2024/02/09 更新

写真a

イシイ アヤノ
石井 亜矢乃
ISHII Ayano
所属
岡山大学病院 准教授
職名
准教授
ホームページ
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 女性泌尿器科

  • 尿路感染症

  • Female urology

  • UTI

研究分野

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School, Division of Medicine  

    - 2001年

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    - 2001年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - 岡山大学岡山大学病院 准教授

    2016年

      詳細を見る

  • - Associate Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2016年

      詳細を見る

  • Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2010年 - 2016年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Okayama University Hospital

    2010年 - 2016年

      詳細を見る

  • Medical Staff

    2001年 - 2004年

      詳細を見る

  • 倉敷成人病センター 職員(医療系)

    2001年 - 2004年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山県医師会   女医部会委員  

    2023年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 排尿と泌尿器科疾患に関する臨床懇話会   世話人  

    2010年 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    排尿と泌尿器科疾患に関する臨床懇話会

    researchmap

 

論文

  • Exploration of the protein-dependent mechanism of Lactobacillus crispatus GAI98322 to prevent recurrent cystitis. 査読 国際誌

    Tomofumi Watanabe, Takuya Sadahira, Hidetada Hirakawa, Peng Huang, Tianyun Zhou, Takehiro Iwata, Takanori Sekito, Ayano Ishii, Masami Watanabe, Motoo Araki

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 10 )   1001 - 1004   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To elucidate the mechanism of Lactobacillus crispatus (L. crispatus) suppositories to prevent patients from recurrent cystitis (RC), independent from viable-Lactobacilli-bacteria- and acid-dependent ones such as hydrogen peroxide and lactate. METHODS: We used the GAI98322 strain of L. crispatus in all experiments and pH-matched. cell-free culture supernatant of L. crispatus (CFCS) was collected. The growth inhibitory activity and the biofilm formation inhibitory activity of the CFCS against uropathogenic Escherichia coli (UPEC), Extended Spectrum beta (β) Lactamase producing (ESBL+) UPEC, and Pseudomonas aeruginosa (P. aeruginosa) was assessed by agar-disk diffusion tests and crystal violet assay. Also, CFCS was subjected to mass spectrometry to specify ingredients. RESULTS: The CFCS suppressed the proliferation of E. coli, ESBL + E. coli, and P. aeruginosa. Also, the CFCS at a concentration of 40% significantly impeded the biofilm formation of these three bacteria. The aggregation-promoting factor and Lysin was detected from CFCS. CONCLUSIONS: The cell-free supernatant from the GAI98322 strain of L. crispatus inhibits the growth/biofilm formation of broad pathogens by aggregation promoting factor and lysin, which may prevent hosts from RC regardless of the antimicrobial resistance of the pathogens and even under pH modulation.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.06.013

    PubMed

    researchmap

  • Etiology of recurrent cystitis in postmenopausal women based on vaginal microbiota and the role of Lactobacillus vaginal suppository. 査読 国際誌

    Takanori Sekito, Koichiro Wada, Ayano Ishii, Takehiro Iwata, Takehiro Matsubara, Shuta Tomida, Masami Watanabe, Motoo Araki, Takuya Sadahira

    Frontiers in microbiology   14   1187479 - 1187479   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The vaginal microbiota can be altered by uropathogenic bacteria associated with recurrent cystitis (RC), and the vaginal administration of Lactobacillus have suggested certain effects to prevent RC. The relationship between vaginal microbiota and the development of RC has not been elucidated. We aimed to clarify the etiology of RC from vaginal microbiota and importance of vaginal Lactobacillus. METHODS: Vaginal samples obtained from 39 postmenopausal women were classified into four groups: healthy controls; uncomplicated cystitis; RC; and prevention (prevented RC by Lactobacillus crispatus-containing vaginal suppositories). Principal coordinate analysis and beta-diversity analysis was used to assess 16S rRNA gene sequencing data from the vaginal microbiome. RESULTS: Cluster analysis divided the vaginal bacterial communities among 129 vaginal samples into three clusters (A, B, and C). Fourteen of 14 (100%) samples from the RC group and 51 of 53 (96%) samples from the prevention group were in clusters B and C, while 29 of 38 (76%) samples from the healthy group and 14 of 24 (58%) samples from the uncomplicated cystitis group were in cluster A. The principal coordinate analysis showed that plots in the uncomplicated cystitis group were similar to the healthy group, indicating a large separation between the RC group and the uncomplicated cystitis group. On beta-diversity analysis, there were significant differences between the healthy group and the uncomplicated cystitis group (p = 0.045), and between the RC group and the uncomplicated cystitis group or the healthy group (p = 0.001, p = 0.001, respectively). There were no significant differences between the RC group and the prevention group (p = 0.446). The top six taxa were as follows: Prevotella, Lactobacillus, Streptococcus, Enterobacteriaceae, Anaerococcus, and Bifidobacterium. Among patients with RC, Lactobacillus was undetectable before administration of suppositories, while the median relative abundance of Lactobacillus was 19% during administration of suppositories (p = 0.0211), reducing the average cystitis episodes per year (6.3 vs. 2.4, p = 0.0015). CONCLUSION: The vaginal microbiota of postmenopausal women with RC is differed from healthy controls and uncomplicated cystitis in terms of lack of Lactobacillus and relatively dominant of Enterobacteriaceae. Vaginal administration of Lactobacillus-containing suppositories can prevent RC by stabilizing vaginal dysbiosis and causing a loss of pathogenic bacteria virulence.

    DOI: 10.3389/fmicb.2023.1187479

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy of Lactobacillus vaginal suppositories for the prevention of recurrent cystitis: A phase II clinical trial. 査読 国際誌

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Motoo Araki, Ritsuko Mitsuhata, Masumi Yamamoto, Yuki Maruyama, Takehiro Iwata, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Reiko Kariyama, Yasutomo Nasu, Ayano Ishii

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   28 ( 10 )   1026 - 1031   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.14636

    PubMed

    researchmap

  • Preventive efficacy and safety of lactobacillus vaginal suppositories in women with recurrent cystitis: A phase 2 study 査読

    Sadahira T, Wada K, Ishii A, Maruyama Y, Iwata T, Araki M, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Eur Urol Open Sci   19 ( 2 )   2036 - 2037   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S2666-1683(20)33968-9

    researchmap

  • 女性過活動膀胱に対する牛車腎気丸の効果と冷えとの関係について 査読

    松本 裕子, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 松尾 聡子, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 井上 雅, 荒木 詞奈子, 石戸 則孝, 高本 均

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   12 - 16   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    牛車腎気丸には過活動膀胱症状を改善する効果があることが知られているが、末梢血流増加作用もある。女性過活動膀胱に対し牛車腎気丸を投与し、治療効果と冷えとの関係を検討した。成人女性過活動膀胱患者56例を対象とし、TJ-107ツムラ牛車腎気丸エキス顆粒(牛車腎気丸)1日7.5gを分3で4週間投与し、治療前、治療4週目に過活動膀胱質問票(Overactive Bladder Symptom Score;OABSS)、冷えに関する質問票で症状を確認し、非接触型赤外線温度計で体表温度(手掌、恥骨上、足蹠)を測定した。他の過活動膀胱治療薬を内服している場合は変更せず継続した。平均年齢は35〜90歳(平均64.1±13.8歳)で、OABSSは治療前7.57±3.36、後6.73±3.50と有意に改善した(p=0.006)。治療前後で体表温度の有意な上昇はみられなかったが、治療前に冷えを自覚した36例(64.3%、平均65.1±13.8歳)ではOABSSが治療前7.94±3.65、後6.86±3.61と有意に改善し(p=0.004)、治療前に冷えを自覚しなかった20例(35.7%、平均62.3±13.6歳)では改善傾向はあったが有意差はなかった。このことから、治療前に冷えの自覚があるほうが、自覚のない症例に比べて牛車腎気丸による治療効果が期待でき、治療の指標になりうると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20190222240003&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2019%2F008101%2F003%2F0012-0016%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2019%2F008101%2F003%2F0012-0016%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • A Phase II Clinical Trial Evaluating the Preventive Effectiveness of Lactobacillus Vaginal Suppositories in Patients with Recurrent Cystitis

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Ayano Ishii, Takuya Sadahira, Masumi Yamamoto, Ritsuko Mitsuhata, Atsushi Takamoto, Motoo Araki, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Katsuyuki Hotta, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   70 ( 4 )   299 - 302   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Urinary tract infections (UTIs) are the most common bacterial infections in women, and many patients experience frequent recurrence. The aim of this report is to introduce an on-going prospective phase II clinical trial performed to evaluate the preventive effectiveness of Lactobacillus vaginal suppositories for prevention of recurrent cystitis. Patients enrolled in this study are administered vaginal suppositories containing the GAI 98322 strain of Lactobacillus crispatus every 2 days or 3 times a week for one year. The primary endpoint is recurrence of cystitis and the secondary endpoints are adverse events. Recruitment began in December 2013 and target sample size is 20 participants.

    DOI: 10.18926/AMO/54508

    Web of Science

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術における予防的全腟閉鎖術併用の試み

    小林 知子, 西村 慎吾, 富永 悠介, 宇埜 誠, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本女性骨盤底医学会プログラム・抄録集   25回   91 - 91   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    researchmap

  • 乳酸菌由来抗菌ペプチドの探索

    岩田 健宏, 定平 卓也, 渡部 智文, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 関戸 崇之, 吉永 香澄, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   71 ( 4 )   526 - 526   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 腟細菌叢解析による反復性膀胱炎への乳酸菌腟坐剤の効果の検証

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   71 ( 4 )   493 - 493   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Clinical Efficacy and Safety of Sitafloxacin 200 mg Once Daily for Refractory Genitourinary Tract Infections. 査読

    Takehiro Iwata, Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Takanori Sekito, Kasumi Yoshinaga, Shogo Watari, Kentaro Nagao, Tatsushi Kawada, Yusuke Tominaga, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Ayano Ishii, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Koichiro Wada

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   763 - 766   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/62820

    PubMed

    researchmap

  • 【これから始めるロボット支援下仙骨腟固定術】ロボット支援下仙骨腟固定術の導入に向けて 査読

    佐古 智子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   34 ( 2 )   221 - 225   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    骨盤臓器脱に対する治療として,2010年に経腟メッシュ手術が,2014年に腹腔鏡下仙骨腟固定術が保険収載され,泌尿器科医が骨盤臓器脱に対する治療を行うことも一般的になってきている.2020年4月の診療報酬改定により,新たにロボット支援腹腔鏡下仙骨腟固定術が保険収載された.腹腔鏡下仙骨腟固定術は,正確な剥離操作を要し,深部での縫合結紮操作を多用する手術であることなど,良性疾患に対する手術でありながら手技の難易度が比較的高い術式であると考えられる.これに対して手術支援ロボットを用いることで,手術の難易度が低減されること,手術成績が向上することが期待される.当院でも2020年8月よりロボット支援下仙骨腟固定術を導入した.ロボット支援下仙骨腟固定術のメリットやデメリット,導入の意義などについて,手術導入に向けた取り組みについて述べる.(著者抄録)

    researchmap

  • Clinical pharmacokinetics of oral azithromycin in epididymal tissue. 査読

    Sadahira T, Wada K, Ikawa K, Morikawa N, Mitsui M, Araki M, Fujiyoshi M, Ishii A, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 10 )   832 - 834   2019年10月

  • 腎移植、明日への挑戦 ロボット自家腎移植

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 西村 慎吾, 窪田 理沙, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 3 )   314 - 320   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    自家腎移植は本来摘出される腎臓を救済できる優れた手術だが、侵襲が大きく臨床応用の頻度は極めて少ない。2014年以降、傷の小さい低侵襲のロボット自家腎移植が北米を中心に臨床応用されている。当科ではまずブタでfeasibility studyを行いヒトへの臨床応用に移行した。対象は30代女性。左卵巣嚢腫破裂で緊急帝王切開および左付属器切除(出血量4L)。再出血のため左内腸骨動脈の血管塞栓術を施行。術後左尿管口より5cm頭側で長さ2.7cmの尿管狭窄に対し左尿管ステント留置。尿路造影にて左腎盂尿管移行部狭窄も疑われた。4年後、手術目的に当科を紹介されるも躊躇。さらに4年後、再診。創の小さいロボット自家腎移植を選択。傷も小さくステントフリーとなり患者は満足されている。ロボット自家腎移植は我々の症例も含め世界で4例報告されており、すべて距離の長い尿管狭窄に対して行われている。そうした症例に頻用されるileal ureterは腸管の尿の再吸収による代謝性アシドーシスなどが問題となり、Cr>2mg/dlでは禁忌である。Cr>2mg/dlの日本人は56万人も存在し、成人の179人に1人に相当することよりileal ureterを造設したときCr 2mg/dl以下でも、その患者が一生涯Cr 2mg/dl以下で過ごせる可能性は高くない。Boari flapは逆流防止がないもしくは困難で膀胱尿管逆流による尿路感染症などが問題となる。自家腎移植は尿の再吸収による代謝性アシドーシスがなく、逆流防止も可能な優れた手術である。ロボット自家腎移植は腎保存の新しい低侵襲手術である。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Clitoral Blood Flow Changes after Surgery with Tension-Free Vaginal Mesh for Pelvic Organ Prolapse. 査読

    Oiwa Y, Watanabe T, Sadahira T, Ishii A, Sako T, Inoue M, Wada K, Kobayashi Y, Araki M, Nasu Y

    Acta medica Okayama   73 ( 1 )   21 - 27   2019年2月

  • 再発性尿路感染症に対するプロバイオティクスの有効性

    定平卓也, 和田耕一郎, 三井將雄, 石井亜矢乃, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    西日本泌尿器科   80 ( 10 )   505‐509 - 509   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    尿路感染症に対する治療として中心的な役割を果たしてきた抗菌化学療法は大きな転機を迎えている。世界的な時流として耐性菌の問題や医療経済的にも抗菌薬の使用量を減少させる方向に移行している。尿路感染症においても例外ではなく、そのマネジメントに関して治療法の見直しだけでなく予防の重要性についての議論がなされている。そのうち、これまでに様々な臨床研究において有効性が確認されつつあるプロバイオティクスが抗菌薬とは異なる尿路感染症対策として注目されている。健常な閉経前の女性の腟内においては、基本的に乳酸菌が細菌叢(フローラ)を形成しているが、月経中や閉経後は乳酸菌が減少して腸内細菌が腟内に定着することとなる。その腟がリザーバーとなって細菌を供給し、頻繁に尿路の逆行性感染を引き起こすと考えられている。すなわち、腟内を乳酸菌中心のフローラに保つことで尿路感染症の再発(反復)リスクが低くなることが期待でき、実際にプロバイオティクスを用いた多くの研究が行われている。我々が現在行っている乳酸菌製剤のほか、プロバイオティクスの経口摂取が腟内フローラに与える影響に関しても検証が進んでおり、プロバイオティクスが尿路感染症の予防や治療に寄与することが期待されている。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対するプロバイオティクスの有効性 査読

