2021/12/26 更新

写真a

コサカ ミツコ
小阪 美津子
KOSAKA Mitsuko
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教

学位

  • 医学 ( 大阪大学 )

研究キーワード

  • 虹彩上皮

  • 幹細胞

  • 発生・再生

  • がん

  • 細胞分化

研究分野

  • ライフサイエンス / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 解剖学

学歴

  • 大阪大学大学院医学研究科博士課程    

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学大学院医学研究科修士過程    

    1986年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学   School of Pharmaceutical Sciences  

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   医歯薬学総合研究科   助教

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山県産業活性化事業

    2009年9月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 理化学研究所発生再生科学総合研究センター   体性組織幹細胞研究ユニット   ユニットリーダー

    2003年10月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 科学技術振興事業団   タイムシグナルと制御 領域   さきがけ21研究者

    2000年10月 - 2003年9月

      詳細を見る

  • 京都大学   再生医科学研究所   客員助教授

    2000年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 倉敷成人病センター   主任研究員

    1999年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

  • 科学技術振興財団   遺伝と変化 領域   さきがけ21研究者

    1996年10月 - 1999年9月

      詳細を見る

  • 基礎生物学研究所   形態形成部門   助手

    1994年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学   Research Institute for Microbial Diseases   日本学術振興会特別研究員(PD)

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

論文

  • Prognostic value of OCT4A and SPP1C transcript variant co-expression in early-stage lung adenocarcinoma 査読 国際誌

    BMC Cancer   20 ( 1 )   521 - 521   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-020-06969-0

    PubMed

    researchmap

  • Conclusive Evidence for OCT4 Transcription in Human Cancer Cell Lines: Possible Role of a Small OCT4-Positive Cancer Cell Population 査読

    STEM CELLS   36 ( 9 )   1341 - 1354   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/stem.2851

    researchmap

  • Immediate differentiation of neuronal cells from stem/progenitor-like cells in the avian iris tissues. 査読

    Experimental Eye Research   123   16 - 26   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exer.2014.04.007

    Web of Science

    researchmap

  • Architecture of the subendothelial elastic fibers of small blood vessels and variations in vascular type and size. 査読

    Microscopy Microanalysis   19 ( 2 )   406 - 414   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1431927612014341

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Tsukushi functions as a Wnt signaling inhibitor by competing with Wnt2b for binding to transmembrane protein Frizzled4 査読

    Kunimasa Ohta, Ayako Ito, Sei Kuriyama, Giuseppe Lupo, Mitsuko Kosaka, Shin-ichi Ohnuma, Shinichi Nakagawa, Hideaki Tanaka

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   108 ( 36 )   14962 - 14967   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL ACAD SCIENCES  

    The Wnt signaling pathway is essential for the development of diverse tissues during embryogenesis. Signal transduction is activated by the binding of Wnt proteins to the type I receptor low-density lipoprotein receptor-related protein 5/6 and the seven-pass transmembrane protein Frizzled (Fzd), which contains a Wnt-binding site in the form of a cysteine-rich domain. Known extracellular antagonists of the Wnt signaling pathway can be subdivided into two broad classes depending on whether they bind primarily to Wnt or to low-density lipoprotein receptor-related protein 5/6. We show that the secreted protein Tsukushi (TSK) functions as a Wnt signaling inhibitor by binding directly to the cysteine-rich domain of Fzd4 with an affinity of 2.3 x 10(-10) M and competing with Wnt2b. In the developing chick eye, TSK is expressed in the ciliary/iris epithelium, whereas Wnt2b is expressed in the adjacent anterior rim of the optic vesicle, where it controls the differentiation of peripheral eye structures, such as the ciliary body and iris. TSK overexpression effectively antagonizes Wnt2b signaling in chicken embryonic retinal cells both in vivo and in vitro and represses Wnt-dependent specification of peripheral eye fates. Conversely, targeted inactivation of the TSK gene in mice causes expansion of the ciliary body and up-regulation of Wnt2b and Fzd4 expression in the developing peripheral eye. Thus, we uncover a crucial role for TSK as a Wnt signaling inhibitor that regulates peripheral eye formation.

    DOI: 10.1073/pnas.1100513108

    Web of Science

    researchmap

  • Tsukushi is a Frizzled ligand that, in competition with Wnt2b, regulates the proliferation of retinal stem/progenitor cells 査読

    Ohta Kunimasa, Ito Ayako, Kuriyama Sei, Lupo Giuseppe, Nakayama Rika, Ohshima Naoko, Kosaka Mitsuko, Ohnuma Shin-ichi, Nakagawa Shinichi, Tanaka Hideaki

    Mechanisms of Development   126   S273   2009年

  • Molecular function of Tsukushi on neuronal stem cells 査読

    Ohta Kunimasa, Ito Ayako, Kuriyama Sei, Lupo Giuseppe, Nakayama Rika, Ohshima Naoko, Kosaka Mitsuko, Ohnuma Shin-ichi, Nakagawa Shinichi, Tanaka Hideaki

    Neuroscience Research   65   S91   2009年

  • Novel variants of Oct-3/4 gene expressed in mouse somatic cells 査読

    Mizuno N, Kosaka M

    Journal of Biochemical Chemistry   283 ( 45 )   30997 - 31004   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M802992200

    Web of Science

    researchmap

  • Tsukushi is a Frizzled4 ligand that regulates the proliferation of retinal stem cells in competition with Wnt2b 査読

    Ohta Kunimasa, Ito Ayako, Kuriyama Sei, Nakayama Rika, Oshima Naoko, Kosaka Mitsuko, Ohnuma Shinichi, Nakagawa Shinichi, Tanaka Hideaki

    Neuroscience Research   61   S42   2008年

  • Multipotent cells from mammalian iris pigment epithelium. 査読

    Asami M, Sun G, Yamaguchi M, Kosaka M.

