Updated on 2024/02/01

写真a

 
OYAMA Takanori
 
Organization
Okayama University Hospital Special-Appointment Assistant Professor
Position
Special-Appointment Assistant Professor
External link

Degree

  • 博士(医学) ( 2007.9   岡山大学 )

Research Areas

  • Life Science / General surgery and pediatric surgery

Research History

  • Okayama University Hospital   Pediatric surgery   Assistant Professor

    2022.4

      More details

Professional Memberships

▼display all

Committee Memberships

  • 日本小児外科学会   医薬品・医療機器検討委員会  

    2023.7   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  • 日本小児外科学会   保険診療委員会  

    2023.7   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  • 日本小児外科学会   研究倫理委員会  

    2019.7 - 2023.6   

      More details

    Committee type:Other

    researchmap

 

Papers

  • 下大静脈腫瘍進展を伴った左腎明細胞肉腫の1例

    谷本 光隆, 野田 卓男, 尾山 貴徳, 宮田 将徳

    日本小児外科学会雑誌   59 ( 5 )   930 - 930   2023.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 臍帯ヘルニア修復術と上腹部Heteropagus切除術を同時に施行しえた1例

    宮田 将徳, 尾山 貴徳, 谷本 光隆, 野田 卓男

    日本周産期・新生児医学会雑誌   59 ( Suppl.1 )   P262 - P262   2023.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 下大静脈腫瘍進展を伴った左腎明細胞肉腫の一例

    谷本 光隆, 野田 卓男, 尾山 貴徳, 宮田 将徳, 鷲尾 佳奈, 越智 元春

    日本小児泌尿器科学会雑誌   32 ( 2 )   333 - 333   2023.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腕頭動脈から分岐した左総頸動脈より気管孔へ出血した18トリソミーの一例

    椎名 豪, 渡邉 宏和, 福田 花奈, 宮田 将徳, 佐藤 剛史, 森本 大作, 岡村 朋香, 谷本 光隆, 鷲尾 洋介, 尾山 貴徳, 吉本 順子, 塚原 宏一, 野田 卓男

    日本周産期・新生児医学会雑誌   59 ( Suppl.1 )   P421 - P421   2023.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 腕頭動脈から分岐した左総頸動脈より気管孔へ出血した一例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 宮田 将徳, 渡邉 宏和, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 大原 利章, 松川 昭博

    日本小児外科学会雑誌   59 ( 3 )   723 - 723   2023.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 胃瘻周囲漏れ症例の検討 腹腔鏡補助下胃瘻再造設の成績

    宮田 将徳, 谷本 光隆, 尾山 貴徳, 野田 卓男

    日本小児外科学会雑誌   59 ( 3 )   719 - 719   2023.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 腎盂形成術後の腎盂内血腫によりステント閉塞をきたした1例

    岡野 寛, 野田 卓男, 谷本 光隆, 尾山 貴徳, 納所 洋

    日本小児外科学会雑誌   59 ( 1 )   104 - 104   2023.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 安全な根治術のため術前化学療法を追加した解剖学的変異を伴う肝芽腫の一例

    納所 洋, 野田 卓男, 岡野 寛, 尾山 貴徳, 藤 智和, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本小児血液・がん学会雑誌   59 ( 4 )   317 - 317   2022.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児血液・がん学会  

    researchmap

  • Biliary atresia splenic malformation(BASM)の2例

    佐伯 勇, 西田 翔一, 向井 亘, 尾山 貴徳, 松浦 俊治, 田口 智章, 今治 玲助

    日本小児外科学会雑誌   57 ( 4 )   784 - 785   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • Elimination of MYCN-Amplified Neuroblastoma Cells by Telomerase-Targeted Oncolytic Virus via MYCN Suppression. International journal

    Terutaka Tanimoto, Hiroshi Tazawa, Takeshi Ieda, Hiroshi Nouso, Morimichi Tani, Takanori Oyama, Yasuo Urata, Shunsuke Kagawa, Takuo Noda, Toshiyoshi Fujiwara

    Molecular therapy oncolytics   18   14 - 23   2020.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Neuroblastoma (NB) is a primary malignant tumor of the peripheral sympathetic nervous system. High-risk NB is characterized by MYCN amplification and human telomerase reverse transcriptase (hTERT) rearrangement, contributing to hTERT activation and a poor outcome. For targeting hTERT-activated tumors, we developed two oncolytic adenoviruses, OBP-301 and tumor suppressor p53-armed OBP-702, in which the hTERT promoter drives expression of the viral E1 gene for tumor-specific virus replication. In this study, we demonstrate the therapeutic potential of the hTERT-driven oncolytic adenoviruses OBP-301 and OBP-702 using four human MYCN-amplified NB cell lines (IMR-32, CHP-134, NB-1, LA-N-5) exhibiting high hTERT expression. OBP-301 and OBP-702 exhibited a strong antitumor effect in association with autophagy in NB cells. Virus-mediated activation of E2F1 protein suppressed MYCN expression. OBP-301 and OBP-702 significantly suppressed the growth of subcutaneous CHP-134 tumors. Thus, these hTERT-driven oncolytic adenoviruses are promising antitumor agents for eliminating MYCN-amplified NB cells via E2F1-mediated suppression of MYCN protein.

    DOI: 10.1016/j.omto.2020.05.015

    PubMed

    researchmap

  • Pediatric growing teratoma syndrome of the ovary: A case report and review of the literature. International journal

    Takanori Oyama, Takuo Noda, Kana Washio, Akira Shimada

    Medicine   99 ( 38 )   e22297   2020.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    RATIONALE: Growing teratoma syndrome is defined as an increase in tumor size during or after systemic chemotherapy for germ cell tumors. These cases involve normal tumor maker levels and histological features of only mature teratoma. We report a rare case of an ovarian immature teratoma in a Japanese child that was diagnosed as growing teratoma syndrome. PATIENT CONCERNS: A 12-year-old girl presented a painful abdominal mass. She underwent left salpingo-oophorectomy for grade 1 immature teratoma in the left ovary. She did not undergo additional chemotherapy or radiotherapy. Four months later, she presented with grade 3 immature teratoma disseminated into the abdomen and pelvis. Chemotherapy resulted in the tumor maker levels returning to their normal ranges, although the tumors had grown slightly. DIAGNOSIS: The specimens resected by laparotomy after the chemotherapy consisted of mature tissue predominantly, although primitive neuroepithelium was observed in a small part of the specimen. The pathological diagnosis was grade 1 immature teratoma, notwithstanding the clinical diagnosis was growing teratoma syndrome based on the clinical features and pathogenesis. INTERVENTIONS: Laparotomy was performed at 7 months after the first operation, with resection of various tumors as well as the rectum, sigmoid colon, residual left fallopian duct, and a small part of the ileum and omentum. Some small tumors at the parietal peritoneum were ablated, although many tiny tumors around the uterus were left untreated. OUTCOMES: The patient has been free from recurrence for 5 years. LESSONS: Growing teratoma syndrome can develop in children, and their tumor size is comparable to that in adolescents and adults. Furthermore, development of growing teratoma syndrome from a primary germ cell tumor is presumably faster in children than in adolescents and adults. Complete resection of all growing teratoma tissue is recommended, although fertility-sparing surgery should be considered when possible.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000022297

    PubMed

    researchmap

  • Standard protocol devised by the Japanese Pediatric Impedance Working Group for combined multichannel intraluminal impedance-pH measurements in children.

