2024/01/08 更新

写真a

ヒロタ ヨウコ
廣田 陽子
HIROTA Yoko
所属
社会文化科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 国際関係学 ( 津田塾大学 )

  • 社会学ディプローマ ( ロンドン大学経済政治大学院 )

  • 開発学修士 ( ロンドン大学アジアアフリカ研究大学院(イギリス) )

研究キーワード

  • 参加型アプローチ

  • 留学生教育

  • Sustainable Development

  • Education for International Student

  • Participatory Approach

  • 持続可能な開発

研究分野

  • 人文・社会 / 日本語教育

  • 人文・社会 / 教育学

  • 人文・社会 / 地域研究

学歴

  • ロンドン大学アジアアフリカ研究大学院   開発学   開発学

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

    researchmap

  • School of Oriental and African Studies, University of London   Development Study   Development Study

    - 1996年

      詳細を見る

  • ロンドン大学経済政治学院   社会学研究科   ディプロマコース

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

    researchmap

  • Lonodon School of Economics and Political Science   Graduate School, Division of Sociology   Diploma

    - 1995年

      詳細を見る

  • 津田塾大学   Faculty of Arts and Science  

    - 1985年

      詳細を見る

  • 津田塾大学   Faculty of Liberal Arts   Department of International and Cultural Studies

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

▼全件表示

経歴

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 准教授

    2009年

      詳細を見る

  • - Associate Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2009年

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • 岡山大学経済学部における英語教育の取り組み ―「経済実用英語」の10年―

    廣田 陽子

    岡山大学経済学会雑誌   53 ( 3 )   203 - 214   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.18926/OER/63500

    researchmap

  • 岡山大学留学生相談室と接触のあった公的機関・民間団体・個人等の学外者に関する分析(共著)

    岡 益巳, 宇塚 万里子, 廣田 陽子

    岡山大学経済学会雑誌   49 ( 3 )   1 - 18   2018年

     詳細を見る

  • 留学生支援ボランティア・WAWA によるチュータリングの現状と課題 : チューターに対するアンケート調査結果を踏まえて(共著)

    宇塚 万里子, 廣田 陽子, 岡 益巳, 深田 博己

    岡山大学経済学会雑誌   49 ( 2 )   17 - 34   2018年

     詳細を見る

  • 留学生支援ネットワーク・ピーチの活動を振り返って(後) −週末型ホームステイの実施を中心に−

    廣田 陽子, 岡 益巳

    岡山大学経済学会雑誌   47 ( 2 )   205 - 226   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    DOI: 10.18926/OER/54152

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 経済学部留学生専門教育教員とセンター留学生相談室との連携協力 ―2000年4月~2015年3月―

    岡益巳, 廣田陽子

    岡山大学経済学会雑誌   47 ( 3 )   65 - 81   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    DOI: 10.18926/OER/54160

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/54160

  • 留学生支援ネットワーク・ピーチの活動を振り返って(前) ―週末型ホームステイの実施を中心に―

    廣田陽子, 岡益巳

    岡山大学経済学会雑誌   47 ( 1 )   1 - 14   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    DOI: 10.18926/OER/53548

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/53548

  • 留学生の受入れと就職

    廣田 陽子

    岡山大学産業経営研究会 研究報告書   45   1 - 23   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学産業経営研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 週末型ホームステイ実施方法の改善に向けて

    廣田陽子, 岡益巳

    岡山大学経済学会雑誌   41 ( 3 )   1 - 17   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 地域社会における留学生交流支援のあり方ー留学生支援ネットワーク・ピーチの交流支援活動を事例としてー」 査読

    廣田陽子, 岡, 益巳

    『留学生交流・指導研究』   10   135 - 147   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • アイルランドにおけるInterregの試みー域内経済格差から国内経済格差の是正へー

    若森章孝, Luis Alberto Di Martino, 篠田武司, 正木響, 八木紀一郎, 住沢博紀, 田中宏, 長岡延孝, 清水耕一, 斎藤實男, 丹沢安治, Luis Valis, 廣田陽子, 山本いづみ, 長尾伸一

    国境を越える地域経済ガバナンス・EU諸地域の先行例を中心とした比較研究(平成14年度〜平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書)   2006年

     詳細を見る

  • エディンバラ大学との学部間交流協定の歴史ー交流協定締結の経緯と派遣業務を中心にー

    廣田陽子, 岡益巳

    岡山大学経済学会雑誌   35 ( 1 )   19 - 34   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    In February 1991, the Faculty of Economics, Okayama University entered into an agreement with the Faculties of Arts and Social Sciences, the University of Edinburgh, to promote student exchange and academic co−operation. In this paper, we mainly focus on the procedure for sending students on this exchange programme. As it was the first exchange programme that the Faculty of Economics was engaged in, the teachingstaff involved had to face problems one after another until the programme got off the ground. The insufficient English language proficiency of the students was always one of the majour concerns. However, spending one academic year abroad broadened students' outlook remarkably and almost all of them came back to Okayama satisfied with their experiences in Edinburgh. Until 2000 when a faculty−to−faculty agreement promoted to auniversity−to−university one, as many as 23 students of the Faculty of Economics had been sent to Edinburgh. The programme can be said to have achieved satisfactory results to some extent. So it is worth while examining this experience gained during the past ten years in 1990's in order to use it for enhancing internationalisation at the Faculty of Economics for the future.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/40583