    Developmental Biology   304 ( 1 )   433 - 446   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2006.12.047

    Web of Science

    researchmap

  • Tsukushi inhibits the proliferation of retinal stem/progenitor cells 査読

    Ohta Kunimasa, Ito Ayako, Kuriyama Sei, Ohnuma Shinichi, Kosaka Mitsuko, Nakagawa Shinichi, Tanaka H

    Developmental Biology   306 ( 1 )   391   2007年

  • Tsukushi inhibits proliferation of retinal stem cells by Wnt signalling inhibition 査読

    Ohta Kunimasa, Ito Ayako, Kuriyama Sei, Ohnuma Shin-Ichi, Kosaka Mitsuko, Nakagawa Shin-Ichi, Tanaka Hideaki

    Neuroscience Research   58   S56   2007年

  • Developmental ability of cloned embryos from neural stem cells 査読

    Eiji Mizutani, Hiroshi Ohta, Satoshi Kishigami, Nguyen Van Thuan, Takafusa Hikichi, Sayaka Wakayama, Mitsuko Kosaka, Eimei Sato, Teruhiko Wakayama

    REPRODUCTION   132 ( 6 )   849 - 857   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIO SCIENTIFICA LTD  

    The success rate is generally higher when cloning mice from embryonic stem (ES) cell nuclei than from somatic cell nuclei, suggesting that the embryonic nature or the undifferentiated state of the donor cell increases cloning efficiency. We assessed the developmental ability of cloned embryos derived from cultured neural stem cell (NSC) nuclei and compared the success rate with that of embryos cloned from other donor cells such as differentiated NSCs, cumulus cells, Sertoli cells and ES cells in the mouse. The transfer of two-cell cloned embryos derived from cultured NSC nuclei into surrogate mothers produced five live cloned mice. However, the success rate (0.5%) was higher in embryos cloned from cultured NSC nuclei than from differentiated NSCs (0%), but lower than that obtained by cloning mice from other cell nuclei (2.2-3.50%). Although the in vitro developmental potential to the two-cell stage of the cloned embryos derived from NSC nuclei (73%) was similar to that of the cloned embryos derived from other somatic cell nuclei (e.g., 85% in Sertoli cells and 75% in cumulus cells), the developmental rate to the morula-blastocyst stage was only 7%. This rate is remarkably lower than that produced from other somatic cells (e.g., 50% in Sertoli cells and 54% in cumulus cells). These results indicate that the undifferentiated state of neural cells does not enhance the cloning efficiency in mice and that the arrest point for in vitro development of cloned embryos depends on the donor cell type.

    DOI: 10.1530/rep.1.01010

    Web of Science

    researchmap

  • Retinal stem/progenitor properties of iris pigment epithelial cells. 査読

    GW Sun, M Asami, H Ohta, J Kosaka, M Kosaka

    Developmental Biology   289 ( 1 )   243 - 252   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2005.10.035

    Web of Science

    researchmap

  • Adult human retinal pigment epithelial cells capable of differentiating into neurons. 査読

    K Amemiya, M Haruta, M Takahashi, M Kosaka, G Eguchi

    Biochem Biophys Res Commun.   316 ( 1 )   1 - 5   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2004.01.172

    Web of Science

    researchmap

  • Induction ot photoreceptor-specific phenotypes in adult mammalian iris tissue. 査読

    Haruta M, Kosaka M, Kanegae Y, Saito I, Inoue T, Kageyama R, Nishida A, Honda Y, Takahashi M.

    Nature Neuroscience   4 ( 12 )   1163 - 1164   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn762

    Web of Science

    researchmap

  • Localization of FGFR-1 in axotomized and peripheral nerve transplanted ferret retina 査読

    MZ Quan, M Kosaka, M Watanabe, Y Fukuda

    NEUROREPORT   10 ( 18 )   3903 - 3907   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    RETINAL ganglion cells (RGCs) survive axotomy and regenerate their axons into the peripheral nerve graft in adult mammals. To understand the potential role of fibroblast growth factors (FGFs) in survival and regeneration of axotomized RGCs, we examined FGF receptor 1 (FGFR-1) localization in normal and PN grafted ferret retinas by immunohistochemistry in combination with retrograde labeling. Prominent expression of FGFR-1 was observed in outer plexiform layer and ganglion cell layer of normal ferret retina. In the ganglion cell layer, FGFR-1 immunoreactivity was detected in about 30% of RGCs, predominantly in large cells. In the PN grafted ferret retina, 90% of RGCs with regenerated axons expressed FGFR-1. Our findings suggest that FGFs may play an important role in the survival and axonal regeneration of RGCs of adult mammals. (C) 1999 Lippincott Williams & Wilkins.

    Web of Science

    researchmap

  • In vitro culture system for iris pigmented epithelial cells for molecular analysis of transdifferentiation. 査読

    M Kosaka, R Kodama, G Eguchi

    Experimental Cell Research   245 ( 2 )   245 - 251   1998年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/excr.1998.4211

    Web of Science

    researchmap

  • INDUCTION OF TERATOCARCINOMA F9 CELL-DIFFERENTIATION WITH CIS-DIAMMINE DICHLOROPLATINUM(II) (CDDP) 査読

    T DOI, T SUMI, Y NISHINA, M KOSAKA, SA IWAI, M SAKUDA, Y NISHIMUNE

    CANCER LETTERS   88 ( 1 )   81 - 86   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI PUBL IRELAND LTD  

    cis-Diammine dichloroplatinum(II) (CDDP) is the salt of a platinum compound which has been noted to have a wide spectrum of activity against malignant disorders. We have studied the effects of CDDP on embryonal carcinoma F9 cell differentiation. In the presence of this agent in vitro, the cells showed rapid morphological changes, a marked increase in the mRNA expression of various differentiation markers accompanied by a loss of tumorigenicity. These results indicate that the differentiation of F9 cells is induced with CDDP.

