2021/12/16 更新

写真a

シンノウ ヤスオ
神農 泰生
SHINNO Yasuo
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯科) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • Regenerative Dentistry

  • Tissue Engineering

  • 組織工学

  • Esthetic Dentistry

  • 審美歯科

  • 再生歯学

研究分野

  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学

経歴

  • - 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教

    2005年

      詳細を見る

  • - Assistant Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University

    2005年

      詳細を見る

 

論文

  • 漂白歯面変化のSS-OCT評価

    神農 泰生, 島田 康史, 松崎 久美子, 横山 章人, Sadr Alireza, 角 保徳, 田上 順次, 吉山 昌宏

    日本歯科保存学雑誌   64 ( 4 )   265 - 270   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    researchmap

  • Assessment of Demineralization Inhibition Effects of Dentin Desensitizers Using Swept-Source Optical Coherence Tomography. 国際誌

    Kumiko Matsuzaki, Yasushi Shimada, Yasuo Shinno, Serina Ono, Kozo Yamaji, Naoko Ohara, Alireza Sadr, Yasunori Sumi, Junji Tagami, Masahiro Yoshiyama

    Materials (Basel, Switzerland)   14 ( 8 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to evaluate the mechanism of action and the inhibiting effects of two types of desensitizers against dentin demineralization using pre-demineralized hypersensitivity tooth model in vitro. In this study, we confirmed that a hypersensitivity tooth model from our preliminary experiment could be prepared by immersing dentin discs in an acetic acid-based solution with pH 5.0 for three days. Dentin discs with three days of demineralization were prepared and applied by one of the desensitizers containing calcium fluoro-alumino-silicate glass (Nanoseal, NS) or fluoro-zinc-silicate glass (Caredyne Shield, CS), followed by an additional three days of demineralization. Dentin discs for three days of demineralization (de3) and six days of demineralization (de6) without the desensitizers were also prepared. The dentin discs after the experimental protocol were scanned using swept-source optical coherence tomography (SS-OCT) to image the cross-sectional (2D) view of the samples and evaluate the SS-OCT signal. The signal intensity profiles of SS-OCT from the region of interest of 300, 500, and 700 µm in depth were obtained to calculate the integrated signal intensity and signal attenuation coefficient. The morphological differences and remaining chemical elements of the dentin discs were also analyzed using scanning electron microscopy and energy-dispersive X-ray spectroscopy. SS-OCT images of CS and NS groups showed no obvious differences between the groups. However, SS-OCT signal profiles for both the CS and NS groups showed smaller attenuation coefficients and larger integrated signal intensities than those of the de6 group. Reactional deposits of the desensitizers even after the additional three days of demineralization were observed on the dentin surface in NS group, whereas remnants containing Zn were detected within the dentinal tubules in CS group. Consequently, both CS and NS groups showed inhibition effects against the additional three days of demineralization in this study. Our findings demonstrate that SS-OCT signal analysis can be used to monitor the dentin demineralization and inhibition effects of desensitizers against dentin demineralization in vitro.

    DOI: 10.3390/ma14081876

    PubMed

    researchmap

  • Visual Analog Scale (VAS) を用いたコンポジットレジンの色調適合評価

    小野 瀬里奈, 𠮷山 昌宏, 大原 直子, 松崎 久美子, 澁谷 和彦, 横山 章人, 高橋 圭, 神農 泰生, 山路 公造, 島田 康史

    日本歯科保存学雑誌   63 ( 1 )   30 - 37   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本歯科保存学会  