    Suguru Fukahori, Hisayoshi Kawahara, Takanori Oyama, Takeshi Saito, Ryuichi Shimono, Aya Tanaka, Takuo Noda, Reiko Hatori, Junko Fujino, Minoru Yagi

    Surgery today   50 ( 7 )   664 - 671   2020.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Multichannel intraluminal impedance-pH measurements (MII-pH) are useful for evaluating acid and non-acid gastroesophageal reflux (GER). However, the use of MIH-pH is not yet established in Japan. The Japanese Pediatric Impedance Working Group (Japanese-PIG) convened to devise a standard protocol for MII-pH in Japanese children. The expert members of the Japanese-PIG collected data on pediatric MII-pH from the relevant literature in English, including the standard protocol of MII-pH presented by the European PIG, and the insights of international experts. The resultant consensus was included in the contents of the standard protocol of MII-pH. The standard protocol included standardization of the indication, methodology, and interpretation of MII-pH in Japanese children. The criteria for abnormal GER by MII-pH were defined using the Reflux Index and number of total reflux episodes independently in children aged < 1 year and those aged ≥ 1 year. Moreover, a significant relationship between GER and symptoms was identified using the symptom index and symptom association probability approach. We conclude that the current version of the protocol for MII-pH is tentative because it is not based on data from Japanese children. Further studies are needed to render this protocol clinically beneficial and expand its use in Japan.

    DOI: 10.1007/s00595-019-01833-6

    PubMed

    researchmap

  • Correction to: Standard protocol devised by the Japanese Pediatric Impedance Working Group for combined multichannel intraluminal impedance-pH measurements in children.

    Suguru Fukahori, Hisayoshi Kawahara, Takanori Oyama, Takeshi Saito, Ryuichi Shimono, Aya Tanaka, Takuo Noda, Reiko Hatori, Junko Fujino, Minoru Yagi

    Surgery today   50 ( 7 )   672 - 672   2020.7

     More details

    Language:English  

    The authors would like to add the following sentence in Acknowledgements in the original publication of this paper.

    DOI: 10.1007/s00595-019-01892-9

    PubMed

    researchmap

  • 小児脳室腹腔シャント術における腹腔鏡の手技 自験例の検討

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷本 光隆, 亀田 雅博, 小野 成紀

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 4 )   332 - 338   2020.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本内視鏡外科学会  

    <文献概要>腹腔鏡補助下脳室腹腔シャント術は成人では広まりつつあるが,小児の報告は未だ少ない.当科で施行した5例の手術手技の要点を報告する.まず,体格の小さい小児の周囲に多数の人員・機材を配置するため,互いに干渉しないよう注意が必要であった.初回手術では2ポート,再建時など腹腔内の癒着がある場合は単孔式3ポートとした.新生児ではスコープ・鉗子ともに臍部ではなく側腹部から挿入した.皮下を通したパッサーは,直接腹腔内へ挿入した.シャントチューブは屈曲しないように鉗子で誘導し,シャントの開通も腹腔鏡で確認した.手術合併症は認めなかった.手技の定型化により,成人と同様な有用性が示されることが期待される.

    researchmap

  • 多脾症候群に合併した胃軸捻転症に対して、腹腔鏡下胃固定術および脾臓摘出術を施行した1例

    納所 洋, 野田 卓男, 谷 守通, 尾山 貴徳, 谷本 光隆, 宮田 将徳

    日本小児外科学会雑誌   55 ( 6 )   1076 - 1080   2019.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    症例は13歳女児。先天性心疾患および多脾症候群のため、小児科で加療されていた。12歳時、検査入院中に、血性嘔吐が出現し当科を受診した。胃軸捻転症および遊走脾と診断した。経鼻胃管による減圧で症状が消失し経過観察としたが、その後短期間で複数回の捻転が生じたため、腹腔鏡下胃固定術および脾臓摘出術を行った。術中観察では逆位の胃および複数の脾臓を認めた。後腹膜に固定された一部の脾臓を温存し、残る遊走脾を切除後、胃と腹壁を固定した。また、無回転型腸回転異常症を認めたため、予防的虫垂切除を行った。術後経過は良好で症状再発なく3年が経過している。多脾症候群には多様な心血管奇形や腹腔内臓器奇形を合併することが多い。胆道閉鎖症や腸回転異常症の合併が報告されているが、胃軸捻転症は極めて稀である。個々の症例において臨床像が異なるため、治療方針については十分な検討を要する。(著者抄録)

    researchmap

    Other Link: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20191105140035&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F008%2F1076-1080%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F008%2F1076-1080%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胎生期早期の発生が疑われたランゲルハンス組織球症の1例(Suspected early onset of congenital Langerhans cell histiocytosis involving ectopic cervical thymus and mediastinal thymus, simultaneously)

    金光 喜一郎, 石田 悠志, 鷲尾 佳奈, 小田 慈, 野田 卓男, 尾山 貴徳, 谷本 光隆, 田中 健大, 井田 健太郎, 嶋田 明

    日本小児血液・がん学会雑誌   52 ( 4 )   236 - 236   2015.10

     More details

    Language:English   Publisher:(一社)日本小児血液・がん学会  

    researchmap

▼display all

MISC

  • 術前化学療法により安全な系統的切除が可能となった肝芽腫の1例

    納所 洋, 野田 卓男, 岡野 寛, 尾山 貴徳, 藤 智和, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本小児外科学会雑誌   58 ( 5 )   859 - 859   2022.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 両側頸部および舌リンパ管腫の1例(第2報)

    向井 亘, 宮田 将徳, 尾山 貴徳, 今治 玲助

    日本小児外科学会雑誌   58 ( 5 )   857 - 857   2022.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 【「低侵襲治療」小児への適応と可能性】梨状窩瘻 内視鏡下焼灼術

    尾山 貴徳, 宮原 孝治, 山岡 桃子, 宮田 将徳, 向井 亘, 今治 玲助

    小児外科   54 ( 8 )   759 - 762   2022.8

  • 【周産期医療】当院で過去20年間に発症した壊死性腸炎19例についての考察

    向井 亘, 前野 誓子, 尾山 貴徳, 内田 晃, 本田 茜, 隅 誠司, 小田 玲子, 古家 光江, 西村 裕, 今治 玲助

    広島市立広島市民病院医誌   38 ( 1 )   29 - 34   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:広島市立広島市民病院  