    Web of Science

    researchmap

  • The kinetics of induction of Hox1.6 and c-jun mRNA during three different ways of inducing differentiation in teratocarcinoma F9 cells 査読

    Souichi A. Iwai, Yukio Nishina, Mitsuko Kosaka, Tetsuro Sumi, Toshihide Doi, Masayoshi Sakuda, Yoshitake Nishimune

    In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal: Journal of the Society for In Vitro Biology   31 ( 6 )   462 - 466   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Changes in Hox1.6 and c-jun gene expression were examined upon F9 cell differentiation that was induced by three independent methods: a drug treatment with retinoic acid (RA), that with sodium butyrate (NaB), and a genetic approach using the ts mutant. To obtain further information on the mechanism of teratocarcinoma cell differentiation we have examined the kinetics of the induction of Hox1.6 and c-jun mRNA whose gene products have been demonstrated to have specific roles in gene regulation. Expression of Hox1.6 mRNA was induced more rapidly than c-jun mRNA by all the above three inducing methods. Furthermore, protein synthesis was not required for the induction of Hox1.6 mRNA as well as of c-jun mRNA synthesis in all three methods. The data suggested that the transcriptional increase in the Hox1.6 mRNA was a primary response and could play an important role in F9 cell differentiation. © 1995, Society for In Vitro Biology. All rights reserved.

    DOI: 10.1007/BF02634259

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • F9 cells can be differentiated toward 2 distinct, mutually exclusive pathways by Reitnoic acid and Sodium butyrate. 査読

    M KOSAKA, M TAKEDA, K MATSUMOTO, Y NISHIMUNE

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   36 ( 2 )   223 - 230   1994年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE  

    Both retinoic acid (RA) and sodium butyrate (NaB) induce differentiation in embryonal carcinoma F9 cells. Phenotypic changes caused by RA are irreversible, whereas those of NaB are rapid and reversible. In this study, we investigated the effects of combinations of these two agents on F9 cell differentiation and showed that RA had no effect on the cells induced to differentiate with NaB and vice versa. Thus, F9 cells are induced to differentiate along two distinct pathways which are mutually exclusive.

    DOI: 10.1111/j.1440-169X.1994.00223.x

    Web of Science

    researchmap

  • The Induction of jun Genes during the Reversible Changes Induced with Sodium Butyrate on the Differentiation of F9 Cells 査読

    Yukio Nishina, Tetsuro Sumi, Souichi A. Iwai, Mitsuko Kosaka, Yoshitake Nishimune

    Experimental Cell Research   208 ( 2 )   492 - 497   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1006/excr.1993.1271

    Web of Science

    researchmap

  • Suppression of tumorigenicity in temperature‐sensitive mutants of embryonal carcinoma cells by induction of cell differentiation at non‐permissive temperature 査読

    Tetsuro Sumi, Masayoshi Sakuda, Yukio Nishina, Mitsuko Kosaka, Yoshitakc Nishimune

    International Journal of Cancer   54 ( 2 )   333 - 337   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The temperature‐sensitive (ts) mutants of cell differentiation derived from the mouse teratocarcinoma cell line F9, when exposed to non‐permissive temperature, undergo stem‐cell differentiation concomitant with a transient retardation of cell‐cycle progression. By incubating these mutant strains at non‐permissive temperature, we were able to study the relationship between cell differentiation and tumorigenicity. Upon exposure to non‐permissive temperature, the mutant cells undergo extensive differentiation and lose their ability to initiate tumors in vivo, but retain their in vitro proliferative potential. Our data suggest that the loss of tumorigenicity is not caused by altered proliferative potential, but rather by cell differentiation. We therefore suggest that the loss of proliferative potential and the onset of cell differentiation in teratocarcinoma F9 cells are 2 independent events which can be genetically dissected, and that there is (a) crucial step(s) in the differentiation pathway at which these ts mutant cells lose their tumorigenicity. Copyright © 1993 Wiley‐Liss, Inc., A Wiley Company

    DOI: 10.1002/ijc.2910540228

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Changes in Hox1.6, c-jun, and Oct-3 gene expressions are associated with teratocarcinoma F9 cell differentiation in three different ways of induction 査読

    Souichi A. Iwai, Mitsuko Kosaka, Yukio Nishina, Tetsuro Sumi, Masayoshi Sakuda, Yoshitake Nishimune

    Experimental Cell Research   205 ( 1 )   39 - 43   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To obtain information on the mechanism of teratocarcinoma cell differentiation, the expression of genes having a specific role in gene regulation was examined using three different methods of inducing differentiation: Drug treatments with retinoic acid (RA) and sodium butyrate, and a genetic approach using ts mutants. The RAR-β and MK genes were induced specifically by RA treatment, which indicates that these two genes are solely RA responsive. By contrast, a change in c-jun, Hox 1.6, and Oct-3 gene expression was observed in all three methods of F9 cell differentiation. These findings suggest that these three genes, whether down-or up-regulated, play an important and key role during teratocarcinoma cell differentiation. © 1993 Academic Press, Inc.

    DOI: 10.1006/excr.1993.1055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • c-myc and p53 gene expression in the differentiation of temperature-sensitive mutants of teratocarcinoma F9 cells. 査読

    M KOSAKA, SA IWAI, Y NISHINA, T SUMI, Y NISHIMUNE

    Oncogene   7 ( 12 )   2455 - 2460   1992年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Expression of c-kit protooncogene is stimulated by cAMP in differentiated F9 mouse teratocarcinoma cells 査読

    Yukio Nishina, Yuhki Kobarai, Tetsuro Sumi, Mitsuko Kosaka, Shin-ichi Nishikawa, Yoshitake Nishimune

    Experimental Cell Research   198 ( 2 )   352 - 356   1992年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0014-4827(92)90390-t

    Web of Science

    researchmap

  • Teratocarcinoma F9 cells induced to differentiate with sodium butyrate produce both tissue‐type and urokinase‐type plasminogen activators 査読

    Masashi Takeda, Mitsuko Kosaka, Yukio Nishina, Ken Sawada, Keishi Matsumoto, Yoshitake Nishimune

    Journal of Cellular Biochemistry   49 ( 3 )   284 - 289   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Sodium butyrate (NaB) can induce teratocarcinoma cell differentiation as retinoic acid (RA). However, the function of these two agents seems to be a little different [Kosaka et al., Exp Cell Res, 192:46-51, 1991]. F9 cells treated with NaB synthesize both tissue-type (tPA) and urokinase-type (uPA) plasminogen activator, though RA induces only tPA production. Urokinase-type PA is demonstrated to exist in association with membrane and to localize its activity to the close environment of the cell surface. This may cause the specific cell morphology and characteristics of differentiated F9 cells induced with NaB.

