2022/05/03 更新

写真a

タニニシ ヒデキ
谷西 秀紀
TANINISHI Hideki
所属
医歯薬学域 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2008年6月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 末梢神経ブロック

  • 急性痛

  • 神経学的予後

  • 術後鎮痛

  • 脳虚血

研究分野

  • ライフサイエンス / 麻酔科学

学歴

  • 岡山大学   大学院医歯薬学総合研究科   麻酔蘇生学

    2004年4月 - 2008年6月

      詳細を見る

  • 岡山大学   医学部   医学科

    1991年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   学術研究院 医歯薬学域   麻酔蘇生学

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院医歯薬学総合研究科   麻酔蘇生学

    2015年11月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • デューク大学   麻酔科

    2013年2月 - 2015年8月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院医歯薬学総合研究科   麻酔蘇生学

    2008年4月 - 2013年1月

      詳細を見る

  • 岡山大学 医学部附属病院   麻酔科蘇生科

    2003年1月 - 2005年6月

      詳細を見る

  • 社会保険 広島市民病院   麻酔・集中治療科

    1998年1月 - 2002年12月

      詳細を見る

  • 岡山大学 医学部附属病院   麻酔科蘇生科

    1997年4月 - 1997年12月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 日本区域麻酔学会

    2017年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本ペインクリニック学会

    2011年 - 現在

      詳細を見る

  • American Society of Anesthesiologists

    2006年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本集中治療医学会

    1998年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本麻酔科学会

    1997年 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • Pulmonary Aspiration During Induction of General Anesthesia

    Reina Hayashi, Shigeru Maeda, Taninishi Hideki, Hitoshi Higuchi, Takuya Miyawaki

    Anesthesia Progress   67 ( 4 )   214 - 218   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Dental Society of Anesthesiology (ADSA)  

    Perioperative pulmonary aspiration of gastric contents can induce complications of varying severity, including aspiration pneumonitis or pneumonia, which may be lethal. A 34-year-old man with no significant medical history presented to Okayama University Hospital for extraction of the third molars and incisive canal cystectomy under general anesthesia. He experienced pulmonary aspiration of clear stomach fluid during mask ventilation after induction. After aspiration occurred, the patient was immediately intubated, and suctioning was performed through the endotracheal tube (ETT). An anteroposterior (AP) chest radiograph was obtained that demonstrated atelectasis in the left lower lobe, in addition to increased peak airway pressures being noted, although SpO2 remained at 96% to 99% at an FiO2 of 1.0. The decision was made to proceed, and the scheduled procedures were completed in approximately 2 hours. A repeat AP chest radiograph obtained at the end of the operation revealed improvement of the atelectasis, and no residual atelectasis was observed on the next day. Although the patient reported following standard preoperative fasting instructions (no fluids for 2 hours preoperatively), more than 50 mL of clear fluid remained in his stomach. Because vomiting can occur despite following NPO guidelines, the need for continued vigilance by anesthesia providers and proper timely management is reinforced.

    DOI: 10.2344/anpr-67-02-03

    researchmap

  • Transversus Abdominis Plane Block Reduced Early Postoperative Pain after Robot-assisted Prostatectomy: a Randomized Controlled Trial

    Hideki Taninishi, Takashi Matsusaki, Hiroshi Morimatsu

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>Analgesic effect of transversus abdominis plane block (TAP block) in lower major abdominal laparoscopic surgery with about 5 cm of maximum surgical scar has been controversial. We hypothesized that TAP block has benefits, so the analgesic effect of TAP block after robot-assisted laparoscopic prostatectomy (RALP) was evaluated. One hundred patients were enrolled in this prospective, double-blinded, randomized study. Standardized general anesthesia with wound infiltration on camera port and fentanyl dose limit of 3 µg/kg was provided. Ultrasound-guided, single-shot subcostal TAP block with either 0.375% ropivacaine (Ropivacaine group, 48 patients) or normal saline (Control group, 52 patients) was performed by anesthesiologist in charge (34 anesthesiologists) after surgical procedure. Pain score using numerical rating scale (NRS) and postoperative intravenous fentanyl were evaluated for the first 24 postoperative hours. Median values (interquartile range) of NRS scores when the patients were transferred to post-anesthesia care unit (PACU) were 5 (2–7) in Ropivacaine group and 6 (4–8) in Control group at rest (P = 0.03), 5 (2–8) in Ropivacaine group and 7 (5–8) in Control group during movement (P &lt; 0.01). These significant differences disappeared at the time of discharging PACU. Fentanyl doses for the first 24 postoperative hours were 210 µg (120–360) in Ropivacaine group and 200 µg (120–370) in Control group (P = 0.79). These results indicated that subcostal TAP block by anesthesiologists of varied level of training reduced postoperative pain immediate after RALP. TAP block had fundamental analgesic effect, but this benefit was too small to reduce postoperative 24-hour fentanyl consumption.