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 三井 將雄, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology   80 ( 10 )   505 - 509   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    尿路感染症に対する治療として中心的な役割を果たしてきた抗菌化学療法は大きな転機を迎えている。世界的な時流として耐性菌の問題や医療経済的にも抗菌薬の使用量を減少させる方向に移行している。尿路感染症においても例外ではなく、そのマネジメントに関して治療法の見直しだけでなく予防の重要性についての議論がなされている。そのうち、これまでに様々な臨床研究において有効性が確認されつつあるプロバイオティクスが抗菌薬とは異なる尿路感染症対策として注目されている。健常な閉経前の女性の腟内においては、基本的に乳酸菌が細菌叢(フローラ)を形成しているが、月経中や閉経後は乳酸菌が減少して腸内細菌が腟内に定着することとなる。その腟がリザーバーとなって細菌を供給し、頻繁に尿路の逆行性感染を引き起こすと考えられている。すなわち、腟内を乳酸菌中心のフローラに保つことで尿路感染症の再発(反復)リスクが低くなることが期待でき、実際にプロバイオティクスを用いた多くの研究が行われている。我々が現在行っている乳酸菌製剤のほか、プロバイオティクスの経口摂取が腟内フローラに与える影響に関しても検証が進んでおり、プロバイオティクスが尿路感染症の予防や治療に寄与することが期待されている。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • Impact of selective media for detecting fluoroquinolone-insusceptible/extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli before transrectal prostate biopsy

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Motoo Araki, Ayano Ishii, Toyohiko Watanabe, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Tadasu Takenaka, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   24 ( 12 )   842 - 847   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    ObjectivesTo investigate the prevalence of fluoroquinolone-insusceptible and/or extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli colonizing in the male rectum before transrectal prostate biopsy.
    MethodsWe carried out a prospective cohort study of men undergoing transrectal prostate biopsy. CHROMagar Orientation originally supplemented with levofloxacin and CHROMagar Orientation/extended-spectrum beta-lactamase were used for detecting fluoroquinolone-insusceptible and extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli. Rectal specimens were collected before prostate biopsy, and the results of cultures in the selective medium were compared with drug susceptibility measured by standard methods. Targeted prophylactic antimicrobials were administered to patients with drug-resistant Escherichia coli and the incidence of postoperative prostatitis was investigated. In the case of prostatitis, pathogens preoperatively isolated from the rectum and those from urine were compared using pulsed-field gel electrophoresis.
    ResultsRectal colonization of fluoroquinolone-insusceptible or extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli was detected in 217 of 694 (31.3%) and 85 of 640 (13.3%) participants, respectively. The sensitivity and specificity of fluoroquinolone-insusceptible selective media were 96.8% and 88.2%, respectively. A total of 618 participants underwent transrectal prostate biopsy, and postoperative acute prostatitis was observed in four of 618 (0.6%) participants. Escherichia coli strains isolated preoperatively from the rectum and postoperatively from urine were found to be identical.
    ConclusionsThe present findings showed accuracy and performance of the selective media. Screening cultures before transrectal prostate biopsy using selective media seems to be helpful for guiding antibiotic prophylaxis and thus decreasing the rate of post-biopsy acute prostatitis.

    DOI: 10.1111/iju.13447

    Web of Science

    researchmap

  • Antimicrobial susceptibilities of Chlamydia trachomatis isolated from the urethra and pharynx of Japanese males

    Seiji Kai, Koichiro Wada, Takuya Sadahira, Motoo Araki, Ayano Ishii, Toyohiko Watanabe, Koichi Monden, Satoshi Uno, Tohru Araki, Yasutomo Nasu

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   23 ( 8 )   512 - 516   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: Sexually transmitted infections due to Chlamydia trachomatis (C. trachomatis) are a worldwide public health problem. The aim of this study was to investigate the drug susceptibilities of C. trachomatis strains isolated from the urethra and pharynx of Japanese males.
    Methods: Urethral and pharyngeal swabs were collected between 2013 and 2014 from Japanese males with urethritis. Using a McCoy cell line, 18 chlamydial strains were isolated from urethra in 18 patients and 7 from the pharynx in 7 of the 18 patients. The minimum inhibitory concentrations (MICs) of levofloxacin (LVFX) and azithromycin (AZM) were measured using the standard method of the Japanese Society of Chemotherapy.
    Results: The MICs of LVFX and AZM against urethral chlamydial strains were 0.125-0.5 mu g/mL and 0.125-0.25 mu g/mL, respectively. In pharyngeal strains, the MICs of LVFX and AZM were 0.125-0.25 mu g/mL and 0.125-0.25 mu g/mL, respectively. In 7 patients with chlamydial strains isolated from both the urethra and pharynx, the MICs of LVFX between these strains were identical in 3 of 6 patients (no growth was observed for one pharyngeal strain), while the MICs of AZM between these strains were identical in all 6 patients (not performed for one patient).
    Conclusions: Our data suggest that C. trachomatis strains isolated from the urethra and pharynx of Japanese males are susceptible to LVFX and AZM. Although measuring the MICs of chlamydial strains is labor intensive, it is a significant surveillance tool for treating chlamydial infections and preventing the spread of STIs. (C) 2017 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2017.04.005

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical pharmacokinetics of oral levofloxacin and sitafloxacin in epididymal tissue

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Kazuro Ikawa, Norifumi Morikawa, Hiroaki Kurahashi, Takashi Yoshioka, Yuichi Ariyoshi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Ayano Ishii, Masami Watanabe, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   23 ( 4 )   214 - 217   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: This study aimed to investigate the penetration of fluoroquinolones into human epididymal tissue.
    Methods: The penetration of levofloxacin (LVFX) 500 mg or sitafloxacin (STFX) 100 mg into epididymal tissue was examined. Patients with prostate cancer who were referred for orchiectomy were included. LVFX 500 mg (n = 9) or STFX 100 mg (n = 9) was administered orally 1 h before orchiectomy, and 0.5 g of epididymal tissue and blood samples were collected simultaneously during surgery. Drug concentrations were measured by high-performance liquid chromatography, and patient characteristics and adverse events were analyzed.
    Results: The mean ratio of the epididymal concentration to the serum concentration was 1.48 +/- 0.45 for LVFX and 1.54 +/- 0.81 for STFX. For LVFX, the simulated curves estimated the following: maximum concentrations (Cmax) of 8.84 mu g/ml in serum and 14.1 mu g/g in epididymal tissue and area under the concentration-time curve for 24 h (AUC(24)) of 68.5 mu g h/ml in serum and 108.9 mu g h/g in epididymal tissue. For STFX, the Cmax was 1.22 mu g/ml in serum and 1.66 mu g/g in epididymal tissue, and the AUC24 was 9.58 mu g h/ml in serum and 13.1 mu g h/g in epididymal tissue. Neither treatment-related adverse events nor postoperative urogenital infections were observed.
    Conclusions: The results of this study suggest that oral administration of LVFX 500 mg or STFX 100 mg achieves effective epididymal concentrations for treatment of epididymitis. (C) 2016 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.12.010

    Web of Science

    researchmap

  • Efficacy and safety of 3 day versus 7 day cefditoren pivoxil regimens for acute uncomplicated cystitis: multicentre, randomized, open-label trial

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Motoo Araki, Ayano Ishii, Atsushi Takamoto, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY   72 ( 2 )   529 - 534   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Background: Fluoroquinolone-non-susceptible Escherichia coli isolated from patients with acute uncomplicated cystitis are a matter of increasing concern. Cefditoren pivoxil is an oral, beta-lactamase-stable, extended-spectrum cephalosporin that is effective against fluoroquinolone-non-susceptible bacteria.
    Objectives: To evaluate the clinical and microbiological efficacies of cefditoren pivoxil against acute uncomplicated cystitis and to determine the optimal duration of cefditoren pivoxil treatment.
    Methods: We compared 3 and 7 day regimens of cefditoren pivoxil in a multicentre, randomized, open-label study.
    Results: A total of 104 female patients with acute uncomplicated cystitis were enrolled and randomized into 3 day (n = 51) or 7 day (n = 53) treatment groups. At first visit, 94 bacterial strains were isolated from the 104 participants of which 81.7% (85/104) were E. coli. Clinical and microbiological efficacies were evaluated 59 days following administration of the final dose of cefditoren pivoxil. The clinical efficacies of the 3 and 7 day groups were 90.9% (40/44) and 93.2% (41/44), respectively (P = 1.000). The microbiological efficacies of the 3 and 7 day groups were 82.5% (33/40) and 90.2% (37/41), respectively (P = 0.349). There were no adverse events due to cefditoren pivoxil treatment, with the exception of a mild allergic reaction in one patient, after which the cefditoren pivoxil was exchanged for another antimicrobial.
    Conclusions: Cefditoren pivoxil is safe and effective for uncomplicated cystitis, with no significant differences in clinical and microbiological efficacies between 3 and 7 day regimens.

    DOI: 10.1093/jac/dkw424

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical analysis of bacterial strain profiles isolated from urinary tract infections: A 30-year study

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Masumi Yamamoto, Takuya Sadahira, Ritsuko Mitsuhata, Motoo Araki, Yasuyuki Kobayashi, Ayano Ishii, Reiko Kariyama, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 7-8 )   478 - 482   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: We analyzed bacterial strains isolated from urine samples of patients with urinary tract infections (UTI) at Okayama University Hospital over a 30-year period to characterize trends in species and antimicrobial susceptibilities.
    Methods: Clinical isolates were collected from in- and out-patients with pyuria and bacteriuria who were treated between 1984 and 2014 (one episode per patient and plural isolates were counted in poly microbial infection). We examined these isolates to identify pathogens and tested for antimicrobial susceptibility.
    Results: Isolates from complicated UTI over a 30-year period revealed Pseudomonas aeruginosa (P. aeruginosa) was the most frequently isolated in the first decade (1984-1994), MRSA in the second decade (1995-2004), and Escherichia coli (E. coli) in the latest decade (2005-2014). In uncomplicated UTI examined over 20 years, E. coli was the most frequently isolated species accounting for 47-94% of isolates. Fluoroquinolone (FQs)-insusceptible E. coli were first isolated in 1994 and increased to about 35% in 2013 in patients with complicated UTI.
    Conclusions: Complicated UTI involving P. aeruginosa and MRSA decreased over the last 10 years. Our data suggest that several factors such as shorter hospitalizations, shorter indwelling catheter use, and appropriate antimicrobial use has decreased colonization of P. aeruginosa and MRSA with relative increases in isolation of E. coli including FQs-insusceptible strains. We must continue our surveillance of antimicrobial-resistant bacteria isolated from urine samples and evaluate antibiograms, since their persistence in the urinary tract would be problematic. (C) 2016 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.04.004

    Web of Science

    researchmap

  • ロボット支援・開腹術における腎部分切除の工夫 査読

    荒木 元朗, 小林 泰之, 井上 陽介, 児島 宏典, 光井 洋介, 宗政 修平, 定平 卓也, 吉岡 貴史, 有吉 勇一, 森 聰博, 藤尾 圭, 高本 篤, 松本 裕子, 堀川 雄平, 和田 耕一郎, 杉本 盛人, 佐々木 克己, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   78 ( 4 )   194 - 195   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 頻回再発性膀胱炎に対する乳酸菌腟坐剤の予防効果に関する臨床的検討 査読

    石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 上原 慎也, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   90 ( 2 )   260 - 261   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • Levofloxacin 500mg単回投与における前立腺組織移行性の検討

    定平卓也, 和田耕一郎, 上原慎也, 山本満寿美, 光畑律子, 能勢宏幸, 石井亜矢乃, 狩山玲子, 渡辺豊彦, 公文裕巳

    日本化学療法学会雜誌   63 ( 4 )   406 - 410   2015年

     詳細を見る

  • 新規マウス薬効評価系の構築に向けた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    狩山 玲子, 堀 賢司, 村上 圭史, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    緑膿菌感染症研究会講演記録   48回   64 - 67   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    ICR系マウス(雄)を用い、発光性緑膿菌の培養液中にポリエチレンチューブ(PT)を浸漬してバイオフィルムを形成させ、経尿道的にマウス膀胱内に留置し、緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルを作製した。感染実験開始6日前からアンピシリン含有水を3日間飲水させた。IVIS Luminaによる観察では、比較対照の大腿部感染モデルではプラスミド上に発光オペロンをコードしたPseudomonas aeruginosa PAO1-lux1株は、染色体上にコードしたP.aeruginosa Xen 5株やXen 41株より10〜100倍高い発光量を示し、染色体上にコードしたP.aeruginosa PAO1-lux2株はXen 5株やXen 41株と同程度の発光量を示した。尿路感染モデルではプラスミド上にコードしたP.aeruginosa PAO1-lux1株は半数のマウスでPT挿入2時間後に膀胱の発光像を認めたが、以後は発光が不安定で生菌数との関連性はなかった。染色体上にコードしたP.aeruginosa PAO1-lux2株の発光は1週間安定であった。

    researchmap

  • 男子尿道、咽頭から分離されたChlamydia trachomatisのlevofloxacin、azithromycinに対する感受性 査読

    和田 耕一郎, 松本 明, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 宇埜 智, 門田 晃一, 荒木 徹, 公文 裕巳

    日本性感染症学会誌   25 ( 2 )   93 - 93   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   27   67 - 71   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    ラット尿路バイオフィルム感染症(膀胱内異物)モデルを応用してマウスモデルの作製を行い、その実験モデル系を使用して、IVIS imaging systemの応用性の検証ならびに経口抗菌薬の治療効果を検討した。前培養したPseudomonas aeruginosa PAO1-lux株の菌液中、螺旋形に形状記憶したポリエチレンチューブ(PT)を浸漬・浸盪培養してバイオフィルムを形成させた後、経尿道的に麻酔下のICR系マウス(雌、6〜7週齢)の膀胱内に留置し、尿道口を2時間閉鎖した。感染菌の排尿を確認したマウスを用いて5日後から抗菌薬の経口投与(1日1回)を開始した。最終投与翌日に膀胱内のPTを取り出し、生菌数を算出した。本膀胱内異物モデルは感染が21日以上持続し、PT挿入5日後の難治化した状態から14日間の長期抗菌薬投与による治療実験が可能であった。PT付着の生菌数を指標とした治療効果は、プルリフロキサシン(10mg/kg)単剤投与群の7〜14日間投与で認めた。また、プルリフロキサシン(10mg/kg)とホスホマイシン(100mg/kg)との併用群では、14日間投与で治療効果が増強した。IVIS Luminaによる感染病巣の観察では、約半数のマウスにおいてPT挿入2時間後に膀胱の発光像を確認したが、以降は発光が不安定で生菌数との関連性はなかった。今後、発光性緑膿菌の改良により、可視的で定量的な薬効評価系の確立を目指す。(著者抄録)

    researchmap

  • Molecular epidemiology and clinical implications of metallo-β-lactamase-producing Pseudomonas aeruginosa isolated from urine

    Sako S, Kariyama R, Mitsuhata R, Yamamoto M, Wada K, Ishii A, Uehara S, Kokeguchi S, Kusano N, Kumon H

    Acta Med Okayama   68 ( 2 )   89 - 99   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • 尿失禁症状を有する産後1ヶ月の褥婦への骨盤底筋体操指導の取り組み

    大井伸子, 山本満寿美, 江國一二美, 岡本真由美, 佐藤久恵, 寺本直美, 石井亜矢乃

    第44回日本看護学会論文集母性看護   44   26 - 29   2014年

     詳細を見る

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    Bacterial Adherence & Biofilm 学術集会   27回   46 - 46   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 産後1ヵ月時に尿失禁症状を有する褥婦への骨盤底筋体操指導の取り組み.

