集E   66 ( 4 )   452 - 465   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装の貯留・浸透特性を精緻に評価するためには,舗装を構成する各材料の保水特性と透水特性を把握しておくことが必要不可欠である.本研究では,ポーラスアスファルト混合物の保水・透水特性を明らかにすることを目的として,それらの特性に影響を与えると考えられる供試体の最大粒径,空隙率および厚さを変えた直径&phi;=150mmのポーラスアスファルト混合物供試体に対して,水分保持特性試験と飽和-不飽和透水試験を実施した.その結果,水分保持特性はVan Genuchten式で,不飽和浸透特性はIrmay式でよく表現できることを示した.

    DOI: 10.2208/jsceje.66.452

    CiNii Article

    researchmap

  • 弾性波速度の分散特性を用いた岩盤の透水係数イメージング手法に関する実験的研究 査読

    吉村 公孝, 安藤 賢一, 坂下 晋, ブライネス パトリック, 奥村 裕史, 西山 哲, 大西 有三

    物理探査   62 ( 3 )   307 - 318   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:物理探査学会  

    &amp;emsp;弾性波の分散を利用した岩盤の透水性評価手法の開発を目指し,室内試験および原位置試験による基礎的な検討を実施した。流体で満たされた岩盤中を弾性波が伝播する際には,周波数に応じた固体と流体との相互作用により速度と減衰率が変化する分散現象が生じ,その周波数特性と透水性との相関性を示す理論が提案されている。本稿では,弾性波の分散と透水性との関係について数値実験を実施し,次いで室内試験を実施した。その結果,透水性の異なる花崗岩試料に対して,異なる分散特性が認められ,理論式と整合することを確認した。さらに,周波数に依存した弾性波速度の分散が原位置で測定可能かどうかを検討した。その結果,1.5mから70mの孔間で,0.8kHzから80kHzの周波数帯において分散現象の可能性が高い試験結果が得られた。孔間距離1.5mで,発振周波数が20kHzおよび40kHzの弾性波トモグラフィ測定を実施し,地球統計学的手法を利用した試解析により透水係数断面を得た。得られた透水係数断面中央付近のボーリングを用いて透水試験を実施し,推定透水係数と比較したところ,両者の良好な一致が認められた。&lt;br&gt;

    CiNii Article

    researchmap

  • 弾性波速度の分散特性を用いた岩盤の透水係数イメージング手法に関する実験的研究 査読

    吉村 公孝, 安藤 賢一, 坂下 晋, ブライネス パトリック, 奥村 裕史, 西山 哲, 大西 有三

    物理探査   62 ( 3 )   307 - 318   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:物理探査学会  

    &emsp;弾性波の分散を利用した岩盤の透水性評価手法の開発を目指し,室内試験および原位置試験による基礎的な検討を実施した。流体で満たされた岩盤中を弾性波が伝播する際には,周波数に応じた固体と流体との相互作用により速度と減衰率が変化する分散現象が生じ,その周波数特性と透水性との相関性を示す理論が提案されている。本稿では,弾性波の分散と透水性との関係について数値実験を実施し,次いで室内試験を実施した。その結果,透水性の異なる花崗岩試料に対して,異なる分散特性が認められ,理論式と整合することを確認した。さらに,周波数に依存した弾性波速度の分散が原位置で測定可能かどうかを検討した。その結果,1.5mから70mの孔間で,0.8kHzから80kHzの周波数帯において分散現象の可能性が高い試験結果が得られた。孔間距離1.5mで,発振周波数が20kHzおよび40kHzの弾性波トモグラフィ測定を実施し,地球統計学的手法を利用した試解析により透水係数断面を得た。得られた透水係数断面中央付近のボーリングを用いて透水試験を実施し,推定透水係数と比較したところ,両者の良好な一致が認められた。<br>

    DOI: 10.3124/segj.62.307

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2433/153401

  • 非質点系落石シミュレーションにおける落石の形状指標に関する検討

    萩原 育夫, 大西 有三, 佐々木 猛, 西山 哲

    地盤工学ジャーナル   4 ( 4 )   357 - 367   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    不連続変形法を用いた落石シミュレーションにおける形状パラメータ設定方法の体系化を目的として,落石の形状特性に関する定量的指標の導入について検討した。落石の形状特性を表す指標としてアスペクト比,円形度,形状エントロピーに着目し,跳躍過程を主体とする解析ケースを対象とした感度解析並びに落石崩落事例解析を行って各形状指標の適用性を検討した。検討結果から,着目した形状指標のうち曲率に関する形状エントロピーと円形度は落石ブロックの形状特性に関連した跳躍時の射出方向変化や崩落時のエネルギー減衰等のシミュレーション結果に対応することを明らかにし,実際の落石崩落を対象とした事例解析において各指標の有効性を把握することができた。これらの形状指標を解析パラメータの設定に導入することは,落石の形状特性把握における主観的誤差の低減や,合理的な落石シミュレーションの実施に有効と考えられた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩盤斜面の地震応答解析における不連続変形法(DDA)の適用に関する研究

    小山 倫史, 赤尾 悟史, 西山 哲, 大西 有三

    土木学会論文集C   65 ( 3 )   644 - 662   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    地震時における岩盤斜面の挙動および斜面崩壊後の岩塊の挙動を評価するためには,不連続体解析手法による地震応答解析が必要である.本研究では,不連続体解析手法の1つである不連続変形法(DDA)を用いて,単一ブロックおよび多層ブロックモデルの地震応答解析を行った.まず,単一ブロックの振動応答の理論解とDDAによる解析解の比較を行い,接触ばね剛性の設定に関する一定の基準を示し,岩盤斜面を模擬した多層ブロックモデルを用いた振動台実験のシミュレーションを行った.解析結果と理論解および実験結果を比較することで,DDAが単純なブロックモデルから多層ブロックモデルの地震時挙動を解析する手法として有効な数値解析手法であることを示した.また,DDAによる地震応答解析を行う際の課題や特性についても明らかにした.

    CiNii Article

    researchmap

  • 速度比の基礎的性質に着目した不連続変形法(DDA)による落石シミュレーション

    島内 哲哉, 大西 有三, 西山 哲, 中村 公一, 酒井 直樹

    土木学会論文集C   65 ( 1 )   53 - 65   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    DDAによる落石シミュレーションでは,衝突のための入力定数に速度比(&lt;i&gt;R&lt;sub&gt;v&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;)が用いられる.筆者らは,現場実験結果をもとに,速度比(&lt;i&gt;R&lt;sub&gt;v&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;)には法線方向入射速度の増加にともない大きく減少する性質があることを報告した.本研究では,室内実験結果を基にその詳細を調べ,(1)速度比は法線方向入射速度に大きく依存する,(2)速度比そのものは材質の違いを表さない,(3)材質の違いは,法線方向入射速度との関係において最大入射速度に対する勾配と速度比の下限に表れる,などを明らかにした.この結果を踏まえて,速度比(&lt;i&gt;R&lt;sub&gt;v&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;)の法線方向依存性を補正する方法を三次元球要素剛体不連続変形法(DDAball)に導入し,現場実験結果の再現シミュレーションを通じて適用性を確認した.

    DOI: 10.2208/jscejc.65.53

    CiNii Article

    researchmap

  • 非質点系落石シミュレーションにおける落石の形状指標に関する検討

    萩原 育夫, 大西 有三, 佐々木 猛, 西山 哲

    地盤工学ジャーナル   4 ( 4 )   357 - 367   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    不連続変形法を用いた落石シミュレーションにおける形状パラメータ設定方法の体系化を目的として,落石の形状特性に関する定量的指標の導入について検討した。落石の形状特性を表す指標としてアスペクト比,円形度,形状エントロピーに着目し,跳躍過程を主体とする解析ケースを対象とした感度解析並びに落石崩落事例解析を行って各形状指標の適用性を検討した。検討結果から,着目した形状指標のうち曲率に関する形状エントロピーと円形度は落石ブロックの形状特性に関連した跳躍時の射出方向変化や崩落時のエネルギー減衰等のシミュレーション結果に対応することを明らかにし,実際の落石崩落を対象とした事例解析において各指標の有効性を把握することができた。これらの形状指標を解析パラメータの設定に導入することは,落石の形状特性把握における主観的誤差の低減や,合理的な落石シミュレーションの実施に有効と考えられた。

    DOI: 10.3208/jgs.4.357

    CiNii Article

    researchmap

  • 格子ガスオートマトン法によるせん断変形時の岩盤不連続面内の透水特性に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 澤田 淳, 矢野 隆夫

    土木学会論文集C   65 ( 4 )   776 - 788   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    単一の不連続面を含む岩石を模擬した試料のせん断透水実験において,せん断応力-せん断変位曲線の比例限界点の前後で透水特性が変化するという結果に着目し,不連続面内の水の流れが表現できる解析手法と実験結果に対するメカニズムの考察を試みたものである.具体的には不連続面の表面の構造を再現した解析モデルにおいて,水を仮想粒子に置き換えて,粒子同士および不連続面の壁面との衝突・散乱を繰り返すという単純な計算によって水の流れを表現する格子ガスオートマトン法の適用を試み,本手法がNavier-Stokes方程式から導かれる流れを表現するものであることを平行平板モデルを用いて検討すると共に,当手法の解析結果に基づいて開口幅分布と不連続面内の水の流れの関係を論じる.

    DOI: 10.2208/jscejc.65.776

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩盤斜面の地震応答解析における不連続変形法(DDA)の適用に関する研究

    小山 倫史, 赤尾 悟史, 西山 哲, 大西 有三

    土木学会論文集C   65 ( 3 )   644 - 662   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    地震時における岩盤斜面の挙動および斜面崩壊後の岩塊の挙動を評価するためには,不連続体解析手法による地震応答解析が必要である.本研究では,不連続体解析手法の1つである不連続変形法(DDA)を用いて,単一ブロックおよび多層ブロックモデルの地震応答解析を行った.まず,単一ブロックの振動応答の理論解とDDAによる解析解の比較を行い,接触ばね剛性の設定に関する一定の基準を示し,岩盤斜面を模擬した多層ブロックモデルを用いた振動台実験のシミュレーションを行った.解析結果と理論解および実験結果を比較することで,DDAが単純なブロックモデルから多層ブロックモデルの地震時挙動を解析する手法として有効な数値解析手法であることを示した.また,DDAによる地震応答解析を行う際の課題や特性についても明らかにした.

    DOI: 10.2208/jscejc.65.644

    CiNii Article

    researchmap

  • 格子ガスオートマトン法によるせん断変形時の岩盤不連続面内の透水特性に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 澤田 淳, 矢野 隆夫

    土木学会論文集C   65 ( 4 )   776 - 788   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    単一の不連続面を含む岩石を模擬した試料のせん断透水実験において,せん断応力-せん断変位曲線の比例限界点の前後で透水特性が変化するという結果に着目し,不連続面内の水の流れが表現できる解析手法と実験結果に対するメカニズムの考察を試みたものである.具体的には不連続面の表面の構造を再現した解析モデルにおいて,水を仮想粒子に置き換えて,粒子同士および不連続面の壁面との衝突・散乱を繰り返すという単純な計算によって水の流れを表現する格子ガスオートマトン法の適用を試み,本手法がNavier-Stokes方程式から導かれる流れを表現するものであることを平行平板モデルを用いて検討すると共に,当手法の解析結果に基づいて開口幅分布と不連続面内の水の流れの関係を論じる.

    CiNii Article

    researchmap

  • デジタル写真測量技術を用いたトンネルの変状計測に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 龍 明治

    土木学会論文集C   64 ( 3 )   598 - 606   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究はトンネルの壁面に計測点として設置したターゲットをデジタルカメラで撮影し,当ターゲットの3次元座標を算出する技術の研究結果を記述するものであり,具体的には走行中の車両から撮影された多数のデジタル画像に写ったターゲットの3次元座標を解析的に求め,その値を使って内空変位等のトンネルの変状に関する情報を得ることで,供用中のトンネルの維持管理を効率的に実施することを試みたものである.本論文では基準点を設けることなく計測点間の距離を算出するための方程式とともに,限られた位置からの撮影でも高精度で計測できる条件式を導き,実験によりトンネルの内空変位等をmm以下の精度で計測できることを実証した結果について述べる.

    CiNii Article

    researchmap

  • 重交通道路に適用した透水性舗装の構造的な耐久性に関する一考察

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 山本 剛, 香川 保徳

    土木学会論文集E   64 ( 1 )   276 - 284   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    都市環境改善の一手法として注目されている透水性舗装は,地下水の汲み上げによる地盤沈下に対する地下水の涵養を目的として導入されたが,雨水の浸透による路床の軟弱化が懸念されることから,適用箇所は歩道や軽交通道路に限定されていた.現在では,平成16年5月に施行された「特定都市河川浸水被害対策法」の施行に伴い,重交通道路への適用が検討されている.しかし,透水性舗装の重交通道路への適用に際しては舗装体の耐久性など解明すべき課題がある.そのため,平成5年に全国で初めて重交通道路に透水性舗装の試験施工が国道24号で実施され,追跡調査が行われている.本論文は,国道24号の約13年にわたる追跡調査の結果から透水性舗装の構造面の耐久性を検証し,得られた知見をまとめたものである.

    DOI: 10.2208/jsceje.64.276

    CiNii Article

    researchmap

  • デジタル写真測量技術を用いたトンネルの変状計測に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 龍 明治

    土木学会論文集C   64 ( 3 )   598 - 606   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究はトンネルの壁面に計測点として設置したターゲットをデジタルカメラで撮影し,当ターゲットの3次元座標を算出する技術の研究結果を記述するものであり,具体的には走行中の車両から撮影された多数のデジタル画像に写ったターゲットの3次元座標を解析的に求め,その値を使って内空変位等のトンネルの変状に関する情報を得ることで,供用中のトンネルの維持管理を効率的に実施することを試みたものである.本論文では基準点を設けることなく計測点間の距離を算出するための方程式とともに,限られた位置からの撮影でも高精度で計測できる条件式を導き,実験によりトンネルの内空変位等をmm以下の精度で計測できることを実証した結果について述べる.

    DOI: 10.2208/jscejc.64.598

    CiNii Article

    researchmap

  • 不飽和浸透特性を考慮した透水性舗装の透水性能に関する研究

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 小関 裕二

    舗装工学論文集   ( 13 )   63 - 70   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    現在, 透水性舗装の設計方法における透水設計は, 適用箇所に応じて要求される透水能力を満足するように, 使用する舗装材料と舗装厚を試算し, 構造設計で求められる構造と比較して決定されるが, その際の透水性能は飽和透水係数で評価している. しかし透水性舗装において, 雨水は舗装体内部が不飽和の状態で浸透していくことから, 不飽和透水係数などの浸透特性を把握する必要がある. よって本論文では, 透水性舗装を構成するアスファルト混合物層, 路盤層および路床の不飽和浸透特性を実験的に求め, さらに, この不飽和浸透特性が透水性舗装の機能にどのような影響を与えるのかを検証した.

    DOI: 10.2208/journalpe.13.63

    CiNii Article

    researchmap

  • 透水性舗装による都市の熱環境改善効果の研究 (日本ヒートアイランド学会論文集(Vol.2))

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫

    日本ヒートアイランド学会誌 = Heat Island Institute International annual issue   3   22 - 28   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ヒートアイランド学会事務局  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不飽和浸透特性を考慮した透水性舗装の透水性能に関する研究

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 小関 裕二

    舗装工学論文集   13   63 - 70   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    現在, 透水性舗装の設計方法における透水設計は, 適用箇所に応じて要求される透水能力を満足するように, 使用する舗装材料と舗装厚を試算し, 構造設計で求められる構造と比較して決定されるが, その際の透水性能は飽和透水係数で評価している. しかし透水性舗装において, 雨水は舗装体内部が不飽和の状態で浸透していくことから, 不飽和透水係数などの浸透特性を把握する必要がある. よって本論文では, 透水性舗装を構成するアスファルト混合物層, 路盤層および路床の不飽和浸透特性を実験的に求め, さらに, この不飽和浸透特性が透水性舗装の機能にどのような影響を与えるのかを検証した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 重交通道路に適用した透水性舗装の構造的な耐久性に関する一考察

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 山本 剛, 香川 保徳

    土木学会論文集E   64 ( 1 )   276 - 284   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    都市環境改善の一手法として注目されている透水性舗装は,地下水の汲み上げによる地盤沈下に対する地下水の涵養を目的として導入されたが,雨水の浸透による路床の軟弱化が懸念されることから,適用箇所は歩道や軽交通道路に限定されていた.現在では,平成16年5月に施行された「特定都市河川浸水被害対策法」の施行に伴い,重交通道路への適用が検討されている.しかし,透水性舗装の重交通道路への適用に際しては舗装体の耐久性など解明すべき課題がある.そのため,平成5年に全国で初めて重交通道路に透水性舗装の試験施工が国道24号で実施され,追跡調査が行われている.本論文は,国道24号の約13年にわたる追跡調査の結果から透水性舗装の構造面の耐久性を検証し,得られた知見をまとめたものである.

    CiNii Article

    researchmap

  • デジタル画像計測による斜面モニタリングシステムの研究

    龍 明治, 大西 有三, 西山 哲, 中井 卓巳

    地盤工学ジャーナル   3 ( 2 )   109 - 119   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本研究では,船舶などの大型構造物の寸法を計測する写真測量技術を応用した計測法に,デジタルカメラの画像から,基準点を設置することなく計測点の座標値を求める手法と,計測点の座標値などの初期近似値を画像から簡便に求める手法を導入することにより,斜面の変状をモニタリングするのに適した計測法の実用化を行ってきた。本論文は,本手法による計測の精度を検証するため岩盤斜面においてデジタル画像計測を行い,解析結果と外部計測との移動量を比較し,デジタル画像計測の外部精度を検証した。さらに,本計測法を岩盤のり面の崩壊対策工の設計に応用した事例を紹介する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 透水性舗装による都市の熱環境改善効果の研究 (日本ヒートアイランド学会論文集(Vol.2)) 査読

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫

    日本ヒートアイランド学会誌 = Heat Island Institute International annual issue   3   22 - 28   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ヒートアイランド学会事務局  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • デジタル画像計測による斜面モニタリングシステムの研究

    龍 明治, 大西 有三, 西山 哲, 中井 卓巳

    地盤工学ジャーナル   3 ( 2 )   109 - 119   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本研究では,船舶などの大型構造物の寸法を計測する写真測量技術を応用した計測法に,デジタルカメラの画像から,基準点を設置することなく計測点の座標値を求める手法と,計測点の座標値などの初期近似値を画像から簡便に求める手法を導入することにより,斜面の変状をモニタリングするのに適した計測法の実用化を行ってきた。本論文は,本手法による計測の精度を検証するため岩盤斜面においてデジタル画像計測を行い,解析結果と外部計測との移動量を比較し,デジタル画像計測の外部精度を検証した。さらに,本計測法を岩盤のり面の崩壊対策工の設計に応用した事例を紹介する.

    DOI: 10.3208/jgs.3.109

    CiNii Article

    researchmap

  • Application of DDA to evaluate the mechanism of rock slope instability/rock fall

    Ma Guichen, Atsushi Yashima, Satoshi Nishiyama, Yuzo Ohnishi, Keiichi Monma, Hiroyuki Matsuyama

    3RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MODERN MINING & SAFETY TECHNOLOGY PROCEEDINGS   67 - 78   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:COAL INDUSTRY PUBL HOUSE  

    This paper deals with the relevance of numerical modeling with respect to mechanical properties of rock proposed, and discusses the applicability of rock fall simulation by using discontinuous deformation analysis (DDA). In order to foresee collapse of rock slope, numerical method will be extremely useful. However, it will be difficult to simulate collapsed, considering difficulties of rock parameter, such as geology, fracture, fault and laboratory testing into numerical calculation. We present the way to modeling the jointed rock mass to evaluate the rock slope instability, and a simulated result for an actual rock mass collapse are shown. Furthermore, it was discussed that the applicability of rock fall simulation by using DDA for numerical experiments and the investigation of rock fall in the northern part of Japan. In order to predict the behavior of rock fall, the energy loss model considering collision has been built in the original DDA. The energy loss caused by slope absorbability can be clarified in this model. The improved DDA is supposed to be very useful for rock fall analysis and measures design.