    DOI: 10.1038/s41598-020-60687-y

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-60687-y

  • Robotic Renal Autotransplantation: First Case Outside of North America.

    Motoo Araki, Koichiro Wada, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Takashi Yoshioka, Yuichi Ariyoshi, Kei Fujio, Atsushi Takamoto, Morito Sugimoto, Katsumi Sasaki, Yasuyuki Kobayashi, Shin Ebara, Hideki Taninishi, Hiroyuki Amano, Masashi Inui, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   71 ( 4 )   351 - 355   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 38-year-old woman with a 2.7-cm left ureteral stenosis requiring chronic ureteral stent exchange elected to undergo robotic renal autotransplantation. Left ureteropelvic junction obstruction (UPJO) was also suspected. Robotic donor nephrectomy contributed to the fine dissection for desmoplastic changes. The kidney was removed through a Gelport and examined on ice. UPJO was not seen. An end-to-side robotic anastomosis was created between the renal and external iliac vessels. The console time was 507 min, and the warm ischemia time was 4 min 5 sec. She became stent-free. Robotic renal autotransplantation is a new, minimally invasive approach to renal preservation.

    DOI: 10.18926/AMO/55313

    PubMed

    researchmap

  • Video training and certification program improves reliability of postischemic neurologic deficit measurement in the rat

    Hideki Taninishi, Molly Pearlstein, Huaxin Sheng, Miwa Izutsu, Rafael E Chaparro, Larry B Goldstein, David S Warner

    Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism   36 ( 12 )   2203 - 2210   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    Scoring systems are used to measure behavioral deficits in stroke research. Video-assisted training is used to standardize stroke-related neurologic deficit scoring in humans. We hypothesized that a video-assisted training and certification program can improve inter-rater reliability in assessing neurologic function after middle cerebral artery occlusion in rats. Three expert raters scored neurologic deficits in post-middle cerebral artery occlusion rats using three published systems having different complexity levels (3, 18, or 48 points). The system having the highest point estimate for the correlation between neurologic score and infarct size was selected to create a video-assisted training and certification program. Eight trainee raters completed the video-assisted training and certification program. Inter-rater agreement (κ score) and agreement with expert consensus scores were measured before and after video-assisted training and certification program completion. The 48-point system correlated best with infarct size. Video-assisted training and certification improved agreement with expert consensus scores (pretraining = 65 ± 10, posttraining = 87 ± 14, 112 possible scores, P &lt; 0.0001), median number of trainee raters with scores within ±2 points of the expert consensus score (pretraining = 4, posttraining = 6.5, P &lt; 0.01), categories with κ &gt; 0.4 (pretraining = 4, posttraining = 9), and number of categories with an improvement in the κ score from pretraining to posttraining (n = 6). Video-assisted training and certification improved trainee inter-rater reliability and agreement with expert consensus behavioral scores in rats after middle cerebral artery occlusion. Video-assisted training and certification may be useful in multilaboratory preclinical studies.

    DOI: 10.1177/0271678x15616980

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/0271678X15616980

  • A blinded randomized assessment of laser Doppler flowmetry efficacy in standardizing outcome from intraluminal filament MCAO in the rat

    Hideki Taninishi, Jin Yong Jung, Miwa Izutsu, Zhengfeng Wang, Huaxin Sheng, David S. Warner

    Journal of Neuroscience Methods   241   111 - 120   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jneumeth.2014.12.006

    researchmap

  • Ultrasound-assisted epidural anesthesia to amyotrophic woman

    Hideki Taninishi, Keishi Kawano, Kiyoshi Morita

    Journal of Anesthesia   27 ( 5 )   797 - 798   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00540-013-1600-1

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00540-013-1600-1/fulltext.html

  • Effect of fentanyl on ischemic depolarization and ischemic neuronal damage of hippocampal CA1 in the gerbil

    Kensuke Shiraishi, Yoshimasa Takeda, Kenichi Masui, Hideki Taninishi, Toshihiro Sasaki, Tetsuya Danura, Kiyoshi Morita

    Journal of Anesthesia   25 ( 4 )   540 - 548   2011年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00540-011-1143-2

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00540-011-1143-2/fulltext.html

  • Ultrasound-guided peripheral nerve blocks for a patient receiving four kinds of anticoagulant and antiplatelet drugs: a case report