    石井亜矢乃, 大井伸子, 山本満寿美, 江国一二美, 佐藤久恵, 岡本真由美, 寺本直美, 真鍋明子, 大和豊子, 渡辺豊彦, 公文裕巳

    日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   122 - 126   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Prevalence of pharyngeal Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae among heterosexual men in Japan 査読

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Ritsuko Mitsuhata, Reiko Kariyama, Hiroyuki Nose, Shinichi Sako, Ayano Ishii, Toyohiko Watanabe, Akira Matsumoto, Koichi Monden, Satoru Uno, Tohru Araki, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   18 ( 5 )   729 - 733   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Pharyngeal chlamydial and gonococcal infections can occur as a consequence of oral sex, and they also can be transmitted from the pharynx to the genital tract of sex partners. There have been many reports on the prevalence of pharyngeal Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae in men who have sex with men; however, there have been few reports on the prevalence of these pathogens in the pharynges of heterosexual men. In this study, we determined the prevalence of pharyngeal C. trachomatis and N. gonorrhoeae in 42 heterosexual men diagnosed with urethritis. Pharyngeal swabs and first-voided urine specimens were tested using the Gen-Probe APTIMA Combo 2 transcription-mediated amplification assay. The prevalence of pharyngeal C. trachomatis and N. gonorrhoeae in patients with urethritis was 2.4 % (1/42) and 11.9 % (5/42), respectively. Among patients with either chlamydial or gonococcal urethritis, 9.1 % (1/11) and 25.0 % (5/20) had pharyngeal C. trachomatis or N. gonorrhoeae, respectively. Our results suggest that screening for pharyngeal colonization by N. gonorrhoeae and C. trachomatis using validated nucleic acid amplification tests should be performed in heterosexual men diagnosed with urethritis.

    DOI: 10.1007/s10156-012-0410-y

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Laparoscopic-assisted tension-free vaginal mesh: an innovative approach to placing synthetic mesh: transvaginally for surgical correction of pelvic organ prolapse. 査読

    Watanabe T, Inoue M, Ishii A, Yamato T, Yamamoto M, Sasaki K, Kobayashi Y, Araki M, Uehara S, Saika T, Kumon H

    Acta medica Okayama   66 ( 1 )   23 - 29   2012年2月

  • 遠隔地に居住する尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    石井亜矢乃, 大井伸子, 山本満寿美, 藤井夕子, 梶岡亘子, 中塚安美, 村島眞由美, 矢木和香, 井上 雅, 大和豊子, 渡辺豊彦, 公文裕巳

    日本女性骨盤底医学会誌   9 ( 1 )   158 - 160   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Impact of overactive bladder and lower urinary tract symptoms on sexual health in Japanese women.(共著)

    Sako T, Inoue M, Watanabe T, Ishii A, Yokoyama T, Kumon H

    International Urogynecology Journal   22 ( 2 )   165 - 169   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00192-010-1250-x

    Web of Science

    researchmap

  • 臨床報告 尿管結石による疝痛発作時の芍薬甘草湯の効果.(共著 )

    井上 雅, 横山光彦, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦, 大和豊子, 公文裕巳

    日本東洋医学雑誌   62 ( 3 )   359 - 362   2011年

  • 岡山大学泌尿器科における女性外来統計と患者アンケート調査.(共著)

    井上 雅, 石井亜矢乃, 大和豊子, 渡辺豊彦, 雑賀隆史, 公文裕巳

    西日本泌尿器科   73 ( 9 )   470 - 474   2011年

     詳細を見る

  • 淋菌性尿道炎患者での咽頭における淋菌の分離状況に関する検討.

    石井亜矢乃, 上原慎也, 渡辺豊彦, 狩山玲子, 公文裕巳

    日本性感染症会誌   22 ( 1 )   108 - 113   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 耐性菌、難治性感染症とバイオフィルム メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能およびblaIMP-1遺伝子の伝達性に関する検討

    山本 満寿美, 狩山 玲子, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   23   71 - 75   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    プラスミド性の薬剤耐性遺伝子を保有するメタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌は、ほぼ全ての抗菌薬に高度耐性を示す傾向が強く、院内感染対策上、特に留意する必要がある。そこでMBL産生緑膿菌に着目し、バイオフィルム形成能およびblaIMP-1遺伝子の伝達性に関する検討を行った。A県3施設で分離されたIMP-1型MBL産生緑膿菌123株を対象とした。バイオフィルムアッセイにはマイクロプレートを用い、トリプトソイブイヨン培地中のバイオフィルム形成能を定量化した。フィルター法による接合伝達実験では、受容菌としてPseudomonas aeruginosa ML5017株、イミペネムとリファンピシン添加の選択培地を用いた。バイオフィルム高度形成群OD570≧1;29株(23.6%)、中等度1>OD570≧0.5;47株(38.2%)、低度0.5>OD570≧0;47株(38.2%)であった。高度・中等度形成群76株のうち、尿由来株は57株(75.0%)であった。35株の接合伝達実験を行った結果、33株でイミペネム耐性が伝達し、そのうち9株は伝達頻度が比較的高かった(10^-4〜10^-6)。PCR法およびパルスフィールドゲル電気泳動法により、24株中18株のblaIMP-1遺伝子の伝達性が確定できた。バイオフィルム形成能が高い緑膿菌は、環境中に長期に生息し、薬剤耐性遺伝子を獲得している可能性がある。MBL産生緑膿菌の伝播・拡散防止のためには、バイオフィルムを形成させないための医療・療養環境の管理が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • CLITORIAL BLOOD FLOW CHANGES AFTER SURGERY WITH TENSION-FREE VAGINAL MESH FOR PELVIC ORGAN PROLAPSE 査読

    Toyohiko Watanabe, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Hiroyuki Nose, Katsutoshi Uematsu, Katsumi Sasaki, Motoo Araki, Shinya Uehara, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   183 ( 4 )   E583 - E583   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2010.02.1250

    Web of Science

    researchmap

  • SEXUAL FUNCTION AFTER LAPAROSCOPIC ASSISTED TENSION-FREE VAGINAL MESH FOR SURGICAL CORRECTION OF PELVIC ORGAN PROLAPSE 査読

    Toyohiko Watanabe, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Katsutoshi Uematsu, Katsumi Sasaki, Yasuyuki Kobayashi, Shinya Uehara, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   23   A173 - A173   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的検討

    石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 光畑 律子, 佐古 真一, 和田 耕一郎, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   22   59 - 64   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    2001〜2006年に県下3施設で分離した尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌(Pa)75株を対象に、大学泌尿器科で同時期に分離した尿路由来MBL非産生Pa66株を比較対象に、尿路由来MBL産生Paのバイオフィルム(BF)形成能を検討し、パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法により遺伝子解析した。尿路由来MBL産生Pa75株のBF形成能は尿路由来MBL非産生Pa66株に比べ約3倍の高値を示した。BF形成能は施設ごとに特徴があった。PFGE解析では尿素由来MBL産生Pa75株には同一株を認めなかったが一施設において類似株を2組認めた。そのうち1株はBF形成能が同値であり分離日の隔たりが4日であることから直接的な交差感染の可能性が考えられた。別の1組は分離日の隔たりが約3ヵ月で、環境中に生息していたMBL産生Paが変異し間接的に伝播した可能性が示唆された。

    researchmap

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能と耐性遺伝子伝達性の検討

    山本 満寿美, 狩山 玲子, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳, 草野 展周

    緑膿菌感染症研究会講演記録   42回   95 - 99   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    岡山県下3施設にて2001〜2006年の6年間に分離されたメタロβラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌のバイオフィルム産生能を定量化し、耐性遺伝子の伝達性に関する検討及び分子疫学的検討を行った。その結果、材料別内訳はIMP-1型遺伝子保有株(131株)では尿:84株(64.1%)・喀痰:10株・便:10株・膿:7株・血液:2株・その他:18株で、VIM-2型遺伝子保有株(12株)では血液:4株・喀痰:2株・尿1株・膿:1株・その他4株であった。MBL産生緑膿菌143株のバイオフィルム形成能をOD570値から分類すると高度形成群(OD570≧1):34株(23.8%)、中等度形成群(1>OD570≧0.5):49株(34.2%)、低形成群(0.5>OD570≧0):60株(42.0%)であった。VIM-2型遺伝子保有株は12株全てが低形成群であり、バイオフィルム形成能の平均OD750値は0.69±0.04であった。143株中83株(58.0%)がバイオフィルム高度・中等度形成群に属する菌株で、83株中61株(73.5%)は尿由来であり、他の材料株に比して高いバイオフィルム形成能示す株が多く認められた。接合伝達性を検討したIMP-1型遺伝子保有15株(バイオフィルム形成能高度・中等度・低度各5株)中、高度形成群の2株・中等度形成群の1株・低度形成群の2株の計5株にイミペネム耐性の伝達を認め、伝達頻度は10^-3〜10^-5であった。

    researchmap

  • 男性淋菌性尿道炎の患者背景および薬剤感受性の年次推移と尿道炎のアンケート結果 査読

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 和田 耕一郎, 佐古 真一, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳, 近藤 捷嘉, 大橋 輝久, 村尾 航, 赤澤 信幸, 村田 匡, 津川 昌也, 中村 あや, 西 光雄, 水野 全裕, 甲斐 誠二, 那須 良次, 小野 憲昭, 倉繁 拓志, 吉田 光宏, 亀井 義広

    西日本泌尿器科   70 ( 7 )   386 - 387   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 尿路感染症由来緑膿菌のバイオフィルム形成能と臨床的因子および薬剤感受性との関連性に関する検討

    渡辺 豊彦, 上原 慎也, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 門田 晃一, 公文 裕巳

    緑膿菌感染症研究会講演記録   41回   94 - 98   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    1993〜2005年に当院で分離された尿路感染症由来緑膿菌166株のバイオフィルム形成能を測定し、臨床的因子(発熱・カテーテル留置の有無)、薬剤感受性との関連について検討した。結果、有熱群は非有熱群に比べてバイオフィルム形成能が有意に高く、カテーテル留置群は非留置群に比べて高い傾向にあった。薬剤感受性試験はPIPC、CAZ、IPM、GM、CPFXの5剤について行った。5剤とも耐性群と感受性あり群との間でバイオフィルム形成能に有意差を認めなかったが、いずれの薬剤もバイオフィルム高度形成群は非高度形成群に比べて耐性化傾向が強く、CPFXを除く4剤では有意差が認められた。

    researchmap

  • Laparoscopic assisted trans-vaginal mesh: An innovative approach to placing synthetic mesh transvaginally for surgical correction of pelvic organ prolapse 査読

    Toyohiko Watanabe, Tomoko Kobayashi, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Katsumi Sasaki, Shinya Uehara, Koichi Monden, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   21   A155 - A156   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 医療情報 第6版:医学医療編

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 5.医学・薬学・看護学 5.1.14腎・泌尿器系の機能と疾患6.検査・診断 6.1.5各科固有の検査(3)泌尿器科の検査)

    篠原出版新社,東京  2019年3月 

     詳細を見る

  • 医療情報第5版 医学・医療編

    篠原出版新社  2016年 

     詳細を見る

  • 医療情報第5版 医学・医療編

    篠原出版新社  2016年 

     詳細を見る

MISC

  • 排尿障害を伴う女性尿道憩室に対して手術治療を行った1例

    松尾聡子, 杉本盛人, 佐久間貴文, 坪井一朗, 本郷智拡, 三井將雄, 河村香澄, 和田里章悟, 丸山雄樹, 光井洋介, 定平卓也, 前原貴典, 大岩裕子, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 谷本竜太, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友, 中村あや, 津島知靖

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   495 - 495   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 他科から泌尿器科にコンサルトすべき尿路・性器感染症:治療すべき症例選択 カテーテル関連尿路感染症の臨床的意義

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   66 ( 2 )   224 - 224   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 薬剤耐性大腸菌の選択培地を用いた前立腺生検前の直腸内スクリーニングに関する検討

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 藤田 竜二, 津川 昌也, 安東 栄一, 竹中 皇, 佐古 真一, 那須 良次, 那須 保友, 津島 知靖, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   64 ( Suppl.A )   167 - 167   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • ロボット自家腎移植の検討

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 有吉 勇一, 平田 武志, 小林 泰之, 吉岡 貴史, 井上 陽介, 児島 宏典, 光井 洋介, 定平 卓也, 森 聰博, 藤尾 圭, 高本 篤, 松本 裕子, 堀川 雄平, 杉本 盛人, 佐々木 克己, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   78 ( 3 )   136 - 136   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 難治性・再発性尿路感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する基礎的検討

    光畑 律子, 狩山 玲子, 石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   89 ( 1 )   177 - 177   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 前立腺肥大症に伴う下部尿路症状(LUTS)に対するナフトピジルとシロドシンの臨床効果比較試験 NPO法人岡山泌尿器科研究支援機構多施設共同前向き比較試験

    佐々木 克己, 有吉 勇一, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 横山 光彦, 永井 敦, 高本 均, 真鍋 大輔, 武田 克治, 小野 憲昭, 藤田 竜二, 小武家 誠

    日本排尿機能学会誌   25 ( 1 )   207 - 207   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 開腹手術における標準的予防的抗菌薬に皮下ドレーンを併用した周術期感染予防策

    和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   62 ( Suppl.A )   248 - 248   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 新規マウス薬効評価系の構築に向けた発光性緑膿菌による尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    堀 賢司, 狩山 玲子, 村上 圭史, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   62 ( Suppl.A )   246 - 246   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製と各種抗菌薬の治療効果

    堀 賢司, 狩山 玲子, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   62 ( 3 )   440 - 440   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における尿中分離菌および薬剤感受性の動向 30年間の変遷

    山本 満寿美, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 能勢 宏幸, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   62 ( Suppl.A )   317 - 317   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 遠隔地居住の女性尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 大井 伸子, 村島 眞由美, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 公文 裕己

    日本老年泌尿器科学会誌   26   69 - 69   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本老年泌尿器科学会  

    researchmap

  • 独断と偏見で語るFemale Urology 岡山大学病院泌尿器科女性専門外来の10年間の歩み

    石井 亜矢乃, 松本 裕子, 大和 豊子, 渡邉 豊彦, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   75 ( 増刊 )   91 - 91   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について 2007から2011年

    山本 満寿美, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   87 ( 臨増 )   240 - 240   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 尿中Chlamydia trachomatisが陰性で尿道、咽頭からchlamydia株が分離された男性尿道炎の1例

    和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   87 ( 臨増 )   305 - 305   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 尿から分離されたESBL産生大腸菌に関する検討

    栄枝 一麿, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 光畑 律子, 堀 賢司, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   61 ( 2 )   261 - 262   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 中・長期尿道カテーテル留置患者におけるプロトコールに準じたカテーテル抜去の検討

    山本 満寿美, 有松 実里, 渡辺 豊彦, 石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 上原 慎也, 公文 裕巳

    日本老年泌尿器科学会誌   25   35 - 35   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本老年泌尿器科学会  

    researchmap

  • 夜尿症外来の臨床的検討

    上杉 達也, 石井 和史, 津川 昌也, 石井 亜矢乃, 佐々木 克己, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   74 ( 10 )   592 - 592   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 少量ずつもれるタイプの夜尿症についての検討