    Web of Science

    researchmap

  • 現場計測データに基づく岩盤挙動の一考察

    吉田 次男, 大西 有三, 西山 哲

    電力土木 = Electric power civil engineering   ( 330 )   9 - 18   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電力土木技術協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カラーターゲットを用いた近接写真測量の効率化について

    村上 治, 天野 淨行, 西山 哲

    写真測量とリモートセンシング   46 ( 1 )   39 - 46   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本写真測量学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 雨水浸透による車道透水性舗装の諸性状変化に関する一考察

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 小関 裕二

    舗装工学論文集   12   107 - 114   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装は, 地下水の涵養を目的として主に歩道に施工されている. 一方, その透水機能が近年急増する都市型洪水に対して有効であると認められ, 平成16年5月に施行された特定都市河川浸水被害対策法に伴い大型車の交通量の多い車道部への導入が検討され, 各地で試験施工が試みられている. しかし, 透水性舗装の車道部への適用を図るためには舗装構造の耐久性等の問題を解消する必要がある. 特に路盤材については, 雨水の浸透により骨材が移動し諸性状が変化するという問題がある. そこで, 本論文はその路盤層に着目し, 雨水の浸透による性状の変化を実路および室内試験で検証したものである.

    CiNii Article

    researchmap

  • 垂直剛性一定一面せん断時の岩盤不連続面の力学・透水特性に関する実験的研究

    矢野 隆夫, 大西 有三, 西山 哲

    土木学会論文集C   63 ( 1 )   110 - 124   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    岩盤の透水特性は不連続面に大きく支配される.したがって岩盤を対象とした土木構造物を建設する場合は周辺岩盤に存在する不連続面の力学・透水特性を適切に把握することが重要となる.そこで本研究では岩盤に存在する不連続面の力学・透水特性を解明するため,人工的に作製した供試体を用いてせん断透水試験を行った.せん断時の垂直方向の拘束形式としては垂直剛性一定試験を採用しており,基本的なパラメータである垂直剛性&lt;i&gt;K&lt;sub&gt;v&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;,不連続面表面形状などが透水特性に与える影響について考察した.その結果,岩盤不連続面の透水特性はせん断過程において大きく変化し,それは不連続面の空隙構造に大きな影響を受けていること,また力学的な挙動と関係していることを示した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 落石シミュレーションのための解析手法の研究

    馬 貴臣, 松山 裕幸, 西山 哲, 大西 有三

    土木学会論文集C   63 ( 3 )   913 - 922   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究では,落石挙動を正確に表現するための解析手法を開発するに当たり,現場実験によって落石挙動を表現するためのエネルギー損失のメカニズムを検討し,落石のエネルギー損失を,摩擦による損失,落石と斜面の衝突による損失および植生による損失の3種類に分類する必要があることを明らかにした.次に,その考察に基づき,当該エネルギー損失をそれぞれ独立なパラメータを用いて表現できるような係数を導入した非質点系の解析手法である不連続変形法を開発し,現場実験に対するシミュレーションを実施し,当該手法の妥当性を検証した.その結果,実際の斜面の地形地質条件,植生条件および落石形状等を考慮に入れて,落石の挙動を正確に求めるシミュレーション手法の構築が可能であることを実証した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 透水性舗装の雨水浸透機能に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 北山 迪也, 和田 実

    舗装工学論文集   12   99 - 106   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装の雨水浸透貯留機能は都市環境を改善するものとして注目されつつあるが, 本研究では実際に施工された透水性舗装の模型実験により, 雨水の浸透が降雨強度に大きく依存することを明らかにした. 結果によれば, 降雨強度が大きくなるにつれ舗装体内の不飽和領域が雨水浸透を妨げるように作用する. このメカニズムを把握するために気液2相を考慮する解析手法を開発し, 気相の挙動が前述の雨水浸透能を左右することを証明した. これらの成果により, 透水性舗装の雨水流出抑制効果を正確に評価することができる指針となる気液2相の考え方を示すことができた.

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩盤崩壊のリスク評価に向けたハザードマップ作成に関する研究

    桑野 健, 大西 有三, 西山 哲, 佐々木 靖人, 川北 稔

    土木学会論文集C   63 ( 3 )   901 - 912   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    岩盤崩壊の防災管理を効率的かつ効果的に行う目的で,ハザードマップの重要性は年々高まっている.本研究では岩盤崩壊の崩土到達範囲に対して,既発表の確率論的予測手法とその手法を組み入れたシステムを使用し,ハザードマップの基本となる崩土到達範囲予測図を作成した.さらに崩土到達範囲の予測結果に,既往資料に基づいた岩体安定度や対策工効果を考慮に加え,ハザードマップを作成し,岩盤崩壊のリスク評価について検討した.ハザードマップを利用したリスク評価を岩盤崩壊に適用したことにより,リスクの大小を箇所ごと,さらには区間ごとに,視覚的に認識できることとなり,対策や点検の優先度などの意思決定を行う際,面的かつ論理的な判断を有効に行うことが可能となった.

    DOI: 10.2208/jscejc.63.901

    CiNii Article

    researchmap

  • 精密写真測量を利用した供試体変形計測の可視化

    塩崎 正人, 篠崎 裕生, 西山 哲, 大西 有三

    土木情報システム論文集   16 ( 0 )   149 - 158   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    精密写真測量は, デジタルカメラで対象物に貼った反射ターゲットを撮影し, その画像から3次元座標を求める計測方法である. 従来の計測機器では1方向の変形を計測するため, 3次元変形を捉える場合3つの計測器が必要となる. 一方, 精密写真測量では画像を解析することで, 容易に3次元変形を捉えることが可能である. 今回コンクリート供試体を用いた正負交番載荷試験の内部補強鉄筋の座屈によるコンクリートの破壊挙動把握に精密写真測量を適用した. この計測で変形の過程を3次元で可視化することができたためここに報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 一軸引張状態における数種類の花崗岩質岩石と斑れい岩の変形特性

    林 為人, 高橋 学, 藤井 幸泰, 西山 哲, 竹村 貴人

    材料   56 ( 7 )   654 - 659   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本材料学会  

    In order to understand and model relations between microstructure of rocks and their physical properties, uniaxial tension tests were conducted on specimens of nine granitic rocks included a granite, four granodiorites and four tonalities, and two gabbros which were taken from eastern Japan. The axial and transversal deformability of these rocks was determined based on strain measurements using wire strain gauges. The experimental test results revealed that deformational properties of the rocks investigated varied depending on their petrographic features. However, the axial strain and the lateral strain characteristics showed a similar trend for all the rocks, i.e. the stress-strain curves were non-linear throughout the whole stress range from the initial point of loading to the point of ultimate failure. Moreover, the tangent Young&#039;s modulus and the ratio of the lateral strain to the axial strain decreased monotonously with the increasing of the axial stress. Still, the deformational properties were different for individual rocks in a quantitative sense. In particular, the difference in the lateral strains among different rocks was more distinct than that in the axial strains. For example, the Poisson&#039;s ratio at a stress level equal to 50% of the ultimate strength of a granodiorite was very low, close to zero. Furthermore, the Poisson&#039;s ratio of a tonalite was lower than that of a granodiorite, and assumed a negative value. This effect occurred because the lateral strain became positive as it changed from contraction at the initial stage of loading to extension at higher stress levels. There is no ready explanation for this phenomenon; it is believed, however, that it occurs due to microcracks pre-existing in rock materials and/or weak bonds between the adjacent mineral grains.

    DOI: 10.2472/jsms.56.654

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 精密写真測量を利用した供試体変形計測の可視化

    塩崎 正人, 篠崎 裕生, 西山 哲, 大西 有三

    土木情報システム論文集   16   149 - 158   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    精密写真測量は, デジタルカメラで対象物に貼った反射ターゲットを撮影し, その画像から3次元座標を求める計測方法である. 従来の計測機器では1方向の変形を計測するため, 3次元変形を捉える場合3つの計測器が必要となる. 一方, 精密写真測量では画像を解析することで, 容易に3次元変形を捉えることが可能である. 今回コンクリート供試体を用いた正負交番載荷試験の内部補強鉄筋の座屈によるコンクリートの破壊挙動把握に精密写真測量を適用した. この計測で変形の過程を3次元で可視化することができたためここに報告する.

    DOI: 10.2208/journalac2003.16.0_149

    CiNii Article

    researchmap

  • 衝突時の特性を考慮した不連続変形法の落石シミュレーションへの適用性に関する研究

    島内 哲哉, 大西 有三, 西山 哲, 酒井 直樹

    土木学会論文集   62 ( 3 )   707 - 721   2006年10月

     詳細を見る

  • 空洞掘削時の岩盤挙動メカニズム(<特集>岩石力学)

    吉田 次男, 大西 有三, 西山 哲

    材料   55 ( 5 )   501 - 506   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本材料学会  

    Various kinds of measurements were carried out during excavation of two large underground caverns to estimate rock behavior as a discontinuous material. As a result, rock behavior as a discontinuous material was estimated in detail, such as characteristics of crack propagation, displacement and stress redistribution. In particular, it was found that characteristics of displacement and stress redistribution were very remarkable in some areas and that crack propagation was also remarkable in the area. Through the measurements, it was suggested that the sliding of discontinuities were related to the discontinuous behavior. So with a simulation in which the discontinuities were modeled, the influence of the sliding of the discontinuity to crack propagation, displacement and stress redistribution is discussed.

    DOI: 10.2472/jsms.55.501

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 透水性舗装の都市の熱環境改善効果に関する実験的研究

    北山 迪也, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 山本 剛

    舗装工学論文集   11   49 - 57   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年ヒートアイランド現象の軽減を目的に, 車道に透水性舗装を導入し熱環境を改善しようという試みがなされている. そこで著者らは, 車道透水性舗装による都市の熱環境改善効果について検討するため, 必要不可欠なパラメータである蒸発量を定量的に計測する手法の確立を試みると同時に, 一般国道163号の断面構造を模擬した実物大モデルにおいて夏季に蒸発量, 表面温度および舗装内の温度, 体積含水率等を計測し, 透水性舗装の熱環境改善効果に関して検証を行ってきた. その結果, 提案した蒸発量計測手法が有用であること, また蒸発が透水性舗装の舗装面温度の低減に寄与していることなどが明らかになった.

    CiNii Article

    researchmap

  • 穿孔データを指標としたトンネル切羽前方の地山評価システムの研究

    木村 哲, 大西 有三, 西山 哲, 石山 宏二

    情報地質   16 ( 3 )   191 - 198   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本情報地質学会  

    本研究は, 油圧削岩機による穿孔データを利用してトンネル切羽前方の地山を評価するシステムに関するものであり, 当該穿孔データとして, 穿孔速度, 比穿孔エネルギおよびダンピング圧などから地山を評価する方法について考察し, さらにその開発成果を組み込んだシステムを実際のトンネル工事現場において適用し, 支保パターンの選定結果の検証を通して, 本研究の有用性を実証したものである.さらに, ニューラルネットワークによる穿孔データ解析法を開発し, 地山の評価から支保パターンの選定までを自動的かつ客観的に行うシステムの実用化を試みた.同じく, 実際のトンネル工事において本解析手法の妥当性を検証した結果, 経験者と同じ考察力をもつシステムの構築が可能であることが明らかとなった.今後は, これらの成果をさらに発展させることで, 迅速で安全かつ効率的に地山前方の地質状況を判断する穿孔探査システムの実現を図ることができると考える.

    DOI: 10.6010/geoinformatics.16.191

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単一岩盤不連続面のせん断透水特性に関する実験的研究

    矢野 隆夫, 大西 有三, 西山 哲, 齋藤 竜平

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   ( 792 )   159 - 174   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • せん断過程における岩盤の単一亀裂中の水理挙動に関する研究(<特集>地下水)

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 高橋 学, 千葉 周平

    応用地質   45 ( 6 )   291 - 303   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本応用地質学会  

    地下空間開発においては, 構造物の機能維持のために, 岩盤内における地下水挙動の評価が必要となる.とくに深部地質を構成する割れ目系岩盤においては, 内在する多数の亀裂のネットワーク構造でその水理特性を考える試みがなされている.そこでは, 対象とする岩盤全体の水理特性は個々の亀裂の水理特性の集積であり, 広域的な水理挙動を推測するために単一亀裂に対する水理モデルが必要となる.本研究は, さまざまな表面粗度の亀裂を有する供試体を用いた一面せん断試験を実施し, 応力場あるいは表面粗度をパラメータとした, 広域の透水場を推測するための単一の亀裂の水理モデルの構築を試みる.また, セルオートマトン原理に基づいた格子ガス法によって, 亀裂の表面粗度というミクロ構造を反映した, 巨視的な透水特性を評価するシミュレーション技術を開発する.この手法は, 流体を仮想粒子に置換し, 当該粒子と亀裂の相互作用というミクロなレベルで, マクロな流体の質量と運動量の保存を考えていくものであり, この手法を用いて, 亀裂の表面構造がせん断透水特性を決定する要因を明らかにしていく.

    DOI: 10.5110/jjseg.45.291

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 精密写真測量技術の斜面監視システムへの適用に関する研究

    大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 緒方 健治, 松山 裕幸

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   2004 ( 771 )   187 - 197   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    本論文はデジタルカメラで撮影した斜面の画像を使って, 当該斜面の挙動をモニタリングするための技術に関する研究を述べたものであり, 具体的にはさまざまな方向から撮影された多数枚の画像によって対象斜面の形状を高精度に復元する技術を利用した監視システムに関するものである. 本研究では, 計測点, カメラおよび画像の幾何学的関係から得られる方程式についての擬似逆行列を使った解析法を考察し, 基準点を設けることなく斜面に設置された計測点間の距離をノルム最小の最小二乗解によって求め, その変化から斜面の挙動を監視する技術についての議論を展開する. さらに本研究による解法の計測精度を定量的に検証し, 斜面のモニタリングへの適用性を考える.

    DOI: 10.2208/jscej.2004.771_187

    CiNii Article

    researchmap

  • デジタル画像計測法の斜面防災モニタリングシステムへの応用に関する研究(<特集>海外の応用地質)

    西山 哲, 大西 有三, 大津 宏康, 矢野 隆夫, 龍 明治, 李 徳河

    応用地質   44 ( 6 )   331 - 340   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本応用地質学会  

    アジア諸国の多くの地域では,その地質条件および気候条件から地すべり,斜面崩壊といった斜面ハザードが多発しており,急速な都市開発を背景にしてその被害はますます増大する傾向にある.これらの被害を未然に防ぎ,あるいは被害を最小限に抑えるために斜面の挙動をモニタリングする計測技術の確立は不可欠である.本研究は,デジタルカメラで撮影した画像から,被写体の変形を計測する写真測量の原理を応用した計測法に,測地網に関する幾何学的な拘束条件から基準点を設置することなく計測点の座標値を求める手法と,計測点の座標値などの初期近似値を画像から簡便に求める手法を導入することにより,斜面の変状をモニタリングするのに適した計測法を構築することを試みたものである.本論文では,当手法のための理論開発と実際の斜面を使った実験を通して,簡便な計測によって斜面の挙動を把握できることを実証し,本研究がアジア諸国における斜面ハザードに対して有効な計測法になり得ることを議論する.

    DOI: 10.5110/jjseg.44.331

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 不連続面の空間分布特性に着目した斜面崩壊に伴う社会的損失推定

    大津 宏康, 大西 有三, 伊藤 利和, 竹山 雄一郎, 西山 哲

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   736 ( 736 )   231 - 248   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    本研究の目的は, 実際の国道に隣接する岩盤斜面を検討対象とし, 不連続面分布に関する幾何学的な不確実性を考慮した場合の, 地震に起因する斜面崩壊により発生する損失に及ぼす影響について検討を加えるものである. 具体的には, 不連続性岩盤での亀裂ネットワークモデルを構築するために適用されるモデル化手法を援用し, 露頭で観察される不連続面の統計情報に基づき, 想定される様々な不連続面を発生させ, その不連続面のネットワークにより構成される岩盤ブロック形状を表現するものとした. その結果として, 不連続面の空間分布情報に起因する不確実性は, 岩盤斜面の崩壊による社会的な損失に重大な影響を及ぼすことを明らかにした.

    DOI: 10.2208/jscej.2003.736_231

    CiNii Article

    researchmap

  • トンネルの変形計測のためのデジタル写真測量法の研究

    大西 有三, 中井 卓巳, 龍 明治, 西山 哲

    材料   52 ( 8 )   1006 - 1011   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人日本材料学会  

    Because deformations are important indicators of the degree of stability during construction of rock structures, monitoring of deformation is a key element of observational method in tunnels. Monitoring can also help determine the depth of the loosened zone, movements on discontinuities, in-situ modulus, and other items that may be dealt with in design. We have studied the applicability of digital photogrammetry for monitoring of surface displacements in civil engineering. Digital Photogrammetry is the technique obtaining three dimensional coordinates of an object by means of digital photography. This photogrammetry has the advantage of measuring deformation of an object by some photos with easy measurements and excellent cost performance. Because the linearized equation to analyze the coordinates of object points has some rank defects due to no control points in tunnel, we present constrained least square estimation to measure the displacements without the incorporation of control point configuration. The results of experiments demonstrated that this measurement system could yield high accurate three dimensional coordinates of target points situated on an object. It is also shown that this digital photogrammetry can monitor the displacements of the tunnel accurately along with a capability of real-time measurement because of removal of human skills in measurement tasks.

    DOI: 10.2472/jsms.52.1006

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 垂直剛性一定一面せん断時の岩盤不連続面のせん断挙動

    矢野 隆夫, 青木 一男, 大西 有三, 大津 宏康, 西山 哲, 高木 克実

    土木学会論文集   2003 ( 729 )   115 - 130   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    岩盤構造物の設計では, 不連続面の力学挙動を把握することが極めて重要な問題となる. 本論文では岩盤不連続面の強度・変形特性を把握するために垂直剛性一定一面せん断試験を行い, その結果を垂直応カ一定一面せん断試験の結果と比較し, 不連続面の凹凸の大きさ, 初期垂直応力σ&lt;sub&gt;10&lt;/sub&gt;, 垂直剛性K&lt;sub&gt;v&lt;/sub&gt;, および, 母岩強度σ&lt;sub&gt;c&lt;/sub&gt;などのパラメータがその面のせん断挙動に与える影響を検討した. さらに, 単一の垂直剛性一定試験の結果より, 不連続面の強度特性が Mohr-Coulomb の破壊規準に従うと仮定した場合の強度定数&lt;i&gt;c&lt;/i&gt;, φを推定する, より効率的な方法を提案した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 3 次元不連続変形法 (3D DDA) による岩盤斜面崩落のシミュレーション(<特集>岩石力学)

    呉 建宏, 大西 有三, 門間 敬一, 西山 哲

    材料   52 ( 5 )   488 - 493   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人日本材料学会  

    In this paper, both the theory of Three-Dimensional Discontinuous Deformation Analysis (3D DDA), and its application to simulate rock slope failure problems are discussed. DDA belongs to one of the discontinuous numerical analysis methods, and the contact judgment and contact force computation should be concerned to produce contact forces when blocks contact to each other. It is shown that a normal contact spring is employed to calculate the normal contact forces to prevent blocks from penetrating to each other during contacts. However, the normal contact spring is deleted when blocks are leaving. In addition, the failure along discontinuous surfaces can be simulated easily by applying the Mohr-Coulomb failure criterion. The appropriate contact spring arrangement in 3D DDA follows the criterion of &quot;No-penetration and No-Tension&quot; to obtain correct contact forces during contacts. The new approach has been successfully applied to simulate a rock slope toppling at Amatoribashi-nishi site in Japan. The simulation results are quite in agreement with the video pictures obtained from the field. We believe that the simulation is very helpful on investigation of the failure mechanism and process, which can provide useful knowledge for study such events in future.