    DOI: 10.1002/jcb.240490311

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Reversible effects of sodium butyrate on the differentiation of F9 embryonal carcinoma cells 査読

    Mitsuko Kosaka, Yukio Nishina, Masashi Takeda, Keishi Matsumoto, Yoshitake Nishimune

    Experimental Cell Research   192 ( 1 )   46 - 51   1991年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0014-4827(91)90155-n

    Web of Science

    researchmap

  • Isolation of mutants showing temperature-sensitive cell growth from embryonal carcinoma cells: Control of stem cell differentiation by incubation temperatures 査読

    Yoshitake Nishimune, Yukio Nishina, Tetsuro Sumi, Mitsuko Kosaka, Masashi Takeda, Keishi Matsumoto, Aizo Matsushiro, Masayoshi Sakuda

    Biochemical and Biophysical Research Communications   165 ( 1 )   65 - 72   1989年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0006-291x(89)91034-6

    Web of Science

    researchmap

  • Inhibition of DNA synthesis causes stem cell differentiation: Induction of teratocarcinoma F9 cell differentiation with nucleoside analogues of DNA-synthesis inhibitors and their inducing abilities counterbalanced specifically by normal nucleosides 査読

    Yoshitake Hishimune, Mitsuko Kosaka, Yukio Nishina, Tetsuro Sumi, Masayoshi Sakuda, Masashi Takeda, Keishi Matsumoto

    Biochemical and Biophysical Research Communications   163 ( 3 )   1290 - 1297   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nucleoside analogues inhibiting DNA synthesis can induce cell differentiation in teratocarcinoma cells. We have examined how their abilities to induce F9 cell differentiation were specifically counterbalanced by their corresponding normal nucleosides. We have also compared the differentiation inducing ability of the wild type F9 cells with that of its thymidine kinase-less mutant using plasminogen activator, as a differentiation marker, which is expressed at a very early stage of endodermal cell differentiation and can be assayed quantitatively. The results obtained were clearly explainable by the conventionally accepted action mechanisms of the nucleoside analogues, thus strongly suggesting that their abilities to induce cell differentiation were direct consequences of the inhibition of DNA synthesis
    thus this confirms the notion that a close association exists between the inhibition of DNA synthesis and the induction of teratocarcinoma stem cell differentiation. © 1989.

    DOI: 10.1016/0006-291X(89)91118-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Iris pigment epithelium as a potential source for both basic biology and therapeutic applications for retinal regeneration. Strategies for retinal tissue repair and regeneration in vertebrates: from fish to human

    ( 担当: 単著)

    Research Signpost  2007年 

     詳細を見る

  • Multipotentiality of iris pigment epithelial cells in vertebrate eye.

    Mitsuko Kosaka, Guangwei Sun, M Haruta, M Takahashi( 担当: 単著)

    Humana Press, Canada  2004年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    researchmap

MISC

  • 子宮内膜癌および肺腺癌細胞におけるOCT4A/SPP1C共発現とその臨床的意義

    入江恭平, 入江恭平, 水野伸彦, 越宗靖二郎, 越宗靖二郎, 宮本朋幸, 宮本朋幸, 大塚愛二, 山本寛斉, 豊岡伸一, 増山寿, 小阪美津子

    日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集   30th   2021年

     詳細を見る

  • 解剖研究を通じた超音波による長母指屈筋副頭の検出方法の改善

    坂口和輝, 坂口和輝, 中原龍一, 百田龍輔, 小阪美津子, 品岡玲, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th   2020年

     詳細を見る

  • マウスとヒトにおけるPOU5F1遺伝子産物

    小阪美津子, 水野伸彦, 藤谷陽子, 藤谷陽子, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th   2020年

     詳細を見る

  • ヒト腫瘍におけるPOU5F1とPOU5F1-PG1の役割の違い

    小阪美津子, 水野伸彦, 入江恭平, 大前凌, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   124th   2019年

     詳細を見る

  • ヒトPOU5F1遺伝子ヴァリアントがコードするOCT4Cタンパク質の特性

    上園深希, 戎井孝太, 水野伸彦, 小阪美津子, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   122nd   2017年

     詳細を見る

  • 眼:虹彩および網膜に存在する組織幹細胞の実態解明

    小阪美津子, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   122nd   2017年

     詳細を見る

  • 体性組織で発現するOct3/4遺伝子variantの機能解析

    三宅望, 高畠あゆむ, 水野伸彦, 小阪美津子, 小阪美津子, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th   2013年

     詳細を見る

  • マウスOct3/4遺伝子variantがコードするOct3/4Cタンパク質の性状解析

    入江恭平, 水野伸彦, 小阪美津子, 小阪美津子, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th   2013年

     詳細を見る

  • ヒト癌細胞で発現するOct3/4遺伝子variantの同定

    宮本朋幸, 宮本朋幸, 水野伸彦, 大野英治, 大塚愛二, 小阪美津子, 小阪美津子

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th   2013年

     詳細を見る

  • 微小血管内皮下弾性線維構造とその血行動態との関係

    品岡 玲, 百田 龍輔, 小阪 美津子, 内藤 一郎, 中原 龍一, 大塚 愛二

    日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   43回・58回   105 - 105   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会・マトリックス研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 組織を構成する個々の細胞の不均一性と可塑性

    小阪 美津子, 大塚 愛二

    解剖学雑誌   86 ( 1 )   19 - 19   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本解剖学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Organ Biologyにおける再生医学の役割 体細胞のフレキシビリティの理解と応用