    上杉 達也, 石井 和史, 津川 昌也, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本夜尿症学会学術集会プログラム・抄録集   23回   37 - 37   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本夜尿症学会  

    researchmap

  • レボフロキサシン500mg単回投与における前立腺組織移行性の検討

    和田 耕一郎, 上原 慎也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   60 ( Suppl.A )   226 - 226   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 尿路感染症の抗菌薬治療 発症予防も含めた観点から治療すべき時、治療しない時 自己導尿患者(神経因性膀胱患者を含む)のUTI

    上原 慎也, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   60 ( Suppl.A )   134 - 134   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 当科で行っているクラミジア培養用検体の採取・輸送法と培養結果の検討

    和田 耕一郎, 松本 明, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 光畑 律子, 宇埜 智, 荒木 徹, 門田 晃一

    感染症学雑誌   86 ( 臨増 )   434 - 434   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 泌尿器科領域における抗癌化学療法に伴う発熱性好中球減少症に関する臨床的検討

    和田 耕一郎, 上原 慎也, 光畑 律子, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   103 ( 2 )   327 - 327   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 遠隔地に居住する女性尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    石井 亜矢乃, 大井 伸子, 山本 満寿美, 井上 雅, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   103 ( 2 )   253 - 253   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について 2006〜2010年

    山本 満寿美, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   60 ( Suppl.A )   269 - 269   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における尿管ステント留置症例の臨床的検討

    和田 耕一郎, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   60 ( Suppl.A )   259 - 259   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 中四国地区で加療された男性淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性推移

    石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    日本性感染症学会誌   22 ( 2 )   50 - 50   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 男性尿道および咽頭におけるClamydophila caviaeの検出と臨床的検討

    和田 耕一郎, 上原 慎也, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 松本 明, 公文 裕巳, 門田 晃一, 荒木 徹, 宇埜 智

    日本性感染症学会誌   22 ( 2 )   63 - 63   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • OABを有する前立腺肥大症患者におけるタムスロシン塩酸塩の治療効果と尿中NGF(Nerve Growth Factor)に関する検討

    渡辺 豊彦, 井上 雅, 石井 亜矢乃, 佐々木 克己, 上松 克利, 上原 慎也, 公文 裕巳, 横山 光彦, 高本 均

    日本排尿機能学会誌   22 ( 1 )   209 - 209   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 精神発達遅滞など多数の術前合併症を伴った小児腎移植の1例

    河内 啓一郎, 荒木 元朗, 上松 克利, 能勢 宏幸, 石井 亜矢乃, 西村 慎吾, アバラズ・アフェルナド, 小林 泰之, 上原 慎也, 渡邉 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 小武家 誠, 斎藤 和英, 高橋 公太, 綾 邦彦, 森本 尚孝

    日本小児腎不全学会雑誌   31   175 - 175   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児腎不全学会  

    researchmap

  • PK-PD理論を踏まえたブレイクポイント 尿路感染症臨床ブレイクポイントの評価

    上原 慎也, 渡辺 豊彦, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   59 ( Suppl.A )   83 - 83   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 淋菌性尿道炎患者の咽頭における淋菌保菌に関する検討

    石井 亜矢乃, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳, 門田 晃一, 宇埜 智

    日本化学療法学会雑誌   59 ( Suppl.A )   208 - 208   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤耐性大腸菌の分離状況

    山本 満寿美, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   85 ( 3 )   302 - 303   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • CHANGES IN CLITORIAL BLOOD FLOW FOLLOWING SURGERY WITH TENSION-FREE VAGINAL MESH FOR PELVIC ORGAN PROLAPSE

    T. Watanabe, M. Inoue, A. Ishii, T. Yamato, T. Saika, Y. Nasu, H. Kumon

    EUROPEAN UROLOGY SUPPLEMENTS   10 ( 2 )   44 - 44   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • 男性淋菌性尿道炎患者の咽頭における淋菌保菌に関する検討

    石井 亜矢乃, 能勢 宏幸, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 門田 晃一, 荒木 徹, 宇埜 智

    日本性感染症学会誌   21 ( 2 )   66 - 66   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 精神発達遅滞など多数の術前合併症を伴った小児腎移植の1例

    上松 克利, 荒木 元朗, 河内 啓一郎, 能勢 宏幸, 石井 亜矢乃, 小林 泰之, 小武家 誠, 上原 慎也, 渡邉 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 齋藤 和英, 高橋 公太, 綾 邦彦, 森本 尚孝

    移植   45 ( 総会臨時 )   299 - 299   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 泌尿器科領域における発熱性好中球減少症の臨床的検討

    上原 慎也, 能勢 宏幸, 光畑 律子, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    尿路感染症研究会記録集   21回   38 - 38   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:尿路感染症研究会  

    researchmap

  • 骨盤臓器脱と過活動膀胱 OABSS(Overactive Bladder Symptom Score)、ニューロメーターによる膀胱知覚閾値、尿中Nerve Growth Factor(NGF)による検討

    井上 雅, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本排尿機能学会誌   21 ( 1 )   242 - 242   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • クリトリス血流と女性性機能 TVM手術前後での比較検討

    渡辺 豊彦, 井上 雅, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 東 さやか, 山内 博明

    日本排尿機能学会誌   21 ( 1 )   244 - 244   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科女性外来のこれまでとこれから

    井上 雅, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 山本 満寿美, 小林 知子, 瀬野 祐子, 中村 あや, 大石 智子, 松本 裕子

    西日本泌尿器科   72 ( 9 )   547 - 547   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について 2004〜2008年

    山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   58 ( 3 )   352 - 352   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 経直腸的前立腺生検患者の腸管におけるキノロン耐性大腸菌の疫学的検討

    能勢 宏幸, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   58 ( Suppl.A )   276 - 276   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 抗血小板薬内服継続下でのホルミウムレーザー前立腺核出術の安全性と有効性の検討を目的とした比較試験 NPO法人岡山泌尿器科研究支援機構(OURG)多施設共同研究について

    渡辺 豊彦, 井上 雅, 上松 克利, 佐々木 克己, 石井 亜矢乃, 能勢 宏幸, 荒木 元朗, 上原 慎也, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 横山 光彦, 永井 敦, 高本 均, 市川 孝治, 西山 康弘, 早田 俊司, 岡山泌尿器科研究支援機構

    西日本泌尿器科   72 ( 3 )   136 - 137   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 骨盤臓器脱と女性性機能 Laparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の有用性に関する検討

    渡辺 豊彦, 石井 亜矢乃, 井上 雅, 大和 豊子, 小林 泰之, 佐々木 克己, 上原 慎也, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology and ESWL   22 ( 3 )   165 - 165   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性推移

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 能勢 宏幸, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本性感染症学会誌   20 ( 2 )   42 - 42   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における最近5年間の尿路感染症分離菌変遷および薬剤感受性について

    能勢 宏幸, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕己, 和田 耕一郎

    尿路感染症研究会記録集   19回   34 - 34   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:尿路感染症研究会  

    researchmap

  • 尿路感染症から分離された緑膿菌のバイオフィルム形成能と臨床的背景の関連性についての検討

    佐古 真一, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    尿路感染症研究会記録集   19回   68 - 68   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:尿路感染症研究会  

    researchmap

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および耐性遺伝子伝達性の検討

    狩山 玲子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   83 ( 5 )   575 - 575   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 女性外来における夜尿症患者の検討

    石井 亜矢乃, 上杉 達也, 大石 智子, 井上 雅, 上松 克利, 佐々木 克己, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本夜尿症学会学術集会プログラム・抄録集   20回   24 - 24   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本夜尿症学会  

    researchmap

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および耐性遺伝子伝達性の検討

    狩山 玲子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 山本 満寿美, 光畑 律子

    感染症学雑誌   83 ( 臨増 )   203 - 203   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    渡辺 豊彦, 石井 亜矢乃, 大石 智子, 小林 知子, 井上 雅, 佐古 真一, 小林 泰之, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology and ESWL   21 ( 4 )   189 - 189   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 男性尿道炎患者の咽頭における淋菌およびクラミジア保菌状況の検討

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 和田 耕一郎, 佐古 真一, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳, 荒木 徹, 藤原 道久

    日本性感染症学会誌   19 ( 2 )   62 - 62   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 男性淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性の年次推移

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 和田 耕一郎, 佐古 真一, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   82 ( 6 )   701 - 701   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • Female Urologyの現況と展望 女性性機能の視点からfemale urologyを考える 就労女性と骨盤臓器脱患者におけるアンケート調査より

    大石 智子, 渡邉 豊彦, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 公文 裕巳, 井上 雅, 小澤 秀夫, 荒木 詞奈子, 友国 弘敬, 小林 知子, 横山 光彦

    西日本泌尿器科   70 ( 増刊 )   119 - 119   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法 より安全で、確実な穿刺を行うために

    渡辺 豊彦, 石井 亜矢乃, 大石 智子, 大和 豊子, 佐古 真一, 佐々木 克己, 小林 泰之, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本排尿機能学会誌   19 ( 1 )   180 - 180   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 乳糜尿を呈した1例

    荒木 大司, 雑賀 隆史, 久住 倫宏, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   70 ( 6 )   333 - 333   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的検討

    山本 満寿美, 狩山 玲子, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳, 草野 展周

    日本化学療法学会雑誌   56 ( Suppl.A )   150 - 150   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 男性淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性の年次推移

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 和田 耕一郎, 佐古 真一, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   82 ( 臨増 )   358 - 358   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 女性骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    石井 亜矢乃, 大石 智子, 小林 知子, 井上 雅, 大和 豊子, 佐古 真一, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   99 ( 2 )   452 - 452   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tansion-free Vaginal Mesh法 より安全で、確実な穿刺を行うために

    渡辺 豊彦, 石井 亜矢乃, 井上 雅, 大和 豊子, 小林 泰之, 上原 慎也, 門田 晃一, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology and ESWL   20 ( 3 )   124 - 124   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 淋菌性尿道炎の患者背景および薬剤感受性の年次推移

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 和田 耕一郎, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    日本性感染症学会誌   18 ( 2 )   61 - 61   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 経皮的ドレナージおよび経皮的腎砕石術(PNL)にて治癒した憩室内結石を伴う腎杯憩室膿瘍の1例

    藤尾 圭, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 門田 晃一, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   69 ( 増刊 )   201 - 201   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 間質性膀胱炎に対する当帰芍薬散の有用性に関する検討

    井上 雅, 小澤 秀夫, 小林 知子, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 横山 光彦, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   69 ( 増刊 )   155 - 155   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 急性膀胱炎に対する抗菌薬治療に関するアンケート調査

    門田 晃一, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳, 近藤 捷嘉

    日本化学療法学会雑誌   55 ( Suppl.A )   205 - 205   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における最近10年間の尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について

    和田 耕一郎, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   55 ( Suppl.A )   202 - 202   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 尿路感染症患者より分離された緑膿菌のバイオフィルム形成能と薬剤感受性および臨床的因子に関する検討

    渡辺 豊彦, 上原 慎也, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 門田 晃一, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   55 ( Suppl.A )   132 - 132   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 慢性前立腺炎における新しいバイオマーカーとしてのNGFの有用性について

    渡辺 豊彦, 上原 愼也, 和田 耕一郎, 井上 雅, 石井 亜矢乃, 門田 晃一, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   68 ( 増刊 )   137 - 137   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 前立腺肥大症に対するTargisシステムによる経尿道的前立腺高温度療法の治療成績

    津川 昌也, 石井 亜矢乃, 真鍋 和史, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology and ESWL   11 ( 3 )   214 - 214   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 転移性腎癌に対して Pembrolizumab投与中、サイトカイン放出症候群を認めた一例

    川合裕也, 西村慎吾, 長崎直也, 奥村美紗, 津川卓士, 井上翔太, 渡部智文, 関戸崇了, 堀井 聡, 森分貴俊, 吉永香澄, 山野井友昭, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田, 健宏, 片山, 聡, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    第337回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上部尿路上皮癌に対するThulium:YAG laserとHo:YAG laserを用いた内視鏡下レーザー焼灼術の適応と治療成績

    片山 聡, 長崎直也, 津川卓士, 奥村美紗, 川合裕也, 井上翔太, 渡部智文, 関戸崇了, 堀井 聡, 吉永香澄, 森分貴俊, 山野井友昭, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田, 健宏, 西村慎吾, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    第337回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 閉経後の反復性膀胱炎を有する女性における尿および膣内の大腸菌の相同性の比較

    関戸崇了, 定平卓也, 岩田健宏, 富永悠介, 片山 聡, 西村慎吾, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 荒木元朗

    第75回西日本泌尿器科学会総会  2023年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月2日 - 2023年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院における かかりつけ医推進の取り組み

    石井亜矢乃

    大阪国際がんセンターベッドコントロールセンター委員会研修会  2023年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月31日

    researchmap

  • 生体腎移植レシピエントの周術期尿路感染症リスク因子の検討

    西村慎吾, 長﨑直也, 奥村美紗, 原 尚史, 川野 香, 横山周平, 渡部智文, 関戸崇了, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 荒木元朗

    第336回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高度腸骨動脈石灰化を有するレシピエントに対する脳死献腎移植の経験

    吉永香澄, 西村慎吾, 長﨑直也, 奥村美紗, 尾地晃典, 原 尚史, 川野 香, 横山周平, 渡部智文, 関戸崇了, 堀井 聡, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 荒木元朗, 三浦 望, 加藤源太郎

    第336回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • グラフト感染が契機と考えられる腎動脈破綻を認めた自家腎移植の一例

    西村慎吾, 長﨑直也, 奥村美紗, 尾地晃典, 原 尚史, 川野 香, 横山周平, 渡部智文, 関戸崇了, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 河田達志富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 荒木元朗, 枝木大治, 加藤源太郎

    第336回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腸内細菌叢改善による反復性膀胱炎予防に向けた栄養食事指導のための食事調査法の検討(2)

    内田雅子, 佐藤幸枝, 狩山玲子, 石井亜矢乃

    第70回日本栄養改善学会  2023年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月1日 - 2023年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 女性を悩ます泌尿器科疾患

    石井亜矢乃

    第42回水島臨床フォーラム  2023年8月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術における予防的全腟閉鎖術併用の試み

    小林 知子, 西村 慎吾, 富永 悠介, 宇埜 誠, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本女性骨盤底医学会第25回学術集会  2023年8月6日  日本女性骨盤底医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月5日 - 2023年8月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハンナ型間質性膀胱炎と膀胱痛症候群の証を病理所見から考察する

    松本裕子, 石井亜矢乃, 山鳥一郎, 西田賢治, 宇都宮 健, 兵頭沙梨, 寺野友美, 山岡傳一郎

    第39回泌尿器科漢方研究会学術集会  2023年6月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎提供後11年経過の若年ドナーに認めたT3a腎細胞癌の1例

    原 惇也, 西村慎吾, 長﨑直也, 奥村美紗, 尾地晃典, 川野 香, 渡部智文, 関戸崇了, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 山野井友昭, 長尾賢太郎, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 荒木元朗

    第335回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳酸菌由来抗菌ペプチドの探索

    岩田 健宏, 定平 卓也, 渡部 智文, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 関戸 崇之, 吉永 香澄, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 光畑 律子

    第97回日本感染症学会総会・学術講演会 第71回日本化学療法学会学術集会合同学会  2023年4月30日  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月28日 - 2023年4月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 腟細菌叢解析による反復性膀胱炎への乳酸菌腟坐剤の効果の検証