  • エディンバラ大学との学部間交流の歴史ー受け入れ業務を中心にー

    廣田陽子, 岡益

    岡山大学経済学会雑誌   35 ( 2 )   133 - 148   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    Hirota and Oka (2003) showed in great detail the process which led to the academic exchange betweenOkayama University's Faculty of Economics and the University of Edinburgh's Faculties of Arts and Social Sciences, and was concerned mainly in the procedure of sending students to the University of Edinburgh. This paper will focus on the procedure and the actual situation concerning the receiving of students from the University of Edinburgh. As the agreement stipulated that up to two exchange students were admitted to each institution per year, Okayama University received 15 students from the University of Edinburgh over a ten−year period. Concerning the student's ability in acquiring a second language, it could be read as follows ; the students with an upperbeginner or intermediate level of Japanese prior to joining the exchange programme, showed great improvement during their stay in Okayama and graduated from the University of Edinburgh, Japanese Studies course or Japanese Studies and Linguistics course with an honours degree. Thus, the programme could be said to have obtained a desirable result in regard not only to student numbers involved in the exchange programme but also to their academic performance. However as it was the first exchange programme that the Faculty of Economics had been engaged in, the teaching staffs involved were troubled by many unexpected problems in relation to the students from Edinburgh. For example, housing and the high cost of rent proved to be a serious problem.As the Faculty of Economics is about to embark upon a new exchange programme with Kangwon National University, the Republic of Korea, we believe that it would be in both the interests of the students and members of staff if we looked back to the exchange programme we had with the University of Edinburgh and attempted to learn from the valuable experiences we had.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/40586

  • 「岡山大学における日本語・日本文化研修留学生受け入れ体制の改革について」

    廣田陽子, 岡, 益己

    岡山大学経済学会雑誌   33 ( 3 )   181 - 197   2001年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/40932

▼全件表示

書籍等出版物

  • EU経済統合の地域的次元ークロスボーダー・コーペレーションの最前線ー

    ミネルヴァ書房  2007年 

     詳細を見る

  • 岡山の自然と環境問題

    大学教育出版  2004年 

     詳細を見る

MISC

 

担当授業科目

  • グローバル・コミュニケーション2 (2023年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 国際コミュニケーション英語演習2 (2023年度) 後期  - 木5

  • 国際コミュニケーション英語2 (2023年度) 前期  - 木5

  • 基礎研究(3学期) (2023年度) 第3学期  - 火7~8

  • 日本経済事情IA (2023年度) 1・2学期  - 火7~8

  • 日本経済事情IB (2023年度) 1・2学期  - 金3~4

  • 日本経済事情IIA (2023年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IIB (2023年度) 3・4学期  - 金7~8

  • 経済基礎英語 (2023年度) 1・2学期  - 月9

  • 経済基礎英語II (2023年度) 1・2学期  - 月9

  • 選定図書レポート (2023年度) 第2学期  - その他

  • 選定図書レポート (2023年度) 第4学期  - その他

  • 選定図書レポート (2023年度) 第3学期  - その他

  • グローバル・コミュニケーション1 (2022年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 国際コミュニケーション英語演習1 (2022年度) 後期  - 火4

  • 国際コミュニケーション英語1 (2022年度) 前期  - 火4

  • 基礎研究(3学期) (2022年度) 第3学期  - 金7~8

  • 日本経済事情IA (2022年度) 1・2学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IB (2022年度) 1・2学期  - 金3~4

  • 日本経済事情IIA (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IIB (2022年度) 3・4学期  - [第3学期]金5~6, [第4学期]金3~4

  • 経済基礎英語 (2022年度) 1・2学期  - 月9

  • 経済基礎英語I (2022年度) 1・2学期  - 月9

  • 選定図書レポート (2022年度) 第2学期  - その他

  • 選定図書レポート (2022年度) 第3学期  - その他

  • 各国経済・ビジネス事情 In English 2 (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 各国経済・ビジネス事情 In English 2 (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 国際コミュニケーション英語演習2 (2021年度) 後期  - 火5

  • 国際コミュニケーション英語2 (2021年度) 前期  - 火5

  • 基礎研究(3学期) (2021年度) 第3学期  - 火7~8

  • 日本経済事情IA (2021年度) 1・2学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IA (2021年度) 1・2学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IB (2021年度) 1・2学期  - 金3~4

  • 日本経済事情IB (2021年度) 1・2学期  - 金3~4

  • 日本経済事情IIA (2021年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IIA (2021年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 日本経済事情IIB (2021年度) 3・4学期  - 金3~4

  • 日本経済事情IIB (2021年度) 3・4学期  - 金3~4

  • 経済基礎英語 (2021年度) 1・2学期  - 月9

  • 経済基礎英語II (2021年度) 1・2学期  - 月9

  • 選定図書レポート (2021年度) 第2学期  - その他

  • ビジネス英語演習 (2020年度) 3・4学期  - 水10

  • 各国経済・ビジネス事情 in English1 (2020年度) 3・4学期  - 木5,木6

  • 国際コミュニケーション英語演習1 (2020年度) 後期  - 月4

  • 国際コミュニケーション英語1 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 日本経済事情ⅡA (2020年度) 3・4学期  - 火5,火6

  • 日本経済事情ⅡB (2020年度) 3・4学期  - 金5,金6

  • 日本経済事情IA (2020年度) 1・2学期  - 火5,火6

  • 日本経済事情IB (2020年度) 1・2学期  - 金5,金6

  • 経済基礎英語I (2020年度) 1・2学期  - 月9

▼全件表示