    <p> 目的 : 近年, 接着性コンポジットレジン修復の応用範囲が拡大している. コンポジットレジンの色彩学的研究が進められてきたが, 色差計による客観的な色差判定と視覚による主観的な色の評価は必ずしも一致しない. 本研究では, コンポジットレジンの視覚的色調評価法の確立を目指し, 主観的評価のデータを連続変数として測定することができるVisual Analog Scale (VAS) を応用し, その有用性を検討した.</p><p> 材料と方法 : 構造色発色コンポジットレジン (試作コンポジットレジン : ECM-001) と3種類の市販コンポジットレジン (A3) を用いた. A1, A2, A3, A3.5シェードの上顎中切歯の硬質レジン歯にⅤ級またはⅢ級窩洞を形成し, 上記のコンポジットレジンを充塡して, 白色または黒色背景上での色調適合性をVAS法にて判定した. そしてVAS値による評価と視覚的な評価の関連性を検討した. Ⅴ級窩洞およびⅢ級窩洞に充塡した4段階のシェードに対するコンポジットレジン間の有意差は一元配置分散分析およびTukey HSD testを, 背景間の有意差についてはt検定を用いて有意水準5%で解析した.</p><p> 結果 : ECM-001はⅤ級窩洞において, ほかのコンポジットレジンと比較して同等以上の色調適合性を示した. Ⅲ級窩洞では, ECM-001は白色背景時にいずれのシェードの人工歯に対しても優れた色調適合性を示した. しかし, 黒色背景時にはほかのコンポジットレジンのVAS値が上昇する傾向を示したのに対し, ECM-001のVAS値は低下する傾向にあった. VAS値による評価と視覚的な評価の関連性の検討では, 評価者のVASによる色調適合評価の傾向は大部分で一致しており, VAS値は肉眼で認識することのできる情報を反映していることが示された.</p><p> 結論 : VASを応用したコンポジットレジン修復の色調適合評価は, 構造色発色コンポジットレジンの色調評価にも有用であり, コンポジットレジン修復における新規視覚的評価法の一つとなる可能性を示した.</p>

    DOI: 10.11471/shikahozon.63.30

    CiNii Article

    researchmap

  • 垂直歯根破折歯を口腔外接着再植法にて保存した症例.

    大原 直子, 田中 久美子, 垣内 伸子, 星加 知宏, 高橋 圭, 神農 泰生, 伊澤 俊次, 山路 公造, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏

    岡山市学会雑誌   33 ( 1 )   7 - 11   2014年

     詳細を見る

  • Tooth Wearに対してコンポジットレジンによる審美修復を行った症例.

    田中 久美子, 徳善 英紀, 大原 直子, 星加 知宏, 高橋 圭, 神農 泰生, 伊澤 俊次, 山路 公造, 西谷 佳浩, 吉山 昌宏

    岡山市学会雑誌   33 ( 1 )   1 - 5   2014年

     詳細を見る

  • 嚥下障害を有する岡山大学病院頭頸部がんセンターの患者に対して厳重なラバーダム装着がコンポジットレジン修復に有効であった症例

    田中久美子, 遠藤 梓, 渋谷和彦, 佐々木禎子, 三浦留美, 神農泰生, 西谷佳浩, 水川展吉, 吉山昌宏

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   65 - 70   2013年

     詳細を見る

  • 各種漂白剤処理後のエナメル質に対する接着性の検討.

    岸本麻実, 神農泰生, 穴吹優佳, 中田 貴, 田中久美子, 西谷佳浩, 吉山昌宏

    日本歯科保存学雑誌   53 ( 6 )   585 - 591   2010年

  • XPS analysis of the dentin irradiated by Er:YAG laser

    Masanori Omae, Yasuo Shinnou, Kumiko Tanaka, Tomoko Abo, Takashi Nakata, Koichiro Suzuki, Yoshinori Hatsuoka, Naohiro Iwata, Kazushi Yoshikawa, Yoshihiro Nishitani, Kazuyo Yamamoto, Masahiro Yoshiyama

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   28 ( 4 )   471 - 476   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    The aim of this study was to investigate the effect of Er:YAG laser irradiation on human dentin surface using X-ray photoelectron spectroscopy (XPS). 10 human dentin disks were prepared from extracted human molars for XPS analysis. These specimens were divided into two groups of five: a control group and group that were irradiated by an Er:YAG laser beam (1.00 mJ, 1Hz). All specimens were analyzed by XPS over a wide scanning range and narrow scanning ranges. The Ca/P ratio was calculated from the XPS results.
    In the results, the binding energies of Ca, P, and N in the laser-irradiated group were higher than those in the control group. The Ca/P ratio of the Er:YAG laser irradiated group (1.24 +/- 0.05) was significantly lower than that of the control group (1.52 +/- 0.16). This study showed that Er:YAG laser irradiation decreased Ca/P ratio and denatured the collagen of human dentin.