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 光畑 律子

    第97回日本感染症学会総会・学術講演会 第71回日本化学療法学会学術集会合同学会  2023年4月29日  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月28日 - 2023年4月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 会長企画若手研究者クローズアップ企画 反復性膀胱炎の新規予防法の開発:膣を標的とした治療介入

    関戸崇了, 定平卓也, 丸山雄樹, 岩田健宏, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦, 荒木元朗

    第110回 日本泌尿器科学会総会  2023年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月20日 - 2023年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反復性膀胱炎の新規予防法の開発:膣を標的とした治療介入

    関戸崇了, 定平卓也, 丸山雄樹, 岩田健宏, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦, 荒木元朗

    第110回 日本泌尿器科学会総会  2023年4月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月20日 - 2023年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Transition in antimicrobial susceptibility and impact of urease production on urinary stone formation of P. mirabilis and M. morganii isolated from urinary tract infections

    Maruyama Y, Sadahira T, Nagasaki N, Watanabe T, Sekito T, Iwata T, Ishii A, Watanabe M, Wada K, Araki M

    EAU23  2023年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月10日 - 2023年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2022年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    西村慎吾, 鵜川聖也, 長﨑直也, 原 惇也, 松島萌希, 奥村美紗, 渡部智文, 宇埜 誠, 関戸崇了, 徳永 素, 堀井 聡, 吉永香澄, Acosta H, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 佐古智子, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第334回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年2月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2022年岡山大学泌尿器科外来統計

    小林知子, 鵜川聖也, 長﨑直也, 原 惇也, 松島萌希, 奥村美紗, 渡部智文, 宇埜 誠, 関戸崇了, 徳永 素, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 定平卓也, 富永悠介, 岩田健宏, 片山 聡, 西村慎吾, 松本裕子, 佐古智子, 別宮謙介, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第334回日本泌尿器科学会岡山地方会  2023年2月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 私が行う患者支援~泌尿器科医師と総合患者支援センター医師の立場から~ 招待

    石井亜矢乃

    天晴れおかやま女性医師リーダー養成ワークショップ「ゆっくりでも良い、指導医になろう」  2022年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • RPLND後の難治性リンパ漏に対して開腹リンパ管結紮術が奏功した1例

    鵜川聖也, 長崎直也, 原 惇也, 松島萌希, 奥村美紗, 渡部智文, 宇埜 誠, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 西村慎吾, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    第333回日本泌尿器科学会岡山地方会  2022年12月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Staphylococcus saprophyticus による感染結石の1例

    渡部智文, 鵜川聖也, 長崎直也, 奥村美紗, 宇埜 誠, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 山野井友昭, 長尾賢太郎, 富永悠介, 定平卓也, 片山 聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    第333回日本泌尿器科学会岡山地方会  2022年12月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仙骨膣固定術後の新規腹圧性尿失禁-腹腔鏡下手術とロボット支援下手術での検討-

    小林知子, 佐古智子, 岩田健宏, 富永悠介, 別宮謙介, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦

    第5回日本泌尿器内視鏡・ロボティックス学会総会  2022年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月10日 - 2022年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院におけるProteus mirabilisの薬剤感受性の推進とESBL産生株分離状況

    丸山雄樹, 定平卓也, 岩田健宏, 荒木元朗, 片山 聡, 西村慎吾, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦, 和田耕一郎

    第74回 西日本泌尿器科学会総会  2022年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月3日 - 2022年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A novel preventive approach for recurrent cystitis:thinking beyond the bladder

    関戸崇了, 定平卓也, 丸山雄樹, 岩田健宏, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    第74回西日本泌尿器科学科総会  2022年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月3日 - 2022年11月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ESBL産生菌 尿から分離されたESBL産生大腸菌株の性状解析を踏まえたFMOXの使用法

    榮枝一磨, 定平卓也, 丸山雄樹, 岩田健宏, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦, 那須保友, 和田耕一郎

    第70回日本化学療法学会総会  2022年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月3日 - 2022年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院におけるプロテウス菌の抗菌薬感受性の年次推移および結石形成能

    丸山雄樹, 定平卓也, 榮枝一磨, 石井亜矢乃, 和田耕一郎

    第70回日本化学療法学会総会  2022年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月3日 - 2022年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 異所性腎患者に発生したmicropapillary variantを伴う筋層浸潤性膀胱癌に対して、ロボット支援下膀胱全摘除術を施行したⅠ例

    原 惇也, 堀井 聡, 岩田健宏, 鵜川聖也, 長﨑直也, 松島萌希, 奥村美紗, 渡部智文, 関戸崇了, 吉永香澄, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 富永悠介, 定平卓也, 片山 聡, 西村慎吾, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 小林泰之

    第331回日本泌尿器科学会岡山地方会  2022年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2021 年岡山大学病院泌尿器科外来統計

    佐古智, 徳永, 井, 松三あずさ, 和田里章, Heric Acosta Gonzale, 尾賢太, 野井友, 田, 山, 西村慎吾, 高本 篤, 松本裕子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 井亜矢

    第330回日本泌尿器科学会岡山地方会  2022年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2021 年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    西村慎吾, 奥村美紗, 近藤崇弘, 渡部智文, 関戸崇了, 竹丸紘史, 徳永 素, 堀井 聡, 松三あずさ, 三宅修司, 吉永香澄, 和田里章悟, Heric Acosta Gonzalez, 丸山雄樹, 長尾賢太郎, 山野井友昭, 河田達志, 大岩裕子, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 高本 篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第330回日本泌尿器科学会岡山地方会  2022年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オーダーメイドな栄養食事指導のための 食事調査法の検討~腸内細菌叢改善による反復性膀胱炎予防を目指して〜

    佐藤幸枝, 内田雅子, 狩山玲子, 石井亜矢乃

    第35回岡山県栄養改善学会  2022年2月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仙骨膣固定術 当科で施行した腹腔鏡下仙骨固定術とロボット支援下仙骨膣固定術の比較

    佐古智子, 岩田健宏, 西村慎吾, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡辺豊彦, 那須保友

    第35回日本泌尿器内視鏡学会総会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月11日 - 2021年11月13日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 待機日数56日で先行的脳死下献腎移植を行った17歳女性の1例

    奥村美紗, 吉永香澄, 西村慎吾, 和田耕一郎, 荒木元朗, 渡部智文, 近藤崇弘, 関戸崇了, 堀井 聡, 竹丸紘史, 和田里章悟, 丸山雄樹, 山野井友昭, 長尾賢太郎, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 高本 篤, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    81回岡山腎疾患懇話会  2021年10月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 後腹膜リンパ節郭清術後の射精障害の検討

    富永悠介, 佐古智子, 奥村美紗, 渡部智文, 近藤崇弘, 関戸崇了, 竹丸紘史, 堀井 聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 山野井友昭, 長尾賢太郎, 片山 聡, 定平卓也, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本 篤, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友, 松本裕子, 杉本盛人, 和田耕一郎

    328回日本泌尿器科学会岡山地方会  2021年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 0

    36thEAU2021  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月8日 - 2021年7月12日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Study of pelvic floor muscular training in women with Urinary Incontinence, one month after the delivery

    N. Ohi, A. Ishii, M. Yamamoto.

    32nd ICM Triennial Congress  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 待機日数56日で先行的脳死下献腎移植を行った17歳女性の1例

    奥村美紗, 吉永香澄, 西村慎吾, 和田耕一郎, 荒木元朗, 渡部智文, 近藤崇弘, 関戸崇了, 堀井 聡, 竹丸紘史, 和田里章悟, 丸山雄樹, 山野井友昭, 長尾 賢太郎, 河田達志, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 高本 篤, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    327回日本泌尿器科学会岡山地方会  2021年5月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 全身転移を来たした成人発症の胎児型前立腺横紋筋肉腫の1例

    近藤崇弘, 関戸崇了, 定平卓也, 富永悠介, 高本 篤, 奥村美紗, 渡部智文, 堀井 聡, 竹丸紘史, 和田里章悟, 吉永香澄, 丸山雄樹, 山野井友昭, 長尾 賢太郎, 河田達志, 岩田健宏, 西村慎吾, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友, 田淵雅弘, 柳井広之

    327回日本泌尿器科学会岡山地方会  2021年5月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における尿中分離Extended Spectrum Beta Lactamase(ESBL)産生大腸菌株の薬剤感受性年次推移と分子生物学的解析

    和田里 章悟, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 岩田 健宏, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第69回日本化学療法学会総会  2021年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月7日 - 2021年5月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳酸菌腟坐剤の反復性膀胱炎再発予防効果に関する臨床的検討

    石井 亜矢乃, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 岩田 健宏, 狩山 玲子, 和田里 章悟, 山本 満寿美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第69回日本化学療法学会総会  2021年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月7日 - 2021年5月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 尿路バイオフィルム感染症に対する乳酸菌の有用性に関する基礎的検討

    狩山 玲子, 光畑 律子, 山本 満寿美, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第94回日本細菌学会総会  2021年3月  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日 - 2021年3月25日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2020年岡山大学病院泌尿器科入院・手術統計

    枝村康平, 横山修平, 渡部智文, 角南亮輔, 関戸崇了, 宗田大二郎, 坪井一馬, 林 あずさ, 三宅修司, 和田里章悟, 吉永香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 長尾賢太郎, 河田達志, 大岩裕子, 窪田理沙, 富永悠介, 定平卓也, 片山 聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本 篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    326回日本泌尿器科学会岡山地方会  2021年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2020年岡山大学病院泌尿器科外来統計

    佐古智子, 横山修平, 渡部智文, 坪井一馬, 林 あずさ, 三宅修司, 関戸崇了, 宗田大二郎, 長尾賢太郎, 和田里章悟, 吉永香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 大岩裕子, 窪田理沙, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 富永悠介, 西村慎吾, 高本 篤, 松本裕子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    326回日本泌尿器科学会岡山地方会  2021年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月27日

    researchmap

  • 岡山大学におけるUTUCに対するURSの成績と課題

    和田耕一郎, 丸山雄樹, 荒木元朗, 関戸崇了, 枝村康平, 定平卓也, 林あずさ, 三宅修司, 渡部智文, 吉永香澄, 和田里章悟, 長尾賢太郎, 河田達志, 富永悠介, 大岩裕子, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第325回日本泌尿器科学会岡山地方会  2020年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下仙骨膣固定術の導入に向けて

    第34回日本泌尿器内視鏡学会総会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月21日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 後腹膜SFT(Solitary fibrous tumor)の一例

    坪井 一馬, 高本 篤, 関戸 崇了, 富永 悠介, 岩田 健宏, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第72回西日本泌尿器科学会  2020年11月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月6日 - 2020年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 術後感染予防抗菌薬:泌尿器科における術後感染予防抗菌薬の適正使用

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    第68回日本化学療法学会  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月12日 - 2020年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 尿路性器感染症POCT"外来で求められる迅速検査" 尿路感染症領域のPOCTと課題

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第94回日本感染症学  2020年8月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月19日 - 2020年8月21日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2019 年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    枝村康平, 宗田大二郎, 角南亮輔, 関戸崇了, 和田里章悟, 大岩裕子, 窪田理沙, 富永悠介, 定平卓也, 岩田健宏, 片山 聡, 西村慎吾, 高本 篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第322回日本泌尿器科学会岡山地方会  2020年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2019 年岡山大学泌尿器科外来統計

    第322回日本泌尿器科学会岡山地方会  2020年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 後腹膜悪性末梢神経鞘腫の1例

    宗田 大二郎, 高本 篤, 荒木 元朗, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 富永 悠介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第321回日本泌尿器科学会岡山地方会  2019年12月14日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反復性膀胱炎に対する乳酸菌腟坐剤の再発予防効果に関する臨床的検討

    石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 山本 満寿美, 定平 卓也, 岩田 健宏, 狩山 玲子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    第71回西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日 - 2019年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳酸菌タブレットの直腸および腟内細菌叢に及ぼす影響に関する検討

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 三井 將雄, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子, 岩田 健宏, 佐久間 貴文, 和田里 章悟

    第89回日本化学療法学会  2019年11月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日 - 2019年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 尿路感染症・性感染症における多剤耐性菌の迅速診断 前立腺生検前の直腸内におけるキノロン耐性菌の迅速スクリーニング

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    第62回日本化学療法学会  2019年11月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日 - 2019年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験

    富永 悠介, 高本 篤, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第320回日本泌尿器科学会岡山地方会  2019年9月21日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院におけるニボルマブ+イピリムマブの初期経験

    片山 聡, 高本 篤, 関戸 崇了, 角南 亮輔, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    第319回日本泌尿器科学会  2019年5月18日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月18日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科におけるフロモキセフの使用経験と臨床的位置づけ

    和田耕一郎, 山本満寿美, 三井將雄, 定平卓也, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 那須保友

    第67回日本化学療法学会  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • タゾバクタム/セフトロザンの尿路感染症における有用性

    和田耕一郎, 定平卓也, 山本満寿美, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 那須保友

    第67回日本化学療法学会  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 当科における尿中ESBL産生大腸菌の分離状況と薬剤感受性

    和田耕一郎, 山本満寿美, 三井將雄, 定平卓也, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 那須保友

    第67回日本化学療法学会  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前立腺生検後の急性前立腺炎における原因微生物の遺伝子解析

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 荒木 元朗, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 藤田 竜二, 竹中 皇, 那須 良次, 津川 昌也, 津島 知靖, 那須 保友, 公文 裕巳

    第107回日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月18日 - 2019年4月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 尿路感染症における多剤耐性の現状

    和田耕一郎, 定平卓也, 山本満寿美, 光畑律子, 石井亜矢乃, 狩山玲子, 渡邉豊彦, 那須保友

    第93回感染症学会  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月4日 - 2019年4月6日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Impact of Lactobacillus probiotics on biofilm formed by Pseudomonas aeruginosa

    Matsuo S, Wada K, Sadahira T, Mitsuhata R, Yamamoto M, Ishii A, Kariyama R, Watanabe T, Nasu Y

    EAU 2019  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月15日 - 2019年3月19日

    researchmap

  • 平成30年岡山大学病院泌尿器科外来統計

    枝村康平, 坪井一朗, 本郷智拡, 松尾聡子, 三井将雄, 佐久間貴文, 和田里章悟, 河村香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 前原貴典, 大岩裕子, 窪田理沙, 定平卓也, 西村慎吾, 高本 篤, 松本裕子, 佐古智子, 和田耕一郎, 谷本竜太, 杉本盛人, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第318回日本泌尿器科学会岡山地方会  2019年2月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平成30年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    小林泰之, 佐古智子, 三井将雄, 松尾聡子, 佐久間貴文, 和田里章悟, 河村香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 前原貴典, 窪田理沙, 大岩裕子, 定平卓也, 西村慎吾, 高本 篤, 和田耕一郎, 枝村康平, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第318回日本泌尿器科学会岡山地方会  2019年2月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院で経験したパラガングリオーマの2症例

    松尾聡子, 小林泰之, 定平卓也, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本 篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡辺豊彦, 那須保友

    第85回岡山内分泌同好会  2019年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月20日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超細径HDIGスコープを用いた直視下腎杯穿刺とPCNLの初期成績

    和田耕一郎, 公文裕巳, 谷本竜太, 荒木元朗, 本郷智拡, 三井將雄, 松尾聡子, 坪井一朗, 佐久間貴文, 和田里章悟, 河村香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 前原貴典, 窪田理沙, 大岩裕子, 定平卓也, 岩田健宏, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 枝村康平, 杉本盛人, 小林泰之, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    西日本泌尿器科  2018年12月20日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月20日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 難治性過活動膀胱(OAB)に対する仙骨神経刺激療法(SNM)の初期経験と今後の治療戦略について