    DOI: 10.2472/jsms.52.488

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • ぜい弱地山における穿孔探査法の適用(<特集>岩石力学)

    木村 哲, 山下 雅之, 西山 哲

    材料   52 ( 5 )   494 - 499   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本材料学会  

    In tunnel constructions, heterogeneity of rock bodies such as faults and related fracture zones can be serious problem for safety management, construction planning and excavation costs. Thus, the estimate of geological conditions and rock properties ahead of the tunnel faces is strongly required and several methods of such fore survey have been proposed by many researchers. For this purpose, we have developed &quot;DRISS&quot;, the Drilling Survey System, for fore surveys at tunnel faces with higher accuracy, and report here the application of this system to tunnel construction sites. In this paper, we outline our fore survey system, and show the successful fore survey results including the improvement in drilling techniques at the tunnel construction site with soft rocks.

    DOI: 10.2472/jsms.52.494

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩盤不連続面の表面形状を考慮したせん断強度式

    矢野 隆夫, 青木 一男, 大西 有三, 大津 宏康, 西山 哲, 水田 潤一

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   722   59 - 73   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    岩盤の力学的挙動は, 断層・破砕帯・亀裂等の不連続面のすべり破壊に支配されることが知られている. そして, その不連続面の強度特性を推定する方法として, Barton, Patton の研究に代表されるように, 不連続面自体の凹凸という幾何学的特性の影響に着目した岩盤不連続面の強度推定式が提案されてきた. しかし, これらの提案式の多くは, 定量的に幾何学的特性を反映したものではないという問題点を内蔵している. このような観点から, 本研究では様々な凹凸を有する供試体を対象とした垂直応力一定一面せん断試験結果での強度特性を, その面の粗さを表すために導入した統計的なパラメータと関連付けることにより, 表面形状を考慮したせん断強度式を提案するものである.

    DOI: 10.2208/jscej.2002.722_59

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PFI建設プロジェクトでの地下リスク評価及び分担に関する研究

    大津 宏康, 尾ノ井 芳樹, 大本 俊彦, 大西 有三, 西山 哲, 黄瀬 周作

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   721   193 - 205   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 岩盤崩落による社会経済的損失を考慮したリスク評価に関する研究

    大津 宏康, 大西 有三, 西山 哲, 竹山 雄一郎

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   708   187 - 198   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 剛体回転に関する不連続変形法 (DDA) の研究

    呉 建宏, 大西 有三, 大津 宏康, 西山 哲

    応用力学論文集   5   191 - 198   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    The separation of rigid body rotation term, r&lt;SUB&gt;0&lt;/SUB&gt;, from the other displacement variables is a breakthrough idea in original discontinuous deformation analysis (DDA) formula. Although the original linear displacement function is a fast and efficient method in computation, it loses accuracy when blocks undergo large rigid body rotations. It can be a significant problem especially when solving the problem with high speed rigid body rotation, such as rock fall problem, or the larger time interval is introduced to the problem with rigid body rotation to obtain the results within less computation steps. Up to date, it is only known that the large rigid body rotation can cause free expansion and change the weight of block in the analysis. However, the authors consider that the problem can also affect the contact judgments in open-close iterations and cause wrong contact forces in the computation. In this paper, this problem will be discussed, and a new method named &amp;ldquo;post contact adjustment&amp;rdquo; is developed and applied to the contact computation terms of DDA. After the improvements, the simulation results show better contact computations and block area preservations even when the large rigid body rotation is carried out.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 花こう岩のダイレイタンシー異方性について

    柳谷 俊, 西山 哲, 寺田 孚

    土木学会論文集   1987 ( 382 )   63 - 72   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    We examined the azimuthal distributions of circumferential strain, radial deformation, and &lt;i&gt;V&lt;sub&gt;p&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;, &lt;i&gt;V&lt;sub&gt;s&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;&amp;para;, and &lt;i&gt;V&lt;sub&gt;s&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;&amp;perp; of seismic waves traveling through a specimen of granite as it was deformed to faulting under the uniaxial conditions. All measurements were made within the plane perpendicular to the loading axis. It is concluded that anisotropy in physical properties of granite arises from the inherent microcrack fabric and anisotropic ordered alignment of microcracks extended or produced during loading (dilatancy-induced-fabric). Dilatancy anisotropy is much higher than anisotropy due to the natural fabric. The symmetry of physical properties can be characterized by the symmetry of dilatancy-induced-fabric. Based on the Neumann&#039;s principle in crystallography, we can simulate the mechanical behavior of granite with dilatancy-induced-fabric as an orthorhombic crystal.

    DOI: 10.2208/jscej.1987.382_63

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 車載型センシング装置を用いた道路法面の 変状抽出法

    三崎 貴雄, 西山 哲, 西条 健一

    第35回日本道路会議   2p02   2023年11月

     詳細を見る

  • THREE-DIMENSIONAL MONITORING OF SURFACE DEFORMATION USING DIGITAL CAMERAS WITH RTK

    Dosuke Yamamoto, Afia Boney, Satoshi Nishiyama

    Asian Conference on Remote Sensing   No.267   2023年10月

     詳細を見る

  • APPLICATION OF MMS TO DETECT STRUCTURAL DEFORMATION

    Katsuhiro Ibaraki, Satoshi Nishiyama, Yuji Hoshino

    Asian Conference on Remote Sensing   No.229   2023年10月

     詳細を見る

  • 3D Monitoring of Coastal Erosion Control Structures Using UAV

    Naoko Sakamoto, Satoshi Nishiyama

    Asian Conference on Remote Sensing   No.144   2023年10月

     詳細を見る

  • APPLICATION OF THREE-DIMENSIONAL POINT CLOUDS TO RIVER MANAGEMANT USING DRONE SURVEYING

    Mai Ueno, Satoshi Nishiyama

    Asian Conference on Remote Sensing   No.230   2023年10月

     詳細を見る

  • Study on simulation methods for Design of Rockfall Protection Works

    LU DINGCHENG, Nishiyama Satoshi

    Asian Conference on Remote Sensing   No.179   2023年10月

     詳細を見る

  • Desk-based survey method for slope hazard investigation using 3D point cloud data

    Wenliang Pan, Shosuke Akita, Satoshi Nishiyama, Masafumi Imanishi

    Asian Conference on Remote Sensing   No.200   2023年10月

     詳細を見る

  • Monitoring Technology to Support Volume Reduction Construction of Dredged Sediment

    Chika Ito, Satoshi Nishiyama, Naoko Sakamoto

    Asian Conference on Remote Sensing   No.233   2023年10月

     詳細を見る

  • 車載写真レーザ測量の構造物の変状検知への応用

    茨木克博, 西山哲, 鈴木敏成

    令和5年度土木学会全国大会第78回学術講演会論文集   Ⅵ-137   2023年9月

     詳細を見る

  • 落石防護工設計のためのシミュレーション技術の研究

    LU DINGCHENG, 西山哲, PAN WENLIANG

    第 48 回地盤工学セミナー報告会   No.12   2023年7月

     詳細を見る

  • 浚渫土の減容化を支援するモニタリング技術の研究

    伊藤千夏, 西山哲, 田中浩二, 土肥広大, 是松恭介, 西林孝朗

    第 48 回地盤工学セミナー報告会   No.28   2023年7月

     詳細を見る

  • 車載型センシング装置を用いた道路法面の変状検出法

    三崎貴雄、西山哲, 西条健一、鈴木敏成

    第 48 回地盤工学セミナー報告会   No.29   2023年7月

     詳細を見る

  • 3 次元点群データを活用した斜面災害調査のための机上調査法

    潘雯靚, 秋田庄亮, 西山哲

    第 48 回地盤工学セミナー報告会   No.25   2023年7月

     詳細を見る

  • 河川管理のための三次元点群データ活用法

    上野真衣, 西山哲, 冨井天夢, 佐野ひかる

    第 48 回地盤工学セミナー報告会   No.26   2023年7月

     詳細を見る

  • 河川管理のための三次元点群データ活用法

    上野 真衣, 西山 哲, 冨井 天夢, 佐野 ひかる

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   Ⅱ-38   2023年6月

     詳細を見る

  • Application of Image Processing Technology to Crack Behaviour Monitoring

    Afia Boney, Satoshi Nishiyama

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   VI-8   2023年6月

     詳細を見る

  • GPS 付デジタルカメラにおける法面変形計測技術の開発

    山本 道輔, 長嶋 奈津美, BONEY AFIA SARAH, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   VI-9   2023年6月

     詳細を見る

  • 長時間飛行ドローンを活用した 3 次元レーザ測量

    佐野 ひかる, 冨井 天夢, 冨井 隆春, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   Ⅵ-6   2023年6月

     詳細を見る

  • 浚渫土の減容化を支援するモニタリング技術の研究

    伊藤 千夏, 西山 哲, 茨木 克博, 田中 浩二, 土肥 広大, 井川 広之, 佐々木 隆之, 西林 孝明

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   VI-7   2023年6月

     詳細を見る

  • 一時期の UAV グリーンレーザ計測成果を用いた破堤区間における土砂量の算出

    井関 禎之, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   Ⅵ-5   2023年6月

     詳細を見る

  • 実現場の経験から見た ICT 施工導入の課題と対応策に関する考察

    長江 健三, 岡田 康平, 齋藤 衛, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   VI-20   2023年6月

     詳細を見る

  • 空気圧送船による循環式浚渫土砂揚土工法

    中原 浩実, 照屋 市朗, 森本 敦, 加山 勝三, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   Ⅶ-11   2023年6月

     詳細を見る

  • 車載型センシング装置を用いた道路法面の変状抽出法

    三崎 貴雄, 西山 哲, 秋田 庄亮, 茨木 克博

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   VI-10   2023年6月

     詳細を見る

  • 港湾工事における ICT 技術の導入に関する考察

    照屋 市朗, 中原 浩実, 井川 広之, 佐々木 隆之, 西林 孝朗, 田中 浩二, 土肥 広大, 茨木 克博, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   VI-19   2023年6月

     詳細を見る

  • Crack Detection in Asphalt-Paved Top Surface of River Embankments Using Unmanned Aerial Vehicles and Computer Vision Algorithms

    潘 是均, 吉田 圭介, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   Ⅱ-40   2023年6月

     詳細を見る

  • 3 次元点群データを活用した斜面災害 調査のための机上調査法

    潘 雯靓, 秋田 庄亮, 西山 哲

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   Ⅲ-37   2023年6月

     詳細を見る

  • 工業高校生に継続的に講習した「インフラ調査士補講習会」を通した効果的な維持管 理・更新の担い手の育成についての考察

    平手 克治, 西山 哲, 関口 恭史, 柏原 優也

    第 75 回 土木学会中国支部研究発表会概要集   I-16   2023年6月

     詳細を見る

  • 三次元点群データを用いた斜面災害リスクの抽出方法に関する基礎的事項の整理

    今西将文, 西山哲, 中村公一

    第47回 土木情報学シンポジウム 講演論文集   2022年11月

     詳細を見る

  • 航空レーザーデータから作成した微地形強調図を用いた効率的で高精度な落石 発生源の机上抽出

    秋田庄亮, 西山哲, 中村公一, 今西将文, 坂本奈温子

    ⽇本応⽤地質学会中国四国⽀部 令和 4 年度 研究発表会論文集   2022年11月

     詳細を見る

  • グリーンレーザドローンを用いた海岸侵食対策工の 3 次元モニタリング

    茨木克博, 坂本奈温子, 西山哲, 加藤哲, 冨井隆春

    ⽇本応⽤地質学会中国四国⽀部 令和 4 年度 研究発表会論文集   2022年11月

     詳細を見る

  • APPLICATION OF THREE-DIMENSIONAL POINT CLOUDS FOR RIVER MANAGEMENT USING DRONE SURVEYING

    Nanoka Akiyama, Satoshi Nishiyama

    Geomate 2022   g12180   2022年11月

     詳細を見る

  • 河川管理へのグリーンレーザドローンを用いた三次元点群の活用法

    秋山菜乃香, 西山哲, 富田紀子, 冨井隆春, 佐野ひかる

    ⽇本応⽤地質学会中国四国⽀部 令和 4 年度 研究発表会論文集   2022年11月

     詳細を見る

  • MEASUREMENT OF CRACK DISPLACEMENT USING DIGITAL PHOTOGRAMMETRY

    Afia S. Boney, Satoshi Nishiyama, Teruyuki Kikuchi

    Geomate 2022   g12116   2022年11月

     詳細を見る

  • Automatic Extraction of Rockfall Source based on Terrain Analysis Map Using Support Vector Machine

    N.Sakamoto, K.Sakita, T.kikuchi, S.Nishiyama, J.Song, Y.Ohnishi

    Eurock2022   2022年9月

     詳細を見る

  • Design og falling rock preventive countermeasure based on three-dimensional simulation

    H.Kitauchi, S.Nishiyama, J.Song

    Eurock2022   2022年9月

     詳細を見る

  • 車載型センシング装置を用いた 道路法面の変状検出法

    野村 碧都, 西山 哲, 佐守 直人, 藤木 三智成

    第47回 土木情報学シンポジウム 講演論文集   2022年9月

     詳細を見る

  • 落石対策のための航空レーザデータを用いた落石発生源の研究

    秋田庄亮, 西山哲, 崎田晃基

    第47回 土木情報学シンポジウム講演論文集   2022年9月

     詳細を見る

  • Application of Three-Dimensional Laser Point Cloud Technology to River Management

    Nanoka Akiyama, Satoshi Nishiyama

    The 4th lnternational Conference on Rock Dynamics and Applications   2022年8月

     詳細を見る

  • Automatic Extraction of Rockfall Source based on Terrain Analysis Map Using Support Vector Machine

    Naoko Sakamoto, Ohnishi Yuzo, Kikuchi Teruyuki, Junsheng Song, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita

    The 4th lnternational Conference on Rock Dynamics and Applications   2022年8月

     詳細を見る

  • Consideration of countermeasures using rockfall simulation by Discontinuous Deformation Analysis

    Hiroaki Kitauchi, Satoshi Nishiyama, Junsheng Son

    The 4th lnternational Conference on Rock Dynamics and Applications   2022年8月

     詳細を見る

  • 高密度航空レーザーを用いた効率的,高精度な落石発生源の研究

    秋田庄亮, 西山哲, 坂本奈温子, 﨑田晃基, 富井隆春

    第47回地盤工学セミナー報告会   No.16   2022年6月

     詳細を見る

  • MMS とICP を用いた道路法面の変状検出

    野村碧都, 西山哲, 佐守直人, 藤木三智成

    第47回地盤工学セミナー報告会   No.28   2022年6月

     詳細を見る

  • 落石対策における三次元非質点系シミュレーションの適用

    北内宏明, 西山哲, 島内哲哉, 山本道輔

    第47回地盤工学セミナー報告会   No.25   2022年6月

     詳細を見る

  • 河川管理のための三次元点群技術の活用方法

    茨木克博, 西山哲, 秋山菜乃香, 堺浩一, 富田紀子

    第47回地盤工学セミナー報告会   No.13   2022年6月

     詳細を見る

  • 三次元非質点系落石シミュレーションの運用方法の検討

    北内 宏明, 西山 哲, 島内 哲哉

    令和4年度(第 74 回)土木学会中国支部研究発表会論文集   Ⅲ-28   2022年5月

     詳細を見る

  • 河川堤防法面における UAV 測量の精度検証

    長江 健三, 齋藤 衛, 櫻田 裕大, 西山 哲

    令和4年度(第 74 回)土木学会中国支部研究発表会論文集   Ⅵ-10   2022年5月

     詳細を見る

  • グリーンレーザドローンを使用した海岸侵食対策工の 3 次元モニタリング

    坂本 奈温子, 西山 哲, 岡部 晃

    令和4年度(第 74 回)土木学会中国支部研究発表会論文集   Ⅵ-9   2022年5月

     詳細を見る

  • 河川管理のための三次元レーザ点群データの活用法

    秋山 菜乃香, 西山 哲, 富田 紀子, 山本 道輔

    令和4年度(第 74 回)土木学会中国支部研究発表会論文集   Ⅵ-11   2022年5月

     詳細を見る

  • 三次元点群データを用いた斜面災害リスク箇所抽出手法に関する基礎的検討

    中村公一, 今西将文, 西山哲

    第71回 令和4年 砂防学会研究発表会概要集   389 - 390   2022年5月

     詳細を見る

  • 落石防護工設計のための三次元 DDAの活用

    北内宏明, 西山哲

    自然災害研究協議会 中国地区部会 研究論文集   ( 8 )   47 - 50   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 圃場の不陸計測のためのグリーンレーザーを使用したドローン測量の研究

    坂本奈温子, 西山 哲, 佐野ひかる

    第76回 農業農村工学会中国四国支部講演会 論文番号 Ⅲ-01   2021年12月

     詳細を見る

  • 建設 DX に向けた3次元道路台帳の研究

    藤木 三智成, 西山 哲, 西村 大助, 和田 實

    令和3年 交通科学研究会 発表論文集   2021年12月

     詳細を見る

  • ALTERED ROCKFALL BEHAVIOR OWING TO PARAMETERS IN ROCKFALL SIMULATION USING DISCONTINUOUS DEFORMATION ANALYSIS, 査読

    Hiroaki Kitauchi, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita

    7th Int. Conf. on Structure, Engineering & Environment (SEE)   128 - 133   2021年11月

     詳細を見る

  • APPLICATION OF ARTIFICIAL INTELLIGENCE TO RIVER INSPECTION USING UAV 査読

    Ryo Yahara, Satoshi Nishiyama, Tomohiro Shimono, Sayuri Yoshioka, Kohei Ogata

    7th Int. Conf. on Structure, Engineering & Environment (SEE)   153 - 158   2021年11月

     詳細を見る

  • STUDY ON EXTRACTION OF FALLING ROCK SOURCE USING AERIAL LASER DATA TO IMPROVE THE EFFICIENCY OF FALLING ROCK MEASURES 査読

    YUQING ZHANG, KOKI SAKITA, SATOSHI NISHIYAMA, TAKEHARU SATO

    7th Int. Conf. on Structure, Engineering & Environment (SEE)   287 - 292   2021年11月

     詳細を見る

  • DDA 落石シミュレーションのパラメータ が落石挙動に与える影響

    北内 宏明, 西山 哲

    第34回日本道路会議 論文番号4028   2021年11月

     詳細を見る

  • 落石災害を対象とした道路防災点検効率化 のための地形量図の活用

    坂本 奈温子, 西山 哲, 崎田 晃基

    第34回日本道路会議 論文番号2025   2021年11月

     詳細を見る

  • APPLICATION OF THREE-DIMENSIONAL LASER POINT CLOUDS TO RIVER MANAGEMENT 査読

    Nanoka Akiyama, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita, Fumiaki Yamazaki

    7th Int. Conf. on Structure, Engineering & Environment (SEE)   104 - 109   2021年11月

     詳細を見る

  • QUANTIFICATION OF SLOPE DEFORMATION BY FILTERING OF LASER POINT CLOUD OBTAINED BY MOBILE MAPPING SYSTEM 査読

    Naoto Samori, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita, Michinari Fuziki, Naoya Ono

    7th Int. Conf. on Structure, Engineering & Environment (SEE)   43 - 48   2021年11月