    【背景】低出生体重児に好発する壊死性腸炎(Necrotizing enterocolitis:NEC)は依然として予後不良な疾患である。当院新生児センターでのNECの発生状況について、その傾向や課題を明らかとするため過去20年間に当院で発症、治療を行ったNECに対する検討を行った。【対象と方法】2002年1月から2021年10月までの過去20年間に当院で管理中に発症したNEC症例について当院電子カルテ記録を後方視的に検討した。【結果】期間中に対象となったNEC症例は全8194入院症例中19例(0.23%)で、出生週数、出生体重、Apgar scoreの中央値はそれぞれ27週6日、914g、1分値6点/5分値8点であり、19例中9例(47.4%)が双胎であった。NECに関連した死亡症例は19例中4例(21.0%)であった。発症数の推移を前後の10年間に分けて比較したところ、最近の10年ではNEC発症は2例のみであり、手術症例並びに死亡例は認めなかった。【結語】当院のNECは最近の10年で発症数の低下や治療の改善がみられる一方、双胎例が多く、管理についての課題が明らかとなった。(著者抄録)

    researchmap

  • 急性陰嚢症を呈したIgA血管炎の3例

    今治 玲助, 長岡 義晴, 向井 亘, 尾山 貴徳

    小児科   62 ( 13 )   1712 - 1716   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:金原出版(株)  

    2006年4月〜2020年3月に急性陰嚢症を呈し、当科紹介となったIgA血管炎の症例について、主訴、臨床所見、超音波所見を後方視的に検討した。超音波所見については精巣上体腫大の有無、精巣血流、陰嚢皮膚肥厚の有無について検討した。対象は3例(2歳、3歳、4歳)であった。先行感染を2例に認め、1例は溶連菌感染症、もう1例はアデノウイルス感染症であった。全例に下肢・陰嚢の紫斑を認めたが、症例1、2は当科受診前にはIgA血管炎の診断がなされていなかった。主訴は陰嚢痛が2例、陰嚢腫脹が1例で、全例急性陰嚢症としての当科紹介であった。超音波検査では全例精巣内部エコーはとくに問題なく、精巣血流は亢進していた。精巣上体の腫大は3例中2例に認め、陰嚢壁肥厚は全例に認めた。安静・疼痛管理のため入院加療となった症例3はとくに所見が顕著であった。

    researchmap

    Other Link: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00639&link_issn=&doc_id=20211222180019&doc_link_id=10.18888%2Fsh.0000002018&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18888%2Fsh.0000002018&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 症例 臍欠損に対してパラソル型切開による造臍術を施行した1例

    佐伯 勇, 向井 亘, 尾山 貴徳, 今治 玲助

    小児外科   53 ( 8 )   884 - 887   2021.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)東京医学社  

    3歳女児。腹壁破裂術後の臍欠損に対して手術の方針となった。術前所見では腹部正中の上腹部寄りに縦6cm、横3cmの肥厚性瘢痕がみられ、臍は欠如していた。パラソル型皮膚切開による造臍術後、創部を術後1週間にわたり圧迫とテーピングを継続した結果、術後1年半経過現在、臍はほぼ左右対称で臍縁横径12mmであり、位置、形態ともに良好である。

    researchmap

  • 【外来で役立つ知識:外陰部・会陰部・肛門部周辺の疾患】鎖肛を伴わない直腸前庭瘻 直腸内翻転・経肛門的結紮法について

    今治 玲助, 向井 亘, 尾山 貴徳

    小児外科   53 ( 6 )   658 - 661   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)東京医学社  

    鎖肛を伴わない直腸前庭瘻は、出生直後または乳児期早期に発症し、痔瘻疑いや会陰部からの排便を主訴に小児外科に紹介となる稀な疾患であり、その治療方針についてはいまだコンセンサスが得られていない。今回、経験した3例について手術方法と術後経過を中心に報告した。直腸内翻転・経肛門的結紮法は、切開・剥離が前庭部瘻孔周囲のみであり、経肛門的pull-throughや会陰部切開・剥離を必要としないため、会陰部の創し開をきたさず、腸粘膜も剥離しない低侵襲で有用な術式であると考えられた。

    researchmap

  • 前胸部皮下に発生した気管支原性嚢胞の1例

    渡邊 日向子, 今治 玲助, 尾山 貴徳, 向井 亘

    小児外科   53 ( 1 )   109 - 113   2021.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)東京医学社  

    日齢15男児、前胸部皮下正中部の腫瘤を主訴とした。紹介受診時には胸骨切痕部に弾性軟で可動性を有する約2cm大の腫瘤があり、胸部造影CT検査では胸骨切痕部頭側の皮下に内部に造影効果を伴わない嚢胞性病変と腫瘤から背側に向かう瘻孔を認めた。画像検査より先天性嚢胞として経過を観察したが、生後7ヵ月時に嚢胞感染を発症したため、抗菌薬投与と切開排膿を行い、感染症状の軽快を待って生後10ヵ月時に腫瘤摘出術を行った。病変は3.2cmの単房性腫瘤で、嚢胞底面から右鎖骨胸骨端に向かう瘻孔を認め、病理学的所見では多列線毛円柱上皮や平滑筋線維、気管支腺や硝子軟骨組織を確認し、気管支原性嚢胞と診断した。

    researchmap

  • LPEC針が胸腔鏡下根治術に有効であった先天性横隔膜ヘルニアの1例

    今治 玲助, 渡邊 日向子, 尾山 貴徳

    広島医学   73 ( 11 )   643 - 646   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:広島医学会  

    症例は2歳、女児。36週5日2,638gで出生し、生後特に問題なく経過していた。18ヵ月時に肺炎で近医総合病院へ入院した際に、胸部X線検査で右横隔膜挙上を指摘され当科紹介となった。精査により先天性横隔膜ヘルニアと診断し、2歳時に胸腔鏡下横隔膜縫縮術(右)を施行した。右横隔膜背側に筋組織の欠損を認め、外側は持針器による運針・結紮が非常困難であったため背側よりLPEC針を刺入しマットレス縫合で結紮した。胸腔鏡下横隔膜ヘルニア修復術は非常に再発率が高いとされている。再発例の多くは後外側に発生しているが、横隔膜外側、胸壁に接する部位は持針器の動作が制限され縫合操作が非常に困難である。LPEC針では接線方向でも運針が可能であり、体外結紮の併用により縫合閉鎖が容易で非常に有用であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 急性陰嚢症を呈したIgA血管炎の1例

    今治 玲助, 渡邊 日向子, 尾山 貴徳

    広島医学   73 ( 10 )   581 - 583   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:広島医学会  