    渡邉豊彦, 大岩裕子, 佐久間貴文, 定平卓也, 石井亜矢乃, 佐古智子, 和田耕一郎, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 那須保友, 横山光彦, 井上雅, 小林知子

    第317回日本泌尿器科学会岡山地方会  2018年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 経尿道的砕石術(TUL)を施行した小児腎結石症の1例

    佐久間貴文, 和田耕一郎, 本郷智拡, 前原貴典, 高本篤, 坪井一朗, 松尾聡子, 三井將雄, 和田里章悟, 河村香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 窪田理沙, 大岩裕子, 定平卓也, 西村慎吾, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 石井亜矢乃, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    第317回日本泌尿器科学会岡山地方会  2018年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Azithromycinのヒト精巣上体組織への移行性の検討および部位特異的PK-PD解析による投与法の評価

    三井 將雄, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 猪川 和朗, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 森川 則文, 那須 保友

    第66回日本化学療法学会  2018年11月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月16日 - 2018年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 排尿障害を伴う女性尿道憩室に対して手術治療を行った1例

    松尾聡子, 杉本盛人, 佐久間貴文, 坪井一朗, 本郷智拡, 三井將雄, 河村香澄, 和田里章悟, 丸山雄樹, 光井洋介, 定平卓也, 前原貴典, 大岩裕子, 西村慎吾, 高本篤, 佐古智子, 和田耕一郎, 谷本竜太, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友, 中村あや, 津島知靖

    西日本泌尿器科  2018年9月20日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月20日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前立腺に発生したSFT(Solitary fibrous tumor)の1例

    本郷智拡, 高本篤, 三井將雄, 松尾聡子, 坪井一朗, 佐久間貴文, 和田里章悟, 河村香澄, 丸山雄樹, 光井洋介, 前原貴典, 窪田理沙, 大岩裕子, 定平卓也, 西村慎吾, 佐古智子, 和田耕一郎, 谷本竜太, 杉本盛人, 小林泰之, 石井亜矢乃, 荒木元朗, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    西日本泌尿器科  2018年9月20日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月20日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 排尿障害を伴う女性尿道憩室に対して手術治療を行った1例

    松尾 聡子, 杉本 盛人, 佐久間 貴文, 坪井 一朗, 本郷 智拡, 三井 將雄, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 前原 貴典, 大岩 裕子, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 中村 あや, 津島 知靖

    西日本泌尿器科  2018年9月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の治療成績

    谷本 竜太, 小林 宏州, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 松本 裕子, 甲斐 誠二, 和田 耕一郎, 杉本 盛人, 荒木 元朗, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科  2018年5月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 耐性菌時代の尿路感染症対策-尿路感染症の予防- Probioticsによる尿路感染症予防

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    感染症学雑誌  2018年5月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 耐性菌時代の尿路感染症対策-尿路感染症の予防- Probioticsによる尿路感染症予防

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌  2018年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 転移性尿管腫瘍の2例

    河村 香澄, 杉本 盛人, 小林 宏州, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 甲斐 誠二, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 荒木 元朗, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科  2018年5月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 反復性膀胱炎に対する乳酸菌膣坐剤の再発抑制効果に関する臨床的検討

    石井亜矢乃, 石井亜矢乃, 山本満寿美, 定平卓也, 定平卓也, 和田耕一郎, 和田耕一郎, 渡辺豊彦, 渡辺豊彦, 狩山玲子, 上原慎也, 上原慎也, 門田晃一, 門田晃一, 那須保友, 那須保友, 公文裕巳, 公文裕巳

    日本化学療法学会雑誌  2018年4月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月25日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 緑膿菌尿路バイオフィルム感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する基礎的検討

    光畑 律子, 狩山 玲子, 山本 満寿美, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌  2018年4月25日  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月25日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における腹腔鏡下尿膜管摘出術の治療経験

    前原 貴典, 杉本 盛人, 和田里 章悟, 河村 香澄, 小林 宏州, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 甲斐 誠二, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科  2018年4月20日  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月20日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 他科から泌尿器科にコンサルトすべき尿路・性器感染症:治療すべき症例選択 カテーテル関連尿路感染症の臨床的意義

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌  2018年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 他科から泌尿器科にコンサルトすべき尿路・性器感染症-治療すべき症例選択- カテーテル関連尿路感染症の臨床的意義

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    感染症学雑誌  2018年3月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • カテーテル関連尿路感染症の臨床的意義

    和田耕一郎, 和田耕一郎, 定平卓也, 定平卓也, 山本満寿美, 光畑律子, 石井亜矢乃, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本化学療法学会西日本支部総会プログラム・講演抄録  2017年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月11日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Probioticsによる尿路感染症予防

    和田耕一郎, 和田耕一郎, 定平卓也, 定平卓也, 山本満寿美, 光畑律子, 石井亜矢乃, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 尿路バイオフィルム感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する基礎的検討

    光畑 律子, 狩山 玲子, 山本 満寿美, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    感染症学雑誌  2017年5月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 乳酸菌腟坐剤の膀胱炎再発抑制効果に関する臨床的検討

    石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 上原 慎也, 門田 晃一, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌  2017年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿中ESBL産生大腸菌の分離状況と薬剤感受性

    山本 満寿美, 和田 耕一郎, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌  2017年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頻回再発性膀胱炎に対する乳酸菌腟坐剤の臨床効果

    石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 上原 慎也, 門田 晃一, 那須 保友, 公文 裕巳, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌  2016年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ロボット支援・開腹術における腎部分切除の工夫

    荒木 元朗, 小林 泰之, 井上 陽介, 児島 宏典, 光井 洋介, 宗政 修平, 定平 卓也, 吉岡 貴史, 有吉 勇一, 森 聰博, 藤尾 圭, 高本 篤, 松本 裕子, 堀川 雄平, 和田 耕一郎, 杉本 盛人, 佐々木 克己, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科  2016年4月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ロボット自家腎移植の検討

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 有吉 勇一, 平田 武志, 小林 泰之, 吉岡 貴史, 井上 陽介, 児島 宏典, 光井 洋介, 定平 卓也, 森 聰博, 藤尾 圭, 高本 篤, 松本 裕子, 堀川 雄平, 杉本 盛人, 佐々木 克己, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科  2016年3月  西日本泌尿器科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頻回再発性膀胱炎に対する乳酸菌腟坐剤の予防効果に関する臨床的検討

    石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 上原 慎也, 公文 裕巳

    感染症学雑誌  2016年3月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成人急性単純性膀胱炎におけるセフジトレンピボキシルの臨床効果と投与日数に関する検討

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 藤尾 圭, 平田 武志, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 岸本 涼, 上原 慎也, 藤田 竜二, 門田 晃一, 宇埜 智, 那須 良次, 津川 昌也, 那須 保友, 光畑 律子, 吉岡 貴史, 有吉 勇一, 高本 篤, 杉本 盛人, 井上 雅, 佐々木 克己, 荒木 元朗, 横山 光彦, 津島 知靖, 荒木 徹

    日本化学療法学会雑誌  2016年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ステント付着結石により 3 本尿管ステント留置し 2 度の ECIRS により stone free とな った 1 例

    堀井 聡, 奥村美紗, 渡部智文, 関戸崇了, 徳永 素, 吉永香澄, 丸山雄樹, 山野井, 友昭, 長尾賢太郎, 富永悠介, 定平卓也, 片山 聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 佐古智子, 枝村康平, 小林泰之, 荒木元朗, 石井亜矢乃, 渡部昌実, 渡邉豊彦, 那須保友

    第329回日本泌尿器科学会岡山地方会  2021年12月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平成29年岡山大学病院泌尿器科外来統計

    第314回日本泌尿器科学会岡山地方会  2018年 

     詳細を見る

  • 岡山県がん患者の就労に関するアンケート調査

    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 平成29年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    第314回日本泌尿器科学会岡山地方会  2018年 

     詳細を見る

  • シンポジウム5:他科から泌尿器科にコンサルトすべき尿路・性器感染症:治療すべき症例選択:カテーテル関連尿路感染症の臨床的意義

    第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院における腹腔鏡下尿膜管摘出術の治療経験

    第312回日本泌尿器科学会岡山地方会  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院における入院支援室の現状と課題

    第19回日本医療マネジメント学会岡山県支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 平成28年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    第310回日本泌尿器科学会岡山地方会  2017年 

     詳細を見る

  • 平成28年岡山大学病院泌尿器科外来統計

    第310回日本泌尿器科学会岡山地方会  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の治療成績

    第313回日本泌尿器科学会岡山地方会  2017年 

     詳細を見る

  • 転移性尿管腫瘍の2例

    第313回日本泌尿器科学会岡山地方会  2017年 

     詳細を見る

  • 女性過活動膀胱に対する牛車腎気丸の効果と冷えとの関係について

    第69回西日本泌尿器科学会総会  2017年 

     詳細を見る

  • シンポジウム12:耐性菌時代の尿路感染症対策ー尿路感染症の予防ー:Probioticsによる尿路感染症予防

    第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 尿路バイオフィルム感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する基礎的検討

    第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿中ESBL産生大腸菌の分離状況と薬剤感受性

    第64回日本化学療法学会西日本支部総会  2016年 

     詳細を見る

  • 薬剤耐性大腸菌の選択培地を用いた前立腺生検前の直腸内スクリーニングに関する検討

    第64回日本化学療法学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 生体腎移植レシピエントにおける周術期感染症に関する検討

    第64回日本化学療法学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 頻回再発性膀胱炎に対する乳酸菌膣坐剤の臨床効果

    第64回日本化学療法学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 平成27年岡山大学泌尿器科入院手術統計

    第306回日本泌尿器科学会岡山地方会  2016年 

     詳細を見る

  • 平成27年岡山大学泌尿器科外来統計

    第306回日本泌尿器科学会岡山地方会  2016年 

     詳細を見る

  • 乳酸菌膣坐剤の膀胱炎再発抑制効果に関する臨床的検討

    第64回日本化学療法学会西日本支部総会  2016年 

     詳細を見る

  • 選択培地を用いた前立腺生検前の薬剤耐性大腸菌に関する直腸内スクリーニング

    第32回中国地区インフェクションフォーラム  2015年 

     詳細を見る

  • 精巣・精巣上皮組織への薬物移行性の検討~各種抗菌薬の比較~

    第63回日本化学療法学会総会  2015年 

     詳細を見る

  • ロボット自家腎移植の検討

    第303回日本泌尿器科学会岡山地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 平成26年岡山大学泌尿器科入院手術統計

    第302回日本泌尿器科学会岡山地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 平成26年岡山大学泌尿器科外来統計

    第302回日本泌尿器科学会岡山地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 薬剤耐性大腸菌の選択培地を用いた前立腺生検前の直腸内スクリーニングに関する多施設共同研究

    第67回西日本泌尿器科学会総会  2015年 

     詳細を見る

  • 頻回再発性膀胱炎に対する乳酸菌膣座薬の予防効果に関する臨床的検討

    第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 成人急性単純性膀胱炎におけるセブジトレンピポキシルの臨床効果と投与日数に関する検討

    第63回日本化学療法学会西日本支部総会  2015年 

     詳細を見る

  • 特別報告 岡山大学病院泌尿器科におけるESBL産生大腸菌の分離状況と薬剤感受性

    第34回岡山インフェクションコントロール研究会  2015年 

     詳細を見る

  • Epidemiology of fluoroquinolone-insusceptible/Extended-Spectrum-Beta-Lactamases-producing Escherichia coli colonizing in Japanese male rectum

    Interscience Conference of Antimicrobial Agents and Chemotherapy/ICC  2015年 

     詳細を見る

  • ロボット支援・開腹術における腎部分切除の工夫

    第304回日本泌尿器科学会岡山地方会  2015年 

     詳細を見る

  • 前立腺癌患者の密封小線源療法後排尿障害に対するミラベグロンの有用性に関する検討

    第21回日本排尿機能学会  2014年 

     詳細を見る

  • 新規マウス薬効評価系の構築に向けた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    第48回緑膿菌感染症研究会  2014年 

     詳細を見る

  • 緑膿菌バイオフィルムに対する乳酸菌プロバイオティクスの基礎的検討

    第28回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 新規マウス薬効評価系の構築に向けた発光性緑膿菌による尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    第62回日本化学療法学会総会  2014年 

     詳細を見る

  • 開腹手術における標準的予防的抗菌薬に皮下ドレーンを併用した周術期感染予防策

    第62回日本化学療法学会総会  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における尿中分離菌および薬剤感受性の動向~30年間の変遷~

    第62回日本化学療法学会総会  2014年 

     詳細を見る

  • 緑膿菌バイオフィルム形成に及ぼす乳酸菌の抑制効果について

    第88回日本感染症学会学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • Epidemiology of fluoroquinolone-insusceptible/extended-spectrum-beta-lactamases-producing escherichia coli colonizing in Japanese male rectum

    Society for Infection and Inframmation in Urology  2014年 

     詳細を見る

  • キノロン耐性大腸菌の選択培地を用いた前立腺生検前の直腸内スクリーニングに関する検討

    第102回日本泌尿器科学会総会  2014年 

     詳細を見る

  • Epidemiology of fluoroquinolone-insusceptible/extended-spectrum-beta-lactamases-producing escherichia coli colonizing in Japanese male rectum

    The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society  2014年 

     詳細を見る

  • 平成25年岡山大学泌尿器科入院手術統計

    第298回日本泌尿器科学会岡山地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 平成25年岡山大学泌尿器科外来統計

    第298回日本泌尿器科学会岡山地方会  2014年 

     詳細を見る

  • 男子尿道,咽頭から分離されたChlamydia trachomatisのlevofloxacin, azithromycinに対する感受性

    第27回日本性感染症学会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 女性外来と連携した産後の尿失禁への取り組み

    第31回岡山県母性衛生学会総会  2014年 

     詳細を見る

  • 難治性・再発性尿路感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する基礎的検討

    第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • シタフロキサシン100mg単回投与における精巣,精巣上体組織移行性の検討

    第62回日本化学療法学会西日本支部総会  2014年 

     詳細を見る

  • 前立腺肥大症に伴う下部尿路症状(LUTS)に対するナフトピジルとシロドシンの臨床効果比較試験-NPO法人岡山泌尿器科研究支援機構多施設共同前向き比較試験-

    第21回日本排尿機能学会  2014年 

     詳細を見る

  • 遠隔地居住の女性尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    第26回日本老年泌尿器科学会  2013年 

     詳細を見る

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製と各種抗菌薬の治療効果

    第61回日本化学療法学会西日本支部総会  2013年 

     詳細を見る

  • レボフロキサシン500mg単回投与における精巣、精巣上体組織移行性の検討

    第61回日本化学療法学会西日本支部総会  2013年 

     詳細を見る

  • 生体腎移植レシピエントにおける周術期感染に関する検討

    第24回尿路感染症研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 尿失禁症状を有する産後1か月の褥婦への骨盤底筋体操指導の取り組み

    第44回日本看護学会-母性看護-学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • α1ブロッカー単独で改善を認めない密封小線源療法後の排尿障害に対するミラベグロンの有用性に対する検討

    第20回日本排尿機能学会  2013年 

     詳細を見る

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    第27回Bacterial Adherence&Biofilm学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • Pharmacokinetics and pharmacodynamics of biapenem in patients with bacterial pyelonephritis