    小阪 美津子

    Organ Biology   15 ( 3 )   242 - 242   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臓器保存生物医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遺伝子工学と組織再生 眼組織幹細胞としての虹彩上皮細胞の基礎と応用

    小阪 美津子

    Organ Biology   14 ( 3 )   235 - 235   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臓器保存生物医学会  

    researchmap

  • シグマ-1受容体はc-Jun N末端キナーゼ経路を介して皮質ニューロンの神経突起伸長と軸索形成を介在する(Sigma-1 receptor mediates neurite outgrowth and axon formation of cortical neurons via c-Jun N-terminal kinase pathway)

    油上 絵里, 渡邉 康行, 高山 美子, 三田 四郎, 小阪 美津子

    日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回   180 - 180   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本発生生物学会・日本細胞生物学会  

    researchmap

  • 再生・組織形成・器官形成 生後マウス網膜における錐体-光受容体前駆細胞の発生学的可塑性(Developmental plasticity of cone-photoreceptor precursor cells in postnatal mouse retina)

    渡辺 康行, 浅見 真紀, Sun Guangwei, 土田 順司, 小阪 美津子

    日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回   68 - 68   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本発生生物学会・日本細胞生物学会  

    researchmap

  • TsukushiはWntシグナル伝達を阻害し、網膜幹細胞の増殖を制御する(Tsukushi inhibits Wnt signaling and regulates proliferation of retinal stem cells)

    伊藤 綾子, 栗山 正, 大沼 信一, 小阪 美津子, 中川 信一, 田中 英明, 太田 訓正

    日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回   192 - 192   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本発生生物学会・日本細胞生物学会  

    researchmap

  • 視覚の発生・再生と神経保護 分子発生学・細胞生物学研究の新展開 眼組織幹細胞の起源と実態

    小阪 美津子

    日本眼科学会雑誌   110 ( 臨増 )   58 - 58   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本眼科学会  

    researchmap

  • TsukushiはWnt2bと相互作用する網膜前駆細胞の分化を調節する(原標題は英語)

    伊藤綾子, 源島龍, 源島龍, 小阪美津子, 中川真一, 田中英明, 田中英明, 太田訓正, 太田訓正

    日本発生生物学会大会発表要旨集   39th   2006年

     詳細を見る

  • Potential sources for retinal regeneration in mammals

    Mitsuko Kosaka, Maki Asami

    ZOOLOGICAL SCIENCE   22 ( 12 )   1376 - 1376   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • 成体組織幹細胞の可塑性 眼組織再生の理解と応用

    小阪 美津子

    日本発生生物学会大会講演要旨集   36回   38 - 38   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本発生生物学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト培養網膜色素上皮細胞の神経細胞への分化

    雨宮 かおり, 春田 雅俊, 西田 明弘, 高橋 政代, 本田 孔士, 江口 吾郎, 小阪 美津子

    日本眼科学会雑誌   105 ( 臨増 )   254 - 254   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本眼科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Adult human retinal pigment epithelial cells can differentiate into neurone in vitro.

    K Amemiya, M Haruta, A Nishida, M Takahashi, Y Honda, G Eguchi, M Kosaka

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   42 ( 4 )   S779 - S779   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 神経幹細胞を利用した神経網膜の再生の試み

    春田 雅俊, 西田 明弘, 高橋 政代, 本田 孔士, 小阪 美津子, 鐘ヶ江 裕美, 斉藤 泉

    日本眼科学会雑誌   105 ( 臨増 )   369 - 369   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本眼科学会  

    researchmap

  • ホメオボックス遺伝子を用いた網膜由来neural sphereからの視細胞の分化誘導 (厚生労働省S)

    高橋政代, 赤木忠道, 春田雅俊, 秋田穣, 本田孔士, 小阪美津子, 鐘ケ江裕美, 斉藤泉

    網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成12年度研究報告書   2001年

     詳細を見る

  • 発生・再生を支える幹細胞システム 眼組織の再構築を支える幹細胞

    小阪 美津子

    日本発生生物学会大会講演要旨集   33回   6 - 6   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本発生生物学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Molecular analysis of lens transdifferentiation of pigmented epithelial cells

    M Kosaka, G Eguchi

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   40 ( 4 )   S926 - S926   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC  

    Web of Science

    researchmap

  • レンズ再生の分子機構の解析

    小阪 美津子

    日本発生生物学会大会講演要旨集   31回   150 - 150   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本発生生物学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • EGF and/or bFGF induces lens transdifferentiation of retinal pigmented epithelial cells

    M Kosaka, G Eguchi

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   38 ( 4 )   147 - 147   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT-RAVEN PUBL  

    Web of Science

    researchmap

  • 創傷治癒機序に基づくじょく創ケアの有効性

    藤沢三重子, 原田美津子, 今村美都子, 八木裕子, 伊藤朋枝, 内山美佳, 岡崎よしこ, 村田美恵子, 小阪マリ子

    日本社会保険医学会演説集   35th   1997年

     詳細を見る

  • 虹彩色素上皮細胞のレンズ細胞への分化転換機構

    小阪美津子, 江口吾朗

    日本発生生物学会大会発表要旨集   29th   1996年

     詳細を見る

  • マウステラトカルシノーマF9細胞の可逆的分化誘導

    小阪 美津子

    日本発生生物学会大会講演要旨集   23回   125 - 125   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本発生生物学会  

    researchmap

  • マウステラトカルシノーマF9細胞のNa-butyrateによる可逆的分化誘導について

    小阪 美津子

    日本癌学会総会記事   48回   148 - 148   1989年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • マウステラトカルシノーマの自己増殖から分化決定への過程におけるoncogeneの発現 細胞分化に関する変異株を用いた解析

    小阪 美津子

    日本発生生物学会大会講演要旨集   22回   108 - 108   1989年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本発生生物学会  

    researchmap

  • ANALYSIS OF TS MUTANTS OF CELL-DIFFERENTIATION IN EC CELLS

    M KOSAKA, Y NISHINA, Y NISHIMUNE

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   30 ( 4 )   417 - 417   1988年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • マウスとヒトにおけるPOU5F1遺伝子産物