     詳細を見る

  • 河川DX実現のための陸上・水中ドローン技術の研究

    秋山菜乃香, 西山哲, 照屋市朗, 中原浩実, 冨井隆春

    令和 3 年度 日本応用地質学会中四国支部 研究発表会 論文番号13   2021年10月

     詳細を見る

  • 航空レーザ測量と機械学習を活用した落石発生源の机上抽出

    﨑田 晃基, 菊地輝行, 西山哲

    令和3年 日本応用地質学会 研究発表会 論文番号P7   2021年10月

     詳細を見る

  • 地形画像による深層崩壊発生前の地形的特徴の定量化

    菊地 輝行, 﨑田 晃基, 西山 哲, 秦野 輝儀, 木村 克己

    令和3年 日本応用地質学会 研究発表会 論文番号65   2021年10月

     詳細を見る

  • 地形量図を用いた機械学習による落石発生源抽出の検討

    﨑田 晃基, 西山 哲, 菊地 輝行

    第76回 土木学会学術講演会論文集 論文番号 Ⅲ-257   46   293 - 296   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 河川管理のためのSLAM技術を導入した三次元レーザ点群の活用方法

    秋山 菜乃香, 西山 哲, 﨑田 晃基

    第76回 土木学会学術講演会論文集 論文番号 CS9-28   2021年9月

     詳細を見る

  • 2種類の車両走行型計測によるレーザ点群を用いた道路周辺の地物変化の抽出

    佐守 直人, 西山 哲, 﨑田 晃基, 藤木 三智成, 佐藤 直人

    第76回 土木学会学術講演会論文集 論文番号 Ⅳ-83   2021年9月

     詳細を見る

  • UAVを活用した河川巡視への深層学習手法の適用

    矢原 諒, 西山 哲, 下野 友裕, 吉岡 小百合, 尾方 浩平

    第76回 土木学会学術講演会論文集 論文番号 Ⅵ-882   2021年9月

     詳細を見る

  • トンネル切羽の崩落監視システムの開発

    尾畑 洋, 村上 治, 西山 哲

    第76回 土木学会学術講演会論文集 論文番号 Ⅵ-448   2021年9月

     詳細を見る

  • 3D 都市モデルを用いた不動産登記制度における権利の視覚的表現の検証

    関口 恭史, 谷田 諒, 平手 克治, 西山 哲

    第 73 回 2021年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-8   2021年6月

     詳細を見る

  • 福島復興知における 3 次元道路台帳を活用したインフラ DX の取り組み

    藤木 三智成, 西村 大助, 阿部 亮吾, 中林 真理子, 鈴木 高宏, 西山 哲, 山崎 健二郎

    第 73 回 2021年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-13   2021年6月

     詳細を見る

  • グリーンレーザを搭載した UAV 測量の圃場不陸計測への活用

    石崎 未帆, 西山 哲, 﨑田 晃基, 堺 浩一

    第 73 回 2021年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-8   2021年6月

     詳細を見る

  • DDA 落石シミュレーションにおける落石形状パラメータの検討

    北内 宏明, 西山 哲, 崎田 晃基

    第 73 回 2021年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅲ-17   2021年6月

     詳細を見る

  • LP 計測データの可視化に利用される各種空間フィルタの比較

    今西 将文, 西山 哲, 中村 公一

    第 73 回 2021年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅲ-5   2021年6月

     詳細を見る

  • 推進工事における 3 次元測量技術を応用した見える化の実証

    長江 健三, 杉井 良隆, 前田 隼弥, 成田 和人, 西山 哲

    第 73 回 2021年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-6   2021年6月

     詳細を見る

  • センシング,モニタリング技術の活用 (特集 デジタル革新と基礎工)

    西山 哲

    基礎工 = The foundation engineering & equipment, monthly : 土木・建築基礎工事と機材の専門誌   49 ( 1 )   20 - 23   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:総合土木研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Mobile Mapping Systemで取得したレーザ点群のフィルタリングによる法面変状の定量化

    佐守 直人, 西山 哲, 﨑田 晃基

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   46   233 - 236   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 車両走行型計測手法を用いた災害廃棄物の定量化手法の開発 (第33回環境システム計測制御学会(EICA)研究発表会)

    吉川 慶, 西山 哲, 藤原 健史

    EICA : journal of EICA : 環境システム計測制御学会誌   26 ( 2 )   91 - 98   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:環境システム計測制御学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 航空レーザ測量データを活用した斜面点検に適した微地形解析図面の作成

    崎田晃基, 今西将文, 西山哲

    岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   15th   2021年

     詳細を見る

  • Mobile Mapping Systemを用いた2時期間の法面変状の定量化

    佐守直人, 西山哲, 崎田晃基, 藤木三智成, 小野尚哉

    岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   15th   2021年

     詳細を見る

  • UAVを活用した河川巡視への人工知能の適用

    矢原諒, 西山哲, 下野友裕, 吉岡小百合, 尾方浩平

    自然災害研究協議会中国地区部会研究論文集(Web)   ( 7 )   2021年

     詳細を見る

  • 航空レーザデータを用いた落石発生源抽出の方法

    ZHANG Yoqing, 崎田晃基, 西山哲, 佐藤丈晴

    自然災害研究協議会中国地区部会研究論文集(Web)   ( 7 )   2021年

     詳細を見る

  • グリーンレーザを搭載したUAV測量の圃場不陸調査に関する研究

    石崎未帆, 西山哲, 崎田晃基, 堺浩一

    農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集   75th   2021年

     詳細を見る

  • Society5.0が目指すセンシング技術の開発動向 スマートシティ構想,防災DX(デジタルトランスフォーメーション)を事例に

    西山哲, 冨井隆春, 佐野ひかる, 藤木三智成

    検査技術   26 ( 7 )   2021年

     詳細を見る

  • 地形量図を用いた機械学習による落石発生源の抽出

    﨑田 晃基, 菊地 輝行, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   46   293 - 296   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • LP計測データの可視化に利用される各種空間フィルタの特性比較

    今西 将文, 西山 哲, 中村 公一

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   46   241 - 244   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 道路防災点検の効率化のための地形量図の活用

    西山哲, 宮下征士, 吉川慶, 黒木紀男

    地盤工学会誌(Web)   69 ( 6 )   2021年

     詳細を見る

  • 3次元都市モデルを活用した道路管理データベースの構築

    藤木 三智成, 西山 哲, 西村 大助, 逢坂 直樹

    交通科学研究会 令和 2 年度研究発表会プログラム 講演論文集   2020年12月

     詳細を見る

  • QUANTIFICATION OF SLOPE DEFORMATION USING LASER POINT CLOUD DATA BY MOBILE MAPPING SYSTEM 査読

    Naoto Samori, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita, Michinari Fuziki, Naoya Ono

    Proceeding paper of 10th int. Conf. on Geotechnique,Construction Materials and Environment   641 - 646   2020年11月

     詳細を見る

  • 斜面点検の効率化に向けた落石発生源のための図面作成

    﨑田 晃基, 西山 哲

    第75回 土木学会学術講演会論文集 論文番号 CS9-62   75th   2020年9月

     詳細を見る

  • ウェアラブルレーザスキャナを活用した法面管理手法

    坂田 達法, 佐野 ひかる, 西山 哲

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-24   2020年6月

     詳細を見る

  • AI を用いたアスファルト舗装ひび割れの検出

    亀川 昌幸, 西山 哲, 崎田 晃基, 佐守 直人

    第 72回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-6   2020年6月

     詳細を見る

  • 地方工業高校生が参加する岡山道路パトロール隊を対象とした 維持管理への技術者マイン ドの醸成と今後の取り組み

    平手 克治, 西山 哲, 柏原 優也

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅰ-18   2020年6月

     詳細を見る

  • SLAM 技術を導入した LiDAR 計測による河川堤防モニタリング手法の開発

    秋山 菜乃香, 矢原 諒, 﨑田 晃基, 吉田 圭介, 西山 哲, 山崎 文明

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-17   2020年6月

     詳細を見る

  • 圃場の不陸調査における UAV グリーンレーザ計測の活用

    北内 宏明, 西山 哲, 﨑田 晃基, 堺 浩一

    第 72回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-11   2020年6月

     詳細を見る

  • Rockfall Inventory Map for Efficient Slope Inspection via Aerial Laser Survey and Signal Processing Techniques

    Koki Sakita, Satoshi Nishiyama, Teruyuki Kikuchi, Junsheng Song, Yuzo Ohnishi

    Proceeding paper of ISRM International Symposium Eurock2020,ISRM-EUROCK-2020-173   2020年6月

     詳細を見る

  • Monitoring instability steep slope using three-dimension point louds at multiple time,

    Teruyuki Kikuchi, koki Sakita, Satoshi Nishiyama, Teruyoshi hatano

    Proceeding paper of ISRM International Symposium Eurock2020,ISRM-EUROCK-2020-129   2020年6月

     詳細を見る

  • グリーンレーザスキャナ搭載ドローン測量技術の応用について

    加藤 哲, 鈴木 義美, 佐野 ひかる, 冨井 隆春, 西山 哲

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-26   2020年6月

     詳細を見る

  • 実現場の経験から見た i-Construction の課題と解決策の考察

    長江 健三, 中塚 仁視, 成田 和人, 西山 哲

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-23   2020年6月

     詳細を見る

  • Mobile Mapping System によるレーザ点群データを用いた法面変状の定量化

    佐守 直人, 西山 哲, 﨑田 晃基, 藤木 三智成, 小野 尚哉

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-20   45   97 - 100   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ドローン撮影画像と機械学習を用いた河川巡視の研究

    矢原 諒, 西山 哲, 﨑田 晃基, 千金良 達哉, 藤木 三智成, 下野 友裕

    第 72 回 2020年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-25   2020年6月

     詳細を見る

  • Disaster report of 2018 July heavy rain for geo-structures and slopes in Okayama 査読

    S. NishimuraY, TakeshitaS. NishiyamaS. SuzukiT, ShibataT, ShukuM, KomatsuB. Kim

    Soils and Foundations   60   300 - 314   2020年3月

     詳細を見る

  • 圃場不陸観測へのUAVグリーンレーザ測量技術の適用

    北内 宏明, 西山 哲, 﨑田 晃基, 堺 浩一

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   73 - 76   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ウェーブレット解析を用いた落石発生源の調査に適した図化手法の高度化

    﨑田 晃基, 菊地 輝行, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   69 - 72   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • SLAM技術を導入した携帯型レーザシステムによる河川堤防モニタリング手法の検討

    秋山 菜乃香, 西山 哲, 﨑田 晃基, 山崎 文明

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   45 - 48   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 画像解析技術を用いたトンネル切羽の落石監視手法の研究

    久保田 恭行, 西山 哲, 矢吹 信喜, 福田 知弘, 手塚 仁, 尾畑 洋, 村上 治

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   225 - 228   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 機械学習に対する前処理が舗装撮影画像からのひび割れ検出精度に及ぼす影響の評価

    亀川 昌幸, 西山 哲, 佐守 直人

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   201 - 204   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • LPデータの可視化方法の諸条件に関する基礎的な考察

    今西 将文, 西山 哲, 中村 公一

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   113 - 116   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Mobile Mapping Systemによるレーザ点群データを用いた法面変状の定量化

    佐守 直人, 西山 哲, 﨑田 晃基, 藤木 三智成, 小野 尚哉

    土木情報学シンポジウム講演集 Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   45   97 - 100   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 地盤工学における情報収集・分析・伝達技術開発の最前線 第3章 ドローンを利用した最先端モニタリング

    西山哲, 冨井隆春, 佐野ひかる, 大西有三

    地盤工学会誌(Web)   68 ( 11 )   2020年

     詳細を見る

  • Quantitative Interpretation of Landslide Occurrence Site by AI Technology of Image Classification and Topographical Analysis Map Created by Aerial Laser Data

    Koki Sakita, Satoshi Nishiyama, Teruyuki Kikuchi, Junsheng Song, Yuzo Ohnishi

    Proceeding paper of 5th int. Conf. on Science,Engineering & Environment   541 - 546   2019年11月

     詳細を見る

  • THE VERIFICATION OF DIFFERENCE ANALYSIS IN THE HIGH PRECISION INSPECTION TECHNOLOGY FOR SLOPE SURFACE USING MOBILE MAPPING SYSTEM

    Naoto Samori, Satoshi Nishiyama, Koki Sakita, Michinari Fuziki, Naoya Ono, Junsheng Song

    Proceeding paper of 5th int. Conf. on Science,Engineering & Environment   2019年11月

     詳細を見る

  • 航空レーザデータ等を活用した斜面・法面点検技術 の効果

    王 てい, 小野尚哉, 田中貴人, 阿曾沼和義, 徳岡杜, 香, 藤木三智成, 西山 哲, 橋中 瞳, 倉光泰樹

    日本応用地質学会 研究発表会 論文番号P8   2019年10月

     詳細を見る

  • 移動計測車両による法面モニタリング手法のための解析手法の精度検証

    佐守 直人, 西山 哲, 崎田 晃基, 藤木 三智成, 小野 尚哉

    第 71 回 2019 年度 土木学会中国支部研究発表会 Ⅰ-22   2019年6月

     詳細を見る

  • ALB による海底形状の再現性と波浪による影響の検証

    間野 耕司, 今野 洋幸, 堺 浩一, 横田 浩, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅷ-26   2019年6月

     詳細を見る

  • 急傾斜地の崖錐堆積物における UAV レーザ計測を用いた変動解析の試み

    菊地 輝行, 秦野 輝儀, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅷ-21   2019年6月

     詳細を見る

  • AI 技術を用いた微地形強調図の自動判読による斜面の崩壊地抽出

    﨑田 晃基, 西山 哲, 菊地 輝行

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅷ-9   2019年6月

     詳細を見る

  • LP 計測密度と判別可能な地物のサイズ等の諸条件に関する基礎的な考察

    今西 将文, 西山 哲, 中村 公一

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅷ-1   2019年6月

     詳細を見る

  • 防災・減災のためのドローンレーザ測量技術の応用について

    加藤 哲, 鈴木 義美, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅷ-23   2019年6月

     詳細を見る

  • MMS を用いた浸水痕跡調査手法の検証

    吉川 慶, 嶋田 幸二, 増田 拓人, 島田 英之, 齋藤 美絵子, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅷ-12   2019年6月

     詳細を見る

  • UAV による三次元測量支援ツールの開発

    堺 浩一, 間野 耕司, 矢尾板 啓, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-20   2019年6月

     詳細を見る

  • 自動運転による高精度 3 次元地図を活用した道路ストック点検システムの開発

    藤木 三智成, 井上 浩一, 横山 省一, 西山 哲, 加藤 孝志

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-15   2019年6月

     詳細を見る

  • i-Construction への取り組みについて

    中塚 仁視, 成田 和人, 宮脇 潤, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-21   2019年6月

     詳細を見る

  • SDA-SWING 法における二次元・三次元流れの考慮の必要性

    久保田 恭行, 森 守正, 安田 亨, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-2   2019年6月

     詳細を見る

  • 海底地形モニタリングに向けた差分解析手法の検討

    酒井 多樹, 崎田 晃基, 西山 哲, 吉岡 裕嗣, 川村 裕, 間野 耕司

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-27   2019年6月

     詳細を見る

  • AI を用いたアスファルト舗装ひび割れの検出

    石崎 未帆, 崎田 晃基, 西山 哲, 藤木 三智成

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-11   2019年6月

     詳細を見る

  • i-Construction の法面工事への適用事例から見た課題と解決策

    坂田 達法, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅵ-10   2019年6月

     詳細を見る

  • 移動計測車両による法面モニタリング手法のための解析手法の精度検証

    佐守直人, 西山 哲, 崎田晃基, 藤木三智成, 小野尚哉

    第45回地盤工学セミナー 地盤工学会中国支部   2019年6月

     詳細を見る

  • 社会インフラの維持管理におけるドローンと非破壊検査の今後と展望

    平手 克治, 柏原 優也, 西山 哲

    第 71 回 2019年度 土木学会中国支部研究発表会 講演論文集 論文番号Ⅳ-24   2019年6月

     詳細を見る

  • レーザ計測による三次元点群密度と地形判読精度の関係について

    菊地 輝行, 秦野 輝儀, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   44   25 - 28   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • LP計測密度と判別可能な地物のサイズ等の諸条件に関する基礎的な考察

    今西 将文, 西山 哲, 中村 公一

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   44   9 - 12   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 山岳トンネル掘削を対象とした地下水情報化施工における流れの次元に起因する誤差の影響

    久保田 恭行, 森 守正, 安田 亨, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   44   157 - 160   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • MMSによる法面モニタリング手法のための差分解析手法の精度検証

    佐守 直人, 西山 哲, 崎田 晃基, 藤木 三智成, 小野 尚哉

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   44   29 - 32   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 車両移動型計測による三次元点群を活用した河川堤防の変状計測

    西山 哲, 間野 耕治, 森田 真一, 井関 禎之

    地盤工学会誌 = Geotechnical engineering magazine : 土と基礎   66 ( 9 )   16 - 19   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 背景差分法を活用したトンネル切羽の崩落検知システムの開発

    藤岡大輔, 中岡健一, 西山哲

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   73rd   ROMBUNNO.VI‐018   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移動計測車両による法面モニタリング手法のための解析手法の精度検証

    崎田晃基, 西山哲, 菊地輝行

    第73回 土木学会年次学術講演会講演概要集 論文番号 Ⅵ-728   73rd   ROMBUNNO.VI‐728   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マサ土斜面の安定性評価と極限平衡法の適用性に関する考察

    笹井 友司, 西垣 誠, 西山 哲

    第 70 回 2018 年度 土木学会中国支部研究発表会 論文番号 Ⅲ-24   2018年6月

     詳細を見る

  • 維持管理技術者資格「インフラ調査士」資格認証制度から読み解く今後の課題と考察

    平手 克治, 西山 哲, 柏原 優也, 田代 秀夫

    第 70 回 2018 年度 土木学会中国支部研究発表会 論文番号 Ⅳ-22   2018年6月

     詳細を見る

  • 微地形強調図とタブレット端末を用いた落石調査の効率化に向けた基礎的検証

    吉川 慶, 宮下 征士, 嶋田 幸二, 市原 学, 崎田 晃基, 鈴木 茂之, 西山 哲

    第 70 回 2018 年度 土木学会中国支部研究発表会 論文番号 Ⅲ-34   43   277 - 280   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • i-Construction普及に向けたドローン測量技術の性能評価

    坂田 達法, 平手 克治, 藤木 三智成, 西山 哲

    第 70 回 2018 年度 土木学会中国支部研究発表会 論文番号 Ⅵ-9   2018年6月

     詳細を見る

  • 落石対策事業効率化のための微地形強調図による落石発生源抽出の研究

    崎田 晃基, 西山 哲, 宮下 征士, 吉川 慶

    第 70 回 2018 年度 土木学会中国支部研究発表会 論文番号 Ⅵ-1   2018年6月

     詳細を見る

  • 微地形強調図とタブレット端末を用いた落石調査の効率化に向けた検証

    吉川 慶, 宮下 征士, 崎田 晃基, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   43   277 - 280   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計を用いた岩盤斜面崩壊の計測事例

    安住晴, 中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   53rd   ROMBUNNO.0455   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 画像処理技術を利用したリアルタイム切羽監視システムの開発

    藤岡大輔, 中村隆史, 西山哲, 中岡健一

    岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   45th   ROMBUNNO.10   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 浸透水圧を考慮した斜面の安定性評価と極限平衡法の適用性に関する考察

    笹井友司, 西垣誠, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   53rd   ROMBUNNO.1026   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Method for Extracting the Source of Falling Rock from Microtopography Highlight Map Created by High-Density Aerial Laser Data,