    28th International Congress of Chemotherapy and Infection  2013年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について-2007から2011年-

    第61回日本化学療法学会総会  2013年 

     詳細を見る

  • 尿中Chlamydia trachomatisが陰性で尿道,咽頭からchlamydia株が分離された男性尿道炎の1例

    第87回日本感染症学会学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 限局性前立腺癌に対するl125密封小線源療法後の排尿障害に対するミラベグロンの有用性の検討

    第101回日本泌尿器科学会総会  2013年 

     詳細を見る

  • キノロン耐性大腸菌選択培地の経直腸的前立腺生検への応用

    第101回日本泌尿器科学会総会  2013年 

     詳細を見る

  • 長期尿道カテーテル留置患者における痰・歯垢(口腔粘膜)・尿から分離されたMRSAと緑膿菌に関する検討

    第29回岡山インフェクションコントロール研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 平成24年岡山大学泌尿器科外来統計

    第294回日本泌尿器科学会岡山地方会  2013年 

     詳細を見る

  • 平成24年岡山大学泌尿器科入院手術統計

    第294回日本泌尿器科学会岡山地方会  2013年 

     詳細を見る

  • Antimicrobial susceptibility of fluoroquinolone-resistant/Extended-Spectrum-Beta-Lactamases-producing Escherichia coli isolated from urinary tract infections between 2007 and 2011 in Japan

    米国泌尿器科学会議、日本泌尿器科学会シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • ディベート 独断と偏見で語るFemale Urology 岡山大学病院泌尿器科女性専門外来の10年間の歩み

    第65回西日本泌尿器科学会総会  2013年 

     詳細を見る

  • 尿から分離されたESBL産生大腸菌に関する検討

    第60回日本化学療法学会西日本支部総会  2012年 

     詳細を見る

  • 平成23年岡山大学泌尿器科外来統計

    第290回日本泌尿器科学会岡山地方会  2012年 

     詳細を見る

  • 男性淋菌性尿道炎患者での咽頭における淋菌の分離状況に関する検討

    第2回日本性感染症学会中国四国支部総会  2012年 

     詳細を見る

  • 産後1カ月時に尿失禁症状を有する褥婦への骨盤底筋体操指導の取り組み

    第14回日本女性骨盤底医学会  2012年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿中分離菌の変遷と大腸菌の薬剤感受性

    第29回中国地区インフェクションフォーラム  2012年 

     詳細を見る

  • 中・長期尿道カテーテル留置患者におけるプロトコールに準じたカテーテル抜去の検討

    第25回日本老年泌尿器科学会  2012年 

     詳細を見る

  • 夜尿症外来の臨床的検討

    第291回日本泌尿器科学会岡山地方会  2012年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における尿管ステント留置症例の臨床的検討

    第60回日本化学療法学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について-2006~2010年-

    第60回日本化学療法学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • レボフロキサシン500mg単回投与における前立腺組織移行性の検討

    第60回日本化学療法学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • シンポジウム1 尿路感染症の抗菌薬治療-発症予防も含めた観点から治療すべき時,治療しない時- 自己導尿患者(神経因性膀胱患者を含む)のUTI

    第60回日本化学療法学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 当科で行っているクラミジア培養用検体の採取・輸送法と培養結果の検討

    第86回日本感染症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 泌尿器科領域における抗癌化学療法に伴う発熱性好中球減少症に関する臨床的検討

    第100回日本泌尿器科学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 遠隔地に居住する女性尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    第100回日本泌尿器科学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 下大静脈腫瘍塞栓を合併する腎血管筋脂肪腫の1例

    第64回日本泌尿器科学会西日本総会  2012年 

     詳細を見る

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的検討

    第82回日本感染症学会西日本地方会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • OABを有する前立腺肥大症患者におけるタムスロシン塩酸塩の治療効果と尿中NGF(Nerve Growth Factor)に関する検討

    第18回日本排尿機能学会  2011年 

     詳細を見る

  • リアルタイムイメージング装置での緑膿菌マウス大腿部感染モデルに対するビアペネムの有効性評価

    第28回中国地区インフェクションフォーラム  2011年 

     詳細を見る

  • 遠隔地に居住する尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    第13回日本女性骨盤底医学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 淋菌性尿道炎患者の咽頭における淋菌保菌に関する検討

    第59回日本化学療法学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 障害者病棟の入院患者における尿・喀痰由来ESBL産生大腸菌のバイオフィルム形成能と分子疫学的解析

    第59回日本化学療法学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • シンポジウム PK-PD理論を踏まえたブレイクポイント 尿路感染症臨床ブレイクポイントの評価

    第59回日本化学療法学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 淋菌性尿道炎患者での咽頭における淋菌の分離状況に関する検討

    第17回岡山性感染症研究会  2011年 

     詳細を見る

  • Urinary nerve growth factor level in patients with benign prostatic obstruction (BPO) is correlated with severity of symptoms and response to medical treatment

    106th American Urological Association 2011 Annual Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • Changes in clitorial blood flow following surgery with tension-free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    106th American Urological Association 2011 Annual Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • 女性のOAB患者におけるコハク酸ソリフェナシンの治療効果と尿中NGF(Nerve Growth Factor)に関する検討

    第99回日本泌尿器科学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • OABを有する前立腺肥大症患者におけるタムスロシン塩酸塩の治療効果と尿中NGF(Nerve Growth Factor)に関する検討

    第99回日本泌尿器科学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • シンポジウム 尿路性器感染症研究・診療における現状と課題 上部尿路感染症:退治か?共棲か?細菌との知恵比べ

    第99回日本泌尿器科学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • Changes in clitorial blood flow following surgery with tension-free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    26th Annual European Association of Urology Congress  2011年 

     詳細を見る

  • 平成22年岡山大学泌尿器科外来統計

    第286回日本泌尿器科学会岡山地方会  2011年 

     詳細を見る

  • TVM術中に直腸損傷を起こし内視鏡的クリッピング術により修復した1例

    第5回TVM研究会  2011年 

     詳細を見る

  • Urinary nerve growth factor level in patients with benign prostatic obstruction (BPO) is correlated with severity of symptoms and response to medical treatment

    106th American Urological Association 2011 Annual Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • Changes in clitorial blood flow following surgery with tension-free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    106th American Urological Association 2011 Annual Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • 中四国地区で加療された男性淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性推移

    第24回日本性感染症学会学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 男性尿道および咽頭におけるClamydophila caviaeの検出と臨床的検討

    第24回日本性感染症学会学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 遠隔地居住の女性尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    第28回岡山県母性衛生学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 泌尿器科領域における抗癌化学療法に伴う発熱性好中球減少症に関する検討

    第22回尿路感染症研究会  2011年 

     詳細を見る

  • Urinary nerve growth factor level in patients with benign prostatic obstruction (BPO) is correlated with severity of symptoms and response to medical treatment

    6th Pan-Pacific Continence Society Meeting  2011年 

     詳細を見る

  • 日本人男性における咽頭での淋菌およびクラミジア罹患率

    第12回西太平洋化学療法・感染症学会  2010年 

     詳細を見る

  • Does sexual function change after tension-free vaginal mesh procedure for pelvic organ prolapse?:A multicentere prospective study in Japan

    International Continence Society and International Urogynecological Association  2010年 

     詳細を見る

  • Clitorial blood flow changes after surgery with tension-free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    105th American Urological Association 2010 Annual Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • Sexual function in women before and after tension-free vaginal mesh procedure for pelvic organ prolapse:A multicentere prospective study in Japan

    105th American Urological Association 2010 Annual Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • Ominous azithromycin resistance trend of gonococcal urethritis in Japan

    105th American Urological Association 2010 Annual Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • POPに対するTVM手術後における陰核の血流変化

    第105回 米国泌尿器科学会  2010年 

     詳細を見る

  • POPに対するTVM手術前後における女性性機能について:日本での他施設共同研究

    第105回 米国泌尿器科学会  2010年 

     詳細を見る

  • 日本における淋菌性尿道炎に対するアジスロマイシンの耐性について

    第105回 米国泌尿器科学会  2010年 

     詳細を見る

  • ワークショップ2 骨盤解剖学と基礎研究 骨盤臓器脱と過活動膀胱-OABSS(Overactive Bladder Symptom Score),ニューロメーターによる膀胱知覚閾値,尿中Nerve Growth Factor(NGF)による検討-

    第12回日本女性骨盤底医学会学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科女性外来のこれまでとこれから

    第283回日本泌尿器科学会岡山地方会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における最近5年間の尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について

    第98回日本泌尿器科学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • 平成21年岡山大学泌尿器科入院・手術統計

    第282回日本泌尿器科学会岡山地方会  2010年 

     詳細を見る

  • Prevalence of quinolone-resistant escherichia coli in rectal flora of patients receiving trans-rectal ultrasound guided prostate biopsy in Japan

    12th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases  2010年 

     詳細を見る

  • Prevalence of pharyngeal neisseria gonorrhoea and chlamydia trachomatis among heterosexual men in Japan

    12th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases  2010年 

     詳細を見る

  • Clitorial blood flow changes after surgery with tension-free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    27th Japan-Korea Urological Congress  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤耐性大腸菌の分離状況

    第80回日本感染症学会西日本地方会学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 女子医学生,研修医サポート企画 女医が語る泌尿器科の魅力

    第62回日本泌尿器科学会西日本総会  2010年 

     詳細を見る

  • 泌尿器科領域における発熱性好中球減少症の臨床的検討

    第21回尿路感染症研究会  2010年 

     詳細を見る

  • 精神発達遅滞など多数の術前合併症を伴った小児腎移植の1例

    第32回日本小児腎不全学会学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱と過活動膀胱-OABSS(Overactive Bladder Symptom Score),ニューロメーターによる膀胱知覚閾値,尿中Nerve Growth Factor(NGF)による検討-

    第17回日本排尿機能学会  2010年 

     詳細を見る

  • クリトリス血流と女性性機能:TVM手術前後での比較検討

    第17回日本排尿機能学会  2010年 

     詳細を見る

  • POPに対するTVM手術後の陰核血流の変化

    第27回日韓泌尿器科学会  2010年 

     詳細を見る

  • POPに対するTVM手術後、性機能はかわるのか:日本における他施設共同研究

    国際尿制学会、国際泌尿器婦人科学会  2010年 

     詳細を見る

  • 経直腸的前立腺生検患者の腸管におけるキノロン耐性大腸菌の疫学的検討

    第27回中国地区インフェクションフォーラム  2010年 

     詳細を見る

  • 経直腸的前立腺生検患者の腸管におけるキノロン耐性大腸菌の疫学的検討

    第58回日本化学療法学会総会学術講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 男性淋菌性尿道炎患者の咽頭における淋菌保菌に関する検討

    第23回日本性感染症学会学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • 精神発達遅滞など多数の術前合併症を伴った小児腎移植の経験

    第90回岡山透析懇話会  2010年 

     詳細を見る

  • 経直腸的前立腺生検患者の腸管におけるキノロン耐性大腸菌の疫学的検討

    第12回西太平洋化学療法・感染症学会  2010年 

     詳細を見る

  • 淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性推移

    日本性感染症学会第22回学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院泌尿器科における尿路感染症分離菌の変遷および薬剤感受性について-2004~2008年-

    第57回 日本化学療法学会西日本支部総会  2009年 

     詳細を見る

  • 日韓交流セッション Prevalence of pharyngeal Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae among heterosexual men in Japan

    第20回尿路感染症研究会  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における最近5年間の尿路感染症分離菌変遷および薬剤感受性について

    第20回尿路感染症研究会  2009年 

     詳細を見る

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的検討

    米国微生物学会議  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱と女性性機能-Laparoscopic assisted tension-free vaginal mesh法の有用性に関する検討-

    第23回日本Endourology・ESWL学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するTension-free Vaginal Mesh(TVM)手術の性機能へ及ぼす影響

    第19回日本性機能学会西部総会  2009年 

     詳細を見る

  • Biofilm-forming capabilities and molecular epidemiology of metallo-b-lactamase-producing Pseudomonas aeruginosa

    ASM Conferences on Biofilms 2009  2009年 

     詳細を見る

  • Sexual function after laparoscopic assisted tension-free vaginal mesh for surgical correction of pelvic organ prolapse

    27th World Congress of Endouroloy & ESWL2009  2009年 

     詳細を見る

  • Sexual function after laparoscopic assisted tension-free vaginal mesh for surgical correction of pelvic organ prolapse

    26th Korea-Japan Urological Congress  2009年 

     詳細を見る

  • Pharmacokinetics and pharmacodynamics of biapenem in patients with pyelonephritis

    26th International Congress of Chemotherapy and Infection  2009年 

     詳細を見る

  • Prevalence of pharyngeal Chlamydia trachomatis and Nisseria gonorrhoeae among heterosexual men in Japan

    104th AUA  2009年 

     詳細を見る

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能およびblaIMP-1遺伝子の伝達性に関する検討

    第23回Bacterial Adherence&Biofilm  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱手術前後における排尿状態に関するアンケート調査

    第11回日本女性骨盤底医学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 女性外来における夜尿症患者の検討

    第20回日本夜尿症学会  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院泌尿器科で経験した夜尿症の臨床的検討

    第20回日本夜尿症学会  2009年 

     詳細を見る

  • 腎盂腎炎患者におけるビアペネムの体内動態に関する研究

    第26回化学療法・感染症国際学会  2009年 

     詳細を見る

  • 日本での男性尿道炎患者の咽頭における淋菌およびクラミジア保菌状況の検討

    第104回米国泌尿器科学会  2009年 

     詳細を見る

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および耐性遺伝子伝達性の検討

    第83回日本感染症学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • 総会特別シンポジウム4 女性泌尿器科医の役割とキャリアパス 岡山大学泌尿器科女性医師の現状と問題点-離職ゼロを持続するために-

    第97回日本泌尿器科学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的解析

    第21回岡山インフェクションコントロール研究会  2009年 

     詳細を見る

  • "平成20年岡山大学泌尿器科外来統計

    第278回日本泌尿器科学会岡山地方会  2009年 

     詳細を見る

  • CTガイド下RFAが困難であったVHL随伴腎癌に対する腹腔鏡補助下RFAの経験

    第23回日本Endourology・ESWL学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • 新しい遠隔操作装置を用いた超音波ドプラ排尿動態検査の有用性について

    第280回日本泌尿器科学会岡山地方会  2009年 

     詳細を見る

  • 抗血小板薬内服継続下でのホルミウムレーザー前立腺核出術の安全性と有効性の検討を目的とした比較試験 -NPO法人岡山泌尿器科研究支援機構(OURG)多施設共同研究について-

    第280回日本泌尿器科学会岡山地方会  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の性機能への影響

    第27回 Endouroloy &ESWL2009 世界学会  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の性機能への影響

    第26回日韓泌尿器科学会  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するTension-free Vaginal Mesh(TVM)手術が患者およびパートナーの性機能へ及ぼす影響

    第20回日本性機能学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱患者に合併する尿失禁,過活動膀胱が性機能に与える影響

    第20回日本性機能学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • 新しい遠隔操作装置を用いた超音波ドプラ排尿動態検査の有用性について

    第16回日本排尿機能学会  2009年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱手術前後における排尿状態に関する検討

    第16回日本排尿機能学会  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山大学泌尿器科における最近5年間の尿路感染症分離菌変遷および薬剤感受性について