    Hideki Taninishi, Kiyoshi Morita

    Journal of Anesthesia   25 ( 2 )   318 - 320   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00540-011-1093-8

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00540-011-1093-8/fulltext.html

  • Dynamic changes in cortical NADH fluorescence in rat focal ischemia: Evaluation of the effects of hypothermia on propagation of peri-infarct depolarization by temporal and spatial analysis

    Toshihiro Sasaki, Yoshimasa Takeda, Hideki Taninishi, Minako Arai, Kensuke Shiraishi, Kiyoshi Morita

    Neuroscience Letters   449 ( 1 )   61 - 65   2009年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2008.10.054

    researchmap

  • Effect of Nitrous Oxide on Neuronal Damage and Extracellular Glutamate Concentration as a Function of Mild, Moderate, or Severe Ischemia in Halothane-anesthetized Gerbils

    Hideki Taninishi, Yoshimasa Takeda, Motomu Kobayashi, Toshihiro Sasaki, Minako Arai, Kiyoshi Morita

    Anesthesiology   108 ( 6 )   1063 - 1070   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    <sec>
    <title>Background</title>
    The effect of nitrous oxide on ischemic neuronal damage was quantitatively evaluated by use of logistic regression curves.


    </sec>
    <sec>
    <title>Methods</title>
    Seventy-two gerbils were anesthetized with 1% halothane and randomly assigned to receive 70% nitrous oxide or 70% nitrogen. Forebrain ischemia was performed for 3, 5, or 7 min, and direct-current potential in the hippocampal CA1 region was recorded. Histologic outcome was evaluated 5 days later. Relations of neuronal damage with ischemic duration and duration of ischemic depolarization were determined by logistic regression curves. In some animals, extracellular glutamate concentration was measured every 60 s during forebrain ischemia.


    </sec>
    <sec>
    <title>Results</title>
    Nitrous oxide increased neuronal damage only with 5 min of ischemia (nitrous oxide vs. nitrogen: 78.5 +/- 23.0 vs. 37.3 +/- 12.2%; P &amp;lt; 0.01). The percentages of neuronal damage with 3 and 7 min of ischemia were not different with or without nitrous oxide. Logistic regression curves indicated that nitrous oxide significantly increased neuronal damage during the period from 3.07 to 6.63 min of ischemia. Logistic regression curves also indicated that nitrous oxide increased neuronal damage in the condition of the same duration of ischemic depolarization. Nitrous oxide shortened the ischemic duration necessary for causing 50% neuronal damage by 0.82 min. Dynamic change in extracellular glutamate concentration was not different (mean maximum dialysate glutamate concentration: 4.29 +/- 3.09 vs. 4.63 +/- 1.83 microm).


    </sec>
    <sec>
    <title>Conclusion</title>
    Administration of nitrous oxide caused an increase in ischemic neuronal damage, but a significant adverse effect was observed with a limited range of ischemic intervals.


    </sec>

    DOI: 10.1097/aln.0b013e318173f684

    researchmap

    その他リンク: http://journals.lww.com/00000542-200806000-00015

  • Quantitative Evaluation of the Neuroprotective Effects of Thiopental Sodium, Propofol, and Halothane on Brain Ischemia in the Gerbil: Effects of the Anesthetics on Ischemic Depolarization and Extracellular Glutamate Concentration

    Motomu Kobayashi, Yoshimasa Takeda, Hideki Taninishi, Ken Takata, Hisami Aoe, Kiyoshi Morita

    Journal of Neurosurgical Anesthesiology   19 ( 3 )   171 - 178   2007年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    DOI: 10.1097/ana.0b013e318051743d

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 腹部外科手術の術後疼痛管理 招待

    谷西 秀紀

    日本麻酔科学会 第66回学術集会  2019年5月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Medical safety in operation theater: Myanmar-Japan comparison. 招待

    Hideki Taninishi

    47th Myanmar Health Research Congress, Yangon, Myanmar  2019年1月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ProsCons 「末梢神経ブロック併用時の選択:全身麻酔 vs 鎮静」 招待

    谷西 秀紀

    日本麻酔科学会 第64回学術集会  2017年6月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 留学について 招待

    谷西 秀紀

    日本心臓血管麻酔学会 第21回大会  2016年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 一酸化窒素吸入は中大脳動脈閉塞ラットの神経学的予後を改善させるか?