    症例は2歳男児。某年某月1日より下肢に紫斑が出現し当院受診した。IgA血管炎と診断され、下肢痛に対して鎮痛薬を投与されたが、症状増悪し20日に入院となった。25日に陰嚢痛が増強したため急性陰嚢症について当科紹介となった。陰茎部に紫斑を認め陰嚢全体が腫脹していた。超音波検査では精巣上体、精巣鞘膜、陰嚢皮膚は著明に腫大・肥厚し血流が亢進していた。精巣捻転は否定され安静、鎮痛を継続することとし31日に退院となった。IgA血管炎のうち陰嚢症状は2〜38%に見られるとされる。鑑別に最も重要なのは精巣捻転であるが、IgA血管炎以外の急性陰嚢症に比して精巣捻転のリスクは極めて低い。IgA血管炎の診断を確定することが重要であり、超音波検査により不必要な手術を回避し得ると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 膀胱内腔とS状結腸への穿通を伴った小児尿膜管膿瘍の1例

    向井 亘, 西田 翔一, 佐伯 勇, 尾山 貴徳, 今治 玲助

    日本小児外科学会雑誌   56 ( 6 )   1005 - 1009   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    症例は14歳、男児。腹痛と嘔吐を主訴に近医を受診し、腹部超音波検査で下腹部正中の嚢胞性病変を指摘され当科紹介となった。腹部造影CT検査で下腹部正中に腹壁と連続し、造影効果を有する厚い皮膜に覆われた90×67×46mm大の膿瘍を認め、膀胱を頭側より圧排していた。尿膜管膿瘍と判断し、抗生剤投与により症状は改善したが、その後膿瘍の膀胱頂部内腔への突出とS状結腸への穿通も疑われたため、腹壁とS状結腸への穿通部と膀胱頂部を一塊にして切除した。病理検査結果で炎症性肉芽腫が膀胱頂部及びS状結腸へ穿通していた。他臓器へ穿通する尿膜管膿瘍は非常に稀であり、保存的治療に抵抗する尿膜管膿瘍では膿瘍が他臓器への穿通を起こすことがあり、臨床像が酷似する腹部放線菌症との鑑別を行った上で外科的治療を念頭に置く必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    Other Link: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20201026200049&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2020%2Fs05606%2F018%2F1005-1009%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2020%2Fs05606%2F018%2F1005-1009%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胎児期に発見された胸腺成熟奇形腫と単房性胸腺嚢胞を合併した新生児の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷 守通, 納所 洋, 谷本 光隆, 小谷 恭弘

    日本小児外科学会雑誌   56 ( 6 )   992 - 997   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児外科学会  

    症例は女児。在胎28週時に前縦隔に径14mmの嚢胞性病変を指摘された。その後、大きさや性状に変化は認めなかった。在胎38週1日、体重3,036gで出生した。CTやMRIにて胸腺右葉下極に嚢胞を含む内部不均一な腫瘤を認めたが、この腫瘤は胸腺左葉下極の内部均一な嚢胞状腫瘤と正中で接していた。胸腺右葉の奇形腫と、奇形腫が胸腺左葉内に穿破して嚢胞を形成したと考えられた。出生直後は無症状であったが、日齢18頃に啼泣時の経皮動脈血酸素飽和度の低下を認めるようになったため、日齢22に手術を行った。胸骨正中切開にて開胸し、胸腺を温存して腫瘤を切除した。病理検査にて右葉の病変は成熟奇形腫であったが、左葉の病変は単房性胸腺嚢胞と診断され、奇形腫の穿破ではなかった。術後経過は良好である。前縦隔には様々な嚢胞状腫瘤が発生するが、両者ともに出生前に指摘されることはほとんどなく、さらに両者を合併した報告はなかった。(著者抄録)

    researchmap

    Other Link: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20201026200047&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2020%2Fs05606%2F016%2F0992-0997%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2020%2Fs05606%2F016%2F0992-0997%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 壊死性腸炎後に全結腸萎縮を来たした超低出生体重児の1例

    佐伯 勇, 向井 亘, 尾山 貴徳, 今治 玲助

    日本周産期・新生児医学会雑誌   56 ( 1 )   168 - 173   2020.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    2ヵ月男児。主訴は下血で、在胎24週6日、双胎第一子として664gで出生し、日齢12に回腸の特発性消化管穿孔のため前医にて小腸瘻を造設された。日齢65に未熟児網膜症に対する治療目的でNICUに転院してきた。腹部X線検査で腸管の拡張像を認め、血液培養検査からはMRSAが検出され、MRSAによる壊死性腸炎(NEC)の診断で保存的治療を行った。転院時には小腸瘻肛門側から肛門まで造影剤が通過していたが、NEC軽快後は肛門に至るまでの全結腸が萎縮して閉塞し、日齢120に小腸瘻の再造設術、S状結腸人工肛門造設術を施行した。人工肛門は萎縮のため体表から消失したが、その後次第に経腸栄養量を漸増可能であり、外来にてフォローを継続した。児の成長を待ち、体重が10kgとなった3歳1ヵ月時に腹腔鏡下全結腸切除、腹腔鏡補助下経肛門的小腸プルスルー手術、小腸瘻再造設術を施行した。術後経過は良好で3歳6ヵ月時に小腸瘻を閉鎖し、良好な体重増加が得られている。

    researchmap

    Other Link: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J04116&link_issn=&doc_id=20200817330027&doc_link_id=%2Fdy1jspnm%2F2020%2F005601%2F027%2F0168-0173%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy1jspnm%2F2020%2F005601%2F027%2F0168-0173%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 電動ニードルホルダーを使用した狭いスペースでの体腔内結紮手技 Twitching technique

    佐伯 勇, 向井 亘, 西田 翔一, 尾山 貴徳, 今治 玲助

    広島市立広島市民病院医誌   36 ( 1 )   43 - 46   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:広島市立広島市民病院  

    ロボット手術は鉗子の自由度(Degree of freedom:以下DOF)が高いことが特徴だが、小児外科領域では未だ一般的ではない。小児外科の腹腔鏡下手術においてDOFを増す方法として電動ニードルホルダーがある。JAiMYニードルホルダー(Endocontrol社、Grenoble、France:以下JAiMY)は鉗子先端の屈曲と回旋が可能な、5mmポートから使用できる電動ニードルホルダーである。これを使用することで著者らの編み出した新規縫合手技であるTwitching techniqueが可能となり、非常に狭いスペースでの結紮縫合が安定してできるようになる。体腔内容積の小さな小児のような困難な状況下でこそTwitching techniqueは有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • 胎便関連性腸閉塞症に対してプレビュー画面を用いたベッドサイド注腸造影が奏効した超低出生体重児の1例

    今治 玲助, 藤解 諒, 渡邊 日向子, 西田 翔一, 向井 亘, 佐伯 勇, 尾山 貴徳

    小児外科   52 ( 1 )   94 - 97   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)東京医学社  