    DOI: 10.4012/dmj.28.471

    Web of Science

    researchmap

  • ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙芽細胞分化と象牙質再生.

    伊澤俊次, 山路公造, 星加知宏, 中田 貴, 神農泰生, 西谷佳浩, 吉山昌宏

    日本再生歯科医学会誌   2009年

     詳細を見る

  • コラーゲン固定化エチレン-ビニルアルコール共重合体(EVA+C)添加試作石灰化誘導促進性接着材の接着強さと生体親和性.

    神農泰生, 岸本麻実, 穴吹優佳, 山路公造, 西谷佳浩, 田中 亨, 佐野秀彦, 吉山昌宏

    日本再生歯科医学会誌   2009年

     詳細を見る

  • 臼歯垂直修復用コンポジットレジンの物性に関する検討.

    神農泰生, 岸本麻実, 穴吹優佳, 神谷絵里子, 大前正範, 西谷佳浩, 吉山昌宏

    日本歯科保存学雑誌   51 ( 6 )   622 - 628   2008年

  • Bone formatin induced by recombinant human BMP-2 combined with bioabsorbable material at subperiosteal sites.

    Yamaji K, Nishitani Y, Izawa S, Shinno Y, Omae M, Yoshiyama M

    J Oral Tissue Engin   4 ( 2 )   101 - 105   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    The purpose of this study was to evaluate the effect of bone formation induced by recombinant human BMP-2 (rhBMP-2) combined with bioabsorbable material Kurabio&reg;AG (AG) at palatal subperiosteal sites in Wistar rats. AG was freeze-dried alginated gel dressing.<BR>Experimental sites were divided into three groups according to the implans : BMP group (rhBMP-2 combined with AG), AG group (AG alone) and Control group.<BR>In every group, infected region or atypical cell proliferation was not observed, and new bone formation was observed at 6 weeks after implantation. Thickness of new bone (TNB) of BMP group was significantly higher than that of AG and Control groups. There was no significant difference in TNB between AG and Control groups.<BR>These results suggest that rhBMP-2 combined with AG have the ability to promote bone formation, although AG alone do not have any effect on bone formation.

    DOI: 10.11223/jarde.4.101

    CiNii Article

    researchmap

  • Dentin regeneration by direct pulp capping using a bioabsorbable materials.

    Itota T, Tashiro Y, Takagi R, Yamaji K, Shinno Y, Izawa S, Omae M, Yoshiyama M

    J Oral Tissue Engin   49   210 - 210   2006年

     詳細を見る

  • Fine deletional mapping of chromosome 4q22-35 region in oral cancer

    Y Shinno, E Gunduz, M Gunduz, H Nagatsuka, H Tsujigiwa, B Cengiz, YJ Lee, R Tamamura, M Ouchida, K Fukushima, K Shimizu, N Nagai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   16 ( 1 )   93 - 98   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PROFESSOR D A SPANDIDOS  

    We analyzed the loss of heterozygosity of the long arm of chromosome 4 in 40 oral cancers, using 16 microsatellite markers based on data from the human genome sequence, and defined the deletional mapping of the region with putative tumor suppressor genes. Our data revealed two distinct commonly deleted regions around the markers, D4S2623 and D4S1644, with an allelic deletion of 44 and 39%, respectively. Additional mapping and use of the markers near one of these hot spots narrowed down the minimally deleted region about 1.5 Mbp around the marker, D4S2623. Caspase 6 is localized 280 kb from the marker, D4S2623. Fine mapping of this region with possible tumor suppressor gene suggests caspasc 6 as a putative tumor suppressor gene. Further molecular analysis of caspase 6 should be performed to clarify its role in oral carcinogenesis.