    研究課題/領域番号:20K09196  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    谷西 秀紀, 小林 求

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 虚血後治療としての吸入麻酔薬が永久中大脳動脈閉塞ラットの神経学的予後に与える影響

    研究課題/領域番号:17K11051  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    谷西 秀紀, 小林 求, 佐々木 俊弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    2018年度までの研究で永久中大脳動脈閉塞モデルではイソフルランは神経学的予後に影響を与えないという結果をえたことを受け、2019年度は一歩立ち戻って一時的中大脳動脈閉塞モデル(90分の虚血負荷)における虚血開始後イソフルラン投与が虚血1週後の神経学的評価に影響を与えるか評価を行った。虚血開始後15分後からと、2時間後(再灌流後30分後)からイソフルラン投与を開始したが、いずれも虚血1週後の神経学的予後を改善させるには至らなかった。以上より、ラット中大脳動脈閉塞モデルにおいて臨床に近い条件に置いた場合は、一時的虚血・永久虚血にかかわらず虚血開始後に投与したイソフルランは虚血1週後において(短期予後)神経学的予後を改善させるほどの作用はもたないことが明らかになった。組織学的所見と神経学的予後との関連性につき現在検討中である。この結果を受け、虚血4週後(長期予後)の神経学的評価および壮年ラットにおける評価は本研究では行わないこととした。
    一方、本研究で用いる神経学的評価スケールについてのビデオトレーニングシステム(ビデオは英語)が英語を堪能としない日本人でも同様の教育効果を発揮するかどうかの検証もあわせて施行(UMIN ID 000030459)し、対象者の組み入れ、データ収集が終了した。こちらについては、ビデオトレーニングによってほぼnative speakerと同等の教育効果と検者間信頼性が得られることが明らかになった。

    researchmap

  • ミクログリア活性制御がくも膜下出血後認知機能障害に及ぼす影響とメカニズムの解明

    研究課題/領域番号:17K11081  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    佐々木 俊弘, 小林 求, 谷西 秀紀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 脳虚血中のケタミンとミダゾラムの併用が神経障害に与える影響の定量的評価

    研究課題/領域番号:23791706  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    谷西 秀紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    平成24年度は平成23年度で決定したミダゾラム投与量を用いて、ケタミンを用いる前にまずミダゾラム投与による神経障害度の評価をすべく本実験を開始した。しかし7分虚血群でミダゾラム投与群において組織評価をするまで(虚血後5日間)生存することが困難になるという状況に陥り、再度ミダゾラムの投与量、投与方法についての検討が必要となった。結局ベースとなるイソフルランの投与を行わず、ミダゾラム単独にて投与することで解決し、5分虚血群と7分虚血群において優先して本実験を行った。その結果、ミダゾラム投与によって脱分極のオンセット時間は延長し、その結果5分虚血、7分虚血群においては脱分極時間は有意に短縮した。神経障害度は5分虚血時にはミダゾラム投与群の方が低い傾向にあったが有意差は得られず、7分虚血時にはミダゾラム投与群が有意に低いという結果となった。より長い虚血時間(10分)での神経障害度の評価を行いつつ、虚血中の細胞外グルタミン酸濃度のシステムと確立を行うための準備を行っている段階で今回の退職を迎えたため、平成25年1月をもって科研費の廃止手続きをする次第である。
    ここまでの成果、ミダゾラム投与が脱分極のオンセット時間と脱分極時間を短縮させたこと、またより長い虚血時間となったときに神経障害度の軽減させる効果をもち、虚血時間と神経障害度との関係においてはおそらく回帰曲線を右方(神経保護効果を高める方向)に移動させることについては今後学会発表、論文発表をすすめる予定である(現在学会発表採択待ち)。

    researchmap

  • 脳虚血中のケタミン投与が細胞外グルタミン酸濃度の経時的変化に与える影響

    研究課題/領域番号:21791450  2009年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    谷西 秀紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    脳虚血時の静脈内ケタミン投与が細胞外グルタミン酸濃度の経時的変化にあたえる影響をマイクロダイアリシス法にて明らかにした。スナネズミに5分間の前脳虚血を負荷し、虚血5分前から虚血30分後までの海馬CA1領域のグルタミン酸濃度の推移を1分ごとに測定した。虚血開始3分後から6分後までの間はケタミンの投与によって細胞外グルタミン酸濃度は対照(ハロタン投与)に比べ有意に低下し、最大濃度はケタミン投与群1.97±0.52μM、対照群3.26±0.79μMであった(p<0.01)。脳虚血時のケタミン投与は細胞外グルタミン酸濃度を低下させ、ケタミンの持つ脳保護効果の一つの要因であることが示唆された。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 麻酔・蘇生学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 麻酔・蘇生学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示