    症例は在胎26週5日に出生した741gの超低出生体重児で、日齢1より腹部膨満が出現し、日齢2の腹部X線検査にて著明な腸管拡張と消化管ガス像を認め、当科へ紹介となった。臨床経過から胎便関連性腸閉塞症と診断され、プレビュー画面を用いたベッドサイド注腸造影を開始したところ、20cmH2OではS状結腸まで造影剤が到達し、25cmH2Oでは下行結腸脾彎曲部まで、更に30cmH2Oでは横行結腸肝彎曲部まで到達がみられ、胎便によると考えられる欠損像が確認された。注腸後より胎便の少量排出に伴い、大量のガスが排出され、日齢3には腹部所見の改善がみられた。

    researchmap

  • 肝腫大によるoncologic emergencyを呈した神経芽腫の一例

    尾山貴徳, 野田卓男, 谷守通, 納所洋, 谷本光隆, 石田悠志, 藤原かおり, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 嶋田明

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   57 ( 3 )   2020

  • JMS社製胃瘻ボタン「ジェイフィード ペグロック タイプII」の開発と使用経験

    佐伯 勇, 向井 亘, 尾山 貴徳, 今治 玲助

    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   33 ( 2 )   80 - 84   2019.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児栄養消化器肝臓学会  

    【緒言】JMS社製胃瘻ボタン「ジェイフィード ペグロック」は内径の拡大と特有のロック機構により胃瘻からのミキサー食投与を容易にし、介護者の負担を軽減する。しかし他社の同サイズの胃瘻ボタンと比較してサイズが大きいなどの問題点があった。JMS社と協議を重ねながら改良点を検討し、このたび「ペグロック タイプII」(以下、タイプII)の開発に至った。その使用経験とアンケート調査に基づく使用感の報告を行う。【方法】JMS社製胃瘻ボタン「ペグロック」を使用している児を対象とし、胃瘻ボタンをタイプIIに変更し、介護者を対象とし旧タイプとの比較に関するアンケート調査を行った。【結果】対象となった8人全員が、胃瘻ボタンの視認性、操作性、装着性全ての点で以前より改善されたと回答した。【考察】タイプIIは介護者の視点、要望に沿ってデバイスの改善が行われている。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科における急性陰嚢症症例の検討

    今治 玲助, 藤解 諒, 西田 翔一, 向井 亘, 佐伯 勇, 尾山 貴徳

    小児外科   51 ( 5 )   522 - 525   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)東京医学社  

    急性陰嚢症19例(中央値10歳、1〜15歳)を対象に、超音波所見を調査した。その結果、6例で精巣内部エコーが不均一で、精巣内血流がなく、精巣捻転と診断した。精巣内部エコーが均一であった13例中1例は精巣上体腫大を認めず、精巣内血流が消失していたため、精巣捻転と診断し、計7例に緊急手術を行った。7例中3例が精巣摘出術、4例が精巣温存手術となり、発症から受診までの時間はそれぞれ中央値24時間、7時間と有意差を認めた。精巣内部エコーが均一であった13例中12例に精巣上体腫大を認め、うち6例は経過中に精巣頭側にscrotal pearlsが確認され、付属小体捻転症と診断した。Scrotal pearlsは発症後平均18日(6〜31日)に確認された。他の6例は精巣上体炎と診断した。急性陰嚢症に超音波検査は有効と考えられた。

    researchmap

  • 左心低形成症候群に合併した総胆管結石の1例 平成30年10月10日受付、平成30年12月5日受理

    佐伯 勇, 藤解 諒, 向井 亘, 尾山 貴徳, 森藤 祐次, 中川 直美, 鎌田 政博, 今治 玲助

    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   33 ( 1 )   20 - 24   2019.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本小児栄養消化器肝臓学会  

    症例は2歳の女児。左心低形成症候群治療中の2ヵ月時より胆嚢結石症を指摘されていた。定期受診時に嘔吐を認め、精査により閉塞性黄疸を認めたため緊急入院となった。CT検査で総胆管内に長径2cmの結石を認め、総胆管切石術を施行した。術中所見では胆嚢および総胆管上部に黄色粥状の胆泥を認め、総胆管下部には明らかに性質の異なる黒色石が嵌頓しており、フォガティーカテーテル(3Fr)を用いて摘出した。術後経過は良好であり、術後10日目に退院となった。結石分析では炭酸カルシウムを主成分としたまれな混石であった。先天性心疾患を有する児では、乳児期から胆嚢結石症を発症する症例が多く、約5%で総胆管結石となると報告されていることから、定期的な腹部超音波検査によるフォローが必要である。本症例はまれな炭酸カルシウム結石であったことを踏まえ、成因を考察する。(著者抄録)

    researchmap

  • Near-infrared photoimmunotherapy using anti-GD2 antibody-photosensitizer conjugate for neuroblastoma

    Hiroshi Nouso, Hiroshi Tazawa, Terutaka Tanimoto, Morimochi Tani, Takanori Oyama, Hiroaki Sato, Kazuhiro Noma, Shunsuke Kagawa, Hisataka Kobayashi, Takuo Noda, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER SCIENCE   109   1140 - 1140   2018.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:WILEY  

    Web of Science

    researchmap

  • Stepladder myotomyを施行した食道閉鎖症の検討

    今治 玲助, 藤解 諒, 西田 翔一, 向井 亘, 佐伯 勇, 尾山 貴徳

    小児外科   50 ( 9 )   959 - 962   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)東京医学社  

    stepladder myotomyを施行した先天性食道閉鎖症8例(男児6例、女児2例、在胎週数36週2日〜40週)を対象とした。出生体重2434.5g(1947〜2758g)、手術時体重2517g(2126〜7015g)、手術時日齢3日(0〜171日)であった。6例が胎児診断で、合併奇形は4例に認めた。病型はGross A型が1例、C型が7例であった。3例にHoward法を行い、二期的手術を施行した。1例は、spiral myotomyを行ったうえでさらに緊張軽減のため、stepladder myotomyを追加した。根治術時のgapの長さは15mm(10〜40mm)、2例でgapに関する記載がなかった。1例に術後肺炎を認めたが改善し、縫合不全は認めなかった。A型食道閉鎖症例と二期的手術を施行した2例で、術後吻合部狭窄に対しバルーン拡張術を必要とした。

    researchmap

  • Development of near-infrared photoimmunotherapy targeting GD2-positive neuroblastoma

    Hiroshi Nouso, Hiroshi Tazawa, Terutaka Tanimoto, Morimichi Tani, Takanori Oyama, Hiroaki Sato, Kazuhiro Noma, Shunsuke Kagawa, Hisataka Kobayashi, Takuo Noda, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-3831

    Web of Science

    researchmap

  • 発熱・炎症反応上昇で発見された肝移植後肺硬化性血管腫の1例

    谷守通, 野田卓男, 尾山貴徳, 納所洋, 谷本光隆, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 三好新一郎, 八木孝仁, 藤原充弘, 脇研自

    日本小児科学会雑誌   121 ( 8 )   1445‐1446 - 1446   2017.8

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ファロー四徴症を合併したBiliar Atresia Splenic Malformation(BASM)の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 納所 洋, 谷本 光隆, 栄徳 隆裕, 馬場 健児, 大月 審一, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本小児科学会雑誌   121 ( 8 )   1445 - 1445   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 重症心奇形を合併したbiliary atresia splenic malformation(BASM)の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 納所 洋, 谷本 光隆, 栄徳 隆裕, 馬場 健児, 大月 審一, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本小児外科学会雑誌   53 ( 2 )   342 - 342   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 重大な基礎疾患を伴う胆道閉鎖症の治療について

    野田 卓男, 尾山 貴徳, 納所 洋, 谷本 光隆, 谷 守通, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 038   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 多発肺転移を伴う甲状腺乳頭癌の自閉症児例

    尾山貴徳, 野田卓男, 谷守通, 納所洋, 谷本光隆, 岩本貴行, 元木崇之, 樋口洋介, 藤原かおり, 石田悠志, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 嶋田明

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   54 ( 3 )   2017

  • たこつぼ型心筋症にて発症した傍神経節腫の1例

    谷守通, 野田卓男, 尾山貴徳, 納所洋, 谷本光隆, 長谷川高誠, 森本栄作, 稲垣兼一

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   54 ( 3 )   2017

  • 多彩な合併症を呈するBeckwith-Wiedemann症候群に発症した乳児肝芽腫の一例

    尾山貴徳, 野田卓男, 谷守通, 納所洋, 谷本光隆, 谷和祐, 石田悠志, 岡村朋香, 藤原かおり, 金光喜一郎, 鷲尾洋介, 鷲尾佳奈, 吉本順子, 嶋田明

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   54 ( 4 )   2017

  • Suppression of MYCN-driven neuroblastoma malignant phenotype by telomerasetargeted tumor suppressor p53 transactivation

    Terutaka Tanimoto, Hiroshi Tazawa, Hiroshi Noso, Takanori Oyama, Yasuo Urata, Shunsuke Kagawa, Takuo Noda, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   76   2016.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-2448

    Web of Science

    researchmap

  • EQ-5D-5Lを用いた維持透析患者のQOLの評価 費用対効果の検証

    宮崎 雅史, 高津 成子, 岡 良成, 松田 浩明, 尾山 貴徳, 吉田 龍一, 桂 佑貴, 能登 真一, 斎藤 信也

    日本透析医学会雑誌   49 ( Suppl.1 )   482 - 482   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本透析医学会  

    researchmap

  • Value of FDG-PET for the assessment of treatment efficacy in MIBG-negative neuroblastoma patients

    尾山貴徳, 野田卓男, 谷守通, 納所洋, 谷本光隆, 藤原かおり, 石田悠志, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 嶋田明

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   53 ( 4 )   2016

  • 骨髄異形成症候群,大腸癌を合併した,先天性角化不全症の1例

    嶋田明, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 長谷川高誠, 田中弘之, 稲田涼, 谷本光隆, 尾山貴徳, 野田卓男, 神崎洋光

    家族性腫よう   15 ( 2 )   2015

  • 多発肺転移を認めた小児髄膜腫の1例

    鷲尾佳奈, 嶋田明, 村岡倫子, 小田慈, 市川智継, 尾山貴徳, 野田卓男

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   52 ( 3 )   2015

  • 先天性角化不全症に合併した多発肝転移を伴う横行結腸癌の1例

    尾山貴徳, 野田卓男, 納所洋, 谷本光隆, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 嶋田明, 小田慈, 神崎洋光, 永坂岳司

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   52 ( 3 )   2015

  • Growing teratoma syndromeと考えられた卵巣未熟奇形腫の1例

    尾山貴徳, 野田卓男, 納所洋, 谷本光隆, 石田悠志, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 嶋田明

    日本小児外科学会雑誌   51 ( 6 )   2015

  • 腹部原発Stage IVのバーキットリンパ腫の1例

    村岡倫子, 嶋田明, 今城沙都, 金澤結, 鷲尾佳奈, 小田慈, 森島恒雄, 尾山貴徳, 野田卓男

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   52 ( 3 )   2015

  • 頚部異所性胸腺と縦隔内胸腺に同時発生したLangerhans cell histiocytosisの1例

    納所洋, 野田卓夫, 尾山貴徳, 谷本光隆, 金光喜一郎, 鷲尾佳奈, 嶋田明, 小田慈

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   52 ( 3 )   2015

  • 難治性横紋筋肉腫摘出時に手術合併症を来した1例

    尾山貴徳, 野田卓男, 嶋田明, 鷲尾佳奈, 村岡倫子, 小田慈

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)   52 ( 3 )   2015

  • 分葉膵に付着した消化管重複症の1例

    尾山 貴徳, 木村 圭佑, 野田 卓男, 楳田 祐三, 藤 智和, 八木 孝仁

    日本小児科学会雑誌   118 ( 5 )   847 - 847   2014.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡補助下VPシャント術の検討

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 木村 圭佑, 亀田 雅博, 安原 隆雄, 伊達 勲

    日本小児外科学会雑誌   50 ( 3 )   559 - 559   2014.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児外科学会  

    researchmap

  • OP-133-3 舌海綿状リンパ管腫に対するラジオ波焼灼術(OP-133 小児 良性腫瘍・その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    野田 卓男, 尾山 貴徳, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   549 - 549   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Growing Teratoma Syndromeと考えられた卵巣未熟奇形腫の1例

    木村圭佑, 尾山貴徳, 野田卓男, 鷲尾佳奈, 嶋田明, 小田慈

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   2014

  • 多発肺転移を認めた小児髄膜腫の1例:第2報

    尾山貴徳, 野田卓男, 谷本光隆, 鷲尾佳奈, 嶋田明, 金澤結, 小田慈, 市川智継

    日本小児血液・がん学会雑誌   51 ( 3 )   2014

  • 原発巣が特定不可能であった腹腔内未分化肉腫の1例

    尾山貴徳, 野田卓男, 谷本光隆, 吉川知伸, 金光喜一郎, 村岡倫子, 鷲尾佳奈, 嶋田明, 小田慈

    日本小児血液・がん学会雑誌   51 ( 4 )   2014

  • 分葉膵に付着した消化管重複症の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 楳田 祐三, 藤 智和, 八木 孝仁, 小阪 淳, 藤田 洋史

    日本小児外科学会雑誌   49 ( 3 )   745 - 745   2013.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 臍帯血移植後重症VODに対し生体肝移植を施行した後,GVHDに対し骨髄移植を施行した乳児白血病の一例

    尾山貴徳, 野田卓男, 吉田龍一, 八木孝仁, 鷲尾佳奈, 村岡倫子, 嶋田明, 小田慈, 森島恒雄

    日本小児外科学会雑誌   49 ( 3 )   2013

  • PD-10-5 先天性胆道拡張症術後長期合併症について(PD-10 パネルディスカッション(10)小児期発症胆道拡張症におけるキャリーオーバー期の諸問題,第112回日本外科学会定期学術集会)

    野田 卓男, 尾山 貴徳

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   213 - 213   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非血縁者間臍帯血移植後重症VODを発症し,生体肝移植にて救命しえた乳児白血病の一例

    鷲尾佳奈, 嶋田明, 大熊智帆, 村岡倫子, 河合毅, 吉田龍一, 八木孝仁, 尾山貴徳, 野田卓男, 林真雄, 柴田麻里, 松崎孝, 賀来隆治, 宮村能子, 小田慈, 森島恒雄

    日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号   54th-10th-17th   2012

  • P-218 舌および口腔内海綿状リンパ管腫に対するラジオ波焼灼術の効用にいついて-第2報-(リンパ管腫1,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会)

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷 守通, 山田 弘人, 久保 裕之, 出口 章広, 黒河内 和貴, 正木 勉, 星川 広史

    日本小児外科学会雑誌   47 ( 4 )   2011

     More details

    Language:Japanese   Publisher:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 12.気管を著明に圧排した神経線維腫症1型の1例(III ウイルムス腫瘍・神経系腫瘍,第51回中国四国小児がん研究会)

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷 守通, 山田 弘人, 久保 裕之

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   48 ( 2 )   148 - 148   2011

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=263658

  • 治療に難渋した良性疾患 舌および口腔内海綿状リンパ管腫に対するラジオ波焼灼術の経験

    野田 卓男, 谷 守通, 尾山 貴徳, 久保 裕之, 黒河内 和貴, 出口 章広, 正木 勉, 後藤 理恵子, 星川 広史

    日本小児外科学会雑誌   46 ( 3 )   528 - 528   2010.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 22.後腹膜複合組織型胚細胞腫瘍の1例(第50回中国四国小児がん研究会)

    谷 守通, 野田 卓男, 尾山 貴徳

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   47 ( 1 )   149 - 149   2010

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=263337

  • PS-075 舌および口腔内海綿状リンパ管腫に対するラジオ波焼灼術の経験(治療に難渋した良性疾患1,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会)

    野田 卓男, 谷 守通, 尾山 貴徳, 久保 裕之, 黒河内 和貴, 出口 章広, 正木 勉, 後藤 理恵子, 星川 広史

    日本小児外科学会雑誌   46 ( 3 )   2010

     More details

    Language:Japanese   Publisher:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 7.肝前性門脈閉塞症による食道静脈瘤破裂を繰り返している1例(一般演題,第37回日本小児内視鏡研究会)

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 山田 弘人, 久保 裕之, 井上 秀幸, 正木 勉

    日本小児外科学会雑誌   46 ( 6 )   2010

     More details

    Language:Japanese   Publisher:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 7.縦隔巨大mature cystic teratomaの1例(第48回中国四国小児がん研究会,研究会)

    尾山 貴徳, 渡辺 泰宏, 野田 卓男, 吉田 篤史

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   45 ( 1 )   72 - 72   2008

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=262809

  • 22.初発後5年を経過して再発した神経芽細胞腫IV S(続報)(第48回中国四国小児がん研究会,研究会)

    吉田 篤史, 渡辺 泰宏, 野田 卓男, 尾山 貴徳, 伊藤 進, 今井 正, 西庄 佐恵

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   45 ( 1 )   75 - 75   2008

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=262824

  • 3.左臀部infantile myofibromatosis(solitary)の1例(第46回中国四国小児がん研究会,研究会)

    尾山 貴徳, 渡辺 泰宏, 野田 卓男, 王 仲秋, 吉田 篤史

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 4 )   905 - 905   2005

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=261984

  • VS-1-2-03 肝細胞癌に対する肝右葉切除術 : Glisson一括処理を用いたanterior approach(ビデオシンポジウム1-2 : 手術手技の標準化・私達はこうしている(standard, state of arts) : 肝臓癌・膵臓癌)

    篠浦 先, 八木 孝仁, 尾山 貴徳, 国富 彩, 松川 啓義, 渡辺 直樹, 貞森 裕, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   950 - 950   2004.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PPB-1-156 生体肝移植の胆道再建における胆管胆管吻合法の成績(肝移植2)

    松川 啓義, 八木 孝仁, 尾山 貴徳, 村田 宏, 藤本 善三, 国富 彩, 篠浦 先, 渡辺 直樹, 貞森 裕, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   1198 - 1198   2004.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • SF-054-5 肝細胞癌に対する生体肝移植の成果と適応の問題点

    貞森 裕, 八木 孝仁, 稲垣 優, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 尾山 貴徳, 国富 彩, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   105   251 - 251   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-133-6 サイトカイン・シアーストレスからみたsmall for size graft移植後の肝再生

    尾山 貴徳, 八木 孝仁, 貞森 孝仁, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 国富 彩, 村田 宏, 岩垣 博巳, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   105   546 - 546   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-066-4 門脈浸潤膵癌に対する積極的門脈合併切除およびGEM化学療法の有効性

    八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 尾山 貴徳, 国富 彩, 村田 宏, 岩垣 博巳, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   105   442 - 442   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-004-3 Prostaglandin E2およびEP receptor agonistによる拒絶反応抑制効果の解析

    藤本 善三, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 村田 宏, 尾山 貴徳, 孫 冬生, 岩垣 博巳, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   105   349 - 349   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 3.無治療経過観察を行ったマス・スクリーニング発見神経芽腫の4例(【III】ワークショップ1,第38回東海小児がん研究会,研究会)

    堀越 泰雄, 寺島 慶太, 高嶋 能文, 天野 功二, 三間屋 純一, 河野 澄男, 長谷川 史郎, 岡崎 任晴, 山本 早恵, 島 秀樹, 尾山 貴徳, 浜崎 豊, 義岡 孝子, 青木 克彦, 曹 博信

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   41 ( 2 )   313 - 313   2004

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=261040

  • 4.マス・スクリーニング陽性神経芽腫の治療における外科の役割(【III】ワークショップ1,第38回東海小児がん研究会,研究会)

    岡崎 任晴, 河野 澄男, 長谷川 史郎, 山本 早恵, 島 秀樹, 尾山 貴徳, 天野 功二, 堀越 泰雄, 三間屋 純一, 浜崎 豊, 青木 克彦

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   41 ( 2 )   313 - 314   2004

     More details

    Language:Japanese   Publisher:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=261041

  • Polycystic diseaseに対する肝切除の意義

    稲垣 優, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 松川 啓義, 尾山 貴徳, 日下 敏, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   36 ( 7 )   828 - 828   2003.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 膵頭部癌に対する上腸間膜動脈・門脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除術の手術手技

    松川 啓義, 八木 孝仁, 尾山 貴徳, 村田 宏, 藤本 善三, 中川 仁志, 松田 浩明, 貞森 裕, 日下 敏, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   36 ( 7 )   822 - 822   2003.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 肝細胞癌に対する生体肝移植の適応と成果

    稲垣 優, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 石川 隆, 松田 浩明, 尾山 貴徳, 藤本 善三, 村田 宏, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   104   95 - 96   2003.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • T3,T4進行胆嚢癌に対する外科的治療の適応と意義

    藤本 善三, 八木 孝仁, 松川 啓義, 稲垣 優, 貞森 裕, 石川 隆, 松田 浩明, 村田 宏, 尾山 貴徳, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   104   443 - 443   2003.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • small for size graft移植後の肝再生と血中サイトカインの推移

    尾山 貴徳, 八木 孝仁, 稲垣 優, 貞森 裕, 石川 隆, 松川 啓義, 松田 浩明, 村田 弘, 松岡 順治, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   104   432 - 432   2003.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 当院における小児気道異物16例の検討

    島 秀樹, 河野 澄男, 長谷川 史郎, 岡崎 任晴, 吉田 篤史, 尾山 貴徳, 青木 克彦

    日本小児放射線学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Pediatric Radiology   17   29 - 29   2001.5

     More details

  • 大腸印環細胞癌の1女児例

    尾山貴徳

    小児がん   38   450 - 450   2001

▼display all

Presentations

▼display all

Research Projects

  • Photoimmunotherapy for gastrointestinal cancer

    Grant number:25462021  2013.04 - 2016.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Tanabe Shunsuke, KAGAWA Shunsuke, OYAMA Takanori, FUJIWARA Toshiyoshi, TAZAWA Hiroshi

      More details

    Grant amount:\4940000 ( Direct expense: \3800000 、 Indirect expense:\1140000 )

    The lack of particular target antigens in gastric cancer other than HER2 has hampered the development of new treatments for gastric cancer.We hypothesized that HER2-extracellular domain (HER2-ECD) gene transduction combined with trastuzumab-based photoimmunotherapy (PIT) might provide excellent and selective antitumor effects for peritoneal dissemination of gastric cancer. Adenovirus/HER2-ECD(Ad/HER2-ECD) efficiently transduced HER2-ECD into HER2-negative gastric cancer cells. Trastuzumab-mediated PIT induced selective cell death of HER2-ECD-transduced tumor cells, even in heterogeneous gastric cancer cells.Anti-HER2 PIT integrated with adenoviral HER2-ECD gene transfer was applied in mice bearing peritoneal dissemination of HER2-negative gastric cancer. Intraperitoneal administration of Ad/HER2-ECD and Tra-IR700 with PIT inhibited peritoneal metastasis and prolonged the survival of mice. Molecular-targeted PIT integrated with gene transfer technology is a promising strategy.

    researchmap

  • The study of regeneration of fetal small intestinal mucosa on the denuded colon

    Grant number:25462773  2013.04 - 2016.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    NODA Takuo, OYAMA Takanori, NAGASAKA Takeshi, NOGUCHI Hirofumi

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct expense: \3300000 、 Indirect expense:\990000 )

    The purpose of this study was to establish the efficient method of regeneration of fetal small intestinal mucosa on the denuded colon. Intestinal epithelial organoid units harvested from fetal rats were injected into denuded colon of adult rats.
    The 15mm length of ascending colon was isolated. A surgical mucosectomy was performed and denuded colonic muscle was reformed to tubular structure. Organoid units with stimulating factor were injected into the denuded colon, the denuded colon with stenting tube, and the denuded colon anastomosed with 15mm ileum. Full resurfacing of denuded colon with neomucosa did not occur in any loop. Only small nodular neomucosal area was seen in the denuded colon and partial extension of ileal mucosa to the colonic muscle anastomosed with ileum.
    Full surfacing of denuded colon with neomucosa is very difficult to perform using this technique. Denuded colon anastomosed with small intestine may be helpful to regenerate of fetal small intestinal mucosa.

    researchmap

  • 小腸不全症に対する治療法の開発-無粘膜大腸作成の可能性についての基礎的研究-

    Grant number:19659459  2007 - 2009

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    野田 卓男, 谷 守通, 尾山 貴徳, 吉田 篤史, 渡辺 泰宏

      More details

    Grant amount:\2000000 ( Direct expense: \2000000 )

    小腸不全症に対する治療法開発の基礎的研究として、有茎遊離無粘膜大腸内腔に小腸幹細胞を移植し小腸粘膜の再生を試みた。
    1) 6週SD雄性ラットを用いて、有茎遊離大腸1.5~3cmを腸間膜対側で開き、大腸粘膜を機械的に剥離した。8Fr栄養チューブをステントとし再度管腔構造とし、両端は盲端とした。胎仔小腸を取り出し、コラーゲン処理して作製した細胞塊を、前述の有茎遊離大腸内腔に注入した。移植後3週間で作製大腸を取り出して病理組織学的検討を行い、小腸粘膜が再生していることを確認した。
    2) この方法では小腸粘膜の再生効率が極めて低いことが問題で何らかの刺激因子が必要と報告されている。そこで、体外では内胚葉の分化の各段階に有効であることが報告されている塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF)を添加した小腸幹細胞を含む溶液を作製し、生体内での小腸粘膜再生において有効に作用するか確認した。
    3) 胎仔小腸を酵素処理して得られた細胞塊に、A)移植する細胞塊にbFGFを50ng/ml添加するグループ、B)bFGFを添加しないグループ、に分け、各々14匹ずつ作製した。移植後3週間で犠死して無粘膜大腸を組織学的および免疫組織学的に評価した。
    4) 実験の手技的な原因や術後癒着性イレウスなどで15匹を失い、評価可能なラットはグループA)6匹、グループB)7匹であった。両グループ合わせて8匹に小腸粘膜の再生が認められたが、無粘膜大腸内腔を完全に覆うような再生はなかった。しかし、病理学、免疫組織化学的に小腸粘膜の正常な構造が形成されていた。小腸粘膜の部分的な再生はbFGFを使用したグループA)で100%(6/6)、bFGF非使用のグループB)で28.6%(2/7)に見られた。
    5) 上記の成果を論文発表するとともに、研究会(学会)でも発表した。

    researchmap

  • 小児外科学

    1999

    その他の研究制度 

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • Pediatric Surgery

    1999

    The Other Research Programs 

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

 

Class subject in charge

  • General Surgery (2023academic year) special  - その他

  • Pediatric Surgery (2023academic year) special  - その他

  • Surgery (1) (Core Clinical Practice) (2023academic year) special  - その他

  • General Surgery (2022academic year) special  - その他

  • Pediatric Surgery (2022academic year) special  - その他

  • Surgery (1) (Core Clinical Practice) (2022academic year) special  - その他

▼display all