    Web of Science

    researchmap

  • Distribution of calbindin D-28k in odontoblasts after cavity preparation in human teeth.

    Tashiro Y, Itota T, Takagi R, Shinno Y, Yoshiyama M

    Journal of Oral Tissue Engineering   2005年

     詳細を見る

  • Basaloid squamous cell carcinoma of the tongue in a Japanese male patient: A case report

    Yasuo Shinno, Hitoshi Nagatsuka, Chong-Huat Siar, Hidetsugu Tsujigiwa, Ryo Tamamura, Mehmet Gunduz, You-Jin Lee, Akira Sasaki, Noriyuki Nagai

    Oral Oncology Extra   41 ( 4 )   65 - 69   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Basaloid squamous cell carcinoma (BSCC) is a virulent variant of squamous cell carcinoma. We present a case of BSCC affecting the tongue of a 57-year old Japanese male. Microscopically, BSCC was diagnosed on the basis of presence of basaloid carcinomatous component in intimate contact with smaller areas of conventional squamous cell carcinoma. Immunohistochemistry demonstrated positive staining of tumor epithelium for pan-keratin marker MNF116, CK8, CK17, CK19 and CEA, weak immunoreactivity for CK14, EMA and S-100 protein and negative staining for CK1 and alpha-smooth muscle actin. The principal differential diagnoses considered were adenoid cystic carcinoma, adenosquamous carcinoma and polymorphous low-grade adenocarcinoma. © 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ooe.2004.12.002

    Scopus

    researchmap

  • Multiple osteolytic lesions of the jaws

    Han P P, Nagatsuka H, Tsujigiwa H, Gunduz M, Shinno Y, Rodriguez A P, Riveria R S, Nagai N

    Oral Medicine & Pathology   2005年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌抑制遺伝子候補の研究(その2) 癌抑制遺伝子候補としてのCaspase-6の検討.

    神農泰生, GunduzMehmet, 長塚仁, GunduzEsra, 辻極秀次, 清水憲二, 永井教之

    Journal of Hard Tissue Biology.   2004年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌抑制遺伝子候補の研究(その1) 4番染色体長腕部のLOH解析.

    神農泰生, GunduzMehmet, 長塚仁, GunduzEsra, 辻極秀次, 清水憲二, 永井教之

    Journal of Hard Tissue Biology.   2004年

     詳細を見る

  • ヒト歯胚と歯原性腫瘍基底膜におけるIV型コラーゲンα鎖の局在に関する免疫組織化学的研究.

    藤井英貴, 長塚 仁, You-Jin Lee, 神農泰生, 玉村 亮, Jing Xiao, 内藤一郎, 佐渡義一, 中川敏浩, 永井教之

    J Hard Tissue Biol   2004年

     詳細を見る

  • Pheomelanin and eumelanin of malignant melanomas and melanosis in oral mucosa 査読

    Lee Y-J, Nagaoka N, Sakae T, Takagi T, Nagatsuka H, Shinnou Y, Hibi K, Nagai N

    10 ( 2 )   89-95   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • チェアーザイド歯科英会話.11.根管治療後、痛みが出る可能性についての会話.

    吉備人出版  2010年  ( ISBN:9784860692575

     詳細を見る

  • チェアーザイド歯科英会話.10.適用可能な充填物の種類を患者に説明する会話.

    吉備人出版  2010年  ( ISBN:9784860692575

     詳細を見る

  • チェアーザイド歯科英会話.9.カリエスの除去に際し、麻酔の必要性と抜髄となる可能性を説明する会話.