    小阪美津子・水野伸彦・大前凌・入江恭平・大塚愛二

    第125回日本解剖学会総会・全国学術集会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月27日 - 2020年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 解剖研究を通じた超音波による長母指屈筋副頭の検出方法の改善

    坂口 和輝、中原 龍一、百田 龍輔、小阪 美津子、品岡 玲、大塚 愛二

    第125回日本解剖学会総会・全国学術集会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月27日 - 2020年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • Conclusive evidence for OCT4 transcription in human cancer cell lines: possible role of a small OCT4-positive cancer cell population

    Tomoyuki Miyamoto, Nobuhiko Mizuno, Aiji Ohtsuka, Mitsuko Kosaka

    第41回日本分子生物学会年会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月28日 - 2018年11月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒトがん細胞で発現す る OCT4転写 ・ 翻訳産物の同定と機能解析

    小阪美津子、水野伸彦、宮本朋幸、藤谷陽子、大塚愛二

    日本解剖学会第73回中国・四国支部学術集会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月20日 - 2018年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 医療専門職教育における解剖実習の現状と課題:岡山大学の場合

    大塚愛二、百田龍輔、小阪美津子、品岡玲、田口勇仁

    日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月28日 - 2017年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 虹彩および網膜に存在する組織幹細胞の実態解明

    小阪美津子・大塚愛二

    第122回日本解剖学会総会・全国学術集会・シンポジウム  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月28日 - 2017年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:長崎大学  

    researchmap

  • ヒトPOU5F1 遺伝子ヴァリアントがコードするOCT4Cタンパク質の特性

    上園 深希、戎井 孝太、水野 伸彦、小阪 美津子、大塚 愛二

    第122回日本解剖学会総会・全国学術集会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月28日 - 2017年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎大学  

    researchmap

  • ヒトOct4遺伝子とOct4偽遺伝子の機能的差異

    戎井孝太、小阪美津子、水野伸彦、大塚愛二

    日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会(愛媛)  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月24日 - 2015年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 悪性度の異なる2種類のヒト乳がん細胞の性状比較

    大谷啓江, 小阪美津子, 水野伸彦, 宮本朋幸, 大塚愛二

    第2回中四国医学部生研究集会  2015年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒトの手の小動脈壁における弾性線維構築の走査型電子顕微鏡観察

    木戸真由子, 品岡玲, 百田龍輔, 小阪美津子, 大塚愛二

    日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月25日 - 2014年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 万能遺伝子プロモーターの新規開発

    小阪美津子

    岡山リサーチパーク合同研究発表会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒトOCT4遺伝子発現解析における問題点の克服

    宮本朋幸、小阪美津子、水野伸彦、大野英治、大塚愛二

    日本解剖学会第68回中国四国支部学術集会  2013年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月19日 - 2013年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 体性組織で発現するマウスOct3/4遺伝子variant蛋白質の機能解析

    三宅望、高畠あゆむ、水野伸彦、小阪美津子、大塚愛二

    第118回日本解剖学会総会・全国学術集会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月28日 - 2013年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト癌細胞で発現するOct3/4遺伝子variant型の同定

    宮本朋之、水野伸彦、大野英治、大塚愛二、小阪美津子

    第118回日本解剖学会総会・全国学術集会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月28日 - 2013年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウスOct3/4遺伝子variantがコードするC型蛋白質の性状解析

    入江恭平、水野伸彦、小阪美津子、大塚愛二

    第118回日本解剖学会総会・全国学術集会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月18日 - 2013年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食道の後ろを通る左鎖骨下動脈を伴う右側大動脈弓の一例

    黒田和弘、入江恭平、楢崎正博、百田龍輔、小阪美津子、大塚愛二

    日本解剖学会第67回中四国支部会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月20日 - 2012年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 微小血管内皮下繊維構造とその血行動態との関係

    品岡玲、百田龍輔、小阪美津子、内藤一郎、中原龍一、大塚愛二

    第43回日本結合組織学会学術大会・第58回マトリックス研究会大会合同学術集会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 転写調節因子Oct3/4-A,B,Cの性状比較

    高畠あゆむ、小阪美津子、水野伸彦、大塚愛二

    岡山医学会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Neural stem/progenitor cells in the iris tissues of the chick embryo

    M Araki, T Ishikawa, A Fujihara and M Kosaka

    Joint Meeting of JSDB 45th and JSCB 64th at Kobe in 2012  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月29日 - 2012年5月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 微小血管の内皮下弾性線維の操作電子顕微鏡観察?血管の種類とサイズに応じての変化?

    品岡玲、百田龍輔、中原龍一、内藤一郎、熊岸加苗、小阪美津子、大塚愛二

    第117回日本解剖学会総会・全国学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月26日 - 2012年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Transdifferentiation of neuronal cells from iris pigment epithelial cells

    Tamami Ishikawa, Mitsuko Kosaka and Masasuke Araki

    44th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists/ Asia-Pacific Developmental Biology Network 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月18日 - 2011年5月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 組織を構成する個々の細胞の不均一性と可塑性

    小阪美津子、大塚愛二

    日本解剖学会第65回中四国支部会  2010年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月6日 - 2010年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 子宮内膜癌および肺腺癌細胞におけるOCT4A/SPP1C共発現とその臨床的意義

    入江恭平, 水野伸彦, 越宗靖二郎, 宮本朋幸, 大塚愛二, 山本寛斉, 豊岡伸一, 増山寿, 小阪美津子

    第30回日本がん転移学会学術集会・総会  2021年7月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト腫瘍におけるPOU5F1とPOU5F1PG1の役割の違い

    小阪美津子, 水野伸彦, 入江恭平, 大前凌, 大塚愛二

    第124回日本解剖学会総会・全国学術集会  2019年3月 

     詳細を見る

▼全件表示

産業財産権

▼全件表示

受賞

  • (公益財団法人)がん研究振興財団 研究奨励賞

    2019年4月  

  • 両備てい園記念財団 生物学に係る研究奨励賞

    2005年7月  

  • 岡山県ベンチャープランコンテスト 審査員特別賞

    2004年9月  

  • (公益財団法人)大阪対がん協会 研究奨励賞

    1993年3月  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 転移の鍵をにぎるSPP1遺伝子発現制御機構の解明とその応用

    研究課題/領域番号:19K09287  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小阪 美津子

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • Oct4陽性体細胞の可塑性を実証する

    研究課題/領域番号:15K15016  2015年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    小阪 美津子, 水野 伸彦

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    初期胚未分化全能性細胞やES, iPS細胞の未分化全能性維持に必須であるPOU5f1遺伝子が、出生後の体性組織にも機能している可能性がある。この遺伝子を発現する体細胞の可塑性を探求するために、発現細胞の細胞運命を解析できるシステムの構築を試みた。
    さらに、この細胞ががんの発生に関与する可能性を検証した。この細胞の生理的意義や病理的意義を解明することは、体性組織の構築・維持のしくみや、がん・変性症などの疾患の理解につながることが期待できる。様々なヒトがん細胞株で発現するOCT4遺伝子の転写産物と翻訳産物の網羅的同定を実施した。正常組織由来の細胞ではそれらはほとんど発現していないことを確認した。

    researchmap

  • 網膜の発生・維持・疾患におけるOct-3/4遺伝子の役割

    研究課題/領域番号:23592606  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小阪 美津子, 水野 伸彦, 大塚 愛二

      詳細を見る

    配分額:5460000円 ( 直接経費:4200000円 、 間接経費:1260000円 )

    網膜の発生・維持・疾患に関わると考えられるOct3/4遺伝子の働きを明らかにすることによって、網膜変性疾患や網膜芽腫などの腫瘍の発症機構の一端を解明しようとした。マウス網膜で発現する転写産物タイプ、ヒト網膜芽腫やその他のがん細胞で発現する転写産物タイプを新規同定し、マウスとヒトではそのタイプの使われ方に違いがある事が判明した。この結果は網膜を含めた体性組織におけるOct3/4遺伝子の機能を解明する上で重要な手がかりとなる。

    researchmap

  • 網膜視細胞の発生・分化および疾患に関わる遺伝子の探索

    研究課題/領域番号:19592048  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小阪 美津子, 水野 伸彦

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    幼弱期のマウス網膜組織内に、光受容体細胞(視細胞)の形質を獲得しているにもかかわらず、取り出して培養すると増殖を開始して他の網膜神経細胞へ分化転換するという細胞を発見した。その細胞は組織傷害時などに細胞分裂を開始し他の神経を生み出す幹細胞として機能しうる可能性が器官培養系の結果から得られ、全く新規の網膜幹細胞であることが示唆された。またその細胞の遺伝子発現を網羅的に解析し、網膜の発生・分化・疾患に関わる遺伝子候補を多数同定した。

    researchmap

  • 分化した色素上皮細胞が多分化態を維持できる分子機構の研究

    研究課題/領域番号:09680733  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    餅井 真, 小阪 美津子

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    色素上皮細胞は機能的に分化した後でもレンズ細胞や神経細胞へと分化転換できるユニークな細胞である。この色素上皮細胞が多分化能を維持し、分化転換できるしくみを遺伝子発現レベルで明らかにすることを目的とした。特に転写因子であるMitfに注目して研究を行い以下の成果を得た。
    1. ニワトリ発生過程でMitfは予定色素上皮細胞で他のどの分化マーカーよりも早く発現した。また、培養条件下でも色素上皮細胞の分化に対応して発現し、FGFやEGFなどにより脱分化が誘導される過程で発現が抑制された。さらにMitfを強制発現させることにより、色素細胞マーカーであるmmp115やtyrosinaseの発現が誘導されるとともに、分化転換が阻害された。一方Mitf以外にも色素上皮紬胞の分化を制御する転写因子が存在することが示唆された。
    2. ウズラsilver変異ではMitf遺伝子に変異が生じ、転写活性の低いタンパク質が作られることがわかった。また、silver変異体の色素上皮細胞は生体内で自立的に神経性網膜細胞に分化転換すること、さらに、培養条件下でも増殖因子の添加なしに神経細胞やレンズ細胞へ分化転換することが明らかとなった。
    以上のことからMitfは色素上皮細胞の分化転換の制御に極めて重要な役割を担う転写因子であることが明らかになった。今後Mitfの発現制御機構をより詳細に解析することによって、色素上皮細胞の多分化能維持のしくみを解明できると期待される。

    researchmap

  • 再生における分化転換の分子機構

    研究課題/領域番号:07044210  1995年 - 1997年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際学術研究  国際学術研究

    児玉 隆治, 江口 吾朗, TSONIS PANAG, 餅井 真, 江口 吾郎, TSONIS Panag, 小阪 美津子, 児玉 隆治

      詳細を見る

    配分額:11000000円 ( 直接経費:11000000円 )