    Koki Sakita, Satoshi Nishiyama, Masashi Miyashita, Yuzo Ohnishi

    Proceeding of 10th Asian Rock Mechanics Symposium, No.542.   2018年

     詳細を見る

  • 第28回応用測量論文奨励賞 受賞論文の紹介 MMSによる河川堤防の変形・沈下把握に関する研究

    間野 耕司, 井関 禎之, 森田 真一, 橘 菊生, 西山 哲

    測量 = The journal of survey : 地理空間情報の科学と技術   67 ( 11 )   14 - 17   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本測量協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 地方自治体の道路維持管理を効率化する走行型計測システムの開発

    塩崎正人, 河村圭, 西山哲

    土木情報学シンポジウム講演集   42   211‐214 - 214   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移動計測車両による河川堤防高計測の検討 査読

    間野耕司, 井関禎之, 森田真一, 橘菊生, 西山哲

    土木情報学シンポジウム講演集   42   197‐200 - 200   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 背景差分法を用いたトンネル切羽の変状モニタリングに関する研究 査読

    中村隆史, 藤岡大輔, 沖西将弥, 西山哲

    土木情報学シンポジウム講演集   42   113‐116 - 116   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 異なる2時期の航空ヘリレーザデータを使用した落石発生源抽出検証 査読

    宮下征士, 今西将文, 西山哲

    土木情報学シンポジウム講演集   42   163‐164   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 特徴点追跡手法を用いた岩盤構造物の変状モニタリングに関する研究

    藤岡大輔, 畑浩二, 西山哲

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   72nd   ROMBUNNO.III‐381   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 道路防災点検におけるLPデータ・MMSデータの活用と適用性について

    小松恵一, 前田英輝, 近藤恒樹, 西山哲, 本間哲郎, 小更亨, 久保田博之, 間野耕司, 井関禎之, 西川大亮

    砂防学会研究発表会概要集(Web)   2017   752‐753 (WEB ONLY)   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3次元レーザー点群を活用した道路管理手法の考察

    藤木三智成, 井上浩一, 西山哲, 和田實

    交通科学   47 ( 2 )   83‐84   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デジタル写真測量

    西山哲

    地盤工学会誌   65 ( 2 )   34‐35   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 背景差分法を用いたトンネル切羽の変状モニタリングに関する研究

    中村 隆史, 藤岡 大輔, 沖西 将弥, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   42   113 - 116   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • MMSデータを用いた視距不良区間の抽出技術

    吉川慶, 島田英之, 井上薫, 林照悟, 西山哲

    日本道路会議論文集(CD-ROM)   32nd   ROMBUNNO.1078   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計による斜面変動監視方法に関する検討

    安住晴, 中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   52nd   ROMBUNNO.0376   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • S‐DEMデータを活用した斜面動態モニタリング手法

    菊地輝行, 秦野輝儀, 千田良道, 西山哲

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2017   ROMBUNNO.HDS17‐11 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • S-DEMデータを利用した地すべり地における変動ベクトル解析技術の開発

    菊地 輝行, 秦野 輝儀, 千田 良道, 西山 哲

    応用地質   57 ( 6 )   277 - 288   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本応用地質学会  

    &lt;p&gt;航空機によるレーザ計測は,地形の3次元データを精度よく取得できる測量技術として確立しており,最近では,多時期の計測結果を用いて大規模な地すべりや河川・砂防分野における土砂量の算定などに活用されている.しかしながら,数センチメートルオーダーでの緩慢な地すべりの変動を精度よく把握することは難しいのが現状である.そこで本研究は,グラウンドデータから任意の距離に位置する点群だけを抜き出した下層モデル(S-DEM:Substratum Digital Elevation Model)を利用した微地形を判別する手法および高精度で斜面の変動量を解析する手法を開発し,地すべり地内で発生した岩屑すべりの変動状況を詳細に推察できる成果を得たので報告する.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.5110/jjseg.57.277

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軟弱地盤上の盛土に対する耐震性の検討

    廣田 彰久, 西山 哲, 木本 和志, 水口 尚司

    理論応用力学講演会 講演論文集   64 ( 0 )   OS6 - 5   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」  

    &lt;p&gt;Soft and heterogeneous ground is widely distributed in Japan. When embankment is built on soft ground, it is necessary to conduct ground survey and set ground improvement range. The ground improvement range is determined by analysis simulation, and various parameters are necessary for analysis. In this research, we discuss the difference of results by analysis parameters set from the ground survey results.&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    researchmap

  • 移動計測車両による河川堤防高計測の検討

    間野 耕司, 井関 禎之, 森田 真一, 橘 菊生, 西山 哲

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   42   197 - 200   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 軟弱地盤上の盛土に対する耐震性の検討

    廣田 彰久, 西山 哲, 木本 和志, 水口 尚司

    理論応用力学講演会 講演論文集   64   OS6 - 5   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」  

    <p>Soft and heterogeneous ground is widely distributed in Japan. When embankment is built on soft ground, it is necessary to conduct ground survey and set ground improvement range. The ground improvement range is determined by analysis simulation, and various parameters are necessary for analysis. In this research, we discuss the difference of results by analysis parameters set from the ground survey results.</p>

    DOI: 10.11345/japannctam.64.0_OS6-05

    CiNii Article

    researchmap

  • MMSによる河川堤防の変形・沈下把握に関する研究

    間野耕司, 井関禎之, 森田真一, 橘菊生, 西山哲, 西山哲

    応用測量論文集   28   2017年

     詳細を見る

  • 航空レーザ傾斜量図を用いた斜面・土石流危険箇所抽出の試み

    鈴木茂之, 宮下征士, 平川武, 藤原身江子, 西山哲

    岡山大学地球科学研究報告(Web)   23 ( 1 )   1‐7 (WEB ONLY)   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計の温度特性を考慮した斜面変動検出方法に関する検討

    安住晴, 中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 酒井直樹, 西山哲

    地盤工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   60th   ROMBUNNO.4‐5 - 110   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 山地部航空レーザ測量成果による露岩・転石等抽出

    間野耕司, チャタクリ スバス, 橘菊生, 西山哲

    日本写真測量学会学術講演会発表論文集   2016   135‐136   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 広域の斜面・法面における変状を高精度に3次元計測するための車両移動型計測手法の研究 (公益信託NEXCO関係会社高速道路防災対策に関する支援基金 平成27年度研究助成の概要(その2))

    西山 哲

    高速道路と自動車 = Expressways and automobiles   59 ( 10 )   41 - 43   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:高速道路調査会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 構造物モニタリングのための画像計測法の研究

    廣田彰久, 西山哲, 菊地輝行

    土木情報学シンポジウム講演集   41   155‐158 - 158   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岩盤工学における3次元計測の応用と展望

    坂田達法, 冨井隆春, 西山哲

    日本材料学会学術講演会講演論文集   65th   1‐2   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒステリシスに着目したMEMS型三軸傾斜計による斜面変動検出方法に関する検討

    安住晴, 中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 酒井直樹, 西山哲

    日本地すべり学会研究発表会講演集   55th   2016年

     詳細を見る

  • 傾斜計の温度補正に関する検討

    安住晴, 中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 西澤浩, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   51st   ROMBUNNO.0442   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計の温度特性を考慮した斜面変動検出方法に関する検討

    安住 晴, 中村 公一, 島内 哲哉, 小野 和行, 酒井 直樹, 西山 哲

    地盤工学シンポジウム論文集 地盤工学会 編   60   103 - 110   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型傾斜計計測結果による崩落現象の検討

    中村公一, 安住晴, 島内哲哉, 小野和行, 西澤浩, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   51st   ROMBUNNO.0443   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急傾斜地の地質調査における三次元点群データの活用事例

    菊地輝行, 秦野輝儀, 千田良道, 福井裕康, 西山哲

    日本応用地質学会中国四国支部研究発表会発表論文集   2016   73‐74   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 航空レーザ測量を用いた斜面動態モニタリング技術の試み

    菊地輝行, 秦野輝儀, 千田良道, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   51st   ROMBUNNO.0806   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 真空吸着パッドを用いたコンクリート壁面移動機構によるインフラ診断ロボットシステム(ALP)の研究開発

    野嶋潤一郎, 伊藤孝, 新井正巳, 林健治, 西山哲, 溝渕利明

    日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   33rd   ROMBUNNO.1F2-05   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 傾斜計計測値の温度補正方法に関する検討

    中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 西山哲

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   70th   ROMBUNNO.III-255   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デジタル画像を利用したひび割れ幅計測法の研究

    壷阪知広, 西山哲, 菊地輝行

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   70th   ROMBUNNO.VI-161   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMSセンサ・ネットワークを用いた地盤挙動モニタリングの研究

    秦野佑也, 西山哲, 岩崎佳介

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   70th   ROMBUNNO.III-292   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モービルマッピングシステムを活用した道路ストックデータベースの研究 査読

    西山哲, 藤木三智成, 井上浩一, 和田實

    交通科学   45 ( 2 )   109 - 110   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMSセンサ・ネットワークを用いた地盤挙動モニタリングの研究

    秦野佑也, 西山哲, 岩崎佳介, 龍明治

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   50th   ROMBUNNO.455   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デジタル画像を利用したひび割れ幅計測手法の研究

    菊地輝行, 秦野輝儀, 壷阪知宏, 西山哲

    地盤工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   59th   ROMBUNNO.1‐2 - 50   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計による計測事例から得られた傾斜速度に関する検討

    中村公一, 島内哲哉, 塚原健太郎, 小野和行, 西山哲

    地盤工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   59th   ROMBUNNO.1‐3 - 56   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMSを用いた擁壁と深層崩壊のモニタリング

    秦野佑也, 西山哲, 南方菜緒, 壷阪知広, 岩崎佳介

    地盤工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   59th   ROMBUNNO.1‐4 - 62   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMSおよび無線技術を用いた計測手法の開発と地すべり斜面への適用

    南方菜緒, 西山哲, 矢野隆夫, 龍明治

    土木情報学シンポジウム講演集   39   125 - 128   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デジタル画像を用いたひび割れ幅計測システムの研究

    壷阪知広, 西山哲, 矢野隆夫, 菊地輝行

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   69th   ROMBUNNO.VI-502   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 傾斜計による擁壁の変状計測の試み

    中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 塚原健太郎, 西山哲

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   69th   ROMBUNNO.III-193   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 交通事故対策としての機能が期待された環境改善舗装の維持管理問題に関する考察

    和田實, 西山哲

    交通科学   44 ( 2 )   93 - 94   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DDAによる落石シミュレーション(落石形状の違いが解析結果に与える影響)

    島内哲哉, 中村公一, 佐々木猛, 西山哲, 大西有三

    岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   42nd   ROMBUNNO.12 - 67   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:[土木学会岩盤力学委員会]  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計による法面崩壊の計測事例

    中村公一, 島内哲哉, 小野和行, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   49th   ROMBUNNO.868   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMS型三軸傾斜計による計測事例から得られた傾斜速度に関する検討

    中村 公一, 島内 哲哉, 塚原 健太郎, 小野 和行, 西山 哲

    地盤工学シンポジウム論文集 地盤工学会 編   59   51 - 56   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • MEMSを用いた擁壁と深層崩壊のモニタリング

    秦野 佑也, 西山 哲, 南方 菜緒, 壷阪 知広, 岩崎 佳介

    地盤工学シンポジウム論文集 地盤工学会 編   59   57 - 62   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • MEMSおよび無線技術を用いた計測手法の開発と地すべり斜面への適用

    南方 菜緒, 西山 哲, 矢野 隆夫

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics   39   125 - 128   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • デジタル画像を利用したひび割れ幅計測手法の研究

    菊地 輝行, 秦野 輝儀, 壷阪 知宏, 西山 哲

    地盤工学シンポジウム論文集 地盤工学会 編   59   45 - 50   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 河川砂防技術研究開発制度による産学官の連携 車両走行型レーザスキャナを用いた迅速かつ効率的河川堤防検査手法の開発

    西山哲

    河川   ( 807 )   30 - 33   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MEMSセンサーネットワークを用いた擁壁のモニタリング手法の構築

    南方菜緒, 矢野隆夫, 三村衛, 西山哲

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   68th   ROMBUNNO.VI-342   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 擁壁のモニタリング手法を目的としたMEMSを用いたセンサネットワークの構築

    南方菜緒, 矢野隆夫, 三村衛, 西山哲

    土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   2013   ROMBUNNO.VI-4   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 堤防の変状等を高精度に把握するモービルマッピングシステムの開発 (特集 自然災害被害の予測・把握技術の高度化に向けて)

    久保田 啓二朗, 大浪 裕之, 西山 哲

    土木技術資料 = Civil engineering journal : 土木技術の総合情報誌   55 ( 4 )   6 - 9   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木研究センター  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 道路防災のためのユビキタスセンサネットワークの開発

    西山哲, 田中雄三, 南方菜緒

    日本道路会議論文集(CD-ROM)   30th   ROMBUNNO.2021   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 地すべり防止のための擁壁のモニタリング手法の開発

    南方菜緒, 矢野隆夫, 三村衛, 西山哲

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   48th   ROMBUNNO.192   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 三次元不連続変形法の接触機構と落石到達距離の評価

    佐々木猛, 萩原育夫, 三木茂, 大西有三, 西山哲, 小山倫史

    岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   13th   ROMBUNNO.13   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 写真測量の斜面挙動監視への適用に関する研究

    岸中伸浩, 西山哲, 矢野隆夫, 菊地輝行

    情報地質   23 ( 2 )   74 - 77   2012年6月

     詳細を見る

  • 写真測量の斜面計測を目的とした研究

    岸中伸浩, 西山哲, 矢野隆夫, 菊地輝行

    日本材料学会学術講演会講演論文集   61st   54 - 55   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • わかって使うレーザ計測 7.事例その4:車両搭載型レーザ計測装置の利用

    西山哲, 沢田和秀, 里優

    地盤工学会誌   60 ( 3 )   63-66,1(2)   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 210 写真測量の斜面計測を目的とした研究(岩石力学の応用,岩石力学とその応用,オーガナイスドセッション11)

    岸中 伸浩, 西山 哲, 矢野 隆夫, 菊地 輝行

    学術講演会講演論文集   61   54 - 55   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 210 写真測量の斜面計測を目的とした研究(岩石力学の応用,岩石力学とその応用,オーガナイスドセッション11)

    岸中 伸浩, 西山 哲, 矢野 隆夫, 菊地 輝行

    学術講演会講演論文集   61   54 - 55   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 構造物の維持管理のためのひび割れ幅の画像計測手法の研究

    金澤彬, 西山哲, 矢野隆夫, 菊地輝行

    岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   41st   ROMBUNNO.59   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DDAによる落石形状を考慮したモンテカルロ解析

    中村公一, 島内哲哉, 佐々木猛, 西山哲, 大西有三

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   47th   ROMBUNNO.901   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不連続変形法(DDA)による三次元落石解析の計算精度要因とモデル化の検討

    佐々木猛, 萩原育夫, 三木茂, 大西有三, 西山哲, 小山倫史

    岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   41st   ROMBUNNO.40   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 地盤の可視化・画像処理(2.調査・分類,総括,<特集>第47回地盤工学会研究発表会)

    西山 哲

    地盤工学会誌   60 ( 12 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 地盤の可視化・画像処理(2.調査・分類,総括,<特集>第47回地盤工学会研究発表会)

    西山 哲

    地盤工学会誌   60 ( 12 )   13 - 13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • これからの河川管理~現地における萌芽的な取り組み~ 車両搭載型レーザースキャナを活用した河川堤防変状計測システムの開発について

    西山哲

    河川   ( 781 )   47 - 51   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 土木構造物の維持管理のための画像計測法の研究

    金澤彬, 西山哲, 矢野隆夫, 村上治, 菊地輝行

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   66th   ROMBUNNO.VI-152   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 電波位相差変位計測の斜面変位モニタリングへの適用性に関する検討

    里優, 西山哲, 矢野隆夫, 吉崎互

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   66th   ROMBUNNO.CS9-007   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岩盤構造物の維持管理のための画像計測法の研究

    金澤彬, 西山哲, 矢野隆夫, 菊地輝行

    日本材料学会学術講演会講演論文集   60th   41 - 42   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 物理探査(2.調査・分類,総括,<特集>第46回地盤工学研究発表会)

    西山 哲

    地盤工学会誌   59 ( 12 )   23 - 23   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人地盤工学会  

    本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10420929

  • 405 岩盤構造物の維持管理のための画像計測法の研究(岩石力学とその応用,岩石力学とその応用,オーガナイスドセッション11)

    金澤 彬, 西山 哲, 矢野 隆夫, 菊地 輝行

    学術講演会講演論文集   60   41 - 42   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 透水性能を有する景観舗装の雨水流出抑制効果

    森石 一志, 西山 哲, 矢野 隆夫, 小関 裕二, 大西 有三

    土木学会論文集E1(舗装工学)   67 ( 3 )   I_155 - I_163   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年多発する集中豪雨により,大部分の道路がアスファルト舗装で被覆されている都市部では降雨が排水施設の容量の限界を超え,河川へ流れ込み氾濫し,また道路の冠水や床下浸水の被害が発生している.そのようなことからも透水性舗装の持つ雨水流出抑制性能が有効な対策の一つとして考えられ,車道への適用も検討されている.しかし,透水性舗装を車道へ適用する場合は,雨水浸透による耐久性の低下が懸念され,実用化には課題が残されている.そこで本研究では,実績の多い歩道を対象に都市部に透水性舗装およびインターロッキングブロック舗装を適用した場合の雨水流出抑制効果を明らかにするため,各材料の不飽和浸透特性を求め,さらに雨水流出抑制効果をシミュレーション解析で検証した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩石供試体における弾性波の分散現象に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 高橋 学, 吉村 公孝, 安藤 賢一

    土木学会論文集C(地圏工学)   67 ( 2 )   288 - 298   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    弾性波の伝播速度および減衰の周波数依存性を利用して,地盤の透水特性あるいは間隙流体の特性を調査する手法が検討されている.Biot理論によって分散現象は説明できるが,地盤条件によって観測される分散現象がどの程度相違するのか,あるいは地盤の透水特性がどの程度分散現象に反映されるのかが明確にされていないという問題がある.本研究では岩石供試体を用いた室内実験の結果に基づき,堆積岩と花崗岩で観測される縦波の分散現象の違いとBiot理論の適用性を考察し,さらに分散現象から透水特性を推定することの可能性を検討することにより,分散現象を利用して地盤の透水特性を計測する手法の妥当性を,Squirt flowという局所的な間隙流体の挙動を考慮するBISQ理論の適用性と共に示した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 粒状路盤材および路床材の不飽和浸透特性

    矢野 隆夫, 西山 哲, 中島 伸一郎, 森石 一志, 大西 有三

    土木学会論文集E1(舗装工学)   67 ( 2 )   120 - 130   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    透水性舗装の貯留・浸透特性を飽和―不飽和浸透解析や気液二相流解析等で評価する場合,舗装を構成する各材料の不飽和浸透特性を精緻に把握しておくことが必要である.そこで透水性舗装の材料としてポーラスアスファルト混合物,路盤材および数種の路床材に対して,水分保持特性試験および飽和―不飽和透水試験を実施し,解析における不飽和パラメータの取得を行った.ポーラスアスファルト混合物に対する試験結果については既に報告しており,本論文では路盤材および路床材の結果について報告する.試験結果を既存のモデル式でフィッティングしたところ,水分保持特性は Van Genuchten 式の適用性が良い事を,路盤材の不飽和透水特性は主に Irmay 型の式で,路床材は Van Genuchten 式でよく表現できることを明らかにした.