    吉備人出版  2010年  ( ISBN:9784860692575

     詳細を見る

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 漂白後のエナメル質接着に対する還元剤の効果

    日本歯科審美学会学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • Dentin-regeneration by the differentiated bone marrow mesenchymal stem cells

    86th International Association for Dental Research  2008年 

     詳細を見る

  • オフィスホワイトニング後のエナメル質に対する各種接着システムの接着強さ

    第128回日本歯科保存学会  2008年 

     詳細を見る

  • コラーゲン固定化エチレン-ビニルアルコール共重合体(EVA+C)添加試作石灰化誘導促進性接着材の接着強さと生体親和性に関する基礎的研究

    第129回日本歯科保存学会  2008年 

     詳細を見る

  • 各種漂白剤処理後のエナメル質に対する接着性の検討

    第128回日本歯科保存学会  2008年 

     詳細を見る

  • 再石灰化水溶液中におけるコンポジットレジンの物性に関する研究

    第126回日本歯科保存学会  2007年 

     詳細を見る

  • 直接覆髄にrhBMP-2配合アルギン酸ゲルを用いた場合の組織反応

    第126回日本歯科保存学会  2007年 

     詳細を見る

  • グルタルアルデヒド法を用いたEr:YAGレーザー照射象牙質のコンポジットレジ ン接着性改善に関する研究 ポスター発表

    第10回Er:YAGレーザー臨床研究会  2007年 

     詳細を見る

  • 着色歯に対するホワイトニング効果および後戻りに関する研究

    第126回日本歯科保存学会  2007年 

     詳細を見る

  • リコンビナントヒトBMP-2配合アルギン酸ゲルを用いた骨再生療法の開発

    第5回日本再生歯科医学会  2007年 

     詳細を見る

  • Effects of remineralization-accelerating agent in odontoblast-like cell (MDPC-23)

    84th General session & exhibition of the IADR  2006年 

     詳細を見る

  • 新規カルボン酸系およびホスホン酸系接着性モノマーを配合した接着システムの接着耐久性

    第124回日本歯科保存学会  2006年 

     詳細を見る

  • スキャホールドがrhBMP-2による骨形成に及ぼす影響

    第27回岡山歯学会  2006年 

     詳細を見る

  • 生体吸収性創傷被覆材による象牙質・歯髄複合体の再生

    第125回日本歯科保存学会  2006年 

     詳細を見る

  • 生体吸収性創傷被覆材Kurabio gelに対する象牙質・歯髄複合体の反応

    第4回日本再生歯科医学会  2006年 

     詳細を見る

  • Odontoblast differentiation-dependent gene expression of bone marrow mesenchymal stem cells

    84th International Association for Dental Research  2006年 

     詳細を見る

  • ワンボトルワンステップ接着システムの採取後の放置時間が歯質接着性に及ぼす影響

    第125回日本歯科保存学会  2006年 

     詳細を見る

  • 臼歯直接修復用コンポジットレジンの物性に関する検討

    第125回日本歯科保存学会秋季大会  2006年 

     詳細を見る

  • Fine Deletional Mapping of Chromosome 4q22-35 Region in Oral Cancer

    3rd Asia Science Seminor  2005年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるCaspase-6の発現

    第94回日本病理学会学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌抑制遺伝子候補としてのCaspase-6の検討

    岡山歯学会25周年記念シンポジウム  2005年 

     詳細を見る

  • Identification of Caspase-6 as A Candidate Tumor Suppressor Gene at 4q25 in Oral Cancer

    3rd Asia Science Seminor  2005年 

     詳細を見る

  • 生体吸収性創傷被覆材を用いた象牙質・歯髄複合体の再生

    第3回日本再生歯科医学会  2005年 

     詳細を見る

  • 下顎腫瘍

    第86回病理学会中四国支部学術集会  2005年 

     詳細を見る

  • Multiple osteolytic lesions of the jaws.

    第15回日本口腔病理学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌抑制遺伝子候補としてのCaspase-6の検討

    第46回歯科基礎医学会学術大会  2004年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 審美歯学臨床応用学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 審美歯学臨床応用学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 接着歯学臨床応用学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 接着歯学臨床応用学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 審美歯学臨床応用学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 審美歯学臨床応用学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 接着歯学臨床応用学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 接着歯学臨床応用学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科保存修復学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示