    本年度は本共同研究の最終年度に当たるので、双方の研究を新しく飛躍的に展開しうることを重要視し、有尾両生類のイモリについて、レンズの再生機構にかかわる未解決の問題、すなわち1)レンズの再生細胞となる虹彩色素上皮細胞の加齢と再生機能との関連性、2)レンズ再生の虹彩色素上皮上縁部の局在性、および3)初期胚発生で重要な働きをする各種遺伝子が、レンズ再生に伴ってどのような発現パターンを示すかという3課題について集約的に共同研究を展開し下記の成果を得た。
    1)レンズを繰り返し再生させることで、虹彩色素上皮細胞の継続的な分裂増殖を促したところ、10回目を越えるあたりからレンズの再生が有意に遅延することが明らかとなり、レンズの再生細胞となる色素上皮細胞の加齢は最終的には再生能の喪失につながることが示唆された。
    2)FGF(繊維芽細胞増殖因子)の過剰投与により、虹彩上縁部以外の部分からのレンズ再生が促され、FGF受容体はレンズ再生を抑制する可能性を強く示唆する結果が得られた。
    3)初期胚発生における組織間相互作用にとって重要な働きをしていると考えられている各遺伝子(pax-6,FGF-1,FGFR-1,FGFR-2,FGFR-3,prox-1,およびshh)は、いずれもレンズ再生過程において特徴的な発現パターンを示し、再生過程における組織間相互作用を調節している可能性が示された。
    これらの成果は、いずれも従来得られなかった極めて重要な新知見であり、1)については、受精卵から育成した齢期の明らかな個体群について系統的に調査するための体制を整え、2)については遺伝子レベルの解析を進めつつある。このように本年度の研究により、新しく学術的意義の高い研究の展開が可能になった。

    researchmap

  • 動物組織細胞の分化転換と分化形質発現の安定化の分子機構

    研究課題/領域番号:07458197  1995年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    江口 吾朗, 小阪 美津子, 餅井 真, 児玉 隆治

      詳細を見る

    配分額:7100000円 ( 直接経費:7100000円 )

    年度内に本研究の所定の目的を達成するために、研究計画を組織的に実施し下記の成果をおさめた。
    1)ニワトリひなの虹彩色素上皮細胞を用い、従来の分化転換実験系の問題点を詳細に分析した。その結果、bFGF及びEGFが色素上皮細胞の脱分化と分化転換の主要な制御因子であることが明らかとなった。また、これら2種の成長因子を用いることで、虹彩色素上皮細胞のレンズ細胞への分化転換の全過程を完全に人為制御しうるきわめて安定かつ有効な分化転換実験系の確立に成功した。
    2)上記実験系による解析を通じて、色素上皮細胞の脱分化にはMAPキナーゼの活性化が不可欠であり、その分化転換過程では、眼形成に深く関与するホメオボックス遺伝子pax6とsix3の発現が、bFGFとEGFとの共役的な作用によって速やかに活性化されることが明らかにされた。
    3)色素上皮細胞の分化転換過程における細胞外基質(ECM)の役割を調査することによって、β1インテグリンがECMと細胞との情報伝達を担い、色素上皮細胞の分化形質発現の安定化に大きく寄与していることが明らかにされた。また、色素上皮細胞に脱分化が促されると、β1インテグリンは速やかに燐酸化されて機能を失うことが実証された。
    4)microphthalmia遺伝子(mi)を鳥類についてクローン化しその構造及び機能を詳細に解析した。その結果、miは、発生過程で網膜色素上皮が局部的に神経性網膜に分化転換するウズラsilver変異の原因遺伝子であり、色素上皮細胞の分化及び分化転換の制御遺伝子のひとつであることを明らかにした
    以上のごとく、本研究により、組織細胞の分化転換及び分化形質発現の安定化の分子メカニズム解明への道が拓かれた。

    researchmap

  • 虹彩色素上皮細胞によるレンズ細胞への分化転換機構

    研究課題/領域番号:07780668  1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    小阪 美津子

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    ニワトリ(孵化後1-2日)の眼球より虹彩色素上皮細胞を分離し培養を行い、色素細胞の分化状態を安定に維持する条件、及びレンズ細胞へ効率よく分化転換させうる最適条件を決定することができた(国際学術誌に投稿準備中)。今回得られた虹彩色素上皮培養系はその安定性、再現性、分化転換効率が、従来の網膜色素上皮細胞培養系に比べ非常に高く、レンズ再生の分子機構の解明に優れたモデル系となり得ると考えられた。
    色素上皮細胞がレンズ細胞へ分化転換する過程において、bFGF(basic fibloblast growth factorは必須の因子であり、色素上皮細胞の脱分化過程、レンズ細胞への再分化過程の双方のステップにおいて重要な働きを持つことが示唆された。さらに、各種増殖関連因子を培養系に添加しその影響を検討した結果、EGF(epidermal growth factor)が虹彩色素上皮細胞の分化状態に著名な変化を及ぼすことが初めて明らかとなった。予備的実験から、EGFは虹彩色素上皮細胞の脱分化を促進する可能性が示唆され、この因子の分化転換過程での働きを明らかにするとともに、生体でのレンズ再生過程におけるEGFの関与についても現在解析中である。
    上記のニワトリ色素上皮細胞による分化転換過程の解析を行うと共に、トランスジェニック実験系が確立しているマウスにおいても虹彩色素上皮細胞の培養を試みた。その結果、野生型マウス由来の色素上皮細胞は早い段階で増殖が停止し株化は困難であったが、ガン抑制遺伝子P35分子の遺伝子をジーンターゲット法により破壊したマウス(p53ノックアウトマウス)由来のものでは、長期間培養が可能で、10数種の独立した細胞株をクローニングすることに成功した。現在、これらの細胞株についての性状分析を行っている。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 人体構成学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 人体構成学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 人体構成学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 人体解剖学 (2021年度) 特別  - その他

  • 医学セミナー(チュートリアル) (2021年度) 第1学期

  • 基礎病態演習 (2021年度) 特別  - その他

  • 系統解剖学実習 (2021年度) 特別  - その他

  • 人体の構造:入門 (2020年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 人体構成学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 人体構成学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 人体解剖学 (2020年度) 特別  - その他

  • 医学セミナー(チュートリアル) (2020年度) 第1学期

  • 基礎病態演習 (2020年度) 特別  - その他

  • 系統解剖学実習 (2020年度) 特別  - その他

  • 人体の構造:入門 (2019年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2019年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2019年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2018年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2018年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2017年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2017年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2017年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2016年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2016年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2015年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2015年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2015年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2015年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2015年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2014年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2014年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2014年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2014年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2013年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2013年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2012年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2012年度) 特別  - その他

  • 人体構成学I(演習・実習) (2011年度) 特別  - その他

▼全件表示