    CiNii Article

    researchmap

  • 物理探査(2.調査・分類,総括,<特集>第46回地盤工学研究発表会)

    西山 哲

    地盤工学会誌   59 ( 12 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人地盤工学会  

    本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである

    CiNii Article

    researchmap

  • 無線機器を利用した斜面変位計測法の研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 里 優, 吉崎 互

    地盤工学ジャーナル   6 ( 4 )   503 - 511   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本論文は,任意の計測点に設置した無線機の電波を受信することで,斜面および法面の変位を計測する手法の研究成果をまとめたものである。具体的には斜面および法面上に設置した特定小電力無線機からの電波を,遠隔に設置した複数の受信機にて受信し,各受信波の等位相差面の交点から当無線機の3次元座標を算出することで変位を計測するものである。本研究では,無線機の座標値を算出する方法を考察するとともに,2.4GHz帯の電波の送受信機を用いた計測実験により,高精度にて変位をリアルタイムに検出できることを実証した。また計測精度に影響を与える要因として,電波の送受信機の幾何学的な配置によって決まるGDOPという指標と計測精度の関係等を明らかにし,実斜面での適用性を検証した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 不連続変形法による降雨に起因する斜面崩壊の予測解析

    入江敬, 小山倫史, 酒井直樹, 西山哲, 安田祐樹, 大西有三

    岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   40th   2011年

     詳細を見る

  • 透水性舗装の洪水抑制機能に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫

    材料   59 ( 7 )   560 - 566   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 29.ナローバンド無線を利用した岩盤斜面モニタリング(斜面崩壊・地すべり(4),口頭発表)

    萩原 育夫, 西山 哲, 島内 哲也, 山本 剛

    研究発表会講演論文集   21   57 - 58   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 29.ナローバンド無線を利用した岩盤斜面モニタリング(斜面崩壊・地すべり(4),口頭発表)

    萩原 育夫, 西山 哲, 島内 哲也, 山本 剛

    研究発表会講演論文集   21   57 - 58   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 透水性舗装・保水性舗装による温度低減効果に関する研究

    青木 一男, 田中 寿弥, 西山 哲, 矢野 隆夫

    Thermophysical properties   29   92 - 94   2008年10月

     詳細を見る

  • 弾性波速度の分散特性を用いた岩盤中の透水係数分布把握に関する検討 : 結晶質岩中の水理場構築事例

    吉村 公孝, 坂下 晋, ブライネス パトリック, 安藤 賢一, 奥村 裕史, 西山 哲, 大西 有三

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   118   194 - 197   2008年5月

     詳細を見る

  • 111 ポーラスアスファルト混合物の不飽和浸透特性に関する実験的研究(サイトで拓く技術,未来を拓く新技術-岩石力学の新たな展望-,オーガナイスドセッション4)

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 田中 裕, 竹本 恒行

    学術講演会講演論文集   57   21 - 22   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 112 粒状路盤材の不飽和浸透特性に関する実験的研究(サイトで拓く技術,未来を拓く新技術-岩石力学の新たな展望-,オーガナイスドセッション4)

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 田中 裕, 竹本 恒行

    学術講演会講演論文集   57   23 - 24   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 111 ポーラスアスファルト混合物の不飽和浸透特性に関する実験的研究(サイトで拓く技術,未来を拓く新技術-岩石力学の新たな展望-,オーガナイスドセッション4)

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 田中 裕, 竹本 恒行

    学術講演会講演論文集   57   21 - 22   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 114 地下空洞の掘削法 : 過去の事例から学ぶこと(サイトで拓く技術,未来を拓く新技術-岩石力学の新たな展望-,オーガナイスドセッション4)

    西村 毅, 岡本 伸一, 大西 有三, 西山 哲

    学術講演会講演論文集   57   27 - 28   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 112 粒状路盤材の不飽和浸透特性に関する実験的研究(サイトで拓く技術,未来を拓く新技術-岩石力学の新たな展望-,オーガナイスドセッション4)

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 田中 裕, 竹本 恒行

    学術講演会講演論文集   57   23 - 24   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 電波を利用した3次元リアルタイム変位計測法の研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 西川 啓一

    土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering   55 ( 11 )   5 - 7   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    Numerous locations in Japan are potentially prone to slope failure. To deal with slope failure, it is crucial to establish a measurement technology that can quickly provide necessary data for adopting effective measures. In this study, the method of measuring slope displacements using a radio wave is explored and its validity examined. The use of a radio wave has lots of advantages : to allow the extensive area-wide tracking of three dimensional deformations in real-time, and to allow remote measurements with high accuracies and precisions. We plan to enhance the practicality of this method by offering more slope monitoring application examples.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10445329

  • 電波を利用した3次元リアルタイム変位計測法の研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 西川 啓一

    土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering   55 ( 11 )   5 - 7   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    Numerous locations in Japan are potentially prone to slope failure. To deal with slope failure, it is crucial to establish a measurement technology that can quickly provide necessary data for adopting effective measures. In this study, the method of measuring slope displacements using a radio wave is explored and its validity examined. The use of a radio wave has lots of advantages : to allow the extensive area-wide tracking of three dimensional deformations in real-time, and to allow remote measurements with high accuracies and precisions. We plan to enhance the practicality of this method by offering more slope monitoring application examples.

    CiNii Article

    researchmap

  • 弾性波速度の分散特性を用いた岩盤の透水トモグラムの評価手法に関する研究 : 透水試験結果との対比

    吉村 公孝, 坂下 晋, ブライネス パトリック, 安藤 賢一, 奥村 裕史, 西山 哲, 大西 有三

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   116   133 - 136   2007年5月

     詳細を見る

  • 弾性波トモグラフィによる岩盤透水性分布評価手法の開発

    奥村 裕史, 吉村 公孝, 安藤 賢一, 西山 哲

    電力土木 = Electric power civil engineering   ( 329 )   62 - 65   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電力土木技術協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 308 先験情報により高度化した精密写真測量による斜面動態観測(岩盤計測と解析の新技術II,オーガナイズドセッション5.岩盤計測と解析の新技)

    金川 真二, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 龍 明治

    学術講演会講演論文集   56   57 - 58   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 303 ディジタル画像処理を利用したひび割れ検出による道路トンネル健全性評価(岩盤計測と解析の新技術I,オーガナイズドセッション5.岩盤計測と解析の新技)

    半田 兼一, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 西川 啓一, 山本 富三

    学術講演会講演論文集   56   47 - 48   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 307 透水性舗装における路盤材の支持力変化に関する一考察(岩盤計測と解析の新技術I,オーガナイズドセッション5.岩盤計測と解析の新技)

    森石 一志, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 石川 健

    学術講演会講演論文集   56   55 - 56   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 306 多孔質弾性論に基づく弾性波の速度分散に関する実験の研究(岩盤計測と解析の新技術I,オーガナイズドセッション5.岩盤計測と解析の新技)

    勝 賢太, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 高橋 学, 奥村 裕史, 安藤 賢一, 吉村 公孝

    学術講演会講演論文集   56   53 - 54   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 311 電波位相差を用いた変位計測システムの長距離野外実験(岩盤計測と解析の新技術II,オーガナイズドセッション5.岩盤計測と解析の新技)

    西川 啓一, 橘 翔子, 西山 哲, 大西 有三

    学術講演会講演論文集   56   63 - 64   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 弾性波速度の分散特性を用いた岩盤中の透水係数分布把握に関する検討

    吉村 公孝, 坂下 晋, 安藤 賢一, 橋本 秀爾, ブライネス パトリック, 奥村 裕史, 西山 哲, 大西 有三

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   115   201 - 204   2006年10月

     詳細を見る

  • 車道透水性舗装モデルの機能性評価--産・学・官の取組み

    木下 孝樹, 和田 実, 西山 哲

    舗装   41 ( 5 )   5 - 9   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:建設図書  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Long Term Monitoring for Disaster Prevention by Radio Phase Displacement : An Experimental Result

    Amishima Takeshi, Suzuki Nobuhiro, Okamura Atsushi, YOSHIZAKI Wataru, KURODA Etsuji, NISHIKAWA Keiichi, OHNISHI Yuzo, NISHIYAMA Satoshi

    電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス   106 ( 1 )   139 - 144   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    A novel displacement measurement method using radio wave for disaster prevention and monitoring has been proposed. In the method, transmitters are attached on multiple measurement points, while, passive sensors, which receive the transmitted radio waves, are set on static points. Comparing phase angles of received radio waves, displacement of measurement points can be estimated simultaneously with high accuracy. Especially, we also developed a modified method calibrating the phase fluctuations of receiving channels. Physical experiment was carried out for verification and performance evaluation. In the experimental results, this method achieved several millimeters stable accuracy for 40 days measurement.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B-2-28 電波位相差変位計測システムの長期屋外実験(B-2.宇宙・航行エレクトロニクス,一般講演)

    鈴木 信弘, 網嶋 武, 吉崎 互, 岡村 敦, 西山 哲, 大西 有三

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006 ( 1 )   266 - 266   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 9.岩盤ブロックの地震応答特性に関する基礎的検討(斜面崩壊(1),口頭発表)

    萩原 育夫, 佐々木 猛, 大西 有三, 西山 哲, 伊藤 洋, 岩田 直樹

    研究発表会講演論文集   18   33 - 36   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ダム管理向け3 次元地形測量と表示手法の研究

    西川 啓一, 中村 甚一, 井上 達裕, 大西 有三, 西山 哲

    土木情報システム論文集   15 ( 0 )   11 - 16   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    自然災害が発生したとき, 国や自治体, 管理者が事態を正確に把握し, よりスピーディな対応を取るために, 詳細な電子地図を中心とする地域環境の管理システムへの必要性が高まっている. そのために3 次元地形を正確に測量, モデル化, 表示する必要がある. 今回, 航空写真測量と高精度GPS 測量を組み合わせる方法を検討し, これにより150 平方km という広範囲において, 高さ10cm 精度を達成した. また, 高精度, 高解像度, 広範囲の膨大なデータを正確にかつ高速に表示するエンジンに, 任意の点で自由に座標・距離・断面等の計測機能を付加させることによりダムに適応した防災・維持・管理向け3 次元地形管理システムを研究した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 502 弾性波による岩石供試体の水理特性評価手法に関する研究(新生代の地層におけるロックメカニクスに関する諸問題I,新生代の地層におけるロックメカニクスに関する諸問題,オーガナイスドセッション5)

    宮田 愛由来, 大西 有三, 西山 哲, 高橋 学, 奥村 祐史

    学術講演会講演論文集   55   121 - 122   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 501 ニューラルネットワークによる岩盤崩壊の崩土到達範囲予測に関する研究(新生代の地層におけるロックメカニクスに関する諸問題I,新生代の地層におけるロックメカニクスに関する諸問題,オーガナイスドセッション5)

    金本 岳人, 大西 有三, 西山 哲, 桑野 健, 川北 稔, 佐々木 靖人

    学術講演会講演論文集   55   119 - 120   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 洪水抑制およびヒートアイランド現象緩和のための透水性舗装 (小特集テーマ:都市における地盤工学的問題:都市の防災と環境)

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 和田 実

    土と基礎   53 ( 9 )   24 - 26   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    The ground surfaces covered by conventional asphalt pavements prevent rainfall from infiltrating into ground. The impervious surface structures do not cause flood flow by an increase of rainfall outflow into rivers and sewers, but also make urban heat environments worse by a decrease of latent heat. A permeable pavement, which has the ability to re-naturalize urban water balance, has been expected to improve the urban thermal and water environments. This study reports the effects of permeable pavements on control of flood flow and heat island phenomenon by experimental evaluation using a permeable pavement model.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 416 都市環境改善のための水循環の保全に関する研究(最新の岩石力学のトピックスII, 最新の岩石力学のトピックス)

    北山 迪也, 大西 有三, 西山 哲, 上原 真一, 矢野 隆夫, 和田 実

    学術講演会講演論文集   54   129 - 130   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 65. 不連続変形法による岩盤斜面の崩壊挙動解析(地下水(2),斜面崩壊(3),口頭発表)

    萩原 育夫, 佐々木 猛, 佐々木 勝司, 堀川 滋雄, 西山 哲, 大西 有三

    研究発表会講演論文集   17   225 - 228   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 411 穿孔データに基づく地山評価手法へのニューラルネットワーク適用に関する研究(最新の岩石力学のトピックスI, 最新の岩石力学のトピックス)

    金本 岳人, 大西 有三, 西山 哲, 上原 真一, 木村 哲, 山下 雅之

    学術講演会講演論文集   54   119 - 120   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P37. 石垣動態観測への精密写真測量の応用(地質構造,一般調査,環境地質,試験・計測・探査,コアタイム,ポスターセッション)

    森山 哲朗, 萩原 育夫, 西山 哲, 矢野 隆夫, 大西 有三

    研究発表会講演論文集   17   387 - 390   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 418 岩盤斜面上の特徴点を利用した精密写真測量による変位計測法の研究(最新の岩石力学のトピックスII, 最新の岩石力学のトピックス)

    寺川 真史, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 長谷川 博幸

    学術講演会講演論文集   54   133 - 134   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 412 降雨に対する斜面安定性評価のための浸透流解析手法の研究(最新の岩石力学のトピックスI, 最新の岩石力学のトピックス)

    橘 翔子, 大西 有三, 西山 哲, 高橋 健二

    学術講演会講演論文集   54   121 - 122   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 417 都市における洪水抑制のための地下水の水文学的研究(最新の岩石力学のトピックスII, 最新の岩石力学のトピックス)

    丹原 康滋, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 曽田 知, 小林 英彦

    学術講演会講演論文集   54   131 - 132   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Simulation of the mechanical behavior of inclined jointed rock masses during tunnel construction using Discontinuous Deformation Analysis (DDA)

    JH Wu, Y Ohnishi, S Nishiyama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ROCK MECHANICS AND MINING SCIENCES   41 ( 5 )   731 - 743   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    In this paper, the mechanical behavior of inclined jointed rock masses during tunneling is considered. Such rock masses can be considered as an assembly of discrete blocks with the discontinuities having a significant influence on the mechanical behavior. To simulate this situation, a discrete numerical analysis method, Discontinuous Deformation Analysis (DDA), is applied. The DDA results show the existence of stress arching in the rock masses during tunneling. This stress arching is the primary influence on the stress distribution and surface subsidence. In addition, the stress arching is affected by the dip angle of the jointed rock masses. Moreover, the DDA results are in good agreement with experiments, explaining the reason for the asymmetrical vertical stress and surface subsidence obtained in laboratory tests. These results suggest that DDA can be applied to model the tunneling behavior of complicated discontinuous rock masses. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijrmms.2004.01.010

    Web of Science

    researchmap

  • 弾性波速度の周波数依存特性を利用した岩盤透水場の試構築と花崗岩を対象とした適用性検討

    安藤 賢一, 金 亨穆, 西山 哲, 大谷 俊輔, 菊地 崇, 大久保 秀一, 吉村 公孝

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   110   149 - 152   2004年5月

     詳細を見る

  • 弾性波伝播速度の分散特性を利用した岩石試料の透水特性計測法の研究

    西山 哲, 大西 有三, 矢野 隆夫, 吉村 公孝, 大久保 秀一, 安藤 賢一, 土家 輝光

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   110   153 - 154   2004年5月

     詳細を見る

  • 透水性舗装における蒸発散と熱移動に関する研究

    丹原 康滋, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39 ( 0 )   2363 - 2364   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    現在にいたるまでの高度成長を背景に、都市部を中心に道路網が整備され、以前には表面が土や森林に覆われていた土地が、現在ではさらにアスファルトの舗装に覆われているケースが少なくない。この人工的な被覆面がヒートアイランド現象の原因の一つとして問題視されている。&lt;br&gt;本研究では透水性舗装が都市の環境改善にどのように効果があるかをみるために、透水性舗装からの蒸発に注目し、これを計測する手法の検証を行なったあと、水分を含んだ透水性舗装が、水分が無く乾燥した状態の舗装と比較してどの程度温度が低くなるかを室内実験で検証する。

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.2363.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 不連続面のせん断透水特性に関する実験的研究

    齋藤 竜平, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 千葉 周平, 青木 研一郎

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39 ( 0 )   1247 - 1248   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本研究では,応力が作用した際の岩盤単一不連続面の透水特性とその変化の解明を目的とし,垂直応力一定透水試験および垂直応力一定せん断透水試験を行った.これらの透水試験によって得られたデータから,(1)不連続面の表面凹凸形状,(2)不連続面に作用する垂直応力が透水特性に与える影響を整理した.また,透水量係数と力学的開口幅の関係について検討し,不連続面内のミクロな構造が不連続面のマクロな透水特性に大きく影響を与えることを示した.さらに,垂直応力一定せん断トレーサー試験を行い,せん断に伴う不連続面内の流速の変化を考察し,せん断変位の増加とともにチャンネリングが発達することを示した.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.1247.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 弾性波トモグラフィによる岩盤透水性分布の評価に関する研究

    菊地 崇, 大西 有三, 西山 哲, 矢野 隆夫, 吉村 公孝

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39 ( 0 )   1253 - 1254   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本研究は、多孔質弾性論による弾性波速度と周波数の関係より導かれる分散周波数と透水係数の関係式を用いて、花崗岩により構成される岩盤に対する直接的な透水性分布評価手法の確立を目的としている。この関係式中に現れる弾性波透過方向に直交する方向への流体の平均移動距離を表わすパラメータは亀裂の平均開口幅に関係するということを室内試験により示し、関係式からそのパラメータの決定方法を確立することにより、周波数を制御した弾性波測定による透水性分布評価手法を確立した。そして最後にその透水性分布評価手法の現場への適用について実際の現場をモデルに用いて検討を行った。

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.1253.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 落石シミュレーションのための三次元不連続変形法(DDA)の研究

    布川 哲也, 大西 有三, 西山 哲, 楊 萌, 三木 茂

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39 ( 0 )   2167 - 2168   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    不連続変形法(DDA)を落石挙動のシミュレーションに適用するにあたり,剛体球を導入することにより,落石の三次元挙動の解析を可能にするコード開発を行ってきた.剛体球要素を導入することにより,ブロック同士の接触判定を簡略化することが可能となる.本手法を落石解析に適用するにあたり衝突時のエネルギー損失をモデル化する必要があり,速度エネルギー比と呼ばれるパラメータを用いて衝突時のエネルギー損失を評価することを可能とした.本論文では,DDAの三次元化のための数値解析法,三次元DDAを落石解析に適用するための手法,及び落石現象への適用性について述べる.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.2167.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 確率過程を用いたトンネル構造物の維持補修モデルの構築に関する研究

    境 亮祐, 大西 有三, 大津 宏康, 西山 哲, 安田 亨

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39 ( 0 )   1711 - 1712   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    土木構造物の老朽化に伴い維持管理費が急増する傾向にある現在,効果的アセットマネジメント技術の導入が急務となっている.トンネルにおける維持管理手法は点検・調査を基本として現況の健全性を診断し,必要な対策を選定するというものであるが,適切な対策時期の決定法は未だ研究途上にある.本研究では覆工のひび割れによる性能のジャンプダウンの表現に適しているポアソン過程を用いることで確率的に表現するモデルに改良している.そして,点検間隔および修繕を行う臨界健全度によって,補修のタイミング・優先順位等を制御する意思決定モデルを構築する手法を提案するとともに,実際のトンネルに適用した結果について述べるものである.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.1711.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 424 穿孔探査法の軟弱地山への適用(地盤力学特性の実験的評価)(材料力学物性の実験的・数値的評価)(オーガナイスドセッション4)

    木村 哲, 山下 雅之, 大西 有三, 西山 哲

    学術講演会講演論文集   52   353 - 354   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • デジタル精密写真測量による道路斜面監視技術の開発

    中井 卓巳, 大西 有三, 大津 宏康, 西山 哲, 井上 顕史, 宮本 毅, 龍 明治

    地盤工学研究発表会 発表講演集   38 ( 0 )   83 - 84   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    道路法面のモニタリング技術として、デジタル精密写真測量による3次元地盤視覚化技術を開発した。デジタル精密写真測量は、300枚以上の反射ターゲットを市販デジタルカメラで任意の位置から数十枚撮影し、バンドル調整計算を行うことによって、ターゲットの3次元座標を求めることができる。現行の道路法面点検作業に本技術を組み込むことにより、目視点検の代替としてより客観的データを提供できる上に、重点監視対象法面等に対しては、広範囲で詳細な3次元変位を取得し、変位を視覚化することが可能である。論文では、道路法面のメンテナンスの段階を3段階に分けて、要求される精度と評価の手法について比較研究した結果をまとめた。

    DOI: 10.11512/jiban.JGS38.0.83.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 不連続変形法(DDA)による石積み擁壁の安定性に関する研究

    西山 哲, 大西 有三, 大津 宏康, 西村 浩史, 梁川 俊晃, 亀村 勝美, 関 文夫, 池谷 清次

    地盤工学研究発表会 発表講演集   38 ( 0 )   1631 - 1632   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    石積み擁壁の安定性を不連続変形法(DDA)を用いて解析し,安定な構造となるためのメカニズムおよび盛土荷重に対する耐力や地震時での挙動を考察するためのデータを提供する.本研究は,特に空積み工法によって築かれた石積み擁壁を対象にし,従来の解析手法による安定性解析の困難さを示すと共に,当困難を克服するために開発された不連続変形法を紹介し,さらに当擁壁の各種地盤条件下ので安定性や地震時の挙動に関する解析結果を報告する.これにより,景観と環境に配慮し,人と地球の共生を図るための構造物としての石積み擁壁について考察する.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS38.0.1631.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 精密写真測量を用いた構造物モニタリングシステムの研究

    中井 卓巳, 龍 明治, 大西 有三, 大津 宏康, 西山 哲, 東川 直正, 石田 秀成, 廣田 光秀, 宮本 毅

    建設マネジメント研究論文集   10   111 - 118   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    昨今では土木構造物の建設・維持・補修・更新を含めて, その費用・便益を総合的に評価する方法論として, 土木構造物のインフラ資産評価・管理という概念が注目されるようになってきた. 成熟型社会における道路構造物の維持・補修・更新の最適化という課題に対処するためには, その資産の評価・管理という概念を導入することが必要になる. このような概念を導入する基礎として, 構造物の性能や機能水準を的確に把握するいわゆるモニタリング手法の開発が不可欠な要素となる. この効率的なモニタリング技術として様々な手法が挙げられるが, この中で本研究は, 精密写真測量手法を取り上げ, その構造物の維持点検手法への適用性について論じた. 具体的にその適用性を示すため, 供用中のトンネルにおいて, 実証実験を行い, 精密写真測量の土木構造物 (トンネル) への適用性を確認した結果についても述べる.

    DOI: 10.2208/procm.10.111

    CiNii Article

    researchmap

  • 岩盤崩壊と落石問題に関する現状と課題

    大西 有三, 西山 哲

    地すべり   39 ( 1 )   1 - 13   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地すべり学会  

    岩盤崩落や落石の問題は, 古くて新しい。最近でも多くの事故の事例があり, 社会的関心も高いため, 早急な対応策が求められている。ここでは, この分野の調査, 計測, 解析, 対応策などについて多数の参考文献を参照, これまでの幅広い研究成果を整理評価し, 問題点をまとめるとともに, 不連続性を有する岩盤の特性を考慮した新しい解析手法や予知・予測の難しい崩落に対する最近の考え方を示し, 岩盤崩落や落石の問題に関連した今後の研究課題を提示した。

    DOI: 10.3313/jls1964.39.1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Slope Failure Simulation by Three-Dimensional Discontinuous Deformation Analysis (3D DDA)

    WU Jian-Hong, NISHIYAMA Satoshi, OHNISHI Yuzo

    計算工学講演会論文集   7 ( 2 )   427 - 430   2002年5月

     詳細を見る

  • The 2^<nd> Asia Rock Mechanics Symposiumに参加して

    西山 哲

    材料   51 ( 4 )   481 - 481   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 立坑の変位計側のための最適な写真測量技術

    木山 保, 山本 陽一, 大西 有三, 西山 哲

    春季大会講演集. I, 資源編   14 ( 1 )   98 - 99   2002年3月

     詳細を見る

  • 精密写真測量による斜面崩壊モニタリングシステムの研究

    西山哲

    第11回岩の力学国内シンポジウム, 2002   2002年

  • 岩盤崩壊メカニズムについて (小特集 災害とその後の技術)

    大西 有三, 西山 哲

    地質と調査   2002 ( 3 )   9 - 15   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木春秋社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • CO2地中貯留における溶存ガス移行問題のランダムウォーク法の適用性に関する研究

    大谷 俊輔, 安藤 賢一, 操上 広志, 西山 哲, 大西 有三

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37 ( 0 )   1271 - 1272   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 落石挙動シミュレーション用不連続変形法(DDA)の開発

    呉 建宏, 大西 有三, 西山 哲

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37 ( 0 )   2265 - 2266   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 写真測量を利用した高精度3次元変位測定法の開発と岩石圧縮試験への応用

    西山 哲, 大西 有三, 大津 宏康, 矢野 隆夫, 高橋 学

    一般発表(研究・業績発表)講演要旨集   2001 ( 1 )   227 - 228   2001年3月

     詳細を見る

  • 立坑掘削にともなう変位計測のための写真測量技術の開発

    木山 保, 山田 惇人, 重盛 剛彦, 大西 有三, 西山 哲

    一般発表(研究・業績発表)講演要旨集   2001 ( 1 )   229 - 230   2001年3月

     詳細を見る

  • 写真測量を用いたトンネル内空変位計測システムの開発

    堀場夏峰, 秋山演亮, 木村哲, 秋本圭一, 西山哲, 大西有三

    岩の力学国内シンポジウム講演論文集   11th ( Pt.2 )   2001年

     詳細を見る

  • 岩盤斜面崩壊対策としてのリアルタイムモニタリング技術 (小特集 防災におけるリアルタイムモニタリング技術)

    大西 有三, 西山 哲

    地質と調査   2000 ( 2 )   22 - 27   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木春秋社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Planar-channel coupled model for fluid flow in discrete fracture network

    Proceedings of the International Workslop on Migration of Contaminants and Fraduved Media   79 - 87   2000年

     詳細を見る

  • 岩石の透水係数と試験中の供試体内 動水勾配の評価について

    高橋 学, 張 銘, 林 為人, 西山 哲, 李 小春

    日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences   29 ( 4 )   205 - 214   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本水文科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 静水圧及び時間依存性を考慮した変位計のキャリブレーションと砂岩の変形について

    高橋 学, 李 小春, 林 為人, 西山 哲, 小松原 琢

    一般発表(研究・業績発表)講演要旨集   1999 ( 1 )   171 - 172   1999年3月

     詳細を見る

  • Application of Photogrammetry on Rock Displacement Measurement

    The 8th International Underground Space Conference   ( 99 )   420 - 428   1999年

     詳細を見る

  • 室内透水試験における供試体中の水頭分布, 動水勾配, 貯留係数について

    高橋 学, 張 銘, 林 為人, 西山 哲, 李 小春

    資源と素材 : 資源・素材学会誌 : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan   114 ( 12 )   888 - 894   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 資源・素材学会  

    The fundamental governing equation for the transient flow in homogeneous and isotropic poroelasticity has been used to obtain the permeability and storage coefficient of specimen under axi-symmetric triaxial stress state. Rigorous analytical solutions of Constant Head, Falling Head, Transient Pulse and Constant Flow Pump Tests are presented. They were also adopted to compare the distributions of hydraulic head and hydraulic gradient within the specimen among the four permeability tests. It was found that the time-dependent variations of hydraulic head and hydraulic gradient within specimen are rather complicated. Three dimensional storage coefficient (S&#039;) of homogeneous porous media is greater than the specific storage (S). Special attention should be paid when estimating the storage coefficients because different storage coefficients are defined by different boundary conditions based on the poroelasticity.

    DOI: 10.2473/shigentosozai.114.888

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ICRT技術を活用した高精度かつ効率的な斜面・法面点検の開発 ー建設DX時代における道路斜面防災・減災の在り方を考えるー 招待

    西山哲, 冨井隆春, 菊地輝行, 藤本次昭

    新都市社会技術融合創造研究会 (国土交通省近畿地方整備局近畿技術事務所主催)  2021年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月6日

    researchmap

  • 国土強靭化とインフラDX 招待

    西山 哲

    建設技術フォーラム in 中国  2021年11月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月18日

    researchmap

  • また来る水害に備えるには 招待

    西山 哲

    令和3年度政令指定都市主管課長会議  2021年10月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月8日

    researchmap

  • 建設業におけるDXの活用法を考える 招待

    西山 哲

    全日本建設技術協会 岡山県協会技術講習会  2021年7月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月30日

    researchmap

  • 紡ぐ記憶―晴れの国から未来へ送るメッセージ 招待

    伊原木隆太, 岡山県知事, 多田智, 国土交通省中国地方整備局長, 金藤純子, EnPal代表取締役, 西山哲, 岡山大大学院環境生命科学研究科教授

    山陽新聞社 西日本豪雨災害3周年 復興支援シンポジウム  2021年7月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月22日

    researchmap

  • ICTを活用した河川・港湾維持管理システム の展望 -i-Construction, CIMの維持管理への活用- 招待

    五十嵐善一, 株式会社パスコ(土木情報学委員会河川, 港湾維持管理システム研究小委員会小委員長, 西山 哲, 岡山大学大学院環境生命科学研究科, 萩原修身, 株式会社日立ソリューションズ, 宮田 岩往, 株式会社奥村組, 間野 耕司, 株式会社パスコ, 新田 耕司, 中央復建コンサルタンツ株式会社, 中村 圭吾, 土木研究所河川生態チーム

    土木学会 全国大会 研究討論会  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月11日

    researchmap

  • また来る水害に備えるには 招待

    西山哲

    岡山県令和2年度自主防災組織設立等支援事業セミナー  2019年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月15日

    researchmap

  • また来る災害に備える 招待

    西山 哲

    平成30年度備前県民局防災研修会  2019年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月7日

    researchmap

  • 国土強靭化策によって実用化される斜面防災DX技術の紹介 招待

    西山 哲

    新建新聞社主催 建設ミライセミナー斜面防災編  2022年8月30日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 防災 、減災 から “避災工学 ”へ 招待

    西山 哲

    日本技術士会中国支部建設部会・定期講演  2018年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 地質調査業における“第4次産業革命”~ICTとIRTが変える地質調査業の姿~ 招待

    西山 哲

    地質調査業協会岡山県支部50周年記念講演  2018年6月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • 岡山県赤磐市をモデルとした『自動運転システムによる高精度3次元地図』を活用した点検手法 招待

    西山 哲

    2018年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 防災意識向上セミナー 「瀬戸内の風水害」 招待

    西山 哲

    岡山県備前県民局主催  2018年3月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 社会資本の維持管理・更新戦略のためのICT技術の紹介 招待

    西山 哲

    中国地方建設技術開発交流会  2017年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 第4次産業革命に向けた技術者教育の改革 招待

    西山 哲

    全国情報技術教育研究会  2017年8月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

▼全件表示

Works(作品等)

  • 斜面崩壊監視システムの構築

    2000年

     詳細を見る

  • Development of Measurement System of Displacement using Precies Photgrammetry

    2000年

     詳細を見る

  • 精密写真測量による高精度変位計測システムの開発

    2000年

     詳細を見る

  • Development of Monitoring System of Slope Stability

    2000年

     詳細を見る

受賞

  • 論文賞

    2023年6月   公益社団法人 地盤工学会   トンネル施工時の湧水量の予測手法の拡張と実トンネルへの適用

    久保田恭行,森守正,安田享,小山倫史,西山哲

     詳細を見る

  • AI・データサイエンス奨励賞

    2022年12月   公益社団法人 土木学会 構造工学委員会   Drone-LiDAR-assisted Image Fusion methodology for Deep Learning-based Land Cover Classification

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Takashi KOJIMA, Satoshi NISHIYAMA

     詳細を見る

  • 第5回インフラメンテナンス大賞 優秀賞

    2021年12月   国土交通省   産官学で取り組む『岡山道路パトロール隊』

    狩屋 岡山工業高校, 平手 日本非破壊検査工業会, 西山 岡山大学学術研究院, 岡本 国土交通省岡山国道事務, 柳川 日本道路, 小井住 NIPPO

     詳細を見る

  • 論文賞

    2020年6月   日本情報地質学会   航空レーザ計測データを用いた地すべり・崩壊斜面における地形判読と地形変状規模の定量化

    菊地 輝行・﨑田 晃基・秦野 輝儀・西山 哲

     詳細を見る

  • 土木情報学システム開発賞

    2019年9月   土木学会土木情報学委員会   微地形強調図とタブレット型 GIS を用いた落石調査手法

    吉川 慶(株式会社ウエスコ),宮下征士(株式会社ウエスコ),濱田展寿(株式会社ウエスコ),崎田晃基(岡山大学),西山 哲(岡山大学)

     詳細を見る

  • 応用測量論文奨励賞

    2018年7月   日本測量協会   MMSによる河川堤防の変形・沈下把握に関する研究

    西山 哲

     詳細を見る

  • 論文賞

    2018年6月   日本応用地質学会   S-DEMデータを利用した地すべり地における変動ベクトル解析技術の開発

    西山 哲

     詳細を見る

  • 論文賞

    2017年8月   土木学会建設マネジメント委員会   リスク評価に基づく鉄道沿線落石対策の意思決定手法

    西山 哲

     詳細を見る

  • 応用測量論文奨励賞

    2015年6月   日本測量協会   河川堤防計測のための高所設置型MMSの開発と精度検証

    西山 哲

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 広範囲の河川堤防と河床の状態を3次元でリアルタイムかつ高精度で測量する技術の研究

    研究課題/領域番号:22K04653  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西山 哲

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 河川堤防と水面下の変状を同時に迅速,高精度かつ低コストで検知する計測技術の研究

    研究課題/領域番号:19K04949  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西山 哲

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    1)無人自動運転技術の適用による小型低コストMMS計測車両の実現:レーザで求める走行軌跡で自己測位を修正するSLAMアルゴリズムの有用性を試行した.当測位技術を構築することで,中小河川の天端や法尻の走行ができる低コスト化が可能な車両搭載型3次元データ計測システムを実現するのが目標である.本年度は岡山県内に流れる旭川流域において,携帯型レーザスキャナとSLAMによる測位の組み合わせで計測した座標値の精度検証を実施した.その結果,SLAMによる自己測位精度は,車両走行型計測システムに適用できる精度を有していることを明らかにした.これにより携帯型スキャナを車両に搭載することで,計測したレーザ点群に座標値を与える走行型計測手法が可能であることを実証した.
    2)高密度3次元データのリアルタイム処理技術の開発:無自動導運転の分野で実用化されているレーザー点群解析技術を導入し,走行時にリアルタイムで河川堤防および河床の異常個所を検出するソフトを開発するのが目標である.本年度は,前記計測によって取得されたレーザー点群を用いて,河川堤防の形状をリアルタイムかつ高精度に再現できるアルゴリズムが構築できたことを検証できた.
    3)水中を透過し河床および構造物の洗掘等の計測を可能にするグリーンレーザーの活用:本年度は波長515nm の緑色レーザーの水中透過能力を岡山県内の旭川にて検証した.その結果,約3mまで可視化できる透明度において,約2mの水深まで高密度のレーザ計測が可能であるスキャナの開発が可能であることを実証した.これにより緑色のレーザースキャナを車両に搭載し,提体の変形と河床変動,河岸浸食や護岸前面の深掘れ等の状況などを同時に計測する計測技術を構築できることを明らかにした,以上,困難,かつ緊急を要する中小河川管理に有用なモニタリングシステム実現のための基礎データを蓄積することができた.

    researchmap

  • 河川堤防および河川構造物の維持管理のための高精度車両走行計測技術の研究

    研究課題/領域番号:16K01329  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西山 哲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    人材不足や財政難の問題から,河川堤防や河川構造物の点検作業のより一層の合理化が要求されており,世界最先端のICRT技術を活用して,高効率や低コストをキーワードとした予防保全による維持管理水準の向上を図ることの重要性が高まっている.なかでも車両に各種計測機器を搭載して走行しながら計測する計測法は,広域を効率よく点検する技術と期待されてきたが,計測精度の不足や経験を要するデータ処理が必要になる等の問題により実現していない.本研究は,この課題解決を図り,レーザスキャナとデジタル画像機器を搭載した車両による移動体計測の高精度化技術を図り,河川堤防および構造物の車両走行型モニタリング技術を実用化した.

    researchmap

  • 結晶質岩における超音波減衰メカニズムの解明と均質化モデルの提案

    研究課題/領域番号:26420459  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    木本 和志, 西山 哲

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究では、結晶質岩中を伝播する弾性波の伝播メカニズムを解明することを目的とした実験と解析を行った。実験には、円柱状の花崗岩コア供試体を用い、圧電センサーとレーザードップラー振動計により縦波、横波、表面波の透過波形を計測した。その結果、花崗岩供試体は無視できない直交異方性を示すこと、コアサンプル程度の透過距離であれば、500kHz程度までの低周波超音波帯域の弾性波が位相コヒーレントな成分として透過することが明らかとなった。また、減衰に影響を及ぼす散乱は試料内各所で起きるが、特に強い散乱波はごく限られた位置においてのみ観測され、マイクロクラックが散乱減衰に重要な役割を果たすことが明らかとなった。

    researchmap

  • 河川防災のための迅速,広域かつ高精度での河川堤防の3次元変状検知技術の研究

    研究課題/領域番号:25420501  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西山 哲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    地球規模の異常気象によりゲリラ豪雨などの大雨が多発しており,それに伴い堤防決壊による洪水の被害も多発する傾向にある.しかしながら河川堤防の維持管理のための点検作業は,目視による巡視といった人的労力による定性的な管理しか実施されていないのが実情である.本研究は,レーザスキャナ機器を搭載した車両を走行させながら広域をリアルタイムで3次元測量する技術を構築し,点検作業に要するコストを抑えながらも,高精度,高密度な面的なモニタリングで管理する新しい河川堤防監視技術の構築に取り組み,広域な河川堤防のどこが,どのように危険な状態にあるのかを災害前後に迅速かつ正確に把握する計測手法を完成させた.

    researchmap

  • 広域センサネットワークによるリアルタイム防災システムの研究

    研究課題/領域番号:22560494  2010年04月 - 2012年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西山 哲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    危険な斜面の安定性を評価し,崩壊を未然に防ぐ措置を考察したり,被害を最小限にする対策を行うための,どこでも,いつでも監視できるユビキタス計測を実現するセンサネットワークシステムの開発に成功した.

    researchmap

  • 広域リアルタイム斜面モニタリングシステムの実用化研究

    研究課題/領域番号:20360234  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    黒沼 出, 三浦 悟, 大西 有三, 西山 哲, 服部 進

      詳細を見る

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    我が国に多発する土砂崩れなどの斜面災害を予防するためには、安価で取り扱いが簡便で、広範囲を迅速・リアルタイムにモニタリングすることが可能な斜面変位の検出技術が必要である。本研究では、デジタル写真測量やGPS 測位技術、車載型レーザスキャナ計測技術を用い、各要素技術の改良及びこれらを統合することにより、実用的なモニタリングシステム構築の目処を得た。

    researchmap

  • 広域リアルタイム斜面防災モニタリング手法の研究

    研究課題/領域番号:17360225  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    大西 有三, 西山 哲, 上原 真一

      詳細を見る

    配分額:17080000円 ( 直接経費:15700000円 、 間接経費:1380000円 )

    我が国の斜面の多くは地質的に崩れ易く,また天災も数多く発生することから,膨大な数の斜面が崩落や崩壊の危険性をもつ.その一方で,すべての危険斜面に対策を施すことは,限られた予算の中では不可能で,効率的な斜面防災の戦略立案のために,斜面の変状を把握する計測技術の確立を図ることが必須である.しかしながら,前兆現をとらえるための高精度のものを広範囲に実施する場合にはコストが高くなり,あるいは計測技術に熟練を要するなどの理由のために,充分な観測網が構築できていない.本研究はこのような背景を鑑み,安価で取り扱いが簡便,さらに広範囲を網羅し,リアルタイムに高精度で斜面の動きをモニタリングする技術を実現する.本研究は,2種類の技術からなり,一つはデジタルカメラで撮影した画像によって,危険な箇所を抽出し,その動きを計測するシステム.もう一つは岩盤に設置した発信機からの電波を,周辺に配置した受信機で受信し,その位相差から危険箇所の3次元変位をリアルタイムで計測するものである.この組み合わせにより,次の特徴を持った計測技術の構築が可能となった.(1)近づけない危険斜面でも,数km遠方から写真撮影を行うだけで,数mm以下の分解能で変位が検出できる.また,電波位相差を利用した計測では,斜面の3次元の動的な動きを数mmの高精度でリアルタイム計測することができる.(2)デジタル画像を利用した計測は,カメラ撮影だけなので誰にでも行うことができ,ハード機器に要するコストが極めて低い.また電波位相差を利用した計測においても,技術者の熟練は全く要しない.また電波の送受信機を含めた計測機器のコストは格段に安くできるため,計測システムの普及を図ることが出来る.本研究の期間内において,両技術を完成させることができ,研究課題である「広域リアルタイム斜面防災モニタリング」となる計測手法を実現させた.

    researchmap

  • 岩盤崩落、斜面崩壊災害予防保全へのデジタル写真測量技術の応用

    研究課題/領域番号:16360259  2004年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    三浦 悟, 黒沼 出, 今井 道男, 大西 有三, 西山 哲

      詳細を見る

    配分額:12400000円 ( 直接経費:12400000円 )

    本研究は,岩盤崩壊事故の被害を未然に防ぐためのモニタリング技術を開発するものであり、対象となる岩盤斜面をデジタルカメラにて写真撮影するだけで高精度に多くの対象点の変位を算出する新しい計測手法を確立し、それに基づいた管理システムを開発することを目的とした。具体的には、市販のデジタルカメラを使って計測対象を複数枚の写真に撮影し、画像処理技術及び写真測量技術に基づくデジタル画像計測理論によって、微小な三次元変位・変形をほぼリアルタイムで高精度に算出する技術を開発するため、次の項目を明らかにした。
    (1)計測理論,計測方法の構築-計測精度に係わる事項(カメラレンズ歪の定量的影響,撮影形態,空間座標決定のための統計解析方法など)の解明と実用的な計測法の提示
    (2)岩盤崩落、斜面崩壊を対象としたデジタル画像計測の適用性の把握、課題の抽出
    (3)計測環境に制約がある場合の適用性向上策の提案-不動点、基準点を持たない計測場におけるデジタル写真測量での変位計測法の構築
    (1)については、基本理論として、デジタル写真測量の基本的な考え方と解くべき基礎方程式について導いた。また、計測システムを構成する要素技術を検討した。
    (2)については、斜面変位計測への適用性と課題抽出を実工事現場での実験によって実施した。斜面部の挙動監視を目的に、対象に設置したターゲットの三次元座標値を計測した。内的誤差は約1mm程度の高水準であったが、基準点の信頼性の問題で、計測データの絶対値が安定しない課題が残り、次項で確認することにした。
    (3)に関しては、カメラキャリブレーションを簡便に行う方法の検討、及びこれによって得られたカメラ内部標定要素を使用した場合の精度の検討を行い、その有効性について確認した。また、不動点、基準点を持たない計測場における変形検知の方法として、複数回での計測データの座標変換方法、及び統計的手法による変形有無の判定法を提案した。

    researchmap

  • 透水性舗装のヒートアイランド抑制効果検証用ナノ薄膜蒸発量センサの開発

    研究課題/領域番号:16656142  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    大西 有三, 西山 哲, 上原 真一

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    本研究は道路舗装面を透水性のものにすることで,都市における生活の快適性の機能を保ちつつも熱環境の改善と一体となった水環境の保全を実施する方策としての透水性舗装に関する研究を遂行するに当たり,その機能設計あるいは施工後の機能効果確認および機能保持のための維持管理を行うために必要な蒸発量をモニタリングするナノ薄膜を利用したマイクロセンサの開発を試みたものである.本年度は,蒸発量センサの製作を主とする研究開発を行った.主な研究開発項目はMgCr2O4-TiO2系セラミックスの焼結体を用いた高周波プラズマスパッタリング法による薄膜作成の試行であった.具体的には高周波プラズマスパッタリングによる薄膜作成によって,直径100mm,厚み5mm以下のセンサを作成した.蒸発量センシング機能の定量評価は,重量変化により水の蒸発量を計測する装置を組み立て,それをセンサによりモニタリングすることで行った.センサの蒸発量は電圧信号で検知でき,この評価実験用として電圧計を用いた.
    また,作成した蒸発量センサの透水性舗装への適用を主とする研究開発を行った.主な研究開発項目として,センサを透水性舗装表層に埋め込み,最表層の温度センサと蒸発量の定量的関係を計測した.これにより,透水性舗装のヒートアイランド効果への効用を評価することが可能となった.実験は実際に施工されている透水性舗装の箇所を使用して行った.蒸発による舗装面の温度低下の確認は熱電対と赤外線放射計によって計測した.計測にあたってはパーソナルコンピュータとデータロガーを用いた計測システムを構築してデータ収集し,蒸発量と舗装体温度の関係についての考察を行った.

    researchmap

  • 東南アジア諸国における都市地下水環境保全に関する調査研究

    研究課題/領域番号:14404003  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    大津 宏康, 大西 有三, 西山 哲, 安田 亨, 李 圭太

      詳細を見る

    配分額:11400000円 ( 直接経費:11400000円 )

    本研究では、ベトナム・ハノイ地区の地下水揚水に伴う地下水環境への影響評価に関するデータ収集・分析を行うと共に、大バンコク地区における、都市地下水環境シミュレーションモデルの高度化に関する研究を実施した。
    ハノイ地区での調査としては、ハノイにおいてワークショップを開催し、データ収集・分析に関する検討を実施した。この結果、ハノイ地区の帯水層は、周辺河川との通水性が高いことから地下水位の回復がなされていること、およびハノイ地区の帯水層からの揚水量が比較的少ないことから、現状では地下水環境に関する課題が顕在化していないことが明らかとなった。
    次に、大バンコク地区については、将来予想される地下水揚水に対する地下水位低下特性および地盤沈下特性について検討した。この結果、地下水取水に関する制限措置により、大バンコク地区の中心部では地盤沈下量が、前年度の評価結果に比較して多少低減する傾向となるが、その他の周辺地区では今後0.5〜1mにも及ぶ多大な地盤沈下量が想定されることを明らかにした。また、地盤沈下量算定モデルに含まれる解析パラメータの不確実性が結果に及ぼす影響としては、粘土含有率の不確実性が優位となり、中でも最上位のバンコク帯水層の粘土含有率の不確実性が支配的になることを明らかにした。さらに、算定された確率量となる地盤沈下量を用いて、大バンコク地区のチャオプラヤ川の堤防付近を対象とした洪水リスクに関する検討も実施した。具体的には、タイ政府により実施されている洪水対策において、同川の堤防高に関する許容沈下量に対して、同川流域の代表点で想定される沈下量が超過する確率を洪水リスクとする検討を実施した。この結果として、洪水リスクは、各箇所での地層構成及び揚水箇所の分布により大きく変化すること、帯水層の粘土含有率の不確実性が想定される洪水リスクの感度に大きく影響することを明らかにした。

    researchmap

  • セルオートマトンを利用した地球温暖化防止のためのCO_2深部岩盤貯留技術の研究

    研究課題/領域番号:14655172  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    大西 有三, 西山 哲, 大津 宏康

      詳細を見る

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    本研究における研究実績は次の通り要約される.
    1.格子ガスオートマトン法による浸透流・地下水移行問題解析のためのプログラム開発
    2.上記手法の亀裂ネットワークモデルへの適用による浸透流・地下水移行問題解析プログラムの開発
    具体的には次の通り.
    (1)セルオートマトン法は,自然の複雑性を人の手を介せずに再現させる手法であり,その際,必ずしも複雑な現象のレベルにおける情報や知識を必要としない.従って,セルオートマトン法は既に複雑系の中でも生命現象の解明にすぐれた業績を残しているが,岩盤中の浸透流の解析への適用例は無いので,単一亀裂中の水理挙動のシミュレーション結果の評価により,開発手法の妥当性を検証した.
    (2)格子ガスオートマトン法は,対象を正多角形で敷き詰めた格子に分割し,単位質量の粒子を格子線上に移動させていく手法である.その後,粒子の移動,衝突および散乱を表現するために,隣り合う格子点の粒子の衝突過程を,質量と運動量を保存するように単純に繰り返していく.この手法の応用によって,亀裂ネットワーク中の水理挙動のシミュレーション技術を構築した.なお,本研究では岩盤の亀裂ネットワークモデルも自己組織化の原理によって構成することを試み,次にその亀裂を流れる流体を不連続な集まりで捉え,単純なレベルの衝突で時系列的に追跡していく格子ガスオートマトン法を用いて浸透流と物質移行を解析するという手法によって解析する手法を開発した.
    本研究によって,岩盤中の帯水層に溶解したCO_2の水理挙動の時間・空間的なパターンにおける不規則性を,不規則なままで解析するという新たな解析法を構築することを実現した.

    researchmap

  • ヘテロダイン周波数変換を利用した室内・原位置岩盤透水計測法の検討・評価について

    研究課題/領域番号:13450193  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大西 有三, 西山 哲, 大津 宏康

      詳細を見る

    配分額:6100000円 ( 直接経費:6100000円 )

    本研究は,これまで困難であった岩盤および岩石試料の透水特性計測法を確立するものである.主な研究開発項目は次の内容である.
    1)不連続面を有する岩石試料の一面せん断試験における物理パラメーターと水理特性を把握するための研究
    2)室内及び現位置での難透水性岩盤の水理特性評価法の確立
    その研究成果は次の通りである.
    1)不連続面を有する岩石試料の一面せん断試験において,応力関係とダイラタンシー特性およびそれらと水理特性の関係を実験によって求め,岩石における不連続面が力学的条件と水理特性にどのような影響を与えるのかを明らかにした.
    2)周波数を高精度に制御できる震源の製作と,さらにそこから出力される弾性波が遠方まで減衰しないための工夫を考察することで,岩盤を通過する波の分散特性を現位置で計測するためのハード機器を実現させることを試みた.
    3)岩盤を通過する波の分散特性から透水係数を算出するための理論を考察し,前記ハード機器との組み合わせにより、現場においてボアホールを利用した孔間トモグラフィ技術を実現することを試みた.これにより現位置で弾性波の周波数特性を利用した透水性評価システムを完成させることが可能になった.

    researchmap

  • デジタル写真測量技術を応用した岩盤崩落予測・防災・管理システムの開発

    研究課題/領域番号:12555142  2000年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    大西 有三, 小野 徹, 西山 哲, 大津 宏康

      詳細を見る

    配分額:11900000円 ( 直接経費:11900000円 )

    本研究は岩盤崩落の危険箇所の検出とその崩落挙動をモニタリングするための計測システムを構築し,デジタルカメラ写真測量技術を応用した3次元変位計測システムから成る防災管理システムの確立を図るものである.
    研究の成果は次の通りである.
    ・市販のデジタルカメラで斜面を撮影し,その画像から当該斜面の3次元変位をリアルタイムで算出する解析理論を構築した.
    ・デジタル画像上の標点を自動認識するための画像処理プログラムを開発し,計測の自動化を完成させた.
    ・精度と写真枚数の関係を把握するための現場実験を試行し,計測システムの実用化のための要素技術を確立した.
    以上の研究成果を統合し,次のような特徴を持つ計測システムを完成させた.
    ・リアルタイムに高精度で斜面の3次元変位を計測する
    ・市販のデジタルカメラを用いても高精度で計測できるので機器に要するコストを低く抑えることができる
    ・計測作業は岩盤斜面をフリーハンドで写真撮影するだけなので,計測作業に熟練を要しない
    これにより,現位置でデジタル画像をパソコンに取り込んでリアルタイムに斜面挙動をモニタリングすることが可能になり,さらにそれを応用した斜面防災用計測システムの完成を実現させることができた.

    researchmap

  • Development of Analysis method for Discontinuous Rock

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 不連続性岩盤の挙動解析手法の開発

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Study on Hydraulic Properties of Rock

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 画像計測システムの開発

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 岩盤の水理特性解明のための研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Development of Measurement System Using Image Processing

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Environmental Issues and Recycling Processes of Resources (2023年度) 第1学期  - 火3~4,木7~8

  • STI for SDGs特別演習 (2023年度) 集中  - その他

  • エンジニアのための工業英語 (2023年度) 第4学期  - 月3~4

  • スマート農業実現のためのICT技術 (2023年度) 集中  - その他

  • 地形情報管理学 (2023年度) 3・4学期  - 金5~6

  • 地形情報管理学実習 (2023年度) 3・4学期  - 金7~8

  • 基礎物理数学 (2023年度) 第3学期  - その他6~8

  • 微分積分 (2023年度) 1・2学期  - 火1~2

  • 微分積分 (2023年度) 1・2学期  - 火1~2

  • 微分積分1 (2023年度) 第1学期  - 火1~2

  • 微分積分2 (2023年度) 第2学期  - 火1~2

  • 応用構造計算力学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 応用計算力学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 応用計算力学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 測量学Ⅱ及び実習 (2023年度) 3・4学期  - 金5~8

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2023年度) 特別  - その他

  • 環境コンピューター解析学 (2023年度) 前期  - 金7~8

  • 環境コンピューター解析特論 (2023年度) 前期  - その他

  • 環境移動現象解析特論 (2023年度) 後期  - その他

  • 環境移動現象論 (2023年度) 前期  - 金7~8

  • 環境解析学Ⅱ (2023年度) 第4学期  - 金2~4

  • 環境解析学IA (2023年度) 第2学期  - 金1~2

  • 環境解析学IB (2023年度) 第4学期  - 水5~6

  • 資源問題と循環プロセスの構築 (2023年度) 第1学期  - 火3~4,木7~8

  • 鋼構造設計学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 鋼構造設計学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 鋼構造設計学演習A (2023年度) 通年  - その他

  • 鋼構造設計学演習A (2023年度) 前期  - その他

  • 鋼構造設計学演習A (2023年度) 後期  - その他

  • 鋼構造設計学特別演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 防災情報学 (2023年度) 後期  - 月3~4

  • Environmental Issues and Recycling Processes of Resources (2022年度) 第1学期  - 火3~4,木7~8

  • エンジニアのための工業英語 (2022年度) 第4学期  - 月3~4

  • 基礎物理数学 (2022年度) 第3学期  - その他6~8

  • 微分積分 (2022年度) 1・2学期  - 火1~2

  • 微分積分 (2022年度) 1・2学期  - 火1~2

  • 微分積分1 (2022年度) 第1学期  - 火1~2

  • 微分積分2 (2022年度) 第2学期  - 火1~2

  • 応用構造計算力学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 応用計算力学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 応用計算力学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 測量学Ⅱ及び実習 (2022年度) 3・4学期  - 金5~8

  • 特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2022年度) その他  - その他

  • 環境移動現象解析特論 (2022年度) 後期  - その他

  • 環境移動現象論 (2022年度) 前期  - 金7~8

  • 環境解析学Ⅱ (2022年度) 第4学期  - 金2~4

  • 環境解析学IA (2022年度) 第4学期  - 水5~6

  • 環境解析学IA (2022年度) 第2学期  - 金1~2

  • 環境解析学IB (2022年度) 第4学期  - 水5~6

  • 環境解析学IB (2022年度) 第2学期  - 金1~2

  • 資源問題と循環プロセスの構築 (2022年度) 第1学期  - 火3~4,木7~8

  • 鋼構造設計学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 鋼構造設計学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 鋼構造設計学演習A (2022年度) 後期  - その他

  • 鋼構造設計学演習A (2022年度) 前期  - その他

  • Environmental Issues and Recycling Processes of Resources (2021年度) 第1学期  - 火3,火4,木7,木8

  • エンジニアのための工業英語 (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 基礎物理数学 (2021年度) 第3学期  - 金6~8

  • 外国書講読 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]水2,水3, [第4学期]火2,火3

  • 外国書講読A (2021年度) 特別  - その他

  • 微分積分 (2021年度) 1・2学期  - 火1,火2

  • 微分積分 (2021年度) 1・2学期  - 火1,火2

  • 微分積分1 (2021年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 微分積分2 (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 応用構造計算力学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 測量学Ⅱ及び実習 (2021年度) 3・4学期  - 金5,金6,金7,金8

  • 物理学の基礎 (2021年度) 第3学期  - 金6~8

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境移動現象解析特論 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境移動現象論 (2021年度) 前期  - 金7~8

  • 環境解析学Ⅱ (2021年度) 第4学期  - 水1~3

  • 環境解析学Ⅱ (2021年度) 第4学期  - 水1~3

  • 環境解析学I (2021年度) 3・4学期  - 月8~9

  • 環境解析学IA (2021年度) 第3学期  - 月8~9

  • 環境解析学IA (2021年度) 第4学期  - 月8~9

  • 環境解析学IB (2021年度) 第3学期  - 月8~9

  • 環境解析学IB (2021年度) 第4学期  - 月8~9

  • 資源問題と循環プロセスの構築 (2021年度) 第1学期  - 火3~4,木7~8

  • 鋼構造設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 鋼構造設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 鋼構造設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 鋼構造設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • Environmental Issues and Recycling Processes of Resources (2020年度) 第1学期  - 火3,火4,木7,木8

  • エンジニアのための工業英語 (2020年度) 第4学期  - 月4,月5

  • 基礎物理数学 (2020年度) 第3学期  - 金6,金7,金8

  • 外国書講読 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]水2,水3, [第4学期]火2,火3

  • 外国書講読A (2020年度) 第3学期  - 水2,水3

  • 応用構造計算力学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 応用構造計算力学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 物理学の基礎 (2020年度) 第3学期  - 金6,金7,金8

  • 特別研究 (2020年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境移動現象解析特論 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境移動現象論 (2020年度) 前期  - 金7,金8

  • 環境解析学Ⅱ (2020年度) 第4学期  - 木1,木2,木3

  • 環境解析学Ⅱ (2020年度) 第4学期  - 木1,木2,木3

  • 環境解析学I (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]火4,火5, [第4学期]火7,火8

  • 環境解析学IA (2020年度) 第3学期  - 火4,火5

  • 環境解析学IA (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 環境解析学IB (2020年度) 第3学期  - 火4,火5

  • 環境解析学IB (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 資源問題と循環プロセスの構築 (2020年度) 第1学期  - 火7,火8

▼全件表示

 

メディア報道

  • ドローングリーンドローンレーザースキャナ新時代 利点活かすマニュアル作り 新聞・雑誌

    建設通信新聞  関西建設ICT特集  2021年10月29日

     詳細を見る

  • 西日本豪雨3年 復興シンポジウム 紡ぐ記憶―晴れの国から未来へ送るメッセージー 新聞・雑誌

    山陽新聞  社会面  2021年8月22日

     詳細を見る

  • 西日本豪雨3年 復興シンポジウム 紡ぐ記憶―晴れの国から未来へ送るメッセージー インターネットメディア

    山陽新聞社  西日本豪雨3年 復興シンポジウム 紡ぐ記憶―晴れの国から未来へ送るメッセージー  2021年7月20日

     詳細を見る

  • 洪水危険個所ドローン測量-自治体災害対策へ― 新聞・雑誌

    山陽新聞  社会面  2021年3月3日

     詳細を見る