    第26回中国地区インフェクションフォーラム  2009年 

     詳細を見る

  • シンポジウム1 Female Urology の現況と展望 女性性機能の視点からfemale urologyを考える:就労女性と骨盤臓器脱患者におけるアンケート調査より

    第60回日本泌尿器科学会西日本総会  2008年 

     詳細を見る

  • 尿路感染症から分離された緑膿菌のバイオフィルム形成能と臨床的背景の関連性についての検討

    第19回尿路感染症研究会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するTension-free Vaginal Mesh(TVM)手術後の女性性機能について

    第25回日韓泌尿器科学会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic assisted tension-free Vaginal Mesh法の安全性と初期成績

    第25回日韓泌尿器科学会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic assisted tension-free Vaginal Mesh法-より安全で,確実な穿刺を行うために-

    第15回日本排尿機能学会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱手術前後における性機能に関するアンケート調査

    第19回日本性機能学会学術総会  2008年 

     詳細を見る

  • フルオロキノロン耐性大腸菌による尿路感染症の基礎的・臨床的検討

    第25回中国地区インフェクションフォーラム  2008年 

     詳細を見る

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的検討

    第22回Bacterial Adherence&Biofilm  2008年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    第10回日本女性骨盤底医学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 就労女性と骨盤臓器脱患者における排尿機能,性機能に関するアンケート調査

    第96回日本泌尿器科学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 女性骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    日本泌尿器科学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 腎盂腎炎患者におけるビアペネムの体内動態に関する研究

    第56回日本化学療法学会西日本支部総会  2008年 

     詳細を見る

  • 尿路感染症由来緑膿菌のバイオフィルム形成能と臨床的背景の関連性の検討

    第56回日本化学療法学会西日本支部総会  2008年 

     詳細を見る

  • 男性尿道炎患者の咽頭における淋菌およびクラミジア保菌状況の検討

    第21回 日本性感染症学会学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    第22回日本Endourology ・ ESWL学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 男性淋菌性尿道炎の臨床背景および薬剤感受性の年次推移

    第82回日本感染症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 腹腔鏡補助下TVM術後の膣壁びらん、メッシュ露出の経験

    第2回TVM研究会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 平成19年岡山大学泌尿器科外来統計

    第275回日本泌尿器科学会岡山地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 2003~2007年における岡山大学泌尿器科女性外来の診療統計

    第275回日本泌尿器科学会岡山地方会  2008年 

     詳細を見る

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能と耐性遺伝子伝達性の検討

    第42回緑膿菌感染症研究会  2008年 

     詳細を見る

  • Sexual function in women after surgical repair with tension free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    25th Japan-Korea Urological Congress  2008年 

     詳細を見る

  • Laparoscopic assisted tension-free vaginal mesh for surgical correction of pelvic organ prolapse:efficacy and outcome

    25th Japan-Korea Urological Congress  2008年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 第5回天晴れおかやまジョイボスアワード受賞 大賞

    2022年12月   岡山県医師会   私が行う患者支援~泌尿器科医師と総合患者支援センター医師の立場から~

    石井 亜矢乃

     詳細を見る

  • 2011年度学術奨励賞

    2011年   日本性感染症学会   淋菌性尿道炎患者での咽頭における淋菌の分離状況に 関する検討

    石井亜矢乃

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 優秀演題賞受賞

    1999年12月   第47回日本化学療法学会西日本支部総会   尿路感染症由来Enterococcus faecalisの分子疫学的検討

    石井亜矢乃

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • ウェアラブルデバイスと体組成計を用いた、女性骨盤臓器脱患者のフレイル合併頻度調査

    研究課題/領域番号:23K10425  2023年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小林 知子, 濱田 全紀, 石井 亜矢乃, 岩田 健宏, 定平 卓也, 堅山 佳美

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • 腸内細菌叢の改善による反復性膀胱炎の新たな予防法と治療法の開発

    研究課題/領域番号:22K09473  2022年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 亜矢乃, 岩田 健宏, 村上 圭史, 狩山 玲子

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    腸内細菌叢の改善による反復性膀胱炎の新たな予防法と治療法の開発をするために、臨床研究ならびに基礎研究を実施した。
    1.2022年度は、健常者と非反復性膀胱炎患者および反復性膀胱炎患者の膣・腸内細菌叢について次世代シーケンサーによる解析を行うために臨床研究を行った。健常者10例、非反復性膀胱炎患者10例で膣・直腸サンプルの全ゲノム配列を次世代シーケンサーにより決定し細菌叢の解析を行った。解析結果を上位から3つずつ示すと、健常者の直腸ではBacteroidales目、Prevotella属、Escherichia属、膣ではPrevotella属、Lactobacillus属、Streptococcus属、非反復性膀胱炎患者の直腸ではPrevotella属、Bacteroides属、Porphyromonas属、膣ではLactobacillus属、Prevotella属、Gardnerella属であった。
    2.反復性膀胱炎患者に対する新たな臨床研究で用いる食事調査法を検討した。1)BDHQ(簡易型自記式食事歴法質問票)は習慣的な食事を把握でき、調査への回答負担も少ないため、アセスメントに用いる。2)プロバイオティクスについては、発酵食品の摂取状況を追加で行う。プレバイオティクスについては、「発酵性食物繊維」に着目して追加調査を行う。また、食品からのオリゴ糖摂取量を求める。腸内細菌叢改善を目的に摂取している医薬品、医薬部外品、保健機能食品等についてもアセスメントを行う。
    3.in vitro実験では、反復性・非反復性膀胱炎患者の尿路・直腸より分離された大腸菌における病原遺伝子の解析に着手した。

    researchmap

  • 尿路感染におけるHMGB1の動態解析と尿中特異マーカーの可能性に関する探索的研究

    研究課題/領域番号:21K09425  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 定平 卓也, 花井 幸次, 渡邉 豊彦, 和田里 章悟, 小川 貢平

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    HMGB1の尿中への代謝(排泄)率は明らかとなっておらず、尿中にどの程度移行するかが、有熱性尿路感染症における特異的バイオマーカーになりうるか最も革新的な要素となる。すなわち、血清中のHMGB1が腎から尿中に排泄されにくい、という仮説が正しいことを検証し、仮説が正しければ尿中のHMGB1の上昇は尿路上皮の障害を意味する。それが有熱性尿路感染症のバイオマーカになりうる必須の要素であり、本研究課題はマウスを用いた代謝経路の検証と、臨床研究の検討によって成り立っている。
    尿中代謝の検討については、マウスの尿と血液で実施することを計画していたが、投与したHMGB1が血中でも測定できない事態が生じたため、本年度は採取できる血液と尿が多いラットを用いた実験を実施した。ラットにおいて四塩化炭素による急性肝炎モデルで血中のHMGB1が上昇するモデルが報告されており、文献報告の通りモデルの作成を試みたが、肝酵素の上昇に比しHMGB1の上昇が認められず、さらに高感度測定を実施しても対象のマウスと差がないことが判明した。このことから、動物実験によるHMGB1の尿中代謝についてはモデル作成の時点で足踏みをしているのが現状である。
    臨床研究については、健常者、尿路感染症以外の発熱患者、無熱の尿路感染症患者、有熱性尿路感染症患者の4群で血清及び尿の余剰検体を用い、HMGB1を測定する研究計画書を作成した。本臨床研究に参加する医師でプロトコールを確認しているところであり、ほぼ内容として固まりつつある。

    researchmap

  • 産婦健康診査事業の充実を目指した遠隔支援システムの開発

    研究課題/領域番号:20K10882  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大井 伸子, 石井 亜矢乃, 増山 寿, 芳我 ちより, 岡 久雄

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究の目的は,1)産後2週間健康診査を受診できない母親を対象に遠隔システムを活用し,産後の身体・精神・育児についてのスクリーニングを行うためのプログラムを作成し,スクリーニングが可能か有効性を検証すること,2)EPDS高得点の母親については受診につなげること,またEPDS得点は問題ないが育児に不安のある母親に対しては育児相談を紹介し効果を検討し,産婦健康診査への遠隔指導システムを開発することとする。
    1)産後2週間産婦健康診査を受診できない母親を対象に遠隔システムを活用し, 産後の心身の健康状態・育児のスクリーニングプログラムの有効性を検証する。①産後の身体・精神的健康状態及び育児に関する産後質問紙を作成した。②産後2週間健康診査を受診できない母親を対象に,本研究の趣旨を説明し割り当てられたID番号とQRコード(産後質問紙)を示した用紙を渡し,産後2週間頃にQRコードを読み取り,アンケートフォーム(産後質問紙:26項目)にアクセスして,回答後送信された回答情報から,a要受診の母親(EPDS高得点),b要育児支援の母親(EPDS得点は問題ないが育児に問題がある),c経過観察の母親(EPDS得点・育児共に問題がない)の3群に分類する。そのためのサーバー管理と回答システムを作成した。④回答情報を考慮して,回答した母親に判定された結果毎に,要受診の母親 (EPDS高得点)には受診に向けての対応,要育児支援の母親には育児相談機関を紹介,問題がない母親には経過観察するようメールを送信する。
    2)EPDS高得点の母親については受診につなげ,またEPDS得点は問題ないが育児に不安のある母親に対しては育児相談を紹介し効果を検討する。
    3)産後の心身の健康状態・育児のスクリーニングを行った結果や改善点,産後2週間健診を受診できない母親への遠隔サポートシステムを検討する。

    researchmap

  • 次世代シーケンサーを用いた尿路性器感染症の病態解析に関する研究

    研究課題/領域番号:17K11183  2017年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 定平 卓也, 渡邉 豊彦

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    性感染症については、検体を採取することに患者様の負担が大きく、臨床研究法の施行によって実施することができませんでした。尿路感染症については、①乳酸菌タブレットを口から摂取する前後で直腸と膣内の細菌叢に違いが生ずるか、②乳酸菌膣坐剤の投与前・中・後の膣内細菌叢と反復性膀胱炎の関係、を調査しました。①では、細菌叢に一定の変化は認めませんでしたが、子宮を摘出した方々においては、直腸と膣内の細菌叢が類似し、タブレットの影響をより受けにくい傾向が認められました。②においては、乳酸菌膣坐剤が反復性膀胱炎の予防に寄与しており、膣内細菌叢でも乳酸菌の増加がみられ、投与終了後1年間の予防効果も認められました。

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対する乳酸菌膣坐剤の有効性に関する基礎・臨床的エビデンスの構築

    研究課題/領域番号:17K10017  2017年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 狩山 玲子, 小比賀 美香子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    再発性尿路感染症に対する乳酸菌膣坐剤の有効性に関する臨床研究ならびに実験研究を実施した。臨床研究では、反復性膀胱炎患者に乳酸菌膣坐剤を投与し、投与前より有意に再発回数が減少した。次世代シーケンサーによる解析で、膣より乳酸菌(Lactobacillus crispatus)が確認できる症例もあった。実験研究では尿路バイオフィルム(緑膿菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌)に対する乳酸菌と各種抗菌薬の評価を行った。乳酸菌によるバイオフィルム形成抑制効果を認め、抗菌薬併用下で乳酸菌による抑制効果はさらに増強した。以上より、再発性尿路感染症に対して乳酸菌膣坐剤は有効な予防法・新規治療法に繋がることが示唆された。

    researchmap

  • 女性外来と連携した尿失禁症状を有する中高年女性に対する遠隔指導システムの開発

    研究課題/領域番号:16K15926  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    大井 伸子, 石井 亜矢乃, 芳我 ちより, 岡 久雄

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    女性専門外来と市町村保健師が連携して,遠隔地に居住する尿失禁の症状を有する中高年女性患者を対象に,TV会議システムを用いた骨盤底筋体操の遠隔指導を行い,尿失禁症状の改善について検討し,遠隔指導システムを開発することを目的とする。遠隔指導を①初回指導,②指導1か月後,③指導3か月後と計3回行い、尿失禁の自覚症状を評価した。連携したのは2市で,50人の中高年女性を対象に遠隔指導を行い,3か月継続した者(36人)の尿失禁の自覚症状を評価した結果、効果が認められた。参加者の結果は,保健師を介して伝え,必要時は医療機関を紹介した。遠隔指導から医療機関紹介へのシステムを保健師と連携して推進する必要がある。

    researchmap

  • 難治性・再発性尿路感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する研究

    研究課題/領域番号:25462514  2013年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 亜矢乃, 公文 裕巳, 山本 満寿美, 光畑 律子, 堀 賢司, 和田 耕一郎, 狩山 玲子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    難治性・再発性尿路感染症患者に対し、抗菌薬以外の新しい予防法・治療法を創出することが求められている。そこで、臨床研究として、過酸化水素産生能が高い乳酸菌膣坐剤を用いて難治性・再発性尿路感染症患者に対する有用性を評価した。その結果、尿路感染症の発症頻度は明らかに減少した。一方、基礎実験では、過酸化水素産生能が高い乳酸菌は、緑膿菌、大腸菌、MRSAのバイオフィルム形成を抑制した。また、この乳酸菌は緑膿菌、大腸菌、MRSAの増殖を抑制し、抗菌薬の使用により抑制効果の増強を認めた。
    難治性・再発性尿路感染症に対して、抗菌薬以外の予防法・治療法として、乳酸菌プロバイオティクスが有用であることが示唆された。

    researchmap

  • 長期尿路カテーテル留置患者に対する院内感染防止対策に関する基礎的・臨床的研究

    研究課題/領域番号:22591791  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 苔口 進

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    長期尿路カテーテル留置患者のQOLの向上と科学的根拠に基づいた感染管理を実施することが求められている。本研究の分子疫学的解析において、同一患者の異なる部位での感染や異なる患者間での交差感染の可能性が示唆された。一方でクランベリーは膿尿を改善させ、尿路カテーテルの閉塞を防ぐことで、症候性尿路感染症の発症を予防する可能性が示唆された。標準予防策の遵守を基本とする包括的な感染管理の実践が重要であると考えられた。

    researchmap

  • 分子疫学的・細菌学的エビデンスに基づいた多剤耐性緑膿菌院内感染防止システムの構築

    研究課題/領域番号:19791112  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 公文 裕巳

      詳細を見る

    配分額:3480000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:180000円 )

    バイオフィルム形成能が高い多剤耐性緑膿菌(MDRP)やメタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌は、環境中に長期に生息することから、院内感染対策上、特に留意する必要がある。なかでもMBL産生緑膿菌は、ほぼ全ての抗菌薬に高度耐性を示し、プラスミド性耐性遺伝子を菌株・菌種間で伝達する可能性が高い。MDRPやMBL産生緑膿菌の伝播・拡散防止のためには、標準予防策の遵守を基本とし、バイオフィルムを形成させないための医療・療養環境の管理が重要である。

    researchmap

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 岡山県がん診療連携拠点病院第17回公開講座

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    岡山大学病院  2024年1月13日

     詳細を見る

    種別:その他

    researchmap

  • 地域緩和ケア連携調整員研修

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    国立がん研究センター  2023年10月14日

     詳細を見る

    種別:その他

    researchmap

メディア報道

  • 岡山大学病院のがん相談支援センターの紹介 新聞・雑誌

    山陽新聞  2020年1月

     詳細を見る

学術貢献活動

  • Acta Medica Okayama

    役割:審査・評価

    2023年8月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    researchmap

  • IJU case report

    役割:査読

    2022年1月 - 2022年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap